「つんざい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つんざい[動詞]
光をつんざい  耳をつんざい  銀色にひらめいてつんざい  鼓膜をつんざい  木魂につんざい  闇をつんざい  どよめきをつんざい  一声空をつんざい  しったことばが、そこで、つんざい  寂寥を、鈍くつんざい  空気をつんざい  胸をつんざい  空をつんざい  暗闇をつんざい  騒音をつんざい  野をつんざい  木枯をつんざい  耳もとをつんざい  断層をつんざい  声がつんざい  薫風をつんざい  炎がつんざい  



前後の言葉をピックアップ
ツンガリー  ツングスク  ツングース  つんけん  劈い  劈か  つんざか  劈き  つんざき  つんざく


動詞をランダムでピックアップ
とりこぼし引掻くよわり轟かし割り付けさえ渡る潤う倣わ引き続く亡ぼす省みれ否む怠ら踏みとどまろそそのかす亡ぼさ背負いかねん汗し通り越し
形容詞をランダムでピックアップ
美味しゅうぽき物悲しながかっせまかっ美々しきいそがしけれ苦かっよそよそしかっこまかくみようっぽう勘定高くっ忝なう心強うなにげなく麗々しかっあかるくっ気だるくあまね