「つら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つら[動詞]
饗筵につら  うちをつら  山の端もつら  魂はつら  出でつら  滝津白浪さにつら  づるや唐国人にへつら  料理人も呆れつら  竜舌蘭りゆうぜつら  脣を引きつら  雲につら  友呼びつら  身をやつら  人をつら  小僧をつら  ものをつら  おれをつら  仰天してつら  対手をつら  一念宿りてつら  笑いに引きつら  舌をつら  眉をつら  広告にもつら  足下も学びつら  目録なんぞを書きつら  難儀やしつら  顎を撫でてつら  一人のおへつら  矢張り餌でつら  仲間にもつら  それをつら  樹木とつら  上瞼を引きつら  高柳君をつら  胡麻塩おやじにつら  五つ紋をつら  舌をもつら  頭につら  両側につら  餘りにつら  蚊帳もつら  蚊帳をつら  まり舌をもつら  ますます舌をもつら  顔を引きつら  秋はつら  手でつら  憂き目を見つら  荷車挽きをつら  剣をつら  相手もつら  私もつら  京に留りて在故にかくよみつら  鼻をひっつら  春の訪ねきつら  我はいまだつら  お客にへつら  問題をつら  話にも聞きつら  ままに描かれやしつら  皆はつら  こんげにつら  脚にもつら  列につら  俯向けにつら  者はつら  たつきを知らにさにつら  章子をつら  蝶は群れ来りて遊ぶをつら  われをばはや見忘れやしたまいつら  疑問をつら  姉はつら  首ねっこをつら  さもありつら  口もとを引きつら  狡猾にへつら  男は、へつら  片側につら  すじをつら  根木につら  十字架につら  地主につら  一匹もつら  笑はしめざりへつら  片隅につら  名はつら  女をつら  文次はつら  心をいためておいでなさると悪いへつら  勾欄につら  石臼につら  認識論につら  子はつら  女もつら  気持をもつら  桟橋につら  逍遥しつら  ふかはつら  俄かに慈しみ、へつら  二嚢におもねりへつら  の終止言につら  手数のかかるやつら  手につら  一點をつら  花はつら  樹さへつら  ゆもつら  錨をもつら  貧乏をつら  一人おとうさんを出してつら  翌日は定めて口惜しと思ひつら  繩につら  私をつら  機会をつら  どこをつら  四年もつら  両手をつら  外国人をつら  俺をつら  君はいかに見たまいつら  この声いかに響きつら  命を刺しつら  一列につら  俺はつら  夫人もつら  

形容詞

~ つら[形容詞]
十つら  いいつら  だしつら  あいつら  丹づら  賞づら  主義者づら  野づら  川づら  上つら  二度とつら  たいへんつら  みわづら  家つら  陳情づら  引づら  なうつら  文字づら  ひょっとこづら  河づら  字づら  鼻づら  善人づら  海づら  鬢づら  むつら  ひまつら  白痴づら  親類づら  横つら  うらみつら  お力づら  ようやくつら  干瓢づら  かめつら  間抜けづら  喧嘩づら  頂づら  山づら  且つつら  こいつら  帳面づら  はいづら  聖人づら  先生づら  待つら  批評家づら  エンテリづら  いくらつら  かめづら  てゐつら  首っ玉つら  龜づら  ンつら  ともきゃつら  湖づら  しまつら  しわづら  にゆづら  更につら  つたづら  からつら  轡づら  俗物づら  たかつら  つてつら  作家づら  前づら  ッつら  いたづら  赤づら  田づら  待ちつら  別につら  阿呆づら  河豚づら  氏づら  ほんとうにつら  霊魂づら  等つら  よきゃつら  豚づら  かなりつら  小づら  ヒヤカシづら  正義づら  馬鹿づら  つつましいつら  大名づら  病人づら  ものづら  頬づら  擁護づら  悪人づら  めつら  彦づら  呆けづら  髯づら  ツつら  あばたづら  いもづら  人がましいつら  今やつら  つのつら  苦虫づら  いやつら  二十一づら  探偵づら  一層つら  たかづら  猶つら  痘痕づら  六づら  長吉づら  論つら  ばんつら  ずいぶんつら  赤つら  事つら  馬づら  皺づら  來つら  えなつら  深刻づら  まりつら  ないつら  身つら  顏つら  別荘づら  芸者づら  名士づら  舞台づら  毒々しいつら  大きいつら  大いにつら  正直づら  十づら  よくづら  つけつら  田圃づら  よいつら  鬚づら  げづら  ものつら  見えつら  臆病づら  名前づら  奉公づら  のしつら  浜づら  地づら  さつら  穗づら  町人づら  大学校づら  用づら  デタラメづら  リキづら  そうづら  おたふくづら  面皰づら  邸づら  あまりにつら  分つら  びんづら  浮気づら  ちょっとつら  ぶんつら  あなづら  なきつら  すいかつら  憂さつら  神つら  ところづら  横づら  のつら  長いつら  荊づら  いばらづら  ばらつら  白帆つら  髭づら  鎌つら  持つら  

~ つら[形容詞]
身のつら  ベッドはつら  父親はつら  丘のつら  暮しのつら  ばわづら  われ身にわづら  義理のつら  貧乏のつら  毛細氣管支炎をわづら  妾につら  土木のわづら  往反わづら  ぢのつら  耻ぢてへつら  北のつら  のがつら  良人をわづら  時刻のつら  愛慾のわづら  かばわづら  こいつのつら  水真砂のつら  貴様のつら  話にわづら  英国人のつら  非常にわづら  まま蚊帳へつら  間拔けづら  幾分わづら  世故のつら  肩へつら  肋膜をわづら  のもわづら  世のわづら  徳川殿をわづら  於いて肉親たちのつら  筆をわづら  事についてのつら  気持のつら  ケツネのつら  あいつにやつら  眼をわづら  考察にわづら  人はつら  浮き世のつら  識者のつら  時のつら  馬鹿なつら  どこかへのつら  朋友のつら  去年のわづら  頃腸チブスをわづら  若造どもづら  妖女のつら  身肉のわづら  影響にわづら  別れのつら  弥助がつら  病みわづら  内部のわづら  別れはつら  眼かづら  商人のつら  胸わづら  菩提樹かづら  顔がづら  ルンペン時代のつら  からだにはつら  憂いのつら  ぬれ乍ら外につら  おれのつら  さとつら  ときのつら  それはわづら  頃のつら  怨みもつら  女の子はいかにもつら  煉瓦造がづら  土にけづら  彼女のつら  道誉のつら  棘のつら  おとよのつら  借銭のつら  何物にもわづら  九死一生というつら  外戚のわづら  腫物をわづら  自分のつら  みなのつら  ほとけづら  親父に対するつら  家族に対するつら  ヱルテルのわづら  障子へつら  しろへつら  ブドリにつら  ことばつきがつら  てめえたちへのつら  一団に対するつら  なんのつら  ばいがかりのつら  一くせありげなつら  くせありげなつら  浦のつら  島田がつら  パイをづら  江戸役者のつら  江戸っ子のつら  下手人のつら  おまえのつら  亭主につら  社会につら  鰯のつら  旅のつら  山かづら  宝暦十三年江戸山崎金兵衛板絵本花かづら  くしけづら  人をわづら  學生をわづら  それがつら  こやつら  肺をわづら  立ちぞわづら  かえるのつら  玉かづら  人のつら  幾倍かのつら  藤侍従はつら  夜のつら  もろかづら  ことのつら  気持ちのつら  年よりづら  世路のつら  職業としてのつら  のをつら  列車がつら  つるの名詞法がつら  恨みもつら  もどきのわづら  君紅筆にわづら  仲間のつら  船腹をづら  甕がづら  朝のづら  宗吾郎のつら  母のつら  のわづら  かげのわづら  ひと通りのつら  夫のつら  から柱をけづら  流石につら  ブルジョア社会のつら  案じわづら  贋聖者のつら  戀わづら  僕はつら  病気のつら  ことのわづら  形式にわづら  退屈感にわづら  彼等のつら  肋膜のわづら  貧のつら  悔恨につら  心のつら  氷雪のつら  眼病をわづら  事どもつら  ひとへにわづら  一廉のつら  秋のわづら  仕事のつら  自分だけのつら  民のわづら  私のつら  みゆきのつら  人がつら  あとのつら  味村のつら  胃のわづら  四十八歳のつら  棹にづら  引きぞわづら  

つら[形容詞]
つらの皮  つらは俺  つらさ  づらに為すよし  づらのあと  つらにぼく  つらはおれ  づらふ海  づらむ  つらそう  づらひの胸  つらなりゆき  つらへの體  つらへ向き  づらさ  つらがちゃんと  づらしく単身  つらの  づらに紙魚  づら一  づらはさざ波  づらな蠱惑  つらの実行  づらア  づられるやう  づらつた  づらに打ちむかふ仰げば昇汞  つらは笑っているの  つらが白骨  づらひあること  づらにやすみ居らむ  つらひつ  づらをし合  つらは岩  つらは朝  つらは海岸  づらの弟  つらへむき  づらの一つ  づられてづる  つらに住い  つら心地  づらと關聯  つらむとて  づらに青春  つらは何  づらをして見せること  づらもの  づら盛り  づらの宿  づらかに尊  づらで一種  づらや海  づらで通用  づら也  づらしづ  づらも相当  づらはさな  つらは聖人  つらでも酒  つらは名刺  づらにしては酷  づらをして子供  づらはしさ  づらに双方  づらが薄  づらひな  つら之  つらの後  づら臥  づらしく日影  づらはるる  つらむ  つらに見る庭  づらで其巖  づらを火  づらに青  づらに垂れさ  づら者  づらゴム  つらがおれ  づらはしい雑木林  つらめど  つらから  つらをごま  つらなせそ  つらみんな  つらなつ  つらの一  つらへに來  づらめ  づらの子  づらはできるぢ  づらつて  つらをするの  づらはしくなつた  つらがポラーノの広場  つらに何  づらだけでの男女平等  づらで示されている平等  つらの排他的  づらしか  つらむかさ  つらだって  づらの一間  づらに混乱  づらふ事  つらをするほどのもの  つらの世界  つらみ  つら隠密  づらにしたがって賄い  づられてゐる亂  つら笑ってやがら  づら行方  づら行  つらむとしら  づらを考  づらに体  づらに朽ちん身  つら二  つらだれ  づらな風  づらせるまがりなりにも  づらになげきかなしむこと  づらな雀  づら子  づらはし  づらに諧謔  つらむものを  づられること  つらなみ  づらひより  づらむがごとかりき  づられて行  づらに腹  づらひゆ  づらふうち  づらと勘定  づらひ国力  つらのもの  づらしい動物  つらよごしの行為  づらな酒  づらな酒飲み  づられてゆくやう  つら夜  づらの  づらの深切  づらの消費  つらが燈火  づら小僧  づらに春秋  づら書き  つら喜んで居るん  つら岩井  づらはされて苦悶  つらへたい  づらに鳥  つらはほんとう  づら事  づらに人物  づらで溝  つらあて  づらに経歴  つらが戻つて  つらの体  つらは肴  つらと遣り合  つらは今時分  づらの裏  づらしいもの  づら取りて京  つらが結果  つらは無尽蔵  つらは土人  づらしく雪  づらな涙  づらひは町  づらはしか  つらの仕業  づらはつて  つらね肋骨  づらかに首  づらな反抗  づらはされること  づらふ宵  づらしき  つらかりき  つらん  つらめ  づらをしている例  づらな名聞  つら恥  づらは細君  づらに突進  づらに停止  つらも慄  つらへること  つらはここ  づらしく母  づらひで  づらとなりて泣き  づらになつ  づらしい物語  づらで歌  づら賣小  づらと樽  づらをして生きている事  づらツ  つらの風  つらつき  つらの辞書  つらわれ  つらの中  づらをするん  つら構え  つらには迫り来る秋  つらに粉雪  づら一ぱい  つらにおしろい  づらへ打つかりそう  つらが両国  つらという代名詞  つらは風  づらの論  づら好き  づらに父親  つらの仕事  づらに押してゐるすき  つらへた  づらをわたる寒風  づらふ友  づらも身  づらの首  づらしく辨当  づらに咲いて障子  づらしく炭  づらに真昼  つらは平民  づらしく一句  づらしくコヤト  づらに種類  つらほどの奴  づらまでが光るやう  づらに滅尽  つらひの數  つらは岩見  つらごと  つらのわがまま  づらしく句  づらしく宵寝  つら下っているの  づらをすり寄せてくるの  づらの周囲  づら女  つらはつる  つらだましいの  づらをしちや  づらなん  つらは気違い  づらを吹く左右  つらア  づらそう  づらはしいのでひかへます  づら花  づらみたい  づらでがた  つらは困るということ  つらは人  つらの鼻  づらへ師匠  づらなる健康  つらの船  づらと足許  づらせ筋骨  つらで洒落  つらはけ  づらが滑稽  づらに官位  づらに朽  づらに華美  つらをするほどのいくじ  づらひだ  づらあがりの語気  づらふ風  つらは太平洋  づらかに覚え候  づらかに覺  つらは揃って臆病  つらの体裁  つらも大勢  づらの皺  つらは狐  つらに智慧  つらは道連れ  つらの間  づらの調子  づらに解ってたまる  づらを装って二  づらだけで作品  つらも利口  つらの顔  づらしく思  つらまって歩く方  つらが船長  づら描きをしてゐると傍  つらは海山  つらは有卦  つらはあれ  づらを急  つら突き出し  つらに貴様  つらは渡り  つらにもなわ張り  つらぐ  つら馬鈴薯  つら魂  つらがりっぱ  つらが叔父さん  づらのだんな  づら憎げ  つらは留置場  つらを一つ  つらばかりりっぱ  つらだましい精悍  つらよごすにもほどがあら  つら拝  つらをあげろッ  つらだましいは尋常  つらも皆  つらが代表  づらを下げて三  づらは静か  づらかと思  つら生意気  つらが怒るとちょっと  つらは妖術  つらは魔法  つらの目的  つらはどこ  つらは種族  づらに警笛  づらな気持  づらがおかしい  づらを川  つらに勝るとも劣るもの  つらが大御所  づらへダアン  づらふ程  づらは眼  づらに切  つらは清ちゃん  づらぶしの  つらまえる方  つらへのちぐさ  づらなる夏期  づら気  つらも今  つらが来て外  つらと一緒  つらがみんな  つらはお前  つらも六  づらあひる  づらはして日本  づらに言  づらですよ。  づらはしい夏  づらのすさび  つらをしやがつて  つらがつぶやく  つら変  づらに旧弊  つらにうつる  づら一帯  つらひ通り  づらを眺めていて恍惚  づらを眺めてゐて恍惚  つらの写真  つらがっておいで  つらの山男  づら止めて呉  づら止め  つらに水  づらに金  づらしくおもしろ  づらしく棕梠  つら当  づらに吠えて大樟  づら思ひのほか  づらもするもの  つらへて祭り  づらが北  づらをする積り  つら春風  つらが偽札  づら落ち葉  づらが果てし  つらむが  つらむと  つら付  づらの山ざくら  づらに右顧左眄  づらをするやう  づら衣  づらに窓  づらをしてゐるの  つらへの名句  づら黒み  つらーア  つらは私  つらひむきの  づらに論理  づらをしてゐ  つらは若宮  づらひかこれ  つらを見て歸  づらがはやつ  づられるかたち  つらは蛸  づらのつもり  づらを吹く風  つらへて親  つらは恥  つらが逃げて来るよう  つらのゴマ  つらの利益  つらの心臓  づらの豪  づらに搖  づらをメカ  づらに不能  づらに音  づらふこゝろ  づらを渡り  づらせよ穴師  づら男  づらでしか  つらの腕力  づらには狭霧  づられるばかりの冷  づらがつて  づらひてゐ  つら何  づらが他  つらへたつて出来る筈  づらされて口  づらば  づらば都  づら親指  つらは死  つらの眼  つらをするほど云うの  づらに過去  づらにケガヅ  づらものどか  づらはされる心  づらはされて湿つた  づらを騒ぐ砂  づらであらうが凡て  づらに細  づらに膿  づらの涯  づらしい位  づらに屑屋  づらに涙  づらにさす日  づらに人  づらをおどかすだけのこと  つらに蜂  づらをくねくね  づらに嘆き  づらしく自分  づらに梢  づらな文字  づらに突  づらに子供  づらしくヒツト  づらに冒涜  づらはつ  づらに泥  づらに点々  づらに嗅がせるやう  つらが君  つらの不作法  つらはい  つらについての正確  つらは馬丁  つらとき  づらども  づらな放言  づらは斯  づらか村瀬  づら馬  づらハ  づら豆  づらに狼狽  づらな神  づらな女神  づらをこすりつけられ的  つらにぺこぺこ  づらだけの意味  づらひに我  づらひにひと  づらひ世々  づら松  つらを相手  づらをして校門  づらに玩弄  づらに力  づらはしき  づらふ足もと  つらの仲間  づらしくにぎやか  つらというよう  つらの万歳  つらのこと  づらひと  つらが周章てて騒いでるうち  づらの目  づらん  づらしい貰  づらひは憐  づらふ人  つららく  づらひ日子  つらへるの  づらと問  づらなればある人  づらを佐伯  つらのリアリズム  づらになり頬  づらに時勢  づらに空  つらに刺させる湯  づらに吾  づらませがおどろを刈りそ  づらひければ知り人  づらさく  づらひて一  つら足深  つらなめ  づらの老人  つらふところ  つらむか復  つらむか栗  づらひを癒さむとての  づら垣根  づらに思ひたのめて人  づら書  つらはしょっちゅう  つらをショボ  づらをひつ  づら心  つらな健康  づらに夜  



前後の言葉をピックアップ
づよさに  づよさは  づよさや  づよさを  づよさをうかべて  ヅラァ  つらし  ヅラダンゴ  づりあつてるみたいぢやないの  ヅリアン


動詞をランダムでピックアップ
見えすい攻めのぼら気付けあらしまわり立会う夢見る追えるうしなう梳り亡ぼ出張り引き上げよほおえま感ず契り流れれこたえろ飛び歩い引っ掛かっ近づけよ
形容詞をランダムでピックアップ
とおから忌まわしかっなまなましいちかき容易忙しなしあたらしかっ手ばしこくおそろしかったわいないでかかっ手ひどく上手いったらしく水っぽく醜けれもろ賑わしかっ愚かしけれ