「つまり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つまり[動詞]
それがつまり  そこにつまり  ことはつまり  それはつまり  これがつまり  距離がさらにつまり  あれはつまり  赤白物語、つまり  のを見て居てもつまり  のを見ていてもつまり  女になんぞ生れてはつまり  息がつまり  証人にでも引張り出されちゃつまり  のだから、つまり  ッつかれちゃつまり  之がつまり  距離がつまり  女性なの、とはつまり  胸につまり  これはつまり  私はつまり  返事につまり  おれにとってはつまり  年もつまり  のはつまり  之はつまり  呼吸のつまり  それでつまり  のでは、つまり  息のつまり  言葉につまり  型であってはつまり  割合につまり  支那人がつまり  独りで、つまり  胸がつまり  夫はつまり  鼻がつまり  さつきから呼吸がつまり  いくつも並べて見てもつまり  ことがつまり  行つてもつまり  其がつまり  そこはつまり  のですが、つまり  距離がまるでつまり  人は、つまり  のもつまり  一ぱいにつまり  咽喉がつまり  ところで一向つまり  呼吸がつまり  徳川中期以後にはつまり  徳川中期以前はつまり  ようですとつまり  私にはつまり  のは、つまり  註文はつまり  先づ鼻がつまり  そこがつまり  先方はつまり  オデン屋がつまり  彼はつまり  万感胸につまり  何だか気がさして、見てもつまり  もので、つまり  子供じゃつまり  とおり、なおつまり  さらなくっちゃ、つまり  これもつまり  のがつまり  文句につまり  母親が、つまり  お正月はつまり  ものなら、悪く睨まれてもつまり  妻に話さないではつまり  喉がつまり  長居をしていましてもつまり  何もすっかりつまり  問題はつまり  ものはね、つまり  金につまり  息もつまり  交際なんて、およそつまり  ようじゃあ、つまり  郊外に行ってもつまり  国へ帰ってもつまり  妾なんか、つまり  事実がつまり  自然喉がつまり  言句につまり  ドイツ語少々よめないとつまり  あれがつまり  父様、つまり  これにはつまり  お前はつまり  旋頭歌はつまり  照明などつまり  ものが一杯つまり  のどにつまり  別所君はつまり  カッフェーはつまり  根がつまり  どんどん家がたちつまり  言葉がつまり  東京もつまり  呼吸もつまり  ことになっても、つまり  行きちがいになってもつまり  やけになったりしちゃあつまり  横もつまり  気がつまり  人がつまり  あいつがつまり  音がつまり  伝六はぐっとつまり  痰のつまり  誤解を招いてもつまり  落葉でつまり  喉のつまり  君はつまり  作としてはつまり  気を揉んでもつまり  ようにつまり  僕はつまり  物がつまり  つても、ばれるとつまり  つて、つまり  のだ、つまり  母親がつまり  んですよ、つまり  バツク・ミラーは、つまり  サインしてもつまり  青草がつまり  波江さんがいないとつまり  

副詞

つまり[副詞] ~ 1
つまり朝まで  

つまり[副詞] ~ 2
つまり走る  つまり行き  つまり斬り合い  つまり引き取る  つまり出張り  つまり食えない  つまり儲かる  つまり盗る  つまりいっ  つまりつくり  つまり書けない  つまり残る  つまり諦める  

( ~ )つまり( ~ )
つまり軽い  つまり明るい  つまり遠い  つまり悪い  つまり良い  つまり古い  つまり遠い遠い  

名詞

つまり[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
つまりむずかしいところであると思う  つまりそういうように可愛がって  つまりは法則と称ふべき  つまりはそれらのものを外から運びこんで  つまりは美を生み出してゆく  つまりはそれに從ふの  つまりはそれに従うのほかないのであってみれば  つまりはしない  つまり早くいえば  つまり小さく云へば私達は毎日これを繰り反しては  つまり強い相手には始めから心構えや気組が変って  つまり長いベルトが動いている  つまりはこの文章は人のために書いた  つまりは子どもがその真似をくりかえして  つまりは成人の間ではただ形だけを残し  つまりはこの正月の祝い棒の力を認めていたからであった  つまりは平凡なただの口合いではあるが  つまりくだらないから俺はこんな沈滞した  つまりは文学というより  つまりは煮え切らず  つまりはひがみだった  つまりはおたかの気性を呑み込んでいた  つまりはどちらも路地の入口にあった  つまりは結果として現れた  つまりは自分たちの胸底にあつく蠢いている  つまりはその矛盾がフランスの支配者たちを自繩自縛におとし入れ  つまりはそれらの女性たちが方程式の形だのでは可成りの  つまりは年に似合わぬ  つまりより流動的にしようとして  つまりより飢えなかった  つまりは純文学の批評家は純文学の方面に関するあらゆる創作を検閲して  つまりは国家のために尽す  つまりは批評というものがそれとして  つまりは往来いっぱいにころがっている  つまりはほうぼうの墓所に働いている  つまりが阿波くんだりまで食いつめて  つまりは形式論理学に於ける  つまりは経験の組織体である科学の一認識内容に過ぎない  つまりは政治理論家にすぎず  つまりがパンパンにでもなる  つまりは向うから  つまり程好い話し方をした  つまりは旦那さまのおためを思うが  つまりは八橋に救われた  つまりはすなはち  つまりになる  つまりはよけいな憂目を妻子どもに見せるばかしだ  つまりは勝負事に勝ちたいといふ  つまり頑張ったということになる  つまりはこの自分を父親が自慢している  つまりたる語を用いなば  つまり新しい思想が台頭する  つまりは書籍の社会的所有関係という処から持ち上った  つまり新しい意味に於ける  つまり語ることを問題にしている  つまりは個人的な人の存在に関わっているので  つまりは有の哲学に過ぎぬ  つまりは知識階級と見  つまりはこの糸巻きの圏外へは出られない  つまりは生活安定の見透しがくずれたという  つまりはぢつとして神を御迎へ申す  つまりあぶないあぶないと言いうるほどに  つまりは女自身であることを知るであろうと  つまりもつと死損はうと  つまり立ち上ったとたん寄りきってしまう  つまりは一つの土地に住む  つまり低くなる  つまりは拝む  つまりは同じ流れの落伍者にほかならぬ  つまりは普通に落伍者の流れて行く  つまりは偽ドルの係りあいだったらしい  つまりにいいだけつまっている  つまりはここにかかっている  つまりは物自身が複雑に変化すると  つまりは幾通りとなく成立し得べき  つまりは同じ事だろうと思います  つまりは嘘だと云う  つまりは両方が一種の意味において一様に発達して参ります  つまりはその不平が高じた  つまり取っときにしといた  つまりは一種の人相書きか鳥羽絵をかいている  つまりは銀主方と見物衆とを大切に思うからの  つまりは何にも知っていない  つまりは間人すなわちハシヒトの語をついだ  つまりは怪談から誘い出された  つまりはなる  つまり言い現わし方そのものが独創性に富んでいるばかりでなく  つまりは何の好奇心をも抱かずに  つまりは同一動機に出でた  つまりは時代によって次第にその名が失われ  つまりてまた覚束なき語句をつづけ  つまりは矢つ張り出なければならなかつた  つまりは我々の人生を視る  つまりは食べる  つまりはこういう気持のいい配給の出来る  つまりは祭礼も重要な節供の日ということが出来る  つまりはネブタに佞武人だの佞侮多だのという無理な当て字を自分でしておいて  つまりは威勢よく相手をへこませる  つまりはその天地に梯を架ける  つまりは家に閉じ籠って  つまりは祭がこの二つの動物の日を連ねて  つまりはこの日の祭を慎しみ営むならば  つまり物々しい伝説を作り  つまりは葉子というものがあればこそできたので  つまり亡くなったこの邸の主人鶴彌と家政婦小林とそして亀之介の三角関係というようなものが存在し得る  つまりゆすられたんでせう  つまりは感情のゆき違いと云った  つまりは顔の矢がすりを着物の矢飛白に附会てしまった  つまりは分ってるじゃないの  つまり無いと同じ雑踏の中で油井はみのえの手を執り  つまりはその殻を脱ぎ捨てる  つまりは友田の言った  つまりはよしやろうだなと呟き呟き行くと  つまりはその基調となっている  つまりは何の造作もなく説き伏せられてしまった  つまりは千葉県警察の怠慢であるように思いまして  つまりは古い男心の伝統が描き出した  つまりは本人の出世にもなる  つまりかういふ時代のかう  つまりは此処に落着くの  つまりは人間を喰い合っている  つまりはその勢いで離れなければ  つまりは社会の一員に他ならないので  つまり新しい常識を生み出す  つまりは公認の営業をやっている  つまり困った時に役に立つという  つまりは他人が拘泥するからである  つまりは何にもつけなくても  つまりは袋探偵は余輩天駆の  つまりは僕の身体がまだ放蕩に堪え得るからであろう  つまりを連発して  つまりは個々のオリジナルの論文や著書を見なければならない  つまりは順応した  つまりは全く根本的な文学そのものの生ける  つまりは其の願いに任せて  つまりより一層造型的だと云へるであらう  つまりは思ひ掛けない  つまりはその町を訪れる  ツマリが満洲行と成った  つまりは間接に家族主義と云ふ  つまりはおまえのために悪くはないかもしれない  つまりは一つに重なる  つまりは徹底した  つまりは皆さんと同じように弾いただけの  つまりは近江屋の娘を生贄にして  つまりは内容に於ける  つまりは田舎人のさうした点に対するものぐさから出た  つまりむずかしくいうと  つまりより強くしてくれるでしょう  つまりになって  つまりはその関係を利用する  ツマリ両花道から追い込んだ  つまりやがったな  つまり違った神の系譜をもつ  つまりは番附を書き直して  つまりは番台を仲介所にして  つまりかうしていつまでも結婚もしないで  つまり掘った死体が間違っていた  つまり取り合ってもくれぬ  つまりはひいきのひき仆しという  つまり早く申しますと  つまり撲られる  つまり使ったエネルギーの一部は必ず熱に変じて  つまりは幻影に過ぎないから  つまり早く退院の手続をとる  つまりは相互で忘れ放しになっていた  つまりはさうした意志統御の出来る  つまりは糸を巻く  つまりはこうして多くの力を集める  つまりは外国から持ってきた  つまりは井戸が近くなった  つまりは王朝貴族の浄土具現の道楽をそのあるかぎりな財富で地に画きつくした  つまりは彼として身を巌頭においた  つまりかような習慣から養成される  つまりは知らず  つまりはその古式を復興して  つまり負けるまでは四等国の生活水準を国防する  つまりは私どもも天の川の水のなかに棲んでいる  つまりは私どもも天の川の水のなかに棲んでゐる  つまりは坐り  つまりは原因が外にあったからである  つまりはこの陶然たる心境を共同にしたい  つまりは自棄半分で自分の部屋に火をつけ  つまりは慾に引っかかって  つまりは本物と贋物とをまぜて使う  つまりは忠義から起こった  つまりは人間の好奇心とか云う  つまりは馬鹿にされながら  つまりは弱い者にも強い者にも見物が出来る  つまりはただチェスの名人だというにすぎない  つまりはおさんを囮にして  つまりは顔でも切る  つまりは江戸のほろびる  つまりは一人も怪我人を出さずに済んだ  つまりは先代の看板で三甚の株を譲り受けていると云うだけの  つまりはその国の文化の質を語る  つまりはこういうところにかかっていると思う  つまりはお賽銭かせぎの  つまりは両成敗で型を付けるより  つまり疲れるからよく寝る  つまり煉り方とでっち方でよく膨らせた  つまりは戦争遂行という野蛮な大皿の上に盛りつけられて  つまりは飢渇を感じ出したからです  つまりは大乗主義であるということはいうまでもありません  つまりはこの観の目でみる  つまりは道義に立脚する  つまりは梟の啼き  つまりは最もよく知られている  つまり素晴らしいと云ったまで  つまりはその同じ心のあらわれともとれる  つまりは画の前へ立って  つまりあらくを切る  つまりは猿の婿も怖るるに足らずという  つまりは麦が成長して  つまりは児を授けられるという  つまりは米の飯が欲しいばかりに出て働くらしいので  つまりは俵藤太の取れども尽きぬ  つまりは己の心に欲せざる  つまりは少しも得意でないことに外ならないが  つまりなんでしてね  つまりは紹介の域を多く出なかつた  つまりは悲願とよぶ  つまりは河原者といい  つまりは一塊の石に過ぎないだろう  つまりはこっちの損になる  つまりがどうしようという  つまり短く書くと  つまりは世俗の目やすにいい生活というものの基準をおいて  つまりたるならんなどいふもあり  つまりは老中安藤対馬こそその第一の罪魁であるという意味のことが書いてあったという  つまりは極めて自然に自分自身を優位に導き得る  つまりは現在が芸術の開花に適しない  つまりは自分で決心する  つまりは異人さんを味方につけた  つまりは一歩をゆづつてるをもつた形が連体法の古形であつたといふ考をいれるとしても  つまりは上流社会の頑迷な旧式な思想から来た  つまりはこれに帰する  つまりはこうなる  つまりは青ガサやフル釜を怖れる  つまりはそこが彼の不幸な部分というべき  つまりは国防義金が集まる  つまりは統制の圧力を一身に受けねばならぬ  つまりは根柢的な戯作者たることを必要とする  つまりは現状維持の気持に裾をとられてゆく  つまりは人類の歴史にとって価値ある  つまりは此金の欲しと聞えぬ  つまり黄色い液が途中で紫色の液になり  つまりは鯉が取持つ  つまりはその一家の金のある  つまりは妹でも一緒について行く  つまりは六分の旧套を守って行われている  つまりは常識に譲歩して  つまりは旧い皮袋につめられた  つまりは宙に浮いてしまいます  つまりはやあぬくしをたずねた  つまりは軍備拡張のコンタンだと盛に逆宣伝している  つまりは索漠とした  つまりがなんらかの方法でかの頼長の鼻をくじいてさえしまえば  つまりおかしいから笑う  つまりおかしくなる  つまり近いうちに子供が生まれるけに  つまりは会社と手が切れた  つまりはそろ  つまりは猿廻しが猿を大切にする  つまりは敗けた  つまりは無意識に鸚鵡から逃げ廻りながら  つまりはその死に  つまりは人間の趣味の一つと考えているという  つまりは理の当然という  つまりはそういう構造物の科学的研究がもう少し根本的に行き届いていて  つまりはちゃんと実らせない  つまり見るに適当の距離を必要とする  つまり出来るだけ智慧を働かした  つまりを云えば  つまりは一寸二寸と身体が腹まで冷えてくる  つまりは罪を犯す  つまり大きく半円を描いて  つまり人間らしいものが失われて参ります  つまりは小作料の騰貴でなければならず  つまりはその人々の一生で解答されてゆかなければならない  つまりは浅薄なものに過ぎない  つまりは遠い昔から近い過去までのあらゆる出来事にそれぞれの係数を乗じて  つまりは小笠原も痴川の死を欲しており  つまり新しくて人間らしい教育制度のしかれる  つまりはならなくて  つまりより以上に真剣な心もちを包んでいた  つまりを申しますと  つまりませぬくり言を長々と書きつけまして  つまりは私が坂田を書いた  つまりは何もかいてない  つまりは作家に自覚されている  つまりは在り来った  つまりは人間の精神の発展と表現との意欲を本質として立っている  つまりてい  つまりは守られている  つまりはゴミ袋をどうやらころがしてゆく  つまりはその波瀾と悲喜とをいかに経て  つまりいく種類の本をも見る  つまりよい歌になると  つまりは人間というものの良さがお互いの胸に残って  つまりは内から映発する  つまりからだについた  つまり語ろうとする  つまりは一貫した  つまりは自分の生活全般に自信のおき  つまりは話の筋を読む  つまりは妾が女王になる  つまりは和歌を主軸にして  つまりは空気と光線との中でものを見た  つまりは闇紙の買える  つまりは優れた  つまりは木村は三手指した  つまりは普通の人間をただありのままの姿に描く  つまりは一つの物を人間の三大活力から分察したと異なる  つまりはスペースと云う  つまり狭い地下道みたいなものがあった  つまりは彼の特質である哀しい注意散漫を削ってやる  つまりは諸氏の望みと諸氏の用意との間に齟齬があった  つまりはおくり  つまりは諸原因についての態度がはっきりしての  つまりは分らない  つまりが結果する  つまりは決定する  つまりは里から遠く離れて住んだ  つまりはそれが農民の類い  つまりはそれが農民の類ひ  つまりがシュールやアブストラクトはいつでも描けるが  つまりは日本人の生活の到る  つまり美しい言葉や表面の現象に欺かれて  つまりが組長さんのところであって行ったらば  つまりは日本の女らしさに身を屈してゆく  つまりはそのひとのいろいろの核心的なものの位置を何と雄弁に語っているかという  つまりは若い女として自分の可能をのばさせてやろうとする  つまりはあなたも損はなさいませんね  つまり眠れるように疲れる  つまりは私の説得に成功した  つまり請合った以上というのに  つまりは人工的にメートルをきめた  つまりは一組の天才たちなのかもしれないわ  つまりは幸福者であると云う  つまりは氷もとけた  つまりはみんな手紙にかいてしまうのね  つまりは文学的資質でだけ解決されなければならないという  つまりはそれを作品に再現する  つまりは待ち損となりますから  つまりは日々の些事の中にしか表現されないという  つまり分ってる  ツマリこういう愛撫の方法もある  つまりは分らないでしょう  つまりはそういう精神に立っている  つまりは引越しますまい  つまりはそちらで読んだのよ  つまりは天から降って来る  つまり来るならいいがと大気をもみよ  つまりは腹立たしいことになってしまって  つまり早く話したい  つまりはこうして話し出さずにはいられなくなって参ります  つまりはこしらえ  つまりは米に追い立てられてしまうのよ  つまりはしなければならないと  つまりはこんな太古の人を一面には理想として生きている  つまりは区別されるという  つまりは政令の行き届かぬ  つまりは職業の問題から穢多というものが出来上がった  つまり下らない事だと悟っていらっしゃる  つまりは表現の力をかりなければならない  つまりは日本の社会の一つの時期に生きる  つまりは最後に心臓が犯されて死ぬに過ぎませんから  つまりは和熟した  つまりはわが口より出し  つまりはつまらない事になってしまう  つまりは仕方なくなって  つまり女らしいのなんのとほめられたい  つまりは人間と猫との取引はもう結了して  つまり上っ滑りになってしまう  つまり早くいうと  つまりはこの伝記の資料的な豊富さをも信頼に足る  つまりは自分を大事にしているからだ  つまりもしそうしようとする  つまり取られた  つまりは年はとっていながら  つまりは諸兄に喫茶の憩いをすすめた  つまりは若干の助力に預りたいという  つまりはそれが学生の純真な精神の発露であると思える  つまりはそこまで押つめて行かねばなるまい  

~ つまり[名詞]1
そこがつまり  自分もつまりは  十分の一とつまりは  こともつまりは  トドのつまりが  身のつまりに  足跡だからツマリ  これもつまりは  併しつまり  観念論はつまりは  発展してもつまりは  この世からつまり  のはつまりは  奮闘生活もつまりは  お前さんがつまり  個人はつまりは  のもつまりは  境遇につまりは  課題がつまりは  トヾのつまりは  ことはつまりは  真実にツマリ  私もツマリ  トドのツマリが  二つであるけれどもつまりは  わたしもつまりは  東京もつまりや  境遇のつまりの  物もつまりは  残酷性はつまりか  米もつまりは  民主主義もつまりは  得意さはつまりは  それがつまり  帰着してしまうからつまりは  卵のつまり  朝子はつまりは  最期もつまりは  そうでもつまりは  地上楽園もつまりは  ところからつまりは  何にもつまりは  女のつまり  徹底させて行くとつまりは  ためにつまりは  文学そのものがつまりは  こととして云えばつまりは  それもつまりは  それがつまりは  生活そのものがつまりは  のはつまり  私達はつまりは  遠慮してつまりは  率直さでつまりは  文学がつまりは  私にはつまり  日本的風土化もつまりは  ここもつまりは  営養読本もつまりは  のだからつまりは  出来事ながらつまりは  ところでつまりは  敷衍したのでつまりは  

~ つまり[名詞]2
そのつまり  どうしてもつまり  

複合名詞
つまり仏  つまり実在  つまり顔  つまり一人  つまり念仏者  つまり強迫観念  つまり川  つまり一枚  つまり分裂  つまり失業者  つまり一〇三号室  つまり運動費  つまり球  つまりサマイクル  つまり潜水艇  つまり三十倍  つまり上下  つまり君たちトロ族  つまり君  つまり三人  つまり根室会所支配下  つまり神  つまり自警団  つまり二人  つまり十五メートル  つまり四個  つまり何時  つまり六畳  行つまり  ツマリ期待  つまり風化  つまり芝居  つまり東京  つまり一種  どんづまり  つまり変化  つまり苦労  つまり都新聞紙上  つまりお礼  つまり十パーセント  つまり死去  つまり心  つまり二度  どんづまり大庭悠吉  つまり島  つまり模写  つまり所謂意識  西洋画つまり油絵  ツマリ此物語  ツマリ空想  ツマリ佛教  つまり復讐  つまり発掘  つまり日  つまり北極星  つまり物  つまり戦争  つまり連帯性  つまり活動屋  つまり損  つまり人  つまり三本勝負  ツマリ闇い  ツマリ自分  つまり絵  つまり全快  つまり星  つまり想像  つまり外  つまり色  つまり用  つまり二十九歳  つまり仕事  つまり一遍  つまり当直  つまり生  つまり十五分毎  つまり学問  つまり教育者  つまり三七年  つまり社  進歩つまり思想水準  思想混乱つまり  つまり出版法  つまり指導  つまり演説式  つまり出版物  づまり一夜  つまり兵農一如  つまり労働手段  つまり生産性  ドンづまり  つまりあっしら  つまり三十五  つまり一部分  つまり三ヶ月前  つまり競走  つまり三ヶ月  つまり設計  つまり一個  つまり二十年  つまり池  つまり当り  つまり二十四尺余  つまり下降  つまり四十歳  つまり紙  つまり三高吉太郎氏  つまり金博士  つまり五十キロ  つまり独立  づまり夜  つまりお産  つまり大阪  青物つまり野菜類  つまり十一時  つまり二三秒  つまりあなた  つまり自殺  従つてつまり二三秒  つまり後宇多天皇  つまり百六十九日  ツマリ書物  つまり容貌望み  つまり名刺  つまり新陳代謝  つまり一種異様  つまり四人ひと組  つまり二十日間  つまり逸作  つまり別  つまり性  つまり音  つまりもの  つまり角  つまり感心  つまりもと  つまり三代家光  時代つまり桃山時代  つまり三十三  つまり一回分  つまり一本勝負  つまり非難  つまり写生  つまり外觀  つまり模写説  つまり物そのもの  つまり認識  つまり二つ  つまり次  つまり氏郷  金づまり  つまり沢山  つまり実存主義  つまり一日  づまり横町  つまり旅順  其溯つたつまり  つまり虫  つまり馬  つまり歩行  ものつまり勤労者的  つまり留学期限  つまり玉  つまり伝道会  つまり一君万民  つまり十二文  つまり定住  つまり銀座  つまり抽象  つまり酒壜  つまり化粧法  電磁波つまり脳波  つまり彫刻  つまり友情  つまり楽  つまり追放  つまり一坪  つまり学問的  つまり学問上  つまり体全体  つまり百千  つまり比田  つまり芝居がかり  つまり問題  つまり御門  つまり象徴的  つまり風刺  つまり憎悪  物語つまりオデュッセイア物語  認識つまり科学  生産つまり技術  つまり蓄積  つまり保守農民型  つまり科學的  つまり遁走中  つまり手  余り切りつまり  つまり三日間  つまり二十万法  つまり打算  つまり三年  つまり十八人  つまり高声器  つまり73号機関車  つまり越境  つまり国  つまり二ツ  つまり二台編隊  つまり七万坪  つまり千六七百年  つまり体  夫人盛姫つまり将軍家定  つまり話  つまり一本  つまり十一日  つまり内攻  つまり一度貞操  つまり四ヶ月前  つまり思念  つまり予想  さ三キロメートルつまり三十町  つまり結論  つまり昔  つまり君達  つまり苦楽座  つまり二重  つまり倒立  つまり勝利  つまりリレー  つまり子等之館  つまり相續人  つまり八代  思想原理つまり政治思想  つまり役  つまり今日  ツマリ仕切り  つまり活動写真  つまり三日前  棚つまり魚  つまり何人  つまり熊本博士  つまり骨  つまり一しょ  つまり二十八日  つまり十畳  つまり所謂  つまり十位  つまり8  つまり2  つまり33  つまり代數的解き方  つまり合作  つまり交換製作  づまり鈴虫  つまり日中  つまり人眼  つまり表  つまり人交  つまり五六年  つまり旅行者  つまり一所  つまり物マネ  つまり百パーセント  つまり陥没  つまりポーズ  つまりなかば無意識  つまり記録  つまり失敗  つまり覆面  つまり奈良河内街道  つまり声  つまり目  つまり一昨夜  つまり上  つまり上半分  寸つまり  つまり兄上  つまり金さん  つまり団十郎  つまり心中  末行きツマリ  ツマリ一円本  つまり酒  つまり下向  つまり道誉  つまり速成  つまり一ヶ年半  つまり十五人  つまり熱  つまり三組  つまり義絶  つまり自分  つまり性交みたい  ツマリ世渡り下手  つまりBut  つまり撥陵遠征隊事件そのもの  つまり店  つまり照日前  つまり二本  つまり説得  つまり密談  つまり高時  つまり貧家  つまり土  つまり時  つまり二組  つまり極楽寺坂  つまり旅行  つまり後  つまり七代目  つまり藩  つまりどうしろ  行づまり  つまり大  つまり八面大王  つまり妻  つまり百  白子つまり睾丸  つまり客笑談  つまり批評  つまり結婚  ツマリ胃  ツマリ熱  ツマリ是  つまり制裁  つまり外房  つまり船鑑札  つまり大切  つまり軍監  つまり師業  つまり二百五十両  つまり何分  神づまり  つまり浮気  つまり家  つまり元  つまり発疹  二枚門つまり両開き門  つまり二匹  つまり恋愛心理  つまり予測  つまり社會  つまり一口  つまり覚悟  つまり芸  つまり地顔  習作つまり仕事  つまり地顔仕立て  つまり三段  つまり恋愛小説  つまり三等分  つまり二枚  つまり三度  つまり口  鼻つまり  つまり艇  つまり観察  つまり観自在菩薩  つまり色心  つまり因  つまり苦  つまり一巻  つまり生活  つまり汁  つまり解散  つまり味鋺  つまり手切金  つまり彼  ツマリいや  つまり木曾川  つまり道庵先生  つまり石田  つまり妥協  つまり十五里  つまり一両  つまり一そろい  つまりテイタイ  つまり毒  つまり承知  つまり忍行き  つまり一  つまり商売上  つまり病  つまり脱線  つまり道庵  つまり交換教授  つまり外國人  つまり一八二二年  つまり否定  つまり電氣  つまり建築  つまり五か年  つまり下  つまり認識不足  つまり十階  つまり一里十六町  つまり物自体  つまり人生  つまり狂  つまり対話  つまり美  つまり余  つまり米  つまりイギリス領土内  つまり金  つまり六十三歳  少年時代つまり小学校卒業  つまり一円  つまり万吉郎  つまり江戸っ子  つまり窃盗  つまり四ツ谷正宗  つまり名  つてドンづまり  つまり峠  つまり車  つまり属国  つまり一定  つまり一九三六  つまり一時間  つまり予告殺人事件  つまり一番年  つまり三次元  つまり贔屓  つまり品夫さん  つまり注射  つまり二千億  つまり〇・五  つまり〇・三三  つまりゼロ  つまり万  つまり労働者  つまり予期  つまり労働問題  つまり二十五年  ソノつまり  つまり種  つまり折衷主義  つまり認識主体  つまり八人  つまり主張  つまり表現  つまり分娩  つまり光  つまり余り  つまり二号  つまり群像  つまり何万分の一  つまり二十五時  つまり犯  つまりセックス  つまり事  外つまり読者  つまり十六歳  政治性つまり階級性  古生層つまり水成岩  つまり味  つまり飾り  つまり共産党  つまり仲介者  つまりひと口  つまり四年め  つまり心はやり  つまり連作  つまり自覚以前  つまり箱  つまり四本  つまり真剣  三十分の一つまり売価  つまり二十銭  つまり恋愛  つまり強  つまり三合  鼻つまりみたい  つまり短歌  王道つまり神  つまり空想  つまり批評家  つまり十市  つまり薬  つまり主義  ツマリ人生  ツマリ理想負け  ツマリ二葉亭  ツマリ黄人  つまり十一時四十五分  ツマリ泥水稼業  つまり好き  つまり探偵小説  つまり筆  部分つまり芸術的  積極的態度つまり個性  つまり量  事つまり労働力  つまり労働  結果つまり画家  つまり社会的現実  つまり染物屋式  高村帆奈美つまりホミ  つまり往来  つまり村  つまり附和雷同性  つまり十年  つまり遠慮  つまり土曜日  つまり死  つまり三日  つまり反省  つまり睡眠  つまり一呼吸  つまり歌  つまり五時間  つまり七千年  つまり一千余年以前  つまり離別  つまり一段階  革紐つまり上腹帯  つまり回転刀  一日五ガロンつまり一五〇ガロン  ツマリ当時  つまり十五円  つまり入社後間  つまり売物  つまり一度結婚  つまり六回  つまり何ひとつこれ  つまり思惟言行  つまり千四百枚  つまり寄附画  真名序つまり漢文序  つまり落ち  つまり二者  つまり対局開始後三日目  つまり親不孝  つまり所謂作品  つまり連続  つまり一名  つまり事實  つまり一歩  つまり野合  つまり解放  つまり色氣  つまり作家  つまり外ヶ浜  つまり演出者  つまり実験談  つまり道  つまり徹夜  つまりプロシチャージ  つまり精進落ち  つまり内  ツマリ数千部  つまり血書  つまり形  つまり合計  つまり艇長  つまり二階  当時さしつまり  づまり候  つまり承諾  つまり種則さん  つまり概論  つまり書  つまり静養  つまり観念的  つまり二百七十年  つまり検閲官  つまり百五十六円  つまりよう  つまり三十日間なじみ  つまり馬崎  つまり練習  つまり伝染性  つまり氏  つまり神奴  つまりどの室  つまり変質  つまり官戸  つまり卒業  つまり傾斜面  つまり出版  つまり労働力  つまりロック  つまり土壁  つまり可  つまり通俗的  つまり問答師  つまり一語分  つまり意味  つまり三造  つまり一番  つまり有対自動詞  つまり七万五千ルーブル  つまり十方舎  つまり二  つまり振動数  つまり開戦説  つまり一週間  つまり運動  ツマリ三十日朝  つまり一ヶ月以前  つまり三度目  本城つまり本庄  つまり三人妻  つまり二十六日  つまり十七億八千万ルーブリ  つまり一九二八年  つまり雨  



前後の言葉をピックアップ
ツマラナサ  ツマラナサウニ  ツマラネエ  ツマラン  つまり  つまり  詰りゃ  津丸  つまる  詰る


動詞をランダムでピックアップ
なぞろ安らぎ取乱し手放そひっ込ん引っかけよすげ引き起そ刻み込ま駈け擦れ気取主立たおしこむ儲かんみかけ立ちどま知れ渡り写れ飛び越そ
形容詞をランダムでピックアップ
恭しくぎょうぎょうしどす黒明い口喧しかっめでたかろ面はゆかっ等しい悔しく畏く黒くっまぢかく痒かっ普き残り少ないつつましかっけがらわし物凄かっ堅きいたたまらない