「つぶし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つぶし[動詞]
苦虫を噛みつぶし  胆をつぶし  肝をつぶし  誇りを一々つぶし  虫をつぶし  暇をつぶし  雑誌をつぶし  之をつぶし  左眼をつぶし  虫をかみつぶし  指先でつぶし  片目をつぶし  ニキビをつぶし  和蘭陀カルタをつかみつぶし  面積をつぶし  虱をつぶし  散歩でつぶし  二度たきとして、ねりつぶし  上で切り開いてつぶし  時間をつぶし  日をつぶし  ひとり苦虫を噛みつぶし  毎日数個と、時たま、つぶし  こんにゃく芋を擦りつぶし  にきびをつぶし  ひとつ粉々に掴みつぶし  二軒買いつぶし  虫を噛みつぶし  ここを買いつぶし  身代をつぶし  廣場をつぶし  ゆっくり時間をつぶし  蝨をつぶし  仏教もつぶし  つぶしにつぶし  キモをつぶし  膽をつぶし  身上をつぶし  さしもの師は、きもをつぶし  身代もつぶし  鶏などつぶし  半日はつぶし  家を叩きつぶし  広場をつぶし  一個一厘で買うて来て、つぶし  皺くちゃにもみつぶし  詩集をつぶし  みんなぐにゃぐにゃになっちまって、きもをつぶし  面をつぶし  面目をつぶし  心を圧しつぶし  火をもみつぶし  二三ヒマをつぶし  上まで、書きつぶし  時間を少しつぶし  顔をつぶし  みんな胆をつぶし  二晩をつぶし  ようにぶらぶらつぶし  暇のつぶし  音をさせてつぶし  真赤になるまでつぶし  蟹をつぶし  蠅を叩きつぶし  三郎は、すっかりきもをつぶし  ぼくがつぶし  産をつぶし  ノドをつぶし  歯でつぶし  眼をつぶし  腹をつぶし  面目玉をつぶし  口をつぶし  胸につぶし  苦虫をつぶし  声を泣きつぶし  んです、つぶし  方を圧しつぶし  半日をつぶし  半日もつぶし  蚊をつぶし  鶏をつぶし  今では思っているので、そのうち鋳つぶし  折助を噛みつぶし噛みつぶし  むやみにつぶし  拇指をつぶし  所を噛みつぶし  完全に叩きつぶし  意見を叩きつぶし  隙をつぶし  頭を叩きつぶし  屋敷地面を買いつぶし  家だな、何とかして早く買いつぶし  ナゼ早く買いつぶし  地面家作を買いつぶし  住居を買いつぶし  みなへしのきもを、つぶし  おみなえしのきもを、つぶし  右足をつぶし  一度に擦りつぶし  店をつぶし  隣家を買いつぶし  養家はつぶし  字で書きつぶし  壓しつぶし  桑畑をつぶし  通常禮服をつぶし  目をいったんつぶし  爺もきもをつぶし  そちが、きもをつぶし  縁者だというので、きもをつぶし  地面を買いつぶし  かわり時間をつぶし  いまに叩きつぶし  一気に叩きつぶし  椅子をつぶし  時をつぶし  城を攻めつぶし  家をつぶし  團子を平たくつぶし  殻をつぶし  中に、きもをつぶし  一緒に、つぶし  反軍を揉みつぶし  わたしを呼んで、こんなに盛りつぶし  相手を掴みつぶし  一つ鋳つぶし  椿事にはきもをつぶし  小僧をひねりつぶし  毒蜘蛛め、ひとつかみにつぶし  丁度極東オリンピック大会をつぶし  鬼灯をつぶし  垢につぶし  殻を叩きつぶし  これを攻めつぶし  上でもみつぶし  すべてを圧しつぶし  彼はつぶし  摺鉢でゴシゴシとつぶし  目をつぶし  無駄につぶし  花鳥を縫いつぶし  癇癪玉をつぶし  一日をつぶし  蚊でもつぶし  余戯でつぶし  のか、つぶし  お家をつぶし  しまうから、抱きつぶし  空家をぶっつぶし  おれを盛りつぶし  ために、掴みつぶし  良畑をつぶし  それをもみつぶし  一部をつぶし  小ブローカーをつぶし  己れを圧しつぶし  仕事をつぶし  畑をつぶし  木棉畑をつぶし  ように、にじりつぶし  老婆一匹をひねりつぶし  くら加減に書きつぶし  指でこねつぶし  諭吉も、いそがしくしらみをつぶし  さを噛みつぶし  サナギをつぶし  ままに読みつぶし  一方を敷きつぶし  中から水がわき出たと聞いて、きもをつぶし  時分田をつぶし  ひまをつぶし  散々ひまをつぶし  金盥を圧しつぶし  嶋はあわててもみつぶし  面皰をつぶし  時間をどうしてつぶし  蟲を噛みつぶし  一晩まるでつぶし  床の間をつぶし  手数をつぶし  食堂車でつぶし  のにつぶし  広大につぶし  実をつぶし  川島家はつぶし  人は、きっときもをつぶし  少将が、すっかりきもをつぶし  中で噛みつぶし  口へ運んではかみつぶし  饅頭を圧しつぶし  世帯をつぶし  墓所もつぶし  月日をつぶし  呑気につぶし  ソヴェト同盟をつぶし  心臓をつぶし  茶碗へつぶし  是を搗きつぶし  いちごをつぶし  警官は、きもをつぶし  ぷつと虱をつぶし  糯米を少しつぶし  唇に噛みつぶし  一生を圧しつぶし  さじをつぶし  ぎよつと胆をつぶし  気むづかしやで苦虫を噛みつぶし  それをあらくつぶし  意地悪く叩きつぶし  叩きに叩きつぶし  閑をつぶし  松吉はきもをつぶし  一つ、噛みつぶし  一日暇をつぶし  四疋五疋つかまへてつぶし  木の芽を揉みつぶし  名物を、つぶし  講堂でもつぶし  苦虫をかみつぶし  家名をつぶし  盲腸を叩きつぶし  何度もつぶしては研ぎ、つぶし  ものだから、きもをつぶし  時間をようやくつぶし  財産をつぶし  運動とをつぶし  町歩ばかりつぶし  友愛塾をつぶし  なかで噛みつぶし  兵馬胆をつぶし  一生をつぶし  地をつぶし  邪教をつぶし  コブをひねりつぶし  ヒマをつぶし  古本をつぶし  風につぶし  いやというほどつぶし  いっしょに運んでつぶし  たか肝をつぶし  胸を圧しつぶし  一日ひまをつぶし  すりこ木でつぶし  百疋かみつぶし  指でつぶし  工場をぶっつぶし  一時にぶっつぶし  大会をつぶし  眉をつぶし  実を噛みつぶし  大変暇をつぶし  ところへ押えつけ、ぶっつぶし  残りをつぶし  事ばかりを書きつぶし  彼女は、つぶし  銅像をつぶし  ピシヤンコにつぶし  やつだけをひねりつぶし  それを叩きつぶし  風船を叩きつぶし  眼だまをつぶし  主家をつぶし  一挙にして揉みつぶし  奴はつぶし  鶏でもつぶし  苦蟲を噛みつぶし  クシヤクシヤに揉みつぶし  一番胆をつぶし  あいつの害心を叩きつぶし  

名詞

つぶし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
つぶしに枚挙されて  つぶしがきく  つぶしに調べて行って  つぶしに結い直し  つぶしに調べても  つぶしにされる  つぶしに来た  つぶしにつぶし  つぶしがきかないし  つぶしに実地踏査する  つぶしの利かない  つぶしが利きやす  つぶしを食った  つぶしはしないかと思って  つぶしに搜す  つぶし追い出してしまう  つぶしの相談に当らせてみようとすると  ツブシと見ても  ツブシを仮定しての  ツブシにする  ツブシの原料に成るであろう  つぶしになった  つぶしがきかない  つぶしにはくもとにらめっこをする  つぶしにしても  つぶしにする  つぶしに当たってみた  つぶしに呼び出しをかける  つぶしにしたって  つぶしに致しましても  つぶしに売る  つぶしのもののように書かれてある  つぶしはしない  つぶしにかけても八貫目はあるでありましょう  つぶしを発見した  つぶしにされるより  つぶしに結綿なぞかけ  つぶしがきかないといふ  つぶしのきかない  つぶしに調べ上げ  つぶしにたけながを結んだ  つぶしの島田に掛けた  つぶしもし  ツブシに売って  

~ つぶし[名詞]1
当り祝につぶしは  一つ一つしらみつぶしに  水商売仲間ではつぶしが  一つ一つ番号をつけてはしらみつぶしに  元のつぶしに  寿司屋をしらみつぶしに  蜀を喰いつぶしに  洞窟をしらみつぶしに  噛りつきながらもつぶしの  胆をつぶしは  私を叩きつぶしにか  それをしらみつぶしに  作品を叩きつぶし  半数をツブシと  始めよりツブシを  運命に陥ってツブシの  自慢のつぶし  片端からしらみつぶしに  昨今のつぶしは  時間をつぶしは  十行足らずの書きつぶしを  きく晩年を持って飼いつぶしに  外につぶしが  以外にはつぶしの  数十巻をしらみつぶしに  髪はつぶしに  一匹あればツブシに  

~ つぶし[名詞]2
全然つぶし  どうつぶし  こくつぶし  

複合名詞
ひねりつぶし  ストライキつぶし  穀つぶし虫  穀つぶし  つぶし餡  青螺つぶし  一城とりつぶし  つぶし値段  眼つぶし鏡  穀つぶしめ  時間つぶし  虱つぶし  ツつぶし給  つぶし島田  閑つぶし  暇ッつぶし  縫つぶし  ヒマつぶし  かきつぶし  蟹つぶし  隙つぶし  ひまつぶし  面目丸つぶし  丸つぶし  ちの面目丸つぶし  腕ップシ  シラミつぶし  縫いつぶし  つぶしやう  眼つぶし  ツブシ鳥  髷つぶし  取りつぶし  つぶし扱い  つぶし彫り  つぶし朱彫り  つぶし豚  つぶしよう  書きつぶし  つぶしッこ  三十分の隙つぶし  胸つぶし狂  つぶし初め  穀つぶし奴  一つぶし  一日つぶしよみつぶしかき  押つぶし僕  時間つぶし議論つぶし  穀つぶしめア  時節がらツブシ  



前後の言葉をピックアップ
備に  具に  つぶし  潰し  潰し  つぶす  潰す  つぶせ  潰せ  つぶせる


動詞をランダムでピックアップ
まにあい残せれ降り懸かる坐るこしふみこますれあっ嘆か揺すれ荒れ果てうまるさんすげ替え薨ぜもとめよおしすすめすり潰す押しやりぱちつかせたたきあげ
形容詞をランダムでピックアップ
はやきゃわかくやすかっきまず偉からおさなき高けりゃ物すさまじく篤く好まし水臭い手強けれぽかっ嬉しから妖しい人なつかしく真新しいでかかろ浅かっ人がましく