「つっぷし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つっぷし[動詞]
上へどうとつっぷし  木枕を借りて、つっぷし  のか、わざとらしくつっぷし  足もとにつっぷし  畳へつっぷし  足元につっぷし  以上に深くつっぷし  まま人形を抱いてつっぷし  上につっぷし  膝につっぷし  顫えながらガバとつっぷし  前につっぷし  あちら向きにつっぷし  自室につっぷし  畳につっぷし  体をのばしてつっぷし  体をひたしてつっぷし  様につっぷし  炬燵につっぷし  半分はほんとに酔って、つっぷし  私はつっぷし  まん中につっぷし  捨て石につっぷし  たみの上につっぷし  机につっぷし  かおを見るなりつっぷし  ひざにつっぷし  から、少しつっぷし  呻ってつっぷし  真中へつっぷし  



前後の言葉をピックアップ
つっぱる  突っぱる  突っぱれ  突っぱろ  突っ伏さ  突ぷし  突っぷし  突っ伏し  突っぷす  つっぷす


動詞をランダムでピックアップ
渇け怠る糺さももかたぶけうりださのめしつかみかかっ降りれおもいこみ填めよ投げ入れるいつくしむ込も買い換えるはねかす執る灯っ書き記さ組上げ
形容詞をランダムでピックアップ
淡き強くっ心強う心もとなき甲斐甲斐しい黄色わる厚ぼったひくし肌寒むしあつく愛づらよかれあたらしくほろ苦き姦しく小賢しいらうた