「つく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つく[動詞]
気なしなをつく  兎はつひにつぐ  気がつく  説明がつく  搦みつく  三枚もつく  英国につく  プロレタリア文壇に吼えつく  目鼻がつく  席につく  電燈がつく  キャベツをつく  莊はもうとつく  傷がつく  嘘をつく  手をうごかしながらつく  読者がつく  目につく  私はつく  畑にうづく  床につく  息をつく  ベッドが焼けつく  気のつく  残りを食べた、それで沢山、うまくもまづく  字のつく  竿尖につく  から大分廻しがつく  字がつく  溜息をつく  ものだとつく  ものがつく  ものを少し、よりも、まづく  ノートをつく  彼、そんなにまづく  裏山でもうつく  こゝろあらためてつく  わたしがつく  ぢやれつく  ぼうしあまりにちかくつく  句作生活二十年、そしてつく  寒をはうてきてうづく  片貝につく  わけはつく  流れの低きにつく  方へつく  鼻をつく  うそをつく  あだなのつく  尻もちをつく  身につく  孝助をつく  多く目につく  餅をつく  通はぬ遠つぐ  年寄のおつく  共同線につく  つて帰途につく  ぼうし、つく  のは、いれつく  吐息をつく  了解がつく  膝をつく  特に目につく  喉に巻きつく  寢顏につく  微酔に限る、とつく  つて、つく  思つて気がつく  名のつく  片がつく  一緒になると、つぐ  目にもつく  相場がおのずからつく  畠をつく  自宅へ辿りつく  察しがつく  縞をつく  虫に追ひつく  開城につく  立木に巻きつく  組をつく  畳につく  電気灯のつく  肩がきのつく  壯士髮冠をつく  多度津につく  食膳につく  決心がつく  ルアーブル港につく  本国に帰りつく  真空管がつく  区別がつく  何人となく、つく  人なら、とつく  大概察しがつく  眼につく  いふ消息がとつく  説明はつく  一家名をつぐ  手取早く喰いつく  円陣をつく  自分でつく  なつてうづく  やうにうづく  ひざまづく  なかにうづく  輪をつく  のかげをつく  素朴なつく  食ひつく  磁石に吸いつく  噛りつく  がいざとなればそのくらいの工面はつく  言葉をつぐ  取返しがつく  精分がつく  盃につぐ  眞心をつく  時には、つく  所縁としてつく  緒につく  専造は、いつも、くづく  麺麭焼き箱をつく  鼻につく  にこにこほほえみながら寝につく  部屋へ辿りつく  空をつく  一段落がつく  詩をつく  見当がつく  自分を見せつけ見せつけ縋りつく  直ぐ目につく  天につく  声に応じて縋りつく  血統をつぐ  うずなど申し、いづく  殊に目につく  人眼につく  幾分解釈がつく  あきらめがつく  命をつぐ  氣がつく  枕につく  椅子をつく  椅子などをつく  事ぐらゐ彼はとつく  きり陰がつく  急ぎ足で追ひつく  勝にはよつく  側につく  下へつく  顏につく  たてをつく  相対性原理から説明のつく  背後から下肢へかけて焼けつく  勝敗がつく  ことでは、行くつく  丹生川平に辿りつく  群をつく  男はすぐ吠えつく  傾斜面をつく  後をつぐ  人目になるべくつく  牧へ登りつく  松葉杖をつく  大抵想像がつく  里に辿りつく  下につく  越後川口へつく  処理のよくつく  それにつく  正業につく  來てつく  一変化につく  二変化につく  千住へつく  倒まにふったとて追っつく  その他気のつく  灯がつく  パリにつく  明かりがつく  予測がつく  副題がつく  想像がつく  帆がつく  ことをすつかりおつく  宿につく  解決がつく  眼がつく  途につく  仕事につく  家をつぐ  そこへつく  あかりがつく  ため息などをつく  始末は何とかつく  はめがつく  食卓につく  蚊取り線香をつけて寝につく  広告がめにつく  86とつく  これで蹴りがつく  格好のつく  弾みがつく  腰を上げると、取つく  尻に焼けつく  話がつく  意味がつく  帝塚山へつく  下屋敷へつく  席へつく  両手をつく  上や、うづく  尺とり蟲がつく  文庫をつく  どんどんつくつく  玉をつく  君は知らんか、あの焼けつく  思つたが、おつく  金をつく  箱をつく  宮内さんのつく  鞠をつく  見当はつく  解釈はつく  位地に追ひつく  列をつく  中にうづく  ため息をつく  形のつく  諸君につく  区別がどうしてつく  息杖につく  恰好がつく  涼しい緑蔭をつく  見込みがつく  電車がつく  耳につく  顏とるとるづく  手毬さんだつけばつく  ホノルルにつぐ  十五年でも、居つく  方角位はつく  ことながら目につく  呉娑娑宇山がうづく  中でつく  間誤つく  んだつたら、とつく  壽司をつく  團子汁をつく  そこにうづく  所へ来てうづく  ぢつとうづく  地につく  石段をあがってつく  一人のつく  んごろ鐘をつく  鐘をつく  名前がつく  息をつぐ  非常に若くつく  卓につく  世界をつく  負債をつく  洋服をつく  名前なんて、とつく  周囲の焙りつく  抱へて、凝つとうづく  題をつく  新家庭をつく  つて安くつく  学生をつく  一同食卓につく  連想としてまづく  罪をつく  あきらめもつく  前にうづく  勝負がつく  睫毛に氷りつく  想像もつく  補いはつく  物心がつく  まとまりがつく  氣のつく  夏がとつく  燈火がつく  怖じ気がつく  歴史を更に新しく書きつぐ  品位がつく  いくらかはつく  張つて調子のつく  あたりまで登りつく  けつまづく  不可能性をつく  それに引つづく  さにうづく  水の低きにつく  糸口がつく  習慣がつく  朝子はつく  僕はつく  腰をつく  六郷へつく  足がつく  人目につく  から人目につく  想像のつく  灯のつく  始末がつく  酒徳利に振ひつく  ハケ道をつく  棚をつく  薪をつく  うまい料理をつく  体裁をつく  時刻はとつく  子どもらは、追ひつく  悲節を守りつぐ  名がつく  裾に卷きつく  らんぷがつく  大かた想像がつく  地面へつく  わが家へつく  手がつく  眠りにつく  元気がつく  三町ばかりあると、つく  職をつぐ  果実がつく  麓へ辿りつく  徳島へつく  方角から辿りつく  麓へつく  聖職につく  特にきわだって眼につく  顔へ焼きつく  形式的には収まりがつく  推測がつく  墓をつく  市街をつく  ことをつく  道がつく  顔をつく  ためいきをつく  帰途につく  女のつく  斷念もつく  一番目につく  気はつく  家路につく  悪態をつく  溜め息をつく  心はつく  たわ言をつく  奉加につく  鎌倉河岸につく  面白いように喰いつく  刺身などつく  陰影をつく  時間をつく  子供のつく  勾配をつく  居間にうづく  髪油がつく  怯気がつく  これで分ったろう、放したまえ、早く擦抜けようと、もじつく  劃のつく  手をつく  うちにつく  車寄へつく  一ツ橋につく  褥につく  跡などがつく  誰だって気がつく  四万一千石をつぐ  天上につく  ビンからコップにつぐ  ふくみ笑いをしながら、又つぐ  葉につく  火がつく  最後にほっとつく  変に縋りつく  花がつく  今さらびくつく  水がつく  郷里につく  ように痩せ細って、つく  筋道がつく  格がつく  切がつく  汗がつく  手ぐってみたらなにかの引っかかりがつく  僕とはつく  拾ひ上げてつく  瑕がつく  途中の灼けつく  ただずまいを、灼きつく  短冊がつく  箸を割って見ただけでおさまりのつく  勝手につく  府中へつく  松材でつく  笛をつく  鉛でつく  町をつく  土は、つく  蟻達がつく  榛とかにつく  粘土でつく  労力でつく  名前のつく  やうにつく  湯沸なんかをつく  何んでつく  それでつく  糸巻に巻きつく  束にじやれつく  球をつく  繭を堅くつく  察しはつく  絡りつく  蜜をつく  さんがつく  傷をつく  巣をつく  縦列をつく  行列をつく  絹でつく  柱頭につく  了つて柱頭につく  人間のつく  平行線をつく  あとからあとから追ひつく  見積りをつく  其処に帰りつく  家をつく  層をつく  虫のつく  蜜房をつく  室を出来るだけつく  王位につく  気楽にうづく  胸に喰いつく  手がかりがつく  指に吸いつく  柳腰よ、ふるえつく  涼しい蔭をつく  伝説がつく  船体につく  だれしもがとつく  のは、とつく  宛先へつく  磯へつく  奥から息をつく  題がつく  此儘にいづく  里言葉でつく  むる階梯をつく  何時つて、とつく  頬が焼けつく  船がつく  ごまかしがつく  頭字のつく  原稿をつぐ  方向のつく  尻持をつく  車がつく  都合もつく  説明も初めてつく  つくし遺族扶助料もつく  解釈がつく  蔵相側につく  虚をつく  観念から見当がつく  カーテンをつく  うちで、思ひつく  燈がつく  僕がもうとつく  位置につく  略見当がつく  胸焼けと焼けつく  憎悪のつぐ  筋をつぐ  人につく  安心がつく  喉に乾びつく  面に吸いつく  境界がはっきりつく  見当ぐらいはつく  気持でうづく  船のつく  特に気のつく  私に縋りつく  やうで、おつく  藁酒をつぐ  胸をつく  端にうづく  都會をつく  フィヒテをつぐ  心へ焼けつく  箭をつく  啓示につく  それにきのつく  自ら王位につく  旅籠へつく  頬に吸いつく  庄ちゃんと言って、なめつく  噬みつく  荷がつく  明りがつく  拳骨をつく  落胆をしながら、つく  妾なんかとつく  島につく  米をつく  夫人は、灼けつく  勝負はつく  雲をつく  犯罪に対するつぐ  自らのつぐ  ビールをつぐ  コップにつぐ  失陥につぐ  ウィスキイをつぐ  シドロモドロさに気がつけばつく  整理がつく  両手でつく  隊をつく  共和国をつく  つて整理のつく  格構がつく  つてとつく  結末がつく  難を棄てて易きにつく  学問につく  ことはもうとつく  わきにうづく  もとのうづく  らせてうづく  学につく  万とつく  先方へつく  のでは高くつく  もの心のつく  手につく  野菜のつく  松江につぐ  香ひがつく  19鼻につく  如く咬みつく  自家に辿りつく  色がつく  定価のつく  五時三十四分につく  全身汗にまみれ、焼けつく  籠をつく  杖をつく  千浪は、縋りつく  出羽守は、咬みつく  分別のつく  眼にまでつく  はらわたもひやつく  想像はつく  花束をつく  殆ど息をつく  虫がつく  予想はつく  温泉へ辿りつく  のはつく  つて楯をつく  ことをも、つく  おれはつく  目安がつく  新聞社へつく  折紙がつく  コーチにつく  酒をつぐ  疵がつく  座につく  何時引取つて呉れるだらう、考へるとつく  私につく  尻餅をつく  うに笑顔をつく  うに笑顏をつく  火のつく  柏斎のつく  墓地まで辿りつく  ぢつと、うづく  地面にうづく  彼の好んでつく  併しつく  足元にすりつく  幾組となくつく  から服でもつく  はつどつぐ  糊がつく  癖がつく  差し紙がつく  彈みがつく  つて眼につく  みつともないわよ、もうとつく  彼はもうとつく  職業につく  泌みつく  縁につく  十分推察のつく  涙をつぐ  明日着きはつく  値打がつく  椅子へまで辿りつく  丸木小屋へ辿りつく  現場へ辿りつく  享けつぐ  都合がつく  贔屓がつく  あとにつく  あらまし目鼻がつく  まとまりのつく  水さしから水をつぐ  帝位につく  桑の葉が青々とつく  犬みたいにつく  話合いがつく  察しもつく  父に可愛がられなくても、少しは諦めがつく  焦げのつく  郊外に、つく  差配のつく  敷金ではもう追ひつく  らいたりつく  都合のつく  カタがつく  西の宮駅へつく  社会的高位につく  形がつく  蝨がつく  何時見込のつく  燒けつく  事には、つく  うそをちょいとつく  当りがつく  ところまでが高くつく  一冊がとても高くつく  活版で刷ると高くつく  いくらかにつく  推定はつく  火星につく  部署につく  後方につく  公事につく  からにつく  漸次気がつく  病室をつきとめて辿りつく  見分けのつく  理念をつく  スカートがベッタリと貼りつく  肺腑をつく  膚につく  アテがつく  ゴールに辿りつく  連姓のつく  末尾につく  語尾につく  系統をつぐ  母加那志につぐ  椅子につく  下宿まで辿りつく  葬式にでつく  性こりもなくじやれつく  汽車はとつく  フト気がつく  本を読みながらつく  愛をつく  苦労の多いかをつく  国をつぐ  八時につく  何にでもつく  紅茶をつく  ことを思ひつく  捌きがつく  位につく  首に捲きつく  宿へつく  岩目館につく  一日家にづく  安易につく  題のつく  理屈がつく  あとにつぐ  沼沢をつく  余裕はつく  死につく  配給書類をつく  岸壁につく  たねをつぐ  色心二法をつぐ  像をつく  保証がつく  午後九時半田端につく  五つ六つ息をつく  立札をつく  箱庭などをつく  ちの玄米でつく  舞台をのたつく  調べがつく  港につく  大阪につく  逸矢ともつくつく  命につぐ  理窟はどうにでもつく  下風につく  推察がつく  紅庵はとつく  客がつく  のもおつく  情婦をつく  渋面をつく  のものだけ思ひつく  予備はつく  籠目でつく  足跡のみ分けがつく  判別がつく  地べたにつく  一円以上につく  本から受ける灼きつく  方が高くつく  埋め合わせはつく  何だか菓子でつく  けちがつく  殿様初め佐賀城につぐ  二ツ三ツ呼吸をつく  紋様をつく  つてゐたので、がつかうで、おなじつく  二の膳につく  流行をつく  銹なんてつく  一杯にうづく  そこへうづく  輝やかせて、くひつく  住居へ辿りつく  極がつく  灰がつく  いるか見極めのつく  杖につく  岸につく  見当もつく  寝床につく  臥床につく  土地に居つく  何一つ身につく  当がつく  一筋目につく  溜息でもつく  見極めがつく  側に置き、縋りつく  蓑虫もしづく  砂丘にうづく  それのつく  連用形につく  完全につく  金は諦めのつく  毛虫がつく  足がまだよろつく  竹をつぐ  路傍にうづく  しなへつく  そのけんとうがつく  船に泳ぎつく  島へつく  バクダッドにつく  あとがつく  たいがい想像がつく  火星へかえりつく  電灯がつく  火星へつく  いつになればつく  柴桑城街につく  髪結うより安うつく  ものにつく  観察して、つく  存在しないと否応なしに思ひつく  つた防空壕をつく  壕をつく  若い燕をつく  候ものハいづく  負け癖がつく  墨がつく  区別はつく  庵だが、咬みつく  生活の見透しがつく  互のつく  初めから何もかも訴えて縋りつく  口實をつく  女中のつく  賤しきにつく  頬杖をつく  借り手がつく  目当がつく  泣笑ひをつく  焼場につく  大体見当はつく  見当のつく  云ふまでもなく、とつく  つてうづく  腫物をうづきうづく  折り合いがつく  想像ならつく  後陣につく  勝負のつく  曹操につく  本に吸いつく  つて溜息をつく  いちばん目につく  況んや、決して、易きにつく  弱点をつく  区別のつく  解決のつく  出方は甚だまづく  傍らにうづく  期日がとつく  締切がとつく  方だって片がつく  ナーニこれだって解釈はつく  時はじめて気がつく  さかいがつく  政下につく  許都へつく  条件がつく  十分につく  区別がすぐにつく  文句のつく  楯をつく  見分けがつく  肩でつく  御身につく  一しょに住めばつぐ  見出しがつく  風景をつく  東京駅へつく  早朝に辿りつく  京都へつく  東京につく  コニャックをつぐ  神につぐ  貌をつく  起原をつく  文学的発足点をつく  王、いづく  電気がつく  そこまでの見透かしのつく  のであって、その見究めがつく  処置もつく  そこまで見透しのつく  口に有りつく  「道」の到りつく  自由につく  利のつく  膳につく  都合はつく  事をつく  話をつぐ  蜀につく  城下につく  内々お話合もつく  電気のつく  斷めのつく  震ひつく  輕くうなづく  それにつぐ  一つ一つ灯がつく  信雄がつく  居館をつく  板につく  手蔓をつく  裾に縋りつく  ケリがつく  気風をつく  彼を残してとつく  サンフランシスコへつく  これがつく  ところへ帰りつく  二階につく  じき勝負がつく  戦争がおさまるか、長びくかの見透しもつく  判断がつく  寝間につく  狛犬がつく  神がつく  來るへるろつく  麦をつく  襟巻をつく  物のいりつく  腰掛をつく  ランチをつく  縁側にうづく  鑑定がつく  のならまだ諦めもつく  亭に辿りつく  満足に受けつぐ  なつてゐたので、とつく  根がつく  二の矢をつぐ  自分から刺激をつく  なつてしまふのにと、いふと、出おつく  方はとつく  嘘はつく  理窟がつく  今時分気がつく  最初から気のつく  地位につく  判定がつく  明りのつく  見分がつく  膝につく  そのまま葉が垂れると、縋りつく  頬がつく  伯五郎につく  胸がうづく  つて都合はつく  喫茶店をつく  港をつく  口実をつく  図気がつく  あはれをつく  病床につく  地面に吸いつく  力がつく  誰しも思ひつく  燈火のつく  のだ、間もなく追ひつく  原稿かせぎは及びもつく  母がつく  ぢいさんがつく  軍艦をつく  大体想像のつく  つて火のつく  垣をつく  一と句切りつく  恰好をつく  耶蘇教信者はとつく  時氣がつく  決りがつく  手から察しがつく  人件費が高くつく  背中へつく  お気のつく  もっと弱点をつく  目のつく  足もとにうづく  女に追ひつく  里心がつく  外、引きつぐ  氣まづく  早鐘をつく  スタートラインにつく  配当がつく  判定のつく  話から想像がつく  鑑定のつく  三時につく  宮につく  ジンソクで、又至れり、つく  覚悟がつく  日本へ帰りつく  何に喰いつく  分別がつく  救援に、焦けつく  五十米プールに辿りつく  水へつく  理窟のつく  最大公約数的につく  要職につく  んだらうと、つく  消息をつく  理につく  ここにつく  世の中のおさまりがつく  土地につく  店へ辿りつく  自然に辿りつく  モーロー状態にならなければ辿りつく  家につく  職につく  働きにつく  ホテルへ帰りつく  新開通りへつく  感傷につく  情につく  ものごころがつく  発端をつく  横に、うづく  焼酎をつぐ  男であるが、とつく  料理をつくれば高くつく  ちゃんとそれぞれ見分けがつく  病気を貰えば、けっこう高くつく  大阪へつく  京家へつく  判断はつく  邸をつく  肩へ喰いつく  四のつく  もう一度よつく  皇位につく  ミササギをつく  湯気から火がつく  熱田神宮につぐ  傑作でもないがまづく  閨ぬちにいづく  恐怖焼けつく  皇位をつぐ  噴水をつく  支配的地位につく  コマ神社に辿りつく  眼底に灼きつく  から気がつく  自席に戻りつく  ゴマカシても、とてもおっつく  女房は縋りつく  私だって、縋りつく  際につぐ  ことにいづく  話は始まりいつはてしがつく  家でつく  悪口をつく  目星がつく  時がありますのよ、つく  正面にうづく  左右にふって、灼けつく  紙幣をつく  かけをつく  土人たちはとつく  習慣をつく  ママ薯が、ねばりつく  接頭語のつく  ように飛んでいって咬みつく  弾圧につぐ  黴菌のうよつく  ほと長くつく  驛につく  示しがつく  胸んところが焼けつく  しらへはとつく  現状維持につく  自ら気勢いもつく  半ばをもつく  買手がつく  病弊をつく  略目当てはつく  何方につく  広場へつく  核心をつく  天をつく  弟子につく  江戸へつく  境地に辿りつく  物心のつく  朝日にきらつく  漫のつく  マルセーユにつく  香港へつく  彼南へつく  日本へつく  掌をつく  顔へつく  塩気がつく  靴をつく  海底につく  ソネットをつく  短歌もつく  俳句をつく  奥にうづく  火のひとしづく  地にうづく  水無月のつく  飛沫くわつく  手を取ってつく  今日はつく  宿まで辿りつく  父に縋りつく  宗派をつぐ  官職につく  飛行艇につく  マニラにつく  海底要塞にかえりつく  瀬戸内海をつく  補いのつく  眼にもつく  目がつく  嘘をつけばつく  心臓がどきつく  御膳駕をつく  お前はとつく  ただ呼吸をつく  下を焚きつく  お気がつく  ことはありますまいが、もしか、つく  白酒を黒くして、もじつく  いきをつく  見通しがつく  誰にもつく  貰い手がつく  毬をつく  さがつく  覘いがつく  肉に有りつく  存在が灼きつく  ことでせかつく  佃は、喰いつく  理窟はどうでもつく  節のつく  どっちにつく  怯気のつく  袖につく  説明がいかにもはっきりつく  三つ四つ、うづく  少年は焼けつく  少年につく  感じが、焼けつく  疼痛に灼けつく  決心のつく  ママヨとふてくされて齧りつく  一味につく  豊臣につく  四方八方から眼につく  納まりがつく  きまりがつく  財産がつく  眼に、灼けつく  座席につく  膝頭に灼きつく  湯の花がつく  なりと有りつく  バトンを受けつぐ  影が煎りつく  泥につく  家に辿りつく  為切がつく  一人隅つこにうづく  なつちや、なかなかおつく  随分目につく  体をつく  絨毯と、続づく  二の句をつぐ  紅がつく  嘆息をつく  兩手をつく  吉田にはそんな諦めがつく  ここへ流れつく  一種えきぞちつく  てゐるえきぞちつく  皮膚にまとひつく  對ひ、つぐ  哄とつく  法がつく  記憶に辿りつく  そこまで辿りつく  川原をつく  デイトリッヒなどなかなか及びもつく  皮膚にまといつく  利息がつく  弁解はつく  のだけれども、ついおつく  公園につく  玉ネギがつく  稗をつく  環をつく  うちへつく  動きがつく  何一つ目につく  一週間前あたりから床につく  話はつく  窓粋へ辿りつく  演芸放送はとつく  間鮒が落ち込んで棲みつく  紐がつく  はめのつく  がまづ目につく  日を受けてきらつく  膝にのたりつく  のたりつく  揚句、まづく  隅つこに小さくうづく  離れ家につく  実がつく  から、焼けつく  目に焼きつく  産婆大野登志の玄関に辿りつく  さびがつく  道具立をつく  ユックリとねばりつく  頭をつく  顫えつく  幸内はふるえつく  聞き分けがつく  圧搾してつく  つて氣がつく  脂につく  配置につく  自信がつけばつく  つても、もうとつく  めこと頭巾にかつく  それきり氣まづく  プロンプタアがつく  解釋がつく  大砲とやらに鋳たらつく  自然につく  今度秀吉方につく  のにひよつく  木地をつく  自信がつく  空間をつく  篠をつく  大体見当のつく  元気のつく  態をつく  パツとつく  私、もうとつく  そりや、もう、とつく  ものでないとつく  地面につく  関係から、つく  大体想像はつく  はじめて気がつく  客人に吠えつく  顔にぴたりと吸いつく  髑髏のひとしづく  わけか焼けつく  工夫もつく  狐がつく  次から次へと思ひつく  山につく  勝負事に焼けつく  人に喰いつく  ままでつく  ことなぞは、諦めのつく  用事をつく  どこのいづく  下女はとつく  上で仲よくうづく  それぞれ部署につく  焼地に焦りつく  剥製につく  私の追ひつく  サポートがつく  別に眼につく  封をつぐ  上でないと辿りつく  智慧がつく  上に黒くうづく  燈のつく  面師は、とつく  私達がつく  徹宵でもしなければ追ひつく  足に、あのまるい、吸いつく  任務につく  大方見当のつく  船縁へ縋りつく  親方が、てれんてんつく  んてれつく  大阪駅につく  いろいろ見分けがつく  若干金につく  茅花、つく  坊ぐらゐでしたが、もうとつく  里子のつく  書類さへつく  セルロイドでつく  品をつく  腿が焼けつく  里子は、とつく  父がつく  権利はとつく  毎日畑をつく  皮膚が焼けつく  直吉に対してはとつく  お前がつく  掌にうづく  沢は、つく  天使が、あの吼えつく  ところへ吸いつく  蔭で、じりじり灼けつく  所へ辿りつく  地平線に辿りつく  みんなちゃんと見分けがつく  所まで辿りつく  座を起ち、つく  事を、つく  形もつく  心理的欠点をつく  二本眼につく  略整理がつく  前口上がつく  寮につく  呉三桂につぐ  妾はつく  彼はつく  必死に縋りつく  一人に縋りつく  姐さんがつく  上に書きつぐ  山小屋につく  ちいさなためいきをつく  國をつく  村へつく  力のつく  区切りがつく  中で、灼けつく  搦ませて、縋りつく  ここへ辿りつく  伸羽こそ、いづく  前へのたりつく  仮面でもかぶらなければ追つく  蒲田駅につく  補充がつく  名をつぐ  手の甲につく  羽根をつく  御の字のつく  親しみがつく  門前につく  名称のつく  溜息なんかつく  小川湯へつく  頸筋に冷たくあたったので振りかえると、つく  乙州うづく  ア調べがつく  精力のつく  考へつく  怒髪天をつく  纏りがつく  下流につく  何ものも受けつぐ  悪臭鼻をつく  硝子扉に貼りつく  足のつく  当りのつく  絶頂へ至りつく  末がつく  車につく  線路をつく  ぼんやり頬杖をつく  しかつた、つく  故郷こひしいつく  悲哀をつく  猫がうづく  香港につぐ  ぼうしをきいた、つく  こまやかなかげをつく  味につぐ  はじめて、つく  残つてゐるつく  しろもつく  てゐるまうへつく  霽れてくるつく  だまつて帰途につく  松かげすゞしくつく  四五本あればつく  米をついてくれるつく  四五軒だけのつく  結局ウソをつく  雪は、ふるえつく  学力がつく  のは償いがつく  法返しがつく  棟門につく  船をつく  尻もちもつく  家に帰りつく  横にもならず、さてつく  坂でつく  だんだん目につく  遊びにつく  石子君、つく  商売はつく  前に辿りつく  鑑別はつく  説明のつく  縛につく  栄職につく  斜になったとは云いながら、焼けつく  胸に投げつく  ところがつく  人を見れば吠えつく  時のきらつく  ウソをつく  心臓をつく  箱がつく  箱のつく  目的地へつく  中から敵につく  正徳寺につく  夜なかを、とつく  武器はとつく  フト氣がつく  兵役につく  地べたへはひつく  人たちのつく  氣風をつく  背後をつく  肌にひたつく  執権職につく  旅につく  家督をつぐ  今さら気がつく  噂があって居つく  そこへおりつく  買い手がつく  巣につく  あすこにつく  走り寄って縋りつく  国表へつく  師につく  ほつれ毛が焼けつく  頸筋に喰いつく  軟部を好みて喰いつく  金剛杖をつく  炭をつぐ  合せがつく  のなら諦めもつく  思案のつく  船路につく  合点はつく  甲乙がきっとつく  中につぐ  人間だって気のつく  程目につく  メドがつく  時、もし縋りつく  桂子はつく  闘志にさへ時にうづく  跡をつぐ  隅にうづく  治まりがつく  お茶をつぐ  前にツク  親切をつく  鬨をつく  強者と申すは、いづく  時いづく  飜り出いたと思へば、いづく  一人を残し置いて、いづく  中につく  膝に縋りつく  はめはつく  乙のつく  そこにはもうとつく  片のつく  ことが焼けつく  掌にすいつく  紙がすいつく  下山するに追ひつく  魂はとつく  なほなまなましくうづく  畳へつく  地べたへつく  砂へつく  客座につく  美徳につく  別府へつく  彼岸へつく  寄手につく  判断もつく  あがきがつく  医につぐ  銀河をよつく  手毬はつく  上手につづけてつく  手毬をつく  門まで辿りつく  湯気のつく  ブエーノスアイレスにつく  コルドバにつく  下へと、いひつぐ  外形からつく  思つて、またつく  やうをして、つく  途がつく  長屋委員会をつく  海岸に流れつく  身にこすりつく  上につく  座席をつく  団隊をつく  前から標本をつく  鳧のつく  一番新吉に粘りつく  視線が辿りつく  たまたま眼につく  思いやりはつく  軍につぐ  日につぐ  桟敷につく  旅隊をつく  漆喰に立ちづく  理会がつく  から知れてくれればどうにか治まりがつく  われ知らず溜息をつく  朝飯につく  時には、きらつく  哲学者とよばれると、時にはおつく  不足で、とつく  店に居つく  タヌキ屋へ戻りつく  気分をつく  魚がくひつく  ば食ひつく  計算はハッキリとつく  方が安くつく  風呂をつく  マーケットはとつく  それぐらゐのことに気がつく  彼女はふるえつく  手を卷きつけて、じやれつく  あたしがつく  果物籠をつく  茶餉台をつく  評判をつく  花壇をつく  型紙をつく  五十年かけてつく  原子力行使につぐ  こんぶのつく  万事休したと思ひつく  上へへたばりつく  喰らひつく  節がつく  上にうづく  彼は縋りつく  其處にうづく  大任につく  理窟はつく  見込みのつく  ちょっと当りがつく  相撲小屋へつく  大体話がつく  気につく  神戸へつく  金につく  家へ帰りつく  駅につく  江戸へ帰りつく  縄がつく  昼間からあかりのつく  工面のつく  人間に咬みつく  皇居へつく  とき裏手から、また焼けつく  今まで焼けつく  病名がつく  人心地がつく  決着のつく  麾下につく  これはまあつく  一目散に走りつく  特に眼につく  説明書がつく  議長席につく  宅につく  名をつく  さだめのつく  尻につく  統御がつく  箔がつく  意志をつぐ  目鼻のつく  端近く小膝をつく  与惣次失踪から足のつく  二人にからんで来て吠えつく  しゃるから、そのうち何とか取計らいがつく  唇に焼けつく  療養につく  冬へつく  見立てがつく  踵につく  水につく  草原をのそつく  竹につく  恩給がつく  一時間おくれてつく  稿料が、灼けつく  誓状をつく  井楼をつく  肉のつく  四時すぎ岩国へつく  床へつく  アクセントのつく  ひろ子らがつく  左枝は、灼きつく  押へてうづく  人がつく  ちょっとその後を受けつぐ  病犬が吠えつく  埒のつく  埋め合せがつく  今時分手毬をつく  痕がつく  附添婦がつく  やらせまいと纏わりつく  はり昔から枕につく  考えのつく  月並のつく  モミヂにつく  生活につく  合せがいくらかつく  衣更え手につく  ごちそうが、つく  独りで極めて、もじつく  金子でつく  前へ辿りつく  区切がつく  理屈をつければつく  僕は、つく  息をついては吐き、吐いてはつく  人に向って吸いつく  やうに、うづく  説でも受けつぐ  今一度、つく  急所に喰いつく  中から見分けがつく  纒りがつく  合せはつく  一目につく  型がつく  圖氣がつく  其緒につく  カクテルをつく  拳をつく  ジュウタンにつく  子らはうづく  わたしに吠えつく  誰一人として気がつく  太陽の下に、焼けつく  傾向がつく  獣につく  道はつく  方から炙りつく  王位をつぐ  ワキ座につく  横腹に灼けつく  百一頁迄漸く辿りつく  あとから追ひつく  うつまづく  汚点がつく  痕はつく  登山路につく  毛利につく  世界に居つく  麓まで辿りつく  境内へ辿りつく  気まづく  其後につく  片はつく  先生につく  ひと通り句切りがつく  現象はとつく  やりくりがつく  小萩はもうとつく  客足がつく  暮しのつく  武者振つく  青虫がつく  景色をつく  業につく  実業につく  貴方はよつく  略解決がつく  余計物がつく  木村嘉平のつく  吉雄と共につく  クツク大佐がつく  木活字をつく  最初につく  傳統をつく  士氣墮弱から安きにつく  傍卓につく  模型などつく  昌造のつく  印刷所をつく  跡目をつぐ  ときをつく  榛や、いづく  紀、づく  語につく  瓢箪をつく  私は、ついおつく  段をつく  ゆっくり卓子につく  哀むにつけて、つく  稿をつぐ  冷水をがぶつく  高山へつく  伝統をつぐ  男がうづく  一緒にうづく  米原へつく  アトリエへつく  絶頂に辿りつく  体につく  意識がつく  見当はつくにはつく  はじめて地につく  声を迎えて吠えつぐ  もっと人目につく  家に居つく  麥をつく  其夕大勢餅をつく  確かりと咬み付く、咬みつく  餌につく  しなをつく  飯場へつく  結末がどうつく  小出しにつく  真実に泳ぎつく  征途につく  弾みのつく  拳が嘆いて喰らいつく  眼だけで、縋りつく  夕餉につく  辨當をつく  二つ三つ握り飯をつく  性根のつく  正確に言うと、おつく  例外なく、とつく  市ノ瀬牧人は、つく  お金も、とつく  のがおつく  市ノ瀬牧人はとつく  生活をしてみて、つく  立止つて彼女の追ひつく  あかりのつく  ほかには至りつく  通り大谷風呂をさして戻りにつく  出処につく  中から眼につく  血道をあげ、狎れつく  スッパリとかたがつく  此語のつく  給仕がつく  学問のつく  色のつく  あきらめがすぐつく  急に焼けつく  停車場へつく  肱をつく  自分一人易きにつく  さかりがつく  うえに辿りつく  ものであるわいとつく  膚をもつく  皆居つく  うまい酒をつく  官につく  歎息してつく  方やいづく  何とでもつく  相当当りのつく  理解のつく  昂奮につぐ  のでしょう、とても居つく  玉藻をかづく  吐息ばかりをつく  償金をつぐ  決心はつく  ことになればいよいよ深くなるであろうが、その見きわめがつく  容姿から見当のほぼつく  ものをつく  元来悪口をつく  足をつぐ  喰ひつく  動物園にて灼きつく  橋を渡るも灼きつく  明けぐれにいづく  夜枕につく  野辺をいづく  尾鰭がつく  匕首を振上げて、喰いつく  門へ辿りつく  ここまで辿りつく  示しして、いづく  枕へつく  献身的任務につく  先に駆けつく  努力のつぐ  気のよくつく  貧乏神のつく  からあきらめはつく  とき気がつく  餅につく  ものとも解釈がつく  浜屋へつく  時には、何とか遣繰りはつく  方がとつく  気のはしこくつく  氷のゆめをつく  牢屋のゆめをつく  前につく  彈力がつく  解釈のつく  時代をつぐ  幾通りあるか思ひつく  着物地でつく  身体へつく  荷物をつく  音声ありて更に叫べりづく  方は、とつく  兄はとつく  下にうづく  仕事もまづく  此処へ辿りつく  横町へつく  穿くものはとつく  鐘、つく  ろうと珠運立出、つく  ピアノにつく  地獄へ流れつく  ちょっと気がつく  ところで、つく  次長のつく  河豚がつく  役目につく  しか、つく  役につく  あくまのしわざでございましょうか、いまさらなげきかなしんでも、もはや、とりかえしのつく  句につく  所謂形容詞語根につく  下でつく  埋め合わせがつく  自分で死んでござるので、咬みつく  こっちへつく  しらは、もし折合いせえつく  ように焼けつく  城下へ辿りつく  外へのみつく  すべて眼につく  ものごころのつく  記憶にしっかりと焼けつく  呑込みのつく  人氣がつく  心から味方につく  勸めにつく  世心がつく  神様につぐ  火酒につぐ  底倉へつく  作業場へつく  地面をコツコツつく  処分がつく  別荘へつく  町へつく  方法を思ひつく  あなたに毒舌をつく  頂まで登りつく  期になってびくつく  辺りへ絡まりつく  何を思ひつく  顔付をつく  笑顔をつく  表情をつく  途中から立ち去らうかと思ひつく  ぼくらの目につく  すをつく  腕に喰いつく  眼鼻がつく  時をつく  群も灼けつく  かわり夕空をつく  どこで、つく  文章はまづく  吉良が寝につく  額にかづく  野菜ものなぞをつく  ところへつく  目録をつく  岸へつく  御寮、いづく  私のつく  奴とはとつく  欄干にへたばりつく  氣分に沁みつく  それや、つく  胸に咬みつく  爪や、咬みつく  じきにつく  運びのつく  絡わりつく  今度談がつく  頬を灼けつく  目星もつく  顔に、灼きつく  真心をつく  理会もつく  肌のひやつく  早稻はとつく  其据膳につく  日をつく  西洋占ひをつく  長崎につく  十字架につく  から十字架につく  問題につぐ  中へ吸い込まれもせずに、熬りつく  悶いている、疲れてまといつく  鯊のつく  渓のおもかげいづく  これにつぐ  汽罐車がつく  徳安攻撃部隊につく  尾翼に縋りつく  いくつか目につく  ふり足もとへじやれつく  生活がもつたいない、恥づかしいとつく  人形をつく  眼のつく  糞をつく  桟橋へつく  凸凹をつく  高崎につく  ポーズをつく  池をつく  彼がもうとつく  つてもうとつく  水朝日にきらつく  所をつく  ようにしてむしゃつく  あとをつぐ  大につく  樋がつく  ひとまづく  書斎にうづく  からず進み、易きにつく  あなたから直接なにものかを受けつぐ  つて戦争につぐ  イドリスはかう思ひつく  ところへ流れつく  おまけがつく  向うへつく  大陸の焼けつく  営利劇場では、とつく  定りがつく  おやすみよつく  膝まづく  臼をつく  吸ひつく  大空をツク  づ目につく  修飾的につく  づウ列音をつく  とんとん、つくつく  そばへきて吠えつく  ア引っこみがつく  泰軒先生につぐ  自前となり、辿りつく  保証のつく  上州路へ辿りつく  ころ目につく  帽子をつく  彼女はもうとつく  錦木花をつく  薬を服して、早く寝につく  具足屋につく  ものの見きわめが、はっきりとつく  敷居ぎわに手をつく  決着がつく  お金を受けつぐ  財産を受けつぐ  最近きもの家督をつぐ  うばら、いづく  後忽然悪寒を覚え寝につく  東京へつく  今につく  姉達に追ひつく  豆電燈がつく  勵精が足りないとつく  顏を、つく  五十銭につく  照奴はつく  気やろと、つく  七時すぎにはつく  手紙がつく  誰かれにつく  時間はとつく  名前はつく  もの、とつく  仕事はとつく  食卓へ縋りつく  僕はツク  嬌態をつく  表につく  首うちおとしけるが、つく  ば始末がつく  寺男のつく  彼の灼けつく  姿勢をつく  目につこうがつく  ゆふに咲きつぐ  草花のいのちみじかきなつぐ  莖につく  垂葉にいづく  上から眼につく  集つて坐りつ立ちつすればゆらつく  鳥にはとても追ひつく  三つ眼につく  者にがなりつく  ことで、びくつく  方がつく  取り返しのつく  僕のつく  痛みをつく  判断がはっきりつく  大欲につく  ろひをつく  精のつく  話が早くつく  電車をつく  自然鼻につく  灯なら散らつく  痕のつく  二時床につく  段へ登りつく  砲兵と列をつく  谷見附へ辿りつく  なほさらにおつく  一割五分の利のつく  利がつく  汽車のつく  母上につく  姿勢につく  散策子が、縋りつく  毬でもつく  帰路につく  格巧をつく  伊豆がやうやう追ひつく  ことばかり思ひつく  翅折り畳めないでうづく  間につく  ところまで辿りつく  惨劇の灼きつく  須弥壇をつく  さをわれながらつく  うちでかれにつぐ  背後でつく  螺鈿の大づく  さうに息をつく  さい、おつく  脚から根をつけた如くにぬつく  船につく  影がつく  啖ひつく  大概見当がつく  太陽は灼けつく  地球へ帰りつく  大衆は、灼けつく  自分につく  酒樽に縋りつく  二階へ辿りつく  久良がつく  動きはつく  香箱をつく  家内にうづく  姉は、咬みつく  嘘なんかつく  現場に辿りつく  日の経つに従って焼けつく  彼はまといつく  位気がつく  ベタベタ吸いつく  説明がよくつく  普通二人ずつつく  地下プラットホームへつく  胸が灼けつく  四時間で帰りつく  結論がつく  温室をつく  上野へつく  得意にせびりつく  菜がつく  歯につく  羽子をつく  木の根へつく  當につく  上で、つく  諦らめのつく  物語をつく  小屋をつく  軌道をつく  卓一はとつく  ことすら、思ひつく  燈りがつく  それもおつく  毛糸でつく  たびに、思ひつく  左門は思ひつく  あとのつく  澱みをつく  彼は思ひつく  女をつく  問題はとつく  ジョーヌにくひつく  巳吉もとつく  歪みをつく  心はとつく  理解がつく  思想を思ひつく  墓碑銘をつく  木陰にうづく  小さな今日に縋りつく  黒谷村字萩川へ辿りつく  のりのつく  私がつく  察しのつく  母さんをひっぱってピンつく  私がくよつく  喉がいりつく  下旬につく  見通しもつく  かたがつく  鳧がつく  ぱちと電燈がつく  シナをつく  今初めてつく  小説にでも書いて見たらばと思ひつく  刺身につく  冷やかで柔らかく吸いつく  時折溜息をつく  夫人は灼きつく  大体想像がつく  手際よくつぐ  逆まにつぐ  工夫がつく  ここへつく  島田へつく  二十八日までにつく  あなたに咬みつく  くよくよしないで、できるだけ早くよくなってくれれば、それですっかり償いがつく  永久にまといつく  解決はつく  形容詞のつく  割増がつく  ドサリとつく  一部に灼けつく  溝跡がつく  一つも引きつぐ  蔭をつく  腰にぐるぐると巻きつく  みんな安らかなねむりにつく  とこ面をつく  得飲まで睡りにつく  處分は後でどうにもつく  訳なんかつく  節がつき振がつく  音がつく  方眠りにつく  眼を据えて、縋りつく  十万のつく  限り気がつく  空虚さを、焼けつく  らに焼けつく  補給がつく  ぱつと照明がつく  んで、ややもすると吠えつく  更吠えつく  体がもたん、つく  ものだと、つく  田之助あまりにまづく  定食高し、まづく  舞台的ではあるが、決してまづく  十二時床につく  のだから、つく  極地へつく  新フリスコ港につく  よそ見当はつく  命令とあれば、つく  点滴のつく  生活はつく  セリフを忘れておこつく  っぷりにはつく  一時半頃床につく  シナリオは、まづく  寄進につく  連絡はきっとつく  目にすぐつく  滝につく  現場につく  町まで帰りつく  うそはつく  ヒダをつく  始末のつく  話のつく  それを思ふと、つく  対岸まで泳ぎつく  人生のかどでにつく  左門洞につく  すねにまといつく  早目に寝につく  一同早く寝につく  もの目につく  略想像がつく  対局場へ辿りつく  形容詞がつく  説明案内をされ、到れりつく  共産体をつく  駅前へつく  大同につく  沖へつく  戦場へつく  翻訳物につく  絶頂まで辿りつく  形容のつく  非常時につぐ  心のうづく  差別がつく  形ちづく  年金までつく  基俊につく  ところに喰いつく  鹿に喰いつく  からに粘ばつく  サッポロに辿りつく  目を閉じていても辿りつく  ところにつく  虻は吸いつく  土地に辿りつく  シップに辿りつく  燬けつく  呼吸をつく  空地まで辿りつく  咽喉が灼けつく  糸口だけはつく  のを見ると、まるで縋りつく  辺から足がつく  大都会はねむりにつく  入口まで辿りつく  東京駅につく  まま、縋りつく  特種につぐ  別がつく  日光とともにきらつく  のがつく  ぢりつく  物がつく  ところ目につく  かえるとくつく  ちょっと目につく  意表をつく  やうにと、縋りつく  岬につく  孔をつく  十分につぐ  むんと鼻をつく  海にひたりつく  組合をつく  あふれ心はうづく  枝につく  物ごころがつく  万事清算がつく  外目につく  押入まで辿りつく  絡ひつく  草摺曳いて、さつく  會釋もなくぬつく  謡につく  つて安らかに居つく  なぎさにうづく  林にうづく  それ等をつぐ  歩をつく  嘘は、つく  ことをば始めてつく  祭神がとつく  夕刊につく  母のなつかしみはつく  武州本庄裏まで遡りつく  一の見透しがつく  油がつく  付き添いにつく  旅館につく  えことが、つく  対照をつく  糸口のつく  身ぶるひのつく  首筋に焼けつく  一年目はもうとつく  威儀をつく  板片れでつく  潮吹丸、づく  工夫のつく  考へを思ひつく  門前へつく  情人をつく  三度三度食卓につく  下級品をつく  あらまし見当がつく  解説のつく  地上へ帰りつく  肌にねばりつく  様につくつく  纏まりのつく  覺書をつく  氣もつく  千曲川のスケッチなぞをつく  穿ついづく  いふ類音から説明はつく  つて流れつく  酒、つく  皇子だけにつく  ぢかにつく  しの禁欲衣などにもつく  プレパラアトをつく  海にかづく  玉を置くまじつく  背骨をつく  なに到り、つかねどもつく  大和びとの語では、はつく  いて座につく  法律をつく  規則をつく  信用もさほどつく  それぞれ、とつく  積つてゐるけれども、もうとつく  たいがい見当はつく  わしとしては、とつく  何かしら埋め合せがつく  読者諸君がとつく  土につく  人間がつく  僕に喰らいつく  乳をつぐ  肌ざわりとに氣がつく  坐り圓形をつく  息のつく  彼方へつく  いふポーター先生ももうとつく  大次郎は掴みつく  はじめから気がつく  地の見えぬまで粘りつく  態度をつく  於いては、到れりつく  顔をとつく  ビツコ馬は、とつく  融通のつく  見分けがつこうとつく  利子がつく  一割一分につく  縁に辿りつく  偽をつく  程度身につく  馬をつく  財産をつく  別荘をつく  売れ口はつく  安価につく  たへうづく  膝にうづく  鋏をつく  頃から鋏ばかりつく  三日目くらゐにはつく  宿でつく  營林署でつく  つて黒砂糖をつく  憐れにも感じ、つく  燗のつく  必然から職業につく  垢石になめつく  垢がつく  川一帯に同時につく  仕事もけつく  のと、けつく  其死顔をつく  渚につく  たくさん目につく  あひるから足がつく  眼でとつく  翼がとつく  値のつく  処女の如く、謹んでうづく  時代をつく  テーブルにつく  愛嬌をつく  富をつく  灯りがつく  君かづく  棹をつく  調子がつく  割増のつく  火鉢につぐ  見境いなく齧りつく  嘘なんぞつく  のだが、すこしうるさく感じた、そしてつく  本道であるとつく  度胸がつく  京都近くでもツク  液がつく  人影へ、焼けつく  波止場につく  餠をつく  心当りがつく  虚言をつく  大方想像がつく  至急運びがつく  果樹につく  向う岸につく  夜行がつく  しか思ひつく  群れに追ひつく  家へつく  石につく  派手につく  殼紋をつく  思つて吐胸をつく  空氣をつく  口実はなんとでもつく  ここになんだかうづく  何がうづく  てつきり悪魔がうづく  舌に焼けつく  彼奴に出つく  隈取つた面相に出つく  頬がえしがつく  ベツドをつく  生薑水をすすりながら、焼けつく  真実につく  旅舎をつく  補いがつく  境遇からすればとても高くつく  勤めにつく  息をほっとつく  もっと早くつく  だんだんとつく  きわだって目につく  揮つて薪をつく  屹度何かでつく  彼が縋りつく  ありあり眼につく  細木伊兵衛のつく  取り返しがつく  九時すぎにつく  顔は、もう、とつく  ことは、とつく  たくみなしなをつく  力もつく  大邸宅をつく  タブーをつく  村へ帰りつく  家風をつく  私を切るなりつく  後ろ脚で、ぬつく  ユウコフはつく  見通しのつく  伝つて一生懸命に跳び降りて、いづく  ところで出つく  空気をつく  つて嘘をつく  てゐては高くつく  眼付に縋りつく  停留場へつく  箸がつく  無常をつく  おこはを食べながらおるすゐしてつく  蛇はとつく  機縁をつく  衣裳をつく  牢をつく  榻につく  立上つて一拝して又坐につく  行につく  種をつく  布地をつぐ  息をだにつく  土堤に帰りつく  お餅をつく  土手に帰りつく  私が追ひつく  写実につく  波紋をつく  談話がつく  身装をつく  言葉がつく  言い開きもつく  赭ちやけた砂山と、ひらみつく  纒ひつく  みんな気がつく  手に咬みつく  言ひしに、つく  ところで、追ひつく  きの麓にうづく  湯まで辿りつく  落着がつく  竹を高く引かつぐ  著作につく  甲羅がうづく  木暮山へ辿りつく  さまで辿りつく  田宮を縋りつく  足にまたも縋りつく  らんとつく  全で焼けつく  方は何とか諦めがつく  蚊がつく  頬に、いりつく  さは諦めのつく  浜のつく  引揚者がつく  何んとでもつく  停留場につく  嘔吐をつく  髷をつかみ、ぽかぽかと撲る、喰いつく  ほうにつく  関東へつく  鹿ヶ谷まで辿りつく  駅まで辿りつく  身体を灼けつく  方法がつく  他人目につく  片手をつく  正木につく  ところいづく  自在のはねのしていづく  種としていづく  浮世よいづく  行衞いづく  みなもとはいづく  歩みのつく  水面につく  顔に灼けつく  香港につく  昼間の、あの焼けつく  大方察しがつく  心をつく  味方につく  法王宮職をつく  とき天皇はすつく  リズムをつく  竹の暗をつく  程度につく  兵庫へつく  目的もつく  それから船がつく  六円までつく  ために流れつく  雰圍氣をつく  大凡想像がつく  身体につく  方へ縋りつく  何うかするとツク  裏につく  買い手のつく  大体区別がつく  歎息をつく  沢山小枝がつく  余裕をつく  直ちに区別がつく  んですが、巻きつく  肘をつく  炭火を起したりつぐ  わたくしは、もうとつく  ポウとつく  判別はつく  調べはつく  息やこもるなつかしやとばかりつく  彫刻を、焼けつく  魔がつく  山北につく  片すみにつく  眼は、焼けつく  のに縋りつく  「嘘」をつく  左岸をつく  病後のをつく  急所をつく  失敗をつぐ  さうに、もうとつく  ゲルダはじぶんのつく  牡丹となづく  これもおどつく  袖のつく  ヒゲにつく  二世で見きわめのつく  文櫃は、いづく  本陣をつく  如くにうづく  極りがつく  終つて寝につく  看守がつく  僕は、とつく  足にふまれてつく  洋杖をつく  桂次はつく  高慢がほはつく  事三四度に及びしが、つく  兄にでも縋りつく  夕日にうづく  時、いづく  見当に辿りつく  称がつく  尻をつく  燈台につく  沈没する見きわめがつく  歌をつく  勢ひがつく  夜をつぐ  生命をつぐ  夢の中で判斷のつく  草につく  三味線につく  日本につく  作業につく  しのぎはつく  いつかどこかへ、流れつく  貝のつく  船底につく  ふつういちばんたくさんにつく  船底いちめんにつく  たくさん船底につく  そうぞうはつく  約束を寝づく  笠間驛へつく  筆をつぐ  安心のつく  自然がつく  汽車に乗って東京につく  ことに気がつけばつく  眼をいりつく  それで取りかえしがつく  村につく  塾生たちがつく  借手のつく  ノドが焼けつく  相当目につく  推量はほぼつく  夢を見つく  さをつく  爛れたるをつく  木の根を、ねりあはしてつく  すみにおしつけながら、うづく  後ろへつく  変化がつく  散々悩ましたあの灼けつく  大分高価につく  彼をつく  抵抗もつく  病院をつぐ  励みがつく  鑑別がつく  ことはつく  月の世界につく  上へつく  四日目につく  生計の切廻しがつく  灼りつく  決定がつく  倉はつく  案内書をつく  案をつく  人生をつく  役人のつく  これをつく  あとは、焼けつく  割りこめさえしたらいい、いや焼けつく  犬が吠えつく  芸者などは惚れつく  費用が高くつく  上野駅へつく  調節がつく  易につく  朝学校へつく  ッつらをして立ち上ると、つく  畑が、とつく  詩人がつく  比較的眼につく  限り見当がつく  文尾に始終つく  残暑のいらつく  アサが辿りつく  ように鳴いてる、つくつく  いつか納まりがつく  二回かけて乾かしうすでよくつく  ちょっと想像がつく  持ち場につく  指先に粘りつく  間息をつく  ぱきぱと盾をつく  誰に遠慮なく受けつぐ  二代目をつぐ  虫気がつく  尻が焼けつく  愚者のぼんつく  媚態をつく  李まづく  近所へ辿りつく  傷のつく  思いは同じ、焼けつく  底につく  日本へ戻りつく  天井につく  目にもよくつく  知恵のつく  凶事のいつぐ  為でなく、居つく  ものにかきつく  智恵のつく  ニマメにツク  フグをつく  遺書をつく  富をつぐ  男女の集まれるかと思ふにつけても、つく  何一つ身につぐ  なかったから寺をつぐ  去来し、つく  涎掛を、つく  前からつく  姿態をつく  逃げ場をつく  ニシンとか、ツク  当家をつぐ  友達にたよられれば共にゆらつく  レンラクはたちまちつく  牛小屋へつく  家へ辿りつく  目安もつく  ウメアワセがつく  体さ疵のつく  道をつく  旅路につく  身を掻きたちまちうづく  後にうづく  岩間にうづく  傍にたちよりていづく  生をさづく  判定はつく  お孫さんがつぐ  アンマがつぐ  診断がつく  氷川神社につぐ  街路から目につく  始末は早くつく  話が何とかつく  夜横浜へつく  彼は、煮えつく  遠洋航路につく  階段からまるでその焼けつく  船長に言わせるとつく  横浜へつく  何時頃に寝につく  形をつく  三階商品券売場まで泳ぎつく  電気燈がつく  周さんがやたらにつぐ  髯はつく  七のつく  五のつく  稼業をつぐ  皮膚面につく  指端につく  財産をつぐ  連体とにつく  体言につく  弖爾波はつく  今は濁つてどきつく  いがつく  母韻がつく  用言を再びつく  語尾を延べてつく  づ体言とでもなづく  手に取上げてつく  駕籠がつく  威かつく  八丁堀へかえりつく  制服目につく  端緒につく  岸に泳ぎつく  から、帰りつく  ことはとつく  一枚一枚をつく  おむすびをつく  自分がつく  部分へつく  部門につく  ぞうさなくめぼしがつく  仕事のしめくくりがつく  一軒はつく  ほうへやって行くと、つく  当たりがつく  しょんぼりと帰りつく  からだがつちにつく  景品のつく  大方想像のつく  あいつあ、まづく  うそなんかつく  眼もつく  あっさりかたがつく  気もしたが、そんな思ひ遣りはとつく  ぱんぱんと眼がつく  とおりぱんぱんと眼がつく  状態で、いづくよりいづく  ら病因をつく  ベイスフォード駅につく  匂いがつく  警察へつく  おれだって眼のつく  段がつく  めえでさえも判じのつく  指につく  きれいにつく  山賊がぬつく  とんとんとんとつく  婢に縋りつく  推断がつく  場所へ辿りつく  お前達にしても納まりがつく  あたりがつく  山巓に辿りつく  山顛に辿りつく  療養所の吸いつく  定席につく  汝にさづく  きりがつく  屹度思ひつく  つて息をつく  危いものであるかに気がつく  説明で誤魔化しもつく  股につく  確立される見透しがつく  直ちに解決がつく  洪水に焼けつく  人であるとツク  肩書がつく  手首にねばりつく  からだにじりじりと巻きつく  まわりに巻きつく  水を汲みに降りて来なかつたら、とつく  見分けはつく  手土につく  雨もりておつればつぐ  ばつぎうるや、そのつぐ  上海へつく  雲林院へつく  つる苦菜の花鍋につく  山田につく  肩につく  つばらかに目につく  ふりいづつく  博多につく  雨はふりつぐ  一升二円以上につく  時代がつく  位をつぐ  エヴェレストにつぐ  ラッサにつぐ  近所は、気がつけばつく  布袋と、つく  胸につく  手紙のつく  樹にかきつく  義盟につく  死ぬ決心がつく  咽喉が煎りつく  茶をつぐ  十三号車まで辿りつく  平気でつく  駅へつく  職場につく  いつ調和がつく  お握りをつく  組織をつく  物心もつく  空臼をつく  物心地のつく  平がつく  炬燵にうづく  一立斎広重をつぐ  五世清満次男初名清房鳥居派六世をつぐ  もとのつく  お婆さんはもうとつく  ことをとつく  事を思ひつく  こともとつく  花環をつく  様に、えきぞちつく  急拵えにつく  家庭教師につく  任につく  午前二時につく  心理学をつく  人間自らがつく  ことばをつく  覚悟もつく  話題をつく  山小屋へ辿りつく  私はとつく  微笑をつく  伊東へつく  海上歩行で辛くも辿りつく  防空壕をつく  蛸壺壕をつく  汀にうづく  牛小屋に辿りつく  首途につく  悲みの盃にこそつぐ  岩波は落ちていづく  岸に辿りつく  一日立ちづく  賃金も安くつく  千のつく  凡想像はつく  ぢのつく  血族伝承によつてつぐ  後代がつぐ  陰をつく  部屋につく  高浜へつく  黒白は、つく  伊丹飛行場につく  襟垢のつく  影をつく  灯火はとつく  まほろば、たたなづく  モデル椅子にうづく  つてあたりのつく  証明がつく  此樣な詰らないづく  あかしに、つく  役割につく  同志がつく  當はつく  解決に辿りつく  的をつく  手紙につぐ  寫眞屋は、とつく  国境附近へつく  纏りつく  現代語に引き直して見ると、つく  誰にでもつく  型をつく  其食物につく  六・四后から床につく  九時前後につく  昼間床につく  荷物がつく  ニューヨークにつく  エイプリル・フールにつく  つきものがつく  花粉がつく  自然発生的に辿りつく  方がやすくつく  そちらにつく  手元につく  区別がいくらかつく  木でとつく  戸扉がつく  母親にむしやぶりつく  内側からチクチクと喰いつく  先進國に追つく  非常に安くつく  お客がつく  二円くらいにつく  ゆっくり息をつく  巻物一巻をひろげてすつく  どこへ辿りつく  おつきがつく  棧橋につく  手に吸いつく  むのぢやないかと変に思ひつく  就て、ふと、思ひつく  つてからつく  太陽のしやあつく  一つにねばりつく  割増しがつく  一時ケリがつく  寄席あたりではとつく  契機をつく  中央にすつく  考慮がつく  工合がよくなくて、いつの間にかつく  五日以内につく  少量につく  ようなべとつく  解釈もつく  男子がつく  上にでもつく  火曜日につく  十分見当がつく  雲、焼けつく  うまい決着がつく  土手につく  土手草につく  かな女氏につぐ  京都につぐ  正統をつぐ  白鸚鵡がうづく  電報のつく  くり合わせがつく  からうまくつく  何がつく  郡山につく  街燈のつく  わきの下につく  大体見当がつく  祝詞から想像がつく  説明はうまくつく  予備をつく  納得がつく  面には、かづく  我が身に来りつく  無宿者の歩みつく  胸に焼けつく  一番どんじりにつく  バカのつく  方も、いづく  端歩をつく  大阪弁をつく  頸に捲きつく  大池へ、辿りつく  首までつく  顎までつく  口までつく  温泉宿のつく  判断のつく  人をつく  はしうれたくうれづく  神神うれづく  越たたなづく  四三いづく  六たたなづく  五八かぶつく  平行につく  のはおつく  トゥロットはつく  雑誌を引きつぐ  中心としてつく  犬は喰らいつく  親友は実に至れりつく  さんが、つく  空ごとをつく  生活法を受けつぐ  上に登りつく  博士などならば振ひつく  団扇を使いホッとつく  仕事つていふ名のつく  から尻餅をつく  異見につく  茫然としてつく  沖へ流れつく  運動のつく  自然睡りにつく  奥様がよつく  そっちへつく  幾らでもつく  願となづく  人となづく  これはまづく  宿屋につく  後、また打ちつぐ  杖でもつく  清水につく  一番気のつく  京にゐつく  其がつく  殆ど胸につく  間にむしやぶりつく  雪マスクをつく  母はつく  紐につく  口をつく  首飾りをつく  棲家をつく  綿でつく  河底につく  腕輪をつく  眼をしよぼ、しよぼ、さしてうづく  地べたにうづく  水つぽつく  破壊につぐ  法律でもつく  余韻をつく  境地にまで辿りつく  地質学者などはとつく  つて迫力がつく  環境をつく  動機をつく  本をつく  凝然とうづく  主役につく  充分につく  外宮につく  食事につく  町につく  得心がつく  連絡汽艇のつく  洒落癖がつく  十七字癖がつく  運河をつく  ために、わざわざつく  方針はつく  艱難につく  後名をつぐ  納得もつく  小栗のつく  一年足らぬとは、つく  家に往きつく  クリスチー女史につぐ  こっち向きにつく  移香は、いづく  四時頃から灯がつく  つめのつく  覺りがつく  白人白人いづく  食はん白人白人いづく  たま白人白人いづく  ひとつ目につく  生活力で吸いつく  小膝をつく  はいよいよ熱って来て、熬つく  今夜はつく  いつごろ氣がつく  づそれと氣のつく  徑につく  のを、けつく  蜜柑船がつく  つて眠りつく  夜寒をつぐ  真似はとつく  妾は、とつく  河岸へつく  綱をつく  場所につく  まじり気ない、灼きつく  頭がつく  一列横隊をつく  習慣もつく  十娘におっつく  大息をつく  田をつく  母がてつく  廟のまえまで辿りつく  宿へ帰りつく  鉄棒から手のつく  たくさん血がつく  将軍位につく  足利につぐ  イレモノへつぐ  妾さんくらいつく  妙をつく  性は、とつく  ぎよろりと妻子を睨んですつく  芸事は、とかくまづく  歸途につく  藝事は、とかくまづく  それをつぐ  組合せがつく  水をつぐ  テエブルにつく  一晩耳につく  村へ辿りつく  卓子へつく  通じがつく  人型をつく  畑をつく  アーチをつく  席をつく  彼のつく  樣がねえんでさ、とつく  中に飲み下して、やっと熬りつく  眼先に散らつく  私へつく  同人雜誌をつく  中でとつく  靜こころなくつく  首生じろく、かつくかつく  あきらめのつく  方々借金をつく  夢をつく  底が、いよいよはっきり焦らつく  蹠に吸いつく  ぐらゐな察しはつく  鎌倉時代をつく  蔭にうづく  浮はつく  須賀川では、つい、おつく  實も、よくつく  原子爆彈をつく  衝動がうづく  それを、まっつぐ  尻に喰いつく  のかと思へば、つく  俺もつく  俺はつく  職務につく  位ならとつく  照子はとつく  私は思ひつく  つた思想を思ひつく  手をはなさず、縋りつく  嬢は、もうとつく  母親側につく  これが又よく吠えつく  顏をしながら、縋りつく  五時間でつく  だんだんきれいな模様がつく  足あとがつく  地階へつく  下街へつく  無電連絡がつく  思出がつく  職を承けつぐ  ものはないと、つく  



前後の言葉をピックアップ
つぎ込も  つぎ込ん  衝く  突く  就く  点く  搗く  撞く  着く  附く


動詞をランダムでピックアップ
はじけれくらえ狩るほとばしっ払い出す折りかさね取持ちぶちこんきずきあげる汲め招く伝へん泣き付か削りゃ浸かる追いついもとん掃きかなぐりすて
形容詞をランダムでピックアップ
際ど可笑しかっ愛くるしかっ手ごわいかよわしくくよろしかっ拙し目敏く疑わしい畏多くふがいなたどたどし悲しからづらうむなしかっ面白い甲斐甲斐し疎々しいくどき