「ちまっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ちまっ[動詞]
なにもぬけちまっ  家庭争議を起しちまっ  わたしを忘れちまっ  時節が来ちまっ  賄を拡げちまっ  不精になっちまっ  耄碌しちまっ  手間が取れちまっ  糸量で引かれちまっ  一つにしちまっ  火傷をしちまっ  どこかへ行っちまっ  冷凍されちまっ  堕落を見せつけられっちまっ  駄目にしちまっ  何もかも八割九割も下っちまっ  それからあとでもてっちまっ  悲観しちまっ  あれが焼けちまっ  夜が明けちまっ  じき忘れっちまっ  相手なんかやっちまっ  ねじが切れちまっ  十七年ぶりに思い出しちまっ  みんなもう忘れちまっ  印刷しちまっ  どこへいっちまっ  白状しちまっ  のにズレちまっ  片を付けちまっ  エネルギー絞り上げられっちまっ  化成は切れっちまっ  空廻りしちまっ  のだから、もう何もかもうっちゃっちまっ  刎ねっちまっ  水雑炊にされちまっ  んごろ鐘といっちまっ  九本も、折っちまっ  大変に濡れちまっ  借金を返しちまっ  事はしちまっ  話がそれちまっ  喧嘩しちまっ  癖がついちまっ  何も捨てちまっ  巣を荒されちまっ  思想に引き入れられちまっ  うちに寝ちまっ  今じゃもう、こごえあがっちまっ  ぽっくりいっちまっ  夢中になって反っちまっ  ことが起きちまっ  どこかへ引きずりこみ、ふん縛って押しこめちまっ  処分しちまっ  ほうじゃ竦みあがっちまっ  片面を見せちまっ  エエ心配しちまっ  融通でもしちまっ  時は追っ払っちまっ  感心しちまっ  沈没しちまっ  貴方のを借りちまっ  間違いをやっちまっ  ご覧に入れちまっ  母あにくれてやっちまっ  家にやっちまっ  腐れ炭坑なんぞなくなっちまっ  証拠を押えちまっ  どこかに隠れちまっ  目に遭っちまっ  疣が減っちまっ  片腕を折っちまっ  おん出しちまっ  熱が出ちまっ  車でとばしちまっ  一缶分そっくり逃げられちまっ  火星に負けちまっ  ことになっちまっ  だんまりで逃げだしちまっ  特さんが、持って行っちまっ  簡単にころがりおちちまっ  工合になっちまっ  裏口から火をつけて燃しちまっ  亢奮しちまっ  途方に暮れちまっ  二つ返事で引受けちまっ  グルッと取巻いちまっ  熊もとうとうおこっちまっ  一人でやっちまっ  から何処へ行っちまっ  火で焼けちまっ  下へ落しちまっ  うちに飛ばしちまっ  饂飩を食っちまっ  痩っちまっ  みんなぐにゃぐにゃになっちまっ  あははは、逃げちまっ  車で飛ばしちまっ  向うが空いちまっ  ぼくらのお株を取っちまっ  それだけに参っちまっ  自分もこうして伸びちまっ  ドンドン焼けちまっ  イジメぬいて、追い出しちまっ  これで、起きちまっ  めいわくをかけちまっ  ことを忘れちまっ  ごぶさたしちまっ  ちょうだい、散らかしちまっ  ものをやっちまっ  付合になっちまっ  失敬たって殺しちまっ  今日は溢れちまっ  博士に成っちまっ  それ何うも凛々しく成っちまっ  撤回しちまっ  談義を聞かされちまっ  私驚いちまっ  大分世帯染ちまっ  間口を張っちまっ  元へ戻っちまっ  君の変った如く変っちまっ  診察室からどこかへ出ていっちまっ  診察が終っちまっ  中へとじこめちまっ  自殺をしちまっ  首をくくっちまっ  猿轡をはめちまっ  ブレシントン氏をしばり上げちまっ  密告しちまっ  ことを思い出しちまっ  空気ににげられちまっ  がっかりしちまっ  キスして上げっちまっ  蒲団を被って寝ちまっ  厭だ、消しちまっ  向うを向いて行っちまっ  から当分だめだって断わっちまっ  往来に、ぶっ倒しちまっ  みんな言っちまっ  頭を打って、落しちまっ  ところに引き離されちまっ  どこかへ逃げちまっ  女の子にされちまっ  ちょっと忘れちまっ  ことまでべらべら喋っちまっ  向うに聞かれちまっ  家に閉じこめられちまっ  狼狽しちまっ  私は云っちまっ  亜米利加へ行っちまっ  ちょっと待っていただいてすましちまっ  どこへ行っちまっ  頃民さんは、すっかり変っちまっ  一緒に引っこ抜いちまっ  撮影されちまっ  から、やられちまっ  ハルクが、やられちまっ  子も奪られちまっ  面目ねえが、逃げられちまっ  張番をたのまれちまっ  借金ができちまっ  嬰ン坊は、寝ちまっ  風に成っちまっ  皆な書いちまっ  立派にやっちまっ  ワクやなんかが、すこし腐っちまっ  手がブルブル震えちまっ  そいつを拾われちまっ  ざあ忘れちまっ  女郎に売られちまっ  しろ飛びに退っちまっ  棚おろしをされちまっ  寝坊をしちまっ  から仕方がなくなっちまっ  俺は上げられちまっ  六十六フランを食っちまっ  同類は逃げちまっ  んだかすっかり判っちまっ  狂犬にしちまっ  舟へ乗っちまっ  申しわけがない、こんなに濡らしちまっ  冷汗が出ちまっ  わたしが見ちまっ  後にされちまっ  みな焼いちまっ  出直しなさいと言われっちまっ  心配しちまっ  網にひっかかっちまっ  それがひょいと外されちまっ  事件にまきこまれちまっ  直ちにバレちまっ  みんな崩壊しちまっ  いじめて追い出しちまっ  辞職しちまっ  本を貸しちまっ  異人だから忘れちまっ  赤面しちまっ  愛情がへっちまっ  錯乱しちまっ  紙はもうとてもよごれっちまっ  途中でやめちまっ  ことを云っちまっ  二十五万法すっちまっ  みな一間にかたまっちまっ  一目で見破られちまっ  目に会っちまっ  ん出ちまっ  自分から出ちまっ  から出ちまっ  輪にされちまっ  旦那が附いちまっ  先へ出ちまっ  んで行って斬っちまっ  迷惑をかけちまっ  お客さまは帰っちまっ  彼女はきかないでそうしちまっ  ことはしないと云うなら、出来ちまっ  中に這入らせちまっ  僕すっかり疲れちまっ  元へかえされちまっ  戦争がすんで、埋めちまったにゃ埋めちまっ  日本が負けちまっ  人のを食っちまっ  ものが入ってないから、弱っちまっ  今日もあぶれちまっ  風になっちまっ  あいつが、やっちまっ  馬鹿になっちまっ  毛が生えちまっ  日が暮れちまっ  風邪を引いちまっ  泳ぎをさせられちまっ  それで追い払われちまっ  ものだから、つい見ちまっ  もんだで、つい寝ちまっ  後宮へ入れられちまっ  六兵衞に食われっちまっ  野宿しちまっ  拘引されちまっ  帆柱も叩き切っちまっ  刃物で切っちまっ  山へ預けちまっ  提灯が消えちまっ  昨夜は驚かされちまっ  帳簿なんか捨てちまっ  上手に逃しちまっ  あれはもう売っちまっ  夢を見ちまっ  今夜もまた出し抜かれちまっ  道庵に見つけられちまっ  波に洗われちまっ  箱根へやっちまっ  んで止しちまっ  喧嘩をしちまっ  失礼しちまっ  飯を食わなけりゃあ痩せちまあな、痩せちまっ  若さんも殺されちまっ  生捕りにされちまっ  明智光秀に殺されちまっ  何を申し上げちまっ  君を殺しちまっ  大けやきを伐らせちまっ  方へ消えちまっ  神田とやらへ越しちまっ  吃驚しちまっ  のに草臥れちまっ  から外れちまっ  頸を締められちまっ  表へ逃げちまっ  皆病院に入れちまっ  料理されちまっ  騒動が来ちまっ  ポーッとしちまっ  のしあげちまっ  手も空いちまっ  世話を焼いちまっ  此奴等を眠らしちまっ  ツイ見ちがえちまっ  オッと喋っちまっ  占領しちまっ  芸妓に入り揚げちまっ  谷へ落しちまっ  腹へ這入っちまっ  何うも本当に驚いちまっ  伊香保へ来て居るとは、本当に呆れちまっ  のを忘れちまっ  罰が当りますよ、かまわないから、片づけちまっ  鼠にされちまっ  日もくれちまっ  何だって、ああして丸くなって逃げて行っちまっ  ことをしちまっ  髪があんなに乱れちまっ  縄を取っちまっ  ところをかいちまっ  ろっちまっ  気が違っちまっ  山を降りちまっ  ものだ、つくづく呆れっちまっ  空中へふきあげられちまっ  上へぶちまかれちまっ  首が失くなっちまっ  熊本へ取られちまっ  人に助けられちまっ  わたしは見ちまっ  ようにしちまっ  悪戯しちまっ  ことが出来ちまっ  方へ行っちまっ  上海あたりへ逃げちまっ  程疲労れちまっ  家を焼かれちまっ  地下室まで抜けちまっ  半分ぐらいに減っちまっ  みな逃げちまっ  家よしちまっ  無理やりに下ろされちまっ  ビール樽が、殺されちまっ  一口よばれちまっ  枕が濡れちまっ  窓から見て、怒っちまっ  から、やっちまっ  人に取られちまっ  鉄砲で打たれちまっ  ものを見ちまっ  贅沢が出来ねえって、出ちまっ  逆せちまっ  レコに参っちまっ  驚ろいちまっ  世の中になっちまっ  二時間もおくれちまっ  腎虚で殺されちまっ  様子が違っちまっ  煙にしちまっ  門違いをしちまっ  もう一度脱がして持って来ちまっ  方向に向いちまっ  御免蒙っちまっ  たしかに見つかっちまっ  それを逃がしちまっ  一思いに眠らしちまっ  奴は眠らしちまっ  いいかげんに眠らしちまっ  気持になっちまっ  一人、蹴飛ばしちまっ  卸しちまっ  ほんとうに惚れちまっ  帰しちまっ  十日ばかり寝ちまっ  態度をかえさせちまっ  話をきいて、全く驚いちまっ  買収しちまっ  五百円ばかりすっちまっ  五百円すっちまっ  楽屋を出ちまっ  ものもいわないで、のっそり去っちまっ  御馳走をして、暗くなるとどやどやいっちまっ  ことは、夢にも存じやせんで、お目にかかっちまっ  見かけ申しちまっ  かけを抱かされちまっ  目がさめちまっ  舟を借りちまっ  島へ着いちまっ  みんな焼いちまっ  きれいに焼けちまっ  あたしゃ大もうけをしちまっ  俺を殺しちまっ  事になっちまっ  厭気がさしちまっ  破滅だと思っちまっ  道づれにしちまっ  みんなに借りられちまっ  神経がもう参っちまっ  狙いが狂っちまっ  僕は草臥れちまっ  自分を縛り上げちまっ  ブチ切られちまっ  アグーシャおっぽって行っちまっ  親父あ行っちまっ  先に見ちまっ  所は出ちまっ  物にしちまっ  花やもすっかり焼けちまっ  急須を空けっちまっ  校友会はどうしちまっ  奴を逃がしちまっ  大尽遊びに使っちまっ  山の上へ逃げちまっ  のに逃がしちまっ  スクーナ一船をなくしちまっ  己はやめちまっ  一人残らず殺しちまっ  自分でやっちまっ  利用されちまっ  乃公は答えちまっ  身分と致しましては、一寸考えちまっ  方で心得ちまっ  番人が殺されちまっ  征服されちまっ  先へかけ下りて行っちまっ  びっくりしちまっ  否決されちまっ  ことは忘れっちまっ  燃え出しちまっ  誰かに参っちまっ  一緒くたにされちまっ  枝まで、折っちまっ  今夜中に、さぐっちまっ  中で片づけられちまっ  芸当をやっちまっ  間違いが起こっちまっ  のか、出られちまっ  ちぐはぐになっちまっ  みんなで行っちまっ  結婚しちまっ  原稿を渡しちまっ  おしまいよ、つい喋っちまっ  微ろくしちまっ  色変えちまっ  人を、それほど迷わせちまっ  ようになって、しくじっちまっ  今日まで延びちまっ  のがバレちまっ  何処か行っちまっ  責めで困っちまっ  往っちまっ  奴を取って頬張っちまっ  どてらから笑われちまっ  金がうんと溜っちまっ  ものがまるでなくなっちまっ  変化しちまっ  代はとうとう忘れちまっ  存外早く片づいちまっ  跳つけられちまっ  隠しへ入れちまっ  昔しだから忘れちまっ  うちに、うっとりとしちまっ  下へ抜け出しちまっ  降参しちまっ  今は忘れちまっ  癖に受合っちまっ  草履を脱いで上がっちまっ  横にぶっ倒れちまっ  禿頭と化けちまっ  うちに通り越しちまっ  雑作に云っちまっ  親方が取っちまっ  抵当に取られちまっ  まり手持無沙汰過ぎて困っちまっ  前からうんざりしちまっ  上へ落ちちまっ  網膜に映じたなり忘れちまっ  昨夜以上に受けて、寝るが早いか、すぐ飛び起きちまっ  君もやっぱり笑っちまっ  味噌をつけちまっ  飛行機は壊れちまっ  やつをやっつけちまっ  中に入れちまっ  ことはもう忘れちまっ  百姓から牛までとっちまっ  小説から消えちまっ  共同耕作は終っちまっ  通りぬけちまっ  半分頃で出ちまっ  前とは変っちまっ  皆朝になって消えちまっ  遠くへ離れちまっ  人間テキにされちまっ  影機がやられちまっ  影機もやられちまっ  卒倒しちまっ  早合点をしちまっ  形にこしらえちまっ  三つぶッ壊しちまっ  野郎だ、いっちまっ  俺こいつから聞いて知っちまっ  渡し舟ン中から馬道師匠が上がってきてね、すっかり聞いちまっ  もんで忘れてうかうかと上がっちまっ  事をしてでていっちまっ  大師匠が倒れちまっ  だんだんだんだん構想が変っちまっ  うちに動き出しちまっ  仏面になっちまっ  皆、出ちまっ  窓をあけちまっ  手でつかまっちまっ  台なしにしちまっ  足型が壊れちまっ  陥没させちまっ  何だって髭を剃っちまっ  癖が出ちまっ  日にゃ、早く寝ちまっ  今週は逃しちまっ  ペラ三十枚書いたら、ねちまっ  五枚書かされちまっ  とこ食っちまっ  原稿五枚書いちまっ  背景が出来て来ちまっ  八度以上熱が出ちまっ  ニベもなく言っちまっ  話をしちまっ  頭がボーッとしちまっ  有耶無耶にしちまっ  気が早い、出かけちまっ  発熱して帰っちまっ  中野グーグーねちまっ  脂がぬけちまっ  失敬しちまっ  午後五時すぎ、アガっちまっ  嘉納が来ちまっ  音のする程打っちまっ  声が嗄れちまっ  夜があけちまっ  嘉納氏楽屋でグーグーねちまっ  菊田が荒れ、帰っちまっ  ホボをつれて行っちまっ  男に見られちまっ  猫女に奪われちまっ  お里がわかっちまっ  馴付いちまっ  ところから剃っちまっ  悪漢にされちまっ  滅茶滅茶にしちまっ  機嫌になっちまっ  方へ寄り添っちまっ  手頸なんか握っちまっ  話になると、つい、乗っちまっ  怒り出しちまっ  鼻血が出ちまっ  引越しちまっ  のがなくなっちまっ  大変に酔っちまっ  方へ、と謂って帰っちまっ  目が覚めちまっ  ように老けちまっ  六が使っちまっ  叔父さんが忘れちまっ  御返事も後れちまっ  ときまっちまっ  要領が得られないので弱っちまっ  屋敷へ渡しちまっ  始めから断っちまっ  縁が切れちまっ  まま行っちまっ  んだろうねえ、飽き飽きしちまっ  君が気に入っちまっ  から二十何年とたつちまっ  亭主兵隊さとられちまっ  一人はやっちまっ  家が燃えちまっ  震災に焼けっちまっ  階段を昇っちまって、またいつの間にか帰っちまっ  顔を見ると忽ち逃げ出して行っちまっ  苗字がわかっちまっ  心算か知らんがえらくまあ寝ちまっ  二男ならとっくに戻ってきて、ねちまっ  ことをいっちまっ  一人轢いちまっ  指にからまっちまっ  それっきり罷しちまっ  仕事に馴れちまっ  話をして、うだっちまっ  だんだん貧乏しちまっ  幽霊に喰い殺されちまっ  電線を握っちまっ  夢のように忘れちまっ  一秒間ほどパッと消えちまっ  誰かが殺されちまっ  どこへかくれちまっ  何処へ行っちまっ  話はすっかり聞いちまっ  お祖母さんも、行っちまっ  ことだなどと、大いに聞かされちまっ  ほか知らない杉田二等水兵は、はたと困っちまっ  なかったが、どうもつい笑っちまっ  仙さん、さっさとやっちまっ  クサクサしちまっ  いつのまにか、消えちまっ  鼻血出したんで驚いちまっ  親方、ぷんぷんしちまっ  さよならしちまっ  褌もしずに逃げ出して来ちまっ  気抜けがしちまっ  小づかいに使っちまっ  風邪なおって起きちまっ  あいつ、何時の間にか着ちまっ  何しろ、盗まれちまっ  から勝手にでちまっ  七郎はどうしちまっ  斃られちまっ  俺は出会っちまっ  隊を殺っちまっ  お前さんが乗っちまっ  性根が腐っちまっ  倦きちまっ  止めっちまっ  隅ですぐ寝ちまっ  お前が行っちまっ  みごとに切れちまっ  道ゃなんとやらで、すっかりかぎ出しちまっ  様子聞いちまっ  気を失っちまっ  逃げうせちまっ  いねたがあがっちまっ  たるには当たったが、しくじっちまっ  手を引いちまっ  中におぼれちまっ  正体をあらわしちまっ  酒に殺されちまっ  小屋へたたき込まれちまっ  かまをかけたら、すっかりしゃべっちまっ  いつのまにか消えちまっ  がらされっちまっ  細工されちまっ  つかみ取りにしちまっ  どこへ消えちまっ  ことをすっかり忘れちまっ  二本切りとられちまっ  さらわれちまっ  そのままどっかへさらわれていっちまっ  おまえは忘れちまっ  まねをしちまっ  やつを、みすみす逃げられちまっ  姿を隠しちまっ  駆け落ちしちまっ  中へぬりこまれちまっ  大金庫まで持っていっちまっ  早変わりしちまっ  ぐうぐう寝ちまっ  三左衛門もとうとう考えちまっ  人気をさらわれちまっ  失敬されちまっ  胤を宿しちまっ  今夜は出ちまっ  方をしちまっ  くりけえちまっ  ぼんやりしているから、ずらかられちまっ  ここへ帰ってきちまっ  中へはいっちまっ  肝がすわっちまっ  かすみがかかっちまっ  さっき食っちまっ  空気中へ飛び出しちまっ  応用しちまっ  船を出しちまっ  脱線しちまっ  捕縛されちまっ  あたしは、忘れちまっ  まんま飛込んで助かっちまっ  電燈を薄暗くしちまっ  昼過ぎに帰っちまっ  何処かへ出かけちまっ  メグがいっちまっ  悪態の吐き合いをしちまっ  せいにしちまっ  恋しちまっ  小説を思いだしちまっ  尻餅をついちまっ  ところへ行っちまっ  五体がちぎれちまっ  電機をこわされちまっ  皆、焼けちまっ  涙こぼしながら到頭たべちまっ  みんなあたっちまっ  余興に行ってきちまっ  十倍にしちまっ  二十銭置いちまっ  物置部屋を片づけちまっ  二人がかりで、只喋っちまっ  作品が行きついてしまっていて、抜けちまっ  下へおいてとられちまっ  ッて来ちまっ  どこかへ、落しちまっ  臆病ぐせがついちまっ  だって続いて亡くなっちまっ  眼に入っちまっ  まり犯しちまっ  軽蔑しちまっ  血道をあげちまっ  フタをしちまっ  あれだけ動いただけで、そうやって伸びちまっ  向うへ行っちまっ  演説しちまっ  貴方にしちまっ  自動車に乗っていっちまっ  黒河内総監が引きうけちまっ  心配をかけちまっ  不渡りにさせちまっ  瞬間には忘れちまっ  煙になって焼いちまっ  ゆうべ二時ごろまでかかって、描いちまっ  姿を消しちまっ  工場が建っちまっ  此奴、とうとうやっちまっ  事は忘れちまっ  万才ぁいなんて云って行っちまっ  カーッとしちまっ  力がなくなっちまっ  御無沙汰しちまっ  あれッきり御無沙汰しちまっ  いやにふけちまっ  鳥打帽をかぶせちまっ  頭を掻いちまっ  歩きつきで、行っちまっ  そこから連れてっちまっ  唾して行っちまっ  手間がとれちまっ  夕方から出ちまっ  のか忘れちまっ  今そいつを明かしちまっ  相互にすっかり照れちまっ  一同こそこそ追い出されちまっ  通勤を止しちまっ  昔に売り切れちまっ  気がひけちまっ  プフッと言っちまっ  飯を食っちまっ  一緒になっちまっ  わしも困っちまっ  道に迷っちまっ  路で、まるでへえ、おっことしちまっ  物は焼けちまっ  旗を燃しちまっ  



前後の言葉をピックアップ
チマシタ  チマスノデ    ちまた  ちまちま  血祭  血祭り  血まなこ  チマビル  血塗れ


動詞をランダムでピックアップ
手挟まむつま及ば僻み言い触らす浮かそ居らほうら差立てる荒ぶ読み解いすくみあがるかわいがらほてら附けよ飽き煩う引けいそげ弛める
形容詞をランダムでピックアップ
きいろいうさんくさかっせまくるしい著い穢らわしい固し低きはなはだしゅう見苦しゅう物ぐるわしく長う面映ゆかろねつくひもじいしたたるこぐらさかしいありがたかっ柔らかい