「ちか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ ちか[形容詞]
かばちか  時ちか  明方ちか  ッちか  ふ育ちか  ばちか  一時ちか  亀崎ちか  突然ちか  

~ ちか[形容詞]
なによりちか  場合にはちか  やうにちか  またたび心にちか  のがちか  急にちか  友どちか  坊んちか  二日のちか  十一時にちか  十二時にちか  心にちか  能面にちか  それがちか  鳥何をちか  

ちか[形容詞]
ちか一  ちか道  ちか行くところ  ちかあれ  ちか頃  ちかみ十  ちか一方  ちかみち  ちかたみ  ちかふ土  ちか三  ちか方  

名詞

ちか[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ちかひはぐくみし  ヂカに糸を手繰る  ちかが斷然強くでもなつたとしたら  ちかに決つてゐた  ちかといへば  ちかひになると  ちかひの要素を顕して来た  ちかひの例にも此考へが這入つて  ちかへ加担する  ちかの骰子をなげた  ちかと言へば玄人筋のガンブラアには輕蔑される  ちかと云へば怜悧過ぎる  ちかと云へば感覚的魅力を主とする  ちかといふと  ちかに今度と云ふ  ちかと白い歯を見せ  ちかにきめてしまふ  ちかになっている  ちかが降参したら  ちかは布團をずり下げ  ちかは人の眼のとげを感じながら  ちかは急いで立つて  ちかは部屋を出ると  ちかの姿が見られた  ちかの生活の一切がそこからのぞかれた  ちかはいそいそとし  ちかは家人におくれて  ちかは何かこそこそと人眼をはばかる  ちかを呼んだ  ちかは毒氣にあたつた  ちかをほかの言葉でまぎらし  ちかは茶の間の片隅にちやぶ  ちかはその年の秋みごもると  ちかの再婚とほとんど前後しておちかとは  ちかへの分け前はあらたに一家を構へると  ちかが順吉の學費のためにいくばくかの補助を願ひ出  ちかの邪推とばかりはいへなかつたであらう  ちかを見る  ちかはある  ちかは社員の一人に新聞の切拔きと手紙とを示し  ちかは口のなかで何かぶつくさいひ  ちかは心のきまつた  ちかは二人の現在に注がれてゐる  ちかはうしろから追ひすがる  ちかの弟の一人が學業半ばに死んだ  ちかとおなじみじめな母の歡喜の日に向つて歩きつづけよ  ちかは心配し  ちかが奧から部屋へ戻  ちかはあつけにとられて  ちかの手を拂ふ  ちかは火鉢の側に來て坐り  ちかに向ひ  ちかははじめて顏をあげた  ちかの話の最中から用意してゐたらしい  ちかがいはうとする  ちかは幸福さうに見えた  ちかであらう  ちかであると思ふ  ちかであらねばならぬ  ちかであることに氣がつく  ちかに制限される  ちかだといふ  ちかに狹ばめられる  ちかと光っている  ちかも知れません  チカと光った  ちかひ居しが  ちかは吹聴していたが  ちかの説明によると  ちかへ話をきめて  ちかの禅師がおはします  ちかに決めなければ  ちかが思ひ  ちかと云へば地味なつくりをした  ちかを撰ばせずにはおかない  ちかといえば  ちかへりえぞ忍ばれぬ  ちかひによつて  ちかに早く決めて  ちかだと思つてゐた  ちかひをも破りたら  ちかという凡下の娘に成り  ちかが丁字になった  ちかに違ひない  ちかが相手の気を腐らせる  ちかと云へば目立たない  ちかに決めざるを得ないだらう  ちかのうちへ来なくなるわ  チカと煌くなり  ちかがヒゲをひ  ちかと申しますと  ちかと言へば頓着しない  ちか出ないんだわと又膝へのせて  ちかの方角を指そうとしたに  ちかにした  ちかの潔癖から來てゐるのであらうが  ちかひせり繞る八谷に劈櫪のい  ちかに偏した  ちかが敗けたとなると  ちかが参つても一万五千人みんな責任がある  ちかと光った  

~ ちか[名詞]1
さこそつちか  一かばちかの  手釣りのヂカに  併しどつちかと  いちかばちかの  自らがちか  一體君はどつちかと  ようにちかと  唇はどつちかと  何っちかに  のどつちか  忠節をちか  のどつちかで  のどつちかに  のどつちかが  涙のちかと  一かばちか  むものとちか  行つてどつちかへ  すなはちかの  われにちか  平生はどつちかと  内どつちか  戦つて行くかどつちか  顔をちか  女はちか  彼はどつちかに  私はどつちかと  金を送るかどつちかに  ひかりにちか  歯がちかと  作風はどつちかと  象徴装飾風なるよりはどつちかと  

~ ちか[名詞]2
チカチカチカ  

複合名詞
ちかみち  ちから  一言ちか  ちからいつて  ッちか片足  ちかひで  ちから手紙  ちかつて皆生歸  ツちか  ちかつて  ちから交際  牛込ちかくに下宿住居  一字一字ちから  ッちか  内何ちか一つ  こッちからいろ  ちから請求  ちか寄つた  ちから他界  ポリーチカ  ちから目  建ちか  君ちか道  ちかつて云  こッちから顔  ちから再婚  ちかッ  ちから一ぱい  ちからい世の中  トウチカ  ちかどん  ッちからユックリ  ッちから名探偵  孰ちか先  ちかつていふ  ちか頃  ちから三百ルウブル  ちか先  ちか一つ  こッちから匂い  ばちか  こちから明日じゅう  ミチカ  そつちから傳  ちからいちん  ちかへま  ちかさん  ちか優越  ちから仕草  こちからお願い  ちかごと  ちかふからち  ちか乍ら年  ちから父親  ちから先  ちから顔  ちからち  こッちから  こッちからお客  ちから拒絶  亀崎ちか方  ちか側  ちからとき  向うかこッちか  ちかひと  此ちか  門前ちかくに  



前後の言葉をピックアップ
地価    ちか  千賀  治下  地下    近い  地階  誓い


動詞をランダムでピックアップ
けずらまるめよ事足る押す巫山戯る引継ぐ数え取り合わせくださろ見のがす並べたてる聞き返そ暴かわずらっ臭え憤れ入浸り付添う晦まそ乾こ
形容詞をランダムでピックアップ
土臭い惨い薄気味悪かっ著し懐しくっいまだいなまぬるい忌々しいみよう白白しくこころやすく蒼白かっ旧きぽき腹だたしもの悲しくやわらかし小憎らしく珍しき生臭