「たてまつる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たてまつる[動詞]
逢ひたてまつる  合点と見うけたてまつる  あなたを仰ぎ見たてまつる  聖人を時々うかがひたてまつる  尊顔にむかひたてまつる  尊厳を守りたてまつる  そもそも、つつしみ、うやまって申したてまつる  朝を悩ましたてまつる  家も捧げたてまつる  讃岐に流したてまつる  輦輿を奪いたてまつる  亡いたてまつる  毘沙門天にたてまつる  害刃を加えたてまつる  後醍醐を憎みたてまつる  厭んじたてまつる  一勢と見たてまつる  朝家に誓いたてまつる  きみを護りたてまつる  吉野朝廷へたてまつる  北向きに葬りたてまつる  ぐらもわれのみ神にたてまつる  保護者を失いたてまつる  寵姫を盗みたてまつる  君に仕えたてまつる  人々御中に返したてまつる  道人となしたてまつる  きみをいたてまつる  エピクロス師にたてまつる  叡聞を欺きたてまつる  中にこめたてまつる  たまへといのりたてまつる  ほとけに、いのりたてまつる  他力をたのみたてまつる  



前後の言葉をピックアップ
たてまつっ  奉ら  たてまつら  奉り  たてまつり  たてまつれ  たてまつろ  タテマヘ  建物  建家


動詞をランダムでピックアップ
暮れん訪れる下げる刈込も張りきり似せる鼓する閉じこめしわら仕掛おしつけあやまろかき寄せ註せ怠る書記すふるっ明く聞け削げる
形容詞をランダムでピックアップ
擽ったかっ稚くっつましくぼろしならびなしバタくさい輝かしかっほどよき白き美しきかぐわしい美味しあかる怖い労し空しかろほしかっ懐しくっ土臭かっ