「たたき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たたき[動詞]
家をたたき  火をたたき  窓をたたき  やれやれッ逆賊をたたき  ゲジゲジを見つけたのでたたき  扉をたたき  洪水を、たたき  パフでたたき  腹を軽くたたき  とき肩をたたき  肩をかるくたたき  ドンドン戸をたたき  机をドンドンとたたき  こころよくたたき  両手でたたき  さまにたたき  横をたたき  どこでも構わず、かみついたり、なめたり、たたき  日頃、たたき  瘤をたたき  心をたたき  腰をたたき  電鍵をたたき  火をのこりなくたたき  風とにたたき  眼をせはしくまたたき  菓子箱を悉くたたき  手をたたき  みじめにたたき  リングで激しいたたき  PC市場で激しいたたき  唇をたたき  戸をたたき  拳でたたき  つんとたたき  手をパチパチたたき  蚊をたたき  汝れもたたき  葉をたたき  うぶをたたき  犬歯をたたき  懐をたたき  鎧戸をたたき  幹をたたき  膝をたたき  土扉をたたき  軽口をたたきたたき  鐘をたたき  頬桁をたたき  肩をたたき  脛でもたたき  無駄口をたたき  王さまをたたき  縁でたたき  ガラス板をたたき  コンパクトでたたき  頭をたたき  たまをたたき  こなごなに、たたき  海岸にたたき  背をかるくたたき  あいかわらず手袋をパタパタとたたき  天額にたたき  背中を軽くたたき  一人をたたき  膝を軽くたたき  羽目板にたたき  ナイフでたたき  尻をたたき  動し、片づけ、ぬり、たたき  足を踏みたたき  調子にたたき  剣をたたき  ンとたたき  骨をたたき  上をたたき  首を、たたき  胸をたたき  しりをたたき  力まかせにたたき  銅鑼をたたき  まんなかに、たたき  出鼻をたたき  掌を打ちたたき  氷をたたき  杵をもってたたき  頭上にたたき  上にたたき  土をたたき  海へたたき  ッぱたかれたり、たたき  滅多やたらにたたき  夢中にたたき  監督をたたき  ら中をたたき  徹底的にたたき  西洋文明にたたき  めちゃめちゃにたたき  鎧をたたき  額縁をたたき  中にいたならば、きっとたたき  何度かたたき、たたき  石油罐をたたき  卓をたたき  ように、繰り返し、繰り返し、たたき  背ぼねをたたき  指先で打ちたたき  海面にたたき  腕を、こつこつとたたき  硝子ごしにたたき  海底要塞にとって、たたき  二つ三つ戸をたたき  網戸が再びたたき  扉を打ちたたき  実をたたき  うちをたたき  げんこでたたき  手鍋をたたき  絨氈をたたき  あとを追うて、たたき  根性をたたき  花はたたき  頬骨をたたき  蔭口をたたき  ものにまでたたき  範疇をたたき  ピストルをたたき  艫にたたき  トラ十をたたき  太鼓をたたき  二度もたたき  サンザンにたたき  女房をたたき  とせいがたたき  岩肌をコツコツとたたき  カンとたたき  前後をたたき  のを、起してやって、またたたき  何だか、どしんとたたき  床にたたき  陣鉦をたたき  デコボコ頭をたたき  ブッキラ棒のたたき  ポンポン桶をたたき  喧嘩相手にたたき  頬をたたき  二三人はたたき  トンとたたき  いくつたたいてもたたき  瓦葺きとなったが、はしばしにはたたき  殻はもう使っていないので、たたき  みごとにたたき  粉々にたたき  鰭でたたき  火箭をすぐたたき  ようにたたき  棒で力いっぱいたたき  手のひらをたたき  それをたたき  槍さきにたたき  むねをたたき  肉たたきにてたたき  刃物をたたき  十手でたたき  傘をたたき  電灯をたたき  鉦をたたき  雪をたたき  尻をやさしくたたき  藪をたたき  講演部長をさんざんにたたき  テーブルをたたき  敷物をたたき  ためにすっかりたたき  首をたたき  咽喉をたたき  羽蒲団を打ちたたき  腿をたたき  ピアノを打ちたたき  こまかにたたき  両手をたたき  終日ピアノをたたき  上でたたき  平手でたたき  金槌でたたき  拳固でたたき  知ってる一定のたたき  甲革をたたき  箸でたたき  刀でたたき  まま平手でそっとたたき  灰ふきをたたき  背中をたたき  おしりをたたき  とんとん戸をたたき  おなかをたたき  身体中すっかりたたき  尻をピシャリとたたき  ポカンポカンとたたき  真赤に焼いて、たたき  突込んで、焼いて柔らかくしては、又引き出してたたき  鉄槌でたたき  身体をたたき  それを焼いてはたたき  人間をたたき  火に入れて焼いて、たたき  山男がたたき  やつらをたたき  それを持ってきて、やにわにたたき  畳をたたき  軽口をたたき  鞘をたたき  背なかをたたき  拳でたたきたたき  灰をたたき  わたくしをたたき  まつやかのにはたたき  号外をたたき  のをたたき  自分をたたき  豊を打ちたたき  柄を破れよと打ちたたき  右腕をたたき  主人は、それならいっそ、たたき  底にたたき  瓦をたたき  尾でたたき  岩角にたたき  三谷三次がたたき  横にたたき  力をたたき  上へたたき  もとにたたき  壁をたたき  偶像はたたき  あべこべにたたき  板の間をたたき  トントンとたたき  ガラス戸をたたき  たかってたたき  手をたたき、たたき  岩壁にたたき  根気よくたたいてたたき  悪口はたたき  眼をたたき  太鼓をおもしろくたたき  木魚をたたき  らをたたき  ものにたたき  すねをたたき  めちゃくちゃにたたき  鰹のたたき  悪たれをたたき  性根をたたき  男がたたき  手の甲をたたき  これをたたき  尻を打ちたたき  是非なく、たたき  容赦無くたたき  失礼御免を蒙りまするが、たたき  結着に、たたき  歯をたたき  悪霊をたたき  断髪頭をたたき  えんとつを、こつこつたたき  岸にたたき  たか犬をたたき  コップをたたき  頭はたたき  ガラスをたたき  目板をたたき  肩を軽くたたき  ただちに電鍵をたたき  外からどんどん窓をたたき  画布にたたき  舟舷をたたき  大地をたたき  門をたたき  伝馬をたたき  上から平手でたたき  しなにたたき  戸を破れるほどにたたき  ほんとうに雨戸もたたき  伝六太鼓だって、たたき  伝六太鼓もたたき  刀鍛冶にでもかけてたたき  子分衆にたたき  親子をたたき  陰口もたたき  棒でたたき  小僧をたたき  スコップでたたき  フライ鍋のへりをたたき  手でたたき  いるかくしをたたき  床をたたき  たくや、たたき  恍れ、突き刺し、たたき  うえでたたき  敵に掴まれ、たたき  エセックスにたたき  杖でぽんとたたき  子をたたき  父親にたたき  陰口をたたき  おれがたたき  彼につかみかかってくるかもしれないし、一度たたき  君をさんざんにたたき  即座にたたき  書類入れをたたき  彼をたたき  金鼓をたたき  拳銃をたたき  外から戸をたたき  制服をたたき  顔をたたき  手鼓をたたき  ドアを、コツコツとたたき  ょうだんにちょいと肩をたたき  三べんおたたき  松明をたたき  墳墓に、たたき  ポンポン煙草をたたき  ひざをたたき  ざまにたたき  ほうではずいぶんたたき  

名詞

たたき[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
たたきと建物の下へ通じる  たたきにある  たたきまで出ていった  たたきを持ち  タタキ付けて九州に来たが  タタキつぶされてしまった  たたきの冷たさが踵裏から全身につたわってきて  たたきの上で相撲をとって  タタキ返して遣ろうかと思ったが  タタキ起したがなかなか起きない  タタキ潰してくれる  タタキ附けられた  タタキ付けられてしまった  タタキを気にしながら  たたきにしてもらおうか  たたきに限るよ  たたきとお酒が注文され  たたきが煮えたよ  たたきをごちそうになって  たたきを食べよう  タタキが傾斜になって  たたきになっているが  タタキ附けられている  たたきをした  タタキ潰さなくちゃいけないぞ  タタキ破ってやった  タタキ潰されたからであった  タタキに立っていた  タタキ込んでやっても足りない  タタキ落ちる程酔払うしな  タタキのめされて  タタキつけて歩いても  タタキのめせるか  タタキ落として追っかけてゆきました  タタキ落とされて  タタキ放しにするという  タタキの間がある  タタキになって  たたきとしきりに鉦や太鼓を叩きたがるから  タタキすなわち鉢叩きと呼ばれた  たたきの上へ散って  タタキの廊下がある  タタキでそこに一つ二つの腰掛が置いてある  たたきにつったった  たたきにぱっと散りひろがって  たたきに戻そうとした  タタキ込んで行かねばならぬ  たたきに蹲っていると  たたきの上に置いておいた  タタキで足を洗いながら  タタキつけられるだけの  たたきとなる  タタキへおろして  タタキの上へ運んだ  タタキ落させ  タタキになっている  タタキ上げて事を片付けたい  タタキ出いた  タタキ付けてある  タタキ付けられるかも知れない  タタキ下げられて行く  タタキ付けてしまった  タタキ込まれてしまったが  タタキ上げてみたくもなろうじゃないか  たたきの上からキラリと光る  タタキ落されちゃったの  たたきのめすぞ  タタキ付けてもらいたい  タタキを左手へ四五歩行くと  タタキに降りた  タタキ落とされるか  タタキ流すに任せております  たたきを下駄でコトコトいわせている  タタキつけるように云ったが  タタキ投げられた  タタキ固めた三間四方ばかりの空地に出た  タタキの上にモンドリ打って伸びてしまった  たたきに降りた  タタキ斬り蹴飛ばして行く  タタキ伏せられた  タタキ潰してもらおう  タタキ潰して帰って来る  タタキ込んでいる  タタキの上で一晩中あばれていただけの  タタキ付けて遣るから  たたきの上にすわった  たたきの方へつれていきました  たたきをはじめました  タタキ殺しかねまじき  タタキ込み方をした  タタキ附けるように云う  タタキ散らしていたら  たたきの所に直径五尺ほどの大井戸があった  たたきになった  タタキ廻されると  タタキ付けられた  タタキになっていて  タタキ付けてしまおうと  タタキ上げて来た  タタキ殺しちまえって  タタキ付けられる  タタキ上げるべく心構えをしていると  たたきへ何気なくぱっと撒いた  たたきの上に飛び散った  たたきにたたいた  たたきになったが  たたきに来た  たたきになる  タタキまわしが利かないから  たたきをするほどの  たたきと云う  たたきの斜面で日向ぼっこをしていた  たたきをしない  タタキに響く  タタキ付けたい気持になる  たたきの上にアンペラを敷き  タタキ放し同様にして追出してしまい  タタキ潰された  タタキ潰した事を思うと  タタキを見下ろす  タタキを眺きをろした  タタキ破られてしまった  たたきへ下駄をぬぎすてる  たたきのところに立っている  たたきのところにとよのいった  たたきを掃いている  たたきになっては  タタキ付けられて  タタキ破られて  タタキ出してしまいますから  タタキ出してしまいました  タタキ付けられたに  タタキ落して行きました  タタキの上に繋いで  タタキの上に一面に残っている  タタキの血は妾がホースで洗っとくから  タタキに茣蓙を被せた  タタキ付けられちゃった  タタキの流し元と便所とが並んでいる  たたきを歩いて居ると  たたきになりまして  たたきの上には見なれない  たたきに立った  タタキ落して買う  たたき啼いている  タタキへのさばりやがった  タタキに下駄の音をさせて  タタキ割った一刹那から来た  タタキ付けて逃げ出したと思われちゃ詰まらねえ  タタキ付けられていた  タタキ散らしてやる  タタキ殺してくんな  タタキ附けてやった  たたきを水洗いしていた  タタキ付けてしまったらしい  タタキ潰さなくちゃならんという  たたきをこちらに歩いて来た  たたきの上に立って  たたきの上のバケツの水にひたして  たたきに水を流しはじめた  たたきで塾生の一人に背を流してもらっていたが  たたきを歩行く  タタキに荷作りした  タタキにあってわからなかった  たたきに行く  たたきになりますと  たたきにのっそり立って  たたきにつっ立った  タタキ付けられてしまって  タタキ付けられている  たたきに投げ倒されて  

~ たたき[名詞]1
前のたたきと  前のたたきに  玄関口のたたきまで  払子めいたたたきを  辞表をタタキ  生霊をタタキ  身体をタタキ  庭のたたきの  奥のたたきの  玄関のたたきの  ハキダメにタタキ  金時計をタタキ  つもりでタタキ  脅迫状をタタキ  ドン底までタタキ  ホントウにタタキ  地面にタタキ  鳥のたたきの  鳥のたたきを  床はたたきに  ヘトヘトにまでタタキ  頭をタタキ  脳天をタタキ  文句をタタキ  心臓をタタキ  顔でタタキに  海にタタキ  タラップからタタキ  真上からタタキの  中さタタキ  中へタタキ  彼奴等をタタキ  ピストルをタタキ  虻をタタキ  虻はタタキ  亜米利加でタタキ  以前人力車を入れたらしいタタキの  一面にタタキに  かつおのたたきと  ハチのタタキ  靴脱ぎのたたきの  女監へ行くタタキの  床がタタキで  玄関のたたきに  セメントのたたきに  草履をたたきに  どこまでもタタキ  コンクリートのたたきに  コンクリートのたたきの  彼女はタタキで  乱暴にタタキ  ようなたたきと  片足をタタキへ  両足ともタタキの  手でタタキ  支配人をタタキ  半間のたたきに  襟半をタタキ  粗末にしてタタキ  銀粉がタタキ  印象をタタキ  うちにタタキ  頑丈にタタキ  海へタタキ  犯人をタタキ  床のたたきの  トウトウ刀をタタキ  香炉をタタキ  金箔をタタキ  赤前垂にでもタタキ  玄關のタタキに  僕がタタキに  表現がタタキ  雨がタタキ  男はタタキ  入口のタタキの  上に息詰まるほどタタキ  片っ端からタタキ  庭へタタキ  パウダを貰ってタタキ  漆喰でタタキ  隔った濡れたタタキの  前のタタキの  其処のたたきに  庭下駄を突かけてたたきに  容赦なくタタキ  前にタタキ  福岡鎮台をタタキ  板垣をタタキ  土佐ッポオをタタキ  頭にタタキ  処嫌わずタタキ  看守をタタキ  当てにしてタタキ  土間へタタキ  禿頭をタタキ  留置場のタタキの  性根のたたき  相手をタタキ  僕をタタキ  店のまえのたたきの  外のたたきの  弟子をタタキ  酷烈なタタキ  張扇をタタキ  罵倒しタタキ  厳格さでタタキ  喜多流を残すよりはタタキ  船長をタタキ  のにタタキ  徹底的にタタキ  月の光りに照らし出されたタタキの  勝手にタタキ  中からタタキ  奴はタタキ  甲板をタタキ  小僧をタタキ  ネタをタタキ  庭のたたきへ  中に没し込むまでたたきに  戸をたたきに  荷物をタタキ  時にタタキ  不意打ちにタタキ  証文をタタキ  無遠慮にタタキ  門前のたたきの  音がタタキに  ものをタタキ  雇人をタタキ  横たおしにタタキ  打撃にタタキ  一ペンにタタキ  玄関のタタキを  無残にもタタキ  調子でたたきへ  店頭でこごんでたたきを  路傍にタタキ  夢をタタキ  宇東三五郎をタタキ  直ぐにタタキ  世界へタタキ  肩をタタキ  ぐたぐたにタタキ  無慈悲にタタキ  私をタタキ  台所のタタキの  表のタタキに  もんですから飛び降りるなりタタキ  内にタタキの  浴槽はタタキで  プラツトホオムのたたきを  一つぼのたたきの  様にあけてたたきに  ようにタタキ  一番痛快でタタキ  尾でたたきたたき  下のタタキに  土壁にタタキ  上にタタキ  極度にタタキ  歯をタタキ  片端からタタキ  犬コロをタタキ  泥だらけのたたきを  野原のタタキの  甕をタタキ  無茶苦茶にタタキ  平ったくなるまでタタキ  蛇をタタキ  ヴォーレーをタタキ  根拠をタタキ  小女めがけてタタキ  玄関先のたたきを  入り口のたたきの  それをたたきの  停車場のたたきを  玄関のタタキに  風呂場のタタキに  相手にタタキ  半分手をたたきに  彼がタタキ  大の字形にタタキ  土間のたたきに  

~ たたき[名詞]2
すっかりタタキ  全くタタキ  このたたき  なくタタキ  思う存分タタキ  低いタタキ  思い切りタタキ  

複合名詞
蠅たたき  たたき大工  蝿たたき  タタキ附  たそがれたたき  全部タタキ  百たたき  ピシャピシャたたき  たたきうり  鉦たたき  タタキ潰し  一人位タタキ  爪たたき  蟹たたき  目たたき  タタキ大工  鉦たたき月  羽たたき  たたき分け  皆タタキ  今一度タタキ  タタキ床  彼自身太鼓たたき  一匹タタキ潰  袋ダタキ  眼たたき  白たたき  縮緬タタキ  いまたたき  タタキ倒  木魚タタキ  肉たたき  たたき両面  タタキ付け  タタキ加減  うえ百たたき  見付次第タタキ  タタキ伏セラレテ浅草  袋たたき  位たたき  畑たたき  たたき土間  タタキ店  タタキつけ  二足三足たたき  歯たたき  羽根たたき  一五たたき  雨たたき  



前後の言葉をピックアップ
戦ふ  戦へ  たたかわ  戦わ  闘わ  敲き  敲き  たたき  叩きあげ  叩き上げ


動詞をランダムでピックアップ
ふくん溜れさしこみ突きとばそ改まら吊れ言いきるつめきるくずれよ配し澄むめげ研ぎ謝ろおきん私する吹き込みそこなっ遊ばせるふかし
形容詞をランダムでピックアップ
生温い美しくっ麗しき思いがけなくおろかしい嘆かわしきまめまめしき遽し情けないふるくさいかるしねばっこく薄気味悪く低しわるうにあわしく芳ばし鬱陶しき涼しゅう