「たずね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たずね[動詞]
裁判官にもしばしばたずね  一人ずつたずね  先輩がたずね  漱石さんにたずね  何もおたずね  霧原警部はたずね  警部がたずね  もう少しおたずね  奥さんにおたずね  性格をよく知って置かねばならぬので、おたずね  霧原氏に向ってたずね  警部はたずね  刑事はたずね  言だけおたずね  霧原警部はいきなりたずね  大原さんをたずね  朝井刑事はたずね  村山教授にたずね  それからおたずね  御堂御堂をまわってたずね  僧さんを御たずね  心づよくおっしゃってもどうしてどうかしてもう一度御たずね  自分からすぐに入ってたずね  まりなとたずね  瀧口をたずね  今更と云ってもうたずね  若い男が時どきたずね  ここへたずね  から、ひょっこりたずね  合宿所までたずね  阪井をたずね  父をたずね  家をたずね  先生をたずね  心配そうにたずね  千三がたずね  卜者にたずね  寓居にたずね  西蔵をたずね  蹤をたずね  本督氏をたずね  故をたずね  カフェへ行ってたずね  私は早速たずね  正岡子規子をたずね  自分のたずね  間子どもをたずね  人のたずね  ここかとたずね  正ちゃんは、たずね  こんどは、たずね  政ちゃんに、たずね  顔を見ると、すぐこうたずね  こまどりに向かってたずね  ひとりがたずね  双眼鏡をつかんでたずね  臭気についてたずね  ふしぎそうにたずね  クーパーにたずね  ザベリン中尉はたずね  僕はたずね  顔をじっと見ながらたずね  僕は驚いてたずね  母親をたずね  私をたずね  家などを次々にたずね  父親がたずね  両親にたずね  ビールを飲みたくないかとたずね  父親にたずね  自分にたずね  手伝い婆さんにたずね  ザムザ氏がたずね  徹底的にたずね  ザムザ夫人がたずね  それらについておたがいにたずね  僕にたずね  ことをたずね  中をたずね  店をたずね  物にたずね  もの学生に低くたずね  ものに、どう行ったらいいかをたずね  一寸君にたずね  のかといってたずね  目に思いうかべてたずね  町をたずね  年子はこうたずね  在所をたずね  手に入れたかとおたずね  旧友をたずね  私はたずね  宿をたずね  沢はたずね  沢は再びたずね  加藤家をたずね  そうにたずね  ハミルトンはたずね  うちにたずね  私は近づきながらたずね  ふくみ声でたずね  腕をひっぱって、たずね  様子をたずね  心配してたずね  誰かがたずね  小浜兵曹長がたずね  不審そうに、たずね  一彦少年にたずね  塩田大尉にたずね  一彦は、いぶかってたずね  小浜兵曹長はたずね  小浜兵曹長にたずね  帆村探偵は、なにげなしにたずね  大利根博士がたずね  言葉をききとがめて、たずね  帆村にたずね  どこへ寝ますかとたずね  家へたずね  芳ちゃんがたずね  プロサイドをたずね  きょう、たずね  尼寺をおたずね  歌を止めてたずね  女にたずね  首相は立ち上りながらたずね  意味をたずね  外相夫人にたずね  ぼくにたずね  ようすであったかと、すぐにおたずね  人々におたずね  義雄さんは、たずね  屹となってたずね  深度爆裂についてたずね  物知りにたずね  のを見て驚いてたずね  寺をたずね  表をたずね  作品をたずね  妻はたずね  ルラ蛙をふりかえってたずね  足跡をたずね  台所へいってたずね  女をたずね  雪をたずね  消息をたずね  貴様、たずね  うちに、是非とも一度おたずね  所へたずね  いちがたずね  城代太田備中守資晴がたずね  客たちがたずね  老人はすぐにたずね  番人にたずね  眼を細くしてたずね  屋敷をたずね  組子にたずね  剣友をたずね  味をたずね  一言おたずね  セラピオン師にたずね  晩にたずね  部屋へたずね  それから少しおたずね  のか、とたずね  姉妹などについてたずね  古代支那路線をたずね  八方手を尽くしてたずね  乳母がたずね  人たちがたずね  友達をたずね  もう一度おたずね  部屋へおたずね  西へたずね  玄妙観へたずね  遠近をたずね  それをたずね  玄妙観をたずね  下になっていたかとたずね  顎十郎にたずね  人がたずね  者にたずね  君が、たずね  なにをおたずね  役割部屋へたずね  彼女はたずね  本末をたずね  ことをおたずね  留守にたずね  ところをおたずね  ちょっと物をたずね  所をたずね  方法でたずね  外套置場でおたずね  哨所でたずね  ちょっと、おたずね  英語で、たずね  仏蘭西語でたずね  声で、たずね  竜太郎は、たずね  男に、たずね  老人に、たずね  竜太郎が、たずね  ふうに殺したとたずね  行方をたずね  丞様をたずね  側からこうたずね  姿をたずね  なにをたずね  のかとたずね  おじをたずね  蚤取眼でたずね  色素をたずね  何をたずね  座敷をたずね  お久良をたずね  語原をたずね  仕方ない、みかけだけにたずね  びっくりしてたずね  ファゼーロにたずね  ことを思いだしながら、そっとたずね  お前らのたずね  わたくしはやっとたずね  アラムハラドにたずね  巡査がたずね  好奇心を装ってたずね  なかったかとたずね  貴公はたずね  ように、たずね  其家をたずね  有無をたずね  ものでもたずね  皇帝はおたずね  ようだいでございますかと、たずね  庵はたずね  闍利さまにおたずね  物をおたずね  のですとたずね  わしはこうたずね  ほかをたずね  憫笑しておたずね  医師を見て、たずね  彼はたずね  五助にたずね  顔をのぞき込んでたずね  何かたずね  士郎さんをたずね  おっかさんをたずね  病院をたずね  あんがたずね  様にしてたずね  大臣の子にたずね  木にたずね  番地をたずね  当日金龍山下をたずね  師匠をたずね  塒をたずね  安否などもたずね  市をたずね  男はかがみこんで、こうたずね  がちょうにたずね  胸をたずね  幕僚にたずね  姓名をたずね  米屋をたずね  ろうとおかあさんにたずね  私のたずね  食をたずね  それからしずかにたずね  胸にたずね  お姉さんがたずね  お姉さんが、たずね  われをたずね  ことでしたが、たずね  気はないかをたずね  方で、たずね  閣下のおたずね  河合少年はたずね  人にたずね  にこにこして、たずね  河合はたずね  程普にたずね  将にたずね  閣へたずね  方、とはたずね  方はとたずね  窓を見つめながら、たずね  ふうだったが、だしぬけにたずね  調子でたずね  息子にたずね  サト子にたずね  家もたずね  びのした声でたずね  疑問をおこして、たずね  から、おたずね  顔で、たずね  手紙でたずね  顔でたずね  サト子が、たずね  シヅにたずね  正面切ってたずね  暁子さん、たずね  いちど、おたずね  秋川にたずね  声でたずね  主人にたずね  サト子がたずね  袱紗包みを持ってたずね  秋川がたずね  浜田にたずね  真先にこうたずね  老学者サラサン氏をたずね  ひとがたずね  その後手紙をよこしたり、たずね  男がたずね  閑居をたずね  謀計をたずね  曹操をたずね  フルハタはたずね  若者にたずね  はいろうともせずにたずね  安否をたずね  さきをたずね  赤羽から千住へ行って居ると云うので、たずね  不平そうにたずね  家臣にたずね  対策をたずね  率直にたずね  私がたずね  マグノリアとを見ながらたずね  人かとたずね  門へ出てきてたずね  意をたずね  来意をたずね  意向もたずね  身の上をたずね  劉曄にたずね  島をたずね  日、たずね  土地をたずね  アラジンにたずね  王さまがおたずね  御殿をおたずね  王さまにおたずね  人ごとにたずね  尼さんをたずね  のですか、とたずね  くつ屋をたずね  景気ををたずね  言葉で何かとおたずね  大江山課長をたずね  大江山課長は、たずね  博士邸をたずね  わけをたずね  息をはずませて、たずね  旅客機に乗れるかどうかをたずね  警官はたずね  警官がたずね  かたわらを向いてたずね  丸木にたずね  千二にたずね  胸をおどらせてたずね  気持をたずね  熱心にたずね  言葉でたずね  どっちへ行ったかをたずね  火星人にたずね  博士にたずね  新田先生はたずね  丸木がたずね  先生はたずね  横から心配そうにたずね  不思議そうにたずね  用事もなくなるし、たずね  蟻田博士がたずね  千二がたずね  息をはずませてたずね  屍をたずね  妙計をおたずね  きのうおたずね  急にたずね  伊籍がたずね  君をおたずね  魯粛がたずね  ひそかにたずね  露骨にたずね  気の毒そうにたずね  番兵にたずね  魯粛にたずね  目に逢わそうと思ってたずね  あたりを歩きまわってたずね  必死にたずね  何ですか、とたずね  お供のものにおたずね  トニイはたずね  こちらにたずね  紳士はたずね  姿を見かけたが、たずね  くつくつ笑いだしてたずね  一郎がたずね  耕一がたずね  一郎はたずね  お母さんがたずね  左右へたずね  彼にたずね  後ろへたずね  孫乾にこうたずね  生れ年をたずね  者がたずね  兵にたずね  素性をたずね  者ではないかとたずね  問題についてたずね  鄭重にたずね  早口にたずね  声がしましたので、たずね  二にたずね  おり某氏をたずね  僕たちをたずね  物をたずね  慇懃にたずね  彼がたずね  傍らを見てたずね  ようにたずね  司馬昭がたずね  曹真へたずね  ものではありませぬかと、突っこんでたずね  山吹教授をたずね  紙片をのぞきこみながらたずね  娘に向かってたずね  サクラ院長などをふりかえって、たずね  区長がたずね  正吉はあわててたずね  正吉少年はたずね  そこまでたずね  スミレ女史にたずね  トモダ学士にたずね  機械かとたずね  モウリ博士にたずね  石井をたずね  うちをたずね  たか、たずね  さまはたずね  のかといって、たずね  目は、そうたずね  たぬきがたずね  源委がたずね  末をたずね  花をたずね  堀木をたずね  ところへたずね  一つおたずね  友人をたずね  所番地を告げてたずね  見覚えがあり、たずね  下僚にたずね  料理店にたずね  室をたずね  自分をたずね  おかみにたずね  世間話として、たずね  ほしいもののあるなしをたずね  小田にたずね  そばにきてたずね  星がたずね  星は、たずね  ものだ、といっておたずね  ものだ、とおたずね  三上治太郎がたずね  質屋をたずね  私に向ってたずね  気持になってたずね  小声でたずね  タカ子にたずね  のだといって、たずね  名をたずね  みんなにたずね  番小屋へ、おたずね  身寄りをたずね  梅次郎がたずね  続きを読みながら、たずね  廃墟をたずね  お姫さまはたずね  三郎はたずね  辻中佐に、たずね  三郎にかえしながら、たずね  お前さんに、たずね  拙宅をたずね  松川彦太郎学士にたずね  警視は、たずね  ほうをほとんど見ないでたずね  カルルはたずね  げにたずね  不信をこめてたずね  冗談にたずね  火夫にたずね  火夫は、たずね  だれもたずね  何かおたずね  カルルに向ってたずね  感動にたずね  カルルをつれていき、たずね  話がすむと、たずね  夫婦関係はどうかとたずね  避難先へたずね  親類をたずね  親子をたずね  ちょっとおたずね  古着商をたずね  それからそれへとたずね  私はのぞき込んでたずね  きょろきょろしてたずね  日博士をたずね  ママがたずね  あたしがおおあわてにたずね  六右衛門さんにたずね  棒切れをさげているのでたずね  あたしはじれったくなってたずね  ママにたずね  原産かねとたずね  パパが笑いながらたずね  あたしがたずね  あたしにたずね  下士官にたずね  材料でもあるかと思っておたずね  あたしがおそるおそるたずね  ジャックにたずね  口調でたずね  三回も通りながらたずね  自宅をたずね  故事をたずね  ものをたずね  一書にたずね  川村さんをたずね  訳をたずね  童子のたずね  子はたずね  笏は、そうたずね  福岡両氏をたずね  食わずでたずね  ノルマンにたずね  竹見は、たずね  こっちに来ていないでしょうか、と、たずね  医者をたずね  人をゆりうごかして、たずね  ハルクを見かけなかったかとたずね  なかを通っていかなかったかとたずね  王さまはおたずね  わけかとおたずね  しずかにたずね  戦争について、どうなったかとたずね  お初に問いたずね  のを見てたずね  しずかにおたずね  本社へたずね  近海気象をたずね  用心しながらたずね  太刀川は、たずね  海首座をたずね  事をたずね  青扇にたずね  ふり向きもしないでたずね  ふいにこうたずね  女は優しくたずね  わたしはそう言ってたずね  顔を見て、こうたずね  親方はたずね  ていねいにたずね  一ふりふってたずね  貴婦人はたずね  アーサはたずね  アーサがたずね  中でくり返しくり返したずね  ミリガン夫人はたずね  船を見なかったかとたずね  のではないかとたずね  わたしにたずね  親方がたずね  わたしはこわごわたずね  わたしはたずね  男にたずね  子どもがたずね  わたしはあきれてたずね  姉にたずね  霜枯れをたずね  与平がたずね  あなた様をたずね  拙者をたずね  植田丹後守をたずね  露をたずね  若いがんがたずね  伸子がたずね  伸子にたずね  裁判長はたずね  声をできるだけやわらげながらたずね  何かないかとたずね  ばかなおたずね  一言もたずね  私にたずね  死刑囚かをたずね  誰であるかたずね  老婆にたずね  彼女にたずね  のかたずね  司祭にたずね  諸君にたずね  ような御たずね  山奥深くたずね  旅僧にたずね  吉田とも竜太郎ともたずね  道をよくたずね  仇をたずね  報告をきき終ってたずね  鬼頭はたずね  面喰ってたずね  こちらでたずね  平岡にたずね  顔を見上げながらたずね  森が見えないかとたずね  植木屋がたずね  女に笑いかけながらたずね  署長がたずね  のはなぜだとたずね  エチエネットにたずね  バンジャメンにでもたずね  行く先ざきへたずね  大男がたずね  へんにあるかたずね  女はたずね  わたしたちはおたがいにたずね  マチアがたずね  いくらかとたずね  どこから牛をとって来たかをたずね  声を優しくしてたずね  バルブレンにたずね  ことをいちいちたずね  方角へ行けばいいか、たずね  フランス語でたずね  いっしょに来ないかとたずね  おまえをたずね  わたしに向かってたずね  色を変えてたずね  父さんがたずね  父親にすぐたずね  巡査はたずね  のだとたずね  男によくたずね  とき女はたずね  さんはとか言ってたずね  門をたずね  博士はそっとたずね  船をたずね  帆村はたずね  何度おたずね  あなたにおたずね  彼をたずね  金をたずね  太陽はたずね  口々にたずね  先頃おたずね  母にたずね  寓居をたずね  わたしはふと思い付いてそうたずね  姉はからすに向かってたずね  有り様をたずね  目を大きくしてたずね  目についてたずね  妹はたずね  主膳は再びたずね  茎をたずね  趣をたずね  ここをたずね  悟空がたずね  悟空が再びたずね  署長にたずね  帳場にたずね  あてもなくたずね  お前がこいしいので、たずね  それをおおこりもなさらずに、ようこそたずね  宿へたずね  教師をたずね  これはしばしばたずね  兄をたずね  管理部をたずね  ガーデンをたずね  出張所をたずね  理由をたずね  ほおをしてたずね  光子さんがきてやさしくたずね  おばあさんにたずね  辰吉はたずね  蝶にたずね  おじいさんにたずね  娘はたずね  ワニ君にたずね  少女をたずね  ふうに、たずね  馴染かとおたずね  行燈を見直して、更にたずね  キャラコさんが、たずね  ひとつ佐伯氏にたずね  キャラコさんが、おどろいて、たずね  ひとつ、おたずね  あたしがおたずね  顔をひきしめながらたずね  調子で、たずね  あたしにおたずね  あたし、思い切っておたずね  あたしに、たずね  あたしが、たずね  どこでたずね  何もたずね  誰にたずね  道をたずね  博士邸へたずね  スミ枝にたずね  ことを、たずね  もう一度雇われたいと思って、いくどもたずね  曲馬団をたずね  ために、おたずね  署長は、たずね  ことやらと思い、たずね  房枝は、思わずそうたずね  父がたずね  嫁入りさきにたずね  長谷川氏をたずね  母親がたずね  従姉をたずね  一におたずね  意義をたずね  敏子をたずね  会社をたずね  静葉にたずね  敵をたずね  兵馬は突然にたずね  おやじとでもおっしゃっておたずね  内所でたずね  宿所をたずね  内所へ行ってたずね  お松にたずね  後生をたずね  なにがしとたずね  密かにたずね  冬さんがたずね  酒屋をたずね  弟をたずね  伯父をたずね  万屋をたずね  もとをたずね  路順をたずね  誰をたずね  助がたずね  うちにおたずね  人夫にたずね  連中にたずね  ところを、たずね  屋敷へと、たずね  お松をたずね  物のたずね  噂を聞いて、わざわざたずね  道を枉げてたずね  与八がわざわざたずね  助にたずね  どこかをたずね  ざっくばらんにたずね  方へのり出して来てたずね  臣に、たずね  高氏について、おたずね  紳士がたずね  ざっくばらんにおたずね  さり気なくたずね  木村にたずね  捜査一課にたずね  私におたずね  あなたがおたずね  無理におたずね  兵馬は、少し進んでたずね  一人旅をしてたずね  ことを立入って、たずね  理由もたずね  ことだろうと、押返してたずね  住職をとたずね  ところには、たずね  お前をたずね  楠木多聞兵衛正成をたずね  雑掌俊秀にたずね  ぼくはたずね  二三日中に又、おたずね  試みにたずね  此處へたずね  貴島をたずね  跡で、たずね  方へたずね  チョット、おたずね  おかみさんにたずね  東京から久子さんをたずね  彼女をたずね  兄きのことをたずね  部屋をおたずね  家をおたずね  小美濃をたずね  藤井寺をたずね  のはとたずね  玉太郎がたずね  監督ケンが、たずね  相手にたずね  玉太郎にたずね  伯爵にたずね  のですかと、又たずね  同僚にたずね  玉太郎が、たずね  冷静にたずね  ケンにたずね  ケンがこうたずね  叔父さんをたずね  それをおたずね  者へ、直にたずね  橋番をたずね  とこへもたずね  長五がやっとたずね  それならばおたずね  方からおたずね  前からおたずね  江戸にたずね  おふくろと思ってたずね  処理しながらたずね  仁科六郎は遂にたずね  宮をたずね  宮をおたずね  久子をたずね  家にたずね  車掌がたずね  青年にたずね  カムパネルラにたずね  行房がたずね  塩冶をたずね  行房を召されては、おたずね  仔細におたずね  事のしさいをたずね  物臭太郎をたずね  女中さんにたずね  どころをたずね  一軒一軒について、たずね  合点して、たずね  老人にたずね  父にたずね  姉をたずね  ようだから、これからもまだ数多く、たずね  ことがたずね  時になって、あわててたずね  路をたずね  系統をたずね  紳士は、たずね  広告してずいぶんたずね  おかあさんをたずね  領事館をたずね  息子をたずね  ロスアルテス街へ行くにはどう行けばよいか教えて下さいとたずね  スペイン語でたずね  紳士をたずね  一時間あまりもたずね  母親でないかたずね  マルコはかけていってたずね  ほうへ向ってたずね  婦人にたずね  繰返し繰返しておたずね  長崎までたずね  人様にたずね  ことをしつこくたずね  不時におたずね  あなたに会いたいといって、はるばるたずね  人をたずね  君たちは、知ってたずね  兵馬にたずね  兵馬から物おだやかにたずね  儀礼的にたずね  信濃の国まで、たずね  眼を以てたずね  根岸の子規庵をたずね  村へそっとたずね  人々がたずね  校長がたずね  んじゃないかと気がつきましたので、急いでたずね  番兵さんに向ってたずね  雑作にたずね  人はたずね  張り板に向かって、たずね  甚内はたずね  尼がたずね  右馬介は、たずね  名へ、おたずね  検事が、たずね  警官にたずね  からくりがわかるだろうと思って、おたずね  針目博士にたずね  検事がおどろいてたずね  役所へたずね  まじめにたずね  検事が、そういって、たずね  ところをたずね  奴がたずね  客にたずね  必要があると思い、かれをたずね  ことはないかとたずね  蜂矢探偵は、そういってたずね  蜂矢はたずね  探偵にたずね  前へつかつかと歩みよって行き、そしてたずね  南山和尚をたずね  和氏は、たずね  和氏がたずね  薬売りにたずね  知らない町をたずね  その男にたずね  エキモスにたずね  者もなく、たずね  太郎はたずね  親切にたずね  メーソフはたずね  玄王をたずね  ちょうしでたずね  おじさんをたずね  売卜者をたずね  日小幡をたずね  店へたずね  あしたにも早速たずね  老人をたずね  亭をたずね  源次がこっそりたずね  なにしろ久し振りでたずね  久し振りでたずね  今日もわざわざたずね  加藤肥後守清正の子孫をたずね  貴様に少したずね  だれかれとたずね  部屋をたずね  伝兵衛さんではないか、とたずね  屋敷とたずね  地質をたずね  これをたずね  おのおの方におたずね  あとをたずね  あとと、たずね  四日市をたずね  誰か人が居合わせたら、たずね  夫婦はたずね  時、おたずね  少年に向ってたずね  俺をたずね  古田子之作ってたずね  西貝がたずね  久我が、たずね  藪から棒にたずね  葵をたずね  署へたずね  はじめて葵をたずね  七をたずね  親許へたずね  みよの家へたずね  堀の内へたずね  裏長屋をたずね  不意にたずね  屋敷にたずね  医師をたずね  屋敷へたずね  方からたずね  本陣へたずね  座敷へたずね  名主をたずね  旦那は時々たずね  のが時々たずね  名をふりかざしてたずね  ことは、あまり深くたずね  御利益本位のたずね  弟子をたずね  津の国屋へたずね  神田三河町の半七をたずね  定宿へたずね  約束通りにたずね  稀にたずね  久し振りにたずね  三河屋へたずね  近ごろ女がたずね  勘次をたずね  父様にも少々おたずね  六部がときどきたずね  誰かたずね  楽屋へふらりとたずね  徳をたずね  赤坂へたずね  徳法寺をたずね  丸がたずね  鼻緒屋をたずね  小間物屋をたずね  知己をたずね  炭団伊勢屋へたずね  祈祷所へたずね  四たびはきっとたずね  鉄物屋をたずね  晩にでも再びたずね  誰もたずね  錺職人が一度たずね  先をたずね  車湯をたずね  一度もたずね  備前屋をたずね  勘蔵をたずね  二階へたずね  のを待って再びたずね  烏丸屋敷をたずね  音声でたずね  親房へままおたずね  内かとたずね  許へたずね  玄恵法印をたずね  正成へそっとたずね  刈入れをたずね  了現は、さらにたずね  赤坂をたずね  息を切ってたずね  とわをたずね  三人連れでたずね  家へもたずね  軍曹にたずね  先ごろ千倉屋へたずね  信者をたずね  それはおたずね  庄太は再びたずね  朝からそこへたずね  早朝にたずね  お玉ヶ池へたずね  妹をたずね  若い男が時々にたずね  加賀屋をたずね  叔母をたずね  女でもたずね  楽屋をたずね  粂がたずね  上州屋へたずね  新屋敷へたずね  棟梁をたずね  越前屋へたずね  女のたずね  湯屋をたずね  不審をたずね  鎌をたずね  七老人をたずね  錺屋へたずね  声をたずね  夜道をたずね  お方をおたずね  火事で、たずね  叔父さんといってたずね  鍋久をたずね  兵衛がたずね  むさし屋へたずね  湯をたずね  千太をたずね  女で、わっしがたずね  下谷へこっそりとたずね  ことですが、わっしがたずね  女がこっそりたずね  そこへたずね  先夫をたずね  白雲堂へたずね  福がたずね  次郎吉をたずね  滅多にたずね  礼ながらにたずね  信次郎が時々にたずね  掃部宿へたずね  百姓家へたずね  息子は時々たずね  三度くらいはたずね  神田までたずね  丹沢五郎治をたずね  ヘンリーをたずね  家へ時々たずね  伝蔵がたずね  堀江までたずね  江戸から誰かたずね  宇兵衛方へたずね  帰り道に、ちょいとおたずね  遠州屋へたずね  堀江をたずね  宇兵衛をたずね  それから二日ほど過ぎて、見舞いながら又たずね  六条がたずね  番太をたずね  番太郎へたずね  浅草へたずね  次郎兵衛をたずね  戸沢長屋へたずね  楠木弥四郎にたずね  時親先生をおたずね  義貞がたずね  義貞はたずね  河内へおたずね  範国へたずね  直義をたずね  堀口美濃守貞満が来てたずね  神明前をたずね  七がたずね  植新へたずね  坊主をたずね  死骸をたずね  高源寺をたずね  寺へたずね  慈作寺をたずね  六日前にもたずね  船宿をたずね  淵辺新八をたずね  竹本駒吉をたずね  伊勢屋へたずね  友蔵をたずね  源蔵をたずね  蝶をたずね  角さんをたずね  番町様とか言ってたずね  頓馬なたずね  よそをたずね  忠作のたずね  相応院をたずね  直次をたずね  駅員にたずね  姓名を云ってたずね  家老にたずね  お雪ちゃんに改めてたずね  筆者をたずね  縁者をたずね  今夜どうして突然にたずね  さを見せていたが、たずね  英語を色々たずね  みちをたずね  あて名をたずね  かたがたずね  こっちへたずね  和尚さんはたずね  関東のからすはたずね  天子さまは少しおこって、おたずね  玉蕉女史をたずね  あれをたずね  祠をたずね  そこをたずね  今晩、たずね  苦もなくたずね  のをたずね  自分がたずね  先へたずね  桶屋さんからたずね  方をたずね  お前にたずね  仲間の子らにたずね  昼ごろにたずね  妻からこうたずね  処をたずね  処でたずね  落胆しながらたずね  筋道をたずね  頭から、たずね  どこをどうとおたずね  鍵屋伝兵衛といってたずね  言葉つきでたずね  きょろきょろしながらたずね  たかにたずね  小僧がたずね  叔母がたずね  ひとについて行ってどうしたとたずね  世にもあらずかし、はるばるとたずね  お母さまに、いいえ、と言われても、なおも、はらはらしてそうたずね  若い娘さんにたずね  私がおたずね  私は少し笑っておたずね  三宅さまにおたずね  私は、もはや涙ぐんでおたずね  まま、おたずね  顔を寄せてたずね  方角をたずね  お手洗いをたずね  アパートをたずね  名所もたずね  二郎さんがたずね  ゆくえをたずね  顔つきをしてたずね  米友がたずね  月かとたずね  んしょうと、わざわざたずね  親戚をたずね  大胆におたずね  内儀さんからたずね  内儀さんがおしてたずね  与八塾をたずね  伊太夫がたずね  形勢をたずね  健康をたずね  信長をたずね  親しみを見せて、たずね  先日はわざわざたずね  場所をたずね  容態をたずね  穏やかにたずね  長久保家へたずね  つて、そうたずね  陣内某をたずね  寄つて、たずね  主人はたずね  歯科医務長にたずね  誰にも知られずにこうしてたずね  誰かにたずね  歌子にたずね  むすこはたずね  京山がたずね  先方へたずね  死骸はもう着きましたかとたずね  午後二時四十分ごろ法医学教室をたずね  団長にたずね  私のおたずね  父親をたずね  女がこう言ってたずね  恋路をたずね  柳田平治がたずね  方から改めてたずね  歳をたずね  ところへおたずね  お尋ねは、いささか水臭いおたずね  神尾主膳がどのくらいして来たかとたずね  ことは聞かせてやろう、遠慮なくたずね  君たちにたずね  姿を見失い、そうして、たずね  渡しをたずね  舟小屋をたずね  そればかりじゃないたずね  念をおしてたずね  角さんがたずね  新撰組がたずね  ッ腹で、押返してたずね  囮をたずね  土方先生とたずね  胆吹王国をたずね  臍下に落着けて、たずね  道をまげておたずね  さきほどおたずね  遺蹟も残っておれば、おたずね  それをどうかすると聞きかじってたずね  彼のたずね  おまわりさんにたずね  方へ近づいて、たずね  少佐はそういって、たずね  一つあたってみようと思い、さっそくたずね  ヘーイ少佐がたずね  今度は、たずね  反問と出かけられると、たずね  知ってるがね、そう言ってわっしにおたずね  彼は優しくたずね  テクラがたずね  後私はたずね  町工しようをたずね  待合所でたずね  時間をたずね  つもりかとたずね  伊太夫からたずね  それに向ってたずね  いらっしゃいますによって、たずね  水をたずね  不破の関守氏がたずね  走井を見ようとしてたずね  本陣をたずね  道庵先生がたずね  豊潤とを与うべきかをたずね  主婦は驚いてたずね  眼でたずね  人が、たずね  ところへまっすぐにたずね  のかと御たずね  前に、おたずね  とうじんぼうをたずね  福松っておたずね  兵馬がたずね  行先をたずね  藤樹先生をたずね  その後、たずね  道彦がたずね  神社をたずね  経歴をたずね  心にたずね  ものをおたずね  お方に伺えばわかると存じまして、おたずね  横柄なたずね  貸元をたずね  当をたずね  鈴木安芸守をたずね  覚王院をたずね  二人までたずね  はじめて騒ぎまして、いろいろたずね  御殿をたずね  筋をくわしくたずね  亡骸をたずね  岩倉三位をたずね  道筋をたずね  先生をおたずね  古蹟をたずね  わずはたずね  協会にたずね  諭吉がたずね  蘭学者をたずね  森山をたずね  人があれば、すぐにたずね  諭吉はたずね  国々をたずね  名はおたずね  ようすをたずね  諭吉をたずね  かがり火を認めてたずね  思い出に遥々たずね  一つだけたずね  ヒトミが、そういってたずね  ことなんだから、ぜひたずね  ポーデル博士がたずね  博士におたずね  目をかがやかして、たずね  東助がたずね  ヒトミが、たずね  武蔵屋へたずね  赤シャツにたずね  花はたずね  あなたをおたずね  みつばちはたずね  みつばちにたずね  みつばちに向かって、たずね  おばあさんはたずね  一人がたずね  ほんとうかどうか、たずね  両親をたずね  軒並みをたずね  嘉ッコがたずね  古刹をたずね  次郎七はたずね  工夫はあるまいかとたずね  履歴をたずね  薬をたずね  薬法をたずね  種類のものなるかをたずね  かまにたずね  ヨハンネスにたずね  私が御たずね  客がよくたずね  たかどうかをたずね  身許がわかるかも知れぬと、取りあえず、御たずね  丑村刑事はうなずいたが、やがてたずね  探偵的興味を湧かせてたずね  丑村刑事がたずね  身の上だけは、どうぞ御たずね  大平家をたずね  推定して御たずね  辛抱し切れなくなってたずね  興奮してたずね  値をたずね  から、あらためて一度おたずね  紺野老人をたずね  ようにして、畳みかけてたずね  気になってたずね  口入屋にたずね  殆んど同時にたずね  署長は、畳みこんでたずね  主人をたずね  古本屋がたずね  書物についてたずね  会社へ行って色々たずね  隣家をたずね  古泉堂をたずね  宅をたずね  先程戸針さんがたずね  本から目をはなして、たずね  おじさんにたずね  三四郎は、あえぎながら、たずね  麝牛をたずね  通用するかどうかをおたずね  細君にたずね  やけくそにたずね  ものでもあろう、と、かように考えまして、おたずね  侘び住居をたずね  殿のおたずね  先刻から殿がおたずね  暇々にはたずね  屋形をたずね  左大臣頼長をたずね  翁をたずね  ここまでたずね  死に場所を一度たずね  千枝太郎はわざわざたずね  千枝太郎がたずね  せみにたずね  方へ向きなおってたずね  ペンがたずね  筋道は、なにとぞおたずね  上様、おたずね  尺取り横町へ、おたずね  その後どうなったかとたずね  つもりがあるかとたずね  小使たちにたずね  監督はたずね  怪人はたずね  友だちがたずね  菓子折りなどをぶらさげて、たずね  わしをたずね  助さんをたずね  甚をたずね  相良寛十郎をたずね  日本一太郎をたずね  龍造寺主計をたずね  芦田さんにおたずね  愕いてたずね  吉川三津子さんをおたずね  夏はおたずね  来年かさねておたずね  関井さんが突然たずね  百姓家をたずね  小石川へたずね  家主をたずね  母がたずね  某氏をたずね  富子をたずね  のだが、たずね  僕のたずね  参事官がたずね  病院までたずね  不審をおこして、たずね  詩碑へたずね  ちょうもたずね  みつばちのおたずね  だれも、たずね  しょんぼりとたずね  渡り鳥で、たずね  倭をたずね  ものですかとたずね  歌枕をたずね  庵あとでもたずね  ふるさとをたずね  線路をたずね  ふり返りながらたずね  平助はまたたずね  平助はたずね  霊にたずね  山にたずね  山へ行ってはたずね  霊に聞いたらわかるかと思って、一々たずね  霊達にたずね  山へ行って、一々たずね  秋景色についてたずね  水戸がたずね  それ以上は、おたずね  ボーイにたずね  いるかいないかをたずね  館をたずね  花に向かって、たずね  光はたずね  俊太郎が暫くしてたずね  平一郎はこうたずね  深井にたずね  平一郎は思わずたずね  口先だけでたずね  好奇心半分らしくたずね  女中にたずね  気にかけて、そうたずね  ことを、おたずね  子ども部屋へかけこみ、こうたずね  カーチャを見ながらたずね  チェチェヴィーツィンが、ぷりぷりしながらたずね  チェチェヴィーツィンがたずね  用ききに色々たずね  あるかないか、たずね  ところへ近づいて、たずね  ことばで、たずね  ピート一等兵に、おたずね  おんどりはたずね  先生にたずね  商にたずね  にこにこしてたずね  さかんに力んでたずね  牛丸少年がたずね  警部にたずね  何でございますかとたずね  宇野浩二氏をたずね  一小学教師をたずね  坊がたずね  主張をたずね  読者にたずね  黄家をたずね  老人がたずね  阮をたずね  男が又たずね  方角へたずね  少年がたずね  人家へたずね  渭南をたずね  李にたずね  御用はないかとたずね  それから洛中をたずね  通りにたずね  友をたずね  火をたずね  廟をたずね  大佐にたずね  眼をかがやかしてたずね  人びとをたずね  道士が突然にたずね  四方八方をたずね  跡をたずね  僧をたずね  風にたずね  由来をたずね  訳はどうかとたずね  不在をたずね  唾をのんで、たずね  ものかどうか、と、そうおっしゃって、わざわざおたずね  一人をたずね  とき泰亮がたずね  番頭はたずね  阿賀妻がたずね  下役にたずね  属官はたずね  里程をたずね  職権をもっておたずね  時折りたずね  小谷さんにたずね  花など持ってたずね  ふしぎそうにしてたずね  なにを食うかとたずね  遺跡をたずね  なかにたずね  子がたずね  おかあさんにたずね  星はたずね  のかしら、とたずね  しんぱいになって、たずね  時、こういうおたずね  艶様が、おたずね  枝をふるわせながらたずね  ねずみたちがたずね  ドーニング夫人をたずね  娘が通らなかったかとたずね  母親にたずね  わたくしはまたたずね  ところがあるかどうかたずね  まり蟹寺博士にたずね  井上にたずね  戸山が、たずね  谷博士がたずね  少年たちにたずね  谷博士にたずね  だれかにたずね  ひとりをよびとめて、たずね  谷博士に向かってたずね  機械人間にたずね  ふうにたずね  機械人間がたずね  静葉さんにたずね  最後に、おたずね  へん難しいおたずね  不審そうにたずね  三浦さんをたずね  面会日にたずね  辺をたずね  初めにたずね  侍がたずね  助が突然にたずね  塵芥屋であろうと、一応たずね  蔓をたずね  前にいって、おたずね  前にいって、たずね  ところにかけつけてたずね  声を曇らしてたずね  月はやさしくたずね  家をまちがえてたずね  どこの子かしらないが、どうしてこんなにおそくたずね  樺の木はたずね  役所をたずね  者は古きをたずね  気あたりがしてたずね  のに手間どったがついにたずね  其処をたずね  王子をたずね  京葉をたずね  老父をたずね  鶴がたずね  年齢をたずね  ちょうが、たずね  姉はたずね  男に向かってたずね  白蓮さんをたずね  からおたずね  平静にたずね  ものやわらかにたずね  早口でたずね  言葉をいいたねにして、たずね  ように落ちついてたずね  バスがたずね  名前だけをたずね  あいだを取りもってやろうと思ったので、突然、たずね  あなたはおたずね  おかみとが同時にたずね  測量技師さんがおたずね  ソルディーニはたずね  つけにたずね  もう一度あなたにいろいろおたずね  声を低めてたずね  亭主がたずね  女教師がまたたずね  助手たちにたずね  教師はたずね  彼はすぐたずね  ほうでたずね  ままで、たずね  のか、たずね  声で話したり、ついにはいろいろしつっこくたずね  のではないか、とたずね  ハンスにたずね  さらにいろいろたずね  身近かにいらっしゃって、そんなに落ちついておたずね  事情をたずね  ほかあれこれとたずね  フリーダはたずね  村長をたずね  ところからだけたずね  目もくれずに、たずね  のを待たないかとたずね  希望をたずね  オルガは驚いてたずね  わたしたちはたずね  いるかとたずね  んだとたずね  オルガがたずね  あれにたずね  オルガはたずね  の子にたずね  いるか、とたずね  出口があるか、とたずね  ほうもたずね  確信がもてないとなると、まずたずね  はいないでたずね  イェレミーアスはたずね  ビュルゲルはたずね  はくり返してたずね  菓子とを運んできながら、たずね  ところへいって、たずね  客がたずね  とき、こうたずね  おかみがたずね  郁治はこうたずね  中爺にたずね  清三がたずね  郁治は突然こうたずね  渡し場のありかをたずね  荻生さんはたずね  学校をたずね  女の子はたずね  どこへ行ったとたずね  一番いいかとたずね  駒井さんにたずね  そばのものにたずね  子細をさらにたずね  医師にたずね  研究所をたずね  ちょっと物をおたずね  山の手と懸け離れていては、そうたびたびたずね  杉本がたずね  ハぬ故たずね  津田をたずね  浪人らがたずね  址をたずね  娘にたずね  眼を動かしながらたずね  ふいに立ち止まってたずね  ハムーチャはたずね  マージをたずね  者はないかとたずね  小屋にたずね  だれが死んだかたずね  親たちはたずね  シモン王は、いろいろたずね  ところへ来て、こうたずね  厳粛にたずね  どぎまぎしてたずね  全体何をたずね  そばまで来るとたずね  隣近所にも無論たずね  彼はやさしくたずね  いやに落ちついてたずね  お祖母さんがたずね  顔をして、だしぬけにたずね  むきになってたずね  あくほど見つめながらたずね  ん鈍剣を磨いておたずね  珍らしくたずね  名前をたずね  姿勢でたずね  丸尾にたずね  船員にたずね  甚兵衛はたずね  ものだろうとたずね  間をたずね  人をおたずね  いま、たずね  みんなはかわるがわるたずね  人物をたずね  遠国までたずね  俊亮にたずね  次郎を見ると、すぐ立ってたずね  次郎がたずね  家を出るとすぐたずね  権田原先生がたずね  児童がたずね  真面目になってたずね  恭一がやっとたずね  眼をしてたずね  それをどうたずね  恭一がだしぬけにたずね  のを見まわしながら、たずね  恭一は立ちどまってたずね  不思議がっていろいろたずね  岩を指しながら、だしぬけにたずね  俊亮がふとたずね  新入生にたずね  狐がたずね  ちょっと間をおいて、たずね  恭一にたずね  大沢がたずね  襟章を見ながらたずね  彼はいくぶんためらいながら、たずね  浜がたずね  ちょっとお祖母さんにおたずね  機関部までたずね  手が、今おたずね  岩間角兵衛にたずね  肩をならべながら、またたずね  恭一がしばらくしてたずね  ことをいろいろたずね  ふうは少しもなく、ただいたわってやるといったたずね  楽になって、たずね  先生はすぐたずね  新賀にたずね  生徒にたずね  彼は、とうとうまたたずね  宝鏡先生をたずね  生徒がたずね  賀がついにたずね  朝倉先生をたずね  気もし、また、たずね  仙吉にたずね  飯を盛ってもらいながら、たずね  彼は思いきってたずね  春月亭をたずね  草をかきよせながら、間もなくたずね  今日自分がたずね  どちらにたずねるともなくたずね  どちらがいいか、とたずね  工場にたずね  柳生城をおたずね  卒爾なおたずね  折角のおたずね  数をたずね  岡部にたずね  いつどこから来るともなくたずね  夏にたずね  平林にたずね  新聞包を見てたずね  事をおたずね  二階へもたずね  音をたずね  中に、たずね  横顔を見て、たずね  友人で、よくたずね  家をわざわざたずね  次郎にたずね  大巻をたずね  朝倉先生をおたずね  先生にあってたずね  ためにおたずね  私宅をたずね  何をどうたずね  気になりながら、せきこんでたずね  一度先生をおたずね  眼を見はってたずね  校長室をたずね  委員諸君にたずね  おととい先生をおたずね  田上を見おろしてたずね  まばたきをしながらたずね  西山先生におたずね  顔をしてたずね  名前がはっきりすればいいと思いまして、一度たずね  ものですから、しいてはたずね  少佐を見あげてたずね  僕おたずね  肩をいきなりゆすぶってたずね  ひとりでたずね  次郎はたずね  生徒がおたずね  性急さでたずね  ようにしてたずね  君にたずね  のは、少し立ち入ってたずね  微笑しながらたずね  のかと思って、おたずね  俊三がしばらくしてたずね  恭一に向かってたずね  顔をして、ひょっくりたずね  俊亮がたずね  男の子はたずね  女の子がたずね  女王はたずね  たかどうか、たずね  のぞきながらたずね  ゲルダがたずね  花たちにいくらたずね  花にむかってたずね  ゲルダはたずね  のかと、おたずね  王女はたずね  となかいにたずね  恵子にたずね  福間警部がたずね  筆蹟であるかどうかをたずね  主をたずね  限りはたずね  時、たずね  それをくわしくたずね  八重をたずね  不審に思ってたずね  吃驚してたずね  私はあわててたずね  船長はそうたずね  私たちをたずね  馬がたずね  吉祥寺へたずね  その後再びたずね  墓をたずね  仕方をたずね  みごと私をたずね  門番におたずね  声で、やさしくたずね  ケンプ博士がたずね  アザラシをたずね  絵里子をたずね  気になって、たずね  夫人がたずね  塾長室から急いで出て来てたずね  笑顔につつんでたずね  自分から塾長室にはいって行って、たずね  朝倉先生はたたみかけてたずね  近くによって来てたずね  朝倉先生にたずね  お客もたずね  名簿を見ながら、たずね  まま、たずね  侍僧を呼んでたずね  ちょっと、たずね  小僧を見ながらたずね  塾生たちから何かたずね  参観者がたずね  平静をよそおってたずね  朝倉夫人がたずね  道江にたずね  いっしょにたずね  先日君をたずね  たか、とたずね  考えをたずね  人にはたずね  真顔になってたずね  顔をのぞきこみながら、にこりともしないでたずね  道江とがたずね  下宿をたずね  田沼先生におたずね  お家をおたずね  宿にたずね  私もたずね  何度かたずね  恭一さんにおたずね  私から直接恭一さんにおたずね  すまなかったが、おたずね  小母さんにたずね  一度はたずね  編集者がたずね  人々からたずね  帆村をたずね  山岸少年がたずね  中尉は、たずね  生家に突然たずね  わけで、たずね  大野木をたずね  鯉坂君にたずね  法医学教授をたずね  鯉坂君をたずね  その男に向って、色々たずね  検事がたずね  国土をたずね  方々をたずね  花園からローズをたずね  隠居をたずね  隠居所をたずね  片っ端からおたずね  少年にたずね  カテリーナ・リヴォーヴナがたずね  長靴をぬぐと、こうたずね  彼女がたずね  人目を忍んでたずね  田宮さんを一度おたずね  お母さん同道でたずね  鰻屋へたずね  発信地へたずね  専門家をおたずね  笛のありかをたずね  驢馬追いにたずね  二人はたずね  番頭にたずね  男はたずね  六条が、たずね  八木がたずね  博士をたずね  おまんにたずね  徒士目付にたずね  もみ吉左衛門にたずね  はじめて司法主任に向かってたずね  工合をたずね  陶器店をたずね  ボーイ長はたずね  西沢がたずね  波田へたずね  おじいさんに向かってたずね  兄にたずね  男が、たずね  とこにたずね  色男あるかなきかをたずね  不思議であると思ってたずね  コックリに向かってたずね  コックリ様、御たずね  死生をたずね  全快をたずね  男の子何人ありやをたずね  幾人仕事しておるかをたずね  コックリにたずね  ことはおたずね  出先をたずね  笑顔でたずね  気かとたずね  姉がたずね  坂野をたずね  日又たずね  仲よしのお仙がたずね  折井をたずね  裏長屋へたずね  小娘でもたずね  名ざしてたずね  だんなをたずね  右門を目ざしてたずね  二度もたずね  弥次郎にたずね  しょんぼりとしてたずね  ことおたずね  八丁堀へたずね  どなたと申しておたずね  なにもたずね  物静かにききたずね  伝六は来ず、たずね  茶の間へ追っていきながらたずね  係官がそれとなくたずね  黒川警察医にたずね  次第をたずね  売卜にたずね  国会にたずね  天運にたずね  生活をなしおるかを知らんと思い、あまねくたずね  口ぶりでこうたずね  何度繰り返してたずね  一つだけおたずね  藤をたずね  わたくしをたずね  浮巣をたずね  手前よりおたずね  看護婦はたずね  朝とつぜんてまえをたずね  ほうへたずね  慶次郎にたずね  ペンベリーは鋭くたずね  筆記しながらたずね  ソーンダイクにたずね  のとたずね  景色だって、とたずね  いちどおたずね  夫人に、たずね  のですが、なるべく落ちついてたずね  幹子がたずね  者でもたずね  柳川様をたずね  平八が押してたずね  卒爾ながらおたずね  飛衛をたずね  しゃる方がたずね  嗜好をたずね  岡村さんをたずね  方々さがしまわり、たずね  巡礼たちにたずね  縁故のものをたずね  膝を乗りだしてたずね  大使館参事官であるか、どうかと、たずね  是非にたずね  のを見て、そうたずね  ローリイにたずね  友だちをたずね  何だ、とたずね  なにしろ、たずね  豊にたずね  わからんところは遠慮なくおたずね  兄さんにたずね  夫人はつつみきれぬよろこびをもってたずね  老紳士にたずね  船長がきつくたずね  検事はたずね  丈太郎にたずね  フリッツ大尉にたずね  心配げに、たずね  気ではない、まだたずね  ことはなかったかとたずね  先祖をたずね  池田良栄をたずね  私はよく知っていたけれども、わざとこうたずね  近所でたずね  句調でたずね  中へはいってたずね  神さまに、おたずね  平塚明子さんをたずね  声をそろえてたずね  夫人はたずね  彼はさらにたずね  ビュルストナー嬢はたずね  女がたずね  はいませんか、とたずね  メンバーたちにこっそりたずね  お待ちですか、とおたずね  娘が現われて、たずね  当惑してたずね  ほうからたずね  あけすけにたずね  レーニにたずね  時私がたずね  跡もたずね  王さまはたずね  王さまはまたたずね  うちは、たがいになぐさめもしますし、またたずね  鶯花をたずね  大臣におたずね  子にたずね  姿を見てたずね  夫人にたずね  産婆にでもなってしまおうと思って、たずね  君さんをたずね  処へたずね  一寸おたずね  かな顔をしてたずね  丁字屋をたずね  市十郎はたずね  茶をのむかとたずね  侍が来て、そっと、たずね  静かに、たずね  刑部にたずね  義平太に、たずね  静かにたずね  迷惑なおたずね  東京中おたずね  ひな鳥がたずね  座敷には、わざわざたずね  あなた方におたずね  のかと一々たずね  胸を押さえてたずね  人たちにたずね  牧師さまに、こうたずね  やあぬくしをたずね  どことたずね  八条猪熊でたずね  しどろもどろにたずね  念入りにたずね  法然上人をたずね  お母さまをたずね  横田がたずね  支局へたずね  奉公先へたずね  市野さんをたずね  悪魔がたずね  このごろは、あんまりたずね  読者からおたずね  読者のおたずね  寂光院をたずね  三千院をたずね  御所をたずね  会員たちに会ってたずね  道を歩いてたずね  木田は、喜んでたずね  心をたずね  女子などのたずね  庵へ突然にたずね  あとから若い侍がたずね  兼好をたずね  ヶ岡をたずね  庵をたずね  わたしをたずね  自分が年来たずね  味方をたずね  盂蘭盆にもたずね  晩には、必ず再びたずね  晩には再びたずね  恋愛をたずね  野村彦右衛門をたずね  僕をたずね  郷里までたずね  支社をたずね  君をたずね  口碑をたずね  人家をたずね  ところへ、ぶらりとたずね  今夜も突然にたずね  兄ばかりでなく、時どきにたずね  浪人をたずね  場所へたずね  白河へ行ったならば是非たずね  昼までに必ずたずね  道家尾張守をたずね  一尺法師にたずね  王子にたずね  姫にたずね  王子はいろいろたずね  金井君がたずね  八王子にたずね  及川先生がたずね  先生がおたずね  僕がたずね  あちらこちらとたずね  善ちゃんがたずね  おかあさんがたずね  お姫さまは、おたずね  国をばたずね  花子がたずね  目を向けてたずね  どちらをおたずね  ところへも度々たずね  愛情をためしてたずね  あいにそうたずね  ことがあるかとたずね  ぼくをたずね  カークハム氏にたずね  いまのおたずね  声が、たずね  ついでにおたずね  三根夫にたずね  ハイロをたずね  ハイロにたずね  三根夫はたずね  あとでたずね  隊長にたずね  ガンマ和尚にたずね  



前後の言葉をピックアップ
携われ  たずさわろ  携わろ  タズシテ    尋ね  訪ね  訪ねよ  尋ねれ  尋ねん


動詞をランダムでピックアップ
造り出し包み込ん弾こ打ち殺そ寝付く嘆く思い切れよせきこむ寝かしつけ逃げ出さ凝る言い直し切りかかっふさぐ廃し拝すれにあっはずそおとしめふかし
形容詞をランダムでピックアップ
おとなしけれいとけない待ち遠しくおもくるしかっ痛痛しい生あたたかき強かっ低き刺々しかっ虚しくとげとげしく寝ぐるしくたっと小憎らし聞きにくう薄ら寒くつよしひもじき世知辛くあくど