「そ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ そ[動詞]
一っそ  好奇心にさそ  夜告鳥にさそ  浜風がそ  かなしみにさそ  風にさそ  かい、きばって描かそ  軟風が時々そ  月にさそ  今夜はそ  竹藪はそ  おれも細ぼそ  時廻り河風にさそ  海風がそ  そこからはそ  客にさそ  霧はそ  風はそ  前兆はそ  上はそ  秋風にさそ  助、あわただしい、そ  一、そ  嵐にさそ  心地にさそ  木の本を吹きな過ぐしそ  空気はそ  づしほの中にさそ  甘言にさそ  葉はそ  戸外はそ  窓からはそ  下村にさそ  原野にさそ  山路にさそ  瑞西へ行かうとさそ  みだれ髪かつおもひみだれおもひみだるるそ  悪戯にさそ  まことの涙さそ  清坊、そ  柳にさそ  枝またはそ  木の葉にそ  風のしらべにさそ  競馬にさそ  今宮にさそ  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
そをうか  そは牛飼ひの  そとにいた  そは思へば  そ古ければまだ古いだけに思ひ  そは飢に奔るに過ぎず  そとには松の大樹ありて  そなたに問いたい  そなたはどうしやるぞ  そなたを連れ帰ろうと存じたるに  そひたる小さなる  そつくり反つて銀座通りなどを歩いてゐた  そやなけれや白金だす  そないに威張りな  そに叱られやはりましたで  そに言はれはりました  そも湧いてあふれる  そもあふれる  そも飯島様のあやまりにて  そを預言し  そよとの風も吹かず  そは坊やの見し  そなへる  そよかぜは誰へふいてゆくのでせう  そよかぜはむねをあたためる  そよかぜのしめつたかほも  そよめいてゐる  そよともしない  そなはし給へといふので  そとなる  そとを漕ぐ  そは只奇しき夢を見るべく  そとの道をとおる  そが上に咲く  そなたを注視して  そとにすてさせ  そとの風景を見たかった  そとにひびいた  そとからたたいて  そとを見てくれぬか  そとは見てはならない  そとをうかがった  そとからぴたりと遮光された  そとを見たいと思った  そとが見える  そとにしめだされた  そを賣りて  そ深くと眠りたき思ひなり  そと營んでゐた  そを知らむことを求む  そないに言うてやった  そとへ出ました  そだをはこんで来て  そだの山に火がついて  そとへ出られるでしょう  そとへとび出して  そとに出る  そとの犬ごやに入れてあるからの  そとへ出て  そはまた百千の妖魔をくらます  そはわれ流せる  そよろと忍び出た  そとへ出ようとすると  そとで聞き流して駈け出した  そとで見た  そとは別けても  そとまで送  そとまで出てきて  そが夢のおどろし  そなはす  そと言ふ  そは解釈がつかぬ  そといひ  そは天におけるなんじ  そはその召し  そとへ駆け出す  そが前を少女の群れゆきつ返りつして  そとに見える  そとをのぞきました  そびくやうにして  そとに出たら  そとへぢつと目をそそぎ出した  そとに向けさせて  そは屋内の事か屋外の事か詳ならず  そは此所に述べたる如き  そは發見物に由つて充分に證する  そは土器表面押し付け  そはエスキモーが斯かる  そは丸木舟の如き物なりし  そを見せじとて  そは胸の燃ゆるよりはまされば  そは天に在る  そよとも動かない  そよりとも動かなかった  そと歩きながら  そよとも通わぬ  そぼそぼとふる  そとに出しながら  そはそはやつて来る  そはしてゐた  そなへてゐる  そよとも動かぬ  そとへ出た  そなたの病気はここにあったの  そなたを連れてゆく  そなたの苦しむ  そとでたれかが  そとをのぞいてみると  そとへ連れ出してゐた  そはそはしながら  そとにはロンドン特有の濃霧がたちこめている  そない急かしたかて  そは五体の一を失うは  そは磐をその基礎と為したれば  ソと物の蔭になりつ  ソは最早出来事とは称すべからざるなり  そとに出た  そと探していて  そとの青い世界に出て行った  そとの青い世界に出て行かせた  そと見渡した  そは心に入らず  そは二十世紀初の地球儀の知る  そを蒲団の下に敷きて  そを聞きて  そは専門家の事にして  そとの磧を見ていた  そとに永く立っていた  そとの道路を見ていると  そとでは毎日彼女はやって来た  そとに立っている  そととは異ったひいやりした  そとへ出られないし  そとの明るい日光が小さい庭にも射し入っていた  そ思ひ切  そへ上坂仕  そとにとり出して  そ打明け話さうか  そぽそ散る  そ難有い  そはあやしき臭を放てり  そはあやしき汗を流したり  そは屡々萬物に眤さはれ  そなたの髮の毛の森にはよほどの不思議が籠つてゐる  そふて激しく磨らなくてはいけない  そとへ出る  そとを見てゐると  そとにゐました  そとは何ひとつ容易に見  そとの二週間が一個月に相當したからか  そぼそぼとすすり泣く  そなたからわけを話して  そなたの心を話されてから  そなたをどこへ匿うてあげる  そわかるるきはに  そと暮らしてきていた  そひて麹町までの道のりも遠しとは思はず  そは明治三十四年なりしと  そは全く仇なる  そなへて  そなたを辺地へ流した  そなたの心掛けが見たい  そなへ身をまもる  そなたらもこれを今後の鑑にせよ  そなたに生涯の恋を賭けている  そなたを連れて帰ろうという  そない極らずといておくれやす  そないに打擲されやして  そなたは何処のものじゃと御訊ねあったれば  そを透きて  そや無けりや風かいのう  そとの枝にとまった  そなたも参られるか  そなたの前にさらす  そなたに別れる  そなたに助けられて逃げたとあっては  そはそは外出する  そよとでも特殊な愛を感じたとあれば  そとへかけて出ました  そともある  そ死んでしまふ  そをとりてくれたり  そを曲げて  そを神聖視する  そなたに仰せにはなりませんでしたか  そとへ吹き煽った  そとに打ち萎れていた  そはそはと康雄は歩いた  そはそはする  そ食べてる  そとで俥を見つけて乗る  そとの廊下を神経的にあけて見たが  そとに佇っている  そとを窺うた  そとをどこのねえやだかゆきました  そはして  そ分らない方がいいくらゐでした  そよとの風にも胸が跳って迚も寝入られる  そと呼ばれ  そふて子供まで儲けし  そなたの考へてゐる  そなたをそばからはなしたくない  そなたのうれ  そなたのおばあさんが宮仕へをしてゐた  そなたが生れ  そなたたちがいとしいと思ふにつけ  そとの過去と未来をほのぼのにほはせてゐる  そとさ  そとにもらして居た  そとに見せた  そとに立って居た  そとにきえて  そとに走り出てしまわれた  そとにはいらっしゃらないでしょうから  そとを包んである  そな道を上つたり下りたりして  そとでさらさら音がした  そなたはまだ大切に思うか  そなたは何しに  そは午後なる  そとに立って  そよとも靡かぬ  そなたには分らない  そなたはうれしいと思わない  そなたの心に添う  そなたにも半分の罪があるぞ  そなたも彼を愛してやれ  そなたに云った  そへる装飾彫刻が盛んになり  そなたの亡夫がいたらのう  そとを見る  そがの家を見に行く  そとへ出たいらしい  そでなく感じられる  そぼけて四谷から青山を素通りして  そなたも聞いたでしょう  そなたも共に意見してた  そなたからも口添えして下され  そなたはきのう神仙を殺した  そなたは恐れぬ  そなたからも妹にいって  そなたが率先して  そひぶしの  そなたは坊っちゃまですね  そなジャックにつっかかる  そとがわだァけのォこした  そ反つて無器用になつてゐる  そは少年の昔よりして  そが見えざる  そひながら私の弱弱しい心臟の上におまへのかはゆらしい  そひながらわけても感じ  そは人の知らない  そはむしろ單調にして  そは拍節の如く詩の形體の上で指摘する  そは幾何學的の周期律を示さない  そは拍子の如く幾何學的圖式を構成しない  そはただ極めて希有の作家にだけ許されたる  そは時代の背後に榮えた  そは從來と全く別の心像を取るであらう  そは世紀末の文明が生んだ  そは全然單調にして  そは未だ一つの學説にすぎない  そとの雑草の根の間へちっとやそっと鍬目を入れたって  そとへ去った  そなへてでもゐる  そなたの愛に溺れて  そなたともまた再会は期し  そとへでたら  そふ心地す  そと取落せば  そなへた上に人並すぐれた  そとの高松水色に霙けぶりて  そへて友におくれる  そとのみ消えて  そは事を好む  そないに寒がつておいでやしたら  そは醜き不純の光なり我は身を投げて  そを罵るも  そなたは空で誰を喚ぶ  そを森の梢より風に散る  そは目眩めく  そなたの齎す  そなたの手から書かれるであらう  そなたの前のみ輝いて居る  そとをみよ  そない言うてからに  そない思いはれしまへ  そは和主にしては  そとは大暴風雨になっていた  そとは恐ろしい暴風雨の夜になっていた  そと鳴くにも似て  そとに女のすがたがある  そとで様子を窺っていた知らずの  そなたのほうで逃げろ  そとは箒目をみせた  そとへ逃げはしまいな  そとへ出ると  そひて泣けばぞ  そとにとりのこされ  そと凭りて海を見居たる  そとへ出て行った  そとはすぐ春木町の通りになっているが  ソ満国境を越えて  ソ満国境には二十万の赤軍を配備して  ソ満国境に於ける  そとの一味に合図したのに  そとへ持ちだしたいと思うでしょう  そだら又三郎も掘るべが  そしてあふれるばかりに  そなたにおくる  そなたの上に飜へる  そなたの愛のやうだひとにかくした  そとで稼ぐ  そなたの真情に報いる  そなたへ聞かせよう  そに水がお池にたまつたら金魚いかして眺めませう  そわかればなしが決まつ  そとの夜のなかに歩み出た  そとばかりながめる  そとに隠しきれる  そはついて  ゾという彌次を誘い出したほど  そが奥津城どころに到りて  そが雪なす  そをここに移したりきと  そが姿をみかふる  そが韻律の朽せぬにほひを  そは佐用姫の古事を憶ひいづればなり  そが下にたてる  そを憾みとせ  そは人の未だこの地に遊びて  そだをさかんにさし入れる  そなたのすきな物を求め来て上げようぞといいますと  そなたのいわれた  そないな事があろうかい  そふ誠のしるしであると信じます  そとへ出ていらしたばかりですよ  そとから十分のぞかれる  そとへ出て見たが  そとから若い支那人が一人はいって来た  そとからは店の様子はちょっと見えないが  そとはかなり遠くまで広く開いている  そとへ出ようとした  そとへ出たかと思うと  そとのマロニエの梢が三本ばかりのぞいていた  そとのだと答えた  そとへ連れて出た  そとへ駈けだしましてね  そとへぶらぶらと出ても  そとへ出て見て驚いた  そとでサークルを持つ  そとから舞い込んで来たらしい  そは京都の東寺に藏する  そとに出て見る  そとから阻まれ阻まれ押えられて来た  そとでどんなつき合いをしたって  そ思ひきつて東京へ出てみたら  そとを見て  そなたを妻同然に思っている  そなたが復讐などに大事な半生を費されるよりも  そは將に倒れ  そはわが意を行ふ  そないな姿で此処へ来ると云う  そとへお出かけになりました  そへて御返し申上げた  そは立てり  そが翼をひろげたる  そが甍の上に躍りひるがえれり  そが上にしるされたる  そとのヨーロッパ諸国の生活のあらゆる細目から感じた  そとへふみ出させはじめた  そ泣き出した  そは何ぴとにも語る  そつくりどこかの樂園へ導いてゆく  ソを中心とする  ソの戦争力は大体平衡がとれていたのに  ソの合力に対抗し得る  そ或はおかつぱと言ふ  そひて覚えず抱きあひてぞ泣きし  そも愛といひ  そは要するに遂に表面に過ぎざりしなるべしと記載し  そよとの風も渡らぬのに  そまた堪へ  そとを白き犬ゆけり  そなたの一生に冷しい  そは常に一瞬にして消え去るなり  そは真面目にして  そは幾度かわが眼の前に光りたり  そは皆この国にて禁じられたる  そは美くしとにもあらぬ  そを幸ひと口もとにはかなき笑みものぼり来る  そとに一台の一頭だての箱馬車がとまっていた  そないに力んだかて  そやかさい  そへました  そにかつれて困っている  そとへ表現する  そとの人々の方に向けられて来た  そとへ出て行ってしまって  そとにでたくな  そなたの我儘を見に来たと云われた  そなたののびのびして生きて居られる  そとの外光を背にした  そとへながれだす  そは戰爭中徒然のあまり筆とりし  ソと同知する  そなたが先ず魁を見せたらばな  そなたが行けば  そなたに思いを懸けた  そないなったら困るやろ  そやけどお前が止めよ思う  そやけどこんな所とは思わなかったわ  そよりともしないと云う  そとへ来て  そへる星をたのみて  そとへ運び出し  そ超然と相手を默殺した  そない高い本とは知らな  そやと言ふ  そはそはと動いてゆく  そはそはしてくる  そは廊下に出て行く  そは衆愚を喜ばし  そとはしたなめられしかば  そを果すべき  そを認めざりしにや  そは我手段の劇藥ならざる  そが上に戲曲に理想あらはれず  そが眼中に置きていへるなら  そは逍遙子のために後にすべき  そはその後にせ  そを何ぞといふにかの小羊子が白日の夢と題したる  そはわが問ふところにあらず  そは論理に違ひたるべしといふ  そはこなたに  そを早稻田流に沒主觀といはむは  そを早稻田流に見  そを戲文を以て論文に代ふる分疏にせ  そよりと来ては  そよりともせぬ  そはそはと落ちつきがなくなつてきて  そとを何処かへ急いで行くらしく  そなたの語で初めて見た  そとを通る  そとはよく見えない  そとを眺めた  そとの現在のことはいっさい例の無意識的にあきらめて  そとを眺めていた  そとで呟く  そとに放してやった  そとのいろんな草花を眺めながら寝て暮せば  そとには見えない  そとから覗いている  そと遠くで花火の消える  そぼけてさまよい歩いている  そとしていた  そふベースボールを見れば  そとから見える  そとから来た  そとのコンクリに配給のイモを出して乾した  そは彼等こころゆくまで悔いん  そと呼ばれていたのみならず  そと根を露はしてゐた  そと奥様のお顔色を窺ひしに  そとに溢れたる  そと浮いて  そけ倉建てむ屎遠くまれ  そは甚だしき誤なり  そは如何やうにもあるべし  そとの廊下から一段高くなってる  そはつかした  そが上に小笹芒などさし  そと出でて  そは鵙の子のたはぶれて  そないな事云う  そは直観と情緒との内経験を素材としたる  そは常に実生活を肯定し  そは人生と自然とを不断の芸術写真とし  そは人々の精神を交通せしめ  そは新なる建設に至る  そなた思へば  そとへ消えてしまったのに  そよりとでもしたり  そだらこんだ  そは一輪二輪の少きを小やかな粗瓶に投げざしせるに  そが復活を図りたい  そは君が想像の自由にまかせて  そを見  そを縁起まで祝うて  そは男女いずれにも称えられた  そなたを見たるのみ  そなたの力を借るまでもないと  そなたの気の済む  そなたの為にもならず  そなたの勝手に尋ね行くが  そとに立ち出て  そとへ飛び出した  そへてゐる  そとした  そとから忍び込む  そとに漏れているばかりで  そって歩いていた  そへるに浪はやさしくさしきたり  そ放りつぱなしにしてゐるそれで何がわるからう俺にはおもちやが要る  そふてゐる  そと片笑みし  そとかかげ見る  そとけりぬ  そひて樒ささぐるこもり  そがるる油のあと島田のかたと今日知りし  そよ理想おもひに  そは後の人のつぶやきし  そひて今日京の子の歌をきく  そへて褄とりて  そは夢ならむさて消え  そとぬけて  そをきみの蒔かざる  そは懐しく寂しきゆふぐれのつかれ  そしてる  そとを眺める  そとで誰方か待っていらっしゃいます  そとは荒荒しい土を踏む  そとの方に向けて坐っていた  そとへ出していた  そとを見たりした  そを読まば  そとに濡れ縁があって  そなたも言うた  そなたはそれですましてをられるから  そなたにしても  そなただけは知つてゐて呉れると  そなたにも本當のことはわからなかつた  そなたも安心して呉れ  そなたには行かれまいといふ  そなたのことを思つてゐるのに  そなたを思うてゐる  そなたのことを思うて居るではないか  そなたにはわからぬではないか  そはそはと門のあたりを行つたり來たりして  そなたを思うて慈しんでくれるので  そなたのことは忘れた  そ早く行つて了ふ  そかういふところに來て靜かに住んでゐたら  そなたも運がひらけるばかり  そなたの悲しみはわかるが  そかにしなかった  そなたを望みて  そなたを見遣りぬ  そとへこぼしつつ  そだ火に当っている  そとの青葉でも眺めながら喋ると  そよりともしない  そは皆かりに繕いたれば  そとしてゐた  そとからはいってくる  そまた輕井澤へ引返さうかとも  そがまうへなる  そが妻との間に三五ばかりなる  そひてしめやかなる粧ひをつくした  そひもも色の花處女袴に眼をはなち  そとへ置いとく  そとを指差して叫んだ  そとからぶっ放す  そとへ駆け出そうとすると  そはそはと箒をあててゐた  そはそはし  そなへし  そは帰らうと  そなたが礼に来て呉れる  そつくりそのいろに染めつくしてしまふので  そとに見た  そとをみると  そとをのぞいて  そとについている  そとから入口の戸を閉めた  そをら遣ら  そ言ってたわ  そはフリツチイが忽然隠れ去りし  そなたの所へきた  そなたの笛を聴いているじゃないか  そなたの覚悟をたしかめた  そなたは寺を出て  そなたの身に虫がついてはならぬ  そなたが持っておるさ  そなたが泣くので  そなたも寝や  そとから素ッ飛んで帰って来ると  そなたを騙したか  そなたがここでわしを待っていた  そとから取巻いてゐる  そないなことを云ふけんど  そつけないリズムを塀越しに伝へてゐた  そないに一々やつて下さんすな  そないに気つかふことはありませんよ  そまた名を得んに  そは未だ生を知らざるにて  そとでは谷川の音がきこえます  そよりとも吹かない  そとから第一の便所の戸を開けようとしたが  そふて小舟漕ぎ行く  そは現在と一様なる事情の過去または未来に継続するに過ぎず  そを悪く言いたる  そは一時の現象たるにとどまり  そは終止言として用いたるが  そは大いに研究を要すべき  そは怪異というにあらねど  そとに食み出させて  そとに生きている  そは先づ支那が代表的なものであると云ふ  そない言ったら  そとには伊太利大使館や諾威公使館の立派な自動車などが横づけになり  そとへ散歩にいく  そはそはした  そななことができるから  そなな無愛想なことをいわんで  そななものでも金になるけ  そなたと契ろうよ  そは畢竟夙に支那で發達した  そは太祖の陵號を孝陵といひ  そはさきに紹介した  そは多の機會を待つて  そとの大きな星を眺めながら  そとの物音に耳を立てていた  そは僕は其の主の行ことを知らざれば  そとに見えてゐる  そも粋と呼ばる  そよめき立っている  そよとうごいて  そは宋代の歴史が明瞭に教示して居る  そは日露戰役が明白に之を立證して居る  そひ林檎むく  そへどとてもぬるるよ  そはそはしはじめた  そは學者の研究を待つて始めて知られた  そふ稚兒の如く靜かに眠れる  そと囁きて笑みし  そなたは振つたるよな  そないにして置いて  そないに希望者が多いのやろう  そやないと後で取返しのつかん  そだを折っていた  そだを少し持っておいで  そはへ寄って来る  そって歩いた  そとの暗い廊下の障子にチラチラと動いていました  そとの景色を写していると  そとから覗いていると  そぼれる  そなたこそ肥えて  そを家の誇として  そを仰ぎ見つつ  そぞめかす  そとにして  そよとの物音もない静謐な境地に沈み込んだ  そよと鳴る  そとにはふり出させました  そとは雨がぽつぽつ降っていて  そなたはべちゃくちゃお出掛けと  そは今日賦役に出でざりし  そとこしへに  そといふ藻をまだ知らぬ  そといふ藻は小鳥がたべる  ソデはほころびにけり  そを洩れて吹きいづるなる  そをめぐり  そを知るや  そを見つつ  そも知らね  そともながめて  そよとだに腰綱の端もひびかず  そよろ小躍れ  そなたはこの間御授戒なされた  そぽそ云ってましたし  そ知らぬふりのできる  そとの石段のうえに立って  そなたは父にも兄にもかわりて  そなたが上をうらやみ  そは遮  そはあたかも大正昭和の文化全般の西洋におけるものと異る  そも刀禰たちは鎌倉まで行き着かれたか  そへて世に出た  そなへてゐたし  そはそはしてゐる  そなた様を文之丞殿お妹御と知るは  そ言ってくれると  そなたに申し置く  そなたに遣わします  そなたの胸に思い当る  そなたが素振  そ来て下さる  そなへてゐた  そとに出ている  そとに出ると  そとの方へ四方に引っぱって  そなた様をこの世でお見かけ申そうとは思わなかった  そなた様だけはこの世にない人と思っておりました  そなた様は今どこにおられます  そなた様もお留守居でござったか  そなた様を見てから  そなたは酒を上らぬか  そなたも遠からず伊勢へ帰られる  そなたが江戸へ行く  そと視  そがなす  そと日本うみ  そ言ってやったわ  そ言って教えた  そなたは読んでしまわれた  そなたの年頃に似合うか似合わぬか  そなはつてゐる  そなたを生んだ  そなたの疱瘡の軽うすんだ  そなたも生涯の守護仏として給べ  そなたはわしの後にでもついて来た  そなたが牧長の娘とよう似ていた  そなたさえ人に洩らさねば  そなたの手でこれへ持てまいらぬか  そなたも常によう話には伺うておる  そなたと諜し合うての  そなたにも告げなかったか  そなたに誓った  そなたもきっと高氏のそばに迎え取らせる  そなたも戻れ  そなたがどうして知っている  そなたの言う  そなたの仕事の障りにはなりませぬか  そよろと吹き過ぎる  そってチラチラして居ます  そとはさんさんと明るい日ざしで  そとへ抛りだしておいて  そとへ掻き消えてしまった  そなへてあります  そはるなぞといふことは夢にも考へず  そって懐中電灯を照らしていた  そなたも都の水で磨いて  そなたも分ってくれぬ  そなたも夕化粧して  そなたが望んだ  そなたに教えて  そなたを疑うまい  そなたたちじゃ  そなた程も母は知らぬの  そやからもうあんたはんの世話になり  そやからお金をお返ししますいうてます  そない言うてはりました  そなたは苦労もなげに  そなたも送ってあげるが  そなたに望みがあれば  そなたは戻られるか  そなたその足でさっそくお知らせして貰いましょうか  そなたの胸のうちはよく判っておる  そなたの閑をねろうていたのよ  そなたは宜い  そなたに取っても  そなたは目をつぶっている  そなたに今まで教えておかなかった  そなたはまだ知らぬと見えるな  そなたは有野村の藤原家の御息女ではござらぬか  そなたを呼びに行こうとしていた  そなたに見せたい  そなたでなければ見ても詰らぬ  そなたの家は甲州で並ぶ  そなたの眼から結構と言われては  そなたに見せて進ぜたいと申す  そなたはそれを見る  そなたは今この刀の拵えを結構なものじゃというて  そなたの家には箒で掃いて  そなたのお目にかける  そなたはこの刀にお見覚えはござらぬか  そなたが知らぬならば  そなたは何も知らぬ  そなたが屋敷を脱け出して  そなたが屋敷を脱け出した  そなたは知るまい  そなたにいま飲ませてやる  そなたもその酒を飲む  そなたの何者に当る  そなたの何に当るか  そよとも動がす  そとの噴水を見ていて  そなたの家は甲州でも聞えた  そって旦那の身の廻り一切やっている  そなたの思う  そなたの身の上を頼まれたは  そあの障子も脇戸もとり  そはそはしてね  そなたの側を離れる  そなたと暮せればという  そなたも書く  そなたの乙女ざかりを知らぬ  そなたの亡き親が下される  そぼらしくも感じられて  そは不道徳先生の道徳談に勝る  そなへるらしい  そなたの前で言う  そなたの以前仕えていた  そなたたちの知った  そなたを得た  そなたは江戸へ帰らねばならぬ  そなたの仕立てた  そなたの眼に左様に見えますか  そなたの胸もききおきたい  そなたたちといつまでもこう平和にいたいわ  そなたがその方を望むならば  そなたに頼もう  そを聴きにゆくや  そがなかの蕈の香りに秋やや深し時雨降るごとき  そひて深夜の雪の中に立つ  そなたの尋ねる  そは誰が愛せし  そななことあんたにいはれ  そなたに会った  そとにかくに定めなき  そなたを押し込めおいたなどは  そ知らぬ振りをするかに見えた  そとで貰う  そとで使ってしまうべしという  そを人生の鏡とし  そを何ぞと云ふに  そは他日機会を見て  そなたに助けられた  そなたを助けた  そなたたちを助けようとした  そなたへ打明けての  そなたに預っておいてもらいたい  そなたのおじさんの七兵衛の手から出た  そなたに宛てて  そは信じ  そへたのに違ひない  そなたは生きてゆける  そなたはあくまで以前どおり鎌倉方の女諜者と思わせておくが  そなたは島にいたい  そなたたちも無作法なことをして  そ言って下さい  そなた入ったら  そぼるままに懸崖に寄り添って  そと崩せば  そと白き指で軽く払い落す  そとへ突き出した  そは決して赤インキの如きにはあらず  そなたは幾人も生み育てたが  そなたがいうにまかせて  そなたにてい  そなたばかりを恨まれもせぬ  そなはる  そは他の顔面表現係の補助を受けてなし得たる  そとには黄色い琥珀の粒の眼をつけた  そを思へば  そと少女の耳に口を寄せ  そよわれと都大路に銀の鞭も振りしを行く  そと觸れて渡らふ  そとから覗き込んだりした  そとで  そはなれが  そとにもそう信じさせてきたが  そなたが相拍子いたすとか  そとから入ってくる  そとへ持って出て  そとでする  そとから葛や竹の輪でしめつけて  そなたを論破して  そなた自身の役割を実際にした  そなたはわたしを何と思いやる  そは光あり  そなたという者がおるし  そなたは先に寝  そとへ軋み出す  そとに捨てるやいな  そとへ歩きだしている  そほどを案山子だとする  そほどとし  そほどの依る  そよりともせず  そないな格好を見せいでも  そないいうて  そないにいわれる  そないに言われると  そないさせる  そは慰めを要する  そは汝の苦しめるが  そはわれのみ愛なればなり  そを見下しながらに  そとの流れ去る  そへて食べる  そなへた小さな医院その陶標の門をば斜め客は至誠を面にうかべ  そ向ける場所すらない病室が耐えられなかったから飛び出して来た  そはそはして来て  そなへたわかものたち  そが黄にして  そなたは乃公が進退の軽々しきを遺憾とし  そなたと結婚したならば  そなたも知つてゐる  そなたに任せておいたが  そとにかがまっていたらしいが  そなたとも知らなかった  そなたのいうに従えば  そなたさえ居る  そなたがきいても  そなたからよう申し上げてもどるが  そとから眺めて見ると  そに叱られても  そに叱られつづけたりなどする  そなたを連れて  そなはずじゃありますまい  そへカステラの粉つぽい触感を加へて見たい  そかになって来た  そとの闇に吸い込まれる  そとをながめていた  そとの路を東から西の方へ往く  そとへ向かって走っていた  そとを過ぎ往く  そとを過ぎ  そとを見つめていました  そとを見つめてゐました  そはそは立つて  そとの空気が身体にいいにきまっているじゃありませんか  そに水をば覗く  そは効果あるか  そなたがあんな書物を持ち出した  そなたも本気になって  そなたの良人となる  そなたに一度話したい  そなたを探しておった  そなたは近くまで行ったら  そって抱き起した  そと教えて居る  そ知らぬふりして  そないなこといやはっても  そそんな時がくれば  そぼそぼと降り出して  そとには蚊の鳴き声さえも聞えなかった  そとをまぼろしのように立ち迷っていた  ソと息を掛く  そなたからもようお願いせい  そなたは観世丸を産んでいた  そなたと治郎左とが長谷へ詣って  そなたでさえする  そなたたちは一たん武門を捨てていた  そなたからよう諭せ  そなたにもわかっている  そなたも思うか  そなたも情にひかれてはならぬ  そなたが父を追ってゆく  そなたは正成のようなおろかしい道を践むな  そなたもほどの知れた  そとへ駈け出して行かれた  そとへ取出す  そとから大声でおくへどなった  そとから首を伸ばして  そとに小さくなっている  ソと謂って  そなたはお笑い被成候かは存じ  そなたもその積りにて油断なく御奉公口をお尋ね被成度念じ  そくれて潮合を失い  そはとまれかくもあれ  そは例もこの店先にある  そなはる味はおのづか  そが植ゑたる主をしのびては  そは余りに公明に失したる  そとをみれば  そとを通りかけた  そとからは師直の軍勢が波騒の中に似る  そとへ去っていた  そよめき出していた  そとへ逃げ走り  そとにまですき  そとの廊にその人々を据え並べた  そとから犯人の侵入した  そよかぜにひらひらしていた  そ知らぬ風で歩いたであらうか  そは次の巻に解分るを  そなたにも見てもらいたい  そとにじっと気をくばっていました  そとから同時にがらりと明けられて  そない端のところに出ている  そなところにいるからや  そないに遠慮せんと  そやけど親御の身になったら  そなとこにおらんと  そやけど三野村さんはあの女よりお園さんの方がどのくらい好きやったか知れ  そないに女を傍に置いたりして  そないに急に気になるなら  そとの人は息をはずませて争っている  そなたの剣術は本当に修行している  そなたはやりますか  そなたというものを見つけた  そなたはどう思います  そとを眺めながら  そとは空地になっていて  そとへは洩らしません  そひて松の梢をわたりつつ  そがことわり分ち得ん  そが働きの裕かとならんた  そは新しき鮎へ塩胡椒を振り  そは梅を能く  そは餅を小さく切りこんがりと焼き  そは最初に塩を用いずして  そなはつていらつしやる  そはそはと落ちつかず  そと他国に対してもへり  そとに現われた  そなたといふ暴れ馬の耳には念仏さうな  そは焼林檎の如く心をくり抜き  そは故郷を出でし  そは我真の名にあらず  そは慣れぬ  そなたのマリイなり  そに走る  そにのびあがる  そにおいでおいでと誘ふ  そを負ふに堪ふるの  そを如何にといふに他の人は言ふ迄も  そは御勝手次第ながら其を以て他人を律するは  そ最少し早く歸つてしまつたら好かつたか知ら  そ死んでしまへば  そは姑らく説くを休めよ  そとからひよつこり  そは本能の犯す  そは江戸時代の漢学者が文字の快感よりして  そと出のきらいな人になったけれ  そなへさせる  そが表白の方法に於ても概ねかの新しき自由詩の形式を用ゐたり  そと手をほどき  そを聴けよ  そが空のうち濁る  そひ曇り黄ばめる  そがもとに噴水のむせび  そふわれ  そがもとに痍つける  そが畑に隣る  そがもとに三味はなまめき  そを見ると見下せる  そをいまし見あげたる  そが面噎び  そとをみました  そとからかえって来た  そは雪を冠らすオリンポスの峯に住む  そは隈なく地を覆い  そは重量なき火の素質にてありき  そは明るき遠方に重量なくまた地にあるごとき  そは理性を享け有ちて  そはこの世界を飾らん  そは血潮に染みし  そなたが私を信じるなら  そに罵倒する  ソ満国境を前方に睨みながら  そなたに噛まるるとも  そないに三ぴん三ぴん言うとくれやすな  そなへ物高成して  そになってしまうが  そなへつけの机のまへに坐つて  そってゆっくり歩いた  そは生き  そぼそぼと  そは許婚ある  そなたの恋人の夏彦を大事にかけて連れて来たとな  そなたの許婚宗介が今こそここへ戻って来た  そとまで走って行った  そなたはどこから参ったな  そなた見掛けはしなかったかな  そなたにも見当が付くであろうが  そとの廊下で武右衛門が倒れる  そとの廊下に起って  そとへ人形を垂らして見ずに  そとへこの松王の人形を垂らして  そ言ってた  そとから叩く  そは取立てていふべきほどの  そとへ吊り下っている  そが頭をかいなでつつ聞けば  そなたを使者としてつかわされた  そで切れやせぬ  そよりと夕風を受けて  そとから覗いた  そとに出たが  そとへじっと目をそそぎ出した  そとに出て  そとに出ていって  そだらなして  そだら行がんす  そとへ消えて行った  そはをのこらの  そよとの風も中庭から吹き込まなかった  そないな大根おろしのかきおろしを  そを横領した  そを思ふにつけても  そを悔ひ憤るも  そを試みさせた  そもやそも我迷ひの  そなたの行末頼みましたし  そなたの仕合はせとあらば  そとその人の机の辺りに置くを  そなたの空をながめ暮せしに  そと我が前へ投げやりたまふにぞ  そなたにもこれまで通り  そなたに聞かすべき  そなたの疑は  そなたにもの思はするは  そなたの今の詞あらでは悟らざりし  そなたの幸福を回復するも  そなたの知れるなら  そなたの罪を鳴らされて  そなたの為に採らざる  そなたの病もそれ故と思へば  そなたの心の迷ひを  そを予期せしには  そなたに劣らぬ  そなたの身を保護せ  そなたの救主は居ませり  そねえに燃さなくても  そとに立ちどまって  そふことになりました  そとでとびまわる  そとの井戸のへんまできている  そとに出られない  そとに飛びだした  そはりて盛りはいつと  そなたのお心根を受納する  そなたは武士の娘だけあって  そなたさまのことはとうにてまえも聞き及んで  そなたは刀の詮議をなさってではござらぬか  そなたのおてつだいをしようではござらぬか  そなたのご心配は取りのけてしんぜましょうよ  そなた水泳ぎはご堪能でござらぬか  そなたのいとしい杉弥どののお難儀を救ってしんぜるが  そなたもこれまでは一点非もなく育てられ  そなたのようなよこしまな考えをもつ  そなたたちもはようむつまじい実を結ばれたまえよ  そへて持つていきました  そを哺むものは霊に至らざればやまざるを知らざるや  そなたの秘密をこのうえ聞こうとはいわぬが  そなたの相談相手となってしんぜるが  そなたに返してつかわすによって  そなたも玉の輿にお乗りなせ  そなたの好いている  そなたはこれからどうなさる  そなたも二世かけて契った  そなたが進んでとは  そなたのようなかたがいると知ったら  そなたはどういたしました  そなたもさぞお力おとしでありましたろう  そなた生臭をいただくとみえますな  そなたひのき稲荷というのはどこか知っておりませぬか  そなたの名まえ  そなたへいうた  そなたたちは仏道に仕えている  そとには妙な字体の英語でもって  そなたも心してす  そなたひとりだけを召し連れて帰ったによって  そなたの内ぶところから顔をのぞかせている  そなた今まで手ごめに会っていたな  そなたもうわさになりと聞いたであろうが  そなたのような年の違いすぎる  そなた眠白の情をいとうているな  そなたの姉とやらをどうしたという  そなたとふたりでこの倉へ調べに来た  そなたが金のくめんに困るは  そなたもその短いわきざしでは  そなた腹をたててあばれだした  そなたさまのおうわさでおじゃりました  そなたは一刻も急がねばなりませぬ  そから高清水まで歩くとなると  そなたいただきませぬ  そなたたちのか  そなたの声に聞覚えがある  そなたのお連合い  そなたも焦熱地獄の苦しみうけて  そなたがお選みなすった  そなたさまのお口達者なところを見込んで  そなたにおいいじゃ  そやから帰ってから  そは常に在りき  そなたも知らなかった  そなたから正直にお打ちあけなさらば  そなたのご助力仰いだが  そなたは家を出ておる  そなたがきらって  そなたの兄を討った  そがひにかくる  そとまでお見送りになりました  そなたに云いよる  そした暁は私と懇意な弁護士の事務所に世話してやるから  そない言はんかてあやまり  そ知らぬ表情をとる  そ無くなつてし  そとへすてました  そが人間自由の本能を満足せし  そなたもそれほど知った  そなたを責める  そなた等で承知して  そなたの恐ろしい落度から起ったという  そなたは生命を取られてもと云い居る  そとはすぐ板敷になる  そな事云うて行かれんわなあ  そな事云う  そぼけて益々重くなった羽ばたきの  そとにでました  そとへでていったという  そとにだして  そとをとびまわっている  そとへでました  そなたは踏み込んだ  そを持つこそ  そは汝自身のためならず  そふなる論文をものせられし  そなたも坐れ  そなたはよもや知るまいが  そなたなんどは高鼾のうちに手際よくやってのけられる  そなたも早く落ちたが  そは文学に多くある  そは下等社会を感化せんとにもあらず  そを追はずなりたりといふ  そを善しとは思はず  そは論ぜず  そと男の顔を透かしながら  そとが明るいだけに教場の中は暗くなって  そはこの妻失し  そなたはさぞや感無量であらうな  そなたなんどは高鼾のうちに手際よくやつてのけられる  そとまで歩いてゐる  そを掴んで提げて来る  そなような事したら  そはそはしてる  そはそはして居るので  そなた一人をあの世へやろか  そは何故と問ふ  そなへまつりて  そないやかましいこと言わんと  そのみけんを割る  そと貴船伯に打ち向かいて  そ知らぬふりして生きてゐる  そ知らぬふりして生きている  そないに麓で聞きましたから  そしちゃあ横になって  そは全く遠島に流され  そは全く専制時代の萎微したる  そが郷国フランドルの古画に現はれたる  そはこの詩章の深意を解する  そは他日に譲りて  そが天稟の傾向たる写生の精神に至つては終始変ずる  そは唯画中の人物を見て  そが平素日常の素顔を取り  そが直接の承継者歌麿の二人に及びて  そはともあれ今日写楽の似顔絵を見るに  そが創始時代の制作には必ず原始的なる粗野の精力とこれを発表する  そは従来のままなる芝居として観ん  そは外形の美によりて  そとの女がぺらぺらと早口に何かを訴へでもする  ソを食う  そよとの風にもさそわれて散ってゆかぬでも  そが本性の氣高きを述べたればこそ  そとの車座の連中もてんでに顔をねじ向けて  ソは山木の令嬢梅子なり  ソして富める  ソと見やるを  そは故郷なる旧友の許へと書き送るなり  そは心たしかに侠気ある  そは高きより見下ろしたまいし  そとに葬りし  そはきわめておもしろからんと笑いぬ  そなたは鱶ちょう恐ろしき魚見し  そなたの父と思え  そなたに見せなば  そなたもかならず泣かん  そと立てているばかりだった  そぼけて行倒れとなっている  そとのものとして離して見ている  そないにこっとうばかりあつめて  そとの暗がりが濃く深く空の星が遠く感じられた  そなたもそう思うか  そとへ追ひ出して  そつけなくいひました  そは季節を超えて  そはかつて御身のものたりし  そ知らぬ態をして居る  そつけなく聞えたり  そつけない声をした  そを捕へて  そは如何なる方法によりて  そは教へ諭して  そを稀に開けて  そは糞づまりなるべしといふもあれば尻に卵のつまりたるならんなどいふもあり  そひたる月ならん手枕かしぬ  そひて接吻する  そとに立ち居し  そはやはりふるさとは詩歌の国ならず  そとに育つて  そが靜寂のおもてなる  そと問いぬ  そと手を触れて  そは諸君が寝藁打乱れたる  そは冷やかに黒き沼なり  そやかて私は死んだ  そが長編の礎稿をなす  そなたを見向いて  そへておくが  そなへてをつた  そへておすとして  そへたおそ  そはると動詞となり  そしたならあるいは命が助かっていたかもしれぬではないか  そとへ枝垂れ出した  そとで待っていて貰った  そとの母の方を見ると  そないな心配せんと置きやす  そねえな事を言ふ  そないな事いけん言うて  そと身を起して  そとの男にいきなり怒鳴りつけた  そなはせ  そは如何なる妙文辞を傭ひ来たるとも  そは他にもあらず  そなたの雲も見えぬまで  そよりとも動かす  そとに物干がついていた  そとからの様々な意志に向っても  そとで待っている  そとへ出ようとする  そとの畳へ放り出す  そなたに苦労させたは  そなたを里に取りたる  そなた貰い受けんとし  そなたは珠運とか云う詰らぬ  そなたが知て居るなら  そなたの母に逢っても  そなたの腰元だから先刻の様に丁寧に辞義なんぞせずと  そがなかに水うち汲める  そへてゐたけれど  そを入れます  そよりと戦ぐともしないのに  そにぬぎもそろわぬ  そだら撲だ  そぼけていた  そを咎むるの心にはあらず  そはその子孫なりと自称する  そは君がたへなる  そとからそうっと覗いた  そとがわに出て住んでいました  そ絞め殺させてしまふか  そとの冷えびえとした空気を連想させ  そよと吹く  そなたの身が不憫でならなくなりました  そなたも月に浮かれて来ましたか  そなものだよ三千以上のお高を貪り  そとを石崖の方へ風に吹かれて  そは別事にあらず  そとのたひらな  そふ演劇活動をすべきで  そなへて来たいとも考へないではなかつた  そとへあらわし  そとへ一足出ると  そ威張つてる  そは一郎が唯一無二の師と頼みて  ソと突く  そなたのような者は知らぬと仰っし  そぽそと話しかけてやまなかった  そなたを探した  そなたも支度をせい  そなたに顔を見せもしなかった  そ知らぬふりを装いながら  そなたが左右太を信じてくれるのに  そなたに会わせたい  そよりともせずに  そとから帰つて来た  そなたといっしょにいる  そなたを瞞していた  そなたの存分にしてくれたが  そなたに出逢った  そなたと悪縁を結んでしまった  そなたの思わ  そなたを一人残しては  そなたに未練があるというよりは  そとの複雑な基本的諸問題をふくんでいる  そは時頼の分に過ぎたる  そは人の情にこそあんなれ  そを尋ね  そが初めの内こそ憐れと思ひて  そを如何と言うに  そとへ一寸出て  そとで友達と会っている  そき思ひなり  そなたに死なれて  そは田舎廻りのドサ真打の仕草と嘲り  そはそはして落ちつけない  そと引きて合せたるに  そふて渋川を立つた  そふて出かけた  そふて上つていつた  そひ影のやうに坐つた  そは何よりなり  そだら踊り  そへておく  そは夢かあらず  そふ夢のゆくへの  そないにあれへんさかい  そと集い覗く  そとを見た  そなたの旅の帰りを何よりの楽しみに待ちかねてゐよう  そはうたのわかきゆゑなりあぢはひもいろも  そひて傘の涙を乾さぬ  そふ水けぶり独り苔むす  そでなひたし  そふ鶏の夫よ妻鳥よ燕子花い  そふごとくかの敵になにとはなしに身をよする  そ言っておくれ  そないに走ってくれたら  そない言う  そとへまでも溢れさせて  そとに超然としているべき  そとへ出られないとわかってからは  そは婦人のみの天職にあらずして  そはかようなる  そは決して婦人生涯の全力を要求する  そは未だ古玩たらず  そへはいろうとするのに  そへ参りたいからではございません  そなな暑い所におったら  そなな所におったら  そななことをいうとると  そななむごいことができる  そはまたいかにしてと  そは静かにして  そは真の治子の姿とかわらざりき  そ言った本能が一般に有る  そ言った事で叱られていた  そないな事言うたとて  そなたが描く  そなたが男性を皮肉な情慾の屈服者として玩弄物視した  そなたの皮肉な芸術観にたいして地上に住む  そぼそぼとして  そだら行って来ら  そとへほうりだしてやろうという  そとはまっくらやみになりました  そとへでた  そぽそと喇叭もならさず  そ止めてしまはうか  そよかぜの草の葉からてふてふうまれて出た  そはそはし出した  そとには雪でも降りだしてゐる  そとには雪でも降りだしている  そとの景色に忽焉としているという  そとを歩いている  そへ落ちる  そはと待ち  そとから開かない  そ言った人道論を言い出している  そねえな無理な事言ったとて  そ言っても聞かねえで  そと息を吹けば  そ諦めてこの燈臺守にならんかね  そ離れるなら少なくも箱根を越した  そ大ぎりのこれの鰹の限りは無けむ琴彈の濱の松かぜ斷えぬると見れば  そとから入れば  そなたもその歌を奉ろうとか  そとにあっても  そはそはと聞いてゐるとも  そとからあてがわれた  そへど微風の歌語り吹く  そとへ散歩に出る  そときけば  そとを聞く  そは畔の暗きに鳴き菫は病鬱の醫者のやうに野に遠く手に劇藥の鞄をさげて  そはまた世の不幸なる人ならずばあらじ  そは友人板垣伯より貴嬢の志望を聞きて  そが信用を得たりき  そが準備を調え  そは妾の身体の普通ならずして  そは何にをいう  そは重井には現に妻女のあるあり  そは重井と公然の夫婦ならねば  そを償い得べし  そは妾にして仮し  そは婦女子に実業的の修養をなすの要用ありと  そを一すぢのたはむれとなすべき  そは巨いなる  そなたへ続く  そとにホースをつかっている  そとの縁側を通って  そとへころげ出た  そとまで行った  そとに気をかねて  そとへ押し出す  そとへ気をくばって  そとに杖を突いて立っている  そとの地面へぺっぺっと唾を吐いた  そとへ落としても  そとへはい出した  そとからそこここ見てまわって  ゾと叫んだ  そとの景色に顔を向けた  そとへ飛び出して行って  そとへ出して下さい  そとの景色はほとんどちらりとも見えなかった  そを知りつつ取り置くは  そぼれて帰ってくると  そとでいろいろの思いつきが呼び出される  そなた達を饗宴に招ぜよと  そは明朝に至るを  そとまで出よう  そとにわれにのみ吾嬬川をわたる  そなへている  そはそはしてゐた  そは遮られぬ  そとから覗いて  そだら砂糖持ってこ  そは何れの時代に於いて  そはアミニズムにして  そとを指さしたので  そだと合点した  そとをながめていると  そ知らぬふりに見せかけ  そとへも聴える  そとの借金ぐらいはなお払えるほど残った  そとの借金だけはお袋が引き受ける  そとから帰って来て  そないなことありませんけどナ  そとの用事がたせるという  そとへでる  そとにでます  そとの掘割には船が氷にとじられていた  ソと置いた  そひきたりすべてはくやしきそら涙あの顏にちらりと落ちた  そなたを振向いて  そなたを拝むと  そとへでていく  そよりともしずに流れて居る  そぼけた縮緬浴衣のまんま自分の船へ泳ぎつくと  そをくみあげる  そは小説家自身の中の詩人は実行力乏しきを常とすればなり  そはわがものしたる  そなはす如き  そをもて  そは次の巻を読みて知れ  そを無残に殺さん  そは大なる功名なりし  そは実に危急かりし  そはともあれわれ今日は大王の御命を受け  そは皆各所の山に分れて  そが容色に溺れ  そは地の底より湧きいづる  そとは光りに  そとへ出てからも  そ云っていたけれど  そとで三本足をたてて  そは例外にして  そないに思い込んでいますに  そはあまりに酷なる評なるべし  そねエな殺生した  そを取り上げて  そなたを顧みつ  そはおぼろげながら方寸のいずれにかおのが仕打ちの非なるを  そはわが思う  そなたにふさげるなり  そをたどれば  そとからうちを見るには  そとはかなり自由に眺められる  そとでばたばた羽ばたきをさせながら  そとで釘を拾って来て  そとを指さして言った  そと廊下をすぐ眼の前へ控えていた  そとへ出掛ける  そは遂に大體に於て思つただけにてやみぬ  そは作者の知る  そとでができる  そとに居た  そとへ出ない  そとつづいている  そなたには言うて聞かそう  そなたには判らぬか  そなたを驚かす  そなたもこれから双ヶ岡に毎日通うて  そなたは権右衛門がそれほどに怖ろしいか  そなたにも判らぬか  そなたは何と思うぞ  そなたはここへ何しに来た  そなたこそおとなしく帰るが  そなたもここに棲んでいる  そは汝らの見知らざる  そたるそれぞれの穴に金を右の穴に左破片をに押入れ  そを誰か知ら  そとでは凩が恐しく吼え狂うので  そとにあった  そなたへ足むくるも  そを誰か知らん  そにもう出てる  そとのまのあたりを幻燈のように写し出している  そとの倉前に行った  そは少しも娼婦型の女人の増加せる  そとになる  そはたえず死んで行くからだ  そはたえず生れて  そを見るは  そふやうな目的をもつて書かれた  そなたを見上げぬ  そなたへと走り行きつつ  そとからの力として否応なくどんなにおとなしい一人の若い婦人の日常にもそういうものが様々の形をとって迫って来る  そなたがご辞退致したとあれば  そなたの身の上に振りかかっている  そなたの胆を奪う  そなたこそ江戸の産まれであろうな  そは基督教信者たるを要せず  そとに取り残されて  そとに出てみた  そやないかお駒ちやん  そない所へ行かういふ  そやかて嬰児も居るしする  そよめいてゐた  そを火の上に懸ると  そはそはして  そを布に織たりし  そひ猟する  そが狂暴の呪文を育みぬ  そとのつみごえの上にねました  そは貴嬢が自由なり  そは御楽しみの事なるべし  そはなんじが  そは貴嬢の自由なり  そを何ぞと曰ふに  そだを取りに行った  そだを持って  そだの間に置いて  そだがぱちぱちと音をたてて  そだを掴んで  そとからこまごまと切られないで  そとに折り重なる  そふやうにして  そは幾代隔てつとは知りあへし  そは昔知りし  そとにひる  そは巡礼のうたごゑをきくごときわがきさらぎの哀調にしてわかれ  そひきたるわがそのかみに踏みも見し  そよりもなほ萌え  そふとも知らず  そとへ預しておく  そは断じて事実にあらず  そとから這入った  そとから這入って来た  そとへなぞ何らの注意をはらう  そはこれらの事項を各位の満足にまで説明すればなり  そとに泣く  そは江戸とは別のもので大阪での勝負らしく思はれ  そなたの恋人へ附きまとうやもしれずと申しましたな  そなたの父のお書きなされた  そなたが戦場に臥してあると思えば  そは思わざるも  そあかあかと外の面の草に日の入る  そよとの音もしなかった  そよともせぬ  そはそは待たれます  そとを覗いている  そへてありました  そを信ずる  そは凡ゆる  そは曽て夢みしかど  そよとの風も吹かぬ  そぼけてゐる  そを思わせて  そ散らまくもをし  そ死んでやつたらと思ふ  そとに佇んで  そとの闇に眼をくばつて  そよめかせて  そに照るばかり  そよとだに風も吹かねど  そを持ちて  そは稚き三歳のむかしなれば  そは稚き三歳の日のむかしなれば  そなたは何處へ匍ふてゆく  そなたはひとり何處へゆく  そに尾を彈く  そな鳴  そなたは何を見てゐる  そが兄の銀の小笛にてりかへし  そなた戀しと鳴らせる  そ死んだ方がましやと思ひ  そぽそ呟いてゐたが  そとの往来やこの町いっぱいつづいている  そとの濃い緑の反射で空気まで染められている  そは瞳ゆらぐ  そが弟子の足をゆびさし  そとにすだく  そとへ出ていく  そふ少女よあの遠い空の雷鳴をあなたは聽くか  そひながらおまへのふしぎな麝香のにほひを感じながらさ  そはひとつのさびしい青猫君よ夢魔におびえて  そはおもたく沼地に渇きて  そへて兵隊どもの列の中には性分のわるいものが居たので  そはそは動き廻つてゐる  そは筆をとらなと思ひしに  そは巡礼者の日和なり  そないなことをいうて  そ言って出た  そねえに跳ねるな  そとはやり切れた  そを棄て去りしといふ  そへて矢倉に高き鯱のかげ  そべえて居やがる  そとを歩きたいという  そとのこととして私を日頃感動させているばかりでなく  そとに楓の若葉の梢が見えます  そとでものは食べられないという  そとでわめき立てた  そって小声で言った  そとに引きずり出されてしまった  そはした  そなたは石工共の統領をなさりませ  そとを眺めていると  そぽそ話しをする  そとから第一の便所の戸を開けようとしたが開かない  そとに立った  そとから覗かせていただきたいと思って  そとにもあった  そとでは二人がなおもしきりに話し合っている  そぽそと話しが続いている  そとの風がさっと流れこんで  そないにはれがましゅう思わんでも  そと差覗きながら言った  そはそはして振り向いたが  そとから微笑んでみせた  そを見るを得  そとから誰かしきりにどなっている  そした殊勝な決意をする  そとに飛び出した  そを評論せんは  そは素より予にとりて  そを信ぜよ  そは恐らく卿等が卒読の煩に堪へざる  そは茲に叙説するの  そは予が語らんとする  そは必しも偶然にはあらざりし  そを釣り挙げし  そとに引っぱり出されて  そとその耳を傾けたり  そとへ出かける  そなはつてゐて  そいふ物音が聞える  そぞけだつやうに感じた  そとを見ていた  そとを見たが  そねをくわしく伺っておきませんと  そとの光はもう薄墨をぬった  そよっとも動く  そとへでも出ようよ  そとにいて  そとを掠めたら  そとをのぞいて見る  そとをながめていたが  そなたの気持ちをきかせてはくれまいか  そとから与えられた  そとまで出て  そとまで二人を見おくって出たが  そとを眺めていたが  そを見て  そ相応しけれと思ひ定めつ  そと噛みしめて  そを懸命に踏み堪へて  そとへ行って  そない言わはる  そって横になると  そとにだした  そとに控えていても  そと後より小さき手に目隠して戯れたりし  そとに足音がきこえ  そとにでてゆきました  そとでさかんになっています  そは多く俗事物を詠じて  そひて色なき露も色にほふ  そや彼れ  そひしむかしの光今いづ  そとから眺める  そとのことのように思う  そとに天水桶があつて雨水をそなへてその小桶に通じて  そとに自然石が立っていて  そとうばと関係があり  そへようとつとめてゐる  そを脱けて  そは馴染みたる  そふ槍持の槍の穂尖の  そなたも三味にきき惚れて  そあの日のくち  そなたの冷めたい  そなたのけふ入れた  そは支那の留学生もなげくべき  そなたがさうであろ  そなたの耳にはきこえない  そを受けんとす  そとで障子張る  そ殺してしまひたいほど  そなた待つ  そなた待つとて  そはそは気も廻る  そは彼エムピレオの天にて選ばれて  そはわが思ひめぐらして  そは人自ら棄てし  そは酸きソルボに混りて甘き無花果の實を結ぶは  そはわが思ひた  そは逃げて  そは彼等はギリシア人なりしが  そひて臥し  そひ臥しは  そ死んでしまつたなら  そとの雨脚をまじまじ眺めてゐるだけで  そとの石垣を傳つてあそんでゐる  そと寢返りをうつて  そとへ散歩に出てみようよ  そないに仰しやらんと  そとへ出たが  そなたに二十年来隠して  そなたを見た  そなたを見染めた  そなたは清兵衛殿の思われ  そなたを恋い慕う  そなたの噂を聴くにつけ  そなたの事を忘れた  そなたにかかっては  そなたには覚えがあるとみえる  そなたに聞いてもらいたい  そなたに隠していた  そなたを見初めた  そなたの噂をきくにつけ  そなたに聞かした  そが好める  そはそが  そはこの者は生く  そはアケロンテの方にくだらざる  そは知る  そは我等かの魂等が我等にむかひ  そは人顧みて  そは導く  そは父祖に劣りて  そは或者これを天に歸し  そは人は乏しきを見て  そは我わが脛の作用の歇むを覺えたればなり  そは物を見る  そは我等の身の空しきを忘れて  そは子午線を日は金牛に夜は天蠍にはや付したればなり  そはわが聞ける  そは他の費に支へられて  そはわが心を塞ぎて  そをいかにといふにもし魂多からば一の魂一方に集まるとも  その眠れる  そは主の眞即ち己が心の中にある  そなわす  そとへ追いだしてやったよ  そとへ力いっぱいなげだしてやったよ  そとへでていったよ  そとの椎の若葉を眺めてみても  そとに忘られてゆく  そとはもうすっかりと黄昏れた  そとの景色を見た  そとに燈火が見えて  そは果して如何程の意味にて是認せらるべきかと  そへて附いてゐる  そは固より其人の性質習慣境遇によるものなるべし  そを如何にと尋ぬるに  そは習慣によるものにして  そは損得の理論にして  そは汝が我儘なり  そとに存在する  そよとの返事もなきはいよいよ心変わりに極まつたり  そを気付くべき  そが妻と覚しき  そなたの一生に涼しい静かな夕ぐれの来るまで  そがあたかも火よりいづる  そがさきに出でし  そは後神に順ひ  そが日毎に早く己を現はすその條を傳ひてめぐれり  そは未だ日よりも上に目の及べる  そは汝削られし  そなたにむかしめき  そは第一の父及びわれらの愛する  そが尊き讚美なるを知りたり  そは大いなるも小きも  そは愛欲の逸れざる  そはその年若く諸天のこれをめぐれる  そは多くの人にとりて  そは彼この麗しき世とその反とを親しく味ひたればなり  そがこれに勝つは  そを知る  そはわが目の燦かなるに  そを待つ  そがマリアにむかひていだく  そは汝目を萬物の描かれて視ゆる  そを鑄し  そは是彼に難からず虚榮の本とならざればなり  そは我是時身を轉らしてベアトリーチェを見んとせしかど  そはわが語るを聞きて  そは我これを一切の處と時との集まる  そはこれらの水の上に神の動き給ひしは  そが天上にうくる憎惡なほ輕し  そはこのもの己が爲にかく  そはその姿間に混る物なくして  そは信仰の二の姿相等しくこの園に滿つべければなり  そはこれをいふ  そを叱咤する  そは聖書中のすべての奇蹟を集むとも猶遙に及ばざるほど  そが下方に及ぼす  そが天心を距ること共に相等しきが故にあたかも天心の秤その平準を保つ如し  そにどり  そなふ  そふておよそ二十分も立つてゐる  そ引つこぬいてやりませうか  そとへついた  そけて御船きにけり  そないなお洒落をしと  そを神にたてまつりて  そなたを疑ってはいない  そなたの気持はわかるが  そなたも知っているだろう  そなたの手柄を殿に御披露した  そなたの店から受け取った  そなたにも苦労をかけたが  そは金銭あり  そないお怒りにならんと  そとへ親しんで来てきかせてくれる  そなはつてゐました  そなたに取って  そなたの父を思い出すぞよ  そなたも父に肖らずばなるまい  そはついてる  そが持ち分けて  そ向けてる  そは其の事に就て思量考慮の費す  そは遂に効を奏さざりき  そと白い烟りが立ち昇っている  そと立ち昇っている  そは遂に效を奏さざりき  そと白い烟りが立ち  そとみれば  そとにてきみまちぬ  そとへつきとばされた  そとへ飛び出して行ってしまった  そとが明るくなり出した  そとで片側だけにはげしく雪を吹きつけられていた  そとに來て鳴け病む  そとに飼ひ置く  そがひには  そがひの  そを掛け  そけて足うらしみ  そはの母の命がうら  そけて見るに  そがひに向かば  そその刺しど  そけて我に負はしめ  そは飯粒もてつくるにやと  そをいまの事に思ひしに  そを悔い居るなり  そを我れはうるはしみ見し  そひの女ども只洗濯にいそがはし粥汁を袋に入れて  そとに立っていた  そとへお母さんと出て来ます  そなたを愛しておられる  そなた小山へ馳せ上り  そににもいない  そを知らん  そを放棄するの  そと戒める  そとあるきも出来  そと聞えた  そこれから銚子へ行かう  そとの樹の枝のゆれ  そと話す  そとへ逃げだした  そは旧作家の画き出せる  そよとも御あたりにかよひ  そやって歩きまわって  そは承け  そひてさみしがらする  そへてかう書いてある  そつけなくきつちり首へ卷きつける  そとのことには目をくれようともしなければ  そとをのぞいていて  そとの部落じゅうの人たちまでもすっかり改宗させてしまった  そは血のしたたる  そよとの風もありません  そにおとずれた  

~ そ[名詞]1
流れのそとに  垣のそとへ  風邪をひきそへ  そく仏前にそ  菜葉をそ  垣のそとには  道にそ  それもそ  ふりかたについて書きそへて  みどりもそ  坊や眺めてありぬそは  正月にそ  肌のそ  やうにそ  小木のそとの  はくは見そ  みちのくのそと  #蝦夷のそとを  垣根のそとの  少女はそ  船のそとの  部屋をそとから  鉄水母のそとが  心ぼそ  資本をそ  われはそを  森のそとへ  森のそとに  グレーテルはそとへ  そだそ  格子のそとで  言つて格子のそとまで  格子のそとまで  歌ひそが  如くに見そ  所謂総髪をがつそと  山にそ  やみうちそ  東にそ  出入口のそとに  窓のそとを  ユキをそ  雪国のそとに  窓のそとへ  窓のそとに  私はそを  あさりするそ  朝厨のそとの  毛布のそとに  つた清二がそは  人々はただそはそは  姿をそ  様にてそよとも  十夜孫兵衛はそとへ  工夫をしてそ  窓からそとを  娘をそとへ  そはそは  路易はそは  建物のそとに  室からそとの  趣をそ  口をそ  豆はそを  我もそを  んもそは  まま障子のそとの  囲いのそとに  門のそとの  垣のそとに  表はそとへ  暇を告げてそとへ  私をさしそへ  自分のそとに  小袖をそと  雪はそ  われはそ  縦目にそ  牢屋が開かれてそとへ  十歩のそとは  文学のそとの  私はそとへ  藺のそ  島のそとの  わしはそ  情けやそ  流にそ  言ひしがそは  やうにそとへ  穴のそとに  穴のそとへ  異変にそ  恩義を思へばそ  今日のそ  襲撃にそ  身に立ちそ  思いも掛けぬそ  女人のそ  だれのそとへ  家もそとも  女房親切にそを  何かそ  簾をうちそとへ  簾のそとに  街を急いでそは  康雄はそは  鼻で嗅ぐよりはいつそ  襖のそとに  襖のそとを  垣のそとを  とそはそは  前にそ  従事してつるめそと  十年つれそ  舞台のそとの  たよりもて来てそと  ざめきを車のそとに  部屋のそとに  障子をしめてそとに  障子のそとに  戸のそとに  几帳のそとに  家のそとには  海苔でそとを  岩の出たけんそ  襖のそとで  大次郎を想ってくれるそ  格子のそとから  蚊帳のそとに  建築美にそ  添をそ  舞台のそがの  妻のそ  神霊の祟りをそ  雨がふりそ  肩によりそ  歌ひつくすそは  畑のそとの  柵のそとへ  急流にそ  生活本能をそ  面わに夕日照りそ  袖もぬれそ  面にそと  ほかたちをそ  禅院のそとの  詩にそ  影はそとのみ  だし人のそを  歴史はそ  茶の間のそとの  裏木戸のそとに  部屋のそとの  縁のそとは  屋敷のそとへ  妙とともにそとへ  どもよりそ  宇宙艇群のそとに  すりにそと  小屋のそとへ  庭のそとは  ふり小屋のそとへ  凧でそとの  汝などそ  力を漲らしてゐるそ  愛をそ  飜へるそ  それはそ  つけにとけてながれるそ  劬ってくれるそ  のはそ  身をかえしてそとの  窓からそとばかり  さではそとに  氣がそは  のだゾという  社会にそ  麓にそ  天かけるそが  誰かはそを  いろりにそ  おばさんはそ  敷居のそとの  心にそ  窓からそとは  タクシーでそとへ  窓のそとは  演説をよしてそとへ  一人でそとへ  室のそとへ  上からそとの  一緒にそとへ  先登になってそとへ  宿からそとへ  企業のそとで  作者はそとを  馬車でそとへ  品々をそ  一群来たりぬそが  とき扉のそとには  とき温室のそとへ  ソヴェトのそとの  環のそとへ  而してそは  形だけをそ  名をそ  うそ噺聞けばそ  同様にがつそ  さがいつそ  庭のそとを  力をそ  入口のそとに  応接間からそとへ  わが身から進んでそ  一階をたてそへ  感情をそとへ  心のそとへ  荘先生がそ  扉のそとの  壁のそとへ  風はそよりとも  爭かをそ  土地へそ  気分をそ  んやったらそ  よしい楓がそよりとも  わが身にそ  濡れものをそとへ  づませながら彼女はそ  めどになるそ  人通りはそは  僕はそは  みんなそはそは  他業なせそとは  忍月居士はそを  われもそを  稲葉がそよりとも  そはそはと  垣根のそとを  久しぶりでそとへ  はじにいなければそとは  ようにしてそとを  金あみ越しにそとを  窓のそとで  それをそとに  ものもくらいそとには  城のそとの  蚊帳のそとから  中をぬれそ  外はひっそと  とつ国人と打ちきそ  多くはそとから  硝子戸のそとの  裡にあらしめよそは  韃靼人がそ  鏡のそとに  駒下駄がそと  うばら刈りそけ  らばそは  論ありたれどそは  胸をそは  ランタン消えそ  天地に充ちてそよとの  森よりそと  耳傾けて佇めばそは  表現であるそは  創造であるそは  教へるそは  争論ならばそは  さまかそ  扉のそとへ  息吹きがそよりとでも  江戸ッ児にはそを  ジロリとそ  それよりはそ  玄関のそとに  玄関のそとへ  三郎さんの持ちそへて  元のひっそと  ドアのそとから  一つきり窓のそとに  側へに寄りそ  所をいつそ  きの土間にそ  神のそと  緑のとばりそと  神秘のとばりそと  人にそ  藤たそが  髪かつおもひみだれおもひみだるるそ  君人にそ  傘にそ  夢とそはそは  我れそと  曾てそを  菜園のうへにそは  窓へ来てそとを  酒場のそとは  顔をそとの  三人揃ってそとへ  彼はそとへ  衝立のそとに  窕子はそ  此身はそ  來るだけがそ  これほどそ  呉葉もそは  別にしてそ  馭者はそ  空箱のそとへ  拙者の思ひそ  炉のそ  窓のそとの  透明でそよりとも  窓のそとから  ものによりそ  上をそ  リヤカーにつきそ  藪のそとから  そこらあたりにはそは  運命のそ  毛皮がそとに  下からそとへ  男が飛び下りてそとに  子のそ  人がそ  滅茶くそ  ことな求めそ  わしとそ  窓のそとでは  きょうはそよりとも  記実的ならずとてそを  頭巾のそとに  社会のそとに  云ふもそは  柵のそとには  ルルがそとへ  出勤前のそは  雨の降るそ  お前はそとに  山風がそよと  母とよりそ  終つて彼はそは  傍によりそ  肩にそ  乳房によりそ  犧牲はそ  如くよりそ  門口でそ  右手に寄りそって  そばに寄りそって  一人窓からそとの  すべて襖のそとへ  室のそとから  全身の濡れそ  清正公様のそとの  甲田はそ  博士はそを  大尽客がそぞ  家をそとに  往復せりそは  衣通姫なのりそといふ  衣のソデは  衣のそ  度こそそ  候兄はそ  脚色をそ  肉体をそ  鳴きかはしてはよりそ  これをそ  夜のそ  泣言を書きそへ  花をそ  樹明兄さつそ  風景をそ  舷のそとに  天幕のそとに  面をそと  不自由なというそ  力がそ  夜嵐とぼそ  右馬介がそ  それをそ  頬にてりそって  戸のそとへ  杖がそ  ドイツ語ををそ  本ををそ  それに寄りそって  今夜のそ  遊びざかりのそ  みな拒んでいたそ  波風へ立って行くそ  どこかそ  姉のそ  ことをそ  ほかならぬそ  酒をそ  者はそ  者がそ  あれはそ  眉をそよとも  女中に附きそって  郷家も失わせたそ  小石をそ  神尾主膳殿と知っているそ  姿を見そ  根はそ  中にそを  ことな忘れそ  朽木の香りそが  たかりよりそ  久しぶりでそ  なほ背きな果てそ  子まで生しているそ  小娘ずれのそ  いちどはそ  国のそとで  その間はそ  すへはそへ  つて景色にそ  骨ぼそ  片足をそと  たるが如しといへどもそは  世間のそとでは  私はそ  殿やそ  箱のそとには  匂はそと  行方かそ  胸にそと  内部をそとから  終夜雨戸のそと  小屋のそと  妙にそは  近ごろはそとに  蛇がそとから  家のそとへ  楓林のそとを  国母たるそ  万々にそ  中門からそとへ  馬をそとに  稲むらを以てそほどと  葉はそよりとも  我はそを  焼塩をそ  囲み池をそ  眼をそ  私はそは  急にそ  笑みはそ  柳のそ  筈のそ  内事はそ  廊のそとにかが  連れがそ  門のそとから  哀亮をそへ  ぼんやり門のそとを  門のそとへ  門のそとを  女の子はそは  歴史がそ  ことになるそ  きみにそと  空が晴渡ってそよとの  雨がそ  蚊帳のそとには  蚊帳のそとを  路地のそとは  母はそ  裏口からそとへ  軍幕のそとへ  廊のそとから  扉のそとに  緑はそ  要素をそ  都のそとを  妙法院のそとを  門のそとには  塀のそとからは  都のそとへ  京都のそとへ  廻廊のそとにまで  座敷のそとの  馬車のそとに  勉強をおしやすのにそ  水泳をそ  絶対にそとへは  自分のへソを  かぜさへ吹きそ  品位をそ  五月雨に濡れそ  町のそとと  品性がそ  軒にそ  乘りたそに  願ふはそを  人あらばそは  日っきり仙二はそと  骨骼をそ  憐れと見そ  岸にそ  幕を張り巡らせしそは  種々のそ  部屋にそ  膝へ寄そ  十日そぼそ  陽もそ  彼はそとまで  ここまで話して来たらそ  障子のそとの  障子のそとへ  鴨居のそとへ  縁のそとへ  小腰をかがめてそが  余もそとに  駅のそとに  堂のそとに  小屋のそとに  花の咲きそ  返事はそ  道をゆくそはを  中はそよりとも  様にそ  雨のそ  母様のそを  我はそ  交はるそ  手にそと  これ幸やそ  さるかはりそ  これはそ  病人のそ  今はそ  慕ふはそ  かしこにそ  門のそとに  手柄をきそ  神様にそ  目をもって判ずればそは  腹な破りそ  小屋のそとの  障子のそとで  夜などにはそとに  ドアのそとに  図はあれどそは  つぼみに眺めそは  水飲みをそ  愛に目ざめてそを  わしがそ  紙入れもそ  兄いさまがそ  家人とてはそ  なにもそ  他日にそ  風景のそが  ものは熟したりなはそを  門のそとまで  お母さんにそ  娘もそ  彼もそ  川窪はんへそ  門からそとへ  いすをそとに  城からそとへ  漢人にても書きそ  義家がそを  歌を見馴れ聞き馴れたるにも因るべければそは  一面にそは  光はそ  質もそ  荒妙にそ  一撃にそのみけ  清長及びそが  なすもそは  雷様がへソを  ようにそよりとも  誰にをそは  世界のそとに  我をそ  目に見なばそ  佛壇にそ  用をすましてそとへ  環のそとの  焚火のそとの  あららかにそ  さにそを  者あらばそは  戸ぼそを  やにそ  肩を寄りそ  密めてそと  鉄瓶にそと  ぐしょぐしょに濡れそ  数行いひそへて  同一形式をそ  すをそ  終につけそへて  塀のそとへ  私はそとの  教室のそとで  上天も見そ  座敷のそとに  さっき建物のそとで  床のそとの  地震戸からそとに  今までそ  悪者よりそ  中にそ  火は燃えそが  手をそ  今一つにはめそを  戸ぼそに  華やかさに濡れそ  処と聞けばそを  堂のそとから  荒びなゆきそ  森のそとが  才智とを兼ねそ  つて現実のそとの  人が有りそ  目的にそ  一本でもそ  町のそとへ  肩をソと  用にそ  棚へそ  内密でそ  最初からそ  茶店でそ  枠のそとへ  家のそとで  興をそ  流れにそ  水源吾妻川にそ  本流にそ  吾妻川にそ  須川にそ  支流吾妻川にそ  壁際へ寄りそ  上つて窓に寄りそ  参考にもとつけそへて  垣にそ  金てそ  みつよつそは  入日の照りそ  光烱照りそ  はなをとりそ  鶏花によりそ  子がよりそ  私にはまぬかれるそ  玄関のそとまで  対象のそと  階級闘争のそとに  神前にそ  山はけむりそが  それははらいそへ  何しとんやそ  片割れとしてそ  霧がそ  私雨がそ  お寺のそとの  お寺のそとへ  てんきにそとへ  急にそは  私ひとり窓のそとの  為めにそは  灯を消すとてそと  孝行なそ  神ほとけも見そ  幣はそよりとも  茅萱もそよりとも  分解釋もそ  日は照りそへ  音をそと  千里のそとを  ぐひすは金屬をもてつくられしそは  阪してそが  さまなりきそを  のぞみけりそは  足許からそ  手拭がそよりとも  竹垣のそとに  座敷のそとまで  部屋のそとへ  駕籠のそとの  箱のそとへ  うちからそとから  あれがそ  タクサンだゾと  広縁のそとの  窓からそとの  私達をそとへ  僕もそとまで  そをそを  づ都のそとに  性質をそ  いつでもそは  商店をそとから  ッかなうそ  僕はそとへ  妻はそとへも  だらしなく使ったそとの  吉弥のそとの  女の子がそとから  たまがそとに  ままでソと  とき雨もそ  波瀾のそとの  婦人はそ  夜中にそとへ  日差しがそよりとも  何かそは  日のそが  万里のそとから  篠竹のそ  割愛してそとへ  扉をあけてそとに  過半はそ  心をそ  ガラス越しに見たそとは  うちからそとを  僕もそとへ  顔をあげてそとを  時にそとで  十数間のそと  音なせそ  六月以来堪えられぬほどそとの  運動にそとへ  一身に兼ねそ  劇場のそとへ  鰐魚を取除きそ  自分でそ  あなたはそとに  姉からをそ  谷にそ  りや落ちそに  ようにそとの  店のそとの  線路のそとに  実現にそ  よそに思わずそ  大門のそとに  承知でそ  皮にてそを  ろばはそとの  裏庭までそ  一抱えのそ  フィルムをそ  帆村はあわててそ  顔をそ  車窓のそとに  婦人がつきそ  洋紙をこそのべにけれそは  手にそ  そこらでそとへ  曲者がそとから  森のそとの  誰もそとへ  邸のそとへ  鳴きそ鳴きそ  女のそ  枕もとにそ  手紙がそ  枠のそとで  闇でそよとの  春な忘れそを  こずえをそ  いまに死なうとそ  ろとそ  ぢやそ  線路にそ  心音かそは  あなやそは  アラビアンナイト物語鳴いそ  姑つきそ  静寂とはそとの  窓べりはそとの  そのかみひそに  塀のそとに  地階からそとへ  ぴつたりとかたく寄りそ  贈物にそ  まどから首を出してそとを  人間がそは  ぐるかけふこそは  斷簿をそ  心もうちそへて  若い衆とでもくれえそべ  浜に寄りそって  スカアトをそよと  ことばいくそ  夜でそとは  縁障子のそとに  学校をそとから  教室のそとにも  垣のそとから  小屋のそとから  大急ぎでそとに  卿等幸にそを  畫きそへ  看護員はそと  晩にそとへ  威厳がそ  頭髪がそぞけ  時にはそとを  お前はそ  昏倒してしまうまでそ  羽織のそとを  草やそとを  うしろにすわってそとを  腰をおろしてそとを  関心のそとに  従へむこそ  唇をそと  私が寄りそって  光てりそ  のぼる朝日に照りそ  ところ管仲樂毅たそや  ぎに照りそ  ものをそとから  芸術のそとの  母さんがそ  雨水をそ  谷川にそ  路にそ  墓場のそと  威嚴をそ  槍持殿につきそ  殿につきそ  鳥鳴きそ  手をのべてそを  垣根のそとで  胸もそは  近く寄りそ  夏はそとへ  人妻になったそ  われらがそ  腰にそ  窓をあけてそとへ  ドアのそとへ  心のそとに  ようにしてそとの  私もそとに  黒髪もいつそ  包みを持ちそへて  りやといふにそは  作品のそとに  相手になりそ  花莚敷き連ねたるそが  針のごとくそ  者のみなればそを  天及びそが  地平線に懸ればそが  六そできそ  お母さまにをそ  一角にそ  難波がた蘆こぎそけて  誰もそ  潔白を示そうというそ  武蔵はそ  この世ではそ  女ははづかしさうによりそ  品位がそ  私もそ  母のかげよりそと  ゆゑ門のそとにて  窓のそとが  停車場のそとで  づる雀ガラス戸のそとに  ガラス戸のそとに  八つ峰越えそが  枝にそを  ぐさ刈りそけて  山菅のそが  觸りそ  峰をそを  病室のつきそ  硝子戸のそとに  らずんばそを  鬱散のそと  肉ぼそ  婢はそとへ  身にそは  わが身によりそ  繪にそへ  にべもそ  境界よりそとの  包みからそとを  砦のそとの  われ声をきくそは  

~ そ[名詞]2
まずそ  ぼろくそ  おそそ  どのそ  ちょっとそ  こっそりそ  かわいそ  ぽそ  何だかそ  絶えずそ  まだそ  角うそ  暗いそ  よくそ  何でそ  ないゾ  そうそ  うれしそ  かなしそ  ひとえにそ  涼しそ  如何ゾ  要するにそ  まるでそ  ぶらぶらそ  却ってそ  いとそ  今やそ  このゾ  寧ろそ  つとそ  なきそ  やはりそ  とてもそ  早くそ  疎そ  きっとそ  なくそ  なんとそ  更にそ  極めてそ  なんでそ  げにそ  快くそ  どうしてそ  ましてそ  もしそ  なんだかそ  そぞろそ  ないそ  そういうそ  ひとりでにそ  遅そ  いつもそ  淋しそ  楽しそ  明そ  全然そ  どうぞそ  そのそ  くそ  よしやそ  至極そ  ふとそ  ほんにそ  さてはそ  しいてそ  あくまでそ  にくそ  さすがそ  もしやそ  さっそくそ  もちろんそ  はようそ  心からそ  だいぶそ  つけつけそ  まあそ  必ずしもそ  少しそ  しかしてそ  むしろそ  随分そ  互にそ  実にそ  漸くそ  間もなくそ  多分そ  美しいそ  どんなにそ  どうもそ  ついそ  さむそ  心細そ  ボロくそ  軽くそ  いくらそ  大いにそ  聊かそ  おなじくそ  ぜひそ  寒いゾ  来るゾ  直ちにそ  そっとそ  長くそ  やがてそ  よそ  血なまぐさそ  何時もそ  痛そ  暗くそ  直にそ  全くそ  ついにそ  おもしろそ  なにかそ  なぜそ  よくそ  徒にそ  

複合名詞
かにそ  濡ぢ幾そたび  驟雨驟雨そ  寄進札そ  そン  そンなに  寢そべつ  今時そ  寧そ  そここ  そめ  毎晩そ  一歩そ  來そ  寧そ首  寧そ其時帰ッ了  寧そ之  幾そたび  そやつ  そびゆる第一生命  そろ  そ事  一そ太陽  そのけもの  月そ  微風そ  そむるころ  そッ  そ天地  うちそ  そッちの眼  まどからそ  ソ族  ソ同盟  ソ同盟軍  ソ同盟兵  そーら中  そふらん  ものそ  一そ自分  ソ聯  御祝いそ  そはか  そぷらので  すべてそぷらので  ニ落ツノ李花那ゾ可ンレ数フ  那ゾ知ラン  寧ゾ知ラン  そびゆるを  そー  そぶり  そツ  そら  ジロリそ  凡ソ人類  そーら  一そうそ  英國何者そ  獨逸何者そ  佛國何者そ  露國米國何者そ  清國何者そ  韓國何者そ  土國何者そ  西國葡國何者そ  何そ  何そ圖らむ  一日寢そべつ  そおれ  独ソ戦争  蝶番ごとそ  今そ  ッそ川  そッくりそこ  ッそ  真実そ  日ソ文化連絡協会  凡ソ半年ホド  そ銭湯  五六匹そここ  厳そ  そ何処  他分そ  風雨ハ来ルコト何ゾ速ナルヤ  そ裸体  そひとつ石井漠  そ田舎  髯そ  そ鳥  そ月  ソオス鍋  そそつかしく  ころ米ソ  そびゆる高峰  その後そ  そウらおい  そ事情  そオら  あすソ  一番そ  ナガラ何ゾ憑ラン  そこんち  びとたづねゆかれたそ  ぢさんそ  そおら  ソ聯初期  秋風そ  そふけしき  そ松江  そ妹  そげ  ソ運動  ソ的  そぷ  そ知らぬ顔  そまつ  翼そ  人自らそ  ッそ足  一そ  いまそ  春そ  白檀そ  ぢそ  絵そ  米ソ  そォ  ソン  いつそ  昂進そ  そ言  そ家  そいふ  そ兩方  そやつ等  天下如何ナル愚人ゾ  ソ共産党  そつけ  そむるくれなゐの  袖そ  ろそ  三たびそ  そまつなみ  そ夢  そ女  膏そ  そあかつき  一そ警察  そび  霰うつ声砂月涼そ  御酒そ  ルコト何ゾ太ダ  同年六月三日ソ  ソ兵越境問題  ソ兵側  ソ三国国境委員会設置案  日ソ国交上重大  日ソ親善  日ソ漁業関係  日ソ両国  一ツ橋そ  塀そ  西の丸そ  垣そ  ゾ直訳社会主義者流  者そ  御門そ  そ自信  ソ友好同盟条約中  ソ日米  ソ両国  日ソ国交  そ口  そさ  そォら  そッくり  当分そッ  そッくり昔  蔽ヒテ何ノ所謂科學的ゾ  何ゾ我ニ  國民道徳ゾ  便不便ゾ  日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ  信仰ゾ  何ゾ  ゾ世界的大帝國  撼スルノ日ナキヲ斷ズルハ何タル非科學的態度ゾ  何ゾ比スルヲ得ベキ  母そ  研ギ以テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然  距ル事凡ソ三千年前  そらく  寧そ一ト思い  そ気軽  進殿そ  寢そ  なか畳そ  ッそ軍隊  ソワカ  そ斯  寧そ身  そーッ  そ此処  一そ彼  そてつ  意そ  オブソ  そはみひかり  ソ軍  日ソ問題  一そ登つてしま  そン畜生  そ火葬  ッそ戦線  ッそ子供  そ罐詰  一そ丘子  そ全て  景情そ  そさの  つてそ  つてこまそ  そオ  そりょう家  寧そ一思い  寧そ此  直接そ  みんなそ  誰そ  心そ  二国三国ハそふだんニ  そふだん  一そ今  一そそのもの  そ僕  そ独り  そ明日  そびら  そ細布  米ソ戦争  そめし  寧そ初め  そべつ  そっ子  そやつら  ソ作家同盟  そそつかし屋  そ怨恨  そどこ  そ大水  そ農民  寧そ隠居  ぼくそッ  そちゃこ  そ誰  ひつそ  そ安心  そ奴  そそれ  そ東京  そ云  そーツ  そ連書  夕そ  あま戸そ  天の川そひね  あけそ  一そ恩地  嚴そ  寧そ贋物  そ身  思つてそツ  そわたし  弄そ  大概そ  そ外国人  そ今  そ云つて  そはと門  そ世間並  そびをやめたことになつて行つた時  嚴そかさ  寧そ淡島堂  そウら  一そ双方  ツノソサマジニクギジアマトンツマイセリンコゴラミ  いつのそさま  そッちの方  米ソ戦  そッくり日本  そ輕井澤  そ此處  そッくり衣裳  そッくり今日  そッちの家業  そッちの家  そしそカバン  そイ  日ソ  内そ  そイデ  ソテロ  そッくり俳諧  グロソ  クマソ土グモ  そ滑稽感  クマソ  クマソ的  クマソ日本武尊  そッくり現実的  そッちの側  猛獣そッくり  そッくり二本  そぐはないものであつた  寐そ  そろば  そ旧式  そ息拔  そ伊奈  寧そ君  ざけくもひゞきくるそはか  一そ宇品  爲そ此  そ様  先刻そ  奉公人そッちの  栗そ  月誰そ  国そ  そ一家  寧そここ  寧そ思い  ソシキ  そ私  そはじめ  そ今年  靡葉そ  そよ  ら風そ  そッくりあなた  そ俺  そさん  一体そやつ  ソノー  何ゾ必シモ牽牛  かなしみそ  あはれそ  そとも  そ一思い  何ゾ有ラン二一毫之動心一哉  寢そべり  候そ  そ言つて鍵  これそ  一本そ  そ里子  みんなそン  玉笛ゾ  そ此人  そ叔父  はりそ  菜葉そ  そ氣樂  吹テ暮秋歎ズルハ誰ガ子ゾ  執権殿そッくり  ッそ申さい  申さばそ  ッそ一人  そッ気  そッちの落度  そッくり天王会  ソジン  そーめん六俵二十把入り  そーウ  自体そ  ッそ埒  ッそわが子  そッくり米  ッそ芸者  そツ気  そッくり台所  そッちのゲジゲジ  そッくり師匠  タタミ一枚分そッ  そッくりタンポ  そッくり一包み  一同そッくり  百姓そッくり  ッそ自殺  ッそ夫婦心中  ッそ気らく  鬢そッくり  そッ首  そぐはぬものであつたけれども  一そ一思い  そウ  誰そ我  かなそ  人そ  日影そ  ソソリ文句  位そ  コマソ  油桶ソワカ  そルリ  そッちの  そウら御覧  ウそッちの  そしり  ッそまし  ソマリ  まひそ  そたび淺  そ度母  今出川御門そ  シ抽賞何ゾ  そ日本  昔そ  そツ氣  このごろそ  絵かきそ  ソシキ的働きかけ  そぼく  凡ソ物ニ先天アル事  凡ソ一物  法何ゾ以テ  伴天連ソテロ  生死何ゾ  從來交誼知ル何事ゾ  那ゾ  窮鬼吾何ゾ  利名何ゾ足ンレ爭フニ  何ゾ待テレ令  ぐろとんぼがとんだかどうかそ  ッそ苦労  知つたそ  ッそ息  かんそ  天そ  そ田原  そッくり生活  そ真実  そ妾  そ死の  そ大胆  凡ソ人間  そ何  そこれ  町そ  自然そ  泣き顔そッくり  ばいッそ息  みかどこそ  英ソ両国間  英ソ秘密会談  英ソ両国  英ソ軍事同盟  ソレ  そ社長  そ一人  ソゾロ  チョッ寧そ打  寧そ今夜  モウそ  寧そ水  イヤそ  寧そ叔母  コリャ寧そ叔母  なにそン時  ソノー気心  四谷見附そ  めんそー  緑そ  暮秋歎ズルハ誰ガ子ゾ  そ共  そぎやんいうとるけんたい  そぎやんむつかしかこといはんてちやあ  そぎやんこというとつて  そぎやんこついはるツ  そぎやんこつ云  そーら島  そびゆる秋田  ソ的指導者たち  援ソ  そ身投げ  四面そ歌  みちこみちこそ  寧そ東京  ソリー様気付  凡ソ参ズルツイデ一老人アリ  面前ニ立ツ者ハマタコレ何人ゾ  そびへてゐるのを  そよ風そ  そぐはなくなつて來  そンナン無茶  そォらッ  日ソ文化協会  六月三日ソ  日ソ国交上  そはえ  苦悶そ  そむる歌  花そ  ぐつたりと寢そべつ  エペソ  日ソ組合せ  ソセージ  雨ふりそ  十日そ  殿そ  そぃつさ騎兵  涙さそ  一ッそネネ  そ目  雁そ啼  コルソ通り  駕籠そ  望み給ふらんそ  そびゆる山  立居そぶり  コルソ  胸中そ  そ愁  そびゆる白妙  そ異様  寧そ此の方  寧そ叔父  そ白痴  正面そ  そ此の際  そ二人  かずこそ  ソ三国  それそれそ  ニアルハ何ゾ  キハ何ゾ  そ雲  そン中  海苔そ  一そみんな  そ起請文書  そ極端  一面そ  字ゾ  殆どそ  一そ彼女  そびゆ  スキソ付近  そ氣輕  寧そ俺  金風そ  寧そ気の毒ぢ  寧そ松島  寧そ同席  寧そ自分  そーうかい  困難ハ知ル人ゾ知ラン  昨日そやつ  貴殿そ  独ソ不可侵条約  独ソ  所謂そ  そ度君  そえご  一そ素面  そッちゃ  そン通り  そン節  そン時  凡ソ人体各部  そ山桜  ことそ  そンかわり  そぢ  そンとき  ゾお前  そわか  皆そ  今日ハ始メテ参ッタカラ何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ  そはつ  ばそ  きがそ  ソセージみたい  寧そ私  寧そ楽  真木柱そ  そ熱海  そ簡素  そ筵  争そ  寧そ我手  寧そ勝  日ソ文化レンラク協会  ッそ気  そッくり乗りうつッ  そびゆるところの山嶺  そ初め  日ソ通商復活  我が国排ソ  そべつたま  寧そ賃仕事  そッくりハチマキ  ッテハ何ゾ必ズシモ其遽カニ至ルヲ驚カン哉  法界坊そッくり  ッそ人中  そッくり奉納  表向きそ  重々そ  そ滅茶苦茶  そびとおもつてしまへば  そ結婚  下足札そろ  らそ  無情そぶり  影そ  妻そ  そたなご  光そ  夕まぐれそ  そ処  大門そ  ちやめんそー  寧そ其  寧そ長田  寧そ悄気  そろばん  そぉ  そぉゆう疑問  そ一  門そ  そしき  一そ何  そあした  そ獻上  一そよう  これ妃そ  独ソ間  ソマツ  そ此儘  そびてぞをる日の出  そ郷里  そ一緒  そ汽車  そ靜岡  嶽そびゆ  エペソ二・二  ヲソ  そ道具方  窓窓そ  手そ  悲哀そ  そぐはぬ比喩  そッくり半分  万感そ  歸つた儘そここ  そ音  ーそぅ  障子そ  ソガリ  数そ  そピストル  そ京都  そシュルリアリスト的方向  そらく文展開催期間中  そッくり湛  僕そッくり  寧そ南洋  そ船  今そやつ  つてそツ  そびゆるガスアンシュタルト  さそ  そ黄金丸  そ眼  ソ国境  濡そ  日そ  ソ同盟対外文化連絡協会長カメネワ夫人  そ料理屋  そひと  そ金茶  そ文法  そぼう  そ運動場  皆そッくり奥村さん  そぐはぬひとびとの暖炉  ソツタ  そ浦島さん  さんそネツ  そ死  そ伊豆山  蕉子凡ソ三種  ぐつたり寢そべつ  そわけ  そぐはなくなつたことを  歓楽そ  そたび蹉跌  ル者ソレ何ゾ  鳴きそ  そびゆる  そ手紙  つて唯そ  雨ゾ  夢ゾ  ソ的言動  ソデマ  そよう  そ紅  曙雨そ  そ桜花  窓そ  ソ同盟探求  この間ソ同盟  今日ソ同盟  田之助そッくり  二十七そ  呼子そ  そッくり彼  そたび  牛そ  情慾そ  そきもの  獨ソ戰  ツそ  そ默つて  香そ  翫スル人何処ゾ  ーそ  一そ徳山あたり  そ邸内  そー笑  そ言つた訳  そ実家  そ別冊  そぐだらくにつかれきつて白砂  そ君  そバ  まめそ  そバニ宝来橋  なをそ  ハそハ  そふゆ  そふだんゆ  そ中  そ慈悲  英ソ  英ソ双方  ソ領中央アジア  そむる星  中誰そ  そび入り  黒猫そ  幕そ  鳴きそ春  水盤そ  ひとりそ  そはと風  九三そ  一二三そ  七五徳そ  六三そ  一一七そ  八一そ  六九そ  一八そ  九九そ  五四そ  八四そ  九六そ  ペルソ  そさま  そ氣輕げ  そ診察  三〇そ  一四四そ  九そ  一五そ  三六そ  そぎてゆかむ  一〇二そ  四二そ  六そ  一〇五そ  七八そ  三九そ  實相そ  色ペルソ  そそう  そぶり顔  そ昨日  そウうろツ  糸マアそ  七五そ  二七そ  星自らそ  六六そ  八七そ  一一四そ  一一一そ  五七そ  一三二そ  三三そ  一三八そ  一〇八そ  九〇そ  一二六そ  二四そ  二一そ  五一そ  六〇そ  七二そ  姿そ  兄弟コルソ  エペソ書一・二一  エペソ書一・二一等  舊辭そ  一〇七そそ  五二そ  九八そ  五そ  そ匂  數幾そばく  一そ川  言葉そ  俗ソ  誰ひとりそ  ツそ浮世  そおとめ  そぷらの  そぷらのもまじつてゐた  そ木兎  ソ作家大会  ソ作家大会報告  丙午そ  そはず  そ麻田比古  そ吾ため  そ白波  否やそ  そ人  そ梧桐  只そ  チンチン行きもんそ  引そ  女そ  たて風そすゝしき泉  そ飛  そ牛めし屋  たくさんそ  風そ  部落そ  砦そ  そりく  



前後の言葉をピックアップ
ゼーンズフト  ゼー・ゼー・トムソン              粗悪  ソアレ


動詞をランダムでピックアップ
ぬすみだしたぐっ及ぼす儲かん看る寝んつなぎとめ見せかけよきまら賺そ可愛がる並べろ歌っ殺ろすえろいこ醒す説伏せ見交す忍び
形容詞をランダムでピックアップ
黄いろく薄ぐろい理窟っぽいたゆから易う惜しい青じろ惜しき腹ぐろい煩かっ空々し黄いろし瑞瑞しい生新しく苦い堪難くはなはだしうすらさむきつれない