「せき込ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ せき込ん[動詞]
趙はせき込ん  せきは、せき込ん  平吉がせき込ん  スタニスラウスは少しせき込ん  急調になり、せき込ん  顔を見て居たがややせき込ん  御書院番頭脇坂山城守が、せき込ん  われにもなくただわくわくとせき込ん  唇をわななかせながら、せき込ん  そうなせき込ん  三木はせき込ん  さにせき込ん  兵馬がせき込ん  米友はせき込ん  頭を使いながらせき込ん  顔色をかえてせき込ん  弥三次はせき込ん  充分に聞き取れないほどせき込ん  通人が、またせき込ん  お雪ちゃんはかえってせき込ん  若い先生は少しせき込ん  やう楢夫はひどくせき込ん  彼はせき込ん  七斤ねえさんは少しせき込ん  女大いにせき込ん  一種のせき込ん  早口にせき込ん  きみはせき込ん  それでせき込ん  頭を下げて、せき込ん  忠綱さまはせき込ん  方へもあまりせき込ん  婦がせき込ん  私はせき込ん  うちに、思はずせき込ん  アーニャがせき込ん  



前後の言葉をピックアップ
せき立てよ  せき立てる  せき込ま  せき込み  せき込む  千木  セギアス  セギュール  堰く  せく


動詞をランダムでピックアップ
泣けよ遣りゃほめ仕うまつる高ぶっ産まかま居残ろよくせえがきだしいえのぞきこん飛乗るどなりつける染込まとりすます主立っ先走ら落と陥れ
形容詞をランダムでピックアップ
黒っぽいこすうゆかしく恐れ多けれ悩ましかっ青かってっとりばやいうるさくやるせなかっ易しいむしあつく切ない繁から優しゅう憎にくしかっ骨っぽ青じろい堪え難きちいさく