「せい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ せい[動詞]
ようにせい  それがせい  何を措いても、早くせい  息をせい  のがせい  咳でもせい  気がせい  何てせい  勝手にせい  支度をせい  事あるにもせい  一銭にせい  お十夜、早くせい  何んせい  下から息をせい  静かにせい  声を殺してせい  オイ、しっかりせい  いまではせい  内輪にせい  火の用心をせい  ッちゃにせい  ッかりせい  沈着にせい  何にせい  案内をせい  使いをせい  神妙にせい  酌をせい  辞儀をせい  七兵衛は少しせい  空のいろをせい  空をせい  覚悟をせい  ことにせい  多くは知らんにもせい  氣がせい  相手をせい  返事をせい  茶などは要らぬ、止しにせい  打擲をせい  声をからしてせい  気はせい  いずれにせい  気もせい  いずれにもせい  それからにせい  ことをせい  理記にせい  話はせい  そちもまた、早くせい  満さんを引張て来さっせい  一緒に来さっせい  中を見さっせい  心はせい  男は、せい  細男と書いて、せい  播磨は少しせい  用意をせい  怠慢から見てせい  お守りをせい  意志どおりにせい  嫁がせい  詮索止めにせい  そこへせい  気をせい  所望してあったを、お許されもせい  妻にせい  思いもせい  用意でもせい  大人なら知らず、円くて辷るにせい  縛り首にせい  話もせい  やうにせい  十匹なら、どうにでも、せい  大事にせい  談話をせい  燕をせい  児をせい  日々兼而思付所をせい  返辞をせい  やめにせい  からにせい  死にはせい  真似をせい  縁に仲よくせい  後からにせい  あとでせい  さんやうにせい  もっとしっかりせい  座敷をせい  顔にせい  圧迫をせい  馳走をせい  婚礼をせい  見せしめにせい  会釈もせい  斬死にせい  山々だが、せい  内にはせい  確とせい  相撲にせい  気ままにせい  おまじないをせい  番をせい  挨拶をせい  お前が、せい  所まで来て、何となし少しせい  夏までにかえろうとせい  私はせい  手紙しまいをせい  お次さんも、しっかりせい  気持のせい  ことですが、せい  上にきて、せい  あめ風にくずれもせい  

名詞

せい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
せいかどうしても光線の工合が悪かったので別の日に撮り直す  せいか少しとぼとぼする  せいをとった  せいをとり  せいに立って  せいか一向に考慮せずに居たらしく  せいにしようとしている  せいかも知れない  せいもあり  せいでもあらう  せいにするなよ  せいではないかと思って見なおそうとした  せいばかりでは無いことはよく判っていた  せいに田植が始ま  せいだかいくらか窶れた  せいかもしれない  せいがありません  せいか当人は学士になってから  せいかも知れまい  せいときまるくらいなら  せいかその後露子は以前よりも一層余を愛する  せいだろうと思われた  せいか数時間でおしまいになった  せいゐつぱいに弓を張らう  せいだなどと思う  せいもあった  せいだとうぬぼれていたが  せいだと思い  せいかも知れないけれども  せいだと心得て  せいでもあった  せいではなかろうかと考えた  せいの綿入を縫っていた  せいに小樽で女中奉公をさせておかねばならぬという  せいと一本ずつ山から採ってきて植えた  せいの前をつくろって信じているらしくみせている  せいの様子をちらりちらりと探る  せいの方を見て  せいはこんなことをいわれる  せいの方をも一度じっと見て  せいを見る  せいが父のあとについて送りだそうとすると  せいはわざと遠慮した  せいかと思って  せいには気恥かしいくらいだった  せいのあまりに思い入った  せいはもう涙も出なかった  せいの眼は父の手から辷り落ちて  せいはびくりとして夢のようなところから没義道にひきもどされた  せいはさすがに父が哀れになった  せいはおずおず父の顔を窺った  せいはひとりでに襟の中に顔を埋めた  せいの方に向きなおって  せいはほとんど憤りたい  せいはようやく父の宿を出た  せいはせっせと登っていった  せいのそばを通りぬけた  せいを覗きこみに来た  せいが何百人何千人となく行き遇った  せいが歩いている  せいの帰りの遅いのをぶつぶつ言いながら  せいは涙ぐまずにはいられなかった  せいはどっと悲しくなった  せいではありませんか  せいに棄権して  せいかと思ったが  せいかとも思いました  せいであったろうと思う  せいにすら輕蔑されてゐる  せいとが待つてゐると  せいからの傳言など持つて  せいが打つた  せいにちがいありません  せいもある  せいだと思うが  せいかと思う  せいかひどくのさばり出して来たね  せいもありましょう  せいか震災前に数倍して  せいではないかと思いました  せいかもののあわれを早く知って  せいだというんでね  せいともいえませんわ  せいのいい声のする  せいではなかった言うまじき  せいもあるけれども  せいだか分っていらっしゃる  せいもあろうか色の白さは玲瓏といいたいくらい  せいもあって  せいでもある  せいであろうと思っている  せいの立つ  せいであろうと思われる  せいもあるだろう  せいだといううわさもある  せいもあったが  せいの高い堅肥りの  せいの高いすらりとした  せいか女の声らしい話し  せいでもあるか  せいもあろうと思う  せいかしらんと思っていた  せいか焦  せいかもしれないし  せいだろう不眠も何ともなく感じた  せいがきれていけない  せいだと大抵察しがつきます  せいであゝ見えるだけな  せいであろうと想像された  セイから来る  せいかその邸宅が間近く見えて  せいのひどく高い痩せた  せいか液体はだんだんと白くなって来た  せいでもあったろうか  せいに認めていない  せいとでもいう  せいか寝室のドアの外でかすかに赤児の泣く  せいだといって  せいだろうと思ったらしく  せいであろうと思った  せいかどうか知りませんが  せいかと思っておりましたが  せいかもしれん  せいもあったろうが  せいではござらん  せいもあるであろう  せいはあるが  せいという区別は着かん  せいというから  せいでもあろう遊覧の客もいなかった  せいでもござろう  せいであろうと考えた  せいにするけどさ  せいにする  せいでもあるが  せいの高い赤いあかりもりんと灯り  せいだろうかと思う  せいかとも思う  せいにすぎないと  せいか飛び  せいもあるでしょう  せいか生理がとまり  せいの高い眼のするどい画かきが  せいではありはしない  せいと思えば  せいを出して踊れよ  せいか見事を通り越して  せいか年齢の見当もはっきりしない  せいとも思われませんが  せいにし  せいか境遇のために上品にさせられたと云う  せいかも知れないと  せいにしてはいけない  せいでもありませうが  せいもありませうが  せいでその手を汚した  せいにして  せいかあるいは寝飽きた  せいか一望にして  せいか荒地にある  せいだろうか枯れた  せいのびをすればとどくやうにせいも高くなり  せいか広い風呂場には一人もみえなかった  せいの高さは二メートルか三メートルもあって  せいのやうにされてし  セイはやうやく  セイは言ひました  セイがそれを車につんで  セイだけが会ひました  セイはお金のたまる  セイは賛成しました  セイはたづねました  セイは駆け寄つてきました  セイがしばらくして  せいだとばかり思っていた  せいかと思うが  せいだとあって  せいかも知れん  せいのように激論をふっかけた  せいで頬を薔薇色にさせ出した  せいで手足はきかないが  せいを出し  せいか瘠せて  せいにまで転嫁しようと始めた  せいばかり高くて弱いからよくそんなことも気をつけなけ  せいにもよるだろう  せいというよりも  せいかひどく赤らんだ  せいでそんなふうに聞えた  せいかそれが気にかかって  せいだったかも知れないが  せいか知ら  せいであったろうとばかりも思われない  せいに腹をたて  せいを撲りころす  せいだと思っています  せいであると思い  せいもあるが  せいだと女房自身言明している  せいではないかも知れませんが  せいらしいと思われるのに  せいかも知れないし  せいであるかのように腹を立て  せいだと見られた  せいではないかと思った  せいであったかも知れない  せいだとはいわれまいと  せいかも知れなかった  せいかは知らぬが  せいかドス黒く溶けて  せいかも知れません  せいばかりとも思えなかった  せいか耳がいたむワ  せいではないかと思われる  せいであらうか  せいだとわかっていても  せいか座敷が少し震える  せいかもしれないが  せいかとも考えた  せいのただ口をもぐもぐする  せいだろうと思う  せいだというので  せいかどうかは今問わぬとして  せいもあろうと思われる  せいか易々これらをなしとげ  せいがあった  せいか食慾がいくらか逞しくなったから  せいもあるかも知れない  せいか町内の碁会所というものが甚だしく少くなった  せいだとしか思へない  せいだとは思わなかった  せいもありますけどさ  せいだろうと思われる  せいでもあったろう  せいの低い太った  せいだといいますが  せいにしました  せいではなかったような気もしてくる  せいだと早合点してしまい  せいに窓から顏を突き出し  せいか既に三四回のポンコツに行きあっていました  せいか急にひっそりなった  せいもあるかもしれないが  せいかして  せい騒ぐと殺すぞと  せいの高い草がしげって  せいか一寸僻み  せいか少しどぎまぎしている  せいで死んだ  せいか視線がすーっと萎縮する  せいか知れません  せいの親父と義兄さんが見えて  せいを引張  せいを何うして見た  せいの一族との中に這入つてくれてる  せいはまた下宿に逃げて  せいの親父がは入つて來たもんでせう  せいを惡い  せいの親父さんとそこで何んなことを云ひ  せいのぢいさんが  せいかも知れないと思っていた  せいではないかと疑う  せいにしている  せいの家で散々乱暴を働き  せいはまた下宿に逃げて来た  せいの家で震災後駅前に始めた  せいのお袋さんや姉さんのおとめさんのやつてる  せいの家の本家の若旦那の喜平さんが見え  せいのお母さんの家の方がい  せいの親父がはひつて来た  せいを悪い性質のをなごだとは考へてゐない  せいという温気を感じ出して  せいに浴びせかけて  せいのたかいしゅろの木が立っていました  せいかもしれぬが  せいのように自責を感じ  せいにはしなくともすむ  せいもありますが  せいででもあるかの  せいであったろうと思った  せいもあったろう  せいだったのではなかろうかとさえ思われました  せいがあるかも知れぬが  セイだったかも知れませんが  せいも駆けて参りまして  せいの裾にピッタリと縋って  せいやしたか  せいといい  せいだとおぢいさんは  せいだと思う  せいな恰好をみせている  せいのようにも思った  せいだとわかった  せいに芽吹かうとする  せいの低い変な三角の帽子をかぶった  せいだろうととかく俗物はそんな風に解釈したがる  せいで彼はよく肩が凝った  せいであろうと思ったが  せいだとは思えない  せいかお縫には分らない  せいか女振もあがったじゃねえか  せいでなくて地面の不適当なせいだと思うらしい  せいだと信じ  せいだと思い込む  せいかというような気もするが  せいをみだす  せいだというが  せいか知らん  せいと思われる  せいでもあるまいが自分はここにある  せいかなんとなく険相に見える  せいか蒼脹れた  せいか鶯横町も分らないし  せいか素的な売行きださうですよ  せいが出ますね  せいだか二人とも顔が薄りと紅くなって  せいかも知れないと思っていますけれど  せいにしはじめた  せいじゃなかろうかと橋本に相談したら  せいだとする  せいに帰して  せいかと思って聞いてみると  せいでもあるし  せいで火事のようにあかるくなっている  せいか船がいくら進んでも  せいでもありましょう  せいかブルジョアの息子のようなオットリした  せいか顔色も青白く見えた  せいででもあるか  せいかも知れませんでしたけど  せいかも知れないが  せいの高いやつでそれに牛若丸のようにうしろの机の上にはねあがってしまいましたから  せいか幾隻とない美しい竜旗を掲げた  せいがでるね  せいか米には困らなかった  せいか耳がかくれるくらい  せいか言葉づかいの柔い  せいにしたが  せいか年中じめじめした  せいか風邪を引いて  せいか電話は思いのほか早くつながった  せいかまるでのんきな冗談口のようにしか聞こえなかった  せいの腹の子の産衣料となったという  せいの老父とちょっとした立廻りを演じ  せいを郷里につれて行って  せいの身体には容易ならぬ  せいはこんなことまで言いだして  せいはブツブツつぶやきながらも  せいに言わしてある  せいは小石川のある  せいだと云われた  せいだったかも知れない  せいか渾身に喜びが溢れてくる  せいではありません  せいと而して  せいに働く  せいじゃなかろうかと健三には思えた  せいだか何だか知らないが  せいか彼らの応対は容易に尽きなかった  せいか近頃めっきり白い筋が増して来た  せいで熱が出る  せいでそれがまた直除れる  せいだとばかり解釈した  せいもあったではあろうが  せいだと云えるだろう  せいもあるけれど  せいかなかなか入って行けない  せいでヒステリーんなった  せいではありませんが  せいで仕方ないんだから安心して  せいもあるだろうが  せいか蓄積の害はあんまり気付かなかった  せいがあって  せいで文章がヘタになったという  せいもあるらしく  せいにしてしまった  せいでそう悲観する  せいか真赤に上気しておられる  せいで苦しい目をしたという  せいだろうと私は考えている  せいだと思った  せいにしてボヤいている  せいかと遂にはイライラしたほどである  せいではないかと気づいた  せいで少し跛を引きながら  せいか寒くなった  せいではあるにしても  せいだと見る  せいか背丈までがずうっと  せいであることもよく記憶しておりながら  せいでもないが自分は今日まで煙管に限らず  せいではないが往来で葉巻を買って吸付ける  せいで後日改められたと云われるぐらいですが  せいかも知れんが  せいだというのが見えすいていて  せいがある  せいだと系図は語っている  せいにするなら  せいか臭いような気さえする  せいだとは思いながらも  せいではならぬ  せいが高いでせう  せいで歌が好きになりましたと  せいだろうと人は言った  せいばかりでも無いと思う  せいで私は尚もグングン大きくなっていった  せいだなどと誤解しない  せいでも世間を甘くみた  せいかうまくいく  せいばかりとは云え  せいだと思わせたかった  せいなのだと曲解した  せいもあるでしょうし  せいだと思って  せいにもよる  せいだと形付けてしまえない  せいにあると観る  せいと疑っていた  せいと思う  せいであろうと思われるが  せいだとプンプン怒っていたとの  せいであろうと思われた  せいではありませんなんかと言う  せいを出さなければいけないと  せいが強すぎるという  せいか防波堤は崩れなかった  せいか寐出すと  せいか一寸した  せいのよいビラが張りわたされ  せいかも知れないわね  せいにばかりした  せいにすれば  せいであると思う  ゼイをつくせばって  せいか鼻についてきた  せいの高い二本のでんしんば  せいで荒れている  せいかも知れないがね  せいだろうと訊いてみると  せいか頗る繁昌しているので  せいか世に隠れている  せいかたいへん低い鼻声しか出せない  せいだろうと邪推する  せいでもあらうけれど  せいでもあらうて  せいを出してるが  せいかその大きな眼が瞬きした  せいをやってみてください  せいもあるし  せいとか何とか書いてあるじゃろうがい  せいで似合う  せいで紛れていたがね  せいだといえば  せいか知らないけれど  せいの高い鼠色の毛糸の頭巾を被って  せいで何か生理的な変化を受けた  せいばかりでないもがきを一そうにした  せいばかりでなく実際に感ぜられた  せいを恃みにするよりは  せいもあるんでさ  せいではないかという気がする  せいや当人たちの無邪気さのためにそうなっている  せいならば入党できる  せいのように私には思われる  せいかも知れませんね  ゼイする者が無いのかとさえ私は思う  ゼイされて  せいか眼鏡の下に一寸見には生き生きと開いた  せいなのが出来てます  せいだったかも知れないと  せいだったかもしれない  せいだとおいいだネ  せいだと気づいた  せいで反妙椿派の頭目と仰がれているが  せいかその夜中に苦しがって  せいかきゅうに月の光りが  せいか奥行のせまい棚のようになっていた  せいかと思っていたが  せいではないかと思いながら  せいもあったろうし  せいだと云うぜ  せいとも言えないねえ  せいだか何だかあなたの口にする  せいではないかと疑いたくなる  せいかも知れないな  せいで心当りの筆頭にはまず御当家を思いだしも致しましょう  せいに生き返つた  せいに釣り手の方をふりむく  せいだとある  せいとばかりする  せいやかんのせいで冗談半分にやっている  せいにして逃げて  せいで殺される  せいかも知れないよ  せいも出た  せいか横になって  せいとしてはいたが  せいでこの人の記憶が鈍った  せいと思われます  せいと初めて気がつきました  せいでもありません  せいもありました  せいもあるで  セイもあります  セイもあるでしようが  セイかとも思う  せいもあるじゃろうが  せい然と見える  せいだと云えば  せいかも知れませんが  せいだったのかも知れませんわね  せいではっきりそれを覚えている  せいか知らないが  せいだと解釈した  せいに帰着させて  せいだと嘆く  せいだという位に考えていた  セイに余り類の無いものかもしれない  せいか招待状を頂いたので  せいかどうも稽古がうまくゆきませんでした  せいが高くて頑丈さうな曲った  せいの高い顔の滑らかに黄いろな男がゐた  せいにはしなかった  セイももとは千垢離などの千だったかも知れぬが  セイと心得て  せいでそんな夢を見た  せいかいやに湿り  せいか侍の顔に微笑が浮んだ  せいでその気の置ける  せいばかりではありますまい  せいとはいわさぬぞ  せいかジョルジュの話をする  せいか皮膚が鉛色にドス黒くなって  せいじゃないか知らんと思ったくらい  せいか芳香がしない  せいでなければそれは王の身の上にかかる  せいだなどと人に後指ささせぬ  せいか無口の柳吉が一層無口になって  せいだと思ったらしかった  せいが高いので寧ろ痩せて見える  せいが高すぎるよ  せいの高いくろい外套の男が雨雲に銃を構へて立つてゐる  せいの似た  せいになさるが  せいか覚えがあった  せいかもしれません  せいで仕事ができた  せいでサンマになる  せいかエサをつけないと釣れない  せいではございますまいか  せいか毎年春の来る  せいの高いかたちが過ぎて行って  せいの高い青年が一ぱいに風に吹かれているけやきの  せいか蒸し蒸しするので  せい出して働きました  せいで働け  せいの高いかたちが過ぎて  せいの高い青年が一ぱいに風に吹かれてゐるけやきの  せいもあるでしょうが  せいの高い青年がいっぱいに風に吹かれているけやきの  せいではないかも知れぬ  せいと見  せいのみではありません  せいかその晩はわけて暗いように思われた  せいか復一は東京を離れる  せいにしていた  せいで肩が凝った  せいが高くなりましたから  せいが高くなったし  せいか彼の様子が何となく普通とは変って見えるので  せいだったかもしれません  せいか半七の頭も余ほど軽くなった  せいか彼女の瞳のひかりも柔らかになった  せいにされちゃあ困るじゃあねえか  せいか何だか物すごいように見える  せいか何となく物凄い場所ではあるが  せいでちっと取り逆上せている  せいかも知れないと云いながら  せいもありましょうが  せいだとも云い  せいが借りられて  せいが顏色を變へて行つて見ると  せいの家は潰れなかつたので  せいの家に滯つてゐた  せいが十月初旬出て  せいの家から岡持ちでご飯を運び  せいに向けてゐた  せいに向つて叫んだ  せいの顏に手紙を突きつける  せいも斯う叫び罵つた  せいだと思ったので  せいか平をんでげす  せいにしようとした  せいであるとばかり解していた  せいをくずすが  せいとも云えるが  せいでござんしょう  せいだともいうし  せいだと観念致しました  せいではありますまい  せいか山崎譲の後ろ姿のようにも見える  せいか美しい眼のあたりがひどく窶れている  せいか夜気の肌触りは身を切る  せいでしょうとは云ったが  せいだろうと打ち消したが  せいか晴れやかな色には宗助の眼に映らなかった  せいででもあるかのごとく  せいかと解釈する  せいだろうと思って  せいか客がだいぶ立て込んでいるので  せいかとも思ったが  せいか経過は至極順当に行ったが  せいか疲れるね  せいで声が癇高く走った  せい思ひがけぬことで大い拾ひ  せいかも知れぬが  せいではあるまいかと考えた  せいというものが有する  せいがテレ隠しにすすめる  せいを追及して  せいの眼の前に置くと  せいの肉体を痛快らしくながめて  せいが飛び上って  せいを退却させてしまってから  せいではないと力説する  せいであるかもしれない  せいの方に差出し  せいを頤で指す  せいかどうかこの頃帝大の成績は問題にならない程  せいかひどく黒ずんで  せいか一向に意気が上らない  せいかも知れないぞ  せいぐらいある  せいだろうということを認めずにはおられません  せいにして置けなくなった  せいだと思っていた  せいもあるわ  せいだけのものであってくれたら  せいだとか癇のせいだと申しておりますが  せいでもありましょうが  せいかそこだけ少し分厚なように思われるだけで  せいってことにしておくべ  せいか戸の隙間に仄白い薄明りさえ感じられた  せいになると  せいか灯ともし頃になると  せいかもしれなかった  せいかあるいは豪放を気取ってか分らないが  せいがめきめき高くなりました  せいではないかと思って見なおした  せいかと疑ったほどだった  せいだと見られない  せいにした  せいでありでもするかの  せいの低い花が咲いていて  せいの高いおじいさんが言いました  せいの高い目がねをかけた  せいの高いクーボー大博士がひらりと飛びおりていました  せいもありましたが  せいの高い男が来て  せいにしては  せいか祖父灌園は非常というよりも  せいか百姓の労苦をよく知っていた  せいも手伝つてはいようが  せいでしようが  せいかじめじめとしていて  せいか誂向きに浮いて来ないらしい  せいか背恰好もあれに似た  せいでもあり  せいでお出ましなさるなら  せいがいいじゃござんせんか  せいか四条の大橋の彼方に並ぶ  せいでそうなった  せいとされた  せいばかりでなく死人のにおいがプーンと鼻を打ちました  せいだと時々ヒステリーを起す  せいだとも云いましたし  せいだとも云った  せいかと変なことまで思いついたりして  せいのいい音を立てる  せいの高い肥った  せいの低い男がいきなり異教席を立って  せいの高い鼻眼鏡の公爵が段をあがって来て  せいの高い山ぶし  せいであるかとも考えてみる  せいもあったかも知れませんが  せいか眼鏡をかけて  せいであったかも知れないけれども  せいか知れないけれども  せいかも知れないと思った  せいで居られては  せいでにわかに辛辣になってきて  せいだとしたかった  せいか俄に遠くかすかになる  せいで藁草履を穿いて歩いてる  せいでもござりましょうか  せいの良い壮い  せいかも判らない  せいのうと呼ばれてゐた  せいか何かかすかに私の耳にひびいた  せいだろうと思いますが  せいで幸福になります  せいで成立しなかったので  せいか幾分声を忍ばせたらしい  せいかも知れませぬが  せいであらう  せいでしょうと云われてみると  せいに笑いこけたりしている  せいであろうと思う  せいで友に疑いをかけた  せいだと信じ込んでいる  せいにもよるだろうが  せいにされた  せいかもしれませんな  せいだと見なして  せいで彼女が逃げ出した  せいだとした  せいで彼が苦しんでるという  せいかなんとなく感傷的な心持ちがした  せいでないのを私は知っています  せいか殆んど全く作らない  せいで間に合わせなかったなどと思われる  せいもあったかからだが  せいだとして面白がった  せいで垂れは上げて  せいだか自分にはサイクラメンという名前よりこの名のほうがなんとなくふさわしいような感じがする  せいか女官たちへはその意味の好意を見せる  せいでこのままこの女と別れる  せいであったかすべてが無事に済んだので  せいだったと思われる  せいか病気ばかりする  せいにして悲しんでいた  せいかお描きになる  せいだろうとありがたく思います  せいからも泣かれる  せいではなかろうと思われる  せいだと思いましてね  せいで私のために苦しまれるくらいなら  せいで色を失ってきた  せいではないことを頑として言い逆らった  せいか和琴の調べを絶妙のものとしてお聞きになる  せいだったかもしれぬが  せいにしてしまふ  せいかほっそりと痩せて  せいでもあるでしょうが  せいか夫人は苦しがって  せいでまもなく明けていった  せいだとあなたは言っていたから  せいかぼんやりと曇って  せいかしらと思いながら  せいとかいうことになる  せいだとむしろ喜び  せいか美しい趣は劣って見える  せいつてこた  せいで頭脳の平衡が破れると  せいかないように思われる  せいか思ったよりすいていて  せいかしれないね  せいか黒ずんだ  せいと思召しての  せいか胸がムカムカしてな  せいでもおありでしょうが  せいかも知れないわ  せいの働いていた  せいに違いないと思いこんでしまう  せいか変った  せいもあらうし  せいの様にして怒鳴り立てた  せいはすらりとして  せいかも知れねえや  せいかとも思いますけれど  せいとはし  せいであろうからよくとりなしてくれる  せいだろうと判った  せいだとか云う  せいで貧乏くじを引く  せいほどのしほれを見せて積み込まれた  せいだといいふらしてやった  せいのように傴僂になっていて  せいもあったかも知れない  せいもあらう  せいだと人はいうが  せいと云ふ  せいという役を勤めていた  せいか深い思に沈んだ  せいも高いし髪もゆってる  せいにしなくっても  せいもあるかも知れぬが  ゼイをこらして  せいかも知れないと考えた  せいの水槽のまへを通り  せいの低い犬の毛皮を着た  せいでお父さんが寿命をち  せいであると考えている  せいを出したり  せいか自分は女なのにもかかわらず  せいもいくらかはある  せいだとしか思われなかった  せいじゃなかったか知らん  せいもあってだろう  せいばかりではありません  せいかもしれないけれど  せいか時に陰気くさくさえ見える  せいか父の頭も軽くなり  せいか矢立てと筆の方が描き  せいか誰だとてこの世界には憎みが有てない  せいの高い草を分けて  せいもない妖女もいましたが  せいの低い滑稽な顔をした  せいが届かなかった  せいの低いずんぐりした  せいにおべんたうをひらいて  せいか他処より一そう白白と見える  せいかそれが酷く淋しく聞えた  せいで雑所様に叱られた  セイだと思いちがえて  せいのように考えたり  せいで腰が少々曲っているから  せいと云う  せいでもあったか  せいだと言ふだらう  せいに解きほぐす  せいで何を言う  せいであると思い込んでいた  せいでもあったろうが  せいにしないでよ  せいで物事気にして  せいにしたりする  せいよりとある  せいが高くなって  せいでそれが止めになってしまうという  せいで咽喉の皮膚がたるみ  せいではないかとも思ったが  せいか瞼の縁が黒くなっていた  せいばかりではなかったように思います  せいではなかったかと思います  せいか一々記憶に止まっておりません  せいにしたり  せいで早く暗くなる  せいだろうと思った  せいがとどきません  せいだと論ずる  せいかと思い  せいだろうと思うが  せいだという  せいか後屈症を起して  せいもあらうが  せいだと思いますがな  せいだと分ってしまえば  せいだと思うよ  せいであるかのように思われた  せいの高い大きなからだをせかせかと小股で運ばせながら  せいか微かに慄えている  せいと庄吉との暗黙の争いは次第に激しくなっていった  せいにしようとしたりする  せいと悪いことはみない  せいであることがわかります  せいにしてしまうのよ  せいもあったし  せいじゃ無いような気がするわ  せいほどの影がまだ残っている  せいではありませぬ  せいでしょうと思いますけれども  せいで火のように紅く炎えている  せいか不思議なことには手足を普通に振っていた  せいになって  せいの看病を受けてゐた  せいのお酌で飮み始めると  せいの看病で私は救はれて  せいはいつもの相手を疑は  せいか描写でゆく  せいも加わって  せいだか知らないけれど  せいでもあるらしかったが  せいであったのかも知れない  せいにします  せいにしたとすれば  せいだと考えたが  せいだと責めたりする  せいか気が短かくおなりなすってねえ  せいばかりとはいえず  せいなんだから少し横になって  せいといつしよに  せいに迎ひに  せいに云はした  せいもゐて  せいが私たちを呼びかけて  せいに追かけ  せいの隙をうか  せいの爺さんと相談して  せいが一ばんあるだらうが  せいで入るとは  せいだらうと思った  せいを正しくすると  せいであろうと思います  せいであろうかとも思った  せいと思ふ  せいか九時半に眼がさめる  せいか辿  せいか上気した  せいでそう感じた  せいもあるかも知れませんが  せいか膝にハンカチをひろげて食べている  せいを出していらっしゃるから  せいかみんなよくこの茶をのむ  せいかいやに真暗な町だなんにも見えない  せいか提げている  せいか顔にどこか愛嬌がついた  せいで面会はくたびれた  せいか口を利き  せいか旅行用品部のどこを見ても  せいかまだ学校へも行かずに  せいか悄気て見えるだけで  せいの高い帳場の台ごしに  せいか一そう虐待しはじめる  せいばかりにする  せいの高い若者があらわれて出た  せいか何かコケチッシュにも感じられる  せいかも知れぬ  せいかオナラの滑りがよくなって  せいではありませんよ  せいもあるかも知れないが  せいだといふ  せいであったかも知れないが  せいかと思ったわ  せいとうのし  せいかと思っています  せいに吹き出した  せいだという気になる  せいだらうそれとも何時ものやうに風の具合で木の葉が動く  せいかそんなに知りません  せいだろうぐらいに思っていました  せいもあります  せいに話しかけたりした  せいに呟いたが  せいだからというので  せいにちがいないと考える  せいもあるとは云え  せいか何かで歯が三本虫くいになっている  せいの低い顔の黄いろなじいさんがまるでぼろぼろの鼠いろの  せいの低い顔の黄いろなぢいさんが  せいかうす暗い部屋の中で見る  せいの低いひどくねじれた  せいの低いひどくねぢれた  せいでもありますまいが  せいか髪も濡れ  せいか若葉まで静まって  せいにしようと思っていた  せいででもある  せいだとは少しも考えていなかった  せいで顔色がよくないように見えた  せいかその身は肌着一枚になって  せいで私の名前を記憶にとどめておられ  せいだろう位に皆考えていた  せいでもあったが  せいやカンのせいで文学者になった  せいとわかった  せいかどうかわからないが  せいではないと思いながらも  せいで光っている  せいか今まではなるほど  せいか狂人も二人ばかりいます  せいに帰していた  せいだという気がして  せいなのかもしれない  せいだったかもしれないよ  せいであろうと察せられた  せいではなさそうに思われてきた  せいか革を噛む  せいだといっているね  せいか少し御不快の様に見受けられました  せいのように推つけて聞かした  せいだと考えた  せいだというはなはだ手取り早で少し疑わしい学説もある  せいだとは云わせないぞ  せいか二三日前にそれを話し出したら  せいでかたまって来る  せいかもっとかっしりと  せいかまだ床に居て  せいかツワイクのマリー・アントワネットとは全くちがい  せいと思っていたが  せいだと思っており  せいか今度は触れた  せいだと言った  せいだと思いますが  せいかしらぬが  せいにそつと隣りの  せいかこんなものが出来て  せいで気にすると云って  せいか人の通る  せいかずっと若くなった  せいでそんなことになっちゃ  せいばかりとは申せません  せいでひどく疲れました  せいか知らんけれど  せいのうとも発音したらしく  せいが話のうちに私は坐つて居ると  せいか室の中が急にシンカンとなっている  せいかも知れないけど  せいかその簡単な挨拶が少し硬いように聞こえました  せいだと思われる  せいだとおもつてゐた  せいのいいことをいう  せいでちょっと変に見えるが  せいであるともいえよう  せいの低いダルゲが手を額にかざして  せいだと私は思う  せいかあたりに雨だれの音さえしない  せいと言ふ  せいだと思ったらしく  せいか言葉つきも東北の方言と違っていて  せいか一層歩き  せいではあったが  せいにしちまった  せいかしらん  せいとは考えられていなかったに  せいだと教えてくれる  せいばかりではないかも知れない  せいでたちとまり  せいだったのかも知れない  せいだと思い込んだらしい  せいかとも思った  せいか急に気持ちまでが何んとなく明るくなった  せいのような気もされて  せいで部屋にはいたたまれなくなられた  せいか来る  せいか躯中に虫がわいた  せいなのだと思うと  せいもあるであろうが  せいとはいえ  せいか少し上ずって聞えた  せいかも知れませんな  せいか溜らなく  せいだと笑っていましたけれど  せいだとしよう  せいも大いにあるでしょう  せいのみには考えられない  せいにするかもしれない  せいにばかりしたがる  せいと見る  せいだとして読者の寛容を祈る  せいよりも自分の話題で紅潮した  せいとは決して思っていなかった  せいでもなければ神経作用とも思えなかった  せいかも知れなかったが  せいかと考えている  せいだとかいう訳にはいきません  せいかその顔には暗い影が宿っていた  せいにしょうとした  せいかも知れないと思っている  

~ せい[名詞]1
天候のせいか  齢のせいか  まま不動のしせいを  直立不動のしせいを  石太郎はぎせいに  平生健康でもあったせいか  気のせいか  貧乏のせい  ブルヂヨアイデオロギーのせい  つて降つていつせいに  時間のせい  新入生のせいに  季節のせいばかり  蒲団のせいかも  寝不足のせいも  断酒五日にわたるせいかも  唐辛とのせい  わのせいに  重宝がっているせい  眼のせい  酩酊のせいばかり  ラジオのせいも  国体のせい  気のせい  化粧のせいばかり  サケ料理のせいかも  腹工合のせいかも  泥棒のせいと  ものにしてしまっているせい  私はせい  精神のせい  出来にならないせい  問題だけのせい  病気のせいばかり  ふだんに変らないせいも  嫉妬のせい  考えがあるせい  我ままのせいかも  浮気のせい  一つであるにすぎないせいでも  らを決めたせい  いろいろな気づかれが重なったせい  外套のせい  寺に育ったせい  さのせいかと  年のせいか  梅雨期にはいったせいも  病気のせい  のはせいの  横にせいの  失敗のせい  気のせいかと  眼のせいかとも  初対面のせい  急に走りだしたせい  誰のせい  怪塔王のせいに  番をしていなかったせい  手ざわりのせい  骨を折って植えるせいは  下積みとなってしまうせいかと  頃湿気を吸ったせいか  生死を払わないせい  帰り道だったせいも  妊娠の進んだせいも  気が張っていたせい  あまり心を苦しめなすったせい  病身なせいか  からだのせい  お前さんのせいとも  年のせい  煙のせいばかり  暗幕のせい  月のせいも  天気のせいかも  豹一のせい  泛んだせいも  村口多鶴子のせい  夜ふけのせいも  ものが欠けていたせい  感触のせいばかり  興奮していたせいも  殖せよのせい  私の至らぬせい  アノ児のせい  休暇に当っていたせい  茶色になっているせい  老い社務も倦んで来たせい  ものが出来たせいも  守護のせい  良材を使わせたせい  雰囲気のせいも  もののせい  習慣になったせいも  娘もあったせいも  娘はせいの  起き伏ししていたせいも  気のせいで  一斉に明け放されるせい  蓄膿症のせいかしら  産のせい  一人になったせい  変になったせいかも  気が立っていたせい  席にいたせい  残存蓄積するせいも  エミルのせい  空気のせい  嵐のせい  量のせい  好意を持ったせい  虐待を受けたせい  病気のセイから  時刻のせい  中で歌っているせいかも  戦死したせい  雲のせいか  ランプの光りのせいか  心を惹かれていたせいでも  どんぐりのせい  会社ともにいつせいに  お年のせいとでも  さが残っていたせい  雨上りのせいも  ブランデイを飲み過ぎたせい  空気がしめっているせい  貉のせいか  神経のせい  樹木のせいかと  気のせいと  酒のせい  先に呑んでかかるせいも  私のせいじゃ  お前さんのせい  空明りのせい  耳のせい  生れついて呉れたせい  不便なせい  世阿弥が話しかけているせい  月明りで見るせい  夕暮のせいも  葡萄酒のせいも  めっとせいは  めっとせいにも  めっとせいという  云うめっとせいと  思慮の足りないせい  夕方のせい  お前のせいじゃ  ことのせい  転換のせい  郷愁のせい  目のせい  卑屈さのせい  眼をしていられたせいでも  楓を嫌ってしまったせい  自分たち自身のせい  高等教育のせい  引越に疲れたせい  茶代をやらないせい  オレのせいに  口のせいに  病気になったせい  患者がこなくなったせいじゃ  お気に召していたせい  高血圧のせい  身にせまっているせいかも  体のせい  何のせい  俺たちのせいじゃ  教育されて来たせいかも  絵を描いているせい  ように見えるせいかとも  性に合わないせい  確めたせい  麻痺したせいかも  どこかへ抜け出ていたせい  愛情のせい  名村先生に惚れてるせいに  催眠されたせい  ッと溢れたせい  ようになったせい  椅子に変わったせい  気が張りつめて居たせいか  風のせい  治六がいなくなったせい  懦弱者であるせいかも  人間のせいの  はり金がはいっているせいか  店のせいばかり  精神不安のせいか  お前のせい  俺のせいじゃ  人間のせい  自分のせいと  重力が減ってきたせい  宇宙塵が取巻いているせい  耳に届いたせいでも  話になっていたせいばかり  馴ぬせいか  不精髭のせいか  場内一パイに冴え返っていたせい  人はせいも  眼のせいとも  んだせい  人柄のせい  過労があったせいも  みな兵のせいに  陽気のせい  天候のせいかも  虫のせい  お年のせい  目が肥えてきたせい  黒点のせい  危んだせい  美衣美食に馴れたせい  運命のせいに  不景気のせい  下落したせいも  男のせいで  君のせい  夜のせい  天気のせい  勉強のせいに  映画を見たせい  日本のせいに  空になったせいか  蹄鉄がへったせい  んなせい  ことばかり考えているせい  青空へもせいの  鳥でなかつたらせいが  矢張り体のせい  安心のせいも  日中のせいか  まつげのせい  船で帰って来たせい  あなたのせいじゃ  私のせいの  お上さんのセイが  食あたりのせい  覚悟がついたせいかも  モロー彗星が近づいたせい  休になるせい  脳をしばったせいかも  左右にゆれるせい  恐怖を抱いているせい  病身でもあったせい  無自覚に手伝ってくるせいも  瑞兆のせいに  勅使のせいの  熱のせいで  痺れ薬のせいで  気ままに育てられたせいも  ことができなかったせい  下張りにせいを  病気のせいか  強迫観念のせい  間へ来ているせい  匹敵すると見積られているせい  時代のせいに  ものは急いでせいの  自然科学のせいにまで  木はせいばかり  気のせいの  陽気のせいじゃ  近所に居合わさなかったせいにも  梅子自身のせいと  ことを知らなかったせい  気のせいじゃ  照しているせいに  死骸のせい  なんのせいか  辻のせいばかりじゃ  アあんたのせい  硝子のせい  あっしのせい  味覚のせい  風雨にさらされつくしたせい  耳のせいか  中野卯三郎のせい  幻影が残ってたせいも  旅情のせい  月光のせいばかり  人柄のせいかも  取り越し苦労のせい  荒木はごうせいに  わしはおっとせいを  スペクトルに富んでいるせいも  ように立ち還ったせい  動作を始めたせい  レモナーデを飲ませたせい  アパートを見せないせい  一挙一動に行きとどいているせい  ようにしているせい  孤児のせい  年のせいも  私たちのせい  ヒネクレているせいかも  気が移ったせい  女給のせい  年齢のせい  裸体のせい  灯のせい  出口をふさがれているせい  二のせいばかり  長平のせい  ミレンのあるせい  ヤキモチのせい  ようなせい  上京を煙たがってのせい  フトコロのせいだけ  恋のせい  アンチャンがついているせい  アンチャンのせい  キッピイにぶんなぐられたせい  目に曇りができているせい  値打を知らないせい  ミレンのせい  特典のせいかも  バカのせい  みんなバカのせい  家に甘えているせい  目算がたたないせいも  さのせいも  月世界に住みなれたせいで  磁気嵐のせい  純一に思いつめたせい  役者でなかったせい  役者でないせい  食い物のせい  彫り物のせい  落着きすぎてるせいかも  気のせいかは  銅味に染んだせいか  樹のせいかも  陽気のせいか  風呂に入ったせい  気持ちのせいばかり  二日酔いのせいじゃ  海で切り離されているせい  寡聞のせいばかり  まつたせいで  奈良で産まれたせい  運命のせい  小女のせい  化粧のせいか  出癖もついていたせい  日の暮れたせいかも  土質のせいか  明治十五年以後に生まれたせいかも  日英同盟のせいかとも  気乗りしていなかったせい  日本人にしてもせいの  ヤーロのせい  下手なせいか  雨のせい  あとにせい  傾向ありと見たせいかも  初対面に食べすぎたせいも  火傷を負ったせいも  弱視となったせい  気がたっていたせいか  怪力のせいか  気持のせいが  悪癖があったせい  ゴルフに凝ったせいか  みんな皮膚病のせい  哀れさが救えないせいも  高価になったせいか  多汗症のせいも  用意しておこうと考えたせいも  トグロを巻いているせいだけ  ケムにまかれたせい  ヘタのせい  勉強のせい  あとに生れたせい  加入のせい  力のせい  生活をしているせい  人ぎきのわるい得票数に終ったせいの  平気のせいも  手にはいらなかったせい  おじいさんがかわいがりすぎたせい  戦争して負けたせい  生存を托しているせい  禁酒しているせい  さのせい  寒気のせい  気のせいばかり  背にして立っていたせいでも  無邪気なせい  緊張のせい  目を突かれたせい  バラックであるせいも  グウタラとのせい  私のせいに  ように思っているせい  境遇のせい  丁稚姿のせい  中日のせいも  気のせいかも  保線区であったせいか  勤勉なせい  入手出来ようなどとは考えていないせいでも  身体のせい  技術のせい  ヤジウマ気分のせい  別懇であったせい  印象のせいかとも  わしのせいじゃ  さによるせい  叔父のせい  慾にかかったせいか  静にせい  明るみで見るせいばかり  空腹のせい  自身のせい  ポーズのせい  月に向かっているせい  喧嘩をしたせい  なんのせい  ものが足りないせい  気候のせい  小説のせい  芸術的誠実のせい  注射のせい  ところを起こされたせいか  薬のせいで  変調のせい  目のせいか  烏のせい  つてゐたせい  気がするせいかも  自分のせい  我儘のせいに  矢張りおせいの  腹掛のせいじゃ  眼窩のくぼみのせい  感傷のせい  年のせいという  小銃弾をいつせいに  何も知らなかったせい  何をなしたかを知らなかったせい  おれのせいじゃ  郷土びいきのせい  鈍感であったせいかも  自分のせいの  人のせいには  車掌のせい  時代のせいかも  失業時代だったせいも  方を間違っているせい  父のせい  経験しないせいか  酒のせいに  女は思いつめたせいか  医者のせいが  興味をもたないせい  病気のセイ  心になずまないせいも  感動のせいかも  呼なせいや  屠蘇のせい  俺のせい  忿怒のせい  悪条件のせいばかり  酔狂のせい  年効のせいも  唐辛のせいの  螻蛄のせい  娘さんのせい  大地いつせいに  黄いろに尖ったせいの  病気のせいで  者に思って居たせいも  帆村荘六が酔っ払っているせいばかり  妊娠したせい  嫉妬をするせいばかり  むやみに駈け通したせい  客観的批評のせい  妊娠していたせい  男のせいか  適当なせい  欠陥のせい  廃頽のせい  世の中のせいかという  隊のとうせいを  誰のせいか  反射をするせいと  ほうにぶつかって行ったせいも  方に打つかって行ったせいも  鳩麦のせい  一時に出て来たせいも  東京へ出ていたせいで  正確なせいか  ランプがなくなったせいに  霞をかけるせい  過去を眺めるせい  上病気のせい  三日寝なかったせい  お話のせい  廻転しているせい  獣のせい  のに馴れているせい  虫のせいの  つまり虫のせい  近くいるせい  残忍なせい  時に臨んでいたせい  白目のせいかも  酒のせいかも  場所で聞かされたせいかも  本線シグナルつきのせいの  波がやんだせい  骨を喰ったせいじゃ  興を覚したせい  お前のセイ  者のせい  あなたのせい  入れ歯をとっているせいも  疲労のせい  私のせい  息吹きのせい  彼のせい  不注意のせいに  刺激を与えるせい  希薄なせいかも  あらしのせいかと  様子があるせいかも  物語をくりひろげていたせい  一緒に来たせい  湯あがりのせい  気持ちになっていたせい  電燈のせいで  血のせいとでも  所に出ましたせい  切開できるせい  らしったせい  和服に着換えているせいも  退屈であったせいは  長居をしたせい  雨が降っているせい  ビッコのせいか  夜のせいか  非道かったせいかも  咽喉を痛めているせい  勢力のせいも  頭に残ってたせいか  ウイスキーのせいばかり  楽書のせいかも  気持のせいかも  安心をしましたせい  慶助はせいの  時から飲み馴れたせい  臆病なせい  やつのせい  ビールのせい  手配不備のせい  食糧営団に勤めているせいか  不精のせいか  帰りというせいかも  黄昏のせいかも  色町に育ったせいか  ケチンボーのせいに  不自由になるせいも  境遇におかれてゐるせい  埋立地のせいか  日の射さないせいも  夜更しをしたせいか  合成酒のせいに  祭日であったせいか  電話だったせいか  風呂敷のせい  庭のせい  笑顔のせい  病のせいに  みなお前のせい  おれのせいかの  ことなどのせいも  戦争のせい  暑気のせいも  過労のせいも  人のせいに  ツマされるせいも  僕のせい  老い干乾びてしまったせいかも  奴に押されているせい  みんな旦那様のせい  何のせいか  天気のせいと  ようにがせいに  夫のせい  貴夫のせい  己のせいじゃ  僕がいたらないせいかも  戯曲に馴れないせいか  みんな私のせい  オツキアイするせい  トンマのせい  偏狭なせい  日本で受けなかったせい  態度のせい  入用になったせい  年のせいで  麻痺剤のせい  猫背のせい  仕掛けのせい  御免なせい  苦労をしすぎたせいかも  気のせいが  つまり蓄積がきれているせい  言論ダンアツのせいで  戦国時代のせいだけ  八百長的性格のせい  迷信のせい  寒波によるせいかも  惜んだせい  忍術のせい  当にしたせい  気がかりのせい  山手であったせい  不徳のせい  腕相撲に負けたせい  家へ帰れなくなるせい  対象だと思いこんでいたせい  腕ッ節のせい  ことが定められていたせい  プールを持たないせい  学が足らないせい  宿酔のせいも  二日酔のせい  のを押し隠そうとしてるせいも  肩にしがみついていたせい  利得のせい  胃カイヨーのせいも  ヒネクレているせい  反撃力がそなわっていないせい  前後不覚からまぬかれているせいかも  バクゲキされたせいかも  酷使のせいに  眩惑されているせいかも  先入主になっていたせい  刺戟するせい  安心をしたせい  警視庁に挙げられたせい  人のせい  理解できないせいも  ことを知り得ないせいも  それを言いたてているせいも  ところまで高まっているせい  商売意識のせいも  回復していないせいも  車のせいじゃ  アスファルトのせい  ドギモをぬかれていたせい  朝鮮事変のせい  綱のせい  ツレコミ宿であったせい  怨霊のせいかと  リューマチのせいで  気分のせい  不眠症のせい  時代のせい  敬遠したせい  近代性があるせい  近代的のせい  みな酒のせい  ハイヒールを穿いているせいか  時間が経ったせいも  疲れのせい  水を浴びたせい  水にめぐまれていたせいかも  モヤのせい  地図を見ていたせい  参拝客を失っていたせい  居住を要しなくなったせいも  死亡したせいも  復活したせい  胸底にあったせい  重大のせい  必要があったせい  都をひらいていたせい  迅速のせいかも  空魔艦のせい  手をさしのべたせい  真空管が熱しているせい  荷馬車のせいばかり  隣にいたせい  内容のせい  女子占領軍のせい  劇を扱わないせい  不案内のせい  難民たちが引きうけているせいかも  さを忘れているせい  臆病のせい  日本犬を飼ったせい  秋田犬と見くらべざるを得なかったせい  訓練を忘れたせいが  清らかさのせいも  半分山伏生活をしていたせい  んのせいに  寺育ちのせいも  喋舌ったせい  空家にしていたせい  ひとつになったせい  苦労してるせい  年配のせいか  小僧のせい  牢人が殖えたせいじゃ  習熟して来たせい  眼のせいかも  ためにせい  五倍もせいが  ことを案じているせいかも  あなたのせいで  画工さんのせい  菌を嗜むせい  古拙なせいばかり  生長液を飲んだせいで  齢のせい  徳のせい  ぼくのせいじゃ  厳粛主義のせいばかり  それのせい  あたしのいたらないせい  無知のせい  オッチョコチョイのせい  緊張しているせいか  怪獣のせい  土曜日だったせい  年齢のせいばかりとは  ものを感じたせい  必死がこもっているせいかも  城太郎さんのせいじゃ  季節のせい  感情が足りないせい  仕事のせい  不完全だったせいにも  運動のせいばかり  くらしをして来たせい  敏感のせい  遅れがちであったせいも  男のせいに  耳のせいと  気になっているせいと  生活してゆかれないせい  寝起きのせいも  怪人物だとは思っていなかったせい  不信のせい  下手くそのせい  偉力のせい  くつのせい  わたしのせい  大変だったせいも  稼業にせいを  根をかためていたせいか  さきをいせいの  疳のせいか  毎日スキナものを食っているせいかも  処を通って来たせい  とぐろを巻いていたせいかも  耳につくせいばかり  方方のせいじゃ  日課を務めたせい  神経のせいに  あれを読んでいたせいかも  読物のせいにばかり  雲のせい  恐怖のせい  部屋のせいに  遠方なせい  御飯を食べたせいかも  此処まで延びて居るせい  脂肪ぶくれに腫れふさがったせい  畑がちがうせいも  さを持っていたせい  手腕のせい  気が弛んだせい  肝臓のせい  飲物のせいかも  鼻を撲たれているせいばかり  酒のせいで  神のせい  ことを考えているせい  お神酒がまわっていたせいかも  低能のせい  戦争以来人心が荒んだせい  芯をむしばんでいるせい  憎しみのせい  メガネをかけていないせいも  根性のせい  不連続線のせい  問題を知っていたせい  佝僂のせい  風邪気味のせい  買はされてきたせい  職人たちが集まっているせい  なつてゐるせいかも  仕事にせいを  時間のせいかも  ことはさんせい  射撃のしせいを  運のあったせい  神経が弱り切っているせい  彼奴のせいに  顔を晒すせいも  大切にせいとか  笑かったせい  児のせいで  私が行届かないせい  習慣のせい  容貌のせいかも  即位だったせいも  大酔のせい  鳰のせいばかり  笑い黒子を忘れるまでには至っていなかったせい  おまえのせい  信仰しておりまするせい  夜のせいばかり  身分だというせいも  ずぶ濡れになったせい  行動のせい  移入されていたせいかも  #カンのせいで  私はさんせい  時代のせいや  マルクシズムにさんせい  方向にさんせい  私のセイ  私のセイでは  高等動物のせいかも  緑内障であるせいか  一つ見ておくんせいと  安心したせい  皆お前のせい  あなた方のせいという  大望のせい  飢饉つづきのせいも  時親だったせい  距たりがありすぎたせいでも  家柄のせいで  梨江のせいに  カゴをかついで走りすぎたせい  メスメリズムのせい  虫のせいか  助さんのせい  病人のせいかも  気軽のせい  手になっているせいか  予約されていたせい  再現だと思ったせい  推理になやんだせい  解消したせい  それはさんせい  胆がすわっていたせい  耳のせいかと  勇気を溢れ立たせるせいも  時勢のせいも  ものを失わせたせいかも  熱心に読んで来たせい  自ら信じていたせい  夜更しのせいも  酒宴のせい  身体にさしこまれているせい  一番生色が残っていたせい  泥酔のせい  恋心のせい  認定されないせいかも  親切のせい  炭のせいだけ  ナマグサのせい  ところが気に入ったせい  奇蹟のせい  理由があってのせいと  発見しているせい  手がかりを失っているせい  慾のせいとも  痲痺しているせい  咽喉が乾き過ぎていたせいか  欠点があるせい  年頃のせいも  犯人が分らないせい  虎の子を狙っていたせい  ようになったせいだけ  片隅に放りだしてあったせい  記憶していたせい  重大になるとは考えられなかったせい  薄暗がりのせいか  中絶したせいでも  怪人物がいるせい  信条のせいにも  墓のせい  特技のせい  ジッと待っているせいも  時期があるせい  一念のせい  行きがかりのせいで  女中めが惚れてるせい  依頼状を見たせい  心があったせい  んじゃないかと思われたせい  存在しなかったせい  機会のせい  騒乱のせい  耳うるせいわ  暗愚のせいとばかり  涼しげに見えるせいかも  場所のせいばかり  鬘のせいも  閑であったせいも  みんな虫のせいや  かんのせいか  金助は酔っていたせいか  段違いなせい  二人のせいに  ものともせい  目が馴れたせい  敵兵に阻まれたせいか  おもとのせい  敏感すぎたせいで  身を置いていなかったせいも  笛のせい  愛情のせいかも  時候のせいか  疲れのせいか  そばにいなかったせいも  女手がとどいていたせい  洗い物していたせい  嗜虐に似合わないと知っているせい  酒のせいと  時候のせいかも  目のせいかとも  返事が出なかつたせいも  氣のせい  教育のせい  熱心だつたせい  空氣のせいも  黒田組に居たせい  反射のせいだけ  育ちのセイも  來たセイも  衰弱しているセイかとも  服装のせい  日本料理を解さないせいかも  笛のせいも  背などを借らなかったせい  のを知っていたせい  ばをきかせて来たせい  年が違いすぎるせい  三人もいるせい  私がふとりすぎているせい  頭がはげているせい  掛けなせい  小学校にも行かぬせいか  足のせい  安心していたせいも  一郎はせいの  顔がわりがしたせい  霜が下りているせい  恐慌のセイ  猪首のせい  腰の曲っているせいも  チャンド君に打ち込んだせいも  こともいらないせい  琵琶のせい  洛内乱入のせい  つて自他をごまかしてゐるせい  ガソリンが切れたせい  材料のせいに  神経が疲れていたせい  他人ばかり残っているというせい  何にもならないせいかも  知り合いだったせいか  むやみにせいが  数本立っているせいばかり  色をして這いよっているせい  弟のせいには  裏切り者が出たせい  一族のせいも  暗君のせいかの  虫のせいで  酒のせいばかり  昂奮したせい  充分だったせい  寝坊したせい  風貌のせいも  盆地のせいも  競馬が終ってしまったせい  肉体を知ったせい  体がふとっていて働けないせいも  湯に這入らなかったせいか  頭に来ているせいじゃ  痲痺しているせいか  姿に出っくわしたせい  老年のせいも  不足のせい  きんのせい  金を出したというせいばかり  元来吃りのせいか  性病に犯されたせいかも  猫背でせいの  気のせいに  どうせいかうせいの  無謀のせいに  観点に立っておられるせい  癇のせい  板に乗っていたせいかも  勘のせい  執念のせいかも  薬品のせいばかり  人が劣っているせい  雪国のせいに  大半伊香保ですごしたせいで  それを食ってるせいで  カスで育つせいか  ラジオのせい  怪物のせい  極度に疲れていたせい  照されたせい  眼にはいったせいばかり  椅子の揺れるせい  年を取ったせいか  カムパネルラのせいの  一人のせいの  帽子をかぶったせいの  糸切歯の抜けているせい  背中がまがるほどせい  こと気にせいで  要領を得なかったせい  外を見なかったせい  虫のせいかも  上着を着たせいの  ぶつたせいの  アメリカ的対立感のせいも  #神経のせいに  閑散だったせい  文字のせい  魔力のせいと  急に光り出したせいのみ  空ッ風のせいも  そちのせい  あたしのせい  妄念のせいに  時刻になったせい  ダス・デモニッシュのせい  さを加えてきたせいも  便利なせいも  霧のせい  油断したせいばかり  関係があったせい  面目ないせいも  酒を飲み過ぎたせい  ものを見たせい  ゆうべ汗を取ったせいか  おしゃべりのせい  甲板上に落ちてくるせい  時代遅れのせい  頃思い当ったせい  東京近所も開けてくるせい  雷が鳴らないせいかも  こっちのせいに  雨に濡れたせいか  いやだったせい  陽気のせいで  ところがあるせい  女房に死に別れたせいも  焔硝が乾き過ぎたせい  京都へ来たせいか  動揺のせい  気にしているせいに  中央悪のせい  みなこれ戦乱のせい  徒のせい  じょうずなせい  のだと考えていたせいも  入籍できなかったせい  遊びよったせいじゃ  色気のせい  高潔なせい  水銀のせいとも  陰気に出来ているせい  不自由なせいで  弱点を握られているせい  武装のせい  山国にばっかり育っていたせい  今泣いたせいか  静かなせいか  道を間違えたせい  少年のせい  茸のせい  神経衰弱のせいかも  灯のせいか  毛の乱れたせい  暮のせいか  ヒステリーのせいかとも  何にせい  小枝のせい  行雄のせい  ヒロポンのせい  茂吉のせい  停電のせい  母親のせいに  ニュウスのせいばかり  旅籠気分に慣れていたせい  ようなせいも  落着いているせい  育ちのせい  彼自身のせい  宇宙生物のせい  立場を持っているせい  艇長を動かしたせいも  歎願したせい  記憶のせい  無実のせい  先行されたせいも  職業のせい  時間が続いているせい  一語のこらず聞いているせい  完全にやっているせいも  何処かに潜んでいたせい  特別に疲れていたせい  人間であったせい  自分のせいじゃ  地盤をあたためているせい  年を経たせいか  付加条件のせい  完成したせい  画面を観ていたせい  悲しみを通してばかり見ていたせいかも  丁度彼女たちのせいぐらい  状態のせい  絶頂を通り越してしまっていたせい  役者がちがうせい  安心といったせいも  つまり日中になったせい  このごろはおごってきなすったせい  ひとのせいに  季節のせいだけの  水のせいも  要求するせい  習慣のせいも  才筆のせい  豆に恵まれたせい  気のせいって  急にふえたせいか  日であったせいか  顔見知りだったせいかも  日本人はせいが  世間のせい  美貌のせい  うちに見出していたせいかも  不注意のせいか  メルキオルを恐がってるというせいばかり  敵のせい  われわれのせい  カラリと晴れたせい  詩的素質のせい  まれにしか与えられなかったせいかも  受け身だったせい  目のせいかと  ヒントを得たせい  欠陥があったせい  工合のせい  広葉が映るせい  燭で見るせい  憔悴とのせいに  がめになっているせい  波田のせい  いちめんにせいの  さっきのせいの  中からせいの  気候のせいも  角刈りにしたせいの  みんな火山局のせいに  中にいれたせい  宝物を授かったせい  供給が増すせい  無視されて来たせい  湯のせい  畠イジリをするせいか  質素なせいか  酒のせいも  みんな兵隊に取られたせいで  着物のせいも  おしなせいよ  定着していたせい  申入れがあったせいの  夜更けのせいばかり  暖気のせいばかり  雰囲気のせい  草のせい  下のせいか  親のせい  あっしのせいじゃ  えな親のせい  米のせいに  かってにせいが  貧乏知行のせい  役者たちのせいで  こととなっているせい  招きねこのせい  おいらのせい  打算のせいだけ  卑怯のせい  卑怯のせいに  小夜子サンを愛するせい  密輸のせい  一味だったせい  疲れのせいも  反撥してのせい  つえでせいの  気になったせい  我慢をしていたせい  船が揺れたせい  月が出ているせい  力が足りないせいかも  要領を得ないせいかも  金切声のせいばかり  中にもせいの  気になって見たせいかも  眼病にかかっているせい  知恵のせい  奈落のせい  行きがかりのせいばかり  考えごとをしていたせい  遊びに出さないせい  年を取ったせい  近眼のせいか  ヒガミ根性のせい  脳髄を犯されたせいかも  恋愛技巧のせい  夢中遊行のせいに  何もせいで  かけらのせい  クリストフのせいで  移り気のせい  勤労のせい  泉がほとばしり出てきたせい  潔癖のせい  空爆のせい  睡眠剤を呑みすぎたせいも  客であったせいも  中にいたせい  顔かたちをしていたせい  こと丸髷に結わなかったせいかも  おいらのせいじゃあ  娘のせい  おいらアのせいじゃ  損いになりましたせいで  女のあるせい  興奮してはしゃいで歩いていたせい  霜柱のせいじゃあ  わたしのせいじゃ  清らかなせい  わたしが酔っていたせいかも  小僧を乗せたせいじゃ  ところに落ちついているせい  力落しなすったせい  一同が恐れているせいでも  生活があってのせい  虚弱なせいで  内気なせい  不運のせい  健康状態のせいに  私たちのせいで  アントアネットのせいで  彼のせいばかり  心が乱れていたせい  皆そりゃ熱のせい  みんな病のせい  心持のせい  昂奮剤のせい  私自身探偵小説にあきてきたせいも  スタイルのせい  迎合性をもっているせい  寡読のせいかも  年波のせい  腕前のせい  異常心理のせい  話題のせい  墓まいりに行ったせい  魔法使いのせい  歯止めをかけたせい  女を愛しているせいかも  用心が足りないせい  疳のせい  舟のせい  櫓のせい  へまなせい  レヴィー・クールのせいで  それらを感じ得ないせい  義務とに慣らされていなかったせいも  手ずれたせいも  女のせい  男のせい  避暑地気分がなくなったせいばかり  ように書かなくなったせい  どの方へ向かってきたせいにも  助のせいに  病気もかげのせいかも  癖のせい  内気のせい  自分のせいで  間抜けなせい  オリヴィエのせい  ドレフュースのせい  あなたがたのせい  同い年のせいか  見当がつかなかったせいも  事をしらなかったせい  病気で弱っていたせいか  老境に入りかけたせいか  為に引合わないせいか  資本力のせいばかり  熱のせい  過敏なせい  大事にし過ぎるせいも  年のせいとでも  恨みのせいも  感冒のせい  感動のせい  職業としていないせい  さのせいで  旅をして来たせい  祈祷をしたせい  一つ年が加わったせいかも  源氏は見馴れているせいか  源氏は酔い過ぎていたせいで  毎日精進をしていたせいかも  階級でないせい  場所のせい  老齢のせいか  薄命のせいに  好きなせいか  くだすったせい  年のせいからも  定太郎のせいばかりじゃ  枝を矯められてしまったせい  ことでなかったせい  お祈りしているせい  時候違いのせいか  星のせい  私のせいで  みな病気のせい  ことを考えるせいか  影響のせい  煙草のせい  半ば病態のせい  心配をあそばされるせいも  内部のせい  文箱に入れてあったせいか  十分酒のせいに  物怪のせい  物思いのせいか  不幸なせい  終日起きていたせいか  年のいったせいかも  洗錬されないせい  #風向きのせい  混線のせいかも  おでん燗酒のせい  決心してまいりましたせい  一町と離れていなかったせいも  おばあさんに甘えていたせいばかり  神経のせいじゃ  おいでになったせいで  ことができませんでしたせい  眼のせいかしらと  眼のせいとかいう  才気も持たないせい  少将さんのせい  髪を洗ったせい  遠慮をすぎるせいか  窮迫してるせい  衰弱してるせい  アルコールのせいで  安眠のできないせい  橋姫のせい  接近して見ぬせいか  差があったせいも  時間のせいか  個人的なせいか  袴を作りなれたせいか  所のせい  幽鬼のせいと  己のせい  はつの祈ってくれたせい  ものにかぎられていたせいも  ぐあいのよくなかったのと両方のせい  於菟吉のせい  鳥打をかぶったせいの  髭のせいかも  研究ねっしんのせい  ことにさんせいの  へただったせいも  心のせい  オレが負けたせいかも  下心のせい  人間のせいじゃ  怨霊のせいに  銘仙のせい  着物のせい  旅馴れたせいか  眼のせいばかり  父のせいの  心の僻みが取れたせいも  一人娘で甘ったれて育ったせい  気質のせいにも  額にたれるせい  時代のせいも  年をとったせいかとも  光線のせい  色彩のせい  神経衰弱のせい  年齢のせいとは  不安のせいによる  情愛のせい  自分の到らないせい  無風流のせい  非常時のせい  モスコウ人のせいだけ  ラヴシーンだというせい  底にあったせい  意識のせい  充分定着されていないせい  官僚のせい  鈴木総裁のせいで  氣のせいほどの  紋ぢらしになっているせい  ひとのせい  世の中のせい  心労のせい  晩酌をとったせい  ジンのせいだけ  魔力によるせい  衰弱のせいの  煽り風のせいも  ところばかりが目立つせいも  綿を含ませたせいも  敷居のせいかも  さのせいかも  父の居るせいも  田舎者のせい  金持のせい  やうにせいと  鈍になっていたせい  さのせいか  一手に引きうけているせい  禍のせいに  疲が出たせいか  あたしのせいに  ぶんのせいに  ぶどう酒のせい  胃弱のせい  限りのゼイを  死病のせい  胃が冷えたせい  宿命を感じているせい  金銭のせい  健全のせい  脚気でむくんだせい  温灸のせいかも  温灸のせい  彼が来たせい  催眠薬中毒のせい  不眠のせい  頭に刻み込まれているせいかも  のを見ちゃいられなかったせい  靴下を乾かしていたせいの  靴下を乾かしてゐたせいの  キライのせい  意地のせい  暗合のせい  氣候のせい  発表さしてもらわなかったせい  室のせいかも  家のせいかも  方を見たせいかも  あたしのセイ  ところから見下してるせい  余り日が照ってるせい  仕立物にせいを  鍛練されるせいも  増のせいか  土地であったせいも  気のついたせい  妾のせいじゃ  石垣のせいばかり  熟毛のせいも  不作のせい  性質がいんきなせいか  時勢のせいじゃ  赤大根だったせい  ことができないせいも  滝に打たれたせいか  私は使いなれたせいか  御馳走酒に酔ったせい  日に輝らされたせい  昼間泥酔したせい  指だけのせいも  軍隊がいないせい  一人の肥ったせいの  下いつせいに  余り心配したせい  猫のせいに  心持のせいか  異常すぎたせいも  春子さんのせいじゃ  自分のセイ  近眼のせいも  狂神のせいの  腹工合のせいに  銀杏のせいと  女のせいに  年がいかないせいでも  物を食べたいせい  淫蕩のせい  力をいつせいに  お前らは見もせいで  気がゆるんだせい  年をとっているせい  汗が乾きかけたせい  出入したせいに  好きであったせいでも  身空であったせいも  所のあるせい  所があるせい  中で育ったせい  ドアのせいに  風のせいだけ  からだのせいでも  彼奴のせい  畜生のせい  音のせいかも  色のせいじゃ  小説をかいたりするせいも  他人のせいに  あとをひいているせい  灌木のせいが  硝子越しに見るせい  落付かなかったせいも  彼のせいで  女性のせい  子供だったせいかも  愚かなせい  不用意のせいで  熱があるせい  時間がたったせい  気持のせいか  みんな金のせい  教養しか持たないせいかも  退化生活を営んでいるせいかも  書生だったせい  人格のせいに  麻痺させられていたせいかも  電話が引いてないせい  執着を感じていたせい  酒がまわったせいも  気持になっていたせい  一番末席だったせいばかり  積り積ったせい  顛倒しておりましたせいか  シビレていたせい  どこが変わったせいばかり  気を痛めたせい  登り坂のせい  高を括っていたせいかも  気を取られ過ぎたせいかとも  覘をつけて来たせい  優長にしちゃいられないせい  教育を受けたせいに  山が囲んでるせい  初さんにやられているせい  ベルにはせいが  従妹だったせいも  したたかに吸込むせい  白痴のせい  金であったりしたせいでも  ビフステキを食うせい  老眼のせい  私にあったせい  ことが出来なかったせいも  虱などのせいかと  刺戟されたせい  ことをいやがっているせい  薬のせい  加減したせいかも  間気のせいも  こちらも生きてゐるせい  気が狂ったせい  ことを忘れていたせいも  異常現象のせい  地球に働きかけているせい  中毒作用のせい  時候のせい  看守長はせいの  遺伝のせいも  短かかったせいか  衝撃緩和装置が間に合わなかったせい  変になったせい  ライトを消さなかったせいじゃ  天気のせいも  小学校のせい  矢軍も得せい  新聞のせい  水蒸気のせいで  仕向け方のせいに  何のせいと  資格をもっているせい  乳不足のせい  母親が違うせいも  性のせい  あたしのせいじゃ  気のせいほどの  なになっているせい  名前がかわっていたせい  旅行なぞをしたせい  私が持っておりましたせい  作業のせいで  元気おうせいに  爆発であったせい  月に傾いているせい  行つたおせいの  美貌のせいも  モラルのせい  必要のせい  時代のへだたりのせい  バナナを食ったせいも  貧乏のせいか  ようで堪えられなかったせい  勃発しかけているせいも  貴方のせいで  美少女のせい  神経過敏になっているせい  色気だけのせい  作品のせいに  忠実のせい  過誤のせい  悪徳やあやまちのせいに  自分がやって来たせい  お年を召したせいか  年のせいばかりとは  環境のせい  南風のせい  月様のせい  いわしをたべるせいかも  安易であったせい  土竜のせい  神経のせいかも  仕事のせいが  我らのせいで  お前が入ったせい  精神をうちこまなかったせい  不動のしせいを  心配したせい  逆さにひっくりかえっているせい  扮装のせい  映画をやったせいも  骨組のせい  しばらく立止っていたせいばかり  脚のせいか  柳のせい  年も取ったせい  目が慣れたせい  神経衰弱なんかのせい  欠乏のせい  病身なせいも  服のせいか  家業にせいを  解毒剤のせい  気候のせいか  夜中のせいか  夜中のせい  気をはりつめるせいで  前歯がかけて居るせいか  ふくろにはいっているせいか  物語的に失したせいかも  女のせいばかりに  ばかにせいの  ひとりのせいの  人形のせいかも  乗合に揺られてきたせいも  のに釣込まれたせいも  生活をして来たせいかも  陸で浮かれたせい  天界を漂うせいか  食べ物のせい  意志薄弱のせい  駄文ばかり書いてるせい  食傷しているせい  事柄のせい  不馴れのせいも  調子のせい  彼自身が囚われていたせいかも  芳香に誘われたせい  処へ来ていたせい  アナタのせいかと  みよが立ち去るといつせいに  北風のせい  飲代にせいという  丹精のせい  気が弱っていたせい  気がいそいだせいも  モルヒネが入って居たせいかも  頭の足りないせい  不良のせい  変だったせいも  嘆きのせい  態度のせいに  連中がいるせい  愛のせい  多産のせいも  ドロドロにかきまざっていたせいも  符合しているせい  虫のせいや  側へ来ていて貰いたいせいかも  受験準備をしているせい  男がいるせい  盲腸のせい  水のせいか  髪を洗ったりしたせい  日があったせい  こをせいの  年末のせい  このごろ沈んでいたせい  隣同士なせい  毎日くりかえして来たせいも  あざみやせいの  土のせい  往復しなかったせい  物台のせい  好人物だったせいでも  訊問されたせいでも  毒気を抜かれたせい  イタリーのせい  種のせいじゃ  頭が禿げかかってるせい  独り者のせい  病後のせいも  温泉のせい  幻滅のせいに  読みにならないせい  ピョーストロヴォのせい  宝鏡先生のせいに  笑くぼのせいでも  虫が巣食っているせい  必要を感じなくなったせい  光線のせいで  今日起きたせい  素根性のせい  同郷のせいで  魚のせいに  じょうずだったせい  発明されたせい  旅であったせいも  ように思っているせいも  同感したせい  いびきのせいばかり  ように騒ぎ立てるせいでも  自信があったせいでも  おろそかにしていたせいでも  ものだとしか知らなかったせい  時限爆薬のせいと  説にはさんせい  考えにはさんせい  就職者として来ているせいも  女中のせい  もち米七分づきのせいか  りっぱなせいの  手のせいに  肌合のせい  機縁となっているせい  雪のせい  問題を投げかけられたせいも  環境によるせい  兄貴のせい  執心のせい  變化に富んでゐるせいも  過労のせい  機影を知っていたせい  酔いのせい  枯痩のせいか  ラジウムのせい  貢さんが睡がるせい  あんたのせい  皆金子のせい  皆お前のせいじゃ  貢さんのせいの  酔眼のせいか  夜打ちなんかに行ったせい  ことを思ったせい  余韻のせい  電気鳩のせい  鬼のせい  吹き抜き廊下のせい  ましになったせいか  健康のせいか  不足のせいか  人物もちがうせいか  疲れのせいと  ガンスイタンソのせい  存在したせい  汽車に揺られて来るせい  居眠りをしていたせい  修養の出来てないせい  塗料のせい  ものを生まないせい  乳のせい  生活しているせいかも  金とに溢れているせい  対手にしているせい  風が渡ったせい  諧調を合わせたせい  食物のせい  一度も見なかったせいばかり  天気だったせいも  屑ものを焼くせい  フェミニズムが染み込んでいるせい  僕のせいで  疳の虫のせい  風に伝わるせいかも  久しぶりだったせい  生活のせいも  風に心得ているせい  女房を失ったせい  気のせいだの  耳を傾げているせいか  スコシ酔っているせいかも  オヤジが居ないせいじゃ  久しぶりに聞いたせい  頭に染みていたせいも  砂のせい  ヘタなせい  常識のせい  施設のせいに  地震のせい  方のせいで  効果をもっているというせい  入母屋造りのせい  つやのせい  支那から来たせい  眼にしみるせいばかり  酒類を飲まなくなったせいかも  お母さまとせい  犬を恐れるせい  一つは見慣れないせい  砂地なせいか  神のせいと  強情のせい  無学のせい  どこかにあったせい  小石があるせいか  光のせい  孤独のせい  表情のせい  一日中流行歌をうたっているせいばかり  偏見のせい  弱みのせい  自分をきらっているせい  埃のせい  そばで見ていたせいも  寒気が増してきたせいも  お前たちのせい  やつのせいじゃ  自分一人のせいに  屠蘇のせいと  大型機のせい  増圧のせい  投書熱のせい  怠け者のせい  魂のせい  酒のせいとは  梅毒のせい  当局が認めたせい  稀薄なせい  自分が至らぬせい  久しぶりに逢ったせいばかり  葉のせいばかり  殺しもせいで  坪内さんのせいだけじゃ  身分のせいばかり  身分のせい  下手なせい  人徳のいたらぬせい  眼つきのせい  気のせいかとも  鞄のせいに  自分達のせいの  中性子のせい  空気のせいで  登校時間だったせいか  のを食べたせいか  肺病のせい  思いがあるせいかも  磁力を持っているせい  灯のせいも  磁力のせい  不明に対する憤りのせい  職業意識が燃え立つせい  残存しているせい  満足していたせいも  のがやりきれないせい  年中荷物をぶらさげて歩いてるせい  ここらを荒らすせい  里近なせい  娘だったせい  惇氏氏のせい  煤煙のせい  幼稚なせいかも  軍中状のせいも  想卵を抱いてしまっているせい  障壁に囲まれているせいも  彼のせいのみには  空便のせい  凡眼のせいかも  街のせいかとも  こっちのせい  別府のせい  頭にあるせいかも  封建のせいに  てんとう様のせい  時運のせい  気持があるせい  時代のせいにばかり  宇宙観に欠けているせい  家庭に育まれたせいと  子供だったせいも  眠り病のせい  機械文明のせい  不完全のせい  ビールのせいよりも  あたしのせいばかり  酔いのせいも  往復したせい  神経衰弱のせいとは  朦朧状態に陥っていたせい  瞳のせい  年のせいかと  #行詰まりのせいとも  眼のせいじゃあ  みんな眼のせい  家へ貰われて来たせい  神経が狂っているせい  時間のせいに  差異のせいに  自分自身のせいに  運動不足のせいに  硝子のせいに  さのせいに  私のせいばかり  お母さんのせいかも  ベッドのせいかも  

~ せい[名詞]2
そのせい  寒いせい  ないせい  そのセイ  どういうせい  鋭いせい  多いせい  新しいせい  弱いせい  高いせい  暑いせい  どうもせい  突然せい  疾くせい  深いせい  大きいせい  稚いせい  冷たいせい  暗にせい  あのせい  厚いせい  悪いせい  少ないせい  若いせい  薄暗いせい  醜いせい  どんなにせい  長いせい  古いせい  あるせい  低いせい  殊にせい  好いせい  遠いせい  無いせい  おもいせい  早いせい  このせい  いいせい  安いせい  近いせい  易いせい  早くせい  短いせい  小さいせい  どんなゼイ  わるいせい  暗いせい  そんなせい  豪せい  にくいせい  よいせい  がたいせい  久しいせい  忙しいせい  痛いせい  厳しくせい  ジンセイ  このセイ  でかせい  あんまりせい  なるべくせい  つよいせい  強いせい  黒いせい  そういうせい  つとせい  おおいせい  ハッセイ  赤いせい  ずるいせい  乏しいせい  少いせい  早うせい  激しいせい  なつかしいせい  あたたかいせい  浅いせい  とおせい  懐しいせい  怖いせい  そんなにせい  つまらないせい  珍しいせい  白いせい  あかるいせい  太いせい  薄いせい  うっとうしいせい  

複合名詞
エツセイ  せい二  一せい  せいちゃん  せいじいろ  さんせい  せい一ぱい  魂せい  心臓せい  息せい  此せい  せい一人  真似せい  毒殺せい  何せい卍丸  せいろう  パンセイ君  パンセイさん  察せい  世帯せい  余りせい  一セイ  びをすればとどくやうにせい  せいぢ  モルセイ  たんせい  セイはくり  セイタカコスモスセイタカコスモスセイクラベオテテヲアゲテモトドカナイタカイナタカイナカテナイナワタシノセイデハカナハナイ月  せい許  せいかき  馴合間男せい  せいちゃんの  せい君  せい公  身体せい一ぱい  小せい  せいみたい  せい坊主  せい一ぱい幸福  心配せい  せい餓鬼  ゼイ竹  金属せい  チンセイさん  チンセイ  チンセイはかぶり  中国人チンセイ  何せい人数  ちのせい  セイカン  案内せい  せい一杯  セイセイ  セイセイ息  せいろ  せい籠  いくらせい  出頭せい  一日せい  処分せい  せい二さん  せいかく  いちばんせい  大さんせい  せいせき  セイいっぱい  せい一ぱい走り  何せい木石様  せいッ  カケコムせい  不祥せい  セイロン  じいせい  何せい山  何せい養父  何せい遥か  一せい兵  何せい  三軍一せい  ッせい  何せい火急  なにせい小袋坂  せい祈祷  一せい市街  一せい旗  次女せい  止めせい  せいぎよく  加担せい  一せい射撃  降伏せい  セイロン茶  鬼せいばつ  せい相手  かいせい  けいせい買  ちいせい音  なにせい暗闇  せい分  供ぞろいせい  全快次第出勤せい  一同用意せい  煙止めせい  せい声  詮議せい  出馬せい  見張りせい  吹聴せい  せいけつ  せい高ひのき  セイ氏  確乎せい  セイセイ呼吸  せい位  はんせい  持参せい  ッせい騒ぎ  討死せい  伝達せい  日本せい  言上せい  せい年會  せい節  心せい  ちいセイ  何せい相手  せい様  せい様何  めえがおせい様  せい様自身  せい様一人  セキセイ鸚哥  せいこれ  せい一  一生苦労せい  せい公そう  せいたち  セイ公  みな一せい  一せい哄笑  毎日せい  農学生ら奔せい  せい倅  河津せい  せい時  ラットセイ  セイユウカイハツイニカイサンカイヒウンドウヲステテカンブカイハ  せいかす  せいばつ  セイレン  顔せい  せいぞろい  せい軽挙  一眠りせい  オイ確乎せい  何せい長篇  



前後の言葉をピックアップ
  背か  セアアル    政五郎  咳い  征矢野    正反対  


動詞をランダムでピックアップ
疎む縮める拝も切り出ししらけ中ろおびやかさ磨けよ追込ん古び費やさ揚りおわろ頷けるかがやかすちるつぶれる取交し掻き鳴す枝垂れ
形容詞をランダムでピックアップ
恥ずかしかっ恐れ多くはかなかれ険しかっ空恐ろしく由々しく憎々しきくやしゅうむさうぼろい白かっ荒う硬く熱苦しく見にくきだるけりゃ貴から白白しむごたらしき痒く