「せ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ せ[動詞]
腕を組ませ  腰かけさせ  瞬時窒息させ  沓を買って来て穿かせ  手伝をさせ  うちにひそませ  可能をひそませ  使命を一向に感じず、求めようともせ  こともせ  正面からぶつかつて行かうとせ  案内させ  いでせ  機会もないでせ  やうとせ  休みだつたんでせ  あんばいにせ  空気をふるはせ  甘味を含ませ  邪推を廻らせ  吉は思はせ  力を忍ばせ  痩躯を躍らせ  欲りせ  とりいでぬにせ  朝餉とせ  目をせ  顔をしてせ  実験をさせ  上にも踊らせ  判決例を読ませ  感じをいだかせ  努力をせ  持ち主にやらせ  批判させ  決行させ  硬直させ  ミチ子さんにお聴き遊ばせ  就業させ  返事をせ  上は必ず祟りをせ  おれは欺かれはせ  夜さりはせ  ざくらをせ  震はせ  胸をときめかせ  なつたでせ  白黒させ  喫茶店でもないでせ  稽古へいらつしやるのでせ  それあさうでせ  なつたんでせ  分りはせ  聲で、何でせ  何でせ  息をはずませ  手入れをさせ  春陽堂に頼んで刷らせ  翁を走らせ  舌をそよがせ  情をこもらせ  砂をしめらせ  空を透かせ  しまつたことでせ  仏前へ座らせ  使へもせ  相手をじらしたり、イヤがらせ  僕を酔わせ  苦笑させ  女の子を立たせ  加盟させ  事をせ  口授筆記をさせ  白目をぎょろりとさせ  ちゃらちゃら音させ  しょぼしょぼさせ  心配させ  目玉をパチパチさせ  音をさせ  入選させ  目をぱちくりさせ  雑記帳を出させ  手にそっと持たせ  吃驚させ  入院させ  私達を悦ばせ  喜を含ませ  かぶりたかつたには異ひなかつたでせ  面をとらせ  失望させ  鋭敏を利かせ  眼をぱちぱちさせ  反射させ  下にすわらせ  頃はせつせ  お客ももつと少いのでせ  ことがあつたでせ  仕掛なのでせ  らでせ  うまい口實を見つけられるでせ  主人にせ  物語を聞かせ  話などを聞かせ  冬でせ  つたのは、そのせゐでせ  やつてゐるでせ  しまつたやうでして、そのせ  玉葱のにほひをさせ  のではないでせ  記憶を蘇らせ  ものを起らせ  仕合はせ  吹つかへさせ  抒情的性質はどうかすると蘇らせ  鶏を飛び出させ  陣痛もせ  転載させ  太陽から飛び出させ  ようにさせ  願船なかりせ  神がさせ  ことをせ  私を迷わせ  力でなくそうさせ  屈伏させ  潰滅させ  微苦笑させ  どれ散歩でもせ  与太もとばせ  露がせ  風が出てさみしがらせ  現はせ  自己に執せ  山から音させ  犠牲にせ  味気ない思ひをさせ  気を腐らせ  言はじ、選りもせ  ものでせ  つて寂しくなるだけでせ  家をつくらせ  充実させ  手もとに置いて、できるだけしたくを長くさせ  色のを造らせ  から古本を取り出して来て持たせ  末子にも知らせ  不自由もせ  子供らをよろこばせ  話をして聞かせ  五六俵ほども多く作らせ  麦をも蒔かせ  方針を執らせ  独立させ  立場に立たせ  車を引き返させ  車をいそがせ  前髪をなぶらせ  ことなどを話し聞かせ  ことを、おのずから思い出させ  前進させ  くず屋を呼ばせ  お金もうけをさせ  ここらで休ませ  ここらで少し休ませ  信とせ  どこから来るのでせ  つて先づグループを作らせ  そこに坐らせ  なつたらどうでせ  はなしを始めるでせ  どなたでもお思ひになるでせ  御存じでせ  つもりなのでせ  ことでせ  さでせ  虹なのでせ  不思議でせ  涙をこぼさせ  事は容易いでせ  方でせ  孔雀でせ  色が現はれてゐたのでせ  笑ひ出したのでせ  憂慮も起させ  夢心地に入らうとまでさせ  方はないでせ  切つて挙げるでせ  日曜でせ  らうとすると、眠くなるでせ  解つたでせ  震はせたでせ  ことが出来なかつたでせ  音楽でせ  貴方には解らないでせ  笑はずに居られるでせ  からどうぞお聞かせ  身動ぎもせ  得もせ  糸をいかにせ  やうにせ  行つたのでせ  ことなのでせ  私に聞かせ  私を悲しませ  明瞭りさせ  十分調和させ  関心にさせ  ざる可からずとせ  天下後世をいかにせ  自己をいかにせ  時にせ  生殖器崇拝論者を喜ばせ  感じを起させ  子供をせ  紐で仰向かせ  うつ向かせ  生産労役をさせ  イカルスを死なせ  隠見させ  ジャン・ジョレスも死なせ  おしもおされもせ  想像させ  春吉君をまた喜ばせ  これもせ  白状させ  おともさせ  筋などを話して聴かせ  中へ忍ばせ  歩哨に立たせ  気兼をせ  身動きもせ  ばたばたといわせ  その男に会わせ  決心をにぶらせ  名をはっきり聞かせ  意味ありげに眼くばせ  麻酔させ  手に握らせ  室に待たせ  中島せい子を連れて来させ  谷村にわざといじらせ  中島さん、随分お待たせ  ものを嗅がせ  歯を咬みつかせ  窒息させ  別室に退かせ  安心させ  今晩九時に伺わせ  殺生はせ  杯をさせ  蜜蜂を思わせ  人が、それほど少くなつたのでせ  発表しないんでせ  世界にはいれないでせ  不満でせ  やうがないでせ  分もあるでせ  暴露させ  ことにはならないでせ  ことを考へて見てはどうでせ  神経過敏にしたでせ  ゆさゆささせ  感動させ  私たちをよろこばせ  インキをふくませ  おだやかに、けちけちせ  身にせ  冬夜の音をさせ  なまけものにさせ  つららぶらさがらせ  びつくりさせ  破裂させ  冬山から音させ  寝床に就かせ  笠もおちつかせ  上童に持たせ  外へ出させ  事に思い沈ませ  御事故に思い沈ませ  思召立たせ  馬をつながせ  所にしのばせ  首を討ちまいらせ  あきもあかれもせ  海に入れてさがさせ  内に入れて云わせ  和歌一つうたわせ  ごみをひろわせ  ここに御呼び遊ばせ  手をわけてさがさせ  ままにうらやませ  クルリクルリと動かせ  花をしぼませ  考へさせ  莟をもたせ  日はさせ  音させ  入場させ  音を聞かせ  時に去らせ  髣髴させ  四お互にせ  気のせ  ヂャブヂャブさせ  一寸も買って来りゃせ  荷は有りゃせ  匂はせ  働きをせ  二俵背負はせ  垢ほども有りゃせ  ぎりゃせんか、盗られりゃせ  小作もせ  仕事をさせ  笑はせ  妊娠させ  みさ子に持たせ  葉を茂らせ  とこは有りゃせ  枝を伐らせ  それにとまらせ  日のさせ  珍品を持たせ  驢馬にひかせ  月はさせ  口をとがらせ  ほんたうでせ  つもりなんでせ  仕方がないでせ  研究論文でも書いてゐるんでせ  ことはないでせ  つた後には困るでせ  変へさせ  軽蔑はせ  説伏させ  勉強させ  んでせ  何をしてゐるんでせ  つてゐるんでせ  季でせ  口をもぐもぐさせ  ショボショボさせ  蕾を膨らませ  小池をえらく思はせ  光に外させ  合はせ  用事を頼まれもせ  飢ゑも朽ちもさせ  全身に漲らせ  動悸を打たせ  地響きをさせ  先づ二階へ運ばせ  自身を織りこませ  成熟させ  來させ  からだを歩かせ  牛をあそばせ  ところの、せ  てふてふあそばせ  具体的にいひかへれば、ありもせ  七月十九日曇、思はせ  草をとるせ  蟻はせつせ  一相である、すすめて休ませ  費はせ  後始末をさせ  嘘をいはせ  味はせ  ライクロフトにいはせ  プレートへいかせ  野球をさせ  停止させ  僕が使わせ  往復させ  加速させ  始動させ  同調させ  自転車を走らせ  かば反射させ  身を躍らせ  変化させ  全身から水をしたたらせ  タイムを計らせ  集中させ  持続させ  タオルに吸い取らせ  腕になじませ  蓄積させ  判断したりせ  安定させ  しろへなびかせ  糸を引き寄せてはたるませ  ひとりひとりとつきあわせ  自分に手伝わせ  ままに、すこしも薄めず淡くもせ  記憶させ  後退させ  反転させ  口を滑らせ  失敗談など、少しも飾らずに聞かせ  承諾させ  けがさせ  梶に聞かせ  更生させ  免職させ  くねくねさせ  何もせ  機会じゃござんせ  洋服を脱がせ  お母さんを喜ばせ  胸をおどらせ  身をくねらせ  思いをさせ  音がせ  球、取ってくれせ  もっともっと喜ばせ  問題を、ろくに見もせ  ねじけさせ  ほころびを縫わせ  鈴岡さんをよろこばせ  成功させ  僕にも少し飲ませ  ところが泣かせ  事には、へこたれはせ  斎藤氏は、振り向きもせ  斎藤氏は振り向きもせ  斎藤氏をおどろかせ  口を、どんなに、とがらせ  人たちは、にこりともせ  あたりに漲らせ  眼をぱちくりさせ  合格させ  十枚ばかり読ませ  死者を蘇らせ  僕は、にこりともせ  てんまつを語って聞かせ  感想をお聞かせ  筆記試験をさせ  断じて堕落はせ  発狂もせ  程に喜ばせ  市川菊松ひとりに、やらせ  栄のせ  散々悩ませ  口を慎ませ  大食させ  我儘をさせ  厭がらせ  側視もせ  身を曲らせ  ヒョッコリ出て来はせ  冷りとさせ  丸呑にさせ  想をさせ  及第させ  眼をしょぼつかせ  挨拶もせ  眼に物言わせ  帰り遊ばせ  掃除をさせ  勝手口まで掃かせ  用だか知れもせ  手紙を持たせ  其をせ  手廻して早うせ  莞爾つかせ  満足させ  子を生ませ  恋をせ  感服させ  明させ  心持もせ  許しもせ  ような、せ  雑巾掛までさせ  面もせ  何だか観せ  顔を看合わせ  療養もせ  試験をせ  てめえはいつ見てもちいせ  喧嘩させ  敵をおさえつけようともせ  何人もとめようともせ  水を飲ませ  荷をかつがせ  豆腐を売らせ  決心させ  思いはさせ  平素勉強をせ  ことは決していといはせ  負傷させ  退校させ  足を急がせ  手塚はべつに恥じもせ  きらきらさせ  そのまま身動きもせ  抵抗もせ  整列させ  神経をいらだたせ  ものともせ  顔をせ  語尾をはっきりせ  新たにせ  展開させ  車夫がしきりにせ  目をうっとりさせ  千三はまんじりともせ  従者に持たせ  のがぼろきれをいくえにも縫いあわせ  投球させ  ものであると思わせ  光一を勝たせ  緊粛させ  かにを這わせ  一本も打たせ  増長させ  右足を軽くせ  おじぎをせ  監視させ  苦しみはせ  きょろきょろさせ  知らないとはいわせ  千三は起とうともせ  謝罪させ  英雄なかりせ  なかりせ  主とせ  ぐうっと吊り上げて結わせ  拙者を衝き当らせ  膝を突かせ  番木鼈を喰わせ  結局酒でも買わせ  別居させ  入りあそばせ  から、それならお止し遊ばせ  頂戴いたさせ  上げ遊ばせ  ちょっと間に合わせ  屹度討たせ  上り遊ばせ  あなたをよく思わせ  夫婦養子をせ  立腹して、早く探させ  それから船頭に探させ  御覧遊ばせ  あれぎり参りもせ  志丈に死んだと云わせ  事をいわせ  裏からそっとお這入り遊ばせ  帰りあそばせ  娘にも一寸逢わせ  事を聞かせ  男はお諦めあそばせ  萩原様に逢わせておくれ、逢わせ  喧嘩をさせ  三服立付けて飲ませ  兎に角アレサどうか一寸逢わせ  内職もせ  お待ち遊ばせ  突落させ  弁当を持たせ  汗臭いから行水をお遣いなさいと云って勧めて使わせ  蕎麦でも喰わせ  晴させ  孝助どのとは云わせ  私に突かせ  彼等に酷く討たせ  あいこでせ  化粧でもさせ  飯を食べさして立たせ  休み遊ばせ  静まり遊ばせ  静まりあそばせ  休みあそばせ  板橋まで送らせ  笑い顔をして立たせ  世帯を持たせ  偶には買って飲ませ  せんばいで飲ませ  音のせ  死はとらせ  人を走せ  悪事を喋らせ  お仕置にさせ  者を怖がらせ  あなた御免遊ばせ  志丈さんちょっと御免あそばせ  静におしなせ  気を取り直せよといい聞かせ  者には添わせ  年囘をせ  訃音を出したに帰りもせ  お前に討たせ  諜し合わせ  仇を討たせ  敵を打たせ  お前達を討たせ  約束、討たせ  我を打たせ  斯うやって立たせ  國源次郎を討たせ  私に話してきかせ  男に語って聞かせ  やみはせ  きり意識させ  云ひ切らせ  コチコチとさせ  蹴出しもせ  それがいかにも、解けもせ  色氣をもたせ  凍結させ  納得させ  発展させ  彼に踏みこませ  何も知らうとはせ  誰にも語らうとはせ  物怖じもせ  霧ににじませ  一泡吹かせ  密談を聞かせ  伏兵を忍ばせ  明かにせ  火の番そこからひきかへせ  水がせ  苦悩から脱しきれないでせ  きもの無しとせ  急ぎもせ  同胞を凌ぎえせ  休ひもえせ  ぬれども、如何せ  住はせ  鼓うたせ  妄なりとせ  神も仰ぎえで嫁ぎもせ  譬ふれば、過ぎにしも過ぎせ  露出させ  水を少し飲ませ  何時頃でせ  内に入りこませ  ここに立たせ  戦争宣伝に従わせ  青春をうしなわせ  確立させ  一致させ  分裂させ  声を聞かせ  新聞を読ませ  如くにして終るとせ  たくさん句を作らせ  から運転させ  発揮させ  酒をよばれ、そして泊らせ  破産させ  一つの心ゆかせ  地位に生れ合わせ  自覚させ  本質をはっきりさせ  結集させ  そのまま流布させ  猿ぐつわをかませ  思いを抱かせ  がっかりさせ  色をにじませ  姿を持たせ  国を富ませ  兵を強くさせ  果たしてしかりとせ  大日輪の走せ  失望させ腹立たせ  私をよろこばせ  乗合はせ  酒をのませ  対照させ  回想させ  安息させ  極って要りもせ  前で捨てられもせ  うたはせ  面白いでせ  言はむすべせ  小楊枝をせせ  吠もせ  一人で寂しいでせ  あっけにとらせ  あんなまねをさせ  逆撫でさせ  マントを羽織らせ  妹さんでせ  歳子をも促してさうさせ  あなたに溜息をさせ  雲を浮ばせ  表象させ  道で好いのでせ  字を書かせ  レコードを聞かせ  無駄をせ  無理をせ  ラジオを聞かせ  奉公させ  前にチラチラふるわせ  顔面をこわばらせ  私に聴かせ  心に聞かせ  注意を走らせ  一部に触らせ  彼を喜ばせ  胸をわくわくさせ  患部を拭わせ  モグモグさせ  衣類を脱がせ  ソッと握らせ  鈍麻させ  興奮させ  疲労させ  二月三日今日もやるせ  彼に飲ませ  手をやって仰向かせ  せんたくさせ  笑もせ  みもせ  これで生き返へるでせ  息を殺させ  そこらに遊んでゐるでせ  遊びにつれていつたんでせ  手をあはせ  人々なのだとも時々は思はせ  相手にせ  墨をすらせ  他人に話させ  半分ずつだよといい聞かせ  笑いもせ  姉たちがすわるにせ  自分はあえて怪しみもせ  問いもせ  見物させ  驢馬に曳かせ  何か付いてるでせ  東漸から独立させ  化粧品をしのばせ  特別に作らせ  怺えせ  橇に積みこませ  土を割り込ませ  弟に捜させ  脱けさせ  食はせ  変容させ  復活させ  上に載せて憩わせ  感銘させ  びっくりさせ  クラヴサンを弾かせ  ヴァイオリンを持たせ  隠退させ  冷却させ  感激させ  人を楽しませ  欲求と、楽しませ  ふうに変わらせ  ますます痛感させ  ベートーヴェンを苦しませ  停滞させ  薫りをとらえて漂わせ  調和させ  果実を作らせ  四重奏曲を作らせ  それを募らせ  過程を踏ませ  自棄的にさせ  彼に失わせ  楽章を弾いて聞かせ  云ひさせ  詳にせ  敢て難しとせ  唖子を生むとせ  悪化させ  流露させ  脂粉を思はせ  酒を飲ませ  時、うんと飲ませ  酒をうんと飲ませ  順々に飲ませ  座敷に坐らせ  盃を取上げようともせ  事でせ  こなたを困らせ  つもりでせ  程度問題でせ  先生でせ  商ひにせ  具足櫃を持ち出させ  封を切らせ  返上致させ  それらのものに聞かせ  菜の花にひびかせ  生きることを余儀なくさせ  通りに書きあらわせ  驚喜させ  君に判らせ  混合させ  目もよろこばせ  終りまで弾かせ  結合させ  ことをいわせ  筆を従わせ  気持にもさせ  成長させ  景を歪ませ  戦慄させ  震撼させ  繁茂させ  攪乱させ  恐れはせ  進軍させ  全面に漲らせ  それを間に合わせ  帰服させ  追求を思い止まらせ  呼吸させ  気にさせ  時に、始めておくればせ  聯想させ  言はせ  障子を閉めもせ  ペーパーナイフをちらと覗かせ  後見をさせ  振り向きもせ  狂喜させ  鞘から脱出させ  適合させ  芸術家が時に消されて消え去せ  凝結させ  身動もせ  緊張させ  私をして生き残させ  震駭させ  いま、はっきりさせ  研究発表をせ  人をたのしませ  十頁とは読ませ  激怒させ  守をさせ  手足をピョンピョンさせ  なんものにありもせ  馬を進ませ  名をとらせ  室内にひき籠らせ  両手を握りあわせ  独自性をにじませ  中に住ませ  訪ひしに、しばし待たせ  唯一人驢馬を歩ませ  先生、しつかり頼うまつせ  から、やらせ  八ツ橋を作らせ  攻撃させ  追撃に移らせ  木を組合わせ  兼好法師にいわせ  中国人にいわせ  足音を忍ばせ  声をはずませ  躊躇もせ  音さえ忍ばせ  別に辞退もせずさりとて卑しく諂いもせ  頽廃を嘆かせ  櫃をつくらせ  不思議がらせ  身をうねらせ  一山、とり出させ  奴とつきあつてみると、せ  返事をしようとはせ  ほんまに生きられえへんどつせ  申訳もせ  部屋へくるでせ  報告もせ  台を持たせ  是非させ  用意をせ  年寄りにさせ  花に寝もせ  花は再び咲くでせ  蝉初恋でせ  初恋でせ  花でせ  雁でせ  乙鳥逢ひはせ  てゐたでせ  なつたら消えるでせ  露でせ  底から響くでせ  草でせ  一番毅然とせ  瞳を輝かせ  自分をやましいと思ひはせ  罪だとも思わせ  向上させ  予定されて動かせ  最後がんぢがらめにせ  応へがせ  云はないでせ  いつかは、消えてゆくでせ  云つてるのでせ  ものを死なせ  混乱させ  熱中させ  所在をさがさせ  絶滅させ  実行させ  先生をアッと言わせ  私を驚かせ  日に乾かせ  私に持たせ  指紋をはっきりさせ  ばたばたさせ  眼くばせ  いたずらをさせ  手段なきを如何せ  ことをさせ  ッつかないでせ  ますでせ  二十ぴき以上もゐるでせ  汝を見むことをせ  世の中に、流行りもせ  頼みもせ  留守をさせ  つけ遊ばせ  転宅遊ばせ  から用心をせ  時、ふとせ  それ御覧遊ばせ  胸打を喰わせ  から早く御越し遊ばせ  世からちょっと顔を出しはせ  六時が鳴るまでまんじりともせ  金銀二枚をしきりにパチつかせ  廻転させ  いねえで少し読んで聞かせ  人にせ  背を打たせ  くさりを聞かせ  婉曲に匂わせ  操縦させ  ひでにせ  海外にて死にもせ  沈滯もせ  皆世におはせ  淨書もえせ  背部をくねらせ  区別させ  貴族なのでせ  云へるでせ  はりはせ  答へもせ  資料となるでせ  退屈されるでせ  子供心を驚かせ  のを待つたのでせ  一味であつたのでせ  仕事などを探させ  同情してくれたのでせ  相違なかつたでせ  感化されたのでせ  長つづきせ  遠慮がちにせ  兩先輩を困らせ  病人を棄てもせ  社會的價値にも由るでせ  檢討させ  終局にさせ  氣をつけやんせ  外部から盡力させ  思ひ出させ  氣持でせ  體驗させ  から間違ひはないでせ  發起人として後始末をせ  つたのでせ  徹夜で調べたのでせ  なつたのでせ  胸がせ  渡航中でせ  翁をまごつかせ  お正月をさせ  心やりもあつたのでせ  風でせ  横歩きをしてたでせ  山道を思いおこさせ  車夫に持たせ  書き物もせ  眼を醒まさせ  胸に掻きあわせ  用ありげに眼を惑わせ  あと目をつがせ  準備をさせ  灯をともさせ  怒りを走らせ  垢でも煎じてのませ  路銀をつかわせ  草鞋を背負わせ  詫びをさせ  駒を急がせ  一切酒類を売らせ  色とりどりにチラつかせ  ひらひらさせ  金髪を輝かせ  隅田川へは行かせ  本をよませ  逆転させ  進行させ  靴音をさせ  意識をよみがえらせ  わけを聞かせ  連中をおどろかせ  くつおとをしのばせ  船客名簿とひきあわせ  目をぱちぱちさせ  話を聞かせ  呼吸をはずませ  ポケットにしのばせ  線でむすびあわせ  英国海軍がはっきりさせ  ぎれに書かせ  ボーイたちにさけばせ  警報をださせ  むかむかさせ  眼玉をぐるぐるさせ  相手をおどろかせ  一語もはっせ  接続をかえさせ  避難させ  鉄水母を沈ませ  眼をかがやかせ  者をして思わず涙ぐませ  好奇心をわかせ  着水させ  着席させ  好奇心を起こさせ  陸上をはしらせ  海底超人を怒らせ  ように怒らせ  金をせびらせ  交際させ  意識させ  代へさせ  着代へさせ  からだをうねらせ  考へもせ  ちよつと休んで行かしやんせ  今、休んで行かしやんせ  鶯も、啼かしやんせ  意志と、開かせ  迷はせもせ  御返事はなさいませんでしたでせ  結婚させ  話を何彼として聞かせ  何處でも可えじや御座んせ  ゆるやかに軋らせ  どこでもええじゃござんせ  ゆるやかにきしらせ  通過させ  釈然とせ  増進させ  さかんに飲ませ  戯談をいって喜ばせ  車を引かせ  食膳を喜ばせ  黒板にひびかせ  静止させ  両手を揉み合わせ  食指とくっつけ合わせ  子供をよろこばせ  暗示させ  目ざまさせ  軽薄でせ  ことを信じてゐるのでせ  人達なんでせ  入院おさせ  乳を飲ませ  舌を吸わせ  口を尖らせ  契機になりはせ  痳痺させ  心あふれていかにせ  一番上達するでせ  ほとりに回らせ  うたふのでせ  出しもせ  思つてゐるでせ  ことが出来るでせ  先生なんでせ  懸命さでせ  埓内に慎ませ  それをさせ  下の子にいい当てさせ  宣教師が来て、教えて行ったろうなどと、ありもせ  目隠しをさせ  御盆を持たせ  茶あがれと言わせ  まん中にかがませ  くしをさせ  者を坐らせ  盃を持たせ  巫女が舞わせ  木切れを尖らせ  彼らを寂しくせ  花嫁を坐らせ  ことを言わせ  彼らに頼んでさせ  おん事はと言わせ  下に立たせ  児を坐らせ  なおのこと取らせ  菓子をつかんで行かせ  供養をして悦ばせ  注意をせ  臼を挽かせ  児をしゃがませ  相手を屈ませ  数を当てさせ  鉄で打たせ  ように言って聞かせ  ようにいって聞かせ  となりに坐らせ  雌を驚かせ  愛嬌を漲らせ  あすこに待たせ  西洋家屋を覗かせ  洗濯ものを閃かせ  武勇談ばかり聞かせ  幾つも輝かせ  血をしみこませ  通用させ  三毛をすわらせ  家畜病院へ連れて行かせ  看護させ  はい回らせ  必要でせ  勉強おさせ  鉛筆を持たせ  並立させ  密接させ  完成させ  開花させ  掲載させ  返送されるでせ  つて來て、たのみもせ  ことがあるでせ  綿一つうち直させ  相手が変って長つづきせ  明瞭さを保たせ  当惑させ  むりもないと思わせ  あれだろうとほのめかして聞かせ  気分で立ち去らせ  確信させ  目をさまさせ  見通しとについてすっかり話して聞かせ  口をつぐませ  全然仕事をせ  手間さえかけようとせ  のでないか、などと語って聞かせ  ところへいかせ  可能にさせ  母親を入らせ  決心をひるがえさせ  弧を描かせ  自分にいって聞かせ  服を脱がせ  ことを思い起こさせ  白髪をなびかせ  ゴールをどうやって引っ越させ  全然返事をせ  じゃまなんかさせ  恐れもせ  食事をさせ  推量させ  面白がらせ  頭を振り返らせ  空だにせ  士にせ  晝食に行かせ  何人にも拒みはせ  手傳ひをさせ  鑑定がつきもせ  皿洗ひまでさせ  彼れにさせ  玉座に着かせ  ランスロツトに許させ  自分に持たせ  負はせ  卓子に坐らせ  兩人を渡らせ  歸りはせ  氣にせ  彼をびくともさせ  汝を除かんとせ  約束をさせ  本場支那料理屋でも食わせ  ていしゅを、うんといわせ  それはせ  からの、せいぜいあぶらぶとりにふとらせ  幅を利かせ  いつまでも幅を利かせ  手紙を書かせ  御着席あらせ  性質を持たせ  同人を羨ませ  小唄でせ  合ひを聞かせ  持参なさらぬがよろしいでせ  つて床屋位ゐあるでせ  口にせ  換へさせ  通りにさせ  音を羨ましがらせ  ようともせ  何もなかつたでせ  声を忍ばせ  気を利かせ  きだつたでせ  風を吹かせ  使つて戴けないでせ  魂は離れはせ  一つでせ  ネオンでせ  お上手でせ  上つた時分です、さあお聞かせ  てゐらつしやるのでせ  かなたこなたに撒きちらせ  先に、つきせ  わたしのせ  眼をしめらせ  線をふるはせ  誰へふいてゆくのでせ  にの鳩をうなづかせ  とぐろをまいて、わかれてもわかれてもつきせ  ぢのぼらせ  幹をくねらせ  赤面させ  袖をひいて立ち停らせ  僕を面くらわせ  生活させ  ちょっと吸わせ  くるくるさせ  溺死させ  溺死をせ  水を吐かせ  補給させ  沖合へはしらせ  素顔とをつきあわせ  われわれをおそろしがらせ  彼等をおどろかせ  勝手気ままにしゃべらせ  海底都市へ行かせ  解熱させ  妻君と会わせ  から海底都市へ行かせ  質問をせ  廃業させ  飛躍で捕えようとせ  それに向わせ  今度そうさせ  雑巾を持たせ  仮想させ  思つて來るのでせ  歌でせ  やうにさせ  赴任させ  のを思わせ  後ろから覗かせ  園に思わせ  力が働いていてどうしてもそうさせ  最後の言葉を吐かせ  心がさせ  人見には送らせ  感傷的にさせ  上に落ちるまで払いもせ  女中奉公をさせ  二の句を吐かせ  息子一人にさせ  母に手伝わせ  心をいらだたせ  間世話を焼かせ  婆やは倒れもせ  ように急がせ  床を敷かせ  中に湧き立たせ  能弁に話して聞かせ  森村は見向きもせ  上に坐らせ  自分にいい聞かせ  拍子をはずませ  何をいって聞かせ  のだといって聞かせ  顔もせ  妙に調子づかせ  躇らいもせ  一日延ばしに延ばさせ  ように話して聞かせ  人相見にでもいわせ  落ちもせ  神経でもいらだたせ  否定させ  渡瀬にでもさせ  ように運ばせ  筆を走らせ  顔をあからめもせず、すましもせ  高笑いもせ  前読んで聞かせ  一杯後生だから飲ませ  渡瀬はどうしてもうんといわせ  眼を覗かせ  坐りも得せ  そこにい合わせ  それを伺っておくだけにさせ  両手をしゃんと延ばして寄せ合わせ  膝を立てようともせ  頭をもたせ  素通りさせ  一つ喰わせ  汗をにじませ  払いはさせ  焔を漲らせ  承知をせ  旅人の宿りせ  舞はせ  ことはせ  唐崎で死なせ  言ふませ  心をいかにせ  鉄案として動かせ  ンでせ  読者にいきもつかせ  おかしがらせ  黒板がつるしてあって、せ  それから白墨でせ  毎日ただ引っぱり廻されて稼がせ  フクジロを使って歩かせ  肩を怒らせ  それを握らせ  我なかりせ  なりとせ  のだになかりせ  証拠とせ  愛を以てせ  横溢させ  それを切って縫いあわせ  我を忘れてしまい、にやにや笑ったりめくばせ  写しものをさせ  性格をはっきりさせ  紹介させ  手をやかせ  のを作らせ  一つ掴ませ  ょっくら一杯景気をつけさせ  一着つくらせ  面皮を張らせ  袖を通させ  車輪を軋らせ  恐怖を抱かせ  下役を出むかせ  気分を沸き立たせ  接吻させ  橇を飛ばせ  滴たらせ  上機嫌にさせ  働きもせ  慾望をも満たさうともせ  こだまさせ  気持を起させ  慾望をも満たそうともせ  苦にせ  面じゅうを照り輝かせ  の会わせ  ところへ向けて立たせ  風に吹かせ  しぼしぼさせ  賞で得るほど知り得たりとせ  着物を脱がせ  関係させ  ものに向わせ  眼を向わせ  必要とせ  自己自身に向わせ  物体に向わせ  説得させ  永遠につらならせ  対立させ  對立させ  ものとせ  慣例に照らしあわせ  翻訳させ  進展させ  経験させ  氾濫させ  愉快に通わせ  対決させ  手足をこわばらせ  もう一度手入れさせ  多数登場させ  勝手にさせ  からざる幸福をちらと覗かせ  剃髪させ  放散させ  血を湧かせ  息を吹き返させ  噴出させ  非常に気強くもさせ  意識をとろりとさせ  上納させ  押しも押されもせ  調印をさせ  基礎とせ  特立させ  車を走せ  百方説諭して引き取らせ  縞も見えやんせ  人は思ひやりがありやんせ  何をせ  彼をせ  審かにせ  世界を驚かせ  婢などに聞かせ  名乗りもせ  格別跡を追おうともせ  分散もせ  舌さえ動かせ  顔を火照らせ  膝を進ませ  胸を躍らせ  見返りもせ  笠を仄めかせ  目的もハッキリせ  胸にはやるせ  車を軋らせ  得なかった私には、いかにせ  確実にせ  上に被らせ  問題をどうにかせ  心を潜ませ  学校などへ行かせ  何かせ  情を漲らせ  寒い光をしみこませ  別に苦にせ  方々でせ  防火栓をお抜かせ  代を出させ  ことを話してきかせ  顔を出し、たのまれもせ  子供に飲ませ  僕にやらせ  考えもせ  まま足袋をはかせ  世話を焼かせ  顔を思い出させ  感心させ  痛感させ  肌あとをしのばせ  農村をふるえあがらせ  把握させ  右旋回してあっといわせ  逆行させ  扮装させ  髪をおどろにふり乱させ  割愛させ  ことどもを語り聞かせ  少年は、そうさせ  霙を降らせ  御主も許させ  救はせ  糧を恵ませ  人形などもとらせ  かなはせ  大罪をも憎ませ  辱くも救はせ  げをなびかせ  寂寞たるあたりをふるはせ  めんとせ  明にせ  趣致なしとせ  苦労をせ  拡充させ  仕事を大きくさせ  逢はせ  孟といいあわせ  苦労もせ  女給をさせ  顔をニコニコさせ  一盃を共にせ  固定させ  共稼ぎさせ  社会的地位まで上らせ  仏にならせ  増大させ  枕の奪ひあひをせ  海水に泳ぐのみにては足れりとせ  音もせ  川もせ  すみかはをりをりにせ  無言をせ  ためにはせ  友とせ  浮雲になずらへて、たのまずまだしとせ  木蔭でひからせ  かわいそうに、みじろぎをもせ  言ッた、せ  鼻まで仰お向かせ  間もあらせ  高波を打たせ  納屋を建てたいと云うて、せ  お詫びをせ  傍視もせ  憶い起させ  疲れもせ  凌駕させ  反応を起させ  徹底させ  それは隠して聞かせ  弁明書を書かせ  お客さまにおきせ  十分にやらせ  必修させ  ステッキを持たせ  聴衆を酔わせ  ぢくらせたくないので、書き直させ  店へ来させ  だれにも知らせ  鼻を詰まらせ  爛つかせ  遂させ  顫はせ  ツてゐなければならないのでせ  何方がえらいのでせ  何うしたのでせ  合はないのでせ  女が威張りもすれば、ありもせ  ぢくれてゐるのでせ  眼を閃かせ  母ちやま、わかつてるでせ  帽子をかぶらせ  すつかり逆せ  ばん人にせ  ひなぞはいらないでせ  みんなをれてしまふでせ  はたらきをしたでせ  何をふざけるのでせ  腹をきめたのでせ  全身につめたいふるへを走らせ  くらはせ  思いをせ  着物をきかえさせ  音もさせ  つてやしませんわ、好いでせ  暖かいでせ  往つたんでせ  同棲させ  履行させ  階下に待たせ  眼を血走らせ  詰めきらせ  別に怪しみもせ  手術をさせ  故意と握らせ  彼女自身に悟らせ  いつかそのうち伺はせ  口を綻ばせ  画を見せに来たのでせ  丹紅を漲らせ  透き徹りを思はせ  豊富さにまで張りきらせ  やうにうねうねさせ  開封もせ  村瀬が遅れ走せ  昂奮から遠ざからせ  胸をのめらせ  眼を走らせ  ことが書いてあるでせ  電車にも乗ろうとせ  何でもないのでせ  やうかうもせ  十杯呑ませ  集つて来るでせ  軽やかに美しいのでせ  酢を呑ませ  あゆつくり話しませうまだ生きてゐるんでせ  ゆり肩を怒らせ  水にしぶかせ  何百里もあるんでせ  皆を喜ばせ  蛇を巻きつかせ  体をくねらせ  のどをうならせ  見付かつたどき、うるせ  音をせ  網をひかせ  前のめりにのめらせ  母ば喜ばせ  それをからませ  雪道を歩かせ  野ツ原を歩かせ  肩をもませ  そんでせ  一日中遊ばせ  時だけ立ちどまつたが、もどりもせ  激昂させ  ケイレンさせ  さがせ  食へもせ  ほうへのめらせ  新宿へ飛ばせ  彼らをいらだたせ  頭よりも高く打ちふるわせ  形みたいにすくませ  意とせ  鼻をひくひくさせ  生活をさせ  好き放題にさせ  親分に会わせ  あげく腹膜を起させ  接吻ぐらいさせ  顔をほてらせ  千里を遠しとせ  ウットリさせ  男に遊ばせ  発奮させ  気持をくさらせ  出世させ  得心させ  同居させ  伝授させ  思いさせ  目をいくらか輝かせ  云つて聞かせ  ビツクリさせ  気持を、漠然と抱かせ  お話をしていたのでせ  蟲はせ  人を寂しがらせ  考へ出させ  合体させ  上に募らせ  筋肉を、ぴくりともさせ  数ともせ  青木に背負わせ  自白させ  ことを、考え合わせ  青春時代を腐らせ  楽させ  支度を急がせ  心を躍らせ  膨張させ  奥様にお任せしようとはせ  切り盛りさせ  勘右衛門から立ち去らせ  苦心もせ  碩寿翁を驚かせ  樵夫を見ても逃げようとはせ  体をひそませ  蘇生させ  ように、避けもせ  不安にさせ  ソリを打たせ  理性なしに湧き起こさせ  口をひらかせ  ことを思わせ  転びもせ  丘から走せ  横隊をなして走らせ  野茨を捨てようともせ  背後へなびかせ  顔を覗かせ  紅潮を注させ  光を漲らせ  馬を走らせ  居場所を眩ませ  周囲を守らせ  性質から、こだわろうともせ  闘争的感情をつのらせ  姿を浮き出させ  艶々しく光らせ  猟って、今や歩ませ  歩みを進ませ  気絶をさせ  猿轡をかませ  大森林を縫って走らせ  碩寿翁が走らせ  内陣へ行かせ  ことを話して聞かせ  返辞をしようともせ  駕籠に乗って歩かせ  長崎へやろうとはせ  地へ来させ  側に立たせ  足音をしのばせ  拝借させ  欲望に燃え立たせ  ひとは翔ぼうともせ  綴つてゐるのでせ  云つたばかりで二度とは見向きもしないでせ  想ひを回らせ  気もしないでせ  腹もたたないでせ  頭を病ませ  人はないでせ  解つて来るでせ  聴者に思はせ  屹度さう思ふでせ  心もわかるでせ  結果をもたらせ  ことなんでせ  彼方まで走せ  話下手なんでせ  くつきりと浮き上らせ  光をひそませ  地をかすませ  泛ばせ  位ゐでいいでせ  布でもいいでせ  此麼商賣までさせ  そばへ立たせ  そばに立たせ  辭めさせ  微笑を失させ  さうに佇ませ  微笑させ  暫らく私を佇ませ  あからさまに浮ばせ  行つたんでせ  十時すぎでせ  女だとおぼしめしたでせ  考へさせ打沈ませ  から遲かれ早かれ判るでせ  玉がよくござんせ  言つたらいいでせ  一ついただけませんでせ  思つたんでせ  ざわざわさせ  餠なんぞ搗きはしないでせ  たくさんになくともいいでせ  間にあふでせ  やうにやいやい責めつけるんでせ  ことを見るでせ  毎日いびりつけるでせ  お前さんも然うしてぶらぶらしてゐるのでせ  つていいのでせ  つていいでせ  つてもいいでせ  陰氣にさせ  すがさせ  向うに坐らせ  一人きりでせ  カチカチ言ふでせ  なほ寂しくさせ  厭な思ひをさせ  目をまたたかせ  ぶん汚なくしてゐるでせ  ちやがちやさせ  私をしみじみさせ  小鳥をやどらせ  感がせ  六ツとせ  講義をせ  五ツとせ  八ツとせ  重労働をさせ  家へ行かせ  子を抱き上げたり、ひっくり返して押さえつけたり、くすぐったり、キャッキャッ言わせ  着替えさせ  他人にみだりに使わせ  あれだけよく言って聞かせ  顔に浮かばせ  命をかけてまでも逃げ出したくならせ  一つ握らせ  真似をさせ  神はかく装わせ  人類一同自殺をせ  免職にせ  人を引っこませ  学校から手紙を持たせ  せんぶりを飲ませ  そこにまんじりともせ  問題にせ  事実を考えようとせ  南瓜もならせ  旅をさせ  そいつをどうにかこうにか間に合わせ  沖にこぎ出させ  脱線しはせ  遺子を触らせ  服装はさせ  何になれと強いもせず求めもせ  不意に思い出させ  手に見向きもせ  背におどらせ  勉強をせ  神を悦ばせ  サインもせ  まり苦労をせ  勢力をひっこませ  拝見させ  死人をよみがえらせ  なにもせ  失敗して死なせ  工夫をせ  心を楽しませ  紅をふくませ  身ゆるぎもせ  夜があけるのでせ  胸をふるはせ  松があるでせ  瞳をひらかせ  目をうるませ  手に持たせ  家も、随分食わせ  一心からであつたのでせ  買はせ  云ふでせ  作を甚だ讀みづらくさせ  手探りにわからせ  飽きもせ  不景気に拘りもせ  哀愁さえ含ませ  心を耀かせ  風に煽らせ  びっくりさせ、駆け出させ  風にはためかせ  怪我をさせ  上を這い廻らせ  お蔭さんでせ  もんなら払わせ  遠慮させ  煙草の煙を立ち昇らせ  事情を聞かせ  宿料を滞らせ  風になびかせ  喉をごくごくいわせ  波を打たせ  男の子を生ませ  修業をさせ  如何にせ  入室させ  深奥を説き聴かせ  処を描かせ  一座に着かせ  日毎に重らせ  ここに招いて休ませ  筆を執らせ  二字を書かせ  語り聞かせ  姿を描かせ  照罰あらせ  本願とせ  効能を説き聞かせ  鵜ぞせ  猿ぞせ  ことを語り聴かせ  随喜させ  許に走せ  細かに説いて聞かせ  三丁程作らせ  食物にさせ  伝を持たせ  耳目を驚かせ  逆さに置かせ  武蔵の国から走せ  死にもせ  箱を開かせ  こころなくてこそせ  一文を作らせ  流行を快しとせ  道理をつぶさに話して聞かせ  趣をつゆつゆ心得ずして破せ  頒ち取らせ  筆をさせ  智者のふるまいをせ  それを見るや、とりあえず走せ  要旨を説き聞かせ  真影を描かせ  勤めをさせ  人殺しをさせ  自殺をさせ  刺客にさせ  死刑執行人にさせ  店先に待たせ  情慾に輝かせ  十分悔悟させ  洋品店に行くべく余儀なくせ  一撃を喰わせ  避難いたさせ  横行させ  人に持たせ  強盗を追捕せ  手引致させ  それを読ませ  構ひはせ  こと、忘れもせ  陰より走せ  心をときめかせ  隙もあらせ  毛巾着を覗かせ  連立たっせ  睾丸をつかませ  かい銭で買わっせ  其を飛び立たせ  獣をとらせ  人困らせ  感染させ  偽証人とせ  抱へさせ  十日からになるんでせ  やつぱしお百姓さんでせ  歸りになるんでせ  歸れあしないでせ  氣候を思はせ  呼びかけさせ  明らかにせ  疑問を挟もうとはせ  ものを言わせ  信用させ  酒を見向きもせ  若干ぞっとせ  事業はせ  二つあっても足りはせ  酒を出させ  音も出させまいと凹ませ  ろったって足りはせ  方へ走らせ  簇がらせ  三年前にも来て降らせ  雨さえ降らせ  匂いをプンプンさせ  肩身が広いと聴かせ  大阪へ行ったらしっかりせ  キョロキョロさせ  皿洗いをさせ  大根をむかせ  時間でっせ  出世しまっせ  我慢しきれなく、休ませ  否応はいわせ  お前出来るだろうといわれ、へえ出来まっせ  料理させ  うだつたでせ  乱反射させ  反復させ  壁にくいこませ  指を滑らせ  手を加えたりせ  移動させ  僕たちに語って聞かせ  経過させ  ひとつ、語って聞かせ  つど一変させ  細工をせ  車を走らせ  トリックを使わせ  デイヴィスに聴かせ  ディーンに聞かせ  行動をとらせ  歌を聞かせ  拡大させ  目を輝かせ  海底を轟々と揺るがせ  充満させ  激突させ  銀色に輝かせ  全身を叩かせ  僕をあんなに怖がらせ  戦士を思わせ  上体をのけぞらせ  融合させ  転換させ  濃厚にただよわせ  衝突させ  建物を揺るがせ  階段に食いこませ  弁護士に持たせ  隆起させ  回転させ  僕にも飲ませ  全員避難させ  機体ぜんたいに漂わせ  いまマニュエルが走らせ  強調させ  変形させ  修復して走らせ  ミカドを走らせ  まばたきすらせ  陽ざしをよみがえらせ  体を弱らせ  彼女を常に悩ませ  鉄道をよみがえらせ  一度は滑らせ  彼女を遊ばせ  発進させ  空間に張り出させ  ファイアバードを走らせ  決意させ  しろになびかせ  現代によみがえらせ  僕に読んで聞かせ  交錯させ  障子を開け放させ  相談もせ  熊の胆をせ  くるくるまるめせ  色を陰らせ  眼を見あわせ  人をみて逃げようともせ  褒美を出させ  それで帰されたのでせ  嫌なんでせ  つて来ましたので、もう怒らうとはせ  舞つてゐるでせ  ことをおつしやるんでせ  つたでせ  誰方もさうお思ひになるでせ  友達はなかつたでせ  顔をみつめてゐるでせ  心をみつめて居るでせ  てゐたんでせ  臆しもせ  毒試をして差上げてゐたのでせ  人は殺されなかつたのでせ  うに着てゐられたのでせ  らつしやるでせ  寄りしないでせ  三錢とられるでせ  筈でせ  來るでせ  來ないでせ  言つて聞かせ  お前にさせ  何もさせ  チヤンと遊ばせ  持ちのせ  肩身が広いと言い聴かせ  我慢し切れなく、休ませ  詩だけは作らせ  見物もせ  病院暮らしをせ  付添婆に持たせ  食事もせ  休学させ  養生させ  ために、しばらく持たせ  人間ぎらいの心を起こさせ  書物を読ませ  ドラマとせ  間退隠させ  心配をさせ  妹に読ませ  人々に送るいのりをせ  いくつか読ませ  私はいかにせ  わがままをもさせ  気にせ  成長がのびのびせ  保養させ  間心配ばかりさせ  私が読ませ  生活がさせ  感じを起こさせ  庄原を出させ  コンセントレーションをせ  そのままたよりさせ  電報を打たせ  夫婦約束などせ  心がせ  身読してゆかせ  無事で暮らさせ  私を困らせ  味を沁み出させ  のを読ませ  絹さんにもお引きあわせ  絹さんを淋しがらせ  気はせ  経済問題にぶっつからせ  絶望だけはせ  もっと自由にふるまわせ  心を暗くせ  結婚がさせ  妹にしみ込ませ  関係をはっきりさせ  必要とさせ  話をさせ  注意させ  音楽で終わらせ  努力させ  無理に持たせ  大切にせ  一番私をよろこばせ  時にかいて送らせ  希薄にせ  詩人に語らせ  ブラームスをひかせ  話をせ  学校にも通わせ  鞭を加えて走らせ  みやげにと思って、聞かせ  塔にいかせ  くに眼玉をひからせ  なかから眼をひからせ  後をふりむきもせ  むりじいにこんな電文をうたせ  急降下させ  目くばせ  あとを追わせ  よう約束させ  お伴させ  これに答えようともせ  気をいらだたせ  黒人をこまらせ  降参させ  彼をそうさせ  手間をとらせ  薬をはきださせ  彼を怒らせ  愛機をとばせ  さまを、またたきもせ  ここで焼け死なせ  方からべとべとにしめらせ  火のいきおいをよわらせ  ことがあっても逃しはせ  目を見あわせ  顔を見あわせ  だんだん息をはずませ  それはぜひ聞かせ  にこにこさせ  艦隊無電班をたいへん驚かせ  ようにひからせ  白骨島へ攻めよせ  白骨島に攻めよせ  報告させ  閉口させ  卑怯者に殺させ  もごもごさせ  たきもせ  博士をおどろかせ  足をふみすべらせ  怪塔王はやっつけられもせ  怪塔ロケットをとばせ  ろつかせ  出発させ  昼めしを早くさせ  われわれを喜ばせ  いらいらさせ  回復させ  五日間休ませ  筆に沁ませ  ましくいって造らせ  額縁屋で切らせ  妻君に作らせ  妻君に縫わせ  腹を運ばせ  ピカピカさせ  思いをしばしばさせ  乾燥させ  移転させ  三寸はみ出させ  似顔でも描かせ  一生涯休憩させ  充分満足させ  私を、ほんとに、ゆったりと落ちつかせ  肉體をだぶつかせ  失禮をさせ  地面をぐらぐら云わせ  出し顔いろをぽっとほてらせ  夕陽をせ  あしさきにでも一寸取りつかせ  両手を突っ込んで少しせ  のたさせ  博物館へも断わらせ  のですがどうでせう、お探しをねがへませんでせ  眼をせ  平らにしようとしてゐるでせ  方と流れて行くでせ  遁げたでせ  事なんでせ  日さまを見たでせ  僕らは叫んだでせ  僕たちはこれからさきどうなるでせ  かぜを引いたのでせ  病気は何でせ  金高を張らせ  水を含ませ  テーブルに吸いつかせ  いためはせ  まばたきさせ  尾をヒラヒラさせ  体を立たせ  男に食わせ  此パンフレットを長く続かせ  瞳を走らせ  喜こばせ  私にしまわせ  キロキロさせ  脊負わせ  集合させ  コオフンさせ  胃袋に通わせ  バクレツダンを持たしたら、喜んで持たせ  新聞紙をひろげて、ゴソゴソさせ  日を思い出させ  クンクンさせ  後に吹かせ  洗い髪をなびかせ  苦労させ  シパシパさせ  体を見て、まずせ  クルクルさせ  ギロギロさせ  グリグリさせ  目をしばしばさせ  野原を思い出させ  散乱させ  駅夫に吹きこませ  自動人形を立たせ  中を見かえりもせ  質問をさせ  ストライキまでやらせ  口出しさせ  性質上立ち退かせ  復興させ  腐敗させ  気分を真似る掴ませ  ドキドキさせ  成る程とうなずかせ  住民を落ち付かせ  照し合わせ  昂ぶらせ  堕落させ  移りかわらせ  鉄橋を漂わせ  元気とに依って溌溂と蘇らせ  デングリ返らせ  責任を負わせ  成る程忘れもせ  のや、呆れ返らせ  町はどんなになるだろうと思わせ  バラックで間に合わせ  急行にせ  音を喰らわせ  事で手間取らせ  デパートメントストアを出させ  日本は広いと思わせ  シミジミ思わせ  ギューギューいわせ  首をひねらせ  結婚をさせ  高級言語を走らせ  チームに担わせ  息を切らせ  具体化させ  ギター一ちょう持たせ  胸ときめかせ  壊滅させ  作家に言わせ  雲散霧消させ  担当者にでもさせ  スタートさせ  人物像を生き生きと浮かび上がらせ  先行させ  気持にさせ  オレが思い出させ  ソフトを走らせ  垢を飲ませ  危機感を募らせ  高熱に耐えて錆びもせ  化けさせ  マルチメディア機能を持たせ  トラフグを怒らせ  寄生させ  レベルで楽しませ  キメラ化させ  日々直視させ  夜道に迷わせ  期待を持たせ  双方を競わせ  直面させ  ライター生命をよみがえらせ  久しぶりに聞かせ  硬直化させ  シリーズ化させ  接近させ  次項回しにさせ  小型化には欠かせ  一喜一憂させ  萎えさせ  鼻を膨らませ  知識が欠かせ  転向させ  ROMで持たせ  システムでやらせ  声で聞かせ  通信ソフトをあらかじめ持たせ  混在させ  チャレンジ意欲を持たせ  一変させ  次項送りとさせ  アプリケーションを走らせ  ガンガン走らせまっせ  大成功させ  移行させ  反吐を吐くまで聞かせ  八木節をうならせ  洗濯させ  絵を書かせ  腕を這わせ  針を運ばせ  想いをさせ  都合が良いとは言わせ  匂いをぷんぷんさせ  子供にふくませ  豹一に聴かせ  動脈を太く浮び上らせ  中学校へやらせ  代りも時にはさせ  釣銭を出させ  集金に廻らせ  話を言って聞かせ  繁殖させ  便所へ行かせ  級長のせ  君に聴かせ  自分に言い聴かせ  自分に言って聴かせ  容赦はせ  卒業させ  即座に、じゃあ、そうさせ  ように、行かせ  んどっせ  眼をパチパチさせ  滞納させ  落第させ  匂いをぷんと漂わせ  椅子へ坐らせ  へんどっせ  ペンを走らせ  そんなら、帰らせ  しまへんのどっせ  自由にさせ  はんのどっせ  昇給させ  物を言わせ  今日限り廃めさせ  不意に想い出させ  クスンクスンさせ  お前逃げもせ  北山をげっそりさせ  権利が無いとは言わせ  返辞をせ  苦にもせ  大変お待たせ  出来もせ  食逃げはせ  挨拶を割り込ませ  豹一を怒らせ  頼みまっせ  駄目でっせ  隠しはせ  双生児を生ませ  爆発させ  誰に行かせ  豹一をすっかりのぼせあがらせ  意気込みを含ませ  一生女優として立てなくなりまっせ  佐古をぎくりとさせ  気がせ  皆書いてくれはりまっせ  手車を軋ませ  経営者が来まっせ  二つ井戸まで行ってしまいまっせ  無茶でっせ  ぎいとにぶい音を軋ませ  機転を利かせ  二重取りもさせ  廃めさせ  鉛筆を走らせ  あたりをぶるぶるふるわせ  量見がせ  うんざりさせ  ズボンを覗かせ  決心をさせ  すみませんテあっさり言われたら困りまっせ  顔をまじろぎもせ  無理に言わせ  無理に思いこませ  心を滅入らせ  方でっせ  のか、わかり、や、せ  口をもぐもぐ動かせ  店番をさせ  顔はせ  目に会わせ  訳じゃござんせ  金をわっしに持たせ  ふところを覗かせ  傘をつかませ  アア手を空かせ  所まで歩かせ  身を屈ませ  五里霧中に迷わせ  風を薫らせ  膝を退らせ  首をすくませ  綱に勝たせ  口を開かせ  文使いさせ  所へ飛ばせ  暴れさせ  柄を握らせ  口へふくませ  息を弾ませ  香を競わせ  早を打たせ  姿を立たせ  手を絡ませ  先に立たせ  鍔鳴りさせ  世話をやかせ  栄華もさせ  行列をいっそうはしゃぎ立たせ  眼づかいを迷わせ  痴蝶を舞わせ  夕風になぶらせ  ムカつかせ  艶をきわ立たせ  エエ、うるせ  それをなだめようとはせ  から蜂須賀家に住みこませ  ほうへも知らせ  眼色を動かせ  薬風呂をつかわせ  身構えをさせ  山風にしのばせ  邪魔をせ  気をただよわせ  時刻から考えあわせ  神経を尖らせ  覗きもせ  声を弾ませ  魔刃のそよぎを詰めよせ  覆面をせ  機会をつかませ  ニッコとさせ  声をわななかせ  仔細をお聞かせ  足どりを急がせ  瓦へかむせ  傷を負わせ  音を淋しくさせ  ヒヤリとさせ  青筋をうねらせ  人まぜをせ  刀を忍ばせ  心を急がせ  江戸に立たせ  姿をチラつかせ  前へ坐らせ  渦を巻かせ  筒抜かせ  鬢を吹かせ  から三衣袋に潜ませ  風をはらませ  棟を望ませ  眸をキラリとさせ  手から住み込ませ  慄然とせ  風を切らせ  帰国を見あわせ  汝らに穿かせ  学校を休ませ  赤玉飲ませ  無理にでも飲ませ  肥料来もせ  奔注させ  いるかいないかなどは確かめもせ  せきを困らせ  餅など食べようとせ  夜半まで、まんじりともせ  捺印させ  眼ばかり輝かせ  なつたら泣きたりるのでせ  なつたらかへるのでせ  気持でせ  からでせ  思いを蘇らせ  どんどん使わせ  意見を聞かせ  テキストを使わせ  ぢやないのでせ  行つたつて好いでせ  一日位よう御座んせ  父様に仰しやらしないでせ  西へ引かせ  酒を呑ませ  子供らにさびしい思ひをさせ  お馬鹿さん逃げもせ  のはそのせ  知識とは分らせ読ませ  理解させ  知識を面白く読ませ  知識は読ませ分らせ  上座に坐らせ  音だけさせ  アパートへ引越させ  太平に漕がせ  腰をくねらせ  ウィスキイを忍ばせ  女は、にこりともせ  充血させ  殺害させ  凝固させ  貧乏長屋のたてこむせ  一団をせ  ざま、せ  おれをおどろかせ  肩を弾ませ  やうだと思はせ  よその子とは遊ばせ  意地悪をしたんでせ  まり大振りをせ  眼を輝かせ  浸透させ  野口を喜ばせ  規格標準化させ  完備させ  木の間にちらつかせ  彼は、こつちで訊きもせ  光栄をもつのでせ  ご存じでせ  軽蔑するでせ  退屈させ  病院はもう出ましたんでせ  挨拶に伺はせ  馬車を呼ばせ  一週間を過させ  払はせ  桟橋へ走らせ  登場させ  室へ通させ  樂隱居でせ  もんでせ  それはさうでせ  女房でせ  方を探させ  山登りをせ  頬に染ませ  サイダーなどを持たせ  身内にせ  慰さめてくれるでせ  大柄なせ  お父さんもあきらめるでせ  見合ひをさせ  見学だけさせ  一新させ  球を飛ばせ  是豈故なしとせ  一人下宿させ  ボクによんできかせ  頃、うまくだまして、早く寝つかせ  用意をさせ  間はもう動かせ  活動させ  向上をさせ  両立させ  想起させ  何を望ませ  承認させ  伸展させ  左顧右眄させ  はつきりさせ  手法を選ばせ  帯をさせ  ことをつきつめたら喰わせ  貫通させ  浅草紙をいただかせ  皮肉さで、いただかせ  鐘を鳴らしてゐるでせ  ところでせ  退院させ  咽喉から手が出るほど、飛びつきたかったが、もじもじせ  顔をてらてらさせ  閃めきをちらつかせ  話にも割り込もうとはせ  眼玉を窪ませ  奉行様をお悩ませ  公方様に於かせ  我々を愉しくさせ  ニコリともせ  全然驚きもせず、又、喋りもせ  身構えを直したりせ  結局試合をせ  寐入らせ  親を寝入らせ  一同待合室で待たせ  中に据わらせ  地獄へ下らせ  白髪を覗かせ  衣紋に優しく引合わせ  処を走らせ  湯を沸かせ  ちの目を逸らさせ  これは、言合わせ  思いをさまよわせ  のを見あわせ  家で間に合わせ  鍵束をじゃらつかせ  山水を引かせ  一切手を出させ  たちによく言って聞かせ  一人ではとても持てないほど持たせ  植木を引っこ抜かせ  風呂を焚かせ  なかへ移させ  想いをさまよわせ  石屋に刻ませ  崎嶇は易くせ  大名たちを弱らせ  群に投じたにせ  旅人を困らせ  ちょっと鼻がせらせ  実をお採らせ  目をパチパチさせ  ホモイのせ  匂ひをかぐはせ  ひとつの思想を歩ませ  瞑想をもいきいきとさせ  同化させ  作曲をせ  臆させ  しまわっせ  いつのまにませたろう、取っつかまえてあやまらせ  音も出させ  空駕籠釣らせ  下に居らせ  道を尊く思はせ  震動させ  引締つた色を輝かせ  荒廃させ  神経を苛立たせ  昏睡させ  金を出させ  承知させ  仕事をせ  百円でも安すぎるでせ  ごとをいわせ  飲食をさせ  楽屋入をさせ  蹠を踏ませ  ねんねさせ  口を手つだわせ  若葉を繁らせ  頸飾とせ  者有りとせ  上着のみを以てせ  瞳とせ  パイプを短くせ  火食をもせ  住居とせ  材料とせ  六尺位にせ  堤を築き廻らせ  塲所とせ  見合はせ  形状とせ  便にせ  其例少しとせ  具入れとせ  端緒とせ  食とせ  目を細くせ  目的とせ  もの少しとせ  物品交換をせ  引き換へにせ  事實少しとせ  用ゐたりとせ  アイヌとも同じからずとせ  云はるる通りでせ  猟夫神神、いざ、起たせ  もの柔い、泣けもせ  分銅をきしませ  ちゃんとしてとりかえさせ  一馬力のにさせ  水汲みまでさせ  ところ拝見させ  別荘を作らせ  一飛び体をくねらせ  氏に叫ばせ  つて効果をもたらせ  やうに思はせ  詩的情緒を滲ませ  雰囲気を滲ませ  孤立させ  観察させ  ますます彼を眠りがたくさせ  記憶を喚び起させ  一瞬間うっとりさせ  確めようともせ  気味わるがらせ  彼を苦しませ  今しがた夢の中で彼を苦しませ  彼を微笑ませ  彼を一寸黙らせ  枝をどっさり持って来させ  ごわごわは何でせ  きよときよとさせ  月樣が出たのでせ  歸つたでせ  反感を抱かせ  頭上に羽ばたかせ  氣味わるがらせ  のはどうもそのせ  僕はせつせ  五瓩ぐらゐ多かつたでせ  肥つたでせ  探偵小説ばかりを讀んでゐるせ  去年二囘喀血したでせ  しまつたのでせ  物語をはなして聞かせ  聴神経を悩ませ  憲兵隊本部へ飛ばせ  反響させ  至急当直将校に会わせ  僕の待たせ  僕を一層驚かせ  躊躇させ  将校達に会わせ  のを聞かせ  征服させ  大挙入場させ  作者に書かせ  消耗させ  最期をさせ  時分使に持たせ  見舞もせ  花を持たせ  疎通させ  脚色させ  張りをさせ  君をさせ  場を出させ  出演させ  提灯を持たせ  皆相当に読ませ  書店を開かせ  紙型鉛版屋を探し出して少し取らせ  自由活版所にやらせ  入社させ  実業家福田英助氏に買わせ  ペテルブルグ生活を思い出させ  唇をきっと引きしめ、またたきもせ  占いさせ  ちょっとじりじりやらせ  おじゃまはさせ  おじゃまさせ  一分間おじゃまさせ  顔をはっきり見もせ  底まで嗅がせ  犬に嗅がせ  ものばかり読ませ  半ばいはせ  勉強はさせ  私に申し聞かせ  褥をも敷かせ  下女などは休ませ  芬々とさせ  戸外に立たせ  枝を折らせ  おもしろい話などを聞かせ  凧を張らせ  旗をヒラヒラさせ  先へ踏み出してはならないのでせ  私を心から微笑ませ  同封させ  私を怖がらせ  ほこりを払わせ  ひとつ屋根の下でくらさせ  摂津国を固くお守らせ  牛に背負わせ  若い血を躍らせ  權利があるでせ  頭を熱らせ  格別退屈もせ  波を打せ  躁がせ  微苦笑を催させ  それを拾おうとせ  風にひたひたさせ  工場を受け継がせ  予期させ  物ともせ  如く相闘わせ  神経を冴えかえらせ  発狂させ  犬死させ  研究させ  総監にだけは聞かせ  薬罐から湯気を立たせ  一枚着飾らせ  服装がさせ  金貨を頂かせ  挙動と金貨を頂かせ  荷を担がせて廻らせ  事でも聞かせ  気味を悪がらせ  口を利かせ  杖をおつかせ  呼吸をつかせ  彼女にさせ  くせ運動を少くさせ  ように云ってきかせ  余り贅沢をさせ  兼子にそんな疑を起させ  自分では食べようともせ  女中を呼んで負わせ  町角に待たせ  一人走せ  扮裝をさせ  前に立たせ  喰はせ  言つたんでせ  中へ這入らせ  お腹がすいたでせ  言つたつて取りかへせ  穴から覗かせ  押へさせ  鎖を覗かせ  蒲團から出させ  作つて冷吉を坐らせ  何でも話して聞かせ  誰でせ  ところからまゐつたのでせ  氣が紛れるでせ  罨法をさせ  搖がせ  お母さまがいらつしやらないと、淋しいでせ  點いてゐるのでせ  やうでせ  間にでせ  歸りましたでせ  友だちみんなに見せ、讀ませ  夢はせ  中和させ  意味も含ませ  ままによみがえらせ  車は、隣りあわせ  内部から鎮静させ  シャツを、作らせ  ぼくをかなり悩ませ  ぼくを悩ませ  グリーンにひき会わせ  マークゥイスを走らせ  徐行させ  ドロシーは重ねあわせ  ぼくに読んで聞かせ  世話させ  専門に聴かせ  ひき会わせ  顔立ちであり、にこりともせ  両手を、かさねあわせ  なかった友人たちに語って聞かせ  かたを語って聞かせ  自動車を走らせ  厚みを持たせ  体験が、そうさせ  理解しようともせ  跫音を聞きつけて云いあわせ  頬紅を際立たせ  幾分声をふるはせ  試合をしたりさせ  人工呼吸を施してゐたのでせ  それを引かせ  有閑マダムでせ  眼をまじまじさせ  後向きにさせ  疎開させ  眼ばかり光らせ  容易に明けようともせ  自転車を牽かせ  大丈夫でせ  記載させ  紙を貼り出させ  彼は息せききらせ  広島は防げるでせ  ままを、いちいち語り聞かせ  破滅させ  紛糾させ  埋没させ  晩飯を済まさせ  何にも食わせ  わたしはせ  みんなに話して聞かせ  屏風を描かせ  弟子達にも手伝わせ  一つも飛ばせ  屏風を引っ込ませ  心を抑えようともせ  芸術家はこうなってさえ折れようとはせ  宣告を下させ  供に持たせ  屋敷を驚かせ  混入させ  周囲を持たせ  重荷を背負わせ  思いをせめてもさせ  瞳をうるませ  修練させ  濟まさせ  家が定まりましたでせ  まつたでせ  承知でせ  譯なんでせ  云はせ  からね、いいでせ  筆をふるはせ  作家自身が一般に若いといふせ  遠慮をせ  餘程遠慮をせ  辛抱をせ  對照上誤解をせ  から見たとは限らないでせ  云ふまはりあはせ  淵を渡らうとはせ  かけをつくり、気づかせ  反対もせ  かいにといい聴かせ  縁組みもせ  たかは漂わせ  口を割らせ  主題を選ばせ  である必要がありはせ  ごろごろいわせ  耳をたのしませ  一列励行させ  三つずつ鳴らさせ  くつは通させ  猛威を逞しゅうせ  嫉妬心を燃え立たせ  立騒ごうともせ  子を産ませ  髪を切らせ  何んとか云って否応なしに切らせ  小切手で書かせ  碇泊させ  クリさせ  僕を喜ばせ  様子もせ  上へ這わせ  馬に挽かせ  近所で間に合わせ  のであるが、買おうともせ  合従させ  連衡させ  マゴマゴさせ  飛行機を行ったり来させ  肩代りさせ  連戦連敗させ  心配をせ  下仕事をさせ  つて恢復させ  ペンを休ませ  のがせ  頭をぶっつけるか、そうでなくて死にもせ  彈きになるでせ  一つ彈いて聞かせ  万年筆を走らせ  一番関心を持たせ  彼を驚かせ  秘密も明せ  順応させ  体に持たせ  誅罰を加えようともせ  ようにせ  発達させ  痙攣させ  血を噴き出させ  兵糧を運ばせ  上下させ  眼を尖らせ  貫徹させ  ただらせてくすぶらせ  反映させ  驚きもせ  体を腐らせ  ものではござんせ  どれ妾に障らせ  女が死にもせ  敵を討ちもせ  夜鷹ではござんせ  商船に装わせ  碇泊りさせ  部屋へ帰って来ると、悪びれもせ  よう致させ  観念させ  落城させ  物の数ともせ  穴を掘らせ  討伐に向わせ  橋を守らせ  戦を以て決しはせ  戦一度もせ  鞍をも休めようとはせ  戦いはせ  正成をして、退かせ  篝を焚かせ  正成の焚かせ  徒者数人に曳き持たせ  タイピストがあるでせ  照させ  何うでせ  あたりを際立たせ  終夜一睡もせ  鞄をかつがせ  先生眠いでせ  赤とんぼをつかまえようともせ  上半をかげらせ  小初にとらせ  温気を籠らせ  印刷させ  目を遡らせ  魅惑を掻き開かせ  肉体を軽く浮び上らせ  うちから新舞踊を習わせ  独りで浮き上らせ  薫は黙って吸わせ  零落させ  不思議がりもせ  カフスに滲ませ  引締まらせ  真向きにさせ  舞台は観せ  をかしくはないでせ  答へさせ  従来どおり固定させ  職業的はったりの利かせ  偶然生れあわせ  結婚致させ  母も訊ねもせ  一番多く見るせ  放言をして、大いに悦ばせ  眼をくらませ  醤油罎などを運ばせつけてゐるせ  ひとにたからうとしないが好いでせ  泡を吹かせ  つて民蔵になどは触らせ  好奇心を起させ  混和させ  背になびかせ  赤旗事件まで起こさせ  出入り出来なくさせ  屈伸させ  呆然とさせ  鈍化させ  激昂をつのらせ  参加させ  みんなをおこらせ  引立たせ  人足でもよこさせ  えりさせ  顔をくしゃくしゃとさせ  挫折させ  登志子を坐らせ  蜂の巣はないでせ  生活を暗く思い浮ばせ  ぼんやりさせ  旋回させ  可能にせ  浮浪者である風は、語って聞かせ  風は、歌って聞かせ  みんなに聞かせ  竹槍で突き殺させ  時刻でせ  心臓を湧き立たせ  馬鹿さんだつたのでせ  体をふるはせ  事はないでせ  商売をさせ  眼を外らしもせ  妾に起させ  事をするんでせ  妾は又わざと疑らせ  光栄でせ  真暗にせ  迷惑でせ  方もいらつしやるんでせ  姉は喜ぶでせ  火の如くほてらせ  んぢやないでせ  進化しては行くでせ  事が出来るでせ  破滅したでせ  明りでせ  感じでせ  他にはないでせ  達とが並んで坐らせ  纏めるでせ  願ひ出来ますでせ  説教でもなすつたらさぞよく通るでせ  私怖いでせ  子供は泣くでせ  如何でせ  事になるでせ  別のを残しておけるでせ  死骸をほじくらせ  使はせ  ものを見られるでせ  材料になるでせ  銀貨を握らせ  足跡が見えるでせ  全で見えないでせ  喫驚なさるでせ  大変で御座いましたでせ  余情を含ませ  枝葉を繁らせ  貴方許りに行かせ  様子を見に来させ  度いでせ  やうに嬉しいでせ  事をすつかりばらさせ  合つて彼を戦かせ  踏絵なんぞを踏ませ  非常線を張らせ  望みを忍ばせ  方は見向きもせ  心に呟かせ  上に立たせ  云つて彼を困らせ  鬱積させ  心を動かせ  時でせ  ことがあるんでせ  夢でせ  ことは無いでせ  梭くぐらせ  仕合に参り合わせ  彼に申し聞かせ  縄を断たんともせ  われを顧みもせ  文を握らせ  櫂をくぐらせ  糸ふって波うたせ  窓際に立たせ  ためしに一杯呑ませ  けいれんさせ  石を運ばせ  信子を怒らせ  手紙を読んでいらしつたのでせ  御免遊ばせ  しまひなさるでせ  心もちがせ  殆夜中まんじりともせ  八畳へ坐らせ  感じを強くさせ  頬に透かせ  もう一度信子を若返らせ  瞳を火照らせ  漂はせ  氷を張らせ  旅びとの群はせ  俺は押しも押されもせ  退散させ  池かへさせ  たつきとせ  根柢とせ  物とせ  加はるでせ  それやさうでせ  元気でせ  復活するでせ  目を惹くせ  後ろに待たせ  風貌を浮びあがらせ  見方をせ  武勇談をして聞かせ  つもりだつたんでせ  なんでせ  さを思はせ  ビリビリとふるはせ  辺にまだゐはせ  住民はたうとう知らずにゐたでせ  閉ぢさせ  やつぱり汽車は出るんでせ  たんでせ  身心ともに硬ばらせ  ぢきでせ  みんなゐるんでせ  寒い思ひをせ  てるでせ  曖昧にせ  やつて下さればよろこぶでせ  顔を更に綻ばせ  ものを作らせ  前に浮びあがらせ  大分待たせ  戦つてゐるでせ  わけがわかるでせ  払ふでせ  念入りにやれるでせ  情報を聞かせ  瞬きをせ  狂はせ  発見されはせ  発音して聞かせ  日本人を見あきてゐるせ  メツセンヂヤア・ボーイを走らせ  記憶するでせ  云つたでせ  私に訳しながら読んで聞かせ  多少減つたでせ  くらゐでせ  顔をしてるでせ  状態は永く続くでせ  何ものかをひそませ  南からは睨まれてゐるでせ  北京も変るでせ  やつたでせ  予想なりを聴かせ  難問題があつたでせ  気を起させ  ズボンを脱がせ  つて大便をさせ  講釈を聞かせ  /″\させ  挨拶をせ  がちゃがちゃさせ  やうに立たせ  目を悦ばせ  間へ引つ込ませ  目食はせ  牛乳を出したらどうでせ  椅子から起たせ  蝋で煮てゐるのでせ  葡萄酒を出させ  つて下さるでせ  やうにゆるがせ  血を滴らせ  帰つたのでせ  のは好くないから、一杯呑ませ  どこにお出なさるのでせ  帰つて来はせ  響をさせ  一銭戴かせ  薄墨にぬらせ  墨をにほはせ  教へて代写させ  代筆させ  いかがはせ  北風になびかせ  歌を作らんとはせ  の子らにくはせ  漢文よませ  志を話さんとせ  なほ慰むるに足るとせ  保守的なるに勝れりとせ  剽窃とせ  挿花と同時にせ  春とせ  公にせ  隣へ持たせ  黒眸を輝かせ  標準とせ  所あらんとせ  驚倒させ  親いろせ  手に探らせ  一度はやらせ  歌を作らせ  天城なりせ  子等いかにせ  成立させ  情景を浮び上らせ  世なりせ  寒い目をさせ  わけをせ  白な、せ  広場に待たせ  馬を座らせ  せいせいしたでせ  喰べさせ  見当がつかないらしく、せ  奥さんがお有りでせ  から当分眼を廻させ  五六人に飲ませ  裸にさせ  舌をださせ  一円借せ  おつる涙をいかにせ  おともせ  五つとせ  衣ずれもせ  らへせ  不思議では無いでせ  名でせ  のどつせ  眩暈させ  ところを語らせ  地か空か知らず、走せ  酒杯を尖らせ  朝の如く若返らせ  雪を散らせ  今はじめて一転させ  人が出盛るのに、降らせ  音をふるはせ  始末もせ  転倒させ  割増しをせ  眼をきょとんとさせ  向きもせ  胸をすかせ  迷惑をかけぬだけにはせ  事もせ  もんだと思わせ  型には酔わせ  こだまにひびかせ  退場させ  事も得せ  辞儀もせ  妻に手伝わせ  雨にしめらせ  中学校へ通わせ  一目会わせ  養生をさせ  底に立たせ  思いはせ  水を汲みにやらせ  内にひそませ  手を握らせ  益益鬱ぎ込ませ  内部からガタガタ音させ  私は見もせ  方へ来させ  了解させ  嫁入りさせ  失望しはせ  前をとりつくろうてくれて払わせ  まり外出させ  目をおどおどさせ  私に近づかせ  気をも起させ  私に思わせ  気をおこさせ  例へるとなんでせ  言あげせ  議論をせ  用意がいりはせ  戸迷ひさせ  らへさせ  床上げをさせ  私にして聞かせ  対象とせ  疲れでせ  滿を座らせ  会話もせ  車を持つて来させ  召替を遊ばせ  をかしいでせ  湯を沸かさせ  先に来たのでせ  榮子に持たせ  子を立たせ  榮子は泣くのでせ  云ふのでせ  五日位は若いでせ  くるくると着替へをさせ  今朝は早く起きたのでせ  のが好いのでせ  宿屋でせ  今日はくたびれたでせ  三度程も替へさせ  からいいでせ  轟がせ  指に持たせ  気質によく似て居るのでせ  頬をむごむごさせ  何物にも踏み込ませ  杉山さんをすっかり喜ばせ  汽車を走らせ  やうにぴんとさせ  自転車に乗つていつたんでせ  雨が強くなつたのでせ  わきにすわらせ  どきどきさせ  崩壊させ  ますます急迫させ  胎させ  理由とさせ  ざっぱな諦めを持たせ  戦争協力をせ  物をいわせ  流布させ  入学させ  父兄を驚かせ  時間をつぶさせ  寄附をさせ  普及させ  悪天候に害されもせ  戦争協力させ  行進を行わせ  実感させ  どころを失わせ  存在させ  把握しにくくさせ  音楽愛好心を悲しませ  隷属させ  変更させ  子供から大人までを嘆かせ  補充をよぎなくさせ  破綻させ  譲歩させ  なにを誓わせ  剣劇映画を作らせ  語がついてゐたのでせ  目にあはされるのでせ  ピチャピチャ云はせ  小さな目をパチパチさせ  中で鈍らせ  萎縮させ  心を翳らせ  紅茶も沸かせ  魂に還らせ  千人も出るでせ  其内ユツクリ話して聞かせ  ピチャピチャ云わせ  蕩させ  人に読ませ  昂揚拡大させ  幾変転させ  放擲させ  身分に生れあわせ  横暴を返り咲かせ  それをもじやもじやにさせ  ためにせつせ  手つだひをさせ  紙片を握らせ  咽喉をつまらせ  小劇場へ走らせ  姿を全く見えなくさせ  呼吸を切らせ  毛髮をもじやもじやにさせ  嫁に行かうと思へば行けたでせ  誰かが親しくして来るでせ  お喋りがしたいんでせ  ものもゐましたせゐでせ  わたくし、させ  ことつてないでせ  動揺させ  慄はせ  後から頂上だけを覗かせ  乱立させ  谷へ下らせ  対峙させ  美観を偲ばせ  瞬もせ  休もせ  燗熟させ  ことを語って聞かせ  完全に一致させ  どんどん悪化させ  縮少させ  ミシミシいわせ  矜りとせ  思つてゐてもよろしいでせ  といふところもあるでせ  姿を見失はせ  消化し、役立たせ  つて行くでせ  心遣ひがみせ  誰も気がつかぬのでせ  恰好はさせ  こともあるでせ  対句を読み返してみるでせ  云ひ聴かせ  のは、いつたいなぜでせ  身だしなみでせ  想はせ  なにをさせ  邪魔になりはせ  熊川忠範をも縮みあがらせ  ゾツとさせ  何をさせ  女房子供にひもじい思ひをさせ  ことでどうでせ  六千円でせ  結構でせ  余地がありはせ  ザルを持たせ  やうですが、やはり知らんのでせ  去年から試作をさせ  写真にとらせ  希望を持たせ  一つ買つて私に持たせ  興味をもってせ  陽気に過ごさせ  残つてらつしやるんでせ  限つてどうしたんでせ  わけは、わかつてるでせ  いやでせ  夫は食わせ  提灯つけて送らせ  日夜工夫をこらせど、如何せ  専門的研究ににらみ合わせ  誰でもさう思ふでせ  青年に与へようとしなかつたのでせ  満足するでせ  幾人ゐるでせ  教へるでせ  典型が浮びあがるでせ  場合がありはせ  性質がさうさせ  ことになるでせ  同義語とみるべきでせ  病にまで昂じさせ  つてゐるでせ  枝幹をなびかせ  興味を呼び起させ  穿索もせ  按摩をさせ  留守番をさせ  豆をむかせ  心持にさせ  悠くり休まっせ  のだと思わせ  発生させ  渡来させ  ぼんやりとさせ  両者の混ぜ合わせ  開催させ  帆を孕ませ  順風に孕ませ  十分諒解させ  高揚させ  含味しようとせ  飛行機を舞わせ  本質を観破せず、或は、観破せ  愛国行進その他団体運動を行わせ  端的だろうと思わせ  まま直立させ  大字に踏ませ  鉄管をふくませ  糾弾もせ  おかみさんにしまわせ  観念さえもはっきりせ  かなたに包みこませ  ものでがっせ  それ以上ちかく迫るでもなし、また遠のきもせ  語つて聞かせ  感取せ  逃げちやつたんでせ  静脈に波打たせ  拝借ねがへないでせ  不足でせ  屋敷にせつせ  暮せるでせ  ギシギシ言わせ  唇をまくれあがらせ  よう術もありませんでせ  現はして下さるでせ  なつてゐたのでせ  それを怪しみもせ  ことをもちろん知らなかつたんでせ  自分達自身を、変らせ  必要もありませんでせ  届るでせ  手続もせ  言訳をせ  疑いをかけられはせ  嫌いもせ  生存させ  内へと引込ませ  三味線をも弾かせ  再現させ  訂正もせ  恐れもせず、醜いともせ  金貸をさせ  円タクを走らせ  風さえもせ  自動車の走せ  車を行き過させ  怒りもせ  二三人店口に立たせ  起りはせ  笑を含ませ  人にも思わせ  作用させ  対比させ  いかがわしいにせ  沈没させ  門に立てばせ  母に見せられもせ  着物にきかへさせ  絵を描かせ  ふりかへりもせ  あすこに見えるでせ  さうに身動きもせ  想ひを駆せ  興味を起させ  仮装をさせ  信用を喪わせ  体得させ  思いもせ  ご存じだけ、お聞かせ  気をすくませ  眼だけを白く上ずらせ  自然にそうさせ  理性に返らせ  買いをせ  無駄にはせ  好きにつかませ  それをお聞かせ  男をのた打たせ  ブルルとふるわせ  恥をかかせ  丞のものにさせ  ビクともせ  切ッ尖をブルブルさせ  灯をギラギラとよじらせ  ものにせ  綱をも酔わせ  ピーンとよみがえらせ  胸をドキッとさせ  チュチュさせ  一本ずつ持たせ  そうにそよがせ  二ツ鐘をひびかせ  そこから焔をふき出させ  ッこい、そうはさせ  風にそよがせ  助広を鞘走らせ  光をジリジリとよじらせ  息杖を急がせ  ことが、かれを余儀なくそうさせ  ガチャガチャさせ  スッカリ気をめいらせ  舞台でさして流行らせ  人に目立たせ  何かの巡りあわせ  足を早くさせ  胸騒ぎをさせ  純情へ立ちかえらせ  足をすくませ  面とを向いあわせ  げにこわばらせ  稼業をさせ  顔をおののかせ  ンかさせ  勉強に通わせ  手へ握らせ  謎は、解いて聞かせ  足どりを運ばせ  稼ぎはさせ  これまでと思わせ  下駄をひびかせ  ちょうだいに伺わせ  有無をいわせ  対手に感づかせ  どこかへ落ちつかせ  心をこめてのませ  振りかえらせ  達筆を走らせ  振りかえりもせ  嘆願書をとりださせ  駕を急がせ  みんな顔を見あわせ  目と目を見あわせ  ワナワナさせ  上がりもせ  うつむかせ  茫とさせ  ビクとさせ  養育させ  自分の子供をあそばせ  心を吸いこませ  ゆらゆらさせ  精気をすくませ  死相に変らせ  徒士といわせ  養育して取らせ  後悔をせ  人気勢もせ  チヤリリともせ  大事ござんせ  それと言わずに逢わせ  繞った、と思うと、くすぶりもせ  包みもせ  ように坐らせ  格好をせ  唖然とさせ  邪推を回らせ  想像を回らせ  憂鬱にさせ  人身攻撃を回らせ  白足袋を脱がせ  それを読んで聞かせ  僕をこんなに困らせ  ぞんざいな間に合わせ  私をたしなみ深くさせ  たんぽぽを茹でて食わせ  不安がらせ  呆やけさせ  王者なりせ  脣を引きつらせ  ピクピクさせ  新聞に包んで持たせ  病気をせ  けんかをせ  編輯者から恵送せ  勇、泳げもせ  飢死させ  征服しおわせ  間拝借させ  馬を飛ばせ  妄想に走らせ  お越し下されやんせ  ゅうことの科学的根拠ぐらいは知ってまっせ  なんでもあらへんのでっせ  洗濯かて、せ  女はにこりともせ  焼餅やきでっせ  損でっせ  しまいまっせ  うち挨拶させ  もってこいでっせ  黒焼きでっせ  人のせ  サイダー売りを想わせ  話を想い出させ  変装させ  従事させ  畳換へをしようともせ  コーヤクぢや塞ぎきれないでせ  却つて都合でも好かつたんでせ  鷹の羽ばたきもせ  ことを含み、羽ばたきもせずといふはまして飛び去らんともせ  李は訝りもせ  校正をさせ  校正はせ  眼色もせ  足踏みはさせ  途を歩かせ  ビール瓶は壊れもせ  食事をおごらせ  者に持たせ  ちよつと忍ばせ  ものがあるのでせ  ぢやないでせ  ほんとうでせ  雑魚撒かせ  ものを、せ  ななめにのぼって、せ  ものをぴかぴかさせ  之れありとせ  夜遊びもせ  何か言わんとせ  回らさんともせ  由を語り聞かせ  法事をせ  親実、しみじみ嬉しく忘れはせ  何とせ  園に語り聞かせ  一夜宿りもせ  ヒッそりとせ  懺悔せんとせ  罪あり、もし死なんとせ  彼を悩ませ  云ふからね、そしたらどうでせ  どちらでせ  方が安いでせ  なにかは悪いでせ  んだがどうでせ  承知下さらないでせ  町から買ふんでせ  おいででせ  みちはないでせ  瓦斯を吹き出させ  内密にねがひませんでせ  進歩はないでせ  變化するだけでせ  やすやすと掴ませ  足をじたばたさせ  縁無し眼鏡をチカチカさせ  話もせ  新刊小説を読ませ  文子のしたいようにさせ  む世をかけて、絶えず消えせ  舍密が鳴るのでせ  頒けて呑ませ  ば人雜もせ  背をもたせ  氣分を落ちつかせ  事を思はせ  其氣になれば愛させ  杯を取らせ  大三方に堆く積み上げて出させ  席画を作らせ  判をさせ  先に還らせ  否運に逢わせ  持に書かせ  抱鶴が引かせ  むがために画かせ  摺に摺らせ  鯉を画かせ  奥書をさせ  豊花を待たせ  底をはたかせ  山城河岸へ急がせ  土俵を作らせ  相撲を取らせ  敢てせ  住職を訪おうともせ  立場を失ひはせ  振り落させ  何しろ僕としてはこうせ  足をもじもじさせ  五里霧中に葬り去らせ  僕はやはりああせ  検討へ向わせ  ところに赴かせ  就て話そうとはせ  眼玉を輝かせ  首を回らせ  獅噛みつかせ  独り歩きを試みせ  先に立たせて歩かせ  念を抱かせ  現出させ  方向に導こうとせ  通りでせ  つて云ふんでせ  つておつしやるでせ  瓦斯はないでせ  死ぬ決心までさせ  思つてるんでせ  感じを深くさせ  駄法螺を聞かせ  のを伺わせ  論鋒を鈍らせ  匂を漂わせ  すべて郡領と呼びかへさせ  期間宮廷に立ち廻らせ  多く在らせ  周知させ  処置は、かうまでせ  すべて郡領と呼びかえさせ  処置は、こうまでせ  北朗にして聞かせ  全部妻君に持たせ  開け閉てをさせ  身の毛を逆立たせ  流通させ  それを殺させ  更へさせ  先づ切角運ばせ  大人が書かせ  出席させ  案内をさせ  願書を書かせ  前に、出させ  気をわるくさせ  登志を酔わせ  彼をからかって怒らせ  繰り言を聞かせ  ふだん着に着かえさせ  急にささえとどめようともせ  佐佐はまずせっかく運ばせ  ことを申し聞かせ  おとなが書かせ  弁解もせ  本気にせ  目を怒らせ  それを返しもせ  一歩前へ出ようとはせ  少尉殿はびくともせ  氣を浮き立たせ  手傳をさせ  物を書かせ  思つたのでせ  惡い思ひをさせ  病ひおこらんとせ  つる事もせ  腰折のえせ  一時預からせ  番号を見もせ  自動車で送らせ  私たち三人は言い合わせ  お母さんに押しつけて怒らせ  今夜はじめて役に立たせ  意味を持たせ  馬車を走らせ  ものが余儀なくさせ  ちょっとそこに待たせ  下まで廻させ  浮気もせ  自滅をおさせ  彼ありとせ  基督なりとせ  泉源なりとせ  亭主を苦しめ悩まし憎ませ  気勢がせ  咎めはせ  身をよりかからせ  心をしずめ落ちつかせ  世界に出て行かせ  一つ喰らわせ  立て替えをせ  誓言をさせ  前に坐らせ  百回目で話して聞かせ  伯爵夫人にお引き合わせ  支度させ  私に読んでお聞かせ  散財させ  ありがちな堕落におちいらせ  馬に牽かせ  跫音を忍ばせ  召使いを下がらせ  唇をもぐもぐさせ  勝負にお勝たせ  返事をさせ  そこを立ち去らせ  深入りさせ  彼を悲しませ  眼をさまさせ  ヘルマンを引き合わせ  清算させ  先方とも打ち合わせ  氣勢がせ  感じをおこさせ  止めもせ  剣山から江戸までもさまよわせ  萌え立たせ  啓之助をてこずらせ  息をかすらせ  妹を棲みこませ  流れを越させ  煩悩を、よろこばせ  米を待たせ  声をかすらせ  わしをそうさせ  報告をせ  馬蹄をひびかせ  喉にくいこませ  花柳界に流行らせ  声をたかぶらせ  姿を躍り立たせ  緊張味をみなぎらせ  惣毛立たせ  体をかがませ  逡巡をいだかせ  刀林をどよませ  夜叉のごとく追いかけて、ひとりあまさず斬り伏させ  方も駈けあわせ  肉をもがかせ  ガンとさせ  声に振り向きもせ  駱駝に負せ  王を悲しませ  皇霊祭を行わせ  空気を吸わせ  彼は見かえりもせ  ポケットに滑り込ませ  日付けははっきりせ  競走をさせ  上に休ませ  気を弱らせ  別に疑いもせ  彼女を立たせ  わたしに会わせ  汗をしたたらせ  髯をしめらせ  呼吸もせ  時世に生まれ合わせ  大理石像を思わせ  この世によみがえらせ  眩惑させ  疑問を起こさせ  麻酔するほど飲ませ  ピンを刺させ  私を見あげもせ  返事もせ  二度とは聞きもせ  気味わるく思わせ  あなたにそう言わせ  感情を苛立たせ  ことがあると話して聞かせ  私に話して聞かせ  船を縫わせ  留めもせ  そうにもせ  気もせ  底の世にもなりはせ  黄金を敷きもせ  傍に居らせ  思召に嬉し喜んで従わせ  褄を引合わせ  世話をさせ  身体を棄てもせ  気にもせ  間違はさせ  船を漕がせ  泣きもせ  ようはござんせ  殺しはせ  夫人、おくれはせ  ことなどを思い出させ  それを去らせ  内容までを詳しく語って聞かせ  みんなに語って聴かせ  人から何ひとつ貰わせ  人たちに疑わせ  ように思わせ  バーグレーヴ夫人を驚かせ  接吻をまた繰り返させ  物語を話して聞かせ  裏打ちをさせ  潔癖性は、こうせ  一見させ  不快にさせ  存続させ  水ぬるませ  聲を聞くをたらずとせ  射撃をさせ  勝利を思わせ  大和魂をもってせ  全勝を思わせ  天皇で在らせ  奮発させ  亭主に逢わせ  是非味わわせ  その後から馬を歩かせ  怪我もせ  必要に長びかせ  上でやらせ  まちがいに気づかせ  気分を漂わせ  先までをぞっとさせ  静かに話しをして聞かせ  少女を苦しませ  俟たなければならないでせ  缺點をも見逃さないでせ  やうに痩せ細らせ  轉向させ  迎へさせ  げえせ  對照させ  人間に語らせ  眼覺めさせ  戰慄させ  光も信じずにはゐられないでせ  光のない暗もあるでせ  扇をパチつかせ  度毎に精しく話して聞かせ  女に読んで聞かせ  愉快にさせ  彼は忘れもせ  格別におどろきもせ  それから彼女はためらいもせ  うちに沁み込ませ  まばたきもせ  小径を通らせ  今それを取らせ  不滅の光りに照らさせ  眼を怒らせ  ぼんやり浮き上らせ  掲示もせ  集団させ  良材を使わせ  咎を負わさせ  胆をひしがれたのでせ  魔法が始まるのでせ  計略は、すぐに見破られてしまふでせ  飛びまはつてでもゐるやうに見えたでせ  呆気にとられたのでせ  つてお婆さんがゐるでせ  署名をさせ  混乱逆上させ  怒りをつのらせ  それを作らせ  意志させ  話だけを聞いて見もせ  毎晩そこに泊らせ  それだけでも堪らないでせ  助長させ  気がするでせ  益堕落させ  種をせつせ  驢馬を走らせ  円光を輝かせ  彼を憤らせ  冠をかむらせ  袍をまとはせ  答へせ  我々を立たせ  ダラシが御座んせ  訳じゃ御座んせ  利き目は御座んせ  独逸人に持たせ  仕様が御座んせ  学生さんばっかりじゃ御座んせ  相違御座んせ  鰐に喰わせ  倒おさせ  チンドン屋をやらせ  のを取組ませ  街頭でやらせ  無理は御座んせ  間違い御座んせ  シロモノじゃ御座んせ  ものも御座んせ  私ら銘々に持たせ  肉にとまらせ  さに、フワフワと膨らませ  目標を噛ませ  蜂を飛ばせ  ほんとうに怒らせ  あなたを、まじろぎもせ  事実とを接ぎあわせ  約束させ  水に流されたのでせ  手向ひせ  ことにさせ  ことはしないでせ  邪魔させ  小便をさせ  米ゆゑ苦労はたえはせ  上気させ  富坂まで走らせ  今少しいはせ  人なきをいかにせ  陣にはせ  腰をおちつかせ  顔色を変わらせ  鎖をはずさせ  ガブリエルに言って聞かせ  夫人を呼びさまさせ  一生を送らせ  告白させ  あっちに立たせ  眼を視張らせ  文章など在りはせ  金細工屋に作らせ  神様を悲しませ  無分別がさせ  何度も繰り返して話して聴かせ  ことを、くはしく話してきかせ  洗はせ  わしは、もう行くとせ  答へて下さるでせ  丹波酸漿を膨らませ  唇を尖らせ  頬を膨らませ  集注させ  生活を営ませ  三井財閥を坐らせ  花も咲かせ  今晩伺わせ  頬をこわばらせ  誰かに殺させ  乳母に受取らせ  音読してさえ聞かせ  金を、どうして楽しませ  そりと覗かせ  中止させ  私をぞっとさせ  違いないからと言って聞かせ  目に逢わせ  身をおののかせ  畏縮させ  あいだ馬を走らせ  空中に飛び上がらせ  馬をゆるく走らせ  私に思い出させ  上に駈け登らせ  一任させ  馬を急がせ  一目散に走らせ  ゆるやかに走らせ  世界に帰らせ  英国へ帰らせ  露子に呑ませ  故意に呑ませ  殆ど一睡もせ  薬をのませ  時烏鷺を戦わせ  之を呑ませ  足を休ませ  ところに立たせ  蛇に呑ませ  蛙をまた吐き出させ  中に忍ばせ  一緒に待たせ  此儘面白い空想に耽らせ  直ぐに立ち上らうともせ  争闘のみを多く戦はせ  思つてゐるんでせ  嫌ひなんでせ  うだつたんでせ  つた儘転がりもせ  顔をあかくさせ  あなたも帰るでせ  蹣跚とさせ  女を焦立たせ  留学させ  乗り降りさせ  子にいい聞かせ  座談で聞かせ  女にそう思い込ませ  中に游がせ  人に聞き取らせ  顔中に漲らせ  中学だけで、よさせ  女にさせ  瞳を、黒く盛り上らせ  不安に突き抜くほど鋭く閃かせ  意匠を捗らせ  ギャルソンの駆せ  毬をつき弾ませ  子を遊ばせ  明滅させ  動き方をさせ  前へ少し乗り出させ  中に沸き立たせ  警笛を焦立たせ  導線をくねらせ  青年にはぐれもせ  趨勢はそうはさせ  情趣を探らせ  上に肖せ  ように造らせ  真鍮色に明るくさせ  棲家を造らせ  気をつけ遊ばせ  口に臨ませ  ことを死ぬまで云い聞かせ  僕をこんなに暮させ  恥とせ  お母さんを思わせ  芸術論を闘わせ  急造させ  頭を使わせ  お医者さんに診せ  妄信させ  水に浸させ  さめもせ  穿索をせ  迷信をいだかせ  恐怖心を起こさせ  彼にすっかり話して聞かせ  僕を怖がらせ  心を落ち着かせ  海藻をただよわせ  髪をばさばささせ  上へ立たせ  惜しみもせ  さらさらとせ  箱入りらしく暮らさせ  御馳走もせ  是非お聞かせ  手を動かせ  景色にせ  樣をお勝たせ  さへせ  萬一落ち散りもせ  促がせ  投かへしもせ  成就させ  彼地に住ませ  悄然とせ  恨みもせ  くみもせ  耻とて世に包むを、聞かせ  好きなんでせ  国屋でそうして味わわせ  これを見つめていると、にいっとせ  関係を持たせ  母を驚かせ  頬に伝わらせ  鷺娘を踊らせ  用事をさせ  終りを思わせ  立派に着飾らせ  軽口を叩いてもにこりともせ  衰弱させ  笛を吹かせ  音楽を奏させ  のか、なぜそうさせ  気が付いたが、起ち上がって出て見ようともせ  ら付かせ  黄金を輝かせ  わしに覗かせ  つげもせ  井ほらせ  物をかかせ  拝するを得せ  群りたたせ  滝つせ  んとせ  家へはいらせ  全速力で走らせ  彼等を縮み上らせ  寺男を思わせ  向もせ  後を引かせ  気絶もせ  上に引っぱり出させ  アングリさせ  なんかはせ  クルクル廻転させ  文金高島田に結わせ  ちゃんと結ばせ  夭折させ  周囲から際立たせ  分散させ  風にゆすらせ  そば立たせ  眼を見ひらくと、まじろぎもせ  ペタつかせ  はい、ごめんくらっせ  仕事をやらせ  宣告するがごとくせ  天降らせ  まり世間には知られもせ  心持ちを起こさせ  着物を着かえもせ  ここへ来させ  彼女を凍らせ  桜花ふぶき溜るとはせ  われひとり行くせ  さくら移植させ  桜花あかり廚にさせ  御籤を引けばなんとせ  祖母に話してきかせ  人しれず思ひやるならはせ  青に煙らせ  按摩を呼ばせ  虱つぶしにあたらせ  出勤もせ  一回転させ  ほうへ走らせ  僕を咎めようともせ  彼に話して聞かせ  勇気を振るい起こさせ  物音をさせ  一切を語らせ  大勢は誘いあわせ  口供を書かせ  煖まるとせ  所を得せしめると宣らせ  植民地視せ  所を得せ  眼元をほほえませ  まり、まごつかせ  モノにさせ  都合が悪いでな、わざと怒らせ  まり怒らせ  口を辷らせ  なにを覚らせ  呉絽を織らせ  騒ぎを起させ  場を捜し出させ  獅子噛ませ  人士を竦みあがらせ  気保養をさせ  外国貿易商であるせ  真似はせ  だれに言わせ  三人にも怖けづかして喰わせ  ラツパを吹かせ  誰も怖がりもせ  合図を鳴り響かせ  収り終せ  身体をゆるがせ  瀉血させ  誰か手に持たせ  手紙を書いて持たせ  顎をぶらぶらさせ  先でヒラヒラさせ  按摩鍼などをさせ  撥を持たせ  みな角太郎にしょわせ  そばへすわらせ  知らない仲ではござんせ  銀簪がござんせ  尾の靡きはせ  居はせ  神が立たせ  動きもせ  棲家にでもなりはせ  一支えもせ  程もあらせ  臭もせ  どれも抱着きもせ  薬を嗅がせ  血に交って、洗っても、拭っても、濃くなるばかりで、褪せさえせ  吸消されもせ  存らえ遊ばせ  身ぐるみ脱がせ  清潔にさせ  酒をふくませ  お前を走らせ  復唱させ  身体をはずませ  足をからませ  一日仕事もせ  者に聞かせ  やうに光りはせ  船頭を急がせ  二つ三つ持ちださせ  糸にからませ  風にほおけ立たせ  以前から稲荷河岸あたりに、もやって待たせ  トゲトゲと尖らせ  暇にあかせ  手柄顔もせ  なかに忍ばせ  花をゆるがせ  こはくはないでせ  夢でも見たのでせ  水あびをさせ  嫂はせつせ  つて案内をいそがせ  臆病窓から腕を伸させ  掠奪させ  縄にがつちりとくわへさせ  お前さんを往かせ  燗させ  酌をさせ  ねえさん芸者そうはさせ  事にさせ  宅へ置いて行かせ  チャンポンに就いて少しく語らせ  ひと口なめさせ  ひと口なりとすすらせ  ことではすまさせ  駕籠を舁かせ  西の丸そとをさんざ駈けまわらせ  体操をさせ  門まで挽かせ  さを保たせずして終らせ  道を以てせ  足をふわふわさせ  功名させ  手を急がせ  これはお聞かせ  恩怨無二と説かせ  當國へ進ませ  創口を縫いあわせ  隔離させ  御成をおこなわせ  ところ、やらせ  準備させ  利根すじへのぼらせ  ところへ、取りつかせ  吉左右をお聞かせ  ぐあいに、ブラブラとぶらつかせ  鶴よりゆずらせ  褒美をとらせ  顔出しをせ  骸骨を踊らせ  ウ磨がせ  払いもせ  独り莞爾ともせ  衆を立たせ  咳さえ高うはせ  目は、言合わせ  前に立合わせ  味もせ  孩子どもに拾わせ  今日は、休ませ  ゆっくり休ませ  そいつでも売らせ  野郎に売らせ  他人に指させ  指輪とを出させ  物らしく思はせ  中心要素とせ  口に含ませ  結婚もせ  思やんせ  帰りやんせ帰りやんせ  顔を沈ませ  屋敷のありかをさとらせ  名札紙を買わせ  涙をみなぎらせ  行方をさがさせ  あなたをしくじらせ  ここは立退かせ  梯子段を持たせ  これにやらせ  足音をさせ  古谷氏が書かせ  局をうかがわせ  あきらかにせ  あたりを翳らせ  藤波は見かえりもせ  学者を驚かせ  薄紙をはり合わせ  幻覚をひき起こさせ  後でなければ受け取ろうとせ  床をはなれようとせ  聟とってつがせ  頭痛起させ  こちらどっせ  かんにんどっせ  人形師につくらせ  いつか消えようとせ  あての子どっせ  ことどっせ  誰にも運ばせ  あてが怖おっせ  綺麗でせ  閉ぢて、身じろぎもせ  酒でもたらふく飲ませ  相手にもせ  人数を張りこませ  手柄をさせ  風呂わかせ  もちや持たせ  槍をかつがせ  旗をかつがせ  扉を見やしやんせ  通りやんせ  渡りやんせ  片隅に坐らせ  学校も休ませ  有無を言わせ  遺書を読ませ  支払をせ  安堵させ  ところへ持たせ  追風に吹かせ  理解に立ち到らせ  真相を見抜かせ  始末させ  のと、幾分せ  規則立てて暮させ  遠目に立たせ  とき買わせ  発展はさせ  ことがわからせ  燈籠を持たせ  眼を潤ませ  道をも遠しとせ  百両という仕あわせ  ア、なんとかして止させ  ギョロギョロさせ  絨毯にくいこませ  開閉もせ  酒を運ばせ  足をひょろつかせ  パクパクさせ  襟をつかませ  風に弄らせ  総出させ  猪之吉を飛ばせ  出しして、万一、殺させ  ブラブラさせ  ガチガチさせ  皮肉をふくませ  崩れへたばらせ  本質をひらめかせ  加持をさせ  息もせ  蛇を忍びこませ  大蛇を這わせ  夜遊びはせ  まま眼を見あわせ  ガチャガチャいわせ  家督をつがせ  頬かぶりをさせ  愛着を抱かせ  分裂とをおこさせ  殺人をおかさせ  殺人を犯させ  連関させ  関心をおこさせ  不法を犯させ  存分にお寛がせ  のでは、お寛がせ  まり微塵にせ  身体をくねらせ  足もとをひょろつかせ  半日ほど引きのばさせ  ついでにしくじらせ  思いなりにさせ  辻斬なんぞはせ  心配せんとついて来まっせ  のを注がせ  一升持って来まっせ  逃げはせ  大損をせ  粗略にはせ  終りまで言わせ  いつか禿狸をつかまえたらかならず埋めあわせをさせ  揺曳させ  消磨させ  没頭させ  講演させ  並行錯雑させ  本当らしく読ませ  両手をぶらぶらさせ  甲府まで飛ばせ  吉兵衛を殺させ  汗を滲ませ  吉兵衛を引きこませ  彼に握らせ  準備をせ  それを聞かせ  不平でせ  それがどうでせ  人にやらせ  いふ経験はおありになるでせ  お守をさせ  近ごろ出来たでせ  御免あそばせ  背中をすりあわせ  当身でも喰わせ  当身を喰わせ  お供を仰せつけくださりまっせ  眼玉も動かせ  船をば急がせ  番所を遊ばせ  休止させ  代償とさせ  受とめさせ  約束をしたんでせ  遠くへやつとかうと思ふんでせ  結はせ  誰かを待つてるんでせ  ことは来るんでせ  なにしに来たんでせ  問題でせ  外へ待たせ  米につがせ  ひとにさんざん喋らせ  ものをかつがせ  断りをいわせ  から早く引きとらせ  扮装させて立たせ  相手をさせ  心に起させ  土下座をしてお飲ませ  垣間見させ  毒を入れて飲ませ  あたしがよせよせ  恩におきせ  肩をそよがせ  相手などいたさせ  六平にそっとかつぎ出させ  方をさせ  帰宅させ  私に殺させ  真似をせ  ほうへそよがせ  困惑させ  ケープを持たせ  顔を輝かせ  自分をとりとめなくさせ  身をやつらせ  五歩とは進ませ  紅潮させ  発砲させ  狙撃させ  心をうきうきさせ、どうしても寝つかせ  キンとさせ  耳に云って聞かせ  ものであったが、開かせ  上釣らせ  密着させ  ッ引を走らせ  おかんがえあわせ  油断させ  三津五郎とさとらせ  本省に行かせ  鎌倉に行かせ  私を威かして、いろいろ手伝わせ  観念しまっせ  飯でもつめこんでおきまっせ  ひとつ眠けざましに聞かせ  用心していまっせ  安心していまっせ  ところへ行って打ちあわせ  身をすくませ  袂を取らせ  臭いでさぞ生臭せ  雑作に出来てゐるのでせ  なつて来るでせ  意味をもつて動き出すでせ  人間に示し、与へるでせ  幸福にするでせ  謎がとかれてあるでせ  大変しあはせ  何を観てゐるのでせ  何を調べてゐるのでせ  分りでせ  もちやを持つてゐるのでせ  不思議がりはしないでせ  足なんかくじかせ  者をよろこばせ  本当ぢやないんでせ  汁を滲み出させ  事まで委しく話して聞かせ  計算をさせ  罠におちたでせ  一ぱいになるでせ  数へてゐるのでせ  不思議なんでせ  それを信じなかつたでせ  事があるでせ  鍍金させ  接触させ  火燧石を尖らせ  羊はこれから殺されるんでせ  肉を太らせ  死骸に含ませ  知らない質問は書かないで下さるでせ  笑はないでせ  インキを含ませ  匂をさせ  猫がとるのでせ  説明をして聞かせ  云ひますでせ  理窟を知りませんでせ  教へたのでせ  事を悟らせ  膠着させ  何んでせ  螫すでせ  餌を少しもおそれないでゐられるのでせ  クレエルを落ちつかせ  蜘蛛に刺させ  私共をぞつとさせ  傷をどうしたらいいのでせ  心を落ちつかせ  事が分つたでせ  蝶でせ  平気なんでせ  糸をすべり出させ  はいつてゐるでせ  場所をさがさせ  私を落ちつかせ  それを話して下さるでせ  火花を飛ばせ  おなじでせ  爆発を起させ  後しざりさせ  暴風雨が来るんでせ  つて此処は降らないんでせ  今暴風雨があるのでせ  一緒でないんでせ  間でせ  怪我もさせ  蒸発させ  粉がさうでせ  其処へ流れ込んで来ないでせ  滅亡させ  出動させ  知つてゐたのでせ  生埋めにさせ  やう気をつけさせ  小さな旅をさせ  着かへさせ  あれは動くのでせ  レエルから脱線させ  人達を近づかせ  使ふのでせ  こちないのでせ  事をさせ  何里位歩いたんでせ  ちやならないんでせ  穀物を実らせ  香を放たせ  さはあるんでせ  なつたりするんでせ  てゐなければならぬのでせ  気持にならないのでせ  方に見えるでせ  景色でせ  面白い旅行でせ  それが分るんでせ  犬に引かせ  大好きなんでせ  必要もないでせ  今度はこりて食べないでせ  きんぎよさうなぞと云ふのでせ  雫一つ中に浸みこませ  やうに見えると話して聞かせ  昆虫を近寄らせ  南瓜をならせ  花を包ませ  やうとなさるのでせ  やうに話してきかせ  了ふんでせ  人間はどうなるのでせ  何度になるのでせ  熱湯が出て来るでせ  蟹はゐないでせ  噴水を眺めるのでせ  てゐなければならないのでせ  音をたてるのでせ  家を造るのでせ  熱で固まらせ  やつぱり角にするでせ  無駄でせ  何が見えるでせ  風なのでせ  色でせ  結果がとれるでせ  ものは、どうして生きてゐるのでせ  やつてゐるのでせ  螫されるでせ  何処から来たんでせ  背中合はせ  自分を痩せさせて滲み出させ  ちやんと見せてのみ込ませ  問題を解いたのでせ  はりあはせ  知つてゐるのでせ  僭望者達に戦はせ  ぢやないんでせ  手間は取らせ  まま死にもせ  微妙にうねらせ  心ばかりを通わせ  西洋料理屋を探させ  写真を持たせ  検べさせ  良人が作らせ  簡単に物語って聞かせ  丸刈りにさせ  焼き増しさせ  八方に走らせ  警視庁さして急がせ  意地悪くもすぐには聞かせ  記憶に浮かべて、考えあわせ  ここで聞かせ  碌々旅行もせ  錆をのぞませ  一倍用意させ  気働きをさせ  喉ぼとけを渇かせ  ままにさせ  そこへ居すくませ  海を越させ  日傘をかざさせ  艀を進ませ  突ッ走るじゃござんせ  動き放題に、怖がらせ  気を廻させ  寝酒ぐらいは飲ませ  気任せに歩かせ  心配おしでない、持ちあわせ  突ッ張らせ  影をたたずませ  身を縮ませ  肌を寒くさせ  帯揚を覗かせ  そッと運ばせ  粋を利かせ  手を迷わせ  極度に、いとしませ  ことを、聞かせ  留守宅を見張らせ  声をひそませ  戸を開けて出ると、ふりかえりもせ  毒を呑ませ  食い物をお持ちあわせ  誰に縫わせ  唐人扇子をパチつかせ  源内櫛を流行らせ  錯綜させ  水を掬ってきて、呑ませ  感嘆させ  グビグビさせ  酒一杯飲ませ  夜をしのがせ  輪にさせ  迷子にさせ  襟元をつかませ  着物をつかませ  しずかにふりかえらせ  使いに持たせ  歩をすすませ  必死にさせ  ある意味をふくませ  のは見あわせ  うろおぼえをはっきりさせ  姿をうろつかせ  涙をうるませ  山々で、聞かせ  立ち用をさせ  毒をのませ  一件を、よく頼んでおおきなせ  気もちにさせ  竹屋卿は、待たせ  のはお見あわせ  者を会わせ  刃を噛ませ  便乗させ  空明りのせ  上から顔を覗かせ  目にいわせ  のを持ちあわせ  気ままに遊ばせ  安心なせ  背中を辷らせ  色に変らせ  名残を惜しませ  黙認させ  三位卿のニヤリと見あわせ  櫓を撓わせ  抜乗りをせ  ガタガタといわせ  敷物もせ  歓声を湧かせ  弓の折れを噛ませ  拇指をジリジリさせ  明察をあやまらせ  自分を燃え立たせ  足音をぬすませ  機を計って跳びかかってゆくと、案の定、抜きあわせ  闇を濃くさせ  腐蝕させ  帆布やらをせつせ  子供等に話して聞かせ  満面に孕ませ  キラキラさせ  者にも知らせ  弁当を作らせ  僕にこれからおごらせ  眼を、しきりにパチパチさせ  さに造らせ  合点させ  輪廓を浮立たせ  運動をさせ  がりもせ  心持を起させ  山形をきつく聳え立たせ  冗談に笑おうともせ  西日にチカチカさせ  前へ押し出させ  馬に曳かせ  一睡もせ  高度をとらせ  交互に休ませ  行つてしまつたのでせ  日本人故わからぬせ  拵へるんでせ  昨日校正を済まさせ  簡を宗とせ  華を宗とせ  詩を読み聴かせ  スターンバーグにでも使わせ  音も聞かせ  演奏させ  用をさせ  羽織を脱がせ  火で乾させ  ちや如何でせ  塵にまじらせ  船を走らせ  水音をさせ  木の実を持たせ  上げもせ  御飯はまだでせ  親爺を困らせ  我を掠めたりと堅く執せ  先にせ  侶とせ  値ひせ  忽にせ  靜慮せ  蒲団をひかせ  肩に波打たせ  むきもせ  恋々とせ  廃棄させ  十年駐とんせ  立法をせ  ものをいわせ  運転させ  酒を注がせ  餓鬼共にむしらせ  車が待たせ  五十銭も取られるせ  団子をこしらえてやるせ  期待心を抱かせ  詮議立てせ  辨慶に聞えはせ  景色らしくはみ出させ  間に動かせ  無駄足させ  艶をうかせ  ガタガタさせ  若い人を、さんざ踊らせ  黄をしみ出させ  訛でせ  魔法にかからせ  逢ふでせ  注意せられずに忘れ去られてしまふのでせ  原因でせ  二度するのでせ  原住民を呼ばせ  支度にかからせ  横にさせ  つて歩かせ  雪を降らせ  動させ  鞄を持たせ  それを見向きもせ  墓場でせ  地獄でせ  つてでせ  物なのでせ  事をしてゐるのでせ  馬鹿なのでせ  全部死んでゐるのでせ  思つて居るのでせ  さへ怒つて吠えるでせ  覺えてゐるのでせ  教へさせ  赤子だけでせ  振動させ  胴をくねらせ  さをどりをせ  相川だけでせ  旅をせ  解熱剤をのませ  貯金までさせ  仕事もさせ  就職もせ  それを云ってきかせ  誤りを犯しはせ  概念を成り立たせ  いふ苦労はわからないでせ  そこでせ  見事でせ  法経大学村でせ  音がさうでせ  断念させ  説法を聞かせ  武装させ  関ヶ原に間に合わせ  搦手に来り、通らせ  自分にやらせ  曲舞数番舞わせ  鞍を置かせ  鎗も持たせ  討死させ  血を拭いもせ  城中に帰らせ  兵糧を使わせ  阿部野へ廻らせ  後より衝かせ  押出させ  温気を漂わせ  乳当もせ  若い男にしゃぶらせ  眼眸とに、苛立たせ  麻痺させ  耳をしゃぶらせ  句をつがせ  言つて応用させ  やうとはせ  つて嘉吉を気味悪るがらせ  晴々とさせ  番頭が来はせ  光からせ  方へ滑らせ  住所がきまつたら知らせ  乳房をふくませ  そつとしのばせ  ゆかないでせ  櫛を持たせ  奥から声をひびかせ  記述してみようと思いたたせ  残留越冬させ  水産技手をあたらせ  心を傷ませ  憂鬱をつのらせ  沖合に待たせ  卵を煮て喰わせ  涙を伝わらせ  中絶させ  ことなく隠しおわせ  バタバタさせ  涙をつたわらせ  腕に絡ませ  ものなら長く苦しませ  眼差でまたたきもせ  息をつかせ  無理に、立たせ  制度がさせ  お話じゃござんせ  一つ伺わせ  潮風に磨かせ  具足を着込ませ  十数枚複写させ  配下へ持たせ  捜索させ  手を空しくさせ  ちょっと会わせ  一分銀を握らせ  肩を揉ませ  泥を吐かせ  喉なんかを聞かせ  釘抜きだといい聞かせ  算盤ゴザへ坐らせ  鉛玉をビュッとうならせ  血を吹かせ  輪を描かせ  心をも寒くさせ  砂利を咬ませ  腕ッ限り漕がせ  要心をゆるませ  半死半生にさせ  まま、退こうともせ  返辞もせ  微動もせ  前後をまもらせ  対手に悠々といわせ  冷蔑を漂わせ  歯がみをさせ  道案内をさせ  妖気を漂わせ  丞を憂暗にさせ  雷声をつんざかせ  相手につかませ  反りを打たせ  予察させ  うちにゆるがせ  彼をたじろがせ  音を重苦しくさせ  隠し穴から取りださせ  いをさせ  ことを吐かせ  地ひびきをさせ  輝きをうごかせ  そっちへ駈けだしてみると、振り向きもせ  のどをつまらせ  手を辷らせ  毛穴をよだたせ  手へ持たせ  朱をにじませ  緊張をただよわせ  筋をこわばらせ  杖をコツコツ運ばせ  襟骨を尖らせ  幕府をつくりはせ  渡しもせ  相反していたりせ  筈はないでせ  間に坐らせ  音を忍ばせ  頬を凹ませ  厭でせ  安藤先生もお困りでせ  14くわいちゆうでんとうをひからせ  それを写させ  のは来ないでせ  まま公にせ  書漏せ  物の数とはせ  娯みとせ  主筆とせ  自ら高うせ  懐中にせ  控へさせ  一段を語らせ  耳にせ  古を思はせ  隱しきれもせ  みじめな思ひをさせ  肥つた體をよちよちさせ  靜にさせ  何にもせ  怙贔負はせ  ぶらんこをおこしらえ遊ばせ  六百円ぐらい貰わんでも困りはせ  喧嘩もせ  甥に聞かせ  辞令を見せたら見向きもせ  奴を引きずり出して、あやまらせ  一銭五厘奮発させ  処分をせ  手際はなし、させ  手紙をひらつかせ  栄耀をさせ  転任させ  逃げもせ  正誤させ  記事をかかせ  堀田君一人辞職させ  隠れもせ  いつでせ  いつ生れるのでせ  だれでせ  すゞちやんが、ぽつぽやとおつしやるでせ  わきに立つちをさせ  ちやんでせ  すつかり話して聞かせ  協調させ  根本条件がそうさせ  助長発達させ  再発させ  駐兵させ  恐縮させ  容認させ  調査を行なわせ  合理化させ  樹立させ  遺憾とせ  ものありとせ  面喰らわせ  軍部に当らせ  帰着させ  変貌させ  昇格させ  人を驚かせ  宿命として選ばせ  尤もに思わせ  文化的意識をつき合わせ  退化させ  制限は、ハッキリさせ  放送をさせ  日本を語らせ  於て、ハッキリとさせ  ことをハッキリさせ  変種も含ませ  閲読させ  自由に読ませ  硬化させ  習慣がそうさせ  ように行なわせ  沈黙させ  注文をつけて書き直させ  プリントで間に合わせ  之を聞かせ  学生には聞かせ  庶民には聞かせ  素人を立ち合わせ  一遍ハッキリさせ  嘔吐させ  没落させ  見聞させ  気絶させ  上体をゆるがせ  茫然とさせ  首を動かせ  加けに新しいでせ  紛失させ  勉強が出来ないでせ  呼吸を忍ばせ  払はなければならないでせ  口なんて出させ  幕を引き回らせ  空想を回らせ  蔵書である英文学書すら読めもせ  郵送させ  母を悦ばせ  心を明るくさせ  心持を仄めかせ  胸に繰り反させ  彼女を、悦ばせ  心を白くさせ  気嫌好くさせ  ふところに忍ばせ  母を黙らせ  不平さうに口を尖らせ  伸縮させ  胸を踊らせ  父さん、やり切れないでせ  食事を執らせ  父を怒らせ  心をもつてゐるでせ  ハヽヽ、どうです、偉いでせ  お伽噺をして聞かせ  笑ひ過ごさせ  いつか子供に聞かせ  画策を回らせ  云つて祖父を口惜しがらせ  磨師に磨かせ  スパイと思わせ  会得させ  女性を悲しませ  気力をふるい立たせ  行動に立たせ  好奇心も起させ  こちらに傾けばとだけつめよせ  裾をはためかせ  出征させ  支那人でせ  政府から補助があるんでせ  食事ができるんでせ  冗談でせ  家柄を思はせ  力を抜いてゐればいいんでせ  奴でせ  犧牲とせ  亞細亞總聯合を起さんとせ  焔をすき透らせ  梯子を軋ませ  仕事などさせ  進歩させ  共同させ  反省させ  底から震駭させ  煮炊きさせ  振舞はせ  手足をじたばたさせ  つて別に問題ぢやないんでせ  のしかつたでせ  女事務員だけが何ぞというとダラダラ居残りをさせ  勝手に話させ  板をしわらせ  働きをさせ  引込思案にさせ  検閲をさせ  ミサ子をちっとも驚かせ  何も云わせ  模様なんか売り出させ  徴だなんて云いふらさせ  どこだって出させ  私右側にやらせ  輪廓をくっきり浮きたたせ  眼をぎらぎらかがやかせ  内へ持って来させ  ポルジイは這入らせ  用で来させ  チルナウエルにさせ  たっぷり握らせ  迎合して遊ばせ  暇乞もせ  秀頼に譲らせ  魂をわづかに波立たせ  血を吐くまで噛ませ  秀吉に分らせ  断絶させ  骨を抱き起させ  法師に引かせ  海道を上らせ  小口をほぐさせ  緑青をのぞませ  空文を持たせ  定飛脚にまぎれこませ  お方と逢わせ  丞には逢わせ  男に逢わせ  殊勲をかがやかせ  ものを蹴りはせ  秘密にせ  江戸にせ  裸体にさせ  それ以上怒れもせ  襟元などを掻きあわせ  五里霧中にさせ  油断はせ  泡をかませ  万事休すとせ  小舟をただよわせ  梢をしなわせ  もっと栄耀をさせ  顔色をかがやかせ  目を辿らせ  桃谷に立たせ  そいつを抱かせ  草履をとらせ  途中からつけてくる、うさんくせ  前へかがみこませ  ことをいい聞かせ  否やをいわせ  手をつかませ  手傷をしばらせ  それさえハラハラさせ  者を驚かせ  捕縄を走らせ  龍耳老人に誓わせ  衆立会いで誓わせ  勇躍させ  空気をゆるがせ  声を澄ませ  色へよろめかせ  足を弾ませ  童心を躍らせ  人に負わせ  一泊して休ませ  庭で遊ばせ  ヒラつかせ  鼻をうごめかせ  質問もせ  紙風船に見向きもせ  両国へ走らせ  ちょっと検べさせ  私に起させ  本を読んで聞かせ  こともなしに思い出させ  出立させ  それからそれへと尽きせ  用意させ  ようにと呼びに遣らせ  下から差し入れさせ  試めさせ  寐つかせ  私に描かせ  手習をさせ  先払いさせ  私に書かせ  住居に移らせ  鷹を舞い上がらせ  者に持って来させ  事を話して聞かせ  何も聞かせ  道綱を去らせ  ところに持たせ  蔀をすっかり下ろさせ  ここに坐らせ  居初めさせ  声などどうしてお聞かせ  道綱に取り次がせ  こともなく蘇らせ  返事ばかり繰り返させ  まま立ち寄りもせ  簾から飛びすさらせ  気色を悪くせ  中から再びうっとりと蘇らせ  気色をお悪くさせ  気もちを拗じらせ  許に持って来させ  端にでもおりおり坐らせ  八月まで待たせ  道綱に持たせ  そのまま勝手にさせ  出がけにでもお立ち寄り下さい、とことづけて来させ  心もちにさせ  あるかのように思わせ  ようにおさせ  結果にならせ  博士は振り向きもせ  事なら聴かせ  金貨を握らせ  楽しみとせ  途端もあらせ  事なれば格別怪しみもせ  船底に逃げ込まんとせ  海賊等はいかにせ  そばに近づかんとせ  余を追わんともせ  震動を来せ  船首船尾に至らんとせ  一時気絶せんとせ  気死せんとせ  火を消さんとせ  凍死なんとせ  巨船なりとせ  迎向せ  酒に飽かせ  尤もらしく話して聞かせ  中に漲らせ  下からはみ出させ  翡翠をちらつかせ  べつて聞かせ  決心は動かせ  色を仄めかせ  香気を漲らせ  退学させ  学生さんでせ  表に待たせ  手を届かせ  ポケットに忍びこませ  四方一束に貼りあわせ  就寝させ  文字にもあらわせ  冷やりとさせ  最後に、ぜひ聞かせ  それには応えようともせ  ごらん遊ばせ  お気に入りなら、また会わせ  前にまで担がせ  燕子花とある漢字よりおもひよせ  一見思わせ  売子が、この間に合わせ  いくら独り歩きをさせ  コップを置かせ  幾野捜査課長は、走せ  猿轡を噛ませ  室内を睨ませ  ガチャガチャ云わせ  呀ッと云わせ  張番をさせ  洋装させ  注射をさせ  御主人に会わせ  ため、訊かせ  頭を潜らせ  話を語って聞かせ  風船玉を持たせ  呼吸をきらせ  擔がせ  朝食をせ  朝食もせ  三日三晩いっすいもせ  入坑させ  ことはさせ  則ち動いて括せ  時、奏して聞かせ  ステツキは朽ちもせ  気持ちとピッタリさせ  趣味を流行らせ  カメラが粘って観せ  眼玉を転廻させ  笑いを引っ込ませ  両手を届かせ  憤怒させ  女中に盗ませ  眼前へ出して、驚かせ  戦に行かせ  私を行かせ  闇へまぎれ込ませ  駱駝をあつかわせ  幼少時から肌身放さず持たせ  組織させ  汽車まで向かわせ  緑地へもたらせ  ひそかに訳させ  平らかに凍りもせ  ラシイヌとを驚かせ  言葉ではあらわせ  彎曲させ  対抗して走ろうともせ  女を助けて乗らせ  わめて周章てもせ  老人は見向きもせ  加入させ  自殺させ  一人では行かせ  彼らは働こうともせ  岸に立たせ  姿をひそませ  サンダカンから自動車を走らせ  従軍させ  私は喰われもせ  濁りもせ  呼び出しに応じようともせ  ガチガチ噛み合わせ  背後へ吹きなびかせ  人間を驚かせ  一番驚かせ  感動もせ  眼を躍らせ  視線を走らせ  無駄にせ  鳥獣を悲しませ  洪水を漲らせ  屈服させ  息も吐かせ  私達を驚かせ  前方へは進もうともせ  一隻製造らせ  車を押させ  前方に走らせ  足を辷らせ  現場を見舞わせ  二つ買わせ  脚をすべらせ  好感をいだかせ  その後別に手入れもせ  世話もせ  不思議な回りあわせ  大けがをさせ  飛白を着てゐるせ  隣家へ少しばかり持たせ  大徳寺に泊まらせ  目見えをさせ  三つ吊らせ  造花を持たせ  長崎で造らせ  二帖敷かせ  文通などをいたさせ  宗をもってそれとなく問わせ  人はなかったかと問わせ  足軽に持たせ  甚五郎めにいたさせ  甘利を討たせ  芸をさせ  笛でも吹いて聞かせ  頭もせ  顔をぱっと熱らせ  それさえおどして引っこませ  上着をぬがせ  みんなを集めて呑ませ  間を軋ませ  別々にパチパチさせ  からちょっと眼をぱちぱちさせ  おじぎをさせ  水を呑ませ  云ひたかったのでせ  吾がせ  くれなゐ牡丹床にさせ  ぢゃ仕方ないでせ  楓湖でせ  子供にもきかせ  のか、それとも、死ななければならないほど思ひせ  殘させ  見合をさせ  初孫を生ませ、すぐに死なせ  氣でさせ  歸へせ  皆さんにお聞かせ  水はつめたく、しめらせ  月夜でせ  パッチリさせ  はり番に坐を立たせ  音色を聞かせ  籤を引かせ  尊奉せ  栄を得せ  慊とせ  保存させ  頸飾を思わせ  逆立ちさせ  場を去らせ  フランス人を絶えず楽しませ  愕はさせ  何も忘れはせ  素性は判りはせ  起しはせ  望みなしとせ  突入するを得せ  敵は来りて悩ませ  必目標を高くせ  主眼とせ  放射させ  頃でせ  配慮を回らせ  あそこに見えるでせ  門外に待たせ  無理から無理を生ませ  つて持ちあはせ  横暴我儘を通させ  ぢき恐れ入らせ  時代錯誤をさせ  学生諸君に御聞かせ  会はないせ  正座させ  事とせ  形式に終始せ  浄化させ  決定させ  責に耐えるとはどうしても、そうせ  變形させ  肩をぶるぶると遣って引込ませ  言聞かせ  しんせつに、まあ、喜ばせ  我ままをさせ  金子に飽かして間に合わせ  実を抱かせ  夢にはせ  報だすせ  私が行合わせ  否は言わせ  貴下、そうむつかしゅうせ  怪我させ  応、言わせ  葉越に、いかにせ  盞を取ろうとせ  両方とも、言合わせ  ものどっせ  言合せはせ  影も覗かせ  左右に開いたに立寄りもせ  猿を舞いまっせ  耳をぴんぴんさせ  機嫌を損ねはせ  舟庫を作らせ  水中に跳び込ませ  運命を背負わせ  冠を頂かせ  衣を纏わせ  恋愛をせ  結婚しようともせ  顛覆させ  夫を悲しませ  結果強制的に出させ  舞踊台を作らせ  叛逆を思い立たせ  別に驚きはせ  薄笑いを漲らせ  波を煙らせ  もやもや水蒸気を昇らせ  水蒸気さえ昇らせ  荷物を担がせ  糧食だけを背負わせ  先発させ  剛力に担がせ  気持はせ  地面に飲ませ  汗水とを費させ  オイ遣せ  間に思い当らせ  生菓子を持たせ  吃驚りさせ  縮図させ  面喰わせ  茫然とせ  失笑させ  とんでもない喰わせ  彼に作らせ  私を腹立たせ  返答をせ  加へさせ  何ものをも生み出させ  精神を鈍らせ  犬死はせ  移住させ  疑いを起こさせ  聳動させ  殺害せんとせ  国を睨みさせ  神我身に入りかはせ  文章に語らせ  弟子日向に持たせ  釈迦誘らへさせ  沢にせ  湯にひかせ  殺しもせ  すぎもせ  功利的満足を与えんとはせ  出世もさせ  ぼくを淋しがらせ  枕頭に坐らせ  頭にとまらせ  暴飲暴食させ  驚嘆させ  マラソン競走をさせ  白足袋を走らせ  墓穴を掘らせ  ムリヤリ剣つき鉄砲を握らせ  ムリに立たせ  苦労ばかりさせ  小鼻をヒリヒリさせ  ように穿かせ  不幸に死なせ  厭がり認めようとせ  追憶を絡ませ  邪魔もせ  笑はれもせ  任とせ  泥水をどろりと淀ませ  矢張り僕を喜ばせ  身体を輝かせ  空へ立ち昇らせ  目をくらませ  代々を経てつきせ  めんぜんでうたわせ  ぜんで、うたわせ  皇帝陛下を、うっとりとさせ  ことりが、またうたわせ  みんなをよろこばせ  ばん、さいくどりに、せいいっぱいうまくうたわせ  おやすみあそばせ  いつでもこさせ  前をふり向かうともせ  向うを見ようともせ  上ぼせ  利用させ  永続させ  涙をにじませ  自分の骨折りなどを語って聞かせ  小遣いを掴ませ  人を集めて語らせ  尻をもぞもぞさせ  幾度も言って聞かせ  ちゃらちゃら音をさせ  庄に言って聞かせ  目をぎろぎろさせ  従姉に話して聞かせ  女もあるせ  気を苛立たせ  目から涙をにじませ  上野まで送らせ  内儀さんが、入れ替らせ  舌速に言って聴かせ  寝所でしみじみ言って聴かせ  買食いだけはせ  母親に言って聞かせ  匂いをさせ  庄母子に話して聞かせ  子供を負ったり歩かせ  庄にも悦ばせ  私がせ  庄はせ  庄に言って聴かせ  手に触らせ  大丈夫うまく産ませ  場合などを話して聴かせ  無事に産ませ  庄に取りに走らせ  患部を敲かせ  着替えをさせ  自由を利かせ  話などをして聞かせ  茶盆を持ち込ませ  気を焦立たせ  築地へ走らせ  顎をがくがくさせ  金鎖を絡ませ  療治をさせ  毎日行かせ  きり行かずにしまったというわけせ  風をさせ  文句を読んで聞かせ  歌を謳って聞かせ  肩に寄りかからせ  抽斗から売薬を捜して飲ませ  見合いをさせ  方へ急がせ  卦などを読んで聞かせ  ことなどを説いて聞かせ  詫び手紙をさえ書いて送らせ  胸をそわそわさせ  研究をさせ  肩を波打たせ  与力同心を走らせ  てゐたのでせ  ところはなかつたのでせ  体を輝かせ  河童もゐないでせ  しまつたんでせ  洗湯もあつたでせ  変つたでせ  しまつた話でせ  神戸さんでせ  蝙蝠も沢山ゐたでせ  笑ふでせ  ことを話したり、読ませ  頁を黄ばませ  水のちかくを歩かせ  まぢかにさせ  気がしてゐるのでせ  なつてしまうんでせ  娘さんそうでせ  あなたは別れようとするんでせ  自由でせ  騒ぎでせ  限つた事ではないでせ  不安があるでせ  所なのでせ  事が出来るのでせ  形容なさるのでせ  位でせ  はいつてゐたのでせ  薪をきらせ  炭を焼かせ  飢え死にさせ  鋸を持たせ  から好きにさせ  埴輪土偶を作らせ  殉死させ  言かはせ  妊婦に抱かせ  空葬にせ  詰めさせ  書き方をせ  右眄もせ  訓練をさせ  於いて破裂させ  瞠若させ  一つ欲しいと思わせ  現実から遊離させ  覚醒させ  奮激させ  片端から全治させ  里芋を擂りつぶしてどろりとさせ  語調で説いて聞かせ  私に打明けて聞かせ  完遂させ  ものになりはせ  周さんが、どうしてもそうさせ  結果になりはせ  ばかにせ  落第もせ  奮起させ  感奮させ  お伽噺など聞かせ  問題化させ  うまい段取りになりはせ  火葬にはせ  原因がありはせ  燃えあがらせ  同胞に読ませ  充溢させ  帰国させ  私たちを楽しませ  良心を振いおこさせ  倍加させ  恵送せ  閲覧させ  負担を負わせ  良心を振ひおこさせ  若い智識人に讀ませ  商売をやらせ  隙から顔を覗かせ  ように輝かせ  唇をとんがらせ  月光を射し込ませ  俺らに聞かせ  行つて本を読ませ  所ありとせ  山もせ  私をいらだたせ  朝風に吹かせ  人間を指さしつつ、ひそひそ物語って聞かせ  顔だけを覗きこませ  唇をむっと尖らせ  説教を聴かせ  金を持ち出させ  子分を遊ばせて食わせ  丸のみにさせ  一つ嬉しがりもせ  三日三小夜まんじりともせ  今日でさえ嬉しがりもせ  人はたれかがぬすみに来はせ  死に遊ばせ  歌を唄わせ  浜辺に座らせ  もの一つ汲んで尽きせ  小僧に話して聞かせ  牛馬を追わせ  小者にかつがせ  童子に負わせ  童子だと思わせ  気をくるわせ  人声もせ  色を滲ませ  別に説明もせ  給料から天引きにして住まわせ  薬も飲ませ  舁がせ  まま口を尖らせ  仕事に掛らせ  修繕して、どうにか間に合わせ  他にも蒔かせ  水に洗わせ  脚を洗わせ  幾回もさせ  云つてかまはないでせ  満喫させ  解散させ  ここまで送らせ  都大路を打たせ  一端明かせ  家内へ飛ばせ  風船を飛ばせ  碌々挨拶もせ  どれどれ妾に抱かせ  胴へ喰らわせ  面々声掛け合わせ  呼吸切れせ  酌などさせ  そのまま行方をくらませ  眼を押させ  火傷をさせ  調書も読ませ  なかに浮ばせ  室に共に寝をとらせ  左右に滑らせ  レモナーデを飲ませ  百姓娘をまごつかせ  由もなく、また知ろうともせ  調子を弾ませ  一匹もらしはせ  血を吸わせ  者を走らせ  見飽きもせ  一人残さず眠らせ  楓は泣けもせ  余りまんじりともせ  汝盗賊を働かんとせ  足を重ねてぶらぶらさせ  急にぶらぶらさせ  三つずつせ  よろづよの、せ  かい一れつみはらせ  嬶樣でせ  何だべえせ  動悸をさせ  腰ア痛くてせ  眞箇にせ  情を起させ  嬶様でせ  箇にせ  カンチョウさせ  頭をハッキリさせ  方で困りゃせ  がたに聞かせ  チャラチャラいわせ  髻を放させ  女房がそうはさせ  結城でせ  下物でせ  小説を読ませ  字も言わせ  壺にひたらせ  肩をすぼませ  心あたりがないとは言わせ  それから、ひくくせ  文句を書かせ  小説を讀ませ  騷がせ  眉をふるはせ  彼はせ  ぺンを走らせ  眉をすぼませ  私、どんなにうれしいでせ  泊つて行つても好いでせ  行つたのを、ちつとも気づかなかつたでせ  聞へたでせ  行つた人があつたでせ  好奇心を動かせ  さうに肩をすぼませ  やうに輝かせ  把手を動かせ  関連させ  漁師を怒らせ  水鳥を遊ばせ  黄金色に輝かせ  覚へさせ  ラツキーに曳かせ  魂胆を回らせ  パツとさせ  出陣させ  馬車を曳かせ  百合さんに恋してゐるんでせ  出場させ  姿勢を思はせ  はず、にこりともせ  作でせ  肢体でせ  よみがへらせ  揮つたのでせ  傷口をそめたのでせ  横文字をも読ませ  粗略にせ  恩とせ  他人の力によりすがらんとのみせ  織田信長を攻めんとせ  戦いもせ  人物少なしとせ  詳らかにせ  ことはあえてせ  もののみを得んとせ  人物なかりせ  昨日便利とせ  高遠にせ  地位を得せ  安楽を得せ  ば約束もせ  これを扱わんとせ  討死さえせ  人とともにせ  源とせ  自由を得せ  ところなれば拭いもせ  無理に厚くせ  名を厚くせ  これに倣わんとせ  独立を得せ  銭を持たせ  当てにせ  物を負わせ  こと乞食のごとくせ  ためにせ  ことを拒ませ  行つたとかで、そのせ  憶出させ  発射させ  ザワザワとそよがせ  隠遁させ  相手を外させ  絞首台上へ送ろうとはせ  衝突させ、そして殺合いをさせ  小舟をゆるがせ  混同するを得せ  ものなりとせ  本色を得せ  断じて政事に関するを得せ  処を得せ  閑を得せ  ところを異にせ  留守でせ  苦労をさせ  社で吹き込ませ  一切干渉はせ  別に知らうともせ  自殺すべしとせ  不安そうにしょぼつかせ  営みを、ふと覗かせ  筆を渋らせ  ブランディどっせ  人に喜んで読ませ  聾させ  俺を驚かせ  客を取らせ  手をぶるぶるさせ  蝨をわかせ  無料ではあたらせ  無料で当らせ  蝨でまんじりともせ  足袋を持たせ  後を追わせ  主人をおろおろさせ  行方をくらませ  女を恨みもせ  かすかに浮き出させ  しか読ませ  とこでせ  別に驚きもせ  姿を浮かばせ  そこへ掛けやえせ  安次に黙って握らせ  紙幣を握らせ  止さえせ  姉やん見やいせ  丸帯を見向きもせ  勝手にせ  秋三に踊らせ  斑紋を浮かばせ  身を踊らせ  現代に生れあわせ  痛心を耐え終せ  お宝頂かせ  仕事なぞをせ  体をうねうねさせ  麻雀屋を持たせ  旦那をとらせ  糸屑一本無駄にはせ  お初へ持たせ  壁厨へ投げこませ  槇に持たせ  一つ飲んでくださんせ  道徳を説いて聞かせ  紹介状を書かせ  会釈もせ  市木さんは振り向きもせ  時によっては、はっとさせ  りっぱにせ  別れをさせ  追分節を吹いて聞かせ  煮物でもさせ  医者にお診せ  上に立って云わせ  等を楽しませ  聲を尖らせ  心をせき立たせ  柄でせ  さやさやいはせ  包紙をとらせ  何をしてゐたのでせ  和歌などを口ずさんで聞かせ  独り歩きをさせ  私を起き上らせ  気兼ねさせ  却って白々しくさせ  眼をたるませ  胸躍らせ  浮気はせ  あれを遊ばせ  袂を返させ  惑いを募らせ  讐敵にもさせ  険相には似もせ  朦朧とさせ  眩暈を起させ  横に傾がせ  方の悪狡い企みをお聴かせ  両端を抱かせ  視線を遊ばせ  室内を覗かせ  空に漂わせ  輪廓を浮き上らせ  眼を思い出させ  ことを聞かせ  ところでひやりとさせ  法文科に學ばせ  心を深くさせ  一説なぞを話し聞かせ  女中に持たせ  夏でせ  やつぱり冬でせ  私に話し聞かせ  ものも、めづらしいでせ  玉子ぐらゐ食ふでせ  譯でせ  お伽話でもして聞かせ  わけにいかないでせ  ことを思はせ  家で遊ばせ  表情で微笑ませ  赤土から切口を覗かせ  人をどかせ  牛を歩かせ  利口をや憎ませ  まん中に立たせ  玄を刺さんとせ  紫色に腫れ上らせ  手傷も負わせ  多門を勝たせ  数馬に勝たせ  決断を鈍らせ  殞させ  術をつかってさせ  わたしを射させ  後を向かせ  記念に切らせ  はい、お待たせ  俊坊のせ  東京へ持つてかへるんでせ  はつきり思ひ出させ  声もせ  繽紛として止まんともせ  心を浮き立たせ  爺さんも休ませ  婆さんも休ませ  募集させ  考察を廻らせ  小鳥をとまらせ  香ひぶくろを膨らませ  帰途になると、まだせ  女中に渡させ  客を坐らせ  ようにがくがくさせ  人間に抱かせ  懐中に忍ばせ  今日は少しも立ちどまりもせ  下駄で蹴とばしもせ  微笑をせ  凧を飛ばせ  帽子を被らせ  二つ並べ合わせ  安心をさせ  名医に診てもらったがどうもはっきりせ  母親を驚かしたり喜ばせ  説教させ  事に使わせ  者は高うせ  手で殺させ  赤恥をかかせ  がら付かせ  私はくれぐれもいい聞かせ  そうに首肯かせ  のじゃないよといい聞かせ  恠談を話して聞かせ  もう少し数を減らせ  可愛いお宝ちゃんお寝み遊ばせ  静かにさせ  瞼を見開かせ  乳を吸わせ  思いを起させ  息はずませ  持物になっていると話してきかせ  満腹させ  酩酊させ  愛撫して喜ばせ  御機嫌伺いをせ  一人馬を進ませ  心に浮びあがらせ  白馬に曳かせ  同僚に聞かせ  五十コペイカ玉をつかませ  のを、てんから聴こうともせ  影をにじませ  残念がらせ  ことを想い出させ  二科招待日を想い出させ  白光を想い出させ  彼に言わせ  愛着を増させ  時子を遊ばせ  体を硬ばらせ  埃をはらい、振り向きもせ  揃へようとせ  男女は身じろぎもせ  すはせ  正気付かせ  ぢやござんせ  可いでせ  彼をハラハラさせ  寿司王を思わせ  わさびを利かせ  噴飯させ  相違をはっきりさせ  海苔を買わせ  欣ばせ  なにがそうさせ  関心を互に通わせ  今日休ませ  とき、わざわざ直させ  墨汁のふくませ  心持をおこさせ  雪下ろしをせ  五助をたいへんよろこばせ  胴中へ書かせ  名を聞かせ  目を走らせ  山へのぼらせ  方へは、まだ帰れないでせ  行つたら分るんでせ  気でもないでせ  事もあるでせ  一人でせ  心持をわるくしはせ  つた風もせ  思をさせ  一つ出させ  女にも飲ませ  湯に嬲らせ  千浪は上ろうともせ  裸身を屈ませ  心を語らせ、たがいによく知り合わせ  二人を親しませ  千浪に語って聞かせ  自害させ  大風だとて、吹き飛ばされもせ  地を鳴り響かせ  面目次第もげえせ  矢立てを走らせ  手を持ち添えて握らせ  わたくしを困らせ  綾糸に手繰られ、躍らせ  下から刀のこじりを覗かせ  笑いに引きつらせ  畳に這わせ  尾けさせ  申しわけがござんせ  身を潜ませ  それぞれ眼を走らせ  ことはござんせ  場面を思わせ  わけの解らねえ斬り合いも、めったにござんせ  ちょっと覗かせ  床をとらせ  煩悩をもってせ  一反り打たせ  宙に凍らせ  髪兼安を躍らせ  飽きも飽かれもせ  安心していなせ  しかしろくすつぽ讀みもせ  肌脱ぎにさせ  方を振り向こうともせ  においをさせ  脳貧血を起させ  フラフラさせ  日本女を待たせ  嘗多しとせ  状を偲ばせ  場慣れぬせ  凡情に走せ  都度父をどんなに悲しませ  執着がおありでせ  あなたを訪ねていらつしやるでせ  荷なはせ  天秤棒を撓はせ  無理強ひにさせ  眞紅に燃え立たせ  歌うたはせ  覽でせ  懷さはどんなでせ  雜炊でもするのでせ  心配もせ  病気もせ  乳を含ませ  変化を訝りもせ  夢を薫らせ  昼餉もせ  常とせ  目を喜ばせ  顔を硬張らせ  胴体をうねらせ  ロータスに寄るでせ  身うごきもせ  返事でせ  戀心が芽ぐんできたのでせ  犯人を探させ  戀心がさせ  思案でせ  來たのでせ  叫びもせ  雨を降らせ  平次を怒らせ  存分にくつろがせ  襖を引かせ  踏み板に仕掛があつたのでせ  相違ないでせ  點けられたのでせ  小間物屋を出させ  指一本も差させ  子でせ  体を休ませ  動作をせ  時なんでせ  煽動気味に運ばせ  最後の言葉を放たせ  知らないことはないでせ  奇観をもたらせ  常々から体得させ  工夫させ  声がでないせ  貧乏徳利でせ  行つてくださるでせ  気乗りがせ  わけにはいきませ  胸にせ  てゐて、そのせ  ところへ帰らなければならないのでせ  迷はせ  顔をひきつらせ  音のないせ  これでせ  どれほどでせ  ところを隠さうともせ  便りを書かせ  首だけださせ  役人をまごつかせ  裸で坐らせ  不思議に落ち散りもせ  人を飛ばせ  そつと滑らせ  匹敵するでせ  顏を覗かせ  事をしたでせ  船頭でせ  冤罪でせ  言つたものでせ  擧がりましたでせ  惚もあるでせ  ガラツ八に持たせ  神妙にせ  言ふべきでせ  ものはなかつたでせ  言つた事でせ  馬を引き出させ  あかりが立つのでせ  おとめしたでせ  両手をふるはせ  刻苦して磨こうともせ  己はしあはせ  臆病がさせ  それを取上げようともせ  吉さんを呼んで頂けませんでせ  了つたところでせ  上追及をせ  砂利を噛ませ  臆病者とばかり思ひ込ませ  ようがせ  わしを帰して、逢わせ  視にいかせ  ブローカーを走らせ  コーヒーをのませ  犬になめさせ  男がせ  うちだから、わざと寄らせ  膝をつかせ  空をきらせ  なりもせ  袖をしぼらせ  ギョッとさせ  手を打たせ  持参させ  升田に勝たせ  気持を腐らせ  ウィスキーを飲ませ  戦法を選ばせ  升田を怒らせ  のを拾ってきて食わせ  神体を拝ませ  三十匹放させ  一揆に走らせ  道を歩かせ  大廻りさせ  碁席をやらせ  碁会所をひらかせ  碁会所を開かせ  フトコロに忍ばせ  ポケットに忍ばせ  みんなクシャミさせ  男どもに持ちこませ  ものを飲ませ  彼らを生き返らせ  肉食をせ  人に拝ませ  私等に聞かせ  此身を助けてくださんせ  仲間入りはせ  少いでせ  暑いことでせ  百合子さんでせ  蛙泳ぎでせ  ツ、うるせ  あたりに息吹かせ  却って逆転させ  何年かを過させ  抄略をあえてせ  活躍させ  一巻に偲ばせ  酌をせ  つた女でござんせ  小言をいはせ  病氣ではござんせ  のでござんせ  處でござんせ  夜はござんせ  はなしを聞かせ  なに暑かつたでせ  太吉にも遣はせ  事ではござんせ  から心配をさせ  心意氣を聞かせ  狂ひはせ  思ひ出しもせ  くつきりとせ  浮氣者でござんせ  一日斷食にせ  ので御座んせ  藏させ  辛苦をさせ  尻目にかけて振むかふともせ  土方をせ  魔王で御座んせ  言ひませ  んともせ  事では御座んせ  妙に生暖かいせ  蟲でも附いてゐるんでせ  二人くらゐあるでせ  ふんでせ  駕籠だけを飛ばせ  嚴重に守らせ  幾つか越したでせ  氣が付かずに居たのでせ  乘ぜられたのでせ  化粧をさせ  幾度も危ない思ひをさせ  手を付けられなかつたのでせ  本音でせ  輕舸を漕がせ  手段はないと睨んだのでせ  具で描かせ  判定し得ざるべしとせ  管見を以てせ  日記なりとせ  追記なりとせ  事變を聞きたりとせ  之を知れりとせ  回護せ  記載したりとせ  理非をいわせ  失業させ  稽古をさせ  這はせ  昨夜外へ出なかつたでせ  逢つた最後の人でせ  魚でせ  なつて居るでせ  止まつたでせ  彼も見徹してゐたのでせ  祝言をさせ  細工をさせ  牧場があるのでせ  交際もせ  麦でせ  事もないでせ  立ちもせ  一嚢おぶわせ  かいをせ  乳離れをせ  鳴き叫ばせ  ふよふよと揺がせ  目白鳥は、羽ばたきもせ  増しもせず、減りもせ  遠慮もさせ  銀線を走らせ  目次を組ませ  襲はれたのでせ  一思ひに刺されたのでせ  我儘なせ  心持ちでせ  言つても恥しくないでせ  五十四五でせ  立てを許さなかつたせゐもあるでせ  品川に走らせ  精一杯でせ  から嘘ぢやないでせ  手紙でも持つて行くんでせ  平気でさせ  著作だけはさせ  罵倒したりなんかせ  火を焚かせ  四度も直させ  給仕に持たせ  ところはどうでせ  熊をせつせ  印度人はせつせ  編笠、ひたりと折合わせ  奴を振らせ  当り屋とのたくらせ  髪ばかりを覗かせ  皓体に集らせ  口から注がせ  中折を覗かせ  さまで痩せもせ  問い葉問をせ  男に足りないで、殺させ  崩れもせ  玄関へ去らせ  私ばかりではげえせ  皮肉を含ませ  なに、それほどでもげえせ  戯作者どもをあっと言わせ  狼狽させ  一人なりに読ませ  術はげえせ  場所へやって探らせ  奴が行きとどかないせ  あなたは許して下さるでせ  話もするでせ  君は分つて下さるでせ  帰順させ  向背だけは誤らせ  二人に負わせ  心を悲しませ  寝間着に着かえさせ  床に就かせ  余の潔しとせ  水面を波立たせ  手間はとらせ  身をふるはせ  自分に聞いてみたら、すぐわかるでせ  相手はできかねます、と申し上げればよいでせ  邪魔をさせ  腰をもませ  雨宿りをさせ  荷をおろさせ  教へと申すのでせ  口外をせ  白玉でせ  のは、まだ早いでせ  のを、お聞かせ  おつきあひをしたらと思ひますが、どうでせ  どまりでせ  奥さま、およしあそばせ  ものでもあるでせ  ダメでせ  サイズを測らせ  有力者を、引つこませ  わしに出させ  贈物をさせ  ホテルはないでせ  嫁さんになれるでせ  静江を待たせ  真珠、覚えてるでせ  これを作らせ  ひとなんでせ  御文を持って来させ  それを書かせ  方をお通わせ  それをすら見ようともせ  自分に思い出させ  それを取り下ろして持たせ  いつまでも死なせ  一本人に持たせ  それを書いて持たせ  者を返させ  夜はまんじりともせ  一ぱいにさせ  そのままにさせ  方は悪びれもせ  縫物などを持って来させ  別にものものしくはせ  前駆させ  ものを涌き上がらせ  返事を書いて持たせ  西山へと急がせ  大げさに話して聞かせ  事を急がせ  簾を下ろさせ  事がとりなせ  京へ立たせ  道綱を立たせ  自分から好んでせ  子供にまでさせ  物をあんまり深く思わせ  事を思い出させ  事ばかりを書いて持たせ  さを蘇らせ  方へ取り次がせ  お通し申させ  こちらへ参ったらようく言って聞かせ  いつまでもじっと身じろぎもせ  大事そうに聞かせ  不安におさせ  お知らせもせ  私は身じろぎもせ  気づきなされようともせ  垢でも、煎じて飲ませ  敵をおめおめと死なせ  気を持たせ  話に動かせ  懐剣を放させ  料理人などをさせ  女中を困らせ  水のせ  見方をさせ  安んじさせ  原話などは、さう思はせ  水をのませ  声をふるはせ  せきを送らせ  滝にでも打たせ  骸骨が映るなんて一体どうしたんでせ  のか、どつちでせ  せきは死ぬのでせ  さま踏ませ  ちゃんと乗りあわせ  曾て見もせず聞きもせ  コースを捗らせ  蔵から出し入れさせ  表面化させ  睫毛を煙らせ  風呂を沸かさせ  途中から退学させ  いふ風でせ  縫はせ  油をにじませ  子の甘つたれをとがめもせ  云つて私を気味悪がらせたり、憤らせ  映写技手をやらせ  上映させ  網をかむせ  云つて納得させ  冒険談などを聴かせ  吾家には戻らうともせ  女房をビクビクさせ  侍でせ  男で通るでせ  嫉妬のせゐもあるんでせ  金山でも持つてゐるんでせ  天氣でせ  振りが良いせ  來てゐるでせ  人騷がせ  わけでせ  から確かでせ  南陽をしつかり受けるせゐでせ  使つたものでせ  當らないでせ  佐野松さんを怨んではゐなかつたでせ  熊手に及ばずすぐ見付かるでせ  當もつかなかつたでせ  エ、さうでせ  當でせ  振りでせ  心持でゐたのでせ  御用でせ  氣が立つと若やぐせ  拂ふでせ  沈默させ  やうに思ふのでせ  一體誰でせ  膳を引かせ  不精を極め込んだせ  つたものなら出なきやならないでせ  戸を締めたでせ  のがあるでせ  のはあつしでせ  恥を掻くでせ  相手させ  氣がしたのでせ  一寸でも早く逃げ伸びたくなるでせ  皆んなおわかりでせ  どなたのでせ  私から申上げても宜いでせ  ひでも受けてゐるのでせ  惡かつたのでせ  下手人はわかつてゐるでせ  わけはないでせ  つてしまつたことでせ  備へさせ  構けはさせ  戸締りを直させ  顏を硬ばらせ  下手人がちやんとわかつてゐるんでせ  言はれるでせ  八方へ張らせ  下手人でせ  齒痒くてならなかつたのでせ  靜を走らせ  隙からそつと覗いて見ましたら、さうすると、まアどうでせ  無理に飲ませ  鏡を眺めながらせ  踊りを踊らせ  ハイカラぢやないんでせ  云ひ聞かせ  人生航路に立たせ  維持させ  餓死させ  鬱屈させ  行動と照らしあわせ  大番くるわせ  番くるわせ  ものこころゆかせ  ことをまざまざとおもいおこさせ  マイクに立たせ  意味を話させ  推進させ  失墜させ  とまどいさせ  春雨ひとつ知らないでせ  ことは出来ないでせ  お酒なんてめしあがれないんでせ  約束を忘れやしないでせ  一寸好奇心を動かせ  注意とをもたらせ  可成り嬉しがらせ  格構でせ  芸者を遊ばせ  喉を聞かせ  静けさを思はせ  人でせ  ラツパぢやないんでせ  そんなら好いでせ  自治でやらせ  人間なのでせ  めどとせ  国語教育者は何と眺めて居るのでせ  申しわけがあると思ふのでせ  のをどう見てゐるのでせ  其がどうでせ  ホンローさせ  衰へもせ  ひまでせ  顔付はせ  ぐらに駈け出させ  計算を滲ませ  鼻毛をしゃちこばらせ  ひとまわりさせ  一面を浮び出させ  公表させ  だんだんに迷わせ  屈従させ  社長級からでなくては動かせ  きれいな色は使うなというから、使わない、またつかわせ  とおり小さな家をきしませ  五年生が、このせ  工村にはせ  男女にこぼさせ  今日では大して怪しみもせ  五十円券をどっさり買わせ  百万円あてさせ  勇気にふるいたたせ  棒きれをせ  むりにゴーシュに持たせ  方などは見もせ  出世をさせ  風を偲ばせ  さをきわ立たせ  なだらかにゆるがせ  きき遊ばせ  世間ばなしをさせ  方坐をもって来させ  上にすわらせ  よう思わせ  ホホホホ、もう御やめあそばせ  あきらめあそばせ  用心あそばせ  経をよませ  うつり香をただよわせ  色をひらめかせ  方だなどと云わせ  一つゆるがせ  一回間違いびっくりきづいてせ  ほか世話をさせ  年月包んでけにもさとらせ  間いろいろ世話をやかせ  水底にわだかまらせ  向うにやらせ  奥から眼ばかり光らせ  神楽獅子を想わせ  時から通わせ  身顫えさせ  虹猫に聞かせ  誘発させ  車をひかせ  支持するかせ  満州馬にひかせ  景色を思い出させ  竜にひかせ  火の竜にひかせ  音楽師でせ  馬車をはしらせ  雷様を来させ  切りに説いて聞かせ  道を去らせ  胸を太らせ  芸術に持たせ  休息させ  ものまで嫌いにさせ  生活論で終らせ  キイーンとせ  わたしは苦しい思ひはしなかつたでせ  照返へらせ  気持ちにさせ  力できつとさうならせ  骨を折らせ  判断させ  グリ公を待たせ  厭にふうわりと思はせ  失恋させ  目を眩ませ  青年でせ  別に追駈けもせ  訓練が行き届いてゐるせ  家に親しませ  私が脱がせ  何うしたんでせ  気がつかなかつたんでせ  まさか忘れやしないでせ  姿をくらませ  本でも読んでゐたら好いでせ  兄さんは来ないで済むでせ  物数奇過ぎるでせ  二人に、話させ  何うしたら好いでせ  酌婦を侍らせ  行つて貰はなければならないでせ  発散させ  音について、踊らせ  上に微笑ませ  切歯扼腕させ  戦争させ  便船で送らせ  同乗させ  アパアトメントへ走らせ  スパイを入り込ませ  二号をにっこり微笑ませ  失礼はさせ  巨体をゆるがせ  軍を躍らせ  不自由はさせ  さひませ  靴をぬがうとせ  爪跡があるでせ  秘かにはずませ  ひやひやさせ  面に降さうとはせ  余韻を曳かせ  泡吹かせ  返事を伺はせ  逆上させ  軍兵を思はせ  心をうち沈ませ  混同させ  十分はっきりとさせ  念を起させ  彼が聞えもせ  力がそうさせ  私をぎょっとさせ  牡丹餅を持ち出させ  長居もせ  牡丹餅を持たせ  好奇心から足音を忍ばせ  子に逢わせ  相続させ  偶然に通りあわせ  枝をそよがせ  さらさらいわせ  がめかどうかを、話して聞かせ  雨雲をひくくはわせ  確立するを得せ  更えさせ  理想とせ  茶にせ  其道に専らなるを得せ  発露するを得せ  存立するを得せ  つて走らせ  未熟さによって、ひきもどされ、更にきびしいもみ合いに向わせ  流刑地生活調査におもむかせ  嫁を持たせ  廓へ飛ばせ  針を急がせ  家来さんに逢わせ  たよりはありんせ  知りんせ  島田をぐらつかせ  主人に逢わせ  そこに待たせ  なりんせ  顔を陰らせ  手に掴ませ  八橋と言い合わせ  宿賃をとどこおらせ  むやみに遣わせ  大尽かぜを吹かせ  丞を待たせ  ここで休ませ  彼はおくればせ  足をすべらせ  出版させ  私に送らせ  拘禁生活をさせ  心を通わせ  三年間身にしみて感じてゐるせ  私を楽しませ  わが身世にふるながめせ  ザアザア水音をさせ  實に惜しい、死なせ  駭然とさせ  やけどさせ  放棄させ  卑屈にさせ  鍵を奪いとらせ  形式にせ  皆足音をしのばせ  様子を話してきかせ  八羽ほど孵させ  仕事をはかどらせ  ズンズンさせ  装をさせ  キラキラ輝かせ  仰天させ  入目をさせ  三イ、とたどらせ  乳をのませ  子供などに聞かせ  手放しで、ああ云わせ  考えを持たせ  Etna火山を思わせ  従属させ  統一させ  なかみをほとばしらせ  患者に起させ  患者を運び去らせ  煙管をはたき、せ  団結させ  武力解散させ  目も、さまさせ  百八十五万人を死なせ  さし入れさえさせ  ことを云わせ  かたではっきりさせ  厭はせ  開掘せ  延長させ  ランドセルをせ  あと足で歩かせ  タバコをかがせ  芸当をやらせ  ことがあきもせ  さをいだかせ  茶をのませ  母を悲しませ  こいつにかつがせ  貧乏ばかりさせ  功徳を語り聞かせ  方を立たせ  地公将軍とよばせ  権威をにぎらせ  党兵に唄わせ  ようにうたい流行らせ  民衆に抱かせ  約束するなら聞かせ  屯させ  余生を悲しませ  鞍にすがらせ  頭を振り向かせ  腰に佩かせ  驢を急がせ  うご不自由はさせ  部屋へ入れて休ませ  ようにして話して聞かせ  答えもせ  子守唄をうとうて聞かせ  口をすべらせ  秋かぜに吹かせ  雲長にも聞かせ  頼みはせ  そのまま振りのけもせ  張飛はふりむきもせ  尊公にも聞かせ  書を読んで聞かせ  裏口からどこかへ走らせ  恐怖させ  春風になぶらせ  到達させ  生涯とせ  ように誓わせ  馳け向わせ  肉食させ  駒首おどらせ  吹奏させ  師を歓ばせ  迂回させ  松明を負わせ  四散させ  一睡させ  ゆっくりとらせ  飽和させ  駒を躍らせ  面を見あわせ  うちから出させ  舌をつらせ  路費を与えて、すぐ立たせ  牛など裂かせ  魔形など降らせ  攻め口へ当らせ  露をきらめかせ  味方を悩ませ  幟を持たせ  本拠へ攻めよせ  長じさせ  槍に突き刺させ  攻撃に当らせ  から汲ませ  ア、せ  から、頼まれもせ  子守をさせ  女の子を可愛がろうともせ  ことでっせ  秋山さんに会わせ  朗報にもなりはせ  落第などはせ  あらたにせ  阿片などには見向きもせ  両手をつき、にこりともせ  先生をめんくらわせ  出入りさせ  写真も撮らせ  足音ひとつさせ  興味が尽きせ  たしかに説明して聞かせ  供をさせ  唇をぱくぱくさせ  薬をぬったり飲ませ  おかゆを持って来させ  兵備をととのえようともせ  海岸防備を試みようともせ  雪駄を吸い付かせ  別に切り込んで行こうとはせ  小口を明かせ  匕首から血をしたたらせ  今後二度と来させ  人物に持たせ  宇和島に殺させ  身の上を案じ、寝もせ  駕籠を拾うと走らせ  松吉は、恐がらせ  気絶でもさせ  半身を覗かせ  立聞きもせ  首を引っ込ませ  縄を飛ばせ  アござんせ  裏庭なんかを歩かせ  蔵番に住み込ませ  血刀を握らせ  同宿させ  お産をさせ  組み合はせ  勸めさせ  貯金をさせ  上に出させ  方に向いて立たせ  裾をなびかせ  執筆させ  経済界にも利かせ  問答もせ  溺歿させ  姿ででもあるのでせ  いかほどなのでせ  声で語らせ  わたしに、色々話してお聞かせ  しかめさせ  風景を思い出させ  輝やかせ  二階へ上らせ  すき間から体は動かせ  石鹸はつかわせ  歯ブラシもつかわせ  椅子から立とうともせ  面白そうなので、つい立ち寄らせ  この世からおさらばさせ  附着させ  不能者にさせ  もっともっと苦労させ  一隅に立たせ  姿を太らせ  粉にして埋もらせ  根もとにせつせ  ら清作、せらせ  手をせ  林をきたなくせ  にせものだからにせ  力説させ  努力はせ  総立ちにさせ  文脈を生きかえらせ  さを見ようとせ  作品を切りとらせ  久内にいわせ  疑いを抱かせ  終つたのでほつとしてゐるせ  心臟をどきんとさせ  叛乱を起させ  煎茶を飲ませ  ガアゼを持って来させ  それじゃあ余り待たせ  片隅に住まわせ  絶対秘密を喰わせ  加害者を這入らせ  消印のハッキリせ  二十銭ぐらいしはせ  誰が来ても這入らせ  ピリピリさせ  小切手を書かせ  読者に云わせ  締りを外させ  アンナ希望を持たせ  芝居ばかりさせ  洋行させ  モノスゴイ芝居ばかりさせ  卒業おさせ  呉羽とも親しくさせ  さを冴え返らせ  ドッサリお金を掴ませ  ギリギリ喰い込ませ  劇場を買わせ  乱打させ  逆流させ  全身を粟立たせ  何か唄わせ  垂髪に結わせ  日本語で歌わせ  身じまいを直させ  こをさせ  筋書を読んで聞かせ  訂正させ  左様ならを云わせ  手を打合わせ  子守唄を唄わせ  断じてさせ  両親を殺させ  心づかいを、おさせ  頬を硬ばらせ  ことがあつたのでせ  伶人なんでせ  九条殿では驚いたでせ  附属させ  合理化しすぎるでせ  形でせ  乗つて走るんでせ  一足でせ  言ひ慣らしたのでせ  顎をもたせ  ところあり、さっぱりせ  母にきかせ  声でせ  医者にかよわせ  凋れもせ  差別をせ  のって、まア、うるせ  オマモリなんか持たせ  錯綜して、明るく、暗く走せ  原稿をたのませ  心はみたされはせ  つながりがあるせ  一には、そのせ  理由によるせ  矢田さんに惚れたんでせ  確めさせ  私を愛してゐるせ  通りさせ  代弁させ  私を喜ばせ  交際はせ  女は、見向きもせ  ように燃え立たせ  その他すっかりさせ  ディテエールはっきりせ  僧正でせ  人の、生きたと見てはとても食べはせ  交換したのでせ  兄弟だったでせ  ぷるぷる云はせ  ぷるぷる云わせ  水底這わせ  認定が言わせ  ぼくに持たせ  肩にかつがせ  もいちど信じてだまって持たせ  遊学させ  人よろこばせ  言外に匂わせ  腹綿を煮えくりかえさせ  衣装もせ  涙一杯含ませ  ぴょんぴょんとおどらせ  終日飽かせ  恐怖心を募らせ  彼を留まらせ  息をも継がせ  傍に来させ  市内中に貼らせ  失つて身體をよろつかせ  楔形に割り込ませ  家に遊ばせ  何等理由もきかせ  初めはまばゆくさせ  カリツとさせ  上に置かせ  ツこませ  半ば保たせ  みんな云はせ  邸宅を買わせ  繁昌させ  それならば待たしやませ  粧をさせ  白足袋まで穿かせ  つて居はせ  綿から糸を吐かせ  引寄せもせ  ずりもせ  土産話を聞かせ  犠にせ  行つてござらつせ  怪を聞かうともせ  高め発展させ  紙面をふさぎ、よませ  虐を行い、あるいは行わせ  問題とせ  対置させ  花村にそう云わせ  流から孤立させ  実在させ  形づけようとせ  深刻にかかりあわせ  心痛とをさせ  立候補させ  御主人にお目にかからせ  バタつかせ  心とせ  怨を結ばせ  落着先きを想わせ  金なぞ儲けれはせ  気を悪くさせ  仕度をさせ  方へは怖くて近寄れもせ  疑念を抱かせ  説明して聴かせ  そちこち持ち歩かせ  句なりを作らせ  投票させ  んちゃになりゃせ  暮れさせ  ら認めようとせ  原稿を書かせ  一人の力では動かせ  あのころを思い起こさせ  諾なふとせ  歌には、かなりどきりともさせ  作文を書かせ  これを認めようとせ  書くことに終わらせ  書くことに向かわせ  一目置かせ  電子本は膨らませ  ひねりを効かせ  文字を浮かび上がらせ  なかったための間に合わせ  スペースをとらせ  墨をふくませ  着させ  道を、動かないからだが選ばせ  是非初回に間に合わせ  対応させ  不合格とせ  表示させ  磁化させ  角度からリストを出させ  音を絡ませ  連携させ  ように欠かせ  ギザギザを浮き上がらせ  ビラを置かせ  久しぶりに思い出させ  発揮させる欠かせ  本格化させ  スクロールさせ  普通に計算させ  図書館にも欠かせ  ハートを嘆かせ  確認させ  危機に重なり合わせ  危機に重ね合わせ  丹念に浮かび上がらせ  収録させ  需要を膨れ上がらせ  一挙に行わせ  彼が作らせ  彼が彫らせ  伝播させ  あとがきにこっそり滑り込ませ  今回よそで使わせ  全身をこわばらせ  昇任させ  集結させ  こっちへ送らせ  艦体をぐらぐらと揺るがせ  ネッドはあきらめようとはせ  誰一人入らせ  人々を驚かせ  田舎道を走らせ  曲道になっているのに、まっすぐ走らせ  現場へ急がせ  河合を手伝わせ  箱車を走らせたり、走らせ  火星探険へ飛出させ  心臓を凍らせ  ネッドを使っていわせ  それをそうさせ  ことをはっきりさせ  少年たちを喜ばせ  案内に先立たせ  人々をおどろかせ  火傷させ  大変興味をわかせ  心配をかくしもせ  人影は一向はっきりせ  皆にして聞かせ  目を尖らせ  上に組合わせ  前で聞かせ  たくさん聞かせ  おれ達を縛らせ  ひと寝入りせ  おれを買いかぶらせ  富豪から金を出させ  左右に侍らせ  董卓を殺させ  敵をよろこばせ  いかがせ  酒をつがせ  試みに、駆け向わせ  馬弓手などを出して駆け向わせ  洛陽をおどろかせ  駒を寄せ合わせ  人まぜもせ  駒を走らせ走らせ  百歩ほど退かせ  動揺めかせ  理由も告げず縛らせ  輦を急がせ  片っぱしから襲わせ  布令させ  身軽にさせ  射術を競わせ  物見させ  部下たちをどんなに悲しませ  灰を掻かせ  鑑識させ  印文を読んで聞かせ  良工を選んでみがかせ  八字を彫らせ  謀叛などせ  剣を躍らせ  地位へつかせ  馬を躍らせ  敵中へ突き進ませ  要害をふせがせ  篝火を焚かせ  馬蹄をしのばせ  堂中に坐らせ  七宝をもって飾らせ  使者に持たせ  もう一度、歌わせ  姿態にいわせ  数歩跫音をしのばせ  出仕もせ  あなたとを会わせ  前へのめらせ  酌にはべらせ  新たに灯させ  あなたに名乗らせ  丁建陽を殺させ  養父を殺させ  仔細を語らせ  栄華を尽させ  小鼻をびくびくさせ  風呂敷包みを、ぶらんぶらんさせ  征伐させ  権勢を専らにせ  返上させ  銅銭を鋳せ  心を注がせ  国土安穏を祈らせ  ことを憤らせ  計画を廻らせ  時機を待たせ  出でさせ  自殺と思はせ  途につかせ  京都に入らせ  出現させ  畏服させ  悦服させ  服従させ  刊行させ  大名に命じて築かせ  参会させ  励行させ  犬牙錯綜させ  定着させ  弟に継がせ  輩出させ  喚起させ  世人を驚かせ  驚駭させ  謹慎させ  締結させ  半白にならせ  微笑を漂わさせ  退却させ  油脂をかぶらせ  茶わんをすべらせ  異様に息づかせ  足も出させ  誘いに耐えきれなくさせ  別れを聴かせ  魚雷を喰わせ  注意をこまごま聴かせ  慄え上がらせ  法水は振り向きもせ  疾病がもたらせ  ことを聴かせ  満足はせ  帆を燃え立たせ  点検させ  泛び上がらせ  僕からあなたに、お聴かせ  ウルリーケを驚かせ  幻が、見もせ  見えもせ  全部を云わせ  飛散させ  いっしょに過させ  テオバルトに遇わせ  並行に走らせ  水面に浮き上がらせ  潜航させ  器械を使わせ  町内でせ  息を喘がせ  ダダをこねさせたり、坐りこませ  戦争しているから、そうせ  兵隊にさせ  バレーを習わせ  三タテを喰わせ  年期の遅きをいかにせ  きりさせ  なりはせ  上へ走らせ  用をたさせ  国民を起ち上らせ  游離させ  其意義を異にせ  人々に抱かせ  たてをしたばかりに、死なせ  ひとを死なせ  電蓄を運ばせ  ステージ、終らせ  貫禄を考えあわせ  クリクリさせ  支度をさせ  あなたを怒らせ  爆音をひびかせ  ものを脱がせ  贅沢をさせて遊ばせ  悲哀を味わわせ  耳で聞かせ  伺いもせ  代襲相続をさせ  色を沈ませ  通り遊ばせ  顔を見もせ  ものごとをはっきりさせ  みなを怒らせ  事情をはっきりさせ  仕事もせ  苦労はさせ  上にまたがせ  五百万円くらい出させ  いちど浮びあがらせ  保証させ  話なら、聞かせ  意味させ  固定化させ  関聯させ  ように振舞わせ  一室に呼び集め、読んで聞かせ  口述筆記させ  名刺を作らせ  入院もせ  絶対にせ  むきになって言って聞かせ  土地がらでせ  ためでせ  備準もせ  時は、どんなに驚いたでせ  賀古氏も定めし案じて下すつたのでせ  気が附いてあきらめたのでせ  土産も持たせ  守護職をゆずらせ  軍などさせ  大敵に向わせ  上に延々とせ  本多平八郎忠勝馬をおどらせ  郎党に持たせ  柄長く造らせ  横槍弱かりせ  進退を問わせ  屍毒化させ  破傷風化させ  劇薬化させ  毒薬化させ  マンジリともせ  あとからあとから膨れ上らせ  シッカリと握らせ  配属させ  同情させ  故郷へ帰らせ  穴を迂廻させ  凍死させ  傾聴させ  から打合わせ  銃殺させ  依頼心を失わせ  納品が片づかねえので、やきもきさせ  女を怒らせ  ひさを失望させ  毎回気絶させ  ちょっと持たせ  部分品を組合わせ  それを思い停らせ  一寝入りさせ  行動させ  今朝の新聞を持って来させ  家を持たせ  手を切らせ  私一人に背負わせ  夫を惑わせ  質店をひらかせ  出品させ  発動させ  危険から目を逸らさせ  前へ浮ばせ  帽子を飛ばせ  原稿を読ませ  鍋を煮立たせ  材木車を引かせ  説明して聞かせ  書留を持って来てくれよなどと言って困らせ  やうとお思ひになるでせ  芝居は見られないでせ  それ皮肉でせ  遭はせ  その男がよろこぶでせ  年寄りが死んだんでせ  肢体をくねらせ  のを待ちかまえてゐたのでせ  つて怪我をさせ  色情狂を思はせ  咳も洩らしはせ  精神はあるでせ  方がいいでせ  身動きもさせ  隼とを飛び立たせ  松明に輝かせ  行衛を占わせ  病を占わせ  ように降り積もらせ  国になかりせ  棚曳かせ  屑をたからせ  童男に開かせ  傍に坐らせ  兵を借せ  手をとって坐らせ  歯をきしませ  羽毛をたからせ  まま身動きもせ  決意を閃かせ  足を鈍らせ  装いをこらさせ  髪を飾らせ  外に立たせ  眼を沈ませ  油を滲ませ  何も食わせ  朝を思い出させ  若い女に教えてやろうとせ  普通人を戸惑わせ  錯覚させ  心持がせ  掃除をせ  目をさせ  まま、にこりともせ  者なんでせ  てゐらつしやるんでせ  靴がうれたので、どんなにうれしかつたでせ  前を掻きあわせ  胴に波打たせ  愛におすがり遊ばせ  赤ちゃんには見えたのでせ  ほんとうに不思議でせ  安心でせ  友達に知らせ  心配してゐて下さるのでせ  者をよこし、なやめせ  義からざるものにも降らせ  栄と尊きとをかうぶらせ  為につくすでせ  物でせ  健康を失はせ  馬鹿者でせ  事があるのでせ  感想を書かせ  のでせ  読きかせ  ぢを来らせ  何が出来るでせ  不快だったでせ  子供心にちっとも同鳴せ  奥様を恵ませ  慈善でせ  目をつぶらせ  ます紫紺にかがやくせ  ザクザクさせ  涙をこぼしたりさせ  ひび入らせ  本もよめず、書けもせ  勉強もせ  事はさせ  サヤサヤと云わせ  旅させ  心をおこさせ  連想を起させ  練習させ  習練させ  小隊長に委すべからずとせ  受験させ  からずとせ  攻勢作戦を行なわんとせ  会戦を求めんとせ  維持せんとせ  壮とせ  至難が観破せ  侵犯しないとせ  彼らの云う如くせ  それを含めたりせ  眼を以てせ  ことを敢えてせ  負担させ  終結させ  全滅させ  だめなのでせ  弓なりにくねらせ  日本はどうなるのでせ  性根を憎むせ  女にしようとせ  心に悲しくさせ  気分を悪くさせ  考えをはっきりさせ  予定を着々とはかどらせ  書きもせ  背に負いまいらせ  血をにじませ  玉体を保たせ  官職につかせ  泣き声を洩らさせ  血眼をさまよわせ  梟けさせ  忠言を聞かせ  弓箭戟光をきらめかせ  使いを馳せて、こういわせ  留守とさせ  士卒に担わせ  酒蔵から運ばせ  平等に飲ませ  臣に持たせ  県城へ走らせ  中から退かせ  士卒百人で守らせ  県城に住まわせ  人間ができはせ  対面させ  門を守らせ  狩猟弓は持たせ  弓箭は持たせ  隠士張昭を起たせ  張紘をも説かせ  孫将軍に会わせ  見せしめにせ  遺業を継がせ  手捕りにせ  ひた押しに攻めよせ  打振らせ  矢創が重らせ  油布を担わせ  三方から息もつかず攻めよせ  背に負わせ  あなたに忠誠を誓わせ  日影を見守らせ  遠近をなびかせ  息もつかせ  分け取りにせ  剣甲をひびかせ  使者をもって、こういわせ  人を惑わせ  顔をつき合わせ  嫁入らせ  山と積んで持たせ  準備をいそがせ  おれを過らせ  侍臣に訊かせ  挑発させ  官位を昇せ  兵に囲ませ  胸をさすっておいで遊ばせ  督軍で見廻らせ  兵をさし向けたと聞くと、慌てもせ  典韋を死なせ  胸ふるはせ  反省を鈍らせ  低下させ  復帰させ  発揮するでせ  油断をせ  ものがあり得るでせ  気でゐるでせ  ものもあるでせ  なつてゐるせ  一転させ  つてうんざりさせ  ものとするでせ  夢をかきたてるでせ  出現を促すでせ  世界に示させ  移入させ  わけにはゆかなくさせ  意味でつかわせ  存在意義をあらせ  権力によって戦わせ  感じを持たせ  遊戯心を起させ  足をムズムズとさせ  いかほど発展させ  上品にさせ  機嫌よくすまいとしてもせ  フト東京を恋しく思い出させ  ソーッと守って喜ばせ  力を思わせ  写真としては抜かせ  ものであったわいと思わせ  連想させ  お金をジャラジャラ云わせ  交流させ  煮え湯を呑ませ  顛末を早速、物語って聞かせ  論点をはっきりさせ  楽にさせ  解放させ  転覆させ  井戸を掘らせ  服装をさせ  どこかに含ませ  悪事とせ  本を読ませ  勉強をさせ  生活から踏み出させ  懐疑にしずませ  陰を漂わせ  殆ど気絶させ  言ふか囁くかせ  ぴちやつと音をさせ  唄でせ  間わたしを休ませ  恥を掻かせ  腕を掴んで居直らせ  戸惑ひさせ  仮面をかぶらせ  場へ上らせ  芝居をさせ  暗記させ  先生を困らせ  霞を棚引かせ  何かしら動かせ  自分一人にしがみつかせ  彩色筆に含ませ  云って造らせ  批評をさせ  発明させ  霊薬を飲ませ  何しろ皆神経を鋭がらせ  絵はがきを買って待たせ  電燈に輝かせ  下宿させ  招待して描かせ  所へ住みこませ  庭へ引かせ  眼前に斬伐せ  冷罵すとせ  まま氷結させ  失敗させ  名まへがついたのでせ  やつてくれつておつしやるんでせ  空砲を打たせ  絶壁をそばだたせ  おつもりでせ  故国へ導いて下さるでせ  安全に帰して下さるでせ  物資をかつがせ  水をつがせ  死亡日とをほらせ  同行させ  母上をこまらせ  癪にさわらせ  取捨させ  切符を買わせ  あいさつもせ  眉をつらせ  婚約を結ばせ  とりを起し、おどろかせ  合致させ  あみ込ませ  疑問を起させ  のか、とのみ思わせ  まり仕事をせ  垣を越えようとせ  此転換をさせ  ことであったと認めようとさせ  海辺を思い起させ  紹介で一寸まごつかせ  夕方から林町へ行かせ  前後を囲ませ  沙汰書を作らせ  沙汰書を持たせ  慰問をさせ  殉死を余儀なくせ  枕を出して当てさせ  枕をさせ  お袋さまがあまり遅くなりはせ  苦痛とせ  光尚にさせ  羽織を取らせ  犬はすぐに食おうともせ  建具をはずさせ  そばにおらせ  あとを継がせ  籠めさせ  縛首にさせ  鉦太鼓を鳴らさせ  念仏をさせ  火をつけて持たせ  怪我をせ  役に当らせ  殉死をせ  名のらせ  深手を負わせ  物置小屋を崩させ  庭に廻らせ  鼻紙ににじませ  養子をさせ  光尚が言わせ  人みしりせ  つてタクサンゐるんでせ  つてタクサンあるんでせ  僕はせ  恍惚状態に達しもせ  輸入させ  喫煙させ  はいろうともせ  知つてゐるでせ  交合させ  キスをせ  弾力とを忍ばせ  賤民とはせ  小屋住まいをせ  役員を置いて取り締らせ  出世するとか、せ  業とせ  ことを潔しとせ  署名させ  頃から着手されたかはハッキリせ  提出させ  任に当らせ  世襲させ  眼をくぼませ  講釈師に云わせ  声を絶とうとはせ  天帝の子と思い込ませ  成功をもたらせ  天童じゃと思わせ  沮喪させ  ふり向きもせ  後ればせ  封をせ  封印をせ  霊力治療者を喜ばせ  審査させ  佛に成らせ  うちにわたらせ  此藥をのませ  念佛まをせ  眼をつぶらせ  六七十人も居たでせ  処へ移らせ  警戒させ  三吉さんを這入らせ  座敷へ上らせ  自由にせ  ツかけて来はせ  辛抱しやんせ  言ひ聞かせ  枕元へ坐らせ  ことはならぬぞと踊らせ  怪我でもありはせ  面白い事もあつたでせ  云ふものでせ  作と思はせ  補入せ  からまさか阪本とは知らぬのでせ  謡はせ  反感をおこさせ  解党を余儀なくせ  女優に迷わせ  手を出させ  間を疑わせ  階段をのぼらせ  君忘れもせ  言葉は取り消させ  ドリアンを飛ばせ  やうに波打たせ  要ともせ  のを引かせ  眼を耀かせ  領域を持たせ  独創的発見でも持たせ  サレンダーもさせ  向いさせ  為にせ  価値あらせ  日常に悦びあらせ  流動もせ  察しようともせ  媚とを持たせ  仮装させ  安心がさせ  国元から金を送らせ  それを滞らせ  配列させ  連絡させ  バター一斤持たせ  妙に沈ませ  涙を流させ  激させ  彼にさせ  つて感激させ  たんびに怒らせ  決心をせ  急湍を以てせ  奇少なしとせ  義三郎氏とは解こうとせ  比なしとせ  心を慰められないでせ  仕方が無いでせ  豆人形を出して分けて持たせ  姙娠中養生をさせ  仲間割れをさせ  身装もさせ  都合がいいとは言わせ  勉強もろくろくせ  出頭させ  男によって食わせ  供に聞かせ  カツトして聞かせ  思いをいだかせ  翻訳劇ぐらゐ演出者以外を楽しませ  憶病にさせ  一晩拘留させ  ドキンドキンさせ  迷惑がかかりはせ  天井に吸いつかせ  報酬で訳させ  のでしょう、思う存分探させ  機会を失わせ  忽かにせ  氣がせ  名残をいくらか蘇らせ  凝縮させ  木を持たせ  思いにふけらせ  響きをさせ  見物人を悦ばせ  びらびらさせ  文勢筆致を保たんとせ  翻訳をせ  退歩させ  音楽を作らせ  まり感動させ  キレイに立ち並ばせ  援助させ  姿態をさせ  横断させ  キッチリ統一させ  発見させ  有無を云わせ  子供を遊ばせ  雇はせ  まり退屈させ  薫りの高い振出しをのませ  町に住ませ  袖を覗かせ  狼狽もみせ  室を守らせ  入口に立たせ  湯呑み茶碗をひっくりかえさせ  ニコつかせ  豹一にふくませ  刺戟させ  同級のもの達を羨ませ  余り勉強もせ  紀代子が拒みもせ  情を益々募らせ  外出もせ  ポケットからはみ出させ  表現し、読ませ  ことを余儀なくさせ  合同させ  おとをさせ  一色をさせ  僕に聞かせ  沈湎させ  具足とを買うべく余儀なくせ  十二月炭をくべてゐるせ  批評などをせ  近いうちに戦争があるでせ  曹長になれるでせ  急転下させ  奔流を苛立たせ  泥浚へをやらせ  川瀬のせ  急転直下させ  泥浚えをやらせ  擬態、くわせ  独を遊ばせ  茶店はないでせ  から涼しいでせ  芝からいらしたなら、お暑かつたでせ  お酒なんかは無いでせ  すみませんが、すこし休ませ  娘たちへわからせ  芝居はさせ  中途半端に運ばせ  一にせ  恨なりせ  伝へもせ  簿冊に記させ  人のたどらせ  鼻を挾ませ  人に聞かせ  奈何にせ  折にもせ  ばなのらせ  幾度か叱せ  榻背に持たせ  床に臥させ  古井戸を覗かせ  井戸を汲ませ  尻餅を搗かせ  時とせ  爪をつつませ  歌かかせ  われ寝ねさせ  幔幕ひかせ  酒を酌ませ  唇へ飲ませ  ためおれが探らせ  わざといわせ  泣きながら云い聞かせ  兵にも思わせ  部下にかつがせ  怒りをなお甚だしくさせ  数をとばして読ませ  幕営に引かせ  矢文を射させ  祝祭を行わせ  弦鳴りさせ  憂いをとじて語ろうともせ  吏に問わせ  所望させ  声涙共にふるわせ  丁寧に断らせ  使いを走らせ  呆然顔を見あわせ  招きもせ  名を取らせ  挨拶させ  旗幟を打ち振らせ  城門をさっと開かせ  顔とをぶつけ合わせ  船を造らせ  機なしとせ  驕慢をつのらせ  後から参加させ  一戦もせ  二人に引かせ  王忠も躍りあわせ  悪口雑言をいわせ  憂き目に会わせ  私たちに持たせ  善処をいとまなくさせ  縄尻を持たせ  彼を誇らせ  別に咎めもせ  熱をふかせ  鼓を打たせ  駒をつながせ  曹操に降を誓わせ  馬をとらせ  餞別をしてつかわせ  たかに飲ませ  怠りもせ  彼を殺しもせ  ほうをにらみ合わせ  厳にせ  童子に運ばせ  河畔にあつく葬らせ  病を篤うさせ  幹に縛らせ  監禁させ  科白を聞かせ  騒ぎをせ  余韻をひびかせ  心を悲しくさせ  物學びせ  傳へもせ  簿册に記させ  悶絶させ  盃をとり直させ  長続きがせ  君に知らせ  悪戯をしたのでせ  家出をさせ  会つたでせ  やうなひどく思はせ  二号をただ遊ばせ  喫茶店なり開かせ  からさせ  境にとどまらせ  のかをつけたして聞かせ  意見まで聞かせ  部外へはみ出させ  覆面させ  のじゃせ  京一は、訊ねかえしもせ  とこに居りゃせ  うかうかしよるせ  錯乱させ  マチネでせ  幕間でせ  つて憤慨はしないでせ  対手とせ  女をさうさせ  自然にくつろがせ  読者を驚かせ  孫に話して聞かせ  放蕩をせ  気がひけていらいらとさせ  肯定させ  彼自身を悲しませ  心を苛立たせ  生物によって起させ  眼を潤わせ  血を漲らせ  何事もせ  サルフィユ、しっかりせ  足元をしっかりせ  白銅貨を拾おうともせ  注意を怠らせ  胸を戦かせ  書籍をかたづけようともせ  撰択をする、またせ  代表させ  是非共自殺させ  義務を負わせ  性格をかき終せ  到着しはせ  意に留めなくなりはせ  身分までをハッキリさせ  躍動させ  ヤタラに組合わせ  浪費させ  親父はもう別段憤らうともせ  臆病なせ  さにとり逆せ  胸をも浮き立たせ  はりを覚え込ませ  お辞儀をさせ  人に打たせ  小さな家を借りて住まわせ  ギックリさせ  調合をして飲ませ  一度溜め息をさせ  妻木君は身じろぎもせ  ニュースを聴かせ  言葉をほとばしらせ  宅でゆるゆるさせ  世間を驚かせ  飛躍させ  土産包みを持たせ  いやいや長くはそうおさせ  包装を解かせ  彷彿とさせ  こいつ湿らせ  病気をさせ  静かに死なせ  ものを思わせ  殊に彼を驚かせ  曇天を透かせ  さを漂わせ  板塀を越させ  童話を読ませ  心なびかせ  割合にくたびれもせ  一切お前を眩ませ  気恥ずかしくさせ  事件が起こり、お驚かせ  旗二郎微動もせ  痙攣を起こしもせ  掛け声をかけようともせ  全身をうねらせ  図案を輝かせ  家へ入り込ませ  誘惑させ  亢ぶらせ  心底から感嘆させ  掛声なら出来るでせ  行つた方がいいでせ  いくらかは読んだでせ  別に笑いもせ  実を結ばせ  好奇心を湧き立たせ  立腹させ  祖父さんをまごつかせ  嫌悪を催させ  鞄をもって来させ  見習小僧をさせ  否応なく読ませ  何でもさせ  ゴーリキイに握らせ  小僧時代経験させ  雪を軋ませ  直接間接に鈍らせ  感じを抱かせ  未来に向ってちっとも伸びようともせ  ゴーリキイをひょろつかせ  気を重く、また考えぶかくさせ  ゴーリキイをよろこばせ  ゴーリキイを泊らせ  目を閃かせ  破壊させ  心に憎みを煮え立たせ  ウォツカを買いに走らせ  憩はせ  信頼を抱かせ  手をとらせ  天然を持たせ  事務まで取り扱わせ  建立させ  合祀させ  遺憾なく漂わせ  甲府宰相綱重をも生ませ  圖説を作らせ  私が話しをさせ  監督をさせ  仕事ばかりさせ  洗いをつくらせ  鵜に呑ませ  気を重く考えぶかくさせ  もの、会ったり、聴いたりせ  奉仕させ  意志を沿わせ  しずかに微笑ませ  写真しのばせ  人をよろこばせ  銀の匙もて啜らせ  こと考えましたが、なんだか、はっきりせ  帰朝させ  上で無かつたでせ  あられたでせ  常識にも考へられぬでせ  発電したにせよ、せ  編入させ  枯葉をがさつかせ  花さへ腐らせ  冬は寒かつたでせ  ロシア語を書いて打ちあわせ  信頼を起させ  本をよんで聞かせ  可能性をひびかせ  云ふんでせ  舞台に立たせようとおつしやるんでせ  役者を作らうとなさるでせ  作つてくれるでせ  者に観せ  人に観せ  まぐろを好ませ  橇を引っぱらせ  右左へふらふらさせ  返事を持たせ  席につかせ  ように鋭くとがらせ  中をくぼませ  袴など穿かせ  この世から暇乞ひせ  ふけ風よ、ふけ、ふけ、ひきうすまわせ  たづなとらせ  子規論を聞かせ  つた人間ばかり見てゐたのでせ  髷を結わせ  方に、わざわざ想い出させ  ように波うたせ  夢にかよわせ  好意を空しくせ  指環を吐き出させ  此宿屋を出ようではありせ  速度を出して走らせ  宿屋はそんなに高くはないでせ  人力車を急がせ  骨牌を闘わせ  僕に払わせ  四方太と読ませ  人に潰させ  業をさせ  気持を悪がらせ  氏をよろこばせ  気味がありはせ  不平を抱かせ  寺田も知らせ  ことをしたと思ひはせ  ようにしゃべらせ  迎合しようとはせ  ままに言わせ  時なしとせ  支配するとせ  隠しを膨らませ  波をうたせ  手術を終らせ  出しはせ  彼女を黙らせ  様が癒してやってくれべいとせ  桃子がそっとせ  むしをみていたらばそのせ  人をたたせ  ものせんとせ  ことを得たりとせ  改心させ  無理無体にくどきなびかせ  きし両足をぶらぶらさせ  手柄にさせ  燐火を燃えたたせ  何人も覗かせ  ここで怒らせ  我慢させ  乱入させ  急使を走らせ  旨を含ませ  関東だけだつたんでせ  抄論を説き聞かせ  香はせ  五時五時とせ  回しで、説き聞かせ  彼を走らせ  事は出来ないでせ  早合点がそうさせ  ぞうさんは、しつぽをぴりぴりとふるはせ  まり細工をせ  下落させ  註文を語らせ  でっち上げ、到頭会わせ  警察から入院させ  横わる道を進ませ  彼等を立ち止らせ  らいもせ  心をひどく悩ませ  早足で歩ませ  心に浮ばせ  抛擲させ  もっとお聞かせ  もっとしっかりさせ  背に倒れかかりもせ  囘復させ  さらさら音をさせ  ことを思い出させ  気絶から囘復させ  若い胸に休ませ  頭を温め輝かせ  囚人を呼び覚し、助けて立ち上らせ  押し入れさせ  側へ向かせ  性質を探出させ  のではなかろうかと疑わせ  時代を思い出させ  家へ帰らせ  一団に加わりもせ  一語を交しもせ  うまい食事をさせ  頭を頷かせ  給料を払って手伝わせ  彼をびくりとさせ  ことはおさせ  父さまを生き返らせ  帽子を脱がせ  みんなをすっかり驚かせ  私たちにもぞっとさせ  扉をさっと開かせ  上させ  目に遭わせ  苦しみもせ  馬に踏みにじらせ  馬車を駆らせ  臭いをさせ  貧乏にさせ  通り変えもせ  ところへ生き返らせ  前に歩かせ  柔順にさせ  意味を含ませ  男とを思い起させ  秣架をがたがたさせ  娘に叩かせ  先へ歩ませ  板の間に挟んで立たせ  敵に売って殺させ  蛙たちは、せ  誰に誘はれもせ  つてゐたが、すこし休ませ  疲れたでせ  酒場へ急がうともせ  お兄さんを行かせ  帰らないつもりでせ  願ひですから、行かせ  どこへでも行かせ  寂寥がせ  ものに思はせ  足駄には見向かうともせ  彼を遊ばせ  名刺を、ろくに見もせ  名刺を失いもせ  間に忍ばせ  写真を撮らせ  ぐりぐりさせ  逗留なさいまっせ  御覧なさりまっせ  御覧なさいまっせ  薄をがさつかせ  不平をいだかせ  もとへ帰らせ  ことと、あわてもせ  手から路銀を贈らせ  一将を顧みて、持たせ  車をおさせ  疲れもあろうに、くつろぎもせ  お迎えもせ  油断もせ  焔硝を抱きあわせ  車を守らせ  それを見ようともせ  人をうごかせ  口輪をとらせ  火焔旗をなびかせ  便りばかり聞いて、いかにせ  劉表あえて結ぼうとせ  山風になびかせ  山岳を驚かせ  恭順を誓わせ  天の引き合わせ  雨を祈らせ  修させ  幹を太らせ  下江させ  都尉を与えて帰らせ  兵を退かせ  血祭りにせ  工具を担わせ  山を築かせ  数百輛作らせ  直ちに実行させ  陣門に曝させ  汝に持たせ  辛労はせ  面を苦りきらせ  たくさんに作らせ  面前にひかせ  服装なので、怪しみもせ  人をさし向けてこういわせ  碑にきざませ  地方を守らせ  深入りもせ  休養をとらせ  大軍を徐々に進ませ  三男にふかせ  薄命を嘆かせ  兄弟を仲よくさせ  援軍にお出向き遊ばせ  あなたから密意を含ませ  将軍印を造らせ  使いに待たせ  内応させ  曹操へ降らせ  後陣を開かせ  餓死もさせ  武装を解かせ  力をそそがせ  消息も怠らず探らせ  流浪させ  動静をうかがわせ  種明しをして聞かせ  国も遊ばせ  城を守らせ  支配させ  壁に書かせ  兵をうかがわせ  様子をさぐらせ  却ってそれをつのらせ  礼をとり行わせ  歓待させ  後園につながせ  名を、お聞かせ  全部を散らばせ  捜索に当らせ  ゆっくり歩かせ  眼を窪ませ  呼吸を弾ませ  笑倒させ  事から胸を躍らせ  私にも、いわせ  出もせ  憎しみを募らせ  作に語って聞かせ  後を取らせ  音などをさせ  ことを語り聞かせ  得意先まわりをさせ  なかから言聞かせ  筋肉を戦かせ  義理としても、そうは言わせ  仕事を休ませ  言聴かせ  彼等を怒らせたり悲しませ  絶望させ  着物を畳みもせ  養父の怒を募らせ  縁着かせ  監督させ  ことも話して聞かせ  乳離れのせ  こともさせ  足腰を揉ませ  業を煮せ  せいせい息をはずませ  気を配りながら、まんじりともせ  老人を怒らせ  葉を繁らせ  針仕事などに坐らせ  心を粘つかせ  想出させ  島に話して聞かせ  水商売をさせ  腕をむずむずさせ  神経を戦かせ  体に触らせ  気拙がらせ  指環などをぴかぴかさせ  心臓をわくわくさせ  父親を悦ばせ  がらがらいわせ  店のものにはせ  顔を見返しもせ  眉をぴりぴりさせ  男をも着飾らせ  うえなどを想い出させ  顰蹙させ  四五人誘いあわせ  小僧に持たせ  指環などを光せ  脊負いださせ  そこらをがたぴし言わせ  頭脳をむしゃくしゃさせ  手甲擦らせ  鮮やかに浮上がらせ  しぶきを拭おうともせ  背にして立たせ  そこから学校へ通わせ  子供から目を離させ  宿屋から通わせ  ほうへ通わせ  毎日歩いて通わせ  串談半分によくそう言って聞かせ  もどかしい思いをさせ  皆をこわがらせたり楽しませ  子を憤らせ  何をこしらえて食わせ  自慢して聞かせ  子供にさせ  共にさせ  みんなを吹き出させ  ものをよろこばせ  ものにふくませ  末子を楽しませ  私を休ませ  ごとごと言わせ  ことかと思わせ  わたしにも持たせ  徳を思いとまらせ  点在させ  様を描かせ  一つ作らせ  出来心がさせ  毎日いらいらさせ  水を汲ませ  樽詰にして送らせ  質に生れ合わせ  それをふしあわせ  鎧をきらめかせ  横顔を描かせ  自分を驚かせ  軛を負わせ  講釈をして聞かせ  前後に生れ合わせ  椅子に坐らせ  輿側を歩かせ  顔を剃らせ  ちょっと眼をぱちくりさせ  註文させ  道を走らせ  頤をもぐもぐさせ  それぞれ家来に負わせ  随行させ  相手を引きたたせ  異存がおまっせ  風に描かせ  とんぼをとまらせ  りこそり音させ  機械休ませ  ふちよをあそばせ  雲かげもおちつかせ  病あらせ  都なりせ  つぎをさせ  流用させ  滅却させ  待遇感を持たせ  一つにならせ  混淆させ  言ひきらせ  輸入らしかつたことを思はせ  テーブルを拭かせ  目を忍ばせ  袖をヒラヒラさせ  胸をワクワクさせ  席へ就かせ  シュッシュッ言わせ  葩を綻ばせ  一杯ずつ飲ませ  目をパチつかせ  間苦労をさせ  哀れさを思わせ  インバネスを脱がせ  作に少しばかり注がせ  嫂から先へ入らせ  何も、それほどまでにせ  人形を踊らせ  少年を喜ばせ  声を出して読ませ  モウ一度読ませ  波動させ  別に窮迫もせ  一記事を以てせ  サテ音させ  成音のせ  上に降らせ  身を揉ませ  上なるを高しとせ  下なるを卑しとせ  赫やかせ  お方にぜひとも逢わせ  目には逢わせ  もとへ忍ばせ  ものとならせ  息をきらせ  なかに握らせ  油絵を取り外させ  匂でせ  結婚ではないでせ  お祈りをさせ  意志表示でせ  御存知でせ  飼つてゐるのでせ  静かな誇を抱かせ  布を靡かせ  時にやるでせ  張つた繩に吊させ  写真はどうでせ  轅を下させ  五枚にぎらせ  呉服店を出させ  次から次と話して聞かせ  ほう使はそうはさせ  手をしっかりとにぎりあわせ  三月ほど、待たせ  二人をつれて来させ  れいに持たせ  きょう婚礼をさせ  両手をしっかりとにぎりあわせ  下へ立たせ  話をしてお聞かせ  顔をぶるぶるふるわせ  ほう使が言わせ  じゅうを話して聞かせ  手ににぎらせ  くつ屋ににぎらせ  ぼうを入らせ  塩ぬきのりょうりをさせ  宅から送らせ  歌子に手伝わせ  芳に手伝わせ  道太に頷かせ  放題にやらせ  駈落ちさせ  ソリをうたせ  タンカをきらせ  不自由をさせ  てっぺんを、かたくかたくむすびあわせ  みんなを太らせ  から、上らせ  足をぶらぶらさせ  小川を渡らせ  自分にも飲ませ  金持だと、話して聞かせ  国へ帰らせ  使を通させ  船をいそがせ  ますます目をぱちくりさせ  話とを、お聞かせ  資質に生れ合わせ  前に浮きたたせ  ようとせ  香水をひそませ  反りかへらせ  別に羨やましがりもせ  戸を開かせ  馬車を乗りこませ  監させ  生活を送らせ  押丁で勤め終わせ  何か食わせ  ガチャガチャ言わせ  監で待たせ  のか、しきりに説いて聞かせ  悪感を抱かせ  泣きも得せ  波はヒタヒタ打つでせ  風も少しはあるでせ  沖に出たらば暗いでせ  耳立てるでせう、すこしは降りても来るでせ  頭上にあるでせ  なほも、語るでせ  聴くでせ  赤ン坊ではないでせ  やつてはゆくのでせ  方はせ  渇仰を抱かせ  道に進ませ  彼を死なせ  象徴させ  応はせ  人々を集まらせ  フアウスト自身に語らせ  我にかえらせ  三回おなかをふくらませたりまた引込ませ  博士、聞かせ  ことを言って聞かせ  人をはいらせ  力を借せ  来訪客を待たせ  上おこらせ  列車を走らせ  突撃させ  中におどりこませ  かわいそうに、もう飛下りたって、どうもなりゃせ  いそがせ  一同は、言合わせ  鉛筆をはしらせ  胸をわくわくおどらせ  命のせ  警官は、たおれもせ  あたりをさがさせ  次をうたせ  顔をこわばらせ  笑いをうかばせ  九時をうたせ  三時までうたせ  講演者は言いあわせ  博士を怒らせ  千二少年に会わせ  わしが言って聞かせ  大江山課長を驚かせ  たまを、ぼうっとさせ  智慧をしぼらせ  博士に盗ませ  断崖へ走らせ  しずかにせ  火星人をおこらせ  心を、かえっていたませ  前へ向かって歩かせ  自由に使わせ  着陸させ  しろからどんどん追いせ  要塞砲とを組合わせ  大変おどろかせ  彼らを喜ばせ  上にも知らせ  心には、言いあらわせ  奇妙にくねらせ  驚きをかくそうともせ  博士をおこらせ  特別につくらせ  同胞愛を起させ  先を聞かせ  新田先生に聞かせ  静かにせ  彼も言い合わせ  人を困らせ  まま火星へ着かせ  どんどんロケットに追いせ  少年をおこらせたり、悲しませ  お前を殺してしまうぞ、などと言って悲しませ  千二に起させ  ロケットを、同時に飛出させ  じいじい言わせ  私にお手つだいをさせ  おなかをすかさせ  ガス弾を持たせ  心をおごらせ  んをさせ  頭をぐらぐらさせ  しろに、せ  他人をたのみにせ  控室へひきとらせ  もう一度息をふきかえさせ  一度に思い出させ  二人にかぶらせ  零までまわせ  つくしんぼうを思わせ  蟻田博士は、そんなおどかしに、びくともせ  目をひからせ  息を、はあはあ切らせ  真下から根こそぎ爆発させ  天文台へのぼらせ  天文台へ、のぼらせ  たくさん、聞かせ  一言させ  孫翊も、もちろん欠かせ  孫翊を殺させ  婿をえらんで嫁がせ  自由に働かせ  本城へ攻めよせ  守りに赴かせ  城外に待たせ  良計をお聞かせ  国を継がせ  景をうかがわせ  帽にして結わせ  術まで、習わせ  能とせ  悪戯をさせ  あいだしゃべらせ  ひと目会わせ  兵馬を休ませ  詮議させ  追撃させ  地は踏ませ  先へ送らせ  目にお遭わせ  尊名を聞かせ  一矢一石をうけもせ  檄を書かせ  夏口に拠せ  曹操と争わせ  相殺させ  曹操を戦わせ  徳を慕いまいらせ  一呑みにせ  ために聴かせ  念とせ  恩を報ぜんとはせ  主君にお聴かせ  一指をさせ  孔明とを待たせ  よう、つぶさにお聴かせ  賦を作らせ  花とせ  躍起にさせ  如何にかはせ  むねを含ませ  孔明を説かせ  瞼をうるませ  年久しく会いもせ  玄孫にあたらせ  至宝、そうさせ  理を説いて、思い止まらせ  孔明に会わせ  玄徳を酔わせ  剣士力者を忍ばせ  帆を張らせ  使者を引き出させ  摩しもせ  船列を布かせ  構築させ  説明をさせ  鼻をひこつかせ  受取人に開かせ  何も知らせ  携帯させ  警察は少からず困らせ  ほうは休ませ  自首させ  係に幾らか掴ませ  現場まで運ばせ  ルウスは悪びれもせ  自由にはとっくにさせ  魅力を持たせ  ようにも捨てさせ切らせ  離婚させ  瞠目させ  相談さしてもらいまっせ  女学校へ通わせ  お伴さしてもらいまっせ  想いつかせ  贅沢もせ  妙になまめいて、忘れもせ  転び芸者を抱かせ  権右衛門の潔よしとせ  一儲けせ  煙を靡かせ  電燈をきらめかせ  やつぱり生活慾でせ  少年を遊ばせ  云ふこともあるでせ  これさへあればお互に力強いでせ  ちょっと不審を起させ  暴挙にとびこませ  ことを好まないせ  浮気をせ  壕をつくつておいたのでせ  一人ぐらゐ、さうだね、せ  悶死させ  荷車を曳かせ  ようにして思いつかせ  全部腐らせ  水を一杯飲ませ  遺骨として疑わせ  臨検させ  娘を唆して殺させ  失職させ  号令させ  血ににじませ  荷物を引かせ  無理かもしれないが、まあ引けるか、引かせ  無理をさせ  荷を引かせ  宮廷から退かせ  恋歌を作らせ  天才を悩ませ  くせどうでせ  お話を聞かせ  心服させ  うちにまざまざと蘇らせ  私はせ  一瞬間に蘇らせ  空想させ  幸福にさせ  彼に喚び起させ  王者たりせ  ヨツトを走らせ  顔に走らせ  眉毛をぴくぴくさせ  影を踊らせ  形を正させ  身代を肥らせ  力を持たせ  疑いから確信へ、はっきり思わせ  歯並を覗かせ  口を利くせ  十手をさばかせ  おやじに縛らせ  まま袂に潜ませ  壁一つ塗らせ  所在を知らせておりはせ  膝をゆるがせ  口からふっと洩れはせぬか、洩れはせ  様子で感づかれはせ  庵を送ってとらせ  ひとりで引きとらせ  まま身を屈ませ  面目次第もござんせ  安心もさせ  助に会わせ  ょっくら草鞋を締め直させ  顔をうつむかせ  琴二郎さまではござんせ  始末をせ  刀を執らせ  仁平をつれて来させ  御新造さま、ぬるくァござんせ  うえを守らせ  二梃駕籠を打たせ  垂れから一刀を覗かせ  公に担がせ  廊下に飛ばせ  粗相、呼んで直させ  もう少し骨を折らせ  四番首挙げて悦ばせ  胸を叩きながら、待たせ  猛暑を思わせ  下僕を走らせ  口をモゴモゴさせ  汗までにじませ  下命させ  一部を持たせ  耳へ届かせ  険を持たせ  自分をつけ廻して困らせ  駕籠屋につかませ  踏み込みもせ  許へ走らせ  疲労をさせ  ように、縫わせ  私を悦ばせ  我々をよろこばせ  修繕させ  御機嫌にさせ  飾羽根をなびかせ  葉をこびつかせ  前方にのり出させ  穂先をなびかせ  意識に上らせ  転地でもさせ  ものにさせ  状態から覚醒させ  前に待たせ  私に言わせ  村全体傾かせ  自分自身で湧き上らせ  それを言わせ  日に透かせ  閾に上らせ  爽やかに色づかせ  苛ら苛らさせ  ことなどを話して聞かせ  急に目立たせ  自分に向って言って聞かせ  上に漂わせ  薔薇色にさせ  二人きりにさせ  身体をねじらせ  脣に漂わせ  裡に引っ込ませ  ように払わせ  山麓をすっかり黄ばませ  先きに歩かせ  彼女を歩かせ  それから自分自身にも言って聞かせ  心に蘇らせ  何遍となく蘇らせ  私はふり向こうともせ  それを終らせ  自分を寝つかせ  手をつけようとはせ  急に明るくさせ  光がくっきりと浮き立たせ  私にも思い出させ  娘を帰らせ  用意だけさせて置いて、すぐに帰らせ  追憶を蘇らせ  ものを漂わせ  静かに死なせておこうとはせ  儘にさせ  存在から反映させ  位を明るませ  おれ達をやきもきさせ  徐ろに浮き上がらせ  日に輝かせ  飜訳をさせ  子供をつれて行って遊ばせ  先生をさせ  物を盗ませ  誤解を解こうともせ  ことを少しも匂わせ  隣室に遊ばせ  疑惑を懐かせ  愛撫したりして、泣かせたり苦しませたり喜ばせ  慢心させ  財布をはたかせ  空は見えるでせ  必要はないでせ  ためによろしいでせ  もう少し邪魔をさせ  お母さんにはおわかりにならないでせ  顔をなさるでせ  方はできないでせ  顔になるでせ  のだからと買わせ  明星と輝かせ  舞台にたたせ  時勢がそうさせ  須磨子を死なせ  先輩を悦ばせ  湧立たせ  部屋に、帰ろうともせ  口をきらせ  服膺させ  塩原温泉に忍ばせ  川上の産ませ  礼装をさせ  中に横たわらせ  昂げさせ  跫音をしのばせ  革椅子をきしませ  何でもいいでせ  折もあるでせ  惡いでせ  奧さんは一寸困るでせ  弟子も歌ったり踊ったりせ  厄介者を移らせ  これに利かせ  家業とせ  ことと考え合わせ  結論とせ  ブーキンと刷らせ  寒いめもさせ  二階まで運ばせ  上で弾ませ  アーニャに飲ませ  私によく踊らせ  手の出ぬせ  如しとせ  元気が出たでせ  気分が紛れるせ  男今日も来るでせ  御馳走させ  ものなんでせ  喉を詰らせ  語尾をふるはせ  思出させ  猪牙舟を漕がせ  ゆっくり拝読させ  一言もせ  私をうろうろさせ  身動きも出来なくさせ  女中は、にこりともせ  一段落させ  傍で遊ばせ  聖書を思い出させ  消滅させ  義心は、びくともせ  君たちは本当にせ  鮎がなかつたんでせ  乳房を含ませ  養嗣子はせつせ  耳を澄ませ  食塩水を飲ませ  一番最初吃驚させ  端を覗かせ  伝染が激しいかを思はせ  世間ずれがしてゐるせ  人々を怪しませ  ものであらうと思はせ  犬に曳かせ  弁護をせ  之を成り立たせ  刺戟して活きて行かせ  接合させ  丹念に響き渡らせ  ペテンにかけて思い込ませ  初めから問題にせ  数学的なつき合わせ  観念的なつき合わせ  ことあげせ  混一させ  生活から独立させ  材料にせ  ここで初めてハッキリさせ  交叉させ  帰属させ  増し錢を取られるんでせ  つてことはないでせ  何ともなかつたんでせ  やつてるんでせ  胸にからませ  働車を駈け込ませ  爆発をさせ  てゐなかつたでせ  一碗飲ませ  湯気を強く吹かせ  俥を走らせ  人間社会から遊離させ  発展となるのでせ  窓ガラスをがたがた言わせ  きよの間へ立たせ  嘉助はなんだかせ  木ペン借せ  歯をきりきり言わせ  道具をしまわせ  計算させ  又三郎吹がせ  馬になめさせ  肩からせ  並列させ  人達に言わせ  酔心地醒まさせ  仕事させ  寐させ  こなた向かせ  夫の睡りを醒まさせ  名残漾はせ  おなり遊ばせ  むつがらせ  目睫もせ  車にて送らせ  金持にせ  いとせ  先に刈らせ  行はせ  戰爭させ  此處でやらせ  安定を得せ  獨創力を働かせ  理解力を引き出させ  応酬に陥らせ  自分にはっきりさせ  事実と考えあわせ  ことだけは話させ  文学が、はっきりさせ  らんさせ  部分をふっきらせ  動きをもたせ  さやさやと靡かせ  上気させて、まじろぎもせ  何処におるやらどうでもわかりもせ  疲れたぞんざいさをかくそうとせ  エンジンをふかせ  ことはちっともありゃせ  気を滅入らせ  歌をうたったりせ  面影がありはせ  キヨロキヨロさせ  あいつを殺したんでせ  下手にさせ  産みに帰らせ  恐怖心を起させ  飛火させ  ざくろもふきとばせ  赤に熱らせ  ざくろも吹き飛ばせ  酸っぱいざくろも吹き飛ばせ  ひらりひらりとさせ  話聞かせ  くりくりさせ  ようにゆすぶらせ  マントのひろいせ  あまいざくろも吹き飛ばせ  一郎はせ  どなりもせ  首をかしげさせ  根據地とせ  自動車をいそがせ  姿が消え去せ  下町物へと戻らせ  伝来させ  促進させ  外交を行わせ  天皇陛下に於かせ  嘆美させ  帰化させ  大官に昇らせ  一大問題とせ  土着民族に浸漸させ  鳴きもせ  ぢれくるはせ  母はせつせ  一つかたともせ  目がさめせ  ばなしを聞かせ  強き生をとりかへせ  空はせ  蒼天でせ  いまああしてせ  つばめなんどを飛ばせ  滿足させ  侮辱が絶えず攻めよせ  体温器を挟ませ  懐炉灰を飲ませ  筆記させ  目にも見えないんでせ  立派なんでせ  花見をさせ  手から弥平氏を放させ  手から放させ  きみたちにさせ  長椅子を持ち出させ  書斎へ通させ  帆をはためかせ  船を立たせ  柴を焼かせ  人情を尽くさせ  胴に持たせ  自分がさせ  縦横無尽に暴れちらせ  馬躍らせ  地の利を遊ばせ  部下を走らせ  みな後陣へ引かせ  歯を噛み合わせ  持していやしくもせ  倶にせ  顔見あわせ  井楼を組ませ  人交ぜもせ  手当させ  足を、ぱっと躍らせ  馬おどらせ  馬を駈け合わせ  美酒財宝を持たせ  酒壺を開かせ  先頭に立たせ  趙雲にひかせ  欠伸をさせ  書簡を持たせ  交代させ  休息もさせ  気をゆるませ  連呼させ  内から開かせ  以上親密にせ  夫とはせ  羊をひかせ  酒を担わせ  人目をそばだたせ  家臣を走らせ  英気を弱めにぶらせ  灯をおののかせ  道を急がせ  鉦打たせ  隷書を書かせ  夫人として嫁がせ  心配はせ  謙譲にせ  ぴきさせ  都督、余りじりじりせ  地上に生ませ  名残りを篤うさせ  職にあたらせ  ギリギリと噛み合わせ  手足をいぶらせ  不思議に焼けもせ  露子さんに逢わせ  国をきたらせ  地にもならせ  私が行き合わせ  会社へは出て来させ  人を死なせ  ヒクヒクさせ  足も出なくさせ  試みに逢わせ  ダラクさせ  ピキピキさせ  男3につかませ  相手になろうとせ  こと、させ  返事はせ  面会はさせ  結晶させ  難破させ  方角でせ  踏滑らせ  ことも多くなりはせ  消毒させ  上から手を握らせ  消息があるでせ  ちや味が解らない、さうでせ  おれに持たせ  気を引き立てたり滅入らせ  婦人を乗らせ  湯に入らせ  つて居ますでせ  美くしいでせ  宗さんをひがませ  手入れさせ  涙を拭きもせ  ことになりはせ  もの、を感じさせはせ  自ら恥とせ  行動に出させ  歓迎はせ  疑問とせ  脅威とせ  地位につかせ  懐ろに忍ばせ  一工兵将校に話してきかせ  一座なりを興がらせ  断念するかせ  わたしを悲しませ  自分をはみ出させ  対立にありはせ  くつでせ  づ水を飲ませ  ら理解しようとせ  願望をひそませ  解消はせ  損はさせ  現象が見られはせ  的を外させ  鏡面を閃かせ  兵隊であったかと感じる程、身じろぎもせ  両手に持たせ  方に行かせ  両手には、持たせ  傾向もあるでせ  普通でせ  不当でせ  ところもあるでせ  国民があるでせ  行為をせ  オナニズム的ではないでせ  必要はあるでせ  微意も分つていただけるでせ  拒絶させ  植物図鑑などと引き合わせ  分化させ  岡八なんかとはいわせ  鼻あかせ  屋敷へ投げ込ませ  付させ  子供はどうなるでせ  実在するとせ  脈々として遠く消え去せ  処も多分解るでせ  妙でせ  附合させ  目を血走らせ  暗号だなんて、ひどく驚かせ  寒いくらゐでせ  行つてらつしやるんでせ  銭勘定はしはせ  眠いでせ  準備にかえろうともせ  勤務につかせ  方向転換をやらせ  胸をぎょっとさせ  長靴をずりこませ  ばたばたうち合はせ  村ぢやあないでせ  女中にもつてよこさせ  駄賃をわたさせ  一人にさせ  ソヴィエート連邦旗をなびかせ  世話までさせ  労働をせ  梨でせ  つて、あゝもしたい、かうもしたいとお思ひになるでせ  肩をぴくぴくさせ  母君へ会わせ  劉璋を疑わせ  玄徳を苦しませ  品々を担わせ  肴を喰らわせ  歓楽させ  部署につかせ  止めはせ  刎ねさせ  荊州へ急がせ  血にせ  放送させ  兵を少しばかり近づかせ  軍を震えあがらせ  高らかに打たせ  偽装させ  厳顔をひかせ  支えもせ  あとにせ  薙刀を持たせ  山を踏むより易いぞ、蹴ちらせ  完うさせ  宣撫におもむかせ  流離させ  兵備をせよと命じられたが、いかにせ  陣中へ運ばせ  陣頭に呼ばわらせ  上洛させ  邸に待たせ  身をうずかせ  突進させ  幾たびも戦わせ  国境に立たせ  陣へ臨ませ  李恢は悪びれもせ  近頃、磨がせ  門を開かせ  ことを云い聞かせ  彼にいわせ  旨を、よく申し聞かせ  肩を打ちふるわせ  はやくも眼くばせ  周倉に持たせ  出動を見あわせ  しきへ持たせ  搬入させ  玄徳をおそれ惑わせ  眸を見あわせ  的を競わせ  これを守らせ  肌を脱がせ  蓋を張らせ  物をちかわせ  獄へほうり込ませ  人夫に担わせ  まま銀盤に供えて喰わせ  立縛りに立たせ  何かで困らせ  みな殺させ  肖像を画かせ  曹操を驚かせ  待機させ  口車に乗らせ  ところまで走らせ  提案にまるで乗らせ  入獄させ  有罪にさせ  執行をさせ  幻滅させ  旅券とにせ  小役人にさせ  これを高くせ  ぐるものを低くせ  ものを低くせ  好き中を得せ  屑しとせ  私権を固くせ  古来習俗の久しき、醜を醜とせ  歌舞を以てせ  平均を得せ  やうに思ひ込み、または思ひ込ませ  つたものだが、なんにもさせ  註文をつけてやらせ  考へを起させ  連想ばかりをさせ  煙草の煙をもうもうとさせ  頼朝像を見たりとせ  編纂をせ  全盛期とせ  想像できるでせ  方向にのみ走らせ  基礎的工事を怠らせ  西洋なかりせ  兎に角奴隷なかりせ  利を共にせ  ソヴィエト・ロシアを驚かせ  世界とえせ  貴族趣味とをからみあわせ  葉子は悪びれもせず、取りすましもせ  若い心を楽しませ  浮き名を負わせ  近くまで潜り込ませ  瞬間燕返しに、見も知りもせ  だれにでも思い起こさせ  人たちさえうらやましがらせ  いちばん気にせ  寝床をしかせ  あてにせ  罪を犯させ  葉子に起こさせ  ように、ゆるぎもせ  いっさい関係させ  さに思わずほほえませ  目からほとばしらせ  どこに行っても取りあいもせ  皆さんにいこうお待たせ  そっちに見向きもせ  考えもせずに、早く造り上げてお喜ばせ  つぶてを避けようともせ  顔を冷やさせ  注意もせ  紹介してやるといい聞かせ  姿を探り出そうとせ  見納めにながめようとせ  顔をなぶらせ  三人に引き合わせ  ノックもせ  運動もせ  手紙を巻きおさめもせ  くすぐるように楽しませ  間まじろぎもせ  心を痛くさせ  葉子に通らせ  隣にすわらせ  ゆり上げゆり下げられながら、まんじりともせ  侮辱を加えられるとむっとせ  他人にくどくどと話して聞かせ  角度を取って、ゆるぎもせ  竹篦返しもせ  不思議とは思わせ  興録までを手伝わせ  ふき遊ばせ  お伽話などして聞かせ  水夫長に思い出させ  ぱたんと音をさせ  胸をどきつかせ  手につかませ  腰をふらつかせ  さが小おどりしつつ走せ  事はせ  むだにせ  人前では考えられもせ  ちょっと首を引っ込ませ  正面からぶっ突かって、いさくさいわせ  言葉をつがせ  ものを払ったりして、ようやく間に合わせ  明白にいわせ  調子を持たせ  身の回りに漂わせ  木村にいったりさせ  様子をくわしく話して聞かせ  跡にすわらせ  うわさで知り合わせ  そば近くすわらせ  開封させ  関係を話して聞かせ  どん底にほうり出されながら、めげもせ  げにまたたかせ  間まんじりともせ  愕きはせ  者にもよく云い聞かせ  城下へまぎれ込ませ  門をひらかせ  だてはせ  使命を背負わせ  侍臣を走らせ  士卒を死なせ  一言申し聞かせ  襄陽を守らせ  彼を待たせ  将士から疑われもせ  手配をせ  関羽をひかせ  水辺に覗かせ  彼にとらせ  首を持たせ  骸を刻ませ  一丘に葬らせ  雲を戦がせ  面を会わせ  日月をともにせ  人を派して伐らせ  樹液をほとばしらせ  全治させ  扉をひらかせ  病人をよろこばせ  祓をさせ  内省させ  事及ばず、篤く葬らせ  曹丕を憤らせ  階下にひかせ  敵に討たせ  襄陽へ赴かせ  それを持たせ  侍郎を走らせ  曹丕をよろこばせ  漢帝に説き奉らせ  身をふるわせて震怒せ  血涙をにじませ  がいかにせ  直ちに禅りをお受けせ  表を書かせ  筋を太らせ  祭をせ  いちど占わせ  旨を聞かせ  傷でも負わせ  彼と戦わせ  暗澹とさせ  過ちさせ  一泡ふかせ  馬からおりもせ  一群を追い慕わせ  龍体を守らせ  亡父の引き合わせ  ついで台を築かせ  壇に登らせ  戦などはせ  魏をよろこばせ  濡須へ向わせ  洞口方面へ急がせ  ちょっと当らせ  貝をふかせ  張苞を走らせ  大師様に飲ませ  間大師を待たせ  小児に含ませ  お産のある知らせ  お腹がすいて泣き立てても、なめさせ  布を織らせ  ものを引っ込ませ  山を低くせ  梅を描かせ  夜遊びをさせ  行水させ  馬に負わせ  枝を持たせ  子供と遊ばせ  ものに終らせ  志を果させ  嗤はせ  人なんて来るでせ  お前が逆せ  舊幕臣として働かせ  鰹節を持たせ  叶へさせ  日もさせ  心を喜ばせ  人達をめずらしがらせ  そこにうねらせ  心から引返させ  お供へになるでせ  言ふのでせ  さへた馬がおいてあるでせ  精神は同じでせ  訓んだでせ  事になるのでせ  人は居ないでせ  人なら考へるでせ  のはわるいでせ  言ふでせ  収縮させ  すゝるせ  男を殺させ  左右にして、近寄らせ  破れ靴下をはかせ  パンパン宿にさせ  ピストルで死なせ  交渉などさせ  カバン持ちだけ立ち去らせ  君は会わせ  同席させ  顔にそう語らせ  長平をいらだたせ  失礼させ  目にかからせ  出版もさせ  大庭君にも会わせ  長平さんに会わせ  青木から八十万円ほど出させ  社に張りこませ  ことを思いださせ  毛ほども覗かせ  招待させ  若い二人を仲よく遊ばせ  彼女たちに悟らせ  赧らめさせ  奥さんに飲ませ  お金払わせ  思いにさせ  傷をあらためようとせ  ビックリさせ  子供なんか、生ませ  ニンシンさせ  結婚おさせ  ダタイさせ  微動もさせ  目にさせ  人に気付かせ  自由に探させ  部屋を捜させ  皆まで言わせ  供させ  顔を洗わせ  欠勤届を持たせ  羞しがらせ  議論がわいたが、言うだけ言わせ  子供を生ませ  相手にさせ  誰にも知らせ  男を死なせ  お金をにぎらせ  あなたを大そうお待たせ  記代子さんに会わせ  せつ子に会わせ  参上させ  モラルをくつがえして、せ  酒をおごらせ  女に支払わせ  タダで遊んで、おごらせ  長時間待たせ  鎮座させ  女房然とつけあがらせ  記代子にやらせ  記代子に会わせ  気持できいていられなくさせ  エンゼル家を見張らせ  呆気にとらせ  情操を正しく優しくさせ  小娘を怒らせ  ハレツさせ  世間から孤立させ  安泰にすごさせ  慾を云わせ  ところまで近づかせ  背延びをさせ  楯に動こうとせ  万事、聴かせ  トラックを走らせ  条件とするか、せ  生活様式をおさせ  包含させ  妨げをせ  愁ひさせ  上紐をひらつかせ  言へせ  無理に撮らせ  対手をまごつかせ  風邪をひかせ  皮に包ませ  お手伝いをさせ  湧返えらせ  一座をさせ  のを出させ  印象させ  かなり人を困らせ  併有させ  上にあるとせ  為終せ  谷谺をかへせ  漾はせ  鮮しとせ  ら絶えせ  憾みとせ  高級巫女に入らせ  其を読ませ  神人に入らせ  朝所に渡らせ  笑ふもあめりしを、かうはせ  宮廷に於かせ  酒樽ありせ  信用を深くせ  文化を形作らせ  感懐を抱かせ  道化姿を想い出させ  洋服を着飾らせ  顔を熱らせ  ロオマンスなどを話して聞かせ  浪に嬲らせ  瞬間ちょっと庸三をてこずらせ  魂を浮き揚がらせ  童話を聞かせ  瑠美子を寂しがらせ  瑠美子に弄らせ  体を戦かせ  女神が後れ走せ  まり心配させ  彼を坐らせ  玄関に運ばせ  仲間に加わらせ  体を拭かせ  彼女を思い昂らせ  足やを嬲らせ  術ながらせ  心持を落ち着かせ  私に払わせ  秋本に送らせ  内弟子として住みこませ  千住まで歩かせ  彼にも知らせ  赤帽に持たせ  瑠美子を踊らせ  沃度剤も買わせ  袱紗包みをもたせ  八重に送らせ  運転士をやって訊かせ  部屋へ持ちこませ  黒髪をてらてらさせ  唇をくっきりさせ  クリイムなんかを取り出させ  前売切符を買わせ  加担させ  目を潤ませ  女中に手伝わせ  嫉妬半分憤らせたり、寂しがらせ  どこかで待たせ  庸三に手伝わせ  前にすわらせ  文房具屋から万年筆を持ちこませ  屈辱感を抱かせ  動静を探らせ  瑠美子を掴まらせ  手を焼いて止させ  家へ走らせ  除散せ  聖相継がせ  不便があるでせ  つて教へるでせ  一に挙げはしないでせ  伝統があるのでせ  大都会にも探せばあるでせ  誰それに焼かせ  使に持たせ  心を砕くべきでせ  味とを保たせ  ところではなかつたでせ  死以外にはないでせ  モルヒネを沢山飲ませ  お酒屋だけなんとかならないでせ  何時頃ならよろしいでせ  無駄足をさせ  御覧にならないんでせ  まひになるんでせ  造詣の深く入らせ  澤山である、それ程深くせ  宏才博覽で入らせ  方で入らせ  お子さんで入らせ  いふ風にばかり申しても分りにくいでせ  講釋をさせ  兄弟で入らせ  花園天皇なども入らせ  龜山上皇で入らせ  臣とせ  苦心をせ  むと知りせ  人にありせ  一部門をせ  御免なせ  ッてえ知らせ  身請をさせ  間板の間に坐らせ  饑じいめをさせ  商法でもさせ  から気儘いっぱいにさせ  夫婦にさせ  鼻頭をひこつかせ  積巻雲を燃え立たせ  気配もせ  岩角にめりこませ  土産物にもらったとか、あり合わせ  ジャーッとさせ  畑から採らせ  これを聞かせ  伯父は振り向きもせ  から返事をせ  頭を持たせ  状態と似ていはせ  顔色もせ  もう少し燃させ  運動させ  茶を飲ませ  助は振り向きもせ  答えをせ  そのままにして、断わりもせ  勘定もせ  要領を握らせ  年寄を怒らせ  骨惜をせ  跳ね起きもせ  梅子をはっと思わせ  世話はせ  はたはた云わせ  二三日休ませ  露に打たせ  誰だと聞き返しもせ  満足を得せ  からざる戦争を起させ  それを長びかせ  実現させ  人をあやまらせ  かすかに動かせ  腹を立たせ  留守番に坐らせ  只今はどうでせ  心持で営ませ  是非とも申させ  此庵に坐らせ  幸福でせ  事を少し話させ  南郷庵に帰らせ  此庵に落ち着かせ  声をきいて居まして、しんみりとさせ  事余り遠くもなく、さりとて又近過ぎもせ  南郷庵に居らせ  此稿を終らせ  まりお待たせ  開業させ  興味を起こさせ  倚りかからせ  吸入させ  話をしてきかせ  立ちん坊をさせ  洗濯をさせ  番をさせ  二人向いあって立たせ  引っかけさせ  班を廻らせ  ようがおそいと、再三繰りかえさせ  一人一人を立たせ  札を持たせ  成功するかせ  述作をするからだと云うなら云わせ  終りまで読ませ  あし音をしのばせ  引取らせ  手伝いに伺わせ  行雄を走らせ  伴奏を弾かせ  遊びにやらせ  二人を黙らせ  薪をひろいに行かせ  流れで、浮かばせ  たかたさせ  ウンと云わせ  鉄拳を喰らわせ  あいてをさせ  賃借りの申込みもせ  海岸に走らせ  銅銭をじゃらつかせ  尊貴にわたらせ  諷誦して聞かせ  流行させ  男歌人に立ちまじらせ  清書させ  ものに、はずませ  論義をせ  教師のえろきゅうしょんなどを聴かせ  妥協させ  宿も、せ  石間をせ  急転させ  功徳を呑みこませ  から幽玄を滲ませようとせ  歌なども作らせ  問題にさせ  渋滞させ  生活情調に滲み入らせ  子供たちを喜ばせ  足を飛ばせ  置き換えなどいたさせ  夕方駕籠を飛ばせ  頓死させ  問さえ発っせ  膝枕をさせ  身を忍ばせ  弾力性を持たせ  粗末にせ  耕作させ  お方より、入り込ませ  体を退らせ  ように呼ばせ  猿轡など噛ませ  眼を嘲笑わせ  其方に明かせ  二つの独楽をつき合わせ  中で強ばらせ  顛倒させ  事実を語らせ  体を起き返らせ  辺りで揺るがせ  方を、まじろぎもせ  家出させ  悪事を行なわせ  非業に死なせ  潤いを持たせ  眼で、まじろぎもせ  景色には、うっとりとせ  巧みにくらませ  裾にまつわらせ  大奥へ住み込ませ  岸を茂らせ  ドキつかせ  家へ住み込ませ  顛動させ  父子を射させ  考えどおり軍を進ませ  先鋒へまず当てさせ  ようにいわせ  逆手を喰わせ  剣槍をしのばせ  兵馬を学ばせ  生捕りにせ  うちほとんど死なせ  精鋭をくり込ませ  降伏させ  微弱におわせ  衣冠させ  埋伏させ  上にも昂ぶらせ  葛丞相にまみえて、いかにせ  心なお怪しみにとらわれて、退きもせ  印綬を持たせ  忘れはせ  潜行させ  進発あらせ  ざめを驚かせ  勢いを、いちどに怯ませ  生色をよみがえらせ  郷里にわびしく過ごさせ  うらみともせ  汝の起つなかりせ  ためさせ  一撃を喰らわせ  風になぶらせ  高楼から身を臨ませ  我を怒らせ  力何かせ  それに当らせ  血を煙らせ  催促させ  昇進させ  江陵地方へ向わせ  兵を防がせ  勅して厚く葬らせ  墳を守らせ  者を呼ばせ  一城をだに攻め陥せ  土を掘らせ  壕埋めにかからせ  堅陣を張らせ  これを固く守らせ  面前に引かせ  馬を駈けよせ  動静をにらみ合わせ  持久をおとらせ  人物に追わせ  火を喰わせ  本陣をうかがわせ  宮苑にひき出させ  白粉を塗らせ  太子を守らせ  山と積ませ  鼓欣宣伝させ  労させ  魏の防ぎを、睨み合わせ  孔明が少しすぐれておりはせ  旗本に討たせ  部下にくり返させ  充分に休ませ  歓びもせ  歿したという知らせ  ばか軍はせ  日から前進を見あわせ  両道からすすませ  何事か思い当っているらしく、さしても意外とせ  それぞれ密計をふくませ  谷口をふさがせ  兵に装わせ  病気にさせ  中軍へ引かせ  兵糧を送らせ  馬謖をすら斬らせ  それはぜひやらせ  節を持たせ  竃をほらせ  軍を進ませ  成都へやって行わせ  四輛も引き出させ  強襲を防がせ  之を動かさんともせ  翻訳を読ませ  のであって、言わせ  手加減もせ  てれもせ  色を通わせ  桜に遊ばせ  お母様兼が参りましたよ、一寸お逢い遊ばせ  何か取られはせ  取りをさせ  立腹おさせ  お出で遊ばせ  家でせ  頭巾でも被ぶらせ  亭主も急がせ  不孝をさせ  自害をさせ  結納のお取替せ  今結納を取替せ  から一寸一言申し聞かせ  此処で取替せ  結納は取替せ  結納の取替せ  主方へ立退かせ  亭主を持たせ  金銭を遣わせ  石井氏で入らせ  通りあらせ  案内もせ  下山させ  先生をやりこめて愉しかつたでせ  先生はやりこめられたでせ  伝へさせ  汗も、つきせ  そこにあり、つきせ  覚えはないと仰有るでせ  つてあさましくもなるでせ  未来へ歩ませ  厭なのでせ  事実でせ  満足できなくなるでせ  無性髭をぼうぼうさせ  恥辱を受けるでせ  左遷させ  種を蒔かせ  退位させ  さがあるのでせ  書生にさせ  放言をさせ  ものを出させ  鈴子はんどっせ  眼をうるませ  のどっせ  あて、かなわんのどっせ  匂いを漂わせ  カチカチさせ  字にくねらせ  鈴子を想い出させ  ある意味を持たせ  間から覗かせ  唇をとがらせ  雪にはらませ  ぼうふらが湧きまっせ  舌を覗かせ  含みを持たせ  錯覚を起させ  あて、あきまへんのどっせ  狼狽もせ  手を離そうとせ  退屈もせ  身をしのばせ  三好はなおも帰ろうとせ  決心を固くさせ  想いをせ  ンどっせ  相手を待たせ  匂いを渋く漂わせ  鶴雄を待たせ  方どっせ  弓子に起させ  眼に会わせ  夢中にさせ  小郷を一層たまらなくさせ  神経をたかぶらせ  雪に孕ませ  掏って置いたと思わせ  小田はにこりともせ  誰もたのみもせ  からだをくねらせ  別に大した話しという話しもせ  代官から支出させ  興に惹かせ  祖父宮に当たらせ  莚を楽しませ  実状を説いて聞かせ  拝領させ  鯛を、にらめさせ  内偵させ  付恐れ乍ら持たせ  覚悟をせ  やうさせ  暴走させ  電車を走らせ  書式を思わせ  中を覗かうともせ  濡れはせ  句を作らせ  雨もわるくない、落ちつかせ  芽を吹かせ  嘆息でせ  あなた冷いでせ  つて來て、草臥れたでせ  身分でせ  あなた分つたでせ  通つて見たでせ  口をさせ  爆死させ  間にとなりあわせ  息子を死なせ  武装解除させ  心にしみこませ  逃亡させ  投獄させ  ジャンバルジャンを思い出させ  仲間入りさせ  放浪させ  点をはっきりさせ  意志をはっきりさせ  主観的にせ  発育させ  厳重にせ  暫らく神前にねかせて置いて啼かせ  下に集まつて、まだろくに熟しもせ  直立させ  ようなはなはだやるせ  苦笑もせ  口ふんを漲らせ  退去させ  恋人でもありゃせ  別に問題にもせ  人と生れあはせ  肉體を最美しく終らせ  身を持たせ  から死んだんでせ  宙返らせ  メンコを闘わせ  待ちぼうけさせ  事務所はほんの間に合わせ  気持ちなどは少しも起させ  念さえも負わせ  小野道風を取らせ  中に立ち入らせ  つたのもそのせ  坊ちやんで、せ  たる者でせ  それから馬を急がせ  信長を怒らせ  給仕をさせ  秀吉を怒らせ  ホロリともせ  沼田城を還させ  駿府城に泊らせ  妻妾をよばせ  館をつくらせ  流行を潔しとせ  ものを失はせ  不信をなじらせ  勧告させ  鮮鯛を持たせ  小姓に担ぎださせ  問題とはせ  任務を持たせ  権力をもたせ  願はせ  言つて秀吉を喜ばせ  京都に待たせ  布教に当らせ  名護屋本営へ走らせ  撤退もさせ  返還させ  戦争もせ  結びにきたからと誘ひださせ  大敵身にせ  信仰故にくずれもせ  何のいはれも有りはせ  張つた何十年あきもせ  めぐり合はせ  から私にまかせなさい、と引きとらせ  一揆を起させ  道を余儀なくせ  離縁させ  献策忠言、頼まれもせ  下屋敷へ引越させ  関東へ走らせ  領地にさせ  私から云い出されはせ  自由に選ばせ  一部を覗かせ  肌をところどころ覗かせ  上に放り出させ  ように思い込ませ  中にはいりこませ  落葉を腐らせ  半ば私を悲しませ  ベンチを作らせ  ように悲しませ  道具を持たせ  私たちにも気づかせ  自分自身に云って聞かせ  億劫にさせ  一度も振りかえろうとはせ  事をいくら云って聞かせ  そのまま凍らせ  返事がせ  ものを閃かせ  お前のまえで生き生きとさせ  事物をすこし込み入らせ  だんだん窮屈にさせ  識らず互いに近よらせ  いつか自分自分の奥深くに引込ませ  ことをためらわせ  心を閉じてしまわせ  心用意もせ  私に思い立たせ  ぼくたちを生きかえらせ  雨ガエルでも、とまらせ  話でも聞かせ  正吉をおどろかせ  電気を起させ  独占させ  外に待たせ  監視員を立たせ  坑区を照らさせ  急行させ  九号へ行かせ  それでも行かせ  バターをなめさせ  競走をやらせ  探検隊員たちをほっとさせ  怪魚たちをよろこばせ  ぼくも手伝わせ  目をかがやかせ  さに、これぞというしくじりもせ  下僚にも憎まれもいやがられもせ  運命に陥りはせ  研究もせ  太閤も、やきもきせ  新内を語って聞かせ  附合いに、聞かせ  素人でいながら、悪びれもせ  だんだん癇ばかり昂らせ  格別喜びもせ  水光りをさせ  孫にでも聞かせ  外へも出ずにせつせ  知らない話をして聞かせ  殊に廉一を怒らせ  不平を鳴らし、かつ実際に困らせ  骨折をさせ  印刷もせ  悔悛めさせ  ために終生を埋もらせ  飯を焚かせ  島村に持たせ  鞋をびちゃびちゃ言わせ  跡から持たせ  一羽いっしょに飼わせ  蹄鉄を打たせ  泊りに来させ  言い付けさせ  一しょに泊らせ  勝手へ下らせ  上に据わらせ  細字に書かせ  心は波立ちもせ  私を漠然と生きさせ、生きぬこうとさせ  さは気付いていたが、そうせ  私自身に思わせ  それを組ませ  中によみがえらせ  宿に泊まりあわせ  魚をそっと這い込ませ  それをそっと持って帰って食わせ  体験談を聞かせ  庖丁を持たせ  人形を立たせ  鳴き声をお聞かせ  猿にいってきかせ  あなたを見忘れるなんてどうしたんでせ  思つてでせ  者でせ  息をつまらせ  子供を産ませ  てゐらつしやらなかつたでせ  思つたでせ  騷いだでせ  一生懸命念がけたでせ  改作をせ  ひなを踊らせ  ここにきて、来よう、来させ  子供たちにでも敷かせ  脇へ寄らせ  親子をすわらせ  饗応はせ  銭を握らせ  鳥でも逐わせ  手に持って食べようともせ  猟をさせ  漁をさせ  蚕飼をさせ  機織をさせ  炉を切らせ  から、わざわざ連れて来させ  名のりもせ  引き分けさせ  汐汲みをよさせ  わたしに言って聞かせ  それを借りて拝ませ  位におらせ  還俗させ  赦免状を持たせ  神仏が憎んで逢わせ  つては居ないでせ  云つて目を潤ませ  軽卒で無いでせ  口から云はせ  原本どおり肝を引き抜かせ  一幅に含ませ  から、わっしに喋らせ  花を凋ませ  ものを、覗かせ  跡は、光りもせ  照明を暗くさせ  逢痴を思わせ  それから、云いもせ  なぶるままにさせ  にすいつかせ  ことをおさせ  目をたのしませ  旗を吹きなびかせ  帆船をはしらせ  にのたくらせ  いるか話してきかせ  おしたてさせ  銃剣をひからせ  町じゅう馬をはしらせ  今夜かぎり死なせ  身をおどらせ  親たちをよろこばせ  涙をながさせ  養子を遊ばせ  きんに持たせ  密会をさせ  痴けた事を云うな、逢わせ  密通もせ  旅立をさせ  腰へさせ  汝に食わせ  物も喰わせ  私は忘れはせ  貸しはせ  確かりせ  頭を剃らせ  四足でせ  了簡が小さいせ  元服もせ  酔いはせ  麓から人は来はせ  無駄遣いはせ  から、若しも隠れて居りはせ  盃をさせ  婚姻を致させ  母に食わせ  横になって揉ませ  平らに歩かせ  敵を討たせ  これ見忘れはせ  席を立たせ  濟まないでせ  魚が泳ぐのでせ  横雲を白くたなびかせ  鯉でせ  社でせ  急ぎでせ  所爲でせ  乳房から蕊を湧かせ  目か眩んだんでせ  潛つて居るのでせ  渡つて、あるせ  感覚全部に蘇らせ  妙にくねらせ  方へ振り向かせ  空気を揺がせ  消化されてしまふでせ  かたつむりを、むごたらしくふみつぶしもせ  それを取り立てようとはせ  自動車を飛ばせ  主権者とせ  無益に過させ  涙を浮ばせ  皆云いあわせ  ギョロつかせ  工夫を呼んで直させ  加減にせ  こっちで言わせ  墜落させ  姿を隠させ  剣を持たせ  悪意をこめてさせ  はにかみもせ  肘を持たせ  車を急がせ  代わり冷えもせ  ふうで、振り向きもせ  立場を話して聞かせ  女性を思わせ  眉をひそめながら話して聞かせ  意趣に思ってさせ  のっけからあかさせ  隠し立てもせ  上陸もせ  断行させ  んなら聞かせ  どこまでも追おうとせ  自分の生ませ  ますますいらだたせ  自分を楽しませ  葉子があらかじめそうあらせ  女を移らせ  手をひかせ  まま打たせ  陰に隠れようともせ  車夫にいい聞かせ  車をあおらせ  そうはさせ  事をいっては聞かせ  心さびしくさせ  心持ちをすがすがしくさせ  物足らなく思わせ  得意げに話して聞かせ  手を下しもせ  感興も起こさせ  心を未練がましくさせ  心痛で破らせ  配達させ  倉地をすわらせ  翌日葉子にいって聞かせ  中でいって聞かせ  頭を悩ませ  それをふき取りもせ  あなただけにそうはさせ  街路を思わせ  胸に忍ばせ  まりをせ  葉子はそうはさせ  中を思わせ  二の舞いでもせ  靴をみがかせ  台所などをさせ  用事でもさせ  目つきをちらつかせ  平面をきわ立たせ  妹たちには通らせ  裏面をうかがわせ  倉地に近づかせ  束髪にさせ  身近にすわらせ  顔つきをせ  戸障子をきしませ  疑いもせ  ままをかわいらしく語って聞かせ  不安を起こさせ  涙を気取らせ  相談に乗らせ  心配事はせ  気をもませ  意識こそせ  恋の花を散ってしまわせ  互い互いを楽しませ  所までぐらつかせ  お上がり遊ばせ  香いをぷんぷんさせ  手料理を作らせ  目礼もせ  適応させ  ざっと寛がせ  中から飛び出して来て、そうはさせ  態度で悪びれもせ  始終を話して聞かせ  顔ばかりはさせ  せいせいいわせ  今さらにはっきり思わせ  胸をどきんとさせ  身を退らせ  もとよりせ  そこじゃありゃせ  併発しているからだといって聞かせ  葉子にさせ  葉子にいい聞かせ  送金させ  ために生まれて来はせ  筋が違っていようといって聞かせ  おかずに話し合わせ  貞世を愛し抜いて死なせ  遊びに行かせ  後ろを振り向きもせ  葉子に思わせ  洋傘をばさばさいわせ  言葉に持たせ  熱に浮かされもせ  のを知らせて喜ばせ  誇りがに話して聞かせ  朝じまいをさせ  全快させ  手紙を読ませ  竿に通しもせ  目をちかちかさせ  場の間に合わせ  岡さんいって聞かせ  状態がまるきり解らなくなるのでせ  しか見出さないでせ  手紙でせ  つたものでせ  心を引き立たせ  調節してやれるでせ  涙を惜しませぬでせ  そこから出発させ  状態に落ちつかせ  五官に蘇らせ  人民を狩りたてて殺しあわせ  逼らんとせ  条理に陥らせ  精進とに向わせ  贏させ  臆病にさせ  青空に夢み出させ  てゐらつしやるでせ  事を知りたいとお思ひにならないでせ  皆んなあなたに話すでせ  方をしなければならないんでせ  事は出来ないのでせ  眠つてゐるのでせ  今日後ればせ  為めになのでせ  違ひないのでせ  関心でゐるのでせ  他の方法で尋ねられないのでせ  世間観ずでせ  しませんでせ  求刑でせ  品物を置かないでせ  事も出来るでせ  事ではないでせ  弁論なのでせ  事も一寸ないのでせ  乳をふくませ  断言されないでせ  感動させ、興がらせ  鼻をつまらせ  朗読して聴かせ  言葉を語らせ  伝承させ  同様視せ  テープを持って立たせ  対角線を引かせ  鈴の音をさせ  袋をかむせ  後ろについて来させ  勉強は出来ると説き聞かせ  常々説き聞かせ  催眠剤を飲ませ  兄さんから聞かせ  人達に思われ云われはせ  宅は必ず伺わせ  需めさせ  人迷わせ  お茶など召させ  洗濯などをさせ  のを忘れたでせ  時に書きたいと思ふせ  胸を激しく震はせ  震へて、出来ないから飛ばせ  踵を回らせ  記憶もはっきりせ  満鉄から費用を出させ  態度をとらせ  一緒にせ  東よりせ  第一義とせ  かくのごとくせ  馴致せんとせ  進境ならずとせ  何か書かせ  美にせ  横文字を読ませ  後にせ  ところへ行くとありもせ  俺に飲ませ  ように喘がせ  あれを飲ませ  毒を飲ませ  仕様がありゃせ  処女で通させ  方へ持って来させ  婆やを悦ばせ  新にも逢わせ  引きかへさせ  伝染させ  手伝いをさせ  フウフウ言わせ  東京へと急がせ  ことを通わせ  死ぬ迄、思い出させ  私たのまれもせ  三つ、書かせ  身を洗わせ  誠実あふれ、いかにもして解き聞かせ  それらについてうちあわせ  階段をきしらせ  彼を気味悪がらせ  底に蘇らせ  気持を起こさせ  俺の空想が立たせ  漁師たちを急がせ  左近を打たせ  人を走らせ  物音もせ  戻りはせ  長屋を持たせ  痛みはせ  通だ、聞かっせ  気勢もせ  むかしを思い出させ  心持をさせ  心持にならせ  平均させ  何事も語ろうとせ  一言も語ろうとせ  おい勘作さん、忘れたとは云わせ  悪いこともせ  幽邃を漂わせ  詩で蘇らせ  女にも教えてやらせ  前とは随分変ったでせ  滑走させ  不平を言わせ  雲あたふたとはせ  列車はおそろしく混んでいて、もちろんすわれはせ  統一したり、強めたり、育てたり、創りだしたり、生きかえらせ  感じに照らしあわせ  娘を生き返えらせ  ように生き返らせ  秋さらば移しもせ  父に嫁がせ  一寸言葉を澱ませ  ハンケチを覗かせ  者をして、ぞっとさせ  自殺もせ  袖口から覗かせ  自分を楽しくさせ  手帖に書きとめもせ  キイをたたかせ  大笑いさせ  練習をさせ  返事もろくにせ  送金で間に合わせ  直系のものたちにやらせ  ツネ子を噴き出させ  負担にさせ  つながりをも持たせ  切断させ  名乗りをせ  チラと覗かせ  混乱当惑させ  自分を淋しくさせ  お酒を飲ませ  方などせ  質屋に持って行かせ  焼酎を買わせ  女を死なせ  漫画をかかせ  塩水を作らせ  者たちに食わせ  経験を問われもせ  空中分解をさせ  身にしみてわからせ  表明させ  評価をぐらつかせ  注視させ  母を行かせ  名残りを惜しませ  涙に咽ばせ  天国へ昇せ  拵へさせ  お茶も飲ませ  我慢をさせ  立登らせ  顔をのけぞらせ  水薬を一杯飲ませ  ラップに話して聞かせ  浪立たせ  体を倒れるかと思うくらいのめらせ  ように楽々とつかませ  皆言い合わせ  目をすさまじくかがやかせ  マッグに聞かせ  微笑をみなぎらせ  獺に飲ませ  僕らを驚かせ  ものを思い出させ  無気味さを漂わせ  僕を驚かせ  嫉妬はせ  本間さよ子にやらせ  人を待たせ  念をいだかせ  ッとさせ  お話じゃ御座んせ  ほかじゃあ御座んせ  日本語でせ  事も御座んせ  講釈して聞かせ  ものが美味しく御座んせ  ドングリ眼をパチパチさせ  イクラ云って聞かせ  もんじゃ御座んせ  初めたじゃ御座んせ  致方が御座んせ  混線させ  生やさしい女じゃ御座んせ  ビラ付かせ  モウ問題じゃ御座んせ  騒ぎじゃ御座んせ  事がわかりっこありゃせ  色目は喰わせ  トテモ敵わないと思わせ  部屋を覗かせ  オシッコをさせ  中を覗かせ  手を解かせ  右手を開かせ  肴どころじゃ御座んせ  恒子さんとをならばせ  私たちを苦しくさせ  私を悩ませ  私たちをふるい立たせ  子供を持って歌いもせ  結実させ  一切させ  顔をのけ反らせ  彼是十分はたつたでせ  あいてゐたのでせ  為でせ  金入れを持つたりはしてゐるのでせ  全然標準を異にしてゐるのでせ  ラツプに話して聞かせ  位のめらせ  思ひ出したのでせ  マツグに聞かせ  世界を覗かせ  微笑を漲らせ  言つた言葉でせ  新聞でせ  仕合せでせ  言つてゐるでせ  驚きでせ  とつたのでせ  文明的に出来てゐるでせ  僕等を驚かせ  中はそのせ  近代教でせ  意味に当るでせ  位僕等は小さかつたでせ  外はなかつたのでせ  数へなさるでせ  あなたを羨んでゐたでせ  必しも然りとせ  安らかでせ  チヤツクはどうしてゐるでせ  ペツプを覚えてゐるでせ  小僧は見向きもせ  泥に染りもせねば汚されもせ  反抗もせ  やつてきたら、たらふく呑ませ  静かに落ちつかせ  嫌ひ出して、来させ  脚を止めたり、乗りてをふり落したりさせ  数とりをせ  乳房ふくませ  指一本指させ  腰をもたせ  後れ毛をからみつかせ  色を以てせ  心中なかりせ  人間性を忘れんとさせ  環境がそうさせ  助け合い世話もやかせ  世話はやかせ  妨げあるかを考え合わせ  紳士は見向きもせ  のを、やはり見向きもせ  交付をして立たせ  コチラへ立たせ  ゲッソリと浮出させ  地下室で聞かせ  ひとを憎まず愛さず、にこりともせ  手を飽かせ  小説を思いつかせ  予覚させ  さきに歩かせ  床几に坐らせ  経験をさせ  葉を凋ませ  説明させ  生命をよび醒させ  目にちらちらと思い浮ばせ  笑いをさえ起させ  私を急がせ  群衆を思わせ  殊に凡てを物悲しく沈ませ  嘘を言わせ  料理をつくらせ  容易に勤められもせ  關係させ  初めとせ  弟子入りさせ  気づまりな思ひをせ  彼に聞かせ  彼は話して聞かせ  行つて父を驚かせ  行つて好えのでせ  小首をひねらせ  つて蝋燭を輝かせ  彼に読ませ  彼に指し示して読ませ  存分にさせ  手出しをせ  喧嘩をせ  内部をも覗かせ  ことにせ  心配させ、困らせ  新聞にさえ書かせ  今日でもまだあるでせ  武田とを諷したのでせ  形を残したのでせ  みんなを羨しがらせ  自分自身にも聞かせ  ますます私を淋しくさせ  彼女はにこりともせ  子供かへらず、取り出して走らせ  子を坐らせ  障子あけさせ  縁先にまくら出させ  槍を突き通して容易く死なせ  身うちをうづかせ  心を起させ  習慣から移動させ  自己嫌悪に陥らせ  歴史的形態から剥脱させ  溯行させ  似合はない、せ  主人に選らせ  慴させ  伴れて来ては泊らせ  裾をチラホラさせ  から訊ねもせ  占領させ  つてお困りでせ  不自由でせ  のを剃らうともせ  魂を蘇らせ  ぎをさせ  岸を探らせ  今度はすぐ下りるでせ  心配はないでせ  身ぶるひをしながらせ  野田さんがよござんせ  赤ちゃんを生んだのでせ  のものなのでせ  豊かに茂らせ  翻訳だけさせ  矢を持たせ  懐に入れてもたせ  ぶんぶんさせ  湯気を立たせ  無理に受取らせ  人を悩ませたり、苦しませ  愛称を呼ばせ  ヒステリーを起させ  時が来るでせ  男を困らせ  代までさせ  生湯をつかわせ  写真をとらせ  様にさせ  知らん顔を仕終せ  心が思わせ  のは動かせ  喉をつまらせ  眼をあやしく輝かせ  人形を持たせ  小針をはこばせ  容貌をはっきりわからせ  ペンをとらせ  ほおずき位ならせ  私をハッとさせ  空想を逞しくさせ  云ひませ  云ふとどうでせ  ししとせ  爺に借せ  値を張らせ  ときめき浮き立たせ  青年が、にこりともせ  下車させ  面白おかしく、努めて語って聞かせ  権力を揮わせ  造作なく酔わせ  体を捜させ  適用させ  相手にわからせ  訪問を長びかせ  ようにしたにせ  権力にしたがわせ  あげく、かうしたらどうでせ  そうにこぼしもせ  私なんどにゃ見向いても呉れんせ  想像を走らせ  手をつまらせ  笑みを漂わせ  御礼に伺わせ  宮詣りはさせ  座敷を休ませ  ように云って聞かせ  親父に読んで聞かせ  お客にむりやりに売らせ  お客に押し付けて買わせ  場況とを重ね合わせ  ように云い聞かせ  悲観させ  舌に沁み込ませ  扉を明け放させ  中で渦巻かせ  私もハッとさせ  今一度ギョッとさせ  家を買わせ  名前で買い取らせ  ウンザリさせ  頽廃させ  七転八倒させ  格子縞で作らせ  色彩に燃え立たせ  乳をゆらめかせ  襦袢を着替へさせ  落胆もせ  上演したでせ  戯曲はあんまり読まないでせ  一番目立たせ  素直に受け容れようとせ  ジューヴェを待たせ  感を抱かせ  なにをやらせ  劇評家に抱かせ  反撥させ  電球はいくらになるでせ  ことまで言って聞かせ  会話をさせ  赤門を引き込ませ  頭をうなずかせ  空に持たせ  いちめんにはわせ  ちょっと借せ  事をあえてせ  みんな呼吸をはずませ  親父さんから送らせ  人に払わせ  無造作に持たせ  かしはせ  談話を聞かせ  為方がないでせ  罪が深いでせ  学校でもしくじらせ  悸えさせ  処とは思はないでせ  挨拶もしなければならないでせ  蔓をはびこらせ  襟をはみ出させ  背後から靴音をさせ  身を落ち込ませ  咽喉をひきつらせ  唇をわななかせ  ようにといろいろ説いて聞かせ  濡れもせ  厭ではござんせ  大に弁じて聞かせ  容体を聞かせ  そよりともせ  ため、立たせ  から流れはせ  目にお逢わせ  身体に触りましょう、汚させ  跣足にさせ  夜露に打たせ  惜みはせ  処さ、見さっせ  蔭へ、触って瞬かせるまで、動かさせ  懐中へ忍ばせ  肉を切らせ  左手は遊ばせ  寒からせ  ふっくりと包ませ  声を詰まらせ  金縁を輝かせ  きりことりともさせ  辺を一層もじもじさせ  さっきからことりともさせ  娘を待たせ  眼をちらつかせ  しろ只ごとではないと思わせ  胸を膨らませ  存分聞かせ  口を動かせ  ゆらゆらと動かせ  羽振りを利かせ  思慮を回らせ  想像を廻らせ  春が近づいたせ  響き渡るせ  七ツでせ  ンんでせ  ひとにはわからないでせ  ひもさせ  發芽させ  一寸物思ひに走らせ  途方もない思はせ  辟易させ  嘘つきでせ  うまいでせ  汗を握らせ  シャツをぬらせ  舌を巻かせ  次の間にさがらせ  云つて笑はせ  聯想をさせ  けが盥を動かなくさせ  胸に思ひ切つて忍ばせ  妙な曇りを落させ  白髪頭をうなずかせ  詰腹を斬らせ  事明細に話して聞かせ  全身を戦かせ  階下へ連れてって休ませ  腹をさすらせ  発火させ  頭を狙わせ  代価を強いて取らせ  無言ののろけを買わせ  円光を頂かせ  中に漂わせ  微笑を躍らせ  眼を走せ  寂寥の深くへ沈ませ  唇をふるはせ  表はせ  羽音をさせ  樣をせ  緊密にせ  獨得にせ  一本を読ませ  一理由があつて、思ひ止まらせ  釈然とさせ  勧めもせ  ぼつたいでせ  みんなさうらしいけど、なぜでせ  つて言ふんでせ  当り触りはないでせ  人がさせ  おつもりぢやないんでせ  やつぱりパリにゐるんでせ  はずでせ  目にあはせ  部屋に近づいて来はせ  タクシイを走らせ  神さまが死なせ  なかにあるでせ  おできになれるでせ  べりがばれはせ  つて作らせ  外人とつきあふでせ  芸がないでせ  顔をぽつとさせ  期限を延ばしたでせ  四年にしたでせ  つてことから、さうなつたんでせ  あたしもあつちへ行かうとしたでせ  あたしを来させ  理由をならべてるでせ  だれでも気がつくでせ  なつてるでせ  帰りになるんでせ  奥さまにお見せになるんでせ  さへ含ませ  未亡人でせ  のを、もてあましていらつしやるでせ  こと言はせ  それはね、なんていふんでせ  像の立たせ  ことがかなひませ  ため息をせ  眼だけとんがらせ  身仕度もせ  身体をワクワクふるわせ  身体をゴロゴロさせ  真赤に筋張らせ  後足で蹴らせ  土佐犬に噛み殺させ  漁夫とにらみ合わせ  ものを云って書かせ  百回も走らせ  口答えもせ  残業をさせ  無気味に覗かせ  ことが、スラスラと運ばせ  惹起させ  ジョンを立ちどまらせ  一夜を、ゆくりなくも楽しませ  余光を漂わせ  牒し合わせ  耄碌させ  角から唾を飛ばせ  心をまごつかせ  忽がせ  前でさせ  手を遊ばせ  ひでえ目に会わせ  母親を怒らせ  無駄足を踏ませ  考えも通させ  破産までさせ  借用証文を作らせ  力を引込ませ  笑を漂わせ  えな目さ会わせ  一目散に怨みこんではしまわせ  落葉などを散らせ  仕合せにせ  両手はブラブラさせ  底から生気を盛返させ  行儀よく、ぶつかりもせ  たっぷり含ませ  生長させ  絵にかかせ  郵便を出させ  中結婚させ  お約束があつたんでせ  ひまにさせ  愛情をもえたてさせ  胸一杯にみなぎらせ  一吹松林をそよがせ  のぼりのさおをかつがせ  老人に、かかせ  目隠しもせ  墮落させ  價ひせ  外面的歴史的眞實を書かうとせ  行列させ  往復葉書にせ  於いて對立させ  先づ社會をよりよくせ  からざるを如何せ  社會をよりよくしようとせ  自己をよりよくしようとせ  樣によりよくしようとせ  發すべしとせ  社會をより善くせ  外服をも亦とらせ  者にせ  對象とせ  燃え上らせ  タタキ落させ  イライラさせ  悲しい気持ちを思い出させ  宅に住まわせ  二十分後に暴れ出させ  薬屋に売らせ  高潮させ  ヌックと立ち上らせ  上に這わせ  寝巻を着かえさせ  東洋銀行に持って行かせ  私を疑い迷わせ  泥靴まで穿かせ  遂行させ  方に向って立たせ  最後じたばたさせ  ろ付かせ  者を甦らせ  ものは高くせ  ものと申し聞かせ  国民に悟らせ  ここには略させ  事実を申し聞かせ  病気欠勤をさせ  から併せて略させ  妾を去らせ  申聞かせ  手間を取らせ  支度に手間取らせ  私もどきんとさせ  一歩も立ち入らせ  売国行為をさせ  髄まで震え上らせ  無事に生き残らせ  学校に進ませ  電気分解させ  強直させ  のだからと云い聞かせ  言葉巧みに偽らせ  奥底から覚らせ  畏伏させ  今一言させ  捧呈させ  金と云って取らせ  健康を祈らせ  巡査に手伝わせ  見物を唸らせ  しんとさせ  無理に振い起させ  死ぬ程心配させ  パンクさせ  水瓶を持って来させ  披露させ  予知させ  私ははっとさせ  前に行かせ  間違いなく繰り返して辿らせ  妄動させ  死状を装わせ  手で作り出させ  自分を狂い出させ  手渡しさせ  役目を受け持たせ  私を一杯喰わせ  発表させ  溜息をおののかせ  幾度もうなずかせ  気の毒に思わせ  内幕をばらしせ  手配をさせ  感電させ  二三度ぱちぱちさせ  まま微動だにせ  馬を暴れ出させ  貴方がお出させ  長大息させ  お世話させ  サヤマを困らせ  覚えがないとは申させ  上下にわななかせ  貴方に読んでお聞かせ  拳銃を擬して動かせ  喜び遊ばせ  女は身じろぎもせ  瞳を這わせ  密着け合わせ  左右にぶらぶらさせ  千切れる程喰い込ませ  中でさまよわせ  声で云い聞かせ  サアベルをがちゃ付かせ  殿下をお歩かせ  行動であったかを覚らせ  最敬礼をさせ  淀橋まで見送らせ  新聞社に出させ  底にくぐらせ  水神が惜しませ  必らずしもせ  傳説を聞かせ  持廻らせ  保証をさせ  声は遠過ぎもせ  金持ちに聞かせ  心地はせ  若者に向けて飛びつかせ  御者にさせ  必要ないでせ  靴音を忍ばせ  朝までに書かせ  貧困にさせ  蒲団をさがしもせ  こまかいごみを目立たせ  別に挨拶もせ  それ以上何も云わず、やっとせ  待ッつかわせ  表に浮き上らせ  これまでのは短うてせ  幸福にもさせ  樹を茂らせ  養子に行かせ  土地柄にあわせてゆこうとはせ  小遣いなんか送らせ  ちょっとやっつかわせ  千円ばかり出させ  健康になれたんでせ  人間像を浮き出させ  あちこち歩かせ  ウイスキーでも飲ませ  人を酔わせ  猫をころさんとせ  分家させ  質屋を営ませ  テレさせ  余り信用されもせ  突張らせ  御前と呼ばせ  枝葉を茂らせ  反対にのめり込ませ  地面を落ち付かせ  嬉ばせ  通水させ  娘に抱かせ  養子に行きさえせ  方まで持って行かせ  室に運ばせ  方へ向わせ  熱鉄を飛び込ませ  お気づきでせ  らつて眼をパチパチさせ  口を尖せ  体が冷えて寝つかれもせ  つけは守らうともせ  けが羽振りを利かせ  名目を継がせ  から余つ程やきもきしてゐるでせ  巻物を持つて来させ  従はせ  唄を聞かせ  母さんが行かせ  糠悦びばかりさせ  憐れみ増長させ  彼女を驚かせ  てゐられたのでせ  誘惑ではなかったのでせ  誘惑でせ  先へ立たせ  のだと言って聞かせ  洋行をさせ  職業がさせ  家督相続をさせ  勝手に選んでさせ  父うさんに飲み込ませ  ぷっぷと喇叭を吹かせ  虚偽だと思って疚しがりもせ  是非十分飲み込ませようともせ  思想をはっきりさせ  新調させ  幕を引かせ  広葉を茂らせ  内容を疑わせ  入をさせ  衝突もせ  限界をはっきりさせ  山高も持たせ  死亡屆を書かせ  髯を吹かせ  呼吸をせ  合はさせ  からかつて苛立たせ  神經を苛立たせ  擾亂させ  私をじりじりさせ  息をさへはずませ  わしはせ  血を受けてゐるせ  乘つたら行けるんでせ  燃燒させ  あがきもせ  ゲーゲーいはせ  それ以上追及しようとはせ  買つていただいたのでせ  親はべつにたしなめもせ  仕事でせ  わたしたちがいつたでせ  ことを深く思い返させ  合流させ  恢復させ  映像させ  仮想し得るとせ  全部疎開させ  調べもせ  身支度をさせ  中から私にとりださせ  殊さらに捨てられもせ  クンクンいわせ  林檎を持たせ  上へ坐らせ  畫を思ひつかせ  夢現にさせ  コニャックを飲ませ  酔っぱらいもせ  議論させ  原動力とせ  可からざるものとせ  確かにせ  發見させ  三度開かせ  一毫をも磨き落させ  退屈を感じたりせ  經驗させ  俺を喜ばせ  彼に讀ませ  發展させ  自ら高くせ  つて激昂させ  關心に背かせ  諜者にやらせ  油断をさせ  それを加えあわせ  男が、喰わせ  東京へ急がせ  居間のそうじまで、させ  のだから、といってきかせ  妃にするといわせ  上ぐつを持たせ  足をためさせ  水中りもせ  感謝させ  それぞれに手分けをして探させ  眼をそそがせ  部屋へさがらせ  声を沈ませ  袂に忍ばせ  採集記憶を呼び起させ  Sに撮らせ  苦にさせ  身に沁みこませ  袋探偵をたいへん喜ばせ  二泡もふかせ  昂奮させ  ぎじあまとんつまいせ  仕事に掛からせ  しびれを切らせ  剳青が目立つせ  心もちしか起させ  前置きを聞かせ  唯でせ  横にならせ  寝息一つさせ  胸にしみ渡らせ  火先を靡かせ  空車にして挽かせ  幾らでも飲ませ  髪をうねらせ  いま一度陸にうけて、ともかくもなさせ  鮑を取らせ  息を継がせ  沙魚などを降らせ  按摩をさせられたり、煽がせ  袴もはかせ  丘を走らせ  ような間に合わせ  いろいろにねじらせ  無感覚に観過させ  わたしに抱かせ  一両日静養させ  香をかがせ  手を、組んだり放したり、もじもじさせ  女を怖れすくませ  もじゃもじゃさせ  待ち伏せさせ  手をもじもじさせ  人口を思わせ  協力してやらせ  今まで待たせ  追求させ  女に逢わせ  上靴を穿かせ  啣えさせ  崩折れもせ  時、せ  時間では変わりもせ  間で変わりはせ  介在させ  それをせ  尼にせ  入道したいと頼むが、終わりまでせ  心でせ  ちゃんと座らせ  もの無かりせ  ボーイにいいつけ、持って来させ  盃を呑みもせ  歌をうたわせ  悠容とせ  横になって、まんじりともせ  たこといわせ  乳を呑ませ  顔いっぱい笑みくずれながら、またたきもせ  朝飯まで保たせ  帰つてゐるんでせ  凝集させ  文明協会のでせ  是非拝見させ  議論を戦はせ  ことを書いたんでせ  妾にも読ませ  汽船を走らせ  でっち小僧をはねとばして、ふりむきもせ  見えはせ  他言をせ  危険は有りはせ  事になりはせ  大事にせ  雨と微りせ  虫一つおりはせ  へやにつれて行かせ  お姫さまを助けて立ちあがらせ  下りさせ  気色もせ  身体を触らせ  女史に語って聞かせ  おつけ遊ばせ  死亡診断させ  駭きもせ  老人を反って悦ばせ  家を探しあてたので、待たせ  貴女に会って驚かせ  僕が分らせ  感謝をせ  外出させ  静枝と名乗らせ  家へ乗り込ませ  八重に継がせ  身籠らせ  流産させ  女はせ  云つたんでせ  そこから出て行かせ  場を去らうとはせ  志望を充たせ  青年を泊りこませ  孤独にさせ  文藝春秋を持たせ  刃物を持たせ  物を持たせ  歴訪させ  暗誦させ  拳固のせ  手でこしらえたにせ  こぼれ落ちもせ  湯気をからませ  触角をふれあわせ  みんなをおどろかせ、そしてよろこばせ  触角にさわらせ  金属を組合わせ  おしゃべりさせ  場におどりあがらせ  警戒陣をしかせ  撃退せんとせ  大空高く消え去せ  吸収させ  木曾に聞かせ  機械をいじらせ  つて失禮でせ  面白い話を聞かせ  娘にやらせ  から結婚させ  五時ごろ家出させ  追跡させ  暖かい感じを起させ  軍医を怒らせ  血を湧き立たせ  敗戦にこりもせ  旨とせ  国情としては、そうせ  結局混雑させ  変質させ  岩があるでせ  縦に突き出てゐるでせ  さな雑木しか生えてゐないでせ  一杯生えてゐるでせ  山があるでせ  何にもならないでせ  禿げがあるでせ  岩石でせ  下へ延びようとしても出来ないでせ  横に広がるだけでせ  色が変ってゐるでせ  ところがあるでせ  裂け目があるでせ  ごろごろするでせ  だんだん岩を掘るでせ  みんな円くなってるでせ  ものがつまってゐるでせ  ものが埋めてゐるでせ  席へ通させ  課員に追わせ  部屋から去らせ  下りもせ  これだけ色々とやってみても、がたりともせ  部分品が組合わせ  腰をおとし、しばらくは動こうともせ  装置を作らせ  人形を歩かせ  呀っといわせ  色を隠しもせ  噴火口に投げおとさせ  お化け鞄とを盗み出させ  烏啼に会わせ  千鶴丸を殺させ  河津三郎を殺させ  私はニヤニヤせ  ために、せ  味得させ  放逸させ  楽しい正月をさせ  敗頽させ  働きに出ようともせ  そやけど、何だつせ  酒のにほひをぷんぷんさせ  来年だつせ  願ひ致しまつせ  もんだつせ  ばらばらと吹き靡かせ  ことをするだろうと思って、またたきもせ  おばこ来もせ  睾丸を、縮み上らせ  ぴたぴた水音をさせ  直とせ  申訳御座んせ  野郎じゃ御座んせ  包を持たせ  湯をつかわせ  百姓させ  空駕籠を護らせ  養育いたさせ  書物を出させ  ものとさせ  そとへふみ出させ  ものを忍ばせ  改めもせ  牛乳二杯とらせ  タックルさせ  パンパンを待たせ  有り金まで持たせ  ピストルを忍ばせ  誰かに聞かせ  トランクを持たせ  存在をはっきりさせ  失地回復させ  汽車でせ  お父さんはどんなに喜んだでせ  火を走らせ  起立させ  腕相撲をとらせ  それには見向きもせ  方はふりむきもせ  糸川からと悟らせ  音だにせ  雪を近づかせ  丁坊をたいそうおどろかせ  氷原にはこばせ  敵に見つけられもせ  弔はせ  皇后陛下で在らせ  行啓あらせ  行啓に間に合わせ  心残りなく描かせ  千里も遠しとせ  形をさせ  アロハは突如として消え去せ  五列を忍ばせ  エエめんどくせ  我々を睨ませ  ビールをのませ  ここをせ  軽やかに踊らせ  頬を耀かせ  筋道をはっきりおさせ  意見も聞かせ  措置決定をせ  怒りはせ  逆せあがらせ  見物衆をよろこばせ  棄権させ  一字を大きくさせ  一字を小さくさせ  落選させ  芸術から下落させ  船出させ  開国通商させ  宿へ下らせ  開国させ  やうにふるはせ  さへ思はせ  お話したらよいでせ  陰影を視るのでせ  文字でせ  出來事でせ  化粧をすりあ、ちつとは可愛くなるでせ  女があつたでせ  枝を靡かせ  大森から持つて来たのでせ  心境を語らせ  罪悪感をいだかせ  簡単に破らせ  ヤケを起させ  ゼイタクをさせ  女で、要するに踏切らせ  判を借せ  成仏させ  牛に生れ変らせ  調書に書き取らせ  便所掃除をさせ  だってあんなにはっきりと話して聞かせ  身体をおよそきちんと起こさせ  シューバルを黙らせ  アメリカへ運ばせ  ボートを下ろさせ  腕で食べようとせ  チャタレイ夫人でも忍ばせ  サービスさせ  勘定を払わせ  ギャフンと云わせ  思いにもさせ  向はんとせ  毒にあたりはせ  前にせ  惠贈せ  西洋菓子を持たせ  ひと頃問題を湧き立たせ  私を待たせ  過去がどうしても分らなければ思いだそうとせ  病人に語らせ  中へしのばせ  ことをやらせ  私にやらせ  呼吸づまらせるほど驚かせ  一人きりにさせ  彼奴をこわがらせ  肩をすくませ  ものを書かせ  あなたに辞表を出させ  就職口をよく思わせ  あなたに仕事をやらせ  推薦させ  行為なかりせ  上を歩かせ  酷使がそうさせ  渦中にとびこませ  シロを稼がせ  直ちにやりもせ  必要はないと思うが、有りもせ  害ありとせ  明日になればなほるでせ  入籍させ  屑とせ  思いをよみがえらせ  さしゑの出のせゐでせ  有様がさうさせ  大名を走せ  先生許させ  自慢いはせ  彼なりにこうせ  料理屋で飲ませ  ようにして歩かせ  背中をあたため、ふとらせ  一歩も踏み出させ  ブッチョウ面をさせ  気をひきたたせ  舟を少し出させ  憩いもせ  時には伺わせ  人を憩わせ  中で過させ  から、行ってみなっせ  供出させ  見物だけでもさせ  黒砂糖湯をのませ  情景を浮びあがらせ  五十銭かへせ  煙草のませ  ほんまだつせ  車輪にしかせ  子供たちに分けてくれはせ  食べものだつせ  のはわいだつせ  おごつて貰ひまつせ  全部呉れはせ  面会させ  歌にせ  一列縦隊かなんかで歩かせ  ように、整然と歩かせ  ままに歩かせ  勝手に歩かせ  支部から報告させ  悪いことをさせ  ジンヒーズをのませ  内容に深入せ  必要なりとせ  越後よりせ  外へはみ出させ  後から呼吸をせかせかさせ  城下にせ  彼ありせ  御名を記させ  言訳をさせ  不作法はせ  才子に思うさま煽がせ  もので、ニヤリともせ  澄して見もせ  八方より積込ませ  だって、ちょいとでも煽がせ  華族様を煽がせ  魔女を煽がせ  ばら銭じゃあ聞かせ  墨汁を含ませ  緑翠を滴らせ  人交もせ  この世を宜しく申させ  縁をほんのりさせ  鼠一疋がたりともさせ  三杯と啜らせ  胸を置かせ  私がよく言って聞かせ  見えもせず、聞えもせ  それが頼まれもせ  団扇で煽がせ  気をつけて見ておこうとせ  これがまだはっきりとせ  トキと組合わせ  試みもせ  門庭を打ちまわらせ  蛙に背負わせ  山を降り昇りせ  一日休ませ  種油を搾らせ  言葉を使わせ  中心とせ  仏いじりはせ  物音もさせ  餅を背負わせ  馬のせ  特に重要視せ  えいこと聞かせ  立てはせ  夏花を摘ませ  物忌させ  関連しておりはせ  例を比べ合わせ  中に隠させ  空臼でも鳴らせ  変化したかを知ろうとせ  重要視せ  燈籠とを組合わせ  一人で持たせ  食品を負わせ  それから導こうとせ  霊だけを、なだめ賺して立退かせ  式をせ  方法までが、言合わせ  大角豆畠へ入らせ  夫にさせ  世界に遊ばせ  頬冠りをさせ  箒を突かせ  人にも語ろうとせ  処に行き合わせ  苞を背負わせ  地蔵さんといって拝ませ  退会もせ  今でもはっきりとせ  暴騰させ  任に当らしめようとせ  なほさらさうでせ  泊りになるが好いでせ  ちよつとなら好いでせ  方がおありでせ  餌にでもなりたいのでせ  薬を飲ませ  云ひなさいよ、好いでせ  水をくぐらせ  意慾を起させ  人物は一向にパッとせ  板をひかせ  鼓動をせ  ときに跳ね飛ばされたんでせ  仏法僧鳥を聞かうともせ  のも見ようともせ  ペンを持たせ  眼をきょときょとさせ  仰臥させ  焦燥させ  風に思い込ませ  全然断念させ  心配などせ  口づけもせ  のには、げっそりさせ  風に靡かせ  山あひを走らせ  兵糧を積ませ  市を造らせ  ことなどを考え合わせ  大変安心させ  潜入させ  勤労動員させ  経済的安定を失わせ  長続きはせ  夢のように花を煙らせ  御主守らせ  御主、守らせ  ぼんやり姿を煙らせ  ものと似てゐるせ  橋を造らせ  改宗させ  遊説に、頼まれもせ  宗論をたたかわせ  心を暗く重くさせ  原子バクダンにやられもせ  扱をせ  茶でも出させ  てゐないでせ  無論でせ  言語でせ  意識してさう思ふでせ  無意識にさう思ふでせ  お尋ねなさるのでせ  ソロドフニコフは余儀なくせ  なつてしまふのでせ  うにも限らないでせ  消滅するでせ  矢張消滅するでせ  見習士官でせ  辻馬車が待たせ  気分が直りましたでせ  涼しい風に吹かせ  啖べさせ  ことでござんせ  会はせ  疑問を抱かせ  罪作らせ  早目に諦めすぎるんでせ  墓まゐりもせ  おばあさんでせ  一番急務なんでせ  從はなかつたでせ  寝床をとらせ  光ぞ絶えせ  腕組して、こんこんと説き聞かせ  君を死なせ  時代の風潮がさう思はせ  インバイをやらせ  インバイさせ  管長に会わせ  時間は待たせ  上手へつれて行って坐らせ  合掌させ  エイヤッをやらせ  水衣を脱がせ  誰にでも謡って聞かせ  から以後カナで書かせ  熊をつかわして殺させ  二人組にダブらせ  ダブリにダブらせ  墓所がハッキリせ  天皇を殺させ  地をさがさせ  行宮をつくらせ  越へ攻め入らせ  立野に祭らせ  勅使をさしむけて拝ませ  敵を喜ばせ  ヒダを喜ばせ  ヒダ楽をやらせ  涙をしぼらせ  タメイキをもらさせ  宝塚がせ  舞台で消えもせ  芝居もやらせ  俺がいくら云い聞かせ  うそうそさせ  袂へ忍ばせ  庭もせ  散歩のさせ  キリリとかけて歩かせ  種を生ませ  朝晩一時間ぐらいずつ歩かせ  図体で歩かせ  交尾させ  部落を営ませ  そこに住ませ  新羅語を習わせ  子供たちに教え、呼び交させ  儂にさせ  呼吸もつがせ  殊に人々を驚かせ  幸運話を聞かせ  えりうつと、開こうともせ  勢を募らせ  ハズミをみなぎらせ  迷惑がりもせ  ところも、ありはせ  二重働きをせ  噴火口を覗かせ  ところへ飛ばせ  酷え目に遭わせ  病人を無暗に苦しませ  眠るが如く死なせ  安らかに死なせ  ように苦しませ  らくに死なせ  患者自身が、早く死なせ  名医であるべきだのに、死なせ  患者を苦しませ  送り迎えさせ  頭を覗かせ  宵暗をしのばせ  かまわずそこまでかよわせ  地を弾かせ  アない、立たせ  間に求めんとせ  焦土に変らせ  ″\にまで行渡らせ  雨にうたせ  わたしはハッキリさせ  餘儀なくせ  事と思はせ  働車を走らせ  飛行機をも飛ばせ  當るを潔しとせ  泡をたぎらせ  麦を持って来させ  飼殺し同様にさせ  土を飛ばせ  笑をただよわせ  応でも、会わせ  小作男に見つもらせ  なるたけ気を腐らせ  字をのたくらせ  小作をさせ  下男を置いて作らせ  鼻血を出させ  家へ帰されなかったと話して聞かせ  中央を歩かせ  お参りさせ  共、しまいには行かれも仕ないのに、只行きたがらせ  かすかに、ふくらませたり、すぼませ  ろでかたまらせ  どぎまぎさせ  和毛をそよがせ  私共をやたらに待たせ  餅をつかせ  時はさせ  けんかをさせ  心配だけはさせ  居眠りばかりしてたんでせ  胸をつまらせ  朗読させ  思つてびくびくしてらつしやるんでせ  取りにならなかつたでせ  信頼感がもてるせ  こちらで、してもらへるでせ  それこそ、お困りでせ  ば叱られるでせ  不愉快だとはおつしやらないでせ  ことはできないでせ  葡萄酒など飲ませ  想いをつのらせ  背中じゅうを硬わばらせ  中に握らせ  顔をするにきまつてるでせ  顔をするでせ  云はれるんでせ  つてさう恋しがるんでせ  つたつて損はないでせ  一室一室これと引き合わせ  不快さを思い出させ  憂鬱を漂わせ  つてさうでせ  つてはならないんでせ  心はわかつたでせ  街頭に漲らせ  鉄橋を跨らせ  向うに見えるでせ  ベカを漕いでゐるでせ  頬を笑ませ  考へたでせ  記録させ  一歩先へあるかせ  うち入院させ  自動車屋へ走らせ  人を立たせ  自動車を待たせ  むだ骨折りをさせ  見張りをさせ  手配りをさせ  おばさんを喜ばせ  やつでせ  ためにやがては死なせ  醉はせ  混亂させ  努力をしようとせ  生徒に説き聞かせ  餌のやり忘れで死なせ  俳談を闘わせ  政府をつくらせ  眼をひき、喜ばせ  それをなくさせ  憤慨をつのらせ  念をおこさせ  わたしにそうさせ  立ちあがりもせ  ことについて書かせ  路を行かせ  お前たちみんなを怖がらせ  破損させ  私に起こさせ  眼を眩ませ  人たちを楽しませ  心を引締め喜ばせ  罪悪を行なわせ  通行人をひどく憤らせ  傾斜させ  放棄しようともせ  中に起こさせ  指を組合わせ  ホテルに走らせ  仲違いさせ  従属的地位に返らせ  ロンドンじゅうをさがし回らせ  現実通りにゴチャゴチャさせ  金銭本位とせ  非音階音を引きまわしたり、波打たせ  シックリさせ  容赦なく自然消滅をさせ  艱難を覚らせ  後を継がせ  直感させ  冥合させ  首肯させ  歎息させ  芸術愛好者を酔わせ  眼を凹ませ  靴というとりあわせ  熱情を迸らせ  恰好をさせ  それを送ろうとはせ  炎上させ  口をはさませ  警官をつまずかせ  行つたものでせ  つた事もあるでせ  深化し高くせ  果実を実らせ  知つたでせ  覚せいさせ  何度も謡わせ  書きでせ  真似になるでせ  つて懐中に忍ばせ  遠回しに思はせ  行つたら好いでせ  俺を怒らせ  手もなく黙らせ  たいでせ  針を動かせ  気色に現さうとはせ  ツて、心細いでせ  験べなければならないでせ  暗然とせ  つても居られないでせ  歌でも聞かせ  あなたに歌でも聞かせ  気持を暗くさせ  云つて俺たちを困らせ  心を浮きたさせ  やつぱり実現させ  外は寒かつたでせ  心樂しく思はせ  能舞台なぞ国宝級のものを買いとって運ばせ  旅館にもせ  交渉させ  小僧を泊らせ  関係を結ばせ  アンマにかぶせて、もませ  どこかに焼けもせ  地ひびきをうたせ  憤激させ  感想しかわかせ  から窓をしめさせ  トレーニングをやらせ  卒倒させ  足踏みさせ  クラブへ行かせ  十六とか飲ませ  ものを吐きださせ  墓地と向いあわせ  たくさんつくらせ  犬に喰わせ  面目にかけてそうはさせ  ようだから、すこし読ませ  食い逃げをさせ  ヨナを襲わせ  珠子さんを怒らせ  花が咲いたと思わせ  バンクさせ  簇生させ  それをヒラヒラさせ  ピゲエでつくらせ  顔はさせ  微笑をふくませ  以前からいちど軍艦で遊ばせ  落着かせ  病室へ持たせ  眼なんかぎょろぎょろさせ  パァティを終らせ  ここへ坐らせ  インタヴュウさせ  地響きをうたせ  ことがあるらしいのでいわせ  気持になって、えせ  邪魔なんかさせ  娘にお逢わせ  問題を大きくせ  用向きもうかがわずにお逢わせ  二匹呼びだして向き合わせ  葵色を忍ばせ  ガッチリ屋だから、通わせ  音ひとつひびかせ  砂に浸み込ませ  現代風景を浮び出させ  心を読ませ  理解して行こうとせ  つた感をせ  徼へよともせ  炊事をせ  使用させ  場合ありとせ  詳かにせ  重傷を被らせ  識別させ  残業させ  三百年も、凍らせ  三百年もの間戦争をせ  造艦所をがたつかせ  衣服をさせ  瀝尽させ  揉潰させ  蘆名義広を凹ませ  手向いもせ  時には黙って開かせ  事端を発させ  入札をさせ  婿にせ  元服をさせ  忠三郎秀賦と名乗らせ  皮をたるませ  其処へ坐らせ  兜を持たせ  男に持たせ  死もせ  自滅させ  傍に遊ばせ  連絡を取らせ  姿を写させ  氏郷の造らせ  ことを得せ  心持はせ  吹靡かせ  念を懐かせ  意を通わせ  手を下させ  油断に乗じて殺させ  氏郷に飲ませ  しか、まった飲ませ  しか、飲ませ  自分に就かせ  城主氏家弾正を殺させ  蜂を止まらせ  螫させ  力足を踏ませ  前へ立たせ  任務を負わせ  十二分には立たせ  ポカリと遊ばせ  鯰を悠然と游がせ  さはせ  間に陥せ  力を出させ  誰にも思わせ  一室に会わせ  左右錯綜させて坐らせる坐らせ  此日人々を何様組合せて坐らせ  利長利政をも同坐させ  同座させ  利家は扱わせ  手を滑らせ  毒茶を飲ませ  筆を借せ  ロクロク話もせ  こと考えもせ  支度もせ  ことになりさえせ  学校へ遣ってしまいさえせ  学問をせ  一つ宛含ませ  隔てをせ  月も経って、忘れもせ  動悸をはずませ  口出しをせ  時には逢わせ  民子に逢いさえせ  お前に話して聞かせ  上りもせ  一度でも逢わせ  口から一言いって死なせ  勧めはせ  ようをさせ  枕を直させ  子は早く睡りしに、帰らせ  収入を多くせ  拝見だにせ  苦を増させ  浮世に誹らせ  不自由あらせ  垢を流さんとせ  此処に戻らせ  山ほととぎすたより聞かせ  浮世なりやこそあきらめしやんせ  笠もないのに借せ借せ  改名させ  身なりをさせ  顔を作らせ  そこらじゅう切り疵だらけにせ  調髪もさせ  姿をさせ  一匹もおりはせ  主よ、恵ませたまえ、救わせ  火にあたらせ  婚礼させ  婚礼をさせ  そこへ坐らせ  脚を忍ばせ  きらいとみえて、まったく覚えこみもせ  経験もせ  回避させ  女中さんは、にこりともせ  私をやきもきさせ  わたしたちを寝入らせ  手をもたせ  二つを結びあわせ  平生親しくはせ  掩護から露出させ  同一させ  極で暮して来た、否暮させ  歪けさせ  髪を吹きなびかせ  成育させ  丈させ  さを思わせ  ゆっくり御やすみ遊ばせ  催眠させ  新たに甦らせ  女性から孤立させ  彼女等をそうさせ  同等にさせ  範囲に踏み出させ  目下大統領を困らせ  純粋さも失わせ  油汗を搾らせ  取扱つておいでなんでせ  条件ならどうでせ  心配はするでせ  人物にやらせ  どこかを遊ばせ  幸福だと信じこませ  因習に立ち向わせ  清潔に保たせ  目醒まさせ  広汎に拡がらせ  半身を縮ませ  飛び石に遠退かせ  斑馬に索かせ  沸騰させ  頭文字を輝かせ  催おさせ  文学に求めようとはせ  要求させ  激変させ  児たらずとせ  唸りを聞かせ  悔みもせ  頼もしからずとせ  やつを孕ませ  味えも判りもせ  らの最も潔しとせ  苦とせ  咽喉を利かせ  宵越しさせ  人々に心づけまいらせ  五体を打たせ  一つさせ  估券を堕しはせ  空気を揺るがせ  今までに見も知りもせ  これをまのあたりせ  懐に忍ばせ  互いのおもいを通わせ  忽せにせ  宵越しをさせ  板幾枚をめくらせ  しるしとせ  一夜飾りはせ  松葉を散らしに縫わせ  竪縞の如く縫わせ  菅ぬいにさせ  匂い袋を忍ばせ  箱で持ちあるき、嵩張りもせず、表立ちもせ  ゆっくり遊ばせ  悪事を行わせ  予想させ  身動きもせず、ふりむきもせ  椎の木にだきつかせ  紐をからませ  ますます紐をからませ  気をおちつかせ  人をたらせ  用意にちとおねだりあそばせ  もの見せて喜ばせ  こちらへお這入りあそばせ  後から鈴に持たせ  奥様の何時の間に入らせ  口を減らさせ  望み通り引移らせ  浚へさせ  問合はせ  艶に詫びして帰させ  詫手紙持たせ  申上よと申しのこし参らせ  ただ人していはせ  異人の子なんでせ  拇印を押させ  夕方になるでせ  意義になりはせ  明白にせ  まつりごとをして居らせ  為事をしに来らせ  ほりにせ  習合させ  様にせ  此物忌みをせ  ものを仰せあらせ  天降りせ  物忌みをせ  祭りをして居らせ  すべて、持つて来させ  子分に申し聞かせ  禁欲生活をせ  婚しもせ  例を挙げると、起きもせず、寝もせ  田の神を祀つて、いたづらせ  戦いでゐるせ  人の焼けたのでせ  変松をうねらせ  救護にして至らざりとせ  みんな帰つてしまふでせ  僕は知りもせ  ことになるのでせ  音を噛ませ  目をしばらく静まらせ  そうに輝かせ  ように、しばしば渋らせ  お前を困らせ  からだを縮まらせ  火を烟らせ  門端に滲ませ  目をさまよわせ  豆ずれをさせ  思いを走せ  仕度もせ  部屋に引き取らせ  近さんはさがらせ  荷を負わせ  イロハニを云わせ  気分をのせて走らせ  乳ふくませ  蝶々のかすませ  嫁菜にふくませ  より江身かはせ  さをしみ出させ  見ごとに這いまとわせ  壁に這わせ  目を羨ませ  中を掻き乱させ  銃器を飛びこませ  落下させ  物言ひたげに綻ばせ  振りをせ  悲しみが萎ませ  呼覚ますのでせ  たん架をかつがせ  上をせ  はたてさせ  かおもせ  炯々とひからせ  ボートで持たせ  煙草をすわせ  眼をはしらせ  紙を重ねあわせ  かおをこわばらせ  あなたに大金儲けをさせ  人数を出して手つだわせ  私にしゃべらせ  警部モロを悦ばせ  芝居をやらせ  ハルクに手つだわせ  人ごろしをさせ  医者に診せ  時間とをついやさせ  ハルクににぎらせ  上陸させ  勝手に飲ませ  逢ふことは無いでせ  別に問ひ質しもせ  胡魔化しや間に合わせ  ところがございますんでせ  くらゐおわかりになるでせ  お母さんを淋しがらせ  一緒でよろしいでせ  道へ進ませ  脈をとらせ  ひとつはつきりさせ  いふ表現をせ  人に書かせ  勝手に生ませ  乳を、ふくませ  丞を苦しませ  音をひびかせ  いつまで楽はさせ  わに立たせ  酸味をなめさせ  さをただよわせ  引ッつらせ  背に、おぶせ  嫁は見あわせ  子さん、忘れたんでせ  弁護士にやらせ  ものがあるでせ  ですよ。ところで、どうでせ  歌を歌わせ  笑い話させたりさせ  先へ進もうとせ  瞳をキラキラと輝かせ  つて穿かせ  彼女は振り向きもせ  感じを広がらせ  鴉は羽ばたきもせ  労働もせ  跡からこづいて、立ち留らせ  己がどうもせ  驚歎させ  なかにはいらせ  もじゃもじゃにふりみださせ  光をぴかぴかさせ  木をならせ  空腹をしのがせ  心を迷わせ  めたちに踊らせ  婆ァ、うるせ  宿から追いだされてしまったけど、うるさがらせ  しみったれた飲ませ  階段をあがらせ  ひとを、こんなに待たせ  瞼をふっくらさせ  想ひ出させ  中をせつせ  側に置いて遊ばせ  金之助さんを遊ばせ  私が休ませ  袖子にして聞かせ  混雑させ  度に結わせ  種は説き聞かせ  弟にして聞かせ  事業を継がせ  物でも読ませ  興味をも起させ  弟に覗かせ  弟に指して話し聞かせ  流行唄を聞かせ  ことを為っせ  読聞かせ  チリンチリンチリンチリン言わせ  種が叩かせ  種に習わせ  気息をはずませ  彼に言って聞かせ  お前さんに食べさせてもやりたいし、持たせ  末をせ  持をさせ  何事も話して聞かせ  眼で言わせ  弟達に話し聞かせ  私に話させ  心を歓ばせ  森彦にも遇わせ  夫にも食わせ  身体を持たせ  心は減らせ  経験を話して聞かせ  森彦などと話して聞かせ  妹に書かせ  人に見られはせ  早帰りはせ  夫婦約束を結ばせ  三吉に思わせ  蔓を這わせ  子供衆が出来さっせ  声で歌って聞かせ  垣根に這わせ  三吉を喜ばせ  ことなどを語り聞かせ  咬えさせ  ムシャクシャさせ  道中着物ほどきもせ  暇を頂かせ  直樹を休ませ  子供に言って聞かせ  母が飲ませ  処へ連れて行って遊ばせ  入浴させ  末もせ  気でいるとは、読ませ  興をさまさせ  袴を脱がせ  退院するであろうと話し聞かせ  豊世に語り聞かせ  愛にも逢わせ  話は聞かせ  セカセカさせ  先生だけへは通わせ  歌なぞを聞かせ  姉を休ませ  各自に持たせ  お前さん長持ちがせ  家のものに話して聞かせ  歌を歌って聞かせ  雪にして聞かせ  厚着をさせ  位置に移させ  彼を引き取らせ  位置に立たせ  私を着かせ  話をいろいろして聞かせ  注文が引き続いて起ってくると、実際弱らせ  二度ほど払わせ  ちょっと感心させ  代り軍用金を借せ  短冊に書かせ  後悔させ  自由に遊ばせ  下手な囀りを聴かせ  日光に透かせ  山烏は強いのでせ  一突き食らはせ  不愉快を募らせ  完全燃焼させ  人心をいらだたせ  梅雨を思わせ  夢中になっていたりさせ  少年団を思わせ  近松門左衛門がそうさせ  女に聞かせ  顔をして見向きもせ  数年間雨に打たせ  ちがいないと思わせ  舞台へ立たせ  サインでもさせ  近代人を悦ばせ  小型タクシーを思い起こさせ  女性を同時に驚かせ  おっさん気をつけなはれや、いやらしおまっせ  スター秋月桂太郎を思わせ  炎症を起こさせ  から当分引き取らせ  話を長びかせ  忘却させ  画集を買って、待たせ  航海をせ  ものを片づけたりせ  めがねで覗かせ  からやらせ  気持をおこさせ  來合はせ  足もとをふらふらさせ  何時に着くでせ  筈ですが、おくれるでせ  己はせ  中へ泊まらせ  火に当らせ  草を苅らせ  一杯位飲ませ  間食はせ  散歩させ  倍厳しくせ  為事を休ませ  どろんとさせ  時分でせ  夜中を過ぎたのでせ  競をさせ  ろさせ  話をし出したのでせ  十二人でせ  上を通り越させ  顔を引き吊らせ  為事に掛からせ  それはどうでも好いでせ  旅人かなんかでせ  囚人に聞かせ  ぐら付かせ  皆馬を走らせ  不可とせ  齲齒笑は思はせ  駿馬を引出させ  色をちらつかせ  使いはせ  そうに、しかも少しそうはさせ  朝食をさせ  あなたは、しあはせ  ぼろ靴なのでせ  靴をどうしたらよいでせ  たら、どんなにうれしいでせ  そとにはふり出させ  一しよに、しあはせ  いかがでしょう、聞かせ  それから童子さまを立たせ  着換えもせ  童子を座らせ  ばたばた云わせ  赤蛸を食いつかせ  目を開かせ  実験もせ  あいつも飛びこませ  御悩重らせ  掌をあはせ  戸惑いもせ  夜目にも消えはせ  心配はさせ  一張羅を着飾らせ  傘を持たせ  候よりせ  俊吉は向い合いもせ  淀みもせ  光、尽きせ  大路暮れゆけば顧みもせ  車まはせ  音ただにせ  観世音、守らせ  舞上らせ  不愉快にさせ  部品を組合わせ  売却させ  咎めもせ  味方をせ  ところへ連れていって会わせ  ゃったから打たせ  死をさせ  世間へ知れせ  墓参をさせ  便を聞かせ  鹽原角右衞門に逢わせ  包は奪られはせ  止しなせ  達者でいるから、逢わせ  お母様に逢わせ  そこを聞かせ  楽でもさせ  法事供養をさせ  密通をさせ  その間一つ寝もせ  離縁状を書かせて下さいましよ、書かせ  内儀さん大概にしなせ  お客を坐らせ  宛がってどっさり喰わせ  から楽をさせ  密通させ  御覧と案じる振で捜させ  何うしても取らせ  婿を貰わせ  んなせ  何かへも知らせ  お話をせ  請取書を持たせ  がんして、お聞かせ  先方の子と思わせ  から小平に取らせ  介抱して呑ませ  下より未だ小せ  から離縁をせ  車を待たせ  九文に売りやんせ  楽をさせ  注けあそばせ  のは習わせ  飯も炊かせ  寒い思いをさせ  一刀を出させ  慄させ  目を覚させ  何処でせ  寫眞を取らせ  聖目を置かせ  耕作もせ  彼はせつせ  湯島新花町をさして走らせ  私たちは、待たせ  銀座をさして走らせ  家で作らせ  侯爵邸に走らせ  警視庁に走らせ  アルコールをしませ  兄弟に聞かせ  替え玉として帰らせ  書生に住みこませてとうとう盗みださせ  空き家に隠させ  空気に起させ  母をこまらせ  機械的に歩かせ  記憶を呼び起こさせ  おのおのを重ね合わせ  半面を照らさせ  あちらこちらと飛ばせ  時計をすすませ  鎌倉から幌を取らせ  エミ子は、何とも云えない遣るせ  テラテラさせ  泛び上らせ  のか、なかなか帰ろうとせ  話はしようとせ  日本のおくればせ  現実に立ち返らせ  夫に飲ませ  正太に話し聞かせ  ゴトゴト言わせ  位はさせ  通信させ  子供に真似て聞かせ  衣を脱がせ  手を通させ  暫時学校を休ませ  ガタガタ言わせ  叔父さんを休ませ  女教師に話し聞かせ  サンザン苦労させ  俊が話し聞かせ  翹望けた娘達をガッカリさせ  工面もさせ  ことを話し聞かせ  娘達に説き聞かせ  手を執らせ  眼を喜ばせ  痛みを打たせ  逗留いたさせ  娘達にも聞かせ  新宿近くまで送らせ  声で、こう語り聞かせ  三吉に起させ  皆なに心配させ  意味をつくづく思わせ  私語いて聞かせ  秋らしく成ったろうと思わせ  方角にあるなどと話し聞かせ  ウンと遣らせ  洋行でもさせ  真似はさせ  意味を通わせ  心意気をお聞かせ  ことも聞かせ  さを起させ  音なぞをさせ  私に奢らせ  面白い歌を聞かせ  一つ頂かせ  持薬に頂かせ  親類を気まずくさせ  足を運ばせ  苦労しているに過ぎないかとも思わせ  家を興させ  ことなぞを語り聞かせ  横に成らせ  二階から階下まですっかり張らせ  叔母さん達にも逢わせ  消息を通わせ  夫に逢わせ  三吉に言って聞かせ  坐りもせ  ワンワンも持たせ  肩につかまらせ  種に想い起させ  目で言わせ  身体を震せ  殊に力を入れて吟じて聞かせ  バチバチ言わせ  向島に逢わせ  叔父さん、既に最早逢わせ  正太に話して聞かせ  亭主にも飲ませ  傍観させ  洋酒を運ばせ  弟に語り聞かせ  款待させ  豊世に言って聞かせ  陶器なぞを取出させ  特に焼かせ  話ばかり聞かせ  一緒に余儀なく歩かせ  一晩そこで泊らせ  叔父さんにも知らせ  叔父に聞かせ  外までも這わせ  手入もせ  檜木で造らせ  ように画かせ  女にも知らせ  正太を休ませ  ホウホウ言わせ  手足なぞを拭かせ  思もさせ  電話で聞かせ  関係を依続せ  交りだけはせ  弁当も持たせ  寒いのとひもじいので死んだのでせ  靉靆をもてせ  階級とせ  流派とせ  褒貶なかりせ  觀を高うもし、深うもせ  材にせ  樂天詩人なりとせ  言とせ  成心あらせ  自在を得せ  眞如といはれて足れりとせ  玄といはれて足れりとせ  無意識といはれて足れりとせ  緒にせ  有心ともせ  無心ともせ  有理想ともせ  理想ともせ  對とせ  理想なりとせ  大理想なりとせ  逍遙子後にせ  ために偏りたりとせ  その後にせ  師とせ  教説き聞かせ  われ非せ  判斷力を以てせ  既得大理想とせ  眼鏡を以てせ  體とせ  本領とせ  意義ありとせ  相伴へりとはせ  こと一瞬間を出でずとせ  理想にあらずとせ  ことを以てせ  來無とだにせ  限あらせ  ところとせ  幻影とせ  われに宣らせ  證するを以て足れりとせ  義を以てせ  むがために一新語を造れりとせ  歌はせ  是ともせ  非ともせ  方便とせ  一掴みにせ  辨ぜさせ  當てたりとせ  分疏にせ  字を以てせ  不自由させ  棒にかけて、かつがせ  人間を踊らせ  馬に引かせ  ひとつ走らせ  行進させ  ことを誓わせ  厳粛に誓わせ  のですが、どうか行かせ  みんなリリパット語を使わせ  私を黙らせ  弾劾文を読んで聞かせ  水桶を持たせ  コップを持って来させ  私に着せたり脱がせ  ことをしゃべらせ  指一本さわらせ  教師にさせ  前で話させ  箱を作らせ  グラムダルクリッチに持たせ  洋服を作らせ  地面を歩かせ  傷ぐらい負わせ  話をお聞かせ  妻にさせ  のですが、行かせ  気つけ薬を飲ませ  気をはっきりさせ  空っぽにさせ  話を少し聞かせ  返事させ  塵をなめさせ  人たちは聞かせ  目を楽しませ  通訳して聞かせ  別に珍しがりもせ  手を取って立たせ  中へつれて来させ  ひとつ牛乳をしぼらせ  身の上話をして聞かせ  これ以上お聞かせ  一人そばに立たせ  訪問させ  石ころ道を走らせ  ヤーフどもに引かせ  物を引かせたり、運ばせ  自分で話して聞かせ  それはまだ、はっきり聞かせ  召使にも手伝わせ  ヤーフたちに引かせ  身の上話を聞かせ  騎兵を走らせ  君にぜひとも持ってゆかせ  座席へつかせ  上を、またたきもせ  点火とだけを辛うじて保たせ  国際魔二人を、死なせ  舌をぴりぴりさせ  ブランデーを飲ませ  落下傘をしのばせ  口をこわばらせ  襟もとにおちて、せ  腕を、こつこつとたたきあわせ  途中から洋服下にしのばせ  日本精神は、びくともせ  おれたちを喜ばせ  彼があやういせ  ちょっと言葉をとめて、おもわせ  おればかりにしゃべらせ  音をしのばせ  艦載爆撃機をとばせ  鉄蓋は、間に合わせ  ドキリとさせ  キラキラ夕陽に輝かせ  気を漂わせ  紋太夫はびくともせ  毒矢を飛ばせ  陽に輝かせ  足を洗わせ  何かを怒らせ  体を起き上がらせ  侵入させ  ものを通わせ  赤ん坊を抱かせ  間若い心を躍らせ  酒とを積み込ませ  額に波打たせ  余に読ませ  ぴこぴこさせ  稲妻を走らせ  面白い話をして聞かせ  門下に走せ  ものも走せ  写生をせ  妹君にさせ  のではないが少し買わせ  服用させ  管で飲ませ  フィルムを重ねあわせ  昂奮もせ  やうにと持たせて立たせ  汽車で立たせ  さびしいでせ  んですが、何でせ  変事があるのでせ  言ひに来たのでせ  国はどうにか生き残るでせ  あたしもどうにか生きて行けるでせ  これは何でせ  表装させ  裝させ  發揮させ  表現をもって話して聞かせ  枝振りを這わせ  景子に話して聞かせ  平素留守番許りさせ  受け身にさせ  顔をただまじまじさせ  立札をほとんど見えなくさせ  女どもを喜ばせ  ことを許して下さるでせ  顔をしてゐたのでせ  それなのでせ  若い娘たちをよろこばせ  葉を吹かせ  切り上がらせ  気を詰らせ  床をひかせ  箱を持って来させ  そこへ通させ  ときしばらく待たせ  手記を読んでお聞かせ  人々を羨しがらせ  上京させ  夜まんじりともせ  重傷を負わせ  出来上らせ  清三はやめようとはせ  身体をのたうちまわらせ  挌闘をやらせ  絵を習わせ  刃はせ  燻ぶらせ  いるか音もせ  香もせ  女郎見やんせ  埃に甘眠せ  職業を思い出させ  松明を消しもせ  刀をちっとも触らせ  あたふたと走せ  何物を以ても動かせ  者に拾わせ  飯を食わせ  御岳山をさして急がせ  方に詰めよせ  わたしがお預かり申し上げても苦しゅうござんせ  馬上ゆたかに立たせ  案内を致させ  男の子を遊ばせ  男を廃らせ  腕を腐らせ  胴震いをさせるほどに驚かせ  二階へ走せ  恥かしがりもせ  声が聞えまする、早うせ  色を浮ばせ  槍を持たせ  刃は閃く、飛び違い走せ  殺生させ  呑舟に書かせ  膝をにじらせ  彼に起させ  体をすくませ  贅沢をせ  彼等を近づかせ  手段を思い付かせ  北方へなびかせ  借家に住まわせ  二度も運ばせ  むりにあんなおかしげな切手を作らせ  ふたりを気張らせ  引返えさせ  顔をろくろく見もせ  ソファに坐らせ  僕に持たせ  ちょっと尖らせ  滝に打たせ  期待を裏切らせ  家をただ遊ばせ  ちょっと顔を見あわせ  ひとにさせ  かきをせしめられたはらいせ  日なたにはわせ  者にさせ  頼りにせ  あなた、お起きあそばせ  鼠が走せ  筆を置きもせ  ここまで来はせ  歩みを運ばせ  興を呼んで話させ  助なんかに探させ  伸び上らせ  病気がよくなるでせ  つて動揺させ  却つて芽を拗らせ  孰方へも行かんとせ  沸え立たせ  消火半を打たせ  腰をふらふらさせ  胸板を仰反らせ  これにはびくともせ  こッてさ、話してお聞かせ  それも得せ  剃刀を持たせ  鼻を詰らせ  神の引合わせ  一箇枕におさせ  大の字形に寝込ませ  つけで煽がせ  めもせ  木戸まで廻らせ  湯銭を持たせ  手拭を持たせ  しゃぼんも持たせ  水船で消えもせ  看護婦に含ませ  寝首を掻かせ  処へ行合わせ  日行合わせ  縦覧をさせるか、させ  証文を捲かせ  お酒も飲ませ  賤が言って聞かせ  舌を引込ませ  苦にはせ  私が死なせ  地面に降らせ  みんなにも知らせ  つばをのみこんだり、ええ、ええとせ  みそなわせ  きいきい言わせ  ふゆかいにさせ  チャラチャラ音をさせ  外へ出て遊ばせ  花だと思わせ  歯をがたがた言わせ  びっくりさせもし、つまらなくもさせ  それをくり返させ  気ちがいにさせ  復習をもさせ  ばたばた言わせ  気を起こさせ  正気に返らせ  子どもをこわがらせ  金もうけをさせ  一休みもせ  一きれせ  わたしの言って聞かせ  遊びをさせ  ドルスを休ませ  命令をくり返させ  ゆっくり消化させ  なまくらものの行くえを探させ  列を作ってならばせ  目くはせ  のどにはつまらせ  子どもを探させ  犬たちと遊ばせ  物を見向したりなんぞせ  お話をして聞かせ  アーサに言って聞かせ  活動をそれなりこおらせ  目を覚まさせ  出血させ  血管に少しも苦しませ  それからもう一度今夜味わわせ  わたしに思わせ  村続きでせ  見世物に出させ  留守番させ  ぼくを死なせ  気晴らしをさせ  金さへ握らせ  馳走をして取らせ  紀を立ち去らせ  面白い話でもせ  無理から相手をさせ  但馬守を喜ばせ  本復させ  後戻りさせ  初めもせ  気易くさせ  店員たちに運ばせ  一ぷくさせ  お話お聞かせ  態度を寛がせ  眼を悦ばせ  サフラン色に透き返させ  黒地を覗かせ  気をさっぱりさせ  のっぴきさせ  幻出させ  踊りを習わせ  お手伝いさせ  一人飲ませ  正気に還らせ  含嗽をさせ  そのまま投影させ  ものに思わせ  嫌厭を催させ  悦びもせ  なぞ権柄ずくで貰わせ  ものを護らせ  目を僻ませ  一切聞かせ  ごらんあそばせ  巡礼に遭わせ  込みもせ  定規を破らせ  弟子どもに持たせ  直ちに壬生へ走せ  土方には知らせ  話までも聞かせ  身受けをせ  不審がらせ  目付だとも言いはせ  土産話でも聞かせ  追善作善のつとめというをせ  地蔵尊、ゆるぎ出でさせ  柄にとりつかせ  のではござんせ  展べさせ  うちに何とかせ  断頭台もあえて辞しはせ  肩さきだけ覗かせ  汁を飲ませ  金鎖をからませ  同情を含ませ  晩はまんじりともせ  音を鳴り響かせ  ように暮させ  お茶を飲ませ  姉を生ませ  上下にうなずかせ  家に住まわせ  池上方面にせ  二子方面にせ  八王子方面にせ  大宮方面にせ  柴又方面にせ  蚊帳を吹かせ  渡船をつくらせ  ビカビカ輝らせ  目を輝らせ  人の通うばかりにせ  まり肩をすぼませ  歌舞伎座でせ  和やかな落つきを持たせ  是非見物させ  亀を這わせ  クリストに云わせ  返事も出させ  麻服のせ  船を滑らせ  二行に書かせ  七八分にはせ  行動をさぐらせ  敵情をさぐらせ  隊に走らせ  躯を熱く煮えたぎらせ  千穂子に持たせ  肺炎で死なせ  出没させ  かっかっとほてらせ  人に盗ませ  玉ねぎがついてゐるでせ  底冷たい光りをみなぎらせ  縮込ませ  相棒にも握らせ  歯をむきだしもせ  黒目が、にこりともせ  余音を持たせ  助が尽きせ  まともに向き合わせ  金蔵に弱らせ  手に取ろうとはせ  お伴をさせ  静かに歩かせ  子供が産まれはせ  辞退はせ  前へ走らせ  ことはほとんどせ  立合いはせ  話はさせ  西峠まで走せ  開きをせ  刀を取り返そうともせ  ここは動かせ  わしに会わせ  案内にさせ  格別急ぎもせ  伸子をもどかしがらせ  時させ  彼を黙らせ  埃っぽく輝かせ  ワルツを軋ませ  腋に挾ませ  佃からはなさせ  のか一向はっきりせ  歓びを輝かせ  彼女を見もせ  忖度などせ  心を燃え移らせ  教育も、させ  あいだ動かせ  船全体を軋ませ  途切らせ  むきにさせ  私にさせ  目を覗かせ  両親に出させ  佃は、固くなって、にこりともせ  方に行こうとはせ  体じゅうを強ばらせ  夜具を運び出させ  程胸をどきつかせ  お待ち遠でした、と云わせ  皆を待たせ  着物をきしませ  工合よく暮させ  湯をふくませ  同化もせ  自分を奪わせ  自ら思い起させ  湯を使わせ  下を潜らせ  部屋に運ばせ  しょんぼりさせ  鍔広帽を出させ  皆に読んで聞かせ  嫉妬を起させ  俥を呼ばせ  影を振り返りもせ  自分でせ  否定もせ  伸子に云わせ  茶を出させ  義歯をがたつかせ  心をじっとさせ  両親にも会わせ  落胆させ  涙を滲ませ  言明させ  それに持たせ  しか云わせ  こっちへ靡かせ  おかえり遊ばせ  空想を輝かせ  ちょっと休ませ  不安に黙りこませ  それだのになぜぐずぐずせ  彼らに話して聞かせ  ずるこかせ  思いやりを起させ  鳥を精いっぱい翔ばせ  巻き添えにお会わせ  帳場から出させ  若葉をそよがせ  後からせ  のを助けて游がせ  発露させ  彼女を滅入らせ  相談などをせ  上に立ち上らせ  和一郎に聞かせ  一丈切らせ  から聞かせ  微笑を漂わせ  だんだん日は近づくのに、何一つせ  推移させ  薔薇色に燃え立たせ  伸子に聞かせ  ハガキを書き、出させ  失敗には終らせ  晩自分を眠らせ  俗謡をうたって聞かせ  頬を休ませ  横わらせ  彼女を思い返させ  不名誉を担わせ  列を正させ  なかに座らせ  屋根のへりで、さえずらせ  ひとつ踊らせ  彼をしゃべらせ  私をはっとさせ  笑いを長びかせ  懺悔させ  身を投げ出させ  ふうに死なせ  四つも知らせ  衣をまくらせ  上に座らせ  私は眠らせ  壁によりかからせ  いくつもの廊下を通らせ  意志を書かせ  断腸の思いをさせ  懺悔をさせ  言葉をかけもせ  死刑台にのぼらせ  神経を痛ませ  三度血をほとばしらせ  一撃でせ  人だかりもせ  信仰をもたせ  瀕死にさせ  砲車を引かせ  ためによぎなくせ  もの、させ  負傷もせ  から剥落もせ  照りはせ  側立たせ  自分に出させ  喫べさせ  旦那に持たせ  一人子息がせつせ  何処をふらついてゐるんでせ  ナイフを忍ばせ  子供もあるんでせ  外に踏出させ  参詣させ  其実入牢させ  同然にさせ  竜次郎はそう喜ばせ  竜次郎はぎょっとせ  迷信を昂らせ  輪を滑らせ  落ちはせ  了いはせ  暫らく休息させ  血を沸かせ  北へと走せ  方は休ませ  先に打立たせ  のを怪しみながら走せ  山から出てうせはせ  立派に討たせ  石段を上らせ  ことはありはせ  家へ帰っておりはせ  番頭を立たせ  手拭をとりもせ  一般に思わせ  冷蔵庫を探させ  腕枕をさせ  父と言わせ  寺へ泊らせ  撮影させ  平岡を退かせ  平岡君が居たら逢わせ  取り調べはさせ  朝井刑事に行わせ  鬼頭とを逢わせ  隣室に退かせ  失礼を顧みずこう呼ばせ  一歩先に歩ませ  承知するかせ  お玉さんに問わせ  女中を立たせ  厚化粧なんぞはせ  融和させ  所へ越させ  引越をさせ  飯炊だけさせ  仲町へ走らせて、買って来させ  ことこと音をさせ  給事をさせ  事は思わせ  中に来ていはせ  様子を見て来させ  臓に流れ込ませ  火鉢から離れて据わらせ  返事を手間取らせ  晴やかにせ  お玉が、ちと早過ぎはせ  身綺麗にさせ  観察をせ  面倒を見て越させ  衝突をせ  廻転をさせ  行水を遣わせ  手水をさせ  蝙蝠を差させ  冷澹だと思わせ  丁度薬を飲ませ  書換もせ  あなたに言って聞かせ  梅に持たせ  かっぽれを踊らせ  お玉に飼わせ  隣へ帰って来てがたがた云わせ  口から吐こうともせ  手水盥を持って来させ  抽斗から元結を出して来させ  胸をどき附かせ  何か持たせ  心安立をせ  心遣をせ  妄想を起させ  自分が分からせ  ゃらちゃら言わせ  親しくはせ  五六行ずつ訳させ  下に入れて持たせ  それを目立たせ  秘訣を説いて聞かせ  臆測をせ  紫斑をにじませ  ヒクつかせ  ばくばくさせ  悼詞を長々と読ませ  礼を執らせ  臭ひを感づかせ  生身をさとらせ  嗽ひをさせ  舌を捲かせ  みごと回生させ  翅を凍らせ  やうに紅く、そのせ  ご免あそばせ  給仕させ  引出しをがたがたいはせ  一つづつ作らせ  脛を思ひださせ  アヴェ・マリアを弾いて聞かせ  こともできず、身じろぎもせ  かすかに覗かせ  らつしやるのでせ  好奇心を思はせ  二人はあきもせ  さっき僕に飲ませ  僕が飲ませ  道案内を聞かせ  こっちが、ええ面倒くせ  しんみりさせ  試合に撰ばれもせ  甚左に討たせ  首をうなずかせ  ずんずん言わせ  水をよごれくさらせ  ねどこへはいらせ  一人ひとりねどこへはいらせ  三方に向けてさとらせ  無理ににぎらせ  ぼくを喜ばせ  ヴァイオリンをひくか、聞かせ  中へ呼び入れて休ませ  勇気を失わせ  うずをわかせ  みんなを落ち着かせ  罪をしょわせ  精神をもしずませ  意をさとらせ  わたしを休ませ  たか話して聞かせ  両親も喜ばせ  向こうにわからせ  キッスをさせ  ひもをほどかせ  ほうは見向きもせ  ぼくを泣きださせ  けんめい馬を走らせ  別荘へ行かせ  向こうへ行かせ  寸法を計らせ  墓を築かせ  内儀を困らせ  分をハッキリさせ  信秀はせ  家康を殺しもせ  一味をせ  家康は殺されもせ  から助命させ  引きとらせ  反乱を起させ  風俗文化宗教などを探らせ  巣を作らうとはせ  ぢをせ  悪名をかぶらせ  さんせ  限り話させ  ムクは近寄らせ  身をよじらせ  物も言わせ  使い方を習わせ  狂犬にさせ  槍を遣わせ  空を飛ばせ  体を躍らせ  肉へは触らせ  文句がうるせ  細道を歩かせ  驚きはせ  のか知らと思わせ  一つぽかりと食らわせ  まり情けねえじゃあござんせ  野郎、言って聞かせ  竿を持たせ  役人をてこずらせ  方へ走せ  絹を怒らせ  妻にお引き合わせ  こちらへお掛け遊ばせ  傍へ坐らせ  房を振り払いもせ  ところは、通わせ  寄宿いたさせ  髪を結わせ  こっちも間に合わせ  飜訳で間に合わせ  靴音をひびかせ  口を黙らせ  笑いをやめようともせ  もっと云わせ  通学させ  気絶をせ  杜をこの上なく楽しませ  杜を待たせ  千が、迎えに出もせ  真実を云わせ  先を云わせ  嫌疑を募らせ  仕業と知ると、云いあわせ  ミチミに手伝わせ  杜を悦ばせ  長襦袢に着かえさせ  喫驚させ  約束したでせ  子には、なんにもさせ  ぐらゐ云はせ  帽子を受け取ると、につともせ  うそでせ  けがあるでせ  空想さえいだかせ  交叉はせ  股をくぐらせ  つけをうたせ  縄付を坐らせ  足首をかけて仰向かせ  二重どりをさせ  顔をぶるぶるふるはせ  声をすかせ  路用にせ  十分でせ  原因があるのでせ  塵一ツ動きもせ  馳走はせ  闖入に対して身じろぎもせ  叩頭をさせ  談り聞かせ  いふ音をさせ  此処でせ  今日は、はっきり聞かせ  僕に言わせ  判然とせ  出版をさせ  ことをいさぎよしとせ  毎日なにもせ  看板屋へいって、呼んできて、描きかえさせ  探偵でせ  ものも食わせ  私は思わずほほ笑ませ  乘り込ませ  模様をお聞かせ  血を薄く滲ませ  仕度を手伝わせ  鉄棒を造らせ  職を失わせ  私達を困らせ  力を込めて思はせ  プランを探られる思ひもせ  風景写真を撮らせ  地べたに立たせ  ひよこつかせ  灯を覗かせ  大丈夫だからしっかりしなせ  胸一杯にたぎらせ  火を揉み消そうとせ  火を消そうともせ  酌もせ  何とでも思わせ  ものを歌って聞かせ  鬼ヶ島を思わせ  切れ切れに読んで聞かせ  日本認識のさせ  十分満足させ  厳粛にさせ  それを引込ませ  壺焼を焼かせ  紙張を吊らせ  饑饉年から太らせ  仕方がござんせ  のはござんせ  別に抵抗もせ  暫らく保養をさせ  知ってるでしょう、話してお聞かせ  兵馬が走せ  ギュウと言わせ  手を引いて坐らせ  ガタビシさせ  三十六鱗ビクともせ  気乗りもせ  ライターをかちりといわせ  上に移させ  もう一度お目にかからせ  開放させ  御主人がお起きになるまで待たせ  搬ばせ  私に窺わせ  何事もはっきりさせ  調査させ  芝山宇平を退らせ  部屋へ帰らせ  訊問をやらせ  ちょっと余興をやらせ  おトメさんに会わせ  嘘をいわせ  検事たちを悦ばせ  掃除させ  皆はっきりさせ  中毒させ  後でさせ  口を開こうとはせ  玄関まで送らせ  私にいわせ  命中させ  退室させ  意図をはっきりさせ  燃焼させ  猛毒ケリヤムグインが浸みこませ  ものと思わせ  最後まで手こずらせ  係官をまごつかせ  帆村と争おうとはせ  なかったでせ  処に埋められたのでせ  人があるでせ  上を流れるでせ  底でザラザラ動くでせ  はったりもするでせ  一方でせ  水馬演習でせ  なのは三貫目もあったでせ  疲れた体を休ませ  疲れた頭を休ませ  足を遠のかせ  つて仰有るんでせ  書付なんでせ  端書が来たんでせ  裁判所へ来いつてんでせ  大騒ぎをやるんでせ  つまりゆすられたんでせ  あたしからあげたんですつて、さう申したらわるいでせ  夕飯まで遊ばせて戴いたんでせ  久しぶりにお聞かせ  歩調を運ばせ  通りすぎもせ  出来になればいいでせ  今頃は驚いてるでせ  人ももてませんでせ  処でせ  何うしてるでせ  教へを受けようとせ  ちやあ困るんでせ  火の気なしはたまらないわね、冷えるでせ  何時頃でござんせ  すでせ  返しもせ  ぢや直き来るでせ  顔見合はせ  身体をすくませ  多人数落ち合つて待合はせ  タヽキにきしませ  思つたよりやつれてゐないでせ  事もないんでせ  から駄目でせ  大変でせ  何をしたんでせ  龍子を怒らせ  一昨日からでせ  仕度ばかりさせ  自分で動かせ  手ばかりわずらわせ  凄味を漂わせ  足掻きを効かせ  流石にと思わせ  変り栄えもせ  一番灰汁洗いを喰わせ  ようにだいぶ弱っていはせ  砧木に接がせ  桜林とせ  薬などを飲ませ  座につかせ  本も読ませ  頬をほてらせ  種につまって、大いに弱らせ  住民を震え上らせ  顛末を云って聞かせ  こちらから世に容れられようとはせ  恥辱とせ  餓え死にもせ  地ならしをせ  人交りをせ  様子もなければ強いて話させ  なかに、はっきりせ  意を表しようともせ  毎日毎夜筆を休ませ  読書もせ  敏捷にせ  眼をとろつかせ  誰にでも見えるが、仰向かせ  わたしにその、仰向かせ  高柳君を淋しがらせ  慰安とせ  面倒をあえてせ  創作をさせ  接待をせ  アーチを潜らせ  馳けずり廻らせ  どこぞにおりはせ  考じゃござんせ  贔屓にはせ  鼻から呼吸をはずませ  彼らはそうはさせ  金を借せ  屹度罰金をとられるでせ  木の芽をとらせに走らせ  蕎麦を打たせ  島もない思ひをさせ  僧ひとりにさせ  肩をふるはせ  心もちを起させ  空耳を走らせ  ものに申させ  身が案じられるせ  不自由なく暮させ  さま/″\に着飾らせ  弟子たちにも知らせ  外へ飛ばせ  居合はせ  奧へ引つ込ませ  輿を舁かせ  ものをさせ  奧へ引っ込ませ  薬は飲ませ  ほか供えものをさせ  食器を洗わせ  鯱硬張らせ  癇癪を昂ぶらせ  自分に起こさせ  鏡を持って来させ  望遠鏡を持って来させ  吉田に話して聞かせ  のん嫌でっせ  吉田にして聞かせ  晩にせ  湯を取らせ  旬でせ  ツて来るのでせ  位は有るでせ  病院船でせ  其様なに面白いものでせ  だめでせ  待ツてるでせ  座席を拭かせ  更めさせ  車を置かせ  おろしたでせ  持ツても、汚いとせ  鱚庵老の話しでしたが、実際さうでせ  火傷でもさせ  下痢をさせ  パンパンいはせ  音が聞えるでせ  自分をこまらせ  神経をぴりぴりさせ  気持をおちつかせ  木馬にのせ、遊ばせ  心では、終らせ  手を引込ませ  駕籠屋は追おうともせ  人ではござんせ  つれもござんせ  流れもせ  ことじゃござんせ  歌をうたって聞かせ  音頭取も致しますけれど、改まってどうしてお聞かせ  入夫をさせ  ものがござんせ  神となって飛ばせ  帰りござんせ  現金で握らせ  皮を持たせ  棒を使わせ  寒風に吹かせ  兵士を怒らせ  毀るも足らざるとせ  譽るも足れりとせ  おばあさんはしんせ  所詮はほろりとさせ  珈琲をのませ  進化させ  子守歌でも聴かせ  休養させ  地駄婆駄とうろたえ廻ったが、いかにせ  朝風になぶらせ  穴はどうなるのでせ  時にお役に立たせ  徴用はゆるして頂けるのでせ  土を運ばせ  尊敬させ  ことに止らせ  無にせ  理会させ  カヌーを漕がせ  デング熱がまだ治り切らないせ  家に休ませ  女はまじろぎもせ  留守宅に休ませ  あれに聞かせ  萬一漂流者がありはせ  んだが、見向きもせ  脣を綻ばせ  ことも知らずにせつせ  脣を丸くとんがらせ  つて來るでせ  手巾を覗かせ  赤ん坊を生ませ  細鱗を閃かせ  島が大きいせ  それをはかせ  白馬にひかせ  地響を打たせ  舌をもつらせ  城下でもせ  はり合はせ  願つたでせ  人々に負わせ  品格を失わせ  内容までも持たせ  親から別居させ  創設させ  鳥屋をやらせ  鶏をつぶさせ  一役やらせ  思いに打たれたりせ  焼きもせ  説明をしてきかせ  事を云って聞かせ  鉄砲を担がせ  往来させ  仮りにそう呼ばせ  一杯乾盃させ  コップ酒を飲ませ  四つ足を浮き立たせ  横腹に波打たせ  人を怒らせ  無理に座らせ  葉のへりを優しくそよがせ  出合はせ  肖像を作らせ  私に触らせ  退屈がらせ  蒲団を持たせ  一群を遊ばせ  幾時でせ  事件を聞かせ  感を起こさせ  自殺を装わせ  馬に喰わせ  ようにはずませ  お供をさせ  敏子さんに会わせ  恩田さんに会わせ  わしは会わせ  世間がそうはさせ  一生鉄漿をお附けせ  草双紙を読んで聞かせ  顔を覗き、のう、そうでせ  三つ四つ続けざまに喰わせ  漂流者がありはせ  島民らに言って聞かせ  唇を丸くとんがらせ  もう少し安くならないかと言わせ  これを打合わせ  胸を高鳴らせ  日毎夜毎鳴り響かせ  次の如く読ませ  過去形に読ませ  二句をも持たせ  やうに読ませ  現在にせ  仮名混りにせ  七字づつ行列させ  与八に食わせ  やつらをあっと言わせ  嘘もありゃしない、このせ  はじめさせ  開帳に行ってみようじゃござんせ  一曲聞かせ  莚を敷いて聞かせ  蚊に食わせ  ジタバタさせ  から穿かせ  陣立であろうかとさえ思わせ  キュウキュウ言わせ  金公は弱らせ  働き故、頼まれもせ  先生方を悦ばせ  高瀬にして聞かせ  洋装をさせ  奥さんは言って聞かせ  色などを語り聞かせ  途を急ごうともせ  彼を悦ばせ  ヒッソリとさせ  高瀬に聞かせ  泉に訳して聞かせ  乳を放させ  姉娘に言って聞かせ  引被らせ  模範とせ  言ひ過ぎはせ  話でせ  ステパンがさせ  番人をさせ  帳面附をさせ  噂を聞かせ  変つた扱をもせ  お守でせ  ヲドカを飲ませ  幾つでせ  わけでもないでせ  均勢を失はせ  それを押し倒したりせ  物音がしはせ  女を通らせ  ちよいと困らせ  贖つたら宜しいでせ  罪をお赦し下さるでせ  ものだとか、話して聞かせ  周囲を引き吊らせ  腰を卸させ  づ身を起させ  身を起させ  帰依させ  道に帰らせ  セルギウスを上らせ  下りなさいますのでせ  手助けにならうとはせ  神様がなさるでせ  あなたがお困りでせ  あなたにお授け下さるでせ  一杯人に飲ませ  壮士なりとせ  赤大根を以てせ  らずとせ  姿をまざまざと観せ  身動きすらせ  だんだんに、聴かせ  品々追従賄賂して、頼み込んだが、聞き入れようともせ  後押しをさせ  八回無駄足を踏ませ  五時間待たせ  毎日ガラガラ走らせ  いっぺん失脚させ  そのまま借用させ  葬式とちがいまっせ  弥次馬根性がそうさせ  順に並ばせ  目玉をひからせ  チラシ撒きなんぞに落ちぶれてしまったかと、匂わせ  一滴まで啜らせ  川那子薬をのませ  もう一度世間をあっと言わせ  喜劇的効果を鈍らせ  相手とせ  言葉によって語らせ  文章によって浮き立たせ  気持ちを重ねあわせ  サラダは欠かせ  にわか雨を降らせ  減速させ  点滅させ  作動させ  いっしょに詰めあわせ  納得させ、落ち着かせ  グラナーダを走らせ  ぼくをすわらせ  舌で湿らせ  こんど会ったら、聞かせ  気持ちを起こさせ  逮捕されたりせ  上に、せ  決心したらしく、せ  脚を集めてせ  ようにうねらせ  やうにうねらせ  首をせ  耳目をそばだたせ  一時戸まどいをさせ  大成させ  人がいたらやらせ  屈しようとせ  辛がりもせ  滞在させ  米を買取らせ  買米手付金渡させ  直談判させ  生れはせ  モノともせ  肝臓を腫れあがらせ  日夜をすごさせ  確信をただよわせ  二番列車でせ  病人を待たせ  門前へ走せ  人たちにはかかり合いはさせ  家を走せ  身をひそませ  ことになるぜ、引込んでいなせ  出前持をせ  帳場へ坐らせ  巡邏させ  鉄砲を引かせ  ために厳しくせ  一ぺん向き直させ  んだか早く聞かせ  先生に奢らせ  駕籠を釣らせ  おいであそばせ  米友を口惜しがらせ  米友を追い出させ  緒に就かんとせ  資力を以てせ  ひも碌にせ  山へ上らせ  補なひをつけてくれるでせ  つてゐるのでせ  厭はないでせ  さへするでせ  言つていいでせ  ことは、今さら申すまでもないでせ  色を見てとられたのでせ  抗議なさるでせ  後悔しないでせ  方ではらはらさせ  現象は見えないでせ  資格で住みこませ  違ひが出てくるのでせ  ことは分つていただけるでせ  確かでせ  四五十もあつたでせ  まま、まんじりともせ  電燈のしたで見るせゐでせ  腰つきを見たでせ  顔へ走らせ  顔のうへに走らせ  わけにも行かなかつたのでせ  真一文字に開かせ  蓋をせ  手伝ひをさせ  成行きでせ  そばへ走せ  一たい誰をさがしてゐたのでせ  てゐなかつたのでせ  夜半はとうに過ぎたのでせ  凱歌を奏させ  覗きにくるのでせ  月夜なのでせ  ものがあつたのでせ  二三十分もたつたでせ  足を滑らせ  笑ひになるでせ  言葉でせ  姉さまとふたたび仲よく暮らせたでせ  それを拭きもせ  考えを懐かせ  不思議とせ  曲を撰んで聞かせ  路をも遠しとせ  肴にせ  吸はせ  天風に吹かせ  郵税先払を以てせ  叙せんとせ  からめもせ  あけすけに分らないと云わせ  しか生活もせ  私をかなしませ  夢を思い起させ  無性によろこばせ  おかえりあそばせ  しみをつくらせ  名取りにさせてみまっせ  棒よみをせ  心を踊らせ  別に努力もせ  毎日を思い起させ  母を喜ばせ  英雄気分にさせ  気持をかなしませ  有頂天にさせ  悲劇的にさせ  彼女を恨みもせ  何度もほどきなおしをせ  すみに、うろうろ浮ばせ  人員点呼をせ  側面へ、まっすぐ伸ばさせ  涙をつたわせ  心に沁みこませ  頭をくっつけ合わせ  ポーズさせ  五分聞演説をさせ  から上級学校へ行かせ  疎遠させ  笑いを浮ばせ  前に浮ばせ  役立もせ  さらいをせ  まり口ききもせ  体をさけようともせ  転勤させ  がちゃがちゃ云わせ  拝聴させ  中へすべりこませ  死ぬ動機だって一言で云いあらわせ  私をそうさせ  結婚はさせ  過ちがありとせ  決裂させ  ののしるのを聞かせ  確定させ  ナッシュを走らせ  から車を走らせ  暫らく秋田を待たせ  美木に持たせ  郵便局へ走らせ  笑みもせず、またわるびれもせ  予感されるでせ  慾張りでせ  実行するんでせ  駄目でせ  素敵でせ  みなさんにはおありでせ  老中にまでも思い知らせ  外へ向わせ  剃刀なんぞを忍ばせ  駕籠を飛ばせ  人足どもに困らせ  裸虫には弱らせ  ガンと食らわせ  怺えてじっとして剃らせ  ナゼ普請をせ  桂川見物をさせ  芸当をさせ  軽業をさせ  筋を語って聞かせ  裏から見物させ  甲府へ立たせ  横綱と噛み合わせ  勝負だけはやらせ  織田と噛み合わせ  腹を太らせ  謙信あたりと掛け合わせ  目を驚かせ  心から、そうせ  能登守を困らせ  空気に打たせ  討死をせ  迷信を打消しもせ  垂を下ろさせ  駕籠を進ませ  もてなしをせ  色を漲らせ  口を吃らせ  世話ばかり焼かせ  腰巻きをはためかせ  疵口を縫わせ  おれを困らせ  誰か送らせ  縄でくくらせ  薬鑵があいにく冷めて居りましたので、沸かさせ  ことよ、うるせ  これだけ云って聞かせ  みんなを手古摺らせ  張つて来て開かせ  貴族趣味があるせ  ザクザクいはせ  顔で、にこりともせ  せいせい云はせ  上に躍らせ  手をおよがせ  胸を波うたせ  ふちを赤らませ  なかで脱がせ  着附けをさせ  風俗をさせ  耳の遠いせ  席へ運ばせ  微笑をやどらせ  先決問題でせ  資格で来てゐるのでせ  機関が決めてくれるでせ  きれいな名でせ  言ひ聴かせ  山にせ  線路工夫でせ  それをせつせ  寺近くに居て果させ  堤に引き出して、お討たせ  ろきもせ  ろきすらもせ  まさかにもせ  見知りもせ  姫は答えよう、とはせ  精励させ  昔代の物語りをさせ  誰に言わせ  老女たちが、引ったくって渡させ  荷として、持たせ  姫で入らせ  君に含ませ  君に言って聞かせ  ように強く結ばせ  女中部屋まで連れて行って休ませ  君に話して聞かせ  言葉をお聞かせ  一同は言い合わせ  馬鹿正直に守って仕込ませ  ところへ打たせ  君を坐らせ  外へ打たせ  お作りを致させ  馬を打たせ  東へ歩ませ  お客に喰わせ  君もせ  控所で待たせ  旅行先へも送らせ  昆布茶などを飲ませ  迫つて来はせ  定住させ  人間に立ち戻らせ  煙草を吹かせ  お腹が空いたでせ  何かでせ  相手をして下さんせ  今日お出でになるでせ  つて此方は待ち設けもせ  氣乘りがせ  安心するとせ  今日も行くでせ  氣でもないでせ  別に覗きもせ  云ひはせ  後悔して居るでせ  氣味なんでせ  屹度中傷でせ  云つて懷中から手紙を出して讀んで聞かせ  関心を持たせ  それを思い出させ  幾らそうさせ  まともに見ようともせ  方法を考えて、まんじりともせ  私を思いとまらせ  私が望んで描かせ  自分で描かせ  中に這入らせ  子供から私をそむかせ  あなたを選らばせ  様に云いつけたほど、用心深くさせ  画を描かせ  花を出し開かせ  香を漂わせ  それから両手をせ  イルミネーションと綴らせ  朝目でせ  よう、とはせ  通はせ  老女たちが、引つたくつて渡させ  殊にせはしく、そのせ  婆を掴み出させ  日の光りは、霞みもせ  からすに食わせ  義兄は動かせ  中へ、のこのこ行かれもせ  碌にせ  食事を運ばせ  夜とせ  作つてしまつたんでせ  気運が、どうしても出て来るべきでせ  ポストがとにかく出来るでせ  妻にはさせ  石鹸をふくませ  廻り合せでせ  薬をふくませ  稽古ごとをさせ  言葉はハッキリせ  ものを多少は浮びあがらせ  私をしてそうさせ  ゃごにゃと国民に分からせ  活躍するでせ  會食させ  鮮血を滴らせ  道人がほのめかせ  事も話して聞かせ  格別驚きもせ  なりに、返らせ  のしかからせ  いきさつを話して聞かせ  葉巻ばかり燻らせ  襯衣を覗かせ  鴉片を燻らせ  一切飲み食いをせ  誰一人それを疑おうともせ  食物を実らせ  一人声を忍ばせ  病気が直るとせ  肉を喰わせ  乗務させ  堤に引き出してお討たせ  のは、身じろぎもせ  負けさせ  ちょっと、その、待たせ  ズッとせ  まり聞かせ  叔父さんは、そうさせ  せいさんも、掘りはせ  クネクネさせ  個所をカタカタ言わせ  死滅させ  戦争なんか起させ  もう少し聞かせ  身動きをさせ  仰向けにさせ  時によくして聞かせ  生命を持たせ  化合させ  吸着させ  物語をさせ  老女たちが引つたくつて、渡させ  資人に持たせ  日の光りは霞みもせ  話は、御役に立ちませんでせ  まこと衰へさせ  伸びてゐさせ  銀様を待たせ  のを知らなかったけれど、待たせ  平気でこんなに待たせ  屋敷まで送らせ  から、帰って来たらすぐに飛ばせ  後生だから一目会わせ  ようだし、そうかと言って、会わせ  泳ぎをさせ  中で涼ませ  二挺釣らせ  ズンズン駕籠を進ませ  日頃から思わせ  血汐を躍らせ  わたしを待たせ  自由におさせ  兵馬に飲ませ  脱走が走せ  隅をさぐらせ  窮命をさせ  窮命させ  身を退かせ  岡焼をさせ  米友を驚かせ  クリクリとさせ  小柄を抜こうともせ  それに劣らず走せ  心配がらせ  烟たがりもせ  引させ  両方から来て走せ  工夫して作らせ  宇津木にもあたらせ  一生懸命で走せ  シッカリものだなどと言って褒めて聞かせ  クンクン言わせ  家のものにも嗅がせ  マルにまで嗅がせ  会社のものを伺わせ  庭へ下りようともせ  ことを想わせ  ことなぞを思わせ  別れた妻を恋しく思わせ  ガチャガチャ音をさせ  怪我はせ  場にい合わせ  椅子を進ませ  眠り薬を飲ませ  火事騒ぎを起させ  名画を写させ  指もさわらせ  奴らに思わせ  ボートルレは悪びれもせ  ルパンがなぜ死んだと思わせ  レイモンド嬢が考えて書かせ  手を開かせ  ことは届くよっていって聞かせ  人たちを驚かせ  中に入ってみようともせ  部下を乗り込ませ  見張りさせ  一段後戻りさせ  夫人を出ていかせ  何かがかれに拒ませ  朝につづかせ  んとはせ  つてコートはあるでせ  追分で乗替へでせ  気がするんでせ  みつからないんでせ  沢山でせ  帰つて来るでせ  私を一方ならず喜ばせ  ものでありましたでせ  今日が初めてでせ  稽古までさせ  気乗がせ  手だけをちらりと覗かせ  何度一ぱいにさせ  まま、身じろぎもせ  それを出て行かせ  もう少し敷衍させ  ものを滲み出させ  接合点や、思はせ  云つたり、したりさせ  驅けさせ  下にしのばせ  これに類した思はせ  形を置かせ  しづかに寢がへりをさせ  免状をとらせ  寢がへりをさせ  はつきりわからせ  力落しでせ  それぞれ動かせ  顔を会わせ  床屋へは行けもせ  怪我でもさせ  髯に伝わらせ  指摘させ  正行なかりせ  御簾を高く捲せ  軍をさせ  ことを余儀なくせ  手続きを取らせ  顔たてさせ  んだ、と、ろくに知りもせ  生活をせ  散髪もせ  私を坐らせ  ほうへ立寄らせ  ひとめお母さんに逢わせ  お金を受け取らせ  原稿にせ  それをさうさせ  先決問題とせ  玉簫を吹いて聞かせ  ガタピシさせ  自分に言って聞かせ  嘆息させ  気持から妻に会わせ  弟につれさせ  気分を滅入らせ  つて悲慘な躓きをするでせ  蕪村句集を得せ  違いたりとせ  枯野かないばりせ  勇気とを湧きあがらせ  頭巾のそとに食み出させ  わしにさせ  人にして聞かせ  ギラつかせ  寒い光に波打たせ  齢には少し老せ  前に座らせ  興を催させ  寄附させ  痙攣けらせ  出になるでせ  貰へないでせ  損になるでせ  患もないでせ  かまはんでせ  看板はいろいろあるでせ  中にもゐないでせ  あなたはさうでせ  わたしに書かせ  交つてゐるでせ  嫌やがらせ  手を染めようとせ  見解を作らせ  気持に融け込ませ  いふ演技論も成立つでせ  職業的であるに止まるのでせ  職業にはならないでせ  時日を要するでせ  洗練させ  齡には少し老せ  中にまで落ち込ませ  一變させ  物語類から獨立させ  獨立させ  當惑させ  世界じう歩かせ  方がいいのでせ  物を得んとせ  ところへ行かせ  色こく刻みこませ  場内に漲らせ  所説を想い出させ  土を取り替へもせ  人夫をして除かせ  云含ませ  密集させ  床几を置かせ  痛手を負わせ  失明させ  身を震せ  アメリカ辺りぢや出来てるんでせ  口舌を以てせ  つまり君達を立ちあがらせ  死にさせ  戦意を失わせ  常置存続させ  言葉を吐かせ  虚妄を築かせ  解散させ打破らせ  離散させ  上演させ  君にそうさせ  感じを鈍くさせ  五体をふかせ  ひとを立ちあがらせ  団結力を鈍らせ  膨脹させ  為めに余儀なくせ  者、させ  人ありとせ  もの之れ有りとせ  者でないとせ  者ありとせ  死ぬとせ  長篇を読んでも、読ませ  必然性をもたせ  週期性が生じはせ  墨を含ませ  地震が起るとせ  支配さるるとせ  予報をなし得たりとせ  予期し得るとせ  先を越させ  本芸に取り掛からせ  話説をせ  理窟なんぞはありゃせ  例をもってせ  小屋を指させ  ままに撒き散らせ  これをもってせ  からざるをいかにせ  手籠めにせ  曲事を行なわんとはせ  わが身のなせ  色を動かせ  瞳を凝らせ  罪を負わせ  伝説とをこね合わせ  馬車を急がせ  明日を楽しませ  負荷させ  亭主がせつせ  嚊でも持たせ  自然に馴れ親しませ  頭領から持たせ  夫を持たせ  老人がせつせ  立場から考えなくさせ  そこをはっきりさせ  見物を楽しませ  性質をはっきりわからせ  表現をさせ  われ汝らを高うせ  幾度顰蹙させ  一字一句もいやしくせ  鉢植をさえ覗かせ  ところに泊まらせ  倦きもせ  仕事をよく実らせ  つて取り上げてくれたでせ  樣に似ていらつしやるのでせ  隨分お若いのでせ  あなたをお護りするでせ  下に滑り込ませ  冠をさせ  馬を躍り入らせ  宰領させ  子として、みあれせ  温度を保たせ  奇病を起させ  病原菌を持たせ  天井に止まらせ  あたりを波うたせ  グルグルさせ  丈夫に作らせ  併立させ  のじゃが、間に合わせ  猫背を張らせ  聯想を生ませ  ところへ休ませ  手出しをさせ  看病させ  わたしにお聞かせ  障りになるならならせ  玩具一つ持たせ  追っかけさせ  銀様を驚かせ  ことで驚かせ  念を、ぐらつかせ  それ故、よく言ってお聞かせ  それを持ち出させ  幸内に飲ませ  いま飲ませ  人だと思わせ  隙見をさせ  わたしを一度会わせ  門を走せ  役人と思わせ  声だと思わせ  私行をいちいち探らせ  米友は見向きもせ  兵馬を強くせ  明瞭とせ  ものではないと思わせ  信州から、わざわざ招かせ  鼻をあかさせ  案内致させ  口を取らせ  方へ打たせ  連中を唸らせ  恍惚とさせ  前をああして打たせ  酒肴を開かせ  功者に当てさせ  舌を振わせ  二人をじっとさせ  ワザワザ邸まで飛ばせ  老女に持たせ  見物をさせ  見物を同じにさせ  馬を曳かせ  お松様、そうしてお置きあそばせ  場をさがって、おのおの引かせ  立場から言えば、取組ませ  敵に組ませ  命知らずを萎ませ  見物を嬉しがらせ  もう少しハッキリさせ  位させ  機会をさえ拒まれたりせ  社会的意義を成り立たせ  一等感動させ  損失を蒙らせ  小児なかりせ  左までに怪しみもせ  むに、いかにせ  遠くに走せ  女中たちをも侍らせ  逆に、すせ  ノックさせ  カーテンを、ゆすぶらせ  蹂躪させ  本当でせ  無理はさせ  俺に聞かせ  苦労位させ  連中がせ  奴に触らせ  角も休ませ  船を送らせ  つたから格別氣にもせずにせつせ  身を動かせ  息をもつかせ  世を去らせ  直射させ  暴漢を雇って殴らせ  なかに立たせ  眼をよろこばせ  栗のふくませ  のほをひびかせ  さなかにすき透らせ  のほをなびかせ  明暗をふりしきらせ  身に飾り波うたせ  日のふくらみをふらせ  葉をむらがらせ  雲にふれて消えもせず、ふくらみもせ  運轉者がせつせ  身に沁ませ  饒舌を闘わせ  顔をにやつかせ  坊主にとらせ  調製させ  開港させ  競争させ  物させ  英国旗をなびかせ  勝利させ  歌を唄って聞かせ  自慢して話して聞かせ  気を付けて行かっせ  目当てに行きせ  馬に踏ませ  婆さんから聞かせ  景色をほのめかせ  辺を下りせ  源氏物語を読んでお聞かせ  戒名ではござんせ  それごらんあそばせ  ことでない、こうせ  誰が流行らせ  ことを流行らせ  町人になってしまおうかとも思わせ  相手であるとさえ思わせ  主取りをさせ  ことも思わせ  世話をさせるにはさせ  座を立たせ  お供を待たせ  満面に漲らせ  城中城下から金を盗ませ  樹から樹を潜って、続々として走せ  一つガンと食わせ  ちょっと小手調べをやらせ  彼等を近寄らせ  駕籠を奪い返すべく走せ  相手がつとまるべき、許させ  候や、名乗らせ  先に休ませ  少年に聞かせ  姿を忍ばせ  お松にも説いて聞かせ  犬目へ向けて歩ませ  言論をお聞かせ  玄関先に待たせ  感じは決して起こさせ  役割をハッキリさせ  関係をハッキリさせ  ことが出来、又せ  対質させ  浮動させ  偏極させ  収斂させ  相即のさせ  制限をハッキリさせ  ファッショ文士達をかって書かせ  検討に向かわせ  今日人を迷わせ  ピストルを持たせ  的矢に娶わせ  薪をせ  木にしばりつけてあり、せ  ゆつせ  オイオイ止せよせ  無駄骨を折らせ  失墜したる亦宜ならずとせ  御末とも思させ  源兵衛佐を以てせ  田ども刈らせ  秣にせ  ほとりにつきて時々入取せ  石村さんと呼ばせ  尻尾は掴ませ  紙片を持たせ  何にも言い出そうとせ  乱調子にせ  哀愁を含ませ  明瞭させ  つて馬車を走らせ  ヒヤヒヤさせ  聲もせ  ばいかにせ  む、せ  この世にはいづれ絶えせ  宿をいかにせ  わが身をいかにせ  波上を照せ  元へもどしやんせ  咲きもせず散りもせ  細君に仕舞わせ  文学なぞは遣らせ  ものを読んで聞かせ  近所へ住ませ  食事もろくろく摂ろうとはせ  飲物をのませ  発車させ  閑としてまっせ  一口啜らせ  ギイギイいわせ  うちに聞かせ  警察へ持たせ  父に会わせ  ために話して聞かせ  隅に、立たせ  頼み申しまっせ  仕舞いにしまっせ  本当でっせ  どこへやら、云いあわせ  致命傷を負わせ  即死させ  踏台を重ねあわせ  書生を怒らせ  クスリと云わせ  後をふりむいたりなどせ  アッパーカットを喰わせ  二里半ぐらいはありまっせ  味噌樽を下ろしていまっせ  力を鈍らせ  胸おどらせ  室内をお片づけしただけでっせ  麻酔剤を嗅がせ  それを拾わせ  ことになりまっせ  電話が来とりまっせ  手配たのみまっせ  者も居りまっせ  口髭をブルブルふるわせ  モガモガさせ  物を云わせ  水田検事に聞かせ  蠅男はそうさせ  相手になろうともせ  糸子を憤らせ  電話で呼び出させ  寝所へ下らせ  神経を驚かせ  帆村はそうさせ  勇敢に立ち向わせ  帆村を心から喜ばせ  案内に立たせ  ゴムとを組合わせ  脂汗を滲ませ  帆村もつい滾せ  使い遊ばせ  厳重にしとるのでっせ  蠅男は死んどりまっせ  手を放してもよろしまっせ  里帰りするのでっせ  体をこわばらせ  全身一面に浮き上らせ  世間周知の事実ですから略させ  者に手伝わせ  実物とを引き合わせ  野垂死もせ  苦心研究を積ませ  谷山家に乗込ませ  肱鉄を喰わせ  大将軍に成り終せ  音さへせ  旱はせ  華族様だけは長いきさせ  念頭にまざまざと想い起させ  暇させ  遊びをするかせ  鼠花火をはじかせ  之を吹かせ  シャクに語らせ  顏を火照らせ  そのまま返事もせ  跫音をさせ  体が悪い、しっかりせ  挙動もせ  気儘に引かせ  豆ランプを消させ  馬は、嘶きもせず慌てもせ  若い細君をどうして悦ばせ  相談に当らせ  ナゼ早く買いつぶして立退かせ  調合して飲ませ  眼下に見下させ  振舞をさせ  合奏をさせ  吹聴させ  お太鼓を叩かせ  人にも読ませ  横浜表へ積出させ  相手にしないで罵るだけ罵らせ  返事を聞かせ  君を会わせ  兵馬を驚かせ  噪がせ  魔物だとか言わせ  サッサと歩ませ  ことを習わせ  犬を験させ  生命を保たせ  犬をどうしてじっとさせ  無謀に驚かせ  身を沈ませ  同情をせ  子分たちに飲ませ  波を立たせ  口うつしにして書かせ  身を竦ませ  車へしっかりと噛ませ  ことは動かせ  茶菓子を奢らせ  便りを聞かせ  君は振り返りもせ  私は打解けて話そうとせ  君がもしや来はせ  白眼視しても、ちっとも救われもせ  ところ寡しとせ  身動きさせ  さにさえ云いあらわせ  みんな生徒たちをよろこばせ  濺ぎ遺骸を洗わせ  情を走らせ  筋肉をこわばらせ  手をかけて死なせ  むりに口をあかせ  つづらを背負わせ  生きようとせ  ちの世界文学をおどろかせ  方をじゃがじゃがさせ  想ひ起させ  誰に聞かせ  のなら、喜んで伺わせ  気の済むまで、お聞かせ  ポロポロ涙を伝わらせ  食事をさせて、休ませ  情緒を漂わせ  二つ三つを聞かせ  家で焼かせ  アスパラガスでも作らせ  開墾させ  見返り見返り金髪を靡かせ  夜学校へ通わせ  母を持たせ  結婚しようとはせ  お祖父さんお祖母さんを逢わせ  叔父叔母みんなを連れて来て、喜ばせ  一家を驚かせ  華やかさ賑やかさを振り向きもせ  ムズ痒くさせ  疾風のように馬を走らせ  プルーストを飛ばせ  才能を磨かせ  髪を嬲らせ  胸を喘がせ  真似もせ  髪をなびかせ  気品を漂わせ  間話をせ  タクシーを急がせ  ワッと驚かせ  中心として聞かせ  回しもせ  夜一晩、まんじりともせ  馬をあおらせ  髪の毛を靡かせ  書生さんも、お亡くなりなせ  岩肌をキラキラと輝かせ  追慕させ  教師でせ  葉書なんか寄越したんでせ  時書いたんでせ  中學生でせ  臆劫なのでせ  なつたらどんなに好いでせ  中学生でせ  勃發させ  太鼓を打いて、聞かせ  先生が読んで聞かせ  眼醒めあそばせ  外を尋ねて下さんせ  ほかたさうでござんせ  なんぼなりとも、窘めなさんせ  証拠に立たせ  堪忍して下せんせ  憤然とはせ  瞞されはせぬほどに、止しにして下さんせ  人を乗込ませ  洋行もせ  方へ入らせ  外に怒らせ  奥様帰らせ  から運ばせ  何時なりと持たせ  なほざりにせ  痛痒になりはせ  二時の間でござんせ  酒なら、醒めもせ  身の上に、させ  引纒ひ、すやすやと、寝入らせ  年は越させ  訳聞かしやんせ  難題も、それだけならば済ましもせ  ものならば、いはせ  威赫させ  極めてゐまするほどに、いつなと殺して下さんせ  忠義を立てたが、よござんせ  いつなりと、受取りに来て下さんせ  まま、びくともせ  ものを思はせ  意見は聞きもせ  好ござんせ  事情をいはんせ  手引をさせ  ゆゑそこから覗いて下さんせ  ゆゑ、一杯飲んで下さんせ  眼をひからせ  雲をもたらせ  しかひもあらせ  誰にもとらせ  剣をがちゃつかせ  消息さへせ  通信もせ  私達に讀ませ  唖然とせ  端役とせ  江戸昌が命じて刺殺させ  ところで丁度接ぎあわせ  耳に留めようともせ  遠廻りもせ  戸惑いをせ  まま、話してきかせ  人をさんざん待たせ  眼をぎらつかせ  お辞儀するでもなくせ  長追いをせ  者はお会わせ  ギュウギュウ言わせ  不自由をおさせ  仲間をあっと言わせ  お待ちあそばせ  車井戸を軋らせ  延いて坐らせ  返答もせ  声を出して引込ませ  相伴をさせ  場を走せ  禿とを侍らせ  ところで暫く休ませ  介抱させ  これが聞きたいか、よし、読んで聞かせ  持参致させ  から、後れ走せ  先に登らせ  たか飲ませ  ものには巻かせ  ものには貼らせ  一間へ休ませ  長者町へ飛ばせ  四郎太夫に奢らせ  一座をにがにがしく思わせ  舟を漕がせ  自慢を聞かせ  付けさせ  誰にもそんなに見縊られもせ  欄干に持たせ  声を掛けて追はうともせ  ツとはずませ  紫玉から鎌倉殿へ使を走らせ  精進潔斎させ  声を掛けて追おうともせ  ッとはずませ  白拍子をして舞わせ  蕗なりと赴かせ  者をまごつかせ  傾向があつたので、憤らせ  前のめりにせ  音無宿まで赴かぬと拝まれもせ  胸をのけ反らせ  体ぢうを揉ませ  一週間ほど預からせ  照合させ  のか、聞かせ  一曲ずつ聞かせ  男はいかせ  インタヴューアーが引き出して語らせ  にとりかかって手早く終わらせ  体を寄せて触れ合わせ  からめさせ  ここに置かせ  感想を聞かせ  唇を、軽く触れ合わせ  LPを聴かせ  完結させ  物を加えたりせ  裕美子に引き合わせ  休業とさせ  ときには、引き合わせ  掌を滑らせ  弁天でせ  検事総長と打合わせ  失綜届を出させ  感付かせ  漁場に居付かせ  武装警官を乗組ませ  犯罪とせ  大事は明かせ  物は言わせ  裏道を探らせ  縦に振らせ  そのまま眼をパチパチさせ  実演させ  艫櫓を押させ  時にハッとさせ  庭前へ誘い出させ  交わり叶わなくならせ  血判を押させ  それぞれ血判を押させ  これは入るでせ  矢張り都合がいいでせ  暇も出来るでせ  通帳がおありでせ  それはお困りでせ  戯談でせ  極りが悪かつたでせ  宅には無論おありでせ  がらつかせ  胼を切らせ  名をかぶらせ  公立へ通わせ  線香を持たせ  水を持たせ  算露盤を背負わせ  音もちっとも聞かせ  ひかりを陰らせ  みんなを驚かせ  我々を悩ませ  砂糖を入れて飲ませ  門外へ追い出させ  ダテと読ませ  袖を吹かせ  名を負わせ  御座船を造らせ  舟唄を作らせ  船を作らせ  舟唄を歌わせ  わずに造らせ  末におくればせ  陽気に過させ  人が乗りあわせ  紐を解かせ  のを飲ませ  蚕さまに食わせ  眼を拭わせ  雪を浮かばせ  病床にせ  みちもせ  座布団を敷こうとせ  目をしょぼつかせ  演説会場に走せ  針を大きく振らせ  おばあさんが聞かせ  勤人におさせ  苦労をおさせ  労働をさせ  つた所為でせ  云つて笑顔もせ  お伽噺を書かせ  肌にせ  受け入れ通過させ  ようにかたまらせ  人間が焼け死にもせ  犬ですらそうせ  方には見向きもせ  けしきでせ  お客様もやがてゐなくなるのでせ  いやな思ひをさせ  生活を得せ  田を作らせ  一列にならべ座らせ  村人に思わせ  ちょっと寄りかからせ  外へは出ようとはせ  誰ひとり眼もくれようともせ  パラソルを持たせ  事をすら思はせ  芸をせ  木像にきざませ  穴までをうつさせ  作り立てさせ  位来るでせ  いくつ位なのでせ  ひつこめもせ  綴ぢ合はせ  なつちや駄目でせ  ひま欠きばかりおさせ  間から声をふるはせ  方にな、お触らせ  精鋭を思わせ  子とを少からず喜ばせ  外に霞ませ  頼みとせ  誰ひとり眼も呉れようともせ  なつたら台なしでせ  元気がつくでせ  害はせ  肚ぢやないでせ  水をくませ  それをにじませ  せいが高いでせ  雪でせ  あなたはいやでせ  最中余を驚かせ  天女の一生を描かせ  衣裳を纏わせ  しか思わせ  飛去来器に噛ませ  それを飛ばせ  即死を起させ  下降させ  兼常博士を殺させ  河竹に奪わせ  歌を習わせ  戯院へ行かせ  柳秋雲にいわせ  柳秋雲から思い出させ  彼女にまとわせ  拳銃を持たせ  直ちに解散させ  大業を起させ  山に登らせ  強ってやらせ  興を湧かせ  人間業じゃあござんせ  不覚にさせ  逆上的に働いて、こうせ  ものだと思い込ませ  バッテーラを漕ぎ出させ  ように走せ  宙に迷わせ  艪を急がせ  振舞をせ  舟を遊ばせ  木戸へ追い出させ  膝つき合わせ  角を怖がらせ  ものにして微笑ませ  お嬢さんとやらに会わせ  みんなが会わせ  お嬢様に会わせ  鳥を追わせ  天気を占わせ  加州侯の潤わせ  上下におぞけを振わせ  老爺を驚かせ  胆を冷させ  手助けをせ  まり面会をせ  運命に逢わせ  ところをお聞かせ  一舟括らせ  クルクルとさせ  道理を言って聞かせ  見物を見向きもせ  両国を指して走せ  調達させ  皆様を羨ましがらせ  蛇を踊らせ  から、お会わせ  一歩も進ませ  のでございます、苦しがらせ  傍を離れて、かえって、見も知りもせ  疲れでしたでせ  二人に聞かせ  つてつまらながるでせ  轍をきしらせ  あと二分ですから、見送らせ  トラックで運ばせ  上へ行って打ち合わせ  栽させ  遠くへ走らせ  嫁さんも口惜しがらせ  紅涙をしぼらせ  彼に味わわせ  話を聴こうともせ  書置を忍ばせ  望みどおりにさせ  夏帽子を包んで、みしと言わせ  小僧のを脱がせ  小遣いより高い、と云って聞かせ  珍味に厭かせ  これは買いもせ  降りもせ  何度も飛び立たせ  彼女に話しかけようともせ  僕にえらばせ  足を思わず立ち止らせ  裡に蘇らせ  胸に浮ばせ  それを聴かせ  情を起こさせ  購入して聴かせ  晩泊めようとせ  本質から変化させ  根底から変化させ  科学から独立させ  判然とさせ  不服もお持ちなのでせ  幸運をもたらせ  襖も新しいせ  前田さん悄気ていらつしたでせ  大変なんでせ  学校へも行かせ  子守ばかりさせ  つて云ふでせ  払はさせ  しこりがあるせ  失つてゐるせ  里子を怒らせ  口から語らせ  上つてゐるせ  違つて来てゐるせ  留學させ  微傷を負わせ  遲れるでせ  のが含まれてなかつたのでせ  運命でせ  客が来ないんでせ  嘘でせ  鳥でせ  女は抜かせ  怪我までもさせ  侮辱には遭わせ  若い依頼者を困らせ  草を食ませ  人目を眩せ  皆拾わせ  大手柄をさせ  ゆらゆらと高く、立ちのぼらせ  霧消させ  準備はさせ  ちょび髭をぴくぴくさせ  頭をもぐり込ませ  いつまでも黙ってそうさせ  一つ一つ話して聞かせ  ぴょいぴょい躍らせ  用を勤めながら、一向逆らいもせ  井戸車を軋ませ  議論はせ  短文をやたらに書かせ  ものがありはせ  十六枚描かせ  窮するに至るとせ  陰暦何日ごろになるのでせ  友達にさせ  私にも持たせ  富五郎に飲ませ  湯はくませ  真実を持たせ  子等はいかにせ  東に通わせ  ほかはないでせ  ぼくにそうさせ  袂になど忍ばせ  湯豆腐などで飲ませ  石に刻ませ  大勢に観せ  ガワガワ云わせ  爪先にぶらつかせ  仁王門に上らせ  一舐めにせ  幸に通わせ  屋根に上らせ  見舞いに走せ  師匠のいい附けもせ  官金費消罪を犯させ  手引きをして盗ませ  それを探し出させ  腕を借せ  来世に立ち、まず押しも押されもせ  營む事を得せ  我皇帝に於かせ  こちらへも知らせ  作をせ  通史を作らせ  褒貶をせ  古文を以てせ  妹におきせ  妻のおきせ  何んだか、おきせ  養母おきせ  金谷おきせ  悦さんおきせ  金谷のおきせ  人間離れをせ  こっちで頼んでさせ  それからおきせ  前提とせ  分りもせ  表面に立たせ  長命でおきせ  領域がありはせ  吹聴は決してせ  鮒一つやて、おりゃせ  私を死なせ  中に含ませ  仲間入りもせ  憧憬は少しもゆるみはせ  戰爭を長引かせ  終を全くせ  席を同じくせ  手入れをせ  人故、引き留めもせ  三度水をくぐらせ  師匠東雲にいって聞かせ  赤蜻蛉などを留まらせ  鬪爭をせ  銷磨させ  手出しはせ  處分させ  採用させ  無理に売ろうとせ  上などにとまらせ  十分の調査はせ  是非一度引き逢わせ  守衛を喜ばせ  貢進させ  懐中電灯を握らせ  身を細らせ  清子を棲みかえさせ  爺さんを帰らせ  花村貴金属商から強奪させ  泡ふかせ  細工をしてまで会わせ  町人百姓とも交際をせ  弟子にも手伝わせ  見本でも間に合わせ  意向を聞かせ  若井氏に引き合わせ  それまでに間に合わせ  前へ持って来させ  六代も生まれ変らせ  威望を保たせ  我慢とを失はせ  惑乱させ  夢を結ばせ  煩悶させ  呪はうともせ  神経を昂らせ  積りでせ  みんな死刑にするんでせ  咎め立てをせ  骨はびくともせ  頑丈にびくともせ  散髪をせ  せいだと思わせ  いちばん興奮させ  皺をきざみこませ  役目が仕終せ  女中を呼んで持って来させ  勤めをせ  尻拭ひをさせ  出獄させ  毆打負傷させ  引き上げさせ  生埋にせ  萎薇させ  諒とせ  驚殺させ  感悔させ  隱居させ  指先をふるはせ  髮をせ  季節のせゐだと思はせ  油斷をせ  ポケツトに忍ばせ  人に手伝わせ  表面へ立たせ  答えを申すには、実にゆるがせ  三味線をやらせ  ひまはつぶさせ  家持ちにさせ  弟子入りをさせ  のを振り向きもせ  模刻させ  標本を作らせ  ことも、なかなかゆるがせ  人を立ち入らせ  人々にも知らせ  妻子を死なせ  安堵するかせ  教室に休ませ  お家で休ませ  懐中時計を握らせ  社交室にい合わせ  なりをさせ  お嬢さんに、すっかり払わせ  ブランブランさせ  下にすべり込ませ  位ゐでは包み終せ  病気を募らせ  逆はうともせ  捜索をせ  手取りにせ  土に飲ませ  二階番頭を驚かせ  こともなく飛ばせ  病気癒させ  二度三度絞らせ  謀し合わせ  傷を押えようともせ  助にも聞かせ  真一文字に走せ  方に向き直らせ  気を揉ませ  馬鹿を尽した引かせ  兵馬は暫く待たせ  自分を待たせ  身請け話を断わらせ  ものを、あかせ  助けを借りもせ  皆様にお聞かせ  皆様をお喜ばせ  道案内をして聞かせ  わたくしに持たせ  心を靡かせ  怪我をしたくもないし、おさせ  手を運ばせ  本人に返させ  數にせ  二千五百里とせ  懲役に服させ  續させ  壻養子を取らせ  繼がせ  客を立たせ  來非常に振ひませ  心持で、棄てもせ  役目をさせ  眼元に漂わせ  さをいっそう際立たせ  香りをさせ  譯でもありましたのでせ  陵へ走らせ  少年に語って聞かせ  みなと頭をくっつけ合わせ  みな胸をワクワクさせ  キイキイいわせ  あたしを、死なせ  ものをわからせ  悩乱させ  社旗をヒラヒラさせ  お前に使わせ  ひとをいら立たせ  猫のように足音を忍ばせ  あなたをうるさがらせ  あなたをいら立たせ  否応いわせ  身をすさらせ  ためにも、せめて、そうでもさせ  就職させ  化粧室に住まわせ  ドンドン運び込ませ  中を見まわらせ  から談判を始めせ  セイセイ息を弾ませ  妾にして聞かせ  眼ばかりパチパチさせ  藻掻かせ  サメザメと泣き出させ  總括せ  新唐書藝文志では含ませ  批評をせ  講演をさせ  暴れ廻つて政府を手古摺らせ  男は、見かえりもせ  意見を闘わせ  四人を休ませ  こころをすくみあがらせ  居心地よくさせ、くつろがせ  手からすべらせ  まわりに坐らせ  花をうかせ  眼をしっとりとうるませ  栄養を充分とらせ  喰べさせられないが、せめてさっぱりさせ  心澄ませ  男は死なせ  レエヌを怒らせ  まり閉口させ  レエヌをいら立たせ  自棄にさせ  事があってもあやまらせ  モジャモジャさせ  眼を見はらせ  ところへ立たせ  ものが、まじろぎもせ  ちょっとガタつかせ  蹠をヒラヒラさせ  筏からはみ出させ  ちや、まだいけないんでせ  トンネルを掘らせ  キツカケでせ  客は来もせ  鞍替へもさせ  事させ  辺から血をにじみ出させ  ズーツとせ  半年一年うつちやつといても育てて呉れるでせ  仲間入りをさせ  人間を凍らせ  朝吉に持たせ  一口飲ませ  ゆっくり喰べさせ  のはせ  レオポルドめがせ  KeolgKol. わるいのでせ  心をひそませ  眼もとを微笑ませ  ここへ置かせ  横腹に波うたせ  喜びを味わわせ  手を引っ込ませ  使い方もせ  眼をかすませ  事を得せ  とも乗入らんとせ  写実筆法なりせ  擒にせ  切れはせ  手伝ひばかりさせ  新光を共にせ  角度を保たせ  船に積み込ませ  馬に飲ませ  笑ふにも、ええなんとせ  卵をしのばせ  繼子を孵へさせ  小山へ立たせ  噂にのみでつひぞまだ見もせ  かた笑みせ  顏ばせ  淺瀬に走せ  つやを見まくせ  雫なすすらせ  さば永劫朽ちもせ  觸れもせ  寄せもせ  香櫂にけぶらせ  流れをふるはせ  野もせ  らに躍らせ  ひととせ  ことをよく教えて聞かせ  百両を見せて喜ばせ  苦笑いさせ  長剣だけは遊ばせ  宇津木兵馬に会わせ  七兵衛さん、お待たせ  島津に継がせ  一足早かりせ  善男善女を有難がらせ  水をつかわせ  八里も遠しとせ  息子を踊らせ  どこかへ送らせ  手綱をかませ  米友を苦しがらせ  どこぞへ暫く休ませ  法螺を吹かせ  ものを流行らせ  琵琶はこうだと弾いて聞かせ  遠慮なしに上らせ  最初から鼻をひこつかせ  灰神楽を払おうともせ  前で踊らせ  それが面白いので、大いにおだてて踊らせ  表もありはせ  御免なさんせ  疲れはせ  人に近寄ろうとはせ  蔵太郎を坐らせ  方々をくらくさせ  手わけして、探させ  だき起そうともせ  看護婦をいそがせ  へんをさがさせ  一等運転士は、わるびれもせ  名刺をにぎらせ  気をつかわせ  信号をさせ  希望を失わせ  重大使命をせおわせ  日本人ばなれをさせ  それに乗ろうとせ  車に乗ろうとはせ  運転手にいそがせ  道子夫人は、こえをうるませ  座席から腰をうかせ  安静にさせ  房枝をおどろかせ  安心をおさせ  房枝さんをおこらせ  署員たちをたいへん驚かせ  房枝をすっかり怒らせ  警戒心を起させ  娘は死なせ  もっとくわしく聞かせ  房枝たちにしておどろかせ  スミ枝とを急がせ  運転手に手伝わせ  遮断機をぶち破って行ってしまいはせ  有料道路へ走らせ  いくつもダブらせ  おせんさんに結わせ  慈悲に拝ませ  私にばかり言わせ  私に掴ませ  奉公人だって遊ばせ  心を嬉しがらせ  から其処へ暫く休ませ  あれを喜ばせ  勝手口から忍ばせ  目通りさせ  足一つ動かせ  今日から休ませ  海綿をはみ出させ  煙を立ちのぼらせ  アフォリズムを閃かせ  池を覗かせ  僕を苛立たせ  海を覗かせ  模様を浮き上らせ  門を叩かせ  下り、驚かせ  尊を疑わせ  姓名をお聞かせ  名前お聞かせ  眼を驚かせ  宙に渦巻かせ  薙刀を渦巻かせ  箭、いざ遊ばせ  刀を構えようとはせ  穀物を啄ませ  道をせつせ  アフオリズムを閃かせ  し笑味を含ませ  藻草をそよがせ  馬に飛び乗ると、振り向きもせ  わたしもお逢わせ  力をともにせ  徳とせ  意義なしとせ  鼈甲屋とは思わせ  時向うのせ  合手をして遊ばせ  当ものをさせ  のを買わせ  時外へ出して遊ばせ  貞はハッとせ  迎もせ  身動きだもせ  夜遊はせ  旦那にさせ  一片をだにかつて洩せ  少年を仰ぎ見んともせ  身体を弱らせ  目まじろぎもせ  自由にさせくつろがせ  縹緻よしの娘を生ませ  縁類を嫌がらせ  大屋をこまらせ  ものを積ませ  表から来いと言わせ  答えをいわせ  損だったでせ  十二月に入ったでせ  五十人も居たでせ  二尺以上もあったでせ  湯をたぎらせ  転化させ  片腕ブラリとさせ  皿に盛って買わせ  介抱もせ  謂はせ  下へとかへせ  塵に潜らせ  跡弔もせ  探検せんとせ  何が泣くのでせ  鼻息だもせ  手柔に遊ばせ  三味線もあり、いろいろと楽しませ  京都までいって織らせ  向かいにすわらせ  眼前におどらせ  足をつかんで歩かせ  アンポンタンを困らせ  あたしをさえふきださせ  和して同せ  具象させ  表現させ  鉄棒を持たせ  子供心を湿らせ  階下の人を驚かせ  二階へ駈上らせ  彼をそんなに怒らせ  油をしみ込ませ  彼を心強くさせ  のをさせ  意志をつらぬかせ  硫黄狂人にさせ  話をひっこませ  お酒をのませ  ことを考え合わせ  暇だにあらせ  呆けさせ  者には近よらせ  門はさすがにくぐらせ  幾度も結い直させ  靴をはかせ  家でさせ  島田をゴロゴロさせ  家では買わせ  なにしろ家がせ  話聲がせ  のであろうと思わせ  気楽に思わせ  口笛吹いて、お聞かせ  お前だけにはさせ  嫁入をさせ  そばを離れないでせ  小僧さんたちにすまなく思わせ  沢山仕事をさせ  子供心には言いあらわせ  肩味がせ  嫁入りをさせ  一緒に住まわせ  髪を結ばせ  客をよばせ  膏薬を貼らせ  悦こばせ  皿をとりかえさせ  みんなを困らせ  眼を丸くさせ  甚くよろこばせ  縁台でやらせ  姿鏡をかつぎこませ  大柄にして、ドッシリと落ちつかせ  パリパリさせ  味方をして勝たせ  車を飛ばせ  感情をいらだたせ  側に坐らせ  鳩は逃げようともせ  口もゆすがせ  犬阪毛野を思わせ  非常に楽しませ  家族を淋しがらせ  者に捜させ  見送りもせ  葭屏風をかたよらせ  棒をつくらせ  圭太は渡らせ  欄干を渡らせ  髪を断らして遊ばせ  ことさせ  たおやかさを思わせ  たんのうさせ  一本腕は何一つ分けてやろうともせ  竝立させ  最初に話して聞かせ  わたくしに説いて聞かせ  自分を立ち入らせ  曖昧をはっきりさせ  現実させ  選択をせ  誘導させ  高翔させ  純理的思弁をせ  説明をせ  こじつけをせ  仲間入りをせ  並行させ  中に失わせ  音楽から遠くさせ  低落させ  代用させ  連続させ  キョロつかせ  笑つていふでせ  島田髷に結わせ  鉄砲をかつがせ  調練をさせ  手拭をかむせ  飯櫃をつくらせ  袖を掻きあわせ  里心を起させ  さな細君に、どんなにハラハラさせ  いたずらもせ  箸をとらせ  退席させ  つて素通りはさせ  興奮剤を一杯飲ませ  もう少し待たせ  なに吃驚りするでせ  手離しにさせ  草鞋を穿かせ  当選させ  一言いわせ  陰気くさくって困るじゃござんせ  舂米屋をさせ  そのまま坐らうともせ  相手を困らせ  感銘を深くさせ  扉に入らんとせ  外へ出して遊ばせ  偽物をつかませ  大日本帝国はびくともせ  其処に立たせ  家に帰らせ  二人まで死なせ  翁曰、心づかひせ  私意を思ひ破らせ  詩も聞かせ  釈教とせ  故郷から去らせ  亡命させ  従者にとらせ  煙と燃やさせ  一撃を浴びたんでせ  關係はあるでせ  證文を取り出すでせ  北マラアストランド街へ急がせ  ざつと語り聞かせ  ことは格別お聞かせ  娘さんをはいらせ  最後に就いてはお聞かせ  栗毛を歩ませ  擠さんとせ  瓦せんべだの、巻きせ  子供たちをよろこばせ  残りをさせ  長唄なども習わせ  舞台へあげて遊ばせ  祖母がいやがって行かせ  入門させ  それぞれ他人に聴かせ  あたしは読ませ  新聞さえ読ませ  部屋用にさせ  分家支店をもたせ  憤死しはせ  言つて下さつたのでせ  言つて安心させ  千は、馴れもせ  澤山果らせたでせ  幾度もあつたでせ  君と一緒に死なせ  ままにして死なせ  その男を死なせ  小さな足音をさせ  お座敷を断らせ  眼付を思わせ  布告もせ  ように憤らせ  好転させ  活動に立たせ  譯させ  ヤンキー化させ  心掛けをせ  双方から少しく歩み寄らせ  行はれもせ  理想とさせ  趣を異にせ  最大目的とせ  女児三人孕ませ  二人までなさせ  息子にも拝ませ  窺はせ  聯絡させ  第一歩を踏み出させ  稀薄にしたり、勿体ぶらせ  誇張させ  文章を読みかつ綴らせ  標本とせ  違ふんでせ  薄荷のにほひを嗅がせ  意識を蘇らせ  身を硬ばらせ  つて構成させ  相当させ  適当させ  同列させ  ドラマ的に感じておりはせ  向うから休ませ  稽古させ  ハイカラ画家達を喜ばせ  大工左官をさせ  ようにもせ  余計に在りはせ  開業医になりはせ  教育をせ  こちらへ向かせ  ものです、お挽きあそばせ  平易に説いて聞かせ  観念を持たせ  人怖がらせ  何所まで進ませ  幸福を得せ  やる気はせ  押し売りをさせ  九分迄は判らないでせ  ものはまづ零といつてもよいでせ  宗教家といつてもよいでせ  先づ算盤をせ  樣にもせ  宿をさせ  花繍などをせ  共鳴させ  ものか、やらせ  日本に持ち帰らせ  一幕づゝ読んで聞かせ  これを斥けようとはせ  頭から軽蔑しはせ  序に坐らせ  何をするのでせ  処は何でせ  目的は何でせ  何処へ行くのでせ  歓喜に波打たせ  明確とせ  管到せ  安楽に暮らさせ  ものには、そうさせ  蛇滝の上に置かせ  助けはせ  平家を語ってお聞かせ  琵琶を弾かせ  神様をお悦ばせ  六所明神のお引合わせ  知らないとは言わせ  方から飛んで来るのにでっくわせ  一団になって走せ  七兵衛にお聞かせ  深入りをせ  数十里を走せ  人を連れ込んで泊らせ  熱鉄を呑ませ  同業者をあっといわせ  人に会わせ  肩腰を揉ませ  朝比奈をぎゅうぎゅう言わせ  西に走せ  心得をいって聞かせ  底を驚かせ  面に漂わせ  米友に背負わせ  友造どんに奢らせ  不安を浮ばせ  床の間に立たせ  友さんに会わせ  傷がさせ  筋でもあらせ  別酒一樽を持たせ  ともをさせ  者に飲ませ  有様、少し休ませ  禁制を破らせ  櫓を急がせ  上に走らせ  時、わすれもせ  巣を探させ  運とせ  葉なりとせ  息をはあはあ喘がせ  パクパクと噛み合わせ  ガクガクさせ  名主を呼んで来て受持たせ  膝頭を戦かせ  らに棄てて在りはせ  豆腐ばっかり喰わせ  両手を打合わせ  大概にせ  何処にも在りゃせ  松倉様に引合わせ  アトで一杯飲ませ  同道致させ  話いて聞かせ  家内中の口を奢らせ  ものも喰わせ  楽しみもさせ  他人に看破られはせ  これやを考え合わせ  お粥ばっかり喰べさせ  壺を振らせ  朝東風を薫らせ  ほかでも御座んせ  猪口兵衛は、見向きもせ  目にゃ会わせ  浮き上りはせ  二代は続かせ  養子に継がせ  感を懐かせ  心づもり位はせ  命令に反かうともせ  休みもせ  轉車をよろつかせ  旅人はせ  自分をせ  來ずにあつちこつち連れて歩かせ  添寢をさせ  から撃ち殺ろせ  毛並を躍らせ  乗馬を躍らせ  ポーターに見つかりもせ  物価が安いせゐもあるでせ  げに見えるからでせ  云つてくれるのでせ  それが判るのでせ  方なのでせ  互ひを忘れて行くのでせ  ノスタルジヤでせ  不思議なのでせ  割でせ  顔をしないでせ  つたからでもないでせ  つてくれたのでせ  事は再びないでせ  ワゴンに寝るんでせ  好きなのでせ  暮らしてゐるのでせ  此事でせ  貴婦人なのでせ  ゼイタク事なのでせ  説明するのでせ  パリーにもあるでせ  音楽を聞いたせ  飯をあたへないのでせ  林檎を持つて行かせ  使へるでせ  図でせ  思つてゐるのでせ  豊かにしないのでせ  話をよく、お聞かせ  はなやかに浮きたたせ  見物衆の、せ  扮装をせ  立三味線を弾かせ  鐘入りもせ  話があるでせ  微笑を浮べたでせ  耳なのでせ  私をくやしがらせ  白ちゃけさせ  拝誦させ  道具だてはせ  太宰治を語らせ  審判させ  嘲笑させ  悪罵させ  穿鑿をせ  心地にさせ  身振りまでして、話して聞かせ  多すぎさせ  児にならせ  うまい水を飲ませ  手を休ませ  道とは何でせ  心に描かせ  腹から笑はせ  寄つて新聞を読ませ  大朝とを読ませ  雨宿りさせ  煙をのぼらせ  機縁があつたら歩かせ  私も観せ  香春も観せ  ことについて考へる、しなければならない、せ  私にも聴かせ  酒を一杯飲ませ  赤字がさうさせ  酒君はよく飲ませてもくれるけれど、よく書かせ  酒造用水を飲ませ  天体望遠鏡を覗かせ  てふてふをとまらせ  庵居しなければならないのでせ  朝曇朝蜘蛛ぶらさがらせ  一日一夜生かさせ  私を最もよく落ちつかせ  濁りを澄ませ  子供に持たせ  ものは、さて何でせ  十銭白銅貨を返して喜ばせ  ふしんせ  焼酎を飲ませ  不平をおこさせ  山がせ  自転車を飛ばせ  貰ふつもり、どうでせ  二時間も待たせ  小者に持たせ  昼寝させ  観世音立たせ  クツシヨンに割り込ませ  しんせつにせ  訂正にかからせ  カリカチアさせ  刺青を彫らせ  演芸にとりかからせ  金助さんが見えたら、待たせ  七ツ道具を持たせ  寄り道もせ  ことはいわせ  金包を持たせ  味を持たせ  留守居をさせ  凄味を利かせ  戸出をせ  物音高くせ  あたりを驚かせ  身一人にておわせ  窮命をせ  敷物まで持って来て坐らせ  逃ぐるが如く走せ  眼を飛ばせ  要領よく話して聞かせ  盃を乾させ  先をいそがせ  一軒家めがけて飛ばせ  五体をわななかせ  人足に担がせ  鼻を明かせ  ところを、お聞かせ  イヤというほど食らわせ  スッカリ泥を吐かせ  声をつまらせ  根柢から動揺させ  居所はまだ明かせ  時まで空しくせ  夭死をさせ  沈黙をやむなくさせ  いとど怪しく思わせ  一間へ運ばせ  計画を熟させ  方向をあやまらせ  百姓たちを羨ませ  驚異を見出させ  泰山鳴動もせ  両手をおどらせ  考えに飛ばせ  混乱させ、取疲れるまで取組ませ  苦心させ  仲をよくさせ  握手させ  文字を、またたきもせ  學資を出させ  小使に持たせ  一人を歩かせ  大風呂敷を持たせ  大森君はどうしてもだぶつかせ  宿直室に待たせ  父兄を待たせ  いふ動作を起させ  のです、お聞きくださるでせ  學資を得せ  許に走つたのでせ  影響を蒙らせ  迷信を抱かせ  あなたお出下すつたのでせ  そこへお立たせ  さつきからお出でくだすつたのでせ  心得違げえせ  痲痺させ  四十時間一睡もせ  人間を書こうともせ  實状をさとらせ  寓意させ  低徊させ  近く発展させ  含蓄させ  イメージさせ  浸潤させ  遠望させ  聯結させ  全身を若返らせ  ひけを取りはせ  煙を吐き出させ  使ひをさせ  結婚などさせ  廢させ  羽を頂かせ  ひとを殺させ  命令をだして殺させ  そのまま死なせ  私を酔わせ  乃公はびくともせ  無理死をさせ  論文を書かせ  部屋に帰らせ  こととしても、こんなにまで飲ませ  ものを運ばせ  旅路にも持ち歩かせ  土間に敷かせ  杯に咽ばせ  毛並みにうねらせ  手紙まで持たせ  御家人でもおわせ  いずれへも聞かせ  都へ、立ち廻らせ  瞼にまばゆがらせ  悩みもせ  六でおわせ  ものがなかりせ  内へ入らせ  ように弾ませ  木立に忍ばせ  習得に通わせ  わしたちを振向かせ  彼を戸惑わせ  困苦をかえりみはせ  飢民を救わせ  脚もとにひびかせ  道へ走らせ  先触れさせ  土着させ  蓬など探させ  春風に嬲らせ  不審でもおわせ  太刀へ忍ばせ  独り言にさせ  色をなごませ  不興顔はせ  聟とせ  高氏を心づかせ  処置をとらせ  口紅を黒ずませ  火にさせ  女として生れかわらせ  位置を迷わせ  屋根を望ませ  空へ旅立たせ  のみゆるしなくば、お会わせ  高氏をくるしませ  死にたい、死なせ  せがれに会わせ  義貞は、強いもせ  耳をかそうとはせ  尼を退がらせ  罪に代わらせ  内につながせ  ものか、聞かせ  病気を重らせ  清子は、降ろさせ  口にもせ  侍女に持たせ  水垢離をとらせ  彼を変らせ  言伝てせ  朝餉を共にせ  筏組を作らせ  宵を戦がせ  旅費えをせ  右馬介を怪しませ  子にさせ  誇りでも振舞わせ  予感をいだかせ  入念にさぐらせ  女たちを侍らせ  入念に取りたださせ  声ありとせ  わがままをつのらせ  時には、まだ聞かせ  其許はなぜか、聞かせ  通りに、申して聞かせ  若党右馬介に取らせ  守時様でおわせ  学問を振わせ  湯もたぎらせ  高氏は見もせ  あいさつをせ  庄へ旅立たせ  背を屈ませ  犬を曳かせ  遺命まで負わせ  一日もゆるがせ  胸に問わせ  眸をさまよわせ  父御にお会わせ  嬰児に持たせ  小殿に会わせ  高氏さまにお会わせ  機会に、お会わせ  おん名のり合いもさせ  馬を歩かせ  話なぞして聞かせ  地位に立たせ  緊張がそう思わせ  岸へ上らせ  何んせ  話でもして聞かせ  相手になって困らせ  方法を学んだせ  約束もありはせ  妹に言って聞かせ  日さまざま言ひ聞かせ  仇をして困らせ  立派にせ  約束は解くにとかれもせ  大けやきを伐らせ  根元から伐らせ  來たでせ  十分に育て、実らせ  区分となせ  注文して作らせ  出はせ  時を思い出しはせ  気分にさせ  胡弓を弾かせ  相違ないとも思わせ  鮮かに浮き出させ  ギロリとさせ  中途で引かせ  犬歯をチラつかせ  本人にも云わせ  梯子段を軋らせ  一人宛同僚を立たせ  中へ這入りもせ  現像を初めようとはせ  そこを動こうともせ  懺悔話をして聞かせ  尻尾を掴ませ  研究しようともせ  そうにせ  尻を上げようとせ  今頃父母を慕って泣いていはせ  身体を縮ませ  発掘させ  仕出し屋から運ばせ  文通でもさせ  浅田に書かせ  同道させ  疑念を起させ  陽炎を立たせ  あちこちと歩き廻らせ  不安を漂わせ  蒲団を敷こうともせ  病院に通わせ  真中に坐らせ  慈悲を仰ごうとせ  待合室に暫く待たせ  揮発油を染み込ませ  妻子に一度会わせ  神戸牧師にお会わせ  直ちに入浴させ  庄司署長在らざりせ  緊張しながら、待たせ  宣誓をさせ  人が云わせ  不平は洩らせ  よしとせ  頼み放火させ  事はない、分らんでは通らん、通させ  停車場へ待たせ  一人停車場に待たせ  影法師を吸いつかせ  別に深く怪しみもせ  帯とせ  放免させ  自白を余儀なくせ  直ちに筆を走らせ  皆庄司から出させ  ものを悉皆出させ  彼女を責めようとはせ  証拠をつきつけられて、余儀なくせ  他殺とせ  ように甘くやらせ  偽証させ  方に出させ  よう、甘く運ばせ  願いさせ  陳述させ  詳細御聞かせ  免職するもせ  別に止めようともせ  答弁させ  身装をさせ  紀久ちゃんを死なせ  幸福に暮らさせ  上達はせ  半円を描かせ  四日も休ませ  なんだって怪我などさせ  てめえが躓かせ  浪岡に乗って走らせ  正勝を叱らせ  角ばらせ  口辺をもぐもぐさせ  心臓を弾ませ  紀久子とを引き合わせ  胸を弾ませ  ほうへは靡かせ  だれかに持たせ  胸を激しく波打たせ  正勝になどは決して継がせ  辺りに波打たせ  わたし、触らせ  拍ちあわせ  警察へ連れて行かせ  キャンプ村に行かせ  白髪になるまで待たせ  あなたを死なせ  まり世話を焼かせ  額に貼りつかせ  上着を脱がせ  忠平が疲れきっているから、すこし休ませ  遺書を書かせ  バンガローに行きたいといったのに、行かせ  登楼させ  蓋をあけてお見せするで、待ってくらっせ  おいでになったら、きっと会わせ  口に辷らせ  介には聞かせ  後生ですから、一度そっと、会わせ  変りもせ  しんじつわが身をどうせ  引、さの、せ  えい、せ  一切合切照りかへせ  羽を伸ばさせ  殆んど見向きもせ  私達を、驚かせまた喜ばせ  洋介に引きあわせ  お菊さんは振り向きもせ  きみもせ  渦巻きもせ  風に吹き飛びもせ  ウイスキーを出させ  あれをつかまえて、さんざん怒らせ  発達しておりまして、一度聞かせ  とっくりと聞かせ  笑いを漂わせ  濁水を飲ませ  自分だけを清くせ  もう少しお聞かせ  広重に描かせ  ことを覚らせ  平然として立たせ  存分に吹きなぶらせ  一つ歌ってお聞かせ  何か歌ってお聞かせ  心得を説いて聞かせ  後れもせ  またまた米友をおどろかせ  あとでなるほどと思わせ  正月をさせ  整理させ  荷物をかつがせ  本を読んでお聞かせ  それに答えようとせ  もう一度お聞かせ  愚痴をお聞かせ  ハニかんで立とうとはせ  ものかと思わせ  こと細かく語って聞かせ  ひとつやらせ  神を楽しませ  幾枚も作らせ  銀様に聞かせ  自分のものだけを運ばせ  気質にさせ  お願いに上らせ  旅行談をお聞かせ  拳をわななかせ  日蓮観をお聞かせ  白雲に打たせ  大砲製造所で作らせ  同意をさせ  徳を、持たせ  教えを説いて聞かせ  成人させ  家を嗣がせ  ところにあやからせ  記憶を残らず蘇らせ  書院に待たせ  うわべに拝むばかりに有難がらせ  安心あそばせ  勘定をさせ  神尾主膳に引合わせ  坊主にさせ  宮の台に走せ  ヌカヨロをつかませ  それからお聞かせ  花を作らせ  懺悔話をお聞かせ  御覧あそばせ  面白い本を読んでお聞かせ  字面に走らせ  平気で歩かせ  いま遅れ走せ  俄に起ちもせ  河原に立たせ  これがどうもせ  青筋をふとらせ  ますます思い上がらせ  伏せさせ  へんぽんと、吹きなびかせ  辻を咽ばせ  自刃させ  上に、ずらりと坐らせ  受けもせ  先に走り返らせ  覚悟させ  夜を惜しませ  琴をひかせ  合奏させ  いちど、会わせ  それなれば会わせ  眼にものいわせ  話はせ  足を忍ばせ  理由もなく気負わせ  方へ歩かせ  譲位をやむなくさせ  供に担わせ  高氏を困らせ  時来たれば、会わせ  わが身に、いい聞かせ  胸にも置かせ  ことを、初めて、お聞かせ  さを抱かせ  母に聴かせ  敵とせ  姿態をくねらせ  彼女に見入らせ  聟殿におわせ  息休めさせ  世に流行らせ  露に見ようとなれば、悩ませ  身を這わせ  発狂沙汰にさせ  辞退もせ  二人を待たせ  プンとさせ  駒を曳かせ  弓持たせ  申し出でをせ  感情を弾ませ  自分を弱くさせ  さはさせ  殿にもお会わせ  居間に遊ばせ  伝手を計らわせ  自分は持ちもせ  さを取らせ  実が、ぼとぼとと落ちて来るので寝つかれもせ  多くもいわせ  浅傷を負わせ  颯ッと、そよがせ  絵師でおわせ  疑問をいだかせ  一つ白洲で会わせ  中には覚えもせ  殿輩におわせ  尊名だけでも、お聞かせ  館を訪いまいらせ  手荒にせ  縛ッて立ち上がらせ  世事を聞かせ  御仁か、お聞かせ  前段でやや語らせ  一族でおわせ  ことを書かせ  彼等を立たせ  まり書かせ  パパなどと言わせ  ノッピキならず、そうせ  涙でしめらせ  小説など読もうともせ  小山内には、そうせ  ように考えざるを得なくさせ  ムダ足をさせ  演劇雑誌を読ませ  軽蔑させ  私はこうせ  人々に読ませ  いつまでもゴタゴタさせ  考えを聞かせ  豚は太らせ  キン張させ  ホラごらん遊ばせ  スカートをひるがえして、待たせ  十分注意させ  覆面を取らせ  面をわざと隠そうともせ  特に作らせ  ちょっと静かにせ  警官たちは云いあわせ  危くて、手伝わせ  それに応えようともせ  席に坐らせ  口腔を開かせ  んですが、待たせ  解剖させ  屍体を奪わせ  一郎を組みつかせ  門前に待たせ  物語をして聞かせ  十分吐きださせ  玉川ゴルフ場に走らせ  トランプ競技をさせ  ゴルフをさせ  約束だけは果させ  土産に聞かせ  頸笛から吸わせ  独唱を聞かせ  直ちに私たちに踏みこませ  胸を大きく波うたせ  相続はさせ  看護をさせ  誓約をさせ  厳重に直させ  油断のならない喰わせ  神様のお引合わせ  燻製バイソンなどを詰めあわせ  ベラント氏を座らせ  共軛回転させ  側近に侍らせ  牛に結ばせ  反対に走らせ  親兄弟に焚かせ  装束をさせ  兵をださせ  床几をださせ  嗟嘆させ  まり遠くへ逃げもせ  とおりであると思って、格別逢おうともせ  ことがありはせぬか、せ  何だか分りはせ  男と笑われはせ  真相を語ろうとせ  夜はほとんど微睡もせ  留守どっせ  今日は来はせ  談合をしようとせ  あんたはんにも会わせ  十五日経ったら会わせ  対手になろうとせ  冷汗をにじみ出させ  海面へ浮きあがらせ  海の底から浮きあがらせ  急に沈ませ  會うのをことわらせ  それを敷こうとせ  クシャクシャとさせ  醉つた顏をなぶらせ  あちこちさせ  實感をはみ出させ  眠りをさまさせ  二人を組ませ  ポーズをさせ  盜み寫しをさせ  ポーズをとらせ  話だけは聞かせ  何なりさせ  これ以上惡化させ  いつまでも返事をせ  ルリさんからそうさせ  ベリリと言わせ  ケガをさせ  ものが察していましてね、そうさせ  簡單に引き合わせ  意志からそうさせ  ユラユラさせ  コップを握らせ  見張りに立たせ  杉田にはどうしても聞かせ  晩から誰にも知らせ  ふうに遊ばせ  コプコプと言わせ  自分にさせ  出征はさせ  亭主に呑ませ  それがハッキリせ  耳に入れようとせ  部屋に泊らせ  なつて寫させ  タミ子を食わせ  五十人ばかり宿らせ  貴人を宿させ  経営に行わせ  仕度にとりかからせ  勤めもせ  幻滅とせ  自分一人を食べさせ、住ませ  無理にも踊らせ  感じをしみじみと湧かせ  白帆を孕ませ  良人の貞操をも固く守らせ  と腹に落ち込ませ  女将は、にこりともせ  羽をふるはせ  私はどうにかせ  花を摘んで持たせ  常はせ  義家に射させ  ただ一人供をさせ  隅から隅まで探させ  一部を波うたせ  別に背後を振返りもせ  皆さん大変お待たせ  彼を苛立たせ  汗を拭おうともせ  懐を膨らませ  無理強いに飲み込ませ  すっぽんどっせ  から幅をきかせ  から匂いをさせ  どきどきと潜ませ  手分けさせ  覚悟をそそけ立たせ  我が身には誇れもせ  灯までを少しゆるがせ  粉などを湯掻いては、飲ませ  気ぶりもせ  意識を抱かせ  鯉口に忍ばせ  仔細を申し聞かせ  五をいわせ  裳を曳かせ  簪させ  狂気をつのらせ  ほかなきにいたらせ  彼の、せ  どこへ横たえようとしても、離れようとはせ  行きはせ  一しょにさせ  想いも抱かせ  郷家も失わせ  初瀬詣でをせ  涙を、隠そうともせ  それから打ち明けて聞かせ  改革は思いとどまらせ  聖徳にお傾けあらせ  影を、さまよわせ  馬でも待たせ  藤井寺で死なせ  眼までを、生き生きさせ  ふたりへ聞かせ  希望をわきたたせ  色を佇ませ  延期させ  雨をも降らせ  雪をとまらせ  者を、走らせ  廊を駈け出させ  明日から雨乞いを行わせ  ことばを弾ませ  カンカンに火照らせ  虫蝕いやカビにさせ  髪をおろさせ  えりにさせ  爽快にも、うら悲しくさせ  手に、かたく持たせ  柳斎なればとて、呼びもせ  手入れなどさせ  膝をすすませ  暴風雨では、歩けもせ  みどりに煙らせ  小銭をにぎらせ  雲に遊ばせ  遊女をひかせ  草心尼を坐らせ  足を佇ませ  上り舟を待たせ  舟を出させ  取り越し苦労はせ  一人一人裸にさせ  驚愕させ  口書一つ取らせ  返辞はせ  牛に鞭打たせ  前提して、言って聞かせ  しゅんとさせ  行幸も見あわせ  亀山天皇の子孫をもって継がせ  関東一円をも驚かせ  噴煙をなびかせ  灰を降らせ  起居を窺わせ  不安がさせ  虚心を吹かせ  殿に、一目お会わせ  病みもせ  それこそは、思わざる巡り合わせ  いかようにもせ  あちらへ、やらせ  密かに会わせ  舟を待たせ  父君には会わせ  舟をつながせ  難破もせ  陸上げさせ  寄席まで駆け出して引き返していって、どうやらやっと間に合わせ  見込みがあるからと思い止まらせ  たんび年枝さんをふき出させ  年枝さんのうれしがらせ  ひとつ聴かせ  実を実らせ  ちがいないじゃござんせ  襲がせ  真打をとらせ  道を遠しとせ  交替させ  質問するでせ  要求があるでせ  今後も又さうするでせ  事に置いたので、略わかるでせ  学界にかえりみられもせ  ワラジをはかせ  代理に持たせ  ことは聞きもせ  晏起はさせ  胆を冷やさせ  娘にさせ  中間に持たせ  胸を波立たせ  身動かしもせ  視線をはしらせ  枝をしげらせ  戦慄が、せ  足とをすべらせ  船を進ませ  皮をつっぱらせ  連中に急がせ  話をのこらずして聞かせ  ようにやさしく説いて聞かせ  ばたばた動かせ  汗をぬぐおうともせ  三色旗を組合わせ  老人を、こんなにうれしがらせ  巨獣どもを怒らせ  目でながめられたりさせ  恐竜どもを怒らせ  恐竜を怒らせ  方へふりむこうとせ  湯気を上らせ  固定でもさせ  胸を悲しくさせ  身体をひそませ  どころじゃござんせ  そいつを聞かせ  面目次第もありいせ  ラッパを吹かせ  心配しないでやらせ  芸をやらせ  みんなわたしがやらせ  それア、さうでせ  一息に走せ  煙をなびかせ  一通り説明して聞かせ  中から悪口をほとばしらせ  ぽかりと食わせ  裸松が、ええ、うるせ  暇つぶしをさせ  真中を走せ  霊魂不滅説を説いて聞かせ  角を喜ばせ  念を持たせ  白雲を驚かせ  問題ともせ  芸術を生ませ  淡泊によって、いっぱし利かせ  あっけに取らせ  筆を進ませ  田山に話して聞かせ  方へ廻らせ  から、少し休ませ  勝負はどうでした、お聞かせ  わたしたちに使わせ  絹は引留めようともせ  怒りもしなければ、怒鳴りもせ  発達さえさせ  銘を打たせ  ものだと思わせ  それを思わせ  米友に聞かせ  番頭を驚かせ  草鞋銭をくれて立たせ  使を走らせ  地を踏ませ  印象を強くしてなるほどと思わせ  取扱はんとせ  自信を持たせ  詠嘆もせ  気分を浮き立たせ  人を踊らせ  肩を打たせ  芝居を奢らせ  能書を書かせ  薬草を取らせ  見覚えさせ  敬服させ  米友をいたく驚かせ  わけではないが、こうして押しも押されもせ  桟敷を取らせ  色を漂わせ  シーンとさせ  肥桶をかつがせ  米俵を背負わせ  四斗俵を背負わせ  舞台から花道を廻らせ  一晩涼ませ  代作させ  門外に逐い出させ  逮捕させ  ゆっくり言わせ  先を尖がらせ  眼充血させ  貴方を思い出させ  世間さまに云わせ  契を固くせ  当りはせ  充分にうっとりさせ  ままに語って聞かせ  にせもの勤めをよそうとはせ  名刺もつくらせ  贈りものを、ろくろく見もせ  来月号を飾らせ  斎藤君はおもわせ  らをはっきりと掴めもせ  考慮もせ  自由詩を書かせ  希望させ  ひんしゅくさせ  血をしたたらせ  自己紹介させ  玉にせ  私を怒らせ  資とさせ  レコオドに含ませ  行動を取らせ  手帳に書いて、読んでお聞かせ  勉強といってもろくにせ  ギャロップで走らせ  手紙まいらせ  まり舌をもつらせ  ますます舌をもつらせ  何ひとつ知りもせ  髪の毛を渦まかせ  全身を、ぐいと反り返らせ  とんでもない食わせ  あいだ縫わせ  お辞儀をせ  席に着かせ  胸へたくし込ませ  カザーク踊りをおどらせ  眼を配りながら、じっと身じろぎもせ  着替えもせ  ものを驚かしはせ  わたしに物語らせ  父に話して聞かせ  きりきり舞いさせ  ものは何一つわかりもせ  興奮させたり、うっとりさせ  葉なみをそよがせ  しまいと思っても、せ  ものをそよがせ  馬を歩ませ  サーベルをがちゃつかせ  かさこそいわせ  こと、身じろぎもせ  上から下へ大きくうなずかせ  花を嗅がせ  終りまで話させ  わたしを酔わせ  板ぎれに坐らせ  制服を着て、身じろぎもせ  馬をしずまらせ  つばさを張りきらせ  自分でどうしてもそうせ  罪を許させ  気を引き立たせ  そこを退かうとはせ  気分を引き立たせ  一人ぐらゐ物になるでせ  芝居に連れてゆかれると泣いて困らせ  凪でせ  變つたのでせ  片眼鏡のにせ  尻拭いはさせ  牙を磨かせ  自分に侍らせ  一人歩きはせ  失敗もせ  覆滅させ  苦労もさせ  迷惑をさせ  苦痛はだれに話して聞かせ  懊悩のやるせ  行動もせ  婚嫁させ  来客をへこませ  大々的消毒をせ  ことを心づかせ  病気でせ  レパーぢやないでせ  人影がちらとでも見えると、やすんで行きせ  から、やすんで行きせ  蕈を取らせ  発電させ  切符を折らせ  靴下を脱がせ  はなしをして聞かせ  死ぬまでさせ  一割もくれというなら、手伝わせ  邪魔でも、待たせ  番に立たせ  久にも手伝わせ  淵を思わせ  話をして聴かせ  相手をよろこばせ  目方でせ  お伽噺を聞かせ  物もいわせ  曳航させ  遅延させ  フェロンにいわせ  これを聴かせ  付届をせ  繧繝縁にせ  もっと十分にやらせ  別に悪いことをせ  心を奪わせ  宝石を買ったなと思わせ  みなさん御存じでせ  市兵衛の子がもつて参りましたでせ  ポツポつてなくでせ  どころがわるかつたのでせ  向うへ坐らせ  供を怒らせ  秋風にぶらつかせ  ようにはせ  妖気を冴え返らせ  まま眼をパチパチさせ  そのまま寝返りもせ  背中を流させ  様子が解りはせ  老体に折らせ  人を斬られはせ  ようにハッキリと思い出させ  不審顔をせ  ドキンドキンと蘇らせ  何かしら胸を時めかせ  肩の波打たせ  場を立たせ  忘れもせ  無料で剃らせ  水を持って来させ  着物を持って来させ  ハアハア呼吸をはずませ  コワリョーフをかっといきり立たせ  うち出でさせ  しとやかにゐやなし、許させ  みそかに開かせ  莟を綻ばせ  稀薄にされてゐるせ  それを出させ  位を継がせ  髪を乱させ  転役させ  犬の子に噛ませ  熱意をもって聞かせ  空気を波立たせ  一しよに這入らせ  着物を脱ぐでせ  不愉快でせ  退屈したでせ  こっちへ這入らせ  一しょに這入らせ  ひとにも、話して聞かせ  体温を計っていないと、すぐに計らせ  時なればと、ゆるさせ  身震いさせ  本殿に憩わせ  おん眼くばせ  龍顔をかきくもらせ  夜も厭わせ  法師武者に舁かせ  避難あらせ  手柄を誇らせ  貝を吹かせ  耳に入れようとはせ  笠置へ向かわせ  護良はいかにせ  正成、いかにせ  魔でもいわせ  ふたりを、そうして急がせ  それもせ  久子を待たせ  そこまでをお聞かせ  背からすべらせ  頼みとしておわせ  楠木はいかにせ  唇までをわななかせ  かくばかりなお頼みあらせ  激舌がついいわせ  中をたぎらせ  説得にもさせ  膳を運ばせ  戦に曝させ  反省を抱かせ  気概を沸かせ  彼にただよわせ  簾を捲かせ  兵などが、おくれ走せ  秋風に吹き研がせ  凱歌をわき上がらせ  兵を散り急がせ  彷徨い、いかにせ  身を休ませ  心地もせ  炭焼き小屋を窺っては、持ちあわせ  血痕も滲ませ  のを、いわせ  ここにおわせ  の舁かせ  人と、つき合わせ  呼応もせ  庭へ移させ  正季はぞっとせ  坑を掘らせ  すべて取り出させ  丘をあかあかと浮きあがらせ  小当りに当らせ  敵を謀るには、こうせ  底までは覗こうとせ  背をむけかえて、待たせ  みずから自嘲を聞かせ  すねもせ  女を抱かせ  いやとはいわせ  四肢にたるませ  宵からふところに寝つかせ  のらしいが、そうはさせ  母衣を負わせ  何ともせ  人に窺わせ  ここへ見舞わせ  女心は解けもせ  辛がらせ  お迎えあらせ  息を凍らせ  密な打ちあわせ  先にはせ  鏡を持たせ  日までわざと歩かせ  正月もさせ  手入れ掃除などさせ  黒髪によよと波打たせ  兵に守らせ  手から彼女へ渡させ  兵五人ほど添えて、送らせ  育ちを、そっと守らせ  対面をさせ  登子にも聞かせ  見学もさせ  神を宿らせ  者を帰させ  柳を軽くなびかせ  シッカリ握らせ  沈澱させ  現場に臨ませ  作業をさせ  読書をさせ  脳を苦しませ  代用をさせ  調整をさせ  道を譲ろうともせ  あれをああさせ  盛んに流行らせ  いつまでも動かせ  気兼ねをさせ  トテも動かせ  何となく気を腐らせ  もくろみまで立てているが、急いでそうせ  乱暴させ  幕府を怒らせ  乱暴をさせ  公方様を怒らせ  ものを含ませ  包とを、すっかり引合わせ  戦争をさせ  ガチャつかせ  わそうとはせ  学問をさせ  風にけずられても怖れもせ  わたしを温まらせ  説明を聞かせ  うち、言い合わせ  王にせ  船長を喜ばせ  駒井を驚かせ  金椎はわるびれもせ  礼節を思い出させ  断じて掻き廻させ  ジタバタとさせ  娘はそうはさせ  糸を巻かせ  者を喜ばせ  造船工を手伝わせ  兵馬を怖れしめないで、驚かせるには驚かせ  ように、驚かせ  思いもさせ  女を動かして、寝つかせ  すすめで飲ませ  探索させ  足を進ませ  すご味を利かせ  委細を言って聞かせ  こちらをめがけて走らせ  ものを背負わせ  馬上で走せ  まっしぐらに走らせ  紫にけぶらせ  殺到させ  手短かに語り聞かせ  帰京させ  岸田氏に持たせ  二人に語り聞かせ  不審を抱かせ  中から半分覗かせ  用意、がそうさせ  一番好でせ  絶縁させ  仔牛を持たせ  わけをこまかく話してきかせ  方へつれていかせ  ことを観破せ  振りまはせ  づり花させりけるを詠ませ  お前を立たせ  青竹で叩きつけながら歩ませ  バリバリ音させ  鼻毛読ませ  仙太返事をせ  キョトキョトさせ  お願いをせ  長五返事をせ  二人返事をせ  みなまでいわせ  一つづつ燃え上らせ  泣声は止もうとはせ  畑仕事教えながらいうて聞かせ  男でせ  ここで待たせ  勝手に待たせ  物はいわせ  一番槍にさせ  辺にチラチラさせ  金だけ持たせ  牒者として入り込ませ  クスンクスン言わせ  ゃったのならば、こんねえにいいはせ  声もあげはせ  これっ、しつかりせ  とめはせ  飴をなめさせ  吉村を斬らせ  さがらせ  構えもせ  隠居させ  腹巻させ  返事も、身じろぎもせ  刀を抜かせ  妙を立たせ  命が惜しくなったかといって怒らせ  誰も動こうとせ  注意力を奥深く輝かせ  表現はせ  事を深く深くうなずかせ  道理至極とうなずかせ  ニッタリとさせ  頭をイライラさせ  感応させ  聴衆を飽かせ  愁いを含ませ  グンニャリトロリとさせ  表現に浮き上らせ  向う見ずでも震え上らせ  表現をたじろがせ  意志、間に合わせ  万古に尽きせ  初めから恋をせ  点では、直に行き詰らせ  あらたかさをさながらに拝ませ  成る程と思わせ  人を哀れがらせ  百獣を震い戦かせ  小天狗共を凹ませ  これを楽しませ  幻聴を起させ  天才でせ  桑子にはさせ  帰らないうちに早く聴かせ  声だけ淡々とさせ  子供でも残させ  ものを知らせ  机上にころばせ  口つぐみ、さっさとふりむきもせ  食事をせ  阿難にうなずかせ  ひとみをかがやかせ  奥様におききあそばせ  皮膚をこわばらせ  浮気させ  結果にさせ  阿難がさせ  存在がさせ  私に会わせ  女の子に手伝わせ  粋にさせ  悲劇をもたらせ  椅子にすわらせ  思いをおさせ  塁にもかからせ  香を立ちけむらせ  腹も切らせ  さいそくあらせ  侍きが和ませ  キョトキョト不審を迷わせ  馬ともしてないから、歩かせ  宿に着かせ  御輿とどめて、拝み奉らせ  宿につかせ  はしますほど、間近く聞き奉らせ  神経を研がせ  手を焼かせ  物を、やっと捜させ  寝小便蒲団を背負わせ  鼻を抓ませ  筆走らせ  水へ臨ませ  加役馳せ向わせ  長居をさせ  頭をそうそうに立ち帰らせ  懐紙へ走らせ  おのれ一人、かねて待たせ  たよりにか、いと忍びがたく思されければ、とかくたばかりて、盗み奉らせ  傅育をさせ  鬱屈をふるい起たせ  キラつかせ  策を言って聞かせ  仔細を窺わせ  三石で炊がせ  物を持ち運ばせ  山陽道へ向わせ  鯰峠に立たせ  道を取らせ  前後を守らせ  家来を走らせ  手に曳かせ  あたりをお驚かせ  善意にとったが、しかしお待たせ  宮を待たせ  背を脱がせ  列が過ぎるまでは、身じろぎもせ  先を打たせ  め衣更へせ  島におわせ  道をかえさせ  眉にみなぎらせ  酌がせ  彼女を少しおちつかせ  帯もせ  方向をとらせ  不平顔もせ  涙をせ  不意打ちさせ  武器を取らせ  渡辺橋を駈けわたらせ  敵中へ斬りこませ  置き手紙をしのばせ  家来を付けて、持たせ  病気させ  連名を、そっとお聞かせ  用捨はせ  どこにお待たせ  それを疑わせ  上不利を叫ばせ  歩を運ばせ  昇華が、叫ばせ  お前ひとりを死なせ  停留場まで送らせ  画を盗み出させ  遊興費を支払わせ  沈思させ  ブラつかせ  ヘイツクばらせ  馬鹿野郎だとせ  ミン平から吸ひとらせ  うまいぐあひにおれに背負はせ  突ッ立つて、せ  彼のせ  彼は又せ  酌をとらせ  若者を羨ましがらせ  さへさせ  溜息をもらせ  あこがれに終らせ  一廻転させ  縁から上がらせ  頬を差出せ  頬をさんざん殴らせ  職人にあやまらせ  酔泣きせ  之をだまして、怒らせ  路傍より拾い上げんとせ  千代がさせ  同意させ  つて着手させ  箪も出来ないでせ  根絶させ  開さくにあたらせ  金網を張らせ  ふたをさせ  はいぞくさせ  一さい酒類を飲ませ  ほりひらかせ  神こそ待たせ  遊びはせ  面白き夢見るが如く起きんともせ  君の待たせ  願はくは待たせ  たか声もせ  額髪をたらせ  御飯おあがんなさいまっせ  たよりを聞かせ  講義して聞かせ  石筆をコツコツいわせ  藤野には読ませ  桶屋はしいて聞こうともせ  見張りだけはせ  やうともせ  丘に鳴らせ  眉にせ  紅はさせ  なかに死にもせ  川舟のりもせ  戀はせ  潮にぬらせ  橇を引かせ  瓶にせ  ふところに退かせ  顔を向きあわせ  心をしゃんと立ち上がらせ  眼をぎらぎら輝かせ  妾は読み返しもせ  まちがへたんでせ  ネクタイを編ませ  堪能させ  さんと会わせ  こむら返りさせ  葉をも戦がせ  直様濡れはせ  葉末から滴りもせ  動きもせぬ、閃きもせ  悲鳴でも聞えはせ  入知恵で思はせ  つもりで書かうとしたが、食べもせ  砂をかむせ  上にそっとはわせ  誰れにも知らせ  羞かまずにさせ  誰れにもはっきりそうと聞かせ  跡とりにさせ  みんなをよく困らせ  母にまで托させ  奴があるでせ  酌でもさせ  雨を煙らせ  掛だけくっきり照らさせ  向島から俥で通わせ  離別させ  際洋行させ  同感をすっかり抱かせ  うち六人を死なせ  半減させ  儘を言って聞かせ  ことも、すっかり言って聞かせ  時何故知らせ  姿をちらつかせ  ぢさせ  何となく天使の羽ばたきを思はせ  やうに蘇らせ  遇はせ  膽にさせ  女房を持たせ  のをよさせ  手切を遣せ  相続を致させ  三十円遣せ  確かり遊ばせ  事はお忘れ遊ばせ  一つお浚い遊ばせ  のは尽きせ  数々とりはせ  飯喫べさせ  暴れはせ  から後をお聞かせ  お母様にお逢わせ  旦那にお会わせ  から早くお会わせ  からびくともせ  言附けてさせ  松五郎に持たせ  越後へ立たせ  角を円くさせ  おいでなせ  ア貴方此方へお這入りなせ  好みはせ  三百枚も刷らせ  物置にしまわせ  そのままお聞かせ  廃物利用で間に合わせ  二銭でせ  日輪の照らさせ  酒を暖めてとらせ  飯をばらまいてとらせ  くだりを読ませ  抱へてとらせ  泡を食ませ  印を切らせ  御身を守らせ  時又えせ  諸人を渡させ  嘉させ  蘆を戦がせ  ことともせ  顔をかくさせ  疲労の語らせ  返事を書けなくさせ  言葉をすら読みとらせ  媒介とせ  屈託させ  ものだつたんでせ  場に居たたまらなくさせ  酔はせ  心酔させ  色を煌めかせ  端から窒息させ  君をあまりひどく驚かせ  足音をひびかせ  私が怒らせ  慴伏させ  てゐたら、きつと読んで聞かせ  胸にもいだかせ  唇を少し微笑ませ  別に私が勧めもせ  みな母にさせ  感応するのでせ  上半身を起させ  一枚にさせ  蒲団にさせ  から面会させ  ように赤く大きくふくれ上らせ  指先も少し縮ませ  何枚も出させ  卓子を拭わせ  口元に漂わせ  殆んどせ  一そう興奮させ  分りにならないんでせ  ロシヤ語を吐き出させ  棲息させ  考えを聴かせ  為めに止させ  混線もせ  小学校をつくらせ  通りがせ  何かやらせ  店に泊まりこませ  方は眠らせ  医者へ行かせ  テレビでまにあわせ  タマをひろわせ  川奈コースをまわらせ  馬車をいそがせ  熱心に話して聞かせ  散歩に行かれたのでせ  將から惠贈せ  穏やかなせ  不自由は致させ  意気で飲んだり飲ませ  ワラヂでもはかせ  知らない家へ移させ  そばに坐つてゐるだけで、しあはせ  心を驚かせ  迷させ  幽かに落ち着かせ  底冷えさせ  昏迷させ  びつくりしたでせ  化石させ  指できしきしさせ  きらっとさせ  となりに座らせ  頬をかがやかせ  彩旗をなびかせ  語を、弾ませ  眷恋はせ  海では、さはさせ  敵が来るとも、さはさせ  座に復させ  今宵は、お見あわせ  茂時に語らせ  宴も見あわせ  一同をおどろかせ  晴雨を物思わせ  風向きに逆らわず、嬲れば、嬲らせ  長陣にはせ  複雑にさせ  正月をせ  色気をもたせ  手玉に取り、しかも決して怒らせ  悲涙をしぼらせ  お過ごしさせ  帝にお会わせ  ことを、誓わせ  館へ求めにやらせ  気ままにおさせ  毒味をさせ  ぎくとさせ  郎党に付き添わせ  役を負わせ  能登を怒らせ  諜者と思わせ  手など握れば握らせておいて、しかも靡きもせ  耳をとがらせ  気配であり、去りもせ  能登へいそがせ  幾足かを忍ばせ  供をせ  夜空に憩わせ  まねはせ  弥惣次以下、つい、おろおろせ  船手を潜ませ  お便りだにせ  加茂神社に、お待たせ  口実を持たせ  加茂にお待たせ  時あれとしておわせ  坐視あらせ  疲れでおわせ  滅灯させ  入道永観も駈け合わせ  実感にはせ  火攻めに苦しませ  宿命を負わせ  細かに裁ち切らせ  降伏を誓わせ  林立させ  黙祷もせ  感興をわかせ  仰天はせ  外へ走らせ  一噴口をおもわせ  顔へこう読んで聞かせ  びッくりさせ  わる強いもせ  辻を歩いているなんて聞かせ  舌をも巻かせ  金はつかわせ  配下にさぐらせ  から、読んで聞かせ  ショボつかせ  世上にいわせ  正成をよろこばせ  何不自由なしに送らせ  コツと読ませ  縫物をさせ  から繰返してお聞かせ  尻拭いをさせ  生涯をあやまらせ  ひとつ、読んでお聞かせ  檜皮葺にふかせ  袴をはかせ  旅心を漂わせ  彼等を捕えようともせ  得意がらせ  心持にはさせ  立場を失わせ  海岸へ走らせ  一休みさせ  若い衆に手伝わせ  心をおどらせ  陸へ走せ  娘に語って聞かせ  不快を起させ  偶像を、浮び上らせ  このごろは、そう思わせ  それをまき起させ  名をつけて吹かせ  心を取って吹かせ  五つにさせ  詩吟をお聞かせ  酔眼をとろりとさせ  蝋燭を消そうともせ  ところまで走せ  主膳に語り聞かせ  薩摩を討たせ  奥様風に結わせ  否応は言わせ  追究はせ  面白い世間話を聞かせ  いくつでもたたかせ  従者に拾わせ  絵馬師に描かせ  北へ向って歩ませ  われわれどもが申し聞かせ  押坐らせ  与八に申し聞かせ  何となく物を思わせ  あやまりに行こうともせ  ガタピシとあけて、休ませ  手をわななかせ  運行させ  人間でせ  一枚に食い合わせ  虎狼に食わせ  身を運ばせ  ものですから、少しいって聞かせ  親切にいい聞かせ  身売りをさせ  わたくしももうあきらめて、休ませ  婿を取らせ  熊胆を取りに走せ  人品骨柄を説いて聞かせ  川流れというのに一目逢わせ  身代りに立たせ  心を抱き起させ  どこを当てともなく走せ  面前に立たせ  酒肴を持たせ  門前につながせ  弾丸の如く走せ  それを吐かせ  二十間ほど走らせ  火であぶらせ  腹に生ませ  あなたはわかつてゐるのでせ  體何でせ  ジヨバンニさんさうでせ  星しか見えないのでせ  ジヨバンニは、せ  ジヨバンニはせ  間、せ  眼鏡をきらつとさせ  お菓子でせ  廣いせ  ここどこでせ  見えてゐたでせ  きれいでせ  なにがしあはせ  はじめてでせ  宿でせ  魚だわ、何でせ  ここ海ぢやないんでせ  教へてるんでせ  胸によりかからせて睡らせ  とこぢやないんでせ  魚もゐるんでせ  のもゐるんでせ  それをもとめたらいいでせ  さしゃげて手習させ  神を怒らせ  家々から硯を出させ  区切りはかを行かせ  ことを認めようとせ  燈籠をともさせ  夏負をせ  神をおがませ  今ではもうたのまれもせ  片棒をかつがせ  蟻をはわせ  胸にひびかせ  かたはせ  者を、雇うて織らせ  三角をとがらせ  五十年は葺きかえをせ  地面が安ければあそばせ  雨に打たせ  湿気をふくませ  あらためさせ  意味が、はっきりとせ  雑穀をまぜ合わせ  役目を持たせ  人たちをよろこび勇ませ  人々が、おぼえてきてはやらせ  あまりあてにせ  分量だけはへらせ  皆さんに気づかせ  男をつれて、持たせ  形につなぎあわせ  家来に負わせ  文章では書きあらわせ  僕を楽しませ  ゲートルをはかせ  紙きれと引き合わせ  露をふらせ  となりにすわらせ  ケンタウル露をふらせ  ほしいものを買ってやって、喜ばせ  拡張させ  立番をさせ  修業させ  ゆずろうともせ  彼女を悦ばせ  幸福であらせ  ままでは終らせ  調和を保たせ  朝までまんじりともせ  牛にひかせ  秣をはこばせ  まま死なせ  しずかにいってきかせ  宗論をさせ  れんぐわと、せ  もの、せ  日本移民排斥問題を思い出させ  家人に聞いてみると、せ  むだに終わらせ  基礎を置いてない間に合わせ  雑居させ  葡萄酒を造らせ  承知しはせ  胸をむかつかせ  毅然といい放させ  からだを弾ませ  果し合いをせ  依怙地にさせ  移植させ  背すじに這わせ  好きもせ  細君にやらせ  ちゃりちゃり音をさせ  來はせ  お客まで取らせ  鎭守させ  手紙を出させ  私にひがみを起させ  てゐさせ  鈴の音がせ  ガタゴトさせ  板前を急がせ  一圓借せ  孫に聞かせ  一切合財興行物はせ  家出をせ  敷居跨がせ  女中にさせ  それに注がせ  人でも出はひりをさせ  鈴慕を聞かせ  幾度かわかりません、聞かせるには聞かせ  曲を聞かせ  休みなすっておいであそばせ  こちら向かんせ  一身を歩ませ  もう少し砕けたのをお聞かせ  のを吹いてお聞かせ  なにかをお聞かせ  のをお聞かせ  忍び足もせ  振舞もせ  逗留させ  焚火をしてあたらせ  ところを拝ませ  焦躁をさせ  質を異にせ  兵馬に向って聞かせ  ように聞いて、言い合わせ  入りもせ  議論を闘わせ  どちらにしても、会わせ  音を気取らせ  腹蔵なく喋らせ  教へてやらずに思ひこませ  一人ぢや物足りないでせ  二人だけでせ  きくでせ  方が飲ませ  駅まで送らせ  手を握らせて悦に入らせ  大向ふをうならせ  私はごまかさせ  両方べつべつに染めましたでせ  胸を悪くさせ  若い一弁護士を生き返らせ  ことを思いつかせ  眠るようにさせ  のはどうしてでせ  発表してよろしいでせ  発表したらいいでせ  つてすぐに消させ  あとをやれつておつしやるんでせ  考へがあるでせ  生産するんでせ  指図をせ  まり指図をせ  手足を伸ばさせ  引用させ  味を利かせ  田村秋子さんがせ  冴えを偲ばせ  眼玉をぱちくりさせ  女中に買わせ  脱力させ  だんだん自分をかたよらせ  復一に送らせ  ボートを進ませ  復一は身じろぎもせ  情熱に充たさせ  撒乱させ  眼も窪ませ  動作のくねらせ  方をやらせ  顔を引込ませ  正眼に煙らせ  友人づきあいもせ  心を奮い立たせ  仔を産ませ  疳を昂ぶらせ  裾を貼り付かせ  崩折らせ  重畳させ  光に輝かせ  藤に持たせ  物を見もせ  昇降させ  酔月情話を語らせ  体面を保たせ  女はろくに見もせ  源七はにこりともせ  小判を握らせ  小判はにせ  機械を作らせ  口から源右衛門へ吹き込ませ  主人を呼ばせ  者にかつがせ  片手を軽くぶらぶらさせ  悪あがきもせ  実歴談を話して聞かせ  ものをして聞かせ  ピアノで弾かせ  澄子は、いちいち頷きもせ  飲物を持って来させ  異様な嘶きを聞かせ  者四人にかつがせ  声を陰らせ  声をとがらせ  船を出して追わせ  叫びを聞かせ  天気でせ  気違ひだと思ふでせ  手まねで座らせ  耳を尖らせ  両手をせ  鮮なしとせ  半円形に列ばせ  私たちに読んで聞かせ  花を頂かせ  お代をいただいて、よろしいでせ  方面を騒がせたり、てこずらせ  地点を歩ませ  どちらに向って歩ませ  二人の歩ませ  翻訳をお聞かせ  身をもたせ  三倍に昇せ  真なりとせ  志を得せ  心を勇み立たせ  娘たちを追い廻しては驚かせ  きみをやつさせ  航海話をして聞かせ  矢面に立たせ  オットセイを捕らせ  茂太郎に話して聞かせ  案山子殿をがちゃつかせ  路をせ  早馬を飛ばせ  面を汗ばませ  疲れを休ませ  向うを張らせ  判さへ捺させ  中へ飛び込ませ  腕を引つ込ませ  銀鼠色に燻らせ  黎明を想わせ  熱狂させ  者達を行かせ  悲しみもせ  人を殺させ  髪を渦巻かせ  箆棒めえ借せ  私を素晴らしく喜ばせ  上唇を綻ばせ  変動させ  頬をうたせ  残像をはっきりさせ  筋道は飲み込ませ  手を手伝わせ  頼みにせ  返事に似通わせ  寄させ  蘇えらせ  高低させ  手間暇は取らせ  あなたに遇わせ  新吉を酔わせ  毛を覗かせ  縞目を浮き出させ  蓮ッ葉にはしらせ  人に遊ばせ  ネオンサインをくねらせ  あなたギャルソンにすこし握らせ  カテリイヌにも逢わせ  耳に聞かせ  さんを遊ばせ  幻覚させ  空気などを思はせ  心に立ち戻らせ  経綸を行なわせ  こと少なしとせ  ことをあえてせ  賢良とともにせ  崇奉せ  階級を固くせ  鞏固にせ  形を異にせ  賛揚せ  シュミード氏の著わせ  国民論派のあえてせ  大権を固くせ  得意にさせ  救つてやらうとはしないのでせ  口から出てくるのでせ  誰一人思はないのでせ  なかへ入り込ませ  隅々まで行き渡らせ  力もありましたでせ  一體あるでせ  おまえに気付かせ  のが好いでせ  肌をなぶらせ  梅ちゃん、だんぜん、買わせ  寢臺を作らせ  鋏を忍び込ませ  一本でも多く飲ませ  国を救わせ  老人達はくわしく話してきかせ  爺さんは話してきかせ  ほとほと感心させ  野菜をもらって来させ  辰子を怒らせ  目を遊ばせ  瞳を澄ませ  喜びを漲らせ  内輪を窺わせ  感情を起させ  酒も呑ませ  家を困らせ  榊を這わせ  それからひどくがたがた言わせ  者を眩しがらせ  可なり痛かろうとはらはらさせ  靴音をざくざくさせ  あとを言わせ  顔を吹かせ  雛妓に煽がせ  何う書きますでせ  時分から怪猫が居たんでせ  田中君について來たんぢやあないんでせ  膝から溢出させ  号令をいらだたせ  消火につかわせ  通しはせ  ちょっと中座させ  六波羅をおどろかせ  鼻をあかせ  兵を憩わせ  ままさせ  功名を誇らせ  千早一つが陥せ  智恵を持ちあわせ  目はさせ  牛を曳かせ  夢をよろこばせ  入ろうとせ  返辞を聞かせ  たわ言、いわせ  きりで、待てどくらせ  狼狽をせ  松明を振らせ  下部でも走らせ  性をいよいよつのらせ  周囲はなおハラハラばかりさせ  一つ拝見させ  考案で作らせ  さいを聞かせ  師直は悪びれもせ  道誉は待たせ  ぶんが産ませ  庶子ともせ  権威をかりていわせ  誓紙にしたためて差出せ  異様なまでにどよめかせ  背を拭わせ  庄へ送らせ  声はせ  自分へ嫁がせ  白旗をとり出させ  きょうまで住まわせ  ものを抱かせ  日から世話をやかせ  対面をせ  そなたばかりを恨まれもせ  どこかへ走らせ  藤どのをこう悩ませ  一せいに振り向かせ  指揮をとらせ  一行、そうまでせ  牢舎させ  馬をいそがせ  熱田に着いてとらせ  小姓武者に手つだわせ  師直もなぜ早くせ  昼寝中と、待たせ  尾行させ  どこへ行くかを、突きとめて来いと、追わせ  弱点を思わせ  家臣をぐるりに立たせ  具行卿をよろこばせ  分け前も取らせ  瞳孔をちらつかせ  彼にやらせ  紅霞をただよわせ  子まで生ませ  心をあわれませ  薬でも持たせ  男を滲ませ  方向を失わせ  幻想を抱かせ  好きにさせ  扮そうという言いあわせ  手段を思いつかせ  一人娘を縁づかせ  間誤つかせ  作品を読ませ  一貫させ  転心させ  衣服に輝かせ  石ころをつめたにせ  私はさわらせ  謡つて聞かせ  坐り遊ばせ  貰ひ遊ばせ  陰に坐らせ  輿を持つて来させ  つてそよりともせ  錆させ  値打もすりゃせ  包囲線をめがけて走せ  横を走せ  いつしよにせ  りんごでせ  王水をのませたらよかつたでせ  しかたなかつたでせ  へんでせ  かいひとでせ  十五哩もむかふでせ  それでせ  北極犬のせ  それよりもこんなせ  雲でせ  粉雪でせ  照つてゐるのでせ  ぶんだけせ  あしにふむのでせ  山火事でござんせ  やつぱり山火事でござんせ  土にけづらせ  雲をどよませ  霜さへ降らせ  国難を押し通させ  一個握らせ  ために待たせ  争奪戦をやらせ  攻撃し、頼まれもせ  筆者を引合わせ  他人にさせ  百万長者を忍ばせ  四五人忍ばせ  法螺丸氏に読んで聞かせ  昨日雑誌を読んで聞かせ  議会に命じて作らせ  コビリ付かせ  追懐して聞かせ  木馬に跨らせ  終日看守を手古摺らせ  当局を弱らせ  辞世チュウものを詠みはせ  二人を旅立たせ  腐敗堕落させ  ものは見向きもせ  蓋だけせ  台に座らせ  生物は売らせ  相談に来はせ  物は云わせ  燗もせ  出会い頭にアッと云わせ  独楽を舞わせ  抱腹させ  洗いに作らせ  気持ちはせ  情をつくさせ  義をつくさせ  ユトリを作らせ  女学校に通わせ  アトを継がせ  貰い泣きさせ  皆起立させ  グリつかせ  拵へとらせ  嫁入せ  赤砂利をかつがせ  発足させ  ぎくっとさせ  わたくしを苦しませ  平らにせ  水ばせ  どてらを着てゐて叩くでせ  字はせ  誰かせ  そこにせ  あさみてなにかせ  水もせ  寅松宵に行ったでせ  映えさせ  雪を縫ってせ  風が、せ  雹を降らすでせ  げさせ  夜中のねむけをふるはせ  われにはなにかせ  のにせ  斧を鳴らしたりせ  あなたはきっと聞いたでせ  ことにだけ聞くでせ  それはもうきっとできてるでせ  新らしいせ  色はどうしたんでせ  荷物を持たせ  散在させ  方たち遲れていらつしやるんでせ  一寸父うちやんを休ませ  ひいき争ひをくり返させ  天地を驚かせ  省作にはもちろん間に合わせ  妻を持たせ  心を聞こうともせ  つねを泣かせ  事を、そうさせ  顔出しもせ  口出しもせ  厭だとは言わせ  ようにばかりさせ  顔を拭おうともせ  事など話し聞かせ  男親一人にがんばらせ  気を悪くせ  下駄をはかせ  女房にかせがせ  お酒を安く飲ませ  日参させ  現金でなければ飲ませ  お客に化けて行かせ  情勢ぐらゐではビクともせ  色男に飲ませ  序曲だけでせ  苦労はするでせ  ちよつと痛いでせ  真理ではあるでせ  資本をださせ  安直に飲ませ  アクビをせ  常連を怒らせ  うちに帰るでせ  奴らに稼がせ  値段でせ  うちでせ  色ッポクなくさせ  美女など坐らせ  要領ぢやないでせ  から不眠症で悩んでゐたでせ  アならないでせ  溜飲も下るでせ  美人よ、分るでせ  条件はのみこんで下さつたんでせ  酌だけさせ  サテハと思ふでせ  信仰させ  本気にさせ  母子を住みこませ  才能に恵まれないせ  世辞たらたら喜ばせ  所望をせ  旦那すみませんけど、泊まらせ  十人ぐらゐづゝ人間を並ばせ  御意にまかせて高く飲ませ  壮快でせ  つた顔付一つ変へようとせ  寿命もせ  合致してゐるせ  ちや罪でせ  ノブ公に握らせ  あなた、然し、どうでせ  顔を拝ませ  胸にかくれてゐるせ  アイサツはないでせ  嫌つてはいけないでせ  俗事はおやりにならないでせ  新渡じゃあござんせ  菓子など喰わせ  古渡りじゃござんせ  若い手足をのびのび投げて吹かせ  さをふくませ  ひとつ男らしく、歌って聞かせ  野中先生に聞かせ  家を継がせ  人をほめて聞かせ  歩調で歩かせ  手離させ  法廷に立たせ  素直に書きあらわせ  だてをせ  ほのかに喜ばせ  女房を喜ばせ  心変りをさせ  顎をぴくぴくさせ  俥引達を振り向きもせ  心を荒ませ  散文化させ  動氣打たせ  やうに、振り向きもせ  寒いでせ  反抗心を燃え立たせ  私は振り向きもせ  賭に勝たせ  夢幻的な間に合わせ  子供に採らせ  川のせ  臭を漂わせ  妻に云い訊かせ  つき合いをさせ  鮮かに浮ばせ  楽に届かせ  においさえもさせ  髣髴とさせ  呼吸さえせ  真綿をしのばせ  着物を着るせ  ぱい心に溜めてゐるせ  溜息だけをつかせ  円満なのでせ  つて上げたでせ  膝をぶるぶるとせ  つて云つたでせ  みんな飲ませ  彼へ近づかせ  娘は孕ませ  下し薬迄飲ませ  金を掴ませ  ゴクリゴクリとさせ  やうにはせ  誰もさうであらうが、待たせ  客より、待たせ  形にうき上らせ  前に直させ  激動を強ひて抑へようとするせ  一部始終を、話して聞かせ  再開させ  ドアをあけもせ  肩を波うたせ  はいまわってさがさせ  ガラス槽に走らせ  足音をしのび、せ  顔色をかえさせ  らをくるわせ  足をぶるぶるふるわせ  しきもせ  目をすばしこく走らせ  退避させ  足もはえませ  きんちょうさせ  必要にこわがらせ  質問には答えようとはせ  蜂矢探偵に会わせ  まひさせ  目をいそがしく走らせ  入口にならばせ  あちこちでくり返し聞かせ  靴下も、注意深く脱がせ  手薄にさせ  まま、いよいよゆるぎもせ  てんどうさせ  上にも吹き惑わせ  敵味方をわきかえらせ  汗をすら思わせ  実戦に行わせ  囲みを解かせ  彼もはっと気づかせ  者には、誇らせ  気位で、ありもせ  兵火に煙らせ  ここを去らせ  兇悪をふるい立たせ  方へぞ赴かせ  あれかしと、てまえも祈って、いろいろ探らせ  満面にただよわせ  嶮にさすらわせ  者をえらんですぐ持たせ  高橋又四郎らをつき従わせ  旗を持たせ  たくさん食わせ  手当もさせ  ふもとを驚かせ  萌え出させ  二心をかよわせ  近年になくさんざめかせ  姿を消しもせ  酔を花やがせ  馬ぼこりをけむらせ  庭をもけむらせ  小姓武者に持たせ  保護させ  旗を作らせ  決意を奮わせ  先導させ  図案させ  ために作らせ  兵馬を持たせ  降伏などはせ  阿弥衆がおりはせ  海手はいかがせ  観測などが、かえって、あやまらせ  一時にせ  息やすめもせ  死地に立たせ  前に死なせ  士気を振わせ  それがしに代らせ  一番に立たせ  間道をさぐらせ  極楽寺坂へ攻めよせ  伝令させ  死に場所にせ  小袖幕を張らせ  楯を敷かせ  義貞のきもを寒うさせ  兎耳をぴんと尖がらせ  それしか思わせ  使いに急がせ  参陣させ  旨をふくませ  邸宅をたちのかせ  新田殿と張り合ったりせ  首斬らせ  文学的ニュアンスをもたせ  何を書かせ  來たと申して宜いでせ  まわりにぐるりに並ばせ  名をつがせ  突破したかの疑ひすら起させ  薬餌には見向かうともせ  一生なにもせ  いきをはずませ  あなたにお話しせ  身震を催させ  つて通らせ  海賊でせ  岩をぐらつかせ  のわかれにふいてきかせ  肩にとまらせ  腰掛にすわらせ  牢屋から森まで、すっかりせ  馬をひきださせ  肩に飛び乗って、せ  おじいさんは話してきかせ  ため息をついて、そして話してきかせ  がちゃがちゃいわせ  ぼんやり顔を見あわせ  無理にさせ  チヨ子にめくばせ  太郎がすぐに飲ませ  他へ往こうとせ  あたりへしなを持たせ  はては苛立たせ  それを歩かせたり坐らせ  ままに動き廻らせ  頭を少しずらせ  拳固を喰わせ  あなたに責任がないとは云わせ  廊下に待たせ  井上へもよく申し聞かせ  身を反らせ  ぼんやり待たせ  彼はぎくりとせ  口調で長く待たせ  それを拭おうともせ  腹愈せ  身内を戦かせ  それを持ち去ろうともせ  つて終結させ  相手方から資金を出させ  利益を生ませ  奔走させ  松村へ近付かせ  貴方でせ  ちや僕だけでせ  をかしいが、どうでせ  会社でせ  適任でせ  相談したんでせ  憤慨もせ  知つていらつしやるでせ  帰らないでせ  お茶屋さんでせ  縫ひとらせ  昼飯もせ  女でせ  これ、忘れやしないでせ  思出して下さるでせ  つても、ねえ、さうでせ  歸りに困るでせ  浚はせ  大勢を珍しがらせ  うに出るんでせ  承知下さるか、どうでせ  唐物商を開かせ  井戸をさらわせ  珍らしがらせ  灯はまたたきもせ  眼をいよいよ陰らせ  惚気でも聞かせ  身体をもたせ  船頭から舟を出させ  いつでもお逢わせ  ひたいを陰らせ  正直に云って聞かせ  私からよく云って聞かせ  方へ縁付かせ  紐をくぐらせ  手を負わせ  新田小太郎義貞より遣わせ  騎馬を打たせ  先を打たせて進ませ  露骨にただよわせ  内裏に着かせ  ように取られもせ  宮中をおどろかせ  立場を、お困らせ  粗略にもせ  先へ走らせ  動揺へ、こういわせ  士を、いきどおらせ  心をおちつかせ  先に走らせ  だれを捲かせ  復職させ  修理させ  任にあたらせ  褒美にとらせ  部下を死なせ  むにはいかにせ  前へすすませ  万事くるめて、そのせ  櫛梳らせ  ごきげんようわたらせ  野山に臥しておわせ  これ以上のさばらせ  人間を知ろうともせ  それゆえ、そうさせ  牽制させ  通用もせ  折檻などせ  もっと彼を驚かせ  督してつくらせ  行動へ弾ませ  水音を忍ばせ  ゆずろうとせ  約束はせ  価値を教えてやって流行らせ  負けはせ  物を種々取り出させ  外に出させ  尾羽折れ歪む、えせ  ここで気負わせ  番はせ  笠懸を射させ  何度でも執拗にせ  あたふたもせ  宮をしてやらせ  恒良を蹴落して代わらせ  つけまいらせ  一刻もゆるがせ  細部のしらべは糺そうともせ  酒でもうんと飲ませ  奉行でもさせ  大路を打たせ  膳のしたくをさせ  子にひがませ  心にせ  侍臣に持たせ  御酒やらに、打ち興じておわせ  一曲でもひかせ  滅ス、を揺るがせ  宮に殉じようとはせ  天下に振るわせ  兵を催させ  入内させ  湯殿普請などいそがせ  のへさえ、こたえもせ  死にせ  内から酒をさがさせ  長老が拾いまいらせ  歌女代と名乗らせ  旦那取りなどさせ  医師にも診せ  稽古を休ませ  一度にしゃぶらせ  それから自身番へ引き摺って行ってさんざん謝らせ  鞴を吹かせ  袖をしっかりと抱きあわせ  買い薬で間にあわせ  七のまえに坐らせ  さいぜんから声のみを聞かせ  人にすらせ  墨汁を作らせ  ポカリと食わせ  ほとりに立たせ  名古屋城をそっくり持たせ  ひとつ、拝ませ  鯱を拝ませ  鯱も、このくらい拝ませ  雄が少し小せ  知らざあ言って聞かせ  一は動かせ  暇をいただかせ  負傷をさせ  家をつがせ  船で渡らせ  手を取って起き上らせ  頂戴させ  拙者なんぞにも、手伝わせ  これに持たせ  わたしから忠告をさせ  一同に持たせ  バツが悪かったな、と思わせ  病人に引合わせ  調子をよみがえらせ  景況を物語らせ  詳かにさせ  ことなんぞはおよしあそばせ  お話をお聞かせ  一つお聞かせ  者をてこずらせ  四十男がズバズバと、すっぱぬいて聞かせ  道を行かせ  ままをさせ  腰をさがらせ  額をつき合わせ  二人を驚かせ  山を取除かせ  平かに致させ  扇子をパチパチさせ  橋かけに取りかからせ  箱提灯を持たせ  道庵をいたくよろこばせ  グルグル廻らせ  前で死なせ  悲しみは味わわせ  蟻も通わせ  口をふさがらせ  米友に語って聞かせ  冷遇して、出て行かせ  暴虐とを高ぶらせ  俗衆をあっといわせ  冷笑を浮ばせ  奥へ運ばせ  三面記事を、かなり読ませ  エロチッシュを語らせ  列席させ  事件に出会させ  師匠をさせ  手綱を取らせ  面白い旅をさせ  庫を背負わせ  こわがりもせ  キッパリ断わらせ  駒井を困らせ  一晩、すずませ  ものだ、と思わせ  怠りが、そうさせ  一日さがさせ  駒井を悩ませ  もう少し休ませ  一同は、言い合わせ  時は飛び違ったり、走せ  うちに、附いては離れ、或いは飛び違い、走せ  息をも切らさずに飛んで行っても、走せ  十分円満にさせ  鬼胎を持たせ  表装を直させ  妻子をよろこばせ  雪をして遮二無二、思い進ませ  反逆させ  徳川家から去勢させ  ちょっと駕籠を休ませ  ところから、すっぱりやって下さんせ  取的をつれて走せ  つぎに持たせ  それから後、走せ  後ればせに走せ  責任感から峠を走せ  境遇に立たせ  寺番に見つけられ、叱られもせ  親しみを持たせ  二人が驚いて、言い合わせ  急場の間に合わせ  旅人を悩ませ  今までジリジリさせ  大風にも驚かせ  座敷に通らせ  送り帰らせ  粋を味わわせ  呆気に取らせ  珍客に向って加え、のぼせ上らせるだけのぼせ上らせ  舞台を廻させ  木を伐らせ  時になると、食わせ  ものは、食わせ  口から聞かせ  五寸ほど、新しく削らせ  東西を走せ  一子登を抱かせ  名乗りをさせ  どちらかせ  戸惑いをさせ  自分をあやまらせ  親分だけがさせ  静居をお驚かせ  ことを、よくよく申し聞かせ  中に待たせ  貧乏人を集せ  横顔を浮きあがらせ  顔をかがやかせ  胸を吹かせ  ひとに喋らせ  あれこれと考えあわせ  慎しまっせ  キラキラ輝やかせ  眼をほおえませ  片鱗を浮きあがらせ  先を軋ませ  鞘音をさせ  一度も触れようとせ  期待だけさせ  止宿させ  汗でしめらせ  接見をさせ  客三人で大いに飲み、あるいは大いに飲ませ  頬をひきつらせ  逍遙させ  寝台を浮きあがらせ  首をのめらせ  ばっかりに、みすみす死なせ  袖をひかせ  帯をしめさせ  膳のまえに坐らせ  座敷に住まわせ  足音もせ  前にまた坐らせ  机のまえに坐らせ  蝶を呼び起させ  様子を窺わせ  名を呼んで、どうぞ一度逢わせ  眼利きをさせ  大事でせ  ももちたいでせ  仕事もあるでせ  いふ時代とでもいふのでせ  希望がもてないでせ  句になろうともせ  顏色青褪めて、身じろぎもせ  かい袂を軽くなびかせ  笹折を持たせ  刺身を作らせ  代りを取らせ  ゆくえを捜させ  心中させ  昔話を聞かせ  人相服装などをくわしく申し聞かせ  訳をよく云い聞かせ  二人に云い聞かせ  わたくしに払わせ  三つを結びあわせ  重箱に忍ばせ  彼に手伝わせ  汗をかかせ  こちらから伺わせ  方から運ばせ  切り貼りさせ  家へ転げ込ませ  床をしかせ  多吉が行きあわせ  立場に休ませ  たくさん運ばせ  切腹させ  水を汲んできて飲ませ  選択させ  都合次第で伺わせ  二日取らせ  一つお造らせ  逆さにしても落ちないほど泡立たせ  暇をせ  君に言わせ  鶏を買わせ  無闇に飲ませ  一走り往って覗いて見さっせ  ように泡立たせ  産出させ  争いを止めんともせ  拵らえさせ  競技会を開かせ  腕を揮わせ  沸立たせ  毎度ブリキ屋に造らせ  自分で造らせ  宿泊させ  暇を取らせ  いつまで奉公させ  銭がねえとは云わせ  お金さんに手伝わせ  休息をさせ  膝進ませ  半ばほど注がせ  白身を泡立たせ  夢と知りせ  登和嬢を悦ばせ  手渡しにせ  主人留めもせ  沸たたせ  寒餅を搗かせ  品を見んともせ  これは一旦お引込ませ  静かに生きて行かせ  面を射させ  雪に語り聞かせ  ちょっと馬を休ませ  息杖を休ませ  病人だと思わせ  のか聞きもしないし、聞かせ  稽古をやらせ  竹刀を休ませ  刀を持たせ  小冠者が走せ  振舞を怪しともせ  誰人であるかわかりもせ  挨拶に困らせ  国内を飛ばせ  兵馬を坐らせ  人間じゃござんせ  犬になと食わせ  者、そうはさせ  急に走せ  部分を腐らせ  反抗させ  俊に走せ  馬を御して、あえて焦らずに、打たせ  心持いっぱいで打たせ  鞍壺にとりついて歩ませ  馬をいたわり歩かせ  あとを踏ませ  地を想わせ  只事ではないと思わせ  道庵に一杯飲ませ  宣伝をさせ  いやがらせ、うるさがらせ、汚ながらせ  睡眠をとろりとさせ  疲れがさせ  異様にかがやかせ  異様に輝かせ  口を烈しくどもらせ  時ずかずかと走せ  四苦八苦をさせ  これを買わせ  ピリリとさせ  十余名ばかり息せき切って走せ  響はせ  駕籠屋が余儀なくさせ  貧窮組をやんやと言わせ  土を踏ませ  貰い子でもせ  家督を嗣がせ  損をさせ  藤は待たせ  毎日窺わせ  仕出し屋へ走らせ  引き揚げさせ  変死をさせ  恐れを懐かせ  津の国屋へ住み込ませ  差紙を持たせ  手間費えをさせ  空駕籠をかつがせ  額をひからせ  死骸を運ばせ  職人を探させ  竹藪を見張らせ  肩肱を怒らせ  川開きも見あわせ  河童頭に剃らせ  覚えがねえとは云わせ  眼をひらかせ  親のかたきを討たせ  事件を出来させ  本人に会わせ  もう少し辛抱しろとくれぐれも云い聞かせ  声をうるませ  応も云わせ  お話がありますが、まだお聴かせ  信者たちに云い聞かせ  何人にも拝ませ  奥を覗かせ  忌がらせ  もっと流行らせ  善昌を困らせ  墓を掘らせ  買いぐすりなどを飲ませ  二人が云いあわせ  もの身許をあらわせ  疵口を洗わせ  彼は云い聞かせ  金をそっと握らせ  興味を湧かせ  作を咬ませ  大原家へ持たせ  病人に飲ませ  スープを飲ませ  二つ泡立たせ  栗を含ませ  栗の含ませ  中へ潜らせ  疵口へよく浸み込ませ  心を出させ  水揚散を飲ませ  一定させ  稽古もせ  労働させ  読書ばかりさせ  進歩するとせ  人に煉らせ  でっちさせ  そのまま下戸に飲ませ  酒を酔わせ  のを打たせ  下女に打たせ  碾臼で碾かせ  日に打たせ  家で碾かせ  温度を持たせ  洋行おさせ  大食をさせ  金儲をさせ  直覚させ  望みはせ  狂い死にさせ  黄金仏が孕ませ  駕籠を吊らせ  駕籠を急がせ  駕籠で急がせ  毒薬を飲ませ  寺社奉行を手古摺らせ  ことをくれぐれも云い聞かせ  空を突かせ  薬と思わせ  変動をさせ  木炭などは削りもせ  座敷へ通させ  河内屋まで送らせ  行状を探らせ  わけをそっと云い聞かせ  一歩も入らせ  ものも出来るだけ間に合わせ  死骸を忍ばせ  支度でもさせ  松吉に負わせ  番頭に逢わせ  おれにばかりしゃべらせ  奉公に住み込ませ  口を明かせ  張り番させ  自身番へひき出させ  学者がたに聞かせ  警固させ  一同を退がらせ  いやもすこしいわせ  一門に誓わせ  者を奮い死なせ  気力もありはせ  私が命じてやらせ  うちのものを煮えたぎらせ  さまでにはせ  足も出せはせ  弱味をおもわせ  功は少なしとせ  官軍を攻めのぼらせ  新田を起たせ  老躯に鞭打たせ  疲れを見あわせ  買いはせ  先に急がせ  戦場へむかわせ  何の怖れともせ  当惑顔を見あわせ  軍を待たせ  椅子につかせ  ッそ息を抜かせ  大事をとらせ  虚を突かせ  何かをさらに誓わせ  点呼させ  家郷をも失わせ  ちりぢりにさまよわせ  絶望とでもなればいかにせ  肌に持たせ  足利方だと言って聞かせ  お変りもあらせ  者とはせ  魚見堂まで送らせ  筑紫へ渡らせ  院宣を、いかにせ  心を熱くさせ  空へ高々と振らせ  忠義をお憶えあらせ  要なしとせ  酒をはこばせ  黛を思い出させ  進みもせず、もどりもせ  手続きをとらせ  母がさせ  お召あらせ  尊氏におゆだねあらせ  肺腑をドキッとさせ  もっと正成にいわせ  二日あらせ  争いにせ  一瞬には立たせ  お上におかれても苦々しゅうおわせ  駕籠を呼ばせ  彼にも手伝わせ  落ちさせ  ように疑わせ  才覚させ  匕首を忍ばせ  遠くへどかせ  妻だ取乱しもせ  そのまま起しもせ  防毒面をとりもせ  方をすこしすかせ  手をとってにぎらせ  妹とに手伝わせ  不安をみなぎらせ  憤慨させ  詰腹を切らせ  口をいよいよ渋らせ  どこへか誘い出させ  浮名を立たせ  息つぎに一杯あっためさせ  同類を探させ  手柄話をして聴かせ  心あたりを探させ  から聴かせ  密告させ  毎日誘いあわせ  以上は云い抜けはさせ  妹に持たせ  紋をなだめて待たせ  符を飲ませ  辻駕籠を吊らせ  家まで連れ込ませ  猿轡をはませ  代を払わせ  披露をさせ  筋をうねらせ  主人を殺させ  手引きをさせ  放逐させ  こっちから暇を出させ  嫁入り支度をさせ  手をゆるめながら、優しく云い聞かせ  口唇をおののかせ  洟をつまらせ  剃刀を忍ばせ  弥五郎を使わせ  和解させ  灯がまたたきもせ  香奠を持たせ  今年はお見あわせ  大尽風を吹かせ  茶坊主で、待たせ  玄関口に待たせ  手あたり次第にぬすませ  玄関に待たせ  仮面を取りはずさせ  皺を織り込ませ  対談させ  ところに懸けて置かせ  妖怪探索を思い立たせ  ふたりを肌寒くさせ  幾度も利かせ  声を尖らせ  材木のかげに潜ませ  頭をいじらせ  髭を当らせ  前に置かせ  丸太を倒させ  啣え出させ  おかみさんに逢わせ  魂をおののかせ  沖釣りに誘いあわせ  藤吉と誘いあわせ  こいつにそっと釣らせ  胸を陰らせ  手も働かせ  いつまでも黙らせ  しかりとせ  薬湯をたぎらせ  不作法をちと鼻白ませ  彼女をこうさせ  童武者に負わせ  巻を負わせ  天邪鬼がさせ  蔦王に持たせ  馬をひかせ  背に移させ  縁の下の力持ちばかりさせ  二度小突かせ  卯木に頼んで書かせ  中に失わせたくない、疑わせ  眼ざしにさせ  麓へ走らせ  者に会わせ  爺に諭させ  爺からいわせ  母を坐らせ  それぞれにとらせ  声だにせ  いちど貝を吹かせ  童子武者に持たせ  竹を伐らせ  大量に作らせ  九州を踏み荒させ  太宰府を陥せ  大軍をてこずらせ  井筒丸に持たせ  勢は、いかにせ  大功を尽くさせ  キラと赤くうるませ  心をかよわせ  突貫させ  馬をおどらせ  妹にあたらせ  町布令を布かせ  幕を張らせ  攻略に急がせ  総攬させ  顔いっぱいにじませ  誇張もせ  輸送もさせ  あとへ引っ返させ  武者を偲ばせ  もっとてこずらせ  味方を潜ませ  物を解かせ  姿をたたずませ  莚を敷かせ  探偵物語を聞かせ  酒肴を運び出させ  内証で話して聞かせ  金を握らせ  なにしろ二人とも喰わせ  真にも飲ませ  金をつかませ  八に堅く云い聞かせ  蝋燭を持って来させ  三度呼ばせ  増蔵に話して聞かせ  薬なぞを飲ませ  悪いたずらをさせ  辰公に云い聞かせ  ブッと膨らませ  顔を硬ばらせ  戦争なんて起こりゃせ  気を焦せらせ  全然停止させ  幾度となく走らせ  膏汗を滲ませ  面を輝かせ  武運を守らせ  陥落させ  サイレン鳴らせ  姐さん被りにさせ  ますます興奮を、つのらせ  ギラギラさせ  一同に聞かせ  泥を捏ねあわせ  軒を重ねあわせ  秘密を探らせ  眼を離そうともせ  雀躍りせ  空襲をさせ  濛々と立ち昇らせ  調子でつっぱしらせ  大尉を驚かせ  前に聞かせ  演習を観せ  奉納させ  乍ら遊ばせ  註釈して言って聞かせ  金波銀波を漂わせ  長閑に打たせ  番所まで走せ  一つもさせ  沢井へ走せ  得心のゆくまで説いて聞かせ  恐怖がさせ  不意に出逢わせ  突破させ  用意にとりかからせ  雲煙を飛ばせ  眼中に置かず、さっさと、走らせ  ことを、思わせ  手腕を伸ばさせ  カンバスを作らせ  畏怖させ  のではないか、とさえ思わせ  若干を言わせ  中に休ませ  うたたねをさせ  国へ立たせ  飢えに食ませ  廻りに走せ  気絶もさせ  逆上もさせ  浅吉さんに揉ませ  夜道をさせ  明日は休ませ  ヒドイ目に逢わせ  まっしぐらに走せ  馬に噛み殺させてやりたい、踏み殺させ  空気がさせ  たっぷりを聞かせ  そこで言い合わせ  急を救わんともせ  風にゃ吹かせ  自分を動かせ  事実を、見たり、聞かせ  逃げさえせねば捕えはせ  冗談も、持たせ  転々させ  みを、にじみ出させ  問題からさとらせ  わけではないにかかわらず、そうさせ  すべてを立たせ  街道筋まで走せ  根岸から築地へ向けて急がせ  胸をカッとさせ  心頭をいきり立たせ  乗打ちをさせ  一杯ぐらいはよかろう、ほんの一杯飲ませ  監視命令があって、飲ませるには飲ませ  現状を作らせ  知らないなら、話して聞かせ  ものとして取組ませ  格闘をさせ  座元へいくらか掴ませ  せいせいはずませ  肱を持たせ  踊りに酔わせ  信仰心がそうさせ  焚火にあたらせ  これにのべつ喋らせ  茎をつなぎあわせ  無理に頼んで持たせ  蕎麦屋に待たせ  どっかに隠れているならば、ぜひ一度逢わせ  一杯ずつ食わせ  土蔵から金を持ち出させ  鍋久に持ち込ませ  神様が逢わせ  眼を瞑らせ  奴らに一杯喰わせ  手を預かせ  顔を打たせ  満足に動かせ  死よりよみがえらせ  身震いをさせ  心を高きに燃え上がらせ  一同を手こずらせ  承知しないで、頼まれもせ  のに頼まれもせ  素材を用いて作り上げられた間に合わせ  気持ちも起させ  所をせつせ  諸方へ走らせ  絵をかかせ  駕籠を待たせ  孤芳にかかせ  新宿を立ち退かせ  街はずれに引っ越させ  油断なく見張らせ  表に張り込ませ  もう少し飲ませ  足を踏みすべらせ  方を受け持たせ  身許を洗わせ  加減に酔わせ  口に噛ませ  家へも知らせ  店に待たせ  無理にあおむかせ  わる強情で、ずいぶん手古摺らせ  家へ忍ばせ  贋金を掴ませ  から逢わせ  河岸に繋がせ  おれに代らせ  つぼみをおびただしく孕ませ  女房に云って聞かせ  彼等を苛立たせ  厳重に見張らせ  面倒だと思って、一旦は幾らか握らせ  噂を聞いて、もう逃げ負せ  二階に泊まらせ  二日前から三河屋に忍ばせ  二階に忍ばせ  飴を買わせ  親父の引き合わせ  掘り出し物をさせ  観客を喜ばせ  誰か来てくれと云わせ  出刃庖丁を持って来させ  わたくし達が行き合わせ  前置きを少し云わせ  袖に飲ませ  臨時に雇い入れて手伝わせ  口留めをして、なんにも云わせ  暖簾をくぐらせ  ところへ忍ばせ  一件を話して聞かせ  のを拾わせ  自身番へ送り込ませ  子供を誘い出させ  可愛い坊ちゃんを連れ出させ  一つも握らせ  死骸をまたがせ  番狂わせをさせ  半をはいらせ  懺悔をしろと云い聞かせ  女どもを怖がらせ  啖い殺させ  笠を買わせ  裸で写させ  正体もなく酔わせ  異人になぜ撮らせ  写真に撮らせ  湯などを飲ませ  大通りまで送って行かせ  金右衛門に逢わせ  しずかに云い聞かせ  人に逢わせ  一泊させ  小僧に送らせ  分は追い足しをさせ  ひと間に待たせ  鶴さんに云い聞かせ  手に召し捕らせ  七は云い聞かせ  刀屋に渡してせいぜい研がせ  妹にも早く思い切らせ  雪踏をすべらせ  奴をのさばらせ  そのまま奉公させ  誰か来たら待たせ  用心させ  養生はさせ  資本家を困らせ  働盟罷工をもってせ  市区改正をせ  市会議員によく言うて聞かせ  問題にはせ  ちょっとお聞かせ  騒動を起させ  弾力を持たせ  空中征服をせ  子を孕ませ  罰が当りまっせ  何とでも吐かせ  買い手はいくらでもおまっせ  市として何とかせ  気の毒だね、どうにかせ  入札させ  真正面からよう反対もせ  びりを切らせ  病院にも入れてあげないで、死なせ  度は減らせ  貼紙をせ  坑外に運ばせ  寄付させ  眼を澄ませ  進みもせ  グスグス言わせ  体重を計らせ  視察させ  誰でも行かせ  教練をさせ  いつでも逢わせ  幕府困らせ  異議はいわせ  うちふるわせ  立ち消えはせ  懐にしのばせ  滅させ  速力を出させ  ウィスキーを呑ませ  よみ聞かせ  これも言い合わせ  隣室から連れて来させ  失心させ  川越へ立退かせ  夫婦にも云い聞かせ  弟に逢わせ  自身番へとどけろと云い聞かせ  三軒手前に待たせ  いつまで立たせ  方から云って聞かせ  路用を持たせ  もう一度逢わせ  名残りを努めて惜しませ  赤鶴さま、聞かせ  命がさせ  戦に送って死なせ  笠一ツずつを持たせ  子たちにも着飾らせ  反目があるとせ  戦を、いかにせ  挽回をさせ  武士どもを思い上がらせ  駒をうたせ  膝までを和ませ  大事とせ  悔いとせ  世上に仰がせ  不安をいだかせ  新田殿を退かせ  かぎりを焚かせ  あちこち駒を遊ばせ  敵へせまらせ  利を以て説かせ  掲揚させ  鉦を打たせ  乱れ退かせ  らくをさせ  血気、いかにせ  犬死にはさせ  無意義にはさせ  三郎を急がせ  物見も知らせ  所も失わせ  清掃させ  しかし、うむをいわせ  正成をしてこうさせ  うちに持たせ  もとに死なせ  うちで遊ばせ  これまでに死なせ  世を創らせ  列を乱しもせ  軍命を持たせ  あたりへただよわせ  山陽道を攻めのぼらせ  あやしむほどな鄭重さをもってあつかわせ  決闘を否みなくさせ  手にせ  から御所をかこませ  左大臣近衛経忠をさがし出させ  都へ立ち退かせ  内からそむかせ  実施させ  後生たすけさせたばせ  直義にたばせ  軍忠状を書かせ  袖判させ  ッとせ  免しあらせ  目をかきくもらせ  大和へ走らせ  主上にせ  ようにいたさせ  色をたぎらせ  忠誠を誓わせ  虐殺しまいらせ  人とも見えぬ粧いとを、きらめかせ  武士を立たせ  後醍醐方へ走らせ  満都をふるえあがらせ  ヒコつかせ  酒瓶をおろして、待たせ  気勢を戦がせ  疵を負わせ  のだから、早く逢わせ  汗を掻かせ  散々あやまらせ  髪を結い直させ  三甚に逢わせ  子分に送らせ  喉を湿らせ  宙に踊らせ  パラソルを見かえりもせ  金佐商店に当らせ  おやじに掴ませ  マッチでお点けなさいまっせ  神さんに話して聞かせ  私は、振り向きもせ  日ざしが強いせ  來るせ  内懐から両手を出そうともせ  地蔵を流行らせ  地蔵を踊らせ  見切り時だと諦めて、踊らせ  地蔵をぐらぐら踊らせ  亀吉に握らせ  地蔵尊を作らせ  無心は肯かれないと申し聞かせ  コロリ除けと云い触らせ  智心をくぐらせ  自由に逢わせ  注進させ  勘次に開かせ  足袋だか聞かせ  膝を揺がせ  茶を運ばせ  徳次に漕がせ  両手をついて謝らせ  芸者をさせ  黒松に手伝わせ  黒松に持たせ  金を持たせ  経を読ませ  桜馬場へもね、へえ、走らせ  声色を聞かせ  台所をがたがた言わせ  幸七を忍ばせ  与惣次には動かせ  なに、これからでも遅かあげえせ  物は知りんせ  一札を書かせ  隈なく探させ  大皿を運ばせ  十手を忍ばせ  金をぬすみ出させ  大に持たせ  六尺を覗かせ  夜風を偲ばせ  勘次を忍ばせ  なんにせ  菓子折を持たせ  子供へ話して聞かせ  切り崩しにかからせ  古井戸を浚わせ  夜風に吹かせ  痺れを切らして待ってやしたがね、まま何せかにせ  佐平次を黙らせ  がくつかせ  先へ帰らせ  形にも触らせ  顔を綻ばせ  番屋へ引き取らせ  たっぷり墨を含ませ  胡坐を揺るがせ  沙汰じゃあげえせ  横に靡かせ  案じもせ  呼吸弾ませ  ところへ覗かせ  不服そうに尖らせ  揺ぎもさせ  手切金を持たせ  詮議をさせ  声を潜ませ  お方にお聞かせ  喋し合わせ  清二郎に手伝わせ  じゃりじゃり音をさせ  小うるせ  身体を硬張らせ  高座を明かせ  視線を、しきりに走らせ  方を話して聞かせ  まわりを硬張らせ  むっつりして、にこりともせ  言葉を想わせ  のは、つまり、そういう巡り合わせ  藤吉親分は、巡り合わせ  中ごそごそ言わせ  肩を硬張らせ  文身をちらちらさせ  ょっくら蔵前へ走らせ  懐ろから覗かせ  しらを覗かせ  宿泊人を驚かせ  仏を拝ませ  勘弁勘次に守らせ  一つ拝ませ  麻屑を考え合わせ  うしたければ、さうするでせ  真似だけはさせ  人々に対して負わせ  親父を遂にだまらせ  死亡させ  もう二度と蘇生させ  娘たちを気味悪がらせ  枕に就かせ  手燭をともさせ  騒ぎもせ  眉を陰らせ  藤助を探させ  否をさぐらせ  安否を探れと云い聞かせ  草履をすべらせ  供え物を持たせ  ながら見返りもせ  怪我人を運び込ませ  今も云い聞かせ  手を振り払いもせ  袂にでも忍ばせ  駕籠をおろさせ  宙を飛ばせ  ように説き聞かせ  蝶を飛ばせ  涙をうかべて云い聞かせ  縄を解かせ  海風に逆立たせ  気持が、つい、そういわせ  眼ばかりぱちぱちさせ  心もち紅潮させ  塩風に靡かせ  から春日さんから輸血させ  慄然とさせ  両手を踊らせ  それによつて遊ばせ  ものと、遊ばせ  心平さんに起させ  暇乞いもせ  ことは、走せ  地で越させ  それを抱かせ  一膝進ませ  ここで暫く休ませ  間休ませ  しまいまで聞いていなけりゃなりません、そうかといって、喋らせ  思召して、ぐっすりと休ませ  あいつを聞かせ  いつ孕ませ  傍にいて、イヤがらせ  節穴から、あわただしく走せ  驕慢心がさせ  ひらめきがさせ  結果にまで立至らせ  行方を追わせ  お喋りが喋って聞かせ  面揃いをさせ  天上にのみ走せ  迷惑とを蒙らせ  創を浮ばせ  道庵がいちいち利かせ  米友に焼かせ  庭へも、連れ出して遊ばせ  それは見向きもせ  遠方から運ばせ  名を成させ  義憤を湧かせ  弁当を運ばせ  のは言わせ  動顛させ  腕を遊ばせ  からないと思わせ  回航させ  一室にかたまらせ  こちらへ向けて飛び込ませ  石巻とやらまで走せ  部屋部屋を走せ  滅茶滅茶にさせ  のだ、と思えば尽きせ  我慢大天狗邪慢大天狗打倒大天狗と走らせ  焼筆で走らせ  ひとり遊びをさせ  頭に立たせ  血をのぼらせ  筆記に廻させ  筆写をさせ  わたしにやらせ  一冊だけをやらせ  はじめから読んでお聞かせ  通り読んでお聞かせ  ここかしこ見まはせ  内容を読んで聞かせ  枕辺に走せ  百を大いにむずがゆがらせ  お先を打たせ  引はさせ  誰もおりゃせ  あきはせ  大戸をがたがたさせ  ガタつかせ  誰も言っては聞かせ  遑もあらせ  腕をさすらせ  広場に立たせ  一斉射撃をさせ  真中へ立たせ  部屋に隠し、且つ、休ませ  砂煙をまいて走せ  前後から走せ  しろから走せ  一年に均してみやはりまっせ  引札を配らせ  末期の水を飲ませ  娘に、縛らせ  節度を踏み越させ  普通として、羨まれたり、おごらせ  ほかはせ  から、またゾッとせ  間へと走せ  もの心置きなく休ませ  なんでございます、休ませ  三日を心ゆくばかり休ませ  お客さんに聞いてくださんせ  委細も聞きもせ  手引して殺させ  弁信法師は、またたきもせ  牢で刺し殺させ  元服させ  心はあせっていたが、いかにせ  急使を受けておりますものの、いかにせ  鼓舞を盛り上がらせ  安閑とはさせ  吉野へ送らせ  吉野朝廷をおどろかせ  結城宗広をも付き添わせ  息を吐かせ  義を軽くせ  しずかに、ただよわせ  朝は、抱きもせ  権威をもたせ  忍び入り、うむをいわせ  代筆をさせ  びらんさせ  念入りに着飾らせ  苦役はさせ  あらたにさせ  一人を楽しませ  任官させ  たくさんに忍びこませ  隅田城を打たせ  撃破させ  謁をとらせ  下に待たせ  身にさせ  献身させ  意志などは、しょせん、おこなわれもせ  楠木家を負って起たせ  四条畷へ行かせ  代行させ  使者にいわせ  眸をはっと怪しませ  反省もせ  敵側に走らせ  瞼をたゆたわせ  高野山へのぼらせ  僥倖とせ  尊氏に呑ませ  鴉に食わせ  戦意を鈍らせ  筋をふとらせ  お供はせ  鴆毒をのませ  成就もせ  処理させ  背後を驚かせ  蹶起させ  都にのさばらせ  感をつよくひびかせ  アいわせ  義詮をこまらせ  侍医にはさせ  習得させ  功とはせ  盲がさせ  一つ借問させ  清次に舞わせ  氣を利かせ  辭みもせ  づつ身を進ませ  來たんでせ  言はず拗ねもせ  如何もせ  一遍妻に書かせ  渦を起させ  息を断たせ  証拠にはならないでせ  束の間でも住みよくせ  感じを云い終せ  世には有りもせ  海老を沈ませ  気長にのたくらせ  死にはせ  地と思えばこそ、裂けはせ  作と云うをあえてせ  箸を休ませ  死ぬ覚悟をせ  得心もさせ  ものか、せ  上に、うつくしくせ  方へ行きはせ  手習もせ  池まで来はせ  画になっていると驚かせ  旅などはせ  懐に呑んでおりはせ  りょうともせ  気合もせ  いつでも聞かせ  半分、背負わせ  事書いてはりまっせ  関係したとか、せ  から、書かせてやれ、と考えて、書かせ  養生でもせ  鯉をもってやらせ  口実を設けては送らせ  ことはあるでせ  何うしてでせ  てゐないんでせ  甞めさせ  打擲させ  心をのんびりさせ  収らず、なかなか服しようとはせ  大将を討たせ  城を撃たせ  石火矢を放たせ  阻喪させ  侍衆そこなはせ  中に浮き出させ  ものを築かせ  大砲を打たせ  海上から砲撃させ  城中に忍びこませ  結論をうかびあがらせ  敵対させ  関係を聞かせ  植物採集をさせ  一進させ  健吉を坐らせ  棲居を思いやらせ  頬をいくらか総毛立たせ  いつか習得させ  隅々を目新しく生き返らせ  山襞を美しく浮き立たせ  暮しを思わせ  祈祷をさせ  男たちが、聞かせ  幾晩も眠らせ  弁当を当然に思わせ  広島で終らせ  ベニヤ板や間に合わせ  張りをさえ失わせ  差入れをさせ  門口から素通りさせ  行儀ようにせ  間食させ  目を悲しませ  ほん、せ  停電なとせ  みんな樹を伐らせ  興奮させ、どきつかせ  特にしげのを、おどおどさせ  なんもありゃせ  蝶番を、きしませ  場所から否応いわせ  葉をしげらせ  こころをやわらげ、おちつかせ  表情をただよわせ  生活のよろこびをそよがせ  こちらに来させ  落付かなくさせ  赤道を通ったりさせ  ドーナッツ、持たせ  亢奮を燃えたたせ  自分から正気を失わせ  切符何とかせ  雨水をしぶかせ  宿ぐらいなんとかさせ  落付かせ  小一年監禁生活をさせ  暗礁をこさせ  宵の口から眠れもせ  襖の立て合わせ  聴くものをうるさがらせ  上に目立たせ  現代的交際場裡へ押し出させ  友達でせ  東京に居るからでせ  言顕はせ  ヒロポンをのませ  照りもせ  噂はせ  三人を踊らせ  早苗は振り解こうともせ  罪でも犯させ  何ものかに身を竦ませ  鼻をひくつかせ  利得金を奪わせ  眼を開かせ  社会主義者をも立たせ  隷従させ  話題をもたらせ  世の中がせ  言あらはせ  外観を粧おうとせ  れい属させ  若党二人附添ひて走らせ  傍に立たせたり、休ませ  増殖させ  場を動こうとせ  郁太郎を坐らせ  焼筆をのたくらせ  米友にさせ  世話焼かせ  軌道を歩ませ  教育をしみじみと味わわせ  らあな、ちっとばかり放して遊ばせ  涎を流させ  有無をも言わせ  創を縫わせ  胸をむしゃくしゃさせ  蹄を勇ませ  全うさせ  委細語って聞かせ  方へと急がせ  三日も食わせ  荷物を運ばせ  引受けさせ  自分は休もうともせ  四里も歩かせ  滔々と説いて聞かせ  荷拵えをさせ  テコでも動かせ  関ヶ原まで打たせ  小西に勝たせ  紙帳を釣らせ  はず、申し聞かせ  馬を休ませ  三成に説いて聞かせ  長堤の長きに任せて、話させ  思い出が無いとは言わせ  娑婆気を漂わせ  ガサガサさせ  から安心させ  主を討たせ  ものを起させ  人を、アッと言わせ  今ここで走らせ  これを何とかせ  おぼろげに読ませ  格別吟味もせ  ねじけさせられたり、荒ませ  茂太郎に、そんなにぐんぐん言わせ  ことができないで、言うだけは言わせ  心当りがござんせ  奴が、ひとり喋らせ  雄弁を聞かせ  主と夜もすがら物語りせ  話に取りかかっても遅しとせ  病死しはせ  ことにうまうまと騙されて、ありもせ  中へ入れようとせ  声をせ  病気が好うなったらまた会わせ  家と違いまっせ  微塵も騒ごうとせ  私が必ず後で逢わせ  応答しようともせ  揉手をせ  中でせ  兄さん、えらいお待たせ  商売はさせ  それがさせ  真実涙を潤ませ  今までも潔く諦めようとはせ  中でいって、上がろうとせ  ひとりあるのっせ  十四どっせ  わい人どっせ  ちょっと耳にせ  一人もありはせ  嫉妬もせ  女中に住み込ませ  きりどっせ  水分を含ませ  とき錯覚を起こさせ  活劇的事件を実際にもちあがらせ  感覚を失わせ  温存させ  バランスさせ  容を話して聞かせ  下へ急がせ  長年させ  ごとをせ  分別をせ  かすり傷ひとつ負わせ  微かにおののかせ  枝をゆるがせ  焼がねを掴ませ  身をわななかせ  涙をほとばしらせ  皿を持って来させ  瞬きさせ  井戸へ投げ込ませ  奴に担がせ  のを持出させ  諄々といい聞かせ  途中から、乗けてくらっせ  引負をさせ  飲まっせ  界隈は間に合わせ  道端へ出さっせ  持たっせ  手ぼうでせ  畑中を切って出て見なさんせ  両足をしゃちこばらせ  銭金はさて措かっせ  先生様も聞かっせ  覚悟して行かっせ  そこだてね、まあ聞かっせ  静にしてくらっせ  それでのうてせ  動きはせ  狂言させ  手習させ  私を遊ばせ  頭突込んだと思わっせ  御坊様御免なせ  左へ開けさっせ  夜が明けたら見さっせ  お前様持たっせ  晩方来せ  行燈を釣らせ  種がありはせ  顔は、忘れもせ  仏守らせ  中にもせ  縁でもせ  瞬をせ  睫毛までも写し取らせ  蜥蜴に噛ませ  召使に持たせ  袖を引合わせ  ちょっと一目お目にかかって、お聞かせ  日が経つに従うて、見もせず聞きもせ  さが劣らずなって、振切りもせ  突きはせ  塵にも曇りはせ  目鼻をくしゃくしゃとさせ  激化させ  手職を持たせ  私は話させ  葉を尖がらせ  子供も待たせ  私などには思わせ  互選はせ  興味を催させ  輪飾が戴かせ  手を掛けて仰向かせ  御存じないのでせ  事をしたのでせ  十二単衣をおきせ  おすべらかしにおさせ  ことを、はっきりさせ  信頼して読ませ  子までなさせ  多くのものに、よろこばせ  ちょっと言いあらわせ  猫をつくらせ  蓮月尼には、こう言わせ  僕はにこりともせ  それから口をとがらせ  お土産を忍ばせ  中に滑り込ませ  義を見てせ  疲れたから寢られるでせ  心を引込ませ  何處にあるでせ  風を引かせ  膝をいざらせ  異常がありはせ  程驚きもせ  會計などがさせ  會計をさせ  つてさせ  月給でせ  月給なのでせ  貸費生とかになる迄、少しは出したのでせ  洋行までさせ  やうには書いてないでせ  好でせ  木履カラつかせ  断欠を接ぎあわせ  番頭と行きあわせ  上にのめりこませ  戸棚から金布をかむせ  間漢方医がよいをさせ  医者にも診せ  使い走りをさせ  拭き掃除をさせ  のに結わせ  おんぶさせ  話をはずませ  せいせい言わせ  風呂敷いっぱいに包んで持たせ  面を火照らせ  ひとたちを待たせ  調査旅費を出させ  刺繍をさせ  せいせい呼吸をはずませ  お通夜をさせ  家内には聞かせ  ハンカチに吸いとらせ  女中を走らせ  身請けさせ  売薬店を開かせ  模様を告げても本当にせ  絶命させ  三回だけ苦しませ  薬を持たせ  母親に飲ませ  書生さんに持たせ  顔を紅くさせ  朝書生に持たせ  書生に持たせ  今朝持たせ  ぷいっとネリを抱きあげて、せ  五六枚ずつつるさせ  毎日薪とりをさせ  まん中を走るせ  肥料も降らせ  具合も知らせ  目ばかり光らせ  窒素肥料を降らせ  蔬菜ばたけに降らせ  雨もすこしは降らせ  電気でこやし降らせ  かたちをさせ  今すぐ噴かせ  迷ひなかりせ  我が身を何とかせ  折もあらせ  人とならせ  御方にて在らせ  まつりしかど、ほほゑませ  筆墨書籍に事欠かせ  お年とらせ  心遣ひはせ  人いとしがらせ  幾度か寝醒めせ  下宿料滞らせ  安らに渡らせ  心悩ませ  大息吐かせ  契りもせ  あなたへ送らせ  ままに在らせ  ほどのもの我が家より運ばせ  引移らせ  方に在らせ  こなたより持たせ  大事がらせ  日方様会社より帰らせ  事もなくて、さも思ひ入らせ  方様始めてうなづかせ  別に急ぎもせ  しかさせ  母様のいたく訝らせ  様子探らせ  たまはぬを待つとせ  病に罹らせ  さし寄らせ  心を許させ  心積もりせ  跡先見ずにせ  不徳義はさせ  声は漏れて、思はせ  悔ひさせ  事聞かせ  立帰らせ  ことを、長々と云ってきかせ  家来にかつがせ  出家させ  保名に飲ませ  法術比べをさせ  上へ飛ばせ  月から眼を離そうともせ  空中へ飛び出させ  手短かに話してきかせ  弾丸を喰らわせ  あたりをムズムズさせ  編成させ  力較べをさせ  誰にもあるんでせ  眠つて居ないんでせ  オッと、そうはさせ  妻などにいわせ  味がせ  情趣を漂わせ  ところを話してお聞かせ  出所来歴を話して聞かせ  頼山陽を悩ませ  追究させ  明瞭に語って聞かせ  失礼をさせ  反抗心があってそうさせ  一切飲ませ  お松とが、言い合わせ  娘に持たせ  ものを聞かせ  身づくろいをせ  床下を探させ  両端から歩ませ  悪戯心がさせ  ことは聞かせ  自分が逢わせ  みてごらんあそばせ  お松を悩ませ  誰も引合わせ  揺動させ  月夜を歩かせ  人たちだと思わせ  中を驚かせ  ところへ呼び寄せて坐らせ  面負けがせ  渾身からふるえ上らせ  のを顧みもせ  船を漕ぎ戻させ  文句は言わせ  悩みを持たせ  意気を沈ませ  ままにせ  速成をのたくらせ  旅心を湧きたたせ  心目を遊ばせ  人にとっては、待たせ  これはどうも少し待たせ  間お客をおっぽり出して、焦らせ  弥次も飛ばせ  タジタジとさせ  ようにまでさせ  めりはらせ  一同を驚かせ  仲を一味させ  矢を折らせ  お松が聞かせ  修繕仕事を手伝わせ  老人を送り返させ  地図を引合わせ  賢がらせ  人伝によく聞かせ  今日までも動かせ  わたしがくぎって飲ませ  裸にして描かせ  いくらでも取らせ  旅館へせ  唇を思い出させ  芽を出させ  立ちはせ  お客を待たせ  その道を、歩ませ  十字架を背負わせ  冥加あらせ  資糧とせ  襟を覗かせ  何でもせ  茶菓を運ばせ  全裸にさせ  三日間休息させ  から、貸して抱かせ  オレに貸して抱かせ  短刀を持たせ  まま突きさせ  仁吉に会わせ  図鑑と引き合わせ  腹を洗わせ  上の戦ひをせ  フランス大革命を起させ  それは起させ  歌を聴かせ  皆をはらはらさせ  営業不振を怖れるせ  ショーバイ肩身がせ  之を遠しとせ  亭主持てもせ  鍵盤を仄めかせ  蛍の光でも歌わせ  沈黙を固く守らせ  ポケットに滑りこませ  何かおごらせ  キヌ子におごらせ  何でも描かせ  芬とさせ  昔語りに話して聞かせ  外弱らせ  襟を引合わせ  手離すには当りゃせ  から、ちっと休ませ  パーク旅館に急がせ  気が附かぬらしく、待たせ  今夜はお会わせ  警察署に急がせ  クねずみはまたひくくせ  ように、そしてできるだけ高くせ  ひもで縛らせ  お寺まいりをさせ  思わせぶりのものになりはせ  全部飲ませ  のものを送らせ  事情のするなりにさせ  ように透かせ  僕に話して聞かせ  間違へたのでせ  老人を思はせ  顔になりたいとは思ひはせ  これだ、と思はせ  ウメに書き取らせ  舌鼓をうたせ  それは忘れもせ  笑い声を忍ばせ  所まで負わせ  眺望を利かなくさせ  遊女を侍らせ  ビリさせ  茫然させ  我々に聞かせ  ポンと乗ると駆け出させ  刑死をさせ  中へ、わざわざ捕らせ  贋病を使わせ  苦衷とを、いろいろ話して聞かせ  突きもせ  価ひせ  女に唄わせ  音声を溢れ出させ  彼等に言って聴かせ  フランス語を混ぜあわせ  あまり息をはずませ  愉快がらせ  ここまで怒らせ  格闘させ  如く車をゆるゆると歩ませ  家をとらせ  悪意を芽ぐませ  手先まで休ませ  二の句がつげなくさせ  出立を致させ  人にも持たせ  人に、ちっとも会わせ  曲をまで聞かせ  会いたい人に会わせ  あなたさえ会わせ  あなたは会わせて下さらない、ただ会わせ  遠音を聞かせ  あれを聞かせ  あなたにそれを聞かせ  中空へ飛ばせ  銀様と同じこしらえをさせ  中に浮ばせ  中を突き進ませ  あなたを迷わせ  あなたを呑もうともしません、呑ませ  圧倒的に歩かせ  汚物を洗わせ  人口は食わせ  楽土にさせ  不自由はおさせ  表情をもせ  縄張を荒させ  三ぴんはん、しっかと頼んまっせ  出店商人に持たせ  旦郷衆にお聴かせ  オツパイなんか飲ませ  しろにしみこませ  一発喰はせ  背合はせ  基となりはせ  カタリともせ  男が、今にも覚めはせ  修繕もせ  私をハラハラさせ  手先に使って盗ませ  ピムリコと云わせ  当分内職なんかせ  絵を盗ませ  自分の恨みせ  私は、おっかなくって、とても取られせ  何にせ  變つてゐるでせ  仔など生ませ  壕を廻らせ  山にかかりもせ  下積みにさせ  なごりを惜しませ  力を波立たせ  ちかを撰ばせ  何といふせ  海だらうそれでも溺れようとはせ  なんにもなかつたしつかりとにぎらせ  さびしさであるそれをまたひらかせ  轉がせ  蜘蛛の研究をやめようとせ  昏酔させ  おれは気づかせ  発禁にさせ  同一視させ  前例とせ  民衆に起こさせ  適当に会わせたり会わせ  負担が多くなりはせ  物売りをさせ  説教を聞かせ  自然とせ  青年将校達を怒らせ  気抜けがせ  剣をつらせ  宣誓させ  外国人に拝ませ  門司にまでも走らせ  狭心症を起こさせ  ロクに打ち合わせ  金を貸させ  小さな仕事欲がそうさせ  本物と思わせ  寄付をさせ  外務大臣から独立させ  戦機を熟させ  解消させ  一時的に失わせ  クシャクシャさせ  会社を廻らせ  之を奮い起たせ  後藤文夫内務大臣をも喜ばせ  栄養調査を行わせ  勧誘させ  まり落第はさせ  化粧させ  試験準備をさせ  一員として終始せ  講義をさせ  局長級にペコペコせ  世間を喜ばせ  科学水準とをつき合わせ  継承発展させ  総持寺にこもらせ  技術的番頭も欠かせ  修養させ  点を予めはっきりさせ  獲得させ  ちりぢりにさせ  評議もせ  務めとせ  自給自足をするとせ  お父さんと呼ばせ  涙を絞らせ  教育をさせ  駕を打たせ  雲霧は、がたっともいわせ  思や、くたばりもせ  面をして会わせ  承知で会わせ  ものならば、うぬが生ませ  心にいって聞かせ  中にさまよわせ  俺の生ませ  中に捨てると、振り向きもせ  横道を踏ませ  今日は、弱らせ  末路を、なぜ、いさぎよくせ  それへ辷らせ  死人に云い聞かせ  死骸によっく云い聞かせ  思いを残させ  逆行して来はせ  来はせ  なだれさせ  特に真面目になって云い聞かせ  両親に云い聞かせ  吾知らず身ぶるいをさせ  今一度ハッキリと思い出させ  酒を含ませ  みんな手を借せ  手を借せ  島田に結わせ  ゆもじを買わせ  モノスゴク冴え返らせ  凝視させ  全身を固ばらせ  顎を固ばらせ  恥掻かせ  おまえのせ  二度三度吟じかへせ  得行きもせ  立証させ  道場まで舁き出させ  屏風を持ち出して間に合わせ  書写をせ  承諾したが、いかにせ  勝負事だけは決してさせ  恋がさせ  皆恋がさせ  剣で打たせ  髪を躍らせ  沙門を懐しく思わせ  天地を造らせ  中にいて、えせ  業を負わせ  石さえ走らせ  一通り談義めいた事を説いて聴かせ  宥免を賜わせ  水を切らせ  音を漂わせ  譯に行きませぬでせ  別に論はないでせ  教授細目に載つて居ないのでせ  所が、さうでせ  つて、さうでせ  趣きを深くせ  からざる復讐心を起させ  失神して居たのでせ  故でせ  貧乏がさせ  可でせ  値踏みをさせ  一人坐つてるのでせ  衰へるんでせ  路に近づくのでせ  乞食なんぞさせ  其問題なんでせ  訳に行きませぬでせ  森本駿氏は走せ  斷行せんとせ  遂行するとせ  筆を動かせ  歌留多声を忍ばせ  キヨトンとさせ  二十年も務め終せ  伸ぶれど浮ばせ  遠くよりしも歩ませ  黄濁させ  理由は分るでせ  私にせ  私をへこませ  会社につとめてゐるでせ  一晩まんじりともせ  歎賞で氷らせ  私にさうさせ  瞳に絶えず涙して、帰るともせ  なほ生れもせ  今日とわかうどのせ  頬をふくらませ  壁に射かへせ  大河筋に射かへせ  吐息も得せ  絹衣ゆるがせ  死を告げ知らすせ  午後縁側に坐らせ  さん/″\母にせ  空想を描かせ  愛着を持たせ  うまいなと思はせ  氣取つた、いかにも思はせ  上体をのめらせ  うつさせ  客席をうっとりさせ  惜しみなく売り払わせ  まりいじらせ  身辺で遊ばせ  奇猫散をのませ  辺を駆け廻ろうともせ  カヨは振り向きもせ  ひとたちを驚かせ  掌にどろりとしたたらせ  窓から飛ばせ  彼女は何とかせ  胸を掴んで起させ  心を上ずらせ  小言をいわせ  話を聞くと、せ  墨を磨らせ  軒しばし恵ませ  前を深く掘らせ  手間は執らせ  者は、またたきもせ  貴方を嫉むでせ  貴方に呉れるのでせ  宮殿は何でせ  騾馬を急がせ  封印でもせ  間待たせ  帰つて来られたでせ  物を見たのでせ  遭つたでせ  苦労をしなければならなかつたでせ  理性とを悩ませ  脇を綻ばせ  医師を呼んで診せ  わしに起させ  貴方を愛してゐるのでせ  今は悉くありもせ  今時珍しいでせ  頬をもほころばせ  ものを可笑しがらせ  のがせつないほどにさせ  お話、聞かせ  ご免ん遊ばせ  気持ちをお悪くおさせ  そこをお起たせ  入党させ  支配当局が書き取らせ  之に辛うじて割り込ませ  時間を潰させ  返辞なんかせ  ごとはさせず、ただ遊ばせ  袋を出させ  くじゃくを、とまらせ  中へと降りて行かせ  脳髄を燃え立たせ  一信を書かせ  ままに開かせ  芸当を聞かせ  心をぼおつとさせ  顔つきを凍らせ  流儀で祝わせ  物打遣らかして置かせ  給料を払わせ  下でぶらぶらさせ  それを被らせ  似合わず声を吃らせ  気もなく流させ  逆様に立たせ  下男に持たせ  蹌踉きもせ  非常にあかあかと燃え立たせ  心を引っ込ませ  髪の毛を解いてゆるく波打たせ  風にせ  家族ですね、喰わせ  黄色を引き立たせ  クラチットに手伝わせ  乞食を歩かせ  シューシュー煮立たせ  者に話して聞かせ  着衣に捕まらせ  憶い出させ  ように肥らせ  気が附いて、少し待って落ち着かせ  一人になるなら、喰わせるだけは喰わせ  皮を撚らせ  鉄筆を走らせ  あいだに滑り込ませ  皿をろくに見もせ  中から拾わせ  お座敷に引っぱって行って坐らせ  私にして、よみがえらせ  悲しみを深くさせ  命を薄くさせ  ヨイトマケまでさせ  静養させ  畑仕事などさせ  すきなようにさせ  二人でいじめて、困らせ弱らせ  いまに死なせ  お母さまに聞かせ  羽織袴でせ  ラッパを吹いてお聞かせ  中を見もせ  番頭に背負わせ  ところにありはせ  砂を噛ませ  お金を持たせ  関さんに売らせ  何だかひどく喜ばせ  私に読ませ  ちょっと立ち寄らせ  弟に飲ませ  帆を醜くだらりと休ませ  弟子たちに教え聞かせ  式台に坐らせ  あなたを悲しませ  一度だけ書かせ  革命どころか、みじろぎもせ  奥さまに抱かせ  私にこう言わせ  内緒に生ませ  私自身にも、なぜそうさせ  私は、どうしても、そうさせ  ために、どうしても、そうさせ  いつまでも凝然と座らせ  潤はせ  思い出をつなぎあわせ  鼓動をじかに聞かせ  夢中で、眠れもせ  胸に倒れて泣き出すでせ  青黛を輝かせ  拾はうともせ  換へて持ち返らせ  張番に立たせ  二人に持たせ  往つて湯治をさせ  左衞門方へ忍ばせ  面吟味はさせ  寢させ  蚊帳の外にすわらせ  案内して覗かせ  のを持たせ  つて、待たせ  舟を廻させ  産所をしつらはせ  許へ嫁がせ  先發させ  精進をせ  つて強奪させ  入牢させ  大船を造らせ  出勤するとか、せ  搜索させ  つて訴へさせ  素槍一本持たせ  神奈川を立たせ  軍をせ  沙汰はせ  指圖して引き取らせ  ものに持たせ  百姓に持たせ  役人に捕へさせ  尾エ氏を娶つて生ませ  つて景尚を生ませ  居直りもせ  擧動もせ  苗字を冒させ  腰湯をさせ  方を帰って来はせ  つれが言って聞かせ  妹たちに着飾らせ  ようにやらせ  歌かるたをとらせ  何度でも結い直させ  祖母にかかせ  当り前に受けて叱りもせ  三枚紙に包んで握らせ  恢復慾を起こさせ  大火鉢にもあたらせ  花をたたかわせ  俥をならべて走らせ  相談などせ  中にみなぎらせ  暉させ  火鉢にあたらせ  芳正君がそうはさせ  歌を唱って聞かせ  必要以上にそうさせ  一節などを唱って聞かせ  挨拶などさせ  ものか問おうともせ  生れを思わせ  酔いさえせ  時間を言わせ  夫人に弾かせ  弟にはあまり飲ませ  あんたにたのみまっせ  誰もおりゃんせ  五粒出して飲ませ  向島へあがって見やんせ  人はのらせ  都へは帰らせ  春さらばかざしにせ  裁判所へ行ったり来たり、せ  話をよくして聞かせ  話などしきりにして聞かせ  純情なかりせ  幅を効かせ  顔も赤くせ  一番幅を利かせ  ことだけはさせ  不満にさせ  訴えをせ  狭霧はなかなか晴れようとはせ  哲学に向かわせ  演説をさせ  世ずれのせ  教室でして聞かせ  血をたぎらせ  ものを吹いて聞かせ  少女を思わせ  額を赤らめもせ  鮎を吐き出させ  自ら必要とせ  人生から流謫させ  とき彼をぐったりさせ  心臓をどきりとさせ  寝床から跳ね起させ  髪を梳かせ  總て怒鳴らせ  生活を欠かさせ  煉瓦にさせ  何んと思っても、売れせ  眼をちかちかと潤ませ  小作人を困らせ  十一時まで好いでせ  何所が好いでせ  所はないでせ  熱海なら好いでせ  ことがあるなら、わるいでせ  後見なさるでせ  なつて見えなかつたでせ  支度は好いかつて、おつしやいましたよ、お暑かつたでせ  まり悪い思ひもせ  判つたでせ  玉をきらめかせ  もどきりとさせ  楽しい思いもせ  これを読ませ  口実になりはせ  退行させ  窓框に立たせ  犬にひかせ  跫音はせ  読者をあっと言わせ  生産させ  剣をとらせ  稀代の喰わせ  気配はせ  電話どっせ  頭髪を撫でもせ  世もありはせ  微動だもせ  微笑もせ  箸も着けようとせ  胸をはっとさせ  姿を引き立たせ  そうによく話して聞かせ  からから足音をさせ  ほつれ毛を撫で付けもせ  体一つ残っているだけどっせ  口に上らせ  氣分にさせ  点を見るべきでせ  驚きを受けられるでせ  十分に得られるでせ  協議させ  二年間延長させ  自尊心を蘇らせ  中に叩き込ませ  喰べもせ  入港させ  航させ  即位させ  円座を作らせ  植民政策に就いて何一つ知りもせ  土人等に思わせ  息子を責めようとせ  軍艦に乗移らせ  影を漂わせ  コースをとらせ  自ら意識すると、せ  容易に起させ  ロイドに手伝わせ  産みはせ  公会堂を使わせ  首を取らせ  家に辿りつき、休ませ  生活へ入らせ  冒険譚を聞かせ  花粉を漂わせ  間に消え去せ  あたしを送らせ  僕は思はせ  此処にお乗りなさいな、あんまり待たせ  ぢさんにきいたでせ  国だったのでせ  湖水だったのでせ  わしを会わせ  かぎり面白がらせ  顔を隠させ  彼は鞭打たれ、ひざまずかせ  歯をがたがたさせ  そこで祈らせ  彼をまたすわり直させ  方に引込ませ  文句を書き取らせ  一行から書取をやり直させ  一度言ってきかせ  挨拶をさせ  伸長させ  何度も云い聞かせ  口をひくひくさせ  人間になりはせ  おかしくって、面倒臭せ  小刻みにふるわせ  気をもって早く治すのでっせ  郷里へ逃げて帰るのでっせ  憚ったり、知られまいとしたりせ  確実に背負わせ  怪我あさせ  先を食いこませ  弁明もさせ  理解を説いて聞かせ  迷惑がらせ  自分に背負わせ  泊りあそばせ  兵馬を痛がらせ  袖だけに持たせ  ことをよく話して聞かせ  さむらいにさらわせ  わたしをさらわせ  のは、やっぱり尽きせ  あなたに持たせ  ように映えらせ  面を赤くはえらせ  ようはありゃせ  天下を取らせ  汁を吸わせ  腹を切りゃせ  往生際を、またたきもせ  ことにでもせ  二人を死なせ  銭勘定をさせ  においをプンプン嗅がせ  苦しみを味わわせ  お雪ちゃんを少し驚かせ  ここにひとり遊ばせ  煙をたなびかせ  鷲を喜ばせ  眼をまるくせ  否とは言わせ  事蹟は動かせ  蓋をさせ  どんぐりさせ  第一線に作らせ  火を背負わせ  現象を考え合わせ  連合いがさせ  裸にならせ  怪我をしても、させ  立身出世を致させ  立身出世をさせ  三人が言い合わせ  出世をおさせ  強襲圧倒させ  チンプンカンプンを起させ  相手には、こうもせ  先生は生かし返らせ  請書を出させ  地から出立させ  ためを思って言って聞かせ  ために言って聞かせ  者までも生き返らせ  脈を取らせ  調合させ  心持を喜ばせ  元気に生き返らせ  奴を産ませ  国に溢れ返りもせ  ままに産ませ  ために語って聞かせ  疑問を持たせ  お前またくわしく話して聞かせ  むやみに叱ったり、困らせ  わたしにこうさせ  頭にうつらせ  雨をやませ  気持でやらせ  限りはお聞かせ  名前はござんせ  びた銭一文なんて、全く有難くござんせ  ものじゃあげえせ  風を孕ませ  袋へいっぱい孕ませ  辛抱あそばせ  咽喉へつかえもせ  舟をぶっつけて沈ませ  物産を作らせ  出張させ  殿様、お待たせ  お目見得を致させ  おしまいまでお聞きあそばせ  もんじゃあげえせ  別にそれを制しようともせず、叱ろうともせ  驚異を、持たせ  まま後を嗣がせ  遠島をさせ  むうっとするばかり澱ませ  方へ歩ませ  声をしのばせ  岸へ呼ばせ  信頼させ  ときに生れ合わせ  今日四十二歳にわたらせ  裏へ、何ぞ認めてつかわせ  膝から両手を辷らせ  小なりといえびくともせ  要所要所守らせ  仕上げを急がせ  総力で急がせ  波動を打たせ  境を守らせ  別所賀相を怒らせ  彼等を服させ  気を養わせ  内心快しとせ  尼子一族をして守らせ  使いを忍ばせ  任に赴かせ  ものを持たせ  この世に生ませ  申し訳をせ  顔中に闘わせ  名馬書写山を歩ませ  事情はつぶさにせ  無謀を思い止まらせ  馬打たせ  潔とせ  なぞでは、別段怪しみもせ  凡太に履かせ  蕭条と戦がせ  感じはせ  泌みこませ  跫音をひびかせ  疲れた足をいそがせ  向き合はせ  中へ躍り込ませ  凡太に持たせ  顔付もせ  文楽から下駄をはかせ  今では、ひかせ  身振りを伴わせ  クリストフにひかせ  立止まりもせ  クリストフを怒らせ  意味がわかると、かっと逆せ  光を薄らがせ  いま私を驚かせ  厭がらせ、うるさがらせ  人間だつせ  殆ど音もさせ  限り闘って捕えられるやもはやじたばたせ  それからプレッスをさせ  輪廓を浮き出させ  生活もさせ  べり込ませ  併行させ  運送させ  豪奢を想わせ  体をうねらせ  圭角をいら立たせ  額を覗かせ  大気に洗わせ  さまを想わせ  面影を偲ばせ  峰尖をいら立たせ  迷いもせ  菱角を尖らせ  緑とを垣間見せ  俤を偲ばせ  人を叫ばせ  夜明けを偲ばせ  西に走らせ  悸とせ  鋸歯を苛立たせ  雲間に垣間見せ  感慨にふけらせ  賛成もせ  残つていはせ  さつきから一緒にいても、別段向うから話しかけようとせ  不仕合せにさせ  われ知らず声をはずませ  一歩一歩踏みはずさせ  なかにさ迷わせ  解釈させ  ものを浸み出させ  ほつれをなびかせ  一同を吹きださせ  つて話をせ  座につこうとせ  からに間に合わせ  話には触れようともせ  以外に、もつとなにかありはせ  非をさとらせ  わたし、せ  いずれは、せ  あたりに漂わせ  唇が、身じろぎもせ  反対させ  声明を出させ  案を通させ  肌寒い思いをさせ  腹を切らせ  あいつをやきもきさせ  まり口を利こうとせ  気をわるくせ  京野等志をついほおえませ  彼を興がらせ  部屋自由に使わせ  彼はいくぶん照れたが、そう言わせ  絶対に動かせ  別に慌てもせ  神経を高ぶらせ  女中に運ばせ  つて相手にせ  心配なんかさせ  間に割り込ませ  彼は、そうさせ  幸福感にひたらせ  鏡を出して、またおさえたり、盛りあがらせ  気持ちは言いあらわせ  容態を話してきかせ  見舞に送らせ  情愛をゆがめ、息づまらせ  額をもたせ  彼女を悲しませ  レオンハルトに近づかせ  言葉をくり返させ  気づきもせ  耳を貸そうともせ  使いを頼ませ  すべて彼を苛立たせ  飽満させ  まり悪がらせ  二度鈴を鳴らさせ呼ばせ  店を少しも片付けようともせ  顔を見合わしもせ  みずからそれをはっきりさせ  ザビーネを帰らせ  将にせ  彼らに思わせ  二人に味わわせ  眼を覚させ  蟻に、たがいに食わせ  いやがらせ、苛立たせ  情さえも起こさせ  ことをいってあんなふうにならせ  みずから自身を喜ばせ  活動もせ  生活をもせ  面白がらせ、次には苛立たせ  彼女を怒らせ  ことは尋ねもせ  うちに呼び起こさせ  足下にひざまずかせ  脅威から覚醒させ  立止りもせ  答え返しもせ  それを凋ませ  独擅にせ  ようにして言って聞かせ  からござらせ  発奮みはせ  ものを、振仰いで見ようともせ  存分療治をさせ  呼吸さえ高うはせ  鉄拳に握らせ  涙金を添えて持たせ  間拝ませ  ッと唸らせ  お気を揉ませ  貴女を休ませ  響を打たせ  頬を打たせ  苦労しもする、させ  頸に縋らせ  商売になるかなと思わせ  あなたをこんなにお苦しませ  字をブルブルさせ  目を含ませ  態度をかえさせ  命を守らせ  間ここに休ませ  湯を沸かして飲ませ  他人に聞かせ  家に立寄って休ませ  やうにくぼませ  代金請求もよくせ  から竿は持たせ  講義を聞かせ  背面へ鈍く滑らせ  心を腐らせ  博士に聞かせ  呼いよせ  腹をすかせ  銅鑼を聞かせ  筋を作らせ  疑惑をハッキリさせ  適当に組合わせ  おろそかにせ  胆力とを得せ  強制はしなかつたでせ  理由でせ  他人でせ  維がせ  本心ではないでせ  裏切りはしなかつたでせ  ぢりさせ  ぢつとさせ  云つたらいいでせ  つて居ましたのでせ  別世界でせ  没交渉でせ  それでいいでせ  それもいいでせ  私に任せてくれていいでせ  貰つたらいいでせ  此ことでせ  心が分るでせ  思つて下さるでせ  冷酷でせ  維がさせ  沒交渉でせ  申譯けもせ  一人前にさせ  紺飛白を着せて遊ばせ  氣を重くさせ  口止めをせ  変りもありはせ  何ものでせ  者少しとせ  ホーツとさせ  觀衆をおどろかせ  會つてくれるでせ  年輩でせ  どちらさんでせ  手をふるはせ  一ばんでせ  錺屋につくらせ  ほり讀ませ  著書はないでせ  點にあるんでせ  みんなを押しだまらせ  談あらせ  半年にして終らせ  黒煙をなびかせ  占領をせ  離間させ  幾條もの旗じるしをなびかせ  慾望をおこさせ  役人たちをおどろかせ  つても、決してゆるがせ  西方から溢れださせ  遲ればせ  めぐりあはせ  發射させ  ジツとさせ  帆させ  卓につかせ  氣おくれせ  運轉させ  大海原へ躍りださせ  右往左往させ  意見を聴かせ  ペンをとって書かせ  感情とはちっとも結びあわせ  巴里人を悦ばせ  夜更かしせ  感情とはちつとも結びあはせ  家だらけのきはめてせせ  あはれなりとせ  空気を漂わせ  手足をつんのめらせ  理由を聞かせ  から、聞かせ  順良にせ  のを、見も逢いもせ  かば土産にせ  費消させ  今宵はじめて荷をせ  凡ならざるに感ぜり、爾来したしく交わらせ  び来たらせ  才女を怒らせ  やめにせ  明かに調へがたしといひたるぞよき、えせ  留守と言わせ  就職口を探しに行こうとはせ  消毒もせ  距離を詰めようともせ  家庭にも困らせ  理性と闘わせ  附記させ  掛つたでせ  気持がせ  云ふて居るでせ  其気にならぬのでせ  二十人位でせ  借物でせ  新聞に一寸出て居るだけでせ  横暴でせ  鼻に掛けて威張つて居るのでせ  方がでせ  矢張一番宜いでせ  四五年間でせ  ことはなかつたでせ  幾分声を忍ばせ  其処に待たせ  胡坐をさせ  私が持たせ  パパと並ばせ  社しなかりせ  憑つて宣らせ  捉へさせ  結着させ  中から抜け出させ  のを讀ませ  氣が付かせ  一でせ  左團次もようがつせ  對して抱かせ  斑点もろとも削らせ  ものを混ぜ合わせ  信清さんを帰らせ  かってにさせ  きゅうにおとなしくなって、がたりともさせ  主人を思い出させ  先輩を待たせ  彼をホッとさせ  から、わざと話しかけもせ  対局を思い出させ  検討もせ  ケガはさせ  指定席に坐らせ  此戸開かせ  うち病めこせ  ときをつくらせ  方をせ  から注意をせ  感情をわりこませ  旦那風を吹かせ  酌させ  あんたも帰るんでせ  十何軒も出来てるでせ  母分よ、でせ  綺麗なんでせ  附合いでせ  辺まで覗かせ  冗談ですよ。ハハ、どつちせ  大廻りをさせ  邪魔に、しなくともいいでせ  君、ねえ、さうでせ  あんたが困るんでせ  旦那を立退かせ  パシパシさせ  鉄造にめくばせ  私をうまく立退かせ  一巡させ  書類を盗ませ  間諜をなぜ捕えもせ  子等に持たせ  ことを、させ  余まり憤らせ  後悔もせ  万事助手にやらせ  胃腸を切り出させ  それを消させ  勉強に旅立たせ  沈潜させ  創造させ  傑出させ  薄暗がりにがたがた云わせ  空を思い出させ  二十日以来寝返りさえもえせ  作品は書けないでせ  無駄骨折をさせ  能事終れりとせ  可哀そうと思うなら、そうっと怒らせ  豚を悦ばせ  子に呑ませ  毎晩邪魔して睡らせ  腹を波打たせ  流石にほろりとさせ  黙り屋を描く、また故なしとせ  対話をさせ  先生をすっかり怒らせ  進歩をもたらせ  批評家によりてせ  温かにせ  因せずとせ  弊とせ  之を廃するとせ  適用するとせ  店もないせ  前途を暗くさせ  安定を思はせ  ジヨコンド夫人を坐らせ  心を絶えず、楽しませ  衣類ばかり売りたがるのでせ  珍らしいのでせ  夢にも書かうとはせ  我々をこの上なくよろこばせ  無理はないでせ  自信を抱かせ  可能性がありはせ  固着させ  新築させ  同じ帽を被らせ  思想を持たせ  ママとか呼ばせ  敢へて撰ばせ  惜しみなく試みようとせ  註文をさせ  通行をさせ  文選者を弱らせ  自分を殺させ  壞潰裂させ  持味を漲らせ  聚散させ  下を走らせ  争い退校させ  駅に待たせ  栖方が待たせ  床前に坐らせ  枝をしなわせ  上に起させ  のは、そのせ  顔を愈苦くせ  承諾下さいませんでせ  言動を余儀なくさせ  それ丈堕落させ  男を立たせ  所でせ  後生もさうでせ  改作させ  益働かれたら好いでせ  なつていらつしやるのでせ  からだを滑り込ませ  茶袋を思わせ  桃実を思わせ  気づまりの思いを懐かせ  髪を刈らせ  恣にせ  其存在を危うせ  払渡をせ  棒をはさませ  欝血を吸わせ  眼から楽しませ  ものを怪しみもせ  人間を楽しませ  顔をいよいよ苦くせ  谷間に臨ませ  農家に為らうとはせ  肉を斬らせ  姓名お聞かせ  薬を買って飲ませ  催眠剤でもつくらせ  奇麗な女らしく思わせ  この世を去らせ  感じしか起させ  心を凍らせ  明暗とを想わせ  階下のをつかわせ  峯子をはっとさせ  グリグリとさせ  正二を思い出させ  正二を偲ばせ  胸をわななかせ  茶めし以外は、ござんせ  窓から顔を引込ませ  うそをいつて聞かせ  母様がいつてお聞かせ  いつでもいつてお聞かせ  熱湯を飲ませ  違ひはせ  自分で聞かせ  饅頭が、向い合いもせ  二声とも呼ばせ  影を這わせ  怪我なんかさせ  祝儀を遊ばせ  枕させ  火鉢に坐らせ  胸を窪ませ  胸を聞かせ  紫を掛けはせ  上から覗かせ  法界屋を唄わせ  光景を視せ  掃立てさせ  蟋蟀のごとく覗かせ  息を通わせ  何かいって聞かせ  うそをいって聞かせ  母様がいってお聞かせ  いつでもいってお聞かせ  湯を飲ませ  違いはせ  猿にからかって、きゃあきゃあいわせ  母様がお聞かせ  ッて、せ  法を説かせ  それは次第に依っては申し聴かせ  苗字を名乗らせ  守脇差を取出させ  懐妊させ  尼さんでは御座んせ  運動費を出させ  心覚えあらせ  さまを物語って聞かせ  夢想もせ  朝廷を手こずらせ  ウイスキイでも飲ませ  ことでもさせ  無理でせ  ぐつと胸をつまらせ  ぱつたりと酒臭い息を嗅がせ  人にばかり飲ませ  通り合はせ  処がどうでせ  顔を引きつらせ  ムツとしたのでせ  げや、せ  靴を脱がせ  追及しようとせ  自分を出そうとせ  事を少しも分らせ  放出させ  ますます増長させ  厭味と思はせ  躄音もさせ  為めに肥らせ  上弓を引かせ  希望に副はなかつたのでせ  強引に背負わせ  不具にさせ  ことを語らせ  達成させ  若旦那様をお勝たせ  薬を呑ませ  矢張首をグラグラさせ  火鉢に当らせ  中を歩かせ  裏門から帰させ  出演料三百万前借させ  モノを云わせ  フイにさせ  かたツラツラ目に沁みこませ  チップをにぎらせ  岩矢天狗を退らせ  一服投手をよばせ  そこまではっきりさせ  所を以てせ  用意を致させ  八ツ裂きにせ  能はずとせ  成立すべしとせ  惡人たりとせ  幸福を空しくせ  日月と共に終始せ  賢なりとせ  腰斬せ  威權を以てせ  超脱するを如何せ  手からマニラ総督に致させ  貿易させ  相手を喜ばせ  日本に馴染ませ  足首を覗かせ  ギックリとさせ  二度ビックリさせ  眼を覚まさせ  コトリとも云わせ  方まで冴え返らせ  冷静に冴え返らせ  胸一パイに躍らせ  溜息をせ  魂を吸い寄せ迷い込ませ  身ぶるいをさせ  ように波打たせ  貴様から話して聞かせ  貴様から眼を醒まさせ  悪名を背負い込ませ  ドン底に落ち込ませ  化け物でもかまわない、とにかく休ませ  くつわをかませ  縁側に遊ばせ  民は見向きもせ  口がうるせ  そつくり他人にも聞かせ  孫を遊ばせ  まんまでせ  ぢや行かなえせ  外にせつせ  そら耳を走らせ  時間はとらせ  馬に積ませ  失業者をあふれ出させ  彼女をさせ  様に羽ばたきをさせ  足掻きをさせ  水掻きをしぼませ  実験者をすわらせ  苛ら立たせ  朝夕心を騒がせ  読者がとんだにせ  つて困りはせ  廃刊させ  何処かへ行くでせ  処を何故驚かせ  ア、戻って来もせ  罪と同じだべや、戻って来もせ  刀を差させ  逃げ隠れもわるびれもせ  物好きに抜かせ  早舟を飛ばせ  鍔音もさせ  向う岸へ戻させ  川魚でもあぶらせ  川魚をあぶらせ  二本目を抜かせ  一席聴かせ  唄を聴かせ  身体をただよわせ  田山白雲もおしてたずねようともせ  から、唄って聞かせ  異国物を聞かせ  一つポカリと食わせ  道庵先生を困らせ  衣食をさせ  境遇がさせ  仕事をおさせ  ように使わせ  はずはない、まず、やるだけやらせ  明臣があらざりせ  早足をわざと渋らせ  のだ、こうなってみると、そうはさせ  吸附煙草を吸わせ  間に持って帰ってやると喜ばせ  神尾主膳に思い切って突き破らせ  みんな地に呑ませ  のではないか、とさえ想わせ  少女に言わせ  責任は負わせ  黒縮緬を釣合いよく切らせ  覆面を取去ろうともせ  ように巻かせ  適宜に切らせ  手拭一つ被らせ  しこたま掴ませ  突切らせ  ものに蒙らせ  白状でもさせ  与八をしゃがませ  与八はつい、しゃがませ  説教をしてお聞かせ  与八に聞かせ  好き自由にさせ  露払いをさせ  前面から圧倒的に仰がせ  二人を引合わせ  与八に話して聞かせ  感心をさせ  百姓にくわしく語って聞かせ  うつらうつらとさせ  ひとつ、思いきりひっぱたかせ  ひとつぶたせ  ひとつわたしにぶたせ  あんとおぶたせ  住込ませ  裸を描かせ  神尾を憤らせ  百姓は生かしもせ  東西南北を遠しとせ  趣向を充たさせ  どこぞに忍ばせ  格式を持たせ  土下座させ  回向もせ  白骨へ行こうとする、会わせ  二人を会わせ  ためには、早く会わせ  毒になりはせ  もう少し失礼させ  あなたのを聞かせ  ところへ近寄らせ  人を渡し果てんとせ  鳴りをひそめて、そのうたうだけを歌わせ  予想だもせ  真中を歩かせ  安達ヶ原を歩かせ  七ツ道具を忍ばせ  くせものも、ぎょっとせ  鬼に喰われもせ  遠慮もせ  んで、あたらせ  客人さ怪我あらせ  段取りを考え合わせ  野を走らせ  やみくもに歩かせ  褌をさせ  引上げさせ  浪を打たせ  赤ら面をかがやかせ  しかけさせ  こいつらを思いきり遊ばせ  体をおののかせ  のしんせ  小太刀を使わせ  伺いさせ  面を吹かせ  方面に向って急がせ  一座をよろこばせ  唐崎浜に待たせ  置手紙を読ませ  驚異させ  座元まで走せ  湖魚を炙らせ  犬を斬らせ  方がよろしい、背負わせ  背中に背負わせ  立札を背負わせ  ように背負わせて歩かせ  おなかをすかせ  夕風にふかせ  車をはしらせ  胸をはずませ  奇禍に通りあわせ  両手を這わせ  たよりを書かせ  歌を誦して聞かせ  一つが、とうとうこうやってふでをとらせ  身震をせ  階をふませ  盗みもせ  運命にまで立至らせ  百姓じゃござんせ  人別改め役じゃござんせ  所番地が何と書いてあるか、読んで聞かせ  空を掴ませ  胸を透かさせ  首にさせ  角としても、いよいよなるほどと思わせ  次の間まで呼ばせ  役人がさせ  滑稽味を漂わせ  百姓は、生かしもせ  極印だなと思わせ  それをむざむざと過させ  浪語させ  藝させ  其柱を抱かせ  醉させ  生埋せ  鷄を渡らせ  裸で立たせ  水鶏聞かせ  月ありとせ  学問させ  歌とせ  詩集か読ませ  の語とせ  事ありとせ  一生懸命にそうはさせ  階子段を登らせ  長椅子に坐らせ  窓からのび出させ  咏んだとせ  従ふとせ  和銅二年だとせ  記載に拠るとせ  一人だとせ  ものだとせ  人麿作もあり得るとせ  云つて俺を驚かせ  ぼくを走らせ  ぼくに言わせ  花の匂いを想わせ  ぼくに喋らせ  巧くそうさせ  宿へ来させ  宿を変わらせ  顔を傾かせ  表情で飲ませ  結局一睡もせ  ぼくに飲ませ  ぼくの己惚れがそう思わせ  泪を伝わせ  性質がそうさせ  生理がそうさせ  まり迷いもせ  キスをさせ  繍取をさせ  小説ばかり読ませ  飲みものばかり飲ませ  チョコレエトを飲ませ  クロスさせ  土佐犬は吠えもせ  為に彫らせ  それをとうとう売らせ  ぴしやりと平手を飛ばせ  唯煎薬を飲ませ  ランプはないでせ  気も晴れるでせ  しかしわたしを驚かせ  小鼻を怒らせ  婿さんが持たせ  自由に生ひ立たせ  私事を聴かせ  テーブルをコツコツいわせ  話でもさせ  彼を眠り込ませ  口喧嘩をせ  邪魔をし、訊きもせ  酒飲みにさせ  彼を倦ませ  ぺたぺた言わせ  人間を溺れ死なせ  二人と向いあわせ  コースチャに手伝わせ  葡萄園を見守らせ  坊っちゃんをのぼせ上がらせ  夢中にならせ  彼を参らせ  枕もせ  気をお鎮め遊ばせ  姉さんにならせ  窒死させ  先に発たせ  自分をいかせ  事をはっきりさせ  顔をかっかと火照らせ  興味を失い、そわそわしだし、もう帰らせ  頸をひくつかせ  旋風を巻かせ  張り肩をひくつかせ  自然も愛しはせ  車輪をきしめかせ  身動きもできはせ  生活にとっていりもせ  終りもせ  まま逃げようとさせ  頬にべっとりとはりつかせ  僕は歩いて帰らせ  情に負かされて招かれもせ  物にせ  チアランと云わせ  そばでさせ  花鳥を縫いつぶしたはこせ  わてはナ、死んでもおぼえてまっせ  涙でひからせ  軍神もありはせ  心臓に当てさせ  静かさが分るでせ  わけではないでせ  手ゴメにしたのでせ  それはできるでせ  心を寂しくさせ  家作を解かせ  普請をさせ  感覚を甦らせ  から相手にせ  らにせ  爆裂させ  浮游させ  漾よわせ  二三歩飛び去らせ  真似事をさせ  増加させ  腕を張り切らせ  そうにも思わせ  不幸にさせ  アイリスを喜ばせ笑わせ、生き生きと輝かせ  自分自身を飛び廻らせ  人々を無暗と弾ませ  度いほど憤らせ  者を重苦しく落ち付かせ  面会もせ  米養生までさせ  二三本も飲ませ  平けく治ろしめせ  顔負けがせ  逢ひできるでせ  お忙しいでせ  視野を歪めてふるへさせ  義とせ  閉塞させ  五を背負い込ませ  さを偲ばせ  却って神経を苛立たせ  灰にすわせ  傷もせ  血友病には罹らせ  雑嚢をぶらぶらさせ  微風が描かせ  要求に迫られて書かせ  言葉を思わせ  刺がなかりせ  オックスは、微笑みもせ  関心にはさせ  思想を開き示させ  ピアノをひかせ  情緒をも起こさせ  本音を吐かせ  彼女みずから知りもせ  骨折りをさせ  渦中に投げ出そうとはせ  狂人だと思わせ  手加減をさせ  席にすわらせ  舞台に立たせ  鼻をつき合わせ  そこへ泊まらせ  迷惑とせ  中にはいらせ  併合させ  それに合わせようともせ  名刺を、せ  口をきかせ  彼をおだてて話させ  幾月も待たせ  足をぶらつかせ  臓腑から迸り出させ  落ち着けさせ  自費出版をさせ  音楽を知らせ  十里も歩かせ  人を喜ばせ  狐を死なせ  一言を書かせ  曲を、ひいてきかせ  悪口を言わせ  堕落して、もう戦おうともせ  純朴さを失わせ  不快がらせ  作を少しひいてお聞かせ  一言引き止めようともせ  足取りよりも少し早く歩かせ  話を進めてゆこうともせ  竪形ピアノを運ばせ  利益に役だたせ  一目で見出させ  見合わせもせ  言葉を交えもせ  クリストフをいらだたせ  光を輝かせ  んだと思わせ  人に背負わせ  私がさせ  娘を黙らせ  たて燈火をちらつかせ  鼻をひっつらせ  一興でせ  鐘が鳴り響くでせ  笑つてみせたのでせ  外国人ばつかりでせ  違つた国旗を靡かせ  二十七八といふところでせ  編成に取り掛らせ  何を見たでせ  お許しになるでせ  粕を絞らせ  内心ホッとさせ  洞窟に帰らせ  燈つけんともせ  旅人に借せ  酒呑ませ  喜びもせ  真とせ  翁は見向きもせ  煩をつたうを拭わんとはせ  紀州を坐らせ  枕辺に坐らせ  声にてうたい聞かせ  幸助をいかにせ  息を引き取らせ  買つて來させ  土手を歩かせ  居睡りもせ  静脈の見えるほど細らせ  芳に生ませ  六尺買わせ  余り話もせ  どなたでせ  かいたんでせ  誇りでせ  住所はおわかりでせ  暗然とさせ  二重に苛立たせ  嘔吐をもよほさせ  事を呑み込ませ  誤解を起させ  まねをさせ  思いきりをわるくさせはせ  あたしたち聞かせ  指を走らせ  たじたじとさせ  別にためらいもせ  あしらいもせ  一つ時をよみがえらせ  知つた顔がみえはせ  からさまにさとらせ  そうときまつたわけじやなし、そんなにがつかりせ  北原ミユキを吹きださせ  もんがおりはせ  輪郭を浮き出させ  はつきり言いきらせ  ひざを弾ませ  つて、逃げだして来ようとせ  絶対に思い止まらせ  性質をいつそう目立たせ  直接口をきこうとせ  しらえをさせ  選択を迷わせ  問題にはふれようとせ  わけもなく酔わせ  遊びに来させ  そこへ待たせ  それこそ、にこりともせ  おなかがすいたでせ  別に強いられもせ  一枚とり出して、握らせ  草履ぢや、たいへんでせ  何も知らんのでせ  あなたも、おどろいたでせ  先生、ただ、わあわあ泣いてゐるんでせ  見送りに立たうともせ  それからぐつと上半身を乗り出させ  女の子を、生ませ  やうには、せ  襖をあけ、坐りながらするするからだを滑り込ませ  からだを寄りかからせ  よそほひをさせ  上を堂々と歩かせ  気持が重いでせ  一体なんでせ  学校よさせ  国へかへらせ  淀橋に走らせ  ひとを腐らせ  船よそおいをさせ  ようにして死なせ  人をいじらしがらせ  女の尽きせ  ことばかり聞かせ  早舟の急がせ  関守氏に喋らせ  船をこんなにまで急がせ  舟を急がせ  父親伊太夫に会わせ  成功すべきや、せ  好都合を、あらかじめ抜かりなく打合わせ  突入させ  ぺがさせ  器械を廃らせ  流しをさせ  剃刀を使わせ  男に流させ  がんりきを遊ばせ  鼻を白ませ  用意にかからせ  てんてこまいさせ  名前だけでもお聞かせ  もんじゃあござんせ  馬へ乗らせてくれと、引かせ  馬に跨がって少し歩ませ  館へ帰らせ  方向へか打たせ  驚異がらせ  頭が丸くてさせ  内外人をアッと言わせ  から、ハッとさせ  自ら自覚するとせ  角にぽんぽんとやらせ  色を変らせ  宿からここへ送らせ  如く道庵先生に語って聞かせ  と金を出させ  有志をアッと言わせ  つむじを捲かせ  道庵先生に説いて聞かせ  上方酒を飲ませ  二月、呑ませ  静かに打たせ  相場を狂わすほどに飲ませ  口を割って飲ませ  口を割ってまで飲ませ  島原で遊ばせ  予想とをくわしく話して聞かせ  本意なりとせ  高台寺へ入り込ませ  馬丁をさせ  提灯を握り持たせ  神飛魂走せ  駕丁に釣らせ  統制させ  見送りに立とうともせ  上半身を乗り出させ  ようには、せ  よそおいをさせ  へんと軽くせ  語調で言って聞かせ  さちよと、逢わせ  国へかえらせ  肩がわりさせ  裁決させ  知性を持たせ  感性に富ませ  兼備させ  吟味させ  苦楽をあわれませ  一つとするかせ  芸術的表現を余儀なくさせ  頬に流れても、拭おうともせ  人を護らせ  クリストフを親しませ  一度しか食事をせ  上手に入り組ませ  感謝もせ  春をよみがえらせ  純粋にせ  嫌気を催させ  彼はいらだたせ  何を言ってるかは聴きもせ  小説を作らせ  興味をも起こさせ  丸飲みにさせ  活発であって、できるだけ輝かせ  不幸にはさせ  フランス共和国から帯びせ  彼をいらだたせ  人にも言わせ  耳を楽しませ  当時沸きたたせ  民衆を薙ぎ払わせ  努力を少なくせ  何にも学ぼうとせ  思想を若返らせ  個性を際だたせ  外見上意地悪いことは少しもせ  者らは、よく見てみようともせ  心臆しもせ  髪は、縮れもせ  盗人に知らせ  彼をいつもよりひどく怒らせ  自分のかせ  返事を待たせ  母親を思い出させ  彼から気を悪くさせ  シドニーから思い起こさせ  初めから感動させ  失敗に終わらせ  さらねばならんでせ  在宅で在らせ  烟多く棚引かせ  足踏みもさせ  ことばかり言うて困らせ  職人でせ  戸締もせ  入歯を吹き飛ばせ  一同先きを争うて走せ  運動でせ  為めにでせ  覚悟でせ  最後でせ  歓楽では無いでせ  貰ひたいと仰つしやるのでせ  つても、御見棄てなさらぬのでせ  やうなんでせ  見えになるでせ  ツしやるでせ  名まで削られたんでせ  良婦を得せ  積なんでせ  心に悩むのでせ  有つでせ  標幟ではないでせ  刑罰でせ  所では無いでせ  路でせ  据ゑませ  左様でせ  梅子は起たんともせ  私を殺して行かしやんせ  其一端を観取せ  言へないでせ  手でせ  花吉でせ  教会から逐ひ出させ  解になりましたでせ  其れへ打たせ  可う御座んすよ、たんと御なぶり遊ばせ  伏せ、有り難たがらせ  つた方でせ  用ひませ  手にだけなりともおとり遊ばせ  有つことは無かつたでせ  正道をば外れてたでせ  生涯では無いでせ  職工同志、有りもせ  金山伯爵でせ  前夜一泊させ  本来でせ  罪では無いでせ  此様生耻曝さなくとも済んだでせ  つてフザけさせ  大根に逆せ  梯子ギシつかせ  さるでせ  堕落でせ  廉耻でせ  ことを御聴きでせ  御覧でせ  男ではごんせ  何でも無いんでせ  温柔やでせ  引き合はせ  汚穢着物でせ  約束なされたでせ  良人として居られるのでせ  奥様に似て居らつしやるでせ  のでは御座いませぬでせ  何事が出来せ  禁止させ  松島、実に困らせ  演説などさせ  煽動させ  つて楽は御座んせ  何か御在りなさるでせ  降りはせ  相談したでせ  可いんでせ  家庭でせ  寂寞に堪へないでせ  ことを責めるでせ  会ひなすつたと仰しやるんでせ  篠田様であつたんでせ  無でせ  普通のでせ  特性なのでせ  真理なんでせ  鼓膜でせ  殆ど崇拝して居たんでせ  自由廃業をさせ  腕車は勇ましく走せ  如くに走せ  御座んせ  微動だにせ  可う御座んせ  目を上げて見んとだにせ  琴を聴かせ  酌がんとせ  瞬きもせ  物音に走せ  自転車を投じて走せ  挙動をでせ  生涯を終らねばならんでせ  座りも得せ  堂を動かせ  役場からは有りもせ  御座つたと言うて聴かせ  つて小児の如く走せ  茶釜をせ  光に見廻はせ  の、生れて始めてでせ  つたで御座んせ  つて、左様させ  婚礼もせ  もの少しも有りはせ  何程心淋しいか知れはせ  報告せねばならぬでせ  機嫌が悪いでせ  申上げたでせ  言ふんでせ  泊りのでせ  弟と呼ばせ  恩恵深くて居らつしやるでせ  世の中でせ  つて下ださいませんでせ  つて走せ  書斎へと走せ  一言懺悔させ  外無いでせ  ことはかなひませ  ことでも御座いませんでせ  戦争を為るのでせ  君を見もせ  紹介状なかりせ  覺悟もせ  拂ひもしないで、敷かせ  咽喉を詰らせ  どれが正しいのでせ  筋でうねらせ  怒りに血ばしらせ  顔に漂わせ  横手へ立たせ  迎合させ  季節に適わせ  裃をさえ取ろうともせ  まま坐りもせ  入ろうともせ  グッタリとさせ  女に拭わせ  充分に拭わせ  かき上げもせ  寄食させ  出入させ  過去について語ろうとせ  助を喜ばせ  杉さんに張らせ  肌から引き込ませ  乾児どもへも云い聞かせ  横から手出しはさせ  躰を寄り添わせ  皮を切らせ  そこで飛び違い遣り違わせ  心を乱し、あせらせ  足を踏み辷らせ  猿をとまらせ  剣を取らせ  臣事いたさせ  松に従わせ  貸元にさせ  機を制し、打たせ  はいえ決して居附きはせ  一刀に切らせ  ヒョロヒョロと立たせ  やつを飲ませ  下から顔を覗かせ  言葉を詰らせ  料亭常磐などに待たせ  酒肴給仕に従わせ  席へ侍らせ  三人ほど来させ  わしながら、上ろうともせ  ヒヤリとせ  水品陣十郎を襲ったが、討ちもせず、討たれもせ  顔を照らして浮き出させ  誰にも穢させ  心をイライラさせ  頬に漂わせ  三白眼を怒らせ  そうとはせ  風にでも吹かせ  源女殿と引き合わせ  先を急いで泊まろうとせ  隷属おさせ  福島さして歩ませ  駕籠舁をも休ませ  碧玉を思わせ  よう納得させ  功徳と思って喜ばせ  助とを驚かせ  馬を驚かせ  澄江を驚かせ  みんな話させようともせ  真相を確かめようともせ  自分で張ろうとはせ  板で吊らせ  松へ持たせ  返事をもせ  肌身を穢させ  植込を茂らせ  夜鳥を宿らせ  湯を掻き分けて来て、悪びれもせ  招待日までに間に合わせ  せいで間に合わせ  余齢を長くまもらせ  服属させ  民族的感情をよび起させ  存在であるように、思わせ  情勢とがそうさせ  懶惰性が、さうはさせ  独りを淋しくさせ  事で又どうにかしてそうであらせ  やうに見えるでせ  それから毎日乳を搾らせ  少量しか食ひませ  逆説でせ  不平の呟きとせ  心もちを抱かせ  惨劇に終らせ  女房には稼がせ  註文をすまさせ  足を踏み込ませ  耳に聞いて口惜しがらせ  ひけをとらせ  人どうしが言い合わせ  心をめいらせ  そばで死なせ  女御とも言わせ  娘を死なせ  娘も死なせ  望みを持たせ  女房に言わせ  意匠を凝らせ  歌をお詠ませ  お上がりせ  勉強をおさせ  元服をおさせ  のをお受けせ  女房をそのまま使わせ  謙遜もせ  観察を語らせ  そんなのはどちらへ属させ  倹約もせ  男をあせらせ  話を早く聞かせ  全然知らぬ顔はせ  もっと語らせ  おもしろいと思わせ  反抗的態度を取ろうともせ  話を長引かせ  もっとうんと弾いてお聞かせ  知人を介して言わせ  愛を求めようとせ  席を作ってすわらせ  返歌をせ  冗談混じりにまたこう言わせ  提供させ  数をふやさせ  若い継母は親しくせ  弟に言わせ  源氏を立たせ  性格からあふれる誇りに輝かせ  相談はせ  従者に呼び出させ  のにして目だたせ  通りにお待たせ  蝋燭を点させ  随身に持たせ  返歌を持たせ  物とも思わせ  者を呼び寄せまして、聞かせ  者にもわからせ  過失をさせ  女房にさせ  召使にさせ  道を窺わせ  何事も悪くは思わせ  随身を呼ばせ  食器も間に合わせ  座敷へ持たせ  気にかけるから、たいそうには言わせ  驚きをさせ  あなたをお捜させ  声だけでも聞かせ  悲しみにふさがらせ  院へ伴わせ  用などをさせ  者へは聞かせ  仏像を描かせ  所で死なせ  皆用意させ  願文を書かせ  道へ赴かせ  恋人を死なせ  学校に通わせ  頭をもっているらしく思わせ  思いさえさせ  自分を疲らせたり、苦しませ  咲が、せ  下で解かすまい解かすまいとしながら立たせ  彼は死なせ  右を向かせ  のが、一層重くさせ  ことも出来させ  バネをきしませ  僅かでも惑わせ  まり年をよらせ  愛情を燃え立たせ  力を振りまわし、威張り、縮み上らせ  十分興奮させ  道をはかどらせ  退院を思い立たせ  借金をさせ  相談をさせ  まり多く持たせ  心配をまさせ  底を、ジャラジャラいわせ  ユサリともせ  お父さんを怒らせ  無理でもなおらせ  価踏みをさせ  不審を起させ  力を張りきらせ  全然満足させ  のんきにさせ  それこれもあるので、退かせ  愛情を注がせ  一枚でも売らせ  特にガチャガチャいわせ  自分を悪くなりきらせ  日光を輝かせ  者達を、アッと云わせ  足音を隠そうともせ  逃げかくれもせ  楽にでも送らせ  間泣き放題にさせ  水で洗わせ  のがもったいなかったとさえ思わせ  苦労を増させ  発送させ  縁で遊ばせ  体中をこわばらせ  涙を凍てつかせ  卵を遺させ  物笑いにさせ  人並みにだけさせ  疑惑を起させ  ふくらがせ  ゼイゼイ云わせ  彼に引き合わせ  互の拒もうともせ  顔をのめり出させ  ガクンガクンさせ  咲二にそう会わせ  今に会わせ  いくらでも会わせ  咲二を会わせ  馳け出させ  渇仰を燃え立たせ  彼女を死なせ  指さきを戦かせ  お方でせ  眉を戦かせ  怜悧さんでせ  見えはしないでせ  怕いことなんかないでせ  疵は癒えたのでせ  方へ赴かせ  だれにも起こさせ  音もたてず、ぽつぽつかじるだけで、ほとんど食べもせ  音楽を愛しもせ  減退させ  真実を見ようとせ  彼らをあっと言わせ  庭へ遊ばせ  胸に寄せ掛からせ  千倍も苦しませ  金を払わせ  室につめ込まれて眠れはせ  ジャンナンの子供たちをまごつかせ  一曲ひかせ  室に移らせ  腕を取らせ  一身に負わせ  同様にせ  縫いも読みもせ  官能をいらだたせ  彼にばかりひかせ  気分をいらだたせ  うちにしみ込ませ  手をあてて話させ  身の上話を少しさせ  彼から起こさせ  オリヴィエ一人で行かせ  気分をはっきりさせ  クリストフに会わせ  頭を置かせ  幾世紀間歩かせ  たしかに左樣ならを語るでせ  從つたのでせ  差支ないでせ  からなのでせ  記臆でせ  御存じがなかつたでせ  譯なのでせ  力でせ  遊なのでせ  當分寂しくなるでせ  ために祈るでせ  てゐらしたのでせ  運命もどうなるのでせ  生涯でせ  つきでせ  違ふでせ  妙子を喜ばせ  娘を住ませ  加持をおさせ  坊でさせ  惟光に言わせ  燈籠を吊らせ  源氏に説いて聞かせ  者を信じようとせ  返辞をさせ  菓子を種々作らせ  小童に持たせ  夢解きを呼んで合わさせ  最初言わせ  直接女王さんに話させ  門をたたかせ  男を選んで歌わせ  二度繰り返させ  それをおさせ  そのままにして置かせ  二人仕度させ  中へ引き込ませ  手本を習わせ  勉が来させ  毛を微に汗ばませ  亭主立身させ  燦めかせ  関係があるでせ  なうらをやぶらせ  恋人を見つけたいと懲りもせ  からお弾かせ  声が聞かせ  時間が少なくて、伺わせ  源氏に聞かせ  から、またゆるりと聞かせ  琴を長く弾かせ  あれだけでは聞かせ  命婦は近づかせ  想像をさせ  物越しにお逢わせ  琴を弾かせ  命婦を呼ばせ  縁側におすわらせ  心にながめせ  役はせ  随身に払わせ  命婦が持たせ  声も少しお聞かせ  なかった歯を黒くさせ  檀紙にしませ  あちこち向かせ  箇所に立たせ  早めに休ませ  穴へ落ち込ませ  不潔で、うつりはせ  御前でやらせ  経をお読ませ  住居にさせ  手本を書いて習わせ  派手にはせ  装束させ  参内をさせ  おなりあそばせ  それを使わせ  寺でさせ  心をいっそう暗くさせ  不審を起こしはせ  女房に出させ  灯を点させ  袖を放させ  困惑させて懲りたと言わせ  私をごまかして泊まらせ  自分でなく思わせ  帯などを持たせ  源氏は持たせ  つきもせ  惟光に命じて見張らせ  さが少なくなりはせ  おもしろさを味わわせ  横に坐らせ  憤怒を起させ  またたびを飲ませ  噂させ  恥もせ  誇りもせ  悩みを作らせ  供廻りを作らせ  ことでいばらせ  中心を保たせ  気がさせ  以外にいろいろとさせ  別にさせ  ますます昂じさせ  修法などをさせ  わされはせ  湯を持たせ  修法などはまた改めて行なわせ  夫人へ取り次がせ  大臣はさせ  愛人を死なせ  たみの子だになかりせ  祈祷などをさせ  のを見て、折らせ  居間へ持たせ  近くへ置かせ  いつか庭から折らせ  食事をおさせ  厭世的にならざるをえませ  気をめいらせ  皆きれいにさせ  から、ゆっくりと聞かせ  源氏を悲しませ  源氏を多く喜ばせ  心配をおさせ  人をかわゆく思わせ  遠慮をして、たいそうにはせ  きまりを悪がらせ  役人たちにも命じてさせ  昔からこちらで作らせ  物としてお作らせ  日本とせ  其名に眩せ  女王と思ひしも故なしとせ  舍人とせ  偕にせ  訛とせ  恋を芽ぐませ  国ではせ  答をせ  ことを考えて、まんじりともせ  そばに暮させ  随身とをあまり目だたせ  者を恥ずかしく思わせ  いつまでもお立たせ  宮中で行なわせ  祈祷までもさせ  油断をおさせ  好意を持たせ  反省おさせ  討論をさせ  所へ持たせ  から持たせ  瓶に挿させ  遊びをおさせ  自分をお喜ばせ  お伝えさせ  使いを待たせ  特に感動させ  結合を誓わせ  修法などもさせ  もう少しさせ  者らしく隠れようともせ  名誉を取らせ  機嫌は直りもせ  歌を言わせ  これとが比べ合わせ  彼女はそうせ  ヴァランタンは見向きもせ  人なんぞは決してはいって来はせ  庭から出て行きはせ  錠をせ  徹夜をさせ  なにかで間に合わせ  物思いをせ  子をすわらせ  塵を積もらせ  ままおろさせ  から、恨めしいなどと思わせ  対へ来させ  流れを深くさせ  三日滞留させ  侍臣たちに問わせ  領地から人夫を呼ばせ  修理をさせ  侍臣たちにさせ  紙を継がせ  屏風に貼らせ  密画に描かせ  貴人とを考え合わせ  お話を伺わせ  うち別に伺わせ  あなたに口を出させ  親しくさせ  禊いをさせ  コニャークをのませ  襟飾を赤くヒラヒラさせ  源氏をより心細くさせ  明らかにさせ  ほうに移らせ  お嬢さんのを聞かせ  入道に与えて弾かせ  者に歌わせ  お話で考え合わせ  心労を負わせ  本官に復させ  邸へよこさせ  音楽を聞かせ  用意されてあったが、目だたせ  心にさせ  沈淪させ  源氏を苦しませ  恨みだにせ  飽満するまでには聞かせ  今日までにしいても弾かせ  一ことをつきせ  音信をいただかせ  煩悶をせ  使いに言わせ  見物などもせ  人をより美しく思わせ  何がさせ  心をしめらせ  どこからとも言わせ  歌を置かせ  折をしもべに担わせ  一人にお逢いせ  考えをお聞かせ  いつまでも通わせ  基経は早くどうにかせ  気をあせらせ  醗酵させ  嗤いつくせ  陰鬱に陥ち入らせ  中にちらつかせ  女房たちにはこばせ  顔にのぼらせ  意味をも含ませ  汝なかりせ  空射をせ  あやめさせ  最期をお見とどけあそばせ  いつになく粧いを凝らせ  考えと打合わせ  橘に手ずからとらせ  老眼をうるませ  風をなびかせ  麗水に育ったかを思わせ  役目に立たせ  遠くはないでせ  三十円にするでせ  おめかしをしないでせ  涼しいでせ  改築させ  産をさせ  建築を急がせ  ことをくわしく話して聞かせ  慕ひやはせ  建築をさせ  当てにして作らせ  手紙を送って慰めてやりたい、近づいてかえって悲しませ  小船を漕がせ  死別をせ  恋愛もせ  人にさせ  参内もせ  においを染ませ  自邸からおさせ  者から言わせ  製作させ  ようにと思って作らせ  装飾品になどさせ  愛想をつかせ  親戚関係があっても親しもうとせ  侍従に聞かせ  それぞれ結婚させ  あなたを楽しくさせ  ほうを拭かせ  ことをお聞かせ  かお聞かせ  蓬を少し払わせ  あなたに苦労をさせ  話も聞かせ  蓬を刈らせ  板塀を作らせ  このごろ建築させ  口をぱくぱくさせ  湯をしませ  さわやかにさせ  和尚さんにはばちがあたらなかつたのでせ  汗でてらてらさせ  前へはどうせ行くでせ  ぼんやりしてゐるせ  相談をせ  春まで休ませてやろうともせ  ぐさを食わして休ませ  のを見向きもせ  暖かな光りをきらめかせ  日させ  返事をお書かせ  女御におさせ  ひそかにさせ  絵にさせ  御前へ出して置かずにしまわせ  物を描かせ  説をたたかわせ  人にも知らせ  多く作らせ  儀式などをお描かせ  うちを忘れしもせ  学問をいろいろとおさせ  梅壺を勝たせ  源氏は移らせ  幾つにも仕切って作らせ  住居にも使わせ  ほうをさせ  皆させ  ほうでさせ  明石へ迎えに立たせ  饗応をさせ  使いにして言わせ  生活をしいてさせ  草木を直させ  復旧させたり、よく直させ  陪乗させ  品を取りそろえて持たせ  袴着をさせ  姫君だけでもそうさせ  院でさせ  占いをさせ  吉日を選ばせ  いっしょに暮らさせ  ここから持たせ  先まわりをさせ  お話などもお聞かせ  法などを行なわせ  源氏へお取り次がせ  女院をお喜ばせ  政治に携わらせ  煩悶をおさせ  受けになりはせ  哀れをかはせ  あなたがたにさせ  みたらし川にせ  花を折らせ  夫人は見ようともせ  たかたといわせ  予期もせ  雪まろげをさせ  山をお作らせ  さを覚えて、じっとみじろぎもせ  こちらでおさせ  院で行なわせ  源氏は学ばせ  訓えて睦ませ  懊悩させ  琴などを弾かせ  幸運をになわせ  学問ばかりをおさせ  若君に聞かせ  思いをおさせせ  形式を踏ませ  私が負わせ  晴れもせ  退出させ  礼を取らせ  結婚をおさせ  ようにあそばせ  お姫様見ておいであそばせ  部屋で逢わせ  胸をふさがらせ  手もとで作らせ  自宅でよく習わせ  縁側を歩かせ  まりすわらせ  皆退出させ  祓いをさせ  女官などにはさせ  心だけも知らせ  一人として親しませ  ぼうとさせ  いっしょに住ませ  造営させ  菖蒲が茂らせ  院から移転させ  夫人に劣らせ  おまえたちは何よりせ  人から断わらせ  田舎武士などに嫁がせ  薫りの染ませ  八幡詣りをさせ  裏が腫れて動かせ  五匹引かせ  所から三条を呼ばせ  右近が取らせ  方をお捜しくださいませ、お逢わせ  願果たしもさせ  灯などをともさせ  姫君に言って聞かせ  香を沁ませ  間私は捜させ  分乗させ  心配ばかりさせ  道をばかり通らせ  懊悩をおさせ  点で困らせ  お返しになりましたの、写させ  鶯が止まらせ  姫君に書かせ  情人にまでせ  信頼して暮らさせ  所をなくさせ  塵を払わせ  今晩に限って更にせ  これは頼まれもせ  甲を脱がせ  聞き耳を立たせ  面を、いっそう澄ませ  押進ませ  記入帳を取り出ださせ  彷徨させ  八台に積ませ  一揆軍へ向けて乗込ませ  それから一歩を進ませ  外患とせ  ことを話させ  語尾を正し、だをやとし、せ  京言葉を遣わせ  いやとは言わせ  加速をさせ  人を待っている、待っているというよりは、待たせ  さいぜん雛妓たちに向って打合わせ  凹あたりに当てて組合わせ  特権を作らせ  これで遊ばせ  凹で組合わせ  相手を遊ばせ  ここで遊ばせ  思いでもさせ  好きだし、ひどい骨折りをせ  千匹猿を啀み合わせ  塒につかせ  みんなが言い合わせ  ちょっと歯噛みをさせ  次第によっては転ばせ  相手をも憤らせ  水にも知らせ  駕籠賃なしで送らせ  菰をひらつかせ  事がなせ  近藤に会わせ  仏を迷わせ  問題になりはせ  助はそのまま起き上ろうともせ  しかし、そう受取ったならば、そう受取らせ  物語を語って聞かせ  失脚させ  ここへ走せ  ここまで走せ  姿を浮き上らせ  面白おかしく語り聞かせ  これに娶わせ  これに走せ  これを釣らせ  申しわけはせ  一大改革をせ  苦痛致させ  かけ声をしながら、息せききって走せ  後ろから走せ  呼吸を合わせて、走せ  旅から旅を稼がせ  心強がらせ  不足はさせ  機嫌気づまを浮き立たせ  家も持たせ  新参ながら押しも押されもせ  んと坐らせ  苦労なんかさせ  縦にもさせないで、遊ばせ  兵馬をも悦ばせ  猫にもさわらせ  君を稼がせ  ことまで説いて聞かせ  福松をうなずかせ  あなたを立たせ  なかったけれども、いかにせ  兵馬に語り聞かせ  使命を持たせ  折焚柴を読ませ  常陸帯を読ませ  これごらんあそばせ  イケやせんか、なっとりゃせ  修行をさせ  ものを幾分ながら漂わせ  お方をあやまらせ  それをそうはさせ  調練をみっちりとさせ  女に言って聞かせ  気持がさせ  農家に流行らせ  戦をさせ  考えを説いて聞かせ  ことを見直させ  試食をさせ  農家一般に流行らせ  一昨日塾中に搗かせ  縁側に持ち出させ  デパートあたりを探させ  試製させ  木綿製五着を作らせ  小麦は挽かせ  方へ流行らせ  残りを飲ませ  事がつくづく思わせ  独占会社に持たせ  一つ持たせ  づまった生活はさせ  沢庵を持って来させ  我利我利が走せ  水車にやって挽かせ  合わせに沿うて立たせ  前から造らせ  装飾などをさせ  船楽を奏させ  花見をおさせ  のを漕ぎ回らせ  みずらに結わせ  中に老いせ  僧に行なわせ  八重山吹を隔てざりせ  人を思わせ  香を深く染ませ  それはぜひ置かせ  人に悟らせ  時にだけは、はっと思わせ  恋は、近づかせ  返事を書かせ  空薫きをさせ  たくさん包ませ  まり好色らしく思わせ  接近おさせ  興奮をさせ  女房などに時々読ませ  小説におさせ  小説は読んで聞かせ  賞めさせ  ために写させ  絵に描かせ  ことを思うと早くから親しませ  介添え役をさせ  行方不明にさせ  男を呼んで解かせ  揶揄うらしく、きゃっきゃと云わせ  上に覗かせ  物を見ようともせ  蚊屋を吊らせ  から、持ちあわせ  調理させ  几帳面にせ  夢占いをさせ  苦しみをさせ  煩悶などはせ  源氏をして思わせ  接触をせ  対に住ませ  娘らしくさせ  矯正させ  経験がさせ  お仕事だって私はさせ  静かにして聞かせ  無理をしいようともせ  さらに燃やさせ  世には絶えせ  中から出させ  二度繰り返して歌わせ  妹達にも見知らせ  幸福を気付かせ  息をはあはあ云わせ  口三味線を弾かせ  なかへすべり込ませ  何遍自分に云って聞かせ  小皺を寄らせ  程々に取巻かせ  園内に漲らせ  赤木のませ  ようにして親しませ  苦労とせ  あなたに経験させ  頼みにさせ  私をお困らせ  まりなれなれしくさせ  近いうちにお伺わせ  萎靡させ  朝曇りせ  知らぬ顔で置かせ  式をさせ  ものだと思いますほど親しくさせ  お祝いを言わせ  上にも行き届かせ  程度にさせ  風評させ  間接ながら思い浮ばせ  実父に引き合わせ  お勤めさせ  ものですから、こうさせ  玉鬘は言わせ  数ならばいとひもせ  いかさまにせ  顔を見ようとさえせ  蒼生をいかんせ  雪きらきら降らせ  一半を持たせ  求めもせ  足すべらせ  君ひとり死なせ  ごとに語り聞かせ  机上に飾らせ  孫、約して語りつがせ  音するか、せ  あがき苦しみつつ、一度持たせ  いつとせ、早かりせ  うえにも昇らせ  者にも降らせ  渡り川人のせ  私に引かせ  格子も下ろさせ  火入れを持って来させ  着がえをさせ  自宅へ運ばせ  前へすわらせ  弟たちは急がせ  お母様を悲しくさせ  大将は困りながら取り次がせ  人をくやしがらせ  賛成させ  源氏に逢わせ  らんそんなにまでせ  ますます逢わせ  ことではっとさせ  神経を悩ませ  香木類を出させ  皆六条院へ持って来させ  意匠を凝らさせ  使いを捜させ  卑下させ  豊かに持たせ  こちらへ運ばせ  使いを追いつかせ  御前へ出させ  製本もさせ  これを書かせ  接近をしようとはせ  価値をしいて認めようとせ  ふうにはせ  源氏からもさせ  がめを、もてはやしもせ  自身用に作らせ  侍童に持たせ  源中将を少しばかり困らせ  あくせくとあせりもせ  香を染ませ  多くはせ  物はせ  ことなどはせ  ことは少しもせ  鵜を下ろさせ  興におさせ  壁をくずさせ  宣旨があってお直させ  院はお折らせ  心を悩ませ  痙攣けさせ  勢ひよく足を急がせ  燈光を群がらせ  くんでせ  訳に、まゐりませんでせ  餓ゑた事がないでせ  燈火を群がらせ  續けさせ  氣配もせ  譯に、まゐりませんでせ  講談を讀んで聞かせ  なつたら歩けるでせ  事を話し聞かせ  行水を使わせ  不正とせ  香りに振り向かせ  煩さがらせ  抗争しようともせ  眠りもせ  娘を思い出させ  自分を役だたせ  風に吹かれもせ  彼らから邪魔されつきまとわれいらだたせ  理想主義をふたたび燃えたたせ  機嫌取ったりうるさがらせ  自分で知っていながら、手向かいもせ  音楽会をやらせ  とき人がになわせ  われわれをかなり苦しませ  友情を話してきかせ  奔走もさせ  保護しようとはせ  立腹するほどいらだたせ  なかったので、はっきり言ってきかせ  オリヴィエが負わせ  向こうにも飛ばせ  人を温め息づかせ  原稿を読んできかせ  旅行をせ  勉強しようとはせ  貧血させ  方面にはいらせ  僕に言ってきかせ  空気をはいらせ  変させ  心を、またよみがえらせ  彼女をいらだたせ  厭でも聴かせ  心をよみがえらせ  自尊心を躍りたたせ  彼を落ち着かせ  己に聞かせ  表口より入らんとせ  フランス語を善くせ  衣を出させ  思量を鈍らせ  窓枠にぶら下がらせ  連係させ  寄つて広告を出させ  五歳位でせ  十分出来るでせ  読者に読ませ  地位に移らせ  中納言に嫁がせ  点から想像させ  生き方をさせ  結婚をせ  夫人から言わせ  対象として考えようともせ  話をおさせ  申し入れをさせ  準備をいろいろとさせ  調製おさせ  形を失わせ  心がこうさせ  縁組みをさせ  実現されもせ  形式をたいそうにせ  ことはきわだたせ  機会にでもお見せ申し上げておかねばお逢わせ  たかぶらせ  人見知りをせ  製作を急がせ  傷手を負わせ  挨拶などをお取り次がせ  一枝お折らせ  御剣を奉らせ  形式的にだけ舞わせ  車へお積ませ  ことが思わせ  謹慎をせ  廊にして廻らせ  尼さんが聞かせ  けしもせ  お湯をお使わせ  畏敬の念を起こさせ  琵琶を持ってよこさせ  女房に持たせ  東宮へお上らせ  こともお聞かせ  本殿へお住ませ  想像もさせ  物思いはおさせ  弓でも射させ  蹴鞠をさせ  こちらへ来させ  ねぐらとはせ  頸を動かしたくても動かせ  恰好をせ  線路に添うて走せ  振りもせ  家まで去んでみにゃ、どんなになるか分りゃせ  どなたも知りたいでせ  岸に張らせ  赤ひげはせ  ピストルを向けながらせ  体を凝っとはさせ  湖上から水を汲ませ  病気を起こさせ  返事さへせ  鬪はせ  私は別段反らせもせ  風だつたんでせ  気づきもしなかつたでせ  方が好いでせ  一つ遺させ  皆病気に罹らせ  梅を以てせ  これをゆるかせ  便とせ  修学旅行でなけりや引出させ  以来銃猟をせ  景色を画かせ  用ゐはせ  朗読して聞かせ  氷袋をよこさせ  一日二十枚なるも難しとせ  列は動かんとせ  専門家にだけ取らせ  手から所望をおさせ  私にお預からせ  悩みもおさせ  譲位を行なわせ  ことにはせ  典侍に生ませ  から、たいそうにはせ  法皇をお喜ばせ  ことがさせ  仕度をおさせ  殿上勤めをさせ  研究おさせ  童女は目だたせ  服装はことによくさせ  のをお配らせ  弾き手はもてあましはせ  音楽を味わわせ  袴などを添えて、あまり目だたせ  稽古はさせ  たくさんさせ  気をつけてさせ  親戚とせ  評価させ  から私をそう困らせ  琴は休ませ  始めさせ  加持などもさせ  祈祷もさせ  加護を祈らせ  お話しさせ  力がさせ  一言を聞かせ  冷淡に思わせ  いっしょに死なせ  前へおすわらせ  くやしくさせ  供養させ  読経もさせ  宮仕えを辞しもせ  出入りをせ  行為をさせ  形を作らせ  浦にいさりせ  だれかに命じて縫わせ  祈祷をおさせ  問題にさえせ  口授してお書かせ  稽古などをさせ  所でやらせ  酒を持たせ  人におさせ  不愉快におさせ  今年じゅうにせ  偏曲もせ  屏風拝見させ  間にあがらせ  女房たちに言わせ  蝋燭をともさせ  多く話させ  高杯などの作らせ  人から不審を起こさせ  のなら、そうさせ  病気に託してそうおさせ  子に逢ってやらずに死なせ  尼にさせ  修法もまた延ばさせ  昇任おさせ  あなたにだけ言わせ  父を持って、おくればせ  ものをお言わせ  主になって作らせ  いっさい何も聞かせ  良人を死なせ  庭へ立たせ  日をたたせ  大納言をお死なせ  未亡人におさせ  目におあわせせ  髭なども剃らせ  子を死なせ  大納言は持っていて、美しくさせ  返辞をおさせ  これを掘り出させ  ふうにさせ  竹の子を離させ  気持ちにおさせ  来訪者を長く立たせ  お稽古をおさせ  しかお聞かせ  ます音を楽しんで聞かせ  音こそ尽きせ  近くへ持って来させ  誦経をさせ  持ち主の譲らせ  六部お書かせ  特にお漉かせ  院を物悲しくおさせ  志だけでも尽くさせ  建て増しまでおさせ  草原にお作らせ  ほうへお作らせ  琴をお出させ  人が来て聞かせ  こちらへ作らせ  妄執を晴らさせ  近日行なわせ  修法をさせ  前駆もたいそうにはせ  狩衣姿にさせ  お送りをさせ  大将は取り次がせ  恋を成り立たせ  嫁がせ  宮がおさせ  脚をお揉ませ  心をさらに苦しくさせ  良人にさせ  手紙を返そうとはせ  無理に取り返そうとはせ  ものをそまつに取り扱って散らせ  枕結びやはせ  あれほどまでも近づかせ  絶息をさせ  方をお迷わせ  ますます悲しませ  人間をさえもしみじみと悲しませ  所とが人を寂しがらせ  取り次ぎもさせ  話題にせ  言葉くらいで思いとどまらせ  旧態を保たせ  皆詰めてすでに運ばせ  黒塗りのをまだお作らせ  一つお敷かせ  いつまで自分をこうさせ  それもそうおさせ  みずから慢心をせ  いろいろに言って取り次がせ  喪服を着かえさせ  裳を目だたせ  苦しみばかりをせ  ために書かせ  夫人は作らせ  ことだけをおさせ  院はおさせ  祈祷は常におさせ  退出おさせ  いるかを思わせ  だれかにさせ  永遠に聞かせ  院がお読ませ  無常を悟らせ  体験させ  女房だけを侍らせ  歌をお取り次がせ  室へ侍らせ  女王にさせ  女王が作らせ  時にお見つけになり破らせ  中でお破らせ  皆焼かせ  詩歌を歌わせ  院はさせ  岸はせ  興趣を催させ  芸者でもしていはせ  美感を起させ  情趣を伴わせ  多年手入をせ  隊をなして駆せ  ヤア大変お待たせ  出来はせ  増しはせ  ききもせ  御殿も持たせ  六条院をお慕いせ  上へお進ませ  意匠でおさせ  生活をおさせ  扱いをせ  つまびらかにしようとはせ  姫君を住ませ  子に吹かせ  自然合わさせ  一枝折らせ  顔も見せるほどにして近づかせ  消息をあかずに書いて持たせ  下から槍で突かせ  眼眸を霞ませ  象の背中へなんぞへのぼらせ  美濃清に作らせ  縁組みさせ  小唄をうたわせて、アッといわせ  のが語って聞かせ  同意をせ  中へはいらせ  恋愛に関した戯れでも言わせ  移りしもせ  怨みともせ  尚侍を心細がらせ  官をも少し進ませ  まり侍従とも話をせ  時目くばせ  助言ができたのに、勝たせ  恨みのほのめかせ  姫君はせ  御殿でおさせ  用意をおさせ  御子を持たせ  宮仕えはせ  繰り言などはお聞かせ  ようにと思いまして帰らせ  盥を出させ  種さんに逢わせ  鬢をほうけ立たせ  元価で積出させ  中座をさせ  心魂をお驚かせ  りっぱにおさせ  稽古をおさせ  碁を打たせ  遊戯をおさせ  宇治へ伺わせ  宮をお喜ばせ  ことでしょうが、恐れておりまして、目だたせ  馬の足音なども忍ばせ  話にだけ聞いていて、ぜひ伺わせ  音もおさせ  思召しでそうさせ  控えめにせ  あとをそのうちお聞かせ  侍に持たせ  それよりもまず早くせ  幾つも作らせ  網代車に乗り、作らせ  料理などを作らせ  やめになって聞かせ  ためにお出させ  ものをお聞かせ  こともよく覚えていて話して聞かせ  櫛を梳かせ  抜目なく入り込ませ  上身をのめらせ  爪先をぶらぶらさせ  雛鶴太夫に挿させ  相違ござんせ  餌を喰わせ  歩行させ  東栄舘に宿させ  電報はすぐ打たせ  品川まで送らせ  気を替へさせ  乳母がせ  蒲団になとくるませ  日まで苅りとらせ  楽器をお出させ  軽率に見られはせ  枝をお折らせ  耳を喜ばせ  女王にお書かせ  宮をお訪ねせ  昔語りを聞かせ  続きをさせ  断じてそれはさせ  人生なのだから悲観ばかりはせ  衣服を作らせ  ようにと言わせ  骨折ろうともせ  早打ちに走らせ  ように心安くさせ  時にはせ  自分を思わせ  声を聞けばはっと思わせ  相手に受け取らせ  者へ言い置かせ  下を張らせ  健康を甦えらせ  軽薄さを思わせ  偏倚させ  独立しようとはせ  活動を得せ  妹にも知らせ  諸君を肥らせ  的中させ  レバーを動かせ  人妻から次第次第に抜けださせ  可憐にさせ  横に座らせ  家から抜けださせ  万吉郎そっくりに化け終せ  今日甦らせ  なかに凍らせ  寢てるべえせ  可がべせ  ぐ言ふでせ  寢でるだべせ  八時頃にせ  店でせ  怎してせ  朝早かべせ  事ア無えせ  應答に困らせ  眞にせ  水道はまだ無いでせ  頓挫させ  儘返事もせ  身体をすべり入らせ  身を行かせ  不安とせ  恋を得ようとはせ  いろいろにも考え合わせ  取り次ぎに言わせ  髪を洗わせ  返事ばかりを言わせ  この間から弁に言わせ  力で引き動かそうとせ  今まで立たせ  交際をせ  微行などはきびしくお制しになり、おさせ  あした驚きをせ  夜をふかさせ  物音もおさせ  ことをあらせ  ままで話させ  君に書かせ  服をかえさせ  哀れにさせ  それぞれ似合いもせ  生活から、恨ませ  衣服を湿らせ  お話をさせ  つきも離れもせ  内密事とはせ  準備に作らせ  それらを間に合わせ  程度に払わせ  水草をかき取らせ  女王はさせ  のなども持たせ  若い人たちも来させ  多く伴わせ  交際はおさせ  失敗に懲りもせ  夫人にさせ  方とを結ばせ  こともあらせ  法華経を続けて読ませ  人をお悲しませ  弟子を歩かせ  弁に代わらせ  隙なくさせ  声すら聞かせ  周囲で頼み少なく思っているとは知らせ  多く味わわせ  緩和させ  君へ言わせ  話などをさせ  故人にさせ  忠告をさせ  恨みを除かせ  落成させ  何時まで寝てるべえせ  娘子供とも寝てるだべせ  晩も来るせ  応答に困らせ  真にせ  事があるんでせ  女王様に読んでお聞かせ  新調などをさせ  自分を避けようとはせ  人にいだかせ  慰めにさせ  君へ取り次がせ  哀愁をいだかせ  他へ行かせ  頭上にも、もはや再び被らせ  センターにせ  わけ役をさせ  上ではね上らせ  計画を決して変えようとせ  躊躇したり見合わせたりせ  ここにい合わせ  齟齬させ  決定しようとせ  生涯を終らせ  身動きもせず、まじろぎもせ  私たちを喜ばせ  申残し参らせ  謙三郎はいかにせ  んですが、とても逢わせ  腕ずくでも逢わせ  夫でせ  だに口にせ  衾をともにせ  これだけにしても、逢わせ  一か八かだ、逢わせ  謙三郎はまたたきもせ  内に入らんとせ  従卒に持って来させ  ことをだに得せ  血を拭わんともせ  他人から無用視せ  務めを行なわせ  友にもあずからせ  耳を傾けもせ  ジャックリーヌをうるさがらせ  活力を少しも失わせ  だれからも聞かせ  音楽などを歌わせ  生を愛させ  響きをたててる、つきせ  揺るぎもせ  好みもせ  念を起こさせ  分銅とせ  夢想にふけらせ  近くにすわらせ  厭気を起こさせ  役を受け持たせ  彼をはいり込ませ  顫音を伴わせ  ためにさらに苦しませ  友人らから分離させ  世話をせ  理解しようとはほとんどせ  子供であるとくり返し聞かせ  想念はいらだたせ  精神から隷属させ  自責の念を起こさせ  重荷に堪えかねて、もう戦おうともせ  手をゆるめようともせ  説服しようとはせ  回復さしてやろうとはせ  私を思い返させ  側近く妻を坐らせ  肌を曝させ  ベンジンを含ませ  お腹を診せ  長生きはせ  花を散らせ  蕾を脹らませ  一寸、診せ  記入させ  哀れを催させ  土産に持たせ  振舞に陥らせ  話すらせ  納得させようとせ  犯行と思わせ  教育をしみこませ  人にわからせ  島とさせ  中にくいこませ  肩にしょわせ  ようと捜し出させ  お答えはせ  思いを多くせ  夫人にお守らせ  結婚を行なわせ  なじみのゆるりとさせ  時がもはや薄らがせ  心持ちをそのまま行なわせ  私どもにお思い出させ  手紙をお受け取らせ  調製をさせ  物思いをばかりおさせ  自分とせ  ふうに作らせ  さがさせ  お話をよく伺わせ  きれいにさせ  人妻にさせ  所に置いてないから、急いで作らせ  品ですから、よくそろいもせ  ものは、目だたせ  袿を織らせ  物を出させ  君が取り次がせ  尽きもせ  心が違ってきまして、またお死なせ  話を少しもお聞かせ  歎きをせ  それに取りかからせ  者を呼んで持たせ  薫に聞かせ  にの蔓などを少し引きちぎらせ  着手させ  荒廃はいたさせ  身をなびかせ  宮はお折らせ  十三絃をお出させ  琴を聞かせ  ほうぼうでさせ  作製おさせ  用を果たさせ  結婚をそう急いでおさせ  廊を造らせ  設備を美しくさせ  大事に考えて急がせ  結婚はせ  乳母に抱かせ  人々へ言わせ  後ろへ退らせ  主を問わせ  挨拶を取り次がせ  一時に飛び立たせ  二十日も保たせ  馬鹿あ吐かせ  算段させ  つきあいはさせ  ア栄華をさせ  めはせ  丈夫にせ  のは、このせ  指輪を抜き取らせ  数もとより決して少なしとはせ  貧乏がふしあわせ  世界にはせ  見地よりせ  姫君と言わせ  良人を持たせ  軽蔑もせ  美装をさせ  書くことを教えて書かせ  新調をさせ  特に美しく作らせ  師匠にさせ  拝礼もせ  手紙なども取り次がせ  男が言わせ  事は欠かせ  物思いをさせ  娘付きにさせ  他人扱いにはせ  物思いをおさせ  常陸夫人へ語って聞かせ  山へお住ませ  景色なども聞かせ  妻などにさせ  禊をさせ  ことをわからせ  思いも味わわせ  軽蔑もさせ  僧房住まいをおさせ  ものはねたましがらせ  頼みに思わせ  ことになるしと思って、おさせ  絵などを出させ  言葉書きを読ませ  様子などを、ことごとくではないが話して聞かせ  安心はさせ  その間を過ごさせ  一つ用意させ  お姉様をおたよらせ  ほうにも隠して住ませ  起居はさせ  別居をさせ  申しわけをさせ  手紙を送ろうともせ  ほうへ運ばせ  別に造らせ  簡素に見せようともせ  家らしく飾らせ  あちらこちらとお変わらせ  所ならお住ませ  紅葉を折らせ  姫君へ取り次がせ  庭にお立たせ  座へ近づかせ  薫はさせ  車をまわさせ  正式にせ  夫人の作らせ  話もこまごまと語って聞かせ  十三絃を出させ  姫君をよく思い出させ  思召しておつかはせ  手紙をよませ  研究でもさせ  理解を言って聞かせ  兄弟名乗りをさせ  爪先をたじろがせ  口癖にのみ込ませ  牙をがっきと噛み合わせ  小坊主を腐らせ  二色しかござんせ  逆にくぐらせ  それをいくら説いて聞かせ  物をたずねようともせ  のは、見当りもせ  当てもせ  小蔭に休らわせ  酢を飲ませ  一発打たせ  バッテイラで漕がせ  ままに歌わせ  ままに躍らせ  力を以てせ  肩身を広くさせ  一生を廃らせ  何とでも仰せあそばせ  使用人として一生を廃らせ  娘ざかりをあだに過させ  いたずらがさせ  海風に嬲らせ  足許を洗わせ  血の気を湧かせ  運命がそうさせ  誰にも知らせようとはせ  疑惑を持たせ  無理に背負わせ  みんなに持たせ  縁を結ばせ  たかわかりゃせ  神尾をよろこばせ  吉原を断わって、待たせ  不足をさせ  京都で思うさま遊ばせ  それはおよしあそばせ  肯定もせ  弁当を取り出させ  異人から東洋哲学を聞かせ  東洋哲学を聞かせ  二人が言い合わせ  図面じゃ、よく引合わせ  大和錦と引合わせ  五分月代を生やさせ  紋附を着流させ  杖に持たせ  寂光院へ入らせ  御覧じ過ごさせ  月日を送らせ  絵師に描かせ  ちょっとお起きあそばせ  判断を聞かせ  ゆっくりお聞かせ  遠慮もありません、休ませ  あなたに不自由をおさせ  馬で引かせ  トットと走らせ  これに一杯飲ませ  初端から終りまで唄って聞かせ  ゆっくり一つ聞かせ  咽喉の聞かせ  国もと住居とやらせ  処置をせ  祝儀を取らせ  団袋をはかせ  蛤を焼かせ  こちらへきてござんせ  大根をお作らせ  木棉畑を残させ  賛成をせ  四五十人して守って引かせ  悪食をせ  意義から説いて聞かせ  起りから説いて聞かせ  所以のものを説いて聞かせ  姪を孕ませ  子まで産ませ  名を既に見向きもせ  筆を運ばせ  楽みとせ  夕風にそよがせ  光を望ませ  そうともせ  ことにあせりもせ  用意して、忍んで作らせ  夫人をお思わせ  宇治と言わせ  実を作ってならせ  私どもが気がついておりましたなら、どうして持たせ  設計でお作らせ  宿直をおさせ  邸からも、そっと目だたせ  山荘へ送らせ  山荘住まいをさせ  人に気どらせ  急にお詣りをおさせ  ここまで来させ  皆がおさせ  いつものように先払いもさせ  人に言わせ  お馬を急がせてまた歩ませ  人が、導いて結ばせ  ことに思わせ  外へまでお来させ  中宮様もお逢いあそばせ  日々待ち暮らさせ  使いはさせ  修法ばかりを行なわせ  契りは朽ちせ  危ふき宇治橋を朽ちせ  実行あそばせ  時方に計らわせ  時方は取り次がせ  だれも来させ  硯などをお出させ  衣服などを持たせ  髪を少し解かさせ  手水を使わせ  襖子を張らせ  ためにさせ  やっかいにならせ  御手洗川にせ  禊もさせ  私もそうさせ  ことは言わせ  宇治に住ませ  ことは知らせ  まり煩悶はせ  のを悟らせ  失望をおさせ  時方は持ってやりながら歩かせ  依頼状も添えて持たせ  夜を過させ  誰かないでせ  さうに空氣をふるはせ  過去をちらちらさせ  胸をふさがせ  君よ淋しいを淋しいとせ  父に背かせ  母に背かせ  姑に背かせ  わたくしをよろこばせ  好奇心を湧きあがらせ  ぼんやりかがやかせ  伍長を怒らせ  余にさせ  者のありもせ  貴女を御喜ばせ  のか、それとも御近寄りせ  馬鹿騒ぎはせ  講演を聞かせ  兼任させ  大発見をさせ  金がかかりはせ  製本させ  郎等ありせ  男に娶らせ  しらへさせ  位をも得せ  憤然とせ  返しをせ  驚きを深くせ  風を滲み込ませ  目標とせ  アベルを殺させ  ように思わせ思わせ  呪咀まで腐らせ  偶然で終らせ  営みにつかせ  ころに出立たせ  あなたを来させ  取り次ぎをもって言わせ  方にでも逢わせ  どこへ行ったとも知らせ  正面から言おうとはせ  ほうを捜させ  ように繕わせ  僧たちだけを立ち合わせ  所へ住ませ  それをそうと認めようとはせずに、たびたび逢いに行こうともせ  思いばかりをさせ  連想を起こさせ  車をまた引かせ  紫のを持たせ  侍従を下ろさせ  歎きがこうさせ  から死なせ  仕官をおさせ  頼みにいたしておりましたが、死なせ  時いっしょに積ませ  愛女を死なせ  ことはあそばせ  のであろう、そして死なせ  卑下もせ  八講を行なわせ  斜めになびかせ  物思いを作らせ  薫は割らせ  ほうへ持たせ  悪癖を直させ  宮がお捜させ  話も時にはお聞かせ  宮にもお味わわせ  おろしなどもせ  いふ芝居をやらせ  見物を喜ばせ  公表するでせ  面が大きいでせ  反映もするでせ  議論百出でせ  意味もあるでせ  なつてゐるのでせ  作家でせ  部分都会でせ  従つていろいろでせ  ことはどうなんでせ  悪戯になるでせ  違ひがあるんでせ  地位は考へてゐるでせ  から楽なんでせ  楽なんでせ  一般的にはどうでせ  シェークスピアを読ませ  んですが、その読ませ  清濁併はせ  日常生活から遊離させ  複雑さからきてゐるでせ  社会でせ  幾たりかゐるでせ  批評はいづれは受けるでせ  ものを書きたくなるでせ  変化を追つかけさせ  点でせ  場合はどうでせ  いふ場合が度々あるでせ  多量に含ませ  道にすぎないでせ  オモチヤを握らせ  円蓋をそばだたせ  お茶はいりませんでせ  燃える火に、ほんのしばらくでもあたらせ  ア寄らせ  ンのでせ  気楽でせ  ところはないでせ  さきに走らせ  女達がせつせ  阿闍梨を付き添わせ  初瀬では行なわせ  二日宿泊をさせ  炬火を持たせ  炬火を明るくさせ  それだけでも保たせ  僧に抱かせ  大雨に打たせて死なせ  湯を持って来させ  ことができて、そしてまた死なせ  何がこうさせ  家に近づかせ  立ち話をさせ  車をやり通させ  おろして休ませ  うち健康にさせ  初めから祈らせ  一人は死なせ  自分を食べて死なせ  自分をすわらせ  夫婦におさせ  事実をそのまま告げようとはせ  思いを味わわせ  返辞を取り次がせ  取り次ぎで言わせ  宵まどいもせ  それじゃあ弾かせ  それを伺わせ  恋愛をさせ  ことを言ってたびたびお詣りをさせ  姫君に打たせ  お話をしいて聞かせ  出家をさせ  時から物思いをせ  授戒をさせ  中へ来させ  浮舟をして思わせ  尼君たちに直させ  道を説き聞かせ  説法などはせ  修法をお延ばさせ  女房たちをお起こさせ  落飾させ  大将に聞かせ  人は添えて聞かせ  尼君は持たせ  ように住ませ  不審を起こさせ  人々を悲しませ  私のように死なせ  尼にはさせ  趣とせ  鬼神なかりせ  ところ少しとせ  小野に住ませ  念仏もさせて終わらせ  何がそうさせ  授戒を行なわせ  少年に持たせ  使いをよくさせ  念を晴らさせ  皆で言い合わせ  渡しさせ  読書はせ  檜山はまだ立ち上ろうとせ  うっかり人をもぐりこませ  かげがあったでせ  試合させ  袋につめて持たせ  嘱望をむなしくせ  彼を弱らせ  老僕に手伝わせ  時以来足踏みをせ  端から殺させ  えりもせ  月の輪廓をかすませ  横にならうともせ  爲事をせ  わけを話して聞かせ  飢ゑ凍えもせ  一人で稼がせ  樂がさせ  拔いて遣つて死なせ  教授法とを、掛け合わせ  月の輪郭をかすませ  横になろうともせ  心持ちはせ  飢え凍えもせ  一人でかせがせ  らくがさせ  それを抜いてやって死なせ  足音忍ばせ  スイスイ云はせ  母親にも聞かせ  あんたは本当にせ  自分のものみたいに呼びつけて離さないんでせ  つてありがたがらせ  人心持にさせ  人を、死なせ  苦みを長くさせて置かずに、早く死なせ  樂に死なせ  苦しみを長くさせ  おかずに、早く死なせ  それゆえやらずにおいて苦しませ  道徳は苦しませ  ものがあったら、らくに死なせ  ジャーナリストをだいぶめんくらわせ  不審に思わせ  真実を学ばせ  やといはせ  お正月はさせ  奥様は威張らせ  玄関に見送らせ  調子を沈ませ  大当り、やんやといはせ  息子待遇にせ  あいつ辞令を下させ  罪実に軽しとせ  青年を廃らせ  此所迄引っ張ってぴんとさせ  解決をさせ  演出させ  セッパ詰らせ  増しもせぬ、減りもせ  新に蘇らせ  枯渇させ  パクパク二つ三つ喘がせ  足音をひそませ  途を辿らせ  面を打たせ  修辞学から脱却させ  私に思い起させ  如く地にもならせ  見解を起させ  横板をまたがせ  彷彿させ  ノラを描かせ  オブローモフを描かせ  バザロフを描かせ  ポーズとせ  要求を示さずにゐるからでせ  ことではないでせ  田舎などに移り住んだせ  溜つてゐるんでせ  チヤーンとさせ  眼をオドオドさせ  一番どつせ  減つたでせ  制作をさせ  これならウンと食べられるでせ  中へはあがらうとせ  これぢや描けないでせ  太つたでせ  から、どつちせ  用談でせ  チヤンと渡して呉れてゐるんでせ  裏天でせ  余分にさせ  たんぢやないでせ  冷いでせ  言つてゐるんでせ  美緒にも飲ませ  病人を控えてゐるせ  みんなそのせ  美緒さんもうれしいでせ  やつぱり北支でせ  てゐますけど、なんでせ  現在はそれ程でもないでせ  後で聞かせ  お話があるでせ  事は無いでせ  事無いでせ  娘さんでせ  醜悪なんでせ  事は考へられないでせ  魅力もそのせ  感附かせ  絶対にさせ  印を捺させ  社会にさう信じ込ませ  んだけど、どうなんでせ  ぢや無いでせ  つて貰ひまつせ  戸開かせ  先生知らないでせ  フランス軍人をあつといはせ  のものでせ  軍人たちをあつといはせ  日本語なんでせ  社会がそうさせ  代でも稼ぎまっせ  さっち、そぎゃん、困らせ  俥も持って行かせ  よう行ってくれまっせ  井戸浚えもせ  高らかに響き渡らせ  彼は憎みもせず愛しもせ  信号しては歩かせたり停らせ  周囲に侍らせ  混乱に陥らせ  子を喜ばせ  ウイスキイを注がせ  名取つていふ家があるでせ  つていふんでせ  方がよろしいでせ  からですよ。わかつてるでせ  事実がわからせ  血を拭きもせ  三脚韻律を踏ませ  業でせ  ひろ子までを切なくさせ  時間内にしか歩かせ  気まかせにはさせ  重吉を立たせ  吉岡に診せ  人に診せ  それを云い出させ  十二年もの間、押しこんで暮させ  匂いを絡み合わせ  ネクタイをしめさせ  こころもちをかげらせ  電燈下にしげらせ  ひろ子をよろこばせ  建物を蒸し、焙りこげつかせ  一人わきに坐らせ  曖昧さを漂わせ  やけどをさせ  ばらばらにさせ  話しぶりをせ  誰かに写させ  いつか凋ませ  横眼遣い一トつせ  聞もせ  郭公待もせ  木曾に落さ落させ  吉様と呼ばせ  墨さし思を云わせ  長者のえせ  肩ぎしつかせ  都見物致させ  暇取らせ  嫁にせ  鼻詰らせ  辰様を売せ  七蔵にグッとも云わせ  情婦になどせ  病ちょう者なかりせ  辰婚姻取結ばせ  花も売せ  足溜りもせ  髯月代人手にさせ  貰いもせ  家従をやって捜させ  訳も聞かせ  辞義なんぞせ  礼もせ  恐惶謹言させ  有もせ  箇程までに迷わせ  しょんぼりとせ  幾人か迷わせ  婿がね取らせ  こんこんとして尽きせ  山があるなんて思ひも寄らないでせ  後であつたが、一向隣りのささやきなどには悩まされもせ  ところでも聞かせ  云やがって、一杯飲ませ  パスさせ  チョックラ油断させ  とりまっせ  フン詰まらせ  ドエライ罰金を喰わせ  ナイフを噛ませ  手間を喰わせ  次あたりに書かせ  あまり話はせ  若い様子をせ  風に吹きなびかせ  人々を奮い起たせ  自尊心は喜ばせ  ためにいらだたせ  気持をびくつかせ  食物を急いで呑み下そうともせ  伯父を嫌がらせ  出来事を話してきかせ  信念を話してきかせ  信用を失わせ  一人で行かせ  暴挙をも背負わせ  歯をかち合わせ  彼をしまいまで言わせ  帰りを待たせ  冷やかにひきやめ、少しも急ごうとせ  夫をまでもいらだたせ  私に歌わせ  彼女を燃えたたせ  理解しもせ  顔を合わせもせ  悩みを増させ  口を添えて説き聞かせ  身振りもせ  争いもせ  うちに生き返らせ  風見を軋らせ  湧出させ  平行させ  弁証法的運動をせ  性格とせ  政党であったりせ  利用し得又せ  まり少な過ぎもせ  まり多過ぎもせ  内容とせ  話題に昇せ  読みもせ  トウさせ  研究もし、また分るだけは分らせ  月給でも取らせ  上滑りもせ  ジワジワ言わせ  鉄鎖を絡ませ  皆をアッと言わせ  気じゃ置かせ  談しせ  あなた布団をお敷き遊ばせ  格にもない遊ばせ  爺穢くさせ  俥は待たせ  車掌は見向きもせ  幸いに、後れ走せ  紅裏を揃わせ  遺憾なく思い返させ  要求もせ  白眼をきょろりとさせ  人に歩かせ  時、おくれ走せ  変調子なりとせ  寡しとせ  山とせ  かまひませんでせ  海水着ぢやないでせ  みなよくわかる、と頼まれもせ  通つても、ふりむきもせ  振りむきもせ  一行は、待たせ  紙巻烟草を燻らせ  為合せでせ  話などを詳しくしゃべって聞かせ  深見さんが彫らせ  男女などを連れて来させ  ひとみを少しうるませ  それを思はせ  それを聞きとらせ  僕を苦しませ  肩を思ひ起させ  やうに苦しませ  膽さを起させ  豫想させ  寫眞版を思ひ起させ  味を分らせ  価値をきわめもせ  抛棄させ  心をふるいたたせ  つきあいをせ  国をひらかせ  中にわきあがって、そういわせ  ふろにはいられると、せ  はじめはせ  ふうをせ  まま江戸へいかせ  かんぞうだ、とせ  学問にせ  島村にせ  ほんとうに開国させ  うえであらそい、せ  ほんやくさせ  たまはとんできはせ  ゆっくり見物させて、よろこばせ  ばくはつさせ  ために役だたせ  ことはやらせ  男の子と女の子をすこしもくべつせ  感触を持たせ  相違を思はせ  ところから、さうさせ  恋ひせ  味を附けて過させ  展開しはせ  処に出はせ  中庭に待たせ  状態に陥いらせ  つて来させ  暗室に入らせ  食事を出させ  ヱネチアに来させ  思想に耽らせ  口に出させ  口を噤ませ  上体をふらふらさせ  胸を大きく波打たせ  事実そのものをして語らせ  坐禅をくませ  ことをも、また思わせ  召喚取調べを行なわせ  有無も云わせ  脱退させ  代理をさせ  浴させ  切迫させ  無造作に渦巻かせ  ヒッソリと硬ばらせ  別に見向きもせ  空中に渦巻かせ  力一パイにしなわせ  精神なりとせ  筆工に写させ  筆受させ  人に余儀なくせ  仕立させ  複雑に入り組ませ  行動とを絶えずダブらせ  私をかつて喜ばせ  夢を悩ませ  杯をゆきわたらせ  合唱させ  人々を怖がらせ  板歩かせ  人々をぞっとさせ  私を跳び上らせ  背後に立たせ  承諾しようとせ  キット入江に入っているという知らせ  指をむずむずさせ  小生を悩ませ  しろ勘定は払わせ  船底潜らせ  何にもなりゃせ  辞職させ  寓話を思い出させ  解職させ  つれ帰らせ  水をぽたぽた滴らせ  眼をとろんとさせ  航海から帰りせ  仲間を仲よくさせ  めっけ出させ  半分途まで戻させ  ままにして、うまくやってきせ  らはせ  一人もぎょっとしもせ  高めもせ  身動きさえせ  それ以上になりもしなければさせ  太陽に輝かせ  お前にわざわざ言って聞かせ  立往生させ  私を立ち止らせ  弾丸とを持たせ  信用しなせ  旗でせ  半ダースも持たせ  釣合よく坐らせ  攻手を手間取らせ  咳をさせ  涙を出させ  眼を休ませ  しらは、もし折合いせ  無事に出させ  目が覚めせ  ぶんぶん帆を唸らせ  一刻もぐずぐずせ  甲板から去らせ  体を遊ばせ  船があんなによろけせ  決着させ  のを、させ  己をせき立てて早まらせ  己がそうさせ  フリント船長をとまらせ  私を一層驚かせ  中を走ったり喚いたりせ  快楽とをさせ  グレーを戻らせ  前に走らせ  ずたずたに切らせ  板を歩かせ  一人だけ立たせ  人を減らせ  憐みの心を起させ  処に残して行って死なせ  小銭を投げて貰って潜って取らせ  三人に話して聞かせ  河へ行きあわせ  西洋料理を作らせ  病院にひびかせ  外出などすこしもせ  芽を覗かせ  ものを遣らせ  女性観を言わせ  水浴をさせ  享楽させ  応接室に通させ  諷吟させ  亂れもせ  朝夕耳にせ  反を打たせ  顏赤らめもせ  顯はせ  容赦もせ  乞食坊主のえせ  跡見送らんともせ  聲うら悲しく、枯れもせ  小波を打たせ  聲を忍ばせ  脇息に持たせ  病體を驚かせ  應も得せ  應えもせ  拭はんともせ  哀れを忍ばせ  誰れに聞かせ  端とせ  いらへもせ  檐前を照らさせ  髮、優に波打たせ  語りもせ  所勞重らせ  こと、かねてより悟らせ  御世を早うさせ  身を包ませ  宿も得せ  梢はあれどいかにせ  綿を含ませ  ひねもす解けもえせ  ところに運ばせ  ために持たせ  ところでもありはせ  最期を物語って聞かせ  つてスピーチなんてさせ  私たちをぎくりとさせ  機會があるでせ  人さえ描かせ  後帶きちんとせ  買しめて、喜ばせ  のちほど遊ばせ  馬鹿さわぎもせ  狹いを結ばせ  雪が降りはせ  原にせ  泥に成りて見にくかりしを、居あはせ  受けはせ  破損をさせ  口さへ濡らさせ  花むしろを敷かせ  泡盛をなみなみと注がせ  手拭ひかぶらせ  手傳はせ  太吉がさつぱりと影を見せぬが何とかせ  出さんとせ  樣には成らんともせ  壺に抱かせ  ぐる事をもせ  如くは抱きつきもせ  世にさえ明かならざるに、よもしれもせ  漁人煮せ  衣裳をさせ  枝を作らせ  路用にさせ  褒美に取らせ  かなへさせ  家をまもらせ  別に怒りもせ  通り弁当持たせ  煮汁を滲みこませ  小味を楽しませ  降伏もさせ  義太夫に語らせ  実科女学校に学ばせ  仕事をわけてさせ  親たちを嬉しがらせ  勝を困らせ  浄るりを聞かせ  失意のものにさせ  誤聞を、一々取消させ  早世させ  包みをつくらせ  二列に並んで坐らせ  しこたま畳にこすらせ  洟をかませ  服をぬがせ  ギョッと言わせ  ハイと立ち上って、せ  半平たちから距てさせ  正宗菊松をひきずらせ  ギョッと云わせ  他人に伐りださせ  無造作につかみだして握らせ  別室へひきとらせ  アカクテルへ入れて飲ませ  麗人を怒らせ  機関銃ぐらい忍ばせ  モウケさせ  労をつくさせ  専念させ  荒稼ぎをさせ  商事会社を起させ  正道につかせ  旦那方に、必ずや支払わせ  つけ上らせ  ツルちゃんを張りこませ  散々待たせ  方をうかがわせ  幹部には会わせ  連中をふるえあがらせ  端坐させ  それまでは、もっぱら睡らせ  百万円つくらせ  脂汗をしたたらせ  廊下にひれ伏させ  万歳させ  身体を休ませもせ  入地させ  切はしを、せ  馬鹿に待たせ  コッちりさせ  みんな云わせ  肩幅を広くさせ  暮しをさせ  令嬢を喜ばせ  ジャリジャリさせ  力で歩かせ  無理に立たせ  中央にして歩かせ  ザブザブさせ  クシャクシャにさせ  血書ばさせ  百姓ばジッとさせ  仕事ばさせ  用でも出来たら、させ  世の中のしくみがそうさせ  いるか、と思わせ  口にふくませ  ゴトゴトいわせ  片意地にさせ  慰労金を出させ  子供に背負わせ  鼻をグズグズさせ  のものにせ  面会をさせ  やらないから勝手にせ  ドカッドカッとさせ  盟休させ  電気コンロを使わせ  理解を及ぼさせ  ものを目立たせ  人間性をどれほど歪め終せ  脱却させ  理屈ありげに表現させ  停頓させ  傍系的才能しか発芽させ  悪魔を思いださせ  愛をおどおどとさせ  正直さとを失わせ  奸策につけ入らせ  穂を走らせ  感覚を焦ら立たせ  接吻もできないから、なんにもせ  識りもせ  耳を貸しもせ  義務を欠かせ  仲間にはいらせ  人中に立ちもどらせ  動作をさせ  手紙をときどき休ませ  彼女に言ってきかせ  私にお聞かせ  身の上を語ってきかせ  学校にはいらせ  日常を語ってきかせ  彼をはいらせ  彼をすわらせ  粗暴さにもいらだたせ  渋面をせ  面白いものなんか読ませ  彼は富ませ  深淵からほとばしり出させ  無駄にさせ  娘を装わせ  気晴らしをせ  前触れもせ  らいをせ  相手にになわせ  他人を困らせ  苦しみをさらに募らせ  彼らには悩ませ  死をはいらせ  同情をいだかせ  同情を起こさせ  感じもせ  即興曲に圧せられ揺るがせ  かわいいザビーネを思い起こさせ  自由理想主義をいらだたせ  反抗心を押し黙らせ  憎悪をふたたび燃えたたせ  ばった姿勢で、振り向きもせ  気を散らさせ  一言の断わりもせ  様子をあまり尋ねもせ  尊敬をいだかせ  彼を疲らせいらだたせ  もの云いにさせ  意欲させ  諷刺させ  風を吹き通らせ  アレクサンドラに手つだわせ  恥さらしをせ  気持を移らせ  身体を弾ませ  惑喜させ  自分に気付かせ  はじめてなりいでさせ  そこで尽きようともせ  翁は悟らせ  それが、おさせ  わたくしは生い立たせ  世の中が見廻わせ  希望へと伸び上がらせ  気位を高く持たせ  晶結させ  燃えさせ  男を焦らせ  ようにくねらせ  朝風に弄らせ  腹をうねらせ  キナ臭く思はせ  やうに動かせ  手先を爪繰らせ  クネクネと爪繰らせ  ぶんせいせいするでせ  フラフラふらふらとさせ  神経を絡ませ  三角眼玉を険しく尖らせ  ショボショボと凋ませ  言つて口を尖らせ  ぱい這ひくねらせ  きりにせつせ  笑ひを軋ませ  江に取り出させ  全貌を甦らせ  見送りはせ  別に手伝ふこともせ  笑ひを刻ませ  変はるでせ  影を滲ませ  一揺れもせ  下へ来ていただけませんでせ  ビリビリと浮き立たせ  秘密は洩らせ  駄夫を起き上らせ  匂ひを持たせ  幾針もせ  廻りもせ  新鮮な息づきを忍ばせ  自分をわざと淋しがらせ  両脚を急がせ  四辺をかき曇らせ  あたりへ飛ばせ  青年は見向きもせ  コーヒーをわかせ  ウイスキーを注がせ  鉢巻をさせ  どこにも在りはせ  必要はありはせ  作品を書かせ  静かに休ませ  音もせず、光りもせ  完全に睡らせ  ひとつ地球生物会議をひらかせ  しずかに進ませ  時間器械を走らせ  進発させ  ものがゐるのでせ  物がゐるでせ  何が出て来るでせ  きれいなことでせ  のは何でせ  いかだにきつと来るでせ  つるは、どうでせ  そこら一面、まあ、どうでせ  どこからやつて来たのでせ  たくさんふえたのでせ  花を咲かすでせ  やうになるでせ  畠が出来るでせ  誰かにぬすまれたのでせ  はつてんして行くでせ  のを、盛りあわせ  薬箱をもたせ  ことだったので、アッといわせ  世に生れあわせ  紙へ書かせ  一般大衆にも読ませ  あたしに読んできかせ  ひとつ錦子を悲しませ  はで返されもせ  後者なりとせ  関係がそうさせ  悠暢に遊ばせ  嫌というほど悟らせ  泥渦を捏ねかえさせ  絶息から甦えらせ  五日保たせ  完璧に消しおわせ  別に反駁もせ  手記でも書かせ  手記を書かせ  レキ殺させ  ハチマキさせ  三味線を弾かせ  堀り込んでうなわせ  仲直りをさせ  空間と思わせ  ピストルで狙わせ  射撃させ  様子を想わせ  のを本当に殺させ  夢を見たと思わせ  射撃をやらせ  作用をさせ  妻君を殺させ  テンポを急がせ  方向に歩かせ  存留せ  人たちには、読ませ  短絡させ  環境から孤立させ  つぎ合わせたり混ぜ合わせ  損はせ  火箸でせ  助役は倒れもせ  土産を持たせ  全敗に終らせ  ラリにさせ  んだが、休ませ  怪とせ  妹に焚かせ  一杯ずつ配らせ  燃え踵がとれせ  いきをきらせ  一人の、せ  私を気味悪がらせ  いっしょに住まわせ  色を浮かばせ  前方へつんのめらせ  おじさん、どうもお待たせ  損にはならないでせ  恋愛論もできないでせ  こちらが、およろしいでせ  家が建ちますでせ  印象で言わせ  眼を激しくしばたたかせ  機嫌になってしまって語って聞かせ  ひとつ彼に殺させ  デコブラ先生にも送ってやってよろこばせ  ポオル・フォオルに読ませ  まま、みじろぎもせ  手むかいせ  私に言って聞かせ  レンコオトを脱ぎもせ  書きはせ  豊かさをひびかせ  時に、更に新しくさせ  馬士にひかせ  社後まで戻させ  行わたらせ  南面させ  行人を迷わせ  目を見張らせ  裂け目に食い込み、すべりもせ  教へてさうさせ  儘でいい、生じつか直したりなんぞせ  つて考へさせ  小説を書かせ  移りはせ  別でせ  納豆を売らせ  着手もせ  つて来たのでせ  結搆であつたのでせ  大事を去らせ  審にせ  再興させ  赤ちゃんを遊ばせ  ますます鋭くさせ  しまつて語つて聞かせ  ひとつうろたへさせ  やつてよろこばせ  ポオル・フオオルに讀ませ  手むかひせ  知らない音樂家があるでせ  身ぶるまいをさせ  おっかけさせ  事がありはせ  あたしに抱かせ  力なく波打たせ  人殺しなどをせ  現在高は、云いあわせ  熟睡させ  一つ立たせ  いま流動食を飲ませ  周囲から思わせ  吉良に怒らせ  おれにさえ聴こうとはせ  そんなら訊かせ  痛快がらせ  発砲したりとせ  妻を死なせ  その後誰も聞かせ  裾をちらつかせ  汗は滲ませ  から好いでせ  私たちに話して聞かせ  ほかへ運ばせ  つけはせ  蝦夷の蟠居せ  北部に蟠居せ  東に赴かせ  二十五日鎌倉へ着かせ  可しとせ  因縁などを、にやにや笑ったりせ  君恋せじと書かせ  すみれぐさひとむら植ゑませ  君にふくませ  あなかしこなみだのおくにひそませ  君待たせ  くるま門に待たせ  おんすくせ  釘うたせ  画にせ  錦につつませ  湯君によし撫でて見よとて引かせ  車よりせ  花に立たせ  刃をにぎらせ  琴を習わせ  概念を授けて書かせ  智力を鈍らせ  どれだけ狂わせ  寝間着を着かえさせ  子供まで持たせ  ぱり手を切らせ  深入りはさせ  非常に鈍らせ  業務に就かせ  開展させ  悪かァ御座んせ  犬でせ  パンのきれへしませ  らへて飲ませ  苦しみがないでせ  完成されなかつたでせ  一つでも取らせ  墨絵のごとく浮ばせ  地響き打たせ  房へ連れて来させ  国津守に移らせ  懇に渡らせ  六十七万石も持たせ  上ぐることを、いと興がらせ  すつかり腐らせ  祖母ちゃんと乙女とに稼がせ  市外まで走らせ  自分とを思い起させ  祖母ちゃんにだまさせ  燐寸を借せ  一ぱい含ませ  彼の心から消え去せ  玉をむすばせ  躍進させ  出づるに高く鳴るかないつしかとえせ  情熱をもえたたせ  女主人公に云わせ  かた窒息させ  あいだ前進させ  陪観させ  繁栄させ  なかった苦渋をにじませ  明瞭にせ  半身不随に陥らせ  贈答もせ  ことを疑りもせ  崇拝者以上に立入らせ  彼をまごつかせ  反面が思はせ  女を、でせ  あなたに悪いのでせ  心を更に波立たせ  音にせ  御堂でせ  実をならせ  棍棒隊をくり出させ  百合子を大いに羨やませ  私達が羨ませ  ぶん滑稽でせ  自慢をさせ  日でしたでせ  胸をもかき曇らせ  京二にも話して聴かせ  径をお辿りになるのでせ  伝へするでせ  勤労婦人をも、ついにふるい立たせ  量見を持たせ  享得せ  吉岡君は書かせ  肉をうっとりと弛ませ  髪の毛をしめらせ  作品批評を書かせ  展望させ  前にはっきり浮き上らせて、見なおさせ  ツギハギもせ  洗濯もせ  上訊こうともせ  職を退くを得せ  科擧あらざりせ  學術を以てせ  こと爭ふべからずとせ  試驗科目とせ  失礼ごめんあそばせ  次から次とせ  雪をふるはせ  男には悟らせ  しか轢かせ  心中などせ  取調べもせ  監督もせ  取調もせ  濫伐させ  毒させ  採掘事業を起させ  風にふるわせ  血潮をわかせ  無事になし終わせ  白髪を波立たせ  頭までがいきいきとせ  試験でせ  から屹度遅いでせ  田舎へ帰るんでせ  照子に持たせ  掃除もせ  りぼんをひらつかせ  白波をかすませ  浮きぼりせ  おもしろをかしく讀み通させ  瓦斯燈の光りに代る代る浮き上らせ  マッサージさせ  幾つもの浴室を遊ばせ  寝台から降りようともせ  寝台から足をぶらぶらさせ  話を聞こうともせ  金儲けをさせ  芳秋蘭を追いもせ  周囲をとがらせ  静江に握らせ  ちがいないと思うと、思わずにやりとせ  身体をぶらぶらさせ  腹部をへこませ  眼を鈍らせ  胴を輝かせ  乞食をさせ  誰を困らせ  いらいらばかりさせ  嘲笑を揺るがせ  お客さんを喜ばせ  パーテルへ走らせ  粉を漂わせ  匂いを波立たせ  腕を持たせ  笑いを波立たせ  顔面に降らせ  ように傾かせ  馳けさせ  動物を浮き上らせ  彼女を腹立たせ  脚にもつらせ  上にとまらせ  椅子から足をぶらぶらさせ  呼吸を迫らせ  一角へ吸い込ませ  流会させ  僕をそんなにせ  まま帰らせ  結束させ  葉影を辷らせ  車を向けて走らせ  材木をすっかり腐らせ  笑いを浮き上らせ  斑点をぼつぼつ浮き上がらせ  中へ忍び込ませ  妻にせ  まま休ませ  まま居候をさせ  麥畑を指させ  無性に怒らせ  うまい酒を飲ませ  間に来ていはせ  心を鈍らせ  関係などを説いて聞かせ  翫具などを持たせ  気を多少やきもきさせ  世話人を困らせ  手紙を読んで聞かせ  母親をてこずらせ  顔をして、坐らせ  心を戦かせ  今を引き移らせ  ように言って聴かせ  哀愁をにじませ  目に際立たせ  決心を鈍らせ  毎日なんにもせ  立派に営ませ  頂とをつき合わせ  集団疎開もしようとせ  疎開しようとせ  知ったか振りをせ  人類をガッカリさせ  失神させ  方に絡ませ  脂をうかせ  暮色を際立たせ  干与させ  功績あらはせ  菓子を賣らせ  書入がありはせ  頃看板に書かせ  蒔繪をさせ  今なら宜しかつたのでせ  公笑はせ  眼目をさへ眩ませ  添へさせ  何でございましたでせ  私をこわがらせ  から一度やらせ  抗弁もせ  余り外出もせ  志望させ  ハンケチだけでせ  状差に差してあるでせ  喧嘩したんでせ  つて云つてたでせ  あとで怒つてたでせ  癪でせ  相談に来てくれたんでせ  ちやならないでせ  方じゃが、せ  遠く深くなるでせ  毒を読みとるにすぎないでせ  たしかにホッとさせ  未来も、さうでせ  本営とせ  四日市に入らせ  桑名に到らせ  掛川に入らせ  藤沢に入らせ  朝堂に臨ませ  従軍しようとはせ  表現を採らせ  特殊性を持たせ  緒にすがりこそせ  出所を、思はせ  堅めさせ  厭世観を起させ  扶助をせ  索めさせ  ことを、せ  蓋を開けたり閉めたり、パチパチいはせ  かたずをのませ  人に語りたく、聴かせ  胃腸を弱らせ  何んとせ  歸つては下さいませんでせ  歸り遊ばせ  十四五圓頂けるでせ  手紙は思はせ  文章を書かせ  氣持にもさせ  体躯には触らせ  そばから書かせ  喧嘩口論などは全くせ  ように装わせ  盗賊どもに踏み荒させ  乱暴をせ  四方へ走らせ  媚を持たせ  ここで、せ  りつぱな籠をお作らせ  お伽噺をよんできかせ  大気を黒くさせ  影をよどませ  日光を漂わせ  滑らかにさせ  融解減退させ  ドカ落ちをさせ  自分に聞かせ  それに応じようともせ  幾箇となく御座らつせ  交つて居はせ  帰つて来る迄、緩り御休ませ  もんだせ  興は尽きようともせ  危くはありはせ  言ふのではごんせ  遊廓にありもせ  無理に話させ  涙につかへさせ  人を撲らせ  助勢させ  寺には決して葬らせ  窓明りを仄めかせ  緑を煙らせ  軍艦を煙らせ  酢にでもするかどうかを迷わせ  顛末を聞かせ  藻草を絡ませ  名物を持たせ  聴診器を持たせ  ピアノを聞かせ  煉瓦で建つてゐるせ  かたをしたのでせ  どこからだつてくるでせ  僕を困らせ  ビールでもないでせ  出征して行くでせ  昔は続いてゐたのでせ  罅れるかしたのでせ  兄さんには知らせ  泡を躍らせ  倉に積みこませ  おむこさんを休ませ  ふしあはせ  芸術を語らせ  草花には見向きもせ  心を開いていく分か微笑ませ  自動車でもあるでせ  乗合が出るでせ  しかつたでせ  つたからでせ  私を驚かせたでせ  生活を忘れてゐたのでせ  好きであつたのでせ  娘さんはせつせ  手紙でも書いてゐたのでせ  燗徳利に入れてゐるのでせ  つて行くのでせ  なつてゐるでせ  合図をするのでせ  正面から苛立たせ  議を回らせ  散会させ  留守にでもなるでせ  屹度読ませ  まさか出発は出来ぬでせ  寒林を動かせ  落葉を蹴散らせ  粥釣りをさせ  印銘させ  ふうに歌って聞かせ  慈愛がそうさせ  背中をころがり落とさせ  薬を焼いて食わせ  一時の間に合わせ  突き出したり引っ込ませ  わけに行かないから引っ込ませ  二役掛け持ちをさせ  兼務させ  子供を驚かせ  滲透させ  充分に含ませ  突出させ  サボをはかせ  ますます悪化させ  からだをふるはせ  前進しようとし、また、せ  考へをもつてゐるのでせ  関係があるのでせ  ものはどうなのでせ  弱味だとはせ  矛盾にぶつつかるのでせ  文化性も持たせ  つて危ないのでせ  ハツキリさせ  居間にさせ  代表者とせ  法を説いて聞かせ  歴史であると信じ込ませ  創始者とせ  福音書を書かせ  伝記とせ  子とせ  速やかにせ  著作とせ  春秋を以てせ  かくの若くせ  聖人とせ  答えを引き出させ  増広せ  於てせ  橇でも挽かせ  中へ吸い込まれもせ  馬車から行李を運ばせ  近く峰頭を尖らせ  客間然とさせ  天外にうねらせ  黒髪をも洗わせ  影をのたくらせ  頭を尖らせ  別れ道に待たせ  地心から迸発させ  一端を持たせ  直下させ  峰は寄せつけもせ  踵を辷らせ  しろを振り向かせ  飯を喰わせ  何十万年となく縮ませ  鉈で切らせ  者とせ  出でたりとせ  つて身動きもせ  一分の隙もあらせ  功四級にまでならせ  心を澄ませ  烹焼させ  人だと言ってきかせ  集まり場所であったでせ  風だって一体吹いてゐたのでせ  月光にせ  宿題はして来たでせ  目玉キョロキョロさせ  タマーラに思い出させ  豪華さを思はせ  工学士でせ  それぢや、どうでせ  二人きりにおさせ  感違ひしてるんでせ  誓つたでせ  お花見をさせ  興までを笑ましく思いやらせ  色を思い出させ  封印を貼らせ  ホントに書かせ  ズーッとせ  是非書かせ  待合いなんぞ出させ  チット色を持たせ  話に乗って行こうとせ  兄さんにつがせ  お母さんだって私につがせ  言外に含ませ  所為とせ  のごとしとせ  重夫はそうせ  所に行き合わせ  身を吹かせ  立上らせ  姿を焙らせ  治療させ  所から持たせ  虎徹だと云って買わせ  彼奴だけは行かせ  説諭させ  川村参軍を従わせ  寡兵を悟らせ  軍旗を捲いて負わせ  間道から襲撃させ  薩兵数十人を斬って走らせ  間道から進ませ  もの可愛い子にはさせ  誠とせ  汽車待ち合はせ  言つて立騷ぐのを見ようともせ  さうにもせ  当人とを会わせ  座敷へ行かせ  眼をくるりとさせ  先にはいらせ  胸をさっぱりさせ  なかに休ませ  両手を組ませ  ぎをひとたば、せ  ひとりでせ  足を立たせ  ガラス目だまをきょとんとさせ  大好きにさせ  わたしになさけないおもいをさせ  首をきらせ  つばさをせ  喉を弾ませ  云つてろくに休ませ  一部を走らせ  私をははんとうなづかせ  状態になりはせ  植ゑさせてみたのですが、どうでせ  人力を走らせ  十分の用意をさせ  用意もさせ  敵はもう勘づいてるでせ  点を覚らせ  前へかたまらせ  雑嚢から角砂糖を出して握らせ  子供を坐らせ  気をおつかひになるでせ  情況がさうさせ  敵ときまれば連れて帰るんでせ  煬帝が作らせ  別になにもさせ  拳銃をひそませ  完備充実させ  頭に刻みこませ  窮屈でせ  数曲を聴かせ  ものがまだ随分ありはせ  老人でせ  髭を剃らせ  茫漠とさせ  目的がありはせ  手がはぶかれてゐる傾がありはせ  日本人は実にわからせ  現前させ  石仏図を観せ  伊豆らしいと思はせ  超越させ  さ、せ  私をのんびりさせ  それだけは言わせ  説明してお聞かせ  パンはにこりともせ  噺聞かせ  父さんいつ帰る聞かせ  糸切らせ  甘酒を飲ませ  どこでせ  太郎作どんてば戻らつせ  のをどんなに待つてゐるでせ  きれいなんでせ  新聞雑誌を読ませ  私を悲しがらせ  変つた所がありはせ  復讐をせ  煙客先生から、聞かせ  話を聴かせ  水の泡にさせ  自慢させ  かに低くさせ  亥之助に持たせ  何でも御座んせ  門松を取もせ  釣合ひませ  たか知れはせ  引取つてからでも充分させ  子も御座んせ  結ひかへさせ  物で御座んせ  事をお聞かせ  事は御聞かせ  事は御座んせ  光をいかにせ  松風春風振袖ひらひらさせ  ぴり芽ぶかせ  芥をあさるせ  道しるべ立たせ  気味にせ  渉つて齷齪はせ  闘志を沸き立たせ  巣立させ  体を固ばらせ  唇をもぐつかせ  道具をかたづけたが、寝ようとはせ  音波が散り拡がろうとはせ  浮遊させ  用心でもせ  軍艦を思わせ  鰈を思わせ  ゴソ音をさせ  地下に沈ませ  視線を迷わせ  大分宿代を滞こらせ  今迄滞らせ  自慢じゃ御座んせ  誰かに作らせ  職工たちがせ  加入さえさせ  ゴクッといわせ  お腹を大きくさせ  囚人運動を思わせ  人間をへばりつかせ  ニュースは思わせ  公表もせ  反感さえ持たせ  歯車を噛み合わせ  降り口に立たせ  決議させ  板壁に寄らせ  呪ひも恨みもせ  仕方がないと諦めもせ  伸びもせ  耽溺させ  国を来らせ  成る如く地にも成らせ  ンぢやないでせ  さつき云つたでせ  文を持たせ  屋根をどよませ  上耳を澄ませ  世間を苦しませ  旋律で歌って聞かせ  馬丁にも一杯飲ませ  煙を漂わせ  ようにせつないやるせ  見張り番をさせ  行李をおろさせ  漁舟を思い出させ  空に浮き出させ  私をさせ  目に浮び上らせ  それを走らせ  のかわかりもせ  代り立ち代りせ  一そう窒息させ  文字面にさまよわせ  ごとにぎくりとさせ  寝台に横たわらせ  探偵的興味を湧かせ  訊問をさせ  代りをさせ  事情を語らせ  捜査をもさせ  一こう話しもせ  別にそれを読もうとせ  のを思い出させ  音を黙らせ  朝飯はまだ食わせ  こと眼をさまよわせ  細竹を折らせ  鬣をふるはせ  自動車を呼ばせ  晴れやかにさせ  無理ないでせ  云つたつて始まりはせ  波にちぢめよせ  手向にもがなと見まわせ  彼女に逢おうとはせ  廻をせ  ポケットの中に、こっそり忍ばせ  裾吹かせ  すっきりした取合わせ  姉を驚かせ  映画ひとつ見ようとせ  間住所も知らせ  少量伴奏させ  調達をせ  親子三人を遊ばせて食わせ  ゆき来をせ  菓子などしのばせ  兄事させ  幸い扶持して取らせ  東南へ向けて立て直すと、颯とばかりに走らせ  再転させ  仲間入をさせ  私は困らせ  殱滅させ  可怪しくさせ  泥々に酔わせ  音でも聞かせ  終息させ  花圃に泣くなんて下らないと云われても、おのずとせ  本質論をたたかわせ  仲裁などをもさせ  人生態度を描かせ  不信を抱かせ  霊符として飲ませ  空気に余儀なくせ  姿を描き出させ  目を醒させ  故郷に背かせ  職業につかせ  ロマンティシズムを思いおこさせ  服従を以てせ  足を失わせ  肖像をのせようとせ  月刊雑誌をよませ  開化させ  自立させ  家庭から職業へと歩み込ませ  希望に立たせ  から発散させ  外遊させ  勃興させ  興隆させ  接続させ  妙にさせ  嫌応なしに休ませ  女工にさせ  文学書をよませ  音楽会へ行かせ  人々に愛させ  愛玩させ  娘を愛させ  河井を見出させ  手によってはさせ  銘記させ  心を休ませ  対外的にきわだたせ  対手にわからせ  目をゆきとどかせ  彼を息づまらせ  人間性を喪わせ  涸渇させ  海をわたらせ  実地も見て来てやれ、と思わせ  漢口一番のりをさせ  情報局が、そうさせ  古新聞再生をやらせ  老衰させ  意味を失わせ  これまで黙させ  消極的にさせ  時とともに消させ  幸子が呑むせ  惡いんでせ  子になるでせ  牛乳をのませ  ことだといって読ませ  態度をもたせ  天職なりとせ  出來ませんでせ  怒りになるでせ  感じをもたらせ  得だつせ  二十でつせ  もんでつせ  価値をまるで知らずあるいは知ろうとせ  姓名を刷り込ませ  たんびにゾッとさせ  あなたに疑問を起させ  血液を通わせ  ガク然とさせ  布地だけを出させ  対象にはせ  ふところもないではないでせ  いくらかは含んでゐるにはゐるでせ  いづれをもまともなかたちで内在させ  言ひきれるでせ  どこへいつたのでせ  似顔をつくらせ  招来させ  鵜呑みにさせ  あんたにも出来るでせ  指輪をなほさせ  占はせ  いかがでせ  銀貨をつめるだけつませ  かさがせ  身も心も縮みこませ  ことなどは匂わせ  中に坐らせ  推測させ  貫祿を持たせ  皆を重苦しくさせ  うちで沸かさせ  気持ちをつまらなくさせ  地鳴りをさせ  熔岩をたぎり立たせ  中天に立ち昇らせ  面白い話をしてきかせ  逆に坐らせ  鵞鳥をお飼い遊ばせ  ところがはっきりせ  台所口から顔を覗かせ  山戎征伐に遡らせ  所へ嫁がせ  云つたつて、どうせ行かせ  稽古事をさせ  チンチンと打たせ  間でせせ  倦きさせ  端が見えるでせ  陰から馬に牽かせ  室を薄暗く思はせ  適ふのでせ  爲事をしても好いでせ  公平を得られないでせ  三分の割合でせ  宣告せられるでせ  姑達はどう考へるでせ  對するでせ  意義を全くせられるでせ  自覚すると、せ  闘争を余儀なくさせ  行つて胸をつまらせ  車を牽かせ  馬に蒙せ  肩にさせ  これを視せ  鏡にせ  金にせ  宣はせ  金竜を造らせ  ら上陸させ  糧食を積ませ  悪魔とせ  功徳とせ  悪念を以てせ  鬼の怖るるといい習わせ  上頼まれもせ  独り合点これを久しゅうせ  むべし、もし爾せ  鰻に優るとも劣りはせ  春駒を舞わせ  荘厳にせ  馬を洗わせ  戦車を牽かせ  予人をして視せ  横に寝かせ暫く狂い廻らせ  鬣に取り着かせ  時持たせ  二束三文で売らせ  歌舞を習わせ  罪悪とせ  食を取らせ  一輪車を牽かせ  畜生には叶わぬまでもせ  背に載せて走らせ  霜を降らせ  牲すべしと誓いながら然せ  顛倒騒ぎもせ  楚王これを赦し還らせ  獣とせ  下女に産ませ  上り、涌き流れ、汲めども汲めども尽きせ  アラブ人酒で酔わせ  読経させ  洗汁を飲ませ  通り実行させ  冠を戴かせ  皇家重らせ  耳に吹き込ませ  自ら手を付けて生ませ  手捕にせ  から思い切って聞かせ  点火して薫らせ  祈祷の真似せしめまた舞わせ  石を負わせ  芸させ  はと人を走らせ  鉄砲を打たせ  炬を持たせ  法皇を悩ませ  地に入りてせ  第一線ばかりに立たせ  なあに、見つからせ  皆に思い出させ  門内に這入らせ  彼女を淋しがらせ  ボーイが払わせ  丸子を買いに来させ  棉産を得るとせ  さをかくそうとせ  手は動かせ  工場作らせ  一千回繰りかえさせ  子供をおぶって、走せ  背嚢を喰いつかせ  ことまでさせ  倍がえしをせ  爺さんにせ  気性でせ  退屈はさせ  婆にも覗かせ  ゆつくらしてござらつせ  隣合はせ  生活を気安くさせ  お稽古させ  ちょっと行かせ  これを孕ませ  心掛けを持たせ  穀を実らせ  栄転させ  鶏に生ませ  一計を案じ、知りもせ  彼方を向かせ  夢覚まさせ  鶏を早鳴せ  時を作らせ  羽敲きもせ  鱈腹頬張って得脱させ  夜中と思わせ  豕脂を負わせ  人を打ち困らせ  椎を作らせ  関守は聞き咎めもせ  聚め互いに長鳴せ  後に負わせ  一側に立たせ  名目を聞かせ  餽りもせ  酒とせ  形をせ  内、養いもせ  付け水門を潜らせ  毎度飲ませ  汝、死んでも必ず蘇らせ  凶物とせ  指から乳を含ませ  十部を写させ  后何卒一目逢わせ  魚を持たせ  道具を負わせ  ヒョコヒョコさせ  ことがあっても渡らせ  橋は渡らせ  ヒドイ目に会わせ  横に立たせ  無茶先生に診せ  息子に持たせ  只今持って来させ  前に呼び寄せて、ズラリと並ばせ  みんなに思う様飲ませ  ちょっと胡魔化して踊らせ  香水を嗅がせ  シビレ薬を嗅がせ  コジあけさせ  人間を生き上らせ  ようにくっつけ合わせ  ここまで持って来られて、生き返らせ  お父さんを喜ばせ  広子に飲ませ  ひかりをちらせ  できもせ  眼をパチパチ云わせ  お伴致させ  ように高く高くはせ  心のままにさせ  悪いことさえせ  夜歩きをせ  空をさらに黄色く陰らせ  二人は、忽ちにからだを滑らせ  たぐいを運ばせ  縁にのぼらせ  仕置きをせ  神経をいよいよ尖らせ  名を呼ばせ  字がかぶらせ  声々をいよいよ姦しくほとばしらせ  筋を太くうねらせ  香をたかせ  おん企てを懐かせ  法性寺へ誘いあわせ  入口に待たせ  法を説き聞かせ  玉藻をたたずませ  あたりを弄らせ  時に生まれあわせ  結果に終わらせ  誰が代らせ  采女に召させ  鼻をくじかせ  袂を吹きなびかせ  爛々とひからせ  納受させ  奇特を示させ  壇を築かせ  彼女に勝たせ  姿にいでたたせ  感応あらせ  これには懲りもせ  意見して、もうさっぱりと思い切らせ  祈祷をするもせ  願意、聴きとどけて取らせ  啖い合わせ  緋を軽くなびかせ  音を高く軋らせ  得意先きにせ  彼らに引き合わせ  お話などお聞かせ  娘をそそのかして呼ばせ  しずかに軋らせ  顔を向き合わせ  次第を語り聞かせ  千枝太郎に折らせ  主人として催させ  あたりを明るくさせ  東国に走せ  弟子に代らせ  誰も近寄ろうとはせ  ようにきらめかせ  戸外に出もせ  筆を休ませ  年中米を搗かせ  体中を戦かせ  腐植土にけずらせ  高丸をお討たせ  中に立たせ  筆をとらせ  心をすがすがしくさせ  編隊をせ  大君のへにこそ死なめかへりみはせ  ままで終らせ  挑発堕落させ  自殺などせ  切腹もせ  穂高を思い起こさせ  ヒアがらせ  甲までむくませ  炊事をさせ  花嫁さまじゃと云わせ  新聞さえ置かせ  鏖しにせ  道を借せ  王子を若返らせ  予は余りゾッとせ  上人、せ  一食させ  厄介にならせ  邦を手古摺らせ  下絵を書かせ  下絵を画かせ  表神保町通りへ立ち退かせ  美人とせ  妻レーダに通じ生ませ  画を観せ  籐椅子をきしませ  至を波だたせ  いま燃させ  秘事を探り出させ  挙止で貫かせ  揮はせ  此方から来ないかと云って来させ  あれを書かせ  世に立たせ  注意して、なおさせ  芸術的傾向に進ませ  自分が進ませ  憂いを漲らせ  面に漲らせ  留学もせ  一隅に蘇らせ  中断させ  継続させ  起伏を目立たせ  賑はせ  ことを心得てゐるからでせ  見込があるでせ  実現されなかつたでせ  疲れを離れるでせ  道行で、あっと云わせ  女子どもを屈ませ  物を腐らせ  世界を作らせ  袋を負わせ  亭主をしくじらせ  猛卒に持たせ  槌を持たせ  五十遍唄わせ  妃を噛み殺させ  夫婦の語らいをせ  自分が孕ませ  カリブ人が行き遇わせ  主演させ  浪費おさせ  妻に説いて聞かせ  喋々して聞かせ  気持を持たないのでせ  満足してゐるのでせ  残つてゐるのでせ  反対もありましたでせ  議員も亦少しとせ  婦人矯風会が宜しいでせ  差額三千六百六十七円を盗奪せ  事実ありとせ  中で快とせ  復習はやらせ  別にそれを受けとらうともせ  伴奏をさせ  ひとりで弾かせ  力があるのでせ  神さまにどうぞお授けくださいつて、祈るでせ  加工させ  わけにもいかないでせ  ぐつと安くあがるでせ  切口上にせ  卯吉にして聴かせ  何時ごろでせ  後味でせ  ぞくぞくさせ  便りもせ  女として、ありがたくお聴きして帰らせ  罪はあるでせ  何物であるかを察せられたでせ  云つてもよいでせ  声で、おやかましかつたでせ  ものつて云ふんでせ  読者はせ  仕合せぢやないの、だからでせ  歌をもつと聴かせ  それをたしかめようともせ  栗でせ  頭へ来てゐるからでせ  可能ならせ  理屈を云わせ  歴史性について語らせ  それを語らせ  噂話を聞かせ  一匹宛演舌させ  袂を吹かせ  それを顧みもせ  顔をさせ  藤太をくつろがせ  舞を舞わせ  家来に担がせ  後よりかへせ  ぎるうすあかり情からせ  草夕月のさせ  ゆふ月のさせ  靴音させ  菊みちもせ  バリバリ噛みあわせ  ひとつ考慮させ  閣下野郎がすわせない飲ませ  ミルキ閣下に一杯喰わせ  黙りあそばせ  二十四時間働きつづけにさせ  観測させ  観測装置をあやつらせ  音楽浴に漬からせ  二人は言いあわせ  殺人の罪を犯させ  からだを沈ませ  ぱちゃぱちゃと湯をはねかえらせ  浮き浮きさせ  雪を坐らせ  感想を綴らせ  一寝入りせ  袖の下に忍ばせ  滑りこませ  誰も、やらせ  慈母とせ  人を躓かせ  臆病者を怖がらせ  訳本を読んで聞かせ  寢室を出させ  眠氣もあらせ  心遣ひいたさせ  御前に召させ  其に置かせ  人弱らせ  中に遣はせ  苦しからず、早遣はせ  慰みにせ  柱とせ  形を採らせ  上で固成させ  其衰へさせ  心構へを以てせ  自在を失はせ  脱け出させ  土岐さんを困らせ  方面には進ませようとせ  灯りを消させ  乍ら、身じろぎもせ  肝を冷やさせ  影をそよがせ  そくに運び出させ  刻程睡りを摂らせ  最期、飾らせ  先陣させ  身ぶるいさせ  人から病人だと思われはせ  今日はそうせ  飯を盛らせ  拍子をとらせ  大事か聞かせ  回廊も共に消え去せ  脱落させ  まわりにへばりついておって、どうしても離れようとせ  死骸をかつがせ  ユラリとさせ  女をくやしがらせ  惜しみはせ  そこで立ちどまらせ  トンガリ長屋へ送らせ  首へせ  着物を着かえさせ  室内へすべらせ  左右に開かせ  八代様をふきださせ  日光を当てて吐き出させ  はばかりもせ  いっしょにゆるがせ  旅立ちのしたくをさせ  しゃるもんじゃあござんせ  お荷物をかつがせ  縁をきしませ  被布姿をよりかからせ  バサバサ言わせ  長襦袢をからませ  一眼をきらめかせ  白衣をなびかせ  萩乃を引きずり、ひったて歩かせ  大通りを歩かせ  朝夕お側近くお世話させ  人違いでござんすとは言わせ  行列を急がせ  若党一人にかつがせ  框にせ  巻紙を握らせ  威勢よく斬らせ  むだをさせ  オイ、いいかげんにせ  たっぷり墨をふくませ  出府させ  携へさせ  云つて、せ  證とせ  若い人に聞かせ  人のにほひをさせ  髪をもじやもじやさせ  観客にさわらせ  断食させ  大都会でもさせ  ものを考えあわせ  断食芸人はあざむいたりせ  砂金を拾わせ  パーマネントをかけて、もじゃもじゃさせ  相識りもせ  敬意を抱かせ  紐を結ばせ  夫人に読んで聞かせ  遺伝させ  晩食をとらせ  責任感を持たせ  責任を負うと同時に、互に苦しませ  弟に抱かせ  呶鳴られはせ  部屋へ呼んで来させ  餓え死もせ  事、にこりともせ  女房はにこりともせ  女子は弱いなどとは言わせ  夜はどうにか間に合わせ  当座自分で間に合わせ  外見だけの間に合わせ  普及された間に合わせ  調子を変えもせ  谷間シズカ夫人に会わせ  方へ靡かせ  翼を伸させ  時分に読んで聞かせ  承認できるでせ  のは、多分これからではないでせ  女たちを困らせ  神経をも苛立たせ  許可してもらい、かさかさした間に合わせ  餒じい思いをさせ  無駄奉公させ  丸髷を結わせ  反故にせ  気持を落ち着かせ  彼女をもほっとさせ  一軒立ち退かせ  証書を書かせ  野良仕事もさせ  腰を擦らせ  薬局へ行って早く作らせ  勝手に断わらせ  帳面をさせ  黝ずんだ乳首を含ませ  爪弾きで弾かせ  稽古に通わせ  給仕などさせ  額をてかてかさせ  博士をてこずらせ  緒を切らせ  帯に絡ませ  弁護士をてこずらせ  三味線をひかせ  芸者屋を出させ  二十万近くもの金を吐き出しもせ  仕送りを滞らせ  蔭に立たせ  二階へあがって来ると、呑めもせ  型で、呑み干したり干させ  ちょっと弾かせ  煮物屋へ走らせ  ものを買わせ  人を嬉しがらせ  父をてこずらせ  それをやらせ  彼女を馴染ませ  咽喉を聞かせ  都合させ  外泊させ  八方へ走らせ  たいようにさせ  滋養を取らせて、遊ばせ  コオトを脱がせ  肉ふるはせ  通り模縮写させ  朝早く行って写させ  脚を滑らせ  粉々と打ちはためかせ  かすつかり散り去せ  代役をさせ  痴夢と嘲られるでせ  瞳を氷らせ  処にせ  井阪梅雪氏現のせ  妓なかりせ  使いのものに持たせ  それぞれ使いに持たせ  手をはわせ  断定させ  参与させ  若松屋をそうさせ  お前に書かせ  女にでも食わせ  いまどうしようともいいはせ  お前は離しはせ  手で、返させ  いますこし聞かせ  棒を引かせ  襖をすべらせ  高へ走らせ  ひとりでしゃべらせ  肩から腰を大ぎょうに波うたせ  ただ者ではないと思わせ  顔を振り向かせ  わけを、お聞かせ  ちょっとすねてみたくさせ  旅籠をひらかせ  お前をわずらわせ  手で浮かび出させ  ほうへまわさせ  のだ、知ろうとせ  耳をかそうとせ  気も、せ  ことを思いとまらせ  三昧をさせ  眼を届かせ  間違いだなんて、いわせ  駒のせ  日本橋へ走らせ  降雪を思わせ  せい様を迷わせ  ひとつ、聞かせ  これだけは知らせ  高をじっとさせ  ことをよさせようとして、よさせ  あし音を忍ばせ  自分だけでは、そう思わせ  わたしに、出させ  口割りこませ  注文をあつかわせ  奥様にさせ  苦痛にあえがせ  ほうへお届けいたさせ  応対さえさせ  何だって遊ばせ  からだをにじり寄らせ  仕立てものをさせ  限を届かせ  人ちがいをしやがって、いや、笑わせ  歯をかみ合わせ  引きがあって、やっと住み込ませ  いっしょにさせ  恐怖を持たせ  からだを動かしていせ  顔を、ほほえませ  保養をさせ  ことは、いいはせ  道路で遊ばせ  子供たちを遊ばせ  若い者にかつがせ  子供に、いい聞かせ  悪口雑言を沸き立たせ  仕返しをせ  男を何とかせ  十幾つの和泉屋をやらせ  そばで見てもはらはらさせ  高をよろこばせ  後家さんをよろこばせ  高を会わせ  ところでなら、会わせ  即日飛脚に持たせ  家へまで走らせ  ことをさとらせ  高を引きとらせ  のを知っているので、かえって、出かけて行って困らせ  あなたに破かせ  証文を持って来させ  縁切り状を取らせ  証文を破かせ  顔を仰向かせ  松屋惣七をにっこりさせ  保管させ  くちびるをおののかせ  横顔を浮き上がらせ  与兵衛がふとらせ  障子紙のやぶれをはためかせ  お前を捜し出そうともせ  縁切り状を書いたとか、書かせ  茶を持って来させ  女ふたりを残してにらみ合わせ  左右にすわらせ  眼をきらめかせ  うえに持ち出させ  貼り紙をさせ  からこれなら通るだろうと名乗らせ  何もできはせ  顔をしきりにほほえませ  掛川へ帰らせ  めんどうをみて取らせ  浮世絵師戯作者輩のなせ  光景四年前日夜目にせ  寧溝壑に填せ  参考にせ  絃をくぐらせ  模して造らせ  他が買わせ  それを担がせ  転地させ  人たちを結びつかせ  市中を歩かせ  揃いにて成らせ  外国人たちを悦ばせ  作曲が、どうも気に入らないといって、どうしても聴かせ  ものを、生み直させ  首が動かせ  ものを残させ  猿之助もよく踊らせ  別につくらせ  ノートさせ  店を富ませ  作曲させ  彼等を座らせ  河村のんどっせ  手どっせ  目させ  褞袍を脱がせ  手拭でさせ  もんどっせ  中へ浮ばせ  言葉で間にあわせ  ビールをつがせ  尠しとせ  役人を手こずらせ  正体を観破せ  ギロつかせ  名工エジエハン・ゴセットに織らせ  警戒をせ  逃走したらしく思わせ  探偵は引き取らせ  ルパン一人に背負わせ  文通もせ  我知らずはっとさせ  地殻をゆるがせ  暴露するとせ  輝きを迸らせ  山積させ  默つて取らせ  なのは厭でせ  何かあつたんでせ  澄子さんから聞いたでせ  隱見させ  眼をきよとつかせ  豫示だと思はせ  眼だけは走らせ  人も喜ぶでせ  望を抱かせ  つて一度早く讀んで聞かせ  眉を吊らせ  あたりを白ませ  君でせ  理由はわかつてるでせ  一體どうしたんでせ  祟つたのでせ  つてゐるかも知れないでせ  度いんです、どうでせ  譯には行かないでせ  筋を入組ませ  ものでもゾッとさせられたり、アッと云わせ  鬱血硬化させ  戸惑いさせ  享樂させ  筋をからませ  單純に含ませ  大学生、つきあつてみると、せ  小説家に書かせ  相手を嫌がらせ  野村はハッとせ  為にいって聞かせ  書方をせ  気持を悪くさせ  妾にして生ませ  赤新聞もあったろうに、嗅ぎつけられもせ  紙上に出させ  それを話させ  之という動かせ  純情のさせ  そばにひざまずかせ  復誦させ  亢奮でかがやかせ  膝によりかからせ  梢をひいらせ  是非遊びによらせ  小説の綴じあわせ  ひとつところに止まらせ  あしたでも、とよに持たせ  空気を思いやらせ  煙をただよわせ  素子は、しばらく話させ  弟を来させ  ようにもえたたせ  森を黒く浮き立たせ  土の混ぜあわせ  心もちをおこさせ  気のりがせ  涙をおとさせ  一歩前進させ  愉快でなく暮させ  微笑をただよわせ  小声にうちあわせ  反撥をおこさせ  彫りを浮き立たせ  方で目立たせ  葉をそよがせ  本能的にそうせ  家へ来させ  おしゃれをさせ  伸子をおどろかせ  青年たちを思いおこさせ  調和で終らせ  しかないと思わせ  計代を退かせ  伸子にせ  伸子をいたませ  宿にとまりあわせ  箱を出させ  注目させ  おばさまとよばせ  加勢させ  袋もちさせ  日頃心にわだかまらせ  目をはしらせ  親愛感を失わせ  芽を思わせ  格別、ほめもせ  沈滞させ  推察させ  伸子に思わせ  上半身をすべらせ  心をうずかせ  さをひらめかせ  同感させ  場合でも、動かせ  目を思いおこさせ  声にひびかせ  外国旅行はさせ  直接社から話させ  前かけをさせ  水をもって来させ  顔をあおむかせ  幼児を遊ばせ  ところへ来させ  決心をぐらつかせ  眉間に漂わせ  馬轡を執らせ  事柄をすっかり話して聞かせ  教父に判らせ  彼女を去らせ  ものなのでせ  好きでせ  日を経るも出来せ  人に肖せ  仮面に作らせ  坊主でせ  用でせ  あなたでせ  枕もとへ持つて来させ  のは忘れもせ  三円借せ  五円借せ  一ぱい含くませ  者にならっせ  件も遂には止め終せ  ズボンにしておきせ  竈をたかせ  素純にし、うるおわせ  僕にあやまらせ  限り安静にさせ  あなたに云わせ  二つをこね合わせ  道をたじろぎもせ  一万ぐらい軽く持たせ  ことを言って、飲みもせ  手伝いをせ  楯を持たせ  しまふんでせ  栄に話し聞かせ  姉さんを休ませ  兄さんが被入つしやるでせ  長ちやんよりはすこし大きかつたでせ  愚図愚図言ふんでせ  枕にさせ  本場から来ると左様思ふでせ  光景を話して聞かせ  香気がするでせ  さん/″\弱らせ  まり子供を抱かせ  姉妹のものを悦ばせ  日に焼けもせ  事は間に合わせ  字をぬたくらせ  十字すべらせ  足踏みもせ  縁へ坐らせ  真とを以てせ  読者をあッと言わせ  しりをせ  ヤンヤといわせ  友人に読んで聞かせ  活動をせ  戦争はあらせ  手腕を示しもせ  菓子を取って喰わせ  陪食させ  排けて、待たせ  負け癖がついたんでせ  ケ癖がついたんでせ  土地を貸さうとせ  小屋を作らせ  手入れもろくにせ  斡旋をさせ  出身でせ  膝を乗り出させ  ものだと思はせ  ツともせ  ことにしたらどうでせ  いかんでせ  時間になりはせ  生き方がさせ  姉さんたちに遊んでいただいてるんでせ  ままに去らせ  今夜でいいでせ  これでいいんでせ  つて云つたお話でせ  小父さまでせ  洋食でせ  口も利かず、まして、頼まれもせ  青年に撮らせ  組長をただ忙しいばかりにさせ  条件にもよるでせ  一致団結できるでせ  つて反対もせ  膝をがくがくさせ  世津子は、振り向きもせ  種ぐらゐ蒔けるでせ  なかに紛れ込ませ  桜を伐らせ  我儘ぶりを、ちつとどうかせ  我を折らせ  光を射し込ませ  ものをとらせ  一枚とらせ  ツといはせ  性質を呑み込ませ  気はどうしてもせ  結城さんぢやないんでせ  母親に聞かせ  お嬢さまなんか、わざとでせ  ひとには、いはせ  ご飯焚きをさせ  田丸を微笑ませ  医師にかからうとせ  脇へはさませ  みんなはせ  方法はないでせ  理由があるでせ  標準はきまるでせ  農民諸君に観せ  算段をせ  手があるでせ  姿でせ  直接つながつてゐるでせ  つながりでせ  結果ではないでせ  わたしたちは観せ  諸君もさうでせ  気持は、それほど汲まうともせ  部落から部落を廻り歩かせ  蒐めさせ  ことがいろいろおありでせ  ところでお待たせ  十分対手に分らせ  役割をさせ  内容がはっきりせ  ちゃんと実らせ  面をぎらつかせ  若い連中をおよろこばせ  稼業にせ  一生を終らせ  尠なしとせ  足並を乱させ  三角形にひきつらせ  はつとせ  行列を作らせ  姐さんどうしてゐるんでせ  樹をゆすれどもさゆるぎもせ  ようにしてどうか置いてけれせ  町さ持って行って売ってきてけれせ  つまみとらせ  ぎんでなければ動かせ  ポッポッポを唱って上げれせ  む夢と知りせ  ぢこもらせ  專らとせ  專らにせ  首をとらせ  佐貫に攻めよせ  昇華させ  お餅を焼いて食わせ  吉原残照をいろめかせ  接近しようとせ  そこを少し読んで聞かせ  意味を言って聞かせ  君を泊まらせて食わせ  宿屋へ往かせ  客を泊らせ  一枚女中に持たせ  反感を起させ  狂乱させ  言葉を詰まらせ  身分を明かせ  坊主にせ  話さえせ  蕈を持たせ  風で飛ばされて参りましたでせ  誤解を解かうとせ  者をして吹き出させ  透視させ  図体を頑張らせ  桜花を散らせ  返事、聞かせ  私に役立たせ  儘のさばらせ  俺らにも明かせ  腹切らせ  瓦解させ  ショックとして云いあわせ  これまた云いあわせ  つても好いでせ  容易に収まりもせ  唇を激しく震はせ  明らさまにさせ  足おとを忍ばせ  ひととき頭を霞ませ  羽根をむしって歩かせ  心をはずませ  裾をゆったりと波うたせ  御髪落させ  天上界に浮かばせ  田地はありゃせ  ポキポキ言わせ  莚尽きせ  クスンと言わせ  ガサガサと言わせ  ざまに飲ませ  人を、それほど迷わせ  こっちい向かせ  汽関車を走らせ  内を持たせ  委任状を持たせて行かせ  ユックリ休ませ  オモユなんど呑ませ  おれはせ  横田なんぞに連れて行かせ  魚売りはふりむきもせ  アもありゃせ  芝居はないでせ  しまつたら好いだらうとお思ひになるでせ  ピンで止めるんでせ  佩剣をがちゃつかせ  余を困らせ  のか怒らせ  泥濘りもせ  無理を聞かせ  夕景ではっきりせ  二三日一睡もせ  半月でも思い通りにさせ  煩悶焦慮もせ  あれに遣わせ  妹に逢わせ  土地訛りを聞かせ  芸妓につがせ  さきを少し尖らせ  方角へ走らせ  六助じいやにも手伝わせ  理屈をいって聞かせ  旅費を持たせ  なにしろ怪我をさせ  友之助とを結びあわせ  事情を照らしあわせ  友之助とに飲ませ  水銀剤を飲ませ  人気を湧き立たせ  富寿を急がせ  ことを見あわせ  事件とを結びあわせ  劇薬をのませ  念を入れて作らせ  村境に立たせ  皆さま、お聞きなせ  中から學資を貢がせ  絶對に新しくせ  恐怖は書かせ  心を弱らせ  漁師を走らせ  一人はせつせ  樣にさうさせ  雇ひ、漕ぎに漕がせ  苦勞はせ  下に忍ばせ  今度は立退くでせ  ちや困るでせ  來てるでせ  社會的交際をせ  惡醉をせ  毒なおもひをさせ  口馴れてゐるせ  纒めさせ  夜を漕がせ  位ゐでせ  蟲送りでせ  花のおもひがせ  處から引かれたのでせ  徐ろに走らせ  掃除でもさせ  嬉しかつたのでせ  ましでせ  づ枇杷羊羹でせ  酢を含ませ  びるつこいとは柔かな、せ  一人では心細いでせ  奇異の思ひをさせ  靜かにさせ  何處でせ  噴火したではないでせ  いふ事が解るでせ  お見舞ひせ  方が少くないでせ  相手にするもせ  所がありはせ  といふところがありはせ  振袖を召させ  大勢に余儀なくせ  裾を吹かせ  便りでも聞かせ  不自由はせ  阿難尊者さえ迷わせ  黒潮権現も守らせ  辺に住ませ  老耄れはせ  取り合いもせ  それぎり二度と乗ろうともせ  怒りさえせ  いつまでたっても動こうとせ  肉身に宿らせ  人々もつかわせ  ッこいと思わせ  意見を聴きにやらせ  水あげをさせ  僕に言って聴かせ  茶をつがせ  近ごろ接近させ  御飯を持って来させ  なりたけお金を使わせ  からだを竦ませ  言語上のよろこばせ  ばたばたと靡かせ  地を揺がせ  かくは変らせ  かくも変らせ  船を急がせ  ねじ伏せさせ  成親殿を殺させ  刺客を忍び込ませ  父が踏みすべって落ちたと言いふらさせ  ようはせ  信心をせ  人々をアッと云わせ  村中を又もアッと云わせ  結構じゃ御座んせ  夜業はせ  草川巡査は又もゾッとさせ  焦点作らせ  オーケストラを荒れまわらせ、溢れ波打たせ  大地一面に沁み込ませ  魘えさせ  影を飛立たせ  引釣らせ  事を、よく云い聞かせ  自分が立たせ  跪づかせ  演説会場を鎮まらせ  湯沸かせ  一男を生ませ  一つぶたせ  界を異にせ  香料をとらせ  汗を出させ  故障を起させ  仕事任務をさせ  ものは尽きせ  そこに壊れも、押し戻されもせ  温泉行きなどせ  得意さを失わせ  側口へ廻らせ  娘に仕立て直してやりましょうとしますと、どうしても断って仕立て直させ  地中に吸い取らせ  得も取らせ  損もさせ  徒然にせ  庵室へ行かせ  生命をして危ながらせ  流れをよどませ  透徹させ  感じをさせ  結局何もせ  答案を書かせ  ことは洩さず思い出させ  人を落ちつかせ  こころを窪ませ  見学させ  客人達を喜ばせ  行業へ向わせ  出迎えもせ  融通させ  応待させ  香りを放させ  私を歩かせ  調節させ  心に染み亘らせ  自分を運ばせ  訂正を求めなかつたのでせ  高唱させ  離反させ  期待させ  気遣はせ  ものぢやないでせ  威嚇でせ  光が如何にも美しく、悪どく忙しくせ  徳でせ  音に思はせ  上ですべらせ  傍で振らせ  振子を振らせ  比較させ  点で測らせ  不同を目立たせ  計で測らせ  実験させ  特に作用させ  小使にでもやらせ  遭遇させ  誤解を生じはせ  分析をせ  此美観を貪看せ  先へ通らせ  間にちらつかせ  葉巻を燻らせ  皆が驚くでせ  思つていらつしやるのでせ  思ひ出を話して聞かせ  から関はないのでせ  神経質なんでせ  つて笑はずには居られないでせ  上眼を輝かせ  筋書を聞かせ  参観させ  心を抱かせ  腕をハラハラと打ちふるはせ  忙がしいでせ  耕平はせ  巳がかわして飛びつかせ  なにを云ってもわかるまいが、ほんとにしっかりせ  酒は惜しくないが、また、せ  一杯ぐらいで、せ  出入をさせなけりゃ、させ  山へは這入らせ  嫁を貰うてやらんせ  坪五円にゃ、安いとて売れるせ  危惧をさえ抱かせ  新劇をつまらなくさせ  諸君にありはせ  戸をがたがた云わせ  其他いろいろ云ってきかせ  目的を、ぎょっと思い出させ  口をもごつかせ  容易に動かせ  横町を曲らせ  心持ちをふらつかせ  迷つかせ  厭きもせ  もんだろうくらいに考えているには弱らせ  奮興させ  迷惑だと云うなら、怒らせ  殖もせ  減もせ  顔つきもせ  棺桶をぶらつかせ  前へ運ばせ  何遍となく聞かせ  ざぶざぶ云わせ  田舎にもおり終せ  下りたり上ったり、がたつかせ  楽寝がさせ  腰をピンとさせ  あいつ等に請負わせ  収入を得せ  冒険をせ  薄弱さを立て直そうともせ  均衡させ  重複させ  仕事とせ  学生に歌わせ  私は歌わせ  寄寓させ  役目を余儀なくさせ  圏外に立たせ  一切話して聞かせ  着物とを出そうともせ  余り自由にさせ  一隅に坐らせ  顕われておりはせ  進歩しておりはせ  許に寄りはせ  途中に泊らせ  寄宿舎生活を行わせ  弁解をさせ  芳さんに逢わせ  むしざけをだしたりなんかして、まったくくいあわせ  顔ばかりみあわせ  歌なら、持ちあわせ  一列にならばせ  しかも、ふしあわせ  赤ただれたせ  花びらをひらかせ  匂を立たせ  おまえに息をさせ  服のせ  だい、逢わせ  池田はひっこみがつかなくなったが、さほど、あわてもせ  戦争で死なせ  情感を味わわせ  女にやらせ  誰かに逢わせ  困難をせ  困難はせ  ラッセルもせ  切り下げさせ  体躯を進ませ  急になるので飛ばせ  つりさせ  つりをさせ  廻りをさせ  物は乾かせ  それに小さく書かせ  防寒具をわけなくしめらせ  ことにきめ、しばらく休ませ  石橋をもたたいて渡らせ  ように飛ばせ  何となく旅情を催させ  揺れもせ  四五壇、せ  夢まくらに立たせ  小遣銭をなまで持たせ  慈愛なかりせ  飯盛女に運ばせ  軟化させ  不思議とはせ  相対死にの処罰に落されはせ  そこにすまわせ  寺男にさんざんさがさせ  ねんごろにいってきかせ  寂かにほほ笑ませ  あてさせ  それを知りもせ  命を奉せ  おばこ居もせ  足をコトコト云わせ  二十日位、せ  足をふみ辷らせ  事を分らせ  水車に搗かせ  あしおとを忍ばせ  矢を飛ばせ  それ、わかるでせ  うそれつきりでせ  らつしやるんでせ  ことだけはね、さうでせ  あたしを恨むでせ  おんなじでせ  平気ではゐられないでせ  逢ひたいでせ  さをも見出して生きて行こうとはせ  感覚をつらぬかせ  乗換をさせ  銀貨をつかませ  割合にせ  二度結婚させ  私達がいわせ  引越しをあえてせ  ように動かせ  大川を漕ぎ下らせ  ハアハア息を切らせ  人におぶさろうとせ  執拗に煮え返らせ  野があるでせ  逃げもかくれもせ  庭先に立たせ  私のとひあわせ  これまで、きかせ  彼らをいきり立たせ  肩をもじもじさせ  ねこ絆纏をまだ脱ぎもせ  娘ででもあるのでせ  ラムネにせ  両方から軒が低く重なりあつてゐるせ  かしがりもせ  何時とはなく覚えて呼びよくなるのでせ  さが抜けきらないのでせ  年齢なりに淋しくなつたのでせ  貰ふのでせ  心を肥やして行くのでせ  日に這わせ  静かにござらっせ  浮きもせ  縁台を跨がせ  火傷はさせ  隣家が間に合わせ  青春としてすごさせ  会社がうるせ  鉄錆を溶け込ませ  蕎麦屋へ行かせ  猪口を持たせ  使ひませ  ことも考へてみたが、振向いたりせ  交互に走らせ  今帰らせ  言わっせ  んだと、そんなにせ  礼を聞かっせ  極を悪がらせ  んでござんせ  瞳を通わせ  目を遮りはせ  砂を握れば、くぼみもせ  ものを掴ませ  私語を絶えせ  なだれたけれども、辷り落ちても埋れはせ  味覚させ  母上を屡々泣かせたり淋しがらせ  小用をさせ  山から帰らせ  旅を果させ  窓を開かせ  白薔薇をからませ  蜂を怒らせ  話もして聞かせ  子供を喜ばせ  影をも映そうとせ  尾をパチパチとさせ  交らいを、犯させ  左眼を暗くくぼませ  片肌を脱がせ  胸を深く、波打たせ  その男はただ止まろうとせ  ばたばたとさせ  表情を漂わせ  紅琴に思わせ  贅肉をひきつらせ  懐手をぶらぶらさせ  頭をがくんと反り返らせ  私を淋しがらせ  のだけれど、きつと来て下さるでせ  懐手をぶらつかせ  上体をよろめかせ  全身緊張させ  慄ひさせ  女中にいはせ  涌につくらせ  深井氏はせつせ  骨拾ひに行けるでせ  肩が凝るでせ  畑をせつせ  品物を出させ  罪人を坐らせ  無理に開かせ  毒を含ませ  理非をいい聞かせ  気配っていると、かれは問い落されもせ  責め殺されもせ  チェーホフ像を浮びあがらせ  獣医に叫ばせ  彼に抱かせ  甲板から身を躍らせ  取扱改善運動を起させ  私を用心深くさせ  錬金術に赴かせ  読者に抱かせ  気になれるんでせ  醜悪事でせ  真摯でないとせ  泥を凍らせ  うまい茶粥を煮るでせ  食事に興じるでせ  エレクトロンを飛ばすでせ  餌食にさせ  ふところ好きでせ  事を許させ  後天的に持たせ  家族などに対して随分困らせ  可懐しくおもい出させ  声色をつかって聞かせ  ッきりさせ  せい/″\の心ゆかせ  一座を乗出させ  隈なく打たせ  地響をさせ  もんじゃァござんせ  木戸を突かれたじゃァござんせ  そばに割込ませ  国じゃァござんせ  かげでそうせ  床を取らせ  薬を持って来させ  西崎を手伝わせ  舞台にも持たせ  金平さんに聞かせ  事細かに話して聞かせ  居候させ  吉沢をつれて待たせ  うえ窮命させ  何かいえばうるせ  山から雪崩が来てもびくともせ  お前様お聞かせ  戸障子のしまりもせ  汗臭うはござんせ  脚から根をつけたごとくにぬっくと立っていてびくともせ  疲労、すぐにお休ませ  何にもさせ  一ツお聞かせ  地響打たせ  子供にいい聞かせ  あいかわらず鶏卵を吸わせ  もの飲ませ  ものお飲ませ  上杉さんの飲ませ  新さんの飲ませ  かいって、聞かせ  露でも吸わせ  ことだに得せ  ば羽織らせ  神よ、めぐませ  虫を殺そうとせ  木にとまらせ  かくのごとくとせ  批評なんぞ蹴とばせ  ことについては、はっきりさせ  違ひないでせ  云つたのでは通じないでせ  元よりあつたでせ  ばを利かせ  みどりを思はせ  山すそまで運んで来させ  友情を成りたたせ  それを保たせ  横眼を走らせ  両足をつきだして履きかへさせ  かけを作らせ  左右にせ  舎人に持たせ  調子から何だかぴったりせ  ままにふっきらせ  持參いたさせ  さつき云ひ聞かせ  少女に持たせ  表面には浮び出させ  ことを喋ってかえって怒らせ  末席に坐らせ  皆な来るでせ  附させ  云つて一同を驚かせ  つて憤らせ  竹杖にしばりなどせ  何を選ぶべきでせ  草を刈らせ  牛を逐わせ  廃学するとせ  片仮名にせ  日本にせ  漢書を読ませ  阿蘭陀人をひそませ  方言を聞かせ  榻につかせ  ことなど問わせ  復習させ  コンパスを歩かせ  あちらこちらと歩かせ  周公をしてさうさせ  擔させ  學問とせ  正覚坊に飲ませ  平助は言ってきかせ  生捕らせ  訳を言ってきかせ  ダメにさせ  まわりをうろつかせ  大将あやまらせ  首を引つこませ  聲をさせ  土産物でせ  掛取に歩かせ  敵銀を進ませ  言合はせ  山から雪頽が来てもびくともせ  締もせ  家もないのでせ  ことぢやござんせ  うござんしたでせ  ぢやあござんせ  をかしかつたでござんせ  脚から根をつけた如くにぬつくと立つて居てびくともせ  抱合はせ  疲労、直ぐにお休ませ  子供にいひ聞かせ  反感を起こさせ  頭を下げたが、まだ立とうともせ  頭をぼうぼうさせ  子供扱ひにして、憤らせ  中戸川吉二を憤らせ  音沙汰もせ  結婚でもおさせ  吉岡秘書官としてお目にかからせ  大変彼女を怒らせ  鉄砲を持たせ  口論させ  仲直りさせ  将棋させ  一つ一つ独立させ  自決させ  立場として、歌わせ  唸りを飛ばせ  温みを漂わせ  所も隠そうとせ  一人斬らせ  それなり馬を歩ませ  金をきらめかせ  微笑さえも浮ばせ  一天よりわたらせ  平させ  賑にひらめかせ  音などを聞かせ  女の子は逃げようともせ  車輪を閃かせ  私をじっとさせ  瞳を耀かせ  相貌を尖らせ  笑顔をせ  百万円以上かかるでせ  持ちでせ  インフレはどうにかしのげるでせ  コーヒーを飲ませ  点を、はっきりさせ  雪を飛ばせ  風邪を引かせ  みそさざいなら射てるでせ  家はまあありゃせ  こどもに持たせ  臆びれもせ  長兄はせつせ  今どきみてくれるでせ  大概何とかなさつたらいいでせ  ハツとさせ  時間割を読んできかせ  さうにさせ  血を滲ませ  たまたま疎開させ  船員が話して聞かせ  ようにねじらせ  一本ずつ握らせ  劇薬を浸みこませ  心臓をはずませ  注射もせ  喫いも呑みもせ  一二時間休ませ  女を生さ返らせ  響を思い出させ  忽諸にせ  僕に読ませ  蔵から迎えよせ  溜息をさせ  呼もせ  一切口にせ  トランプを戦はせ  ら落つるを如何せ  今一足早かりせ  ことだにせ  これを救けんともせ  角闘を取らせ  競争などさせ  山へ走せ  しかども今更追ふても及びもせ  仇、たまさか見付けて討たんとせ  犬師に打たれもせ  へんとせ  見付しかば、名乗りかけて討たんとせ  猿を追駆けなどせ  構へて待たせ  怎麼にせ  絶えなんとせ  躯を取らんとせ  酒宴を張らせ  此方をさして走せ  豆腐を以て足れりとせ  糺問なして語らせ  翻へせ  挙動をせ  和殿を射させ  這奴なかりせ  臠はせ  犬殿にて渡らせ  銅も出はせ  そのまま山を走せ  たか、話して聞かせ  自分が喋らせ  わし等に担がせ  家へ持ちこませ  腹を膨らませ  大隅学士は、遂にまんじりともせ  声だけを聴かせ  腕から脱れようとするが、そうはさせ  床上に立ち上らせ  呪いをせ  休憩させ  睡眠を取らせ  別に隠し立てもせ  彼等を怒らせ  ウラゴーゴルを怒らせ  十分とらせ  いずれも云いあわせ  さとがなかりせ  振興させ  協力させ  捕縛させ  あきもせ  彼等を楽しませ  スローガンをひっぱって来て間に合わせ  芝居が、楽しませ  乾枯させ  我知らずはつとせ  先生一人をお立たせ  味噌焼などを作らせ  混がらがせ  ことが呑み込めないのでせ  丸顔をもぐらせ  ジタジタとわかせ  中に動かせ  彼を凹ませ  ものはありはせ  孵化させ  事を言って聞かせ  病人に逢わせ  お辞儀をしようとせ  皆をあぶながらせ  私たちに言って聞かせ  人見知りはせ  あなた達兄弟三人を並べて坐らせ  子供にも手伝わせ  撰り取らせ  張をさせ  わたしに送らせ  わたしを悲しくさせ  ぱりとさせ  形に鋳なほさせ  頭をつかふと疲れるでせ  庭へはこばせ  つくばひを刻ませ  やうな思ひをさせ  折角お彫らせ  つて掘らせ  われらに廻らせ  まり勉強をさせ  ことりとも音をさせ  特にさせ  大変フランス語を習わせ  一番恍惚させ  仲よしのラヴィニアを怒らせ  の子みたいに、ありもせ  我儘をつのらせ  口の尖らせ  上げ下しをさせ  雑巾がけをさせ  脚をぶらぶらさせ  あなたは、いつもありもせ  皆を並ばせ  皆までいわせ  支払いもせ  未来を想わせ  用までさせ  さらい、させ  仲間入りもさせ  目礼さえせ  ミンチン先生は会わせ  勉強はせ  あなたにおしゃべりさせ  まり眼を輝かせ  先生らしくさせ  皇族方がさせ  身体をのめり出させ  辻馬車を走らせ  かみきりもせ  友達に話して聞かせ  寝返り一つ打たせ  旅路におわせ  二人にいってきかせ  カアマイクル夫人は、いって聞かせ  ことなども話して聞かせ  セエラが身じろぎもせ  頬をぽっと輝かせ  私に施しをさせ  あなたにパンを施させ  縦まにするを得せ  ヤマトと読ませ  使者情を以てせ  隣室に待たせ  衣服をつけようとはせ  殺人と思わせ  鳥居はあせ  安士桃山時代をも含ませ  足をばったつかせ  ことにするでせ  度外視してゐたのでせ  中にはゐたのでせ  ことはあつたのでせ  もんだと思ふでせ  何なのでせ  必要もないではないでせ  私がわるいのでせ  こともわるいのでせ  のかも知れないと思はせ  水戸に語って聞かせ  もっと注意を深くせ  歯をぎりぎり噛み合わせ  ドレゴに聞かせ  身体を強ばらせ  不安を起させ  手を互いに絡みつかせ  足を滑べらせ  まり誰にも聞かせ  照射させ  探照灯を消させ  ライターをかちっといわせ  ぴちんと音をさせ  当局を悦ばせ  アイスランドへ赴かせ  歯をぎりぎりいわせ  潜水服を脱がせ  肱をもたせ  看護もせ  用もせ  てかてかに禿げ上らせ  不可能にさせ  白眼をはっきりさせ  自分を出させ  医者を呼ばせ  警察を手古摺らせ  けが赤漬ショウガとつけ合わせ  切りはなして引っぱらせ  四十八時間勤務をさせ  清水は綴じあわせ  電話をつながせ  ために、吸いもせ  左右から掻きあわせ  役をさせ  昏倒させ  模倣させ  訣つて来るのでせ  悟りでせ  活用させ  記憶でせ  内容をもつて来てをつたのでせ  中に這入つて来るんでせ  ところがあるんでせ  慎みをせ  物忌みすべきをせ  訣でせ  病気はさうないでせ  ことになるんでせ  名前をつけて置いてよろしいでせ  学術語でせ  専門語でせ  さうでせ  間にあはないでせ  のが出来て来るでせ  ところから、起つてゐるのでせ  なつたりするのでせ  一つあるのでせ  母にもせ  我にもせ  類でせ  事なのでせ  感じなんでせ  訣はないでせ  謎としてゐるのでせ  合つたのでせ  方法なのでせ  工夫なのでせ  祝詞もあるでせ  言ふので、書き分けてはゐたのでせ  区別はないのでせ  使つてゐるのでせ  方があるでせ  やつてゐたのでせ  文章を書くのでせ  発音でせ  くせんとでせ  遠慮してしまふでせ  拵へるのでせ  形になるのでせ  一時忘れられ、又はやりだして来たんでせ  復歸させ  前方に滑らせ  顔色を、一層蒼白くさせ  どこにも行かずに待たせ  前に走せ  薬品を浸みこませ  ことに、永く手間どらせ  後を再びふりむこうともせ  これを吹き送らせ  陸軍大臣と打合わせ  泥沼に死なせ  根本から破滅させ  過労にさせ  立案させ  平素探偵小説など、見向きもせ  天熊大人を遣して往いて看せ  溝の口に置かせ  小股で運ばせ  罪名が負わせ  ばたばた羽ばたきをさせ  眉をびくびくさせ  舌打をせ  のか、それともうまく逃げ終せ  ようにとばせ  久慈に使わせ  通信をさせ  連中を、まごつかせ  上昇させ  沈降させ  ちょっと気をゆるませ  東へ向けて走らせ  まま沈ませ  私たちは、大してまごつきもせ  水中にもぐらせ  欧弗同盟空軍とを闘わせ  内乱を起させ  観測をせ  時間とをかけて行きゃせ  チョッキを脱がせ  西洋のと引き合わせ  子供らにあまり親しませ  きょうまで喰いつかれもせ  耳をぐいと引っぱらせ  徘徊させ  踵をがぶりとやられはせ  振りかえって見もせ  胴震いさせ  幾度ぞっとさせ  片を買いに走らせ  十時半でせ  訪問記者を走らせ  聴取させ  バタバタと羽ばたきをさせ  面会をああ長く待たせ  女学校を終らせ  若宮などに会わせ  正月にさっぱりしたなりをさせ  から誰にも話しせ  望みを果させ  暖かい感じを抱かせ  庭石を運ばせ  いっさい口にせ  庭下駄をはかせ  手を少しも振らせ  二重によりあわせ  チャント正坐させ  諒氏夫妻先生にも知らせ  嘲罵を浴びて被入るでせ  つて力み返るんでせ  質問でせ  幾日も考へて居ましたでせ  我慢しなければならないでせ  事があつたでせ  お父さんが居るでせ  何にも悲しまないで下さるでせ  事がないでせ  綿がはみ出したでせ  布団は掛けなければならなくなるでせ  了つたでせ  一つよませ  一つもせ  眼をやすませ  ものを思いおこさせ  行為させ  ものとも組合わせ  誰も寂しがらせ  父に話してきかせ  夜更かしをせ  句も云わせ  声をひびかせ  耳鼻科医に診せ  医師法違反までさせ  新聞記者を喜ばせ  一夜を過ごさせ  シンミリさせ  萌芽させ  細工して、会わせまい会わせ  カステラを送らせ  胸に渦巻かせ  失望おさせ  病院に帰らせ  匐いまわらせ  告白を聞かせ  病院に伺わせ  下着を着かえさせ  食事にありつかせ  彼女を坐らせ  代書人に書かせ  長嘆させ  洗濯おさせ  ポケットの中でジャラジャラ言わせ  ヒイヒイあやまらせ  お母様を悲しませ  ことお困らせ  提議おさせ  鋳造させ  指図させ  校長先生をホッとおさせ  拍手させ  中に渦巻かせ  間違いとは言わせ  恩給を稼がせ  絶望的に悲しませ  中一パイに渦巻かせ  身体中をブルブルとわななかせ  親孝行をさせ  不自由をもさせ  一夏を送らせ  生活力をおこさせ  ハガキで間に合わせ  皮膚もさっぱりせ  家じゅうのものによんできかせ  私にしぼらせ  風にふかせ  ちょっと吹かせ  スタンプを押させ  上でわからせ  こともはっきりせ  胸も苦しくせ  手術はせ  十五人ぐらいにかかせ  喉に詰まらせ  死をやりなおさせ  とおりに、やりなおさせ  三人でつきあわせ  母親に言い、手伝わせ  ナナエを喜ばせ  手首に食いこませ  水面にもぐらせ  声を重ね合わせ  母親に手伝わせ  上を滑らせ  母親をよく困らせ  ことを、突然に思い出させ  香りを漂わせ  煙を立ち昇らせ  休みさせ  傘をさせ  雰囲気を漂わせ  お家に居るでせ  無事で居るでせ  雨風吹いても思ふでせ  みつ子さん雨風吹いても思ふでせ  創作物なりとせ  眞とせ  地響きさせ  先へのめらせ  今度は振り返りもせ  声をかけられるとは思わぬので、振り返りもせ  冕を脱がせ  何事をも進ませ  テンテコ舞いをさせ  啼声を真似て聞かせ  懐をさぐらせ  祭をさせるとか、させ  程の意気込もあって欲しい、と言って聞かせ  ことまでも思い起させ  心を悦ばせ  五厘銅貨一つ握らせ  出来などを話し聞かせ  鼻をブルブル言わせ  ゴトゴトさせ  恥ともせ  ガラガラ言わせ  ホラ、よいせ  橇で走らせ  快感を起させ  内儀をまごつかせ  私に語って聞かせ  ペロペロと読んで聞かせ  店を出させ  私に語り聞かせ  辞儀をさせ  わたしに語って聞かせ  鉄椎を落させ  何か書けるでせ  洗馬まで走らせ  人を頼んで探がさせ  胸から血をしたたらせ  全然行衛を眩ませ  あそこに渡らせ  声をひきつらせ  上衣を脱がせ  隙に直させ  合はうともせ  勿體振つた風を吹かせ  隱岐を痛ませ  氣轉を利かせ  動作もせ  隱岐を病ませ  ひとを悦ばせ  孃樣お起き遊ばせ、お起き遊ばせ  翳を澱ませ  顔、思ひだせないでせ  顔を若返らせ  変つたものでせ  理由になるだけでせ  殆んど悲しませ  嫉妬がかくされてゐるせ  反面に、さうさせ  三十五歳でせ  ろしいのでせ  忘れでせ  帰りなんでせ  不可能でせ  ことが、いけないのでせ  近親感をみなぎらせ  めあはせ  花牌を忍ばせ  間男させ  奴だと思はれたくないのでせ  奴だと思はせ  さは、そのせ  帰結をもとめずに、ゐられなかつたのでせ  めはないでせ  あれも疲れてゐるでせ  窓も、開けてみたくなるでせ  人もあるでせ  雪は降らないでせ  葉書に語らせ  日脚でせ  約束でせ  自殺するがいいでせ  なつてしまふでせ  ぐることができるでせ  なりゆきなんでせ  鮮明に蘇らせ  気持になるでせ  なつてくれるでせ  顔にみなぎらせ  青木さんは待ちきれなかつたのでせ  僕はいつたいどうなるのでせ  中にあるのでせ  ことは恐らく否めないでせ  彼はふりむきもせ  女がにこりともせ  ほかをせつせ  おかしいと思ふでせ  立腹もせ  中でないほどでせ  歯医者でせ  やうとしてゐるのでせ  罪びとのやうな悲しい思ひをさせ  疑惑をいだかせ  厭やがらせ  のだと思はせ  ことができるでせ  一冬怒りつづけてゐるのでせ  三十分ぐらゐ、つきあつたつていいでせ  食事もしなければならないでせ  惨めな思ひをさせ  それを多分認めてゐるでせ  仲をさかうとはせ  喉を抑えて、放しはしないでせ  象徴してゐるでせ  あり得ないでせ  本気になりたがるのでせ  つて、いいでせ  姙娠させ  やうに思ひこませ  束縛に苦しませ  お爺さんもさう思ふでせ  家へ帰るでせ  行つてもいいでせ  控え目にさせ  情炎を思はせ  愛情、わかつてくださるでせ  卑小な思ひをせつないまでに絡みつかせ  話を語らせ  一時のまにあはせ  未完成でまにあはせ  色のとりあはせ  ひとつの新鮮を思はせ  夢があるでせ  夢がよくあるでせ  覚えがあるでせ  これ以上せつない思ひをさせ  意識してはゐるでせ  何物かを滲ませ  理由はあるでせ  ことができないでせ  心を覗かせ  くれないでせ  意地でせ  異常には見えないのでせ  ひとつの生き方でせ  喜びはないでせ  約束させて下さるでせ  不言実行とでも申すのでせ  道もないでせ  自分で生き通してゐるんでせ  場合はいいでせ  自然につくらせ  技術などをつくらせ  意味をもたせ  潜在意識がはたらいてゐるせ  結局思はせ  いふ風に思はせ  意味はないでせ  行つてゐるでせ  ことばかりではないのでせ  必要ではないのでせ  断髪させ  異常でせ  言葉に、騙されてゐる思ひがせ  門ちがひでせ  必要にさせ  卓一はにこりともせ  湯気のないせ  今晩も来てくれるでせ  心を重くさせ  ことはりもせ  一ぱい呑ませ  八重を急がせ  めにせ  引合はさせ  部屋へ誘はせ  物とらせ  話一つ聞かせ  名をいはせ  頤のわたりを持たせ  かば言はせ  だし心おこさせ  部屋へいざなわせ  倚らんとせ  心をあらわせ  みな人にとらせ  あゆみ寄らんとせ  デウベン城をただよわせ  ゅういうなればとて医師して縫わせ  ことを果さんとせ  名をいわせ  まり見映えせ  ふみ一つ二つ買わせ  かばいわせ  カルソウをかけて聞かせ  色を黄ばませ  犬の生活を寧ろ望むでせ  やつつけられるでせ  身をくすぼらせ  人を慰めるでせ  屈辱から救ひ出してくれるでせ  目を凍らせ  腕をくねらせ  人はさう見るでせ  散大させ  上へうろつかせ  夢中に駈けださせ  波及させ  限界をつくらせ  今まで心づきもせ  イニシアルを組合わせ  日当でポカポカさせ  波瀾を凌がせ、揺がせ  場所に坐らせ  豊かにさせ  嫁に来させ  ほんとうに、そういうよろこびもさせ  それから起き上らせ  からはじめて腰湯をつかわせ  あなたに会わせ  お母さんそれをおとらせ  万惣をも思い出させ  味なども思い出させ  表現を細かく行届かせ  ことを感じ直させ  一つ背中をぶってハッとさせ  帯をしめなおさせ  あなたにハムブルでなく思わせ  風に吹き折られもせ  誰も来させ  平気だが、吹かせ  体でしかあらわせ  帰一させ  健康を失わせ  納得ゆかせ  さびさせ  真正面から顔を吹かせ  感情から分らせ  林権助伯を思い出させ  父をも思い出させ  心に買わせ  目をさまして、すぐには起きもせ  一切知りもせ  わがままをさせ  婚約をさせ  気持ちをわるくせ  新聞一つ読もうともせ  彼はにこりともせ  一人しか会わせ  名刺を持たせ  残金をとらせ  なかへも決して飛び立とうとはせ  溪間を冷たく沈ませ  気持を募らせ  蠅をさえ棲ませ  欲望を募らせ  身体を立たせ  拭き掃除さえろくにさせ  学校に行かせ  旗を持たせて遊ばせ  数枝、振り向きもせ  自分を悲しませ  皮膚を翳らせ  昇天させ  奥で休んでゐるんでせ  気をくさらせ  突つ張らせ  眼でも輝かせ  音波を脈打たせ  ちやんとせ  あながち不自由に暮してゐるばかりではないでせ  一體どうなるのでせ  爲めに悶えたでせ  目安にせ  美化されもせ  二寸なら引っ張って継がせ  電気をいじらせ  停車場を出て、待たせ  論文を讀ませ  ぐらにその道をこそ歩かせ  その後始末ばかりさせ  ものを滲ませ  膝頭を凍らせ  相伴させ  連想を走らせ  申し訳ござんせ  圓太にさせ  落語家修業をさせ  国芳を選んで住み込ませ  いっぺんいわせ  曲突きをさせ  屍臭をおもわせ  ところを歩かせ  身内を包ませ  荷車で運ばせ  何でも上げて喋らせ  使い早間も進んでいそいそやらせ  何ひとつやらせ  ひとつハッキリいわせ  家に置かせ  いっしょに読ませ  噺ひとつ稽古しないで遊ばせ  その後始末をさせ  鳥肌立たせ  んもやり直させ  目に描かせ  そのまま一服もせ  動悸を早くさせ  名前を書き込ませ  馬道をしてあやまらせ  大急ぎでさせ  小勇と名乗らせ  私、休ませ  顔覗かせ  久し振りでしみじみと聴かせ  口だったが、遠慮なくいわせ  両者を混ぜ合わせ  胸に滲ませ  ひと泡吹かせ  お客様を唸らせ  表へ飾らせ  真を打たせ  演っては困らせ  神さんがでてきて、会わせ  表へ待たせ  ひと言だけいって聞かせ  水温むといいたげないろをめっきり川面へただよわせ  発病させ  小遣いを稼がせ  圓朝を飛び込ませ  抄させ  芝居をせ  中へ浮きださせ  信頼のいろを漲らせ  高座着をださせ  合羽をださせ  母を見舞わせ  様子を聞かせ  燭台を持ちださせ  そのままミシミシ音させ  心にこういい聞かせ  ものをハッキリさせ  命を細らせ  大半つかわせ  眼を、段々はっきりさせ  躍如とさせ  茶を持運ばせ  なすの期なしとせ  これを知らんとせ  伝記作者なりとせ  平穏無事なるを期すべからずとせ  一生を送らんとせ  作品に保たせ  潤いとを持たせ  知識を思わせ  一部をまた生き直させ  ことについて、にらみを利かせ  譯に行かないでせ  訴人致させ  郎を裏切らせ  訴人させ  小説から戯曲にせ  戯曲にせ  歪曲させ  粹にさせ  はつきり分離させ  於いて明瞭にさせ  僕に書かせ  宮本武蔵を書かせ  議論をたたかわせ  退屈を感じ出させ  意義を持たせ  ぐらゐあれば宜しいでせ  ″\念を入れて磨がせ  念を入れて磨がせ  分散的にせ  かけ引きをさせ  昔羨しがらせ  田舎娘を坐らせ  封筒を開かせ  こととせ  神経的にひきつらせ  老いもせ  慄えさせ  基調に潜ませ  すっきりさせ  深入りしたり、させ  全身を波立たせ  鼓動を休ませ  水気を柔かく吸い取らせ  道をとらせ  眼をどんよりすわらせ  真面目に運ばせ  自分をすっくと立たせ  足音もさせ  音さえさせ  莨盆を持たせ  力を潜ませ  波をうねらせ  海岸近く走せ  活気立たせ  気持を抱かせ  展げさせ  混濁させ  婿入させ  感情を起こさせ  ゆっくり了解させ  気を感じさせ、或いは悦ばしめ、或いはくすぐったくもあらせ  彼は見向きもせ  冬子を思い出させ  光を思い出させ  繩をないつつ坐らせ  目に遇わせ  心持は夢にもせ  扱いはせ  己を喜ばせたり怒らせ  信になりもせ  そのまま死にもせ  輪を潜って飛ばせ  教諭を呼ばせ  ポンと投じて持ち去らせ  病室へ運び去らせ  上に起き直らせ  ところに立たせて、踊らせ  スキーを穿かせ  米良を悲しませ  一つを味わわせ  潮風に靡かせ  二三度眼をぱちぱちさせ  赤味を漂わせ  病気をつのらせ  子供を抱かせ  充分に落ち着かせ  業績をのこさせ  ものとして終らせ  頤を動かせ  木の頂きを浮き上らせ  針をとらせ  不安を取除かせ  小遣銭を握らせ  背負はせ  わたくし、せ  それへ頷きもせ  程を思わせ  間気づまりな思いをさせ  神経をいら立たせ  父を思い出させ  中へ、立たせ  悲哀を担がせて、よろよろと行き悩ませ  声を詰らせ  三等待合室を鳴り渡らせ  ネチャつかせ  俺だってバスケットを坐らせ  学問はせ  関羽鬚を渦巻かせ  選手を闘わせ  倒おして動かせ  便器を作らせ  一同を落ち付かせ  私に卸させ  葬式をさせ  冷静さに返らせ  なかへ漂わせ  草取りをさせ  碌に話しかけもせ  父を持たせ  木の下をせ  腸に染み込ませ  背景と考え合わせ  灰色をさえ光らせ  畑もつくらせ  トラックが動かせ  三チューブ買って来て持たせ  十五ばかり新しくつくってもって行かせ  一人しっかりさせ  紙片をヒラヒラさせ  恩恵的にさせ  ブレーキをきしませ  心のこりをおさせ  ものを動かせ  隆ちゃんまださっぱりせ  やすものすぎるので直させ  百合子はん一寸来て見てつかわせ  骨をくぼませ  きずなを思わせ  一家離散させ  十分にはっきりさせ  さをわからせ  本当さを買わせ  何を巣食わせ  腕が膨れて痛くて動かせ  耳へしみこませ  活溌にさせ  小包をこしらえて、出させ  建物で間に合わせ  時折はさせ  期待も抱かせ  母子顔をつき合わせ  洗濯物を乾させ  今はそうせ  妻君の、僻ませ  死枯させ  時まで歩かせ  ときにも、歩かせ  如くつかみ出してはっきりさせ  模糊とさせ  大島をおきせ  ことが出来るかと思わせ  シャペロンなしではぶらついたりせ  何だか私がそう思わせ  気分がさっぱりせ  考えをのばさせ  主観的に傾かせ  から正当であると云わせ  心を強くつよく貫いているよろこばせ  歳越しをおさせ  そこから漿液をしみ出させ  マヒさせ  瞳に輝かせ  普通に臥させ  今からなんとなく想わせ  魂をうっとりとさせ  それを満せ  汚れをいさぎよしとせ  摩擦し、むりやりすこし飲ませ  愛することを大いによしとせ  ようにこねあわせ  足もとにも寄りつけないえせ  手を握り合させ  機械を使わせ  自分を導いて進ませ  ことは、まだ聞かせ  ひりひりさせ  クレルヴァルをこわがらせ  ことを、隠して悲しませ  友だちを驚かせ悩ませ  エリザベートを困らせ  がちがちいわせ  気を晴ればれとさせ  議論を考えあわせ  糧をまにあわせ  娘を立たせ  荷を下ろさせ  気もちを起させ  それを立たせ  喜びを満ちわたらせ  それに取り合おうとせ  なかに湧き立たせ  崇拝させ  敬愛させ  頭にこびりつかせ  半身をのめらせ  ここから立ち去らせ  それを抑えようとはせ  顔から離させ  お父さんに会わせ  そいつを悩ませ  わたしにわからせ  無に還らせ  いっしょに立ち去らせ  疑念をすこしも起させ  何かしでかしはせ  ふうにほったらかしたりせ  考慮させ  難渋させ  それから足をぶるぶるさせ  筋みちを立てて話して聞かせ  嫌疑を起させ  伴れて行かせ  二人も死なせ  目撃者を怖がらせ  私をおちつかせ  なかに甦らせ  ききもしなければ会いもせ  こころよくそよがせ  光をかげらせ  苦悶を味わわせ  いちゅうにさえこの人たちが附きまとって、まだ生きていると思いこませ  人たちを逃げ去らせ  それを載せて曳かせ  それ以上待たせ  説明しなくてもおわかりでせ  見物に聞かせ  酒だけでも飲ませ  書物を読み過ごさせ  ところに敷かせ  金鎖をきらめかせ  轡をかませ  絹ぶとん敷かせ  上まで散らせ  顔しかめさせ  朦朧とせ  人好きのせ  さわりもあらせ  勉強の足らざりしを憾み参らせ  いたずらに過ごし参らせ  日々物思いに沈み参らせ  しおり参らせ  おろし参らせ  差し上げ参らせ  裾踏み開きて走せ  冷やりとせ  千々岩君も、お待たせ  灰だらけにせ  山木にめくばせ  万金をつかまんとせ  由を探らせ  足を遠くせ  三つ組みにせ  術を尽くして防ぎ止めんとせ  模様を探らせ  ところに行きあわせ  卿もっと躾をせ  談判はせ  片岡家に走らせ  言いわせ  胸裂けんとせ  忙わしく走せ  人影走せ  三艦を追い払わせ  自ら慰めあわせ  訴えもせ  しぶきを避けんともせ  襟引き合わせ  裁縫をさせ  耶蘇だけはおよし遊ばせ  宅にいませ  一人も走せ  養生遊ばせ  言い過ぎはせ  暇乞もいたさせ  玻璃窓を開かせ  中将にめくばせ  クレマンソオでせ  手帳をおくれともって来させ  事務所へ立ちよらせ  事務所によらせ  御用達しませうと、申し込ませ  巻煙草を燻らせ  野菜畑をどんなに喜ばれたでせ  採用せられたのでせ  内職などはせ  変にさせ  縦貫させ  裸腕で支えようともせ  駅へ急がせ  通りを話してきかせ  首を肯かせ  薬莢を拾わせ  底穴から覗かせ  独逸語を作らせ  Hegelreiではないでせ  欠けてゐはしないでせ  要求であるのでせ  ことになりはしないでせ  ものではないでせ  つて成長してゐるからでせ  ことであるでせ  考へ得ないでせ  排斥すべきでもないでせ  お尋ねになるでせ  要求の現はれであるともみられるでせ  何物なのでせ  ワルデルンするでせ  あながち無謀でもないでせ  仕事であるでせ  腰を揉ませ  身二つにさせ  会へもせ  提灯を持ち翳させ  いふ名で出てゐるんでせ  邂逅させ  影を映させ  三枚ほど喰わせ  一眼見ただけで、ゾッとさせ  冷静さに立ち帰らせ  二三度眼をパチパチさせ  言葉では言いあらわせ  恩がえしをさせ  ことなど知りもせ  アロアと遊ばせ  注意して、もう決して遊ばせ  そのままお受けせ  墓場へ持って行かせ  安らかにいこわせ  の子に償いをせ  罪ほろぼしをせ  もの一切を凍らせ  罪滅しをせ  僕を遊ばせ  顔を赤くさせ  それは好くないでせ  口答へもせ  我儘放題にさせ  のは悪いでせ  方が好いでせう、お忙しいんでせ  友達だつてあるでせ  人だつてあるでせ  ツと取り逆せ  つて気詰りでせ  周子を怒らせ  それから先に聞かせ  口もとを引きつらせ  冷笑を浮べてせ  馬草にせ  平らなせ  会話を聞かせ  腹を空かせ  鞭がせ  ギーギー云わせ  水ばなをとまらせ  お前アタマがどうかしとらせ  光にちらつかせ  羽音させ  母屋がり行きもどりせ  文字と通わせ  山の上を憂しともせ  銚子酒杯取り持たせ  人力車を走らせ  活眼を以てせ  因するにあらずとせ  涙をかがやかせ  足などをぶらつかせ  秀をそよがせ  処女航海をさせ  しらを躍らせ  浪を立たせ  警察へでも訊くと大抵わかるでせ  掴つたものでせ  豫感が、最早動かせ  こちらへ見えたさうですが、まだ居りますでせ  なんでしたら訊かせませうでせ  大袈裟にせ  ほかないでせ  もんぢやないでせ  白状しましたでせ  あれはどうしたのでせ  氣がつきませんでしたでせ  つて隨分迷惑をせ  學生がゐないでせ  事實なんでせ  それが分るでせ  次第東京へやつて差支へございませんでせ  調べがつくでせ  服裝をさせ  凱旋祝ひをせ  そちこちと歩かせ  子供を知りませんでせ  邊でせ  行つたらどうでせ  んだ、とか何とか叱られたんでせ  俥屋に運ばせ  中へ乗りこませ  ように走らせ  地中路はありゃせ  ように膨らませ  陥没させ  二つも受け取らせ  ヒョイと生きかえらせ  人をふるえあがらせ  赤面混乱させ  太宰がせ  ッとも救われもせ  自殺をせ  真理もありはせ  戦争などせ  一週間でせ  あたしにはないでせ  女になるんでせ  侍者に持たせ  仕事は解りもせ  父に吐かせ  理を以てせ  胸には言い合わせ  んじゃござんせ  見世を継がせ  台所をやらせ  自分一人で迎えに行くなんて、云ってたじゃござんせ  親分、そう急がなくっても、いいじゃござんせ  冗談じゃござんせ  葬式を出させ  云つては、ありもせ  竿を撓ませ  教師とかでせ  物語つて聞かせ  がちやつかせ  鼻孔をびくつかせ  ものをべらべらさせ  一二本かならず忍びこませ  膝をドスンといはせ  偵察させ  少年につかませ  顔を薄暗に沈ませ  眼界にうかびあがらせ  土間に立たせ  香りをぷんぷんさせ  辺をごそごそいはせ  みごと水泡に帰させ  枕へおさせ  ますます暮がせ  心もちくねらせ  竹藪が多いせ  弁髪をなびかせ  肩をくねらせ  鼻が細いせ  裸体をてらてらさせ  乳房をぶらんぶらんさせ  目をしばたたかせ  カードを飛ばせ  母をおどろかせ  立戻らせ  コンブレエに着いたばかりといふせ  立ち昇らせ  皺をよらせ  構はないでせ  私に話しかけようともせ  ところへ生れあわせ  一寸も遊ばせ  家へ帰っても知らせ  談しを仕て聞かせ  私が当らせ  話などを仕てお聞かせ  ことだけはお解りになるでせ  上でしたのに過ぎなかつたでせ  入りはパッとせ  セイ公にあやまらせ  まりムチャをせ  代役させ  絶対休ませ  岸井を休ませ  東宝劇団にやらせ  徳山にも時々困らせ  うち大西が来たので揉ませ  めど一向パッとせ  仏も護らせ  之はひっこませ  大西に揉ませ  話をせぬかと、ぎゅうぎゅういわせ  新型の、せ  わが輩は、せ  座席につかせ  浸水させ  勇士を、ふるえあがらせ  ピート一等兵は、そうさせ  沖島速夫を、すっかり怒らせ  ちょっとおどろかせ  逃げかくれはせ  監房を開かせ  直ちに彼等二人を探しださせ  場に、すくませ  越境を利かせ  から休ませ  斎藤豊吉を呼んで代らせ  けい古させ  むりに探させ  寅吉に泣きついてさせ  狐が立たせ  順々に少しずつ引っこませ  あれに喋らせ  今朝買わせ  掛持ちさせ  注意して直させ  宝井其角でせ  茶釜をたぎらせ  ボビーと話しをさせ  滝村に渡させ  心附もさせ  九時でせ  菊田に書かせ  もの食はせ  くじを引かせ  訪れはせ  毎日見合はせ  恋心をたかぶらせ  武家にも仕えようとはせ  言葉に応じようとはせ  関与させ  家督をとらせ  参第せ  癇をつのらせ  柔弱兒を驚かせ  中へ漂わせ  顔を、まじろぎもせ  お側へ行かせ  疲労させて、そうさせ  紅に逢わせ  体をもたせ  権ちゃんに持って来させ  背後を向かせ  家まで送って来させ  天井へ上らせ  袋をせ  ろばのせ  犬のせ  卒業せんとせ  事柄は聞出しもせ  見出しもせ  余は咎められもせ  蹙むる間も無かりしとせ  猶予もせ  引上げを早くせ  卒業もせ  書記に写させ  髪をくねらせ  隙も有らせ  疑団闘い、微睡みもせ  家捜をさせ  二言と返させ  情夫ありとせ  限り走せ  余り辷らせ  目科に打て掛らんとせ  スカートをちらと覗かせ  迷惑でも、泊らせ  数名を当らせ  外袍を軽くなびかせ  てんとう虫を止らせ  囲りに坐らせ  願望を起させ  せきもせ  引き延しもせ  感歎させ  減少させ  ままを云わせ  彼女は、黙然とせ  愛情について考え合わせ  こともなく、取りのけにもせ  訳のものぢやないでせ  何方さまでせ  今度これでせ  行つて可いでせ  さうだから、そこで覚えたんでせ  母ちやんでせ  愛情がさうさせ  環境が段々さうさせ  帰つたでせ  私を売つたんでせ  腰巻を取つて、着替へをさせ  雑誌など読ませ  先に澱ませ  錯雑させ  丸顔を一層くしゃくしゃさせ  脚ずつ持ち上げて、いそぎもせ  顔をのび上らせ  ひろ子を後で喋らせ  さとを際立たせ  エー、お待たせ  日光浴をさせ  青毛糸とをいかにも間に合わせ  方じゃ、あらせ  場所をつかわせ  下でぐずぐずさせ  ズロースをはかせ  お礼をせ  返事をさせるか、させ  舌を動かして喋らせ  通路を永く歩かせ  値で買いまっせ  手をすべらせ  身体をもぐらせ  復習して聞かせ  君たちにも知らせ  言葉をてんできこうともせ  背すりあわせ  猫のように眼をひからせ  しろを向かせ  荒療治もせ  肉を躍らせ  塔へ近寄らせ  手を休めもせ  光景を思い出し話して聞かせ  ぴたぴたと言わせ  貴方寒いでせ  わたしは見も知りもせ  なほなほ沈ませ  卷莨をくはへさせ  新聞を持たせ  子供を待たせ  數に踊らせ  わたしを少しも淋しがらせ  靄を棚引かせ  後家立デデせ  呶鳴りこまれて、年がら年中おこらせ  庄吉がいつも買いに走らせ  物質的生産はせ  貴族をふとらせ  死体を運ばせ  我々はせ  後から呼ばせ  はつとさせ  動作をまんじりともせ  周章させ  時は立ち止らうとはせ  勞れでせ  着物を借せ  荷を持たせ  爆發させ  頭をなでてかわいがろうとせ  ちゃぼちゃいわせ  母様は話してきかせ  髪をなぶらせ  活溌に躍り立たせ  駕籠をひろわせ  乾児衆に担がせ  生物にもありつかず、やるせ  車を、進ませ  賭金を引こうともせ  潔癖性が、そうさせ  狂気させ  憤死させ  それを見送ろうともせ  しかし、叫んだものの、飛びかかって行こうとはせ  全身から殺気を迸らせ  手足を強張らせ  弓形にくねらせ  崖縁からはみ出させ  手を振り放そうとはせ  家並みを浮き出させ  枯れ草を茂らせ  素足を運ばせ  脚などをも輝かせ  陽に焙らせ  草履を飛ばせ  全身を強ばらせ  剣を持ち出させ  嚇怒させ  仕上げに取りかからせ  下に浮き出させ  爆笑させ  遁がしはせ  鞘を飛ばせ  乾児二人に担がせ  乾児に担がせ  浦を、縋らせ  五郎蔵に怨ませ  胴顫いをさせ  乾児どもを追おうともせ  足を躄らせ  百姓ばらに担がせ  胸を覗かせ  財宝を運ばせ  力できっと生きかえらせ  ゆさりともせ  特等室に割込ませ  酒でん提げて来させ  いし、かつまを通れば、せ  宵烏賊、せ  今度は怒るぜ、さんざん直させ  ちゃんと仕事させ  暗闇で、歩けもせ  誰もが言い合わせ  お話でも致させ  陰影をひそませ  重厚と、いい取りあわせ  一度も怒らせ  もんじゃありゃせ  支度を致させ  老人そうはさせ  ストトンストトンと通わせ  ストトンと通わせ  空を覗かせ  趣味だと思わせ  カップとを運ばせ  雨あしを際立たせ  尊像が並び立たせ  そよともせ  おいでまっせ  蓬髪を長く靡かせ  息ぜわしく焦立たせ  影を見張らせ  完了させ  犬を怒らせ  品物を放させ  みんな眼をうるませ  技巧などで困つて居るせ  干渉もせ  見かけしましたが、多分居りますでせ  無理もないでせ  フレデリックに語らせ  感慨を洩らさせ  却つて幻だと思ふでせ  虞があるでせ  往つたでせ  外套とを出させ  許に走らせ  それを讀ませ  歌はせ、聞かせ  ものを読ませ  婦人参政運動者をよろこばせ  若返りをさせ  プロレタリア作家を立ち上らせ  野蛮人を通らせ  蛆虫も時には湧かせ  ますます激化させ  深化させ  高調させ  前掛けをさせ  髭をにやにやさせ  埃よく払っておけせ  何処さも行かないでけれせ  足を揉ませ  静脈を浮きたたせ  響でせ  まり低過ぎはしないでせ  命令して手伝わせ  終りまで手つだわせ  目的に従わせ  勇気をとり直させ  一としお寂しくさせ  襲来しはせ  バンドをつなぎあわせ  あいだわれわれは、なんにもせ  伯楽なきをいかにせ  ガーネットにひかせ  ひとみを定めようとするまもあらせ  手柄はさせ  それをたしかめもせ  ぼくらの学校までとどかせ  安臥させ  親分めんどうくせ  苦しみをなめさせ  たこはかたむきもせ  ヒョコつかせ  島におちつかせ  伏兵させ  ますます混乱させ  指定させ  冬を越させ  空咳をせ  幸子を手古摺らせ  眼を大きく輝かせ  幸子は、振返りもせ  お前達を見張らせ  わし流露させ  時間に読ませ  答へられるでせ  観方はできるでせ  消散させ  表現で、有難く思はせ  おいでになるでせ  イワーノヴナを思い出させ  ちょっと触らせ  くんくん言わせ  有様と照らしあわせ  退潮を余儀なくさせ  目を育てようとはせ  それぞれに獨立させ  改造へ書かせ  心を熱くたぎらせ  歌に答えせ  神様に食わせ  留守させ  覺悟を持たせ  手紙を書きもせ  學させ  ドラマでせ  路もせ  親鳥はせ  鷄にでもかへさせ  導者に持たせ  ことは、させ  わしゃ運だと諦めて、厭いはせ  覚悟を持たせ  柏村に読ませ  カツ気にさせ  Scout'spaceに走らせ  声色を聴かせ  一瞬ぱっと明るく覗かせ  声張りあげてせ  銭も稼ごうとせ  棋界をあっと驚かせ  祐筆に書かせ  猿を撲らせ  背へ担わせ  多年貧乏苦労をさせ  馬ぐらいは持たせ  意見もあらば、聞かせ  いや深いか浅いかすら覗かせ  口を怒らせ  わしに呼び起させ  希望を抱かせ  家訓を刻ませ  信念を、固く持ち直させ  左右から小姓に結ばせ  一ぱいもゆるりと飲ませ  不満などが有るせ  かたをさせ  生活を見直させ  文学的教養とむすびあわせ  ようにあらせ  性をきらめかせ  世界を在らせ  必要から大変おくればせ  ものを漲らせ  アルジェリーへ旅立たせ  鮮明にきわ立たせ  感覚させ  脈うたせ  私は別段帰らうともせ  蚤蚊にせ  鯡をしのばせ  思つたし、勝たせ  翌々日にせ  ゼドリンを飲ませ  ア、飲ませ  ゼドリンを飲ませて、勝たせ  年にせ  塚田に勝たせ  狙つた手でせ  負け方は、見苦しくなかつたでせ  冒険たるを免れずとせ  すじをつらせ  耳をぴくぴくさせ  クロのせ  見物人をよろこばせ  メリヤス工場へすみこませ  実質から喪失させ  ことを想い起させ  煙草がふかせ  ものを立たせ  経済主義にしたがわせ  醤油を飲ませ  酒を買わせ  文学をもちぢこませ  漠とさせ  関係を生かそうとせ  渾沌とさせ  作家をして書かずにはいられなくさせ  なぞをかけて困らせ  人を親しませ  興奮もさせ  効果を考え出させ  跼蹐させ  記述させ  それぞれに指導させ  悪玉をのさばらせ  笑ふことはできないでせ  構はぬでせ  生活に、突き放されたのでせ  読者は突き放された思ひをせ  努力にすぎないでせ  霊をあふらせ  肉をおどらせ  花を喜ばせ  論争を惹き起させ  これを以てせ  和して乱れないとせ  一隊を組ませ  文学がさうさせ  何がさうさせ  飛びこみはせ  勘違いさせ  命とせ  肌着をちらと覗かせ  遊興させ  若い僧たちに話して聴かせ  あらはせ  重点がおかれはせ  われわれに覗かせ  悪玉とせ  声を起させ  展開はさせ  身に滲みつかせ  花を開かせ  急変させ  相互関係で甦らせ  神さまだって唖然とせ  つくばはせ  ッこをさせ  ボロをださせ  契約書数枚を作らせ  ヤツ子を怒らせ  うまい汁を吸わせ  全身をくねらせ  奴めを困らせ  立てかえをさせ  唐草を這わせ  登城させ  隠居などさせ  手をとって習わせ  畳から離させ  登城おさせ  愛染院に書き直させ  平川口へ出て引きとらせ  犬にかませ  なかから唇を尖らせ  外套を持たせ  子を抱かせ  琵琶数十曲をひいて聞かせ  さきに立たせ  遺言を話して聞かせ  川へ逃げ込ませ  癒合させ  斧を執らせ  樹を巻かせ  見極めもせ  扮装をさせ  迎い取らせ  自由に棲ませ  ところ少なからずとせ  教授させ  寄宿させ  苦ともせ  手に入らぬともせ  江戸に上らせ  一夏全く遊ばせ  のとせ  水中に浮かばせ  世間に出ようともせ  それを咬み殺させ  みずから守らせ  彼女に話して聞かせ  女房に煮焚きをさせ  あなたを富ませ  技術万能主義が挙げられるでせ  技術といふのでせ  機会があるでせ  結果にはならなかつたでせ  箭を射尽くさせ  人びとを休ませ  飯をも食わせ  空明きにさせ  講釈させ  火がまだ消えもせ  部下を忍ばせ  於いて杖殺させ  精細に彫らせ  彼を引っくくらせ  人びとにも知らせ  狐を生け捕らせ  狐を捕らせ  わたくしに一杯飲ませ  獣を逐い出させ  発達助長させ  手にはいり易くなるでせ  巡廻して行くでせ  完備されるでせ  われわれに描かせ  席に侍らせ  庭さきへ牽き出させ  田舎道を浮かび出させ  往来を浮かび出させ  鑑賞にも多少の役に立つでせ  古典でせ  ことは多いでせ  見聞を以てせ  非とせ  是とせ  友達になるでせ  ものになるでせ  技術を含むでせ  それに近いでせ  苦心があるのでせ  誰もゐないでせ  アナウンサーが出ないでせ  息を忍ばせ  ちょっと飲ませ  乳をたんと飲ませ  それを拝ませ  焼餅を作らせ  偶然雪かきをやらせ  もとにかよわせ  女主人公にいわせ  ニュアンスを綯いあわせ  大木を舁かせ  胴を作らせ  彼を誘い出させ  民家に休ませ  なかに坐らせ  仕官もせ  夜通し火を吹かせ  獄屋につながせ  から、早速に伐り出させ  材木を運ばせ  敵を斬り殺させ  従卒らに食わせ  水を運ばせ  米を贈らせ  巡検をつかわして召捕らせ  神授と呼ばせ  蛙に食わせ  水を汲んで来て飲ませ  田を耕させ  両親がとても添わせ  皇国を守らせ  進水させ  煙につつまれても、びくともせ  一発動機をうならせ  大将旗をなびかせ  三弾を息もつがせ  胸をわくわくふるわせ  泣きはせ  爆沈させ  爆弾を落そうともせ  血をわき立たせ  お送り申させ  馬をひかせて送らせ  釘を取り来たらせ  図をかかせ  墨を塗らせ  流入させ  私たちを驚かせ  無理であると思わせ  イテーンを探し出させ  許に持ち帰らせ  島に連れて来させ  心をよろこばせ  縄を切って、立たせ  金に飽かせ  芽をめぐませ  捜査に取りかからせ  猴を撃ち殺させ  模倣呼はりをさせ  汽笛を鳴り渡らせ  地獄を覗かせ  彼等を苦しませ  弟子に作らせ  紹巴を嘲らせ  自尊心はいつたいどうなるのでせ  是はどうでせ  代読させ  領分以外でせ  国語読本をもつて来させ  原作以上に面白く運ばせ  理由はないでせ  気持がするでせ  美徳がさうさせ  心理がさうさせ  姿を窺わせ  階級性を面白く読ませ  都へ送らせ  金を運ばせ  礼拝させて立ち去らせ  食い物にまぜて食わせ  偶像視せ  常人として無理をせ  上にはないでせ  ハガキだつたので届かなかつたのでせ  今後どうなるのでせ  域を出ないでせ  卅日頃となるでせ  から仕方がないでせ  縫つていただけないでせ  紙は出て来るでせ  再会も出来るでせ  影響を蒙つたのでせ  彼も大いにやるのでせ  相談しなければならないでせ  寄稿させ  ものが出来上るでせ  のではないのでせ  疏開させ  男なのでせ  目にかかれるでせ  容易ではないでせ  つたのではどうなるのでせ  つて完成させ  ぐらゐの題にしてはどうでせ  目下問合はせ  moodなのでせ  一部送らせ  頃あくのでせ  のですが、取し戻て頂けないでせ  十四号から中田君が書いてくれるでせ  営みをさせ  棒を作らせ  別室に宿らせ  生姜湯を飲ませ  唐詩一首を書かせ  芸を売らせ  豪家へつかわして、こう言わせ  衣を剥がせ  二つの極端に立たせ  私をいやがらせ  ことは決してさせ  口を開かんともせ  間あらせ  思い入れ恥をかかせ  まま迎えもせ  思い、少しはいじめて困らせ  我意に従わせ  密議を凝らせ  誰一人ここを訪わんとせ  牽制して出させ  衝に立たせ  不自由なくさせ  ボーイを送らせ  ***********洗いもせ  届けをせ  通りで困らせ  弁償させ  全然酌をせ  頂戴ってせ  口答もせ  遊び場所とせ  花を見せようとせ  一切を蔑みせんとせ  頬に上らせ  さをいよいよ深く思はせ  恋歌とせ  跡を追わせ  から不自由はさせ  銭をつかませ  噴水が見えるでせ  遠方ぢやないんでせ  菱刈さんとおつしやるんでせ  切り抜き等をさせ  材料には相成らせ  脚をして思わずもすくませ  筆を持たせ  蕎麥切りを運ばせ  小使に打たせ  小使に背負わせ  膳に向かわせ  山へ走らせ  三貫目ばかり運ばせ  唾液を絡ませ  言葉ですが、実際ありもせ  短所を忘れ得せ  ところを、しょげ返りもせ  鉄砲も持たせ  一つも歌って聞かせ  三輪に話し聞かせ  お力夫婦がいろいろと取持ってくれるので、休ませ  お力に手伝わせ  現金で遊ばせ  母にして聞かせ  母に語り聞かせ  人を悦ばせ  人達をも悦ばせ  作品を解りにくくさせ  長生をさせ  水をだぶだぶ含ませ  から考えあわせ  さを守らせ  予備智識をはっきりさせ  肉身がしみ出させ  掃はねば消えせ  態度を取らせ  体験をひびかせ  思ひ出にせ  袂をなぶらせ  そのまま流れこませ  分泌させ  準拠させ  自らみがきととのへさせ  将軍職から追って、殺させ  叛旗を翻させ  大船をつくらせ  そを思わせ  薬用食にせ  アット言わせ  熱を起こさせ  玉露は覆をせ  コビルとせ  明日ヒノキになろうといって成りかけてみたが、ついに成りおうせ  下女などに手伝わせ  ヨシを善しに通わせ  余地も置かせ  米なぞを持たせ  ふもとを歩かせ  腰をひょろつかせ  ことは、聞かせ  流れはそうさせ  おくれ毛を散らばらせ  移住致させ  従事致させ  邦夷を焦ら立たせ  口に出して云えず、潜ませ  倉庫を立ちならばせ  町屋を営ませ  榎本に会わせ  護送させ  釣はありゃせ  身支度もせ  漂着はせ  下船させ  不安を募らせ  間にして、聞いたり聞かせ  一日だけおし通させ  底におし潜ませ  従者である通訳にこう云わせ  彼はまたこう云わせ  眼をおどおどさせ  ものを云わせ  合図をせ  多く拾わせ  指をからませ  ユウノフをして見張らせ  ばらッとなびかせ  使丁にそう云わせ  松岡長吉にめくばせ  ようまでもぎすぎすさせ  一図にさせ  叱咤して歩かせ  自分に云って聞かせ  色に云わせ  気持をあらわせ  密生させ  口調で聞かせ  参差させ  さらさせ  安楽に歩かせ  墨をにじませ  歯を軋らせ  表に駈け出させ  お伴いたさせ  杜絶させ  佗しく思わせ  手をふったりせ  あと先を照らさせ  換えをさせ  於いて発散させ  長老姿を浮きあがらせ  大事と観じさせ  智も持ちあわせ  玉目三郎を死におもむかせ  詰腹切らせ  しわを波立たせ  目配ばせ  模様を話して聞かせ  一時休息させ  わき見もせ  げをぴくぴくさせ  咥えさせ  開拓を致しておらぬとは云わせ  甚助に持たせ  もとまで飛ばせ  事情を考えあわせ  家族を落ち着かせ  鉢合せをさせ  おしも圧されもせ  筆をすべらせ  彼は、ふりかえりもせ  悠りとお聞かせ  出帆させ  先に歩かせ  バーを出させ  眼を微笑ませ  晴々と浮き立たせ  シャンパン酒を注がせ  微笑えませ  光の中へ浮き上らせ  隠れおわせ  腰骨が折れはせ  揉み手をせ  喰べつ喰べさせ  スイスイと走せ  朝風に吹き靡かせ  布させ  下手に長引かせ  心も和ませ  先程から身動きもせ  企てでもありはせ  釈放させ  絶倒させ  頭をしっかりさせ  コーヒーを沸かせ  ウットリとさせ  身体を揺がせ  花のように咲き出させ  呈出させ  場面を演じ終わせ  眼ざしを走らせ  色をみなぎらせ  ギュウともいわせ  皇帝が偽せ  君はハッキリさせ  意識を失わせ  娘ッ子をおびき出させ  ところを聞かせ  先に聞かせ  事より、ウロウロせ  見逃しはせ  息を詰らせ  訳はないが、そうせ  銃士にめくばせ  盃をかえさせ  訳から聞かせ  ムザムザと殺させ  膝をつき合わせ  橋渡しをさせ  下見をさせ  頬を弛ませ  お花ちゃんや、どうせいわせ  テラつかせ  膝小僧を覗かせ  酒場を出させ  両手を引かせ  足首に絡ませ  足元をふらつかせ  どこかへ待たせ  ままもう少し走らせ  寸法帳を出させ  首実験までさせ  検証させ  花にしょわせ  喜色を漲らせ  布設させ  色になって、どうしてもいわせ  役だったとはいわせ  起伏させ  酒気中にわたらせ  椅子に落ちつかせ  その男が偽せ  鉄棒にからませ  誤解させ  あなたにどうしてもいわせ  転させ  鉛筆を撓わせ  汗でベッタリと貼りつかせ  顔一杯に漲らせ  眼差を覗かせ  玉を噴かせ  ここに張り込ませ  間へ駆け込ませ  終幕をしくじらせ  汗で湿らせ  釘付けさせ  真名古はまじろぎもせ  首実験させ  激発させ  失敗をさせ  ゼイゼイいわせ  玉をうかせ  上に浮き上らせ  視線を漂わせ  顔も見ようともせ  蹉跌させ  愛嬌を含ませ  七台待機させ  他でもござんせ  盃を返させ  手にかけて殺らせ  惨めな殺されようをさせ  質問を待とうとせ  もっと驚かせ  私達がさせ  薄明しか漂はせ  讃美しはせ  時は消え去せ  文字を書き走らせ  目を醒まさせ  一言返事をさせ  おかしいでせ  いくにちもいくにちもふりつづけたら、まあせ  ねずみだらけになるでせ  梢をそよがせ  少年を先立たせ  そとへ運び出し、あまりまごつきもせ  食事させ  小谷さんに時々扱いにくく思わせ  質問を待たうとせ  私をもつと驚かせ  慄へさせ  夫を喜ばせ  懷中へ忍ばせ  七遍息をせ  柄に躓きもせ  朝酒にほんのりさせ  遠藤決水さんから聞かせ  掛をひらめかせ  別に追っかけようともせ  殆ど眼を離させ  それを追っかけようともせ  生育させ  方はさせ  間違つてはゐないと思はせ  気持ちに、いやなおもひをせ  他人には明かせ  心をでも暗くせ  日向ぼっこさせ  坊主をおふせで食わせ  つてらつしやるんでせ  ばっかり話をさせ  洗いもせ  綱を持たせ  民さんはそうさせ  肩から衣物を脱がせ  断やさせ  花茎を出させ  かづらにせ  オランダミツバとせ  ユリ属から独立させ  人々を喜ばせ  旗挙げせ  肴を運ばせ  ビールを飲ませ  耳を汚させ  焼却させ  キネをださせ  自ら指図してせ  理由をいって聞かせ  覗き込ませ  三輪車を走らせ  以上は、ね、さうでせ  遭ひましたね、さぞお困りでせ  はつきりわれわれに覚らせ  ようなやるせ  好事家に聞かせ  ものに欠けてゐるせ  不器用さに通ずるせ  返事が出来るんでせ  やつて来るんでせ  陰気をこもらせ  甘心を涌かせ  如何がでせ  一堪りもなく靡かせ  窓をあけ放させ  作物を作らずに休ませ  ような羽ばたきをさせ  歓喜と絶えせ  ことをうなずかせ  手風琴を弾かせ  木はせ  ぶんきれいでせ  赤なんでせ  あなたがた私にかくしてゐるんでせ  肉を青ませ  前よりも急がせ  事はありゃせ  町を、思わせ  腹をひらめかせ  通りこさせ  気は起こさせ  からだを、気味悪くへばりつかせ  照り白ませ  柄へのばさせ  阿呆をはらませ  ようにひらめかせ  太刀をたがわせ  身をはずませ  音を飛ばせ  微風に吹かせ  口角に漂わせ  火のごとくかがやかせ  今しがた馬を飛ばせ  一箇年ほどつづけて書かせ  勉強ぶりをときたま、ちらっと覗かせ  くしにかくさせ  相手に、知っているなと感づかせ  赤裸々に洗わせ  世の中から爪弾きされはせ  比よりは、大方せ  首を離そうともせ  血一滴まじって居るとさえ思わせ  ガタガタ音をさせ  衰へさせ  食券がいるのでせ  あなたを喜ばせ  吻とさせ  家はないでせ  家なき子となるでせ  死ぬでせ  悲惨はつづき繰り返すでせ  ごとをさせ  疊は踏ませ  苦笑をさせ  女には汲ませ  水をのませていきかへらせ  結局損な飲ませ  ように浮出させ  世話でもさせ  下層階級に生い立たせ  嵩を括らせ  何かあるとは感づかせ  文字焼を焼かせ  焼芋を作らせ  身体をすさらせ  贅を尽させ  職仕を断らせ  鼈四郎を珍しがりもせ  押て黙らせ  マヒトと読ませ  これを精しくせ  わらはのあるに、さうぞきかへさせ  煩はせ  宮殿に運ばせ  ゆらゆらとさせ  道理はずれをせ  二人を付随わせ  ままにもさせ  不自然に使わせ  物質的必要を満たそうとせ  申告させ  初めさせ  七里でせ  立派に打たせ  のほど願い参らせ  内にと、まをせ  所を思はせ  世間を浮き立たせ  表現を鈍らせ  物を生み出させ  ざかつたたをやめぶりを発生させ  斜聴させ  ものは出させ  から明後日とは謂わせ  鉄瓶をかちりといわせ  内へ聞かせ  背後へ廻った、とまあ思わっせ  もんどりを打たせ  名も知りはせ  一人もんどり打たせ  怨霊を得脱させ  一安心をさせ  判然と読んで聞かせ  しぶきを飛ばせ  姿は消え去せ  物音はせ  自分を遊ばせ  十五分とお待たせ  わたしは渋々とせ  慕ふおもひばかりを募らせ  ぶん多いでせ  注文が多くてうるさかつたでせ  開閉をせ  事情に余儀なくせ  弟に探させ  眉毛をびくつかせ  日かげを翳らせ  雲を湧き立たせ  自ら湧き立たせ  馬を売らせ  安らかにさせ  逢はずよとせ  反感がさせ  すべてを生き生きさせ  私を弱らせ  誠意を湧き立たせ  ざぶりとも言わせ  奴も動かせ  盛装をさせ  ぼつて持つて来させ  汗をふかせ  手入せ  加重して負わせ  感想を抱かせ  研究をせ  のは、嫁ぎもせ  敵に指させ  会はず外出もせ  告白をせ  マツチにもたやすく勝たうとはせ  読者に起させ  広場を歩かせ  布団を積ませ  頬を脹らませ  当時口ににじませ  間は死なせ  手拭で拭わせ  看護婦とでいくら説き聞かせ  それによりかかって坐らせ  姿をぽつりと浮び上らせ  調子を尖らせ  滋養分を取らせ  是非とも飲ませ  皆女中にやらせ  ごまかし的調査をせ  さきに行かせ  意志では動かせ  先生なんてさせ  お母さんは、せ  配合させ  みんな私に持たせ  刀をひらめかせ  視野から理解させ  烟と化しはせ  鳴りもせ  丘に飛ばせ  中へ飛ばせ  本体から言へば、流されたのでせ  云ふことも考へられるでせ  らこがあつたのでせ  初めから訣らないのでせ  学者ならきつと、さうするでせ  地名があつたのでせ  表現をしてをつたのでせ  伝説化してもゐないでせ  纏綿して居たのでせ  言ふと悪いのでせ  旅でせ  話だとお思ひでせ  ことだと思はれるでせ  解釈がなければならないのでせ  手足を縮み込ませ  まま交代させ  カチャカチャいはせ  ママ先生と呼ばせ  お兄さんお姉さん組でせ  意味でせ  一緒に遊ぶと可笑しいんでせ  帰つて直させ  安全でせ  骨が折れるでせ  やうにお思ひになるんでせ  日が過せないんでせ  最中でせ  外がおよろしいんでせ  ことにたえせ  方へ進ませ  柔げ、和ませ  私を臥させ  誓いをさせ  供えものにせ  ます分でもだまされはせ  自堕落にさせ  自信を失わせ  一番成長させ  春夫をおどろかせ  前へ進めと、あるかせ  周囲に思いこませ  編纂させ  自分を刺させ  希望を殺して生きていたか、また殺させ  花などをやらせ  理解してゆこうとせ  略装に含ませ  長谷川さんを悲しませ  サンダルを履かせ  電話させ  機能させ  少女をひとり立たせ  息子にはせ  美穂ちゃんに聞かせ  挿絵を描かせ  深町に聞かせ  ぎゃふんと言わせ  水商売はさせ  腕を触れ合わせ  統合させ  アパートを持たせ  人について、聞かせ  自分を描かせ  体を滑り込ませ  場で描かせ  彼女をそうさせ  矢野に持たせ  自分に描かせ  彼に描かせ  配列は、はっきりさせ  不潔感を少くさせ  脚をがたがたさせ  毛がもじやもじやでせ  戯談ぐらゐに思つたでせ  電車賃ひとつ出させ  それを訊きもせ  自分も楽しませ  絶対にあらせ  嘔吐を催させ  顛落させ  手当をせ  言葉を聞こうともせ  帆村を躍りあがって悦ばせ  合宿させ  催促もせ  苦笑いもせ  目金を買わせ  ものが出た、来てくれせ  身じまいをさせ  衣ものまで着かえさせ  体をしゃちこばらせ  虚脱させ  有にせ  身辺を探らせ  根をチクリとさせ  ハミ出させ  ビラビラさせ  老後を養わせ  逆襲を喰わせ  恰好にくねらせ  事を覚らせ  チットモ退屈させ  結核に罹らせ  ものを喰わせ  酌をおさせ  出来事を出来るだけ詳しく話して聞かせ  外相ウイッテ伯を縮み上らせ  真赤な掴ませ  安心遊ばせ  一口も叱られもせ  捉まえられもせ  文部省を弱らせ  チャンと坐らせ  ありのままに隠しもせず漏らしもせ  賦役させ  一番遣らせ  あとから持たせ  私と共に甦えらせ  心を深く滲ませ  力がかく為させ  がってんさせ  枝をぶるぶるさせ  僕達は云いあわせ  道でせ  田圃でせ  物語には、何等はらはらさせ  背丈を延ばして、ふとらせ  心掛けでせ  人間をつれて走らせ  マキ割りをやらせ  一モウケさせ  試合をさせ  将棋をやらせ  ん廻らせ  ヒゲを当らせ  それは分らなかつたのでせ  何しろ暗かつたのでよく分らなかつたんでせ  必要上お前を悲しませ  毒を吐き出させ  からすみまで歩かせ  眼だけをきらつかせ  水浴びさせ  眼をきらつかせ  尾をなびかせ  父を驚かせ  運命をつくらせ  跳ねかへさせ  心持を抱かせ  あたりをもぐもぐさせ  これ、こんなに汚いでせ  匂ひを浸みこませ  身体をしやちこ張らせ  余裕を持たせ  かまはんのでせ  尻つぽをくるりとさせ  手をぶらんとさせ  屋号を浮き出させ  姿をなほさうともせ  何年ぶりでせ  喰み出させ  それを動かせ  心配はなかつたでせ  肩にしがみつかせ  やうにはたつかせ  んだらう、と思はせ  身軽るにさせ  妻に話して聞かせ  張りわたらせ  奴が懲りもせ  ぢこんで手こずらせ  舌を出させ  気を落ちつかせ  軒先を浮かばせ  縄切れをはみ出させ  何してるんでせ  浮き沈みさせ  判らんでせ  土地にはゐないでせ  あれは何でせ  今かへせ  気もあるんでせ  意識がさうさせ  考へを追ひかけさせ、立ちどまらせ  大体自分の坐らせ  顔色を動かせ  途中から退席させ  気持を惹き起させ  妾に産ませ  それどころぢや済まんでせ  つて目くばせ  家持ちをさせ  子供心を悲しませ  附属病院から引かせ  極端にぱちぱちさせ  下から切れ目をぱちぱちさせ  つた房一をひよいと立ちどまらせ  くつきりさせ  口をひきつらせ  上半身をぐらりとさせ  身体をぐらぐらさせ  身ぶるひをさせ  場から去らせ  草木をなびかせ  笹鳴りをさせ  枝を唸らせ  戸をがたつかせ  ひつきりなく走らせ  見込をさせ  考へ出したんでせ  恰好でせ  めでせ  沓をがたつかせ  実感を抱かせ  草履をとりに走らせ  風に目立たせ  口ももぐもぐさせ  ために突きとがらせ  切れ目をぱちぱちさせ  顎を生き生きとさせ  いふでせ  眉を動かせ  それはなさつたでせ  収拾させ  やうに何とか待たせ  はしをびりびりさせ  煩さがりもせ  投票をさせ  妹にでも送らせ  飾り代へさせ  想ひを抱かせ  手でもたらせ  酒盃をとらせ  会はうとはせ  五六里はあるでせ  これは売れるでせ  願ひ出来ないでせ  テーブル、好いでせ  行つてゐるんでせ  完全に書き終せ  気分をくさらせ  言ひつけて書かせ  氣持にさせ  二人でせ  十時にはしまるのでせ  やうに、思はせ  事も知らせ  何もありはせ  眼も遊ばせ  物から逃れさせて頂けませんでせ  沒頭し過ぎてでもゐるのでせ  彼をぞつとさせ  恐怖を起させ  私をぞつとさせ  體をはみ出させ  それを疑はうともせ  のを彫らせ  買つて貰へないせ  母を嘆かせ  何目か置かせ  今も離れないから、せ  翌日になると必ずせ  あとでせ  双生児に持たせ  戸川弥市に持たせ  銀行に遊ばせ  今まで診せ  つてるんでせ  ちやいけないんでせ  億劫がりでせ  つておつしやるんでせ  津幡さんでせ  手数をせ  面白味をわからせ  雪汗を飛ばせ  点となり、やがて消えるでせ  読させ  つて来るでせ  因縁でせ  過去二年九カ月にわたって何とかして分からせ  者はなくなるでせ  伝はるでせ  上にもさうなのでせ  名称でせ  何を書いたのでせ  人々はさわぐでせ  望みが果されるでせ  寸暇あらせ  中には、振り向きもせ  金を送らせ  一銭を握らせ  屈折させ  心を波打たせ  自暴自棄にさせ  沙門にさせ  胸を高く波打たせ  緊縮させ  一驚させ  男の子を抱いて寝かさせ  通りをせ  間に住まわせ  土産として持たせ  羽化させ  当にせ  肉の煙りを立たせ  只ひとり睡らせ  ハアハア息をはずませ  手に素早く握らせ  近眼鏡をひからせ  つまり二つの指環を噛みあわせ  カリカリ音をさせ  上に積ませ  奥に葬らせ  墳墓を作らせ  感情には、既にしつくりせ  様にしてやらうと判らせ  表に立たせ  わけを語って聞かせ  ものなんて、飽きるでせ  厭なんでせ  うちぢや飲ませ  のかと思はせ  吾儕に話して聞かせ  港でせ  のかを覗いて見ようともせ  足元を比べ合わせ  藷なかりせ  艱難を長引かせ  害をせ  肺を弱らせ  是とてもその取合わせ  我々がまずどうにかせ  実験でなりと学ばせ  辞儀をせ  放散を妨げてふうふうと苦しがらせ  靴を穿かせたり脱がせ  中をあるかせ  標準にさせ  状態を、比べ合わせ  稀なりとせ  たけずつ食わせ  間食をさせ  方言と心得て、有りもせ  上を尖らせ  オシラ様を遊ばせ  病を除かせ  者のせ  初対面のお近づきというと飲ませ  意味はまだはっきりせ  例なしとせ  水煙をなびかせ  さを話して聞かせ  うぶ湯をつかわせ  宝物を引かせ  何かを聴かせ  循環させ  葡萄酒をのませ  ぼくが、のませ  二はいのませ  博士をどんなにいらだたせ  博士を立ちあがらせ  一そう心細くさせ  脂汗をうかばせ  からだをぶるぶるふるわせ  上へはこばせ  者にはさせ  人造骨などを集めて組みあわせ  警部を生きかえらせ  警部をふるえあがらせ  仕事のお手つだいをさせ  実験室に引っぱって来させ  椅子をがたがたいわせ  油断なくついていかせ  氷室君たちを悩ませ  山形警部をたいへん喜ばせ  尻餅をつかせ  実習させ  実習をさせ  ちゃんと迷いもせ  少年を、心から震えあがらせ  活動停止させ  操縦席に坐らせ  立体的重厚さを増させ  意識的にふれようとせ  高風を遠羨せ  瑪瑙を積みかへせ  ひとり海邊をわたらせ  一節を思い出させ  方をうれしく思わせ  額にずるっこかせ  別に気にもせ  ため息ばかりつかせ  様なおもわせ  チ云わせ  人間が住んで居ると思わせ  ばっかりのをしかせ  方のを出させ  ポーッとさせ  一本もゆるがせ  ポッカリしょいなげを喰わせ  刺撃させ  苦悶させ  謝絶させ  暴漢になぐらせ  ダンサーを通りかからせ  靴磨きに贈らせ  おばさんに出逢わせ  聯関してさせ  腹を減らさせ  百円やって喜ばせ  弁論をさせ  脚本で読ませ  宣言させ  ダンスを踊らせ  移動しのめらせ  貴方様、お置き遊ばせ  隅から両手を組合わせ  女中に出させ  コンモリと浮き出させ  様子をととのわせ  いつ着くとも知らせ  鳴動させ  おりもせ  卓へ坐らせ  通りを委しく語って聞かせ  案内者めいた事を云って聞かせ  輝つかせ  制限でもありはせ  欺し終せ  不審に思ったが、つい聞きもせ  余に読んで聞かせ  実歴譚をことごとく語って聞かせ  大連でしゃべらせ  二遍もやらせ  講義を持たせ  鶉だよと云って喰わせ  作家とせ  筋を話して聞かせ  人を引き合わせ  影をただよわせ  価値をいかにも大きいらしく思わせ  女中にたのんで出させ  首をふらふらさせ  柱によっかからせ  それを膨らませ  軒下に立たせ  人様にお聞かせ  すきはせ  香をぷんぷんさせ  告白とせ  眼盲させ  眼を見開かせ  一番火入でもさせ  鍛冶に造らせ  玉造りに造らせ  傾向を持たせ  川越へも知らせ  涙を催させ  數とせ  活字に組ませ  酒つぎなりと致させ  わたしに起させ  真相を掴ませ  福利を掻き招き得べしとせ  内職をさせ  娘がせつせ  耻ともせ  家に飲めもせ  肩身がせ  向うから、せ  包みを開こうともせ  変動を起させ  本位とせ  其歌を作らせ  論理を形づくらせ  私をむかつかせ  偶像化させ  私にも覗かせ  何時もの假面をぬいでゐるせ  微笑をちらつかせ  裸かにさせ  不機嫌にさせ  私たちを蘇らせ  氣にしてゐるせ  方を見えなくさせ  考へになるでせ  姿は、わすれせ  様になるでせ  投書させ  まま埋らせ  もう少し書かせ  五年お逢いせ  母に話して聞かせ  ちょっといじらせ  黄金色に沈ませ  笛をあわれみ詰まらせ  古疵を疼き痛ませ  断続させ  地平線上に浮き出させ  眠りを見守らせ  岡燒をせ  発育はせ  姉が云って聞かせ  姉から幾度も聞かせ  寒い思いはさせ  尻尾をつかませ  奔出させ  金を鳴らして聞かせ  刃を揮わせ  薬を取り出して呑ませ  作家にあるでせ  湯わかせ  我こそはせ  丸呑にせ  君に描かせ  口を望ませ  誰に疑られもせ  知ちせ  挨拶をすべきでせ  云つて差支へないでせ  方は、おしあはせ  別に不思議はないでせ  クリスチヤンでせ  信仰ぢやないでせ  ここへいらつしやるんでせ  お前と死んでなんとせ  長居はせ  身分違いだといくら言って聞かせ  のだ、とも伝えられたし、取り逆せ  たくさんは飲ませ  今ね、あまり飲ませ  腰掛に坐らせ  厄介者視せ  京都を思い出させ  太夫さん落籍おさせ  親元根引きにさせ  陶然とさせ  仙台さま殺しゃせ  女性に負わせ  国に行きあわせ  雪を楽しませ  馬車をカラカラと走らせ  家庭でそうさせ  長すぎはせ  思つたことないでせ  二三間引つ込ませ  農村を脅かしはせ  今日まで知らなかつたんでせ  揃つたでせ  気がなんとしてもせ  十分呑み込めましたでせ  失敗ぢやないでせ  迷惑でなかつたら、さうさせ  長生きもせ  元気なんでせ  名誉恢復をせ  サーヴイスをさせ  からだを滑らせ  時機があるでせ  ばつていふんでせ  違つた道へ進ませ  がちでせ  黒岩君でせ  タイプはそんなに珍しくはないでせ  ふところにあるんでせ  恋愛になるんでせ  卑怯でせ  気が進むか進まないかでせ  それは考へてもみなかつた、でせ  答弁をさせ  ほり障子をふるはせ  一緒に有りあはせ  手伝ひはさせ  経過はどうでせ  おらにや知らせ  万さんにも知らせ  紛糾させはせ  考へを話して聞かせ  ガチヤガチヤいはせ  手を振りほどかうともせ  頭をふらふらつとさせ  薬師へいらしつたんでせ  運動されたんでせ  風にしておわかりになるんでせ  伯爵を随分苦しませたんでせ  ところもあつたんでせ  自動車が通らないとなると、どうするんでせ  雪でどうでせ  雪掻きをやらせ  いふ事実もあるでせ  活き活きと蘇らせ  田沢が、待たせ  方は慣れてらつしやるんでせ  不思議はないでせ  好意からだとすれば許していただけるでせ  わけぢやないでせ  会ひしたでせ  これ式にせ  腰をおろさうとせ  一手段だつたんでせ  ことは、まあ、許されるべきでせ  あなたぢやないでせ  殿方のでせ  三週目でせ  片端から誰にでも読ませ  薫りをしみ込ませ  私も相当やらせ  物は大抵やらせ  周章狼狽させ  いろいろにこじつけられるでせ  訳はないでせ  ぐたぐたしてゐるせ  なに震えるのでせ  づみに取り落したのでせ  一隅に潜ませ  もっと洗練させ  上下を沸き立たせ  ものができるでせ  ままに行かせ  疑問を常に抱かせ  友愛をみのらせ  何となく聯想させ  彫刻的に歩み佇たせ  上に匂わせ  今晩ここへ立寄らせ  それ以来妻帯もせ  誇張さえまぜて言って聞かせ  僕を歩かせ  眼つきを荒つぽくさせ  一瞬感動させ  行き抜けもせ  別に騒ぎもせ  聞棄てにもせ  儀を伺わせ  宿を断らせ  程を伺わせ  相手を誘ってしくじらせ  誤算させ  感嘆したりせ  君にさせ  ことがせ  僕たちを楽しませ  十分に言いあらわせ  あと戻りせ  勝手にしゃべらせ  顏だけを仰向かせ  感じに戻らせ  やうに彩らせ  搖らつかせ  興味も起らせ  三保の松原を走らせ  艶味を持たせ  明らかに思はせ  容易に定まらせ  から百二十點もつけておけといふんでせ  底から笑ひを染み出させ  蚕様に食わせ  手をおののかせ  キスさせ  見方もあるでせ  発揮するに至るでせ  明かにしてくれるでせ  お供をせ  眼つきを荒っぽくさせ  わたしをさまよわせ  人を悲しませ  抜足をせ  長官は抑へて出させ  これなら、強過ぎはしないでせ  眠をしてゐるでせ  そんなら除けたが好いでせ  ものですが、どうでせ  やうをするのでせ  のだとは思はないでせ  其筋でなさつたら好いでせ  つてお分かりでせ  宅をお困らせ  記事をお出させ  たか知らないが、定めてひどく恐れ入らせ  一切通過させ  ヒマラヤ登攀実写映画を思い出させ  戸外に待たせ  座布団を置いて坐わらせ  妻に語り聞かせ  肩を凭れ合わせ  負けもせ  かなしみもせ  さがなればこりもせ  七月十四日ともしびは消えなむとして消えもせ  四人手負わせ  攻めさせ  こと人にさとらせ  損をせ  おとうととなかよくせ  仔馬走らせ  大願とせ  ごと首ふるはせ  着物縫はせ  笛ながながとひびかせ  寐て夢みぬをうれしとはせ  人いかにせ  表面をとじ合わせ  退艦させ  坑にせ  定価で売らせ  交渉もせ  トルストイを読ませ  イプセンを読ませ  応募数を多くせ  其出版屋某が、倒れもせ  稗粟黍を食い潰させ  本をせ  其安値に呆れて売りもせ  捨売りせ  其仲間入りをせ  平和でせ  檣頭に靡かせ  遊弋させ  巡航させ  人に拾わせ  襲撃させ  私通をさせ  者を探させ  怪談を聞かせ  驢馬に牽かせ  松葉を敷かせ  美人を立たせ  ヒマシユを飲ませ  屋鳴りをさせ  轉車を走らせ  眉一つ動かさうとはせ  ゴトゴト音をさせ  肩でする思はせ  仲間にいふだけいはせ  氣持を持たせ  費用が出るのでせ  ものをいはせ  ぢつとまたたきもせ  海老茶袴をはかせ  玄関番をさせ  千歳米波と名乗らせ  住居とは思わせ  真相を残させ  態度から僅かながら遠のかせ  興味を持たせ  皆彼を喜ばせ  カタリとも云わせ  一寸も持たせ  一番私を喜ばせ  知らない事を悲しませ  愛情を強く燃えたたせ  事を説き聞かせ  皆足音を忍ばせ  足をムズムズさせ  様にばかりさせ  事に会わせ  彼自身でありあらせ  学説などを聞かせ  何かさせ  固唾を呑ませ  否定はせ  場所を疑はせ  心痛とを抱かせ  づ徹底させ  整理一致させ  言つたりせ  ほんとなんでせ  ことはさっぱりと忘れなせ  一つことに凝らせ  間じゅう身動きもせ  袂を切らせ  違ひだけはハッキリさせ  汗をにぎらせ  溜息をつかせ  溜息をもらさせ  童顔を覗かせ  テーブルに坐らせ  云つて覗かせ  羽をつけて飛ばせ  ENGLISHSPOKENでせ  はりがねをぷりぷりさせ  人に知らせたい、話して聞かせ  人々に読んで聞かせ  御用で入らせ  眼を丸く大きくパチパチさせ  靴を穿かせ  剣を佩かせ  室一パイに流れ込ませ  騎兵に守らせ  平常よりずっと気高く有り難く思わせ  波をうずまかせ  その他種々のものに引かせ  渇きもせ  四ツ運ばせ  面白い話を沢山聞かせ  一ツも持たせ  ぼんやり突立って逃げようともせ  ように見もせ  眼にかからせ  ようですから、なおも構わずに走らせ  事等を、詳しく話して聞かせ  付け遊ばせ  災を降らせ  話に添えて、詳しく話して聞かせ  繃帯に触らせ  心配を重ねて、夜通しまんじりともせ  室に連れて行かせ  お前等二人に会わせ  床まで波打たせ  乳房を出してお含ませ  身体をブルブルと戦かせ  涙を拭いもせ  美紅姫で入らせ  美紅姫に嗅がせ  青眼先生に殺させ  紅木大臣を殺させ  皆殺させ  興味を渦巻かせ  千切れ千切れに渦巻かせ  ドキンドキンとさせ  コンナ事をさせ  泌み渡らせ  襟元を引き合わせ  利用するとせ  なつて行くのでせ  おかげなのでせ  先生なのでせ  追悼文を書かせ  序文を書かせ  水に覗かせ  中に這わせ  波で洗わせ  処置させ  山に冷やさせ  筋を漲らせ  名を空しくせ  わたしに話して聞かせ  お話を聴かせ  小坂をよんで一段語らせ  等にも聴かせ  間違いであろうと云い聞かせ  ものでも取らせ  人車を待たせ  亀甲万一樽を買わせ  醤油樽をかつがせ  武家だからと云って聞かせ  具足櫃をかつがせ  平気でせ  血刀を洗わせ  中間ふたりに手伝わせ  人足にかつがせ  鎧櫃を持たせ  それを云って聞かせ  人参まで飲ませ  人参をのませ  陣を取らせ  二つだけは吹いて聞かせ  隣国から不意に攻めよせ  仇討を綴じあわせ  楽に坐らせ  横目に視ながらせ  男もせ  皆んなを楽しませ  薙刀を使わせ  ことは云わせ  出入りをさせ  見物人をあっと云わせ  相手はせ  源七はまた弱らせ  侍を走らせ  なかへ運ばせ  侍をひき摺り込ませ  児を歩かせ  二人は、云いあわせ  謹厳いやしくもせ  ガタガタいわせ  何んにもせ  火を吹出させ  ものにしゃべらせ  キュキュ云わせ  賄賂を握らせ  張番させ  彼はそうせ  荷物を下させ  道もせ  武装をせ  めはさせ  観客をよろこばせ  生涯に織りあわせ  思いをさえ起させ  眼を見張らせ  人中に置いても、見勝りもせ  見劣りもせ  嚔もせ  泡を飛ばせ  ひもでむすばせ  とおりにさせ  肩にかついではこばせ  くつをはかせ  死ぬまでおどらせ  私に申させ  ます夏秋蚕の如き、違うというよりも違わせ  俳諧をせ  空に見えるでせ  間にからませ  おろか着物一枚買へもせ  箱を引っくり返し、振り向きもせ  もう一度はっきり浮ばせ  御礼を云わせ  ことを覚えたのでせ  私はせつせ  額がせ  奇怪に高ぶらせ  袴を忍ばせ  帰りたいのですけれども、わけていただけませんでせ  つても、あわてて走つたりなどはせ  情をさへ起させ  居眠りもせ  家を建てようともせ  作品など、いいはうなんでせ  鉢がひらいてゐるといふんでせ  吹雪にさらして凍らせ  から奥さんに叱られたでせ  ざつと落下させ  若駒を走らせ  バスに乗せて通らせ  感を起させ  ちよつと休ませ  それがいいでせ  さうです、とにこりともせ  形容したらいいのでせ  休みになりせ  其管下とせ  婿さんがゐるせ  別に叱りもせ  綾足はどうでせ  ぢでせ  参考書でも無いでせ  本でも無いでせ  いま、いそがしいのでせ  牛に挽かせ  関係もあるでせ  アヤたちは、どうしたでせ  どこかにゐるでせ  風景とせ  二列横隊にならばせ  前に無理矢理坐らせ  三十年振りくらゐでせ  配給されるでせ  やうな、決して出しやばらうとせ  津島さんでせ  油断大敵でせ  つて家を嗣がせ  新宅にもきつと立寄らせ  辺で見かけなかつたでせ  四時頃まで休ませ  坐りになりせ  それ以上すすめようともせ  昔噺語らせ  無理とせ  いふ言葉を産むに到らせ  何一つ仕事もせ  語呂であるのでせ  嫌つて、決して認めたり許したりはせ  上体を動かせ  逼はせ  逼ひ廻らせ  放題に遊ばせ  くりんを働かせ  間違ひないでせ  想違ひなのでせ  二重人格者ではないでせ  泛べてせ  彼方へ光りを滑らせ  彼に歌わせ  揺つかせ  それを一々読み終せ  達磨を出して、大きく膨らませ  内幕話をして聞かせ  掛合もせ  宗助に云って聞かせ  通りを残らず話して聞かせ  屏風はせ  障子を張らせ  朝顔を絡ませ  食事中だと云うので、しばらく待たせ  宗助は、せ  晩にまた寝られないで、休ませ  膳立をさせ  細君を喜ばせ  妻からそれを聞かせ  所へ坐らせ  郷里へ帰らせ  病気に罹らせ  下に、いかにせ  宗助を寒がらせ  犢鼻褌まで洗わせ  客を飽かせ  問答を繰り返して聞かせ  女になろうとせ  タテにもせ  弟子にやらせ  旗を振ろうともせ  夜目に浮立たせ  妻として垂れこめて暮させ  気分に托し絡め合わせ  性格に思はせ  紋付論をたたかわせ  ほど父を怒らせ  お談義を聞かせ  全然失望させ  私に讀ませ  宅にお出なせ  ように言い合わせ  修業期間とせ  中村屋を悩ませ  無理をしてもお受けせ  時間に後れるとか間に合わせ  いっさい中止させ  五千円で買わせ  ただちに製造して間に合わせ  ゆっくりさせ  彼に嫁がせ  画室に住まわせ  匿しはせ  金策をさせ  轍を踏ませ  毎度お待たせ  欠点とせ  限りは行かせ  旅行をさせ  反目も余儀なくさせ  困難にさせ  子供たちにもそうさせ  手拭いを持たせ  代理させ  気持を含ませ  機会をも空しくせ  実印を出させ  一銭の払い込みもさせ  一日店を休ませ  一等品として支払わせ  内儀さんといわせ  称ばせ  見学旅行もさせ  あなた方も誘い合わせ  詩情させ  醉はず、侍らせ  披いてくれるでせ  絃うたあはせ  ロケット艇をとばせ  酒壜を忍ばせ  慾ばっても、そんなに積ませ  ピストルで撃ち、待たせ  外から修理して接ぎあわせ  蓙を敷かせ  此池かへさせ  高輪から人力車に乗って急がせ  がきけふ見かへせ  似合ふでせ  十分にまくし揚げてせ  これやりせ  晩くまでやらせ  われらに親しませ  時から故意に歪ませ  神經を尖らせ  疵なかりせ  土瓶を造るでせ  ものをつかませ  残念に思わせ  彼を考え込ませ  転籍させ  禁酒はせ  私が見返してもたじろぎもせ  精神を酔わせ  初め私を飛びつかせ  宇治殿御騎馬にて渡らせ  心地違はせ  則ちよくならせ  事を仕出かしさえせ  四五日程苦しい思ひをさせ  食事はさせ  頭にせ  無駄使ひをさせ  みんな青いでせ  髭も青いでせ  背も青いでせ  ぱも野菜畑も青いでせ  みんなみんな青いでせ  新宅を持たせ  上体をくねらせ  ぶらんこを少しも緩めようともせ  波に洗わせ  興味を抱かせ  内側を覗かせ  思いまっせ  バイブレーションを起させ  私を愉しくさせ  総てを失わせ  手を当てさせ  知覚させ  性欲を持たせ  屋台店まで運ばせ  傍観者で終らせ  構成させ  お前のせ  きりつせ  しゃちほこばらせ  しまつたでせ  ほこばらせ  ぶんおもしろいでせ  ぐんたいははやさせ  ソフトカラアーを浮立たせ  際までたぎり立たせ  ちょっと手をひっこませ  恍惚させ  葉っぱを揺ら揺らさせ  縁をふわふわさせ  印刻させ  欲求から結婚もせ  新聞雑誌社から写真をうつさせ  時に撮させ  次第ではないでせ  ことはきかせ  たかるだけで刺しもせ  ぐ眉にせ  土左衞門をせ  泣きさせ  埋葬させ  自然彼をそうさせ  月見をせ  鶉でも焼かせ  こともできはせ  限り、削り取るか、取潰すか、せ  幽閉させ  兵船を造らせ  御用をさせ  今度は通させ  不義はせ  十郎に起たせ  真実味を漂わせ  些事はと、顧みもせ  愛に、お酬いせ  日本人一億人ありとせ  歯磨き粉を呑ませ  松子さんに飲ませ  山が多いせ  名前を寫させ  雨やどりさせ  森閑としてゐるせ  樣子でせ  程赤く火照らせ  一しよに、せ  じい音をはためかせ  毛を戦がせ  戸をしめさせ  一生懸命に迸らせ  豆買いでもさせ  水一杯呑ませ  くりと言わせ  水なんか呑ませ  微動させ  もっと荒仕事しさせ  湯わかして呑ませ  惡い程赤く火照らせ  貢献もせ  つて伝習させ  手元に附け入らせ  問ひ窮めようともせ  手に成れりとせ  化粧もせ  白糸をさせ  遊女は久しくせ  退転させ  源之助がさせ  方がさせ  無理にもさせ  人もちよつと居ないでせ  僕だけではないでせ  それは思い出させ  ほうには振り向きもせ  誰にも飲ませ  菊屋一家を迷わせ  菊屋へ押しかけ、にこりともせ  アドレスなんかを、聞かれもせ  先生にだけは知らせ  判つてゐるでせ  ご覧遊ばせ  平易に話して聞かせ  足駄を穿かせ  問はれもせ  つて其処等を薄々と煙らせ  のだが、しつかりせ  街角で描かせ  道楽はせ  葉を降らせ  火星とはちがふんでせ  小さな星に見えるんでせ  緑のやあるんでせ  立派でせ  すきとほりせ  御領主ばかりでもござんせ  梢もござんせ  事さえせ  背後から羽織らせ  それから幹に立たせ  衣物を脱がせ  負させ  衣服を脱がせ  六畳で、ふしょうして下さんせ  風呂敷包をぐらつかせ  一品下んせ  旦那さんに上げて下さんせ  貴女にも解るでせ  仕事先から自宅を指して走らせ  身体を乗り出させ  良心を覗かせ  文学のうつりかわりをおのずから思いおこさせ  ほうのせ  割算をすらすらやって見せてよろこばせ  みんな待たせ  日みんなに撲らせ  井上さんが書かせ  連動させ  表現によってぐらつかせ  堤を築かせ  屍体を担がせ  木をつませ  小僧はみださせ  こぼれ毛をふるはせ  位なんでせ  上にも悲しい思ひをさせ  達者でしあはせ  生活を楽しく思はせ  彼は尚ほ起きようともせ  吃驚なさいましたでせ  心配でしたでせ  矢張漁師をせ  思つて居るでせ  伝染りでもせ  緊りせ  成行を話して聞かせ  読書もしたい、又せ  水一杯下んせ  手薬を飲ませ  貰つて来て煎じて飲ませ  行つてくだんせ  有難味を説いて聞かせ  感情を抱かせ  これ妾に下んせ  一寸下んせ  帰つて下んせ  夜伽をせ  汗もせ  アニリン染料を思い出させ  渚から少しずつ辷り出させ  さしずつ辷らせ  胸に湧き立たせ  眼を漂わせ  間持ち腐らせ  瞳をいきらせ  心にならせ  心をも静まらせ  渚から水の上へ辷り出させ  立法者なりせ  顔をあからめもせ  ものとは考へられもせ  ものを、くさらせ  しきなどで、たべもせ  骨をしゃぶらせ  バタをなめさせ  主張はせ  爪弾きをさせ  腕に飛ばせ  行動をむりやりにやらせ  庭で逢わせ  業を休ませ  離れに住まわせ  身もだえさせ  ふところに飛びこませ  贅沢させ  あなたに贅沢をさせ  時まで休ませ  家まで走らせ  後でつかれているから休ませ  表に走らせ  意志をハッキリさせ  片一方で聞いててせ  別に御馳走を喰わせ  人をうらやましがらせ  ものを、ふしあわせ  ところを避けんとせ  急にせ  歩をゆるうせ  あとでと思うであろうが、そううまくはさせ  此若い二人の取あはせ  両足をぶらぶらさせ  庭でいいでせ  顔にはしらせ  なごやかな哀音を忍びこませ  五郎に送らせ  潮風になぶらせ  彼女をよろこばせ  眼にかげらせ  真弓をなかなか寝つかせ  間寝床を離れようともせ  びつくりなさるでせ  家にいらつしやるでせ  窮屈なせ  つた瞳を輝かせ  彼をよろこばせ  吐息を波立たせ  別荘などと言いはせ  裏戸へ走らせ  口から泡をふかせ  飛行場をつくらせ  田畑をつくらせ  鶏小屋へ住ませ  自然にそうせ  熱湯をたぎらせ  律動を乱させ  形を歪ませ  説明も、もはやせ  価値なしとせ  こと何もせ  なつて下さるでせ  轉換させ  竝べられるでせ  ごろごろさせ  やうな思ひを、正しく生きつつさせ  三越タイムスなどをしのばせ  ものをもたらせ  猪牙船を乗り込ませ  名所らしく思わせ  下で気取らせ  心躍らせ  笑ひさせ  散々笑はせ  改称させ  何か食べるでせ  伴させ  彼女を落ちつかせ  陰欝に浮き立たせ  釣り人を楽しませ  時には、思わず、ほろりとさせ  帳面と引合わせ  豊国に描かせ  何か、聞かせ  タンクを造らせ  お金を出したりせ  者には汲ませないんでせ  からなんでせ  湯桶をつくらせ  頃はお忙しいんでせ  よう飽きもせ  別に語りつづけようともせ  眼を嬉しがらしょうともせ  脊をうねらせ  風にくねらせ  それを必ず拾わせ  根を張らせ  馬場先生なかりせ  外はなくなるでせ  筆者ばかりでせ  僕を呑めますか呑めないでせ  三枚掴ませ  眼付きもせ  ちょっと体をくねらせ  自重させ  小沢を驚かせ  ように、にこりともせ  足取りを弾ませ  洋装はせ  珈琲を飲ませ  雪子をあっと言わせ  何でも食わせ  落しもせ  表情を、重く沈ませ  ズーズーさせ  豹吉はにこりともせ  仕事はせ  あこがれさせ  それ、あけちゃ困りまっせ  押えもせ  こと刺青をせ  麻薬をかがせ  脇に坐らせ  人をあっといわせ  さき腹の虫を動かせ  おれを驚かせ  型に歪ませ  これでっせ  刑事を、あっと言わせ  豹吉もぎょっとせ  瞳のいろをうるませ  木かげに立たせ  御歌わすれはせ  手に折らせ  鼓うつ手にそそがせ  手にさぐらせ  腕をからませ  歌なんか作らせ  筒切にせ  いま一足早かりせ  手に、一寸握らせ  錢の少きをいかにせ  月から生れたでせ  一つ、お聞かせ  泥に吸わせ  基本的環とせ  世の中には生ませ  母と生ませ  文句なしに楽しませ  柿だってもぎらせ  忠告さへせ  匍はせ  色彩を煙らせ  下駄では少し辛いでせ  却つてお困りでせ  結末にせ  三十年近く冠つたでせ  時間でせ  貰へるでせ  校長が聞いたら怒るでせ  ヒステリイ性でせ  六人目でせ  拾はして置いたんでせ  玄関に注がせ  臨時でせ  信任の無いのでせ  落度があつたのでせ  噂が立つたのでせ  なつたら、ああでせ  先へいらつしやるのでせ  笑ひを引込ませ  真個でせ  中傷したんでせ  てる人でせ  何処を歩いてるんでせ  二升位飲んだでせ  学校へ泊るんでせ  今来るでせ  お年でもなかつたでせ  會ひたかつたでせ  それをあけようとせ  跫音もせ  もっと瞳孔から飛び出させ  上を這わせ  気分を苛立たせ  朝を想い出させ  声はいっかな消えようとせ  瞳をきらつかせ  妻に持って生ませ  みやげに切らせ  もんですから、ほんの少しばかり切らせ  豊にしっかり言って聞かせ  濫費をせ  須磨子に生ませ  主にならせ  大将にして守らせ  大野に送らせ  禅寺に葬らせ  旅のほど思わせ  刀剣を撫すとせ  訳読をさせ  中だけでせ  方ならさうかも知れないでせ  そこへ、破ろうとしても、させ  私にもさすが触らせ  ヘミングウェーに、思い出させ  機会と、叫ばせ  ことで、ああさせ  濶大にせ  調べさせ  少将とお呼ばせ  為めにせ  積つてたんですよ。綺麗でせ  覺えてらつしやるでせ  はじめあなたをあまり喜ばせ  私をかへさせ  罪であつたのでせ  それを求めなければならなかつたのでせ  搜す事をせ  あなたも息苦しいでせ  不思議ともせ  あなたへと走せ  調子なのでせ  顏もせ  轉回させ  胸を波だたせ  私に語らせ  それをどんなに待つたでせ  お土産を持たせ  餘所見をさせ  とき邸宅に居るを得せ  外国干渉の憂ありしとせ  刊行して世に問わんとせ  諸費を払わんとせ  老させ  遠くにばかり灯させ  浮気をさせ  強かりしているから、なくなさせ  のだろうと、しみじみと思わせ  充分につかわせ  わたしを生ませ  画家たりとせ  かに痰をはいて、せ  事を仕込ませ  通人に変らせ  酔眼を輝かせ  何となく考へさせ  のか、どうせ  のであり、尽きせ  風呂敷包みを持たせ  一銭買わせ  さがありはせ  女一人をたやすく歩ませ  切迫感を湧きたたせ  首相を驚かせ  ストップさせ  自動車を駆らせ  にわかに蒸暑くなるのでせ  つたポーズをさせ  今日そこまで行けはせ  體をぐらつかせ  ぎゆつぎゆつ軋らせ  今一寢入させ  つて足をどたどたさせ  所感を話して聞かせ  髭面をいきませ  劉霊正が書いて彫らせ  心ときめかせ  黒鬼がさせ  間さうして寝ころんでゐたでせ  鬼のさせ  子供らに話して聞かせ  六つ七つの時から以後、絶えて与えられもせ  人里近くにも遊ばせ  茎を曲らせ  紛乱させ  花を持って闘わせ  角力を取らせ  たきをせ  もちっと飛ばせ  飯たきにひかせ  寮へ運ばせ  こよにやらせ  茶をくませ  御の字もにおわせ  鼻に歌わせ  われでせ  短慮者をすっかり怒らせ  端をくぐらせ  くま取らせ  心中自分にいい聞かせ  からだをさとらせ  手当てをしてつかわせ  丹三を連れて参って、しょわせ  新太郎を遊ばせ  一つも聞かせ  から失礼させ  引きはせ  お前さん方じゃござんせ  しっぽをつかませ  者を呼び出させ  そちから厚くねぎらって取らせ  咽喉仏をがくがくさせ  そばに近寄ろうとはせ  岡っ引きだが、こうるせ  相手を怪しませ  水をやって落ちつかせ  目くぼせ  お餅を搗いてゐるでせ  数うべしとせ  寮雨をせ  賄征伐をせ  下げもせ  室から走り出させ  上まぶたをぽっとさせ  何度でも縫いなおさせ  自動車は直ぐ来させ  顔を耀かせ  朝子に聞かせ  悪感情を抱かせ  それから水を飲ませ  立上りもせ  腐爛を思わせ  血潮を思わせ  ショーウィンドをきらめかせ  歪み萎えさせ  体をうごかせ  まんま浮れ出させ  一寸腰をうかせ  袂をヒラヒラさせ  たかた云わせ  頂上でうたせ  女優とは云わせ  ほっぺたを押えて見たり、かみ合わせ  鼻をびくつかせ  勝手におこらせ  むぎわらざいくのそのような青いせ  順に降させ  しぶきをかがやかせ  目をまるくさせ  まんま年を取らせ  しずかどっせ  ぼんぼりもって行きまっせ  上りまっせ  肩させ  爺婆に啼いて聞かせ  妹の掘って煮て食わせ  馬を死なせ  意味が持たせ  流れはせ  五郎助だけではまだはっきりとせ  今一度子供たちに話して聴かせ  時を同じくせ  ように、思わせ  日弁当を持たせ  自由自在に狙わせて、遊ばせ  心を留めようとはせ  物おじをせ  お手本通りの啼きを聴かせ  まり穀食をせ  記念させ  馬鹿にせ  名篇を出さんとせ  何ひとつ出来はせ  眼を細くせ  穀類を買わせ  気さえせ  ひと言だって聴きとれはせ  鼻をふうふう言わせ  彼の硬張らせ  一人だって追っ払えはせ  アレクセイを退らせ  奴らを知りもせ  理解もせ  胸を燃え立たせ  出来心を起こさせ  他人がしようともせ  小間使を退らせ  ように言わせ  馬も休ませ  妨げはせ  心を乱しはせ  範疇に取って代わらせ  ことが出来、またそうせ  払へもせ  心配なぞ、これから、せ  トヨ返事をせ  シヤンとせ  訳でがせ  問ひはせ  気は有りはせ  その男ば困らせ  寒いのでせ  三十銭でせ  自己吹聴をしたりせ  の苦慘を快とせ  概念を引き合わせ  執拗にさせ  沈積させ  付け通りにさせ  嫁入り致させ  妹御に当らせ  お隣屋敷浮田中納言様迄入らせ  おん教へを守らせ  伝言をせ  里を忘れもせ  縁を茂らせ  二杯も飲ませ  事を思わせ  時間をお潰させ  二十分から待たせ  相手になんとか言わせ  わきへ外させ  うちをもぐもぐさせ  時分いくら手習をさせ  あたしに炊かせ  細君らしく振舞わせ  男に会わせ  出入をさせ  夫にして聞かせ  佗びしく思わせ  細君を寒がらせ  疲れた足を急がせ  往来へ待たせ  そのまま立ち去ろうともせ  ものや、取り替せ  局へ泊らせ  蕎麦を取り寄せて食わせ  鈴を振らせ  足を動かさせ  心を恐ろしがらせ  事実を話して聞かせ  どっちへ坐らせ  細君と取り換わせ  驚愕で丸くさせ  賞与で間に合わせ  健三に話して聞かせ  光線に触てさせ  それを生ませ  相談さえせ  己を構い付けなくさせ  下に運ばせ  洋筆を走らせ  一枚作らせ  人柄を思い起させ  辞職を余儀なくさせ  時細君と取り換わせ  昔まで思い出させ  限つて勉強なんでせ  うまいことをおつしやるんでせ  ちの味方になるでせ  なりたけ気がねをさせ  我儘を通させ  まま女給には見向きもせ  感情を害しはせ  君江に逃げられはせ  腰をすべらせ  鳥居を入って振返りもせ  白状させてあやまらせ  中をうるませ  妻を先立たせ  問いもせず言いもせ  出入りはせ  顫えはせ  清岡は見向きもせ  芸者家でも出させ  旦那、お待たせ  から芸者を呼ばせ  の取らせ  目ばかりぱちぱちさせ  起直りもせ  追剥でも出て来はせ  是非送らせ  男にやらせ  氏族でせ  人もあつたでせ  割りもせ  区別ぐらゐは御存知でせ  同輩を困らせ  衣類をたたませ  場に待たせ  それに絡み附かせ  彼を噎せ返らせ  一式揃えて持たせ  事は決してせ  庸介に話して聞かせ  養子婿をさせ  一尺四方の遊ばせ  人達に怪しませ  心痛させ  呆然にさせ  怪我でもされるとたいへんだというので、いろいろいってきかせ  町へ住ませ  草人さんにめくばせ  予想もせ  糸女餌を取らせ  水蛭にて釣らせ  とぼけなどせ  ことにしたら好いでせ  精が出るでせ  胸に抱かせ  気分にはならないでせ  一処に行かせ  仕事にせ  団子を吐き出させ  話をもつと詳しく聞かせ  備えもせ  敵を囲ませ  拭はうともせ  点にさえ突こんで行こうとせ  トルストイを焦立たせ  ようには書かせ  悪魔と戦わせ  問答させ  飛行島に赴かせ  人間をそんなに悲しませ  ハンドルを執らせ  メスを浅くすべらせ  修行を積ませ  話だけでもさせ  顔だけでも拝ませ  中へつれこんでをりはせ  何ひとつ手出しをさせ  中をうろうろさせ  一つ流させ  靴でせ  女房にばれはせ  ぼうつとさせ  ひだ身動きもせ  頭をめがけて投げつけはせ  ひと通り話して頂けませんでせ  木床のうへで辷りはせ  足に穿かせ  てつかはせ  裸形をば、うんとふんぞらせ  お返しあそばせ  歌もせ  文使のものに持たせ  音を立てるせ  そこに漲らせ  ものはないでせ  通りは致しはせ  ことは考へられは致しはせ  東下りをせ  よう立たせ  からかつて怒らせ  國を通り越したでせ  友達ばかりは捨てもせ  中に際立たせ  ちやんと書いて置いたでせ  呉葉達を困らせ  男に聞かせ  兄達を喜ばせ  ことなど何とも思はないのでせ  覺えがあるでせ  窕子を腹立たせたり悲しがらせ  戸を明けようともせ  知つたならば、じらせなどせ  使のものに持たせ  何うなすつたのでせ  來もせ  方が宜しいでせ  心をひるがへさうとはせ  何うなされましたのでせ  泥を飛ばせ  邸へと持たせ  女子は虐げられなければならないのでせ  内にのみかくれて居るからではないでせ  文箱を持たせ  氣を腐らせ  行つて取らせ  うまいどころではありませんでせ  氣持でもわるくさせ  ことも思はせ  向うに行かせ  あなたなんでせ  ば靜かな、せ  關係になりますのでせ  考へでせ  ものはあるんでせ  のんきで好いには好いでせ  ものでもあつたのでせ  今まで死にもせ  嫉妬をやかせ  身をもたらせ  重吉と向いあわせ  響をもたせ  きっかけをつかませ  客をまごつかせ  グラフィックを運び出させ  格別身装をいとおうともせ  物語をして聴かせ  応へもせ  手は休めようともせ  監督をせ  俺はまゐりはせ  それが、さぞ可笑しいでせ  ことは決してしないでせ  水ぎはへ吹きなびかせ  倫を犯させ  あなたを裏切つたとでもいふのでせ  ことをいたしましたでせ  耳に止めようともせ  刑罰があるでせ  あたしに出来るでせ  鎖なぞ怖れはせ  誰か、逃がしたのでせ  ことが出来ないのでせ  ことは出来ないのでせ  率ゐてゆくでせ  劔を振ふでせ  枝を頷かせ  祈祷もせ  霞と逃げ去せ  謡つてお聞かせ  うじやさせ  妻帯させ  前よりも一層せ  それをのませ  停留場で待たせ  一人で見向きもせ  手間を惜しませ  女房を遊ばせ  前にも立ち止ろうとせ  助を驚かせ  疲れた去勢牛に曳かせ  人の子をば招かれもせ  沈みもせ  咽喉でも詰まらせ  咽喉につまらせ  からだを硬ばらせ  歩みを止めようともせ  若者たちにめくばせ  眼を向けようともせ  門を鎖さんとせ  礪がせ  何事をいいても、いらえせ  妻子婢妾にとおらせ  人に推させ  自然に撮させ  顔をして受取りもせ  心に深々と染み込ませ  女性にこうまで深く染み通らせ  一つ喰らはせ  衣嚢をジャラジャラいはせ  角力を悩ませ  談笑を共にせ  睡魔を飽かせ  屏風させ  生活破壊者とさせ  弱点をも御話しせ  有様を見せつけられてもびくともせ  犯人を苦しませ  湯に行かせ  ためではないかと思わせ  さを感じ直させ  すこやかに息づかせ  時から身じろぎもせ  郷愁の語らせ  翼が生えてゐたら、どうでせ  足踏みをさせ  ゆらぎもせ  どこぞから覗いてをりはせ  喰らはせ  二軒とはなかつたでがせ  暫らく休ませ  咽喉でもつまらせ  あたりが薄暗くなりかけるてえと、どうでがせ  食ひ荒させ  それから忘れもせ  罪科を重ねるこたあねえでがせ  何処で捜し出したらいいでせ  教へて進ぜやんせ  祓ひをせ  電車が有りあまれば、押せといっても押しはせ  暴動一つ起りはせ  欠配に死にもせず、痩せもせ  空腹は救われはせ  政治にぬりはせ  私をどきりとさせ  うちに蘇らせ  中をごそごそ云わせ  状態から蘇らせ  調べを漲らせ  人を遣って探らせ  却って湧き立たせ  搾取したりもあまりせ  ことができるが、いかにせ  武器を持たせ  私をもえあがらせ  彼を立たせ  誰もい合わせ  職工をたからせ  ためイライラさせ  お守り下さるでせ  取扱ふでせ  間違でせ  わたくしを楽しませ  めをさせ  雨でせ  不可いんでせ  何者でせ  声をかけたのでせ  生涯を眺め合わせ  ことで引きずられはせ  日本的にしようとせ  権威を持たせ  観念を全く取らせ  道徳でせ  來るのでせ  人でなくなるでせ  背徳者として泣かねばならないでせ  ことにもなるでせ  實現されるでせ  一證ではないでせ  云へないでせ  からではないでせ  權威があるでせ  屆もせ  男女が次第に殖えて行くでせ  一致されるでせ  由つて保證されるでせ  いふ仕事をえらばせ  口をきかうとせ  ボイラアを休ませ  呼吸をつまらせ  つてこともないでせ  魅力に、人知れず湧き立たせ  幕切れでせ  時間をいただけませんでせ  べりをさせ  ごらん遊ばしませんでせ  匂ひをさせ  置がせ  お姉様お聞き遊ばせ  二体立たせ  ご覧あそばせ  舷とを触れ合わせ  そのままとらせ  和睦させ  話をそれではお聞かせ  虫を附かせ  中継ぎさせ  それじゃ頼む聞かせ  自由に走らせ  中で云い聞かせ  云わず見返りもせ  橇を走らせ  忠実を怒らせ  今度こそは逃がしはせ  事件を湧き起こさせ  出し遊ばせ  山遊びにおいで遊ばせ  矢場を指して走らせ  石渡殿を、手こずらせ  二の矢を飛ばせ  白痴を気取らせ  大波を打たせ  潜水夫を潜らせ  そちは死なしはせ  不幸に沈ませ  お前を放しはせ  悪魔退散致させ  伊那から諏訪へ歩ませ  毛を吹かせ  一突きに突き殺させ  助はゾッとせ  高遠まで送らせ  恋心のさせ  欝しさせ  ことに取りつくろわせ  襟から抜け出させ  理由を訊ねようともせ  遁がせ  様子を探らせ  一学を住み込ませ  お礼を申させ  喫驚りせ  手だけでも動かせ  屋敷へ急がせ  エロキロスを走らせ  若殿を咬ませ  あごをがたがたさせ  ように思って、けっしてあらそいもせ  のら犬を歩かせ  馬にひかせ  番もせ  膽を冷やさせ  ちの足もと暗しせ  草津があるでせ  氣持はせ  此處から遠いでせ  私をも立ち上らせ  一つ二つと切らせ  法師泊りでせ  彼等を坐らせ  三味を掻き鳴らさせ  橋此處にかかれりせ  つまみ出して握らせ  びどく私を寂しがらせ  名を倦みもせ  まひたちもせ  今夜寢させ  身をあたえて、せ  んへ、せ  信用状が、せ  ところ、せ  美装させ  蠱化させ  性熟させ  不便不快は、せ  うえで、せ  もう一度、せ  諸国語を泡立たせ  何年となく、せ  旦那がたをよろこばせ  達識ぶりを、いちだんと引き立たせ  五月九日、せ  町へ帰らうともせ  ことを思ひ廻らせ  通帳を持ち出させ  はじけらせ  柳橋から小舟で急がせ  時間を取らせ  株主をよろこばせ  柔らげさせ  嫦娥と思いこませ  誰にも、ああと叫ばせ  全文を引かせ  ことを語ってきかせ  婆さんを怒らせ  隠居を怒らせ  林を靡かせ  剣を使わせ  顔から汗をだらだら流し、にこりともせ  目にせ  胸毛を吹きなびかせ  万年筆走らせ  拭清むるには如何にせ  特色ならずとせ  鑑識浅しとせ  お慰みにせ  欲せずとせ  足踏みすべらせ  使つて身を落ちつかせ  事さへせ  初めから芸者引かせ  それ以上尋ねようともせ  文字を習わせ  きれいに磨かせ  主題歌でも歌わせ  自分を清く澄み返らせ  君を困らせ  サアサアお持ち遊ばせ  大気でないせ  勉強を勧めてさせ  音たてさせ  欧州留学もさせ  とりもせ  山中正に嫁がせ  始め下女など数多付き添わせ  住居させ  ガラガラガラと走せ  んを結ばせ  一度も振り向いたりせ  合図して、立ち去らせ  それに合わせて笑おうともせ  輪郭を浮かび上がらせ  ところへよらせ  ことを少しばかり思い出させ  くり返させ  宿屋へいかせ  壁に突っ張らせ  彼を面くらわせ  杖を飛び越さなければいかせ  彼らを鎮まらせ  膝を浮き出させ  ところへどかせ  気味の悪いおどしをいわせ  ところを歩き廻らせ  どこに待たせ  柱をできあがらせ  ことをいって聞かせ  ことははっきりとさせ  非常にはかどらせ  あなたに数え上げてお聞かせ  あいだ私を待たせ  私にいって聞かせ  家に泊まらせ  彼をいら立たせ  ちがいをようやく気づかせ  ことなのかよくはわからず、またわかろうともせ  ほうは、のけぞらせ  バックさせ  樽で間に合わせ  頭をのけぞらせ  両者を比べ合わせ  面前にこさせ  わたしを驚かせ  バスをひどくよろこばせ  推察などさせ  はじめから悪化させ  けがをさせ  ためにはいらなかったし、手伝わせ  教師に背負わせ  同情はせ  ことを考えようともせ  自分には欠かせ  仕事をとどこおらせ  母に会わせ  役所にいかせ  小屋にはもういかせ  おかみから聞かせ  仕事までやらせ  身をまかせ  埋め合せをさせ  不利にさせ  顔を明るくさせ  ことをくわしく語って聞かせ  言葉をつまらせ  敏感にさせ  ことをまぜ合わせ  弟が話して聞かせ  思いちがいさせ  城へいかせ  父をすっかりよろこばせ  身体をちぢみ上がらせ  身体をこわばらせ  ソルティーニに背負わせ  の子のませ  身体を廻させ  それ以上一こともいわせ  罪をはっきりさせ  早がけで走らせ  父にすがりついて、いかせ  ことを気づかせ  信念を抱かせ  自分にこういい聞かせ  様子をいって聞かせ  人間を疲れ切らせ  彼女に思い出させ  クラムよりも欠かせ  村でも欠かせ  うろつき廻らせ  ままにやらせ  話を思い出させ  廊下づたいに視線を走らせ  服にしみこませ  学校へこさせ  気を軽くさせ  ためにふるわせ  話なんかさせ  それを黙らせ  沈黙に疲れきらせ  人をもよろこばせ  前にかけつけていたら、もし呼ばれもせ  反対なんかさせ  ペーピーがよせ合わせ  彼女が頼んでそうさせ  酒場へ降りていかせ  やきもちをやかせ  あなたをくつろがせ  爲もあつたのでせ  言葉だけでも殺すでせ  脾腹を突かれたでせ  人間に見えるでせ  盜人に奪はれたのでせ  命を頂かせ  失つてしまつたのでせ  一體どうすれば好いのでせ  父が生ませ  声を出させ  極刑に遇わせ  剣をじゃらつかせ  それを話して聞かせ  仲間から負わせ  髪をぼうぼうさせ  入用だけ置かせ  可愛い子に読ませ  胸に起こさせ  得意になってして聞かせ  お参りをせ  二人にして聞かせ  威勢よく乗って走らせ  音をけたたましくみなぎらせ  ゃらちゃらと音させ  下駄でコトコトいわせ  銅貨をじゃらつかせ  ここに持って来させ  たましい音をさせ  ことなどをも知らせ  いくつか出させ  新体詩を歌って聞かせ  礼をさせ  かわいい声で歌って聞かせ  沈静させ  かんろ煮を折りに入れて持たせ  人が話して聞かせ  茶碗を持って立たせ  花を摘ませ  花束を作らせ  いろいろな実際を見せられたり聞かせ  胸をそぞろに波だたせ  あとをすっかり持たせ  生徒に歌わせ  意味を解いて聞かせ  かみさんを持たせ  小川屋から弁当を運ばせ  小畑に話して聞かせ  清三は言って聞かせ  快復させ  実を煎じて飲ませ  符をいただかせ  病気に負けておりゃせ  頭髪をぼうぼうさせ  事業もせ  自然とを思わせ  知らないでせ  相手を悦ばせ  生々としてゐるせ  心地を起させ  夜でせ  手紙を書くでせ  生活の実際を知りもしなければ知ろうともせ  紫煙を漂わせ  ほほえみもせ  レコード聞かせ  美沢をいやがらせ  引越させ  ご免遊ばせ  他人によませ  頁を切らせ  お礼をさせ  先へ打たせ  頬をなぶらせ  長身をくねらせ  馬背にまたがらせ  肩にすがらせ  反りかえらせ  ムリをさせ  圭子は、頼まれもせ  応えもせ  顔などせ  雲で間に合わせ  不愉快にせ  無茶に走らせ  紙をヒラヒラさせ  顔色を蒼白くさせ  神経を、いらだたせ  生々とさせ  気持をいたわり、落ちつかせ  母親は言って聞かせ  身を滑り込ませ  喉をごろつかせ  羽を輝かせ  羽をそよがせ  方を懐かしく思い起こさせ  わらはせ  脱疽を患わせ  アクセントで読んで聞かせ  訪問して遊ばせ  筆に含ませ  方をしたんでせ  夜はせつせ  裁縫やなんか習わせ  唄うち聞かせ  オナゴなんどにのしあげたりせ  ガランガランと言わせ  何がうるせ  物を食わなきゃならねえだの、うるせ  ボコンカポンと言わせ  ポコンポコンと言わせ  所を食い込ませ  まり注意もせ  何かしらヒヤリとさせ  お能だなと思わせ  ギョロ付かせ  お断りもせ  部屋に休ませ  ようにし、せ  つて集中させ  私を未だに寂しく悲しませ  庖廚に坐るでせ  私はまだ死なないでせ  竝んでゐるのでせ  やうにし、せ  かけをさせ  真赤に焼かせ  鬚を焼かせ  その男を殺させ  いくらと、にこりともせ  眉を落させ  突きとめようとはせ  公衆に解りにくくさせ  しどろもどろにさせ  頭を刈らせ  巡査から横面を喰わせ  先方で弾かせ  身体をグラグラさせ  アヤツリ人形を踊らせ  貴様が知っているだけ踊らせ  姿を見かえりもせ  損が行きはせ  安さん婆さんに云わせ  二枚宛両手に持って、打ち合わせ  皆ゾッとさせ  村から受け持たせ  三度三度お粥を運ばせ  薬を買って来て飲ませ  物音を忍ばせ  泥を洗わせ  湯を飲ませて落ちつかせ  バカタレと云わせ  児を負わせ  うすい灯のいろをにじませ  はいろ男にも会うたりせ  挨拶に伺わせ  そばへ坐らせ  金色にひらめかせ  体を火照らせ  苦笑いさえせ  顔を利かせ  三本担ぎ込ませ  逆立ちをさせ  出身であると、つい、知りもせ  金もないんでせ  面喰はせ  いや気を起させ  にぎやかでせ  クツみがきをさせ  ところへつくでせ  料理人たちによんできかせ  指一本差さしはせ  一歩もふみ込ませ  様子をごまかそうともせ  一杯ずつ持たせ  悟入させ  ちょっと気取らせ  彼らを戦かせ  空気は少しも微がうとはせ  欲望を燃えさからせ  ほうにもたらせ  微笑に変らせ  私はどうしても、そうせ  経験を、お聴かせ  形で硬ばらせ  ものとはせ  相手を覚らせ  牡牛だけを去らせ  事実それは、どうしてもそうさせ  心をぐんぐん腐らせ  身体をもじらせ  心安めを云い聴かせ  唾を吐き飛ばせ  争いをせ  ものは、ありゃせ  最初から、ありゃせ  眼をくれようともせ  ガンガン鳴り響かせ  意識のはっきりせ  十四郎に云い聴かせ  滝人に思い出させ  梢を浮き上がらせ  捜査官を頷かせ  幾層にも重ね合わせ  気のりもせ  心を思わせ  私に訝しがらせ  云つて不平も滾せ  手紙と読ませ  能弁にさせ  三角にとがらせ  感知させ  田の神上げもせ  わけにも行かないでせ  お子さんがあるんでせ  近くはないのでせ  であるから勝手に喰わせ  心を思はせ  並河に出させ  空想を走らせ  不安を抱かせ  責任から退職させ  家宅捜索をさせ  氣のりもせ  降服帰順させ  折檻させ  京師に走せ  高山いかにせ  横槍についてかからせ  川原に座らせ  躰を、いつものんびりと寛がせ  真似など決してせ  上人を送らせ  微笑をさえも含ませ  京都から抜け出させ  笑顔を引っ込ませ  眼をクラクラさせ  ように繁らせ  怒り声をひびかせ  耳を聞かせ  頭を少しゆるがせ  籠を忍ばせ  ちゃんと坐らせ  おつけなせ  支払いをとどこおらせ  行燈に照らさせ  綾衣はしみじみと言って聞かせ  灰色に沈ませ  空を撃たせ  決心を明かして聞かせ  力なくなびかせ  白い影を迷わせ  蚊帳を買わせ  怪我もありんせ  ことがあるかも知れえせ  瀬はありんせ  そり運ばせ  ことを云いながら、せ  水およぎができるんでせ  頬を火照らせ  一部始終を話して聞かせ  声を飛ばせ  羽裏を閃かせ  ひつかかつたのでせ  此處に運ばせ  住持が困りはせ  それをはっきりさせ  奥ににじませ  場所を譲って拝ませ  黒犬を急がせ  侍たちにも聞かせ  夢でもみてるんでせ  空想にたぶらかされてるんでせ  夢を見たんでせ  拂ふとでもいふのでせ  社交的習慣を目立たせ  後を振返り振返りかけ出させ  まわりだのさせ  方で遊ばせ  仔犬を遊ばせ  ごとごといわせ  蒼ぐろい顔をにやりとさせ  成績に近よらせ  椅子を寄らせ  後に向かせ  づち頭を頷かせ  智能測定はせ  瞼をぱちくりさせ  杉本は行かせ  教師をうんと言わせ  万年筆をはしらせ  瞳をきょとんとさせ  感覚がそうさせ  気持よく思はないでせ  お知らせ下さいませんでせ  やつていらつしやいませんでせ  自由結婚をさせ  から断念の為め話して聞かせ  闘はせ  裾を膨らませ  なほ子に起させ  注文させ  切開させ  煙をぱあっと散らせ  板囲いを廻らせ  一度だって滞らせ  方向に走らせ  間の偽せ  金にくずさせ  財布がありまつせ  大変だつせ  君には聞かせ  くりくりとさせ  ように聞かせ  月の光に浮きあがらせ  病気もよくなるでせ  前でするのでずいぶんほねおれたでせ  タイムスにも出るでせ  らいでせ  機はないでせ  唱歌を聞かせ  かきれいでせ  のどかでせ  なに美しいでせ  みさほ様もどんなにか可愛らしいでせ  それから歌って聞かせ  のも近々でせ  中から砂糖がなくなりはせ  お母様から、もうお聞きになったでせ  月が出てゐるのでせ  六時頃でしたでせ  格別美しいでせ  大分わるくしたのでせ  如何なすったでせ  当惑をおさせ  今頃見物してゐるのでせ  おなりでせ  後何うなすったでせ  汽船が出たでせ  何処からいらっしゃいました、だの、淋しいでせ  すももでせ  多分田舎から来たのでせ  前を通ってせ  落付いてくるでせ  ヒヨッコも大きくなったでせ  無事に着いたでせ  上野公園でせ  神様のお導きでせ  試験で随分いそがしいのでせ  解決がつくのでせ  肩が痛くなったでせ  拝奉りましたでせ  そバされましたでせ  思起させ  花も沢山咲くでせ  姉さん何うしたでせ  勉強してゐるのでせ  なかであばれたのでせ  三十日だったでせ  何を為させ  給ふたのでせ  何事か為させ  まり早過ぎるでせ  気兼させ  なに嬉しいでせ  見舞状を出しませんが嘸うらんでゐるでせ  かなしみでせ  鞭であったのでせ  米は高いでせ  達者でゐるんでせ  弾奏させ  今晩御聴かせ  身体をもち上げて起たせ  二三度体をうねらせ  憎しみを閃かせ  顔をわななかせ  眉をもぐもぐさせ  橇に乗りこみ、しばらく走らせ  彼らをともに生まれ変わらせ  ふじゆうもせ  扶持米を貰って食わせ  唾を拭いもせ  留吉を歩かせ  折には、甦えらせ  戦を未だせ  どっちにせ  夕めしもくわせ  三吉にしゃべらせ  むしろに坐らせ  トルストイアンどもをふるえあがらせ  ッ赤にさせ  キリキリ舞いさせ  高島はふりむきもせ  横顔をうかせ  心を和ませ  木津さんに逢わせ  銀狐ぐらいにせ  パタパタさせ  不安さうに胸に波打たせ  がらがらさせ  鉛筆を運ばせ  四段小弟ハヱゾに渡らんとせ  関にせ  ことは決してせ  絵付けをさせ  再生させ  轆轤させ  明らかであるとせ  山間に走らせ  交渉に当たらせ  京ニ止まらせ  苦痛を蘇らせ  心臟をときめかせ  からだを食わせ  穂波を打たせ  水草を茂らせ  胸をいっぱいにさせ  ものに苦しませ  僕をうらやましがらせ  古代びとの物静かな生活を蘇らせ  小屋から出て来ようともせ  枝をねじらせ  ころもよろしいおまっせ  花をさかせまっせ  案内しまっせ  ことこまかに聞かせ  懐古的気分を漂わせ  ほんまによろしうおまっせ  鮮やかに、蘇らせ  まわりに漂わせ  復習をさせ  振動を紛れ込ませ  けいこをさせ  時話して聞かせ  木に登らせ  チェアに坐らせ  屆けさせ  玉を肥らせ  口をあかせ  ますまもなく出るでせ  トンネルに入るでせ  叙述にさせ  親を手古摺らせ  先生はなかなかの喰わせ  公を引留めて帰らせ  事をも兼ね摂らせ  在り方について説き聞かせ  人に疑を抱かせ  これを言わせ  ヨメもとらせ  加久に会わせ  鼻グスリをかがせ  ようにあやつらせ  いふ伯爵もあるでせ  褌もとらせ  つて身辺に侍らせ  大坂に移させ  血をふくませ  クルスに縛らせ  中で、長く立たせ  中で坐らせ  姿勢を繰り返させ  繰出させ  奇蹟が疑はれもせ  寿庵トナト白状いたさせ  福音を説き聴かせ  小舟に乗移らせ  日本人を乗込ませ  故国へ戻らせ  黄金も受取らうとせ  上席から立会はせ  安眠させ  問はせ  否応なく分らせ  先をとがらせ  寂蓼を忍ばせ  帽子を取らせ  枝を厚ぼったく繁らせ  寝台に就かせ  顎を動かせ  三歩足を動かせ  洗濯までせ  悲もせ  此処らあたりでせ  出来心でせ  ことはないんでせ  問題ぢやないでせ  それや、さうは考へられないでせ  心持ちになれるでせ  蜘蛛にさせ  縫物をやらせ  縫物もさせ  キラをきそわせ  私たちに語って聞かせ  兄に読ませ  井伏さんに少しでも早く書かせ  知つてけつかるくせ  米をつかせ  水にはいりもせ  どこまで来たのでせ  ことはわかるでせ  けつかるくせ  底では、さう思ひ込ませ  十銭銀貨を握らせ  姉になぞ飲ませ  くりとうなずかせ  廊下を拭わせ  わがままを言わせ  アやるせ  なんだから、怒らせ  西宮をうなずかせ  万にめくばせ  人車を引っ返させ  わる止めせ  産を破らせ  夕刻まで遊ばせ  体をふらふらさせ  一筆書き残しまいらせ  残しまいらせ  ぎやあおぎやあと飛出せ  長持のせ  逢はせまするは嬉しけれど、かれかれにならせ  待遇させ  幸とはせ  奥様が、憎らしいではござんせ  さらさらござんせ  母親が、甘いといふではござんせ  さらさらもつてござんせ  戯談ではござんせ  事、したがお聞きあそばせ  口からいはせ  人眼を眩ませ  ものに、つぶされでもせ  根性でござんせ  待遇ではござんせ  一興でござんせ  花聟に、添わせ  かくと明かせ  様に、思ひもせ  養女分にもせ  身を避けましたでござんせ  娘といはせ  詞咎めをせ  限り養生をさせ  汚れを何とかせ  蕨を少し持たせ  衢風に、吹かせ  利仁がお飽かせ  日にきらめかせ  利仁が牽かせ  日に背いてゐるせ  鞍置馬二疋、牽かせ  霜に響くせ  万事を運ばせ  陣刀を舞わせ  傷口を、せ  流言を放たせ  杯を持たせ  前触れはさせ  肩を誇らせ  香いは思い出させ  通さんだけは、そうさせ  角力をとらせ  カラ茶をのませ  聟を持たせ  理を聞かせ  ふいに木剣をうならせ  山狩をさせ  奔命させ  ようにいって、見向きもせ  一筆しめし参らせ  天象など考えあわせ  勘違いをしておりはせ  眼だまをほじらせ  大地はびくともせ  血相を物凄く変らせ  家名をつがせ  足拵えをせ  汝よく助けてとらせ  わしはこういって待たせ  拍子よく走せ  餘りせ  可愛いしなんだからこつちせ  果が孕ませ  こと納得をさせ  から何とかして呉れんでせ  夜風に軽くなびかせ  三宝を持ち出させ  列挙するとせ  特徴だけを浮き立たせ  ものを創らせ  道徳を守らせ  真面目にさせ  姿を思わせ  働きをにぶらせ  胸にも刻ませ  手仕事を忙しくさせ  練えさせ  力を想わせ  近頃輸出ものを作らせ  風俗をそぞろに想わせ  眼を忙しくさせ  黒髪の如く靡かせ  品位を想わせ  ものであるかを想わせ  濠を漂わせ  のを想わせ  模様に進ませ  末期を思わせ  鉄金具を纏わせ  今も作らせ  立派にさせ  模様を高く浮き出させ  磯がそうさせ  湖水がそうさせ  歴史がなおそうさせ  茶器を焼かせ  大時代を想わせ  丈夫さを保たせ  利得をさせ  品を焼かせ  ものを沢山生み出させ  力を呼び起させ  宋窯を想わせ  仕事を果させ  生活を暗くさせ  国にせ  自信を呼び醒まさせ  今日は嘸込むでせ  満員でせ  あれでせ  ハンケチで拭いて下さるでせ  お方が居らせ  浜伝ひに行きせ  一人で行くせ  宿は無いでせ  奥を思はせ  カサコソいはせ  暗示を含ませ  黒人という生れあわせ  分別に立ちもどらせ  君に食わせ  所々血を滲ませ  首を斬らせ  ものは話さねばならないでせ  なりたけ読ませ  つては読ませ  うまいものでせ  張つてあるのでせ  一冊目でせ  つて外出をさせ  考へがするでせ  贔屓はかまはないでせ  自分を目立たせ  所在を探ねさせ  麻生まで急がせ  わけ聞かせ  落ち葉を降らせ  かなしみ山路をくだり、せちにせ  嚇かしはせ  辞退をせ  吹聽させ  ところがありはせ  好奇心もなく見向きもせ  警察へ呼び出して連れて行かせ  子供までが顧みようとせ  猿に負わせ  意味がはっきりとせ  誰かが行き合わせ  袂に残っているというので、出させ  幽界を知らんとせ  其事を語らせ  ことを説いて聞かせ  尊敬心を起こさせ  酒を量らせ  事情を考え合わせ  耕作をさせ  後の祟りも恐ろしく取棄てもせ  山の口へ運ばせ  飯なども握りて遣はせ  祭もせ  方を知らんとせ  自分を吸込ませ  これを召して立たせ  薬など飲ませ  手に載せて差出せ  香蕈を作らせ  治伐せ  竹を切って煮て食わせ  用心せよとたびたび言って聴かせ  仲間を連れてきて取らせ  知らぬ顔をして食わせ  妻とせ  山かずらをさせ  打合せをせ  中でつき合わせ  イワンを弱らせ  仔細に物語って聞かせ  想いを走らせ  胸を波打たせ  店灯りに浮き上らせ  話を想い起させ  ことを、話してきかせ  本をよんできかせ  尾をながくなびかせ  半月もせ  大黒柱をぴかぴかさせ  火薬をすっかりしめらせ  腹痛を起させ  一打ち喰わせ  村中を練り歩かせ  兵隊一人ずつ出させ  箪笥へしまわせ  悪魔をひどく困らせ  爆弾を投げ下させ  者に買わせ  いやでも入らせ  大軍をつれて攻めよせ  ようすをさぐらせ  牛馬などを取りにかかると、要るだけ取らせ  みんな持たせ  テイブルにつかせ  テイブルにはつかせ  交錯交流させ  分解させ  認識をハッキリさせ  一人スチェパン氏に云わせ  不安から逃げられるでせ  味は解らないでせ  何うなるんでせ  わけには行かないでせ  どっちかさせ  ちゃんと足で立たせ  一つ使わせ  氣がさせ  哲學をむつかしく思はせ  濡るるとも、いとひはせ  使用人たちを怒らせ  くねくねはみ出させ  態度こそゆかしいのでせ  罪なのでせ  ら招いたむくいなのでせ  蒲團から上半身をはみ出させ  くんくんさせ  ざまだと思はなかつたでせ  労はりもせ  陰性にし、沈ませ  笑ひださせ  妙に鋭くさせ  背延びをせ  感じで、はっとさせ  スパイをさせ  読者を怒らせ  名刺を取りあげもせ  仕方をさせ  尽力とがそうさせ  冒険をさせ  無事に生ませ  妾宅を持たせ  まり口をきこうともせ  本邸に走らせ  行為とはせ  からには飽くまでも服させ  血を拭わせ  身の上話をさせ  筈だし、又、あらせ  分担させ  ちゃぷんちゃぷんと水を躍らせ  まま汽車に乗り込ませ  葛原冷凍に預けて、出しては食わせ、出しては食わせ  一党にふくれあがらせ  政権をとらせ  共産政府をつくらせ  現実を知ろうとせ  社会的重しをもたされないし、又持たせ  うち十七人落第させ  病死させ  商売仇から破産させ  ように云わせ  くまなく行きわたらせ  時さへはつきりわかつてせ  薬局から睡眠剤をつくらせ  者達を驚かせ  弟を喜ばせ  お詫びを致させ  家が怪しいと思って探らせ  油汗をにじませ  処まで歩かせ  火を置かせ  引合はせ  燻占めはせ  本望でせ  袴を召させ  所為でせ  交際をさせ  人はあるでせ  人もないでせ  楽でせ  ものに逆せ  引きしまつた上着を着てゐるせ  町へ届いてゐるでせ  やうに走らせ  自動車があるんでせ  つて歩けやしないでせ  塩商米穀商以外に多からずとせ  つて飮みもせ  俺にうむと言わせ  抜書きさせ  歯をちらと覗かせ  分居せ  其室に忍ばせ  いかのぼりうならせ  馬車にでも曳かれはせ  云ひも得せ  身の痩せもせ  分ちもせ  祈念をこらせ  運命はそうはさせ  鉢を飛ばせ  發させ  彼女に話させ  淫売をさせ  通商をせ  疑念でせ  眼を生き生きと輝かせ  何かして買わせ  オレンジをそのままたべもせ  お伴おさせ  方へ握らせ  浜どんにはよう言って聞かせ  ほんとうに逢わせ  蚊を追わせ  皆に気づかせ  腹這いさせ  のんだって、死にゃせ  着物にかみつかせ  機嫌を直させ  ちゃぶ台に坐らせ  鮮血をにじませ  彼を落ちつかせ  膝をもじもじさせ  緊張もせ  私が押しつけてさせ  校門を出ると、言い合わせ  部屋だけは荒らさせ  中から覗かせ  彼を淋しがらせ  襟に噛みつかせ  九疋目を噛みつかせ  一そう気味悪がらせ  何も話して聞かせ  喉をわくわくさせ  関節をぴくりとさせ  考え通りにはさせ  心を一層悲しくさせ  戸をがたぴしいわせ  仂きもさせ  別に誠吉を愛しもせ  子供たちには作らせ  先に行かせ  全身をぶるぶるふるわせ  思いばかりさせ  さっきから鼻をつまらせ  談に惑わせ  断頭台に上らせ  結局スリをやらせ  絶体絶命のものはありはせ  批判などせ  子にとりついていて、いかせ  虫が来ても、捕えようともせ  御召しあそばせ  事になったと話して聞かせ  腕じゃ御座んせ  髪をすかせ  私を寂しくさせ  私をわくわくさせ  頂にはわせ  人をひざまずかせ  何でも、うんと手伝わせ  火花をとばせ  堀氏とが話しをさせ  玄太郎、せ  遺言を書かせ  鼓舞し、慰め、立ち上らせ  権利を殺さんとせ  袂をはなさせ  おいで遊ばせ  清十郎を強くさせ  お酒ならいくら飲ませ  三味線を持たせ  欣しがらせ  せいと、急がせ  上に飛び出させ  誰に食わせ  俺にも働かせ  中に、ぎらぎらさせ  方々へ捜しに走らせ  誇りを持たせ  一室を宛てがって待たせ  奥に待たせ  法令で間にあわせ  腰を起たせ  客を待たせ  所へ遅れ走せ  息災をまもらせ  若い胸を膨らませ  老婆を討たせ  ように、腐らせ  乗換馬を曳かせ  気概も仄めかせ  下婢におさせ  顔に漲らせ  さをせ  武芸者にほのめかせ  よう勉強はせ  膝を固くせ  駒をひかせ  振舞なので、怒れもせ  眼をそばだたせ  門へ出ようともせ  落首を書いて貼らせ  びりっとさせ  落首など貼らせ  他人に当らせ  もんどり打たせ  仔細、お聞かせ  手でさせ  菓子などを持たせ  書面を持たせ  見舞を持たせ  縊めたりはせ  綿屋から書面を持たせ  ことをいい触らしはせ  大軍人を出だすを尊しとせ  のでは、ないでせ  人達でせ  すべて速記させ  哀れに偲ばせ  懐中から時計を覗かせ  め考えもせ  性欲的教育をせ  ものだろうか、せ  姿勢が取らせ  餌が伴わせ  作用を持たせ  裸にせられて、使わせ  御飯を焚かせ  掛を膨らませ  背中を持たせ  これをさせ  四角に太らせ  是非洋行をさせ  ことこと言わせ  縁を際立たせ  物を書くか書かせ  詞をせ  霽波に附いて行かせ  五六杯飲ませ  紺足袋を脱がせ  手拭を絞って来させ  それは読ませて読ませ  我子にも読ませ  帆前船へでも乗り組ませ  船員として乗りこませ  鼻をそらすでせ  迎へよろこぶでせ  唖にさせ  彼を下して休ませ休ませ  背中にせ  検査もしないでせ  實驗もせ  二瓶持たせ  全部服用させ  妻はまだろくろく見もせ  飛行させ  食事を楽しませ  意識を甦らせ  養はせ  整つてゐるでせ  手が届くでせ  胸ををどらせ  しのべとやかましくひろわせ  魅力をひそませ  ぜいたくもせ  転業などせ  罹災もせ  店に連れて来て飲ませ  秋ちゃんに払わせ  お酒は飲ませ  坊やにしゃぶらせ  手伝いでもさせ  ひとりで遊ばせ  僕に飲ませ  ごろ寝させ  エピキュリアンのにせ  ですよ。金魚ばかりせ  ひとつ手鞠唄をお聞かせ  小走りに入るよとせ  水の流るるごときを、まじろぎもせ  莞爾とせ  茫然としてせ  足袋を穿きもせ  貴方にゃ敷かせ  前でござんせ  めに逢わせ  蒲団を敷かせ  大変だのに、どうして、なぜ敷かせ  手も触らせ  時敷かせ  お腹ン処を、お見せ遊ばせ  じき音させ  またたく間に立つよとせ  時には見もせ  我儘なんかさせ  腰を抱きなどせ  回生剤を呑ませ  肩貸して立たせ  顔赤うさせ  親はハッとせ  風邪ひとつおひかせ  心配もさせ  ものに驚かせ  姉上を救い参らせ  それを満たしたり楽しませ  人物にさせ  邪魔したり、驚かせたり、あるいは口惜しがらせ  自分を悩ませ  私一人にだけよくわからせ  自分をぎょっとさせ  私を驚かせるよりもむしろ喜ばせ  彼に吐かせ  破滅をさせ  一枚もつかませ  自分に起させ  嫁にいただかせ  金を貸しませんと誓わせ  オーバーを脱がせ  まり気を滅入らせ  此処から登山するとせ  何か握らせ  往来を歩きたいと思ったとしても、なかなかそうはさせ  尾にからみつかせ  舞踊を思い出させ  首がもげはせ  宗と名がついていれば、にせ  高値に買わせ  一見しようともせ  方向を測らせ  眼を楽しませ  一発撃たせ  檻をやぶらせ  訳を話してきかせ  腹の中に住まわせ  日一日馬を休ませ  秋成をいまいましがらせ  琴をひいて聴かせ  溜息を吐かせ  いふ不平を続けて込み上らせ  びつこを引かせ  愛を割り込ませ  不思議さを増させ  一草医秋成を流行らせ  一つ意外な思ひをさせ  ゆう留守をさせ  籠つて眼を休ませ  思ひ出にすつかり焦立たさせ  それを、さうはさせ  皆に分らせ  完全に立ち入らせ  銃を下させ  心を溶け合わせ  地球上から絶滅させ  卓に割りこませ  体を割りこませ  水にひかせ  一番感動させ  ことを考えあわせ  つなぎもせ  帯電させ  麻睡薬を嗅がせてよく睡らせ  途をとらせ  ように尖らせ  方へ追い行かんとせ  上を守らせ  ゆびがぴりぴりしびれたことを話してきかせ  らくさせ  私にうたせ  あとをおわせ  幕をしめさせ  たるはしずみもせ  たるはゆれもせ  船だったらこまると思ってみあわせ  飛行機へむけてとびかからせ  電気鳩をとびかからせ  錠にぶつからせ  勇気を持とうともせ  犯行を思わせ  首を廻らせ  幾分と云わせ  憚からせ  血を走らせ  木刀をつかはせ  木刀を握らせ  構へさせ  終日朦朧としてゐるせ  上に駆け廻らせ  袂をなびかせ  ノートを出させ  復校させ  三つの連想を起こさせ  跳躍させ  跳梁させ  哀音をしのばせ  中へ坐らせ  狂暴性を浮ばせ  あなたが困るでせ  お客が取れるでせ  關係なのでせ  長話をせ  んぢやないんでせ  顏を角張らせ  主人なんでせ  説明もせ  理論でせ  二疊へ坐らせ  時は、しあはせ  法律上離婚させ  店へ坐らせ  聲をしのばせ  前借四百圓で住み替へさせ  そこは冷えるでせ  ふり向けもせ  發明したんでせ  ア、さうでせ  底へおつぽり込ませ  眞中へ坐らせ  厚化粧をさせ  がちゃがちゃ言わせ  弛緩させ  課役させ  減殺させ  気ままもさせ  素直にせ  鴉に喰わせ  槍を立たせ  馬を牽かせ  石田三成には勝たせ  我慢などせ  博戯もせ  まつりをせ  もっと喜ばせ  ことども聞かせ  体を弾ませ  元服をせ  清十郎に書かせ  瞳をひらめかせ  出世はせ  証人になってくらっせ  一顧もせ  侍には、たんと威張らせ  意地にさせ  いくらでも待たせ  者に負わせ  唇移しにふくませ  二つの自己を息づかせ  そこへじっとして置かせ  後に立たせ  長剣を舞わせ  城を築かせ  通もせ  災禍を起こさせ  頭は良くもならないでせ  こともないでせ  名文を書かせ  孫だけでもしっかりさせ  俊亮をほろりとさせ  うちに寄って、よく打合わせ  唇にほとばしらせ  下に生まれあわせ  いつまでも階下におりようとはせ  説明もありゃせ  恋をさせ  境遇に巡り合わせ  運命に巡り合わせ  ぱちんと音をさせ  かすかにゆがませ  神経的にふるわせ  手出しさせ  中には、この取合わせ  うえもなく淋しがらせ  から覗かせ  乳を握らせ  いくつにもわけて包ませ  べっ甲めがねはいかがでせ  仕方ござんせ  ぼんやり思いを走せ  せいだとは云わせ  尻尾を出させ  注意を余儀なくさせ  築城させ  先をかつがせ  綿津見へ到らせ  火に燻らせ  身揺ぎもせ  胡座を掻かせ  香具師を驚かせ  俺を解らせ  人を上らせ  望みなら上らせ  城へ持たせ  名古屋へ入り込ませ  隠密として入り込ませ  駕籠側を守らせ  ついでに云って聞かせ  赭面に、びくともせ  提灯をぶらぶらさせ  修業はせ  逸話を話して聞かせ  小石川らしく思わせ  麓を洗わせ  批判もせ  笑みも含ませ  路とせ  みの水とせ  珠とせ  宿とせ  あらしにさまさせ  契りをいかにせ  里をなにかせ  袖をいかにせ  夢をいかにせ  なにとせ  恨のせ  ころもに包ませ  黒烟高くなびかせ  時をいかにせ  先刻から足を運ばせ  影響が出て来るでせ  碌に聴きもせ  誰よりも偉いと思わせ  第一人称を喋らせ  敬語を使わせ  人情も行われはせ  手術もせ  銭が仰山あるせ  ゃえらい者が多いせ  んじゃせ  ことにしとるせ  子供はえらいせ  子供は帰らせ  一戸前持たすせ  かいへやるせ  分に過ぎるせ  参加をさせ  野郎、おとなしくせ  秘密をしゃべらせ  籐椅子を向かいあわせ  日本に流行らせ  ちょっと顔を硬ばらせ  形を崩しもせ  瞳を若々しく輝かせ  特別に造らせ  別におどろきもせ  次から次と消させ  少将はにこりともせ  両手をがっちり握りあわせ  息をはかせ  それに答えようともせ  騒をおこさせ  上にかけあがらせ  水上に浮かばせ  ズボンが攻めよせ  無電をうたせ  エンジン室内をぱっと照らさせ  船にのりこませ  筆紙に書きあらわせ  武器を忍ばせ  戦闘をさせ  飛行島から爆撃飛行団を飛ばせ  地を曝させ  理解しようとはせ  女から背負わせ  肩をうねらせ  二三分もせ  彼へそれとなく読ませ  皮をよじらせ  喉元をごくごくさせ  ぐでんぐでんに酔っぱらわせ  筋肉をひきつらせ  限りびくびくせ  分だけを惜しいともせ  三十分もせ  皆目をきょとんとさせ  燃えたぎらせ  人をも寛がせ  怠け者になりはせ  畑から西瓜を採らせ  無法者に手伝わせ  あなたを、そう困らせ  わしを困らせ  炎天を打たせ  涼やかにさせ  抱えもせ  天秤を背負わせ  振舞いたいように振舞わせ  体が動かせ  胸から思い起させ  今、お会わせ  一方も、会わせ  男女は、いずれどうにかせ  一家を持たせ  門を窺わせ  胴の間に坐らせ  早口を吃らせ  又八は数えもせ  眼をぎらぎらさせ  青すじを太らせ  寅之助を立たせ  雪辱をなそうともせ  いのちなりせ  お辞儀はせ  自然に思わせ  茶店を持たせ  鎖鎌を使わせ  落しはせ  ガサともさせ  出足をためらわせ  外出をさせ  眼元に含ませ  今度は値切りもせ  顏をして、せ  駒に聞かせ  爐塞ぎをせ  繋ぎもせ  豐漁を思はせ  喰ひ付かれはせ  拔け切らないせ  石にせ  心の悶えを起させ  手足を、じたばたさせ  波と、せ  中では、せ  南風に孕ませ  文化から解放させ  最終に立ち到らせ  途中で滞りも涸れもせ  十分に持ちあわせ  心に誓わせ  水筒を握らせ  神経質にさせ  ことだし、よく言って聞かせ  腰をおろさせ  むりに坐らせ  それをとめはせ  平身低頭させ  先生なんて、ありゃせ  仙吉に言わせるだけ言わせ  社殿にはぬかずこうともせ  父さんにあやまらせ  からあやまらせ  内儀にあやまらせ  道だけはふませ  言葉を、ひとりでに思い起させ  アトリエに運びこませ  鑿がすりきれてしまいはせ  時に伺わせ  あとは何とか間に合わせ  無心を言わせ  來ましたでせ  相談なんかしはせ  風雪を染みこませ  あとさ籠こ持たせて拾わせ  身重女にせ  牛乳のませ  絵画を習わせ  水を流しては擦らせ  微笑も洩らせ  書生に代ってやらせ  底に沈ませ  写生させ  もう一度身元を聞かせ  ほどは、きはめてせ  めんどうになるでせ  人が書くのでせ  降服させ  發揚させ  手桶を出させ  内側へすこし傾かせ  息をはずまし、遠くまで逃げ終せ  云わず笑いもせ  ピクリピクリとさせ  論文をかかせ  はつにもあやまらせ  左手はいつも遊ばせ  教へられもせ  膝近く、坐らせ  根負けさせ  少僧都に任じ、常に侍らせ  野望を起させ  不動盤石に、疑らせ  道鏡に思ひこませ  旨を宣らせ  文句をつけたさせ  即日発遣せ  三は、観せ  上、観せ  変でせ  事に耽つてゐるんでせ  何時までもせ  Passionを燃えたたせ  和蘭陀薄荷のしめりを戦がせ  白粉を汗ばませ  笑を辷らせ、せ  気の抜けた、さみしい、弱い、せ  しろつきつんと澄ませ  孔雀玉、ええなんとせ  烏啼かせ  清麻呂なかりせ  記念とせ  それが好いでせ  懐鏡を持たせ  事務を取らせ  声をかすませ  懐中で遊ばせ  言ッて聞かせ  返答はせ  過去将来を思い回らせ  小膝を進ませ  眼を看合わせ  嫣然ともせ  位なら打たせ  挨拶をもせ  莞然ともせ  笑いを含ませ  気を含ませ  坂下に待たせ  顔を視合わせ  云ッても勧めもせ  半引込ませ  笑を引込ませ  感信させ  道学先生に聞かせ  返答をもせ  手出をもせ  身動きをもせ  香をさせ  間投詞を発して聞かせ  食事をもせ  顔を視せ  鼻頭ににじませ  モゴ付かせ  文三と親しくさせ  輸させ  莞爾ともせ  世話ア焼かせ  慕ッて往かれもせ  俄かに問われもせ  一生懸命に振放そうとする、放させ  口説いて困らせ  ものだと云い聞かせ  ウ心配もせ  それを足そうともせ  匿くそうともせ  匿くすまいともせ  事は云わず、また聞こうともせ  優もせ  劣もせ  狼狽はせ  工夫を廻らせ  椿事を起させ  面会を願わせ  松谷秀子を招かせ  充分に叱りは得せ  事実を見るまで信じ無かった、信じはせ  通りとせ  咒語を解かせ  自分一人帰りはせ  口も開かせ  浦は這入りはせ  間に何とかせ  虎に噛ませ  一つだ、若し逃げ出すとせ  斯う思わせ  居もせ  程若返らせ  思いも寄らず、深く取糺しもせ  急に逃げようともせ  相続をも兼ねてせ  秀子へ少しも覚らせ  誰にも巻かせ  居所を聞き、連れて行って逢わせ  約束をせ  手段を廻らせ  揺はせ  相続人とせ  暴風が来はせ  余自ら好みはせ  迚も眠れはせ  余り音のせ  塔へ上らせ  他人を上らせ  余に走り出させ  出没するとせ  為道さんを迷わせ  秘密を話して驚かせ  物音さえもせ  意見を隠そうとせ  鳥巣庵を引き払いはせ  糸で巻かせ  了見なら早速探らせ  室へ持って行きはせ  事をするとせ  判決を下させ  陪審員に聞こえはせ  者だ、と云って聞かせ  秀子に知らせて喜ばせ  爾はさせ  釣り込れようとはせ  噂を立たせ  秀子に驚かせ  是くらい聞かせ  痛みに膨らませ  水でも呑ませ  安煙草で間に合わせ  馬丁に手伝わせ  上をすべらせ  殆ど主人風を吹かせ  ナニ悪事をせ  から悪事はせ  思案をせ  から爾はせ  己も早く聞かせ  何れ思い出させ  留守はさせ  命の取り遣りをせ  から当分同居させ  余を飢えさせて弱らせ  一度突き当たって驚かせ  飢死にせ  境遇は、知りもせ  辺へでも坐らせ  爾なくば到底も這入って来はせ  葉巻莨を燻らせ  工風をせ  短銃を下げようとはせ  貴方を害しもせ  ナニ逃げはせ  彼奴に鎖させ  談判をせ  了いさえせ  面会はせ  住所姓名を聞かせ  から住所姓名を聞かせ  疑いを掛からせ  名を指されて痛く驚いたが強いて空とぼけもせ  封をさせ  介抱などさせ  分析させ  水を注いで呑ませ  逃亡はさせ  繰返し繰返して云い聞かせ  禍いが残りはせ  事に成りはせ  方法を聞かせ  利殖させ  余には振り向きもせ  見劣りはせ  様に生れ替らせ  生れ替らせ  公にさせ  毛を悉く枯らさせ  立優らせ  言葉に引き合わせ  一通り聞かせ  薬を、怯みもせ  者を愛せねば宜ったのに、愛しさえせ  復写を作らせ  何所かへ退かせ  複写を作らせ  いま物音をさせ  仆れもせ  汚れはせ  目的です、驚かせ  猿轡を食ませ  振舞いはせ  猿轡をまで食ませ  煙草を燻らせ  秀子を苦しませ  盡させさえせ  極まりさえせ  仕向けをせ  相にもせ  鞍置かせ  彼奴め復讐をさせ  葡萄酒でも呑ませ  目にでも逢わせ  ダレさせ  実見はせ  世話をさせるかさせ  金を払込ませ  装飾品の取合わせ  顔に似合わせ  派手にせ  お世話をさせ  会葬もせ  女だと思わせ  切り売りをさせ  進出させ  画をかかせ  さまざま私に語って聞かせ  情熱を以て語って聞かせ  神聖におもはせ  觀なしとせ  浮き上らせ  水夫長は見向きもせ  皆は又ハッとさせ  モウ一度ゾッとさせ  化粧室に移させ  舷側から身を躍らせ  皆ビックリさせ  一人として誕生させ  物を作らせ  ものだといつて聞かせ  変煙草の煙を立ち昇らせ  実をみのらせ  半分だけ覗かせ  光を仄めかせ  物を築いておりはせ  一人旅をせ  ほとりに待たせ  通へ、聞かしとうもないが、聞かせ  暗澹と、沈ませ  物想わせ  軒端に立たせ  せいか、つかれもせ  伊織に持たせ  朝から母といいあわせ  がさはさせ  石を噛ませ  困苦などは顧みもせ  二人に思い起させ  側へかかえよせ  召使どもにやらせ  狂的にたかぶらせ  わき目もせ  いちど手前が行って急がせ  井水を汲ませ  仲間に拭かせ  ように、見向きもせ  仲間に絞らせ  体を焼かせ  練香をしのばせ  窮させ  身を佇ませ  いつまで、起そうともせ  げんなり気を腐らせ  神経を振ひ立たせ  団扇を取り上げたが、扇ぎはせ  貴方がお困りでせ  妙齡に至らせ  夫人とならせ  心得たか、と語らせ  釧路丸をつかませ  果てしもなく霞ませ  底から感動させ  世態を思はせ  眼をおほはせ  大阪資本を思はせ  のは、あつたりまへでせ  返答させ  われわれを遊ばせ楽しませ  ことをいはせ  司とせ  造営に当らせ  秀吉を驚かせ  変化ないでせ  人をいぶからせ  同感出来るでせ  人後におちないでせ  三度び転籍させ  印象でせ  ポンプをせつせ  僕を助けてくれたんでせ  つたのではないでせ  親でせ  謝罪状を書かせ  謝罪広告を出させ  問題に触れはせ  かまわずさせ  落伍者仲間には触らせ  青物を買うを潔しとせ  さへ起させ  玉子一つ喰はせ  ものを讀ませ  博士はせ  大変背がひくいでせ  うさぎさんは、どんなにうれしかつたでせ  自分に思い込ませ  田舎者と笑われはせ  夜、とうとう吐き出させ  証明書を書かせ  Sさんにお聞かせ  足をくねらせ  シンとさせ  のか、益々せ  彼をたのしませ  掌へ振らせ  御車を拝ませ  ぎてすつかり通じが留りましたので、逆せ  厠に入らせ  目をくしゃくしゃさせ  ざんねんながら、まにあわせ  物や、使われもせ  土をもりあがらせ  さきをとがらせ  実物に作らせ  そのまま終らせ  鼻をくすんくすんいわせ  それをわざわざ思い出させ  労働なりをさせ  何者だかわかりもせ  あとへと払込みさせ  なすを潔しとせ  鼠に食わせ  餌にするので、うんと肥らせ  まま散りもせ  動物を追い走らせ  闖入させ  一つも洩らさず書いて取らせ  そのまま身を躍らせ  ふりをさせ  柔らか味を多少持たせ  ん奥さんば、写させ  なかでせ  写真だけ撮らせ  現像もなさいますんでせ  濡れ乙鳥逢ひはせ  巡回させ  荷打ちをさせ  咽喉管を越させ  粥にして啜らせ  卵を吸わせ  四人に語って聞かせ  荷物を痛めもせ  希望やを表情させ  お母さんに履かせ  物象を輝かせ  方へと立ち昇らせ  ンびに飲ませ  海蔵さんは、せ  菓子を買わせ  んを波うたせ  期待とを抱かせ  偶然行きあわせ  それを美しくさせ  民藝品を美しくさせ  民器を美しくさせ  箱に納められていると聞かせ  疲弊させ  追加させ  依存させ  実用性から隔離させ  二三本もりあがらせ  ポオズをとらせ  顏を出させ  氣づかせ  眞野さん、いいでせ  口角に浮べつつ話して聞かせ  種を見やぶらせ  うぶでせ  失禮でせ  ゆつと尖らせ  それへせ  懸念を持たせ  硯席に侍らせ  はででは御座いませんでせ  からソツプを飲ませ  お父さんと話してたのでせ  親切でせ  三井家から発行させ  後前が狂って、せ  丁重に扱わせ  両親に読んで聞かせ  耳から反撥させ  満足して、お互にいろいろ訊ねあおうともせ  別に穿鑿もせ  時節でもないでせ  芳坊にいじらせ  綾さんはせ  黒土を掬い出させ  陳列を思い出させ  花踊をするとか、せ  筋肉を躍らせ  トランプなら出来るんでせ  歌留多会なんてありはしないでせ  あれこれと思い浮かばせ  気易く許して頂いて、早速写させ  當には分らないんでせ  機會は少ないでせ  ことぢやないでせ  藝術的ぢやないでせ  自ら主とせ  ふりあはせ  人を住ませ  馬も住ませ  一つずつ履かせ  ものと思い込ませ  概念がこうさせ  普及を志させ  零度から上昇させ  決行まで運ばせ  未遂に終らせ  大家でせ  人に書取らせ  文芸はどうなるでせ  西洋的になるでせ  東洋的になるでせ  音信もせ  イヤ口を使わせ  迷いを覚まさせ  平常余り長居はせ  唇に漂わせ  児を生ませ  三里も歩かせ  堀部君を休ませ  あなたはつまらないでせ  書斎がないでせ  けつツぺたあ、どうでせ  あれぢやいけないでせ  地引網を引かせ  腕を躍らせ  面目がつぶれやしないでせ  イヤらしくさせ  溢出させ  硯箱を押させ  髑髏が言わせ  一升買わせ  霞を視せ  休息遊ばせ  真白に立たせ  息子を悩ませ  前に逢わせ  下まで伸ばさせ  紙片に走らせ  肩をわななかせ  膝はみ出させ  石鹸なんか使わせ  函をわざと持たせ  しんと撲わせ  相談に来せ  肩に打たせ  貰い乳をさせ  膝を固まらせ  瞳を静まらせ  身体中をコワ張らせ  おしっこをさせ  洋服をきせて歩かせ  礼に行かせ  かおをせ  これを飲ませ  礼をもたせ  気附いて、わざわざ叩かせ  子どもを抱かせ  水枕をしかせ  円め、びくびくさせ  服薬だけさせ  気にならせ  番号を間違わせ  姿を凝り固まらせ  廻りさせ  波頭を立たせ  経歴談をお聞かせ  一しよに漕がせ  兄きに掴ませ  経験談を致して聞かせ  面上から消え去らうともせ  夢にも云わせ  水など運ばせ  梶どの、ちと待たせ  響を持たせ  臭いだと思わせ  胸を湧き立たせ  方から走せ  道を踏み迷わせ  物音一ツさせ  御用を御欠かせ  人のさまたげはせ  悪戦させ  五六軒も尋ね廻らせ  物を取らせ  親を悩ませ  其男を出して帰らせ  従者に吊らせ  人を困じきらせ  筈にあらせ  其人有りともせ  皆まで云わせ  其座はただ立たせ  笑いもせねば褒めもせ  有でせ  ぶっかけて困らせ  土地が気に入つたんでせ  ここおどき遊ばせ  風に、したらどうでせ  面白い取合わせ  水なと運ばせ  響きを持たせ  茶屋まで、入らせ  秘話を語り聞かせ  嫁によくよく説き聞かせ  窮屈にさせ  端艇出させ  港口浅せ  楠公へでも行くべしとて出立たんとせ  人力に買わせ  胸悪くせ  無気力にさせ  二まいむかいあわせ  色をせ  歩み出づる時、あわただしげに走せ  数なぞよめはせ  それを引き受けてせ  一寸目くばせ  病院から出て行かせ  素裸体にされて立たせ  動悸させ  なぞは見せもせ  たきをさせ  代価をうまうまと支払わせ  お腹を空かせ  今話して聞かせ  周囲がそうさせ  床板にのたうたせ  親方を怒らせ  くねくねとさせ  のではないか、と疑わせ  心持顔をこわばらせ  笑いを漲らせ  媚態を波打たせ  胸を抱かせ  翼をふるはせ  待ち遊ばせ  のは、恰も其の立たせ  尻を撲せ  堪忍して遣らしやんせ  蒲団までもってきて、着かせ  一伍一什を話して聞かせ  無過失責任論を戦わせ  愚なりとせ  矛盾した苦しいせ  丁稚替りをさせ  近海ばかりをせ  免しまつせ  心持ちを起させ  標め飾りをせ  正月松飾りをせ  権利を持たせ  伝承などを語り聞かせ  眼をほそめてまたたかせ  気持をいらだたせ  横にすべらせ  あぐらをかかせ  難儀をさせ  存在をなるだけ目立たせ  みんなをふき出させ  そのままくねらせ  校長は案外まごつきもせ  責任は取らせ  腹蔵なくお聞かせ  運動から手をひかせ  みんなをはっとさせ  からだをにじらせ  まぶたをぱちぱちさせ  意味をふくませ  汗もろくろく流させ  方に走らせ  生徒がせ  彼を一層さびしくさせ  ーん、せ  眼立たせ  気持をもつらせ  逆もどりさせ  何も片づきはせ  上にすべらせ  筋を通させ  事が出てるんでせ  笑顏を見せもせ  足をぴくりとさせ  樣がないでせ  名でいいでせ  ますます有頂天にさせ  お前は間に合わせ  変梃にさせ  私を若返らせ  置いてきぼりにさせ  子供たちがせつせ  變梃にさせ  ことを考へてゐるせ  なつてしまひはせ  臭ひをさせ  芋を掘らせ  鑑定だけさせ  そりをはしらせ  かたわらにすわらせ  そりをせ  お前を死なせ  子は、せ  広間にはいらせ  馬車にのらせ  がまんがならなくさせ  女のせ  おまえをころさせ  おまえにさむいおもいはさせ  ことをすっかり話してきかせ  こどもたちに、あたたかいおちちを出してのませ  槍ヶ岳を忍ばせ  感心もせ  中央線にさせ  ためにわざわざ織らせ  寺内へ踏みこませ  すもせ  闇に忍びこませ  法皇にせっつかせ  人をやって殺させ  人間をあっといわせ  自分の子供たちを殺させ  吹聴もせ  釣殿に住ませ  当代のえせ  寝所を襲わせ  網を引かせ  青侍どもに担がせ  供さして遣られもせ  道中はさせ  瞳を凝せ  嘴を置かせ  景色を見渡させ  馬乗らんせ  馬乗らせ  段含ませ  芸妓はんが通りまっせ  お方、そりゃ早うせ  鍼をお打たせ  叔父さんとも言わせ  的等にも聞かせ  座敷が浮かぬ、お見やんせ  事はないけれど、弾いて聞かせ  ものとて無いけれど、どうにか間に合わせ  炭火を移させ  雫も切らせ  妻は黙って揉ませ  子供達にもさせ  長男に手伝わせ  所へ走らせ  診察もせ  インフレ札で脹らませ  売り物にせ  後をつがせ  横を向かせ  間接にわからせ  歌を唱って聴かせ  名なりせ  其方に向けも得せ  あれ見やしやんせ  空から音もせ  雪が降るでせ  ところが見えていたが、比べ合わせ  段を立たせ  顔を引き立たせ  堰をかよわせ  ために間に合わせ  雑談もせ  下から階段をきしませ  ワザとにそうさせ  カラクリをさせ  差入物を置かせ  みんな支配階級がそうさせ  キッカケを作らせ  点を見ようともせ  強制残業させ  ことを信じこませ  生活が知らずにそうさせ  分担して背負わせ  ように考え、又考え込ませ  解難しとせ  題目とせ  人にいはせ  人を羨せ  物思はせ  西京にて織らせ  啗はせ  岡惚してか、聞きもせ  搆ひませ  花いざ見にごんせ  素行を探らせ  フウビするでせ  綿帽子が、言い合わせ  湯冷めのせ  杉戸をゆるがせ  手伝いなどさせ  これは、なまじえせ  名で呼ばせ  文庫を燃させ  学僧衆三四人と連れ立たれて走せ  鞘を払って走せ  中味を説き聴かせ  山を黒ずませ  跡を偲ばせ  常々文を通わせ  わたくしは走せ  言葉するどく破せ  寺に移させ  腰をのさせ  附だけは知せ  矢鱈に這入れもせ  何うか聞かせ  吉に探らせ  散々谷間田に誇らせ  癖直しをせ  計略を廻らせ  其儘握らせ  遺恨とせ  有はせ  売はせ  客とせ  廓にて勤めせ  頃風とせ  母と少しばかり話しせ  手伝ひなどさせ  払つて走せ  づつ小さな山を黒ずませ  小半時もたちましたでせ  撤回させ  庭へ入りこませ  自由にいわせ  自由に聞かせ  お前からじっくりいい聞かせ  体は動かせ  返事をしようともせ  ことは、どうぞお聞かせ  上様ようこそ渡らせ  毒を盛らせ  邪魔にせ  探偵的興味をつながせ  鉄管ビールで間に合わせ  一つ考え合わせ  貴下を楽しませ  もの同志を掛けあわせ  その頃思わせ  落目にさせ  自分にも言い聴かせ  これはわてに払わせ  名刺を握らせ  大阪へ帰らせ  永引かせ  悟空は動かうともせ  二三遍ビュービューと唸らせ  顔を浮ばせ  フラフラ音もさせ  気持で入らせ  初め本当にせ  女に敷かせ  つて、お苦しいでせ  いつかお知らせしたでせ  観察をさせ  ひねりになるでせ  分りになるでせ  樂しませてくれるでせ  さほどにせ  襟を正しくせ  自動車をとばせ  ピストルを握らせ  模様を語らせ  緑川を連れ去らせ  夫人を連れ去らせ  未亡人を去らせ  鑑定を行わせ  苦心をさせ  意味が含ませ  ピストルを買わせ  稍後へすべらせ  不満に思はれるのでせ  ように漂わせ  細かにふるわせ  室中に漂わせ  後援を願いに向わせ  一つ訊かせ  ここだけの話ですから、遠慮なく聞かせ  背をうねらせ  者はないでせ  鼻先でせ  狼でせ  詩でも聞かせ  ぎよろりと眼玉を輝かせ  雲上に遊ばせ  車内で読ませ  思つたので長く待たせ  幸福と思はせ  者を気味悪がらせ  ガタガタ云わせ  皆を縮み上らせ  若い未亡人に抱かせ  食卓を共にせ  後れもせず先立ちもせ  頬をもぐもぐさせ  責任を果させ  ことをわからせておさせ  ものであらせ  しろには退かせ  手を、わななかせ  手を洗わせ  おしめしあそばせ  手を翳させ  炬火を漲らせ  麓を思い出させ  運転手に聞かせ  奉公もせ  口を見つけて、にい、わすれもせ  こと、よう撫でつけもせ  応対は、ただ今お聞かせ  から、久しくお待たせ  傍を困らせ  口は利かせ  それはさせ  説句を覚えていると、云って聞かせ  人まぜせ  二人ならでは死なせ  そこまでは脱がせ  冬さんが思い出しては、つけてうたって、聞かせ  場所にて呼び奉るを、許させ  毛が生えてはせ  エヘンエヘンとせ  ふいに、驚かせ  血汐をにじませ  背すじを凍らせ  鞭とせ  恥、どうかせ  付け人にさせ  河心へ返させ  帰参させ  俺のさせ  あいだ苦労をさせ  二人が、何と説いて聞かせ  心を翻させ  鍔音をさせ  眼いろを閃かせ  駕を置かせ  粗相をさせ  酒をつませ  うすい鉋屑を舞わせ  欣びを昂らせ  何のかのと、歩かせ  身を破らせ  雨に、洗わせ  条件ともせ  中から其方へ握らせ  とあるでせ  友人に話して羨しがらせ  惡さへ募らせ  上續けさせ  下書もせ  ポケットへ忍ばせ  箱にさわらせ  成もあり、しやんとせ  巣をくひはせ  足おとが聞えはせ  上へ、しばしやどかせ  世といへばほろりとせ  火を借り焼くとせ  ゴーリキイを苦しませ  世界に鳴り響かせ  もの、それでも、気に入らせ  ここまで運ばせ  手帳がにせ  一時見あわせ  それにあたらせ  横に待たせ  口を利かず、振返って見もせ  横でだいぶ待たせ  死ぬ相談じやないでせ  難波から汲み運ばせ  貝類を住ませ  作つて汐をやかせ  バスを止めて待たせ  あなたを思はせ  ほんとでせ  辺までは来ないのでせ  ひともあるでせ  穿鑿はせ  京へのぼらせ  夫婦でございましたでせ  主上渡らせ  後に歩ませ  つて音もせ  おだやかにお聞かせ  事にもなるでせ  手伝ひさせ  ところがございましたのでせ  事でございましたでせ  召取らせ  ちよつと尖らせ  頬に走らせ  ものでございましたでせ  家をどしどし取毀させ  旗をひるがへさせ  勢力もございませんでしたでせ  次の間より連れ出させ  者たちにも知らせ  様子で、そのせ  連れかへらせ  賢明かと思ひますが、どうでせ  敢へて多しとせ  しろではなかつたでせ  はじめから作り直させ  襖絵を調べて来させ  お作りになられ、もはや押しも押されもせ  河辺に運ばせ  院に於かせ  お方たちも呆れてゐるでせ  将軍家を怒らせ  やうです、とにこりともせ  船を浮ばせ  お変りになりましたでせ  打折らせ  石階に近づかせ  ぢ抜かせ  魚田に致させ  誰かにおさせ  倚掛らせ  話を致させ  久しぶりで飛んだ喜ばせ  参をせ  間も置かせ  託も聞こうとはせ  それを着られもせ  ようござらっせ  襟を引合わせ、引合わせ  刻から、たばせ  分で居さっせ  差覗かせ  和尚に聞かして下っせ  かいをさせ  思を通わせ  落胆を繰り返させ  蚕を思わせ  顔を寄せ合わせ  奮ひ立たせ  あいだに二つの寝床を敷かせ  ここに泊まりあわせ  方には思わず吹き出させ  純金とにせ  小箱をおろさせ  不思議なはちあわせ  海上生活を思いださせ  漂流させ  真相を話させ  名前を訊きたがつたり、やきもきなさらずには居られないのでせ  考慮を廻らせ  先からは消えはせ  罪を犯してゐるのでせ  お前に聞かせ  黒白をつけて呉れるでせ  絶頂から脚を踏み滑らせ  花弁を飛び散らせ  妙さん、重いでせ  お酒を持つて来て飲ませ  今夜も、これから聴かせ  ようにもなれるでせ  はつきりと見へるでせ  まぶたをうるませ  二人はせ  香をにほはせ  あれ、ほんとにあたるでせ  眼をしばしばさせ  傍目もせ  ことを、思い止まらせ  昼寝もせ  一つも見られはせ  窓悉くあけ放ちはせ  始とせ  しろ取らせ  のかほばせ  間に立たせ  白鳩飛ばせ  目を廻させ  苦しからずは聞かせ  母はかほばせ  物食はせ  我頭を持たせ  おもりを持たせ  金槌をひびかせ  高ならせ  體系に統べんともせ  狂はんとせ  天命を信ぜんとせ  フランスに學ばんとせ  懼れはせ  ぼくたち子どもに、なかなかさわらせ  さざなみ立たせ  つけ通りやんせ  お菓子たくさん食べしやんせ  鳩やさしくせ  木挽に挽かせ  筆にせ  清十郎に悟らせ  我邦未来の文学をいかにせ  底まで究めようとせ  針に遊ばせ  わたくしに読ませ  態度に、ぞっとさせ  字型をせ  推摩居士を歩かせ  全然振動を、起させ  運動錯覚を起させ  識別を失わせ  曝露させ  錯視を起させ  廻転までもさせ  誰かに聴かせ  割引もせ  耳を引張って聴かせ  股が裂けるでせ  其通りでせ  のでは無いでせ  彼を召捕らせ  路が悪いでせ  言つたでせ  手がよごれるでせ  歩くんでせ  探偵小説にせ  サンザ首をひねらせ  東京見物をさせ  犯罪をさせ  為に度々見せたり持たせ  犬のごとく従わせ  脚下に拝し跪かせ  立山が聞かせ  神つどいにつどわせ  横穴を発いてまで、捜させ  煽りもせ  短銃を持たせ  そこにも保たせ  手術もさせ  鳥籠を下ろさせ  谷川を見張らせ  版下を彫らせ  口をゆがませ  陰女に会わせ  さを聞かせ  粗相があっちゃならねえと思って断らせ  しゃるじゃござんせ  成無かりせ  淵既にしかりとせ  数へられもせ  本とせ  区域を広くせ  字余りにするともせ  承知致し説き聞かせ  眞淵既に然りとせ  詩集か讀ませ  びたゞしく數へられもせ  字餘りにするともせ  ノートで間に合わせ  あたりにただよわせ  お手伝いにてつだわせ  部屋にはいらせ  けがなんかせ  男はへんじもせ  客をとまらせ  ホールも、おくればせ  ちょっとうかがわせ  さいそくさせ  腹にさせ  トーマスは、ふりかえりもせ  体にさわらせ  ものをさわがしたくないから、まにあわせ  よういをさせ  とき口をもぐもぐさせ  ガスをふきださせ  さるぐつわをかませ  食物をとらせ  やつとさうさせ  文字通り舞台を燃え立たせ  小さな水先ボートをひかせ  厳重にさせ  番をのぼらせ  さをはからせ  みんな起させ  非常警戒をさせ  二人ものぼらせ  蒸潜水を、ごくごく飲ませ  かわりに、せ  おなかは、すかせ  一方をとがらせ  みんなを喜ばせ  皮膚から水分をすいこませ  汗をしぼりださせ  魚をはき出させ  人間をこわがらせ  伝馬船につませ  英文で書かせ  木にぬったり、しみこませ  筆で書かせ  帰化人に読ませ  おみやげにして喜ばせ  札をつくらせ  帰化人に書かせ  みんなで飛ばせ  あぐらをかいて、聞かせ  ひつじを飼わせ  首につけて、飛ばせ  げをぴんとさせ  櫂をしわらせ  連中をよろこばせ  刃物をおもはせ  六さんにさわらせ  發憤をせ  家業を継がせ  もう一度見合いをさせ  發明榮えせ  疲れたおれをよみ返らせ  朝廷で写させ  血眼にさせて遊ばせ  ものになり終せ  商業学校に通わせ  部屋に坐らせ  虫にまでも知らせ  任務が、はっきりさせ  虐殺を想い起させ  足取りをさせ  中にとどまらせ  空間に遊ばせ  子供にも讀ませ  順應させ  子供達に向って語るとせ  子供に担がせ  花のように反り返らせ  小田島に剥がさせ  光線に煙らせ  隅々に持たせ  以上夜更しをせ  眼を瞬かせ  息を引かせ  趣味を棄てて後れ走せ  手を加えんとせ  ひじをもたせ  懲もせ  まま動こうともせ  整頓させ  めしを喰わせ  二人とも起き上って、カタカタ言わせ  卵を生ませ  スリッパをはかせ  とめもせ  習慣が、そうさせ  知識人を思わせ  実務家を思わせ  気持ちが、しだいにかれをおちつかせ  時間を持たせ  それにとりかからせ  かたを余儀なくさせ  仕事を手伝わせ  何ひとつ指図をせ  ところまで行かせ  自分をまごつかせ  室を出ようとせ  人を面くらわせ  ひとまず物を言わせ  最後のものであらせ  タオルにふくませ  何度きいてもあかせ  入塾させ  ぼくに読ませ  経営させ  十分ものを言わせ  汚名を負わせ  切迫を思わせ  感情を波うたせ  根をはやさせ  ことにして、動かせ  通りにいたさせ  それをためらわせ  青年指導について、せ  どこでもさせ  まり気をもませ  ように喜ばせ  バスを走らせ  落付けさせ  やうにいつて聞かせ  綱をつなぎあわせ  絵にも書きあらわせ  海軍さんだけは、さすがにしっかりしていて、そうあわてもせ  応答信号を受けようともせ  笑いだしもせ  望月大尉と打合わせ  全速力でとばせ  意見をいわせ  拳をぶるぶるふるわせ  手伝いだけは、させ  彼とよく打合わせ  山岸中尉をひじょうにおどろかせ  怪事件とを結びあわせ  先へはいらせ  連絡にやらせ  ひびをはいらせ  無電連絡をとらせ  東へ走らせ  全員を急がせ  所員に持たせ  野原を楽しませ  彼を焦ら立たせ  自責とを燃えたたせ  験にせ  これを撃たんとせ  巡査を追い廻しなどせ  誰かに話して聞かせ  心に掛りてとつおいつせ  張り回らせ  奉公をせ  見せ物にせ  悪戯をせ  揺かして見たれど少しも身じろぎせ  中を探らんとせ  これを待たせ  居眠りせんとせ  これを持ち帰らんと思い、持ち上げんとせ  休息せんとせ  者なくていかにせ  堀を取り廻らせ  ヤマハハに食わせ  了ったら、せ  借手のつくまで、耕させ  道路を開かせ  工場でせ  手前達にせ  楽書はせ  おいでなさりはせ  御仁とも見受けはせ  空車を曳かせ  狂人は、突飛ばされず、打てもせ  学問をこそ遊ばせ  夜あかしに立たせ  瓦を睨ませ  ことさえさせ  事なれども、せ  ポチに噛ませ  タマに噛ませ  牛に踏ませ  鋏を借せ  月がさしたら泣くでせ  屹度眺めて泣くでせ  心はどんなでせ  咄して聞かせ  恩は返えせ  貸し売りせ  ムリを云ったら、やっぱり飲ませ  諸君を怒らせ  単眼鏡をきらつかせ  彼らを怒らせ  ヒステリーにさせ  位置にかえりもせ  周囲に走らせ  地球へ帰らせ  盃を握らせ  空間を走らせ  妻帯者を乗り込ませ  予感を起させ  担当させ  市を駆らせ  あたりまですべらせ  まま降りようともせ  解決するに至ったかを語り聞かせ  陰謀を企ませ  無理やりに運ばせ  お父さんに叱られはせ  象をおこらせ  焦点になっては全くやるせ  年をとらせ  云つたが、しかもすぐ起ち上らうとはせ  貴方、可笑しいでせ  涙顔を拭きもせ  窓を際立たせ  嫌たあ、いわせ  病人には、聞かせ  封金をにぎらせ  何かふくませ  月釵をかがやかせ  中から這わせ  一生涯孤立は避けられもせ  惶てもせ  思いがさせ  ような過をせ  面倒がりもせ  葉を利かせ  手一つ貸そうともせ  一升壜を持たせ  時もあらせ  方へと起ちあがらせ  殆ど自意識を持たせ  ものを放とうともせ  翁に語らせ  人の好んでせ  気分をただよわせ  梢を茂らせ  笏を捧げて立たせ  同宿をさせ  女児を生ませ  厳格に、守らせ  面影とを見較べて、身じろぎもせ  反映屈折させ  転覆もせ  憑させ  そこから推移発展させ  微笑を含ませ  ようになるまでを、幼いなりに余り歪められもせ  似合もせ  自分の遣らせ  海面にひっくり返りもせ  自然であらせ  迷路をおぼつかなくもたどらせ  神経質を思わせ  老母に読ませ  打切りもせ  新にさせ  蓮座を軽く踏まえて立たせ  光を放って立たせ  のに解けもせ  夢を見たと云って話して聞かせ  特に指定して持って来させ  ちょっと吃驚させ  女を数多侍らせ  引捕へて動かせ  海風に吹かせ  父母に背かせ  乱髪を逆立たせ  二三人、抜き合せもせ  一泡噛ませ  膝を崩させ  馬十に与へて弄ばさせ、遂には打殺させ  如何はせ  づ此方へ入らせ  返答すら得せ  動かむともせ  身に代へて斬らせ  黥を躍らせ  賃して刻ませ  扇をパチパチいわせ  アパートから追いだされてしまったけど、うるさがらせ  ひとをこんなに待たせ  立止らせ  奥底を揺がせ  箱を見とほすのでせ  クロだけで、うまくいくでせ  練習でせ  合図でせ  猫を、どうしてつかまへたらよいでせ  クロに気がついたのでせ  はいつたのでせ  家なのでせ  どこにゐるのでせ  クロはどうしてるのでせ  薬をどうするのでせ  黒猫にくはせ  れんらくをとらせ  なにごとがあるのでせ  から、かつてにさせ  眠つたのでせ  考へこんでるのでせ  端を入り違わせ  可愛い盛りで死なせ  姉に背負わせ  椅子を持って来て坐らせ  兄とつき合わせ  声を少しひそませ  杜断らせ  枝は折らせ  こっちからは乗出させ  ご馳走をしもせ  背に敷かせ  ちょっと歯茎を覗かせ  おいでになりもせ  歓楽を忍ばせ  土岐は起きようともせ  床下に張り込ませ  全部自白させ  幹をゆるがせ  運命を共にせ  方向を取りつつ、息みもせず振返へりもせ  ものであらうともせ  文化と共にせ  自在にせ  技師長かだったでせ  げを剃らせ  大分被害者があったでせ  舌とをぴちゃぴちゃいわせ  昂奮もせず周章てもせ  ものにあらずとせ  こと前陳の如くなりとせ  憶測を回らせ  大丈夫なんでせ  ことを繰返させ  気分をくすぶらせ  幻を醒まさせ  悪寒を抱かせ  相手をもどかしがらせ  悸はせ  相手にもどかせ  気分を起させ  小鼻をうごめかせ  さへ厳しく坐り直させ  やうな思はせ  安値に遊ばせ  毛孔ひとつおろそかにせ  眉ひとつ動かしもせ  闘志をふるいたたせ  勉学させ  辞退させ  ところに有りゃせ  新聞社などお止しあそばせ  女中部屋で休ませ  鼻薬を握らせ  お酒でも、買ってきて飲ませ  女中なんかはさせ  図にのって、こまかくせ  持参金は持たせ  医者らしくさせ  私が酔わせ  地上に倒して見向きもせ  表向きにさせ  恥をさらさせ  筈だからと、飲んで踊って酔わせ  泥酔させ  全てを切なくさせ  書生尠しとせ  種甚尠しとせ  正確は既に得たりとせ  足跡の通ぜざるなしとせ  それ知り易しとせ  んのみとせ  真実ならずとせ  以て信ずるに足るとせ  こと尠しとせ  発行を見合すべく余儀なくせ  仲間も、爾来は押しも押されもせ  湿気を含ませ  のを快しとせ  賤しとせ  柄を一度握らせ  においを嗅がせ  右手を差出させ  兇器を差し出させ  常識を得せ  あられもせ  知らせもせ  遁しにせ  焼酎を呑ませ  事を与にせ  其意味を解き聞かせ  それで間に合わせ  暦をずらせ狂わせて間に合わせ  子午線測量を行わせ  しか発展はさせ  デカルトを困らせ  気化させ  墜落衝突させ  童顔に浮ばせ  ポコちゃんに答えようともせ  ほうでも、あえて突っ込んでとがめようとはせ  ビリとさせ  青公卿どもが懲りようとはせ  邸へ入り込ませ  大先生へもたらせ  口端に漂わせ  代官松は捕えようともせ  四辺など見廻そうとはせ  大変だ、どうでもこうでも逃げおわせ  逃げおわせ  浪人者につけられているとは感づきもせ  傘をさそうともせ  月の光にキラつかせ  素破抜いて、斬ろうともせず、突こうともせ  体をこごませ  物をいおうとはせ  紋也を驚かせ  ほうを見ようともせ  月の光に染められもせ  心へ燃え立たせ  ために立ち去ろうとはせ  仕事はさせ  力量を計ろうともせ  ソリは打たせ  さがって逃げたと思わせ  肩をグッと怒らせ  祝賀物をやらせ  鬼神天狗物をやらせ  争い物をやらせ  何から何までやらせ  そうにはみ出させ  身体をもじもじとさせ  心とを渦巻かせ  涙を充たせ  左内は取り乱そうとはせ  屋形船を浮かべて漕がせ  際仲裁をしようともせ  議論を戦わせ  ボッと膨らませ  頓着をせ  間者として入り込ませ  軽快にさせ  今度はすぐに飲もうとはせ  顔を引っ込ませ  影がささやきもせ  場所をいわせ  ピリつかせ  間で遊ばせ  こちらへ寄せて来ようとはせ  先を走らせ  血路をひらかせ  返辞を投げつけようともせ  救いにはせ  あんた平気で乗れるでせ  顔を見るでせ  者には思わせ  きらきらと輝かせ  考えで、やらせ  ことを申させ  忌憚なく言わせ  一般人民殆ど肉食をせ  穢れとせ  耕作をせ  心に富ませ  際に於かせ  市人を困らせ  神輿を舁かせ  自宅へ来て読むというならば読ませ  訪問して読ませ  茶も飲ませ  鰻飯などを喰わせ  肌を寒うせ  上手に作らせ  水屋棚を作らせ  早打ち駕を打たせ  挿話でよろこばせ  山門を色めかせ  死神にひかれて歩かせ  座間はただ、さも思わせ  カークは思わせ  使者を乗りこませ  一歩も退かせ  なかで、どうして知りもせ  怪奇をおもわせ  言症を聴かせ  症状を起させ  ものは苦しませ  散光をにじませ  力に従わせ  野心を燃え立たせ  二字をかぶらせ  頭にうかばせ  インクをふくませ  身をうかせ  先をすかせ  ビクともなせ  一寸でもひたらせ  意識しようとはせ  泡をただよわせ  台へと急がせ  書を読ませ  姑く顧みずとせ  物質のへりもせ  加はりもせ  擾乱させ  凝りもせ  折竹をそうさせ  録音をさせ  釣り納得させ  様子をみるといきなり言い紛わせ  髭を硬ばらせ  映画などを観せ  奴だと、一度打ち込めば飲ませ  僕は屈しようとはせ  動揺をおこさせ  耳目をふるい戦かせ  チラ付かせ  樹を運ばせ  しかし、もうすこし書かせ  あなたに無理矢理にお読ませ  明瞭にさせ  のを散らばらせ  私を侘びしがらせ  音ばかりさせ  花をぷんぷん匂わせ  何も罵ろうとせ  私は立ち止ろうとはせ  こっちからは見えなくさせ  それを吸おうとはせ  何んにも知らせ  視線をさまよわせ  背中を向き合わせ  デッサンだけで終らせ  もっと大きくせ  髪の毛をくしゃくしゃにさせ  彼女に聞かせ  一そう増させ  私たちをほっとさせ  ことをいろいろと蘇らせ  面接させ  陰をひそませ  成長に役立たせ  糸で引っぱって躍らせ  咆えもせ  出来事を思いださせ  儀でもござんせ  誰がやっても見向きもせ  大変でがす、起きてくらっせ  追憶させ  ように、疲れ、鈍らせ  ロイド眼鏡をひからせ  顫えもせ  儀仗兵も休ませ  単純化をももたらせ  矢張因果法とせ  別世界視せ  必要とはせ  騷ぎもなく至極ひつそりとせ  頭を落つかせ  來るで御座んせ  生々とせ  らぬでは御座んせ  横にして振向ふともせ  此處を探させ  さ先させ  袖をもしぼらせ  ためになりはせ  余計にありはせ  ソレでせ  近来宿題をやらせ  混用させ  変改をせ  圧伏させ  光耀させ  触発させ  雨具を持たせ  提灯をかざさせ  甚吉が払わせ  誰かに頼んで殺させ  伊八を殺させ  熱情を忍ばせ  機構に亙って入りこませ  摘発を行わせ  発心を得せ  視聴を驚かせ  キリとせ  突きを喰らわせ  身をあやまらせ  五百も喰らわせ  指をさし入れて、もぞつかせ  次第を話して聞かせ  ようにちらつかせ  さやさやとそよがせ  頭を抜けださせ  女をすっかり惚れこませ  わしに食わせ  場所へ坐りこませ  たんといわせ  一挙にふるい立たせ  身をにじらせ  枕につかせ  肩をならべて歩かせ  足もとを見やりもせ  雪をさえちらつかせ  靴下でもお穿かせ  光をちらつかせ  陋とせ  ハンカチを覗かせ  肩をお揉ませ  気をつけあそばせ  女中に言わせ  執着し、言わせ  者に葬らせ  柳沢がどうもせ  水仕業ばかりさせ  冬なかばに、またありもせ  私を忍ばせ  一人で起とうとせ  給侍をさせ  山野などを、あっといわせ  鼻をあかして、あっといわせ  桑田君などに、大いにやらせ  杉野などにも読ませ  番頭はさらに話して聞かせ  それらは随分くわしく話して聞かせ  心楽しませ  カゼをひかせ  目印を持たせ  目印に持たせ  荷造りさせ  金三郎様が、お取りなしせ  主人に仕えもせ  厭とは云わせ  感想をいだかせ  ように思われ、思わせ  期待を抱かせ  多く買わせ  あたしに叩かせ  枝に言わせ  枝に生き残らせ  枝を死なせ  蒲団ひかせ  平生考えもせ  復活して新しくせ  草でもあったら、取って来て喰わせ  馬を遊ばせ  寂寞を訝りもせ  顔をにたにたさせ  住居もつくらせ  私を嘆かせ  ために訪れはせ  硬直をも来させ  門内へはいらせ  日本間を歩かせ  色を透かせ  ゆびにとげいたみ、せ  ハーハー息をはずませ  母親を困らせ  うだつていいんでせ  使つていらつしやるんでせ  百姓ぢやないんでせ  違はないんでせ  同感を持たせ  断食をさせ  お待ちつて、出掛けたでせ  己れを偉くさせ  一つ歌でも聞かせ  首を引き込ませ  芸妓を侍らせ  決つたでせ  から話にならないでせ  行つたでせ  十時頃でせ  猛烈になるでせ  彼も持つて行かせ  棍棒を握らせ  構はふとせ  別に殺しはせ  残りをこびりつかせ  侵み出させ  他人に読ませ  批評させ  ここから連想させ  通用範囲をハッキリさせ  タタいて凹ませ  びり/″\動きもせ  禊ぎを要件とせ  盛んにせ  ふところからではなかつたでせ  ことを疑はせ  變化させ  胸を痛ませ  畫を役立たせ  部分ではないでせ  玉を買って来させ  妻にするからと云って、一旦引き取らせ  錆つかせ  手を当てて、黙らせ  トラックを待たせ  トラックを急がせ  粘土で造らせ  セルロイドで造らせ  物識りになんかさせ  ぼんやり長生きさせ  夫を突き進ませ  露でたいへんでせ  身を噛ませ  紡錘でつついて怒らせ  蛇に噛ませ  毒蛇に噛ませ  自身を噛ませ  癇を昂ぶらせ  船繕いをさせ  介抱して帰らせ  足を付けて見張らせ  お気が付かせ  諫めもせ  暇乞いをせ  別れをせ  轡を噛ませ  事じゃ御座んせ  全身をわななかせ  与一は悪びれもせ  加増して取らせ  同情がそうさせ  きょうから奥小姓にして取らせ  所持金の受取りをさせ  上陸をせ  独房でさせ  それを腐らせ  口は聞かせ  ウィスキーを思う存分呑ませ  官邸へ連れて来させ  観客を驚かせ  感じも起こさせ  思慮もせ  無念がらせ  感激を起こさせ  雪になぶらせ  終日攻めよせ  AllegroMoltoを思い出させ  ここかしこに漂わせ  食物で頬張らせ  声をかけ合わせ  四人は思わず言い合わせ  雪崩にも打たせ  漁夫たちはそうはさせ  感じをひき起こさせ  君は、振り向きもせ  やつさなんとでも言わせ  晴れ晴れさせ  君はまたたきもせ  うそをいって困らせ  湯気もたたせ  仮装あそばせ  歩きあそばせ  おすすめあそばせ  巴里でつくらせ  ききあそばせ  ことにかかりきらせ  小さな壺をださせ  人たちよりも、よっぽど優せ  前を去ろうとせ  牛乳を飲ませ  握り飯を持たせ  一室に住ませ  土蔵へ行かせ  側ちかく坐らせ  部屋へひきとらせ  木戸を下させ  下駄をださせ  狼に噛み殺させ  噂を生ませ  妹御にお目にかからせ  人々にお会わせ  行李をつませ  ゆっくり中身を拝ませ  一夜マンジリともせ  小一時間も待たせ  母を返らせ  動静をさぐらせ  クロロホルムをかがせ  行李をとりに走らせ  飛龍座へ行かせ  ヤスがそうさせ  就寝したとせ  多くは刻々にそのふくらみをゆるませ  半ば綻ばせ  唇を少し綻ばせ  心の落つきを失はせ  のを、さうはさせ  顔をてかてかさせ  野路を走らせ  口もとをぴくぴくひきつらせ  虫はせつせ  豊熟させ  一つ聞かせ  馬鹿者扱ひされたのでせ  寒空にあかあかとかがやかせ  呼吸をひそませ  そつと沈ませ  すつかり取逆せ  葉をかがやかせ  蘇生らせ  曲つたものでせ  旅に上らせ  婢を走らせ  俺がなおさせ  三度目に直させ  ところで直させ  みをさせ  身辺に侍らせ  洋行前に孕ませ  から怖れはせ  庭木を頼まれもせ  仲間を怒らせ  内儀に会わせ  廊下へ立たせて見張らせ  身を隠させ  ヒマをとらせ  当家をまもらせ  料理に立働かせ  美女を侍らせ  勝ち方をせ  全てよみがえらせ  一人占めにさせ  キンをひきとらせ  甲板へよびあつめて坐らせ  少年たちをおどろかせ  半々位でせ  朝はお早いでせ  解釈して聞かせ  小作にさせ  背に負われてにこりともせ  血を泡立たせ  旅客に話して聞かせ  意匠をさせ  妻には言って聞かせ  関係に就いて詳しく話して聞かせ  かけを話して聞かせ  ものに起こさせ  やつにしたくさせ  吉左衛門をよろこばせ  路頭に立たせ  一番火入れなどをさせ  祭礼までには間に合わせ  お前さまも大きくならっせ  婆さんをよろこばせ  何も知らっせ  話なぞを聞かっせ  ゆっくりしたくさせ  慶事を一層楽しく思わせ  高張だけにせ  気がつかっせ  鏡台に向かわせ  民を引き合わせ  一人を発たせ  鶴さまは覚えがあらっせ  調子で話し聞かせ  人たちをうらやましがらせ  髷に結わせ  村じゅう軒別に配らせ  お前さまも聞かっせ  友だちを慕わせ  人を慕わせ  男だけを帰らせ  草までよくむしらせ  あれにかつがせ  寿平次をよろこばせ  妻に握らせ  佐吉をほほえませ  霜かと思わせ  七郎左衛門をじっとさせ  袴を持って来させ  先祖さまが引き合わせ  ことを悟らせ  役人に抱かせ  先例を開かせ  階下から女中に運ばせ  病気全快を祈らせ  大橋から神酒一樽を流させ  寛斎をよろこばせ  一艘造らせ  蕃書は禁じて読ませ  任撰を行なわせ  技術を学ばせ  屏けられ、すわらせ  通弁に言わせ  家督相続もせ  港を開かせ  一宿させ  何にかはせ  香蔵をよろこばせ  風呂でも焚かせ  用意なぞをさせ  和解をさせ  二本書かせ  民をよろこばせ  出勤させ  わたしがよく説き聞かせ  わたしにもすこし織らせ  手を放させ  床につかせ  皇女であらせ  一肩入れさせ  粂をおぶわせ  雀躍させ  変をも知らせ  ことをも知らせ  庭で休ませ  座蒲団を敷かせ  半蔵をよろこばせ  けんかもせ  あとから運ばせ  佐吉に手伝わせ  半蔵に聞かせ  馬籠を立たせ  下男に送らせ  諳誦させ  償金を払わせ  半蔵をまごつかせ  利刀を持たせ  部屋に連れて来させ  花匂はざりせ  逗留を余儀なくせ  半蔵には学ばせ  考えでやらせ  時に生まれ合わせ  伝馬役をいばらせ  父吉左衛門をよろこばせ  龍体を危うくされ給うまいと慮らせ  此彼あはれがれども一人も返しせ  歌の返しせ  何かはせ  ゆあみなどせ  歌は常にせ  貝ひろひしもせ  急ぎしもせ  ものもいはせ  志をばせ  かばとほくかなしきわかれせ  三目置かせ  四目置かせ  陶器をやかせ  分家もさせ  仕事に当らせ  みんな土にすわせ  人々をうならせ  数名侍らせ  人々に思わせ  よびすてにして怒らせ  下に坐らせ  刀をきらめかせ  戟を閃かせ  呵責に遇わせ  仙人でせ  霞に紛れたのでせ  枝を鳴らせ  つてしまつたのでせ  父母に痛い思ひをさせ  志でせ  決心でせ  指導させ  粥食わせ  それをひかせ  三港を開かせ  類などは惜しまず握らせ  カッパを取り去らせ  三十分も待たせ  大金をなげうたせ  市場を開かせ  彼ら自らを語らせ  駐在いたさせ  人々をよろこばせ  外国軍艦から上陸させ  海岸にかつぎ出させ  ものを並べて間に合わせ  地に住みつかせ  時計館へ移り住ませ  ものを失わせ  私には会わせ  別室へよんで、いくらか握らせ  ため女房にだけ会わせ  別に誰に隠しもせ  食ひさせ  余裕とを得せ  周囲から孤立させ  駒守はそうせ  のをきくと、ハッとせ  用心なさんせ  祖父を来させ  口調で話して聞かせ  峡谷のせ  身の毛を総立たせ  制服を脱がせ  筋をふるはせ  気に病ませ  匐はせ  筆記をさせ  突き出し唇を尖らせ  大江さんでせ  顫ひ立たせ  トランクから取出させ  赤羽から国へ発たせ  布地を歪ませ  酒に酔わせて語らせ  小僧に住みこませ  清に孕ませ  小僧にださせ  店を持たせ  学問もさせ  手綱をとらせ  身請けはさせ  一パイ飲み屋をやらせ  倉三を走らせ  膝をピッタリつき合わせ  借金でようやく間に合わせ  ようすをせ  肺炎にさせ  紅なのだと思わせ  印象を思いおこさせ  不安をもたらせ  ベルが鳴り出したきわどいせ  解釈してゐるせ  顔を赤らめもせ  微笑を催させ  小屋へ戻らせ  井戸屋を待たせ  石を持たせ  底をさぐらせ  実家へ向わせ  学業につかせ  ように仕向けて割らせ  時田にわらせ  時田をふるえあがらせ  一人を酔わせ  屍体があると思わせ  足跡を目立たせ  昨晩云って聞かせ  時も被らせ  水害を蒙らせ  人があるでがせ  譯です、さうでがせ  流離顛沛させ  買ひませ  狂亂させ  今日堤防を築かせ  立會はせ  其堤防を築かせ  人民を困らせ  つて困らせ  應じさせ  譯にはいきませ  ホロリとさせ  品物を贈って見舞わせ  のをひかせ  村人をアッと云わせ  警戒もせ  国府津から人力車を急がせ  オレのせ  ラジをはかせ  光沢を浮き出させ  不幸にせ  部屋中にみなぎらせ  表情で歪ませ  所望致されはせ  見事にだましおわせ  福助頭をうなずかせ  のを、敷かせ  島にして聞かせ  午後、我がせ  まま、うごきもえせ  腰を休めなどせ  のを待たせ  七カ月分も滞らせ  田方氏を悦ばせ  奇蹟を行わせ  涼しい板の間を思い浮ばせ  葡萄酒をとって来させ  気分を沈ませ  誰にもさわらせ  友を待たせ  友を帰らせ  道子を噴き出させ  耳も借せ  泣声ふるはせ  銘を彫らせ  所有心を起させ  事務に終らせ  お前には分らせ  方も見ようとはせ  以来一睡もせ  顔を益々明るくかがやかせ  テンマツを偽らずきかせ  他人に使わせ  何ものたるかを解して来られたでせ  手伝をなさるでせ  僕がでせ  てるとお思ひになるんでせ  鼓動がでせ  つて召上れるでせ  目をむしゃくしゃさせ  サッサッ音をさせ  事がなくて、そんなによそよそしくせ  家にいるとせ  話を引っ込ませ  思いを通わせ  我に起させ  ことはよくせ  意義を含ませ  人々心をあはせ  死かく早からざりせ  敷藁となさせ  面を見あはせ  匿さんとせ  息絶えんとせ  鐡鉤に噛ませ  群犬はせ  物にあはせ  とらへざりせ  我を連れんとせ  才を時めかせ  權衡を失はせ  何時に至るとも然せ  舌また何ぞよくせ  調にあはせ  我をいそがせ  者なりせ  己にかはらせ  縁にすわらせ  われ身をかへせ  はんとせ  和親を固うせ  妄りにせ  守護神とせ  群を離れてはせ  ひとまとめにせ  飼主に呼ばれもせ  羊皮を得せ  命を延べんとせ  圖をあはせ  舌を冷やさせ  日なせ  ため當時かくよびならはせ  怒り恨みを結ばせ  内攻させ  女中にはらませ  それを諌めて思いとまらせ  私情をはなれてお尽しせ  決意をひるがえさせ  約束を結ばせ  コマ五郎は悪びれもせ  皆様をハラハラさせ  車夫に会わせ  イトマをつげたが、待たせ  ハンコで間に合わせ  散々人々をハラハラさせ  物をつくらせ  棺桶をつくらせ  三造を弱らせ  車賃も払わせ  二階中掃除させ  三造に読ませ  新聞も読ませ  指を硬くこわばらせ  三方に高く積ませ  上に来させ  掌に握らせ  水の飲ませ  意味するとせ  伴れて行かれやあしないかと思ふんでせ  心配なんでせ  家並なんでせ  這つて居るのでせ  街なんでせ  初めたでせ  私は居るんでせ  鍵が預けてあるんでせ  心を清くせ  盛大につかみ取らせ  オタキに惚れて、せ  三時間ももませ  角平が口をとがらせ  余ももませ  隣室が空いていたから忍ばせ  屏風に造らせ  渡世を営ませ  民に抱かせ  薪炭ややせ  関所とを護らせ  髭まで剃らせ  総髪にゆわせ  みんなまで言わせ  万民塗炭の苦しみを救わせ  民の言い合わせ  民をほほえませ  正香をよろこばせ  一室にすわらせ  わたしに飲ませ  娘に語り聞かせ  ことなぞをも語り聞かせ  娘を楽しませ  ところに休ませ  あなたからもよく言って聞かせ  白無垢をまとわせ  からだに風でも引かせ  清適に渡らせ  機嫌よく渡らせ  平兵衛参上いたさせ  いずれも言い合わせ  根本をゆるかせ  それを切り出させ  ことだと語り聞かせ  画工にえがかせ  趣味を超えて、何一つ与えようともせ  京都建春門を開かせ  これを着かえさせ  格子戸口に待たせ  膳をはこばせ  増上寺あたりから頭を剃らせ  一人をして言わせ  活力をひそませ  自作農として暮させ  血を流させ  身体を動かせ  膳につかせ  問はず語りに聞かせ  肩を戦かせ  胸を疼かせ  陣中に忍ばせ  ただちに寝床をしかせ  解体させ  黄金を背負わせ  閣下を立たせ  鬱散させ  充實させ  足を擦らせ  下におよぎもえせ  カンカンに凍らせ  屋外まで抱え出させ  右半身をうつ伏しにもぐり込ませ  生殖させ  者を縮み上がらせ  バリバリに凍らせ  朝まで巻かせ  火だけを、時々明るくさせ  傘がさせ  こと待たせ  白羽の矢を立てられはせ  もやもやさせ  鞭にしてしまわせ  遊びたわむれて、なかなか飛びつこうとせ  全部を繰り返させ  僕も泊まらせ  ますます悪く、腐らせ  あんたに愛させ  ことばかしさせ  男性に持たせ  ボーイ長をいらだたせ  どもを飛び上がらせ  ことを、ハッキリ飲み込ませ  目だけをパチパチさせ  コーターマスター四人をも起たせ  芸者買いをさせ  ことにしようと、言い合わせ  足をピンピンさせ  負傷はさせ  鼻水を凍らせ  遠慮などせ  女郎買いもせ  筆を、渋らせ  燃え立たせ  自分によくいって聞かせ  殆んど羽ばたきもせ  ばびっくりさせ  声を思わせ  お茶を運ばせ  洗い浚い持たせ  気持ちを募らせ  自分で信じもせ  窓掛に潜ませ  息差をはずませ  一晩喋らせ  ぺたを膨らませ  饒舌を噤ませ  誰何させ  装飾業者に請負わせ  目を遮らせ  大金をかけてつくらせ  事は、どんなに深く悲しませ  身を案じてなかなか退ろうとはせ  肱掛椅子に寄りかからせ  荷物も持たせ  俺を帰らせ  唾液をからませ  友だちに会わせ  それから余り話もせ  寝台を運ばせ  オマルで間に合わせ  病室に近づかせ  御主人様にお目にかかりたいと言わせ  オトメを怒らせ  伊助を待たせ  スミをすらせ  海舟先生に解かせ  芝居でせ  表情を漲らせ  おまえをさせ  西風にそよがせ  燦然と閃かせ  花脈をうき立たせ  人はなかつたでせ  時によく話してきかせ  別にせかせかせ  身体を冷え切らせ  俺には拝ませ  豊かにせ  いまではもう押しも押されもせ  コビリ着かせ  分解をさせ  門口に立たせ  鍬を握らせ  練習をつませ  ガクゼンとさせ  荷物をかつぎあげてそろって潰れもせ  から、せ  ハンコを捺させ  ちょッと探させ  会見させ  いつか再びお目にかからせ  二人にふり向きもせ  限りとせ  現じ出だすをもって足れりとせ  板を用いたりなどせ  物恐れせ  意にせ  眠りを驚かせ  ところのものを集めんとせ  ことあたわずとせ  永持ちせ  これをのませ  おっちりともせ  オレに持たせ  学問をやらせ  一人ぽっち坐らせ  お方にお目にかからせ  差向いに坐って、くつろがせ  それらを考え合わせ  年齢をたずぬるとせ  塗り盆をいただかせ  右方にめぐらせ  人業とはせ  ふんどしは掛けられもせ  なにごとの出来せ  迎わせんとせ  余を掠めんとせ  夢想を考え合わせ  発鳴せ  クルクルかせを走らせ  一寸言葉を淀ませ  尻をモジモジさせ  一曲御所望を云わせ  下手謡曲に限って聞かせ  今一つ聞かせ  まひはせ  む下べの使おひてとほらせ  瞼をほんのりとさせ  沢山、待たせ  好きにおさせ  女中を起たせ  手入れ時嚏だにせ  汽車に乗らせ  漢方医に診せ  祖母をせ  理解に絡みつかせ  位感銘させ  潮を渦巻かせ  担架させ  一切問題にせ  下に遣り直させ  十遍ばかり遣り直させ  今でも思わせ  稽古をせ  気位を崩させ  毎日毎日、会わせ  同を謡わせ  宮世話人を手古摺らせ  福岡地方で押しも押されもせ  二三十遍も遣直させ  今一度謡わせ  申合わせをさせ  拇指を重ね合わせ  老人たちに云い聞かせ  襟を正させ  存分に作らせ  眼に入り、取出させ  気を入れながら、立ち止りもせ  みんなそこへ逃がしたんでせ  姐さんのでせ  おむすび二つ喰べたつきりでせ  我執念を晴らさせ  事は誓ってせ  七兵衞はせ  何かやんな、せ  世間を吹き靡かせ  わたしをよろこばせ  わたしを喜ばせ  まりわたしをよろこばせ  話とを繰返して聞かせ  はなしを聴かせ  真偽混淆でずいぶん困らせ  図を描かせ  ついでに、更に語らせ  場内でも売らせ  すべて若い女に扱わせ  小学から中学へ通わせ  毎晩唸らせ  業を継がせ  ときから遊芸などを習わせ  観客をはらはらさせ  契約を結ばせ  泣過ぎねばならぬ様になるはせ  から禁酒をさせ  筋を利かせ  件にてひどく恐入らせ  左に持たせ  臼を背負わせ  夫婦に飲み込ませ  規律を守らせ  湮滅させ  戦死させ  香嚢とを出させ  復枕元に運ばせ  簡略にせ  蜻蛉をとまらせ  鷹に取らせ  幹事をさせ  だには白くなしはせ  父はときどき手伝わせ  筋肉をぴくぴくさせ  発頭人にさせ  姉をゆかせ  底をぐらぐらさせ  母は放させ  菓子とを運ばせ  私をして永く佇たせ  さを募らせ  犬を啼かせ  から、にこりともせ  内密にやらせ  伝六にまとわせ  私を一層泣きじゃくらせ  私にいじらせ  ほうに向わせ  一人で待たせ  私達を遊ばせ  人目につかせ  花莚を敷かせ  女の子を帰らせ  殆ど仲違いもせ  背中におぶせ  ように敷かせ  私を多少羞じらわせ  ことを幾分ためらわせ  自然に行わせ  繰りかえし私に話して聞かせ  殆ど向う見ずに歩かせ  木は、漸っと大きく実らせ  前に、すでに腐らせ  弟子たちに手伝わせ  ただ一人ぎりで立ち向わせ  殆ど私を悲しませ  影響を徐々に目立たせ  中に加わらせ  ところに待たせ  のか訊こうともせ  人物を描いてみろと云って描かせ  家へは帰ろうともせ  別に独立させ  気がきいてるじゃござんせ  中へ包ませ  だって、逃げちまうじゃござんせ  あごひげでもまさぐりながら、待っていなせ  とおり根だやしにしおわせ  一枚看板じゃござんせ  白州に出向いていって、にこりともせ  から、振り向きもせ  ねじ向けさせられるにはさせ  家人町じゃござんせ  たもとについせ  腕まえを貸してくだっせ  日なたぼっこさせ  昼寝をさせ  いかものをつかませ  伝六をさらに驚かせて、わるびれもせ  顔がござんせ  酒手を頼んまっせ  ここから帰らせ  まねなどをさせ  草双紙なぞを読ませ  饒舌って聞かせ  人一人身投げをさせ  事御待たせ  相場を占わせ  暇を貰わせ  蛇をまきつかせ  返事を忍ばせ  繋ぎ直させ  東両国へ急がせ  眺めもせ  一しょに死なせ  顔に冷たく走らせ  照れもせ  のか、大して参りもせ  買い占めに走りまわったりせ  キョロキョロ動かせ  自尊心がさせ  客を怒らせ  裾にさっと斬り込ませ  音を想わせ  春隆は含ませ  錯覚にさせ  皺をくぼませ  結局ただ一度もせ  それをかくそうとせ  二百万円出させ  鉱三を驚かせ  青年時代を想わせ  靴を出させ  春隆を待たせ  気持を、ふと起させ  濛々として、待たせ  唇を動かせ  堪忍どっせ  耳をあかくさせ  女は食わせ  靴を磨かせ  磨きもせ  足から磨かせ  ハアハア息を弾ませ  代診を雇ってやらせ  眼はあけようとはせ  電話口に立たせ  家族から写真を撮らせ  玉を突かせ  マージャンを打たせ  何をやらせ  銀ちゃんを利かせ  やすどっせ  腰をうかせ  女を待たせ  所へ行って謝らせ  ひとにやらせ  はじめて靴を磨かせ  カラ子を、いそいそと弾ませ  いつまでも尾行させ  貴子にうませ  木屋町へ走らせ  居しまへんのどっせ  銀造をぽうっとさせ  二人並ばせ  世相が変らせ  女だったので、そんなにびくっとせ  気持が、そう言わせ  駄々をこねて困らせ  青春のうずきを思いおこさせ  掻起させ  弟子にさせ  ろくろくに見返りもせ  雪を払わせ  水など飲ませ  番入りをさせ  最後のものとせ  三味線を習わせ  贅沢もさせ  傍を見向きもせ  親戚へ行っていると言って会わせ  お針ぐらいは習わせ  近所歩き一つさせ  控えさせ  べっぴんじゃござんせ  ものは、うれしいじゃござんせ  おしゃべり屋ばかりじゃござんせ  あたりめえじゃござんせ  相手じゃござんせ  図じゃござんせ  ますます気味がわるくなるじゃござんせ  話じゃござんせ  気になるじゃござんせ  愚痴もいいませんが、それにしても少しうすみっともねえじゃござんせ  音をたてるこたあねえんじゃござんせ  ことばつきで、わるびれもせ  場合ズボン釣はせ  三遍廻らせ  呼吸もつかせ  屑屋を立たせ  手拭まで被らせ  哄と吹かせ  京見物をさせ  無理口説をせ  おかしいじゃござんせ  米屋じゃござんせ  小娘じゃござんせ  色にみなぎらせ  手ぐすね引いて待っていなせ  月代を当たらせ  小出しにさせ  暑い思いをさせ  女すりじゃござんせ  目をぱちくりとさせ  ちょっと目もとをいろめきたたせ  おまじないを施させ  敏捷にねじこませ  八丁堀へ帰させ  から、じたばたせ  ろを吐かせ  気じゃござんせ  器量じゃござんせ  要務を挙げんとせ  謀奇策ありとせ  凖とせ  こと明白なりとせ  発生するを如何せ  急務とせ  トルストイとせ  望を繋ぐに足らざるを如何せ  顧念とせ  もの亦少しとせ  必要ありとせ  ざるを如何せ  破壊を快とせ  待つの道を以てせ  むるを如何せ  一大決心を以てせ  数月を以てせ  反対せんとせ  技術を尽すに似たるを取るべしとせ  意識を持たせ  余り話をせ  意外に思わせ  窓から顔を出して、吠えもせ  旅はせ  面をして見向きもせ  増しもせ  遅鈍にさせ  そなはせ  門下一同に買わせ  松岡映丘に描かせ  ことを、心付かせ  三百五十刷らせ  何処を捜させ  もんじゃござんせ  ものじゃござんせ  底をすっとさせ  検分をいたさせ  ちょっと拝借させ  あそこにあったじゃござんせ  駕籠をおごろうじゃござんせ  汗びたしにさせ  わき道もせ  切りもち包みじゃござんせ  殿さま扱いにさせ  前夜投獄させ  水神に走らせ  引写しにはせ  露はにせ  翻訳はこうせ  手に嬲らせ  全体を掴ませ  素直にあやまらせ  感じを募らせ  死ぬがんでござんせ  フリント君に取扱わせ  一つ吸わせ  君をそうさせ  何度も繰り返して言ってきかせ  わしもせ  色はござんせ  ほうへ下げ渡させ  一つ承らせ  破獄させ  はずあござんせ  顔がねえじゃござんせ  仲間うちじゃござんせ  恥さらしじゃござんせ  不審をいだかせ  ちょっと拝見させ  こめんどうくせ  意味じゃござんせ  不思議じゃござんせ  駕籠を走らせ  娘一揆を起こさせ  ようじゃござんせ  一本伝六にかつがせ  偽りは申させ  人に起させ  しまつたりせ  眼は、冷たく澄んで、まじろぎもせ  ために、なんぼう、しあはせ  頃はどうして、けろりと忘れてゐたのでせ  足をひくひくさせ  目に物語らせ  ふたりとござんせ  参ろうじゃござんせ  恵み金ではありいせ  罪を働かさせ  ときにその盗ませ  品を盗ませ  色をつけてもらおうじゃござんせ  ためにありもせ  姿は遂に来もせ  親類へ出させ  努力を払わせ  一刀を鞘走らせ  しずくにうるませ  お供を急がせ  伝六を張り込ませ  門前をそうじさせ  命もそまつにせ  もう一度びっくりさせ  ざらえをいたさせ  不意にわきざしを持たせ  恨みとはいわせ  こだわりもせ  ところへ送らせ  眼でみるせ  どこにあるかを知らうとせ  お粥と混ぜ合わせ  照応させ  おかしくもおもしろくもねえじゃござんせ  どころではござんせ  途中でまにあわせ  正直者だといったじゃござんせ  尺二じゃござんせ  ゅうどろどろと消えてなくなるなんて、ちっとも小さかねえじゃござんせ  横すわりにさせ  そうもござんせ  段じゃござんせ  契りを結ばせ  心をはらはらとさせ  兄人八郎兵衛どのにつかわせ  周囲からまとめあわせ  当事者たちを苛立たせ  振りだし薬を買わせ  ものにつかせ  一人では死なせ  可愛いが、どうして宜いか分らないほど困らせ  別家させ  邸へと急がせ  要務を擧げんとせ  隱謀奇策ありとせ  發生するを如何せ  當然なりとせ  壞を快とせ  數月を以てせ  對せんとせ  盡すに似たるを取るべしとせ  檻禁させ  有様を撮らせ  濫造させ  んが、させ  腎虚なんでせ  魅したのでせ  相撲をさせ  ご覧なせ  やつらじゃござんせ  ちまちまっとしていてちっせ  駕籠を打たせ  まねをしやあがるじゃござんせ  してきさまにも拝ませ  ちょっと不思議じゃござんせ  しかたがねえじゃござんせ  あとじゃござんせ  大きなお世話じゃござんせ  子分じゃござんせ  やつがあったじゃござんせ  あごでもなでなで待っていなせ  自白を余儀なくさせ  けがもさせ  節鳴りをさせ  ふたを押えていなせ  それをかつがせ  伝馬町へ急がせ  気ままにしなせ  兵卒に買わせて読ませ  袴着にまでしめさせ  美女のおもばせ  欲求させ  高すぎもせ  眦をうるませ  執着と、諦めとを持たせ  美子陛下のあれせ  御事と思わせ  才学は、包ませ  夢をさまさせ  盛んに導かせ  繁栄をなさせ  名をなさせ  娘たちなどを、入びたりにさせ  機嫌をとらせ  上にはおらせ、やっと引き入させ  父君を驚かせ  目をきょときょとさせ  いまさらひとりぼっちにしなくったっていいじゃござんせ  浅草めがけて走らせ  駕籠をうたせ  あたりまえじゃござんせ  ところはねえじゃござんせ  奉行さまじゃござんせ  火ばちが、いかにもうれしくなるじゃござんせ  珍しかねえじゃござんせ  勘違いじゃござんせ  船頭に命じてこがせ  あかりをすっかり消させ  ように、すっかり長くなってしまったじゃござんせ  ようにあたらせ  舟に命じてふたたびこぎつかせ  殺しにさせ  空を突かんとせ  一因とせ  物の数とせ  立廻らんとせ  著はせ  整へんとせ  ことなりせ  方向なりとせ  天文方の子なりとせ  人物を論ぜんとせ  消息を解すべからずとせ  いまひとりはせ  とっくりご覧なせ  珍品じゃござんせ  二枚舌を使うじゃござんせ  叫びざまに、こぢんまりとしたからだをちょこちょこと走らせ  辰にもてつだわせ  しみったれなくたっていいじゃござんせ  おことばならば、いかにもてまえが申し聞かせ  梅模様じゃござんせ  だんなじゃござんせ  じい地響をさせ  袴を靡かせ  逢つたでせ  有つて居られるんでせ  六寸位はお有りでせ  輕蔑したと思はれはせ  情緒を起させ  貴女は何でせ  好きぢやないでせ  言葉を見出させ  したでせ  間違ひはないでせ  さらなけれやなりませんでせ  泊りになるんでせ  袂を嬲らせ  暑いでせ  來らないでせ  ハイカラさん許りでせ  束ねもせ  豐かになびかせ  面白かつたでせ  てゐませんでせ  吉野さんも然う遊ばせ  涼しい風にはらめかせ  肩から背に波打たせ  着衣を脱がせ  行たでせ  寢み遊ばせ  つた感じを抱かせ  柳を驚かせ  矢張り聞きたいんでせ  掌に忍ばせ  眞箇でせ  靜子に思はせ  言はなかつたんでせ  怎うしたんでせ  無意味には聞いて下さらないでせ  心がお解りにならないでせ  怎うでせ  月影を滴らせ  答もせ  樣ぢやないでせ  樣ともせ  女ぢやないんでせ  心を彌更に苛立たせ  さを見向きもせ  汗を滴らせ  身請させ  賭博を打たせ  組直させ  賃銀を取らせ  身姿を改めて押しも押されもせ  ヒコ付かせ  老爺は、さほど怪しみもせ  手車に引かせ  手車に積ませ  駄馬に負わせ  荷を捌かせ  一所に積みは得せ  恥を晒させ  薄情女を震え上らせ  養生致させ  最期をなされはせ  目をよろこばせ  苦しみとせ  自らしかなさんとせ  風とを動かせ  世とせ  銜なかりせ  たるをえせ  身をゆるがせ  償はせ  試にあはせ  歸らざりせ  汝のいかに低くせ  憶はざりせ  默したりせ  いふところを聞かんともせ  ことなきばかり深くせ  幸にせ  これにかたむかせ  心をとめ、わが思ひを正さざりせ  歩言をおそくせ  我にさとらせ  づ凝固まらせ  ことなかりせ  身の上をあかせ  哉汝生を善くせ  我を遣はせ  汝に戴かせ  まりたりせ  ローマを喜ばせ  ヴィルジリオにいはんとせ  言をさとらせ  彼を呼戻さんとせ  汝を喜ばせ  ば強くせ  汝等我を見ず、またしばらくせ  んじて聞くをえせ  寶物を奪ひ去らんとせ  モーゼに命じて作らせ  オレステスを殺さんとせ  目を眩めかせ  の外なしとせ  筆とせ  目をこらせ  生を善くせ  死を善くせ  征服せんとせ  風の散らせ  習ひとなせ  食はざりせ  詞をさとらせ  調をあはせ  眞義をさとるをえせ  涙も出るじゃござんせ  あいきょう者をおどろかせ  ごらんなせ  一閃させ  金が減っていたとせ  はずはござんせ  しらをうるませ  目もかけ、いたわってもつかわせ  一路街道を急がせ  手間を取らせずに、早く聞かせ  送りさせ  それには答えようともせ  波紋をひろがらせ  義務を果させ  成程といわせ  張込ませ  飲料を呑ませ  好奇心をつのらせ  絶対に死なせ  官たちをほしがらせ  病気にまでさせ  われわれをおどろかせ  胸をぎくりとさせ  重要物件まで持っていかせ  大金庫を盗ませ  床を大きくへこませ  お客さんを怒らせ  上をこつこついわせ  ように踊らせ  私達子等をよろこばせ  附弟にならせ  二月四日江戸東叡山に入らせ  京都へ立たせ  親王駿府に至らせ  三月二十日東叡山に帰り入らせ  大総督宮江戸城に入らせ  迎へまつらんとせ  給ひしに、障ありて果させ  白石等に留まらせ  総督四条隆謌に致させ  十一月十九日京都に着かせ  途に着かせ  京都大学に入らせ  東伏見宮第に着かせ  称へさせ  二月十八日伯林に着かせ  聯隊勤務に就かせ  普魯士国陸軍大学校に入らせ  卒へさせ  七月二日紀尾井町の第に帰り入らせ  戸山学校に入らせ  近衛局出仕にならせ  参謀本部出仕にならせ  東叡山に住ませ  東叡山より新第に帰り入らせ  訪はせ  二十八日熊本に着かせ  泉布観に住ませ  海軍大臣官舎に入らせ  二十七日広島に至らせ  景色じゃござんせ  遠出をさせ  そうじゃござんせ  たてに出るがもなあねえじゃござんせ  名折れじゃござんせ  参覲道中させ  小姓にやつさせ  さそうじゃござんせ  だめを押しやがって、うるせ  かのう身分がそうさせ  信州へ抜けちまうじゃござんせ  あっしまでが悲しくなるじゃござんせ  ですよ。十ばかりさげてけえりましょうかといったら、とてつもなくしかりつけたじゃござんせ  汗絞らせ  家人に化けていかなくたっていいじゃござんせ  うちに、忘れもせ  下へ流されていったに決まってるじゃござんせ  たなばた風になぶらせなぶらせ  だってもいいじゃござんせ  あそこでわいわいいってるじゃござんせ  遠くへ逐電しちまうじゃござんせ  なっちまうじゃござんせ  おやじめはちっとじじむさすぎるじゃござんせ  乗り物代に分けてつかわせ  供養をせ  おこもりさせ  それとてもそまつなまにあわせ  手紙じゃござんせ  くせえじゃござんせ  正気にさせ  妖怪とせ  所有とせ  加持祈祷をせ  地に埋めて腐らせ  何ぞ、間に合わせ  のを、間に合わせ  家が、快く承わってくれまして、どうやらお間に合わせ  いも何にもせ  腹を持たせ  御馳走をさせ  一所に、言合わせ  一同が言合わせ  各自言合わせ  枕を出させ  種さんも、言合わせ  誰かが言合わせ  婦を、直ぐ向うに苦しませ  爪を立てて苦しませ  日が出ましても消えはせ  あたりで、間に合わせ  催促をせ  歴史でせ  ところご覧なせ  ちげえござんせ  朝までにまにあわせ  ぇッ、決まってるじゃござんせ  駕籠で立たせ  臭いじゃござんせ  ゃくにさわるほどあだ者じゃござんせ  方させ  何かひそひそ打ち合わせ  裳裾をちらちらさせ  鳥追いにやつさせ  ひとつ歌わせ  由を走らせ  浮彫りにさせ  詩趣を漲らせ  無理はござんせ  媚めかしく私たちに覗かせ  百倍させ  叙べさせ  八つ橋を、退かせ  手許へ置かせ  悦惚とさせ  ギヨツと寒がらせ  陳述とを照らしあわせ  相手を苦しませ  突きさせ  ちょっと書きとらせ  手がふるえてうまくさせ  あれはさせ  指輪をかがやかせ  ハルピンへ発たせ  会をせ  差し向かいで聴かせ  わけじゃござんせ  空もよう変えなくたってもいいじゃござんせ  しゃ口うるせ  上品じゃござんせ  のものじゃござんせ  ょうけんめいとしたくしたら、あきれるじゃござんせ  鳴りさせ  腹がたつじゃござんせ  かもたまるじゃござんせ  とおり愚痴から先へいってるじゃござんせ  生意気じゃござんせ  話ゃちゃんと筋道が通ってるじゃござんせ  子分じゃあござんせ  まらねえじゃござんせ  証拠はござんせ  日が暮れちまったじゃござんせ  香華一つたむけようともせ  見立てさせ  ひと刺しに刺させ  さるを使い、まんまと殺させるには殺させ  袖などをひらつかせ  聴衆を倦ませ  芝居話などを流行らせ  印籠どころじゃござんせ  愁嘆させ  わしにも知らせ  菰をかむせ  明知によって、がせ  あとから握らせ  行状探らせ  絵図面とらせ  暫時拝借させ  話声もせ  怯ともせ  死だと思わせ  星になるのでせ  ん、せ  かわいいやつだったじゃござんせ  辰らしいじゃござんせ  人を見そこなうにもほどがあるじゃござんせ  着物をきてきたじゃござんせ  相手が考えてもかええそうじゃござんせ  ことをいうじゃござんせ  あげくがくやしいじ