「すまし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ すまし[動詞]
実検をすまし  まま知らぬ顔ですまし  昼飯をすまし  仕事をすまし  上にのって、すまし  上にすまし  耳をすまし  用事をすまし  勤をすまし  おつとめをすまし  一切事をすまし  琴を引きすまし  二三遍うたいすまし  二三度うたいすまし  田植もすまし  要件をすまし  わけではないけれど、冷たいとか気どってるとか、あるいは、すまし  晩ごはんをすまし  昼ごはんをすまし  兄さんは、すまし  役をすまし  食事をすまし  朝飯をすまし  夕飯をすまし  ご馳走になってすまし  のだから、仕すまし  着物を着てすまし  掃除をすまし  お粥にしてすまし  二人は行いすまし  手水をすまし  つもりになってすまし  俊夫君はすまし  夕食をすまし  つてスツポリとかぶつて、すまし  兎に角非常にすまし  眼をしながらすまし  むやにすまし  家で研ぎすまし  支度をすまし  顔をあからめもせず、すまし  ものを見おろしてすまし  みんな一様に汗ばんで、それでもすまし  抱懐していらして、そうして、すまし  源吉はすまし  知らん顔をしてすまし  講義をすまし  のを見すまし  外ですまし  行いをすまし  大尉はすまし  冠ぐらいをかぶって、きちんとすまし  冠ぐらゐをかぶって、きちんとすまし  社員になって、すまし  乙にすまし  朝化粧まですまし  耳心をすまし  礼をすまし  丞、案外落ちつきすまし  用事だけはすまし  濡板と、研ぎすまし  態度ですまし  ご飯をすまし  所ですまし  銀座裏で飲んでいよう、すまし  勘定をすまし  飯をすまし  早目にすまし  つて食事をすまし  きりがないので、早くすまし  秋耕をすまし  馬に、磨ぎすまし  機会を見すまし  取引をすまし  カン蛙はすまし  化粧をすまし  女は憎いほど落ちつきすまし  回向をすまし  味ばかり知っただけですまし  シラトリ属がすまし  濱萵苣、すまし  それをすまし  お茶を持って来て、すまし  旅支度など、すっかりすまし  利用せずにすまし  負債全部をすまし  靴をはいて、つんとすまし  風呂もすまし  延子がすまし  ようにすまし  顎十郎は、すまし  静かに聴きすまし  横目で眺めてすまし  顎十郎、すまし  油斷を見すまし  ひとに教えてすまし  用をすまし  ところを見すまし  朝食をすまし  参詣をすまし  丞の召捕をすまし  気を研ぎすまし  下から食事をすまし  最前から見すまし  やうに研ぎすまし  例の研ぎすまし  着替えをすまし  払いをすまし  いるかを気づかずに、すまし  コンポウをすまし  その後二本ばかりすまし  奇麗にすまし  助はすまし  様子を窺いすまし  ぎらひなチユーリツプは、ツンとすまし  卒業式をすまし  煤掃きをすまし  其処ですまし  のかすまし  油断を見すまし  晩飯をすまし  變へてすまし  神經が研ぎすまし  かっこう鳥はすまし  旅行をすまし  顔をしてすまし  用達をすまし  お通夜をすまし  昼をすまし  人には、えらく威張って蹴散らして、そうしてすまし  電話をすまし  挙行せずにすまし  しづめ耳をすまし  ことを言ってすまし  張は、すまし  顔ですまし  ことではすまし  高慢につんとすまし  ごはんをすまし  真面目にすまし  責任をすまし  一生懸命にすまし  横を向いて、つんとすまし  様子をしてすまし  事をすまし  探検をすまし  女はすまし  院長はすまし  商賣をすまし  眼をすまし  禰衡はすまし  学派だとしてすまし  のさとすまし  上雄鶏などはすまし  変ですが、ま、すまし  授業をすまし  晩餐をすまし  報告をすまし  内心仕すまし  婚礼をすまし  祝言をすまし  結婚届まですまし  んを見すまし  お稽古で、すまし  放題にやらせておけ、と笑ってすまし  壁辰もすまし  やうに描いてすまし  一通り診察をすまし  お葬式をすまし  子がすまし  さっきの子もすまし  型にはめず、すまし  渦巻が、みずすまし  音を聴きすまし  みをすまし  黎明よ研ぎすまし  手配りをすまし  婆さんは祈をすまし  釣合はぬ取りすまし  すべてをすまし  きれいにすまし  打合せをすまし  僕は少々赤くなって、すまし  僕もそうですとすまし  葉子は悪びれもせず、取りすまし  充分にうかがいすまし  目をすまし  回診をすまし  日夕点呼をすまし  おいでを見すまし  食事までもすまし  疲労困憊を見すまし  口調で、すまし  たかなあと云ってすまし  御飯をすまし  会合に出なかったりしてすまし  乙につんとすまし  おばあさんに化けて、すまし  失態に気づいて、そそくさと脱ぎ捨てて、つんとすまし  勘作はすまし  人間を虐めて、すまし  白浴衣着てすまし  美人で、なかなかすまし  前をすまし  男は、すまし  三四郎はすまし  蝋燭立を見てすまし  それから腸カタルも少しはできるだろうと言って、すまし  少女時代は、すまし  夜食をすまし  刃を研ぎすまし  手洗をすまし  手続をすまし  お母さんはすまし  うに少しすまし  ものを並べてすまし  万事形だけですまし  時まですまし  整列をすまし  時を見すまし  泥酔を見すまし  ちょっと待っていただいてすまし  事うすまし  義務教育をすまし  お礼をいってすまし  タクシードですまし  褥椅子に掛けてすまし  世は已に醒めたりとすまし  艷なるより、どことなく取りすまし  身づくろいをすまし  後片付をすまし  神経をすまし  仕上げをすまし  膝に乗って大人しくすまし  平気にすまし  バスケットをさげてすまし  青扇はすまし  一人一人勘定をすまし  昼食をすまし  時間をすまし  奥様になってすまし  何うにかすまし  呑気さをもつてすまし  首をつき出してさも覚りすまし  四人並んで、すまし  心境を研ぎすまし  内済ですまし  づ朝飯をすまし  相手は、すまし  夕餉をすまし  三周忌さえすまし  夜勤をすまし  ころを見すまし  熟睡を見すまし  釈迦様はすまし  部屋様気取りですまし  それですまし  いやにすまし  隙を見すまし  ことを求めていたのに、助けられ、救い上げられてみれば、かえってすまし  ことをしてくれたと言わぬばかりのすまし  告別をすまし  梓さんだけは、たいへんにすまし  喰べてすまし  ピエールさんは、すまし  手続きをすまし  祖母がすっかりすまし  打水をすまし  朝稽古をすまし  装いをすまし  句会をすまし  勤行もすまし  さへすまし  程を見すまし  おん眼をふさいで吹きすまし  湯浴み食事などもすまし  辞でもすまし  顔いろを見すまし  弁解ですまし  換えをすまし  道庵はすまし  いま夕化粧もすまし  自己を研ぎすまし  藤夜叉を見すまし  病気伺いなどもすまし  使いをすまし  嗽いをすまし  留守中を見すまし  ルリは、すまし  アグラを組んで坐つて、すまし  二人はすまし  そのまま、すまし  ように、ただすまし  したり顔して、すまし  酒を程よくすまし  法師は、じっと見すまし  羽織を引っかけてすまし  紐を結びつけて、そして知らずにすまし  七兵衛はすまし  紋附きでも、すまし  おなかがくちくなると、すまし  やうに、すまし  眠りを見すまし  オツにすまし  私はすまし  それを見すまし  夕化粧まですまし  千代はすまし  さっきお詣りはすまし  翌日、すまし  眼を研ぎすまし  身を睨めすまし  外郎に、すまし  横着な、取りすまし  一つ打って、すまし  一ぷくつけてすまし  一曲を吹きすまし  火をつけてすまし  突袖ですまし  見物をすまし  踊をすまし  朝食はすまし  聞き耳をすまし  小皺をたたえて、嘯きすまし  ひとつに聴きすまし  打合せも内々すまし  それもすまし  慰め言ではすまし  円喜はすまし  別れも、すまし  発足準備もすまし  アラいやよ、すまし  上品に取りすまし  いまは行いすまし  買い物をすまし  切符を、さっさと買ってすまし  発布はすまし  警戒を研ぎすまし  礼を低くすまし  出方を待ちすまし  任をすまし  長湯をすまし  ごらんなさい、ツンと取りすまし  ここまで読みすまし  親爺が受取って、すまし  良斎もすまし  まり口数をきかずにつんとすまし  風にすまし  体を見すまし  手入れもすまし  評議をすまし  前にちとすまし  人はすまし  一歩ずつ近よって見すまし  場合を見すまし  若い娘が落ついた取りすまし  解剖刀のねらいすまし  腰刀を抜いて落ち着いてねらいすまし  田螺はすまし  鰌はすまし  市長がえらいすまし  湯殿から身浄めをすまし  矢ごろを待ちすまし  藤吉はすまし  勘次はすまし  主役をすまし  ちょっとばかり取りすまし  蘭さんはすまし  がんりきは取りすまし  一群が取りすまし  七兵衛は、その取りすまし  肩にのせてすまし  相方を連れているから、こうしてすまし  普通食ですまし  法事をすまし  途ですまし  昼食を早くすまし  散髪をすまし  とおりお祈りをすまし  確定を見すまし  仕事ぶりをすまし  一通り見すまし  ナンテ冷然とすまし  めだかとみずすまし  水面をみずすまし  これに反してみずすまし  数千年来人間におどかされて来たが、みずすまし  さのみずすまし  みんな一人前のみずすまし  めだかもみずすまし  めだかやみずすまし  耳をばすまし  餌物を待ちすまし  焼香をすまし  口に流し込み、すまし  スウプをすまし  スウプだけはどうやらすまし  荷造りをすまし  着換えをすまし  食事を軽くすまし  弁当をすまし  東京ですまし  一行は、つんとすまし  道庵先生が、すっかりすまし  道庵はいよいよすまし  ところのすまし  夜食はすまし  ように、笑ってすまし  茣蓙を敷いてすまし  みんな、すまし  おかずで、すまし  彼は、すまし  却つて、すまし  源兵衛は研ぎすまし  男を殺すには、磨ぎすまし  無事にすまし  用便をすまし  尻上りの、すまし  しろいをぬりつけてすまし  葬式をすまし  おやじはすまし  扉をあけるまで、すまし  それと聞いて、ああそうかとすまし  見送りをすまし  ひとりですまし  熟眠を見すまし  座に通って、すまし  何枚かを書きすまし  形ですまし  昼めしをすまし  見合いまですまし  式まですまし  九つは知らんでもすまし  なにかで間に合わせてすまし  格好で、すまし  五分刈ですまし  口実をねらいすまし  やうにきよとんとすまし  硯ですまし  返事をせず、すまし  事を云ってすまし  ラランはすまし  心神をすまし  礼拝をすまし  お仕事をすまし  注射をすまし  奥さんつて女が、つんとすまし  方へすまし  才蔵は、しすまし  魂をぬきあげたりと見すまし  さよりぬけぬけとすまし  つんとすまし  草刈鎌を研ぎすまし  役目をすまし  折から、ふと打ちすまし  契約をすまし  言葉ですまし  おばあさんはすまし  勤行をすまし  駄目だで、すまし  復習をすまし  愉快になり、すまし  そこですまし  用件をすまし  検査をすまし  鏡を磨ぎすまし  一時に研ぎすまし  午餐をすまし  順調にすまし  練習をすまし  旅のこしらえをすまし  身じまいをすまし  着がえをすまし  作家を、こしらえあげて、すまし  入浴をすまし  うち合せをすまし  孫先生は、すまし  チンとすまし  登記をすまし  いい加減に教えてすまし  老人はおちつきすまし  高はすまし  厮はすまし  これをすまし  松山はすまし  鶴はすまし  講演をすまし  以上、聞かずにすまし  今北岳をすまし  いやに取りすまし  三浦はわざとそうすまし  奴ァ、すまし  間隙を見すまし  顔してすまし  お話をすまし  昨夜十二時頃仕事をすまし  頂上が、磨ぎすまし  いやにつんとすまし  私は、いくらすまし  女ではすまし  湯あみをすまし  ことを足して、すまし  涼しい顔で、すまし  曲り角を見すまし  字も云わずにすまし  おととい仕事をすまし  二十五年間にかけてすまし  機会にすっかりすまし  かしにすまし  いまお詣りをすまし  そのまま師匠は、すまし  監督を早くすまし  掃除をどうにかすまし  朝飯はすまし  哲人とやらは超然とすまし  試験をすまし  装束で、すまし  ことなしに、ポカポカとすまし  つた潮どきを見すまし  のかと問えば、うん、と言ってすまし  頭を下げてすまし  伊孫がすまし  悪悟りにすまし  鰍を取って、磨ぎすまし  関心ですまし  お前さんだって、そうやって、すまし  猛獣ではなささうで、取りすまし  一巡二三度して、すまし  水すまし水すまし水をすまし  対面もすまし  勤労奉仕をすまし  クルッとかわって、すまし  洗濯をすまし  訊問をすまし  時はお互にすまし  千世子は、つんとすまし  なかったから、笑ってすまし  関係も考へずにすまし  犯行をすまし  彼女はすまし  一心に聴きすまし  襟元をかき合せてすまし  月かげ冴けく研ぎすまし  みんなまっすぐを向いて、すまし  みんなまつすぐを向いて、すまし  単純生活に落ちついてすまし  冷然とすまし  つんとしてすまし  實にすまし  歯を見せて、すまし  湯屋のを借りてすまし  文次もすまし  葬儀をすまし  氣にすまし  秋の刈り入れをすまし  罰をすまし  心耳をすまし  礼歩きもすまし  写真を撮るとなるとどうしてあんなにすまし  人とは思はれない程すまし  交るとすまし  廂髪などに結ってツンとすまし  収穫をすまし  娘にしてはすまし  高貴に取りすまし  ちょっと神妙にわるびれて取りすまし  小太郎はすまし  ユックリ歌いすまし  源吉は、すまし  いつのまに女から手紙などをもらってすまし  それから彼女はすまし  顔をつんとすまし  料亭ですまし  光秀がすまし  批判しながら、しかしすまし  深水が気どったすまし  事をしてすまし  夜化粧をすまし  精進をすまし  とり入れをすまし  自宅ですまし  二人目のが取りすまし  あゆだとすまし  挨拶をすまし  入学式をすまし  受持をすまし  下にすまし  調合だけでもすまし  行つたのを見すまし  調べをすまし  去来は、しすまし  猿を狙いすまし  午飯でもすまし  宿題をすまし  ちょっと耳をすまし  洗面をすまし  みんな便所はすまし  盃事をすまし  剣道をすまし  彼はすまし  一人前にすまし  二三年まえにすまし  お客さん、すまし  墓まいりをすまし  ただひとつ、研ぎすまし  参詣もすまし  整理など悉皆すまし  ことをすまし  秘密撮影をすまし  支払いをすまし  流し目に見やりながら、すまし  内密にすまし  それは早くすまし  学生生活をすまし  葬いも深夜こっそりとすまし  今日迄すまし  一杯に張ってすまし  時刻を見すまし  の食事をすまし  おかみさんはすまし  前にすまし  手続きだけは早くすまし  心をすまし  互礼をすまし  あいさつだけですまし  ホームズはすまし  全部きちんとすまし  感傷的にはならずにすまし  ときにも、すまし  視察をすまし  グラリと変ってすまし  お昼をすまし  変へて、すまし  彼女がすまし  はいそうですかとすまし  忍従のすまし  笑いを浮べて、すまし  墓掃除をすまし  一種特別に取りすまし  色を見すまし  十郎はすまし  気配を見すまし  早朝を見すまし  発覚されずにすまし  盃をすまし  米はすまし  兵役をすまし  日を受けて磨ぎすまし  代理ですまし  五軒をすまし  医者然と取りすまし  不在を見すまし  助役はすまし  握り寿司にすまし  一つ、すまし  右門はすまし  右門はごくすまし  心鏡を、早くもぴかぴかととぎすまし  顔色を窺いすまし  ようがいっこうにすまし  お湯をすまし  変わり者だか、すまし  碁盤をさげ出しながら、すまし  お参りをすまし  右門はいたってすまし  嚥んで聴きすまし  そのまま式をすまし  厭がりますね、などと取りすまし  料理店ですまし  細工をすまし  宿屋へ行って、すまし  猫はすまし  しようもないと言って、すまし  これを見すまし  名人はすまし  斎服に行ないすまし  ことばもかけずにすまし  中に入って、すまし  瞬間を見すまし  瞬間をねらいすまし  主人が勝ってそうしてすまし  診察をすまし  一とおり修行をすまし  朝飯を軽くすまし  姉妹が、すまし  仕度をすまし  扇子を使ってすまし  ものですか、つんとすまし  口上をいわせ、つんとすまし  んだと、すまし  そばにすまし  傲然とわざとらしいすまし  始末をすまし  家内はすまし  思いをしながらもまだすまし  前よりも一層つくろった憎らしいほどすまし  照子はすまし  洋服を着て、取りすまし  小便をすまし  略図を見て、すまし  三回忌をすまし  面会をすまし  年内にすまし  ぼくはすまし  代わりに結いつけてすまし  焼香もすまし  岩手山は、またすまし  感覚を研ぎすまし  あれこれをすっかりすまし  訪問をすこしずつすまし  水とですまし  主人はすまし  あれこれ用をすまし  からおひるをすまし  ぢつとすまし  午まえにすまし  歩調をすまし  要談をすまし  急にまた、すまし  夕飯はすまし  糸滿瞥見をすまし  人並に研ぎすまし  革むちをわきにはさんで耳をすまし  かにもすまし  雑録随想ですまし  上ですまし  校訂をすまし  行水をすまし  一任をすまし  泣きながら葬式をすまし  あすこをすまし  割合にすまし  食わずにすまし  談合をすまし  息のあるだけを吹きすまし  隙きを見すまし  晝飯をすまし  茶漬をすまし  講習をすまし  工場学校をすまし  寝息を見すまし  出会わずにすまし  会はずにすまし  小僧はすまし  命日をすまし  目を忍んで磨ぎすまし  心しずかに吹きすまし  ウヤムヤにすまし  言つて、すまし  ひとつをすまし  勘太郎はすまし  夢とのみ打ち興じてすまし  のを当然と心得てすまし  汽車賃をすまし  惡夢などは忘れすまし  テレビ對談をすまし  打水もすまし  石山はすまし  用件だけをすまし  身仕舞いをすまし  顔、すまし  慈善を感じてすまし  水だけですまし  町を巡りすまし  母はすまし  先生はすまし  



前後の言葉をピックアップ
簀巻き  すまさ  済まさ  澄まさ  澄し  済まし  澄まし  清まし  清汁  スマシタ


動詞をランダムでピックアップ
落ち延びる威張る溶け込も飢えにたちほごそつどうおどかす言切ったまろすてん流れ落ちさしかえきりつけ刺す召しあがっ癒えん映そあく投げ出さ
形容詞をランダムでピックアップ
きみわる忌わしき気忙しく涼しかろあわし詳しくっ若若し烈しかっ長かれ烈しけれ焦れったく虚しく難しかろ腹黒くいちじるしかっ自慢たらしいはれがましく思し暑う程遠し