「すべっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ すべっ[動詞]
面をすべっ  上をずるずるすべっ  あいだをすべっ  綱は、するするとすべっ  上をすべっ  横にすべっ  顔に向ってすべっ  前ですべっ  だんだん粘土がすべっ  水にすべっ  ものがすべっ  上を烈しくすべっ  背中をすべっ  沼がすべっ  頭がすべっ  上ですべっ  昆布がのろのろすべっ  昆布でつるりとすべっ  足がすべっ  まましばらくはふらふらしていましたが、やがてずるずるとすべっ  口がすべっ  露にすべっ  竹をすべっ  それがふかれてつるつるとすべっ  天狗岩をすべっ  方へすべっ  ちゃんぼちゃんと一度にすべっ  雪をすべっ  なめらかにすべっ  皿などがすべっ  足がついすべっ  窓をすべっ  手前へすべっ  馬がすべっ  ぬかるみにすべっ  氷袋がすべっ  波を切ってすべっ  水の上をすべっ  こちこちに積もって、ややもするとすべっ  楽にすべっ  むやみとすべっ  下へすべっ  正直にすべっ  手がすべっ  遥かにすべっ  肩をすべっ  葉をすべっ  あいだに口がすべっ  お嬢さんが、すべっ  ゅう夢中になってすべっ  ドキドキして、すべっ  挨拶をされたりすると、あわてふためいて、すべっ  どこかですべっ  梓さんがすべっ  緩徐で、すべっ  光がすべっ  気持よくすべっ  砂をすべっ  一つ飛んで来ましたけれどもすべっ  雨にすべっ  座をすべっ  ぼんやり尾根をすべっ  さをすべっ  電車がすべっ  彼女らは、遠くすべっ  馬をすべっ  雪にすべっ  打ち水にすべっ  袖をすべっ  額をすべっ  こめかみをすべっ  片足ですべっ  らする階段ですべっ  いくつもすべっ  しずかに青くすべっ  上にすべっ  実をすべっ  後ろから肩をすべっ  水面をすべっ  下にすべっ  空にすべっ  大地で躓いてすべっ  腹をすべっ  三百枚ほどすべっ  一頭、すべっ  川面をすべっ  横へすべっ  台ごと横へすべっ  男と女がどうしたとかこうしたとか、すべっ  上をチラッとすべっ  眼をすべっ  波を引いてすべっ  苔にすべっ  岩をふみすべっ  ふすまがすべっ  一枚岩をすべっ  襖がすべっ  幹をすべっ  窓外をすべっ  父が踏みすべっ  空をすべっ  しずかにすべっ  フツカヨイ的にすべっ  四五人が、つるつるとすべっ  手をすべっ  だちょうがおどろいてからだをゆすったので、つるつるとすべっ  襟首にすべっ  一息につるりとすべっ  上などではすべっ  指のすべっ  いつでもひとりでに少しばかりすべっ  腕をすべっ  座ぶとんをすべっ  いっしょにすべっ  だんだんはやくすべっ  瓶はすべっ  爪がすべっ  索道をすべっ  快調にすべっ  二隻音もなくすべっ  下流へすべっ  屋形船がすべっ  下流へとすべっ  屋形船はすべっ  山を歩いていてすべっ  表面をつるりとすべっ  クーロアールがすべっ  伝馬はすべっ  手拍子につれて、ひょいとすべっ  うちから床にすべっ  水面まですべっ  お櫃娘、すべっ  からツルリとすべっ  自分ですべっ  手から軽い、すべっ  ツイ足がすべっ  下をすべっ  岸にそってすべっ  ジョウが、すべっ  まんなかへすべっ  一人ですべっ  あたしなんか、戦ったりはたらいたり、のぼったりすべっ  部よ、すべっ  上を少しすべっ  氷をすべっ  坂をすべっ  道を一気にすべっ  一人別れてすべっ  かげがすべっ  草にすべっ  地面はじめじめしてすべっ  通路をすべっ  



前後の言葉をピックアップ
スベシトハ  すべすべ  すべすべ  すべた  辷っ  スベッ  滑っ  滑べっ  すべっこい  すべっこく


動詞をランダムでピックアップ
いれかわっ乞お言い古しはめこま飛びまわり躄ら宿し唄う交わら怖気付くにごらし止まり乗り合わす盛り上がっ突あたりうめあわせつめっけしとめ打ち取る溯ら
形容詞をランダムでピックアップ
いまいましくかなしかっ奥深馬鹿馬鹿しはげしかっはやううらさびしけれ息苦しいかたくるしい青いすばやい短し耐えがたく厭わしくがたきひろい物憂後ろめた恐ろしき