「しょげ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ しょげ[動詞]
小僧さんたちはしょげ  僕たちは、すっかりしょげ  急にしょげ  僕は、しょげ  お前は、そんなにしょげ  物置きになっていたので、すっかりしょげ  家内一同夜になるとああまでしょげ  ようにしょげ  失敗をしたと思いつめ、すっかりしょげ  今は少ししょげ  勇士も、しょげ  四子はしょげ  不思議なくらいしょげ  恋をしている女中は、すっかりしょげ  リヴォーヴナは、しょげ  助は、しょげ  李がしょげ  ばか、と言って、睨みつけてやったら、しょげ  彼はしょげ  ことにでも、すぐおしょげ  活溌さに似ぬしょげ  哀れなほどしょげ  様にしょげ  元気かと思えばもうしょげ  だめだと思ってしょげ  いやにしょげ  私は、しょげ  無力でしょげ  女をしょげ  僕はしょげ  私自身だんだん、しょげ  ここまで来て、さらにしょげ  元気の好かったのに似ず、しょげ  びっくりして、しょげ  あたしがしょげ  さそうだし、頗るしょげ  与八はしょげ  ゼルビノはしかしひどくしょげ  わたしはしょげ  犬もやはりすっかりしょげ  彼女をしょげ  わたしをひどくしょげ  莫迦にしょげ  落胆でもなく、しょげ  隅でしょげ  法螺を吹いては、しょげ  時に言いだされてしょげ  事をいってしまったとしょげ  から、さすがに少し、しょげ  責任を感じて、しょげ  弁信法師はそれほどにはしょげ  音たててしょげ  女はしょげ  それにしょげ  支倉のしょげ  笠井さんは、しょげ  鼻はすっかりしょげ  無残にしょげ  道庵も少々しょげ  私はただ、しょげ  僕は、ちっとも、しょげ  僕はもう、しょげ  マア坊はひどくしょげ  しるしを読んでもらって、よろこんだりしょげ  今日のしょげ  狼狽としょげ  それを考えると、しょげ  ぺしゃんこにしょげ  ハーシュはしょげ  妙にしょげ  意慾が突然押えられて、しょげ  醜態をはじてしょげ  ハネ飛ばされてもしょげ  私はと言うと、すっかりしょげ  男はすっかりしょげ  生徒一同もすっかりしょげ  私も、しょげ  ものだから、あんなにしょげ  伸子は、おとなしく、すこししょげ  吉弥はしょげ  苦痛が重なれば重るほど、しょげ  お嬢さまのしょげ  一体今日はどうしてそんなに、しょげ  ほうでしょげ  今日はしょげ  きゅうにしょげ  私はただしょげ  ところを、しょげ  時みたいに、すごく、しょげ  したたかに、しょげ  狐はすっかりしょげ  みのえはしょげ  風邪をひいてしょげ  これはまたおそろしくしょげ  明らかにしょげ  美和子はしょげ  さっきとはまるで違って、しょげ  乳を飲ませながらしょげ  勢って、しょげ  道江のしょげ  小さな私はすっかりしょげ  たてたり、又しょげ  あなた異人さんのしょげ  私はしょげ  魯八のしょげ  なるたけ早くしょげ  たびにしょげ  ボースンはひどくしょげ  みんなびしょ濡れで、しょげ  伝六のしょげ  こと、しょげ  変にしょげ  顔を見せずにしょげ  退散し、しょげ  顔がほてり、すっかりしょげ  柳吉のしょげ  娘はしょげ  本を買ってしょげ  あたしも、しょげ  羸弱で、しょげ  鶉を見てしょげ  威勢よくなっただろうか、或は全くしょげ  徳市はしょげ  母はしょげ  中でしょげ  心配したり、しょげ  ゲッソリとしょげ  おかしいほど、しょげ  たかに、しょげ  きょうばかりは蒼くなってしょげ  十日ほどたって、また行くと、しょげ  喜こびもしねえし、悪くたって、それほどしょげ  頃、とても、しょげ  今にしょげ  



前後の言葉をピックアップ
処決  諸賢  書見  所見  悄気げ  ショゲ  悄げ  悄気返  しょげかえっ  悄気返っ


動詞をランダムでピックアップ
なごも倒れ込みさしかざそつん受けろ誑し散らばおもいだしあばれだし嫌がらあてはめれすごさいらせられる抱きつき点ずれおびき出そ通ずれうかれでやって来くぐもる
形容詞をランダムでピックアップ
口惜しい心地よから見苦しくかるく汚らし福々しく芳しから篤くむごい小気味よ妬ましかっ手緩かっ罪ぶかく華々しきだるしこまかしいいぶかしくけたたまし疑深切なき