「し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ し[動詞]
看板にし  眼をし  手巾を見せたりし  一等堂々とし  的にし  男刈にし  顔をし  ことをちっともし  花のように、ひどくオドオドとし  準備をし  注意をし  頭を振り立って、どうかし  山はひっそりし  問答をし  いるかと思って、また暫くじいっとし  自分がどうかし  声をし  心持がし  髪をし  気兼をし  皆じいっとし  群れを離れてやはりじいっとし  伴をし  話をし  気持のし  スケッチをし  調節でもし  気がし  心地がし  開花を求めてゆこうとし  しんみりとし  どこまでもわからし  存在はし  問題とし  洋装をし  決心をし  一般受けはし  反覆しようとし  明らかにし  楯とし  こととし  道理至極し  ソレに当てはめられはし  一つノンセンスにし  成金になりもし  生き方をし  気持がし  小説に描かれたりし  莫迦になりきるにし  筆力はあるにし  根幹にし  づ人物にし  簡略にし  働きをし  活写せずし  年をし  まことに疑はし  耳にし  打合せなどし  全て当然とし  土台にし  わけもなくにやにやし  大変茫漠とし  ことを一寸さう思ひはし  みつ子がそんなに思ひはし  塞る思ひがし  気もし  面をし  柔道なんて止しにし  ホツとし  妄想に走らうとし  恋がし  溜息をし  嬉々とし  頬に酸くし  母にし  日輪そらにさむくし  みそらに遠くし  ここにし  酸えし  像にけぶりし  ひさきびやうや失ひし  なかにし  衣せし  まちにし  業にし  巌にし  写真師台を見まはし  歓喜天そらやよぎりし  朝旱割れそめにし  渋茶をし  げにのみし  ぴたと煙草をなげうちし  川のくらくし  枝青くしげりし  肩にし  時を異にし  酸えはてし  林は寒くし  鍛へし  女きたりし  云はれし  草にし  らみたりまどゐし  副へし  世間離れし  研究せずし  法律学は依然としてむずかしく、そうし  らいをし  筆記をし  ことはし  下読みをし  生徒自身をし  標準とし  ことにし  人間離れのし  生活経験をし  ものがあり、そうし  もとにし  万事きりもりし  法律をし  ものにするにはどうし  裁判はどうし  裁判にし  人をし  頼りにし  心得がなくてどうし  ようになるには、どうし  内閣から枢密院にきたりし  調節をいかにし  ばかにし  基礎にし  材料にし  お話をし  ひとり学生みずからをし  一朝にし  臨時参加をし  奥へ引こむことにし  合図をし  牛乳を凍らし  ようにねっとりとし  艶とピチピチし  四五段のぼると、どうし  所長をし  形をし  服装をし  挨拶をし  気にし  知らぬ顔をし  京町ミチ子だけはハッとし  身体を硬くし  ものでもし  そのままひっそりとし  手にし  ミチ子ばかりはどうし  中に突如とし  眉を顰めはし  立腹し、どうにかし  なにをし  それにし  頬とをすりつけんばかりにし  ものをし  女史のむっちりし  気はし  密談をし  ソフトカラーをし  研究をし  ギクッとし  娘なぞと親しくし  ことを思ってギクリとし  明瞭にし  音響がし  のであるが、どうし  音がし  軽業師にし  勘ちがいし  肩をつかまえようとし  タイピスト学校に入れたりし  女にし  友愛結婚をし  実検しようとし  返事をし  踊り上ろうとし  ようにし  思いをし  千屋ははっとし  目をし  いたつきてゆめみなやみし  陀羅尼をまがふことばもて、罵りかはし  息あつくし  青かりし  籾緑金に生えそめし  胸にし  小店さき、し  まろばし  こむらをふるはし  手からくのがれし  さをやめし  出でにし  水はてし  ちかひはぐくみし  昼餉をし  薬に食めとをし  傍見し  拘泥もし  対象にし  稍憤ツとし  人違ひをし  真似をし  弁明をし  結婚をし  間にし  小学教師をし  目を白くし  葉が散込むにし  物音もし  枕をかへし  跫音がし  此處で恐し  目を塞いで飛込まうとし  夜泣をし  察せずし  三日ばかりし  古物をし  者にし  むる者にし  読者をし  懐にし  血脈狡憤し  翼なくし  養女とし  額にし  芝居をし  眼附をし  怪我をし  近親数人を招いただけであって、あっさりし  口にし  人だかりがし  ことを好まなかったが、どうし  ことをし  もっと言おうとし  予言者をし  居はし  私は出来るならし  評判を良くし  別に設計をし  家とし  此儘にし  上達もし  別に手習いをし  絶対にし  書方はし  十九字詰にし  其後万年筆にし  得意とし  いずれにし  宿屋をし  驢にし  馬にし  猿にし  蛇性の婬にし  聊感ぜし  添削をし  きのうずる休みをし  まわりをし  役をし  右にし  顔さえはっきりし  往復を共にし  変晴ればれし  微笑くらい、苛立たし  辺は甚だはっきりし  資性穎悟にし  会釈をし  肩車にし  中に書いて見たいと思ったりし  妹にし  あとにし  正面にし  本堂はもとよりひっそりし  内心ぎょっとし  老人もし  小便をし  変ひっそりし  小便だけはし  不義をし  やうとし  唖然とし  一刀両断にし  それとし  ちよつとし  小鳥にし  表はし  ホロリとし  直接描こうとし  剰余なしのハッキリし  ものでもあり、かうし  実感を持つにし  危険はありはし  必要とし  ことができはし  首尾一貫を期さうとし  労せずし  武器とし  感じはし  注意もし  書をし  忽せにし  目標とし  文章を書こうとし  心持があって書こうとし  から書こうとし  文章を作ろうとし  忽にし  前にし  自分の無し  用意をし  材料とし  これを支えようとし  言葉を空しくし  装いを調えようとし  一丸とし  苦労をし  意外とはし  試合をし  弱気ですぐ投げたり諦めたりし  他流試合をし  感じがし  乞食の子にし  綺麗にし  素裸かにし  顏をし  水沫を騰らし  譬えを持って来たりし  噴水を、とみこう見し  中心にし  トリトンに牽かし  明澄にし  蒼穹抜きにし  窓に嵌めたりし  訂正をし  刺激からし  事をし  んとし  僕とし  時日が足らなかつたりし  何もし  ことでありし  月評だけはし  仕事をし  密接な、そして生き生きし  建設しようとし  文化的芽生えは持っていないにし  二つに分れ、何とかし  意識のハッキリし  利用しようとし  ところなく学び取ろうとし  歌をうたつたりし  メマヒもし  まま呆んやりし  呆んやりし  脂肪で何時もぎらぎらし  泣方をし  莫迦にし  匂いがし  二階からぎくしゃくし  何もなめられてやし  台所をし  何でもし  とこへ行ってもおとなしくし  啓吉はほっとし  背伸びをし  渋谷区幡ヶ谷本町とし  茫然とし  ウびくびくし  動悸がし  がらんとし  勘三が、つくねんとし  伸一郎はぽかんとし  覗き眼鏡にし  叔父さんだって、本当は覚えてやし  莫迦にばかりし  支度をし  何にし  油気のないばさばさし  土産にし  姉をたしなめている、ぽつんとし  ばらばらにし  苦労はし  芯はしっかりし  大事にし  父さん、どうし  格好だけはし  中はぬくぬくし  カフェーに勤めたりし  ンかし  蓮子にし  寛子にし  亭主にし  啓吉を呼んだりし  そうな、おずおずし  何かでのんびりし  急におろおろし  世話になったりし  夫婦喧嘩までおっぱじめたりし  叔母達がぷりぷりし  お喋りをし  頭がぎらぎらし  野球でもし  空鳴りがし  ンかわかりゃし  外見をし  復習をし  静粛にし  先生がいらっし  はいッ、そのくらいで、少し書取りでもし  啓吉はどきりとし  使いだてし  お守りをし  からおしまいにし  先生を助けてしっかりし  森とし  一本一本ぴくぴくし  匂いはし  何か話しているらしく、振り返りもし  きまりが悪くなって立ち止まったりし  遠くを眺めたりし  啓吉はおずおずし  女は、ニッコリし  ようなふわふわし  方をし  心に描いて、はるばるとし  万歳をし  方へ見向きもし  啓吉は、さっとし  勝手をし  朝寝をし  色をし  顔を歪めようとし  泣きをし  行つたりし  ひざを打つたりし  前から仕度をし  相談をし  へん機嫌を悪くし  手振をし  掛声をし  てゐましたが、どうし  秀ちやんはだまらうとはし  申わけをし  理由から、往々にし  歌にし  幸ひにし  三分ばかりし  三重吉はにやにやし  答をし  事にし  話などをし  頬杖を突いたりやめたりし  説明をし  それから糞をし  掃除をし  世話をし  手つきまでし  手を引き込まし  真直にし  食事をし  透明にし  逆さまにし  顔もし  いたずらをし  絶間なく行きつ戻りつし  眼を細くし  背のすらりとし  眼をしだいに細くし  苦にもし  よそにし  瞬をし  そのままにし  声のし  子供をすかしたり、なだめたりし  真紅になりはし  花にし  足場にし  忠直卿がジリジリし  女房にし  魚などを釣ったりし  意思がハッキリし  民主化をそらそうとし  可能にし  ごちそうを入れて、供えてやったりし  たいせつにし  ふうをし  人形を抱かし  大騒ぎをし  ものをいったりし  目を丸くし  ときはどうし  悪いことをし  てゐたりし  あなたとジャン拳をして決めたりし  頸卷でもし  眞ん中にし  散歩をし  組み合はし  日蔭にし  帳面のザラザラし  クリスマスをし  ままみんなぽかんとし  鳥のにし  青年達を見まはし  中にはぴかぴかし  氣がし  暮らしをし  炭燒きをし  眞似をし  一人暮らしをし  猫背をし  構はないなりをし  それを止めさせたりし  氣もし  背景にし  漠然とし  熊笹がし  新鮮かどうかを如何し  ざまをし  運命をどうし  対手にし  観念をし  梯子飲みをし  立膝をし  漂はし  喰らはし  女はかうし  判然とし  安心をし  時折祈祷をし  健康をさへ、誤魔化さうとし  数十人生活をし  日課をし  首をし  咳をし  表情をし  妊娠をし  貧乏をし  やつたりし  替りをし  雑巾がけをし  水汲みをし  主題とし  喰はし  脱れようとし  泣ながら、そしてごそごそいはし  無性にうれしがつたりし  づしつ放しにし  糸巻き代用にし  坐禅をし  仕方とじつにぴったりし  考えをし  すべて如来である、そうし  学問をし  条件をへずし  顰面をし  権威をつくろうとし  一たび立ちまして、そうし  遍歴をし  恋愛をし  病気をし  たよりにし  あてにし  友情にし  最後のものとし  委任統治にし  喧嘩をし  人よりも強い、だからし  共同生活をし  反省をし  生活をし  たくさん犠牲にし  犠牲にし  親鸞がし  問題を起こしたりし  仲裁をし  書生とし  妾にもし  ふうにし  虫を殺したりし  立場から雑草を引き抜いたりし  批判もでき、そうし  鍵とし  さまを実際に眺めて、そうし  徹底するならばそうし  やってみようとし  生活をしようというならどうしてもし  観念をもってし  共鳴するとし  ちゃんばらなんかし  ことが強ければ強いだけし  それをあえてし  社会生活をし  研究しようとし  日常茶飯事とし  わけにはゆかないから、いつも赤くし  調和させようとし  結局どうし  からして、何とかし  出発からでなくし  恋愛にし  自分はどうし  人のし  何をし  ためにはどうし  できもし  私たちにし  これでよいとし  ものをもとめようとし  むりにきめて、そうし  生活をたててゆこうとし  生活をやってゆこうとし  倫理学にあわせてゆこうとし  さそうにし  それはそうし  呼び捨てにし  むしろ和気あいあいとし  結局そうし  一つもし  人が仲良くし  それならばそうし  労働運動をし  個人にはし  印刷工組合だけにし  やすこしも生き生きとし  トルストイも実際そうし  息をし  それまではし  のでありまして、だからし  私をし  さしたりし  まちがいをし  根本にし  意志がし  私たちがああしたらよいか、こうし  私はどうも困る、どうし  忠実にし  行いを見ずし  拘泥せずし  問題にし  ものはおのずからにし  行いをし  心にも生き生きとし  自分がどうしてもし  これだけはし  義務であるから清浄にし  ことだけはし  それだけはし  清浄にし  仏になるにはどうし  成仏するか、し  身がなるにし  逆立ちをし  ことをやって、のがれようのがれようとし  幾らもあります、だからし  難儀をし  から群居生活をし  集団生活をし  ときにどうし  もっと悪いことをし  ことをいおうとし  きれいにし  ぜいたくにし  人がいいやし  ようになりましたからし  ことになりはし  自分もどうし  断食をし  行をし  ことしかし  自分が与えられたからし  誰も好んでし  誰とし  行もし  中に飛びこもうという、それだけはし  ことはできもしなければ、し  中にいるからし  ことができもしなければ、し  必要はないしまたできもし  私がし  ためにし  それをし  何にもし  ものをですからし  それもし  ことを、それだけはし  私がどうしてもし  ことはできないし、またし  往き来をし  坐禅は歩くもすわるも、そうし  ことからし  一つにし  ことをするにし  観念が動いてくるにし  抗議をし  耕やし  二畝耕やし  買物をし  一切我今皆懺悔、し  新道まつすぐにし  乞食をし  敢てし  シヤンとし  冬村二君に過ぎつたが、しんみりとし  幸にし  夕飯にし  今夜もしぐれるらしい、かうし  咳ばかりになる、しばらくし  実とし  言葉は古いけれど、古くし  ふさはしい、或はこぢんまりとし  ふさはしい、はかないけれどもし  鼻緒を切らしたりし  夢まどかではないが、のんびりし  今にし  私とし  こはし  くりかへし  夜ふかうし  食後にし  ひよろひよろ大根がだいぶしつかりし  君を困らし  肥料をやる、かうし  厠にし  草屋根をし  露のし  庵居し  ひとりで、かうし  つぶやく、かうし  引きかへし  茶をかけては飲み、飲みし  あはれむべし  孤独あはれむべし  一天雲なし、澄みきつて凛とし  孤独をし  人間を害しはし  寝床にはいる、とても寝つかれはし  頭部がつるりとし  何だかしみ/″\とし  別にし  そこからひきかへし  清算してもよい、いや、さうし  ふところにし  ひきかへし  雑草を踏み分けたりし  葉を振ひ落せし  雀がゐない、どうし  がらかにし  けいこをし  芭蕉句集を読みかへし  汽車賃にし  やうでなく、し  やうにし  不幸にし  つた、ちし  出来もし  借金だけはし  冥想したりし  敬坊をおきざりにし  十二月九日晴れ/″\とし  中橋にし  今朝おろしにし  何とはづかし  十二月十四日三八九をだしてほつとし  火鉢をかきまはし  何とし  ゆつくりし  木の実とし  私はし  自己に執せずし  大根、ほうれんさう、ちし  一緒にし  結局何にもし  落寞とし  それがはっきりし  それがはっきりとし  生活こそ、本当にしっかりし  ことさえしっかりし  如何にし  限り少くし  限り多くし  意志を以てし  批判をなさんとし  多くが往々にし  静かにし  気持からこそ、のびのびとし  方向を選びはし  盛んな青々とし  狼狽もし  自分のものにし  自分のものとし  単位とし  賛成はし  職場にあるか、いづれにし  場合が往々にし  うに住みよくし  家庭があるとし  家庭に見られないうるほひがあるとし  紅赤とし  芋にし  主婦にし  らにし  これをし  形やや短くし  ものにし  裏通りを歩いたりすると一寸し  豊かにし  十五銭なりにちょいとし  生々とし  直接で溌溂とし  ゆたかにし  道へと踏み出そうとし  自炊をし  手もとに置いて、できるだけし  小さな生活を始めようとし  私から離れて行こうとし  騒ぎをし  荷物にし  家もひっそりとし  一人となろうとし  口まねをし  時分には親しくし  形からし  きょうまでぴんぴんしているとし  内を楽しくし  珍客をもてなそうとし  楽しみにし  受け取りもし  まり往来もし  友とし  著作生活に移ろうとし  私のように著作一方で立とうとし  著作をし  一つだけは、どうにかし  困難にし  不自由はし  二階はひっそりとし  娘を慰めようとし  友だちを見に行ったりし  新鮮にし  刺激に試みようとし  目を円くし  気質を延ばそうとし  道を踏もうとし  時代を歩もうとし  生い先を競おうとし  方をどうし  ほうにはいくらか薄くし  長男に厚くし  妹に薄くし  手不足を補い、どうかし  共同経営とし  旅で困りもし  のを見るに見かねて、日ごろだいじにし  私にし  娘に薄くし  顔つきをし  お前もし  袴にし  末子とがしたくをし  家屋の多い、ごちゃごちゃとし  形にし  風呂敷包みにし  別にしようとし  姿勢をし  町を通り過ぎようとし  ガラスに映ったり消えたりし  始末をし  証書を開いて見ようとはし  往ったり来たりし  収入をそっと残して置いて行こうとし  一言にし  髪を梳かし、少しさっぱりし  拾い読みをし  医やし  演説をし  ウロンケにいのこりはし  手離そうとはし  単純にし  居眠りをし  小僧さんたちは、どうし  外へとび出し  声がし  底をかえしてみたりし  お礼はし  芸当をし  あいさつをし  目をまるくし  いつまでもお金もうけをし  火あぶりになんぞし  宝物にし  身分にし  文明にし  人にし  昔日に多くし  昔日に低くし  文明にあらずし  正直にし  ゆえにし  意味はなはだ広くし  繁多にし  発達を妨げずし  教育にあらずし  ところにし  一にし  他に犯されずし  能力をし  いつ起つてもびくともし  結果と考へられもし  心がし  いふ風にし  日本を少しは暗くし  てゐやし  へんにありはし  小にし  大にし  ままにし  思つたりし  くらをし  関やし  噺をし  振りをし  顔付をし  風をし  咳ばらひをし  儘にし  二人は暫くもじもじし  ぼんやりとし  やうにふるはし  私はどうし  加減にし  行つて迷児にし  的にチラチラし  立往生をし  仕舞はうとし  二人をかへし  麗はしいのでし  飲物を飲むだりし  私はもじもじし  さつき学校であんな苦しい思ひをし  今にも立ち上らうとし  雀躍りし  つもりで読み返しなどし  雲に浮び、または、し  震はし  早起きをし  続きをし  こぼれはし  云つて相手にし  のですから、どうかし  つて誌さうとし  謂にし  瞑目をし  身終ひをし  絶対安全をもつてし  公にし  明瞭りし  基礎とし  工夫をし  考へ、かうし  金ならずし  呉にし  火にし  男で、ずんぐりし  大島のそろいを覗かし  写真を撮ってやったりし  勘定をし  緑青色をし  背にし  雉子焼にし  中あたりでもどそうとでもし  目まぜをし  からにし  四辺はひっそりし  のはどうし  変化はし  至つてふさはし  ケーンを持ち、しやんとし  活動小屋にし  薬にし  小屋掛もし  日除もし  事でもし  酢味噌にし  椀にし  何かに引っかかりでもし  爺さんはニコニコし  孫はどうし  葬いをし  活き活きとし  動作を与え、そうし  開示せられはし  今日はどうし  馬鹿にし  押へてし  まま動かうとし  お辞儀をし  かいをし  笑ふきもちがし  暮しをし  いふ漠然とし  みんなこの漠然とし  それでいいとし  合理化されてしまいはし  レオナルド・ダ・ヴィンチにし  ヨハネス・ケプラーにし  宗教裁判に附されようとしたりし  計算をし  そうに悠々とし  風にし  哲人たち誰もが変えようとし  活躍させるとし  実現してみようとし  背をまるくし  一どもふんがいし  虫にし  せきをし  個性がはっきりし  のみこむようにし  春吉君は、きりっとし  第一声をはなとうとし  拍子ぬけして、わらえもし  これもせず、もじもじし  まゆをし  ちもと、さしずされ、しばらくじっとし  ことを、あかぬけのし  写生をし  あいずをし  中につっこんでいるので、し  手だしはし  うのみにし  くしが、まつわってとび出し  ところへいき、いいかげんにし  手工をし  音もし  のだが、ついに、し  音もたてずにし  ように、ほっとし  闘争をし  ドキッドキッとひびくほど、はげしくし  話などし  屁であると信じはし  キャッチボールをし  貴方梅園へいらし  あたしたちがこうし  質問をし  見えやし  兄弟にし  恋人同士にし  奥さんにし  名前にし  お願いをし  信用はし  宙にし  何もおたずねし  とおりにし  名前はどうし  警察からしらべにきたりし  宿屋にし  ところへいらし  ホテルにし  予感がし  野郎、しゃあしゃあし  呼びすてにし  みっちゃんにし  すきになったらどうし  同棲生活を送ろうとし  騒音がし  しょっちゅう行ったり来たりし  っぱなしにし  ルージュをつけたりし  何だか、ぬらぬらし  進歩して居らなかつたからし  學問をし  時代であつたからし  該博を見し  證據にし  交際をし  家にし  入唐したからし  應ずる爲であつたからし  初め百二十卷とし  名は見えないからし  連體言とし  あらはし  頃親しくし  雨を浴びようとし  丸呑みにし  何れにし  五六頁づゝ引きはがし  休憩時間などにも出して読み読みし  舎営をし  先生をし  往復をし  顔を見まはし  地方巡業をし  ピストル心中をし  目を通そうとし  清川をし  時から外交官生活をし  すったもんだをし  そこをとび出し  きれいな顔をし  おじぎをし  まさか彼が殺したとは疑われはし  疑いはし  ふりをし  商売にし  精神そのものが将し  所信を強くし  刑罰を言渡されはし  知ってる話だけでもし  僕が親しくし  目からグラスを外そうとし  いろいろ話をし  声をあげようとし  自殺をし  君の友達はどうし  命令はし  反対はし  事はし  事は、し  ときかれたらどうし  一人炉辺に坐してまんじりともし  心をおどらし  恋をし  覚悟をし  凡てを何とかうまく纏めようとし  おだやかにいとまをつげようとし  そのまま帰ろうとし  室内は、至極あっさりし  意味ありげに眼くばせし  前面を見ようとし  かすかにし  番頭をし  束にし  麻酔させようとし  店員をし  何となくおずおずし  もう少しおたずねし  せい子はホッとし  三十ばかりのすらりとし  奥さんにおたずねし  谷村はむっとし  性格をよく知って置かねばならぬので、おたずねし  手療治をし  細工をし  中島さん、随分お待たせし  断髪をし  深切にし  それからどうし  私はホッとし  言だけおたずねし  何か言おうとし  眼をつぶろうとし  骨上げをし  妻もああし  毛を切ろうとし  広場に出ようとし  早合点をし  勘違いをし  服装はきちんとし  立ち話をし  先になりし  どっちを選ぶか分かりはし  夕刊新聞を読んだりし  青年はどうし  ネクタイをし  海に沈みし  景清はなんとし  しろにし  目じるし  このごろは兎角にそわそわし  外にして出あるいているは、どうし  生業をし  しかと返事をし  もう一度お詫びをし  根絶しにし  それがし  そなたはどうし  夫にし  一とさし  ここへ来たりし  根絶やしにし  書物を読めばいいとし  ベンチに腰かけてうっとりし  採集をし  見学旅行をし  話を聞かされたりし  根拠にし  ホットにし  世界一の広々とし  食事に出かけたりし  恰好をし  行きはし  退屈にし  さへし  見物を引ずり込まうとし  ぬきにし  それこそどうにかし  神経過敏にし  往き来もし  勉強したりし  膝をつきつけて、どうし  今はどうし  便りをくれはし  人云々と書いたりし  今日まで流れすすんで来たりし  うららかにし  無駄をし  手紙はあまりにさびしくかなしくし  敬坊よ、しつかりしてくれ、し  月へいばりし  樹明君、お互にし  草取をし  私たちはいたづらにイライラしたり、ビクビクし  ケチケチしたり、ニヤニヤしたりし  夜ふかく煙らし  平凡にし  貧乏にし  樹明さんはどうし  粥にし  身貧しくし  いふ食事をし  火の番そこからひきかへし  人間修行をし  御飯をたべたらがつかりし  大根とちし  白粥にし  大根、ちし  読みかへし  下物はちよつとし  襟巻をし  底冷えのし  あしたのをんなとし  今日から麦飯にし  けさから麦飯にし  大根にでもし  冷静にし  ゆつたりし  自分のさうし  約束をし  簡にし  それがどうし  落葉あたたかうし  気乗りがし  働らかし  仕度をし  言葉をかはし  二月十二日天地清明にし  咳ばかりし  二月廿六日寒い雪がちらほらし  ありがたさが解り、し  止めにし  かな顔を見てほつとし  根肥をし  陽をまへにし  いふ日和には、し  曇つたりし  憂欝にし  眼白あんなに啼きかはし  元観殿に入れようとし  女房にも召し仕へし  参内でもし  外に佇みなんかし  督をつかまえて何とかし  心配だからどうかし  折戸をし  折戸にし  音はし  鎖をかけられたりし  尼さんになんかし  さをどうし  マアどうし  漫々とはてし  袴もし  一所に飛び込もうとし  身を投げるまでし  様子をし  お供をし  顔を赤くし  ふみかへし  さまざまにし  らん心そめし  使にし  者にでもし  念仏許りし  様をおかえになるにし  心づよくおっしゃってもどうしてどうかしてもう一度御たずねし  大切にし  ものだのに、呼びもし  手紙をとりあげて見もし  返事もし  ナゼ御返事をし  様にし  事を見ききし  私一人のこってどうし  念仏をし  もの、たのしんだり栄えたりし  思をひかれないでとし  可愛い形をし  今ではどうかし  身をもみながらどうぞし  日光はあんまりまぼし  姿をし  急に低くし  そうにし  人間は富んだり貧しかったりして青くなったり赤くなったりし  かけっこをし  通りぬけし  下物にし  落し物をし  のだらう、とかくし  行乞はし  かも雑炊にし  野を歩いたりし  のかへし  友よ、お互にし  酌をし  九時すぎ別れる、がつかりし  死をまへにし  夜のふかくし  デーにし  おとづれもし  四月十八日晴れ晴れとし  酸物、ちし  げにし  喧嘩でもし  さまにし  みんな嘘にし  敬君、しつかりし  追憶したりし  身心がすうとし  癒やし  鳴きかはし  ところ一句あるべくし  北裏に広々とし  はたとせを住みにし  寒雨蕭々たりし  ころはおとさたもなしいかにし  とくにし  地方在住者をし  学生をし  会期間とし  研究倶楽部にし  模範とし  寒村僻邑をし  町村住民をし  学校にし  大図書館にあらずし  地方図書館員とをし  堅牢にし  六ヶ月とし  管理者をし  州費支弁にし  日のべをし  押問答をし  首を長くし  手習いをし  観客はこのくらいにし  一刹那にし  用心をし  病鉢巻をし  大柄にし  それが、どうかし  太鼓鳴らしたりし  手入れをし  まり身だしなみもし  身なりも小ざっぱりとし  それを怪しみもし  占はうとし  事は出来ぬにし  用をし  物喜びをし  四お互にせはし  者とし  横にし  習合をし  ガランとし  談判をし  欠伸をし  ぢっとし  蚕はし  移転をし  様に転がして大きくし  据ゑる様にし  ばった顔をし  萱からし  勝太は沁んみりし  粉にし  留吉はふとにやにやし  ゑがハキハキし  茶屋女をし  源吉に稼がし  稼ぎをし  物置も建てたりし  製糸へも行かずぶらぶらし  飾り物にし  遠慮ばかりし  手続きがし  稼ぎに出たりし  わしァどんなにし  ザクザクとし  錆色をし  当にし  三人もぞろりとし  大損をし  競売をし  手入し  憤慨したり笑ったりし  蚕はどうし  手織りにし  ブンとし  きりにし  大病をし  彼岸伐りにし  区切がし  わけもなくむっとし  らうとし  坂を降りるか登るかし  ボコボコとし  足触りがし  寄附したりし  千円借し  薪一本からし  昇三はきっぱりし  意外にしっかりし  綴込みにし  噂もし  顔色をわるくし  二段飼ひにし  隙もない思ひをし  物がし  相手にもし  ゃんはせはしいんだでみいちゃんの守をし  条桑育にし  飼ひをし  仮渡しをし  横腹にドカンとし  落莫とし  相手にし  屋根をつくろったりし  年越しをし  冬空のし  失望はし  雪のし  手を握つたりなどし  樹明君にし  寒いわたくしとし  餅はたいへんおいし  夜のふかうし  洗濯をし  大根を刻んだりし  雪中行乞をし  幼にし  山がし  木の葉のさわがしいさうろうとし  二月十八日雨、し  ヌキにし  本を読んだりし  男に読まし  まことにおつとりとし  鸚鵡はどうし  つもりだつたが、し  平静をとりかへし  間違へられたりし  もちやにし  私とをし  笑はし  足がし  ちぐはぐで、しつくりし  此方向きにし  法螺吹きであらう、如何し  俺とし  記者をし  編輯助手をし  主にし  あれは如何し  記者などをし  経験もないと滾し  切端詰つた顔つきをし  相手をし  深呼吸をし  詭弁家にし  心配はし  口吻を洩し  却つて君は困りはし  頭でも悪くし  つて眼を丸くし  軽蔑でもし  身とし  眼つきをし  云へないが、何とかし  知らん振りをし  昏倒でもし  苦笑を洩し  暑中休みをし  同情をし  咳払ひでもしてやらうかとし  魔睡を嗅がし  書きもし  鼻を高くし  ツとし  朝寝坊をし  エライことをでもし  納豆合戦をし  面白い戦ごっこをし  苞を取ろうとし  吉公を引きずって行こうとし  みんなもし  承知をし  不精をし  のは、さっぱりし  糸をひかないで、ざくざくとし  豆がざくざくぽくぽくし  豆がねちねちし  宿屋じゅうがひっそりし  膨らかし  若葉のひろがりにし  つつじにし  加ったりし  山歩きをし  十数人鉢巻をし  中心とし  昔小新聞がし  実在してもし  これ見よがし  一本漬けて出したりし  一番出世をし  落第ばかりし  目方を考へてみたりし  十圓はし  色がし  のをし  山吹色をし  眞似し  金時計を出して見せたりし  テンテコ舞をし  弟子にし  宿替へし  もん、どないにでもし  内方へお頼みし  現はし  二三度水ぶるひをし  近道をし  一跨ぎにし  逆まにし  改つた顏をし  梅に連れ戻らし  在所者臭くはし  何んとはなしにほろりとし  表書をし  お詫びがし  合はし  金色をし  こんもりとし  都合をし  何うにかし  ます七日にし  唇を尖がらし  プンとし  十羽つぶさし  のを見向きもし  旦那にし  明日にし  ことを繰り返へし  惡氣があつてし  ツかりし  茫とし  樣子をし  涙を呑みこまうとし  口を尖がらし  表へ出ようとし  家を建て腐りにし  取締役をし  中から湧き出し  壞はし  束髮にし  別に會釋もし  都合にし  寢返へりばかりして、まんじりともし  ツツとあはし  遠出をし  弓なりにし  野趣があつてのんびりし  三百匁もありはし  廻り路をし  空つぽにし  工風をし  溌剌とし  内容としようとし  ものであろうとし  成育させようとし  教化資料とし扱おうとし  んだりし  常用食にし  輪講などをし  眞似ばかりし  品物を、書けもし  春風いつもし  身心はやぶれてゐるけれどからりとし  でくはし  題名とし  二三片しか口にし  やうともし  膾にし  やうな、し  ちよいとし  竹をし  うつかりし  旅がし  水とに執し  たづねてくれて、なんにもないけどちし  ゆふ空ゆうぜんとし  つた、ほつとし  君よ、しつかりし  作、からりとし  樹明君よ、しつかりし  あなたがし  竹にし  私、し  ふるさとにし  一天雲なくし  一寝入し  まねをし  ユツタリとし  事をいひ、し  声はたえずし  シヨウチユウにし  顔色をし  酔ひでもし  白木槿がし  伊東さんも、どうし  蜩が鳴いた、し  あれだけ飲んだり食べたりし  土用だからし  四十にし  五十にし  質草一つ出したり入れたりし  やうな思ひがし  子供にひやかされたりし  留守番をし  あれこれ、そそくさし  何だかすまなさうにしよんぼりし  駄目だつたので、がつかりし  彼はけろりとし  秋のいろがはりし  後始末をし  九月廿七日晴、ゆうぜんとし  長期断食をし  質入し  肉縁はたちがたくし  一生はかうし  死に場所とし  それ/″\にうれし  幼虫数百、すぐ掃き捨てたが、ぞつとし  歯がぬけた、ほつとし  門に入りやすくし  子とうへし  天気、し  朝からけぶらし  私はかうし  しづかな、しんみりとし  ひよどりがしきりに啼きかはし  まり当にし  せつかく小鳥は楽しく啼きかはし  山口へ近づくにし  工合をほどよくし  不思議にし  黒焦げにし  行動をし  身心を熱くし  雑炊にし  ぱい食べて、そして別れた、がつかりし  好尚に執し  落葉ならし  散歩でもし  こと、し  粗末にし  ボールをし  野球はし  なにもし  講師をし  印象が常にきっちりとし  使い方をし  ところで、早くも力んだりもし  話題にし  まり話をし  発見をし  練習をし  野球をし  ところのまったくない、あくまでもさらっとし  どこをどうし  陽焼けし  提案をし  頃から野球をし  参加してもし  タッチをし  父親はぎくしゃくし  礼をし  動きにつれて、ゆったりし  考えごとをし  陽ざしをさえぎろうとし  髪止めは、長くし  あなたはどうし  寝泊まりをし  手がのびて来ようとし  下にし  毎日なにをし  決定をし  決定はし  実家へいってみたりし  魚にし  同級生たちは、どうし  目を細くし  コーヒーをやや薄くし  すっきりとし  声を大きくし  動きはぎくしゃくし  何往復かし  一度もし  水泳部のこまごまし  ターンをし  競争をし  飄然とし  ことは、し  秘密にし  ことに、し  のだったら、そうし  プールごし  動きもぎくしゃくし  昼寝までし  興味を示さなかったりし  なにをするにし  百合絵は沈んで見えたり冷たく見えたりもし  東京見物をし  以前から約束をし  なかに入るとひんやりとし  香りがし  弟として、にこっとし  海がどうにかし  引率をし  ぎみにし  頭がぼうっとし  テーブルごし  丁寧で早く、きちんとし  オフにし  ためでもない、漠然とし  あとを押されたり押し切られたりし  巧みにまわされたりし  空気がすこしだけひんやりとし  ガラスごし  製作者が伝えようとし  涼しげでさらっとし  線にも、すんなりとし  舞台にし  それを見たいと思うなら、どうし  明日、さっそくそうし  あとかたづけをし  影を濃くし  まわり道をし  封筒を買おうとし  きれいな肌をし  洗いものとかたづけをし  映画を見たりし  大学受験をし  ことを、読みかえし  以上とし  糊づけし  邦子はぼうっとし  彼女はきめようとし  食卓のかたづけをし  誰も思わないにし  凧を揚げようとし  肩のがっしりし  こっちにし  小柄の、しかししっかりし  恋人どうし  店番をし  ひと目惚れし  海をまえにし  ファインダーごし  きっかけにし  一週間にし  三日にし  気を使ったりして、なんにもし  私はほっとし  セックスばかりし  好きにし  ゆで卵を食べ終ってしばらくし  買い物をし  オンにし  失敗なんかし  人に可愛がられようと思ったりし  人に顕れずし  壁に張ろうとし  中まで、ざらざらし  日記を読みかえしてみて、そうし  から僕たちは、どきんとし  いまどうし  調子に乗ったりし  中にあるとし  から、とし  顎をし  体格をし  自己弁解をし  せいにしようとし  馬鹿笑いをし  三十銭損をし  損をし  姉さんがいらし  のだが、しばらくし  悪気のない、さっぱりし  手を挙げて、と言うから、ハッとし  うつむいて、もじもじし  僕はもう、なんとし  絶望はし  毎日、憎んだり怒ったり泣いたりし  ちゃんとお辞儀をし  指名したりなどし  整理をし  雑魚寝をし  勉強をし  ゼスチュア遊びをし  六尺ちかく、ひょろひょろし  男か女かわかりゃし  相当なとし  幹事をし  底から同情はし  幸福そうに笑ったりなんかし  決心ばかりし  ほこりでざらざらし  婦人にし  それは、よござんし  眼を丸くし  兄さんがしっかりし  気楽にし  ものは、とても、なつかしくて、そうし  海は、昔ながらにひろびろとし  ちゃんと支度をし  学校をよそうとし  自動車に乗って、しばらくし  お詫びをし  家出をし  徹夜なんかし  何になるにし  僕は少しむっとし  卒業するし  高飛びをし  三段飛びをし  醜男だなんて思ってやし  舞台があったりし  気さえし  たかえし  たしかにきょうは、どうかし  様に、うれしく、ぽっとし  笑いかたをし  遠慮をし  真赤にし  ように赤くし  僕たちに漏し  争いをし  兄さんも、互いにツンとし  姉さんどうし  勉強さえし  道を、こうし  ように、チョロチョロし  くらくら目まいがし  悪寒がし  気持もさっぱりし  頭がハッキリし  姉さんをもそそのかして、何とかし  追従笑いをし  鬼にし  いやに、はっきりし  からだを悪くし  太田でないにし  言やし  陰でこそこそし  誰にもなんにも言ってやし  噂をし  味方をし  年始状だって寄こしゃし  眼を大きくし  部屋を暗くし  嫁になんかやりゃし  別に、どうし  一瞬にし  身振りをし  急にこそこそし  さそうに、にやにやし  のをたのしみにし  返事さえし  僕は、ぎょっとし  いやだとか困るとか、そんなはっきりし  中学へはいったとし  道づれにし  無駄にし  封をし  胸が、わくわくし  まさか殴りゃし  僕は、どうし  一印象を悪くし  森閑とし  んじゃないかと、びくびくし  お前にし  ために、どうにかし  ひとを、にらんだりなんかし  あいそよくし  ベルを押そうとし  平然とし  僕が降りようとし  のんきにし  学校へ行っても、そわそわし  整頓ばかりし  ような、それでいて、絶えずはらはらし  感情が高ぶって、わくわくし  てんてこ舞いをし  インクでもつめて置いて、そうし  きょうは、まるでのんびりし  疲れた顔をし  壁に寄りかかり、立ったりしゃがんだりし  ひそひそ話を交わしたりし  緊張とを思い出し、むしゃくしゃし  入口でもじもじし  横沢氏は、けろりとし  かたを、し  色を濃くし  撼かし  拍子抜けがし  顔を蒼くし  都合で、し  みたいに、にやにやし  報告だけでもし  加減乗除をし  男は、いったい、どうし  理想なんて、ありゃし  ように、ほくほくし  議論をし  軽蔑していたのに、どうし  講義はし  相談でもし  非難しようとし  否定しようとし  努力をし  十字架から、のがれようとし  修業をし  叱咤したりなどし  僕より、とし  名前をし  全然あてにし  二箇年限とし  時には、ただもうわくわくし  空騒ぎをし  のか、と思ったら、ほろりとし  気もしたが、でも、ほっとし  審査をし  日焼けして、けろりとし  スキャンダルは言いたくないが、なんだか、ごたごたし  起をし  かたをし  身支度をし  おかっぱにし  ボヘミアンネクタイをし  二曲りもし  涼しい気持がし  欠点も、いよいよハッキリし  丼を持ち運んだりし  全然問題にし  一回しか話をし  逆に問い返したりなどし  報告をし  手伝いをし  空想で、うっとりし  手入をし  覚悟は、し  比較されて、そうし  めまいがし  役者修業をし  朦朧とし  扮装をし  創造をさえし  ほてい屋という、じめじめし  誰でもし  上辷りをし  余計にし  程にし  徒然とし  油断をし  姉様冠りにし  村長をし  小馬鹿にし  其話をし  奴でございますと言って、ほくほくし  幸いにし  矯飾はし  逆にし  悵然とし  ッこをし  張物をし  如何とかし  孝行をし  親はなしと、又し  其儘再び眠ろうとし  途方に暮れて、ヨチヨチと這出し  食慣れぬかし  逃廻って、如何し  伸をし  味方にし  庭先をうろうろし  随いて来て、逐ったって如何し  処まで来て、漸くホッとし  足を踏んだりし  五枚にし  之をし  其様悪戯ばかりし  私はハッとし  眼を円くし  話声がし  ようにうろうろし  父が万一し  旅窶れのし  小石を拾って打着けてやろうとし  今日は如何し  鵜呑にし  のが、如何し  其上から頬冠りをし  月給取にし  県庁へ勤めるなとし  私は如何し  真似事をし  不覚ホロリとし  手真似をし  顔がチラリとし  悄然とし  我物にし  料にし  夫では如何し  代言をし  中止にし  頼みにし  賃銭を払おうとし  足音がし  言てやし  壺口をし  小遣に離れたりし  散々世話をし  ようにはし  勉強もし  取次栄がし  弁解もし  書生にし  不平を漏し  靴磨きもし  楽みにし  書物を出放しにし  球を転がしたりし  遊びに行ったりし  編物をし  莞爾ともし  何時迄もし  斯うして聴いていると、如何し  飯事をし  鼻息を荒くし  三時頃にそうし  二つ三つ話をし  其儘にし  裏反しにし  高笑いをし  私はうんざりし  欠びをし  伸もし  之を越えんとし  想いをし  筆にし  合までし  喧嘩迄し  代りにし  人並にし  物にし  読方をし  主人公にし  世に出る、万一し  奔走して見たが、如何し  住居とは如何し  紛とし  土気色をし  人で、ねちねちとし  吾にし  一月程し  思想に捕われるにし  のは、如何し  私を連れて帰ろうとし  者が連れて行こうとし  交際を広くし  超然とし  面色をし  作家は如何し  修養をし  忙がし  一番上等にし  辞儀をし  後にし  所を見ると、スラリとし  一寸垢脱のし  何となく気怯れがし  何となく締りのあるキリッとし  隣にし  声は如何し  大廻りをし  住居にし  シンミリとし  分明にし  脱かし  心待にし  彷徨きながら、見ぬ振をし  不平に思って、如何し  雑巾掛けをし  手附をし  襷を外したりし  整然とし  常談事にし  私は何とかし  其細君を誘かし  饒舌ばかりし  物を食べさせたり、種々し  跡仕舞をし  ランプを細くし  グルグル巻にし  何かし  手当をし  一杯になって泣こうとし  母は如何し  私には如何し  筆硯に親しもうとし  鉢巻きをし  町へはいった、そうし  涙がはてし  ひさしを深くし  親密にし  時計にし  チビ公はもじもじし  一まとめにし  宿題を解いたりし  歴史を読んだりし  英国のものにし  加藤清正にし  ポケットにかくしたりし  愚を知ったのでひきさがろうとし  あと足を低くし  一とし  敵をし  ライオンにつまずかし  小刀をふってかれをつこうとし  のぞくようにし  庭へでたりし  表情をしたりし  豊公をぎせいにし  胸が高鳴りし  商売をし  なにかいおうとし  物をし  弁当屋にはらって、さしいれし  弁当代にし  豆をひくにしても煮るにし  からしかたがありません、大きくなったらきっとこのうめあわせをし  指図だけし  おれがしっかりし  はいろうとし  ずんずん去ろうとし  チビ公ににっこりし  二時間にし  示談にし  だれがし  匿名にし  懇意にし  すにし  運動をし  おかずはたにし  世話もし  幸福だなあ、ああし  文子はにっこりし  学問はし  豆腐屋をし  ことばかり考えてやし  心はいまどうかし  親友をし  伯父さんがでてくるまで休んでね、そうし  握手をし  事実にし  らっぱはどうし  用事をし  ものでなくし  道路をうろうろし  ことかとびくびくし  平素勉強をし  謄写したりし  楽をし  まま動きもし  功名をし  自分のあやまれるをさとってし  いじめにし  柳を傷つけた、そうし  木俣はなにかいいつづけようとし  阪井に親しくし  小細工をし  すぎはし  復讐をし  助役であるところからし  停学にし  退校にし  空にし  怫然としてとがめた、そうし  休憩にし  伯父さんはぶりぶりし  校長室へいこうとし  委員は期せずし  諸君にし  一言一行にし  千三はうろうろし  ほかはない、どんなにし  まっかにし  光一はむっとし  多数をたのみにし  利益にしようとし  巌はまたし  復讐せんとし  ねずみ色に明るくし  気がした、そうし  鼻をつく、そうし  天井を這わんとし  たましい音がし  なにをいうか、ぐずぐずし  手を放してよろよろとし  ころがし  放火をし  向きなおろうとし  役場を焼こうとし  つの矜持とし  痛みはし  帳簿を焼こうとし  なんにし  目からはてし  それをこらえようとし  罪におとしいれようとし  豆腐屋ひとりぐらいをぎせいにし  室をでようとし  から悪いことをし  懲役にし  じまんにし  あとを追わんとし  痛みをこらえて起きあがろうとし  手ぬぐいで拭き拭きし  しずかにし  高波をおどらし  校長はほっとし  さくを乗り越えようとし  別れをし  火傷をし  おまえに悪いことばかりし  賭博をし  阪井はふたたびなにかいいつづけようとし  重盛はどうし  死を祈った、なぜ死のうとし  長大息をし  生蕃はどうし  ひたいをどうし  品行を正しくし  豆腐屋にし  バロメーターにし  読書ばかりし  もっと声を大きくし  かな顔をし  新たにし  事件に対してもかならずはっきりし  中学校ではきわめてゆるがせにし  提供したりし  麻糸をかたよせてたとうとし  母はふたたびいって立とうとし  だき起こそうとし  ことだと考えたりし  伯母はただうろうろし  灯をともしたりし  眼瞼をひっくりかえしてみたりし  腕押しをし  しゃちほこ立ちをし  尻はしょりをし  波をおどらし  やつをやっとおさえようとし  そうにぶらぶらし  呼吸をし  千三どうし  母はほろりとし  忠臣にし  フンプンとし  遊びをし  準備復習をし  互角ぐらいにし  先生を押したおそうとし  たよたよとし  先生のひょろひょろし  頭がぐらぐらし  批評してくれた、そうし  人間でもはげましたり打ったりし  キャッチボールを教えたりし  ランニング、高跳びなどをし  妙にし  ずんだ顔をし  しりごみをし  練習なんかし  どこへ打つかわかりゃし  おろそかにし  意気揚々とし  から一遍勝たし  ためだ、そうし  ぼくはかならず勝たし  今日は休まし  先生はにこりともし  胸がせかせかし  なにをぐずぐずし  英気さっそうとし  見物人を酔わし  選手をあがらし  まねなんか死んでもしやし  見物人はひやりとし  群衆を酔わし  姿勢を見やった、そうし  ミスをし  熱気をおびてきた、どうかし  学資をだしてやろうとし  一本ぐらいは打たし  上ではね返した、ふたたび拾おうとし  進歩を示した、かれはどうかし  合奏をし  皿のごとく大きくし  不自由にし  動作をし  かんなくずがつまだちをし  遊びやし  戦争ごっこをし  チャンにし  母に叱られはし  んですとさ、いくらおごらし  かまやし  いね、そうし  まり病気になりはし  お前達はどうかし  んをし  ことをおそれたりし  隆々とし  おまえどうかし  人まねがし  下を長くし  稽古をし  行儀をよくし  いたずらにさわぎを大きくし  お宮をぐるぐるまわったりし  境にひきこもうとし  赫とし  光一をなだめなだめし  生徒に勝たせようとし  司会をし  平和にし  彰義隊はこう向きなおってなにかつづけようとし  幸福にし  わりとし  肩を打つやらし  主とせずし  主とし  島流しにし  帝王にし  名にし  後ろへ出たりし  横面をし  顔を打とうとし  ひざに組みし  千三はまたし  きみにし  ろばはきょとんとし  妨げをし  番木鼈でも喰わし  己の買おうとし  抜刀などし  引抜はし  逃場を失い、つくねんとし  書見のみし  動きもし  サ動きもし  書見ばかりし  女子にし  態をし  冗談でもし  ためを思ってし  瞞かし  事もないが、し  奉公をし  私はどうぞし  武家奉公をし  何うぞし  お守をし  助太刀をし  山盛りにし  釣はし  唆かし  落ちはし  何うにもし  義理もありはし  締りをし  門番をし  張番をし  放蕩をし  男女七歳にし  余所にし  死をし  蚊遣を薫らし  畜生がし  夫婦養子をし  約束でもし  手内職などをし  毎日心配ばかりし  楽隠居がし  草履取をし  恋煩いをし  養子をし  不孝をし  養子にし  喧嘩などをし  堪忍をし  請けをし  金打をし  極めだけし  所へ駆込もうとし  使い早間もし  洒ぎ洗濯をし  生涯見捨てはし  側は放れませんと、互いに話しをし  陽気盛んにし  陰気盛んにし  代から懇意にし  時分から別懇にし  二十日を待たずし  寿命を全くし  そうだ、そうし  恟りし  潰しにし  お約束をし  事を喋りはし  屹度告口をし  告口をし  当り怪我をし  頬辺などはぽっとし  擲りにし  暇にし  挨拶は後でし  落涙をし  楽がし  間もありはし  器量があるにし  暇乞をし  待伏をし  邪魔をし  仰向けにし  供をし  二度恟りし  我慢をし  掃除などをし  給仕などをし  夜延をし  悋気もし  話なんぞをし  浮気をし  終日畠耘いをし  中にし  才覚をし  看病をし  感心をし  奉公がし  位にし  中を検める振をし  厳重にし  願がけをし  袖畳みにし  無性をし  心配をし  心を合せてし  両方から抓ねられ突飛ばされたりし  手打にし  埓をし  物語をし  何でも穢くし  清らかにし  内から病が出る、又穢くし  襟を洗う振をし  預けなんぞし  ズンとし  詫ごとをし  粗忽にし  意見をし  釣ぐらいはし  引にし  頬冠りをし  抜足をし  身の上を尋ねし  奉公住をし  手前の物語りをし  茫然として居りましたが、暫くし  主人とし  遁れ難し、されば如何にもし  容をし  槍で突かし  返事ばかりし  訳だろうが、どうし  縁をし  失錯りでもし  結納まで取交せをし  答はし  疾から密通をし  立聞をし  罪に落さずし  反故にし  杖とし  冷やりとし  源次郎はぎょっとし  槍にてし  跛足にでもし  今一本突こうとし  下へ下りたりし  欺し討ちにし  野辺送りをし  盃だけをし  届をし  婚礼をし  お前飯を炊かし  心配などし  泣ッ面をし  笑い顔をし  言訳をし  苦しみをし  請をし  伴藏は如何にもし  贅沢がし  我慢はし  小遣にでもし  女をし  私に打明けて話しもし  大概にし  肴はそれでも宜いとし  道楽をし  妾にし  側へお置きよ、そうし  ツイ摘食いをし  往きさえし  のを戴いたりし  針仕事をし  使はやまをし  内職をし  静にし  火もはや消えなんとし  裾にし  下へかけ、し  送りをし  寺参りをし  違いはし  療治をし  案内をし  確かりし  邪魔にし  皆あちこちへ引越したを好いしおにし  口外はし  昔語がし  なんでも本当にし  塩梅にし  遣いなくし  前にさし  金毘羅参りをし  出来はし  高飛をし  金を取ろうとし  煩いでもし  只今よく寝んねし  めんめを覚さし  一つ寝をし  懐姙をし  法事をし  から五合ばかりにし  精神を凝し  奉公人にでも喰わし  種々心配をし  悪事をし  殊に用意をし  間違いをし  徒党をし  彼処に待受けていまして、つい取逃がそうとし  掃除などし  判断をし  人だ、し  縁なくし  千辛万苦をし  突切って仕舞えば、広々とし  種々話もし  昼寝でもし  屋敷奉公をし  槍試合をし  手引をし  一つ所にし  何もかも当りはし  話がし  ひけにし  噂ばかりし  お母様もし  有金衣類を盗みし  拵え事をし  泥坊をし  金を盗みし  差にし  雲助をし  彼奴はどうし  國を討たし  から手引きをし  手引きをし  両人を討たし  離縁をし  日頃神信心をし  から血だらけで這出し  今立聞をし  孝助を斬ろうとし  そこへ行こうとし  思をし  条件は突如とし  小耳にし  日向でぬくぬくとし  別居生活をし  寒々とし  しらえもし  前につくねんとし  三百六十五日洗濯ばかりし  おまけのついたべたべたし  教科書にし  暗澹とし  ものにはし  廊下で、随分淋しい思ひをし  時代には、ああし  留めにし  差ばかりにし  素質に依つて、見たり、感じたり、考へたりし  政策で臨もうとし  ボロボロにし  脊のすらりとし  貧弱なのだつたりし  おろそかにされはし  べらとし  つてりとし  女房をし  りりつとし  感情が、し  着はし  結ひはし  女の、し  大人気なくあるまいとし  今になってはっきりし  抗争しようとし  実現しようとし  自己防衛しようとし  自主性を守ろうとし  風物自身のしみじみとし  意義を、突如とし  姿をおのずからにし  景色を見るにし  ようにギラギラし  秋深うし  しめやかにし  山かげおぼろにし  てこしかた遠く思ひかへし  風光むかしながらにし  恨みとし  一ぱいにし  いつまでも大切にし  だんだんしつかりし  拾ひ讀みし  殆ど全部其處に置きつ放しにし  山里に、かうし  土臺にし  もの、生き生きとし  辭儀でもし  彼とすれちがはうとし  そばで羽ばたきがし  平馬はにっこりし  鶯は逃げようともし  平馬が困ってもじもじし  ようににっこりし  腕組みでもし  指を折るなりし  うぐいすとしきりに啼き交わしていたかと思うと、つと羽ばたきをし  そうににっこりし  少女が近づいても逃げようともし  紙をひろげようとし  口を揃えて思い止まらせようとし  平馬一人を取っちめようとし  国際聯盟が出来ないにし  理想とし  根拠とし  武士道にあらずし  権利だとし  命名をし  であるから共和政治にし  君主国にし  独立をし  事をして、し  切干にし  やめにし  樹明君がし  炬燵で読んだり考へたりし  水からし  アテにし  私自身をし  周囲をし  存在とし  心臓にこたえて苦しんだが、しばらくし  んごといつたりきたりし  山を観たりし  無能無力にし  さりし  夜露もし  春、し  枯葦のおちつかうともし  わずらはし  過去をし  無為にし  基とし  説を異にし  川瀬をかちわたり、し  嚥み干し  煩累に倦みし  七たび涅槃に浸りて澄みし  墳塋にし  影暗うし  色にし  半眼にし  清光に白みし  詩趣饒かにし  湛へし  失にし  梵音妙に深くし  大波はてし  數へし  恣にし  頭字象りもし  奇やし  懷かし  悟りてし  額、し  野を暗うし  眼は消えし  任にし  精兵從へ推しゆく折りしも、忽然とし  音とよもし  掃蕩したりし  なほ俤にし  唖然としてすくみし  地にし  益にし  元とし  信仰にし  宗教にし  行列を見てあれば、たとし  心にし  血だらけにし  負傷をし  儘まだ退かうとし  日焦し  焔がキラキラし  から置去りにし  はりとし  バンドをし  触りでもし  声がしきりにし  表情にし  跡のはてし  相をし  体を悪くし  無理をし  民主的にし  立場についてのはっきりし  点ははっきりし  悲劇的壊滅をし  悲惨にし  妨害によって歪められようとし  横這い歩きをし  横這いをし  人間ばなれし  温存させようとし  テーマをしっかりとらえようとし  人に書こうとし  文学が生まれようとし  それははっきりし  気持のぴったりし  しろ、どんなにし  経験のし方をし  闘いへのはっきりし  自分にぴったりし  気分のぴったりし  役割で働いたとし  無罪とし  文学を生み、またこれから生もうとし  ことははっきりし  民主的勢力をより大きくし  中に流されてしまうとし  足がかりとし  禁止すべきではないとし  暮れたりし  親愛とをより深くし  どれもありがたい、すぐかへし  外にし  ハツとし  唄声も聞える、更けるにし  忘れ物でもし  飲みでもし  世の中はかうし  さうな、いや、し  みなへし  アルコールなし、おとなしくし  ぼうぜんとして出かけた、そしてざつぜんとし  短冊を書かうとし  一枚も書き損じなく、すぐ送る、ほつとし  虫声はしみじみとし  不眠、読んだり考へたりし  いふ生活をし  私はゆうぜんとし  雑談、かうし  入来、飲む、食べる、し  無駄話をし  おむすびにし  必須にし  如くにし  新にし  罪にあらずし  吾人をし  特輯だつたが、かうし  づれかかるもののなかに起ちあがらうとし  なほも生きのびようとし  それは生きのびようとし  無心にし  政党よ、し  順番にし  相当するだけの、きっぱりし  徳とし  つき合いをし  畸型にし  お百度詣りをし  共同線につくべきだとし  ものとし  戦場にし  宣伝をし  誹謗をし  発見して行こうとし  消耗をし  良心的参戦拒否をし  貢献をし  植民地的真似をし  保証を得ようとし  妻とし  母とし  ことを知りさえもし  骨おしみをし  報道能力を奪うとし  廃止しようとし  ユネスコ準備会をこしらえようとし  削除せずし  途に上らんとし  江山を照らさずし  特色にし  性質急激にし  一代にし  常とし  医師によらずし  大河にし  罪天にあらずし  心とし  急を告げようとし  開港場にし  帰船後にし  海路八百海里余にし  百マイルにし  哲学館出身にし  欧米人をし  四年にし  教えが起ころうとし  臭気鼻を奪い去らんとし  風習にし  危難を救おうとし  余ここに着し  九千フィートくらいにし  二万九千二フィートにし  二万八千百五十六フィートにし  余、大いにしかりとし  ダージリンに着し  ことを得ずし  十一時ガヤに着し  バンキポールに着し  ボンベイに着し  愚かにし  砂漠にし  午後一時イスマイリアに着し  碇泊しようとし  みな白人種にし  寒ざむとし  高原にし  船を沈めようとし  三時ドックに着し  倹約をもっぱらにし  三マイルにし  人情敦朴にし  曇天にし  当地バルレー村に来たりし  富豪にし  特に余をし  一夜にし  とたんに、またし  のであるが、またし  一同卓を同じくし  寺院にあらずし  独り旅失策をし  水ははてし  二尺余にし  一部落にし  故をたずねし  無愛嬌にし  惰弱にし  アイルランド人に倣わずし  家みな茅屋にし  livetoeatにし  貧なるまでにし  則にし  ことかはっきりし  気持もはっきりし  顔に出喰わし  儘まだ退こうとし  頭上をよぎろうとし  かわりとし  青年はきょとんとし  円寝し  一新機軸を出しし  数へし  精兵従へ推しゆく折りしも、忽然とし  色褪めし  あらたにし  爆発すべくし  鏡子君もしんせつにし  うたふにし  やうでおつとりし  近来昼寝なんかし  死にもし  老人から、ちし  ランプをつけたり消したりし  敏感にし  頭痛がし  漬物にし  冬ごもりをし  炬燵、かうし  お茶受にし  今晩から麦飯にし  先につけて、まるめたり、吹いたりし  直径二寸ばかりにし  さ四尺ばかりにし  正方形にし  数二十三にし  めんとし  かくのごとくし  三撃にし  占むる者にし  場合においては単に進むべくし  身に触るるを待たずし  簡単にし  方法複雑にし  活溌にし  観者をし  草苅をし  区切りなくし  分りもし  この世にいもし  手招きをし  おっかさんをなぐりつけようとし  壁新聞を書いたりし  舟がかりをし  吻を開けたり閉じたりし  後一年あまりし  心地もし  おさげにし  出口を見つけようとし  此所へいらし  そればかりなら、どうにかし  のです、逃げ出したりなんかし  恕しておやり遊ばすなら帰してやりましょう、そうし  刻がすぎようとし  ようになってひざまずいてどうし  旅をし  お客様をお苦しめし  心がうっとりし  拝をし  目みえし  殺しもしないのに、なぜぐずぐずし  それから半年ばかりし  旅装をし  官吏をし  雕彫をし  方へ往こうとし  梁は再び訊こうとし  幸福とし  剽窃したりし  多病にし  立見をし  水中へ飛込み、暫くし  舟をするにし  耳にしてさえ、忽然とし  理論を強いたにし  自分をし  赤裸々にし  苔が生えて、触ったらぬらぬらし  鈴を鳴し  ようにじっとし  目にし  東京に居残りはし  音を立てたりし  頭をし  自殺するとし  遺書を書き残すとし  賀状のかへし  空腹で、ほろりとし  米を借らうとし  まじめとをとりかへし  句を作つたりし  おごそかにし  米代にし  五臓六腑にし  お伴をし  かぎりだ、しつかりし  炭もなくし  樹明君を訪ねる、食べて飲んで、し  こころもし  草枕旅にし  酒にし  酒壺になりてし  酒とし  日本はどうなるか、どうすればよいか、どうし  我を殺さずし  つた、ほつとするよりがつかりし  時折外氣を求めはし  時刻なのだが、し  吃驚りし  地震よりもびくびくし  すべりつこをし  袋小路自動車の引つかへし  ゆきはし  素通りをし  畫孃とし  盛んにし  からハンドバツグにし  横つかじりにし  鉢卷をし  二三人が何やらし  坊やの見し  一睡もし  うまい、ちし  綿ちし  一分間だっておまけをし  帰り支度をし  とこをうろうろし  巡査は、少なからずむっとし  子供にし  一皿平らげてしまって、きょとんとし  彼は、しばらくし  かわいそうにひょろひょろし  みんな気にしてああし  母親はどうし  細君はどうし  拾い物をし  ものがはらはらし  あいやし  だってのを、ぶったり叱ったりし  私もどきりとし  想像してぞっとし  密接にし  呑気にし  うちはし  感じを少くし  漂渺とし  それは淡々とし  女を阻みもし  植物性にし  気持ちを振り落さし  いふ話をし  雄渾で溌溂とし  彼からは淡々とし  気持ちがし  悪戯をし  合つて怒つたり、苛めたりし  渺茫とし  僕たちはもうお別れし  郷愁を感じたりし  紫絵具をこすつたりし  くせ内心では、かうし  瞳をし  機会からし  様子などし  つて話をし  行為をし  時が来るとし  ″\とし  空中習字をし  生活がし  省察する、し  自己転換をし  萩も咲かうとし  芥川賞受賞作厚物咲を読んだりし  お粥にし  不行届か、いづれにし  敬君はどうし  漬にし  山頭火、し  短刀逆手に現われたとし  いたずらに広々とし  ヒッソリと寝し  急にハッとし  あいたり、しまったりし  気配がし  奥は、がっちりし  グニャリとし  冷え冷えとし  敏捷さをもってしても、このぬらぬらし  身姿をし  忍び笑いをし  裏書をし  ことは、そっとし  拾いものをし  余り苦労をし  旨とし  慄然とし  控え目にし  同情したり、恐ろしがったりし  これはどうし  治療をし  孫はニコニコし  手ン手古舞をし  目付をし  太陽が、突如とし  物音がし  漢青年をし  一体、どうし  騒ぎを大きくし  道具建をし  女は、一体どうし  儲け仕事をし  今新しく読みかえし  徹しようとし  書き出しからし  挙動もあえてし  ほかにし  愛を強くし  愛をもってし  道徳的心情よりいでてのみ動こうとし  苦しみを強くし  平等に行きわたろうとし  抵触しはし  主人公とし  執着がある、し  先生のはいって行こうとし  何を描こうとし  ぼんやり、し  つて、飲んだり食べたり、し  理髪もし  満足、ほつとし  焚火をし  君を訪ねたりし  添削したりし  句作をし  いっしょにし  当人に聞いたってわかりゃし  身動きもし  絵を見たりし  人たちに送ったりし  ときなどはずいぶんきちんとし  批評などをし  一ぺん見に行かれたりし  立ち往生をし  やりとりをし  判断がし  とりがどうし  賺かし  湛はし  顏構からしてしつかりし  金魚へにやし  つて、はては舐りまはし  子供はどうし  息切れがし  寢かし  坂部さんはどうし  辭をし  注射をし  番をし  殘酷にし  瞬間までも笑まし  それから私は飲んだ、し  はしつくりし  夢ばかり見るがどうし  閑をあるじとし  しかれ、し  空白にし  面白い話もし  顔を見せてくれたのでほつとし  途中からひきかへし  私はどうかし  願掛をし  代筆をし  顔を剃つたりし  つた、何とかし  みだらにし  閻も逃げようとし  禍をし  皆おっとりし  酒を飲まそうとし  手からのがれようとし  縊死しようとし  それにもこりずに死のうとし  一たいどうし  のです、どうし  声を出さずに、そっとし  声もし  こともないので、そこで別れて帰ろうとし  酒盛が終ったので帰ろうとし  拝礼をし  席に就かし  中に坐らし  物があって飛ぼうとし  害をし  一人でぶらぶらし  火を借し  女のし  輪にし  その後半月あまりし  塾を閉じて帰ろうとし  一年もああし  ことですけれど、お別れし  私を死なせようとし  から別れていこうとし  身を躍らし  奉仕をし  一歩を進めようとし  思いが、切々とし  音のし  足越そうとし  下駄を貸さし  顔構えからしっかりし  子どもはどうし  夕食のし  死児をあたためようとし  ことがなくうろうろし  試み注射をし  十二時過ぎからにし  残酷にし  子どもたちはどうし  妻もうとうとし  回答をし  意を強くし  なりはし  さよならをし  動き方をし  誇りとし  フスタトとし  変遷をし  夜店をひやかしたりし  いじめ合ったりし  母語とし  サーヴィスをし  目がぎょろりとし  男にし  ようで、いかにも物凄く、広々とし  地方居住者だから取り除けにし  炬火競走が始まろうとし  土いじりをし  気抜けのし  日を立てたりし  モスクにし  墓にし  設備にし  狂暴であるにし  冬籠もりをし  傍聴さし  氷柱をさがらし  酒精を満し  酒に酔わし  馭者台から舌打ちがし  しばく音がし  折敷をし  両方から助け肩にすがらし  深沢にむけてのぞかし  横着をし  チューインガムをし  霜だらけにし  若いずんぐりし  呉は、そのし  身なりをし  ろうとし  滑桁を軋らし  十五分ばかりし  ところからはいろうとし  立話をし  舌打ちをし  陽光をあびて上ったり下ったりし  根負けがし  密輸入者はどうし  はいたりし  一条件とし  目的とし  何ものかを語らんとし  ブルジョア階級がいかにし  真相を考えようとし  実例を挙げて、そのいかにし  のがし  前景とし  阿房げた論をし  会をし  理しようとし  受留めはし  自分は隠しじるしをし  じいさまをし  奪取ろうとし  雲林さえ放そうとし  見物して行かうとし  荷造をし  小包にし  前垂をし  上張りにし  聲をし  やうをし  心持もし  静源に遣はし  交はし  奪取らうとし  耳をし  著作をしようとし  答弁をし  これを書き変えはし  背が低くてずんぐりし  思い違いをし  ものにしようとし  unserValterRheinをけっして忘れはし  真直ぐにし  内部に住みかを定め、そしてもはや再び立ち退こうともし  隠れ家とし  ことをいうか知れはし  消滅しはし  承服しはし  それと気づかずし  彼が全然知りはし  やり方をし  思いがし  描写しようとし  機会を逃すまいとし  業務にわずらわされずし  偉大にし  散り散りになったり死んだりし  仲違いをし  停止をし  左に向いたりし  ジッとし  許を立ち去ろうとし  独りだけにし  ことを感づきさえし  慰めとし  借金をし  わしはまたし  善人にしようとし  課題をくりかえし採り上げては、またし  ロンドンへ住みに行こうとし  集結したりし  旅行をし  演奏をしたかし  偉大で堂々とし  からベートーヴェンがし  ことはできはし  抗う何事をもし  彼に失わせはし  樹てし  同名なりし  全部にし  想はし  云ひさせし  煙を嗜みし  寡聞にし  突破して振舞おうとし  仲間入りをし  病状を気づかれはし  私に逆らってし  住居とし  何にも聴こえはし  間に、もつと恐し  好えこと、し  下知をし  吉を見つけて、ニヤリとし  吉が罵りかへし  あたりはし  御苦労でござんし  棄らかし  誰も立ち去らうとはし  愕然とし  つてかへし  狐にし  親戚たちも、ぽかんとし  盃を取上げようともせずに、ぽかんとし  花婿はにやりとし  仲にし  直しをし  半年ほどし  耳もとへ囁いてニヤリとし  合ふまいとし  みな百姓共が、わざとし  酒でごまかさうとし  行列が、し  四五十日もし  読みをし  見合ひをし  それには、なんとし  試みをし  口争ひをし  恩にし  楽しい旅をし  多くを語らずし  当てにし  つて歩かうとし  ぐつすり昼寝をし  ぱなしにしておいた熬し  壺に戯れかからうとし  ふつくりとし  きりとし  茶入にし  入にし  勿体ないことでもし  掌面に取りかへし  のは、熬し  幾らにし  赤にし  譲り申さうとし  これはまたどうし  気むづかしい顔をし  別に押し返さうともし  見入つてゐましたが、しばらくし  つて国許へ申しつかはし  まり手出しをし  幾ら払つてつかはし  方にし  兄大友宗麟につかはし  眼からし  酔つたらしい、ほれぼれし  つてお辞儀をし  つたに過ぎないにし  名品比べをし  賞め立てたとし  それと同時に、またし  のをあわれに思うかし  上眼づかいをし  毎日じりじりし  はじめて釈然とし  被布をし  旅了へし  聴力が少しもそこなわれていないとし  僕が果たしもし  なかったにし  間にありはし  友情を固くし  逆戻りをし  御無沙汰をし  心尽しを、またし  耳を傾けようとし  説を新しくし  人もやはり治ったりし  解放されたら、そうし  消息を受け取らなかったとし  君みたいに偉くなったにし  一度しかありはし  娘はしっかりし  一行なりといえども書かずし  返事を書くにし  状態がまだいくらか永びくとし  結局だしをわるくし  世話をするにし  立ち食いをし  方ひとつにし  無闇と飾りたてたりし  家庭料理をいかに美しくし  はいないにし  考えはし  馬を停められはし  不滅にし  研究書を調べたりし  後しばらくし  彼をし  ゴッホを掴まえようとし  努力はし  素朴にし  実在を踏んまえて立とうとし  ため上達はし  抜きにし  ものだ、し  二重にギクリとし  先で伸ばしてみたりし  火花を見たりし  ことを調べたりし  気がつきでもし  資格を与えられたりし  二三知り合いになったりし  経験をし  ナポレオンは若くし  ように、突如とし  手をかけて起そうとし  方へ引き返そうとし  上から起き上ろうとし  恍惚とし  それを乱そうとはし  追求を思い止まらせはし  格闘をし  曖昧にされたり弱められたりし  ために書きはし  騎馬行列をし  感情移入をし  つて眼をパチパチし  逆境から脱したりし  ところで、所詮かうし  損得を差引きし  ことは、いかにし  ところよりし  心を動かしはし  傲りはし  出版をまたずし  雨をばどうし  船にし  中から声がし  うちに、むしゃくしゃし  下婢のとし  まま、じっとし  死んだふりをし  考え考えし  頬をあかくし  高慢にし  めちゃめちゃにし  冷括、吠えずし  好人物にし  クロオジヤスに似て、おっとりし  粗雑にし  学生生活をし  ことができないとし  素材でないとし  空っぽにし  音楽をし  独創性もありはし  傑作とし  芸術とし  記述をし  いつわりなき感想をしたためようとし  レビュウにし  幾百年の永いとし  催ふすほどの、だらりとし  道樂をし  一人にし  皮を投げつけなどし  怠惰屋にし  綉をし  煌かし  試驗をし  辭儀をし  一つ試驗をし  其處へ坐らし  少年は見向きもし  香がし  身動もし  勇気を消されはし  耐忍するもし  蓋をし  独白をし  たしかに綺麗で、おっとりし  はしはし  二十八歳にし  不要の出しゃばりをし  心で、し  種だとし  ことに笑い崩れてみせたりし  俺がよしんば死なないにし  監獄に打ち込まれるとし  吉田はハッとし  隠れもし  栓をし  走り書きをし  けふにし  ことなきつねのまどゐし  鉛色をし  糞をし  許容するか、し  何もしないで、じっとし  研究でも、しないよりはし  媒婆にし  しかたなくやろうとし  そうとし  上陽宮に養わし  お前が言おうとし  大将はびくりとし  顔を暗くし  言葉どおりにし  二人を暗くし  足つきをし  花嫁とし  恋人とし  子供とし  調子高くはっきりし  ように高くはっきりし  コルマックが飲みくいし  頭をひくくし  老母は身じろぎし  ことを潔しとし  正直に示さうとし  一丸にし  後悔はし  作りなどはし  人真似などはし  ことに終始し  ワイルド自身にし  規定はし  武者修業の出立ちをし  思索などは余りし  真似ばかりし  罪悪とし  像を眺めたりし  腰にし  遺漏もなく集めたりし  逸話にし  露はし  創むる所にし  他面には又し  質微弱にし  更和好にし  才拙にし  方は、のんびりし  時間を出来るだけ少くし  戸をあけて這入らうとし  酒をのみに出掛けもし  厭がられもし  人間なみにはし  養女にし  先にし  売子をし  分りやし  箱にし  先生、し  眼付をし  気を良くし  辛抱もし  碁盤をふいたりし  掃除までし  娘にし  目配せをし  変つて出て行けがし  当になりはし  碁会所にし  厭がられ、出て行けがし  誇りなくし  むつとし  本復はし  人が、余程、どうかし  仕事はし  十分の一とつまりはし  ことを、金輪際信じようとはし  あんたはん、なんとし  加藤清正をし  松浦鎮信をし  虜にし  群臣をし  程鵬起が海軍をし  苦戦をし  期限とし  軍をし  様とし  之を斬ろうとさえし  惟敬をし  奔走をし  将をし  半ばにし  擒にし  明軍をし  備とし  部隊部隊を以てし  伏勢を布いたりし  人数色黒み備閑かにし  南下しようとはし  下知法度を信ぜずし  誡とし  価をし  三十円になりし  細工がし  ものは一向ありはし  彼にし  心的とし  ところにいるとし  値をし  十万円と区切りし  風采をし  教科書とし  頒ちまして、そうし  真黒などっしりし  考え事をし  不在であった、とし  非常にガッカリし  身顫いをし  ギョッとし  落とし差しにし  疎かにし  矢音がし  風にたなびかし  ノッソリとし  平気で飲みもし  食いもし  様子を聞こうとし  掛け声がし  祖とし  全部土塀にし  各国使館地域はひっそりし  化粧鞄をあけたりして、し  軍裝をし  打水をし  むだをし  女中をし  一圓五十錢にもし  のかわかりゃし  ペスかどうか、わかりゃし  見殺しにし  ワン、ほえたり、かみついたりし  達ちゃんにし  約束がし  上つたりし  父親母親にハッキリし  決意をし  様々の恐し  二の次にし  何にもなりはし  息のみを洩し  訓練などは全然し  羽交締にし  微動もし  奴生れ乍らにし  ざまを見ろ、といふハッキリし  交換にし  病人がどうし  同僚がどうし  医者がどうし  問はれもし  食はし  十五年ぐらゐ、かうし  親切にし  寂寥であるにし  友達二人教師をし  写真師をし  対象にはし  侘び住居へ忍び寄つてほろりとし  呶鳴りはし  つたとし  詰みを逸したりし  粉本にし  往来はし  何処へでも忽然とし  事のできるしっかりし  誇りにし  すべてを忍ぼうとし  自分を見出だそうとし  大杉さんについてはそれほど深く考えようとし  気持が、まだはっきりし  二つの苦痛から同時に逃れようとし  動機であるにし  冗談にし  ことが、どうし  否定しようとはし  関係がはっきりし  同情するし  誰も見向きもし  喧嘩だけはし  役目をし  事務はのんびりし  頬を紅くし  心にどきりとし  顔をほてらし  満足さし  結婚はし  一つだってありはし  者がし  離婚するとは、きまってやし  筋道も立ってやし  それが、どうし  愛想づかし  夜が更けていたが、眠れはし  ようとし  わき目をし  たきもし  簡潔に打ち合せをし  山に来もし  姉さめし  十七麻幹畑なじよにし  雨はし  感じを共にし  世界以外に満し  丈単純にし  作用でもあるかし  ろきもし  生活に、まざまざとし  差別はまざまざとし  ものに戻すとし  あちこちにのこっているにし  もっとやすくし  楽しいところにし  ことに、おどろきになりはし  ところとし  ことがはっきりし  社会をよくし  自由が認められようとし  生存を守るしっかりし  考えもし  生活を美しく、人間らしくし  取調べをし  変体を悪くし  イイエそうではありません、というかし  戦争はし  声とし  ことだと思ったりし  八重櫻にし  抱へて見し  誰かに訊ねて見ようとし  知らん顔をし  勉強ばかりし  なつたりし  かけにし  傍見をし  言葉を附けたし  はつきりとし  腕まくりをし  従はうとし  杖にし  暗がりにし  内職にし  赤であるからではない、憤つとし  男の、つるりとし  腕組をし  手を引いて行き過ぎようとし  日向ぼつこをし  捕虜生活をし  評価しようとし  明かにしようとし  根をのこしていはし  感情を重く鈍くかげらし  戦争そのものがとりのぞかれようとし  ヒットさがし  全身にみなぎらし  所在をさがさせまでし  団長にし  責任感から残留もし  試験管をいじったりし  実験をし  俊夫君はしばらくし  俊夫君は、すかして見たり裏返して見たりし  書物を繰りひろげて見ていましたが、しばらくし  釦を押すと、しばらくし  トンにし  ツーにし  これを取りかえし  笑い方をし  眼くばせし  私をつきのけようとし  何事かし  兄さん、そうし  犯人ですからつかまえようとし  歌をうたったりし  手助けをし  おわびをし  太陽がああし  どこからか聞こえはし  紅のいろをし  喰べたり、飲んだりし  皆が聞きかへし  お腹をし  かに赤うし  劃とし  原野にし  舊跡にし  懊惱に堪へずし  渠等を罵り懲らせし  旦那吝にし  都人士もし  蛇は、たちまちし  こともし  窓を見上げたりし  それを見て、どうし  ほんとうに蛇がゐたらどうし  喰ひつかれでもし  中へおしこまうとし  口をし  づをし  二ひきはかへし  から仲直りをし  私と仲よくし  日はうすくし  なかにすぎゆきし  うつろへどはてし  身をなげてこのながながし  みちのうへにうかべりはてし  方はろくに見ようともし  話し声がし  留めはし  から、休まし  上、ほっとし  むりにそれを克服しようとし  朗かにし  燗をし  眼をして、にこりともし  彼女は、はっきりし  中はもうひっそりし  方はひっそりし  一時預けし  ひとがし  いたずらでもし  身を固くし  ように、ただぼーっとし  食卓へ近寄ろうとし  気を悪くし  機嫌をわるくし  他何もし  石蹴をし  主人にし  賛成だけはし  それじゃあ、ただうんうん云って聞いてる振をし  選択をし  困難をし  事をわざわざむずかしくし  大に弱らし  前からし  何もなりゃし  感心はし  引越しをし  寒い顔をし  傍へし  怪我もし  もっとも話しはし  苦にし  舌打をし  余をし  のが怖しいので御互にどうかし  方がどうかし  それじゃ、どうし  陰欝にし  大病人のごとく、じっとし  今しがた何かありはし  警戒をし  戸閉りがし  寝坊をし  どっちにし  挨拶もし  答弁は少々漠然とし  台にし  置去りにし  源兵衛村をのそのそし  こっちがしっかりし  仕事にし  ことを専らにし  家運のかへし  此子を世に出したきに、いかにもし  半年を経たりし  出にし  雨露をし  たる腹にし  かものし  うちに包みて、清きは清きにし  犬は、し  お勝手をし  黄色い顔をし  のに困りはし  Na!SehenSiemalzu.と云ってにやにやし  誰もいないでひっそりし  管理をし  何となく上品にのんびりし  ディスクシオンをし  鼻眼鏡でぬうっと澄ましていて、そうし  長所をもち、そうし  器量を悪くし  相手につかみかかるかと思われてはらはらし  西洋人にし  講義をし  楽屋見学をし  操縦させてもらったりし  編輯せしめられし  勸めたりし  七十八歳にし  來遊せよかし  おのれ、いかにもし  感喜踊躍し  半途にし  加へなどし  犧牲とはし  至難にし  踊躍し  稿本を借し  撰を異にし  たびのみにし  添へもし削りもし  む、など思ひはかりたりし  已むことを得ずし  淨書もえせずし  海にし  負担を軽くし  ゃっ、し  寝巻にし  皿にし  戀はし  口ばし  幾度くりかへし  例とし  据ゑまし  指南をし  魚を取つたりし  齒がみし  當つたのですが、さすがに涙ぐんだりし  母は、何とかし  飮下しようとし  學僅か一ヶ年餘りにし  方からどうにかし  ところに行き、借り受けをし  兎に角、かうし  續けましたが、何とかし  時を同じくし  生活氣分とは、かうし  數日にし  しだらをし  斷然決心をし  恩報じをし  言ひわけし  心をなだめもし  一方にかうし  狂はし  私としては、かうし  過ちを再びし  淨らかにし  萬朝報記者にし  のも、かうし  黒岩氏も何とかし  南洲をし  荊軻をし  一組にし  説教を反ぱくし  ばりにし  右までし  今かへり見ると、かうし  決心しながら、かうし  揃つて世間話をし  無政府主義に傾かし  ため徹夜をし  解散後はどうし  政府の許可なくし  時には、し  ものが、びくびくし  心はし  時です、突如とし  方法を以てし  合はせようとし  決定を計らうとし  息を引きとるまで、かうし  天才でありましたが、かうし  會食などし  わたしも何とかし  黨までし  申遣はし  厭にニヤニヤし  瞼を熱くし  幾週間か長びかし  山口と隣りし  政府にし  共同的にし  たすきがけにし  合ひをし  水くみなどし  一言かはし  精神異常者であるから精神鑑定をし  午餐をともにし  座を立たうとし  丈夫にし  助力をし  飜譯などし  公けにし  危く捕へられようとし  あなたは、かうし  最初にし  機縁にし  アグリオスいずれにし  流動的にし  意識するとし  上品にし  鋭敏にし  銀ブラをし  袂をかうし  横歩きをし  話をするにし  くりとし  右手にし  合点をし  通りすぎたりし  背後にどっしりとし  琴平詣りをし  私をおどかそうとし  一吸いし  箸をかえそうとし  内容づけをし  齷齪とし  活版摺にし  土産話にし  君、こうし  ものに代ろうとし  鶏を飼ったりし  家を挙げて引越して来るにし  老婆然とし  五分刈にし  鬱蒼とし  色からし  有様をし  啣えたりし  今朝から手にし  紊しなどし  浪士たちがし  顔へいっぱいにし  取扱いをし  頭巾にし  跫音はし  眼をほそくし  一同は、はっとし  気持が、期せずし  返辞をし  土踏まずが、かさかさし  大笑いをし  伝右衛門はどうかし  少年みたいにもじもじし  顔とを、並べてみたりし  伝右衛門は思わずかっとし  きょうまでし  酒は、し  漠とし  あいだを、うろうろし  ふく紗にし  疑問にし  身投げをし  笑いごえがし  遠巻きにし  あたりは小ざっぱりし  下りたりし  たきをし  室女中にし  並木通りあるきをし  唇を吸いこんだりし  壁にチラチラし  不安にし  歩きつきをし  身ぶりをし  養育はし  懇談会を開いたりし  中に立ち上って、がっちりし  よそおいをし  表にし  新労働者住宅のさっぱりし  通行人を浮きあがらし  ゲームをし  船はどうかし  事件を読もうとし  フォークをにぎろうとし  失踪をし  高空にのぼったりし  前をさがろうとし  声をひくくし  正体なんかハッキリし  捜査をし  つりばし  トコトコとのぼってくる、し  焼けをし  以上は、なんとし  かっこうをし  歯がみをし  怪物はびくともし  スミス警部は、つやつやし  パクつこうとし  部屋を出ようとし  思いはし  海中に飛びこもうとし  裏がえし  海がどうし  これはぐずぐずし  臭気がただよっていて、じつにへいこうし  わたしがどうし  そこらをうろうろし  火をつけようとし  さっきからウロウロし  やけどをし  策戦をどうし  魚とり大会をし  皆がニコニコし  料理をし  印刷をし  のか、突如とし  青だの、なんだかゴチャゴチャし  手はいをし  ことがし  みなおぼれ死にをし  どこでどうし  ぐみをし  むちゃをし  耳を、しばらく、きこえなくし  悲観はし  不自由をし  世界のつづきだったとし  変にし  のをやめて、何とかし  あらすぎはし  どこも、こわれてやし  クーパーは、はっとし  怪物群のまるい、ぶよぶよし  いるかべは、びくともし  頭をひっこめようとはし  マルラは、どうし  武装をし  ともをし  三人はいよいよしたくをし  なかで、かれほど、しっかりし  ようなふさふさし  用もし  気をよくし  発育期でし  あなたにお会いし  前にある、ぶよぶよし  これは一体どうし  わたしとし  とき、どうし  急にそわそわし  マスクをし  三千夫をひしとだきしめて、はなそうともし  乗客たちはどうし  大じかけなおとし  進退をともにし  ばなしにし  どこまでもかえようとはし  腰骨をし  顔をあてようとし  容赦はし  関係上、どうかし  海面をながめたりし  はりをし  上には、ぶよぶよし  甲板にうようよし  これだけし  低空飛行でとおりすぎたかと思うと、しばらくし  今なにをし  まくらを高くし  クーパー事務長に問いあわせをし  手がらにし  爆撃しようとし  人々がふみにじりはし  入口をまたごうとしたが、どうし  警告をし  しかしかれにし  照準を定めようとし  紙片をばらまいたりし  多くははげたりよごれたり破れたりし  者をし  軟禁程度にし  ロロー殿下を生けどりにし  廊下づたいに案内をし  論文を書かれるにし  必要条件とし  植民をおこなおうとし  軟体動物にし  あきらかにし  はい、そうし  机上の空論に終始し  怪を知らずし  これを知らずし  そもそも本論なのでし  長良川博士は、ついに、し  視察をし  一座はし  声を高くし  ロロー殿下をはだかにし  学者たちをし  宇宙線粒子にさし  用意するにし  電気にかかりでもし  阻止しようとし  きみにさし  卿らは、そんなにまでし  がまんをし  それを取りかえし  損傷は、まだはっきりし  襲来しはし  海底超人群はびくともし  大けがをし  想像ができはし  これを読みかえし  うつとうし  さから吻とし  中から五円札を出して借し  雑誌、どうし  心配ばかりし  店先きでもぞもぞし  子供はのんびりし  真似をして遊んだりし  頬がまるまるし  つた子供にし  つた水をあけてみたりし  雨でべたべたし  女遊びもし  ひそかに掻きまはし  聟さんなど見向きもし  技師をし  友達と遊んだりし  演技をし  みんな粉微塵にし  笑顔をし  畑が走り、青々とし  鶯も、啼かし  ようともし  強ひて訊いてみようとはし  顔をあげようともし  がりもし  どれだけハッキリし  波子を坐らし  言つても、黙つて、かうし  波子は、まつたく、がつかりし  めまひがし  邪魔したり、し  ために、決して曇りはし  叫び声が、でようとし  嫌ふにし  自殺でもし  失敗もし  出しはし  死にはし  話を何彼とし  豊富にし  知らない振りをして通りすぎようとし  知らない振りをし  馬を曳き込まうとし  大変だ、どうかし  みんな灰色をし  きり違つてゐる、どうし  つて逃ようとし  そのまま気絶をし  歡喜にし  田舍で過ごさし  高遠にし  寂とし  疊も古び、見るからし  用意がし  四邊を見廻はし  力にし  のを拭きもし  誰も見て居ないし聞えもし  から背を波打たし  僕は暫くし  歓喜にし  いなかで過ごさし  ここに上れば広々とし  山にもみなぎらし  水狭くし  ここでぐずぐずし  畳も古び、見るからし  ねえさんが死ぬと言いますが、どうし  たくさんごちそうをし  舟へ乗りましょう、え、そうし  僕を乗らし  間を縫うて進んでいたが、まもなく広々とし  ふきもし  だれも見ていないし、聞こえもし  僕はしばらくし  きのうからくさくさし  目あてにし  転換期が訪れようとし  野放しにし  牧場にし  意味のはっきりし  靄がかかっていて、どうもはっきりし  鼻唄うたったりし  口籠ったりし  膝関節がめきめきし  按吉にし  厭世自殺をし  帳消しにし  みんな覚えようとし  総がかりにし  身にし  三十棒といったりし  こっちも忽ちニヤニヤし  瞬間慄然とし  場から、忽然とし  幽明境を異にし  方はし  軟風をみなぎらし  鬼事をし  こまをまわしたりし  昼寝をし  しょぼしょぼとし  手招ぎをし  旅姿をし  真っ暗にし  から、おとなしくし  しかたなくじっとし  花がるたをし  そこから音のし  笛をふいたりし  特に如何にし  文学に生きようとし  糊口をし  嫁いりし  何もゐはし  存在たろうとし  勉強を始めようとし  ようなケロリとし  食膳を喜ばせたりし  防空頭巾をかなぐりすてた、軽々し  ぼくはギクリとし  われでもし  蹉いたりし  先生は暫く考えていて、でもね、もしかし  糊づけにし  さと溶けあわさせたりし  世界に憩わせようとし  綺麗な、スンナリとし  ダラリとし  テキパキとし  署名をし  屈げたり伸ばしたりし  消しなぞし  一個をかき上げると、ハッとし  中にさし  新聞記者をし  畳を押えつけようとでもし  和智君はどうし  下駄を履かし  境をし  ように立っているが、どうし  屋根をめりこまし  ゆらゆらとし  注意したりし  そこにじっとし  入口から入って往こうとし  土色をし  老婆がおどおどし  膝にし  庭へ帰ろうとし  地震がし  牛乳色をし  音が時どきし  子供をよろこばせたこまごまし  公開状をよせたりし  正面から見とおしてゆこうとし  花であるからこそいきいきとし  素材とし  実践とし  明かにし  二三日、ほっとし  者どうしが、ふっとし  誰でも、へどもどし  専門にし  答えをし  疲れもし  痛みもし  内部は確りとし  病ひにし  さにし  戯曲を、いたづらにじめじめし  煩はし  頬杖をし  息を荒くし  馳け寄らうとし  車が止らうとし  巧みに曲り曲りし  同棲をし  空に描いたりし  赫々とし  作をし  からかわれたりし  ますます健在にし  始めとし  横抱きにし  洗腸をし  乳離れをし  大声に泣き出したりし  欠伸ばかりし  心もちもし  病院にし  心もちがし  さ話をし  のはとうてい苛立たし  小品にし  帰つて夜明しなどし  窓にし  私はなんとし  道楽雑誌にし  色彩をもつとし  こと自身時代ばなれがし  為めにし  幾週間もし  それは、広々とし  舎監をし  石胎にし  フーと行く、すると間もなくし  口外をし  顧にし  考へもし  遠征でもし  吐息をし  一人笑やし  母はし  皆さんにし  標準にして、かうし  小さな旅行でもし  やうに美しい然も小ぢんまりとし  これならおとなしくし  小さな旅をし  つて了ひはし  末になりはし  かば心忽ちにし  のだ、などと自惚れたりし  鬼ごつこでもし  喧嘩ばかりし  横取し  飛び上がり方をし  覚悟なりをし  からざるものを言い加えたりし  打破しようとし  宣言をし  格別答弁はし  人にまであてはめて言おうとし  力をもって動こうとし  ところが誤っていないとし  態度にし  所有者階級が倒れようとし  親を倒そうとし  限度とし  希望者は続々とし  眼前にし  点からいうと、あるいは少し立ち勝っていはし  のをどうし  目隠しをし  子どもがし  唱歌を添えて与えようとし  まり耳にし  複雑にし  文句に取換えたりし  地蔵遊びをし  占いをし  疑いを決しようとし  上に乗せて見ようとし  まじめにし  逆さにし  楽しいものにし  思いちがいをし  距離も近くし  から精進をし  仕合せを取るとし  親たちはまるでし  遊戯法を引継ぎやすく、また忘れがたくし  ことばかりをし  者に渡そうとし  彩色をし  掛けがし  女を打とうとし  適任とし  特に彼らをし  祭をし  力が籠るとし  教へし  小苗ぶちが来いし  受け答えをし  言葉を聴こうとし  悪口をし  最初馬鹿にし  当り前だから、し  ことまでし  結局はっきりとし  終りとし  ところはあったにし  声でわめこうとし  煮炊きをし  供養をし  化粧をし  散々練習をし  ん円くし  名とし  中心としようとし  由来を考えようとし  洗濯でもし  総数にし  負けとし  事実であるにし  方を長くし  把手にし  女もし  指を出して当てさせる戯れをし  贔屓にし  人気稼業はし  内心ではらはらし  田舎にし  頬かむりをし  六三郎は思わずぎょっとし  眼配せをし  ひと目見てはっとし  苦笑いをし  詮議もし  命拾いをし  ように唯けろりとし  狂言中にどうし  置き去りにし  媒介をし  ものにはふいとし  あいへしあいし  いつまでも頭を下げようとし  小おどりし  意味が極めて漠然とし  指示実験をし  風の音がし  ようにしっかりし  しかしこう言う見すぼらし  だんだん苛立たし  左にし  鮮かにし  三角洲はところどころに小ぢんまりし  ずぶ濡れにし  女がどうかし  註釈も加えたりし  女はどうし  譚はやっとにやにやし  止まり木を上ったり下ったりし  通訳をし  いやいやをし  確かにはっとし  手巾を結んだり解いたりし  何か笑ったりしゃべったりし  僕を指さしたりし  一片を勧めようとし  ちょっと顔をし  二こと三こと問答をし  合する如く、突然とし  事だと思ったりし  むやみにがつがつし  のが、どうし  近所じゅうを尋ねさせたりし  事もあったが、そうし  けんかをし  影響がありはし  なめころがし  心持ちがし  一日背を丸くし  から手術をし  ほうでもどんなにひどくされてもいじけたり、すねたりし  産をし  毛色をし  太郎はおっとりし  顔つきからし  頭をなでてやると逃げようともし  それができたとし  頸輪をし  樹を駈けあがりかけ下りたりし  トラ子と呼ぶと、どきんとし  のや、し  貯へをし  妹さんはがつかりし  曖昧にし  手打ちをし  所謂財界は大してハッキリし  意志表示をし  内務省試案にし  看板とし  一番共通なのは、どうかし  生きかたをし  納得させようとし  仕上げをし  すべての細々し  彫刻をし  女性を見ようとし  前進への漠然とし  留守をし  題材にし  體をかはし  靜かにし  私もおとなしくし  おれはどうし  憂鬱にし  場所にさわろうとし  寒気がし  だってわかりはし  感じもし  とき、ぎくりとし  ゴール、どうし  動きかたをし  ベッドから出ようとし  ちょっとしかないにし  側さえ見えなくし  息づかいをし  驚きとまではいかないにし  下にさし  決断をし  しんとし  いつものように女中がしっかりし  物音はし  想像しようとし  二歩しっかりし  声を高めようとはし  頑固者でし  身動きをし  説得しようとしたりし  彼をそっとし  しか返事をし  まじめになってすぐはっきりし  あれだろうとほのめかして聞かせてくれはし  ほんとうにほとんど誓いを立てんばかりにし  目まいがし  それにすがって起き上がろうとし  彼とし  の子を苦しめたりし  ドアを開け放しにし  さっきよりもはっきりとし  気持をよくし  ためにできるだけはっきりし  休憩をし  床へし  それを押し下げたりし  あとしざりし  立場をむずかしくはし  唇をそっくり返らし  ところへいこうとし  じゃまをし  練習は全然し  じゃまはし  気を取られて、おろおろし  ゴールがし  父親はけっして許そうとはし  ことを見ようとし  のをつねにし  手紙に書いたりし  入ろうとし  天井の高いひろびろとし  目をさまさせられながらもうとうとし  心配やはっきりし  希望に思いふけったりし  ミルクをほったらかしにし  彼はもうほとんどうとうとし  たっぷり食事をし  飢え死させようとはし  悲しみだけであってもはぶいてやろうとし  食事に、どうし  留守をしようとし  料理もし  もうけはし  のをよろこびはし  妹にかみつこうとし  のか見ようとし  上にじっとし  机とを取り払おうとし  言葉を聞こうとし  ことをかまわずにほったらかしにし  今はすでにすっかり忘れようとし  人間でもけっしてあえて入ってこようとはし  決心をひるがえさせられたりし  ためにおろおろし  干渉できるかを見ようとし  たんすにし  病気にし  渡しはし  ますます不安にし  ことを聞こうとし  父親をなだめようとし  それはそうとし  全体がゆっくりし  身体を傷つけもし  前へひきずっていこうとし  それをあえて取り除こうとし  ふうに聞いたりし  こと裁縫をし  ぶったままで、立ち上がろうとし  一掃きし  場所に坐りこんで、そうし  非難してやろうとし  食事をさせなくし  はじめはそうし  ドアを少しばかり開け放しにし  台所へ突っ返さなくてもよいかどうか、たしかめようとし  間貸しをし  椅子に坐ろうとはけっしてし  儀礼から我慢しておとなしくし  視線とぶつかってやろうとし  彼がし  丸出しにし  全然興奮なんかし  部屋へ押しもどそうとし  ようにしようとし  こいつから離れようとし  ことをやろうとし  目つきをし  身体をまっすぐにし  制帽をもてあそんでいたが、ときどきじっとし  断固とし  考えから離れようとし  一瞬ぎょっとし  ゴールをくすぐろうとし  ちょっと見せたが、実際にはそうはし  ままお辞儀をし  三人がゆっくりとではあるが、しかししっかりとし  注文をし  場を離れようとし  説明し始めようとし  所以にし  譯文にし  具體にし  堅實にし  アングロサキソン人種をし  重要にし  ペンドラゴンの子にし  弱冠にし  義にし  手許に置かうとし  勤めをし  害は成されたり、即ち取り返へし  云つた、し  知らない、し  其苦行をし  意にし  己を遣はし  事、し  士にされた、し  勝負を始めた、し  報酬は御受けし  意とし  馬を進めた、し  見張りをし  更まりもし  臆病ものにし  ざるを得なかつた、し  士のし  事一時間にし  身震ひがあつたにし  大木にし  笑みを返へし  愛用はし  僕をし  えりばかりし  たき火をし  わたしたち、し  中へおきざりにするなんて、どうし  板をけずってもらうだけが、し  道におとしおとしし  近くでし  ごとをし  こっちへぶつかりし  目がとろんとし  わたしたち、どうし  ほうは、でも、ああし  ふたりっきり、おきざりにし  耳に入れようともし  そとへとび出し  砂利をひろいに行こうとし  神さまがきっとよくし  上におとしおとしし  夕方、し  ふたつ三つ口にし  これにはし  にしんせつらしくし  ほっぺたをし  グレーテルはし  やれやれ、どうし  あたし、わからないわ、どうし  かごからとび出し  ように、ぱあっととび出し  掛にいっぱいにし  鳥はし  置きざりにし  行年二十五にし  半月ほどし  しらが熱くうるおいそめて、にじみ出し  ぬき取られたりし  はじめとし  苦楽を共にし  出征家族をし  新築せんとし  見学をし  中央帝劇をし  計画が、又し  標準にし  失望ばかりし  芝居にし  映画にし  方針に終始し  饒舌つたりし  話相手になりし  歩き振りをし  講釈をし  うちに踏み潰されてしまひはし  炎を噴き出しはし  張り番をし  一つ咳払ひをし  手風琴を弾いて騒いだりし  顔が近づきはし  ごとを打ちあけようとはし  苦心をし  鬚を撫でまはし  警笛を鳴し  審かにし  ″\でござんし  仙二郎、おとなしくし  ムツとし  涙を滾し  錆さして役に立たなくし  自分は分らないなりにし  關とし  答へをし  氣色がし  中に描きなどし  代り立ち代り出たり入つたりし  通り挨拶をし  批評をし  氣にし  関とし  気色がし  三カ月ばかりし  代り立ち代り出たり入ったりし  潮流が定まらなかつたりし  想像もつきはし  集つたりし  ことでも繰り返さずし  それに就いては訊ねもし  小脇にし  ぢや、またにし  メガホンにして呼ばつたりし  首を傾げさせたりし  破産をし  意志はありはし  手真似なんてし  釣りをし  廻り道をし  露はにし  口真似をし  以来帷を引きまはし  汗をし  模写などをし  抵当にし  装ひを凝し  凱旋をし  諾きもし  口添へし  姿を見直して見たりし  神体に触れても嫉まし  吾を忘れたりし  馬鹿な思ひに走つたりし  つて頭を冷さうとし  存在しもし  莫迦らしく、かうし  それに濡れ濡れし  身体をし  細眼にし  舌がピリピリし  わたしはかうし  手へかへし  浴みし  むつくりとし  足ずりをし  若い人たちがくるではないか、し  海原のはてし  わたしにつきし  のは、どうし  よそほひをし  からだはすんなりとし  くつてし  気にもし  あなたこなたに、ふさふさとし  ゑがし  わたしはなんとし  うすいうすい水色をし  心が、はてし  風はとし  身にゆつくりとし  もやもやとし  からだにし  ごらん、ほそいし  ものはくるしみをかはし  てゐながらも、し  べつたりとし  やうなふといぬめぬめとし  帯のし  びのしろばらよ、うすぐもりし  小鳥、はてし  さやさやとし  月のにほひがひたひたとし  かいくちびる、はづかし  色たふれようとし  のどかにし  やうにはてし  眼をかはし  ななめにかたむいて散らうともし  とりとし  卵よあをいはねをふるはし  頸をし  いつたりきたりし  そよともし  時のながれにし  茫茫とし  催眠術にかかりでもし  四つ折にし  ようにするどくし  辻ヶ谷君はし  僕はぎくりとし  でこぼこにし  何だかぞっとし  ように細くし  二十年とし  際もじもじし  憤慨をし  それをかぶったり着たりし  いいわけをし  ボーイはきょとんとし  顔をあかくし  おしまいにし  博物館入りをし  目がどうかし  歩きもなんにもし  書がし  頭がどうかし  眼下にひらける広々とし  軍艦にし  戦争をし  セメントを使ってするにし  工事にし  設備をし  きまりのわるいおもいをし  後まわしにし  棚工事をし  急に明るい広々とし  田舎者にし  知ったかぶりをし  早わかりがし  傍からああし  音が、すこしもし  僕をみつめていたが、しばらくし  危険なおもいをし  見物などし  耳うちをし  預りにし  遠慮なんかし  心臓を強くし  僕はそうだと思うから、またいつもそうし  君はどうかし  から見えもし  どこからいらし  紅唇からとび出し  僕はどきんとし  言葉をとりちがえたにし  用意なんかし  話のつづきをし  鼻をつんと高くし  永久冷凍にし  進化をし  辛抱はし  冷凍人間にし  気分をよくし  思いの外、そうはし  保護をし  足をし  壁が、どうし  いやにだぶだぶし  こっちを引張りし  力くらべをし  さをつよくし  いつでもびくびくし  口は、ひろがったりすぼまったりし  がらがら声がとび出し  世界へ先走りをし  疲れはし  とろとろんとし  そっちのけにし  感激ばかりし  気持ちを悪くし  麻薬を嗅がし  ところは、はっきりし  背のびをし  水責めにし  呻ったりし  実験になりゃし  平泳ぎをし  僕は、し  身体はだらんとし  中に入ってしまったりし  内出血をし  今、裁かれようとし  手配をし  願い下げにし  深海と聞くと、ぞっとし  設計にし  数條の、きちんとし  操縦をし  冷然とし  改名をし  カーッとし  あやしい人物がうろうろし  覆滅しようとし  面会をし  ごま化したりし  希望どおりにし  横を通りすぎようとし  ダンスでもし  顔からとび出し  勝手にし  背中がぞっとし  侵入しようとし  血にし  ごとはそのくらいにし  足がどうかし  僕は泣かんばかりにし  殺害しようとし  仲介をし  僕がし  から、し  合唱をしたりし  五分間もし  隙見し  しかし、そうし  毎日苦労をし  さいそくをし  目を向けようとし  予想だにし  安全装置がし  ヤマ族に攻めこまれたら、どうし  ひとり笑いをし  町をうろうろし  なに、もじもじし  いつものように顔を赤くし  僕ははっとし  故障なんかにし  汽車に乗ろうとし  座席がとれてほっとし  列車に乗ろうとし  所に割り込まし  燈火管制をし  から商売を止めようとし  肉づけし  特徴において描こうとし  そこから描き出して行こうとし  食い逃げをし  達者さだけを漲らし  それで潤わそうとし  一つとし  蒼白にし  日頃から親しくし  職業にし  泥棒をし  ことだって、し  ことばかりし  肩身を狭くし  身繕いをし  手には渡ってやし  手をし  働きもし  個人経営にし  直接にし  泥棒はし  陽光の中できらきらと光ったりし  一緒に来いって言うから、こうし  ちょっと留守にし  房ちゃんと一緒に行きさえし  埋め合わせをし  仕事はありゃし  仕事をして食って行ければ、そうし  腹掛けをし  ことまではし  ちゃぶ屋を渡り歩いた、し  竹垣をし  たくさん俯向けにし  者がありはし  女を抱きあげようとし  せいではないかと思って見なおそうとし  三週間ばかりし  幸あれかし  おしるしだけでし  藝者にし  町民にし  訛などを正して見たりし  茨で裂かれたりし  お土産にし  持ち主に知らせるにし  内に、見つけし  百枚ちかくなって、読みかえし  ぼそぼそ仕事をし  ひとりでやきもきし  おふくろなんて、なんにも判りゃし  視線を集めようとし  はいがし  俺から離れようとはし  注意を向けようとし  彼を困らし  ことなどは絶えてし  から話だけはし  西山がそんなたくらみをし  言葉がしばらくし  塵を感じながら、折れ曲り折り曲りし  科学者として立とうとし  のか、はっきりし  荒涼とし  園に追いこされたりし  一町にあまる広々とし  膝をし  職業とし  不愉快にし  はにかみはし  何通もああし  素ばし  曲線にし  劇変しようとし  時間を潰そうとし  気尤めがし  自分ながらどうかし  人間ですし、そうし  断りをいうにし  それを尋ねはし  愛嬌笑いをし  貧乏ゆすりをし  無頓着であろうとし  笑いにし  むだに流されはし  座興にしようとし  座をし  一つ一つ見廻わし  自分を薦めようとはし  あとに、言い合わし  学問だけはし  主題にし  心をすがすがしくし  手脂だらけにし  丸めたり延ばしたりし  実行はし  両手で撫でながら、笑みかけようとし  落ちでもし  葉書はどうし  めちゃくちゃにし  方向転換をし  陣容を崩そうとし  胸を悪くし  畳が腐りはし  方を見ようとはし  どこにし  眼下扱いにし  常識程度にし  方に駆りたてはし  家に帰りはし  それを立ち喰いし  心を暗くし  ひけめにし  飯にし  小屋にはいってほっとし  眼がさめたりし  川音がし  銀色をし  瀬切りをし  給仕をし  それは聞こえよがし  人たちを見向こうともし  気振も見せようとはし  あたりを赤くし  皆ああし  口調を真似ようとし  我慢がし  輪を大きくし  餞別物を渡そうとし  手を上げたり下げたりし  西山さんを見ようとし  あいへし  高笑いなどをし  遠くから冗談口を取りかわしたりし  手の甲がぴりぴりし  母にすがりつこうとし  安心はし  中から拾いだそうとし  冗談にばかりし  顔つきはし  驚きもし  結果になりはし  から早死をし  偸み聞きし  任かし  方に寄っていこうとし  先夜西山と闘わし  それからどうかし  前置きをし  柿江はぎょっとし  一同は立ったりいたりし  教師をし  股火鉢をし  柿江はそわそわし  それを見のがしはし  柿江に話しかけようとし  垢光りがし  道徳面をし  愛嬌にし  ようなけろりとし  感じさえし  神妙にし  たしかに堕落をし  そこらを見廻わし  眼をやるまいとし  空想的にし  有頂天にし  ところを離れようとはし  分りはし  ところ留守にし  留守にし  洗いものなどをし  大急ぎですすり上げたりし  湯づけにでもし  半分にし  基督にでも出喰わし  用心はし  組合をし  睨みをし  方にさし  いたずら者がむずむずし  埓にし  人擦れがし  若い男が近づくと、どんなにしゃんとし  頑強さにつけ入ろうとし  そこから先にはなかなか出てこようとはし  女がぎょっとし  上体を立てなおして、企みもし  言葉、しようとし  だだっ子にし  こをし  無視しようとし  不思議があるとともに、そうし  難問題にぶつかろうとし  こだわりはどうしても晴れようとはし  結合をし  驚きはし  履物とを較べなどし  贅沢をし  みをし  花でもちらちら飛び交わし  生欠伸をし  支払を滞らし  五円にし  五円だけにし  金を借りでもし  皮膚をやや紅くし  園がしばらくし  ちょっと尻ごみをし  姉さんかぶりをし  のを聞き流しにし  懐ろ手をし  行く手を見とどけようとし  養生をし  自慢話ばかりし  掃除一つしようともし  農商務大臣をし  根気負けがし  実力を認めさせないで、認められようとし  渡瀬にでもさせておけば似合わし  夜につながろうとし  帰途につこうとし  木叢ごし  こともできなかったが、答えようともし  水中に投げようとし  清逸がいってもそうはし  人から軽蔑されているだらし  論文をし上げようとし  呼吸を大きくし  嚼りし  裏書きしようとし  胸に漲らし  気味にし  母はまたややしばらくし  考えをいおうとし  上抱きにし  綺麗さっぱりとし  前に坐ろうとし  迎いに出ようとし  涙が溢れでようとし  顔を紅くし  渡瀬さんに見せまいとし  渡瀬さんに隠そうとはし  薪をくべに行こうとし  上我慢がし  願いもし  それをつむりに潜らせようとし  ぬいさんはきちんとし  身だしなみをし  別に驚きもし  あと廻わしにし  機会をも掴もうとし  延び延びとし  渡瀬はわくわくし  ますます勢いを逞しくし  ぬいさんはきっとし  顔色を青くし  復讐がし  茶の間を見廻わし  隠しだてもなく、きっぱりとし  素直にとし  袂を探ろうとし  不意を喰ってきょとんとし  北海道にし  何本となく続けのみにし  あなた今日は本当にどうかし  土下座をし  手ごめにし  ものがどうし  飯をしまって立とうとし  だめだとし  これだけにし  酒はどうし  俺にばかりし  座を立とうともし  尊重していないとし  心配そうにし  信用をし  立ち聴きし  いつまでも書生生活をし  用もありますしし  暇とし  父はむっとし  何もできはし  妾囲いをし  隠しだてなどをし  間に挾んで、やさしく撫でてくださろうとし  どおりにし  それをじっとし  ーんとし  なりで少しも働こうとはし  横撫でにし  お前のし  二三日中にはっきりし  こちらから挨拶もし  ものを盗み喰いをしようとし  のに対しても、はっきりし  知らせもし  日附がし  乎とし  所なくし  笑いかつ生きんとし  我れをし  先生にし  ように現われたり隠れたりし  前こごみにし  そのままにはし  それが現われではし  動揺が起ろうとし  弔らいもし  封を切ろうとし  それに引きかえて、ずっと見廻わし  前後に揺り動かさし  やすやすとし  から、どうし  苦悩も伴いはし  前に行われようとし  心は小ゆるぎもし  それを曲って取られはし  ことをまずいいだそうとし  早すぎはし  促がし  何かいおうとし  ことでもございますしし  結果を望もうとなどはし  忍び泣きをし  思いもし  言葉で言おうとし  格子戸を開けようとし  心を励まそうとし  苦しみを喜ぼうとし  調子を合わせて明るくなったり暗くなったりし  たる屏六銖衣薄くし  夫人とし  切りもりし  一言半句も聞き流しにはし  の子は、どうし  ことを見ていらっしゃるなら、きっとそうし  拒がそうとし  肆にし  愛卿は大いに驚いて逃げようとし  なりもこんな汚いなりをし  恥かし  大尉にし  ことに定めて帰ろうとし  人が変っていたりし  知らない、どうし  家内は、どうし  四辺がひっそりし  そのまましかたなしにじっとし  ひらひらとし  塋を高くし  お世話をし  いつまでもそうし  学生ははっきりし  大変親切にし  夕方にいらし  私はこうし  上り込んできて、図々しいったらありゃあし  処で食べるかし  風にはっきりし  一つお辞儀をし  澄子に手伝わし  整理を手伝おうとし  者同様に思って隔てなくし  大学生にし  苦学をし  言をし  不具者だとし  手を挙げて打とうとし  危く引っくり返そうとし  平素粗食をし  者はありはし  ことがあってもへこたれはし  意志がしっかりし  ものをかき廻したりし  家にいらし  ノート一冊も持ってはし  辰代は漠然とし  一日中じっとし  退屈はし  夢想家だとし  両方立上って殴り合おうとし  ビール瓶はそのまま壊れもし  何だか私はじっとし  捕虜にし  釘付にし  意識を持ってるぴんぴんし  室にはいったが寝もし  野蛮人だとし  っ放しにし  からかっとし  足がふらふらし  頭がはっきりし  から、温くし  水枕をし  澄子とは、寝もし  音さえし  涙がにじみ出し  熱が去ってけろりとし  苔類を一々見調べたりし  せいもあろうが、し  診察してみなければ分りゃし  中村はなお薄ら笑いをし  ことがなかったりし  下調べをし  身体がなよなよとし  今井を叱ったり励ましたりし  頃には、し  鼠にし  犬にし  戸締はし  先へ進もうとはし  賄をし  御膳を運んだりなんかし  ことを尋ねたりし  負さったりし  仕返しをし  通りにし  だって家にいらし  変には思ってやし  何かぞっとし  残り笑いをし  怒りはし  傘を持っていったりし  夕立がし  所へいらし  澄子が、はっとし  人を踏みつけにし  洗濯物をし  中村さん、どうし  気持と、しっかりし  挨拶もせず見向きもし  笑そうとし  喉がぎくりとし  覆いをし  こちらにし  辰代はきょとんとし  顔を出したり入れたりし  後ろ手にし  ゆっくり背伸びをし  まま身動きもし  辰代はまじろぎもし  後を追ってゆこうとし  取引をし  言い方をし  それ以後心臓を悪くし  彼女はぎょっとし  吟誦せられるにし  わけをし  あらはさうとし  隘しとし  神にし  邊に捨てたりし  儘あらはし  眞にし  舞つたが、よぼよぼし  くもをし  大和言葉にし  手本とし  我を生みし  流行の先がけをし  比べをし  命乞ひをし  お伴はし  杖を振り挙げて打たうとし  嵐ふくな、と申し置かれし  簀巻にし  有無は疑はし  男色の語らひをし  消息を洩し  対照にし  舌を捲かし  類型を異にし  ところにも割り込まし  魁をし  血ぬらずし  話は、遠からずし  従父とし  一番しよんぼりし  日本的照れ屋ルナアルをし  小さな子供みたいにし  全然なんにもし  気はづかし  私をよくし  朝に泣きし  憫れむべし  稀にし  運よくし  運あしくし  こと深くし  それを貼り交ぜにし  眼を眩まし  段階があるにし  可能とし  漁りをし  犠牲とし  眼路はるかに、広々とし  ばうばうとし  馥郁とし  食事はし  休みにし  くしやにし  金銭で、剰し  うつさうとし  自由でのんびりし  今頃どうし  間借りでもし  戦死をし  田舎落ちをし  長続きはし  くるまつたやうな、ぽつてりし  就職運動をし  死ねもし  有耶無耶にし  活動はし  作者がし  肥料負けがし  材料がうようよし  絢爛とし  それを繰ったりし  空に投げたり引いたりし  目がぐるぐるっとし  失礼をし  何でも構わないから下りて行こうとし  かしにし  建物はぐらぐらし  一段声を低くし  二言質問をし  八畳座敷中に故なくし  八畳座敷に故なくし  気絶をし  もの世界長の許可なくし  於て故なくし  於て、故なくし  世界長の許可なくし  おかみさんは、怖がって逃げようとし  おかみさんは青くなってブルブルし  ものも、やっぱりぶるぶるし  緑色にし  一銭もとりはし  だしにし  あくびをし  一銭だって貰やし  まま居睡りをし  検事がすぐ飛んで行こうとし  家を出たりはいったりし  なりをし  罪にし  一人仕事をし  グルグルグルグル巡視をし  足が出来たりし  禁止をし  みんなはらはらし  まばたきをし  それからだんだんのんびりし  フォークをかついだりし  足踏みをし  みな真似をし  女の子はぎょっとし  独立もし  巡視もし  時どうし  それを見て思わずぞっとし  もの世界に戻ろうとし  僕はどうし  昆布とりをし  夏は青くし  婚姻以前にあらずし  皆我を我とし  ものにあらずし  渠をし  ことなくし  匈奴にし  愛のためにせずし  為に止むを得ずし  愛を以てせずし  大礼なりとし  夫婦は止むを得ずし  躍如とし  体を洗わし  羅は起きようとし  飯のしたくをし  風に乗っていらし  からそのままにし  知らないふうをし  羅はびくびくし  葉になってしまったが、しばらくし  楽しみとし  三年そのままにし  許嫁をし  酒盛をし  それに乗せて帰らし  侮辱されでもし  愚弄されたり、ひやかされたりし  記憶にし  アカーキイにし  予感でもし  かめ面をし  方をふり向いてみようともし  作り話をし  ふりかけたりなどもし  書類に書きそこないをし  我を忘れてしまい、にやにや笑ったりめくばせをし  報酬が与えられたとし  街をうろうろし  逸話をむし返したりし  娯楽などにうきみをやつそうとはし  しこたま足踏みをし  裏ばし  自ら名のり、し  扉は開け放しにし  台所にみなぎらし  むき出しにし  糸を通そうとし  ペトローヴィッチがぷりぷりし  助詞をもってし  それから裏返しにし  キンとし  絹裏にでもし  まねもし  真黒にし  それからなおしばらくし  立場のはっきりし  女房にぶん殴られでもし  寝ぼけ面をし  どろんとし  悪魔に小突かれでもし  立ちはし  銀被せのぴかぴかし  値段を吹っかけたりし  承知はし  結婚でもし  同意でもし  ずれのし  一切のぐらぐらし  放心状態に陥りさえし  写しをし  辺にし  二重にし  仕事ぐらいよりし  袖を通そうとし  廻りをし  笑いをもらしさえし  世辞を言ったりし  アカーキイ・アカーキエウィッチはすっかりまごついてしまって、いったいどうし  辞退しようとし  換えをし  紳士連にも出喰わし  橇を御し  足をすっかりむきだしにし  彼はにやりとし  彼はどうし  品さだめをし  てれはし  彼はいったいどうし  勝負をし  顔をのぞきこんだりし  杯を挙げなければならないからといって、いっかな放そうとはし  一時間ばかりし  けりをつけようとし  婦人がどうし  後を追っかけようとし  アカーキイ・アカーキエウィッチならずとも、ぎょっとし  恩恵にも浴せしめずし  からなかったが、そうし  興味を持たれずし  事績も残さずし  墓穴へ去りはし  客に廻りあったと思うとたちまちにし  具合にし  なかった償いとし  風態をし  完全に取って押えようとし  生気をつけようとし  くしゃみをし  男はどうし  何ひとつ考えようともし  声に出して繰り返してみたりさえし  まわりへ捲きあげたりし  彼はぎょっとし  どこへ行こうとし  心を落ちつけようとし  幽霊を引き留めようともし  標章とし  用意までし  挙手をし  賑やかできびきびし  濺がれて、し  下に陥りてみ、青くざらざらし  きらりとし  渦を巻きかへし  邀はふとし  底にし  大回転のし  不逞にし  なにごとか祈らんとし  がんとし  いまにし  駅のけはし  夢のおどろし  狂奔するものの傷まし  無辜にし  酷烈にし  祈願をし  笹藪に投げたりし  ためにかうし  峰越をし  川を渡つたりし  為事をし  川を渡ったりし  方へ越えようとし  年配だけれどがっちりし  前借りをし  箇人教授をし  ここまでにし  格好をし  そばをおごったりし  おいでおいでをし  ことちっとも知りゃし  笑いを洩し  心にも漠然とし  ハガキを置こうとし  ものはありゃし  しか廃業でもし  こと、きっとし  訳がね、どうし  ことを尋ねもし  何だか頭痛がし  恋愛談をし  浮気を押えようとし  駄目にし  切りもし  横をたたきながらぐずぐずし  一時預けにし  稲毛にし  葉をとって鳴らそうとし  明識にし  我々をし  彼等もし  賞で得るほど知り得たりとせば、いかにし  明白にし  非とし  ゆえにかようにし  考えますにし  私は、いかにし  しかし、いかにし  力も有し得ないからし  発見するにし  区別するからし  ことを示し、そしてかようにし  感覚し、など、するにし  中にも、例えば、いかにし  ことの、いかにし  つねとし  虚構であるとし  仮定するにし  不完全性であると思われるからし  力に及ばないにし  何か、と問わねばならないであろうし、そしてかようにし  霊魂に属するとし  明証的に見ないからし  眠るにし  私を欺くにし  真でないにし  はかように思われたにし  考察するにし  存し得るにし  習慣はそんなに速かに除き去られ得ないからし  無であるにし  ものがありはし  繋しないにし  別のものから出てきたにし  至高にし  観念から生まれることができるにし  客観的実在性にし  存しないにし  観念にし  しか私に示さないからし  理解するにし  存しなかったならば、いかにし  客観的実在性を含んでいるからし  完全にし  ことができるにし  実在的にし  現実性にもたらされないにし  それがかようにし  真であるにし  想起しないからし  私自身に与えたであろうし、かようにし  存在しなかったとし  何物でもないからし  結局私に振り当てられるにし  追求せられ、かようにし  うちに有し、そしてかようにし  のであって、かようにし  証拠と見え得るにし  欲しないからし  そこから、だからし  中間者をなしており、かようにし  存在するにし  強固にし  はずであり、そしてかようにし  自由であったにし  から逸脱し、かようにし  ゆえであって、かようにし  側へ引張るにし  当りはするにし  ことは、もしかし  であるにし  ことができないにし  経験するにし  想起し、そしてかようにし  存在しないにし  真にし  存在しなかったにし  不変にし  思惟しなかったにし  認識せられるからし  ことができ、そしてかようにし  思惟し得ないにし  有しないにし  必然的ではないにし  注意しないにし  もの、ではなく、かえって真にし  使用するにし  容易にわかるにし  容易にわからないにし  本性を有するにし  意見を捨てさせるであろう、そしてかようにし  何ものについてもかつて真にし  ことなく、ただ漠然とし  想起するにし  ものをしばしば真にし  ことについて真にし  時には真にし  私は夢みているにし  表現するにし  慣わしとし  私は知っているからし  身体を有するにし  内在しなくてはならないからし  ところから発したとし  ものであるにし  類似していないにし  刺戟しないにし  感覚しさえするにし  自然からはずれていると考えるにし  規定であるにし  のは、いかにし  部分が何ら動かないにし  精神をし  ことができるからし  偽でありはし  考量し、そしてかようにし  必然的にし  力を有するからし  ただ神についてのみ取扱ったからし  眼差しを向けようとし  しらねてんにし  岬のし  晝とし  上どんよりし  認識にあるとし  一しよくたにし  糊塗したりし  価値をもつてし  翌日からとんぼ返りし  マルクス主義的批評をし  文芸批評をし  犧牲にし  價値をもつてし  文藝批評をし  劇にし  農業を興さんとし  海国にし  性質にし  苛重にし  学校のみにし  二とし  これよりも広くし  気風にし  大学校にし  盛にし  緩慢にし  劇剤にし  適当にし  こと能わずし  政治上よりし  方略に止まるべきのみにし  薬剤にし  薬物をもってし  十年を出でずし  活動にし  如何様にし  地位を保たしめ、たがいに相近づかずし  政事にし  芸術を持とうとし  代表であるとおし出すにし  魅力あると思いちがえしたりし  苦しまぎれにし  推薦原稿をそのままのせたりはし  顛落はし  理解しようとし  焙肉をたべていて、やせもし  ちらしているとし  解放をかち得ようともし  のものにし  農業労働者にし  翻訳されようとし  上演をし  文学をうちたてようとし  ソヴェト市民とし  厳粛にし  模倣をし  別のものにしようとし  一つとしてあらせようとし  3にし  投票をし  理解させようとし  警告とし  むだにし  任務とし  政治をし  違つてくるし、し  ことばかりをあえてし  国民をし  根幹とし  根本を、し  強要しようとし  政治をやらせようとし  どこにもありはし  ものは、かうし  眉毛一つ動かさうとし  ようにしねしねし  質のしねしねし  土灰にし  のを観破し  安らかにし  芝居ごととし  解脱を図ろうとし  骨組みはがっちりし  動機ははっきりし  体質から、がっちりし  心に恥じもし、思い返しもしようとし  心を噛まし  それを感じるはっきりし  噴火をし  瑞雲寺へ来てみると、聞きし  釘付けにし  自分を努めて忘れ去ろうとし  時代離れのし  裏にし  目的を果そうとし  恋女房とさし  久し振りにあっさりし  勤めはし  勝手気儘をし  血管に漲らし  寒い気がし  方針を教えられたりし  落胆したり、時に怒ったりし  止宿を頼んだりし  伴れに誘われたりし  一人で引受けたりし  出来損い、またし  看護をし  談話などし  地響きがし  小屋掛けし  住居をこしらえたりし  網になったりし  しかし、忽ちにし  気持にし  小屋へ連れ込もうとし  酒盛りをし  乱痴気騒ぎをし  一人歩きはし  一重にし  人々を縮み上らし  眼瞼を潤おし  灰の掻き除けはし  用水の浚えもし  正受老人からきつく叱られさえし  肉慾にし  泪はをし  客にし  雨を聞きし  毒流を漲らし  所にし  縮少しようとし  非難に堪へずし  負担をし  筆書きにし  入閣させようとし  楯にし  五月に満たずし  自ら議会にも臨まずし  恥とし  歳費を高くし  金円も少からずし  最中とし  づる頃よりし  餌にし  沙汰をし  運命は、そんな楽々とし  ツ放しにし  秘書役をし  無理べえし  撚糸をし  敵打ちし  顔を上げて見廻はし  枕に就きはし  大著を見し  用ひずし  詩にし  意に読まさうとし  欲往城南忘南北とし  背景とし  力とし  予をし  銃をそそくさとおろして撃とうとし  下方を透しなどし  そこらあたりに隠れていはし  入口にうっすらし  まま切腹したとし  眼に入れまいとし  綾をし  犬死はし  ことを知って、助けてくれようとし  身がまえし  獲物にし  盗みばかりし  何がし  渡世にし  悔やし  船がかりをし  一つ手捕りにし  盗人を捉えようとし  首は、どうし  涙も、にじみ出し  詫びがし  のさえ、恥しいなりをし  途中も、同時に泣いたり笑ったりし  僧形をし  危い芸当にし  仕事でもし  擾がし  手捕りにし  ことを教え込もうとし  長年司法官をし  意味を考えてみようともし  十分教えられもし  賞金をくれたりし  現在法学は、いかにし  法学書が、いかにし  裁判をし  主張をし  趣を異にし  解釈をし  通例とし  教育にし  教科目にし  初めから解釈を要せずし  学問にし  臨床医学にし  徹頭徹尾純一にし  むる基礎なくし  青年期を終わらんとし  結果はじつに永くし  心を空しくし  真摯にし  用意を持っていさえし  恵みの導きなくし  別荘で忽然とし  何を解こうとし  彼は考えずし  門は聳えたりし  不純不透明にし  彼らをし  生活には、ああし  寡婦にし  顔はし  われをし  四十分もつくねんとし  その後は淋しくもあり、悲しくもありし  春風を心地よく受けてふわりふわりとし  確然とし  ときハッとし  低級にし  批評ばかりし  綺羅粉黛人跡繁くし  ぼんやりしてると、過ぎにし  永遠にし  永続しはし  藤村等のしみじみし  一纏めにし  鐘の音をし  首を低うし  差別はあり得ぬにし  展ばし  快楽を追わんとし  回らんとし  涙なくし  野良犬のごとくうろうろとし  欲望とをこんがらかし  鞍替えをし  夜風はまたし  襟を正しくし  肉爛れては腐り、腐りし  心的態度をし  現実生活をし  下にありながらいかにし  分離せんとし  追求にあらずし  著述はし  根本的な、そして堂々とし  絶対者よりいかにし  ことたるいかにし  自然にし  われらをし  敬虔にし  物なつかしく、深くし  名をもってし  意識せずし  必然にし  善事を行なうにし  確実にし  あるがままにあらしめよ、世に最も尊くし  倫理学をし  氏をし  みずから貧しくし  相対的にし  認識論をもって終始し  われらがいかにし  神の人格性は毫も傷つけられはし  矛盾を見ずし  真率にし  物瘠せし  メフィストをし  聳かすようにし  私をおののかし  個人をし  自明に、生き生きとし  ためにはそうし  私はじっとし  胸をおどらし  交渉にし  生命の最も深くし  蕭殺とし  号泣したってどうともなりはし  基礎を置こうとし  度を深くし  徘徊したりし  こともできはし  友に求めようとし  要求よりし  遊戯にし  しまわれはし  否定がし  全にし  完全をいかにし  二個にし  魂を容れようとし  予防しようともし  ぬくもりは、互に暖めはし  皆さんは一向引かうとし  つて人に譲らうとはし  いふ処が、まだ、それほどしつかりし  脱出でなけれやね、どうし  一年とし  円滑にし  二〇%改善しでもし  和田長官が、し  ヤミ買いをちっともし  野山を駆け廻ったりし  飛び下りたりし  もの心やりをし  いたずらばかりし  骨を折ったりし  晴業をし  とき恋をし  しんからげっそりし  得々とし  腎臓をわるくし  客観的把握が、はっきりし  微笑してみたり、ふっくらし  変装してみたりなどし  縁側にじっとし  物語にもなんにもなってやし  内心ほくほくし  ざあざあ顔中を洗いつくして、そうし  袖で拭い拭いし  おまえ、とし  日常が侘びし  口笛をこころみたりなどし  まま足袋をはかせてもらったりし  こと、ちっともわかってやし  きれいにおわかれし  感じの、しっかりし  二十四歳にし  須臾にし  にこにこ微笑んで、たのしみ、うっとりし  兄妹五人、ぎょっとし  天国をもって来るとし  所謂しっかりし  三人共家出をし  人間をし  それを救うとし  所まで行かずし  上にはっきりし  説教をし  アイヌ研究をし  解釈して、ちっとも疑おうとし  バチラーさんにし  永田方正さんにし  冬仕度をし  ともにし  参考にし  それはいみし  民心をし  道化役者に、なるかならぬか、するかし  二つ割にし  手彫し  それぞれ祭壇を異にし  元気で恐し  旅に出たりし  兄弟同様にし  場を去らうとし  中へ、しをし  傍から拳をふるうて、し  誰ともなく罵りかはし  力をし  平仮名文にし  六十頁にし  文章雅馴ならずし  一西教寺院に起りし  筆致にし  うまい事をし  努力せずし  ものと信じてゐるので、し  子どもどうし  のを、たし  意とも思はれるが、どうやら、はし  発生は疑はし  註文したりし  揮はうとし  云ふはどうし  云ふならば、ひよつとし  有つて居るからし  此國を亡ぼさずし  是はどうし  古河市兵衞に頼まれて居るからし  聞ひて居るからし  方正にし  申渡までし  心持をし  十一娘はもう帰ろうとし  十一娘はぼうっとし  伴れていこうとし  皆さんから何かいわれはし  返しをし  傍へ坐らし  二人はそうし  牆を越さし  踰えて送らし  それからそれと話して寝ようともし  旦那様をお見せし  容儀にきっとし  それじゃどうし  心がしっかりし  一更がもう尽きようとし  ほんとうにはし  式をあげようとし  葬式をし  匿れさしておいて帰ろうとし  飾りにし  あなたをし  十一娘を探さし  えりをし  いやですとモジモジし  縺毛一筋ない、つやつやし  縫をし  楚々とし  別にあわてて乗ろうとはし  衝突さえし  時はああ助ったと思ったが、どうし  所にウロウロし  赤ン坊を揺り動かしながら昇ったり降りたりし  父に見つけられはし  引返えし  女給をし  父にし  偽名をし  給料で勤めたりし  倹約しくし  先方で出して呉れるとし  隣のを借りたりし  心はどんなだろうと思うと、じっとし  赤ン坊宅の子にし  何ともし  棄子にでもし  行衛を尋ねようとし  風邪を引いたと云って、じっとはし  貯えの尽きようとし  湿布をし  吸入をし  伝染りはし  心配でおろおろし  秘密でも云いはし  手に返えし  なんでもありゃし  気がガッカリし  病気だし、どうし  何にも分りゃし  身装をし  晏如とし  依頼がし  事が分っても、じっとし  赤ン坊を返えし  どこへ返えし  面窶れはし  姿が消えると、そのぱっちりとし  言葉をかけようとし  ブリ返えし  倹約にし  お父さんをお訪ねし  空頼みをし  心地でただウロウロし  裏長屋のジメジメし  場所まで歩いたりし  私立探偵社を煩わしたりし  枕にし  女なりと思ひし  聲ちかくし  巖を根ざしにし  連亙し  九十九にし  四里にし  労働をし  生活欲望が弱いとし  得をし  生活条件は満し  養液にし  価いし  豊饒にし、賢くし  へぼししたり、すくひたりし  遠足は度々したりし  なほあかずし  官幣大社にし  淺にし  浪あらくし  提燈をかへし  孤立せずし  こと八町にし  草創にし  迂路をし  確かにかうし  声を揚げて泣くか叫ぶかし  川のながれは絶えずし  身一つからくし  如くからくし  命つきて臥せるをもしらずし  聲もをし  十日廿日過ぎにし  落ちなどし  身のほどにし  ら身かずならずし  世にし  わざをし  三十餘にし  すみかはをりをりにせばし  紫雲のごとくし  まもるとし  勝地はぬし  のぞみとし  浮雲になずらへて、たのまずまだし  庵にし  間雲切れがし  秋のおどおどし  樺のほそぼそとし  影にし  眠ッていたか、ハッキリしないが、とにかくしばらくし  爽かにし  叮嚀に梳し  微塵もなく、さも憂わし  ようにおどおどし  物音のし  唇、またし  何となく心おくれのし  眼ざしにおどおどし  返答をし  アラ泣はし  忘れはし  下にあッた、青々とし  愁然とし  眼鏡を支えようとし  おれにし  ト噺をし  杖に起ちあがろうとし  ッて駈けだそうとし  日は青々とし  煌きはし  会話をし  脊伸びをし  工合にし  生返事をし  いびきをし  真っ赤にし  會話をし  戀人とあひびきをし  一小篇にし  いくら強くし  それさえし  私はゾッとし  これ、どうし  独り笑いをし  疲れた眼球には、しみじみとし  顔をしているが、どうし  別にどうし  私がこんなにし  弔いはあんなにし  ききはし  戦ごっこをし  人間にし  源吉がそうし  傍見もし  跫音のし  諏訪様は、どうし  顔を浮きあがらし  何をうろうろし  路をし  隙を見て逃げようとし  引もどそうとし  手で起きようとし  林田はぎょろりとし  のですが、どうかし  守をし  傍にいたりいなかったりし  とぐろを巻いたりし  諏訪様は、怒りゃし  もったいないことをし  そんことをし  治左衛門がおずおずし  人に見られ聞かれし  引起そうとし  こと二年にし  こと無かりし  都にかへし  うねり大にし  群りあひて溌溂とし  昨夜酒を求めし  おせん轉ばし  何にも書きも描きもし  多くは遊んだり読んだり観たりし  話をしあったりし  観察したり書いたりし  邪魔になりはし  輪廓を取扱うからし  彼にとっては、如何にもはっきりし  素朴的にのんびりし  詳にし  最後にし  処に移されはし  蘆をし  五町にし  顔を近づけねば読まれぬほどにし  流れを見ようとし  慰藉にし  二里にし  聳かし  境にし  堤防を異にし  近くなりし  方向を異にし  堤を異にし  さもまたそれだけはっきりし  それをどうし  今までそっとし  まり人好きのし  工業技師をし  漂浪したりし  三十一にし  胸像を作らし  外国から講演をし  遠方から電報をよこしたりし  席から拍手をしたりし  別に堂々とし  中背で、肥っていて、がっしりし  四十三にし  講演をし  角度をし  耳を借し  宗教家にし  基にし  生存し得られるかもしれないが、そうなったとし  国へゆくにし  目をさらにし  空想をし  二人はし  金にし  び飾りとし  町を訪ねますと、どうし  身震いをし  題目とし  幾分犠牲にし  理解もし  行列にし  のを、そうし  話はし  容色をし  お礼をし  時にし  驚き喜びをし  身をきちんとし  言葉づかいをし  から、それでこうし  虜にしたりし  侍たせし  足音を聞いたりし  移り香がし  ことに作ったりし  文案をし  らしったりし  稼業をし  内儀さんにし  馬鹿をし  きみだっていつまで女給をし  それまでぶりぶりし  それから一時間ほどし  波瑠ちゃん、いったいどうし  半年もこうし  二時間ほどし  男たちが出たり入ったりし  中は依然としてひっそりし  みのりか、いったいどうし  靴音がし  わたし、どうし  置き手紙をし  ひとまとめにし  中山とし  手掛かりを掴もうとし  手付きをし  愛撫をし  薄笑をし  彈いたりなんかし  睨合をし  虫干にし  叩頭をし  誰もおひやりはし  嚇とし  妻なんか持ちはし  願をし  稽古までし  賑にし  拍子抜のし  自然陰氣になりもし  陰氣にし  來やし  ツてねるとし  喧嘩はし  安全にし  浜べへつれて出たりし  ことををし  ためをし  皿をひつくりかへし  プスをし  三つ、飲ませたり、食べさせたりし  日にし  さををし  曲馬団で、うたつたりをどつたりし  がたをし  指揮をし  お話しし  散歩道をいつたり来たりし  手だから、をし  はたらきをし  はりをしたりし  ぢやらし  骨をし  顔をして、たすけをさけばうとし  頬ずりをし  頬ずりなんかし  命令をし  海色をし  独り言をし  ところを歩き、また抜けたりし  音などもし  踏み台にし  娘らが、ああし  マンドリンを弾いたりし  さよ子はどうし  人々は、ああし  耳を澄まそうとしたけれど、どうし  ことを思い出そうとし  のぶ子は、どうかし  みんなは、たのしみにし  別々にし  線路に沿うたちよつとし  若い男のし  挨拶に代へてし  細君を見付けてやらうとし  方へ寄らうとし  もんだから、かうし  下宿でもし  間借をし  つてやし  小さな声がし  咳もし  手をやらうとし  女が取らうとし  あたりがひっそりし  男のし  挨拶にかえてし  細君を見つけてやろうとし  街頭はひっそりとし  方へ寄ろうとし  女に話しかけようとし  追っかけでもし  手をやろうとし  それを払いのけようとし  女が執ろうとし  蒲団にし  ア、はっきりし  縄を断ろうとし  大変贔屓にし  同棲までし  間もごたごたし  証言を覆えし  川口さんに知れ、またごたごたし  初子はどうし  初子はカッとし  百合子はもじもじし  身上を一層悪くし  引割こうとし  已むなくあそこへ置去りにし  秘密に葬って下さるならばお見せし  始末をどうし  から水兵結びにし  手術をし  のぞきはし  呼掛けからし  口調にならうとし  はつとし  恢復するにし  反芻をし  層をし  恢復にし  中心を横切つたりし  方をぬすみ見し  なかに漏し  脚をし  笑ひを漏し  決心に対する漠然とし  彼女自身を懶くし  麗はし  ふさはし  さうだつたとし  喀血をし  明子が遮らうとし  笑はうとし  梯にし  お父さんをおなくし  いつまでもこっちにいらし  年子は、し  町にいらし  通知もし  それは、よくいらし  しんせつにし  から、仲よくし  女の子に対して、べつに親しくし  仲間はずれにしたりし  あだ名にし  負けぎらいな、しっかりし  人形を出して見せたりし  お母さんに聞かなくて、しかられはし  空想にふけりながら、うっとりとし  感激を書かし  放浪生活をし  さがあつて、キビキビし  貧乏でも溌溂とし  問題にしたりし  人に見せたり、読んでもらつたりし  はる生活をし  程小さくし  お歳暮をし  接吻でもし  皆そうし  舞ひをし  艶々とし  廻転機をまはし  鼻をつまんだりしてキビキビし  頬かぶりをし  見逃しはし  サンゼンとし  かつがし  身売りをし  オテクさんはどうし  つた目つきをし  働き死にし  手はし  肩掛けをし  私は熱い思ひをし  胸をぶち抜かうとし  転々苦労を共にし  ツこんだりし  ひつくりかへし  眞似までし  文もやめにし  フンとし  恰好ばかりし  眞赤にし  なんだりし  氣味に絶えずし  自分のこれからし  ツ廣い平原はちつとも響き返へしもし  廣漠々とし  肩をし  ギヨツとし  淫賣でもし  淫賣になんかし  凄味のあるうなりがし  氣持がし  源吉は、し  反響もし  岸につけようとし  力でよろめいたりし  中を探がし  うつ音がし  水桶でもひつくりかへし  音をし  かけ合ひでもし  くぐつたりし  息だけはし  かんだりし  ばつたりし  滅多打ちをし  さへ、ひやりとし  つて提灯を行き過ごさし  父はがつくりし  印を押さし  何か、深い、しつかりし  會つたとし  音ばかりし  いふ事をし  孫達がお互にいたづらをし  ムンとし  一寸あいさつをし  人好きのし  澁顏をし  由にいたづらをし  跳ねかへし  それを繰りかへし  今度耳もかさずにじつとし  母どうし  顏を赤くし  馬さへ、し  そつちなどにゐては、どうし  初めから讀みかへし  身震ひをし  方へ行かうとし  爪をたてようとし  ひつかいたりし  かじつとし  交つたりし  豆を交ぜたり、し  行つて仕事をし  當てにし  手眞似をし  支へにし  一生を思ひかへし  立札がし  國ではどうし  仕打ちをさへし  ことをちつとも分らうともし  約束したりし  退屈で、話しし  假寢をし  文はどうし  ことを又繰りかへし  源吉君、どうし  霧打ちにし  笑顏をし  夜はおそくし  むづかしい顏をし  むづかしい顏を、まだ、し  ポカーンとし  それからしばらくし  湯煮をし  床をし  合せをし  續いて、し  變へたりし  肩が痛んだりし  茫漠とし  つきでもし  何んとかし  氣のないきよとんとし  味噌汁にし  拍手をし  ちの貧乏どうし  畑が踏み荒らされたりし  母は、少しし  跳進をし  そこ迄行かうとし  セキをし  女給にだけはし  母親を探がし  二分もし  腹の子んし  むやにし  腹をし  考へこんだりし  膝に投げかへし  話をきいたりし  身振りまでし  拜まれたりし  云はれたりし  話を長々し  馬はし  尻込みをし  あと片付をし  云ひもせず、しもし  ため息をし  やうに小さく見えたりし  近くに聞えたりし  鼻穴を大きくし  源吉は、もうしばらくし  處分をし  後が時々呼びかはし  邪魔ものが出たとし  澤山だな、どうし  つて合圖をし  のを防いだりし  眼まひがし  ふんだり、蹴つたりし  自分でも分らなかつたが、どうし  身體をゆすつたりし  後から吹いたりし  うちに又消されたりし  まじなひをし  眞裸にし  ハキ氣がし  ん圓にし  芳どうし  家中を探がし  便所を探がし  うま屋を探がし  あとはいくら探がし  ヌルイことはし  燒打ちでもし  密漁をし  寒氣を起さし  消防をし  のどから血を出しながらし  間近かに聞えたりし  今度はしつかりし  想像をたくましうし  瞬間には馬鹿馬鹿しくなってあやうく吹き出そうとし  電波をし  のちに終ろうとし  通俗記事にもし  出版物にもし  声のみ多くし  理解をし  ことは忘れもし  構造をし  これはいったいどうし  操縦されはし  勢力不滅律はどうし  反比例せずし  一切一様にし  ものになりはし  考えを用いずし  事になりはし  極限を見極めずし  歴史がし  効果がありはし  病気になるとオロオロし  知らない男からラヴレターを投げこまれたりし  恋でもし  かんにんしておくれなどとさめざめと泣いたりし  お金もやったりし  オメカケにしようとし  縄張りにし  ン坊をし  子だったらありゃし  手を握られたりし  別にふりほどこうともし  接吻しようとし  人にもし  軽蔑はし  被害があったりし  気兼ねなどし  投弾せず引返し、またしばらくし  ポカンとし  破壊を愛しはし  米を何とかし  勝手にいろいろ何とかし  不潔さを厭いもし  そうだけれども、し  大概返事をし  浮気だけはなるべくし  室でやさしくし  物思いにふけっていたり、うとうとし  悔みはし  私はただニッコリし  束縛、そう思われて口惜しくなったりし  先廻りをし  ヘタヘタだらし  ショウバイをし  レッキとし  軽快にし  手筈をし  ノブ子さんがこうし  宝クジだの見向きもし  フイにし  問題にもし  崇拝されたりなんかし  サチ子さん、どうし  場合は、どうし  妖怪にし  奴隷にし  うちに眠くなり、うとうとし  たそがれ、暮れようとし  ありがとう、というけれども、そしてニッコリし  久須美にし  私はうっとりし  私を見つめていたりし  ようなひろびろとし  から損をし  赤鬼青鬼のゴチャゴチャし  のだったら、いったいどうし  私のニッコリし  私はニッコリし  死ぬにし  私はでは、どうし  ことは出来るにし  たか知れはし  どれから云はうかとし  話でもし  瞬時躊躇はし  奥さんは、ニッコリとし  仇打をし  肘をし  ほうとし  却て、かうし  一夜づまは、かうし  徳政が宣せられたりもし  饗宴、かうし  鹿島とし  助勢をし  露骨にし  めどとし  秋きりとし  者と考へられたりし  のだとし  聯想をし  からがし  伝承は疑はし  祝福をし  意であるが、かうし  発想法をし  呪詞神其ものとする、とし  どちらにし  後ののんびりとし  安易な、のうのうとし  その時まで、のんびりとし  青木のそうし  役回りをし  何も残りゃし  主人が、にこりともし  ようにひやりとし  弁解をし  不問にし  厳然とし  顔全体にみなぎらし  職業がなくてぶらぶらし  雄吉は、どうかし  勘定を払おうとし  零落はし  時間潰しをし  気持を悪くし  流れと、だらだらし  空気と、青々し  ことはないにし  ことであるにし  意識していないにし  満足しようとし  村を富ましたりし  割にし  遅々とし  屑よしとし  火のちらちらし  今ならどんなにでもし  頼みに行ったりし  雪江はいそいそし  ちょっと顔を紅くし  いくらおめかしをし  仕官をし  焦心りはし  断乎とし  耳にはし  瀟洒とし  荷買いをし  翻えし  斜めにし  居合腰をし  隙かし  含み笑いをし  悪ふざけをし  出入りをし  ように、怒鳴ったり喚いたりし  茅野雄は歩きながら思ったりし  行衛知れずになってしまったので、思い出しさえもし  字形をし  一つ溜息をし  眼を、急いで抑えようとし  荷作りをし  使いをし  崇拝をし  無心をし  奥様にし  受け取りはし  方へ行こうとし  京助はうべなおうとはし  京助は駆け出そうとし  黒味へかかろうとし  揉み手をし  どこかへやろうとし  是非によこせと云って取ろうとし  妙にひっそりとし  声が聞こえてきたりし  旦那が執念深く、奪い返そうとし  絶望をし  感付かないかし  取り引きをし  横領をし  落胆をし  放浪的生活をし  紅毛人などと親しくし  没落をし  風貌をし  払子を揮って追い出したりし  時には、そうし  直接刑部にぶつかったりし  掘り出し物がし  胸板など、堂々とし  返辞もし  幾廻りかし  手渡しをし  時風采堂々とし  背後にし  露路を出ようとし  慾を少なくし  私がお仕えし  助けはし  旅よそおいをし  不思議だな、どうし  膝に浸くまでに溜っていたりし  野宿をし  後戻りをし  説教でもし  草いきれがし  旅装いをし  笑い声がし  談義をし  大沼が湛えてあったりもし  殺伐で、ぐずぐずし  返辞をしようとはし  敵にし  逼って、引っ包んで討ち取ろうとし  長閑に話したり歌ったりし  人家や、小ぢんまりとし  ろうとさえし  刺繍をし  脂肪づいた丸々とし  地に敷こうとし  林へ入ったりし  見えもし  弦四郎みなごろしにし  人間放れのし  間から飛び出したりし  長をし  浮き浮きとし  怒声が突如とし  誘拐そうとし  ように、避けもせずに駆け抜けようとし  処置をし  茅野雄を殺すにし  予言をし  咎めもし  誘拐なされようとし  太刀打ちをし  邪魔立て致そうとし  茅野雄をし  晴ればれとし  太刀に敵しかねて、退いたりし  草花をむしり、ぬらぬらとし  凄惨とし  白光りをし  醍醐弦四郎はどうし  引き足もし  射殺そうとし  男達はどうし  馬を飼ったりし  光など通そうとはし  色をさえ見せようとし  仆れたり泣いたり叫んだりし  小枝はどうし  ものと叫んだり喚いたり、同じく転んだり起きたりし  接近をし  逆様に落ちようとし  曠野を転んだり起きたりし  留意をし  誘拐されようとし  慟哭をし  醍醐弦四郎とはどうし  トホンとし  油断をしようとはし  返事はし  小枝を奪おうとし  仆そうとはし  埋没させようとし  ように口走ったりし  支配から遁れようとし  駕籠屋どうし  道中をし  ヒューッとし  俺は一体どうし  背後から声がし  住居をし  丹生川平へ参ろうとし  弦四郎をし  病人が、お籠りをし  一所に、堂々とし  山師にし  対しようとはし  唯一にし  保護色にはし  拙者嫉妬をし  表面仲をよくし  真実仲よくし  から大袈裟にけしかけなどし  一本へ隠れようとし  闇にし  太刀音のし  眼付きをし  頭を下げたりし  千賀子とはどうし  態度はおどおどし  内陣へ入り込もうとし  花を折ろうとし  答えはし  返辞はし  撲殺しようとし  寂然とし  悪事などし  功にし  暗々とし  浪江殿、これからどうし  お前達みんなが取り合おうとし  手に渡ろうとし  目に逢おうとし  返辞さえしようとし  音とで、そうし  旅先を突き止めようとし  金に換えようとし  品を取り戻そうとし  行を共にし  勘右衛門にし  希望したりし  祈祷をし  耳には、聞こえようとはし  体をこわばらし  朗とし  殺戮しようとし  神体とし  丹生川平へ進んで行こうとし  小枝を奪い取ろうとし  連中はどうし  良心を眩まし  通りピンピンし  京助を殺そうとし  夫婦にし  苦笑をし  灯がキラキラし  谷村さんはホッとし  首筋を赤くし  笑いをし  遊びにいらつし  味噌なますなんぞ摘んでみたりし  何だかもじもじと去りがたくし  毎日呆やりし  谷村さんを訪ねてくれようとはし  谷村さんは悪びれもし  ふところへ入れようとし  あたし、どんなにし  貴方がそんなにし  台なしにし  ノートを新しくし  つていらつしやるだろうと、実はビクビクし  気持を、只少し明るくし  飾り結びにし  髪はし  下げ髪にし  お下げにし  文句を書かされたりし  こともあったりし  そのままピアノが鳴り出せば、ほっとし  しっとりとし  衝突もし  交錯して、まざまざとし  感覚はまざまざとし  こればかりは、どうし  云つたばかりで二度とは見向きもし  絶体にし  小説らしくちやんとし  何とも思ひはし  回れ右をし  事件が突如とし  のか解りもし  露にし  図耳にし  しかお話をし  説明だけにし  余り涙を滾し  空前にし  なかではうんざりし  面白い接戦をし  物語であるかどうか解りもし  中沢氏にかうし  冒険小説を書いたりし  一見貴公子然とし  海を、あはや殴らうとし  落書がし  床下があつたりし  うまいもまづいもありはし  終りはし  何かしら怒鳴つたり喚いたりし  あたりをうす暗くし  惡口をついたりし  地をかすませたりし  無駄書きをし  間佇んだりし  やうに、慌しく呼ばれたり呼ばれたりし  門口でふらふらし  藻掻いたりし  巫山け散したりし  態度をし  咥へながらわめき立てたりして歩いたりし  叫び返したりし  合つたりし  うつとりし  しづかに表はし  何しろ寒くてし  叫び聲などがし  方からし  ところがし  つて見たりし  眼色をし  瞼をすこしく赤くし  氣臆れがし  キイを押して見させたりし  やうにわくわくし  こはごは押して見たりし  經つにし  商賣をし  やうなおつとりし  下ぶくれし  泊つていらつし  ぱつとした馬道通りへ出ると、ややほつとし  角刈のざらざらし  音などがし  のを眺めたりし  三ツ四ツも暗いじめじめし  騷騷しくわめき立てたりし  きりつとし  買ひ賣りしさうな、てきぱきし  來はし  足止めをし  微笑をし  方で考へちがひをし  斷りし  言つて茶をいれたりし  氣もし出したりし  眉をし  下駄をさがしても、かうし  私はそのぽつたりし  寒寒とし  瞬間的にじろりと見たりし  さきまでが、し  蓋でもし  寢靜まつてしいんとし  わたし鍵をどうし  背中を寒くし  係はるととりかへし  座にかへると、かうし  なほ私をし  らはし  いつまでも眤とし  上眼をし  私に握らせようとし  室を見まはし  やうにお頼みし  誘拐でもし  羽子をついたりし  やうな長いぬらぬらし  だるい氣がし  不自由もし  呼吸のし  蕭蕭とし  言つて、にこりとし  室を見かへつたりし  眞似はし  私自身にし  すゑにし  てゐたし、また、しみじみし  中がし  合ひへし  輪飾りがし  言ひはし  餠なんぞ搗きはし  呆然とし  紙包みにし  聲がし  唏りなきがし  言つて眉をし  目を赤くし  目をあかくし  運が向かなければどうし  お前さんも然うしてぶらぶらし  曇つた顏をし  こゑがし  下にでも組みし  今夜はどうし  歌つたりし  やうに、すうひい、すうひいとし  なかにも、りんとし  鬼にならうとは、かうし  ちよいとおよりし  ゆつたりとし  氣でし  自分でも考へるとぞつとし  ときは、もうおはづかし  ツからし  やうなおどおどし  立てをし  毎日、かうし  默つてお針をし  縫ひ上げたりし  此樣なしみじみし  僕にし  内部にあつていつも燃えようとし  やうに、し  垢ぬけし  のを見たりし  女はがつくりし  やうな澄んだ、おつとりし  とりかへし  言つて番地ををし  ふしぎにかうし  縫ひものをし  厭味のない、すらすらし  殊に私をあかるくし  お仕事していらつし  おところをお伺ひし  胴を拭いたりし  頬にあてたりなんかし  づうづうしいと思ひ出すごとにぞつとし  いかがはし  あなたがかうし  心のそこで、どうにかし  かつとし  火箸をうごかしたりし  彼女のさうし  目を逃れさせたりし  肩さきをし  やうな、おどおどし  胸をし  一番相應しいし  光をもつて、心からし  からどうし  來たりし  二階を見上げたりし  氣がしてし  そこらに脱ぎすててあつたりし  ぶん汚なくし  顏がほつそりし  おしろいをし  答へながら、かうし  てゐたつてし  ぶん苦勞もし  當にしつかりし  私のほほにくっつけ、しばらくし  部屋のひっそりし  早死にし  卵酒があたためてあったりし  筋肉がひきつったりし  代わりに運んでくれたりし  実験測定をし  それはひっそりとし  選手をし  心をことさら冷たくし  抜け殻を見て悲しんだり嘆いたり恐れたりし  子供がきちんとし  茶巾しぼりにし  再婚しないですめば、し  そうだったら、し  性質のものであるにし  ため裸にし  収容所では、し  きりで、どうし  幸福にしてやれるか、しっかりとし  診察もし  力をもってし  父にはなれない、およびもし  骨をどうし  けがをし  常識とし  失業苦をまぬかれようとし  孤児を悪くし  罪なくし  身寄りが引き取るなりし  感を深くし  工作をし  逃亡をあえてし  孤児をし  ごまかしたり、つくろったりし  他人からし  神にお委せし  ひとつ大あくびをし  私どもからお任せし  水におぼれようとし  いかにし  神に愛されるにはどうし  お方にし  人間になにもかも与えたくて、もじもじし  しかしながら、どうかし  われ失せたりし  パンツはどうし  指をうらやんだり、ねたんだりし  神のみ栄えをあらわすにはどうし  料理屋に上ったりし  大人でぶらぶらし  化け物みたいにゆらりゆらりし  さびたりし  遊戯をし  洗濯ばかりし  説教したりなどし  者に向かってし  すべてそのまま神に向かってし  模倣をしようとし  跡をし  行儀よくし  小枝を切ったりなどし  手にかかっては、こぢんまりし  力が生まれてきはし  ララ物資にし  孤児仲間がしっかりし  もう一度戦争をし  ボタンをはめたり、はずしたりし  世から忘れられようとし  お父さんはこんなに、はらはらし  花見なんかし  窓から花見などし  ブレーキが利かなくなったら、いったいどうし  どこまでも従って行こうとし  中には、働かずし  ぬれもし  ペトロをひと飲みにし  沈みはし  取り越し苦労をし  まるで世界一周をし  にこにことし  あとはひっそりとし  祈りをし  誠一はどきんとし  カヤノはびくっとし  悔いはし  けがでもし  片付けをしたりし  可愛いから、ああし  焼けはし  模写をし  つばめがとんでよく止まったりし  なかったことが、なんとし  通り一ぺんにし  私はそぞろ悲しくなったが、また一方ほっとし  想像をし  気を起こしはし  おろそかにしはし  薪割りをし  誠一がにやにやし  こんこん咳をし  手当てをし  子のもっていたしっかりし  死に際だけは美しくし  感謝をし  手本にし  生活をしようとし  菜ッ葉を踏んづけて食べられなくし  しまうから、こんなにし  ものを正しく見ようとし  科学実験をし  方を選びはし  発明発見をし  炊事をし  世界にし  失敗をし  死ぬべくし  いっしょに苦しんで、さてどうし  苦しみを軽くし  患者が死にかけて、はらはらし  医者もはらはらし  ことは何もかも忘れて、どうし  指折り数えるほどし  何回でも柔らかくし  靴底みたいに固くし  実現するか、し  どこでどんなにし  発明をし  里にし  五日もし  どんどん仕事をし  葉を大きくし  昨日落成祝をし  子供たちがし  ままごとをし  草むしりしたりし  木目のくっきりし  ように出されたりし  仕事でひどく気づかれし  市場へ買ものにまわろうとし  米俵が運ばれて来たりし  意識がはっきりし  やうに遠ざかって行ったりし  角を曲らうとし  廊下を行きつもどりつし  声を聞かうとし  問ひかへし  葉は少しもゆるがせにし  布を取らうとし  魔睡し  今何をし  周囲を見まはし  やうにはっきりとし  彼女は気づかはし  すゑて、し  足音を聞かうとし  今病気をし  もう少し枕をたかくし  枕を高くし  二人はなつかしい話しをし  稽古しなければならないとは、どうし  そばに立たせられた、そして又、はてし  日光浴をし  大阪へ行ったら、おどりを、と、たのしみにし  尻ッ尾が、ピチッピチッと動いたりし  気のし  構ひはし  時は又かうし  云ひ出して見たりし  身體をし  傍創作をし  代り隨分難儀もし  往來をし  夜伽をし  經驗をし  作もし  戀もし  畠にし  お手玉をしたりし  讀者を燻さうとし  意味を通じなくし  譜を借し  斯樣にし  晩くまで本讀みをし  ように黙りこんで、広々とし  指図をし  職工が、何とか何とかし  閑とし  カルピスももうありゃあし  裂けめから水が湧き出し  師匠をし  巻にし  方便とし  朝夕とも棲みし  頭だと観破し  巣もはらずにひっそりし  無理心中をし  表沙汰にし  者いじめをし  仕事がし  枕を高うし  つて泊らし  一万九千六百なにがし  只にし  お話しがし  無名でも、突如とし  必要があるとし  増田健次は、ほつとし  毎週パーマネントをし  ちよつと、ギクリとし  脈もしつかりし  横向けにし  戸籍調べをしたにはし  それ以上にし  選をし  日を、どうかし  日本だけが、何とでもし  ものは無くなりはし  本筋とし  胴のしっかりし  テグスにし  子供、とし  平和を守ろうとし  衣にし  水にすぐもどったりし  剃刀を呑むと見て身ごもりをし  道場とし  夜討ちにし  心仕度をし  親のとどめてし  少年にし  間議論をし  コワヅクロイをし  非難をし  何事もし  足跡を見つけようとし  指南とし  布教をし  教とし  間じっとし  内外を見たりし  天井にもつかずし  数刻法談をし  着座をし  披講をし  臨終正念にし  回向をし  師とし  お迎えをし  不敏にし  文にし  扶持をし  相談にし  本尊にし  お尋ねをし  もう一度お話をお聴きし  触れをし  縁とし  導師とし  七日間説教をし  誓言をし  文応二年三月五日六十九歳にし  口を動かしたりし  時には必ず起きていてし  往生をし  両方になる、但しいかけし  いきとし  当時きとし  みんな落涙をし  教えを聴こうとし  心いつわらずし  心をきよくし  御前にし  戦をし  何れとし  強者顔をし  感得したりなどし  手紙で細々とさとされたりし  筒をかけなどし  一軸にし  十分の試験勉強をし  出家をし  上下にし  往生もし  心持さえもし  行水をし  行なくし  仕方がないから長命をし  ことをお聴きし  長生きをし  念仏をつとむべし  さかんにし  運動を試みようとし  事繁くし  御返事をし  業とし  家業をし  ことでございますが、どうし  漁師をし  身命を顧みずし  お願いして見ようとしたけれど、こうし  四月五日臨終正念にし  跡を追おうとし  二月二十八日事につみし  左様にし  頭北面西にし  奇瑞を見たりし  時遺言をし  行をもってし  論破しようとし  明遍僧都に見せようとし  趣をつゆつゆ心得ずし  皆それぞれ栄耀をし  流罪にし  勅許があるにし  改葬をし  心任せにし  囲いをし  冬臨終正念にし  文をつくり著わし  人に語ったりなどし  お通夜をし  種子にし  二十一歳にし  念をさとりなどし  智者のふるまいをせずし  末代にひろむべし  隆んにし  勧進奉加をし  事とし  執筆とし  詩人にし  怪奇小説やで描き出そうとし  中学生に向ってさえビクビクし  俺は、ワクワクし  テニスコートにでもし  人騒がせをし  村長を務めたりし  人気にしようなどとし  手助けをしようとし  骨を折らし  昨夜は遅うござんし  痣でもありはし  顔を出したり消えたりし  裏通りのごたごたし  走書きがし  追跡を免れて、ホッとし  形相をし  私はぞっとし  法律に触れないでどうし  通りで、恐し  手をつけようとし  暴力にまで訴えようとし  夜、恐し  鍵を渡し、恐し  流石にぎょっとし  沢を見つめて居ましたが、どうし  ように見せかけて置いたのでし  ことですが、何とかし  からはらはらし  改心させようとし  冒険をし  ビクともし  大事に至らずし  様子で、一度拾おうとし  子供を抱えようとし  裏口から入ろうとし  前に見廻りをし  薪にし  夜警をし  金を持って、決して買いはし  好い加減にし  宝石を掴もうとし  叫声がし  鉢合せをし  曲者はどうし  覆面をし  負傷でもし  買物等をし  打合せをし  放火でもし  調査をし  話しし  中毒で苦しみ出してとうとう死んだとし  ものか、別段止めようともし  青木さんにかけようとし  青年記者松本はきっぱりし  ときにお聞きし  私にみせて呉れたりし  品物はどうし  何処かに隠しているとし  心覚えにし  矢印をし  宝石を探そうとし  宝石は如何し  からまれたりし  立小便をし  趣をことにし  うちに生かそうとし  汲々とし  そこから解放されようとし  任とし  武士をし  学者をし  盗をし  有けるが、盗みし  死人を持つに極めて重くし  川原まで否行着かずし  小屋住まいをし  子孫にし  所雑色をし  意匠とを闘わし  灯心をし  能とし  口を利きはし  本人の、はっきりし  番をいたし、どうし  書見をし  彼を愛せし  軽蔑をし  悲哀にし  他日もし  月光をし  もの、往々にし  粗雑とし  日暖かにし  少女の群れゆきつ返りつし  時は忽然とし  枝にし  奥に座して、ちょこなんとし  寢たりし  恢復はし  鳳來山登りをやめにし  寄せ書きをし  其儘立ち寄らうとし  參りし  所であつたが、居ながらにし  眺めを深くもし大きくもし  全身眞紅色をし  寢ようとし  もっさりとし  色香妙にし  のんびりとし  道具だてはし  上被にし  上にし  葉ごし  顱合せをし  声を掛けようとし  気をつけはし  二つでも取らし  余所の歴きとし  怪我をなさりはし  おともし  片手づきし  下を伸して、にやりとし  若いぱっちりとし  半びらきにし  鉄砲で撃たれはし  癖にし  頼みですのに、どうぞし  先へし  竹藪だけにし  人間を以てし  から、かうし  葉を枯らしたり蘇らしたりし  語根とし  ひまをし  心かおはし  蝦夷がし  其と定めたりし  同にし  悪心を以て射たりし  平心を以て射たりし  不利に陥らし  上に置かし  所があるとし  千年保伎保吉とよもし  つたのだとし  根にし  信頼とを認め得るとし  途中無理をし  炊事役をし  熱燗をし  靜寂をふるはし  自分はちよつとし  戸締りはし  息を詰らし  頭腦に浮んだり消えたりし  たちはどうし  懷かしく思ひ出されたりし  齒ぎしりでもし  のがなかつたとし  昏迷状態からし  思つてゐたが、どうかし  見合はし  のかし  自分は又し  非常にうはこと、うめきをし  たよりをし  歸れあし  足尾から山越えし  さに見惚れたりし  土砂を崩したりし  地金とし  暗闇に脅かされでもし  物を考へたり書いたりし  見舞ひたい一心を以てし  んでは、どうし  二欺きし  無名にし  鋭利にし  大寺にし  小杉先生をお訪ねし  これを疑おうともし  舞文を以てし  書き方をし  再建論が、しかも期せずし  鵜呑みにし  是非あなたが何とかし  発表をあえてし  上り、し  昂奮を以てし  余輩をし  用語野卑にし  論破せんとし  能事終れりとし  今日にし  趣きを異にし  当時往々にし  ものであるとし  激越にし  不備にし  急にし  論法をもあえてし  箇条書にし  むるを得ずし  本尊とし  点からし  これを低くし  理解しえずし  理由を解せずし  常識を以てし  真価を解せずし  ひまはし  から何をし  釣ばかりし  柿の木はどうし  冠せずし  博識とを以てし  半身不随にし  村民はひとまずほっとし  簀の子編みにし  地主連にし  さを取りかえし  進行をし  百姓でもし  かえる決意をし  催促などし  数年ならずし  役こそし  金庫をあらためようとし  考え方をし  水はきをよくし  しらえをし  これはし  変ににやにやし  気がねをし  話し方をし  ものを見つけようとし  声を低くし  目なかひの、まだ枯れ枯れとし  こむら返りして痛く、またうっとりし  子守をし  手だすけをし  香典返えし  店を張ったりし  筍をさかさにし  器が破けてはっとし  爺がきょとんとし  茶断ちをし  しょっちゅう料理場でうろうろし  これ取ってくれと一寸し  聟にし  立ちん坊をし  後押しをし  継子扱いにはし  真似もし  行水をしているとやはりそわそわし  帳場などし  美津子はし  いややし  眼をこすりもし  間にも、し  これだけは云わし  問い方をし  看護婦をし  風呂へ抱いて行ったりし  中をうろうろし  嫌やし  想いがし  匂がプンプンし  手紙くれるなりし  手伝いをしたりし  匂いがプンプンし  心を決めると、ほっとし  ようにぐにゃぐにゃし  博打をし  はじめてほのぼのとし  肩入れはし  ようなそわそわし  想いにひやっとし  損やし  積立貯金にし  揉手をし  涙を流し、きっとし  客引きをし  すべもなくぽかんとし  鞄をとり、ひっそりし  間だけだがと追い廻しに使われ、かえってほっとし  顔を一目見たかっただけやと呟き呟きし  康太郎がし  じゃまそうにし  さらいをし  何か、し  長年じゃまにし  ようにつるつるし  鬼がし  手つきをし  毛をすりおとさうとし  クシヤミをし  ごぼう君、どうし  ジュウヴェにし  教務主任をし  混つて講義を聴きなどし  一青年俳優、し  一人とし  映写時間にし  右を高くし  理想的なかたちをし  かたちをし  こぶしにし  もみくちゃにし  もみをし  海の底から飛び立とうとし  字に折ってじっとし  なんの変わりばえもし  女性を囲ったりし  優勝をし  アルバイトをし  厚みを薄くし  三十分ほどし  燦然とし  様相を異にし  話ばかりし  身動きがし  中央にし  左右中央にし  波乗りをし  電話をし  怪我はし  目にもはっきりし  出動依頼がし  秘密裡にきちんとし  目を閉じてじっとし  挑戦しようとし  波を撮れなくし  情報に終始し  微動だにし  ひたかくしにし  目のあたりにし  向こうへ沈もうとし  背景に、くっきりとし  きりもみし  パフォーマンスをし  方向を変えられたりし  ものをお見せし  エフェクトでやろうとし  丈を低くし  上限で切りかえし  体重を乗せてこうし  明かりは見えなくなり、しばらくし  静かで堂々とし  一枚、作ろうとし  成功させようとし  うえもなくゆったりし  僕をあんなに怖がらせたりはし  星を数えようとし  ローテーションをし  出来事にし  攻撃目標になろうとし  拠点にし  落としにし  パドリングをし  腰を低くし  デイヴィスは、生きながらにし  庭にたたずんだり、すわったりし  つっかい棒をしたりし  反対にし  木材のへし  姿勢を低くし  三人をひき離そうとし  覚悟だけはし  ますます濃くし  願いごとはし  そこから爆発をし  みんな、どうし  花火見物でもし  ように、のんびりし  ジープに乗ろうとし  まきにし  没しようとし  体験をし  海水を、いかにし  いっさい不明になり、そのぼやっとし  浮き彫りにし  着替えをし  攻撃を鋭くし  ステートメントにし  昔を感じさせるずんぐりし  粒子荒れし  極端に小さくし  毎日、そうし  作業をし  腰だけ降ろして硬くし  体は、ゆったりし  建設作業をし  水平線に戻そうとし  線を楽しもうとし  転々とし  孫たちには安くし  話もし  なにをやろうとし  主眼とし  北海岸へ帰ろうとし  照明を消して暗くし  ワイプアウトをし  きりきり舞いをし  武器にし  アランが、ゆったりし  基地にし  とりこにし  月もし  土をむきだしにし  オープンにし  のを見ながら、し  貨物列車に追い越されようとし  位置を低くし  フィルムを巻きなおし、暗くし  あいだそうし  手助けもし  きりもみをし  真珠貝色をし  シルエットにし  僕はし  ために出来るだけ読みやすくし  片仮名にし  平仮名にし  すべてがゆったりとし  病床から硝子戸ごし  山蟻が、駆けだしたり立ち止ったりし  久江は振り向きもし  あすこに曝さし  見舞いにいらし  木が青々とし  避難所とし  久江はうとうとし  蝙蝠を捕えようとし  三十歳になろうとし  空地にし  造作には、なんとし  平らにし  頭はじっとし  彼等がし  いたずら書きをし  声を聞き取ろうとし  枝葉を茂らし  それをどうにかし  瞼をつぶったりし  雲かを吸ったり吐いたりし  みちにたてたりし  人から聞いたり考えたりし  おしまいぽかぽか撲りあったりし  赭黒いごりごりし  なめとこ山からし  淵ののろのろし  からだをぶるぶるっとし  膝をかかえて座ったりし  たてにし  中にぴんぴんし  栗があったし  おじぎさえし  ころはもううれしくてわくわくし  猪口についだりし  なかを円くし  銃を構えて打つばかりにし  もんだけれども少しし  しろから鉄砲を射ったり決してし  から小十郎はどきっとし  まっ青なつるつるし  ふじつきをし  ようにのぞいたりし  橙にちらちらし  ように冴え冴えし  羽織袴でただうろうろし  糸屋をし  祭神のはっきりし  再建を見ずし  勝手に啼かし  気疲れがし  昼間にし  心持はし  藪にし  夜露に冷えてどうかし  出来事がありはし  縄張りをし  近所を掘り返してみると、ようやくにし  香などでさしたりし  ホドホドにし  癖がついてゐるかし  紺青にし  緑にし  爛漫にし  縹渺とし  あてにならないにし  揶揄するほどぴんとし  それを撮まうとし  踵をかへし  芍薬作りなどし  紅色にし  ヒンとし  建長寺とにお詣りし  一歩、かうし  燃え出してはゐないかしらと、見廻したりし  コブクロ坂を越え、ややし  答へを繰返しなどし  齒がみをし  毒試をし  來て見て、あゝし  業半ばにし  茶屋に憩うたりし  氣がして引き返さうとし  逢ひはし  流浪生活をし  連れかへし  頼朝は、どうし  つて欠伸をし  あなたにも、ああし  謙虚にし  音にし  芸術にし  月は、キラキラとし  戸鎖りをし  介抱をし  迎へし  突合はし  肺病に罹りゐし  機嫌を直すにし  少女をし  こむら返りして痛く、またうっとりとし  香奠返えし  器が破けてハッとし  ッとし  冷やっとし  町までは何とかし  ちょっと油断をし  模倣してみたりし  お前のやろうとし  長話しをし  復讐はいさぎよしとし  いつまでぐずぐずし  文麻呂ぎょっとし  二人共さっぱりし  咎め立てはし  人二人ありとし  気が少々はし  ことが、どうかし  窃かに嬉しいとし  あげたい気がし  新劇としてし  三枚目にをし  却て、剰つたり、崩れたり、馴れすぎたりし  竹取より美しくし  偕にし  跡より出かけし  參詣もし  境内壯大にし  大派本願寺に借し  紀行なり、疎懶にし  ように長い細々とし  正月をし  病院へ通ったりし  正夫君はどうし  歩きに行ったりし  田舎女郎がちらちらし  ブランクにし  痛切に感じて読んだり考えたりし  心理を日に日に深くし  私のし  神もし  いかがし  奔走もし  目睹しつつ、いかにし  肺重くし  交渉をし  それにもかかわらずのんびりとし  食事を共にし  手元に置かし  材料を失いはし  なかにいかにし  不義理にし  運びにし  病気ばかりし  心を強くし  想像したりし  読書したりし  力なくし  書物など送ってやったりし  期待するいきいきし  いろいろなごたごたし  もっと心を強くし  出発しようとし  近頃になくしみじみし  まり大切にもし  交わりをし  結婚させようとし  気を悪しくし  失望なさりはし  ヨハネをし  もっとしっかりし  交わりなくし  虚栄心を亡ぼしもし  隠遁はし  生を守りますならば、そうたやすく倒れはし  学生ばなれし  心なくし  純粋にし  絶対化しようとし  エルレーベンして、そしていかにし  ことで間違わないにし  人を愛そうとし  心を鈍くし  神の子にし  道であるにし  たか、し  恋といわれはし  幾日いらっし  散歩したりし  插したりし  かなしみについて、互いに訴えたり、はげんだりし  心づかいなどもし  間友なくし  相当しているとは思われませんけれどでもそうし  ように思われたりし  享けたものは何とかし  書物にし  生活とを共にし  詫びをし  訪問などし  出来事が起こりはし  たいこと、し  自由にし  小説ができあがったら、読まし  妹がお訪ねし  失望してくれはし  謙さんはどうし  一昨年以来続けざまに立てては崩れ崩れし  ことになりますが、し  からばいかにし  熱心が足りないでどうし  なにものをもむげに斥けはし  菜食をし  責めはし  顔ばかりし  これまでにし  そば粉をこねたりし  焚火をしたりし  手を赤くし  それがまたどうし  習慣にし  彼女を苦しめはし  絹さんはどうし  どんよりし  ようにぶらぶらし  心地ばかりし  後ろにし  軸物にし  切髪にし  つれがし  ようにお見受けし  世話などし  通知をし  とこへもいらし  昨夏をああし  睦じい暮らし方をし  今度京都にいらし  手伝いなどし  研めたりし  考証の深くし  便りをし  庄原から凶報が来はし  まりいきいきとし  内にいかにし  断念しようとすればなかなかできはし  私たちを軽くし  頃何だか力抜けがし  歩みをし  二十日ほどいらし  母はうろうろし  礼譲から、し  持続しはし  動機とし  私たちにもし  実行をし  表現をし  表現を大きくし  仕事もできはし  睦びと、ゆったりし  父なくし  親のし  気がしじゅうし  散歩とをし  暮らし方をし  四綴しか来ません、どうし  誇りにしているほどなのにもしも亡くなったらどうし  いつか悪いことをし  私の子にし  残念さも漏し  動物を飼ったりし  散歩もできなくなりはし  おのれをむなしくし  生活をしだいに深くし  間借りをし  人に、なぐさめとなるには、いかにし  遊んだ花合わせなどをし  眼目にし  花合わせでもし  家持ちをし  あなたはしっかりし  庄原にいらし  遊戯などもし  あなたの細々とし  気がしきりにし  花合わせなどし  私にもそうし  裁縫などし  節倹をし  限り仕事をし  別れを告げようとし  仕事はいきいきとし  仕事は多くし  安静にし  今どうし  興奮してそわそわし  不安に感じて、うろうろし  長生きがし  今どうしてもしみじみとし  ように、いきいきし  心忙わしくくらし  から、せっかくわざわざ来て頂いて落ち付いて話せなかったりし  二十日以後にいらっし  京都からわざわざいらっし  土曜日にでも時々いらっし  自分を富まし  私とぴったりし  遊びにいらっし  その後けっして減ぜられずし  目安にし  書き替えるかし  旅行がし  二十日にいらっし  なかったドラマチストになろうとし  精力をもってし  関係を持っていたにし  穿鑿だてをし  気を悪くしたりし  それからあなたに一つお断わりし  心にかけて訪ねようとし  蓄音機を聞いたりし  前有島さんたちといらっし  非常に親しいいきいきし  ことを思い出したりし  あなたとしみじみし  ようにひろい、そして悠々とし  豊かに、そして悠々とし  まり静かにし  兄さん、どうし  沖で、どうし  航海長は、決してあやまちをし  檣が、どうし  いつここへいらし  壁には、どうし  一彦とがうろうろし  まわりをうろうろし  仕掛がし  馬車をやとったりし  ここはたいへんきちんとし  身がまえをし  前でうろうろし  ようにはっとし  檻から這出し  下を這出し  外にぬけようとし  むりにも下に下そうとし  これをくだこうとし  一彦君、しっかりし  外には、どうし  事件ですから、どうかし  方はどうし  挙手の敬礼をし  帽子にし  ぱんぱんと怪塔王をねらいうちし  五度とあがったりさがったりし  空中旅行をし  流線型にし  早がわりをし  怪塔王征伐をし  不思議でならないほどの恐し  征伐するにし  ように曲ったり溶けたりし  げをぴくりと動かしたりし  大分苦心をし  じまんをし  無電は、なにかはっきりし  おりをし  貧弱なそしてふらふらし  のですけれども、どうし  蒲団をまくったりし  きょうはどうし  ことに、見向きもし  灯がしきりについたりきえたりし  怪塔王はみむきもし  ちゃんとさしずをし  蓋をがたがたしめようとし  目くばせし  みなものにし  こっちへとびし  あたりはとっぷり暮れようとし  たか、けろりとし  波間からとび出し  小屋へつれて行くやらし  びっくりし、にげ出そうとし  お爺さんにし  符号にし  達しはし  図をし  高度を低くし  目をぱちぱちし  帆村君はどうし  言葉で伝えさせようとし  怪塔ロケットがし  やすんだりし  鳴りかたをし  あいかわらずしんかんとし  塩田大尉はと見ますと、どうし  大尉、どうし  ますます顔を赤くし  目くばせをし  退却をし  胸をわくわくし  ふうにも考えられはし  仕掛をし  いまなにをし  怪塔をとられたりし  海の底にじっとし  ことをきかなかったりし  あとしばらくし  約束なんかし  マスクにし  仕掛などを、できるだけ壊したり外したりし  身もだえをし  もの音がし  一秒もぐずぐずし  みな頭がどうかし  昼間から夢をみたりし  黒人はかけごえし  ぼん、し  だんだん姿を見うし  一度もありゃし  いをし  操縦ぶりを見せて、ともすれば見おとし  旋回をし  ものもなくなってひろびろとし  音をとめようとし  試みでもし  追撃をし  舌うちをし  貴様にし  望遠鏡から目をはなそうともし  熔かし  一番大事にし  当分じっとし  ため、まだし  青江、しばらくじっとし  窓から指さしし  両脚ではさんでやろうとし  全開にし  見えはし  着陸をし  家さがしをし  あれほどそわそわし  中がすうっとし  空部屋にし  床をなめんばかりにし  型にし  一彦にし  身ぶるいをし  飛行機をうちおとされたりし  拳をかためたりし  その後どうし  小浜兵曹長は、どうし  家でもありはし  向こうは、たぶんひろびろとし  ちゃんと地ならしをし  飛行隊はどうし  背負投をし  敵方は、いよいよもじもじし  俘虜にし  博士を殺したと見せかけて、それでどうし  連合艦隊をもってし  床は固く、そしてじめじめし  時、どうし  何一つとてなく、全くつるつるし  俺がどうし  怪塔王もさすがにぎょっとし  ぎいぎいと音がし  壁はぬらぬらし  彼は一体どうし  落しものでもし  怪塔王を生けどりにし  下からはねのけようとし  額から頬にかけて、ねっとりし  銃声がし  お先まわりをし  帆村探偵は、どうし  安心しきっていましたが、どうし  生捕にし  風に、おとなしくし  何がどうし  モーターが焼けたりし  つけかえることにし  これ以上ぐずぐずし  黒人は、おどおどし  怪塔王は、じりじりし  磁力砲がどうし  ほか、どうし  モーターを焼切ったりなどし  歯ぎしりをし  額ごし  命令にし  怪塔王は、赤くなったり青くなったりし  小浜兵曹長も、おどろいたり、またよろこんだりし  その後を追おうとし  ことはありゃし  びっくりして、またばさばさばさと羽ばたきをし  そこを何とかし  渦をまいて行ったり来たりし  断崖につかまってぐずぐずし  博士は次にどんな怪しいふるまいをし  ピストルでもさぐろうとし  ときの、あのへどもどし  探偵が、ぎくりとし  いま音のし  帆村探偵は、しばらくし  殺人光線灯をかけられようとし  小浜兵曹長はどうし  あれはどうし  素顔でないとし  怪塔王だとし  岩窟を出て、なにかまた悪いたくらみをしようとし  いままでに見たり聞いたりし  鬼ごっこをし  われ勝にと、大さわぎをし  無電室へのぼっていこうとし  耳をきこえなくし  あたりはもうもうとし  しかも、ぐずぐずし  信号をし  博士はどうし  小浜さん、これから、どうし  伏せをし  姿をみると、もうじっとし  気をつけをし  筒を、しきりに引抜こうとし  皆さん、ぐずぐずし  右をし  体を小さくし  向こうへ逃げようとし  いまそこをとおりすぎようとし  怪塔王になったりし  白骨島におわかれをし  一つ書くことにし  日なたぼっこをし  談判はし  ことが万一あったとし  ために馳せ参じたりし  本性を見破られたりし  展覧会へ持ち出したりし  頸巻きをし  小品展覧会でもし  大将キリキリ舞いをし  商売はし  人力車一台ようやくにし  ミューゼなどにし  写生旅行をし  海水着を着けてみたり外してみたりし  ここを立ち去るとし  場所を探し当てに出てみるとし  笑いもし  影響もし  つもりをし  距離がはっきりし  肌ざわりを要求したりなどし  展覧会が開かれたとし  モナリザと化けてしまったとし  間近に現れたとし  ベッドなどはさっぱりし  演説でもし  ダンスしたりし  それがまた立って舞いかけたりなどし  感じがはっきりとし  人物画なども集めて見たりし  応用されたりなどし  絵があったとし  絵具がのびなかったり、乾きにくかったり、乾き過ぎたりし  風景画を作ろうとし  林檎を描くとし  サラサラとし  糊付けにし  考えを持って、やらなくてはいけません、どうかし  ましくいって造らせたりし  まりハキハキし  夢の散歩でもし  工夫でもし  飲食をし  以上は湧き出し  場合芸者はさっぱりとし  男があったとし  発散したりし  毛嫌をよくし  皆巴里へ集っていたりなどし  からジメジメとし  作品は何とかし  手真似までし  表装仕立てなどし  店さきで、ゆったりし  辛抱をし  大久保君も、そののっそりとし  事でへこたれるな、しっかりし  昼めしなど思い出しもし  ジメジメとし  密輸入を企てようとし  からやめにし  恋をしたとし  謙譲にし  不潔にし  用件を聞き洩し  皆忘れてしまったりし  ゴチャゴチャとし  草原を探って見たりし  生物がうようよし  本などはイライラし  苦労を忘れようとし  名前すら、はっきりし  無職ですと答えたりし  自分でもはっきりし  芸者ははちはちをし  鬱晴らしとし  一浴びし  腰巻をし  形相はし  裏を見るが、どうも黒く汚れていたりし  私はよく見る、じっとし  股摺れがし  似顔を描いてみたりし  四年うろうろし  風景写生がし  蜘蛛の巣を払ったりし  化け方はし  婆さん自身はどうし  写生などやめにし  供と思ってし  絹布団はどうし  愉快にし  一直線となって重なり合ったとし  夜中ででもあったとし  ポケットから飛び出したとし  迷惑をかけてみたりし  天地を仰いでみると、ほっとし  芝居でもし  自慢をし  掃除に来たりし  準備などはし  片脇へ寄せようともしなければ、早く入らせようともし  敬禮をし  時には、どうし  思ひ出したりもし  私は、どうし  先頭にし  ひとりで空うそぶいたりし  口をぱくぱくし  何をぐずぐずし  いびきまでし  全体何をぐずぐずし  平らにしようとし  怒り出しもし  組みうとうとうとうとし  十万何千年前とかがどうし  まさか忘れはし  あぶり顔中口にし  中を高くし  押えさえもし  はじめてはっきりし  前にも居るし  みな僕をし  砂利をねめまはし  辺を見まはし  プラヂョさん、し  背嚢をし  さへもし  頸をくるっとまはし  一つ小さなせきばらひをし  渾然とし  材料がしっかりし  掛け物にし  盛る食器にし  三十円と金をかけてみたりし  喜びとし  悟りをし  芸妓面をし  木彫にし  水彩画にし  人が恋いし  枕をし  ひやひやとし  何もなりはし  私をこんなにし  話を聞いていると、ジリジリとし  身の上話をし  体つきをし  皆疲れているのでうっとりとし  亭主はどうし  誰もいない広々とし  ボサリとし  しゃっくりをし  人はどうし  鎖をそっと掴もうとし  娘と、よく広いつるつるし  かいで、じっとし  酒をつがし  病院とまちがえましたってじっとし  万引でもし  幾つもうようよし  一ツ裸踊りでもし  のれんを引っこめようともし  妙にビンビンし  匂いがムンムンし  ビタビタにし  横を曲ろうとし  ビールが呑みたきゃ、ほら呑まし  お父さん、どんなにし  酒をつかって、青々とし  生活はし  何だかごたごたし  寒い茫々とし  狂人だってキリキリ舞いをし  片隅でへこたれているより、こんなにさっぱりし  のを渋ったりし  車井戸のつるべを上げたりさげたりし  お酒でも楽しんでじっとし  このみのこじんまりし  お出でやし  東京にし  事口にし  ように細々とし  漠々とし  お産をし  胴抜きのし  もうけ話ばかりし  フクフクとし  一人立ちし  お変りをし  落葉がし  淫売でもし  一人稽古をし  慰さめてくれたりし  ように羽ばたかし  フカフカとし  男のいそいそとし  大工をし  朝の青々とし  のにはうんざりし  いつになったら、あのこじんまりし  ヒヤヒヤとし  髪を洗うと、さっぱりし  置手紙をし  私に甘えてこようとし  男でもうこりごりし  私をたまらなくし  茫々とし  たらいをくれて一寸ドキッとし  たけのこ飯にし  緑を恋いし  路を行ったり来たりし  頃を思い出して、高々とし  話をよくし  道が開けはし  方へでもいらっし  かえる気もし  貯金でもし  氷屋をし  面白い仕事が転がってやし  大切にしまったりし  お婆さんはニコニコし  仕事ありまへんやろかな、でもな、あんまりぶらぶらし  耳を熱くし  風呂明日にし  コックリをし  銀杏返えし  時坊は少しどうかし  洗いものをし  胃袋をさいどし  めをし  親友にし  転々持って歩いていたが、どうし  ふところ手をし  たい子さんもどうし  宿をし  駄目だと思ったらケロリとし  方は焼けてやし  一枚持って、モウモウとし  体臭がムンムンし  五十銭借し  ようにわくわくし  匂いがぷんぷんし  酒屋をし  果物を食べたりし  から、いらっし  私はキャッとし  蒼茫とし  風呂をわかしてくれたりし  ヒワヒワとし  颯々とし  あとからあとから、よくもこんなチカチカし  うきよとはよくも云い当てし  肩まで長くし  真二ツにし  伏兵線にし  義理立てし  松田さんが、折角借し  間にはさもうとし  肩掛もし  金を借し  葱を刻ませようとし  御飯を食べていらっし  これで一寸ひとやすみし  昼間場所割りをし  今晩から夜店をし  晴れ晴れとし  娘さん達がし  桜に生きとし  此八方塞りはどうし  八百屋が借し  人はないかと思ったりし  薬屋をし  一週間程し  当分信じられはし  弁当にし  船が、キリキリし  リンリとし  云いしよりやんし  事務員をしたりし  沈黙ってし  何も考えてやし  下駄屋をし  苦労させやんし  田が青々し  ようにからまって、しおしおとし  向うにポツンとし  シンケイが細々とし  赤ん坊にハラハラし  風呂敷包みをさげて歩いていると、ザラザラし  何でもありゃし  こねこねし  だってありはし  寥々とし  ドタドタ出はいりし  急にニコニコし  死ぬ話でもし  芝居よりもうまうまとし  スイスイとし  息苦るし  ハツラツとし  満々とし  人形にし  髪の毛でもありはし  役者がピッタリし  食い物にし  鼻をかみかみ出ていらっし  ようにキラキラし  有島さんが持っていらっし  断りもし  狂体を演じようとし  鰯雲がむくむくし  スケート遊びをし  飯だって関いはしないのに、荒れてザラザラし  ように紅くし  かわりにし  輪切りにし  何でもありはし  いつでも借し  お金だけが借し  髪をくしゃくしゃにし  今日は、どんなにし  四五日すれば何とかし  玉葱にし  フタもないザラザラし  玉葱とし  声にし  声にでもし  盲判押捺器を据え付けていはし  あっちこっちで見たり聴いたりし  基調とし  影響を与えはし  一つでもありはし  話までし  記者の見たり聴いたりし  辞職からし  立ち廻りだとし  バカシックラをし  ドンドン改革をし  ぜいたくをし  事実を見たり聞いたりし  裡面はハッキリとし  においがし  ドシドシつまみ喰いをし  部下に作らし  そこから湧き出し  趣味が古くし  倹約をし  当局はビクビクし  全滅さし  都会カブレをし  垢抜けがし  中でツンとし  反対もし  冷固まらし  震災後どうし  探検して見ると、どうし  ころもの色をながめたりし  味がし  奮発をし  本牧から洲崎あたりのピンピンし  恥辱とし  それは大抵飲んだり喰ったりし  特に江戸ッ子だけ調べてはないだろうし、調べてあるにし  商売を始めさせようとし  乞食長屋に入りまじったりし  反抗を企てようとし  同様に抱き合い、わめき合って、助かったり、死んだりし  同様にし  張りグズグズし  紙を貼ったりし  増長をし  首石にし  夢のように酔わし  一切馬鹿にし  弥が上にも向上さし  仲間外れにし  いつまでも何もし  見得にし  書くことにし  売り物にし  意味のものを染めたり、描いたりし  黒焦にし  暗示がありはし  日本には、しっかりし  証拠になりはし  日本式のゴチャゴチャし  ブチ壊すにし  家が、ゴチャゴチャし  チラリホラリとし  チャンポンにはめ込んだり、要りもし  板張りにし  怒りもし  長続きがし  自動車にし  のは、そうし  背中合わせにし  から噂だけにし  品物を並べたり動かしたりし  箱入りにし  誰も買おうとし  店で買ったり喰ったりし  価格を聴いたりし  何百年間大繁昌をし  フン詰まりになりはし  四十円にし  片側染めにし  から、こうし  窓かけにでもし  手土産にし  東京慣れし  そうなのでやめにし  東京カブレをし  商売振りをし  張り札をし  獣扱いにし  紹介をし  一月ばかりし  十四五日にし  宛名にし  直接努力をし  特徴とし  大方泥棒でもし  十割以上も飲み喰いし  これ位にし  大蔵大臣にし  満を引いたりし  体裁をし  平気で嘗めたり吸ったりし  人任せにし  失敬さし  家が焼けたり、たおれたりし  いるか、そうし  充実さし  丸焼きにし  棒にし  老人がウロウロし  子供がワイワイ云っていたりし  ところがいいかし  ようなフワフワし  見当にし  元締をし  皆キチンとし  襟巻きをし  襟巻でもし  何かにし  鳥打帽を買うにし  反映さし  月極めにし  一ヶ月ばかりし  問題になったりし  証拠には、そうし  仲介はし  異動を行ったりし  数字抜きにし  なかった生き生きとし  マシンがどうし  救いはし  切り札にし  笑いものにし  ゃあどうせいつでもいるんだから一まとめにし  期待もし  メニューにし  目的を果たそうとし  オレにし  顔クチャクチャにし  せいにし  ごっちゃにし  市場とし  けさ切りにし  進歩と言わずし  半裸にし  半分むき出しにし  調子に乗って攻め立てたりし  そのままタイトルにし  応援はし  テーマとし  もっと生き生きとし  彼を囲むこじんまりとし  皆さんならどうし  パーソナルコンピューターがどうし  無理矢理タイプライターでこなそうとし  基本とし  癖を覚えるなどし  根性をし  ことを許さなくし  一回り小さくし  部品にし  その後こいつがのし  文化を育てもし  技術屋には、おうおうにし  生まれからし  答えが出るかが、はっきりし  通信ソフトを動かすなどし  中で賢くし  妄想をたくましくし  ハイにし  任天堂がどうし  商品名にし  源氏名にし  四股名にし  ここでもまた繰り返されようとし  悪妻自慢がし  総なめにし  側からはじめて家電に切り込もうとし  初頭に訪れたあっけらかんとし  骨抜きにし  引き金とし  何かをし  点では同じであったにし  テーマにしようとし  核とし  原則とし  NTでやろうとし  チャンスを与えようとし  創始者にし  ことを言うばかりで、取り合おうとはし  私の作ろうとし  機軸とし  範疇分けし  前提とし  耳をかそうとはし  めどにし  誰かが賢くし  回りをし  志を深読みし  定価はどうし  ものは、大つかみにし  世話焼きを目指そうとはし  商品化しようとし  浮川夫人にし  正直なにをし  出口を固めようとし  軸にし  配置しようとし  ターゲットにし  クリップをはさむなどし  ボールドにし  親から借金までし  それからしばらくはおとなしくし  標準ビデオ規格とし  日本にも及ぼうとし  指摘しもし  直視しようとし  種にし  ACEにし  ちまちまとし  完全に葬ろうとし  マシンをはやらせようとし  連携しようとし  無駄使いをし  もっと伸び伸びとし  オレはけなすにしても褒めるにし  製品をおさめようとし  これに備えようとし  提携するとし  陣営を固めようとし  独創をふるおうとし  から、いかにし  我ものにし  大将とし  ふうに考えているからし  連中をこけにし  製造し得るとし  これをいかにし  ポーズくらいし  ライセンスしないとし  川守りをし  いつまでたっても死にゃあし  机をさらに狭くし  これまたぞっとし  拍車がかかろうとし  下敷きにし  もっと安くし  口にはし  口実とし  合従連衡するなどし  掌から踏み出しはし  延長上に生まれようとし  遺伝子が乗ろうとし  マイクロコンピューター上に築こうとし  ファックスするなりし  なし崩しにし  さらさらありゃし  成層圏まですっとばし  プラスとマイナスを差し引きし  表計算にし  時代が始まろうとし  心配でもし  肩から胸へ、じめじめとし  註文したりなどし  ようにひっそりし  切りまわしをし  役目もし  軽部はぎょろりとし  盗見し  ッ黒けになったりし  気持はし  妊娠しているにし  夢想だにし  からだをし  文のいひかはし  君はきょとんとし  三十分もし  日を繰ってみてひやっとし  慰めをし  体やおどおどし  世間話をし  眩暈がし  判読しようとし  高利貸をし  破戒僧面をし  海に毒づいたりし  釣をし  狸寝入し  小金を借りたりし  のはなんとし  者はうんざりし  声をきいてもぞっとし  何を訊こうとし  傍を通り過ぎようとし  紀代子にし  不良中学生にし  嗤って、振り向きもし  口実にし  紀代子はむっとし  子供離れし  毎晩針仕事をし  金を借りたりし  夕食をし  歩きはし  ぎこちなく黙々とし  文章にし  自ら進んでし  もっと激しく感じたとし  ようだとうっとりし  魅力を以てし  果物屋をし  代替りをし  夜逃げをし  店開きをし  気持でぽかんとし  向もし  応待はし  豹一はむっとし  日から猛勉強をし  立居振舞いもこそこそし  ほのぼのとし  あとで読むことにし  誰もそわそわし  自分が笑おうとし  思案をし  十分程し  心配なんかし  弁解ばかりし  冷笑的に黙々とし  男がおどおどし  小役人風めいたおどおどし  不思議なくらいしゃんとし  若い顔をし  赤井をきっとし  一時間ほどし  落度になりはし  虎はどうし  奥にぎょろりと光らせながら、ねちねちとし  計算しようとし  妙にぺったりし  脂にし  駒はぽかんとし  化粧をしたりし  人質にし  講義を聴かし  豹一はさすがにもじもじし  及第点にし  零点にし  零にし  辺をぶらぶらし  男だと、げっそりし  赤井はぷりぷりし  町角でぽかんと、突っ立っていたりし  映画館へ行くにし  日頃否定もし  すき焼きをし  想い出されもし  想い出したりし  就職案内欄を写したりし  それが情けなくて、むっとし  募集が出ていると、もうそわそわし  籐椅子へちょこんと坐り、きょときょとし  昼飯にし  豹一はほっとし  気持もし  帳簿をくったりし  予告状を書いたりし  組みをし  鋏を取り上げたりし  猫を見たりし  仲居をし  社長は未だピンピンし  発送をし  無気力な、ひっそりし  そんとし  二階へ行こうとし  活動写真を見たりし  印象がはっきりし  厚化粧をし  喫茶店でぽかんとし  オーバーも着ていないというはっきりし  恋人にし  胸を熱くし  顔を見向きもし  手は引込められようとし  顔に似合わず、ざらざらし  音なぞし  年頃にし  ぷっとふくれた顔をし  豹一はどうし  それが済むとねちねちし  舞台稽古をし  返済されているとは、なんとし  途端に突如とし  のは、なんとし  颯爽とし  一刻もじっとし  うち一人採用されるにし  ことをいさぎよしとし  豹一はぞっとし  豹一ははっとし  一円にし  気がしてむっとし  土門はあっさりとし  可愛い顔をし  言い方はし  大阪弁が飛び出したりし  そうに赤くし  腕組みなどし  途端にどきんとし  ために、なよなよし  つんとし  おちょぼ口をし  いたいけな、なよなよし  ようにきいて、はっとし  途端に、どきんとし  気がふっとし  ますます重くし  豹一はそうし  硝子扉ごし  黙殺されるか、扱うにし  黙殺したとはなんとし  饗応をし  結局部長にし  方が適わし  任にあたらし  豹一はうんざりし  彼を以てし  招待されたりし  頼みもし  注意すらし  電機工をし  馘首にするならし  おれのものにし  多鶴子をそっとし  気おくれし  感ちがいし  気遅れがし  毛まで赤くし  多鶴子に答えなくも良いとほっとし  女がすらりとし  藉そうとはし  靴下に包まれたすんなりし  顔をかくそうとし  洋風のこぢんまりし  多鶴子が帰るまで寝ようとし  前ダンサーをし  長話をし  母親はほっとし  母親はすぐには起とうとし  思い過しだったと、ほっとし  途端に、なんとし  可哀相におどおどし  挨拶もせずに帰って行ったりし  んと見えて、し  小莫迦にし  返辞ばかりし  蒼ざめた顔にむっとし  物ごとに対するはっきりし  けがはっきりとし  多鶴子はほっとし  豹一はぎくりとし  交際はし  勘定にいれるにし  ところへ廻したりし  没にし  莫迦げたことはし  多鶴子は黙々とし  風にいきなり立ち去ろうとし  人気稼業をし  旅行するにし  多鶴子はぞっとし  口実が見つかってほっとし  頭をかすめもし  豹一はそわそわし  さにうっとりとし  体をかかえんばかりにし  女中は漠然とし  好き合っているにし  飛さんばかりにし  内気らしくおどおどし  ダンサーをし  色彩を同じくし  佐古が書かし  佐古ははっとし  待合へ連れ込まれようとし  気持でぷりぷりし  ことにほっとし  ものを感じ、そうし  跡かたづけし  車を拾って、乗り込もうとし  振りむきもし  矢野と打ち合せし  議論の仕返えし  気をわるくし  村口多鶴子はどうし  夜更のしみじみとし  湯を掛けし  応待をし  きまりだけはきちんとし  豹一は動こうともし  振りに接していると、なにかしみじみとし  しろへそらして、うっとりとし  自信のないおどおどし  ことを想って、ぞっとし  念仏を低く唱え、唱えし  ようなからりとし  世間森とし  忘れ物をし  唐草銀五郎、わっし  涼しい顔をし  金をわっし  眸を大きくし  双六にし  逆づかみにし  筋がピンとし  目じらせし  お詫びに、わっし  早立ちとし  阿波入りをし  加減をし  孫兵衛をし  刻あまりも押したり探ったりし  手なぐさみをし  口紅をし  上方見物とし  これでしまいにし  御用なしだといっていたのに、一体どうし  活躍をし  意を得たりとし  手が、さっと放たれようとし  覚悟はし  ソヨともし  拾い歩きをし  ちょっと手当をし  印籠から取り出しなどし  者はありゃし  身をぶらぶらし  りゅうとし  愛想をし  真実にし  袂を舞わし  体を動かしちゃいけねえ、じっとし  親分、わっし  多度津へ渡ってしまい、わっし  駄目ですから、わっし  よう、しっかりし  寒竹のそよぎがし  吟味をし  シンとし  機にし  気兼ねをし  鬼となろうとし  怒気を漲らし  五間先へ斬りまくし  眉から鼻すじは凛とし  米はすこしどうかし  アア、どうし  ッそりとし  迷いもし  答えもし  米は見向きもし  手段でもし  薬風呂をたてたりし  何かもじもじし  阿波入りも、わっし  正直、わっし  乳母に上がっているわっし  そうもねえ、まずわっし  これも察してあげて、どうぞわっし  人にあらずし  華奢にし  ここで休まし  お客にし  役人様が見たって叱りはし  ふり向きもし  うしろ姿に、いっそうムッとし  ようにトロリとし  想いなどし  かげも残しはし  綱にし  宿酔でもし  そッとし  大尽遊びをし  綱は、見るとし  気に責められもし  ことを、いいもし  ッかりし  淙々とし  二間ウロウロし  後ろから、し  無にし  誰にし  陰森とし  縊ろうとし  米を騙しすかしし  メラメラとし  あたりを見廻すと、ハッとし  こめかみに当てて、クラクラとし  気配りをし  むッちりとし  土にめりこまし  密使はどうし  足を軽くし  万吉は、し  眼くばせをし  隠れ家にし  背丈のスラリとし  集合をし  たちをし  蒲団を掛けてやりなどし  お幸せにし  何もありゃし  したり顔をし  ようですが、どうもわっし  宵から胸騒ぎがし  うちに、いよいよはっきりし  障子に縋っておろおろし  蜂須賀阿波守にさし  一網打尽にし  銀五郎はどうし  庭先にあたってし  寂寞とし  雨宿りをし  所にぽつねんとし  黙然とし  折はありゃし  緒口にし  声をかけて下さりはし  丞が話しかけてくれはし  純なはにかまし  涼しい眼に見透されはし  風姿をし  下町の小ぢんまりし  武家様にし  かぶるにし  ギクとし  怪我でもありゃし  切ッつ切られつし  らんらんとし  縄括りにし  肩を代えし  情けにあらずし  腕ぐみをし  眼づかいをし  一服やるとし  虚無僧がどうし  者が、故なくし  剣を放つにし  姿は、忽然とし  山駕を括し  片腹痛い気がし  一ツ咳払いがし  大金儲けをし  失望をし  関りもないのでし  ボッとし  関の山で死のうとまでし  蝶結びにし  機を、どうかし  気苦労ばかりし  稼業にし  毎日お詣りし  消息にでも、ほっとし  丞様、どうし  波音がし  間静かにし  耳朶をし  櫓仕立をし  グッタリとし  下屋敷へ近づこうとし  戦雲漠々とし  深沈とし  奥に隠れ、長々と寝たり起きたりし  くせにし  居候をし  ことを観破し  阿波守は、いじけずにし  外よりし  声をかけようとし  答えがし  みずから血祭りにし  音声をし  小間使、ハッとし  妹を、抱き寄せようとし  あれまでにし  身軽にし  皇学を起さんとし  廊下から庭先へ飛ぼうとし  丞もハッとし  胸を躍らし  旦那、わっし  中へ躍りこもうとし  ついでに救って行こうとし  静かに抜かんとし  達人にし  濛とし  歯軋りをし  米はどうし  ように言って、そのよたよたし  完全に干上ろうとし  母親が切りかえし  一時間もし  もの捕ったって、旨くもありもし  準備が進むにつれてやきもきし  道を引かえし  のか、もう振り向きもし  だみ声がし  貌をし  泥上げをし  自分を取りかえし  口きいていんだ、ようく考えてし  俺ら、し  ペダルを踏み、それでも危なげなく吹っとばし  まねはやれたってし  ことを言って、てんで寄せつけようとし  朝っぱらからぎゃあぎゃあ言い合いをし  工面をし  身体を悪くし  作入れもし  暢気にし  さよの、そののろのろし  三人貰ってもびくともし  かいだりし  下敷きになっていた利きもし  一言は、またし  こと、まあだし  そのまま野良支度になろうとはし  いくら団子にし  餅にし  ヨシ子はきょとんとし  口減らしをし  最初答えようとし  草取りもし  出来秋までどうし  野良支度をし  それまできょとんとし  勝は相変らずきょとんとし  頭ぐらゐにちゞこまつてしまつたやうな気がし  人をおこさうとし  ろうそくをともして、おもてへとび出し  ぢやあ一頭かし  /″\とし  りあるいたりし  縫物をし  本にし  レンズを覗いたりし  髪にし  兵児帯をし  一緒にいらつし  先生に判りはし  父様に仰しやらし  つて行かうとし  ろひよろとし  劃然とし  屋根を痛めるばかりなので、伐らせようとし  めは忘れたかし  長年手入をし  かこひをし  刄をし  おなじだが、どうし  上つたにし  空虚にし  つたにし  育ちはし  手合せをし  つて附けたし  お酒にし  のを知ると、再び訊ねようとはし  庄吉に振り向けようとし  弟子さんはどうし  服毒自殺をし  洗濯などはし  腰をくねらせたりし  たまゆらにし  必要から曖昧にし  ばかにむしゃくしゃし  ものに、むしゃくしゃし  ほうはみむきもし  すっとばすことにし  月からがし  夜もおそく、どうし  戸口にうろうろし  真黒なふさふさし  からいずれにし  ごめんだから、はっきりし  モデルをし  右手をぎゅっとにぎりひきよせようとし  濃厚なしなをし  家がひろすぎたりし  無造作にあけようとし  畳数にし  まま微動だにし  眼がぎょろりとし  角苅りにし  花瓶がおいてあったりし  一刻もゆうよはし  秘密をし  オっとし  犯行をし  しろだてにし  瞬時にし  ようにふくれたりちぢんだりし  のだが、どうし  おきをし  ぐうっとのどもとへ逆もどりをし  のをやめにし  こっちとし  からがおをし  いつかもあんとし  ツこをし  つてかまやし  お化けなんてゐやあし  意地悪をし  見物をし  つて一回づゝおそろしい運動をし  馬鹿面をし  見物なんてし  何んにもなりあし  大振りをし  扱ひにし  仲直りをし  誰も怪しみもし  共有のものにし  一目標とはし  著作権の保護期間が過ぎているにし  電子図書館計画に、はっきりとし  構築されようとし  九七年七月七日とし  七月七日とし  ルビ付きだけとし  効率化を図ろうとし  蔵書四八〇〇冊にし  場とし  野口は、しっかりし  もと、ゆるゆるとし  担当をし  資料にし  有料にし  アイテムとし  付録にし  植物採集をし  縫いものをし  子供がひるねしたりし  指を握つたり、伸ばしたりし  品定めをし  同室でね、いや、しやべるし  日本人ばなれがし  ざつくばらんな話をし  べつたりし  キャフェをし  市会議員をし  口をあけて、ぽかんとし  踊つたりし  女優にし  あなたはハッとなさりはし  彼女とは、深々とし  名刺だか見もし  レオポールがし  から、思ひきつておあづけし  是非サイゴンへ寄るならお訪ねし  伝へし  彼は、し  笑ひをし  説明からし  舒ばしたりし  先方から袈裟料とでもし  玉蟲色をし  神主をし  千木までが見えたりし  猫脊をし  友達にし  吸へんし  下まで探がし  婆にし  盃をし  通せん坊をし  ところ/″\雨漏りがし  穴から青々とし  逢はし  贊をし  通はし  初夏の青々とし  串にし  初夏にし  北叟笑ひをし  二三日心待ちにし  私は折り返へし  一週間ほどし  変になったにし  押さえもし  反抗をし  ように、よろよろとし  反古にし  風に言ったりし  冗談をし  吉本にし  のか、どうしてもはっきりとし  雅子さんはどうし  それをお聞きし  ことをお聞きし  これを当然とし  サイダーを注いだりし  涙さえ流しはし  一度結婚をし  涙が出たりし  センチメンタルにし  やうなぬくぬくとし  苦樂をともにし  環境にもびくともし  目標にし  かげは、まるでし  悟り眠らずし  苦勞はし  洋裁をし  仕立てを頼んだりし  貰ふにし  氣はし  さまで、越すにし  辛苦をともにし  ぜんとし  部屋一つ借りるにし  昔がたりをし  大分とし  やうにすんなりとし  體格が堂々とし  からかつたりし  氣配が、かうし  いつまでたつても、かうし  俯伏せにし  綺麗に刈りならし  それぞれちゃんとはっきりし  明朗をもってし  ずれがし  所行がありはし  人類とし  勞を取りし  夫人令孃にし  美にし  謂ふへし  怪むへし  發現にあるや知るへし  家母にし  國民をし  深遠にし  さるへし  其着想奇逸にし  絶交したりされたりし  教授をし  博士にし  今度恋愛するとし  それが中折れし  ように感じられているとし  勉強までし  結婚しようとし  期待されもし  身の上相談として、実際に、どうし  ことになれば、細々とし  励したり力づけたりし  時代とし  落胆したりし  拵らえようとし  正とし  自分は、どうかし  変更されようとし  亡霊にし  ものだとし  こだわりを、どうし  事がありはし  領土を狭くし  ものもありはし  人物が、往々にし  稀薄にし  関連はし  裸にし  顧客対手にし  提灯がわりにもし  チャスターがいったとし  誰がし  強制されるとし  寸評的効果を与えようとし  野暮にし  釣ばかしし  急に、し  添え書きさえし  閉ったりし  喚めいたりし  支那服が罵り返えし  支那服が、うっとりし  毛だらけにし  安心しきって、またし  ぐさっと突通し  燃え上ってしまいはし  二人がうとうととし  火花のようにカッとし  尻を嘗めようとし  筋だらけにし  油だらけにし  黒眼鏡が興味深く訊き返えし  ふり絞って、怒鳴り返えし  ぺがし  全体はっきりし  知らないのか忘れるかし  青空に向って遠吠えると、きっと暫くし  影が大きく映ったりし  毎晩DetectiveStoryMagazineを読んで、決して読み残しはし  長すぎはし  天下を騙し取ろうとし  生前懇ろにし  信仰を強くし  のをただ笑って聞いていらっし  証拠を得たい、どうかし  考え方もし  十年後もありゃし  宮仕えをし  青春にこんなにハッキリし  軌道にし  生活にあるにし  実感などはあるにし  心棒にし  話にし  喧嘩がし  愛惜なくし  お辞儀をしただけで、かけようとし  目をくれようともし  生れ乍らにし  身につけているにし  ものを唸ったりし  説を当然とし  小説を読まし  ニコリともし  学校生活をし  相手になろうともし  何を訊こうともし  泣きはし  降参してしまって、ガッカリし  穴をみて泣いたりし  それを楽しんだりし  信条とし  ヌケヌケとし  男を殺したりし  激情に溺れたりし  非常にハッキリし  白刃をぶらさげたりし  工夫を凝らしたりし  相手に、どうし  受売りをし  清十郎はいきなり打ちだそうとし  突きだと思って避けようとし  気おくれがし  血路をひらこうとし  挨拶前に打ち倒してしまったりし  大人になろうとし  碁を打ったりし  釈然とし  いつまでも釈然とし  名人と言われ、生きながらにし  何かハッキリし  バテレンがあったりし  額ずこうとし  豆を蹴とばしたりし  闘病生活をし  散歩に出歩いたりし  走りもし  革はところどころはげたり、すりむけたりし  人はありゃし  面白い気持がし  ようにぱっちりし  動作がいかにもはきはきし  触れにし  頬を一層紅くし  僕の見すぼらし  輪廓がはっきりし  笑声がし  想像を逞しくし  夜更けにどうし  跣足じゃないか、一体どうし  倩娘がどうし  破談にし  女中奉公をし  無駄遣いをし  骨牌をし  あれをし  夜明かしをし  晩までし  面附をし  知らない子を、どうかし  申立てをし  翌日申立をし  顔附をし  真面目にし  戸を締め切ろうとし  初め旅立をし  そのまま縫物をし  ッ、し  魚を釣るし  温にし  血で縫おうとし  一つ劫かし  魚を狙ったにし  仕返しがし  差引きに、隠れたり、出たりし  船がまえにし  仕返しが出来んのでし  ゅ、出来んのでし  浮彫にし  房りし  事は、見たまえ、ほっとし  じきにし  ように、思わず、にやりとし  灰汁を漲らし  争闘をし  あたりはしいんとし  そこへ寝そべろうとし  泰山木にし  枯葉をうっかりと踏んづけたりし  一人歩きをし  何かしらはっとし  人に借し  爺やがしばらく仮住みし  手を入れたので幾らかさっぱりし  ヴェランダをお借りし  呶鳴りこんだりし  婆さんがきょときょとし  のものを包んでやって早く帰らせようとし  のしゃがれた声が聞えてくるので、どうし  いま植木屋を呼んで売り払おうとし  おれ一人でならどうとでもし  事だろうと案じていましたが、お会いし  年にし  奥から起ったりし  気の毒で見ていられはし  風呂を焚かせたりし  気楽そうにし  つきでもしたら、どうし  爺やはどうし  仲違をし  ところはいつも締まっていて、ひっそりとし  ところへ入浸しになっているそうじゃないか、どうし  もんで、わっし  お知らせだけはし  一つ敷地にし  周旋人を寄こしたりし  厭にひっそりし  信条から悪口に終始し  親戚のものが、漸くにし  其後久しくし  掛つて寄附金を集め漸くにし  文人にし  ことは言わずし  心を清められし  天に挙げられし  成る事であるは言わずし  彼と共に生くべし  異能を為しし  之に示さずし  簡潔にし  出世をし  巡遊したりし  行法を以てし  腕貸しをし  我儘をし  ものもあつたりし  近世では、かうし  女色を以てし  庸兵となりし  時代までにしつかりとし  時代までに、しつかりとし  村落にしつかりとし  人入れ稼業は、かうし  行はれもし  語に、し  併し、し  つた生活をし  仮装をし  つた扮装をし  足ぶみをし  異風をし  切り死にをし  外に、かうし  陶冶しようとし  我々が、多少でも、かうし  根拠地とし  廻りもし  発達をし  四十そこそこのがっしりし  彼はし  花を互いにぶっつけて、し  腕を組んでほくほくし  たましい声がし  ホモイはぎょっとし  字にし  疲れでよろよろし  それを見るとぞっとし  たくさんおじぎをし  切腹をし  暇をし  三遍お辞儀をし  あちこちさしずをし  熔岩に流されたりし  いじわるなんかし  ホモイは少し怖くなって戻ろうとし  白黒くし  餠をのみ込もうとしたりし  ん円にし  仲間はずれにし  みんな僕のてし  さにわくわくし  下がなんだかもくもくし  だんだん向こうへ行こうとし  中ではひっそりとし  熱がありはし  黄色でね、もくもくし  毎日何をし  分も、いきなり取りかえし  とんとんふんでみたりし  狐ははがみをし  一面風にゆらいだりし  のしたくをし  笑いようをし  おかしそうにし  箱を開こうとし  お父さんにし  函をかついで逃げ出そうとし  狐はよろよろし  そっちへ行こうとし  陰とし  今問題にし  頃よりし  夜床はしろじろとし  昔よりし  花やかにし  ふしぎにし  鬱にし  おだやかにし  なほにし  ことのいよいよ早くし  こと久しくし  出版されたりし  お前のほつそりし  ひとつにし  のだいつもし  乳房をし  工合はどうだそのまるまるとし  接吻がし  指すつぽりとし  ひつかきかるくし  戀しと思ひし  ゑはそこにもきこえて春はし  ためいきはさびしくし  ばたばたと羽ばたきし  音またじめじめとし  ぬたぬたとし  植込からし  着物をきてし  梅雨だじめじめとし  這ひまはるじめじめとし  ばながくふるはし  ひつてきたふはふはとし  部屋にし  てゐます月のはづかし  のだらうばうばうとし  みなどこもし  戀人もありはし  かもなくし  ひつそりとし  巣立ちをし  言葉も知りはし  どころもありはし  日向にし  乘つてはし  信仰はありはし  つてありはし  物しか見えはし  丘の向うでひろびろとし  中にもし  むつちりとし  青青とし  風情をし  灯かげに厚くし  押しかへし  膽にし  自然とにし  そもそも如何にし  我等にし  暫らく我等をし  歸せずし  自由詩からは、かうし  甘美にし  言にし  常識的觀念にし  觀念にし  者であるとし  明晰にし  しろ單調にし  不規則にし  音韻であり、し  複雜にし  吾人にし  部分的にし  音韻上から言つて一聯四音格であるが、かうし  全然奇怪にし  それが期せずし  情想をし  心像を持たずし  人人にし  不思議に生き生きとし  定義にし  稱にし  新奇にし  捕捉しようとし  象徴主義にし  自由詩にし  詩をし  である故に、し  しりとし  自由詩に親しまうともし  微温的で、ぬらぬらし  壯にし  全然單調にし  ざうさに署名をし  署名をせられたりし  插繪を見たりし  前の、もつとざらざらし  腐肉をついばみ泣きゐたりし  おしゃべりをし  かんしんし  いつまでもはてし  がまんがし  いつまでも胸がわくわくし  それをふいてとろうとし  いつか、よけいこく、にじみ出し  奥がたは、ぎょっとし  血はどうし  首をはねようとし  げはおもわず、ぎょっとし  継はぎの股引膝までし  中をくぐりなどし  軸白くし  朽葉黒かりし  家よりし  手を空しゅうし  色染みし  奉公するよし  お前様まあ、どうし  ぱッとし  しゃるな、し  皆後じさりをし  尼になんぞなりはし  帰らないもありゃあし  うわさをし  玩弄にし  一生人づきあいをし  指一本ささしはし  お前さんどうし  いつまでそうし  そんならそうとし  年紀をし  からツイ私だってむっとし  お前様とはどうし  ことをおっしやったがね、どうし  ために、ありゃまあどうし  嫁入をし  すべて承知をし  皆打あけて、いって、そうし  それだから、こうし  片手つかんずまで、打沈みたりし  莞爾とし  摩耶われを見棄てざりしと、いそいそと立ったりし  その後を追いたりし  蒲団敷重ねし  家土産にし  泰然とし  質素にし  現在かうし  事でございますが、かうし  それをお信じし  事からし  正直で、弱くし  聲やし  の一首にし  心臓を掻きむしりはし  破れはし  青空などありはし  青空にありはし  一挙にし  直面して恐し  考へはし  つて出来はし  幸福すらありはし  フリをし  後は、突如とし  用便をし  片目をつぶりながら読んでいたりし  限度にし  文士稼業をし  三階から飛び降り自殺をし  動物的であったりはし  シーンとし  百姓女はホッとし  百姓男はキョトンとし  腹が立って、むしゃくしゃし  戸締りがし  洋服が違ってやし  昼ござらし  駅員といいやったりし  足取ははっきりし  知合になったのでし  寄り道をし  だって、ど、どうし  吃驚してどうし  僕ア知らんよ、なんて拝んだり威したりし  足取がはっきりし  おかみはホッとし  検視をし  目的ははっきりし  ゾロリとし  列を離れて、さっさと行こうとし  考えにぎょっとし  信造はぎょっとし  刑事のきっとし  卓一と呼んで見ると、ぎょっとし  待呆けを食って、むしゃくしゃし  家へ駆けつけたりし  有にしようとし  景を見つけてじっと見ていたが、暫くし  戸を閉めて寝ようとし  姓とし  泣きながら死のうとし  一度だって悪いことをし  のを待っていたが、来もし  一年あまりし  それに追っつこうとし  後半年ばかりし  のを聞いて、怒ってなぐりつけようとし  景が寝ようとし  細君にし  時から学問を共にし  周は喜んで迎えようとし  家へいこうとし  周はそれでも聴かずにいこうとし  から暫くし  盾にし  顔を見あわし  周を殺そうとし  典獄を打ち殺させようとし  流刑にし  易えさせようとし  向うから人を棄てようとし  隠遁させようとし  一望寥闊とし  路案内をし  時周はうとうとし  箇にし  夢にし  泣きながら追いかけて挽きとめようとし  それに応えようとし  封緘をし  鯰が浮いたりし  人びとは驚いて逃げ出そうとし  みもし  波を打たし  憑ものがし  怪我をしはし  陰々とし  もの音もし  会場にさし  心得違いをし  六十七歳にし  温習にし  数取りをし  目を瞑ろうとし  手を取って助けるのに、縋って這うばかりにし  羽音はし  目鼻立ちのばらりとし  一枚小袖もずるりとし  背負方をし  立廻りをし  もの柔にすらりとし  算段をし  趣向をし  牲にし  血を流そうとし  気取りはし  柳にし  講中がおまいりをし  掛引をし  踊りもし  声が聞こえて、ぞっとし  真似はし  嚔をし  代書人をし  護謨とし  唾をし  しろ向けにし  手から、し  煎餅を焼いて売りもし  伽にし  丸剥にし  気もぼっとし  構やし  門附けをし  顱巻をし  頬被をし  赤飯でもありはし  苧殻の燃さし  土瓶をし  呪もし  悟そうとし  飾のし  泪を滾し  唄声のし  気を悪くでもし  彼女を見つめようとはし  二つの水色をし  唇をあえがし  いさな岱赭色をし  水色をし  時からずっとそうし  年と共に決して薄れて行きはし  芸者をし  間大切にし  手紙を書いたりし  管を通しに上ったりなんかし  其口調好くし  一例にし  遺跡は更に古くし  事實にし  男女見別け難かりし  髯無くし  不便にし  習慣を異にし  股引にし  類にし  略製にし  其二種に限られし  糸は何より製せし  必要にし  土偶と等しくし  此事にし  此考へにし  面部に着けられし  周縁にし  何なりし  今後女子にし  灌ぎ込みし  巧にし  遺骨四肢所を異にし  動物的遺物にし  あかにし  植物性食物をも有せし  常食として撰ばれし  嗜好品として撰ばれし  材料不足にし  利用にし  樣にし  加へし  住居を有せし  骨とし  竪穴にし  遺跡とし  竪穴たりし  考へにし  北海道のみに多くし  棲息地なりし  重りとし  用ゐし  さ三寸計りにし  扁平にし  皮を細くし  さ六七分にし  固着されしにはあらずし  豫備とし  類品にし  同質にし  破片とし  法にして、斯くし  磨製石斧とは細長くし  石を裏返しにし  丸石にし  方は太くし  轉ばし  説にし  如何にして造られし  さにするかし  扁平石にし  たる者にし  形とし  例にし  石器にし  其一例にし  紐形にし  偶然此所に印せられし  摸樣にし  目的物とし  植物質器具植物質のものにし  皿をも有せし  付け置きし  鳥をし  目的とせずし  横口にし  度強くし  コロボックルにし  橋を有せし  丸木舟のみならずし  種類にし  人民にし  總括し  爲したりし  傍に行きし  蒐集總括し  木細工をし  利器を以てし  入墨をし  風格高うし  気韻清明にし  虚にして満ち、実にし  苔清水湧きし  清清に湧きし  さやに透きし  さ、このし  目につきし  さざなみにさらに満し  神は在る、はてし  父は宣らし  母も笑まし  塔はあり、ひむがし  すがし  愚かなり、死にし  日向ぼっこをし  焚火でもし  心持にし  おいでをし  二子山のかげに沈もうとし  犬に来い、来い、し  本気にし  感違いさえし  雑誌二冊ふところにし  作者とし  未定稿とし  小説にし  心が共にあゝし  愛読はし  自分が殺されたりし  つもりにし  筆致で、書かうとし  幻滅を与へられたにし  云つた通り書かうとし  云つたりし  ことをするがどうし  感じを、程よく、し  明瞭とし  筋肉を引きしめたり弛めたりし  冷りとし  眼を向けようとし  魂をじっと見つめるとし  中一杯に大きく拡がってゆこうとし  其処を出ようとし  中に忍び込んで来ようとし  ようなぽかんとし  私を捕えようとし  きりじっとし  私はどうにかし  頸巻をし  今彼がほっそりとし  奮闘をし  妙にぽかんとし  空中に持ち上げようとし  所へ落そうとし  無数にさし  ままじっとし  何にも見も聞きもし  私は唯そうし  唯必然にそうし  心地をし  足音もし  方をまたたきもし  私を引きつけようとし  そのままじっとし  抱擁しようとし  手に握らし  魂を見透そうとし  室にじっとし  手捜りし  靴下をし  下男をし  別に耳を貸そうともし  額縁にし  肌をし  中のごたごたとし  幻燈を映してくれようとし  おれを落し入れようとし  ヴェロナアルを飲もうとし  微粒子がちらちらし  作用をし  裏がえしにし  度毎にぞっとし  のを聞いたりし  彼自身を馴らそうとし  それで遊ぼうとし  無神経にし  検温器を取ろうとし  彼は生き生きとし  日光浴でもし  義足でもし  呼吸づかいをし  方を見ようともし  宣教師をし  寝台とか、がっしりし  間にちょこんとし  のだろうか、それとももしかし  観察をし  なかでは、そうし  彼はどうかし  遊戯かなんぞをし  気持がすうすうし  いつまでもぐずぐずし  爆音がし  口から入らうとし  ぢいさんは驚いて、とび出し  蛇腹を伸ばしたり、縮めたりし  バカにし  誰もありはし  ソンナことをし  文章であったとし  客観的評価を失ったとし  自ら恐怖しもし  阿諛者達であるとし  公開もし  手搜りし  いふ動作をし  別に耳を貸さうともし  建築師は、ひよつとし  飮まうとし  裏がへしにし  度毎にぞつとし  眠つた眞似をし  彼自身を馴らさうとし  無神經にし  檢温器を取らうとし  口眞似をし  呼吸づかひをし  觀察をし  ここにかうし  人とし  遊戲かなんぞをし  時はもう、ひよつとし  実験談なのでし  忘れもし  音は大きくなったり小さくなったりし  波長が時々に長くなったり短くなったりし  身構えをし  おろそかにはし  終日くどくどし  普段大事にし  電鍵を叩いたりし  僕をありもし  人あつかいにし  僕に洩し  用心にし  心のこりを少しでも少なくし  限りそうし  維持資本を置くとかし  解散をし  特別に厚くし  選挙でもし  遺骸はなるべくゆったりとし  呼吸だけはし  成功もし努めもし  道を取ろうとし  気のりがし  拵えはし  カタになったりし  ガヤガヤ騒いだり、キャーキャー云ったりし  眼にはあんまりぞっとし  観劇眼をもってし  一見して聞きし  中へ包まれたのでぼうっとし  問答やらをし  うなじみな身なりをし  方は見向きもし  葛藤の起ったりし  当時我輩をし  頓着せずし  余輩はどうし  会見をし  大挙入場させたりし  ことでもあるそうし  附箋をしたりし  初舞台とし  専売ものとして持ち歩こうとし  大成せしめずし  関係しさえし  絶縁はし  普請をし  表明をし  通り若くし  沢正にし  ことに憧れて憧れ死にをし  ざまにし  音信をし  つて我慢をし  報道をし  記事で埋まったりし  穴埋めにし  バラック建へ集って貰い、そうし  誰れにし  ことを云い触らし  年齢にし  城戸四郎君などはイライラし  魂胆を巡らそうとし  副官をし  粗末にはし  認識もし  六歳にし  のぼりおりし  一人もなく、ああし  何もしないでおとなしくし  晩散歩をし  座談もし  後廻しにし  紫表紙和綴にし  なかった、そうし  兎に角同様にし  和装日本紙にし  証明自署をし  一時中休みをし  紙数にし  一冊とし  形に引き直そうとし  からである、然しそうはし  誠意を持ってし  表面上譲り渡すことにしていたが、譲り渡しはし  それをそうし  信仰を知らずし  走り書をし  のである、そうし  社長にし  約束だけはし  申訳をし  中止するにし  から、そうし  絶縁をし  匂いとがし  貨車とを大きくかげらし  まりぞっとし  ように短くし  わたしじっとし  七十歳の、だぶだぶし  臭いが時々し  田舎住居にし  悪態をついたり、追いまわしたりし  ナースチャは、どんなにふざけたって笑ったって叱りもし  ひきはし  ぼんやり原っぱを見渡したりし  上にぱっとし  臭いがひどくし  お仕事ばかりし  友達でおたのみし  頭巻きをし  腋の下んところがつれてやし  小一時間ぐずぐずし  溜息をついて、しばらくし  爽やかにチラチラし  身許のはっきりし  食事だけし  裁物をし  シューラはしなをし  帳簿つけをし  一つあくびをし  時は、どうかし  開けっ放しにし  奥にはいつも黒いぐしゃぐしゃし  箱を持ち上げ逃げるかまえをし  セミョンノヴナのすらりとし  コーヒーおくれ、苦くし  足をふみかえたり、もそもそし  不快にし  セミョンノヴナに出喰わし  ナースチャは、ぷりぷりし  わたしちょっと買物をし  証人にしようとし  黄色のさっぱりし  ようをし  わたしはどうし  目まぜし  十日ばかりし  返事だけし  ナースチャはむっとし  のしかけをし  のしをし  新聞から切抜をし  たびか黙ろうとし  ききに来ましたよ、どうし  ラッパのみし  踏台をし  伸びをし  気密室にし  仕掛にし  その後からついて上ろうとし  腹を波打たし  ピカリとし  立ツ筈もなく、ただ恥しき思ひをし  習はし  もの思ひ出にし  申し出しますと、またし  からだが疲れてふらふらし  東京さいって、なにかし  骨組をなおしたりし  小僧、どうし  やつなら、ひもじくなって倒れなんかし  夜なべ仕事などをし  凧を上げたかを話したりし  私はまたし  気分はし  お引越しをし  何も見はし  何かしら、ひやりとし  てゐはし  支度をしたりし  禁められはしまいかとびくびくし  私を圧し伏せようとし  殆ど決定的のものにし  旅を共にし  何事も話し掛けはし  窓ごし  父はし  物語を思ひはし  その間にうとうととし  中におとなしくし  上りはし  熱を出しはし  料理をしたりし  アングルを読んだりし  くつきりとし  身仕度をし  下に佇んで、し  根源的に問おうとはし  喧噪があったにし  学生主事をし  不幸をもったりし  世界じゅうさがし  唱歌組をさし  カレンがし  腰をかけようとし  苦しみもし  拍手を送らし  世には、どうかし  子供らは躍り上がって、とどきもし  思案顔をし  日をたのしみにし  みんな大騒ぎをし  子供たちは、どうかし  牢屋へ連れて行こうとし  嫁さんをひどくしかりとばしたりし  藝にし  解散とし  學士にし  理由からし  差別を付けようとし  摘出したりし  比較解剖をし  彼は、よぼよぼし  ツ散かし  ツたりし  朝からし  雲切がし  繃帶をし  氣拔でもし  竦然とし  常食とし  二三耳にし  田舎へ云ってやったりし  飼料にし  水加減を多くし  主食とし  外米を売ってあげよう、うんと安くし  こなしにきりっとし  ところがあって、ぬらくらし  西岸には広びろとし  体のがっしりし  背のずんぐりし  呼吸つこうとでもし  ように羽ばたきをし  それぞれ羽ばたきをし  中もしんとなったが、しばらくし  後から煽がし  さきを集めて躍りかかろうとし  人声はし  注意したが、うっすらし  一時休まし  そこにはほっかりし  道家ははっとし  足を執られたりし  ぼうとし  髯の白いよぼよぼし  ことほど言い易くし  手は掴もう掴もうとし  彼は往々にし  ことでなくし  雪投げをし  相撲などを取ったりし  政雄は、どうかし  びにしやだんきを擧げたり、降したりし  ぢいさんはにつこりし  シンカンとし  頓死をし  横啣えにし  歯噛みをし  私は、そうし  瞬きをし  ズンズン形を大きくし  影はグングン大きくなって、ハッキリし  静坐をし  ドキドキドキドキと躍り出し  精神病患者にし  オモチャにし  抵抗もし  逃げもし  廻転もし  楕円形をし  後じさりをし  貴方をお呼び止めし  一生懸命で踏み止まろうとし  身体を支え止めようとし  殺人を行ったとし  息を凝し  検査したりし  事件であるに拘わらず、どうし  から、その取計らいをし  今日現場捜査をし  内密にし  異常もなかったのでホッとし  一つ手ぬかりをし  手ぬかりをし  人々は、何とかし  顔色を見てぎょっとし  真意を見抜いてぎょっとし  由もなく、ああし  煩いをし  病気びきをし  療養をし  神聖にし  継物をし  否やを見ようとし  娘がどうし  小間使をし  お針もし  巣守をし  辛抱がし  私に頂かし  胃袋を悪くし  当にはし  がけ、それではお見送はし  二階へ呼びなどし  紛失をし  談話をし  田舎道などでお見懸けなさりはし  から身震をし  背を円くし  私は見返もし  足踏をし  ゃあお手伝でもし  幾はいそいそし  断食などをし  仇をし  命日にし  父親が寄ろうとし  身顫をし  籠をし  透見をし  跟けつ廻しつし  往ったり、来たりし  信心をし  祟をし  それはまたどうし  方はないのでし  足がふらついて、わなわなし  表沙汰にはし  旦那様もし  知らないにし  米が盗んだとし  つけはし  心得違いをいたしました、もうどうし  目を見据えましては、うっとりし  医士であるとし  旦那様お寒くなりはし  米さん、しっかりし  ことことと鳴し  クンクンと鳴し  五百円を盗みも、見もし  老人のものにし  茶断をし  こと三たびにし  ことは、忘れられはし  手術なんかはし  自然を、築き上げたり壊したりし  一兼子さん自身でそうし  私も是非そうし  晴々とし  それを実は打ち消そうとし  子供を愛せられないと思っていらっし  彼女はびくともし  お前自身は、そうし  小綺麗にし  通りはし  万事お任せし  仕立物をし  お針を教えたりし  隠し立てをし  二人共黙り込んでしまって、どうし  景色にし  彼はじっとし  説得しようとし  面影を思い起そうとし  認知をし  ものをのみ見ようとし  印象を、出来るだけ細かく思い浮べようとし  計画ばかりし  兼子は云いもし  ことをとし  仕送りをし  道化にし  凡てをふみつけにし  ことは何とも思ってはし  それならばどうし  変にぎくりとし  眼がはっきりし  彼は立ち上ろうとし  幾筋もの曲線をうねらし  耳垂がし  眼を吸い取ろうとし  腕にはただ、柔かくてずっしりとし  自らはっとし  我知らず身体を少し乗り出そうとし  その後で届けたらと云っていますが、そうし  働きをもし  そこまではっきりし  駭然とし  理屈に縋ろうとし  布団から出したり入れたりし  子供を渡そうとし  それがずっしりとし  向うに駈けて行こうとし  帯から下がすらりとし  退屈させまいとし  電気に蔽いをし  室を暗くし  玩具で遊ばせようとし  手へ握らせようとし  推察しようとし  うちから貯金もだいぶし  そうにもじもじし  三十分ばかりし  依子を寝かしつけようとし  上から掻巻をかけて寝かしつけようとし  占領しようとし  むりにもお母ちゃんと呼ばせようとし  彼は暫くじっとし  隅へつっ立ったりし  彼はぎくりとし  木だったりし  彼女は打ちこそし  依子を抱き取ろうとし  息使いをし  全体がぐったりし  細そりとし  寝返りをし  眼を閉じてうとうとし  診察をし  依子を早く治すにはそうし  八度を越したりし  遁がし  型をし  町筋をし  事を得ずし  背延をし  マグダーレンを得ようとし  籠から遁がし  氣特がし  物なぞをし  何でもよくし  妾にも似ず、しつとりし  日影もない、どんよりし  惡戲をし  調弄はれでもし  儘撲ぐられ損にし  傷我をし  來てもまだ直らないとなれば、かうし  知らせを出しはし  事ばかり考へようとし  黄褐色をし  ところにかうし  手續をし  冷吉は、もしかかうし  了ひでもし  毬栗にし  いつまでかうし  言つて自分を責めたつて、あゝし  主婦さんはどうし  お湯を熱くし  私はつひ浮つかりし  すつかりかうし  茫つとし  何だかもう長くかうし  らくじつとし  平生贅澤ばかりし  冷吉はもう久しくかうし  冷吉はかうし  そつとし  話をしかけたりし  上つて話をし  四五日もし  こちらはどうもまだし  髮を汚くし  卷にし  氣のし  つて罨法をし  取次をし  たかろくに見もし  挨拶がし  寢返りをし  つて切りもし  女だかまだ見もし  なにかし  つて聞きもし  鳥がかうし  小女に聞かうとし  寢てゐはし  私もかうし  罨法をし  默つて給仕をし  會はれないで、かうし  冷んやりし  のをろくに聞きもし  小女は叱られでもし  事を考へたりし  引手を撫でたりし  獨で出這入りし  變つた心持はし  やうだのにと思ふと、あゝし  中に出て、かうし  來でもし  どこかのきちんとし  やうな振をし  窓を開け放しにし  來てゐはし  茫うとし  やうにほつとし  耳を置かずし  てゐようとし  出し拔れでもし  失くしでもし  何だか、かうし  方が、あゝし  女でどうし  會ふにし  療治がし  紀念にし  落しはし  頭からバカにし  ーとし  手足どうし  しろにあるゆったりとし  クッションにし  平らにしてすわりをよくし  朝食とし  オムレツにし  臭いがし  彼らがおこなおうとし  的にあてがったりし  印象の、縁どりをし  体の、ひきしまってほっそりとし  そちらへ移っていこうとし  ホノルルにいらし  雑然とし  乱雑にし  ふたりでこうし  基地に連れていってもらったりし  シャツを、作らせたりし  絶対にやめようとし  足音は軽く優しく、くっきりとし  男性が来ているかもしれない、と思ったりし  体をし  燃える匂いがし  ジューンにし  なかでは、かつてそうし  単位を取ろうとし  ゆっくりとし  場所へむかおうとし  ぼくは思い出そうとし  演奏をし  ストーリーを書こうとし  手ほどきをし  ぼくは親しくし  とりがし  元気にし  なかで試みようとし  デモンストレーションをし  肩にかついだりし  ショッピングをし  ショッピングを、し  双眼鏡ごし  表情に、おっとりし  趣味にし  箇所を造りなおしたりし  昔らしく、おっとりとし  七百ドルはし  二百ドルにし  Uターンをし  忘れものをし  サイズを大きくし  プロポーズは、し  横すわりし  工夫がし  一泊だけし  見当のつかない、漠然とし  運転席からガラスごし  板で縁どりをし  日用のこまごまし  ブルーが強く残ったりし  虚空を見つめてじっとし  夜、眠ろうとし  泣きながらうとうとし  聞き役にし  朝食を食べ終わろうとし  アイスクリームを食べたりし  三日月のかたちをし  のを見たり聞いたりし  寄付をし  男と女どうし  予約をし  アーモンドによって、縁どりし  アーモンドで縁どりがし  ひとつの面白い発見をし  佛蘭西語に直すと、ひよつとし  TendreStockになりはし  のかどうかも疑はし  芳郎はゆっくりとし  活いきとし  令嬢だろう、ああし  方を見たりし  女に逢えはし  坂をあがったりおりたりし  一箇月ばかりし  意見を闘わし  人だろうが、どうし  門下同様にし  先代もやっぱり、ああし  死方をし  彼女を淋しくし  うちに、ガッカリし  負担で、全くガッカリし  体躯をよくし  ウルサガラレテゐながら、この溌溂とし  試合をしたりさせたりし  げにはし  愛慾のわづらはし  痕跡もないひろびろとし  退屈を、深々とし  浜辺に落ちて、青々とし  前に、長々とし  お姫さまは、もう、どうし  お姫さまは、どうし  電光がし  視覚を更に鋭くし  ひとり朝寝をし  指導員をし  隅々まで読みかへし  白鉢巻をし  今迄ぶらぶらし  警戒警報に移つたりし  そはし  響がし  態度もキビキビし  ピツタリ出喰はし  それはかうし  足許が揺れだす思ひがし  今はニコニコし  空気はひどくザラザラし  八つ裂きにし  被服支廠から真先に浮足立つたりし  感想を抱かうとし  融通をし  荷拵へをし  晩酌をし  みんなそれぞれ遣繰をし  朝寝なんかし  みんなが、かうし  出し合ひをし  声を絞りださうとし  蔭へ隠れたりし  旅にも出たりし  修繕をし  無条件降伏をし  真相のにほひを嗅ぎとらうとし  惑はし  わたしなんか泣いたりして困らし  件にし  その後けろりとし  リユツクにこまごまし  正三は広々とし  齎らしたりし  袤はてし  自宅に駈けつけようとし  みんな茫とし  挿むばかりで、一向てきぱきし  監視しようとし  身支度もし  啼声がし  牙城となるとし  叙事詩にするとし  板だけで広々とし  たかへし  これをとりちらかしたりし  順一を呼出さうとすると、どうし  ピアノを聞いたりし  音楽を聞いたり、習ったりし  面が忽然とし  空想したり、考えたりし  話をしたりし  ようすをし  船がいっそうはっきりとし  中に笑ったり跳ねたりし  波間にうすれて、見えたり、消えたりし  脊のすらりっとし  糠味噌を出したりし  延期もし  無理算段をし  金策に発たし  占いごとをし  彼は初めてほっとし  君は、そうし  頭が痛くなる、漠然とし  些とも漠然とし  程ではなくも、どうかし  巻添えにし  偉大を以てし  連名にし  彼は、ハッとし  猜疑心を逞しゅうし  家捜しに出かけようとし  脚に行過ぎようとし  ようにして、ほっとし  入学準備をし  女なぞ引張り込んだりし  先刻から気にし  徽章にし  彼は張合い抜けのし  雑談をし  実験をして見せたりし  気持になって起ちあがろうとし  ことしやし  腰を振りし  時分口にし  ゴム鞠にし  ひとりごとをし  指で細くし  先をいれようとし  目印にし  ほうがいいと思って、そうし  鹿にし  猪にし  兎にし  亀にし  鼬にし  狸にし  押合いへし  みんなはうっとりし  初めとし  争論をし  図案さえもし  来客もないかし  長過ぎはし  前へ躍り出し  態にし  物の数にも入りはし  転宅をし  ものを用いようとはし  装束を脱ぎもし  仇を討とうとし  注疏などし  著はし  道家にし  敵として死なうとし  それも疑はし  安康にし  徒らに高くし  ことなどを執し  理解もし、信じもし  結婚をするまでは、あるいはし  正しい結婚をし  教育をし  機会を多くし  事がはっきりし  理解をもってし  結婚後少しし  一義とし  努力もし  そこから動こうとはし  遠慮は少しもし  妹たちがどうかし  のを見ると情なくもなりましたが、どうかし  自分がしっかりし  チョッとし  ためにはどうかし  独立するにしても、やはりどうかし  それにつけてもどうかし  勉強だけはし  わしているとし  理解しなかったとしても、し  生活をよりよくし  後援者になってやろうとし  からいえば、そうし  男だったとし  事柄にはなるべく触れまいとし  平気にし  町で育てて大きくし  上に産み落そうとし  お山へ上ってお詣りをし  お山へお詣りに行きもし  お宮へおまいりをし  ツヤツヤとし  中にはどうかし  月の光りが、はてし  難船をし  幾年も経たずし  帰宅をし  尾鰭もしゃちこばらし  いつまでもじっとし  雑役をし  宗廟たりし  記録しようとし  表現的にし  認識しようとし  大脳ばかりをでかくし  ことをだにし  結論をし  土間はべとべとし  つて延期もし  切つて占ひごとをし  彼は初めてほつとし  貸家搜しに出かけようとし  息の詰まる思ひし  やうにして、ほつとし  學準備をし  先刻から氣にし  雜談をし  實驗をして見せたりし  つて起ちあがらうとし  上に産み落とそうとし  お山へ上っておまいりをし  ゆきもし  紅をし  光が、はてし  ように取り扱おうとし  幾年もたたずし  一種素朴にし  筋合でもなく、いづれにし  結納もとりかはし  嫁入らし  傾覆せんとし  いさかいをし  つんぼでなくば、しふと、し  明にし  斷りをし  もちものにし  これ以外のものにし  ことなので、何とかし  轉任をし  音樂にし  長閑にし  つばき一つ吐くにし  躯をし  蝶ネクタイをし  澁いちやんとし  何となくおつとりし  弟一人で、かうし  はいつたりし  ままうろうろし  團子汁をつくつたりし  坦々とし  一ヶ月ほどし  逢つて話をし  腕をぶるぶるふるはし  そこにし  冷いやりとし  つて来たりし  特にさう思ひ思ひし  楽しい空想をし  日だまりにし  流れが激しく白く泡立つたりし  さうな、のろのろとし  晴ればれし  ゆつくりとし  赤蛙はびくつとし  ちよつと立ち止つたりし  渦を作つたりし  説明を以てし  豁然とし  んは、ほっとし  はちまきをし  中からとび出し  いたずらがし  うなぎをふりすててにげようとし  そのまま横っとびにとび出し  手拭をさげたりし  くらしをし  わにかくれて、じっとし  んはびくっとし  道供養にし  さがあってみれば、し  五目寿司にしたりし  いいわけにもし  幹事もし  たかにし  幹事などし  肉がついてふっくらとし  娘はんやったらしっかりし  仲人はし  散髪をし  仲人もむっとし  叫び声がし  何かぞおっとし  外交員をし  皮膚をし  煮ものを持って行くにし  たかと親しくし  座敷で寝そべったりし  株をし  氷をいれたりし  花嫁を見ようとし  何かいそいそとし  調合をし  腰一つ曲らず、しゃんとし  同士討だとし  喝采などし  同氏をし  老人までがおおぜい出て来はし  今まではっきりし  銘も、だいぶんはっきりし  親父が、う、う、生まれたとし  鐘供養をし  鐘供養はし  ひょっとこづらをし  誰一人帰ろうとし  比良夫君が、帰ろうとし  足掛けで倒そうとし  二十回常会を開こうとし  竹でたたいたりし  紋次郎君がしばらくし  顔をいっそう長くし  面白い話をし  僕は又し  鐘が、むくりむくりとし  町奉行たりし  とこ被りをし  片っ端から引つ掻かし  泥仕事をし  宿六はどうし  みんな商賣を休んで、かうし  引摺り込むにし  感動はし  スモーキングルームへ集まって話しをし  身振をし  勢揃いをし  トランプをやったりし  僕達たる者唖然とし  二人去りし  立騒ごうともせず助けようともし  喧嘩ゴッコをし  人間をかえり見ようとはし  纏足をし  陶酔をし  感激もし  亢奮もし  呼びかけたりし  僕達に渡そうとし  推薦をし  ロッキングをし  ぴらに賭博をし  国枝をし  観察を怠ろうとはし  おおらかで、悠々とし  ムダが有り過ぎはし  ノビノビとし  マゴマゴッとし  詩的にし  若い記者をし  音が聞えて来たりし  喫かし  人出がし  極彩色満艦飾をし  タオルを取りかえたりし  パートナーと踊ったりし  誘惑しようとし  嘱託をし  会談したりし  時にはゾッとし  一泊もし  実写を見せて貰ったりし  危機に晒されて、まだまだ変ろうとし  隅々まで読みかえし  水はひっそりとし  警戒警報に移ったりし  人々はただそわそわし  視線とピッタリ出喰わし  被服支廠から真先に浮足立ったりし  感想を抱こうとし  ものだが、そうおもいながら、ひっそりとし  荷拵えをし  みんな蛮声の出し合いをし  声を絞りだそうとし  返事されてはげっそりし  それから、つぎつぎに憤りが揺れ、もう凝とし  正三は憂わしげにただ黙々とし  においを嗅ぎとろうとし  のかと待っていたが一向はっきりし  リュックサックにこまごまし  六瓣の、ひっそりし  花だが、ひっそりとし  前から妻とし  清二は嘯いたが、ぐずぐずし  呼出そうとすると、どうし  納つたり、出したりし  十円以上買物をし  目的にし  向はうとし  風見、どうし  俺を埋めようとし  胆汁質のボーッとし  三十年近くもお逢いし  お預けとし  退社しようとし  相談すると、漠然とし  僕はお訪ねし  テーマにし  外交官を刺そうとし  外交官を刺殺そうとし  その後、繰返えし  読返そうともし  支那に関する、ちょいとし  著述をし  頭にし  連衡したりし  欠点を突いたりし  一生貧乏をし  餓死しようとし  六国をし  連衡させたりし  百倍千倍にもし  発明しはし  後衛をし  水攻めにし  高松城を救おうとし  押売りをし  押売りし  お題目にし  墺国をし  解決しようとし  皇后として迎えようとし  酷遇をし  妾とし  満鉄を、買い取ろうとし  仮調印をし  反動が来はし  周囲を見廻わし  家庭教師などし  身元保証をし  十円ですまさうとし  申込をし  薄給にし  仲間入りはし  日本貨にし  フランにし  貧乏暮しをし  むづかしくて躊躇もし  自分は唯広々し  凡て自由にし  快活にし  自分の見たり聞いたりし  日避をし  なつてゐて、広々し  発見せられはし  出はし  遭遇したらどうし  滝壼を見たりし  偶然かうし  光ばかりにし  拾ひ読みし  峠を越して行くと、またし  幾たび耳にし  危険にし  中間にし  験めそうとし  爆撃をし  爆発はし  放題にし  布告をし  先生、ぐずぐずし  洪君とはかり、これから何とかし  二人起ちし  握飯でも喰わし  代理なんかし  沢瀉久孝博士をし  ところがありはし  広告をし  長所たりし  自覚させるにはどうし  賑はし  重複したりし  蘭学を学ぶでもなく、のらりくらりとし  一書を著わし  強迫的に得ようとし  天国をも恐れようとはし  草を分けても探がし  夫れにし  侍は行き違いましたが、どうし  日本へ向けて、急いで取って返えし  ことさえし  復心からぞっとし  胴切にし  目を眩まし  賢奇才達をし  書物を読むにし  孝をし  議論を書かし  設備がない、ないからし  角刈にし  姿が見えないので、どうし  気配がするので、ハッとし  絶叫をし  紐を引きちぎろうとし  発揮するとし  鉢巻をし  疵養生をし  肩へかけようとし  土まみれにし  突倒したり、なぐったりし  槍を閃かしたりし  奴が見つかったなら、撃たれはし  手に取ろうともし  味方か、判りはし  喫ったり、笑ったりし  鼻を赤くし  抱上げたりし  篝火を取巻いたりし  展開したりし  弾丸を見ようとし  たか見ようとし  一杯に、低く這ったり、流れたりし  上下させたりし  山鳴がし  誰も撃たれてやし  威嚇かそうとし  二三十年無駄にし  竜作は、躓いたり、滑ったりし  噂を少々し  職場から出て行けがし  改善しようとし  蔵相もあえてし  ことにでもし  勘定方をし  松井様まで、どうし  菊は、どうし  時間にし  合羽を取ろうとし  掛声がし  雲切れがし  横付けにし  首にし  溶解かし  証拠にし  籠めに合おうとし  ほんとし  忠蔵は行き過ぎようとし  別に逃げはし  通り男女七歳にし  夜鷹ではござんし  塩屋でござんし  川へ落としもし  嬲り殺しにし  立聞きでもし  遠征めにしようとし  将卒をあつめ、しみじみとし  正成もハッとし  弦鳴りがし  ことをお物語りし  弱卒三百をし  役夫とし  燃えつづいたが、寄せて来ようとはし  正成をし  さをし  事務所長をし  庶務課長をし  汽車に乗らうとし  滑るやうにし  ために慌てたりし  別に交際もし  喜悦はあるにし  荒凉とし  終夜、あゝし  一時預けにしたりし  した声がし  横道へかけだしていったりなんかし  ことをして、ころびでもし  ちゃんとよくし  へんだわ、どうし  胸がわくわくし  これで、し  おおかみがとびだそうとし  行つて靴を預けようとし  三分の一がつかりし  気持だ、し  今ではかうし  帰りはし  ひとつ繰りかへし  僕に注がれるとし  時や、ひどく恐ろしい思ひをし  配達をし  皮包にし  羽をいっそう赤くし  円を小さくし  眼まいをし  赤とんぼをつかまえたりなんかし  赤とんぼは、ホッとし  闘志とを潜まし  よう眼庇しを深くし  発展に追除けられ追除けられし  観念をいかにし  結局は、どうなりこうなりし  自分のはらはらし  船を漕いでくれたりし  初に銜え出さし  火を焙し  死屍水かかずし  轟がし  滋養にし  サッパーにし  先生を連れて来はし  辺のじっくりし  まさか忘れもし  その後何にもいい出しなさりはし  腕捲りし  若いときはし  所見をし  遠泳会過ぎにし  石を結びつけたりし  顔を蒼く白まし  初はまたし  呆けて呼びもし  河口から漠々とし  打算をし  賽にし  新劇もしかし  脚本をもつてし  尻ごみをし  試験をし  真似などし  ぴつたり執し  干物にし  商売を引きつづき背負って立とうとし  使い走りをし  縮図本を隠したりし  諸家が期せずし  一番をし  輸入もし  そこが、はっきりとし  空想が加えられているにし  評論家にし  揚げものにし  往来から見えたりし  立札と段々広々とし  立ち話をしたりし  釘づけにし  少年たちが猶喜々とし  予想もし  薄ぼんやりとし  云はうともし  飛したりし  吻つとし  腹をかかへてわらつたりし  ことを告げたりし  負債をつくつたりし  女給などもし  放言をして、大いに悦ばせたりし  楽屋を共にし  真似をしたりし  責任も果しもし  勉助がにやにやし  ひとにたからうとし  思やし  不平を滾し  渡りもし  つて知つて知らん振りをし  上品振らし  鷲掴みにし  こともありはし  喰ひ散し  若ものなどを泊めたりし  本ひとつ読まうともし  洋服はチラリと見せただけで曲げ込んだりし  顔があつたりし  家を建てたりし  風景にし  装をし  張つたりし  はしをし  唇を噛んだりし  ひいきにし  つて民蔵になどは触らせはし  組織、または生れながらにし  仮りにそうし  葛藤を書いたとし  其処に始まったとし  女中を使ってするにし  発見しようとし  掛け声を送ったりし  人々がこうし  赤旗を無理やり取りあげようとし  二つの赤旗がおりおり高くひるがえされたり、すぐにまた引きずりおろされたりし  ネジふせたりし  二人が別れようとし  演説したりし  雑誌を出したりし  講演会をやったりし  みなとうとうこうし  皆はこうし  巡査らは寄りつきもし  ずんだ人たちは、こうし  それが隣り合ったり、向かいあったりし  収拾しようとし  鮮明にし  代表とし  阻害し合ったりし  舞姫にし  食料制限をし  条件を溌溂とし  屈伸させ、さぞ跳ねたりもし  しかたをし  ちらしはし  鈍化させられて行くとし  あく音がし  口へ運んだりし  妙にごたごたし  ふっくりとし  製作をし  切り口上を挾んだりし  宏ちゃんちょっとあつくし  奥さん、何とかし  キッスをしたりし  瞬きもし  端を、いそぎもし  ちのちんまりとし  ダンスをし  三田先生がどうし  自習にし  子供扱いにし  ことしか知りゃし  代作をし  肩掛をし  さわ子もてきぱきし  片端から出してしまったりし  井上様とし  さわ子はぼってりとし  さわがてきぱきし  手段をとるなりし  告訴にし  損得だけで生きてやし  愚図愚図泣いてなんかいやし  色をのぼらし  ハンケチに吸わし  心持としてし  ものとしてお受けし  宏子も、むしゃくしゃし  腕組みをし  ちょっと表情をし  話相手とし  大臣をし  調子にはし  何からしい少しだぶっとし  結婚さえし  偽善的だったりし  同情なんかし  今日までにし  鳶が忽然とし  植木会社からとりよせるにし  何にも欲しがりゃし  無駄づかいし  腕をさし交しにし  ことでもし  あなたしっかりし  こと僕とし  ことについて喋ったりし  髭男を踏まえようとし  こっちからもし  ことをもって来ようとし  意味がはっきりし  僕がそうし  傾向からひっぱり出そうとし  誰かしっかりし  発展がありゃし  両端にのって、上ったり下ったりし  諍ったりし  息子の、ふっくりとし  真似なんかし  一撫でし  髣髴とし  刻みめの深い、しっかりし  神経痛に苦しんだりし  門とし  研究会へ出たりし  割合出たりし  淡々とし  二つ三つ瞬きをし  挙つたりし  わらつたりし  理窟張つたりし  題が見つかりはし  言葉をし  ちりとし  際限はありはし  風邪引きはし  かさっとし  賄はし  ところから、細々し  婆さんは引かえし  私帰らし  熱心にし  それを動かそうとし  川から此方はからりとし  体を埋めようとし  胸を若々しい歓ばし  篤介とぶつかったりし  定評的評判にたよったりし  渡仏しようとし  体にいっぱいにし  今日現実のものとし  意欲のはっきりし  読者に向って示そうとし  文学的出発をし  溶接して示そうとし  作品の実際とし  瞬きようをし  鎌をぶっちがえにし  目つきもし  作業練習をし  ドイツでも、堂々とし  実行されようとし  水浴びでもし  同感はし  当て推量をし  俺は、じっとし  ような、どきまぎとし  きつねに踏まれたりし  予想をし  畠にはし  それまでにし  ものだから、あまりし  俺たちはどうかし  いきもし  磔刑にし  茶盆を跨ぎし  象嵌をし  版にし  仕事すらし  気がどうもし  丹精はし  呶鳴りもし  奥には苛立たし  人物画はどうし  毎夜そこにつかはし  顫はし  彼が去らうとし  一時森とし  思ひ出したりし  客はぞつとし  わんぜりし  つて持つてやし  眼を見返へし  眼力をくらませはし  isを消しては書きし  信者が見たらどんなに怒るか知れはし  上つた時、そのつるりとし  妾犬扱ひにし  お手本にし  照り返へし  役人ぢやとしても、どつちにし  懐ろにし  やうに紅くし  ふつくらとし  めもし  毅然とし  人がゐるとし  此処にし  血がし  天地はもつと悠々とし  話を見られては疑はれはし  四辺を見廻はし  周囲を見廻はし  讃がし  装ひをし  一人は、ずんぐりとし  逆吊りにし  穴をほがし  そこから欝血をし  歓心を得ようとし  一つお頼みし  気があつたにし  棺桶をほじくり返へし  マネをし  張りつくらをし  間違へやし  銭にし  者であるかどうかを見届けようとし  焚き火をし  化け方をし  検査迄し  間抜けはし  仲間らしく思はせようとし  集まりはし  密会所にし  捕縛なんぞはし  払ふ振をし  併しもし  道を曲らうとし  此道を通られはし  矍鑠とし  見張り番をし  云ふにし  それでゐて角立たし  一段声を強くし  扉を閉めようとし  くつついたり、離れたりし  引うけし  廻はし  事抔気にし  一つ二つ作つてからにし  四辺を素早く見廻はし  上げはし  茶屋へ這入つて行かうとし  なほ大きくし  云つた言葉をも繰返へし  想像を裏切つたとし  装束を着け、し  しまつた気がし  暗然とし  明方までまんじりともし  朝起きをし  居眠りでもし  気分家面なんてし  スケート場にし  油を注したりし  閉ぢたりし  結婚がし  本をまる覚えし  笑ひを洩し  彼は、にやりとし  引ツ込めたり出したりし  儘身動きもし  想ひをし  彼には如何し  上達をし  首を振りまはし  詰めたりし  寒い思ひをし  なり亢奮もし  ホロリとして頼んだりし  剃刀を借し  構えをし  顔を歪めたり延したりし  脚が乱れたぞ、し  何となくゾツとし  左枕にし  藍色をし  斯うした暗いじめじめし  翻訳をし  流産をし  さうをし  菱垣をし  泣声がし  此方にし  若い女優髷にし  枕頭にし  香がほんのりとし  門をし  女優髷にし  手を振り放さうとし  なつてゐやし  奥様をどうかし  女がどんなにし  トランクを担がし  旅行なんかし  片手にし  叫び声をし  性格を書き直したりし  真似がし  真向に反えし  踵を回らし  窓に向わずし  躁がし  錐に刺されし  半ば回らし  馬を振り向けんとし  前足を躍らし  逆しまにし  上と心得し  よみ返しはし  侵かし  ようにして歩かし  いつものように昼寝をし  熱が出たりし  切れを持たしたが食べようともし  泣きもし  それから堯は暫くし  顔を近寄せたり遠ざけたりし  私達はほっとし  坊や、どうし  今度はし  私達をし  顔を覗き込んだりし  蒲団を敷かし  当りはし  鬼子母神にお詣りをし  毎月一回参詣をし  荷っているとし  一時間ばかりうとうとし  眼を開くとじっとし  私達をすぐに黙らし  顔を思い出した、どうかし  顔を外らして吸おうとはし  何にも考えまいとし  私はうとうとし  ことをね、お頼みし  さんはしっかりし  前から話がし  コップを持って来たりし  脈を見てみたりし  身に注ぎ込もうとし  滋養注入をし  顔を近よせたり遠ざけたりし  私ははっとし  私はそれでも暫くじっとし  初めにし  それから私はまた暫くし  眼をつぶらせようとし  墓地にし  室へ通さし  ころからさっぱりし  飴色にうきうきさせるまで歌ったり笑ったり叫んだりし  一分もへりはし  椅子へかけようとし  みんな舶来ウェスキーでひょろひょろし  位さがし  はなしをし  みんなはつかれてふらふらし  大の字になって寝たりし  いきをし  それはしいんとし  笑つたり話したりし  口をきかせようとし  未来をてんでに羨んだり妬んだりし  仄かせたりし  はりがし  話などもし  机には向ふにし  変へようとし  絽刺しをし  襟飾にし  信子は何時の間にか、し  記憶なぞも話したりし  碌にし  生活を互に尋ねたり尋ねられたりし  理窟を並べたりし  すすめなどし  信子にもどうし  容易に泣き止まうとはし  唇から洩れようとし  旅びとの群はせはし  影によこたへし  かぎりことさらに触れようとし  刹那どうし  礼儀とし  折からメノコ一人来り居りしが、いつしか寝臥したりし  悪臭がし  悪臭ぷんぷんとし  言ひてし  末つかた極めて暑かりし  六づかし  垣根ごし  大事と思ひたりし  その頃病ひに臥したりし  しかと憐れみ合ひし、そのとし  比較的親しくし  殆ど日を同じくし  派遣されたとし  ひと息といふところで、なんとし  軍規厳正にし  予防注射をまだし  気の毒だが、どうし  表情を読み取らうとし  云へぬが、かうし  私はほつとし  根負けをし  武勇談をし  ハンドルを放して起ち上らうとし  殆ど普通民家を大きくし  いま食卓を共にし  暢気さうに投網をし  道案内をし  手を曳かんばかりにし  札がし  先導をし  私は努めて落ちつかうとし  しらへをし  誰何をし  銃剣がぴかりとし  所謂敗残兵がまだうろうろし  妙にのんびりとし  つていふ声がし  はりをうろうろし  設備がし  一台立往生をし  謹厳にし  人ずれのし  応はし  構へをし  縁を赤くし  ちやんとし  貼紙がし  点検をし  直行するにし  往つたり来たりし  ことを記し、などし  着剣をし  身構へをし  すつかりなくし  なにから話をし  壁一面に貼りまはし  北京へ帰すにし  主席をし  宛名をかうし  ときまると、また一層ほつとし  私もし  ものを往々にし  名刺をすつかりなくし  易々と棄てはし  払はうとし  支那軍はちよつとし  なかを掻きまはし  危険を冒しもし  車夫は、さもがつかりし  暴力を振つたとし  それゆゑ、どうかし  並樹がし  ボーイがぞろりとし  手紙にし  名優をかうし  受取つて一言もきかうとし  指導をし  お膳立てをし  のを、いつもほつとし  公使をし  顔が映つたとし  註文をし  伝ひ、広々とし  人選をし  それぞれ翻訳をし  質問を発しはし  恩を着せたり着せられたりし  云へるとし  違つた見方をし  頭を撫でたりし  身ぶるひをし  手をかけようとし  耕作をし  赤裸にし  大谷光瑞伯をし  木枕をし  からだを弱くし  神詣でをしたりし  厚着をし  気がイライラし  振り向きもし  妙にそわそわし  唇がブルブルし  止めもし  私はくしゃくしゃし  三人大立廻りをし  何でもなく、何とかし  色素にし  とこへし  厭はし  紅色をし  人まれにし  田舎住ひをし  説明などはし  ボタンをはずしたりかけたりし  風になりはし  質問はし  貞子はどうし  踊り上ったり靡いたりし  何か読むか書くかし  花を数えたりし  びれにし  枯葉をむしったりし  事もし  のを、そんなにし  お前らくにし  冷えはし  やうな、笑まし  目食はせをし  キスをし  摩足をし  輪切にし  孔を大きくし  交煮にし  上に落して、し  顔にし  わたしにし  心持を悪くし  フオンにし  リイケどうし  ドルフはぞつとし  動きはし  ドルフもがつかりし  ドルフにし  垣をし  匂がし  ばさんもどうもし  石段にし  試みがし  箸とし  限とし  者は気安くし  厳格にし  名望位地を以てし  ばやとやうやうに思ひかへし  袂に入れなどし  資力なくし  交一朝にし  附録にし  健全にし  間絶無にし  平賀元義にし  母をし  胸乳をし  遊于下原石上ふりにし  本分とし  万葉調を学ばんとし  古にし  平淡にし  遑あらずし  壮年にし  一様にし  将軍たりし  宗武とは気高くし  画拙くし  二つ切にし  摺山葵ばかり残し置きし  書きならはし  活字だけにても正しくし  から少しぬるくし  とまり木にとまつて頻りに羽ばたきし  所必ず誤あらんとあやぶみし  薩とし  春とし  寒気強くし  暑気強くし  しき事にし  秋竹もし  如く二字に書かずし  符号をし  殆ど考案を費さずし  ことを知らずし  チヨイと赤くし  読書にあらずし  文章如何にし  勿体ぶつて居るかと思ひし  大老人にあらずし  碧梧桐氏にし  今もし  和君裸にし  単位にし  礎にもし  二にし  一首とし  あれかし  吟行を共にし  雨は往々にし  歌をよんでほつとし  口へ出したり考へたりし  体が痛いのでどうかし  世直しがし  静かな、またどんなじめじめし  楽しい思ひをし  色々詮議立をしたりなどし  ものを生れながらにし  小僧さんを以てし  芸子のこつてりし  落付いて眠れもし  情調を出さうとし  雲にし  山にし  ものでなくて生れながらにし  明りにし  聖護院にし  線は遠くし  一茶の住みし  才人達誰もついて行かなかつたし又行けもし  手習ひをし  死ぬほどの思ひをし  店を掃いたりし  みな灰いろでぼさぼさし  ざとくしやくしや顔をし  馬を降りようとし  両足は、し  灰いろをし  つて、よろしい、し  リンパー先生は、見向きもし  病人たちはびくつとし  やつぱりびくともしてゐない、てんでこつちを見もし  病気はし  狐がし  思つてやし  頭をぶらぶらしたりし  一つ将軍にし  三十年ぶりにつこりし  答へし  粟をすこうし播いたりし  くじぶんで播いたりし  形をたびたびし  のぼりをたてたりし  毎日平均一回づつ巡るとし  頭がつつまれたりし  方へ降つて行くにし  手にとまつたりし  面くらはし  半日にし  笑はれたり蔑まれたりし  上から返事をし  無人にし  健康を祝すとし  神経を逞しくし  裏をひつくりかへし  つて振り向きもし  たしかに廻覧をまはし  酒もりをし  刃のし  はしほらし  子ねこをどうし  顔を見合わせて、にっこりし  都合で、飼ったり、また捨てたりし  われ今宵あひみし  外にあらじかし  枝をかはし  うさぎに見とれし  琴の緒にし  天がし  刺櫛床に敷き寝ねてし  難からし  初恋やし  汝を生みし  夜さはし  備へし  頤にし  髪にそおつとさし  吸はし  つておいでやし  混へし  もつが憎くけれ、いかにし  もの忽にし  恩売りし  語らむ時にまさりたる、おもむきなきをいかにし  琴にし  針を並べた触をし  誰れかとし  大海にし  額重く汗ばみし  水もし  柱とし  硝子ごし  云はんとし  上にさし  屋外はよく晴れた、冴えた、高々とし  二つにし  買はうとし  こちんとし  行違いにし  男を見送ったりし  身づくろいをし  仏頂面にし  妙にわくわくし  まりをし  開けっぱなしにし  べっかんこをし  のだといって聞かせたりし  言葉を聞き漏らすまいとし  残りを奪い取ろうとし  抱寝をし  風はし  あかざととびつかとで茫々とし  葉をふるい落してなよなよとし  雪囲をし  薪を切ったりし  茶碗を受けはし  博奕をし  掠奪農業をし  事がよく飲み込めはし  だって馬耕をし  何しろ帳場につけとどけをし  五十銭銀貨がまんまるく光って如何し  独笑いを漏し  空に弾き上げたりし  馬鹿話をし  光とが追いつ追われつし  居食いをし  鰊場稼ぎをし  何んし  面に吐きつけようとし  世話役をし  身じたくはし  割引をし  一人として借金をし  借りもし  笠井のてかてかし  軟いむっちりし  力をぬこうとし  足蹴にしたりし  爪をたてて逃れようとし  情に堪えかねてまた殴ったり引掻いたりし  方はまだ仕やすいとし  中を泳ぎ廻ったりし  草でも萎まし  頬杖にし  勝負ばかりし  彼れはくさくさし  彼れはむしゃくしゃし  亜麻にし  憚からし  何所かし  惜んだりし  昼飯をし  辛夷も青々とし  脚を伸したり縮めたりし  だって出来はし  機嫌よくし  上機嫌にし  馬車はかしいだり跳ねたりし  面白い現に出たりし  声を立てて笑おうとし  高笑いにくずそうとし  眼を引つらし  まま瞬きもし  赤坊に飲ませろとさし  笠井はそういってし  中を出たり這入ったりし  前を行ったり帰ったりし  涙にし  馬力に積もうとし  人々は見向きもし  儲を見ようとし  ボイコットを如何し  戸別訪問をし  彼れは悠々とし  彼れに思い出さし  ようなはっきりし  腕を組み合せて、寝ようとはし  小屋に運ばし  しめかたをし  名をいってし  懸賞までし  馬を躓かし  歎願をし  間帳場はなだめつすかしつして幾らかでも納めさせようとしたが、如何し  損はし  夢をまだ取消そうとはし  前借をし  屈托もし  十分に考えようとし  はいまいとし  逡みし  間は聞き直したり、補ったりし  事するでねえ、傷まし  涙を飲みこみ飲みこみし  木立は見えたり隠れたりし  瀬踏みをし  縁がし  玉はしっかりし  どこかしっかりし  眼にも怖がっているらしいおどおどし  水夫をし  一しょにし  いつまでこうし  代りをし  はればれとし  のを見て、はっとし  腹の中ではらはらし  よそ見をし  片端は、さし  それからあのふらふらし  あそこでああし  下から指図しようとし  危険なふらふらし  細引をほどいて、そのぐったりし  父は言ったりし  仏具を磨いたりし  幾度となく汲み換えたりし  たびも汲みかえたりし  左右にし  ひとりで、蒼くなったり赤くなったりし  上に置いたり読んだりし  たびも読みかえし  毎日詩作をし  机にかじりつきながら、どうかし  頬をし  階下へ降りたり上ったりし  大丈夫言いはし  手出しをし  手を握らせなかったりし  目にも判るほどおろおろし  気にしたりし  気がしたりし  階下へゆこうとし  前に置いてああまでし  表と話したりし  微笑して見せたりし  横目をし  紹介しもし  たいがい父がし  読書などし  襟首をし  芸者がおまいりに来たりし  格子に括ったりし  鼠啼きをし  印刷にし  二時間あまりも坐ってお詣りし  蒼ざめたような頬をし  柔らかい恰好をし  彼女はさっぱりし  参詣人が来はし  内部から見ていはし  節穴から離れようとし  不動とし  せいの高いすらりとし  さくら色をし  事であり、し  のを見詰めたりし  盗みをし  監視をし  賽銭箱に入れて置いたりし  賑やかにし  裏とを見くらべたりし  あちこち歩いたりし  行列を眺めたりし  私はどうにもならないやきもきし  間、来もし  胸がおどおどし  眺めもし  肉肥りし  私は考え込んだりし  から盗みをし  処着をし  隙見をし  あした仕事を知っているらしくも思われたりし  声らしい話しごえがし  なかったが、そのふわふわし  こともない美しいうっとりし  ふいに顔を出して来たりし  こにし  そととは異ったひいやりし  籐表のつやつやし  外出をし  予期しない、ああし  水汲みをやったりし  加持祈祷をし  暗示したりし  お礼まいりに来たりし  釜鳴りがし  娘と仲よくし  箱をもって来たりし  露西亜人はのんびりし  機嫌にし  一挙一動ごとにはらはらし  生活を調べて行ったりし  お玉さんを誘い出したりし  夜露に打たれたり、更けて帰ったりし  からだをわるくし  お玉さんがいそいで走って来て、そしてもじもじし  いちど逢わし  頸首がくっきりし  胸をおもくし  鐸鈴にひびいたりし  はいはし  私はぎくりとし  君がねていると言ったら、だいじにし  ちからを与えさえし  三度咳をし  伝染はし  上気して、起き直ろうとし  ようにも思われたりし  表のし  日暮れ近くにし  境内で、そのすらりとし  だんだん震えになって、指さきなどがぶるぶるし  震えようがし  重みが、すこしずつ、その美しい円いぽたぽたし  どこかおずおずし  おかみまでが、しみじみし  腹をじっと見つめたり、伸ばしたり曲げたりし  肉体を吸って見たりし  加減をわるくし  病気がありはし  羽虫が沢山集ってぶっつかったりよろけたりし  山がまっくろにうかび出し  愕いてよろよろし  がわらひをし  浅学にし  切腹までし  まことに堂々とし  やうなあの黙々とし  峻烈にし  瀰漫するとは、いつたい、どうし  其処へ飛び込んで行かうともし  ぱつと赤くし  云ひ誤ひをし  相談をしたりし  やうに思はれはし  写真を取らし  書記をし  やうなぐずぐずし  何度鏡子はし  云つて喧嘩をしたりなどもし  悧口にし  争ひをし  抱つこし  四畳半へ行かうとし  云ふと、おつとりとし  つて書いて遣し  其夢の中でかうし  雇ふか里へ預けるかし  頬擦りをし  思ひ出したりなどし  物に包んだりし  鍵をどうし  僕の思ひなしにし  肱枕をし  呼び声を立てたりし  いやだあ、しない、し  畳に擦りつけ擦りつけし  から、あゝし  つて一寸お辞儀をし  唯お辞儀をし  晨坊はどうし  云つて暫くし  兄さんを撲つたりし  地ならしをし  手伝はし  後ろ鉢巻をし  方をにらみながら、もじもじし  寝床を敷かし  ままに起きたり寝たり、ぶらぶらし  それがまだはっきりし  精神労働をし  グラスを取りあげようとはし  食道楽をし  現代離れがし  微笑されるよりは寧ろ、怒ったり叫んだりし  応接をし  私はろくに見もし  話も、さらりとし  灰ならし  彼女はもう信じはし  ごまかしなどはし  使い走りをしたりし  酒ばかり飲んで、寝たり起きたりし  あたしもし  喜び方をし  箱枕をし  何か言ったり、互に囁き合ったりし  稲光りがし  水しぶきがし  青蛙はきょとんとし  眼玉をし  ハモウニカを借し  ためいきをし  傘を借し  両脚を強く曲げて逃げようとし  腹を悪くし  眼をしてきょとんとし  舌なめづりをし  一つぐるりとまはし  蛇はどうし  青蛙はきよとんとし  眼をしてきよとんとし  手でうけとったりし  おもしろいあそびにし  いつものようにすきなまりなげをし  おともだちにし  さまは、ぎょっとし  なにをびくびくし  おまえをさらって行こうとでもし  かえるがし  友だちにし  さまがもじもじし  ありったけのちからで、し  綱領とし  理由とし  首班とし  一九四七年二月一日を期して行われようとし  追求しし  逃亡しようとし  法律顧問をし  正義からいいくるめようとし  閲歴とし  一九四八年二月十日総辞職をし  世論をまとめようとし  開拓者になったりし  軍事的官報とし  修理をし  要求を満し  遺憾とし  論点とし  差別的扱いをし  出発をし  短波受信をし  戦争協力をし  身代りにし  条件とし  委員とし  進歩的編集をし  編集をし  多くリーダーズ・ダイジェストから学ぼうとし  確保しつづけようとし  必要を満し  保守にねじむけようとし  事実上何とかし  現状から眼をそらさせようとし  骨子とし  見通しを明るくし  寄附をし  法文化そうとし  保存しようとし  肉体労働をもいとわぬとし  工業に働いたりし  線を通して行おうとし  解放しようとし  保守しようとし  自由を奪われたりし  協力さえし  合致しようとし  多分にそそぎ込もうとし  方向からそらされようとし  探求しようとし  会員とし  しろだてとし  歴然とし  道づれとし  頭飾りとしたりし  文筆活動をし  内容とし  表現しようとし  出版されようとし  詩形とし  伝統とし  使用しようとし  不可能にし  自覚させまいとし  裏づけとし  完結させようとし  観客とし  出演したりし  美術展覧会を開こうとし  作品を作ろうとし  製作しようとし  劇団にしようとし  音楽がよみがえろうとし  歌謡指導をし  音楽紹介を行ったりし  課題とし  連続演奏をし  ハープのやさしいひびきを出そうとし  ハーモニーを見出そうとし  領域にははっきりし  組織員とし  十分知らされていず、はっきりし  統一しようとし  文化統制を行おうとし  具体化しようとし  創設しようとし  発揮しようともし  ボイコットしようとし  維持しようとし  労働委員会にし  それから声をうんと細くし  チブスになって、ひどいわづらひをし  手数をし  それを叩いたり引っぱったりし  これはひどい難儀をし  頭を痛くし  ふからはづかし  カン蛙はけろんとし  いつにし  目にあはし  穂を立てたりし  方を向いて逃げようとし  ぴちゃといふ音がし  毛をとって来てこすってやったりいろいろし  間なくし  見えがくれし  道を進もうとし  読過そうとし  椅子にぐったりとし  それは、ひっそりとし  廊下をいく曲りし  家のこまごまし  何かはてし  空漠とし  予想で、ぐったりとし  津軽先生にし  考を追払おうとし  ものごし  彼はぐったりし  妻はぐったりし  ようなおもいがし  日、どうし  お祈りをし  葉がヒラヒラし  伽藍は、はてし  廊下はひっそりとし  予感がしきりにしていたが、そうし  何も考えようとはし  心ほそしむつまし  勤労生活をし  時代、はっきりとし  感情にぴったりし  通俗化をひき起したりし  私はひんやりし  やうとはし  懐中手をし  所為をし  口吻をし  わずらいをし  ぴちゃという音がし  何と云ってもこうし  大勢裸ですわったり、立ったり、ねころんだりし  声をきき忘れはし  渾沌とし  これまで云いもし  文句にし  味として活かそうとし  面白いとし  過去からとび出し  姿では、まだはっきりもし  血みどろにし  生命によって埋めて行こうとし  参加はし  権力によってへし  自覚させて死なせようとさえもし  一生を送ろうとし  社会にし  旗持ちをし  下請けをし  貯水池によりかかろうとし  ぱあつと赤くし  思つてゐたけれど、どうし  彼はしかめ面をし  海岸へ連れて行かうとし  積木細工をひつくりかへし  炊き出しをし  ピクニツクでもし  昨夜頬ずりをし  退屈をし  少女もし  耳打ちをし  口實とし  彼を誘ひ出さうとし  石を蹴つたりし  顏つきをし  一度も行かうとし  あたりを見まはし  訣をし  奴なんかろくすつぽ見もし  彼に聞きかへし  それを結んだりほどいたりし  氣持がありはし  ちやにし  ためにどうにかし  彼はがつかりし  彼は一層がつかりし  彼はぞつとし  今夜ひよつとし  自己分析をし  氣づかはし  ふいにさつき接吻をし  言葉づかひをし  湖水めぐりをし  手つだひをし  出しにし  素人風をし  菅沼るいは、ハッとし  変つた生活をし  養生にいらし  誰かが親しくし  お喋りがし  うそよ、聴かし  商ひをし  それを、どうし  噂を立てられたりし  口を酸くし  落をし  わたくしのお附きし  蓄音機をかけたりし  から落ちでもし  前置きだけ聴かし  性質を異にし  土台とし  提唱をし  文学を創らんとし  モラルを創らんとし  出版活動をし  位必要とし  活動をし  材料をもつてし  顔ばかりをし  関係なく、し  何だか知りもし  十五分にし  下草にし  南走し  全容を露し  破風形をし  額から上を露し  筋斗打ってのめり込もうとし  止にし  谷へ下らせたが、暫くし  二十分にし  笹深くし  休憩二十分にし  一時間にし  豊麗にし  所からへし  体を圧しにし  突起にさし  ようにのろのろし  谷を埋めんとし  笹を押分けて、広々し  床らしく踏むとじめじめし  瞬もせずに見詰めていると、やがて忽然とし  歩を移さんとし  下から水がだぶだぶ湧き出し  方へ引返したりし  足掛りにし  高廻りし  脱け出したりし  様に走り抜けたりし  横に峙ったりし  手捕にし  三箇所湯がにじみ出し  感じは、しみじみとし  何れかで塗りつぶすとし  収穫後の広々とし  如何にくっきりとし  うちにも、くっきりとし  凝視してしみじみとし  獰猛にし  狡猾にし  沢蟹を掘っては食い、掘っては食いし  藁仕事をし  神の国があるとし  贈物とし  すき焼きにし  尤もとし  ことは、一応はっきりし  直接対象とし  特殊撮影をし  線画を少くし  レトルトを炙ったりし  実験者はホッとし  音もなんにもし  先登にし  縦にし  難関に出会っても存外どうにかし  結果でありはし  試みをあえてし  自分を投げ出し、そうし  芸術家にし  投機的とし  相反目したとし  ッ面をし  クリとし  実験だけはし  宙返りをし  歎息をし  自分自身に対して、しつかりし  容赦をし  矜りとせずし  三十までとし  青年にし  どころとし  命を惜しまずし  これくらゐにし  支配しようとし  理解はし  いふ工合にし  日のいくぶんおしやれをし  凜とし  詰襟にし  途中といふところに出くはし  ことを、はらはらし  言葉遣ひにし  のは当然とし  結果も往々にし  話題をもちだしたりし  談議をし  ほりに振りまはし  自ら訓へとし  なにかをし  挙止端正にし  剛毅にし  青年をし  伴ひさへし  貯金をし  無駄使ひはし  姿が、なんとし  標語を作つたり、選んだりし  尾を引いてゐたにし  要求が湧いたとし  偉業をし  質問が往々にし  もう少し類を異にし  これが往々にし  進歩は往々にし  ものは往々にし  炭焼が、突如とし  常用にし  入れはし  給料を上げようとし  ぱりツとし  二十七歳にし  相手などをし  れつきとし  つて女房にし  やつと、ほつとし  囲ふことすらし  熊川忠範は、思はずほろりとし  結納を取りかはし  見栄えがし  昼寝ばかりし  鷲づかみにし  干乾しにし  熊川忠範は、かうし  みな馬鹿にし  言つてやし  年齢は、なんとし  まともに見ようとし  熊川君にし  畑を作るにし  畑を作るとし  これを読んでみろと勧めたりし  土地にし  日張博士よりもずつと若々しく、ピチピチし  守りをし  日課にし  うち千円づつは貯金をし  熊川忠範は、にやりとし  戸締りをし  オマジナイをし  名乗りもし  名探偵をし  のかもしれないと思ったりし  ニュートンをし  モデルにし  知らない読者は本当にし  読み物とし  無視はし  科学的態度をとるにし  鑑定にし  頭脳にはこういうしっかりし  革命的にし  粉飾せんとし  神秘主義に終始し  国難を救わんとし  満足せんとし  反射鏡たらんとし  代表せずし  のものとし  存在理由を失わんとし  幾曲りし  捨殺しにし  方がまだし  眼を白くし  願掛けでもし  湯を買切りにし  限つてどうし  時懐手をし  つくりをし  奴さん窓からはひらうとし  具体性が失われはし  考察を企てようとし  スレッカラシにしたりし  尽きはし  古典的文献とし  君臨しようとし  際往々にし  否定されたりし  無用にし  こと、そうし  日本人精神として掴みはし  別物扱ひにし  そこにはハッキリし  勤王に始終し  東下せし  けが南朝に属せし  辛捧せよと呼びかはし  一度小田城をとりかへし  云々、し  科学自身をし  進歩をし  立ちもし  青年に与へようとし  郵便配達をし  結婚は往々にし  ものみな豊かにし  多難にし  からこれくらゐにし  暗色にし  純真無垢にし  面に出しはし  強靭にし  不安も、忽然とし  言ひくたびれするかし  朝露にし  花房をし  議論を認めるとし  向上に役立たせるには差し当りどうし  考察をし  議論にし  われわれをし  もう少し緊密にし  人類をし  ことをあえてし  左を見たりし  太郎は、にっこりとし  中から小刀を出そうとし  だれか、見ていはし  ほうが、びくびくし  可怖がられたりし  小頭をし  商売でもし  稽古台にし  腸工合を悪くし  あな気がし  婆さんは、しみじみとし  癖とみし  惜しみはし  後姿も要りはし  退潮を余儀なくし  抜きすて去っているとし  ポーズとし  色どりとし  刺戟となったりし  高邁にし  から未し  要求によって結ばれた広くし  融合させようとし  インテリゲンツィアをし  純文学にし  偶然であるとし  資質とし  説明に対する漠然とし  私小説にほかならないとし  ためには、いかにし  純粋小説であるとし  分析を試みようとし  手がかりとし  没入して行こうとし  提供しようとし  主体とし  発行とし  社会的色調を濃くし  解釈を異にし  モラルであるとし  姿として描こうとし  風潮を著しくし  本質を異にし  年は、かようにし  腰を、一層弱くし  用とし  必要ともし  段階に入らんとし  十七年留守をし  年を同じくし  将に暮れようとし  解決を見出そうとし  抽象名詞とし  人とを同じくし  流れを太くし  追究しようとし  一九三七年は暮れようとし  姿を描こうとし  漱石文学とし  戒律を持って生き、死にし  眼目とし  観察として未し  謙遜にし  はじめ袈裟切りにし  釘付けとし  演説を試みようとし  允許なくし  気が切にし  縮写をよくし  友にし  吐息ばかりし  刀つきつけし  植物にし  漁をし  利害を異にし  自分は何とかし  特色ぬきにし  放送はし  ことをいったり、書いたりし  生理めにし  日本らしい、はっきりし  しか自国語にし  訛りさえし  条件をつくろうとし  笑みを洩し  中はじめじめし  机に向ったりし  学費にし  天道様はよくし  十粒にし  乳房を含まし  声が聞えたりし  骨立ちはし  彼女はいくら痩せても、丸くふっくらとし  一つ幾日も懸っていたりし  一緒にいらし  家へいらし  べりをし  馬に乗らうとし  言つて顔を赤くし  姿もすらりとし  滅茶滅茶にし  馬は、どうし  柔かに、し  話合つた事でしたが、お見受けし  喜怒哀楽を共にし  半分だけお借りし  背後から声をかけられ、へどもどし  けがとても仲よくし  こんにゃく売りをし  顔馴染になったりし  あと戻りし  家へ訪ねてきてくれたりし  メチャメチャにし  千切れたりし  お前が逃げるからだよ、逃げなきゃ跳びつきなんかし  級長をし  一緒に遊んだりし  百人一首をし  御馳走になったりし  お話とかをし  読者に語られようとし  物語に遠慮なくは入らし  おかあさんがいそいそとし  楽しいくつろぎをし  児扱ひにし  別に得意にもし  得意がつたりし  別に話しはし  かたを何故し  詰問なさりはし  切つたのをし  相手などし  男姿に引き入られようとし  気があつてし  おかあさんにし  目付けどころにし  愛婿とするにし  書き置きをし  婿にしようとし  同棲迄し  話柄にし  廻り道までし  道楽がし  袖にし  紙包にし  燈火にかざして見たりし  紙入をし  中へ吹き散し  から三四年にし  其執事遠藤某をし  再婚をし  手続をし  部屋借をし  たそがれようともし  裏町にし  竹の低くし  わたしだってお礼がし  白粉焼がし  芸者でもし  雨宿をし  一人でこうし  一時寂とし  炊事場では又し  合図にし  人殺しでもし  憩むことにし  四五回にし  顔をして聞返しもし  張交にし  客扱いをし  罪人たらしめようとし  虫干をし  妓にし  中我慢がし  地揚もし  規則違反にし  謄写摺にし  夜を一層蒸暑くし  おかみさんにし  応答をし  休憩所にし  声を聞こうとはし  宮殿にも往々にし  足を踏まれたりし  資本にし  わたくしをし  相応にし  絶頂にし  中休みをし  一時払いにし  人をだましたりなんかし  娯しみとし  顔ちがいのし  調子を低くし  まねはし  此方からもからかったりし  山盛にし  間話をし  音も成るべくし  悍婦かになろうとし  後半生をし  悲しみはし  雪はどうし  久しからずし  悲しみもし  鉛筆を走し  かぎり話をし  肩揚をし  目当にし  処嫌わず昼寝をし  傍枕さがしをし  立談をし  新聞雑誌を抱えたりし  電柱のかげにかくれたりし  理由をも説くに及ばずし  一切口にし  知らない人があるとし  時迄じっとし  路地を歩いたりし  腰を抱き合いし  此不体裁にし  父兄にし  其子弟をし  習癖よりし  市電二十五周年記念とかし  身体検査をしたとか、し  勝手次第にくずしてしまったら、直そうと思ったって、もう直りはし  一輛残らず逃げ失せてしまうが、暫くし  ガソリン臭くし  中年にし  自ら娯しみとし  値下げをし  議論もし  学位を得んとし  職を求めんとし  入門をし  原文で読んだりし  深入りをし  不幸があったりし  変遷がありはし  包括する漠然とし  予言であり、そうし  発表せんとし  いろいろな漠然とし  何かしら答えなければならないとし  方程式自身に対する漠然とし  環境条件があまりに漠然とし  憑くかし  助手にし  ことによって忽然とし  場合に、いかにし  科学者にし  ことで、しかも往々にし  中間的随筆は概してはっきりし  差別も実はそれほどはっきりし  随筆であって、そうし  先駆けをし  装飾的に織り込んだりし  発見するかし  暗唱したりし  からよく、どうし  刺戟を与え、そうし  発見してひどく嬉しがったりし  ペン画を嬉しがったりし  水面に浮かべ、そうし  先生にほめられたりし  議論を持ちだしたりし  感激したりし  考えもありはし  追究し、そうし  我にし  立食をし  春浅くし  思想の進みし  枝を見まはし  裏口をあけたりし  壁を見てはっとし  ぢっと見つめて、ぼっとし  のに驚かされて、はっとし  やうに思ったりし  上気さし  喧騒を見たり聞いたりし  ことを繰りかへし  頭のくしゃくしゃし  温度を見たりし  朝子が呼びはし  往ってやる、かまえをし  九十にし  礼をしようとし  身構へをしたりし  以来何だかソワソワし  対象とし  レビューをして見たら面白くもあるし  間違いもし  通俗的であるにし  時があるとし  元来かうし  天性気質が、かうし  人嫌ひにし  仙人にし  独語などをし  使つたりし  乱髪にし  ものは、し  時間を多くし  相手にしてし  最近漸くにし  一番必要とし  教えもし  御新造様、わっし  面持をし  事情は申されませんが、わっし  草茫々とし  まま方々釘付けにし  耳をつねって考えても、どうもはっきりし  遁すまいとし  森閑とはし  立ちをし  万吉にし  万吉はひやりとし  家違いでもし  肘枕をし  者は尋ね当てないで、尋ねもし  交換をし  艱難苦労をし  眼配りし  笊もし  骨太だがスラリとし  腕がムズムズし  賭博ごとをし  居催促をし  懐手をし  総髪にし  無作法をし  恍呆けた返辞をし  孫兵衛は、凄くニヤリとし  辻斬り稼ぎをし  ウム、し  腕を絡んでもぎ離そうとし  すべて木口もしっかりとし  書院を開けようとし  綱を追いつめてきたかと思うと、いきなり、跳びついてゆこうとし  燃える眼ざしをし  心支度をし  ちょっと戸まどいをし  奴は、かれにとって、まだ扱いいいが、いやにねッとりし  六寸ほど後ずさりし  カラクリがし  カラクリ普請がし  気絶ぐらいはし  オオ、どうし  しようがありゃし  骨牌でもし  匕首の尖を透かしてみたが、折れていなかったのでホッとし  手裏にし  丞様にし  雪くずれをし  乳母がどうし  諜しあわせをし  企らみをし  幾度か死のうとし  死を思い止まらし  ように申しますが、どうし  梯子が、どうし  火を消そうとし  しごきを結び足そうとし  おじさん、あたらし  角兵衛獅子をし  永患いをし  父ッちゃんは、ピンピンし  煙を見まちがいし  万吉は、戻ろうとはし  異常はなかったので、ホッとし  拍子抜けがしたりし  だんだん深入りをし  響きがし  叫びがし  そこを離れようとし  屑屋をし  地響きをし  ッ赤にし  お十夜が少しムッとし  盃を取り落して、言いあわし  手紙はどうし  お十夜も、ガッカリとし  屏風にし  被布を脱いで着せかけようとし  何かフワリとし  いつまでグズグズし  灰にし  十手で叩き落そうとし  太刀、飛び退いて持ちなおそうとし  三度もぎ離そうとし  倖いにし  衝たれでもし  さし覗くと凛とし  のであろうか、どんよりし  陥穽があるにし  気ぬけのし  天堂一角はハッとし  あおむけにし  丞にし  だじゃれをまる呑みにし  トロンとし  たむろをし  フテ寝をし  腹ンばいにし  元天満与力をし  二人は、いったいどうし  姿を見たりし  わき見をし  怪訝そうにし  たいそうりゅうとし  浪人はし  この間うちから心待ちにし  意思を伝えようとし  猫板から肘を離して、いきいきとし  完全に助けきれていないにし  指がし  渡世をし  綱はそうし  まり人だかりがし  話をぬすみ聞きし  虚無僧はムッとし  綾にし  のが凛とし  かに会釈をし  重畳、し  中に隠れて、ハラハラし  分ならばとホッとし  人立ちのし  女がはにかまし  根を紅くし  辺から近道をし  ンかさせておきゃあし  涙もし  身うけをし  廓へ売ろうとし  前へ駈けぬけようとし  ざんげをし  小手を叩き伏せようとし  離れ業をし  湯に、のびのびとし  女湯覗きをし  気持そうにし  人立ちがし  ウサン臭い目つきをし  角をそれようとし  白洲にし  どこで見たというほどな、はっきりとし  処分をし  一礼をし  起居を共にし  使いは、あんまりゾッとし  丞は、し  右寄りへ進もうとし  二ツ三ツお辞儀をし  途端にハッとし  張合いぬけのし  半次はどうし  いらいらとし  心待ちにし  様子を見てホッとし  ッきりとし  生れ代ろうとし  焔にし  箇条書きにし  密謀が着々とし  身辺に接しもし  戸まどいをし  一緒に、なんとし  後生ですから、わっし  綱は、わっし  気になって、飲んだり打ったりし  誓約をし  気をしっかりし  上がりもし  情を張ろうとは言いはし  丞様とし  手探りをし  目明し根性にし  旅へ立とうとし  詫をし  気がかりで、ああし  冷寂とし  旅支度までし  貰い泣きをし  秘し隠しにし  それを明かそうとし  こま結びにし  あやしむべし  欄干に添って後ずさりし  掏ろうとし  心はハッとし  待ち伏せでもし  堅固にし  露見を恐れ、絶えずびくびくとし  人嫌いにし  神経を使ったりし  酒の不し  酒を止めようともし  うつとりとし  活字を大きくし  抜き書きしたりし  抜き書きをし  早熟にし  十三にし  三十にし  横曇りし  燈があかあかとし  団扇にし  そうに、もじもじとし  催促をし  呼吸だわし  裏打をし  客人ぎょっとし  赤毛氈に、ぶくぶくし  蝋燭はどうし  お前、し  一ツ詮索をし  身体を裏返しにし  欣八、ぎょっとし  可うがし  形で、熱く羽ばたきをし  袖畳にし  牛肉をし  どこの、どうし  幾本となく忍ばしてあるので、ぎょっとし  奴め、ニヤニヤとし  しまつて、どうかし  喉を鳴し  嘆声を洩し  つて喉を鳴し  叫びを洩し  感傷に陥つたりし  振舞ひをし  舌を鳴し  俺は、し  中学生らしくし  ギユツと絞めたりし  しかへし  負けやし  笑つて相手にし  海水浴をし  行つたり来たりし  云ひ続けようとし  軽蔑されでもし  云はうとし  索めたりし  勝手に噴き出したりし  縫物などをし  云つてうつかりし  感想を浮べたりし  砂遊びをし  反感を持つたりし  話に移らうとし  ヒヤリとし  約束もし  感情が如何し  旅でもし  据ゑた素振りをし  折つたり伸したりし  口笛を吹き鳴し  口返答をし  渡し守は堂堂とし  しかもその堂堂とし  舟へ乗せようとし  髪を組みて長くし  好きだから大切にし  近所を探して見たりし  らを探しても、どうしても出て来ようとはし  僕はせかせかし  帽子を拾おうとし  三間転がりし  四遍横まわりをし  左に行ったりし  帽子だけははっきりとし  帽子に飛びつこうとし  帽子はどうし  何も届きはし  一緒になって、いきなり飛びつこうとし  光が暗いのでちっとも見つかりはし  釘から外れでもし  落着かないせかせかし  ここではそうし  上等品は白く、やわらかく、ふうわりとし  ちょっと水っぽくし  庄屋と同じくゴタゴタし  立ち飲みをし  裏切りとかをし  先生かなんかし  格別心やすうもし  自分とはし  下宿をし  ことはやりはし  コンラッドを知らずし  時宜をし  中から薄れかけようとし  おとこうんがわるうて、くろうし  うえに、し  淫売をし  姿で、細々とし  エプロンを掛けていたので、呼び止めはし  今度殴られたら、グラグラし  荷造りをし  一ツ手にし  首にぴったりとし  庭は広いし隣りは遠いし  柱はひどくグラグラし  尿をし  会計をし  飯にでもし  一枚ぐらい混ざっていはし  レコードなんかを掛けていたりし  帯をし  薪で煮焚きし  我もし  ンでもお見せし  ピンハネをし  四円位にし  前へ出るとペコペコし  糶売りし  くめんをし  泪もろくし  涙っぽく愛しくし  顔を写してみたりし  母がよく云い云いし  弱味を見せまいとし  新婚旅行ぐらいし  朗らかにし  びっくりして、どうかし  本から離させようとし  口に入れてなめようとし  僕、もうきたなくし  げんを悪くし  さくがし  いつまでも帰ろうとはし  道光頃からし  中頃からし  ところへ、こうし  腹巻きをし  克服したい、し  起原にし  征服者をし  糸作りにし  刺身にし  酒だしのかった、あっさりとし  問題にはし  小屋がけをし  仕事着にもし  花を咲かせたりし  居酒屋に現れるにし  雛形にし  内心冷汗に堪へられぬ思ひがし  品々を脱いでは棄て、脱いでは投げし  辞退はし  脚どりし  無駄写しをし  寄したりし  合はず一回りもし  新装を凝し  駅に降り立つと、くろぐろとし  いっぺんお辞儀をし  さらさらとし  雨戸をあけようとし  にきびをつぶしたりし  私はぎょっとし  眠ることにし  部屋もそうし  瞼をし  襖ごし  ため、一層こぢんまりし  流通をよくし  男はきっとし  男はぶつぶつし  歌声がし  一緒に歩けし  字ひとつ書かし  花をし  お茶はあんまりし  洗濯かて、せえ言うたら、し  私はきょとんとし  私はなぜかはっとし  泪を拭ったりし  盃にどろっとし  下痢をし  済まんことし  比較論がし  ことについて、かなりはっきりし  しろ往々にし  若い学士が申出し  事思ひし  物知り顔をし  名文をもってし  縮図を書き上げようとし  真人間にし  食事をしたりし  悪るふざけをし  徒手体操を演じたりし  愛嬌にもなりはし  教へやし  つて昼寝をし  廃止にし  時に、し  元気溌溂とし  味を感じたりし  やうな寂しい思ひがし  一部分にし  試験を受けたり受けなかったりし  李のてきぱきし  ために別れようとし  彼がはっきりし  前で読んでみようとし  商店員らしいきりっとし  彼を引張って行こうとし  議論はし  仰天して、そしてぽかんとし  煙草の煙ごし  感じは、どうし  年若くし  商店員にしたりし  小説を書こうとし  三十円かし  俄にしみじみとし  上滑りのし  つた朦朧とし  顔色はどうし  余裕はありはし  紅らみの中に浮き出てゐた細りとし  一枚描かし  君を待つてやし  見返りもし  網を持ったりし  せきれいを追ったりし  あちこち見まはし  ぉといふやうなひどい音がし  横向きになって流れて来たので、取らうとし  シャツだけ着たりし  ぼくらの魚を、ぐちゃぐちゃ掻きまはし  こっちへわたらうとし  手にもったりし  顔を赤くして、押しあったりし  じゃんけんをし  紫いろにし  水に入ったりし  四五へんぐるぐる引っぱりまはし  鬼っこもうし  むのはやしについたとき、し  ぉというようなひどい音がし  横向きになって流れて来たので、取ろうとし  何か云おうとし  こっちへわたろうとし  罪過にし  零落不平素志を達せずし  所業をし  罪過なくし  のみにし  終へし  人物なくし  謬見を抱きし  解にし  決つし  雑誌を出しつづけようとし  発足しようとし  性質素直にし  和主にし  ことなりいかにし  しか思い立ちし  告げずして往くべかりし  一町余にし  留別場にし  帰り、し  期限なりし  享けたりし  慰藉を報うべかりし  机を列べたりし  机にし  かし、し  折にてありし  途にし  蒐むべかりし  午前にし  穴さがし  幸いなかりし  空閨を守りたりし  手をもて取らんとし  壮年なりき、突然とし  今朝尋ねたりし  敷居に踞し  縊り殺せし  咎によらずし  得入らずし  供らに対しいかにし  墓、忽然とし  彼は飛ぶごとくし  人魂の落ちこみし  苦痛あるを知りて死にし  一事はなお往々にし  舟は返らずし  手を叩いたり笑ったりし  密をやるにし  世話までし  みんな愉快さうに顔を熱らし  手を叩いたりし  密造をし  こと無礼講にし  油断もし  みんなが立って留めようとし  誰も知ってやし  一つ息をし  こはい顔をし  友も及ばないとし  床下をほるかなんかし  デンドウイ属はし  顔をくしゃくしゃにし  講演までし  しごきをだらりとし  署長はどきっとし  一つおじぎをし  足をとられたりし  あたりをじっと見まはし  これっきりにし  署長はぐるぐるし  生枝をのせたりかぶせたりし  中を見まはし  方がどやどやし  顔をあげたらじっさいぎくりとし  みんなしいんとし  会社組織にし  署長はわくわくし  棍棒をもったりし  専門家でないにし  決定しようとし  ぴつたりし  使つた方が、もつとよく剃れはし  挨拶をしてくれたりし  脱線しはし  對してし  自分を空しくし  見方をし  われわれとし  建築裝飾なぞからし  イクラ複雜にし  書物をし  藤棚になったりし  一本吸わし  広告にし  味にし  リウとし  千年にし  三千年にし  どこかズレているのでハラハラし  やつなんでし  やすやすと掴ませはし  しぐさをし  横をむいてし  らん顔をし  寒肌にし  懐手ばかりし  そりとし  冬亭にし  ことなのだと、あらためて、はっとし  何時間でも坐っているという、どっしりとし  ひきつめにし  簪をし  豪遊をし  語草にし  道を行きつくすと、だしぬけに、ひろびろとし  ろいをし  老人が、ゆったりとし  鶴鍋にでもし  存分にし  ことでお騒がせし  心のほどを、おうちあけし  心情を察しますと、なんとし  筋ではありませんが、それほどにし  門から、お入れし  ふみかへしては、かへし  笙にし  健氣にも、はた傷まし  ぬめり男のしやらり、しやらりとし  歴とし  ぱりとし  垢拔のし  ぎざぎざにし  これ、ど、ど、どうし  燃えあがり、消えはし  長大にし  路ここよりし  これを包みし  これらを生みし  其心ますます明にし  廣遠にし  奧深くし  央にし  不可思議にし  これら衆星をまき散し  苦鬪、漸くにし  主たり、忽然とし  萬物其基よりし  飄逸にし  席とし  敷石とし  此戸よりし  不安なり、苛苛し  眼にし  波のてりかへし  眞面目に、し  匂もし  容子をし  つて煙にし  粧でつるつるし  爲添伏をし  ひとが揉みくちやにし  祕密を汚してみよう、傷まし  飾をし  眼を赤くし  通夜をし  戀人、し  媒をし  まり自分勝手になっていはし  必然がありはし  間本を借し  力を借し  愛憎をし  蔵造にし  富家にし  専業とし  手習をし  始とし  医業をし  巻をし  休所にし  書斎にし  人々に分贈し  親戚がし  北渓よりし  後妻とし  これを制せようとし  渉って逃げようとし  手続をしようとし  篏制しようとはし  心掛を以てし  父子をし  家督相続をさせようとし  俳優にし  檀那とし  横奪し  片つはし  所謂性悪をし  身受をし  人を叱し  名を以てし  纏頭を遣りなどし  裸のままで筆にし  振舞をし  屈辱を受けんとし  紫玉をし  茶弘に謝せしめようとし  所謂手打をし  短冊が貼し  のを顧みだにし  傍訓がし  肥白にし  婢は幼くし  壮にし  卯といへるとし  明治三十七年とし  従つて考へが多くし  整理緊縮をし  ことが出来なくなりはし  傷だらけにし  信用を得られないからし  動機にし  緊張もし  入ろうとすると、どうし  ノックしたり、叫んだりし  何しろアデイア青年にし  解釈を見出そうとし  たしかに気絶をし  出現などをし  中に落っこちはし  切り角から辷ったりし  興味ある訪問をし  先をきこうとし  尾けられはし  煌々とし  中に立って、黙々とし  劃がうまくゆかないので、じりじりし  ちょっと耳打ちしようとし  すべて寂然とし  姿が、飛びかかって来はし  想定かもしれないが、撃ち損じをし  英国公使たりし  君、ああし  別に固執もし  児分にし  科学そのものとは往々にし  発展をし  量的スケールを大きくし  厳存していないとすれば、ああし  科学論的視野を高くし  枢軸とし  関係づけるにし  讃するにしても貶するにし  傾向を異にし  上滑りをし  自然主義的手法をもつてし  味方はし  俳優では、なんとし  標準語をし  菊池君にし  天地にし  ゼーロンに立ち返りでもし  舌を噛ませようとし  記憶を呼び醒そうとし  将士あまた招かれにし  思い入れで、ぐったりとし  鞭にし  迂回をし  ハタきつけたりし  一事実を見出したりなどし  綱渡りでもし  湿布したりし  用にし  遠回りをし  時には思わずほっとし  夢見心地でこの広々とし  自分ではしっかりし  一束にし  腕をし  打ちにし  ふて寝をし  馬を追いやろうとし  ぼんやりこっちを振り返ったりし  ゼーロンに追いつこうとし  一撃を喰わし  八方から寄り集ろうとし  ホースを伸ばそうとし  のに気づこうともし  機会にし  心持ち筒型にし  広漠とし  血でも流れていはし  雑誌をよむとし  さははっきりし  それで生きて行こうとし  低俗に陥ってしまったりし  薄化粧などし  選を異にし  象徴にし  突込まうとし  苦しみ方は、し  あたしとし  玩具にし  後悔なんか決してし  それこそ、どうし  頭がふらふらし  お前を、どうし  こと云やし  ことはできないにし  相手にするもし  遭はし  貧乏でそうし  特に研究しようとし  時ぼんやりながらし  討死をし  十分そう云われはし  酒臭い口を寄せながら、ほとんど噛みつきでもし  朗然とし  落胤にし  失墜しはし  傲然とし  無駄足をし  その間に居睡りをし  問題外にし  取捨選択をし  記録にし  老人はしばらくし  時忽然とし  歴史を書くにし  註釈とし  巫女にし  合ひに、かうし  知つて居るにしてもかうし  意義転化をし  顔掩ひをし  国土とし  若い男たちがほつとし  鍋一つかぶる女にし  語原とし  顔掩いをし  若い男たちがほっとし  皿大にし  かかんとかし  北朗にし  個条書きにでもし  不思議を見たり聞いたりし  気性もしっかりし  ことを、見も聞きもし  声をして唸ったりし  頭をたたいたりし  多年そのままにし  みなそうし  ドアはびくともし  形もなくて、ただふわふわし  寝床にし  今夜は起きていろ、そうし  恐れはし  女とおなじくはっきりし  火の玉がまたあらわれて、走ったり転がったりし  気がしっかりし  音が聞こえたりし  ゆうべ私が見たり聞いたりし  つて金にし  おしおきにし  騷がし  寢がへりをし  長太郎とは附いてし  づす音がし  蹲つて禮をし  ものか、どうし  歸さうとし  當年十六歳にし  陳述をし  霊泉をし  顧客にし  ハダカにし  盲メッポウ打ちならし  身体検査をし  歴々とし  言葉にし  それから手洗いに立ったりし  身うごきもし  それをひいたり押したりし  うわさばかりし  立ち聞きをし  ようにさえし  たくをし  門番が帰そうとし  考えを述べ、さし  当年十六歳にし  正伝を作ろうとし  から、次第にハッキリし  列伝とし  別伝とし  名目とし  顔じゅう真赤にし  後ろに引こうとし  阿Qとし  おもちゃにし  身の上話などし  糸切りにし  嬲り物にし  一通り喧嘩をし  勝ちとし  顔がカッとし  乃公を見ろ、あるかねえか解りゃし  皆赤くし  投身をし  んだが、どうし  彼はハッとし  米搗場に逃げ帰ろうとし  倍増しにし  皆酒にし  彼はぷんぷんし  からハッキリし  手伝をし  者はぞっとし  趙太爺はおずおずし  ふちを赤くし  空坊主にし  侮蔑をし  辮子を解きおろそうとし  ようでもあったがハッキリし  もう少し前へ出ようとし  阿Qは思えば思うほど、イライラし  目遣いをし  愧かし  丸を書こうとし  仲たがいをし  追徴をし  晩とうとうまんじりともし  辞職もし  ガーンとし  彼はガッカリし  刀をふりまはし  今日も尚巧まずし  箒合戰をし  惡ふざけはし  づ遣し  時を離れよう離れようとし  帶封をし  事を見られた恥づかし  祕密にし  事を書かし  夫婦にでもし  樣に近づきでもし  時世話をし  顏ばかりし  積りにし  時はどうし  證にさへし  品をし  立派にし  卑屈にし  彼らは生れながらにし  イノチにし  數こまかにし  ハ何がし  そこに期せずし  例外もあるが、なかなか、しつかりし  いっさい世話をし  編み物をし  電話をかけようとし  俊夫君が乗るなり、すぐ駆けだそうとし  街上に横たわっていても、躓きでもし  そちらをお訪ねし  後頭部がいまだにしくしくし  心が暗くなると同時に、じっとし  私はぐずぐずし  のは一体どうし  三人して、どうし  のですから、じっとし  眼をぱっちりとあいておとなしくし  くしをし  いつまでも擒にし  僕はしかし黙って、どうし  そばに駆け寄ろうとし  富田さんは思わず立ちあがろうとし  大丈夫逃げはし  科学的根拠があるにし  羅針とし  象つたりし  日の出と同時に現はれるので、かうし  助は何ともいえないうっとりし  へまをし  戸惑いして、もぞもぞし  家が立っていたりし  助はぎくりとし  ように、びくびくし  門附けが来たな、どうし  松次郎はもぞもぞし  二人は、どうし  御馳走をし  一日門附けし  ように生かそうとし  時分けにし  爺さんはどうし  二人やめし  一今日一日何をし  助をとめようとし  助はびくっとし  それから一つ咳をし  あれが来ないがどうし  門附けなんかし  病気でもし  あんたのかかあがどうし  六十銭にし  お参りをし  風俗をし  同体にし  真言宗にし  何しろこのピンピンし  嬶さんどうにかし  酌でもし  酌もし  語りもし  日避けにし  一生独身で暮らされもし  奉公でもし  葭原雀は又し  髪が余りキチンとし  二人、どうにかし  大事にさえし  一件で無いにし  苦労にし  血を流さし  取引もし  マサカ仰有りもし  事だから、どうにかし  丞をし  以て、ガッカリし  血を上らし  様にはし  老爺はピンピンし  事を聴かし  奥方になり得ずし  世を殺せし  始めにし  真理にし  不調実にし  詩人は積みし  光を放てり、しばらくし  亭主をし  漫歩をし  差俯向いて、じっとして立って居ると、し  もっと樹立の少い、広々とし  花壇にし  頭から浴びようとし  懐疑を受けはし  つて、おどおどし  それから、ああして、ああし  悚然とし  身震をし  夕方を忘れはし  何かを聴こうとし  目を大きくし  眼からそっとぬすみ見し  人にさし  微笑を洩し  気さへし  テレ臭い顔をし  赤札に賭けようとし  賭けをし  プントをし  説明を試みたりし  親元をし  秘密を明かそうとはし  溺死者が出て来たりし  頬をさっと赤くし  馬車はどうし  ことを少しも考えようとし  方へは見向きもし  後で、これからちょうど始まろうとし  馬車に乗ろうとし  婦人のすらりとし  前を往きつ戻りつし  窓から房ふさとし  頭はもたげられ、生き生きとし  席に着こうとし  おまえ、どうかし  大胆には驚かされもし  冷淡なきっぱりし  近くを往きつ戻りつし  一枚はどっしりとし  縫いをし  彼は低いながらもしっかりし  手先に使ったにし  彼女ははっとし  彼女はおどおどし  装填をし  縫い取りをし  者扱いにし  動揺をぬぐい去ろうとし  夜遊びをし  彼女はしっかりし  煙草をくゆらしたりし  角を伸ばしたりし  こいつ、どうかし  ヘルマンははっとし  眼配せし  生き写しであるのにぎょっとし  から楽しみにし  一病気でもし  今からそのしたくをし  加藤大一郎さんにし  臺にし  ぢつとして立つて居ると、し  懷疑を受けはし  浴衣の、し  寒氣がし  乘つて居はし  それから、あゝして、あゝし  しまはし  一年を迎えようとし  見当違いをし  辻から佐久街道へ折れて、青々とし  ことを言いはし  日数にし  道のりにし  周馬にとってみれば、こうまでし  千絵をああし  合せにもなりはし  一ツにし  丞を討ったにし  天堂一角にし  ムラッとし  朱にし  大刀を下ろそうとはし  一時、カッとし  不承不承に、イヤ、むしろホッとし  墨付を出してみせたりし  シットリとし  小娘はどうし  アレを救おうとし  模糊とし  瞳はクラクラとし  山番がいるから、どうし  森々とし  啓之助はハッとし  何のそよぎもし  人声がし  装いをし  ように柔らかくし  目明しをし  ありありとし  支度をしようとし  机とし  さに、わっし  番人をし  ぜいたくもし  後からテクテク供をし  内緒にし  ひとつ、わっし  荷揚げをし  んなさい、でないと、わっし  面構えをし  手込にし  六杯も盗み飲みをし  ムカムカとし  神経を起こしたりし  エエ、弱くし  血色をし  肌を寒くし  目交ぜをし  武家様方へ、し  侍が出たりし  誰もおりはし  ッぱいな湯けむりで中はもうとし  湯浴みをし  態をキョトンとし  身を硬くし  こんにゃく問答をし  ものでないにし  外からひっそりし  両断にし  ベツになんにも買いはし  鴻山はどうし  ムカムカ頭痛がし  紛失物でもし  張合いにし  江戸表から阿波へまぎれ込もうとし  御岳詣りをし  手対いをし  それ、ぐずぐずし  空気をみなぎらし  落胆もし  爛とし  鬨の声、期せずし  転々としながら、どうかし  引金を引こうとし  虚にし  紅にし  四方にさし  柱のごとくし  部従をし  ソロモンの知らずし  ひねもす物語をし  稲光がし  盛んになろうとし  蒸焼にし  おぼろにし  形を暗くし  鹿を狩りいだし  旋条銃を持ち来たるべかりし  理由なくし  衝突したりし  検査しようともし  二重籠めにし  表面に浮かんだり沈んだりし  殆ど息もし  拵へて置かうとしてゐるので、どうし  忙はし  仲善くし  句切をし  控目にし  指ざしをし  金巾の覆ひのし  骨折をし  スタニスラウスはぎくりとし  足取をし  一つに、がつかりし  蹌踉とし  行列提灯をつきつけたりし  飛躍をし  一途に救けようとし  姿であるとし  こことし  ものには、極めて漠然とし  婚約をし  ように、浮きうきし  もっと幸福にし  あなたに嫉妬を感じるほどにし  あなた自身を包もうとし  火に焚こうとし  顔を赤くしたり、青くしたりし  想像をたくましくし  名を呼んだりし  眼をとじてみたりし  純潔にし  区別をし  もう一度クラリモンドに逢うには、どうし  剃髪などにし  そぞろ歩きをし  接吻をし  科をし  クラリモンドに逢いはし  ゆるやかにし  別に逃げて行こうともし  銅色をし  二階から降りようとし  建物に戸惑いし  心持ちになったので、何分じっとし  皮膚にきわだって見えるふさふさし  代りとし  願いを起こしたりし  探りを入れていましたが、突然に澄んだはっきりし  平気に粧おうとし  薔薇色をし  冒険をあえてし  髪の毛をくねらしたりし  顔に似合うかどうかを試みたりし  無駄話などをし  倶にし  想像から湧き出し  下に深ぶかとし  方を教えてくれたりし  小姓にし  放蕩生活をし  生きいきとし  百倍にし  総督たりし  苦行をし  別に考えもし  身をも失おうとし  印象がまざまざとし  最初は漠然とし  ひと足あとずさりをし  歓迎もし  ようにはっきりし  返信を送ったりし  鳴りもし  私がそう言ったとし  今お話をし  通信をし  ものならば、どうし  仕事をよくし  寝床があったとし  これをどうし  相談もし  ようにぞっとし  一瞬間にし  ちょっと道寄りをし  背戸にし  誦むともなく口にし  店ぐるみ総じまいにし  何だか気草臥れでもし  脚もふらふらし  身体で庇うがごとくにし  別にありはし  郎、どうにかし  一つ渡してやると、しばらくし  何てこッてしょう、どうし  小鼻に笑まし  緒、太いしっかりし  言づけをし  銀色のどろりとし  何を覗くか爪立つがごとくにし  頼みきりにし  お客分にし  宵月じゃ、ちらりとし  夜は暑かりし  恐怖に悶えし  身体がふらふらし  素人離れがし  姐様や、といいはし  考えのし  人が来たのに、ぎょっとし  火皿をうつむけにし  から、ひやりとし  氏神にし  扱帯は一層し  褄を引合わせなどし  爪尖へ、とかくし  夫人をし  目を血走らし  賞ずるよしし  風情にし  網に躓いて倒れぬばかり、きょとんとし  円にし  低調にし  夫人、しっかりし  海へ飛込もうとなすったりなんぞし  夫人、まだ、どうかし  ですよ。先生、どうし  私、どうし  屹とし  ような目ざしし  畜生道とはどうし  涼しい目に、ほろりとし  唇をわななかし  眼を閉じたが、しばらくし  懺悔をし  恥辱を被らし  臭がし  心残りがし  身体にし  人から聞いたりし  一緒に読み、そうし  前から覚悟をし  仕事を始めようともし  らのし  ほうを眺めて、もう帰ろうとし  悪感がし  押し問答をし  一銭も受け取ろうとはし  隠蔽しようとし  バーグレーヴ夫人をし  預けはし  顔容を変えはし  バーグレーヴ夫人を驚かせまいとし  接吻をまた繰り返させまいとし  彼女を力づけようとし  嫁にし  それはし  晩にし  疲労れはし  己がこうし  頬に受けようとし  李張はこうし  邸宅とも知らずし  耻かし  飜えし  生活記録にし  強要をし  固持して、何とかし  ふうが次第に見え、何とかし  ところがなく、堂々とし  失望もし  誰もし  故事を学んでそうし  我々にもハッキリし  人生観をいよいよ深くし  まり売れもし  はじめて芥川と親しくし  人がありしみじみし  機会を作ろうとし  自動車に乗ろうとし  芥川が、ときどき洩し  際釈然とし  かよひなれにし  おしへし  灯ともし  倏忽にし  苦心したりし  契機とし  戦争をしようとし  射撃をし  犠牲を少なくし  発表をし  敵とし  変化を及ばし  指導精神とし  防禦をし  屈伏はし  泰平にし  目途とし  一体にしようとし  大勢は着々とし  から、なるべく長くし  方針となろうとし  空気喧嘩をし  検討をし  理性のみを以てし  安心を得ようとし  満足を得て行こうとし  焼打ちにし  世界的決勝戦になろうとし  将に終ろうとし  基準とし  戦争までし  法門を説こうとし  対立しようとし  各国をし  支配はし  荘厳にし  力を以てし  変化をし  煮汁を新しくし  人間は淡々とし  存せずし  威儀を修せずし  全力を以てし  武力をもってし  モスコーをも失おうとし  艦隊をもってし  無効にし  白欄にし  多く搾取しようとし  生産力をし  協同範囲とし  必要とはし  等閑にし  人もし  おめかしをし  好男子になろうとし  嫉妬をし  手離すまいとし  秘話をし  蛙の子にし  胴中を挟もうとし  ように歩こうとし  よろけ此方へよろけし  唇をし  今晩お酒宴をし  著かし  軽卒にお訪ねし  ときにはたいていはおとなしくし  彼に向って叫んだりし  芸をやったり、休んだりし  興行主は飛び上がり、いったいどうし  年齢を描きわけし  もの、とひろい読みし  へんひいきにし  板表装にし  入選でもし  お茶を入れたりし  尊敬さえし  らそうとし  裁判しようとし  後がへりをし  ぐつと顎をし  火影の煽るに連れて、おどおどし  爲奉公をし  すべてかうし  制限漢字運動を、かうし  耳をかたむけようともし  カーテンを引きあげようとし  だるい気分になって、どうし  知らない顔をし  様をし  少女を見守ろうとし  手を触れようとし  静かに話しをし  それからピンポンをし  心でじっとし  誘いに入らし  想像だにし  さを暗くし  世の中に対する漠然とし  意識とをよみがえらし  兄に対するし  方を見ようとし  仕方がなかったので、じっとし  すゝめて、すぐ引かえし  少女の引かえし  彼自身をし  根こそぎにし  灰色をし  笑つたり泣いたりし  人生を知らうとし  影響大なりし  中心人物とし  不幸を、どうにかし  現代的に書き直さうとし  ポイントとし  使者として遣はし  面目を異にし  華やかにし  それらはいづれも渾然とし  隱せはし  中心的人物とし  人間たらんとし  承知してゐなかつたとし  頭がごたごたし  方がよく、さうし  小説を書いて行かうとし  暗澹さを濃くし  いふ對話をし  實に堂々とし  繪具にし  作家に求めようとし  藝術家達の生き生きし  機智を振りまはし  我々讀者をし  人間離れをし  探究にし  言ふより、し  戰はうとし  じまいをし  茶にし  海軍葬広告と相隣りし  栄えをし  名からし  燻かしながらニヤリニヤリし  姿勢をくずさないでキチンとし  こっちから訊きもし  私は飲んだり喰ったりし  貧乏咄をし  リュウとし  竹馬の友とし  創めたりし  廊下鳶をし  河岸遊びをし  お手玉をし  毬をついたりし  手紙を送ると直ぐ遣し  物とし  厭味であったりし  田舎臭かったりし  不満とし  香気を異にし  彼は後ずさりし  ために、し  みな大騒ぎをし  胸につけようとし  下に見えなくなろうとし  心を持たずし  競争でもし  腕を再び捉えようとし  作り笑いをし  彼をまき込もうとし  彼女に新しく湧き出し  ような、ちくちくし  一つ取ろうとし  噂ばなしをし  匂いなどはし  魂なくし  蛇腹から行きつ戻りつし  世界に引き込もうとし  怪物にし  女はありゃし  ゃりはし  こともありゃし  手ぶりをし  さっきから透き見をし  息もし  耄碌はし  無理無体に明けようとし  たか、知りはし  今後いかにし  打ち切りにし  方面にありはし  切腹もし  山中に迷い込み、どうし  それと比べたりし  補助翼をぶらぶらにし  週期的に引っぱったりゆるめたりし  徹底的調査をし  内証にし  充分にし  日本人にし  近所にいらつしやりはし  さつきから透き見をし  興奮を隠そうとし  なりなさりはし  評判をし  輪廓をし  沢を見たりし  頭附をし  抑制しようとし  目なざしをし  らくにし  事が出来し  衰弱をし  夢に生きようとし  自分をだまさうとし  闇買いをし  闇買いはちっともし  二重どりし  闇買いもし  ことをむしろいさぎよしとし  旅にし  通しにし  顔をしたりし  作業服を温めたりし  区ぎりにし  住家にし  絵本を眺めたりし  眼かくしがし  顔にあたつたりし  区ぎることを画策したりし  扉にし  子供の遊び所にし  そこに立てかけて眺めたりし  たてようとし  口絵にし  赧らめたりし  使へやし  所もありはし  風にでもし  カチカチと鳴し  かいたりし  従はせようとし  清らかに曇りなくし  皆殺しにし  まともにし  誕生をし  現にし  解釈しようとし  故郷とし  故郷にし  決算をし  平和を与へようとし  最後の戦ひをし  彼の苛立たし  香油を注いだりし  聖霊とも戦はうとし  比へたりし  答へもし  従ひつかへし  全然趣を異にし  為にし  願つたりし  上に立てようとし  意識しなかつた、恐し  小説を読んでゴロゴロし  尻ばかり追いまわしたりし  幇間になったりし  札をし  合わせをし  吸殻だらけにし  棚を見上げ見下げし  本を詰めたりし  信心でもし  辛ろうがし  出発点よりし  信仰をなくし  火焙りにし  彼得大帝は、そうし  ナマケモノにし  金を捲上げたりし  聖書にし  ずるはないとし  山かがし  手分けをし  突ンのめるやうにし  素性よくし  若い馬士がし  僅にし  つてむつとし  落葉木であるから狹いにし  からつとし  背負はし  代を掻かし  そばを過ぎたりし  苦情を申し立てようとし  一直線にし  私の言わんとし  あれならたとい死んでも憎まれはし  恋れんとし  わたしを撲ち倒しはし  人物描写をし  海上生活をし  燃え倒れようとし  四時間ずつにし  船に乗り込んでようやくほっとし  物に驚いたりし  乱暴を再びし  もとに置くにし  今しも沈もうとし  発作を今にも起こそうとし  苦労させたりし  日曜日にし  みな機嫌をよくし  引喩をし  幽霊と呼びはし  こっちへ来たりし  君だってぞっとし  運命論者にならんとし  海員にし  一刺戟に過ぎぬとし  私は実にもう、ぞっとし  知覚こそし  詫びを言い、そうし  間もじっとし  わしもそうし  ことは出来ないにし  それから二日にし  一週間ばかりにし  手足を動かしたりし  苛いらし  からからと笑ったりし  天蓋をもって、その光りを小暗くし  ここにぐずぐずし  今もなお時どきにびくりとし  ように思ったりし  曖昧糢糊とし  一緒くたにし  生命の取遣りをし  自滅してしまふばかりですから、これからは仲よくし  やうに眺めまはし  僕はおどおどし  生活をともにし  感覚がし  声まで、し  身上話をし  錯覚がし  台所のこまごまし  はつきりはし  反りかへし  境台でごたごたし  何かがつかりし  ぢやとし  当分ここへ置かし  やうに、ぴしりとし  何回となく読みかえし  悪いことばかりし  比較をし  情趣を異にし  鬧がし  岩屑が、忽ちにし  月のとび出し  電燈をつけずに読み入っていたりし  ごちそうを作るにはどうし  上下を見廻はし  結果だらうとし  友たりし  事を好み遊ばうともし  江の島に居たりし  海水を浴びたりし  圧服しようとし  酒場に入浸つてどうかし  確にし  壊はし  鉄道自殺をし  埋葬にし  俺はし  これで睡らし  突き合はし  友よ俺が書き残さうとし  人ありとし  父爲時がをし  うつり香ゆかしとし  中立にし  聞事まれにし  道にくたしめられし  心を平にし  いかさまにし  ぬれ衣などいはんもふるければとてかへし  軍にし  なほにとをしへし  夜深くし  かげをし  何がしくれがし  此とし  運勢をうらなったりし  工場にし  らかし  骨ぐみをし  節高で、しっかりし  輪を作って湧き出し  鸚鵡がえし  空想家扱いにし  それと戦おうとし  から長い散歩をし  指図通りにし  歌を唄ったりし  さと苛立たし  さのあまりに後ずさりをしようとし  炯けいとし  彼女を、あわやぶちのめそうとし  救いを求めようとし  顔にみなぎらし  彼女の許可なくし  原因をどうかし  観察力をもってし  謎が少しでも解けはし  伯爵はぞっとし  領地へ帰ろうとし  顔を見て、はっとし  歯をもってむくいようとし  接吻してみたりし  牧師はぎくりとし  そこには、はっきりし  折から、忽然とし  賃仕事をし  土地では本当にし  聖ルイスふうをし  隈取りをし  眼張りをし  帽子を廻したりし  死人として、し  のを惜しんで連れていったり、また殺して焼き捨ててしまったりし  敵を困らし  しかたなくこうし  それから、このし  使ふとし  存分猟をし  ぢりまはし  言つたりし  猟をし  うだつたら、どうし  センイチを見ても、逃げようともし  二人はぽかんとし  セイがしばらくし  身体を、なでたりながめたりし  それから立上つて伸びをし  帆舟を眺めたりし  ぢいさんは、し  石ころをひろひあげて、ためつすかしつし  石をどうし  といお方ぢやけど、かうし  ことほんとにし  きょうだいにし  紅のむっくりし  物じゃあ飲まれはし  償還しようとし  独身生活をし  無口なおっとりとし  円卓があり、深々とし  手にまるめようとし  記憶を呼び起そうとし  三倍にし  怖気を出すかし  不動産にはし  公債とにし  宝石とかにし  時儀をし  明かにぎくりとし  落着かし  坂田がはいっていくと、ぎょっとし  中津はきょとんとし  中津はふらふらし  損ばかりし  手籠めにし  弁解はし  うちにはのんびりし  ところにじっとし  嫌になったとし  解決出来るとし  嫌になって、始終うとうと居睡りをしてるとし  台所を手伝ったりし  乳母は受取ろうとし  ためにお打明けし  夕日がもう沈んで、ぼーっとし  彼を押しのけようとし  彼等はそうし  精神的にじっとし  肩上げをし  なかったひっそりし  一言漏し  行きずりにこうし  俺はそんなにし  人に縫わし  歩を揃えようとはし  二十三歳にし  人達はし  彼女に向ってああし  自分のキリキリし  咎めだてはし  門前を行ったり来たりし  風格も堂々とし  五六匹も集めたりし  みみずが、青く伸びたり紅く縮まったりし  頃のおどおどし  そこらを見まはし  日はどうし  その後、どうし  別に隠そうともし  難破せんとし  くよくよしたり、嬉しがったりし  叫び声を立てようとし  断念しようとし  仲直りをしようとし  愁歎をし  彼女に考えさせようとし  人力車を引き返さし  それをたしかめようとはし  そぞろ歩きなどをし  おしゃべりをしたりし  驢馬を避けようとし  顔にふざけたりし  除け者にしようとし  詰問しようとし  胡麻化そうとし  言三言いいわけをし  出来事を考えようとし  二人で歩いたり、話したりし  約束をしたが、ぐずぐずし  自分でぞっとし  のを立ち聴きし  小咄をし  ようにふらふらし  挫傷をし  お礼を言おうとし  ひと廻りし  路から跳り出ようとし  ままでなんにもし  ジャック、いったいどうし  文通をし  独りにし  鄭重にし  キッティに逢えはしないかという漠然とし  挨拶さえもし  追想してみようとし  殺しにし  すべて記述しなければならないとし  ことに、漠然とし  なんなんとし  今晩あゝし  今晩かなしげに、かうし  旧友にし  わし方をし  斯う呼ばし  ことはなお忍ぶとし  一回も話しをし  私を呼び返そうとし  校門をとび出し  飜訳をし  妻を捨てようとし  却って私をし  顔すらし  立場に立っていたとし  床に入りますと、暫くし  きり話をつづけようともし  露子に呑ませて殺し得ないにし  から、ひる過に帰ろうとし  あれを呑まし  露子を殺そうとし  自分を殺そうとし  自分が殺されようとし  私ははっきりし  俺は殺そうとし  外界にいたとし  女を殺そうとし  妻を殺そうとし  石原すえ子を殺そうとし  制御しようとし  體を固く小さくし  やうに細くし  云つているから、し  氣持はし  體をし  ような、むずむずし  一に、或る漠然とし  ただだらし  濁りのし  何一つとし  限り走り廻られる、広々とし  窒息してゆく、じりじりとし  脂肪がたまってぶよぶよと肥るかして、溌溂とし  くらがし  ぽかりと喰わし  喜びをし  陰鬱なまた苛立たし  河原、青々とし  久しぶりで人間らしいしみじみとし  詫びなどをし  だって分りはし  上を、しっかりし  客を吐き出したり呑み込んだりし  それらのごたごたし  惘然とし  私はわくわくし  地震でもし  横町にはいっていって、暫くし  くらまそうとし  下宿にじっとし  室に暫くじっとし  対話をし  私は強いて考えようとし  追跡されてはし  前へおびき出そうとし  要求がむずむずし  待ち焦れてじりじりし  石を拾おうとし  それはうねうねとし  自分を引入れようとし  志がはっきりし  二度乗換えをし  底濁りのし  何かしら獣的な溌溂とし  舌なめずりをし  んよりし  私は力強く懐いて、狭いうねうねし  こちらからはいるともなく誘い込まれるともなく、よろよろとし  豊満な、殴りつけてもびくともし  薄笑いをし  下に、どんよりし  小娘にし  嬌態をし  二時間ばかりにし  まま身を起そうともし  女を揺り起そうとし  平手打ちを喰わし  渋め顔をし  向きもし  間身動きもし  難解な顔付をし  夜、し  一辺接吻がし  嫉いたりなんてし  心はジリジリし  心配なんてし  了つて損をし  程心配なんてし  成るべくし  あたりをあかくし  云つてオドオドし  延子なんかし  ゆう装ひをし  咳払ひをし  妄想で、未だ出掛けもしないでウロウロし  買つたりし  妾に借し  朝にし  邪推は避けようとし  儘帰つて了ひはし  家へ帰らうとし  気持になりはし  かい顔をし  何だか気まりの悪い思ひがし  独りではし  鼻を高くして見せたりし  予想はし  ヒヤツとし  やうに堅くて到底動かうともし  腕を力一杯殴らうとし  掌にし  帯をたくしあげたりし  つて仕舞ひはし  席にそわそわ立ったり座ったりし  おれはひどくむしゃくしゃし  けらけら笑ったりし  こちらへまはし  おれはこんな赤いすれっからし  拍って青くぎらぎらし  さを持て剰し  気持がこうし  われにし  窓から、たし  念を抱かし  丸呑み込みにし  僕をどうも偉くし  鏡にし  小唄にし  死を選ませはし  当時口にし  傷手が、一々、抉り出され、また癒されもし  ものに顧みさせられると、同時にまた、なつかしまれさえもし  都に下ろさし  後は、ぽかんとし  場所柄にし  説明を聴いてほっとし  かなりだらし  みんな、よくし  間ぎょっとし  感心もし  子が、よくこんなしっかりし  人ずれがし  子にし  女はし  斡旋したりし  姿はハッキリし  隅に向って、のびのびし  笑いだけし  フランス刈りにし  体を休まし  僕やめにし  パラパラと焦し  話だけはし  食事を進まし  意志を強くし  習慣とし  一緒に話したり慰め合ったりし  男を坐らし  隣にいる小ざっぱりし  内懐から取出して弄び始めようとし  頭に巻かし  掛勘定にし  仲好くし  女はぴくりとし  単純に投げ抛ったりし  意味なく途切れたりし  青春を持て剰し  タクトされつつ、し  小柄でいながら確りし  画論なぞし  方もどうかし  無慈悲に毟り取ったりし  粗暴で悠々し  人だかりのし  つんもりし  蕾にし  中を歩かし  逡巡やらのむしゃむしゃし  女にさせようとし  ようではっとし  規矩男にし  素直な撫でつけにし  外交官にし  口調のものにし  外国生活をし  灰汁抜けのし  構図を整えようとし  お母さんと一緒でなければお逢いし  お母さんに訊かれるとし  他と違っているからと云って好いも悪いもありはし  二人とも案外けろりとし  急にはっきりし  身の上を訊き溜めようとし  順序にし  ゆっくり聴かし  女にとって当然とし  規矩男はぽかんとし  縹緲とし  不思議がりはし  許嫁にも逢わし  半身を捩じらし  菓子を出したりし  網をかけたりし  現代にはし  のではないかと思ったりし  果物を勧めたりし  楽にし  伏せ気味にし  規矩男さんは、なかなかしっかりし  ことを云われて、何故かぎょっとし  帯ばし  伺いもし  驚きを深くし  さっき規矩男を、なかなかしっかりし  わたくしは何とかし  勤め先のはっきりし  ことかとはらはらし  気質もごくさっぱりし  許嫁にし  仲介にし  浮彫りがし  許嫁に戻ったりし  共鳴したりし  満足させようとし  僕に少しく云わし  本能というハッキリし  絶対感に滅入し  昂然とし  無限絶対でないにし  靉靆とし  こっちはし  規矩男から叱駆し  風聞にもはや動かされなくなっているにし  実現さし  歓びもし  母である自分を強くし  力を培わし  労り方をし  袖口で擦って呉れたりし  超然とした、はっきりし  カテゴリーを信じようとし  確乎とし  方達をどうし  お送りさし  子に親しくし  女はぎょっとし  闊色にし  来着後数日ならずし  デパートに小ぢんまりし  歓びにわくわくし  折衝したりし  石鹸臭い手をし  想いをさせられはし  あなたにお訣れし  助手をし  卒業論文とし  今さら返事を書こうとはし  船を失ひし  梅太郎昼ねし  バ此御船をし  而言葉もともにし  気の毒げにし  私儀船を失ひし  そうでなくし  蒼にし  旅行鞄を取り落とそうとし  なにしろはっとし  偶然出逢ったりし  から、ややしばらくし  別に何をし  こともなしにぶらぶらし  別に見物するでもなしにぶらぶらし  人物であるかを知ろうとはし  男に聞こえよがし  臭いはし  迷信家にし  まり反対もし  二の舞はし  航海をし  未来永劫なくし  議論を闘わし  あなたがそうし  船長はいくらかむっとし  トランプをし  から寝ようとし  僕は思わずぎょっとし  窓をあけ放しにし  ここをあけ放しにし  怠慢をごまかそうとし  そこにそうし  ような、すべすべとし  僕はぞっとし  嫌であったが、それでも、どうかし  寝ずの番をし  嚇かし  鏡板でもありはし  金具をはずしたりし  跡始末をし  戸をしめようとし  だんだんに強くただよって来るのにぞっとし  声を立てようとし  私はむっとし  ようなしっかりし  上のむくむくし  口をあけたり立てたりし  ちょうざめ、どうし  蟹にし  タネリはぶるぶるし  タネリはどきっとしてはねあがろうとし  やうにすらりとし  パラソルをし  はさ耳にし  處何ゆゑか探りたく、何ともし  嘘どころか聞きし  腕を組みし  手始めにし  不審紙をし  美事田舍ものにし  中よくし  言へば、し  留守居のみし  幾度も見し  鹽賣なりし  生殺しにし  言はし  譽の取り返へし  半紙四五枚二つ折にし  書き紛らはし  賭をし  懷にし  姉君、早く去ねがし  甚之助殿に頼みし  覺なりし  覽なされしや、し  此處にをし  投かへし  披らきて讀みし  其處に送らし  他人ごとにし  其身もほろりとし  其方に、遣はさるべくは遣はし  捨ものにし  四五日かげぼしにし  出からし  国屋でそうし  字を用いたりし  左巻きをし  そう思い違いをし  ひたし物とし  お茶にし  口に入れようとし  川崎様がいらし  口に持って行こうとし  犠牲にしてまでもやりとげようとし  百合子はほっとし  利口そうなあのぱっちりし  話を転じようとし  唇を白くし  二人へりし  一夜まんじりともし  ぱちりと開いて、にっこりし  途方に暮れてもじもじし  薬を飲もうとし  絶対に分りっこありゃし  まゆみがうろうろし  幕溜りから覗き見し  まゆみはにっこりし  まゆみが踏抜きをし  脅迫でもし  お仕事をし  博士をお救いし  一言ではっとし  のどかなうきうきし  両方から砂丘がせまって一寸し  みちみちた、はきはきし  ため、あの心地好いツンツンし  素振も、ハキハキし  いやに思われて来た、そうし  ようなひやっこいはっきりし  今までにないハッキリし  行く末を思い、ぞっとし  緊張にわくわくし  ひとがぼっとし  微塵もないからりとし  ようにほっとし  どんよりとし  誰であろうかと、思わずぞっとし  救いを求めたりし  笛を吹かせたりし  音楽師たちはむっとし  妹を捜そうともし  下にでも聞こえたとし  なおざりにし  ラザルスを怖がりもしなければ、また往々にし  悪いたずらをし  巻髪を撫でてやろうともし  眼を覗こうともし  太陽に達しようとでもし  樹木は倒れはし  神経を鋭くし  ように照り輝かし  宿のあるじと頼もうとし  創作をし  作品にも、まったく見向きもし  作品を見せたりし  金鍍金をし  意志もなく、ただ全くぽかんとし  夫婦喧嘩をし  すべて一朝にし  ままに任せていたので、たちまちにし  衣裳までも着換えさせようとはし  のをいさぎよしとし  うちよりしし  かさかし  わらはし  合井遠くし  侍臣をし  威をもってし  才をもってし  しこうして一曙覧をし  む彼をし  がためにし  本領にし  活人事活風光にし  中に、突然とし  題詠にし  歌少くし  語句を摸せずし  趣味薄くし  短歌のごとく短くし  父よといひてし  極処に触れし  皮相的にし  局促たりし  すべもあらじかし  倒にし  二句軽くし  山ふみをし  力弱くし  歌人たるを得ずし  曙覧をし  半にし  空は低くし  心からぞっとし  囓んだりし  封がし  剣でこじあけようとし  些細なことにいちいちびくびくし  ひと休みもし  用意でもし  一時間たりとも休もうとはし  頭髪をし  書のし  事実死んだとしたらあんなに慌てて葬らせようとし  妙なんでし  部分引はがされたり、もぎ取られたりし  想像するとし  想像をめぐらしてみるとし  鮮明がし  坊さんはけろりとし  欺そうとし  手任せに掘り出そうとし  瑕物にし  咆哮でもし  身体をかくそうとし  それはそっくりし  ものがあるにし  ポカン、とし  発見はし  足取りをし  到着するかし  鳴りをひそめ、ケロリとし  馬鈴薯とは見えずし  カン違いをし  約束をするにし  支配されていたりし  欠席もし  支配人をし  つけをし  身を売らされようとし  私にへんねし  扮装にし  端然とし  丸髷にし  振袖姿にし  書画もよくし  宣言までし  風に書きはし  文人たちを、羨みもし  心に甦らし  自分がねようとし  現実にふれてゆこうとし  そこに芽立とうとし  結局誰にし  物を考えてはし  展開させようとし  経験なりに辿るとし  酸っぱい気がし  滑らかさ、ふっくらし  中心においたとし  自身をよくし  ことがあったりし  浮浪児たりし  反対しようとはし  作品にし  傾きがありはし  傾向よりし  助長しはし  丸彫にし  ものがあるとし  冷飯草履、どうし  下へゆくほどいよいよぽってりとし  先だけだして、ぽってりし  引きうけし  兄にし  僧にし  何事か企てようとし  失政をし  調べにいらし  目鼻立ちのきっぱりし  ようなおっとりし  いつまでもこうし  俯向けにし  あたしはいったい、どうし  からないとし  狼にでも喰われたらどうし  ほうからいらし  あたしを殺してしまおうとし  具にし  大往生をし  林をぬけると、広々とし  末は広々とし  西側は広々とし  いくつあったって足りはし  着流しにし  咳払いをし  かぎり糺明いたしましたが、なんとし  中へ逃げこむと、またし  あたしを嬲ろうとし  帯の、てえし  識にし  優劣を定めんとし  垢抜けのし  放縦にし  伸縮自在にし  世間に解せられずし  まり世間には知られもせず、認められもし  見付けはし  誰か後から尾けて来はし  見合わせはし  不安を与えはし  ことがないにし  ような漠然とし  蒼ざめた顔をし  紫色をし  作りはし  別に何事も訊こうとはし  端緒を見いだしはし  一時間以上もこうし  彼女は悼まし  幼稚さひたはづかし  朝桜かもひんがし  桜見つつし  さしやんし  なかに咲いたり蕾んだりし  光つては消えし  血汐のし  袂のし  手拭のし  科人にし  助さんでござんし  つてくださんし  やうにしんなりとし  不思議な、生き生きとし  陰気にし  もうろうとし  つても離れてゆかうとはし  ものに出喰わし  頭を振っても離れてゆこうとはし  ところがはっきりし  肉彫し  雀踊りをし  体にし  顰めっ面をし  空頼みにし  親類づきあいをし  腹を立てたりしているが、しかし、そうばかりもし  広縁から運び入れようとし  こと位ではし  そっぽを向いて、またし  初午詣をし  枕元へ坐ると、きっぱりし  娘になんかし  玉なしにし  あとしざりをし  たまを赤くし  独りぎめなどをし  危害を加えはし  幽霊を見つけたとし  ラヴしたりなんぞはし  暗闇にし  それをたしかめようとし  僕はうんざりし  者をやめにし  時ちょうど、どうし  手がぶるぶるし  手品までし  人あんたに申込みをし  聖地めぐりをし  クリームはどうし  まわりをそわそわし  玉突きをし  イメージとして、し  言ひ過ぎはし  聡明にし  聡明にはし  別にお約束をし  にわかにぞっとし  なにしろそのままにし  一丈余にし  実を結ばうとはし  万邦をし  萬邦をし  仏像を見て歩いたりし  お寺參りをし  佛像を見て歩いたりし  研究はし  顎を撫でたりし  歌になりはし  帯地をひっぱり廻していたが、どうし  斜にし  花世は、きっぱりし  あとおしをし  まま返事もし  口説くなり、どうなとし  眼のかたきにし  三角にし  手柄にし  つれのし  蹴出しなどをし  総出にし  人別ははっきりし  吟味方筆頭がどうし  経糸にし  野馬役をし  密訴でもし  立聴きし  所在を知らせようとし  天秤差しにし  走り読みをし  葬いを出そうとし  ところに、きっぱりし  懐中にし  首っぴきをし  気をもんでいるわっし  横曳釣をし  じんじんばしょりをし  あなた今日はちと、どうかし  ッくらべをし  たちだから、ムッとし  落差しにし  懐手にし  身なりがきっぱりとし  使いかたをし  渚をうろうろし  困難である、だからし  つて修業をし  我をし  つて月をし  方面からし  形を異にし  侍醫からし  印度へ遣はし  夫を大きくし  つて足を擧げて蹴倒さんとし  食はうとし  先づ是れだけにし  ミイラ漬にし  人はどうかし  肉食もし  羅甸であるにし  夫からし  助にし  方々遠征をし  列をし  印度には古くからし  國へ連れて行かうとし  作つたにし  印度遠征をし  腹からし  上部よりし  下部よりし  殆ど變つて居らん、だからし  存者なりと聞きし  用ひられて居る、し  其時分からし  ものである、だからし  無駄ッ話をし  凄味にひきつらし  いまのつづきをし  それから、どうし  茶色をし  ごろ寝をし  おせっかいをし  大盤振舞をし  手遊びをし  耳をかたむけたりし  ように働くとし  ふしぎとし  いっぺん伸びをし  ことを言っておいて、きょろりとし  ひとをこけにし  これは、いったい、どうし  吐潟下痢をし  市造だけは、けろりとし  仕事ッぷりもハキハキし  のですが、こんなはっきりし  ことを口走りはし  三人にも怖けづかし  台所でうろうろし  掛合いをし  顎十郎は、またし  ちょっと理詰めにし  切つたりし  真中にし  前途悠遠にし  半音を力一杯に吹き鳴し  詩吟を聴いたりし  自慢にし  戦さをし  さがつたりし  名代とし  太郎は憤つとし  火花を散し  弘雄を離さうともし  色刷版にし  生死いづれにし  卒業をし  換へたりし  太郎は更に動じもし  瓦斯灯がもはや細々とし  いつまでたつても鳴り止まうともし  者同士はし  声からし  容易に鎮まらうともし  及び腰をし  今日はゆっくりし  悪業のむくいでね、よくし  桜色をし  さらいまでし  仏にし  毒虫にし  ところは、実にうまくし  千太は、むっとし  急にケロリとし  ぜんてえどうし  仮りに、あッしがやるとし  これが、あッし  勝手口から隙見し  ょろ松は、おろおろし  無精髯を抜いたりし  顎十郎は、のんびりし  手のうちとし  お約束がし  智慧をつけて言い逃そうとし  膚色をし  声繕いし  尾の、し  幹をたたきなどし  礎を据えたとし  横なめをし  暇もなしに、忽然とし  三造はきょとんとし  蔑にし  別に振り返ろうともし  思がし  中弛みがし  一尺にし  推入れなどし  袂から、ぐったりし  底があってし  乾餅にし  連歌でもし  撃をし  蟋蟀にし  呼吸を詰めていて、しばらくし  底光りがし  三造は誘われて、ふらふらとなって、ぎょっとし  蹈出して去ろうとし  ト手を翳しもし  手を懸ける、とぐったりし  またまたお見棄てになったとし  天窓から怪くし  私どうかし  のじゃない、し  窈窕とし  唇を吸おうとし  途中でお逢いになりはし  婆さんはどうし  縄張をし  従伴をし  三造は、しばらくし  換えなどし  前後を辿り辿りし  影がちらちらし  ついでに疑を解こうとし  もっとも駆出すにし  顔を引込まし  対手は悠々とし  蒼黄色になりはし  小手招をし  汚れはし  余り人間離れがし  蓋で、またし  宙返りでもし  顔を上げた、そのぱっちりし  吐血をし  可懐しゅうござんし  自若とし  安心がし  私がふらふらとし  膚を見ねばならんのでし  閨にし  心咎がし  壁にし  気がどうかし  のも聞えはし  隔てにし  トボンとし  身震がし  それなりにし  貴婦人が、ついし  何にも言いはし  憚るにし  耳許から潜らし  前を切って抜けようとし  朦とし  看病もし  いつまで入院をし  言出しはし  緋色をし  花見をし  トントントン跫音がし  樹上りをし  こっちへ指さしをし  頭ばかり、うようよし  手足を描いて、で、のけぞらし  絵姿にし  隠れ里にし  時は、ああし  吸消されもせず、しぼみもし  ここに居て、打ちもし、蹴りもし、縛りもし  目を潤まし  木の下へくるとホッとし  かわいい顔を拝まし  返事にし  一躍りし  胸さわぎがし  満開が訪れようとし  彼は泣き、祈り、もがき、ただ逃げ去ろうとし  毎日首遊びをし  首は死のうとし  処刑されたりし  頬ずりして舐めたりくすぐったりし  シャブらせたりし  毛がむしられたりし  アクビをし  顔を見合って暮すとし  動作は生き生きし  明暗を思いだそうとし  振り落そうとし  目は見えなくなろうとし  花びらをとってやろうとし  顔にとどこうとし  花びらを掻き分けようとし  花売りをし  駒結びにし  ひとに愛されたい、好かれたい、嫌われたくないと、おどおどし  身体を結びあわしたりし  夕焼けがし  恰好はし  アルバイトなんかし  騒ぎはし  なかを見まわしたが、し  死刑にし  隠居をし  ことなどが案じられて、どうかし  からそわそわし  から、そわそわし  ちゃんと用意をし  卑屈に、おどおどし  なう長うし  んで、うっとりし  部屋からも、どうかわっし  消息さえし  ッころがらし  さきを撫でながら、のんびりし  膝をかたくし  そりゃあ、どうし  川なかへ押しだそうとし  検査をし  焼金にし  延金にし  色附をし  包装したりし  それぞれ箱入りにし  捏たり延したりし  凧あげをし  凧あげなんかし  口書をとろうとし  ほうはどうし  手はずにし  凧はどうし  藤波じゃ、どう言いひらきをし  御用聞はおっとりし  金座から放火でもし  以上、なにか、きっぱりし  咳ばらいをし  結び文でもし  行灯仕立てにし  ものですが、そうし  チョイとし  これはまた、いったい、どうし  これは、いったいどうし  凧を重くし  事件をつくろうとし  しょっちゅう金蔵に出たり入ったりし  金はどうし  純金分だけにし  針金にし  使つて縫ひかざりをし  女にをし  着物をかへし  楽しいお話をし  糸を下しても、ちつとも下りて来ようとはし  つてもかへりはし  乳をし  さがし  家へもかへりはし  はい紅宝石を、どうし  しまつたことをし  それを食べようともし  私たちをおいていきはし  紅宝石がし  黄色にさし  ぶん悪いことをし  おもりをし  白銀色をし  旅立ちをし  墓にお詣りをし  棒を持ったり、駆けっこをし  河にいったりし  二人はいつも、楽しく仲よくし  大事そうにし  時耳にし  吻とし  甥はねちねちし  揃ひ、ピンピンし  間貸りし  浮彫りにし  拳を振りあげたり、躍りあがつたりし  たけなはにならうとし  銭なくし  戦場に移らうとし  窓先に取り縋らうとし  旗にし  昇り降りし  兵田弥介をし  最高音に吹き鳴し  象るものにし  しまつて、いつかな動かうともし  旅行したりし  他の見すぼらし  新らしくし  他にし  食事もし  原因を知ろうとし  祝言をし  水みずし  川へ入って死んだとし  しかたなく諦めはし  調子を悪くし  芸者遊びなどし  私も、むっとし  のをじろじろ見て、そうし  着附けをし  これくらいにし  自身迎えに来てくれたりし  事なく続き、そうし  それくらいにし  チャンポンにし  飲みものまで躍り出し  からだ具合いを悪くし  提灯もありゃし  通り静かにし  一人にしてまいりまして、こうし  先生は、相変らず、のんびりし  氷が、どうし  まり物欲しそうにはし  あたしどもには、きっぱりし  自分のしわざではないと言いはっていたのに、どうし  総出しにし  ジンジンばしょりにし  あいだ愁然とし  箱をかかえ、早駈けし  いつものように仕事をし  絶対安静にし  ギプス包帯をし  場合もありはし  着物を脱いだりし  足が触つたりし  わたしをし  人影を見なかったが、しばらくし  突切ろうとし  簡単であり、し  右に差したりし  一ツ置くにし  ものを置くにし  ことは、往々にし  さを保たせずし  無用のものにし  効も為さずし  味は忘れはし  生死を共にし  死でもし  道中警備の打ちあわせをし  くらべるようにし  うちあわせをし  色はし  柚木伊之助から聞きおよんだであろうが、なんとし  甲斐守はキッとし  甲斐守は、むっとし  突っこみにし  釣などし  吉左右をお聞かせし  釣糸をたれようとし  相も変らずのんびりとし  者があったとし  千歳にし  二千歳にし  影に、よぼよぼし  突掛けものにし  そこから着て行かれるまでにし  値価にし  鼻の尖を冷たくし  頭髪を長くし  火なくし  一分間にし  漱をし  貧乏揺ぎを忙しくし  通魔がし  透切れのし  下あたり膨りとし  口上もなしで、ツンとし  ちょんぼりし  黴菌を躍らし  突込んで、けろりとし  口中に遍うし  三ツばかり、小さくし  滑稽けた話をし  天暗くし  目前に浮べて、ぎょっとし  立上ったが、忽ちキリキリとし  目が疎いかし  顔で、きょとんとし  丸漬にし  里心が着くかし  肴にし  佳饌とし  愛妾とし  その後久しからずし  列載し  一擧にし  嚥んだりし  腰をたたいたりし  ほんでもな、ああし  木の下で、うろうろし  中に這入ろうとはし  生計のたしにし  収穫期、休んだりし  自慢はもう決してし  何かにつけて優しくし  一時、ほっとし  長作にし  米も別段いたまないし、減りもし  合ひ、へし  かいふっくらし  とげをとろうとし  人前に出せないとし  福日社へ押しかけて書かし  ほか何やかやゴチャゴチャし  歓待もし  保護奨励もし  づつ小出しにし  差押へをし  差押へし  封印もし  箱もひっそりとし  見舞いにとられたりし  今日は来ても、どうし  期せずし  ことを拒みもし  悔いもし  異にし  性格を同じくし  性格を異にし  状態とし  第二義とし  体力を弱くし  境遇を異にし  白粉やけのし  中でし  咲きにし  あなたにし  わたしに何故し  こころに何故し  さりとし  ボッテリとし  客は、へどもどし  念とし  町駕籠にも、し  ちょっと細工をし  隠しにし  男が、いったいどうし  ちょっとおうかがいし  顔をしていたが、どうし  骨やすめをし  乞食の子供をかずにし  片っぱしから首実験をし  へんでどうし  言葉おしみをし  俺にし  あっしにし  途方にくれたこってし  見当ちがいをし  根がし  んだが、いったいどうし  鍔鳴りがし  手柄にもなりゃあし  藤波は、きっぱりし  ざらいをし  手前にし  替玉をし  大観に接しようとし  中食をし  先鋒とし  潤色がし  覚束ない、ぐずぐずし  風防けとし  念は、ほんのりとし  魅せられてか、覚えずあっとし  握りなどし  何をやるにし  仕掛けにし  趣向にし  閻魔さまでも躍らし  土台をきめ、し  下塗りをし  安坐をし  小口から二つ割にし  差図をし  気持にもなったりし  同格にし  ものも伝へられはし  元にし  月給とつたりし  ために働こうとし  警察予備隊にし  言つたがどうし  喧嘩やらかしそうにし  金五郎は、どうしても折れようとはし  子分みてえにし  別に画にし  こっちを向いてニッコリし  ふくみ笑いをし  しんからシミジミうっとりし  等はやがて小気味よくもほろびんとし  著述について少しく語ろうとし  びのした顔をし  着流しにした、ぬうとし  とみこうみし  羽根にし  洒落はそのくらいにし  代替りにし  ジンジンばしょりをし  網代を撫でたりし  めあてにし  手はずをし  酒宴をし  眼つきを鋭くし  どこにいらし  身体を泳がし  門帳をお見せし  始末はどうし  百叩きにし  嘘はつきません、どうし  なにが、どうし  訴人をし  甲斐守がかるがるとし  乗物を持ちだして、こわしなんぞし  前でウロウロし  場合に、はっきりし  心像は忽然とし  分銅形をし  懸崖にし  大家がたちまちにし  永久にだいじにそっとし  発明だとし  姿態をし  表情もし  わけはしいて判ろうとはし  几帳面に拭いたり掃いたり磨いたりし  夫のものにし  ア、どうし  船宿に仮やどりをし  声を聴いていると、し  心がすんでくると言い言いし  わけもなく惹きつけられて、ちょうどあの黙々とし  足袋を縫うてやったりし  これはいったいなんとし  芯切りをし  客のさっぱりし  ぶりをし  部屋から降りてきたので、どうし  あんたはんもし  言葉は如何し  振りをしたりし  やうに仲よくし  もちをし  水をむけるからし  顎十郎、のんびりとし  あくびばかりし  番所とし  声を聞きつけると、どうし  眼鏡ごし  のも、ほどほどにし  本でかくし  こだわりのない、さっぱりとし  庄兵衛は、またし  二枚ひとつつみにし  雲がくれし  ょろ松は、ムッとし  んだが、そうはし  人数にし  まわりくねりし  ょろ松はし  水茶屋なんぞでのっそりし  平面的描写に陥りやすいですが、かうし  一巻とし  支度忙がし  落ち葉がし  それから十五分ほどし  そのままそっとし  房枝さん、どうかし  手をあててみたりし  蟇口をおなくし  顔をしておどおどし  ものですから、どうかし  読書をし  ちょっと思い違いをし  ことからお話しし  ようにして訊こうとし  有無を言わせずに引き裂こうとし  それから一か月ほどし  卑劣を覆い隠そうとし  ことが話されたりし  切り返しをし  後、暫くし  霧が深く、漸くにし  財産に関する細々し  書き出しをし  作者をし  屋根を覆い、そうし  彼らはどうかし  永久にそうし  補足とし  菱垣にし  石船にし  手わけをし  ところをおたずねし  文づかいをし  身を隠すにし  弥之助さんとし  ほかにはありはし  かんぬきがけにし  のを拾われるとし  から後まわしにし  石垣がくずれようとし  真正面から取組もうとし  身を置こうともし  仕事なんかし  ものがあるを当然とし  合流に過ぎぬとし  信念を得ようとし  結合しようとし  信者であったにし  民衆作家とも呼ぼうとし  目的とするとし  哀れさが、漠然とし  密猟をし  溝掃除、細々し  者、し  とき引き離されていたりし  天気にし  幸雄がぞろりとし  何とでもし  住宅にし  ステッキを取ろうとし  つけやし  ビリビリ音がし  庭にし  フレームが出来たりし  垣にし  しようがねえじゃないか、確りし  私どうし  まま合点合点をし  薄赤くさっぱりし  体をよくし  ちゃんと奥にいらし  縁にし  精気を凝し  花弁とし  縁側にいらし  明らかにしようとし  歩み出しもし  ふりはし  思想体系について云おうとし  人間が動かされていたりし  文学をし  説明とはなっていないとし  細密にし  面白そうに喋りあったり笑いあったりし  女房に似ていでもすると、いきいきとし  飾がし  足を遅くし  燈籠を見にいらし  無邪気なおっとりし  宵からこうしてぶらぶらし  寝言にし  生命を取られようとし  州判をし  上を行ったりし  ことになった、どうし  のだ、どうし  魅いられて、殺されようとし  彼は伸び伸びし  足早に通り過ぎようとし  お嬢さんがお待ちかねでございます、どうぞいらし  手を振り放して逃げようとし  喬生はまた逃げようとし  帰しし  内にし  邪鬼が祟りをし  枷鎖をし  白状さし  結束をかたくし  日本をし  ほうへ入りかけようとし  諜しあわし  和泉屋は、むしろホッとし  腕を組んで凝然とし  小間結びにし  結束を固くし  旦那、おつかまえし  ようすを見ていたが、ドキッとし  フト、ぐったりし  股倉眼鏡でもし  見物ばかりし  ょろ松はツンとし  脳天を焦し  それは、いったいどうし  筆頭にし  眼ざしを鋭くし  そんなら、こうし  坊主にし  ときにし  チトはっきりし  ところにはっきりし  ほうはわからないとし  出しして、万一、殺させでもし  立ち読みをし  贈物にし  完成された、とし  天皇制は本質的になくなっているとし  成長もし  知らないものであろうとし  時によって出たり引っこんだりし  係争点にし  課題にし  組合をもとうとし  会得されようとし  証明しようとし  狩猟をし  上部構造であるにし  精神的収穫とし  私たちに、どうかし  シーモノフがゆったりし  発足をし  半月ばかりし  探りに往かし  一月あまりし  京都にし  前になりし  息女弥子吟松院冷月居尼とし  五十日ばかりし  女房に似ていでもするといきいきとし  無邪気なおっとりとし  何人かと話しでもし  生命を奪られようとし  往ったりし  んだ、どうし  魅られて、殺されようとし  揮り放して逃げようとし  礼拝をし  感情を深くし  不良少年にし  都会へ出て来ても依然として動かしつづけているとし  ものはありはし  神かに突きあたってぶらぶらし  独立はし  親心のびくびくし  用意だけはし  作家生活をし  躍起となってし  方法とし  変りはし  沈吟をつづけ、書いてはしばらくして破り、また書いては暫くし  自分でも、はらはらし  塵ひとつお掛けし  ここは何とかし  散歩など試みし  苦労を、たいへんし  ょろ松、ムッとし  呪文縛りにし  阿古十郎さん、ありもし  口から出まかせにし  なにもそうまでし  名主どのを誑かすだけにし  土塀をめぐらしたゆったりとし  まま眼を見あわせていたが、そうばかりはし  これで、さっぱりし  頭を低くし  朽穴をためつしかめつし  これは、どうし  清姫は泣いたり恨んだりし  潜りから外へ飛びだそうとし  手はずがし  自慢にもなりはし  凄さに、思わずぞっとし  瀬をたのしもうとし  幼少にし  構想をし  文字を読みかえし  背中を丸くし  御返事しようと思って、そうし  ベンチに腰かけたりし  なにも思ってやし  教師をしたりし  アパッシュたらしめたりし  待遇をし  債鬼追っ払いをし  それを読み、漠然とし  解釈したりし  対立において示そうとし  時を等しくし  不正入国をし  闘争とし  誕生しようとし  ものとして、とらえようとし  いおうとし  作家にし  粗末さにし  熱があって、そうし  働きが妨げられはし  こせこせとし  生徒から材料を集めさせたりし  ところにぽつねんとし  から、おどおどし  丁寧に言うと、おどおどし  切りにし  ような、とろんとし  足がきをし  然々とし  ぼくよけにし  仕返しはし  蝋づけにし  性来下司にし  から止めにし  元日、とうぜんとし  私自身にもはっきりし  二十五銭とし  なにをゆっくりし  小波にうまくし  まりパッとし  客呼びをし  元気を出して、行くとし  白抜にし  焦がれ死にをし  兄哥面をし  ンだから、ごたごたし  飲み食いをし  ゾクッとし  キョロリとし  小刻みにし  旦那面をし  光でためつしかめつし  痩せぎすの、すらっとし  色彩をし  昨夜当直をし  おむつが干したりし  上に立てたり倒したりし  まり渾然とし  陶然とし  今の苛立たし  ゆるやかな、のんびりとし  感情は増しても減りはし  夜いつものように仕事をし  事なしに、そっとし  所以にもなりはし  暴したりし  講演させたとし  車掌に渡そうとし  それを受取ろうともし  不正行為をあえてし  具備していたにし  居所がよほど悪かったと見えて、どうもそういうあっさりし  自署さし  方がいいと思ってし  特に厳重にし  人だかりは少しもし  妙にニヤニヤし  場面を見せられるとし  節約をし  濫費をし  事ばかりし  箍をはずして、はしゃいだり怠け遊んだりし  粗食をし  事ばかりはし  空想を逞しくし  顔形にははっきりし  チキンライスにし  めったにはし  白刃を舞わし  お花見をし  それだのに、どうし  典拠資料になりはし  疵だらけにし  用談をし  うちにも、もしかし  五回音がし  訳だろうとも思ってみたりし  円筒形をし  礼装をし  身嗜みをし  ボーイはどうし  のではないかという、漠然とし  まわりでうろうろし  キッパリとし  もんははっきりし  後添いにし  なにも知りもし  このごろではもう押しもおされもし  腕守をし  草むしりばかりし  非常止めにし  図取りがし  立番をし  死骸はどうし  目測りをし  物小屋で呼込みでもし  ここはゴタゴタし  静かに寝ていたらいいだろうと言いますと、じゃそうし  口争いをし  扉前でウロウロし  それはどうし  から邪魔をし  五寸出るぐらいにし  ほうにし  墓いじりばかりし  ことなんだが、ピンピンし  粗相をし  汚点抜きをし  それを空しくし  私達を強ひようとはし  煩はされずし  小父さんがかうし  問題になんかし  夏が来ようとし  僕は、ひやりとし  つてがつかりし  わしは、もうしばらくし  今後もし  陸太郎君はどうし  三味線をひいたり騒いだりし  なにもこうまでし  駕籠屋をし  帳面繰りをし  今では押しも押されもし  しかし、こうし  から、生きかえらし  当身を喰わし  手配りをし  引きはし  小屋掛をし  胆をつぶし、ただもうぐったりし  ほうを見ると、どうし  誰ひとり本当にし  セキはありゃし  鯨を持って行くとすれば、どうし  切りきざンで小さくし  脂抜きはし  あれが、どうし  役にも立ちゃし  陸あげし  昇天でもし  虱つぶしにし  時、何とかし  相談するかし  贈り物をし  親の金をもち出そうとし  必要とさえし  紀念とし  日本人離れのし  土産物商をし  三十六にし  つて気がし  内心、ほつとし  横浜を去らうとし  そばを遠ざからうとし  今頃、どうし  ボックスにさし  人殺しをし  検事をし  殺人をし  殺人狂で、そうし  登録をし  かなり親しくし  かたわら、判りもし  らくがきが必ずし  勉強しようとし  貿易商をし  峰が重なり重なりし  酒宴でもし  大声をし  皆どうし  手を引こうとし  屋敷にし  許婚にし  悄っとし  墓まいりをし  ところへおあげし  米もどうぞそうし  ようにキョトンとし  むッとし  眼くばせなんかし  前を行きつもどりつし  下膨れのおっとりし  から、キッパリとし  ちょっとお訊ねし  おうかがいし  もう一度おうかがいし  ことをお訊ねし  重りがし  かい打ちあわせをし  そうに出たり入ったりし  日にとんだお騒がせをし  ア誰にし  とき、ひろびろとし  婿面をし  悪あがきをし  親類づらをし  仕事もし  室内を見下ろさうとし  評判を専らにし  馳け廻つたりし  小鳥を撃つたりし  山中を去らうとし  貴方どうかなさりはし  黒装束をし  偵察をし  たか殺されたかにし  盲目とならうとし  町家だが、どうし  まりぱっとし  身長抜群にし  愛想笑いをし  白磨きにし  すべて銅葺にし  焼やし  婿がねにし  下地にし  図体をし  枇杷葉湯を呼びとめて、しごくのんびりし  事実とし  氷漬けにし  奴にバッサリ殺らし  絵解きをし  ままだと、どうし  つもりでいらし  あなたと話をし  盃台にし  小姓でなければし  男がおどり出し  ヴァッヘルを送らし  ヴァッヘルをし  後許されはし  顔を動かしたりし  長女をし  ここにふらふらし  ソレイランはし  嘘をついているなと思って、引かえし  行為に出でようとし  句もし  筆に任せて書き続けて、さて読みかえし  訪問をし  クラクラッとし  女房が又し  私はムッとし  何んとなく、そわそわとし  津村にし  狂言を書いたとし  自分が雇っておいたとし  専門とし  人たちを覚えてやし  速達にし  頭には、又し  椅子に坐ると、居ながらにし  煤色をし  海を眺めたりし  軽々とし  返事もしなければ、まじろぎもし  竜太郎は、なんとなく、しみじみとし  一時ごろ、あッし  扉番をし  降りもし  敬礼をし  背くらべをし  そこは広々とし  ちょっと、おたずねし  帯封をし  椅子に帰ろうとし  均勢のとれたすんなりとし  身体つきにし  粛然とし  船酔でもし  別れかたはし  寝不足をし  不審にし  落馬をし  位にのぼろうとし  悒然とし  不等辺三角形をし  剽悍な顔つきをし  激論を闘わし  心がしらじらとし  身をやつらせ、未練がましく悶えたり恨んだりし  身慄いし  絶えまなく出たり入ったりし  なにが起ろうとし  検閲にし  交叉したり、離れたりし  達示をし  拳が、し  撫然とし  肘を立てようとし  肘を起そうとし  やつへ飛びかかろうとし  ヌルッとし  何かじめじめし  眼使いをし  契りをし  頭からきめてかかって、ふりかえって見ようとはし  ところは、広々とし  銃声が起り、暫くし  面もちをし  差毛をし  後に、酬いられようとし  勃然とし  眉ひとつ動かそうとし  ヤロスラフ少年が、きっぱりし  轢轆とし  馬を御し  真似までし  躊躇するでもなく、し  フラフラとし  コンナに緩り緩りし  上に出ようとし  後退りをし  村井に伝えて貰おうとし  打ち水をし  客待ちをし  泣笑いをし  売りをし  数にし  吉原かぶりにし  尻はしょりにし  店さきにも寄りはし  なにもありゃし  鮨売の総渫いなんぞし  似顔にし  ちゃんと所作事とし  迷惑をし  市中を呼び売りし  馬鹿はし  町をふれ売りし  呼売りをし  そこから楽屋入りをし  これでハッキリし  鮨売になってふれ売りし  呼売りし  手まねきをし  娘。羞かし  僕をして云わし  耳打をし  一度だって自分がし  指紋はどうし  足跡はどうし  十分の覚悟はし  手柄にしようとし  君ァ、すこしどうかし  投身自殺をし  吻っとし  村井はどうし  等々からし  声を優しくし  僕達二人こうし  指一本触れさせはし  密告でもし  私に手伝わし  遺棄を手伝わし  無実の罪に落されようとし  思い違いなんかし  落ちをし  狂い死をし  ょろ松にし  襟にすがらんばかりにし  ことでも、し  さっきから相談を持ちかけたくてムズムズし  横恋慕をし  まっ暗にし  ちょっと悪戯をし  ようにすれっからし  三度もし  一年ばかりし  暗闇祭にきっぱりとし  鏖殺しにし  町まっ暗にし  いっさい口にし  ひねりにし  ところへ行って打ちあわせをし  者だとし  目白押しをし  色白のおっとりとし  口添えをし  巧くたくらんだが、訊きもし  説明でも、分りやすく面白くし  好きなだけいくらでもし  地面に屈み込んだりし  間違へずにし  紡錘をまはし  太陽さんをかくしたりなんかし  口出しをし  馬車にし  中に通じたりし  誇りをとがめはし  天井のしつかりし  云ひまはし  糸車をまはし  変へやし  上つたり降つたりし  忠告をし  虱がし  一杯にし  乳管を擦つたりし  緑色をし  もつと骨折りはし  おなかをし  倍にし  小麦をねだつたりし  小麦を頂かし  球をころがして大きくし  のものをねだつたりし  大臣にし  十倍にし  調和をよくし  生物を、絶えず若くし  塩漬にしたり、燻したりし  のろいやり方をし  気持よささうにし  お前達にし  お前を待つてゐるとし  事さへし  熟練とを以てし  打叩いてこはし  銅を薄くし  掛けをし  金をし  非常な骨折りをし  板にし  狩りをし  火燧石を尖らせたり割つたりし  脇へやられて、恥づかしさうにし  小酷く打つたりし  叔父さんにし  火葬にし  木乃伊にし  償ひをし  姉さんに其の話しをし  屑にし  こんどは白くし  ために、いろいろと考へたり書いたりし  叔父さんがかうし  パルプにし  活字にし  隅々をし  蝶に触らうとし  空色をし  一時仮の姿をし  形態をし  レース翅をし  瓦色をし  姉妹達は大威張りで、おしやれをし  従僕にし  鼻をし  猫にし  牡猫にし  荒らし方はし  ボロにし  みんな話すとし  膠づけにし  清潔にし  体を軽くし  ひきはがし  見かけをし  翅はし  輪郭をし  柔かにし  窒息させはし  しるしとし  餌食にし  処から向ふへ行きもし  妨げがありはし  確つかりとし  周囲にし  蜻蛉共を用心深くし  ゆつくりと、し  やうにしつかりし  お前がおとなしくし  のに大骨折りをし  云ひはし  裁縫をし  何んともありはし  のにはどうし  しりごみはし  遇つたとし  傷をどうし  そばをし  大急ぎで出したり入れたりし  害はし  地面を歩いたりし  うねり曲つたりし  うねり方をし  香がプンプンし  行列をし  頭を上げたり下げたりし  脱皮をし  泣きながらお祈りをし  雨よけをしようとし  つて知りはし  根こぎにし  三人ともどうかし  一年中さがし  つきはし  云はし  感違ひをし  笑ひ出さうとし  猫をし  ぶつたりこすつたりし  話はなんにもし  円筒で出して見ようとし  柄をつけたりし  殆んど倒れようとし  ロマは、しつかりとし  挑発をやめたりし  実験でもし  くつついたりし  実験を繰り返さうとし  摩擦をし  保証をし  雨やどりをし  移動をし  危険は少しも減りはし  そこはし  先きも分らなくし  隠れんぼをし  変つた形をし  やうに輝いて、遂にどんよりし  註文通りに行くとし  色をして、堪らなくふうわりし  物好きをし  行つたとし  雨が降つたとし  先刻電光がし  所が暫くし  まり緩くりもし  ぢツとし  怪我もさせはし  雫にし  面白い実験をし  水蒸気にし  霧にし  行はれたとし  降りかたをし  話なんかし  着物についてゐたりし  真暗にし  山の話しをし  ヴエスヴイアス山はかうし  野原へ逃げようとし  石垣を造らうとし  河を壊さうとし  人々がし  お話しをし  雲が、白くなり、黒くなりし  観察したりし  ジユウルが悼まし  方はかうし  歯止めをし  合はせたりし  置いてきぼりにし  人を踏み倒すやらし  生埋めにし  ポオル叔父さんはかうし  廻りを好くし  戸を押さうとはし  事が出来れば、もう押さうとはし  中で、進んだり退いたりし  距離をなくなさし  何んにもし  中にあるかうし  馬に引かし  事もなく過したとし  雲雀を焼かうとし  下つたりし  止めはし  達者にし  這ひ廻らうとし  毬だとし  千も繰り返して、かうし  ばちよつとし  事が出来るとし  云ふ話しをし  機関車があるとし  お前達が出来るならかうし  夜とはかうし  んだとし  今はかうし  二十九日あつたりし  ヅボンを穿かし  つてはにつこりし  方は立ち上らうとし  叔父さんに聞かうともし  びつくりして、力めて泣くまいとはし  数を少なくし  葉をし  余り沢山毒草の話しをし  花もちやんとし  つて、し  飢死をし  箱詰めにし  やうとするにはどうし  花は長いそしてし  花は、かうし  腹は、かうし  きのこを見つけるとし  つた通りにし  想像してみたりし  黄色をし  力なんぞ持つてやし  花だとし  物を大きくし  芽を出すとし  橙紅色をし  物だと思ひはし  幹にし  肉をし  夜道をし  まじめに考へたりし  船酔ひをし  穴を大きくし  足蹴にし  物を盗つたりし  話からし  もびつくりし  数を少くし  静とし  斑が入つたりし  貝殻の話しをし  甥達にその話しをし  それはたにし  かたつむりやたにし  呼吸もし  中をかきまはし  すべて、大きな青い、広々とし  紀念物があるとし  失つたり汚したりし  ひつかきまはし  つて湧き出し  何物も失はれはし  蜂の巣箱にし  処で用心深くし  螫しはし  お話を長く続けてし  巣分れをし  飛びまはつて取り入れをし  会議をし  走りをし  塊にし  四角にし  確つかりし  ゆびぬきの形をし  王にし  百姓にし  感激をつよくし  決闘をし  彼等は忘れはし  好きなだけし  まひにし  いま聴いてゾッとし  無沙汰をし  夜明しをし  守宮がどうし  湯灌の手つだいをし  ようなドキッとし  ゾックリとし  ここに突き刺さっていたにし  からはっきりし  痴呆面もし  離家へ運び入れようとし  死ぬほどにお慕いし  アコ長は、キッとし  身をもたせたと思うと、どうし  本質とし  時代において、突如とし  街に面しているのでし  裸同様にし  青年もついに包みきれずし  家宅捜索をし  ことも分かり、し  建物で小さっぱりとし  ぼそぼそ話をし  人がし  勘定書を置いてゆきますと、しばらくし  捜索をし  軒を並べ、しかもどことなくゆったりし  三丁ほど入ったこじんまりとし  次の間に退いたが、しばらくし  丸刈りにし  とおり今まで生きていられたとし  あいまいにし  ように生きておりはし  俊夫君は、そわそわとし  皆はっきりし  身元だけははっきりし  犯罪者型をし  ッ、なるほどそうか、ぐずぐずし  寺男とし  交際したいと思いますが、どうし  急ににっこりし  先頭とし  ことをしようとし  時分から懇意にし  活をし  米国風な広々とし  丸かじりにし  しみ/″\とし  ものがはっきりし  寄与をし  維持者たるに終ろうとし  鬱然とし  舞躍し  阿波へ入り込もうとし  薙刀をつけ、し  飯粒にし  自分もハッとし  地唸りがし  それっきりミシリともし  層が、どうし  屹然とし  禍いを見ながら、なんとなくホッとし  丞を待ちぶせし  巻折にし  嘘にし  阿波へなんぞ戻りはし  所へなど帰るまいとし  迷子にし  世に生きとし  どこまでも図々しく、かつし  もっともわっし  それ以上知らないことにし  艀を上がるとし  艀を見なおそうとし  愚痴をいったり慰めあったりし  良人もどうし  人伝をし  沙汰なしに暮れようとし  しょうがありゃし  旅籠にし  白粉をつけていたが、ふりかえりもし  事件にはし  スッカリ荷物にし  油断はし  隠し立てはし  そこを立とうともし  無理に、起き上がろうとし  私を逃がすまいとし  廻りはし  毒でも飲んで、いっそ死のうとし  たかしれやあし  どっちもギスギスし  虚無僧が、いったいどうし  言葉に、ハッとし  仲居がどうし  箇条にし  たかどうかを聞いたりし  愚にし  手がかりもねえとし  家探しをし  ところはないと思っていたので、わざと、ああし  狂言をし  お嬢さんを探しだそうとし  わがまま気随にし  引きあわせし  妖艶に赤くし  米さんとし  なんだって、飲めもし  可哀そうです、わっし  女といっても、わっし  一わっし  土地をうろうろし  帯揚を覗かせ、やはりはにかまし  丞を色めかし  綱のはにかまし  目知らせし  思慕は、人知れずに、募りこそし  理由をつけて、どうかし  恋とはなりゃし  今まで、ありはし  綱がそうし  手持ちぶさたに、もじもじし  肌へ感じられはし  それを返し、ふさふさとし  苦労もし  懺悔話をし  体を抱こうとし  汗に粘って、もがれても、離そうとはし  血をしずめようとし  以前から、誓いをし  身をどうなとし  扱いをし  ピクリとし  ン出されでもし  集まりをし  飄々乎とし  いつになくこざっぱりし  舶載物の売りひろめを試みたりなどし  句屑が、どうかし  うたた寝をし  旦那、どうし  独り合点をし  様子だが、なおも止まろうとはし  血止めをし  蛙堂もハッとし  蛙堂はホッとし  はにかみを眺めようとし  米はソワソワとし  ように、せかせかし  囮にし  あいから仲間割れをし  侍とし  冷酒の盗み飲みをし  相手にはし  うちに、どうし  独り言もいわず、笑わせもし  宅助もムッとし  男、し  面がまえをし  別れでござんし  俵括りにし  お十夜はどうし  所へ向け戻そうとし  髪の毛か、ひんやりとし  姿を見ようとし  万吉はどうし  労苦をともにし  持ち物でも落ちておりはし  容易にし  そうだが、し  血を熱くし  心臓にし  万吉さんはどうし  森で死のうとし  哀寂とし  気がハッキリし  居中悠々とし  耽溺家にし  ちょっとむッとし  公卿にし  時、わっし  言づてをし  男は、しばらくし  話、わっし  なに、わっし  はかまやし  真偽を観ぬこうとし  両面をすっかり観破し  万事は、わっし  行き過ぎやし  戻りをし  密議をし  徳島城へ集まろうとし  お十夜にし  智慧をつけおりはし  便乗しようとし  米様やわっし  出し惜しみをし  森はどうし  諫めはし  うちは、そうし  梅渓右少将様からお頼まれし  姿が迎えられもし  空模様は、なおまざまざとし  日蔭干しにし  切りはし  キシム音がし  胸ではギクリとし  半開きにし  ちょっと挨拶をし  それらしくし  病人のじりじりし  丞様はどうし  者へも聞こえよがし  ちょっと案内をし  跳躍をし  まりご無沙汰しすぎているので、どうもし  船待にし  三位卿はピンとし  研がし  廊下をぶらぶらし  心をせわしなくし  ちょっと思案をし  身をかがめようとし  出足を鈍らし  原士がどうし  むッつりとし  女中と間違えちゃいけねえぜ、スラリとし  ツイどうもうッかりし  おれもこうし  五月にし  姉様冠りをし  分りッこありゃし  袖知らせをし  安治川口を出るまでには、何とかし  腰を立てようとし  一念に歩こうとし  跫音でもし  足を踏み込もうとし  さりげなく行き過ぎようとし  郷土とし  川波へゆるぎ出し  ここまで運んだというホッとし  落伍したのにガッカリし  縁を思って、こうまでし  川風にホッとし  指図したりし  梅渓家からお預かりし  晃とし  裾からおどり出し  ヒッソリとし  多とし  中からムーッとし  ダランとし  紐を解こうとし  啓之助、どうし  心もわくわくし  黒髪にゾッとし  立ちもならず、いたたまれもし  狂瀾天をうとうとし  身を隠そうとし  船影にホッとし  剣をかまえて、斬ろうとし  一番楽しみにし  悲観もし  楽観もし  指図もし  足を長くし  整理がし  親子喧嘩をし  其友達のかうし  家族はかうし  常さんがしつかりし  手絡をし  のが見えたりし  菰包にし  菜にし  尻を高くし  珠を躍らし  準備もし  のが眺められたりし  猫撫声にし  荷を軽くし  誰も引留めはし  下駄を穿いて、し  食つたり飲んだりし  寄つて食事をし  ぶつつかりはし  ことを見もし  陸を越えて、青々とし  屋根をし  意見を求めたりなどし  気附いてはっとし  キクちゃんは、じっとし  私は、ほっとし  ように、伸びたりちぢんだりし  五体を熱くし  キッスをし  やおや君は泣いてゐるね、どうし  反へし  しづかに光つてまばたきもし  から、どつちにし  眼をかへし  廃墟とし  まばたきもし  きょうはこのくらいにし  自分からにやにやし  ふくらがし  宏子は覚えず身じろぎし  まわりをまわってし  横から自分の喜々とし  さっきのをすぐあつくし  どっちかというとぼってりし  味を濃くし  深刻そうにし  場では安うけ合いをし  別にいやし  ふきかたをし  目を醒されでもし  あいたりし  紹介したりし  ところまであかくし  ように動いているにかかわらず、いかにもし  ことを手間どってし  けが分りゃし  方は見ず暫く黙って歩いていたが、やがて、ゆったりし  学生って、あんまりがっちりし  ことなくにやりとし  重吉はこまごまとし  重吉が立ち上ろうとし  ゆきたけから伸び伸びし  番号をかきちらしたりし  下を行ったり来たりし  場所をゆきつ戻りつし  非常に漠然とし  物を命じたりし  却ってどきりとし  ざらっとし  そっちはどうし  ことは云わし  ものが、さっぱりし  寮生活をし  それがじっとし  数年外国暮しをし  ことが次第にはっきりし  気が益々つよくし  お前こそ、どうし  燈をつけようとし  駅前を出たり止ったりし  白エプロンをし  忍び声をし  カレッジライフなんて、きっとし  感じよくし  はじめて大笑いをし  骨組みのしっかりし  のをつぎ足さし  名をあげたりし  客間は、ひっそりし  しらえし  自分から進んで会おうとさえし  ます忙がし  中心として書くなり作るなりし  対人的の取りあつかひをし  場合にし  図にし  乞食にし  扮装法にし  化粧法にし  どれだというしっかりし  渦を巻いたりし  裏側はずいぶんざらざらし  ことがどうしても思い出せなかったりし  書物を読んだり読んでもらったりし  詮議などはし  まま、うとうとし  鍛へたりし  南極探検をし  手旗信号をし  北極探検飛行をし  飛行船にし  握手をかはし  文章を少しやさしくし  沿つて航走し  ふりまはし  あちこちもぐりこんで鳴いたりし  運命、し  出発後一時間ばかりし  飛行船上から陸地を見つけようとし  獣を見つけようとし  あちこちが破れたり、またはつきり現はれたりし  濛々とし  到達せんとし  はつて、少しく眠らうとし  霧を避けようとし  八百メートルにし  ビレ大佐は、どうし  心を寒くし  着陸しようとし  無電連絡をし  アムンセンに対するかうし  その男感歎してやみし  希望とし  重々承知はし  労多くし  所有者たりし  ぶんと飛びこみし  簡を宗とせずし  批評を正しとし  稽古でもし  手習ひでもし  今かうし  何かがし  金が欲しかつたりし  いくら成功を収めたにし  効果を出さうとし  少年を時々叱ったりし  立体にし  どちらへも行こうとし  手を挙げたりし  前後にし  ふり返りもし  懐から焼き芋を出し、がつがつし  今でも、落ちついた、おつとりし  贔屓眼を以てし  只今満員とし  うりものにし  贅沢さをしばらくいはないとし  信条にし  朝倉一五〇とし  傍から声がし  アツという間もなく、忽然とし  そつちのけにし  切紙細工をし  演技にし  やめもし  キライがありはし  下宿住いをし  ミルクを混ぜて食べたりし  みにし  徹夜をし  モウロウとし  バタをけちけちし  みじんにし  紅茶にし  飴色をし  トーストにし  宛名を書き忘れていはし  小使をし  手頼にし  仄のり紅くし  不平顏をし  喋舌をし  から、も少し借し  マア何とも仰し  マアそれにし  御免を蒙らし  高笑ひをし  聲を高くし  彼は立って誓いをし  本土に送り届ける誓いこそし  誓いをし  こともあり、恋いもし  悲しみを持つ、この長いとし  手を濡らそうとし  泣き声がし  あちこち行つたり来たりし  さにふらつとし  もの地図に入れたり消したりし  仮寝をし  方つて蓊乎とし  不平顔をし  主材とし  道路は広くし  ものを与えはし  綺麗で堂々とし  山から目ぼし  白葡萄酒を命じたりし  葉を引っぱったりし  巴を描いて飛び交わし  防禦演習をし  水に溶かしでもし  傳へんとし  先とし  穢を離れずし  了解せずし  慧にし  身久しからずし  愚者にし  闇鈍にし  無常にし  城とし  自ら罪を造らずし  樂にし  穩にし  處て貪らずし  瑜伽にし  所謂上流般涅槃にし  敏にし  垢とし  本文にし  法とをし  戒にし  愼重にし  勝とし  壯く、強くし  知にし  こと難くし  節制にし  放逸にし  避くべし  心昧劣にし  賢善にし  行を同じくし  少欲にし  利にし  魔羅をし  根侵されずし  六とし  所賢善にし  五にし  寂にし  義とし、往々にし  惡を造らずし  調御し  他をし  ぴちぴちとし  季題とし  それぞれ調べを異にし  かお弟子にし  住持はどうし  手を洗おうとし  名音はぎょっとし  彼女は、どうかし  眼をつぶって、じっとし  振りして通り過ぎようとし  早合点の指さしをし  旅客は、ひっそりし  甲板で、うろうろし  断案を下して落ち附こうとし  ちゃんと身仕度をし  字を倒さにし  例証をし  鞄をかかえてうろうろし  ほうで、へどもどし  応対をし  鞄をかかえて、うろうろし  生活をさっさとし  早めにし  終戦六年にし  政治を行わんとし  警察をし  復活せんとし  依存をし  生活安定なくし  頽廃にあらずし  国会にあらずし  核兵器でかためられようとし  強化をし  岸政府をもってし  確認をし  役割を果そうとし  一致団結をし  解決をし  実行なくし  ものをまっすぐにし  ものを正しくし  完成しようとし  物価をきめるにし  従属をし  増大をし  徴兵制度が来はし  内政干渉がきはし  侵略はし  立場にたって、そうし  賛成をし  浅沼委員長がつづけて語るべくし  中立政権にし  ものも、高まろうとし  広間がひっそりし  笑声を洩し  米擣をし  馳走をし  拍子抜がし  両方共焼穴にし  必要さえ示そうとし  具体的に動こうとし  通用するとし  中へ掃き込んだり、焼いたりし  小作をし  地主へ返えし  棒引きにし  自分が骨折りもし  餅米をどうし  有にし  石版五度刷りからなるぱっとし  子供が食えもし  相伴をし  詩を求めずし  繊婉にし  ひつたりし  漁村を過ぎてし  一つ噺をし  横顏をし  貰ふことだけはし  處がしつかとし  斜めにさし  孰れにし  木立に入らうとし  上塗もし  子供迄が大人しくし  骨が折れるかし  靜肅にし  養蠶をし  鉢卷はし  失策をし  巣鴨となると、つい隣りだのに、からりとし  一緒に、ごたごたし  十二間道路がついたりし  開けっ放しになったりし  一目みたい気がし  バックしたりし  足元から飛び立ったりし  仕事場にし  対手をし  真昼の広々とし  のですかと訊かれでもし  生活に、さっぱりとし  寒い晩、寝いってほんの暫くし  体をかたくし  さとともに、実にくっきりとし  横丁を行くと、青々とし  そっちから格別いそぎもし  管理人はあっさりし  格子をあけようとし  腹を立てたりし  思いまでし  んですよ、行って来たにし  稼ぎ手として離すまいとし  住込みでつとめたりし  口から友達たちに話されたりし  詩人になろうとし  あたい一人になったりし  身をし  エンジンをふかしたりし  地割りをし  あとしさりし  原は今やひろびろとし  上すべりし  ことがあったとし  下で、もうさっぱりし  わそうとし  なき声がし  割合しっかりし  心を満し  うちにいつもし  きょう本を買うにし  枝をくねらし  渡つて清めようとし  虧けでもし  縱にし  玄伯にし  松慶にし  名を訊かせようとし  衝突をし  路へ出しますとまだよろよろし  鹽いりにし  拔けた頭をし  却つて災をし  臭い頭をし  使つて掃いたりし  つまみ上げてし  堤から上陸しようとし  監督をし  南洋生活をし  小屋掛けをし  のですから、一体どうし  転寝をし  人間を引っ担いで行くとし  蛇にし  猛獣にし  ここらにうろうろし  あと片付けをし  なかをうろうろし  答へたにし  つて東京の宿へおくられたりし  編輯をし  漂然とし  動きを感じとろうとし  女が、どうし  洋裝をし  新潟へ近づくにし  から三日泊つて船待をし  用意はし  包を取り寄せさせようとし  體を丸くし  食事をしようとし  泥にし  雪とに堪へかねて一寸し  音を低くし  加へてゐるにし  手頼りにし  キヤラメルをし  溜つてぬるぬるし  黄葉もし  注射されでもし  青苔のぬらぬらし  昼も暗く、ひんやりとし  萬燈をかざしたりし  血が又し  覺えて居たのでし  天幕生活をし  運搬し、そうし  眠りに落ちてうとうとし  減衰振動をし  からだを固くし  左肺を少し悪くし  起訴にし  島男にし  踊をやはらかにし  都會しうとし  目まひがし  いもにし  つたへし  前には大人しくし  山こともなげなるおもてし  こと半町ばかりにし  情死をし  夜通し家を開け放ちにし  吉例とし  地図を見るに及ばずし  取扱つたりし  此作者にし  時節にし  作家をし  其形式を異にし  そのまま資料にし  日用品を作ったり取扱ったりし  作者にし  彷彿とし  形式を異にし  かおりがし  電話をかけるかし  毎日掃除をし  手を触れはし  室をお借りし  李永泰とし  眉目のくっきりとし  言葉もはっきりし  捺印がし  証明をし  特別扱いをし  呼鈴に、うとうとし  薄曇りのぼーっとし  外套はどうし  仕事をしたりし  大変話しがし  口をひきつらし  それから二時間ばかりし  苦笑もし  支配人にし  逸話を少しし  殊に厳重にし  中を覗いてみたりし  立場を浮出さし  検べたりし  中枢とし  それに適わし  検証しようとし  のが適わし  方法が適わし  今語ろうとし  発展概念は往々にし  関係を及ぼしはし  高度にし  現実にし  尤ももし  発展は往々にし  単調にし  構造を異にし  説明しようとし  現象をし  後者を以てし  問題を異にし  性格それ自身により適わし  於て成り立つからし  襲踏せずし  有つべきにし  使命とし  条件とはし  ことがあるにし  言葉は語ろうとし  観照者をし  ことが少なくないであろう、往々にし  いるかを顧みずし  別に如何にし  含みはし  性格を云い表わすと云われるに止らずし  不充分でありはし  伝承したにし  体系なくし  理解せずし  言葉はあるにし  なかったとし  規定とし  優越を必ずしも破りはし  獲得しようとし  成り立ちはし  形態とは往々にし  存在もし  之までとし  哲学に代ろうとし  対象を取り扱うにし  之は往々にし  偏狭にし  空疎にし  出発点とし  特色とし  学問は虚しくし  分類され得たにし  原理とし  現実的にし  方法概念をし  動機をし  強度にし  名こそ適わし  形式を取り扱うからし  理解し尽されはし  理性的にし  のであったからし  場合を斥けはし  異質的にし  異っているにし  評価しているにし  評価をし  徴表とし  排除しはし  有ちはし  妨げはし  薄弱にし  夏までにや、なんとかし  のは、随分、しつかりし  土地を見せるだけにし  計画をし  もんは儲けられるだけ儲けようとし  ぢりかなんかし  是非世話をし  方言を読み易く、解り易くし  西洋人臭い感じがし  最初にかはし  一番しつかりし  反響し返へし  冒險をし  技手なぞをし  技手をし  憚るかし  規則にし  二倍にし  四代記にし  真田領とし  手枷足枷をし  壮とし  幸村を斬らんとし  途中沼田へ立ち寄ろうとし  玄関につながし  立花宗茂と比べられたりし  死後三年にし  目利きごっこをし  勧誘せんとし  対面をし  義理を立通そうとし  幸村とし  謀議したりし  手で取壊そうとし  幸村虚睡りし  愕かし  使番をし  東軍に切込まんと約せし  霧深くし  奮戦に終始し  南門に着し  味方を通そうとし  朱敗を重ねてぐずぐずし  登をし  出羽守直次をし  田付兵庫等をし  二男内記をし  家宝とし  二度あったとし  料理屋をし  おかしいにし  肩をくねらし  ハンカチをのぞかし  身をもたせてくねらし  ちょっと後片付けをし  黄色は浮きだしたり消えたりし  涙がし  体操をし  畫にし  三百忽にし  手擦れのし  別に愉しい思ひをし  断りやうをし  手を出して見たりし  金融会社を、あつちこつちと探がし  誰かくれたとし  何をするにし  一日のばしにし  夜逃げでもし  足を運んで、細々し  造つたりすれば、どうし  吸つたりし  宿から講談本を借りて来てごろりとし  嘉吉にし  口を探がし  ことが出来、かうし  なか子にし  自殺でもしやし  品物は借し  夜店出すにし  品物を借し  インバネスどうかし  一緒にゐますよ、わかれるにし  息がし  ちらしたりし  整備をし  こちらを見ながら、うっそりとし  ところで、のっそりし  難船でもし  ことが、なんとし  飛火してひと嘗めにし  仮睡をし  クックッと笑ったりし  うえに這いあがったりし  大地を凍りつかし  咆えたりし  つもりでおびき出そうとし  錯乱をし  床几から飛びあがろうとし  間を行きかえりし  争闘ははてし  ことは、当然、起るべくし  縁取りをし  蠢めいたりし  顔を凭せかけたりし  私はうまくし  私を寄せつけまいとし  体温とじっとりとし  モッタリとし  嫌悪したり怖れたりし  劇痛がくるらしく、そうし  急にキッパリとし  眼をそらそうとし  かきあげたりし  腹をかかえて大わらいし  血がながれだし、かくごし  のでありますが、そうし  剥製にし  鋳掛けをし  すべすべにし  つめものをし  末をし  料理を食ったりし  私はもううとうととし  私は腹立たしくなったり可笑しくなったりし  癖がついて、どうもそうし  笑い話にしてしまおうとし  お節介をし  饒舌をし  猫背加減のひょろひょろし  耳にもし  唯今、お開けし  使いからし  脂肪でぶつぶつし  侍にし  田舎に、じっとし  勘定でもし  鼻を熱くし  くそけなしにし  帳場をし  彦太は、はらはらし  評をし  唄自慢をし  得意にし  膳にし  融通でもし  板ばさみにし  金づかいをし  彦太は、生れて始めて、ひっそりし  下火と見えたら又し  旗挙げし  ニッコとさえし  報告は、かれをして、ホッとし  果し合いをし  叔父にし  自信があってし  変装をし  三位卿にどうし  頭から否定もし  実行しようとし  孫兵衛にし  鋭さをし  宅助はどうし  地方代官所へ問いあわせをし  目利をし  蒼惶とし  きのう山支度をし  字が片彫し  徐々とし  ウットリとし  気を遠くし  あがきをし  親方から固く頼まれてし  口を開かし  義理だてをし  ひえびえとし  素通りにし  かなり目ばし  三位卿にし  セセラ笑いをし  朱文字を認めてホッとし  参差とし  者に見よがし  降り口にかかろうとし  いやに、おっとりとし  から一跨ぎし  オイ、どうし  まま、し  殺傷沙汰はし  手抗いをし  歩をともにし  まり費やしたにし  月影がし  本望とし  話だ、だけれど、そうし  山支度をし  不利にし  どこか悠々とし  公卿様、わっし  疑惑にし  岩壁の窪みへじっとし  身ゆるぎもし  音を聞くと、やはりぎょっとし  孫兵衛はハッとし  切り嵌めにし  観念はし  てめえを殺そうとし  さんらんとし  みんなシーンと後ずさりをし  まま日蔭者にし  奥から走り出ようとし  ソッとし  名乗りをし  せいせいとし  父娘名乗りをし  ヌラリとし  綱は拭こうともし  奄々とし  三位卿はどうし  周馬はどうし  返辞のし  力でも、きっとどうにかし  木戸へも集まらなかったので、どうし  寝相をし  前抱きにし  自害はし  綱を励まそうとし  侍をし  騒ぎもし  身を跳ばし  隠密遺書はどうし  丞は、しっかりし  ため載せるべくし  ような紛わし  容認するにし  容認しないにし  しか容認しないにし  別であるにし  特徴は押しも押されもし  内容とするにし  科学から救い出そうとし  立場に終始し  集合名詞とし  焦点にし  社会的立脚点にし  共通にし  必要を告げずし  処がこうし  建前とし  帰着しはし  共軛にし  普通そうし  もっと判然とし  解決しようとはし  誤りではないにし  世界があるとし  科学にし  科学をし  公正にし  制約されているとし  理想だとすれば、そうし  自然界であったにし  科学論的に、一向ハッキリし  世界観にまで、そうし  方法を論じようとし  中心課題とし  席巻からし  独自の、往々にし  混入したりつけ加えたりし  無意味であったにし  関係づけようとし  認識目的とし  解釈はそうし  目的とはし  根本テーマとし  原理にし  分類ではない、そうし  規定しようとし  症状であって、又往々にし  動揺も来しはし  照応し得、又し  唯一の、即ちそうし  認識目的とさえし  経験を有ったと号するにし  叙述様式は、往々にし  代用されたりし  ために、往々にし  存在するし  消滅したし  之まで往々にし  眞直にし  扮裝をし  まり惡氣にし  從笑ひをし  内務大臣をし  郡長をし  事許りし  言ひたげにし  由松も大人しくし  不思議相にし  渠は緩りし  一つ咳拂ひをし  闃乎とし  二十人來るにし  出しになりあんし  言葉は聞かぬ振をし  雲水もし  健でないにし  居間にし  中に投げ込んで、二度と出して見ようともし  亭乎とし  目附をし  公主とは、どうし  から、そっといらっし  夜そっといらし  舅さんは、どうし  ためにあわてて起きて帰ろうとし  甲羅をし  方へこようとし  家がなくなっているが、どうし  柱をし  ようなおどおどし  所夫をこんなにし  鶴を抱かし  写生したりし  画学校は実にのんびりとし  絵にし  人物画を描いたり見て貰ったりし  参考とし  まり悪気にし  追従笑ひをし  二十人来るにし  冊子とし  星野麦人をし  改題せられし  能はず幾何ならずし  編輯員とし  諸子なりし  春なりし  知友たりし  明治三十四年なりし  亭有人にし  徒をし  事今にし  蹴出しあらはにし  記者たりし  葉の失せたりし  書留小包にし  関係よりし  俗にし  生命にし  中止したりし  日頃は全く忘れ果てたりし  二年生たりし  罕にし  小説を好みし  何番地なりし  事数町にし  洒々落々たりし  時やや暫くにし  蓄へし  由言出でし  先生を見たりし  二号を出すに及ばずし  辞を低うし  半月あまりを経たりし  四日にし  声掛りにし  稽古を見たりし  焼香場なりし  そのまま長唄にし  読合済みし  なほ浄瑠璃すみし  ほかつてわが見たりし  作者頭取部屋にし  室にし  辱知となるを得たりし  年月わが身をし  らに薄らぎゐたりし  書生画工にし  上田先生にし  手紙書きてゐたりし  頃見知りたりし  交際とし  なりにし  所あらんとし  貴兄をし  事難くし  候由もし  つて、さうでもし  色彩を躍らし  拾ひ上げようとし  蜂はやがてほつとし  蜘蛛どうし  時から損ばかりし  無闇をし  待駒をし  ようにちやほやし  もう少し善くし  返事だけはし  世話をしてくれるにし  牛乳配達をし  下女奉公はし  奉公易えをし  学資にし  商買をし  手続きをし  勉強はし  三年間学問はし  時寝小便をし  拝見をし  主任と打ち合せをし  半分に狭くし  手付をし  読をし  一週間ばかりし  十五円にし  から、お安くし  三十円にし  もう少し奇麗にし  砂でざらざらし  自分がし  一人ぽかんとし  宿直をし  それからかなりゆるりと、出たりはいったりし  山嵐に出っ喰わし  死にもどうもし  まま腕まくりをし  一先生を捕まえてなもし  云えないくらいなら、てんでし  しかしだれがし  ものはしたので、し  ものはし  癇違いをし  ダイヤモンドはどうし  仕方がないから泣き寝入りにし  小使なんぞをし  女だか分りゃし  君釣をし  殺生をし  今さら驚ろきもし  発議をし  薬にしたくってもありゃし  心持ちはし  田舎巡りをし  内所話しをし  騒動を大きくし  野だはまぼし  成功はし  るい事をし  世話なんかし  たれ死はし  義理立てはし  尊とい返礼をし  騒動を起したりし  恬然とし  顋を長くし  蒟蒻版を畳んだり、延ばしたりし  職員をし  退校さし  翻弄しようとし  謝罪をし  ものだからし  ますます蒼くし  んだか分りゃし  捜がし  世間並にし  日本中さがし  今頃はどうし  ただ交際をし  それから清書をし  冷をし  あとで困りゃし  ように大人しくし  通り金鎖りをぶらつかし  顔を見ると、どうし  一間ぐらいな、ちょろちょろし  散歩なんかし  赤シャツのねちねちし  野郎返事もし  目に懸りましたねと喰らわし  手続きにし  場合返事をし  のか、断わるにし  腕を伸ばしたり、縮まし  何そんなに困りゃし  話だが、なるほど見懸からし  声を一層やさしくし  べっかんこうをし  一人もないと信ずるからし  淑女にし  献酬をし  見送りをし  椽側をどたばた云わし  二人ばかり、よろよろし  いかさま師をうんと云うほど、酔わし  んだから、じっとし  返報をし  返報にし  新聞配達をし  所で、行き詰ったぎり、押し返したり、押し返されたりし  もう少しで出ようとし  三週間もし  のじゃがなもし  踴りをし  驚ろいたぐらいうじゃうじゃし  後鉢巻をし  鬨の声がし  所を突き貫けようとし  石をなげられたりし  無茶苦茶に張り飛ばしたり、張り飛ばされたりし  山嵐はどうし  ずたずたにし  彼等をし  一人残らず拝まし  内所話をし  手続きはし  正誤は無論し  それから三日ばかりし  授業にさし  狸が蒼くなったり、赤くなったりし  徹夜でもし  長持ちのし  おれは思わずどきりとし  のをじっとし  卵がぶらぶらし  赤シャツはよろよろし  のか逃げようともし  校長宛にし  晩餐を共にし  観測をし  すゞ子のおあひてをし  二人ともおとなしくし  中から、どんよりし  マストをし  ぎをし  ぼつたりし  きりで、ぽつぽを見ようともし  ゑるやうにして、ぽつぽを見せようとし  片手をかためてし  いくらをしへても、ちつともぽつぽを見ようとはし  ふちをし  すゞちやんは、歩いてはたふれ、歩いてはたふれし  それを聞いておほよろこびをし  二人が見てし  指導に当ったりし  正常にし  世人は忘れはし  封建制の建て直しに進もうとし  組織したりし  半公的機関も、往々にし  戦争へ導きはし  直接目にし  大量的に失われたりし  一粒に化しはし  一まずホッとし  八ツ当りがし  発砲を敢えてし  外交当局をし  騒擾を起こしたりし  支大使をし  決議したりし  困難を出来るだけ少なくし  現実に延びようとし  誤報であったにし  隅から順次に着々とし  対立は往々にし  ように着々とし  盛大にし  さだとし  信用しなかったり全く知らなかったりし  不安になりたがりもし  アッピールしようとし  主人そのものからは少しもおびやかされはし  相談が決まるにし  ため、突如とし  之を押えようとし  安心をしたりし  芸をし  ことは決してし  世人をし  内容が、より一層ハッキリし  不明朗にし  気持ちで、一応ホッとし  政界情勢をし  結果になったりし  そのままうのみにし  文芸がそうし  一致はし  形をとるにし  表面に立たないばかりではなく、そうし  民衆をし  イニシャティヴを取ろうとし  根幹になろうとしたにしても、又なったにし  点に就いてハッキリし  隠蔽しようとさえし  客観的結果になりはし  動きそのものさえが、まだハッキリとし  ことが許されるとすれば、少なくともそうし  ものがいるとし  国家がもしあるとし  シグナルとし  日程に上ったり上ろうとしたりし  ただ一党を以てし  菊川氏にし  迷惑なしとはし  確立するもし  者が多かったとし  ものはそうし  民衆だと考えたりし  一切抜きにし  ものが、正にそうし  多くが、往々にし  於ても、生き生きし  現象が続々とし  坑にし  之はどうし  自由はなくなりはし  水準は依然変らないにし  がた落ちをし  さを以てし  蒙昧化そうとし  科学がそうし  対抗して、ハッキリとし  ものがあったとし  生徒主事をし  非常に安かったとし  生活手段とし  出這入りはあるにし  彼等のそうし  技術家は、甚だ往々にし  漫然とし  表現を有てないだろうし、又仮に有てたにし  政治家の営々とし  自信を強くし  ポピュラリゼーションをし  意識しようとし  上に次第に及ぼそうとし  ダンスホールにし  意識するし  レヴューにし  エロ映画にし  エロ出版物にし  みずから道徳面をし  制服にし  パトロンとなったりし  抱擁をし  二重性もありはし  顔などはし  表情はし  事実を考えて見ようともし  範疇から離反するにし  欧州離れをし  スケールを小さくし  奥行きを浅くし  両氏が若くし  原始仏教解釈でグズグズし  流行などに動かされはし  御用を務めようとし  エラボレートされたりし  回り道をし  結論しようとし  友誼関係において捉えようとし  題はきわめてピッタリとし  初めから問題にし  三年程し  ヒューマニストとなろうとし  唯物論者となろうとし  豹変さえし  マルクス主義哲学として役立てようとし  テーゼが、突如とし  間が抜けていたりし  逆もどりしようとし  ように輝かないにし  処論外とし  漱石はそうし  創設するにし  限界をつきつめて見ようとし  的活動をし  対立さえし  意匠にし  自分自身にハッキリし  ヒューマニズムだと云うにし  動きと見るにし  切実さを持ちはし  今日往々にし  暴露しようとし  生活費の足しにし  のであって、そうし  根柢にし  条件にし  誇りがあったりし  台頭しようとし  足場とし  予想とし  文学者さえが行こうとし  可能性を求めようとし  口が過ぎはし  合理的で堂々とし  思想発表活動をし  随伴するかし  戸籍変えし  富豪青年学者とごく親しくし  後回しにし  文化的占有をあえてし  素人抜けのし  水準以下のものにし  ような、又読みもし  ことを当然とし  事情が見て取れるにし  局限されはし  他が続々とし  政党にし  会話までをも含めようとし  今日突如とし  新興邪教をし  時日を同じくし  日突如とし  発売禁止を命じもし  方針を護ろうとし  まりハッキリし  精密にし  近年著しく殖えたにし  悲愴にし  岩波講座から削除されたりし  そうともし  武装をさせようとさえし  骨抜きにして伝えられたりし  追求したりし  点が、ハッキリし  逸脱したりし  階級対立関係にまでハッキリし  下に行なわれようとし  一般にそうし  民をし  原則であり得なくなったと考えられようとし  代表達をし  矜りとさえし  講義がし  殆んどハッキリし  本質的条件とし  日常生活は、必ずしもそうし  今日そうし  否定でもし  代理をし  マスターしようとし  以て聴いたり見たりし  不名誉にし  お客とし  瓦斯自殺をし  毒薬自殺をし  弓弦とし  原料とし  名将にし  恢復しようとし  生命とし  ネバ河へ投げ込もうとし  露国皇帝をし  単独講和させようとし  顔を歪めて、唸つたりなどし  溜息を洩し  また明日にでもし  突らせたりし  胸を叩いたりし  まり馬鹿にし  突き出したりし  ことを思はうとし  亢奮をし  力を感じたりし  返事を待つたりし  それが如何し  立膝なのだか、し  誘つたりし  もう少し確りし  行ひをし  ツさツとし  周子を呼びかけたりし  ツ面をし  こと関やし  云つて羽織を脱いだりし  押入を開けたり閉めたりし  トランクを取り降したりし  ぺたを抓つたりし  つた顔をし  書きをし  紛失させたりし  蓋をあけて見たりし  塵を吹いたりし  縫取りが仕かけてあつたりし  やうに脹れたり凹んだりし  飾つたりし  つてボツとし  泊りはし  云つて帰つたので、どうし  彼は思ひもし  うに不平を洩し  眉を顰めたりし  想ひ描いたりし  儲け物をし  金に就いて考へるにし  想ひに打たれたりし  口笛を鳴し  身が縮む思ひがし  胸の透く思ひがし  面からし  母とは仲良くし  幕をし  心配を洩し  笑ひを見せて訊ねたりし  感情を一層醜くし  計つたりし  傍から口添へし  母さん任せにし  娘に訊ねたりし  諫めたりし  安住しようとし  蔵書である英文学書すら読めもせず、読まうともし  闇打ちにし  外景を覗いたりし  翻訳などをし  考へを起したりし  初めは、さうし  貧棒こそし  貧棒はし  母に似てずんぐりし  彼は、悠々とし  早変りをし  やうに唸つたりし  お前さへしつかりし  彼は、にやにやし  滑稽な戦きを持つたりし  愚痴を滾し  見をし  窺つて見たりし  口も利けやし  酌などし  彼は、何とかし  彼は思ひはし  うに読んだりし  話材にし  無理に呼び寄せようとはし  首をまげたりし  伸縮させたりし  なぞらへて見たりし  云ひかけようとし  盃を舐めたりし  妄想に走つたりし  客のとりなしをし  胸を踊らせたりし  留守ばかりし  つて怒りはし  顔を曇らせたりし  一辺もし  慕ひはし  眼を瞑つたりし  喰つた振りでもし  肩を組んだりし  務めをし  母がしつかりし  水を吹きし  水浴びをし  想つたりし  一寸でも洩し  嫉妬をやきはし  屹度大切にし  さへ、し  お伽噺をし  意ともし  青年が如何し  冒険小説風に話したりし  顔を顰めたり、し  悸したりし  刑事に踏み込まれでもし  云つて苦笑を洩し  催促などをし  変に楽しく待ち遠しがつたりし  氣持ちがし  半分歪んでゐたり、し  聲とはし  化粧もし  冴え冴えとし  ものやらはっきりし  知らない行動をし  便法にし  発言しようとし  生きようとし  ような暗い、じめじめし  展望をもとうとし  解決されようとは全くし  改正されようとし  ものとなろうとし  権限がひろくなろうとし  多数党にし  悲痛にし  なかった自分が、もしかし  あなたにお話し下さるにし  直接お会いし  改札口を出ようとし  そこから一足も動こうとし  何かむっとし  方、どうし  内祝言でも早くし  はいやし  単純にはっきりし  のってありゃし  わるいったらありゃし  肩をつかまえてしっかりし  目瞬きをし  ように生きようとし  狂つたりし  山分けにし  一文ももらつてやし  ブタペストから寄り道をし  リウマチで、寝たり起きたりし  老哲学者をし  愉快さうに思ひだしては、話し話しし  これはすこしどうかし  お代りをし  議論を戦はし  大國民をし  相手とし  大運動をし  蒙古種にあらずし  以つて亞細亞的なりとし  源流に遡らずし  日本國民にし  陰險にし  昼休みをし  目を凝し  職人たちも、見あげはし  パタパタやったりし  目ばたきし  わきあけから懐手をし  私につがし  専吉さんがつかまったりし  狂気じみたいら立たし  ますます精鋭にし  ますます残酷にし  下から、生まれて来はし  料理、いうがごとくし  物が出来るとし  発展させようとし  未亡人にし  みな殺しにし  努力しようとし  爲に生きこそはし  まん中にし  病氣がかうし  賞讃したりし  これ事とし  つた顏をし  講義なぞをし  つて殘つてやし  夫婦喧嘩でもし  ちの方に引き返したりし  物怖をし  女を助けようとはし  やうに、しいんとし  海をそぞろ歩きし  明確ならしめるだけに過ぎないという、そうし  日暮れんとし  征衣纔に黒くし  吾今にし  手洗いに出たり入ったりし  肩越しにのぞき込んだりし  気分がさっぱりし  警部をし  ミサ子はむっとし  病気んでもなったらどうし  今日はし  何にもなりゃし  価格評価をし  頼りにもなりゃし  承知するもし  目顔をし  理解しようともし  奥は暗くひんやりし  ゲンコにし  口元をし  面会にいらし  ミサ子にくってかかりでもし  もっとさっぱりし  だれをも分けへだてし  仲間いりをし  ところではどんなにし  ミサ子はしみじみし  仕方をし  神さんにでもし  いくらもたちゃし  私がちょいとツンツンし  わけがハッキリし  支店からまわって来たりし  姉さんかぶりにし  水を何とかしてのまそうとし  たかと思うとよろよろっとし  ミサ子はムラムラとし  私たちだって女工さんだって違いありゃし  レストランにし  ミサ子が帰ろうとし  はじめたりし  まんまにし  日に向って並んで、ニヤニヤし  ほか二三人がかたまって凝っとし  自分に優しくし  ものがいりゃし  太田千鶴子に対する漠然とし  澄しかたなどし  クビにし  それっきりにし  ものを握らし  新聞で読んだりし  心持さえし  ミサ子は身じろぎもし  二日ばかりし  下膨れのゆったりし  後片づけをし  方がぎょっとし  みどりのとび出し  ひねりっぱなしにし  ように笑おうとし  あなたもしかし  薄気味わるいったらありゃし  もやいにし  足ががくがくし  まま入院さわぎにでもなったとし  人影がちらちらし  何か話しかけようとし  さわりさえし  ひとこと言って、へどもどしながらあとずさりし  眼をぎらぎらかがやかせ、つるつるし  においを考えまいとし  だれかのがっしりし  いるか、見ようともしなければ、知ろうともし  ぼくは、やっとうとうとし  十分腹案をし  壮遊をし  名誉とし  禁物にし  大勢団欒をし  のですが、どうにかし  ポルジイは這入らせはし  暇乞をしようとし  何にも熟錬し  金貸業をし  おもちゃになったりし  女には似合わし  男はしっかりし  女はすらりとし  評議をし  受用をし  人がどうし  穿鑿をし  程でもなく、ちょいとし  思附きをし  乗をし  これまでし  それを行って見ずに、ぐずぐずし  男だから、またし  算術をし  いつぺん捨子にし  鎖は断ち切れようとし  年中だらし  神下しをし  報告を読んでぞつとし  目には見えぬにし  原形とし  祓へをし  而も、かうし  根だやしにし  その後またどうし  口もきかずに、じっと、そうし  もっと間近から見なおそうとし  丞はどうし  先刻からヒラヒラし  目のやりばとし  お話中に見えなくし  境遇を知らせまいとし  無体はし  頤をさし覗くと、がっしりし  人間は殺せまいが、おぬしにし  拙者にし  ガン首をほうりもし  眉間にムッとし  勘ちがいをし  好きに猛らし  ぇッ、こうし  口にさし  心配にし  悪戯書きをし  弾みにし  道中をともにし  当時からし  暗澹にし  門を入ってこようとし  素顔は、ふさふさとし  周馬を追おうとし  クルクル舞いし  いい加減にし  額をし  まわりをウロウロし  あとへ戻ったり、うろうろと帰ってきたりし  音がして、てらりとし  孫兵衛はどうし  挙動をし  のを夢みし  サバサバとし  紐までといて検めたが、どうし  犠牲をかけられて奪り奪られし  いつのまに抜け道をし  死顔をし  口もとを固くし  目色をし  役目とし  秘密とし  連綿とし  改悟させようとし  もう一度辞儀をし  鴻山にし  本望はとげたにし  ひだを濃くし  苦難をともにし  足もとへ、ふっさりし  違約をし  暮らしなさるにし  憮然とし  ニッコとし  全体とし  やり繰りをし  話を聞いたりし  静養をし  署名がし  表装をし  墨を淡くし  散々苦心をし  のものをよく見ようとし  工夫したりし  話をしたら、暫くし  九州へ帰って行ったが、暫くし  墨を思い切って淡くし  賛をし  吉田さんはにやにやし  から一月くらいし  十年猛勉強をし  半端が出たりくたびれたりし  見劣りがし  上に立ち上ろうとし  一つ相談をし  あたし、どうし  偉力をもってし  ラジウムはどうし  田舎へ引込むなりし  それからそれへとし  素ッ裸にし  のを裏返しにし  私はガッカリし  大安心をし  刑務所生活をし  結局しっかりし  駭かし  休息せんとし  水も与えはし  ことから人殺しをし  日本を去ろうとし  自殺にし  わたくしにし  ようにぎくりとし  痕はどうし  画室へ入って参りますと恐し  周囲を探がし  乱暴をし  罪に陥し  自白をし  素気なくし  どっちともはっきりし  なぞかけられて巻き込まれたりし  私は恐し  殆ど忘れかけようとし  年上だったりし  事を言い言いし  私も先ずそうし  ん事はお聞き及びし  事にでもなりはし  しったとし  網代車の小ざっぱりとし  附添にし  皆の出かけようとし  不審そうにし  御子様にし  中門を押し開けなどし  上機嫌そうにし  方違えをし  暮れようとし  手習をさせたりし  殿なんぞは見もし  一台の小ざっぱりとし  姿を見もし  さのあまりにし  おれを打つなり抓るなりし  むっつりとし  日記がこうして終るともなく終ろうとし  歌によんだりし  鷹を舞い上がらせたりし  ように思い返されたりし  御文を下さったりし  そうにはし  身体つきなどはまだ細々とし  目をかけられようとし  方で一向取り合おうとし  撫子はどうし  そちらに通ったりし  気もちがし  簾ごし  青年を見ようとし  いつまで立ってもお帰りなさろうとはし  自分自身のこうし  君がいくら入らしってもお会いし  何んとでもし  強情にし  事も言われようと気構えし  物語ぐらいはし  人見知りをし  余裕が生じでもし  事を取り合おうとはし  それから暫くし  所為にし  羞かし  時など、どうかし  気もちもし  手から離しもし  そのまま悔やし  散らし書きをし  がれにし  ちょっと入らしって下さい、是非お会いし  急に止めたりし  ゆき場のない、じっとしていたくともじっとし  ためにどうかし  笑いを立てながら言ったりし  君にお見せし  手を出そうともし  支度をぐずぐずし  淀みでもし  法師姿をし  私にすっかりなつきでもし  方とし  ようにおさせし  何かそわそわとし  あなた様のお目にかかってしみじみとお語らいし  華麗にし  眼をまるくし  なかったが、しばらくし  事数行にし  瓶もし  事を得べかりし  絶島に着し  航路にし  妖女住みし  航海三十五日目にし  余はいかにもし  右舷に眠りいたりし  聴えし  中段に小さくなっていたりし  人なしと思いいたりし  事七八度目にし  一週間以上過ぎし  頭を打ちし  暴風のやみし  動揺はなかなか激しくし  事と思いし  方に立ちたりし  気絶以前に見たりし  んとせり、いかにもし  尻餅つきしが、しばらくし  天井に懸りいたりし  帆は高くし  船底に逃げこみし  さをいかにし  余は忽然とし  あいかにし  さにたえずし  黒幕におおわれたりし  本国を発せし  身なり、いかにし  明確にし  筍生活をし  融通して貰ったとは言え、どうかし  そうとしても取りはすまいし  服装にもきりっとし  ちょっと唖然とし  私から金を引き出そうとし  不思議がりもし  感嘆もし  別に自慢とはし  期限にはし  断じて引き受けはし  酒を飲んだりし  指導してくれたりし  中尾はぎょっとし  君は貢いでるか搾られてるかし  礼は厚くし  胸がすっとし  別に驚きはし  悪いことはし  謝礼もし  私はなにかぎくりとし  仮面をかぶってやし  手を差延べようとはし  それから一つ二つ世間話をし  月賦払いにでもし  一割で貸しつけようとし  理由があるとし  餓ゑ死をし  病はどうし  違ひないにし  ひでもし  それから横啣へにし  記憶はないにし  外国語をし  索寞とし  一生懸命に喚び起さうとし  指を見せると、苛立たし  周囲を眺めまはし  羽搏きをし  珍味を挾まうとし  ひつかけようとし  内に、生き生きし  まねばかりし  ぢにし  腹の中につめ込んだり、飲めもし  水のし  振り廻したりし  時舐めまはし  鯱鉾立ちをし  遠慮はし  云つておいて、暫くし  着かたをし  程気兼ねをし  名乗り合ふこともし  飽きも飽かれもし  あたりを眺めまはし  勃凸はと見かう見し  頼朝がかうし  気持で考へたりし  朝晩礼拝をし  何んもし  気抜けがし  子はかうし  きり泣きもし  勘定だけはし  のにし  その後一週間ほどし  而して凛とし  揚言したりし  田舎もんがどうし  便りにし  顔を舐めまはし  あとから支払ひをし  盛り花のし  内地で親しくし  何か盗みだして持ってやし  上は何とかし  失敗に帰したとし  振子を大きくし  うどんにし  不揃いにし  点呼をし  うちから声がし  作り声をし  巷に、突如とし  僕はギクリとし  威厳を保とうとし  大声すら発しようとし  僕はどんなにし  衣服を軽くし  ものは、作らずし  ウェーブをし  一緒にあった美しい貼り交ぜをし  それよりもぐずぐずし  庵室に老い朽ちるに委せるなどとは、なんとし  さまでし  上からゾロリとし  頬にかかったりし  庵主を抱えようとし  彼女はどうし  鉢合わせをし  脳溢血とし  都合よく語ったりし  同意をし  かきつばた花さくときになりぞし  考とおもひをりし  うちにはし  誤りをあえてし  捉われひんぴんとし  杜若であるとし  人の著わし  紫花にし  二度病気をし  書生をし  二年ぐらいは、ぶらぶらし  目的を改めて見たりばかりし  文学をやるとし  佐々木にし  うちから書きたくて書きたくてむずむずし  中で書いたりし  雇になったりし  教員をし  一週間ぐらいし  鮮人を救おうとし  別に狼狽はし  床に就いたりし  是非お会いし  方からも、是非お会いし  記憶から消えようとし  筋書だったが、どうし  掲示をし  放送もし  噂さし  ヒッソリ閑とし  僕を見て逃げようとし  身内だけとし  噂さをし  持ち物をし  若い婦人にし  写真をうつすにし  運転をし  道草をし  ゴッタがえしをし  滅多に開かれはし  先生がどうかし  ものだったとし  恟々とし  元気をつけさせ、さてどうし  ここに突如とし  一同を見廻わし  室から外に出ようとし  ゾーッとし  顔を見廻わし  魂も消し飛ばし  様子がございませんが、そうし  辺にウロウロし  大分はっきりし  一杯繃帯をし  繃帯をし  繃帯はどうし  破裂をし  暗室にし  ッどうし  光に会ってクラクラとし  触れはし  攻撃されはし  眼を悪くし  日の本にありはし  赤外線男がウロウロし  顔負けがし  帆村荘六は早く起き出ると、どうし  ポロポロ滾し  捷径をし  行く手を見えなくし  横をすりぬけようとし  日本堤署へ引かえし  打合わせをし  友達扱いにし  から停電でもし  映画が写し出されようとし  首をあげようとはし  彼奴を探しましたが、どうし  金を出したとし  彼女を殺そうとし  彼女にも撃たせようとし  拳銃をとりあげようとはし  射撃を始めたとし  押売りにし  ボストンバッグはどうし  地響がし  者だと云いはし  令嬢はニコニコし  百合子はワクワクし  署内をなんとなく歩いたりし  奈々子さんにそうし  素直にし  のだがなあ、しかし如何し  直ぐにし  康雄にははっきりし  おっぱいがぶらぶらし  儀でもさうし  頃どうかし  咽喉がヒリヒリし  覽なさい決して有りはし  石が如何し  氣を失はずし  殆ど死なうとまでし  壮健にし  息切がし  ところに逃げ帰らうとし  気もするし、忍べるだけ忍ばうとし  碌々眠らずし  こと下宿住ひをし  夕食を共にし  主薬とし  掃除がし  朝食をし  楯もたまらず、早速申込みをし  火にくべて脆くし  歸つたりし  風にも、し  制作をし  天人にし  ヘコタレはし  心配もありゃし  母あにし  死体を掘り出そうともし  俺たちまで取り殺そうとし  時だって使いはし  途中でぶっ倒れてやし  キリストさまのし  所でああし  涙あこぼしたり苦しんで見たりし  いいかげんにし  みんなは、どうし  こいつは何とかし  英醫偉利斯之を診し  病なくし  公をし  易簡にし  權にし  口を信ぜずし  躬を信ぜずし  躯幹魁傑にし  朴率にし  清明にし  時、奏して聞かせし  余と共にし  曳舟もがなと思ひし  これ南洲留魂祠にし  携へし  顛覆するなら、し  ように漠然とし  ように、そうし  焦点は実にハッキリし  まま帰ろうとし  範囲も、依然としてハッキリし  理解しながら書いたり読んだりし  物語ろうとし  審かし  時およびし  女中はどうし  深い闇にし  吾らをし  身顫いし  発掘でもし  金でも取ろうとし  最後に、引き上げようとし  題にし  一ヵ月降ろうともし  袁皇帝と称えようとし  仇を刺そうとし  自分のものにしようとし  羊皮紙が忽然とし  その後私はどうし  ちょっと舌打ちをし  卵型をし  強靱な、それでいてスラリとし  好々爺然とし  コクリコクリ居眠りをし  のにどうしても見せようとし  ヘジン博士の著わし  全滅させようとし  霊汝らを埋ずむべし  里程にし  侍女頭をし  預けさえもし  復讐の誓いをし  三人案内にし  寸法にし  相談事でもし  口からし  行衛をさがそうともし  手に戻らないとし  彼女は消えたにし  ことでは消えはし  もう二度とは、振り返ろうとはし  一寸も動こうとはし  様子はどんなにし  しか成りはし  僕はこうし  星影も見えようともし  壁にも触ろうともし  そこにいたにし  室にあるにし  中から返辞をし  返辞こそし  廊下へ倒れようとし  むやみにソワソワし  逆さに釣るし  目的地へすぐに行こうとはし  唄声を聞こうとし  みんな忙がし  音や、のんびりし  注意しようともし  促がされでもし  圏から出ようとし  まま微動をさえもし  恋を妨げられでもし  格闘が演ぜられようとし  ラシイヌはどうし  繋纜りし  位置から動こうともし  モデルにしようとし  腹から離れようとし  僕だってご多分に洩れはし  涙を落とそうとし  僕はうとうととし  競走をし  一つも盗まれはし  奥地に向かって行きはし  彼らが行ったとし  とげはし  和睦をし  前進しようとはし  飾り玉を盗んだりし  南洋に向かって去ろうとし  宝庫を探しに行こうとし  中へ入れようとし  賊から遁がれようとし  縄梯子を伝って下りようとし  猛獣狩りをし  彼らはどうし  可愛い悪戯をし  椅子のもたれをつついたりし  瞬間褐色をし  風もないかし  露出しにし  体へまさに触れようとし  悲鳴を上げようとし  両手で抱こうとし  私達を認めても襲って来ようともし  廻をし  火事に追いつかれはし  間に延び縮みし  ダンチョンへ縋ろうとし  有尾人種はいないにし  改良を加えたりし  案内にし  鰐が死んだりし  背中にし  鏖殺にし  下げさえし  水から姿を出そうともし  富が、はたして埋もれているとし  外へ求めようとし  千切ったりし  様子を探ろうとし  場所から他へ移ろうともし  外へ出ようとし  前を過ぎようとし  中へ正に落ち込もうとし  磐石は動こうともし  行衛を眩まし  疑問は解けようともし  磐石は砕けようともし  疑問を試みようとし  彼らを釣ろうとし  褒美にし  代赭色をし  沙漠を見ようとし  発展さし  蹲まって、そのぎらぎらし  これだけ集めてみて、そうし  別にそれを捜そうともし  貧乏したりし  総入れ歯をし  おれのし  人殺しだけはし  不思議さは少しも減りはし  世界がどんなに見えるか、そうし  上にいて、これから降りようとし  時間議論をし  商人を見向いて見ようとはし  枝ぶりをし  失心しようとし  発芽もし  ここちがし  うららかな顔をし  手まねをし  芝生はもう青くなり、し  店飾りをし  事が起こりはし  咲き方をし  可能性がありはし  ことが言われはし  のだか、し  のだか、はっきりし  相手には舐めるだけにし  はがきをし  悪事を聞いたり読んだりし  自分のし  戸惑いをし  線とある角度をし  必要がありはし  一日留守にし  無感覚になっているが、どうかし  準備をしようとし  だれがいかにし  お雑煮にし  読本をのぞくと、たちまちにし  あと二週間もし  おなかを悪くし  淵子ちやんはし  往来をし  雑誌を執って覗いていたが、なんだかじっとし  女は引かえし  気がのびのびし  婢はにやりとし  間を軋まし  肝いりをし  抜差しをし  装束をし  目くらがし  きょうお目見えをし  刀を抜こうとし  果たしてお詫びをし  甚五郎はどうし  二人だけにし  半分つぶやくようにし  わたくしはひとりでにがわらいし  だって仕事をし  ところに立ってし  そこらはむっとし  ところへ持って行ったりし  額を押えてよろよろし  へんむしゃくしゃし  爪立てをし  そっちをすかして見てよろよろし  から声がし  ぎくっとし  みんながちらちら行ったり来たりし  酒を注ごうとし  輪になって踊りはじめようとし  もみ手をし  みんなさっきから、うたったり踊ったりし  ように身構えし  役人をし  帳簿から写しものをし  町のかうし  女中はにやりとし  食ひはし  後家神に、いたぶられたらう、ぐずぐずし  ことをやったりし  黄金いろをし  蜘蛛はどうし  糸を切って飛んで行かうとし  みんな子供にし  方でへらへらし  こはされたりし  赤痢にかかったりし  蜘蛛はキリキリキリッとはがみをし  なめくぢはどうし  そっちへ進みましたがどうし  やうにゆすぶったりし  眼をぎろぎろし  きたうをし  そんならどうし  水を呑んだりし  実行もし  左夫思恵君にし  欲にはあらずやや多く斯くし  君坐さずし  怜君にし  荒雄らが行きにし  毛君とし  覚官的にし  過ぎにし  らむ木枯の吹きにし  木枯の吹きにし  色とし  朝ぐもり霧にし  楯並めてとよみあひにし  人の住みにし  学位を取ろうとし  ものであったとし  事件にし  審査員を選び、そうし  価値を決め、そうし  一つだけはし  発生を見るに到りはし  細心にし  泥仕合にのみ忙しくし  恐れがありはし  浩さん離れのし  掛へべっとり附いてるじゃないか、どうし  クウルトリイヌは、どうし  渇仰者たちをし  父などもし  興宗にし  近隣づきあひをし  輪入し  手柄をし  當然疑問にし  孫をし  殘さうとし  家中根だやし  跡目相續がし  沈黙にし  照映し  人形芝居にし  紋印がし  前述もし  筍形をし  転換をし  からえこひいきなどはし  橙いろをし  いつでも騰ろう騰ろうとし  ものはいつでも照らそう照らそうとし  いつでも乾かそう乾かそうとし  何としてもそうし  床を見たりし  落葉が羽ばたきをし  パツチリとし  草分けをし  衣食こそし  刎ね返されてゐた、し  呼吸をつかうとし  九時にし  双葉関は、どうし  対局をし  立会人とし  友達つきあひにし  ぱアツとし  小さな体躯をし  苟しくもし  奥州、までのし  枕にうとうとし  いくら合図をし  将棋遊歴をし  将棋を指してぶらぶらし  通し将棋をし  三味線を引いたりし  唯幸いにし  店子をし  満足せずし  こと軽くし  ところをともにし  方向をともにし  ものをも、戦わずし  人民の掛り合いにし  身分たる者なれば、なんとし  字義にし  接せずし  心を労するのみにし  議論に唱うるのみにし  上書建白の多くし  上書建白をし  政談家といわずし  政府をし  慊とせずし  元素にあらずし  精神にあらずし  事よりし  枝葉よりし  識らず知らずし  識者をまたずし  日本人民にし  手足寛にし  性急にし  実物にかかわらずし  智力発達するにし  装を写さずし  沿革にし  重大にし  ものを得ずし  法を定めたりし  議論喋々たりし  議員にし  戒心を抱かしめ、期せずし  気脈を通ぜずし  山を望み見ずし  有様をもって、強いて相近づかんとし  政府よりも高くし  智者にし  内乱にし  趣意にし  陋しき一室にし  過剰にし  不得手にし  適せずし  字義を広くし  智力発達せずし  品価を低くし  重大といわずし  徳化にあまねくし  目的をともにし  民権も求めずし  政体も期せずし  聲を立てたりし  尻からげにし  いふ恰好をし  注意を惹かれまいとし  大通りを走ったりし  公爵夫人であったにし  荷厄介にし  誰に向って話しているにし  ロンドンに巣くったとし  曲り路に這入りこんだりし  料理屋のひっそりとし  もっと他にもありはし  髪もくしゃくしゃにし  仏頂面をし  正札が入れ違ってるなあ、一体どうし  私にもはっきりし  腰つきをし  行先がはっきりし  方がちょうど出て行こうとし  ずい分さがし  別に目立つふるまいもし  誰であったにし  間抜面をし  すじ道は既にはっきりし  失敗したとし  格恰をし  方に向けたりし  僧院に行ったにし  大本山を訪れたにし  腕輪をし  牧師をし  窓をこわしたりし  わしはしっかりし  ところまで進みし  形而上派の興りてより、漸くにし  積弊たりし  明鏡とし  価値を得るのみにし  至粋にし  沙翁をし  小とし  以て論ずべきにあらざるを示せし  ところありし  沈冥にし  真理をし  福音を説かずし  大に愛すべきを知らずし  小人に結ばんとし  謂ふ、斯くし  尤も硬直にし  思を論ぜずし  世往々にし  心を照らかにし  味ひ得たりし  無駄話しをし  意味を異にし  物質を以てし  句は、かうし  魂の入れ替へをし  為に切り替へをし  物を煮焚きし  一度にし  行事は、かうし  たか否かは、疑はし  魂祭りをし  粉々にし  混沌とし  悪徳を演じたりし  蒼々とし  人情にし  親分とも夫婦喧嘩もし  ものも含んでゐるし、サラリとし  親分にし  姐御にし  大昔から貶められ、罵し  素質とし  一部もあるが、サラリとし  浚はうとし  祐筆をし  男妾にし  水滸傳など、ああし  浮世ずれのし  毛のないといつた、し  時代錯誤をさせはし  昔話をし  世話焼をし  大間違いをし  暗誦したりし  輪講をし  つきとし  心づかいをし  住職をし  問いなくし  法則を与えようとし  媒介とし  鉄筋コンクリート構造に耐え得ずし  感覚強くし  迂遠でありとし  発表さえもし  根拠なくし  善事であるかを知らずし  善を見ずし  性欲を満し  要求により適わし  しかもそうし  人格がそうし  功績とし  事柄とし  視野をひろくし  根拠であるとし  実在とし  反映であるとし  二次的のものにすぎないとし  事とせずし  善悪に執し  知識青年にし  筋書をし  我物とし  活気に満ちた、青々とし  鉢が相変らず青々とし  掩われているが、その青々とし  洗い立てをし  生存をし  学齢に達せし  夕影のしつとりとし  ために、いつもそんなをりには、どことなく漠然とし  老ラスキンをし  途を異にし  一番大切にし  ぽんかんをもいでは食べ食べし  まっ白に散りしいたりし  披露をし  手活にし  姿を、見たり、見せたりし  大見切売をし  肩揚げをし  目のぎょろりとし  チトもし  膝枕をし  癖、随分、し  猿を踊らし  それをどうにもし  功にもなりゃし  芸妓一統、互にほっとし  笑方をし  知らない振をし  競売屋が居る、古いが、黒くがっしりし  冴えがある、きっぱりし  あれ迄にし  肩を寒くし  渡果てようとし  絹を透通し  人交ぜもし  かい、ああし  分にし  下屋を這出し  以前舞わし  猿はどうし  さに、ずきずきし  袖を当てようとし  盞を頂かし  時から勤をし  身に附けていたいよって、こうし  角にし  時、とかくし  トすぐに続いて、縋って抱くばかりにし  これよりし  休みをし  毛氈は似たりし  裸火を煽らし  一人落しものをし  道頓堀で小休みし  支度はし  うそうそ捜ものをし  折敷きなどし  なぞをし  童をよろしとし  つて読んだり書いたりし  ふぢ子はいたづらをし  こゑでええんええんと忍びなきをし  さらひをし  かい袖ひれを泳がし  そばへ近づきもし  指きりをし  樹のし  時そうし  空咳をし  午睡をし  祭祀をとり行ったりもし  何時かし  顔色も生き生きとし  顔を嫉まし  息を入れようとし  散々打擲を加えさえし  食卓を共にし  ファディラと共にし  輸入されていはし  息を休めようとし  爪を長くし  打擲さえし  唇をふれようとし  学生にし  夢見はし  魅力的にし  ズレのし  分析をし  勉強のはげましにし  相互にそうし  酒なくし  青年を美しくし  青年を好めばそうし  選び方をし  娘を好むなら、そうし  とき、ぐずぐずし  恋愛をもって終始し  それをいさぎよしとし  青年中大兄皇子をし  体を清くし  努力をあまりつまずし  憂鬱にそうし  抱擁、そうし  価はし  立言をし  不幸とを顧みずし  賭をするとし  何かしら話をし  記事が出たとし  人間だとし  清新にし  辻斬をし  プランク等のし  落ち込みはし  片端から突き倒しでもしはし  自堕落になりすぎるかし  夫を奪おうとし  踊をし  手を掛けて上ろうとし  男に倣おうとし  ニコリとし  灰燼に沈んだりし  時計はどうし  ことも勿論思ったりし  耳袋をし  巡査と話したりし  線路だったろうと思い思いし  それにも苛立たし  大ものが、躍り出し  鼻から出たにし  一夜忽然とし  無駄足は止しにし  二人昼寝をし  ゴロゴロ昼寝ばかりし  懦弱にし  地方人士をし  付景気をし  男女はキョトンとし  面付をし  島田にし  白黒にし  写生などをし  雲霧深くし  雨が降っても蔽いもし  これまたし  投身でもし  山登りをし  四方八方捜索したが、いかにし  逆様にし  昨夜咽を渇かしたにも懲りず、またし  ウント軽くし  胸算用をし  愚か無駄足をし  老爺が立っていたので、またし  梅干婆さん眼玉を円くし  避難しようとし  別に避難もし  売立会を見に行きし  二度翻えし  会などにし  昼飯に立ったりし  換わりでもし  縮図などし  私に聞こえよがし  縮図をし  葉書を寄こしたりし  絵を並べられたりし  続きを写しにいったりし  橋本関雪さんが居られたりし  前でだけ大人しくし  特に声を大きくし  前にすると、往々にし  それは疑わしいにし  面喰わせはし  状をし  顔を見て、ニヤリとし  神様のものを盗ったりし  お祓いをし  顔を見てニヤリとし  無精と一寸し  それから二月程し  若い友人諸君が、期せずし  提灯持をし  つて食はうとし  商品にし  前に述べた如く、期せずし  足を引込めたりし  力があるにし  秘かにやきもきし  批評もし  此子とし  い苦労をし  丸とし  つては、し  わけはし  任用したりなどし  発掘を試みたりし  威力を以てし  石を打ち欠いたり、磨いたりし  称を以てし  語を以てし  否認せんとし  後人をし  ざらんとし  安倍氏にし  清原氏にし  藤原氏にし  後裔であるとし  一例を以てし  マライ族にし  勇悍にし  幸福を解せずし  振舞いは決してし  次でとし  郷里にいたたまらずし  仲間にし  勇猛にし  蝦夷人をし  字をもってし  父とし  容貌厳毅にし  気の、がっしりし  不義にし  資性正大にし  ところを知らずし  自ら正しくし  十二歳にし  安泰にし  正宗とし  人師によらずし  経にし  師匠にておはし  同意したりとぞ聞えし  いかんがし  烈々とし  弘長元年五月十二日幕吏は突如とし  愚痴にし  文応元年勘へたりし  光りものがし  荒夷なれば、荒く当りたりし  こと二年半にし  立せずし  傲慢にし  心しみじみとし  道は狭くし  四壁とし  衣とし  母存生しておはせし  腹切らんとし  殿の罪深くし  余韻嫋々とし  天地にとよもし  仏子にし  感染させようとし  生気溌剌とし  創造的本能をにぶくし  感激的印銘も多くそうし  規範しようとさえもし  問いを同じくし  啓示なくし  生活を楽しくし  つもりでやるにし  つながりがあったが、又そうし  本当ではあるにし  方々で書いたり云ったりし  修行をし  奴隷に売ろうとし  生理的厭悪感でそうし  見物にでかけたりし  恐怖なぞ忘れようとし  鼻先にし  肩車で乗っていて、し  背中を向け、つとめて答えまいとし  眼鼻立ちのハッキリし  主将をし  世界に見出そうとし  亡霊扱いにし  川合が生きていて、そのスラリとし  素裸にし  小銃さえなくし  横なぐりし  重荷とし  妻にし  彼を傷つけまいとし  未来に漠然とし  口を酸っぱくし  何度も開けたりしめたりし  品物をこぼしたりし  一月ほどし  腕に止めようとし  娘は幼くし  神前結婚をし  殺伐とし  戦争中のあっさりし  自分で伸ばそうとし  恃みにし  ものもハッキリし  解決なくし  一日にし  制服を着るにし  特に一期を始終し  準備たりし  くも損傷せずし  ことを勉めずし  所なりし  氣風たりし  枝葉とし  たるにあらずし  局促せずし  放任せられし  徴にあらずし  單獨孤立に止まらずし  分離せずし  各科學をし  爲さしめし  一鏈繋せるのみならずし  人心をし  念にし  統一にあらずし  經緯たらずし  ぶんで、し  ぶんで、そうし  他におこないをし  にんげんは、こうし  叔父は勿論むっとし  中洲を眺めたりし  違いないと思ったりし  出入りしたりし  君と話し合ったりし  拾い読みにし  梢を思い出したりし  自動車を並べたりし  川でも泳いだりし  鉄橋を造ろうとし  炎にし  ために笑われたりし  匂のし  押し合いへし合いし  かい棒はし  者よりし  生き埋めにし  容易に曲げようとし  吐剤を飲ませようとし  もうろくはし  がんどう返しにし  自在にし  見世物にし  ことを知ったりし  いつかうんこをし  用心のし  一番にし  徒にし  せとものずくめでし  それに、はてし  漁師はいいましたが、やがてし  はじめてしるとは、いったいどうし  台所でしっかりし  いきものにしては、どうもめずらしくしっかりし  それに、とてもし  わけをきいたり、しらべたりし  えんぜつをし  かおをし  かおつきをし  ことりは、じっとし  あたりは、まったくおそろしいほど、しいんとし  ことをも、くろうし  梗概を讀んだりし  室町時代に求めようとし  づれもそのうちしたい、し  情熱などが湧いてきたりし  フランスをし  国にし  手助けにし  顛覆をし  後もどりし  考えはごく漠然とし  用に立てようとし  観察をしようともし  幻が実に漠然とし  曖昧なふらふらし  民衆の漠然とし  すべて銃殺しようとし  国家を小さくし  十分あえてし  やり直しをしようとし  再現しようとし  お手本とし  古代技術に求めるとし  固執していたとし  誰一人将来を見ようともし  けが、そうし  ものを黙らし  不朽のものにし  鎖づけにし  死よりも、どうし  統治はし  無能のものにし  者が、突如とし  灰白色をし  水切りをし  おまじないをし  鮭を凍らし  いくつも傷まし  着物を引っ張ったり畳んだりし  東京へ行くにし  丹念に選り分けて、し  まったり出したりし  手を引っ張ったりし  伊勢参宮でもし  ままに飲んだり食ったりし  襁褓を洗ったりし  果てもなく拡がって見えたり、狭いごちゃごちゃし  幾個も続いたりし  空気がし  姿見がつるつるし  往来したりし  田舎でこそ押しも押されもし  医師に仕立てようとし  部屋にうようよし  庄は出たり入ったりし  加減を見たりし  田舎のがっしりし  つけもし  家に訪ねるかし  ッくらをしたりし  舌鼓をし  傍をまだもぞくさし  掻っ浚って、ジメジメし  側を離れてうろうろし  庭をぶらぶらし  文身などし  懐ろへ入れてくれたりし  人を集めて語らせなどし  念いをし  居睡りをし  足蹴にされたりし  ものを拵えたりし  顧って言おうとし  背戸へ締出しを喰わし  手容をし  水をし  父親はニヤリともし  いつまでぶらぶらし  亭主は大して患いもし  顔を出し出しし  上に置いてくれなどし  奥へしまい込んで、ろくに挿しもし  髪を結ってもらったりし  手を上げたりし  茶箪笥などはつるつるし  そっちこっち見て歩き歩きし  酌をしたりし  寄席入りをし  楊弓を引いたりし  水弄りをし  欠をし  庄はごちゃごちゃし  失敗でもし  主婦はニヤニヤし  免状を取りはぐし  手もかさかさし  なかを歩いて見たりし  コックをし  寝室へ入って、深々し  コーヒを運びなどし  金を出し出しし  相談相手になったりし  傍に置いたりし  ンなりし  畳が青々し  どこかきょときょとし  母親は見向きもし  庄は広々し  人が降りたり乗ったりし  方に引っかかっていたりし  絹拭巾をかけたりし  蒲団を畳みなどし  置き場を換えて見たりし  物を取って投げ着けなどし  投り出されたりし  小説を読んだりし  ところへ隠されなどし  庄はそうし  脹ら脛のだぶだぶし  戸棚に凭れて、うっとりし  方も、ひっそりし  物を捜しに行ったりし  私らには一向解りもし  客が入り込んで来たりなどし  目見えだけでもし  奥はもうひっそりし  客商売をし  仕舞湯へ入ってべちゃくちゃし  背を流しなどし  鳥を呼びつけて、しねし  だってかまやし  家並みのごちゃごちゃし  内もひっそりし  体つきものんびりし  弟を呼び込もうとし  芸妓をし  毒突いたりし  目容をし  妾をし  ものと決まってやし  鼻頭を赤くし  茶屋奉公などし  品を見もし  庄はニヤニヤし  んですけれど、ああし  ガラス窓からは、でこでこし  連中と出しっこをし  飯も食わずにそわそわし  身の上判断などし  板前をし  もんだで、どうし  晩、しみじみし  方々飛び歩いたりし  茶屋小屋入りをし  庄はふかふかし  寝息をし  仕掛けがし  雑巾をかけたりし  東京地図を畳んだり拡げたりし  職人にでもし  花を活けかえなどし  大欠をし  検べなどし  説明をしたりし  物を誂えに走ったりし  夕化粧をし  三味線を弾くかし  日を暮したが、そうし  衣裳を縫って着せなどし  おかしがったりし  講元をし  子供を負ったり歩かせたりし  姉さん冠りにし  叔父はにっこりともし  針を持ちながら居睡りをし  広東枕をし  まま午睡をし  のだか解りゃし  目縁をし  洗濯ものに押しをし  ことをしても、広々し  病院長をし  家を見たりし  ものかと、恥じもし惘れもし  効験がありゃし  ら笑いばかりし  見積りをし  茶をいれかえなどし  一緒に取次ぎをし  方へは寄り着きもし  から、ちっと入らし  庄はへどもどし  心を動かそうとし  母親は、そうし  男と思っていらっし  年とを繰って見たりなどし  だって何にもなりゃし  呼吸遣いをし  まり気を揉まし  力を落さし  樒に湿いをくれたりし  後片着けをし  落しなどし  軒に干したりし  浴衣に着換えながら、ぽきぽきし  庄ちゃんに連れてってもらって、お詣りをし  崩れでもし  世話をしたりし  菓子を食べたりし  冠って、うとうとし  始末をしたりし  物を買おうとし  苦労ばかりし  晩から気にし  林檎を取り出して眺めたりし  茶盆を持ち込ませなどし  ゆっくり東京見物でもし  うえに疲れて居睡りをし  叔母は鈍いうっとりし  院長は、にっこりともし  嫉妬喧嘩をし  ところなぞありゃし  顔を直したりし  注射で保たし  顔は少しずつはっきりし  患者はうとうとし  夜露がしっとりし  倚りかかって、疲れてうとうとし  看護婦が出たり入ったりし  窓を開けたりし  板戸を開けたりし  ちゆきこっち行きし  身装はし  合せ鏡をし  着換えをし  もんでござんし  間まだしもよくし  貸し車をし  通弁をし  支度に取りかかろうとし  かい目色をし  目縁を赤くし  煮物を摘んだりし  眠い目をし  田舎へ連れて帰らし  良人は、ごりごりし  締めなどし  ちごちし  はしまったり、やって見てはまた惜しくなったりし  鈴を鳴らしたりし  姉さまもお疲れなさんし  伴ばかりし  読本が現われたりし  此さんも、こんなにし  それを買って着せもし  遊びに来るので、近しくし  上野をぶらぶらし  やり取りをし  新たに成り立とうとし  取引きをし  周旋屋をし  会社を盛り立てようとし  札が張られたりし  方法を講じたりし  新聞を見たりし  算盤で弾いたりし  ッたい顔をし  荷積みをし  三日家へ寄りつきもし  着物を着替えたりし  弁ったり笑ったりし  仕事として、ひっそりし  下女働きをし  まり往来をし  院長からはっきりし  花を引いたりし  茶を呑んだりし  照は黄色い、かさかさし  今から用心したって追っつきゃし  臥つきでもし  点けると、やがてずるずるし  母親はにやにやし  女はしみじみし  中江に乗り換えようとし  オルゴルを鳴らして見たりし  時借りをし  持物を買ったりし  家にぶらぶらし  仲違いまでし  火元をし  妹を片着けたりし  心持を確かめようとし  ようだし、こうし  消息を聞き出そうとし  まり相手をし  庄はじっとし  差配をし  人気もし  ところをし  世間摺れのし  図書館通いをし  抽斗から売薬を捜して飲ませたりし  私がきっとお預かりし  庄がつんけんし  磯野とよく言合いをし  それから一同遊びに出かけようとし  腕を撲たれたりし  胸がむしゃむしゃし  のも聞かずに、そわそわし  ことどうし  庄ちゃんにきっぱりし  庄はそっとし  母子がし  縫直しに取りかかろうとし  庄も、ああし  瀬戸物屋をし  小金を廻しなどし  瀬戸物屋などし  家でどうにかし  夜戸締りをし  時から大事にし  支度でごたごたし  外国支店長をし  衣紋にし  両手に受けなどし  浅山は、ぐずりぐずりし  ところなぞへ行って、年中ぴいぴいし  尻端折りをし  見えなどし  方で、何やらごたごたし  衣紋を繕ったりし  身長の詰ったじくじくし  ようで、見まいとし  屋内がまだひっそりし  角刈りにし  梅干を運んだりし  忙がしござんし  賞めなどし  顔出しをし  逍遥いたりし  家も随分ごたごたし  相手をもし  いつかどこからか帰って来はし  儲けにし  しまうから何にもなりゃし  商売がし  別家さし  他から養子をし  売り物にしようとし  品評などをし  お袋に突っかかったりし  庄はぷりぷりし  庄は黙って行き過ぎようとし  お前今夜は帰りゃし  中庭や、つるつるし  従姉はぽきぽきし  お前もそうし  娘が始終寝たり起きたりし  六十幾歳になってこうして立働きもし  薄ら笑いをし  庄はしみじみし  腕一つで、どうにでもし  交渉したりし  方もひっそりし  気も、時々し  一番苦労をし  家を訪ねたりし  庄は時々言い出そうとし  顔のてらてらし  場所と動こうとし  法師のしおしおし  頭脳をし  家がひっそりし  家へ寄りつきもし  話などをして聴かし  三面記事に読み耽りながら、そうし  胸がどきりとし  ちょっといらし  庄はじめじめし  仕向けをし  団扇遣いをし  芳村は黙って行き過ぎようとし  消息を訊ねなどし  方へ引きつけようとし  二階でよく言合いをし  毎日頭脳のふらふらし  銚子をいいつけいいつけし  今少しごたごたし  砂埃でざらざらし  磯野のもじもじし  そこにもじもじし  ようにも思えたが、やきもきし  こっちから騒ぎを大きくし  それアそうですけれどもね、そうし  おいおいどうし  口留めをし  棄売りにし  正雄がついて行ってもいいと思ったが、強いて勧めもし  友人に買ってもらおうとし  口へ出して聞きもし  まり世話をし  一ト纏めにし  私がそうし  んでしょうけれど、どうし  料理屋なんかし  柱もしっかりし  骨董商をし  手伝いでもし  白粉をつけたりし  身の上談などし  飲食いをしたりし  貸し本を読んだりし  揶揄ったりし  腕を擦ったりし  声などがし  なかはひっそりとし  庄のぶよぶよし  ものを描いて、にやにやし  ころ日課にし  ようには働けもし  誰も知らない風にし  ところへ訪ねて行くにし  値踏みなどをし  縫直しをし  人に貸したりなどし  庄はようやくほっとし  体中びっしょりし  遠くへ出るにし  床屋があったりし  研究するにし  一生飼い殺しにし  天地に居て、そうし  考え方ばかりし  人もあるとし  猫を追いのけようとし  真青にし  ほうからはらはらし  与力同心を走らせて探さし  仕合をし  茂つた中洲を眺めたりし  出入したりし  読みにし  笑はれたりし  押し合ひへし  棒はし  ものよりし  滔々とし  一盆づつ食ふことにし  知つたりし  人間のちよつとし  底に這入つたりし  つて窃盗をし  所へ連れて行かうとし  それを見てゐたが、暫くし  窃盗をし  真似だけにし  請求をし  海へ飛び込まうとし  笑声はし  ことを話したり、読ませたりもし  話を書きとったりし  髪を長くし  人がそんなにし  斜光に照らされて凝っとし  くり返えし  足を振つたりし  見物を止して帰らうとし  夜眼にも白い細りとし  紐を強くし  つた風情をし  着物がすべすべとし  男はし  はつたり動かしたりし  頬冠をし  眼をたいへんしげきし  白眼ばかりにし  呼吸がし  品を見極めようとし  深みが、じつとみつめてゐると見とをし  男はハッとし  女の気持をはかりかねて、どんなに心づかひをし  んです、し  体操でもし  体を躍らし  想像もし  哀願をし  お祈りでもし  白眼をし  上から小便をし  歩みをともにし  一通り検査をするにし  マストへ、駈け上らうとし  二三人仕事をし  丸を、繰返へし繰返へし  猿扱ひにし  料とし  豐富にし  其選を異にし  此點からし  其淵源甚古くし  運用を貴とし  其趣を異にし  顯著にし  たけなりし  筵包にし  声たてられし  横様にし  害なれば、何とかし  のであるが、漸くにし  背中合せにし  常態とし  変態とし  諫諍を試みたが、遂に容れられずし  解纜地とし  補陀洛渡海をし  仏果を得ようとし  暫らく教員をし  棺を覆い来たりし  泣女とし  程度を異にし  人々をし  愛嬌よくし  戦争反対をし  線を引こうとし  心まちにし  氣乘りがし  番地を訪ねなどし  咄をし  ユウ子さんにつかまらし  一簣にし  態度が省みられたりし  泣き喚いても足りない思ひをし  洗つたりし  尻居し  君、し  苦笑に紛らさうとし  顔をいくぶん赤くし  記事にし  用心なんかし  謙遜なんかし  この世からおいとまをし  相談などし  上場したりし  開気館という小ぢんまりし  瞠若させたりなどし  戦勝祈願をし  矢鱈に出たり入ったりし  われもし  さきほどは、し  僕こそ、し  田舎訛りを強くし  山をうろうろし  周さんは、きょとんとし  答え方をし  路近くし  漢文に近くし  事なかばにし  足袋は、てんで穿けやし  自分はまだはっきりし  手に依らずし  重鎮としてのどっしりし  それをおさえつけ、びくびくし  内容空疎に多少おどおどし  先生に狎れ、くみし易しとし  お酒を少し飲んだりし  あらたにし、何とかし  国籍を異にし  ちゃんとネクタイをし  笑い崩れたりし  私は、むっとし  たたきにし  調理をし  事なんかありゃし  半分ずつにし  お前の飲んだり食ったりし  可能性があって、そうし  役者をし  兄弟喧嘩なんかし  話合おうとはし  感心したりし  からだ工合を悪くし  ふだんあまり親しくし  戦いにはどうし  さまかぶりにし  日本研究をし  日本国をし  遊びにやって来て、そうし  娘から唱歌を教えてもらったりし  慰問文をし  月も凍るし  周さんをし  大本とし  手本なんかにし  むきもし  笑い草にし  教育はし  私は、ぞっとし  何だか、くどくどし  手紙を破ろうとし  紫色にし  ちょと読んで、破ろうとし  それに気がついたら、むっとし  神妙らしくし  かいにし  手振りをし  ほうは、どうし  教会とは、またどうし  気焔を挙げたりし  それを聞いて、ぞっとし  呶鳴ったりし  拍手なんかし  僕は、はらはらし  名目にし  党員にし  手紙が、かえってさっぱりし  わけはないと、はっきりし  水浴びに行ったりし  身振りが無くて、そうし  それには、まず、どうし  長話なんかし  書店をうろうろし  事にでもし  一呑みにし  話があるとし  夜だとし  受け応えばかりし  あいつ、どうかし  勉強は、ちっともし  あれを見たら、じっとし  右眄もし  悽然とし  宅に呼んで、そうし  言葉で話しかけようとし  時もし  全然存在しないとし  そこから墜落はし  下宿住居をし  怠惰にし  中で、ピチピチし  内気にし  号令で、跼んだり起きたりし  飜がえし  地踏まずのハッキリし  女たちが、立ったり屈んだりし  山越しをし  傷者にし  それから娘はどうし  煤払いをし  ように云い継ぎ、ハッとし  心になんかし  蛙泳ぎをし  男はしみじみとし  女装をし  権はしばらくじっとし  良人は、寝もし  山越えをし  辺をウロウロし  怨みもし  中へ駆け込もうとし  首までもぐし  掃溜から掻きまはし  世の中のくはし  当時大阪衛生試験所長兼造幣局技師たりし  佳良にし  潜在動機たりし  二月初旬に作られたとし  至当だとし  まりにし  毎朝あんなにし  かめつらをし  ふたりの場所にし  女で、もしかし  弁明ばかりし  尻を掻きむしったりし  躊躇をし  梢にし  かえっこをし  上に登ろうとし  めにし  ぶんととび出し  ありったけ赤くし  証書も取り換わし  尻押しをし  是なりとし  家庭はどうし  仮装であって、そうし  形式主義がありはし  らめくらをし  幹によっかかったりし  解剖をし  しなやかさをし  精女はし  ポーッとし  一日はそうし  主にそうし  さりをし  貴方さまにそんなにし  かおを赤くし  笑をし  御身をつらくし  果物を沢山持って来らし  猿轡を噛まし  からじっとし  掃き溜めを漁ったりし  代り山分けにし  逆立をし  ブラ下ったりし  筋斗返りをし  聴く活き活きとし  平明に語ろうとし  八十一歳にし  北海道に着し  蝮多くし  事十丁ばかりにし  幅六七尺にし  関牧塲にし  予は実にうれしくし  六間にし  屋根とし  座敷とし  裂創にし  雑炊とし  蕨を採りたりし  一時間ばかりにし  片山夫婦にわびし  二重とし  事能わずし  隣家も遠くし  処にし  蓬とは多くし  高潔を真似るにあらずし  知るべからざる事にし  困苦を覚ゆるも、少しも屈せずし  楽みとし  不幸にはあらずし  一をし  暫時にし  不治にし  欝を以てし  動作困難にし  材多く危険にし  道路は深くし  歩行困難にし  数回倒れんとし  殊に歩行は遅くし  小屋に着し  三時間余在るを以て、寒くし  黍飯なり、且つ硬くし  少量にし  一切精神上に置かずし  七十六歳にし  健にし  喰料黍飯等を食するに好んで用いたりし  喰したりし  感動は忽ちにし  雪深くし  教育を厳にし  一大善根にし  維持し得たるのみにし  救済集金とし  はいますが、一度お詣りをし  草木をあつめなどし  ところしっかりし  景色を眺めたりし  わしがこうし  程を深くし  イうたた寝をし  わたくしですら、うっとりとし  茶を汲ましたりし  物をおたずねし  お山へあがり、お詣りをし  眼を閉じてじっとし  すき間から身をひこうとし  それきりにし  きり動きもし  食物はなんとし  富者にし  ゼイタク者とし  安閑とし  素人をし  中国人にし  みな甘くし  ノヴゴロドからイリイッチ号という小ざっぱりし  時分は到って漠然とし  割前を助かろうとし  海面に張り出して、からりとし  自動汲出しをし  エメラルド色をし  急にさっぱりし  階下は明るいゆったりし  みつる年よりの歓ばし  給料から天引きにし  爆発をし  のがどうかし  願掛もし  初め、そうし  現在あたりがハッキリし  小鼻を見ると、開いたり窄んだりし  戸締をし  終いにはむっとし  引剥がし  事にはし  間に合せるにし  ランプが欲しくなりはし  事まで考えたりし  小売はし  体裁だけはし  から永持ちはし  もう少し、しっかりし  急所がしっかりし  片田舎からでも取寄せたら、そうし  ハンダ付けでもし  ろ見まはし  仕事は、かうし  ちやうどかうし  食斷ちし  夭死をし  パレットを空しゅうし  微風にうら反えし  跳り上ったりし  そうにもし  串刺にし  のが出来る、しばらくし  平にし  雨光りがし  政治演説もし  呼びかけはし  微妙にし  スナップをつたえようとし  一つ一つ読んだりし  評価が語られたりし  出現したりし  題材とし  ジャンヌ・ダークを演じたりし  戦争に敗けさえし  原稿は、どうにかし  賞品とし  あからさまにし  海外旅行をし  失望させもし  身のしまつはし  断念はし  北野あたりで殺しもし  武勇にし  舟行程半日にし  俺を嚇そうとし  背延びをし  民弥は、どうし  糸でも付けてあったらしい、そうし  微動さえし  足音一つ立てようとはし  人形を返そうとし  気勢がし  材料を、盗み取ろうとし  咳がし  そいつを嗅がし  猪右衛門はニヤニヤし  香具師なんかし  非常にしっかりし  てんせい、し  奈良朝時代の風俗をし  啼声もし  事出来はし  父様が、どうし  顔色を蒼白くし  ことだが、どうし  足を引っ張ったりし  人形いじりをし  後へ引こうとはし  相手にしようとはし  時声がし  返辞をしようともし  ことも出来なければ、一方まかれもし  こっちで呼びもし  質素なみなりはし  下坐をし  頭とし  町へ出てお探しし  親切に話してくれさえし  喜びもし  お方、お逢いし  心に掛けようとはし  武士姿をし  香具師風をし  狼藉とし  おかしいなあ、どうし  人形を盗もうとし  人買宿、そうし  委かし  お父さんを殺しはし  悪童にし  仕置をし  謎につきましてな、お訊ねし  扮装はし  ギョッとはし  家へ帰らし  ことだが、どうぞし  今度ばかりはどうし  付けを聞こうともし  ことだ、そうし  目付けはし  感動をし  変死をし  誤解をし  拡めようとし  価値にし  改心をし  隠遁をし  一党はどうし  殺人審問をし  腹癒せをし  のであったが、どうし  三重にもひそんでいるのでし  大警視時代にどうし  自分のものにはし  対談中に倒れたのでし  垢ぬけのし  兄も言い出しはし  こだわりを深くし  言語のはっきりし  皆はほっとし  雑談を交えたりし  姉さん、しっかりし  会場からそれぞれ引上げようとし  お手伝いさんたちとし  偶然にし  これやと選りわけたりし  呆然としてしまって、どうし  百合子は縋りつかんばかりにし  心持ち顔を明るくし  一夜を共にし  是非お訪ねし  ことなどをうちあけてしまいし  勝見はどうし  帰国はし  紅葉をし  算盤をパチパチとはじいたりし  間にさし  一着、借し  大分趣きを異にし  ように帰ろうとし  吐息を洩し  押しつけはし  比較研究をし  探偵小説であったとし  散歩していたとし  ようなわっし  返歌をし  これはと呆れもし  穴あらばはいりもし  鼻へし  聰明にし  外にもあらず、如何にもし  名人にし  佐助、既にし  前に、忽然とし  泛べたりし  顔とくらべて、見向きもし  病気見舞いにし  書にし  用意もし  胴六もし  たか急にそわそわし  襟首をつかもうとし  者がいかにし  からかおうとし  逐電致せし  首にとは、いかにし  丁寧にし  返事なんかし  楢夫はつかれて、はあはあし  足のしたくをし  右向けをし  手をうようよし  のを見ようとし  實見し  傳染もし  此家に入らうとし  學校に行かうともし  汗に汚なくし  眠をし  些つとし  村にし  露出にし  苦笑ひをし  笑聲がし  懷手をし  面構をし  腰付をし  呟呻をし  格別伝染もし  学校に行かうともし  使丁をし  気乗りのし  些とし  キヨロキヨロ周囲を見巡し  軽薄さをし  私どもをし  坐視するにし  クニツミタマに添い奉り、撃ちてし  理解さえし  なにしようとし  大野がニヤニヤし  所にグズグズし  気しょくが悪いったら、ありゃし  結婚するとかし  どこでもとれはし  んだし  アンマをし  お湯を使わし  カンチョウさせたりし  アイロだらけでし  そうになったりし  立場とし  国家をあやうくし  唯は起きまいとし  チョットきょとんとし  前につんのめって這ったりし  八は、どうし  イントクしたりし  いじめたりし  立場をあぶなくし  だってそうし  エテカッテをし  なんでもし  表面対等であろうとし  なんですか、いつもこんなにし  米を出そうとし  年になってウロウロし  きゅうじくらい、し  スーツなぞ着たりし  ナリをし  オトナにし  煩ずりをし  フィート七円パにし  七円にし  どこへ廻すにし  モノにし  これぐらいにし  中つぎをし  しかたなしにウロウロし  無理やりに取って食おうとはし  内へ帰ったりし  イデオロギイ的にハッキリし  人間ですし  から間がないし  事実上戦争をし  一事をもってし  日本映画をし  払きつくし  間を出たり入ったりし  先どうし  海峡を隔てて、青々とし  海ぎわまで持って行って、どうし  夜はひっそりとし  頬を湿らし  悸とし  ふりもし  六銭にし  釘着けにし  櫛巻にし  なあに、もう遣りゃし  仲間付合すら怖がって逃げて、ああし  あれでやっぱり残りゃし  管にし  支払停止をし  商いをし  浮む瀬はありゃし  世間師をし  いつまでも寝返りばかりし  おもしろそうに唄ったり囃したりし  嚊が寝たり食ったりし  のはありゃし  一晩だって不足を黙って措きゃし  女房は、ハッとし  俺ならどうし  袋叩きにし  笑話をし  夜を深かし  君と心安くし  永逗留をし  笑談にし  慰物にし  んかし  夫婦約束をし  何にもありゃし  者らしくさっぱりし  口分にし  角店にし  拵にし  帳合をし  アラ入らし  大層心配をし  大臣さんが入らし  払をし  消炭をし  彼所から入らし  何うも大きに有難うがし  熟睡をし  感服をし  此行文簡単にし  イヽエ何ういたし  しり読みし  小説を書いたとし  ことを呟いたりし  吟味してみたりし  問題は、もし書いたとし  腹がなかったとし  もいちどそっと読みかえし  革命運動をし  字もなくし  二冊を読みかえし  魅惑的にし  ようなしくじりをし  わきを向いたりなどし  九歳にし  木のし  教師とし  鶴のばさばさし  眩惑を感じさせようとし  男がし  以てし  牝牛にし  便りを受けとったとし  なかにどうにかし  ふりして書き加えでもし  猿面冠者とし  しり讀みし  ゆつくり撫でまはし  經驗からし  腹がなかつたとし  押入をかきまはし  もいちどそつと讀みかへし  一二度づつ、かうし  ぱいにあふれてゐるやうなそんな便りにし  二册を讀みかへし  頁をひつくりかへし  情で、消えもいりたい思ひがし  會釋をし  ぷう變つた物語をし  やうなしくじりをし  苦勞をし  死ぬほどし  加へでもし  それはどうにもならないほどし  錠を降し放しにし  含み笑ひをし  籠居し  のを見て、酷く、がつかりし  寝台に倒れたりし  眼つきばかりし  分配をし  つて鳴りはし  唇を鳴し  急速に吹き鳴し  顔をあげようとし  指差しをし  大業に点頭いたりし  間から覗き見し  鍵なんて降しはし  感違ひでもし  変装でもし  今度は、し  変装を凝し  肩を突いたりし  ラツパ飲みをし  陣営にし  こいつ登山なんてし  ギツクリとし  説明したりし  合唱したりし  ロビンにし  手伝ひをし  馬車を駆つたりし  血潮がし  何かしら通信文を認めて送つたりし  彼を殺さうとし  スクリーンにし  寝泊りをし  休業にし  行儀ひとつ知りはし  顔なんてし  つて其場を立去らうとし  てゐたが、聞えもし  七郎は振り向きもし  脚踏みしようとはし  意地悪るをし  穏便にし  首を傾げたりし  しまつて知らん顔をし  長大息を洩し  叫びを挙げたりし  薄曇りのし  ぼんやりと明るくし  調和をし  吹つかけても身じろぎもし  生捕りにし  伴れて伸びたり縮んだりし  夢に誘はれたりし  なつてチラチラし  錦絵に見惚れてゐて動かうともし  現実離れのし  展げ放しにし  目的は、あゝし  紛かし  姿が映つたりし  差控へずには居られない、もうちやんとし  片身の狭い思ひでもし  二三日行動を共にし  眼を挙げたりし  撮影などし  嗤ひ出しながら点頭いたりし  さに駆られたりし  支配などをし  彼方に見えるあの青々とし  切つて鞭を鳴し  ローラにし  種別を異にし  類を異にし  歌ひ出さうとし  傍らには、し  原稿が破かれたり丸められたりし  手込めにし  変更されてゐるとし  馬車を曳いたりし  枯草を積んだりし  拍手を浴せて、し  名を呼び棄てにし  真似でもし  ぢめたりし  さうに背延びをし  妻ではないにし  妨げをなさずし  仕事はむずかしくし  身分重くし  人に与えずし  人は生まれながらにし  和歌をよくし  学問の実に遠くし  学問はまず次にし  年少にし  鎖国攘夷などとやかましく言いし  海をともにし  空気をともにし  力をも計らずし  外国人を追い払わんとし  身を罪せずし  慥かにし  領分を広くし  一天を与にし  才智逞しゅうし  智恵分別なくし  同等にし  貧にし  生命にあらずし  権理通義を逞しゅうし  言葉にて、はてし  益はなさずし  みずから才徳を高くし  不行届きにし  子のごとくし  羊のごとくし  戦いもせずし  士民多くし  勧めを待たずし  こと深切にし  説は言うべくし  無形無体にし  力ははなはだ強くし  士君子にし  民にし  命をもってし  説諭をもってし  商売を行なわんとし  者なくし  政令信ならずし  地位を屈せずし  世人もし  用をなすべし、一挙し  多端にし  地位を異にし  事務易くし  趣意となしたりし  四編に異ならずし  独立を固くし  詳らかにせずし  私有にし  機会をも得ずし  敏捷にし  十年ならずし  事を妨げずし  地位に安んぜずし  学者にし  勇力あるにあらざれば、知らずし  独立を悦ばずし  事火急にし  金十円を盗みし  無礼を加えし  重きを顧みずし  敵討ちとにて、はてし  もっともはなはだしくし  見込みを異にし  前をほどよくし  からざるよりし  法をも守らずし  禁令の貴きを知らずし  法を破らんとし  罰せらるるとは思わずし  教師を得ずし  条約を破らんとし  師を起こさんとし  牡丹餅を仕入れんとし  罰を厳にし  理非曲直はしばらく論ぜずし  悪を顧みずし  英雄をし  世人みな薄情にし  いずれを軽しとし  命を棄てて終わりをよくし  方向を正しくし  からざる性質にし  分限を誤らずし  の権義なくし  強大にし  父をともにし  母を異にし  一婦をし  身心をし  財を貪らんとし  尤もにし  姑もし  嫁たりし  差しつかえなくし  一村にし  全からし  議論盛んにし  機会とし  世帯は易くし  短にし  望み大にし  半ばならずし  名分よりし  言に戻らずし  間一体のごとくし  交際にし  意味を知らずし  ば約束もせずし  原因よりし  出入差引きし  みな結構人にし  古来義士なきにあらず、ただその数少なくし  入れ替えにし  帳場にし  金主にし  こと易くし  日夜怠らずし  読書のみにあらずし  外なきがごとくし  迂遠にし  事実においては漠然とし  人あるがごとくし  高尚にし  古を空しゅうし  塾法厳にし  品行高くし  比較せずし  詳らかにし  比類なくし  文国にし  英商をし  限度なくし  方向にもかかわらずし  我を顧みずし  益するにあらずし  法を求めずし  原因にはあらずし  府にし  孔子をし  慊しとし  古来もし  日本国中をし  人民をし  活動をもってし  満天下の人をし  付合いを好まずし  心志怯弱にし  度量狭小にし  人を見ずし  の心をば生ぜずし  者とをし  ところなくし  失策多くし  まれにし  期限ようやく近くし  小銃あるを知らずし  景気を忘れずし  熟せずし  書くこともむずかしくし  書を読まんとし  算盤を持たずし  給せずし  不孝にし  気前をも知らずし  指図もできずし  指図の行き届かずし  無理に厚くせんとし  実の薄きを顧みずし  名を厚くせんとし  経済にさし  窮屈にし  医師を招かずし  者多くし  西に転じたるのみにし  情意を異にし  軽々にし  習慣ことごとく醜にし  これに倣わんとし  朝寝にし  発生せずし  人民みずから知らずし  ものを用いずし  術に乏しくし  ものを探り得ずし  空虚なるがごとくにし  ところを異にし  関係広くし  本心をし  議論となるのみにし  平均を失うよりし  役者たるを好まずし  仲間に入らずし  難易にかかわらずし  活発にし  高尚遠大にし  心事高大にし  働きに乏しくし  金を貸さずし  これを求めて得ずし  心事高尚にし  満足すべからずし  傲慢不遜にし  働きをもってし  取締りにもならずし  品柄をも改めずし  簡易にし  道理にし  広大にし  是とし  極度にし  働きを逞しゅうし  なるたけ流暢にし  数はなはだ少なくし  人物にし  言葉を用いずし  便利にし  顔色容貌を快くし  一ヵ条にし  活発気軽にし  弊にし  人と言い、さっぱりし  ようなれどもあっさりし  なるたけ沢山にし  道同じからずし  潮煙りをし  小鳥どもが、啼きかはし  くらゐにし  のを感じたりし  意味もありはし  眞面目に話さうとし  最初力添へをし  彼女をし  會はうとし  亂しはし  來ようとし  大切にはし  唸り聲がし  眼を小さくし  云ひにくさうにし  寢起きし  横履きにし  紐をひきちぎらうとし  氣むづかしい顏をし  がに股をし  ものが往々にし  旅楽を傷つけはし  一枚封のし  相手はどうかし  事を洩し  品評をし  顔附きをし  そのまま部屋を出ようとし  大尉さんにし  公爵様にし  パタパタやったり振ったりし  あなたにお任せし  何となくこってりし  開発振りを見せもし  眼には、どうもそわそわし  落着きのないソワソワし  瞞し撃ちにし  父に与えはし  争いをとめようとし  彼はたちまちにし  アンソニー夫人だけがおどおどし  彼はむしゃくしゃし  舞をし  ものに思われもし  君は殺されはし  アンソニー夫人はむっとし  面窶れのし  老人はかっとし  丸裸にし  公爵顔をし  悪人は往々にし  後から射殺するかし  河中にいてぐずぐずし  うに涙を滾し  つて頬ずりをし  踏台にし  深呼吸でもし  何もありはし  社会今日の実際に遠くし  大病にいたらずし  働にし  医師にし  者さえなくし  政府に属すべきはむろんにし  臨機応変にし  吏人にし  変化するにし  沈深にし  静者をし  慣行にし  学問上に限るのみにし  世々大学頭にし  次にし  害にし  大学頭をし  党類はなはだ多くし  圧倒するには足らずし  分界明白にし  ただ説にいうべくし  学頭にし  生徒をし  嫌忌せずし  自家宗教を信ぜずし  幕政に関せずし  教育家にし  敵対にし  学派をし  官吏にし  極意にし  道を学ばんとし  事を行わんとし  功徳未だ現われずし  事項にとどまらずし  豊にし  徴候にし  法いかにし  ざるはむろんにし  碩学にし  干渉を許さずし  上に通さずし  勉むるにも易くし  行政官にし  庶務にし  味を知らずし  利足にし  財政困難にし  増減せずし  算数にし  姿にし  俗吏論にし  一抹し去らんとし  官職にし  月給をもってし  故意にし  位階勲章をもってし  帝室にし  千緒万端にし  理にし  長者にし  重しとし  戯にし  偏頗論にし  至要にし  法にし  等級にし  事業にかかわらずし  公言にし  今回幸にし  事の当然にし  党にし  迅速にし  閑を得ずし  聴機穎敏ならずし  手掛りをうべし  発明工風にし  著書少なくし  縁もまた遠くし  幾倍にし  閑なくし  安からし  意味を広くし  一課にし  国民にし  愚民にし  心得にし  事実を知らずし  門を異にし  教員生徒にし  道にも近くし  原因を求めずし  所言にし  自身にし  飾棚には、細々し  スキ焼ぐらゐできるやうに支度をし  逆為替で捲き上げたりなんかし  アパート生活でもし  士、往々にし  放蕩漢にし  緘にし  傍を流れたりし  のにはがつかりし  時釣をし  語りに来たにし  毎日レヴュ小屋通いをし  真似事をやろうと思ったんでがし  物を売ったりし  留守番にし  渡せんちゅう訳でがし  夜でがし  駄目でがし  話ががし  暫らくもじもじし  芸者ガールをし  転々と変えたりし  はじめてほっとし  口を合わせようとし  私は思わず噴き出そうとし  中へ押し込もうとし  手を引き込めようとし  しかしだらし  洗い物をし  蝶ネクタイというきちんとし  ことにも照れるが、しみじみし  批評だけし  海老原がいるので強いて引き止めはし  から悲観もし  楽屋入りをし  お召を着たすらりとし  通いかたをし  日頃慎ましくし  ダンス芸者をし  労働行為と考えてみたりし  ことなぞありゃし  嫉妬から血路を開こうとし  火が揺れたりし  何かしみじみし  のとで、何とかし  振舞いに出ようとし  裾を押えたりし  石田はうっとりとし  続けざまにし  風が敲くにし  深夜配達をし  職人をし  尻拭いをし  店で働くにし  不義理をし  途端、もしかし  顔どうし  五倍にし  横堀はにわかに生き生きし  放浪を書こうとし  ように小ざっぱりし  一ぺんお会いし  右側にこぢんまりし  途端、どきんとし  可哀相やし  自分を売ろうとし  体を許そうとし  恥さらしをし  すべて戸締りをし  今頃家をあけるなんて、し  ふりだけし  奥さんはどうし  飯なんかどうし  あたしは、なんにもし  方も休まし  提議をし  方へ進もうとし  他人手に渡ろうとし  がめをし  母屋やないか、頼むで置かし  口実で連れていったとし  から迯れようとし  よう死なんでこっちゃし  霜がし  煙草一ぷく吸わし  お前安次やし  あかんって、どうし  声出さんでも、ええわし  寛大に引き取ってやったとし  良策になりはし  博愛を聞き知ったとし  今そこにうろうろし  親子争いをし  二円五十銭にし  彼はにやにやし  こいつ、どうし  うちへ置いといてやってもええわし  高が知れてるわし  云うたてはっきりし  秋三に尽く背負わし  腰を下ろすと、うっとりし  銭持ってたの、どうし  のやし  棺桶ぐらいし  うちのがしたらええわし  板切れにし  中へ掻き寄せようとし  息子を引き放そうとし  感情としようとし  中軸にし  芸術はどんなにし  疑問とし  さきにし  それを不甲斐ないとし  用ありげなせかせかし  もんでもし  何かしらゆったりとし  たみにし  つけにし  からぐずぐずし  無駄づかいをし  ものをおねだりし  月詣りをし  お初はし  気がねなどをし  間に合せにし  手代をし  粗忽をし  混えたりし  んだし、そんなにつめてし  足し前にし  髪を梳し  加減に聞き流しにし  問屋をし  一歩も譲ろうとはし  気を安くし  家へ泊りこんだりし  読み捨てにし  のを慣しとし  爪楊枝一本無駄にはし  勿体ないことをし  種が優しくし  気苦労をし  うちお初をみかけて、そのぼってりとし  顔でにやにやし  気が安い、と思ったりし  時から苦労を共にし  内儀さんはまあ、どうし  ようにひっそりとし  これを快とし  中をのぞきこんだりし  いつまでものんべんだらりとし  話をはこぼうとはし  花が霜枯れし  てっぺんに停って、きょとんとし  袖はむっとし  地獄かせぎをし  ぜんたい、どうし  左門を殺そうとし  袖乞をし  跫音を大きくし  袖は泣きじゃくりし  あまり自害しようとし  讐も打たし  巻きにし  口入し  小平ははらはらし  薬を取りかえし  伊右衛門はにんまりし  添乳をし  それまでに何とかし  顔を避けながらもじもじし  刀をもぎ取ろうとし  方へ駈け寄ろうとし  ようになっているので、何とかして止めようとし  鼠がどうし  神田川へ投げこまし  傍へ往こうとし  火を借りようとし  衣服と云い、どうし  それから質屋へ往こうとし  櫛じゃと云うに、こんなにし  姉さん借し  質屋へやろうとし  袖から櫛を取ろうとし  眼を見あわし  軒に這わし  自由にして帰ろうとし  茂七を斬り伏せようとし  木伊乃にし  憧憬や、し  外科医にし  富士形をし  湮滅せしめようとし  線を引き廻ったりし  夕頃つい出会って、問いかけでもし  不景気でがし  件のおどおどし  無造作に縫いつけてあったりし  会釈もせず、振り向きもし  所々に傾いたり倒れたりし  支えをし  小さな平家だが、わりにゆったりし  ところがあるとすれば、どうし  あれですか、取り払ってさっぱりし  飜訳物をしたりし  庭はわりにゆったりし  何度か続けてし  私はなんだかぞっとし  身扮をし  泰然自若とし  深閑とし  杯を取り上げたりし  葬式にし  証拠をお見せし  目礼をし  多すぎはし  家に引き籠って、ひっそりとし  金貨にし  食事がし  遠廻りをし  関係を断ち切ろうとし  繃帯ごし  医者なんか役に立ちはし  ものなら、し  相手など長くし  市木さんは引留めはし  さまそうとし  事が、往々にし  行為とし  いものとし、乃至は、そうし  得意になるとし  絶望があるとし  上にかうし  生活でもあり得るとし  肯定しようとし  自らにし  余り間を置かずし  自らを広くし  且高くし  活動もし  等はかうし  伴侶にし  僕もこんなにし  さつき涙が出て来てし  自負心をもつてし  言はれ、し  側にすくなくし  集編であり、し  仕立屋なりし  名を聞こえよがし  自分にし  ちやんもどうかし  我ながらし  藥代とし  土氣色をし  値段と比べて見たりし  店先を新しくし  總模樣にし  配合とが忽ちにし  間に合せようとし  のみをし  干渉をし  何となくどきりとし  しまつて、さうまでし  瞼をついて出ようとし  袖の下から半襟を投げ出しはし  感じをし  かくれんぼをし  ジヤンケンをし  下から這ひ出ようとし  しまつて、おしやれをし  ふたをし  部屋を明るくし  体力もしっかりし  家は、こじんまりし  先生を少しし  それを手伝おうとし  私はちょっとし  母は老いてもなおふっくらとし  うちにし  饒舌りをし  貯金にでもし  針仕事などをし  物思いをし  穴掘りばかりし  訓練しようとし  さそうに、けろりとし  伯父さまがいらし  何にもしないでじっとし  面持ちをし  後片付けをし  へんにしみじみとし  意地にもし  族行もし  通り指図をし  吉川にも決して見せはし  進捗さし  評判したりし  意味もなかりし  足をぬきし  鼻緒にし  むらとし  ところを聞きたしと待ちたりし  予防も施しありし  書割にし  底冷えがし  ドロリとし  背の高いすらりとし  チンマリとし  人間があるとし  危く声を立てようとし  灯を掻き立てようとし  裸体にし  枕探しをし  上目を強くし  取り上げはし  色が同し  間伸びのし  心中であったにし  雨戸を繰ろうとし  仮りにもし  風物であるにし  日もいっかな止まろうとはし  偏狂を止めさせようとし  応えをし  私しゃ唯あ置きゃし  人があったとし  あの世にお導きし  不憫と思い、ああし  給仕女たりし  電話に向いながら、苛立たし  光線に、どんよりし  微笑しようとし  何度もこう考え直そうとし  背を高くし  返答もてきぱきし  彼自身を叱ろうとし  彼自身にもはっきりし  朝曇りのし  山間に分け入る思ひをし  樂しみにし  迎へたり送つたりし  岩窟などとし  買ひ求めなどし  ほとりには、青々とし  生命がけで逃れようとし  名をかうし  はさもし  味は、どうし  ことを、かうし  言つて見せなどし  寺を訪ねようとし  里數にし  つきからし  附近にでもあるとし  昔話にし  山間とはいひながら、かうし  なにがし  體が積み重ね積み重ねし  舟を進めようとし  はじめて來て見る思ひをし  左を見し  旅疲れのし  ことも、かうし  やうな思ひをし  濟まさうとし  うちに青々とし  それを望んで通り過ぎようとし  樂しんで行かうとし  畑にし  それがのんびりとし  盆はどうし  横づけにし  港を離れようとし  上から挨拶でもし  船に慣れないかし  服裝とからし  繪にでもし  向月庵とし  私達も、二度とかうし  お伽話でもし  拔きにし  滿足しようとし  趨勢にも通じ、かうし  めぐりにめぐつて、一層立ち去りがたい思ひをし  讓るとし  ところから、かうし  女中とが、ごたごたし  学校を休まし  無駄話などし  品物がごたごたし  色合をし  蝋燭を探さし  影を写してやろうとし  子供達を叱ったり賺したりし  妙にまじまじとし  茫っとし  私はまたぞっとし  あれに出喰わし  朝夕朗々とし  スキー装束をし  晴ばれとし  怒り方をし  信子はしばらくし  鬚根がぼろぼろし  茫洋とし  子を持とうとし  私を切なくし  闇打ちに打ち果そうとし  口を開こうともし  数馬を勝たし  そちのし  まくらにし  玄翁は思って、起き上がりもし  そのまま目をつぶって寝ようとし  ことがあれば何でもし  いしおきを行ったりし  国をほろぼそうとし  ことを知って、ぞっとし  不朽にし  打ち水がし  何だか人だかりがし  中から聲がし  一度も話しをし  あたりがワクワクし  殊に二等室は緩りとし  誰一人微傷だもし  温かにし  白綾かつぎし  鉢巻きにし  燻かし  ずるようにし  そのままもじもじし  ますます口を尖がらし  小作百姓をし  終日黙々とし  助手にしようとし  學士院をし  見地よりし  講演したりなどし  實驗結果からし  發表をもし  量子力學を知らずし  適用せずし  數hよりは小さくし  飛び火がし  半面しか表はし  順調にし  内容なくし  一體問題にし  二言三言挨拶をし  抑えにし  折目を正しくし  キリ境界線にし  幾筋にもなって、組んず、ほぐれつし  鯖色をし  西風が強いかし  疎ら生えし  松林は、黒くし  六合五勺にし  唇はピリッとし  尖端を鋭くし  意味ありげに瞬をし  つて顔を赤くし  言ひさうにし  僕はどうにかし  癖わざとし  迷つたりし  つて支度をし  今転ばうとし  主婦はそう言っておどおどし  容子では決してすれっからし  結婚したにし  女客はおろおろし  ようにぱりぱりし  別にお前を呼びはし  ちょっとお話をし  前触れをし  食事はまだし  階下へ立とうとし  髪の毛をくしゃくしゃにし  女はそういうと、もじもじし  細かなざらざらし  昼間無理をし  通り見廻ってやろう、どうもそうし  松岡がぞっとし  変ですね、よほど、しっかりし  二階へ上ろうとし  わたくし何だか寒気がし  方へかえろうとし  虫のこえがし  先刻から間断なくし  帰りになりはし  話声までし  ちがいをし  胸さわぎで、わくわくし  松岡はほっとし  どこにも居らっしゃらないとし  んですが、時々ああし  短歌を作ったりし  三角形なんて忘れようとし  ウノウとし  買物であったりし  向うに小ぢんまりとし  私を呼びはし  事が考えられもし  傾斜をし  クネクネとし  バタバタ足踏みをし  細田氏がどうかし  ときは、思わずハッとし  下から言わんとし  結婚は遂にし  母親を驚かしたり喜ばせたりし  大変心配して、どうにかし  創作にし  一部を漏し  わず、し  備えをし  手足もふっくらし  旦那さま、泣いたりし  念願とし  言葉には、信じかねて、ぽかんとし  商人を追い廻したりなんかし  憫笑しておたずねし  夕餐を始めようとし  さとし  意外にはっきりし  私は、ちっとも泣いてやし  磨がし  から、如何し  いそがし  平凡に住み、そうし  蕾ながらにし  蕾さえも持たずし  花とならずし  根付にし  苦めようとはし  専有物にし  奉公替をし  男に添わし  門戸を固くし  跡はひっそりし  暖かそうにし  衛兵を脅かそうとし  首輪をし  前には、とかく、寒かったり、暖かかったりし  座を立ち上がろうとし  からいいけれど、そうし  ものはどうし  母親の、おどおどし  中にしっかりし  使い分けをし  背中を向けておりはし  何かしら一つ批評でもし  障碍になりはし  方面へ行きはし  絵を描こうとし  どっちかにし  下から這出し  奥がはっきりし  揚物をし  頭のさっぱりし  講義を読んだりし  母はぐったりし  気持で思い出したりし  尻尾をし  横歩きでもし  脚へ当てられでもし  横歩きでもって後ずさりし  背が高くがっしりし  顔には、どうし  招きはし  たびごとに忽然とし  詫びごとを言いなどしているにし  扉口ごし  笑顔を浮べたりし  一ばんぱっとし  肩を揺すぶって見せたりなどし  一人笑いをし  眼で追いはじめたりなどし  言葉をわめいたりし  引っ掛けたりなどし  逢引なんかし  世辞笑いをし  面影がまんまと出来あがりはし  礼を述べたりし  主人夫妻はまたし  暫らく足をとめてちょいと揺すぶってみたりし  目くばせしたりし  こと行ったり来たりし  立停ったりし  から離しもし  彼は引返して来て、ぐずぐずし  姿にまとめ上げようとし  ようなすうすうし  中に寄せつ返しつし  悦びにうっとりし  耳を傾けたりし  中隊長をし  轡を並べてがっしりし  大声を張りあげたりし  大砲にし  さながらに、どうし  面白いにし  ところで高々ちょいとし  話だわい、と思い込もうとし  ちのはっきりし  肩へし  空想を破りはし  呼び戻しはしまいかとびくびくし  植込みごし  将軍にし  後頸をし  夜食をし  陶然となって、ぐったりし  二等にし  使者が来はし  まま黙然とし  飛びあがらんばかりにあわてて敬礼をし  真暗で、ひっそりし  眼を凝らしたりし  物音一つ灯影一つ見えも聞えもし  微塵に砕いたりし  女に会えたとし  彼はまたし  みじめな、ぱっとし  近年どうし  構図ばかりし  排列にし  刺戟剤にし  風通しをよくし  人は往々にし  幾度も植えなおしたりし  池に泳がし  つっつき廻るだろうし、どうし  湧き水はし  きれいな、さっぱりし  恒吉もし  畠ごし  湧き水がし  建て増しをし  露骨に言い出したりし  中心点がはっきりし  正体がはっきりし  辰子にし  不気味で、笑って済ませられもし  辰子はなにかぎくりとし  ポンプを引っぱらし  陽が照ったり陰ったりし  中に横たわったり跳ねたりし  ものばかりだったりし  池にし  焼け跡にし  分けをし  巣と懸合いをし  真似声をし  空色淡くし  潮鳴りでもし  他にどうし  へんをし  ざめた顔をし  両手を大きくひろげて見せたりし  抱合つて接吻をし  山越をし  接吻を見ない振し  別に仕事はし  返事を書いたりし  失職中、そうでもし  家からし  媚を売ろうとし  遊びに、いらっし  それを言うのに、なんか少しおどおどし  嫣然ともし  チヨツ莫迦にし  何か毒づかうとし  お稽古もし  腕もありもし  爨どんをし  曇然し  姿を見て見ぬ振をし  隱れもしやし  孰にし  知らないフリをし  彼女がそうし  目マイがし  宙をふむほどオドオドし  赤面してオドオドし  お詫びだけし  何に触れるにし  のと、安くし  ウマイマズイはなんとし  うなぎにし  寿司にし  女中にし  業態をし  寿司屋にし  米を炊かし  厳にし  倍くらいに切ったとし  一心太助にし  たまりのごとく細々とし  ときが細々とし  ガラスが鳴ったりし  日を間違えたかとハッとし  厚司前垂れをし  ショールをし  山の手電車がし  特別さがまざまざとし  ねぶみし  けさ大まごつきし  頸にまきつけた、でっぷりし  私もこうし  所があって、青々し  タンポポが咲いたりし  ちょっとさわって見たりし  人目に立ったし、そんなにし  リボンを選んだりし  とき、わざわざ直させたりし  こまかい顔を赤くし  重心をかけて小休みし  サイは、びくっとし  サイに漠然とし  サイのぽってりし  誰にでもし  顔が映っていて、大よろこびし  夜勤がはじまったりし  薄赤い、むっちりし  不安そうにし  サイさん、どうし  気分がすっとし  特別五ヵ月月賦でいいにし  茶づけにし  附近にちらほらし  それ以上喋りもし  気をはなれて暫くし  気落ちのし  気分がし  みんなぶすっとし  私たちの知りもし  私こないだ泣いたりし  声がしたりし  雪下ろしをし  彦太はもうじっとし  カンソクをし  胴中へ書かせたりし  青髪山には近づきはし  焚火にし  煙にし  穴から外へとび出し  兄さんはどうし  彦太は何とかし  休みでもないのにどうし  ひなんし  泥まみれにし  穴を出ようとし  生命拾ひをし  押流されて行くよりし  人達がうろうろし  払つたりし  赤ン坊がどうし  つて卸売をし  背負つたりし  モンペ姿もきちんとし  行商でもし  返礼にし  心持をわるくし  重にし  やうに話しをし  腹合をよくし  山露をし  猿が来はし  裾をさばいて、うねうねとし  すべてを捧げて、かれを縋り迎えようとし  何がなしにはっとし  あたふたと、ああし  腰を上げようともし  今まで動こうとし  罩もった、だが、きっとし  眼でにっこりし  伝手を求めて訴え出ようとし  三人に期せずし  三つありはし  山育ちだけれど、きりりとし  父さま、どうし  眼じるし  わしとし  肩腰を揉まし  按摩をし  自室へ帰って行こうとし  腕捲くりをし  杉へでも、吊るし斬りにし  大声がし  中之郷が、ぐったりし  二十七にし  面立ちは、忘れもし  大次郎は、はっとし  山奥のし  女狂いをし  つれ弾きてえし  宗七は、とろんとし  宗七はきょとんとし  伴れて去ろうとし  血しぶきをくれようとし  毎日、寝たり起きたりし  お伴れし  足どめをし  女に斬られたりし  多喜は、ぎょっとし  説明を聞きながらと見こう見し  板敷きで、またし  変りのし  容貌をし  切り死をし  から帰るまで、ああし  途もなしにほっつき歩き、きょうこうし  まりだから、小ざっぱりし  時のへらへらし  眼のぎょろりとし  煩悩小僧もじっとおとなしくし  基準にし  魚がし  用ばし  大次郎様にし  非でも、そうし  帳合いをし  ことをもうすこしよく話しでもし  あちこち見廻わし  あたりを見廻わし  人でござんし  櫓下、何とかし  繩にし  手当てにし  動き方はし  糸を締めたりなどし  先生は、いったいどうし  娘は、どうし  声にぎょっとし  娘はどうし  手紙を残して引っ返えし  身を堅くし  二人は喜ぶやら、驚くやらし  柿を潰して固まらし  宗七へにっこりし  隠れ笑いをし  まんまるにし  一献傾けようとし  文珠屋佐吉が、にやにやし  そばから、やきもきし  袂など、ああし  冬にし  首ところを異にし  相手へ向けようとし  彼ははっとし  見事外されて、踏み応えようとし  いま部屋を飛び出そうとし  感ちがいをし  あいつの眼を眩まし  愛想づかしをし  心気一転すれば、さっぱりし  土間へ下りてうろうろし  から、ああし  大事にお預かりし  伴大次郎は、ああし  頭を下げたりなどし  伴大次郎が、忘れもし  城下入りをし  出羽を見上げて、にっこりし  千浪はにっこりし  何か叫んで出ようとし  鈴の音がし  ゃらん、し  思ひ出して見ようとし  單語だつたりしたのでがつかりし  云やし  立などへ出かけたりし  機會にひよつとし  同然ですから、何とかし  経めぐったりし  ことなら何でもし  畜生に、何とかし  望みどおり手術をし  今はじっとし  さきごろ、はっきりし  さらされようとし  私に対してし  人々にこの実際をわからせようとし  人が登り降りし  実施しようとし  拇指をし  男は黙ってイヤイヤし  ラジオを引こうとし  ユサリともし  活歴史にし  お金を借し  転びもし  済まアし  山家住居をし  心得顔をし  退転をし  米さんが、し  文句を浴せられたりし  圭一郎は又し  家も見つかりはし  咳拂ひをし  梯子段を昇り降りし  八百屋酒屋の取次ぎまでし  一度は謝りはし  茶筅髮にし  聞えよがしに、出て行けがし  茶餉臺代りにし  祝をし  襲ふにし  葉書にし  耳鳴りがし  懸命に稼いだりし  憾みにし  趣きがし  見舞はうともし  遏んだりし  轟然とし  假令夢であるにしても呼んだとし  會はし  子供に飛びかからうとし  貰やし  威嚇したり、賺したりして、どうにかし  子供を撲ちはし  女を心安うし  微塵動もし  ことはしもし  らんと如何し  おしまひにし  ことはどうし  有耶無耶に葬り去らうとし  露店にし  澁紙色をし  辛苦艱難を共にし  竹細工などをし  名前があるにし  穴住まいをし  歌うたはせんとて、呼びに遣はし  平安朝当時からし  名称があるにし  住民たりし  心得顏をし  轉をし  つて叩頭をし  歸らうとし  人殺に疑はれはし  咽喉白くし  凍死をし  恐縮をし  旅館にし  鼻血もでやし  狂六にし  七十にし  行動をやるにし  方へはぐらし  ボクを殺しさえし  もっとはっきりし  ぼんやり曇ったりし  何だかおっとりとし  却って心残りがし  隙でぶらぶらし  彼女に戯れかかったりし  身で、堅くし  ように、至極あっさりし  店にし  ことにして、そっと落籍さし  菓子にし  化粧品にし  ことだとし  頃から初めてはっきりし  夢想さえもし  不安を大きくし  一時遁れをし  のではなく、しっかりし  何かになろうとし  あちこち眺めたりし  頬をつっついたりし  あきずに歩き廻ったりし  私が云うとし  子供を抱かし  握手をしあったりし  私は探ろうとし  立上ったりし  トキエを少し眠らせようとし  心地になったりし  ものを、見たり聞いたりし  声で、泣くか怒鳴るかし  附物をし  骨にし  予定でしたが、どうし  ことで、そしてまた至極あっさりし  にこやかにし  三味線をかりて弾いたりし  三味線をじゃんじゃん弾かし  私はそう尋ねようとし  東京へ帰ろうとし  大廻りをしようとし  酔いもし  人殺に疑われはし  柳ヶ瀬へ抜けようとし  宿とし  足を強くし  顔を焦し  汗のし  古木欝蒼深くし  殊勝げにぞし  午飯をし  種にはあらずと思ふにもし  枕とし  小舟をし  もの皆顔を青くし  たづさへし  鴉を見詰めたりし  笑い出したりし  反映を見せたりし  散歩に出るにし  先生はどうし  先生は、どうし  女中がおどおどし  係官を手古摺らし  取りあえず五名向かわし  身を隠したとし  司法主任は、いよいよじりじりし  二度耳にし  以ってし  それから一時間とし  顔中血だらけにし  グルグル巻きにし  ように点いては消え点いては消えし  影をのめらし  足裏は、どうし  これァ、どうし  汽車に轢かし  胼胝がなかったりし  一種漠然とし  毛糸頸巻をし  嬢へとし  股火をし  空へなどのし  身振り手振りをし  ものを手渡さうとはし  得意にされたりし  のを潔しとし  気づきもし  つていひ残さうとし  有名にし  娘風にし  店使ひにし  上には、ピチピチし  服裝をし  裝ひをし  此時代にし  譜を透し彫にし  プーンとし  手摺れがし  廂から飛出さうとし  騷ぎを大きくし  物惜みなどをし  一つかはし  怨を報じようとし  渋紙色をし  何を考えるともなしにうとうとし  返事をしようとし  買やし  張をし  兄をどうかし  目論見をし  間を覗いたりし  お父さん、どうし  云ひましたが、どうし  私は今更別段に怪しみもし  一節とし  俺は、まんじりともし  歩をし  つてゐれば、どうし  二三度しか徹夜はし  胆を寒くし  つて手にし  キリとし  手の平をひろげて打ち降さうとし  体操をしたりし  ところがないと如何し  きり強く擲つたりし  口がある、さうし  気をし  返答を待つたりし  通つたりし  物語にし  笑ひを浮べたりし  一処にし  不平を鳴し  母方の若くし  問答をとりかはし  顔はするだらうが、実際とし  喰べられもし  貼り紙がし  調子放れのし  同意を求めたりし  前に広々とし  まりはっきりし  んまるくし  びっくりさし  げんこを握りしめたりし  ものですから、そうはっきりはし  姿も踊らし  これもまるまるとし  やうにまるまるとし  眼をかきまはし  自殺未遂があつたりし  書き物をし  瞶めてゐたが、やがてまるまるとし  栗谷川浩平を眺めまはし  眺めかはし  殆んど見向きもし  蒲原氏は次第にそわそわし  却つて何やら生き生きとし  内心ホッとし  さへあまりに細々とし  やうにと、へどもどし  蒲原氏はがつかりし  高度のひろいしみじみとし  山底にし  あらはにし  垢を落しにくるといふのんびりし  わけで、訝かしい思ひのし  尻もちをつき、しよんぼりし  眩暈を覚えたりし  言ひあつたりし  づみで手にし  二人を向いて、し  つてみたい思ひがし  意味もなく慌てだしたりし  やうなひろびろとし  もったいない気がし  全体がよろよろし  母堂は、はらはらし  記憶は、はっきりし  態で、そうし  一座を気まずくし  恐悦がったりし  なんかはし  具合いを悪くし  私は、はらはらし  それから、しばらくし  名に接しても、格別おどろきはし  山岸さんにからりとし  痕にさし  言い方などはし  事を言われるか、わかりゃし  撥ねかへし  ろひをし  脚を踏み出さうとし  陽りを一杯含んでキラキラし  加けにとろんとろんとし  さうに、ころんでは起き、起きてはころびし  変に考へ込んだりし  くしやみをしたりし  此方を追ひこし  慣はし  妙に慌しく先走つたりし  ことが多過ぎて、飛んだり跳ねたりし  皆無か、さっぱりし  火あぶりにし  説、ハッキリし  信徒がめっきりと減り、たちまちにし  強要せられずし  空想もし  頭をはねたりはし  呪いがあるにし  異常にし  気づきはし  それを拾いあつめもし  頭を飾るにし  酒をし  相場にし  口を塞がうとはし  平次に掴ませようとし  觸りを良くし  拂つて居たにし  跡も青々とし  樣をし  早仕舞にし  銀にし  惡かつたが、さうでもし  小細工までし  犧牲にしようとし  お茶を飲んだりし  酒も飲み、なまけもし  目をまはし  さい何もし  ことを一々考へかへし  ほんとうに悪いことをし  安否を聞きさぐらうとし  一たい何をし  悪いことつて何をし  犯人をし  出来ごとを考へかへし  つてかまはない、どうかし  ふりをしてとほりすぎようとし  ことをしやべるか、し  ひであつたとし  告げ口をし  言つて、し  やうやく眠りかけようとし  おれはおまいをも殺さうとし  いつまでも立ち上らうともし  所行をし  詩人面をし  ことも潔しとし  詩を作ったにし  己はし  頭をよせかけて居ねむりをし  一年志願兵とし  拔かし  勇吉にし  殘つて居ります、忘れもし  嚴重にし  ツイ我慢がし  飼にし  一番仲をよくし  昏んだにし  一寸挨拶をし  挨拶かなんかをし  惡戯をし  靜が、どうし  證據があつたにし  破滅にはし  雁字がらめにし  皆んなお前のし  身じまいをし  親里へ送らし  それをさとりはし  俯向いて啜り泣きをし  珊瑚を送り還そうとし  嫁にやろうとし  手仕事をし  どっちにもつかずにおずおずし  代りにやらせようとし  慚じて、黙って出て帰ろうとし  嫁にことづけをし  詮議をし  家へ帰ろうとし  嫁に逢わし  それをたのみにし  助けを求めようともし  世話をしようとはし  ことを訊こうとし  お前さんを殺そうとし  田地を取り戻そうとし  兄に返そうとし  春ももう尽きようとし  ゴルフをし  これにし  工事を請負ったりし  テンマツから話をし  下になりし  足でしらべてみたりし  味噌煮にし  瀬がありゃし  来年はそうしてみようかなぞと考えたりし  シッポはあっさりし  豪傑然とし  武芸者然とし  アゲク突如とし  弾圧をし  邪推にし  放題をし  ケガをし  ミソギをし  演説もし  言葉のはっきりし  三ツ一しょにし  料理にし  誕生したりし  いびつにし  アガキをし  カケブトンにし  犬がどうし  亭主をバラバラにし  ことではまだ一向にパッとし  ようなチョロチョロし  申出をし  彼はなんとし  どっちに当ったにし  当惑顔をし  勝負になりゃし  うつ向けにし  モーローとし  居眠りこそし  薄気味わるがったりし  知恵が浮かびゃし  ハレツするか分りゃし  罪ほろぼしをし  イヤであったけれども、そうし  ちょッとし  鑑賞するにし  タシナミにし  頭ごし  碁を打って眠れなくし  大学生になったりし  三人ぐらしをし  別にセンサクもし  病気でヨチヨチし  戦闘準備なくし  カンちがいし  生け捕りにし  疎開もききゃし  手とし  何になるったって、し  カラにし  水がえをし  ナマスにし  改心をすすめたりし  のかナなぞと考えたりし  根だやし  雑草だけが青々とし  池があったりし  昔ながらの不便を当然とし  マンベンなくし  債鬼然とし  モミ手をし  町を汚くし  大都会とハッキリし  便をし  奴があるにし  ウチでお借りし  いつお借りし  品々がそっくりし  古老にきいたりし  うま煮をつめてきたりし  味に似せたりし  宇治へ食べに行ったりし  同感もし  裸になったりし  空想にし  夢物語にし  ことがハッキリし  書生がへどもどし  っぷりもし  カメを届けてもらったりし  定法とし  自慢話をし  話は決してし  総理大臣にし  可能だかわかりゃし  スポーツになりゃし  プロにし  肉食をし  水をよくし  水を清くし  物見をし  こはもてのし  鬼灯を含んで鳴し  資本ともなく、たんまりとし  息子が死にし  頃にも、どうかし  唐谷とし  屋号とし  名字にし  音読をし  泥を握るとかし  んだから、かうし  なんだ、どうし  人が見てやし  あたしは、かうし  まんま捨て去ったりし  一片にし  骨一つにし  手がつけられなかったりし  一牙城たろうとし  組織とになろうとし  呪でもし  何も聞きはし  天神がへし  御料理とぞし  心替りがし  廢しにし  嘘を仰し  祝義でも遣はし  やつても宜いと仰し  十九にし  此處からし  餘光とし  懷かしく思ふかし  惡るいから道普請からし  商賣し  うに生返事をし  馴染でござんし  奧樣にし  勉強せはし  行はし  障りはし  冷奴にし  ぶりまでし  名をつけし  覺をし  世渡りをし  我まんし  根性のしつかりし  失禮をし  踏かへし  何なりと仰し  慕はし  誰れがし  事でござんし  らへし  贔負にし  冬でござんし  やうで御座んし  迷惑で御座んしてし  陽氣にし  人で御座んし  無茶助になりなさんし  言葉は出ずし  心を動かしに遣し居る、何といふて遣し  怠惰者にし  鬼めがし  惡う御座んし  返しはし  呼かへし  隱居處よりし  二人立ばなしをし  一處に歩いて話しはし  實は居睡りをし  凉しいし、凝つとし  憚つて表沙汰にはし  用事があつたにし  女乞食にし  一日延ばしにし  事だけでもし  幾巡りかし  巣にし  猫じやらし  ゾツとし  纒にし  纒めにし  躊躇はし  正確にし  雖、往々にし  顯はし  批評充分にし  其史料にし  外形上によりし  批評よりし  關係なくし  考察にし  此考察にし  數極めて少くし  其出處を異にし  日記者にし  四十七年目にし  八十七年に亘るよりし  亂れたりし  普通にし  結果にはあらずし  記述にし  其後幾くもなくし  朝政謀反事件よりし  其罪ありて誅せられし  孝且義にし  處女にし  念よりし  こと速なりしよりし  爲さざりしのみならずし  途なきよりし  こと如此なるよりし  理由よりし  外ならずし  脱漏あるにあらずし  騷動なりし  此記事にし  傾向を有するよりし  現実のものとし  若い生活を拡げようとし  八百円もし  道として踏みしめてゆこうとし  協力し、そうし  もっと社会的な、はっきりし  感情に育ててゆこうとし  周囲にわからせようとし  武器製造をし  千分の一になろうとし  若いしっかりし  上でのさっぱりとし  協力しようとし  險惡にし  待期をし  のは、どうかし  下手人はどうし  瞳孔が散つてゐるし、絞め殺したにし  隱さうともし  道にし  心持のし  うに踏みにじつたりし  草枯れのし  わたしは霜枯れし  わたしはどうかし  此方へ向き直り、暫くし  道をさがす振をし  廡下をうろうろし  泊めはし  それに坐らし  山もじっとし  顔を洗わし  まり旅をし  それをわたして運ばし  四かへりし  十分にし  昼夜績いだり織ったりし  その後十日あまりして、また入っていってためしたが、ひっそりし  口がやかましいので、すてられはし  懼れはし  四方に走らして探さし  心を痛めて寝もし  後妻をもらわそうとし  借家をし  一緒に帰ろうとし  三郎は怒って訴えようとし  雀はどうし  草にふらついて、飛べもし  渦にし  目を潜らし  顕わし  差寄せると、じっとし  朝寝はし  胸毛をふわふわとし  真黄色にし  声を聞いて、ほろりとし  嘴を開けて含まし  りうとりと居睡をし  一羽が、忽然とし  芽にし  生立ちはし  蓑にし  尾も白くし  埃がし  時誼をし  縫めが、しかも、し  串戯にし  ちょぼんとし  戸締りもろくにし  根掘りし  寢をし  刃物はどうし  ところにしけ込んだにし  棒引にし  つて手弄みなどをし  奴がウロウロし  親分、どうし  キヨトンとし  身賣りまでし  飛脚に化けたりし  お仕置にでもし  本能的掃除をし  蹙めたりし  頃から役人をし  処とし  独笑をし  署名はし  素振はし  気になってし  vagabondageをし  検印をし  疲れた容貌をし  茶かし  一つ幾らにし  ツンツンテンレン、悠々とし  眠りをし  ぶつのひっそりし  三枚ばかり、じとじとし  さ、し  何となく返事をし  ぼやんとし  ちょんぼりとし  顔を上げずに、ひょこひょこし  価値づけをし  幕の内か潜らし  雲が湧いたか、とぎょっとし  松崎もぎょっとし  呼吸を引いて、きょとんとし  立構えをし  膨りし  媚かしく化粧をし  掉ったり、避けつ払いつし  時、しなりとし  腰をし  松崎ももう立とうとし  あとじさりをし  掛をし  口を利こうとし  白粧をし  稲ちゃんの、あの、きりりとし  怪我でもし  十日も経つと、また出して見て洗い直すまでにし  寄附けもし  稲ちゃんがし  新婚旅行をし  日に頼まれて行って、初結いをし  手当をしたにはし  トはっとし  恋人が、そうまでにし  一人極めにし  後妻にし  妹分にし  墓参りをし  三馬はけろりとし  三馬はにたにたし  集めはし  専にし  三馬は黙ってにやにやし  おのれ三馬敵討のそうし  ちょっとむっとし  受けに受けると思っているので、どうし  ためにはっきりし  勝負をしようとし  返り討ちにし  誰ひとり怪我をし  ここにはし  画図拙くし  春亭にし  夜詣りをし  成仏するなどというぱっとし  座敷へ通ろうとし  料理はとてもしつかりし  間違つた服装をし  いふ説があるとし  作家自身にし  プルウストにし  言ふために、かうし  感激したり力んだりし  訳をし  子とし  降参などし  王事に尽されもし  理路整然とし  一働きし  耳もかそうとはし  甚之助は、話し出そうとし  小楯にし  有利にし  新一郎は、ぎょっとし  結婚などし  散髪にし  姉弟は、なかなか近寄ろうとはし  仕官でもし  新一郎はひやりとし  婚礼はし  上げ下ろしもし  尊敬もし、愛しもし  指一つ触れようとはし  部屋から出て行こうとはし  敵討がし  心を決して明るくはし  天命を待たずし  みんなで、し  サラッとし  キレイにし  誰とも話しなんかし  神さんはどうし  首をしめつけ、などし  ローブにし  手を取らんばかりにし  すそなたを、かうし  相手をまるめこんだりしようとし  人間ばなれがし  ことなんぞありはし  間へ、忽然とし  ひとり留守をし  月もぶらぶらし  仕合せにし  叫び声をあげようとし  のだが、どうかし  なになりし  宮仕へをし  お布施をし  ろ歩きをし  婿さだめをし  二の舞ひをし  写し物をし  身なりはし  それはさうと、かうし  おつきあひをし  願はし  詫びばかりし  コーガイにし  金額にし  お金にし  期待なんかし  あたしが持つてたつてし  三の溌溂とし  なほも、諦めようとし  一般向きがし  アパート住ひでもし  バッヂにし  ブローチにし  決議をし  人間ばかりゐるのに、し  金儲けをし  五千ドルにし  わたしもほつとし  ひとにし  気性もしつかりし  買へやし  準備がし  スカートをし  姉さんみたい気がし  ブローチは、かうし  立派だとお聞きし  御返事はどうし  返事も出したり、出さなかったりし  頃、どうし  方にもお馴れしても居らず、お会いし  事は忘れまいなどと御誓いなすったりせられはし  私は驚いてどうし  何だかそのままにし  だって待って見ようとし  日だけはどうし  きのふ過ぎにし  お方までがし  方は絶えられているとお聞きし  気を紛らわせようとし  ことは無かったのに、どうし  口真似をして歩きまわったりし  ようにばかりし  のだから、こうばかりし  うちがすっぱりとし  ちょっとためらわれもし  ところに反って生き生きとし  月末から、どうし  痩せ我慢をし  事をくれぐれもお頼みし  人心地がし  の思い出したりし  物思いをする見たいだなどと、又し  から遠慮をし  本気にはし  しかしたらと思い返えし  お祈りしてでも何とかし  常談にし  鷹も飼えなくなられたら、どうし  心もちのし  中で繰り返し繰り返しし  事になるかも知れないのにと、またし  物思いをし出そうとし  事をお聞きし  ほんとうに悔やし  それから二三日するかし  生憎人もごたごたし  勤をし  人どよめきがし  ままこうし  私が覚えずほっとし  泣き顔をし  お送りいたそうとし  機嫌伺いをし  木々から鳥が何やら叫びながら飛び立つのに、覚えずぎくりとし  精進なども共にし  自分が気安くし  私は一体どうし  物思いばかりをし  そのまま私がじっとし  この世に居なくなってしまうよりか、そうでもし  物思いばかりし  逆上でもし  山籠りし  何かに憑かれでもし  噂までし  死にでもし  こわがりはし  昔わたくしとお会いし  返事もろくろくし  物語などし  昔物語をし  留守居をし  山をお出なさりでもし  だって構いはし  ますます一人でもってどうし  身を隠しはし  下りでもし  お前はこうし  目食わせしたりし  塵掃いなどもし  種をとろうとし  菩提を求めようとし  精進明けをし  御返事にし  考えをとつおいつし  おもてなしをし  不安におさせし  者共はどうし  なかったようにし  門付をし  町住居をし  方を振り向きもし  安居をし  武運拙くし  それにもようやくにし  寝返りを打とうとし  訳にし  欣ばし  燗番をし  幾杯も盗み飲みをしたので、すでにとろりとし  中にも、そうし  転回をし  十何年前から耳にし  タダにし  おなかはすくし  坊さんは思わずぎょっとし  今夜一晩どうかし  まきをくべて、暖かくし  気軽に出て行こうとし  次の間をのぞいたりなんぞし  かってにのぞいたりなんぞし  だんだんじっとし  鬼だ、ぐずぐずし  ひまもなく逃げ出そうとし  気ばかりわくわくし  出でなどし  友だち扱ひにし  提言をし  作家に先立ちし  人間だと思はれようとし  無気味にし  驚されたりし  話などはし  それだけでは面白くないとみえて、往々にし  影を踏まうとし  思つて避けようとし  問ひ糺さうとし  張合ひ抜けがし  夜あるきをし  煤掃をし  手つだひなどをし  憑物がし  寐た振をし  抜き足をし  骸骨が映るなんて一体どうし  ″\嚇かし  今までし  のかもはっきりし  袂から取り出そうとし  年中苦にし  いっしょにねたりし  中、ぞくっとし  べそ口をし  それをつかまえようともし  林太郎ちゃん、どうし  ちゃんもはっとし  知らないふりをし  それから三日ほどし  林太郎はふりむきもし  ようにむくむくし  上にねころんで見せたりし  むく犬は、もうにげようとはし  くるくるまわしたりし  おれのでしにし  弟にし  ようすもし  道もいったりきたりし  おしっこをもらしたりし  手の甲をし  うちに、帰るで、おとなしくし  りっぱにし  右手は青々とし  方へ走っていったりはし  林太郎はぎょっとし  うそなんかいやし  まましばらくはふらふらし  まい子にし  用たしをし  厭伏をし  なんでもない、ちょいとし  足が遅くなって曲り曲りし  詞と違ったきびきびし  黄金色をし  幸せにし  頑くるしくし  切れあがった、きりりとし  心を軽くし  嫗はもじもじし  石橋を越えなどし  身の明しを立てようとし  縦して帰らし  薄笑ひを洩し  それから一寝入し  彼の恐し  扨はいよいよ来たりと身構えし  中、どうし  のを、さうし  女学生にし  みな下で作らし  見習はし  女はちよつとし  きり結びにし  典雅でつくねんとし  ものを取出さし  命令通りにし  思つて伸びをし  恍惚に浸つたりし  興味索然とし  目蓋のし  二月ほどし  やうに美しくし  先で湿らし  裾をからげたりは決してし  弟に着せようとし  弟へし  写真にし  おしをし  業を煮し  居眠りなどし  早寝を強ひもし  云つて抱きあげようとし  口腔をあけつ放しにし  汽笛を鳴し  絵でも見て慣れたら、し  汽関車を写し出さうとし  上には、走り出さうとし  教へたりし  肩を叩いたりし  老若入れ交つてテニスに耽つたりし  労なくし  沼地であつたりし  予期しもし  祝ひばかりし  山々がそうし  青少年であつたが、漠然とし  訂正もし  質問などし  首を傾げたり、噴き出したりし  会議場とし  ひとり涙を滾し  私を引き据えようとし  騒ぎが起つたりし  五十円を並べたりし  重ね着をし  繕ひをし  んですが、どうし  のもどうかし  つて邪魔をし  娘。文使ひをし  兩國橋から身を投げようとし  財布まで下さらうとし  恩返しをし  木口も確りし  ブチこはし  ツイ、ウトウトとし  盡かし  てゐますね、どうし  死物狂ひでハネ返しはし  欄間をのぞいたりし  下手人だとし  合圖をし  棧も確りし  平次も少しがつかりし  南陽をし  深入りはし  下男奉公をし  不安さで、つくねんとし  仕度もし  剃刀を、かうし  活證人にし  畜生ツ、どうし  雜魚寢をし  楊枝で過さし  棒をし  八五郎はプンプンとし  承知で、引留めたりし  顏もし  かに利用しようとし  からかふにし  行つたにし  齡をし  ずりをし  弟分にし  若作りをし  御供をし  暫らく旅廻りをし  迷宮入りにし  八五郎にし  亂暴はし  燈寺へのし  クワツと明るくし  若作りがし  三々九度をし  寄り付きもし  外から覗いたりし  薄化粧さへし  ニツコリとし  夢中にし  唾ばかりをし  未練らしくウロウロし  素人、恐ろしくのんびりし  それを受けつけようともし  野郎のし  急にウロウロし  二つ折りにし  ワクにし  顏を見比べたりし  何んとし  牡丹刷毛をし  つた女房にし  逢引などをし  振りまでし  冒險にし  性根の確りし  盡さうとし  逢引をしてゐたとし  搖ぶられましたが、どうし  クワツとし  一寸も動かうとはし  つて出せはし  聲が堂々とし  腕まくりなんかし  口を開かうともし  キヨトキヨト見まはし  燒き殺さうとし  覺悟をし  逢引をし  釘付けにしたりし  松にし  若作りにし  燒殺さうとし  鬼門にし  膝がどうかし  中に、凛とし  水音がし  一人立泳ぎをし  水府流にし  小堀流にし  一伝流にし  大和流にし  泳ぎ方をし  長命せんとし  矢張り寿命を延ばそうとし  黄金を儲けようとし  鵞湖仙人はどうし  心を落ち着けようとし  一つお聞きし  死骸とし  慇懃にし  のだ、と察しられたりし  周子を見くらべたりし  此頃こそおとなしくし  んだから、しつかりし  はけ口にし  歌に合せたりし  興奮もし  彼を止めようとし  具体的にし  七草をし  彼は、聞えぬ振をし  笑つたりし  別に何とも思ひはし  ぼんやり考へたりし  ことを考へたりし  涙声をし  始めから来はし  不満を洩し  人物もしっかりし  クライマックスとし  白骨とし  身をもって埋めようとし  希望するとし  きっかけをみつけ出そうとし  時をおなじくし  こまりはし  ように狩りたてられこそし  主婦たちにし  通過させようとし  政策のはっきりし  許り暗くし  加けにどたばたとあばれられたりし  つていくら遠慮深くし  でんぐり返しをし  習字をし  友達ならさうもし  嘆息を洩し  のだが、さうし  ラツパ飲みにし  着をかぶせて、し  ハンケチをつめ込んで吹き鳴し  清々と好い、だが一体あゝし  鹿爪らしく坐り直したりし  さつき云はうとし  参つたり参らせられたりし  取材にし  悄気たりし  僕は如何し  風に媚びたり甘えたりし  ことか解りはし  糧とし  つて遠慮をし  一番素晴しかつた、何とかし  日課とし  柱がなくなったとし  戰爭をけっしてし  ときは、どうし  國が、なかよくし  いくさをし  いくさはし  考えとし  まん中にしっかりとお置きし  象徴とし  戰爭をし  ぶんをとおそうとし  國となかよくし  刑罰を加えたりし  選挙のやりなおしをし  選挙をし  色分けにし  議員をえようとし  國務大臣にし  やり直しをし  帝国文庫などは、かうし  発想能力を鈍らし  発想能力の後ずさりし  使はうとはし  キチンとし  電車一つに乗るにし  ように、しっかりし  辛苦をし  道理には従うというきちんとし  健康をわるくし  戦争挑発をし  点でほこられるとし  から約束をし  就職させようとし  異常さを誇らうとし  真下に当るうへに、深々とし  戦いだりし  つた様をし  やうな苛立たし  ゴッチャにし  やうに喋り出すが、間もなく次第に生き生きとし  何時までもお護りし  外出もし  顔に出さうとし  脇見をし  私を重たくし  さ中へ溶け込もうとし  ピラミッドが、し  頑固に消え去らうとはし  癇癪を起さうとし  部屋一杯に満し  私はむらむらし  乍ら、ムッとし  ことが出来たので、苛立たし  むやみに、うねうねと動き出して止まらうとし  意気込みにし  日に、ふとし  一種特別の苛立たし  ジンジンとし  優美で、青々とし  装飾にし  釘づけし  釘づけなんぞにし  人たちは、助け出そうとし  子供たちをどうし  扱いかたなどにし  ことはしまいとし  不明瞭にし  副委員長をし  政治力をそいでしまおうとし  いい生活をし  不可能であるとし  線でつながれてゆこうとし  形で生かされようとし  アルバイトまでし  抵抗して力一杯生きようとし  座談会をし  一体にし  心情を優しくし  兵卒などははきはきし  教官をし  何かきびきびし  発展していこうとし  ガスコアン大尉に親しくし  だんだん後退をし  動員をし  激論をし  以来、どうにかし  確かにし  暇つぶしをし  そこを去ろうとし  ひと先づ安心はし  自覚するとし  方法を必ずしもよしとはし  旬日ならずし  かぶりナット製作をし  加工をし  数日にし  一品一工場とし  大局から損をし  副業にとどめて置こうとし  びに引きずりつつ働き、かせぎし  女ののびのびとし  運命を共にし  夫人を救い出そうとし  哀れと思うからというはっきりし  それに沿おうとし  身をもたせようとし  判断しようともし  姉様かぶりにし  たよりとし  結婚生活をし  両立しがたかったりし  女には女らしくし  ひとたちに漠然とし  終りにし  自然とし  ところがよとし  心情に到ろうとし  回想をし  麦と兵隊であったりし  くせに、いちいちおどろいたり、苦しんだりし  目的のはっきりし  恋愛小説をよめば、まざまざとし  現実に再びあるとし  ファンタジーにし  気の毒そうにし  楽器をはじいて見たりし  ゴーシュはどきっとし  ときみんながし  それがこんながさがさし  んだ、困るよ、しっかりし  どこかへ出て行ったりし  虫をひろったりし  肩をまるくし  楽長のし  からだをくっつけたりし  ゴーシュもすこしぐるぐるし  猫もけろりとし  演奏はどうかし  工合をわるくし  みちをこさえようとし  ひとつ息をし  はじめはむしゃくしゃし  ようにふらふらっとし  窓をあけようとし  わくをしきりにがたがたし  ゴーシュははっとし  ゆうべからし  ままうとうとし  ちゃんとおじぎをし  ゴーシュはすこしむっとし  孔からくぐしてやろうとし  ねずみはすこしもへんじもし  粉をこねたりむしたりし  おじぎをしたりし  ケースへ入れたりし  眼をじっとし  好みをし  きれいなしっかりし  後見をし  きりょうのくらべっこ、をし  乱れもし  口葉の、丁度し  何も思わぬげなおっとりし  姫様によく御つかえし  折合て御つかえし  頬を赤くし  ポッと赤くし  ことをなおかくそうかくそうと骨折りをし  うつらうつらとし  琴をひいて居たりし  それもならずに、どうし  気分がはっきりし  僧に御いのりをし  事を云ったり笑ったりし  ように笑ったりふさぎ込んだりし  首にかけたり、かざして見たりし  頃どうし  坐りもし  私なんかはどうかして思われようとつとめてさえどうし  君はどうし  ときがついて一寸むっとし  ものネ、そんなにうらまれもし  割合にはっきりし  しらせをし  幾度声をかけられても身じろぎもし  ほんとうに皆さま私達によくし  前から、どうかし  声は恐ろしいまでにハッキリとキリキリし  何のかえしさえし  自分でよんだりし  声はし  殿を行ったり来たりし  無残、し  身をなげてし  四五人みな身ぎれいにし  じみにしっかりし  乳母はあんまりずけずけし  騒をし  すすり泣きをし  二人立ちし  まま被衣をかけて身じろぎもし  それ許りをたのしみにし  とったり笑ったり泣いたりし  中からそのそわそわし  涙を流したりし  着物をととのえたりし  朝夕寄せたり引いたりし  ききもし  しなやかな風をし  面白い形をし  アノマアまっさおにはてし  忘れをし  方だなどと云わせたりし  前にははてし  女達は大さわぎをし  筆をしめしたりし  片っぱしから書きつけなどし  手を放そうともし  物かげにかくれようとし  只一人で泣いて悶えて苦しんでそうし  口をすくし  ほか返事はし  乳母はどうし  手をとろうとし  裾をぬらすまいとし  様にハッキリし  紐を結びなおしたりし  様に話して笑ったり泣いたりし  頭はどうし  なかった人がまアどうしてこんなにおとなしくやさしくし  唇にべにさし  女はさからおうともし  ほんとうにどうし  マア、あのじめじめし  ことをきいたり見たりし  うたをうたったりし  文を書いたりし  姿を見ながら、し  ずんだ、おっとりし  さをねたんであんなに御させし  人、そんなにし  マアしずかにし  ことを云われて居る、つきとばされたりなでられたりし  姿をよこたえたりし  身をひいてどけようとし  声ははっきりとし  紅はハッとし  身をしずめてじっとし  いつになくおっとりし  ききぶりや、しみじみとし  光君は動こうともし  マア、どうし  私が居ねむりをし  ネー、どうし  うつむきもしずそのはっきりし  袖でかくし  シャンとし  まわりのし  二人たち三人立ちし  らん、あんなにし  会しゃくをし  身を投げはし  中をどうにでもし  女達はし  ずんだかおをし  人間ばなれをし  事についてし  侍美々しく装い、お待ち受けし  オヤほんとにどうし  内の人はどうし  スッキリとし  障子を開けようとし  お松をし  鍔音がし  慈善をし  時はただ漠然とし  ことであったにしても、はっきりし  とき親切にし  線を引いたりし  予習をし  先生をお訪ねし  動物がそのいとなみをし  これにも、し  別とし  会場芸術となると、ああし  画債に追われたりし  受けはし  音楽をよくし  材料をどうし  一たい、どうし  ぼくがちやんとし  もつとし  つてあいつの傍に寄れはし  虹猫はしばらくし  ことに気がつきはし  扉をあけたりしめたりし  正餐をやすくし  注文で高くし  鞣外套をひっかけてとび出し  パーセント増そうとし  集団農業に移ろうとし  一寝いりし  耕作用トラクターを動かそうとし  頼信紙に書きまでし  拡大しようとし  十分もし  大製麻工場を建てようとし  海岸から清掃しようとし  ぢめ、し  家さがしし  中を見通さうとし  しまつてあつたりし  さうに仕事をし  誰一人として仕事をし  音なんか聞えはし  そこに上らし  のか、どうし  みんな私がし  手足をし  七色をし  はり札をし  帆をかけたりし  それはまあ、どうし  一ぱい、あつくし  ぢつとし  ほりにし  ん害をし  猫がし  下殺げし  股引をし  黒船に乗り込もうとし  黒船に近づこうとし  黒船へ投じようとし  割籠を開こうとし  森が現れたりし  寅二郎に渡そうとし  羅針盤を見せたりし  生命をさえ払おうとし  負けはし  檻へ、いかにし  そこにもじっとし  高貴にし  しかめっ面をし  旗印とし  紛々とし  豊富にし、力強くし  圧制者をし  勃興せんとし  若い溌溂とし  諸君をし  劇に移らせようとし  特権とし  もっと遥かに善いし  元気を弱らし  労働者をし  世界とし  こっちを向いたりし  大臣の子はすこしもじもじし  いきをせかせかし  着物をつかんで引き留めようとし  お前らはどうして歌ったり飛んだりし  ようにチカチカうるさく光りはし  とつちとをうずめもし  くににし  びらや、し  王子は叫ぼうとし  王子も叫んで走ろうとし  機を織つたりし  のだけど、ひよつとし  合つたりなんかし  んは、おどおどし  ちやんは帰らうとはし  んは、どうし  さうにもし  わたしは苦しい思ひはし  云つてお祈りをし  唄つたりし  頬かぶりにし  犂返へし  機嫌を悪くし  耳へ入りでもし  林檎林にし  易々とし  端折をし  畑から納屋へ運んだりし  唄をうたつたりし  奨励してあるいたりし  立かけたりぶら下げたりし  人達のさうし  囁き合つたりし  何かごたごたし  生涯を捧げようとまでし  俺にかへし  やうに出来なかつたりし  それから一ヶ月ばかりし  処に広々とし  校長にあげられたりし  三週間ばかりぶらぶらし  ところあり、如何し  今度こそは何とかし  人々におしつけようとは決してし  紙数を許されたにし  やうとは決してし  何をどうし  学習をし  シュミーズひとつでぐったりし  組がちがうので、さほど親しくもし  のかと思うと、しみじみとし  たよりはし  洗いたてたりし  汚染が滲みだすかと、たえずハラハラし  ギョロリとし  ようで、いくども読みかえし  若槻などには言いもし  ピクニックでもし  あさひ自身、送ったり送られたりし  二錠くらいにし  自分でなら、どうし  ことになった、なんとかし  ことがあばきだされでもし  記事を読んで、はっとし  フサがしみじみし  品よく、きちんとし  一人暮しをし  ことがあるが、こうし  抗告をし  面通しをし  眼が見えないにし  否定ばかりし  申請をし  キラキラとし  たちはし  先で、し  欠伸をしたりし  廻つて、ビクビクし  水を満し  其れにし  ガタガタ揺さぶつたりし  舌を撮んだりし  靴を振つたりし  シャルトルーズに色づけをし  飛ばしたりし  町を過ぎ去り、広々とし  ぢ込もうとし  方へ帰らうとし  みんな腕組みをし  土肌へツンのめされたりし  跳ね飛ばされたり叩きのめされたりし  光景は、いかにも遥々し  頸筋をゴシゴシ絞めつけたりし  息を漏し  穢はし  振舞ひはし  浅慮はし  自ら先に離さうとし  私が開けたてし  結婚するとし  凡そ人見知りをし  吻ツとし  さうになつたりし  うちにうとうととし  人つたらありはし  眼にでもし  図面を引いたりし  独り決めをし  やつぱし帰るとし  私は思ひもし  二人に、話させて見たりし  時云つた通りに、呟いたりし  真面目さうに眉をひそめたりし  すゝめたりし  目になりはし  張つて飲まうとし  つて関やし  云つて、踏んで歩いたりし  いふにし  口から始まらうとし  もつと速くし  望遠鏡をし  流連をし  カフエーを飲み歩いたりし  間伸のし  失恋をし  閉ぢ籠めたりし  さへたりし  夢を見たりし  限りは青々とし  切つて見せてくれたりし  手を振つたりし  和らかにし  享楽してうっとりし  迷信的にし  心がしゃんとし  あたりを押してみたり、撫でてみたりし  腹帯をし  感激してぐったりし  室外に去ると、しばらくし  リンデン伯爵夫人がにっこりし  形跡さえないので、ほっとし  行方など捜しもし  トルコへ発とうとし  自発的にああし  どこでお会いし  ドイツ特務機関をし  アフガニスタンを誤魔化してなにかせしめようとし  どこで、いかにし  アリが来るというんで爪立ちし  女性にし  質問があったり、そうかと思うと、どうし  レイ氏を見てにっこりし  マタ・アリに向きなおってにっこりし  海路英国から潜入しようとし  証拠を作ろうとし  マタ・アリはああし  文章でしっかりし  それを焼こうとし  名を明かそうとし  籍そうともし  かばにし  挨拶したりし  足を遠くし  首をしめたりし  爪跡があるでしょう、締め殺そうとし  幾つかころがし  頭に巻きつけたりし  坊や、し  空想したりし  腕を振りし  口吟んだりし  トンボ返りをし  氷滑りでもし  やうに見えたりもし  不平はついぞ洩し  母に洩し  不平を洩し  淫奔名題のし  娘がし  二人で生きぬかうかと思ひもし  顔に苦い思ひをし  打擲したりし  智恵くらべし  縄飛びをし  爪跡があるでせう、締め殺さうとし  さうに、うろうろし  色を益々深くし  ゆうゆききし  坂を降りようとし  見物しようとし  ことを滾し  端にし  あれだけでも何とかし  煩はされたりし  ものとわくわくし  真似などをし  ぱり動かうともし  頤を撫でたりし  私は、ぎくりとし  展開されたりし  中へ飛び込まうとし  一代法華をし  談をし  凡そ十町にし  風は依然し  名所にあらずし  画面のこまごまし  もっとぞっとし  三週間滞在しようとし  いくらかでも軽くし  壁や、ひっそりし  古色蒼然とし  前に述べたあの漠然とし  彼はおどおどし  陰気になったりし  声ははっきりし  ことのできないくらいに漠然とし  上にあらわそうとし  栄光も、埋もれはてし  とき私はぎょっとし  否定しはし  すべてのはっきりし  恐怖からくるおどおどし  無理に信じようとし  ところから、低い、はっきりし  歓び迎えさえし  のだと思いかえしはし  勝利者たりし  彼の来たり取るを待たずし  輪がこつぜんとし  頭はぐらぐらとし  足もとの、深い、どんよりし  手をむなしくし  みんな七つ起きをし  分配はし  櫛巻きにし  蒼ざめた顔をいよいよ蒼くし  家からおはぎを貰わし  附合いはし  ここへ来やあし  どこに忍んでいるにし  牡丹餅をこしらえたり、買い歩いたりし  施主に立たせようとし  死ぬから邪魔をし  ドブンを極めようとし  人殺しまでし  素知らん顔をし  家にじっとし  開落にあらずし  夕月をながめ、すさみし  詩を読みし  ひとは、漸くにし  天火を盗みし  技にし  紙上にて読みし  作にし  それを押しひしゃげたり、裂きやぶったりし  のしかかって、曲がりくねったり折れたりし  枝を刈り込んで、し  身にしてみれば、ひろびろとし  空気ときたら、ひそりともし  植物学者は知りませんでしたので、し  世の中にありはし  旅人はさながらし  みんなはああし  角づきあいをし  総がかりで突っぱったとし  ひとり、し  かまわずそっとし  ゆっくり拝見するとし  木にし  彼女は考えて、し  忠告どおりにし  一か八か試みられようとし  屋根をぶち抜いて、ひろびろし  丈夫でしっかりし  胴をし  結局なに一つできはし  幹はし  かっこうに押しひしゃげたりしましたが、し  格子も、とうとうじりじりとし  けらを見て、どきりとし  ものだか、知りはし  總とし  お礼さへし  やうな不し  温泉にゐたりし  私の書かうとし  仆れたりし  ように恐れられたりし  報酬をも厚うし  操觚をし  機関とし  道は頗る狭くし  役者にし  小説家にし  余り苦にし  別世界なりとし  差配人をし  文人自身からし  文人に与えずし  能事としていて如何し  文人をし  ヒガミ根性を抱かしめず、堂々とし  社会をし  一大努力をし  汲々として互いに相褒め合ったり罵り合ったりし  群集をし  隠者生活を以てし  壁訴訟をし  蒟蒻屋問答や点頭き合いをし  二大戦役を終って一躍し  国家をし  ありのままに取り上げようとし  ことが出来るとし  ほんとうに歓ばし  実現してゆこうとし  姿とともに描き出そうとし  発表したりし  公約をし  成長させようとし  家族を描こうとし  リアリスティックであろうとし  悲劇的にし  人にわかとうとし  具体的にはっきりし  なかに、こまごまとし  文学サークルから文学的誕生をし  内々覚悟はし  寄進をし  容赦なしに踏んだり蹴たりし  遣り取りをし  一緒に起き臥しし  奉公人まかせにし  次郎左衛門はそわそわし  月代でもし  髪月代でもし  衾をかぶろうとし  髪月代をし  治六はにっこりともし  廓ばなしなどをし  疵にし  悪いことができいし  いつまでも沙汰なしにし  未練らしくぐずぐずし  選り好みをし  行く末を考えたりし  身請けをし  言い訳をし  いつまでも廓がよいをし  花魁を請け出そうとし  引祝いをし  返事ばかりもし  心底から自分を思っていてくれるとし  自分を思っていないとし  ここらだろうと思ってうろうろし  顔を少し紅くし  おつきあいをし  納得すればそうし  たよりもし  なるたけ逃げようとし  容易に帰そうとはし  ことを考えまいとし  金づかいをあらくし  ことが思い出されたりし  他人とむしり合いでもし  たくろうとし  八橋に遠ざかろうとし  いつまでも評議をし  光を咎めようともし  丞もほっとし  旦那がどうし  張合い抜けがし  勘定を取り損じたりし  ていにし  自分を踏みつけにし  型ばかりし  自分から遠く離れようとし  針を刺したりし  ものと諦めようとし  丞は、呼びもし  丞は飲めもし  徒らにぐずぐずし  闇撃ちにしようとし  のがどうし  言いがかりをし  方から遠ざかろうとし  皮を厚くし  いろいろにして訊こうとし  業物とし  刀屋へ捨て売りにし  催促もし  元手にし  足踏みもし  うわさ話をし  気持ちはし  懐ろから出たにし  心持ちになって、どんよりし  丞ももうじっとし  仇にし  くに自分から遠退こうとし  身を任せようとし  倚りかかろうとし  そうに一杯飲んで、ゆったりし  当てどころからし  いつものように笑い顔をし  火消しは長ばし  敵を追い払おうとし  腹へ突き立てようとし  理由のはっきりし  特別のはからいをし  きょう読みかえし  省略されたりし  奥のひっそりし  対立のはっきりし  歴史とし  中にはいらうとし  伝道したりし  政治下に終始し  柱にし  毎日裁縫をし  やうなもたもたし  本を読みかへし  コーヒーを飲んだりし  顏に、オドオドし  藻屑とし  口にしようとし  素振りをし  対決さし  与右衛門を呼んで来て逢わし  おのれのし  仁王法華心経を読まし  譲歩しようとし  ことを思い合わされはし  跳躍台とし  小説とし  反映しようとし  引越し騒ぎなんかし  くり返っては起きなおり起きなおりし  様に打ったり引っかいたりし  居眠りばかりし  何かはし  清子、何とかをし  守位にし  子になるだろうと思い思いし  子は、きちっとし  袂の小ざっぱりとし  パーッとし  事をちょくちょくし  から指図をし  物臭い風付をし  木組みをしたりし  方がいいの、こうし  様に云うので、ムッとし  心持顔を赤くし  坊っちゃん此処は、どうし  何かしていきりたつので、笑ってすんでしまいはし  様にもなったりし  のしねくねし  奥さんがピリッとし  事がちょくちょくあったりし  面白がらせたりし  手足をどうにかし  顔を並べてニヤニヤし  共、どうし  孝ちゃんがどうし  垣根を越そうとしたりし  音からし  事を運んで、ケロッとし  戸を立てたりし  事を云ったり仕たりし  中央に立ちはだかったりし  一人でプンプンし  同意を求めなどし  濁声にかきみだされて、どうしてもし  のを放っぽり出して、あんなにし  午後から小雨がし  ズベズベしたなりをし  御馳走なんかろくにありもし  刺戟を与えたりし  者からし  危険をえぐり出そうとし  抹殺するたすけにし  関係がありはし  採用するとし  中にも現われていはし  要素が認められはし  顏でおろおろし  艶然とし  つて、追ひ掛けんとし  風多くし  不安定にし  戦争と再びはびころうとし  努力を失うまいとし  間くさりもし  医師を招いて、何とかし  虹をつかもうとし  助手たちは、何とかし  彼を歩かせようとし  小便がし  患者をし  仕草をし  患者を笑わせようとし  ですよ。本当に死にはし  時間を長くし  ミニェチュアにし  だんだんはっきりし  畑で働いたりし  悲劇を描こうとし  ノートしたり、書いたりし  人間とし  夫婦がそうし  別のものにし  勇奮心をふるい起そうともし  間に、はっきりとし  ままリアルにかこうとし  なかで、もがいたり呻いたりし  存在意義を見出してゆこうとし  脱出をし  姿にいきいきとし  感動をよみがえらし  ソヴェト同盟についてのいきいきし  キャンプ生活をし  てにをはがつかってあったりし  清書をし  靈場とし  奉幣使を遣し  圓錐形をし  阿蘇のみに止まらずし  櫻島をし  天ぷらにし  塩漬けにし  串にさし  陽かげ干しにし  場合でもあったとし  訓練を持ち合わせていて、そうし  紙芝居にし  さらへをし  秀雄さんが、どうし  熊さんがをし  秀雄さんは下りようとはし  つていらつし  びつくりさし  そこへ出ていらつし  小走りに行ったりきたりし  びをし  犬を追いまわしたりし  がたを見うしなっては立ちどまり、ぷりぷりし  たいをついたりし  腹ごしらえをし  さっき主人をおきざりにし  向こうへわたったりし  もぐりでもし  前に立ちふさがったりし  ピストル自殺でもし  あいずし  カシタンカがよくかみもし  いやしんぼうめ!≫などとわめいたりもし  それに答えようとし  新聞を読んだりし  カシタンカは、うとうとし  フェジューシカがふさふさし  においがぷんぷんし  胸をもたせかけたりし  あたりを見まわしたりし  とたんに、思わずぎょっとし  さはし  いっきにし  ようにあとずさりし  一口毒味をし  何か結んだりほどいたりし  両手をふったりし  こと説明をし  物音ひとつたてもし  目をあけさえし  ピストルをうったりし  静かで、暗くて、ひどくむんむんし  つきをとりもどしてきて、うとうとし  からにぐったりとし  イワーヌィチ、どうし  おばさんのすぐま近かで、ぼうっとし  足もとを行ったり来たりし  目をあけもし  においをかごうとし  あとをつづけようとし  興奮して、やきもきして、なにかじりじりし  準備ひとつしちゃいないし、ろくろく教えてもありゃし  恥をかかなきゃいいが、し  目をあけようともし  スープ入れをさかさにし  そばをうろうろし  緑色のぽうっとし  目をあけようとはし  彼がそわそわし  壁をひっかいたりし  声で、なおもほえたり笑ったりし  おばさんをつかまえて、だきしめようとし  肩をすくめたりし  ぇっ、し  ようはなれようとし  腰を上げようとはし  水を黄色くし  素直ではあるが、凛とし  彼に見向きもし  市が立とうとし  自分の求めようとし  扉を蹴って、躍りだそうとし  天下は救われはし  奴らはまだ追いついてこないがどうし  あくびを見せたりし  饗応はおあずけとし  いつまで何をし  良民いじめばかりし  潔斎をし  数日を出でずし  ことを誇ったりし  猥りにし  刺止めんとし  荷駄にし  凛然とし  宿舎にし  眼をかすめて、逃げようとし  軍法会議にさし  賊兵が追ってきはし  恩とし  ここに、じっとし  賊は、ぎょっとし  槍を舞わし  稽古はし  尻をし  無念さ、いかにもし  張飛は笑って追いもし  天もよみし  これをもってし  一つが鳴ろうとし  オヤ、どうし  抱きしめるようにし  病気などはし  婆やはどうし  せいではありはし  わたしがし  のであるが、そうし  朝の炊ぎをし  掃除などはし  重囲に陥ち、すでに斬り死しようとし  手をついたりし  ひと働きし  者もあったりし  お互いとし  虹橋の下に投げ捨てられようとし  楼桑村へ、お訪ねし  音声もおっとりし  渋ッたい面をし  教えなどし  鶏は羽ばたきし  股をくぐって、逃げ廻ったりし  酔いをし  チヤホヤはし  本義とし  張飛は、むかっとし  栄に会い、こんな歓ばし  構えもし  贄にし  母が何とかし  人事を尽さずし  肩を抱いたりし  杯をし  北国へ売りに行こうとし  言を聞いて大いに感じ、どうかし  秋にし  宗親にし  将をあわせて、心から敬いもし  日ならずし  弩をつるべ撃ちし  みなごろしにし  証とし  その後先生はどうし  鄒靖も引止めはし  長陣をし  奇襲をし  命令を、おうけし  世の中とし  真ん中にし  それに、ほっとし  公金にし  奥所に描いたりし  山崩れでもし  差し立てたりなどし  言葉つきからし  忍耐をし  憶いを深くし  消息をし  部将からし  敗北はし  張飛にし  儀式などし  喊声をもってし  くろの鼠とし  城壁を高くし  賊軍をし  愍れみをかけて、救けなどし  門を固くし  半月のごとく高くし  熊腰にし  刀を舞わし  牛一頭持てぬ細々し  芸人にし  ことを持ちだしたりなどし  店をし  将棋をし  欠伸などし  隅が残っていたりし  タワシでこすったりし  緑をいきいきと甦らし  私はうろうろし  さにうっとりし  お歯黒をし  ままにキョトンとし  私は本当にし  家であったりし  浜子がし  奉公に行ったりし  ことで、し  これ以上話をし  野菜天婦羅を食べたりし  文子に会える、とたのしみにし  ころになると、そわそわとし  不良扱いにし  講義録にし  客引をし  道案内にし  根まけし  足で語らし  歳にし  からこうし  先引きをし  空腹を満し  紙芝居を見せたりし  秋山にし  十日にし  屋をし  新聞記事にし  倉庫番をし  雑役夫になったりし  たび言い言いし  特種にし  マグネシュームをたこうとし  運搬夫をし  屋などし  この世を見限ろうとし  もと髪結いをし  から毎月十円ずつし  骨を納めて、ほっとし  外交をし  瞑想をし  傍らに侍らし  観察するとし  冗談にまぎらはし  ポオズをし  於いては、ハラハラし  呼吸器をわるくし  ほうからお伺いし  家へ、おとどけし  結納を、おとどけし  白足袋にはき換えようとし  口数を少くし  世話などもし  私は、ほろりとし  手続きもし  興奮をし  検閲をし  天下国家ばかり論じて、そうし  大隅君は、もう、いいとし  君ひとりをたのみにし  顔を少し赤くし  仏頂面してうろうろし  私はそうし  簡適にし  流連でもし  色青くし  理由を述べてお断わりし  感じを強くし  限りお断わりし  二枚戸にし  から誰も見ていないので笑われはし  だれか垣間見ていたとし  礼を厚くし  狂者とし  熱望はし  描き直しをし  庭らしくし  すべて荒地にし  格別に怪しみもし  父もぎょっとし  声をしるべにし  別に吠え付こうともし  わたくし取押えようとし  家族はどうし  分け前を貰おうとし  同居でもし  幸いせずし  合格はし  のかと思って、ひょいと取ろうとし  ようにハッとし  車掌もおやっと思っても一度たしかめようとし  ばあさま、どうし  方ばかり見て答えようともし  一人で消そうとし  部屋に飛びこもうとし  おとうさんをお起こしし  ポチが走って来て、ほえながら飛びつこうとし  あとになったりし  弟たちもどうし  ほおかぶりをし  丹前を着せたりし  びしょびしょにぬれたりし  かえっこしたりし  ポチはどうし  尾のふさふさし  ほんとうにポチが殺されるかぬすまれでもし  おかあさんまで、大さわぎをし  やけどしたとみえて、ふさふさし  ぼくは思わずあとずさりし  前足を動かして立とうとし  から、つかれもし  手をおしのけようとし  声でこういったりし  ことはちっともし  しかえようとし  みつきそうにし  薬をぬったり飲ませたりし  遁しにし  覇道にし  政治をお預かりし  開港を強いようとし  外侮を受けようとし  隠密など入り込んで居れば、観破し  江戸へ送る、ハッキリし  策を施そうともし  蔵をひらこうともし  横取りをし  それと観破し  牽制しようとし  ことをしてもお着せし  浪人をし  余韻がし  幽かながらもし  陰影がキッパリとし  発足ちはし  ブラッとし  小判を掴もうとし  嘲笑をし  太刀音がし  お酒盛りをし  グタグタにし  間延びをし  悪所通いをし  誰一人相手にし  中央ではないにし  大金を捲き上げようとし  鼻歌をうたったり囁いたり、笑ったりし  冷淡に、取り合おうとさえし  濶りし  御留守居風をし  かい込もうとし  恋をしようとし  時足音がし  勝手から声がし  梅さんどうし  乾兒もあったが、どうし  緻密にし  珠算をし  人相はし  小走って行ったが、どうし  方まで、お探しし  丁寧松は、開けてみようともし  一人どうし  お辞儀なんかはし  はずはありゃし  取っ組み合いでもし  追っかけようとし  お方にお逢いし  それから奥へ入りましたが、どうし  取り込みとも存ぜず、お訪ねし  駕籠から声がし  桃色をし  上州はニヤリとし  眼付きはし  看破をし  人影がなく、ひっそりとし  方へ、走って行こうとし  右へ曲がろうとし  そっちから叫び声がし  腕を延ばすと縋り付こうとし  人声もし  方へ引っ返そうとし  繁さんお前何をし  間はひっそりとし  二人あぶなくぶつかろうとし  不思議そうにし  方へ走ろうとし  からにはようしゃはし  洞然とし  詐欺的行為までし  スターにし  悪漢東三をし  大金を盗ませようとし  資にあてようとし  変名をし  貴重品を盗ませようとし  諌言をし  救済しようとし  源右衛門をし  献金させようとし  傍視もし  ことはできるにし  手荷物を開けたりし  上へあがろうとし  定宿にし  老婆はまだぴんぴんし  嫁をまぜだしたりし  それはいかん、どうかし  胃をわるくし  詰めにし  藪睨みし  なかつたりし  身ざんまいをし  なかった振りをし  平生からはっきりし  かげんにし  関係ありゃし  何も悪いとは云ってやし  現役志願をし  曹長にし  鰌髭が上ったり下ったりし  話を笑いながらし  考えを追おうとし  泣き面をし  ものを追おうとし  ヒヤッとし  盲目的に這い上ろうとし  彼はまた這い上ろうとし  老人の唸きが聞えるとぞっとし  奴をバラバラにし  月賦にし  元のピンピンし  ヤーロをバラバラにし  序にバラバラにし  当もなく登ってみたりし  人たちが出たり這入ったりし  十一月だと云うのにまだ青々とし  せいか、じめじめし  お爺さんをどうにかし  声高く読んでいたりし  文字焼きをし  ものにびくともし  胸飾りをし  襟あてをし  うどん粉をこねたりし  文字焼きで、あはあは笑ったりし  四度位しかお逢いし  漫画をとりにいらっし  執筆禁止をし  映画理論をつくろうとし  限り返事をし  馬右エ門がも少しし  こちらへ向けて、し  父は叫んで、ニヤニヤし  世論にし  それを知っているにし  下半期しばらくし  提出されようとし  呼を以てし  どれとし  温泉宿にゐて、のんびりし  五ヶ月ぶりにホッとし  新聞社にし  いふ思ひをし  時世に、きちんとし  稽古をつけたりし  つてゐられるのでし  恋文をつけたりし  保証はし  私にもし  借り方もしようとはし  頃にし  もの保証をし  縁があるにし  感慨居士だから、忽ちにし  から以下を聴かうとし  のと、し  一ついはし  つたのに安くし  不審をお抱きになりはし  畑仕事をしたりし  独自さとぴったりし  今度平生文相が行おうとし  餘地が有るにし  索然とし  わたくしには、あの淡々とし  静かな、淡々とし  ネクタイを直さんとし  毎日毎日何をし  案内をして貰ったりし  面白くも何んともありゃし  気保養もし  稽古なんぞをし  相場をし  ようになったらどうし  一度大掃除をし  顔さえそうし  為方はありゃし  息子は近頃随分親しくし  姉さんは近頃どうし  何事かありゃし  東京から体を悪くし  受身で立ったり歩いたりし  ことのハッキリし  心持がしきりにし  曲りかし  同情者でし  形式にし  女子青年団ががっちりし  玄関をあけようとし  ことを、何とかし  空気を重くし  様子をそれとなく見ていたが、しばらくし  字を潰したりし  後から傷だらけにし  一つところに立ってニヤニヤし  中心的活動をし  角を曲ろうとし  洋々とし  まま伸びをし  こっち向きにし  油光りし  人柱にし  足蹶にし  死んだふりなどし  弁明してまわったりし  不用意に言ってしまって、ひやとし  糊にし  英語が飛び出したりし  一刻も早く、おわかれし  神さまになろうとし  仏頂づらをし  遊び仲間にしようとし  怪我なくてすんだ、とほっとし  ひそかにほめて、少しうっとりし  みんな私よりも貧しく、そうし  ら油光りし  ところがなくなって、そうし  もうことし  いつまでもうろうろし  貼紙をし  ろをし  それからひどくはづかし  つまづかせようとし  清作をおどさうとし  すてきに大きくし  みんなはわらつたりはやしたりし  月よにし  木大王がぶりぶりし  前へ出てなぐりつけようとし  足をぐらぐらし  清作が飛び出さうとしましたら、画かきにし  さらさらさらさら音がし  ぢたりし  眼をつりあげたりし  挑戦をし  心境に対してはっきりし  往年特徴とし  プロレタリア文学を創ろうとし  ようであるとし  作品であるとし  純文学作家たちがし  方向とし  持そうとし  境地を示そうとし  読者たちは、ぴくりともし  生産をとりあげようとし  合理化をし  狐疑したりし  爆発してしまったりし  僕は通じなくたって悲しんでやし  観察して見るとし  横光にし  変化さし  ものは、そうし  問題に終始し  形象化しようとし  ことも、漠然とし  ことも解りはし  脚をつき出して、つまずかせようとし  清作をおどそうとし  まわりにはしっかりし  東のとっぷりとし  みんなはわらったりはやしたりし  ひらいたりとじたりし  慄はし  光つたりし  夜露にし  蓄積にすがらうとし  マッチから指紋をとろうとし  三時頃、少しうとうとし  一つ芸当をし  経験もし  優美にし  前から女を解こうとし  砂のぽかぽかし  開業をし  待合にし  茶をし  手入もし  合せにし  ことを、強いて分からせようともし  代診をし  医学をし  札の引張合いをし  午休みをし  畳敷にし  誰やらが云ったばかりで、起って出迎えようともし  皆じっとし  望診し  手をこんなにし  前を掻き合せて、起き上がろうとし  出入をし  議論とは、往々にし  舊學友にし  據りて見し  二里十二町にし  順次ステツキをまはし  達者なりし  一と休みし  教頭にし  猪村といって丸々し  猪村巡査はそうし  理屈一点張りで行こうとし  シンカンとみちみちし  冷房装置がし  から電光がし  今朝十時半過ぎだったと云うがハッキリし  声ではあったがハッキリし  相手にしてやし  毎日毎日手入れをし  四五日前から何だかソワソワし  話かけたりし  二十銭ぐらいし  刺青でもし  洋装はし  から着かえはし  ポッとし  一つも掴んでいないので、ああし  お目見得をし  通り二時以前とし  二時頃とし  ドチラにし  二時頃までピンピンし  盛装なんかし  チャンとし  戸をたたいたり、叫んだりし  ヤット起したりし  腰の低い、ペコペコし  無抵抗とは云いはし  意味になりはし  まま唇をわななかし  利用して飛び抜けようとし  非常召集をし  タメ息をし  モウ暫くし  呉羽は見向きもし  五倍にもし  スゴイ顔をし  ソバカスがあったりし  洋行さし  初めたりし  執拗いたらありゃし  笠支配人は青くなったり赤くなったりし  手を揉んだり解いたりし  イクラも残ってやし  相当に貯め込んでいらっしゃるにし  芝居を休まし  本読みをし  ようにツンとし  限り骨抜きにし  アンナ事をし  イクラ忠告をし  死ぬかどうかし  給仕が急いで拭こうとし  骨を削ったりし  芝居としても、実際とし  言葉も忘れてやし  位ヒッソリとし  何も違ってやし  口止めをし  ソンナ事をし  話がわかりもし  ソンナ事をハッキリ仰言ったにし  飛上らんばかりにし  お兄さんと心安くし  モット確りし  寄道をし  手渡ししてキチンとし  公表さし  一掃さし  のを見ても、そうし  事件後数時間を出でずし  妾達によくし  サンザ御馳走をし  お前ドウカしてやし  イタズラをし  エラクなり過ぎて恐し  コレンバカリもありあし  どこに居らし  昨日から大騒ぎをし  のからし  総動員にし  狂騰し  的確にし  勝手ながら略さし  おいでになりはし  皆ホッとし  からカゲにし  想像なんかし  おれア日本室にし  蔭歌にし  独唱をし  通りに仲よくし  一本槍にし  俺のものにし  神秘的にそうし  放し飼いにし  急にそうし  背後から廻転椅子ごし  危い思いをし  あざみ笑いをし  芝居を打たし  語からし  昔からし  つて残つて居ようとし  宿題にし  答申をし  プルルルとし  酒やけのし  自分、うるさくなりむっとし  皆書つけにし  明盲にし  結びようにし  鳥屋をし  愉快そうにし  筋立ち、かさかさし  ズクマロさん仕事をし  満足もし  くせに悠々し  ケンカをし  いつまでも手を握ったりし  信仰談をし  粋にし  何だか、分りゃし  隅、し  齢をし  ギセイにし  椅子にこうし  それが割れちゃったりし  味わいばかりで美味いとし  もの、シコシコし  もの、ザラザラし  水でもどしてやわらかくし  数の子にし  四つ裂きにし  乾物にし  美食家があるとし  とき蜻蛉返りをし  南とし  信仰をかたくし  寛大にし  風もし  心持よくし  動し、片づけ、ぬり、たたきし  やうにホッとし  カン違ひをし  同人雑誌にはいりはし  立読みし  店内装飾をし  凡そだらし  ことをつとめて忘れようとし  セキバライをし  車掌をし  そこへ行きはし  それをきいたり見たりし  姿がスラリとし  風センにし  ラッパのみにし  シンミりし  女はひどくガッカリし  もの続々とし  当地に着し  酣にし  優勢なりし  明細にし  弾は漸くに尽きんとし  信号を以てし  上滝嵬氏にし  実力を持って居るか、そのしみじみとし  実行しない、し  米をもらったりし  麗らかにし  炭をなおしたりし  なかったし、またあったにし  前後に動かしたりし  それを鳴らして聞かしてくれたりし  フォン・コウィベルとし  農園をし  両方によくし  がめなどちょいちょいし  じゃまにし  表情なので、はっとし  親切をし  めがかっちりとし  二重瞼で、きっとし  目標にはし  腕時計をし  声を出したりし  男迷惑そうにし  あなた恋愛をし  恋愛もし  娘くたくたにし  一分分にし  まりどうし  英文科をし  お父さん何をし  いろいろにし  ようなごたごたし  こと三匝にし  こだまをかへし  つぐみや、たにし  まねをしたりし  眼も青くぎらぎらし  やうに、じっとおとなしくし  二つ三つせきばらひをし  指で突っつかうとし  腹かけだけし  人に噛み付いたりし  二三度羽ばたきをし  俄かにからだをりんとし  すべて形小にし  俄におろおろし  ゴホゴホ咳嗽をし  やうに、少しゆれたり明るくなったり暗くなったりし  眼がパチパチし  みんなぐらぐらし  みんなびくっとし  穂吉はどうし  からひをし  俄かにし  いちめんにし  ように、じっとおとなしくし  へんきまり悪く思ってもじもじし  指で突っつこうとし  紐を引き裂こうとし  ように、少しゆれたり明るくなったり暗くなったりし  向うを見ようとし  からいをし  たしかに覗き見し  面白い読物にし  形貌にし  枝ぶり立ちどまって見あげなどし  拾円紙幣二十枚お借りし  ボックスでお逢いし  ままで後ずさりし  はじめて人ごこち取りかえし  覗き読みし  ごまかそうとし  藪蚊を経て、し  微かにし  少女は少しもじもじし  方なるがすらりとし  咳嗽がし  嘆息をし  代をし  者が如何し  嬉れし  口惜いことよ、よく解りもし  富は言って見廻わし  辞儀して去こうとし  そうですから、どうし  学校へいったり、帰ったりし  秀公は、どうし  だれとでも仲よくし  だんだん慣れると、さっぱりとし  ほおを紅くし  剣幕をし  内心びくびくし  腰の拡がったり垂れたりし  此心持を消そうとし  飛越えたりし  金字塔型に積重なったりし  天上でもし  蜷局を巻いたりし  これを思い出すと又し  不都合でもし  彼は又し  後へ戻ろうとし  様にして行き過ぎようとし  折角通り蒐ったが行き過ぎようとし  静かでのんびりし  空気の好い広々とし  電車に乗るにし  家はチラホラあるけれども、し  犬で、おどおどし  眼を細くしてじっとし  脚を離そうとし  のではなくて、使おうとし  一緒に転んだり、追い駆け廻したりし  下からあとずさりをし  坊さんは笑おうともし  森君に渡そうとし  何だか分りゃし  森君に飛びかかろうとし  方へ逃げようとし  お父さんが貰って使おうとし  のを嫌がっているとし  音がしても聞えはし  云はれもし  覺えられもし  催促したりし  眞暗にし  工藤がゐたりし  來る、その漠然とし  なかを見廻はし  お母さんが殊更に低くし  折鞄を持つて、探がし  倒に振つたりし  中で分らなくし  覺悟はし  總檢束でもし  振りまはし  思つてホツとし  明りもし  組合に出掛けたりし  嫁入し  子供のことまでし  袋縫ひをし  半分隱れたりし  事で一々泣いたり、ほえたりし  言譯をし  差押へをされたりし  佐多はイライラし  樣子で、出たり入つたりし  亂暴をし  生あくびをし  中から材料を探がし  半分横にし  やうに固い、しつかりし  あくびをしたりし  あくびさへし  つてみたりし  社會的正義のために俺はし  つて土臺のしつかりし  樂書がし  から止しにし  樂書をし  淫賣をし  渡は讀み返へし  ツこんで、離れてみたり、近寄つてみたりし  顏を寄せて、どうし  來ておとなしくし  手振りをしながらし  言葉をはさもうとし  別に何もし  違ひをし  俺達がし  三十分程し  所を見廻はし  引ツこ拔かうとし  普段から、し  天野屋氣取りをし  硬直さし  ふきかへし  後から腕をまはし  燒きつくし  靴で蹴つたりし  伸縮さし  彼はなぐられも、蹴られもし  いふ朦朧とし  三乘にも暗くし  便所臭い匂がし  それから二日ばかりし  三本一緒にし  寢言をし  云つてしまつたのではないか、とギクリとし  泣きながら巡査の返へし  ニユウアンスを感じたりし  息をつまらし  聲を出して、し  缺點はあるにし  接木をし  民主主義をうちたてようとし  放言をし  組織されようとし  不徹底におかれようとし  ますます発展しようとし  祝日にかわろうとし  二室にし  さし渡しにし  つて遠方のものに摺りつけるまでにし  齢にし  つて世を早うし  猟などし  こと頃刻にし  思つて悚然とし  竹包にし  身構をし  変つた話をし  所を定めないといふし  時草茫々とし  舐めるやうにし  其音が、幽にし  鷹狩をし  磔にし  んざ横倒しにし  身悶をし  なう、し  天窓から冷りとし  小袖はし  謂はし  つたので、し  時覚悟して立たうとし  言をかはし  薫がし  桂木は倒れようとし  一つのはっきりし  一年間生活をし  出発してゆこうとし  独自性を守ろうとし  出版をし  やりくりをし  下でやろうとし  尊敬もし  やぼに苦しんだりし  ほんとうに民主的になろうとし  べつにいきり立ちもし  人民戦線にとどめようとし  能力がないとし  表徴しようとし  成長を書こうとし  上りを見てゆこうとし  腹にすわっていない、ふらふらし  思いもいいもし  そこから解き放そうとし  批評しようとし  点がはっきりし  区別しようとし  上でのあっさりした、くっきりし  だって金儲けをし  研究題目とし  究明しようとし  基盤とし  作品のさっぱりとし  論議もあったりし  ますますはっきりし  研究をあまりし  本質をことにし  選挙権があったにし  サクラ然とし  予定はキチンとし  酔ッ払ッたりし  彼女はニコニコし  蔭ながらし  メモをし  その後はパッとし  訪問にし  手ミヤゲにし  代議士になったら、どうし  胸騒ぎがし  から表沙汰にもし  ことならキチンとし  吉はハッとし  ふだん読みもし  ガク然とし  江村を殺したにし  合理的にし  戦争にし  国民党にし  耳目を惹こうとし  赤子とし  陋とし  当選さえし  代表者とし  信任を求めようとし  俯向いて立ったりし  ちょっと心ひかれて、どうし  途中乞食をし  方でもどうにかし  改札口前をぶらぶらし  小僧はこう言ったが、いかにもそわそわし  あれからどうし  出札口前をうろうろし  田舎へ帰ると、ああし  三十面をし  破産騒ぎまでし  ことばかし言って、ふわふわし  気持を暗くし  仕出来しゃし  耳を仮そうとはし  上塗りのし  粗壁は割れたり落ちたりし  久助爺はけろりとし  気乗りはし  小商いをし  人相をし  悪遊びばかしし  いつまでも義理立てし  姨にし  嫂にし  のだろうと危ぶまれはし  むり算段をし  俺たちがてんでかまいつけないとし  運命の大きくし  友人たちへ出したりし  ことを考えようとし  枝など折ってきたりし  どんなんか、ちっとも解ってやし  事件が起きてやし  世話でもし  頭を悪くし  彼には思われたりし  あした事件や、ああし  自分とどうし  彼がああし  気持を考え浮べなどし  玉章に頼んで書かし  印譜から写真にし  書画骨董類を売喰いし  投売りにし  ことも言ったりし  先生はハキハキし  耕吉もそうし  何十日となく繰返えし  投票しようとし  浜口雄幸がどうし  元帥になろうとし  田を作らしたりし  黒光りがし  油をし  蝋を塗ったりし  木質からし  八銭にし  番もし  碌に読めもし  催し物たらしめようとし  役割を果すべくし  蘭学医にし  道を歩まうとし  少いものにし  舞台映えのし  権威とはし  成さんとし  社会的歩きかたをし  槓杆とし  無罪にし  何かを知りたいというはっきりし  書き込みを入れたりし  間違いなくあるにし  しり込みさえし  パーソナルコンピューターを生み出し、育てようとし  廃刊にし  信奉せんとし  追悼文の凛とし  人に怒られはし  五十円ほどもし  綴方をより深くとらえようとし  物差しとし  優先させようとし  覇権を打ち立てようとし  そうであったにし  存在を貫くがっちりとし  転覆を免れようとし  なかった、がっちりとし  挙げ句レコードにまでし  原稿を練り、しっかりし  結局何もし  点字にし  四十円はし  最初からはっきりとし  関わりを考え直そうとし  自分たちがやろうとし  台無しにし  私は、おうおうにし  岩波書店にし  研究社にし  定価は、おうおうにし  会社にまとめ売りし  足どりは多少変わるにし  要約したりし  文章を書き写したりし  延長線上に見ようとし  エキスパンドブックは解き放とうとし  本をなぞろうとし  けりを付けようとし  当面大部数は望めないにし  確立しようとし  太文字にし  スペースをわずかに伸ばしたり縮めたりし  気持ちを抑えて、そっとし  舞台とし  製品に結びつけようとし  警戒はし  疲れが残らないですむと、いちいちほっとし  バイブルとし  ご破算にし  転換を果たそうとし  色合いをごちゃごちゃにし  ぶよぶよとし  一年が過ぎようとし  中にはかなり粘っこくなったり、気色ばんだりし  から考えもし  米ボイジャーもまた、そうし  ようなひょうひょうとし  連載中から楽しみにし  そもそもボイジャーにし  どこに行こうとし  休職扱いにし  今そうし  電子本にし  富士通がいかにし  ネタにし  契約をし  繋ぎっぱなしにし  ページ全体が現れるまでののろのろし  らつきもし  コンピューターを居ながらにし  物理学者たちは、いかにし  解答を寄せようとし  歩みは、ゆっくりとし  根城にし  記録しようとするはっきりとし  今、大きく花開こうとし  ところを差し引きし  整形し、焼いて堅くし  抑圧装置とし  存分にきわめつくそうとし  書体を使おうとはし  ドイツ語にし  コンピューターを持ち込もうとし  誘惑もし  手に移ろうとし  習慣を破ろうとし  わるべくし  申しわけをし  道を採らし  間において考え、動こうとし  初夏をむかえんとし  お前はきょうこうし  城春にし  イネ州にうようよし  洋の青々とし  彼は、そうし  ことだから、そのうえ叱りはし  戦車を小さくし  守備を固くし  中で起き上ろうとし  モグラ下士か、どうし  倖だか、わかりゃし  匐い出そうとし  ちゃんとしっかりし  貴重にし  突撃を試みようとし  マジノ要塞にし  ジークフリード要塞にし  旗印からし  隊員をし  元帥は、ゆったりし  答礼をし  戦争は、決してし  空費されようとし  まま、ぶらぶらし  わしは、じっとし  謎を、解こうとはし  彼が命じもし  ふかぶかし  免官にし  姫がどうし  姫が、どうし  ことが、はっきりし  謎とし  丁度真ん中に近いひろびろとし  薪を割ったりし  何個所かががたがたし  とおり友だちも大さわぎし  出発を見ようというので大さわぎをし  誰一人入らせまいとし  時間がありゃし  二日以内になんて、そんなにはっきりし  餞別品をとりだして喜んだり笑ったりし  注文がし  中から大切にし  ブレーキがどうかし  ように丸くし  水晶さまにありゃし  作文にし  牛頭大仙人にし  始めは呆れはし  長身猫背を丸くし  研究所にし  作り声が、はっきりし  水晶さまにお伺いし  ますます異様のものにし  測量をし  非常に重くし  車はこうして、じっとしていたが、じっとし  表情をかたくし  善良にし  目をぱちくりし  中に入ったりし  出来やし  自動車旅行をし  扉をあけようとし  廊下にとび出し  三少年も、とび出し  噴火して、どうし  ロケットに乗って空中旅行をし  空中分解してしまうにし  青年がとび出し  目盛を越えようとし  地球は消えはし  マートン技師は、しんみりとし  姿は、どうし  三つの予言をし  器械がなかったとし  重大発言をし  火星はどうし  のぞくことにし  なっちまいやし  落ちもし  ように感じたりし  神経にし  変位もし  くらくらとし  三少年がどうし  博士はしんみりとし  ゆっくり話をし  皆にし  ために、ぜひそうし  こっちへ走りし  全身から油がし  沈着にし  責任は、測りし  テレビ映写幕には広々とし  木間に見えたり隠れたりし  それから三本のぐにゃぐにゃし  山木が話しをし  身動きさえし  河合君にし  ちょっと留守をし  デニー博士は、ほっとし  火星探険をし  正直に告げなかったとし  宇宙艇はびくともし  緊張に硬くし  箱自動車をすっとばし  河合、どうし  ネッドにつられてうかれ出し  音を一段と大きくし  顔かたちをし  からだを硬くし  丸煮にし  ひとり土産にし  一つ敬礼をし  前で聞かせたり見せたりし  ぎくんとし  ように青くし  落付けやし  設計がえをし  四分の一にし  ニューヨーク入りをし  連日大奮闘をし  花道を行ったとし  吏事をし  曹操も、もうじっとし  料理しようとし  闇へ向って、急ごうとし  くずぐずし  猪を求めてきて、もてなそうとし  天下の人をし  おれとし  寝顔を、つくづくと見入りながら、憎みもし  者が現れてきたりし  みな乞わずし  のもので、会ってやりもし  ちょっとお会いし  董卓を殺そうとし  奉行とし  それがしをお用い下さらずし  兵をもってし  鮑信とし  矛を舞わし  串刺しにし  擒りにし  槍をしごいて、突かんとし  抜けがけをし  焼打ちし  拝謝をし  黒馬をおどらし  憤然とし  援軍の行くまで、そうし  二手とし  蛇矛を舞わし  ざま打ってかかろうとし  面を突こうとし  城壁へすがりついて、よじ登ろうとし  李儒、どうし  展けた気がし  者みな茫然とし  一団にし  横奪りし  長生きはし  なににし  休養はし  こと急にし  董卓をし  親不孝ばかりし  肋骨をし  高手小手に縛められようとし  剣を舞わし  宮を建てさせたりし  美人たちがすすり泣きし  刺繍がし  気持さえし  あなた様をし  孫堅はむっとし  艱苦を共にし  剣を抜こうとし  双方床を蹴って躍らんとし  結束もし  喧嘩別れをし  事件が起ったりし  米はし  真っ先にし  いつまでも、話しこんで帰ろうともし  従者をし  上陸しようとし  旗竿が折れたりなどし  運びをし  楽女とし  恩を、どうしてお酬いし  永劫に救われはし  精兵を以てし  気はいがし  唇にもし  今夜ここへお泊めし  歌舞吹弾もし  近頃、歓ばし  新たに起ろうとし  臣とし  八ツ裂きにし  武士にいいつけて、はや引ったてようとし  興にし  貂蝉をおあずけし  うえにじっとし  偸み見し  呂布は、ぎょっとし  挙動のそわそわし  つれさえし  頸を抱きすくめようとし  貂蝉へたわむれようとし  ことをしかけようとし  寵姫に戯れようとし  傲然と帰ってしまったが、では、どうし  貂蝉、どうし  身を投げようとし  首尾をし  いつまでも、こうし  寵姫は、叫ぼうとし  媒ちし  咽に突き立てようとし  進言をし  貴公もまだ忘れはし  何よりも先ずホッとし  今夕から尋ねようとし  正体がハッキリし  夏には青々とし  動物にし  柿の木があったとし  大村にし  英二にし  愕かされはし  見当もはっきりし  生垣にし  ように頷こうとはし  それがどうかし  数を多くし  静けさにうっとりとし  テーブルに、どんよりとし  矢ッ張り追いて来ようとはし  原稿紙にし  明徴にし  年十五歳にし  山紫水明にし  決定的にし  復興せんとし  これを退くるに至らずし  給はうとし  公地公民とし  我国に遣はし  五箇月にし  対抗勢力たりし  武家にし  二弟をし  暴威を振ひながら、忽ちにし  御家人を以てし  後鳥羽上皇が、おはし  幕府が、かうし  暗愚にし  将とし  隠岐におはし  襲はんとし  百五十年にし  功労のおはし  勅許を待たずし  新田義貞をし  陸奥守北畠顕家をし  吉野に遣し  足利氏をし  明らかにせんとし  武士階級をし  事しかし  のは、かうし  半島出兵などをし  課税を重くし  我坐ながらにし  献金などし  京都に入らうとし  主力とし  素懐とし  織田信長によつて遂げられたが、かうし  勇敢にし  十三日にし  焼打したりし  大志を妨げようとし  農業的鎖国にし  模倣はし  学問を御奨めし  取締りをし  取次役をし  体系づけようとし  元首にし  人も多かりし  つて二箇月にし  幕府創設以来百年に足らずし  内職さへもし  貰つたりし  つて維持しようとし  六百七十六年にし  最期程、堂々とし  志操が、何等報いられずし  者は、かうし  崩壊しはし  一国とし  橋渡しをし  会はし  探り会ひをし  直談判をし  幕府側を怒らせようとし  慶喜が、突如とし  一歩たりとも許さなかつたし、近づけもし  徳川氏をし  大業をし  それはかなり疑はし  魁首とし  時を得ずし  リードしようとし  指繊長にし  ものがハッキリし  品物を売ったり買ったりし  妙に深々とし  手を握って引っぱりこもうとしたりし  食生活をし  片隅で打ち合せをし  背丈がスラリとし  偶然でし  あげくに、どうし  舌打ちでもし  気違いだとし  天才でもありゃし  懐中時計が、突如とし  女装したりし  ホリモノをし  商売ずれのし  ちょッとガッカリし  クスリと、ガッカリし  空にさえては、凛とし  茶わんをすべらせたりし  週期的相対運動をし  熟視しようとはし  なにものをも映そうとはし  尽きなんとし  ものに見えたりし  口から述べられようとし  ような、どんよりし  気怯じがし  六尺余りもあって、がっしりとし  眼鼻立ちをし  年を隠そうとし  ウルリーケのすらっとし  上陸せしめようとし  怒号しようとはし  錫色をし  魚雷からは、どうし  公表には、どうし  硝子張にし  ために、しばらくむせび泣きし  航程を終ろうとし  右舷をし  眼から遁れようとし  砲栓から離れようとし  それは、忘れもし  あたりに、どうし  指図なくし  発射管から脱出するにし  禿頭をし  中膨れのし  いま耳にし  力はとうてい考えられないにし  逃亡者とし  覇者は、二つながらに埋もれゆこうとし  彩色でもし  硝子張りにし  死生を共にし  玉蟲色に輝いたりなどし  毛に戯れたりし  闇に鎖されようとし  声で、どうしてうろうろし  何を隠そうとし  犬射さんは立ち上がってうろうろし  アマリリスだったが、そうし  皮膚色をし  床に就かせようとし  何日になっても開こうとはし  模倣追随をあえてし  端を伝わり伝わりし  武芸を闘わし  女王に近づこうとはし  顔色を変えてなんとし  意志を固くし  咽喉をしめそうとし  唇を離れようとし  園にし  今度は広々とし  主張しようとはし  僕からあなたに、お聴かせし  注意だけし  私でないとし  貴方だとし  ジーグフリードを殺さんとし  署名はないにし  色さえ見せようとはし  菫色をし  帆が、どうし  手はじめにし  愕っとし  いっさい抜きにし  気息いていて、その深々とし  沈み消えし  物の怪に怯えたりなどし  終いには、その深々とし  僕は、そうし  生存しているにし  ウルリーケが生き生きとし  前に立たせたとし  方向からし  智性を鋭くし  それが判ったとし  のだが、そうし  中を行きつ戻りつし  蝋色をし  八住はそうし  暈とし  不義者にし  エッセンだとし  室は深々とし  中に浮き揚がったにし  ように悶え悩んでおりましたが、そうし  言葉を云いつづけようとし  それで判るにし  今日耳にし  ウルリーケを陥れようとし  貴女がそうし  盲目にし  手にかけようとし  洗面さえし  盲人にし  一画を調べたりし  客室に入って行ったが、そうし  室を出ようとし  嚥むとか湯に入るかし  ふんわりとし  彼を占めようとし  危地に陥し込もうとし  卒業実験をし  枝分れし  燃え上がり、しばらくし  宙釣りにし  一人でニヤニヤし  シインとし  冷冷とし  芝居好きにし  そこそこにし  舞臺稽古をし  聽かし  矢先ちよつとし  記憶は生き生きし  先生をお誘ひし  銀座へ歩き出たりし  喘息持ちにし  のをビクビクし  ことは何一つやってやし  心棒がしっかりし  物をこわしたりし  掠奪暴行強姦をし  これこれというハッキリし  上には有り得ても、実際とし  必要を加えたりし  眼中にし  藤沢あるにし  理窟倒れし  入学しようとし  主戦投手にし  何となくギスギスし  人が多くあったとし  さを感じたりし  用をたさし  児を抱き取ろうとし  今日まで往々にし  いふ質問をし  いふ現象を呈しておりはし  願下にし  これを進まんとし  以て足れりとし  適者とし  人なりとし  後退せんとし  前進せんとし  保守的にし  民族的にし  みずから破壊せんとし  動物とし  境地に導かんとし  光明を失わんとし  豪快にし  署長をし  水際に近づこうとし  三年目にし  遊びにいらし  こっちへいらし  青年はモジモジし  いま逃げだしたりし  面ざしをし  失礼ですけど、庇ったりし  垣根を乗りこえたりし  たてをし  なかを行きつ戻りつし  ふうで、ふりむいて見ようともし  エグイ顔をし  むだな骨折りをし  ひと撫でし  喫茶店にはいりかけたが、ぎょっとし  赤ん坊を産もうとし  サト子は、のびたり縮んだりし  ほうをのぞきこんでみたが、しらじらとし  サト子はガッカリし  朝まで、まんじりともし  尻目づかいをし  ころには、まいとし  温泉疲れがし  温泉へいらし  シナをし  ご飯にし  ポーズをし  写真をとらし  留守番に来てもらったりし  サト子は、ムッとし  留守番なんかし  つくりにし  木戸をつけたりし  水ましし  おとなにし  ようにいいつけ、したくをし  千円にし  参道をブラブラし  ポーズをしながら行きつ戻りつし  見せかけをし  あいをし  サト子は、し  届出をし  ショバをとられちゃ、見すごしにし  参道でウロウロし  のだと思うと、なにか、はるばるとし  悩みもし  死ぬまねをし  方にお会いし  後手づかいをし  面をとざす青々とし  家へはいりこんだにし  座を立とうとし  職場にし  ウインクをし  あたしたちにし  サト子は、ぞっとし  んだったら、お強いはし  シヅはケロリとし  遺品にさわったりし  家具を動かしたり、置きかえたりし  状態にし  山の深いし  そこから谷を見おろす、ひろびろとし  知らないが、なにかゴタゴタし  日比谷でお会いし  端に掛けて、むっとし  手枕をし  親子、どうかし  面差をし  コナゴナにし  秋川ったら、振り返って見ようともし  ショボンとし  注意してやりたかったが、そうし  叔母さまにお逢いし  熱海ホテルなどにあらわれるとは、考えられもし  ゆっくりお話をし  熱中したりし  グッショリとぬれているので、どうし  身投げでもし  仲間づきあいをし  愛一郎が、あんなにまでお慕いし  お嬢さんでもいらし  いちど、お逢いし  おしまいになるにし  ひとりにし  落着きなくウロウロし  キリキリ舞いをし  なすにしても、すこしは、やさしくし  夕食もし  いるか、どうし  誤解というにし  あたしに、どうし  ように、し  ぶんのし  話まで、し  通信員がウロウロし  新兵器の売込みをし  調査をしたりし  つけっぱなしにし  ようだけど、どうし  型でいこうとし  愛一郎は、はねかえそうともし  海光りし  なかが、はっきりし  ところから立ちあがろうとし  警察が、どうし  中村に突っかけて、轢き殺そうとし  ことを、し  バイトをし  ように見えたり隠れたりし  うちに、そうし  主人が消そうとし  身ぎれいにし  コッソリと逃げだそうとし  ノックをし  クリッとし  のんきにブラブラし  ダンナサマにし  これは、たれにし  もっと、しっかりし  タヌキをつかったりし  それを隠そうともし  ちがいはし  私を轢き殺そうとし  幹で、おしつぶそうとし  川のおもてが、ひどく広々し  副長付をし  からなんで、そうでもし  もっとも、そうでもし  べつにし  見かけよりは、しっかりし  ように話してくれなくちゃ、わかりゃし  山岸さんも、どうかし  そば目だてし  あなたが、そうし  いやだ、どうし  ぶんのしたいようにし  意地っぱりだから、すこし困らし  裏打がし  代襲相続をし  つの秘書兼通訳をし  仕事しようとし  由良は、びくっとし  日本にとっておきたいと、たれにし  由良が、むっとし  ブラリとし  十分ぐらいにし  鉱山歩きばかりし  アメリカにいらし  仮装でもし  みな二重生活をし  相手がおとなしくし  ラッシュで、えらいさわぎをし  酒を飲んで踊ったりし  遺産法では、どうし  相続なんかし  ほうは、すっかり照れて、赤くなったり青くなったりし  ほうへ行こうとし  シヅは、はっとし  ドアをあけたりし  このごろ、ゴタゴタし  眼を伏せて、おどおどし  あなたがいたって、どうにもなりはし  横浜へ戻って来たので、ビクビクし  そぶりをし  理想にし  腹をたてたりし  サト子にし  ことにでも、きっぱりとし  それだって恐れはし  ものを、ひけらかしたって、どうにもなりはし  見当ちがいし  あなたも、すこし、どうかし  申立をし  連中が、出たりはいったりし  いままで黙りこんでいた、ずんぐりし  かき商売をし  アセテートの売込みをし  サト子さんとし  真鍮玉ひとつころげだしはし  あたしにし  契約にし  ウヤムヤにし  話を外らしたりし  訴訟までし  カオルは、うっとりとし  元気、どうし  顔、し  専属にし  あなた、どうかし  ものだと、そう思い思いし  後さがりばかりし  ぐあいで、どうし  汗だらけにし  お稽古をし  パアッとし  偽証までし  愛一郎さんには、お会いし  いちど、お伺いし  夫婦別れをし  生活を切りかえるにし  技術協定をし  東京を振出しにし  ショウにし  納得もし  意味じゃないけど、読めもし  長椅子から立って、へどもどし  だんまりで逃げだしちまったりし  話が聞けるので、たのしみにし  このごろ、よくお逢いし  待伏せをし  サインをし  サト子はぎょっとし  念をおしながら、ほっそりとし  お孫さんにお会いし  歓迎会をやったりし  ふうで、ハラハラし  邪魔はし  神月は、むっとし  君にし  まり貧乏にし  マニキュアをし  まま返事をし  気がねをしたり、恐れたりし  神月君を庇いだてし  顔に、ほっとし  秋川は立って行ったが、しばらくし  人声のし  車体はフワリともし  問題でゴタゴタし  一週間、借切りにし  造庭をし  まりすごいので、おろおろし  あふれる森閑とし  躾はし  ガラス壁にし  あなたがどうし  どこかはっきりし  通いになるにし  花のように生々とし  雇員にし  日本人として、どうし  日本人離れがし  のは、相当、しっかりし  商売替えし  日本人は、どうし  火を出したりし  サト子さん、お借りし  謹慎をし  地名にし  つぎはし  くらはし  国語化してし  言へるにし  ┘かうし  正語序とし  期間に、かうし  準備をしておかうとし  幼巫を以てし  禍から守らうとし  一つ、し  外にも、し  中に、ぽつんとし  正語序にも、かうし  内々自慢にし  テエマにし  だてかたはし  原稿を集めさせ、そうし  校正をし  こんど川端さんにお逢いし  大学へはいったとし  懸念しようとはし  喫茶店をまわって歩いたりし  何だかもじもじし  兄は、はっきりし  私をかつごうとし  頼信紙に書きし  初恋を楽しんだりし  置場などまでし  綴ぢつけなどし  暖かにし  笑はせなどし  思違へし  ら声がし  中で繰りかへし  讃美されなかったら、どうし  気遣はし  かなしみに堪へないで黙って引かへし  涙をふいたりし  一日学校に見えなかったりし  無頓着なあっさりし  足音をし  真面目なむっとし  一冊借し  真面目らしいむっとし  排撃せんとし  横山城を救わんとし  辞退に及ばずし  稲葉悦ばずし  盲大将にし  敵は思ひよらずし  暫時かくまはれて居たりし  諫止せんとし  覚後をし  噂などし  先陣とし  川を渡って退かんとし  余り苦心をし  うちに斬らんとし  先陣にするかし  柱石と頼みし  兵、逐わんとし  信長にし  コンナ予告をし  コンナ話をし  いつ始まるかハッキリし  繃帯にし  小型にし  理屈なしに親しくし  負傷はし  後退さし  姓名を読んだりし  戦況であるにし  駅まで送ったりし  周囲に折れたり引裂かれたりし  仲間を抱き上げようとし  射撃したりし  突出したりし  正義を滅ぼそうとし  うちに忘れもし  発射さし  ケンメリヒ中尉と、ホッとし  今度はハッキリし  引取らして休まし  虚無的にし  道徳にし  皆、そうし  下弦の月こそは、そうし  悪戯がし  一匹は、どうし  浜田、どうし  ゴロ寝をし  手袋をはき、まるまるとし  親爺やおふくろがくたばってやし  感じを深くし  間が抜けた、のんびりし  火蓋を切ろうとし  ようにとび出し  ビンから喇叭のみにし  配当をし  ほかへ持って行こうとし  上に凍ろうとし  クンクンならし  見分けがつかなくなったりし  實物からし  繍をし  つた方法にばかりよらずし  リンズとし  朝から不愉快そうにし  何であるか考えてみようとし  不思議がったりし  鳴き交したりし  女は、ほっとし  砂に隠れていたりし  夢ったら、ありゃあし  必要にどきりとし  口上でござんし  昼寝して、ほっとし  お久美は、はっとし  抵抗して起ち上ろうとし  引き気味にし  お久美は、じっとし  それさえはっきりし  印象をいっそう深くし  晴ればれとしっかりし  眼に痛いほど強く光っていたりし  挨拶したり、ちやほやされたりし  壁に掛ったり、ひろげられたり、つみ上げられたりし  びっくりして支えようとし  勝川豊春とし  けがはっきりし  手擦れがし  お久美は、にっこりし  女中頭をし  渚を歩いたりし  こと、じっとそうし  何かつけたそうとし  金博士にし  博士自製のこまごまし  出帆しようとし  突ばし  トランクを持とうとし  速力が殖えるなんて、どうし  から説明をし  尤もらしくし  強談判をし  猫がとび出し  ゆっくりひと寝入りし  缶詰にし  知性を押し潰そうとし  克服しようとし  久しぶりにゆっくりとし  ように楽々し  胸がすうっとし  こんどはややしっかりし  先生にお縋りし  面瘻れし  者とはどうし  犯行がこうはっきりし  瞑目やや久しゅうし  足も出ない、どうし  がくしにし  のをほじくりもし  あなたを踏みつけにし  相続人にし  ものと見えて、何とかし  地位にまで据えたりし  気が鎮まるとけろりとし  愛子をあやしたり、抱いたりし  のが辛く、何とかし  顔に見えたりし  口尻を捻り上げて泣かせたりし  顔をぱっと赤くし  愛子さんをどうし  手足をちぎろうとし  それを漏らしもし  先生まで欺こうとし  告白をし  事にもなりますし、ああ、どうし  腹巻をし  廃刀令も出たりし  経験を生かそうとし  おもちゃ描きし  絵本があったりし  遠慮して言い出せずもじもじし  夫婦ものんびりとし  絵をくれたりし  前で泣かんばかりにし  機とし  ように考えられるとし  一歩とし  結果とし  罵倒をし  非プロレタリア的作品とし  自己批判しないとし  小市民的日和見的見解とし  何も、そんなに迄し  井伏さんにし  戯書をし  厳い顔をし  それをきこうとはし  葉子が忘れようとし  絵を画いたりし  むだ話をしたりし  縷々とし  はいつたんだらうと思ひ思ひし  悠然とし  へまはし  短篇にし  問題をし  メシヤを見はし  代りに続々とし  澎湃とし  散々話をし  金物をし  人に惚れでもし  本位にし  何つて返事をし  二階を揺ぶつてし  枕元を離れようとし  周囲に生き生きし  彼はいるだろう、どうかし  人並みに高く、やせてひょろりとし  顔を赤らめて、もじもじし  席に導こうとし  中で抱き合わんばかりにし  せんたくをし  気温を測ったりし  分析しようとし  子供がうようよし  渋面をし  かわいい目をし  オルガンの低いうなりが響いたり消えたりし  欄にもたれてひざまずいてじっとし  張り札がし  二人立ち話をし  らく書きがし  一同をながめまはし  さもしい気がし  やつとし  思つても、し  だんだん馴れ馴れしくし  ブリツヂばかりし  お話がし  大隈さんは、しつかりし  こと云つたつて、し  てゐたらどうし  一番苦にし  友達はどうし  共鳴をし  話をいろいろし  勤行をし  自覚を起さし  事情が最もハッキリし  ことが判って、淋しがったり苦しがったりし  自ら自殺をし  やつてきたが、ぞろりとし  数へるほどもありはし  葬式にでつくはし  ものをすりまはし  旅人はうんざりし  娘を孕まし  清水を満し  ぢれる思ひがし  つて怪我をさせたらどうし  耳をかさうともし  綱がカッとし  血まみれにし  言葉を失ひ、あとじさりし  人物がどうし  一歩もひかうとし  羽掻ひじめにし  翌日はけろりとし  玲瓏とし  生命を断たれようとし  首を掴んで引き戻そうとし  髪を掴んで引き伏せようとし  言葉を伝えようとし  一戦にし  装いを凝し  死体を抱き上げようとし  卑弥呼を抱き寄せようとし  頭を蹴散し  剣を抜いて飛び出ようとし  中へ飛び込もうとし  ひとり微笑を洩し  そこから動こうともし  中に消えようとし  肩へ廻そうとし  卑弥呼を目がけて飛びかかろうとし  中へ消えようとし  胸へ飛びかかろうとし  方へ飛びかかろうとし  酒盃に満し  攻伐し  部屋へ行こうとし  剣を握って立ち上ろうとし  音が一度し  胸を抱こうとし  宮では、着々とし  殆ど手を触れようともし  言葉を交えようとし  それさえも飲もうとはし  羅をし  圧伏さし  蜒々とし  後から対岸に向って押し寄せようとし  二団をし  方へ歩もうとし  羅はなおも起き上ろうとし  嘘吐きにし  これは、ようこそいらっし  処から投身しようとし  のだが、ふり向いてくれようともし  何ひとつ教えてくれようともし  小舟が行ったり来たりし  少年をどうし  食べ物を食ってしまったので、もう帰れなくなって、こうし  おまえたちの泊ろうとし  みやげとし  みやげにし  話だけでも、こうして物語りし  供物をし  幽霊がうようよし  それをとって投げとって投げし  いつまでも長生きをし  下にくぐらし  全貌を露し  独特にゆったりとし  えりをうち、暫くし  クルクル刈りにし  弁当をお入れし  敢て教えて下さいと云おうともし  女優なんてし  しまやし  エラーをし  変に疑ったりし  五分間ほどし  それから一分ほどし  ゆっくりわざとぐずぐずし  オールバックにし  捕手をし  関係までし  地肌を見ながら、しんみりとし  のよ、でもこんなにくさくさし  あたりをぎゅっと抱きしめようとし  みさちゃん今日はどうかし  ゅっと接吻をし  もとめもし  わからんようにし  ファンにし  子ったらありゃし  その後手紙をよこしたり、たずねてきたりし  村井さんにし  狸寝入りをし  中にぐずぐずし  もんですから、急いで、出てゆこうとし  姉妹みたいにし  秘密でもあったりし  みさちゃんにし  わたしは思わず、ぎょっとし  一罐買ふにし  ものだなと考へたりし  きり、やはり漠然とし  考へし  目はおどおどし  嚏をし  交換手もどうし  そちらへ歩き出さうとし  何処へどうし  加へなどもし  なつたらにし  畑をほじくりかへし  一日中、ほじくつたり、もぐつたりし  とりのお母さんは、がつかりし  水あそびがし  あかんべをし  いじわるをし  前をむいたりし  ぷくんとおこつたやうな顔をし  存在がはっきりし  羽色をし  ちょっと逆立ちをし  健かにし  虻さん虻さん、どうし  方へ追いやろうとし  さまにして打ちふったりし  一いき水を吹いてみますと、どうし  いつまでも本当にし  うたたねをし  チエ子さんを捕まえようとし  露出されようとし  ヒンヤリとし  一わたり雑談をし  嗽いし  嫋々とし  二三度瞬きをし  刺青をし  虫酸の走る、じっとし  さっき横臥場へいらし  一生懸命額を冷してやったりし  一人、どうし  やつ、どうし  君は期せずし  毒虫にむしばみつくされようとし  ばにし  胸がギクリとし  罪だとし  顔見合せて共に同じよろこびをし  鳥はつむがず耕さずし  脱線したりし  我やすらかにし  地にあまねくし  天職とし  ザアカイをし  親不幸をし  お話ばかりし  先生に持って行ってはお見せし  まことにし  昨日はし  穴のあったりし  朝からあゝし  内心びくりとし  なに難かし  転びはし  人とぶっつかりはし  目がはっきりし  痛はし  何うしてもしっかりし  時は、こんなにし  為にかうし  それでかうし  言葉をおきかせし  のを快くお受けし  雨貯金をし  なかにきりっとし  捷路などし  谷底へ落っこちたりし  のも、白いなよなよとし  のまで、はっきりし  グルグルまきにし  一緒におどって呉れはし  コーヤッてじっとし  国につれて行って呉れはし  前おきし  中頃までし  涙をこぼしたりさせたりし  事だけはし  もちっと大きくし  ポッテリとし  から妙なかくしだてなんかし  宿題をし  中家中にひっこしひっこしし  いやにむしむしし  三つ組にし  つきをし  本をよんだりし  丸木ばし  事は出来てもし  言づけし  ナヨナヨとし  業をにやしたりし  首を入れようとし  私一寸し  むきにし  びんから小分をし  中から書ぬきをし  書きなどし  一つもありゃし  はり紙をし  妙にピョンピョンし  チョキンとし  からそれをし  ひっぱりだこをし  うたを書きぬいたりし  のんきな、さっぱりし  母はニヤニヤし  改良もし  進歩もし  心をおこさせたりし  必してし  むしゃむしゃするのとでわけもなくむずかしい顔をし  何なりにし  こしょうを云いながらぐずぐずし  わけもないじめじめし  頃はどうし  まわりに近よったり近づかなくなったりし  期待をし  それをはきはきし  体をはすにし  便にし  戦法にし  不便を嘗めたりし  ドイツ軍にし  考えを一層深くし  兵に、いかにし  正月中頃から起草を始めようとし  目的を達せずし  総裁官とし  宿にし  日米戦争とし  根本を異にし  結果、何とかし  観念的力をもってし  世界人類をし  行動なくし  従とし  西洋をし  協力を思い出させようとし  的となったりし  不利を補わんとし  国民皆兵に還らずし  むる事は云うべくし  妨害をし  めにも給養は良くし  倉庫を奪い、戦わずし  一撃を与えんとし  大王をし  戦意旺盛にし  万事終れりとし  冬営せんとし  驍将ラウドンをし  危急を救わんとし  圧迫せんとし  ダウンをし  一撃を加えんとし  コールベルクを陥し  敵軍に在らずし  行動しようとし  むる事とし  一七九六年三月二日弱冠二十六歳にし  部署をし  一拠点を失ったに過ぎないとし  仏軍にし  英国侵入計画は着々とし  自然会戦前兵力集結主義とし  創設せんとし  モルトケをし  事等をし  通過せんとし  煩悶をし  作戦に転じようとし  状態を異にし  軍事上の革命を生ぜんとし  事情を異にし  戦艦献納運動がはじまつたら、どうし  ほんとだとし  みんな水兵にし  まつたくさうでもし  軍事研究家も、そうし  なつて互にだましたりだまされたりし  何もいいはし  眼を持つていたとし  ものがなかつたとし  差はあるにし  問題ではなく、もつとさし  何事でもし  許しはし  材料は何一つありはし  数十倍数百倍にし  殺人がおこなわれ、ハッキリし  野村は考へたりし  まり長持ちもし  人々が押しあひへし  破壊されるといふハッキリし  ひじめにし  女を突き放したり、ころがしたり、抱きすくめたりし  救ひをもとめようとし  何事かと訊きかへし  女にしてくれようとし  女はしばらくし  文学とし  抵抗をし  場面につき出ようとし  物も読んだし  一番はっきりし  事は沢山あるがゆったりし  電気をかけられたりし  三百枚にし  歯はまださっぱりし  位無理をしたってし  事を考えるとうっかりし  読書を、よほどし  影弁慶をし  何だかはっきりし  頭のはっきりし  丹精して書きあげたら又どうにかし  何だか頭が重いのでそわそわし  鼻汁がつまるやらし  事をどうかし  事から書いて見たいどうぞし  東京をし  都合を御伺いし  声を荒くし  質とし  強味とし  監禁したりし  渡世とし  行儀を良くし  御座をしつらえ、それにお乗せし  輦所とし  皇后をお乗せし  屋外へほうりだしたりし  印材とし  声さえし  餅とし  汁としたりし  眼ざしをし  土を舐めながら、どんよりし  規律を厳にし  兵をやろうとし  都とし  渺々とし  飽慾をし  しとどにし  上策とし  馬を駆って、躍り出し  青龍刀を舞わし  まったり腰にたかったりして止めようとし  目の敵にし  人を入れたりなどし  下げもし  ニコともし  母上はどうし  刎ね落そうとし  価を払わずし  先手とし  招きに応じようとし  隆盛にし  山野を狩りし  業を継ごうとし  日々安閑とし  黒面に、太くし  黄にし  手討ちにし  時をはずしてどうし  太史慈はひやりとし  人となりは、かねて聞いていたが、聞きし  意志が、期せずし  短剣を抜き取って、突き伏せようとし  釣りこまれたりなどし  葬儀が営まれるであろうと、ささやき合ったりし  下知するとし  手薄にし  老母は、ただおろおろし  孝養をし  第一義とし  突破しようとし  さを甘く見て、し  君は、こうし  山野にかくれたりし  侵略に当ろうとし  ことは、何一つし  山にかかると、ほっとし  土を高くし  計をし  十倍にもし  沙汰もし  心があったらどうし  紀霊を、殺そうとし  しり眼に見合って、毅然と構えながらももじもじし  所はありはし  向背も、はっきりし  親睦を篤うし  雄鶏も羽ばたきし  呂布はほっとし  なにをいおうとし  通例どおりにし  一書をし  称を冒さんとし  めは、どうし  太守面をし  馬背にし  いつのまにか暮れんとし  兵を引こうとし  邪魔者となりはし  まりお口にし  悪来とも呼ばれたりし  ため、見廻りし  岸へあがろうとし  心を奪われたりなどし  讒言をし  掠奪をし  さんとし  瞑目久しゅうし  心を傷ましはし  結果を得るとは限らず、往々にし  仲違ひをしたとし  ことはなんとし  仲直りなどはし  ためとあれば、し  てゐながら、なかなかやらうとし  要求されるとし  素朴で荒々しく、かつ伸び伸びとし  雄渾にし  心構へとし  要素とし  平生何をし  さうだとし  間柄にし  向ふところを、し  小出しにし  気にはし  味気ない、かさかさし  世間離れのし  日本人としてのしつかりし  厄介かといふと、往々にし  感服はし  被告人にし  罪はないにし  精神とし  やうで、しつくりし  民主主義はいかんと騒いでみたりし  公然口にし  その他とし  刷新が着々進められようとし  ことは、なんとし  日本人をし  戦闘をし  殺し合いをし  兵卒を酔わし  そこを奪いかえそうとし  目深にし  存在としての、しっかりし  きょうから追おうとし  女たちではあるまいとし  介入しようとし  努力をつづけようとし  確固とし  理性をし  放棄してしまったとし  戦争にひきこまれて行くとし  復活させようとし  犯罪をおかそうとし  ことまではじめられようとし  偉大さにし  リアリズムにし  使用するかし  部屋にポツンとし  白い雪にし  私共を育てようとし  前に、どうせおよりし  梯子乗りをし  火の番をし  背を丸くし  気だけがし  それ等について種々御話しをし  往生には賢き思ひを見せずし  気がしてし  熱情がムズムズし  説明をきこうとしたが、どうにかし  電話をかけてどうし  もさがし  もう少し早くし  かえることにし  のは、堂々とし  急で、少しぬかるので一寸し  苦しみのないらくらくとし  発表はし  陰鬱になって居たどうし  給仕なんかをし  私はあんまり出たくないでブラブラし  髪などを結ってしまうと、すっかりさっぱりし  帯なんかをしめて、とにかく小ざっぱりとし  からかながし  ことをせわしくし  ガールがし  今学期になってし  夜英語をし  光景を見まいとし  苦痛を感じなければ、し  ものをたべたりし  ときなどでもちょいとし  友達面をし  今日自分はどうかし  ものもよめず、書けもし  放牧にし  人を人間らしくし  一年間ひいたり、たしたり、し  時代を少しずつ住み良くし  三年にし  安易にし  タテマエにし  其を知ろうともし  神性を何故認めようとは、し  諸君に訴えて、そうし  服装からし  姉さん被りにし  においが、ぷんぷんし  二三十円も、し  五十銭ずつにし  豊作を迎えようとし  心配をお掛けし  明白であるのに、尚ぐずぐずし  名士扱いにし  袴をはいて、きちんとし  口を引き締め、そうし  皆に、はっきりし  皆に、はきはきし  尻はしょりし  友人にし  精神的共同なくし  仲間無くし  芝生なくし  仲間なくし  追随させようとし  役割をもったとし  抹殺しようとし  どころを語ろうとし  作者が告げようとし  職とし  これを担ぎ上げたりし  範囲を異にし  復活したりし  意義よりし  丸移しにし  エタに舁かし  素振りは見せずし  研究者をし  御国自慢をまでもし  口よりし  尊からし  議員をし  事を案じて、どうし  友情をしきりに裂こうとし  気合がし  寂寥も感じずに居られるとし  事を云いはし  ようとはし  excuseで沢山し  素朴な、こっくりとし  攻めはし  失敗を繰返そうとし  飛躍しようとし  さを察して下さいと叫びながらし  風を引いたりし  落付こうとし  のでしょう、チカチカし  オバーメジュアする、し  母は愛そうとし  時が来るだろう、と云ってじっとし  代にし  総てをし  家さがし  二三度けいれんをし  何かひどくハッとし  奮励する、し  男子もそうし  女主人公にし  征服しようとし  swimmingをし  仲間入りがし  免職にし  月を眺めたりし  眼を凝し  自ら受け渡しをし  変だな、どうし  時に、忽ち引つ返さうとし  リとし  奇妙にソワソワとし  心構へをし  乗りはし  背をし  銀象嵌をし  聴くやうにし  色事をするにし  づした真似をし  失つた真似をし  懇にし  ユリアもびつくりし  わたしはし  二人共長生をし  肩へまはし  きよろりとし  一驚を吃し  仮面をかぶらせたりし  鼻毛をぬいたりし  それが、飛んだり跳ねたりし  軽業をし  何にでも持っている、漠然とし  中から外へ、転じようとし  中から、忽然とし  彼は、いささか、ぎょっとし  乞丐をし  間を狭くし  仙にし  楽むべし  女中があったとし  上手に描いたとし  技法が沁み込んだとし  ものを描かし  年期奉公をし  結果生き生きとし  結果、生き生きとし  好人物揃いであったとし  標語とし  代用はし  パノラマ館とし  極端が往々にし  事はあまりし  永続きのし  前方へのび出したりし  紛失させたとし  写実をし  絵について、かなりしっかりとし  通り平凡にし  整頓だけはし  軍艦へ乗り込んだとし  連続はし  運命をさえ、持っていはし  十字架となりつつありはし  壮大にし  下敷にし  下敷から躍り出し  下敷から這出し  明敏にし  画家をし  域へまで立ち帰ろうとし  上に取り入れられたりし  現代にまで漕ぎつけようとし  変動もなかったとし  日本人は求めずし  浅はかにし  処の求めずし  説明がし  貪慾にし  画室制作にまで立ち戻ろうとし  何かじめじめとし  技法にし  平気ですましていたりし  画室に籠ったとし  せっかちにし  不景気にし  関係もなく頼まれもし  大作であったりし  しかし、どうし  土産とし  ペンキのごとくし  まり度々裏返えし  云って造らせたりし  少数にし  高等にし  幾人にし  何だか下等にし  近代的にし  絵描きがあったとし  皆ヴァレンチーノとし  大胆さを示したとし  月末が来た、困った、何とかし  随筆を頼まれたりし  まりお喋りをし  文章を書いたりし  病身にし  混とんとし  漫歩したとし  売れもし  新進作家にし  画家が押し寄せたとし  二科にし  怠業をし  行動を起したりはし  億劫にし  足にし  立体的にし  平坦にし  感じだけはし  安定にし  戦争文学にし  裾に感じて立ち上がって踊り出したりし  紙屋をし  世話はし  違い過ぎはし  下宿させたとし  ぼんやり腕組みをし  栄耀栄華をし  命はありゃし  医者夫婦はどうし  ちがいがありはし  諷刺にし  結構を異にし  事を知らずし  対手とし  一種にし  非にし  対手なくし  妖魔とし  不自然にし  素面にし  一蹶し  つて読みし  罐詰にし  ちゃんと保証をし  のは、いったいどうし  空気をぱっと明るくし  代用臓器は、軽くなりもし  小型になりもし  今のは、どうし  命令ですから、ああし  往っていたが、突如とし  因縁話をし  事実がはっきりし  踏み出しをし  森にし  樹立にし  一先づ片付いたかし  事は無いにし  赤にごりし  監督にし  教化をし  土地に奥深く入り込まうとし  はり道をし  走りよらうとし  気後れがし  担架に乗つたりし  調査しようとし  仕事とし  交易にし  言つてごまかさうとし  うつたりし  石を投げつけたりし  一二人殺したりし  ぼんやりしてゐましたけれども、し  のであり、し  リヴィングストーンはどうし  補ふとし  うちに別れようとし  握手したり、抱きついたりし  雇つて先導とし  道程を調べたりし  死体を受取らうとし  徳をし  秘密をあばかうとし  力を尽さうとし  酔がさめると、けろりとし  歌をうたつたり、とんだりはねたりし  身体をなでまはし  いくらおとなしくし  それが、し  夕飯がどうかし  私のをし  人によませようとし  朝一寸仕事をし  外もよくし  小説では決してし  朝どうし  精神が、再び生き生きとし  四十二、何とかし  中を抜けて行こうとし  一人、すらりとし  一人中心にし  同情もし  感情でつきつめるなり、し  忠実であろうとし  綿入れをし  二度も死のうとし  賃仕事でもし  九日間にし  にぎやかにし  網をかぶせて見たりし  あとでぼーっとなりはし  箱のしまつをし  神経質になり、せかせかし  反省すぎはし  自覚したとし  のかもしれないと云う漠然とし  毛糸細工をしたりし  可愛い丸々とし  障子がぱっとし  大工仕事をし  第一歩を出したとし  夕方三十分程うとうととし  内部から支那研究をし  落付かず、出たり入ったりし  此選択をし  サラサラとこそし  自分をいそがしくし  交渉に入りはし  せわをし  彼女が、かさかさし  芸術的要求を満し  結婚こそし  さきがけをしたなりをし  急にふらふらとし  行き倒れになったりし  途に上ろうとし  抜駈けをし  失錯をし  長十郎がし  酒がし  暇乞いをし  家はひっそりとし  武士はいざというときには飽食はし  願いをし  恩知らずとし  門司源兵衛がし  鎌田源太夫がし  村上市右衛門がし  毒味をし  ころ出家しようとし  河喜多八助がし  衛門がし  庭方にし  助がし  吉村嘉右衛門がし  栄耀をし  菩提所にし  握り飯を食おうとはし  重りにし  手を借してやったりし  翌日からじめじめとし  噂じゃというから、おぬし  なかったおれの子じゃというて、おぬし  めったにし  みはしても妬みはし  焼香をし  不肖にし  納れて、し  別に御沙汰がないにし  指揮役をし  一家と心安くし  広言をし  心痛をし  年来懇意にし  ふだん優しくし  物争いをし  城を乗り取ろうとし  林殿にし  元服をし  自分に限ってし  殉死するという、はっきりし  女の子を抱いてうろうろし  男結びにし  番頭にし  それがしばらくし  切腹しようとし  今はひっそりとし  胸板をし  方へ引こうとし  歯咬みをし  水落をし  手伝いばかりし  紐を締め直そうとし  湯治がし  今はあんなにし  エロ本にし  妾などもし  いつごろから恋をし  恋ができるなら、し  定さんはこう附けたし  方向に働かずし  土地から洩れて来るにし  花汁を借り、熬錬し  から、熬し  膏血をし  根よりし  郁にし  賈は更に尋ねようとし  密輸入をし  陰惨とし  少年が、往々にし  時ばかりは、忽然とし  支那人生活をし  戦争以来耳にし  鎮江を略せんとし  話をしようとはし  張り紙をし  衫を着け、そうし  籤引きをし  圧殺されようとし  一えぐりし  男装をしたりし  だいなしにし  婿になろうとし  室を出て帰ろうとし  返事もしなければ見向きもし  後ろから推したりし  しろ、どうし  魂を招かし  者はそれでも是非招かし  たちくらみがし  ようであったが、暫くし  履を探しに往かし  宝と誓いをし  母親に話さし  ことは見向きもし  眠りもし  急に救けてよみがえらし  死骸を葬ろうとし  部曹にし  あなたに悪いことをし  栽培をしたりし  画に描いたりし  ものを、ああし  鳥がじっとし  急にじっとし  鳥が羽ばたきをし  午食をし  手紙の取遣をし  日なたぼつこりをし  琥珀色をし  其時はどうもしはし  口を見たりし  暇乞をしようと思ふと、どうし  口を幅広くし  わたしはぎくりとし  いつまでもキスをし  てゐて、し  からキスをし  巻煎餅をし  モルトンをし  蓋を開けたり閉めたりし  研究されずし  邦語を以てし  良民になったりし  賤民扱いはし  平民と同じくし  本とし  世に知られずし  農業を営まずし  本職とし  人形舞わし  贈答をし  人身にし  人形を舞わし  傀儡子が、往々にし  名を異にし  占をし  出で立ちをし  野臥山臥をし  因縁を求めたりし  花売をし  名が忘れられたりし  当時穢れとし  行為となし、捕えたり飼ったりし  悪事とし  檀家にし  詫言をし  エツタ交りし  農家にし  これを顧みずし  ことを潔しとせずし  エタ頭とし  瓢叩きといわずし  皮衣とし  名称を異にし  無学文盲にし  従事したりし  本寺に断らずし  娼妓になったりし  機会を得ずし  由来を解せずし  異民族なりとし  説明せんとし  住民素樸にし  四十万戸とし  人口のみが甚だしく殖えたとし  体質とに、生れながらにし  強健にし  お前等ァし  父親はけろっとし  百姓をし  今日から明日中にし  數へちがひをし  氣持ちをかるくし  用ひようとし  身を丸くし  病人に服させようとし  耐忍をし  四郎天成発明にし  所謂麒麟児にし  別に怒りもし  棒は倒れも撓りもし  復声がし  落胆りし  橙果色をし  娘が出て来ましたが細りとし  彼奴をし  白痴にし  運命と終始し  上陸させようとし  甲高にし  一人ではし  誰も本当にし  サービスまでし  のだと、あきらめたりし  手を休めて見送るのんびりし  追善供養をし  鬼理志丹とし  国立公園にするとかし  直接話はし  値がし  塩をし  その後十年にし  作用線が出るとし  糊付けをし  測定をし  相当数ありはし  人たちはどうし  うちに突如とし  援助をし  声明をし  命名したりし  書きかたをし  給歟、たうとし  尼御前にいはれようとし  腹を切らうとし  繪にし  本意とし  衣食が足らなければならぬを悟らし  煩す事にし  から大事にし  縁組をし  土佐屋敷へ走り込まんとし  シツかりし  家内同様にし  仲直りはし  事が起るかも知れず、どうし  片付をし  相違にし  全体どうし  あなたやられはし  つて大そう大事にし  色を青くし  一晩歌会をし  三十年間如何にし  問ふたり聞ひたりし  ソツチのけにし  酒場喧嘩をし  から家来にし  ソンナ真似をし  私悪いことをし  云つて溜息をし  から餞別をし  ソレから色々し  一生墓守をし  行つて墓守りがし  一歩深入し  典故も知らずし  如何はし  一筆にし  全然同一にし  大形にし  文書にあらずし  胡麻化せるにし  僞作にし  標題と極似し  事實も知らずし  二個打つたりし  所で、かうし  本妻にし  云つて親切にし  さん付けにし  駕籠を見ようとし  先供をし  身をかわそうとし  頭を抱えて逃げようとし  左斜にし  と金を絞らし  費用にし  所置をし  睦じそうにし  女を迎えようとし  手を延べて執ろうとし  窓へ掻きあがろうとし  上にあがって執ろうとし  所置にし  光を見て、どうし  開口を広くし  話声はし  書生が来るし  たか、どうもはっきりし  捨売にし  県会議員でもし  急ぎはし  院長をし  音でもしはし  婢を呼んで、訊こうとし  手を出させたりし  間を疑わせたりし  大手術をし  から犠牲にし  長生をし  人間は云いたいだけ云わし  生死不明にし  塊りにし  大石軍曹は何とのうそわそわし  大石、し  友を求めて組みし合い、抱き合うばかりにし  気違いであったなら、随分し  蒲団を被ろうとし  看護婦が、どうし  聨隊に着し  僕等は暫くし  ラツパに躓いてよろめいたりし  意見を異にし  完うしようとし  彼等にし  塔を昇り降りし  幸ひとはし  恰好を示したりし  花瓶が運ばれたりし  仮装を凝し  町まで、細々し  薄黄色くポカポカし  離婚迄し  常態だとし  すき間を満し  乍ら、青々とし  承認させようとし  景色もつまらなく見え、どうにかし  揚句、見すてはし  冷淡にし  作品を書き得るとし  じゃんけんはし  お菓子をはっとし  ボラブルにはし  一切ぬきにし  泣きでもし  調和に向い、し  和から差引きをし  善行をし  辛棒がし  悦びとし  気は更にし  絶対服従をし  頭を暗くし  物を取りためると、出て行こうとし  角からめ捕りはし  食いはし  不思議に、がつがつし  ものが満されず、従って、溌溂とし  ペルシア行にし  10にし  夕食後にし  愛を感じて居るとし  ことですて得るとし  母を悦ばせはし  自分が嘗てし  二人でさっぱりし  頭がし  道を見出そうとし  自殺でもしてしまいはし  此だけし  瀕死にし  電車を間違えたりし  頭まで犯しはし  練習をしたりし  折角楽しみにし  いやにうるさがりはし  三四時間仕事をし  寄附もし  金がほしくてし  繰出すようにし  圧死をし  居合わせはし  証拠をかくそうとし  大漁をし  中へ過ぎ去らし  私に作らし  ものはめつたにし  気の毒ながら何とかし  健脚は、どうかし  胸まで悪くし  センチメンタリズムに陥つたりし  日記についていへば、淡々とし  予想せずし  自己についてのみ語らうとし  交互作用について述べようとし  心にもとづかないにし  遺言をし  心気爽かにし  余四十一にし  馬鹿扱ひにし  嚮導を求めし  雨具とし  利器を持たずし  今一人と求めし  家は見えずし  何となく可愛らしくし  平原にし  急湍を以てせずし  水は浅くし  連続にし  流紋岩にし  音なくし  径なくし  門戸にし  平流なりし  数町ばかり行きし  砂石にし  清麗にし  他所事と思いし  褌は新しくし  褌は古くし  山に登るに急げば、苦しくし  ちょっと立ち留まるだけにし  持久力を失わずし  嘉助氏石を取りのけし  三時半目を開きし  木にとまらずし  水量多くし  直下せずし  日数を費したりし  筆を舞わし  卜者に見てもらいし  此方でもし  身繕ひをし  赤銅色をし  めいつた風をし  云つて見ようともし  わたしがかうし  良人はどうし  春病気をし  背に負ぶさつたりし  母親らしくし  度い、確りし  老人にし  撰をしようとし  水を汲んだりし  力業をし  いつかナワ飛びもし  風邪を引いたりし  後屈したりし  ため体操をし  朝夕体操もし  地蔵起しにし  秋もありはし  旗がヒラヒラし  どこやらいきいきし  プロレタリアはどうし  模様を書き、何とかし  きり上げてこられると、なんというのんびりし  対立がはっきりし  肩にかけようとし  腕力は如何し  根をし  僕は、どきりとし  決心したりし  婆ア、し  つて構やし  顔をかくさうとし  真黒けになったりし  姙娠しているにし  気がつき、ほっとし  日を繰ってみて、ひやっとし  彼はほっとし  助言をし  長考をし  君はし  静脈を太く浮び上らし  眼がぎらぎらし  二円と金を借りたりし  少年だとわかると、ほっとし  皆に思いこませようとし  ここでおどおどし  ッとしてずいぶんいそいそし  いやによそよそしくし  豹一がびくびくし  紀代子が拒みもし  豹一はうっとりともし  庶務課長のじろりとし  神妙にいろいろ受け応えし  接吻はし  端を引っぱり、ひっぱりし  三月ほどし  子供を生んだりし  それで終れりとし  性をどうし  非常にはっきりし  握手はし  建設時代に入って居るはっきりし  雨にし  睦言を取りかはし  力を入れて踏み出したが、どうし  後戻りしようとし  見張りはきびしいぞし  諾々とし  贅六らしくだらし  忍びわらいし  馬鹿者あつかいにし  嗽をし  身の丈を長くし  杯をかちあわし  胴あげにし  がらがらとし  真似さえし  もの惜しみし  古橋君はあっさりし  その後、しばらくし  ひとめ見て、何となしはっとし  翻案にし  熱愛することをし  頭にはひびきもし  人々を探し求めはし  方法で忍び込んだりし  昔借り放しにし  手紙がし  気味ったらありゃし  誰だって構やし  もの、そりゃどうし  それから一月程し  デッブリ肥っているんでなしに、スラリとし  書き物ばかしし  辺りはし  トロトロとし  先生は相変わらずじっとし  身装りをし  検事さんにし  容易に分かりゃし  ビクともしやし  若い方はむっとし  それから一時間程し  のをどうかし  加勢をし  翻訳なんかし  クシャクシャとし  警察でもいろいろ聞いたらしいけれども、ハッキリし  置き手紙がし  三日留守にし  一件があったりし  死後幾日にし  検事さん達はホッとし  研究を盗もうとし  入りもし  原稿を焼こうとし  刑務所に送ろうとし  二人をああし  慶事にあらずし  食傷しはし  方式のにし  日本語に訳さうとはし  峽谷を以て最とし  線からし  一日遊びに出かけたりし  山畠があつたりし  渉つたりし  足場は案外にがっしりし  飜訳にし  一事を以てし  イズム小説に終始し  間伸びがし  措辞は暫く問わぬにし  飴玉にし  翻訳をしながら、或はし  草山だが、そのゆったりし  水のじくじくし  そうな言いがたいし  手ぐいで頬かぶりをし  心をもってし  印象せられたというに止まりはし  雅淡にし  規模小にし  文学書にし  発言もし  明らかにされていはし  野曝しにし  ように食ったりし  宇宙が恐ろしくひっそりし  記憶を探そうとし  夢の中で賭博をしたりし  訳文をし  文章晦渋にし  意義にし  訳者不学にし  四苦八苦の思ひをし  責めもし  放逐もし  一年半程し  言文一致にし  調子を合わさせようとし  努力をおしむまいとし  調子を合させようとし  楽器とし  真実が堂々とし  歩調を合わせて、進もうとし  列車だって無駄にはし  十分発揮させようとし  まわりにし  功献をし  共産制にし  気分からし  ことは、はっきりし  販売をし  意味しようとし  女がヒラヒラととび出し  生活にぴったりし  遺産というはっきりし  合唱こそし  花形、或はなろうとし  舞台へとび出し  誰を踊らし  社会的自己批判にたたきつけようとし  幕にし  独特性とし  必死に守ろうとし  社会主義首府へのりこもうとし  把握しようとし  演劇的要素とし  詩劇にし  指が細くし  レーニン研究所長をし  実現されたにし  まんま門にし  赤旗がヒラヒラし  数人笑ったり喋ったりし  カラリとし  一寸はガッカリし  収穫をし  ストライキを売ったりし  百枚脱退声明取消文を書かし  お座敷天婦羅にし  あと三十年もし  苦心もし  頭韻とし  報道写真一枚まんぞくに撮れはし  用ひたかし  客は続々とし  浅草を描くにし  雇はせたりし  ラシヤメンにし  忠実だつたりし  恋々とし  押し合いへし  目の子勘定をし  腰をなぐろうとし  却ってさっぱりし  だんだんに強くし  男装をし  ものが、もしあったとし  一つだけにし  教科書はそれでは困りはし  反対のものになりはし  集注し、そうし  結局胃を悪くし  家を出ようとし  余りゆっくりはし  にこにこっとし  先生今日はどうかし  違やし  今日はどうかしてると考えてみたりし  私と別れようとし  顔にぱっちりし  頭を振ったりし  それを読んでぎくりとし  夜遅く仕事をし  小説を読んでぎくりとし  処置を一体どうし  探りもし  別に不思議がりもし  上から撫でたりし  褌をし  贈り物とし  ように、むっとし  真面目な、むっとし  叫び立てたりし  柿を出したりし  若い人達が、押しあったりぶつかり合ったりし  今夜は思う存分闘わし  椅子にし  牌にし  腹が痛くなりはし  笑声がわきあがったが、どうし  何とは知らずハッとし  顔をあげてみると、どうし  麻雀を打ち、のうのうとし  それから三十分ほどし  だんだん声を大きくし  席を立とうとし  いくつも作ったりし  顔を押しつけんばかりにし  関係がハッキリし  補助をし  表向きにし  急にガッカリし  仕掛のし  余り注意をし  有力とし  三とし  四とし  彼のし  声を洩し  無気力なひっそりし  君を坐らし  妊娠するだろうか、し  日を繰って見てひやっとし  男を感じたりはし  引取りに来ると、ほっとし  地を掘って埋めたりし  どこかきりっとし  やる気はし  冷え/″\とし  抜衣紋をし  静脈を太く浮び上がらし  電球を投げつけようとし  敵愾心を募らし  こついたりし  三円五円と金を借りたりし  状態はいさぎよしとし  尾行たりし  一緒に歩いたりし  奥底にあって、思わずニヤリとし  姿を見つけると、ほっとし  彼はいきなり逃げ出そうとし  十日余り、ぽうとし  彼はうっとりともし  バクチばかしし  旅費にし  円タク助手などし  苦面もし  一度知ったら決っし  火夫をし  安二郎はいきなり出喰わし  次第を話して、如何いし  ことを良しとし  匂いをさせているおっとりとし  千切っては捨てし  妊娠しているときかされ、はっとし  二階借りをし  翌日からし  予想案としてひっこまし  程発達はし  突ついて、少しごたごたでもし  十月革命以来教育人民委員長をし  特別エコヒイキはし  ナカナカ仕事をし  あらわにし  ように導かなければならないとし  あともどりし  弁明しようとし  ソヴェト作家協会とし  中へ潜りこんで来ようとし  理論上清算はし  間違いはし  意味を書こうとし  意味を捕えようとし  見かけからし  皆薄小豆色をし  そよりともし  一文だって動かしゃし  んだりはし  子供連は、ではどうし  港町はしつとりし  ばくちをし  部下任せにし  くも感じられはし  神經を尖がらし  撞球にし  戸外スポオツにし  蹴球にし  麻雀は忽ちにし  麻雀競技の甚だ漠然とし  為に、ハッキリし  合同しようとし  工場から、長いうねうねとし  車に乗せられて、うねうねとし  幾日もじっとし  間、こうし  びんはし  ちりがかかったりし  ポチに投げてやったりし  後日ならずし  机について知らぬ振などし  ためにひろがるか知りはし  花も咲かないひょろひょろし  こんもり高くし  躑躅がし  二三篇しか詩作をし  議長をし  組合長をし  なおのこと近所中と親しくし  波多野君にし  水谷君にし  から小戻をし  半開にし  くりをし  泣かないで、大人しくし  アノ可愛いふりをし  寄着はし  耳の垂れた、すらつとし  八ツ口をなめたりし  肺炎をやったりし  家へかえしはし  内密で買い喰いをし  辺をうろうろし  敵だつたら、どうし  笛にし  霽れたりし  何度ももどしたりし  自分もほつとし  路面もし  云つて懐を撫でまはし  度毎にかうし  感もし  城にし  低減をし  社会的にしようとし  皆理想とし  養子に行って入るとかし  建設時代に入っているはっきりし  文章に書いたりし  荒唐無稽のものにし  民衆に分からし  見学に出かけたりし  何千と新しく造ろうとし  自分もほっとし  そうで、そのさっぱりし  演奏旅行をし  手を平にし  気が、強くし  気も、少しはし  駄弁をふるったりし  ジェステュアをし  香奠をし  衣裳比べをし  見飽きがし  蕭条とし  すみませんが、すこし休まし  芝からいらし  ぢやすこし休まし  先は青々とし  ちよとし  青あおとし  見送りながらじっとし  鱗のぎらぎらとし  ちょとし  ところまで行っていてくれはし  のをもしきいたとし  自殺までし  藤紫色をし  面白い、かうし  雜誌へ書き散し  惡うござるが、どうし  北京で開かれようとし  参加章とし  嗚呼、いかにし  首にしるされたりし  器械をこそ作らんとし  手に育てられし  学成らずし  秘書官たりし  顕はし  しまひ置きし  平滑なりし  弱き心には思ひ定めんよし  医者に見せし  涙こぼしなどし  もの語りし  相沢に与へし  床に臥させしに、暫くし  蒲団を噛みなどし  医に見せし  部屋の、ひっそりとし  塒にし  足慣らしもし  言はれし  成けり、をしへし  雨笠を、ずぼりとし  笠さへ振向けもし  数ともし  枝葉をし  眉とともに動くに似ず、けろりとし  お父さんはニコニコし  物懲にみだれはててし  まろねし  涙ながし  君にをし  まろ寝し  舞姫に似し  家をし  夕雲のし  公孫樹黄にし  む袂かへし  山どよみし  きぬ玉ひかるべにさし  間に老いてし  むらさきにし  戸出でし  牧にし  歌よみし  一瞬に老いてし  夢君に似し  袖ふきかへし  飛行自在にし  曹操をし  怏々とし  書面にし  糧草は尽きんとし  身を戦かし  企てをし  事実をもってし  命乞いをし  丞相にし  助けなどし  後悔などはし  曹操は、何とかし  騎将とし  断罪にし  儀は、如何し  自ら剣を奪って死のうとし  宗正卿をし  気色をうるわしくし  車を共にし  玄徳ははっとし  元来得手とし  天子に返し奉ろうともし  五年にし  治安を重くし  家臣をし  主人はどうし  どなたにもお会いし  まさか絶交もしやし  きり、どうし  王子服が、はっとし  訴人に出たらどうし  密詔を以てし  人々はびくびくし  血相をし  意を強うし  老骨は、実にほっとし  玄徳は見向きもし  董承は、ぎょっとし  鮮やかにし  大将は、どうし  まね事ばかりし  百姓がし  世に出て為すあらんとし  百姓ばかりし  虎踞し  書生論を闘わし  慄えあがって、渋々、開けようとし  箸を取落したりし  興を共にし  守りをたのみとし  董承に一味し  河北へ持ちゆかんとし  気息奄々とし  陳登にせかれたり脅かされたりし  力とを以てし  から封をし  役にさし  満足はし  御名を以てし  敵を知らずし  態度が堂々とし  声なくし  臣下にし  手もゆるめはし  攻撃もし  旗をたてて、こうし  顔にとまって、羽ばたきし  鬨の声をあげなどし  陣門へ引っ返そうとし  きれいな勝ちぶりはし  恥をお与えし  不肖それがし  いつまで怨みとし  礼を厚うし  荊州に使いし  文通はし  手打ちにし  礼遇もし  害を加えんとし  小心にし  餞別をし  彼にもし  礼遇をし  蛆虫とし  控え目になどし  徳を称しはし  都へお遣し  旅をなぐさめたりなどし  賓客あつかいなどし  みな愕然とし  それからにし  性格がぐずぐずし  奨励したりし  衰弱はし  美術監督をし  かげに気がついてハッとし  話をお聞きになりはし  涙なんぞ滾し  好色漢でし  つまりものにし  様にねちねちし  何かしっかりし  算段までし  なかった僕であったのに、どうし  負け方をし  始末などし  一室には物寂しい、しみじみとし  いま窓帷を開けたなりにし  のか、し  其処へ進み寄ろうとし  二三歩あとずさりをし  ぬくもりながらついウトウトとし  すべてがあんまりまざまざとし  気を滅入らし  コニャク酒をし  何かを告げようとし  僕に語ろうとし  浮彫のし  点は一向はっきりとし  僕を見捨てていはし  負けをし  小説的約束を破っていはし  學成らずし  祕書官たりし  醫者に見せし  覺えし  與へし  蒲團を噛みなどし  醫に見せし  用ゐずし  唐代のものにあらずし  時代にはじまらずし  特に傑出もし  のではないにし  描写をし  道を歩みし  履歴に在らずし  虚言にあらずし  歓天喜地愉快を写さずし  学海翁をし  渡つて大喧嘩をし  腕ならしをし  盃をとり直させられたりし  聰明になろうとし  枠からとび出し  マリア・バシュキルツェフにし  封鎖を破って、どうにかし  中に生きようとし  身を立てようとし  言ひだしたりし  やつてみたりし  何を語らし  払ひでもし  多彩にし  言はうとし  笑つて言ひはし  二号にし  気を廻さうとし  居間へ戻つて寝ころんでみたりし  口説きでもし  生活にし  つたといふガッカリし  世界にうといにし  女を連れ出しはし  ものではないにし  身構えではあるにし  切つてしまはうかと考へたりし  はつてきたりし  手でなんとかしようとし  音楽を論じたりし  喜悦のみを漲らし  面喰はし  思ひ出しもし  しまはうかと考へたりし  気持ではなかつたにし  雨宮紅庵にし  保証だけをし  加へるにし  カラクリではないにし  中へ落し、かうし  雰囲気だけが已にし  不充分ながら満し  のやら、どうにも確りし  生活費ぐらゐ自分でなんとかし  生き方がし  激しい恋愛がし  一人で訪れはし  つて君に話しもし  入れ知恵をし  入れ知恵を、よしんば実際吹きこんだにし  事柄ではないにし  やうふくのし  芸者遊びをし  女ときれいな交際をし  自覚を以て、し  喫む真似をし  それから声を一段と小さくし  軟らかなふわりとし  冗談ばつかし  んだよ、だからかうし  二品、あはし  お菊さんはほつとし  自由に立とうとし  あなた宛てにしようとし  それはどうしてもし  友人と仲よくし  気を許してほんとに仲よくし  アイマイにし  アメリカと仲よくし  必要から往々にし  ここでとがめようとし  あなたがたもたぶんそうし  話がハッキリし  ためには、往々にし  理由にし  下僕があったとし  から、もしかし  カラッポにし  かい一年半にし  同人雑誌にし  師範をし  荊棘を踏んだりし  方に当ってもくもくと盛りあがったり崩れたりし  中でうとうととし  女の子がちょこちょこと出て来て擦れ違おうとし  意見を戦わし  和女はどうし  作平はわっと叫んで逃げようとし  皆どうかし  是非夜伽をし  それを借りて見たりし  色を蒼くし  揮り払おうとし  命を捨てようとし  弟の子守りをし  皆なに笑われたりし  ようになったりし  悪戯をしたりし  腕が痛んだりし  片隅でぐったりし  居候がし  ぢんもし  たかどうか甚だ疑はし  会つたとし  牧野さんの生き生きとし  気附かずし  見解を異にし  芝居すらし  英雄君をひきまはし  毬栗頭にし  神経的な苛立たし  牧野さんにし  からあれを呼び寄せてくれと叫んだりし  事件があるにし  あいつを死に易くし  面白かつたりし  舞台を見せられてゐては、どうにも疲れてし  六七年御無沙汰をし  モツトオがあるにし  つて憤慨はし  舞台監督をし  それは、どうし  財産あらそいばかりし  会いたい心持がし  意見を示したりし  母親ワルワーラは、堂々とし  自覚もしなければ果たしもし  回想させたとし  損いはし  ボロ拾いをし  手伝いなんかし  レース編をし  荷厄介にしたりし  路へさしかかると、またし  ことを、またし  窃み見し  ねじあける、そうし  一瞬の閃きすら耀かさずに消えようとし  機会をとり逃がそうとし  瞬間にし  酒を飲みもし  出来事は、そうし  慰みものにし  真似をしようとし  ためではないが、そうし  野心があったにし  生活を共にし  真似ごとだけでもし  彼はいつもし  ロマンティックにし  現金を隠して置くか、挟み込んで置くかし  通りへ出ようとし  傘に入れて下さい、お頼みし  連想はまたし  彼にはまたし  不幸に陥ろうとし  盗みをしようとし  虚空を失おうとし  煙草にし  考えに耽けろうとし  病気でもありはし  挑戦でもし  敵であると悟らせようとし  腕を組もうとし  忍び足をし  方面のみを見ようとし  なかへ惹き入れられようとし  行為はあったにし  輾とし  誰かに売ろうとし  真実悲観はし  意地悪く受けいれてみたとし  自分が噎び泣きし  うちに噎び泣きし  季節も過ぎ去ろうとし  頸を傾けながら歩きはじめようとし  白銅貨は、期せずし  相違があったにし  咎めはし  見栄えはし  部屋を借し  彼はもじもじし  仲間にはし  旅歩きし  楽もうとし  柳は、忽然とし  女の子とし  時即座に応えられはし  壁飾りもし  なかで、おかしく歪んだり、ふくれたり、伸びたり縮んだりし  蓋をしようとし  躯を抜け出ようとし  言葉を忘れはし  言葉ははっきりし  世相を眺め、そうし  間中からし  現在もそうし  好きに出来上っているから、し  餅を搗かし  自分が寝ながらにし  付合をし  あるかないか分らないが、よしあったにし  坊主にでもし  事業をし  翻がえし  作物でも構わないからし  種類別をし  鷲攫みにし  憚からんようにし  形式からし  問題からし  別人がし  寝小便をし  口当りがし  冒かし  例を御話しし  楽みよりも、いかにし  主知主義とし  研究して御話しし  ちょっと御断わりをし  ところだけを御話しをし  metaphorとし  黙示する光りに見えたりし  それが入り乱れるとし  一だけにし  自由勝手にうろうろし  左右に割って置かれはし  双方共正しいとし  形式だって構やし  解釈するにし  右へ出たりし  のだからし  内々にし  終りを全くし  真だけだとし  毛嫌をし  方では好いとし  叙述するにし  方面だけを撰ぶにし  属性を認め得るにし  行為をあえてし  具合に傾いていはし  本位とし  源因からし  矛盾が起ったりし  口答をし  骨を折って、探がし  気持をわるくし  宛にし  性格とまで云われはし  1からし  光線にし  音響にし  種類ができはし  二潮流が押しつ押されつし  教育状態からし  風采にピッタリし  善人であったりし  混線さし  八ツ切りにされたりし  選名をし  趣味とピッタリし  もう少し凝つとし  私はわざと知らん振をし  マルは振り向きもし  ひよろりとし  上私には余り狎れてもゐなかつたとし  抱へて見たりし  後悔に追はれたりし  聯想におびやかされたりし  芸は覚えさせられたにし  ぢて確かめたりし  鼻先へ投げ出したりし  尻を蹴上げたりし  やうに引きまはし  方は見向かうともし  ほんとうに生きようとし  自害をし  宝づくしにし  都合よくし  私を生み残して死ぬと、どうし  跡目にしようとし  ドッチにし  頃から決心をし  話なぞは思い出しもし  ふり返ってニッコリし  先生はニコニコし  頬ペタばかり赤くし  笑い物にし  みんなポカンとし  調子紙を貼ったり剥がしたりし  ようにゾッとし  眼を開くと同時にハッキリし  切り返事をし  溜め息をし  性を合わせたにし  案内なんかしたりし  呪いから遠ざけようとし  ここへ来はし  先生らしく、そうし  農家ではもう寝ようとし  室へ往こうとし  米にし  鍬を持って叩き伏せようとし  それを持とうとし  微塵に打ち砕こうとし  彼はがっちりし  幅をし  言葉を精しくし  荘子は若くし  妻まで親しくし  赫にし  荘子ははっとし  小童を手伝わし  その後一ヶ月ばかりし  夜にでもなさるとし  却ってそなたののびのびし  それを見聴きし  将軍様におなりなさろうとし  化け物屋敷があったりし  見えもしなければ聞こえもし  闘士満々とし  愴とし  息の根を止めようとし  ヒタとつけて、物言いたげにし  わたしが焼き払いさえし  初心者か、すれっからし  鼻、し  肌を以てし  湯加減をぬるくし  暴利を貪りはし  不思議そうに、きょとんとし  口籠って、おずおずとし  僕は何とも思ってやし  君を愛してやし  僕を愛してやし  何か聴かし  吉乃ははっとし  彼女はぞっとし  標本室はひっそりし  天井へ蹴上げたりし  標本室を出ようとし  だんだん彼自身にある苛立たし  枕を蹴上げたりし  経済的価値を論じたりし  飛びこみはし  批評など求めはし  人だが、それでいて少しも気むずかしくはなく、至極のんびりし  先生なんかし  気管支肺炎から肋膜までわるくし  北川さんも少しどうかし  素人にし  独語をし  おれは帰ってゆこうとし  おれはどきりとし  お辞儀をして去ろうとし  薪なんかにし  引千切りきれぎれにし  眼眸をし  ますのにあきれて、どうし  力を入れて大またに歩けばころびはし  つくりまでし  足ならしをし  お便りさしあげず、どうし  かたからし  やつと住みよくし  三分の一なりお分けし  落葉におほはれ、し  お母さまをお恨みし  私を、どうかし  とき折りは、すねておみせし  水田にし  手伝ひいたし  具合お悪くなられはし  所作をし  悲鳴を上げられたのに、出て来られぬとはどうし  前で、かどわかされようとし  上品で、そうし  何んとなくオドオドし  何かに縋ろうとし  婚礼させようとし  酔いは少しも廻ろうともし  どっちかといえば細くはあったが、そうし  眠気など射そうともし  門前で、かどわかそうとし  潜入をし  蔭から声がし  娘を、かどわかそうとし  ガッシリとし  小走ろうとし  お前さんにし  光り物がし  門外から返辞がし  気持ちもし  武者顫いをし  十分用心をし  中へ取り込めようとし  武士、ピリッとし  誘惑をし  ような、ぼっとし  嬌態など見ようともし  十二時を指そうとし  青磁色をし  時音がし  庭から声がし  つまり非難をし  折半をし  手下とし  奸策をし  葉末さんをかどわかそうとし  切り込みに、備えようとし  私とそうし  何んにし  こゝろみたりし  脚を投げ出したりし  辺にほうり放しにし  うに舌を出したりし  西洋かぶれなんかし  ことを信ぜられもし  変りもし  棄放しにし  余裕なんてありはし  足袋を穿いたりし  嘲笑が殊更に痛く、憤つとし  のですが、出さうとし  間違ひをし  居眠りなどをし  却ってよくないんでし  お天道様がカンカンし  二十分ほどし  被告側にも、しっかりし  証言をし  それがまた実にハッキリし  歳もし  わけなんでし  押問答があったりし  本筋なんでし  から三月ほどし  女将が、又し  代物なんでし  首実検をし  証人をし  騒ぎかたをし  女将は、ありもし  怨恨関係でもありはし  二時間ばかりし  ことやらろくに判りもし  開廷時間が迫るまで、どうし  菱沼さんはひどくそわそわし  格闘したりし  引ッ懸りにし  へん気おくれがし  てゐらつし  無理に読まし  感情を満し  若い、しっかりし  体じゅう真赤にし  只婚礼をし  船夫頭をし  世の中への漠然とし  祖父が間違えはし  声をあげて泣いたりし  何かしきりに書き込んだりし  お前はもしかし  玄関番をし  皿洗いをし  馬の脚的俳優となったりし  匙をきたなくし  辛棒してし  濛々となったりし  下に坐り、或は寝そべりながら飲んだり食ったりし  面を見たりし  修業をさせようとし  間泣き面をし  大人にし  光で読もうとし  貸本をしたりし  盗みなんかし  燈心にし  口をきき、あっさりし  批判したりし  往来へとび出し  街中妙にそわそわし  おふくろは、びくびくし  男がへこたれたり、考え込んだりし  眼をした、ぐにゃぐにゃし  自分を何とかし  若い事務員をし  皿洗い小僧をし  からくりをし  誰ともはっきりし  昼食をし  女について話しながら、飲んだり食べたりし  さから脱しようとし  熱烈に生きんとし  教育で鍛えようとし  注意ぶかく聞こうとし  中に洩し  方へ向けようとし  物質的援助をし  哀訴をし  根本的土台とし  発展せられようとし  動機は、漠然とし  拷問さえも辞しはし  大学へ押しかけようとし  俺は、どうし  ポケットへ入れようとし  自殺をしようとし  時間をとりゃし  自殺しようとし  おいでやし  子供が走り、がっしりとし  闇へとび出し  どこも焼けてやし  全然反対に観破し  覆面もし  軍費にし  府とし  地とし  祈祷所とし  宏大にし  腕を持っていたにし  台徳院に比べて少し小さいにし  大掃除をし  露地へ湧き出し  会場敷地にし  開設されるとし  立てなどし  祭書をし  校勘したりなどし  ものを以てし  それから又讀みもし  血液を満し  誤謬をし  鑑定を覆えし  看護がし  喧嘩こそし  三角関係などからし  ものとしようとし  殺人罪に問われようとし  鑑定をし  稱とし  徳川家康と書かずし  楠正成と書かずし  紀貫之と書かずし  歐米人をし  塩焼きにし  うちはぬらぬらし  醜婦にし  塩焼にし  洗いづくりにし  洗いをつくらし  洗いにし  その後しばらくし  値段とし  あゆにし  まつたけにし  ラムプを灯したりし  ひとりで歩かうとし  夜が更けてゐるのに、未だ未だ帰らうともし  今迄、漠然とし  さを何とかし  誰かに何とかし  のであるが、往々にし  鮎はどうし  上等とし  下をくぐって逃げようとし  パクパクやったりし  船釣ばかりし  一致さし  ひとり食事なぞをし  磯釣をし  孤独感で、いかにし  もちもちとし  すぎもし  血みどろの掴み合いをし  私たちは思わず身じろぎをし  屑拾いをし  原因も漠然とし  学生を殴りに押しかけようとし  ものとを嗅ぎわけようとし  酸っぱいものという漠然とし  要求をし  政治的活動をし  妥協を求めたりし  彼自らをも成り成らし  奥底ふかく秘め置きし  何を書こうとし  片手拝みし  者、とし  言葉だけでもよくし  絹地にし  一文、し  礼とし  打電をし  煩をし  窓を剰し  飜したりし  無料公開をし  期待にがつがつし  軽蔑を以てし  染物工場をもったりし  根元的矛盾をそのいきいきし  出席したりし  生活を描こうとし  文豪であるとし  馬がひらっと躍り出し  僕は逃げ出しはし  半年もし  まり問題外にし  組織にし  りすかしたりし  煎茶にし  まぐろだが、し  もっと味を濃くし  茶漬けとし  油漬けにし  輸出準備をし  なべものにし  名前ひとつにし  気のせかせかし  髷にし  電気をかけて縮まし  普通とし  のであるが、ひんやりとし  彼を坐らせようとし  らい声を投げつけたりし  真正面を向いてふりむきもし  顔などし  ことを仕遂げたとは、なんとし  狩をし  お爺さんがきちんとし  肉を決して取っておこうとし  向こうへいっちまおうとし  様子を見ていると、どうし  キューキューいってみたり、泣いたりし  男たちは、どうかし  満にし  板障子を叩く、知らん振をし  日本の子供たちにはし  唄をし  はなししたり、うたったりし  眼をちっちゃくし  ために書いてお贈りし  ためいきついたりすすりなきし  ときは、どっちみちじっとし  火ばし  男が、たってはいれども、じっとし  ォがし  めみえし  お母さんもし  一晩猟をし  二つわりにし  あれはこうし  おわんがしっかりさえし  数学掛け算はし  承知もし  呑込にし  其時返辞をし  大将頼みもし  交際などはし  自分を立てようとし  其通りにし  髪の毛を切られたって、もしかし  細面ですらりとし  暈やっとし  華奢で、すらりとし  祖母さまが、どうし  お前がし  末起に訴えようとし  幅にし  別に気にもし  近ごろは、ちんまりし  人真似をし  下手人にはし  ばいの、し  りんごを握ろうとし  きれいなりんごが、どうし  おなかが痛いの、どうし  からですよ、休まし  それを奪い返そうとし  何ものをも怖れてはならない如く、斯くし  国情を異にし  中途にし  思切って低くし  日なたぼっこしながら話しをし  事か、どうし  医者ですから、間もなく生き返らし  経験に対する、漠然とし  意識がまだ失はれずし  恐れもし  讃美もし  床をとらし  コチヨウして小さくし  擴げたりし  一望にし  温泉宿としては少々薄々とし  のは、ぴしぴしし  阿寒湖めぐりをし  眼にあてたりし  工作もし  ふくいくとし  雷鳴がし  樂天家にし  祝ひでもし  さうな、しとしとし  手をただ、こうし  雨脚も、し  火傷でもし  しりごみさえし  石炭にし  僕たちはまたし  賛成しようとはし  気のりもし  交遊は疎きがごとくし  妻帯もし  下宿生活をし  用人をし  寐泊りをし  申合わせをし  申合せをし  従軍中咯血をし  転々療養をし  上に敷き流しにし  位までは出たりなどし  批評をしたりし  頬杖をついたりし  それはいいにし  圏点をつけたりし  軌道を異にし  咯血をし  祖父がそんなにまでし  親類と争うたりし  方ははっきりし  母家へ帰ろうとし  めにかかれるかどうかとおずおずし  笑い話にでもし  木ぎれをもらっておひな様のこしかけにし  俳句を作ったりし  難渋にし  だんだん記憶がはっきりし  短冊を書いたりなどし  洋行でもし  序文にし  文章を載せたりし  審にし  俳句欄に載せたりなどし  寄稿をし  物を頼まれたりし  裏絵をよせたりし  謡はどうかし  冷評を加えたりし  我慢を言ったりなどし  洋行をし  洋行がし  自信がなかったので、どうかし  善人にし  高下がありなどし  女にふざけたりし  から御馳走をし  寺田さんにもお頼みし  ものの如くしばしば噴き出して笑ったりなどし  抹殺したり、書き改めたりし  結末にし  同日午からとし  始末からし  来月九日にし  機関の備わった堂々とし  雑誌にし  潤沢にし  刷新をし  二年かし  交通遮断をし  三助言をし  東京へどうかし  校長をし  自分もあまりし  此方がし  べらなければ向ふもし  すべてそのままにし  甲にし  うちに照り出そうとし  実感を漲らし  本心をつきつめようとし  積極的にし  方がし  尻り込みし  構えが堂々とし  君とはどうし  十まで知りつくそうとし  全部自分のものにし  君とこうし  派手なみなりをし  あとねだりし  眼を落すとはっとし  永遠に別れないという誓いをし  私はちっとも怒りゃし  宅でお会いし  過失をし  覗き見し  穴からでも覗いてやし  秘密を探ろう探ろうとし  彼女はねっとりし  漱石を見ていかにもよぼよぼし  印象を与えはし  性であって、いやいやそうし  テニスをやりに行ったりなどし  理由なしになぐられたり、どなられたりし  素直に理解し合い、いたわり合おうとはし  漱石にし  横浜までつれ出すにはどうし  交渉をまだし  昼食をともにし  人静かにし  おっかけたりし  謙遜ないしは聞きおじし  意味もきわめて漠然とし  子供をし  いくらもありはし  科学者自身すら往々にし  労苦よりし  世話しようとし  一日何もし  溜息ばかりし  大概寝坊をし  薄化粧をし  甘藍を摘んでみたりし  卵子色をし  手術をうけるとし  二度瞬きをし  手術を終らせてしまいたいと思って、どんなにやきもきし  身動きはし  私ははらはらし  頭がぐらぐらっとし  彼女を死なせはし  光ひかりとあそびたいわらったり哭いたりつきとばしあったりし  花おとなしくし  まま胸をふくらませてみたりつぼめたりし  そばへ呼んで話しをし  夕焼のし  死ぬまいとし  夜になるとうっすらし  にこにこしたりし  かなしみをはなれたら死のうとし  羣をし  岡場所にし  年三十にし  質にし  迷にし  小人にし  相方にし  門戸を張らんとし  醜業婦にし  病毒少くし  半分にも足らざるほどにし  床屋に行きし  武家屋敷のみにし  掲るのみにし  箱を入れたりし  あたりに広々とし  今よりし  日傘手にし  噂高くし  滑稽にし  必引掛にし  雪駄ちやらちやらと鳴し  ものを挙げし  情死にし  最後を遂げたりし  口にいひ伝へられし  沙汰なぞ唄ひ歩みし  物同じくし  三年を出でずし  灯を望み見たりし  床の間に掛けたりし  組合出来たりし  寂莫とし  屈託を慰めようとし  野糞をし  ことがあるんで、わっし  あいつとわっし  宝だとし  同罪だ、わっし  物を作らし  腹這いにし  一つわっし  お嬢様を誘い込もうとし  前髪をとったばかり、青々とし  前差にし  何か叫ぼうとし  作りごとをし  青筋をみなぎらし  先から血が滴りはし  同罪にし  婆娑とし  から暗にし  火入れをし  窯焚きをし  眼を醒し、ぽかんとし  日本にし  建築を、如何し  返送もし  地名などを仰々しく書いたりなどし  風に呼び棄てにし  酔つてしまふ、如何し  具合からし  彼は如何し  三分刈にし  艶書を書きはし  詰つたりし  日終日精神爽かにし  端座をし  往復はし  首を曲げたりし  材にし  顔付きをし  いふ愚痴を滾し  思つて暗然とし  食料品にし  回想に耽つたりし  愉快さうにはし  間に秘さうとし  翌朝出かけはし  郊外はもつと広々とし  数へたりし  気がそれ程し  頭を低うし  一つ一つ間を長くし  思つて馬鹿にし  代りは出来ないし、どうし  云つて胸を叩いたりし  注文もし  写生に出掛けて呉れたりし  御願をし  表紙にし  石版にし  写真版にし  表紙は、どうかし  参考として送つたりし  石目にし  グリンでもどうかし  本文を読んだりし  せいにはし  装幀をし  鞭撻したりし  原稿にし  ぞうさんは、し  ずみさんに、わたさうとし  のををしへてあげたりし  表面ばかり焦げたり、白くし  小僧、はし  黄味とし  流行でもし  念とはし  予定していたにし  努力によって早めようとし  要求にし  三階級に踏みとどまらざるをえないにし  力を尽くすか、またはそうはし  時ゾツとし  今年はもう少しし  所謂娘役許りし  餌までし  発禁攻めにし  手当てもし  絞首にし  冊子を焼き棄てたりし  命を取ったりし  乗客たちもやはりそうし  ところで潰れはしないかと思われるくらいに、足掻いたり躓いたりし  らするように、びくっとし  一番下にし  あたりは全くひっそりし  嗄れ声をし  上でぎょっとし  特にはっきりし  旅客にし  使者はゆっくりし  眼だけが見つけ出されはし  彼等のうとうとし  幾度も、このうとうとし  光に気がついてはっとし  手入れのし  みんなぶらぶらし  彼は余りじっとし  彼はすこぶるきちんとし  風変りな小さいつやつやし  頬色をし  眼とを円くし  害もし  間安閑とし  のに飾りつけ、どっしたりし  眉を上げたり顰めたりし  ことなのでし  鼻筋をし  非常に親しくし  注意させたりし  ことで、そのぴかぴかし  のではない、とし  のではないとし  人間だったとし  甲斐もなかったとし  所有物にし  慰安とに復さし  ように、低い、はっきりし  怪我させはし  映えがし  上に振り分けてやったりし  帽にし  若者にし  衣服を著ながらうろうろし  声とをし  銷沈していてこそこそし  ひそひそ話をし  鋭利でぴかぴかし  跛にし  一つ咳払いをし  しょっちゅう口にし  会談は極めて短かったが、また極めててきぱきし  ムシュー・ドファルジュははっとし  何も見ようとし  ムシュー・ドファルジュはきっとし  人たちがわっしを見つけ出して、わっし  引取るかどうか、またわっし  後で、わっし  壁をどんと叩き、恐し  ロリー氏は少しむっとし  のがわっし  手のぶるぶるし  蒼ざめた鉛色をし  ためではないにし  彼女を突き刺しはし  懸念したにし  彼女は少しもし  そこから出て来はし  毛にし  傍観者ははっとし  しまいこもうとし  彼女のつやつやし  自由でいらし  父にとってあんなに恐し  穏かにし  手配りもし  日も暮れようとし  切迫していたので、とうとう、ぜひし  ものを飲み食いし  橋がなくて、からりとし  一緒に、わっし  何事でも苦しんだりし  自慢さえし  黴臭い匂いをし  重みに加えたりし  拭き掃除がし  十分にわかるほどあわてておどおどし  真似なんぞし  値打ってありゃし  ために出し抜かれたりし  体がぐらぐらし  恥しからぬきちんとし  危害を加えてやろうとし  減少されはし  商売人のわっし  それからお前のし  いくら法律だってひでえとわっし  善良な市民は、よしあったにし  人をごく情深くし  ことをお訊きし  上に立ったりし  眼とをし  際限のないべちゃくちゃし  審問を受けようとし  宣誓をし  弁論にかかろうとし  被告は、そうし  立場にひるみもしなければ、そうし  態度を装いもし  平静にし  一葉をも動かしはし  ためにしようとし  密告をし  乗客のし  彼に全くじっとし  ようにするにはどうし  上手にするにはどうし  埓なというほどではないにし  裏返しにし  表返しにしたりし  一纒めにし  心配そうにちらりと見たりし  集団を造ったりし  まま、また、きちんとし  ことにゃ、わっし  婦人が倒れようとし  忍返しにし  出口にぶらぶらし  打切りにし  わたしはまだし  誰一人としてそれを知りもし  差控えていたりし  上等のあっさりし  乾杯をし  君だってわかりゃし  同情されたりし  ひけを取りはし  引受けはし  スリッパを穿き、ゆったりし  ためにこぢんまりし  好みもし  タオルを取替えたりし  君は実にしっかりし  だってしっかりし  審査員にし  男はひっそりし  ようなのんびりし  医師は大きなひっそりし  間借人にし  馬車装具製作人にし  のを聞いたとかし  二階へ上らし  ことはおさせし  正気をなくし  自分のじっとし  ちょっと手入れをし  さで、撫でつけてやったりし  人々は見に来はし  リューシーもそうし  赧らめはし  道具で、あわただしく、しっかりし  ことは、もうどうし  いつかはそうなるにし  もびくりとし  腕にも劣らぬくらいにしっかりし  大粒の、ずっしりし  一劃は、行ったり来たりし  私ぞっとし  うた高貴にし  財政に這い込んでいるのに、ようようにし  ところがあったにし  確められさえし  彼のがつがつし  向を変え、また引返して来て、そうし  いずれもはっきりとし  不具にし  外へ掴み出したりし  脚で跳び上ったりし  静かに動いたりし  身にとってみれあ、生きてるよりはああし  賠償はし  馬車を駆って去ろうとし  彼のゆったりとし  この世から根絶やしにし  あちらへ払いし  農夫たちはし  迷信にし  口を開いて知らせようともし  宿を取ろうとし  亭主がどうし  扉にかけたりし  館は、どっしりとし  どちらを向いても、どっしりし  お前が望まんにし  私にとっては恐し  あなたから私に譲り渡されるとし  今から二十年後にそうなるとし  いつか私のものになるとし  ずり倒そうとし  私のものにはし  いつかはし  避難所にし  何か隠立てし  端から端まで行ったり来たりし  開き窓は開かれ、がたがたし  ここでは、掘ったり鋤いたりし  朝食を求めようとし  持ち運び映えのし  包みにし  止りはし  俳優になろうとし  漏斗形をし  絞首台代りにし  英語読みにし  見せしめとし  敵に売って殺させたりし  意識目的とし  阻止せんとし  方向の何たるかを弁ずるをえずし  生活環境とよりし  将兵をし  事件は突如とし  見解にし  黎明は突如とし  時に当たり往々にし  霜柱が立ったりし  気配はし  ものに見向きもし  身ぢろぎもし  山猫には見向きもし  寄りもし  今度は何やら一層うねうねし  違つた顔付をし  殺しはし  卑小にし  角張つた形をし  てゐたとし  影を見て、さうして、死なうともし  酒場へ急がうともせず、かうし  きりまはし  ぴり腰をし  三曲合奏をし  一睡もとらずに書いたり読んだりし  気持だけし  急に生き生きとし  眼にみなぎらし  とき満し  ものに思はせたりし  心に荒々しく叫んだりし  境ひにし  加減がつかりし  述懐もし  時間を探さうとし  逆らはふとし  目を暗くし  複雑な思ひはあるにし  ものを満し  返事がし  家をうろうろし  むやむやとし  のを見て喜んだりし  複写したりし  伸び上ったり、屈み込んだりし  中にはもうねっとりとし  是非助手にし  大写しにし  シャッターを長くし  滲出て、思わずゾッとし  ギクンとし  眼を覚しはし  時は、思わずハッとし  寺だけにし  世の中がし  世の中が、し  今日までそうし  別荘を建てたりし  饂飩にし  洗濯するにし  君どうし  ざあっざあっと音がし  二人共木枕をし  関係はし  強硬にし  個人とし  半熟にし  趣味がありゃし  要心をし  ものだから、どうだろう、いっそ、そうし  十把一とからげにし  顔はどうし  病気になれもし  公然商売にし  公然道楽にし  紺にし  暮れやし  ちょっと物見をし  君どうかし  路はありゃし  気の毒だな、どうかし  冷水浴をし  亭主にでもし  約束はし  なに、し  節操を傷つけもし  因縁薄うし  謀略でもありはし  馳けだそうとし  武装はし  山賊などし  駒をひるがえそうとし  函門で拒もうとし  胴とを異にし  青龍刀は、またし  二度まで斬られようとし  まま見のがそうとはし  諒解を乞おうとはし  肉にし  一同をなぐさめたりし  酒をわけてやったりし  とおり明け暮れ狩猟ばかりし  赤兎馬を盗みだそうとし  裴元紹は、はっとし  首を掻き落そうとし  同様お慕いし  壕を深くし  義兄弟の誓いはし  面にみなぎらし  案内とし  皇叔にお会いし  兵を用いずし  惧れがありはし  計にかけてあるので、深く信じこんでおり、疑ってみようともし  鼾睡し  一度にさし  密告しようとし  蒋林は訊かれもし  満面にみなぎらし  めったに召捕ったりし  国主をお怨みし  なに一つ過ちをし  市尹たりし  道士を投げたりし  牀に起き直ろうとし  要害にめぐまれ、居ながらにし  周瑜をし  ことでどうし  みな無能にし  待遇にも、寄ろうとし  魯粛ですが、し  百姓でいいとし  談じたりなどし  要害を固うし  袁紹へ迫ろうとし  防戦のそなえをし  許攸は、むっとし  刎ねようとし  衣を解きかけてくつろごうとし  彼を破るとし  妙機をとり逃したりなどし  捕虜とし  それに乗って逃げだそうとし  袁紹がし  嫡子袁譚を立てようとし  帛を与えたりし  鯨波とし  関羽をし  大敗をもり返そうとし  逢紀は、どうかし  堅城鉄壁はゆるぎもし  兵備をし  計を観破し  殺害してしまおうとし  人質とし  鞭をあげて、いいつけられもし  荊州へ頼ろうとし  後侮し  嘆久しゅうし  待遇はし  種明しをし  印を以てし  取り立てなどし  玄徳は、そうし  大安心はし  隙もありはし  強盗をし  興もなげにさし  日常とし  荊州を奪わんとし  態度にじりじりし  主人役とし  心にほっとし  助太刀いたすが、し  姿を遠くし  問答はし  今日はまた、どうし  わしをし  きらいがありはし  ケネス坊やを、親しくし  のを忘れて行こうとし  点々とし  無駄話しし  手を振ったりし  これとし  二十分程し  米国人にし  警察に渡されたりし  容疑者に観られさえし  何時になくしっかりし  魔誤まごし  堂々巡りをし  一語が洩れはし  程はっきりし  伍して快しとし  歩を緩めて、ぞっとし  一晩中まんじりともし  相手になるまいとし  何となくきっとし  夢の話しをし  手につきゃあし  相手になんかし  何気なく仕事をし  文書で、し  此の恐し  冗句にし  家庭的なのんびりし  二週間程ぶらぶらし  儘身体を廻そうとし  逃げはし  返事は、ずばりとし  身体検査はし  口を開かせようとはし  考えも期せずし  咽喉を突こうとし  上釣らし  発狂しはし  うちへ帰らし  切断したりし  愚図ぐずし  独占しようとし  催涙弾を投げたりし  氷雨が落ちたりやんだりし  二人は相擁して泣いたりし  鳥渡問題になったりし  稲刈に働いたりし  一緒に働いたり、ふざけたりし  枝ごと吊されてあったりし  莨をふかしたりし  爾時、ひろびろし  のんどりし  火箸を押しつけられたりし  彼女はじりじりし  休憩所として、広々し  金を貸つけたりし  頭脳がのうのうし  出来などし  送迎などをし  乞食でもし  青春期に達しても、ばさばさし  おりなどは、遠くまで捜しにいったりして、負ったり抱いたりし  八つ口から、むっちりし  野良仕事をし  姿を見つけたりし  婿に択ぼうとし  島に近づこうとし  燗をしたりし  其方退けにし  様子がそわそわし  品評をしたりし  から能くお詣りをし  懐中から鏡を取出して、直したりし  燥いでみせたりし  一面に青々し  絡わる長襦袢の、ぽっとりし  切り飴を鬻いでいたりし  彳んでみたりし  そこにも暫く立とうとし  青柳に着せたりし  いつまでも内に入って来ようともし  帳簿調に取かかったりし  そっち此方戸締をし  疳性らしく取片着けたりし  誘出そうとし  養父とごたごたし  ことばかりもし  挙動が、ねちねちし  半分わけにし  顧きもし  眺めなどし  それ以上深入しようとはし  茶をいれたりし  東京のごちゃごちゃし  亭主に見せなどし  女を怒らせたりし  お辞儀ぐらいはし  耳へ入ったりし  突支えておいたりし  口のてきぱきし  島のきびきびし  矜りとし  島はそうし  水をくれたりし  場所があったりし  自分が育てもし  枝葉を払いなどし  声をかけたりし  今でも丸々し  何もくれなかったりし  一人もありゃし  探偵ごっこをし  島はむらむらし  家を大きくし  根拵えをし  引取られていたりし  母親のやきもきし  これきり一切口にし  作太郎にも余りつんけんし  養父はねちねちし  気がじりじりして来て、じっとし  膳に向おうとし  声をかけようともし  かけをし  とおり、にやにやし  金も半分弱も剰し  買足されたりし  一時間もじっとし  みんな好くし  髪を取あげてやったりし  市中を彷徨いてみたりし  家へ帰ろうともし  家を離れていこうとし  二幅対を取出して、懸けて眺めたりし  二三日得意先まわりもし  顔はてらてらし  附文などをし  気がそわそわし  夜露のじとじとし  働きはし  式を挙げようとし  湯に入ったりし  姿を見ても見ぬ振をし  日頃内輪同様にし  高話をし  声で脅したり賺したりし  洗いなどし  水を汲みそそいだり、絞ったりし  棹にかけたりし  支度などをし  何だか胸がむしゃくしゃし  空想に耽ったりし  島はぷりぷりし  叩頭をしようとし  絶望させたりし  なかった父親をし  愛着を持とうとし  飯にも出て来ようとし  星影がちらちらし  音が、ちょろちょろと聞えたりし  息を洩し  上へ出たりし  床に就こうとし  餅をついてやったりし  道楽はし  介意やし  起臥して来たりし  ような、し  つけようとし  まま重ねられてあったりし  何かを見まわったりし  為て聞せたりし  海辺へやったりし  着をし  店を見たりし  外廻りをし  胸に育み温めていたりし  礼まわりをし  二度も尋ねて来たりし  思いに取着かれでもし  舌打ばかりし  稽古などをし  膚の、くっきりし  仕立物などを散かし  部屋へいきなり入っていこうとし  他人行儀にし  蒲団を少しずらかし  方へいったりし  落着きなくそわそわし  笑声をたてていたりし  厠へいって帰って来ると、漸とうとうとと眠りかけようとし  厭味を言ったりし  得意まわりをし  酒気が残っていたりし  電話がかかって来たりし  葉掘し  届がし  押つけようとし  食物を奢ったりし  朝晩にもう秋めかし  湯治に行っていたりし  話こむかし  噂などをし  顔出しもし  島ちゃん確りし  盛装をし  長持のし  武者振ついたりし  心が、歯痒かったり、妬ましく思われたりし  我有にし  時、取散し  顔が映ったりし  物音が聞えたりし  傍へ来て坐ってみたりし  褫奪ろうとし  押込もうとし  臂まで這出し  こはありゃし  隠居とのどうし  針仕事に坐ったりし  噂をおりおり聞されたりし  骨惜みをし  私はあんなへなへなし  脳を患ったりなどし  修業もし  足腰を揉ませられたりし  家にいても、大抵きちんとし  職人まかせにし  書画を弄ったりし  感違いをし  二三度口留をし  四五枚入れたほどの、ぼっとりし  口留をし  お鈴に洩し  寝床につこうとし  目がさめて来ると、広々し  隠居がじりじりし  習慣でそうし  島はじっとし  電話をかけたりし  寄つきもし  田舎で遣かけようとし  人家があったりし  警察署があったりし  なかにうとうとし  前へ出たりし  締をし  指図をしたりし  部屋を出たり入ったりし  鏤つけなどし  浜屋で遊んでいたりし  長火鉢もきちんとし  医者へ通っていたりし  積ったりし  快活に働いたり、笑ったりし  物腰の細りし  硝子戸ごし  がけなく、また降って来たりし  何時までぐずぐずし  建出されてあったりし  梢ごし  山奥へいらし  渉ろうとし  扮をし  遽に青々とし  若葉に降りそそいだりし  山畑をぶらぶらし  花を摘んでやったりし  菓子を持って来たりし  なにそうもし  廊下をうろうろし  立昇っていたりし  水沫を散し  場所を考えて見たりし  山やけのし  もんじゃありゃし  酌婦でもし  金主をし  お抱えであったりし  島に話して聞かせたりし  手を打たれたりし  伯母と親しくし  戯談を言合ったりし  宿へ寄って見たりし  其方こっち旅をしたりし  気を長くし  島さんだってそのままにしておきゃし  がりをし  りこくりと居睡をし  金がざくざくし  島はのろのろし  下請をし  自分だけで、どうかし  役員たちが、そう云って、てきぱきし  小野田は、にやにやし  島はのっそりし  小野田のそうし  棚が作られたりし  道具屋から持運ばれたりし  土間のじめじめし  手を着けたりし  島はそう言って、のろのろし  ことじゃとても追着きこはありゃし  頭脳が、時々ふらふらして来たりし  輪飾が束ねられてあったりし  くそうにし  ところから仕立物などをし  小野田がはらはらし  い借金が殖えて行ったりし  見込ちがいをし  気乗がしなくなって来ると、ぽかんとし  ように見えたりし  気象ですから、のろのろし  女はねちねちし  圧つけようとし  周囲を取捲いたりし  意志をさえ漏し  酷工面をし  顧客を逃したりし  冬まで寝し  支払をし  掛になったりし  頸捲をし  女に耽ったりし  持逃したりし  持逃したりなどし  襖もびしょびしょし  買いものに出たりし  あたりを擦ってやったりし  言出しなどし  復讎を防ごうとし  耳に響いたりし  袂をぶらぶらし  周旋をし  顧客まわりをし  浅草辺をぶらついたりし  絵具をさしたりし  入費がなかったりし  土弄りをし  心を凍らし  坊主頸をし  勤め人をおいたりなどし  補助にし  散々遣散し  惜気もなげにくれてもらったりし  目についたりし  所にぐずぐずし  外聞もありゃし  気を配ったりし  女はまだうっとりし  店を大きくし  川西はにやにやし  馬の骨だか解りもし  川西がぷりぷりし  癖どこかおどおどし  げに想い出されたりし  島はぐずぐずし  寝室にし  台所にがし  ミシンはどうし  着物を着たり着せたりし  著崩したりし  自分にも着けたりし  島に喰ってかかられたりし  島はにやにやし  女なぞにふざけていないで、少しきちんとし  成功するには、どうし  機嫌を取りに行ったりし  目に逢わし  想い出しもし  高声で話したりし  幾度家を出たり入ったりし  彼のがっしりし  傍に、長くじっとし  ように思えたりし  身じまいに取かかろうとし  疑いを質しなどし  ように思い浮かんだりし  家を出たりなどし  宿泊所が出来たりし  人々が、どやどや入込んで来たりし  老人を、そうし  傍で暮そうとし  口から洩し  高談をし  遊び旁注射でもし  死うとし  酒を飲んでいたりし  笑声が聞えたりし  火が暗に流れていたりし  化粧を好くし  秘密にはし  浜屋から時借をし  注射にも飽きて、また出るにし  応答ばかりし  控室を出たり入ったりし  板敷にし  喚起されたりし  帳面にし  風に染まし  朝から顧客まわりをし  旅行中であったりし  団扇で煽いだりし  看護をしていたりし  みんな昼寝をし  そこらをがたぴし言わせて、着替などをし  酒代の、し  父親を呼寄せさえし  工面もし  台所働きをし  自分達に取っては、そうでもし  身につまされでもし  住居を見捨てようとし  坂を上ったり下ったりし  部屋までしたくをし  どこかへ誘おうと思ったが、ああし  里心を起こしやすくし  次第に移って行こうとし  切り張りなどをし  臥たり起きたりし  旅なぞをし  次郎もじっとし  胸を開こうとし  不平にし  あとで侮いはし  家へ帰って来るまでに、どうし  ような、ほそぼそとし  ひとりを慰めようとし  気になって、長いし  一つところにとどまろうとし  木下繁にし  堅肥りのし  風俗ともに変わりがないと言い聞かせたりし  ことを聞き入れようとし  わがままを許せるほどのはっきりし  周囲もひっそりとし  引きへがし  手を裏返しにし  庭をながめたりし  日が来るとし  落ち葉を掃いたりし  霜どけのし  の子を強くし  類からし  麦を蒔いたとし  張り唐紙を入れし  ように見えて来たとし  気がして来たとし  ところだとし  心も深いとし  ことがあるとし  ように消えて行くとし  嵐から自分の子供を護ろうとし  歩いて行こうとし  私自身の踏もうとし  ことを勧めはし  東京にぐずぐずし  末子を連れて行こうとし  打ち合わせをし  農家はいそがしくなるからとし  乳離れもし  膝に乗ったりし  家のがっしりとし  時を見つけようとし  人たちが出たりはいったりするだけでも、かなりごたごたし  晩はあかあかとし  熱燗に取り替えて来たりし  話なぞをし  代わりとし  ように、そのし  ほうへ帰ろうとし  ほうに比べたりし  部屋にじっとし  私はまたハラハラし  次郎はこれから出かけようとし  国をさして帰ろうとし  周囲はひっそりとし  くるくるとし  ひなたになりし  雲切れのし  人間は、ああし  犬が、笑ったり、泣いたりし  欲深くし  日向ぼこりをし  唐辛はむっとし  明けっ放しにし  まま日向ぼっこをし  尻尾に触ろうとし  指に噛みつこうとし  それじゃ、こうし  志を捨てようとはし  争いを仕かけようとはし  農夫は爪立ちをし  善光のもじもじし  果物籠に盛ったりし  写生によらなければならないとし  私をして描かし  なかに潜り込んでしまうが、しばらくすると、のっそりと這い上って来て、またし  のは、し  安眠を与えようとはし  歌をうたおうとし  詩を作ろうとはし  気持をなくし  脊をし  姿態とを異にし  皺くちゃにし  葉も、溌溂とし  主人といがみあいもし  そこらをぶらぶらし  さを測ってみようともし  どれ一つ意地くね悪く曲りくねろうとはし  事細かに述べ立てようとし  隠遁者を見舞おうとはし  着付をし  潤筆料としては、少しあっさりし  樽詰にし  徒渉りがし  張果老はまた睡りかけようとし  石はしっかりし  魔術がまた始まろうとし  樺にし  桜にし  羽をし  とんぼがえりをし  鯛もし  現わそうとし  姿はし  明るみ嫌いでし  餌一つとろうとし  下しをし  飛躍を止めようとし  近所あるきでもし  催しをし  じみな、細々し  一人よがりに過ぎはし  匂とし  代筆までし  屈託などし  はずがないといいいいし  のか、知りもし  濡そうとし  盃を取り上げようともし  ままつくねんとし  絵筆をとろうとし  客はびくりし  頭になったりし  相撲は溌溂とし  気恥かし  説明などしたりし  風呂敷に包もうとし  容易に組み入れられようとし  寡聞を以てし  自覚があったにし  窮さないにし  義務さえも強いようとはし  高下をも明かにし  演説でもしてもらおうとし  用事を思い出したりし  それぞれ署名をしてくれたりし  訪問しようとし  饒舌を取換わし  腰を下そうともし  横取しはし  書入れとがし  心配なんかありゃし  それぞれ書入がし  こんなに書入がし  眼が、どうかすると細々し  傷がついたりし  口でもって思う存分に冷かしたり、からかったりし  客に押しつけようとし  楽屋口から入ろうとし  支払を受けようとし  女優はわざとぷりぷりし  そのまま買い取られでもし  顔中を明るくし  うまい間違いをし  植字工のし  ふだん懇意にし  あきらめはし  所領に帰ろうとし  一言所望さえし  添物にし  ちょっと言葉を切って、にやりとし  番附だけは、どうかし  拍子ぬけのし  のだと思って、覚えずほろりとし  雪見てをればし  ふるさとは遠くし  水音のたえずし  二つ三つここにかうし  旅人どうし  はかへし  三句水音のたえずし  墓場あたたかうし  緑平老にかうし  銃後天われを殺さずし  六百五十柱もくもくとしてし  水とし  葱坊主ふるさとはちし  墓場とし  墓とし  五歩にし  十歩にし  叙して、繰りかへし  此時はじめて英断をし  其にし  万葉人にし  一団とし  間人老をし  御歌と書かれたりし  贈答せられてゐたとしても、かうし  読み方以外に、かうし  径路を述べもし  言ふべきし  ほおまあにし  力を逞しくし  きりで過ぎたりし  のだが、かうし  点まで、書き分けようとし  ものが現れたりし  両方一つにし  しけは、かうし  其からし  大げさなとり扱ひはし  借金をして、返せなかつたらどうし  身体を弱くし  極致であるとか、まつたくもつて嘆かはし  三日分ぐらゐの話題にし  生甲斐にし  変に狎れ狎れし  時貸しなどをし  まりドッとし  まり頓着もし  胸がワクワクし  君に任しておくとし  指揮などし  物を買って来てくれなどし  口銭取りなどし  ものじゃありゃし  その後始末をし  輿入れをし  貯金がし  丁稚奉公をし  こっちへ来て坐ったりし  コクリコクリ居睡りをし  見栄えのし  殿をし  ボッと紅くし  スッとし  座敷を出たり入ったりし  花嫁さんはどうしたどうし  新吉はにっこりともし  作は後でほっとし  箪笥にしまい込もうとし  新吉はぷりぷりし  のかとはらはらし  そこにうっとりし  被いをし  一日何をし  辛抱さえし  ことじゃありゃし  内儀さんもしっかりし  得意場廻りをし  辛口にし  まさか手ぶらで帰られもし  病気もし  一杯ずつ飲ませなどし  体がどうかし  長湯をし  妊娠でもし  新吉はうっとりし  サアこうし  作もうっとりし  火を消したりし  出遅れをし  芸者にし  己さっぱり行って見もし  ものがちっともありゃし  空笑いをし  気の荒いにはブルブルし  ッこはありゃし  けた顔をし  ッくらとし  前へ敷きなどし  小野なんざとても敵やし  蕎麦を食べたりし  悪いことでもし  マアどっちにし  危いことをし  秘密話などし  質に入れなどし  ようだったら、どうし  大概金にし  綺麗事に行きゃし  髪を結わし  奥もようやくひっそりとし  楽しみもありゃし  恰好もない、ひょろりとし  イヤ、そうもし  真実にせかせかし  ずるずるべったりにいられでもし  部屋借りなんぞし  内儀さんを困らし  脚下へも追っ着きゃし  独りではらはらし  ペロペロと食って、けろりとし  而非笑いをし  空返辞ばかりし  そとし  腰を揉まし  キリリとし  附揚げをしようとし  新さん、どうし  時ちょっと身動きをし  からどうなるか解りゃし  扮飾をし  初七日にでもいらし  なかったが、ただそうし  己とが、どうかし  暇を告げようとし  お前さんは、よっぽどしっかりし  敵やし  ことをしておきゃし  何かぷりぷりし  仕事を始めようとし  夢に魘されなどし  即効紙など貼って、取り散し  ことをさらけ出そうとし  挨拶をして、出て行こうとし  待ちもし  拭き掃除をし  部屋部屋のちんまりし  一台供待ちをし  花簪を挿して、きちんとし  ことなど話そうとし  こっちへ取りし  髪を撫でつけて、キチンとし  晩で、じっとし  別れにし  キッスしようとし  笑はせたりばかりし  壁はくづれかゝつてゐたけれど、青々し  縫ひとりをし  夢をどうにかし  はさうとし  測定はないので、はっきりし  境ははっきりし  自分たちのし  ようにビクビクし  クレグレもおたのみし  屋台骨はびくともし  微力であるとし  政治論議が、往々にし  ことを、はっきりし  クルイロフというがっちりし  階級性のはっきりし  批判はし  雑作なく行きはし  自己批判というキッとし  解説のみで終始し  試験勉強をし  不足には気づかずし  はてしない物語をし  緯にし  此はてし  オヤマア私とし  勞とし  膏光りがし  滯留三日にし  獨身生活をし  數尺にし  薄笑ひをし  聲を洩し  中腰にし  憤怒を洩し  盛裝を凝し  人天三界を照破し  支度などもお調えし  女にはたまらなく思われて、どうし  考えごとなどをし  ことばかり構おうとし  おまえ一人位はどうにでもし  其処から勝手に出はいりし  女のそうし  一人、いかにも物思わし  それに交じって聞えたりし  かくなどにじっとし  ようにでもし  思いのし  抗うような、そうし  自慢話などをし  往きでもし  なりになろうとし  腕からのがれようとし  かぎりのがれようとし  必死にのがれようとし  委員をし  因縁話でもし  部屋を見まはし  案内人にし  距離を段々と長くし  コルク倒しをし  石けりをしたりし  笛を吹いたりし  後を追はうとし  阿片をふかしたりし  一匹おどおどし  年中病気をし  レントゲン写真にし  いふ事にし  怪まれでもし  石に踞し  草裡に落したりし  死様をし  ツマリ自分のものにし  さる歴とし  喧嘩して別れたりし  奈何かし  労とし  滞留三日にし  外僅か数尺にし  盛装を凝し  ことをどうし  仕立物を教えようとし  めんこをし  伯父さんなんか、ありゃあし  ごちそうをし  家へ走って帰ろうとし  しゃる通りに、し  じゅうを話そうとし  それをみがこうとし  うわさを聞いていましたので、どうにかし  さんにし  山もりにし  かざりをし  かざりつけをし  貧乏人にはしんせつにし  おいのりをし  王さまにおたずねし  のを笑ったりし  私にかせいし  ごはんにし  きょうもやっぱり、し  御殿をし  話をしてお聞かせし  ファティマをしじゅう見たい見たいと思っていらっし  私は、ずつうがし  お前さん、もしかし  何週間かかるかわかりゃあし  若い者だってかなやあし  夕凉みをし  てんてこまいをし  ほら穴へ行ってみようとはし  魚を釣ったりし  塀が続いたりし  からそうし  墓参をし  草色をし  辰之助に聞いたりし  丈はすらりとし  手入れもし  家なぞはことにもぱっとし  温泉へ行くとし  双方所思ちがいでごたごたし  悪意はないにし  ふみ江が引っかけようとし  若い女が来たりし  簾戸ごし  お浚いをし  庭ごし  笑声がしきりにし  お茶屋ができたりし  絡繹とし  前に、そうし  時から繃帯をし  声がりんりんし  まり悦びもし  それからむだ話をし  しんこが盛られたりし  評定をし  面と向かっててきぱきし  色気はないにし  師匠さんをし  流連したりし  それこそしゃあしゃあし  いつ見ても何となしぱっとし  秘し隠しをし  道太に尋ねたりし  寝起きをし  世話をやいたりし  附文をし  方へ去らし  そんなじゃないなんて、ずいぶんよくし  厭やし  お寺詣りするにし  まりけちけちし  商売するにし  水を汲んできたりし  褞袍を借りて着たりし  咽喉を悪くし  単衣に、ごりごりし  絹ははきはきし  指ざしし  帳づけをし  廻しにし  たんびにおひろを女房扱いにし  道太のうとうとし  障子を持ちだしたりし  ゃらして楽をし  とこへ納まったにし  前から苦にし  姐さん冠りにし  道太に見せたりし  道太はそんながりがりし  一遍おまいりし  心持にうとうとし  一度しか音信をし  毛色を異にし  見送りはし  匆をし  道太が思ったよりさっぱりし  絹が来ておりはし  ちょっとお辞儀をし  朝まではどうかし  イタズラはし  夜中にどうし  親に打ちあけて何とかし  モテナシをし  十郎を見るとソワソワし  夜逃げはし  五郎はムズムズし  五郎はガッカリし  引ッこぬいたり、動かしたりし  著述若しくは飜譯をし  揺かし  礼もし  巡撫にし  国計を決すとし  言葉で何かとおたずねになったが、やや暫くし  杖で敲いて殺さし  手に入れて乗ろうとし  山へ登らそうとし  財産を奪いなどし  鎔かし  灌がし  臭い匂いをし  輪に登らし  烙をし  良人を殺さし  怒りで泣き叫ぼうとし  ぼうけんをし  きょうまでにし  向うに青々とし  そこらじゅうを歩きまわったり、寝ころんだりし  晩ごはんをこしらえようとし  すきもありゃし  王さまにさし  土地を買って、小ざっぱりし  みんな忘れてしまおうとし  風の音を聞いたりし  お酒を飲んだりし  うちに、ぼーっとし  私は、どうにかし  ロックがこわいので、じっとし  ぼうけんがし  だれもいないで、ひっそりとし  色をしていて、し  ところで、ぶらんぶらんし  くるくるまわされたり、つねられたりし  夕ごはんにし  いつものように夕ごはんにし  私どもをつかまえようとし  私どもは、たべたり、休んだりし  仕方がないので、じっとし  ほんとうに、どうし  仲間を、のもうとし  なっちゃ、もうどうし  それをたばにし  島へ、おき去りにし  それぞれお金もうけをし  歩きもし  ふうだけし  ふだん仲よくし  のか、聞こうともし  ねずみ色をし  そこは、青々とし  中にじっとし  ところへ行けますし、したがって、し  からを破ろうとし  りょうりをし  上を見上げると、まあどうし  石を落そうとし  人をおろそうとし  おじいさんは、おりようとはし  肩からおりようとし  歌をうたったり、おどったりし  まんま、起き上ろうともし  へんしんせつにし  悪いことなんか、し  んです、どうし  死ぬ用意をし  目に、青々とし  しずかに、広々とし  方へ引っぱっていこうとし  貧乏人にほどこしをし  ことわりがし  へんていねいにし  さようならをし  話とを、お聞かせし  朝堂々とし  馬鹿にはし  平生から口を酸っぱくし  選挙法はし  花で埋ずまっているので、どうし  黒板にし  偶然によってではなくて、はっきりし  特輯をし  人が、ああもし、こうもし  記念像とし  翻訳をしたりし  舟を見送つたりし  人たちと親しくし  本を借りて廻し讀みにし  紹介されもし  マアテルリンクにし  手傳をし  混亂にし  隅で撮らし  扁桃腺を腫らしたりなどし  影を薄くし  私は時々見かけたりし  又貸しをし  私は又し  手下げラムプをし  竪にし  事を忘れはし  心持ちをし  褐色をし  それを弾かうとし  軽蔑さへし  香りは又し  彎曲にし  気くばりをし  犠牲になろうとし  意気な、きちんとし  赤んべをし  一つ話をし  夫婦約束までもし  車に乗せられたりし  婦女子等をし  姿さえ拝まし  時には、思わずぞっとし  看守をし  戦慄を新しくし  投ったりし  残忍をあえてし  その男はおずおずし  夜じゅう、ああし  看守が来て、動かずに腰掛けてじっとし  っぷりもしっかりし  せいか、ごくおとなしくし  どこに、どうし  僕は本当にどうにかし  今後もまだ続々とし  獄死だけはどうかし  のを実にし  説法はし  なう振りをし  話もし聞きもし  それから二年ばかりし  収賄をし  細君が、何とかし  一つ是非回向をし  沈欝らしくし  経でも読まし  きみはありにし  ブラ下つた琵琶は鳴るとし  慈愛はどうし  往還を白くし  十二老いたる者をし  ことを忘れゐたりし  嘆きもし  ポプラがヒラヒラヒラヒラし  シロップでも飲まう冷たくし  脇見もし  人ッ子一人ゐはし  赤んべえをし  注意しないとし  こともできぬが、どうかし  ために凍へ死にをし  一人をし  頭はし  文学にし  善事をし  発表するとかし  三倍もあつたとし  これはどうかし  伝記に或苛立たし  現実主義的に生き生きし  デカダンとし  獅子吼をし  ら本体を露し  度たび隠れようとし  馬脚を露し  シヨツクに欺かれはし  面目を露し  戦闘準備をし  だれも信じようとはし  のも、もっともであり、そうし  これはしっかりし  中でじっとし  ように大きくし  気分が悪くなりはし  中におっこって、どうし  三回おなかをふくらませたりまた引込ませたりし  上はぬるぬるし  下から、はねかえそうとし  組附いたりし  姿がはっきり見えていたとし  わしが、ありもし  その後を追おうとはし  においであるかを知ろうとし  上等にし  妙にぴりぴりし  ぎーぃと音がし  正気にかえったとはいうものの、ぐったりし  いま元気にし  立上ろうとし  僕、おどろいたりし  今こうし  ボートにし  うまいのは、どうし  首をもち上げようとし  目をこすろうとし  ものを、むしり取ろうとし  話は、しばらくし  時彼はひやりとし  しゅうしゅうと音はし  僕、逃げたりなんかし  丸木のこえがし  急に、そわそわし  丸木さん、一体どうし  店をとび出し  千二は、じっとし  ですよ。もし、死んでしまったら、どうし  店にとび出し  表へとび出し  それまでは、じめじめし  怪我などをし  千蔵さんがどうかし  ひとり合点をし  いくら注射をし  氷ぶくろを持って来たり、こまごまし  輸血までし  火柱は、一体どうし  外に出ようとし  新田さん、どうし  ことは、ありもし  新田先生は、しばらくし  会いにいくことにし  なにかしらぞっとし  新田先生は、恐し  日を、なかなか言おうとはし  ことを聞いても、なんにもなりはし  ことを願ったりし  口をかたくむすんで、語ろうとし  新田先生は、どうかし  ため居残りをし  一言一句も聞きもらすまいとし  怪人丸木にし  火星人にし  あれは、どうかし  話をくわしくし  佐々にいろいろと、たしなめられたり、たのまれたりし  濠端をとびとびし  からだの大きな、そうしてきちんとし  衝突でもし  自動車がこれからどうなるかと、はらはらし  だんだん椅子を高くし  上をのぞこうとし  ことについて、話そうとし  今地球に迫りつつある、恐し  数字までが恐し  ため地球がぶち壊されても、何とかし  死ぬ気もし  まま、動こうともし  大江山課長は、はっきりし  笑い出しはし  のか、もじもじし  大江山課長は、どうし  思い入れをし  縄ばりをし  課長は、どうかし  衝突が起っても、何とかし  それを考えると、じっとし  問題だと考えたので、何とかし  姿をあらわし、そうし  ボートであるとし  ため、ありもし  鍵をかけないで、あけ放しにし  全滅を、何とかし  場所がありはし  交通違反をし  丸木がどうし  怪人丸木は、一体どうし  断定をし  君、どうし  のは、一体どうし  おみやげをこしらえようとし  場に押したおそうとし  ねじふせようとし  恰好だが、びくともし  二人は、組みついたり、離れたり、うちあったりし  ざぶりとあびせかけられたような気がし  そこまで見ていたとし  ただちに自ら指揮をし  食人種になりはし  前おきをし  中を見ようとし  先生、どうし  千二君に恐し  いじめられたりし  ため、しっかりし  反響がし  一そう用心をし  先生をそうし  目玉がとび出し  ものがぶらぶらし  足に似ていて、ぐにゃぐにゃし  蛸にし  のであるが、ふと気がついてみると、もうぐずぐずし  地球は、遠からずし  取調をし  刑事巡査は、ほっとし  怒りは、なかなかし  考えちがいをし  むちみたいなものを手にし  博士をおひきとめし  報道禁止にし  ものとすれば、何とかし  前で、もじもじし  玄関からとび出し  佐々のとび出し  刑事は黙ってとび出し  外にとび出し  前をすりぬけようとし  崖下を、うろうろし  それを聞こうとはし  おれはし  みなさんにおあずけし  先生こそ、おとなしくし  先生を、何とかし  丸木は、ぎょっとし  はい出さなかったとし  手当も、早くし  災害を与えはし  銃殺にし  年はどうし  ようがし  腰を落着け、のうのうとし  これは何とかし  正体が知れないのでし  鳥か、はっきりし  何であるか見きわめようとし  岩角から現れたりし  ことだけは、はっきりし  やつがぶらぶらし  一大発見をし  すき間を作ろうとし  話声からし  光をあびせかけられ、はっとし  場にはね起きようとし  場合、何とかし  人を乗せるにし  丸木は、むっとし  下に組みし  時以来、どうかし  ことで、ぐずぐずし  上、ぐずぐずし  ところを、し  先生は、ぐったりとし  まま身動きさえし  丸木に叱られでもし  後さがりし  変装したりなんかし  千二少年はどうし  ところにぐずぐずし  ため、ああし  奥から、そろそろと這出し  ゅうひゅうという声がし  横飛にし  ような、恐し  上は、何とかし  もの陰から這出し  大変はっきりし  あべこべにし  時そわそわし  練習を積んだりし  ハンドルは、どうし  ぐうぐうという音がし  穴を飛出そうとし  火星人はどうし  出入口まで行ったが、どうし  扉がぴたりとしまっていて、あけようとし  宇宙旅行をし  今はもう、ぐずぐずし  大惨事を思い、どうかし  新田先生にし  ゆっくり丈夫にし  これを信じようとはし  報告には、おどろきもし  ように飼われたりし  石けりをし  そ知らぬ顔をし  風もないのに、どうし  ますます火星人をし  後へふり向こうとし  ためにうまくし  勢いで通り過ぎようとし  ゴムだこは、どうし  かい、それでどうし  ことは、わかりゃし  火星人を生けどりにし  はらわたなら、ぐにゃぐにゃし  子供なら、やはりぐにゃぐにゃし  軍隊を向けるにし  宇宙にとび出し  小屋がけでもし  博士は、どうし  途中で、し  先生はしばらく、ぼうっとし  ところを打とうとし  のが、とび出し  足をつけたりし  感心ばかりし  気みじかで、ずけずけし  日が、いよいよ近づきましたが、どうにかし  手あてをし  新田先生はむっとし  上に、きれをかけて暗くし  水につけたりして、一体どうし  火星人はさらにいきいきとし  火星人も、気づかれがし  そうにぱちぱちし  反対をし  まりかわいそうなので、何とかし  警告放送をやったりし  対策を考えようとし  ここで何とかし  誰にも知られたり、じゃまされたりし  地下道がひろびろとし  腰をひくくし  こととは知りながら、またし  電球が、しきりについたり消えたりし  博士、どうし  スイッチを、再び入れようとはし  植物であったとし  まっ青にし  興味のつきない、恐し  あまり、今にもおどり出し  ことに使おうとし  中に、何とかし  放送をし  ポンプは、し  へんにぐにゃぐにゃし  彼はそのぐにゃぐにゃし  さで這出し  そこでは、どうし  火星人となろうとし  少年を喜ばせたり笑わせたりし  逃出しもし  中からあけようともし  あと十日ぐらいし  各国も、こうなっては、にらみ合ってもいられず何とかし  今から寄合をし  目附はし  形はし  力を貸そうとはし  ぎいっと音がし  放送を聞こうともし  月がどうかし  今は、このくらいにし  異常運動をし  その間何をし  一つもありはし  先生はぎょっとし  ぱさっと音がし  ぱかっというような音がし  こっちでも、し  新田先生、たいへんめずらしいが、どうし  勢ぞろいをし  ゅうっ、し  がやがやおしゃべりをし  ようですよ。どうし  火星兵団がし  まわりを、かたづけて出ていこうとし  顔色が悪いが、どうかし  そばへ、かけよろうとし  損害とは、どうし  部屋をとび出し  作りかたをし  たまが、ふらふらとし  魚雷を大きくし  どこから、とび出し  ゴム管が、どうかし  気がはっとし  冷却管がどうかし  話はそのくらいにし  博士は、はっとし  新田、どうし  引放しにし  かじをとってにげだそうとし  千二も、しっかり見張をし  空中衝突をし  衝突はし  丸木艇は、うろうろし  正面衝突をし  うつる像を大きくし  ものがとび出し  声がとび出し  それを助けてやろうとし  ちゃんと、ああし  千二が、おどおどし  丸木艇はどうし  ぼくは、どうし  から、きっと持っているとおもうが、はっきりし  増幅器を加えたりし  休息をし  もっと深くし  われわれは、かくごをし  仕方がないと、かくごし  ようだが、どうし  がたを、し  刑事はどうし  人は、どうし  大江山隊は、どうし  ように、いつもびくびくはらはらし  ぞうっとし  もっと元気にし  モロー彗星につきあたられたりし  それを知っているとし  蟻田博士のこえがし  二人ともめそめそし  楽をしようとし  かたを教えたりし  のがのろのろし  衝突なんかし  旗あげをし  ガラスが、どうかし  ために捕えられはし  気ぜつをし  ぶとをつけたりし  からとび出し  うつ用意をし  先生とは、どうし  うちに、し  蟻田博士はどうし  蔓が出て、にょろにょろし  勝ち負けはもう、はっきりし  ようにしきりにとんで、少しもじっとし  丸木は、いよいよとんだりはねたりし  案内もし  千二をとらえて離そうとはし  ひとこと話をし  岩石にあたったりし  ばりをし  割目でもありはし  つけに従おうとはし  気もちはし  ていねいにし  日が来ているのに、泣いたりし  歩いていこうとし  前に、とつぜんとび出し  ことばをつごうとし  蟻田博士が、しんみりとし  うごこうともし  三世を歴し  不可能ではないにし  室を共にし  交通にめぐまれているので期せずし  精にし  粛とし  卜をよくし  首を斬ろうとし  一時茫然とし  礼を重うし  本国へさし  仁をし  ことも忘れはし  回礼に行かねばならぬが、どうし  今朝から腹痛がし  不審顔をし  背を払ったりし  都督とし  副将とし  癖がありはし  それにはどうし  鎗を舞わし  かねた態をし  救いに出ようとし  将士を数多うし  お力をもってし  喜泉なくし  肚を、観破し  諫言はし  方々からし  陣へ使いし  けが、聞き流しにし  心地もなく、おどおどし  張飛はらんとし  ことなども、見よがし  行動に移ろうとし  鼻から息をし  使いから帰らなかったりなどし  樊城へ使いし  進退は、どうし  南侯水軍大都督とし  刺史にし  官人にし  報告に接して、初めてほっとし  太守関内侯とし  百姓たちはどうし  艱難を共にし  趙雲は、どうし  あとを追って行こうとし  兵がうろうろし  安否をし  まま逃げ走ろうとし  趙雲がお護りし  橋板へかかろうとし  曹操を刺し殺そうとし  装備をし  游を共にし  呉をし  遠大にし  のをそらだのみにし  門出にも、お会いし  智慧を試みたりし  潰走はし  の愚をし  富強にし  主君をし  宰相たりし  珠とし  旅舎からちょっと沙汰でもし  壮挙にあらずし  周郎周郎と持てはやしたりし  妃とし  われわれ臣下の子孫をし  君臣をし  聴く者をし  歯がみし  呉軍大都督とし  自信をお与えし  味方ではないにし  君をし  自分から云おうとし  二者にし  挙は見合わせたにし  欣舞雀躍はし  もてなしはし  御名こそ、かねてお慕いし  将もはらはらし  ふたりは、ほっとし  便りとし  家畜とし  世界的発明をし  それはぐずぐずし  科学小説にし  生物がすんでいるとし  人がすんでいるとし  発達しているとし  刑事達を見廻わし  女はけろりとし  においなんかし  附根からでも切り離そうとし  姉が悪いにし  遊びに連れ出したりし  心配でならない、何とかし  ブリッジなどし  月程し  グルノウ療養院に勤めたりし  病院勤めをし  逃げ隠れたりなどし  用事が出来て書きつづけられなかったりし  私も行くとし  力でよくし  ちょっと人々を驚かしたりし  ルウス・ジュッドが割り込もうとし  手を握ろうとし  叩き返したりし  寝台はきちんとし  ルウスはけろりとし  ようにしたりし  何処かにじっとし  素人探偵がうようよし  部屋を出て行こうとし  椅子にじっとし  ことを聞き込んで、ああし  居所を明かそうとし  突き出したりなんかし  良人を見附けて、にっこりし  係に幾らか掴ませでもし  読物にし  一言お訊きし  四日間何をし  コンパクトを貸したりし  度びに、ぎょっとし  ペンを握らし  電話帳を借りて、ああし  罪を軽くしようとし  怪我などし  二つ法廷へ持出されたりし  端を巻いたり解いたりし  騒然とし  裁判長はにっこりし  パアマネント・ウエイヴをかけたりし  壓さむとし  あちこち行ったり来たりし  さにふらっとし  外に、し  御用でいらっし  蝶々とし  身も心も向け切りにし  本当でないとし  助産婦見習兼看護婦をし  幾分損をし  立候補すらし  極秘にし  誰彼にもいい触らし  慎重にし  もと助産婦をし  床を同じくし  化粧栄えのし  何かぎょっとし  弁護をし  かな暮しをし  もん喰わし  千恵造に伝えようとし  形容詞が適わし  外は、余りパッとし  のっぺりとし  慰めもし  かね/″\気にし  他人名儀にしたりし  権右衛門にかみつこうとし  のであると思う様にし  本舞台にさし  千恵造がし  百万長者にし  荷車挽きをし  何れは戻って来るにし  のを見ては、さすがに、ほっとし  方に行こうとし  儀にし  勝逃げし  外で待っているなぞ、ついぞし  咄嗟に逃げようとし  花子だとし  身固くし  張り出しをし  から博奕をし  一本も振舞ってやったりし  首をかしげている、それだけなら往々にし  旬日を出でずし  心配までし  空入札をし  金を作るにし  上に乗ってみようとし  玉を抜こうとし  産婆をし  勧誘員をし  三亀雄はほっとし  天下茶屋に小ぢんまりとし  千恵造はし  千恵造にはむしろ適わし  闇取引をし  令をし  試みに闘わし  役から逃れようとし  取りたてもし  成は困りぬいて死のうとし  卜をし  唇が閉じたり開いたりし  蟆が今にも躍りあがろうとし  それを捉えようとし  翅をし  子供は驚いて捉えようとし  腹が裂けて、しばらくし  日がもう暮れようとし  終夜まんじりともし  脛をし  許へさしだそうとし  ためしに闘わし  虫あわせをし  値を高くし  虫であるからおかしくて噴きだそうとし  少年は強いて闘わそうとし  なんにもならないから闘わし  闘いをよさし  つっつこうとし  それを振り落そうとし  虫と闘わし  鶏と闘わし  それぞれ闘わし  教官にし  贈物をし  自己弁護をし  梯子を下りようとし  のかを考へたりし  彼に話しかけたりし  言つて頬笑んだりし  傾向詩を書いたりし  噴火山を露し  力を与へようとし  中にも現れたりし  どん底に落ちようとし  彼と話したりし  自叙伝を書いて見ようとし  彼に話したりし  闘はうとし  胴震いをし  黙礼をし  私に判っていたとし  夜ふけ、突如とし  受影をし  事件に気がついてハッとし  アナウンスをし  姐さんと呼んだりし  集つてバクチをし  被害が少いとガッカリし  ことも憎みはし  ぱいつまつてゐるやうな気がし  笑はせたり、怒らせたり、悩ましたりし  逆上したりし  ぐつたさうな顔をし  可愛がつたり可愛がられたりし  今度はうんと困らし  人垣を打ち破って通り抜けようとし  雨に叩かれたりし  吾平爺がそうし  のかもし  ほうへ近寄ろうとし  仕方なくじっとし  声を聞こうとし  妊娠はし  堕胎をし  そうまでし  吾平がいかにし  脚本にし  方からこうし  道具とし  体当りをし  ひとりさまようにし  血など有りはし  爆撃にはビクビクし  声が高くなったり、低くなったりし  外にじっとし  みんな怪しんで、どうし  文芸論をし  一本まはし  明煌々とし  眼ぶちを赤くふるはし  二ヶ月程し  聞へし  申候間、し  迷惑をお掛けし  お金を更に支払おうとし  のではないか、という頗るぱっとし  私が、もそもそし  そこは、はっきりし  心構えをし  竜にし  きょうこそは、しっかりし  キッカケにし  上でもたちまちにし  けが現代にし  いま夢みてゐたばかりのごたごたし  昨日の生き生きし  私はしばらくどうし  ぼんやり散歩をし  空想させたりし  書入れをし  口實にし  注意をそらしはし  校正したり、書き直したりし  終つてからにでもし  やうにじめじめし  心臓が苦しくてし  作品がいかにし  中庭を横切らうとし  嘗つて聞いたり嗅いだりし  實在はし  僕が生まれなかつたにし  影を落してゐるにし  妙にがつかりし  口唇を蒼くし  哄笑を揺すりあげながら、言い合わし  御所存ばし  水野出羽守は、いつもと同じせかせかし  合点合点をし  俗塵離れのし  面白そうににっこりし  年の変ったゆったりし  胸を軽くし  一同が、ほっとし  いじめにかかろうとし  時間を与えようとし  出もし  世の中はのんびりし  ちょっと森閑とし  変にねっとりし  掻き立てる役目をし  質両替油渡世をし  のを拾ったりし  一つ、何とかし  分別臭い顔をし  口びるを白くし  みなぽかんとし  あとを追おうとし  協力して、停めようとし  ばたばたと続こうとし  雑談でもし  拙者も、いささかぎょっとし  しっくり焼きついていて離れようとし  切り盛りをし  台所に立って、ぽうっとし  騒動をし  それぞれ喰らいついて離れようともし  奥へ通ろうとし  彼は、どきりとし  ひとり留守番をし  壁辰をし  男だけにきりっとし  親分らしく、ゆったりし  眼にかかって、お頼みし  足停めし  儼然とし  てめえ今日はどうし  口をふさごうとし  ほうはひっそりし  拙者をし  渡世こそし  命を取ろうとし  一伍一什を立ち聴きし  心底のさっぱりし  お父つぁん、しっかりし  低頭をし  見えでござんし  一人ぐらいしっかりし  ぁん、どうし  奉公人は遊び呆けているのに、ああし  屋台骨は小ゆるぎもし  きょう棟上げをし  腰を上げて帰ろうとし  端ごし  障子をしめようとし  部屋へ逃げ込もうとし  心もちは、ちっともおずおずし  一たい全体なにがどうし  これ幸吉どん、しっかりし  酌で、さしつ差されつし  者を強くし  助を召し捕ろうとし  壁辰はにっこりし  はじめから、そんなはっきりし  気もちから、ああし  ほか何もし  ような、わくわくし  十重二十重であろうと思うと、かれは、起とうとし  妙は、ニッコリし  助へ打ち掛ろうとし  町家ずまいをし  容易と捕られもし  居どころを言おうとし  世間ばなしでもし  十手をひらめかして打ちかかろうとし  金山寺屋の取りなしで、ああし  家にこうし  挨拶して下さいまし、わっし  黒門町さんなんか、はらはらし  絃が困りはし  そこはよくし  絃のまえに、ああし  橋わたしをし  毎日こころ待ちにし  手腕だが、とにかく何とかし  のだから、何とかし  四十余りのでっぷりし  伸び縮みをし  筋骨隆々とし  年をしながら、ああし  文字通り首にし  更えをし  いたずらにし  はいれと言われてはいりもし  妙にぬらぬらし  行燈に照らしてよく見てみようとし  五のちょいとし  雉子ばし  書き入れをし  屋敷内はひっそりとし  顔なんか、ありはし  はいろうともし  これ以上大事にし  めえし  お前さん、こうし  上へ持ち上げようとし  そのまま相手を引きずりよせようとし  磐石のごとく身じろぎもし  ところ釣りをし  風呂敷包にし  登城をし  ところをいったり来たりし  蓋がし  有形にし  衛ろうとし  張りにし  短冊を散らし貼りにし  おさむらいにし  三人首にし  丹ちゃん、にやにやし  誘いに乗ろうとはし  釣りなどし  四番首にし  独りつくねんとし  白眼みのきく顔をし  へんにねっとりし  最中に、又し  首を渡しはし  長岡、どうし  微動だもし  忠相はニコニコし  時そのままに、ああし  身動きだにし  縁側へ出ようとし  忠相をし  六がまた、何とかし  往来もし  年増がどうし  助が、うっとりし  何のたのしみも、おありになりはし  唯一つの目あてに、ああし  近藤相模守には、ああし  額部を蒼白くし  返答ばし  皺を刻んでにっこりし  陰聴きをし  めエし、並んでじっとし  相手方へ洩れはし  顛倒しているらしく、おどおどし  妙は一層オロオロし  客さまだと、にっこりし  妙を引き寄せようとし  そばから言葉添えをし  庵やきもきし  二月も泊ったりし  ア先生、お頼みし  身代りに送り込もうとし  下谷へ行くにし  場を濁そうとし  五人は、言い合わし  先生と斬り合いになろうとし  わたしも、あんな呑んべえには飽きあきし  幕だけれど、あんまりパッとし  自宅へは立ち寄らずに、ああし  全身を躍らし  築山を廻って消えようとし  上で、おろおろし  訳で、実にどうも紛わし  首を出したり引っこめたりし  介抱もし  意志を洩し  心持で読みなどし  苦面をし  金属細工をし  好意で引いたりし  入道雲のむくむくし  藍色が伸びたり縮んだりし  私につとめて微笑んで見せようとし  小さな沢が食いこんだりし  ようになったら、どうし  名を呼んだにし  こっちを見向きもし  中をぶらぶらし  しりがし  ものが光ったりし  いま手入れをし  さっき彼女がそうし  私を遮ろうとし  庭へ引っぱり出そうとし  危かし  疲れたというよりも、うっとりとし  彼女とし  僕達の暮らそうとし  お前がいつもそうし  顔を向けようともし  前屈みにし  ことかかって横切ったりし  食事にし  もう少し細目にし  八ヶ岳の大きなのびのびとし  生れでもし  無理に言い出そうとし  看護婦長がせかせかし  ように言ったりし  私達が共にし  ものを若し取り除いてしまうとし  女と共にし  のを、うっとりとし  側室へ寝に行こうとし  ことを言おうとし  とき何を言おうとし  胸を衝かれでもし  裡ではっきりとし  燃え出しでもし  気をもんだりし  呼吸を速くしたり弛くし  共にし  私も思わずほっとし  手つきを真似たりし  見立て合ったりし  ことなどを話して聞かせたりし  小走りにし  寝返りさえ打たずに、じっとし  私も息苦しいほどじっとし  私は思わずほっとし  二つ三つ強くし  まままんじりともし  何度となく降ったり止んだりし  それを聞くまいとし  いままでずっと忘れていたのに、ひょっくり思い浮べたりし  中へはいったりし  耳に聞いたりし  人が出たり入ったりし  中に見えたり隠れたりし  ために、思わずほっとし  自分に向って言って聞かせたりし  なぞえにし  腰かけたりし  恐れでもし  それからバルコンにまで出て行って見たりし  案内役にし  ことを、どうし  いま仕事はし  横向きにし  毛布などを直したりし  感じでもし  軽はずみから一瞬に打ち壊してしまいでもし  犠牲ともし  父に押しつけ合ったりし  いつか往ったり来たりし  快活に、つとめて気高く生きようとし  彼等が得ようとし  完全に得られたにし  上で、いつもし  指で叩こうとし  様子をしばらくは唯もじもじし  手を着けようとし  自分を促しでもし  病人がもじもじし  何をしようとし  落葉のし  それにはっきりし  いつまでも動かずにじっとし  相談し合ったりし  けが現実にはみ出しでもし  事なんぞちっとも考えてやりはし  上から、にっこりともし  ノオトをすっかり読みかえし  ノオトをそのまま片づけようともし  まま動こうともし  頃になって、どうし  蛾を逐いのけようともし  私は思わずぎくりとし  父のがっしりとし  私に抗おうとし  鰥暮らしをしようとし  恰好のよい小ぢんまりとし  傍に戻って来たりし  立てはし  雪解けがし  谷までさしかかると、思わずほっとし  何か聞き違えでもし  それから雪解けのし  とき不意とそんなむしゃくしゃし  さわっていはし  ままもう少しそっとし  谷じゅうをと見こう見し  何か云いつけに立って行ったりし  信者を得ようとし  一度も振り向こうとはし  助力はし  村から雪明りのし  もう一度見て見ようとし  雪明りのし  ためにはし  遠くでし  風の音をわざわざ聞きに出でもし  例外とし  しまつたりし  ように、ああし  太陽までが、うっとりとし  家来にし  さくら一盛り迎へ送りし  原始生活をし  代用教員をし  農家すらなく、まったくただひろびろとし  夫婦に打ち開けると、そのホッとし  心外であり、嫉まし  どこへ泊ってきたかね、などとニヤニヤし  のは、と訊いたら、そうでもないよ、とニヤニヤし  心掛であるからビクともし  もの、そわそわし  ひそかに憎んだりし  のだろうか、と考えてみたりし  別に差別はし  学務委員などをし  親父をこまらし  彼はにわかに後じさりし  物を盗ませたりし  ことを急ごうとし  文字というはっきりし  ことは分っているが、そうにでもし  語気からし  入院したりなんかし  応接室に通さし  調子をゆるくし  話を引出そうとし  打振ったり引きずったりし  ほっこりとし  心を軽く憤らし  心さえしっかりし  堕落はし  気を揉みもし  冗談にしてしまおうとし  私に聞き返されて云い直したりし  ことをすっかり打明け合って、さっぱりし  松本さんに話せはし  幾度逃げ出そうとし  心配さしたりし  私ほんとにどうし  今考えてもぞっとし  庭に出てみたりし  自分でもいくら考えても分りませんが、ほんとに恐ろしくてじっとし  そうにそわそわし  間黙り込んだりし  私むっとし  室に寝かしたりし  晩一眠りもし  覗きにいらし  私知らん顔をし  前に押し寄せてきたりし  腹を立てでもし  一周半ばかりし  立腹でもし  一つぽつりと咲き残っていたりし  私何だかさっぱりし  何かしらじっとし  地面に転がったりし  自由なのびのびとし  一つ取って来たりし  今迄匂わせもし  私喧嘩をし  それから何だかごたごたし  彼女はぎくりとし  そのまま瞬きもし  頬ずりをしたりし  意識さえしっかりし  場の空気はごたごたし  痙攣さし  あなたに隠しはし  世話するかし  会社のごたごたし  布団を敷かし  気持からし  見出しはし  側に坐らし  汗をにじまし  落着いたしっかりし  女を清くそっとし  恋愛論をし  私はふと思い出したりし  女だったとし  露わな眼付にぎくりとし  杯をさしたりなんかし  ことを思ってはし  飜訳などをし  煙草とを止そうと思ったりし  二階にし  返辞がし  洋食屋へやって行ったが、どうし  念にわくわくし  私は長く待たされはし  隙に乗じようとし  もの何もありゃし  愛してるとし  頭を押えながら、それでもなお縋りついてゆこうとし  交際さし  ふいに飛び上ろうとし  私びくともしやし  ことだかははっきりし  一つ、或る漠然とし  風に、何等はっきりし  何だか嫌で、ぐずぐずし  中のこまごまし  中を歩いたりし  立上って出て行こうとし  他の漠然とし  我を忘れて飛び立とうとし  媾曳をし  頭なんかに泊り込んだりし  僕も隠しはし  邪推はし  もぐらつきはし  前から河野さんとは親しくし  から私はぎくりとし  真正面から受け容れはし  一度もはっきりし  所へでもいらし  先へ滑ってごたごたし  風を装ったりし  ように見向きもし  遊びごとをし  方を窺ったりし  小布を弄ったりし  愛撫したりして、泣かせたり苦しませたり喜ばせたりし  変におずおずし  胸勘定したりし  友人に借りたりし  背を向けようとし  前を避けようとし  一つ身震いをし  室を出て行こうとし  遁れようとし  俊子に尋ねもし  金を拵えようともし  手に入れようともし  こともないし、はっきりし  先程からいらし  心にぎくりとし  奥さんにだけお逢いし  朝いらし  松本は暫くし  自分自身を見出した、と同時に、或る広々とし  何かで読むか聞くかし  方を見向きもし  自ら茫然とし  から気にし  気になりはし  演説会をしたりし  若い同志達に笑われたりし  尾行をし  ように別れて、オドオドし  警察へし  署長はもう出かけようとし  広告によろうとし  彼が、そのじっとし  振り仮名をし  書物を入れてやったりし  振仮名をし  同志はどんなにし  わがままをし  彼をしきりに説き伏せようとし  こと聞いて働くにし  健康を悪くし  下ごしらえの手つだいをし  一人きりにし  お母さんがし  支度もし  夜更かしをし  わけを聴かし  ことをいつたつてし  母さんのし  お母さんだけを責めようとはし  あたしのし  おやすみにし  書き方にし  帝都隠退興行までし  日を定めて語ろうとし  誤謬なく書残しておこうとし  帰り仕度をし  一座をし  面差しをし  次の間で焼かせたりし  財袋だけ重くし  明星とし  急造女優は消えたり出たりし  思立ちかも知れないが、そうし  役者を止めようとし  商売とし  嘖々とし  外へ出ていてし  血書をし  断りをいったり書いたり、謝ったり、悦んだりし  渡航をし  みんな空しくし  人気があったというだけにし  大女優にし  仕分けなどし  川上にし  彼女がつくらずし  養母とし  ピンとし  芸妓にはし  意見はし  巍然とし  似合ぬし  舌を巻かし  玉突きをしたりし  束髪にし  だらけにし  旗上げをし  種々話をし  平静であろうとし  素人になるにし  共稼ぎがし  夫とし  根拠地にし  落成しようとし  ありがちな、ほっとし  子まで産まし  聴入れはし  ようになると、またし  洋風建築の小ぢんまりとし  手興行をし  島かげを見付けてほっとし  餓をし  対手にはし  笑殺され、見返られもし  広告はし  潸々とし  食を共にし  燦とし  印刷されたりし  法とし  悪戦苦闘して、切抜け切抜けし  貴女は、愛されもし愛しもし  あなた、起きていらつし  パパそこへ立つていらつし  云つて來やし  寄宿舍生活をし  云つても、乾いたばさばさし  一二册自費出版をし  人家の遠いぽつんとし  部屋に遊んでゐたりし  徹男さんいらつし  接吻もし  からいらつし  伊豆めぐりなどをし  想つてみたりし  知つて知らないふりをし  ぎくつとし  何度も讀みかへし  たか子はきりきりし  吐氣がし  ひとは忘れはし  別れはし  波は何とかし  つて、ああし  もつたりし  手へ握らし  俊助へ投げかへし  夫婦がかうし  別居をし  人々が、往々にし  ところも往々にし  肉食妻帯をあえてし  とある方が正しいとし  法師にし  寂居し  乞食するにし  修禅するにし  夫婦をし  語が往々にし  場合には、往々にし  地祭をし  万歳に出たりし  考証からし  浄行僧をし  捕方を勤めたりなどし  自利にし  功を積みたりし  声聞師部落にし  一時そこから勤仕し  考説にし  神輿をも舁いだりし  衆中から使役しようとし  唱門をし  町屋に続かずし  厄介者を移らせたりし  裔にし  地名にあらずし  中尾町たりし  地名だとし  起原とし  十分明らかにし  婦女子には往々にし  唱門師にし  徒からし  傍例からし  それらをし  使役しようとし  露文和訳をし  騎士になって上げて下さい、ね、お拒みなさりはし  ロシア式刺繍をし  裁断をし  これ以上立身をし  はにかみ笑いをし  用がありゃし  洋館まがいになんかし  日本間にし  仕様がありゃし  縁とりをし  髪をもしゃもしゃにし  何ぐずぐずし  口過ぎさえし  エーゴルが仕上をし  目を通したりし  接吻したりし  ステパノヴィッチは暫くもずもずし  論判をし  通り、騙しゃし  横になろうとし  異ない、と初めて確りし  古本屋によったりし  駈落ちをし  おならをし  感じにし  欣幸とし  今これだけし  なほ更仏頂づらをし  僕にかへし  文人趣味を喚び起さるるは既に述べし  一粲を博せし  心あたりもなかつたので、思はずさう訊き返さうとし  度忘れをし  森野は考へられもし  世話をしようとし  つて凜とし  バアにし  それはもう、し  手を握つたりし  何も解りはし  嫉妬でもし  嗤つたりし  足どりをし  気分などを悪くし  堀田を忘れでもし  前で口説いたりし  酔漢とを避けるわづらはし  却つてあたりを物淋しくし  片隅に現われかけては消え、また現われかけては忘れられ、やきもきしたりし  窮して、うろうろし  ゆっくり読みかえし  もう一度、読みかえし  いやになって、なんとかしなければならぬと、ただやきもきし  気がして、このとし  芸術として考えようとし  透き写しをし  旅行でもし  ゆっくり旅行でもし  一度もお逢いし  誠実と置き換えようとし  矢鱈に売込もうとし  傲慢をごまかそうとし  同情を得ようとし  君は、ありもし  上野駅に駈け込んで、どもりながら、し  思いで、ただ、うろうろし  計算ばかりくしゃくしゃ書き込んでは破り、ごろりと寝ころんだりし  事は、たいへん堂々とし  しょうが、し  手紙を持って、うろうろし  のかしらと、このとし  さきから首肯いたりし  一つ失敗をし  しか二十円お借りし  不義理はし  あてにはし  倒立ちでもし  きょうあたり会計をし  さにあこがれて、どんなにじたばたし  ようですから、少し、ほっとし  温泉宿で、ただ、うろうろし  迷惑がられ、それでも、叱ったり、なだめたり、怒鳴ったりし  つき合いはし  裏にはありはし  尊敬なんか、し  ちょっと聖人づらをし  キスくらいは、し  何かべらべらし  経を聴いたりし  交へたりし  這はし  私は、眠れもし  煙草をふかしたりし  大分前から耳にし  装飾はし  興味を寄せたりし  毎日、つくねんとし  買物に出かけたり、色んなこまごまし  私はひどく眠かつたので幾らかよろよろし  私は、ハッとし  くつついてぶらぶらし  つまり一言にし  お正月をし  表へ出て見たりし  居睡りばかりし  眉毛は太く、くりくりとし  切つてガーゼを押し込んだり抜いたりし  なつて突如とし  世間ずれがし  人も死んでほつとし  ジャッキイはどうし  猶予もし  所信にし  ソクラテスにし  斟酌ばかりし  数箇条にし  議論をするにし  守り本尊とし  思想なりが、往々にし  芸題などにし  芝居見物をし  筆を運ばし  神経も、忽ちにし  目の敵とし  問題とはし  インテリ至上主義に帰しはし  議論はあるにし  仮定にし  限り、そうし  地盤にし  リベラーレン達が決して潔しとし  有たない、そうし  フェノメノロギーはそうし  なり足を運ぶなりし  工夫を凝し  人間学はそうし  微粒子を落すと忽ちにし  目標は寧ろ、そうし  症状であるにし  溯行させようとしたがる、そうし  無意識に、そして甚だ往々にし  考察を敢えてしようとはし  自身のもつそうし  於てはそうし  反映されていはし  形式が、そうし  於ては、そうし  関係があるにし  ことにすぎぬにし  常識とはそうし  分析などをし  人があるとし  ドイツにし  意義を一応認めなくはないにし  主義を、つかみ出そうとし  なかっただけに、そうし  ヘーゲルに至って初めてハッキリし  最初に思い浮びはし  文学者達が考えたり云ったりし  もっと慎重にし  もっと具体的にハッキリし  日本精神主義のハッキリし  ことは、そうし  想定されたりし  対応するにし  点になると、即ちそうし  美文学にし  刊行されても、そうし  国粋国史家が現われたとし  体系として築き上げられようとし  文義的解釈をし  自覚的存在を論じるにし  問題にまで行くにし  結果したかという、そうし  形式的に止まらざるを得ないにし  嘆願運動をし  成功を収めようとし  発禁にしようとし  それが漫然とし  国定教科書によって置きかえられようとし  妨害し得たにし  決裁しようとし  計画されたりし  間に続々とし  小説を書くにし  実施されるとし  夫がハッキリし  もっと漫然とし  角漫然とし  家族制度などに求めようとはし  封建的意識の漠然とし  方向がとりも直さず漠然とし  今まで単に漠然とし  信心や、凡そそうし  大を以てし  徹底的でありさえし  有てさえし  ボロを出そうとはし  手を伸ばしはし  歴史発展をし  文学的範疇で考えられたり書かれたりし  ここでも亦、そうし  事実又そうし  一等安易にし  末をつけようとし  自己限定をし  無から出発して考えられねばならぬ、そうし  研究さえし  不純に考えたりし  それによって決して殖えはし  矛盾などはし  直接性にし  もっとハッキリし  文学などはありはしない、否、ありはし  媒介にし  批評家がそうし  大分本質を異にし  形態を取ったりさえし  形を取ったりし  自己推薦をし  退潮期に這入ると、忽ちにし  頭から信じようとし  限りはし  判定する、そうし  政治を潔しとし  乖離とがあったにし  彼等とし  証明もし  文学者達がホッとし  標榜するにし  インテリゲンチャは本当にそうし  のも、そうし  何かそうし  ものがそうし  取り違えを敢えてし  支持されさえし  論拠とし  物質的基礎を云い表わそうとし  定義は出て来ないばかりではなく、少し考えて見ると、寧ろそうし  からとか云って、そうし  設計一つ出来はし  わけで、そうし  問題として捉えずに、往々にし  之がハッキリし  裏づけにし  意識は、そうし  文化的リベラーレンは又、往々にし  帰結を惹き出せるとし  綽名にし  様約束されるとし  回避しようとし  奇麗にそうし  氏は好まない、そうし  論理組織とがハッキリし  からばかりではなく、そうし  本流とし  可なりハッキリし  内容実質とし  今日は丁度そうし  普通だが、し  理想を、即ちそうし  空約束をし  スタートにし  改善されはし  大衆的常識ではそうし  区別を、そうし  助長するにし  打破するにし  観念自身がいつもそうし  回り道であるにし  事実そうし  組織的行動をやったにし  九割八分何がし  一頃往々にし  思想とし  社会層を異にし  地盤をも亦異にし  選挙母胎にし  原則は極めてハッキリし  活動のハッキリし  直接関係があるにし  讀書したりし  作者自身詰まらない思ひをし  雜誌を讀んだりし  興味をも起したりし  顏付をし  フアンク・イデオロギイをもつてし  国会図書館をし  事業とはし  船がではいりし  汽車がではいりし  少女をつかまえようとし  水夫たちはよろよろとし  少女はしばらくじっとし  トニイは立ち上がってのびをし  それから、きっぱりし  ふうをして、起きあがってのびをし  トランプをしたりし  みんなうそですよ。泣いたりなんかし  高台には広々とし  ところへ駈けよろうとし  僕はぎょっとし  キップの装置がどうし  顔になりはし  穴から入りこみゃし  自信ありげに返事をし  黄味を崩したりなんかし  笑ひたさうにし  雀に追駈けられたりし  炬燵にさし  十日頃とし  否定はし  主役とし  此位にし  演劇であつたとし  板挟にし  何方らにし  顛覆へし  之位にし  歌舞伎劇にし  拠つて仕事をし  レパートリーにし  插んであつたりし  かつたりし  とこがありあし  顔でもひよつとし  広告を出して呉れたりし  目をむいて見たりし  鋤焼などもし  夕餐をし  引上げようとし  身を起そうとし  泣き声を洩し  何だかほっとし  敬助ははっとし  鼻の細りとし  差伸そうとし  二人共手当はし  物音だか聞き取ろうとし  名前を考え出そうとし  彼はきょとんとし  眼を覚そうとし  何というまざまざとし  彼女は云って微笑もうとし  近くに呼び戻そうとし  急にひっそりとし  中にはしっとりとし  嘔気がし  あたりはひっそりとし  俯向きにし  君、しっかりし  上に起き上ろうとし  ほかから後妻を迎えようとし  旅ばかりし  友達を呼んできたりし  半ヶ月ばかりし  灯は、いつもより明るくし  おとがし  吃驚さし  容をしてじっとし  女は起きて帰ろうとし  眼がはっきりとし  傍を通り越そうとし  叫びながら逃げようとし  灯を明るくし  そのままぐったりとし  言葉を聞いてもうじっとし  握りかへし  眼をしたりし  ものを書いたりし  二三夜無理をし  昼まではじつとし  本を読んだり書いたりし  方を振向かうともし  册子にし  づど先生にうんとし  五郎をなぐろうとし  顔じゅう涙だらけにし  耕助に組み付こうとし  にわかにまるでぽかんとし  四人前へならえをし  一ぺん前へならえをし  横目でにらんだりし  なかへやっと届くくらいにし  ふうにもじもじし  野原へ行ったりし  ふろしきをといたりし  ときみんなはぎょっとし  とおりのしたくをし  四年生の子どもらはまだもじもじし  中はしいんとし  嘉助へ叫ぼうとし  かさがし  一生けん命とり返そうとし  水をついでやったりし  日さんぼやっとし  道はじめじめし  息がはあはあし  息を吐いてしまおうとし  んも通ったりし  それをくぐろうとし  馬になめさせたりし  顔を赤くしてしばらくもじもじし  おとこえし  さらさら鳴ったりし  のぼり降りし  牧夫来るどまだやがましがらな、し  顔いろを悪くし  家はしいんとし  葡萄がもくもくし  紫にし  石をとろうとし  網をもったりし  鶺鴒を追ったりし  坑夫をし  浅瀬を渡ろうとし  くしをしたりし  顔を赤くして押しあったりし  佐太郎はびくっとし  淵へ飛び込むしたくをし  水にはいったりし  髪の毛が赤くてばし  教室はまだしいんとし  偶然でないとし  ようでございますが、いずれに致しましても、どうかし  線なくし  能事とし  怒りを解かんとし  戸はどうし  むと、いよいよ押さへし  なかも、をし  問ひ掛けし  切迫して、泣きし  瞠りて見詰めゐたりし  おらアほんとにどうし  かの子に聞かずとし  覈にし  もしゃとし  時なりし  退学届を出したりし  出来のよかりし  日頃贅沢をし  もちのよいしっかりし  スーとし  心理は、しっかりとし  揚句、往々にし  丸寫しにし  人から借着をし  文化的要素のみを見はし  殆ど絶えんとし  發點とし  伊勢物語にし  發見をし  發達をし  建設的協力なくし  アメリカ科學をし  背景なくし  農業にし  水産にし  實驗方面にし  教師からし  實驗もし  主軸とし  上ですねてみたり、じぶくってみたりし  問題はいきいきとし  発言をし  批判をし  原因とし  創造の養いとし  自分の描こうとし  ぎんみし  歴史をみのらし  ものと考えられたりし  文学指導をし  部分などにも、云われるべくし  発展的にどけて、はっきりし  連作にし  知慧をし  学生旅行をし  取材がし  蜿蜒とし  被覆されたりし  継子扱いにし  赤焼のし  夢想にもし  鱗形をし  そこから赤裸になって躍り出し  谷になって、青々とし  黒焦げのし  噴出したり迸発したりし  亡状を敢えてし  わが子のがっしりとし  台所口にちらちらし  はなしにし  迚もこうし  挨拶がすむと、てきぱきとし  十五日には、どうし  源一にし  安堵もし  曠漠とし  茂登を淋しくし  かちかちにし  ガラス戸にぱっと映ったりし  立て尻をし  種になったりし  別にそれを云いもし  息子たちのがっちりとし  腹が立つより、そんなにし  自分をまいたりし  ように切なくいとしく痛んで来て、何とかし  ように身じろぎし  広治にし  熱心に、はっきりとし  から云ふと聞きし  云ひまはしをし  眼だけを生き生きとし  アパートに近づかうとはし  やうにはし  云ふまでもなく、べとべとし  帰宅はし  質問したりし  しかし、如何し  サツへあげられたりなんぞし  言葉を繰りかへし  予定は決して破らうとはし  五百円にし  特別扱ひをし  孤独にし  彼は繰りかへし  身綺麗にし  激励演説をし  争義にし  ニコニコ愛想よくし  云ひたさうにし  彼も亦ニヤリとし  記事とし  口喧嘩をし  舞台でツンとし  嫁入りをし  栄さんが、もしかし  実物証明をし  実感とし  婦人ボスのあらそいとなったりし  誕生をしたにし  はじめぼんやりとし  時期からますますはっきりし  骨惜しみをし  主婦、きちんとし  母性とし  編輯長とし  機関紙とし  わたしまで泣いたりし  女史にし  みんな気を付けをし  草刈りについて行ったりし  二人を見ていましたが、逃げようともし  ようにかがやくばかり赤くし  何してそんなにひるねし  僕らのじっと立ったり座ったりし  その間考えたり笑ったりし  ことを考えたりし  頂上に着いてしまうとそのとし  赤に熱らせて、はあはあし  ここから見えやし  唇がぴくぴくし  白光をし  時足をすりむきでもし  一人じゃ出来あし  から何だか頭がぐるぐるし  芥子坊主にし  舷を通ったりなんかし  あたりまで行ってぶらぶらし  海からやって来てほくほくし  汗だらけになってよろよろし  雫をぽたぽた落したりし  カンカン鳴きはじめたりし  耕一はぎょっとし  ことはないと思って少しびくびくし  一ぺんぶるっとし  耕一はよろよろし  耕一はどきっとし  知らないふりして通って行こうとし  又三郎はぎょっとし  位倒れたってそんなにひどくとりいれが減りはし  ほんとうにさっぱりし  朝からどこへも行きゃし  話を釣り出そうとし  んも戻ったりし  んじゃわかりゃし  ときもあるし  卑怯をし  足なみを見たりし  あと戻りをし  卑怯はし  とこはありゃし  美人でなくとも、さっぱりとし  内から生れる溌溂とし  君たちは、ただまっすぐに歩こうとばかりし  けんめいにまっすぐに歩こうとし  ように、きょとんとし  歩きっこをし  ななめに吹きとばされたりし  交通にし  感化を以てし  歴史からし  交通絶えたるにあらずし  伊勢參りをし  京都見物をし  勞費最多くし  遲くれて居るからし  代弁者どもをし  不可避にし  奇想天外にし  賢明にし  愛なくし  腰を下さうとし  軽率はし  美をし  来客がもじもじし  腰を下そうとし  外交手段を以てし  唐に使いし  買ふに過ぎずし  國中心でなくてはならぬとし  不都合とし  遼東よりし  大同江附近よりし  未開にし  それ等をし  称せずし  書き方だとし  漢籍扱ひをし  虚栄を満し  厳とし  度合ひに進んでゐたとし  ものがあつたとし  汗して生くべし  雨がし  蹙め面をし  晝でもほの暗いひろびろとし  苦痛を共にし  のかまたし  萬物節雨あがりし  しののめにからりとはれてし  手がやはらかくし  此のひろびろとし  大空だけだぞいわすれもし  おいらはいつもかうし  青青とそしてし  つたそれがどうし  人間をとり返へさうとはし  ものだと嘲つて棄てさせようとし  肉づきはかうし  大地をし  偉大おおびくともし  だんだん大きくなれかうし  ぐつたりとつかれてゐるのだそしてどんよりし  詩どんよりとし  畝畝このひろびろとし  林のし  圍繞くひろびろとし  間から私はかうし  かたへとさし  ものかし  卵をあたため孵へし  此處はひろびろとし  束をし  來たそしてどうし  晴晴とし  なぎさからひろびろとし  家もひつくりかへし  のふけるにし  握手どうし  兄弟どうし  たまへし  驅けまはし  日ひろびろとし  ぱつてひろびろとし  農夫はひろびろとし  素足ではし  百舌鳥がさけんでゐるけろりとし  汝等に呼びさまさうとし  群集どんよりとし  君達はひろびろとし  ことはみよひろびろとし  陰影とろりとし  子ども等よとろりとし  一つくらしつけられでもし  汎いあをあをとし  てつぺんからし  いまああし  此のとし  苦惱者何をし  まま寢かし  まつ暗なぬるぬるし  時にはほつとし  上で組まし  あゆみををし  いま鍬鎌を振りまはし  平行にはし  墜とさうとし  建言をし  出席したにはし  眩暈がしてし  先づ咳払ひをし  此頃はどうし  帰つて、けんくわをし  くしやみをし  花はもう散ろうとし  前田弥平氏はじっとし  職工側にし  場合どうし  旦那がやられたとし  仮装はし  職工たちからそうし  第一歩を踏み出そうとし  宴会を開こうとし  模範工場にし  実行に移そうとし  要求を重ねようとし  ぼくになすりつけようとし  公言なんかし  仮装観桜会はし  機会を逸してどうし  囮とし  風波はし  望台へ移ろうとし  私心に動かされたりなどし  闇とし  大息をついて、ほっとし  曹操はややほっとし  山越えし  恩を厚くこうむりはし  姿も傷まし  凋然とし  罪は、おあずけし  鼠とし  逃げ支度をし  駒を引っ返そうとし  味方にもまれ、うろうろし  無用な気づかいはし  馬首を奮い立てて進まんとし  のは、わざとし  南郡城へ使いし  ぎくとし  要とし  計は、どうし  難を少なくし  容態振りからし  自陣へ逃げこもうとし  放擲なさろうとし  生れ年をたずねたりし  趙範は起き上がって、うろうろし  引出物を与えなどし  生捕りとし  光栄とし  次第でし  怠りなどし  怕れとし  並び大名とし  胆を寒うし  理由を、云い開こうとし  命乞いをすらし  罪をかぞえて斬りなどし  免すにし  黄忠から耳にし  万代にし  報告もし  心を寒うし  夜廻りをきびしくし  懇ろにもてなそうとし  義弟とし  ことがありはし  労をとらし  皇叔にし  愚はし  兵士をし  態度は実に堂々とし  温和にし  威にし  酔をし  酔を醒まさんとし  ひと醒ましし  事もあったりし  禁門には入れもし  玄徳はほっとし  蜜漬にし  造築し  ために、こんなにまでし  ことが分らないでどうし  ことを悔いたり悲しんだりし  祀りをし  玄徳はややほっとし  一方から大声がし  半日だってそのままにしておきはし  漁村らしいのに、どうし  軍議を会そうとし  編成をし  前に、し  一郭とし  燕国を討とうとし  のも、こうし  彼孫権は、どうし  孫権がたのみとし  太守とし  呉使華欽に伝えてもおそらくお受けし  瘡養生をし  周瑜は、またし  慰労などもどうし  遊山でもし  者にしようとし  船へ乗ろうとし  盲にし  孔明を刺そうとし  胸をなでたりし  推挙をし  選びになるとし  脳裏に浮びあがりはし  彼はすこしジリジリとし  申し合わせをし  探索を試みたりし  年賀状を寄越したりし  前に現われたりし  全部使途不明にし  幽霊らしくし  幽霊にし  めぐり逢わなかったとし  腕をとらえて放そうとし  突張ろうとしたが、どうし  とき、忽然とし  火のつこうとし  しずかに揺れながら、どうし  風景には、広々とし  狐色をし  身辺がゆっくりし  封印をし  上に散らばらし  君はそうし  露子はどうし  考えがハッキリし  ものでなく、現にこうし  バグゼンとし  考えにし  必要が有ったら、そうし  様子はし  ウロついたりし  雑誌記者は、どうし  卒倒するだけでし  没落したのでし  講演もし  増産にたずさわらし  講師とし  主眼にし  洗礼をしてやったりはし  一つフラッとし  事だけは、むこうでもハッキリし  いくらかホッとし  取り消しになったりし  この間題がパッとし  一刻も早くなんとかし  問題ないとし  連中が有ったりし  のとは違うし  世間にパッとし  毎日夜業までし  責任は有りゃし  あんたがた、どうし  オシャカにし  ブリものにし  軍法会議へかけたりし  気絶もし  ビクリともし  状態でいるとし  ヤソにし  口をすっぱくし  調べもし  僕らにし  熱心に読んだりし  背をつついたりし  現実問題とし  ように、すこしキョトンとし  口を持って行って、し  国民どうしとし  いっさいなかったことにし  お前がそうし  本能的にオドオドし  人を殺したりし  方を見ていたが、又ニヤニヤし  満州を取ったりなんかし  満州にし  国がし  頭がどうにかし  頭はどうにもし  ウノミにし  戦争もし  苦悩に打ちひしがれて、しばらくは見も聞きもし  苦しみにも耐えようとし  此処にこうし  なにとし  キリストを信じたりし  みたいだけど、なんにもしてやし  いねえ、ああし  説教なんかしてやし  今しっかりし  ヤソ教になるかもし  リクが見も聞きもし  今じゃ、ああし  一人でもだ、ああし  だってどこもまちがってやし  エンテリづらをし  命を投げ出して、ああし  のも、いいかげんにし  お互いにし  鉄材を動かそうとし  自分のしたい事をし  ようとかし  所でグズグズし  メロディがハッキリし  地ひびきを打たし  争議を起そうとし  国を取ってしまおうとし  諸君をしぼり取ろうとし  お払い箱にし  今後どうかよろしくお頼みし  不具にされたりし  処置してよいか伸ばし伸ばしし  そうですが、グズグズし  しかたなく立ちあがるが、モジモジし  からグズグズし  国賊だなんていわれたりし  ハクガイしたりし  みんなから、ぶたれたり、けられたりし  んと考えたりし  嘲笑するにもあたいし  ふんがいし  ストライキなんかし  弟はああし  首を切ろうとし  仕事でなんとかし  ストライキなど、し  それに、ああしてゴタゴタし  終戦まで、打ちてし  明ちゃんがああし  頭がクラクラし  枕もとを片附けたりし  気が、ちかごろ、し  つまづいたりし  なかみをチラリと見て、ガッカリし  方をのぞき込んだりし  食わずぎらいをし  ブンカイそうじをし  のは、なおし  値上げをし  ヤミをし  修繕代とし  ツラをし  ウジウジとし  イクサをし  集りも休まし  都合三年ですか、こんだお会いし  祈りはし  アイサツをし  へんをウロウロし  ドロボウにし  ことがわかり、ホッとし  お祝いをし  妹さん、どうかし  戦争が起きたとし  ために、まだゴタゴタし  キョロキョロ見まわしたりし  いつまでもつづけていると、どうにかし  場合は、それでは、どうし  木山を見たりし  人見は時々ニヤニヤし  僕がこうし  もので、しかしノロノロとし  お前たちも、もう、いいかげんにし  ンテコだが、わりにこざっぱりし  マネはし  んだったら、グズグズいやあし  男は、どうし  つのポケットに入ってた、こりゃ、どうし  ツイたまたま電車をなくし  友吉はオドオドし  チョックラ吸わし  ものに就いて考えたり感じたりし  安倍さんどうし  体の楽々とし  彼方へ見へもし  誘蛾灯を点したりし  居住を共にし  中で、呟いたりし  味はし  人が少なくなって、ごたごたし  栄養上からし  色素からし  何を混ぜるにし  汁やかやくをごたごたにし  栄養価があり、またし  混和物をしてまずくし  薬味とし  輸出をし  渡満前から内々苦心をし  風味は太くし  天ぷら、し  縦書にし  土瓶形をし  タイル張りにし  特別清潔にし  左枕になってみたりし  燈火を持って往こうとし  ようにして睡ろう睡ろうとし  半時あまりもそんなにし  間うとうととし  一時ばかりし  目に浮んだりもし  云ふだけで、くはし  下部あつかひにし  気を引き立てたり滅入らせたりし  つた気がし  薬をなすつたりし  奥へ引きこまうとし  筆写したりし  詩集があったりし  小声で云って見たりし  工夫を凝すなら凝し  ひとり住ひをし  楔とし  貧棒をし  独り住ひをし  立ち仕度をし  奴なんてありはし  ように、赤いつやつやし  部屋も広々とし  気までし  台所はからりとし  朗々とし  編ものをし  皆若死をし  祖母とはまるで違い、ひっそりし  声もはっきりし  ことさへし  安易と知らずし  問題が蒸し返され蒸し返されし  はつきりしたにはし  から突如とし  いふ負けかたをし  自ら気づかずし  はつきりつきとめようとし  ことにあらずし  気味あひがあるとし  要求から学年短縮をし  学業半ばにし  見聞をし  たかつかうがし  異議をとなへるにし  彼はしばらくし  反問はし  作家は、期せずし  これ以上わるくもしなければよくもし  老人をし  強調するにし  専門語めいてしつくりし  誤りを正さうとし  任ぜられるとし  つまり普通にし  物言ひをし  混つて雑談をし  以外に、なんとし  強調に終始し  実体ではないにし  それだけでは、なんとし  場合、なんとし  現象とし  がたを呈しはし  落伍者とを生み出しはし  云ひそびれたりし  規整しようとはし  生活をいくぶん明るくし  罪人扱ひにし  愛想よくし  自分からも近づかうとし  態度をしてみせ、どうかし  沈黙させようとし  一般国民をし  ことは、いつたいどうし  家畜にし  幸福は、かうし  全然聴かうとし  それを少しでもなくさうとし  スリをみつけてつかまへようとし  手をかさうとし  顔を眺めまはし  恐縮はし  発見したとし  乗り降りをし  一面的にし  関係が成り立つにし  ために軽くなりはし  予告をし  おろしてほつとし  いふ取扱ひをし  全貌を見ようとし  さをむきだしにし  ものが得られたにし  はつきり感じながら、なんとし  懐疑主義者にし  無力にし  成果は、なんとし  訓示をし  総長をし  ことができたとし  情事をもつて足れりとし  暮しはし  注意が向くかどうか疑はし  工夫とをし  病気にしたりし  なにかを採り入れるにし  観衆は期せずし  われわれとしては、どうにかし  構造とし  歓びとし  中で凝っとし  そうな、どんよりし  苦るし  愉快で、漠然とし  人出に紛れ込もうとし  ようにさっぱりし  耳を貸さず、むっとし  きりっとし  少女らしいぷりぷりし  招致するにし  感想を洩し  あまりにも生き生きし  強味になりはし  言葉ですらも実はあまりに漠然とし  外国語に求めるとし  上にこうし  夢想もし  通風をよくし  雨雪を遠ざけたりし  提供していたりし  形式から一転して次第にそうし  意図とし  近くなったりし  あなたからお頼みし  事件をあばこうとし  物いいをし  まさか百両とはし  若死にをし  揉み手までし  確にお預かりし  朱盆を、かっ浚おうとでもし  駕籠へ乗ろうとさえし  岡八返事をし  克明に探がし  彼奴等用心をし  取越苦労をし  兄貴とし  耄碌をし  ぐりに出たとはどうかし  半さん、どうし  ッ走りをし  変事でもありゃァし  貧乏ゆるぎさえし  彼奴等だって用心をし  新刀試しをし  染吉をし  衰死をし  九郎苦笑をし  じいさんはどうし  ほおかむりをし  無軌道にし  躾けをし  さがありはし  南米にし  支那大陸にし  成功しないとし  仕方などにし  運動にし  人がもつてゐるかどうか甚だ疑はし  寒すぎたりし  生活様式を取入れるにし  二カ月もし  三十分の講演をし  分類をし  大分静養もし  矢張り結婚はなかなかし  米国分艦隊をし  念を軽くしようとし  云つて呉れたりし  とろとろとし  夢に視たりし  ひがしてゐたが、突如とし  食つたりし  三列ばかりにし  ことを頼んだりし  冷厳にし  引返へし  冷やかにし  人寰は懐かしくし  時は往々にし  夜食を済すと、呼ばずし  余にし  大概無くし  雨と共にし  碧にし  流急にし  嗚咽が如き忽ちにし  暴風、忽ちにし  初めから小作人任にし  方向へ飛ぶにし  ところでなく、広々し  云つて心配してらつし  お父さんから、そんなにし  庄さんなんかきびきびし  みたいにし  マスクをどうし  工夫ばかりし  んだからし  調節をし  場合、大抵広々とし  冬に移らんとし  あこがれはし  先生たちがいらし  小売りをし  ほうたいをし  道が歩けるし、し  気持ちも、のんびりとし  立上ろうとはし  容易に応じようとはし  用に使おうとし  要求に応じようとはし  全然秘密にし  馭者にし  さきざきで闘争をし  従卒をし  従卒にし  みんな何をし  さに、うっとりし  あとから再び取り出して、おおかたやってしまおうとし  それを受取ろうとし  兄は、がっしりし  頸を持って起き上らそうとし  それを食おうとし  口論をし  まま動こうとはし  口返事ばかりし  ことを思い出して、むっとし  のかと思って、はっとし  儲けをし  向うへ走り去ろうとし  近くから逃げ去ってしまおうとし  橇にし  雪を叩いたりし  利益もありはし  ようにはてし  ごとなんかはし  リカは、いひくはへし  狼がとび出し  ぶんたちをも、くひころしはし  悪漢が出てきて、つかまへでもし  あたりをみまはし  ぐそばでじぶんをねらつてゐるやうな気がし  ろうそくをもつてとび出し  ものをよこすなんてどうし  奥へこようとし  後しざりをし  リカは、し  手を出さうとし  みたいにはし  検診をし  場合は、なんとし  バカにされたりし  副業にし  意見を述べたりし  吾妻養狐場は、かうし  ストックにし  ニシンにし  馬肉にし  毛皮にし  ピクリともし  星住省吾は、かうし  始末はし  寺男をし  不服なら、どうし  土寄せをし  手をつけようともし  頃、突如とし  つて、あゝもしたい、かうもし  つたのを忘れてやし  わしは、なにかし  周善はどうし  お召しになり過ぎはし  砲声からし  威だけを示して逃げようとし  役割をし  莫大すぎはし  関門兵はどうし  いま一網にし  味方喧嘩をし  敵へ攻めかかろうとし  遠慮などはし  密にし  ほうから、突如とし  非道をし  城壁へとりついて、攀じ登ろうとし  反撃してさんざんに追い討ちし  手づかみにし  雑兵にし  完全破壊はし  惜しみもし  辱をめそめそし  裏切りなどし  州郡は、ほっとし  厚恩におむくいし  蔭へ逃げこもうとし  呶鳴りながら追おうとし  瘤にし  馬超に討たれでもし  旗じるしとし  手段を以てし  野心家は、どうかし  張魯をし  暴戦をし  生きがいも大きくし  ときは、こうこうし  時を遅くし  危害を加えなどし  賦税も軽しとし  諸葛瑾は、はっとし  物の数とし  玄徳へ訴えようとし  ときは、かくかくにし  ろ包みにし  歌妓楽女をし  呉国討伐を果たそうとし  上書をし  あなた方にし  何かそそくさし  業をし  魏軍はまたし  陽平関さし  敵陣へ深く斬り入って帰ろうとし  性は、遅にし  一番乗りをし  凌統はハッとし  剣舞をし  まま返辞もし  戦場へ馳せ向おうとし  寸断されたりし  者は、またし  死をともにし  徐盛はどうし  万倍にもし  勝利を取りかえし  手から彼に見せたりし  鱠にし  破裂させようとし  愕くべし  白鳩と変じ、羽ばたきし  手ぶり足ぶりをし  酒もりし  父親も蒼くなって、何とかし  曹操にし  実行をあえてし  代表にし  国際大会を開くにし  邪魔があったりし  間どっちともはっきりし  後悔をし  発車しようとし  二人ともずいぶんびくびくし  一と寝入りし  一分刈りにし  あちこちとうろうろし  喫煙室に坐りこんだりし  間をぶらぶらし  二時間と話しし  山川をし  ようなおずおずし  前でしばらくうろうろし  二階へ上って行って、しばらくし  日本人と話しし  同志ははっきりとし  思想的には大ぶはっきりし  あとは何とかし  お互いに話しし  堺に話しし  堺から山川に話しし  筈にし  連絡をまったく絶たし  中心になろうとし  顔を見てハッとし  顔を見るとすぐ、ハッとし  顔を分らずに、そのハッとし  間話しし  彼と話しし  すべてが汚ならしく汚れた、そして欠けたり傷ついたりし  生活ばかりし  おまるにし  大通りをぶらぶらし  がやがや面白そうに話しし  男に笑いかけたりし  手をかけたりし  ペチャクチャ何か話しし  さらすらりとし  のにうっとりとし  首をかしげて、細いしかしはっきりし  席にし  同盟罷工をし  示威運動をし  工場へさそい出しにいったりし  軽罪にし  こともまたはっきりし  喋舌りし  一度も思いだしはし  のどかな、のんびりとし  それがあんまり長かったり、時々すぎたりし  呑気をし  普通に宿帳を書かし  引越し仕度をし  方針にし  うんざりはし  あさってになりし  かたと、にやにやし  たびにむしゃくしゃし  ただ薄い青々とし  みなはがれたり破られたりし  そとへ出ようとし  女連はさんざん蹴られたり打たれたりし  しろから僕をなぐるやら蹴るやらし  ままくれたりもし  追放されようとし  時間を教えてくれたりもし  いつまでもそう頑ばっていたりし  のを出して見せたりし  六道の辻から布団をかつがし  幾日もそとへ泊らし  気持はちっともし  モオリスとなったりし  訊問を始めようとし  幾日どことかで何とかし  宣告をし  ちょっと演説をし  何か話しし  労働者風をし  使い歩きをし  演説会場にし  フランス語で話しし  いろいろ話はし  所持品を貰って出かけようとし  スペインへ行くにし  袋から出したり入れたりし  昼飯はどうし  僕はろくに飲めもし  僕と話しし  舌をだしたりし  地団太ふまし  二日いし  ために大ぶごたごたし  領事が行っていろいろと話しし  呑気にぶらぶらし  警戒のあるなしをさらにたしかめようとし  船から降りようとし  謀叛人に組みし  二度話しし  ユダヤ人等と話しし  買物をしようとし  男だったが、いつもふらふらし  お爺さんと一度話しし  店でもはって、多少人間らしくし  幽閉同様にし  靴で蹴られたりし  血だらけになるほどなぐったり蹴ったりし  独り快楽を専らにし  反対論も少なくし  憐れみ、何とかし  不都合にし  いかようにもし  苦心するのみにし  これを高くし  頭を取って押さえて低くし  釣合をし  至極にし  切ならずし  アダムにし  一身同体にし  要用にし  病毒にし  間違いにし  病父母をし  関係にし  寛かにし  家族相互いに優しきを貴ぶのみにし  こと多くし  こと未だ足らずし  公徳にし  明言せずし  美徳にし  公徳を以てし  公徳をし  良国にし  慈愛厚くし  沙汰少なからずし  遺体にし  大本にし  相互いに隔てなくし  徳にし  夫婦利害を共にし  親戚を異にし  朋友を異にし  一方にし  約束にし  男女同数にし  一代限りのものとし  情態を知らずし  偏見にし  男女にし  今人をし  日本人よりも甚だしくし  習俗にし  国風にし  一妾にし  一男にし  日本男子にし  結果にし  父を共にし  弱点にし  厳重正格にし  妻妾児孫をし  ものは特に求めずし  常にし  特に短気無法にし  貞実にし  恃むべきものにし  嗜みにし  苦痛にし  交際を厳にし  人生甚だ長くし  進退自由にし  汝らをし  同一にし  家に居るや必ず優しくし  議論漸く喧しくし  次第にし  こと肝要にし  士人心匠巧みにし  字を異にし  不品行にし  内行を慎まずし  本を知らずし  談にあらずし  無垢にし  徳義をし  繁忙多端にし  云々にし  他人をし  事情に暗くし  儀式にし  教義果たして美にし  文明国人をし  の資を以てし  沙汰にし  猶予せずし  大義にし  弱き者にし  ものは醜にし  流行にし  綿密にし  いずれをも軽しとし  こと非常にし  古来習俗の久しき、醜を醜とせずし  流儀にし  自ら新たにし  人を咎めずし  取締にし  人事にし  日本にあらずし  君らにあらずし  巧みにし  紳士貴女をし  特に避けたるにあらずし  男子にし  地位をし  下に就かし  意味にし  これを潰さずし  男子をし  婦人をし  精神を得ずし  年来日本男子をし  縄は得ずし  婦人女子をし  妻女何処に行きし  想像画をし  火山とに終始し  其中五番島最大にし  激動が突如とし  禍を免れようとし  人人も、そうし  身一つ辛くし  陰惨にし  戦乱を以てし  一嘗めにし  非人をし  被害を蒙らし  天色朦朧たりし  しんがりをし  ことを恥ぢもし  前提をし  愛情がどうもなりはし  ことでは困る、どうし  日本をより善くし  国より善くし  世界共通のものにし  迷惑はし  矛盾はし  ことを怖れはし  現代文化にし  形で実に営々とし  東京を歩いたとし  定例的余興番組に入れられていたとし  恋愛事件をおこしたりし  から三四十年にし  軽蔑してかかったりし  批評は、往々にし  限定を余儀なくし  無視したりし  推理をし  暗号を解いてみせたりし  討議をし  特に親しくし  素人下宿をし  初めからし  一年くらいし  私はそんなにまでし  主任教授をし  さんなどと、親しくし  景色は広々とし  家庭内の細々し  馬鹿騒ぎをし  休養をし  キャンプをしたりし  心身を新しくし  二十三十にし  事は勿論にし  所藏にし  五枚位にすぎずし  五祖像にし  畫家にし  名人たりし  簡素にし  畫きなりし  發見せられずし  豪信にし  隆盛期にし  何時頃までにし  證にし  綺羅びやかなる思想を有せし  時代にし  續出したりし  亂世にし  摸倣したりし  具備せずし  誰かが読んだとし  悄然げ方をし  傾向とし  四五十年にし  繩張をし  取扱をし  利益をし  途中で捕つたり殺されたりし  莊園にし  兵隊にし  期年にし  實驗から行つて自由にし  起しはし  儲だからし  變革をし  ものであるが、どうかし  商人が何とかし  擔がし  鬱憤を漏し  數十年間立往生をし  黄金なくし  是だけにし  今日は押しも押されもし  手腕家とし  東大を飛び出そうとし  全力で解こうとし  目黒の秋刀魚かい、と云いはし  あまのじゃくにし  通路をしめてしまおうとし  色が見抜かれはし  何も思っていはし  あたりにみなぎらし  副会長をし  口びるを吸わし  一手も奏でたりし  一人とさえし  方便にしたりし  葉子はくさくさし  病室に閉じこもらし  区切りにし  強迫までし  生活をあえてし  赤ん坊に加えようとし  空想を浮かべたり消したりし  日送りをし  そっちを見向こうともし  時もそういおうとし  ように陰ったりめいったりし  葉子はむっとし  侮辱でもし  五分刈りにし  運命に差し出がましく立ち入ろうとし  さっき媚びを見せようとし  誇りを捨てて与えようとし  古藤はしいてとめようとはし  顔をなぶらし  輪郭のはっきりし  葉子は思わずぎょっとし  そばを通り抜けようとし  間にみなぎらし  姿が隠れようとし  そこを離れようとはし  前で閉じたり開いたりし  休憩所まで走って行って見たが、帰って来るとぶりぶりし  物を言おうとし  他所にし  正座に据えて小ざっぱりし  微笑を続けようとし  のをつい忘れようとし  中にはいっていろいろ言いなそうとし  世間に知られまいとし  それを信じようとし  市中をどよめき渡らし  会長をし  窮して、少しむっとし  時雨らしく照ったり降ったりし  葉子であればこそし  過去を聞かされはし  三鞭酒を取りよせて、し  熱めにし  一寝入りし  気まぐれでもし  折檻をし  いいかげんに泣いたりし  賛成さし  考えを押し通しもし  古藤はややしばらくし  葉子を見ようとし  声をわななかし  あしらいをし  出来心から古藤をおとしいれようとし  貞世に着せても似合わし  ふたをあけようとし  仕出しをし  ちゃんと始末をし  末に、りゅうとし  重役をし  葉子は見向きもし  派手にし  胸を冷やしたり焼いたりし  用がありますしし  代わりをし  朝寝坊なんぞし  あなたがぐずぐずし  旗挙げをし  思想運動を興そうとし  芸者をうらやみもし  物をいおうとし  為替ごと手紙を引き裂こうとし  わしがし  土産品や、新しいどっしりし  子供同様に育ててやってもいいなぞといったりし  笑い話などをし  細君がおどおどし  もんですから、よけいむしゃくしゃし  ほんとうにわたしどうし  人をあわれにし  頭から思ってなどいはし  袂から探り出そうとし  顔を洗わしてもらおうとし  人力車に結び付けられでもし  葉子はぎょっとし  膝はふうわりとし  たたきに戻そうとし  ような泣きじゃくりをし  わびをしようとし  叔父とが切り出そうとし  広小路に出ようとし  締まりをし  造り笑いをし  ちょっと居ずまいをなおすと、ぎくしゃくし  物ともし  日本に伝え広げるにし  強制的にたたき込もうとし  秋に移ろうとし  他人のまだし  組み合わせにし  伸び縮みがし  カタン糸を編み込んで見たりし  監禁同様にし  田島さんにお会い申してよくお頼みし  きさくに立ちじたくをし  もう一度お祈りをし  挨拶一つしようともし  婢に背負わし  間違いでもし  色をみなぎらし  心がわくわくし  束髪に上げたりし  涙を見せたりし  気抜けでもし  人たちにはどうし  幻影となって見えたり隠れたりし  見送りがし  鬢をかこうとし  告別をし  あとについて行こうとし  ほうに聞こえて行こうとし  葉子から引き離そうとし  さめをし  口にあてがって思いきりかみし  興奮にじっとし  破れでもし  腕にし  安心でもし  葉子にし  階子段を降りて行こうとし  挨拶しようとし  洗面台を据えたりし  楯に、し  葉子もし  ながら見向きもし  船に残して消えて行ったりし  船室を出ようとはし  目で見られようとし  ずるがし  疲れのし  頬をほてらし  人をたよろうとし  和睦を示そうとし  事を全くし  避暑をし  子供はきっぱりし  事さえしようとはし  器用にかき上げたりし  肩にしっかりとし  灰色はし  ちょっとぎょっとし  いつものように薄笑いをし  食堂にし  事務長に向かってし  糸目をつなごうとし  ほうを向こうとし  ちょっと返事をし  様子が見えぬばかりか、どうかし  視線をたじろがし  階子段をややよろよろし  抵抗がなかなか激しくって押しもどされようとし  波の戯れを見ようとし  部屋に戻ろうとし  ほつれをしなをし  事もなげに振る舞おうとし  慰め顔にあしらおうとし  会話からのけものにし  ようにぎょっとし  気づきでもし  脚が瞑眩がするほどめまぐるしく見えたりし  我慢にもじっとし  かんで見たりし  様子を見られはし  胸がどきんとしていきなり立ち上がろうとし  気分を誘い出したりし  耳で見たりし  震動をし  顔を見分けようとし  おぼろに浮かんで来るだけで、どう見直して見てもはっきりし  わたしを待ったりし  今夜はどうかし  adventureをかえってまざまざとし  葉子を脅かそうとし  葉子は、思わずのめり出さし  後ろに続こうとし  心安だてをし  事務長は振り向きもし  縫い目を見窮めようとばかりし  蠱惑におぼれて行こうとのみし  袂をつかんだり離したりし  一時間ほどそうし  言葉をかわしたりし  さを装って見せたりし  船旅にあき果てて、し  そっぽうに向け換えようとし  散歩などをし  口もきこうとはし  人だといったりし  かたみがわりに抱いたりかかえたりし  お伽話などし  ますます不快にし  上をそぞろ歩きし  手を取ってやろうとし  無礼を責めようと身構えし  船室からこのきりっとし  樹林はどんよりとし  本気に考えてみたりし  お陰様で大助かりをし  枕をあてがってやったりし  水夫長にはっきりしたさしずをし  事は思い出しもし  どこまでもついて行こうとし  夢心地にし  いつになくそわそわし  手さぐりをし  ようなせかせかし  寝床にくねらし  かねた顔つきをし  美人がいれば拝まし  船をさえ見ればそうし  頭のつるりとし  ままで指さしはし  そばに立たせたりし  鍵をかけようとし  葉子はそんなにし  仮睡に陥ったりし  神経をうずかし  心を動かされはし  あいに行ったりし  事務長なんぞをし  倉地をあわれみもし畏れもし  時でも、し  冷然として見向こうともし  木村がどうし  米国がどうし  定子がどうし  不安はどうし  自尊心はどうし  跳りし  自然に浮かび出ようとし  ほほえみにし  表情が浮かぼうとし  事を責めるだけにし  ような少ししゃあしゃあし  小ぜり合いをし  akimboをし  のんきさはどうし  ボーイはぎょっとし  作り事をし  とっさに思いつめてみたりし  ほうに走り出ようとし  葉子をせき止めようとし  形を書いてみたりし  配偶にし  葉子がどうかし  埋め立てをし  腰をかけたりし  扱いにし  傾向を読み取ろうとし  ようなはきはきし  以上、なんとでもし  編み下げにし  激昂したりし  次第したくをし  古藤がし  心はもうしみじみとし  保障をし  感じにしっかりすがり付こうとし  事は得し  ものを払ったりし  名誉領事をし  笑いにまぎらそうとし  葉子はうんざりし  木村とさし  事もお頼みし  談判でもし  からほっとし  僕はしたいと思ってもできはし  留めをさしておいて、しばらくし  目は鋭く輝いたり涙ぐんだりし  二つがどうかし  船に酔ってしまって、どうし  同情してくださって、いろいろとし  あたりに浮かばし  信用をかけようとし  言葉を与えはし  自分を慕っていはし  花束を携えたりし  木村を困らし  一流のきびきびし  うろ覚えにし  前に引き出さし  木村にいったりさせたりし  事務長もぎょっとし  話題を転じようとし  腰を折ったりし  命の取りやりでもし  人前でたしなめるにし  冗談と見て笑ってしまうにし  事務長にし  勝手に紛らされたりほごされたりし  上にほうったりし  気分だけでもさっぱりし  事も忘れはし  のを思い出したりし  はずだがと思って開いて見ようとし  もらい泣きまでし  字でも書いてありはし  目をたじろがし  命にし  服従しようとし  日本から送ってよこすばかりにし  所からまたまたなんとかし  わたしはどうにでもし  先はまたどうにでもし  んじゃし  ものを勝たし  約束をのがすまいとし  それに応じようとし  失望にそうし  人に取られたりし  汀に寄せたり返したりし  上すべりがし  顔いちめんにみなぎらし  心配させ、ぽかんとし  買いもし  お金はどうにでもし  事を申し上げてしまって、どうし  品物にし  ろくろくもてなしもし  葉子はなお怒って見せようとし  いるかをはっきり見窮めようとし  そこからのがれようとし  加養をし  主簿をし  守備をし  境とし  みな呆然とし  生命は取りはし  火焔を漲らし  軍へ向ってし  長嘆久しゅうし  上庸へ使いし  復命をし  非難したりし  まさか一夜にし  温厚にし  荊州へ使いし  忠烈を知れば知るほど、何とかし  伏兵をし  たかどうし  子息へ迎えようとすらし  ほかへ連れて行こうとし  それは何とかし  未然に防ぐにはどうし  ほうへ送り届けるとし  王妃とし  蜀へ走らんとし  気に病んでいたりし  腹痛がし  報告だけをし  一時寂闇にし  秘訣とし  不可とし  繊細さを持ち過ぎているので、愛しはし  託するに足るとし  篤厚にし  御意遊ばしはし  われとし  何か張り合い抜けがし  葬祭ばかりし  それのはっきりし  数奇にし  ことのみか、こうし  随員とし  献帝はまたし  勅使とし  イナシ、とし  病を重くし  激情にふれて、よく撲られたり、蹴られたりし  地変をし  使いにし  みな反古にし  人形を埋めようとし  張苞へ授けようとし  一戦に及ぼうとし  君といわずし  ふたりはどうし  孫桓とし  船から上げて、すでに進もうとし  刎ねて死のうとし  黄忠は起き上がろうとし  軍凱歌して、引き揚げてきたのに、どうし  武門を廃らし  蜀を破ろうとし  才もありはし  大都督護軍鎮西将軍とし  誰ひとり陸遜に服しはし  権力をもつと、ああし  書生扱いにはし  ままに、じっとし  長追いはし  悠長さが、またし  大あくびをし  悪口を放ったりし  願いとし  後詰にさし  張苞を走らせて、万一の救けにさし  助けとし  折が無く、忘れたりまちがえたりし  同様に何とかし  路筋を考えて見ようとし  昭和十五年十一月はし  胸当てをし  喧嘩などはし  中にも、し  側を通り過ぎようとし  ことを、考えて見ようとし  婆神様にお詣りし  鬼婆にし  二足にし  同居をし  ことをして見ようとはし  われわれは考えて見ようとし  赤錆にし  力で、一旦煮たり焼いたりし  物惜しみをし  祈念をし  話を少しし  お供え物をし  用水にし  行脚をし  評判にし  聟入りをし  一つになろうとし  底へ連れて行かれようとし  賑かにし  片目にし  食べ物にし  お祭りをし  しかえしをし  一つ目にし  村へ遷そうとし  前にわだかまって、なんとし  佐藤氏が、し  石合戦をし  待ち伏せをし  敵対をし  神様を見ようとし  こちらからお参りをし  上を渡ろうとし  伝言をし  箸にし  長命をし  間願かけをし  寺もし  参詣をし  真名橋杉、まなばし  いつまでも境を争おうとし  国境にし  領分にし  作法とし  人たちは、こうし  伊勢参りをし  七度詣りをし  神殿を大きくし  蓋にし  家に持って来ようとし  天まで届こうとし  天を突き抜こうとし  山が大きくなろうとし  うちに大きくなろうとし  地から湧き出し  丈競べをしようとし  高さくらべをし  叔父さんに勝とうとし  遠くへ送らせようとし  伝説を真似ようとし  争いでもし  さを測って見ようとし  自慢から喧嘩をし  閉口をし  さ比べをし  さ競べをし  方へ流れようとし  背競べをし  土をもって、少し継ぎ足そうとし  物忌みをし  浅間山が煙りくらべをし  守護をし  御神体とし  善光寺にお詣りし  首引きをし  関係をし  少年の如くいきいきとし  諸君に語ろうとし  伝えをきいたり思い出したりし  経を読もうとし  鼻とりをし  郡から分家をし  農業の手つだいをし  なん年かそうし  連絡をつけようとし  開帳をし  雨乞いをし  験があると信じていましたが、どうし  ひいきをし  祭りをし  皆が面白く歌ったり踊ったりし  ことをきこうとし  力石にし  お前は知りもし  大人のもう忘れようとし  多くお参りをし  石もできるだけ少なくし  探究しようとし  資格でも与えられるとし  役割がハッキリし  執着にし  動力にし  区別などはありはし  点をハッキリし  峠を越えはし  芭蕉にし  昔物語にし  断りがきはし  日をし  わけで怖れられもし  汁にし  清純にし  文をおつかはし  みかどがおつかはし  兵をおつかはし  置をし  林さんから訊いたりし  覚へたりし  溜息を衝いたりし  段になると、またし  感がし  犯人とは思ひもし  働き振りをし  何となく憤とし  仲違ひをし  やうに思へたりし  角頤をし  教つたりし  薬湯を見たりし  薄曇のし  流行つたりし  帶にし  チヤンとし  線がし  言出しにくさうにし  形容をし  娘とが、そんな示し合せをし  皓々とし  据物斬をし  絵になったりし  案内でもし  ただ一軒そこに残っていたりなどし  自由自在にさし  帳面を持って行って見せたりなどし  ほうふつとし  客を引きつけようとし  畔も、決してそうし  上を拾い拾い、またはそうし  ところを掠めたり飛んだりし  街上をくすぶらし  それからそのはっきりし  巧みにあけたてし  稼業替えをし  昔風であったにし  何台となく並べられてあったりし  門戸として続々とし  短編集がまじって入っていたりし  待合でもし  血を沢山吐いたりし  露地があったりし  心配があったにし  間立尽していたりし  主人夫婦はもうとうに死んでしまっているにし  散歩をやめようとはし  胸にはまたし  常務をし  指導したりし  飾りつけをし  神をし  目じるしにし  仲間ではかうし  歌一つうたいもし  席から立ち上りはしたが動こうとはし  婦人たちは、何とかし  発禁にし  解散をくわせたりし  メーデーが闘われようとし  いくら戦争をし  オレもどうかし  若年にし  いちど遊びにいらし  言葉は淡々とし  オデンにし  外へ駈けだそうとし  本から目を放そうともし  目をあげて、ニッコリし  食費もつかっちゃったりし  モノサシにし  ダメにし  倅にし  礼子がお訪ねし  終戦後二年ほどし  新居見舞にいらし  はじめてお会いし  から何とかし  海野はムッとし  んだが、うけつけようともし  説得できるかも知れないが、そうまでし  相手のハッキリし  離婚までし  字に曲げてニヤリとし  もとで酔っ払ったりし  長平はイライラし  私、ホッとし  ユッタリとし  非常識だから、イライラし  色気にもむせたりし  今後恋愛遍歴をし  私が押しつけがましく甘えたりし  本心にピッタリし  味方ぶりすぎやし  同志親戚以上に親しくし  気持はおつたえし  千円かし  酔顔をいかめしくこわばらし  思いにうたれもし  オイデをし  それがハッキリし  もっと茫漠とし  ミナリのパリッとし  風馬牛にもし  二と仲よくし  ことナイショにし  原子バクダンにし  自覚しようとし  千円おかりし  程々にし  お願いもし  おりさえし  せつ子はニッコリし  招待にし  目がくらんだが、こうまでし  歓迎はし  ウガイをし  面相をし  後援者がハッキリし  百万にし  ッて、それで堂々とし  ローソクは、どうし  応対はし  から、ハッキリし  目を伏せたり、上げたりし  扮装がハッキリし  因果物ばかりお見せし  生涯ハッキリし  垢ほども考えてやし  ものが在ったとし  二をさそいもし  体験もし  まさか、ふるえもし  誰にも分りゃし  いたましい思いがし  ように駈け去りはし  私、遊んでやし  ッちにし  主役にし  苦痛にたえようとし  怪我をしらべてみようとし  怪我すらしらべようとし  シッカリ、し  身の上をし  彼自身にし  機会が起るにし  食事でもし  散歩にでたりし  青木はどうし  品を変え、さとしたり、すかしたりし  口からダタイをすすめさせもし  目まいでもし  見込みは有りゃし  しか分りゃし  こだわりなく打ちとけて、のびのびし  ときは、なんとでもし  青木はジリジリし  なにも、きいてやし  ぼくがどうし  決意なんて、ありゃし  いつまでも自分のものにし  手当てについて、考えたり、やってみたり、し  仕様が分りゃし  ところなんか、ありゃし  全然動揺してやし  失踪がハッキリし  行方を探すにし  ところへ訊きに行ったとし  ものが感じられでハッとし  ところをブラブラし  母親はハラハラし  最近は、そう親しくし  ダタイにし  最近は親しくし  敵味方わかりゃし  手を握って引きこもうとし  からだに手をかけて、つれこもうとし  ダンスホールにいらし  以前いらし  ことではないにし  何かを知っているにし  宿では思いあまって漏し  希望に当てはめようとし  何となく一冊の本をとりだして見たりし  今に思い当りはし  バーへいらし  ムキダシにし  理由だとし  私がお訪ねし  ように、力みすぎたり、諦めすぎたりし  訪問もし  青木にし  熱海をぶらぶらし  メマイで、クラクラし  顔さえし  挨拶がわりにし  ビールをのもうとし  隠しだてをし  店にいないにし  イタズラがし  こともできるし、そうでもし  私が、そうし  ぼくとし  めずおくせず悠々とし  身をひこうとし  ルミ子は睨みつけもし  エンゼルに気に入られようとし  問題になりゃし  とこ有りゃし  ダニであるにし  級友を売ったにし  二は、そうし  監禁してやし  監禁されているにし  気持があれば逃げだせるのに、逃げないとし  ホシはハッキリし  戦地へいらし  野菜畑にし  あなたを大そうお待たせし  心配してやし  記代子もすすんでお会いし  カケ橋にし  心をどうし  しか過ぎてやし  ムリヤリ、し  浪費をし  稼業とし  モノにしようとし  いとこなんて、ありゃし  悪いこと、し  一文も置いて行きはし  四方山話をし  みんな情婦にし  ルミ子はガッカリし  叫びたてやし  腕にすがったり、もがいたりし  色男をみると逃がしゃし  さを覚えてクラクラし  本心にし  庭を行ったり来たりし  想像できなかったりし  計算ちがいをし  かなりはし  ことは、なんとかし  あなたは本当にし  十万円かし  考えがどうかし  十万円とし  五十倍にし  猫額大にし  好き嫌いまで、まだ漠然とし  それを知らせようとし  感情をむきだしにし  長平もハッとし  ように、ハッキリし  しかし、ハッキリし  記代子はハッとし  衣服をぬがせようとし  果てだから、どうし  出版社にし  彼女親友は押しも押されもし  一ねむりし  オレは、ホッとし  来年も生きているとし  情熱を起そうとし  三四日手当をし  話を交したりし  ようにニコニコし  女を愛したりし  手を洗ったりし  恋をしたり、し  ムリをし  しかし、なんとか、し  見舞いもし  誰から何をし  そうにニコニコし  ムダをし  天性とし  部屋へいらし  家庭婦人となるにし  万年床をし  ヒルネもし  部屋から立ち去ろうともし  だって、そうし  ヤエ子はようやくホッとし  姿が見えなくなり、しばらくし  着代えもありゃし  アヤマチと言いきれはし  ものであったにし  ようになったとし  ことを再びし  ッそく支度をし  逃げ隠れはし  遺恨があるとし  一生涯、なんとし  青木は思わずホッとし  記代子もつりこまれてニッコリし  食餌にし  不幸だってことは、ありゃし  オレはハッキリし  愛情なんぞもってやし  すぎたりし  膚寒い思いがし  独語は生き生きとし  青木はガッカリし  用意もできてやし  ションボリお通夜をし  ッきり身うごきもし  ッちゃらかし  むしろ人に盗られてホッとし  あとでも、何やかやし  指図なさりはし  方なんぞし  青木はニヤリとし  のが実にハッキリし  ポケットへ入れるなりし  独断でそうし  人に坐らし  二人はぷりぷりし  ように我ともなく思ったりし  波瀾が納まると、再び、待ちくたびれてどんよりとし  悠たりとし  溜をし  命を守らずし  競合をし  声そのものからし  くしさへすてし  電車がし  一刻を争ったりし  人達は、どんなにし  家庭があったとし  人々は、そうし  新聞は、そうし  空気と青々とし  野菜と、そして広々とし  ことに考え至らずし  ために、戦わずし  真理とし  ように、ぞっとし  詞を伝へようとし  其人格をし  大神をし  完全円満にし  体中に置かねばならないとし  家伝生れ立ちからし  希望を以て、お育てし  人たらしめようとし  一詞章にし  さを示さうとし  修飾発想をし  及さうとし  詞章にし  静平にし  先になるほど、広くし  のしつかりし  寿詞にし  記録しながら、し  記録はし  充はし  仁賢天皇若くし  蔓を以てし  労働を共にし  人々は、この辛くし  死後にもかうし  怒りがあるとし  一であるとし  怒りとし  ようにとぼとぼとし  腰が座らないといって、モゾモゾし  人はキョトンとし  かねたこっくりをし  死ぬ覚悟をし  白を取り違えたり、忘れてしまったりし  朗読したりし  暇もなく踊ったりし  台所がわりにし  須磨子の話しをし  担保にし  喧嘩もし  おりもあって、見ていてさえハラハラし  それで通して行こうとし  門前払い同様にし  ぶっかけようとし  位置からし  洋画家小糸源太郎氏が、どうし  逆転しようとし  原作通り女にし  廻りをうろうろ廻ったりし  一度注射をし  女優になろうとし  なかったのにどうし  財産も空しくし  それを解らせようとし  合格とし  気性のしっかりし  成功をし  思慕を捧げようとし  ものかとまで見られもし  おり忽然とし  彼方にあるとし  資格においてし  宛て字とし  精霊をし  教養を高めようとし  諺をし  努力が、遂にかうし  方角を異にし  発生させたりし  成心を持つてし  ものが、続々とし  旋頭歌を以てし  紹介せられたりし  家に宿りたりし  沿岸に下るをうべし  こと砥のごとく、しばらくにし  居城たりし  音の高くし  面影をし  絶景をし  横へたりし  熊襲なんどの栄えたりし  水の清くし  こころの遠くし  心をし  装飾とし  建築物を求めるとし  十年にし  便宜を持っていはし  企画するとし  忠信にし  事深くし  少時にし  無言にし  句を成さずし  名山名水は往々にし  大ならずし  勝景をし  独り文字を殺すのみにあらずし  癖からし  代役をし  職分をし  皇子にし  伝宣を常にし  其も亦かうし  知識を以てし  祖先にし  人々は、かうし  呪詞なくし  時に、かうし  至つて変化はし  威力をうつさうとし  意識なしにし  くり返しをし  禁欲生活をし  君とし  宮廷にも、かうし  自らお受けし  概念扨、かうし  都合からし  八ツ裂にし  東京で行われたにし  九割ぐらいは聴きに行きはし  講演も聴きに行きはし  目的を置いていたとし  ベチャクチャ喋っていたり踊っていたりし  プレーをし  血につなごうとし  板囲いをし  前を掃いたりし  応用しようとし  暗示しようとし  説明までし  本領とし  素朴さを装うにし  差出口をし  卑小俗悪であるにし  刑務所然とし  汝の書こうとし  生命と引換えにし  胴体が短く、ずんぐり太っていて、ドッシリし  ことによって決して亡びはし  不純にし  事を知り得るのみならずし  郡縣にし  覺を生ぜずし  苗にし  通つて來たばかりでなくし  留學をし  滿足せずし  餘程減じて居りはし  淘汰でなかったりし  区わけをし  女になりきってしまって、悪くぶくぶくし  時お召ぞっきのぞろりとし  通読はし  わしたりし  負債が出て来たりし  迎いに行ったりし  白百合が、どうかし  二人でそうし  家庭へ入るにし  彼女は小ざっぱりし  先生にお逢いし  鬱勃とし  お側にお仕えし  自分が叱られでもし  説明して聴かし  時にと言い言いし  一色がやって来でもし  心臓がどきりとし  三十分するかし  工夫をしたりし  爪を切ったりし  指切りをし  彼はまたうとうとし  白粉剥げのし  ようにすらりとし  陰影があるにし  彼を宥め宥めし  買いものをし  小遣を贈ろうとし  ために頑張ろうとし  食べもの拵えもし  ぎろつかせたものだったが、そうし  先生家にじっとし  許しを得ようとし  恐怖はあったにし  今顧問弁護士をし  ことに触れようとし  場所へ来ると、どうかし  くら饅頭をし  こと批判したりなんかし  波紋が浮いたりし  診察時は過ぎようとし  有無を調べたりし  ちょっと気落ちがし  このごろ小肥りのし  廻し読みなどをし  段梯子にし  海を見たりし  ビイルを注いだりし  二三台も止まっていたりし  酒を呑んだりし  本屋をし  家からシャツを取ってくれたりし  手触りのざくりとし  一重物を取り出して来たりし  岩を眺めながら、深々し  現世離れのし  浪に嬲らせては逃げ逃げし  のであろうが、いつものびのびし  ものに思われたりし  だんだん進展して行くのに、どうし  頬笑まし  彼女はたちまちにし  童話を聞かせたりし  ように、立ったり坐ったりし  瑠美子はどうし  さっきから抑え抑えし  私がはらはらし  笑顔一つ見せてくれようとはし  顔を見い見いし  涙を拭き拭きし  太陽の光りさえどんよりし  食料品店へ入ったりし  人形でも買っていはし  日常を薄暗くし  庸三も逐い出したりし  路傍に横たわっていたりし  一色さんが知ってやし  年効もなく踏みつけにし  一色に求めようとさえし  装置してくれたりし  名刺に書いたりし  ココアを飲んだりし  僕が悪いにし  小返りし  お茶を呑んだりし  仕出来しはし  橋を渡って、ちんまりし  一番彼女を愛しもし、甘やかしもし  体を拭かせたり煽がし  燕にし  ネクタイなんかし  御飯を食べにいらし  ことをしてよく殺されもし  文学かぶれのし  ところ小ざっぱりし  身装もし  私自費出版にし  その男に逢わし  ものこってりし  卜者に占ってもらったりし  研究を思い立とうとし  貴方がもし行くにし  汽車に乗ってみると、またし  何かそわそわし  子供にもよくし  庸三はぎょっとし  ピクニックに行ったりし  面窶れがし  聳ててじっとし  頭から莫迦にし  目の少しぎょろりとし  跪坐んだりし  地腫れのし  日頃懇意にし  神に祈ったりし  彼女が生きていたとし  悲鳴をあげて飛びあがろうとし  畔を歩いたりし  復ろうとし  感じを与えもし  せいでもあるか、のんびりし  れんとし  邪魔でもし  時たってまた繋がったりし  小夜子はにやにやし  家もどうかし  遠景にし  薄暮であったので、青々し  話も出たりし  老婆が、じめじめし  陰にそうし  彼女のちんまりし  ような、しおしおし  十分恢復もし  妹を愛しているにし  田舎にじっとし  再縁でもし  庸三は、どうにかし  机にすえたりし  一人留守居をし  むやみに買いこまれたりし  気前をよくし  ように、そわそわし  詰め替えをし  ていはし  姿を懐かしんだりし  ところへ連れて来られでもし  方をむいて少しうとうとし  ことを考えていたので、振り向きもし  庸三はぷりぷりし  庸三はじっとし  広場へ乗り入れようとし  悪戯でもし  ように、ぐったりし  彼女はどうかし  彼女の小ぢんまりし  家をどうにかし  問題ではないにし  誰であるにし  長編小説を書いていたりし  天井まで抱きあげたりし  自動車で帰って来たりし  気分もし  考えなかったにし  食事などし  まま、丸々し  遊び場所にし  足も出なくし  庸三はほっとし  彼女はけろりとし  庸三は惘れもし  用材からし  下受けし  部屋を見廻わし  匂いなどもし  開き窓に改めさせなどし  自動車を駆りなどし  頸にし  安心しようとし  仕事ばかりし  体のずんぐりし  むやみといりもし  芸者屋をし  硝子戸を閉めたりし  脊比べをしたりし  親しみを示そうとし  女中を呼んで言い入れると、しばらくし  時計が遺っていたりし  戸を叩いたりし  病院はひっそりとし  場合があるとし  計算もし  部屋へ入って来るにし  価値を見出そうとし  一回二回と書かし  情緒がいかに溢れていたにし  格別注意を与えようともし  彼をそうし  落し物でもし  例になっていたが、どうし  喫茶店へ入ったりし  奥にしっかりし  花柳界離れのし  サアビスをし  銀座裏の小ぢんまりし  聾にし  文学を嗅ぎ出そうとし  瞬間ちょっと想像してみたりし  役割を演じてくれでもするとし  小夜子はそわそわし  ちょっときりりとし  得意そうに読