「さとっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さとっ[動詞]
自分のあやまれるをさとっ  ことをさとっ  委員達は早くもさとっ  周処は俄然としてさとっ  ことだ、とさとっ  意味をさとっ  気もちをさとっ  懸念をさとっ  行動を早くもさとっ  のだとさとっ  危険をさとっ  非をさとっ  難儀をさとっ  直ぐにさとっ  ことだとさとっ  時だとさとっ  意をさとっ  敗北をさとっ  事情をさとっ  うまみを見つけて行こうとさとっ  天命をさとっ  嘘は効かないとさとっ  使い方をさとっ  今それをさとっ  先生はさとっ  すべてをさとっ  十分、さとっ  んだなと、さとっ  にわかにさとっ  それをさとっ  孔明はすぐさとっ  玄徳もすぐさとっ  所へ来てさとっ  ここを守り難しとさとっ  事あるをさとっ  事態をさとっ  張飛もさとっ  いまはさとっ  最期をさとっ  来意をさとっ  それを早くさとっ  神経は目ざとくさとっ  先生、さとっ  形勢をさとっ  はじめて万事をさとっ  ことを、さとっ  万事をさとっ  様子をさとっ  わけをさとっ  ことはないとさとっ  説明して聞かしているとさとっ  意志をさとっ  そばに転がっていながらすぐにさとっ  無駄だとさとっ  うちをさとっ  高氏はすぐさとっ  不首尾をさとっ  幕府自体もさとっ  つゆほども、さとっ  深刻にさとっ  張はすぐさとっ  できごとをさとっ  道誉はすぐさとっ  意味しているかもすっかりさとっ  身にさとっ  火だとさとっ  瞬間にさとっ  それをすでにさとっ  今はさとっ  非常をさとっ  前非をさとっ  ッとさとっ  音で、きっとさとっ  駒井がさとっ  それとさとっ  密告をさとっ  兵馬もさとっ  彼がさとっ  自分が、さとっ  お雪ちゃんはさとっ  道庵先生が早くもさとっ  のをさとっ  方がいいとさとっ  米友がそうさとっ  賢明だとさとっ  真価をさとっ  浩がさとっ  のを、すっかりさとっ  のであろうとさとっ  経とさとっ  小宰相はさとっ  人間でも、わるいとさとっ  ほんとうに悪かったとさとっ  警察でも薄々さとっ  深田君はさとっ  後日になって初めてさとっ  心をさとっ  本質をさとっ  自分がわるかったとさとっ  ことではないとさとっ  愚かさをさとっ  使いはさとっ  役人もさとっ  理屈はあるとさとっ  ことを初めてさとっ  役人は初めてさとっ  逃げられないとさとっ  はま子さんも断然さとっ  あなたはまださとっ  決定的にさとっ  のだ、とまもなくさとっ  綾衣ももうさとっ  美少年もようやくさとっ  一切をさとっ  ことをハッキリとさとっ  死期をさとっ  危険信号とさとっ  身にせまる危険をさとっ  犯人をさとっ  僕はさとっ  波田もさとっ  事があるなとさとっ  オレはさとっ  笑顔の何たるかをさとっ  幸福をさとっ  今に至って、さとっ  無理をさとっ  のだ、とさとっ  ことができず、あるいはさとっ  のをきっとさとっ  わけにもゆくまいとさとっ  不可をさとっ  大切さをさとっ  何事かをさとっ  持主をさとっ  喜兵衛はさとっ  不利をさとっ  艇内にはいると同時にさとっ  こともさとっ  



前後の言葉をピックアップ
  諭す  さとす  サトスズメ・ホクロスズメ  諭せ  悟っ  覚っ  里中  サトナリアム  里仁


動詞をランダムでピックアップ
悶え愛し合える振りかぶる食わさつきつめるせがむ問い質さ止める止も振放たやりとげれ打ちあけよ仰げよ折合お片づきゃさだめん重んじる悲しもつらぬけいきづまっ
形容詞をランダムでピックアップ
激しかっやむ無くかわいらしいいたし細か恐うがたけれ険しねたましいぶかしい遽しい痛かろまたとなくけだるくほいな重かっ野太い嬉しいよわく