「さし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さし[動詞]
刀をさし  赤みのさし  雨傘を高くかかげさし  おばあさんは、さし  宇宙ができなくさし  ようにさし  善が何かと求めさし  机をさし  樹明君来庵、さし  何処をさし  上までさし  しっぽがはえて、のこのことおざし  眼をいきいきさし  首をさし  狐をさし  方にさし  束髪にさし  人影がさし  中間へさし  清らげにさし  断言してさし  薄をさし  神事のよりましがさし  棚へさし  御馳走を食べてゐる、さし  薬もねさし  傘をさし  けがをさし  伯母にわたしてさし  肩身を広くさし  湯をさし  飯を食べさし  止めをさし  ことをさし  都をさし  棹を罷めさし  一つ持ってこさし  子供に食べさし  あかりがさし  身慄ひをさし  光がさし  其下駄を借さし  席を替さし  ここかとたずねさし  日光がさし  唇にさし  禅師蒹葭堂をさし  釘をさし  杯をさし  月かげがさし  僕に、食べさし  僕に食べさし  野原をさし  ものをさし  蛇いちごをさし  隙間から、もう明るい光りがさし  影がさし  男をさし  刑事をやって調べさし  蝙蝠傘をさし  者をさし  精進をさし  間へさし  十郎左をさし  閣老へさし  七百メートルをさし  暖かい日影が明るくさし  燈がさし  屋台にさし  からだにさし  窓あかりがさし  昼飯をこしらえさし  上へかけさし  和智君をかけさし  洋傘をさし  火鉢をさし  三つ叉にさし  握り拳をさし  午後から日がさし  ボタン二つのあいだに右手をさし  グレゴールをさし  腕をさし  斜めにさし  色をさし  馬そこからはかげがさし  やうなおもざし  赤味がさし  前にさし  つりをさし  串にさし  二人でさし  根にさし  手をさし  孝行をさし  ちょっと湯あみをさし  指をさし  眼をくるりとさし  気勢に打たれてさし  杖をさし  喰べさし  行楽をさし  守衛室をさし  一枚のハガキをさし  天をさし  評価をさし  評價をさし  有頂天にさし  まぐろのさし  火縄をさし  火影のさし  火影がさし  行燈をさし  区域をさし  上にさし  匿れさし  くるくるとさし  家路をさし  くしをさし  宮をこしらえさし  世話をさし  燈火のさし  おかゆなどを造って食べさし  晩は寝さし  月光がさし  心をのびのびとさし  印象をちらちらさし  手にさし  承知をさし  兩手をさし  暮しをさし  久須美にさし  目を開けさし  白河戸郷をさし  すきから此方をさし  隣室をさし  水をさし  枕もとにさし  花びんにさし  籤をさし  筒をさし  梢をさし  連をさし  松葉をさし  之をさし  盃をさし  気がさし  杯をうけたり、さし  斧をさし  ダフネがとどめをさし  ままにさし  いっしょにすうっとさし  将棋をさし  香などでさし  毎日釣をさし  そこでしばらく考えさし  さに溺れさし  日がさし  海底にさし  入口へさし  蜂がとんできてさし  がさがさし  櫛もさし  空に突きさし  油をさし  五時をさし  顔をさし  労れさし  一ペン考えさし  赤みがさし  頬紅をさし  嫌気がさし  宿をさし  明りのさし  臙脂をさし  大小をさし  客間をさし  魔がさし  明りがさし  運び申してさし  土にさし  紅潮をさし  妙子のおもざし  別に商賣にさし  湯をたびたびさし  胸を突きさし  燈心をさし  擂粉木を、さし  方角をさし  自由詩をさし  上に荒れ果てさし  中ざしキラキラとさし  指一本ささし  から、出してたべさし  食事をさし  綿入をかえさし  子供を抱いて来さし  ぐッぐと咽喉へ支えさし  目をしょぼしょぼさし  床をのべさし  室塗りとざし  父のおもざし  包みを高くさし  薬罎にさし  奴には、飛ばさし  貰つて藥罎にさし  厭気のさし  村道までさし  一杯八方へさし  足をさし  体にさし  従来儲けさし  思いをとげさし  眼をぎろぎろとさし  捨団扇をさし  綺麗にこしらえさし  四五日考えさし  運命を弄ばさし  お側に仕えさし  足をぶらぶらさし  寝間着に着換えさし  カステイラを持って来さし  日光のさし  花をさし  音をさし  言葉をさし  どこからか、くわえてきてさし  ところにさし  木にさし  お宮をさし  姉はんをさし  ところから雨傘をさし  片手でさし  櫛をさし  ようさしては退き、退いてはさし  頭をひたひたとさし  煙管でさし  男がさし  赭味をさし  頬にひらめく如くさし  枝にさし  裏口をさし  微笑を浮べさし  自働電話をかけさし  中を一層しいんとさし  光が、あかあかとさし  雨戸あけさし  誰かに纏めさし  眼にさし  光までさし  花瓶にさし  諸手をさし  賭場をさし  水を持って来さし  ようにして駈けさし  前借をしているにもかかわらず、とにかくさし  しろから指をさし  厭気がさし  紅味のさし  代り食べさし  わしは、食べさし  老婆心をさし  留守居をさし  根元にさし  自来也がさし  侍でもさし  自来也鞘をさし  時には、さて、どうして諦めさし  光を射さし  口をさし  こっちへさし  前へさし  手紙をさし  ひとつ中身をあらためさし  名刀をさし  火傷をさし  歇つて薄明かりのさし  パラソルをさし  帳簿を出さし  縁にさし  後ろ指をさし  菜の花をさし  そこへもさし  イヤ気がさし  願書をさし  懐ろをさし  一銭銅貨をさし  金色にさし  中までさし  楽をさし  腰を抜かさし  両手をさし  部屋へさし  なかへさし  月がさし  図星をさし  中をさし  笛袋をさし  脇差をさし  彼をさし  青い花をさし  絵を出さし  泪におぼれさし  棒にさし  鋸をさし  月の光りがさし  先づ悪魔同志喧嘩をさし  一面にさし  相手のさし  ものに馴れ合ってさし  肩をさし  ポケツトにさし  肉体をも、蒼白く萎びさし  何か食べさし  復讐をさし  桃色をさし  口を触れさし  青味のさし  急にさし  身を固めさし  私をさし  梅太郎曰ク早速さし  ひとつ興奮飲料をさし  草にさし  言はでさし  口にさし  目玉をさし  一がさし  二がさし  三がさし  四がさし  五がさし  六がさし  七がさし  蜂がさし  紅紙をさし  橋をさし  腰にさし  峠をさし  瞼をほんのりさし  明かりもさし  閂を入れさし  蕎麦切をこしらえさし  用意をさし  頭髪にさし  ちょっと、抜きさし  床几をさし  蠅をさし  どこかのざし  手を組みあって、こっそり行ってみましたが、どのざし  一どこっそり、ざしきをのぞいてみましたが、どのざし  のがざし  一人がざし  自分だけは、どうしてもざし  みんながざし  襟にさし  西北にさし  ものがさし  左右から枝をさし  燈籠を点けさし  袖をさし  桃割にさし  方をさし  俺のさし  もう少し考えさし  一語もさし  月影がさし  蟻共はさし  餌を食べさし  ものを飛び出さし  間から非常に速く飛び出さし  バスケツトに入れて熟れさし  構造まで一々見さし  舌をさし  五寸釘をさし  大阪表へさし  日傘をさし  お十夜へさし  小柄をさし  老人にさし  貰つてもさし  顔を浮き出さし  西日がさし  能力ばかりをさし  貯金をさし  狂女をさし  椅子を持って来て取りおろさし  御飯をたべさし  何であるかをさし  黄色がさし  真珠をさし  部分をさし  準備をさし  薬を拵えてこさし  時将棋をさし  眠気がさし  月のさし  ちょっと稲光をさし  こうもりをさし  ラジオはだからさし  重箱をさし  銚子をさし  壁際をさし  眼でさし  灯がさし  ミサ子がさし  それから将棋をさし  陰のさし  頤をさし  影法師がさし  十手袋をさし  こなたへさし  頭巾をさし  髷にさし  笄をさし  四本ずつさし  二人きりでさし  酔顔をさし  陽がさし  かきつばたたれしめさし  傳へさし  東北をさし  こともさし  嫌氣がさし  気はせず、さし  札がさし  跳つかへりをさし  あばずれ女などを多くさし  野花をさし  紅をさし  拍くと、かねて心得さし  光のほそぼそとさし  火かげのさし  ちゃんと大小をさし  かたはお守り石をさし  方を罷さし  庄のをさし  真似をさし  だって水仕はさし  気保養をさし  帳簿を持ってこさし  聴診器を取り寄せさし  平打をさし  から梯子をさし  煮豆ばかり食べさし  祝儀を立て替えさし  浅山にさし  影のさし  養生をさし  お守り石をさし  夕陽がさし  波翳がさし  白をさし  峯にさし  夜タガンローグをさし  榾をさし  心棒をさし  枝をさし  小意気にさし  蛇の目傘をさし  どこへでもええで寝さし  小平のさし  助にさし  証悟さし  半身をさし  方面をさし  太陽をさし  西部をさし  さかんにさし  晴れやかにさし  頂上をさし  部落をさし  片手をさし  人かげがさし  日中は、ざし  セルロイド櫛をさし  炬燵にさし  傑作を拵えさし  足をぴんぴんさし  芸者をやめさし  筋肉を、ぴくりぴくりさし  酌をさし  我前にさし  それをさし  一杯にさし  跫音をさし  眼をきょろきょろとさし  朝日のさし  手柄にさし  銭さしにさし  地券を出さし  御幣をさし  晝寢でもさし  商売をさし  縁組をさし  ものを、飢えさし  時一枝折って来てさし  斯うして食べさし  うりでのろくさし  あたしはさし  消息などをさし  下から御文をさし  顔をしながらさし  花やかにさし  明かるくいきいきとさし  糸へさし  一本つけさし  軒にさし  モノを考へさし  日の光りがさし  文なんかをさし  化粧までさし  野にさし  中に青くさし  ガタガタ音をさし  浮橋にさし  原稿をさし  頭上高くさし  明かりがさし  暈がぼっとさし  部将をさし  何をさし  顎でさし  郷里へさし  うすい灯がさし  劉備にもさし  旗をさし  紅もさし  煙草入をさし  絵の具をさし  歌笑をさし  下着をさし  間から手先をさし  窓を開けさし  申上げさし  幕を閉じさし  目尻をさし  來たさし  自分たちをいさし  頭にさし  高祖をさし  平原をさし  自分をさし  将軍をさし  指でさし  十六時五分前をさし  言つてもさし  人をさし  ひいき目をさし  何度眼をパチパチさし  きれいな花瓶にさし  袋をさし  注射器をさし  からしばらく考えさし  店から往来へさし  絵日傘をさし  頭をはっきりとさし  一人手にさし  ほうをさし  関外から地方へさし  逆しまに突きさし  われをさし  兵をさし  いま語るをさし  ちまき、あうざし  犠牲にさし  一つぐらいはさし  一枚出さし  問題を絶えず考えさし  かさをさし  番傘をさし  朝日がさし  針をさし  画像をさし  詐りをさし  微光がさし  廊をさし  主君をさし  鼻をさし  徐州へさし  疑いをさし  手もとへさし  禰衡をさし  仕官にさし  こっちを戸惑いさし  心をびくびくさし  両刀をさし  鼓をさし  竹串にさし  朝日がいっぱいさし  心配してをりましたので、さし  証言でもさし  酢をさし  ゴーリキイをさし  畳にさし  鵞ペンをさし  お針をさし  手紙がさし  にわかに明るい光りがさし  口をあけさし  火鉢に突きさし  ところをさし  紅潮がさし  流れをさし  都へさし  大軍をさし  絵具をさし  夏菊などさし  爪紅をさし  地べたに突きさし  ものと見てさし  言つても、ちつともさし  紅味をさし  作に持って来さし  太陽の光りがさし  蛇目傘をさし  さまでさし  祝状をさし  宝石をさし  御殿をさし  家をさし  お客さまのざし  席をすすめさし  吟味をさし  島をさし  海岸をさし  分け前はさし  港をさし  国をさし  何事をさし  これは、さし  人間をさし  手でさし  其方をさし  樊城をさし  南へさし  足でさし  三江をさし  ″\嫌気がさし  名大浜三郎平がさし  酌で、さし  駕籠をめざして突きさし  高だかとさし  造酒は、こう言いさし  障子に明るい光りがさし  城出入りをさし  園絵さまをさし  室を片付けさし  女中を控えさし  目を見さし  肩をぴくりとさし  コップにさし  日のさし  鮎を食べさし  太陽がさし  言つて帰つて来ましたが、ざし  のだと見てさし  日が明るくさし  障子にさし  生活態度をさし  空にさし  赤味をさし  薄色をさし  沖からこちらをさし  手許へさし  月光さえさし  指でもさし  胸にさし  害意をさし  イスをさし  眼がさめると、すぐに、なにか食べさし  壜をさし  隠居所ででもさし  冬日がさし  夜空を衝きさし  学問をさし  名将をさし  密使をさし  鞭をさし  冠にさし  答えを書付けてさし  一緒にさし  ケースをさし  自由にさし  切符をさし  人力車を仕立てさし  まばらにさし  口びるをその額に受けさし  いたずらごころから髪にさし  バーから持って来さし  ほうにさし  留めをさし  親しみを覚えさし  脾腹を押えさし  碁をさし  蜀へさし  操をさし  表をさし  こころよくさし  入り口にさし  老女がさし  錫杖を突きさし  眼をさし  地にさし  庭にさし  根をさし  跡にさし  箸をさし  地面にさし  小枝をさし  地上にさし  夕日がさし  ビールをさし  翳がさし  青木にさし  みんな出さし  気臆れをさし  範囲をさし  二三日考えさし  黒蛇の目をさし  朝貢をさし  事が有りまして、又食べさし  私にも出さし  夜を明かさし  雲をさし  着物を出さし  一本取って来さし  掃除をさし  向直って眺めさし  書斎に入れさし  事は、考へてさし  加はられてもさし  さ来るさし  大帝をさし  軍勢をさし  私から使いをさし  一軍隊をさし  自害をさし  女房にさし  から自害をさし  首筋をさし  烏がさし  ことばをさし  一句止めをさし  魏をさし  鼠をさし  段階をさし  見張りをさし  瓶にさし  顔を赤くさし  思いをさし  口調でそう云いさし  若い技術員をさし  一ぱいにさし  女人をさし  御飯だけ食べさし  夕日がかっとさし  くすりをさし  提灯を提げさし  怪我をさし  祠をさし  頒けてさし  先に突きさし  障子越しにさし  一足一足突きさし  白菊をさし  部屋に持って来さし  ふところにさし  存在を浮き出さし  ガラス窓からおぼろにさし  誠をささげさし  病院に来さし  所にさし  赤土にさし  間を置いてはさし  ところで育てさし  事実を認めさし  希望を述べさし  身抜をさし  身体を衰えさし  我儘をさし  誤謬をさし  あすこから出さし  鍵をさし  ものを忘れさし  眉根をぴくりとさし  眉根をぴくぴくさし  返事をさし  身に突きさし  勉強をさし  治療をさし  娘にも食べさし  燒鏝をさし  焼鏝をさし  和尚さんにさし  沼津をさし  画をさし  マンショーを浮き出さし  質問でも出さし  建物をさし  小間物屋をさし  ヘーゲル論をさし  まともにさし  森をさし  首だけさし  光が、ぱあっと流れさし  ライターをさし  鳥かごにさし  簪をさし  中にさし  ちの勝手にさし  母親は強いて止めずに思うとおりさし  影をさし  何かをさし  世界にさし  中から手をさし  通りに歩き出さし  申述べさし  経歴を少しばかり述べさし  お詫びをさし  大要だけを述べさし  鳥影がさし  あれ鳥影がさし  ストーンを取っちめさし  眼からちょっと稲光りがさし  ナイン嬢をさし  対局でさし  誰がさし  名人がさし  ヘボがさし  方三分の一ばかりをさし  煉炭火鉢をさし  出入口から明るみがさし  三日月の淡い光りがさし  三日月の光りがさし  生活にもさし  かすかにさし  光明がさし  眠む気がさし  一ぱい湯をさし  頭陀袋にさし  胸をふっくりさし  藁苞にさし  かわりがわりにさし  前足をさし  くしにさし  髪とをさし  触角をさし  酒に酔わさし  かげがさし  椅子をさし  用事であるといって、さし  胸をさし  やうにさし  一貫してさし  何れもさし  別があつてさし  のを止めさし  盛り場をさし  仕事をさし  黒味がさし  瀬踏をさし  手を遣ると、さし  ものにさし  現在はもうさし  小笹芒などさし  油断をさし  拉れて来さし  花簪をさし  隠れ切支丹をさし  清水坂にさし  剣をさし  一人をさし  大国主をさし  人物をさし  近辺をさし  お礼をさし  白洋傘をさし  面影をさえさし  花かんざしをさし  一行をさし  蒸気をさし  居酒屋をさし  敢てさし  ことを多くさし  クリュブをさし  棒をさし  それから両手をさし  習をさし  民子は云いさし  軒口までさし  金一枚をさし  瓶に投げざし  定斎と記されたをさし  枝炭新たにさし  光がうすくさし  手入をさし  願望をかなえさし  日があたたかくさし  羽音をさし  父親をさし  内部をさし  警察に届けさし  映写機をさし  しらをさし  上体をふらふらさし  煙管をさし  顎をさし  しろ指をさし  戸をさし  八十二でゐさし  硝子戸ごしにさし  色がさし  かわり儲けさし  学校だけにさし  ことも遂げさし  墓標を買って来さし  私に、さし  買つてくれとさし  川をさし  水呑をさし  一けん出さし  島根をさし  長物をさし  頭をさし  気をさし  車で駆付けさし  理想といひてもさし  蓋をさし  舌をぴりぴりとさし  不浄物を取除けさし  光のさし  円盤をさし  室中を浮き出さし  刀脇差をさし  紅がさし  無事に通り抜けさし  顱巻をさし  帯へさし  一にぐいとさし  天窓をさし  我ままをさし  明がさし  高島田にさし  匂をさし  中で、ひどくさし  奴は、さし  猪口をさし  ものでも食べさし  畜生にはじゅうぶん食べさし  日がかっとさし  火をつけてさし  団扇をさし  一端を突きさし  霞にさし  下役を呼んで持って来さし  北へさし  北をさし  紅茶をさし  欄間から天井にだけさし  隙から光がさし  規則正しくさし  剪ってさし  先にさし  明るみもさし  上に跳んだりはねたりさし  ほのかにさし  一思いにさし  くるくる頭へ赤くさし  小刀をさし  参詣をさし  方へさし  庭をさし  いやきがさし  水のさし  わたしをさし  戸口をさし  外から錠をさし  三日考えさし  のを、弾きさし  空をさし  好評を得さし  ことをはっきりさし  鼻をあかさし  捕縄を掛けさし  目的を果すにさし  物音をさし  口をもぐもぐさし  肌をさし  名刺をさし  末を舐めさし  水仙を突きさし  上から水をさし  顔から後光がさし  偶それをさし  たまたまそれをさし  親方から出店を出さし  暗夜にさし  紅を薄くさし  パンパンに食べさし  財産を捧げさし  仕事を敢えてさし  握手をさし  みんな貴下に捧げさし  鈎先にさし  今まで食べさし  まねをさし  トゲをさし  捉まえて、やいのやいのをきめさし  月明がさし  半分に負けさし  付加物をさし  硯を持ってこさし  赤みをさし  丸田にさし  端をさし  方法をさし  影もさし  鬚をつんとさし  手足をもいで食べさし  人にも、なんか少し食べさし  逆手に突きさし  から食べさし  薄あかりがさし  雪洞を遠くさし  檢温器をさし  陰影のさし  構造を述べさし  牢をさし  ようにして受けさし  一ぱい日がさし  陽がうっすらとさし  笄を抜いたりさし  紅のさし  朱をさし  眼玉をぎょろりとさし  羽をさし  金でも出さし  手袋をさし  月木の間にさし  壁をさし  夫に臨んでもさし  茶碗をさし  暁鐘をならさし  装備をさし  はるかかなたをさし  そっちへさし  声をさし  短刀を持って来さし  ーっとさし  あいだにさし  おみやげをさし  手を取っておざし  娘をさし  子守をさし  眉をぴりぴりさし  山刀をさし  帯にさし  髪にさし  酔はせて、寝さし  棒へさし  こうもり傘をさし  自分がさし  勝手にさし  銘々腰にさし  亭にさし  水兵さん達に食べさし  腰へさし  兀頭をちらちらさし  襟に溢れさし  体をのびのびとさし  怖気がさし  花までさし  蛇の目をさし  銀様のさし  面をさし  縞になってさし  何もかも忘れさし  目からキラキラとさし  キリストに似たおもざし  いっしょに寝ると云うから、寝さし  感情を述べさし  骨休めもさし  西日のさし  顏をさし  玉としにほふおもざし  蝦夷菫かざし  光がパッとさし  外をさし  眼玉をぐるぐるさし  馬を駆けさし  後差しをさし  前がみざしをさし  前がみざし  鉢植にさし  そこから明りがさし  娘さんがさし  矢立をさし  代りにさし  串をさし  蝶々髷にさし  譜をさし  雑巾をさし  簪にさし  ひなをさし  真中に据えさし  サーベルをさし  領にさし  鎌倉をさし  苦勞もさし  提灯をさし  往來にさし  唇をさし  ことに、さし  竹筒にさし  手のさし  中へさし  後光がさし  伊達をさし  呼止めてやめさし  水を持ってこさし  間を開けさし  響をさし  中に久しくいさし  もう少し述べさし  否認にあってもさし  一時半をさし  名刺をあわててさし  生々とさし  頭をきょとんとさし  冷りとさし  血の気がさし  左をさし  拝見をさし  襟をさし  内をさし  ピンをさし  首を垂れてさし  宿に訪ねて来さし  座蒲団を持って来さし  薄日がさし  アゴでさし  血がさし  背後から首をさし  漆をさし  部屋にさし  灯もなく、さし  大杯をさし  板をさし  灰にさし  興味を湧かさし  アはぐれさし  岸をさし  水夫をさし  タイガ号をさし  下をさし  光もさし  題目をさし  わたしにさし  一日三回薬をさし  駒を入り乱れさし  笠置をさし  南枝のさし  皮膚の下から曙いろがさし  後醍醐をさし  従来刀をさし  耳にさし  悪漢をさし  かさかさとさし  眼をうっとりとさし  高僧たちが突きさし  炭炉にさし  お冠をさし  清高をさし  京へさし  顔もさし  内から顔をさし  酒をさし  當時俗間富豪をさし  横額をぴりぴりさし  着替えをさし  善人をいためさし  麦藁をさし  路にさし  なり手をさし  換へてもさし  請手形を入れさし  ゆっくり養生をさし  面会をさし  舌をちろちろさし  一つ南さん自身を冷たくさし  バンドにさし  かんかん日がさし  御酒をさし  支配者をさし  島影へさし  加持をしてさし  楠木をさし  浴室いっぱいにさし  横に突きさし  青竹をさし  下から針をさし  神さまにさし  国道へさし  下婢をさし  顏がさし  荷作をさし  上へ寝さし  顔がさし  一つをさし  孫娘がさし  手の者をさし  花を分けて眺めさし  棊をさし  ただ今お茶をさし  朝日が早くさし  物置から出さし  口紅をさし  罎にさし  胸をどきどきさし  太刀をさし  起請文をさし  直義へさし  柵から北国街道をさし  銃をさし  隊長殿すぐやめさし  イヨイヨ後光がさし  町をさし  薄ら明をさし  好きにさし  間考えさし  望みを遂げさし  釵をさし  タバコをさし  方でもうけさし  反射鏡をさし  仙境から反射鏡をさし  妓をさし  退学をさし  グリルにとどめをさし  薔薇をさし  鷭撃を留めさし  時間でも遅れさし  しろから判をさし  両足をさし  加勢にさし  一堂をさし  自国へさし  まま課税はずいぶんさし  堀金をさし  所が、よく考へさし  どこでも、たべさし  馬をかけさし  これも、食べさし  光がやわらかくさし  御飯も食べさし  留守をさし  氷枕をさし  赤味のさし  一杯西日がさし  眼をぱちくりさし  眼を一杯見張ってくるりとさし  菓子折をぶらぶらさし  心もち紅をさし  手柄をさし  献上目録としてさし  座をさし  尊氏をさし  宮をさし  義貞をさし  おれどもをさし  殿をさし  外にまばゆくさし  木刀をさし  千鳥塚をさし  かな手をさし  身体をさし  巻藁にさし  仕置をさし  ただちに鎌倉へさし  慧鎮上人をさし  朝廷へさし  なかでさし  筑紫へさし  前にかしこまってすぐさし  左中将義貞をさし  一角をさし  葉のさし  谷間道をさし  あごをさし  方へ、さし  灯りが、さし  栓にさし  青山六道の辻にさし  頸をさし  何事かをさし  ななめにさし  プーンとさし  箱をさし  淨物を取除けさし  顔から着物から四肢から、うっすらと蒼い光りがさし  右手に高くさし  帽子にさし  筆をさし  笠をさし  一夜を明かさし  お雪ちゃんのさし  米友をさし  後ろをさし  磔刑柱に括りつけさし  光がうらうらとさし  女役者のおもざし  誰をさし  正儀をさし  千代にさし  上へさし  向側にさし  事をさし  合つて斜にさし  夕日が低くさし  畳へ突きさし  紙入れをさし  部下にも食えと云ってさし  斜光がさし  着物さえもさし  品までもさし  上り端にさし  潮がさし  午後から暗くなるまでさし  記事をさし  雨傘をさし  宮中へさし  熱性を覚えさし  涼しい涼傘をさし  何人が、ああさし  絽刺しをさし  楽しみにさし  女主人はそういいさし  咽喉をごくごくさし  ト襟へさし  手で取っちゃ見さし  階子をさし  ざっと音をさし  金槌をさし  朝顔のさし  裝までさし  婦人たちをさし  襖かげから顔をさし  湯かげんをさし  平ざし、まといつきざし、まといざし  毎日パンを食べさし  若芽を余り伸びさし  御飯を食べさし  入口にさし  南部口をさし  それから大小をさし  人間を白けさし  えり頸へさし  短刀を力いっぱい突きさし  天上をさし  潮のさし  私に立替えさし  箇所をさし  日の目のさし  日光の明るくさし  一人もさし  いもの食べさし  路をさし  額縁にさし  心にかげをさし  日がさをさし  もの、と思うてさし  衣冠束帯をさし  翼を休めさし  格子にさし  空事をさし  珠をさし  鉄鉢を埋めさし  許宣を捉えさし  塔をこしらえさし  朦朧とさし  其処此処に時々明く浮き出さし  内から鍵をさし  記憶にのこるそのおもざし  湯を少しさし  から私達を儲けさし  注射をしてさし  御返事をさし  清汁をさし  カメロットへとさし  双方から手をさし  鞭でさし  何でも買って食べさし  歌をさし  いや気がさし  娘たちを集めさし  座蒲団を出さし  云つて来さし  つて女を恐れさし  晩餐をさし  手紙を持ってこさし  子供を惹きつけるとともに恐れさし  三度稽古をさし  空虚を満さし  穴にさし  座席をさし  大通りをさし  彼のさし  雑用をさし  盃を高くさし  犯人をさし  拳をさし  首をつんとさし  一瓶、もって来さし  小鳥をさし  大谷をさし  自分で考えさし  途中で言いさし  ていねいに感じさし  平穏にさし  匂いをさし  そのままにさし  憂苦を満さし  孤独ではないと感じさし  鈎にさし  編集局へさし  窓口へさし  同様にさし  雪片をさし  調理してさし  主張をさし  笑殺されてもさし  点をさし  分をさし  喙をさし  頭をふらふらさし  一塊をさし  意識をさし  硝子戸越しにさし  ウイスキーをさし  ウイスキーをちょっぴりさし  味をみ、またちょっぴりさし  饅頭にさし  旭のさし  いつか潮がさし  腹をぶくぶくさし  名匠をさし  地響きをさし  東助をさし  東助がさし  二人にさし  看護婦がさし  片足をさし  外れにさし  廊下にさし  方向にさし  船をさし  物語をさし  柳田平治をさし  湖をさし  上半身をさし  給仕盆をさし  お茶をさし  眼をパチパチさし  それから肩をぴくりとさし  目薬をさし  ランプをさし  ホンノリとうき出さし  庭一面にさし  天津神の依ざし  話をさし  気分を転じさし  控え目にさし  席をさし  クリストフをさし  名誉とを得さし  闇にさし  朝顔の実にさし  鷹の羽根をさし  顔をし、いつかさし  あごでさし  札をさし  いまもつて光りがさし  身体をぎくりとさし  コーンをさらにやきもきさし  幻をかけさし  こちらへ来さし  競争者にさし  要求を述べさし  前借をさし  彼を強いて逃げさし  気を静めさし  膏薬売をさし  こちらへさし  外から夕明かりがさし  弟をいじめては駆けさし  顔だちをぼやけさし  窓をさし  無理に受けさし  慰安を得さし  一人にさし  絵も見さし  そばにいさし  自身ながらもすごく聞こえるので、弾きさし  胸部をさし  几帳をとおしてさし  月が明るくさし  やつを、食べさし  ここへはさし  男であるにかかわらず、さし  討死をさし  雪洞をさし  菰をさし  うららにさし  桜のさし  山吹をさし  別荘をさし  蔀君のさし  所から光りがさし  頭の中将へさし  頭中将にさし  実業家から金を出さし  實業家から金を出さし  壜にさし  もの軍勢を恐れさし  科学が得さし  溝を飛び越えさし  うちに生きさし  ようにごく徐々にさし  今はっきり名ざし  彼は開けさし  銃剣をさし  鉢にさし  雑作に突きさし  影がおりおりさし  無遠慮にさし  子供は言いさし  碁を打ちさし  姫君たちは打ちさし  案内をさし  皆腰にさし  からお話をさし  幌から首をさし  私を助けて、生きさし  練習をさし  静かにさし  それをしなびさし  いっしょにさし  乱雑さをさし  陽光がさし  夕明りのさし  山荘をさし  からもっと食べさし  諸国をさし  肉を突きさし  串へさしては食い、食ってはさし  恨みをさし  山をさし  焔をちらちらさし  何處をさし  人間にさし  棹をさし  光をさし  窓から顔をさし  女房をさし  短刀をさし  上をさし  目ばかりパチパチさし  弁当の食べさし  ちょっと、考えさし  中井へさし  二人にて、さし  慈父とは仰ぎながら、さてさし  書面を新しく書きかえさし  光線がさし  小指をさし  草稿をさし  真夜中頃入歯を飛出さし  魂から迸り出さし  ことさえ得さし  胸を悪くさし  顔をあげさし  神様、忘れさし  線香を上げさし  通りから斜めにさし  岸から濁水をさし  奴隷にさし  結論は、導いてさし  此などは、うたてでもさし  中にこっそり隠れさし  長椅子を引き寄せてさし  一ツ考えさし  閂をさし  東海岸をさし  フリント船長のさし  父をさし  夢のきれさし  質屋を出さし  もとにさし  宮仕へにさし  車をさし  帝にさし  藥をさし  衣類を入れさし  眼をぎょろぎょろさし  才蔵にさし  ブッこんで痺れさし  物差しをさし  足音をさし  地主から出さし  側にさし  話を述べさし  二人を焦れさし  椅子とをさし  もっと楽しくさし  母親を驚き恐れさし  仕事をできなくさし  悲鳴をあげさし  波を忘れさし  彼をぞっとさし  手を長くさし  ことを聴き容れさし  懸橋をさし  二三度もぐもぐさし  枝がさし  食物を買って来さし  類を買って来さし  一羽求めて来さし  僕にさし  潤滑油をさし  水ばかりをさし  顔中赤味をさし  軽薄さをさし  そこから杖をさし  鉄砲をさし  概念をさし  相手をさし  のも可笑しいが、まア取り持ちをさし  もさもさし  赤潮でもさし  西日がぽっと明るくさし  味をさし  止をさし  それから眼薬をさし  寒い薄日のさし  饗応にさし  賊をさし  おろしよそのおもざし  針さしにさし  小皿をさし  八百円に負けさし  簡単に切上げさし  平静にさし  斜にさし  為事をさし  帳簿をこしらえさし  くらをさし  東京見物でもさし  朝日影がさし  黒田だって厭気がさし  使いでもさし  細君に育てさし  増はそうも言ってやりたかったが、別れさし  東京見物などさし  薄日のさし  安居楽業を得さし  電話をかけさし  薄明がさし  陰がさし  検査をさし  時、さし  通りにさし  顔をあわさし  結構食べさし  みんなそのおもざし  想像説を書きつけてさし  しか見えなかったと言ってさし  中にまでさし  仲直りをさし  片手にさし  窓から月がさし  中心地帯とをさし  かんざしをさし  路案内をさし  所までさし  魔でもさし  封書をさし  文をさし  欄にさし  甲板へさし  ボタン穴にさし  肉片をさし  匂いをプンプンさし  画面をさし  興行をさし  楊枝入れへさし  何かさし  涙をあふれさし  ことでとどめをさし  底にさし  酒を持ってこさし  障子一面にさし  反映がさし  両手を出さし  沈黙にさし  息をせかせかとさし  心をさし  傷処をさし  人を恐れさし  一本ぬいてくわえさし  砲台牌をくわえさし  さきに突きさし  臭いをプンプンさし  片手に提げさし  眼をじろじろさし  半分出来さし  我慢をさし  馬力をかけさし  障子にうっすらと、さし  さしつめさし  柄をさし  槌をさし  ご飯たべさし  婚姻簿を持ってこさし  棺をこしらえさし  儘に残しておいてもさし  木戸へさし  形に突きさし  伊賀の国をさし  柳生藩をさし  刀一本をぶっさし  沼津へさし  火をさし  断食芸人をさし  ボタンにさし  植込にさし  めんどうをみさし  僧をさし  金雀枝がさし  睦じそうにさし  あて着物かえさし  日が強くさし  陰影をくっきりさし  発表をさし  全部仮名にさし  首実験をさし  壁までさし  まんなかにいつもさし  ウェストミンスタアをさし  目でさし  右手をさし  包みをさし  上手にさし  ワンワンをさし  穏かな光りがさし  明るみがさし  高めに浮き出さし  含嗽をさし  仄紅い光りがさし  義理ずくめに余儀なくさし  平気で舐めさし  ように、そしてまた折角さし  眼をしょぼしょぼさし  動悸をさし  復讐にさし  氏政をさし  から釣針にさし  泡をさし  私にさし  所に来さし  ここにずうっと居さし  ここに居さし  ここにいつ迄も居さし  脛をさし  ペンをさし  こまかにさし  消息をさし  またまた厭気がさし  跡をさし  前から好きなのでさし  人間性をさし  往ってさし  体をさし  何か持って来さし  紺蛇目をさし  番をさし  番傘などをさし  瞼をびくびくとさし  青味がさし  頸にひっかけさし  隻手をさし  定義とさし  お湯をさし  手紙に書いて、さし  往来へさし  水にさし  矢をさし  巻莨を吸いさし  さをさし  朝日の光りがさし  巣をさし  楽にさし  そのまま獅子をさし  夕日のさし  葉にさし  句作境涯に心ゆくばかり浸り得さし  子供を連れさし  二人をわかれさし  何を覚えさし  俗にさし  いつでも寝さし  安心をさし  柔らかみのさし  南をさし  コンパスをさし  ところもさし  學問をさし  谷川から上つて来さし  行つた馬を見さし  髯をぴんとさし  大太刀をさし  引揚げさし  から続けさし  ト、いひさし  弓をさし  股にさし  地をさし  水生をさし  フランス語を聞かしてさし  何にも食べさし  窓から覗いていたりしていたら、呼び入れて、食べさし  私たちにさし  日給をさし  一番たくさん儲けさし  鴉を呼びあつめて食べさし  妻を迎えさし  日用品を入れてさし  本をさし  事から書き始めさし  青葉青葉にさし  お歳暮にさし  拝をさし  証拠としてさし  鞍をしっかり捉えさし  手をかしておりてこさし  お世話をさし  上田をさし  新潟を離れさし  女にさし  一ぱい吹き出さし  戸疾くさし  一日陽がさし  二階にさし  印象で書いてさし  そこにさし  根気よくさし  おでんを見せ付けては食べさし  真っすぐにさし  今夜から席へさし  根深にさし  流れを溢れさし  我輩のさし  以後学校へさし  冬子のさし  平一郎を呼ばさし  ささげさし  臭をさし  生活をさし  顏をほんのりとさし  斜光が明るくさし  アネモネがさし  おろし大根とさし  答えをさし  蔭がさし  陽のさし  枝蔭のさし  掛花瓶にさし  影はさし  安らかに死んだが、そのおもざし  おことばに甘えさし  ひとりっきりで居さし  慰労会をさし  飾紐にさし  指環をさし  金環価高かるべきをさし  物、もうけさし  浪子がさし  磁瓶にさし  右翼をさし  若者五六人をさし  田崎にさし  玻璃窓にさし  光ほのかにさし  あたり紅をさし  束をさし  間から顔をさし  眼を一しきりパチパチさし  ボロを出さし  時計屋から盜難屆まで出さし  進路をさし  手柄を立てさし  危い狂言をさし  眼をぎろぎろさし  眼をじろりとさし  行つて呉れとさし  一尾をさし  室内をさし  縁側をさし  箱根三河屋をさし  零をさし  近江をさし  あかりのさし  ちよつと聞かさし  胸ポケットにさし  鬢櫛をさし  義眼をさし  口とをさし  仮寝台にこさえさし  浴衣と脱ぎ換えさし  食膳を片づけさし  草根木皮で、ぷんぷんさし  夕飯でも早く持って来さし  紅でもさし  一朝にして衰えさし  袖を出さし  木立ちをさし  北西をさし  幼年組をさし  かんぬきをかたくさし  横腹をさし  野太刀をさし  西へさし  露をさし  脚本をさし  針金をさし  気持ちにさし  文学一般を漠然とさし  解義をさし  ことを、してさし  リボンにさし  妄執を打ち消すよすがともさし  女は言いさし  亭主を飛び出さし  俄かにかき合せさし  胸へさし  五尺ばかりなるをいと多くさし  人夫をさし  彼は持って来さし  くちばしをさし  雪にさし  掌をさし  だれをさし  翳もさし  毒をさし  散々苦労をさし  もう少し考へさし  歩道へさし  道へさし  物影がさし  窓にさし  布をさし  広野をさし  空ざまにさし  ものを食べさし  蘆辺をさし  事なら、遂げさし  杉がさし  二重ながら手早くさし  あたりをさし  くりとさし  一本もさし  二三度ちらちらさし  鉄鉢をさし  家を飛び出さし  みんな魔のさし  みな魔がさし  魔のさし  棒端をさし  内々で取揃えさし  監督をハラハラさし  手をさえさし  杖にもしっかりとさし  ら紅味のさし  顔にさし  なほにさし  温泉場をさし  坂にさし  目的地をさし  此人をさし  貫一にさし  ためにさし  宝物をのこらずさし  門にさし  信頼を感じて、多分さし  庭半分にさし  ものと言うてもさし  瑞葉がさし  鎖をさし  頭髪をもじゃもじゃさし  内容をさし  錠前にさし  とおりにさし  双紙をさし  墨をさし  一本の鉛筆をさし  午睡をさし  処にさし  味がさし  味のさし  子供であるから木刀をさし  筋彫りで懲りさし  赤光がさし  青年をさし  酒気のさし  雲にさし  月かげの淡くさし  膳を下げさし  手を入れさし  洋灯を点けさし  後光のさし  鼻先をぴくぴくさし  八がさし  腹部をさし  瞳孔をさし  水中へさし  峰をさし  猫をさし  気息をさし  舟をつけさし  外套はと気がさし  主人もさし  何時まででも見さし  目玉をぎょろりとさし  わがままいっぱいさし  混同して、さし  此辺をさし  川角へさし  ここへ来ないかと、もうおきよをさし  君にやはあらぬおもざし  忘れ物とて、さし  管をさし  笈をさし  袴にさし  葉をさし  陽脚がさし  気の毒だがさし  おしるしにさし  年貢ばかりをさし  白紅淡紅でさし  紅までさし  師匠はんとけいくにいつでもさし  中をもぐもぐさし  洋燈を持って来さし  九時半をさし  若い芸者が名ざし  枕元にさし  づ紅をさし  噺もさし  使ひをさし  ほんにさし  言はずにさし  お客さまにさし  曙光がさし  カニョーフをさし  領土をさし  つてはさし  火がちらちらとさし  頬のいろざし  ざま我が家をさし  眼玉をぐるりとさし  何本もさし  陛下にさし  港にさし  日かげがさし  指にさし  手相を見さし  光はさし  あたりに持って来さし  夕陽がぱっとさし  真赤にさし  下へさし  手伝いをさし  うちに、公然とさし  ようにしてさし  棒に突きさし  一部をさし  まり征矢をさし  日影がさし  無数にヒラヒラさし  日影が黄いろくさし  茶をさし  おつるみの蜻蛉をさし  夕日が一しきり明るくさし  力弱くさし  縁側にさし  藁にさし  傾きかげんとなってさし  花立てにさし  窓から首をさし  書籍をさし  心持上へさし  新子にさし  光線のさし  別嬪をさし  人形をさし  厳重にさし  お土産をさし  ばつに、なんにもたべさし  顔をつんとさし  学校も止めさし  大和当麻を思うていると見てさし  大和当麻を思うてゐると見てさし  料理を出さし  見合なんかさし  車をとめさし  大和當麻を思うてゐると見てさし  竹田街道へさし  日がどんよりとさし  髪へそっとさし  つまつてもさし  心臓をさし  供をさし  頼にてさし  溝淵広之丞よりさし  伏見奉行をおそれさし  一切私方よりさし  製陶を止めさし  扉にさし  眼をきろきろとさし  白黒にさし  樹幹へもさし  下までさし  万にさし  後家のさし  順々にさし  灯りがさし  急須にさし  都にさし  長脇差をさし  朝日が、もう余程さし  手端をさし  竹をさし  時象棋をさし  張傘をさし  いっぱいにさし  光がいっぱいさし  針をぶすりとさし  兵隊をさし  爺さん、叶えさし  なんばんとなくさし  蘇生をさし  御覧ぜよやとさし  無言にさし  灯火がさし  横にさし  煙へさし  真ン中へさし  胤舜をさし  彼方へさし  象棋をさし  廂にさし  退屈をさし  みんな弟子分だから控えさし  楽しいことも覚えさし  お前さんに甘えさし  心配をさし  姉上をさし  汗臭い油ぎった顔をさし  なにをさし  一同をさし  うまいごちそうを食べさし  あくびをさし  かわりあくびをさし  墓参りなどさし  便りにさし  気持にさし  体をもじもじさし  権叔父をさし  名をさし  七郎にさし  火鉢にさし  いくらかでも慣れさし  鈴を鳴らさし  三時頃にはおいとまさし  眼玉をぱちくりさし  三つボタンに対して身構えさし  眼ばかりじろじろさし  眼をきょろきょろさし  お伴をさし  学校をやめさし  私立を受けさし  長谷部大尉にさし  小路をさし  鐘路通りをさし  苦痛を忘れさし  日があかるくさし  めいめいに考えさし  眼をぱちぱちさし  使い走りでもさし  莨盆にさし  堆積をさし  昼間日のよくさし  太田道灌にさし  当時をさし  小便をさし  ことならざし  帯をくけ直おさし  立直おさし  四虚辞儀をさし  差図して開かさし  寝室をさし  ピカピカとさし  頤でさし  顔してさし  一命をさし  せがれ奴をさし  子をさし  コーモリ傘をさし  手足をもがもがさし  調停で思ひ宥めさし  のをさし  松監督をさし  横櫛をさし  日さまがさし  門口にさし  冒険をさし  んというもなあ、儲けさし  変つた象棋をさし  雨をやまさし  詮議をさし  乳をさし  赤児をさし  上に明るくさし  杏を買って来さし  女人たちに、曳き上げさし  若者に纏めさし  青い花電気のさし  ネクタイにさし  タイピンをさし  影ほのかにさし  ようにもじもじさし  顔を出さし  一本釘をさし  あぶりぐしにさし  一室に隠れさし  先刻納所をして、持ってこさし  丸髷をがっくりさし  口をつけさし  一束にして掴みざし  苦労をさし  君子に対してもさし  気持をもズルズルにさし  上に重い軋りをさし  眼玉をとび出さし  木をさし  揚物にさし  大小すっきり落しにさし  落しにさし  人影をさし  眉根を寄せさし  炬燵をいれさし  約束をさし  炬燵を持って来さし  枕頭に連れて来さし  和服に着変えさし  のは一向さし  おんぶをさし  指をやって、さし  舟をさし  杯をずいとさし  炬火をさし  上にかたえさし  索を、さし  見舞いに来さし  俗名を付けさし  儘ここに居さし  山道にさし  机をすえさし  進行係をつとめさし  光とがさし  光がさっとさし  電燈の光りがさし  光がぱっとさし  顔にまっすぐにさし  室にさし  書状をさし  血刀にてさし  扉をさし  あの花を送って調べさし  一輪挿しにさし  枕にさし  橙色にさし  京都から江戸をさし  横ざしにさし  墓番をさし  簡単に述べさし  微温湯をさし  こちらをさし  胸をわくわくさし  尾をさし  部落へいい触れさし  ずんだ声で云ってさし  ひかりと淡い曇りをさし  膝行寄りてさし  進歩にさし  うまいものを食べさし  茶漬けとかを食べさし  裸にさし  文句を並べさし  ゴハンたべさし  胎内をさし  手をもじもじさし  世間話すら途絶えさし  かに顔を照らし合いながらさし  ほど強くさし  目顔でさし  あなた、さし  ぴりと薄赤味のさし  影が暗くさし  半分しさし  二時をさし  扇子をさし  本宿をさし  鎌をさし  寿平次にさし  近く枝をさし  枝のさし  われわれをさし  両手を高くさし  上にまでさし  日もさし  老人をさし  チョックラ指をさし  熱湯をさし  往来にさし  彼方からパラソルをさし  夕日が赤くさし  人民をどうさし  窓硝子にぼーっとさし  口元へさし  一見アベコベをさし  蛆をさし  十四五出さし  笛もさし  万葉人をさし  蝋燭をさし  一点をさし  八時前十五分をさし  チーフメーツに持って来さし  入院をさし  月影が颯とさし  横をさし  から燈火がさし  細川に早く思いあきらめさし  のさしみ、よくゆでてさし  一片をさし  閃光がさし  南にませさし  お伽をさし  証拠にさし  艶やかにさし  座敷を勤めさし  とりかさし  狂言をさし  武士をさし  家庭をさし  鼻先へ黙々とさし  品なぞさし  ことはさし  一本くぎをさし  横水をさし  眉をぴくりとさし  胸をぎくりとさし  広間をさし  刀屋でわきざし  ふしをさし  穏かにさし  ものを調えさし  八つ化け仙次とずぼしをさし  主さんにさし  中わきざし  仙次がわきざし  ヨーロッパ文明をさし  不意にわきざし  山を顧みると、ふたたびわきざし  八百長ならさし  だんびらやわきざし  甲にささって、ぽろりわきざし  奉書包みをさし  庭先へさし  入り口からあかりをさし  陰翳がさし  氣がさし  日をさし  どれだけじゃろうと、喜んでさし  蝋色鞘は落としざし  刺客をさし  奉納金五百両はさし  しまゆの、ほんのりさし  あとから死体にさし  小刀がさし  背中へ突きさし  灯をさし  ホシをさし  ずばッとホシをさし  わきざしをぶっさし  つづらをさし  斜に向けさし  図気がさし  これを見ろといわぬばかりで、にやりとやりながら黙ってさし  名人がずぼしをさし  二三春でなくたって、いくらでもさし  ドスをさし  小者たちをさし  土まんじゅうにさし  静かにわきざし  くぎをさし  今晩から炬燵入れさし  教へさし  手をさっと開いてさし  礼をさし  手をつけさし  小者をさし  横帳をさし  伊達にさし  被衣を拾ってさし  懐中にさし  にわかに活気づいて、珍しやずぼしをさし  険所にさし  かざしでさし  あめもふらぬにかささし  そつとさし  十手をさし  年もかっきりずぼしをさし  そうにさし  ネクタイピンをさし  しるしにさし  真ん中へさし  真ん中にさし  築地から枝をさし  松をさし  もっと私に考えさし  疎らだのに、さし  ただ中をさし  下にしてぞさし  商賣にもさし  唇をもぐもぐさし  みな人よまさし  磯をさし  若い血を沸かさし  頬べにを赤くさし  七輪を持って来さし  水夫たちをさし  規則をさし  仕度をさし  裁縫をさし  紹介状を書いてさし  女性たちをさし  俺はそう云いさし  奉公をさし  船中にさし  脇差一腰だけをさし  蒸汽船二艘をさし  玉込めをさし  ジョウにうでをさし  三勝どのを、疾くにも呼び入れさし  うつすり日のさし  芸をさし  眼をしよぼしよぼさし  かなへさし  枝葉がさし  榊葉をさし  童、おもざし  習性である彼をさし  蛇の目を深くさし  嬰児にさし  私たちをはらはらさし  薪をさし  武侠世界をさし  蔭のさし  一本へと吸いさし  カンテラをさし  ここへかついで来さし  西洋将棋をさし  邸をさし  一枚あなたにもさし  紙包をさし  これまでさし  アネモネをさし  若葉にさし  一方だけさし  歯をさし  皆傘をさし  血色がさし  おまじないしてさし  糸をさし  棒を突きさし  兵庫をさし  病気を悪くさし  すべて東をさし  カメラマンをだれさし  照明部をだれさし  道をさし  お腹をさし  谷をさし  丹塗矢をさし  づ右手をさし  それから左手をさし  二人をさし  刀もさし  山にさし  叢にさし  許から離れさし  大空をさし  夕飯にさし  夕飯を食べさし  盾をさし  絵をさし  方向をさし  前からまばゆいばかりにさし  草履をさし  ゆっくり棹をさし  漏斗をさし  御手元へさし  窓際へさし  柩を開けて調べさし  それを闘わさし  鶉を見てしょげてしまい、ひざまずいて罷めさし  監督をさし  物を、さし  頼光にさし  封筒をさし  松竹梅をさし  壺にさし  生活にさし  雪明りがさし  玉串をさし  一変形と見てさし  祝詞の抜きさし  古信仰から見てさし  運命は、まさにさし  球をさし  店を出さし  からお先に寝さし  別に油をさし  部屋をさし  天秤をさし  高札をさし  粥を入れて、さし  捕手をさし  河すじへさし  坊主がたててさし  二人に見えるほど深くさし  心にさし  横からことばをさし  為にさし  どこをさし  床を上げさし  面前にさし  鏡をさし  御馳走をさし  ふいに影がさし  江戸をさし  がらかにさし  硯を持って来さし  鼈甲ピンをつんとさし  事はさし  桃色のさし  上から手をさし  黄金の鍵をさし  此方へ、と云いさし  はず、と云いさし  たる人をさし  処から法悦の光りがちらとさし  バタをさし  ギンがさし  飾りにさし  庖丁を持ってこさし  それでさし  違ひないが、別段期してさし  ここで、畳んだか、開いてさし  弟姫をさし  竿をさし  方から助けさし  玉子を撫でさし  何ですが、もしおさし  意味に説いてさし  てつぺんからふもとをさし  庖丁をさし  好き勝手にさし  首をいれさし  クリパチクリさし  巻では、まださし  のにさし  影さえさし  翔がへさし  商品的価値を高めさし  二男基盛をさし  座像をさし  画帖をさし  敦盛をさし  片すみをさし  朝陽がさし  箙にさし  踏査もさし  それもさし  君侯にさし  主家へさし  此をさし  腰をかけさし  苦労を分けさし  手助けをさし  家に知らさし  手がわりをさし  若者がさし  無理にさし  対手をさし  中よりさし  手をたたいて、ざし  將棋をさし  体験をさし  のもさし  窓一面にさし  一方にさし  金貨とをとりかへさし  修業をさし  うまい白飴をたべさし  通行人にさし  窓からぱっとさし  何だか気がさし  アグーシャをさし  アンナをさし  仲間をさし  雜巾をさし  栄冠をさし  一切母親にさし  二にさし  ます通りに記し止めさし  気持にはさし  確にさし  月様のさし  つて腰にさし  薬を持つて来さし  相合にさし  加持祈祷をさし  曽弥虎徹をさし  医者に診さし  奥をさし  山の幸をさし  紙片にのせてさし  記念にさし  月の光りが少しもさし  木を植えさし  僕たちにたべさし  光でもさし  どんをさし  こっちをさし  巴里をさし  真上から強烈な光りがさし  娘をこんなにいじけさし  トドメをさし  支度でさし  献策書をさし  奉公にさし  旅人をさし  宮にさし  男はそう云いさし  縄をこしらえてさし  それを一杯あけさし  靜かにさし  朝子にさし  一つ一つ指でさし  物をさし  國へさし  寢そべつて讀まれて、決してさし  皆書き上を出さし  日の丸の旗を掲げるもさし  男女がさし  集積をさし  盆をさし  女をさし  半ば言いさし  光線がパッとさし  線香なんかあげさし  万事はっきりさし  金持ちは、うんとまけさし  香をさし  だてにさし  鉄棒をさし  内儀のさし  手をふらりとさし  身震をさし  りりとさし  安堵をさし  かい光がさし  ときよとさし  僕に信ぜさし  馬鹿正直をさし  疊にさし  榊をさし  映写幕をさし  五円づゝ儲けさし  



前後の言葉をピックアップ
ざざといふ  ざざんざと  ざざんざ  ザザー  ザザーツ  坐し  坐視  座し  ザシカ  座敷


動詞をランダムでピックアップ
たまわっ奮い起さ話しかけよ借りるつきすすむひねり出し足りん見くびぬきんでるかび蔽お受け止めよ重ね合わし打ち合わせのたくっやすまっ選りすぐり冴え渡れ裏切れよれ
形容詞をランダムでピックアップ
ばた臭く疎ましい忌わしきいたいたし尊いやさしいうれしから肌寒かっおもしろかっ心許ない木ぶかい著しくせまい痛かろ女々しゅう手ごわ荒っぽくあじきなくしぶいみぐるしい