「さけん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さけん[動詞]
巌がこうさけん  手塚がさけん  一斉にさけん  大声にさけん  近松勘六がさけん  ようにさけん  耳にあててさけん  棒立ちになってさけん  声でさけん  声を合わせてさけん  パイクソンがさけん  ロロー殿下がさけん  中で、くりかえしさけん  中でさけん  兵曹長がさけん  曠野に泣きさけん  眥が張りさけん  猿はさけん  万歳をさけん  子供みたいにさけん  大声でさけん  天日へさけん  曹丞相と、降をさけん  声に出してさけん  先頭に立ってさけん  新田先生がさけん  ざいをさけん  博士がさけん  博士は、さけん  先生は、さけん  千二少年が、さけん  アグラスは、ついにさけん  百舌鳥がさけん  空へさけん  閻圃はさけん  声してさけん  謝してさけん  慨然とさけん  大野原を見さけん  同情をひきつつ、しきりに泣きさけん  サンドリヨンはさけん  三郎は、思わずこえを出して、さけん  三郎が、さけん  小僧がさけん  下じきになり、うめきさけん  虎船長がさけん  呀っとさけん  竹見がさけん  なかで、あっとさけん  命をたすけてくれと泣いてさけん  艇長がおもわずさけん  形相でさけん  太刀川がさけん  そうにさけん  きいきい声でさけん  ケレンコが、さけん  中で、おもわずさけん  太刀川はひくくさけん  太刀川は、さけん  ダン艇長がさけん  おっかあはさけん  女はさけん  下に置いてさけん  わたしはさけん  バルブレンがさけん  わたしはおどおどしながらさけん  親方がさけん  見物に対して聞こえよがしにさけん  おばあさんはさけん  者もさけん  子どもがさけん  子どもはさけん  アーサはさけん  アーサがさけん  両手を打ってさけん  目を覚ましてさけん  全体がさけん  ヴィタリスがさけん  調子を変えてさけん  ガロフォリがさけん  今度は笑いながらさけん  意をさけん  お父さんがゆかいらしくさけん  いっしょにさけん  エチエネットがさけん  音に気がついて、こうさけん  おばさんがさけん  ほうを向いてさけん  ガスパールおじさんがさけん  一人がさけん  みんながさけん  ベルグヌーがさけん  先生がさけん  わたしのうでにかけながらさけん  ぱいにわたしをおさえてみてかの女はこうさけん  おっかあがさけん  わたしがさけん  からとび上がってさけん  父親がさけん  父親はさけん  そばからとんで来てさけん  ボブがさけん  マチアが笑いながらさけん  マチアがさけん  マチアがこうさけん  ことができなくなってさけん  声がさけん  私はさけん  嗄れ声でさけん  中に忍び込んで来ながらさけん  注意を遠さけん  だれかがさけん  女子供は泣きさけん  前もわすれてさけん  何かさけん  彼は、さけん  ラツールがさけん  玉太郎がさけん  上でさけん  しろでさけん  無電甲板から誰かさけん  フランソアがさけん  伯爵はさけん  玉太郎がとつぜんにさけん  ラウダが、さけん  玉太郎もさけん  心臓はさけん  復古をさけん  彼女はさけん  相手が敢然とさけん  ままでさけん  蜂矢がさけん  一詩をさけん  海上へ向ってさけん  三塔会議でさけん  赤にしてさけん  ヒトミがさけん  役人きたるとさけん  異口同音にさけん  きょうにさけん  げを、ぴくりとうごかして、さけん  司令がさけん  頭目は低くさけん  さに張りさけん  博士はさけん  富士男はさけん  ときモコウはさけん  声をたててさけん  ドノバンがさけん  ドノバンはさけん  富士男は立ちなおってさけん  富士男はいった、そうしてまたさけん  黒少年モコウはあわただしくさけん  バクスターはふたたびさけん  そばへ走ってさけん  かぎりにさけん  ゴルドンがさけん  一同は思わずさけん  ほうを指さしてさけん  声をあげてさけん  つるはしをとめてとつぜんさけん  一同はさけん  バクスターはさけん  後隊をふりむいてさけん  サービスはさけん  腕をとらえてさけん  サービスはおどりあがってさけん  イルコックがさけん  ウエップがさけん  グロースがさけん  昂奮してさけん  コスターがさけん  善金がさけん  富士男がさけん  次郎がさけん  ひとりがさけん  船長がさけん  四人が同時にさけん  四人がさけん  イルコックが同時にさけん  ケートがさけん  得意げにさけん  幼年組ははしゃいでさけん  一時にさけん  次郎はさけん  サービスが同時にさけん  一同がさけん  富士男は思わずさけん  なかにさけん  ケートはさけん  あとを追ってさけん  地上にふせてさけん  一声アッとさけん  ドノバンを、しっかりとだきしめてさけん  イバンスはさけん  サービスがとつぜんさけん  帆柱にのぼってさけん  ひとりでさけん  お嬢さんたちはさけん  こどもたちはそうさけん  顫いてさけん  僧がさけん  声で、さけん  地軸もさけん  夢中でさけん  下からさけん  快哉をさけん  愕然とさけん  小次郎に対して降ったとさけん  心にさけん  畜生っとさけん  喉でさけん  八重がさけん  雪戸を蹴ってさけん  一人が、さけん  夫人がさけん  さわりながらさけん  ホールがさけん  さをこらえてさけん  一生けんめいにさけん  あたりを見まわしてさけん  ひと声たかくさけん  ふいに大声でさけん  顔いろをかえてさけん  数人が、同時にさけん  声をあわせてさけん  ときには、思わずあっとさけん  山岸少年鉱員がさけん  ポコちゃんは、青くなってさけん  声高にさけん  彼をさけん  ジョウがさけん  ジョウはさけん  みんなはさけん  正太がさけん  なかで、さけん  帆もさけん  頓狂にさけん  光へさけん  袖はさけん  私がさけん  雀躍りしてさけん  声を出してさけん  ハイロがわめきさけん  



前後の言葉をピックアップ
さける  裂ける  避ける  さけれ  避けろ  叫ん  差遣  サケンデ  サケンデユク  サケーア


動詞をランダムでピックアップ
ひくめすりへらすいすくまっ投げ捨てる跼っ割っ混ぜっかえすなれかたまら取揃える抜けあがっ具えせばまるみとれるふやせ囁やいこそぐるかたよせ走り回る体せ
形容詞をランダムでピックアップ
柔かいざと悪しけれあらいむずかしくっやさしかっのろいはかなく低かろ煩く面倒くさい美し印象深い暗けれつゆけく悩ましかっ気忙しよしないなから未練がましい