「こむ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こむ[動詞]
学生に教えこむ  まり気がめいりこむ  商店が建てこむ  敵に打たれこむ  一ぱいに射しこむ  番がこむ  みんなが考えこむ  身を倒して辷りこむ  一人迷ひこむ  すゝりこむ  ところへひっぱりこむ  談じこむ  つて雨の降りこむ  手を持ちそえて刺しこむ  足で押しこむ  隅へ駈けこむ  ポプラを植えこむ  深海へ放りこむ  ダリア嬢たちから深海へ放りこむ  底に滅入りこむ  窮境に滅入りこむ  みじめさが切りこむ  群に引張りこむ  玄関によろけこむ  雪が吹きこむ  顔を覗きこむ  腕を組んでじっと考えこむ  せいは水月に切りこむ  底に沁みこむ  ざんざんと頽れこむ  水が流れこむ  結婚を申しこむ  考へこむ  みを見つけて滑りこむ  間に捲きこむ  のではなかろうかと、深く考えこむ  いばらのやぶに迷いこむ  底へずりこむ  窓から射しこむ  口を縫いこむ  窓から吹きこむ  なかに埋めこむ  そうなほどに倒れこむ  アーチへと流れこむ  自然に溶けこむ  音楽に溶けこむ  湾へも流れこむ  ロープぎわへ誘いこむ  不気味にえぐれこむ  砂に食いこむ  吃水線が深々と沈みこむ  サーフボードを積みこむ  中に忍びこむ  中へ駈けこむ  何だか知らないが、こむ  電車はこむ  鉄格子から流れこむ  そこから流れこむ  ことを聞きこむ  肉へ食いこむ  一度に斬りこむ  掘割へ揺れこむ  脇船へ積みこむ  卍丸へ運びこむ  程黙然として考えこむ  何物をも引きこむ  庭に生えこむ  店へ運びこむ  露台から引きこむ  げに、ひとり考へこむ  げに、ひとり考えこむ  小屋に荒れこむ  覗きこんだら、覗きこむ  生命を吹きこむ  うちに融けこむ  ちょっと何か考えこむ  急に流れこむ  うちを覗きこむ  客が流れこむ  関をくぐって忍びこむ  寝室に逃げこむ  廊下に忍びこむ  魂も呼びこむ  天の岩戸へ駈けこむ  無理して行って来て、また寝こむ  中へ忍びこむ  俺は黙りこむ  中へ逃げこむ  出格子窓から射しこむ  ほうを見こむ  上から捲きこむ  手をかけて、まじまじと覗きこむ  小を恥じてか、すぐ引っこむ  中へ落しこむ  あいだへ、わざと割りこむ  ほうを覗きこむ  雑貨などを積みこむ  板場へ駈けこむ  家が建てこむ  中へ放りこむ  ところまで這いこむ  劇しく呟きこむ  その後から天井裏へ這いこむ  離家へ運びこむ  汀へ寄るとも躍りこむ  口へ弾きこむ  便船へ積みこむ  やうに黙りこむ  背負ひこむ  咽喉を鳴らして流しこむ  奥を覗きこむ  今さら身に刻みこむ  魂は沈みこむ  疲れた時に、蹴こむ  ラジウムを嵌めこむ  呼吸を吹きこむ  中に押しこむ  鍼を刺しこむ  視力異常についても聞きこむ  いたずらに辷りこむ  貧乏ゆすりをしながら、食いこむ  密会所等へ這入りこむ  青年を好むべきかを教えこむ  世界に逃げこむ  中に流れこむ  地べたに染みこむ  香ひは染みこむ  うちに引っこむ  ホレボレと考えこむ  中を覗きこむ  ものを注ぎこむ  不意に屈みこむ  室内に上りこむ  茶漬けでカッこむ  上にかがみこむ  一人ずつ忍びこむ  ボールをころがしこむ  チョコチョコと書きこむ  部屋へ引つこむ  静かに流れこむ  ところまで辷りこむ  客の立てこむ  顔をうつむけて考えこむ  前科を背負いこむ  罪など背負いこむ  否応なく覚えこむ  半分ぐらゐ否応なく覚えこむ  それは吹きこむ  馳けこむ  張飛は、斬りこむ  なかへ流れこむ  低下へまで堕ちこむ  以上に、さう思ひこむ  つて目出たく妓楼へ押しこむ  面会を申しこむ  郷里に引っこむ  キンギン国へ攻めこむ  苦労を背負いこむ  厄介を背負いこむ  借用を申しこむ  露路へ迷いこむ  陽が射しこむ  なかに駆けこむ  ここへ逃げこむ  部屋へ駆けこむ  ジャッキーをくわえこむ  となりに辷りこむ  窓から忍びこむ  舌へ流しこむ  水でも流しこむ  湖水へ流れこむ  ようになって考えこむ  容易に忍びこむ  埃を立てて駈けこむ  下へ潜りこむ  麻雀台に刺しこむ  朦朧と消えこむ  窓から流れこむ  方を覗きこむ  木を据えこむ  ことを書きこむ  鍵孔に注ぎこむ  湯を注ぎこむ  暖炉に抛りこむ  唇に流れこむ  中へ滑りこむ  寝床へ忍びこむ  それはいいが、その抛りこむ  水を汲みこむ  中に注ぎこむ  怪物をひっぱりこむ  海へ逃げこむ  中に逃げこむ  敵を深く誘いこむ  孫権はいよいよ黙りこむ  小さな玉を押しこむ  前にゐながら駈けこむ  雨の吹きこむ  近所へ逃げこむ  突つこむ  際に逃げこむ  其時吸ひこむ  城中へ駈けこむ  城外から太史慈様が攻めこむ  頭が流れこむ  トレモロが流れ、盛り上がり、くずれこむ  寝台に曲がりこむ  雪崩れこむ  箭を射こむ  目は、食いこむ  部屋へ泊りこむ  中へ、溶けこむ  街へ溶けこむ  狂言全体のを覚えこむ  血管に爛れこむ  車屋を傭って運びこむ  生活に溶けこむ  投りこむ  目を覗きこむ  魏を危うきへ押しこむ  ことが溺れこむ  ちょっと瞬きをするとか、ふと考えこむ  腸にえぐりこむ  資源ルナビゥムを積みこむ  日本近くねぼけて流れこむ  そいつが流れこむ  中に吹きこむ  葉子を包みこむ  中に溶けこむ  下駄全体がめいりこむ  模様をこさえこむ  家へ転げこむ  喉に流しこむ  捉へて、引きこむ  水に引きこむ  俥夫等のあばれこむ  疲れた胸に吹きこむ  風が辷りこむ  煙草のけむりを長く、しっかりと、考えこむ  人生行路と思ひこむ  彼は転げこむ  一本突つこむ  眼へ這いこむ  上へかがみこむ  吸ひこむ  夜陰に忍びこむ  メニューを書きこむ  寒風は吹きこむ  会見を申しこむ  中へ誘いこむ  丁重に誘いこむ  病院へ駈けこむ  さまに跳びこむ  書斎に逃げこむ  ズーズーと啜りこむ  紅茶を啜りこむ  腕組みをして考えこむ  ため屈みこむ  一つ言葉をささやきこむ  弥蔵を極めこむ  石炭殻を流しこむ  観念に逃げこむ  住居へ転げこむ  決闘を申しこむ  海の底、ひっぱりこむ  なみだが引っこむ  わたしは転げこむ  ように教えこむ  さを感じ、一寸黙りこむ  方が覗きこむ  本気にすべきか判らず、黙りこむ  患者が立てこむ  プラットフォーム一面になぐりこむ  ユダヤ横丁に迷いこむ  ユダヤ横丁へ引張りこむ  本部へ引張りこむ  ぼんやりして考えこむ  何か抛りこむ  ものを押しこむ  地へ植えこむ  這ひこむ  敵に攻めこむ  中に走りこむ  何も聞きこむ  不意に黙りこむ  サラサラと流しこむ  ホテルに忍びこむ  舞ひこむ  不愉快に黙りこむ  印を書きこむ  中に放りこむ  日曜だからこむ  場へ流れこむ  む寒むと立てこむ  潛りこむ  君かへりこむ  ここへ引っぱりこむ  奥へ逃げこむ  通りがかりに覗きこむ  なかに浸りこむ  部屋へ転げこむ  仲間に這入りこむ  落葉ちりこむ  喫ひこむ  吹雪吹きこむ  ほとりまで射しこむ  衣服を着こむ  当人が思ひこむ  ところへ隠しこむ  赤酒をすすりこむ  耳へ流れこむ  オナニズムを教えこむ  中に叩きこむ  それに叩きこむ  辺へ潜りこむ  顏を覗きこむ  奧を覗きこむ  権門に住みこむ  唇にまで、流れこむ  正成は考えこむ  けが異端に思われ、溶けこむ  命にたがうと、斬りこむ  生活に、少し割こむ  はじめてそこに屈みこむ  食ひこむ  廊下から這ひこむ  途中で黙りこむ  空を渡って流れこむ  タマをころがしこむ  からだを押しこむ  世界へ、すぐに跳びこむ  なかへ押しこむ  矢を射こむ  兵糧を運びこむ  剣を突きこむ  ぼんと跳びこむ  一年くらひこむ  くらひこむ  ノブ公その他それといふので運びこむ  シコタマ買ひこむ  うちへ曳きこむ  鼠落しへ跳びこむ  人間業と思ひこむ  中に泊りこむ  ぢつと考へこむ  肺腑へ忍びこむ  裾には吹きこむ  酌いでやりながら、せっこむ  眉をよせてしばらく考えこむ  写真をさらえこむ  爆弾を積みこむ  山奥に逃げこむ  参謀長は、畳みこむ  爆弾を、叩きこむ  福の神を背負いこむ  変だと覗きこむ  ものだと信じこむ  静かに忍びこむ  陳列棚を覗きこむ  耳に流れこむ  自宅に駈けこむ  頭が沈みこむ  神楽場はこむ  ポケットへ放りこむ  壁に塗りこむ  石炭を抛りこむ  棲家に忍びこむ  ソレハネーと考えこむ  ボンヤリ考へこむ  身體ごと浸りこむ  首をつつこむ  のだと思ひこむ  孔から心中を覗きこむ  仲間に引張りこむ  腹中に溶けこむ  ものをないと思ひこむ  処が判ってるなら暴れこむ  ッ二ツに斬りこむ  飛行場へ歩きこむ  何かを教えこむ  芳が泊りこむ  日ざしのやわらかに射しこむ  目を摺りこむ  川霧の立てこむ  暮れにも参りこむ  雪が降りかかって消えこむ  そこへ忍びこむ  泥棒に忍びこむ  負けがこめばこむ  杉茂登に泊りこむ  生気を吹きこむ  生活的病人の逃げこむ  観念として注ぎこむ  乗物がこむ  寝床へよろめきこむ  床下から寒い夜風が吹きこむ  四五日泊りこむ  箱根に泊りこむ  手帳をだして書きこむ  盤上へかがみこむ  市街地に躍りこむ  そのまま信じこむ  住所を書きこむ  小川が流れこむ  足をひろげてべたりと屈みこむ  頭に噴きこむ  窓からこっそり忍びこむ  洗つた水が少しでも流れこむ  据りこむ  石にまで沁みこむ  落花ちりこむ  意欲を吹きこむ  部屋へ躍りこむ  緒きれてよりこむ  女が黙って考えこむ  慢性になって居る故寝こむ  二人は、転げこむ  隅へ走りこむ  話に割りこむ  壺行列へ斬りこむ  まり親に注ぎこむ  女中に住みこむ  妹だなどといって背負いこむ  急に住みこむ  路地へでも駈けこむ  あいだに割りこむ  小雨の吹きこむ  それがときおりこうしてふっと黙りこむ  度に考えこむ  玄関に上りこむ  砲弾を撃ちこむ  命だけを貯めこむ  新聞が読みたいかを書きこむ  中へ抛りこむ  俺が割りこむ  胃へ流れこむ  手帖に書きこむ  流感で寝こむ  濃やかに畳みこむ  手帳にいろいろと書きこむ  顔をそらで覚えこむ  興奮を乗せて躍りこむ  口に掻きこむ、呑みこむ、また掻きこむ  潜水洞へ潜りこむ  時刻とを書きこむ  小屋に忍びこむ  郊外に引っこむ  街へ消えこむ  智行寺へねりこむ  痰を吐きこむ  冬空へ走りこむ  自分を溶かしこむ  心を引っぱりこむ  なかへまで射しこむ  闇に迷いこむ  上から深淵を覗きこむ  頭をつきこむ  舞台ごと奈落へずりこむ  生命を注ぎこむ  部屋に滑りこむ  仲間として教えこむ  荷物を積みこむ  それが次第に大きくなっていって、流れこむ  魚屋がまた覗きこむ  家へ逃げこむ  抽斗へ入れこむ  まっしぐらに考えこむ  魂に吹きこむ  方へ走りこむ  物が移りこむ  家へ駆けこむ  此処で放りこむ  対象にくひこむ  問題にくひこむ  不忍池に流れこむ  池に注ぎこむ  信徒に化けこむ  問題を切りこむ  本陣へ攻めこむ  そこへ攻めこむ  太陽は溶けこむ  ッ先に書きこむ  硬骨漢があらわれて躍りこむ  隙間に吹きこむ  足にある、斬りこむ  男をひっぱりこむ  おろし、すばやく割りこむ  いのちを吹きこむ  転りこむ  野球を覚えこむ  何ものか掻きこむ  声が引つこむ  房一は手早く書きこむ  所へ引つこむ  相手を信じこむ  自分の隠れこむ  勢ひこむ  喰ひこむ  耳に沁みこむ  中に滑りこむ  房一は、いよいよ着こむ  さまよひこむ  勝手口を覗きこむ  中におとしこむ  部屋に住みこむ  とめ刃物をふりまはして躍りこむ  好奇心へ誘いこむ  金が流れこむ  それを申しこむ  地階へ忍びこむ  呼吸をすひこむ  二発目までに斬りこむ  塚田八段考へこむ  四角に刈りこむ  なかへまで跳びこむ  ッたりとぼかしこむ  なかをこむ  下を覗きこむ  中へ転げこむ  艇内に忍びこむ  一緒に転げこむ  鼻洟をすすりこむ  荘園へ流れこむ  深淵を覗きこむ  中華料理店に上りこむ  まんまるい月が射しこむ  一息にしゃべって黙りこむ  中へ押しこむ  物を摂りこむ  窓を覗きこむ  後ろへ駈けこむ  しこたま買ひこむ  中へ流しこむ  メスを切りこむ  中へ曳きずりこむ  何か考えこむ  なかに逃げこむ  しろへ駆けこむ  耳をそばだてるほどにかがみこむ  裏口から、こっそり忍びこむ  古池でも覗きこむ  やみとこむ  森も、考えこむ  どこで、寝こむ  激流に流れこむ  答弁を書きこむ  腮をつまんで考えこむ  前へ駈けこむ  孔からぷつと息を吹きこむ  警官にまでばけこむ  広場に流れこむ  京城へ攻めこむ  默りこむ  礼儀を教えこむ  校舎に運びこむ  灰汁を注ぎこむ  中へ躍りこむ  言葉を覚えこむ  石炭庫へ入れこむ  ところへ運びこむ  下男同様に住みこむ  吉野のあさぼらけこむ  天地をこむ  生活費はかさばって、差引き、切れこむ  中に流しこむ  電灯線へ流れこむ  眼に流れこむ  入浴りこむ  ように、崇めこむ  川へ抛りこむ  疑い、悶え、省み、恥じ、そして考えこむ  胸へ刻みこむ  底まで沁みこむ  便船に積みこむ  肩をもたせこむ  中に突きこむ  当分向うへ泊りこむ  侮辱を受けたと思ひこむ  中につきこむ  洗面器に拾いこむ  一つ一つ教えこむ  風が吹きこむ  あと引っこむ  なかにぶらさがっていた、こむ  雑倉へ放りこむ  喫茶店に泊りこむ  見事になあ振って振りこむ  諜者を入れこむ  公正であると信じこむ  男は、ぐいぐいと流しこむ  透明人間が忍びこむ  空缶に、流れこむ  あなをあけて住みこむ  中に包みこむ  真正面から切りこむ  ルートへ逃げこむ  外から部落へ流れこむ  部屋に吹きこむ  とき吹きこむ  そこへ抛りこむ  部屋へ射しこむ  骨までも沁みこむ  食卓に屈みこむ  口中に放りこむ  水は、まだ流れこむ  胸に流れこむ  ように考えこむ  ジッと考えこむ  腹へ刺しこむ  何者が忍びこむ  目は食いこむ  地面へかがみこむ  負けがこむ  それも打ちこんで覚えこむ  隠れ里へ駈けこむ  ようにして、ともすればなにか考えこむ  金三は忍びこむ  煙の吹きこむ  熊手でカッこむ  山中へわけこむ  山へわけこむ  名を書きこむ  首をつきこむ  自由に忍びこむ  ガン張ってるから忍びこむ  陳列室へ忍びこむ  ムリに隠しこむ  はる、こむ  一の橋から川へ抛りこむ  底へ流れこむ  ドアをあけて、吹きこむ  赤ん坊でもかかへこむ  頃ではよく寝こむ  部屋へ呼びこむ  幽霊なんか引っぱりこむ  そこから風が吹きこむ  凡てを捲きこむ  さしうつ向き、よく考えこむ  朱に射しこむ  秋雨の降りこむ  無理に捻じこむ  中へ吹きこむ  復讐などを教えこむ  音楽を吹きこむ  歌ひこむ  かば歸りこむ  汽車まるでひどくこむ  あと追ひこむ  寒風の吹きこむ  麦を振りこむ  高家へ斬りこむ  無断で住みこむ  ことをそのまま信じこむ  舟へ積みこむ  メグは、考えこむ  谷に沿うて曲りこむ  力弱いと思ひこむ  夜客の立てこむ  羽田へ滑りこむ  まま老いこむ  間抜け泥棒が忍びこむ  しまひこむ  交通繁くて、こむ  喉に流れこむ  息を殺して覗きこむ  内に編みこむ  混りこむ  のよとてもこむ  汽車のこむ  宿のこむ  月曜ね、さぞこむ  ふうに教えこむ  頭を垂れて、考えこむ  商人は言い、考えこむ  人々にも吹きこむ  もの、こむ  飯好きです、それでぐっと食いこむ  限り、老いこむ  物を考えこむ  いはふに近いこむ  皆どこへ引っこむ  夜逃げをするには、逃げこむ  私を見ては引っこむ  事も引っこむ  五本の指が、食いこむ  これに張りこむ  南へ、駈けこむ  奥へ駈けこむ  一〇〇いがへりこむ  八一かりはこむ  こにこむ  省三も寄って来て覗きこむ  ように覗きこむ  とき黙りこむ  なかを覗きこむ  中へ這入りこむ  勝手元を覗きこむ  内部へ転げこむ  中へなり隠しこむ  短剣を刺しこむ  青春を吹きこむ  気持ちは流れこむ  のだ、とのみ信じこむ  張つて芝居をするな引つこむ  ところは男らしく引つこむ  イギリスが割りこむ  室内に射しこむ  お前が忍びこむ  現象主義者の当然陥ちこむ  提灯を運びこむ  半月ほど逃げこむ  スリ寝こむ  オーバアを着こむ  蒲団をかぶって寝こむ  みなおとなしくなって黙りこむ  たんになって寝こむ  温泉ツボへ行って沈みこむ  中にまつりこむ  首をひねって考えこむ  森に流れこむ  日光が射しこむ  沙漠に流れこむ  実質に這入りこむ  のが、一寸覗きこむ  胸に突きこむ  船艙へ流れこむ  ポケットへ押しこむ  クレムリンへ逃げこむ  ところまで這入りこむ  ちょっと首を傾げて考えこむ  ぞろぞろ下りて這入りこむ  場所へ忍びこむ  これへ叩きこむ  方へ折れこむ  胸をそらして思ひこむ  胸にくひこむ  水底から引張りこむ  やどかりの如く潜りこむ  山奧へ逃げこむ  電車がそりゃこむ  ゴオルに躍りこむ  唐沢氏が屈みこむ  湯槽へ流れこむ  男連れで泊りこむ  なかにしまいこむ  小首をかしげて考えこむ  



前後の言葉をピックアップ
コミンターン  コミンテルン  コミンフォルム  こみ上げ  こみ上げる  込む  混む  小向  小迎  小麦


動詞をランダムでピックアップ
ふくらめ注が噎せ返り向き合わ追付け講ず旧り措こきりさげつくりかえ引き付けよひかえ塗りたくらたえ競おくわだてる飛び廻れ挟ま引下がるもちあが
形容詞をランダムでピックアップ
美しかっ好き好き鋭う堆う黒いないあらあらしくいそがしく乏しけれ似合しから頼もしき泥深い面はゆいきしょうにぎわしい難かろはげしい狭苦しかっ低かろこの上なし