「こね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こね[動詞]
云はっとこね  屁理窟ばかりこね  肖像をこね  粉もこね  駄々をこね  駄菓子でこね  渡瀬さんはいきなりそのこね  そば粉をこね  自動車がこね  糊をしきりにこね  理窟ばかりこね  パンのこね  理窟をこねればこね  どんをこね  理事会でごね  上着をぐっとこね  えな事言つて屁りくつこね  理論がこね  血でこね  血とがこね  理屈をこね  粉をこね  赤鉛筆をこね  うどん粉をこね  問題をこね  ダダをこね  後をこね  抽象名詞をこね  日本刀をこね  要素をこね  オ、とだだをこね  泥をこね  センチメンタリズムでこね  理窟をこね  さんがこね  からだをゆすって、だだをこね  中でこね  箸でこね  清水を増してこね  化け物でこね  油でこね  饅頭をこね  歌をこね  臆測をこね  さまざま駄々をこね  妹がだだをこね  駄々をしきりにこね  メリケン粉をこね  子ね、そんなにだだをこね  だだっ子ね、そんなにだだをこね  ぱし理窟はこね  屁理窟をこね  泥濘をこね  理窟でこね  水でこね  想念をこね  己れのこね  薄荷とをこね  頭を打ちつけてごね  乗合自動車とにこね  数式をこね  難解な事件らしく、こね  伝説とをこね  団子でもこね  麺棒をもってこね  水にこね  中へはいりぞこね  いつものように駄々をこね  ダダはこね  とこで、こね  形にこね  様いってしまえば、こね  理窟のこね  屁理屈をこね  へんにごね  状態をこね  河原でこね  能くこね  好い加減にこね  盛んにこね  代物をこね  素材をこね  混沌をこね  思い込み、だだをこね  私はだだをこね  協奏曲をこね  駄々もこね  ふうにくり返されこね  粗暴とでこね  感情とをこね  婿の成りぞこね  湯でこね  若干すくい取って、こね  適当にこね  哲理をこね  自由にこね  冗長なこね  指でこね  手がこね  餅をこね  和文を強ひてこね  板をこね  出でこね  俗見でこね  ことを云ったり、こね  さん/″\駄々をこね  物理をこね  ちょっと駄々をこね  浮気でこね  二つをこね  豊ちゃんに、こね  あれ買って、とだだをこね  英雄だけをこね  革命をこね  から説話体をこね  指先でこね  いふ理窟をこね  仕事をこね  ところで、ああこうとこね  ようにこね  通り毎日駄々をこね  田をこね  十分にこね  かわいいりかうなこね  パン粉をこね  馬とともにごね  練吉のこね  高下駄でこね  おばあさんはこね  あたしはなおなさけなくなって、ほんとに涙ぐんで、さんざんだだをこね  日本女をこね  毛髪のこね  中谷にだだをこね  すゑものつくりにこね  理屈ばかりこね  手でこね  帰らないのだとだだをこね  技巧をこね  理くつもこね  理くつばかりこね  顔を見たい見たいとだだをこね  男ぢやぞ、こね  つて匍ひ廻り、こね  捏粉をこね  うりでこね  根っこ、こね  マキベえの、くたばりぞこね  段取をこね  ダヾをこね  血をこね  それをこね  はい上がりてだだをこね  中をこね  それをゆがめ、こね  老若入り乱れてこね  子だだつ子こねただだこね  店でだだこね  いや顏をしかめてだだこね  かあさんきいたけどだだつ子こねただだこね  頭ふりふりだだこね  造りぞこね  からみつき、重く突きこみ、こね  ことまでは思いだしたり、こね  自ら土をこね  飽きがこね  足でこね  廻りをこね  メグがこね  お菓子をほしがったりして、だだをこね  ほうがいいと、だだをこね  かんそ、よこね  どこでこね  ものをこね  小説についてこね  生活をこね  私のこね  夜はこね  小説のこね  二十枚余すっかりこね  小説をこね  つて駄々をこね  矢張り時間にはせかれていて、書く迄のこね  粘土をこね  自分がこね  方向にこね  ナニ、こね  ふたりともこね  酢でこね  いろいろにこね  三いますけにこね  四三かくよりこね  事をこね  日本語とをこね  パン粉の、こね  パン粉のこね  ちょっとだだをこね  泥でこね  女代議員ですが、こね  中で、こね  花の咲くはこね  そく泥をこね  練つてもこね  道雄さんは、こね  前でだだをこね  



前後の言葉をピックアップ
粉糠  コヌカ  小糠雨  木末  コネ  捏ねかえさ  こねかえし  捏ねかえし  捏ね返し  こねかえす


動詞をランダムでピックアップ
ゆすぶるかかり合うのりこなす掴み掛る差し挟んよろめき諮っせせら笑い扇ぎ書き落す滞ら移そ消え失せ見入る繋がっほめよ否まひらきなおっおぼれ隔た
形容詞をランダムでピックアップ
青うつつましかんばしくおかしゅうむずかしくっからかれまわりどおく如才無いわるい美味く言うまでもなかっ騒々しそぐわなく目覚しい軟かい小さから涙脆ぬるく口さがなきだる