「こし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こし[動詞]
枯草原にこし  其悠然が駈つこし  枝でこし  幾つもの山と思いて過ぎこし  藁灰をこし  畠をこし  竈をこし  火吹竹をこし  菜葉粥をこし  冬物はこし  塩昆布をこし  柚子味噌をこし  お菜をこし  宿をこし  側へこし  味噌汁をこし  そばだんご汁をこし  私がこし  すいとん汁をこし  餅粥をこし  うのおひたしをこし  行末、こし  御馳走をこし  蓆旗をこし  梅焼酎をこし  棚をこし  腹をこし  炬燵をこし  汽車賃をこし  蜆貝汁をこし  それをこし  瘤をこし  何かにこし  苗床をこし  柚味噌をこし  汁をこし  火燵をまたこし  小遣をこし  胡麻塩をこし  穴をこし  金をこし  並木道をこし  上にこし  場にこし  ぱりお顔をこし  例のごし  はいでこし  手持無沙汰で、まどろっこし  口上を少しまどろこし  云ふをこし  油揚ばこし  繩ツ切れでこし  臺所でこし  はしでごし  石けんでごし  廊下をすべりっこし  それにこし  時間を飛びこし  筋書をこし  おしゃべりをして、わらいさざめいて、ふざけっこし  熔岩を組み合せてこし  本をこし  頭をぶつけっこし  引きのこし  ものをこし  独立国でもこし  駐車場でもこし  外にはこし  海をこし  陣をこし  堂をこし  云つて握り飯をこし  そばにこし  僕がこし  やうにこし  わたしはこし  こっちへ引きこし  洲をこし  鬼っこし  燒焦をこし  子供をこし  張所をこし  梢をこし  百円をこし  それから人間もこし  同胞をこし  當座にこし  つてからも時々こし  着物をこし  金袋をこし  黴を泳ぎこし  門もこし  蜜をこし  紙やこし  一隅にこし  落ちつき場所をこし  おこたをこし  方へ遠く引つこし  糺の森をこし  つて痣をこし  博きにこし  段階を飛びこし  いすにこし  話がこじ  夫婦をこし  簡單にこし  お前とこし  屋根をこし  遙かにこし  ひやひやと覚えて強くも得踏まず通り、こし  汀に坐をこし  板で仕切られて容れこし  靴をこし  嫁があるにこし  一枚もこし  反古紙をこし  金物をこし  浴衣をこし  席をこし  ようなこし  永年にわたって持ちこし  度をこし  それからどちらへ御こし  薬をこし  荷物をこし  弁当をこし  系図をこし  なにを、こし  二銭やこし  操作できるなら、こんなまどろっこし  おまえの取りこし  恰好をこし  おごちさうをこし  一つ、こし  真面目で、まどろこし  二人で疑りっこし  独り諺をこし  自分を生きこし  逢ひにこし  陣立ててこし  上手にこし  高笑いのこし  一声のこし  払いのこし  切り傷をこし  家に引っこし  一つ考えのこし  女をこし  ぼろとでこし  お金をこし  きれいにこし  像をこし  舵とりひとりのこし  何かしきりにこし  兄弟分がこし  股引きをこし  お前えにこし  子をこし  ものがこし  学問にゆだねるにこし  平らをこし  つてアミをこし  独りぼっち取りのこし  んならごし  ままのこし  二人は、いつしか中ごしになっていたこし  岩かどにこし  印刷を御こし  男をこし  大阪へ持ちこし  停電を見こし  岩礁を乗りこし  大かい瘤をこし  地圖をこし  時間のまどろつこし  窮屈になりこし  お酒をこし  酒もこし  此様にこし  椅子にこし  うえにこし  人間を化かしっこし  理由までちやんとこし  のをこし  今すぐに、こし  石でこし  身代をこし  通帳をこし  面白い話をこし  屍を踏みこし  それ/″\取り換えっこし  前にこし  食卓に向かい合ってこし  炉ばたにこし  石にこし  上に登ってこし  小さなテーブルに向かってこし  代わりにこし  一日こしかけにこし  親方はこし  前のこしかけにこし  頭をこし  手に持ってこし  げんこつをこし  ドルスのこし  わきにこし  木のかげにこし  すみにこし  川をこし  ガロフォリがこし  からだをこし  ために、こし  立派にこし  びっくりしてこし  捨て石にこし  向こうにこし  げはこし  がっかりしてこし  一人がこし  ペンを取ってこし  御者がこし  戸口にこし  老人がこし  女がこし  そこまでかけて行って、こしかけにこし  裁判官がこし  板がこじ  疵をこし  非常にまどろっこし  溜り水から堰をこし  まねをこし  云つていい加減なこし  瀬戸でこし  二人はこし  峠をこし  卵をこし  インド洋をこし  これは、あるにこし  意味で恵まれているにこし  私のこし  程度をこし  兎などこし  たまをこし  硝子盤と睨めっこし  お松は、こし  盗み食いやこし  日引っこし  蟇と睨めっこし  今睨めつこし  千円をこし  観のこし  道でありながら、こし  大根膾をこし  胡瓜もみをこし  保證人二名をこし  寝床をこし  切つて線香入をこし  佃煮をこし  胡瓜なますをこし  おむすびをこし  漢堡でこし  もっと度をこし  一生をこし  人生をこし  限界を踏みこし  やり方がまだるこし  行く末とこし  課長は、まどろこし  信長とはすでに見知りごし  それをやっと持ちこし  どっかへ引っこしてしまって、その引っこし  それを壊そうとか、こじ  もの、実にまどろこし  巣をこし  方へ跳びこし  それをこじ  水門をこし  排泄孔がこし  ものに動かされて、こし  あかりをこし  何かこし  学校をこし  株はごし  岬、こし  歯と、きっと換えっこし  楽にこし  一日でも長くいられるにこし  穏便にこし  方体にこし  塩でこし  特に地獄にこし  從兄のこし  杖をこし  小遣ひをこし  から女をこし  毎日糊をこし  神さんのこし  裏門をこし  森をこし  村へこし  範囲をこし  動きを見こし  のを見こし  木でこし  料理をこし  力任せにこじ  一枚をこじ  窓をこし  こちらへこし  町奴のこし  縁でこし  苦悩を乗りこし  われに告げこし  汁かけをこし  到着點をこし  頭上を飛びこし  岸を見ると、こし  らんらんと光らせて、そうして遠くこし  火をこし  伝ヘこし  暗箱をこし  四十をこし  口実をこし  ことを、見こし  兵馬はきっぱり言い切って、こし  女はこし  名状し難い、こし  紙人形をこし  伊達なこし  用事をこし  一場面をこし  何もくらべこし  何もくらべっこし  のも、まどろこし  人間がこし  牝鶏をこし  事か、こし  伝道なども少こし  新聞社などは少こし  松島は少こし  日清戦争とは少こし  つて居ましたの、少こし  から、少こし  警察が少こし  権兵衛に少こし  話とは少こし  諸君は少こし  二十歳をこし  君ぞこし  天よりこし  一つだけはこし  日本料理をこし  笛に寄りもこし  別のをこし  スナイドル銃をこし  兵器をこし  小遣を少しこし  兄さんも、こし  はかまをつけ、こし  お神輿をこし  指輪もこし  二円出して与こし  ボンヤリ睨めっこし  ア、飲みっこし  いかだをこし  鳩小屋をこし  金あみをこし  畠もこし  小屋をこし  なす箱をこし  うち一ツのこし  わたしは、ひどく、こし  げを、こし  不自然なこし  理由をつけてこし  拙劣なこし  これだけこし  スープをこし  話を少こし  大股にこし  刷物をこし  糠味噌をこし  團子をこし  親のこし  んたうはこし  三十をこし  苦労とにらみっこし  今日まで過ぎこし  金なら、多いにこし  フィルム一巻をこし  隙間をこし  合資会社をこし  歌をこし  ぃなごと云ってごし  掟をこし  入日をこし  中廊下をこし  前ここへこし  ペンをこし  自慢に時々こし  のがまだるこし  鈎裂きをこし  家から握り飯でもこし  理由をこし  あなた方のこし  二人がまっすぐに立ってしきりにそのこし  五十をこし  共同でこし  四十本ばかりこし  二人でいるにこし  地主にゃこし  勇をこし  新宿へこし  派手なこし  雲脚をばこし  自分でこし  女でもこし  折目をごし  優越をこし  これにこし  仕事やこし  先生やこし  世田ヶ谷へこし  気もちで過こし  ブランコをこし  仕方がないからブランコをこし  骨組をこし  スキをこし  雪達磨をこし  奴をこし  冬をこし  小岩にこし  下草はこし  樹陰にこし  イバンスはこし  諸君、こし  富士男はこし  識者のこし  書物をこし  筋をこし  インチキものをこし  人間をこし  最初家屋をこし  鼻唄交りにぐいとこじ  火箸でこじ  行つて金をこし  両人していたちこつこし  庭にこし  小判形にこし  わがこし  冬のこし  銭をこし  後から僕のこし  頃から頭に沁みこみ、こし  中にごし  いやへ、こし  羽虫を取りっこし  代作物をこし  道をこし  人工でこし  寐床をこし  雨戸をこじ  山をこし  呉服屋さんにたのんで、こし  蕉風地方支部をこし  地方支部をこし  扉をこじ  窯場をこし  安物を正しくこし  穴形をこし  玉をこし  田地のこし  蝶のねにこし  鳴子がこし  こっちで、睨めっこし  さじをつぶしてこし  これはこし  ボール紙を切りぬいてこし  金紙でこし  ボウトをこし  語原家でも、こじ  まんまのこし  お雑煮をこし  暇をこし  青紫斑をこし  乞食の引っこし  かしわがこし  葉をこし  緑をこし  ここへ引っこし  人のいいほどこし  大釜にこし  借りをこし  針には、こし  囘覽雜誌をこし  娘のこし  墓でもこし  衣でこし  後便ニのこし  蔵にもかならず御こし  画図でも御こし  事しているまどろこし  色をこし  番所をこし  泡をこし  これは、こし  習俗を跨ぎこし  半年を少しこし  課程をこし  幽霊をこし  都合してもこし  酒をこし  雪だるまをこし  自重するにこし  観音菩薩であり、こし  中に埋めっこし  中に埋めつこし  下にある、ちいさなこしかけに、こし  そとにだして、こし  しんじゅに、こし  さとうビスケットでできていて、こし  ゲルダのこし  そこにこし  奥州にてへこし  小包をこし  作品を生きこし  木の葉でこし  狐のこし  一筋のこし  今日この頃は送りこし  損なゐでもこし  上を乗りこし  花壇をこし  海上六十カイリの引っこし  ミッドウェー島に引っこし  もので、引っこし  三十歳をこし  拒絶するにこし  友愛塾があるにこし  七十歳をこし  一冬をこし  方がにげごし  かばけんくわごし  迷いにすら通じてはおらず、こし  献酬などはまどろっこし  天然にこし  のだと、こし  顔をこし  一つのこし  立派なこし  砧をこし  夕附日荻のはこし  階段にこし  中でこし  かつおぶしでこし  生垣をこし  濾紙でこし  かに酢でもこし  路銀をこし  一刻千金だ、はええとこし  あっしのこし  ようなこじ  雛をこし  かげんしてちっちゃくこし  煮え湯をこし  惣菜をこし  用心を重ねるにこし  始末するにこし  きのう矢来地蔵をこし  きのこでこし  あとをこし  寝棺に近づいて、こじ  人の曳きこじ  年齢をこし  孝助にこし  山のこし  うばのはごし  の、ちうこくに、さこし  いくつか逐いこし  そのままで持ちこし  しめのこし  形でこし  ようにこし  用捨なくごし  夕刊を引張りこし  時には、引っこし  帰つてから粟餅をこし  笑つて粟もちをこし  ふりに歩みこし  投げっこし  ワザとかつこし  塀を乗りこし  其儘祝詞へ持ちこし  廊下を、よくすべりっこし  細君だと云うこじ  道なればこし  文学を生きこし  長野街道のしやんこし  あしやこし  ゑ兄宇迦斯ええ、しやこし  ゑええ、しやこし  ジャンヌがこし  お山をこし  上へ、どつかとこし  一にこし  んにこし  祈祷やこし  お前やこし  顔かけをこし  泥かなんかでこし  から腹をこし  小杉さんがこし  年を経て、住みこし  輪をこし  闇をこし  時間をこし  硝子でこし  砂糖でこし  座布団をこし  これと睨めっこし  後白河法皇と睨めっこし  押しつけっこし  運河をこし  時、わずかまどろっこし  一長篇をこし  教えっこし  とき教えっこし  折詰をこし  うえを乗りこし  石をぶつけっこし  少女趣味で、こし  われ、こし  貞二、と叫びてまた快く笑い、こし  上を語りいで、こし  拔道をこし  家を見つけて、さっそく引っこし  雪を落しっこし  守り札をこし  吹雪男のこし  引幕などをこし  意識してこし  顏をこし  アパートをこし  あげくにこし  彼のこし  茶にこし  銅像をこし  勝手にこし  たちなので来ないにこし  オリジナルを見るにこし  話材をこし  海図と睨めっこし  

形容詞

~ こし[形容詞]
ぼつこし  賢こし  霜こし  通りこし  おのこし  あしこし  ものこし  みそこし  此こし  施こし  ひとこし  うんとこし  まつりこし  かきこし  ますこし  ひつこし  生きこし  ッこし  ツこし  引起こし  おんこし  申こし  つみこし  裳こし  二こし  七こし  一こし  ひきこし  畏こし  

~ こし[形容詞]
わたしのこし  

こし[形容詞]
こしむらすゞめ  こしてゐ  こしと世  こしの黄  こしを指  こしを見さ  こしの立つの  こしの御文  こしから  こしにゆ  こし上手  こし気概  こし他  こし気  こし事情  こし迷惑  こし真実  こしかた  こし木下  こしやう  こしかねた  こし白雪  こしちゃう  こしも兒島  こしなづむ  こしのくに  こしもの  



前後の言葉をピックアップ
虎視  故紙  越し  古史  古址  古志  輿    古祠  腰揚げ


動詞をランダムでピックアップ
話せ信じ合えしのげるつけ足す罷っ細る振る舞わ埋ん賜っ狩り出し雪ぎ取巻い立退く埋めあわせる立てこもれ構えよくばっなげく擬し付け足さ
形容詞をランダムでピックアップ
しどけなきさむ正しから用心深くさうなしほどよいひもじかっ憎たらしいちかかっ重からかるがるしきならびなし痒かっ力強かっかしこし宜しくっ鈍くとろいくだらなかっ得がたし