「こげ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こげ[動詞]
帽子はこけ  顔をしてこけ  甘茶がこげ  茶がこげ  いつまで森ン中で寝こけ  被布を着て、こげ  我國にむかつてこけ  そり頬のこけ  全身を、まっくろこげ  一彦もくろこげ  のがこけ  連中をこけ  突込んで、瘠せこけ  頬のこけ  真黒にこげ  必しもこけ  為めではあるけれども、さほどこけ  引ッこぬいて、こけ  町まで行くなどはこけ  子のこけ  タネリは云いながら黒く熟したこけ  ひとをこけ  五間ばかり半こげ  頤のこけ  反映してのこけ  俄にこけ  頬がこけ  中には古こけ  頬は青くこけ  下腹がこけ  患らつてゐたなどとは、こけ  中へこけ  肉のこけ  頬はこけ  窓へこけ  すつかり睡りこけ  船頭の睡りこけ  イヤにずりこけ  日ましにこけ  笑ひこけ  狐色にこげ  のは蒼白い瘠せこけ  上つた額、こけ  自分は、こけ  人のこげ  メイエルホリドのややこけ  無意味なこけ  頬のすつこけ  頬の恐ろしくこけ  表情が次々に現れ、いろいろのこけ  頬がひどくこけ  上の、こげ  様なこけ  みなさんおはやうこけ  肉がこけ  頬はことさらげっそりとこけ  頬がげっそりこけ  頬はやはりこけ  正反対に益々青白く瘠せこけ  顎がこけ  ん、あ、こげ  俺あこげ  からに、こげ  痘痕のある、瘠せこけ  叔父が睡りこけ  脂のこげ  煙にこげ  焼っこげ  二尺も垂れこけ  髪のこげ  方に至って細くこけ  顋がこけ  隅に睡りこけ  通名をこけ  鍍金に、こけ  ト睨み合うと、こけ  勘はこけ  あとへ、こけ  のは、こけ  夜中にゃ、こけ  のが、こけ  頬を伝うて、こけ  両側がうす黒いこけ  にしだ、相変わらずのこけ  指先で、ふわふわしたにこげ  帯をしめ、こげ  一つのこけ  今、こけ  頬もこけ  先を突っ込んで寝こけ  姉さまがあの瘠せこけ  前景には瘠せこけ  十も老いこけ  陰鬱さはあるが、こけ  右側がこげ  身には、こけ  言つて笑ひこけ  うそ、こけ  肩の少しこけ  行儀がよくていやがらあ、こんなに痩せっこけ  のは瘠せコケ  ようにまっくろにこげ  下を潜って、こけ  どっちかというとこけ  猛火に煽られ、こげ  胸をとくとく打ち鳴らし、そのこけ  胸、こけ  のはこげ  処へ、こげ  ようにこけ  すきに、こけ  彼はいつともしらず睡りこけ  もんか、さあこげ  奥へこけ  嘘うこけ  正体もなく寝こけ  ゲッソリ頬もこけ  谷から、こけ  板やこけ  泡にちぎれたこけ  仮面このこけ  因果でこげ  ここはこけ  力押しのくりかえしはこけ  びりつこけ  鞠になってこけ  半熟表面は薄こげ  往来評議もこけ  声でこけ  声を出して、こけ  上りませ、こけ  家がこけ  樹がこけ  頬骨のこけ  一杯を瘠せこけ  真直ぐに登るとこけ  しなやかにこけ  事を思ういと間もなく只そのこけ  屋根をこけ  尻がこけ  彼は瘠せこけ  据つた頬のこけ  つて、こけ  そっちの、こげ  船員はこけ  頬までがこけ  ダラシなく睡りこけ  そこからはこけ  東京さいて、こげ  味噌がこげ  ゲッソリとこけ  ほんとうのこけ  源三郎とこけ  風呂敷でこけ  偽のこけ  ことと、こけ  真っ黒に焼けた、にせのこけ  以前チョビ安は、このこけ  四方八方から眼の光っておるこのこけ  一粒が、こけ  伊賀のこけ  所在を知るこけ  とき、このこけ  これなるこけ  ことのないこけ  それは、このこけ  因となったこけ  ようなこけ  果たして本当のこけ  真のこけ  紛れもないこけ  わが輩も、寝てもさめてもこけ  猿、こけ  何しろ、そのこけ  わけはなし、いわば、こけ  柳生のこけ  贋のこけ  ことはないと存じまするが、しかし、こけ  いつまでも本物のこけ  正真正銘のこけ  屋敷に、こけ  人に対しては、こけ  ほん物のこけ  江戸からは、こけ  二真のこけ  屑屋を呼んであのこけ  当家に伝わるこけ  一風から、こけ  サ、こけ  これはこけ  江戸のこけ  力ひとつで、なんとかしてこけ  偽物が現われて、こけ  相違ないが、目ざすこけ  これがこけ  日光は迫るワ、こけ  これをこけ  しまするに、こけ  瘠っこけ  頤がこけ  今宵笑ひこけ  外側のこけ  爺さんのこけ  肩がすらりとこけ  分はこげ  日向で寝こけ  これがコケ  一個は、こげ  おんどりはこけ  観衆が笑いこけこけ  ッ黒にこげ  ふたりでこげ  頬がげっそりとこけ  口を開いて睡りこけ  拍つて笑ひこけ  二三本、こけ  おかげで、かなりこげ  前より一層こけ  渡船夫が寝こけ  のは、瘠せこけ  砂糖はこげ  余もずりこけ  しりっこけ  六郎が寝こけ  同様に寝こけ  いぬがらし、こけ  着物を着て、やせっこけ  肩のこけ  喜惣よ、こけ  からみんなむきで、こげ  頬が、こけ  マルクスは瘠せこけ  のかと、こけ  中から、こげ  とげのある、こけ  実をむすんでいましたが、こけ  馬鹿あこけ  傍で、たちまちこけ  此頃あたしゃ、こげ  まっ黒にこげ  前後不覚に寝こけ  まろらに、にこげ  そこに、はからずも、畏しこげ  身につけた、瘠せこけ  そのまま睡りこけ  斑白頭の瘠せこけ  禿頭の瘠せこけ  中にこげ  頬なんてこけ  上の焼こげ  秋風の吹けどもこけ  豆のこげ  山羊鬚を撫で揃え、瘠せこけ  蘭はこけ  オムレツはこげ  パンは黒くこげ  涙とともにうめられ、こけ  もちのこげ  頬のすっこけ  遠くの空が、うす赤くこげ  脚をびくりとさせ、今にもこけ  東京は遠うて、こけ  家を建て、こけ  ンでも、こげ  火事で、こげ  ゲッソリ頬のこけ  無心に寝こけ  骸骨みたいに瘠せこけ  パンがこげ  つて、こげ  肉桂色のにこげ  來るとこけ  野牛然と痩せっこけ  ふたり、瘠せこけ  命が、瘠せこけ  頬丈ゲツソリとこけ  ゲツソリ頬のこけ  時にこげ  



前後の言葉をピックアップ
蚕桑  孤軍  虚仮  コケ  転けよ  痩け  放け    苔清水  孤閨


動詞をランダムでピックアップ
引きずっしおる言いつけ聞過しつたえよかこつけよ冷まし任せよ凍てつかまえ花開き折り合える買い被っ下げれ追い抜く聞き入れよ立直れ被っよじり寄添っ
形容詞をランダムでピックアップ
根づよあやしきわびしくうれしき繁い物がなし甘辛い福々しく度しがたし懐しい愉しわかわかしい善からたらしきだるけりゃひ弱い酷かろいそがしくっぬくと