「げ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
げにながれたり  げをひねりつつもったいぶって  げな家の柱の音なぞを聞きながら  げてものの面白さだのを求めている  げものびてゐる  げにうなずく  げにきこ  げにみおろしつ  げに笑う  げに眼くばせして  げなつめたいかぎが出て居る  げにしてくれた  げも実となり  げを剃る  げば咲いてゐる  げはをとことをなごの  げに僕たちの部屋へはいって来て  げにも覗く  げな声で啼く  げな声で悲鳴を揚げながら  げに囁き合っている  げがあごに生え  げに一同を見おろして  げに一同は講堂をでた  げもびんも焼けちぢれて  げがむにゃむにゃと動いて  げは雪のように白くそれと共に左の眉に二寸ばかり長い毛が一本つきでている  げの生えた  げに日光と遊んでいる  げな罵声の中をわけて  げの市長さん今日は視察の燕尾服銀バスは今通ります  げで笑ふ  げをはやしてあった  げな女を連れて来た  げにファシズムの宣伝をしたろう  げに力なげに  げに内輪な歩みぶりをほのめかす  げに湖上の夕月を眺めて  げに浴みして  げをはやした  げを蓄えた  げな眼に眼糞をつけて  げに労働学生が本をかかえて歩いている  げに問題を取り上げていた  げに微笑し  げな恋の感情を反映する  げな無執着の性格を持っている  げもなくやまが連続していて  げに審判を下して  げに書き綴る  げがないという意味あいもある  げに交換された  げを指さきでつまみながら  げに目をかがやかした  げとをいっしょにつるりとなでながら  げをぐいとひっぱって  げに冷笑ふ  げな空気をかもしている  げもなく焼いたにきまつてゐます  げの白いじいさんが安楽いすに腰かけています  げに波を岸辺に打ち寄せて眠っている  げつそりと減る  げにもさみしきあをきま  げなるかたゐ  げなる片言なり蒼い海風も黄いろなる黍畑の風も黒い土の吐息も二十五の女心を濡らすかな  げに眼を惑わせながら  げに両手を揉み合わせつつ  げをはやしている  げの大人の顔がうつる  げのおとなこそ正しく二十年としをとった  げがごそりとさわった  げなるものははいっていない  げにばたばたする  げに叫んだ  げなものと考えているらしい  げに楽譜の行を追っている  げな微笑を浮かべていった  げな笑いのためにすぐには話せないでいる  げたく思う  げに目をしょぼしょぼさせながら  げえ吐いていたが  げに唇を引き締めた  げにきっと唇を結んだ  げながら納得する  げな眼つきでその後姿を目送しただけで  げな凍る  げをひねって  げな挨拶あるけあるけと  げに此人気を見てゐる  げにうなずきました  げを噛みながら  げな顔に涙を浮べて  げをなびかせながら  げをそらず  げな情景を私は枕の上から見上げて  げなすずめの会話が小さい小屋をめぐる  げに語り合ってゆく  げに子守している  げに二人の傍を通り抜けて  げに肩を竦めた  げつそり削けた  げに笑っている  げを剃った  げに笑いながら  げぼうぼうの痩せた  げをぴくりと動かしたりしました  げなことをいいました  げにあざわらうではありませんか  げに眺めやった  げつそり頬のこけた  げや顎ひ  げに覆われていた  げを生やし  げな鳴  げに肩を落し  げな微笑を顔いっぱいに湛えた  げな顔をして  げな女の目には近所の人達の詞に同意する  げが生じて  げなる色を見せまいとする  げに叫ぶ  げを動かしました  げな啼聲を續ける  げに箸を掴んでる  げな写本を拝借して  げに見えました  げな顔になって  げつそりと痩せた  げ捨ててしまえ  げに微笑して  げに正三の部屋の入口に立ちはだかつた  げな容子にいつもの警告を感じるので  げな外出が始まり  げに出掛けて行く  げに語るので  げつそりする  げに動き  げに正三の部屋の入口に立ちはだかった  げな容子にいつもの警告を感じる  げに動きまわっている  げな表情とが混った  げに問う  げに鉦打ち鳴らして過ぎるも見ゆる  げに動いて  げな嗚咽となる  げに仰いで立つ  げに見える  げに端近く褥を進めた  げに良人を見守った  げに主人の手に鼻先きを持って行った  げに鼻先きをつき出した  げに聞く  げに見入つて居た  げに入れて  げえろにならしゃって  げに爛漫とさきにぎわえば  げにたちならぶ  げな眼差で相手を見つめながら  げなレヴュー団によくあった  げな身振りで踊りだした  げのない表情を見せてくれる  げていた  げな言葉をつなぎ合せて  げにたたえている  げにはし  げに見えた  げな人々が楽しんでいる  げに残る  げの少しのびたおやじさんが笑いながら聞きました  げに瞻ったが  げに女主人イレエネの顔に注いだ  げな微笑を含んでいる  げに投げ捨てた  げにこわばらせてしまった  げに立っている  げに呻いている  げな風体に見え  げもなく再版する  げに微笑んだ  げに臥してゐた  げ捨てるやうな愚かな不敬な事をせずに  げに見るを  げが二いろまつ  げに早朝から出かけるか  げに食事をしてゐる  げな眼の色の婦人を見かけた  げに灯つてゐる  げな顔をしてゐる  げて誠をあらはさんと  げに靴の爪先を運んでいる  げに眺めるというよりも  げに道をよけていると  げに目をふさいだが  げな声を叫び出した  げに云った  げに今年の春も咲く  げな卑しさの見すかされる着飾り  げなものがある  げに呼びかけられた  げに運んでゐるにすぎません  げに自分の名を呼ぶ  げな靴の音を耳にした  げをはさみでぢゃきぢゃき刈りとって  げなる毳をもて撫で  げに伏せた  げの少い松の木の行列虫に気をつける  げに悩みながら  げな顔をしている  げな笑顔をすると  げな主張をあざわらう  げな様子に出来るだけ慣れてしまって  げにほほえんだ  げな笑いで云った  げに四辺を眺めた  げな色がある  げな表情を泛べて云った  げに見  げを生やして  げに近づいてきた  げな様子を見くらべて  げにみつめられて  げな目をふさぐ  げに反問すると  げに笑くぼを作って  げを避ける  げな笑みを口辺にのぼせて  げに煽っていた  げに言った  げな倦怠とを播いて行った  げにも見えた  げな話し  げにかの女に対して観察の眼を働かしている  げな微笑を洩した  げに操っていた  げに出されている  げて泣きふした  げのはえた  げのようなつるを出してつかまり  げがまた小さな糸瓜の胴中にからみついた  げに悶えた  げな可哀なのもあれば  げに払いもせず  げに擦寄って  げも伸びきって  げに倒れていた  げにふりかえると  げな色が眉を曇らしている  げな声を風にかすらせる  げな微笑を浮べてゐた  げな眼ざしを  げにはいって来たが  げに暮らして  げな様子を感づいたと見え  げな大御所のことばを聞いて  げに退出した  げな女房がそんな犬まで歓待して  げな静けさがみなぎっていた  げに考えた  げに両側にくばっていた  げな口調でつけ加えた  げにちょっと顔を見る  げに瞳を合して  げに見えるばかりか  げな微笑を浮べつつ  げに眺めた  げられたやうにして  げな歌をやめてよ  げてゐる  げにそう教えて  げに呟いた  げに笑った  げに十字を切って  げなせかせかした  げに積まれてある  げにペンをつまみあげた  げに街を往き来する  げに伏目をつかいながら  げに撲いた  げな色合をしてる  げに伏目をつかひながら  げに瞬をしてゐる  げに囁いた  げの声で言い出したので  げに相手の顔を見た  げて飛んで来た  げる見たいに  げて一すぢに信を獲る優れた  げなるに船頭は横ふりむきて  げに云う  げによく喋った  げな御顔をなすって入らしったが  げるほど横面をなぐり飛ばされた  げの貧乏徳利をぬいと突出す  げにそう云った  げのある  げに見下ろした  げ立つたやうな顔をして  げに物語る  げに蒲原夫人や栗谷川浩平を眺め  げな声をしぼり  げに叫んだが  げな顫える  げなソプラノを唄い出した  げに唄いはじめた  げな目つきで人々を見送った  げも長くのびて  げに響き始めた  げて置いても  げなるを中にして  げの笑みをさへ寄せて  げな声で主人が死んだ  げに眺め  げ出される  げのようすからみると  げに桜の梢をふりかえりふりかえり  げにやがてその影も小さくなった  げに誰にともなく云うと  げない姿をした  げに肩をすぼめて笑う  げを二三度ひねりました  げに首をうごかして  げと習い  げに体を動かし  げに溜息をついたら  げに栓を抜こうとするので  げに縮こまり  げに宙返りを打ち  げな声をふり絞  げな歓喜に溢れた  げに呟きを残し  げに芋の皮をむいていた  げに歩いてみる  げをひねつて  げもなくあたりを見て居た  げに訊いた  げな股をくぐって  げに数えはじめた  げなく額部の照りに面擦れを見せて  げに父に眼を移して  げなようす  げに打ち興じる  げな笑ひが  げに突きとばしたので  げにお秀は言って  げな媼の言を物ともせず  げに大口を開けて  げの光りを注いだ  げに見やって  げな嗚咽さえ洩れた  げな紅をたたえ  げにさわいでいた  げに禁門省垣の面影を偲びながら  げに呟いていた  げに見まもっていたが  げに微笑した  げな顔をした  げに闇を流れた  げに弾いていた  げにすや  げなものにでも朝のかがやき  げなものでなければいけない  げな髪をさわっては見よ  げにおどって居る  げにして居て  げに顔をしかめた  げなおことばといい  げに云い抜けると  げに嘆息して  げに張飛の陣地を振  げに見まわしていると  げに云つて居ります  げに北方の馬市場を夢の中で漂泊いながら  げなと感じましたので  げに話しておるか  げに見まもっていた  げに叫ぶと  げに見え過ぎていた  げな芸術の先輩の風貌に接したいと思った  げに答えた  げに真面目に語り合いながら  げに主人が訊いた  げにそう言い  げに自分の駄洒落を指し示した  げに眺めてから  げに離れた  げに引下ったであろうが  げにそう言って  げに顔を赧らめはしたけれども  げに動くた  げに絨毯を敷いてない  げに同情的に応答した  げてくれ  げてくれた  げに語り合っていた  げに面当てをいった  げに訴えた  げに瞳を細めた  げな眉をして問い返した  げもなく文句をつけました  げになってくる  げなるひとつの感情病みてひろがる  げなすすりなきをする  げなる色香をはなちて  げに匂つてゐる  げなる聖者の夢はむすばれる  げは奥がたにいいました  げは話しました  げはいいました  げはさけびました  げはあざわらいました  げはこういって  げはおもわず  げにむかって来ました  げはすぐと知りました  げに晴々と笑う  げにそよいでいた  げに口をきいた  げに台所のなかで輝いた  げは白いというより  げをはやしていました  げなろうそくをあきなっている  げな山村にたどりついていた  げな兵気を見せかけ  げてしまった  げてしまったのに  げに寄って  げに訪ひ  げに吸へる  げにものいひぬ  げをの君はしかられて  げをの君の肩にきぬ  げに思ひた  げにすいすいと伸びている  げに呟いたが  げない名言を吐いて  げに手をかざし合っていた  げに見ていた  げな声を張り  げに希代のものを捜し出せり  げに自身の手足を視回しては  げな面だましいだ  げない全体とよく調和していた  げに止めた  げないものがある  げに覗く  げに返事をした  げに持て扱いつつ  げにもい  げえせん  げに聞入る  げに見た  げに話をした  げに遊んでいる  げをふるわせ  げの中から口をもぐもぐと動かして  げな声をあげて  げのように見える  げに小足を早めてる  げにてかこひもしめたらぬに  げもなく人のくれし  げに麦城のほうへ向っていななくのみであった  げにそう云いのこして  げな悶えを  げに引きのばしていた  げな調子でそう応じながら  げな状態はやがて過ぎ  げな対話を何かそういう絵でも見ているかの  げな目つきで空を見つめていた  げに見つめ出した  げにちらっと目を上げた  げに一本の釣鈎をとり出し  げな含み笑いをして  げを生やしてゐるね  げてある  げもなく振りあげて  げの陰から洩れた  げな一軍隊をさし招いて  げに物語を聞かしてやっていた  げに一礼して  げに障子にはたきをかける  げな卒業証書を得て  げに撫でまわしながら  げな女を多く囲っている  げに指招く  げな西洋人の老翁がいて  げな声で泣きたてた  げな愛想をする  げに人好く笑った  げな顔色を隠さなかった  げに目をふせて  げに見すくめた  げに銀座の名をいった  げに言うかと思うと  げに家の中を見廻す  げ出す響きにつれて  げに舷に手をかけて伸び上がった  げに本を見始める  げな足音とさらさらという衣ずれの音が聞えて  げて接吻しようとしてゐる  げな泣聲が次第に遠くへ消えて  げに見上げた  げな笑い  げな唸り声を洩らしていた  げに空をあふ  げな目ざしで  げなイライラしたしまった  げに注いでおられます  げな微笑をした  げに封を切って読みはじめました  げな言葉でこれを批評する  げな灌木の葉摩れや  げに表現してみせるので  げに横を向いてゐる  げに立ち上り  げに女を睨まへ  げからも鼻からも出ましたから  げにちろちろ動く  げな電燈の下で食卓の前にすわった  げな目を伏せ  げな談笑をつづけていた  げに呼びかけながら  げな毎日を送っていたが  げにも感じて  げにうつっている  げつけられた  げの女ではあるが分けても  げにあった  げに求むる  げな鐘がなった  げを生やした  げに拂ひあげながら  げれば大当り受合いだと思いますがな  げに罵りながら  げな眼をした  げな様子を見ると  げのりっぱな大ねずみをより出して  げてあり  げな自分の極言を顧みて  げな眼を開いて  げな口調で云い放った  げに眉を顰めてから  げに唇を曲げた  げに胸元を掻きむしり  げもない台詞をのべたててから  げに握手する  げに帰ってゆこうとした  げに此方を睨めてゐる  げをふりまわしながら  げに謝意を受けた  げにぱたぱた細い尾を動かしたが  げてと言ふ  げに呟いて  げのさびしい微笑をみせた  げに光つてゐる  げに低く唸っていた  げになんの屈託もなく振舞つてゐる  げな人家の散在した  げな表情があった  げにきいた  げなものが現れ  げに呻く  げに立てる  げえゲロを吐いている  げに取られるので  げにビールをあおった  げに外套の襟を立てて  げな皺を寄せて  げな声の為めに目覚めた  げな春の夕暮遠い国には戦があり  げのない児と云う  げに語るという  げな歌を歌いはじめた  げに軋り  げなことと云ったら  げに少時しょんぼりとうなだれていたが  げに息子をじっと見て  げにカルテを流し見て  げに亜麻色の髪の下に浮べた  げに眉を顰めながら  げにかくれていますと  げな姿はなんだかそんなときの私にそっくりのような気がされた  げな目つきで受けとめていた  げ出すかも知れません  げに胸に浮びました  げに水馬が走っている  げにくちずさんで  げな表情に変った  げに尾を垂れて  げな様子で一行を迎へておいて  げに見やっていたが  げに響いた  げに見入る  げにキュッと捻って  げになってきた  げにたずねた  げな顔つきでトランクのほうを見る  げな視線を送っていた  げな手の動作をしたりしないではいなかった  げな面持でカルルの頭越しに船長のほうを見やった  げにだが口早にいった  げに挨拶し  げに杯を重ねた  げに言って  げに落して  げな怪漢の眼から視線を外さなかった  げな騎士名を僭称し  げに眼を見合せました  げに舌打ちし  げな話振りを考へてみると  げになんべ  げな微笑を浮べながら  げに走りはじめていつた  げな静かな微笑を浮かべはじめて  げな表情もあらはれた  げをはやして  げに震える  げな表情をして  げに食事している  げな気忙しなさに足を早めていた  げに云い捨てて帰っていった  げて吊りまして  げに泣出しまして  げにヒイと泣声をあげ  げに覗き込んでゐる  げに笑ひながら  げな事を呟やくと  げにお寝みの  げな微笑を浮かべて  げに開かれ  げに加十の面を注視しながら  げなようすである  げにカラカラと笑った  げな足音を知らぬ  げな花の写真を胸に秘め  げが物語っている  げに飛び  げな彼等には此頃急にふえて来た  げにぐるぐると廻る  げすわればきんぽうげあざみあざやかなあさのあめあがりうつむいて  げうごいてみの  げにほおえみました  げにはひびきませんでした  げに指に挟むと  げなものが今僕のなかに鳴りひびいてゐる  げな人通りが僕をゆるやかな追憶から切離す  げに歩きつづけた  げな靴の音が僕の耳に鳴る  げなのがわかる  げつそりと身にしむ  げに笑ふので  げなる下司の小家なんあると  げに聞こゆれば  げにのみあれば  げはふとかやまつるにか  げくいそらす  げに釣合ふ  げな微笑は頬の辺りにただよい  げな叫び声は唇からもれた  げな微笑をもらした  げにぞ頷かるる  げを剃ったり  げと口ひげの間にどんなふうに畦道をつけるか  げに泳ぎ  げに出入していた  げに苦笑いをしていた  げることが出来るかと  げに泣きながら  げに飯などを炊く  げに左右に動かしている  げに聞えていた  げに思遣られた  げな呻吟の聞える  げな在所から入って来ると  げに想い出されたりした  げに家へ入って来た  げに飛び廻って居た  げに鳴いていた  げに一同のかおを端から端へいくども  げにいいはなって  げを立てて  げな立派な家が立ち並んでいる  げな窓の奥からは折々面白げに外を見ている  げに右の手をずぼんの隠しに入れてあり  げに映っていた  げな唄をうたいはじめました  げにも聞えたからである  げに受け取って  げにきしり  げに火鉢に頬杖をついた  げな心持がつき纏っていた  げに居士の弟子となった  げが伸びていました  げに臥せっている  げに顔を振っているばかりだった  げに微笑をしながら  げもなく歩いているだろうか  げは生え  げな声でささやいた  げな手付をして  げに泊る  げに相手の顔を見詰めてゐる  げに思われる  げにうめく  げな露わな眼付を見た  げな諦めの  げな眼付をして帰っていった  げな小露店がある  げに佇んでいる  げて取り囲み  げな様子をした  げとこの服装とこの青ざめた  げをそられ  げが僅かばかり生えかけていた  げに怒鳴った  げに宣り合った  げに呟きながら  げに人間の生活を掻き口説いた  げなこごみ  げに語ってくれた  げに輝いて居た  げに口ぶ  げに鳴いた  げに見やりながら  げに青年と肩を並べて  げな態度を見せた  げにほほえんで見せた  げな眼光を時々葉子に浴びせかけていたが  げにもなくしんみりとした  げな笑いを目だけに浮かべて  げに立ちすくみながら  げに帯だけほどくと  げな会話を取りかわす  げに高く笑う  げに陸地を見物していた  げな目を葉子に送ったが  げににやにや薄笑いをしていた  げな微笑をもらしながら  げに座に戻った  げに頭をもたげて見た  げな沈黙が取りかわされた  げに笑いにまぎらそうとした  げにまじまじとながめやった  げに黙った  げにまたたかせながら  げな寝息は露ほども乱れなかった  げに砕けて捲かれる  げに見る  げな笑いさえ浮んでいた  げにいった  げに叩いた  げな微笑が交された  げな眼光をしながら  げにションボリ頭をふって  げつそり枯れた  げにも思ったが  げに話していて  げに笑って  げな翼を伸した  げに声を尖らせる  げにこう極めつける  げに少年に近づいた  げに眼くばせをしながら  げな紙の擬旗がすすきの間にゆれているばかりである  げに鉄のカーテンとよんで  げに曇つてゐた  げを生やしてゐます  げの生えたやつれた  げにこなたを見たるが  げな笑顔を見ると  げな理窟は言わない  げてもの的好色をそそる  げな微笑を浮かべ  げな表情をしている  げに話し合ったり  げに寄り  げに父親をさしのぞいた  げな眼のうちにおさまり答えた  げに心でうなずいた  げに暮色を揺つてゐた  げに暮色を揺っていた  げに暮色を搖つてゐた  げな表情を見せて  げに呼ぶ  げに物を言った  げに持って  げに出来ている  げに傍に来た  げに父親の顔を見ていた  げに顔を洗う  げなければ可かったと思っている  げ付ける様にして  げな何物かを探し出さうとする  げの一升罎をぶら下げた  げに泣いて縋った  げのようになって  げのない国中の為来りであった  げな皺のある  げに桃花村を罩めている  げに思われた  げに折々眠元朗を見  げな眼色をしていたからである  げな面持ちをしている  げな頬ににっとうかべた  げにながめた  げに甲斐絹のような柔い長い声で欷り泣いた  げに何度も吃った  げな微笑で此おきやんな  げな眼眸をゆつくりと移しはじめた  げな寝顔をみつめた  げな色を湛えて  げのない国中の為来りで  げつひめであり  げに明家を出た  げにあき  げな寢息を立ててゐた  げに海の活劇を見下してゐた  げに言葉の取  げに尻尾を振って見せた  げには呼んでも  げな寝息を立てていた  げに海の活劇を見下していた  げに船を眺める  げつとまたかへして  げを一二分ほども延ばして  げな様子にも似ず  げに大きく開いて黙って  げにもれて来た  げにこう問い返した  げに下宿から新橋駅に車を走らした  げにこういって  げに倉地があらわにいう  げにそこにしょんぼりと立った  げな呼吸をつづけた  げに居たり立ったりして  げにからみ合った  げに呼んでいた  げな調子で高瀬に話した  げに自分のことを娘に言って見せて  げな唖の小娘を連れて  げな名所案内の説明をやり  げにちらと見上げた  げに街頭の闇の中に消え去った  げに睨んだ  げもあったわ  げなる声をあげて祈り  げなる所なきにあらず  げに答ふらく  げに笑いを浮べながら云いました  げな有り様はどうした  げな大声を再び聞く  げに溜息をついたが  げに染めていた  げに両手を差し出して叫んだ  げに手を繋ぎ合った  げに声を絞って  げに振舞ふ  げにまりをながめていいました  げにこつちを見てゐる  げな家をのぞきますと  げにほほえみました  げて草をわけて  げに見や  げに出て  げに向うへと走  げに見えたりき  げに身を進めて  げに空嘯きぬ  げに笑えり  げなる男の顔をつくづく視  げに日頃から話していた  げな眼の中に輝く  げに微笑みなされました  げに面白可笑しい身振りをする  げに咎めた  げな表情があらわれた  げに財布を出して  げに騒ぎ立てた  げなる人形を使う  げつそりとした  げな視線をいつまでも自分の背中に感じながら  げない激越の調べを漲らせていた  げにながめる  げに約束してくれたが  げて出てきた  げにこう答えてやった  げな目配せをしあって  ケられたのでカッとなり  げている  げに眼を光らせて  げに舌打ち一つして  げな机に頬杖を突いては  げも置かないで  げに首肯いて見せた  げな眼付きでちらりと女の顔を見ると  げに見比べた  げにほこりて  げに燃ゆるふしぎな姿もかんじられ  げな花と大氣の思ひにのりうつ  げなる松の山邊をとぶ  げな溜息をもらし  げに八対の足を動かしていた  げに自動車を見やりながら  げに警笛を三十秒間断続吹鳴しなかったとしたら  げに舌打をした  げに眺めながら  げに針を持つ  げもなく大々的にやろうという  げに泣いた  げな息遣いをしていました  げをふるって  げなところに限って  げて膝を立つれど  げに住んで居た  げな面魂を作りだし  げこのだいがくを舁いで居る  げに歩き  げに祝詞を述べられた  げに立ち振舞ふ  げな微笑が長く男の子等の記憶に刻み付けられた  げに震えて来る  げに垂れ下った  げに暗示されている  げに語る  げな眼付をしていた  げが生え出していた  げによんでいた  げに見詰めた  げにひとり立つて  げに急いで  げな家の前に立って  げな自分の足もとに落としていました  げに耳を貸す  げに次から次へと部員と握手をしてゐる  げな声でも其の客の誰れだかは察しられた  げな様子もなく煙草を吹かせてゐた  げない吐息を吐いて言った  げなお通の眼が見える  げに呶鳴る  げないさッぱりした返辞だという  げなあずさの姥が白いもの化粧いして  げに居眠りしていた  げに勝手の方へ出て行った  げな顔付きを看て取った  げな人の顔を眺めて  げに揺れている  げを剃ってもらった  げな横文字で書かれた  げに盗見している  げ上げられて  げに見えて  げていい設計になっている  げに中尉を睨みつけた  げな廊下のところどころに五燭の電燈がぽつんとついていて  げに死んで行った  げをのばした  げな声を聞いても  げな息を耳にとめた  げに立ちすくんでいると  げな眼をこらして  げに息を嚥んでその狂態を眺めていた  げに城太郎は指を噛んだ  げに眺めていたが  げな手文庫を寄せて  げに階段を下りて  げな教授に意味あり  げに眉をあげて  げに見えるほどな  げに叔父を待受けていた  げな調子で言った  げに交換しながら  げな眼付をして  げに下座敷へ通った  げに打消した  げな調子で挨拶した  げな声で四人を呼んでいる  げにさえ見える  げな老人のようすだった  げな眼をしばたたいていたが  げをふるって手を出さず戻ってしまい  げの物ずさみ  げにやま  げに伏し沈み  げにニッと笑い  げな言葉でいった  げを長く生やした  げな顔色をチラッと見せた  げな東屋氏の視線に合って  げにニタニタ笑っていた  げに私が見廻すので  げな横顔が心を打ったから  げに頷きながら  げに中を覗き込んでいる  げな様子を見ているほど  げなところのある  げに言葉を切った  げに首を竦めました  げに口許を抑えた  げない抱負を述べる  げな眼をお通へ集めて  げあげた法師たちが柏の葉でくるんだ  げな風格のある  げてはおきまするが  げに俯向けていたが  げな迷いが刻みこまれていた  げな人が通ると  げに磨きあげて  げに吹消した  げはこしたし  げのおじいさんとガロフォリのうちへ来たね  げにわたしの顔をながめて言った  げに眠りゐて  げに瞬いていた  げにステッキの先で床をこつこつやりながら  げに充てり  げな呻き  げな呻きは  げに喇叭吹く  げる夜の森のかげ  げに雨戸繰る  げのさやぎはたはた夏の夜の悩を刻む  げに眼を光らして  げに鳴きさけびながら  げな目つきで私の方を見つめた  げにニヤニヤ笑っている  げに霞んでいる  げに搖すつた  げな声を出した  げな顔立とに気を惹かれて  げに答えました  げな顔色をみていると  げな空気は縁側から匐い上って  げをもじゃもじゃとのばしている  げにどなった  げをひっぱりながら  げかけられる  げてかう  げに蹴爪の上に伸び上がって  げに黒蠅を追いながら  げにからだをくねらせ始める  げに吼えては  げに嚥み込んでいくとでも言おうか  げに聞かれた  げな鳥の声が方々から聞こえる  げに嘆息しております  げまつる鉄鉢の日ざかり単に句を整理するばかり  げてゐるので  げられた芙蓉咲いて  げに顏を出す  げに見えるからでせうか  げな唄を耳にします  げにしてみせます  げに坐っています  げなのを見て  げに帰つてゆく  げばぶらさがつてきた  げてあるく  げな帽子をのせている  げな七兵衛の風情を見比べて  げを風にふかせながら  げをぴんとさせ  げに見せかけてゐるとしか思はれず  げに咲いてる  げにしきりに眺めていた  げに待っていた  げにやって来た  げに息づきながら云った  げな葉擦れの音がした  げに一服吸いつ  げなる微笑を含み  げに打笑みたり  げに少年の手をじっと取りて  げに頷きぬ  げに噴き出してしまった  げてわらひ  げに立てなおすと  げにじっと見ている  げなりおもしろうてやがてかなしき鵜飼かな馬をさへながむる雪のあした哉住つかぬ  げにニヤリと笑う  げな影が深まっていた  げに唾を鳴らした  げに眼をみひらいた  げな毎日を見ておりまする  げに見ている  げに折助どもが見返って  げの家へ無造作にはいり込んでしまった  げに娘はいい継いだ  げな武士が一人出て来ました  げな侍に借り切られる  げに言葉をかけたが  げな恰好をした  げな流し目を一つくれて  げな鳶色の眼のうえにさながら何か摩訶ふしぎなヴェールのように濃い睫毛がかぶさっている  げにヒッヒと笑っているだけだった  げに感じられ  げに続けた  げにお君の面を見ました  げに祖父の顔を見上げたが  げに肩を怒らして  げにハラハラと落涙した  げに敬礼をして下ろうとした  げに頤をしゃくり  げに拳をふりあげながら  げに舞台に跳ねまわっている  げにささやくや  げに見えるなどは  げにしておられた  げに咽び哭いた  げな出入り商人の往来などを知るにおよんで  げにうごいて  げな睫毛をした  げに心の寄り添う  げに呻るのは寝ている  げな表情をしました  げに皮肉を云った  げな姉に皮肉な視線をジッとそそいでいる  げな日常を見かねて  げな声が聞えた  げにものを嘔げていた  げて答えた  げれることは咫尺を弁ぜざる  げな態度にはぴんと刎ねかえす  げな抑揚をつける  げのない下膨れの顔はてらてら脂ぎった  げな勧説にも一抹の疑いを持ち  げを握りながら  げな特定の人にした  げに街を歩きながら  げな人ていをそこに見わける  げな口調でこう云った  げな衣冠束帯の行列をつくって  げな眼を見た  げのないことを知っていた  げが風にしなっていた  げに腕をのばした  げたり手をふったりせずにはおれない  げも無くすてて  げに冗談をたたいて  げをぴくぴくさせて出て来た  げを捻りあげてじ  げに附け足した  げに見あげる  げにおし戴いて見せた  げだものの跫音は雪の上にそくそく鳴っている  げに起き上り  げな笑いを含んだ  げな声をたてる  げに舌打ちをした  げに下をじろじろと見まわしていた  げに眉をよせて  げに顔をくもらせ  げな笑みをもらして  げな笑みをたたえて  げなカゲリを深め  げに思われて  げに思われるという  げに話す  げな返事をします  げに廊下を渡って  げに同じ目的地へ向っている  げにヤマ甚の目をじッと見つめたが  げに人形を抱き起して担ぎあげた  げにうなずいて  げに目を光らせて  げに侘びしい  げな何かが考えられるであろうか  げに楠に笑みかけ  げに見送っている  げに舌を鳴らして食べはじめた  げな微笑を浮かべる  げに厚く塗られて  げに平手で軽く馬の首を叩いた  げな色が浮んでゐた  げになだらかな線を引いた  げに首を前に垂れながら  げに徳次を見  げに云つて見た  げな顔で方々に現れては話しこむ  げに薬局と診察室の間を往来しながら待つてゐる  げな或ひは  げな感情をもつて  げなどよめきと  げな表情が彼等の上に共通して現れる  げな額の皺はいつ  げに笑つてゐる  げに無口で固い顔をしてゐる  げな瀬のどよめきが耳につき  げに云ひのこして去つた  げにぐつと身体を近寄せて  げにどなりました  げな微笑をしいて見せながら  げな涙につき上げられた  げな男ではあるの  げな調子で新米巡査は口を切った  げえして生きて行く  げに歩いた  げになって  げに来た  げであることを恥かしく思う  げに耳を傾けてゐた  げな声がした  げに屋敷内を見  げに迎えようとしていたが  げに見送っていたが  げに支倉を睨んだ  げに引受けた  げにないているだけである  げな声で呼びつづけた  げに見えたれば  げに問ひかけたは  げに尋ねたは  げに歎いたは  げに時儀を致いて居つたは  げに囀り交いたと申す  げな瞳をあげて  げに過ぎて婀娜めくばかり  げに見て取ったので  げな眼で見送った  げな姿を駒の背からすべらせた  げな山輿にすぎなかった  げな顔をしていた  げにまず言った  げに若入道がまた語を投げた  げな声でかう  げに目にうつる  げなる年賀の文を書く  げに暮れゆきぬとりあつめたる  げに光らせてゐし  げの事を呟く  げに書ける  げに脚絆までつけている  げにながめて渡ります  げが唇をかすめたが  げを撫でている  げに拝殿から持ち出した  げに処分をさせる  げにここに待伏せて  げに起き直ろうとする  げに見物していた  げに戻って来ると  げに仰っし  げな結び文を受けとっていた  げに言っていた  げな渡辺の大橋を惧れた  げにもじもじしています  げに云いました  げに立っていると  げな話だと僕は思いますけどね  げつそり痩せた  げに眺めている  げに聞いていたが  げな意図をそれに残していた  げな板輿が与えられ  げな男が腰をかけていた  げな貝の音が尾を曳いている  げにいつも笑い濁していた  げな悲鳴がそこに流れたとおもうと  げな鈍い声でぶつぶつ言っていた  げな顔つきをして  げに話しかけた  げに目配せして  げに繰返した  げににやりとして  げに波うっている  げに着坐して居られた  げな眼つきでながめますと  げに聞いていた  げな人物とあいびきをしていたという  げえもねえからよそうじゃございませんか  げは壁の品書を見上げて  げは指さきで  げな風にこちらの賑かさを見てゐる  げに現れたりすると  げはづけづけと  げに唇をかんで  げにかぶりて  げに呼ばふ  げな目配せをした  げに検めていたが  げに見まわした  げにしていた  げに吐きすてて  げなお口にはのりませぬ  げに黙っていた  げな愛撫の微笑を洩らしながら咳いた  げな口調で二人に語り聞かせた  げに話した  げなごたごたした  げを沢山出してある  げに白状しました  げにみた  げに四方を見れども  げに受けて  げは眼をふせている  げねば秋の風吹く  げなる大理石の扉も埋れては  げが長女として生れた  げに横抱きの小包はとはでもしるし  げに目を伏せてしまふ  げにじっと見入った  げな顔つきで帰って来た  げに羽ばたきながら  げに叫んだり  げな話を仕掛けて  げに言ひ  ケといっていたらしい  ケに盛る  ケといっているから  げな不安が満ちていた  げに軽井沢の町を見廻して  げに沈黙した  ヶ原方面へ立去ったので  げな囁きを聞いた  げにかれは言った  げに聞こえた  げに照らして  げなお目をそばめた  げでおわすばかりか  げに避けて居りました  げに何遍も何遍も見比べた  げな彼の身なりはこの世俗的な問題に一層の重みを加えていた  げなところが出て来た  げに飛んで  げに啼いた  げに物音の絶えた  げに点滴の落ちている  げに長く吠えた  げに嚥み下しながら  げに垂れ  げな小遣いとりの小説を書いていた  げにバルタザアルを見た  げな表情を浮べて  げを持っている  げにほえていた  げに通訳に云った  げとひかりのひとくさりづつそのとほりの心象スケツチですこれらについて人や銀河や修羅や海胆は宇宙塵をたべ  げが咲き  げてし  げにだまってさえいれば  げで五百雪駄の音がする  げのマドロス氏とは違って  げな物の言い  げさせ  げ散らされた  げに座り  げに問ねた  げに云っていた  げに遊んでる  げな彼の立場と腹の中が鏡にかけてみる  げになしていなかった  げに迎えた  げも伸びに伸びて  げにぽつんと答えたのみだった  げに一詩をさけんだ  げが伴うけれど  げに歩いていました  げに歩いていた  げに眺めてゐた  げに戰いて居る  げに鼻を鳴らして  げに見送る  げな視線を投げた  げに大挙して  げの口上でのべて売っている  げに話しながら  げに歌いながら拾っています  げを剪ってある  げな姿をして居た  げな溜息をついた  げな音をたてて  げの中でかすかに微笑いながら  げな黒姫山が何か遠いような感じで見えた  げで貧弱でをかしい  げをふるうのに  げに唸った  げの中でかすかに微笑ひながら  げにゆさぶりゆさぶり  げに見え  げに靴を床にすりつけ  げに廊下を走り  げに頭をうちふり  げもじゃの大きな顎を持っていた  げの顎に喰われるぞ  げのあいつに喰われようとしとった  げな学問的なことを訊ねた  げな口調になった  げに吐き出した  げにひん曲り  げな笑いを浮べながら  げに泣く  げに二条の営へもどってきた  げな顔を野天にそろえて坐り合った  げな怪訝りを顰めあっている  げにゆっくり排泄作用をおこなった  げに巡査に顔を向け喋り  げに復一に話した  げな複製でもおとなしくはりつけて  げに人道を行違う  げに近所の人びとと交際うようになっていた  げに電話を掛けてよこした  げに問返した  げに二重廻しを羽織って  げなる農家など見つつ  げにながめていました  げに微笑みかけてくれる  げな眼付を投げた  げな口調で長く待たせられた  げに思ったが  げしくなるにつれて  げな内心の動揺に自らの胸の顫へを覚えた  げに知らせた  げにうろついていた  げを生やした痩せ  げな煮込みを注文する  げな眼のひかりを半七は見逃がさなかった  げに帆村をじろりと見た  げな顔色を見て  げな眼をして  げに笑っていた  げな良心が各人の口をおもたくしていた  げにすぐ去って行く  げものびた  げなうごきに暮れた  げに又笑った  げにいい放って  げにいい放った  げににやにや笑っている  げに眼を伏せて  げに梨花をにらみつけた  げに見つめていた  げに云い触らされる  げに考えられますから  げに行きます  げに来る  ケに根っから他愛がありませぬ  ケにもハレにも是れ一つということを意味した  げに何かひそひそと話していた  げに悄然としている  げに起しながら  げに語ったが  げはじめた博文館のやうな大規模の出版會社までも書籍を後にして  げに煙草をふかし  げなる御息を吐かせ  げに行く  げなどよめきをくり返しつつ引揚げて行った  げにまばたいて  げでおおわれていたので  げにいって  げな背負揚が解け  げに眼に角立てた  げに夕づいて見えた  げな恰好に首や肩をまるまるとすぼめている  げに会話をしている  げに四辺にただようて  げに響いて居る  げにも考えられた  げにささやいた  げにつぶやいた  げな眉を強く寄せていた  げに食事をなして頻に  げをたらしたがじ  げを垂れたがじ  げな呼吸づかひを聞くと  げにすぎてゆく  げな仏壇も崩れかけた  げに声をかけて  げな一組ではあるけれど  げにお笑ひになり  げに眺めて居られました  げな大義名分を振りかざす  げにひびいた  げに食事をはじめた  げに振り返りぬ  げに高く笑い  げる幸福な騎士になつてし  げにうち守りぬ  げなる気色して  げなる影をなしたる  げな声で皿を数えるとも伝えられた  げに聴くであろう  げな慳のある  げをものす  げに泣いてみせて  げに廊下をうろついて  げに吐いて  げな様子をして  げに繰り返して話していた  げに話している  げに走って行く  げに息をついて  げに首を振る  げに揺れる  げに舞う  げに口をあけて  げに何事か話合っていた  げな様子を見せてきた  げに立ち働いていたという  げな風情を見せられるので  げに頭を垂れました  げに御寄りそいになった  げにこう申しましたが  げな眼を伏せて  げに沈む  げに仰ぐ  げの笑して入れば  げに音なく沈み  げばほのめく  げる葬の曲のかなしみの幽かにもののなまめきに  げに頬をふくらませ蒸し淀む  げに夜に入る  げに数珠ふりかざし急げども  げば空は烈々と鬱金を篩ふ  げに疲れて見ゆる  げのさやぎはたはた暑き夜のなやみを刻む  げに敍せられてある  げに私に微笑みかけてゐる  げに涙を拭いた  げに顔を和げる  げに見やっては  げな顔を見て  げに身を跼  げに靠れかかっている  げに話しかけていた  げな視線の続きとでも言った  げな視線を彼女の方へ投げかけながら  げな眼ざしで眺め出した  げな女達の一ぱいいた  げな顔が見えてくる  げに顔を顰めた  げにうずくまった  げにうずくまっていた  げに見えたので  げな笑いかたをなさって  げな容子で動いているが  げに顔の上にあらわした  げなる乙女子の一むれ  げをそっていたが  げににやり  げなことを言っていながら  げに追い求めている  げにくねくねさせて  げな声を絞って吠え出した  げに頼んだ  げに清左衛門は云った  げに顔を見合って  げに思われるが  げに黙りこくってしまう  げな腰を上げて  げに顔を外向けて  げこまれた  げな笑みを浮べ  げな眼色を漂わす  げ放しにして置く  げな声は処々で人々の口より聞えた  げに声を低めて尋ねた  げに夢想していた  げに考えていた  げに声をたてて泣き出した  げに見守っていた  げな顔をつくり  げに盃を運んだ  げえっと指環を戻して吐き出した  げえッと戻して来た  げに涙を流した  げに叫んで  げに顔を見合わす  げに働かしているか知らん  げる気も無くなった  げな雰囲気をかもし出している  げにすすり泣く  げに見やられた  げな急速度でもって落ちてくる  げな雪の速さはいよいよ調子づいてくる  げに描いてきた  げに説明した  げにやって来る  げに見渡して  げな昂奮がある  げに聞えたので  げのいた  げだったというのに  げな囁きをかわしたりする  げに笑い  げに上げられ  げにあきらめてはいたものの  げな顔をし  げに頭を振った  げにもがいてる  げにこう言うて  げな苦笑がみえていた  げに米友は力み立ったけれども  げな笑いを浮かべて  げな笑いをなさった  げの赭い  げに隅の一方を凝視めてゐた  げなる心地もせしが  げな眼付をした  げの男がきいた  げは自分で自分の言葉を取消した  げは言った  げは大にわかった  げつづけている  げていますと  げることが出来たでしょう  げにニヤニヤしながら  げな虚無的な陶酔をほんのり与えた  げに名を言って  げを一つぴんとひねって  げを横の方へひっぱりました  げな眸をしたり  げに誇らしげに進んで行った  げに扇を掌に握り  げに解釈して  げに語り伝える  げな假橋が川を跨げて居る  げな中に靜かに家が見えて居る  げな表情を見た  げて祭りの広場に集る  げとなった  げな視線を流しこんだ  げな口を利いていた  げにたずねたが  げな視線を投げながら  げに声を掛けたので  げを抜いては探り  げをまさぐっていた  げなすすり泣きを吹き攫った  げに憧れに充ちて  げながら入る  げに打ち  げに人々の歸を待つ  げをまさぐっていると  げを指先でつんつんとひっぱりながら  げをでもつまみ  げにいいました  げをぬく  げに見えたが  げに背負いまして  げなむっつり右門が自信あり  げにひねくりまわしました  げに笛をひねくりまわしていた  げをまさぐりまさぐり  げな悲鳴をあげて  げなる悲鳴をあげて  げに引き止めながら  げに立っていた  げに午睡の快をむさぼりだしました  げな黒ずぎん姿の大小にはかましたる  げな面持ちでしばらく右門は見守っていましたが  げな前髪立ての若衆がひとりしゃがんでいた  げな面ざしは  げにうちしおれていた  げな右門のその誓約にようやくお小姓は愁眉を開いて  げにうち笑むと  げにささやきました  げをまさぐっていなければなるまいと思いました  げでも抜いていねえな  げな笑いをうかべると  げをまさぐりだしました  げな夢からさめる  げに笏を地に投げつけ  げに見守っていましたが  げに漏らしました  げに顔を伏せていきましたので  げに引き出しへ  げなつら魂ではあっても  げなつら魂の者たちとは思っていても  げな叫び声がきこえました  げな表情をうかべました  げに飛び交うて  げな周囲のなかにあって  げにきき尋ねました  げに立ち上がると  げに種々な物語をしてくれる  げに油単をかけて置かれてあった  げをまさぐりつづけました  げをまさぐりながら  げに節鳴りをさせていましたが  げをまさぐっていましたが  げをまさぐりつづけていると  げをつんつんとひっぱっていた  げにひっぱったとみえましたが  げな微笑をもらしもらし  げのところへ持っていかれました  げに横たわると  げに言い放ちました  げなふたりの町人に呼びかけました  げな霜の読まれる  げをまさぐっている  げなんぞまさぐるに  げいッもふうもある  げに目顔で名人をお招きなさった  げな武家と思われる  げん取り結ぶ  げに顔を出して  げに目をうるませると  げに声をおとしながら訴える  げに考え込みながら  げな哀歌に声を合せた  げに泣き喚いていた  げに弁解した  げな音楽で満たされた  げに頭を振りながら  げえげえ云う  げな態度でそうした  げな小さい声を持っていた  げに面をかくしながら  げに置かれてあった  げなきゆえにひ  げな赤ん坊から推断すると  げに書いてある  げな子どもがふたりいる  げにさし控えた  げに張りめぐらした  げなつらだましいでもしているだろうと  げにそのあとを追いました  げに話をするくつろぎになりました  げにお銀様に向って  げえの罪は帳消しになる  げな士分の者に向って話しかけた  げな数人づれの旅の者と行違いになりました  げに表先から呼びたてる  げに駕籠をうたせつつ  げに行きかわす  げな咳をつづけている  げな天変地異の夢は何を意味し  げにとぼとぼと取ってかえすと  げに散りかかりました  げな称名唱和の声が伝わりました  げに裏門をくぐりました  げに目を丸めながら  げな顔つきをしてたずねました  げに男と話をしていた  げに見ながめていたが  げに争っていた  げに網を投じる  げにながめ  げに耳傾ける  げに思い出した  げにそれとなく匂わした  げなつまらないことを言い散らし  げなかわいい言葉をかけ  げに呼びかけた  げにささやいていた  げにリーリと呼ばれていた  げな顔が夜の中に消えてゆく  げな合図をかわしたが  げに一曲をひくと  げに身を起こし  げに肩をそびやかしながら  げに自分自身を例にあげて  げな口つきをしていた  げな挨拶をかわした  げに笑ってる  げにふり向いた  げな一瞥をかわした  げに話しだした  げに息をしていた  げな田舎はまどろんでいる  げもなく野菜の寄進を求めていた  げに横たわって眠っていた  げに心の進まなかった  げな露の光すらも見えました  げに名人のそばへ歩みよると  げに呼びかけました  げに微笑しながら  げに姿を見せると  げに羽ばたきをつづけて  げに私達を見や  げな言葉によって想像すると  げにも言っている  げでもあったであろう  げにもてなして帰らんといへば  げにまた立つと  げを抜きながら  げを抜き抜き  げに通りました  げに云うた  げに身震いする  げに交えたけれど  げと云い  げに言い募ろうとするから  げに見ゆる  げに余を引き留め  げ恨めしげに余の顔を見詰めて  げな笑顔は絶えて  げて行った  げさせてしも  げにひかえている  げに尾など振って近づいてくる  げな動作は躊躇に充ちて  げに声を発した  げに私の姿を見ながら  げな表情になったが  げに牛乳の瓶を取りあげ  げに咲いていますが  げに川蟹をつついた  げに死の雪原に突進する  げのにがい老人が展覧会を見てあるく  げな思い入れをする  げに出て来る  げ込まれた  げに櫛で頭をかきちらし  げにかたまっている  げな山に此等の名を附ける  げなものなどが飾られて居り  げな笛が紫絹を敷いて  げに右膳を見て  げな微笑はいまだに忘れる  げに思われて来てならなかった  げを持った  げな潤んだ  げに封を切って  げのように見えました  げなその態度に驚いた  げに鍵をなで  げに研究していた  げな後悔した  げな眼つきをかわした  げなやさしい眼を思い当たった  げな無器用さでおずおずとそらされた  げに飾って居る  げる物かと尋ねると  げる其誠心を感じて  げに口の内に呟いて  げに猟犬の頭を後に押遣り  げに袂に触れて閃いた  げな顔を背けた  げに思い取られるので  げに見て  げに淋しい笑を含んだ  げに手を取って  げに且つ快げにいって  げに彳んでいたが  げなものの言い  げ出して入社した  げに騒いでいる  げな易判断をした  げに見まもりながら  げに椽の柱によって見てゐた  げな微笑を一つニッコリとして見せた  げたる天狗巣病にはあらねども  げな様を思って  げな猶太人が粗悪な葉巻を燻らして立っていたが  げな微笑を浮かべて云った  げこんでやる  げな声が聴きとれる  げな荒廃の巷を歩き  げに呟く  げをひねった  げな少女の眼つきはいつまでも彼のなかに突立っていた  げに巷の雑沓のなかを歩いていた  げな女とよく出逢う  げな無数の焔に包囲されて  げに肯く  げな女とも別れなければならぬ  げなるうわ目をつかって  げるとねる  げに巷の雑沓のなかを歩いてゐた  げな女とよく出  げな手風琴の音が聞えて来た  げなものが微かに揺れてゐた  げをピンと一つひねって云いました  げを一つひねって云いました  げをひねって云いました  げをピンと一つひねって  げを一つひねって  げに閉め切られてる  げにうちながめた  げなあきらめた  げに鳴き  げにつけ加えている  げに考え込んで  げに肩をそびやかし  げに微笑みかけて  げな臭い人波を押し分け  げな横目などとなって現われた  げに田野をしのんでいた  げな弱々しげな様子で微笑んでいた  げなれど誰れもこんな物なるべし  げな顫動をするのみだ  げにも思われた  げに屋根の上に立つ  げかけていた  げ込んで行く  げに語っている  げに抱き合っている  げに会釈してくれた  げに言ふ  げな様子を示していました  げに笑いました  げてくれている  げて生きる  げるつもりでいる  げに青年の顔をしげしげ眺めた  げに反問した  げつそり痩せて  げもなく掛けて  げな突端にいたると  げえせんか  げにながめて  げな数人連れの旅の一行の者とすれすれになる  げに見えるくらいです  げに南条力を見返りますと  げなる鱗葺の屋根をば高所より見下したる  げにいわれた  げ棄てておいた  げにこなたを睨んで  げに呼吸していた  げに打ち眺めていた放  げに女中の後姿を睨んでいたが  げに女中に命じた  げにながめて言った  げに訴えつつ  げに苦情を言った  げにながめてる  げな調子に驚いた  げに繰り返した  げな言葉で語り始めた  げなる漠然たる言葉を排して  げに町へ出掛けた  げに食べはじめた  げに眉を顰めて呟いた  げな寝  げな真面目な顔をして  げに隅の方へ蹴飛ばした  げな息づかいをしている  げな足音が聞こえた  げに息を継ぐと  げに語りながら下っていった  げな目配せを交した  げに眉を顰めしが  げに莞爾御笑ひ遊ばしてネ  げに一瞥しつ  げに立ち上がりつ  げに立ち去りぬ  げにツクヅクと見上げ見下ろせり  げに転じて  げつそりと腹が空く  げなる音の漂う  げにうなずきぬ  げなるはこれまでの慣いなるべし  げに息す  げて放浪の旅にさ迷った  げに突進して行く  げな若者になっている  げに唸る  げなく少し工合がよくなると  げに動きもせず  げに眉を顰めた  げに空二に話しかける  げな眼でひそかにうかがってる  げに語ってきかして  げなぼんやりしてる  げに観察してみた  げなふうを示した  げな冷笑を浮かべて言った  げな微笑みを浮かべて聞いていた  げにひしと寄り添う  げに微笑みながら言った  げに顔を見合わした  げに胸に抱きしめた  げに疑いの身振りをした  げに動かした  げな顔をしていった  げな家ばかり並んでいる  げにも見  げに遠くから眺めていた  げな顔つきでピムキンは鳥打帽をかぶって  げな気味ではあったが  げつぷをしながら  げをむしりむしり  げににらみました  げに滑らかに過ぎてゆき  げな焦躁をもって迎えた  げに周囲を見まわした  げな橋が渡されて居たり  げに据わって  げな顏を思ひ浮べてみた  げはありませぬ  げを伸ばす  げは漢字で髭と書きます  げは髯と書きます  げに敷石の穴や隙間を見てゐる  げに戸口へ出ようとした  げな微笑を浮かべてついていった  げな声の響きを聞くと  げな小さな声をたてていた  げにたれ下がっていた  げなやさしい顔が浮かび  げに驚嘆する  げに泣いていた  げに言ってやった  げに冗談を言い  げな眼をしていた  げなふうをしていたので  げな顔をする  げに氷上蹄鉄を打ちつけられた  げに頓狂に笑った  げな笑いに気がつく  げな気配で栗本は直ぐ不安にされた  げに這入ったきた  げな恰好をして  げに置き  げに刺し  げに壁土の落ちた  げにながめていた  げに旧暦四月の街道の空をながめた  げに動いていた  げにイソイソと先生の後に引添って来る  げに眼を光らせ  げに源氏の言う  げに言っている  げを右手でひねくりながら考えている  げな年取った  げに微笑みながら  げな様子には敵する  げに二人を観察した  げに息子へ言った  げに観察し合って  げをしばりし  げに見えたるが  げに微笑みぬ  げに髯を捻りて  げなのもある  げな笑を浮べて  げにさえ見えた  げのない素養をつけたい  げに呟かれる  げに圓朝は言った  げに顔見合わせる  げに打頷き  げなその美い  げな瞬きを送  げに仰せられて  げに訪問した  げに満ちておった  げな裏側によつて人を打つ  げに薄野原の中にとどめて  げに微笑を含んで言いました  げに頼むと  げにとぶ  げに往き交う  げにそれを見ている  げに聴えていた  げに仕事をしつづけている  げに飾ってある  げな心もちがして来たそうです  げな最初の調子を失わないで  げなふうを示す  げにお言いになって  げにプロレタリアがどうしたとかかうしたとかと  げに歩いていった  げに動揺した  げに顔を赭らめて参木にいった  げに鳴らしている  げな表情で参木の胸に手をかけた  げにすらりとした  げに酒の上で浮き上った  げに振り向いて  げな叫び声があがった  げに響いて  げな好意ある  げに宮へ申し上げたが  げに梢を見上げた  げな人々を見て  げな連中をざつと点検すると  げてぶらぶら歩いて来た  げに御簾などさげた  げな濡を仕掛け  げなる珠運の腹聞ずとも知れてると  げば生憎にお辰の面影あり  げに落ちて来る  げに遊んで居た  げなる好音を奏でてゐる  げにぐるぐる見まわした  げな人家が立ちならび  げに当った  げてものなのかも知れない  げてゐた  げな歌を歌う  げにお名前を呼んで  げに愛玩すると聞いて  げに横抱きの小包は問はでもしるし  げに話しつ  げ黒く延び  げに頭を一つ下げた  げに入口の方へ出て  げな眼で彼女を見ながら頷いた  げな伯父の勧めを変に思ひながら  げな啼声を立てはじめる  げなものも皆道楽の発現に過ぎない  げに口笛を吹きながら  げに監禁室へかえっていった  げな生活をしていた  げに啼きかわしているが  げに言はれて  げて堂々と生れでた  げに呵々と笑はれた  げにしんと照らしてゐる  げに吠えてゐる  げな眼を伏せては  げに潜め  げ出して何か叫び出す  げな音をたてて鳴りだした  げをゆすって  げな家へ声をかけた  げな予言を信ずるより  げに見ていました  げに顏を擧げて  げに見てゐた  げに見ゆるも  げな空虚を天の一方に残しているばかり  げこんで置く  げの顔をした  げば死すとある  げなその様子を見て  げにぽつりぽつりと咲いて居た  げな報道を伝えた  げな彼の顔いろにもかまわず  げでならない  げな嗚咽をもらすと  げに居眠っている  げに鳴いて  げにゆすぶっているにしても  げに唇をかんだが  げな風にまた私を抓った  げに表現させている  げな様子に見えた  げにうなずいてみせた  げに首を俯し  げに走り行く  げに伏見の方を打ち見やれば  げに櫓あやつるのみ  げに叫びぬ  げに手を拍ち  げに震いぬ  げに顔を摩りたり  げにうち笑みぬ  げにいひて  げとも思える  げると両手で受け  げに手紙を書き出した  げ入れて安心し  げに見ているだけであった  げに刑部から話しかけられたが  げな赭ら顔を出して  げな顔貌だけは調和させる  げな街頭の人群に出会つたりすると  げに出入する  げに濡れた  げに辞儀を重ねて歩きたかつた  げなものに貶し  げに赤んべいを作つた  げな柿があり  げに通り過して  げに軋みたつ  げに針を手にして  げに顫へる  げな番傘へ肩から上をスッポリもぐし込む  げに持ち上げはしたが  げに印象したりするので  げな憎悪ばかりがこまかい神経の隅々にまで滲み出てゐて  げに非難する  げなものを強調して  げな侘びし  げな顔を横にねかせた  げな苛立ちを  げに蠢いてゐる  げな皮肉を浴せてゐるかと思ふと  げに弛んで  げな情を動かして  げにとりだしていた  げに申上ぐれば  げに言いました  げに笛を鳴らし  げに仰有った  げに進んでいった  げに君侯の呼ばわり励ます  げもしないで  げな手の運びようをして  げに両方の手を先へ出して  げになります  げにながめました  げをはやし  げな炊煙がなびいている  げえげえと吐きはじめた  げに三次の袖をつかんで付いて来る  げに廻って歩いた  げな笑ひとも違ふ  げかへつてゐるかと思ふと  げに感じられて来る  げを投げるだろう  げな呼吸ははっきりときかれ得る  げて野山をはせめぐり  げに哄笑した  げな姿を自ら見る  げにさえ見られました  げと大きな口を持っているかと思うと  げの春よさめよ  げにガサガサと両手を揉みながら翳した  げにニヤニヤと厭な笑ひを浮べた  げに声を掛けて行き過ぎた  げと申す  げを見て  げに二つも並んだ  げな女性を連れていて  げな顔付をした  げなるを見るより  げつそりと空腹と来て  げているにもせよ  げに遣る  げな襟を掻き合わし掻き合わし  げな声でまた側へ寄って来た  げに浅井の顔を眺めた  げな目色をして  げに自分を眺める  げな電燈のつきはじめる  げに訊ねた  げに話して  げに水を踏み  げる弥兵衛を苦しめた  げな様子を見せてゐるに拘はらず  げを買うて来ましょうか  げにながめたり  げに頸垂れている  げにそよいで居る  げに語り合い  げに微笑んで  げに踏んで行く  げに音をたてて  げに微笑んでゐた  げにふいと  げな体躯の黒い輪郭が今も僕の目の底に残っている  げに聴いている  げに出かけました  げに顏を見交した  げに聞いてゐる  げをつかむが  げにかき  げに上を向いて笑った  げに群れとんでいた  げな乞食の親子を見て  げに中津に耳打ちをした  げな吐息をついた  げを青く剃り  げにあとを見かえした  げに口を出した  げに同意しなかった  げにかえり見た  げに春を刺戟する  げに旗を振りながら  げな顔をしただろう  げに頸を振る  げな王を指して  げになった  げに踏んばっていた  げな眼を離さなかった  げつそり空いた  げに啼いてゐた  げに囁く  げたる太刀を引つ取つて  げな小船をこぎよせる  げに行ったり来たりしていた  げなアクセントによつて  げな笑を洩した  げに言いながら  げなアクセントによって彼が露西亜人らしいのを認めた  げな部屋がいまの私の心に不思議なくらい似つかわしいように思えた  げて浴槽の側の石へ乘つてひた  げて帶を掩うて  げに微笑してゐる  げに掻合せた  げに視  げにならべてある  げでもつかんで  げて来て見せるからな  げに私の側に腰をおろしてゐたが  げに徳利かたむく  げな後姿をあわれに思った  げな顔をしていました  げにからだを動かして  げをいじりながら  げに手から手へ渡されてゐる  げに溜息をついた  げに少年のあとを慕って行った  げな乙女の姿をじろりと睨めた  げにうなずいた  げに婆に訊いた  げじゃと仰せられて  げな眼の色は見るみる陰った  げに頭をかたむけた  げに身をもがいて  げがいっぱい顔に生えていました  げに六さんが言う  げに身を震わした  げな眼差でそれらの山々を眺めてから  げなことを耳にきいてゐるので  げに差し出すので  げに直線的にすすんでゐる  げにひとりはなれて  げに問うた  げも伸し放題の夫の横顔が目について離れません  げに台所をゴトツカせている  げに猪口を取って  げの眼百千は地にあれ愛にわが足る  げに高笑いした  げな眼差をした  げな作物も生れて来た  げに見惚れ居たりき  げな物語を聞くのに  げにハタと手を打つ  げな素振だったので  げに笑いかけて  げのかげに  げに力をこめて  げに自分に感じようとしている  げに目ばたきした  げはすぐわかる  げえ察しがつか  げに口を曲げた  げに眼を閉じている  げに話をしていた  げな眼つきで自分の乗ろうとする  げにあたりを見まわした  げにほくそえんだ  げに出て行った  げやたんぽぽの花束を持って  げにまくしたてますので  げな声をかけた  げに事事に趣もつ  げな青い眼でセエラをじっと見ている  げな眼付を見ると  げな微笑を湛えた  げな顔をしました  げに鼻をうごめかしていました  げに帰って行きました  げに馬車へとびこむ  げな態度を見ると  げにセエラを見ました  げに握って  げになりました  げな声でいいました  げな視線を送って  げな苛立った  げな語学でもって  げて頼みにくる  げをひねりながら答えました  げをひねりながら  げなる赤味をおびた  げに口を挟んだ  げに手をもんでいた  げな夕暗の寂しい気分を漂はせて居る  げにチラリと見ながら  げな眼と紅いくちびるとを持っていた  げな叫びをあげながら曳かれて行った  げに又ささやいていた  げに笑いかわしながら  げの目を向けた  げに食いながら  げに声を揚げた  げ込まれる  げ込んだ時と調子は似ているが  げ込んで見ねえ  げをたらした  げに睨む  げに近づいてくる  げに見やる  げにもだえていたが  げに鳴き叫んでいたが  げな表情を漂わせていた  げなことをいった  げに流眄に見ながら  げに身を寄せて  げな苦しげな声が上がりました  げなことをいつた  げに流  げに醤油や砂糖や炭火の方へ気を配ってる  げというより  げに顔をゆがめた  げに鳴りだしたが  げな眼を見ていた  げに見えても  げに吐息を落すので  げに動かせてゐたが  げな表情がうかび  げに鳴りひびくので  げに瞬いてゐる  げに働いてゐる  げにみつめていた  げに見廻した  げに圓太郎のほうへ省みたが  げ咲く草原を濡らした  げの中へと落ちた  げにまだ地震のあとそのままの掘  げな素人生理学の知識を基礎にして  げに而も無関心にうち眺めては  げに頭を擡げ  げに見えければ  げに立去りけり  げに笑ったりした  げに食べていた  げな眼をあげてゐると  げな風情がある  げに顎でしゃくう  げな顔つきをしている  げにしっとりと見えて  げなく骨細に出来て居る  げに表書を打ちかえし見る  げに踏み消し  げに掻巻踏みぬぎ  げなき両眼細うして光り  げに吸いて  げに横たわるのみ  げ少しは白きもまじり  げな奴の言葉を聞けば  げこんでしまった  げな足どりで巧みに平均をとりながら  げにはためきながら  げな快感を含んでゐた  げは自慢しに来た  げがゐざり出て来て  げな眼付をしては居らない  げに江上を往来し  げな眼と出逢うと  げにも見えながら  げに睨みながら  げに見えましたれば  げに光った  げに舌打ちした  げに説明する  げに見かえると  げに呼び戻した  げな声を揚げながら  げに呻って鳴いたりした  げな人達が往来している  げでおおわれ  げの男は舌なめずりをして  げを長くたらした  げづら男の姉川五郎に掘り出されて  げに明滅する  げの実を取りにきた  げの実を見た  げのような草の葉を動かしていました  げをポケットに入れて  げの実を出して  げな声を合せて  げつそりやつれてし  げな有様をみて  げもなく現実の上に君臨してゐるらしい  げに唾をはくと  げな枝のみ残つた茱萸藪の中へ腰を下した  げな困惑を隠せなかつた  げな顔を認めると  げに鼻をひくひくさせる  げな顔付が語つてゐる  げもなく化物じみた  げににこにこしながら歩いて  げに振り  げにもてなせば  げに泣き叫んでいる  げに見やった  げにうたへるなりき  げに鳴らしぬ  げに鮫島へ視線をおく  げに見上げて  げに天井へ眼をかへした  げに眼を細めている  げな路が横わり  げな軍歌や興奮の声が轟々と室内を掻き乱した  げな目というでも  げに詞を切って  げな口ぶりをもって  げに帰ってきた  げは草むらのように乱生し  げ棄てられなければならない  げなる容貌をした  げなる顔を慎めよ  げのうせた  げてしまふ  げをつけた  げに見廻して  げにお末の顔をぢつと見てくれた  げにソーンダイクを見つめていたが  げに呻けば呻くほど  げのあたりをみておりました  げなエンジンの音をひびかせて  げをそる  げをしごいた  げに微笑んでいたが  げな微笑が唇のあたりに漂っている  げにしげしげ見下している  げに歩む  げに礼をして行く  げな調を聞けば  げに抽斗を開け  げに藤蔓をからみつけたり  げに装いぬ  げに二人を見かわせしが  げに入り来るは  げに朝夕の雲を望めり  げにうかみいづるを  げに眼をそらしたが  げに首を振った  げな風景になりかねない  げながっかりした  げに見物席を隅から隅まで見まわした  げにすわっておられる  げに片足をかけ  げに茶の間と厨の間を往き来しながら  げに返事をしたなり  げに縦皺をきざんだ  げに人々の顔を見較べる  げな音をひびかせる  げにあえぎました  げに舌打ちをして  げな満ち足りた  げな笑声がみちていました  げにほほえんで  げに晴々しくは見えませんでした  げな笑声がつたわって来ます  げな笑声がもれる  げに並んで  げに頸をたれてしまいました  げな怪しい人物が家へ出入りする  げな視線を私に向けたが  げな顏して  げにとびついて  げに肩で大息を吐いた  げにすた  げに賛同した  げに呟いだ  げに片曇りせる  げなるが門にかけられたるなど  げに盃を伏せる  げではあるが  げつそりしますよ  げな口調で教へる  げつそりするよ  げに庭を歩いてゐる  げな顔を両手で抑えた  げを生やしている  げに咲き残った  げに犬のつるむを眺め居たりひる  げな子供達を乗せた  げに花が咲き  げな口を利き  げな幻影が空中に浮んでいる  げに妹なるはあきれし  げに暮れゆく  げにおわしぬ  げに東の空を仰ぎぬ  げに飲み干し  げなる事あるを見て  げなる溜息を洩すのみ  げな不思議な微笑を浮べながら  げに見てゐたが  げを生やして死んでいる  げな老婦人のいかにも朗かさうな氣分で繪を描いてゐる  げならぬ境地に住するを得るなれ  げなあやに煽られて  げに眺めていた  げな心を不断に有つてゐた  げにさしのべし  げな商家農家の百軒あまりがまばらに立ち並び  げを剃っておりますから  げられるものでないことをいうのにすぎない  げな名の島へ上陸して行く  げに踊り狂う  げに苦笑し  げにまた飛び立った  げに汚れた  げに頭をおさえて物語り  げに映って  げにぎらぎら見つめて  げに定刻待合に集まった  げな絨氈の青みを重ねた  げな顔つきをします  げに反復して  げに啼いてゐる  げな目に喜を湛へてゐる  ケがありましてな  ケがある  げに囁き合っていた  げな息とも聞えないが  げに眼で会釈をした  げを探しましたが  げは風にふきとばされて  げに吠え立てるのみか  げに立ち廻っていた  げなのは顔をそむけて食べようともしなかった  げにすべてを拒む  げに突っ立っていたっけ  げに人に語る  げに嘘をついて  げ出されている  げ出された  げに風に動いている  げな黄葉を床しいと思った  げ込んでくれた  げぞ袖にうつれる  げてみた  げにしてゐた  げに頷いて  げに青い硝子を碎いて  げにあわて  げに咲いていた  げにひらかれた  げに日の光をまともに受けながら  げに熱心に話をする  げに生存上十人前くらいの権利があるかのごとくふるまっても  げの籠とりて  げにのみしてふ  げな美しさを持つ  げはふるへて  げにながれてゆく  げな晩がたになると青ざめた  げな髪をもって居る  げをピョンとはりがねの様にした  げを一本ずつ並べてある  げな形を思う  げることをかねて  げて盤面をにらむ  げな小鳥の声にゆれた  げな言葉や念想が流れてゆく  げなものが僕につけ加はつてゆく  げに海にむかつて走つた  げに叫び  げなものが僕につけ加わってゆく  げに海にむかって走った  げに叫びあって  げな低い歌ごえをきく  げな夢の風景には恐怖などと云うより  げのけむり立つる  げうまく食ふときうれしきは夕餉うまく食ひ  げに舌打ちしながら  げて舞ひ歩く  げに嫌悪の眸をまともに向け  げに眉を顰めて  げて死んでしまふ  げもぴくぴくするくらいよろこんで  げが十本ばかり抜けました  げもありませんでしたし  げな女の姿を長いあいだ見つめていた  げに羽ばたく  げでもある  げな眼をし  げな丸い安楽椅子に坐って  げだが高く一跳びして  げにわきへのいた  げな挨拶が交わされる  げな息をついていた  げに頭を垂れ  げな様子で部屋のなかを通り過ぎていく  げにおかみはいった  げに寝床を取り巻いている  げに寝そべっている  げな動作を見守っていた  げにぼんやりと前を見ている  げな姿勢へと沈んでいった  げな態度になった  げな仕事ぶりを一眼でも見る  げにマッチを一本摩った  げな旋律をもった  げな形で這い歩いている  げな喘ぎが  げな叫び声を上げながら  げな懐疑的なものが消えた  げに舌打ちして  げにそれを途中で遮  げに包まれた  げな恐怖に襲われた  げに軟かく彼女に呼びつづけた  げをうごかして  げな会釈をのこして  げな葉を刻んだ  げに書き出してゐるが  げに断案を下した  げな落ちついた  げに聞えて来る  げな言葉を漏らした  げに黄金階段の下を覗いてみる  げに訪ひ寄たる  げに嘶く  げなと仰  げがありました  げえげえ水を吐き出したり  げに念を押した  げに顔を見合せ  げに泣き続けて  げな生活がこの溪間にはあるではないか  げなようすだが  げに落花が打っているばかり  げにうつむいて  げに腰をおろして  げにこたえた  げな又こわらしげな様子をしてのぞき込む  げのおじさん貴方はマア何と云うど  げのおじさんは一人ずみ御念の入ったばり  げのおじさんはおねがいの叶ってしまう  げの御じさん  げのおじさんあんたはまあ何と云うど  げな声で云った  げに眉をしかめた  げなほほえみを見せて言った  げに頭を振って  げに訪問するという  げな光を帯び  げな眼付をしてうなずいて見せたので  げに扱ひながら  げに呼びかける  げに浦を駈け廻って  げつそりと痩せてゐる  げな陰影を落していた  げな三浦の姿が執念く  げな女がやってきました  げにいうが  げな眼差しで意味あり  げに鳴る  げにも思われたからであった  げにワクーラが喚いた  げに互ひに  げ返つてし  げに中天から光芒の足をその冷たい水晶のやうな水に浸し  げに鮮やかな影像を水に落す  げもなく衣嚢の金貨をはたき出す  げにひとつところで足踏をしてゐるだけで  げに呻き  げに声をかけた  げを針のように立て  げな名で呼んでいる  げをたくわえ  げの多い先生が何人かいたにもかかわらず  げの塵をはらっている  げに平尾の父をうながした  げの先端にぴたりととまって動かなかった  げに微笑している  げがびりびりとふるえた  げな手つきで拭き拭き  げにうつす  げな化生のものの姿に見えた  げにもぐもぐと動き出したといふの  げえげえと聞こえていたが  げが脱落した  げの糊がとけはじめた  げの下から現われた  げがこんなところに落ちている  げなどをとかして  げもなく引きうけ  げがさがっていた  げにあたりを見  げに足踏みの稽古から駈  げのように長く伸び乱れている  げなといきのようにいった  げに見つめているので  げにながれて行き  げにただよつてゐる  げなる水車が泣いてゐる  げなる部落をたづねて  げな者がこのあたりから退治されたから  げを撫でながら  げな遠ぼ  ケて政府を撃との  げな孔子の顔を見る  げいたうをする  げるようにして  げています  げに皺をよせて  げに帰っていった  げに見るだけであった  げなものを映して  げにひかっている  げにいつまでも続いている  げなことを呟いた  げな顔になってゆく  げにみる  げに戸外より下婢の声懸けたれば  げなる仕舞家のみぞ並びける  げに荷いたる  げにほおずりをしてやりました  げに見えます  げにあたりをながめました  げぼうぼうの日本人が手をしばられていました  げに見おろした  げな視線が一時に集ってきた  げに叩いて云った  げに立連った  げに扉を押してはいって行った  げに赧らむのを見るなり  げに警笛を鳴らしている  げに罵った  げに彼の方をじろりと見やってから  げに差し止めた  げににたにた笑ってばかりいたが  げにうめき叫んでいた  げに居眠りをしている  げに畜類の眼と並びつつ  げな三味線があれ  げて顏を血に汚し  げに群集を掻きわけて歩き廻っている  げこんで置いて  げながらベツドにもなるので  げに口笛を吹きこんだ  げに結ぶ  げに振立てて  げな苦笑を洩した  げに口を尖らして  げなような感じでわたしを揺ぶります  げになってみたり  げに答を促しぬ  げに出で行きたるが  げに玄関より語らひながら  げな眼を窃に挙げて  げにニヤニヤと笑ひながら  げに傾けながら  げに叱りつけた  げに淡々としていた  げな色の浮んだ  げまつるなれば  げにあつまってきた  げに働きつづけていたが  げな顔つきで考えこみながら歩いていると  げの男も警官のあとにつづき  げの男は身がまえ  げの男のピストルがなった  げに舌うちして  げえにしろ  げな表情になる  げに漂つてゐる  げにしくしく泣き出した  げな顔つきをしていた  げな可笑しい気もちになり  げさうになった  げに餅の焼くるを見てありしが  げになお食いたり  げに泥手で煙草を吸つてゐる  げもまるで灰いろの  げを片っ  げを剃らせてゐました  げうって発明官と一緒にやる  げに故郷の家を望んでいました  げなる笑ひを漏らし  げに声かけて  げに見てをりし  げに立去りぬ  げうら戀し  げに腕組みをした  げこんだ顔をして  げに口の中で何かぼやき続けた  げは物になるだらうか  げになる  げわざせさす  げならずゐや  げな形を捕えて  げに陰険な視線と薄笑ひとを浴びせ  げ出したような性質がさする  げに云わるる  げの白鷺がそろりと歩む  げに老婆が問うに  げな眼付で稲田を見やった  げに銀鱗を翻えす魚族どもを見ては  げに生を肯われる  げをかきむし  げを長くたらしてゐました  げうってやってもらいたいです  げな雨の寂しさに堪えないで歩いてる  ケの乙類と甲類とにわかれていて  げな叫声が伝わった  げに頬笑んだ  げな面構えをして  げな名前をつけて  げにせせら笑って  げの様子をして  げに言い渡した  げにしかめ  げえと吐いた  げな事を言いながらも  げに言い放った  げな事を言ったが  げにうつむきゐる  げにいで  げにぢツと見て  げにしほれて  げなる触覚を空想する  げに見ゆるを  げをあたつてゐると  げの親爺が破片をなで  げなのが仲間うちから噂される  げに見下した  げは長い間手入れを怠  げをそりました  げどきになつたらす  げもせられん  げな顏をして  げな口を利いたが  げに男の顏を見た  げな口調で言ったので  げに宇とおほひます  げに下等室に這込みて  げをヒクヒク動かしました  げて席についた  げをうごかしながらどなった  げにうなずくと  げに顔色をかえ  げにあざ笑った  げていない  げな目づかいを見る  げをぴんとひっぱって  げをひねって言いました  げをぴんとひねって言いました  げをぴんとひねつて  げをひねつ  げにこう云いながら立ちどまって  げとられて  げをはりつけて  げをみておくれ  げをはいでつた  げに光らせただけだった  げに葉を揺すりながら  げに歎息す  げまつりし蓮の葉も瓜も茄子も川に流しぬ  げに見ゆれば  げに蛙は遠し水足りぬ  げなようすでした  げをぼうぼうとはやした  げにさえなり  げな誕生日の祝いを言われながら  げにうなずき  げに見えさせる  げにしてはいたが見せなかった  げに立ち  げに手に接吻した  げに唾をのみこみながら言った  げにぷかぷかふかしながら  げに言い  げな樹が描かれていて  げに自分の事柄を語り合う  げに身体を寄せて  げに見つめた  げもなく横になり  げな微笑だけがこの言葉のきびしい調子を和らげている  げに支店長代理は言った  げに天井を見ていた  げに聞いている  げの濃いずんぐりした  げをそって  げなくお弱うござんしたな  げな音をたて  げに睨みつけて云った  げに笑いつづけた  げな笛の音がかすかに宙から起ってきた  げな笛の音はなおもかすかに断続している  げなる薄ら笑ひを浮べた  げな頬を伝わって  げに突き飛ばした  げな笑を洩している  げにさし招く  げに勲章を見  げな歌がよく載っている  げに話し出した  げな勅額門の下に佇む  げもなく語りうる  げないやさしさがある  げに待っていると  げてもここまできてしまえば  げにいろの  げにこう語った  げな笑を頬に浮べた  げえにするが  げな顏ですかして見たが  げな音をたてている  げによりたかる  げな吹聴をしてゐるが  げに動き出した  げに語り  げをはやしてゐて  げをすつかり  げに不満の叫びをあげていた  げな笑い声が蹄のぱかぱか鳴る  げに越えてきた  げな影はあったが  げな火が輝いていた  げにきこえましたので  げに頷いた  げな溜息を吐いたが  げに笑いかけながら  げな表情を雕りつけていた  げな表情を雕りつけてゐた  

~ げ[名詞]1
使ひを送げ  意味ありげに  欝のひげを  用事ありげに  面映げにも  頭とひげは  ようなひげを  酔樹明君があやしげ  確信ありげに  白いひげを  三本ひげを  次へとおしげも  無線電信がいそがしげに  自信ありげに  白いひげとを  ことありげ  お腹がげ  用ありげに  用事ありげ  釣針ひげの  釣針ひげが  火でもほげ  眼にも入らぬげ  まわりを送げ  いらいらしげに  短いひげを  白ひげを  心を寄せましたげ  頬のげ  頬ひげを  意味ありげ  まわりのひげや  顔じゅうにひげを  まゆとひげが  空に抛げ  人にはあやしげ  一時抛ゲ  関係ありげ  一切抛げ  みんな抛げ  一切合財を抛げ  心ありげに  そこを立ち去りげに  秘密ありげ  一癖ありげ  貧しげ  月待事のありげに  犬が恐げ  俺にも似げ  ろしげに  女がはにかましげに  由ありげ  曰くありげ  乍ら羞ぢらひげに  一つ佗しげに  一にひげを  物思わしげ  確信ありげ  嗜みありげに  綱のはにかましげ  青ひげを  はなしに悩ましげ  彼は悩ましげに  意味ありげにも  箸をあやしげに  自信ありげ  白いひげの  一本のひげが  見窄らしげ  月代もひげも  忙がしげに  事ありげ  事ありげに  顔を嫉ましげに  平らにひしやげ  仔細ありげに  用ありげ  曰くありげに  心配ありげに  珍らしげ  彼はしよげ  貧乏ばりしてねえげ  庭へ抛げ  様子ありげに  自負ありげに  十束一からげ  而してひしやげ  縄からげの  身体を抛げ  破片が抛げ  しっぽとひげの  手もあやしげに  声に似げ  一歩一歩自信ありげに  珍らしげも  顔に似げ  志じゃげ  曰くありげの  仔細ありげ  興ありげに  仔細ありげなと  罪ありげに  凉しげに  ハンケチがあるなら抛げて  僕が裂くから丸めて抛げて  類はあやしげ  青ひげは  青ひげが  青ひげの  青ひげに  権威ありげに  赤いひげを  兵を退げて  陣地を退げて  先生にしげをの  赤とんぼしげをの  姿に似げ  はしやげ  小鼻に笑ましげ  ものぢやげ  博士はひげの  事故ありげ  価惜みげも  底意ありげ  顔にも似げ  支那人にはひげは  僕のひげは  切つて吊げて  人々のひげの  留学であやしげ  りっぱなひげを  審しげに  物を抛げ  唇を尖げて  空をあふげ  意味ありげの  口のひげからも  頬笑ましげに  媚めかしげに  思いありげ  頬笑ましげにも  風情ありげに  言葉を抛げ  一人はひげを  新らしげ  ところありげ  いちばんひげの  子細ありげに  下では睡げ  由緒ありげ  渦巻を巻き騰げ  物ありげに  根のはりだしたかげに  外へ抛げ  我以外に抛げ  世界に抛げ  本を抛げ  メロディーなんかあやしげに  物侘びしげ  意味ありげで  あごにひげを  ときの思ひありげ  黒いひげを  威厳ありげに  イマイマしげに  これで括げて  頬ひげの  年齢に似げ  一ト癖ありげ  屈託ありげ  曰くのありげ  樂しげに  意味ありげにぞ  頬ひげと  心をやはらげ  望みありげに  やり方を教えこんだげ  子細ありげにも  白いひげが  まっ白いひげを  それにひげは  物珍らしげ  縁がありげに  所ありげな  梭を抛げて  彼はひげを  赭いひげが  気倦るげ  灰皿へ抛げ  つて事ありげに  草のげ  事情ありげにも  それよりはもつと正しげに  顎ひげを  無精ひげの  石などを抛げ  上へ抛げ  なまずのひげの  さつしやるげ  ことは似て居るげ  んだげ  男は悩ましげに  非常に喜ばしげに  計画ありげに  僕も編んだげ  もの珍らしげ  彼に似げ  時計をぶらをげて  相手よりケ  下へ抛げ  一つ意味ありげに  やうにあやしげに  流し目で愛しげに  心得ありげ  分別ありげ  かたへに抛げて  ひじきとあぶらげ  銭もってくるげ  ユカリありげに  同情ありげ  まわりにひげが  レントゲンにあらわれたかげの  これはぬうとしているに似げ  安全剃刀でひげを  七十度まで騰げて  身を抛げ  興味ありげ  程しよげて  心ありげの  上に抛げ  ゆかりがありげ  法衣短に括げ  由緒ありげに  くらゐにしよげ  姑さんはあられげも  面はひげに  人が見たらげ  彼はおそれげも  蕭やげ  一番げのげの  自信ありげの  何かしら意味ありげに  気品ありげ  折戸のかかりもいやしげ  山岸は思いありげに  まっ黒なひげを  妙なひげを  ように抛げ  容子ありげに  いちだなとしげをかとの  身体をやはらげ  身心共にやはらげ  木葉猿をげ  人戀しげに  様子ありげ  のも知らぬげ  物欲しげに  蓑をほしげなり  年に似げ  意味ありげな  八釜しいげ  者も在るげ  一存ありげに  茫々としげ  のぞみありげ  赤いひげと  ゆたかなひげを  身分ありげ  無精ひげが  八字ひげを  鼻ひげを  ことありげに  シサイありげに  一癖ありげに  興昧ありげ  年中窮屈さうに不服ありげに  遠くへ退げ  姿にも似げ  思案ありげに  世界を抛げ  頬がげ  癖もありげ  くせありげ  心ありげ  横っ腹に抛げ  せわしげに  構えに似げ  寺院には似げも  反射をまぶしげに  母しげが  日本語ではケと  食器がケ  家にあればケに  こともケと  朝夕二つのケの  睦じげ  一くせありげ  行雁や射よげに  偽名であやしげ  茶色のちぢれひげを  ふくが通るげで  赤いひげの  仲間に抛げ  ゃどしゃ抛げ  看守はさみしげに  髪もひげも  電車の軋りが侘びしげに  懷しげに  巻ひげを  伝説のありげ  通行人のひげも  ことがしげ  天神ひげを  正成は傷ましげに  縄暖簾に飲みげに  親兄弟が会いげに  色男だすケに  ケギのケは  蕎麦のねりげに  苦労ありげに  布巾を放げ  黒いひげで  情ありげ  台所へ退げ  未練を抛げ  來るとひげを  皆興ありげに  播磨は笑ましげに  海中へ抛げ  上空に抛げ  機影に向って抛げ  チウテ遺言されて御座るげ  国に病ましげの  しめやげ  火鉢に放げ  寵愛になるげ  一刻を争うげ  用事がありげに  のを喜ばしげに  祖父はひげを  意味ありげにに  べつありげ  光を受けて笑ましげに  もんでげ  関係ありげに  身を放げ  壺に抛げ  顔にも歓ばしげ  飯でげで  ほうのひげの  胡麻塩ひげの  胡麻塩ひげは  覘って抛げ  四五冊抛げ  無精ひげを  東からげの  妃の蘇りにとって障げと  無精ひげをでも  まばらひげを  あごのひげを  天神ひげの  身分ありげの  子細ありげ  悩みありげ  無精ひげでも  まばらのひげの  いわくありげ  まばらひげなんぞ  一座のげ  そんでいげ  勇士に抛げ  癖ありげ  佐渡のひげ  頤のひげを  銚子を退げて  膳を退げ  危ふげ  野羊ひげの  様子ありげの  頁以外から抛げ  茶色のひげを  虚空に抛げ  みんなかべにうつったかげの  おっかさんのひげを  惜しげもなく抛げ  事故ありげに  坂田はあやしげ  中に抛げ  中へ抛げ  羞しげに  わりにしよげ  引写しぢやげ  楽でげ  容体ありげ  事ありげには  気色ありげに  側に放げ  非常に喜ばしげ  ひたむきに抛げ  云ひげに  様子に似げ  關係ありげにも  壁のひげを  下のひげを  夫の憂ひげ  男子はひげは  隨つてひげを  下のひげは  下へ伸ばすひげは  物価は騰げ  人ありげに  思惑ありげに  布をもてひげを  稼せげ  話だげ  何でもねえんだげ  やうだげ  遥に見よげ  目標ありげに  何とも云わず物思わしげ  眼を瞑げば  内心しよげて  頬ひげ  呼吸をして居る見るも傷ましげ  毎日悩ましげ  男があやしげ  げりやのげ  身体がげ  苦もなかりげに  みな相当身分のありげ  校旗を抛げ  谷へ抛げ  威風ありげに  物ありげ  山羊ひげの  屑骨などを抛げ  屑を抛げ  頭を拗げば  紙を畳んで抛げ  のを抛げて  理屈ありげに  愧しげに  石を抛げ  球を抛げ  湖に抛げ  未練ありげ  褥を蹴って立ち上ると苛立たしげに  錦子は悩ましげ  言つてしよげかへ  笑いすてきれないかげを  伴天連ろどりげと  ペテロのひげを  のをすら障げて  機嫌よげ  簔をほしげなりという  宗徒みげ  好きなあぶらげを  黒ひげを  げ面のひげを  桟橋へあやしげ  すつかりしよげて  キレーにかっちゃげて  まねなんかしとるげ  芝田さんはひげを  忠通は悩ましげに  泰親は笑ましげに  ようなひげが  ひと癖ありげに  くせありげに  ところまであやしげ  股引を抛げ  下へ降げ  石片を抛げ  斜に抛げ  子が抛げ  手先ばかりで抛げ  清らしげに  感慨ありげに  親に似げ  からだに似げ  事のありげに  思慮分別ありげ  泥鰌ひげは  泥鰌ひげが  帆影点々といそがしげに  法師ひと癖ありげにも  采女も悼ましげに  無精ひげで  のちにひげ  りゅうのひげ  りゅうのひげの  りゅうのひげを  耳に入らぬげ  ビフテキ三十枚たひらげ  由ありげに  權威ありげ  店に出てひげを  筆は放げ  つけひげを  父のひげの  二人ともひげを  もじゃもじゃのひげを  不興らしげ  忙がしげ  車を寄せて笑ましげに  信州に似げ  大男のひげに  腰をかがめていそがしげに  誠心は抛げて  横にひげの  宗教が障げ  巨大なひげと  訳ありげに  オナラのケが  豊かなひげを  縦横に抛げ  光彩を抛げ  菊抛げ  月答へぬかげぞ  ものありげに  憂慮しげに  ことを遮げて  怒りに似げ  勢で抛げ  そこへ抛げ  材だなどと己惚れて急がしげに  渋茶をしげに  昆蟲のひげは  ぶりなひげを  客の去りゆきておくれしひるげ  心持よげ  不意に狂わしげ  無精ひげに  チャップリンひげを  練兵場のやぶかげの  思慮分別ありげな  人々は知らぬげで  んじゃげなと  女は物思わしげに  思慮分別も在りげ  だるま棚下しひげの  めんどうとひげの  それがげ  あらいひげを  ほかにもひげの  曾根少佐のひげの  蟇にひげを  少佐はひげを  声がげ  頬ひげが  つけひげの  つけひげなどを  ことをおそれげも  白ひげが  顎ひげの  下手人が捕げ  口を尖げ  力ありげに  今度はひげの  鳩はおそれげも  団服を着ていそがしげに  自分で抛げ  地区に抛げ  黒ひげの  芝居気狂いもてえげ  ぢひげの  簡単に捩げさ  技師長かだったでせうがひげを  半分のひげを  財産を抛げ  王卜うらげ  分別ありげに  世を忍びげの  怡しげに  青いひげの  一つ身命を拗げ  身命を拗げ  分別ありげの  余裕ありげ  物欲しげで  鼻ひげの  髪やひげは  剃刀をかりてひげを  代りに障げも  由縁もありげ  愼しげに  思案ありげ  山猫はひげを  山猫がひげを  ぼくのひげ  ひと癖ありげ  茶色のひげの  智恵ありげ  人にも似げ  皆云い御座るげ  時のげ  手品使のげ  ときのげ  

~ げ[名詞]2
恐ろしげ  苦しげ  心地よげ  悲しげ  こころよげ  心安げ  ぽうげ  あかるくげ  重たげ  可愛げ  いたいげ  親しげ  むつまじげ  憎々しげ  いさましげ  やさしげ  ねむげ  ぎょうぎょうしげ  悦ばしげ  嬉しげ  楽しげ  深げ  たのしげ  弱々しげ  可愛らしげ  汚らしげ  物憂げ  ぼろしげ  臭うげ  悩ましげ  うげ  ほしげ  あぶなげ  興味深げ  せわしげ  腹立たしげ  いぶかしげ  ものめずらしげ  疑わしげ  心許なげ  うそ寒げ  かなしげ  妬ましげ  わびしげ  にがにがしげ  恭しげ  せつなげ  くるしげ  くやしげ  うれしげ  いまいましげ  厭わしげ  にくにくしげ  貧しげ  優しげ  物淋しげ  たゆげ  いかめしげ  物悲しげ  危うげ  いたましげ  気だるげ  淋しげ  気づかわしげ  忙しげ  哀しげ  妖しげ  怨めしげ  気むずかしげ  けたたましげ  なつかしげ  気遣わしげ  珍しげ  待ち遠しげ  心細げ  ないげ  懐しげ  ほこらしげ  羨しげ  切なげ  あやしげ  まぶしげ  感慨深げ  卑しげ  気味悪げ  重苦しげ  面映ゆげ  新しげ  わずらわしげ  苦にがしげ  苦々しげ  恥しげ  ものうげ  いらだたしげ  あわただしげ  もの珍しげ  人恋しげ  つつましげ  あやうげ  気安げ  おぞげ  頼もしげ  物珍しげ  なごりおしげ  おもはゆげ  じれったげ  慌ただしげ  愉しげ  小気味よげ  痛ましげ  煩うげ  まばゆげ  懶げ  まずしげ  儚げ  恨めしげ  眠たげ  物々しげ  たのもしげ  由々しげ  かるげ  さびしげ  甘げ  はかなげ  眩しげ  うらめしげ  見よげ  にくげ  とんとげ  ここちよげ  おもしろげ  慌しげ  浅ましげ  痛々しげ  うやうやしげ  そのげ  いそがしげ  だるげ  物狂おしげ  気ぜわしげ  しおらしげ  ねたましげ  忌々しげ  懶うげ  侘しげ  勇ましげ  うるさげ  むつかしげ  果敢なげ  憎たらしげ  恥ずかしげ  羨ましげ  慎ましげ  快げ  はしたなげ  見好げ  懐かしげ  馴れ馴れしげ  まめまめしげ  かぼそげ  重々しげ  好ましげ  むさげ  青くげ  気難しげ  ものものしげ  貴げ  もの憂げ  弱弱しげ  空々しげ  情けなげ  もどかしげ  愚かしげ  ねむたげ  おそろしげ  なれなれしげ  ゆゆしげ  恋しげ  懈げ  奥床しげ  逞しげ  息苦しげ  ゆかしげ  憎憎しげ  可笑しげ  腹だたしげ  忌まわしげ  いやしげ  ものおそろしげ  おぼつかなげ  うつくしげ  いたいたしげ  暗いげ  たくましげ  たどたどしげ  肌寒げ  じじむさげ  恐しげ  ことごとしげ  うら寂しげ  床しげ  好もしげ  ひよわげ  人なつかしげ  もうとうげ  睦まじげ  よそよそしげ  はらだたしげ  めずらしげ  憂げ  欲しいげ  やるせなげ  心もとなげ  にくらしげ  覚束無げ  心地好げ  何気なげ  久しげ  易げ  喜ばしげ  冷たげ  吝しげ  けがらわしげ  あたたかげ  要心深げ  よわよわしげ  愛くるしげ  鬱陶しげ  畏しげ  慕わしげ  余儀なげ  ふとげ  気持ちよげ  空しげ  微笑ましげ  思わしげ  めあたらしげ  強げ  むなしげ  狂おしげ  はずかしげ  そのケ  せわしなげ  もの悲しげ  よげ  おもたげ  きたなげ  むずかしげ  疑い深げ  欲しげ  憎らしげ  こそばゆげ  くちおしげ  うるわしげ  いとしげ  さむげ  美しげ  すさまじげ  あさげ  なやましげ  らうたげ  じつなげ  気恥しげ  いじらしげ  もったいらしげ  愛らしげ  よわげ  いとわしげ  かわいげ  悔しげ  緩げ  憂しげ  かよわげ  焦れったげ  ちょろげ  狭げ  よきげ  凄しげ  目新しげ  無いげ  情なげ  稚げ  うとましげ  共にげ  ひもじげ  怖げ  疚しげ  うらやましげ  狂わしげ  さかしげ  小ざかしげ  面はゆげ  つめたげ  うまげ  うらがなしげ  虚しげ  雄々しげ  おぞましげ  よろこばしげ  たやすげ  けだるげ  似つかわしげ  もの淋しげ  気まずげ  吝げ  あぶないげ  よにげ  宜ケ  心強げ  注意深げ  思い出深げ  

複合名詞
ケ残リサ  雪げ  うたげ  げしこ  景累ヶ淵  州合邦ヶ辻  おぼろげ  げえなア  渋谷区幡ヶ谷本町  幡ヶ谷  朧ろげ  はしげ  鬼界ヶ島  きまりわるげ  六ヶ  げい  さげ  文字ヶ関  清らげ  逢魔ヶ時  魂げ  天ヶ下  擴げ  小太郎ケ淵附近  缺げ  二二ヶ三ぐらゐであらしめたい  日かげりげそり  忍ヶ岡  一ヶ寺  十郎ヶ峰  十郎ヶ峰あたり  十郎ヶ峰  十郎ヶ峯  遁げ  ゆげ  慵げ  茂げ  慵げなり  妬げ  黄金くしげ  負げ  瞻上げ  垂げ  霜げ  献げ  鐘ヶ淵  廣げ  げ面  相模扇ヶ谷  ヶ岡  昂げ  さやげ  春げしき  柔らげ  虹ヶ浜  はかげ  すずしげ  うぶげ  二二ヶ四的  信濃駒ヶ嶽  掀げ  げ豆一束二銭  おかしげ  愉快げ  数ヶ処  可愛げ  擲げ  存外六ケ  退屈げ  心配げ  あらげ  興ふかげ  いそげ河原  まみげ  らげ  歎げ  弱げ  仔細げ  ケ置キシ等今日ニシテ考フルナレバ  唐児わげ  おしげ  げおき  くり擴げ  柔げ  迯げ  梅ヶ谷  屈げ  尼ヶ崎  鉄拐ヶ峰  辻ヶ谷虎四郎君  辻ヶ谷君  友達辻ヶ谷君  友人辻ヶ谷君  学友辻ヶ谷君  辻ヶ谷  学友辻ヶ谷  辻ヶ谷少年  不安げ  不器用げ  鰺ヶ沢  鉄砲かたげ  げよう  始終げ  軟らげ  無分別げ  何げ  背負投げ  献げよう  惱ましげ  灼ケ熾カル  寛ろげ  げはり  轉げ廻つて  人げ  げ銀  居つたげ  憂はしげ  ざるげ  那須野ヶ原  伊豫ヶ嶽  騷げ  戰場ヶ原  爲め戰場ヶ原  帶上げ  尊げ  行げ  さ行げ  のげア  お通夜さ行げ  げ一本  満足げ  平げ  荒げ  おしげツ  おしげつて  鶴ヶ岡八幡宮  由比ヶ濱  兒ヶ淵  七里ヶ濱  七里ヶ濱  由比ヶ濱海水浴場  逐げ  危げ  朝日ヶ峰  小袋ヶ岡  俺げ  一匹一匹平げ  轉げ  雜司ヶ谷  悪げ  浅茅ヶ原  陸奧國西津輕郡龜ヶ岡發見  陸奧龜ヶ岡發見加藤某氏所藏  陸奧龜ヶ岡  朧げ  健げ  二ヶ條  六ヶ條  たまくしげ  押上げ  水上げ  携げ  鹿ヶ谷  京都鹿ヶ谷  蛸遁げ  駒ヶ池  梅ヶ枝  二ヶ処  鉄枴ヶ峰  世田ヶ谷  安達ヶ原  げら  開げ  つて小六ヶ  抱上げ  一ヶ処  展げ  愁わしげ  笑止げ  濺げ  打出ヶ浜  戸ヶ崎夕雲  護持院ヶ原  垂げ止め  戸山ヶ原  富士ヶ崎峠  きのう富士ヶ崎峠  げッ  引傾げざま  夷げ  清げ  秘密げ  搴げ  げだるま  知らんげ  聞上げ  絶ゆげ  窮屈げ  先づ心配げ  寒げ  押下げ  臆病げ  遁げちやつたつて  玉くしげ  那須ヶ原  げつた杉  げつた小山  慌だしげ  礙げ  浮上げ  字ヶ原  哀れげ  気六ヶ  六ヶ敷ク  気の毒げ  ハ申分ケ難レ立候処  十把一搦げ  迯げよう  不興げ  感慨探げ  ゅうと遁げ  蛭ヶ小島  わげ  揉上げ  ろげ  爽快げ  つた六ヶ  やあげ  お蔭げ  軸木一本お上げ  らげミ  比企ヶ谷  由井ヶ浜  霊山ヶ崎  由井ヶ濱  靈山ヶ崎  佐渡ヶ島  佐渡ヶ島一つ  今何げ  素げ  小出ヶ崎  梅ヶ辻  星ヶ岡  極りわるげ  拭上げ  押上げら  懐げ  心易げ  挫げ  遁げよう  猿ヶ馬場  繁げつて  常陸山対梅ヶ谷  松葉ヶ谷  松葉ヶ谷草庵  四明ヶ岳  憂わしげ  こと勝げ  眠げ  三ヶ寺  二ヶ寺  引丸げ  硫黄ヶ島  猿ヶ餅  三月ヶ  姥ヶ谷  猿ヶ京  故郷猿ヶ京  直接猿ヶ京  今夜一晩猿ヶ京  慈悲ふかげ  意地わるげ  南鷹ヶ峰  鷹ヶ峰  種山ヶ原  百ヶ日  げさ  掛ケ  不満げ  殊勝げ  気六ヶ敷気  晩げ  夜見ヶ濱  鯨ヶ浦  ざわざわ遁げ  喰遁げ  燥げ  そげ  氣まり惡げ  神上げ  げこと  げこ  かなげ  物哀れげ  山北んげ  一寸六ヶ  六ヶ敷そう  衣ヶ崎  げ霜柱  梅ヶ谷みたい  熱げ  ざぶりと汲上げ  考げ  挑げ  釜ヶ淵  げだらけ  しみおぼろげ  残りおしげ  なしげ  米ヶ岡  駒ヶ嶽  タマげ  越ヶ谷  真帆真広げ  三国ヶ嶽  三国ヶ嶽国境  富ヶ岡八幡  いま三国ヶ嶽  三国ヶ嶽山上  先日三国ヶ嶽  先般三国ヶ嶽  吹上げ初め  桐ヶ谷  遁げ出し  つて遁げ  いま遁げよう  ちょっと展げ  扶ケ下  賤ヶ岳  湯げ  ーげー  禿げ  ゆたかげ  指ヶ谷  渡つて歌ヶ濱  歌ヶ濱  菖蒲ヶ濱  峰ヶ原  わしげ  手携げ袋  邪げ  軒げ  膝げ  まきげ  一路小田原御幸ヶ浜  げつた森林  月見ヶ丘  百ヶ日前後  星ヶ浦  扶ケ  なかげ  みんな不安げ  鮫ヶ橋  つた鮫ヶ橋  時分鮫ヶ橋  くしげ殿  相州湯ヶ  心ふたげ  夜寒げ  当惑げ  伊豆湯ヶ島  菖蒲ヶ浜  立山劒ヶ岳  鬼怒沼ヶ原  桜ヶ岡  指月ヶ岡  六ヶ敷  下田丈ケ  ぺろんと平げ  清泉灑げ  遁げ走りたる  意地悪げ  逢魔ヶ刻  地蔵ヶ池  遁げ道  二三ヶ処  オラそんげ  そんげ  扇ヶ浜  避げ  憂慮わしげ  仕舞ひで背負投げ  逃ゲ出スミチハアリマセン  矢ヶ島天文台  矢ヶ島天文台発表  ひとり矢ヶ島天文台  矢ヶ島君  矢ヶ島運動  矢ヶ島  面白げ  不審げ  進げ  蔑げ  好げ  風吹げ  さ水掛げ  一つ轉げ  衝ケ  唱げ  米ヶ袋鍛冶屋  獻げよう  鯨ヶ丘  なりげ  影げ  國家ニ對スル獻金トシテ受ケ明カニ其  超過スル者ハ其超過額丈ケ賠償公債  設ケ國家生産及ヒ個人生産ニ雇傭サルル一切勞働者  受ケ  頸ニ掛ケ寡婦ガ  掲ゲ  追分ヶ原  鹿島鎗ヶ岳  繁げ  出羽奧州等七ヶ國  七ヶ國  燒ケ木等  十ヶ國内外  違げ  掻上げ右左  三十両お上げ  遁げさ  吹上げ  柳ヶ瀬  雜司ヶ谷鬼子母神  願げ  間違げ  數ヶ町  垂下げ  羞らわしげ  挈げ  昨日雜司ヶ谷  繼げ  世田ヶ谷中學前  竹ヶ崎  それ竹ヶ崎  ヶ谷町  蛇ヶ沼  竹ヶ崎南山  頃竹ヶ崎  明晩竹ヶ崎  晩竹ヶ崎  明日竹ヶ崎  皿ヶ峰  長げ  女護ヶ島  げツぷ  六ヶ敷気  蹇げ  時由井ヶ浜  千ヶ寺詣  千ヶ寺  神田お玉ヶ池附近  此二ヶ條  悄然げ方  張げ  關ヶ原  千ヶ瀧  糸ヶ浜  赤間ヶ関  大台ヶ原  引提げ刀  莫迦げ  和歌山県伊都郡高野村杖ヶ藪  滋賀県犬上郡脇ヶ畑村杉  花の木犬上郡脇ヶ畑村大字杉  疱瘡神社伊都郡高野村杖ヶ藪  誇りげ  佐渡ヶ島二ツ山  惚げ  擲げ出し  鬩げども外  げてんか  石ヶ辻  憂慮げ  傷ましげ  柳町指ヶ谷町辺  南岸浮間ヶ原  浮間ヶ原  軟らげ暴漲  不可解げ  なめげ  莫迦げさ加減  種子ヶ島  げいまぎ崎  甚朧げ  設ケ  相州湯ヶ原  相模國足柄下郡土肥村大字湯ヶ原  湯ヶ  搖上げ  六ヶしき  富士ヶ瀬  遊仙ヶ岡  極悪げ  人少なげ  松ヶ枝  洛東鹿ヶ谷  兀げ  六ヶ寺  六ヶ敷けり  扇ヶ谷  亀ヶ谷  本陣龍ヶ鼻  巫女ヶ奈路  小金ヶ原  禮げ  屈託げ  孔雀一たび羽尾ひろげ  毛剛げ  狡げ  白嶺ヶ嶽  三ヶ口  能登国珠洲ヶ岬  三方ヶ  三方ヶ原  皆平げ  間抜ケ野郎  呼びとめるとしていとも間抜ケ野郎  湯ヶ島  投ゲ捨テヨ  勝チタイ化ケ物  未練げ  自慢げ  いしげ  包ましげ  生田葵山去年十二月卅一日世田ヶ谷代田  三津ヶ浜  指ヶ谷町  陣場ヶ原  氣六ヶ  今なほ朧ろげ  下谷佐竹ヶ原  八ヶ國  四ヶ國  云つて遁げ  熊ヶ谷泊り  熊ヶ谷  梅ヶ岡  亀ヶ淵  掻上げ  日比谷ヶ  抂げ  擴げたま  幸福げ  撫上げ  ゆふかげ  虧げ  吉志美ヶ嶽  げほう  げほう好み  成つて惱ましげ  召上げ  洞ヶ峠  四ヶ処  五ヶ処  松山四ヶ処  岩手山等四ヶ処  ゃと挫げ  幾ヶ処  沮げ  げ一本やり  げぶり  めえんげ  お前んげ  友人桐ヶ谷洗鱗畫伯  戰げ  げー  衝動げ  段々展げ  惜げ  遁げ腰  丸げ  遁げ込み場所  桔梗ヶ池  誠実げ  みな心配げ  一軒一軒心配げ  狡猾げ  薩摩揚げ  萎げ  象げ  象げ船  三菱ヶ原  陰陽町唱門ヶ辻子  唱門ヶ辻子  松ケ浦  頂ャ兀げ  兀げちょろ  兀げ天窓  程ヶ谷  明石ヶ浦  焼野ヶ原  其うたげ  まちげ  飛げ出し  女化ケ原  抬げ  佐竹ヶ原  女不審げ  めんげ  頽げ  伊勢屋げ  鮫ケ橋  六ケ  合邦ヶ辻  謙遜げ  物倦げ  くだげ  狗ヶ瀬  十二ヶ瀬  渡猫ヶ瀬等  猫ヶ瀬  陣馬ヶ原  五ヶ所七ヶ処  歪げ  紮げ  君ヶ畑  儲げ  げ駄目  聖ヶ嶽  厳めしげ  軽げ  気楽げ  彎げ  鼓ヶ原  汲上げ  長閑げ  焼け武蔵野ヶ原  ケルソン市  扇ヶ谷遠征  扇ヶ谷一帯  霊泉ヶ崎  何かしら意味ふかげ  猿ヶ島  桜ヶ井  四谷鮫ヶ橋  我善坊ヶ谷  牛ヶ淵等古来人  姥ヶ池  手携げ  物惰げ  心痛げ  薄気味わるげ  入日さし人げ  六ヶ敷問題  賤ヶ岳七本槍  鈍感げ  太田ヶ原  朧ろげ乍ら味  一ヶ  其一ヶ  心得違げ  気違げ  捧ゲ  里げしき  きまり悪げ  披げ  受げ  欷歔げ  三ヶ谷  ヶ谷村  お玉ヶ池  薦縄搦げ  抗げ  帯佩げ  庖丁振り抗げ  迷惑げ  心軽げ  青木ヶ原  軟らかげ  ゆうげ  湯ヶ原  げ筆  極り惡げ  小石川区指ヶ谷町  小石川指ヶ谷町  勉強しなげ  柔らげ終つた  猿ヶ京村  猿ヶ京村  擴げよう  雑子ヶ谷  極り悪げ  三方ヶ原  五ヶ日間  念ヶ岳  泣げ  ケ下サアイ  経ヶ島  大台ヶ  大勢赤間ヶ関  げかし  二ヶ隊  予備隊二ヶ隊  二ヶ隊出発  ぃ行げばいいん  ぃ行げばい  揚ゲ玉  励げまし  危険げ  弥生ヶ丘  十把一紮げ  鬼げ  一括げ  げーい  通円ヶ茶屋  進げよう  進げたい位  長州ヶ原  経ヶ峯  ヶ谷  滑らかげ  独りよがりげ  二十一ヶ條  其一ヶ條  只二十一ヶ條  日ヶ窪  秋葉ヶ原  來日ヶ峰  綰げ  泉ヶ谷  佐助ヶ谷  紅ヶ谷  鎌倉扇ヶ谷二一  避ケ  燻げ  ことおかしげ  日比谷ヶ原  浮ヶ島  一つ進げ  七ヶ條  八ヶ嶽  雪ヶ谷  法典ヶ  法典ヶ原  小手指ヶ原  供げ  舁げ  結げ  實例三ヶ條  さらげ  王殿下がくげ沼  なり六ヶ  三ヶ國  喰逃げお山  日げ  眞帆眞廣げ  夢ふかげ  眞廣げ  気味わるげ  管領ヶ原  げいし  明け開げ  内侍ヶ原  千丈ヶ谷  門司ヶ関  大薩摩ヶ嶽  伊豆湯ヶ島温泉  世田ヶ谷東北澤  世田ヶ谷代田  一ヶ小隊  一ヶ処清水  水上げ機械  戸山ケ原  平げやう  雉子ヶ淵  地下げ  引きげ  真黒げ  ゆり病ましげ  四十一年八月眼ふたげ  眼ふたげ  頭巾殊勝げ  げ讚め言葉  喰上げ  あしげ  一番げ  三寶ヶ辻  院路三寶ヶ辻  鴉ヶ峰  こと六ヶ  碍げ  言問ヶ岡  弥生ヶ岡  牛ヶ淵あたり  世田ヶ谷街道  げめ  ケ出発セシメタリ  含満ヶ渕  時朧げ  呈げ  鶴ヶ岡八幡  げ湯  君ヶ代  神田お玉ヶ他  飲げ  一かたげ  柳剛流師範雨ヶ瀬某  櫛ヶ浜行乞  皷ヶ浦  二二ヶ四  げ豆  ほかげ  薩州伊王ヶ滝  花いばら甲斐ヶ嶺  甲斐ヶ嶺  松ヶ谷さん  松ヶ谷団長  松ヶ谷団長さん  針ヶ別所  針ヶ別所  猿ヶ辻  ヶ岳  白馬ヶ岳  鷹ヶ峯  鷲ヶ峯  一寸六ヶ敷ぃな  塔ヶ島  聖ヶ岳  阿漕ヶ浦  竹末ニ編笠ヲ付ケ槍  乞ヒ百銭ニ一銭モ受ケ落スト云フコトナシ  つよげ  げ痕  横着げ  大蔵ヶ谷  鶴ヶ岡  鳥合ヶ原  亀ヶ谷寿福寺  淘げ  躑躅ヶ崎  古げ  霞ヶ池  白らげ麦  高らげ  手越ヶ原  扇ヶ谷様  扇ヶ谷家  きのう大蔵ヶ谷  鶴ヶ岡社頭  引揚ゲ貝  嘔げ  げ根  不快げ  親しみ易げ  重大げ  慓悍げ  めんどう臭げ  神妙げ  大儀げ  頑固げ  不平げ  堅げ  四ヶ町  鶴ヶ崎  げむじゃに  噪げ  ヶ久保  ソレ突ケヤレ突ケ  五ヶ寺  ぐらをかいてゐるやうな安楽げ  なほ気楽げ  温かげ  心外げ  一種気楽げ  皮肉げ  一種秘密げ  賢げ  げッそり  投ゲ銭  葛原ヶ岡  蛭ヶ島  恋ヶ浦  俺達げす  きちげどもめ  八ヶ  ヶ間  池田ヶ原  五反田桐ヶ谷  八島ヶ池  鎌ヶ池  ヶ原  論げ  さしげ  粛ましげ  淑ましげ  亜げ  瀝げ  信用欠げ  僧正ヶ谷  五ヶ庄  阿弥陀ヶ峯  機げ  ヲココニ避ケ給フ  九月五日付ケ鎌倉執達状  不愉快げ  蛇ヶ池  付ヶ込み所  神田お玉ヶ池  国躑躅ヶ崎  下総小金ヶ原  動げ  下総国小金ヶ原  うち小金ヶ原  傷わしげ  曾根ヶ浜  亞げ  信用缺げ  まゆげ  間山こと倶利ヶ岳  当時栃木県那須野ヶ原  埼玉県越ヶ谷  幼げ  美保ヶ関  出雲美保ヶ関  尼ヶ崎附近  七ヶ瀬  抜ケ道  げつけ  おしげはぶつきら棒  云つておしげ  おしげ自身  九十九里ヶ浜  銚子獅子ヶ岩  獅子ヶ岩  野島ヶ岬  戸ヶ崎熊太郎  きちげ  遠慮げ  愁傷げ  大元竜ヶ馬場方面  竜ヶ馬場  姥ヶ餅  外ヶ浜  阿弥陀ヶ峰  一時扇ヶ谷  肩肘昂げ  引挙げ屍体  奇禍三日午後六時頃府下大崎町桐ヶ谷  府下大崎町桐ヶ谷  迯げ水  硫黄ヶ岳  焼ヶ岳  乗鞍ヶ岳  芝居げ  八ヶ町  背負投げ一本  以下おぼろげ  わいげ  騷げども玉藻  げども人  一ト搦げ  鶴ヶ岡下  女影ヶ原  浮島ヶ原  扇ヶ谷方面  葛西ヶ谷  佐々目ヶ谷  たる鶴ヶ岡  葛西ヶ谷いちめん  寺ヶ谷  みな扇ヶ谷  朝げ夕げ  真葛ヶ原  披げたま  畜生遁げ  浅間ヶ岳  倉ヶ野  三田ヶ谷村村長石野栄造様  三田ヶ谷村  三田ヶ谷村弥勒高等尋常小学校  三田ヶ谷  三田ヶ谷村役場  浅間ヶ嶽  鶴ヶ岡若宮  鶴間ヶ原  二階堂薬師ヶ谷  薬師ヶ谷東光寺  一階昇げ  昇げ  あんげ  吉太郎げ  河崎屋んげ  霜げ殘  賤ヶ嶽  三ヶ町  雪まろげ大雪  千丈ヶ岳  棘げ棘げ  二軒おぼろげ  つてげ  げ菩提樹皮  窘げ  ころ鬼げ  ふさ着げ  レ設ケ  扶ケ起シテ  一而行ケ矣  三子者往ケ矣  會シテ而掲ゲ二戰亡  ただげ  種山ヶ  みかげ  ア献げ  参つたげ  鎌倉泉ヶ谷  藍沢ヶ原  膳所ヶ瀬  神楽ヶ岡  かんぴょうを携げ  樅ヶ崎  雁ヶ腹摺山  八ヶ嶽等  劒ヶ峰  越ヶ谷在  熊ヶ谷土手  おらげ  おれげ  つて伊作男げ斷  六ケ敷こと  牛ヶ瀬  げさん  運び輕げ  一生けん命遁げ  こんげ  賤げ  げざいをのむ  物問い度げ  柔らげ様  ひとつ乗鞍ヶ岳  ヶ岳一つ  蛭ヶ峰  杓子ヶ岳  げつて  聖ヶ獄  行げばいいん  北海道さ行げ  貪慾げ  ましげ  ずるげ  犬吠ヶ岬  夫婦ヶ鼻  蔦ヶ岳  多々羅ヶ浜  多々羅ヶ浜一里余  椿ヶ浦  ひがし杓子ヶ浦  軟げ  釆女ヶ原  胡散臭げ  たよりげ  ハ五軒ト号ケ  みんな平げ  千鳥ヶ淵  これ遁げ  年暮げしき  駒ヶ林  経ヶ島附近  何さま逞ましげ  蚊帳ヶ淵  矯げ  ヶ谷驛  可憐げ  就げ  つて佐渡ヶ島  げながのオ  わるげ  堺ヶ浦  受ケ候次第ニテ  程ヶ谷生まれ  誰ヶ袖音吉  遁げ帰  植上げ  人違げ  しんげ  物好きげ  穂高ヶ岳  番所ヶ原  報げ  機嫌好げ  鼓ヶ嶽  伊良子ヶ崎  御在所ヶ嶽  鎌ヶ嶽  冠ヶ嶽  性げ  千代ヶ坂  呼続ヶ浜  引逃げ  酌げ酌げ  美女ヶ原  以前美女ヶ原  一丸げ  一ケ十円  睦げ  橋数ヶ間  数ヶ  梭投げ  敢エテ和尚ニ告ゲ  遁げたい  梟ヶ嶽  ヶ嶽  時梟ヶ嶽  悲げ  抱上げら  廣げたま  夜叉ヶ池  千蛇ヶ池  乙女ヶ池  音ただ八ヶ  近く念珠ヶ関  心能げ  むしろ人げ  相州愛甲郡煤ヶ谷  駿河梅ヶ島イタンドリ  まま満足げ  世田ヶ谷自動車隊  いつか朧げ  うしろかげ  病ましげ  世田ヶ谷近く  三ヶ事  精白げ  槍ヶ嶽  和尚以下七ヶ寺  辻ヶ森  上野青ヶ原  富士見ヶ原  そうだげ  親切ナ人ガ投ゲ込ン  置げ  ここ八ヶ嶽  鼓ヶ洞  諏訪八ヶ嶽  八ヶ嶽山上窩人  八ヶ嶽山上  阿弥陀ヶ嶽  八ヶ嶽山中  八ヶ嶽山上鼓ヶ洞  信州八ヶ嶽笹  故郷八ヶ嶽  十石ヶ嶽  不気味げ  朝げ  くり展げ  丸わげ  ヶ岳方面  芭蕉ヶ辻  さげ果  數ヶ條  鉄砲肩げ  虔ましげ  げやう  衝昂げ  和泉ヶ城  衣ヶ関  支げ  めったげ  ますげ  晩方遁げ  夜ぁ明げ  歩げ  上さ行げ  ぐ火焚げ  比良ヶ岳  ところ太功記十段目尼ヶ崎  やつぱり肩げ  縄搦げ  開げたま  引さらげ  炊上げ  喰遁げ同様  堂ヶ谷  駿州梅ヶ島  仙ヶ俣  駿州仙ヶ俣  梅ヶ香丸  所謂げ  飛げ  ゆううつげ  台ヶ原  こと面白げ  鳶一羽寒げ  女げ  余りげ  二ヶ師團  いくらげ  げえなん  いくつげ  苦痛げ  ひざくりげ  まま遁げ  心中不安げ  見当まちげ  げすり閻魔  げすり閻魔さま  慶長五年關ヶ原  つて小賢げ  色きちげ  不精げ  親切げ  物見高げ  さげ髪  はしげ代  会心げ  滿げ  與げ  五ヶ國條  應接致し方餘程六ヶ敷可  みな平げ  もの欲げ  夜遁げ  何ヶ寺  さげ虫  六ヶ敷いも  ぢろげ  気楽げなか  呑気げなか  残り惜げ  度げ  尼ヶ崎城  ぶたげ  崩げ  怪げ  益怪げ  屈托げ  オーオーオーオー天ガ裂ケ街ガナクナリ川ガナガレテヰル  オーオーオーオー天ガ裂ケ街ガナクナリ川ガナガレテイル  つて湯ヶ  半分湯ヶ原  三ヶ  ヶ瀬  劒ヶ岳  鶴ヶ御前  劒ヶ御前  藤ヶ崎峠  湯ヶ島温泉付近  暖かげ  雪げしき  湯ヶ島あたり  越ヶ谷辺  まつらげ  落葉松寒げ  物知りげ  悧発げ  楽げ  九ヶ度  八ヶ度  懊悩げ  人可懐げ  掻上げざま  二人極まり悪げ  千鳥ヶ淵公園附近  ひなげ  女流探偵作家梅ヶ枝十四子  梅ヶ枝女史  梅ヶ枝十四子さん  冗談げ  無礼ヶ間敷儀  三ヶ処  尼ヶ崎橋  くしげ  かしげ  輕げ  堂ヶ島  つて寺ヶ崎  上つて戰場ヶ原  小太郎ヶ淵  ココヲ逃ゲ出スト  投ゲ込マレテシマウデス  骨ヶ原  みんな比良ヶ岳の山  奥州安達ヶ原  扇ヶ凹  人々面白げ  人肌寒げ  堤げ  時擲げ  げなす  二つ携げ  船上げ  近く梅ヶ香  ヒロげ  睦ましげ  煤げ  大分八ヶ間敷鋭鋒  六ヶ敷事  六ヶ敷文句  つて轉げ  げツ  這つて遁げ  堅めたかげ  気まり悪げ  手持ぶさたげ  御告げ  汲上げ車  げえな色  げえなもん  げえな思い  りつぱな尊げ  稍おぼろげ  広谷ヶ原  けつげ  きまり惡げ  釧路十勝二ケ國  角六ケ  意外げ  闕げ  いふげ  掛ケ詞  一つ輾げ  雪まろげ  鮫ヶ橋谷町  柳町指ヶ谷町  夕日ヶ岡  富士ヶ根東  二ヶ町  鶴ヶ岳  以後鶴ヶ岳  剣ヶ倉山  幸運げ  二エロディヤッドげ  びをまたも挑げ  何處さ行げ  つたのげ  遺憾げ  額兀げ  絶げ  褪げチヨロケ  投ケ節  お茶ケ  累ヶ淵  ク割ケ  東山阿弥陀ヶ峯  叡山四明ヶ岳  天魔ヶ池  天下ヶ池  置逃げ  ひとり朧ろげ  皆ンナガ逃ゲ出シタ  投ゲ出シテヤッタガ  投ゲ込ンダ  引受ケ連レテ  以上おぼろげ  添ふかげ  幻げ  猿ヶ馬場耕地  阻げ  丈ケ  おれ丈ケ  文丈ケ  吐げ  千ヶ崎悌六氏  挫げそう  千倉ヶ沖  蛇ヶ窪  チツト六ヶ敷様  六ヶ敷方  ひばり焼げこ  請料物勝げ  一ヶ條  關ヶ  無念げ  心残りげ  獅子ヶ城  なに女護ヶ島  言上げ  橿ヶ岡  箒ヶ崎  逞ましげ  行げッ  げりき  げりや  激げ  柔げ静か  数ヶ度  掴投げ  ほいとげ  憂げ  吸上げポンプ  こいしげ  みんな六ヶ  鶏声ケ窪  指ケ谷  滅げ  万坊ヶ原  那須野ヶ  白山ヶ岳  青木ヶ原丸尾  鬼ヶ沢  念場ヶ原  げ付  数ヶ処別々  遁げ路  げ込み  古今勝げ  縛げ  淀屋橋尼ヶ崎町  色清げ  弘げ  待ちげ  東京星ヶ岡茶寮  ろ寒げ  氣取りげ  後開榛名梅ヶ香  程ヶ谷辺  迫つて乳ヶ崎  湯ヶ野  心すずしげ  展ろげ  物案じげ  オーオーオーオー天ガ裂ケ街ガ  霞ヶ城  申し訳げ  おれこれがら出掛げ  市ヶ台  口重げ  本意げ  相馬ヶ  妹げ  けりげ  鷹揚さうに何げ  玉くしげ二上山  げ儀  げ同道  拡ろげ  近日鬼界ヶ島  げ男  嫁げ  ケ右ツ  遁げ方  痛快げ  歐米等十ヶ國産  三十五ヶ間切  怱々遁げ  気珠飛揚げ  施げ  致げ  八ヶ間  蟻ヶ峠夏  八町ヶ原  蟻ヶ峠  気魄薄げ  遁げ足  雲ヶ畑  草片附げ  昔太田ケ原  浄げ  街頭ニ投ゲ出シテ居リ  励げ  げむじゃのまま  卑屈げ  不吉げ  かって当惑げ  仰山げ  のんきげ  残念げ  よげ  不思議げ  躑躅ヶ岡  櫛ヶ浜  おこげ  祝つて進げ  吹上げそう  高天ヶ原  搗上げ日  転ろげ  伊ヶ谷  戸山ヶ  湯ヶ島温泉  湯ヶ島湯本館  四明ヶ嶽  池袋雜司ヶ谷戸山ヶ原板橋附近  結局鬼界ヶ島  げなかたち  十七ヶ國  ゲ給ヒシハ  心好げ  人懐げ  後満足げ  進上げ  携げ袋  相撲取つて投んげ  ちりげもと  鶴ヶ岬  怯げ  潔げ  美事背負投げ  真葛ケ原  いつか恩げ  唐ヶ原  この程ヶ谷  程ヶ谷宿  三十五ヶ國  四ヶ處  見事背負投げ  面羞げ  ケ癖  いつかうに湯げ  不良少女殊勝げ  眼寒げ  数ヶ町村  維げ  画幻ろげ  そんげ風  那須ヶ獄  何れ六ヶ  猪口才げ  うまげ  困難げ  浄らげ  円げ  登り台ヶ原  鍋ヶ谷  俚称三国ヶ山  三国ヶ山  藤無山等遠く千町ヶ峯  種ヶ池  烏ヶ丸  東ヶ丸  西ヶ丸  東ヶ  畑ヶ平  青ヶ丸  池ヶ丸  姥ヶ石二時  姥ヶ石  桑ヶ峠  金糞ヶ岳  御幸ヶ浜  気持ち悪げ  豁達げ  襲げ  じき於玉ヶ池  赤間ヶ関大砲撃  府下世田ヶ谷  戀ヶ窪  續げ  木賊ヶ原  昨日木賊ヶ原  八ヶ嶽峰  本みかげ  興味ふかげ  げ氣  不服げ  居心地わるげ  松ヶ谷研究員  松ヶ谷学士  松ヶ谷君  昭和十年四月世田ヶ谷  肉寒げ  あいげ  さげ集  梅ヶ坪城  梅ヶ坪  太子ヶ根  姫ヶ城門前  気易げ  憲法十七ヶ條  サモ気楽げ  ヶ岡一  信州八ヶ嶽  五時半桐ヶ谷火葬場  げ面男  げ面先生  添ひとげ  鞭面白げ  垂下げたま  声晩げ  指ケ谷町  ゆうべ虹ヶ浜  とき虹ヶ浜  バット一ヶ  一日二ヶ  御幸ヶ浜海水浴場  一番ヶ瀬半兵衛  捨げ  聘げ  快活げ  余り六ヶ  霧ヶ峯  蒔げばい  ぃどごさも掛げ  掛げ  何かしら手持ち無沙汰げ  ちんちょうげ  憐れげ  わげもん一つ  七里ヶ濱邊  時おぼろげ  つたげ  舞台げ  開ケ肉  程ヶ谷町  君ヶ代蘭  君ヶ代ラン  牛込松ヶ枝  湯ヶ島ロケーション  湯ヶ島落合楼  小田急沿線梅ヶ丘  三杯位平げ  半ばねぶたげ  江戸護持院ヶ原  親げ  柔げ倉子  二ヶ  茶わん一ヶ八十銭  ため虹ヶ浜  野原徳山虹ヶ浜  五ヶ入り  受ケ候処昭和十三年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金  木の葉さやげ  工合わるげ  津輕碇ヶ關  昭和三年六月・世田ヶ谷西山EOS  出身力士駒ヶ嶽  達ヶ関森右衛門  初代梅ヶ谷藤太郎  達ヶ関  達ヶ関時代  それあすげ  撃チテ請ケ  億劫げ  一番六ヶ  蛙ヶ鼻  千ヶ崎沖  旭ヶ岡  押上げ窓  くまげら  彼自身朧げ  朝由井ヶ浜  夏げしき  法華ヶ嶽  餘程六ヶ  付ケ  眞實げ  指ケ谷辺  おし擴げよう  白げ  先刻遁げ  感慨ふかげ  くしげ二上山  しらすげ  霧ヶ峯一帯  岩ヶ袋  上荷げ  一束げ  偶然遁げ  ら種山ヶ原  箱ヶ  累げ  一むらゆげ  げばば  富げ  現在二十三ヶ町村  いつか星ヶ岡  關ヶ原以後  引挙げ  関心げ  一九三五年四月世田ヶ谷  上州神ヶ原  神ヶ原  思案げ  ミシミシ気味悪げ  湯ケ原  げ入れ  めんげの  國歌君ヶ代  阿彌陀ヶ峯  外ヶ浜奉行  外ヶ浜一帯  外ヶ浜全線  つまり外ヶ浜  外ヶ浜地方  外ヶ浜街道  奥州外ヶ浜  外ヶ浜通り  外ヶ浜近辺  津軽領外ヶ浜  ほか外ヶ浜通り港  外ヶ浜通り九十里余  外ヶ浜一円  外ヶ浜北端  劍ヶ崎  猿ヶ石  野郎げ  落付かなげ  私一ヶ  日光中禅寺湖歌ヶ浜  自分一ヶ  通り世田ヶ谷行  遁げ終り  払げ  暴らげ  抬げよう  果敢げ  げげげげ  夕顔ヶ淵  肥州温泉ヶ嶽  遁げ状  悄乎げ  遁げさま  松ヶ根  爲途げ  スキー場霧ヶ峯近く蓼  霧ヶ峯山  スキー場霧ヶ峯  仙丈ヶ嶽  といつて六ヶ  満悦げ  恬淡げ  身重げ  口惜げ  遁げら  外入口六ヶ敷候  極まりわるげ  さげ候  心清げ  十ヶ八十銭  一ヶ一円いくら  虹ヶ浜駅  東京さいげ  旭ヶ嶽  無事平げ  健げさ  難げ  編さげ  ふきげ  突上げ加減  遁げそう  児ヶ淵  御所ヶ丸山さびしくそびゆ武士  開聞ヶ岳  喜界ヶ島  伊達げら  ウルサげ  足繁げ  岩ヶ根  いつか岩ヶ根  拠げ  天窓兀げ  肩寒げ  粟ヶ崎  霞ヶ峰  撞げ  存外六ヶ  十文字ヶ原  茅野ヶ原  群鷺ヶ峰  涙灑げ  ため遁げ  百ヶ  世田ヶ谷北沢  一人一ヶ  うち扇ヶ浜  稚児ヶ淵  光ヶ丘病院  取上ゲ  すずろげ  げ色  一五げ  さまげ  一一七げ  四八げ  願ひもげ  平げ建國  金ヶ谷  焼ヶ島  袂ヶ浦  手持ちぶさたげ  そ氣輕げ  西ヶ島  五ヶ條  三ヶ津  こと世田ヶ谷  虹ヶ浜あたり  十ヶ  七ヶ  二十ヶ  傾城浅間ヶ嶽  声八ヶ  げッそり落ち  ショげ  風流げ  先生戸ヶ崎熊太郎  二ケ  一四四げ  汝げ  一二六げ  一二九げ  搖げ  むる物げ  一一四げ  五四げ  九九げ  五七げ  まま朧げ  衣料疎開五十キロ五ヶ  十三ヶ発送  一ヶ二円  隨分六ヶ  千晩ヶ岳  安倍ヶ城  遠野郷十二ヶ寺  遁げずし  遁げ帰り  遁げ出したる  喚上げたま  清寿さんげ  ゆうかげ草ゆふかげ草  ゆふかげ草  獻げ打任  獻げ  龍ヶ口村十四軒  龍ヶ口村五十八戸  九条領岩ヶ下  七八げ  我げ  理げ  七二げ  輪げ  六げ  獻げざる  のしげ  九和げら  九〇げ  二一げ  八七げ  鋭さげ  獻げら  さげ岐佐理持岸田  ぐさやげ  八ヶまし  日蔭げ  磯ヶ谷額ぶち店  磯ヶ谷  あらまし平げ  海あらげ  玉くしげ箱  豐島ヶ岡  雜司ヶ谷埋葬地  夷げら  五ヶ國  怜悧げ  蔑視げ  十兵衛不興げ  背負つて遁げ  六ヶ敷こと  龍ヶ嶽  日野ヶ峰  容ルル二三食分悉ク提ゲ得可キハ  訣げ  部位ニ取付ケ  ぢぁ欠げ  嘆げ  ケハ行四段活用  剣ヶ倉  易げ  三州梅ヶ坪  水げむりがたちました  鍵手ヶ原  峨ヶ岳  富士山麓鍵手ヶ原  歔欷げ  祝げ  八紘げ  刷毛使いでげ  慎謹げ  危わしげ  たかげ  いふ遁げ路  扛げ得たる  扛げ  是ゆげ  中ヶ岳  ヶ倉国民学校  どんげ  献げら  鳶ヶ巣  鳶ヶ巣以下  げむと  物待ちげ  げ立ち  げ一面  手垂げ袋  ぞうげ色  火さげ  げむ  ところ鳥渡六ヶ  ニ投ゲ  進げやう  建掛ケ  鹿ヶ谷会議  鹿ヶ谷事件  マタ成親等ヲシテ鹿ヶ谷ニ会セシメ  駒ヶ嶽山麓  粟津ヶ原  菩提ヶ原  鶴ヶ岡神前  経ヶ島港  鉄拐ヶ嶺  松ヶ枝女史  鼓ヶ岡  赤間ヶ関あたり  塔ヶ岡  かたヶ  猫間ヶ嶽  雲梯ヶ岡  宇奈五ヶ丘  駒ヶ林附近  星ヶ岡茶寮  げさく  一部御所ヶ谷石門  一部御所ヶ谷神籠石列石  御所ヶ谷  餅ヶ瀬  夕日ヶ岳  龍ヶ谷  櫻ヶ岡  不憫げら  郷里豊前国柳ヶ浦  国柳ヶ浦  ほのかげ  霞ヶ關  一本平げ  げいが  偶然梅ヶ谷  佐田んげ  田村さんげ  忠さげ  



前後の言葉をピックアップ
グールド  グールモン  グーロフ  クーン  グーンと          


動詞をランダムでピックアップ
もちあわせかき集めるやぶら替わゆわえつけ空惚けこときれお目にかか窮まっ飛び降りるしとげ貶せ吹き出はしる唱えよ突き出せおすきらうたぐら飛降り
形容詞をランダムでピックアップ
つたなう細かしいほどよい楽しかっ多けれ心憂忙しくだいじない重たいにくかろ堅苦しき口喧しかっかそけ床し赤かっ少なにあわしく優しき