「くま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ くま[動詞]
一寸もくま  体をくま  聖典を、のこりくま  周囲の幽暗にくま  船内をくま  土にくま  僕たちにくま  オレンジ色によっていっせいにくま  一時にくま  手を借りあつめて、なおもくま  云ふまい、憎くま  欠如をくま  いふにくま  いつまでもにくま  なかにくま  邸をくま  底をくま  絵にくま  百姓らしくま  水をくま  湯はくま  中をくま  数をへらそうとして仕くま  為替をくま  手にくま  心裏をくま  相違は、とうていくま  里をくま  板の間をくま  彼一条はとまれかくま  人通りは極くま  善光寺界隈をくま  坐禅をくま  人も憎くま  己れが憎くま  プロレタリア文学はくま  肉體をくま  一階をくま  湯がくま  心をくま  床を拭き、やがてくま  屋根をくま  ここをくま  部分をくま  茶をくま  のをくま  禅をくま  内外をくま  街頭にくま  上下をくま  一団をくま  屋敷内をくま  書類をくま  やうにくま  いつぴきの黒くくま  殘るくま  雲をきれてくま  

名詞

くま[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
くまなく押さえつける  くまなく研究なさった  くまのような毛が生えている  くまなく見回したけれども  くまどりをおしせまり  くまされながら  くまと言ふ  くまどりは空いっぱいに見る  くまなく探していない  クマは穴の中でウタタネするだけだからな  クマに用いる  クマのタマをこめた  くまなくただす  くまなく捜索させた  くまなく捜したけれども  くまされた  くまの弾丸をのがれての  くまを取って  くまなく捜索してみた  くまなく箒目立てて  くま取った雲霧に隠れて見えない  ぐまが蝦夷地に入り込んで来た  くまどりが現われて  くまもりまつる  くまなく調べていた  くまはれて居たりしかば  くまなくてらした  くまなく探し廻っていた  クマと名づけられていました  クマを相手に遊びました  クマが行方をくらましてしまった  クマを迎え入れたと  クマの失踪を見送りました  クマの行方を気にして  クマはのっそり帰ってきました  クマはまん丸な眼を空想的に見開いてるだけで  クマを監禁しておく  クマが再度失踪してから  クマの姿は見えない  クマはいませんでした  クマの名を呼ばなかった  くまなく降りそそいでいた  くまも讃頌こだまにこたへ  くまのことを思い出しているかもしれませんが  くまはいいました  くまのいう  くまに向かって聞きました  くまなくて秋風のみぞ身にはしむ  くまなく科学的知識に依って解き得る  くまとも言うて居たのであらう  くまの首にひっかける  くまが前足にからんだ  くまの前足に見たてて  くまなく照らし  くまなく見て帰れとは  くまなく飛ばしてあったろうにな  くまで入れれば  くまなくおさがしいたしましたが  くまなく我々の目前に展開している  くまに出あわないともかぎらない  くまに食べられたか  くまなくお捜し申しあげまいた  くまなく行きわたらせた  くまいとすれば  くまなく丹念に捜索された  くまなくしきつめてゐる  くまもなくきらめきぬとある連なれる  クマなくひびき渡ります  くまざさを分けて  くまどりした  くまなく完全にぬれてしまった  くまが納屋へしのびこんで  くまの絵をありありと思いだす  くまが後足で立って  くまは川の岸にでて  くまもそこまでは気がつかないとみえ  くまの歩いた  くまの落した  くまに出会って  くまがふいにでて  くまといえば  くまなぞがはいりこんだ  くまの方にさしだして  くまは火をおそれる  くまもふいをうたれておどろいたらしく  くまをひかえて  くまはいよいよ牙をむきだし  くまの方に投げつけておいて  くまは一声高くうなると  くまの爪にはかからなかったが  くまのために占領されてしまった  くまと自分とを真暗やみの貨車の中にとじこめた  くまの爪にかかる  くまのおりへ入れられた  くまと戦ったら  くまは戸口に前足をかけた  くまにでくわした  くまもふいをうたれて  くまといっしょに貨車の中にとじこめられた  くまもがまんができなかった  くまと自分ははじめと同じ位置にもどった  くまもめずらしいというので  クマかと思っておどろいたら  くまを切る  くまのかっこうでもしていたの  くまの形も犬のかっこうもしていねえじ  くまやこまいぬのかっこうしていたら  くまがいる  くまに殺されたから  くまに殺されたとかいうてでしたが  くまにやられた  くまに会う  くまなるものが人間の名まえの  くまと名がつくというてじゃぞ  くまについての詮議を進め直さなければなりませんが  くまを連れて  くまを大きな檻に入れて  くまを使って  くまを連れたか  くまにやられたと申した  くまはのっそりのっそりと立ち上がって  くまに拍手の雨を送りました  くまを突けといった  くまにやられたとばかり  くまと思いきや  クマが実は熊仲のユウであったとすれば  ぐまを突け突け  ぐまを地上にひきずりおろすと  くまなくへやの中を見調べましたが  くまなく捜させましておじゃりまするが  くまなく手燭をさしつけて見しらべました  くまなく捜した  くまの毛皮におはいり  クマに会って殺されるか  クマの穴が口を開いていた  クマをおびき出す  クマと格闘でもおっ始めたらしく  クマが出るつていうの  くまがそれぞれ体に不似合な猛然さで誇張されている  クマをずたずたに引き裂く  くまなく澄める  くまいと努めながら  くまなく調べていった  くまなく探してくれる  くまがとどいて  くまのきもが  くまのきもさえとれれば  くまに助けられたり  くまに襲われる  くまが村を襲ってきました  くまむか二十とせは亡き母しのぶ  くまからうまからおれるべし  くまなく打ちとけて  くまを潜つて貝殻をひろつてゐる  くまが出来ていました  くまなくあざやかに見ゆる  くまのように魁偉な男ではあるが  くま取られている  くまのクロが出る  くまなく照らし出された  くまなくはびこるに到つたといふ  クマが体をかいてる  クマを撫で  クマを檻から出して  クマは土間を嗅ぎまわって  くまなく発揮される  くまなくあさり求めても  くま取らせて  くまのいがあったら  くまのいをおしいただいて  くまの意に用ゐ  くまなく描こうとした  クマを養う  クマの皮などが一年に何度あけられるかしれない乾いた動かない  くまと稱する  くま取った幾分写実的なやり方も美しい効果を見せている  くまされるを  くまみにもえし  くまなく歩いているが  ぐまに結つた真紅な装束の女が帯しろはだかで  くまやなぎの  

~ くま[名詞]1
ぜんたいをくま  ところにはくまの  水をくま  制服を残るくま  フランス資本主義発展のくま  タヌキやクマは  中平がクマに  船底までくま  庭をくま  視線に射すくま  緑色のくまを  いやにくま  代赭をくま  どこかからひぐまが  墨色のくま  安らけくま  暫時かくま  広間をくま  どじをくま  ところは残るくま  黒猫のクマを  それと共にクマが  間中一度もクマの  光がくま  極のくまも  光はくま  不可思議が残るくま  投縄をくまの  上をくま  ふちをくま  家来けんぞくまで  月はくま  因幡でくまといふ  筆でくま  おかみやくまに  家じゅう残るくま  残雪がくま  耳に至るまでクマ  岸のくま  一切は残るくま  中にあったくまの  ふだんでもくまの  どこどこへくまが  北海道のくまと  前にくまを  それをくまの  自分はくまの  なにを持ってくまと  中でくまに  まま中腰に立っているくまの  火を見たくまの  汽車へ乗りこんだくまも  つり鐘がくまの  つり鐘がくまや  今きけばくまに  もののくま  それがくまという  もののくまじゃやら  生臭坊主がくまっていう  とき漏らしたというくまについての  二匹のくまを  いかさま二匹のくまは  二匹のくまに  中のくまを  兄がくまに  相手の突かれるくまの  もののクマ  ずみまでも残るくま  わたしのくまの  突きあたりにクマの  中でクマと  鴎外の残るくま  下のくまが  一匹のクマを  あはれさへ残るくま  全部のこるくま  あたりをくま  むかしたが思ひつくまの  くすり屋にくまが  くすりにするくまの  谷に落ちてくまに  三頭のくまが  姉にくま  来歴など残るくま  あんしもけすもくまから  波のひくまを  灰色にくま  隅まで残るくま  黒犬のクマが  さがくま  あなたこそくま  斜面を残るくま  紙に包んだくまの  生産面においてくま  ここでクマを  米をくまと  榮光はいたらぬくま  光はいたらぬくま  事業のいたらぬくまも  無造作にくま  ひだをくま  路のくま  机におちつくまも  心もくまや  

~ くま[名詞]2
そのくま  そのクマ  大きなくま  このくま  黒いくま  そうしたくま  どうしてくま  たったくま  まるでくま  またまたくま  悪いクマ  どのくま  正しくま  つまらないクマ  白いクマ  少しくま  

複合名詞
船内くま  クマゼミ  猿ぐま  晩くま  瞬くま  遲くま  更くま  逞くま  驚くま  全身くま  ようくま  ようくまごころ  アカグマ国  アカグマ人  アカグマ最高行政官  アカグマ国イネ州  アカグマ国宮廷  アカグマ国人  アカグマ国独特  アカグマ軍  アカグマ地下本営  アカグマ国軍  アカグマ国側  アカグマ国攻略軍  対アカグマ国イネ州  いま西方アカグマ国イネ州  諸所くま  紫くま  夜晩くま  くまめ  動くま  川くま  毎夜晩くま  導くま  能くまア  能くまア斯  能くまア悪党  クマゼミ又の名シャンシャンゼミ  色どりくま  ヨシクマ炭坑その他  クマ公  天下クマ  くまずく民衆芸術  能くまア念仏ども  適くまいが  黄くま  くまずく  昨夜晩くま  クマ蝉  画面くま  夕方晩くま  落着くま  くまぎれにいきなり  接くま  巧くま  夜遲くま  能くま  蹲くま  クマソ土グモ  ヒノクマ  ヒノクマその他  身体中くま  クマちゃん  クマちゃんこ  クマソ  クマソ的  クマソ日本武尊  くま蝉  歸りつくま  くまぐま  据ゑて遲くま  白くま  くまとり  續くまいか  わしくま  部屋中くま  クマ笹  邸内くま  邸内クマ  くまわか草子  くまわか様  能くまア斯ん  解くま  拔くまいが  ちのくまぐま  余り晩くま  趣くま  却つて遲くま  肩クマ  夜更くま  飽クマ  運惡くま  くまぐまにさえ一兵  くまぐままでもが  汎くま  恁くま  クマクマ  クルくま  残りくま  支くま  ひつくま  南部名物くま  浪人くま  くま使い  クマナカ  クマナカ和尚  雌ぐま  雄ぐま  くまじん  くまぢぇもん  今時恁くま  噛りつくま  クマイチゴ  クマとり  能くまア腰  承引くまいし  十分くま  おしくま王  ハークマ  奏くまずいピアノ  倦くま  くま笹  アナクマ  くまばら  城内くま  いまさば川くま  さくま  歩くま  昇つたくま  達くま  取付くま  傷くまじき  落付くま  黒くま  くまの  廣くまるい肩  くまげら  今夜晩くま  馬弱くま  風くま  でくまひくま  くまい  円くま  柔くま  ぢくま  ろくまくも跡  行くま  迅くま  クマさん  軒昂くま  一一くま  くまもと  くま取り  密着くま  之くま  聖くまこと  



前後の言葉をピックアップ
くま  久万  球磨    久万吉  組ま  熊太郎  久間  汲ま  熊井


動詞をランダムでピックアップ
感極ま拉が探り出せる絞め殺そ引き取るくたびれる組み合し疲らせる盛返しはげみ焼き払わ乗せる譏ら戻りかきみだし問合せしのげ構えよ殺れ省みよ
形容詞をランダムでピックアップ
少くっあぶなからほどよい暑い大人しおそれおおい心づよく残り少なほしくっ小面憎いしらじらしくもったいなき爺むさくほそ心無く清清しいなかっしろしこわし物すごき