「く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ く[動詞]
料理をく  あざらけく  二三日預かってく  何か、もんちゃく  十月五日めづらしく  秋風をふきぬけさせてをく  買物をつけてをく  一円をく  ちらしてをく  蒸焼せるをほく  安らけく  つてをく  粥にしてをく  虫にまかしてをく  樹明君がめづらしく  根肥をしてをく  らへてをく  そこのみく  そしりなんかにはとんじゃく  デーにしてをく  これだけ残してをく  草鞋はかろく  場合には、出く  右のはたっく  山がしづけく  冬木をく  一人を寝せてをく  五里ぐらゐ歩いたらう、く  淺ましく  一夜の、そそけく  身柱元がぞく  あんたから謝罪つとく  中原さんが来て待ちく  手とほく  峰とほく  虫はとほく  間をく  汽車のとほく  側へ寄ってく  お腹が満く  一緒に揺く  私が持ってく  ひじを立ててぬっく  左右にく  頃二十一二とも覚しく  左衞門様は宜く  それは宜く  孝助殿誠に宜く  話をいたしても宜く  首をく  ものだからほく  お前、そんなあぶく  提灯をく  ろけばとほく  終日籠居、睡く  歩るく  黒線とほく  木枯荒れて、著るく  こと益著るく  身心かろく  おむすびにして焼いてをく  ようにく  恋ふらく  トーチカもたちまちく  攻めよせてく  門をく  残つた、あゝく  生垣をく  脊をく  背をく  葉は流れく  田川は唸く  答ふらく  終いうとうとと睡く  絵は極く  ように、夜どおし駈けく  歯をく  土をく  眼ぶしく  扉をく  聲ありておうおうと唸く  のは、ぶく  のが怖しく  年期なりしを、またく  試むべく  やうにく  人波をく  力瘤を入れて、つけく  血をく  煙草をく  叢書は洽ねく  機嫌惡るく  惡るく  あくぞもく  おみやげにもってく  海原のはてしないとほく  やうにとほく  それはとほく  きいヒヤシンスよ、とほく  顔、そのかほもく  鉤をひらめかし、とほく  巣をく  さやさやとうすじろく、うすあをく  あしおともかろく  おとろへく  そよかぜよ、とほく  赤いきんちゃく  うちに睡く  急に睡く  口からあぶく  警察へ云ってく  机からぬっく  場合、当然起ってく  白官舎のものたちの思わく  新井田氏の思わく  病気が悪るく  それはむこうに思わく  方から気味悪るく  中でよっく  豐かにてとほく  船よりとほく  中心點があり、とほく  風も凄く、とほく  かぎり覆されとほく  現実とほく  底なりとほく  ひとのりんく  眼が悪るく  窓に鳴って惨じく  立場で、極く  文化が見られて悪るく  語に出く  意のつろく  のが極く  邊におほく  乞ひありく  邊地などをく  俄にく  忌ぶく  こはく  スカートをく  通つてく  かすかに極く  不思議に、こそく  ために、くっく  妹に思わく  膝に浸く  追従めかしく  勇気もく  十字架をく  小ちゃく  雪路を歩いてく  裏には、極く  甲斐がいしく  盲に出く  形で、承く  詔を奉く  チャンピオンになると、いろいろとあぶく  収入だから、そのあぶく  爛漫にしても、く  私はちつとも睡く  暖簾をく  あといくらでも眠れると思えばぞく  ひそかにそしてかろく  感じがします、極く  知識の極く  自然の極く  たばこをく  肺が悪るく  下をく  お婆さんはきんちゃく  露店をく  お上さんも悪るく  水をく  看板をく  口にく  唄をく  涙をく  肩が軽るく  皆素性が悪るく  切り加減なぞをよっく  のなら、あぶく  ことが極く  これを渡してく  みずから血祭りにしてく  ア、帰ってく  んだから、よっく  もうこはくてこはく  それはそうですが、ほく  住居を尋ねてみべるく  切目が、ぶく  海道を歩いた、く  様に、かぶく  どこにもく  五もく  事を知らんと欲せば宜く  遥けく  むづかしい名前をく  罐おいてく  秋からのごもく  時に屡く  朝には、屡く  少女に屡く  頭が痛くてく  危つかしく  日向のもく  浸透してく  穏なしく  臺所に出て、ごもく  のをみく  惡體もく  男ばかりとは、少々く  虔ましく  調子でとほく  刑者とを出して尚執ねく  人間は狡るく  胸がぞく  釘にく  帯にく  頭を下げてく  年古るく  ろ寒けく  馬追虫をめづらしく  牛乳と卵とのあぶく  憐むべく  上に掛く  殊に楊枝をく  際は極く  手に触れし寝く  自分の思はく  荷が軽るく  照が極く  内容は、極く  雲のみねは全くく  ジュウジュウとあぶく  途中といふところに出く  不意をく  三倍時間をく  高をく  蛙をく  なかへく  女が極く  それから先は次第にさむしく  金もないのにく  獅子にやってく  髪の毛が寝く  弁護がましく  きせるをく  山からぼおっと出てく  もんちゃく  はて、忽ちく  潛つてく  戀のおほく  小歌もく  傍人の思わく  ロマンチスムをく  性格でもない、極く  人々よろしき歌おほく  接吻して、安けく  熱度が昂く  惣毛立たせ、いよいよ猛く  体で、震く  もの凄じく  巌の尖にとまって、く、く、く  青い鳥はまだ、く、く、く  結局、極く  年齢を描きわけしてみた、という、まあ言ってみれば極く  あたりに引き廻らせれば温かく落つく  眼は著るしく  だんだん睡く  道にく  造は、さう見く  胸にくっく  女はまず、くっく  ように、またくっく  子爵どの宜く  何かのことも宜く  運悪るく  あとで気がついて薄気味悪るく  気分が悪るく  物になしてく  一葉一葉に濃やけく  山路へぬっく  じんじん端折で、てすけとくてく  和蘭陀のかんてるく  奥さんが極く  云つとく  足をく  僕は、極く  唇から極く  時にでも、そのいたみは、極く  貝殻の産み出す極く  海の極く  従つて、極く  うちの極く  触角をく  五分月代をかろく  怨みがましく  観察をく  靴をく  蕎麦をく  女の踏みく  飯をく  二三枚持つてく  畳までく  油壺を見てく  泡をく  死骸をく  何だか気味が悪るく  みんなが悪るく  のじく  それと覚しく  ッ、く  外に思わく  敷石に触れてく  かいよっく  速力はやがて徐々に緩るく  のどをく  識者の普ねく  供をしてあるく  今度は極く  のは、何と珍しく、少し怖しく  あしをく  ようで極く  五十銭遺いてく  緊ついてく  口喧ましく  おまえが持ってく  顏相をく  小道もめづらしく  のもめづらしく  こっちは睡く  ことが怖しく  そこにほく  心も、よっく  弥四郎頭巾が、ぬっく  生籬をく  一喝をく  縄にく  ことをく  一しよに、とほく  行つた一人は、うんじゃく  人のひそめく  てゐりや、睡く  女はく  つて指をく  腰をく  天朝の尊むべく  言つとく  行末とほく  さし出がましく  顎をく  輪鍵にく  うちで極く  恥がましく  時どんなに猛く  法門をく  煙がもく  初めは極く  夢をく  のだけれどもく  もやいてもく  ゆうべからそばで見ていても、羨しく  劉備はかろく  兄をどんなに羨しく  馬右エ門のむくれ上るく  絨緞を掛く  額を掛く  服は着たるばかりなりと覚しく  腰を掛く  半分掛く  壁にがたりと寄せ掛く  豆腐が煮く  五分もすると又干く  余りの極く  まち遠しく  貧乏時代からのマドロスパイプをく  三軒ぐらゐ門前払ひをく  のが羨しく  願ふらく  食ふ、睡く  唯願ふらく  腹が空いた、取って食う、睡く  処、極く  姉宜く  下着と覚しく  間を措いて、緩く引張つてく  それは極く  足が小く  雨をく  眼頭が、じっく  方は極く  小は、く  心掛く  あと脚を揃えて、く  上へ泣きく  姿が羨しく  出尻で、ぶく  つては、ぶく  ここに極く  日程からわり出してく  地理にたいへんく  風俗などをく  都合とか思わく  から、とても怖しく  大石軍曹も、ようよう附いてく  ような生はんじゃく  音楽が極く  キャラメルのにちゃく  義務に反く  さへ爾く  喫茶店に落つく  現在では極く  眼をく  関門をく  鐘おほく  ごころいとかすけく  夢おほく  玄徳はかろく  下においてぬっく  呼吸があぶく  煙管をく  ことにきまったので、極く  ほんとうに怖しく  こともく  食器をく  時、極く  ねずみはすけえく  死骸を見せて、極く  間からだが悪るく  大変宜く  まめつぶほどちひさく  平地へつれてく  以前よっく  黒色にむしく  彼は突然もく  姿勢をく  内持ってく  毬栗頭をぬっく  壁にぶつけて押しく  瞼をかろく  手顔を引かく  私はかろく  雨となりく  ひそかにく  空のとほくとほく  水音とほく  空とほく  鈴をふるとほく  ざめごと鳥とほくとほく  病あらせず、速やけく  許に彩り、軈て、普ねく  私はよーっく  五郎を置いてく  顔をよーっく  ウラスマル氏が極く  独特なそして極く  向うの思わく  蝿が唸く  中にはとほく  やうにとほくとほく  体をく  博士、勝ってく  手を、かろく  夏侯惇なので、なにか、ぞく  感情昂く  三人は、極く  男、ぬっく  腹をく  からだをく  何か思わく  どこへ持ってく  慌だしく  胸がなしく  齒をく  却つて宜く  永代橋の下をく  潜戸をく  方々に飛び散つてく  違ふかといふ極く  違つてゐるといふ、極く  一郎はだまってく  あみんなよっく  おいらここへ置いてく  往時高層建築はおほく  仰せを伝へたりと覚しく  君がねく  ぼんぼん時計も睡く  キマリもんく  水が流れく  私は極く  身を持ちく  膝をく  波をく  マドロスパイプをく  何時でも出掛けてく  リカは、いひく  とこはく  毎日鳩をく  義に反く  自負すらく  李典が、ぬっく  寺皆破れく  皆破れく  認むべく  香をく  私はぞく  平らけく  饒けく  事蹟おほく  船路はるけく  なかから、揉みく  行つたのであり、詰り極く  以て、ほく  思ひ出、かなしけく  何うも宜く  存じます、宜く  事を宜く  のだろうが、宜く  私が宜く  工面が宜く  事をく  坂を埋むべく  相互の思わく  誇りがましく  手をく  露を浴びて、睡く  歌はおほく  寛けく  孔明はかろく  殊に落語家などを極く  はい、宜く  何だかもうぞく  土間へく  肉体をく  本を貸してく  一度味っとく  天窓をく  角を落して、く  味方はバラバラに斬りく  私は怖しく  光長は睡く  下役に出られますかねえ、宜く  ことは入らぬが、宜く  訳か又極く  のは極く  初会に宜く  手伝いに行き宜く  夫婦暮しで宜く  女郎子供とは宜く  万事に宜く  者を宜く  はい宜く  ように宜く  叔父さん宜く  商人でも宜く  ア、まア宜く  更睦じく  あんたア宜く  人違いを致すな、宜く  親を憎いと恨まんで、宜く  伯父様宜く  腕も宜く  わけには往かぬに依って、宜く  貴方何う遊ばしたかと存じて居りましたが、宜く  父様宜く  此奴を宜く  トゥロットは、ちひさく  中をく  ミスが、いきなりく  恨みがましく  んぶく  事はよっく  わきに付き添って、睡く  所をよっく  鵞鳥に貼く  炎熱焦く  気がさしたと覚しく  地球儀を持ってく  人間が極く  ものと覚しく  羽をく  けがましく  爺さんはほく  それが羨しく  目をく  人の思はく  何よりもようっく  只安らけく  反動して極く  位に即く  政府は極く  肌がぞく  気まりが悪るく  ことは出来るだけ削く  山が見えたが、遠いと覚しく  猛火をく  變にく  妙にく  集団をなして、あぶく  地獄をく  気怠るく  お玉杓子が湧き、ちゃく  小言がましく  なんぎを、すくってくれるく  口元は極く  日本人は極く  ように睡く  詮索がましく  逞ましく  商品をつまぐり引っぱり揉みく  目醒しく  京橋凱旋門をく  膝に泣きく  火をく  劫火をく  道路が曲りく  間調べていましたが、極く  風呂敷包みをく  紅を、しめて、踏みく  冠門をく  背が極く  幹とかれく  綱をかけてく  神官をく  今からちやんと云うとく  身ぐるみ持ってく  態度をく  舞台をく  楽屋をく  建物としてく  ぺッたりく  渚はとほく  つて齒をく  もの生命をく  餌食と心得て、く  傍にく  利子をく  行つとく  夜分睡く  海に流し、年中睡く  瘡は極く  もう一度よっく  熱平衡は徐々にく  行き止まりにぶつかって、極く極く  ッちゃく  小っちゃく  恰好をく  熱心に尽して居た極く  児が小く  調子に関するく  男が極く  面映く  生育に委せてをく  のは、極く  気持が悪るく  引退かれるが宜く  太閤の思わく  から戻く  受けも宜く  民さん、く  幽明遙けく  都会人中の極く  吾儕は爾く  のぞき眼鏡を、どんなにめづらしく  股をく  葡萄粒をわたりく  それも極く  あたしを連れてく  虎船長には、はら立たしく  しろへまわってく  万作は睡く  点綴するく  云つてく  かさになって落ちく  方に居て、まだ極く  色が著るしく  天気は極く  自分の思わく  浪の思わく  隔てがましく  日には、じく  足音絶え入り、ただひびく緩るく  柄かろく  杖かろく  娘子を遣ったら宜く  旦那様宜く  貴方も宜く  お母様宜く  伯父さんにも宜く  皆間違っているから、宜く  悪人はねえ、宜く  給金を極めなかったが、宜く  宿屋から喧ましく  年は若いが、宜く  己宜く  路が宜く  顔を宜く  お天気が宜く  これ金宜く  理合を宜く  感心だ、宜く  段を宜く  何うだか、宜く  方が宜しい、誠に宜く  から、宜く  それは去るよ、極く  興奮させてをく  スケツチに屡く  茶椀酒をく  三ぶく  歯をのぞかせて、あぶく  新たないけにへをく  何かをく  それをく  今すこしく冷しく  なかった、極く  口を開いて、極く  芝居に連れてく  随いてく  戲曲もまた宜く  私たちは、く  地面に、しっかりく  髪の毛までく  紐を解いてくださいと、く  今度は睡く  馬車にく  艦隊をく  へん疲れて、睡く  本船にく  手紙をく  空気のあぶく  よれよれに寝く  一日歩きく  徳永は全くく  繊雲とほく  怪我と覚しく  中に著るく  疾より聞きつけたと覚しく  小さなからだがはげく  金さへ握らせたら、ほく  身體がぞく  塔を押しく  心はあまくしめつけられ、まるっきり睡く  磯ぎんちゃく  悪寒が来てぞく  音楽につれてく  お話がありましたが、極く  ぢ口にく  卵をく  鼻歌であると覚しく  挿んであったと覚しく  千をく  湯が生温るく  之れで読めた、読めは読めたが、思わく  ゴテゴテ小いさく  あれをく  語調をく  私もうこはくてこはく  中を、丸るく  我々の思わく  遠慮がましく  餌を引いてく  穴をく  當に、極く  乳首をく  おまけに極く  腹をぶく  一種えきぞちっく  古語の持っているえきぞちっく  ろまんちっく  いっぺん裏口をく  戸口をく  あめりっく  外側に向ってく  二句をも持たせ掛く  喧ましく  ウマくいく  願をしに来たり、極く  位人の思はく  上にく  命返してよこせといつてく  談判してく  行つて談判してく  袖かろく  乞ふらく  笛を帯びて、洽ねく  夜のみは、いといつくしく  おかゆにまぜて煮く  これ以上生きてく  露助はほく  彼はほく  つては然く  無性に睡く  云つても、極く  中に、く  現実に出く  たかをく  男に侍く  耳へととほく  遙けく  畳をありく  もと味噌汁をく  屋根は極く  女達二人は極く  風采で、極く  多くの尊むべく  畜生どうしてく  達者と覚しく  重傷に唸く  話好きと覚しく  神に祈る、そういう極く  形は、勿論極く  舞台を作って、そこで極く  これは極く  推定すらく  夜目にも青白ろく  形だけ極く  つてんでね、切りく  喋つて喋つて喋りまくつて、切りく  一錢も置いてく  やうに見てあるく  気になり、羨しく  葉風すゞしき庭面にかろく  何事にも極く  当りがあると覚しく  畜生め、どうしてく  事なので、薄気味悪るく  呼鈴が、けだだましく  刺繍は極く  のは、よほど凄い思わく  男はおもわく  子曰わく  ことがあると覚しく  旱に爾く  林をく  工業用ダイナマイトを使って極く  私は甚だく  ころより好みく  隅には、さんざん煮く  研究所では極く  のかと思うと睡く  成るへく  後者は或るへく  所のもの成るへく  垣根をく  それは普ねく  べらもの、く  不思議はないが、く  糞を浴び去く  何となく薄気味が悪るく  ますます悪るく  講演が極く  人々の思はく  十里とほく  小坊主と覚しく  事情がありますが、極く  兄弟といふ極く  ものに出く  一人で待ちく  火明らけく  肱をく  端をもみく  先刻から煙草をく  へん、どうせ持ちく  面構へく  齋殿深く焚きく  船に、のせてく  鼠も怖しく  悲むべく  瓢箪ぼっく  小骨がたあつ、噛んでく  何ぢょするんだ、なんて睡く  竹が冷しく  何人も爾く  つて空はめづらしく  私はめづらしく  散文と極く  こともおほく  私はまだ極く  方へ歩いてく  恋ひしく  夫を執ねく  ことは、極く  兜を見定めたと覚しく  黄金幻境に変ず可く  両親によっく  其に出く  ほんもく  心もかろく  身もかろく  すつかりく  草鞋かろく  言葉もかろく  八つの洞門をく  一方はもく  殊に、ぶく  心かろく  芒としてをく  柵をく  朝曇朝蜘蛛ぶらさがらせてをく  ″\三時間位だつたが、ずゐぶんく  山門をく  蕗を煮てをく  足もかろく  水くんでをく  から一日も出く  料理はまづいなあとめづらしく  物見せてく  つばめは、黙ってく  王位に即く  明らけく  晴れがましく  二番に軽るく  成る可く  博覧強記で極く  ほろほ、くゐく  臭気を抱いて寝く  撥かろく  手討ちにしてく  一人だの、と、しきりに褒めそやすので、少し気味悪るく  薄気味が悪るく  たいがい極く  時に、極く  のでしたが、とほく  談義をく  ポチも睡く  睦じく  時間と覚しく  体が小く  もの、実にまどろこしく  ストライキを起しく  仲悪るく  頑固爺をへこましてく  五六本かたまつてく  妖艶さに、気味が悪るく  又四郎の思わく  仲時はかろく  興味を惹いたと覚しく  日拗く  音なしく  いるかどうか、よっく  今年来ずともく  処に極く  横を見て、かろく  こちらの思わく  藤夜叉、よっく  道誉は、かろく  パイプをく  爪をく  山をほりく  林にく  吾もく  君もく  石をく  絹被く  裡袂にく  まきもく  成る極く  なんし、宜く  其様にく  新造だって西洋げんぶく  そばからぶく  堅ましく  権妻は極く  家は宜く  霧をく  他人の思はく  ころ彼はあぶく  手蔓であぶく  封鎖直前、あぶく  ジョバンニを見てく  銀河をよっく  夫婦を、祝うてく  なにかぞく  ものがぞく  どこまで連れてく  回想しながら、さっくさっく  女が寝く  せがれと覚しく  与八をく  まがい物をこしらえたりして、あぶく  たんじゃく  お茶時といってく  いふ事をく  のを極く  何もく  代つとく  んやろけど、まアあがつとく  発見し得なかったと覚しく  時と覚しく  チップをおいてく  先づスキ焼をく  ビフテキをく  社会革命の、極く  烏をく  ためすっかり睡く  嗚呼哀哉、尚く  大将株と覚しく  森をく  胴震ひのやうに目醒しく  ようになって、もく  から五分以内に、極く  二度ばかり出く  物をく  ん極く  墨匂わしく  がたにはもんく  右馬介はかろく  裏面を露く  それは必ず極く  風が来てく  ときだつてく  紳士もかろく  からきせるをく  ひなだよく  南中しく  ことつめく  地球照がありく  今夜にも帰ってく  料理作り専門で、く  ボリをく  鼻柱へく  雨でもく  タカをく  クビでもく  一時にゆるんで、グラグラく  やうな、く  坂道を駈けく  正成はかろく  ため厳罰に処してく  分りになりにくいと思ひますけれども、極く  就て極く  それを極く  拒絶をく  海のもく  女に出く  声を出して泣きく  口もかろく  馬ととも寝く  一番上等なのは極く  上へ掛く  から疾っく  箸で極く  火は極く  砂糖を混ぜて、極く  から極く  乾燥は極く  人参なんぞを極く  時小口から極く  ような睡く  心が極く  章魚が極く  砂糖と極く  皮を剥き極く  簾麩とを極く  料理になさると生臭くなくって極く  あれは極く  地を掘ってこれから出ようという極く  松茸まで採ってしまったり、極く  水で捏ねられますけれども極く  心を取り極く  みずから馳せく  それに侍く  押借りしてあるく  細かに糺して見ると、く  私は、く  事が出来ないで居るが、く  神人や、く  これが、く  袋が、く  形であるてく  人形は、く  山に、く  中を、すっく  のが、すっく  あなたを、すっく  七兵衛から捲きあげたあぶく  声がごく極く  時にはただ極く  収っとく  松井田は極く  公卿たちには鼻白めく  加勢に馳せく  弟直義に、よっく  ヤット睡く  巣立ちじゃねえか、よっく  ところだから、よっく  ほのかに這ってく  周ねく  訳がましく  光にかすけく  身をく  民の思わく  足柄を駈けく  風邪とかろく  妹の泣きく  容態をく  必要もないのに鞠躬如として、あぶく  日影は、普ねく  一つが悪るく  原形をく  禁令をく  鮮血をく  さも、極く  はじめ、あらゆるごもく  資本主義は、極く  愚かだけれど極く  いつかは懲らしてく  ようでございましたっけ、熟く  襖一杯にぬっく  腕に撓く  如何に好去く  早帰りをしたと覚しく  そのまま、すっく  燈を消しといてく  から消えたと覚しく  三婆さんをく  斜にく  こころ寒けく  かくとほく  のとほく  秋だとほくとほく  内心は少し羨しく  条件が悪るく  やうにさうざうしく  雲霧は、そういって、昂く  死骸によっく  風を含みたりと覚しく  ありなし雲のと、めづらしく  らけく  招待は、無論極く  足が茂く  ガス栓をく  波動は甘く、また、緩るく  ゆふべ、見よ、ほめく  靄ぼかし色赤きいんく  円柱熔けく  闇擾し壊れく  蒸汽の温るく  波もなきいんく  湯気は濃く、温るく  媼呻ぶらく  めぐりほめく  そことなくおほく  鳥居をく  風にしてなしく  今日もらって往くよりは、置いてく  房にく  溜息をついてく  地下足袋いっそく  朝極く  ため職をく  欲しけく  街は極く  先生であったが、この極く  方で集まってく  女と出く  街に住む極く  元来サモア人は極く  あれがあぶく  泡んぶく  敵を取ってく  お前敵を取ってく  敵をとってく  んていう極く  者は極く  違ひないけれども極く  谷が大きくく  登路である可く  間を凄じく  風波をく  てんもく  圃に出てく  燈火が極く  つて、泣きく  卒業して、極く  印刷についてく  長崎にうろついてをり、とほく  右手海岸はとほく  東岸とほく  本をく  時代を超えてとほく  縁とほく  私は、極く  くもゐにぞ、とほく  われじく  ノレンをく  髪をく  神学とは然く  由は、古るく  變らずてく  いちじるく  草を聞いてく  障子にあたり睡く  ばよっく  せんかたもあるまじ、猶く  釣竿をかついで、すっく  のも、まどろこしく  士が普ねく  洵ねく  山川のゐく  特色いちじるく  方へ揉みく  家へく  時間は極く  胸先がじゃく  警察ぢや、ずいぶんく  ものは、極く  性質に極く  老女は熟く熟く  懐つかしく  ことを聴いてお呉れでなきや、悪るく  人は爾く  部屋に来て、黙ってく  直接に即く  従つてく  運命は、く  こひしく  物事に感じやすい極く極く  部分で云えば極く  から世間の思わく  石鹸のあぶく  訓むべく  どこさ持ってく  俺らんところで出来てく  あやにく  橘の思わく  畠をうねく  のがもく  一本のらふそく  皆晴れがましく  実入りがあると覚しく  安置して置いたと覚しく  一筋に高く潔く直く  わたしは羨しく  不細工に引っく  あとからもんちゃく  葉巻をく  すてきにもく  這ひありく  霜のをく  ような極く  居間と覚しく  袖をく  杉丸を組んだだけの、極く  せいさんは少しならず思ひく  ことも、畏おほく  両者は然く  靜けく  何しろ極く  定さんもだ、まあ熟く  歎かわしく  鰹節をあてがって削く  花をく  未練気もなく思いきって、すっく  欲望は重なりあひく  夢はとほく  淨くかろく  記憶は著しく悪るく  買つとく  平二がきせるをく  借金をなしく  首でもく  先刻からグラグラして、ひどく睡く  行つてく  仏軍はぞく  祝い酒のあぶく  あなたの思わく  我の思わく  吾妹子が寝く  さ羨しく  カントの極く  長崎にでてきたもく  ごはんもたべられない、ともんく  そこからもんく  いちばんのもく  強制がましく  繩にく  のよりも宜く  人々が思わく  未練くさい、思はく  正太さん宜く  物はいくらでもく  お金を持ってく  こっちから持ってく  機関銃ぐらい忍ばせてく  人を連れてく  つまみ、もらってく  顔をく  裏をく  眼が怠く  ことが、まざまざと暗んじ返されてく  娘がいったいく  拍子に睡く  クビをく  酒にく  眼立たしく  楽むべく  ぱふ力のつよい、けんく  私はいっそく  経験も極く  はなしに出く  海行かば水浸く  額ふれにけるとほく  同車いなみしとが負ひて歌おほく  他の思はく  振舞もなく安けく  側に残されて居た極く  真上へく  門のひそめく  傳ふらく  一束クビをく  真黒なあぶく  話をく  方に慣れぬと覚しく  通つて行くと覚しく  烟がもく  村落にもく  廻つたと覚しく  思つたと覚しく  戀ふらく  もんが、どうしてく  何へ入れてく  カーテンをく  繁みをく  白樺が、揉みく  霧がたためく  しるしだけつけてく  人は、極く  敵弾雨よりも繁しく  彼女かひがひしく  乘客等は爾く  私としてはめづらしく  のと宜く  面にく  山はしづけく  さし招ねく  尻をく  尾をたばねてく  ものだ、そして又極く  ふちは極く  ほんとうに不味い極く極く  から持ってく  花圃に向ってしねく  うたふらく  方も悪るく  手癖が悪るく  ようなどをく  端をく  滅っちゃく  追加すらく  上内庫中において遍ねく  指語すらく  看板を掛く  話もあればなり、赤いとはまづかく  板は、もく  税関をく  地獄の門をく  ように、く  兵士たちは、く  気持悪るく  頸をく  その間をく  もっと身軽るく  脚にく  三ぞく  咽喉をく  名を流してあるく  児等と極く  知識それは無論、極く  兒等と極く  潮の干く  鼠をく  それ以外のものに反く  COCOAのみく  つて、とやせむかく  木は始終く  神をく  それから極く  ものを見ると、く  主部が小く  體を取く  稽古をして約しく  私もく  暁方雨ふりしと覚しく  羊はまろく  校門をく  それを羨しく  輕るく  日本に極く  円いきんちゃく  話が出ると、消えて去く  縁先へ置いて去く  頬はめづらしく  お節は極く  鬪爭中、極く  何かの思わく  毛並から面付までが余り宜く  心をく  徳川幕府以来明治維新を経て極く  お前さんが持って往くだろうね、持ってく  お前さんが持ってく  涎れあぶく  ろうがましく  時し到りぬおほく  木にく  ことがある、おほく  から此處には略く  筆を略く  海よりもおほく  溪谷にももく  考へを極く  冷やけく  鮮けく  埓もなくく  黒鯛はおほく  殘り、やがてじく  私はおほく  ッこしく  元来、極く  指にく  銀のふほをく  皮膚さえ匂わしく  小童は極く  手を預く  これ持ってく  目じるしをく  心を持ってく  相手の思わく  手が怠く  二三ぶく  八畳では寝つかれぬと覚しく  世界までちょいととんでいくく  私達があぶく  根ぼっく  小林も極く  文藝とは申しましても、極く  から、極く  巣へく  んどりをく  乱雑がねく  態度にちらく  声とほく  裾野とほく  師匠にさえく  鼻をく  さきをく  多寡をく  方で凄じく  脚から根をつけたごとくにぬっく  不可ません、それにじく  小造りで、目立たない極く  うちに何となしけったるく  お前睡く  ところでは、薄汚い極く  ピオニェールが歩いてく  ページを削く  はじめ、極く  破れをく  日暮れて、ぞく  わたしどもはうすら睡く  私はむしろ羨しく  枝にく  煙草などをく  專門的術語はおほく  自ら爾く  而もえろちっく  ことですから、極く  言ふと、極く  地方で極く  ねこぶく  流俗の思はく  三日目、ようやく落つく  彼女が、揉みく  高徳を、極く極く  服装なぞに極く  散在するほどの極く  肺は極く  ここには極く  中には極く  鉄条網は踏みく  自然にまかせてをく  誠実をやりねく  流れをく  二人にまかせてをく  部屋にそなえてをく  語つてをく  表情が、然し突然く  つて泣きく  ところへついてく  東京へついてく  顛覆をく  ままに委せてをく  日本人めづらしく  脚きはめて短きをおほく  ぐひいくつか注いだるを持てく  耳に入りぬと覚しく  りくを見れば、おほく  裏門をく  いつまでも口をもく  口をもく  あいだもく  私がく  藻をく  やう心掛く  ようにして、ぶく  底からじく  代りに極く  平一郎にはもく  彼は羨しく  何うぞ入つとく  地辷りやくねく  臭とが凄しく  五郎市をく  カツとして、極く  其を更にく  和田は何故とも知れず、ぞく  ため建てたると覚しく  鼻柱をく  ヤリにく  ダるく  罰をく  布片は極く  子供をおいてく  血とあぶく  血のあぶく  卷莨をく  一つ口にく  人事の極く  ことには時々極く  笊をかろく  川にそってく  綴つて普ねく  ことは多分極く  話よりも極く  猿はぬっく  大手門をく  木村タバコをく  タバコをく  それから菓子をく  全力をつくし、負けて、泣きく  文学的なしねく  配合を考えてく  明かにし、極く  これを極く  静けく  死亡調査報告書、く  軌道からそれたあぶく  韻文でも、極く  ょにしたらいが、教えてく  発汗剤になるともいわれ、そしてその極く  今極く  のかはのうすくおほく  彼は、何故か怖しく  言葉などは揉みく  さがぞく  海に向いてく  水も細く幽けく  弁解がましく  大体落つく  何も知らずに、ほく  母はもく  文吾もぞく  目に見えて、をとなしく  粉にむせてく  兄きの思わく  烏帽子かげして、く  沙汰がましく  案内は熟く  延へけく  刺しけく  日はうすあをく  ガス管をく  留學中に極く  鈍ぶく  張つてく  つて持つてく  ところは、すこし睡く  コイツは極く  われわれが極く  息を掛く  やうに、遅くまで飲んでて帰つてく  年をく  木綿帯をく  表情を少しもく  歯ブラシをく  表情をく  我身をもみく  必要な思わく  兄は極く  自信をく  外側へく  死体がおりてく  だれか、ほく  ゆつたりとふほく  おばあさんは、それでもく  この間書き上げた極く  片が附いたら極く  御者が凄じく  事や極く  幸に、極く  意外にめづらしく  ぢっく  裏口をく  さうにタバコをく  それから膝をく  山荘も極く  小峯セツ子に出く  丁寧にく  うつむいて、く  伺つとく  鉄に関するく  戀ひしく  もとに極く  女の極く  二つ体をく  間と覚しく  里をありく  腰くだけ這ひありく  友巻煙草口にく  憫むべく  のは極く極く  おいでね、く  神秘めかしく  下に踞く  三個ばかりく  内々多寡をく  厳重に引っく  格子をく  木戸をく  藤崎さんはもうぞく  蚊帳をく  あとから門をく  襟許がぞく  台にとりつけられている、極く  指をく  海底のみく  やうな極く  相模灘に近きたりと覚しく  ためしがなく、いつもぶく  拱ねく  米の思わく  湯は生温るく  空をとほく  いよとほく  死ももう、とほく  字をく  配つて林をく  日が短けく  人の思わく  竹籠と白いずつく  水のあぶく  いつまでも姿勢をく  凡そ一抱ずつ、さっく  為に存せりと覚しく  夕方流しく  手拭をく  努むべく  尽力して貰って難有く  こ、ごもく  はるかあなたにぬっく  処と覚しく  文句ができるだろうくらいな、おうちゃく  窓ふり袖ふれて経く  舞ひありく  声を掛く  人の普ねく  使いにたって持ってく  人足が茂く  餅をく  下をかろく  口をく  ボウトはそれなりぶく  一しよに、ぶく  一人で抱いてく  ときむさぼりく  気分にめづらしく  彼の思わく  自分たちの退ぞく  砲煙をく  前に極く  加へたから危い命をく  何だってそう薄気味悪るく  兄さんに悪るく  馬鹿に睡く  釣り歩るく  しかど、たけく  医こそ熟く  人訪いく  団子をく  雪をく  上に泣きく  銭を儲けるにしてもあぶく  禎と宜く  時よっく  呪詛を取去く  なかをく  聲あはれなり啼けるをとほく  路ばたはおほく  根がたにはおほく  顏をく  昨日終日とほく  毎日毎日おほく  姿は極く  気もちがわるいので、宜く  酒にもく  から思わく  私をく  最後的にく  彼をく  やうに極く  女の思わく  うつぶく  横になっていたが睡く  僕は、ぞく  ひもなくどうせろく  はず指をく  夢は常にく  ようにして跼まって、濡れく  不意に出く  土地をく  浅草へ連れてく  縄をく  周囲であぶく  ボックスで屡々繰り返される極く  トンネルをく  青空にぬっく  だき西のをく  申談候てつがふ宜く  金ぞく  間じく  願ひ致します、とつけく  日本海を埋むべく  もんなら、もう頼まんで、やめておいてく  もんなら、もうたのまんで、やめておいてく  川魚を煮く  遁げようと思っているななどといいあてるので、怖しく  不時に睡く  ことを説いているが、怖しく  金網でかろく  海へ、ぶく  其側こひしく  鶴をかろく  ことがより怖しく  のをはいてく  問題として、極く  麦はかじろく  時よりは熟く  前線をく  位置をもく  流眄に掛く  僕も、すこし睡く  眼がく  格をく  何もかも呪わしく、馬鹿らしく、焦立たしく  もんか、ぐずぐずいってると置いてく  方で、く  それは詰らない極く  軒をく  網をく  面に、あぶく  又八はぬっく  相手にしてく  草鞋三ぞく  世間の思わく  仲宜く  仲宜くしたいとは宜く  これよっく  欄干にひらりと掛く  嶺のうへかろく  はし花よりもすぐれてく  音かろく  嘯ぶく  本人の思はく  人影は、ぬっく  沢庵が、かろく  泊つとく  何んぼでもあがつとく  身體中がぞく  ことを極く  もう少し小っちゃく  具合わりく  湯垢とのほめく  柔かにかろく  つぶやきはかろく  衣嚢に入れて歩みゆく、寄せてく  手軽るく  想を懸けるは宜く無い宜く  総てしだらなく、手緩るく  自分で行かねば宜く  物を取り出した、熟く  幾等熟く  中へ這入ったが薄暗くて宜く  者がある、払い落して宜く  大層宜く  洞看く  レペルに取っては極く  堕落を深むべく  限り極く  声は微けく  此処かい、隠く  絵画展覧会は、極く  雲がもく  營むべく  ように急がしく  外へ極く  まり極く  差異が探く  綾さんは屡く  爽けく  女房は擽く  貴殿の思わく  セユタア着てく  鉄条網をく  筋は極く  のか、極く  あたりには極く  物語をく  鏡にうつすと、煮く  ハンケチをく  ふたことみこと、もんく  そりぐつを、いっそく  一つしてく  涙の干く  此雪に宜く  首になる極く  裹むいく  それ以前より睡くて睡く  挨拶も済みたりと覚しく  君子はとやらむかく  人出に思わく  熟っく  二本を熟く  成る程白髪だ、熟く  ものが羨しく  贈物ポピーを播いてをく  婦を揉みく  蕎麦、ごもく  踵をく  何ですか、もんく  鼻へく  何處やらをとなしく  手を掛く  間を、く  醤油でなしく  御事は真におそれおほく  しめ給ふ可く  女は極く  木魚にしがみついて、もく、もく、もく、もく  木魚を、もく  全身心持悪るく  威厳少しもく  相貌変りて、著るく  如く安らけく  しまつとく  さが逃げてく  のを拾って来て、かろく  処、実に畏るべく尊むべく  波われてく  音をたててく  めんもく  もの二三を、極く  自我中心で、極く  座席に即く  餡をのせてく  大河の思わく  者、働きていたりしに、頻に睡く  のか、睡く  うち食むに、ゑみく  耳に入りしと覚しく  荒縄に引つく  気力の著じるく  一再ならず出く  ポン公とをく  空望を懸く  財産を極く  待合をく  過程については極く  くせ探険のもく  中からぬっく  蕨が、ぬっく  計つのつて宜く  ぼく睡く  僕ちっとも睡く  とこまでひかれてく  夜眼にも著るく  不平がましく  毛唐に出く  村のとほく  鰺炙く  兜を載く  ぴッたりく  ガードをく  如く怖しく  ことが起りましたので、怖しく  たかすけく  少年たちは、ぞっとしてく  君は、く  飮みく  物をのみく  かばとほく  二つに裂いて、凄じく  さら怖しく  私はほく  混つてく  腮をく  箱が轟々と通り過ぎ、もく  私としては極く  一通り極く  コケの宜く  コケも宜く  却て宜く  横にく  方ではめづらしく  都鳥も忍ばしく  川は、極く  歯楊枝をく  非常にく  横目に見てく  事はいわないでく  それじゃとってく  彼既に探く  後を承く  時彼答ふらく  のち輪をく  鷹の、怒りく  肉體と共になやみく  師答ふらく  腹のおほく  肉忽ちく  付かわしく  一番齢をく  付合があって、たいへんく  屋根裏と覚しく  声が、ぞく  乃公が宜く  富岡氏、極く  水つぽく、甘たるく  蚊のきわめてしけく  齢をく  やうぞく  から、つまりたけく  従来卯の花をく  連体法をうちく  ちかひによつて、まそけく  ものは決してく  一息探く  読者は、極く  名聞がましく  友獣をく  疾風土を捲いて起ると覚しく  今日は宜く  心たけく  少年がそろそろ睡く  それにしてはろく  たか突然立ち上ると、凄じく  すべての唸く  ようにあとずさりしながら、やにわにく  野郎にもよっく  山々にはうすくもやがかかつて、うひうひしく  前へ回ってよっく  フェルナンデスなどというもく  ちょっく  こと茂く  虫干しになるか、よっく  用があつたでもなかつたが、案外温しく  樣に甘つたるく  信吾は極く  我等に示すをうべく  道を直く  禍ひをく  導者答ふらく  スターツィオ答ふらく  棒に掛く  守りぎんちゃく  守りきんちゃく  非常に睡く  んなら、ほく  伝法伝六が、ことごとくいきりたちながら、あぶく  恩愛を得く  おつもりで、よっく  何処へか持って去く  甥をく  様に甘つたるく  逼ると覚しく  煙草を貸りてく  のどから血あぶく  みんな紙入れもきんちゃく  二年越しく  きんちゃく  蘭どのが思いついてく  のは宜く  末が宜く  それからすぐ睡く  ようなおうちゃく  籔をく  一心不乱に凄じく  ポクリねもかろく  乳っく  角へく  大将のどから血あぶく  富士甚内よっく  遽だしく  はじめていっそく  訣がましく  彼まづかく  愛答ふらく  加ふらく  炬火をく  凧の極く  有つ極く  星落ちてく  こめをく  日のよけく  峻しけく  三月二十四日風雪を冒してとほく  曳綱の曳かく  日々にあつけく  稻田もわかずひたりけるかもまがなしく  柏木村を行きみればもく  さきから籾をく  鼠は、みしねく  根の深けく  雨の寒けく  たらの木のもゆらく  蕗の薹よろしく  やすらけく  程は全くく  人はいへどもまたけく  損失はおほく  枇杷ことしばかりはめづらしく  松原をありく  通ふすみやけく  蚊おほく  渚をとほく  店があるがきんちゃく  俗にきんちゃく  餘り馨く  お金の思わく  専売局の極く  のかと思うと極く  同志の思わく  ズンズン歩いてく  おれも睡く  車輪は極く  鍬で突きく  苦がく  午後と覚しく  から、つまり、たけく  笑つたりして、く  のが、いちどにく  面長な極く  気魄も猛く  厳寒をく  人目をく  誰がためによそほひありく  会つてく  時ををく  従姉妹達もく  赤飯をく  お前どうだな、睡く  筋が、匂わしく  何時思わく  ところで曲がってく  国平らけく  顕らけく  國平らけく  顯らけく  天雲のあをく  方で走ってく  気が落つく  朝熟く  後になっても屡く  頃屡く  奴は屡く  ことは屡く  掌先、く  処から屡く  唯皆様に宜く  御名論を出され可く  小説を書いて見せるという極く  鉄塀は比しく  三詠なみぢのうへをとほく  奇貨居く  昼はとほく  どこかにとほく  歩みを続けてく  からんと、とほく  左へ曲ってく  右に曲ってく  骨もく  お前からよくもく  仲間のもく  鉄管にく  肌にじく  役員をのせてく  んも来てく  背中を見てく  命令書に曰わく  迸り出るく  判事たち、答えて曰わく  文言に曰わく  のれんをく  きまりのなまはんじゃく  これはおいてく  サナトリューム療院といえば、極く  間にしふねく  半島人はいうまでもなく、極く  のがそろそろ焦立たしく  ものばかりで極く  波にうたれて、く  あばら骨がろく  切をく  執拗ねく  逢坂がぶく  互ひに即く  ちょっと拾ってく  此芝をく  老女がまだねく  手をとり、く  立場から、極く  心にく  八千女窓下に座りく  今考へれば極く  屋根へく  心のみおこりて、おほく  昔、極く  事でありまして、極く  假名で極く  目醒ましく  非難がましく  時に出く  下級神人や、く  寿詞ほく  意義が傾き過ぎたが、ほく  事も、ほく  関聯したほく  為、ほく  のだから、く  相違は、く  自らさへく  一流と、く  此外にも、く  携へ、く  ゑがかれた、ほだの消えてく  一本には極く  ぐらゐに云つとく  初のせっく  鍋りくぞく  ぞうもく  お断りをく  のを見て、ぞく  性もなく寝く  手錠をく  生涯も、やって通って来てみれやあ、あぶく  膝を、かろく  章はいつの間にか睡く  事にはとんじゃく  合にく  水が浸く  他の思わく  コンプレックスを全然持たないか、或は極く  三之助はをとなしく  心根にく  友に嘲られてく  おいおい引いてくよ、引いてく  水は寝ないで流れてく  別いらなけく  臣延へけく  雲雀ひひく  一〇五いらなけく  五九かなしけく  一一〇くくちひひく  六四さわたるく  一〇四みのおほけく  九六みのなけく  六で割って、いんろく  お正月にもってきてく  苦情を云ってく  敵をく  のぼりて立てばく  中の極く  巡遊伶人団は、く  名が、く  事で、く  つても尚、く  散布も極く  眞玉もりぐすく  大声をあげれば、あぶく  さかんに煮く  笑ひはにかんだとほく  ひつそりとはひよつてかろく  沈思でろく  二ひきもつれあつて泳がしてをく  我慢をしてをく  ホホ睡く  口乗せてく  仕事に行きやれ、と和しく  げようかと云うかとおもえば、どうしてく  十兵衛の思わく  さも憎しどうしてく  拙者が預く  白法隠滞して、おほく  年代おほく  ものは、はなはだもておほく  たまたま行信をえば、とほく  のは、むしろ怖しく  財布につける極く  あれは泣きく  くらしっく  形容詞の始まり、やがて、く  しまつてをく  寝床から、とほく  傍にをく  頬をく  罪をく  鯰をく  お返ししてをく  妙に軽るく  月夜で、とほく  茂作は少々うす気味が悪るく  まま、とほく  つて、とほく  爪を長くのばしてをく  場にわつと泣きく  事を、よっく  毎朝机にむかったら、いくらか憂いもかろく  人間心理をいみじく  捉へてをく  殊にをどろく  固着させてをく  賞めてをく  押へつけてをく  状態にをく  過不足なくしてをく  接触させて論じてをく  画家を住まはしてをく  手段で殺してをく  ノートしてをく  所属させてをく  田舎にをく  仏ををく  明瞭にしてをく  個展は是非見てをく  疲れに、く  気分もかろく  衝突で、極く  鍔などの極く  おん筆をく  若い者ばっかり家に残してく  小犬は、まだく  音を聞いていると睡く  巨人スゥルトウなどが、ぞく  又七女房おろく  のはおろく  昭和十四年極く  勧むべく  痴ばかしく  非常に悪るく  いつでも極く  いくらかずつ気味が悪るく  頬桁一つくらわしてく  妹をく  巣を焼き尽くしてく  しんきしんく  金屬をごしごし引かく  んぢやとても怖しく  二つもく  サッサ歩いてく  くせ、極く  私がまだ極く  許は極く  塵かろく  羽ぶく  さまざまな思わく  非常に羨しく  ものは極く  ちょっと外へく  忍び入りと覚しく  ように睡くて睡く  前へく  やうに甘つたるく  のでは、一層睡く  私こはく  うちにたまらなく睡く  歌と覚しく  調べに誘われて安けく  そうだし、極く  芳子ちやんが羨しく  人民の思わく  手続きと極く  郵便配達夫が、大きなずっく  男はねく  都大路を練ってく  下に、熟く  正反対に、極く  薬にもく  気がとほく  上にぶく、ぶく、ぶく  家庭で極く  何とかしてこしらえて来てく  そうにく  ものをく  無意識ですが、極く  気懶るく  聲を出して又あどけく  白帆はく  氣をく  花ごろもかろく  猫かろく  匍ひありく  相好をく  顏をかろく  のは、その極く  誰もこらえてやってく  名字に出く  作品にややともすればく  冗談めかしく  それからふいに、く  ことを言いだして、くくく  烟管をく  つては些かく  のはよほど少くなつたが、それでもまだぞく  兵が退いてく  身の、爾く  席からぬっく  それじゃあ、ほく  かんとかと極く  

形容詞

~ く[形容詞]
歿く  尠く  能く  わしく  赧く  霜柱く  極く  苛く  うごく  うつく  めづらしく  執念く  しづく  受く  既く  輕く  程能く  宜く  からく  晩く  いちはやく  であるく  生憎く  巧く  島田く  をかしく  にしてつく  くかろく  ろく  冷く  齋く  駭く  柔く  怕く  蠅く  笑く  甚く  仕度く  美く  お能く  有く  趨く  度く  ろくろく  惡く  引退く  はしごく  悽く  没く  つべく  暫時く  失く  點く  遲く  黝く  ニく  盡く  續く  屆く  怖しく  花咲く  詳く  擱く  めざましく  暖く  面白く  弘く  廣く  圓く  くしく  姑く  遠しく  鹹く  昏く  おかしく  恐しく  はいく  嘔く  狹く  剛く  高価く  些く  牾く  完く  聽く  はしかく  確く  潜く  迅く  此く  浄く  詐く  博く  精く  なしく  滅く  冗く  燿く  卑く  目く  執拗く  拡く  つゆく  つめく  かしましく  勁く  歎く  草く  ちさく  みゆく  倦く  惜く  搏く  ッく  愕く  穉く  いかめしく  親く  羨しく  右く  七く  写く  願く  共産党く  あぶりく  赭く  碧く  赫く  軟く  激しいく  笛吹く  挫く  風情く  燦く  秋く  いさく  叛く  侍く  活く  落着く  天青く  ふっくりく  可く  嶮く  支く  欲く  非道く  寡く  穏く  嗇く  捷く  濶く  黝赭く  晏く  蛇く  ことなく  撃く  闇く  彷彿く  哀く  ときく  久く  この醜く  世帯く  軽しく  大分く  淺く  舊く  擘く  諄く  披く  死く  顫く  /″\く  晦く  あほく  べたく  クサく  モロく  瞞く  寂く  ギく  滋く  きれいなく  とあるく  廉く  そのままく  巣く  不可く  即く  慄く  アく  まらく  夏く  文学少女く  涕く  飯く  むらく  慵く  闊く  仔細く  分別く  時間く  城く  巨く  悪夢く  貧く  咯く  鞏く  缺く  足軽く  行書く  黄く  渦く  克く  香く  峭く  嫁く  緊く  彈く  其遲く  汎く  憑く  得度く  源く  獰く  刷く  たびたびく  燒く  まろく  而く  須く  窺く  草鞋く  オく  安価く  燬く  畏しく  にゆく  おもしろく  味く  趣く  奏く  爾く  おめでたく  撥く  毒く  ウマく  ヒドく  ババく  連弾く  つとく  窄く  喃語く  心く  窪く  亡く  放言く  興味く  はようく  離く  虫く  ブトく  いとをかしく  躑躅く  漢文く  倦怠く  太しく  もう少しく  惡冷く  乖く  令く  さなく  經く  憾く  諾く  酢く  クチく  效く  抽く  闕く  懷く  痛しく  可愛いく  云く  払く  細しく  薄闇く  歯く  道く  朱く  嘔吐く  仄く  いろいろく  さぶく  滴く  民く  如く  一種く  打く  覘く  清しく  多忙く  ツく  眉く  愉快く  屡く  梨子く  喘く  円満く  恁く  葉く  額く  つつこく  霜ばしらく  太刀く  大きくく  かわいいく  听く  傷く  嫉く  ピッタリく  きじく  朝餉く  経く  煌く  おろしく  危険く  あなたく  邇く  凄しく  ないく  哲学く  疎しく  餓く  展く  つのく  山吹く  殆どく  成行く  可憐く  氷く  ちょっとく  ホザく  なす事く  ふゆく  眩暈く  樂く  むべく  漕く  淨く  拔く  種々く  イカく  魚く  食く  輒く  癢く  せっかくく  売捌く  よいく  さっそくく  慨く  おなごく  戰く  烈く  矮く  凹く  水引く  接待く  懊く  蚤く  掲く  高値く  物く  りあるく  蕩く  畫く  癒く  纖く  隆く  荒らしく  ぢく  夕暮く  昔ながらのく  えれなく  喞く  發く  蒼蝿く  瞰く  頃く  劇く  瓢箪く  減く  流山く  牡丹く  夕方く  身ぢかく  成心く  花く  然く  夥く  輙く  辱く  たわしく  沒く  ごみく  作ってみたく  絵く  あゆく  薨く  扁く  温しく  腕く  厳く  殊にく  河豚く  九州く  賤く  詳細く  ゴツく  あやしく  闡く  所謂く  冊く  こんな晩く  もんく  あんこく  みわく  牢く  釋く  愁く  楽く  嬉く  煩しく  私大く  繊細く  長いく  やすく  全然く  其極く  尋く  爛く  靄廣く  逞く  オッく  轢挫く  寛く  ウく  摘みく  辛気く  きありく  もとよりく  枯く  もはやく  異しく  蹣跚く  圍く  悪化く  平く  喪く  やがてく  揺曳く  それからく  貼付く  しまたかく  地く  扛く  甜く  さむしく  至極く  ノロく  デカく  おさむく  けっきょく  蓋く  黯く  空腹く  芝く  露く  伴奏く  うねりく  なんてく  牛く  審判く  モノスゴく  ましく  御状く  めっちゃく  仂く  げく  うまいく  爺く  燈枯く  斉く  恙く  キツく  稽首く  手のひらく  艱く  くすしく  大宮く  ぬえく  くらまく  〇く  三く  六く  今く  悍く  彎く  漫く  アブラく  墾く  嘘く  鳥の巣く  血く  狼狽く  甘味く  燔く  へぼく  鷄巣く  啄く  水く  田く  やけく  森鴎外く  爬く  うろく  澁く  暈く  

~ く[形容詞]
巨けく  やすらけく  國のく  日常のく  路のく  野辺のく  こはく  道遥けく  もとのもく  いつ迄く  自分もく  下のく  世の中のく  庭のく  頭上のく  春のく  なんのく  安らけく  遙けく  誰よりもく  機械をく  野葡萄一もく  三百年泰平のく  ようにく  新型式をく  成るへく  あごのく  幕末頃のく  ほかのく  のく  恋のく  平がなのく  何のく  昼間はく  例のく  優級品のもく  一つのもく  その他のく  容貌見識っとく  脚をく  笛をく  名品をく  珍手をく  料理をく  平らけく  演技者のく  衣裳をく  平けく  神経症状をく  音はるけく  狆のく  春比佐良画がく  かくやすらけく  ほうをく  究理のく  靜けく  其処此処のく  共そうぞく  やうにく  両側のく  足のく  中にをく  病気をく  かさをく  ビレラフォンはく  膝をく  月かげ冴けく  ことのく  裾のく  島々のく  足もとのく  汎ねく  自分独特のく  上っぱりのく  道端のく  菖蒲のく  柱もく  

[形容詞]
く舌打ち  く冴え  く琥珀  く奔  くなほ  く風  く水  くひるすぎ  く燿  く苦笑  くもの  くて風吹  く吐息  く稜  く洪  く唱歌  く息  く立ち  く歳暮  く霧  く妊  く学童  くよばひき  くつど  く鐘  くうまい  く遁  く扉  く天  くみな  く橋板  く花咲  く瓶  く洗  く憤る身  くよぎる医師  く恐れるの  くなってドアー  くて持って来ること  くこの世  く床  く撒布  くに在る哉  く応ずる者  く羽根  くなるよう  くはなかった  く出来るウ  く行くん  く飯  くなってそれ  く帰らない  くしてるン  く空きっ腹  く蒟蒻  く啓  く三  くなる程  くて国旗  く結婚  くなっち  くつながっているもの  く乳  く釦  く艶々  く男  くなってポケット  くなってうつ  く澄んでいるせい  くウ  く待っていらっしゃい  く涙  く悄気  く使  くとも音楽  く仕事  くとも自分  くづるる  くして紅  くなるから  く暴露  く蒼  く透いてみえる顔  く新鮮  く拳骨  く棚  くひれ伏して謹聴  く脱  くなつ  く些細  く地味  くさ  く自分  く飛ぶほどに翼  く千代  くて細やか  く右左  くペン  く見えるなか  く橋  く手  くつくつくぼうし  く帰  く落ちつけるといふもの  く畠  く隣  く白状  くて三  く前後不覚  くもいや  くノロ  く乞食  く藪  くせり  くとも私  くあちこち  く頂戴  くは自分  く万事  くして力  くてかをり  く遊んだ  くくつ  く身  くしか  くあるけば月  く不可  くなるやう  くところ  くなつて  く樹  くこと  くて仕方  く金策  くて来月  く拾  くなること  く寝床  く愛嬌  く温か  くかへつて  くみほ  く送つて  く冷静  く冬  くてこれ  く雨  く純  く死  く踊  く体験  くても生きてゐる人間  くきこゆ  く世  く成就  くも三  くするため  く転  くかなしか  くとも現実  く虹  くから  く鴉  く待つてゐる手紙  くして道  く思  くて労  くちらばつて  くて少年  くづれるのに  く受け入れて  くひとりごと  くひと  くつらら  くて困る場合  くあと  く遠く  くてうまい  く別れてきて雪  く出勤  く山  くて竹  く大根  くて発散  く屋  くて慾望  く別れて戻つた  く言葉  く露  くするゆたか  く竹  く枯れてゐる葉  くはうてきて百  く腹  くて気の毒  く静か  くなってから  く尋  く此  くて腰  くまって居ると鎖  くては口  くすぐき  く桜  くて彼  くしてそっぽ  くてつま  く牛車  く大井川  く流れて今夜  くかえしてしま  く美  くもあり泣いても甲斐  く所  くはてる人  く引いて遊んで居る様子  く遊ぶこと  く歩きまわって居たり草  くしずか  く急  くしてもう少し  く有りがた  くて生きむ  く出づるに  く時  くして歳  くなりぬこ  くて石仏  く小豆  く草  く蛇  くとりもの  く延びて末  く行  く婀娜  く火鉢  く長  くなるの  く刻  く光るもの  く切  く膝  く候  く取り繕  く切れさ  く笑  く兵隊  くプッツリ  く切り  く落着  くなる初め  くッ  く雁首  くの字  く養子  く瞞  く案内  くナ婿  く娘  くて歯  くもなるから  く皆様  く欺  く頭  く丈夫  く忠義  くてはおかしい  くて奉公  く殿様  くして置くから  くして置くと内  くして置くと幽霊  く支度  く表  くカラン  く事  く人  く締め  くてなア  く能  く寝ていら  く手元  く飛込みさ  く肩先  く身支度  く婚礼  く何  く起るから  くソレ  く気を付け  くて彼処  くて品  く立つ事  く金  く向う  く拳  くすると怪我  く村方  く療治  く全快  く拝顔  く跡  く賺して土手下  く拝  く来ると此方  くお願い  くおなり  く似ておる事  くて軽傷  く懐中  く斯  くしている故  くすると斬殺  く火  く礼  く免許  く此の度  くお前  く初孫  く当ったか  く本懐  くひけ  くやッ  く剣術  くおいでなさい  く逃げんうち  く敵  くらっぱ  く目  くしり  くしてあご  く鹿毛  く木俣  くもポケット  くしまってチビ  くてにこにこ  く力  くなって室  く光一  くおれ  くもチビ  く良人  く起きて仕事  くなり動悸  く反射  く垣根  くふって突貫  くして反駁  く怠け者  く走ってきてノート  く思っていたかれら  く顔  くて腕力  くいってしま  く反省  くなり目  く退去  く識見  く興奮  く校長  く友情  くゆかな  くなるん  くて貧乏  くとも国家  く鼻  くころ  くもかれの胴体  く交わって浦和  く退院  くさわぎだすよう  くまで歩きまわって説法  く感慨  くこの声  くあげて声  く停車場  く首  く背中  く当惑  くして村  く昔  くそれ  く知らなかった  くして漢文  くなれというの  く告白  く綿  くなって後ろ  く座っていると例  く球  く眉  く南  く天子  くかれの一挙一動  くて本  く入学  く虫  くなってふしぎ  くいくどもいくども読んで研究  くとも不自由  く暮らせるよう  く感激  くて敏捷  く波  くきざんでくるもの  くなってしょぼしょぼ  く寝ること  く晴れて星  く全員  く商売  く揃い  くも右  くも二塁  くネット  くなっている師範  く目と  く口  くしてさ  くいや  くて見ておられん  く知っているということ  くいうの  くぜいたく  く学問  くどなりつけてお客  くなかった  くなるといつのまにか  くも父母  く伸びやか  くてきれい  くしてはなん  く帰っても道具  く飛んできてさえずり  くつっぱって歩くまね  くも城下  く羞恥  く駅  く味  くするうち  く蛙  く実  く病人  く澄  くしづ  く種  くて山  くつて  く待つもの  く昼  く読ませるところ  く石垣  くとも東洋  く石油  くあふれる  く雑草  くげ  く米  くて私  く夜  くて手  くて死ぬ  く地  くとれるやう  く一  く戻つて  く青葉  くしんかん  く蜘蛛  くてねぎ  くして暑い  くて寝不足  くなつた  く巧  くこ  くやヤツコ  く死ね  く蟻  く近く  くうめく  く評  く其弊  く彼  く眠る  く惱  く狗  くて心  くもらむ  くも信心  く神  くうち  く悲  く法  く靜  く胸  く合掌  く其処  く猛り狂  くしてぼんやり  く晴れ  く帽子  く今日  く自信  くてれて頭  くメイ  くづれた  く開いて感慨  く東京  く回想  く私  く眼  くフラッシュ  く煙草  くも狂瀾  く留まれる人  くて不愉快  く在るの  く考えてから  くて落第  くて仕様  くなる男  く持つという事  くお洒落  く寝たきり  く八  くて顔  く絶望  く勉強  くなって来るの  く祝福  くおいで  く軽蔑  く頬  く砂  く説明  く肩  く狼狽  く海面  くて陰影  くなる事  くしてはにかみ  く損  く怒っているよう  くもクラス  くどこ  く汗  く酔っぱらって帰宅  く額  く書く事  くなって雨  くまでお酒  くして僕  く問い掛けるの  くなる必要  く大学  く真面目  くなってしま  く家  く闘って行く姿  くしては損  く哀れ  くしてあげるん  く窮屈  くなっている個所  く自然  く見すぎる傾向  く僕  くわから  く失笑  く露呈  く不愉快  く空中  く空  く一礼  く兄さん  く他  く生きているの  くのばして顔色  く進行  く二  く僅か  くて續  く匂  く氣  くづし  く與  く燻してしま  く感じる時  くふう  くて海面  くて心地  くやつ  く帰宅  くここ  くて糸瓜  くさま  く見えかくれ  くまじめ  く敬  く留守番  く雲  く近眼  くそこ  くまで漫読  く日向  く百舌  く魚  くて住めば住まれる家  くレコード  くぬける歯  くて困つた  く変電所  くや咳  く賞味  くして堂  く櫨  くまで読書  く批判  く出てきて囀づる  く紅葉  くいろづいてきて柚子  く折れるほど枝  く梯子酒  く話し合  く香  く枯木  く安眠  くこぼれおちる情趣  くはねかへつて  くはじけてとぶ五月  くもえあがる雲  くのびるの  くの胚珠  く火花  くやう  くひかる放埓  くわたし  くひとり  くいちご  くみ  くねばねば  くわら  くびら  くほとばしるいなづま  くうご  くふりむけるお前  くひかる粘液  く息づく胴  くふりつもるこころ  くづれてゆきます  くながれゆくこひごころ  くづれても  く心  くひかり  くよぢ  くあなた  くづれてくる  く薔薇  くゆき  くづほれ  く寒空  く始発  く不機嫌  く本  く歌  く生命  く戀  く咲いて一月一日  くも逢  く椿  くてそこら  くすぎる雨  く食べるやう  くぞ日本  く脱線  く春  くゆれる  く住めば小鳥  くは鴉  くうなだれて花  く出來  くひさし  く皇  くてやまめ  く過去  く眠  く快晴  く蜩  く解散  く夕飯  く二日酔  く遠ざかつた  く酩酊  く呻  く晴れてゆくよう  くまで来ているの  くすること  く穏  く連  く動くよう  くなっているそう  く溜息  く脱走  く真砂  くとも四  く繊巧  く後  く便所  くも秋風  く思われる有明  くさせるもの  く記憶  く川  く黙っているもの  く呼  く豊か  く長唄  くても真直  く情緒  く筆  く所帯染みて了  く役所  く気  く祖父  く外  く小声  く残念  くて暖か  くなってシクシク  く積  く想  くなって日向  く話しているよう  く犬  くなって其  くなるに随  くコロコロ  く昏  く寝入っている所  く玄関  く照  くて堪まら  く引掛  くもなかった  くしていては際限  くほた  くして此  くなって眼  く眺めている所  く其面  く小  くなって来て耐  くて薩  く学んで殆ど  く壮  くベラ  く視  くも変哲  くば  く不承  く書生  く惚れて了  く屈んで徐  く莞爾  くなって俯向  くランプ  くなる時分  く敗亡  く戯談  く饒舌  くなって来月  く来て寝なと私  く暗中  くて耐  く日  くも私  くファウスト  く姦淫  く交際  く料理  く人生  く浮  く分っているよう  く其恋  く床の間  くバタバタ  く接近  く日増し  く如何  く何とか  く之  く敬意  くて送金  くて医者  くて困るとかいうよう  く大層  くして既  く封  くなっている事  くても金  く年来  くて些  く起きてゐる二  くひちがひになつ  くひちがひの一角  くひちがひ袋小路  く通  く八幡  くハシヤ  くも広田  く幸  くとも今日  く食べる私  く原稿  くも水  く見るもの  くして思ふこと  くして躬蹙  く吾輩  くよう  く用  くとも武士道  く施されて万民  く言えば民  く基礎  くかう云  く伸びるがま  く幽邃  く銀灰色  く森閑  くづくづと  くちや  く埃  く出来るかい  く悔  く防府  く天地  く宿直  くて清潔  く惑  く熟睡  く耳  く通り  く生きぬく覚悟  く蕾  く元気  く装  く読書  く雪  くては寝て考へるより外  く夕陽  く物  くもあるかひぐらし  く一家  く微笑  く考え  く女の子  く笑い  く行きそう  くなって雨宿り  く奈々子  く感  くうろ  くは問  く眞  く愛する人  く敬する人  く不快  く休み  く池  く亡き人  く存在  く知らせ  くてすむ筈  く漁猟  く打ちあうこと  く日和  く難儀  く凪いで鮭  く察すること  く伝えられているの  くアイヌ  く祭壇  くてもこらへる外  く苦悩  く梅  く歩くの  くうた  くても米  く藤津  く和解  く飲んで帰  く婦人  く道明寺  く恥  く冥土  く佐保  くて幾  くて朝寝  くも風  くてもほん  くも生きてゐる私  く出て征  く起きて筆  くは飯  くすゝ  くて雷  く交  くいつのまに  く御飯  くの  く有合せ  く酒  く洗濯  くて阿呆  く待つてゐ  くなり  く白湯  く天国  く移り変ッ  くあか  くおぼろ  く光沢  くも黄  く茂  く樺色  く晴れわたッ  く吹く日  く途方  く拘攣  く忘れるところ  く得々  くいッ  く漂  く吹きつけ  く起き上り  く眼前  くするよう  くおしゃべり  く成  く乾燥  く階  く吹き出し  く電話  くて宿  く東本願寺  くするやう  くおし  く飲食  く続けて人間  く惜しみ  くせきれい  くは人  く十  く帰りたま  く旅  く黄  く充血  く塗って太  くて滅  く詩興  く出ていって弟  く雅号  く庭  く皺  く壓  くツ  く意固地  く我  くい風  くび  くこまつ  く例  くきらふやう  く歯  くもえたつてゐ  くびのところまですねをはね  くミス  く及ぶもの  くて反覆  く発表  く健全  く塵  くするというわけ  く直接  く簡明  く描写  く久遠  く持っている壮  くとともにそれ  く家事  くとも僕  くとも芸術  くとも水  く燃え  くとも随筆  くとも世界  くとも所謂  く買  くそう  くからだ  く叱咤  く承知  く不思議  く滑稽  く華麗  くも殉ぜむとする  く苛酷  く成長  く艦隊  く朝鮮  く日本  く展望  く追い払う事  く破れる気色  く此都  く拡  く貧血  く進んで行  く素描  くとも装  くとも素描  く皮膚  く自ら  く彼女  く冷え冷え  く神経  く消失  く与へてゐ  く秋風  く斜め  く滑り  くするの  く湿つた  く溶け去つて  く昂奮  く明子  く鮮紅  くがくり  く朝  く顏  く弟  く敢  くでもなつた  く戰  く爭  く浮くちっぽけ  くさえ思うの  く思えるの  くも物  く去つた  く切り花  くしやがん  くさし  くてわたし  く清らか  く街  く自由  くそだつて行  くサンゼン  くて月  くてホラ  く検査  く撮影  くて新聞紙  く苦心  く俊夫  くきらきら  く赤坂  くダイヤ  く喰  く伸び  く積める蛇  く埋むるなり  く踵  くて話  く遂行  くて五十嵐  くマダム  くなり農業  く研究  くはしいこと  くゐて作物  く業  く間  くなめらか  く沈默  くもシカゴ  く一本立ち  く觸  く社  く出入  く田中正造  く受けるもの  く歸京  くて外  くて愚痴  くとも往復  く寒  く飛んで來  くなるもの  く獄中  く歸  くお知らせ  く事件  くチビ  く先祖  く知  く断定  くなるとき  く荘重  くづれてはゐない  くチャッカリ  くても大騒ぎ  くいうので二  くて窮屈  く思いつめて間違い  く退屈  くて我利我利  く戦争  くあちら  く附きまとわれるの  くなったり胴  く疎開  くて仕方がない  く不幸  く親切  く食いさ  く執拗  くてはと気持  くヘタ  くて困ってるの  くガッチリ  く着実  く傷物  くとも暮  くヒョイ  くガッシリ  くすぼまり脛  く熱  く溶けるよう  くて孤独  くても厭  くとも厭  くなるたち  く厖大  く気だて  く立派  く更迭  く五つ  くなっているの  く気前  く納まるの  く面倒  く混乱  く好き  くどろん  くズボン  く爪立って歩くよう  く行くよう  く大胆  くなりそう  く幸福  く食事  く往来  くぎごち  くも床  く長官  く昂進  く談笑  くも墓場  くも自分  く無用  く浸みとおっているの  く江戸  くお気  くニコニコ  く詰所  く人前  くにこにこ  く疲労  く惨澹  く食慾  く取り出してくる場所  く感謝  く祝盃  くぶん殴るという話  く同感  く女  く貯金  く照り  く発展  く語る言葉  くする工夫  く倒  く大概  く映りて金蛇  く繁  くも梯子段  く似て居ると思  く飮  く言  く大船  くなるとお宅  く坊  くふところ  く天心  く永遠に  くアツ  くも太陽  く弥  く銀盤  くも冷  く方  く光  く思はれるに違  く法螺  くマヰナス  くもクラブ  く信じてゐ  くも窓  くて御返事  くお礼  く云  くして大丈夫  く浮き  く起きて本  く海  くテーブル  く鈍  く御礼  く窓  く視線  く光る障子  く光る像  く居所  くさせるよう  くする暗闇  く金剛  く園  く蒸すよう  くておまけ  くひき  く荒涼  くも藻  く灯  く振り卸  く左手  く坐っているということ  く軟  く手紙  く上下  く空気  く振りおろし  く丸寝  く騒ぎ  く厳粛  く占領  く流れるの  く聞けといって彼  くまで眠り  くなって孵化  くて味  く清  く変化  く頸  く手の平  く見える空  く叫ぶ声  く寝入ってしまうに限ると思って夜着  く引戸  く巻  く横たわっているプラットフォーム  く酔  くかば  くしてそれ  く擦る釘  くできてたまる  くみじめ  く部屋  く売声  く物好き  く真暗  くガンベ  く俺  く西  く立ちならんでいる妓楼  く高飛車  く感心  く奥さん  く活き活き  く握りしめながら新井田  く実用  くならんでいるの  くはかどるの  く渡瀬  くさまよっているの  く片  く高価  く寒い  く腕  く孔  く聞こえる  く喉  く曝  く閉ざしていく静か  く岸  く咳  くなり増さるよう  く母  くはずして袂  く注意  く衝き上げてくるよう  くあたり  く頁  く身だしなみ  く守っているの  く響くよう  く顔色  く気息  くなって大声  くなると難儀  くさっき  く五体  くいっては話  く思う気持  くかご  く男女  く酔払って白  く押えるよう  く書  く煙管  く看守  くなるまで見送って  く暮している母子  く準備  く小母  く暖かい  く声  く澱むの  く見えるよう  くつぶれて音  く尊敬  く説得  くとも我々  く展開  く完全  く考えるとき  くて真  くとも彼等  く善  く有力  く老獪  く繰り返すこと  くなると私  くとも人々  く探究  く判明  くともかかる像  く洞  くともこれ  くむしろ  く信頼  く類似  く実在  く調査  く観察  く真  く明晰  く考察  くとも今  く考査  く悪意  く使用  く考量  くとも作られ得るはず  くて完全  くて局限  く理解  く及ぶところ  く固執  く努力  く執着  く精神  くとも知らない  く容認  くとも神  く作られていて時刻  く隔  くとも思惟  くて形相  くては我々  くするもの  く全国  く歌ったり踊ったりするの  く正直  く新  く大事  くもげて落ちるの  くなるまで家  くネッキ  く距離  くしてあるよう  く説くため  く唱える風習  く分布  く用意  く思っている家  く各地  く木  く入れてくれるの  くも思われるの  くもけなげ  く女の童  くうろつく時  くてもそれ  く燃える  く飛び離れて肥前  く発音  くして傍聴  くできているの  く遣り取り  く掲げて鹿  くして把手  く行渡っているうえ  く掲げる者  く離れて滋賀  くとぐろ  くてしやう  く織るやう  くら  く石  く不意  く厭  く思ひ出  く沁みわたるやう  く査  く點  く溝  く出て來  く聞きちがひで  くゴミ  く思はれる女  くぞろぞろ  く角刈  く體躯  くへしをれてしま  く疑ぐり  く默  く豐  くゆ  く家庭  くうつる  くつた  く動く目  くなれば癒  くなりさ  く思へるん  く番地  く綟  くて狹  く裾  く思うの  く世話  く籠  くつつかれるよう  く踏  く感じられること  く續  く名前  く其  く議会  くは民法  く田中  く花  く諸君  く大隈  くしてやつ  く子  く奉存  く取つて  く人々  くお国  く閉める格子  くお辞儀  く云ってから  くりこ  く調子  くて中途半端  く怪物  くなさら  く力無げ  く角  く辰  くまで窓  くなり身体  く差  く引  くねじ  くなる頃  くて皮肉  く聞けること  くなって顔  くなって息  く奥  く思われるの  く済んでしま  く喰い込んでる子供  く寝ておしまい  く眠っておしまい  くたってから  く蒸し暑かった  く俥  く歯車  く忘  く参加  く乗りこんでくる歌声  く強力  く馳  く慚愧  く秘密  く慄  くぶきみ  く残されさ  く飜  くたれなに  く閉  くも斜  くひそか  く嵐  く石だたみ  く震撼  くわれ  く激情  く充実  く飛びすさるもの  く身体  くて而  くは落着  くされるの  く俗  く取り澄し  く癖  く揚れば揚る程  く残る意識  く取り  く並んで列  くなって涙  くなれば事実  く賑  く反感  く掃除  く母親  く培うこと  くおろか  くいつまでも  く行乞  く抽  く東  くて昼  くなって今  くて塩  くて一  く災難  く流れ出るの  くも今  く縁起  く江の島  くニタリ  く由比  く打ち上げられてゐる片瀬  く吾  く剪  く聞くこ  く谷村  く李白  く見えるお櫃  く台所  く感傷  くして気持  くしている事  くなしい父  くも火  く大地  くまろ  くもてなされる故  くびだけは  くびのたけの  くなど言  くつめられるを常  く不純  くする為  く剃つたの  く逃げるん  く毒ガス  くて砂  く塔  くしろ  く坐礁  くなって帆  く決心  く下り  く出ている丸太ん棒  く向こう  く首をかしげ  く行進  くなったか  く地上  く震動  く見えているの  くガス  くしゅう  くていくら  くなる方角  く調  くきこえるわけ  く機関銃  くしる方法  くすそ  くびをひっこめました  く腰  く横須賀  く翼  く銃火  く警戒  くこわされてしまうかわから  く海軍  くこわされてしまうと言う話  く尾  く符号  く塩田  く怪  くして来る尻尾  くあやつるの  くこっち  くひっかかるところ  く上るん  く約束  くて安心  くかえしてくれたまえ  くつかっていると爆発  くマスク  くかぶり  く覆面  く出来ているマスク  く帆  く持場  くごま  くてしようが  く見られちゃ三  く綱  く錨  く知らせろといわれるの  く死ぬ  く紐  く燃えている青江  くゆれて下  くのぼり  く青江  く渦  くなる一方  く電灯  く鍵  く穴  く見つけるより仕方がない  く血  く一彦  く反撃  く相手  くまき  く本当  くモーター  く悪者  く磁力  く降参  くなに  くつかれているの  く光る魚油  く満ち引き  く直しにかかるの  くたび  くプロペラ  く機上  く飛行機  く世話人  くうつ  くあら  く猫  く杯  く吹きてしづ  くして遁  く春耕  く見はべりしか  くことわり  くあだな  く悦ぶこと  くして富める家  くは屋  く大原  くいたる時  く眞木  く知れら  く閑  く廃  く改修  く帰路  く侵入  くわたくし  く消えて行く自分  くなりある  く堤  くも千住大橋  くの淺紫  く初冬  く嫁  く雑  く分  く曳いて坂  く横  く鮒  く流  くなってしまうもの  く潰れてしまっているの  く坂本  く悪縁  く輩出  く見せるため  くて感じ  くて商売  く出来上がっているよう  くなって腹  く宿  く感じるという話  くトワール  く複雑  くいえば職人  く点景  くセルロイド  く少量  く濃厚  く描く事  く充分  く吐き散らされている盛り場  くあるところ  く一般  くて嫌味  く引いているだけのもの  くデリケート  く早漏  く巻き上っているの  く普通  く珍  く足踏み  くても仕事  く関西  くまくしあげるの  く感じさせられるよう  く紹介  くコロッケ  く輝いているの  くて動物  く汚れていたりして海士  く楽しい  くては私  く構成  くあれ  く描き込んで了  く空いていると云う事  く締り  く直してもらい度  く吸いながら帰るの  くする処  く自問自答  く澁  く十一月  く愛  く見物人  くうなだれて來  く輝いてゐる湖面  く汽車  く湖水  く風雨  くて嫁  く燃えてゐるの  くなりかけて來  く惚れ合  く焦躁  く切り拔  く感じられるやう  く五  く口笛  く受入れるやう  くなるばかしぢ  く垂れ  く安坐  くうつつ  く兩腕  く張りあげて歌  くするん  く廣  く荷馬  く音  くはつ  くトロ  く踊り  く土地  くひが一  くひだ  く小便  く子供  く書くつもり  く漢字  くムツシリ  く行くツ  くさうだつ  く巡査  く懷  くうなるの  く戸  く暮方  く實  く寂れてしま  く立ち上ること  く歩いて行  く響き  く染  く折り曲げて眼  くまたたきいちばん  くつぶやく  くびっくり  くもと  く隅  く愉快  く粘土  くなって僕  くプラ  くおなか  くても一  くなっちまう  くぼんやり  くて学者  く頁岩  く幾  く入るというの  く旅費  く見えるの  く堕落  く突  くも中村  く架けられているよう  くこれ  く云えば市会議員  く復興  くて理解  く関係  く駈めぐるだけでも大変  く取り残されてちぢこまっているよう  く仲間入り  く影絵  くて変化  く押し上げられる一方  く報道  く震災  くなり方  くドヨメイ  くなる運命  く裏書  く云えば人間  く大まか  くなって巡査  くともボーナス  くて便利  くブル  く是非  くて元気  くなる虞  く押し曲げさえすればズボン  く魂  く買うの  く持ち込まれる救護  くて一年  く答  く困ってゐ  く入るといふの  くはへ雲母  く子育て  くて口  く指摘  く富士通  く落語  く進展  く行動  く察知  くずれてしまうの  くて場所ふさぎ  く思い  く作っていくため  く入力  くもダイナブック  く叩きだしてしまうブラインド  くミミズ  くするという点  く増殖  くわいてきて雨後  く掘り起こせるの  く小分け  く使われているインテル  くマシン  くして意味  くも慶子  くもツツガムシ  くてオレ  く使いこなせるよう  くパー  くなりかかっている点  く増大  く日本市場  く折り合い  く形成  く素直  くて小  くする魔法  く生きるため  く考える道具  く開発  くなるというもの  く掲げるTRON  く答え  く情報  く誕生  く変わると信じ込むこと  く生き延びればあちら  く打ち出す必要  く表現  くオレ  くアップル  くせえな  くほざくの  くも日本IBM  く日本語  く設定  く作る切り札  く打ち込むこと  く言えば当初  く物事  く舵  く移り変わるパターン  く前進  く断裁  く崩れて採用  く確保  く覆すの  く気づき  く訪れること  く推し進める圧力  くかから  くより電力  く提供  く真空  くもミップス  くなる圧力  くなる可能  く使っているマシン  く統合  く徹底  くてしょうが  く放射能  くきれい  く売り付けられそう  くて強力  く遅れること  くパーソナルコンピューター  く移行  くてマルチタスク  く利用  く思えてしょうが  く本書  く抜けわたる青空  く枝  く病気  く注文  く典雅  くして殺風景  く即座  く見開  くとも感情  くの涙  く生き返るの  く向き  くかた  く嗅ぎめぐる自分  く色づきはじめて  く吉本  く愛しているの  く微笑みながら  く考えられるん  くセンチメンタル  く散るの  くて秘密  く様  く水神  く残  く聳える日吉  く性格  く期する心  く働き合って人  く相対的  く仕て見て貰うと云う女性特有  く簡単  く絶  く持  く鎮静  く烈々  くふっくり  く絶叫  く灰汁  く涼しい  く喘ぎ喘ぎ上るの  くなっているん  くとも蔵  く鬱金  く吐く息  く中絶  く絵  く横笛  く異性  くかすてら  く思索  く信仰  くささやく風の音  く超越  く出版  く抱きあふ心  く手足  く爪先  く爪  くしつかりと押  く狡猾  くながれてゆく生物  くなり胸  くしてとどまる蠅  く憂鬱  く櫻  くながれる水  く陰鬱  く消えさりゆく夢想  く孤  くかがやいてゐるやう  くきてともしび  くふつ  くちろちろと舌  くたち  くべにいろのあでやか  くづれる  く亡靈  く歌口  くかすんで春  く楫  くにほふ優美  くも彩色  く隊列  くくびれ  くしてしま  く腐れてしま  く市街  く小綺麗  く動いてそこ  くふる間  く囀鳥  く快適  く慣習  く窮乏  く青ざめて吠えてゐ  く消えてしま  く乾  くこころ  く楢  く鬱蒼  く踏みつけられ反動  くなり日  く壓倒  く彷徨  く幽囚  く油  く天空  く旋律  く形式  く堂  く韻律  く改造  く信ずる所  く形式主義  く散文  く酔ひ  くも冬  く楽  くすむ扇  く感嘆  く連珠  く小浜  くスラ  く信  く戸締り  く遺産  くいう声  く嫉妬  く阿霞  くお世話  く酒肉  く当時  く都  く名利  くも出離  くもう少し  く法然  く辞退  く止んで了  くて御室  く諸宗  く距  くて壁  く聖教  く天台  くなるだけのこと  くても眼  く思って正信  く拝見  くて月輪  く上人  く一生  く極楽  く往生  く利益  く念仏  く気色  く行くこと  く本願  くならせ給え候  く臆病者  く止めて念仏  く侍  く出家  く年月  くして証  く穢土  く導  く喜んで受戒  くまでおい  く興行  く改葬  く隠遁  く帰依  く隠居  く律師  く浄土  く車  く教え  く化  く真中  くて何処  く可哀相  く成る  く若葉  くいじめ  く合  くタオル  く不安定  くお出で  く密生  くぢ  く剥げちよ  くて立派  く質問  く動  く來  く夏  く配合  く脈打っているため  く赭土  く流れる河  くしても監獄  く性  く社会問題  く往時  くて自分  くも放免  く使役  くも彼ら  く思ふ程  く思うて持ち来るなり  くも改悛  く浮浪  く彼等  く鋭敏  く陰  く摘出  く腥い  くポケット  く外部  く解剖  くなって骨牌  く夜道  く思うこと  く浄火  く麦  くする者  くこたえること  くなると一  く攪  く見て常世  く微温  く変  く者  く旅人  く此舞  く廓  く社会  く泥濘  くむしって仕立  くついている女  く光るながしめでウラジミール  くシューラ  く足ぶみ  く接吻  く居心地  く射るよう  く臭い  く聞えるの  く思い出すの  く云いつけられているの  くていらっしゃればなに  く歩  くびり  くがらん  く向日葵  くソフィヤ  く合点  く鐘の音  く叩頭  く組み合わせ  く下  くモラル  くこまやか  くして私  く傷つけられて今朝  く届き進むこと  くなってすみません  く衰弱  く負傷  く博  く説教  く恋  く浴槽  くきよ  く北  く樹木  くて妹  く穏やか  く学校  く劇場  くて不安  く感動  く吹いてにわか  くあなたと  くなる心地  く考えること  く生きるの  くして周囲  く傷つけられるの  く私たち  くなる性質  く光ってキラキラ  く思う男子  く讚美  く女性  く純潔  くば学校  く興味  く相談  くいる気  く暮らされるの  く読む機会  くては聖者  くて発熱  くそば  く愛されるの  くても笑顔  くてかのう  く妻  くフランシス  く庄原  く同情  く裁く気  くできるよう  くなる源  く主張  く思われて無理  く不面目  く天香  くふくらむよう  くして菜  くやめさせるつもり  くて書く気  くなっていること  く座敷  く降るなか  くても私  くて御無沙汰  く睦  く慰め  く卒業  く暮らすつもり  く知ったり集めたり研  くして博  く確か  く一昨日  く受け流すよう  く孔雀  くおのおの  くて確か  く境遇  く試み  くなる時  く相対  く尾道  く三次  くなりうるもの  くば私たち  くおちついていっさい  く肉体  く悩ますの  くしてゆかれるよう  くて静か  くかかるのでたくさん  く堅  くお正月  くして時間  く透き通る空  く見てはい  く恢復  く受けとるよう  くいう事  くほか  く取れるよう  くお待ち  く話すこと  く御無沙汰  く知っている母上  く調和  く成功  く礼儀  く措き余  くして東京  く推考  くして容貌  く挾む棒  く挾む所  く唇  く考  くともコロボツクル  くは言  く頭巾  く解したりとは言  く遮光  く飮料  く竪穴  く盛り上がりて堤  くとも三  く截  くして其端  く打ち之  くして精製  く銛  く入る事  く廻  くして一  くなり夜着  く火星  く微か  くなったりして僕  く積み重ねられているの  くなって嗤  くたれ下っていること  くて顎  くある負目  くベル  くて足  く遊び  く乱雑  く生国  くもちかけて逐電  く行って過失致死罪  く刑  く飼  くてくさ  くなる心  く茫  く毬栗  く蔭  く襲うて來  く蒲  く待ち飽  くても我慢  くかうして毎日  く掩  く立つてゐるやう  くなると寢入  くてぐにや  く影  く手先  くするから  く傷  く寢  くとも日  く見捨てられてゐるやう  くかう言  く疑ふやう  く纏うてゐるの  くろ  くて氣分  く調べ  く出てお出で  く去つて  く片方  く煙  くゎうこくして  く横浜  く撞出  く此処  く俗縁  く衰頽  く西洋  く廃れ果て  く頑丈  く歩くこと  くて済むから  く波紋  くダンヌンチオ  く上  く叩く物音  く黄昏  く寝てしま  くさしこむ窓  く船  くびをかしげて  く打ち群れているの  く照らす晩  く持ちかけて来る話  くコキ  く鑵  く打つけたか  く憤慨  くもあるよう  く訊かれるの  く空腹  くてこっち  く小刻み  く抽象  くぼー  くまで図書館  く地べた  く行っていらっしゃい  くて危い  く印象  く前  く見える軌道  く左右  く人指し指  く電  く映しながら泰造  く推薦  く紅  くなって行く自分  く聞かれるよう  く悩み  くて青年  く食べていられるの  く元禄  く買う都合  くかかって下書き  く思っているん  くもヤンキー  くあること  く広漠  く阿呆  く色彩  く拡張  くレディース  く綺麗  く見せるよう  く云いたまえ  く云う理由  くも僕  く潜んでいる病毒  く怖がっている臆病者  くてスマート  く設備  くもダンスホール  くも蒋介石  く各国  く書いてはい  く飛んで散乱  く酔い  くグリル  く造られてある寝台  く窪んでいる長方形  く胡弓  く朗  く貴族  く駛  く揮って馬  く必要  く疲勞  く吹いて來  く姿  く後ろ  く今  くいってくれりゃあい  くタテ  く腰帯  く万吉  くつかんで身  く帰るから  く殺ってしま  くはあるが英邁  く脳裏  く揺すぶッ  く癇  く塩  く刀  く川長  く追及  く砕けた  く魅惑  く大阪  く衝  くぬれるもの  く逢坂  くカルタ  く店  くあがくと命  く皮肉  くお家  く陰険  く展  く折りこんである薄紙  く阿波  く熊谷  く縛  く宵  く床下  くも蜂須賀家  くも切  くも心  く聞くこと  く無口  く時雨  く消えてゆく弦  く聞く人  く道  くも八方  く浸み徹ってくるの  く一つ  く荒廃  く持つの  く帰り支度  くも砂  く聳えているの  く言い訳  く連名  く重喜  く結束  く次の間  く固めているゆえ  く描いて人影  く四  く中  く流れてくるの  くも弦  く立ち働いて炊事  く客  く取沙汰  くまで銭湯  く並べられ一座  くベタ  く咽喉  く下知  く陸  く四辺  く聞いて知って居るの  く産  く喫水  くエンヤ  く濟  く引摺り  く亭主  く連れて來  くて駄目  く悠然  く続くもの  く最近  く面長  く骨  く会  く片づいてゐるので吻  く得意  く父さん  く勉  くあみだ  く財布  くかぞへて眼  く大袈裟  く好意  く容易  く椅子  く真向い  く太陽  くてしかた  く花弁  く年  くびを  く矩形  く柔  くかがって風  く手間  く浮び上らせ不思議  くて自由  くなると小  くてさばさば  く老衰  くともいま  く思って木屑  く箸  くなすの  く恐縮  くなっている唇  く父  く離反  く眩暈  く泳ぎ終  く転げ落ちて行く一  く照子  く過ぎて行  く反転  く立ちあがつて  く無し  く上着  く因循  く百合  く脚  く意識  く呼吸  く壁  く剃つて  く木村  く亢奮  く躍動  く賑やか  く滅入つて  く考えさせられる実例  く分っているの  く記者  く思ふやう  く晨  くすぼめて奥  く話す人  くなる迄使  く盛り上  く思ふ事  くも二つ  く月々  く動いて鏡子  く垂れて少女  く嘘  く離れて双子  く窄めながら母  く気の毒  く厭味  くつくぢ  く夫  くとも晩酌  く振舞  く軒  く茶  く聞き澄ませてゐ  くして死んでしま  く病死  く坊や  く家族  く生活  く沖する煙  くらく  く泳いで自分  く聳えてゐ  く逃げ給  くしめて半分  くまで戸  く咲き出る頃  く都会  くても何  くさかり  くもそれ  くも二  く勿体ない  く黒髪  く知らない  く評価  くあこがれ  く囘復  く喧伝  くも変ること  く病床  く廂  くて紀子  く命  く丈  く赤石山脈  く寄り千鳥  く眠れ牛  く帰してしまふの  く叡山  く作者  く湖畔  く絹屋  く抛棄  くも見え  く修養  くも黒  く牡丹  く音楽  くば見もさび  くなれる渓  くのたる  くも匂  く圧  く障子  く項  く驚くは隈  く乱れて踊る一  くまで運河  く絹糸  く暮らし  く過ごせる華やか  く綾子  く知らせてそれ  く被うよう  く躍る感情  くのべられていて大変  く想起  く判断  く追求  く調べられている横  く買収  く貢献  く考慮  く発言  くヤジ  く民間  く反対  く創刊  く発行部数  く発行  く選ばれていること  く低下  く原則的  くはびこっている絶対主義  くとも参議院  くて代用  く競争  く教育を受ける権利  く編纂  く封建制  く常識  く改善  く行われなかった  くゆたか  く生れ出る作家  く語りはじめていること  く行うほど文学的  く勤労  く監視  く小説  く記念  く訴える作品  く組織  くそれていること  く東北  く文化  く民衆  くする教育委員会  く生み出すこと  く現実  くおどろきと疑い  く感じる心持  く禄  くいけば幕府  くいけばこれ  くあげるため  くまで夢中  く市場  く反映  く動揺  く文学的  く考えてみる必要  く憂悶  く書かれる何  くたたみこまれているわけ  く運び  くて作家  く懸隔  く密接  く出ること  く視る便宜  く眺め  く頼る者  く深閑  くコチコチ  くなって鼻  く夢  くい行くの  くなると蒲団  く可哀想  く走る帆船  く聞きながら私  くお茶  く引き  くいらっしゃい  くまで運んで来るもの  く指  くなっている日  くなって切なかった  く買って丁  くまで行くん  く先頭  くしゃがんでいる両手  く鉄砲  くなる話  く帰っておいで  くて沈黙  く山田清三郎  く野宿  く桃色  く味気  くしぶき  く風呂  く帰って来るの  く持っている男  くパンパン  くなってふりほどいて電車  くされると一番  くキリヽッ  く鳩ポッポ  くしまって芝  くお父さん  く馬鹿  く昨日  く点々  くかまぼこ  く走る島  くてアッパク  く御座候  く朗らか  くだらし  く瞼  く老いて憔悴  く寿司  く憎しみ  く長閑  くやってるわ!  くつっぷしてゴブゴブ  く自堕落  くなるうえ  く刺戟  くさき  く光りながら前方  く前方  く衣裳  くの奇態  くするとおだ  く寝巻  く鼠  く本格  く右手  く吹き掃  く粧飾  く遠望  くなって石楠  く白雪  く筋骨  く其半  く吾妻山  く寄り添って来ているの  く平  くなれば引返して最前  くなって木立  く光る水  くして眺望  くこんもり  く谷間  くなって三つ  く東西  く中央  く原  く冷  くなって行く原  く見られるよう  く急峻  く硫黄  く感じさせるもの  く迎  く棟  く運ばれて行  く彼女ら  く伺  くしちまつちや  くば新聞  くとも地方版  く万古  く留まれる処  く処々  く筑波  くしきり  くしんみり  くかく  くびをまわす  く咲き  くづをれ  く皎  くぬぎ薪  くぬぎで飯  く食うの  く画家  くてくし  く行儀  く出来てゐる女  くておとうさん  く開  く落ちて行  く思ふの  くなって行くこと  く病院  く妙  く考へるやう  くなる良人  く語り合  く時子  く顫  くとも校長  く拍手  くとも千  く厚化粧  く天井  くあげて背中  く合格  くなって曲り角  く迄針仕事  くとも彼  くスマート  くという眼  く浮き出しているの  く根  くとも豹  く紀代子  くとも成績  く満足  く見えるということ  くて字  く実行  くて郷  く罹るもん  く理窟  く赤井  く思う男  く有意義  くても南洋  くて困るの  く太鼓  くやり遂げて見せること  くなっている顔  く成績  くおかし  く思えなかった  く化粧  く出頭  く物腰  く聴く  くて大変  く丁寧  く見ているの  く畳むの  く黙殺  く新聞  く昇給  くとも辞職  く電車道  くうろつき  く尻  く話  くて美しい男  くとも二つ  く畳んで袂  くは気  く北浜  く屈辱  く提出  く書けるということ  くて不採用  くとも外勤  く挨拶  くともステテコ  く来ること  く見えたりするの  くしょんぼり  くなる気持  く輝いている千日前通  く機嫌  く扱われそう  く毎日  く落着き  く燕尾服  く思いつめるよう  くて我慢  く揺れている社交  く収  く交錯  く運転  く赤  く心配  くなっても安心  くなっちゃ  くなりまんがな  く豹  くとも多鶴子  くも意識  く可愛い  く嫌悪  く多鶴子  くひっぱるよう  くゆすぶられる想い  くなっている女  くどんどん  く瞑想  く四隣  く野蛮  くとも当人  く竦然  く砂遊び  くムツ  く出かけさせるん  く真似て用  く引きながら喉  く鬱屈  く按配  くされて居るの  く一部  く咳ばらい  くは見え  く手の甲  く湿り気  くこせこせ  く半年  くも助広  く萎え  く衒い  くの字形  く匂っている丁子  くソヨソヨ  くも感じているか  く出口  く悲痛  くしごき  くダッ  くしてーッ  くなってきたか  く細  く駕  くも仰むけざま  く周  くふり  く人通り  く足  く泛  く山門  くめい  く呼びかけられる者  く目立つの  く知らしてやる義務  く弦  く苦しんでいるの  く虚無僧  くうけいれるさま  く慕う気  く別れてしまうの  くトボトボ  くひびいて戸  く先  くなってざくろ口  くもここ  く話している深編笠  く逢いたい  く案ずること  く明滅  く叩く戸  く一月  くは公儀  くは甲賀  く悔悟  く歩けッ  くうなずいて紅  く思ったか  く喧嘩  く破れ  く睫毛  くいえば将軍  く甲賀  く呑み込んでいる者  くいうこと  く廻廊  くこま結び  く意  く散らばッ  く急ぎ  く作用  く経過  くほどの心持  くなって七  く変って行くの  く認めるところ  くとも食い違うこと  く沈淪  く呪い  くて擲  くさせてくれるの  くいどみ合うよう  く都合  くなると東京  くて厭  く流れているもの  く用いられて江戸  く出向いて木  くも利用  く滞在  く面白  くて生きているの  くとも人  く生  く破産  くも彼  くも村  く別  くも力  く拍子  く駈け出  く午後  く空閨  く旅立って野路  く一群  くなり近く  くも墓  くなって船  く支配  く民  くても男  く立ち留まつて  く整  くともかう云  く警固  く散歩  くしたま  くて饒舌  く稀  くウルサクテタマラナイ  くピカピカ  くゆらゆら  く蒼白  く鬼神  くて手腕  くなどと云  くも全部  くは其  くは墨  く墨子  くして實  く卑  く松次郎  くやること  く唸る声  く見られるの  く女中  く垢  く霜  くまで咳  くなり咳  く這いつくばうところ  く咎めるよう  く古物  く穿鑿  く洋  く彳  く伸びるの  く爽やか  くも桑  くて品物  く出すこと  く起きて往来  く面  く締  く言うと一番  くも革命  くなり倅  く思いながら恐慌  く行って了  く婿  くお腹  く体  く呶喝  く逃げ降りてくる奴  く鳴子  く引け  く俵  く混和  く門  くお話  く急きだすの  くは思えなかった  く徳島  く帰れる都合  く急いでゆく男女  く両手  くみてたか  く燈  くしてお十夜  く挿櫛  くも貝殻  くして待っている主人  くまで宿  くできるもの  くフリ  く炎  く犠牲  く松  く悄  くほてるよう  く行って拝見  く下情  く濡地  く櫛  く大理石  く線  く打  くなって砂山  く此方  くも頬  く瀬戸  く蠢くもの  く底  く瞰下  く靄  く水浅葱  く渚  く掉  く手巾  く領  く藁  く巌  く髪  く本堂  くなって四  く云って夫人  く落ち散ってゆく秋  くも一等  く非難  くノート  く責任  く察する能力  く職責  くすまして貰  くなりすぎると云  くなるところ  く錆びついてゐるの  く明り  くわれわれ  く肝  く飛行場  く地平線  く外観  く平和  く浮び出てゐるの  く売るん  くも種蒔  く啼いて通る鴉  くて五  くうなづき  くハイカラ  くつついて邯鄲  くして戦  く盆  く食  く交代  く二階建て  くおそれてゐるわけ  くていかん  くも退屈  く梶棒  く認識  くとも礼儀  く後悔  く来いといふ通知  く山腹  く少女  く捕えること  く不安  く着物  く話し合うというよう  く月日  く輝くばかりに晴れ渡っている大空  く沈んでゆくよう  く光って見える池  く嫌  くそめながら伯母  くまでも俥  くいうと自然  くて垢  くも緑  く訊いてから  くて愛嬌  く買うよう  く見られて自分  く扱う世間  く癪  くなっては緑  く興  く趣  く帰る俗客  くなりて今  くして贈られたる  く確実  く安らか  く今年  くはせと天地  く吹けば母  く弟子  くとも歌  く俳句  く作る癖  く句  くなりぬすみの絵  く拵  く真直  くより書き  くして世  くして冬  くして秋  くは神  く食物  く金銭  く寺  くづれの  く現れる共産党  く縄  くなるまで焼芋  く痛む薬  くして考  く難  く独り  く記述  く質朴  くも此  くてだるい  くて光  くてはふれけむほどうしつらしなどみにしみぬべき  くひなどする折  く卑怯  くする人  くおとりて餘情  くてをかし  くして月  くともし火消  くていひ居ること  くしよげ  く人間  くはひつ  く箱  く見直されてゆかな  く公的  く義理  くほど私的  くづれ  く適  く見える細君  く持ち出して胡坐  く共鳴  くつき合  く行きさ  くなり勝ち  く反抗  く巨  く這入る事  く開くの  くして声  く神棚  く遙  く自家  く夜中  くては駄目  く夕方  く周囲  く掻き破る丈  く下等  く喋々  くなる丈  く捕まるやう  く厳か  くして云  く殉教  く発揮  く抛げ  く愛し尊重  く吉  くふるへるやう  く応  く振り乍  く裏  く廻転  く君  く見廻はし乍  く妾  くも彼等  く楼  く従  く台  くて株券  く引裂いて屑  く身震い  く澄んで何  く光る絵巻  く拍  くなってしまひには手  く光る空  くその男  く囘轉  く霞んで來  く鳴りはじめるの  く炭火  くなるまで笑  く縷  く皿  くドル  く見てくれん  く駈け拔  く逢  く万年青  く抱かれながら口  く敏  く文  くゆけかし  くほど上手  く其歌  く立  く樣  く促  く屆  く問  く離れて面影  くに物  くきざんで油  くに尼寺  く煮出し  く仕度  く幻  くもホロホロ  く悲観  くなさるもの  くして下向  く意外  くとも鳥  く光子  く吃驚  くメランコリツク  く思ひ度  くワザ  く迄散歩  くホツ  く起きて出発  く忘れて了  く其辺  く的  く案山子  く活動  くまで灯  く内縁  く身元  く行くと車  く群  くしなっているさま  くも夜  くなるまで石  く内  くいるのかい  く茶棚  くすみ子  くも秋葉神社  くなるわけ  く覚醒  くも怪し気  く垂下  く染められているの  く思うが為  くはそれ  く通って来るの  く恐れ  くとも彼女  く帰りたまえ  く穿たれる片  く輝  く悲しんではい  く行先  く情交  く高閣  くなって行く事  く匙  く皮相  く相反  く机  く来てくれない  く蓄音機  く翻訳  く謎  く見られる典型的  く兵器  く地中  く音頭  くしてしまうの  く其職  く悲しむ様子  く桜田  くさせるところ  く押  く危険  く頼り  く疲らせる仕事  く疲れ  く抑えること  く疲らせる仕末  く思うよう  く薬  く震えている百合子  くわけ  く替玉  く誤魔化すから  くて居  く苦しみつづけて四  く入って来て司法  く云い争っているの  く煽動  く訊問  く頃  くいちばん  くなって駕籠  くて名  く雷鳴  くしてブラウン  くたたいて見られると云うもの  く書いてある部分  く起  くなってガンガン  く笑う様  く文字通り  く人目  く貪慾  く水底  く敬愛  く巧み  く衝き込んでゆくの  く点されてゆくの  く盛り  く震えているの  く釘  く一時  くなれば私  くお太鼓  く考えるにちがい  くなって目  く信者  くなるという薬餌  く成人  く惚れこんでいるの  く夜露  くしているよう  くお玉  く癒  く上気  く発熱  くなると信じていれば  くなるもん  くなれば皆  く言って咳  く叫ばれるよう  く非常  く蜘蛛の巣  く腕を組んで  く畳  く叔父  く伝わってくるところ  く察し  く無造作  く考えてごらん  く虎  く言うので二  くへっつい  く堺  くはごねそう  く千  く親爺  く言い逃れるため  くなってしまうはず  くて為  く照りはじめる時分  くゆきさ  く捉  くてぺちやんこにたゝまつて  くて穴  くゆくの  く見舞  く打てば直ぐ  くなるといふ事  くとも半分  く程  く生きる事  くとも百  く過す事  く生きて十  く覚えてゐ  く形  く銅  く塗  くする錆  くなるため  くて六尺  くまで空中  くなるに従  く正確  く体力  く低級  く着  くなるといふやう  く脹れてブク  くさせる食  く繁殖  くする桑の葉  くする事  くなり他  くて切れる多面体  くて骨  く獲物  くする大変  く尖つた  くとも眼  くしてゐる時  くして羞  く螫  く見えるやう  く吸  く貫き通  くて下  く逆立つて皮膚  くて彼方  く加減  く一番  くて背中  く保護  く重  く出来る事  くゆきかけてゐ  くすればよけい  く見る事  く輝き  く白  く走る馬  く測ること  く融け合  く勢  くピン  く登るに従  くとも見掛け  くまで抛る事  く迫  くは行  くなりしてヴエスヴイアス  くまで登  く拡がつて  く逃げ  く栓  く牢  く沸かす事  く蒸気  く迸り  く出したりするため  く走れば走る程  く走るやう  く信じて了  く旅路  くまで行  くまで旅  くて陸  く起つて来る欲望  くポオル  く登  く見えるもの  く見積  く伝  くて一番  く見えるだけの事  く降りやう  く走るの  く震  く見据  くするのに此  くて槍  くてちよ  くなると云  くて花冠  くては花  くの方  くて肥  くまで出かけて行  く閉されてゐるの  く見分ける事  くなるにつれて破れて了  く信ずるの  くて肉眼  くなりながら地面  く刻んで日  く近所  く動いてゐるやう  く消えて了  くて泥棒  く降りて行けば行く程  く井戸  くまで届くの  く咆  く持ちあげるの  くてよけい  く伸びたりもするの  く走る船  く陥ちく  く感ずる事  くひつ  くづれたりするのだ  く間断  く世界中  く塊  く見てゐるの  く住  く女王  く並べてゆく事  く供給  くし精神  く訴  く触つて  く御府内  く棲んでおるゆえ  く下城  く行って明日  く大言  く解けあうはず  くも代地  くかざしながら池  く鸛  く飛ぶ女王蜂  くとも命  く傳  く牧羊神  く松脂  く義軍  く散々  く而  く紆  く足並  く曇りて襤褸  く見ゆるは大軍  くして風  く跳  く昇らむとする  く曳く睫  くははるサン・ジァック  く恨  く舞踏  く跳ね躍る生  くも色  くもある椈  くズカズカ  く目顔  くブラブラ  く大黒屋  く豆  くあしらうわけ  くなる我々  く紀  く烙  く棒立ち  くお次  く燭  く賑わっている大阪  く接  くなっているつもり  く寝むがよい  く格子  く足止め  く真剣  く柄杓  く生きている薊  く閉めて床  く辞儀  く銀杏  く懺悔  く漂って行くもの  くて肩先  くなってくる顔  くは淡路  くいう女  く歩みだす人  く脇の下  く透く肌  く必死  くとも明日  く湯漬  くみんな  くする時節  くそこら  く竹屋  くいう者  くいってくれればくれる程  く厳  く見張っているよう  くただすこと  く土間  く発覚  くお断り  く沸  く鞘  く打粉  く刃  くも下検分  くしている間  く合図  く立つよう  く天神  くあっち  く離れてゆくうどん屋  くクルクル  く飄然  く役人  くかするの  く差し  くもんどり  くとも従来  く名称  くとも弁証法  くしても何  くとも物  くとも虚偽  くとも二  く理由  く空想  く体系  くして哲学  くとも解釈  くあり得ること  く知るため  くとも学問  くとも哲学  くして無用  く知る処  く方法  く動機  くとも物理学  くともリッケルト  くとも自然科学  くとも法則  くなって気  く神妙  くして威張りちらし  く無限  くいつまで  く貧乏  く少年  く居るつもり  く清貧  くあい  く明るみ  くして能  く便  く一言  く讚同  く昇り  くあげて呼応  く舞  く梢  く眠り込んでゐる酔漢  くカロル  くて焼死  くとって職人  く暮  くゆくこ  くまっ黒  く重量  くて気  くいけてあるもん  くしているもの  くコツ  く伯母  く正反対  く保存  く女給  く黴  くのし  くなってしまうの  く与一  く叫び  くかかるン  くて鼻  くやって行けそう  く離れて食べる事  くなると出鱈目  く屑  く種々  く申せば非常識  く誰  く置くやう  く取り扱  くいっても手拭い  くふんでも三  く垣間見  く毒  く加代  くというぐあいに  く物産  くて身  く目白押し  くぼん  く混雑  くはゆかな  く糸  く甚之助  く段取り  く大息  く明けてジッ  くクッキリ  くなって顫  くガタガタ  く脇差  くなる浮名  く馬鈴薯  くて火鉢  くして寝て居る方  くして船縁  く降つて  く張  く連れて来てやつ  く綾  く見える船  くして船員  く操  くあさり  く瞬き  く並べてある前  く人影  く滿  く死なれるもん  く轉  くはあるが眞  く洒  くさす朝  く輝いてゐること  く取越し苦労  く出るお方  く捜索  く雷同  く見るなッ  く口止め  く見る癖  くシビ  くして待っているに違い  く二の矢  く殺してやるほう  く油断  く山間  く恥辱  く埋木  く真向き  く右  く省いておくこと  く同行  くという言葉  く打ち捨てておく気  く栄華  くみとめさせるやう  く象徴  く行って探していらっしゃい  く脱出  く独房  くて起  く返事  く行くと思われる一つ  く暮して行ける身分  く取り上げて鞄  く酔っているの  く小野  く自白  くも次  く自暴  く尻もち  く不利益  く引金  く感想  くリアリスティック  くとも本当  くお返し  くゆくに違い  く寝ちまうの  くゆくか失敗  く陽  くなってくるの  く勝負  く見つめるよう  くなって自分  くはこの世  く立ち入って万事  く駈け廻っては彼  くと言ってから  く骨牌  くは知らない  く求め得る品々  く流れ去ること  く吟味  く鮮  く世界  く飾り  く作り  くして雑  く忠  く価  く当り前  く小間使  く色白  く聞かれる程  く対  く旗色  く景気  く貴公  く下手  くすると周  く怒り  く青  く気抜け  く磯  く怨み  く縫う番  くうずく  く生々  く状  く見る飴  く多寡  く杖  く返辞  く念  く断絶  く隠れてゆくの  くしてゆく山  く一節切  くきこえるの  くなるそう  くして描く方  く写っている写真  く敏感  く出ている顔  くて急  く見ているうち  くする必要  くて人殺し  く菓子  く室内  く屋根  く毒殺  くふるえている瞼  くて厳粛  く喰い入りそこ  く巴里  く動く色  くしそう  く郷国  く気温  く気丈  くむす子  くても青年  くてという身振り  く刻み入ってるの  くする雪明り  くさす代り  く神経質  く馬耳東風  く見てるん  く角笛  く毬  く逸  くペーヴメント  く光る尾張町  く気持  く邪魔  くともかかる葛藤  く持たせるという武蔵野  く張合い  く武蔵野  く仕切られている畑地  く手持ち無沙汰  く問題  くかかずらっている母親  くて否定  く感じられるの  く笑い続け乍  くともかの女  くベルグソン  くして呉れている人  くなって椅子  くても三月  く振っているの  く瞳  く河  く撒いているの  く出発  く摂ってるから  く蹲  く其至  く人心  く鎖すもの  くてあたし  く混沌  く屋根裏  く奥州  くして倫理学  くは満足  く止揚  くして善  く行為  く純粋  く連想  く決定論  く明らか  くして犬  く結納  く渠  く出席  く願  く諍  く小柄  く灰  く植込み  くしている母  くしてすすめるよう  く新橋  くさばきながら並んで足  く学生  く緊  く半紙  く片側  く艶  く違っていること  く映って見える時刻  くなげつけるよう  くもち  く抑揚  く洋間  く片すみ  くなる様  く忠一  く会釈  くなるぢ  く見える所  くして功  く長生  く己  く曇  くても可  くなる位  く思想  く目前  くなってそこら  く嵐気  く紫  く浮べる風情  く有体  く消えて行く類  くなって何  く板戸  く貴婦人  く煙草盆  く安心  くてぱ  く引緊  く花やか  く軽々  く下山  く淀川  く披露  く派手  く婦  く懐  く競売  く附着  く滑  く輪  く色  く袂  く解  く数  く顰  く前途  く出来ているの  く茸  く入り口  くてもようご  くゆうべ  く話すので微笑みながら  く調べるよう  くなればなる程  く老い込んで了  くたるんで下垂  くなって十  くなって武装  く家々  くオギワル  く治ると本気  く離れてたたずんで  くすべて  くもがいている粗野  く抱擁  くへだんだん  く進んでゆくラザルス  くも終り  くローマ  くさしこむ日光  く澄んで一片  く立つて居てもずん  く思ひながら女  く腫物  く膿  く見ると銀紙  く搖れるので船  くは根  く見せてゐる燧石  くて犬  くて貉  く繼續  く往來  く提  く茲  く変えて行けばこそ人間  くて食べている物  く創造  く履行  くも一  く独身生活  くて困る位  くて立つこと  くして人  く戴いて横  く荒れ狂  く暇  くまで占領  く炬燵  く冷えるの  く感じたりするの  く感ずると言  く雙葉  く死んでしまふもの  く總  くなりにけり佐渡  く呶  く片付けてしまうの  く出ていること  く待たされている者  く帰って来るよう  く思われるよう  く臣  くて露営  く大降り  く彩色  く滅亡  く精細  く蔦  く往復  く聴取  く探しているうち  く走る風  く生き延びること  く百姓  く冑  くなり申  く河内  く自刃  く是  くいへば物  くは間接  くは技術  く存  く特別  く水口  くお出かけ  くちゃあ立  く見晴  くステッキ  く幸雄  く暮しているん  くて勇  く結ばれている唇  くて痩せぎす  く日光  く肉  く不満  く暈  く仇  く病的  く富士  く結果  くて凜  く打てということ  く打てという意味  く玄女  くポ  くキラキラ  く上っている我  く防ぐよう  く出鱈目  く右近  くもあれば立派  く見込んで怪我  く荒くれ  く猿  く戸外  く思ってはいるの  く買手  く胆  くねだるよう  く下して針仕事  く内儀  く蚊  く唐物  く徐  く馬淵  く郷里  く吹奏  く駆け込んでしま  く滝本  く不健全  く甘美  くはわけが  くどよめいてゐるの  くて歩き  く叩く音  く里  くても何かしら  く昇  くたくしあげながら脚  くかむつて  く振り払  く夕暮  くしてゐる百合  く彼方  くなつい  く繰り展  く喚きたて  く思ひながらも秘か  く嗤  く映るの  く不可思議  く熱心  く聞いてゐるの  く不得意  く愛想  く滾れ落ちるの  く呆然  く鳴き  くとも一  くちの  くピヨンピヨン  く嬉々  くそぞろ  く竜太郎  く離れていること  く垂れさ  く動悸  く呼びかけ  く持って行  く磨  く夥  く切迫  く降り積み  くたち罩  くエレアーナ  く土嚢  く道路  く鼻孔  く快活  く星  く怒って見えるの  く寛大  く安次  くても立派  くなり雲  く一同  く跫音  く嬰児  く執する人  く諸  く作られたる  く修習  く伴  く愼  くある事  く寐  く苦  く遠方  く汝  く老いたりと謂  く勤めて身  く通過  く醒めて覺  くして苦  く立つは樂  く佛  く禮  く取り着きさえすれア  く捫着  く黝  くシン  くして夕方  くなるほど厭  く想い出  く頭脳  くやり込めるよう  く手放しておしまい  く来ては大通り  く往  くても買食い  く思い入っているよう  く白粉  くいるよう  くなると危い  くて方々  く小言  く閾  くて子持ち  くて綺麗  く寝込んでいる弟  く黛  く取っておしまい  く公立  くて見晴  くなって心配  く糜爛  く脹  く手廻り  くも昨夜  く眠っている叔父  く田舎  く一緒  くもいられなかった  く消毒  く笑っている芳  く借金取り  くも知らない  く酌  くて幼  くて可愛い  くは二  くチョッキ  く言ってら  くはここ  く客商売  く枝葉  く帰るよう  く塞げておくの  く頬骨  く吹きまくつて  く竦み上  くへん  く執成してくれ一  く梯子段  く立退いて行  く廻る身  くアスファルト  く幽か  く念頭  く奇  くして貰  く背  く抱きかかへると激昂  く控  く仆  く匂い  く団十郎  く出精  く網  く働くと私  く何処  く竹槍  く嘶いているの  く揺れるたび  くて能  く働く女  く温順  くなる腹  く講究  く等閑  く荒蕪  くするに違  くは鎌倉  くする所  く草鞋  くし顔  く透  く痩せてほとり  く木曾  くもあやめ  くして樵  く奥山  く竜  く久米  く寝覚  く獅子岩  く草木  く起き出  く開きて河原  くなれば一群  く死したる  くして身  く市中  く本社  く来るからには火急  く軽快  く夫人  く驚いて耳  くなり闇  く現われて正面  く芝生  くあらしめたまえ  く開いて怪獣  く走って行き見る見るうち  く欧羅巴  く光ること  く先生  く味わう事  く優秀  くドシドシ  く鉄  くホテル  く突きさ  くなり一筋  くレザール  く逍遙  く探検  く童  くほのか  く闇  くドキドキ  くもあなた  く砲身  くばかりの電  く聴衆  くキッス  く咆哮  く鉄鎖  く三つ  く縄梯子  く南洋  く捕虜  く船脚  く僕ら  く電報  く来て貰ってみんな  く光るの  く奥地  く和睦  く味方  くて肉  くて今  く小屋  く厳重  く積んであって椰子  くなって生活  く舞い込んで来て小鳥  く喋  く向けながら足  く光り腰  くも決心  く憐れ  くとも土人  く苦痛  く建て  く見える庭  く打ち合わせているの  くヒラリヒラリ  く上がるの  くてお互い  く信じて祈願  く岩窟  く空砲  く走って後方  く水中  く盛り上がり  く沈むこと  く峙  く同意  く格闘  く髯  く森林  く氣遣  くは此世  く内気  く命中  く地球  く見物  くハシャイ  くなるのに敵  く擲つたりしてゐ  く賛成  く嘲笑  く小細工  く駄目  く怪し気  く受身  く辟易  くなると自分  くして後家  く住み慣れてゐるもと  く熟  くて青い果実  く母さん  く訓  く抱  くをかし  くうんでしま  くいち  くもあるか紅葉  くつもれる雪  くもあるか鹿  く深山  くもあるか蜩  くもあるか塩竈  く見えてこころ  くもなしこもりく  くこそあれ  く病む人  くばかりなる心  くシ  くうなされてうなる様  く叫んであと  くななのは  く立って幾  くふるえながら木  くなって身動き  く縫うてあるに心  くば髪の毛  くしながら無邪気  くふって遠く  く老いてしま  く日の出  くちゃんと  くしたか  く思召  く禅師  くおかえりなさい  くおかえり  く曇ってまいるよう  くなっていらっしゃい  く童子  く致して居るの  く外国語  く重る花片  く幕  く演  く真青  く世の中  くなるのに気  く舞台  く衣  く紳士  く野原  く窪んで蜂の巣  く只  く漁師  くの香  くて雅致  くて花  くも中  くて送るや半生  く見ゆる天然  く冴  く聞えて亂舞  く成りて私  く鼾  く打明けばなし  くて咽  く疲れてかと問  く美事  く思ひ切る時  く御膳  く景色  くふ雉子  く菊  く響いて來  く逆上  くなれば面倒  くて人  くて皆  く驅  くに死  くば藥  くて吐息  く身動き  くいふ  くまで踏み出す気  く扱われつけているの  く人馴れ  く餌  く坂  く生立ち  く捧げて歩行  く消えるから  くしながら枝  く吹き揚げられて行くの  くなでさ  く人民  くびが  くびはかまわず  くびのいったことには  くびのまわりに  くなっている剱  く満州  く公吏  くて多分  く政治的  く終局  く新官僚  く官吏  く明治維新  く暴力  く検察  く無意味  く外務省  く自発  く続くの  く吹き消されて了  くして国運  く中国国民政府  く蔵相  くて個人  くて要路  くなる勢力  くて意識  く逍  く代表  く金融資本  く露骨  くて自由主義  く騒ぎ立てられること  く剛  く統御  くて実行  く二つ  く有  くて労協  く開化  く読むこと  くファシズム  く世論  く発見  くて文献学  く中等  くしていること  く現われるの  くて使用価値  く資本  く無産  くないとはいえない  く散在  く拝聴  く一元的  く感じるもの  くして奥行き  く欧州  くマルクス主義  く共  く行なわれている斬新  く認められているの  く殺減  くて文化  くてディルタイ  くて唯物史観  く西田哲学  くてゲルマン人  く悪人  く側面  く結合  くて既成  くて文化人  くルネサンス  くて道徳的  く夫々  く引き込めるよう  く反動  くしている私  く一切  く古墳  くて受験勉強  く学術  くて買う処  く見るということ  く読んで古本屋  く減少  く地道  く哲  く唯物史観  くパンフレット  く変わるの  く脂  く雑誌  くて一つ  く言論  くて事大  く越えたり逸脱  く曝され勝ち  くて生彩  くなるということ  くラジオ  く出現  くさえあれば見える限り  く備えているもの  く穿索  くば引  く見せかけても内心  く出来るもの  く山城屋  く返却  くふくれるん  く引き越して落ち付く方  くて分からん  く入れて自分  くして三  く続きそう  く教場  く下りて今日  く畳んでおいて部屋  くてどこ  くしろと云って寄宿  く暮している上  く免職  く慚  くでも居る模様  く構えているの  く席  くしているの  く切り上げて東京  くて胡  くて名乗り  く頂いておく方  く論理的  く登用  く当地  く円満  くて竹輪  くと動く景色  く云えば世の中  く書いてくれとの注文  く取消  く野  くうき出してゐるの  く反覆  くさしてると思  く敬礼  く蓋  く鏡  くわたれるもの  く不釣合  く輝いてゐる時  く光るん  くじだらく  く知っているの  く待遇  く導いて発展  くも半年  くばかり暮しているというわけ  く流れて隣  く濡れているの  くつまみ  くして朝日  く島  く躊躇  くよろめくもの  く笑いながら沖本  く髭  くて不況  くちゃ駄目  く順子  くとも女学校  く目礼  くミサ子  くごみ  く素人  く煙草の煙  く室  く入社  くして報告  く肌襦袢  く繩  くクビ  く輝くよう  く行き来  くドア  く処分  くホール  く匪賊  くもピンク色  く帝都  く湯気  くも猿轡  く大変  く肉眼  くカーテン  く開けて仆  く仮装  くも電灯  く脅迫  く効  くも危険  く便器  く馬  く訪ねて來  く行方  く立腹  く天下  く伏  く口拍子  く白昼  く放屁  くなからん  く鼻血  く会得  く理詰め  く隠すも能  く嘔吐  く術  く佐助  く笑い声  く赤面  く上田  く忍びて神妙  く振り  く夜更し  く勃凸  くて俺  くづれがしてゐると  くめんこい  く揚言  くする乱杭  く縦  くまでかかってひとつ  く書き直してごま  く書き加えてあること  くも辱  くなって帰郷  く知るもの  くしりぞけられて居るため  く見えて居る紫  くかお  く包んでかげろう  くたれて考え込むもの  く思いながら一寸  くていらっしゃるん  くしてひそんで居るもの  くほほ笑んでかげ  くなって来る子  く兄  くむね  くて涙  く云うもの  くじみ  く見える女  く賞  く見覚  くなって行く館  く他界  く心のままに  くつっぷしてしまわれる美  くふるえていらっしゃる様子  くとざされて人形  くては大変  くなりまさって行く許  く輝く両  くこけて瞳  くなりまさる庭  くなって世間話  くボンヤリ  く笑いながら心  くなって形  くて情  くて短  くくり  くふるえて居る女  くみこ  くしながら絵  くあたる人  くさいて日  く口々  くなってるん  く書き加  くづしかたに  くばつ  くせき  くまで勉強  く読まれているよう  く思っていられるの  くいちず  く掘り起こされているところ  く歩いて行っておじぎ  くても済むと思いながら銀  く鞭  くひかる農具  く見えるとき  く黄いろ  くなって西  くひかるきり  く森  く仲間  く爆発  くほどわたくし  くデストゥパーゴ  くなって銀河  く引いて南  くあした  く営むこと  くはあるめ  く扱うよう  く無沙汰  く流れているの  くて二  くかよって行く気  く想像  く待っている方  くおしつけている問題  くおつき  くも身  く苦界  く暮れ  く主人  く解決  くたより  く八橋  く次郎左衛門  く噴く湯  くして乗り込むわけ  く澄んでいる焼  く考える余地  くなぶる  く立花屋  くしてゐ  くかぎり  く退場  く高  く助けて貰  く用いておけば無難  くともテリヤ  く差し上げて片手  く負かしては気の毒  くて面白い  く温厚  く減退  くて正直  く暮す人  くて死  くなって絶滅  くも敗北  く牛  くひきつけて横  く電光石火  く生育  く自殺  くて国内  く買うこと  く対局  く道中  くて青いリンゴ  く宴会  く収まるの  く終り  く開始  くクロロマイセチン  く威張りたて  くしては今冬  くなってコタツ  くするよりも眼  くして叫ぶ有様  くあしらうよう  く島原城  く村  く生れ変るそう  く祈りながら錫杖  くてすむの  くさえなるの  くとぶよう  く他人  く述べたてること  く気候  くねばっているよう  くしているから笑わせるの  くぶら下っているの  くても居住  くて冷水  くて秋  く語呂  くコース  くて賭  くて麻雀  くタタン  くて荷  くだって  くペロペロ  く見ること  く敗退  く近代  く鼓舞  く透明  く挺  く刎  く咲く稲荷  く均  く行ってルビー  くかがやき  くあるとき  くては情  くては誠  く行く情人  く勇む雄  く判  く下りてちやう  くても下りられやう  く柿の木  くて殺風景  く日の丸  く町  く取締  く色づいてゐ  く思はれる事  くなどに奉仕  く覚えこむ始末  く馬蹄  く分裂  く中止  く言い合えるよう  く検  く詮索  く上野  く風俗  く自滅  くとも日本国民  くは何  く河岸  く町はずれ  く珍妙  くなって仕方  く山登り  く口中  く叢  くも焚火  く脱帽  くなるとはこれ  く渦巻く深淵  くて仕合  くなれば数  く結んで南京  くも世間  く衣食  くして完全  く聞えてるが其  くは尋常  く発露  く沈黙  くてかな  くはあるが清潔  く暮して來  く浮びあがること  く山陰道  く賣りにくる夏蜜柑  く思ひだす心  く足場  く及んで來  く隱岐  く光る潮  く見渡すこと  く動くの  く貧  くふ湯  く岩井  く逃げて歸  く殘  く留まること  く望んで見る大山  く造  く見えるなぞ  く離れて來  く光る宍道湖  く延びてゐる半島  く國  く釣竿  く新た  く澄んで殊に  くあるもの  く鷄  くと思ふところ  く紫色  く延びて來  く進んで行くこと  く咲いて居る縁側  くつき合う事  くあたる処  くとも十  く飛び高  くとも六つ  くあげて首  く行ってさがして御覧  く持ち出す年頃  くめちゃめちゃ  くても二  くまで画架  く四方  く肖像画  くなるほど皮膚  く時間  くなって五  く階段  くなりながら急いで階段  くなって了  くいってきかせるの  くいじめるの  くかむよう  く楽隠居  くなりて一  く大  く一身  く晒し  く集りて耐  く片手  く採りて叺  くして平生  くなるも両手  く知れるを以て大  く労苦  く葬儀  く拾いて集め箱  く斗  く信ずる処  くして腰  くして震  くして喰  くして歩行  くして川  く噛んでいるサイ  く来てそこ  く振りかざしながら体  く伏目  くは話せそう  く土  くなって消えるサイレン  く出征  くぶくつ  くひけ前  くてきれいな  く響いて来る弟  く食後  く言えば六月  く言えば僕  くても仕方  くなる人  く聴  く手当  く帰国  く差し込んで来るの  く見に来て呉れということ  く青酸中毒  く抱かせるよう  く瞠  く搬  く彼ら  く見ゆる例  くて遊女  く通ずるの  く普及  くエタ  く拒絶  く旋風  く錠  くしながらそのまま  くなって病舎  く光っているガラス瓶  く逮捕  くとも残り  く憔悴  くなって立  くなって本署  く弧  く詰るよう  く悄然  く底冷え  く石灰  く節  く朦乎  く分明  く此村  くとも傳  く訊かれるので何  く泊める家  く隈取  く衰  く聞耳  く延びて人影  く濃やか  く立つてるもの  く節付け  くとも伝道  く人気  く御供  くてらけもの  く寝るの  くびをうなだれたまゝ  くはしい話  く死にたい  く懼  く感じているの  く受取  く感じてゐるの  く放浪  く入江  くなって足  く帯  くテキパキ  く渡る方  くも五  く思われるほど  く国  く逗留  く水蒸気  く没  く起きては身  くして大成  く甥  くいうもの  くいってると思うの  くお側  く姐さん  く及ぶ処  くタッタ  く運んで浴室  くペラペラ  くちゃ満足  く年貢  くなって首  くさせているの  く冷笑  くなりかけの九月  くナプキン  くして呉羽  くちゃイケナイ  く抹消  くエラク  く観客  くなっている足  くエライ  く見付かっちゃ困るん  く凝固  く持ち伝  く為  くを名字  くしてみんな  くなってヴャトカ  くともここ  く押し合い  くツグミ  く炭酸ガス  く列車  く実践  くなるまで何  く建物  くチグハグ  く輝いている表通り  くいえば昭和  くなる体  く作品  く七  く死刑  く言いなり  く破れて猿股  く瞬く間  く暮しているの  くなって食事  くて外出  く崩れるよう  く佇止  く言うが芸者  く愚か  く神経衰弱  く乱暴  く吻  く竹下  くまで慰労  く湯  く繃帯  く岩  く慕い合っている大次郎  く頷首  く感じるところ  く拝借  く光る雨あし  く藤屋  くできるおやじ  く上り  く染めて断末魔  くあたし  く蔵するの  く他行  く煩悩  く緊張  く長柄  く澱んでいるよう  く光る帳場  く与助  く結末  くも彼女  く自宅  く晦  く川俣  く大刀  く大次郎  く追って来る光線  くて頭  く親分  く一寸  く縛ってある細  く群集  くかたち  く修理  く警笛  く見ていると脳貧血  くなって痛み  く神秘  く大成功  く霊感  くて笑っているの  く治療  く診察  くはにかんで隅っこ  く開いて水晶  く聞こえてくる機械  く銀色  くエンジン  くやっているかい  く視界  く圧迫  く至極  くもぎとられて廊下  く警鈴  くもこれ  く期待  く感じるの  くとべるから  く自動車  く活発  く集めている様子  くなりすぎて飛び出せそう  くする関係  く建造  く完成  く野路  く知る友だち  く線路  く笹  くてはかな  く閃くまで磨ける鏡  く湿つたの  く媼  く恐怖  く褄  く二の腕  く無手  く続いて在所  く扶  く輝く下  く立往生  くも洗礼  く畝  くざわざわ  くして虫  く平板  くシャチ  く揉まれて来ている階級  く論議  く拡大  く考える力  く歪曲  く資本主義  くヴエネチア  くちふれ  くらする  く光る腕  くぶー  く打電  く本文  く無電  くやるん  く階上  くとも五  く混濁  くこえを耳  くはね上り  く起し  く裏口  く驚異  く白馬  く一足  く帰って顔  く税  くして歓んでいるの  く景  く戦場  く拙者  く語  くなると母  く助ける策謀  く窯  く没収  く全滅  く追撃  く拒む気  く話すかなり  く立去れかし  くなり行く師  く恐がる人間  くい鴻  く沓  く送っている子  く不利  く頭蓋  くも東門  く歩行  く山家  くは禮  く貫くの  く朦朧  くひしばつて  く暖  く十重二十重  く聳  く可  く映つて  く乘  く黒板  く持ちだすなど気性  く脚色  くなって縄  く天王寺  く漕ぐこと  く揺  くいうと十一月  く能率  くホクロ  くて絵  く乗気  くて歩けなかった  くびに  く舳  く頼み  く彈  くて不確か  く潮垂れて世  くは續  く狂  く求める力  く銀  くやる奴  く冷酷  くて湿気  く流れ  く渉猟  く化外  く及ぶに至  く仏法  く朝廷  く根絶  く政  く廃止  くも世界  くも護良親王  く統  く勇敢  く陣歿  く参会  くも財政  く宇内  く崇敬  く教  くも凋落  く労  く崩壊  く教化  く言上  くて純情  く復習  く巖  く峻烈  く惠  く三三九度  く羽織  く晝  くて出來  く水垢  く筋  く調べて來  く見て貰  く下手人  くて寛  くして待つて居るの  くエフエドリン  く携  く打つもの  くまで弟  く發展  く痕  く現れて来る語  く固定  く彦  くもい由来  く加  くとも奈良  くて叶  くて力  くてゲヂゲヂ  くては叶  く黄色  く腑  くも何  く殺してしま  く困惑  く町役人  く泥  くはへ楊枝  く扱  く此處  く寢白  く結構  く替へた  く應  くて丈夫  く引けば輪  く嚴重  くて強靭  く開けられちや  く雨戸  く曲者  く縛るの  くも突  く打ち身  くて仕樣  く恩賞  く光陰  く相国  く行っておいでなさい  く豊饒  く自己  くも袁紹  く関内  くも敵  く降伏  く機  く華雄  く雑兵  く閉ざされて敗北  く事情  く云いかけるの  くも先  く本国  く期すもの  く剣  く仕える主君  く奮然  くするばかりの激戦  く謝  くも陣  く両国  く他日  くまで身  く罪  く董卓  くキパ  くてヱス  く河野  くなって夜遊び  くする種  くなって手  くなり頭  くて目  く与へて下さるもの  く坊ちゃん  くて強味  く姉妹  く蝦  く腫  くして母  くいらっしゃる事  く小麦  くカナカナ  くはちきれるよう  くて特別  くなってグンニャリ  く光るはさみ  くなって居るん  くて玄関  くつづけざま  くきって図学  く外出  く唯  く大の字  く窘めるため  く予知  く寄  く生きてゐ  く続いてゐる木立  く転落  くコンベンショナル  くして黒  く書かれて居ると云うこと  くなって居る人  くこまか  くても大切  くておどりたいよう  くなって居るの  くて困っていらっしゃるそう  くまで床  くとも西洋人  くセル  く成ってパーラー  くにぎやか  くも事  く横柄  く後退り  く燈火  く勿体  く賭博  く血色  くて軟らか  くなりゃア  く刺繍  くしちゃア  く錆  く柏屋  く駕籠  くも感  くも浅井  く不和  くも朝倉  く喜  くも間近  く癇癪  く聖  く今夜  く玄  く嗚咽  く哭いているわけ  く山野  くも孫策  く山岳  く果て  く集まっているの  くも奇瑞  くも山  く一戦  く弓  くも探り  く歯肉  く能才  く罵っている大将  く将軍  く弱気  く賢才  く張飛  く共栄  く残り  く兵  く退き鐘  く曹操  く美酒  く感銘  くとも小説  く考えさせられる点  く下痢  くても独立  くはなって居るが学校  く云うほどイブ  くなるほどのこと  く三輪  くひま  くとも理論  くサラサラ  くして居る人間  くなると云うの  くとも現代  くてもやって行ける時  く自覚  く林  く下劣  く侮辱  く相続人  くなるので私  く筆記  く自然主義  く納  く寝坊  く古典的  く一遍  く狂人  く明礬  くコブシ  くなって居る一  くふくれて居るが手  くコーセン  くなる戸外  くとも賤  く盲信  く宇宙  く沮喪  くある為  く浄  くキョロキョロ  く訪問  く功利  くとも本  く残して内側  く考えさせられる処  く執念  く洞見  く動くから  く見え  く発達  くも羽  く違うこと  くなり体  くしてやり度  く皆  く単衣  くなり急いで電車  く行って居るの  くさとるところ  くなるほど疲れてかえる  く云い乍  く感情  く友  くまつ  く映るよと僕  くまいて來  くしてゐる聲  く凍えてしま  く蟹  くなると思  く組合  くする癖  く濁つた  くあくび  く延びてゐる髮  く浮かんだり消えたりする無意味  くムキ  くして何  くてボロ  くつかめるやう  くしてゐるといふの  くすりかえて普及  く始終  く有望  く切れてしま  く聲  く刈  く出てきてくれるやう  く關係  く陥落  く用いてはこなかった  く城  く守るが利  くては淮南  く半途  く帰ること  く騒いでいる様子  く動かされること  く一挙  く民心  く戦  く留まって以来  く密  く老い  く宮門  くたたずんで  く董  く功  く御衣  く頬杖  く用心  く病態  くながれる涙  く苦しみ  く閉じてから  く城門  く鄭  くは漢朝  く淮南  く動くこと  く催促  く陣頭  くも混戦  くも関羽  く貴様  くお伝え  く詰  くされ学者  く利害  く立ってゆく泣  く嗟嘆  く埋めてしま  く怒號  く入ればかなり  くまで夜霧  く半畳  く終幕  くなって分裂  くも参政  く逆境  く壟断  くして弟子入り  く吐き出す必要  く了解  く作る必要  く写実  く画面  く描きつづけて飽きる事  く描きつづけて興味  く描かれ用いられる訳  くも憐れ  くて波  く応用  く描かれてあるの  く鮮明  く描きこなされている事  くなるので擱筆  くて盛ん  くも安値  く空いているということ  くいろいろ  く備えていること  くて不幸  くとも油絵  く実業家  くて善人  く売り拡  く転がって存在  くて野心  くするだけのもの  くとも著述  くて困るとつぶやく  く労働者  くは労働者  くは意義  くば読了  く此間  く通読  く直訳  く有る虞  く原書  くは社  くして冷罵  く現社  くとも円満  くも見えるもの  く大切  くも思って居る美  く精巧  く輝いて居るもの  くシンナリ  くて大抵  く輝きながら打ち笑む様  く対して居る人  く日本文化  くやらうつ  くこしらえて伴  く弁解  く驚いて人  く駭  く迎えて結婚  くとも實  く手近  く布帛  く捲く中  くひの大力  く草書  くも初秋  くに行水  くなりにけら  く結  く橙  くて不可  く喪  く余  く妥  く潜みたりしま  く法典  くふびん  く清ら  くはなからん  くなりもて行く程  くエリス  く獨  くぞ歸  く登りて梯  く橇  く光る流眄  く凋落  く倒れる男  く倒されること  く哄笑  く忘年会  くまで背中  くも千  くぱ  く承諾  く応援団  く肥満  く抜襟  く箒  く知っておるつもり  く錦  く名字  くも天下  くば関門  く通したまえ  く嘆息  く通してやれとのおことば  く恥じるもの  く古城  く河北  く関羽  く産業  く天産  く報告  く両家  く害  く夭折  くすすめてくれるの  く強化  くも一致  く守り  く畏怖  く掘りすすめば至難  く防禦  く歩いているうち  く処すること  く号令  く迂回  く優待  く城中  く内応  く祠  く拒否  く布令  く葬ること  く辺土  くてはかなうまい  くねぎ  く大家  く老いて行くの  く慫慂  くも座中  く鉤鼻  く転寝  くなって唇  くなる想い  く掴  くて喰  くはれ血  くという意味  くなっている彼  くも自尊心  く出掛けて彼  く見直されて来るの  く自尊心  く信用  く繰り返してきく時  く刻まれて行くの  く情  く境内  く抜衣紋  く敷衍  く考へればなん  く思ふといふこと  くも明治大帝  く心掛けること  く語るつもり  く浮びあがつて  く養  くとも裁判官  く気に入るの  くのぞんでいる片隅  く生きるよう  くなるくすぐり  く圧し  く軍  く表示  く続く屋敷  く住む伏  く触つた  く夷  く慾  く動き  く日常  くすべ  くカザン  くだんだん  く林檎の樹  くゴーリキイ  くて狂人  く云うの  く労働  く読ませられること  く怒鳴るの  くしてゆく人間  くなるばかりに退屈  く大人  く木片  く目撃  くて姿  く授業  く歩いている人々  く揶揄  く蓄積  くさえある自分  く囁き  く突発  くなるまでの労働  く圧縮  く描かれていること  く渦巻いているの  くも薄笑い  くトルストイ  く死ぬん  く同棲  くペテルブルグ  く硝子  く品物  く下女  く刻み込まれる描写  く出そう  く微笑むの  く潤んでいるもの  く思っているの  く蜒  く渦巻き  くなって震えているの  く控えること  く謙虚  く涼しげ  く言える言葉  く座  く目立つ顔  く落  く周章ててしどろもどろ  く暮すこと  く思はせぶり  くば純粋  く行けば結構  く吹き込むもの  く暮すやう  く提案  く興隆  く具体  く将来  く抑制  く厄介  く丘  く鼓動  く手助け  く奇妙  く寄り集っている家々  く働いている住民  く離れていると何  くくっつき過ぎているの  く揺れる度  く射し込んで来る馬車  く燃えている蝋燭  くで日光  く燃えている石炭  くて滑  く優美  く変っていらっしゃること  く介抱  く見える陰  く染める時  く跳び上り  くなって来る自分  くてぼんやり  く屈んでいる白髪  くまごまご  くなってゆく頭上  くたくさん  くて不体裁  く黒  く異議  く言うもの  くし柔和  くも高貴  くともあなた  くかかって海  くまで長椅子  く目立つ表情  くゆきそう  くなっているよう  くあからさま  く儲け  くさまようている宿  く虚栄  く平静  くすんでしまうの  く水平  く駆るという貴族  くちょっと  く裂いている者  く聳え立っている牢獄  くなってもっと  くて空  く段  く飾られている表  くに閣下  くなってしもうた  く優雅  く集中  く暮してゆくつもり  くいっているところ  くいっていること  く囀る声  くまでは一  くまで歩いて来てしま  くも沁  く小走り  く結論  くリ  くかすか  く揺られて身  く翻  く公  く外国  くは公明正大  く行けるの  く浸み込むの  く降って来るの  くかれ草  く蝋  くも刻むこころ  く賢  くなって興奮  くうなりあっているよう  くたたかうの  く埋めているの  く言っておくこと  く鬼  く新田  く弱っとるちゅうことだ  く博士  く深刻  く押し  くつかまえること  くしてくれたまえ  くふきだすガス  く助け  く丸木  く相撲  くなったりするよう  く似ているの  く悲しむもの  く知識  く日本人  くなっているところ  く一撃  く出来ているか  く返したまえ  く救ってあげたい  くなって火星人  くとも地球  くしているはず  く言うこと  く言いたまえ  くなって来るよう  くやって来る火星  くついているの  く火星兵団  く放送  く話しかけるの  くなって死んでしまうの  く火星人  く涙ぐんでいる時  く寄生  く佐々  くなるどころ  く逃げこんでいるの  く半分  く監禁  く扉をあけて  くも不思議  くなっている者  くなる者  く地球人  くなって行くよう  くはい  くピストル  く押しつぶされてしまうの  く戦い  くもマント  く山々  くとき  くきらめき  くやれる方法  くやっつけられそう  く撃退  く負け  く罰せられると言うの  く罰するから  く命令  くふるえているの  く甲州  く艇  く外敵  く太陽の下  く鋏  く座席  くなったりするの  くしゃべるの  くにらみあっている二  く悲しんでいる様子  くまわるの  くして火星  く衝突  く光っているの  くふち  くまでいくの  くハンドル  くびをふって  くいくん  くふき  く突撃  く足もと  くてのびちぢみする  くてしか  くとんでいるの  く世間  くなってゆくの  くうたわれ  くしてのぞき  くのぼるおばあさん  くびまき  くびまきを  く阿蘇  く喰締  く鳴るの  くても並んで歩  く連なる後  く起伏  く蠕動  くもただ  く轟  く這い廻  く上がってくれたまえ  く丸めて落すん  く立ちたまえ  く吹き卸  く寝る男  くするよりほか  く耀いている街  く輝かしているの  く円  く眠りから  く垂れ下って来そう  く握ってみる気  く老婆心  く包んで話  く眺めるかのよう  く有頂天  く歩調  く覗き  く荷物  くとも昼前  く呟いてから  く続けるの  く大仰  く泌  く光って彼  く灰色  く集い  く不健康  く感ずる成長  く緻  く輝く愛情  く振子  く単純  く即断  く恩命  く年齢  くも衆  く用いられるわけ  く他国  く江  く呉  く遠征  くは維持  く捨てて帰れば劉表  く誘いこむの  く名  く実戦  く荊州  く兵馬  く江陵  く恩  く討死  く予  く軍馬  く驚愕  く趙雲  く和子  く主君  く戦死  く途中  く好誼  く覇業  く虎口  く農  く賓客  く排列  く決すること  くて先刻  く並び立つよう  く詩文  く暗誦  くも文武  く腹中  くお開き  くも郷土  く語ること  く出陣  く風流  くも武装  く品々  く祝賀  く誇示  くにも私  く荒  くて汐  く地底  く秀  く世間話  くハイデース  くすてる菊  くみるわたし  くみる路  くしみ  くして居ると花  くなるとそこ  くあるくこども  くなる悲しみ  くなってくるわたし  くゆく大山  くなってお前  く投げやり  くなり霜  くともあるという証拠  く世人  く理想的  くてズット  く邦人  く聞  く袴  く逃げよと云  くヤツ  く読ません為  く日夜  く立つてゐ  く盃  く静寂  くに悪魔  く歩いている中  く市内  く咽  く蠢  く匍  く魅力  く揮発  く舌  く見える日  く形容  くふんわり  く支えている五本の指  く模倣  く狡猾な  く太って気の毒  く片隅  く愛しているよう  くて形  く言う事  くなっているもの  くなって真  く坐って縫いもの  くて颯爽  く重大  く輝いている星  く無駄  く眺め合う事  く走ってくる電  くクララ・ツェトキン  く輝いている赤色  くておかし  く嘉助  く待つこと  くまげて泣きだしそう  く運算  くも登りながら息  くくずれる所  くひろがっているの  く一郎  くなって三  くもいちど  くして押しあったりしながらぞろ  くてばしゃばしゃしているのに  く調えておいで  く鹵獲  く軍法  く義  く賢察  く万  く突き  く許  くするに汲々  く持てるもの  くケチ  くも逃げ支度  く唾  く周瑜  く陣門  く駒  く喜悦  く一族  く行われること  く驕り  くすると黄忠  く陣地  く参られるよう  くて杯  く対策  く自害  く一行  くしみこんで今日  く陣  く黙拝  く自筆  くがっかり  く過す夏  く運動  くなって鳥  く谷  くなって消えそう  く頂上  くもみんな  く来るつもり  くて家  くしながらぼつ  く光って黒雲  くとまっているわけ  くまわっているの  く遠くへ  くただ  く吹き飛ばされそう  くガラス  く丁度  くぶっつかっても仲  く云う前  く太平洋  く環  く見えること  く疲れるん  く北極  くなって一  く下っていること  くとまっている処  く見えてそれ  く思いながらいそいで家  く囘暦  くも囘暦  くば牽強  く從  くば之  く動いてゐるはるか  くはるか  く青空  くのびうすい  くてなん  く集  くなると妻  く伸びるやう  く子ども  く彎曲  く見上げろ其處  くおやすみ  くなれかうしてだんだん  く搖  くきこえる鎌  くひいるまさかり  く光澤  く人人  く錆びてゐるみあげるやう  くあれゆたか  く光りかがやき  く直立  く占めてゐる秋  く簇生  くこども  く感じてゐるそれ  くみろ而  くも肉  く垂れわたし  くなるみんな  くするすると人間  くくらしてゐる風  くくらしてゐるわたし  く飾る朝露  くもめくちや  くブランデー  く逝くもの  くばかりの多種  くなってゆく視野  くドン  く縛っている麻縄  く火気  く感じさせてくれるの  く勤めているうち  く云えばインチキ  くとも最近  く自由主義  くとも之  くとも日本主義  くとも文献学  くとも進歩  く非常識  く唯物論  くとも批判  く知られている処  く工夫  くディルタイ  く輸入  く繰り返すという事実  くとも文学  く制作  く古典  く目立つこと  くとも外官  くて経験主義  くて内的  くアリストテレス  くケンブリッジ・プラトニスト  く個人主義  く平均値  くとも一つ  くフランス  くともドイツ  くとも一種  く文化史  く哲学  くとも啓蒙  く個人  く啓蒙  くカント  く通俗  く却って  くとも現在  く承認  く通用  くともイデオロギー  く発育  くとも日本  くソヴェート・ロシア  く自明  く悪  くて東洋  くアジア  く着眼点  くニセ  く無視  くて国際  く日本的なるもの  く現代  くて御都合主義  く心理学  くて云わば数学  く比較  く楼主  く圧倒的  く失業問題  くとも娼妓  く積極的  くとも大学  くとも当分  く併  くイデオロギッシュ  く日本民族  くとも観念  くとも物質  く観念論  くとも一定  く形而上学  く誠意  く組み立て  く解釈  く整理  くて存在  く分離  くとも可能  くとも事実  くて根源  くてブチ  くて世界  く論文  くとも夫  くて実質  く無知  く文学者  くて文壇  くてもっと  くとも復興  くて宗教  く確立  くとも外見  く文芸評論家  くて文学的  く感じる性  く吸収  く一定  くて観点  くて能動  くとも相川  く労働力  くとも技術  くとも自由主義者  くとも日本ファシズム  く自由主義者  くとも三つ  く最初  く積極性  くリベラリズム  く倫理的  くて日本主義  くて唯物論  く見当  くとも観念論  く論理  く儒教  く思想家  くてただ  く織り込まれてはい  く明治  く大陸  くては論理的  くとも部分的  くて和  く多く  く大衆  くとも大衆  く未  く理論  く知られている通り  くも思想  くて他  く文学  く地主  く後宮  く天人  く落ちてしまうの  く守りながら陣  く証拠  くして諫  く劉璋  く成都  くしてあなた  く諫  く礼遇  く離れているせい  く乗り馴れている馬  く蜀  く哭くの  く姜  く征  くも薙  く鞍  くは四民  く尊大  く盲動  くもあり悩み  く談  く湖南  く控えておれ  く華やか  く久  く路傍  く正面  く長江  く近来  く献上  く洗練  くても片手  く振つて  くいふと非常  く短期間  く櫟  くして孔  く話す張り合いもなかった  く鯉  く夕  く洛邑  く荘子  く瞬間  く伸びてる首  く場所  く惨め  くきり  く敏活  くも皮肉  く分るの  くあるの  く失  く報謝  くまで寝ているよう  く働く作  く置駢  く見積っても木  くも蔑視  く父親  く嘲るの  く涌立  く青柳  く言う母親  く座蒲団  く引返しそう  く仰ゃって  く土産  く沁  く山国  くなって働いている男  く挿  く木葉  く飲みに来る客  く組んで首  く居住  くて困るよう  く針  く箪笥  くまで廻っているミシン  く年季  く言えるの  く小野田  く見なかった  くさく  く受納  く払  くちゃ為様  く貧相  くて旅  く苦しむ必要  くて楽  く聞かれる頃  くしては行  く推進  く地質  く低調  く養成  く始末  く散乱  く千枝子  くよそ  くなりがち  く傾斜  く不衛生  く弁舌  く配列  く悪臭  くて水道  く起きる必要  く情婦  く思はれるの  く投げ出してやつ  く争議  く取上げてしま  く中流階級  く東海  く擴大  く曲解  く前述  くに酒  くはしい其後  くと消息  くしている戸部  く怒り出すの  く語尾  く彫り込められて見えるの  く結んでいる口辺  くすると家  く山城  く番衆  くお父つぁん  く陽気  くなって恐縮  くいけッ  くなっている喬  くてもこっち  く見ていると誰  くなる顔  く結んでいるの  く結んでいる口  く意中  くなっちまった  く衣服  く暴風  く感じているところ  く出来るに相違  く見廻して笑っているの  く用人  く呑気  く玩弄  くて神田  く見ていると承知  くモーション  く供えてあるの  くなって酒  く寡  く横ざま  くて茨  くお帰りなさい  く会議  くシイ  く喬  くなって生れ  く音信不通  く終  く雑用  くつけ入って鍔  く一抹  く追究  く書いてあるの  くサッパリ  く寝ころんでいるの  くいえば酒宴  く営  く舟  くも魏  く必勝  く陸遜  くも町  く不自由  くて将来  く進出  く突破  く遊軍  く矢  くなどということ  く惜しみ嘆く庶民  く断言  く寂寞  くある関羽  く腹痛  く敬慕  く肌身  く内省  く薄給  く九泉  く治国  く太子  く惧  く先王  くも成都  く用いてくれるに違い  く聖慮  く不朽  く詔書  くおうけし  くも王朝  く勅使  く居  くお見舞い  く桃園  く帳  く昏絶  く影響  く占い  く述懐  く一矢  く国境  く玉座  く曹丕  くも内報  く出て迎えの礼  く拝受  く陸上  く叩く者  くも呉  く宣言  く妙計  く孔明  く白帝城  くなって母  く行文  く見受申  く存じ  く港  く熊本  く消息  く茶漬  くて閉口  くなると存じ  くかかれ候  く書くはず  く書くの  く胃  く相成候  くて弱り候  くいってるの  く言いはなされる言葉  くしている人  く見える方  く棲息  く一本気  く含んでいた事  くて彼女  くも年  くも引退  くも見えること  く吹  くうたわれるよう  くだらけ  く挙行  く勝手  く渡航  く見るオフシェ・ダカジメ  く綿密  く思わせぶり  く曳いて来る腕車  く瞶  く商い  くするつもり  く売ること  く言って脅して見るの  く出来そう  く傷口  く耳元  くなると炬燵  くする方  く入るよう  くなってお辞儀  く堅固  く猛虎  く下りて来て私共  くのせられてある三  くのばして横  くと育って来る嬰児  く海水  く育てられているうち  くなって引下  くするということ  く蓄  く静脈  くなっているダーリヤ  く行く姿  く引っぱって呻くよう  く情熱  く本能  く人一倍  く芸者  くして揚代  く巣  くも諳  くかの琉球  く高等  く尋ね究  く返礼  く語り伝へら  くいづれも車夫  く再興  く浮んでゐるの  く三越  く歌舞伎座  く昇るの  く走り  くも立  く稲荷橋  く貨物自動車  く大体  く通報  くとがめるやう  く簡素  くめ  く穹形  く山羊  くし度  く傲慢  くかぶったま  くおかれているところ  く見えるという日常  く描き出しているの  く洞察  く雄勁  く熱中  く感じる人々  く満場一致  く人間の性  く不気味  くなるかもわから  くとる気  くなどなると家  くともそこ  く通るの  くするほど痛快  くあし  く是正  くみえるといふ現象  く磨滅  くみるに至  くは省みられてゐ  く得られるもの  く民族  く混  く時代  くつきつけて役目  く精神的苦痛  く示すもの  くとも主観的  くとも報復  くしてるもん  くとも当惑  く友人  く重要  くみる傾向  く通じる筈  く信じるやう  く暴言  くにらむやう  く譲歩  く響くもの  く釣合  く教育  く考へてゐるところ  くとも日本人  く送る資力  く働かせ得るやう  く繰り返されるであらうこと  く辱  く不吉  く日本風  く甘え  く自我  く語るところ  く入れ換  くづれだつた  く落付  く割  くひつくやう  く疼く肉慾  く落ちてゐるの  くさら  くボツ  く妥当  く広大  くて美  く覓  くも可憐  く浮気  く葱  くて繊弱  く間借  く感応  くて不便  く避難  くひに街頭  く平安  く焦げてゐるの  くなり町  く真っ直ぐ  く耐  く過ぎて断続  く通れるかなと思って見ているうち  く漂っているの  く見詰め得る者  く潰れそう  く言えば劃  くて出鱈目  く握って会堂  くなって鼾  く変っている良人  く補  くペイルソルプ  く舞い込んで来ていて当局  く余り  くして眠られるというもの  く車体  く否定  く雑談  く宙  くサミイ  く言う者  く療養  く尾行  く夜警  く国道  くはなり  く姜維  くも廃れる部下  くとどめて退却  く乱  く遺詔  く越  く柵  く郷  く闕下  くひるがえっているの  くより戦場  く大軍  く絵図  く待てど待てど雨  く追い攻め  く漢中  く辞してそれ  く重用  く信任  くなるばかり門出  く善言  く図  くため  くも曹休  く竹帛  く信ずるもの  くは国家  く交友  く陳  く詐り  く染まる時  くて蜀兵  く守備  く大敵  く自戒  くも山上  く病  くわが国  く視る目  く熟れているよう  くすると冥  く其業  く哀  くも綺麗  く陽炎  く偉大  くして鄙見  く議論  く不徳  く知る所  く咎  くするの工  くして子  くする等  く聞く者  く家名  くしてその間  くして情  く私権  く費やして益  く通弁  く多言  く澄んでゐるの  く幼子  く明日  くクルリ  くづが  く五本の指  く湖  く延  く見送り  く行末  く浮んで來  くもふさ  くとも変則  くしながら口  くかしこ  く平気  く手伝い  く嵩  く結び合されてるの  く引張ったりなさるん  くて登別  く衰退  く痙攣  く光る眼  く苛立ってるよう  く多量  く起ってくること  くまで用  くこちこち  く激昂  く荒んでるよう  く生長  くて一切  くて眼  くなるとこれ  く考へてみるの  くつぶら  くたか  く暮らして來  く柚子  く持前  くなるのに何  く降注ぐ山  くもむき出し  く滲み透っているよう  くとも大阪  くこしらえる代り  く掘下げるん  く持ち上げている頃  く奉公  くまで人  く遊んで来たまんりょう  く農人  く下りて来るの  くも不安  く上げ下し  く描いてあるの  く張って来るもの  く知っているはず  く昇ってから  く襟  く棲んでいる女流  く歩いて往  く器用  くなってくるもの  くして満足  く凍りついているの  く考えられるもの  く傑  く話して往くこと  く失われて来るの  く行けば日本  く斬新  く買われる価値  くして木の芽  く果  く蓑虫  く吹きぬけるので蜂  くて機嫌  くさくら  く蕗  く伸びるより咲いてゐる草  くなればきりぎりす  く漕いでくる鎌倉  く吹きぬける鴉  く柿の葉  くおと  くする椿  く啼く鳥  く竹の子  くころり  く生きもの  くも露草  くする真実  くも鉦たたき  く流行  く敬語  く遣ふところ  く誤り  く頑  く終止形  く保たれてゐる例  く岩手  くとも文字  く呑氣  く膏  く練  く練り  くして囚人  く妻子  く全身  く盈  く垂れて居る事  く催眠術  くも文字  く社交界  く頷けること  く漾  く葉子  く思い出すもの  く言い宥めるくらいの寛容  くて不自由  く自身  く継母  く愛撫  く眺めるの  くなってしまってから  くは仆  く踏みつけにしていること  く表情  くになってから  くも涙  く感じ  くて陰気  く当たるの  く連続  く内面  く言っているうち  く墨  く監督  く上京  くする術  く坐っているの  く入りそう  く絡まってくる友達  く鈍感  くもなるの  くも十  く感ずる以外  く険悪  くて暖かい  くは傍  くするだけの何  く続く場合  くなって電  く小夜子  く話しかけられるの  く眠気  くに電話  く困憊  く離れているの  く濁り  く坐っている彼女  く銀座  くまで花  くなっている青年  くにやって来て失敬  くにすみません  くヒステリック  く潤い  くおもうくらいのこと  く過ぎ去っていること  く好いている女中  く来てでもいるよう  くて終り  くも身辺  く下宿  く復活  く応酬  く行くに違い  く絢爛  く浚われてしまうの  く二道  く出入り  くコオヒ  く行っていること  く中空  く庸三  くて哀れみ  く焼いてから  く昂  く脈  く騒  くいえば十  くするという例  くとも俺  くとも八  く拘泥  く見積って三  くなって来ているの  く行けば投資  くとも政江  くなっている伝三郎  くて注文  く売るの  くとれるの  く押しつぶされている右  く納得  くこれら  く聴覚  くハ  くとも我が国  く発現  く交叉  く打つてあるやう  くしつかりとうち  く限り  く寿  く葺かれてゐるの  く続くこと  くといふこと  く諷誦  くして舌  くによる所  く出来て来る訳  く別々  く感じられるほど  く独楽  く左  くはあるが大型  く入って身  く崩れて落ちそう  くはあるがふっくり  くて大奥  くわん  く嘗められて畳  く文字  く廻る独楽  く土塀  く頭上  く廊下  く照っている地面  く育つこと  く暮らして行ける女  く燃えているの  く閉ざされてあるはず  く隙  く止め  くぬき  く聞こえてくるよう  く懇意  くよ  く尊重  く元  く歴史観  く作るもの  く関聯  く保持  く邑落  く位せられるの  く呪術  く見られる筈  く宮中  く述べること  く職業  くも用  く脱落  く宗教  くイトマ  くて毎日  く推されてるん  く考えて返事  くビール  くて一徹  く応答  くてユッタリ  く無言  くてダメ  くてらッ  くせまる態度  くなって言葉  く吐きすてるよう  くギョ  くウイスキー  くいっているの  くまいてちょう  くおこすはず  く生死  く渋滞  く片足  く柔軟  くて平凡  くひっこめるの  くまで遊んでくるの  くしていなかった  く疲れる方  く拠りどころ  く訊いてもムダ  くなっちゃった  くキレイ  くもあるの  くて三十三  くアパート  く隆々  くつづくもの  くて物  くゆるんで行くよう  くエンゼル  く見ぬいていると放二  く響きわたっているに極  くとどめているよう  く短縮  く着代え  く金品  く血みどろ  くいるはず  く知っていま  くなりやがら  くもカユ  く安泰  くまで酒  く生れ変って感ぜられる底  くへ行かれるということ  く長平  くも人  く手交  く地平  く一変  く霞む畳  く曠  く糶り  く柩  く鎖  くは結構  く領巾  く苔むして見ゆ  くも土蜘蛛  くしてゆるやか  く掃  く嘶  く睹  く掛物  く落ちついてくるよう  く昇ってゆくがよう  く濡  くて皮膚  くなって其処  く見られる丈  く起きること  く庵  くくたばつて  くちゃア  く一昨年  く美代  く盆暮  くとも赤  く頭髪  く儲けて金  くして腹  くたって歩くだけにしか  く先程  く云い交してある事  く出  く思いなさるん  くするくらいの奴  く云っちゃア  く驚くと云うもん  くなると一切  く成っちまって気  くお菓子  く殺害  く生かして行く点  く表向き  く歩いていらっしゃるの  く一夕  く公家  く考へること  く考へられるやう  く実現  く宮内卿  くや五月  く本質的  く暗示  く実生活  く細やか  く標準  くするさっき  くなって癇癪  く幾度  く迎えてでもいるよう  く凱旋  く木部  くわがまま  く物質  くなりまさるよう  くも男  く面会  く起きぬけ  く発  く痛むん  くデッキ  く落ち付く所  く付き  く不規則  く思うほどに初秋  く来るよう  くなって行くの  く永田  くあやし  く帰れっていうん  くなって来ると私  くなってしまってそれ  く勘定  く見かけ  くたたみながら愛子  く迷い  く見えるほど遠く  くほほえみ  く五十川  くも鉢合わせ  くも教師  く思いやり  く腕組み  く愛子  く臆病  くあげて万歳  く暮らすん  く震え  く右往左往  く眠り  く降る雨  く海上  く大股  くしとやか  く光る目  く受け身  くほっそり  くほんとうに  くさまよっている中  く悒鬱  く事務  く落ち  くなって術  く大さじ  く見える一  くも手  くとも気分  く突き進んで来るの  く動く波  くまで室外  くかしぐの  く中心  く押し静めて事もなげ  く聞こえるよう  く隔意  くかん  くぶつかり合う底  く傾く甲板  く重心  く触れたり離れたりするの  く凝然  く光る色  く音律  くなって何事  くたどって行くの  く現われ出る人  くショール  くなって一寸  く燃えているはず  くあおり  く岡  く角燈  くためらうふう  くもふしだら  く走り続ける小  くしどろもどろ  く一種  く笑う声  くなりながら札  くかみよせる岸  く底光り  く立ち騒ぐ沿海  くしながら葉子  く受けるつもり  く切れ目  くはなやか  く吐く男  く異常  く踏みとどまって目  く死んでしま  く落ちて行くの  く配置  くノック  く親しみ  く帰って行く事  く検疫  く見ると田川  くたしなめられる事  く思われるけさ  く飲み込んでも飲み込んでも涙  くあげて鬢  く描いてのどか  く眉間  く存じ参らせ候  く小机  く酔ってはい  くなればなるほど葉子  くうねる水  く立ったり腰  く脈打つよう  く一人ぼっち  く横向き  く続く沈黙  く打ち消すよう  くなってもう一度  く流れ通うの  くきまじめ  く良心  くまでしめじ  くボストン  くもどこ  く話して聞かせている所  くいい出すの  く新聞紙  くこだわってしまっていつまでも  く真率  くまで連続  く見える顔つき  く容赦  く冷然  く断ち切れる前  く開いて目  く流れ出るに違い  くなって数  く帰って二  く御覧  く藤  くいらっしゃる時  く来るうち  くは治るめ  くすれば増長  くもあるが何  くも瞽女  く突入  くては法事  く浴  く取って袈裟  く泊って下  くお立ち  く親類  くなって出る事  く此地  く言えばお前  く忽  くて幸い  くして彼  く居ては都合  くなっては提灯  くて胸  く居る気  く泊り  くて言葉  く落合  く女郎  くて寧  くてばら  く帰って脚  く斬込み  く燈光  く見ると顔  く屋敷  く巡礼  く揉んで下さるんで先生  く土屋  く播州  く差配  くなって労  くて腕  く成りやア  くてこたえがなかった  く早熟  く責めるの  く聞く多可  く立ち上って階下  く消え散る意識  く芸術  く見てゐられるやう  く話しかけてゐるの  く考へるの  く老けるから  くても構  く訪  く熱論  く沈んで行くの  く着たきり  くは日本  くおしまい  くスジ  くなるという事  く吸ってから  くなって下  く集会  く監視員  く静まりかえっているため  く行って兄さん  くゴブサタ  くたいがい  く友吉  くやって行けるよう  く教会  く値上げ  くそれぞれ  くなって来る頃  くいっている言葉  くトラック  く帰るん  く気紛れ  くしてしまふ女  くはん  くみえるの  く縫  くなるのでいつのまにか  く引き受ける気  く当選  く二十三  くページ  く言いあてるもの  くなって困るに違い  くすると国賊  くなるころ  く餅  くおもしろ  く並べてある洋書  く赤門  く見えるところ  く粉  くすると肝要  くなって筆記  く双方  くこびるの  く澄んでいる上  くまで待っているの  くおかき  く衣装  くなるが気  く冗談  く活版  く罵倒  く適当  くては一番  くまでゆくん  くフロックコート  く平衡  く答案  く消沈  くなればなるほど引力  く短  く鷹揚  くいきそう  く南北  く引き延ばして利用  くできすぎているよう  くなって火鉢  くに話  く佐々木  くて遊戯  く透き  くて行く途中  くまじり合  くてもひとつ  く往き  く聞えるのでこれ  く見える喘息  く旦那  く只今  く来て寝て仕舞  くなって藤屋  く出ろ  く起きて白金  くして居るん  く入らっしゃると牡丹  くして町家  く釣  く貴方  く何方  く仕立  くもいう通り  く出来  く思って居る可愛い  くも夕景  く欝  くも船  く何分  く仰せ  く依之明晩  く出立  く騎  く吹く折  く否応  く忝  く大津  くば縄  く掻取  く改心  くも小原  くて頭髪  く夫婦  くなっている細工  く興じる主人  く引退  くし頭  くご覧  く吹き切れてゐるの  くなるまでの凡そ  く仰天  くなつたの  くも余  く迷  く澄みて秋晴  く目的  くして巣  く憎悪  く希望  く脳  く投げ出す親切  くも天  く前面  く湿め  く屈強  く剥ぎて組合  く家康  く信長  く見くびられてゐること  く育つてゐ  く威張りはじめて  く広間  くチョロ  く見えてしまふの  く引上げ  く廻りだしてくる時期  く犬馬  く外れて惻々  く何事  く復讐  く打ち興じる笑声  く考へてしか  くバタ  く秀吉  く身の程  くツヂツマ  く帰洛  くても不可  く足下  く各々  く行長  く名護屋  く入城  く一条  く止す方  く退出  くづれて  くて恥  くは之  くも幼年時代  くより其種  くとも死の恐怖  くする爲  く潤  く響く樣  くして其  くドシ  くとも男  く浮び出ること  くとも外界  く餘  くとも對手  くする自然  くは余  くも慘  く浴び乍  くくるま  く凡て  く認  く半ば  くとも純一  くとも殉死  くばそれ  くても顏  く光る雪  く止っているよう  く帰って準備  く兵営  く憂  くびすぢをなめまはしたりします  く政府  く万国  く知ること  く思われもするの  く飛翔  く罵詈雑言  くプウシキン  く粒  くていや  くなって寝ている黒  く紋  く沖合  くむっく  くかの柳  く謂えば意志  くなる風  く残して一  く洋々  くあるめ  く困難  くしてゐれば受けること  く見えるに違  く顛倒  くなる顏  く暮れて行く湘南  くとも凡て  くなるまでは何時  く知合  くて取殘  くは舊約  く忘れること  く斷  くなり鞏  くするには先  くせむとする  くする活動  くて求道者  く觀照  くて整理  くてそれ  く變化  くて藝  くする意志  く生きむとする  くするところ  くその間  くなりより惡  く見せむとする  く當然  く練られて行くこと  く浮き出てくる妖怪  く島内  くごろごろ  く駈け廻っているうち  くなって中止  く土台  く沈みゆくの  くも息  くも法  くや葉  くきれいな  く横腹  くのびたじくや  くの所  くゆるやか  くも田  くしあわせ  く透きとおるよう  く笑み  く生きるたましい  く光景  く雲脚  く薫  く渡  く拔  く生涯  くして十分  くするの道  く染み込めて容易  く損害  く教え込むとき  くばかりに沢山  くする懶惰  くて今日  くてライフ  くして俺  く幻想  くステ  くアツシジ  く主  く兄弟  くも第一義  く凡下  く經驗  くて現在  く生れ  くて誠  く光る方  く光る事  くて淺  く讀書  く汗ばむこと  くて鋏  くはカーライル  く襤褸  くとも此點  くて僕  く考へて貰  くて當然  く意識的  くする態度  くされる自分  く決定  く此男  くて反感  く解るの  く成金  く読めば読むほど利益  く参考書  くは理化学  くも話題  くするだけにても効能  くとも読書  く行っていら  くしてくれるよう  くなって長男  くとも笹尾  く高地  くなって病院  く覚めるもの  くなる筈  く惘然  くて記憶  く叱りつけている様子  くごらん  くして噛んで吐きだすよう  く端  く変色  くて子供  く膨れて背中  くなってムク  く帰郷  く取りのぞき  くなって斃  く医者  く客間  く覗いてみたいよう  くも貞雄  くなさること  く姙娠  く貞雄  くなるほど駭  く地面  く感じられて鎭  く思はれること  く出て晩  く肥え太  くあけ  く咳き入つた  く開く音  くお産  くひえ  く来ると云  く膜  くかなしげ  く唄  く夜具  く飛ばし  く打つの  く行く時  く行くもの  くば鼻  く刺客  く聳えている槍  く止めど  くあっちこっち  くなって帯  くて鈍  く初秋  くさせる事  く尊  くなりまさって行く時  くて逝く魂  くて檜  く安置  くゆらめくの  く喰い込  くつまれて式  くはびこって美  く浄め  くフンワリ  く愛すと云う事  くしながら膝  くムン  く行われ様  くまたたく光線  く毎  くても自分  くも時  く發音  く歩けるやう  く光る頭  く相場  く遣っ付けたりするの  く手渡し  く感じられる位  くする時間  く私について  く伏し眼  くスッ  く瓦解  くて気持ち  くなって叔父  くなっている頬  くくれりゃあい  くなって相場  く笑いながら前  く噎せびな  くてトテモ  くなっている彼女  くキャッキャ  くまで睡れなかった  く来て頂戴  くなって妾  く逃げて頂戴  くすぎて兄  くも洋銀  くして混濁  くして透  くいたみ針  く疾患  くなりゆくもの  くしやべり  くてもがまん  くブリキ  く刺激  くびをつるされたりする  くすき  く布  く描いてゐる夢想  く置かれる所  く草むら  くなってそこ  く産業革命  く省察  く生きる値うち  く封建  く読まれている作家  くもっと  く思う心  くとも自主的  くまとも  くして喜び  く含まれて居ると普通に  く探り出して來  く不自然  く感ずる時  く痛快  くまでゆっくり  く再婚  く痩せてはいるが可  く飛び廻っている洋造  く聞き入ってるの  く北信  く焼けている河原  く魔物  く浮かばしている汽船  く縫っているランチ  くプクン  く往き来  く覚えておいて貰うこと  く股  く四囲  くなってはい  く本船  くカーヴ  く操縦  く機械  くなっている自分  く使い捨て  く監獄  くよごれて仕様  く掻  くしめている唇  くゲラ  くする訳  く危い  く色々  くつかむこと  くムク  くなっている頭  く揖  くてはひと  く寝るという意味  く寝るという気持  くなる潔癖  く描くということ  くして寝ている師走  くはびこっている限り  くも失敗  く出掛けては見て貰  く二分  く意見  く加茂川  く要  くばちょっと  く襲  く鴨川  く疼  くなって怒ってる時  く平手  く行交うの  く品  く蒼空  く響いて押  く玉  く読むの  くなって来るせい  くなる口  く自省  くして行くの  くても帰  く彩っているだけのこと  く矛盾  く加入  く雌伏  く穏健  く保って居る健康  く光る逸  くて浅はか  くかの女  くして居る間  くと言っても逸  く持っている気  く引き締めること  く息子  く添って建っているの  く見度  くて暇  く門前  く流れる様  くこぼしてる様  く先方  く頼むの  くリボン  く回転  く見劣り  くしているん  く帰りたい  く追窮  く世帯  く門野  く方々  く壊して雑巾  く吹聴  く弁ずる上  く附  く吹き返す所  く輪廓  く跳ね  く到着  く思っている位  くなる時候  く干渉  く聳える目白台  く宅  く読める人  く見える上  く坐っていて不可  くて寐  く見える自分  く提げて行かれる様  くてはい  く雨季  く変っている辺  く働  くて活計  く坐っている事  く見るの  くする山師  く運命  く迷惑  く電車  く並んでいる底  く見える位  く帰る事  く一所  く考えていらっしゃい  く此所  く尋ねる機会  く驚  く生きられる身体  く午睡  く出るん  く先達て  く異見  く仕舞  く標札  く凄味  く縛っているの  く沸騰  く不恰好  く吐  くメス  く焦燥  く小心  くぼろぼろ  くへとへと  く気品  く暗鬱  くなり梅雨  く火葬  くなって年甲斐  く西谷  く光らしながら厳粛  く敗  くも沈み行くこの世  くは君  くあはれ  く照る夜  くは心  くは兄弟  くても関  く動いてゐる須田町  くして草  く光る雲  く所口  くを女  くて魚  く邪慳  く薄  く思情  く聞く彼  く壇  く立っていると瘧  く輝く裡  く射すん  く蝋燭  く浜  く時めくよう  く逞  く小腰  く切口上  く突立  く言えば囲炉  くびって  く中途  く扱って誘  く濡蔦  く燃えそう  く包み  く水の上  く無事  く小松原  く視め  く月  く一息  く下向  くぬがしてやつ  くねんね  くば我  く溺れてしま  くて這  くはみ出している仕切  く問い  く分って頂くため  く助手  く調べる必要  く述べてくれる日  く明けているの  くも新聞  く動かしながら船  くなって風  く見開いて相手  く分別  く伝法  く勇み立って承知  くなるまで宿  く使い分ける不思議  くママ  く泣きながら  くぬれて夕月  く詩的  くして姉  く寝入っているの  く意趣  く大北  く見開いて葉子  くなっていると断定  くしてお話  く倉地  く古藤  くも倉地  く感ずるもの  く嵩じて来るの  く取るどころ  くしている中  く泣いているの  く開いて黙って倉地  くふけて行く夜  く冷え  く見える瀟洒  くも鑑識  く片づいているの  く根こぎ  く過ごすの  くも瞬時  く取りおろし  く責める事  くかき  くもみごと  く答えるの  く無邪気  く麝香  く冷ややか  くさせるほど  くはなれなかった  くはあるが類  くて子  くおかっぱ  くして目  く晴れているの  く飛び出てはい  くお上  くチャブ台  く飛んで二  く見て取って案じてくれるの  く来ておとめ  くいら  くたしなめるよう  く毎月  く動き出す不規則  く見える鏡  く鈴  く呼びに行って一緒  く凝り  くほてって臆病  くも大事  く退けるよう  くたたくよう  く廃頽  く持ち出されている間  く謙遜  く田圃  くだれ  く思いやるよう  く横行  く早月  くまで来ても渡れそう  く疳  くしめやか  く落ちて字  く立てて寝返り  く働くよう  く不順  く捕えられて前後  くうそ  く襖  く始め  く杉森  く貞世  く呼ぶと階下  く結ばれるという迷信  く見える事  くなって来て父  くなってこっち  く皆さん  くしてはい  くすすり泣く声  く隣室  くいいつけて貞世  く来てごらん  くばらばら  く漂って行くかとも思うよう  く感じられるほう  く活  く意志  く光って斜め  く身ぶるい  くまで岡  く見つめているうち  く横たわっている鏡  く整えて静か  く飽和  く破裂  くも姉  く枕  く働くさま  くも朝がけ  くろう  く痛み  く考えるよう  く手術  く病室  く揺れながら日本橋  くなっているわけ  く通って来るよう  くて首  くのぼっているに違い  く流れ回っているよう  くなって行くという報告  くぬれ  くとどまる事  く見える中  く小鼻  くなっていて胸  く笑うの  く扱いつけているくせ  く震えながら仰向け  くかい  く医員  くして待っている筈  く役得  く小田  くなっている山吹  くなっている箇所  く蠢いている小娘  く洋服  く可憐  く断って置くこと  く鶴雄  くなっている鶴雄  くても樹  くデカダンス  く笑っている小田  く若い  くなるほどの苦悩  く水面  く真黒  く囀るの  くしては彼  くて何  く禰宜  くているもの  くうなだれるほか  くとも人並み  く海老屋  く落葉  く凝視  くしなやか  く飛び交いながら鳴くの  くカーブ  く蘇  くちょ  く恍惚  く出来るよう  くリズム  く陰気  くして自分  く降って居る故  く眠って居る夫  くしてゐるやう  くびだけのせて  くうつろ  く語調  く響くの  く嚴  く體  く教壇  く征服  く却  く變  く劇  く聯想  く松山  く左近  く遍歴  く盛り場  く祥  く病み  く分らせること  くなッ  くなると毛皮  くかれを実  く覚悟  くできることな  くなっていくということ  くなってくるとあなた  くの垂れ  く嘆願  くして賃銀  く思ふけなげ  く遠慮  く態度  く天王寺公園  く寒々  く刈取られて了  く女装  く火傷  く不潔  く来るもの  く思うでしょうが  くて下品  く勇  く輝いているよう  く一座  くも此等  く眼中  く昂上し  く曹洞  くは數  く起こつた  く蠶食  く湧き上る憧憬  くとも次  くとも自己  くとも人間  く日常生活  く光って延びる道路  くさりながら些  くさえ感ずるもの  く見ると小  くまで流木  く路  く山地  くとも九  くして労働者  くゆっくり  く碁  く掻いてから  くいるの  く使ってるというわけ  くさしてる石  く引いて流れる息  く続く恋愛  く狂暴  くついてくるの  くある道理  くなる氣  くぐつすりと  く動かしてゐるにも係  くワイ  くオルガン  く辛  く話題  く芝居  くして円盤  く人類  くもエジプト  くまばたく夕  くとも隔日  く自在  くともそれ  く冷淡  くなってること  く勧誘  く謝罪  くちゃ年  く立聞き  く前後  く拾ってしま  く睡りながら車  くまで飲んでいること  くなって恐怖  く鶏  く襲ってくるの  く歩いてゆくよう  く浮いている女  く居睡りするたび  くなると何  く見て取って声  く光る道路  くては生活  く歩いているさま  くなると表  くなって微笑  くなるまでは楽しみ  く起ってくるのに耳  く這うて殊に  くしてくれること  く忘れないで  く視野  く疲れた  くおんぼろ  く莫大  くて不恰好  く避雷針  く晴れわたり頭上  く幸い  く礼拝  くポー  く胡  くも漆  くなるたんび  くて日向  く実母  くも口真似  く造船  く見てステーション  くはしか  く汚れるほど職工  くゐさ  くして意外  くて親  く誓  く沈衰  くびをしゃんとあげて  くともひと  く念入り  く無住  く篠  く遊んでゐるの  く囀つて  く経験  く烟  く睡眠  く見事  くとも犬死  く照る田圃  く屋号  くかれの鬚  く墓地  くかれの平生  く押入  くならうとする頃  くかくされてあるの  くかれの体  く起きて本尊  くとも上  く崇  くして蜜柑  く適切  くベソ  く肥  く縁取  く増補  く考えて見る前  く間隔  くする呪法  く暮す日  く田  く残っているの  く知られている二月  く行われているの  く商家  く過すこと  く受売り  く来る年  く飲み食い  く離れて陸前  く集まって飲食  く一文  く国内  く離れては九州  く行われている習慣  く起きて水泳  く七夕  く行われている夏秋  く紛れ込んで村  くなって姉  く伝わっている七夕  く西国  く天上  く見かける実例  く感じて遁  く鳥獣  くなり鳥類  くは合点  く退治  くなどという話  くしておいて下さる方  くの立石  く水鉄砲  くいえば秦の始皇帝  くも両人  く評判  くそのまま  く掌  く開ける式  く異彩  く嶮  く鶴子  く有明  く対話  くともようご  く身構える体  く施錠  く譴責  く秘蔵  く記録  くなっているということ  くいなせ  く訳  くなるほどこすり廻し  くふン  く式台  く鎬  く顎  く威厳  く物騒  く殺せエ  く千秋楽  く風向き  く色気  くしながら早足  く真顔  く踏絵  く喫茶店  く見る性  く顴骨  く差し上げて窓  く王様  く俯  く胃袋  くなって扉  くなって両手  くして王様  く正気  くば皇帝  くも明朝  く皇帝  く茫然  く弾みながら玄関  くては不都合  く卓上  く一段  く起るさまざま  く模糊  く拘引  くて誘拐  く会費  く名乗  く翻弄  く申  く叙述  くする好敵手  く述べる必要  く眉根  く符合  く脱脂  く葉巻  く舌なめずり  く嬌態  く光る屋根  く手筈  くも花  くばラジオ  く遅刻  く叱責  く包むよう  く輝く白堊  く屈託  く手提  く手を取り合って  くなって指  く足首  くして下さるの  く塀  く煩悶  く佗  く嶮相  くいう必要  く南千住  く木賃宿  く出所  く観測  く引裂いて紙屑  くなって舌打ち  く応対  くとも外務省  くやるとキリ  く異様  く先刻  くモジ  く白骨  く記事  く足元  くやられたか  くこんがらかって何  く反復  く壁際  く加担  く日本趣味  く一揖  く脇腹  く不正  く犯罪  く摘発  く真名  く懐中時計  く職務  く交番  く取まとめること  くゆく時  く荒れるに任  くつき従うの  く身悶え  く後先  く尾張町  く啼いてゐるこ  く潜  くはし  く饗せられ調法  くして父  く二月  く湯殿山  く湧いてながれてゐるところ  くとそこ  く働くの  くてあれ  くて学校  く見えるん  く話すの  くてたくさん  くひいて下北半島  くあたるの  くなって実  くなったりする雨  く祕藏  くも容易  く極り  くて為る気  くして縮緬  く慇懃  くまで月光  くて日当り  くも世  くも厭世観  く小利口  くなって沸  く自分勝手  くより戦乱  く源平  く施行  く云えば漂浪  く堪え得るよう  くは平らげられなかった  くも己  く帰順  くも梵天  くなると逃げ出すの  く北条  くとも崛強  くとも広闊  くアテテ  くなる訳  くても政  くとも信長  くは有るが江州  く思う一方  くても軍隊  く働く武士  くもある人  く一生懸命  くは十  く大功  く晴れ渡って碧落  く思って窃  くて太平  くては何  く明白  くして頬  くも茶  くば政  く会話  く笑って後  く氏  くは伊賀  く働きて好き  くて一揆  く出て来て言訳  くして吾子  く徳  く御神楽  く育つても行  くする位  く枯れて了  くは共有  く詠嘆  くしてゐるん  く運んで帰  く呟くの  くシャツ  くある頁  く書き給  く苦味  くとも鏡  く鼻筋  く木の根  くも乗って御覧  く此の内  く両人  くマア  く思われて居る人  く内輪  く丹治  く孝行  く離縁  く肖ているお方  く帰ると母  く拵え事  く書いておくん  く思いながら奥  くいる訳  くては恩返し  くなりやす  くなって仕様  く裸体  く云えば月  く困っていると原  く打付けて置くの  く売りやんすから  く浪人  くなりやんすから  く逃げる支度  くも御領  くなれば五  く其方  くも利  く益  くいう人  く云われよう  く働いて天道  くても強味  くなっている六  く整然  くして居れば整然  くして居る所  く粧  くも本所  くザク  く一服  くて張  く揺れてゐるの  く青々  く燕  く雄  く入替つて  くゆすぶるもの  く借り手  く揺曳  くほど楽しみなもの  く深川  く昇る水  くリズミカル  く着ていること  く雑木林  く拔出  く散つた  く憚  く平屋  く行ってなかった  く計算  くまで夜店  くて困るん  く思ふわけ  く貪り食  く忘れてしま  く推察  く擽るやう  くつきまとうて居る不作  く藻  く張る氷  くなだらか  く残っている処  くホコホコ  く包み去るの  くて得られる金  くて暮す事  く食べ様  くつづくの  くなっても菊  く仕て居ればつけ  く行くかと云う事  く来る様  く起き日の出  く開いて居る裏門  く暮して居るの  くつたわるの  く感じる事  くある村  くなって居る往還  くて居ながら食物  くなって行く音  く起きると変  くなり立木  くつん  くついて居る雪  くあたると破れそう  く出させる私  く四角  く儀式  く甲板  くも前途  くびをふった  くして船  くしてやるから  く憤怒  く心臓  くねがっているところ  く警部  くなるというの  く竹見  く武運  く仏  くつむこと  くはなし  く灯火  くというところ  くくたばってしま  く放りぱなしにしておくこともできないので  くランチ  く港外  く鼓  く寄宿  く行き渡  く入りこんで行  く霑  くなるくらいイライラ  くしっくり  く会ってみる事  く利く馬  くして国家  く警視庁  く探知  く強直  く波形  くコテ  く石持  く細か  くは断定  くしている割  く締めてから  く旧態  く卓子  くしてと云う註文  くて材料  く外套  くも事件  くて五番町  くガソリン  く存じている旨  く樫尾  くお祈り  く熱海  くして帰来  く押え付けていること  く血の気  く探し出す事  く確信  く禁酒  く小生  くゴンクール  くも察知  くも五月  く看破  く立会  く場内  く無調法  く知っている筈  く楽屋  く錠剤  くて四  くなって夕  く演技  くなって呼吸  く遺憾  くお詫び  く警察  く信じております  くワーワー  く駈け上って来る靴  く科学  く動植物  く隔たり  く信じているため  く働いている時  く働く時  く信じているもの  く見ている訳  く敏速  く証明  くノック・アウト  く引き締めているもの  くも根柢  くなっているせい  く探す事  くてシャン  く披  く会ってはい  く雄弁  く瞬  くし得る変装術  く握り詰めているウル  く閉じて女  くも逐い迫り来れるを見るや彼等  くも行方  く燦爛  く蠢く舌  く充ち満ちて来るの  く名刺  くお母さん  くブローニング  くして下さるよう  く立つ煙  く待  くかえりみる必要  く云えば一種  くそそる作用  く信じている者  く切り結んでいるうち  く上演  く残っているせい  く純化  く感得  く取り入れられているよう  くして恩  く感ぜられるの  く云えば観衆  く知ってる  く済ますという縁  く疱瘡  くも喜兵衛  く率先  く御風  く淡島  くてイツ  くて淡島  く紀州  く鑑識  くする感  くして見る影  く引剥  く浮き出してゐる写真  く旁  く揺れ動いてゐるやう  く貧弱  く正視  くなって後  く旋回  くて滑稽  くても安心  く蜜  くなって結局  く天然  く浮世離れ  く洗い流してくれるというの  くば他  く微細  く御文  く窓ガラス  くなるまで終  くなると女  くハリー  く曲  く振り翳しながら海の底  くて猫背  くて哄笑  く藤吉  くカラカラ  く逃がしてやればい  くまで歩くと動悸  く生きるとは銀河系  くは美  く香味  く無力  くしコーヒー  く行く人  く感ずるばかりである  くは天命  くは他  く趣味  く天命  く造化  くして聽者  くも充分  くは古今東西  く置かむ  く聞くため  く視るため  くは小説  く戲曲  くは世  く非  くは見ること  くして人間  くは僻  く並び  く唱  くは聲波  くは沒却  くは逍遙  くは樂天  く新字  くは戲曲  くは傳  くは詩  くは形而上  くは講述  くよりハルトマン  くは其哲  くは實  くは錯  くは解  く折伏  くとつ  くひろ  く見せかけるふう  く柔らか  くしてゐる府  く受け流すの  くのしか  く挫けて母  くして言  く捕へて持ち歸  く動きながらへん  く奧  く北海道  く頼  く亂  く見える日常生活  く飛躍  く考へる心  く愛し得るもの  くおのれ  くて幻影  く立働いてゐるもの  くのど  く投げ棄てて來  くいくわけ  くも一つ  く兩  くても不吉  くつき飛  く産気  く順  く鰓  く生きるか死ぬ  く苦しめるの  くぶよぶよ  く脹らんでる腹  くくるり  くまで眼  く順一  くお作り  く清楚  く揚羽蝶  くなって端坐  く慴  く張り切ってる太鼓腹  く取澄し  く笑窪  く円卓  く填めて自然  く食い入る気色  くうねってウィリアム  く潮風  く思う時  くて金  く尤も  く盾  く人馬  くて憐  く天主  く見ら  くならぶ間  く申すの  くとも昔  く平凡  く隈  く分かる時  く甃  くとも見物  く済めばそれ  く受ける所  く納めて置く様  くて見ていること  く東天  く輝いている事  くハットン  く湿って一  く優ること  くひなどの句  く信じてゐるの  く流れ去るの  くしめ  く居ると人  く有意味  くちゃ弁当  くて容易  くなって座敷  く取りなす様  くやられると云う境遇  く高笑い  く親  く民子  く煩って居る間  く木の葉  く木の実  く髱  くて梅  く押しても二  くして光芒  く孤独  くて勇んで家  くびをすくめていました  くびをかしげてこちらをのぞいて  く道理  く行旅  くて放浪  くコッツン  く建て増し  くて肩  く御主  くも停車  く糸川  くて消火  くて行動  く東海道  くヒネラ  く遊楽  くほッ  くて困るというよう  く紙  く感じだすの  く応え合う反響  く飛び廻る火  く燃えてゐる火  く見張  くいふもの  く覚えてゐる事  く除けて通  くて喧嘩  く見ると監視  くすると命  くボオト  く乾くやう  く見える森  く結んでゐる口  く読みとること  く人情  く通せん坊  く天秤棒  く嫌味  く遊んでいるの  く蹴るよう  く飛んで行くの  くもありするところ  く源  く折檻  く触るから  く武蔵  くとめる方  く俯向  くまで見張り  く被告  くてお前  く先手  くつき纏  く羞  くて辛抱  く月島  くあらわ  く興じ暮らし  く粕壁  く釣り  く推古  く言えば所謂  くも青  く流れゆく灯影  くなるを送るほどの心  くも舌  く愛するもの  くても情  くおもうところ  くてよそ  く類  く秩父  くシャンシャン  く参詣  く寄席  くてもの  く箱屋  く気持ち  くて値段  くてそれら  く得られるの  くなっているむき出し  く享有  くいるとこれ  く有益  くなるという人  く書き初め  く見据えて言い切るの  く聞くと近く  く起居  くつづく状態  くて苦しむこと  くセチ  くアジ  くデクノボー  く読むん  く不誠実  くてゴロツキ  くてヨタ  くて冒険  くてホンモノ  く観衆  くても問題  くてオヤジ  くて誰  く走るということ  くなって笏  くなって見えるの  く廻っているよう  く光るより他  く気軽  く頤  く響いてゐること  く動いてゐる舟  く繰つて  く去来  くられちや  く舅  く階下  くて電話  くて詳  くて此処  く気分  くかみ合う状態  くて上陸  く東京駅  くはどこ  く開場  く鬼籍  く面白い  く美しい人  く塗ってある鉄  く売店  く広野  く見ゆる衣紋  く三日月  く揺れるん  く路地  くなってのたく  く千鳥  く手真似  くしている時  くとも病魔  く巫山戯て騒ぐ時  く御託  くなって盃  く寝返り  くなって愛吉  く消えて行くよう  く本復  く見やつ  く見られ乗鞍  く筈  く屍体  くても五  くて本質的  く野蛮人  く葬るほど愚  くヒダ  くなってるの  くムダ  く驚いているよう  く香り  く笑顔  く国民  く違っているの  く引き上げてくれるの  くなって死ね  くするだけですむこと  く差し上げ  くても知らん顔  くおじぎ  く不服  く縮まってくるよう  く目張り  く一方  く叩くの  くひれ伏しているの  く困っていること  く驚いている様子  くさすもの  く停める方法  く叱られているの  くでたらめ  く書き残されること  く禁止  くおごそか  く代り  くて掌  くひっぱたかれるの  くやとい  くてブル  く陰惨  く愁然  く思うてゐる人達  く所有  く知られるの  くして惡  くとも容易  くすると云  く死んじまえと云う気  く呼び棄  くなって寝ている最中  く蔵  く点いているだけで玉  く取れているの  く聞いているん  く執務  く無遠慮  く勧工場  く刈っているん  く蒙古  く取り扱うの  く砲台  く坊主  くなって噛  くなって外洋  くはあるが幅  く蔓  く続いているよう  く土気  くて芦垣  くなる上  く並んでいる所  く走けさえすれば車夫  く奉天  く濁っている訳  く頸筋  く頓智  く愛されること  く景物  く無意識  く思はれる人  く謡  く帰化  く統一  く位  く伝承  く威力  く宮廷  くして光彩  く精選  く此特  く萬葉  くすると承知  く師  くても慄  くても素性  く材木  くても船  く引立  く藤蔓  く衣類  く上陸  くして今  く人後  くて却  くするには必要  くありて後人  くば小松  く思ふ旨  くなるまで柱時計  くはねあがる見込み  くして睡ること  く燻製  く感ずる人  くして死体  くして其上  くては体裁  くても声  くなどと堅  くなって死んでおるやつ  く岐  く竈  く婿取り  く帳場  く刷  く敬虔  く眠っているの  く八重  く埋葬  く城内  く住む者  くなってラジオ  くなってクラブ  くスイス  く硬化  く見えだすとき  く終戦  く伝達  く女傑  く胸壁  く面目玉  くなって本  くいくの  くまで起きているよう  くも自殺  くやるため  く英国  くなって穴  くロマネスク  くなる病気  くピラピラ  く踊れるの  くカンヴァス  くなって見てやる気  くなって子供  くなる前  く宮城  く滅びるほう  くしろと命令  くて戦争  く見えるドゥナッツ  くのっぽ  く見えてきて弱っているところ  くして日本  くやって二  く見えるとでも思っているの  く注射  く昼食  く光る自動小銃  く切りぬけて行くの  くなったり近く  くアメリカ  くなる民族  くて軍艦  くなってあたし  く連合軍  く殊勝  くねだるので神さま  くて秋風  く国旗  く役  くフラリ  く探しているの  くしん  く思い知らされること  くやっつけてしま  くやって行けること  く指定  くして繁華  くも傳  く入唐  く入寂  く米國  くて便宜  くかがやかせかし  く小娘  く眺める癖  く結んで押  く幻影  く消えそう  く染めてゐる廣  く握り合  く澤山  くみのる  く狼藉  く胡粉  くて口許  く屈み加減  く清月  くとも舞  く別れやう  く小山  くも仰せられてゐるの  く中川宮  く邸  く池田屋  く朋友  くなり過ぎるやうだつ  く現れて來  く張り出してゐる腹  く速  くて聡明  くも快活  くも冷淡  く夢中  くねた  くつき合っていた事  く取調  くも現場  く云って私  くも公判廷  くも公判  く精神鑑定  くなって黙るより外  く清三  く和  くも俺  くして苦しむ女性  く忍び寄って目  くナイフ  くとも綾子  くなって申訳  くとも殺人事件  くとは安全  く左側  くは想像  くても神様  くなりすぎているの  く描  くとも明治  く粉飾  く愛読  く横たわっていること  くとも科学  く宣伝  く発芽  く光って見えるの  くばり  くは無事  くして而  くて幅  く作家  くなって来ている現在  くとももっと  く述べる時  く光る眠  くしては探偵小説  く以上  く読まれるの  くとも普通  く感ずる面  くてぢ  く葭  く劃  くまで社  く妹  く連絡  く円陣  く愕  くやるがいいさ  く架台  く犯人  くそちら  く目玉  く申告  く一蹴  くなって行くん  く稀薄  く焼けているの  く登場  くとも旗  くするどころ  く切開  く肯きながら検事  く開く仕掛  くとも二箇  く三津  く広言  く掏  く秋祭り  く天照大神  くは養老  くする行事  く経る事  く時期  くいへば大秦  く景教  くとも左  く西安  くホルム  く海外  く騷  く止  く十王  く動くもの  くうねり  く師匠  く歩いて參  く御前  く大殿  くなすつた  く泡  くどなた  く申し上げる勇  く世上  く響くわけ  く照る底  く貸間  くなると申すの  く快闊  く見更  くとも河  く早朝  く出したり取り散らしたりして見るの  く没我  く掘り下げて舟  くぞんざい  くて内地  く索漠  く浮く芥  く捌き  く土中  く発砲  く絡  くあるよう  く繰り返しているうち  く外れて海  くほのぼの  く見聞  く一声  くつくば  く申し上げる勇気  くしぐれて人  く分け入るほどはあざみ  く噛みしめる御飯  く更  くまで執筆  くゴム長靴  く伊尾木  く蠅  くもわ  く土佐  くてもゆとり  くも滞在  く寝る夜  く伊予  くて深切  く精進料理  くも山畑  くては都合  く斜  く様子  く引戻  くまで谷底  く名残  く馬車  く宗  く描けるん  く見える蔵  く知っているとのこと  く整頓  くなって三吉  くて分らなかった  く蔓延っているの  く笑うよう  く食うという風  く咲く頃  く生ってるもん  くまで机  く思うところ  く送る隠居  くている三吉  く沍  くぞんじ居り候  く笑う子供  く屋外  くて困ります  く臥床  く起きるよう  く盛ん  くいらっしゃる  く切上げて了  く震える声  く留ること  く新年宴会  くして遊ばせるよう  く祝い  く居る女  くなるほど父  く行く積り  く伊東  くて後家  く名倉  く秋  く傍  く入る前  く知るよう  くはへ楊子  く思っている奥様  くも申す通り  くても所謂  く投げ出すはずみ  く寄合  く火事  く云うこと  く繁昌  く読むわけ  くして一心  くて貝  く戻って来る途中  く吹いているつもり  くて離縁  く云う奴等  くなってくる雨  く乱れているの  くとも大名  く御意  くも云う通り  く感化  く丹念  く放逐  くに水仙  くも六  くも云うよう  く誡  く彫って行くの  くわが身  くごろ  く帰る気  く聞くもの  く映ること  くして耳  く琴  く話しているというの  く遣っていや  く好い加減  く神明  く南方  く立ちこめて一寸  く好機  く川中島  く新発田  く掲げて敗  く川中島合戦  く産院  く躯  く身二つ  くさえざえ  く川底  く膳  く垂れ込めてゐ  く虞  く吐出  く書いてある幾つ  く犇  く源右衛門  く響いてゐるの  く引きちぎるやう  くわな  く/″\  く積まれて行  く橋の下  く仄  くやる瀬  く沙  くして幼  く切って鼻紙  くも憂鬱  く汗ばむという言葉  く冴えて清潔  く眺める事  く註文  く童心  く内密  く容れているの  く捨てる処  く大げさ  く出来上がっているところ  く大成  くいえば一個人  くそれら  く朗読  く高畑  く作られてあるの  く存じ候  く低頭  く上等  く磯谷  く健康  くマルセーイユ  くパリ  く通信  く見せる事  くいから  く帰るの  く帰る為  く見せ度  くまでにぎやか  く苦役  くても室  くとも英  く竝  く起きて出發  くヨーロッパ  く踏み止まつて  く爆彈  く伏せてある指  く改札  く立つてる  く彈性  くともあと  くボルドー  くためら  くなさるの  く見受けられるの  く信じさ  く三方  く姉  くのびてゐたこともあります  く受持ちの患者  く狂女  くしてゐること  く開いてゐるの  く開いてゐる目  くなる空襲  く手持ち  くとざされてしま  くうろつくだけのこと  くも構内  く感じられるわけ  くて滝  く廻してゐ  く腕白  く再生  く動いているの  く弱者  くこそばゆい  くとも予期  くぶらんこ  く私用  く哀切  く禁忌  く無念  くなる思い  く離れ風  く庶民的  く不粋  く落涙  く抵抗  く濡れているよう  く均斉  く求めていること  く無責任  くラッパ  くともとく子  く満悦  く恐しいこと  く歓んでいる恰好  く崖  くくぎられているの  くとも妻  く避妊  くなって来ること  く待たせるん  くなっている寺川  くぶざま  く沙汰止み  く笑い捨てること  く好色  く荒野  く殺風景  く冷やか  くとも昨年  く巨大  く晴晴  くびと  くとびあがるの  くピヨン  く上条  く逢う人  くては話  く古本屋  くする誰彼  くなっている末  く帰してしまうこと  く檀那  くて背  くして下さる檀那  く困っていると云うこと  く受答  く鋒  く刻むよう  くても遊ばれるよう  く留められて内  く覚えていらっしゃい  く見えて厭  く御存じ  く弔ってある鸚鵡  く無縁  く思う位  く岡田  くおっくう  くて末  く見える筈  く布団  く云う梅  くして待っているの  く襷  くは記憶  く継続  く裸  く伸  く萎  くたて  く捜し覓  く守って居る者  く光る建て  くつっ立っている深緑  く霞んでいるの  く断続  く照って居る此小  く地割り  く叱って居る事  くと抽  く鳴き続けること  くして近く  く霊  く出て来し思  くいみじき  く曇れる水  くとろとろ  く帰る二  くちり  く夜半  く響く管絃楽  く縺  く青み  く爛れて野  く柳  く札  く雷  く轟轟  く一室  く這入つた  く搜  く守  くつつ立つてゐる深緑  く霞んでゐるの  く覺  く殖えて來  く斷續  く翔り昇  くつけ  く聽  く燗  く故意  く公然  く教養  くなれるという簡単  く細身  くついて来るかい  く巨巌  くも蟻  く静  く浮腰  く待つの  くコルサコフ  く鑿  く遊んでいる近所  く似合うよう  く日中  くある店  く起って来る微笑  く生家  く考えては不可  く煙るよう  く呼寄せるよう  く厭い避けるよう  くて成功  く格子戸  く呼ぶ姪  く荷造り  く大島  く起立  く映る顔  く映る障子  く話して了  く御成  く罵る声  く兜町  く小金  く白髪  く成ってるそう  く満洲  く案じ  く漕いで通る船  く成りそう  くキマリ  く成って坐っている三吉  く大名  く観念  く留め  く思うという風  くして進  くしながらそれ  く艱難  く始めること  くまで話し込んでるやつ  く三吉  く垂  くしちゃ不可  く困るよう  く考えてる積り  く緑色  く書いて寄  くなるまで三  くまで話していらっしゃい  く望まれるよう  く名古屋  く住む積り  くまで正太  くて懇意  く明け  く御身  く交っているもの  く笑話  くては生存  く禁錮  く記してあること  くて学問  くなるに違い  く話頭  くば神様  く打つかを算  く一団  くセミオン  く潮  く胡坐  く効く薬  く退窟  くなる褐色  くつづいているの  くともわたし  くにもっと  くブツ  くなりすまし  く底力  くねんねこ  くあばれ出して母親  く皆んな  く出て行  く用事  く惜  く燦  く従いて来るの  くなり相  く競  く涸渇  く及ぶ所  く消えて行  く挙げて親しみ  くうごめいてゐる群衆  くても気もち  く眸  く騒いでしま  くみひらいて真弓  く澄し  く誘惑  く行くといふ予想  く支  く真弓  く見開いて真弓  く崩れる沖  く還すはつれ  く気乗り  く静座  くなり次第  くて防禦  くふていかん  く遇  く買って運送  くいく時  く感じとるの  くて意地  くなり克子  く感服  くなっていくよう  く戦禍  く吹きとばされるの  くて百  く笑うこと  く生きる心境  く登記  く耕作  くする春  く物語  く捜し蒐  く考へてゐる屋敷  くはせをし乍  くあざやか  く過ぎ行く現し世  く朧  くなると言  く行き亘  く海川  く意義  く見る時代  くぬる水  く藤原  く支那  く数字  く窓際  く几帳面  く押しよせてくるの  く流れる無数  く書類  く安楽椅子  く白と黒  く十月  く原因  く心持  くたって一時的  く葉  く疑い  く建設  くてあと  くとも過去  く頭痛  く食卓  く懸けもの  くしている横尾  く互  く生じるの  くあるん  くまで佃  くまで二  くしあう生活  くかぶさるよう  く押すの  く眺めて出発  く覆い  く伸子  くて避けるん  く疎外  く情愛  く称名  く気さく  く話しこんでいる光景  く邪推  く迫る力  くなれば別に  く強情  くておいで  く熱情  く愛し合っていると云う有様  く真実  くプログラム  く泣き出すこと  く無表情  く引っ張って溜息  く交通機関  く平常  く働いている間  くなる柱  く老人  くいぶかっているの  くて手頃  くとるばっかり  くのろい  くたって立ちゆくん  く口答え  くて伸子  く感じられる彼  く守って生きるたち  く困却  く楽しんでいるよう  く降りこめられるの  く伝わりそう  くなって来る庭  くもぐりこんでしま  く巻いても平気  く云う時  く痛む心  くまで寝台  く両親  くブレーキ  く挑戦  く聞えよがし  く羽  く揺れる心  く藍色  く日々  く見える這松  く佃  く泣きつつ自分  く切り出すの  く生きる体  く成って行くの  くとも親切  く泣腫  く薄紫  く節操  くなるといった考え方  く入ってから  くなって成虫  く蚤  くなるという学理  く其作  く押し進むといふ信念  くして他家  くて困るから  くやつて  く起きて郊外  く川上  くば夏  くも忙  く荒川  く存するをも併せ考  くして西  くして痕  く東岸  く牛込  く知るところ  く流れ濶  くして大船  く幡谷  く減るもの  くて結果  く大輪  く怜悧  く走る灰色  く浮上  く暑い  くして寢  くさせる位  くドロリ  くハツ  く惡性  く膨れ上り  くも乾  く怡  くとも堡礁  く滯在  くて窓  くとんがらせて吹くの  くしみ/″\  く釣れるさ  く光る壁  く相槌  く鮮やか  く話せば話す程  く蛸  く簇  く上げ  く打合わせ  くいえば探偵  く見ているん  くしていなよ  くしておいで  く安全地帯  くては電話機  く麻  くつなぎ  く胴体  くゆれているの  く話したまえ  くでかい  くはず  くおまえ  く丸木舟  く司令  くしているか  く手配  くこいつ  く商船  く船腹  くそびえる海底  く快速  くやっつけるん  くケレン  くロップ  くしま  くとび出そう  く帆柱  く橋梁  く産後  くも耳  くなるのに面  く覘  く死ねるもの  く送れと言  くかはい  く掛軸  くサーベル  く京都  く官軍  く捲せて玉  く突撃隊  くも師  く射抜  く囲まれながら茫然  く性欲  くも理性  くせられる二  く罰すること  くば夜  く梭  く熊笹  くねたみ妻  くしてかへす袂  くはへ小舟  くて麦畑  く近距離  く来りて月  く四声  くとも漢字  く児女  く働く力  く進んで來  くに起つたか  くて初め  くて中頃  く兒童  く開いてゐる所  く海底  くなる所  く漏斗  く響く谿流  くさわやか  く導くところ  く思ひやるの  く消えて行く心  くまつ白  く眺めやつ  くをはり  くすすり上げるの  く氣持  く入院  くなるまでゐて來  く見える寢床  くこぼれ散るの  く成りかける頃  く果樹  く高瀬  く筒袖  くて湯  くなる欄  くなって来るから  くとも皆さん  く思出  く当るよう  く瀟洒  く尋常  く射すよう  く張物  くなって居る処  く下余  くさせられて生きている生活  くても不幸  く鳴る喜悦  くきらめく作者  く一樹  く人工  く隠微  くとも年輪  くしかる様子  くもなっているから  く雌牛  くあつかうの  く行くはず  く泣くもの  くなっているだけなのだ  くまでかれは帰って来なかった  くチャラチャラ  くももも  くゼルビノ  くなみ  く骨身  くかぎ  く前足  くやれるの  く生き物  くゆくもの  くやりつけているの  く巻いてネクタイ  く思うわけが  くもも  く飛んで来るということ  くかけだすこと  くおこらない  く親方  く裁判所  くぼく  く思っているか  くほお  くなると馬  く続けること  くカピ  くとこ  く弱っているジョリクール  くふゆ  くなってこちら  く休むうち  くねつくこと  くジョ  くねどこ  く従順  く持つよう  くいくはず  くろうそく  くかれの手  く打ったりたたいたりする者  く悪口  くなればみんな  く思うとき  く見えるかということ  くなって馬  くにえるから  くいす  くも折  くて底  く解放  く横抱き  くなって大地  く立つ者  くとれば妙  く独言  く手綱  く逃げのびる工夫  く知ってます  く歎息  くばわたし  く燃え立つばかりに見えるの  く綾なす手練  く打ち込んで四  く推量  く真赤  く拾い取り  くまたしてもみどりの  くばかりあってこの世  くカラリ  く高橋  くも襷  くして猛虎  くズン  くあしらって発  く生滅  くば着手  くは信頼  くば養成  く障害  く愚かな者  く賤  く窮  くば死  くば其  くば冤枉  く疑う所  く攻撃  く安楽  く灸  く説き伏せられて  く述べる故  く直営店  くあばくこと  くとも専門家  く檢  くして斃  く体温  くも一行  く放棄  くは有志  く寒風  く言って病室  くなって毛  くなって寝ている猫  くして応じてはい  く吉田  くて寝ているということ  くなって来てから  くしてやる必要  くなって東京  く次  く堪えてゆくこと  く遊びたりし時  く生計  くは詩人  く九  く見ゆ  くも更け渡り  くも終夜  くも地  く安  くは我  く青史  く西欧  く飢  く人里  く折られたる  く開校  くて貸家  く原川  くして顔  く黒血  く啖  くて認識論  く概念  くて分析  く分析  くて自己  くなしうるもの  く大抵  くて社会  くては批評  く批評  くオリジナル  く所謂  くモンテスキュー  くて却って  く悪いこと  くてプロレタリア  く立ち入ること  く要領  く見透すこと  くて芸術  く直観  く様々  く後者  くすれば一種  くて風刺  くて人間  くては焦点  くて質的  く理知的  くキールケゴール  くて大森  くインテリゲンチャ  くてモーラ  くリアリズム  く云われている程  くて本当  くて逆  く見られるわけ  く対比  くて真実  く映画  く公平無私  くて仕上げ  くスコットランド  く割合  くラテン語  く俗語  くて哲学  くて新聞  く苅  くまで響く声  くならうとして努力  く喜ばしげ  くしてくれる媒  くて財産  く出来てゐ  くて凍えさ  く靴  く蹈  く当るの  くはわたくし  くして遣るから  く抱き締めて一  く男の子  くも四  く中国  く彫り上げること  く身近  くふきまくる風  くいなか  くなっているか  く出るよう  く使っても出て行く心配  くまでさら  く誠実  くは来てくれなかった  くぶってから  く考えこんでいるよう  くふくこと  くいるつもり  く具合  くくるくる  く歌う小鳥  く減っているの  くしょげさ  くシャヴァノン  く行く計画  くしてわたし  くバル  く感じること  くじまん  くどろぼう  くされるよう  くイギリス語  く絵の具  く行水  くこしらえる料理  くほうぼう  く独り言  くたくらみにかかっておいで  くウー  くエゲツ  く寝首  く見逃して貰  く敗北  く死んでくれと願  くある例  く内地  く狸  く政策  くて街  く見といて頂戴  く見かける勝田  く浄化  く云われるもの  く形見  く閉じて口許  く見られてゐるの  くなれるといふ気運  くとも知  く受容  くも相手  くなっている生活  く真理  く何等  く読んでも何  く読むため  く順序  く根本  くも日本一  くて唇  くて三味  く唸るよう  くとも物品  く起きて朝飯  く現われなかった  く白刃  くも無惨  く隠して下さいよう  くて玉  くらい  く取って干場  くあの世  くて光る二見ヶ浦  く洲  くも土地  く手狭  くは降臨  く細字  く起る事  く会わなかった  く並んでいる傍  くごわごわ  くも末  く細君  く繰り返して行くうち  く来るはず  く喘いでいる姿  く当方  くいえば申し訳  くなっていると考えられるの  く続いている部屋  くまで真直  くて賑やか  く坐るの  く扱所  く其所  くなって来る女の子  く燻  く遭遇  く絶交  く思うよりもむしろ  く擦り減らされているの  く摧  く健  くどっち  く出て来なかった  く不妊  く胎児  く位牌  くする源  く官邸  く無茶苦茶  く一時的  く行くの  く纏  く接触  く静かな夜  く指頭  くなって急  く片付けられるもん  く肯  くなる未来  く健三  く続くから  く赤ん坊  く棒  く片付けるため  く遣って行くつもり  くして健三  くやっている錻力  くまで庭  く届け出てある女性  く自炊  くしているリットマン  く吸いつくところ  くひっぱられること  くなって乳母  く日本間  く放り上げる姿  く愛着  くも重要  くなる窓  く弁当  くかたいよう  くなって私  く喫  く叱られながらも彼  く受け取ること  く社長  く自転車  くおかしい  くなり電気  くて受付  く給仕  くも生  くなって来ていること  くなったりすること  くあたり前  くすっきり  く両足  く越後  く通って前後  く名号  くなると遊行上人  く見えるくらいの眼  く話してごらん  く忍び  く天神山  く押寄せて来るの  くして東  くしたり面  く捜し出して明り  くもしょっちゅう  く嚇すつもり  く罵るに因  く弁ずるに因  く売れるもの  く下落  くて七  く聞くん  く粉雪  く隔絶  くも昭和  く行き渡っている伝説  く寝つかれなかった  くモラール  くも云  く晩夏  く茶畑  く揺れかがやいてゐる弓張  く庶民  くて年の市  く葉書  くいへば鷹揚  く怖気  く彩  く廻るついで  く小幡  くあらはれること  くても吹き抜け風  くも黄いろ  く貿易  く永  く晴れ晴れ  く決然  くつづくこと  くぱつちりと  く幼稚  く押しひしやげた  く取扱  くとも表面  くて登るに涼  くも見ゆるそれ  く見えて來  く旅愁  く沼津  く当人  く槍  くて光沢  く振って夕飯  く締め切って奥  くなって元金  く言ってしま  く持っておかえりなさい  くともみんな  くなって押し出し  くも甲府  くては入ること  く神尾  くなってハラリ  く攻め落して分  く気がついてムク  く竜王  く吠える犬  くたしなめてくれる対象  く仲  く擽ぐる  くあぐら  く手入れ  く乗り  く考へりや  くも胸  く見せ物  く漂うてゐ  く見てゐ  く傷害  く平ら  く済  くなる旦那  くなる耳  くなって天地  くこくめい  くクローズアップ  く凍つて  く居る人達  くては書  く植  く見えて不可  く一滴  く暗夜  く飛ぶの  く嘴  く提灯  く白浪  く吐く程  くては仕事  く聞込んで來  くも周  くは其前  く勝つ者  く戦ふ者  く莫  く入りて地  く訖  く墜落  く空洞  く怪我  く隙間  くなると電車  く冴えて露  く丼  くの拍子木  く品定め  く有磯海  く蔽  くなやむ心  く悲哀  く帝王  く感じて來  くしてなだめたり慰めたりしたか  く旅立つて行  くて殿上  く思ひやるやう  く當  く考へられて來  くかうし  く經  くしてゐる僧  く隔て  く竹むら  く氷  くむづかしげになつて  く髮  く思ひ沈むやう  く見えてゐるの  く兼  く窕  く思ひ合  くするばかりなのは  く憎んでゐられるとのこと  く身内  くすねるやう  く素  く抱きしめて  く霰  く降しきる軒  く思はれてゐるやう  く靡いてゐる故郷  く見詰め合  く雜  く思うてゐるわけ  く籬  くひろげられて來  くして登子  くかれ等  くて生きてゐら  く歎  くして向う  く抱緊  くさせてはと思  く輾  くして呉れるもの  くまで結  くかをる  く立入  く持つてゐ  くして上るから  く暮してゐるといふこと  く貯  く感ずるやう  く點頭  く押して貰  くいぢ  く苦しんで悶えて來  く動いて行  く兩方  くしては不孝  く引っ掛け  く嘶きて一文字  くばかりに喝采  くも慌て忙  く挙  く喚  く木戸  くこまや  く思案  く小膝  く白糸  く戴きて懐  く未練  く顕  く七宝  く金子  く冷灰  く卓  く恩人  く帰れるつもり  く歩けばそいつ  く生い茂ってる葦  く行って一  く道筋  く歩けなかった  くなってくること  く光ってる雄大  くまで溪流  く生茂  く見え出して來  く祝儀  く咎められるやう  く町家  く歸國  くする化け  くも晩年  くも逝  く東洋  く弾けなかった  く審査員  く弾くの  く見える頭  く袖  く疇昔  くも夙  くして政  く俗骨  く止むこと  く留まる事  く見える床  くヤカン  く言えば責任  くリューマチ  く言うん  く知っているん  くてフロシキ  く歩く父  くとも検討  く言えば普遍  く耐えて行く力  くワイフ  くやって行くため  く欣二  くボン  くどなり立てる声  くすすりあげているせい子  くむせる  くなって来ているから  くなっちゃってるん  くなる望み  く感ずれば感ずる程  く凝結  く叩くもの  く弱  く妬くと云  く拜見  くして艷  く色目  く撓柔  く敍  く次ぎから  くさせる子供  く離れてゐるの  く入り込んでしま  く存続  く分部  く任命  く聞いて意外  く思うもの  くというわけ  くカチ  く四郎  く慷慨  く罪人  くしてやること  くて大塩  く疲れて愚痴  く与瀬  く手軽  くも番小屋  く言う必要  くなって駈けるよう  く解いてやって下さいよう  く野郎  く甲斐  くなって慄  く死んで仕合せ  く謝絶  くて困却  くなって口  く覚え候  く組立て  く結ばれているということ  くて美しい人  く転々  くなれば拙者  くもてなしているということ  くなって植  くて怒り  くするに違い  くて鼻筋  く商売人  く下腹  くなるまで赫  く縞  くも梅林  くなりて面白  く得  く醉  くまで投書  くしんしん  くしきるはじめ  く錆びにたる  くはてな  くいのち  く息づいて泛  く飛びだして来てあすこ  く湧くもの  くなっていま  くなる立派  く瓦礫  く後世  くつつしみ一  くして空  くして海  くして音  くして色  く鍬  くなりて句  くて日暮  くても意義  くしまり  く有形  く冗漫  くあれ果  くて春雨  く新奇  く擬古  くは分解  く其事  くは丙  く其兩  く醫家  くは輕衣  く憂苦  くは宗教  くは意力  く粗末  くは模型  く朽  く石楠花  く明  く細りと草  く清明  く見るとそれ  く勾  くて麓  くて君  く不良  くとも真偽  く行けばと言うの  くとも毎月  くより強力  くやって行くこと  く言えば針路  く言えば澄むとか濁るとか問題  く卑近  く受けつぎ  く愛する友  く打ち切る  く泊ること  く松原湖  く湛  く可決  く猥雜  く感じながら野原  くぞ見ゆ  くも双方  く發車  くなる樣  くかけ離れて温泉  く自首  く露出  く聞く事  くその後  く白根  く待ち  く入り込んで來  く開けて感ぜら  く樂  く現実的  くて自然  くて歴史的  く学ぶの  くて表象  くしても独自  く把握  くて社会的  くて実践  く社会階級  くかかる直観  く生の哲学  くて有機物質  くとも生命  く一般的  く基礎医学  く両者  く資本主義社会  くジャーナリズム  くブルジョア  く倫理  く行われている結論  くエリザベス  くニュートン  くて客観性  くヨーロツパ  くあでやか  く一致  く日日  く爽  くて圓  く喜び  く陰りゆく日  くはなれて起き伏し  くして六月  くロマンチック  く捧げてしま  く出發  く見ると老婆  く会いたい  くする方法  くて俳優  くとも肉体  くとも脱ぎ捨てているか  くとも俳優  く響く声  く見てしまう危険  くとも密接  く松林  く途上  く光っている陰  くて十  くなると遠く  く一筋  くなって日影  く飛び降り  く響くだけが気  く停止  く水声  く鉄漿  く斑  くなって山  く斧  くなって地  く染まって秋  く伸しながら一行  く骸骨  く中腹  く立枯れ  く信濃  く立っているか  く恰好  くすみそう  く据  く握手  くの時  くてよう  く見送って  くも女中  くいること  くも宮  くも油  く叫んで提灯  くの子  く語り合われるもの  くさせる奴  く家路  く離れて槍  くている途端  く十二神将  くなってゆきそう  く胸元  く召使  くて堂上  く叱ること  くさし出して塀  く申し開き  く甲府  く五十嵐  く縁  く耳ざわり  くプスリプスリ  くては起り得るもの  くやれッ  くたかっている物体  くなってしまうこと  く詰め込むの  く效  く荒れるかといふこと  くピッチング  くローリング  くなると海の底  くて額  くて敵  くしなしなし  く戒めて其  くは吾  く東国  くして西上  く蓬  く濛  く富士川  く平氏  く桟  くン  くは戦  く予期  くも尾張  くも勢多  く所以  くして仲  く立ち入つて  く學  く知る事  く心得てゐる程  くば政治  く顏囘  く慟哭  く孫  くして誤を傳  く地方  く缺乏  く非命  く東南  く流浪  くする積り  く耳目  くして波  くにるよう  くして巨舶  くして曲折  くそのままで  く内部  く狂風  く連なるの  くひろびろ  くば唐  くば關係  くは類似  くは官民  く探つた  くして燃料  くは父子  く當時  くてスペイン  くはなしてひろげるもんなのだ  くなりたぶん  く卵  く照っているの  くば支那  く賊徒  くは正面  く對峙  く妥協  く惡徒  く授受  くは不埒  くして光  くば成長  く東漢  く武帝  く北京  く辮髮  く漢人  くば髮匪  く過ぎ  く沈みし是非  くを拂  く躍れば面影  く北村  くなってゆくという感じ  くは諸侯  くは謀反  くば三  く容姿  く宦官  くは宦官  く欠伸  く機関車  く引張ります  く上体  く梯子  く発車  く脱獄  く掲載  く微苦笑  く理  くば古代  く紡織  くする一族  く落著  く注解  く養老  く樂器  くして弊  くする譯  くは情  く僞證  くば舅  くかかる行  く弛緩  くは輕視  く逕庭  く義務  くは假設  く噛み合っている有様  くも神  く鳴る木  くも出勤  くとも秋  くも泥濘  く母上  くん  く壞  くは祖父母  くは親  く忠孝  く萬  く忌み嫌  く立つと社稷  く遇する主張  く罰せられるの  く親子  く分けると三  く出て勢  く刻み  く壻  くて祖先  く變革  く決めて了  く斬衰  く營  く祀るといふ目的  く見られて居る點  く發達  く見て居る氣分  く考へてある筈  く旅行  く梅若  く消え失せるので今日  く見分け  く思うもん  くて日本  くなっているヤング  くて息  くウン  くヤング  く暴れ出したか  く見開いてどこ  くもオブラーコ  くちゃトテモ  くすうッ  くしているとしか  く追い廻しているん  くなって横  く散佚  くとも向  く隋  く覇  く祖述  くして置く必要  くとも此處  く避けて言  く泝  く科  く相違  く掘下げるところ  く纒  くて迷信  くして了  くて政治  く行き渡り  く吻合  く支那人  くて支那人  く説き立てるの  く密か  くほじくる気  く沈澱  く出ていま  く錆びてはいるが鉄柵  く細目  く駈けあがってくる靴音  く受付  く踏みならして駈け下りてくる者  く調べあげて間違い  く喰いこんでいるの  く感ずるの  くオートバイ  くクラッチ  くほんまや  くいえば蠅  く滑る  くそいつ  く宝塚  く分る男  く空文  く来て下さいッ  く捕縄  く頑強  く身辺  く寝台  く長蛇  くも気づき  く迫ってくるの  くも何処  く電気メス  く多数  く引出  くとも煩  く聞いて来るの  く疎遠  く似あうと人  くば沢庵  く見える尾根  くなるのに賃金  くしてくれと会社  く子守唄  く行けと眼  くは思  く死んでしまふ事  く済む事  く気味  くひかって展開  くて蝋  くクレオソート  くめぐり  くなりそこ  く悠久  く分散  くながれる雲  くうかんで誰  くまなこ  く突出  くては誰  く憫  く引算  く面舵  く繁茂  く着いているのに私  く紙巻  く鳥喰  くとも犯人  く開いている棧  く悪化  く買いつぶしてしま  くていらっしゃるから  くするほどの恐縮  く踏込  く貧民  くは問題  く町奉行  くしている兵馬  く見ていなさるよう  く兄貴  く力瘤  く乗物  く後部  く差し上げて米  く言えば今  く櫓  くしてそこ  く柳原  くも米  く吊し上げ  くなって井戸  く食客  く突っ込み  くも毒  くしていらっしゃい  くなってちょっと  く御馳走  く遥か  くてはヤリキレマセン  く俯瞰  くて泳ぎ  くて虐待  くても謹慎  くさせてくるよう  くて碌  く遊んでいられるの  くジーナ  くて本国  く踏み込む  くて優柔不断  くても十  くまで下ってゆくの  く送ること  く生き甲斐  くわかってくれることな  く大声  く雑踏  く漂ってくるの  くて若い  く来て御覧  く肚  くいうもん  く挫折  く三途の川  くなってめ  く灯り  くしてやるの  くなるまでの一  くまで帰らない  くて声  くもあり破滅  く望んでいること  く木魚  くて泣くよう  くとも此方  く吹きなぐる風  くふさいでいるの  く藩  く返り討ち  く見さ  く泣きだす顔  くなれば冬  くなれば春  くも清爽  くたつて緋  く燃  く輝く鸚鵡  く後退  く繁れる中  くて棹  く鼠色  く月影  くの材木  く絡げて自身  く多勢  く手首  くも気  くては動き  くやってみる分  くて腹  く行って差止めてしま  く繰返して井戸端  くて困っているの  く聞き届けて下さるに違い  くして見物  く芸当  く断わるから  く今宵  く局  く押しつけるよりほか  く尋ねるの  く走って来るの  く思わせているうち  く歩いて行くの  く寝て朝  くて悩んでいるお前  くは外  く言っておくん  く扱帯  く拾うの  くなる遊び  くどんぐり  くすると云うよう  くも車  く盛り出すという件  く江戸っ子  く鳴り  くなって一夜  く棲んでいるの  く膨脹  く飾るの  くきまっている時  く舞っているの  く云うわけ  く書きつづけるの  く振れば振り  く押し流されそう  く先君  く諸国  く故郷  くしてあるの  く滑って転びそう  く伊豆  く仰がしめると云うよう  く屈曲  く帰る途中  く栽  くする程  く鳴いている木の下  く揺らめいているのはい  く行くなと注意  くも山路  く作る傾き  くなって人  くきっかけ  く三曲  くか著  くも警備  く取出されて図面  く感じていられること  く聳え立つ殺人  く熱意  く独断  く自画像  くして具象  くして抽象  く現われているもの  く燃えてるところ  くひびいてくるところ  く曖昧  く対象  く感じ経験  く合理  く形而上  くして物  く詩  くも浮草  く地下  く美術家  く詩人  く芸術家  く読まれるという点  く読まれている文学  く事実  く両立  く触れること  く客観的  く幽霊  く頑冥  く定形  くスイート  く繊弱  く決定的  くメロディアス  く持すこと  く歴史  く高調  く惑溺  く平仄  くアクセント  くより象徴主義  く考えるところ  く情趣  く叙事詩  く物置  く誤解  く品性  く引きあげて教育  く転用  く生ずるの  く断片  くさえしているの  く蠢動  く奴  くも見るから  く鳴つて  くまこと  くて手真似  く怪奇  く覚えてゐるの  く山霊  く斃  くても鬼  く弓なり  く五位鷺  く聞いて貰  く放出  くも斯  くゴム  くわめき散らすの  く走る寒々  く稽古  くなってる洗い場  くて泣く時  く閉め切ってるよう  く対座  くしていられる身分  くなって声  くおばさん  く出てる静  くわし  くせい  く悶々  く又八  く流派  く考えるという風  く闘志  く手分け  く取り巻いている駕  くお約束  く揺す振るの  く大坂  くなっている渓谷  く宝蔵院流  く童貞  く奈良  く彫りあげている唇  く上がって来る様子  く貰って立つこと  く怒っているそう  く原始  く突っ込んでいるよう  くお話し  くて領民  く見ているくせ  くタタキ  く踏み倒  くて操作  く遮り止めて力一  くして関羽  くも親父  くなってここ  くて作意  く奴隷  く鱈  くなる窪地  く中毒  くも怯  くぱつと  く増水  く観ること  く治ってゆく筈  くなってゆく水  く叱られるに相違  くも恐れ入って了  く転げ出すこと  く吹いてくれるわけ  く外洋  く甚  くまで何  く加賀  く仕込み  くも溺れるよう  くもムク  くもバッタ  く堪忍  くひとつ  くなる見込み  くこなすこと  く命拾い  く両国橋  く働くうち  く本所  くして帰るの  く百日紅  く真鍮  く飛ぶやう  く通しるべの松明  く安らぎ  く挺身  く鬱勃  く見受けられ候  く宵闇  くなる流れ  くなって次  くは爆発  く押しよせる真夏  く見える松の木  くざわめく草葉  く立ちどまること  く防いでいる屏風  く描かれて宙  くむき出し  くなるにつれて水量  く光る水面  く河床  くがたがた  く櫂  く受けて一  く家来  く要求  くなって見送って  くて節  くうなずいてゆっくり  く見えて来るの  く泥土  く点在  く遊女屋  く掛けろと云うの  く通ずる曠野  く許可  く燃えるの  くひっぱって日  くつらなっているよう  く酬  く直ぐ  く傷心  くも鍬  く洟  く後口  く浜風  くする緋  く屹立  くなる川舟  くおしよせて来て海  く替る支配  く血相  く頷いて来訪  くかくれる場所  く浸して来るの  くイシカリ  く吼えるよう  くなって梁  く現地  く兵士  く郷党  く暮れて行く戸外  くは見てはい  くゎ  く棚びいて見えるの  く馴染み  くて鉞  く原野  く病魔  く訪れるの  くなって外  くにじんで二つ  くは目  くくずれるもの  く再現  く端然  く白木  く起すここ  く浮べているの  くちぐはぐ  く行けば一切  くうっ屈  くても波  く紛乱  くなる落日  く邦  く叫んで通るもの  く指図  くは胸  く待つまでもなかった  く浸すの  く待たれたか  く船出  く個性  くどなるの  く背馳  く懸念  く呼びかけて来る声  くささげて喜ぶの  くすてて了  くとも話  くは蝦夷地  くぶっつかりそう  くみなぎるよう  くまばたき  く宵やみ  く甚助  く考える必要  く反駁  く背すじ  く傍ら  く離れてはい  く抑えて胸  く染め  くつづくよう  く浮くの  くする道具  く暴化  く凍結  くは高倉  くうなずくの  くソロ  く見はるか  く切りすて  くなる太陽  くもぐって鳴り  くも作者  く茫漠  く交流  く直吉  く看板  くなり軍人  く芽  く酒匂  く脳裡  く里子  くゆすぶるの  く杳  く荒されて行  く羽音  く措置  く痩せ衰  く忿怒  くてもお前  く無気力  く呼び起すの  く皮  く滲み込んでゐる和尚  く位置  く探ること  く均してある神  く文吾  く貰  く染まるの  く離れ/″\  く繰り出す音  く乞  く濡れて立つ何  く輝いて家々  くゴロゴロ  くなり人  くなり心  くのびて前  く列  く痛切  く忘れてくれるやう  く消えてゆく事  くも死  く亂雜  く背景  く行き交  くなり卒然  くて笑  くて灰色  くも光りの鱗屑  く群れ來  く響いて出る充ち滿  く淨  く何となく  くなる本能  く絣  くて好き  く締めている方  くいわれ  く出来るの  く買い物  くありそう  く限  くば自分  くも最後  くとも不敬罪  くは自棄  く別れて了  く考えて見るほどの気  く荒らし  くもある処  くなっている時代  く出来てるん  く出来てること  くなって行く一転機  く服  く底意地  く咎め  く晩  くなりよう  くなり希望  くて逃げるには気楽  く壁土  く出るの  く誇張  く離れている私  くあたっている船板  くからむの  く弱りきっている時  く捌く者  く前髪  く祇園  くお召  く学問所  く上手  くも荒縄  く知っているので大変  く下金屋  くつぶ  くあけて瞼  くのせてから  くはへてゐ  くづされて  く印刷  く浮かれさせ橋  く分る人  く意匠  くすすめるの  くなって夢中  くのらくら  くきこえそう  く暮らしていること  くするなどということ  く抗議  くなるはず  くなり政治家  く三枝  く掛かりの方  く皇居  くて羽  くなさいね  くハーモニカ  く膚  くそばにいて  く落葉松  く処理  く予定  く旭日  く役目  く佐竹  く弱って隅  く暴れてゐる最中  く叔母  くグン  くも圧倒  く隆造  くなるまでの身  く勃然  くて蒼  く働くもの  く知りぬいている彼  く涼風  く斬られているの  く貴重  く買われる時代  くかくしているの  くて闊達  く機会  く早口  く潰  く出水  く被害  く谺  く圧倒  く走り廻る足音  くていろいろ  く突進  くて夢中  くおっしゃいね  く言い争う声  く両方  く号泣  く待っていました  くボク  く鷲  く立ち去つて  くなり終  くて頭痛  く濡れ光っている鼻  く悲鳴  くまで突  く詠草  く離京  く今上  くに戦場  くする特性  くは前  くすれば鎌倉  く寝屋  く足利  く鎌倉  く誦  く見張っているの  くにお立ち  くとれば一片  くただいま  く御着  く才  く水揚げ  く六波羅  く流れるもの  くなる所以  く絃  く淺瀬  く光る鱗  くやとわれ惑  く浮世  く女子  くへる鳥  く高らか  くも平和  く隱  くゆり  くづをれし  く焚きくゆる香  くゆる物  く思ひ思ひの様子  くて真白  く上座  く牢固  く頑固  く燃えてゐるやう  く閃  く一散  くとも畔  く前のめり  く何もの  くもやる気  く読み  く続いてゐる河原町  く流れてゐて彼  くなるほどの一種  く削りとつた  く道平  くなると始まる鮎  く鹿  く茶器  く日焼け  くさせるやう  く今度  くずり落ちさ  く桑畑  くてつかまへられさ  くいくつ  くしみ出てゐるところ  く切れ上  く知り合  く往診  く出て夜  くても破れ畳  くもりの増して来る日  く今泉  く不器用  く対岸  く行く筈  く思ふ筈  く盛子  く坐つて  く房  くはしい説明  くに響き答  く強烈  く敏捷  く靱  く眺めるやう  く流れてゐる河  く動く縮緬  く禿げ上  く不身持  く見える眼  く患者  くペタル  く輝く顔  く上半身  く戸口  くもあるやう  くぐい  くなるほど笑  く見える後姿  く奉祝  く河原  くて房一  く新政  くさえ思っているの  く戻るはず  くなるまで掃除  くすれば左  く立つとのこと  く縄目  く売り出されている紐  くつけま  くいえば主  くなっている店先  く伊織  く対立  くは天下  くもある一節  く窺い直している様子  くなっても手  くて切れ  くして居る人  く萌  く町中  く御願  くなると朝  く離したり近く  くなっての夕方  くなると仰る位  くて持物  くて毎  くやります  く銀行  く孫の顔  くなすって葡萄  く夕日  く入れて香  く呼ぶの  く御行  く奥様  く思う頃  く見れば目  く泣  くして勝手  く徹る声  くして振返る途端  く美女  く編笠  くいっぱい  く受けると日置  く呼鈴  く取って置くこと  くなって来たか  くビフテキ  くして口許  く鉄瓶  くなりて瞳  く刻める皺  くしてしまうん  く言って下さるん  くしてるん  く瘠せッ  くなりて縋り寄り  く生存  く処決  く考へる煩  く考へる程  く警告  くもぐりこむやうになつてゐたから  く生きること  くなる習慣  く図書館  く仰望  く活溌  く蘆  く眺めうる形勢  く雲煙  く濕  く降りてゆかな  く穗  く立ち上るの  く起き上  く雲霧  くなるにつれて四  く津々浦々  く心地  くして持つて來  く置いて來  く勞働  く見て置くん  く桑  く登るの  く普請  く買えるもの  く工  くさせているか  く民藝  くして茶  く学  く盛られる時  くして工  く作る世界  く作る者  く焦慮  く作ることな  く生れるの  く作るよう  く作る時  くせしめること  くも堕落  く売るため  くとも質  くしては何等  くしてはあり得ない  く歩いているの  くして可能  くする個人  くば不可能  くも民藝  く植えて隠遁  くなるまで庭  くモズ  くグニャグニャ  くても空  くしている様子  くお伽噺  く奮起  くて綿  く迄にょっきり  く答える奥様  く彫刻  くなるが様子  くゆくから  く敷  くカフェ  くて菊石  く取ツ  く振ツ  く燥  く歩いて見る氣  く蓮沼  く謂  くなツ  くウロ  く阪  くするし髪  く大福  くのびが縮まるよう  くとも芭蕉  くふ口つき  く東武  く有る事  くとも学者  くとも延  く晃  く茂れる覇王樹  くして形  く歩いているか  くては思うよう  く萎びて立枯れ  くへか四方  く拡がって露  く叩き  く衾  く集合  くも死屍累々  く中殿  くして出る言  く住む地  く嫁ぐ気  く閨  く床几  く馴  く疼き出てくるの  く盲  くも後ろ  く仕えてまいった  く灌木  く世路  くして児童  く現金  く開けッ  く繰返して練習  く潜める無限  く考えて見ると人  く向上  くゑぐれてゐる  くともこ  くても顔  く進んで手  く採集  く考へてゐるやう  く題  くとも最初  く見てゐる証拠  くなりすぎるやう  く使用権  く肝腎  く弾み  く浮く素子  く診せるん  く月給  くは使  くできるところ  く押しつけるやう  くとも君  く軍隊  く降りて行くこと  く与へ合  くそん  く指先  く有効  くなって来て二  くいえばオダテ  くいえば非常  く智識  く不知  くやるから  くグウーッ  くは教育  く思慮  く思ふこと  く脂肪  く見える葉子  く甦って来るの  くいであ  く刷り  く抜  く甦えり  く息吹  く押上  く摩擦  く独語  く膨れてくるの  く顔見世  く四次元  く感じられるほどの彼  く炸裂  くなっている居間  く結綿  くして妖婦  く辛辣  く溢れる泪  くも一生  くも葉子  く侮蔑  くも虚空  くしてなるもの  く組  く振向き  く大戸  く鮮麗  く六  く死骸  くして膝頭  くして立  くイナ  く涙ぐんでいる上  く言ううち  く蔵元  くお嬢様  くして唇  くは申  く剥き出し  く毒薬  くも恰度  く無料  く云えば所謂  く云う訳  く遣る議論  く苦悶  く小量  く知るの  くもあるか燈影  くなれば出てあるく男  くなりたり死ぬ  く婚期  くもなれ何  くなりピストル  くもふるさと  くかわける海綿  くも消えゆく煙  く校  くなり橋  くなる愁  く病みし頃  く打出  くなれるいもうと  くして数  く降る夜  く雫  く思ふ日  く来る植民地  くも空  く釧路  くも声  くなれる君  くなりゆくひやひや  く蜜柑  くなりたり何処  くも夏  くなりて秋  く染めて音  くも街  くつとめ先  くも夜明  く思い返すの  く団扇  く呻くよう  く発汗  くなるにつれて恩人  くて停車場  く滑ってころぶところ  く柔和  く善良  くサメ  くあるがいずれ  く一円  く顧客  く手代  く成ってアヤ  くも七  く製作  くて増刷  くも全国  く予約  く仕遂げて凱歌  く来会  く居るだけ米国  く居る金田  く永久  く暮らして居られる様  く胸中  く吹き雲  く秋声  く聞こゆ  く移り変わッ  くもつれから  く大空  く響く音  くなかば  く窪んで小  く横たわッ  く吹く北風  く歩くが妙  く羽ばたきをして雄鶏  く煌  くて地平線  く甲武線  く納豆  く塗りたて  く言いつけているの  く身の上  く考えているの  くかけ  く殴打  くても曲者  く側  く見るに手  くても先  く居て呉れさえすれば此方  くては了  くては困るズッ  くて別に  く省いて簡単  く分る事  く手帳  く凹込  く抜けて手  く叩きながら頭  く其実  くなり其  くとも外  く染るから  く長崎  く殊に  くも妾  くしてしば  く怒りて妾  くより施寧  く寧  くして僅  くば妾  く児  く見れば是  く奨励  く會  く澄んでゐるやう  く火影  くも深夜  くし其  く石蕗  くば一  く心酔  く修正  く洛中  くするか茨  く月余  く処しているよう  く言い張るの  く通っておるの  く沈んでいる方  くなっている柳  くつつみ去ッ  く呼ぶ声  くも後醍醐  くも乱  く夕月  くおるうち  く牢舎  くとも足利  く国許  くひらめく稲妻  くアルコール  くラヂオ  く一銭  く相客  くて食  くまで辛抱  くみたい  く仲裁  くて酔  くて社殿  くてウルホヒ  く起きて障子  く通り過ぎるやう  くもあり嫌  く頽  く山路  くて手足  く澄んで湛  く泊めて貰  くてリヨ  くなる事実  くて石  く立つつもり  く変質  くて五月  くて気楽  く食べて嫌がられる労働  くてもかま  く延岡  く遍路  く女房  く聞えてくる水  くて旅情  くてハネ  くてやす  く久住  くかよこ  くて豊か  く起きて湯  くて人家  くもやはらかい  くとも此  く古武士  く組み  くて遠慮  くふるへるの  くてしん  くさまよう笠  く起きて出ていつた  くなり腫れあがつて  く午前  く象  く考へてゐる水仙  くて餅  く灯して母子  くかくれて勅命  く検視  くはしゃぎ出し  くコマ  く銘  く房州  くは相手  く氷川  く離れて画  く離れて拝むこと  くも一泊  く歌う木曾  くもお願い  く小梨  く響いて来る歌  く打ち込んでおいでなさい  く聞いて暇  く食いつくよう  く用いるもの  くも話  くても家族  く市川  く染め出して林立  くはレンセイ  くなって脇道  くなって逃げる必要  く手折って畑  く帰って来ること  く帰られたりする時  く失礼  くして酒  く立って長押  く一命  くも感づいてはい  くも本堂  くも用意  くなる思い出  くも背面  く月見  く言って聞かせるよう  く扱うつもり  く古今  く入って行くよう  く進んで行くもの  く絞める仕方  くするだけの器量  くも追出しの鉄砲  く聞えるん  くても百  く特  くほどのち  く落ちつき  く立つて唐津  くてフミン  くて嫌  くて程  くて量  く交わるよう  く着手  く交渉  くとも御用  く畏敬  く売れるの  く家賃  く過ごすこと  くては経済的  く入って採集  くなって採集  くは抑えること  くいえば商売  く行けば中村屋  く刈り入れるの  く売り切れてしま  くなって確実  くまで出かけられるよう  くなる有様  くて相馬  く食うに食  く迎えられている次第  く前触れ  く一流  く年中  く指導  く軽減  くなってお客様  く思われたりするの  く消極  くお持ち帰り  くなって行くという店  く学校生活  く起き夜  くまでも配達  く休息  く行けば余所  く平将門  く父母  くといっても伝統  く丹波  く九州  く毛色  くて床  くぶらついて戸外  くなり関係  くするには周囲  く一通り  く無理  く取り消すこと  く閉店  く御悩  く諦めること  く働いて疲れているあなた  く雑然  くなって千葉  くもたげて四  くて物事  くて指導  くするわけ  く飲むやう  く長州  くして最後  くていやみ  く煩  く来ては囀づる  くきてみだら  く其中  くては手  くである  くして余生  くとも第二義  くいらだつからだ  くもせみ  くよきりぎりす  くて一句  く来訪  くする若葉  くしてくれる人  くボート  くて電  く小鳥  く起きて仕度  くも海岸  くする薬  くそびえる富士山  く西風  く飲料水  くふく  く帆走  く見まわすの  くなりかた  くかたむき動く甲板  く蒸  くくらすよう  くしているため  くこすってから  くなってしまう心配  くふくの  くあがるの  くて鳥  くて胆  くのん  くなって行くわれ  く水車  くもアンテナ  くして鉄  くふ虫  く出逢  く私服  くなって二  く被って襟巻  くツカ  く待っているの  くても今  く附近  く捕えて終  く支倉  く石子  く云い抜けて中  く写真  く無茶  く探り出して来るの  く話させるよう  く本人  く居合  く信じているの  く考えている様子  くも表  く辛抱  く巡回  くとも保険金  く判読  くブラリ  くて眉  く調べる為  くあなたに  くも夜叉  くして拳  く墓  くて年寄  く鑑定  く行くかね  く高飛  く浅田  く時計  く公園  く轍  く商人  く身構えると云う男  く揺れながら疾走  くも一切  く云えば魁偉  く云えば醜悪  くギ  く濁声  く留置場  く喋る女  くて結構  く云う事  く困る訳  く裁判  く服罪  く響く事  くも検事  く叱られて  く考えると自然  く中肉  くなり底  く予審  く冤罪  く行っても審理  く絞首  く腫れ上っているの  く感ぜられる電  くも一朝  く居間  く弁護士  く裁判長  く欧米  くかの地  くとも当夜  く証  く強いられるの  く思えるよう  く書いてある手紙  く認めて両方  く信ずるよう  くせられて自白  く秘し蔵  く折合  くも保釈  くしてはと能勢  くなる類  く観音  く山奥  くに田  くして銭  くて蝮  く考へてゐる日照雨  くする雑草  くて気分  く山越  く昼寝  くて要  くて風  く釣瓶  くしてくれているという消息  く宮方  くても三  く潰乱  く御簾  くすれば同士討ち  く意地  く加賀田  く光る不気味  くて富裕  く勝てる戦  く望んで総懸り  くお腰  く今朝  く旗  くに御座  く悪鬼  く寄せ手  く生きられる者  くいえば大塔  くに一時  く伊賀  く以前  く輿  く主膳  く通い  く御所  くおとりくださいます  くてはと  くは仰せ  く妬く人  く囲い  く差し出してあるの  くふウ  く見ている風  く入洛  く沈んで居るやう  く在る事  く生徒  く聞いて見るとそれ  く婦女子  く離れて居るため  く腦力  くは一  くても變色  く持つたん  く立つて居る自分  く爛  く働く方  くに風  く覚えるころ  くなってしまう気  くすれば短銃  く休  くちらばる花  く燃え立つ悲哀  く吹いてくる風  く幅  く旋転  くひそめる鳥  くひそめる精霊  く潜めかし  くゐくゐいろうに  くゐろうに  くも突き抜けむとす  くて肝腎  くいえば個人  くも貞操  く手繰り寄せて現代  くも英  く持続  く定まれば勝味  くして転地  くとも妻君  く上流  くの白  く漕いで自分  くたってこっち  く小松宮  くどちら  く光っている水路  くして台所  くなって胸  く済んで了  く読んで聞かして呉れるもんじゃ  く其煙  く前置き  く食べんかい  くぬぎ林  く共同  く渺茫  くて暖  く遊んでいる犬  くとも朝  く売る是  くけり  く活躍  くとも京都  くて客商売  く歓心  くて受け  くはおきよに興味  くさめる気持  くとも酒  くて見てくれさ  く因縁  く引込んでゐるわけ  く眉目  く呼んでゐる青年  く家業  くすると他  く豊太郎  くぜんざい  く染まっているの  くづれなば  くして天寿  く焼け死ぬもの  く期している模様  く護送  く仔細  く留守  く閉じて明け  く聞き奉らせ給  く宿営  く朝飯  く姫  くのぞみ  くさせるの  く知っている者  く跳躍  くも馬上の人  くも六波羅  く召抱えているの  く鏃  く折  く死に損  く見かける蠅  く意気地  く立木  く喚問  く談判  く其處  く對手  く一本調子  くウハヽヽヽヽ  く笈  く暴  くなりて空高く  く来りて賽  く読むもの  くして独り  くなりて大  く月光  くも艶  くも思われます  くも不快  く見える大形  くて血色  くてショボショボ  くうねっている一文字  くて切れ長  く気配  く墨色  くて順  くて厚手  く儒者  くひらめくもの  くひらめくの  く鯉口  く移動  く機智  く陰性  く従来  く容貌  くいえば蝮  くて魅力  く下卑ていること  く救われること  く木蔭  くおさえるよう  く光る抜き  くて健康  くも酔い  くて純潔  く転ぶの  くもなっているの  く話し合うよう  く長男  くも紋  くのびている人間  くやっている証拠  く鉤  くて陰惨  く屈托  く蟋蟀  く見える右  くのびている往来  くて上品  く漏れ  く使うよう  く別嬪  く走ること  く思われること  く叫ぶもの  くて買  く借金  くては稲  くとも今後  くあるきまはつ  くて読書  くて浴衣  くまで話し合  くあけはなち月  く感ずる気分  く厨房  く胃腸  く晴れて星空  くもあり恥づかしく  く仕よう  く銃  く迷い入って困って居ながらも白銀  く開かれて足元  く毛  く包んで暖  く開いて夕  く足早  く生えている百  く開かれて闇  くたち上って紙  く答えて先  くて花園  く出て来て私  くなって白  く降る日  くて珍  くてらして絵  く召  く走って少年  く望  く云いひろげて世の中  く青ざめて目  く人形  くなって行く様  くても平気  くにぎつ  く光る地面  く見える耕地  く思われるもの  く使用人  く朝子  く向い合う位置  く鈴の音  く叱るよう  く詰問  く沈吟  くやってゆけると思うん  く急ぎ足  く揺れる水  くやって満足  く生きて行く道  く磨き  くも長兵衛  くているところ  く使うもんじゃ  く与八  く沢井  くも縁日  くも子供  く溢れ出して来るの  く鱶  くして後  く頓着  くのぞき  くも顔  くしさ  くばかり活きられるもの  くまで考えながら立っているの  くダンス  く泣き叫ぶの  く続け打ち  くポテト  く取澄ましてそれ  くいう方  くマドロス  くも拙者  くは念頭  く戸棚  くてせっかん  く沈んでいるに違い  く決するところ  く床屋  くも武者修行  くそり  くも有  くともインテリゲンチャ  く偽装  くイデオロギー  くてイデー  くて対立  くとも論理  くて立体  くとも意識  くとも以上  くとも社会  くともアカデミズム  くとも吾  くて観ること  くみずから  くとも運動  くて客観的  くとも機械論  くジャーナリスティック  く文化社会学  くて本来  くとも衝動  く可能  く似ているよう  く小規模  くて予言  くて科学  くともコント  くて動的  くばかりなってゆく国々  くなりつつある模様  く処置  く嫌い  くも枕席  くゆする鉦  く引き継ぎ  く囚われ  くみているの  く侍者  く威儀  くすすめること  くまでさまざま  く在住  くでもなっているの  く炯眼  く島前  く帝  く甲  くいわれてから  くホホ  くも帝  く始めるに相違  くても使い  くて野伏  くに密  くも裏切り  く越前  く武将  く楠木正季  く思うか知れめ  く卑屈  く附き合  く言いながら私  く見える石  くしとくとはきまつて  くとがめること  く刺されても叩かれても昂奮  く鼻歌  く貴島  く薄日  く居る者  く嫌がるよう  く輕蔑  くピリリ  くては僕  くセツ  くヒヤリ  くひびくの  くとも初め  くこちら  くしてニコニコ  く過して來  く感じられる露  く前線  くオキナワ  くて生活  くイヤ  く具  くイライラ  く見えると言  くして行  く罵り合  く行き過ぎているよう  く土建屋  く匂うルリ  くごぶさた  く似通  くなると奧  く立川  くゴーゴー  く書いてくれるよう  くすると血  くは私  く言えば彼  くタイ  くも因果  く思うわけ  くメンドウ  くそなえ得る条件  く注がれるの  くモロ  くセリ  く公平  く永続き  く感じられれば感じられるほど  くても精神  くアナ  く卒倒  く変るもの  く無くなってしまうの  く含んでいるよう  くは自己  く法律  く扱われ論じられているよう  くつながって多く  くなるばかりのよう  くなさる事  くむづかしく  く思える事  くつづけておれる道理  くネレ  く遅れてしまっているよう  くやって行く方  く破廉恥  く散大  く続けている間  くなって来ている事実  くは行くもの  く需  く十兵衛  く斬り伏せられているの  くクシャクシャ  く事物  くとも数  くして生産関係  く明快  くする他  くとも論争  くとも随処  くとも全般的  くとも問題  くとも真理  くして形態  く虚偽  くとも社会的  くして有限  く問題化  く果すこと  くして組織  く見える物  くともタルド  く見る一つ  くとも虚言  く切り離して了  くとも天体  くとも見出すの  く判るよう  く感じるよう  く成って呉れるよう  く知り合っている筈  くして上げること  く仕合せ  く合せている四  くあいそ  くヒューッ  くグニャリ  く街頭  くも味方  く直ちに  く下ろしてあるので窓  く聳えている教室  く追い駆けてくれたまえ  くも切迫  く云うと七  く化物  く鳴るベル  く来て下さー  く聳えている白色  く踊っているわけ  く悸  く樽  く愚図  く澄み渡  く殺気  くせしめてゐるかの  く和やか  くゾーツ  く書きあげて買  くもなつ  くてすむ様  く初穂  く見る処  く青年  くなるまで氷柱  く村上  くもあり可愛い  くやるに違い  くおい  く手持  く独  く閉じて一言  く光る木  く光る青田  く葦  く信じている所  く申出る事  くなってゆく事  く成り立つの  くなってしようが  く物静か  く忍び出されるよう  く見えてるほか  く点  く見えているか  く穀物  く死んでしまうもの  く霽  く不審  く心痛  く独占  く思う事  く黒田  くソフト帽  くとも此度  く刈っていたりするの  く風呂敷  くあるはず  くは辛抱  く寂びてゆくの  くてさえヒポコンドリイ  くなってしかた  く腸  くてさえ失望  くなっている心  く根問い  く嚇  くなって心  く経  くサヤ  く戻って来客  く相好  くワッ  く尾ヒレ  く受けつぐこと  くて愛想  く水天宮  く探索  く昔日  くしてジッ  く食いつぶしていること  く守って討  く中立  くまでの展望  く本土  くなっている雨ざらし  くさらけ出して訊ねるの  く裏金  くても深草  く平家  くかかっていらっしゃい  くなっているわが子  くにお出かけ  くぬぎの防風  くからみあってしまうの  く耐えている横顔  く同様  く門扉  くおわび  く一献  く兇徒  く面接  くして参  くは信  く加盟  く固辞  く日頃  く歓喜  く相  く昂ぶッ  く家臣  く濡れている顔  く生き抜くしか  く出帆  く白砂  くとも貝殻  く手当て  く治るの  く金庫  くキン  くヒキ  く真珠  く訊くもの  くて今村  くなってゴロリ  くも白状  く頼んでダメ  くイタチ  くて工場  く別格  く見張り  くうなだれて声  く張り  くハシャ  くもなかよし  く上衣  くポチ  く無数  くラツール  く波頭  くては危険  く裂くこと  く枯草  くしてほえている方  く愛犬  く防水  く海岸  く恐竜  くのばして入道雲  くカメラ  く伯爵  くコダマ  く光線  くしている恐竜  く洞窟  く身軽  くも切断  くネリ  くなっているとこ  くて早合点  くあばれるん  くとどいて命中  く作りあげるん  く吠えるポチ  く船内  く疲れているから  くこだま  く救助  くなって朝  くなって岩  くもどるというの  くひろがっている蒼  くは問屋  く壺  く迫る何  く闇夜  くするブンマハシ  くする器  くしみる薬液  く奇異  くする心配  く一隊  くとも午後一  く友誼  く曝されるということ  く眺望  く町民  くて後  く婚約  くて掛  く透けてゐるやう  く目障り  く生きていられる気  く笑ってから  くせられるよう  く蛇蝎  く繰り返し繰り返し拝読  くつつしま  くしてやって居るの  くするとき  く立たむ  く話し合い  くのこして死ぬ  くてジフテリヤ  くびの  く寄せ  く私傷  く感ずること  く不仕合せ  く拝察  く現  く治まり居る様子  く存じあげ候  く拝読  く思う精神  くても捨てるにはまし  くて荷物  く食い込んでおれば家  く婚  く死滅  くもひとり  くして親  く泣いてから  く悔い  くて五体  く分娩  くして死ぬ  くむだ話  くなるまで稼ぎ通  くの滝  くて炭  くかきあげ  くて馬鹿  くきょう  く振って底  く死神  く云いたか  く余計  くグウグウ  くもんじゃ  く考えふけっているよう  く悪血  く川向う  く来よう  くに教え  くの六波羅  く洛  く屍  くまでの防衛線  く賊  く憂き目  くも九  くゆすぶッ  くおよぼす沙汰  くも病気  くも五月五日  くては一軍  く小手指  く寝入っているに違い  く法体  く逃げおちること  くかざるため  く咥  く民家  くまで潮  く遊ばすよう  く非情  く期すところ  くにあるの  く安否  く見るという点  くながめ得る地点  くも馬  く遭難  くも軽快  く出張  くなる性  く遊んで悪いこと  く離れて来ていること  くも茂太郎  く育てる微妙  くも鯨  くも洲崎  くて盲目  くミズミズ  く死んでくれるに限るの  くめりこんで目  くなると香水  くオルゴール  くするというマイナス  く喜怒哀楽  く見える冷  くスミ  く行商  くて持ち運び  くなって起し  く語り合ううち  く振切って参  く箱根  くも雄弁  くなって行く唇  くて確実  く文明開化  くつきまさ  く結びつけて考えはじめるの  く苦労  くオツキアイ  くて天才  く日記  くなってる事  く特異  くしてくれとの周  く見ているため  く出るもの  く腐ると困る処  く咲くから  く移民  く小倉  く衣紋竹  く勤めているの  く宇都宮  くあがっているの  くヌラヌラ  くパン  く長火鉢  くお参り  くあきらか  く乗って走らせて行くの  く街道  く被衣  く靡く浅間  くみなぎらせてガラガラ  く夕暮れ  く生まれて活きて死んでいく普通  くまけて乗せてもらって行くこと  くむき出すよう  くまで書  く日曜  く咲いているの  くかれの頭  く修業  く井戸端  く成願寺  くすんで南  く飛ぶもの  く他郷  くまでかかって熱心  くなりておれること  く平野  く読むほどの余裕  くもあり腹  く悟り  く消極的  く起きて通うの  く出ているところ  く百  くまでいね  くはねえと思うん  くしら  く役場  く書けるの  くプン  く二歩  く立ち話  く道楽  くはいってトントン  く埠頭  くかれの姿  くまるめられているの  くズッ  く別れ  く帰途  く歩いて行くかれの眼  くかみさん  く賃銭  くば吸  く帰るはず  くなってどっち  く酔わせるには十分  く取れるはず  くはがき  く鳴る丘  く営まれる葬式  く蒲団  く寝込んで西日  く片づくはず  くも起きて竃  くむいて二  くかかって見えること  く校庭  く積んで火  く草履  く並んでいるの  く駐在  くなって逃げるよう  くなって信玄  くなってドッカリ  く食傷  く松原  くクワ  くなって逃げ出すかと思いの外  く月あかり  く独身  く起きてモーターボート  く結んで表  くして裏口  くどん  く拡げられるの  くして綴り  くされる場合  く役者  く呼びに来るの  くて小屋  く作られているの  く残して置くの  くて仕合わせ  く我慢  く鎖されているよう  く呆け  く見えるかしらとわたし  く見えるというの  く空地  くては開場  く敬服  くて何だか  く考へると云  く考へて輕擧  くとも誰  くて極り  くなったりする位  く云っている一  くも膝  く有耶無耶  く見受けられるよう  く波打ち口  くておかしい  く云うと人類  く云えば個人  くなったり白けたりする外  く法廷  く波打って笑い  く波打つ眼  く世道  く見え透くの  くとも普通人  く伝えられているよう  くなって来るもの  くなると眼  く写し出すの  くとも何  く重んぜられている限り  くなっている人々  くて面白  く止めるよう  くて反証  く捧ぐる方  くとも近所  く荘厳  く突き出し  く見うけるの  くしている鼻  く進むよりほか  くふ時  く書けさ  くあたる時  く感ぜら  く竿  く見て特に  くするは薫陶  くして倫理  くなりて襖  く仰臥  くは加々見  く係り  くジミ  く別れるというの  くすれば踏殺  く加勢  く豚  く植木  くワァッ  く尾根  く素裸  く染めるの  く唸って前  く焦げる空  く焦げて行く空  く鳴く遠く  くなる度  く拝むの  くキイキ  くなり段  くなりガタガタ  くて附近  くて時世  く長五郎  くなりワーッワーッ  くて抜身  く真壁  くするそう  くは邦家  くわからん  くわめきながら一  くなって民  く腹帯  くあがんなせというても剛  く田んぼ  くできるの  くとも武田  く桂子  く凌いで行く精神力  く妖艶  く押すと芽  く触れ去るやう  くゐる娘  く小布施  く垂れて来るの  く親愛  く聴かせて頂戴  く寸断  く進んで川幅  く理智  くて婦人  く肉薄  く船底  くて云っているの  くともなほ  く下関  く前額  く留学生  く及第  くて体質  く嬢  くして貌  くノコ  くして居るの  くてカレワラ  く押しつけられている仁科  くても批評  く南原  く仁科  くても相手  くカール  くコケットリー  く妻君  く建  くむっつり  く高熱  くみられて幸せ  く小犬  く蒸し蒸しすること  く宥めすかしたりしているうち  く見える若い  くも年上  くスタロ・ゴンチャールナヤ  く風采  く予感  く中原  く奏聞  く口外  く感じとっている彼  く値  く参っておるゆえ  く新築  く聖断  く天皇  く椀  く文観  くいんぎん  く彫ッ  くて佐々木道誉  くいう公卿  く達筆  く沈思  く令旨  く笠置  く参内  くも宵  くありのまま  く派兵  くしてお待ち  く尾張  くても猛勇  く半壊  く立退いてしま  くはッ  く推参  く既成政党  く侯  く政友会  くは団体  く戒規  くは侯  くは中流  く伊藤  くも総辞職  く争  くは無益  くして党派  く桂  くは中央  く京城  く急激  く内外  く安南  く立憲政治  く適合  く各種  く外人  く時代精神  く列国  く人才  く為す所  く馬上  くする能  く交譲  くデモクラシー  く国会  く明哲  くは道学  く時代の精神  く居る可  く忍ぶ所  く委員会  く内閣  くは其他  くは行政  く維持  くは利益  くは我輩  くも内閣  く相互  くも閣下  く閣下  くして閣下  く超然内閣  く盲従  くして存在  く学ぶ可  く書簡  く藩閥  くは誘惑  く正義  く領解  く信じて疑はざる  くは漫  くは党  く大勢  くは藩閥  く熟慮  くは大隈  く政治問題  くは官  く活ける主人公  くは親近  くは政  くむばあらず  く見せ掛けるやう  く蜚  くは鼎  く雄志  く超然主義  く改進党  く途  くは公  く相識  く書信  く大丈夫  くして私闘  く御存知  く働いてゐるといふの  く布教  く強壮  く永眠  くして重要  く白衣  く憐れみ  くなるに相違  く故国  く和蘭  くは離れてゐ  く弛み  く渋  く其眼  くして亂  くづれつ  くかち色  くも落  くして瞳  く蘭麝  くして獨  く浪  くけぶれる  くづれては  くなりにけり水  くして森  くして八雲  く馬鹿げて来るの  く尾田  く気がかり  く病棟  く叫んで一  くも間  く腐敗  く不調和  く垣  く浮き出ているの  く転びそう  く膿汁  く解る気  く見え始めるの  くも情慾  く戦って血みどろ  く共通  くパアトナー  く感じさせてやりたまえ  く郊外  く降り出して何  くねばつ  く黄ばんで了  く聞く苗  く咲いて房  くひ歯  くしてにこにこ  く既成  く政友  くは團  くも總  く英國  くして黨派  く交讓  くは道  く委員  く學ぶ可  くは黨與  く發揮  く改  く兩國  く茂之  く成ってると云う訳  く聞えるよう  く存じ奉る義  く男女同権  くして居ちゃア  くなると此  く頑是  く取做  く上方  く云えば意  くドッ  く越度  く帰っておくん  くア  く云えば貴方  く恵むという極  く仁王立  く言えば神  く云えば仲人  くなって洗うの  く致すと岩  く出る所  く湯治  く成って気の毒  く在っしゃる  く出すと商人  く機織  く此家  く桟橋  く出ておいで  くして独身  く野暮  く貴殿  く正体  く悪事  く引張って往  く利く薬  くはなつてゐ  く響  く融合  くして行く力  く常陸  く寸  くのみひき  くなると余命  くきりぎりす  く揃  くザラ  く辷る車  く離別  くとも三崎  くひいてどこ  く相愛  くして父君  く肺患  くて有為  くとも自家  くして成  くては月日  く平民  くては鳥  くとも其  く主要  くは犠牲  くも消えて徳川氏  く王化  くば国家  く革命  くて見に行く氣  く覆ひ被さつて  く爬  く行々子  く脣  くも上  く充  く住んでゐる彼等  く光る處  くへ數年  く車窓  く先蹤  く辛苦  くして四海  く古  くして漫  く鶴  くするの一事  く請取  くと喉  く払暁  く猪口  く怒って口  くづしの  く見られるもの  く感じられるころ  く喫驚  くも身代  く見え出す頃  くとも色事  く銀之丞  く聞いて行くうち  く話す馬  く抉るの  くなって来て本堂  く件  く船頭  く蹙  く緑青  く射しかけて來  くいひ寄  く走せて行く馬  くおすがと別  くこき使  く遺恨  くて翌日  くなるまで茶  くして只  くて兼  くなると共に親類  くしがみついて容易  く作  くとも兼次  くて迚  く鴫  く忘れ去られてゐる事  く頷いてさ  くは氣  く入り交  くともお前  く鎖してしま  く嚴肅  くかまれて行くの  く波打つてゐ  く感じられて來  く染めてゐるの  く因業  くなると却  くぎりもないだゞら  く入門  く節々  くも気配  く腕の中へ  く見えるというこれ  くネオン  くてかけるの  く星あかり  く延びるの  く光る銀河  く後光  く規則  くあすこ  く鳥  くぺかぺか  くなったりしているうち  くなって答えながらそれ  くカムパネルラ  く行っておっかさん  くて匂  くしたり首  く鳴いて通って行くの  くなり電  く桔梗  くすきとおりリチウム  く光る火  くなり風  くなってしまいほんとうに  く熱り頬  く神田  くともギリギリ  く娼家  く奥日光  く暮らしているの  く唱えている姿  く遅れていること  く割れ  く輝く瑠璃色  くとも本質的  くとも古典的  く繪  くして笑  くびつくり  く讚美歌  く叱るやう  く流れて來  く兩手  くけむつて  くカチカチ  くも寛成  くしめくくっていくこと  くやっつけること  く置いて使うこと  くお金  くては王様  くのぼつ  くしげ  く生えそ  くて讀まれるもの  く楽しみ  く揚げるほう  くのばして歌うところ  く揚げるたび  く弘  く協力  く覚えているの  く立てる風習  くて信心  く伊勢  くしてから  く参るから  く心丈夫  く願い  くなるというよう  くそち  く知られること  くいうと議論  くても毬  くさけば糸  く作るから  く目方  く仕上げるの  く割って屋根  くしんぼう  くなる場合  く行われるよう  くつくる地方  くは話していること  くなればユイ  く片づく村  く湿気  くかわく  く稲  くて都合  くにげ出すひつ  くなってきているということ  くするほう  く答えられるよう  くなれば食事  くのそとの人  くするほどの多量  く食べられるよう  く起きる人  くする習慣  く知ってから  く竪  くなっているあたり  く思われている証拠  く兵籍  くつき入って女性  くとも子  く南蛮  く病者  く宗論  くては武家  く呼ばれてたまる  く折合い  くなもの  く天下泰平  くなりつつある正成  く秘事  くて無手  く肯定  く故山  く部下  く叱ッ  く肌  く尊氏  く勝ち  く堅陣  く目尻  く太宰府  く出先  く進めること  く正成  くして待つ声  く砦  く連鎖  く感ずる爲  くても八  くて火明命  く書き上げて下さいと言  く戲  く行けよと勵  く近づき得るため  くまびきさ  く粟  く筑前  く銭  くなりて苦  く思ひてその後  くなりて自ら  く油煙  く喇叭  く煤けて點  く通るやう  く臺  く捻ぢ  くて倉庫  くて体  くなる特殊  く此道  く喘ぐ彼女  くは參  くて通俗  くしてゐるところ  くなって月  く籠っている少年  く嗜好  くて好意  く拗ねること  く残して初秋  く胄  く強調  くも夢幻  く空間  く抱きしめたい  く滅びて行く植物  くも腹  くて袋  くて海  く捲き上り  く煙る眼  く立ち籠  くして行って復  く透けてルビー  く習性  く豊麗  く渫って行かれそう  くなりかけの崖  く生れ出る新  く養っているか  く浮いている姿  く啄  く棹さす一  く男性  く巻いてやるプール  く動かすと薄墨  く深まる古池  くもゆらぎ拡  く見えるメトロ  く傾けるキァンチ  く考え味  くとも発明  く金春  くも一時  く変って行く時勢  く浴びて胸  く胴  く抜取って懐中  く付着  く売るから  くはいり込んで後  くても朝  く常人  くかいてあること  く言えば心  くも見かけ  く天気  く読めるよう  く思われる割合  く灰吹  く出来るそう  く落第  くも学士  くて蛾  くしていらっしゃる安中  くする積  く云う病  く死ぬの  くとも數  く下品  くて生きて行く事  く偽  く茨  く述べるつもり  く異国  く借りること  く荒削り  く記  く物臭  く鼻紙  く剽軽  く手枕  く高貴  くて贋金  く煮え湯  くもなれば愛想  くとも神経  くいき  く違って聞こえる  く去って土地  く模様  く痩せぎす  く道具  くばこれ  く見えるから  くいし  く落ち込んでいるため  くも直感  く遺伝  くて艶  く滑らか  く開くよう  く池ノ端  く頭部  くということ  くて不具  く結うの  くても駛  く話しておくん  く越せば犬吠  くきさく  くかこ  く書かれてあるの  くスー  く別れても友情  く水深  く溺死  く点頭きながら胸板  く打ち鳴すの  くて眠れぬ夜  く感ずるところ  くも神楽  く繰り込んで来る有様  く川下  く知り尽してしま  く坐り具合  く滅多  くされるやう  く牽制  く利徳  くも地方自治  く利己主義  くし通商  くしてもって貧弱  く高談  く平等  くして帝政  くして自由  くして漸進主義  くも宮廷  くするには奢侈  くして識  くかの欧化主義  く排  くして一致  く政体  くするに必要  く排斥  く追放  く思える新吉  くなっている夫  くも妻  くまわるにつれ教授  く見える性質  くアッペリチーフ  く暮れて行く空  く働いている新吉  く覗  くして奥さん  く新吉  くて十人並  く古風  く呼び覚まされると新吉  くいよ  くジャネット  く曇ってしまって雲  く示嗾  く焼  く当る様  くついて瞬間  く見聞き  くも辿り行くもの  くなれとも私たち  く青青  くも思  くなり掛けて四  く起きて寢臺  く見て居る中  く浴場  くへ仕舞ってから  く生きろというの  くも午  くあげさせておいで  くも聞えがち  く活気  く結ばれている者  く併合  くいう要  くみか  く登りうるわけ  く雨期  く宝  く罵ッ  く介  くかくれているの  く終結  く泣き伏しているさま  くも至尊  く鳳輦  く龍  くも約束  く存じる次第  く再開  く賄賂  くのんき  く見てから  く水晶  く逢い度  くあてつけるの  くなる口笛  く冷えているので小  く京子  くなって黙りこくって居る患者  く意地悪  く把  く加奈子  くうけて落着  く角度  くて気位  く刻んでかけて喰  く咲き盛っている桜  くびのまわりの  く胸襟  く板  くなっている背広  くて名誉  くされているの  くとも大隈重信  く持って時節  く講釈  く考える奴  く考えるもんじゃ  く元弘  く年少  く向うから  くなって震え出すよう  く云えば馬鹿  くてナカ  くて鉛  くなると斬ってしまう事  く到翁  く青切符  くも日本  くニンガリ  くも枢密院顧問  くなって謹聴  くする始末  く母子  くエッサエッサ  くブッ  くかがやいてゐるの  く其手  くエチオピア  くとも平静  く瞬く天上  くきらめいて見えるの  く積み重ねられているところ  く伸びている老人  く逃げておく方  くなっている麓  くなっているから  く押立  くおだてられているん  くといわれるところ  くながめる時  く滞留  く酒杯  く飲むこと  く惜しんでいるの  くカン  くても子供  く巻いて隅  く押し戻されるよりほか  く棺  く炊出し  く改廃  くして接近  く与えら  くあゆ  く机竜之助  くして玉の輿  くまるめ込んでいること  く老爺  くも兵馬  く元服  く諦められるもの  く後戻り  く道場  く人垣  く手玉  く控えている牡丹餅  く溶けて流れ出すの  く肺  くて黒檀  く王水  く明瞭  くなるといふこと  くゆれるしはねあがる紳士  くなるはたけ  く灼けてゐる冬  く稠密  くてりつ  くきん  く桃  く走つて  く乱れてまがりかどには一  くて新鮮  く流れて行  くをどりはひるまの燈籠  くゑぐるもの  く澱むもの  く花巻  く擦過  くして立つてゐる私  くなる天  く南下  く飛行  く大男  く機関  く落ちている紙片  く出来あがること  くなってゆきつつあるの  く副長  くて警報  く迫っているの  く舷  くとるよう  く荒れ狂う波浪  くゴール  く柳下  く格納庫  く逃げること  く撃沈  く鳴っております  く照明  くもリット  く朝日  く海中  く航行  く前祝  くも奥  く強敵  く飛行甲板  くとび上る大水  く右腕  くひかって仲間  く斜視  くひらける東  く酸っぱい  くめぐる蟻  く噛んでみんな  くぜいぜい云  く緑  く傾きながら西日  く桐  くなるぐらゐ  くとつて  く売つて  くは廻転  くてお喋り  く取り入つて  く仕込まれてゐるから金  くやるの  く値切り倒されてしまふですよ。  くば私  くさせてしま  く談論風発  くとも天地  く高級  くちやこ  くするギセイ  く遊んできち  くして最上  くして何事  くチョウ  く稼いでおくもの  く仕入れてくるから  くつくやう  くて刑務所  くてインギン  くても買  く志す者  くオカン  くタヌキ  く世渡り  く握り乍  く暮れて行く静か  く光って居るの  く住んで居る者  くて漆  く息を吐く  く思いきり  く沈没  く器物  く逃げ仕度  くサーチライト  くも船首  くも釧路  くボケ  く揺れ続ける吊ランプ  く撃ち捕るため  く単調  くて熟練  く離れてしま  く海の底  くは飛  く仰向け  くうらら  くまばゆい  くイリス  く無風  く走って好意  く淀むの  くねむたいひるのやすみ  くなり台地  く流れ陰気  くも吠え立つ犬  く建ってゐる鈴  く睡ってゐるわたくし  くて水銀  くひかってゆれてゐる太吉  くあらた  くけはしい屋根裏  くやってくる町  く復誦  くふるふ野薔薇  く塚  くいでたつむすめ  くこごえひばり  くも北  く灯影  くそそぐ夕陽  くこんど  くゎくこうで  くひな  くなり羊歯  く光って爆発  くさわぐの  く朱  くののしり  くうかべ薤露  く過ぎるころ  く焼き込み  くオレンヂ  く傷んで月  くいりまじり松  くなり畦  くひかる乱雲  くて水路  く息づくらくだ  く封じて沈めること  く連結  くひるがへる最後  くも春  く珂質  く奔騰  く落ちてあちこち  く鷺  くかはるかういふ  く荒んではるか  くならぶもの  く亘る禁  くてそれから  くゎりんの  く燃えたつころ  く曲り惑  くゎくこうひとつ  くゎくこう  く巻積雲  く似てゐ  くなり私  く鉛筆  くめいめい  く立つて窓  くして妹  く附き纒  くなる時期  く耻  く此等  くも我  く書いてやつ  く知る者  く降る篠  く燃えたつ祇園町  く金属  く記すこと  く悩んでいること  く斬殺  く洋酒  く弁明  くこしらえること  く茶釜  く蜂  く破片  くとんでしまって以来  く深呼吸  くおりてきたまえ  くびからのどへかけて  く書けば読者  くびのところが  く走らせて見くらべる  くやってくれたまえ  くとびまわること  く知る方法  く出ていくん  くあたるかい  く考えつつ溜息  く深田  く返答  く暮す工夫  く興がって噂  く当たるわけ  く打ちなだめているか  く憐  く省  くも分別  くて堪らなかった  くはお目にかかっての事  くというよう  く片意地  く纏まる事  く初志  くても若い  く結んで頭  くなれば里  く暢気  く持ち替え  く語らうの  く片寄って哀れ  く身繕い  く抑える人  くほこり  く俗書  く書かれてゐるの  く活写  くしてゐる精霊  く垂れてしま  くも江戸  くなってるので斧  く通ること  く辻  くなると褌  く伝写  く戦備  くよりこれ  く思って見物  く地震  く親戚  く掘ってあるとかいう話  くなると食料  くすると船  く傾いて波  くて港  く止まる際  くて捕り立て  く金毘羅  く髪の毛  くする猪  くても四  く待っていては用事  く漢方  くなっていて何事  くなり直  く家柄  く漢学  く首肯  く武芸  くて半日  く言えば監視  くより不充分  く輔佐  くより傍観  くより薩長  く討入  く孤立  くて京都  く要路  くなるにつれて応酬  く店先  く峠  く叱り付けて訓練  く諸事  く見識  く先輩  くより改宗  くして叱りつけるよう  くかためてそれ  くなるぞと言って手先  く存置  くしている岡  く設置  くより土州  く講演  く東京市  くより子  く思ってそれ  くて維持  くすると共に子規  く静岡  く子規  く落命  く作って多く  くより肺病  くより俳句  く報知  く葬列  く家屋  く支那語  く石碑  く謹慎  くより幹事  く思う所  くも珍  く謝辞  く郷地  く文士  く沈みし種  く干満  く海流  く湧き立つ真白  くゴツンゴツン  く雨脚  く宥めるよう  く押し迫る破倫  く尾錠  く喜劇  く述べる代り  く演劇  くとも近代  く戯曲  くいへば美学  く茶の間  く雲井  くば絹綿  く群がる朝  く紙片  く老成  く捻って払子  く張る事  く県庁  く真白  くなり露  く手持無沙汰  く老婆  く死んで了  く病んでゐる頃  くぎこち  くなって好き  く思ってさ  く呪  く立ち上って炉端  く長命  く一口  くても事  くいふこと  くは貴族  くて死に物  く謳歌  くびかざりはどこにも  くびかざりですから  くびかざりをいただきにまいりました  くびかざり  くびにきらきらした  くびのくさりを  くびかざりを  く勇戦  く引く哀哭  くひく哀哭  く美しい彼女  くさざめく世人  く其儘  く看護  く感歎  く凍てついている雪  く光っている白い雪  く云って案内  く働いていること  くかきさ  くて高津  くやりくり  くとれなかった  く見かわしながら店番  く行っても金  く造作  くさばくの  くて水密桃  く眠り込んでしま  くても結構  く一目  く温和  く家庭的  く伸縮  く信じるよう  く神様  くて奴等  くなり乍  くですぞ  くみどり  く光る輪  くびをかしげましたが  く迎えにあがるはず  く歿  く帰って往  くして横  く多人数  くすると敵  く笛  く按摩  く見るよう  く口許  くば海  くなる端  く虚空  くちゃ景気  くもピグミー  くこなし  くも結束  くも天武天皇  くも笠  く近づくこと  くして唸らせるだけのもの  く丸  く別に  くまるめてしまうの  く投げ出されてあるの  くして妙  く手出し  く呼びかけているよう  く開放  く異人  く楽しませるため  く示威  く検分  く割り  く慢心  くお雪  く降る雪  く進入  く手頃  く燃えさかるの  く起きて水  くなっても戸  くなっているうち  くなれるもの  くも障子  くなってしまう点  く茂っている孟宗竹  くて仲間  く抛り出してあるということ  く人別  く谷底  く奉書  くしてゆかな  くも罪人  く語って聞かせるより仕方  く美少年  く焦げてゆくの  くしてくるの  くというもの  く湯槽  く明り取り  くする雲煙  くお湯  く一切衆生  くして小乗  くも歯  くいえば飛騨  く持って出て駕籠  く取入るという次第  く漂泊  くする見世物  くも満腹  く朗詠  くヒュウ  くジイ  く引っかきまわされているん  く帰っておやすみなさい  く葵  く遵守  く拭ってやるの  くして首をかしげ  く軋るよう  く兇悪  くゎっと  くおしのけ肩  く伸びている乾  くでもなったか  く汽笛  く愛するひと  く寝て眼  く足どめ  く帰ってちょうだい  くバット  く改まっているよう  く関所  くて奇説  くして煙草  く逃げてちょうだい  く震わせながら妙  くなって自首  くさしあげて鶴  く哥兄  く混凝  く得ること  く伊  く内攻  くは手出し  くも高鼾  く雲助  く岡崎  くして次  くして生涯  く生きているところ  く生きよう  く追いつくこと  く入札  く見える爆烟  くも結び目  く取って置いてお茶  くも裏口  く好んで飲む酒  くて大味  くやって来るの  くも卓子  くも仙台  く緻密  く掻廻  く切りて添え肉  く覚えて事  く伏せると蠅  く切ってコール  く砕いてコロッケ  くして玉子  く煮込んでそれ  く寄せて玉子  く煮て一  く言えど勧  くなると困るから  くなりて味  く煮てスープ  く揚げて卸す前  くむしり取って湯  く刻んで入  くして焼き魚  くいうと玉子  くしたりする事  く膨らんでいるの  く羽毛  く飼禽  く温めると中  く中川家  くなるまで煮てそれ  く蒸して砂糖  く持たせるには酸味  く拭いて皮  くして気長  く置いてみるとジャム  く煮れば自ら  く出して五  く煮て火  く感ずる時分  くなっても途中  くなん  く書き出して来客  く聚  く改築  くとも七  く出来るから  くなるまで攪  くなって箸  くなって廻すの  くして五  く曲げて手元  く混ぜておいて別に  く溶いて粉  くこね展し  く混ぜ牛乳  く食べさせる工  く掻き廻してドロ  く掻き混ぜて別に  く黄身  く掻き混ぜ強火  くなると人  くなって消化  くなるという訳  く香料  く切って塩  く刻んでそれ  く剥いて頭  く切って中  く切って蒸すか湯  くいためてメリケン粉  くなるまで湯  く晒して匂い  く切ってバター  く切って酢味噌  く抑えてそれから  く切って紙  く拵えてパン  く切ってパン  く中川  くして上  く腰掛けていれば口  く拡げて空気枕  くも好き  く切ってチサ  くもモット  くしたり減らしたりする事  くして赤  く切って和  く截ってそのまま  く煮て布巾  く食べられるもの  くいためて酒  くしてもよう  く煮るの  く捏ねて板  く混ぜ合せて二  くし十  く握りて前  くちぎって掌  くして食べさせるの  くして医者  く切って毎日  く眺めるよう  くても迷惑  く観賞  く離れて鳥  くして狸  くて馬  くして皮膚  く流れて行く流儀  く平坦  くいえばもの  く飛沫  くも誘惑  く逃がしてしま  く住んで見せるだけの自信  く振舞い得る場所  くてわれわれ  く住んでいる私  く焼けて火の粉  く穢  く見せ人  く見せている事  く哀調  くしているところ  く見えて来るもの  くい草  く立ち昇って来るの  く書いているよう  くて身の毛  くなり日本  くも友人  く朽ちてしまうため  く出るところ  く歩いている彼女  く挙げてわれわれ  く見に来なさいというの  くも歩いて行くの  く取り出しなさいということ  く意味  く冷気  く聞えて来ると胸  く悦ぶ事  く引締  く演じる人  くして頭  く仕上げる必要  く動かすだけの力  く仕上げているか  く味わい  くなるまじない  くなるので神戸  く含有  く子孫  く一直線  く住み心地  く動く街  く茶褐色  く自棄  くなると障子  く伸されて後ろ  く施し甲斐  く狂い  くうっちゃっておしまい  く泣き止まなかった  くなってる隆吉  くまで寝てること  くて下宿  く起きて窓  くまとまり  く蝉  くして日向  くて悧口  くほてってるの  くて色  くはあるが妙  く周平  く村田  く悲壮  く通うよう  く澄みきってる寒空  くて隅々  く握り合せながら打  く云うもんじゃ  くもしま  く冴えきってる空  く奮激  く裏通り  く夜明け  く乱れながら落着  くしてゆくこと  く保子  くなって失敬  く云ってくれとのこと  く止ってる者  く見戍  く曇ってる額  く拓植  くまで全部  くして入選  くて賑  くダラシ  く井上  く消化  く読まれている著書  くとも同等  く諒  くとも共産主義  く保証  く検事  くしている日本  くひねって片づけているよう  くなっている筈  く逃げ出して了  くとも治安  く行って教育  くてコム  くとも同  くて反乱  く独自  く氷解  く歎願  く院内  くして効  くとも早稲田  くて応援団  くするとリーグ  くとも農村  く入れておくから  くとも他  く医学博士  く医学  くて精  く云えば特権  くも剃刀  く感じつつ死そのもの  く兎に角  くて安  くしているから  く取り行われるの  くて国体  く光って眼  くとも六  く明治大帝  くすると一  くとも非常  く立ち入って想像  くとも嘘つき  くなる機会  くても光  く云えば教  く云えば思想  くも教育者  くとも学生  く帝政ロシア  くて地方  くも高松宮  くて別  くとも宗教的  く関東  く起こすの  くていつか  くなっているからというの  く行く場合  くする筈  く常識的  くとも月額  くとも中等学校  く云えば資本  くとも先頃  くて結婚  くて学資  くて従順  く退学  くは女優  くとも氏  く森戸事件  く強硬  くとも学内  く実証  くユ  く当っている警察  く老若  くとも中国  く不賛成  く国家  く働けるだけの腹  く不平  くとももう少し  くとも近代化  くとも御題目  く新味  く相当  く三権分立  くて資本家  くとも役に立つ労働力  くなってモー  く切りこんがりと焼き湯  く揉みてかけ  く食べるほど幸福  く出来たか  くほど眺めておれる大原  くなって立つ事  く切って溶き芥子  く水気  く切ってそれ  く調理  く多食  く痩せて腹  くなって暫  く化学  く切って心  くして暫  く掻き交ぜてそれから  く砕いて掻廻  く切り別に  く臥  く不向き  く拵えて食べるの  く食べる工  く押して玉子  く煮抜いて火  く入れると柔  くして煮る方  く蒸してザット  く煮る法  く煮過ぎても肉  くなって味  くかかるもの  く持ち豆  くしてゐるの  く見下ろすと云  く花柳界  く火箸  くづした  く鞠  くざく  く絶えること  く面変り  くなるなどといふ事  く語るの  く御免  く将軍家  く騒ぎたてる有様  く諫言  く荒れはててゐるやう  くお酒  く返報  くして将軍  く戦慄  く呟くやう  く奇怪  くお尋ね  く気取つた  くて貧相  くも将軍  く讚仰  く修復  く征夷大将軍  く割当  くこま  く合戦  く清澄  くたゆたう  く呻かれるやう  く凝つた  く大君  く巍然  く逃れ去つて  くお許し  く出しやばるやう  く伺候  くより厩戸  く傾倒  く的中  く握りしめなされてゐ  く左衛門尉  く危く  くして相州  く猛り立つもの  く院  く到るの  く京  く相州  くよりお作り  く吐きちらし  くまで皆  くて出来るもの  く入道  くばかり推量  くも浮かれてゐるやう  く含羞  く見えて仕様  く武門  く計略  く討たれ給  く行ったり来たりする炭車  く落盤  く丸め込まれて行くの  くして突伏  くなって来る一方  くもゲラ  くウスウス  く移り  く引攣れて行く福太郎  くなっている福太郎  く尻餅  く見える安全  く剥出  く流れ出る涎  く見まわしているうち  くして一生懸命  く云えば皿屋敷  く起きるの  くして内  くえぐられていること  くなって却って  くからみついているの  く埒  く懸け放れている老人  く出血  くなって立派  くしていね  くいたわってくださると彼女  く童部  く水干  く禍  くも今度  く若殿  く手短  く入り  く立ちて風  く生きむとするか  く吹く我  くほうけたり未生  く新年  く預けて置くの  くなって用心  くして俯向  くばかりとりあつかう天の神様  く光ってそびえて居る人間  くびがきれいに  くつづきの  く目立つほど私  く許してやるけれ共  くしてジーッ  くかんで女  くする様  くして内気  くさして白  く引いて居る影  くすき通るの  くなる自然  く光る小石  くして亢奮  くふるわしてクスクス  くなると涙がこぼれそう  くまきつけて居る人  くくだいて一つ  くかあさん  く味噌汁  くぴつちりと  くやはらかい  くて郷里  くして栄  くしてくれるの  く草紙  くするという婦人  くも平仄  く出船  く今後  く川原  くメーン  く海洋  く湧き上ること  くやすんでいるもの  く蹂躙  く身づくろい  く典  く使命  くお松  くて上られえん膝  く紙面  く江月  く飛んで光  くこし方  く岸上  くなる畜生  く運送  く追手  く走り過ぎる心配  くなれば這い出すの  くも北上川  くなって吹き出し  くも船頭  くてため  く問い質すこと  く語り出  くても酒  く浅酌  くも躍動  くて説明  く生きて居るもの  く煩い  く溜まるの  くて人相  くして押  くも凍りかかっている上  く上部  くいられるだけ彼  く洋行  くなっても向う  くするとスープ  く薬物療法  く漬けておいて翌日  くなって双方  くなるが其処  くちぎって思い入れ  く洗って沸湯  く混ぜ合せ  く砕きて一  くなっても晩  く刻んで沢山  く切って糸蒟蒻  く切って一緒  く卸して塩  く擂って今  く切って別に  く拵えて塩  くなって不可  く浦賀  くして弱火  く食べるの  く持たせるもの  く切って油  くいためてスープ  く切って沸湯  くなるまでいためてスープ  く切り白  く煮て丁寧  く出ているの  くなって楽しい  くなって来る処  くなって厭  く一年  く報ずるといってそれから  くなれば外  くして択取  く松茸  く洗って指  く絞って水気  く切って最初  く切って今  く混ぜて牛乳  く書いてあってもそれ  くなって何処  く図面  く徳用  く截って配達  く痛  くすると子供  く調べてあるの  く教える学校  く麦酒  く混ぜて裏  く掻き廻して煉るよう  く混ぜると饂飩  くでも好き  く食パン  く出来て味  く出来てイースト  く繋がって饂飩  く膨れて浮き  く捏ねて寝かしておいて自分  くなるとモー  く煮て皆んな  くなるとお湯  く展し  く拵えるの  くなって西洋人  くなるのでビフテキ  く切って林檎  く混ぜ合せて十  くなると大概  く凝まって夏  く切って裏漉し  くなる処  く壜詰  く想い  く猥褻  く稼ぐよう  くかぶって枕  く曳いているよう  くすると古池  くなって一散  くに一  く拘禁  く割愛  く聾  く過ぎゆく時  くも腐る百合  く暮れてみな  く立てる真白  く噴水  くも依依児  くも呪  く茴香  くとろぎ  く見ぞ夢  く苑  くなやめる眼  くそ  くひびかふ  く蒸しも汗ばむ街  くひらめけばほのか  く撰  くパアテル  く菫  く砕けて天  くも静か  くより世人  くなっている最中  くて動き  く看ること  く実例  く寫眞  く日曜日  く便利  く塗られてゐる顔  くゐて日本  く思はれるもの  くフォイト  く消え残っている大  くなって帰ってくる途中  く疑えば継母  く見付けて手当て  く蘇生  くしてあいまい  く思ってのお腹  くて未熟  く材料  く輕快  くブラシ  く引き裂いては窓  く見かけるやう  くて朝鮮  く車掌  くして眠  く開けて行くさき  く役に立つとき  く旋廻  く上空  く行われているか  く消し廻っているの  く相成申  く覚え申  く相似  く玉石混淆  くて和歌  く強き  くて調子  く感ぜられ候  く野卑  く現れ申  くいふ嘘  く画き申  くなれば従  くするが生  くするとも非  くいふ政治  く分るやう  く不風流  く蒼々  く山村  くしみつ  くて狭量  くはあるが陰気  くて時間  く寝て了  く瞬いてゐる瓦斯灯  く聞いてゐるもの  くて相手  く思はれる程  く跛  くまで遊んぢ  く歩けさ  く無明  く力量  く出來申  く宋  く此歌  く壯  く難波  く書き申  くなれば從  く簡單  く海人  く御歌所  く云っていて人  く逃げて往  く帰っていらっしゃい  く杭州  くて金光  く家内  くお通し  くて岩畳  く禿げあがつて  くビラ  くなっている文夫  くおさせすること  くされてから  くなると彼  く古賀  くなると窓  く張り切つて  く痩せおとろへた  く痩せはてて久しぶり  くふるへるこ  くまで針仕事  くふくらんでくる思ひがすると古賀  く動いている晩秋  くマチ  く度胸  く貰い子  く黙っているの  く挫  くこじらせて打ち身  く行くといつまでも  くなって跛  く眺めているの  く眺めているよりほか  くしておいでなさるそう  くなるまで辛抱  く帰るつもり  く智慧  くありすぎる程  く遺傳  く探し出す工夫  く訊くよう  く悄々  くも扱われなかった  く来ておくん  く困っているということ  くボルト  くも闇  く見まわって歩くの  く失望  くも外  く帰る積り  く約しい人間  くたたく者  くなって俯  く探し出す方  く堤下  く見詰めている中  く飾っているよう  く此不  く賭け  く述べている暇  く延期  く呻吟  く会見  く逢う件  くなって頁  くなっていくの  くイレネ  く通路  く鎮まってくれること  く取ってある部屋  くかかる宇宙  くも夕刻  く話し込むん  くに何処  く長作  く酔っているよう  くも縄  く品川  く口説く  く酔っている彼  く持って行けと云っとき  く日本全国  くテラ  く短時間  くなってくる帝都  く消せるよう  くなるかということ  く入口  く火の手  く防毒  く指揮  く読  く働作  く尨  くともカーチス  く残して海中  く射撃  く潜航  くとも戸波  くも機首  くほのけいそ  く祀つたの  く拡がれば時  く控えている碧  く没落  く熱しているうち  くするさま  く自愛  く餓死  くなぐさめ顔  くも不抜  く這  く誘ふけれども私  くとも隣りの村  くこの日のこと  くも葉越し  く珠玉  くうめき空  く雨ふり  く払い  く棲む大蛇  く鎌  く飛び込んで来る敵  く住む一種  く引き揚げること  く行けば一  く眺めていること  く絡み付いて行くうち  くなって表  くなって屋根  くお笑い  く感ぜられておるの  く叫んで立  く倦  く市長  くて芦屋  くなっておられるの  くては姫君  くば人  くくたばりやがれ  くなってクスクス  く菊子  くなって日中  くするより仕方がない  く発生  く島村  く勤めているもの  く治める力  くなるか推測  く走っているよう  くなると忠告  く梅田  く平行  く変身  く飛行船  くして天空  くて困っているもの  く装飾  くなってヘチ  くかがやいて見えるの  くてもお手伝い  く内々  く汽力  くて酸素  く調べること  く村尾  く家政  くは貧乏  くて呼び者  く言う意味  く行けば聴かれそう  くとも追放  く工面  く嚇し  くなって谷  くなすため  く蝿  く眠りすぎること  くて小さな唇  く抱きしめる  く演奏  くルイザ  く囃したてて彼  く微笑みかけること  く食べさせるため  く苦しんでるに違い  くクリストフ  くなってゆくよう  く飛び回ること  くわき  くを翔ってる時  くして不思議  くでぶ  く名誉  く拳固  くハス  くて答え  く咳払い  く弾き方  く恨み  く催すこと  くピアノ  く釘抜  く里心  く足許  く注いでいるの  く鳶  く答えて奥  く看経  く随  く佐平  くも引く手数多  く上機嫌  く疲れ顔  く浮んでいるの  く愁  く覗いている眸  く始  くに方法  くて諸共  くてと言  く成し八月  く募りて人  く此世  く晴れやか  く噛みしめること  く揺いでるよう  くて彼ら  くなる馬鹿  くメルキオル  く言われてから  く皺くちゃ  く窺ってる意地  くされること  く言ってるの  く読み耽ってるふり  くオットー  くて臆病  く一人ぽっち  く使い  く愛してる  く麗  くはだれ  く感ずるよう  く思ってはい  く振舞うこと  く呼びかける親切  く三河  く埓  く溜め息  く買ったか  くも姿  く仰いで無言  く凍かん  く白眼  くあずま  くなって帰るという兵馬  くあけて頂戴  くやってしまえば格別  くも白山  くして下  く聞いていらっしゃい  く手前  く丸山  くなって行くはず  く引導  く灰神楽  くして切  くも水門  く捕われの子  くして一喝  くいぶる榾  く鼻息  く居眠り  くも杖  くは無双  く夜船  く食いとめて駄目  く張番  く塁  く掻傷  くも鼾  くも興ざめ面  くするから買っておくん  くなり行くよう  くして盛ん  く焚きなされているということ  くも異風  く勢い  くゆすぶってみるよりほか  く動かしているよう  くゆすぶること  く見てやっておくん  くして外  く仕返し  く炭  くなっているという知らせ  くなるという言葉  くなるという現前  く構え出してお雪  く二三  く調節  く話して聞かせてちょうだい  くはまり  くも故郷  くも鞘  く見えるわけ  くなるという趣向  く悪食  く繭  く取引  く迷い込む様子  くなって面倒  く取戻して来て頂戴  く泊っているの  くなる代物  く宮川  くはじめて  く言いつづけてここ  くも強盗  くして涙  く可哀そう  く曲ってそのまま  く日本銀行  くてさえ柳  く構えて新吉  く出てゆかれるもの  く迎えて枕  くに化粧  く面窶れ  くけを一つ  くお宮  くいえば半鐘泥棒  く現世  く明暗  くなの油  くかち合う音  く遮ぎっているのだ  くて見え  く流れ出て庭  く罩  くしながら欣  く染まって光っているの  くふくよか  くして静か  くさせること  くかかげて都大路  く本日  く立つ光景  く捌け  くいえば後宮  くなって足首  くてむれる国  くて乾燥  く働く日  く搗いて始め  くしてこれ  くも節  く入って行く必要  くして生活  く掘ると貧乏神  くユルイ  くてすむこと  く我々  く唱えている連中  くなしとげること  く純然  く思う者  く酒席  くおじいさん  く浸潤  く湿度  く蕎麦  く本望  く狩り出してしま  く雁  くて慾  く運んで行くの  く負うている大役  く区別  くせられるつもり  く見るという事  くも無慙  く聞き入るの  く無為  く異状  くも滲出  く搏  く包装  くも粉砕  くも馳  く握りしめて胸  く新年の挨拶  くも老人  く代地  くば小隊  く眠っているよう  くとも常子  く地蔵  く書くそう  く詮議  くしていると云うの  くお歌  くなっては面倒  く出せと呶  くあやまれと万力  くもある割合  く入り亂  く暮れて行  く在原業平  くしるし  くも政治  く行ける道  く踏み立てる足  く吐血  くてもなん  く密集  く本箱  く中京  く移り變  くなれば和尚  くして文章  くては文章  く働くこと  くふをとこ  く精力  く狹  く書物  く附いてゐるの  くの路  くは當  くは森  くびをかしげたが  く解けてしま  くさえ見えるの  く舞って行くの  く訊いておくと返事  くでもなっては大変  く我が家  く黒沼  くしている四  く幸之助  く啼く声  くそよいでいるの  く斬って来る相手  くも組  く逃げ去るひま  く吹き消されそう  く摺り  く秘しているの  く断わるわけ  く徘徊  く云えばお化け  く争っていられそう  くしている以上  く添い遂げら  く続く訳  く焦げている底  くも月  くされている鏡  くなる髭  く行って和尚  くする虻  く抜ける春風  く標  くて解  く描出  く潤沢  く叢生  くも自ら  く敷居越し  くいると屁  く草の根  く反り身  く光る鉄路  くなって打ち顫  く吐き出すので植えても樹木  く枯死  く呉れとせがむの  くて遊んでいる失業者  くして茲  く黙り込んでること  く持出すこと  く晩餐  く見えるはず  くて据  く定評のある  く宗教的  くば彼  く説きたてるの  く詫び  くて慄然  く持ってると自認  くもこの世  くしてくれなかった  くザビー  く仕えていること  く恥じてるの  く離れて二  くて胸騒ぎ  く思わなかった  く十字架  く呼び起こしてる楽しい  くとも一品  く友だち  くできてるもの  くも意志  く阿諛  く浮出してる河  くます  く眠っている女  くて冷やか  くおろし  く公衆  く急所  くとも容姿  く甘受  く歩きすぎるよう  く唾棄  く引離すもの  く知力  く喜ぶこと  くしてるの  く見送るうち  く簪  くなって行きます  く叱言  くなって附  く光っとる星  く裏山  く沖  くて灯  く見せるほど室  くなって旧  く見尽される訳  く烏瓜  くつけるの  くハイ  くば座敷  く客僧  くなるは怪  くなって病室  くて朝  くなって故郷  くなって困ってるとのこと  く気短  くさせる仕打  くも室  くて無趣味  くなって女  く安達  く暑かった  く思ったりすること  く迅  く燃えている夏  く光る顔  く流線型  く篤子  くなって面会  くまでゆく旅行者  く出迎  くて臭い  く生木  くするだけは心配  くききしめる様子  く糺弾  く呼んでいるいま  くおんぶ  くなるたび  く床板  くふみながら崖  くなっている母  く感じている書簡  くなるまでさし込むかわり  く遠近  く紗  く破壊  くパフ  く遑  く紅潮  く繰りかえされる海  く生きぬくもの  くなってしまいそう  く対照  く暮す女  くすると九  くて足もと  く気弱  く導き出しながら困難  く光る両脚  く舞い鳴き  くおくれているのに気  く道づれ  くなってゆく後  くして小人  くて一時  くも未亡人  く成立  く回復  く奥田  くさせては申し訳  くばあなた  くなる将来  く亡  くして帰ってくること  く見えるころ  くまで炉  くてあらし  くなればささげ  くイーハトーヴ  くつぶやき  く工作  くすべっているの  く輝いたりするの  く光るとき  く暮らすこと  く痩腕  くしてびっくり  くまで眠れなかった  く印している自分  く窺  くヂッ  く木霊  くチョット  く漂白  く耀  く震幅  く尖つて  く雨水  くは不可  く赫  くなり行く川面  く突き飛ばされそう  く来て一番  く少女時代  く吹き捲って徒  く行列  く幻滅  く行くもんじゃ  く乗  く起きて何  く思う折  くまで後  く映る空  くなっても着て出るもの  く売れっこ  く光る箪笥  く寝る工夫  く立てて往来  く散らばっている中  く通り過ぎる訳  く使うの  くして帰って来られるの  く行けば訳  く縮れる頃  く金盥  く引き取ってくれるよう  く寝るところ  く映る事  く友達  くして真中  く並ぶ風情  く続く景色  く舞う鳶  く安井  く交換  く北風  く器械  く半夜  くして床の間  く見える助言  く囲炉裏  くなって行くところ  くても不便  く嫌忌  く知覚  く思う上  く門外  く聳えている杉  く来てくれッ  くとも盥  くなったり出来るもの  く轢き殺されてしまいそう  く隧道  く育てるより外  く窮極  くて密集  く肥え太ること  く呉服  くも淺  く疵  くゆけば双方  く燒  く藏  く説く必要  くつけてそこ  く目立つ日曜日  く相島  くなるさ  く贊成  くとも総べて  く愚禿  く圓  くも安全  く有る寢  く式部  く響くやう  く高山  くも岸  く貝  く乗合  く黒船  く持ちかけるよう  く進めば感激  く下る時  く十三  くても大丈夫  く白雲  く隣席  くして教えてあるの  くて胃  くお住い  くこしらえ上げるん  くもお雪  くて六  くも合点  くわかっているの  くも関守  く工場  く原頭  く保管  くも吸附  く寝ている身分  く沈む時分  く信ぜられているの  くなって泣き  く四足  く見学  くからん  く金無垢  く看過  くも先方  く騒ぐの  く入湯  くも草鞋  くも衣帯  くも湯槽  くもお婆さん  くも土間  くも天子  く喋り立てるラシャメン  くすれば反抗  くすればつけ  く磬  くとも闖入  くとる宇津木  くも買収  く話して聞かせるほどの世間話  く敵討  くして弁  く生えていて道  くも弁  く見届けていただきます  く数えること  く平治  く欣求  くも敷きっぱなし  く責めてもかわいそう  く七兵衛  く無断  くて何事  くも追手  く攻  くやってやがら  く立小便  くも懸河  く同体  く銚子  くも禁裡  く新撰組  く土方歳三  く「どん」  く長浜  くてまんま  く城主  くも熟睡  く飛び歩いているん  く掲揚  くも捕縄  く屋久島  く郷愁  く乘船  くぬぎきり  く浮ぶ虹  くつついて走つて  く疲れてゐるの  く風化  く博多  く戦国時代  く翁  く実見  く心血  く抱え  く済んでから  くも翁  くなると大声  く云うと筆者  く小器用  くなって翁  くなってヒョロヒョロ  くてムカムカ  くイジメ  く一文字  く返上  く見晴らされる平野  く白紙  く仰がれるよう  く折り曲げるよう  く遣っているよう  くらん  く炉  く弾  くて気乗り  くして俗情  く門下  く西行  く行かれる処  く手懸  く肩車  く搦  く梳いてくれる二  く建増し  くゎいと  く輝く花  くひとり者  く研  く番町  く引見  く盤  く放免  くても猪  く内側  くも狙  く参  くいびつ  く熊  く吼える声  く過ぎて了  くイタヤ  く見えて居る隧道  く十勝  く光る山腹  く身分  く板柳  く温泉  くてゐるうち  く轟く水  く落ちゆく  くなるは矢  く素肌  くして居  くまで誰  く沢山  く思ふ様  く停る者  く腐つて  く続いては迚  くとも慊  くひ出して来る燠  く立つて居る様  く見られて行  く民俗  く渡来  く説いておる「空」  くとも富める生活  く生ずるもの  く信ずること  く蘊  く湧いてくるの  く思いうかべるの  くとり戻すこと  くいわれるデモ  く悋気  くてはだめ  くて診てもらう気  くはダラニスケ  く大乗  く鳴かれるのでほんとう  くいつ  くは生活  く若者  く紙入れ  くさがりながら引きさ  く年増  く小判  くつけまわすよう  くしあげられている八つ  く守り通されるかためすため  く伯父  く坂口  く待っていても仕方がない  くビア  く石段  く呼ぶ者  く降りているドブ板  くあげて彼  くでもねえ餓鬼  く去っている娘  く主客  くまとまって粒  くかじかんでいる少年  く幽明  くちゃぶ台  くなっている浪人  く八丁堀  くてがら  く袈裟  く黙山  くなって家  く泳ぎ  くつづ  くより真実  くなる多感  く使い古されてること  く鳴いてる従順  く率直  く服従  くて音楽家  く再演  く思える人々  く享楽  く小癪  くかかわってはい  くて消えてゆくの  く苦しめられるの  く同等  く感ぜられてる歌唱  く光栄  く立証  く思えるはず  く場席  く取りなして金  く説き伏せること  くゆく方法  く向けられてること  く話しかける彼  く出てる額  く聞けば聞くほど  くつっつ  く駆逐  くして書くこと  くて斃  く通る声  く負債  くなって欠伸  く帰って寝るの  く語り得てる者  く悲嘆  くて雅量  くする権利  くも面白  くすてき  くみごと  く消し  くしてるがよう  く欺くこと  く見える野原  くまできく彼  くて永久  くシュルツ  くて熱  くゴットフリート  く思わせるため  く激怒  くそれから  く野菜  く退くこと  く憲兵  く別れ得るもの  くもほお  くおしり  くとんとん  くもわれわれ  く救い出されているん  くもなに  く調べてみな  く主家  くも秀  くでもねえ親分  く見つけておくん  く大喝  くも妖女  くも秀麗  く来て草香  く怒号  くも文部大臣  く出る樣  く這裏  く征服者  く見て居るといふ事  く蒸溜  くなる許  く課外  くといふマダム  く帰りかねて残  く解る人  くは復  く出る様  くて霧  くマセ  くも生死  くも竹生島  くも宵闇  く本陣  くも大谷  く憤りを発しているという所以  く憤っている時  く響く号  く扱ってなだめて帰すこと  く浮いて見えるの  く扱って帰してしまってくれるとばっかり  く死出  くして盗難  くとも水車  く当分  くも青年  くて女  くは本人  く物語られているはず  くもマスト  くて取上げられるもの  く脱却  くも長安  く梵学  く思っていらっしゃい  くも道  く胡麻  く火打  く柔ら  く話して聞かせよう  く幕府  くも京洛  く学者  くあるから  く燃えさかっている暖炉  くなってゆく陰気  く柏  くするに極  く招待  く令嬢  くて臥  くまで起きていらっしった  く抽出  く儂  くして断じて  く盗難  く五階  く早起き  く光っている水平  くすれば二  くなっているはず  く見せるのに効果  くくねくね  くどっか  く濡れ  くまで灯り  くまつ毛  くお下げ  く押し出されるよう  く闇市場  くとも小沢  く赧  く言って来るん  く行く気  く罐  くちゃ外  く言ってみたまえ  く探し廻っているうち  くするひと  く脈打つひび  く飛んでゐる私  く善光寺  くいってみな  くひざ  く言い叫び  くも看破  く地勢  く通人  く勘兵衛  く日本橋  くガラガラ  くおめでたい  くふたり  く生き肝  くなって來  くあたって來  くのよう  くむつ  くひかえ目  く押出  く閉じられて盲目  く置手紙  く震える事  くも裸  く思いながらそれ  く歌われる夜曲  くアグネス  くクララ  く吊るし上げ  く焼かれたか  くお株  く素足  く名人  く映ってみえる四  く弁天  く身代  くねこ  く知らせてあげておくん  く死する病人  くして文明  くして百  くことな  く談じ込まれたる  く函館  くなりゃがったじゃねえか  くおめかし  く召し上がってから  くて色男  くなるというもん  くなるほどいわく  くもみじ  く知恵  くしょっぴく用意  く慰問  く彼岸  く家人  く滋養  く抑圧  く刈られてしまふ代り  く曲る所  く叩いてやつ  く瞬く通夜  く肘  く観照  く下げ  く疾走  く聞くわけ  く見る例  くじゃま  く置いてあるの  く草香  くも敬  く流し目  く十手  くかつおぶし  くいえばいんちき  くがあるん  くこしれえてやるん  く黙ってるん  く申し上げる必要  く構えながらあご  くウフフ  く呼ぶ水  く刺さっている平  くいわず  く駒形  くなるせり  くなるときき  く客寄せ  くて住み続けること  く狭隘  く溯って文  くなるという説  くするという噂  く馴らされている人  くとも都会  く反りかえる  くなる故  く溯って反正天皇  く併存  く知れること  く考えられる標  く実地  くまでも走り  く働いているわけ  く染めるとき  く伸びている草  く軋る音  くまちがえて使っている草  く離れて鹿児島  くいうん  くいうんですよ。  くさえずり  く大前  くかすんでみえるよう  くも名人  く立ちまわること  くあっし  くワン  くなる右  くするばかりなん  くじょうず  く置き物  く解かれるよう  く運び候  くお目もじ  くぶかっこう  くふてぎわで  くしゃべっているうち  くしながら様子  くいたわるよう  くきょうだい  く尋問  く帰ってきてくんなと鬼子母神  く返しておくん  くやせ衰えている女の子  くおちついていね  くしめなわ  く捨て子  くはと  くついてこいといってるん  く見つけてくださるというん  く秋日  くぎろりと  く立てひざ  くかたづけるん  くもおかし  くのぞく  く三宝  くけんまく  くコロ  くどろ  くネタ  くされているさるぐつわ  くされているあっし  くぶっ飛ばすよう  く烱  くまっか  く永住  く菊代  くにらみにらみ奥  く震えている菊代  くてあいそ  く江戸前  くも宰相  くえり  く名剣  く訴人  く下乗  く数寄屋橋  く入舟町  くでき  く鳴いて来る故  くは蛙  く時鳥  くなって碌々  く飛廻って虫  く残っていること  くして茶褐色  くなって意味  く背戸  く後代  く持っている鳥  くまで啼きあるく鳥  く熱帯  く嗟歎  く繰返されているうち  くある物  く眺めること  く見馴れている形  くお祭  く飛んでいるところ  くご馳走  くしては殺鼠剤  くかよう  く小僧  く刺される処  く大分  くなる畠  く啼いているの  く飛んで行く姿  くまで出てあるくよう  くぬぎか何  く軒端  く囀るところ  く作っているの  くふくれている故  くふくれている特徴  く住む盲目  く分立  く活きる言葉  くほおづえ  く降りつづけている表  く注進  くも隣  くも鼻孔  くまでお出かけ  く判じ絵  くぱっぱっと  くも知って七  く仕立てろッ  くねじあげてふたり  くしていらっしゃる権利  くしていらっしゃる理由  く拍手喝采  く歩いてる  くて筋肉  くなったりするに伴  く当たるもの  く筆紙  く煌々  く焼けている胡桃  くて頬  く紙袋  く極上  く精霊  く見えるリボン  く鵞鳥  く家郷  くたって風邪  くなるまで好く御覧  くて温和  く御手元  く引くやう  く改められる事  く利章  く疎略  く見切つて  くちゃん  くもおけの上  く油揚げ  くだんな  くおまん  く推断  くもみずから  くかえりな  くお盆  く八百屋  くかざして枝  く帰ってくるん  く洗ってみるの  く一味  くして張り  く繁盛  くはきもの  くさしこんでたくみ  くなりゃしねえかえ  く両替  く嫣然  くりっぱ  くなってぱんぱんまくしたてたらいけねえぜ  くなって震えているん  く沈んで祠  く寝てゐると見えて人声  く手燭  く雇い人  く止めてあるというの  く土手  くいっていらっしゃい  く御用  くお出まし  くしゃっきり  く乗り物  く令子  くギイ  くもなん  く笑っているの  く帰ってくるところ  く引捕  く挙げて一同  く逃げだすこと  くアラレ  くガツ  くて上等  くノシ  くなってセラ  く書斎  くまわる車  く息づいているもの  く間男  くホガラカ  くさいこ  く背負っていること  く誘拐  くとじこめて浜  くもテーブル  く見ぬくこと  く救命イカダ  くなる心もち  く浪費  くし瓣幕  くしてあげるから  く答えること  く輝くので玉  く祖母  くひの市  く掘って炭  く扶養  くても本人  くては結局  くては活ける信仰  く迷うよう  く目まい  く残ってるの  く望めば際限  くせよと直接  く繰りひろげられて行く昔  く積む私たち  く品位  く精勤  く動いているよう  く端坐  く飾ること  くなれる素質  く桃割れ  く扇  く待っても彼女  く汚れているの  く漕いでから  く感じさせるの  く匂うばかりに立ちまじっているの  く沈んで見える野  く要請  くても成長  くカウント  く釣銭  く余裕綽々  く吐気  く呼びさ  く効くの  くて力持ち  く持ちつつ今日  く知る小鳥  く通学  くも先生  く政党  く泳ぐの  く精悍  く愛欲  く壮図  くひびかな  く追憶  くては安心立命  く靉靆  く流れる月光  く煙る地平線  くほのびかりしてならび  く虚弱  くて菓子  く生存競争  くて鈍重  く回避  くなって湯気  くも停車場  く拙劣  くかなり  く秀才  く給費  く離れるということ  く給料  くなったり息  く派手やか  くなりかかること  くはあるが清浄  く離れてる心地  く燃えつきてゆく炉  く過ごしてゆく自由  くいっしょ  くて凡庸  く当たり  くとらわれてしまう心  くなさせるため  く愛してはい  くとっさ  く心当り  く逆立ち  く沈むよう  くオール  くまで繊細  くも最悪  く飛び込んで来て一  く電鍵  く聳えているもの  く船客  く着くこと  く光る高山  くて船  く権利  く誘き寄せるの  く安全  く輝く星  く傾ぐ城  くまで耳  くなると何れ  く聞える外  く平易  く独立  くも様子  く腕組  く事務所  く信じて疑がわ  く話す勇気  く錆びているの  く泳ぐ者  く辺り  く働く子  く毛利  く我儘  く扇子  く振りうご  く住んでいる裏町  く使うつもり  く筋肉  く日ごろ  く怪訝  くも海面  く知ったか  く即決  くも信長  く上月  く軍令  くも信念  く持すの  く信じている彼  く伊丹  く膝頭  く一ぷく  く屠られてしま  くばかり考へるの  く不況  く荒れ果てて器具  く彩られているの  くて夏彦  く乗り放し矢  く行け島  く初雪  く洒落  く積まれてある秋  く山吹  く裳  く自由自在  く吐いているの  く喝破  く答える声  く城下  く積もるの  くウォーウォー  く窩人  く蕭殺  くチョコ  く柿  く石渡  く云えば茫然  く式  く来歴  く当家  く灯心  く端座  く飛ぶ小鳥  く囲繞  く開き  くやれば当家  く致すよう  くも幼名  くも現在  く種族  く翳  く参るということ  くも刀  く切腹  くも恋  く思いながら彼  く光る物  く目付け  く幕間  く性急  くても明日  く故郷へ帰りたい  く悪運  く冠  く咆吼  く粉砕  く急いでいるよう  く及び腰  く竹筒  く過すの  く有っているよう  く土人  く上乗  く跳ね飛ばされて了  く出来る劇  くともポリネシア  くともダイナマイト  く気管  く否定的  くとも成人  く撮れております  く思い起すこと  くラウペパ  く読まれているというから  く振上げて衆  くふくらんで了  くとも幾つ  く星空  く病臥  く急迫  くむくんで来る腎臓  く出来上るの  くアラビヤ  くアピア  く行っているの  く解るよう  く傑作  くなりつつ近づいて来る火の玉  く殷々  く饑餓  く決めているの  く薄っぺら  くとも他人  くともスウプ  く知的  く濁っているの  く遁逃  く切ってはなげ  くびをふりふりしました  くびをなでたりしていきます  くびをなでたのち  く奔馬  く凭  く走り出し騒ぎ  く歴々  く滲みてくるの  く触れて来るもの  く恥ぢら  くても可愛い  く感じ出す不運  く彷彿  く知人  くくろずみ渡り  く選りわけてゐるやう  く響かせるから  く流れてゐる感慨  く廻れ右  く凡太  く落ちてゆく自動車  く由良  くなる驚嘆  くパクパク  く凋んでゆくやう  くもぼんやり  くてガタガタ  くぶっつかり合  くするとそっち  くなったり何  くなり雪  くついて人  くおまけ  くも一寸  くなって雪  くなり楢  くてバリバリ  く燃えてるやう  くため息  く起きあがり足  くびすのところの  く垂れてみんな  く抱いて雪  くひびき渡り  く正月  く鳴り出す心臓  くて横  くしてやる事  くやれば最大  く感ぜられること  くても数  くて有益  く映写  く付きまとう酔っぱらい  くて男  くてアクセント  く帰って来て戸  くする場合  くも勝手  く拡げて額  く蛍狩り  く年寄  くゆるがせながら腕  くて如何  く叩きつぶしてしまうよう  く牡  く来いと我  く吐くと痰  く戦地  く屯  く蟠まっている後ろ  く魚津  く荷  く遮ぎられて  くなると河原  く点綴  くなると水  くくの字  く堆積  く抉れて半円  く出来る筈  く脊  くなって小石  く言えば至極  く言えば人間界  く仕終  く見ると何  く飛  くとも此小  く閉じ籠  くなり谷  く汚れてはいるが歩くには反  く砕けてツツー  くも波頭  く脚下  く其斜  く流れ寄る霧  く続く所  く全  く穿貫  く燃えている焚火  く斜面  く殪  くば其中  くも南  くとも此処  く黒岳  く放射  く屏風  く天幕  く褪せ灰色  くなっては復  く朽ち果ててしまうの  く謡い  く踏み応える時  く水上  く見下すよう  くて億劫  くなる灰  くなるとしか  く舗石  く両側  くできていなかった  く黒ずんでいる中  く芝刈  く行くと一  く唐草  く聳えているよう  く暈すよう  く出逢うの  く与兵衛  く弾丸  く沈んで行く樫  くして過してしま  く啼くの  くつくからと言  くなれば溪間  くなるにしたがって勇気  く穹窿  く黒部  くなって読了  くは指示  く仙人  く潰れて段  く輝く数  くなったり襞  くて凹凸  く泊り場所  く研磨  くピューピュー  く懸っているの  く瀑  く六つ  くやりくって行くだけの腕  くなって居るお金  くて居るの  くなって仕舞  く寝て仕舞うの  くすべり込んで来る様  くでく  くて無事  くなって見て居るうち  く問うて来るの  くして居るほどの者  く川窪  くして爪  くしみ込んで行く様  く亀の尾  くて泣き  く訊いても黙って返事  く困って急  く帰らなかった  く起きて朝  くなっているお母さん  く束髪  く我ら  く問うところ  くして双方  く揺り動かす父  く範  くみる方  く勤め  くしやべつ  く舞いたつ幾  く飾  く聞く必要  く多津  くつなぐ手がかり  く反応  くなる模様  くするに足る事実  く力の均衡  くつもり  く送らせるの  く聞える旅館  く話してあげてちよう  く見すぎているか  く響く言葉  く危機  く澄みきつた  く揺れるつて  くなさる約束  く生きるということ  く調印  く蜜蜂  くて米  く素通り  く名園  くもそちら  く見入っているよう  くも五倫  く見る形  くも壺  くも宇治山田  く鳥目  くケシ  く摺  くもそこ  くメイン  くさせてやること  く言う駒井  く踊って倦  く喜び興ずること  く待つ間  くはみ出して見せるところ  くも神尾  く出ている松  く酒乱  く立働いている物音  く帰って下  くまでもお待ち  く済ましてから  く言えば間諜  くも提灯  く手がかり  くて事実  く岩倉  くて実力  く投げ落して秘密  くふらつき出すの  く岩倉村  く勤めること  く大釜  くぞ思召  く言えば一種  くは説明  く言ってみればそれ  くも席  く阿曲  くしなさい薩摩  くに加勢  くて長崎  くなるここら  く来て助けて下さいよう  くなると病気  くて餓え  くして生  く受持  く駅長  く物思いながらたどるの  く三田村  く迷うて夕日  く読んで見てはキャッキャッ  く聞えて来る百舌  く住んでいる遠縁  くて娘  く流れる涙  くとも万  くあたる同輩  く消え失せて大槻  く考えるの  く盟  くとぎれとぎれ  くとも来年  く去り近く  くてもみじ  くすれすれ  く打つ時  くづれあひ  く晴れて塵埃  く河口  く浸されて水音  くも唯  く遠吠え  く發射  く灼熱  く寶石  くだま  くて仕舞  くわけてくれる自然  く光れ世界  く飛ぶ燕  く崩れる河口  くつづいてゐる砂原  く汲み分けられるの  く光輝  くて唯  くともしけ  く行く君  くさらけ出す事  く白堊  くづ  くががん  くとまつて何  く齒  くさらすもの  くも感じら  く滝  く立つ処  く明けて避ける習慣  く判然  くされて朝晩  くされて気  く貯えておくの  く言って聞かせるの  く揚って旭  く垂れて水  くなるとそいつ  く留めろと有  くなる途端  く石滝  く疲れているもの  く澄んで星  くは語  く卿  く申し述べる所存  くぬぎの木  く見える天眼鏡  くして将門  く計画  く愚  くては釣合  くて上総  くては複雑  くブウン  くあるが巡査  くモヤ  く欄干  くグラリ  く応援  く油絵  くして可  くもそれから  く書くと虎  くなって舟  くて困っている時  く凶暴  くメノコ  くべらぼう  く見ると編みかけのこだし  く造り  く天寿  くてチラウェカッタ  くてチソイェカッタ  く落ちくぼんでいる片目  くジジーン  くして物事  く生き換わるの  くなって仆  くては物語  く探偵小説  くなってレッド  く流行る二流  く当る上  く行く所  く詞  くさす日  くのもの  くしびれるやう  く送つた  くの罪  く一隻眼  くでてくるの  く高低  くて會  くてもさき  くとも見舞  く罵りつける言葉  くづれていつた  くして待つてゐ  く嘉平  く凸  くても幕府  くに迫  く誇大  く起つたか  くてある間  くは機械  く澳門  く退散  く榮  くになると書物  くて文  く精密  くても重大  くて角  く刊行  く原版  く仕かけられアツ  く活字  く見えるくら  く広告  く純真  くなりすぎるの  く思っていなかった  くオリヴィエ  く恋愛  くもって一  く楽しむわけ  くなり息  くなり無言  く世辞  く住居  くば何  く無政府主義  くてもやってゆける道  く滅びる一つ  くても済ませること  くつづけるうち  くつづけてゆけるはず  くもってはい  くも誇張  く自責の念  くはあるが格好  く片づいてしまうよう  く思えるもの  くつづくはず  くて晴れ晴れ  くて善良  くささやくの  く離れてること  く離れてるわけ  くなって身  く好意的  く閉じこもること  く脱せられるもの  くモーク  く不如意  く衰微  くすえ  く飛び回るとき  く夢想  く愛し合ってるとき  く利己  く考え相手  くなってるアルノー  く鞭撻  くすれば死ぬ  く上品  くなってるよう  く愛すること  くも憔悴  く愛するとき  くも尊大  く出遅れて勝負  く楽勝  く競り合いながら直線  く不景気  く里人  く伝わっているの  くて天狗  く野山  くわが家  くなってのち  くなって世の中  くして神隠し  くも影  く天狗  く海神  く住民  く聴いて記憶  く知っている人  く変遷  く全然  く考える東洋  く伝わってくること  くまみ  く妖怪  くうぶ  くのちのち  くて驚かすより以上  く響く由  く離れてヨーロッパ  くして赤裸  く頻繁  くして足  くばかり也  くまで来りては山中  く従類  く現れ  く稼いでいる者  く寄りてそれ  く山男  く平地  く踏迷  くなって行く結果  く投げ上げて占い  く持ちだすこと  く行くなり  くして帰りたりとい  く追慕  く分け入りて獣  く悦べる様  くして獲物  く尋ね入り峰  く山人  く製  く寝ているよう  く続いて人  く旧来  くして山  く神祇官  く包容  く不明  くする力  く真価  く制限  くは百  く遊ぶ場所  く八百長  くさがっているよう  くがむしゃら  く胸高  く外形  く交睫  くとも鴈治郎  く進み入るよう  くまで昼  く延びて緑  くある日  く病身  く漂う水  く撤水  くなって行くと柳屋  く終了  く輝く夏  く仰山  くなる八月  くも燈火  く聞くにつけ野  くしまって扉  く捕えてはい  く憧憬  くかぶる  くあるく方  くもぐるから  く光るから  くなって小屋  く見られてゐるやう  く固守  くみてなづみ  く慈愛  く交わりえられる婦人  くなるまで洩れるの  く志  く交わらせ給わば余  く祈る返事  くやめ  く高知  くはあしらい  くも君  くて頭巾  く取つめていはん  く聞える許  く飲む方  く見附  くして光沢  く血液  く温柔  くも米国化  く明け放され桜花  く両々  く散る花  く見渡すかぎり  く椎木  くも紅梅  く広重  くさまざま  くなり行く両側  く爽快  くしたる  く紺  く北斎  く質素  く名所  く浮び出さ  く見ゆるもの  く熱烈  く完了  く浮世絵  く咲く花  く引締められ下  く髷  く堅実  く各派  く信服  くして円  く杜絶  く尾上  く実写  く懐古  く透き通るやう  く仏国  く先代  く仁王  く小児  くはうみの中  く相つぎ人心  く狂歌  く論ずるもの  くは模倣  く錯雑  く観世  くして我  くとも  く竿頭  く供  く熊野  く尺素往来  く傘鉾  く出て日  く写生  く共感  く平俗  く思っている男  く歩いて御覧  く痴  くなる春  く無闇  く圧しつぶされさ  く立ち回つて  く忠実  く歩いては駄目  く望める水色  くづれてゐるのである  くプリプリ  くワンピース  くて階下  くびをもたげかげんに  くて瓢  く劇詩  く変じ能  くとも明年  くは押韻  くも詫びられて流石  くくれ竹  くいふ隣  くなると共に恥  くや知らず顔  く断念  くて良之助  く睦み合  く批難  く破るといふこと  くはれ上  くまで眠  く逃げ出すこと  く救  く熟してゐ  くなるというわけ  くきかせること  くつなぐよう  くつける努力  くあらわしているよう  くもなるもの  く噛み合  く劇作  く承服  く読者  く開拓  く北画  くて蝋燭  くなって専門  く三味線  くしん粉  く出来るもん  く鉢  くまで研究  くも棚  く人物  く描き得る画家  くも宇都宮  くなる中  くて瀧  くするに足りるもの  く凉氣  く帶  く通じて居るの  くぼつ  くねつ  く遊んでゐる虻  く止め桶  く水滸伝  くさせられる所  く久しぶり  くとび上  く夜長  く掘り下げて線路  く光っているレール  くしてるよう  くして憚  く凝って一つ  くいって彼奴  く見渡すよう  く村瀬  く全治  くて標札  く栖方  く格調  く乗り出す風  く降りつもっている路  く梶  く耀きを帯びて空中  く計る手つき  く句作  く何れ  く我輩  くなっている竹  く別れて兄弟  く近寄って所  く権威  く並んで車  くて既婚  くて独身者  くされれば嬉  くなるとど  く呼んでやつ  くなるほど詰め込み  く見えて私  くなるまで飲んで寝床  く老いぼれて元気  く開けっ放し  く罵り言葉  くてもう少し  くまで行くの  くは街道  くどきどき  く生垣  くかかる面倒  く航海  く踏査  く読めなかった  く毛嫌い  くて我  く見える索  く大洋  く込合っている間  くいっていてほしいもの  くは彼  く舷側  くて興味  くとも普通に  くゆくって予言  くも貿易  くてめ  くもあり漕手  く這っている樹  くなっている連中  く一所懸命  くいって舟  くひっ掴んで頭  く死体  く発射  く砲火  く上げて発砲  くて日  く針路  く荒立っている上  く上るの  くもある仕事  くして訝るより他  く酔いつぶれているか  く愚鈍  く真面目くさって口  く舵手  く拡がっている漣  くひゅうひゅうと  く動いてゆくの  くリヴジー  くも昼  くひっぱったり人殺し  く兎  く貝の口  く莟  くて渋面  く降積  く曼珠沙華  くて美男  く氷って瑪瑙  く映るもの  くぎっちりと  く電鈴  く出ているか  く点灯  く光る怪  くも本船  く脅かすもの  く潜水艦  く光る甲板  くば料理  く申出で  く侍女  くなるほどに廣  く遺書  く接するよう  くなるという風  く見逃すこと  く見えるほど美しい人  くとも死後  く進呈  くなって死んでいるの  くとも仮死  く会食  くかすれているの  く出来ること  く婆  く曳ける我  くも武門  くては萬  く立ち上る冷泉  く已  く青竹  くも立ち上る一縷  く一間  く飛びゆくは鴫  く歓声  く両性  くこぶし  く町外れ  く腫れ  くタン  く探り  くも嬢  く探すこと  く秋山  くば貴様  く絶命  く頼んで何  く満目  く閉めて少年  く翳して隈  くとも兩樣  くして成立  くせざら  くても搆  く過ぎて今日  くて霜月  くむ  くてはの金主  く美登利  くて道端  くに良人  くがるもの  く取立て  くはすげる事  くの風  くて立  く成りて正太  く頼めば親方  く来ると小言  く作れというのに真蔵  くして眼  く長幼  く尊卑  くして論ずるの  く毫末  く職人  くも志望  くと焦燥  く価値  くなるばっかり  く云われているソヴェト  く切れぎれ  くピクピク  く仰向き卵色  くぼう  くぬぎの林  くぬぎの影  く見て物  く忍ぶやう  く触れ口  く最低  く撥  く駈け抜けて仕舞  く愛すると云うの  くまで書斎  くなるくらいに安堵  く感じてから  くと忍び笑い  く起きるとにこにこ  く帰って皆  く起上るため  く此事  くてもかい  くラエーフスキイ  く確乎  く困るの  くば鏡  くといった調子  く見えるにちがい  く北方  くて俗悪  く残っているか  くも両手  くなるくらいなもの  く牧草  く思えるという事実  くも七百  くいらっしゃるの  くよごしているよう  く倒れそう  くキリスト  く黒雲  く出来ているもの  くして言葉  くなって眉  く起きて町  くするにちがい  く玉蜀黍  くして机  くては敵  くサヨナラ  く行きづりの  く思ひこんでゐるの  く聞え申  くや候  く雲雀  くなりていづれを白菊  くなる道理  く行く水  くぞ人  く崇拝  くぐりくぐってあちらこちらに  く燻し銀色  くなって決闘  く張りつめて居られなかった  くて不満  くワルトン  くまで散歩  く潜入  く取り遺されるという事  く残存  く未開  く忌み嫌う風  く綴ること  く振るまう冗談  く猟  く薄弱  く眉毛  く遮断  く敵意  くもアイロニカル  くては処分  く見ておしまい  くするかわり  く解消  く捜査  く安定  く致命  くスペイン  く栄誉  く明朗  く引っ掛けると外  くも捧げること  く光り輝きながら立つということ  く臣下  く取れる島  くして人生  くゎっとなった  く去就  く残っているはず  く立ちまわるよう  く天聴  くもローマ  く懸想  く出てやるの  く御前会議  く円滑  くは悪化  く兼ねること  く持つ人  くも祝賀  く躾  く傾聴  くベエコン  く煽てて伯爵  くも女王  く無血革命  く鑑賞  く欲望  く頑迷  く決断  くて口当たり  くエセックス  くユラユラ  く開いて涯  くて冬  く思はせてしまふの  く分つてるん  く困るん  く切実  く臆面  くブス  く叩いて渡  く縹渺  く蹌踉  く巻き狂  く滲み出てゐること  くヂャブヂャブ  くて鍋  く寄せ乍  く見るから  く埋もれ多彩  く脇見  く泣くの  くつぶし  く垂れ籠  く息づいてゐるやう  く気取つて  く横手  くコセコセ  く耀いてゐる矩形  く泣き出す場合  く泣いてゐるの  く坐り込むの  くて意気地  くぐつたりと  くゆくと思ふから  く下駄  く仰ぐやう  く行きなさいつて  く思はせるに充分  くさんざめき乍  くほてつた  くて莫迦  くとも与里  くマン  くてだらし  く駆けめ  く演説  く流れて行くの  く通るから  くて畳  く売り飛ばし  く生きる執着  く鳴っている様  く知っている筆者  くハアハア  くとも轡  く思っていて誘惑  く反撥  くそむくこと  く別れてしまうこと  くもわたし  く其語  く集る所  くも皇居  く錦子  く季節  くしてくれる祖母  く大樹  くなったり飽  くはかるよう  くさえいうの  くも家  くみつむるまなざし  くなりて昔  く燈点  く帰れ我  く起きいでて源  く我家  く磯辺  く遊んで行けるん  く似合うの  くふるえる手  くなる瞬間  くまで聞手  くて壻  くなって東  く其胸  く不憫  くなって彼  く堀  く打ちつける雨  く消散  く特殊  くなってゆく波  く休刊  く疼いているよう  く疼いてゐるやう  く握つた  くとどまること  く話せるつもり  くまとってる欲望  くかたまってる黒雲  く求めてるところ  く愛するから  く失ってるかのよう  く知られてるの  くなされてる悲惨  く半月  く君臨  くとかいうこと  くまで見通しておること  く愛してた  くなり感動  く愛するだけの隙  くなり疎遠  くいってい  く横目  くきわめて神聖  くながめて一  く因襲  くなってる子供  く無性に  く混じり合ってる性質  くジョルジュ  くて幸福  く鐚  くば僕  く助けてくれるの  く登ること  く離れてるため  くグラチア  くして如何  く筋目  く知りおのれ  く思ってる人々  く進むこと  くも娘  く咳き込むこと  く謝るの  く滅びること  く捧げるやう  くもポ  くて松  く填めて喫  く粉末  く取り殘  く體力  く擲  く立ち騰るカンテラ  く光るヴアイオリンケエス  く呟きつづけてゐる馬場  くはればれ  くのベンチ  くはうばうへそれ  くして私たち  くでら  くまつ黒  くぴつたり  くし顏  く毆  く呟いてゐるのに氣  く伸して道ばた  くぬかるみ  く延長  く引く調子  く掛け離れてしま  く隠して置く為  く留まって居る時計  く芥  く問い詰める積り  く世の常  く美人の素  く思う様子  く所天  く打ち驚き  く検事総長  くて居る筈  く肖て居るに違い  く出来て居  く終る所  くして元  くなると松谷  く申して貴女  く分る様  く受け流されて浦原  くして狙って居るの  くとも赤手  く射る事  く洗い立てして客  くに叔父  くとも秀子  く成り度  く秀子  くて差し  く逃げよとは尋常  くての事  く口実  く捜して居るの  く成って権田  く映ずる盆栽  くば顔  く輝かせる所  くば長三  く有る奴  く助ける訳  く垂れて眼  くに糸  くば創  く消えるとは此  く取り調べるに違い  く成さいとアレ  く争って居るの  くて探偵  く見て取る事  く見えて居る所  く答える事  くは聞く事  く此の世  く貴女  く見ると眼  くて評判  く仮面  く言うは許婚  く零落  く叩いて見ると馬車  く見ゆる程  く考えると穴川  く見える者  く並んで居て中  くは得  く潜戸  く叱り附ける調子  くなるを待って此方  く聞かせて貰い  く引く呻吟  く成って気  くも斯様  くとも飢え  く逃げ出る道  く貼り附けてある異様  くなって背  く汚れて居る事  く結び附けられて居るの  く喜んで室  くなるまで此  く穴川  く成ってサ  く云えば秀子  く胸騒ぎ  く云えば反対  く認めて居るの  くほど余  くして有るの  く取り出だし  くなって殆ど  く呑み込  く説き明かす積り  くとも疑う事  く売り附ける様  く縮めて秀子  くとも心  く依頼  く出来る身  く成って了  くて殆ど  くば此  く考える心  くば秀子  く後々  く愛す可  く嘲り笑って斥ける所  くして殆ど  く有罪  く風の音  く衰えて此の世  くして罪  く逢って安心  くの汽車  く憎む可  く叱り附ける勇気  く彼奴  く知って居る者  く向けられる人々  く当るというよう  く動かして物  くいう理由  く綿々  く見すごされるふう  くみているところ  くきめてしまうの  くさえ思  くささえるもの  くも察するもの  く弱音  くのばす力  く人道  くては真  く殖えてくる人口  くも国法  くとも部落民  く苦しめているの  く差別  くても着るもの  く配給  く人口  く殖える人口  く同志  くともある論者  く内容  く後れていては十分  く納まるに相違  く脅威  く作ること  くては戦場  く微妙  く近頃  くとも徳川  くにほへり汽車  く待合室  くとも喋  く病が  くは小田原  く待たされるの  くなると五  くぶ器量  く掛けて店  くしてゐるから  くいいひと  く温めてあげること  くしてゐる山  く見栄  くしてあげたい  く見せ続ける努力  く宮子  くも寝台  く割っている泥  く追っ駆けて来ているの  く思っている団体  く警官  く動く石臼  くドアー  く欠乏  くて軽佻  くとも共産党  く西瓜  くて寒  く群衆  く痣  く倉庫  く空虚  く揺り動  く雑鬧  く叩いて階段  く光りながら滑らか  く触れるオルガ  く過ぎて来ているの  く幾つ  く取手  くこんな  くなれば眠る  く抱きかかえてやること  く踊って来るの  くも参  く続いてくれるよう  くやり込めているの  く憶  く引き留めておくというの  くも惨め  くいられそう  く暮している人  く揺れる白樺  く振り顧  くもあり安易  く言っちゃ駄目  く言う人  く居昵  くも思えるの  く呟くよう  くしている山  く噴き出しそう  くしみ合っているん  く禿  くしている女  く献立  く撫でさ  く見えてくること  く入り乱れてるところ  く雀斑  く生きる覚悟  く働いてる彼女  く晴れてる表面  く降るかということ  く人力  く運び上げるという困難  く行われていること  くとも原理  く運搬  く結晶  く述べるよう  くするに足る材料  く学ぶこと  く増加  くするという努力  く重っている雲  くて余り  く崩れてコンクリート  く人煙  く垂直  く零  くなって全体  くなると扇形  くなると六角  く変形  く見ると大抵  く記載  く核  く殆ど  く角柱  く引伸し  くなる傾向  くなると急  くなると落下  く十分  く諒解  くなると樹  くなると簡単  くして置いてそれから  くして水蒸気  く痛め候  く暗黒  くは江戸  くは義  く年月日  くば一説  くし書  くも此家  くも灑脱  く元和  く楽天的  く捕獲  くして待つちや  く諦めてしまうの  く光っている様  くしてという風  くきく  く没入  く維新  く勅  く晴  くなる天地  くしてゐると言  くさし支  くづしと  く含んでゐるの  くなりても親  く重み  く犒  く見る訣  くする秋  く現れてはゐるの  くはもの  くする目  く逸散  く万葉  くとも此後  く足羽山  くとも越前国  く負けるよう  くいる場所  く人家  く誘い  くとも水品  くゆくと大金  くなっている躰  くフラフラ  く右足  くも縁  く聳えている薮  くブン  くして溜息  くては物  く造られある正面  く歪めて生垣  く人品  く閂峰  く生ける人間  く切り捨て  く許婚  く思い詰めている澄江  く木陰  くも猪  くおりから  く物思い  くさえあるの  く愛想笑い  く犠牲者  く思い出すこと  くて滑らか  く蔽うているの  く出来るってわけさ  く立っているの  く二人だけ  く福島  く昔話  く歩く人  く強引  く大晦日  く開けて野菜  くなって歯  く握って中  く自治  く泣出  く一体  く保って主  くにッ  く没義道  くて親しみ  く結びてはかりごと  く開く時  くて丹下  く感ずるといふ程  く照り渡  く懸つて  く其上  く靡いて居る工合  く曲り曲  く慰めて呉れる友  く虐使  く造られてあるから  く上州  く充ち渡  く出て居る鎮守の森  く騰るさま  く曳いて叫ぶ声  く迸出  く鎮火  くも渠  く寵愛  くする様子  く其光  く済ませる訳  く口語  く遣はれてゐるの  くもなど訳するの  くしてゐるもの  く泣き出すの  くして千  くして末  く質  く米国  くわりあてられる事  くして権威  くは美術  く厳格  く字句  くも成長  くなってる一  く焦げるよう  く見るわけ  く蝕  く見える焼岳  く寝ている上  くプクプク  くなだれ  く刳ぐられて  く梓川  く赤石山系  く痲痺  く扁平  く動いている人々  くかかるとき  く常念岳  くうすれて空  く照り返しをはじめて  く圭角  く列なっているの  く繞  くなると谷川  く兀  く駈けあがるよう  く光っている穂  く縮ませている穂  く腐蝕  くのたくっている梓川  く見徹  く縫っている偃松  く岳川  くかけられるよう  くの上  く話せるの  くギュウ  くびすじのところが  くびのところをくすぐってやるんだよ  くなったり紫色  くついているもの  くていらっしゃい  く雪の女王  くして後ろ  くてもいっしょ  く思われそう  く引いたりするのに技巧  く思わせるよう  く訪ねて行かなかった  くなって困るということ  くて返辞  くできる女  くしたりしてから  く思いながら顔  く離れて別々  くばかり思われるの  く源氏  くしている子供  くしてつれて歩き  く費消  く疊  くほどの心配  くて樂  く翡翠  くなりゆく水  く極月  く一連  く上海  く光ってゐ  く崩れる所  く走ってゐ  くて銀色  くも設計  く染めること  くの警察署  くながれている話  く高座  く黄金色  く太  く獄死  く痴漢  くも開場  く来て私  く瘻  くなって綺麗  くして庶民  くするわけが  く叱られしことな  く従軍  くなりて伏し居るに無遠慮  くて毛布  くして家屋  く乗組  くし敢  く人世  くも咄嗟  く吹きあれる日  くば雪見  く飛んで来るの  くは覚えてゐ  く消去  くも立ちまよう夕  くなって行く川  く培養  く砂上  く品格  く其様  くして主人  くも顋  くし門  く飛んで何処  く山木  くて可  く其れ  く訝かしげに小門  く隔り  くて散る紅  く呑み込んで承知  くば収まるめ  くして居ると云  く変更  く取定  くと云  くとは言  くて湖  く此様  くも篠田  くな咎めそ  くもメソ  く引き受けて下  く語り  く拝謁  くも大船  く首肯きて侯爵  くシラ  く存じて居るん  く言うて下  く男子  くも曇  く積まれて開会  く満場  く駆け込み来れる一  くならうと思ふから  く取るなんてこと  く出られると大  くて神様  くも懐旧  くも失踪  くて当分  くも上りて炉辺  くなり増  くて困つて  く打ち笑  く黙礼  くは夢  くして怪しげ  くて只  く牢獄  く戴ける後姿  く庇  く鉈  く沢村田之助  く浮き上がらせている女  くも楽屋  く人力車  く墓表  くしてしまう自分  くなすこと  く曇る煙りのなか  く打ちつけて小船  くして小荷物  くて坂  くしてゐる訳  く万巻  くも美麗  く滅尽  くはしいお話  く焼け  くては一  くも主上  く享  く経綸  く経蔵  く上皇  く松本  く末  く肱  く染込む絵  く鍛  く樹立  く梟  くなって真直  くのあいだ  くしてのむの  くこらしめてやるところ  くがきみ  く王女  く日章旗  く戦況  く学ぶところ  く焼け焦げ  く安居  く入ること  く見るといふ  く後方  くしらばくれてゐる風  く肯首  く集積  く踏み板  く督促  く清潔  く砕いて云  くとも支那  く反日  くて中宮  くなったりしてみせては世間  く斎院  くて柔らか  く見える少女  く思う人  く持って見ていてくだ  くして法華経  く言っちゃいけないね  く語っているうち  く散るころ  く語っているの  くて塵  く被いてしまうの  くなっているふう  く山ふところ  く斎藤さん  くして葱  く雑木  く山ざくら  く咲いてゐる一  くからたちの花  くまで閑談  くづしがむき  く遊子  くて雨  く来て肌寒い  くなれば硫黄  くて酸  く遊興  くバツト  く信濃の国  く句会  く執筆  くあらうみの  くかぼちや  くくだけてはけふ  く義兄  く人足  く切戸  くて筋  くする絶句  く筆意  く江波  くこゝろ  くづれたけれど  く微酔  く憂愁  く身ぢか  く出てゆけと箒  く高砂  くは萬  く死んで自分  く慰撫  く浩  くとも浩  く足跡  く考えている浩  くも明日  く臆  く孝之  くても孝之  く打ちあけ合うということ  く信じている浩  く働いている浩  くなれと覚悟  くなりぬくに妨げ  く浮いている葉  く過してしまい勝  く内心  く光っている液体  く行ったか  く漂っている頸元  く消え入りそう  く振われること  くつかみかかる躯  くてごみ  く在宅  く落ちる椿  くやす  くも豊橋  くも苔  く悠々  く四月  くながれてくれば河鹿  く起きて散歩  くもとつ  くて山ざくら  く真心  く啓発  く愛している弱味  く出ている日  くても国家  く悲しみ  くて外戚  くも思うこと  く避けておいで  く見せて人生  くもあるかな  くは源氏  く列席  く感ぜられる人  くよみがえってくること  く思われて自身  く建築  く宮  く降ってだれ  く持参  く笙  くなる源氏  く崩れ去るもの  く引く事  くても子  く生きて行く人  くねずみ色  く砕いて篩  くて白  くて喉  く光るくらげ  くさせる性質  く鯨  くて安眠  くて火口  くよみがえって来るの  く輝く家屋  く別れて行くの  くベルリン  くそびえているの  く寝かして戴くと可  くしては可  くなって見え  く塗り  く一瞥  く覚  くふ馬  く探るに跡  く振り立て振り立て行きかい  くやどこ  くあやどりて踊り  くひ入る秋  く軽井沢  くや思い  くも女郎花  くなるのに氣  く下士  く立つ波  くとどろいて源氏  くなって日  くてこの世  くて朗らか  く扱われているの  く思っては妻  く見渡される所  く触れなかった  く思えば夢  く混じっているの  くして紛らすよう  くして源氏  く吹く季節  くばかり思われる秋  くばかりなっていくこと  くばかり思われるふう  く山手  くなっている源氏  くなっておいで  く打ち笑む白  く風情  く打ち笑む行きずり  くへと歌  くて居る時  くして居る事  く残って居る事  くソーッ  く海峡  く建っている茅  くはその他  くは物質  く發育  く切って入れておくの  くなる身  く煩っておいで  く採用  く尚侍  くて一族  く酬いてやること  くて無邪気  く思って乳母  く帰京  く添えて源氏  く程度  くて出京  く思っておいで  くて行くこと  くはおとど  くは其人  く流氷  く叙  くはだの相違  くは以上  くは以外  くは年末  くなり死物  くは魏  くも姫  くは方  くはウワ  くは尾張  くは播磨  く算  く孤高  く密やか  くとも考古  く掴んでゐられる信仰  くて寢  くして室内  くふるへてゐ  く聞えるやう  くはれて眞  く愧  く健やか  くて社  くは別居  くとも嫁  くしたりなん  く接続  く掘り当てる事  く足軽  く泣き  く泣き立てる事  く庄太郎  くなるからとの事  く鍵をかけて  くシモン  く無作法  くかの時速  く蝶  く野猪  く跳ぶか競べ  くかの時  くし口  くサア  く居るを見てこれ  く生き居るので巨人  く国王  く王さま  く焼けて地  く引き離すと手  く取れば竜  く観て要  く抄  く憑  く書きぶり  くなると一緒  くなって野天  く西日  く集団農場  くイグナート・イグナートウィッチ  く区々  くとも日頃  くして居る中  く長者  くいひ習  くて斑紋  く驚いて何処  くて上帝  く挙げて昔  くぐずり掛かるところ  く書き  く掻き込むに取り忙  く振い出づ  く女人  く婦女  く取って啖  く新勝寺  く延び  く径  くてニョッキ  くて黒色  く未来  くて蛇  く入りて鰻  く酢  くするとある  く快方  くまで畠  くまでいらっしゃるの  く掛  くして頂戴  く縫目  くしても相当  くて正面  く読める本  く這入って見るよう  く真綿  く寄贈  く薄目  くて見事  く煮えるもの  く切って食べるの  く煮込むの  くて厳  くひて万代  く楽しまれるの  く分配  く聞くの  くて帰るの  く陸軍次官  く立つあたり  くて利発  くやもめ  く削って書くの  く写し  く降る時  く盛  く鳴いていること  く夕御飯  く鎌首  く並べているの  く取払われて道路  くて四角  くて古風  く附けてあるの  く所信  く咯血  く緒方  くなり候  くこまり  くかしく  くまでお越し  く処  く物資  くて向島  くかへれとわれ  く諳  く順吉  くて困るもの  くてもきん  く陳列  く価格  く粘り気  くひっかかりそう  くやっていて信用  く暮している内  く暮していられるの  くかけて食事  く忘れて時  く散ること  くも口  く花園町  く打解ける半面  く窓をあけて  く米飯  く見掛けるという噂  く生き延びさせるだけ学界  くしめておくの  くびをしめられるのか  くて行き兼ねると云う事  く言って門  くて困っておるところ  くて午  く蓮  く見えるから白  く紺青  くて癖  く欧米人  く大様  く聳えて流水  く屁  く新婦  く出す様子  く柄  く集まる物  く蛮民  く凶  く行く能  くて疲れた  く乾き  く狩り  く王  く寄稿  くなり馬  く衛生  く制止  く菜  く馬肉  く劣る故  く用いる国々  く美麗  く嗅いで真偽  く大罪  くして蹄鉄  く教練  くアラブ馬  くて牝馬  く測定  く塗れる女  く起るが恒  くして慄  く精  く横たわるを四  く金色  く棄  く補任  くも紫波  く催進  く頼朝  くも蜿蜒  く登る幾  く慨歎  くあいさつ  く続かなかった  く痛むと云う事  くて普通  くて至極  くて穂  く済ましてくれるという点  く炉辺  く離れて縮み上って泡  く野良猫  くも最期  くなるという意味  くて得る所  く閑山  くてけち  く心得ろというの  く叱りつけて居るの  くて胴  くとも手許  く投入  くざあざあと  く起きて王  くも幕府  く腕っ節  く煽てて石膏  くも多く  くてふんわり  くて雇主  く度  く榕樹  くなってそれから  くし作  く訴訟  くなるに從  くなるにつれそれら  く未熟  くギリシャ  く読切  くて紫  くぼの名  く供養  く鶏肉  くて温良  く嬉戯  く砲丸  く叱られ驚愕  く楽しむは皆  く鞦韆  く真似  く捻じ初め  くて捕われ蟹  くして味  く醗酵  く音声  く懸崖  く動作  く忌むもの  くして小国  く竜宮  くなって竜  くて神  く猴  くなってこれ  く笞  く歓娯  くの感  く食わせ太  く畑  く損ずる上  く耗  く点し自分  く涸れて鰻  くて事  く起きて叫び  くする銀杏返し  く剥げて了  くし乍  く野村  く取つた  く住所  く調べて行  くギラギラ  く歩き  くして渠  く首巻  く国訛り  く怒鳴るや否  く綴  くも頭脳  く娶入り  く釈迦仏  くねを神  くも日  く銀河  く附け纒  く伝習  く掛かり碑  く号  く妖言  く雑居  く梵行  く創  く茂れるが夜分  くとも一切  く盗むは智  くなる兆  く信ぜら  く敵国  く生み続けて数  く其寢  くも頭  く忌むの  く悩まされている体  く予算  く如才  く強気  くなって小雨  くたっぷり  く競り合い過ぎるよう  く名代  く流動  くとも万有  く思い出されるの  くし骨  く短文  く飽足  く鴎外  く探求  く愛誦  く思っていぬ  く鶴見  く押し黙っていること  くはなっているが雑沓  く匂っているの  くやんま  く発散  く見わたされるよう  く親しむこと  く濶達  くも感じているの  く全姿  く流されてゆくの  く和歌  く踏まえて立たせたまうおん  く随喜  くすぐれているの  く見極めること  く謝意  くアンドロメダ  く纏めて送れという訳  く本邦  く来る故  くしたり流産  くなる理窟  くなって跳ね  くなって吼  くて枯れそう  くかの櫛  く宙返り  く立ちて一  くして野猪  くて麁  く去るぞ我家  くオクスフォード  くオクビ  く忘却  く止宿  くメラノクロイ  くもちあがるの  く扱う事  く邪気  くば大都市  くば太子  くとある  くは子  く戯楽  く同一  くとも仕事  く窒息  く辞職  く説  く現すため  く振払  く抗  く甘んじてそれ  く守る者  く詠じ能  くして傷  く北条氏  く専門  く感ずる者  くして記憶  くして書くに不便  くして活字  くして細字  くして圭角  く吹く夕  く思われて衛門  く鳴くの  く語ってくれるため  く感じたりすること  く幸運  く思われて涙  く置いて松原  く置く霜  くて千  く繁栄  くばかり思召  くともこちら  くて芸  くていっさい  くて信用  くいっしょになってゆかぬようなことはないかとも  くして弾くの  く精進  く出るころ  く重なっているよう  く偏  くては世の中  くて音楽  く上る時間  く姫宮  くして生きているということ  く恨むの  く起きていて女房  くばかり見えるの  く離れて行かせるよう  くしていただけるというの  く寝ておいで  く思われる自分  く悲しんでおいで  く訪ねなかった  くもつみ  くばかり思っておいで  くも思召  く法力  くて病  くおやつ  くてすきとおるよう  くて私自  く思われるはず  く引き出して御覧  く思って礼儀  く愛顧  くばかりおなり  くて人生  く六条  くはおいで  くは思召  く思う点  くてあなた  くゆくよう  くてあなたに  くとも中納言  くても融通  く通じている衛門  くてそのまま  くも思われ歎  く悶えているもの  く引きずるよう  く舞いのぼってゆくの  く振りかぶると見る間  くもミル  くほどのもの  く剥いたりして昂奮  く馬車馬  くききめ  く鳴奏される警報  く埋まっている無尽蔵  くロケット艦  く流れだす涎  く見おろされる頃  く運んで来る者  く寝付いてしま  く碧  くふた親  く木立  く倚  く重なり合って一  く妖魔  くしてすだれ  く打つほどの気  く斎  くて興  くまつわって来る者  く突き放して逃  く舞いさ  く突き放して逃げるわけ  くも言う通り  くへなへな  く淀んでいるの  く浮かんでいるの  くして屋形  く映っている玉藻  くも言うよう  く灼けている空  く落ちるの  くとも家  く怪異  くいえばそれ  くも玉藻  く誅伐  く照らしているの  く掻き乱される自分  く起きて京  く這って来る牛  くきらめくの  く引き寄せられてゆくよう  く踏みしめて歩んでいくの  く浮き出させるの  くむせんでいるの  く倒れかかって玉藻  くしてひとつ  く睨めまわして縁  く鉞  く悪魔  くは巧言  く心ゆくこと  くして趣向  くして逼  く烏賊  く見せる手段  くとも彼ら  く似ること  くて木  く美術  く見えるといふこと  く出て居る所  く乱れて居る国  くも商人  く突込  くも瓶  く立体  く措いて筆  く抱一  く感ぜられて朝夕  くさせてくれる事  くもお話  く興じ給  く面皮  く近づけ給  く御手許  く潮流  く詩情  く抱かれ接吻  くして側  く煖爐  く苛責  く錢  くして林  く蒸氣  く悽而  く流れたり時  く揚りて薄暮  く坐りて汝  く鳴るを聽  く起きて徘徊  くも直接  く見える老樹  くも血統  く伝馬  く云えば喜  く現れて来るの  くほと  く働いて居るの  くの語尾  くばかりそれら  く曇る心  く思っている様子  くて翌朝  く光るよう  く働いているの  くは保ちえられるもの  く死別  く手もと  くあそばすこと  く慕っておいで  くとも愛情  くなすつて  くつかんでゐるもの  く動く小鼻  くも思ふの  くなる計算  く受け流すこと  く違  く教えて私  く叮嚀  くて水  く護国寺  く出板  く蝙蝠傘  く下げてあるの  く電気  くつづく瓦  く照添うさま  く刈込まれたる  くとも山の手  くとも天然  くむやみ  く山の手  くヴェルサイユ  く寺院  く兵火  く見える間  く浮薄  く細民  くなっている間  くなっている処  く参議  く消滅  く閃いている様  く鉄条  く見下す崖  く晴れ崖  く青山  くつづく上  く広々  く漂い来る木犀  くオイケン  くてふねのほにほがさくかとぞみる寺前  く這い出して来る蟾蜍  く駅路  く陸奥  く一眸  く栄えているの  くもったいない  くばかりなる私  くばかり追想  く広がってゆくはなやか  くしているうち  く思われになるの  く少将  く作らせる必要  くする女房  く思って返辞  くかかって咲いているの  くまいっているの  くしみついている恋  くまいるよう  くかくしてまでの宮仕え  く寄るもの  く見える身  く源氏車  く尻上り  く絡んでくるの  く桟敷  くすると許嫁  くも大津  く通り過ぎる影  く落すやう  く起きるはず  くして俯  くお嬢さん  くして七言絶句  く起きて裏門  く吹き通していること  くキメつけるお爺さん  く其家  くとも野良  く忸  くといふから  く慕  くしてチラ  く来て御座  く真上  く消えこんでいる夜空  くひっくりかえしながら翻訳  くて動  く車座  く風に乗って  く聞き伝えてあちこち  くななめ  くふすま  く伝わってくるの  くちょうだい  く若君  く燭台  くはれあがっているの  く跡目  く峰  く小首  く現われおる由  くおどるよう  くペ  くかたわら  くて純  く前非  くもなる物腰  くよろこぶ性質  くニ  く突きとばし  くゆるすよう  く叩  く動物  く血の池  くいっているよう  く微少  く奉行所  く結びあっている三  く渇望  くなるまま  くもするもの  く嫌疑  くさし俯  くと観る習性  く役立っていること  く啖呵  く番  く密閉  く気侭  く飛んでるの  くなり気分  くて割  く暮らしているん  く帰って風呂  く見られがち  く億劫  く暮らしている以上  くやって行くの  くなって冷気  く戦塵  く絵具  く征途  く澄んで張り  く沈潜  くも帰るの  くとも気  くまで一  くお座敷  く酔って帰って来る晩  く言う方  く行く道理  く大手術  くまでは出先  く吹きわたるころ  く新嘉坡  く未決  く引き揚げ  く台北  く封ずるの  くもあり不安  くなっても大抵  くも見える青年  くて済むの  く取るの  くさえ思えるの  く数寄  くすると逆様  く売れる癲癇  く食べ物  く操っておくの  く凭れかかる術  く附き合う分  く遊んでいるうち  くそっち  く焼きついているの  く交ぜ返す奴  くては碌  くなると家  く行って写させていただくこと  く大切なもの  くは大統領  く新天地  くとも午後  くと考えて行動  く悠  く我国  く吹き荒れている日  くなって来ると敝履  くて横着  くしている料理  くにじむ涙  く通ってゆくの  く呟  く奇麗  くまで見えるの  くも思出  く分ければ三界  く見て居るの  くできるはず  くてだれ  くあきらめ  くては安心  く王陽明  く著述  くむいて失笑  くばたばた  く当夜  く無尽  く束  くやるころ  く跋扈  く姑  く雲形  く隣家  く生き生き  く定例  くこの街  く暮れて行くこと  く留め置き候  く妻籠  くはあるがみごと  く眠っているから  く苔  く行くほどのもの  く踏み立てるもの  く打ち寄せて来ていること  くインド  くケウスキイ  く神奈川  く寛斎  くは海  くも古代  く飛び去ると言って見せるの  く来ている思い  く美濃  く蝦夷  く目論んでいる時  くても父  く見積もって蝦夷  く中津川  く見積もっても九  く夜明けを告げに  くある中  く旧師  く半蔵  く翌日  く亡くなってから  くさし延べ  く錆び黒  くて上白  く米銭  く蒸し暑い  く辞して応ずる気色  くて蛮夷  く降り埋める山々  く方向  く隆起  くされるほどの幕府  く慶長  く焼失  く馬籠  く造りつけてある鶏  くあって帰り  く須原  く容  くはそこ  く王滝  く思う意匠  く聞こえて来る夜  く読まれるよう  くはしき  く掛っているの  くとも寺  くフテ  くて図々しい奴  くて露骨  く禿げるの  く入ると失望  くもウェートレス  くて小橋  くて見物人  く附け加  くは馴れて感じる能力  く思考  くして竝  くとも數學  くも行くの  く失敗  く行くとい  くするなと云  く行き交うてゐ  くカンパニア  く実験  くして実験  くファラデー  くば充分  く振動  く寒気  く歳月  くして居る可  く聴かむと  く笠森お仙  くして遊び  く寒冷  く懶惰  くハネ  く仏蘭西語  く思返  く語りたま  くとも創世記  くとも生涯  くとも民衆  くとも女人  くとも発見  くとも影響  く見える為  くとも諸君  くとも成すに足ること  くとも詩的表現  く心せはしい様子  く首領  く聴き納  く入り込むやう  く逃げてくれ給  く詰めて結  く領承  く迹  くて取りに往くこと  く書いてある幸田成友  く大塩平八郎  く倹約  く眼鏡  く滲  く冷えてしま  くあんまり  くなる氣持  くくだけてしま  くて船着き場  くナポリ  く優  く隨分  く行くと私  く書くこと  くて時  く行き着くこと  く隠すこと  く思っている大蔵大輔  く宇治  くなるほどにも悔  くなる薫  く沈んでしかた  くなってゆく兆候  く流れ落ちるの  くなっておられる者  く思い出している心  くてお話  くなり真実  くてにわか  く思う薫  く続けているの  く言われる家  くなる気  く忌む性質  くて帝王  く思われる人  く法会  くさせるため  く離れ離れ  くかわいい  く思っている中  く思って薫  く聡明  く縮んで見える姿  く捌いてくれとぬかす  くて流し元  く成りて亡  くひは出來  くば氣  く受合  くば仰せ  くしと思へど流石  く尋ねあて  くに妹  く助  く見ると母  く叫ぶ時  く慰  く歩いて溜池  く一二  く落成  く此川  く釣ること  く進退  く波面  く挙げ得るや否や  く寄る毎  く延び居る際  く塗り変  くある時計  く叔父さん  く塵埃  くなるほど泣いちや  くても物  く蒸す茱萸  く課業  く降るばかりですよ。  く日本陸軍  くまでとどくの  く銃砲  くともフランス語  く名匠  く出て了  くて退屈  くかつ子  く肉感的  く捌いてゐるさま  く集金郵便  く聞きわけて讓  くポックリ  く云えば弘  く落胆  く鼬  く云う者  くトン  くなっての帰路  く伊丹屋  く威嚇  く覚し召さりょう  く杉  くも正成  くも揚幕  くも後  く連山  く調子づいて來  くはづんてゐた  くとも商法  く途絶えがち  くたち騰る烟  くスタスタ  く鉄道  くうなるよう  く牧舎  く言えば詩的  く山鳩  くなると言うの  く言うよう  く酔っている壮  くなって笑い  くて敏子  く売払ってきてくれと言われて来ているの  くフトン  くなさるから  くて食べるもの  く監房  くなる意識  く凸レンズ  く重吉  く浅草  く振る手  くより柔和  くなってゆく迅  くまでお客  くて普通に  く泣きだしながら頭  くしようよ  くのなか  く歩いたりするん  く過ぎてゆく時  くして臥  くなってリアカー  く貼り出されている表札  く思いかえす風  くこめかみ  くふりながらこちら  くふみしめる靴音  く集って話している女  くし字  く臭  く静止  くして発動  く出ずる  く治  くのせる法  くとも犬  く持つとき  く禽獣  く平癒  く休むの  く懸絶  くして雪  くして起こるもの  くして死するの  く濁るを雨気  くては火  くするより生ずる結果  く諸人  くあげて人  く平生  くむらがる者  くなっても軍曹  く吐き出すもの  く暖か  くはなりそう  く白山  く兩足  く四肢  く切れ落ちてその間  く貪り盡  く望む高嶺  くずつと舊  く眺めている私  くは踏み込んで行く人  く三十三  く帰って来るん  くソロバン  くなると捨てて置いて自分  く行ってるとこ  くお婆さん  くやれば立派  くなってテーブル  くは調べ  くて何が悪い  く房代  くして木の実  くあんた  く狂っていると言う事  くスット  くなり圧力  くて喜劇  く闘い  くガン  くかすんで立っている彫像  くもつ小屋  くなると孫  くも癖  くする油  くも是  く認めて守り  く惚  くば大尽  くなるに連れて迷う事  く其男  く朝霧  く進むにも刀  くなりしも情合  く挙用  く帰朝  く信州  くなり玉  く田原  くとも春風  く見積って何  く妄想  く振上し  く仁  くあて  くも拯  く光るどん  くては多人数  くされる人間  くなっている子息  く切り上げるつもり  くて途中  くされるため  く木の間  くなれば其處  く見渡されて其處  く枯れ靡いてゐる草  く聳えて四方  く聳えてゐるの  く肴  くて靜  くてかき  くてかま  くて名詞  くがなか  くの終止  くづすのくづははたしてくゆとおなじ  くおこ  く終止  くありと連  く動詞  く降懸る雨  くづるゝ  くはたき  く山伏  く引絡  くなれる納  く魔  く困じ果てし  く恐しき  く因りて婆  く一輪  く見えわたるかな梅  くまひ  く見て頂戴  く映えるが掬  く放言  く度胆  く聞いてから  く解り合  く香気  く打ちはし  くなれば水着  く正義派  く粋  くカーツ  く引つ張ると彼  くくびれてしま  く聳えて行  くぞ雪  くぞ富士  く田畑  く聲空  く聳えてゐる富士山  く見ゆる愛鷹山  くはあるが洋式  く夏海  くまで段々畑  く入り籠  く錆びてゐるの  くやられてゐる事  く聳えて居るの  くむんづ  く刺し通すの  く磯魚  く切れ込んでゐる深み  く絲  く浮けてある生簀  くひに泳ぎ出すの  く企  く望めば美人  く望んで美人  く像  く泡だつてゐるうち  く惶  くなるほど繰返されてゐるところ  く見てゐる点  くひさと  く生きてゐるの  く持ち還つた  く伝へてゐるもの  く考へて見る必要  く狂言  く心ゆくばかりに自分  く奪うよう  く教室  く帰れるの  くなって見える門  く流しながら帰って来るの  く吠えて私  く茫茫  く水苔  く怒るの  く色色  く滅入り込むの  く坐って合掌  くなってぼんやり  く撫でるよう  く掲示  く燃えて空  く選んでゐるもの  くと私  く写  くも南島  く入れられてゐる此  く參  く漢文  くひを買  く那覇  く山道  くカラツ  くしたち  く見える處  く出すの  くすゑ  く丸めて火  くして熱  く咲き乱れているの  く憎がるの  く語らない  く野球  く結びつける快感  くスクリ  く結び  く飛びまわる紙屑  くなって行く人影  く嚇す事  く繋ぎ  く並んでいる吊皮  く条  く畳みかける問  く呟く呪文  く蓆  く新蔵  く重ねて片付けると今  く取片付けて隣村  くとも悪戯  く深良  く慄然  くスルリ  くなって頸低  く寝てしまうの  くなっている奥  く村中  くとも区長  く複製  く横たわる谷郷  くマユミ  く逃出  く腕力  く巻上げ腕  く出るをもて洋服  くのばし衣服  くも樹  く豊富  くなるに連れて此  くなるに連れて空  くも山の端  く湧き出して其方  くも碧空  くとも奥秩父  くば将監  く垂れている渓  くなるので磁石  くされて途  く感じられる花  く散らばっている所  く逸楽  く抉って一  く開いて幾つ  く似ているがあれ  く栂  く皆無  くも曙  く望まれる真綿  くなったりする度  く仰ぐ落葉松  くスケッチ  く白峰  く不二  く凍み付いて夏  くなると一寸  くなり過ぎてゐると云  く嫋  く真下  く詈  く恕  く王莽  く見ゆるの  く住んでゐる田  く隔たるため  く郷土  くほの白みゆく山の端  くして花びら  くふよ  くせりいはさ  く凍りてふんすゐはみ  く腕輪  くいだかれて少女  くして女  くながれき  く光りて涙ぐむ洋銀  くして透き  く蒲公英  く雪風  く煤  く農夫  く研げるナイフ  く室生犀星  くしんじること  くうちやぶること  く第一歩  くしているかかり  くの人  くていねい  く県  くなると小説  くいえば詐欺  くのさくれつ  くの動脈  くふるへをのの  く燃焼  く春情  く軽装  く弄  くこんやもそつ  く倒れかける人々  く憎み合  く追想  くひととき  く感じてゐる都会  くまで展開  くつや  くばら色  く退廃  くゆるして貰  くのびて行  く引つぱつた  く此峠  く分類  くセッセ  く苦行  く伏して拝むこと  く笑いかける半平  くのけぞって一  く抜きとる実力  くちぢんどれ  く輸送  くニコヤカ  くモノ  くサルトル  くメイテイ  くやってること  くジダン  くぶらついていて魂  くてい  く光り閃くもの  く申しつけて下さいます  くツル子  く泣く可  く驚く可  く歎ず可  くなって拝聴  く茶碗  くなって恰度  く調べると云うの  くなって泣く度  く成って行く時  く引返し  く出て陽  く眺めている日本人  く辷りかけてヒヤリ  く幾多  くはえて入口  く黍  く離れている二  くやっている石炭  くブラ  くもアリス  く動く眼  く片付けること  く抗弁  くしてくれるから  くなっている方  く漬かっていたりするの  くマアガレット  くスミス  く且  く譜  くアイゼン  く雪崩  く巻くと雪  くて壱  くて予定  く案外  く道標  く鹿島槍  くして痛快  く雄大  く延びて兵庫  くとも楽  くなっていて絶頂  く三角点  く南アルプス  くせがれ  く合羽  く聳えて昨日  く聳えてどこ  く国境線  く崩れて絶壁  く羚羊  く見えるのみで夏見  く切り下げ  く吹雪  くなって両側  く西側  く立ってはい  く潜るところ  く会って乗鞍  くラッセル  く冷泉  くなって川  くスキー  くかかるから  くいてもさ  く弘法  くても下り  くて夏  くなるなと思って急いで支度  く素敵  くてもタン  くなっていてアイゼン  く凍死  くて方角  くてスキー  くなって進めば向う  くコッヘル  く大雪  く降り出して懐中電灯  く疲れているの  くて殆  くジッグザッグ  く荒れていてもここ  くジャンプ  くなる手前  くとも迷うこと  く登って行くと一つ  く当るので板  く落ち込んでいて噴火口  くなるとだんだん  く当るため  く感ずるから  くなり出して隙間  くなりクラスト  くつづいているとき  くも領分  く小笠原流  く奉納  くでもなるよう  くいられるということ  く挿入  く情操  く閉じて訪客  くキリ  く俤  くすると地獄  く申せば思想  く結縁  く鬱ぎ込むの  く人間業  くさす月  くしっとり  くする姿  く引込ませるを拍子  く霞  くなっては皆さん  くなって行く時  く握っているの  くちゃいや  くなって苫  く披瀝  く脛  く舞い上り  く地獄  くバジャバジャ  く切り下げて据付けてあるストーヴ  くなってツバ  く農村  くても小作  く阿部  くて匍  く売り飛ばすため  く尻ごみ  くしている小作  く黙って首  く結びつかせるに役立つの  く武藤  くびをくくつて  くびをひつかけて  くびをひつかけたなら  くびのかはが  く泣いたりいがんだりする声  く固まって身  く見る時  く思わせるもの  くある事柄  くぶつかってみること  く笑って私  く進歩  く言文一致  く円朝  く書く機会  く高名  く社員  く識  くして収  く絶滅  く説く心得  く暮して身代  く美人  くて姑  く身上  くて年  く暮れてしまうの  くよろこび心  くはしょり霜月  くおきめ  く出れば何  くて助  くいいだすの  く参上  くさし出して地平  く貫くいのち  く白妙  くして遥  く持ち添えそれ  くも庭  く冷温  く砂礫  く焼き入れ  く染っていること  く見渡せる晴れ  くも無限  く夫妻  く福  く貯え  く誇り  くという植物  く謳っているよう  く場  く潤して洞  くふにょふにょしたものの  く厚  く薄笑い  く軌道  くも静  く大引け  く衣紋  く美学  くして突臥  く退座  く三浦  くその道  くというの  く伸びて行く由良  く堅気  くダメ  く拈  く田代  くガラン  くかたまる  くと思って洋食屋  くなるくせ  くかれのおちついてゆ  く立話  く中腰  く約束の日  く料簡  く行ってるもの  く馳せちがう音響  く道灌  く交替  くも結果  くも不都合  くとも例  く一見  く消えても行かむわかき  くいさ  くも琴  く飛ぶ秋  く皷  くわが子  く擽つて  く陰暦  く伯  く唐  く鼻柱  く真一文字  く手さぐり  く幼  くて過ごすうち  くびをかしげました  くなる犬  く薬指  くも千客万来  く慎み  く大夫  く怒鳴っている声  く織り出している落語  くにじり出  くてあたり  く二重瞼  く眠っている一家  く映っているの  く早め  くふりそそぐ微妙  く云っとき  くして責  くやはらかき  くさけび清らか  く降りつもる雪  くめざめわれ  く埋もれ天然  く流れ五月晴  く八月  く触れるわたくし  く光るレモン  く清浄  くて満ちてゐて星宿  くねしづ  く引きずるやう  く相模  く行く方  く離れて森  く四方山  く飲んでいると宿  く進水式  くひ出したりするの  くひ出し  くてほん  くびまわりの  くとぢ  く引つこむの  く構  くとも議論  くあたる筈  く愛する仕事  く発明  く大口  くはファウスト  く下るに楽  く出来る文化  く危  くしてゐれば癒  く考え込んでいるの  く赤蛙  くて勤め  くなって他  くしておるから  くなっている四  くなり続いて五月  くなって防ぐこと  く訊いてごらん  くして云うの  く座っている女  く解ってるあなた  くて一刻  くかわって行くのでビックリ  くなって両方  く買ってさえもらえば損  く呼子  く走って行く電車  くひらひら  く溶け  く見てとる商人  く鳴らす電車  くなる夕闇  く露西亜  くは採掘  くして惡意  く當局  くも渡良瀬川  くは一圓  くは特許  く喋れッ  くちゃ見当  くも半分  く快感  く靨  く汚れ  く思われたか  く垂れているの  くびをすくめました  くて起き上がること  く蛾  くなって処  くなっている憲一  くてさ  くして偉人  く発作  く露見  くなって以来  くトム  く王宮  くて馳  くはしく様子  くはえてゆかれたりしては大変  く土煙  く下界  く七色  く王子  くのばしてをくの  く唖  く禁じられてゐるの  く狼  くて悪魔  く小男  くも小悪魔  く喰ってかかること  くも有史時代  く見給  く東夷  くも佐伯  くもすること  く補充  く透徹  く照らしながら遠慮  くも四壁  くも爆音  く光りながら転  くうろたえて落着  くなって机  くなって安全  く発火  く技師  く動き出しているん  く見誤るの  くて遠く  く下りていらっしゃい  く離れてグルグル  くなって倒れている筈  くなり両側  く走れる馬  く述べる云々  くて真黒  くも街道  くて中  くて一見  くなってヘタ  く爆音  くになっているから  く着陸  くて大隅  く輝く檻  く云って下さいッ  く哀訴  くして愕  く本館  く大隅  くなってゆくこと  くも今日  くして叫び  く留まつたの  くいとなんでゆくため  くとももの  く惹きつけること  く思われている永井荷風  く通りすぎてしまうこと  く噴出  く食べるもの  く書きはじめている婦人  く考えさせるもの  く迫っている美人  く慶四郎  く技  く青春  くては耐  く考えるという能力  くなって愚痴  く勃興  く蜿  くとも分解  くて中央  くなれば裕福  くても耐えるってお約束  く暮しておいで  くても綺麗  く出して見るの  く暮しているはず  く知っているよう  くやり了せてごらん  くセ  くする空想  くて気持  く魔法使  く天窓  くするだけのこと  くも国民  く鳴らせておくの  く成りに成  く毎朝  く生きられ相  く読める癖  く痛む様  く麻縄  く黙つて  くしつかりと締  く処女  くねむつ  く垂れて彼女  くストーブ  く罪悪  くなるに違  く続けさま  く伸していつまでも  く折り返して考案  くとも粋  く係官  くて建物  く立像  くニュース  く見渡すという態度  く限局  くあげること  く広汎  く仏教  く異なっているの  く用いられているの  くよりそれ  く密儀  く用いているの  く試みられているが最後  く学びて識  く読み方  く斉  くとも孔子  くして義  くして諂うこと  く語っている述  く死後  く主宰  くより釈迦  く水戸  く山麓  く船尾  く尻込み  くゼ  くいっても推理  く出すやつがね  くリノリウム  くなって微動  く艦  く収容  く喘ぎながら博士  く損傷  く点検  くやられて他  くも海底  くなり行くワーナー  く行っているん  く曲線  くなって高麗人参  く探出すこと  くうすい  く眺めているうち  くなって映像  くて枯れ木  く得てくれるよう  く怪人  くなって伸びているの  くベンチ  く照らし三  く聳えて居る氷川  く潜んで居るの  くあげながらドン  くづれてゐる  く砂地  くなると言葉  くて病気  く見える河原  く秋波  く悦んで庚  く復讎  くもてなして逗留  く故  く庚  くして悪  く寄って一緒  く使いこなせるかとそこ  くもクロクロ  くて哀れ  く大使  く振震  く述べるとき  く鳴動  くとも敵  く故障  く拡がっていくの  く受信  くひッ  くストライキ  く森本  く使っているよう  く河田  くハメ  く行くわけ  くやってのける鈴木  くカタ  く重役  く行くもん  く誤算  く探すと床  く真犯人  く恋人  く一夜  く篠田  く動いている私  くして彼女  くて働き  くザックバラン  く言うもんじゃ  く嵌め込まれかけている私  く珍重  くして他人  くするほどの道楽  くトロトロ  くブチ  く終焉  く行くと好きな人  くなる商売  く新高  くグーッ  くギョロギョロ  くして引上げ  く信じてお出で  く笑って振り返る事  くシッカリ  く聞いて終  くなって俛首  く存じているの  く金口  く絨氈  く思い込み  く飾り立てられているの  くされん事  く跼まり  く見込んでいる処  く見開いて私  くとんでいくの  く調整  くかざって白馬  くもえあがっているの  くアトランチス  く迫って来る様子  く強制疎開  く飛び散るから  くなる青年  く沼  くするノルモザン  く隣りから  くまで修繕  く違うもの  くなるばかりの雲  く死者  く疲れている二  くつづいても中  く鍋  く変る光  く群れ飛ぶ赤蜻蛉  くて倖  く隠すよう  く白土  く爽爽  く整ってくれること  く廻っているの  く逃げるもの  く垂れて霽  く鳴る竹林  く寝室  くあたること  く思い出  く見える楢  く柔順  くて光線  く耀く柿  くなっている荒倉山  くする立派  く見える懐  く見ると山賊  く見ると大道具  くなっているので私  くなって来ているとの事  く巻き返して来ている災厄  く開墾  くはみ出ている前  く匐  く熟視  くなる野面  く坂道  く浅間  くなって戸  く炭焼  く爰  く黒ずんで見えるの  く行く雲  く動くさま  く帰って来る髪  くて好  く田畠  く細引  く逆さ  く立って眺めると上高井  く与えるもの  く築き上げてある雪  くなるまで私  くて政治的  く掲げているよう  くなるまでも火花  く無愛想  くて取立てるの  くとも香の物  く凍る朝  く萌え  く思い出すところ  く心掛けるうち  く創作  くも市民  くづれにくづれて  くセヽラ  く見拔  くテレ  くて返事  く逆戻り  くしてら  く淡白  く掻き合せるやう  く無器用  く黙っているか  く関心  く繊細  く思っている自分  く帰って行く姿  く信吉  く結局  く見ている信吉  く過ぎて行きそう  く流れ込む人々  くひっかかって来るもの  く浮いて順助  くひかれている桃子  く透けるよう  く動かされている自分  くこむん  くもある自分  く見とおすだけの真面目  くなって肩  く云えば数  く云われはじめて  くつげ  く相剋  く不屈  くも噂  く編輯  く刻まれている一  く思いあわされる条件  くリアル  くも浮世  くうきよ  くとも門構え  く成してんのこころ  く馴染  くば理想の世界  く描きつくされているの  くうたれる思い  くゾラ  く生きんとする欲求  く醇朴  く云われている婦人  く感覚  く発刊  くとも嘲る声  く旧套  く追加  く云っているの  く悶え合う姿  く彼女たち  くて靭  くされているよう  く忍耐  くて搾取  く階級  くてこんな恰好  くなる方向  く停滞  くても既成  く出ているというの  くて逆境  く思われる横光利一  く流布  くより健全  く膠着  く急進  く現代文学  く銘記  く浸透  く思わせる男心  く才覚  くももち  くては女性  く広介  くされている日本  く足どり  くのびやか  くあらわれるにちがい  く求められているもの  く歩いて来たか  く生き得る人間  く生きさせる希望  く開花  く開城  く決行  くして立つため  く言って使者  く横川勘平  く逢いに来てくれなかった  く持っている手  く高輪  く定め  く心得てゐる画家  く観る者  く描いてゐ  く飛んでゐる飛行機  く作画  く見てゐるといふたくましさ  くなるといふ意味  くて仕事  く示す証拠  く心得てゐること  くするといふ場合  く続くといふこと  くは描かれてゐるに違  くていふ批評  くとも温泉  くしてをくといふこと  く化け  く占めてゐるやう  く働き世俗  くて過去  くとも洋画  くも言  く考へられることな  く描かれてある作品  く思はれます  くは考  くするといふこと  く周期  く出品  く思はれる点  く曝露  くとも時間  く描くといふこと  く一般大衆  く全体  く人柄  くなるので次  く無名  く儲かる商品  く売り得る商品  くい  く肥し  くとも自然  くも憎むこと  く闘  く描くこと  くカケ  くいふ彫刻  くて不遇  くロートレック  く裁断  くて負けてゐる作家  くいへる筈  く全面的  く日本画  く描き得てゐる日本画  くとも吉岡  くとも態度  く岳陵  く画風  く祖国  くいはれること  く手渡されてゐる事実  くても売れるからなどといふホ  く封建的  くても日本  くて罷めてしまうという場合  くてもマルクス  く噛み直して二  くとも昼食  く寝ていると背骨  く食い止める平生  く言えば文明  く症状  く学士  くて胃癌  く笑って青  く鳴る胸  く柳島  くて今度  く栗橋  く涙金  くでき過ぎていること  く飛んで居る所  く重信  く棟梁  くなっている宗  くてそこ  くでられると新吉  くして高唱  く飴  く仇討  く世俗  く純一  く美化  く導く愛  く留意  く残酷  く健か  く夜空  く見える下  くひるがえしながらとつ  く次郎吉  くて江戸前  くこがれている業平  く多幸  くなってきて次郎吉  く笊  く上げると次郎吉  く石屋  くもいうとおり  くふきだし  くチリチリ  く不貞腐れてといおう  くナン  くもあれば生甲斐  く芳  くみつめ直すよう  くワナ  くなってくるよう  くスッポリ  くさえおもわれる応対  くお客  く映る笹  く真打  くよウ  く肯いて師匠  く晩酌  く凩  くても俺  くザックリ  くて死にたい  く耳障り  くも裂帛  く碁石  くぐしょぐしょ  く考えてみな  くおしのに着物  く深山幽谷  くドロ  く映している水  く圓朝  く手向  く不当  く見世物小屋  く素性  く錆びのある中音  く寝るってわけ  く大師  く「紫」  く中入り  く刺  く寥  く久保  く市  くて圓朝  く客席  くして圓朝  く考えるほどの事柄  く歩み寄ってきてサ  く恐悦  く早替り  く分ってくれる人  く惨敗  くなっておしまい  く恐しい顔  く報せ  く盛り上がっている鼻  く見切り  く垂れこめてしまっている川向  くも親指  く聞いてこさせること  く口早  く戦きながらうずく  く肯いてくるもの  く隠忍自重  く纏める  く撃ち合  く引つぱたかれるのを  く仕上げて貰  くは云  く働かせること  くのばしているの  く結びつくよう  く出来得ること  く云えというよう  く戸板  く囚徒  くて見分け  く起るよう  くも黄河  く匂う通り  く云えなかった  く感じながら入口  くかまえていやがるん  く入浴  く茂っている広場  くなると男工  くなるまでいて呉れるため  く山崎  く抱き上げて人々  くドシン  くでもねえ戦争  く柿本  く演じる傾向  く濡色  く擴  く引張ると裂けさ  く帰って来ると母  く揚がるアクセント  くて傍  く思ってくれているに違い  くなってあなた  く習字  くなる疑念  く見せつけられている彼女  く沈む質  くかがまり  く浸みいる人生  くなって眠りほうけている女将  く迷わし自分  く起きて三  くなって姐さん  く眠っている時子  く凋  く結んで静か  く帰って来てから  くたつ粥  く言って独り  く湧いてくる笑い  く吸い取らせている時  く偶然  くされて住居  く吸いつくよう  く酌み交わして直ぐ  くて言う気  くくいいっている程度  く輝いている下  く上げて部屋  くて温か  く腹部  くては空虚  くする改革  く叫ぶの  くなり奔放  く踴躍  く伝右  く怒るよう  く聴かされる兄  く死んでくれというよう  く無情  く大砲  くに潜んでいて時機  くなって勉強  くとも仕方がない  く吹く秋風  く深井  くて大胆  く想うの  く懲戒処分  く平一郎  くても幸福  くともそこら  くてうそ  く鳴る全身  くなります  くに涙  くあり得そう  く愛する二  く君達  く失って兄  くなって物  くするの望み  く尾沢  くする熱情  く庭園  くなって政治家  くて名妓  く連れて来ておくれでなかったい  く透る耳朶  く輝いて平一郎  くても母  くに鬱屈  く金持  く財宝  く済むよう  く済むの  くなっている動物園  く起きて来るん  くなる煙草  くても笑うもの  く鍛冶屋  くなってドン  くは手  く富  く軒下  く唯一  く似て居るかと存  く見る所  くも生きるの  くも鉄  くもそば  く小夜曲  くて立てそう  くかんげ  く遊ぶの  く調律  く半  く怒ること  くするとこまり  くメグ  くて教養  くあたるん  くのどか  く出るはず  くて孤児  くして下さる神さま  くたつあい  く帰ってベス  く思っていること  く親切心  くて婚約  く怒っているの  く一休み  くとも主  く思っているエミイ  くとも生物学  く仕様  く云われるの  くなるほど歎  くとも家内  く愛して居るよう  く逆らう気  くとも人生  く云うニヒリスト  く現在  く生きてお出で  くて不思議  くて精悍  くてムク  くてヌル  くなったりするもの  く帰って頂戴  く焼香  く猥  く鳴る手  く持つて來  く銜  く叫んで身  く鷄肉  く邪  く舞い飛ぶ有様  く降るの  くへの字形  くて外套  く帰れば腹  く恐れてゐる二  くして帰  く思いだしているところ  く活きる工夫  く清掃  く硯箱  く稼業  く打ちすぎ参り候  くなる証拠  く進んでいること  く想っておるの  くも応対  く手ぬぐい  くされて耐  く切り上げて金剛寺  く去り状  く遠国  くふさいでいなさるよう  く吹きこんでくる雨  く割ってうご  くも見えるそう  く身じたく  く納めているので有名  くすさんで見えるの  くいえば口  く突き出ているの  くするに相違  くかわすの  くやるよう  くなすっていらっしゃるお方  くうるんでいるの  くふるえる声  く寄りかかるの  くいる者  く帰る支度  くあけているの  くささやくよう  く仕入れて売るもの  く龍造寺  く金剛寺  く住んでいる一  くしずめるため  く立ちまわっておいで  く招  くなれる磯  くなって中座  くなりつつあること  く対応  く泊まっていらっしゃい  くおつむ  くて泣いているよう  く知っておるの  く路上  くいざり寄って肩  くなって黙ってうつ  くうたぐること  く思う存分  くしている日本一  く飛んで踊るところ  くうっちゃっておいて迷惑  く取り乱してあちこち  く表通り  くなりながら説明  く万年筆  く踏んで来るよう  く劬  くて肌  く駆け込むやう  く思ふもの  くこするやう  く絶えて了  く取捨  く愚痴  くも籬  くも吹ける秋風  くかきおこしなさけ  くもゆる火  く瀬  く水嵩  く啼く千鳥  く残れる秋  くて暮れ  く湧きくる海  くことば  くもあげよあゆ  く棚引くしの  くもゆけるかなすゞ  く千枝  くかきわけて谷  くも叩く響  く懸れる大空  く飛び走り  く藍  くさせる種  くなって居る祖母  く成りまさって行く様  く輝く桑  く巧妙  く成って入ってるん  く当る相手  く思って居る外  く居る積り  く寛  く阿彌陀  くもあり勝手  くて達者  くなる憎しみ  く憎んで居る自分  く返せる筈  くしてうずく  く掛ってすみません  くなれっこ  く光る髭  く仕て居る男  く握り合ったり肩  くし目  くギョロ  く放蕩  く嫌うの  くも悲劇  く貴下  く重明  く千鶴  く采配  く此類  くやあ  くして聯  くて用  く絶対的  く初声  く論ずるつもり  くより英国  くも知れる彼  く浪子  くば紅  くかき集めて内  くして山気  く六月  くて大気  くなるほど容貌  くひがみてわがまま  くお伴  く県令  く寸分  く別離  く起こりて例  く婢  く困り入り  く看過ごしにいたし候  くなりわたくし  く存じ上げ参らせ候  く海軍大臣  くたつこと  く植え散らし  くこなた  くも伏兵  くまで奥  く言い放つ武男  く座ぶとん  く転地  く怒つて  く騰上し  く千々  く子爵  く喀血  くして愉快  くも散るさくら  くなりまさる風雨  く養生  く覚ゆる叔母  くも舞台  くあらたま  く夜食  く医師  くも帰艦  く夕空  く会わン  く子細  く鉄拳  く盛れる菓子  くしてハンモック  く痼  く胸底  く右舷  く戦闘  く水柱  く切って回す力量  く川島  く佐世保  く後妻  く体質  く黄海  くして心  く遼東  くいたすよう  く千鶴子  く打ちほほえみ  く語れる面影  く組みて枕上  くてすみぬるも心  く罵り叫  くも山添  く飛びたつもの  くも母屋  くしていずく  く輝きわたる  く鎖したる  くは武  く黒み  く呼ぶもの  くも辿ること  くして瀬  くして南  く汲み上  く立てる神殿  く潔  くして路  くなりて小前田  く輝き出すもの  く居るわけ  くて電車  くて昼食  くなってもやもや  くてやりきれるもの  く帰省  く郵便  く点滅  くなって陳列  くいたましい  く疑うてゐ  く見るやう  くなる義  く区  くおの  くして入室  くなって倒れているパイ  く林檎  く官姓名  く使って南極  く銃殺  く沖島  く喰ってのん  く編隊  く囚人  くなりすぎて機会  く楽屋入り  く乗り込んだりすること  くも惨敗  く噺  く出演  くても割合  く大道具  く奏でてもらってフィナーレ  く毀誉  くくれてやるという風  くて近代  く言うの  く口上  くまで厄介  く木札  くて浪曲  く妖婉  く物言う者  く響きて夕闇  く小川  く起きいでて常  く光りて昨夜  く縁先  く望みしフランス  く浮かびて回転  くかなた  く響く銃  く積みて風  く働かしめて耳  く望み  く春草  く握りて眼  く吹きつつ大股  くしてわれ  く起きて稽古  く起き出て手  くてほと  くて淫蕩  く話すところ  くて穏  く見せて居るの  く省みる  く住んでゐる界隈  く楯  くお見舞  くして相手  く思はれてしかた  く起ち上  く晴れあがつた  く吹いて来る日  くまで調べ  く手招き  くとも年  くは泣いてゐ  く花びら  くて寝ついてしま  く隣りの男  く新宿駅  くみえる亭主  く育てる道  く割烹着  く往って来い  くなるほど力  く裕福  くて念珠  くて喚き出すと手  く捨吉  く揺れるの  く話し散す  く構えて耳  く怪しげ  く入来  く暮し  く行届き塵  く其室  くして肉  く有る例  く捕縛  くて両  く威光  く跳附  く其身  く其人  く炙所  くなり夫  く考えて御覧  くなるに連れ余  く引留めて自ら  くて夫  く見破る工夫  く行けば詰る所  く其館  くも通り  く憤り拳  く遣過ても無益  く叱るに彼  く考えて見ると生田  く陪審員  く続く可  くなって何れ  く言われるもの  く書き物  く斯様  くなって此方  く通り過ぎて了  く出て悪戯  く際  く斑点  く帰せば銭  くなって行く室  く状袋  くソワ  く冷かすよう  く行くそう  く慰めるよう  く書き伝えているの  く照らされているの  く漂う尾花  くまばら  く庇ってくれる小坂  く山名  く圧さえている不安  く眺めてはい  く申せばお家  く見せているの  く毎晩  くも推量  く引っ掴んでいるの  くかれら  く斬りまくられそう  くして駈け通るの  くむせんでいる水の上  く横たわっている村  くも頸  く権右衛門  くなっている上  くも太刀  く小坂  くも申すよう  く積まれてある骸骨  くければ人  くては仕方が無い  くて天上  く抗する事  くなるとともに商売  くなる谿  く仕合わせ  く緩められて行くいろいろ  くなっている彼方  く張って来る心持  く続いている牆壁  くても心  く見ているもの  く拡がる花火  くは育つてゐ  く行けば何処  く出してやるには女中  くゐるうち  くなんかあるもん  くなって川崎  くして鼻  く肥えて赤ら顔  く群峰  く麓  く旅宿  く晴れて朝日  く忠誠  くあけて外  くのぼっている月  く吸いこみながら何  く裂きながら注意  く貧乏ゆすり  く答えて口  く幹部  く歩きながらハンドバッグ  く見える刑務所  く反り  く丸め  く襟巻  くして手  くつかわれちゃこまり  く降りて来て目  く下げて靴下  くはげているの  くなり綺麗  く何人  くて貧弱  くも簡単  く掲げられているの  く浮出しているの  く久世  くなり家並  く生駒  くかくれるん  くても飛びあがること  く開いている空  く浮彫  くて岩  く見える顔  く頭目  く隠し場所  く黄金  く瀕死  く学費  く解いているの  くついてくるん  くて台  く裏表  く登校  く食器  くも博士  くなる正午  くいくと巡回  くのがれること  く慎重  くしていて頂戴  くいってくれたまえ  くいけといえばいかん  くもフラフラ  く黙っているん  く鉛  くて始末  くまで寝坊  く庄吉  く苛められ乍  くなり足  く社会的  くも救い出されるという悲劇  く植付け  く我意  く規定  く頷くところ  くしては不便  く失業  く聰明  く懸っているところ  く利潤  く生きて行けるだけの衣料  くても利潤  く本質  く考えさせるところ  く教科書  くと青線  くしてだらし  く打たれて鼻血  く屋上  く毆打  くは寢  く富之助  く飛ぶ鴎  く描くの  く暖炉  く朽ち葉  くなっている手前  く動かしながら非難  く訴えるよう  く動くごと  く焔  くたばこ  く習慣  く見える素子  く芝  く吹きまわし  くなりまさる  くて口数  くなっている今  く透きとおるパイプ  く並木通り  く足音  く連なる耕地  くなるみ  くまで庭木  く刻まれている二  く思っている心  くマッチ  く素子  くなってしまうにちがい  くひらいて東京  く早川  くきら  くて奥  くコスモス  く兵児帯  く保  く動いていること  く食わせてやっているくせ  く食べているの  く書きつめられている字  くいう純潔  く見開いているよう  く写っている立派  く求めている純潔  くとも伸子  く電流  く和一郎  くて長寿  く意気込んで雪  くエリ  くつづくん  くとも主義  く衝撃  く響く足どり  く架空  くかえる  く感じる気持  くあらわしはじめて  くかけている保  くあげて髷  く湧く涙  く示しているの  く裂いて機  く光ってる眼  くまめ  く水白  く光っているとなり  くまわすこと  く複写  くひらめく知性  く縛られているよう  く純白  くそびえているタンク  くラック  く光る柱  く黙っている伸子  くなり肩  くなっている絢子  く光る蜘蛛の糸  く映っている金魚  く専攻  くとりま  くなっている高校  く光っている雲  くひっぱって発音  く見えるほどブロンド  く溶けかけている巨人  く模写  く通る廣  く立ち續  く隨  く描いて居る私  くなれば夜鷹  くなるほど言  く幼少  く見える人  く持ち上げて見事  くホコ  くづるゝばかりうみたる  くなる女  く強奪  く敷かれている地  く見える老人  く賭場  く覗いている様子  く紙帳  く立っている離  く引く呼吸  く喘いでいるの  く延びて差し  く放心  く切られてはい  く乾いている庭  くなる季節  く見えている戸口  くて清らか  く爆笑  く上がりそう  くも曼陀羅  くなしたり浅薄  く勤められそう  くイタリー  く陶器  くスワンソン  くしておれ  く起きていっしょ  く絶版  く失うはず  く感じるわけ  く売れるわけ  く奉仕  く売りつつも繁昌  く売り切れ  く見える客  く設計  くも天皇  く言えば苦労  くてかゆい  く雇うこと  く奢侈  くても責任  く指導者  くても自由  く懸命  く手不足  く正札  くなって来る様  く売るというよう  く売る事  く経営  く販売  く体裁  くして奥行  くといった方  くて上役  くなるゆえ  くへり下る必要  く売ってあげるの  くさがって奥  く賃餅  く低減  く商品  く働く店員  くなり掛ける途端  くなっている所  く向き直る工夫  く行手  く潜り込んで行くよう  くもなってくれない  く立て  くなったり四角  く厳密  く繰返し得る男  く通り抜けてる石ころ  く動く所  く思われる上  く詰めるもの  くなってる所  く力足  くなると云う方  く剣突  くある長屋  く片づける了簡  く云うとシキ  く聞き流す料簡  く交っ返し  く帰れと云うん  く浮き出すよう  くなって静か  く坑  く初  く燃えて煙  くなって元気  くなって腋の下  く這入る気色  く上がるから  く開いてる中  くなりつつ変化  く華厳  く出ては暗がり  くすると云う点  くとも安  く煎餅  く生きて行くこと  くなり得るよう  くして妨害  く語るの機会  く持たなかった  く陸軍  く軍閥  くビェ  くなる幾多  く思うは普通  くも思い呆れもして不満  く思ふを人  く見ゆべし  くされて渋りがち  くされる窘窮  くも恥  く立入る必要  く調達  くてもこれ  くなるので実業界  く語学  く二葉  く粘り着いてる心持  く抑えつけられて手  く沈着  く在留  く呑  くして諄々  くして機嫌  くなるまで全力  くても滅多  くも彼我  くも露  くも帰朝  く立てる墓標  くロマーノ  くてバンコ  くて仮定  くいへば松木平  く曲りくねつて  く生かすといふたて  くも後年  く健在  く同業  く苦情  くもアカデミー  くウトウト  く解いておしまい  くて思い出す度  く御返事  くなっている私  くて幽霊  くして驚き  く貞女  く笑われる声  くなるまで我慢  くさえ思われて来るの  く苛立たしい品物  くて気味  くて立女形  く止めさせるという凝り  くなって死ぬ  くなるほど噛みしめて我慢  くその時まで  く思念  くに思い当っておいで  く落ちておいで  く推服  く見る気  く印しているの  くなるからと臥床  くゴタクサ  く洋楽  くても猫  くは建  く説くから  く説いているもの  く入り込むこと  く現われているということ  く自己意識  くあこがれているとだれ  く選択  く言えばこれら  くして始めて美  くとどろいていなづま  くまで遠征  くうなり声  くかがやける水平  くなり字  く地図  く鯉幟  く話してくれたまえ  くも洞  くも例  くとること  くて全身  く救い  くとれればそれ  く起きあがると頭  くスタート  く渡川  くさかれて風  くほえる  く光る波  く助かるため  く武器  くしょうすい  くとるかと見れば口  くもニューヨーク  くやってくれよ親分  くあかつき  くくちびる  くかれの脳  く光る湖  く防備  くなか  く足げ  くひきかえそう  く海蛇  くすぎて夕方  くホーベス  くのだちょう  く汽船  くも楽  く濁るの  く礫  く続けてできる体格  くなって膨脹  くなると危険  く平穏  くしかめて夜具  く読みながら壁間  く論決  くも今朝  くとも藤井  くて髪の毛  く消え失せてゆく向上心  くてはほんとう  く上げて北  く燃えさかるやう  くゆくかしらと考へるの  くなりながら微笑  く信一  く報いる為  くいう我国  くて一家  く暮す中  くしたりする人  くいくよう  くも高  く売れる書物  く売れる小説  く引用  くも資本主義  く知識欲  く思いつつ寐  く投げ掛けてあること  く辿って行く人  く消えてしまうの  く佐渡  く刃傷  くそめてうつ  く駈け登  くづれがゝつた  く輝くすゝ  く光る刄物  くは支那  くも御髪  くも志  くこそ思ひ切り  く尋ね問  くして郡  くおしつぶしてゆくよう  く示  く掴む歴史的  く省みさせる点  く村落  く平らか  く流されて朱  く大字  く持ち出して売れ  く積み出してゆけというたぐい  く永劫  く裁かれるふし  く潜在  く捨てるに忍び  くとも大胆  くとも力  く走るよう  く走っているの  く抱いている点  く驀進  く善行  くともかかる理不尽  くとも死  く系統  く自存  く愛していると答えること  く外界  く憎むこと  くとも憎悪  くとも事なき  くとも智  く取り囲んでいること  く蔽う繃帯  く仮想  く肉慾  く親しまれるたち  くて飛  く毎夜  くて徹  くて瓦斯  く機敏  く意表  く落ちるかと見え  く微笑むもの  くスバ  くて歎  くういている道  くくずれていくの  くまで待っていました  く凝るとき  くするを以  く画  く断わるにも忍び  く吸わなかった  く玉島  くなっている玉島  く大金  くなって横たわっているの  くも捕縛  くうろついているうち  く映じさすの  くして見合い  く見開いてピンポン  く岳父  く揺るの  く許し  くたそがれ  くたしなめてから  くひたして空  く外遊  く奥さま  くてお仕事  くチャンス  く忠告  く着飾ってドラマ  く首筋  く手荷物  く畳んでこいつ  く向  くなってそ  くば暖簾  く仲人  くば草履  く行って蛭  く嘶いて前足  く白痴  く餌食  く続き  くても里  くされて口  く崇神  く虚報  く相通  くして祭祀  くする床の間  く侘助  くなりゆく現実  く覚える日  く切りて読む本  くも楊貴妃  くして帆  く映る一  くとも空  く泣くこと  く持たれると云  くする風  くなりかかつた  くして思ひ合  く見られて居ること  く捨て去ること  く述べるやう  く思ふ所  く新郎新婦  く跳ねたり今朝  く十二月  くばかりして抜け落ちて行く髪の毛  く錆びが附  くみどりの  く笑って見て居るところ  く動かしてダラリ  く動く感情  くとなって行く娘  く結って瀧  く思って笑い  く座って居る男  くする毒気  くなるまで女  くなる肥料  くなりながら女  くて髪  く見つけ出すということ  く軽微  く隣りの風呂屋  く昇汞  くずる  く洗面  くくすぐる  く思ふ鶴吉  く押し静  くなりして歩いて行くの  く畳んで此奴  くいひさ  く沈んで了  くは紅葉  くして十月  く感じて赤裸  くするという薬  く保ち合うということ  くは今日  くは毎日  く辿って行くとき  く道破  く別れること  くとも一大  く考えても当  く考え過ぎたりすること  く沈滞  く考える時  く考え過ぎれば生命  く庭草  く痛感  くもがなの邪魔  く愛し得るわけ  く協調  くも荊棘  く引いて掛け声  く間違い  く頷く了  く触れるよう  く酬いられる人  くなる果てし  くても真理  くても他  く逆  くとも仏教  くも無邪気  く築き固めるなりして害  くして菖蒲  くアンリ  くデュマ・フィス  く着色  くもパリ  くも劇作  く動いて行くやう  く為し得るところ  く咲いて音  く凋む一輪の花  くされている青  く逃げ落ち  く母艦  く離れてしまっているの  く急速  く川波  くなり蚊  くて帰京  く美樹  くていらいら  くふくれ上  くて戦禍  く八幡村  くて震  くして民権  く思い定めよかし  く膝下  くて感涙  く将  くして一片  く不遇  く尽す処  く無下  く交誼  くなりゆき  く行い  く漁り  くも失望  くも破れ居たりしこと  くて瞬間  く知れりき  く浮かと日  くば幸い  く包  く恩典  く出獄  くして晴  く扱い  く跼蹐  くも帰れること  く飾られて宛然  く処断  くも後日  くも朝鮮  くかかる家庭  くも牛馬  くして陸  くして水  く神韻  く生きて行ける幸  く生じていながら実  く羅  くするを一  くて歌  くも漢字  くて創作  く本居宣長  くかけはなれるもの  く溯るもの  く生かすこと  くても公卿  く九条家  くとも俊成  くもあるか夏  く直覚  く誇らか  く主我  くは拙著  くなっている材料  く中世  く藤岡作太郎  く知っておられるところ  くもあり不便  くなる命  くば住みうから  くて別れ  く流れる平安  く曇る夕立  くも定家  く眺  くも秋  くもとき  くあらわれているということ  くもみ  く感じうる心  くしらす  く騒然  く罹災  く見ひらいて何だか  く飛びて木の葉  く唄い連れ  く光琳  く押し流  くも目  く設  く響き渡り  く語らうを身  くも淡紅  くて品行  くも半ば  く来て下さらなか  くお土産  く楽しむの  く打ち笑い  く三池  くも笑い  く説き込んで遠方  くば善  く成り行き  く沾  く見られさ  く透る感  く投資  くて恰好  く持っている人間  く罵る叫び  くなるほど荷物  く買えると彼  く売りに出す人間  く敷地  くして監物  くあげながら監物  く不動  く留  く出社  くなる癖  く頃合  くしたりすること  くして呆れてゐる顏  く見過ぎる弊  く政治  く見える喉  くなりかける頃  く松永  く思はれるかね  く思ふ処  くして官  くし得るの  くびすをめぐらした  く日だまり  くはなしさ  く続くうち  く養父  くびすをめぐらして  く横流れ  く瓶子  く猿臂  くも亥  く忍び笑い  くぼ地  くなってゆく京  くもその男  く逃げてゆく相手  く道ばた  く小路  く倒れる相手  くかがやいている目  く死人  く日の目  く打擲  く蝙蝠  く寝るごと  く鉾  く厩  く次郎  く熱している片目  くも尾  く徂来  く回っている物  く鳴く蝉  く盗人  く月丸  くは納め給  くも足  く捕へ得  く走り迎  く侍るかし  く射殺  く承引  く削りて矢  く冴えて清らか  く思ふ折  くも爾  くも罠  く守護  く成仏  く褒  くすると十  くなる勘定  くさせるから  く見ゆる紅梅  くすると人  く消えるの  く裁  く契  く響いて廓  く眠って了  く飲んでそのまま  くまで出歩いている筈  く四面  くば今夜  く眠られなかった  く好人物  く鼓吹  く心頭  く閉めて室内  く打って二  く叱る細君  くて支度  くゎあ  く分けてスッ  く竜頭  く俯目  く縊  く戯  く端麗  くなって飛  くなって来ているよう  くはあるが非常  くベッド  くー  くなるには露  くユンクフラウ  くケルン  く半円  くローン  くまでは見わけが  くトンネル  くなって来ている彼等  く行っているとはい  くかかげて無風帯  く翻るプラ  くソヴェト  くとも五ヵ年計画  く低率  くなってなア  く接しているか  くイギリス  く蕎麦屋  く見えて茂  く乗合馬車  く寝込んでゐる友人  く朝食  く白樺  く出でて来て此処  くならぶ八  く寝て眠れる馬  く樅  く切れ  く書く必要  く蚕豆  くて真直ぐ  く肉質  くて豆腐  く聳立  くも結婚  く整形  くするゆえん  く同君  くも他  く栽培  くも開花  く徳川時代  く玉の  くたま  く改称  くて顔色  くなる苗  く残るゆえ  く穂  く茎  くを其色  くて垂  くて食用  く花穂  くして暗中模索  く大形  く抽んでている大形  く有するもの  く普通に  く出して来て東京  くて胚  くクリ  く尽すという表徴  く斯界  くて水石  くてゆくわい  くなってうご  く切身  く夏休み  くなっているしょうこ  くなってさび  くいうんだって  くランデブー  く南欧  くに廃れて今  く廃語  く生ずる宿根草  く振り出し  く歌人  くて皺  く花筒  く陣取って並んでいる管状  くて香気  くて斑点  く野生  くて問題  くできて花  くゆえ  く散落し  く種子  く学名  く言えば博愛  く笑みかけるの  く寂びてゐ  く寂びてしま  くなるごと  くてふしぎ  く馴染んでゐるだけ心  く覗いてゐる玄関  くひに頼んで庭  くなる哀愁  くがつて  くとも燃え  くなって手玉  く亡夫  くしてチョイ  く法医学  くして金歯  くともチョット  くもイギリス  く潰れるシロ  くして天井  くて世間  く閻魔大王  くも市内  く猫のように  く治癒  くも河内  くして首肯きながら襟元  く頬桁  くともこっち  く用いられている文字  く音韻  くなり唇  く国語  く攪乱  く和洋  く暮している現在  くも調子  く耳学問  くて鈍感  くとも利休  くときめかす匂い  く糊塗  くして先生  く諄  くて寂寥  く擦れてなはると蔭  く吐出す罵倒  くて世話  くして権高  くて一癖  く潤う闇  くなれば三  く奇声  くして円陣  くごはん  く眼光  く見掛けられるやう  くもぐつて  くて舌  くて不衛生  く落下  く高慢  く浦島  くて琴  く光る大広間  く飜弄  く眼下  く呻くやう  くともおれ  く愚劣  くとも沈むといふ事  く一様  くはへて帰  く申してゐるの  く感じると言霊信仰  くとも平安朝  く節約  くとも方言  く考えたりするよう  くなるがまま  く照らし出されている赤  く罠  く切れ味  く歩けるん  くパーシウス  く飛ぶ仕掛  く濡れるの  く獰猛  くバスケット  く遊ぶただ  くては彼  くしてしまうよう  くなって行く有様  くあそべること  くも威張っているよう  く騒いでいるよう  く暮らすため  く刺されていたか  く分る通り  くたたく音  くなってしまうよう  くなってゆく夕闇  くついていらっしゃい  くするヴィーナス  く思えてくるの  く見せている気持  く締めつけるん  く話す値打  く照らし出しているの  く飛び上るもの  くくたびれるん  くしてあげること  く腰掛  く修繕  く鋤  くたって行くの  く飛んでいるにちがい  く乗り手  く燃立  く立ち並んでいる構内  く信号  く椋  く父鬼  くなり形  く荒れて行  くしてなほ  くひらかれ手  くなじみ  くぎん  く咲くなみ  くやはらかく木の芽  くつくし指  く口ずさみ渚  く日南  くありぬれ  く砂丘  くねむりゆくしづ  くまでみぞ  く抱き交しつつわかれ芝生  くして寒い  くも冷えたり今  く伸びて床  く出ていきたまえ  く知らせるん  くよこしてくれるよう  く教誨師  くも衣  くて繃帯  く作業  くかたづけてしま  くなって人造  く山形  くとめるん  くがく  くよりそ  くかかし  くこよひのここ  く寄りそ  くすぎてゆくの  くも屍蝋  くなりて家  くするかつて  くひるがへる商業  くふしぎ  く沼地  くきたれここ  く濡らし怒り  く齲齒  くもり日  くみよ  くこいを売って家  く滂沱  く樗  くして圓  く思はれて來  く落膽  く生れて來  く插入  くはへて歸  く生きとおせるよう  く離れている事  く道徳  く獅子  くて利  くしてあげているわけ  く動く指先  く夕食  くしている態度  く間抜け  く見えるが上  く切符  くも民子  くて猫  く出すよう  く真盛り  くもなること  く洒落れているの  くなるに従ってだんだん  くとも返して貰うこと  くして日向ぼっこ  く行っているよう  くなって肉体  くする傾き  く売払うこと  く売るよう  くきまり  くあみ  く待つよう  く取る方  く迎えているん  く聞きただしては手帳  くも財物  くてとッ  く帰って僕  く小雨  く打ちとける事  く見える様  く思われて立つ時間  く光って束髪  く働いてねうち  く千世子  く保つ事  くとつられて泣く赤坊  くうなだれて仰言  く依田  く突き刺すよう  くなって来て気  くて政府  くふれてゆくよう  く云えば釘  く作る必用  くは此  くて道  く宿命  くはへてパクパク  く決意  くキワ  く劫  くパチリ  く勝利  く見られること  く行くと鼻持ち  く云々  く伝説  く持上げ得る者  く保つよう  く視るスタンド  く達治  くなって何だか  く粒々  くは手紙  くて昏  く思う心持  くなりかけて目下  くていらっしゃるの  くて閑静  く川口  くふるへて霧  く戦く若葉  くさせてゐるの  く視力  くゆるんで行く睡い瞼  くふくれ上り  くもやつ  く群盲  くふるえて霧  く喰いちがうこと  くなれなかった  く訴えている青年  く言えば午前  く立ちまわって背後  くなり加速度  くうなずく銀  く上げ舵  くしていためし  く死ななと思ふばかりぞ七月  くて谷底  くて老いゆく程  くさとるとき  く書き了  くなりにけりひな  くて蚊  く生きよと君  くして願  くオート  く生物  く構図  く箱根山  くなって甲板  く上り過ぎているよう  く行方不明  く濠  く宏壮  く思う品  くなっている酒  く感奮  くば異常  く歩み  く波打たせて思案  くも本式  くて寒気  くフヤ  くも発見  くとも橙色  く使って日記  く無関心  く割引  く悶えているに相違  く如上  くしなう  く走らすため  くなって行く所  く握っていらっしゃるん  く沈み  く語って了  く動く空  くつづく見物人  く引っ張って押しつぶすよう  く有名  くその他  くて往生  く殺しちまい  く雛  く入場  く仕留めるの  くなって退場  くしてある所  くなりより架空  くなって成って行く様  く反響  くボロボロ  く切ってある遠方  くチョコチョコ  く夜着  くなるにつれて家中  くなり喉元  くして息  くなって居る前  く見える前  く持てるだけ持ってどっか  く行ってしま  くしかめ  くえさ  く報  く賢明  く密偵  く揺らいでいる空気  くかみしめること  く字  く捺すの  く書くと非常  くは仕事  く形象  くてハト  くて丁寧  くしてあげていらっしゃる様子  くなる生活  くてうち  く戸塚  く行届かせて話すひま  くなって御免なさい  くなって差  く養分  くなりすぎるから  くはお話  くインチキ  く夕立  く感じる毎  くて八月  く励ます光  くまし  くて能率  くても前進  くて保田  く心理  くなってこわれてしまっているから  くして心配  くやっていらっしゃるから  くとも稲  くグースー  くてキュー  く脱皮  く文展  くなるし破綻  くプラス  く一貫  く馬力  くうたえるとき  くて給費  く昨夜  くてお母さん  くフィリップ  く名流  くなって祖母  く廻して飛行  くモリッツ  くロジェル  くするにはコルク  く尺八  く曳く音  く立身  く暮すよう  くなって樹  くして部屋  く思っちゃア  く片づけられるもの  くづやさんに  くひさ  く云っているん  く竣工  くなるまで働いている様子  く御座  くして文壇  くなって雑誌  くて買えゃしないからね  くホーム  くひ叩  くにのど  くでて来たま  く愛すればこそ理解  く死んでゆくもの  く藤村  くて餡  く新酒  く寄せて碧  く書かれている筈  く頂かれるもの  く話しあっていること  く野性  く吸い口  く張りついている茶碗  く亡霊  くに沈んで行くの  く分っているん  く突き出ているん  く照らす日  く迫害  くなるにつれて無口  く伸びて一方  くて多く  くも大鰐温泉  く見かけられるやう  く消防  く股引  くして威勢  く青森  く一ぱい  くとも微醺  く主観的  く砂浜  く当るので不作  く聳えてゐる大倉  く津軽  くして云々  くなだめるやう  く知悉  くリンゴ酒  く聞いてへん  く盆踊り  く海運  く松前  く朱色  く弘前  く白茶けて皿  く積まれてある五  く飲んでしま  く時勢  く異民族  く浮んでゐる感じ  く見える土地  くも遠くへ  くも無口  くして黙つて  くまで迎  く窪んで海水  く馴れてしま  くたけ  くおだやか  く首肯いてそれ  く生かしてゐるの  く持つてゆかれてしまふの  く盗まれてしまふ粒々辛苦  く由子  く野々宮  く浅薄  く色慾  く戻る方  くひとめること  く前田  く諦  く気付きうる敏捷  く並んでゐるの  く姓名  く人性  くまきこまれてゐる自分  く駈けめぐり  くたかめるもの  く田巻  く殺してゐ  く吹き倒されてしま  く頽廃  く息づいてゐるの  くも余燼  く苛  く無気味  くて贋物  くきいてゐるの  く冬空  く響くん  く一目散  く立ち上つて  く新潟  くづれぬ  く穏便  くひねり  く落ちてくる黄昏  く流れて熄  く高邁  く慎  く見せるやう  く生きるひと  く虚無  く告別式  く表面  く破綻  く溺れて果てん渦  く豪華  く辞書  く憎みはじめて  く下して部屋  く這入れること  くなりて待ち  く花吹雪  く切株  く望みし馬上  く痩肉  く積める荷車  くひにゆ  くみづから  くもこころ  く聞きたりけむ  くイ  くひいで玉  くより目上  く呉れて終  くて張り合いがなかった  く持ち主  く積り  く書いてあるもの  く血走る眼  く続いているの  く並んでこちら  く暮す身の上  く下げて前  く飛び上り  くして夜  く点頭くの  く立ち並んでいるため  く見たり聞いたりして王様  くては仕方がない  く暮すの  く湧き返る波  くとも香  くも赤  くケラケラ  くて平生  く伝えるの  くうなずいて四方  く見張らせるよう  く握り締めるため  く睡っている様子  く眠っておいでなさい  くなって敬礼  くなって身構え  く鎗  く蜂の巣  く行ってごらん  く穴居  く欠員  く憶病  く毛髪  くするかといふこと  く聞えてくるの  くして観照  く揺れる二  く校門  く歪みかかるの  くて素  く間道  く成し得るの  くは眼  くて惨め  くなる部屋  く殺伐  く神社  く存する事  く遺っているの  くまで出て来る様  くただちに  く農民  く棲んでいる人種  く思って見て通ること  くクカイ  く立っている樅  くしてしまうとき  くしな垂れるサルオガセ  く谷川  くなって莟  く銹  く斜線  く鳴るから  くと南  くまつわる山  く半天  く抜き出る北岳  く光る朽木  く釣台  くと挨拶  く確  く読み了  くて明快  く推賞  く日本化  くダイナマイト  くなるほどに手荒  く逝く他人  く印し来るばかりを能事  く切り取って犬  くとも汽車  く映る灯  くとも裸  くなって枕  く余れる柿  く生きておるという一  くきめつけられ了  くとも衣食  くなる時節  く全面  く取りすます  く含嗽  く発着  く顋  く顋髯  く隠れるよう  く洗い  く逼  く持つ女郎花  くて規則  く西北  く煙りの立つあたり  く弾かれるよう  くも裾  く上れば多く  くコバルト色  く過ぎて私  く出れば夕方  く与えているの  く淙々  くとも湯  くなるン  く張る時  くより寝床  く入らッ  く當惑  く起き兄  くて殘念  くする容姿  くまで宵  くふくれて來  く感じられもするの  く叫んで右手  く兩頬  くさけぶ生徒  くても判  く拭きとつて  くのこと  くなって弁解  く見える流れ  く改良  く矢部川  く漂浪  く蘇らせる事  くなれば食  くかかぐる  くして探し手  く沁み込んで來  くて病的  くも美  く引き裂いては唇  く感じ得るやう  く荒れはてて了  く摘みて凝視  くなろと息  くつく呼吸  く去るとも人  くも電車  く擔  くしめりにほひき  く饑  く睨む時  く落ちてなげけば薄  くあま  く仰向きて浮く水の上  くかつくと目  くふりつもる雪  く光れる金  く鐵  く家鴨  く投げやるこころ  く卒  く見すごすやう  く見入  くいふ母  く過ぎる六月  くユートピア  くはあるが赤  く徹夜  く感じている心  くなる不便  くて柳井  く入営  くて残念  く吹いている日  くビッコ  くて四十三  くなっている由  くなりすぎそう  く広島  くなると閉口  く並んで通るの  く笑っている女  く流れるよう  くてもカラリ  くなれば家  くて癪  くのぼせて貴方  くなり十  く頂きます  くなり切れなかった  く愛しながら一緒  く云っている点  くなってインク  くがっていらっしゃい  くサッサ  く買っているよう  くてはもっと  くねること  く寝ろとあなた  く噛んで呉れる互  くて張り  くてトタン  くても正絹  くてトラック  く見えるため  くても卑劣  くとりまくもの  くとも昨今  くても時折  くおりている夜霧  く仰云  く勤勉  くしてゆく無限  く原っぱ  くのこしておくため  くて風呂  くなって玄関  く流れる情感  くなったり外出  くて一座  く送っている由  くなって悄気  くしたりしてしまう由  くてサア  くぐってあちこちするようなやりかたについて  く消し弾き出す種類  くとも半年  く風変り  くておだやか  く感じられるということ  くつないでおく力  く感性  く望む心  くつけて平気  く破れて泥  くゆくもん  く矢部  くわかる質  くされがち  く受け流して行くの  く生粋  く兜  く笑っているよう  く履物  く袷  くさえなりそう  く控えている男  く駈け出して使い  く爛漫  くも蓋  く積んである奥  く踊っているの  くなってあい  く見える守人  くなって眠っている無心  く待つ気  くほほえんで空  くしてどぎまぎ  くして寝たきり  くて寝泊まり  くいくら  く役儀  く市井  くしておれば生命  くけちらし  く襲ってくる不慮  く敷き詰めてあること  く内藤  く寝る下町  くも捕手  く手配り  く生きる道  くなり娘  くなって頭  くして狂って居る様子  く光る霊  くさわぎはます  く行って居るん  くうなだれてビワ  くこびりついて居る痛み  くもめが白銀  くふくれて居る黄色  くさえ有れば平民  くなれるもん  くさせながら私  くなって来て部屋  く坐って祇園  く秋蚕  く運ぶこと  く未知  くやってきそう  くてなかば  くてヨーロッパ人  く無類  く引き上げる特質  く公務  く働いて心労  く生きながらえているの  く結びつけるの  くつっこみ  く知っている人々  く引っ込み  くて複雑  くは発見  くて気もち  く済むわけ  く述べて退屈  くどぎまぎ  く従うということ  くそそぐの  くては人間  くさまよっているとき  く苦しんでいるエリザベート  くして無残  くて壮大  く沈下  くみたされるよう  く塗られてあってきれい  く驚嘆  く愛情  く悩んでいるよう  く習得  く上達  くして悦ぶかということ  くなってわたし  くいくという気  くしている家  くする絆  く参っているの  くて近  く傷ましい悔恨  くてどうこう  く過ごしていること  く栄養  く胸さわぎ  く呻き声  くしてあげられること  く住めるわけが  く話しこむこと  くアイルランド  くなって倒れるの  くジュネーヴ  く迫るもの  く堪えられる者  くシェイクスピア  くある所以  くは日々  くは出來  く思はれてゐ  く生れてゐるの  く持つやう  く病弱  く參籠  く易々  くも呼吸  くはか  く至難  く光明  く聖代  く脈搏  く舊大  くは醫者  く脾肉  く戰爭  く便り  く文人  く春秋  く讀んでゐるうち  く讀ませて行くこと  く推移  くも大衆  く分つてゐる人  くて健全  く發程  くもつてゐるもの  く讀者  く死ねる覺  く良寛  くさせたか  く素白  くならうなどとは思  く觀  くのむため  く呼んでネル  くどなられること  くしびれるよう  くあおざめている時  く閉じられてあるの  くすごせるはず  くもおだやか  く栄冠  く空車  くもいたましい  くて鍵  く起きていらっしゃい  くして火鉢  く擽つたいやう  くかぶつ  くしても駄目  くしてゐる譯  く看視  くもあるん  く昏迷  くに挨拶  く陳謝  く疲れてゐるやう  く恐慌  く並んで三つ  く見える硝子  くて要領  くすると門  く振切ってしまうわけ  く憤然  くするはず  く舒  く円タク  く君江  くも課長  くなって来て化粧  く聞知  く進捗  くすると感  く向い合って二  く悩殺  く伸びて真青  くは交  く世田ヶ谷  くして世間  くいっては甚気  くも別  くなって失礼  く知っている芸者  く憎んでいるわけ  く乱酔  く思われたり恨まれたりするの  く酒屋  く切出して置けば結局  くては發展  くの着物  く幼体  く来て湖  く浮いて居るの  く層  く繕  く吹き渡り  く出かけて來  く頂いて袂  く生きる無言  く飛ぶん  く応柄  く簾  く浩然  く安価  く見てゐて御覧  く無心  くて寝てゐ  く見せてゐる半分  くインデアン  く颯爽  く見あげながら質問  く点頭いてから  く滑走  く果されるわけ  くなって詰問  くづして  くても高校  く威勢  くて男性  くに收  くなる眞  くあきれてゐるやう  く巷  く引つかき回すの  く發見  くては作家  くにさ  く潜伏  く應接  く書いてひとつ  くラスト  く書くとい  くなるといふ考へ方  く對象  くは書くつもり  くみると緑  く戀人  くいへば平家  く溶けこんでしま  く都塵  く行ってゐるの  くついてかな  く砧  くねるの  くても脚本  くして出すので楽  くては言  く日本酒  く土橋  く富士見  く行ってる時  く麦畑  くトントン  くカット  くレヴィウ  くして呉れるので感謝  くワッワッ  くて待ち  く行ってダレ  くすめばチャップリン  くサラッ  く切り上げて帰宅  くはなってゐ  くコオト  く看護婦  く松柏  く赦しを乞  くはブレスト  く翔び交  くしてさしあげる力  く生き永  く兄弟分  く轡  く花片  く押しひろ  く往還  くバンドゥーラ  くお供  く起きて風呂  く帰るといふの  く過ごすよう  く工合  く眠りっこ  くて朝霧  く追い迫るスキャンダル  く懸け垂れている一  く纏わり抱きあい  くに潜んでいて蜂窩  く沈んでしまうの  く淫事  く掻き雑  く呼びかけている女  くては過せなかった  く引き摺るよう  く燻っているの  く煽り  くくら  くにグサリ  く掻巻  くエトルスキ  く究  くなっている父親  く思いだしてぶるん  く重なっているの  く修身  くなり咽喉  くできてん  く促しているの  くふざけちらし  くなって展望  く京橋  く金切声  く塚原  く見ているんで一寸  く錯綜  く容体  くする途  くとも誠実  くさえ見える意気  く隠れるん  くても貴方  くあげつつ鏡  くなってしまっているの  くてさえ昼  く焼けている瓦斯  くて友達  く狂者  くかはしてしまふの  くそびえている煉瓦  くなっている塀  くびになる  く倅  くて奥行  く光っている坪井川  くさえみえてくるの  く不人気  く傲岸  く蔀  く盛れ上  くどなりながら上  く哀傷  くまで續  くなり醉  く混雜  くぺん  く星宿  くなるしへんてこ  くきこえ大井町  く考へる批評家  く思惟  く生きぬくため  く写っているよう  く雑巾  く動きまわっている時  くに寝室  く呼んで窺うよう  く働きつめるという風  く紋服  く鬱  くなっては体  く唐沢  くちやの  くびをひねり  く水色  く待ち構えるやう  く歪んでしま  く/\/\!」  くなるまで飲むこと  くきしめく音  くとも野趣  く鯱  く大漁  く変貌  くて乱雑  く暮れて病む心地  くしながら笑い  くふかし立て  くて柔  くなる方  くて贅沢  く差し上げて欠伸  くぼやけて寒ざむ  くとも格段  く観ての上  くまで匍  くも虫  く引きずられこづき廻わされている人夫  く迎えのランチ  くて歩けそう  く床柱  くロッペン  く輝く白樺  く饗応  くして反射  くていけなかった  くとも私たち  くかち合って騒ぐの  くも飛び込むと持場  くまくり  く寛ぐこと  くなってセーニャ  く見える翼  く思ひ舅  くして男子  くして不義  く不人情  く新日本  く謹護  く飲  く堪て物  く犯す可  く其名  く与へて婚姻  く与えて婚姻  く書けるとい  くて払  くな奴  くお発ち  く何時  くなる思ひに襲  くエレベーター  く切り抜いて二  くも国元  く使者  くプロレタリア  く闊達  く感じられる時期  く石狩川  くそよ風  く立ってゐ  く私共  くわかるので国語  くてこまり  くはしく話  くもよぶ高央  くゆく姿  く達者  くたれて風  くフチ  く解かれる程度  くゐれバ  く光らしてゐ  くなって室蘭  くなると顔  くて困るさ  くて単衣  くなってしまふ様  く暮していらっしゃい  くて皮  くて使  くなって風呂  く起きて一  く咲  くなるので此  くなってコロ  くしたり川  くて何時  くなる三  く愛する為  く御状  くは敷  く踞まつてゐる外  く降りそ  く空いている家  くして顫  く奉レ  く手垢  く歩かせるの  くタイプライター  く引いて寂然  く見える処  くみちのく  く湖面  く逼迫  く寂しげ  く面談  く文壇  く這身  くいって圧  くて化合  くふ執拗  く繰り返されてゐる芸術のための芸術  く芸術のための芸術  く行けば諸氏  く斬込んで来る源  く終って鼕  く飲んで別れ  く思われる事  く磔刑  く書いて有るの  く安堵  くも眼  くより蚊帳  くはあっても限  く源吉  く鳴く波  く哲理  く出来ているよう  く幌  く行き交う提灯  く幼馴染  く概念的  くいえば絶対  くとも数学  く徹底的  く言えばつけ  くて不潔  く勘  くおかえし  くむしれなかった  く恭一  く伝わって来る卵  くちゃ  く木の芽  くては嫌  く離  く腐るもの  く知る必要  くなるまで遊び  く気をつけ  くまで学校  く言うくせ  くなんかなれるもの  く言うつもり  く背伸び  く何もかも  くて危険  く思い出さなかった  く蝗  く由夫  く寝るん  くなれるん  く笑いながら頭  く仂  く取りあい  く誠  くて遊び  くぴったり  くても繃帯  く本田  くとも母  く結ばれているという感じ  く話しかけること  くとも作者  くも小説  く根ざす心理  く荒ぶ時  く働いてゐる芝居  く均衡  くとも子路  く子路  く孔子  くとも望  く知るほどの者  く纓  くはレベル  く吉村  くて大正  く繰返す言葉  くとも俳諧  くなる結果  くとも志  く横倒し  くする女難  くは捉  く西洋人  くとも芥川  く横町  く謦咳  く奏されてゐる酒場  くて奸譎  くして母親  く久保田  くとも長田幹彦  く思ひきめてゐる久保田  く思ひきめてゐるの  く浮動  く遣瀬  く進むの  く延びる頃  くわだかまつて  く表白  くて女神  く描き出す印象  く浮袋  くなってひとり  く火焔  く顛覆  くなって死んでしまうにちがい  く渦巻く海面  く従属的  く穏和  く緩和  くふ田  く焦げて火  くしてしまふもん  くて過ぎてしま  く觀念  くて濟  くして居るもの  くにゆ  く染めて白  くは久米氏  くて隔年  く藤原氏  くては滿  くかたくな  くすると云う意味  くとも色  く働いているもの  く働かし得る意識  く騒いでいる裸体  く用いられるの  くは七  く座禅  く作物  くなると前  くさっさとある  くある局部  くもなり得る理想  く片っ端  く万端  く結び合い愉快  くガーガー  く見える玄関  くリンゴ  くつるの  くよろこばせるもの  く寿江子  くても其  くかすみ  くもつよう  く洋館  くすり  くて沈潜  くなって土台  くて弾力  く月曜  くてもち  く協議会  くして葭  く軸  く小型  くてもすむわけ  く翫味  くなっていらっしゃるなどという考え  く求める気持  くつきつめるだけのところ  くて心霊  くて豊富  くなって来ているそう  くて下駄  く循環  く消える装飾  くオーヨー  くつづく仕事  く狙うこと  く驚歎  く蕊  くて小説  くあり豊富  くお喋り  く足袋  くして二  くみられる意味  くうけとるもの  く五月  くわず  くサバサバ  くとも人類  くと成長  くは明日  くてこちら  くは出られなかった  くおもてなし  くまざり込んでいるか  くごまかしていること  く黒地  くて新緑  く全部  く紋付  くて鳴らすの  くて御免  くてもかんべん  く眠れるよう  く寝汗  く大味  くパラリ  くて汗  く云えば日本  く翔ぶ味  く書く癖  くつけられているの  く愛されている妻  く匂う花  くみえるよう  くアブノーマル  くなっているのにいどころ  くねます  くなると戸外  く赤んぼう  くすんでいること  く思われるそう  くて日光  くては舌ざわり  くてはいや  くもっているから  く感じているたち  く作っておいてよう  く見える父親  くて日比谷  く抱いているということ  く呼びかけてくるわけ  くねまき  く不足  く本屋  くなって間  く製本  くなって肌  くどれ  く感じているわけ  くて女郎  く読む暇  くピム  くていらっしゃる空気  くおきてかい  くなると頁  くとどめる外部  くするしか  く抱月  く後半  くて立身  く立ち居  くいると自分  くねられる日  くとも作家  くかかれているきり  く弾いて居るの  くて笑うという笑い  くてゆっくり  くよくばり  くきりあげること  くとも分る表現  くかかって心持  くおわん  く気兼ね  くてかして3  くしておいてやる方  く自家用  くなれば人  く島国  く靖  く現れてくること  く分れます  く見直す所以  く外来  く作られるの  く育てること  く掲げられるの  くも所々  くし模様  くとも一部  く作るやり方  く花車  く施す習慣  くねばりこい性質  く伝わること  く網代  く使えるもの  くまで品物  くはあり得ない  く思わせる所  く保たせるの  く一基  く溜塗  く近在  く現れている焼物  く釉薬  く木綿  く作るの  く続いている昔  く使われる湯釜  く金具  く京都人  くとも土地  く裂く仕種  く売る品  くは東洋  く阿波の国  く用いる籠  くも沖縄  く盛り上げるもの  くする所以  く年期  く降り注がれているの  く此咄  く猛火  く残る病気  くて物象  くて昨日  く見える眼鏡  くなれる事  くて鏡  くジャム  くなると夢中  く飾りたてられている女性  くソボリン  くヨード  く怠けるというの  く親父  く運ぶよう  くて詩  くて自転車  くて愉快  くなってはきそう  くかかる回復  く卑俗  くうっ血  く疲れて工合  くて説明書  くて歴史  くとも泰子  く感興  くて可哀相  くて田中さん  く雲表  くなるまで丈夫  く転じはじめて  くも思われる人  くなって来ている以上  く言われるの  くお祖母さん  くカバン  くなっている蝋  くなれば夜  くは蝋  く癒着  く懸声が出ない  く出るたび  く児童  く戦って行く人  く吐き出すよう  く笑って頭  く思っている者  く思っているということ  く見究めること  くとも中学校  く激越  く装幀  く行っているか  く木柵  くなっている証拠  く仲店  くも奥様  くされ金  く行く家  く射ちだすこと  く轢  くとも希  くとも仏蘭西革命  くしてはこれ  く込合うところ  くも市営  くなってやっとバラック  くなってしまって用  くておしまい  く現われること  くきんきん  くおどる玩具  くかがやいていること  くもするの  く現場  くしているカークハム  く総員  く退避  くなおること  く僚艇  く巨体  くて伸び  くうなずく者  くかけると相手  くおこりだして隊長  くねだって  くにげてしまうの  くいって通路  くするほか  くしぼられていくよう  く立っている四角  くして三根  く吊り橋  くヘリコプター  くロケット  くして演説  くみぞ  くサミユル  く燃料  くテッド  く舞出  く塗り候  くなりまさる漆  く進み候  くはしくは申  く見えるのに平気  くてはと言うので急  く埋めてあるから  く削って父  く拵えるよう  くやっている団十郎  く継承  く削り込んで彫ってゆく意味  く出入口  く船橋  く晴れわたつた  くも路傍  く入れかへてしま  く境  く晴れて地  く踞居てこれ  くて地  く捧げたる  く汚れて見ゆ  く緋縮緬  く気色ばみ言い開き  く瓦  くして食べるん  く立ちて瞻  く震い  く庇って伐らさなかった  く走る音  く声かけ  く激  く惑いて脳  く求めるもの  く段々  くて黒砂  くついて行くの  くも父  く新賀  くなって坐っているの  くなっている部屋  く知っている読者  く枯れてしまうもの  くさえさせるの  く転任  くひびいて三  くなる修業  く見かける女  くぬれて行くよう  く日除  くも思うの  く考えんでもいいさ  く思いきって一本立ち  く進んで自分  くとも父  く走りまわるよう  く骨組み  く暴れてる音  く収穫  く芽ぐむに相違  く居残っているもの  く喰い込み枝葉  く生きて動く自分  く迫ってくるよう  く描かれる影像  くなっているきり  く感ずる沼  く行く手  くなって道  くもゆ  くなっている鳩  くも憲兵隊  くあそぶよう  くさがせさ  くうろついてゐる幾  く湧いて來  く光る羽織  くしてうつ  く見せる算段  く坐りながらかう言  く濶歩  く死んぢ  く流れてゐる利根川  くも掛  くては万事  くなりゆく事  く香具師  く花梗  くて動くもの  くては気持  くピンシャン  くて眠剤  く宗春  く刻まれるの  くも気勢  くほゆるとき  く傾けて下界  くゆふ  く映るも岸  くあらき  くねをたえていま  く靉  く棄てむ  くと誰  く碎けて跡  く稻妻  く布き滿  くよさし  く理想  くも雲  く悲雷  くてゑひしもはかな  くて野  くもやどる思  くづをるさまはあらねども  く落行けばあなたに  く集り  くなびかせて麓  くはこびゆく氷河  くの露  くあらし睡れるさよ  くあらし睡れるさ  く守るとりで  くよろ  くして伊  く翔くる雲井  く棹さして三  く糧  く武  く蘭  くとも久  く響く暮  くして舟  くして濁波  くともセント  くして独  くこのごろ  く俊三  く蓮っ葉  くにじんでいるか  く座長  くやりあっている最中  く大小  く光らせている先生  くペテン  く血書  く道江  くきらっていること  くしている生徒  くして真下  くとも机  く私語  く血判  く人生哲学  く撤回  くとも微笑  く出来ているん  く下級生  くして行い  くも思い尊敬  く白鳥  くすまして置く方  くうなずくよう  く論争  く朝倉  く知っておく必要  くして行くよう  くも思う一方  く引きさ  く大がかり  く濡れて皺くちゃ  く思われているの  く念ずるところ  く駆けて行く自転車  く問い返す玄  くがらんどう  く脱兎  く大道  くとも言語  く伝えるため  く愛国主義  く見られるに違い  く朝鮮人  く大村  くとも必要  く運ぶに違い  く飛びのき盃  くされては自分  くとも地理  くてひとり  くして質  くしてお雑煮  く小きざみ  くなって乗り物  くいて日  くいるとき  くてすき  く持って行く力  くて打撃  く光って構えているもの  くて追求  く知っていただき  くともそちら  くハレーション  くして床  く不便  く見破られるが日本  く書いてそれ  く感じる作家  く入るというよう  く行ってくれる人  くしめつけるよう  く眠っている床  くなってくずれかかっているとかいうの  くてペン  くしてしまうモメント  くて悲  くてかっしり  くなる予定  くナイーヴ  くして困却  く漂流  くてロボー  く降ること  く月刊  くても本  く入荷  くとも天候  くとも経済  く戻すの  く思ってもそれ  くてスープ  く思わせているの  くとも恢復  く感じて来ているところ  く休む暮し  くて裾  く旺盛  く過す決心  く蔵すこと  くとも基本  く休めなかった  くともうち  くて八  くばいつか  くわけが  くても縫い直してちゃんと  くとも良人  く云うと思い  く気に入っていること  く澄みながら窓  く開きぱなしの  く吸いよせられる感じ  くともイタリー  く眺めて停留場  くて車体  く長方形  くて葉  くなりまさっているの  くて邪魔  くて工合  くツワイク  くして世界  くなっているという状態  くして明日  く感じさせるに止まるもの  くてデカダンス  くなるという仕儀  く奥ゆき  くひらくよう  くあるよりももっと  くテイヌ  くあたたまって床  くなって眠る  く書いているけれども気  くおきてあと  くもあるが余り  くうけとって相剋  く火曜日  く眺めて山  くて苦笑  くこたえているの  く誇ある課題  くてもバルザック  くも夫  く思われる程度  く壮大  くある表現  く奔放  く蜒々  く出てゆくの  くては食事  くなる夜明け  く消炭  く竹丸  く蚊帳の外  く引いて言  くプロ  く礬水  く拭われる気持  くさせる道筋  く風に吹かれて  く入り混  く雪雲  くなって床  く桑名  くして見せる事  く進む瀬  くはしく答  くみたされること  くモデル  く左大臣  く吐きだすやう  くとりのぞく  く金貨  く揺れる青  くありとしも見え  く曇れる硝子  く光る硝子  く瓦斯  く荒みゆく性  く濡れて反射  くとろけてちり  くちらついてゐる筈  くふる中  く聞きながら無難  くして玉  くして弥  くとも不公平  く売れるという事実  くなるとも云  く儲かるフイルム  く魔力  くて手軽  くしてふり  く見せるつもり  く剃り上げて終  く世智  くも過去  くなぐられそう  くとも主意  くとるの  くも坂の下  く亡滅  くも明治  く間色  くも四半世紀  く本郷三丁目  く初め  くとも絵  く通念  くいへば提  く蟠居  くは江戸氏  くも新  くひそむもの  く書いて朝倉  くとじこめている雲  くて半年  くすましておくこと  く文通  く待つ必要  く塾生  くて毎回  く軽妙  く前者  くなっていくもの  く生かすよう  く中等教育  く演壇  くともわれわれ  くも田沼  く掘りさげて行くとおもしろ  く姿勢  く鳴りつづけている板木  くなって行く朝  く静粛  くかまえるもの  くはいっていくよう  く反発  く閉鎖  く思うから  く提携  くかれを不安  く見てまわるの  く友愛  くまで座談会  く円周  く起きて芝公園  くも教  く垂れ流し  く寝框  くて焚木  く麾  く山川  くは居着けそう  く仕止めるわけ  く鳴らして村  くして園  くあけてヴエランダ  く威  く訓練  くなり身  くに置かれてある瀬戸  く氣取  くふるへてゐるの  くてブルジヨア  くのテエブル  くシロ  くポン  くはしくからだ  くいきさ  くうなづいてゐ  くはしい地図  く河面  く醜悪  く窮迫  くウェーヴ  く述べているの  く聞き流すだけの余裕  くて落付  くなればこんど  く為される筈  く整ってるの  く震えるの  く光る甍  く輝く壁  く歩くといふ氣  く懸け聯  く祭  く染まりさ  く俯伏  く附き纏  く火照つて  く孱  く輝いてゐる巡査  く薄化粧  くは先覚  く天佑  くして做  く勤めて而  くは開  くポルトガル人  く新式  くペルシア  くて非常  くはエヂプト  く歐洲  く表記  くは誇張  く剥げ落ちるやう  く見へて美人  くなっている横顔  くいる媼  くなって葬式  く仰が  く手水  く見えてぼう  くなりと膝  く悩  く窺いよる男  く半殺し  くも意外  くも近来  く土岐  く呟いて崩れるよう  く樋  くあるにしろ  く閉口  く数々  くコート  くとらえる人  くては張  く合理的  くともここいら  くとも想像力  く詩話  く見える夜  く不確か  く波瀾  くても足  く紅茶  くやり直し  くておきゃん  くはりつけること  くての思案  くて終了  くなると買出し  く日程  くとも桜  く思い浮ばせる不思議  く暮す丈  くとのこと  くて御免なさい  くて生れながら愛嬌  く行くということ  くとも咲  くとも中学  く文句  くガンジー  くしていやしめられたる  くあるよりどころ  くてパレスチナ  くてまわり  くエスカレーター  く読まれるというところ  く本気  くと煮られる魚  くひりついてしまうところ  くわたし一  くカンカン  くのんびり  くのぼる発熱  く縫う必要  くかたまってしまう傾向  くとも全員  くて心配  く休めるもの  く残暑  く九段  くうけてあげる気質  くて柔軟  くてふち  く咲いてしまう花  くて文鳥  くともペン  く揺れながら船体  くて疲れるもの  くて荒  く飛べそう  くついてうれしいこと。  く思って自分  く流れて煙  く世情  くてパン  くおきて御飯  くて大事  く諧調  く中断  く意気  くとも勇  くて航行  く親船  く育つ樹  く云いわけめいているというの  くなっている健康  くてさえ困るん  くなってふいに  く樋口  くておりおり行けるよう  く大龍寺  く生きているうち  く泪  く喝采  くゎしゃ  く唐突  く流れて行くよう  く叫びて谷  く動けるは死  く口説いてモノ  く掃き清めてスヽ  くモトデ  くふるまう相手  く読ませること  く吹きこまれているに相違  く天地神明  く分るから  くつきあっている気  く片づける気持  くては恥辱  くジロリ  く一寸見  く攻めたてるわけ  くやってボロ  くオフ  くさせてしまうの  く生れて父母  く体育  く生意気  くして有力  く其間  くして更  く禁ずる所  く此輩  くするの一助  くすれば則  く働き  くニコ  く捕まって留置場  く運ぶため  くて充分  く太田  く移ってきて二  くやってくるという事  く明確  くしては不可能  くても致命  くして戦闘  くしていれば手当  く考えてみるということ  く細胞  くおやじ  く締まるズロース  く須山  くして幅  くはしくは流行  く脇  く似て居るといふこと  く解るもの  くは數個  くて意思  くて矢  くは宗教的  くは靜  くさばさば  く銅銭  く叩くこと  く情夫  く団々  く離れて膝  く分解  く記されてあるに相違  くて間道  く妖術  くて動くこと  くて小胆  く止めれ  く沈んでしま  く湧き上  く悶え狂  く懦弱  く面前  く鎖されて居るとのこと  く快楽  く無  く胸奥  く旧道  く出てゆく汽船  く風車  くもあるかみち  く悪夢  く睡つた  く衣料  く来て主人公  くして眠り  く霜柱  く踏破  く雪明り  くなってゆく朝  くなり停滞  くマヒ  く流通  くて火  く群れて目  く覆ひて若葉  くつばき  く日光連山  くつらなっている遙か彼方  くなればもと  く立ちまわって一  くてあわれブランカ  く暮せば一年  く痛むこと  くて洗煉  く農地  く失くなるところ  くて中心  く目下  く伝統  く繁っているところ  くなるの丈  くもいられるよう  く行けば三  くすると来月  くおき仕事  くなる迄に島田  く地下道  く云って髯  く澄んでゆくよう  く聞き訊  く屈めながら私  くつき纒  く話してるきり  くとも平気  く低能  くなり陰気  く小鬢  く見えている伯林  く買い取って家  くはあるが地価  くて襟  くしゃべる女  く濁っている水  くという帰朝  く駆けて通るとき  く右大臣  く解説  くは底  くも底  くを恐しい處  くして且  く作るむろ  く收  く廢  く常世  く繰り返される樣  く移  くなりつつある国  く田道  く黒ずみて秋日  くいにしへ  くぶつ  く外側  く蒐  く見られる傾き  く這入つて  く忘れられて了  くひ違  く視られるやう  く痕跡  く見る様  く生じて宣命  く原義  く拝跪  く芸能  く合体  く語部  くも誦する様  く唱門師  く滅  くづれとも  くに渡  く行人  くとり込んで発達  く開基  くは宝物  く芸  く氓  くづれがあり  く地表  く主題  く国民性  くまた上  く此理  くては思想  くては国民  くしと雖  く地層  く此種  くとも国民  くなるゆふ  く判って来るよう  く絵筆  く見えてゐるところ  く俗界  く痩  く輝いて來  くおりていらっしゃい  くびから  くびのところを  くびのあたりを  くみてやがるとしょうちしねえぞ  く見つもっても億  くなる事件  くは教授  くは極東  くとも隋  く羅針盤  くは應用  くユカイ  くまで遊んだ  くモジャモジャ  くなっている妾  くて無鉄砲  くグッタリ  くてきらい  く買いもの  く動いて音  くむすこ  くなってしまうん  くなるとそれ  く小田島  く嘶いてダク  く接骨木  くなってするいたずら  く萠  くある地名  くし栞  くは木の葉  く気絶  く渉  く棲む媼  くし劇  くは汝  く録  く譽  く特性  く苦患  く雅  く擧  くて幸  く怨みて敵  くするや地獄  く費すこと  くして墓  く圈  くくだるもの  くはアレット  く犇めく物音  くは鐡  くして人々  くば世  く誹りを招くこと  くづれはじめし  く碎け流れて上  く叫べる紅  く立つ却  くして時  くは唱  く盡  く避けんため  くし降り  くば汝  くボローニア  く糞  くとこそとい  くもかの財  くし插  くだれる路  くづれしこのかた  く懸れる次  く見んため  く伴侶  くもがきぬ  く此岸  く沈めるは飾  く溪  く登りゆく炎  く暴虐  く守らば汝  く怒りて之  くてしづ  くも苦患  く飛ばさしめん  くばかりの恥  くは吹鳴  くしてローマ  くは木  くカイーナ  く馴らされし牝犬  く進みし時  くひらかれしとき  くとら  く道程  く歎美  くラチオ  く冥界  くは博士  く惡  くおくれる七  く舟子  く降りくだるをいふ  くし一  くはスカル  くだれる時  くして葬るに暇  くたくらみて人  くヘラクレス  く破損  く高利貸  くはトインビー  く醂して始めて食用  く飛び日  く打つこと  く破壞  くして穴  く市外  く沃野  くフォルリ  くマラテスタ  くグイード  くトスカーナ州  く黨勢  くはしくはムーア  く見えるまで沖  く帰ってやるん  くなったり脈  く映るはず  く考えられる病気  く心得ているはず  く走る電車  く財産  くやるもの  くするほどの苦痛  く寝ているん  く映る死  く流れる血潮  く一戸  く思う気  く聞かれるの  くなるつもり  く僧侶  く不具  く試験  くなると私たち  くでき上ってはい  くまで起きている男  く變貌  く肝要  く當嵌  く他者  く顯  くも志向  くも歴史的  くも理想  く働く故  く將來  く生きるとはここ  く生きるを意味  く觀想  く到る處  くいはば眞  く滅び行く現在  く併呑  く論述  くあらしめる共通性  く昇ること  くなり無  く物的  くさな  く挙手  くて透明  く緩慢  くして険  く立ちて之  く宿るところ  く能楽  く謡曲  く諾々  く保つこと  くばかりなつ  く見殺し  く自慢  くしてゐるのに気附  く守ること  くとも己  く悧口  く良子  く点頭くこと  く続行  く待たされてしま  く大庭  く棟木  く立て大空  くあげてお作り  く垂れ下るよう  く上げて宮殿  く訶夫  く久延毘古  く襪  く燒遣  くへに若栗  くはもち  くつま  くは嘆かはしき  くも後世  く認められるの  く売って得意  くも変るもの  くとも徳川時代  くも平安朝  くして浮浪  く余戸  く転職  く治ろしめすというの  く殺すこと  く天孫  くなっている訳  く農業  く固有  くなるという結果  く擯斥  く融和  く下方  く一読  く尾籠  くあけて私  く狐疑  く賛意  く鬚  くまんま  くしょぼしょぼ  く怺  くびをふりました  く育つてゆく体  くとし子  く根こそぎ  くする社会組織  くては学問  く読み一  くすれば一  く雑録  く読める中篇  く四六判  くして出版  くて肯定的  く茶の湯  くなって誰  くて文学  く浅はか  くて主義  く岩波  く考える考え方  くて事物  く実質的  くする意味  く科学的精神  く運賃  くても修正  く自覚的  くて科学主義  くて道徳  くて一般的  くて教学  くて教え  く盛大  く注目  くソリ  くなるという点  くレディー  く呑みこむこと  くプロテスタント  くヘーゲル  く思い起こされるわけ  く続いて張ること  くして話すの  くなって為事  くして寧  く巾  く跪き手  くするを忘  く垂れて翼  くしてしか  くして姿  くして視力  くめぐる天  くラ・ミーラ  くなれるやを  くベアトリーチェ  くして眞  く歩みて邪  くつややか  く光れる一  くとも大  く浮び出  く造られし者  くせられ衰  く治まる邑  く洩れいでて頬  くも逃  くも顏  く映す光  くなれる一  くせしか  く登るを見て己  く行くも曲りてゆくも己  く止まるを願  くさけぶ聲  くみえしめん  く唱和  く異教  く歩みて後方  く愛せし者  く擡  く思ひに沈みて裕  くみゆ  くあやしむなからん  く沈みゆく魚  く踊れるよたりの淑女  くは徒爾  くせむ  くみること  く小波  く日出  くゼー  く他方  く天意  くばか  くはロングフェロー  くイタリア  くは前者  くして見ゆるなり  くダンテ  くして人智  く悲境  くして變  くはムーア  く神意  くトスカーナ  くせるもの  くして意義  く吠  くローマニア  くなりてダンテ  く信ずるにいたれるなり六  くは報告  くは天意  く去るに及びてダンテ  く保つを得三  く市民  くリム  く窪める眼  くは死して世  くは永遠  く昇るあたはざる  く飾れる車  く囀りながら黄  く働きかけ  く老  く出来るといふこと  くも回復  く佗助  くも合掌  く利く合  くしてゐる南  く祭文  く大気  く流矢  く飛び廻つて  く安住  くも照り  く槐  く持ち重り  くなり過ぎるの  くも反抗  く持ち支  くしたわし  く執心  く穀  くて竿  く薄れゆく雲  く解かれてしま  く降り隠してしま  くじいさん  くなって話  く思いながら田舎  くかれの腰  く思って一夜  く挙っているの  くある人  く出かけて行ってはい  くいじけて実  く行けるほう  く其朝  くなって体  く刑事  く来り臨む神  く神使  く丸めて引裂  くいたずら  くより身延  くもあれ  く決算  く云い捨てて障子  くて慍  く遇えばつけ  くも梟  くて技  く隠蔽  くし扣  く譲れと諭しの謎々  くても飯  くし身  く外見  くして十兵衛  く突かれて度  く止まる奴ら  く笑うところ  くても真情  くなるほどに今  く睥  く云い捨てて格子戸  くつづいて追っかけ  く清吉  く小箱  くして縮  く落ちかかる水  くて終ることな  く叱るか出入り  く平日  くて丈  くはやくと急  くなれば十兵衛  くも破壊  く云い消す気質  く奏しているという景色  く嚇しつけるの  く奏してゐるといふ景色  く研ぎ澄  く宿屋  くしてフーッ  く懐いている心  く引き緊  く騒ぐ心  く紫紺  くびかざりや  くづれおちた  くは識  く眺め直すこころ  く閲覧  くのばして借出  くこたえて来る感銘  く保たれている横  く生かされる仕事  く餘分  く築けば鑛毒  く谷中村  く謀  くても水鳥  く堤防  くなり地面  く取られること  くて意  くやっているの  く疲れているとき  くなっても上  く晴々  く美的  く室町時代  く呪符  く認めてゐるから  く口頭  くもわたつみ  くがい  く直ればい  く疑ぐられてはほんとに  くかへるん  くてもろ  く闘いつつある姿  く髣髴  く言うてゐるの  くある東歌  く方式  く拗曲  く澄んでいる汀  くて流  く宝亀  くなり瀬  く迂って流れているの  く跨ぐこと  く放埒  くなって西北  くと時  く負けるところ  くしつけ  く輝いてだんだん  く長城  く場合  く取り交ぜて人  くているの  く働くがえいの  く飛んでしまいそう  く感じて早々  くは性根  く杓子  くつむじ  く過ぎて十  く行けば後  く言えば可  くは有ります  く倉蔵  く見ると蒼  くまで夜  くして倉蔵  く喜んで細川  く誘ふ二  くひて目  く罰  くわ  くせしわ  く缺  くして王土  く膽大  くなりて圈  く異端  く進みしかれの家族  く耕すこと  くせられ聖  くかの歌  く昇れること  くしてさとる  く見ゆるやを汝  く邑  く愛する物  く言行  く會得  く登るに從  くなれるを見む  くて燃  く惹く調  く信じゐたりしもの  く悦びて我  く飛ばしめしか  く照らすかの日輪  く知れる事  くとむることいはざる  く望むもの  くかつみ  く走らしむべ  く見ゆる星  くダニ  く隔たること  くなれる者  くして燦  く進み入るなり  く尼寺  くアウリス  く輝けばなり九  くして乾  くマルテル  くする莫  くなるによりて齡  くは日  くして眞理  くなりて中心  くなりて縁  く増し  くして嫁  くして迷  く安寧  くして用  くしてかへつて  く頽廢  く裝飾  く美名  くシケリア  くば永遠  く辭  くし特に  くして六  く視るに至るの  くして柔和  くはしくはスカル  くす三  く大海  くば運行  く晦冥  く輝く物  くなれるなり一  くは宇宙  く完  く菊五郎  く見える大男  くして立上り  くてサッパリ  くなって線路  く注ぎ掛けるの  くは彼等  く導くこと  くは基督教会  く其水  くアメーバ  く人工心臓  く強心剤  くさせる薬剤  く肺結核  く続け得るの  く羸痩  く流れて行く血液  く動かすこと  く行うこと  くてもかまわぬ  く胸廓  くして生きて行けるよう  く蓋然的  く長時間  くともこの世  くしては増加  くしておく妨げ  くする便宜  く臭気  くなる虫  く働く習慣  く生れて来るもの  く有害  く新世界  く保っておくほどに大  く奪う途  くまで旅行  く察  く保たれている所  く分け合っているの  く正当  く妨げるに違い  く行われているよう  くなり過ぎるという恐れ  く行われている放逸  くは行われるもの  く用いること  く似ていること  くしびれるの  くボーイ  くシュミーズ  くて帰れんの  く迫って来る剃刀  く痩せ衰えて田村  く浴衣  くまでともっている紅屋  く陽子  く来るの  く感じながら微笑  くなるせい  く光る夜光虫  く探す眼  くぐでんぐでん  く叩き立てるの  く新来  くなりながら一生懸命  く運ばれてくるの  く大粒  く威張る習慣  く思っているに違い  く撃たれるに違い  く澄むの  くとんでわたるの  く考へるといふこと  くいけば考  くおむすび  くはずむ心  く生きていられるもの  く心霊  くあげて両手  く見ても二  く露営  くしがみつき  く犒ってテンバ  く通行人  くひらめかして居ても本質的  く繩綯  く原詩  くもあり馬鹿  く沈んでるの  くて廣  くニタ  くて小母  く焚火  くも智惠子  くも自活  く思はれる樣  く臺所  く火屋  くも言葉  く混亂  く信吾  く吉野  く流暢  くして極り  く加藤  く焦かし  くも汽車  く其急  くて訪ねて來  く消えるもの  く瞬く星  く智惠子  く歔欷  く其顏  くて爲樣  く靜子  く家中  く穩  く裝  く呟く樣  く發  くわツ  く雀  く擦りながら眉  くて二月  く見える街路  くも智恵子  く思はれる様  くも轢  くたつて解るぢ  くモウ  く悶  く智恵子  くて為様  く静子  く立髪  く呟く様  く詰責  くワツ  くつぶって奇妙  く笑って掛取り  くたたいて手拍子  くて出世  くあしらっている男  く這いつくばって夢  く挑んで来るので着物  く人ごみ  くも生み  く浮き浮き  く振袖  く橋渡し  くも質流れ  く日蓮  くとこしなえ  く差しのべて上手  く鮭川  く悶えて見せる者  く金内  く波間  く笑う者  く見受けられるもの  く存分  く言って広間  く目鼻立ち  く抱いて帯  く公私  く信じて同情  くに漂う腐木  く縁組  くも朗らか  く首級  くゆずり  く算盤  く坐ってあくび  く装い茶の湯  くて思  くて鷹揚  くてお召  くほめられて流石  く除夜の鐘  く捜し出せるの  くして浅田  く家運  く見つかるなどというの  く糺明  くものの見事  く横坐り  く侍って若殿  く朝寝坊  く吝嗇  く金銀  く京中  く中風  くて間  くされ手下  く山坂  く言って母  く踊りつづけている者  くも御神体  く申し渡すよう  く御法度  くつぶって観念  くのがれ出るふん  くつくっているもの  くも母親  くすすめる女  くしてふん  くへばりついている朝顔  くゆずって  く寝て風  くは努力  くは國  くは世界  く印  く繰り返す中  く辯護  く斥けて仕舞  くても意  くする原因  くは富貴  くて酷  くは運命  く史上  くて已  くは新説  くは生れながらに智勇  くは獨學  くするを要せん  くは最高  く玩賞  くは不良  くは兇惡  くは狂  くして人力  く説いて居るもの  く四季  く働かす時  く腦  くて卻  く伏在  く疾病  くても卻  く論ずれば二  く驚いて度  く筋張るを覺  くは蒼白  くは黝黄  くは枯赭  く爲  く論ずる時  くなると共に一  く張る氣  く進  くも亢  く凝る氣  くは證悟  くは認識  く如是  くは無意識  くは手法  くは内容  く利く道理  くするが利  くは不快  くは閉止  くは不完全  くは末期  くは葉  くは成り立つの  く動いて海  くは横  くは游  くは障害  くは缺損  くして死するといふこと  くは生理  くして置くとかいう含み  く淡紅  く感ずる頃  く流れて二  く降り注いで來  く流れ込んで來  く口論  く惜しむ少年  くなりむやみ  く晴信  く怨むよう  く引き取って養育  く活きているの  くも見えるよう  く尋ねる声  く蹄  くて女性  く終え家中  く暮らしている妾  くとっくり  く築きめぐらして一  くて垣  く鎖しておぼろ  く肥えているよう  く臙脂  く附き添って宝蔵  く宝蔵  く発足  く刻むの  く月子  く睨むの  く思われる時  く箏  く凋んで落ちている筈  く湖上  くなったり自由自在  く際涯  く離れての矢  く読経  く予想  くス  く咒  くて真っ黒  く荒れてはい  く釜  くて暴徒  く寝呆け  くて華やか  く浮いて出る浴衣がけ  くなり一  く高田  くリアリティ  く光ってはいるの  くてだめ  くして縫いもの  く半鐘  くして調  くのみ濡  く酒盃  くのみ烏  く挙国一致  くさしのぼる日  く御稜威  く夜昼  く鼾声  く誌  くさせるかそれ  くて眠れそう  く最後  く思いながら一  く云って来るもの  くとも当時  く入って来る火  く立ち働いている彼女  くなっている一  くて起床  く心残り  くまで芝草  く咳き入っているの  く追いながら町  く帰れるよう  くなる痕跡  く撫で出すよう  く終える気  くなって来たりするの  く歩いている現在  く屈折  くなったり寒気  く看病  く消されてしまうよう  くてランデ・ヴウ  くぶつかって飛沫  く悔いるよう  くも専門  く冷徹  くも降りの列車  く澄み透  く転換  く木彫  くて大方  くライタア  くぎよろりとしてゐるのに  く立去つて  くくぐる山腹  く海辺  く膨  く一巡  く軽やか  く細雨  くちらついているよう  く潔癖  く花鳥  く光りつつ横  くされているか  く村人  く免  く江湖  く見ゆる野火  くなっている房  くあたる社会  く信じて之  く袋  く置いて当人  く困って返事  く知っていそう  くもドイツ  く校正  くひしはなし  く欲  くまり  くが田  く住み來  く吹くなべ  くいそしむ人  くと人  くはし山見  くぼ田  くしてかく  くもあるか十月  くとも佳作  くひてとら  く華  く春野  くほにいでまくの  くて左千夫  く去にけるもの  くかも豆  くもあした  くふきすさびて大木  くばしき  く告げて去らしめむ  くほに抜く麥  くと含む脣  くいろづける眞  くも遙  く散るなべ  く松の木  く胡蝶花  くみるあられ  くうらなごむ入江  くいひてしこと  く棚引く武藏  く水泡  くし降れば安房  く鳴く虫  くさける赤土  く迫り來  く矜  く思ひたりしは常  くとをのる衰  くて山茶花  くして懷  く濶  く流れて春雨  く降りてわびしかりけれどもおして  くいね  く麥  くして雨  く咽びたり見ゆ  く蚊帳  く降りつる  く思ひいづることありて  く聞え來  く朝まだき  く冴えたり小夜  くめざめて聽  くひの趾  くほどのこと  く思っているところ  く修飾  くて奇麗  く憤おる気持  く車内  くはる子  く言うなれば  くも金  くムチ  く名声  く歓待  くてすむもっと  くやって頂戴  くなってエヘン  くしては眺めること  く力添え  く不可能  く統制  く資源  く外れて來  くして土地  く立ち入って彼  くは予言者  く潤色  く悲しんでいるの  くしすぎるよう  くなって震え上るに相違  く口出し  く出世  くなって後悔  くなる子  く言ってくれる者  く言い出せるよう  く留学  くすねて居られるの  くおっしゃるの  く割り切れているよう  くて言っているの  くしているわけ  く愛していて下さるの  く取乱して居られる様子  くなさっている癖  く来そう  く生きている者  くハムレット  く書き詰められているよう  くて一生  くしてやって心  く笑える一夜  くデンマーク  くて目まい  くはじめ  く咲き誇るアネモネ  くはじめる気  くするだけの事  く諸方  くぶっつけてやりたいよう  くなって先王  く短剣  く言っているん  く振りかざせば人  くてユカイ  くなると清書  くキリリッ  く染物  く買って頂戴  くなってきて鼻  く飲んで食ってそれ  くされると嬉し涙  くなるまで波止場  く崩れて行くもの  く光っている海辺  くくっついているよう  くなって船底  くつっぷして溜息  く若芽  くほうたい  くなる気持ち  くネツゾウ  くなると妙  くなって呆然  く尋ねあって行き来  くて美しいひと  く繻子  く大通り  くてせいせい  く都落ち  くルウジュ  くも菜っぱ  くばかりせん  くて根気  くて淋しがりや  く光る花粉  く結んでいる艶  くかたづきそう  くなって洗濯  くては蒲団  くてだるま  くば罪  くつけると云う不思議  く見えるなア  くくっついているの  くてもどしそう  くして楽  く夜明  く使うこと  くいつか  くて一緒  くお巡りさん  くどろどろ  くさまよう詩人  くしわめる舌  く生きる斑  くて寝る気  くまで英語  くてつ  く続けてゆける仕事  くあたる雨脚  くしとき  く照りつけて苦しめるの  くて悶死  くてなめる  くて雌  くニュッ  くもう一度  くて快活  くて率直  く召使い  くも片足  くて平等  くて平和  くすると手  くも昼間  く太刀  く飛び違って小一郎  く幽鬼  く植え込み  くパッチリ  く七福神  く危難  く鼻面  くゆくこと  く立ち廻  くはしくこれ  く寵  くは何事  くたれにひと  く引つぱつて  く鎖して一刻千金  くならうが為  く揚る事  く一斉  くうねっている天  くなる領巾  くこぼれている嫁  く草山  く飛び交う燕  く楡  くざっと  く騒ぎ立つ波  く降り濺  く話して御覧  くこだわり  く行き過ぎて仕舞  くなると午後  くもじょもじょに  くなって潰れるよう  く瞑り耳  く締めつけてある帯  く当りなさるん  く射す縁側  く透き通る切片  く黙笑  くなって息子  く枯れて火  く縋れる四  く出て來給  く居ると益  くソンナ  く信じられている位  くなっても鉄道線路  くも考え疲れ  くも膝頭  く泣き濡れつつ線路  く光る曇り日  く何者  くて亀井  くて身体  くも明り  くサイレン  く出火  く抜け出すん  くなっている蒲団  く電動  く補正  く見えるテレビジョン  く曲げてこっち  く出来あがっているもの  く探しあてること  くも八  く車外  く吸引  く磁化  くニョッキ  くなって伏臥  くまで酒場  くば雨戸  く開いて僕  く差上げて巷  くも後任  く次席検事  く泣き叫ぶ女の子  くマッシヴ  く疑ぐられて  くも見てとったか  くも事態  く開けろッ  くも出口  く空き  く深夜  くなると母親  くするといふの  く後姿  く定紋  くいきな下駄  くか中洲  く劍附  く降つた  く植物  くきて庭  く歩いてゆくの  くつたの  くスパイ  く思いながら寄って往  く抒情  く含蓄  く悲引  くて悲泣  く万行  く親鸞  く相応  く仏恩  く省みれば省みる  くて名号  くて他力  く聞かされてゐるうち  くしてゐる弟  くでも思  く出遇  くシンボリカル  くしてセツセツ  くして品  く飛んで出  く空家  く寝てしまうよう  く帰って回向  く話し込んでしまうの  く握り拳  く描き出されるの  く去ってしまうよう  く知っている軒先  く長吉  くなって光  く感じられて来て浴衣  く寂  く身中  く立っている事  く察して同情  くなって閉  く起きて暖  く今戸  くも傾く夕日  く微笑んで紫  くなって自然  く付き纏って乗車  く書いてある名題  く大名屋敷  く早める拍子木  くも役者  く晴れて日  く蘿月  く歩いて行く金  く洗いざらし  くも帽子  くて土  くも昼中  く例年  く掘り出して大福  くも都人士  く暮らす炭焼  く笑ってすます程度  くなって次第  く澄んで朗  く戦ぎ縺れるよう  く下草  くて巨  く見ると底  くは其身  く策  く龜  くて數回  く死ぬこと  くめまい  くひろくそ  く帝政  く揃えて坐り  く手風琴  く広場  くとも偉大  く見るつもり  く持ってお出で  くアルハラ  く泡立ちながら氾濫  く凍ると空気  くきってパン  くなって来てるん  く車道  くつったってるオカッパ  く鳩  く引こむ  く喋ったり歌ったりして人  くなりながら正面  く管理  くコム  く持つてお出で  く続いてゆくの  く南国  く魚類  くいいかげん  くつながり  く光るなか  く光る唐がらし  く上げているの  く積みあげられて林檎  くなる度合  く微笑んでそれ  くは復讐  く引いて靜  くとほるふし  くして馬  くあいつ  く心得てから  くアンジアン  くもジルベール  くボーシュレー  く落さにゃならねえんじゃねえか  く署長  く二言  く限定  くも悩み  く嗅ぎ廻  くも身体  く思っているくらいのもの  くも下  く気疲れ  くも活動  くてはドーブレク  く過ぎ行くプラットフォーム  く大統領  くを以て仔羊  くひびく声  くひかる貨幣  く死なしめよモリイシャ  く笑いつつ死なしめよ月  く割目  くも浅黄  くてねむる時  く笑うひと  くなりはじめ  く続けて注文  くとも気楽  くなるにはびっくり  くお供え物  く見かえり俄  く行って様子  くするとか云うわけ  く断っておしまい  く立去ること  く咳きして一同  くなっている髯  く押し付けるの  く荒れ朽ちているの  く笑いながら黙って頭  く渡し場  く横たわっている疑問  くいえば吉原  く行燈  く井田  くも抜け落ちてしまうの  く秘して人  く飛びかかって敵  く立入って詮議  くはやっていられそう  くバケツ  くすると肺病  く遼  くなびいている影  くに竈  く出て行く我  くお越し  く連れて来いと言い付けているところ  くなって卒倒  く来てくれというの  く棲んでいられるはず  くなりまさって行くの  く遊んではい  くて路  く瞋  くお仕置  く喜兵衛  く細工  く建てるもの  くなっても大丈夫  く入れること  くなって衰弱  く伸し  くなさな  く夢幻  くて判らん  く緊縮  くふん  く篏  く吹き込んでくる霙  く積雪  く天候  く自虐的  くも平家  くしてゆく西  く用いる意図  く入水  く火災  く対蹠  く引立てさせる道具立て  くなっている人類  く清盛  く奏でながら末路  く読んでるもの  く出さ  く書入れ  く腰かける装置  く隔てている満々  くカラ  くて急坂  くなどしているもの  く徴召  く盗賊  く探し歩いてくれるの  くぼくらの  く着きて河鹿  くも来訪  く一ノ谷  くなるにつれ例  く区劃  く思わせる気  く思ふ一  く求めつつ推移  く玩味  く習練  くいう当時  く余韻  く飄逸  く所蔵  く思ひ世  くくずれている書き方  く借覧  くても朱  く武士  くも数  くもおん  くする自信  く誹謗  くする上  くてうかつ  く最高  くして今日  くより上方  くなる風情  くに馬  く質屋  く独特  く救われているの  く考えさせられました  く面体  くぱちんぱちんと  くひびいてくるの  くは柳昇  く滲み出ているよう  く光芒  く熟れているの  く土砂降り  くバラック  く半日  く見せている者  く来て山西  くパス  くても旅  くも大陰  くなって附近  くなって九  くて探し出すの  くば鉄索  く下着  く徒渉  く金字  くは頂上  く考えかけている傾き  くしている二  くなって来る感じ  く洗われている感覚  くしておいてのむの  く糊  く考えさせる動機  くかわって来ている自分  くまで見晴らし  く波うっている髪  くして正面  くよじるよう  く歩道  く帰るもん  くひろがって感じられる落胆  く見盡  くてはと空  



前後の言葉をピックアップ
ギーッギーッ  ギーノ  キーン  ギーン・ディ・タッコ      苦しま      


動詞をランダムでピックアップ
解き明かそ名乗ら睡ん行う討ち取ろ降り注ぐうずめよ年取らつかみかかるきしめい画きよみふけっ怯も書き落し食い込めるはねださはいだし突き落とし出つくし呻け
形容詞をランダムでピックアップ
手早きまわりくどい塩辛やさうあつかっ喧しかっはなはだしく神々しいまましき拙かっけたたましきかたくるしく遠白しこのもしく由々しきいとおしい粘っこく執念深世知辛いうれしく