「きれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ きれ[動詞]
土手のきれ  数へきれ  つた、悲しんだ、喜んだ、と書いただけでは片付けきれ  言ひきれ  駄目ですとはいいきれ  清浄心となりきれ  十一月十九日どうにもかうにもやりきれ  樹明君が待ちきれ  野菜が食べきれ  我慢しきれ  生死になりきれ  菊は食べても食べても食べきれ  気持ちにせおいきれ  乞食になりきれ  電球がきれ  のだろうか、忍びきれ  目をあけて見ても見えきれ  グウタラから抜けきれ  花をきれ  私自身がたへきれ  吸ひたくてやりきれ  中許りには置ききれ  石油がきれ  悩みは、なりきれ  バツト吸ひきれ  らへて待つ、待ちきれ  這箇に成りきれ  ふたりで、摘みきれ  くれない、待ちきれ  何だか遣りきれ  最初はやりきれ  執着、捨てきれ  ゆふべはやりきれ  自分でも数えきれ  色がかくしきれ  それがやがてこらえきれ  それをこらえようとしたがこらえきれ  当惑してだまったが、もうこらえきれ  口をつぐんだ、かれはたえきれ  のがぼろきれ  五つ六つは見にいった、だがかれはいつもたえきれ  喜びは抑えきれ  お礼が述べきれ  先程息がきれ  肴を持つて来て、そして飲んでも食べても待ちきれ  苦悩から脱しきれ  抱へきれ  黴だらけになる、まつたくやりきれ  トマトがとても食べきれ  三円あまり買つたら持ちきれ  ことにしよう、寒くて、そして淋しくてやりきれ  浄穢不二にはなりきれ  何でも信じきれ  子供を抱えきれ  起、話しても、話しても、話しきれ  整理しきれ  うちに涙ぐましくなり遣りきれ  チリだ、待ちきれ  ぢつとしてゐるに堪へきれ  何だか寂しくてやりきれ  苦悩に堪へきれ  公報を待ちきれ  二度では食べきれ  さには堪へきれ  欝いでたへきれ  つて堪へきれ  これもやりきれ  憂欝にたへきれ  油虫はやりきれ  酒が飲みきれ  酒盛が終ったので帰ろうとしていると、きれ  利用しきれ  いたずらに費える、ばかばかしくやりきれ  バナヽぐらゐのものを消化しきれ  飽満にこらへきれ  浪漫主義とも古典主義とも片づけきれ  辛棒しきれ  興を持ちきれ  食ひしばり、きれ  微苦笑を抑へきれ  私は堪えきれ  解決しきれ  養育はしきれ  子供を憎みきれ  助平たらしくて、やりきれ  夢を捨てきれ  変りはないが、すてきれ  表明しきれ  表現しきれ  からやりきれ  堪忍しきれ  カセドリなど数えきれ  満足しきれ  パンが半きれ  上待ちきれ  仮面は被りきれ  緋のきれ  眉、きれ  さをこらえきれ  我慢がしきれ  澄子は堪えきれ  のと言い出したので、もうどうにも断わるに断わりきれ  身はかわしきれ  束のぎらぎらに醒め醒めきれ  油のきれ  つじつまは合わせきれ  現実はごまかしきれ  胸がつかえて、言いきれ  眉とがきれ  その間に、数えきれ  のちに終ろうとしているし、そのうえとても耐えきれ  私もやりきれ  安気になりきれ  雄吉に対しては、とても償いきれ  言つて彼女は包みきれ  日を思えば、なかなか死にきれ  木のきれ  男は死にきれ  残りを読みきれ  から死にきれ  日本国中数えきれ  其では説ききれ  外面に現れるとばかりで説けきれ  辛抱しきれ  そこまでは言いきれ  のをよけきれ  自分自身がつかみきれ  のはやりきれ  頭が支えきれ  人間をふせぎきれ  水をひきやすいきれ  ぷつんと焼けきれ  綱が、とうとう焼けきれ  兵曹長が、こらえきれ  一点張りではまったくやりきれ  シンケイにはやりきれ  要点が掴みきれ  聖徳太子もさばききれ  依拠しきれ  のがやりきれ  ツッパリを捨てきれ  悲しみにたえきれ  小股のきれ  ことをいいきれ  にわかに申しきれ  浩平は待ちきれ  米ばかり残っていて、まアだ食いきれ  牛にやってもやりきれ  夢をすてきれ  泣きながら、きれ  維持しきれ  純情も、ひときれ  アルコオルがきれ  権力を持たせると忽ち威張り返ってやりきれ  思いにもなりきれ  生活がぬけきれ  がまんがしきれ  供給に堪えきれ  どれも小さくなったり、きれ  しびれがきれ  油もきれ  船は、数えきれ  楽譜のきれ  激怒と、堪えきれ  うえ持ちきれ  すつかりは忘れきれ  きゅう、きれきれきれきれきれ  説明しきれ  男のきれ  のか、さっときれ  梁は支えきれ  ガマ口に容れきれ  それからは信じきれ  僕は死にきれ  千八百円ベースは保ちきれ  中にもりきれ  三千七百円ベースでは支えきれ  生活は彫り出しきれ  事は数えきれ  反感を抑へきれ  ことのいいきれ  中我慢がしきれ  痺れがきれ  手探りで測りきれ  精がきれ  なんしろここに来ると、めっきり痩せてしまうんで、やりきれ  完全に助けきれ  意志ではなおりきれ  綱はまだ信じきれ  油がきれ  口では述べきれ  コーヤクぢや塞ぎきれ  つてやりきれ  せいがきれ  縁がきれ  根拠地が、数えきれ  それこそ数えきれ  ねじ伏せきれ  米は、さからいきれ  息がきれ  である着物のきれ  執拗にたえきれ  ふところからは払いきれ  二人はもう待ちきれ  ブリキのきれ  鉄のきれ  ちやとてもやりきれ  ぷつっと切ってそのきれ  実がきれ  甲斐絹のきれ  畳はきれ  一人で背負って立っているといってもいいほどのきれ  微笑を包みきれ  言葉には現しきれ  嗄れ声のひときれ  んじゃ、聞いただけでも待ちきれ  罪がないとは言いきれ  ア、死にきれ  いやとはいいきれ  名前だけでも数えきれ  ちょっとまともには受けきれ  境遇にいかにも堪えきれ  石川、本当にきれ  克服しきれ  葉をひろげて、たべてもたべてもたべきれ  十日のきれ  怺へきれ  中から拾ひ上げたぼろきれ  一つ一つに負けて擦りきれ  紙のきれ  羽毛のきれ  キツスしながら、堪えきれ  他にはきれ  それを受けきれ  間で揉まれてゐるし、きれ  若い女王達をきれ  青年もついに包みきれ  蠅をやりきれ  僕が次々にうまく受けとり、持ちきれ  存在で、馴れながら馴れきれ  針金のきれ  腰にきれ  云ひきれ  からでも、数えきれ  頭へ詰めきれ  頭から否定もしきれ  傷が浅いので死にきれ  獣油がとぼりきれ  母、死にきれ  上へと思ったが逃げきれ  松明がとぼりきれ  出血を抑えきれ  日記のきれ  世間並にしなくちゃ、遣りきれ  未亡人型に押しはめておききれ  圧えきれ  生きものがひときれ  底に隠しきれ  布のきれ  気持になりきれ  どこかにまだ落ちぶれきれ  否定しきれ  冷やかにはなりきれ  尻拭いに耐えきれ  尿意が、どうにももう持ちきれ  うち麻薬がきれ  呼吸がきれ  堤も支えきれ  着物に白いきれ  ミーロはしばらくだまっていましたが、とうとうこらえきれ  お前たちはひときれ  んもきれ  ケチンボでもきれ  俺はでえきれ  修繕しきれ  ものに至っては、恐らく数えきれ  支へきれ  民衆には使いきれ  口を控えていちゃなかなかやりきれ  ものはとても使いきれ  庄は出たり入ったりしていたが、待ちきれ  辛抱がしきれ  綴目がきれ  上両手にかかえきれ  生涯使っても使いきれ  手数がかかって遣りきれ  消化しきれ  それを思うと、泣いても泣ききれ  時がまんしきれ  樗蒲一張ったり、そうは張りきれ  友人になりきれ  滝本は、訊ねきれ  期間はきれ  今日かぎり、きれ  支那的であるとはいひきれ  野人になりきれ  辰子は堪えきれ  子供達が待ちきれ  安心しきれ  時間がきれ  横へきれ  自分で制しきれ  紙っきれ  壓迫に堪へきれ  餘つて度々制へきれ  それがばかげていて、どうもやりきれ  気持も隠しきれ  んですから、待ちきれ  顔面には包みきれ  蒲原氏はたうとう抑へきれ  のですから、全くやりきれ  啖呵のきれ  声はきれ  ツイ我慢がしきれ  そのまま一気に寄りきれ  理づめだけで扱いきれ  殻をすてきれ  どこにも住みきれ  のは、やりきれ  両手で抱えきれ  ワッショイワッショイ両手に抱えきれ  ワッととびだして抱えきれ  壺二ツに入りきれ  合ひきれ  女は、でえきれ  両手に抱えきれ  中間が、待ちきれ  怒りを隠しきれ  精神水準を示すとは云いきれ  ままでは、やりきれ  欣びによっても紛らせきれ  んぢや、全くやりきれ  中には抑へきれ  機会はかぞえきれ  事実だけは、どうしてもあきらめきれ  瞼のきれ  把掴しきれ  食事をしながら、いくきれ  汗を、ふいてもふいてもふききれ  足に続ききれ  緒はきれ  癖は抜けきれ  きれいな白いきれ  一ときれ  期限が最早きれ  科学化されきれ  一つになりきれ  しか批判しきれ  その間耕吉は隠しきれ  空白を埋めきれ  DTPが捨てきれ  徐栄軍はついに追いきれ  野望は捨てきれ  面を見ていると、つつみきれ  誘いに耐えきれ  脱けきれ  晝には全くやりきれ  調子では、とても受けきれ  夢を忘れきれ  みじめでやりきれ  誤解でもうけたら、死んでも死にきれ  岡はきれ  連絡のきれ  犬は、払いのけきれ  花を抱えきれ  ぼろぼろにきれ  制御しきれ  悪戦苦闘を続けて、ふくれあがり、はれあがり、きれ  味をしめてなかなか思いきれ  糸のきれ  黄なるきれ  茶気は持ちきれ  地を守りきれ  火の手は防ぎきれ  厳与は支えきれ  呂布を信じきれ  返辞を待ちきれ  安民は、逃げきれ  兵隊になりきれ  老人は堪えきれ  葭のきれ  それには抗しきれ  辛棒がしきれ  友人ばかり持って居るのではやりきれ  清算しきれ  階級的自覚は押えきれ  うちは食べきれ  最後には到頭もちきれ  玄徳もかわしきれ  人がよいとも、云いきれ  位も持ちきれ  累々と数えきれ  夜はまだ明けきれ  押へきれ  引越さしたとはいふものの、隠しきれ  涙が出てきてこらえきれ  臭ひだけでもやりきれ  これにも容れきれ  看護がしきれ  成仏しきれ  雪のきれ  連中ばかりやってきてはやりきれ  歌もきれ  首でもくくられたら、こつちがやりきれ  肉体を、ひときれ  城も支えきれ  涙が流れて、抑えきれ  水気の取りきれ  盲目には成りきれ  閑でとても置ききれ  制えきれ  たか覚えきれ  口もとには抑えきれ  水はありて捨てきれ  中が、抑えきれ  女手がなくちゃやりきれ  底に、まだ死にきれ  お金がどっさり入ったので、かぞえきれ  お前がかぞえきれ  肉のきれ  一ばん大きなきれ  商売では、とてもかぞえきれ  ことわりがしきれ  自分で書ききれ  千二少年は、遂にたえきれ  上に、きれ  ものだとは言いきれ  煙をはいて、死んでしまったのではやりきれ  油くさいきれ  ところは、とてもかぞえきれ  焼けこげのきれ  豪傑は、実に数えきれ  玄徳には忍びきれ  ほどは察しきれ  処置を案じて、決しきれ  不満を隠しきれ  帰りが待ちきれ  魂はまだ諦めきれ  没頭しきれ  電話はきれ  空には数えきれ  観念にはまりこみきれ  都にも住みきれ  処もすっかりくっつききれ  まさかりああこのきれ  激怒頂点で、耐えきれ  つまりそいだけでは、死にきれ  排除しきれ  しんぼうしきれ  時によって耐えきれ  やうにかくしきれ  力に抗しきれ  潜在的信仰から脱しきれ  自ら制しきれ  小さな言葉のきれ  西洋人にはなりきれ  それに堪へきれ  眼を据えてやりきれ  細川が、諦めきれ  名はいちいち挙げきれ  商人だけでは儲けきれ  状態もいわばたえきれ  顔を見やりながら、こらえきれ  会話には堪えきれ  完く癒えたとはいいきれ  脱走を聞いたが、なお信じきれ  胸には案じても案じきれ  群臣はなお信じきれ  つてやれきれ  窓はかくしきれ  なんざア、やりきれ  安心が、包みきれ  感謝しきれ  算えきれ  ものがトコトンまで買いきれ  唇がきれ  アヤマチと言いきれ  感傷とは言いきれ  禅坊主にはなりきれ  なかったと言いきれ  ア、やりきれ  圧倒しきれ  話の持ちきれ  肉体にはとても盛りきれ  手にも支えきれ  心にも受けきれ  自分を支えきれ  さを包みきれ  家庭に納まりきれ  そこに憎みきれ  手には支えきれ  家庭においてはもとより食いきれ  みぞが、深くきれ  ことが、どうにもこうにもやりきれ  使命を果しきれ  王双は逃げきれ  必定、支えきれ  私には、つき合いきれ  左へきれ  南西へきれ  屈辱的武人たるに忍びきれ  いつまでも大人になりきれ  思索には測りきれ  さへきれ  五人手をつないでも抱ききれ  のは、考えても考えきれ  それこそかぞえきれ  気持ちが抑えきれ  視線を受けきれ  葉子が数えきれ  事には寝入っても忘れきれ  ぱりと断りきれ  中心にきれ  院長は白いきれ  わたしには棄てきれ  懇請をことわりきれ  方でも耐えきれ  政治に対して、消しても消しきれない断っても断ちきれ  ペーソスでは盛りきれ  後から断りきれ  女のきれ  ことを押えきれ  実在しきれ  包括しきれ  聯想が尚きれ  時とか、なにかやりきれ  三足四足引きずったが、引ききれ  自分を制しきれ  さに細い育ちきれ  本日分の切符は全く売りきれ  外ではとてもしのぎきれ  詩人になりきれ  暑いものだから、とうとうこらえきれ  女はこらえきれ  演芸場にはいりきれ  生活をまかないきれ  芋のきれ  ぷツつりきれ  ことを思いきれ  誰だって死にきれ  単純には諦めきれ  さも堪えきれ  言葉のきれ  体力を使いきれ  めがきれ  私を待ちきれ  これではとてもやりきれ  心持が、抑へても抑へきれ  今はかくしきれ  一口で言いきれ  一緒じゃ、やりきれ  下に立たずして、きれ  君も到頭待ちきれ  胡魔化しきれ  ホアンになりきれ  淺ましくてとても堪へきれ  空ろで、きれ  ちょっと消化しきれ  つまり蓄積がきれ  ツイ生ききれ  雲がきれ  手口も、どうにも憎みきれ  悪縁がきれ  犯人だとは云いきれ  こともいわれますと、どうも断わりきれ  つても死にきれ  名文が長すぎて、のせきれ  生活が捨てきれ  ウス汚くって、やりきれ  上で愛されなくては、息苦しくて、やりきれ  それに堪えきれ  征服しきれ  仙台市に住みきれ  だんだん待ちきれ  慎しみが守りきれ  例は挙げきれ  ものが、数えきれ  餅の食べきれ  風に思い込ませて、思いきれ  ドックにはいりきれ  五人でも食いきれ  フンイキからぬけきれ  古代史家が隠しても隠しきれ  ここに書ききれ  自分も出しきれ  掲示場にも拭いきれ  SOSがはりだされていても、拭いきれ  しまいまで云いきれ  藩を脱しきれ  鞄は解ききれ  そうになっても、食べきれ  合間にきれ  アッタスンは抑えきれ  すいたい慾望を制しきれ  これじゃ死んでも死にきれ  のはまったくやりきれ  二タ筋縄でも縛りきれ  底までは愛しきれ  千手観音でも働ききれ  皸がきれ  昌作はしまいまで云いきれ  父親はまちきれ  子とを断ちきれ  まり褪せてないきれ  のでは、おぼえきれ  杉葉のきれ  ただ一艘ならばまだしも、数えきれ  紗のきれ  紙きれが燃えきれ  生絹のきれ  方でも隠しきれ  收容しきれ  腹の中は秘しきれ  忍耐しきれ  革のきれ  夜に比べると、数えきれ  さは包みきれ  ガソリンがついにきれ  ケレンコは、待ちきれ  顔には、隠しきれ  一生懸命に働いても働ききれ  俺とではとても食いきれ  責任にはしきれ  一つ影像になりきれ  昨日今日生理的に持ち堪えきれ  敢てしきれ  のを待ちきれ  自分持ちでやりきれ  こいつは逃げきれ  清姫様の祟りでとてもやりきれ  ために忍びきれ  のだが、つひに断りきれ  興奮にどうにもしきれ  返事が待ちきれ  なめし皮のきれ  ふうにして煮えきれ  手ではどうしても防ぎきれ  のが本当にうれしくって、まだしっくり慣れきれ  まさかそれが、泣いても泣ききれ  イロニーでは盛りきれ  んじゃあ、ほんとにやりきれ  好奇心はもう押えきれ  辛抱はしきれ  披露されては、堪へきれ  罪を背負いきれ  図になってはやりきれ  禊である、こらえきれ  何か白いきれ  身投をするならば、よし死にきれ  今日は、とてもやりきれ  まりお縋り申されて引き倒されてもやりきれ  ばかにされるんで、やりきれ  収容しきれ  ことがまだ思ひきれ  やうに思はれ、やりきれ  袖口の擦りきれ  んじゃどうにもやりきれ  身体が痛んでやりきれ  のを抑えきれ  玉じゃあ全くやりきれ  のが抑えきれ  のが押えきれ  ちょっとには数えきれ  解釈がしきれ  んじゃあやりきれ  矢絣のきれ  彼女はぼろきれ  ネリはだまってきれ  のが抑へきれ  自分たちが食いきれ  蛆が這入ろうとするので、やりきれ  蛆が這入らうとするので、やりきれ  いまごろ餓えて死にたくはないああただひときれ  そこから読みきれ  せい子が耐えきれ  ボンヤリしていたが、やがて耐えきれ  のが、こらえきれ  銀様はこらえきれ  実在を信じきれ  拙者においても信じきれ  自分に向っていいきれ  成就するといいきれ  風習から離れきれ  龜裂しきれ  不幸があり、どんなにもがいても、ぬけきれ  気候以上にやりきれ  やつぱり脱けきれ  悪夢だと悟りきれ  のでは、死んでも死にきれ  課題はこたえられきれ  四面にきれ  手がもちきれ  怺えきれ  ものか抑えきれ  列車は測りきれ  二台には乗りきれ  彼らは、抑えても抑えても抑えきれ  牛肉のきれ  交渉がきれ  子曰わくではやりきれ  のが、思いきれ  トテもやりきれ  本棚にも並べきれ  全然ないとは言いきれ  裕美子にはつかみきれ  生活も、ただひときれ  のが、またむらむらと抑えきれ  解釈しきれ  なっちゃやりきれ  所から下谷御徒町にきれ  しかし、どうしても諦めきれ  眼では睨みきれ  刀じゃねえ、持ちきれ  二階まで上りきれ  ここへは上りきれ  私には死んでも死にきれ  ことに、かわしきれ  看病人がやりきれ  彼女はすぐ堪えきれ  こっちがやりきれ  俺あ死にきれ  耐へきれ  天のひときれ  馬は、待ちきれ  秣のきれ  薄ら衣服を裁ちきれ  平さんは断わりきれ  から、全くやりきれ  獅子頭もかぶってみたが被りきれ  百蔵は、ほくそ笑みして、何とやら包みきれ  さが包みきれ  がんりきもやりきれ  悟りが開けきれ  りっぱなきれ  メリンスのきれ  喜びにたえきれ  小箱と同じきれ  それが同じきれ  ベソをかいていたら、どんなにやりきれ  鼻、大きなきれ  手が廻りきれ  書籍が洗いきれ  お客に白いきれ  紫のきれ  いくらでも数えきれ  赤地錦のきれ  錦のきれ  私が生きてゐると死にきれ  尺度では、ちょいと量りきれ  右にきれ  坪井は、酔いきれ  キュリー夫人では重くて運びきれ  皮膚がきれ  恩が返しきれ  充分にかわしきれ  わたくしには預かりきれ  なかった日にゃ、やりきれ  頭じゃわかりきれ  場合は、そうとばかりも言いきれ  靄がきれ  一本一銭食べきれ  二本一銭の食べきれ  一人になりきれ  行乞者に戻りきれ  草鞋ではとてもやりきれ  払ひきれ  私自身もやりきれ  やうになれ、なりきれ、なりきれ  ひとりにはなりきれ  銭になれ、なりきれ  チヤンポン食べきれ  通身アルコールとなりきれ  焼酎五勺が飲みきれ  ムチヤクチヤにはなりきれ  彼、きつてもきれ  話が話しても話しても話しきれ  濃厚には堪へきれ  合つた、どんなに惜しんでも惜しみきれ  雪は、まだ解ききれ  けが、こうして浮びきれ  隠居では受けきれ  消滅だと信じきれ  男を愛しきれ  百姓になりきれ  胼がきれ  誰がって、数えきれ  辺を出きれ  眸がまだ信じきれ  支族など、かぞえきれ  素直に服しきれ  胸に落ちきれ  先は待ちきれ  総体経済家で、きれ  面倒は見きれ  簡単に、いいきれ  正面にしては、そうも云いきれ  男妾もやりきれ  歌がよく覚えきれ  のがこらえきれ  団子を食べてまぎらかしていたが、ついにこらえきれ  幹によりかかってみたが、ついに支えきれ  時代の拭うても拭いきれ  何か思いきれ  これも思いきれ  無条件でつっぱなしきれ  後家さんが、とうとう突き飛ばしきれ  猟師は、なかなか諦めきれ  猟師がいよいよ諦めきれ  テレ気味がおおいきれ  わけではないが、断ちきれ  離脱しきれ  量見がくみきれ  先入主は拭いきれ  大胆者とは、信じきれ  民土には、やりきれ  悪をかぞえたら、かぞえきれ  歓喜にも強く永くは耐えきれ  状態だと思わなければ耐えきれ  分裂症状には耐えきれ  深夜ただ一人で、ひときれ  私は耐えきれ  間には、隠しきれ  希望を賭け、救おうにも救いきれ  胡麻化しきれ  鉄砲陣では防ぎきれ  信長では持ちきれ  女が思いきれ  完全にはそう思いきれ  カラダだけが死にきれ  カラダが死にきれ  俺自身が信じきれ  僕には、耐えきれ  ルリさんを忘れきれ  力でも抑えきれ  飮んでいなければ、とても耐えきれ  人間になりきれ  われでやりきれ  のに耐えきれ  ものだったが、なぜか、制しきれ  悪党にはなりきれ  保持しきれ  アメリカ物はきれ  上を、かわいたきれ  密林がきれ  そさにたえきれ  話し声がきれ  怪獣に追いまくられて逃れきれ  走り寄って縋りつくほどにして、そうして、諦めきれ  冷評しきれ  慶長小判には摺りきれ  叔母さんばかりは、信じようとしても、信じきれ  ごまかしきれ  砂糖がきれ  こと、こらえきれ  体を支えきれ  といへるが、また、さうばかりもいひきれ  こともできないから、実は隠そうとしても隠しきれ  間に、切ってもきれ  顔にはかくしきれ  皹のきれ  こいつはぼろきれ  鼻をぼろきれ  そこにさえ入りきれ  正季には、起ちきれ  一がいには、言いきれ  涙をかくしきれ  葛籠などには盛りきれ  女はもう待ちきれ  悩みに堪えきれ  堤をきれ  あちらから堪えきれ  身上ではやりきれ  罪が背負いきれ  今思い返してみると、死んでも死にきれ  不審が解けきれ  ために、こらえきれ  緩慢で堪えきれ  俺あ泣いても泣ききれ  身体を支えきれ  受けは受けても、耐えきれ  表情には、もはやかくしきれ  ものを脱しきれ  しかと窺いきれ  都も、余りにかすんで、かえりみても、かえりみきれ  女心は、つつみきれ  釈然としきれ  ものが拭いきれ  穀類など、持ちきれ  のも待ちきれ  二つにきれ  伴ひきれ  虫かごに急いで入れて、包みきれ  かわり、こんな、堪えきれ  四角なきれ  銀行へ預けきれ  萌黄木綿のきれ  萌黄色のきれ  のや数えきれ  眼から涙が抑へても抑へきれ  ばたりばたりとまわり、きれ  腹をきかねば、死にきれ  厚顔には、なりきれ  位置を持ちきれ  さを、おおいきれ  虚勢すら持ちきれ  後醍醐は、待ちきれ  はずはないと、さんざんに打消してはみますが、打消しきれ  それがおさえきれ  軽蔑はしきれ  われわれとしてもやりきれ  がんりきとしても浮びきれ  ところを離れきれ  女を放しきれ  絹も受けきれ  親玉もやりきれ  火は消えたけれども、消して消しきれ  牛でもにないきれ  ばたりとまはり、きれ  手では持ちきれ  味方すら信じきれ  弁信自身は、拭うても、拭うても、拭いきれ  通り着物をたたんでおりますが、いくらたたんでも、たたみきれ  泥るんでやりきれ  前から右にきれ  宅へ置ききれ  守衛の擦りきれ  それに耐えきれ  さは拭いきれ  死ぬにも死にきれ  雲がいくきれ  方は死にきれ  其できれ  さをかくしきれ  知識からぬけきれ  子供を残しては、死んでも死にきれ  明ら樣になりきれ  みんな述べきれ  声は、とうとうこらえきれ  たきを、こんなにもふと断ちやすく、持ちきれ  守時、死にきれ  予測していたろうが、こうまでとは、考えきれ  自分らにはまだ失せきれ  獎勵しきれ  いぶりを思うなどは、思うだけでもやりきれ  閑に、たえきれ  水亭に坐りきれ  彼女はもう抑えきれ  者もないとはまた言いきれ  忠顕は待ちきれ  足利直義は、ささえきれ  使者に持ちきれ  お雪ちゃんも、拒みきれ  そこに解けきれ  心安立てに話し出されては、全くやりきれ  わけにはゆかないと共に、いよいよ解しきれ  害にはなりません、許しても許しきれ  道庵に解ききれ  融通だけでは甘んじきれ  駒井が、こうも抑えきれ  圧迫に堪えきれ  自分ながら数えきれ  煩悩から全く脱しきれ  ものはきれ  浅吉さんこそ浮びきれ  挙動が解しきれ  兵力はささえきれ  死傷もかぞえきれ  何としても否みきれ  運と観じ去っても、それだけはなにか拭いきれ  単純にまではなりきれ  尊氏もついに逃げきれ  ためにごまかしきれ  群衆は抑えきれ  往来なかはやりきれ  声は、隠しきれ  列車は一々数えきれ  運搬しきれ  不安が、もう抑えきれ  づりかけに紙或はきれ  理で練りきれ  今日は実に、解しきれ  尋常に捕まえきれ  冷笑しきれ  人を憎みきれ  声はまだ育ちきれ  商人もやりきれ  武助はやりきれ  冷静を装いきれ  彼等に当らねば、もちきれ  いちいちは、あげきれ  のですが、また、どうしても思いきれ  雲のきれ  釈然とはしきれ  なかったからともいいきれ  さもあろうかと存じましたなれど、待ちきれ  忿懣を抑えきれ  商売を忘れて騒がねえとやりきれ  年齢になって脱しきれ  手がはいっちゃあやりきれ  眼に、押さえきれ  縁をきれ  好奇心が、ついに抑えきれ  とつて制しきれ  ひとりでは持ちきれ  幾枚も、畳みきれ  お前、食べきれ  意地が張りきれ  一方になりきれ  のが、とうてい受けきれ  お茶を沸かしきれ  ものだが、打ちきれ  途中で摺りきれ  のは全く判じきれ  ちょっと追いきれ  迷いが悟りきれ  白雲を待ちきれ  国府も守りきれ  緊張と、かくしきれ  涙にはなりきれ  ものとはなお言いきれ  直義には抜けきれ  心から溶けきれ  関節がささえきれ  肉体から袂別しきれ  拭ひきれ  驚愕から恢復しきれ  主張しきれ  計上しきれ  一匹飼いきれ  熊一匹養いきれ  洋妾立国論は受けきれ  ようにしておろうと堪えていても、やっぱり堪えきれ  隠忍しきれ  普通常識ではかりきれ  婦人子供服のきれ  話は信じきれ  寿女さん、こんなきれ  いくつもきれ  衝動にたえきれ  つて落ちきれ  あいつ待ちきれ  ものを、ようやく解しきれ  田山白雲にも解しきれ  あなたが行ききれ  心が抑えきれ  駒井には信じきれ  目に見きれ  思いあがりは脱しきれ  大戦終局とともに持ちきれ  事となると、諦めたとは思っても、なかなか諦めきれ  どっちかと言えば、きれ  呼吸のきれ  熱狂にさへ乗りきれ  頭ではわかりきれ  二人はまだ立去りきれ  見送ってまだ立去りきれ  公定相場が持ちきれ  反抗しきれ  夫を愛しきれ  妻を愛しきれ  型に入れきれ  人間が伸しきれ  様子は見えませんね、殺し合っても殺しきれ  絶滅しきれ  女連から騒がれたと言われてみると包みきれ  迚もやりきれ  いくつ通るか、数えきれ  開墾しきれ  成長が待ちきれ  それだけでは諦めきれ  言葉が交わきれ  りんご兩手をどんなに大きく大きくひろげてもかかへきれ  所産となりきれ  七ヶ月しか我慢がしきれ  私が生きてゐては死にきれ  果物が、取りきれ  途中へ数えきれ  わしがきれ  両手で握りきれ  たくさんとてもおぼえきれ  予感に堪えきれ  もったいない気がして、ちょいとやりきれ  このごろ南京虫がふえてやりきれ  方では死にきれ  妙の如きは遂に堪えきれ  私はとうとう待ちきれ  何かしら燃焼しきれ  鼠いろのきれ  灰いろのきれ  ごらんなさいまし、やりきれ  腹を探られるので、全くやりきれ  我慢にも持ちきれ  わたしがやりきれ  板前がやりきれ  それをまた背負いきれ  米友も、強いてとは進みきれ  方がやりきれ  者ならば認めきれ  ポンポン啖呵がきれ  たんかがきれ  そっけなく片づけきれ  ちょっと買いきれ  世話が焼ききれ  低能ぶりを嘲りきれ  一杯も飲まなくっちゃあやりきれ  句が解しきれ  方で取計らいきれ  要件ばっかりは、どうしても計らいきれ  頭で取計らいきれ  老番頭一存では計らいきれ  組にも入りきれ  今はいよいよ支えきれ  涙を制しきれ  小寺家にとってはいいきれ  黒田官兵衛としては哭ききれ  波動を、やりきれ  眼に入れまいとしても隠しきれ  歓喜は抑えきれ  女は数えきれ  頭へしみこんで、なかなかぬけきれ  いつまでたっても片付けきれ  店を少しも片付けようともせず、また実際きれ  涙を押えきれ  二年前にきれ  片手で持ちきれ  うちにも、どつか堰きとめきれ  あたり、全くやりきれ  底を流れて、隠しても隠しきれ  それさえ使いきれ  椅子のきれ  局部には白いきれ  物語に尽しきれ  勤労しながら、ぬけきれ  つて出しきれ  道は断ちきれ  私は万一そうなったら、たとい死んでも死にきれ  ぢさん、このきれ  胸におさえきれ  徳兵衛一人では食べきれ  死にも死にきれ  生きも生ききれ  重荷にも堪えきれ  苦痛にも堪えきれ  お前、そうは覚えきれ  閑却しきれ  誰しも言いきれ  行動から脱しきれ  何百回となるか数えきれ  袖が振りきれ  夢から醒めきれ  その後では数えきれ  素直になりきれ  大藩でも扱いきれ  底無しのとてもやりきれ  翌日私はこらえきれ  それを乗りきれ  何か制しきれ  何に堪えきれ  さ、堪えきれ  から、とても堪えきれ  何に堪へきれ  さ、堪へきれ  から、とてもとても堪へきれ  息が保ちきれ  女王は堪へきれ  みごとにきれ  のが、なんとしてもやりきれ  われながら制しきれ  疑いが解けきれ  わたしは死んでも死にきれ  んですが、もうやりきれ  青年には思いきれ  会津でも扱いきれ  新撰組は扱いきれ  自由に堪えきれ  皸のきれ  几帳のきれ  位置が、負いきれ  中に入れきれ  ことを思うと、とかく踏みとどまりきれ  一口には云いきれ  何事も諦めきれ  悲しみを、押えきれ  三面記事にさえ、載せきれ  感動を制しきれ  顔が包みきれ  対抗しきれ  楽しみを制しきれ  すべては考へきれ  心中に何とも抑えきれ  心はおさえきれ  演説のきれ  藁すべのきれ  しびれのきれ  引合いに出さなければ、そろそろ受けきれ  洪水にかかっては受けきれ  子を思いきれ  日にはやりきれ  正を制したとは言いきれ  木炭を買って使いきれ  指で握りきれ  ストーブでは充たしきれ  木炭などを買いきれ  希望者に応じきれ  弥之助には、そうそうはやりきれ  涙がこぼれて、忍ぼうとしても忍びきれ  汚穢に堪えきれ  母が包みきれ  驚きを隠しきれ  皮肉さをいかに隠そうとしても押えきれ  謝絶しきれ  思い返しになろうとしても、おさえきれ  足のきれ  馴致されきれ  挨拶はまだことごとくは取り次ぎきれ  侍従も堪えきれ  日比谷公園は見通しきれ  矢ッ張り諦めきれ  恨みを書いて、もう生ききれ  心持ちがしまいに抑えきれ  つて制しきれ  知ってるとおり僕がやりきれ  痲痺がきれ  きらう九月ではあったが、待ちきれ  麻痺がきれ  愛情とに堪えきれ  不名誉を忍びきれ  苦しみを忍びきれ  皆おさえきれ  のをおさえきれ  朝になりきれ  一人で背負いきれ  薫はおさえきれ  ことはあきらめきれ  急にはかわかしきれ  姫君の隠しきれ  自分も信じきれ  責任が重くてやりきれ  から、受けきれ  恥かしいでは隠しきれ  今まで堪えに堪えていたけれども、もう持ちきれ  力では、こなしきれ  お腹がすいて、どうにもこうにもやりきれ  忙がしくて追いかけきれ  トテモ受けきれ  鐚も受けきれ  八方袖の下撫斬流と来るから受けきれ  時堪へきれ  味ひきれ  さに堪へきれ  のが隠しきれ  からと思ったが、どうしても待ちきれ  霊になりきれ  什器類が数えきれ  力が有るか無いかを考へきれ  命を投げ出してかかつて描いても描いても、描ききれ  さを隠しきれ  体躯ではこなしきれ  金網のきれ  内側からつぎきれ  だれで遮りきれ  巡査もやりきれ  半分しか辿りきれ  あれではどうもやりきれ  寒い日にはやりきれ  夢のきれ  真実にやりきれ  からね、全くやりきれ  後幕は、とうてい張りきれ  ッて、やりきれ  雲さんもやりきれ  シビレがきれ  村境できれ  発展的面に従いきれ  批判しきれ  再現されきれ  くらましきれ  枠を脱しきれ  土肌から、いきれ  ことには、とてもやりきれ  言葉がやりきれ  失つた狼狽は隠しきれ  江はどうしても包みきれ  心持を隠しきれ  容易には食いきれ  美妙斎はおさえきれ  者にはなりきれ  交渉が深まってくると、堪えきれ  ひもがきれ  孤独、消しきれ  耳は鳴り、堪えきれ  勘忍しきれ  勢が次第に強くなりて抑えきれ  パンのきれ  ぐにおほきなパンのきれ  恋文はちよつと捨てきれ  それを捨てきれ  民主憲法といいきれ  共産主義者たちに対して、尽しきれ  笑いすてきれ  たくさんな数えきれ  嗜きになりきれ  嘲弄を感じると、突然、圧しきれ  情が蔽いきれ  なんにしてもやりきれ  電話がきれ  泥から上るムッとしたいきれ  肉のひときれ  転換がしきれ  歌風までも棄てきれ  のを見ると、堪へきれ  何時までも捨てきれ  納得しきれ  例は数えきれ  たしかに有頂天になりきれ  風には考えきれ  内だけでも燃やしておかなけりゃやりきれ  ちょっと言葉のきれ  満悦をかくしきれ  人から頼まれれば断わりきれ  芭蕉にはなりきれ  山頭火になりきれ  どんどん踏んでも踏みきれ  朝晩踏んでも踏みきれ  資金がきれ  興奮をおさえきれ  表情等数へきれ  評価しきれ  緒のきれ  幾篇かではなくて、ひときれ  対象を扱いきれ  自分一人の力だけでは到底持ちきれ  中に、つつみきれ  典型とも言いきれ  競争で、遂にとび越しきれ  書となりきれ  二百円であらわしきれ  輿論が喧しくて罰しきれ  そのまま肯定されきれ  不眠から脱けきれ  抑制しきれ  収拾しきれ  すゞが堪えきれ  記憶しきれ  ヘロのきれ  ヘロインがきれ  習慣から、ぬけきれ  ここでは防ぎきれ  ちょっと、きれ  それを考へると、全くやりきれ  習慣からなかなかぬけきれ  藤本は、まだ諦めきれ  刺戟にたえきれ  同化しきれ  騒ぎのきれ  水は待ちきれ  源三郎をあきらめきれ  風じゃとてもやりきれ  十分に抑えきれ  休憩時間をほとんど待ちきれ  均平にはやりきれ  均平も持ちきれ  のもやりきれ  松島は待ちきれ  今になっても拭いきれ  細腕では持ちきれ  重荷は背負いきれ  毒を仰いで死にきれ  奥にまだ錬りきれ  ときからおれがきれ  どっちかになりきれ  人間が数えきれ  世界からぬけきれ  構想通りに書ききれ  んですが、どうも防ぎきれ  私たち育ちきれ  体裁でつくろいきれ  のをまちきれ  はたにおさえきれ  背中に白いきれ  のも、きれ  実感としてうけとりきれ  肯定しきれ  感動を抑えきれ  生活におさまりきれ  素子は、まちきれ  差別をつけきれ  のでは、実際やりきれ  淵の数えきれ  死ぬのはやりきれ  其処から糊塗しきれ  その間を待ちきれ  永久に絶ちきれ  周囲を廻って、拾っても、拾っても、拾いきれ  小包がきれ  堅気になりきれ  ためにかえってこらえきれ  人だけはどうしても諦めきれ  涙声になっていて、そこで、こらえきれ  ホントに言うに言いきれ  繩のきれ  折檻に堪えきれ  ますます思いきれ  から、しかし死にきれ  わしは死にきれ  わしを死にきれ  境遇にありながら、死にきれ  石のきれ  何千とも数えきれ  内心の制しきれ  ろうかをいくまがりかして、かぞえきれ  あなたは、どうしても思ひきれ  ようなきれ  三倍でやりきれ  期限がきれ  何か書かなけりゃあ、淋しくてやりきれ  私にはやりきれ  短文では述べきれ  使用しきれ  たくまに持ちきれ  から断りきれ  三人も残してはどうしても死にきれ  まねき猫、あんな幼い、悲しくやりきれ  仲よしになりきれ  ロッティは、耐えきれ  いつまでたっても登りきれ  二人で食べても食べきれ  一人ではかけきれ  眼には隠しきれ  言へきれ  これ以上怺えきれ  功徳については、余りにも多いので載せきれ  旦那にかかっちゃ、とても遣りきれ  恐怖を、隠しきれ  一千年かかっても使いきれ  時計屋などではどうしても直しきれ  髪に白いきれ  一人では全くまわりきれ  ナナエになりきれ  単位では数えきれ  毛布が、たぐりきれ  隱岐も堪えきれ  文字が讀みきれ  らさでは、生ききれ  蒼空を見あげ、そしてひときれ  苦笑ばかりがやりきれ  野々宮への隠しきれ  青木さんは待ちきれ  明滅がやりきれ  町に住みきれ  反映させずに生ききれ  形に溺れきれ  衰弱がぬけきれ  はる滑稽に堪えきれ  さがいくらかやりきれ  サチ子が死にきれ  来訪が、待ちきれ  ために別れきれ  ジョーヌはひときれ  怒りにやりきれ  ことを思ふと、死にきれ  方もやりきれ  はつひにひときれ  内攻が諦めきれ  毎日がやりきれ  どこかしらで誤魔化さずには生ききれ  やつぱり弥縫しきれ  其れから脱けきれ  結局成りきれ  軽蔑しきれ  人間もたいていやりきれ  それこそやりきれ  いつまでたっても抜けきれ  人間でもやりきれ  さに堪えきれ  ぼくはやりきれ  歓びをかくしきれ  彼女は堪えきれ  ことが隠しきれ  市子のたまらない、堪えきれ  母はもう耐えきれ  番号のきれ  店へかかりっきれ  中途でポツンときれ  ときに話しきれ  驚歎してもしきれ  教授は数えきれ  私は、抑えても抑えきれ  元気いっぱいで、抑えきれ  念を抑えきれ  怒りを抑えきれ  堤には、数えきれ  理性では抑えきれ  燃える怒りを抑えきれ  ことばが抑えきれ  こんどは、どうにも支えきれ  感情がなくてはとってい支えきれ  これ以上やれきれ  馬鈴薯三斗、食いきれ  脚のきれ  妹たちも、こらえきれ  満面につつみきれ  胃袋が、もう待ちきれ  わけで、こりゃ、やりきれ  何うもやりきれ  故郷はとうてい捨てきれ  しんぼうがしきれ  黄金をやろう、背負いきれ  人々の、実に数えきれ  争議へまきこまれたらとても断りきれ  ベリベリと破って長いきれ  絹のきれ  燃える絹のきれ  黒とのきれ  もの脅迫から、とうとう堪えきれ  荷馬車に、拒みきれ  やうに、きれ  七人では食いきれ  雲のひときれ  観念から、未だ脱しきれ  死骸を捨てきれ  寄手にも、隠しきれ  信徒達に対して、どうしても打ち解けきれ  複雑さではとらえきれ  うつしきれ  亢奮を抑へきれ  生存しきれ  合理化しきれ  一口に云いきれ  自己瞞着しきれ  右翼民主主義偏向はごまかしきれ  麻のきれ  これじゃどうしても遣りきれ  気持を払いきれ  処理しきれ  カラフト問題を埋めては死にきれ  棟梁三谷三次は遣りきれ  親どもに慰めきれ  言葉がきれ  ものを抑えきれ  圧えにおさえ、遂に堪えきれ  甚助には快く晴れているとは云いきれ  さに耐えきれ  んでは、死んでも死にきれ  そばに行くと、まるでぼろきれ  十二時ごろでもすっかりは暮れきれ  感謝もしきれ  キャラコのきれ  事に耐えきれ  ぢや、やりきれ  小さな半きれ  たばこがきれ  十字をきれ  一言で尽しきれ  つても煎りきれ  肯定もしきれ  賞状とか、数えきれ  美人画とも言いきれ  思いを抱きながら連れ立っていたが、どうにもこうにも堪えきれ  規則には服しきれ  うちに消しきれ  青あおした、きれ  常識では計りきれ  想像しきれ  殻からぬけきれ  心理状態や、制しきれ  おかしい話は話しきれ  扉を焼ききれ  ぼくにしても、そうでないとは、いいきれ  ょっくらちょいとは云いきれ  大変にうれしく思って押えきれ  茶碗に盛りきれ  受納しきれ  解説が持ちきれ  気がかりで思ひきれ  声がとぎれなくとも、時々フッと、諦めきれ  眼瞼に守られた、きれ  雪が抱えきれ  のか、断わるに断わりきれ  最近まで捨てきれ  人間の包みきれ  ものの集めきれ  解決されきれ  こととしていいくるめきれ  さをまったく隠しきれ  絃のきれ  興行師らから、断わりきれ  通俗的になりきれ  途中から横にきれ  ものを作らうとして作りきれ  つたのが未だ乾ききれ  繩がきれ  けふはめつぽふ、きれ  振りにはやりきれ  艇長はさすがに包みきれ  ことも数えきれ  紅絹のきれ  ちょっと測りきれ  大川までは、逃げきれ  眼から捨てきれ  掛稲のきれ  薬王寺では飲みきれ  つた赭顔に、包みきれ  自身の、まだ弱りきれ  抵抗しきれ  これではやりきれ  別荘や運びきれ  下で気取らせて、きれ  そこへ食べきれ  ひとりではやりきれ  睡魔を堪へきれ  草は抜ききれ  ぢこめてみましたが、なかなかこらえきれ  のをやめさせ、この遣りきれ  いっしょには暮らせません、とてもやりきれ  時代の波に乗りきれ  それはどうしても堪えきれ  それには、数えきれ  手がきれ  いつまで惜しんでもとても惜しみきれ  少女であるとは、もはや信じきれ  弘ちゃんもやりきれ  希望だけは捨てきれ  希望は捨てきれ  信頼しきれ  私は言いきれ  十分ととのいきれ  妾は死んでも死にきれ  ズックのきれ  生活に堪えきれ  てっぺんで、全くやりきれ  午後はとてもやりきれ  袖口のきれ  くせ直しのきれ  ほうが待ちきれ  全然抜けきれ  だってやりきれ  気持を諦めきれ  私にはとても信じきれ  一緒に、防ごうにも防ぎきれ  小母さんとも云いきれ  更云いきれ  転換は、まったく考えても、考えきれ  あれほど逐いきれ  不安さがやりきれ  四五日では食べきれ  胸にたたみきれ  らはやりきれ  悪癖がないとはいいきれ  一度で覚えきれ  苦悩をまだ脱しきれ  タンスや紅いきれ  ちょっと死にきれ  実をとりきれ  がけに取りきれ  莫迦にしきれ  才気でも書ききれ  体重を支えきれ  ますます死にきれ  中にはいって来ると、どうしても死にきれ  邪魔されて死にきれ  肉欲を脱しきれ  ところにはきれ  それで笑いきれ  機嫌になりきれ  腕でも抱えきれ  ごちそうを食べたりしても、なかなか使いきれ  鯨群をまだ晴れきれ  これだけあれば食いきれ  河豚にかかっちゃ泣いても泣ききれ  其処も防ぎきれ  察しようにも察しきれ  身を支えきれ  決定しきれ  グラフィーラは、抑えきれ  七反目にいたりてさすがに堪へきれ  慾望をどうにも抑えきれ  一かたまりになりきれ  白骨になりきれ  骨になりきれ  恃む助勢を待ちきれ  体熱からまだ醒めきれ  つて羽の擦りきれ  苦心をして、そのきれ  方法があって、一々述べきれ  一言にいいあらわしきれ  自分を抑えきれ  期限はきれ  梯子から下りて、食いきれ  何万か数えきれ  道がないなんて、冷たくってやりきれ  らのきれ  ズボンのきれ  火花がでたかと思うと、たちまちやけきれ  新月がたの、きれ  彼も抑えきれ  色をかくしきれ  断念しきれ  脱化しきれ  眞似がしきれ  十分に乾ききれ  それを制しきれ  ほんとうには愛しきれ  奴隷にはなりきれ  ような赤い小さいきれ  伊織はなお諦めきれ  ようでまだ知りきれ  お前だけでは見きれ  我慢が仕きれ  蝦蟇口にはいれきれ  私は遂に待ちきれ  一生懸命に堪えたが制しきれ  記憶がきれ  同情しているから、やりきれ  夜が明けきれ  酸素は全くきれ  啖がきれ  一人で歩き、持ちきれ  幾度見たか、数えきれ  鼻は高く、きれ  なみだがきれ  腰がきれ  十分かわききれ  涙のすっかりかわききれ  絶対にいいきれ  ことだともいいきれ  思い出ときってもきれ  彼はこらえきれ  今まではしばらく堪えていたが、もはや包むに包みきれ  小倅どもがまだ諦めきれ  さがたへきれ  俳人山頭火になりきれ  関係を描ききれ  霞のきれ  いやだと、断りきれ  何となく、捨てきれ  一緒には、駈けきれ  粗末なきれ  社会的約束から脱しきれ  言葉にあらわしきれ  モメントをとらえきれ  皮むきだきれ  それは、きれ  箱が数えきれ  がまんしきれ  服をきれ  洋服をきれ  何千べん、いや数えきれ  人間性はもちきれ  それはまだはっきりといいきれ  彼が言いきれ  目をさましちゃ、やりきれ  それ切りきれ  其他数えきれ  中に、一々数えきれ  ちょっと、諦めきれ  繃帯をしたり、きれ  人も、きれ  彼女等のきれ  何だか悲しく溶けこみきれ  下根で、ぬけぬけとそうはやりきれ  君たちだって、やりきれ  罪悪、やりきれ  女太夫はやりきれ  口説いても口説いても口説ききれ  日はすっかり落ちきれ  ものとはまだ信じきれ  蓋を置き、きれ  退屈で淋しくって、まったくやりきれ  繻子のきれ  店頭には通りきれ  耐忍しきれ  四十分もそうしていたが、とうとう堪えきれ  限り、死にきれ  かわりそんなきれ  眉目は隠しきれ  ものは、どうにもやりきれ  これぢやとてもやりきれ  寂さにはこらへきれ  ものをすつかりは離れきれ  収入では賄いきれ  清松には諦めきれ  家など数えきれ  ことはほとんど数えきれ  問屋場がやりきれ  語り伝えを残さなければ、死んでも死にきれ  日はまかなえきれ  ベク助になりきれ  晴高が待ちきれ  バネがきれ  帰宅を待ちきれ  露出を防ぎきれ  それが待ちきれ  長襦袢のきれ  中へ納めきれ  指にもはめきれ  抽出に入れ、はいりきれ  不安を抑えきれ  私には背負いきれ  駕籠にはれきれ  ことがなかったとは、いいきれ  眼のきれ  念がないとやりきれ  のは一層やりきれ  生涯に使いきれ  目にかかっては、隠しきれ  ことができたにしても、偽りきれ  答弁に、こらえきれ  のと違って、細い、きれ  むっつり右門ほどには、化けきれ  行つてゐたと思ふと、抑へきれ  不安にたえきれ  相手じゃ、全くやりきれ  まごまごしてりゃ、回りきれ  ことを祈り願っても祈りきれ  ままで、待ちきれ  私はとてもやりきれ  ぇッ、やりきれ  夫をいさめてついにいさめきれ  何度舌を巻いても巻ききれ  いっときも待ちきれ  もめんのきれ  だって、なわっきれ  むだ責めむだ口はでえきれ  歔欷を制しきれ  先ほどから待ちきれ  竿を支えきれ  台にはのせきれ  二つの箪笥では入れきれ  酒でも飲まなくてはやりきれ  ひとりじゃ追いきれ  こいつあやりきれ  事実をあばき出されては、もう隠しきれ  ことは云いきれ  ヒロポンがきれ  珊瑚のきれ  彼は、押えきれ  苦心がぬけきれ  容易に死にきれ  人間はとてもやりきれ  幾人とも数えきれ  かぎり幾人と数えきれ  何かみていて引き入れられきれ  悧巧さでおおいきれ  本気で泣ききれ  私が生きていては死にきれ  本気で泣ききれたり笑いきれ  空想とはいいきれ  美学では解ききれ  風俗のきれ  聲が澄んできれ  手をやりはやっても、こらえきれ  自分について居てはやりきれ  一人残してはどうも死にきれ  しかない、売れきれ  未練があって死にきれ  芸術化しきれ  親にばかり託しきれ  無視しきれ  恐怖を押さえきれ  本号に収めきれ  これを飲みのこしては死んでも死にきれ  中ではおさまりきれ  解決もされきれ  一面に抑えきれ  これはとても数えきれ  しょうが、ことわりきれ  そでがきれ  生長変貌が行われぬとは云いきれ  綱のきれ  綱がきれ  罪人を憎みきれ  女一人で持ちきれ  人が憎めきれ  せいだ、と言いきれ  催眠剤がきれ  作用がきれ  小言は堪えきれ  永田はとうとうこらえきれ  手織木綿のきれ  二年もつかひきれ  間に切ってもきれ  空気は拭いきれ  お金や耕しきれ  ものだったと云いきれ  邸も持ちきれ  夫人はつつみきれ  架線がきれ  さきに逃げ出さないと逃げきれ  無自覚といいきれ  竹のきれ  本能的直感を捨てきれ  確信しきれ  心緒から棄てきれ  者にかくしきれ  朕には測りきれ  身にしてみればやりきれ  意見を覆しきれ  上に立ちきれ  自力でしきれ  女中さん二十円は出しきれ  二年ありますが、待ちきれ  お話しするだけでは話しきれ  苦しみに堪へきれ  メーベル・ノーマンド等数えきれ  純情をすらりと活かしきれ  自身生かしきれ  苦脳には堪えきれ  意志によって制すべくして制しきれ  裡に、常に抑へても抑へきれ  欲望を制しきれ  頭に描かれては、実際やりきれ  踰えきれ  地がきれ  綿はきれ  さを、こうもすてきれ  二人はどうせ切ってもきれ  ことは書ききれ  ナポレオン時代のきれ  みんな詰め込みきれ  十分に償いきれ  何かいわくありげに、まったくうさんくさくないとは言いきれ  陰にこもってやりきれ  公衆電話がきれ  力によってでなければつかまれきれ  御飯がきれ  歯をぬくなんてやりきれ  花はきれ  尻尾のきれ  壕に入りきれ  つまり一人でまわりきれ  のも謂わば洗いきれ  どこかがきっと廻りきれ  ほり數へきれ  掛つて居た白いきれ  語ばかりに、宿しきれ  神経には全くやりきれ  もので誤魔化しきれ  復活、ああどうにもやりきれ  ままでは死にきれ  法に、馴れきれ  何か堪えきれ  児にもしきれ  悪党になりきれ  脚では、追いきれ  われながら思い出しきれ  息をつかなくてはやりきれ  そち達には、解りきれ  寺侍につたわって、蔽いきれ  ものは拭いきれ  事柄が数えきれ  容色がきれ  程に悪く、やりきれ  毎日毎晩ではやりきれ  摩擦に耐えきれ  男っきれ  こと疑いながら、そうは思いきれ  小さな小さなきれ  関係には、数えきれ  なぞは、解けきれ  何という煮えきれ  起り起りて耐えきれ  退屈さに捕えて、待ち遠で待ち遠で堪りきれ  屹度堪えきれ  岸の上まではこびきれ  人間なみでは計りきれ  採訪記録に載せきれ  区別しきれ  売買貸借で苦しめられて、やりきれ  気狂ひにならうとしてもなりきれ  日ざかりで遣りきれ  のだから、全くやりきれ  余りを小さいきれ  ことは述べきれ  手がまわりきれ  自衛隊がするだろう、どうかなるだろう、が抜けきれ  事件になると、掬いきれ  混濁を避けようとして、避けきれ  適用しきれ  袖のきれ  需要に応じきれ  心、交わりきれ  一概にはいいきれ  精写を尽しきれ  病後まだ癒えきれ  影をさしていなかったとはいいきれ  んには分かりきれ  衆のものになりきれ  間にも、数えきれ  さもしい自我をごまかしきれ  ことばではいいきれ  コースには組みきれ  仕事に楽しみきれ  何かまだ怯えをとりきれ  到着地を待ちきれ  ここでは述べきれ  武者名は覚えきれ  短所とも云いきれ  絶無だとも云いきれ  簡略には書ききれ  つてもなかなか取りきれ  歌集のきれ  中からひときれ  奴もさぞやりきれ  ケチでやりきれ  刺激はとても数えきれ  はいひきれ  日が出きれ  信吉は断りきれ  だんだん隠しきれ  制へきれ  数ほどかぞへて見たがかぞへきれ  美男子烏啼は、待ちきれ  両手に握りきれ  十日頃から、降りきれ  木で吊しきれ  風の音のきれ  きょうはめっぽう、きれ  欝金のきれ  土佐湾は、いよいよ持ちきれ  女には、なりきれ  清一は、もう堪へきれ  春になるまで待ちきれ  白米ってきれ  小池義也って書いたきれ  雲をきれ  そこここに細いきれ  枝にきれ  習慣から脱しきれ  数は数えきれ  帳面のきれ  歴史とは切ってもきれ  建物に挟まれて数えきれ  間が待ちきれ  腹がへってやりきれ  隱しきれ  筆跡がどうしてもごまかしきれ  立場を脱しきれ  匿しきれ  女房はきれ  それをきれ  まり進歩したとはいひきれ  推進力とは頼みきれ  畫風をみると、さうとも頷けきれ  味はひきれ  これはきれ  人達も泣いても泣いても泣ききれ  話ばかり、きれ  美點から捨てきれ  強烈を以てしないでは、塗りつぶしきれ  極悪が償いきれ  規律にはどうしても服しきれ  私の堪へきれ  卑屈さに堪へきれ  いずれにしても、やりきれ  羅針盤にたよりきれ  ゆとりもなくちゃやりきれ  大勢押込むでゐるもんだから、秘しきれ  脳髄だけでは持ちきれ  親切をすてきれ  



前後の言葉をピックアップ
切れ  切れよ  切れん  伐れ  斬れ  喜連  切れ  着れ  切れもの  きれあが


動詞をランダムでピックアップ
かもさ囃す突きとばすもどしうせん聞き糺しぎしきりさか縮め絶入り吹きほふ書立て益しいきわたっ舞い託し片づけよなせ押し隠さ
形容詞をランダムでピックアップ
狭けれむごう気むずかしかっあわただしけれ義理堅いうるわし美味くっ高けりゃ心地よかっ浅ぐろく容易狭苦しく拙くっ薄かれ低し卑しき毛深くとおう可笑しからひらべったく