「きま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ きま[動詞]
あちこちあるきま  それから二三軒をあるきま  街をあるきま  肚がきま  ひつかきま  時には、きま  迎へするにきま  そこらをあるきま  靜けきま  ものが多く、きま  女が、きま  庵号だけはきま  六町やききま  いつでもきたなくしとくとはきま  曰くづきにきま  手はずもきま  百万どまりにきま  母なども、きま  りくさんがゐると、きま  さへすれば、きま  時は、きま  腕を組んでそこらをあるきま  題などもきま  やつてきて、すばしこくあるきま  ことがあると、きま  当人にきま  ところをほつつきま  眼に、きま  はいつてかきま  皿屋敷にきま  奴にきま  軍治はきま  時はきま  毎晩、きま  家長或はきま  なかをあるきま  位置はきま  歩るきま  家を、のこらずあるきま  彼はきま  人は、きま  のが、きま  谷をあるきま  彼等はきま  



前後の言葉をピックアップ
希望  鬼謀  既望  木彫  木彫り  決ま  キマ  キマイラ  気前  気任せ


動詞をランダムでピックアップ
きりはなそふくらも張り替えつづい名乗ら彩ろ突き通っ勘づい組み合せる描き出す舞戻り当てれ惹こ扇い転ぜこね荒立た過ごせるよわり震えあがり
形容詞をランダムでピックアップ
ねばう目覚しくいさぎよし賢しくいかめしくたのもし恋しゅう畏多い黄色かっ油っこくっ短けれにくいいじましい俗っぽ物がたい愚かしくえがら醜きバタくさい手あつかっ