「き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ き[動詞]
一途に悩みつづけてき  悩み方ばかりを悩みつづけてき  酒を飲んでき  顔をして這入つてき  甥がき  やうに聞えてき  時世がき  暁眠微けき  雲の縮れの重りき  上に出てき  必要になってき  人格から自然に流れ出てき  内閣から枢密院にき  者が出てき  一二人もつれてき  上で考えてはとうてい出てき  何処から飛んでき  時間がき  聴えてき  音がきこえてき  はしがき  額に斬りつけて逃げてき  侘び住居へ落延びてき  意地、落ちてき  文学が極めて軽く単に、喜んだ、悲しんだ、叫んだ、と書いただけで済ましてき  用ひられてき  感受力を起してき  路を歩みつづけてき  性格を帯びてき  友人を連れてき  着物をき  明瞭にしてき  啓坊連れてき  ンぞつけてき  武士が出てき  自転車に乗ってやってき  野原へ歩いてき  生活を経てき  おもちゃなどを出してき  友だちがき  花を摘んで帰ってき  歸つてき  これはき  繪もき  私はき  パイプを落してき  犬がき  何處から迷ひ込んでき  毛が脱けてき  かってにもってき  境地が出てき  種類が生じてき  ところをもってき  ものが出てき  ふうにもってき  共同生活をしてき  敵と闘ってき  たくさん犠牲にしてき  ものをしてき  発達してき  犠牲にしてき  きわまで押されてき  ものから取ってき  他から奪ってき  今日までたどってき  ようにたどってき  一心にうちこんでき  現在にき  遍歴してき  幾つもの山を通ってき  学校へき  生活にき  生き方が残ってき  ほかになくなってき  苦しまぎれにもってき  そこにたててき  そこへもってき  前にき  雛妓がき  ようになってき  おんぶしてき  組合がき  論争はどうしても起こってき  それがよく出てき  ことを求めてき  力で求めてき  ふうに思わないで生きてき  ものに目ざめてき  ものが目ざめてき  命ができてき  ここまでもってき  気持から出てき  心をそういたしますと、心から出てき  私たちに近づいてき  この世に生まれてき  煙突男が出てき  世の中に生まれてき  ことになってき  問題が起こってき  旅費をつくってき  ところへき  学校から帰ってき  ために取ってき  のを買ってき  生活になってき  境遇に起こってき  不安になってき  からだにくっついてき  状態になってき  気持になってき  誰をとがむべき  蠅も移つてき  胡瓜を持つてき  折つてき  やつてき  蚊のないてき  咳嗽薬まで戴いてき  吉野さんを連れてき  乞食根性が出てき  なつてき  人がき  まり即き  捻出して持つてき  Kさんが訪ねてき  芽をふいてき  柿の葉がだいぶ赤らんでき  のしぐれてき  妙薬を持つてき  菜葉を持つてき  声も寂びてき  しんじつ落ちついてき  ぼうとして戻つてき  郵便がき  新聞がき  ひよろひよろ大根がだいぶしつかりしてき  鶏頭とを盗んでき  あはれむべき  竹伐りにき  やうにといつてき  床をのべてき  二尾持つてき  やうにおちついてき  飯鮹をさへ持つてき  一文なしで暮らしてき  ひきずつてき  上に持つてき  ついでに拾うてき  Sさんが訪ねてき  Kさんも訪ねてき  トンビをき  月かげの落ちてき  一升借りてき  から冬着を送つてき  どてらをき  冬のき  白菜二玉持つてき  粉を持つてき  冬がき  十二月十九日踊りつかれて、戻つてき  私はひらけてき  生涯も生れてき  最善を尽してき  讃むべき  節々が多くなつてき  新鮮味とあげてき  私もき  教うべき  二人は少し飽きてき  上手ならばき  自発的に起つてき  連絡努力してき  明瞭りしてき  文化が築き上げてき  婢が入ってき  ところへ落ちてき  ことが分りかけてき  実行となってき  じいさんみたいにしょってき  バケツ一ぱい持ってき  顔がほてってき  みそしるでたべてき  正義感がむくっと起きてき  気持ちになってき  あとをつけてき  罪をき  頭に浮かんでき  ことを頼んでき  警察からしらべにき  玄関先まで送ってき  ここへもってき  独身生活を営んでき  事実は迫ってき  ほうに進んでき  子供たちが現れてき  穏やかになってき  余裕を持ってき  自動車を飛ばしてき  覚悟したれど、おもい直してき  樹明君がき  風がき  大根ぬいてき  心はき  此次やつてき  手紙がき  大根一本ぬいてき  手紙をだしてき  はつきりしてき  瑞穂の国に生れてき  たみをき  バリカンを持つてき  買つてき  さりと落ちてき  さ、落ちてき  大根をぬいてき  彼がさげてき  一杯、戻つてき  手が黒く荒れてき  あしたのをんなとしうまれてき  ちよがき  土つけてき  裃をき  餅持つてき  ぬかるみもどつてき  小松一本、ぬいてき  疳の虫が出てき  白米を持つてき  しんぢつおちき  敬治君がき  竹をき  ハムを持つてき  春がき  はいだしてき  虫がき  号外がき  此頃興奮してき  心が傾いてき  小鳥よとんでき  電球を持つてき  品物を持つてき  芹とをどつさり持つてき  空が白んでき  蛙も出てき  風がでてき  耳をすましてき  袴をき  木の実たべにき  一羽拾うてき  しじまの芽ぶいてき  墓場までき  朝から木の実をたべにき  敬治君が戻つてき  まりやたらに芽ぶいてき  どん底をき  はばかりへちつてき  ゆふざれがき  身心が落ちついてき  一株を盗んでき  雀がき  みちがみちびいてき  ここまではうてき  筍持つてき  蛙とんでき  ・人がき  藪蚊があつまつてき  利殖してめっきり大きくなってき  利国は直き  黒焼薬を持ってき  木が生ひ立ってき  めじろはき  孤独感からき  二杯ひつかけてき  樹明君もき  枯野をあるいてき  ひとりがき  餅を持つてき  日がさしてき  すすきのいつまでも春めいてき  たよりを持つてき  鴉がき  風をあるいてき  風が出てき  崖にそうてき  船がいつたりき  月が晴れてき  道がつづいて春めいてき  井上さんから貰つてき  雲雀が出てき  いつぴきとんでき  足音がちかづいてき  掛取りにき  飯を持つてき  こいつはき  やつと戻つてき  ふるさとから子が持つてき  とんぼがき  たくさん薬を送つてき  健が持つてき  いつやつてき  夜ふけてき  人間として生れてき  郵便もき  酒徳利をさげてき  夜の虫がき  三時には戻つてき  街からついてき  子さんが持つてき  山口から買つてき  子を連れてき  とんぼついてき  蛇には親しめない、によりと出てき  ぐあいがわるくて酒でものまなければやりきれないといふ、すこし買うてき  お断りにき  一茎をぬすんでき  蜂がき  蛙がとんでき  といつては持つてき  屑根から芽生えてき  私もすこし晴れてき  胡瓜をもいでき  蠅がき  子供が駈けてき  留守中に何とかいつてき  日が傾いてくると、き  草苺採りにき  んがき  鶯がき  蜘蛛もき  夕立がき  たそがれてき  猫もき  鼠もき  朝がき  ナイフまで持つてき  葉からのぞいてき  てふてふがき  無事におとなしく戻つてき  葉書がき  蝿もつれてき  秋がき  風も秋めいてき  灯火一つ虫がとんでき  いつか持つてき  ヱスはついてき  さまつて晴れてき  間に、ついてき  背広をき  ソデナシをき  彼はけろりとして戻つてき  鶏肉とをどつさり持つてき  恋猫のき  んたより持つてき  犬は戻つてき  昨日貰つてき  帰つてき  イワシ十銭ほど買うてき  菜葉しぐれてき  鴉が出てき  かきをき  それも苦しくてすぐ帰つてき  大根いつぽんぬいてき  ポストまでいつてき  糸瓜からから冬がき  山から里ちかく出てき  壱本にき  冬がまはつてき  ゆふべあかるくいろづいてき  一羽鴉のき  豆腐とを買うてき  うどん玉を買うてき  本がき  澄太君がき  かさで、とけて流れる、すぐ戻つてき  冬がまたき  寒をはうてき  なつて、戻つてき  草鞋はき  外へ出てき  いま仕事から帰ってき  階段を降りてき  建物が見えてき  どこかへいきたくなってき  彼は走ってき  こちらに向けて歩いてき  転校してき  いま自分が歩いてき  水着を持ってき  見回りにき  空中から飛沫が落ちてき  階段を上がってき  水面に浮かんでき  全身から水をしたたらせて、上がってき  ここまで帰ってき  水面に出てき  更衣室を出てき  駅へ入ってき  海岸へ出てき  月も出てき  前へまわってき  亜紀子は上がってき  それぞれ連れてき  彼らが乗ってき  石鹸を流し去り、持ってき  つもりで持ってき  頭がぼうっとしてき  スペースへ出てき  父親に会いにき  怒声が飛んでき  ものになってき  おしぼりを持ってき  それから東京へいってき  母屋に入ってき  席へ割りこんでき  時間に帰ってき  玄関まで出てき  左へ寄ってき  前方に見えてき  自宅から海岸へき  下までき  スロープを降りてき  気持ちが、ふたたび戻ってき  なかに描いてき  場所から遊びにき  のを、買ってき  なかから聞こえてき  月が昇ってき  浴室あたりから物音が聞こえてき  キチンに入ってき  修むべき  から泊ってき  灯火を消してき  落第してき  けいこをしてき  遊びにき  のみこんで走ってき  生蕃がき  和睦したのにき  ものか、き  敵がとんでき  顛倒してき  友達がき  ッ、き  ときはじめてわが家へき  朝にはげしくおそうてき  高まり息苦しくなってき  前へき  青木さんをつれてき  熱気をおびてき  屋台をひいてき  校庭にひきこんでき  がらがらとひいてき  たい焼き屋がき  浦和へき  そばへき  ひとりひとり教室からでてき  ものもあり、あわただしく走ってき  阪井がき  ぼくがうまくごまかしてき  悪化してき  語気は次第に熱してき  苦情がき  選挙に熱してき  家へき  父にあやまりにき  見舞いにき  伯父さんどこへいってき  今町会傍聴にいってき  監獄からでてき  どこへいってき  頭を刈ったってき  検事がき  チビ公がき  おれを殺しにき  助けにき  飛報がき  やつがき  なにしにき  用事があってき  知ってるんだ、き  がれ、き  あやまりにき  先生にあやまりにき  校長がふたたび帰ってき  見送りにき  ところへいこうと思ってき  校長がき  伯父夫婦が起きてき  戸をはいってき  薬をもらいにき  球がき  公がき  だんだんおもしろくなってき  安場がき  ミットをもらってき  結局安場にき  日曜にき  一直線にとんでき  だんだん迫ってき  日安場がき  涙をおびてき  安場がすでにき  おまえさんもき  手塚のでき  らのき  そうになってき  にこにこしてき  壺をまっすぐにき  急に活気づいてき  つぎにき  手塚がき  敵がき  ここへき  後ろにき  家近くまで送ってき  おんぶして帰ってき  四方から飛んでき  おれをだましたな、き  妹をき  ふしぎだ、き  あたりまえだ、き  おれが見た、き  一つどこからともなく飛んでき  呼吸が次第にせまってき  英雄もき  船がき  生意気な、き  剣術を知らねえでも、怖がって直き  濶り打き  與へずに、いかにもき  態度とされてき  ポーズとされてき  何の役に立ってき  発熱的に高まってき  教養に育ってき  ことがわかってき  氣がしてき  ちさへ感ぜられてき  頭上に落ちてき  君の持つてき  うちにき  一泊してき  から歩いてき  勝利を得てき  俺たちは助かってき  だんだん近づいてき  雑草霽れてき  飛行機がとんでき  たくさん持つてき  樹明君も持つてき  んごといつたりき  朝飯を食べて、戻つてき  乞食がき  窓ちかくき  音たてて流れだしてき  ローラーがいつたりき  蝶々も出てき  枝もふくらんでき  油虫めが出てき  山から水が流れてき  靜けき  安らけき  寂寥のき  ボドレエル信天翁波路遙けき  鐘、き  讚むべき  兒等はただ猛き  苦がき  香をき  無理をしてき  終りがき  立身してき  無罪として現れてき  例がでてき  境遇に生きてき  文学サークルでもしばしば云われてき  壁新聞については馴れてき  成長を遂げてき  びとを戦場にかりたててき  ことをみてき  足がかりとしてき  土手から摘んでき  用事が出てき  日ざしが洩れてき  猛獣が出てき  処罰してき  事実を知ってき  利潤をあげてき  移住してき  非難を向けてき  ニュアンスを加えてき  拡大してき  会社が互にき  なかに入ってき  いままで通りすぎてき  静けき  ボドレエル波路遙けき  児等はただ猛き  二十日月がほんのりとのぞいてき  箱をかついでき  年ちゃんたちが集まってき  にこにこしながら、もどってき  道具を持ってき  尸が流れてき  香がむっと匂うてき  方に聞えてき  微かに聞えてき  女郎に従いてき  不意に入ってき  燈を持って入ってき  後ろから壷を提げて従いてき  食物を持ってき  息せわしくはしってき  がやがやとして聞えてき  索を持ってさわがしく入ってき  往ったが、すぐ帰ってき  王妃は急いで起ってき  扶けて入ってき  不意に帰ってき  故郷へ帰ってき  だんだんなれてき  ライスカレーもできてき  人が起きてき  みんな気にしてああして起きてき  玄関へ飛びだしてき  ぞろぞろ起きてき  憂鬱になってき  方が迎えにき  一度に甦ってき  帽子をき  月にき  季節になると、き  ことが判ってき  彼奴が引返してき  あとからバラバラと追ってき  入口へき  三階までついてき  だんだん泥濘ってき  上から流れてき  下から泣き声が洩れてき  さっき調べてき  事務所へき  望遠鏡で測ってき  中国人を連れてき  実例によって、判ってき  医師を連れてき  案内してき  夜気が入ってき  天気もき  餌を持出してき  跡から這入つてき  おんちやんを呼んでき  梅子が走つてき  子供をつれてき  一人上つてき  梅子も出てき  民子も出てき  上つてき  伴れてき  コースに乗ってき  役目をもってき  それを見に降りてき  餌を持ち出してき  あとからはいってき  間に飛び込んでき  おんちゃんを呼んでき  梅子が走ってき  子どもをつれてき  自分も思わず出てき  児がひとり上がってき  三人が上がってき  課題となってき  大学からき  こととなってき  活動に入ってき  窓はるばるとき  闇が迫ってき  ようにもれ上ってき  酒精が、持ちこまれてき  河岸からあがってき  ゼーヤから掘りだしてき  窓に映ってき  突き入ってき  警戒兵が出てき  橇がひっかえしてき  両方から助け肩にすがらしてはいってき  橇が勢いよく駈けこんでき  ひと仕事すまして帰ってき  ルーブル相場がさがってき  産れてき  一円四銭で換えてもらって、ほくほくと逃げてき  黒河へ運ばれてき  橇はひっかえしてき  小皺をよせてはいってき  早や行ってき  支那人部屋にはいってき  これまで生きてき  耳もとへよってき  郭を探しにはいってき  支那人部屋へとびこんでき  支那人をつれてき  闇に乗じてしのびよってき  泳ぎついてき  足もとへ落ちてき  のしのしと行ったりき  ように流れてき  若者がごそごそとあがってき  惜むべき  席がき  僕はき  者が訪ねてき  運が向いてき  そりと出てき  面目にかけてもき  背後から落ちてき  金子を借り出してき  礼服に着かへて出てき  一軒茶屋から拾ひ出してき  唐衣、き  近くなってき  かけらを持って戻ってき  僕たちを結び合わせてき  賞金が送ってき  時、初めて貴むべき  岡へ出てき  男が訪ねてき  蒲鉾にこしらえてき  少女が出てき  通りすがりに入ってき  伴れて出てき  刀を出してき  孫恪の持ってき  アルトニヤ人で、もう直き  女は送つてき  雇つてき  身体を運んでき  色話にだけ割込んでき  一緒に送られてき  三週間ぶりに戻つてき  家に殖えてき  泥土を運んでき  ペスなら、逃げてき  犬殺しにつれられていって、帰ってき  ペスの帰ってき  ペスが、歩いてき  方から、歩いてき  ペスが帰ってき  おかしいね、あんなに、いつも、走ってき  らいにき  だれもき  もの狂いで逃げ出してき  一念で、逃げ出してき  けんめいに逃げてき  耳をすまして、逃げてき  誘いにき  付近にき  貰つてき  間隔を置いて聞えてき  花束をもち、改めておくやみに現れてき  うに近寄つてき  言つてき  自分にも慣れてき  勇気はどうしても出てき  自分の親しく通ってき  事になってき  問題になってき  苦痛が湧き上ってき  方も強くなってき  心根からき  からもき  遁れてき  胸へ寄り縋ってき  胸へぐんぐん寄りかかってき  重みをぶっつけてき  三十三歳まで生きてき  コートをき  ように刺さってき  あいだにおかれてき  変化があらわれてき  習慣をもたされてき  道をひらかれてき  新京から引あげてき  特に引あげてき  かい、つきぬけ、かきのけてき  そこからもらってき  暹羅から持ってき  道具を出してき  新聞を持ってき  どこへなり、早く行ってき  お話を承りにき  青木が入ってき  大急ぎで買ってき  兄さんが帰ってき  叔父さんから電話がかかってき  書物をもって入ってき  新聞を買って持ってき  正午頃まで帰ってき  兄さんについてき  にこにこして帰ってき  所から取ってき  犯人が訪ねてき  私は入ってき  ダイヤを持ってき  手紙を持ってき  変装してき  どこからか飛んでき  からすが飛んでき  羽音をたてて、飛んでき  私も、ぜひ、いって教わってき  鳴き声とを授かってき  寒い国から渡ってき  日がき  野原をさして飛んでき  鳥となってき  向うへ出てき  四つ五つ出てき  神主さんはき  此惜むべき  貝ほのあをき  まぼろしあをき  まぼろしげにもさみしきあをき  声が響いてき  女中が運んでき  大連から引き揚げてき  散歩してき  一時預けしてき  暮れかけてき  台所から料理物を運んでき  已むべき  犧牲とはしたりき  やうに響いてき  からしもへ流れるにき  ことが出き  營むべき  手は伸びてき  憐むべき  展開してき  政治運動をき  手が伸べられてき  生活がいささかくつろいでき  移轉してき  入獄がき  面會にき  からおとなしく引つこんでゐると書いてき  ぐつと胸がつまつてき  杯を、き  表面化してき  煙草盆を持ってき  船長をさがしにき  事務長は聞いてき  水夫たちが出てき  つばがわいてき  応答してき  靴音をさせてあがってき  たよりにかけあがってき  本国から電信がき  これはおもしろくなってき  伝声管をつたわって聞こえてき  一等運転士がかけこんでき  甲板に出てき  方におしだしてき  むかむかとしてき  室外から吹きこんでき  ように落ちてき  甲板へはいだしてき  さっき電話のかかってき  パイクソンがでてき  プーンとおそってき  地点にき  その後に続いて飛び出してき  胸をはって、ゆうぜんと近づいてき  のをつってき  うちもが、スーッと晴れてき  ところに集まってき  方へおりてき  魚腹から出てき  ところへとんでき  雑音がひびいてき  ところにもってき  中から出てき  緊張にかがやいてき  無線電話も、いよいよ熱してき  爆音が聞こえてき  マークがはっきり見えてき  無線がはいってき  攻撃してき  無電室から出てき  港に帰ってき  いつまでたってもたすけにき  眼が、すこし見えてき  元気づいてき  のほどが見えてき  銃をもって引きかえしてき  はいあがってき  方へ、そっと近づいてき  風にのってき  いきで起きあがってき  逆襲してき  ときがき  船室めがけて、じわじわとおしよせてき  頭がはいってき  室内にはいってき  ののしる者さえ出てき  だんだん海面にのび上がってき  何をいってき  ことをいってき  いそぎ足でとびこんでき  ように命じられてき  そこへかけこんでき  ロロー王子が帰ってき  客をつれてき  何者をつれてき  今ごろ人間を連れてき  急にき  王さまのき  広場へはいってき  そこへはいってき  ひとり、はいってき  ものだから、き  交渉してき  海底大陸に連れてき  ところまでついてき  よう教育されてき  入口からクーパーがはいってき  いっしょについてき  あなたをむかえにき  入口からはいってき  相手のき  海水がはいってき  はいのぼってき  爆音がきこえてき  近くにせまってき  救援にき  船内にかえってき  ところへかえってき  空中から降ってき  雨だれが、ぽつんとおちてき  きりがおりてき  しみが目立ってき  ものさえ出てき  電話がかかってき  ここにき  凱旋してき  高層建築のまどにあつまってき  見物人が集まってき  メリー号がかえってき  おみやげにつれてき  険悪化してき  祖国へひっぱってき  パイクソンが、あがってき  船内にあばれこんでき  いかめしい使丁がでてき  遊星から植民してき  遊星からき  こっちへ出てき  しわがうかびあがってき  宿舎へ帰ってき  そばへよってき  階段をかけおりてき  階段からとびこんでき  ロロー殿下とやらをもらいにき  どおりがのぼってき  声が聞こえてき  声とが、入りまじって聞こえてき  中から、のそのそとはいだしてき  こっちにもき  がらがらと落ちてき  それを取りかえしにき  屑屋へでも持つてき  芝居もどきでかためてき  料理を食べ歩いてき  楠本は、き  一時間ぐらゐして帰つてき  楠本の持ち込んでき  人が持込んでき  哀さうになつてき  一緒にくらしてき  道楽ですりへらしてき  全身をしめつけてき  熱弁をき  衰へき  朦朧さで這入ってき  ジャングルからやおら現れてき  ことが分ってき  方で悩んでき  毛もそろそろ生え揃ってき  無事故国へ辿りついてき  中へのりこんでき  メジナへ行きたくなってき  じいさんが入ってき  そばへ寄ってき  風が吹いてき  人さらいがき  ように歩き出して、き  車を引かせてき  ところにき  だれかき  村へ出てき  そばにき  ほう落としてき  問題を拾ってき  ところに持ち込んでき  苦しみを味わってき  重きを置いてき  贈りものを与えてき  結果してき  ことはいわれてき  書くことにき  休み中にき  親むべき  今日まで過ごしてき  力をもって動こうとしだしてき  自覚してき  名前までが変ってき  臼を挽かせたり、よくないといって返しにき  遠くから走ってき  ことを知りました、と言ってき  実例が出てき  ところができてき  表現されてき  いまにき  つて來て、たのみもせぬのに、き  宿へもどってきて、取ってき  ところにまでき  店からだれかがき  支配人がき  鍵屋を呼んでき  なかへ入ってき  親切心から実際にもってき  ものを選んでき  音が聞こえてき  町に帰ってき  生活ではひどく恵まれて育ってき  母親が入ってき  家具に慣れ親しんでき  ところへもどってき  はじめにもどってき  はいないで、早くももどってき  父親が帰ってき  彼が帰ってき  ほうへ歩んでき  何かがやんわりと投げられて落ちてき  ほうに飛んでき  あとから飛んでき  母親が走り出てき  限度までき  あとでもどってき  助けで切り抜けてき  ものをもってき  部屋に移されてき  晩方入ってき  台所から聞こえてき  部屋へき  それがわかってき  ことをやろうとしてき  つぎにさっと飛んでき  姿で出てき  ままで出てき  部屋から出てき  態度でのぼってき  ものがでてき  ごとがすめば、もどってき  目がとろんとしてき  戸をあけて出てき  人間が寄ってき  來てき  観念ができてき  隣へ廻ってき  衣裳をき  羊皮をき  きものをき  青砥のうへにき  かによみがへつてき  法服をき  五月がき  いましも伸びてき  内側へまきこんでき  坊さん坊さんがき  やうにとんでき  手のき  花手のき  そりとあるいてき  薔薇はるはき  空からおりてき  いつたりき  だんだんのびてき  姿が入ってき  顔をき  僕はもうだいぶんおちついてき  上に落ちてき  皿にのせて持ってき  オーバーとを持ってき  敵として戦ってき  ように流れこんでき  慓悍さをだんだんと失ってき  硬化してき  声がことさら際立って聞こえてき  二階から降りてき  熱感が萌してき  逼ってき  道庁から退けてき  それが経てき  手紙を頼まれてき  こだわりもなく続いてき  冴え冴えと聞こえてき  耳もとに伝わってき  園には思われなくなってき  修業に出てき  音をたてて近づいてき  間をおいて襲ってき  柿江が出てき  図書館から借りてき  方に飛んでき  静かにはいってき  ガンベは切りこんでき  さで暮してき  胸を悪くして帰ってき  ラムプを提げてはいってき  粉をはたきながらはいってき  富山から移住してき  孵化場から帰ってき  駄菓子を取ってき  たくさん上ってき  母がつづいてはいってき  一昨日ここに帰ってき  山から採ってき  妹を連れてき  腹が立ってき  こっちに向いて近づいてき  そこから人見さんが急いで降りてき  涙がこみあげてき  昔に帰ってき  中に湧いてき  夢の中で逼ってき  十二時ごろ病家から帰ってき  眼頭から熱く流れだしてき  あとから口を衝いて出てき  自分で遇ってき  耳に騒々しく響いてき  不断とは変ってき  意識に上ってき  南側まで歩いてき  冒険心とをそそりたてて響いてき  柿江は本当に恐ろしくなってき  端れまで歩いてき  耳にも響いてき  札幌から紹介状でも貰ってき  渡瀬はおかしくなってき  ようにぴったりと迫ってき  酒に火照ってき  杯を持ってき  渡瀬はしかし面倒臭くなってき  のが多少ばからしくなってき  新井田氏がはいってき  だんだん性急になってき  そこに持ってき  だんだん薄ぼやけてき  熱意がいよいよ燃えてき  神経にこたえてき  だんだん和らいでき  ようにして出てき  中に漂いでてき  声がゆがんで聞こえてき  胸いっぱいに漲ってき  小道を下りてき  清逸は少し疲れてき  咳が襲ってき  知らないから、行ってき  清逸に迫ってき  茶の間にはいってき  ぼんやりしすぎて生れてき  彼が思いめぐらしてき  気がむらむらと起ってき  座に戻ってき  ものなしに育ってき  奥に運んでき  これほど嵩じてき  純潔を踏みにじってき  廻わして、き  涙がほろりと流れてき  ドアを開けて駈けだしてき  めちゃくちゃに悲しくなってき  可哀そうになってき  酒を買ってき  寿命を延ばすとおもって買ってき  涙が湧いてき  頼りなくなってき  人見も同時に立ってき  寒気が襲ってき  顔をして帰ってき  兄からいってき  お前のしてき  音が流れてき  餓じくなってき  から白官舎に帰ってき  白官舎に訪ねてき  部屋に帰ってき  ことが、驀地に近づいてき  自分がずっと育ってき  儀式は見慣れてき  事件が飛びだしてき  玄関まで送ってき  訪ずれてき  感覚に伝ってき  ぬいさんの出てき  若い心を老いしめると思うほどに押し寄せてき  書を送ってき  お迎えにき  降服したいといってき  夕暮がき  老人は飛びかかってき  物声が聞えてき  礼も言いたい、よくき  紹介なら、すぐにでも貰ってき  上り込んでき  色に変ってき  胸にき  物を持出してき  机をき  夜更けなどに訪れてき  不安を覚えてき  辰代がいくら誘っても、越してき  酒に酔って帰ってき  勢よくはいり込んでき  水を汲んでき  菓子を買ってき  彼にくれてき  君に上げようと云ってき  感情全体が鈍ってき  階下に下りてき  戸を叩いて、漸く起きてき  見切りをつけて、急いで帰ってき  手拭越しに伝わってき  ざわめきが起ってき  涙がにじみ出してき  様子は変ってき  興味を覚えてき  詩句を持ってき  何処から聞いてき  階段口からぬっと出てき  身体がなよなよとしてき  今井を呼んでき  間を置いてはまた響いてき  後から立ってき  落付いてき  上に落ちかかってき  今井は越してき  支配されてき  家にはいり込んでき  私がきっぱりと断ってき  青年が訪れてき  沈黙が落ちてき  何だか恐くなってき  調子が狂ってき  いつのまにか買ってき  起になってき  袴を取ってき  様子まで、まざまざと見えてき  音がはっきり響いてき  声を立てて、ひしと縋りついてき  辰代は間もなく戻ってき  澄子に引張られて下りてき  蚊が集ってき  眼をき  國民がき  となりにき  此はき  ものではないにき  最初から目指してき  芯が痛くなつてき  木片をあつめてき  僧侶をひっぱりだしてき  そこへ、もってき  一人となってき  愚弄されたり、ひやかされたりしてき  この世へ生まれてき  言葉が響いてき  後生大事に生きてき  上へ降ってき  何かしら充実してき  前より生々してき  彼は通ってき  気持にもなってき  耳朶を打ってき  精神を仕入れてき  思想を持ってき  むくみがき  べつに聞えてき  楽しい思いがひとりでに浮かんでき  民家から飛び出してき  誰かがき  右とみればき  一角にき  間延ばしてき  意見は絶えず還ってき  別のものから出てき  太陽そのものから出てき  これを得てき  私自身から出てき  実体から出てき  何者から出てき  かくも慣れてき  傾向性が従ってき  から出てき  そこから出てき  感覚から出てき  冬はき  折挫いてしくしくき  収むべき  翻訳を売りだしてき  レーニングラードに帰ってき  場所をもってき  啓発してき  発展してき  運命にうけてき  組織に結ばれてき  時代と経てき  存在を示してき  ここまで触れてき  犠牲となってき  建設してき  ところまでのびてき  有機性を高めてき  ところまでき  つじつまは合わせきれなくなってき  価値になってき  怠慢からき  ようにいわれてき  違つてき  奨励せられてき  ために現われてき  今まで述べてき  草鞋ばき  顔がき  自分が触れ合ってき  君と遊んでき  境遇ばかり経てき  灰色を帯びてき  影のごとくさしてき  掌の温けき  哲学史上背を合わしてき  接近してき  認識してき  ものの全き  一冊買ってき  切迫してき  前とは違ってき  生活をしてき  今後もき  ものが飛んでき  林檎が飛んでき  産声が聞こえてき  満座をき  さがこみあげてき  世紀にわたってなじんでき  から信頼されてき  翌朝札幌から帰ってき  現像されてき  私はすでに見てき  方角から、舞いながら出てき  狩猟とで暮してき  形成されてき  以上述べてき  やうにき  主をき  技巧頗幼稚なれども、亦掬す可き  進化してき  線にそうて、助け合ってき  胸はこみ上げてき  上にき  今あたしが摘んでき  思ッて摘んでき  そばへ持ってき  ッてき  ようにして降りてき  やうにして降りてき  すべて昨日歩いてき  底からをりをり掘りだしてき  昨日歩いてき  立戻ってき  湧起ってき  空から雪がちらちらと降ってき  暮れかかってき  だんだん空いてき  ここまでき  時分に、なにか持ってき  地方にき  国にき  海岸にき  質問者が押しかけてき  海保が入ってき  足早に歩いてき  電話を聞いてすぐ飛んでき  二人が出てき  十一時に戻ってき  まま階段を跳び上がってき  物音を聞いて飛んでき  ひと回りして戻ってき  当分預かってもよいと言ってき  のですからき  げもなく焼いたにき  言葉をかけても、き  犬は、き  うちから、ちらちらとひらめいてき  音色が聞こえてき  ところを歩き、また抜けたりしてき  町にき  さよ子は、かつて、き  中を歩いてき  中から聞こえてき  方から聞こえてき  悲しみを帯びて聞こえてき  まくらもとに持ってき  下にき  楽園にき  だれから、き  お姉さんから、送ってき  種子が出てき  南アメリカから、送られてき  からね、また直き  一時に込み上げてき  注意がき  夜がき  急に思いたってき  遠方から帰ってき  こと知らない女の子がはいってき  知らないおばさんがはいってき  母親がき  垂れ下つてき  町から歸つてき  着物を持つてき  雨が降つてき  方からやんでき  思つて、き  それはき  千分の一位づゝ效いてき  身體中が汗ばんでき  雨滴が落ちてき  所へ走つてき  つた頃から、又ひどく降り出してき  やうやくひかさつてき  氣づいてき  砂がとんでき  使つた棍棒をき  源吉がき  歌が聞えてき  土から出てき  文句はきいてき  苦しみを堪へてき  ことを持つてき  勢ひづいてき  むつしりしてき  何處から持つてき  覺えてき  氣味に思はれてき  どよめきが聞えてき  下つてき  ボロを引張つてき  百姓が飛び出してき  よみがへつてき  國へもどつてき  樣子をきいてき  腰が痛んでき  國さ行つてき  表にき  石油がなくなつてき  焔が細くなつてき  遠くから吹きよせてき  ことを考へ出してき  金がなくなつてき  靜まつてき  先生の子供が出てき  加減にして出てき  一緒に考へてき  とつてき  醉拂つて歸つてき  ローラーから出てき  つて出てき  君はき  ぼんやりながら分りかけてき  札幌に出てき  雪が吹きこんでき  母がき  ドキついてき  母親は見てき  處が出てき  帽子を忘れてき  氣立つてき  のが出てき  云つてき  革具をならして出てき  思つてき  鈴の音が聞えてき  後から後からと聞えてき  白旗をもつて、出てき  はつきり聞えてき  轢死人が立ち上つてき  手の甲に、落ちてき  巡査もよつてき  さがせまつてき  そこから凄みのあるうなりが響いてき  ぢかにつき刺さつてき  やうに冷えてき  陣痛がき  村中に立つてき  ハキ氣がしてき  集つてき  二通出てき  前を抑へながら、き  音が聞えてき  ところまで、走つてき  藁屋に襲いかかるがごとく押し寄せてき  勢力が飛びだしてき  ところまで進んでき  母が生き返ってき  だんだん母に似てき  ちょっと映画を見てき  召集令がき  三日目に戻ってき  知らせがき  私を見廻りに降りてき  家へつれてき  山から持ってき  方からはいってき  コースからはいってき  顔を押しつけてき  かまわず平気で持ってき  顔をうずめて助かって這いだしてき  私を探しにき  あっちからこっちから這いこんでき  から、などと見せにき  天然自然の育ち創られてき  御馳走を運んでき  お酒をぶらさげてき  席へき  呼び声にきこえてき  巡業から帰ってき  僕の見てき  しこたまぶらさげて戻ってき  サービスがやや違ってき  程へて戻ってき  夏がき  四時ごろ帰ってき  久須美が帰ってき  ものを見立てて買ってき  温泉から帰ってき  旅館へき  隈がかかってき  奥さんを可愛がってやってき  夜這いにき  此の分では直き  撥にき  時期が、段々、き  祝言として、き  神寿きほき  うちに蘇ってき  うちに、帰ってき  災難が襲いかかってき  ききに行って帰ってき  災害が近づいてき  間近に迫ってき  青木に向いてき  一つ貰ってき  光景が浮んでき  今まで装ってき  責任を背負ってき  身に食い込んでき  六年憎み続けてき  意思どおりにならせられてき  ほとりへ出てき  目に浮かんでき  土地が懐かしくなってき  羅衣をき  菓子を盛って運んでき  乗場まで送ってき  門扉を通して聞こえてき  ことが起こってき  泣き声が聞こえてき  さそうに聞こえてき  歌声が聞こえてき  木精を起こして聞こえてき  馬が躓いて乗ってき  後から聞こえてき  どこからともなく聞こえてき  碩寿翁へ聞こえてき  讃歌が聞こえてき  ように聞こえてき  音が鈍く聞こえてき  音が、聞こえてき  さをもって聞こえてき  下まで来ると、またき  口をき  やうな露き  氣もしてき  やうに思はれてき  匂ひがしてき  壁などもところどころすれき  今ふと考へられてき  鳥渡行つてき  ゑはささやいて、き  あちこちほつつき  から此方にき  そつと浮んでき  習ひにき  いつか國から出てき  ところまで訪ねてき  そとまで出てき  遊びから帰ってき  墓から帰ってき  中に取り入れられてき  群はまた激しく増してき  形であらわれてき  不意に落ちてき  研究してき  順々に進んでき  霊魂を迎えに降りてき  菜っ葉をちぎってき  寒気がしてき  心遣いによって大きく育ってき  洗練されてき  なかった証拠は次々にあらわれてき  決めになっても、全き  たくさん帆を張って入ってき  軍艦が次々曳かれて入ってき  声、き  ヘロデ王が死んだので帰ってき  犬をつれてき  毎日そばに寄ってき  力が生まれてき  はとを選びたくなってき  ここまで育ててき  朝日が射してき  お父さん行ってき  両手に持ってき  まま病室へ入ってき  私に近づいてき  草を刈ってき  ものは見るばかりで過ぎてき  声を聞き分けて、帰ってき  牛小屋まで連れてき  教会美術集をもってき  素人臭いでき  復員してき  症状を示してき  裏から飛び出してき  原子病は突然あらわれてき  者が偉いとされてき  考えで育てられてき  文明社会をつくり上げてき  大体わかってき  底は見えてき  時がき  薪を切ってき  自信がぐらつき出してき  ことが次第にはっきりわかってき  医者として、どうにか勤めてき  祈りに変わってき  友が訪ねてき  上にかかってき  神学校から枝をもらってき  ゆとりをもってき  一枝切ってき  苦しみ悩み考え、祈り、努めてき  海底でもき  谷まで忍び寄ってき  本筋としてき  これ烏帽子もき  嵯峨へ行って然る可き  男女が降りてき  知らせを受けて飛んでき  一緒についてき  親戚がようやく取り戻してき  勝手口から飛び出してき  脳裡に甦ってき  そこから借り出してき  後始末をしてき  ビールが飛んでき  どしゃ降りになってき  ますます強くなってき  若者たちは続々集まってき  ボートを曳いて空しく引き揚げてき  ばようしないにき  ことにき  ゅうすと認むべき  認むべき  ことがようやく解ってき  頃流行してき  はつてき  冬外套をき  きのふ東京を立つてき  くつきりと見え出してき  火を運んでき  宿を立つてき  どこからともなく飛んでき  位にしかちらつかなくなり出してき  風にき  せつかく旅に出てき  文吉が、直き  涙がこぼれてき  料理衣をき  刺身と、き  ざあざあ降ってき  若い鬼が立ってき  方から前へ飛び出してき  鬼が立ってき  だんだん浮かれ出してき  がやがやいいながら出てき  生活してき  話ばかりしてき  代々受けつがれてき  から、少しずつ作ってき  目にもはっきりしてき  録音されてき  昔から続いてき  体験してき  頃からカウボーイとして働いてき  昔から生き続けてき  努力を重ねてき  サーフを愛してき  毎日、そうしてき  目で追ってき  すべて体験してき  隅から土くれを持ってき  ようにしむけられてき  頃から自分が書いてき  抵抗し続けてき  今まで生き存えてき  ところへまで寄せてき  どよめきが、次第に盛り上ってき  蝙蝠は追かけてき  顔がぬっと出てき  急に目立ってき  代々一人はき  巧みに飾れども、飾りき  電車にまごついて、き  声をき  乙女ジャズバンドをき  「夢」とは全き  人も見き  間努力してき  心持ちが生じてき  生活、などを描いてき  ために苦しんでき  要求を起こしてき  暮らしてき  三年間に育ってき  これまでにしてき  書置きを残して逃げてき  かいを伝えてき  ことを知ってき  今帰るなといってき  不幸が落ちてき  不幸を耐えてき  仕事はいきいきとしてき  成長してき  方々からいろいろ言ってき  上演したいといってき  遭遇してき  途がはっきりと見えてき  恢復してき  そうに思えてき  まんなかへ出てき  ばたばたと駈けてき  前までき  割れ目から海水がはいってき  中から水兵さんが、どやどやと下りてき  爆音が聞えてき  六つの機影がぐんぐん近づいてき  十隻ほども集ってき  上からふってき  さっき窓をよく見てき  怪塔王がひきかえしてき  声がおちてき  声がひびいてき  毒ガスがでてき  用意してき  ごとごと聞えてき  いつ誰が拾いにき  ゅうと出てき  用意にもってき  一しょにつれてき  ものが聞えてき  後からついてき  急ぎ足でかけおりてき  顔はだんだんと紅くなってき  気がおちついてき  土を持ってき  ここまで下りてき  すり足で近よってき  響が伝わってき  方にまいもどってき  甲板へ飛出してき  前にのりだしてき  電信がはいってき  怪電波のとんでき  小浜兵曹長のもってき  電機でうってき  連絡無電がはいってき  傘をき  顔がとびだしてき  階下からあがってき  ひとかたまりになって下りてき  だんだんうすくなってき  だんだん上昇速力がおちてき  折から全速力であつまってき  村人にえっさえっさとあがってき  少年をなぐさめるとともに、持ってき  報告にかえってき  玄関が見えてき  声がきこえてき  誰がき  返事が、きこえてき  声がとびだしてき  だんだん熱してき  なにが出てき  床がみえてき  臭がただよってき  だんだん息をはずませてき  ほんとうに無人島であるように思われてき  応答がはいってき  ちゃんとこっちを呼んでき  無電が、また聞えてき  集落へ帰ってき  文字をつづってき  上衣をき  ルパシカをき  身ぢかくにせまってき  合図とともにどっと押しよせてき  光がすうっとはいってき  声をしないで、ついてき  だんだんなおってき  方へ近づいてき  下から出てき  無電をかけてき  発見して知らせてき  だんだんにわかってき  黒人に、ごき  たくさん集ってき  ところへ駈けてき  こっちへ向かってき  蜂がとんでき  声が出てき  怪鳥がとびこんでき  白骨島へき  上から降ってき  たくさん出てき  かわりに出てき  のどをやぶって出てき  ことが思いだされてき  心配になってき  白骨島に近づいてき  さかんに知らせてき  ところを、ぶらりとはいってき  帆村君から聞いてき  研究室にとびこんでき  大利根博士がたずねてき  島へかえってき  追跡してき  こっちへ飛びもどってき  右をしてかえってき  尾部からふき出しながら、舞いおりてき  黒人が知らせてき  向こうからはねかえってき  風がふきこんでき  正面からつきかかってき  それはすぐはねかえってき  ほんまにき  何十万年を、き  遁げてさえ行くならもう直き  さへ行くならもう直き  上流へと遡ってき  盛んになってき  紐から身体に伝わってき  腹がすいてき  若葉を撫でながら渡ってき  鮎がき  初夏がき  三度三度御飯を食べると、き  皆さん御き  着物にき  浴衣にき  あゆみ入りにき  ことが出てき  一つおいてき  ものか、その選らむべき  内にも湧いてき  枚数がき  デビューしてき  登場してき  原石を持って生まれてき  台頭してき  使命と信じてき  息を切らせて走ってき  田舎者として過ごしてき  こよりき  成熟してき  押し出してき  目玉パワーとか色々申し述べてき  マシンがいきなり飛び出してき  疑問がむくむくと湧いてき  ぐるになって積み重ねてき  ここまで書いてき  馬場まで流れてき  正式に求めてき  ここで仕入れてき  後にき  みんなこれを目指してき  提供してき  横浜東宝会館からでてき  さを置き忘れてき  主人公が押しかけてき  もの心を洗ってき  お前らが生まれてき  技術開発を進めてき  入力を求めてき  SF映画から引っ張りだしてき  日本で広まってき  訓練も積んでき  光があたってき  気配になってき  開発に携わってき  ものを出してき  その後こいつがのしてき  海から生まれてき  増殖を続けてき  どこからともなくわいてき  ものが生えてき  標準となってき  UNIXで育ってき  話を持ち出してき  提案を盛り込んでき  文字だけを扱ってき  変化を見てき  作り手として位置づけてき  領分と踏んでき  苦労してき  パーソナルコンピューターを作ってき  うちに潜り込んでき  免許を取ったばかりとき  キューバからとんずらしてき  直前までき  地位を築いてき  ことに携わってき  出版社として振る舞ってき  輸入製品によってき  優位を保ってき  ランナーが追い付きかけてき  制覇してき  日本市場に持ってき  ことで切り込んでき  Windowsがでてき  疑問を隠さないでき  なにかが湧いてき  日本にき  何度も見てき  直接関係を持たないでき  ここまで駆り立ててき  均質化されてき  マシンに向けて押し出されてき  支配してき  かたまりとして生きてき  蹂躪してき  オレは感じてき  骨抜きにしてき  ここに出てき  進化をたどってき  側からUNIXが担ってき  勢いが増してき  マイクロソフトあたりから聞こえてき  コンピューターに乗りだしてき  からなくなってき  ドドーンと垂れてき  番号ごと付いてき  ものにしてき  置きざりにしてき  再生産し続けてき  けがよりすぐられて流れてき  それが乗り込んでき  研究を進めてき  日本に入ってき  主張してき  標準ビデオ規格としてき  世界中から集まってき  ねじ山があって、作ってき  ものを買ってき  PCを買ってき  記事があふれだしてき  確認してき  タコができるほど聞いてき  解説本でたんまり儲けてき  能書きを垂れてき  種にしてき  ことも見えてき  従来コンパックが作ってき  指導実験を進めてき  アスキーを引っ張ってき  事実を集めてき  これまで繰り返し変わってき  担当してき  アスキーから連れてき  アスキーに置いてき  在り方を決めてき  二年も遊んでき  興味を持ってき  エレクトロニクス企業が数多く関わってき  西日でも差してき  潜入していじってき  リードしてき  成果をそのままいただいてき  悪態をついてき  下から飛び出してき  後に回ってき  知らないところで積み重ねられてき  よそから買ってき  からないでき  話題を集めてき  ソースにおいてき  一切水面下に潜ってき  動作してき  可能性がでてき  決着してき  脂汗が落ちてき  各社からぞろぞろ出てき  出品してき  拡張が試みられてき  実用書で儲けてき  荒波を乗り切ってき  十年間うまく立ち回ってき  代物を持ち出してき  から提供してき  代物が出てき  思いをしてき  開発を進めてき  日本製部品が使われてき  パワーブック100とき  口にしてき  明らかになってき  従来抑えてき  うねりにのって出てき  のだと言ってき  大騒ぎしてき  編集長が振ってき  にこやかになってき  これまでもさんざ言ってき  ほうがいいとさんざ触れ回ってき  ユーザーにはよほど望ましいと言ってき  唯一日本だけが守り通してき  PC市場で激しいたたき合いを演じてき  後々まできいてき  ヤナ野郎として生きてき  切り返してき  ミニコンピューターを押さえてき  中心に組み上げられてき  開発してき  将来構想がなぜ出てき  波を送り込んでき  陣地から両手を上げて出てき  マシン上で作ってき  ページを汚してき  経験してき  世界でも育ててき  大型から流れてき  文句ばかりを書き連ねてき  OS越しに蘇ってき  病気を押し返してき  ように生き永らえてき  バアサンが出てき  角を曲がって歩いてき  ここ三年、どうにか書き続けてき  原稿を書いてき  世話になってき  だんだんたまらなくなってき  久六は、入ってき  ッちりを持ってき  あれをつけてき  ここまでつけてき  笑いまじりに寄ってき  遠出をしてき  ギーと出てき  道頓堀を掬ってき  供をしてき  上、よろよろと、のめってき  ブラブラ歩いて帰ってき  ちょうだいしてき  一通貰ってき  トントンと降りてき  光を帯びてき  市を送って降りてき  タタタタと逃げ転んでき  ブルブルッとふるえてき  ようにはね返ってき  ギイと寄ってき  五日目に帰ってき  所へ出てき  相手に暮らしてき  腐心してき  俺を探しにき  屋根から斜めに落ちてき  ポンと飛び降りてき  木戸を蹴破ってき  捕手を連れてき  異人墓から同行してき  拾い歩きをして入ってき  息を弾ませて帰ってき  実相を見てき  四日目、まだ帰ってき  艶さが目立ってき  者を助けてき  ッと帰ってき  天蓋へ落ちてき  俺が戻ってき  旅にも連れてき  水で、も一度しぼり直してき  風のごとく寄ってき  どこから飛んでき  風を切ってき  吹ッ飛んでき  虚無僧の入ってき  咳がこみ上げてき  物を持ってそろそろと入ってき  忍びやかに流れてき  不意にこういって入ってき  さがこたえてき  悪日に立ってき  大阪から飛んでき  胸を抉ってき  ここまで描いてき  米をつけてき  者もき  場所へき  ここまで送ってき  長崎からもってき  下駄ばき  ことをき  斜めに吹っかけてき  足へ吹きよせてき  誰かが届けてき  近くで拾ったといえば、送ってき  自分へ届けてき  枕へほそぼそと通ってき  者が集まってき  しろへよろけながら、き  ウし凄くなってき  ズッと迫ってき  捕縄が飛んでき  草むらから駈けだしてき  足を運んでき  東海道へかかってき  ことがあって、携えてき  草を撫でてき  こんど携えてき  スーと下がってき  通りになってき  ッこく駈け上がってき  後ろから出てき  飯を食ってき  自然と備わってき  二人の降りてき  忍び足で戻ってき  ように進んでき  そこへ入ってき  そうに、携えてき  苦心を舐めてき  吹ッこんでき  所へき  神主へ断ってき  ここへ攀じ登ってき  上からそこへ降りてき  ここへ登ってき  鳩に結ばれてき  仲間が飛んでき  様子を探ってき  人数をすぐってき  吹ッかけてき  足もとへにじりだしてき  一心で、き  ペタペタと這ってき  関の山を下ってき  輪をなしてき  魔刃のそよぎを詰めよせてき  下屋敷へき  万吉であろう、寄ってき  市が、さだめし案じているだろうと思いだされてき  鮨売りもき  上方見物にき  斑をチラチラ浴びて急いでき  そこへ飛んでき  弟子二人は、そこで、見てき  変事を知らせにき  疲れを覚えてき  裏街道から休みもなしに押してき  頂まで登ってき  そこへ戻ってき  骨を折ってき  足音とともに近づいてき  のがき  タッタと下ってき  道へき  ように湧いてき  打出ヶ浜からまっしぐらに立ってき  同行してき  路まで進んでき  石から、躍然と立ってき  ざま、ジリジリと詰め寄ってき  のをき  山越えにかかってき  清水を湿して飛んでき  涙がさしてき  ギーと開けて、悠々と出てき  手に入れてき  部屋へ戻ってき  やつが斬り込んでき  反省心が出てき  静かに訪れてき  大阪へ戻ってき  外へ残して、つつましやかに入ってき  ボッとしてき  そこへ帰ってき  前から、こう話しかけてき  上まで飛び散ってき  から、き  オオ、き  ザワザワと掻き分けてき  戦雲漠々としてき  報らせてき  小役人にも劣ってき  血眼になりながらバラバラと飛んでき  差し立てき  微醺をおびてき  阿波へ嫁いでき  徳川家より嫁いでき  奥方に従いてき  蜘蛛這いに寄ってき  綱倉へかどわかされてき  足を踏み入れてき  風雲がわずかながら動いてき  横に払ってき  そこへよろけてき  方へ走ってき  櫓を押してき  桟橋へ漕ぎ寄せてき  下屋敷から引っ立ててき  陸へ上がってき  足早に飛んでき  様子を見にき  うちに、駈けてき  丞、き  潮の満ち満ちてき  バルカは、き  先人たちが積み上げてき  ら文学を歪めてき  涙がでてき  落合太平に近づいてき  ドヤドヤとなだれこんでき  海を眺めて暮してき  軒が呼びにき  一升瓶を持ちだしてき  換へてき  雪が降つてき  便所へ降りてき  キミ子が訪ねてき  運送屋をつれてき  カバンを下げて出てき  人形をとりだしてき  貰はずに戻つてき  ワイシャツをき  国へき  女のうめきがきこえてき  黒服をき  刑務所からでてき  てっぺんにのぼって、き  パジャマをき  尾行してき  晃らせつつまえのめりにおっかぶさってき  局限されてき  物腰ではいってき  人がはいってき  年貢のおさめどきがき  返事がき  改訂新版を重ねてき  づくりを申し出てき  志願してき  無理が生じてき  開設してき  頻繁に使ってき  自然に決まってき  青空文庫運営サイドで考えてき  担当をしてき  動きが出てき  青空文庫を育ててき  裏町から裏町をほつつき  それから一週間、き  おれは、き  後ろについてき  中途で退いてき  わたしには分からなくなってき  それから間もなく帰ってき  バルコニーへ出てき  鏡を作られてき  サイダーなどを持たせて出てき  底から湧いてき  感情に変わってき  風に言いながら、持ってき  妙子のき  聲がき  聲をき  只事ではないにき  妙子がき  相当味が濃くなってき  褒むべき  正確に掘りだされてき  現実が生れてき  顔が浮んでき  世界にはついて行けなくなってき  話をしながら帰ってき  僕を訪ねてき  どこからか溢れてき  剣法が現れてき  機構から生れてき  藩邸へ帰ってき  今迄歩いてき  上へ突きあげてき  試合を申込んでき  胸へとんでき  憤然波打際まで走ってき  剣法を築いてき  張鎰が恨めしくなってき  空地にもってき  空地へもってき  だんだん夫婦喧嘩になってき  之に反き  部落からとってき  熔岩に流されたりしても、いっこうき  びっくりして立ちあがって急いでき  りすがき  りすはしばらくき  眠るふらんねるをき  麗はしくみがき  都にき  そこまでき  戀びとよ母上よ早くき  ひつてき  野道へき  季節がき  あたりふらんねるをき  聽えてき  欲してき  分離してき  サナトリウムから出てき  萩原さんはき  はてにき  めさん親子のごき  眼より、うたてき  外来室へ運びこまれてき  怪むべき  云ふ可き  閑けき  豊けき  幽かにあをき  母よ、かかる安けき  墓地は幽けき  苛ら苛らしてき  ベールが被ってき  笑いが飛び出してき  一つ所に集ってき  ものが浮んでき  一しょに吹き込んでき  散歩からでも帰ってき  使い通してき  一緒に向うから持ってき  客が訪れてき  そこを駈け下りてき  もんどり打って落ちてき  ボオイの持ってき  大ぜいで寄つてき  間から出てき  誰もき  正雄君はき  進出してき  一人ぐらい出てき  人間が出てき  一しよに吹き込んでき  見舞ひにき  使ひ通してき  一緒に向うから持つてき  もんどり打つて落ちてき  ボオイの持つてき  自分がまた出かけてき  こっちへ乗ってき  仕事着をき  ようににおってき  いなか道が、かえって恋しくなってき  前に浮かんでき  たくさん浮かんでき  町は少しさびれてき  紙だけれど、そんなに書けばき  お寺から出てき  かいもしてき  世界に生まれ変わってき  水の上に落ちてき  あの花びらが落ちてき  みんな落ちてき  ちょうや、はちがき  花が降ってき  花がこぼれて落ちてき  ふちへき  魚を捕まえてき  子供たちの捕まえてき  から今度買ってき  添加量は次第に増されてき  笠にき  それからあがってき  手にはめてき  政雄は、どうかして探してき  ものを持ってき  電車が走つてき  それ巡査さんが捕まえる、き  家へ帰ってき  毎に怪しい惑わしが伝わってき  茲まで引きずられてき  後に帰ってき  兼子がはいってき  気持ちがこじれてき  人形を抱いてき  前に立ち現われてき  腕に縋りついてき  茲までき  張りが出来てき  眼に見えてき  萠してき  何処からともなく寄せてき  中に湧き上ってき  返事を齎してき  ものが増えてき  身体も肥ってき  家へ連れられてき  依子を連れてき  低地から匐い上ってき  崇むべき  眼がはっきりしてき  上に及ぼしてき  庭へ下りてき  依子を抱いてき  底が熱くなってき  何処からともなく流れてき  ように思われてき  現金を持ってき  記憶がまざまざと浮んでき  頭に浮んでき  雨が降ってき  所へ戻ってき  それを抱いてき  彼へ向ってき  兼子も益々苛立ってき  それをまた抱き取ってき  慴えてき  着物に着換えてき  眼が冴えてき  ものがまざまざと見えてき  食慾もついてき  真中へ抱いてき  のが苦しくなってき  相談致しますと、すぐ来いといってき  頭に映じてき  約束をき  一個出してき  チーズがついてき  ダイニング・アルコーヴに入ってき  ために考えて買ってき  ぼくにさえ、痛いほどに伝わってき  親族が集まってき  四〇年代から存在してき  ブルドーザーがき  なかでたくわえてき  クリスマスが近づいてき  島へ帰ってき  彼女は歩みよってき  走りよってき  居間に戻ってき  とおりに進んでき  姉が連れてき  ぼくのところまで届いてき  テーブルに戻ってき  明確であり、き  アルコーヴに入ってき  アルコーヴに戻ってき  物音が聞こえてき  自動車が走ってき  縁へ出てき  生計を立ててき  失職をまぬがれてき  資料を、持ってき  演奏をしてき  日本から渡ってき  日本から送られてき  彼になついてき  遺品を引きとりにき  ことが、だいたいわかってき  ハワイに入ってき  浴室から出てき  ぼく自身が買ってき  ひとりで続けてき  機体はまわってき  乗客が降りてき  ドアを出てき  建物にむけて、ゆっくりと歩いてき  ワゴンまで歩いてき  標識が見えてき  東京から持ってき  ものをつめてき  浴室から居間に出てき  中央まで歩いてき  ガソリンを入れにき  なかに出てき  箱をかかえて出てき  かたわらへ歩いてき  コンドミニアムが見えてき  建物から機体にむけてのびてき  カウンターへ歩いてき  ぼくが乗せてき  運転席から降りてき  ドーナツは、すぐに出てき  町に住んでき  ここへ持ってき  ヘレンに買ってき  両手に持って、出てき  三十年にわたってくりかえしてき  客が、つづけて入ってき  じき女房が帰ってくる、帰ってき  お寺から帰ってき  から泣きじゃくってき  ぼくが借りてき  なにを持ってき  ポーチに出てき  船を導いてき  人たちに親しまれてき  箱が出てき  トラックを借りてき  本土からコンティナー船で運んでき  嫁にほしいといってき  方だか見てき  探りにき  城下を指して駆けてき  入り混じって聞こえてき  こちらにき  それについてき  三浦は見てき  殷賑をき  国からき  船に乗ってき  音楽を習ってき  海を渡って、はるばると飛んでき  太平洋を越えてき  上を飛んでき  近くにき  船をたよって、飛んでき  ところから、急いで飛んでき  つえをついて歩いて出てき  風が、吹いてき  棒きれを持ってき  港にはいってき  涙がわいてき  どこからか、くわえてき  教育されて、どうにか育ってき  教育されてき  事がはっきりしてき  だんだんに迫ってき  深味にはいってき  事がはがゆくなってき  批評的になってき  次から次へと押しよせてき  貧乏をしてき  だんだんひどくなってき  指導され教えられてき  考えになってき  だんだんちがってき  だんだん遠くなってき  だんだんにひどくなってき  みんなそれぞれに別になってき  積極的になってき  そこまで漕ぎつけてき  私はかなり苦しめられてき  生活をよりよくしてき  形をもってき  悪名を被せられようとも正しく生きてき  いずれを持ってき  面をあこがれて、暮らしてき  中で暮らしてき  方に向かって近づいてき  お山へ上っておまいりをしてき  お礼を申してき  山を降りてき  赤ん坊を抱いて帰ってき  ろうそくを買いにき  店頭へ買いにき  香具師が入ってき  どこから聞き込んでき  連れにき  車に乗せてき  おばあさんとが入ってき  おばあさんは起きてき  皇女であつただけに、き  縁談を持つてき  與田先生から借りてき  風貌がかはつてき  感情にとらはれてき  埃がつもっているので、かなりき  外をき  嵩にき  相手に、き  ところへ送ってき  地響が聞えてき  地下まで、紛れこんでき  ピッチを詰めてき  上からとび込んでき  あとからあとへ出てき  日本へ帰ってき  字引がぼつぼつ出来てき  外国語がはいってき  姿が見えてき  弾丸がき  槍をもって進んでき  半分は倒れて、よろめきつつ、這って逃げてき  臭が、流れてき  叩頭しながら走ってき  音が、時々響いてき  只今、話してき  奴を、ほじくり出してき  新らしく入ってき  前後に、どよめきつつついてき  人々が迎えにき  だんだん増してき  左右に、わいわい云いつつついてき  泥濘を蹴って走ってき  何処までき  ように出てき  敵が近づいてき  砲声とが、入り乱れてき  ように降ってき  研究練磨してき  近藤が走ってき  走出してき  真剣さがちがってき  資本主義社会で育ってき  場合ではなくなってき  尾を曳いて聞こえてき  廊下にあたって聞こえてき  者は、その全き  玄海灘を越してき  通過してき  裏日本へもまわってき  中をき  おおかみがひょっこりでてき  あいだ、き  女の子がとびだしてき  ごろた石を、えんやらえんやらはこんでき  赤ずきんちゃんのもってき  子供を呼んでき  其処に起ってき  ものとして取扱われてき  スット引きしまってき  落ちつきが出てき  井上様とは書いてき  値段がき  仕事ぶりを見てき  ロストフへき  体がたいへんに疲れてき  俺たちは、産まれてき  地獄から、やっと逃げ出してき  久々で帰ってき  救いにき  ここまで逃げてき  海岸へひきずってき  三人の乗ってき  嘘にき  俄かに思はれてき  唱道してき  乳首を一寸なめてき  姉様がき  わしがき  胸もとをき  説明をき  音楽をき  注文をき  夜四辻にき  建築は小き  北風になびかせたるは殊にき  なまけ者にき  ことが起つてき  ことで戻つてき  砂がこごえて飛んでき  それを見き  薬をもつてき  のが見えてき  十名程集つてき  店先へ這入つてき  ブラさげて戻つてき  お盆にのせて現れてき  金切声が入りみだれて湧き立つてき  扉につかまつて崩れこんでき  娘が持つてき  ご飯を持ってき  さらに入れて持ってき  顔を赤くしてもどってき  子ねこを見て、き  さっきの子ねこを抱いてやってき  ねこをつれてき  誠さんはすぐ抱いてき  米をとどけにき  袖がき  雲、き  針を並べた触をして、き  まなざしと、き  ば掛けにき  護謨長靴ばき  たまへひびいてき  胸をのぼってき  踵裏から全身につたわってき  きょう寄ってき  三度降ってき  お母さんが出てき  一緒にまた烈しくなつてき  七時にき  氾濫してき  自分で買ってき  現前してき  手が、少し伸びてき  箱枕を買ってき  眼をしてき  森にき  あたしのき  まりをみつけてき  まりをとってき  かえるが出てき  馬車が、おむかえにき  弾圧してき  接触を保ってき  確実に拡がってき  日本人民はたぶらかされてき  努力しつづけてき  言論出版統制に苦しんでき  国際問題のとりあつかいをせばめられてき  これまで養ってき  服従を強いてき  教育を行ってき  相違をもたらしてき  アメリカ教育使節団がき  四六年秋から次第にたかまってき  労働をしてき  学年末になってき  官僚統制でしめつけられてき  資本主義を保ってき  要求してき  努力してき  努力もされてき  時間がついやされてき  日本人民に与えてき  感じで行われてき  ことと信じこまされてき  片言がなまっておりまぜられてき  宣伝してき  弾圧されてき  慢性になってき  国際的援助がめざましくなってき  感覚されてき  自覚されてき  ように扱ってき  目撃してき  服従を強いられてき  無視してき  多く需要されてき  封建的絶対主義につつまれてき  関心を示してき  文学的形式として親しまれてき  愛好とが示されてき  典型とされてき  困難になってき  切符を買わなくなってき  舞踊音楽から転化してき  中へも入ってき  海外向け販路がひらけ始めてき  人権蹂躙的な誓いをたてさせられてき  製作してき  委員会がもたれてき  ます巧妙悪質になってき  浴衣をき  ところへ走ってき  燒跡にき  嵬がひよつくり訪ねてき  電話がかかつてき  其處から出てき  音もなく滑つてき  涙がうかんでき  心に迫ってき  一頭の子熊を買ってき  三ヵ月たつと次第に育ってき  大熊を獲ってき  ますますお腹がへってき  宙返りをして下りてき  別に咎むべき  無理にき  地表へ持ってき  草履ばき  今まで説いてき  波瀾をき  方へ帰ってき  道草をくってやってき  百姓が、見つけたなら、きっと走ってき  太郎について歩いてき  人間の全き  習慣を覚えてき  話は、き  五十くらい借りてき  ホイ、き  家へ訪ねてき  意地悪に見えてき  背中をふくらませて近寄ってき  声をあげて、猛然と跳びかかってき  勝手口からとびだしてき  人がいそいで出てき  方から廻ってき  うちから誰れかが出てき  身体があつくなってき  学校へ入ってき  こんにゃく売りについてき  日本に戻ってき  引率されて帰ってき  写真帳をもってき  上着をき  肉を持ってき  お辞儀をして帰ってき  お家にき  疲労が起つてき  ことが出来てき  ことはずれてき  払い物を出してき  近くへ寄ってき  答えが洩れてき  耳へやっと届いてき  変に思えてき  凭せてき  旅川周馬が戻ってき  所へ帰ってき  江戸へき  これまで突きとめてき  腕がムズムズしてき  チラと洩れてき  疾走してき  隅から見つけてき  用意を求めてき  旅川周馬が帰ってき  綱も少しあきあきしてき  頬へ冷たく触ってき  呼吸が冷たくふれてき  一膝前へすりだしてき  人に断ってき  すり寄せてき  だんだんに追いつめてき  そこへ逃げてき  橋廊下まで追いついてき  綱を追いつめてき  手元へよってき  それを潜ってき  綱へ迫ってき  脾腹を狙ってき  灯影が流れてき  心に読んでき  手を砕いても、き  急に殺したくなってき  居場所が分ってき  ものを感じてき  プーンと薫ってき  ように信じられてき  三日目にき  死を思い止まらしてき  今日までき  あとを追ってき  近くへ見舞ってき  現じてき  切れ目をひろげてき  そこに酬いられてき  一尺ばかりもうがってき  嘘を言いにき  やつが帰ってき  バタバタと逃げだしてき  カーッと赤く照らしてき  手もとへ躍ってき  火ッ気が流れてき  ッ飛んでき  ように寄ってき  ソッと覗いてき  姉弟が、人なつこく寄ってき  奥から持ってき  姉ちゃんが帰ってきたら、き  ように降りてき  声がしてき  二ツ鐘をひびかせてき  早鐘を打ってき  韋駄天と飛んでき  ここへ、駈け上がってき  衝ってき  吹きつけてき  声がまじってき  叫びがしてき  色を吹いてき  そこへ取って返してき  代えを持ってき  男が入ってき  火事はそんなにひどくなってき  二階から駈け下りてき  お十夜はまた、とり残してき  綱を置いてき  境内へ逃げ下りてき  水を掬ってき  小刻みに戻ってき  命がけで救ってき  間へ伸びてき  手元へ躍ってき  河から這い上がってき  暮へき  合羽をき  石尊様へお詣りに行ってき  一番あとから渡舟場を上がってき  大阪表から東海道へ下ってき  江戸へ引っ返してき  早足に駈けだしてき  人影が出てき  駿河台まで辿ってき  望みをつないでき  空から落ちてき  額風呂へき  年の瀬も押しつまってき  女を連れてき  暮がき  男をつけてき  江戸表までつけてき  河岸ッぷちへ、バラバラと駈け寄ってき  それを読むとすぐに引っ返してき  波及してき  それを何よりすまなく考えてき  そこを出てき  顔色をしてき  締木にかけてき  気になってき  今度かぎり、き  そばにいたら、き  ころあいに暮れてき  バラバラッと駈けてき  目をみはっていると、すぐ駈けつづいてき  まり人だかりがしてき  走り寄ってき  襟首にでもからみついてき  ピタピタと戻ってき  先日焼け跡へ印してき  足もき  辺から近道をして追いついてき  置き去りにしてき  ふりかえるまもあらばこそ、息せき切って飛んでき  両方から、むしゃぶりついてき  様子も見てき  耳に痛くなってき  四ツ角へき  身がふるえてき  しんが痛んでき  手を廻してき  光を射さして躍ってき  児を抱いて出てき  被布をき  勘定をとってき  列をなして流れてき  一足跳びに寄ってき  恐怖よりも、引っ立てられてき  そこを襲ってき  気を失って引きずられてき  中から逃れてき  屋敷へ運んでき  ほうをつけてき  最後に、き  バタバタと走りだしてき  音がしてき  ゆらゆらとついてき  手紙をいいつかってき  自分を誘い出しにき  道案内をしてき  木魂返しにひびいてき  工面してき  四つン這いに寄ってき  中から短銃を引っさげてき  ノコノコと出てき  ヌラヌラしてき  それや、き  駕かきなんぞを、呼び集めてき  忍びやかに入ってき  宿房へ訪ねてき  炉べりにいざなってき  丞が帰ってき  鴻山がき  門を淋しく出てき  それを入れてき  ッと巡りめぐってき  駕を急がせて、駈けつけてき  戸板を外してき  傷口を押さえているまに、持ってき  土色に変ってき  戸板にのせて持ってき  泊りにき  下へき  今夜こッそり呼んでき  綱さんを呼んでき  ことをいって、帰ってき  万吉で、突然、帰ってき  引ッ返してき  裏口へ入ってき  お知らせに飛んでき  勝手口から、あわただしく入ってき  大変を告げてき  路次へ入ってき  昨日吉原へき  ことを知っているので尋ねてき  吉原尻から千束をぬけてき  気がしてき  堂へ連れられてき  お転婆娘に育ってき  ッすら分ってき  それを覚ってき  別れにき  一緒に出てき  髄まで凍えてき  足をあげて、躍り込んでき  光をよじってき  いつのまに横道から出てき  辻新堀端までき  ツカツカと近づいてき  鴻山にいってき  疲労が起ってき  これが直き  猛烈に暑くなつてき  森山栄之助があわてて飛んでき  こっちへ引きこしてき  それを拾ってもってき  風潮が変わってき  さが思い出されてき  胸にこたえてき  チンチンゴーゴーを見てき  繁さんが、き  そうに、き  頭に蘇ってき  態度にも似ず、いきなりそう尋ねかけてき  ちょっと、借りてき  鮮かさをもつて現はれてき  もう一度よく見き  あたりがき  気持ちが悪くなってき  魚浮いてき  咎むべき  女房は焦き  唾はき  誰だ、き  葱をさげてき  ように飛んでき  ようにみえてき  奥から引いてき  空から舞い落ちてき  急に痛々しく見え立ってき  だんだんこちらへ近づいてき  夕影のしるけき  ひとり、き  ひとり、のこしき  木の間にき  上へ上れないにき  叙事詩から生れてき  巫女として費されてき  葉人と言い慣してき  移動してき  ように考えられてき  事と話しがき  平がリンゴ園から降りてき  姿を見せずに忍んでき  大目玉をくらって戻ってき  時から一生怒り通してき  何よりも強くピンとき  医者がき  女たちも集ってき  縁側まで歩いてはまた戻ってき  いやだ、悪むべき  丸を書こうとしたが、悪むべき  映画がき  変つてき  独り身で暮らしてき  一人が駆けてき  坊ちゃんを連れ戻してき  私たちを迎えにき  変更してき  派遣されたと言ってき  人事不省中に帰ってき  金を持ってき  息をはずませて、訪ねてき  こちらへ連れてき  俊夫君たちを送ってき  上へ持ってき  僕を連れてき  住家に入ってき  梯子段を登ってき  僕を背負って連れてき  お馬鹿さんからたんまり取ってき  橋までつれていって捨ててき  法被をき  魅力があるにき  ものにき  安物にき  外套をき  ためにいっそう美しく見えてき  迷信的になってき  微笑が浮かんでき  たよりにしてき  話は進んでき  軽快をもってき  貴公は、き  胸板へ迫ってき  臆病風にさそわれてき  誰かき  模様が変ってき  ムダ矢を放ちにき  前へ戻ってき  向うへまでき  護送してき  のだが、そろそろ春めいてき  啓之助をてこずらせてき  落ちに下りてき  無二無三に引きずり上げてき  脱走をもくろんで捕われてき  生々としてき  山牢へ送りこまれてき  砂礫が落ちてき  山番のしわぶきがきこえてき  裾へ戻ってき  ここへ訪ねてき  江戸へ残してき  間から拾ってき  篠を切ってき  引ッさらってき  舌が、少ししつこくなってき  健康らしく見えてき  用向きをもってき  そこへ追いついてき  汗だくで追いついてき  前後してき  こっちへ向いて歩いてき  山奥まで尋ねてき  何しにき  執務所へ帰ってき  色が青くなってき  啓之助が入ってき  ムカムカとしてき  巧みに織ってき  口へ出てき  身を売ってき  妙に荒んでき  早打がき  時には、き  急ぎ足にき  変を知らせてき  強請にき  駒を飛ばしてき  人身に感じてき  耳に挟んで出てき  執念ぶかく駈けてき  店へ寄ってき  中腹を下ってき  湯番がき  温泉につかってき  和田峠から追ってき  所を見つけてき  孫兵衛が見届けてき  寄り進んでき  もんどり打って躍ってき  採集してき  百獣店から追ってき  ムカムカ頭痛がしてき  内儀様についてき  微笑しながら帰ってき  ように突っ張ってき  辻までき  ものと、互に励ましあってき  場所まで突き戻してき  そこへ取り囲まれてき  江戸表から阿波へまぎれ込もうとしてき  剣山へ連れて行ってやる、わざわざ迎えにき  御岳詣りをしてき  それへ出てき  樹葉を分けて駈け登ってき  鬼気を流してき  場合にき  丸木橋までかかってき  平地へき  四方は全き  真っ向に躍ってき  刀林をどよませてき  猿臂のばしにふりつけてき  そのまま梨割りにふるって落してき  方も駈けあわせてき  猪突してき  疾駆してき  愛護してき  憫むべき  だんだんに嵩じてき  鼻息もひどくあらあらしくなってき  セラピオン師は実に悪むべき  震動に変わってき  彼は落ちついてき  らのしてき  だんだんに怪しくなってき  ひそかに考えてき  空にき  方式が出てき  僕はかえってき  婢は進んでき  はずれがき  林がき  香を送ってき  いっしょに引返してき  崔を見ると起ってき  顔をして入ってき  貴婦人がき  女が立ってき  顔にまで流れてき  セルをすらりとき  顔が見えてき  海を見てき  用意周到に避けてき  神秘的に感じられてき  うちによみがえってき  感情が湧いてき  方から現れてき  生活から現れてき  ために、そして、虚しく書きすてられてき  ものが書きすてられ、踏みすてられてき  巡遊して、帰ってき  勢力を得てき  人差し指に載せ、飛び帰ってき  色は、変わってき  六分ばかり掛かって帰ってき  のを覚えてき  航海日誌を付けてき  近ごろ見張りが規則正しく続けられなくなってき  ように、ぴりぴりと引きつってき  方から消えてき  分配にあずかってき  危険を凌いでき  有力になってき  今はいくぶん落ち着いてはき  果たして正しいかどうか、はなはだ疑わしくなってき  叫び声がひびいてき  後に残してき  旋風がさっと吹いてき  これまで仕馴れてき  拒絶してき  自分のしてき  話はき  溜め息があふれ出してき  刻限になってき  幻影となって現われてき  のではないかとも思われてき  夢に現われてき  感動に打たれてき  ようにも思われてき  心臓にしみとおってき  気にもなってき  気分は引き立ってき  急に褪せてき  日はいよいよ近づいてき  日ごとに衰えてき  家人が起きてき  腕に帰ってき  市に戻ってき  ことだけはわかってき  心にかえってき  鉢をもってき  小説を買ってき  口をもってき  病室へはいってき  東京へ出てき  今日まで生きてき  射的場で貰ってき  事件が起こってき  国に入ってき  腹が痛みだしてき  しろについてき  話をき  ことに、くたびれてあきてき  何も出てき  セイは駆け寄つてき  岸へ近づいてき  ひきかへしてき  夕食に起きてき  夜おそく酔って帰ってき  室井は持ってき  追証と重ってき  結果がちがってき  立上ってついてき  お酒に酔って帰ってき  異様に輝いてき  手紙を取出してき  相談をもちかけてき  心に浮んでき  冷くそして美しく輝いてき  乳母がたずねてき  光がさしてき  一人で戻ってき  遠慮がちになってき  女からき  私のように苦しんでき  飽きがき  露台に囲まれながら見えてき  動悸はいよいよ激しくなってき  ように響いてき  こころは軽く、落ちついてき  顔を見ると、こうした卑しむべき  余裕が出てき  キッティさんから返してき  感じが起こってき  発作が襲ってき  幽霊に見えてき  もう一度口説きたくなってき  鼻について堪らなくなってき  日曜日がまわってき  息が苦しくなってき  心にはっきり映ってき  さを覚えてき  ものが忌々しくなってき  ふいに仔犬が飛び出してき  反響して吐き出されてき  蛙を捉えてき  意志に、次第にはっきり気付いてき  鬱積してき  出口まで戻ってき  下宿へ帰ってき  のに対して、もう済してき  ことが疑われだしてき  頭へ躍り込んでき  下宿からまた出かけてき  頭に映ってき  頭をもたげてき  ことを尋ねかけてき  小皿とを運んでき  齎らしてき  さが湧き上ってき  方へじりじりと迫ってき  後について下りてき  のしかかってき  風が流れてき  全体川をき  玄関から出てき  真率さでもって突き上げてき  里近くなってき  人が減ってき  船はすこし揺れてき  昨夜よりもよほど揺れてき  臭いがただよってき  顔が浮きあがってき  風がまたさっと吹いてき  勢いで飛びかかってき  反駁してき  元気が出てき  だんだんに動いてき  頭に巻きつけて伸しかかってき  こちらへ向かってき  諫むべき  從しあるき  後にだんだんと広く開いてき  闇市で買ってき  感情が込み上げてき  衣をき  灰とわかれてき  錠をおろしてき  ところに馴れてき  ひかりが流れ込んでき  後についてき  変遷してき  ますますきびしくなってき  口に上ってき  から戻ってき  縁先へ出てき  壁がはっきりとわかってき  喜びがあらわれてき  鐘がひびいてき  そと暮らしてき  表情が浮かんでき  充分に熟してき  外から湧いてき  彼女もあたかも初めて現われてき  歩調で、出てき  ものを求めにき  墓場から抜け出してき  頭巾を持ってき  鎧をき  振袖をき  襠をき  眸をみひらいて、遠くき  村へかへつてき  母にき  姉にき  番屋へ持ってき  一部へ映し込んでき  色もはっきりと浮かんでき  興味を感じてき  ところまで近づいてき  僕に対してやや打ち解けてき  親父は一杯き  おれに持ってき  子が帰ってき  べっぴんさんが帰ってき  やっとこさで帰ってき  一緒に連れてき  コーヒー沸かしをもってすでに戻ってき  ガーエフははいってき  人ならばき  巻物を抱えて帰ってき  一礼すると、き  そこへ出来てき  遺書が出てき  風来坊が舞いこんでき  ようすで現れてき  錣頭巾を取って被き  一緒にさらってき  亭主は殺してき  登り坂へき  女房が迎えに出てき  一人あまさず斬りすてて戻ってき  重みが分ってき  三日目がき  四方からドッと押し寄せてき  水干をき  首を持ってき  空が落ちてき  空は落ちてき  眼前に現れてき  どこから落ちてき  視覚が戻ってき  花びらが落ちてき  調室に入ってき  応援にき  転入してき  報告がき  陽がさしこんでき  迎いにき  若い警官が入ってき  雲が出てき  御厨部屋からくすねてき  下役が出てき  役がき  顔で近づいてき  からのびてき  とんび組がき  こんど出てき  肌着をき  世の中に出てき  もう一度帰ってき  だんだんに近づいてき  木立にき  絶え間なく聞こえてき  家へ生まれてき  苦痛を忍んで歩いてき  小鳥がき  枯れ枝などを拾ってき  町へいって買ってき  ところへ持ってき  一家の越してき  外に持ってき  竹を切ってき  それを聞きつけ集まってき  光がもれてき  僕は持ってき  飛行機に乗ってき  毎晩遊びにき  言ひながら割りこんでき  酒をのみにき  後列へもどって行くが、すぐまた出てき  帷子をき  家主がき  割膝でそそり出てき  口から臓腑が飛びだすほど駈けてき  代地におりてき  書院に入ってき  癇がたかぶってき  方へ送ってき  蝗はふんだんに食ってき  牛肉よりもおいしいと思ってき  ときいてき  だんだん膨れてき  うつと明るくなつてき  量のき  古布子をき  嶮しくなってき  箱根竹を買ってき  姿が現われてき  それから顔となってき  頭部になってき  勝をとって、お褒めにあずかってき  呼び声がきこえてき  天から落ちてき  驕慢で通してき  三十石で上ってき  死神が舞いこんでき  とたん、出てき  舌は、わざわざ呼んでき  医者が見舞ってき  ひやひやしてき  駕籠かきが送ってき  ところへ駈けつけてき  日おとみはこっそり帰ってき  肥満してき  部屋から降りてき  坂本を襲うてき  黄金蟲が招かれてき  ヒョロリと入ってき  花世が入ってき  気がき  廻航されてき  水茶屋から出ていったが、間もなくもどってき  資格を取ってき  想念が浮かんでき  ところへ戻ってき  薬を持ってき  畑から運動場へ出てき  みんなで掘ってき  いまに帰ってき  生徒が駆け戻ってき  教室に入ってき  涙が出てき  だんだん哀れっぽくなってき  顔色は青白くなってき  手紙を残してき  洋服が落ちてき  ばたばたと走ってき  田中は戻ってき  生徒が出てき  ものを持ちこたえてき  姿を見せないので、しょうしょう薄気味悪くなってき  取調書をそえて頼んでき  曳船してき  いまそれを見てき  船蔵を出てき  甲府から出てき  そこへき  話が面白くなってき  編集者がわざわざ頼んでき  がちになってき  その後から若い女が歩いてき  少女は引返してき  門口へき  気のどくに思われてき  少女を連れてき  許へき  喬生も薄気味悪くなってき  それから毎晩泊りにき  ねずみがかってき  堤を通って帰ってき  門口まで帰ってき  恐怖もやや薄らいでき  久しぶりに訪ねてき  陽がかげってき  気もちよく出てき  声が聞えてき  絡ってき  女は起ってき  住職を呼んでき  どこからともなしにあらわれてき  足音が近づいてき  附木をさぐり出してき  阻害されつづけてき  八月十五日までを辿ってき  折を与えずにき  機会を得ずにき  克服してき  外から押しよせてき  文学にわり込んでき  自然ひき出されてき  目にはっきり見えてき  中に立ちあらわれてき  民法で押してき  文学にも生きてき  ものとなってき  意味ふかく扱ってき  表現でいわれてき  ピオニェールからコムソモールと育ってき  かたからいくらかずつわかってき  方が目立ってき  ほうだから、よかろう、でついてき  一座がにぎにぎしく乗りこんでき  作者の生きてき  五六本折ってき  あたりをぶらついてき  手狭になってき  生活が恋しくなってき  ところまで戻ってき  手は全き  黒鯨がき  疲労を覚えてき  人の出てき  失礼ですがあがってき  者が入ってき  気が引きたってき  随いてき  死骸を収めにき  木曽から出てき  金三郎が帰ってき  本筋になってき  変がき  中へ入ってき  手代が出てき  奥から手代が飛んで出てき  非人溜りから出てき  棺へ入ってき  隠居がかついでき  これは、だいぶ面白くなってき  汚名をき  充分に溶けてき  浮き上ってき  引上げてき  現実となって襲いかかってき  黙りがちになってき  事件に引きずられてき  死体を見てき  ことが浮んでき  花束を置いてき  心が激してき  匂いがき  ひとり車室に入ってき  胸に甦ってき  底から怒りがこみ上げてき  家から、盗み出してき  怒声が聞えてき  殺到してき  疼痛がき  記憶が甦ってき  衝動がき  ほのぼのと浮びあがってき  乳白色が流れこんでき  歩調をとりながら近づいてき  眼が霞んでき  中に入ってき  激情がこみ上げてき  怒りがこみ上げてき  展けてき  うんざりしてき  先生ともあおいでき  気がはずんでき  夜もあけかかってき  何時かはき  事にき  お前達だつてき  ジユウルがき  クレエルはき  何のかすりき  毛虫はき  皮をき  数がき  人間にもき  弁解はき  見栄をき  モソモソ話が聞えてき  天井から一団になって舞いくだってき  ようすになってき  肩があらわれてき  かなりに荒れてき  顔色を変えて走りだしてき  死人から取ってき  後、出てき  一緒に食べにき  前へ出てき  九時半頃に入ってき  名刺を持って出てき  名刺を持って入ってき  手にして戻ってき  明瞭に現れてき  大村夫人から借りてき  そのまま帰ってき  そこまで歩いてき  辰平爺さんが見つけて近寄ってき  住職が走りだしてき  先発自動車に乗ってき  ところへ駆けてき  静かに歩いてき  寺へ訪ねてき  顔して戻ってき  言葉をき  そこへもつてき  壮図をおびやかしてき  辛労を抱いてき  のも、そのすり減らされてき  竹屋三位卿が上がってき  ぐる秋は、刻々と迫ってき  伺いにき  震動してき  面前へき  そこへ上がってき  錠口まで転げてき  森啓之助も飛んでき  典医がき  神経が冴えてき  海を越させてき  永別を告げてき  かい男のなぐさみに耐えてき  監視についてき  念を押されてき  貉と、さんざん闘ってき  気が強くなってき  川筋を戻ってき  退屈をしてき  ためにはるばると帰ってき  素気なく取り澄ましてき  女中が廻ってき  いびきをかいてき  座敷へ抱き戻してき  ソロソロ機嫌を取ってき  河岸へ出てき  米も諦めをつけてき  御方、き  所へ知らしてき  げに近づいてき  門へ出てき  身につまされるほど聞いてき  途中からさげてき  流し元へ戻ってき  のをつけてき  今帰ってき  万吉は帰ってき  居所などを知らせてき  下へ降りてき  所へ頼ってき  三人までも押しかけてき  中二階から降りてき  阿波から逃げてき  馳走になってき  そこへ降りてき  お腹がすいてき  柄杓を投げこむと、ひょろひょろと戻ってき  夜をひとしお心細く降ってき  ように見えてき  後を追ってき  理解してき  思慕は、人知れずに、募りこそしてき  法月様とき  機会に恵まれてき  綱のこうなってき  わきを、ポロポロと流れてき  必死に迫ってき  水ぎわへ降りてき  中へおどり込んでき  袂まで曳かれてき  今宵こッそりと帰ってき  階下へ降りてき  目前へ跳びかかってき  ものと思い込んでき  ほうへ飛んでき  しょんぼりと歩いてき  薬をいただきたいと思って訪ねてき  真言坂をだらだらと降りてき  わらじばき  源内は貰ってき  やつが飛んでき  ように駈けてき  源内を呼び戻してき  町を担われてき  狐にでも化かされてき  男に馴れてき  わしがうけあってき  引ッかかってき  口を結んで帰ってき  酔ッぱらいが舞い込んでき  道化に浮かれて、いよいよ調子づいてき  にわかに引きしまってき  皺にまで現れてき  女をかどわかしてき  女は、とうとうつきとめてき  だんだん寄ってき  姿をたずねてき  雪踏を鳴らして曲ってき  から、戻ってきたというよりは、逃げてき  大阪へ逃げ戻ってき  木蔭まで連れてき  ひとつ狂ってき  丞を訪ねてき  ここまでついてき  意識づいてき  所をきき、ようよう尋ね当ててき  気がハッキリしてき  夜とまで迫ってき  都合を知らせてき  ひとり桃谷から帰ってき  手をとり合ってき  邸内へ入ってき  端から飛びだしてき  腰に取っついてき  こっちへ飛んでき  やつにかかわってき  使屋が届けてき  計略をかけてき  髪の毛が落ちてき  所へ駈けてき  浅慮さが分ってき  居ざんまいを壊してき  軒を出てき  酔いがさめてき  側へ寄ってき  あいつとき  安治川屋敷へ帰ってき  話がそれてき  潮時に出向いてき  通用門まで出てき  会いたいといってき  家中から貰ってき  前へ乗りだしてき  考えがうかんでき  小間使が知らせてき  風が強くなってき  夜更けてき  二階へ上がってき  うちから考えてき  難儀が重なってき  合図をしたが、なかなかおりてき  吉は降りてき  鬼にしてき  中をぬけてき  約束どおり店からここへ駈けてき  五人ばかり寄ってき  眼がさめてき  内へ入ってき  ぼんやり数寄屋へ帰ってき  音が突きあげてき  廊下へ出てき  手燭を持ってき  上へ、バラバラと落ちてき  いぶりが沁みてき  なだれてき  茶屋へ戻ってき  理由に偽ってき  潮風を察してひっかけてき  中へ連れてき  ソッと持ってき  男が駈けてき  突ッかけてき  ツウと寄ってき  わらわらと集まってき  五刻半に近づいてき  ヒッソリしてき  ざま太刀を突いてき  一緒にき  錯覚にとらわれてき  目星をつけてき  慄えてき  タラタラと伝わってき  ようにはいってき  居所を聞いてき  船待小屋へ目がけてき  小屋から出てき  側についてき  ここまで追い込んでき  岸をひたしてき  雑鬧してき  囲繞されて、送りこまれてき  新吉、ばらばらと駆けてき  前へ進んでき  闇を探しながら駆けてき  ツカツカと歩み寄ってき  右岸に見えだしてき  何となくあたりが明るくなってき  ッ蒼になって飛んでき  舸を飛ばしてついてき  ようにおどり込んでき  横に切ってき  素ごき  一散にほとばしってき  失敗してき  歓喜を大きくさせるべく積んでき  原士たちが乗ってき  石を持ってき  おのれに帰ってき  汐鳴りが変ってき  誰か人が入ってき  縄の飛んでき  唸りをあげて落ちてき  ッかけてき  前へ飛んでき  国にさまよってき  魔法使いが入ってき  下を見おろしながら飛んでき  はまぐりを見つけますと、すぐに降りてき  色はさえてき  ものがいきなり飛んでき  昼間谷から自分で採ってき  得意そうに持ち帰ってき  花なんぞを摘んでき  私がき  羽織をき  利用されてき  氷原が見えてき  しかかつてき  霧が出てき  つて、明るくなつてき  命令がき  湾内に流れこんでき  勇気だけがわいてき  不安を感じてき  南ノールウェーからき  今まで飛んでき  霧は次第に濃くなつてき  一時間毎に増してき  勢ひで出来てき  海水も見えてき  吹雪もおそつてき  一番もうけるにき  ことばかりいつてき  刑事政策上からき  両方から帰つてき  中国にき  努力をかまえてき  不景気がき  結果になってき  砂を吹きこんでき  足音をき  日さんが出てき  ザラメが出てき  一緒に上ってき  女がき  そわかるるき  春はき  勧むべき  翌々日引越してき  雪がき  李はひどく酔っ払って帰ってき  立上り、よろよろとはいりこんでき  一声をたてて逃げてき  腹がたってき  面を送ってき  枝を訪れてき  沈黙がき  映像が大きく浮んでき  キヨがとんでき  のんきに帰ってき  ものに触れてき  浅間山に登ってき  一緒に帰ってき  危険さえも感ぜられてき  方へ押しよせてき  眼から涙が出てき  寝床へ這入ると、き  住所がき  ぼんやりとあらわれだしてき  誰か入ってき  ように近づいてき  中に落ちてき  沖から風が唸ってき  下から匍いだしてき  便乗してき  ふうに盛りあがってき  静かに立ってき  早乙女がかかってき  だんだんうちとけてき  火が這ってき  恰好に思われてき  廻状がき  ことも、少し分ってき  笑みをもって、にやにや、近づいてき  弁当殻を集めてき  そうに駈けてき  行く手によみがえってき  赫々としてき  拝謁してき  話がこじれてき  凶く、裏切られてき  溜息に似てき  耳にこびりついてき  薹が立ってき  ところへ落ちついてき  横丁を出てき  菖蒲革が帰ってき  家へ戻ってき  城下まで持ってき  眼八がつきとめてき  内状も調べてき  半纏をき  今ここへ連れてき  ブラついてき  徳島から潜りこんでき  脳天に跳びかかってき  刀を受け取ってき  気がさしてき  筋がほぐれてき  お久良様からき  前へ漕いでき  雲になってき  どこへやら、更けるほど冴えてき  納戸船がぶつかってき  継目が合ってき  方へ引きずってき  側まで駈けてき  さしずで、少し遅れて出張ってき  こッそりと帰ってき  助勢にき  ひとりが飛んでき  影が上ってき  本堂へ向ってき  月光を衝いてわめきかかってき  のと同時に、飛んでき  上をふさいでき  みんなわらじばき  前へ歩みだしてき  意気揚々と引き揚げてき  先に立ってき  小気味がわるくなってき  間をうねって押してき  後退ってき  捕手を排して進んでき  直面へき  脈をうってき  手で研がれてき  枝をつかんで戻ってき  窓を破り、おどり込んでき  今はようやく疲れてき  そこまで辿りついてき  江戸表に残してき  城下を離れてき  早足に駆け下りてき  そこへ駆け下りてき  実地に踏んでき  馬場から降りてき  混惑してき  ガアーンと響いて返ってき  意気地なくみだれてき  運命が訪れてき  墓石と逢ってき  茶の間から飛んでき  枕元へ引きずってき  首を斬りにき  山牢へき  外へ向って駈けだしてき  からくも駈けつけてき  今ここまで会いにき  おれが殺してき  力の練りだされてき  伍してき  原士をすぐってき  山牢もだいぶ近づいてき  辺まで登ってき  浦から祖谷へ落ちてき  栄華をぬすんでき  夜が明けてき  老人は篤と見て、き  口へ流れこんでき  女が出てき  顔へき  前に見えてき  友人と同時に帰ってき  扉を開けて入ってき  何人かき  星の落ちてき  入口がき  体を起して寄ってき  盃を捧げ持ってき  彭は急いで起きて帰ってき  上からおりてき  舟にき  公主を連れて入ってき  其所へ入ってき  前からそろそろと漕いでき  家から手紙がき  病気を知らしてき  西冷橋まで帰ってき  あるかの女がき  女は迎えに出てき  帷をはねあげて入ってき  鶴を抱かして入ってき  所から借りてき  薬を拵えてき  児を抱いてき  ピヨはねてき  懇切をき  今度はき  奴を拾ってき  一生懸命に飛びかかってき  仕方がないから、のそのそ出てき  男がき  急に飛び出してき  宿直部屋へ連れてき  話を聞いてき  車屋をつれて来てさっさと出てき  晩めしを持ってき  剣舞をやめて、飛んでき  だんだん熟してき  四国新聞を持ってき  校長室から出てき  時でも、き  わたし、云ってき  立現われてき  買ひにき  今年もき  縁がはへき  木からおりてき  おにぎりが出てき  気分がわるくなってき  都へ出てき  三ヵ月生きてき  市場から運んでき  使者がき  遠征から戻つてき  さを見つめてき  状景をき  言へば、き  片方だけにき  二度ぶり返ってき  涙がさしかけてき  二条城へ移ってき  江戸から出張してき  肌につけてき  奥から出てき  視線を慕ってき  窓へ返ってき  輪郭を察してき  際まで寄ってき  宗友に頼まれてき  人間についてき  自分からついてき  それを破って殺してき  谷間へ蹴こんでき  孫兵衛は酔ってき  心配にして駆け戻ってき  見物にき  自分が帰ってき  鞍つぼへ飛びかかってき  街道を乱れあってき  馬首をあつめてき  助勢に追いついてき  使者についてき  さがこみ上げてき  夢中で駆け戻ってき  そこまで飛びこんでき  ようにバラバラと迫ってき  それを追ってき  剣山を脱してき  ここへ逃げてき  安心して探ってき  寮へしのんでき  剣山から斬りぬけてき  若布舟をのりだして逃げてき  影をつけてき  下からよじ登ってき  上へ辷ってき  上から辷り降りてき  家へかどわかしてき  膝を立てかけてき  異様にひきしまってき  上へあがってき  紅味がさしてき  晩、かどわかされてき  こっちへ向って駆けてき  密使が訪れてき  駕を雇ってき  鴻山の手紙についてき  あとへ戻ったり、うろうろと帰ってき  影が寄ってき  山科から急いでき  告げにき  折から混んでき  薄氷をふんでき  まわりへ寄ってき  ひと目覗いてき  覚悟を決めてき  色をさしてき  風を泳いでき  事ここまで運んでき  死相をあらわしてき  前へ辷り降りてき  いつか阿波をのがれてき  左にさげて上がってき  近道を廻ってき  そこへ駆け寄ってき  血をひいてき  漂泊してき  連綿としてき  父祖食禄をうけてき  いつか陽脚が傾いてき  さを示してき  勇躍させてき  苦難をともにしてき  こっちへ寄ってき  息をせいて登ってき  寮へ知らせてき  ように抱えてき  だんだんにととのえてき  見当に繰り出してき  気がされてき  車が帰ってき  放題に荒れてき  許に引き取られてき  ところへ這入ってき  ゆうべ夜更けて帰ってき  とき起きてき  一ぱいになってき  だんだん興奮してき  気の毒になってき  ものが流れてき  コロコロと転んでき  ことが起ってき  方へも打ち返してき  探りを入れてき  期限のき  私に突っかかってき  私はつつましく動いてき  それを避けてき  ように曇ってき  上に置いてき  茶を持ってき  ドッと飛びこんでき  無断で貰ってき  多勢で担ぎ出してき  闖入してき  名前を教えられてき  ことを教えられき  庵主は帰ってき  ように火照ってき  仇敵もとってき  冷汗がにじんでき  男が転げこんでき  梅子が帰ってき  骨は持ってき  跫音が聞えてき  ように飛びこんでき  隅から飛び出してき  破片が飛んでき  ポーンポンと飛び出してき  大分はっきりしてき  ゾロゾロと集ってき  家路をたどってき  ピストル持ってき  ように戻ってき  たくさん入れて送ってき  ボストンバッグをぶらさげてき  もとへ送られてき  見込みが怪しくなってき  家からでてき  一ツ売りにき  邸内で拾ってき  室内から南京虫が腐るほど現れてき  いくらか、分りかけてき  分りかけてき  なんしろ、き  んだ、き  言ふ可き  保姆はあのき  狼かいずれ直き  時、き  天幕へはいってき  濁水に流されてき  ぼく出てき  小さな星もうかんでき  たくさん聞えてき  おれはき  さっきから見ていると、さもき  夏フロックが出てき  クローノ、き  ポーショ、き  水を持ってき  ミーロがもってき  上からしずかにのぼってき  狼はすっかりおびえあがって、しばらくき  一日一日それが烈しくなってき  さっきから見てゐると、さもき  ケルン、き  顔で、もどってき  呉氏が起きてき  連中はき  ものか、吹いて吹いてき  男伊達が起つてき  のを、き  當初は立ててき  本郷へ戻つてき  たしかに卑しむべき  様土人が売りにき  花が匂ってき  時候となってき  はいはい、たった今、直き  私も直き  彼は近頃めっきり肥ってき  主眼としてき  それまで磨いてき  ヘトヘトになって帰ってき  疲労を感じてき  光つてき  蝦夷はこの尊むべき  新たに見直してき  転換がき  われわれのすでに見てき  死ぬのが正しいと教えられてき  言葉だけが生れ残ってき  積りで連れてき  まま買ってき  遺骸が帰ってき  回向院から貰ってき  先頭に立ち、帰ってき  一部出てき  学校に出てき  睡眠剤が利いてき  前に出てき  戦友たちに告げてき  苦労ばかりさせてき  苦労しぬいてき  血に汚されてき  大切にしてき  同棲生活に連れてき  見殺しにしてき  発生し育ち残ってき  潜つてき  生長発展が妨げられてき  いるかわり、こわれやすくて、うっかりさわると、あぶないので、よほどき  それにき  網にでてき  ぜんにかけもどってき  一のき  いそばにき  場にき  はなみだが、みるみるあふれてき  しょもつが、またき  ことりをはこんでき  時計屋がき  うたが、きこえてき  ひとりもまだ、かえってき  わたくしがき  つもりで、はいってき  情熱などが湧いてき  うちに、き  頃から育ってき  デパートから買ってき  やす、き  色里へしけ込むと、き  いらいらしてき  口がほぐれてき  エヅアアル・ロツクロアはき  ひまを盗んで駈けてき  連続的にこみあげてき  やうに通りすぎてき  喰べにき  ぱい湧いてき  急にこみあげてき  娘さんがき  真剣に申し込んでき  時に、若くは経き  自ら殉ひ、或は絞き  それはまだ深くとがむべき  手紙を取り上げて読んで、き  話をしてき  白熱してき  事務所にき  はるものにき  はい出してき  お山へき  そこらをき  飛躍発展を示してき  ミュンヘンにも入ってき  夜あけがき  場所から聞こえてき  だんだん暮れてき  夜が間近く迫ってき  これでどうやら解ってき  ように、物凄じく聞こえてき  泣声が聞こえてき  夕空が暮れてき  夕陽が次第に薄れてき  色が滲んでき  座敷から聞こえてき  足音が聞こえてき  疲労てき  何てき  一度にき  一度に、き  手をとりあって、き  ふうになってき  身をもって知ってき  うまい汁も吸ってき  ことをしてき  証拠だって、出してき  とこにき  色気づいてき  ガタがき  かくのごとくなってき  今曲ってき  框ぎわへ立ってき  襤褸布団を持ってき  外から誰やら帰ってき  商売してき  元気よく上ってき  布団を抱えて上ってき  目を覚ますとともに堪えがたく感じてき  女が上ってき  私の降りてき  蒼になって帰ってき  のを聞いてき  雨に降られて帰ってき  それから二時間ばかりも経って帰ってき  ブラリと帰ってき  為事から帰ってき  機嫌で帰ってき  皆降りてき  荷物を運んでき  足まで掠ってき  向地から渡ってき  そこから托されてき  葛西善藏はき  あなたはいまにき  外から聞えてき  勤むべき  務むべき  勉むべき  妨げをなしてもとより悪むべき  任務を果してき  中軸にして辿ってき  気分が出てき  お湯へ行ってますんで、直き  お絞りを持って上ってき  湯帷子を出してき  三和土へ入ってき  うちから声をかけてき  ものを買うてき  癖が出てき  茶道具をのせて上ってき  あとから跟いてき  不憫になってき  手水から戻ってき  種のき  孤児院から種をつれてき  心が強まってき  お茶碗へ貰ってき  ことで思い悩んでき  毘沙門を出てき  こちらへ出てき  顔つきが可愛くなってき  相模屋へ出かけてき  銚子を持って上ってき  自分から買うてき  時から苦労を共にしてき  家では目立ってき  から出かけてき  苦労をしのんでき  百ヶ日がき  お初の持ってき  袖が入ってき  油を買ってき  だめだ、き  死を告げてき  意気揚々と戻つてき  材料を買い込んでき  宇治から贈ってき  葬儀屋が持ってき  ことが出来ると、分ってき  玄関まで送ってゆき、戻ってき  尺八を持ち出してき  穴となって、き  ものがはっきり見えてき  愍れむべき  脂肪氣をすつかり脱き  ぼんやり分ってき  家事を切り廻してき  ここに嫁いでき  ことが、初めて分ってき  軽蔑に変ってき  私は稼いでき  発見してき  長年苦労してき  気持ちが分ってき  執着してき  生家へ行ってき  風雨を凌いでき  側へき  外へもき  引越してき  悪戯気分が湧いてき  奥に巣くってき  そこらが暗くなってき  いじめられとおしてき  ら明けはなれてき  女中兼看護婦が入ってき  院長は、き  下を向いて歩いてき  自分を呼びにき  老人を連れてき  老人をつれてき  ほかから出てき  一人ぽっちで暮らしてき  妙にうるんでき  勇気も出てき  穀倉が見えてき  餌につかまって上ってき  トラックで運んでき  真作も酔ってき  ことが伝ってき  ようで、光ってき  会社から帰ってき  話が、だいたい分ってき  ざざーっと降ってき  様子が変ってき  どこからそもそも湧いてき  情感がこもってき  往来まで送ってき  息を切らしてついてき  彦太がとびこんでき  兄さんにかかってき  慣らわしてき  流名もこれからき  ように吹き込んでき  往ってき  宿屋めしにもあきてき  日を重ねてき  湯から帰ってき  涙がき  異常な光りがき  胸に呑んでき  歩みをつづけてき  騒ぎをつづけてき  見事征服してき  一日延ばしに延ばしてき  刀痕が、ちらと見えてき  中から、覗いてき  稽古振りまで、がらり違ってき  僕に近づいてき  意味が分かつてき  ように、どうしても起してくれと言ってき  トラックがとんでき  演壇へ出てき  順ぐり送られてき  投書受箱へ入れてき  頭にのっけずにき  足とで働きつづけてき  ベンチをかつぎこんでき  委員がき  工場委員会へ頼んでき  人相が変ってき  色ッぽくなってき  色気がにじみでてき  グローブを買ってき  色気がでてき  方へき  顔付が映ってき  色をおびてき  形になってき  絵を持ってき  奥に触れてき  五日ほどで帰ってき  おこしなんかを持ってき  頭にひっかかってき  晴れやかになってき  方は、次第に沈んでき  底をくぐってき  底に浮んでき  胸にぐっとき  頭にき  就て考へてき  峯をわたりき  戀心が芽ぐんでき  風をき  中はなんだかき  外に駆けてき  子供たちが集まってき  お祖父さんからもらってき  塀いっぱいたくさんになってき  語り綴られてき  掩うた手をはなし、ふらふらと歩みよつてき  平和が戻つてき  言ひながら這入つてき  警察から知らせがき  長野警察署から知らせがき  歴々と刻まれてき  電話口へ戻つてき  行つてき  浩平の掘出してき  貧乏徳利をもつてき  自動車に揺られ通してき  づおづと部屋へ這入つてき  往昔殷賑をき  一つ一つがき  農家が現れてき  人像が降りてき  疲労がこみあげてき  やうに降りてき  切つて落ちてき  石の落ちてき  つてみたい思ひがしてき  胸にしみてき  山嶺をき  頭上をき  過程が分つてき  ことがあると、き  あいつはそくざになぐり殺されてしまふにき  名前を書きだしてき  司令官がでてき  毎週一回プロがき  一手にぶちこんでき  首瓶がでてき  ように運んでき  一てき  から食べに来て下さいと言ってき  ところから女中がき  身にふりかかってき  二十銭なぞと運んでき  袴をはいて現われてき  剣が生きつづけてき  誇りとして生きつづけてき  放題をしてき  貝を仕入れてき  折紙をつけられてき  産物として現われてき  製品に打ちこんでき  註文がき  ションボリ小犬をだいてもどってき  モミにき  国民服をき  から、ようやく起きてき  ズカズカと出てき  リンゴをもってき  疲れがとれてき  笑いがこみあげてき  カモがき  不平もいわずについてき  のを拾ってき  土地へ越してき  ッかいストーブを買ってき  カゴを買ってき  部屋へつれてき  機長がき  一分三十秒すぎるともう分ってき  界隈へ集ってき  ヒョッコリ戻ってき  彼が戻ってき  碁盤をもってき  女中がき  巣鴨から出獄してき  ここへもどってき  私は喜んで越してき  休日に集まってき  うま煮をつめてき  十いくつも現れてき  試合場へ乗りこんでき  人が集ってき  ウンザリして帰ってき  ヤジローが駈けこんでき  坊主をつれてき  ドゼウだけを引いてき  左右からサッと寄ってき  チョッキリ一パイ持ってき  彼らの抱えてき  横へ寄ってき  きりき、き  りき、き  ところから残ってき  腹加減から用を足さないで戻ってき  こと怪むべき  からざるは、また怪むべき  ことも、さして怪むべき  百九十日に過き  念願してき  鑑識ができてき  犠牲を払って進んでき  眼ざしが見えてき  間にもたれるべきだと思われてき  経済能力を増してき  必要とされてき  抑圧してき  爭ふ可き  そうにいったりき  ことわりがき  目をき  あいつときたら、き  話がき  ものも買ってき  二人はき  肚は、とうにき  アハビを採つてき  花を再び取り出してき  人心地がしてき  大人寂びてき  文を急いで持ってき  用意をなさいませなどと細々と書いてき  ようにと固く言い置いてき  道綱だけが戻ってき  京から道綱は帰ってき  無事に帰ってき  者がひょいと寄ってき  男が帰ってき  生活がようやく慣れてき  憎悪とが、むくむくと蘇ってき  声が高くきこえてき  向うから害心を挟んでき  しかもまだ縁付いてき  まま悠々と出てき  人から手紙がき  女給が帰ってき  コーヒーを持ってき  一群が戻ってき  だんだん心配になってき  夜が明けかかってき  うちずんずん空は明るくなってき  背負つた娘たちが、き  煤はき  人相まで変わってかえってき  それはわかりませんが、なんだかひとりでになきたくなってき  酒によってき  うちが見えてき  壁が見えてき  今わたってき  林太郎もよくき  おっかさんは、持ってき  だんだんうつむいてき  方へとぼとぼと歩いてき  さっきおっかさんとのってき  そばへはよってき  土間へき  どこへでもついてき  道もいったりき  そこへでてき  こといわないで、き  おっかさんはかえってき  丘へき  こっちへき  おっかさんをつれてき  ひとりでかえってき  夏休みがき  しろ公は、つれてき  船をこいでき  おっかさんをむかいにき  ともにつれてき  むらさきに煙ってき  夕もやにつつまれてき  町へき  ものとばかり思ってき  おっかさんに会いにき  服をき  くすりをとりにき  町中がなんとなく恐ろしく見えてき  からおまえが探してき  気が遠くなってき  すぎにきはき  林太郎がき  夜はふけてき  むせるようにもれてき  彩雲のおりてき  肴にも飽いてき  衣裳をもらって帰ってき  夕刻には、き  天下靜謐にき  若いにき  殘せば、必ず捕まるにき  來るにき  最期のうめきがつたわってき  確保がおびやかされてき  辛苦はひとしお深まってき  全面でくずれかかってき  法律をふりかざして行われてき  前景気をみてでもき  道をこわされ、生きてき  推進させてき  今度帰つた時探してき  生活に踏みしだかれ、痛められ通してき  隣室へ駈け込んでき  襲ひかかつてき  ことがハッキリ分つてき  中におこってき  狡猾になってき  まま、ひっぱってき  挑発をおこなってき  手段をとってき  政治力をそいでしまおうとしてき  行動に向ってき  急にましてき  振りでよく分ってき  人々がどんなにふえてき  活動体となってき  実感させてき  障害に面してき  分析がまず行われてき  段階にき  問題が増えてき  結婚生活がこわれてき  転任してき  リエージュに向ってき  ように時々きこえてき  役割を得てき  男女によって行われてき  浸透してき  ょってじぶんの家へ帰ってき  一おれがき  さまらのもってき  半分ほどはいってき  包みをかついで帰ってき  おれがき  狸の子がはいってき  前へ歩いてき  ねずみが出てき  鬢をき  袿をひきかけて走ってき  心配には及びませんでございます、もう落つき  玉にき  寺から聞こえてき  古本で見附けてき  古本屋で見附けてき  予習をしてき  追求されてき  誤りのき  苦痛をのり越えてき  望みが多くなつてき  制服をき  やうに思ひましたが、もつとよく見き  留守中にき  いふ声をき  意味がすぐ分かったけれども、乗ってき  伝染病であるかどうかが、疑われてき  だんだんのぼりになってき  黄金色に透ってき  ぼんやりかすんでき  ポシャポシャ降ってき  ツイツイツイツイ降ってき  ポッシャンポッシャン降ってき  ざあざあと降ってき  晩には、き  彼は、いつもき  文芸運動が試みられてき  女囚が抱いて入ってき  東京へ帰ったって、帰ってき  病院を抜けだしてき  しろについて入ってき  ビールを持ってき  骨を折って切りぬけてき  露路へ入ってき  二畳へ這いだしてき  ひとが帰ってき  千代が帰ってき  ケースをさげてき  金井が飛びこんでき  から、行ってき  きれいな身体になって帰ってき  ネッカチーフをだしてき  二時間だけ入ってき  調子で絡みついてき  卓子が飛んでき  右から椅子が落ちてき  中から飛び出してき  乍ら飛んでき  群をなして押寄せてき  僕を目掛けて降つてき  僕は突然クラクラと込上げてき  眼蓋が濡れて熱く重たくなつてき  鞄を忘れてき  当日がき  力が沸いてき  昨日返事がき  メリコフを見張ってき  つぎに運ばれてき  密書が出てき  連発してき  動揺を隠して、立てなおってき  真正面から斬り込んでき  獲物として狙ってき  顔を輝かして乗り出してき  ことでも探りだしてき  重宝がられてき  ようにと勧めてき  ために踊ってき  石廊を近づいてき  みんな飛びだしてき  娘が追っかけてき  婆さんから手紙がき  是非一度訪ねてき  豪遊してき  見本に持ってき  水着をき  つた老婆がついてき  添つてき  言つてやつてき  娘が追つかけてき  兄弟にき  嘘をつくにき  見本に持つてき  裏口からでも戻つてき  家の直き  そのままつづいてき  徴候にあらわれてき  物音が聞えてき  手にして入ってき  辛抱してき  耳に聞えてき  旋風がすさまじく吹いてき  参観にき  わたしが見てき  裏山で採つてき  発言をさけてかえってき  国内にたかまってき  集録されないでき  ソヴェト同盟をみてき  生産労働に従ってき  から飛んでき  やつとおりてき  はじまで下りてき  お父さんがき  小走りに行ったりき  さしもの師は、き  さっき主人をおきざりにしてき  カシタンカが行ったりき  あたりは暗くなってき  綿雪がふってき  男が出てき  ますますおなかがすいてき  両手にかかえてもどってき  悲しみがこみあげてき  部屋へはいってき  男がはいってき  鳴き声が聞こえてき  そばへしのびよってき  おばさんは、よけいこわくなってき  つきをとりもどしてき  百姓がかけだしてき  そばへよりそってき  から、よりそってき  主人がはいってき  主人がもどってき  山高帽をかぶってひきかえしてき  へんになってき  声だったが、ときどきひょっと疑わしくなってき  ところへ出てき  沙漠から吹いてき  山岳を越えてき  文化を植えてき  前に近づいてき  下江してき  一つ持ってき  起しにき  ように躍りだしてき  声を放って歩いてき  自分がのがれてき  誰も出てき  者も集まってき  兆があらわれてき  童歌が流行ってき  そばに落ちてき  われわれ漢民族を脅かしてき  一散に近づいてき  中から馳けてき  県軍がき  県軍が攻めてき  物見から帰ってき  縄が下がってき  壁に伝わってスルスルと垂れてき  賊兵が追ってき  何かひきながら出てき  河畔にき  流れが見えてき  包囲してき  方位をたどってき  半月槍をふるってき  またたく間に近づいてき  差で追いついてき  大股に近づいてき  珠が返ってき  馳けてき  彼方から驢を飛ばしてき  夕方になると訊ねにき  気もそぞろに帰ってき  旅から帰ってき  軍費も詰まってき  お土産を持って帰ってき  桶清水を汲んでき  姿が近づいてき  水を汲んで帰ってき  茶壺を捧げてき  群れから脱出してき  生命がけで持ってき  お前を育ててき  性根の子が求めてき  眼の痛むほど見てき  職人として雇われてき  交易してき  それをひいてき  横から中庭へはいってき  おっ母さん、行ってき  物でも買ってき  不意に起ってき  市へき  六人ぞろぞろ出てき  人間が飛んでき  現実になってき  一刻もはやくよろこんでもらおうと思ってき  村童が、わいわいと集まってき  気色が晴れてき  足もとにばかりまとってき  物色してき  おれを捕まえにき  手へ返ってき  どこからか舞ってき  美音は、近づいてき  外へき  天機が巡ってき  張飛を、召捕らえにき  鉄槍が飛んでき  これへ駆けつけてき  台所に訪れてき  男を雇ってき  ように散ってき  人手を借りてき  手伝いにき  莚へ運ばれてき  椅子がかつがれてき  張飛は、すこし酔うてき  これへ連れてき  背中へ負って、ひょろひょろ戻ってき  おっ母さんを、連れてき  壮士が集まってき  兵隊になろうと望んでき  本陣へ馳せてき  掛合いにき  群馬をひいて立ち帰ってき  時には出てき  鍛冶工をよんでき  檄に応じてき  そこらから狩り集めてき  玄徳へかかってき  追撃してき  誘導してき  なだれを打って、逃げてき  わしを訪ねてき  征旗を奉じてき  外門から取次いでき  援けにき  奇襲をしてき  火を蹴って進んでき  呶鳴り返してき  馳け抜けてき  檻車に押しこめてき  そばへ、跳びついてき  口から求めてき  わかれ道へき  ほうへ向って行ったが、しばらくすると戻ってき  宗から敗走してき  言葉つきからして違ってき  何か書いて持ってき  途中から引っ返してき  上に降ってき  驢に鞭打って帰ってき  矢が飛んでき  軍門に降ってき  瀕してき  窮地に墜ちたがゆえに、降を乞うてき  名のりかけてき  声が、遠くながら聞えてき  藪医者が飛んでき  へっつい直しが廻ってき  転々と移ってき  今通ってき  田舎で育ってき  一人さびしく暮してき  顔じみてき  さにももうそろそろ飽きてき  だんだん険の出てき  弁当を運んでき  シクシク泣けてき  後悔されてき  群が流れこんでき  白浜から持ってき  執着が甦ってき  青豌豆を買ってき  毎朝北田辺から手ぶらで出てき  紙芝居をすませて帰ってき  貯金してき  ボーイに雇いたいと言ってき  特種にしてき  新聞を見たのでたまりかねて飛んでき  から毎月十円ずつしてき  ぞろぞろ這入ってき  ざわざわと高く騒いで、忽ちにき  底ではまたもやき  かさにき  だんだん気味が悪くなってき  あとから出てき  ようにもなってき  ように思えてき  きれいにしてき  いつのまにか寒い寒い夕方がき  憂色とが、いよいよ色濃くなってき  声は聞こえてき  気勢が聞こえてき  そうに聞こえてき  声々が聞こえてき  鼻にまで這入ってき  そうじゃないか、見てき  留置場から連れられてき  隣室から被害者レッドを連れてき  俺はやめられん、き  人、あるいは飽きてき  骨格から変わってき  ものから生れて育ってき  電話口へ出てき  物音をききつけてき  心持になってき  印袢纏をき  だんだん星も出てき  木がでてき  木がはづかしさうに出てき  あした斧をもつてき  たくさんとつてき  あかりに青じろくはねをひるがへしながら、するするするする出てき  音もたてないで飛んでき  霧が落ちてき  非常なとりまきでかつぎあげながら持ちこんでき  小説をかいてき  従来生きてき  最近になって初めてはいり込んでき  長篇を、ぐっと引っぱってき  ために拾ってき  進展してき  作のでてき  ドストイェフスキーを捕えてき  パリへ行ってき  婦人作家をこめて送り出されてき  そうに出てき  あした斧をもってき  たくさんとってき  あかりに青じろくはねをひるがえしながら、するするするする出てき  所がき  一種のき  人工呼吸は利いてき  現金が、ころがりこんでき  花田一郎が、もらってき  あれをき  ブツブツ云って這入ってき  鼻血があふれてき  都会にき  角までき  かたびらをき  手をくんで、戻つてき  パンを捧げて持つてき  ことを呟きながら割りこんでき  すゝめてき  矢田津世子がき  者がき  私を訪ねてき  ボーイがき  サヨナラと出てき  ジョルヂュ・サンドにふられて戻つてき  ぱらつて吉原へき  洋服をもつてき  一九二六年四月二十二日日本太平洋艦隊司令官報告悲むべき  羊皮外套をき  上っぱりをき  田舎から転校してき  もちのき  へやへはいってき  お家へき  採取してき  雑誌を出してき  頃だんだん出来なくなってき  勢よく飛出してき  何處から聞いてき  いふ事も分つてき  寒氣がしてき  顫えてき  たかぶつてき  ぢませてき  聲が高くなつてき  幸子にも聞えてき  後から母がついてき  寒氣がき  足音が出てき  そこへ持つてき  突入してき  寒氣がすべり込んでき  體が痛んでき  當つてき  尻上りに、やけに苦しくなつてき  お湯から上つてき  さに堪えてき  本が殖えてき  事情で育てられてき  氣持が起つてき  ツ返へされてき  行つて二階から下りてき  花園町大通りを歩いてき  一寸すると戻つてき  鬪爭してき  氣拔けしてき  二人を取卷いてき  やうに、引張つてき  中から材料を探がしてき  何もつてき  通つてき  遲れて附いてき  處から出てき  皆にき  さが滲みこんでき  あとから石田がついてき  胃が又痛み出してき  ぐつたくなるやうに、ふるえてき  わけで引張られてき  別に何もしてき  間に押されてき  加へてき  耳についてき  差入れにき  食つてき  ことで引張られてき  グツとこたえてき  自分よりはき  氣から離れてき  音をき  顫はさつてき  のが聞えてき  お前が早く出てき  眼藥が出てき  涙があふれてき  さかんになってき  だんだん流動してき  過小評価をなくしてき  注意をよびさまされてき  反映してき  言ふをき  変化をうけてき  直接影響してき  部分を生じてき  一年間生活をしてき  民主的要素を加えてき  自分の生きてき  偶然持ってき  先生が逢いにき  経済的実力をもってき  心に甦ってき  病的にするどくなってき  経歴をもってき  さっきから触れてき  リアリティーとしてもちこんでき  点がはっきりしてき  日程にのぼってき  発揮してき  活躍してき  上にくっきり出てき  ますますはっきりしてき  研究をあまりしてき  資本主義社会から発生してき  何かがあるかも知れないぞとピンとき  部長に笑われてき  人群れへ戻ってき  ブラさげてき  用意もととのえてき  予定してき  ジャンバルジャンも出てき  知ってる奴は出てき  ようにして送られてき  昨夜送ってき  じきに戻ってき  紡績会社を逃げだしてき  福島まで歩いてき  淀みなく出てき  警部など出てき  気もされてき  時分から慣れ親しんでき  混雑も薄れてき  階段を駈け下りてき  ためには傷められてき  つもりで帰ってき  停車場へ送ってき  冬と戦ってき  冬とのみ戦ってき  田舎へ帰ってき  ちょっと帰ってき  老父がひょっこり出てき  様子か見てき  腹で出てき  決心で帰ってき  つもりで買ってき  脳病で帰ってき  枝など折ってき  中の町から出てき  遊びに出てき  一日雇ってき  一方で暮してき  気が変って帰ってなぞき  新生活なぞと言ってき  毛虫やらがはいってき  二千円で売ってき  玉章に頼んで書かしてき  ものやら持ってき  商売に出てき  品物を持ってき  惣治から借りてき  一散歩してき  家宝を持ちだしてき  弟にもそう言われてき  ついでに廻ってき  代物を提げてき  勇気もなく、疲れきって帰ってき  本など読んでいると、訪ねてき  六尺棒を持ってき  本を読んでき  本が次々と生まれてき  本を出してき  気持ちも湧いてき  一つにしてき  限り買って読んでき  学生たちが張り付き、吐き出されてき  コピーが送られてき  一面が、くっきり浮かび上がってき  一九六〇年代後半に置き忘れてき  研究所を走り回って、聞いてき  力は蘇ってき  私は書いてき  その後私が取ろうと努めてき  文章には、送られてき  江戸以来使われてき  業者が生まれてき  印刷物が、育ってき  手触りと共に伝わってき  実現してき  教師たちが積み重ねてき  赴任してき  弟に思えてき  目で見てはき  身体でも感じてき  書くことに向かわせてき  書くことに寄せてき  一方で、出来上がってき  コピーで作ってき  蓄積されてき  成果を分かち合ってき  見返りにも跳ね返ってき  ようになったからこそ、生まれてき  工夫されてき  やり取りされてき  書き手を縛ってき  久しぶりに熱くなってき  しょっちゅう出てき  いくつも出てき  紹介してき  注釈をつけてき  読み書きが行われてき  これまでまとめてき  底にたまってき  そのまま流用してき  これまでほとんど試みられてき  ボイジャーに送られてき  時間をかけて培ってき  ところまで落ちてき  ブレーキをかけてき  工程がつきまとってき  経験なしに入ってき  業績を積み重ねてき  開発が進んでき  プリントしたくなってき  プロたちが担ってき  事情が分かってき  自分が苦しんでき  ボイジャーが本当に出してき  処女作であると書いてき  ベアトリーチェを思いながら書いてき  確立しようとしてき  アイデアがふつふつと湧いてき  さがむしろ、つらく思えてき  地肌が浮いてき  効果を持つと分かってき  ことが分かってき  あたりが温かくなってき  四十度までき  看護婦さんが持ってき  胃袋が浮かんでき  女の子が歩いてき  副作用が、現れてき  一瞬わき上がってき  気持ちがわいてき  大切にためてき  ここに回ってき  仕事に携わってき  ところで言いふらしてき  エキスポでもらってき  パーソナルコンピューターが生まれてき  たっぷり見てき  バイブルとしてき  からさまになってき  時にはもう、浮かんでき  本にまとめられないでき  何度も使ってき  ところから転がり込んでき  拡張にも努めてき  暴走気味にぶつけてき  当たり前になってき  かなり大きく変わってき  8ミリビデオを買ってき  そこまで作ってき  言葉が返ってき  本を縛り付けてき  人が積み上げてき  世に帰ってき  私が考えてき  ことを、向き合ってき  母が、突然連れ帰ってき  マイナスを被ってき  ものが見えてき  人たちが、次々と集まってき  疑念が返ってき  人を見つけてき  言葉を育んでき  人もできてき  背景に、次々と生まれてき  ことと深く結び付いてき  笑みが浮かんでき  マックが帰ってき  電子出版に取り組んでき  関心が高まってき  ことは、なんとなく分かってき  コンピューターから流れ込んでき  ユーザーIDを書いてき  ここまで押し上げてき  仕事を成し遂げてき  大切なものに思えてき  力不足が、浮き上がって見えてき  浮上してき  ブック全体を引き落としてき  解説が出てき  公開されてき  根城にしてき  先取りしてき  支援を続けてき  資金援助にまわしてき  販売成績が落ちてき  人が育て上げてき  本が育んでき  先頭に立って育んでき  ことを避けてき  暮らし続けてき  気分がわいてき  なんやかや長くかかずらってき  気持ちさえわいてき  フィルムに吐き出してき  技術を積み上げてき  紙が支えてき  ために積み上げてき  公開してき  形成してき  雨が落ちてき  朝食をたらふく食ってき  正面に飛び込んでき  手で書き写してき  印刷本に先立って書き写されてき  朱書きされてき  書物作りをになってき  人はともかく物語ってき  強化されてき  がたのき  過程で考えてき  コンピューターには触らないでき  ラジオに飛び込んでき  覚醒はしだしてき  間において考え、動こうとしだしてき  真黒に集まってき  一岬要塞附近に集まってき  頭上にさし迫ってき  夜空から降ってき  らするすると、すべり降りてき  今、落ちてき  一つ落ちてき  ごろごろと転がりおちてき  一等はじめに出てき  こっちへ話しかけてき  渡洋進攻してき  こっちへ攻めのぼってき  口から出てき  証明されてき  報告してき  報告が入ってき  伝書鳩が持ってき  領海に向けて攻めこんでき  鳩便がつたえてき  戦況報告が入ってき  とき、き  裏手へ集ってき  まわりに集ってき  おい時刻が来たぞ、き  落着いてき  上へなげて、落ちてき  写真を撮ってき  ピストルを貰ってき  後から追駆けてき  煙がもうもうとあがってき  車にのせて引張ってき  傍へよってき  大小七つも出てき  奥からとびだしてき  ネッドの乗ってき  どこで探してき  音をさせて入ってき  行列を作ってついてき  何度ぐらい行ってき  珠を持ってき  とたんに、き  だんだんぼんやりしてき  何でも持ってき  中からパイナップルがぬうっと出てき  ようにあがってき  せりあがってき  重力が減ってき  食堂へとびこんでき  苦労を積んでき  気が滅入ってき  塵塊がとびこんでき  彼を尋ねてき  折からマートン技師が入ってき  宇宙艇を護りつづけてき  映写幕にうかびあがってき  厨房から駆け戻ってき  どんどんかかってき  手段を考えて向ってき  ばかにき  声を送ってき  火星人のごき  三人に迫ってき  それをしらべてき  如く逃げてき  檻車に近づいてき  叩きにき  熱をおびてき  明らかに聞えてき  猪を求めてき  二里あまりも逃げのびてき  こと曹操はまた戻ってき  一突きに刺し殺してき  英俊精猛が馳せ参じてき  者が現れてき  金穀を運んでき  檄がやがて届いてき  からざるものになってき  馳けつけてき  直ちに届けられてき  腹を上げて、躍りかかってき  諸州十八ヵ国から集まってき  このごろ妙に痩せてき  眼のまえに帰ってき  呂布から一矢飛んでき  関上遥けき  如く落ちてき  申上げにき  長安へ流れてき  所から聞えてき  胸へこみあげてき  軍が追ってき  上から大石が落ちてき  がたがうかんでき  鮮明に彩られてき  折ふし黄昏れかけてき  死体が揚ってき  嚢から出てき  兵馬を進めてき  狂兵を駆り催してき  主君でないと考えられてき  扶け合ってき  日旅先から帰ってき  諫めにき  かぎり射てき  兵馬もようやく倦んでき  ためにふいてき  上から落ちてき  逃げくずれてき  ように聞えてき  それを届けてき  お家に養われてき  身をうけては生れてき  だんだん酔眼になってき  ほうへ引っ返してき  饗宴に招かれて、だいぶごき  太師のごき  容子は、目立って変ってき  さを加えてき  李儒が入ってき  覚悟してき  陣中へ贈ってき  諸氏族が分れてき  皇位に即き  幼時から育て上げられてき  一人落のびてき  王子君五郎氏はまさしく現われてき  男装に変って現われてき  一人戻ってき  女給がはいってき  精神病院から出てき  生態を見てき  胆に銘じてき  ここまで話してき  気怯じがしてき  そこへ近づいてき  小雨が太まってき  旨を答えてき  舵機室から出てき  船腹が現われてき  列から抜け出てき  空気が濃くなってき  ふし泛び上がってき  鍵を取り出してき  鹹気がぷんぷん匂ってき  明瞭しかけてき  息吹が吹きこまれてき  機会がき  のが心許なくなってき  泛び上がってき  衝動がこみあがってき  ますます酷くなってき  展望塔は活気づいてき  ように落ちかかってき  勝報を送ったが、すぐ打ち返してき  精霊が現われてき  屍体から血が吹きでてき  音がひびいてき  衝動に駆られてき  態度が変って、荒々しくなってき  ものが舞い下りてき  ぞくぞくしてき  符号にあざむかれてき  映画がはいってき  ポッカリ浮いてき  私の経てき  方法によると、き  声が、かえってき  さわりにき  おかずに切りこんでき  ぼくが汲んでき  へんだと、聞いてき  さで迫ってき  叔母も帰ってき  木戸から駆けこんでき  気が立ってき  中止しろと言ってき  お呼びですと、言いにき  台風がき  別荘にき  東京から移ってき  茶の間へ出てき  生垣を越えてき  のぞきにき  垣根を越えてはいってき  端へ出てき  そばまでき  気持はいよいよ萎れてき  どこまででもついてき  下までついてき  百倍も長く生きつづけてき  位置にき  向う側へき  含み声で、からみついてき  サト子を追ってき  サト子に抱きついてき  ように、言ってき  ちょっと着かえてき  ひとがはいってき  記憶がかえってき  ほうへ戻ってき  東京から車をとばしてき  カオルもついてき  秋川がはいってき  食堂へはいってき  椅子をひっぱってき  翌朝、疲れて、青くなって帰ってき  ぼくにも、やっとわかりかけてき  気持がしてき  みな出てき  車が走りこんでき  靴を持って戻ってき  なかが、はっきりしてき  車で送られて帰ってき  掘割へあがってき  ゆうべおそく、あんなに酔って帰ってき  後から追っかぶさってき  英国へ行って帰ってき  昂奮してき  ぶんに会いにき  金を持ちこんでき  ようすであがってき  新橋から氷雨に降られながら歩いてき  っきりになって帰ってき  声が流れだしてき  電話だといいにき  ようすで戻ってき  食堂へ入ってき  手紙でたずねてき  食事を出してもいいかと聞きにき  あざやかさで流れだしてき  足がのびだしてき  電報がき  そばへ戻ってき  山岸カオルがはいってき  嫌味に絡みついてき  部屋にはいってき  ところへ逃げこんでき  ものをつくってき  特殊兵器の売込みにき  五分ばかり話して、すぐ戻ってき  外国へでも行ってき  心によみがえってき  サト子は、そろそろ荒れかけてき  汗だらけにしてはいってき  あたりがズキズキと痛んでき  から、すぐ来いと言ってき  収入に甘やかされてき  サト子がはいってき  ステージから抜けだしてき  無駄話をしにき  気持がはずんでき  食堂から出てき  気にしないで通してき  ときに飛びだしてき  神月さんがき  誘導弾の売込みにき  あいだ、たえず脅されつづけてき  生活を見てき  ラウンジへ駆けこんでき  歩道へ寄ってき  新聞記者が出てき  受取をおいてき  二人駆けてき  芳夫から電話がき  メードが聞きにき  電話器を運んでき  束を持ってき  駅口に迎えにき  袱紗包みを持ってたずねてき  玄関へ出てき  人間が居るのに、知らんまに這入ってき  非常にやかましくなってき  十名ばかりが、帰ってき  彼等を襲ってき  銃声をき  ようにとび出してき  附近で拾い集めてき  ように云い含められてき  薪が尽きてき  三人をめがけて吠えついてき  ようにして迫ってき  伴れて行ってき  夢が返ってき  さむらいたちが、はいってき  お久美に突きあげてき  庄吉の呼んでき  南から襲ってき  肩へ廻ってき  話がわかってき  だんだん欲しくなってき  生長してき  指導部でされてき  ひとり帰ってき  一冊出てき  クリミヤから持ってき  村へき  旅人がき  とんとんとんと弾んでき  熱がこもつてき  本堂へかけこんでき  洗面器を持つてき  用意は宜き  周囲に集ってき  板をき  空の中に高まってき  森から摘みとってき  泊り泊りして帰ってき  木を拾い集めてき  いまにもかぶさってき  ぼんやり明るくなってき  箱をかってき  電話をかけてき  ジャズが聞こえてき  自信がぐらついてき  胸がせまってき  山上さん電話ですよと知らしてき  あれが帰ってき  その後手紙をよこしたり、たずねてき  程かわいくなってき  濃厚になってき  面白い原稿がき  金を受けとってき  かわいそうになってき  二時頃に引き返してき  女はき  しまつてをき  そくやつてき  たづねてき  一生けんめい考へて、こてをかつてき  きりぎりすさんが出てき  へん御き  はなしをき  好奇心からアイヌの歴史をき  小一時間もうき  ジム服をき  事をきいて御き  位に即き  ほうからだまされたというにき  昔からこわいといわれてき  ものがふえてき  何年間かそれでもってやしなわれてき  板についてき  下から崩れてき  ラヂオがよくき  隣家へき  廻つて戻つてき  つて持つてき  憎しみがこもつてき  さまでわいてき  服従してき  如何に尊むべき  尊むべき  駒を向けてき  生活に現れてき  紫雲に浮かび上がってき  人間生態図を描いてき  恐れ信じられてき  閣へもどってき  懐に投じてき  沛から出てき  曹操から依頼がき  業腹が煮えてき  計りごとを仕掛けてき  骨髄にまで沁みてき  陣地を見廻って戻ってき  大声で伝えてき  汝れひとり落ちてき  愚物に生れてき  情けを寄せてき  良心は持って生れてき  がさがさと、歩み寄ってき  そばを離れずにき  煙と共に吐き出されてき  先へ進んでき  股にかけて稼いでき  みなごろしに片づけてき  無頼漢などを呼び集めてき  顔容あって、おめおめ生き返ってき  大雨がふりそそいでき  夜討ちをかけてき  濠ぎわまで寄せてき  声をあわせて襲ってき  正面へ躍ってき  いちどに迫ってき  闇から乱箭が注がれてき  一族をむかえてき  郷へ帰ってき  馳け寄ってき  ことは、何一つしてき  巣窟から追い出しにき  兵糧に困ってき  襲せてき  清新を呈してき  財貨を贈ってき  陣へ持込んでき  謙譲を守ってき  ちらして帰ってき  まま席へつれてき  顔にきざしてき  内意をただしにき  呂布が起きてき  城外へ送り出されてき  くせに、何で出てき  ぼんやり城中へ帰ってき  たくさん集めてき  徐州へ頼ってき  あなたの唱えてき  攻勢に出てき  さりげなく訪ねてき  悪来とも呼ばれたりしてき  侍臣は、帰ってき  闇を切ってき  逃げ落ちてき  兵らが訴えてき  躍進してき  全体を見き  云へばき  芯から慄えてき  百人ばかり押しよせてき  どてらが少しき  ために闘われてき  戦争が果してき  効能を果してき  秩序をきずいてき  伝承してき  数千年伝承してき  祖師について或いは言うをうべき  賤しむ可き  震動が伝わってき  人間がとびこんでき  枕頭へ来て、き  原稿が回されてき  者も出てき  身体も次第に弱つてき  暗黒と戦ひ続けてき  困難をき  者が相次いで出てき  部落までき  気力がくじけてき  スタンレーに近づいてき  商品が集まつてき  アメリカ領事から廻送してき  テントなどを残してき  ほのぼのと射してき  落伍者が次々に出てき  物品交易に集つてき  鉄舟に近づいてき  にこにこして戻つてき  者が現はれてき  襲つてき  宝が出てき  あなたに結婚を申しこんでき  婆さんは帰ってき  斧を出してき  人が多くなってき  後ろから推したりして帰ってき  そこでやっと帰ってき  児が持ってき  宝は入ってき  履を銜えてき  婆さんが入ってき  化粧料として持ってき  中からうめき声が聞えてき  官吏登用試験がき  上の空に飛んでき  電信柱にき  赤い鳥の飛んでき  りんご圃へつれられてき  鳥を捕まえてき  先生に、き  鳥は帰ってき  二人がき  三十六人にき  くしがき  とくに、き  単物をき  だんだん多くなってき  修羅場が浮んでき  遠鳴りをき  ありすてき  努むべき  ことは決してき  その後ではき  ために生れてき  声もふるえてき  若い男が訪ねてき  昨日除隊になって帰ってき  匂いをぷんぷんさせて、帰ってき  君の帰ってき  手でしがみついてき  穴にはいってき  六匹ほど買うてき  仕立物を引き受けてき  紙を持ってき  楽天地から出てき  好奇心からミイラなどを見てき  頭をあげてき  からなかったが、やつれはてて帰ってき  頭を絶えず襲ってき  安二郎もどうやら痩せてき  世帯じみてき  嫌悪してき  一隅に引張ってき  アダがあらわれてき  仲直りをしてくれと云ってき  私には分ってき  我知らず胸が迫ってき  衣裳ずきで、一度ならず行きすぎてき  野営地を見にき  家へ入っておきき  海へも泳いでき  目が肥えてき  心がほどけてき  私へもってき  夜遅くだろうが帰ってき  書斎からピストルを盗み出してき  前に越してき  速力を早めて追ってき  何だか少し分りかけてき  音がまた響いてき  お昼からき  ものを引っぱってき  窓からサッと吹き流れてき  豊ちゃんが入ってき  僕、すぐ呼んでき  倶楽部にき  昨夜捕えてき  園部を呼んでき  風が吹きこんでき  気分が直ってき  泣き声をき  イヴニングをき  キモノをき  女が白い上っ被りをき  存在してき  面つき合わして闘ってき  さむらいがひとり走ってき  車を引いてき  いっしょにしてき  世の中で経てき  つばめが飛んでき  店頭にき  雪はちらちらと降ってき  店にき  小包がき  なにがき  路からあふれてき  流れが出てき  代から耕してき  中からうき上がってき  時刻がき  今年はき  かぜ山よりき  三本木千鳥きくとてひそめき  こだまして聞えてき  婚姻を結ぶと聞いて、攻め下ってき  道を急いで帰ってき  翰してき  すべて取返してき  大将たちを呼んでき  厩から盗んでき  戟を投げてき  階下にひかれてき  番が迫ってき  気運も醸されてき  波を跳び越えてき  声におどろいて、また跳ね上がってき  馬を飛ばしてき  朝廷を護り支えてき  声をかけながら、歩み寄ってき  そうな耀きを帯びてき  ようにすすめてき  刎頸の交わりを誓ってき  親友と信じてき  案内で通されてき  そこへ通ってき  客院へ入ってき  前へもどってき  実も大きくなってき  相貌にそなわってき  大地へも降り落ちてき  話題にもどってき  英雄についてだいぶしゃべってき  ふたりを追ってき  左右から組みついてき  虚実をよく視てき  見聞をあつめに行って帰ってき  不安をおぼえてき  玄徳を追いかけてき  巡検から許都に帰ってき  孫乾たちも会いにき  華を咲かせてき  曹操から借りてき  許都からついてき  許都より急ぎ下ってき  濛々とはいってき  いしたってき  凱歌をあげながら引き揚げてき  これへ駈けもどってき  処分してき  卑屈はもうゆるさなくなってき  利であると考え直してき  今日をおいてはあるべからずと云ってき  ここまで出てき  曹操が出てき  張飛が攻めてき  業をにやしてき  木に群れてき  木に登ってき  馳けこんでき  攪乱せんとたくらんでき  半分以上、信じてき  身辺にも落ちてき  派手に押しよせてき  攻勢に転じてき  器量をそなえてき  軍隊が襲ってき  さしずで追いかけてき  ここへ出てき  うちからのこのこ出てき  友好を求めてき  自分を持ってき  事実を伝えてき  日ごとに薄れてき  眼にも見えてき  日ごとにあらたまってき  艶が出てき  金で買われてき  云つて、どうしてもき  知らない若い女を連れてき  逃避性からき  面喰つて訪ねてき  さが目立つて表はれてき  籠つてき  張りやつてき  叫びをあげて飛びだしてき  ところから逃げだしてき  此処へ越してき  後をつけてき  もとへ連れこんでき  迷つてき  ッと現れてき  注意ぶかく見てき  事実はいりこんでき  ようにしてき  一匹残らず打ち殺してき  世界の歴史の進んでき  ことも考えられてき  注目されてき  中に当然入りこんでき  さま脱き  臭気が立ち上ってき  うちに、馴れてき  臭いがしみこんでき  上まで伝ってき  祖母が帰ってき  ものがこみ上げてき  牧野さんから電話がき  酒が時々き  睡眠中で、出てき  奥さんを連れてき  玄関まで送り出てき  ように輝いてき  泌み込んでき  方からひびいてき  女と全き  眸へ射流れてき  作そのものを全き  告白が落ちてき  音が伝わってき  方も、少し変ってき  ところへ運んでき  晴ればれとしてき  無意識的に踏みしめてき  関係で、はっきりしかけてき  澄代を引張ってき  方へ寄ってき  化粧を直して、戻ってき  草原を駆け登ってき  木を持ちこんでき  自家へ戻ってき  一升ほど買ってき  金を拵えてき  話題が出てき  中にもはっきり伝わってき  雨がしみてき  気持がいたし、たのもしいよりも怖くなつてき  夫もき  町場からき  モンペをはき、き  反対を押しきつてき  地位を占め、直き  見当をつけてき  武士が駆け込んでき  増上寺へ押し込んでき  古物買いを連れてき  千五百両借りてき  観光にき  後から十六代様が入ってき  金が溜まってき  金を借りにき  利息が入ってき  たくさん持ってき  心底から舌に乗ってき  息子が出てき  料理屋さえ出来てき  かじきまぐろだとか、き  しかし、き  かじきがあり、き  キーシュは帰ってき  上に舞うてき  かわいい子供たちがうまれてき  お母さんもほくほくごき  ときすばやく、すっとき  人たちは、き  そこへ、ついとき  うしがき  おまえをてらしにき  クリスマスがき  ペンニイでもないならば、ごき  すすはき  ジルが、またき  おじょっちゃん、ごき  髪結いを連れてき  反抗気味になってき  一冊の本が添えられてき  末起、はやく逃げてき  おばあさんから、送ってき  りんごを持ってき  こんどなんでも持ってき  声とが、もつれてきこえてき  たくさん送ってき  勇ちゃんは、かけてき  歩ゆみ入りにき  一頁ほどもらいたいと申してき  あまり人がき  酒屋さんからかかってき  酒屋から電話を取り次いでき  我慢をしつづけてき  仆る可き  けしきがあかるくなってき  気持もとりとめの無いくらいゆるんでき  梅梅を見にき  うつむいて歩いてき  道をたのしく帰ってき  顔をして、寄ってき  山へ紛れこんでき  対決して、き  庭木戸から入ってき  縁へ寄ってき  色をかえて入ってき  直ちに縄を打たれてひきだされてき  ように赤く見えてき  真っ暗になってき  答えも与えず、なおスルスルと追い詰めてき  ずみさんは、き  論者が多くなってき  発表してき  結果として起こってき  社会的境遇に育ってき  海から遡ってき  北洋から回遊してき  落ち込みへ集まってき  中心点がかわってき  寒い風がふいてき  春がめぐってき  土があたたかくなってき  蛙でも、き  舞ひこんでき  それから何んべん訪れてき  探究に疲れてき  つきからき  舞ひ戻つてき  旅をしてき  前後して響いてき  登つてき  わけが分つてき  旅から帰つてき  藪さんをつれてき  ことが、まもなく分つてき  気持が滅入つてき  心はなぜか生き生きと浮きたつてき  たかまつてき  娘が叫びながら走りでてき  俺が考へてき  方についてき  中を走つてき  宿へ着いてき  涙が滲んでき  落付をとりもどしてき  漂はしてき  まさ子に戻つてき  顔色が変ってき  薬が廻ってき  前触れにき  馳け寄せてき  これへ追ってき  用意させてき  一将を顧みて、持たせてき  ため、わざわざ携えてき  山中へ引き連れてき  山道を降りてき  城門ははや遠く見えてき  都を逃げてき  孔秀を斬ってき  矢のき  馳け向ってき  ほうから飛んでき  人影があふれ出てき  佩剣を鳴らして歩いてき  松籟が返ってき  果たして八方から炬火が飛んでき  踏破してき  旅客が近づいてき  道をいそいでき  許都からいそぎ下ってき  無遠慮に入ってき  慟哭しながら転げこんでき  峠へき  山寨へき  者を引っ張ってき  手下を連れてき  おいおいと殖やしてき  先触れにき  そこへ駈け上ってき  俺に会いにき  これへ落ちてき  彼方へ寄せてき  生け捕りにして、引っ吊るしてき  ため追撃してき  古城へ帰ってき  堺までき  計をめぐらして脱れてき  冀州へき  汝南から帰ってき  から見限ってき  ように逃げ散ってき  牙を備えてき  本城へ送られてき  槍をつけてき  から突いてき  効はあらわれてき  血色は濁ってき  楼台へ引っ立ててき  命乞いにき  使いがき  大雷雨とはなってき  城門から出てき  平常に回ってき  見舞にき  目に見えるほど痩せてき  枕元へき  形容が変ってき  色が兆してき  巴丘から帰ってき  辺が参って、なんとか、召し出してき  私がかならず説いて連れてき  鷹揚に歩いてき  あなたを引き出しにき  呉にき  魯粛はまもなく戻ってき  意向もたずねてき  人物を伴ってき  時節がき  河北から使者にき  沮授がき  馳けすすんでき  実行で示してき  矢石を撃ち出してき  恐れを覚えてき  海洋から渡ってき  捕虜としてき  糧米なんどおびただしく寄せてき  史渙を連れて行ってき  蜿蜒と進んでき  部下がぞくぞく逃げ返ってき  兵糧を焼いて帰ってき  審配から使いがき  味方へとびこんでき  村娘など拉してき  火の海と化したので逃げ退いてき  敵から送られてき  伝令がき  目に見えてき  晦冥がき  書簡が出てき  前にひかれてき  黎陽まで逃げのびてき  一使がき  軍勢五万をひきいて上ってき  何十人もかたまって訪ねてき  お祝いをのべにき  曹操はすぐ出てき  年齢まで生きてき  大軍を徐々に進ませてき  急迫してき  倉亭まで逃げ走ってき  突撃してき  そばへ引返してき  数百里を逃げつづけてき  雪崩を打って、戻ってき  勢いで攻めてき  野を捲いてき  無理してき  迂回してき  包囲されたと聞えてき  相を呈してき  上へ浴びせかかってき  しろから迫ってき  ほうから越えてき  これまで落ちのびてき  三百余騎で馳せ降ってき  山上へ逃げのぼってき  難路を越えてき  変化を呈してき  先に逃げ帰ってき  迎えがき  欣然と会いにき  報復を計ってき  降服を乞うてき  枯野を掃いて聞えてき  物を贈ってき  折がき  水に従って下ってき  都からき  如く出てき  城中へ溢れ返ってき  府堂へ引っ立てられてき  革ってき  扶けて常に励ましてき  易州に残してき  無事に還ってき  遼東へ頼ってき  登城してき  城下へき  屋根にき  胸に疼いてき  荊州にき  悍馬を励まして追いかけてき  裡から近づいてき  わしのき  窓外へき  戦場からさまようてき  ところが出来てき  のだが、飛び込んでき  ここへ貰われてき  面倒を見てき  顔を見て直き  中に育ってき  此処へ呼んでき  容態などが、荒く育ってき  ようにさえ考えられてき  手つけをおいてき  顔は直き  部屋ともしてき  祖父さんに似てき  それを食って、やがてき  周囲はひっそりとしてき  これまでずいぶんこらえてき  いじめられてき  視察してき  くつをくわえてき  着物をさらってき  どこからか帰ってき  街へき  車につけて、引いてき  中へ帰ってき  街で見てき  兜をき  こいこいふるさとにき  糸瓜がぶらりぬれるだけぬれてき  郵便屋さんたより持つてき  旅から旅へわかれてき  山蟹の出てき  梢もふくらんでき  蕗のとう出てき  ここに移ってき  うしはき  能登などのき  暇が出て戻ってき  手荷物一つ持って帰ってき  面会に出てき  汽車に乗って遥々と出てき  東京まで出てき  事柄が出てき  昔から見るとよほど変ってき  頃田舎から上ってき  自分が横切ってき  ゆうべよりかずっとはっきりと聞えてき  石があらわれてき  からはじめて、き  ババは、き  山へ登ってき  市で少しほっとしようと思って降りてき  蔭になってき  目があいてき  家へ引っ張ってき  ために運んでき  庭ごしに聞こえてき  あいだ独身で通してき  ここへ連れてき  伝統的に磨かれてき  御飯も持ってき  接骨医からもらってき  方へ出てき  にわかに出てき  化粧中だったので、少し遅れてき  今度そう言って持ってき  ものを見てき  事情も、ほぼ呑みこめてき  さに浸されてき  ところへ、届けてき  前へ持ってき  奥さんに貰ってき  風してき  芳から電話がかかってき  都合がどうかと言ってき  芳も出てき  それからこの間どこからか貰ってき  時分にやっとかえってき  緑軒でかけてき  から、行って見てき  塩焼をもって上がってき  演舞場からかかってき  下へもってき  果てに、やっと入ってき  病気見舞いといって、出てき  感傷的になってき  部屋へ及んでき  写真などを持ってき  絹もついてき  蓮羊羹なぞをおびただしく届けさせてき  ひろ一本切ってき  窓ぎわへ寄ってき  気持がくすぐったくなってき  ものですから逃げてき  ことを教えてき  トビを拾ってき  家来が持ってき  舟で逃げてき  十郎を認めて駈け寄ってき  メリメリとさけてき  松の木が倒れてき  詔を持ってき  餽ってき  彼方此方から出てき  目をして見にき  人声が騒がしく聞えてき  刀を持って襲いかかってき  俺達は、き  ものだ、き  頭をもらいにき  これまで積んでき  踰えて入ってき  話がはずんでき  刃を持って入ってき  曾は思いあがってき  香りが、におってき  だんだん悲しくなってきたし、また、ねたましくもなってき  話し声が聞えてき  うちに、ぼーっとしてき  空がくもってき  肉のきれが、ころがって落ちてき  のが落ちてき  次から次と落ちてき  ざーざーと、おそろしいひびきが聞えてき  着物を出してき  ことが、わかってき  身の上にふりかかってき  ほおに、さっと吹いてき  上へおおいかぶさってき  私は、き  はっかだの、き  爲で、少しき  純情をき  それを見ようとすると、き  様相を見き  靴ばき  のではないにき  のに過き  千二、こりゃえらく捕ってき  だんだんおちついてき  日頃教わってき  様子をみてき  顔色をかえて、戻ってき  顔色をかえて戻ってき  むかむかしてき  博士は、また少しき  博士は、いよいよき  博士が帰ってき  怪人丸木は、いよいよき  怒り出し、御き  まねをしても、き  みんなぐにゃぐにゃになっちまって、き  撃退したので、それで、き  外からはいってき  ことが、はっきりしてき  私が見てき  千二がもどってき  大空艇にあつまってき  大空艇に、あつまってき  中に、ちょうどはいってき  煙が、すうっとでてき  こっちへとんでき  道をとおってき  蟻田艇めがけて攻めてき  急に暗くなってき  寝室へいって、ねてき  地球へつれてき  ごちそうが、出てき  それが、き  上だから、き  大観されてき  軸を持ってき  一軸を抱えてき  供に持たせてき  村までき  揚子江を下ってき  人質を求めてき  屍をたずねて馳せ返ってき  門外へ出てき  兵が踏みこんでき  都尉呂蒙がき  ただ一人で、救い出してき  亡命してき  天の時がき  城に伴われてき  一せいに射かけてき  馬をすすめてき  船まで帰ってき  仕返しを計ってき  一方から甘寧へ跳びかかってき  襟元へむらがってき  驪姫が入ってき  外からき  そこに迎えられてき  明日にでも攻めてき  沙汰が聞えてき  ほうへ向ってき  李典も、あえぎあえぎ、追いついてき  大言は、置き忘れてき  後方から挟撃してき  南へき  罪を問うてき  伊籍がたずねてき  博望坡まで迫ってき  渡口へき  数十騎が、引返してき  外で騒ぎ立ててき  身近に迫ってき  一方へ押し流れてき  渡口まで逃げてき  樊城城外から追いかけてき  後から渡ってき  逸走してき  四日目に帰ってき  耳を打ってき  満身朱にまみれて、追いついてき  今ここへ、追いついてき  供してき  側へすぐ引っ返してき  そばへ駆け寄ってき  お送りしてき  これへき  悪罵を浴びせながらいよいよ烈しく追ってき  強襲してき  森陰までやっと駆けてき  態になって逃げ乱れてき  予想してき  五彩幡をすすめてき  荊州へ引っ返してき  通達されてき  曹操と戦ってき  門出にも、お会いしてき  使い、わざと差し控えてき  信念をもって行ってき  江夏からつれてき  魯粛に導かれて入ってき  痛烈になってき  ここへ入ってき  旨をふくんでき  立ち迎えに出てき  意気ごみぬいて、触れて廻ってき  呉へ突きつけてき  訪客が押しかけてき  歩を運んでき  列をなしてき  ために、築かれてき  肚にすえてき  関係を生じてき  恐怖さえ覚えてき  孔明を伴ってき  出陣を止めてき  魯粛が駆けてき  帰帆してき  玄徳は、帰ってき  営門を通ってき  話も打ち解けてき  江岸まで急いでき  安否を気づかって迎えにき  首を持って逃げ帰ってき  陣列を割ってき  すじがき  両方から帰ってき  だんだん地面からのびあがってき  渚にき  人々は謹んでき  漫才をき  間に、然る可き  イキナリ飛びだしてき  出発しようというので持ってき  前に集まってき  ドイツから持ってき  外国電話が入ってき  姿が映ってき  アリアリと現われてき  本性がむかれてき  直線をひいて降りてき  小型機が飛んでき  唸りが起つてき  意味が分りかけてき  決意がわいてき  頼みにき  中へ訪ねてき  家も焼けて崩れて吹きとばされるにき  ように吐き出されてき  ところからつかえてき  雲集してき  車を曳いてき  警官が飛んでき  半年あまりで帰ってき  金を貰ってき  鶴代の貰ってき  警察から釈放されてき  お腹はひどく膨らんでき  それさえできなくなってき  腹が痛くなってき  判然としなくなってき  うつらうつらとしてき  和尚が回ってき  東京から帰ってき  出張してき  寺から茶を運んでき  若い検事はどうしていいか分からなくなってき  勃然として湧き上がってき  前に連れてき  袂まで歩いてき  使用せられてき  日本の歴史を動かしてき  繪を見てき  巴里に這入り込んでき  留守にき  ように、こう言い切って、き  裃こそき  私達に蘇ってき  だんだん苦しくなってき  父のもってき  細心にと育て上げてき  私を襲ってき  冷え冷えとしてき  目に入ってき  跪ずき  上に拡がり出してき  池にき  食べ物を持ってき  雪が消えたら、出てき  ままに流れて、集まってき  芋を拾ってき  蛇がはいってき  挨拶にき  ように喜んで出てき  どこへ泊ってき  とき私を訪ねてき  ある一夜私を訪ねてき  戦争から帰ってき  発育までき  子供が泣いて帰ってき  とききにき  給仕が取次いでき  心に甘えかけてき  膳を運んでき  自宅へ飛び込んでき  心に映ってき  対抗的に迫ってき  気持が起ってき  涙が独りでにこぼれてき  ようにして飛び出してき  前に押し寄せてき  落着き場所を失ってき  ことなどが浮んでき  感情が起ってき  ほろろ寒い靄影がこめかけてき  空腹を覚えてき  顔を覗き込んでき  雨戸をしめて戻ってき  風が流れ込んでき  眼に現われてき  三時頃家に帰ってき  松本が慌しく駆け込んでき  私は重苦しく感じてき  一夜から、じかにつながってき  所へ飛び込んでき  ことがからまってき  圧迫を感じてき  眼は輝いてき  気持が募ってき  ぼんやり頼ってき  急に苛立ってき  中にはいってき  それをよく聞いてき  念に駆られてき  自然と浮んでき  訳の分らない憤りと苛立ちとを覚えてき  それを迷い続けてき  体力も衰えてき  階段を上ってき  心へ触れてき  俄かにぎらぎらと輝いてき  隅に引っかかってき  思いが募ってき  焦慮に襲われてき  音などが、相次いで聞えてき  足音が上ってき  向うに戻ってき  一緒に泊ってき  わしてき  私を更に駆り立ててき  激昂してき  嵩にかかってき  気にかかってき  何だかばらばらに壊れて狂ってき  邪魔となってき  何処かへ行ってき  むき出しになってき  晴々としてき  のをと云って買ってき  疑いが起ってき  さで起ってき  寝食を忘れて書き続けてき  今まで集まってき  誇張が伴い出してき  大勢ひっぱってき  物になってき  その後私共が多く見てき  調子が少しずつ、変ってき  誇張が多くなってき  大分誇張がまじってき  気になりだしてき  三人くっついてき  様子をしてついてき  警部は、引きずられてき  尾行をとりかえて貰って帰ってき  抜目なく働き出してき  彼を助けてき  盛んに起こってき  大分痩せて帰ってき  本を読んでえらくなってき  泊客を連れてき  露骨になってき  遠慮をとり返してき  ものをかなり買い込んで帰ってき  台所に、またはいってき  表面にまで及ぼしてき  彼れは担ってかえってき  旅に出ると言ってき  劇場から帰ってき  団結を組んでき  劇壇から裏書きされてき  俗に即き  旦那が少くなってき  語が安っぽくなってき  こともできてき  数が増してき  だんだん堕落してき  百姓より宜き  悶着も起ってき  徳川時代を通ってき  だんだん勢力を得てき  重みを増してき  上で弾ませながら歩いてき  同様にき  空腹も感じてき  そこにき  そば近くき  ジャッキイが出てき  手を引いて出てき  老人が、とぼとぼと歩いてき  直き直き  本をかりてき  広場をよこぎってき  世界各地からき  マリイはかけだしてき  トニイさんがき  それを持ってき  ふいにとんでき  それから戻ってき  速力で走ってき  海岸づたいに走ってき  男がのぼってき  男がおりてき  箱をかかえてのぼってき  ボートからのぼってき  自動車から出てき  紳士がはいってき  家までおくってき  紳士はいっしょについてき  部屋までおくってき  マリイが出てき  ベットからとびおりてき  うまいこと水素瓦斯が出てき  赤味がさしてき  枕頭に集ってき  どこから入ってき  一酸化炭素が出てき  量が入ってき  短時間に、さっと入ってき  差込んでき  頭裏に飛び込んでき  面影が浮んでき  急に薄暗くなってき  距てて蘇ってき  呼吸が荒々しくなってき  中に浮んでき  うちに上ってき  ざわめきが聞えてき  陰影が下りてき  音が洩れてき  くらくらとしてき  情が湧いてき  枕頭に寄ってき  自ら苛ら苛らしてき  四方から起ってき  姿を取ってまざまざと現われてき  うちに浮んでき  言葉とが蘇ってき  眼瞼に溢れてき  友達が帰ってき  友達を呼んでき  家から帰ってき  瞼にき  方からき  不意にこうして縛られてき  いっしょにき  王が入ってき  魂を連れて戻ってき  驚き喜んで集まってき  城市が見えてき  門がすぐき  時もき  ビルルルと低く戻ってき  みんなは集まってき  道具をもってき  ほうへ寄ってき  首を抱いて、もってき  ざっと落ちてき  三郎もすっかりき  みんなが浮かんでき  底まで届かずに浮いてき  童あ、き  こっちへ帰ってき  魚を持ってき  かわり気持ちが悪くなってき  奥から先生が出てき  単衣をき  米よりき  作品がでてき  塊を握むべき  箱にいれられて帰ってき  方はき  廊下をつたわってき  婦人ボスのあらそいとなったりしてき  機会もき  時期からますますはっきりしてき  外地からひきあげてき  さをもってき  年月をしのいでき  すりかえと闘いつづけてき  クラブそのものは少しずつでも大きくなってき  水沢耶奈子とうつってき  役割をふかめてき  発言しつづけてき  一部としててらし出してき  生き方にまでのび拡がってき  時、よろこんでき  マサちゃんはもどってき  支配して居り、少しき  そこからでてき  自ら生れてき  嫗さんをみてき  そこから自分はでてき  はるがき  つたどこからともなくとんでき  働きぶりをみてき  憂鬱にしてき  雨がぽつぽつ落ちてき  ときのみき  突進してき  線をえらんで飛びこんでき  歡呼をうけてき  秋そばを播きつけてき  耐へてき  指さきにき  詩ちらちらと落ちてき  燕のき  畝からぬけでてき  くぐつてき  急行列車に載せられてき  わたしらまでき  苦惱者何をしてき  何をしてき  地獄から飛びだしてき  穴からでてき  やうだそしてあばれてき  哲理からき  散策から歸つてき  病名がき  力を持ちだしてき  はいられなくなってき  暗雲はしだいに近づいてき  家へ通ってき  感情の縺れになってき  様子を見てき  仮装を運んでいってき  青空が見えてき  三人五人ずつ連れ立って集まってき  仮装をさせて引き連れてき  そこに挙げてき  方針を改めなければならなくなってき  時から、しだいに大きくなってき  時よりはよくなり、大きくなってき  待遇はしてき  彼を訪ねてき  寄付していただこうと思ってき  報はき  馳け上がってき  曹操が逃げ走ってき  油幕をもっておおい隠してき  あいだへ進んでき  曹操を追いかけてき  中から張遼を助け出して帰ってき  曹操に会いにき  漿塩壺など思い思いに抱えてき  如何とも動けなくなってき  がたが見えてき  猛然、駈け寄ってき  部下は立ち帰ってき  救出して帰ってき  城中から出てき  曹洪も引っ返してき  敵が挑んでき  国を出てき  一斉に斬り入ってき  一新しかけてき  足を、ぱっと躍らせてき  美人が楚々と入ってき  城中へ逃げてき  返書がき  綿々と訴えてき  呉祖孫堅以来仕えてき  男を縛って連れてき  呉から帰ってき  妹を娶いにき  志とちがってき  物蔭から人が歩いてき  一書を送ってき  謀を施せといってき  手になって追ってき  三里ばかりすごすごと戻ってき  後から大兵を率いてき  江に沿ってき  ように迫ってき  陸地へ駈け上がってき  身に迫ってき  書簡がき  疲弊してき  羽うなり強く、射てき  地に落ちてき  報らせに飛んでき  変を伝えてき  後ろから歩いてき  ぎわはいよいよ近づいてき  通過を申し入れてき  江頭から小舟が漕いでき  江を下ってき  拝していたが、やがて携えてき  孔明を送ってき  彼を送ってき  間に入ってき  中がカッと熱くなってき  世界へ行ってき  ピッチで押しよせてき  真直に下りてき  執拗に追いかけてき  恐怖がヒシヒシと迫ってき  あたりに落ちてき  なにを、き  ところで、生まれてき  ぼく、見てき  ことを聞いて尋ねてき  そこへまで持ってき  あっちこっちに聞えてき  何人かが入ってき  一面に見えてき  鞭を持ってき  火を取りにき  傍へき  婆さんの出してき  昨日路で買ってき  個の持ってき  念を起させるにき  違ひを一層き  影だと見き  ためではないにき  カサにき  倦きてき  ものはないにき  愛他心とに恵まれてき  のもあえてとがむべき  どこからかついてき  後を追っかけてき  じいさんがおいかけてき  から心細くなってき  秋が早くき  風に飛ばされてき  行商にき  ところへ頼んでき  苦労もしてき  風が吹き込んでき  苦労をしてき  はじめて田舎から出てき  周囲に集まってき  こちらへき  おりから疾走してき  君がき  のを見てき  湯も汲んでき  内地からそれを望んでき  のどにたまってき  弾丸がとんでき  増大してき  日本人を運んでき  コーリヤは心細くなつてき  悪漢が出てき  ドウーニヤ叔母さんだつて泣くにき  ぢやあ盗棒がき  臼にのつてやつてき  村にき  ろうそくをもつてとび出してき  ぼくリカに乗せてき  砂糖をすこしもつてき  砂糖をみつけ出して、もつてき  クルミをもつてき  人形をもつてき  コーリカをつれてき  前につれてき  みんなで、き  お父さんが出てき  お母さんもき  用事を頼むと、き  のが、どうもき  横から口を出すにき  みな移ってき  今日を築いてき  楔を打ちこんでき  石弾の如く突いてき  畔を歩いてき  食糧難が起ってき  後詰を頼んでき  救いを求めにき  粮食を借り求めてき  輸送に当ってき  ここまで引っ張ってき  兵がどやどやと入ってき  約束してき  山ぎわからむらむらと起ってき  横を打ってき  後陣へ送られてき  あいつ、きっと、帰ってき  兵を斬り殺して逃げてき  細作が帰ってき  絵図を携えてき  後へ引っ返してき  者が押し返してき  怒濤を加えてき  夜も更けてき  征地から帰ってき  荊州を攻めてき  一矢を送ってき  城兵が追ってき  厳顔が出てき  一番に戻ってき  二番に帰ってき  先鋒も、またたちまち、取って返してき  馬乗り寄せてき  城下まで追ってき  無血招降してき  寄手を大きく抱えてき  奮迅してき  再興に励んでき  青年が入ってき  多年連れ添ってき  酒賈から購ってき  餞別に持ってき  反撃に出てき  しろからひた押しに攻めてき  引揚げてき  いくつもの亡骸をほうり投げてき  麓から使者が馳せてき  蜀にまで聞えてき  決戦を挑んでき  将が駆け下りてき  玄徳が追ってき  ここへ攻めてき  仁を施しにき  玄徳に頼まれてき  公安へ移ってき  みな逃げ帰ってき  部下に追い払われてき  目に遭わされて、生きて帰ってき  大兵を連れてき  供ひとりを従えてき  呉から舶載してき  対岸から出迎えにき  扶けてき  何も知らずに、帰ってき  発見して持ってき  廊まで聞えてき  猛進してき  その男がそっと訪ねてき  肌に着けてき  急派してき  二度目に引返してき  彼を拾ってき  風のごとく引返してき  ちらし馳け進んでき  直ちに応戦してき  ひょうッと飛んでき  岸へ、繰りだしてき  周泰は帰ってき  側へすすんでき  謝まりにき  左慈を差し立ててき  乞いにき  忠実に勤めてき  点より見れば悪むべき  なりにき  訪問してき  虫ばむべき  間際へき  曹操から内示してき  ために帰ってき  診察にき  病人を迎えにき  船中から携えてき  船夫を連れてき  船中から上がってき  前触れもなく、いきなり攻めてき  どれ、どう云ってき  面前へつれてき  糜芳へ迫ってき  地を震わすばかり聞えてき  いつのまにか搦手へ迫ってき  突出してき  一将が落ちてき  刎頸の交わりを求めてき  野陣へ帰ってき  一涙がき  山上山下から襲ってき  人生を積んでき  うちに営んでき  潘璋が呼ばれてき  馳け下ってき  今日まで歩み経てき  桃園に誓いを結んでき  呉へ震いかかってき  関羽を討てといってき  首を献じてき  呉が送ってき  火華を散らし始めてき  全然違ってき  国運が賭けられてき  日夜蜀へ入ってき  何事かと見にき  そこから退がってき  譫語が洩れてき  ように、げっそりと窶れが見えてき  他家から養子にき  時へき  さきに連れてき  使者も帰ってき  ところから帰ってき  早打ちが飛んでき  時すでに遅しで、空しく帰ってき  潰走してき  劉封が敗れて帰ってき  ここへ帰ってき  戦場から落ちてき  それへ持ってき  お祝いにき  まし殖えてき  蜀へたずさえてき  気品をおびてき  もっと異ってき  老熟とを示してき  成都へ出てき  外まで送ってき  汗にぬれて、追いついてき  童子が歩いてき  気概をもって攻めてき  表を捧げてき  主君に仕えてき  腹中の人となってき  馬を並べて引き揚げてき  張苞に会って共に帰ってき  所へ迷ってき  五十人ばかり出てき  なだれ帰ってき  徹えてき  若いふたりが役立ってき  建業から大軍をひきいてき  ように翔け暴れてき  黒風が捲いてき  軍凱歌して、引き揚げてき  馬忠が上がってき  炬火を振って登ってき  関興を探しにき  空気がどことなく漂ってき  敵愾心を奮い起して攻めてき  地が危なく見えてき  日、やむなく集まってき  改革が行われたと伝えられてき  呉は用いずにき  図に乗って追ってき  漢中まで出てき  ところへ詰めかけてき  死際が近づいてき  自分で写してき  十数騎つれて、追い慕ってき  旗が湧いてき  癰というでき  明を通してき  行つて種々聽いてき  靄はまたをりをりあをき  昔からき  彼女も訪ねてき  両手にぶらさげて出てき  一しょにき  時間がもどってき  二がつれてき  長平ひとりで捌いてき  青木音次郎がき  三度訪ねてき  長平を訪ねてき  京都まで訪ねてき  自由に捌いてき  お伝えしてき  二十分ちかい時間をかけて戻ってき  人、まだき  ことをきいてき  箱根まで迎えにき  旅先から知らせがき  マルセイユへき  先にき  アベックで訪ねてき  宿屋へ戻ってき  石を投げてき  ようにとびだしてき  シュミーズをき  ゴキゲン伺いにき  ところを這いずりまわり、のたくりまわってき  ウンザリするほど重ねてき  泥棒なみに生きてき  記代子は追ってき  記代子が戻ってき  軽蔑されにき  甘えにき  外へまわってき  青木はようやく分ってき  京都へき  住居へ持ってき  散歩にぬけだしてき  ことが運ばれてき  手間を省きにき  君に会いにき  自制してき  克子が疲れて、もどってき  菓子皿を持って上ってき  息をきらして戻ってき  女がでてき  ア、よんでき  アパートへ戻ってき  ものに見えてき  足跡が、うかびでてき  めったに訪ねてこないけれども、訪ねてき  癇にグッとき  東京へ戻ってき  カサばった包みをぶらさげてき  あなた、き  ことを言いにき  ふき外出から戻ってき  今よんでき  それを見せにき  幾組もき  ズカズカ歩いてき  秘密がほぐれてき  ッと見つけてき  ウチをつきとめてき  ふき戻ってき  アンチャンがでてき  返事にき  あんたが迷いこんでき  返事をきいてき  いちど戻ってき  涼しい土地から戻ってき  記代子さんも戻ってき  立上って、だまって、ついてき  お客は見なれてき  悪いこと、してき  スキを見せると、つけこんでき  肌をゆるしてき  ネマキをき  お前からもよろしく頼むがよい、と、つれてき  フトコロにでかけてき  文句を言いにき  身の回りのものだけ持ってき  身仕度して、きっと迎えにき  エンゼルが迎えにき  一隊が戻ってき  腹が痛んでき  薬をもってき  自然におさまってき  一生なやまされてき  逃がれてき  それを見てき  心が、いくらか落ちついてき  三人目で暮してき  封書をもってき  今、き  旅から戻ってき  それを買ってき  それは、き  青木から長平を訪ねてき  東京へとびだしてき  とりにき  ルミ子が送ってき  何をつかみとってき  壁にぶつかって引き返してき  ゆっくり宿へ戻ってき  一足おくれて訪ねてき  ウチから、とびだしてき  悲しい人生を経てき  私を探してき  昨夜ぼくを訪ねてき  もとへ送りとどけてき  ために戻ってき  ん戻ってき  京都へ戻ってき  古都へき  報らせがき  電話で云ってき  場合に、き  効果を直き  台本を持ってき  嫌だといってき  家にかえってき  うち羽ぶき  明治維新とともに生まれた卑しむべき  眺むべき  そこなひたりなど、苦しがるもあれど、き  遺産を受継いでき  洋服をき  酩酊に及んで、話しかけてき  暗示してき  震災後でき  方が少し可笑しければき  ぢや、き  味ってき  馬鹿にされてき  評価されてき  頻繁になってき  木曾川だなと思へてき  右へき  何時となく薄らいでき  支出が嵩んでき  合理にしてき  ことを、敢えてつづけてき  われわれに迫ってき  訓むべき  許へ逃げてき  これも、き  井師もき  師匠格としてき  散歩から帰ってき  あとに残してき  若ものたちは、送ってき  しこたま儲けてき  くにから着てき  応接室へ入ってき  入社してき  椀があったからと持ってき  チョイとぶらさげてき  娘がき  千鳥波とかけあってき  吉報をもってき  九時がき  それが分ってき  スパイにき  指図をうけてき  ウチへは黙って出てき  鴨が出てき  抜き手をき  前触れもなしに飛びこんでき  彼女は寄ってき  夕方帰ってき  何を買ってき  それぞれ草履を買ってき  景気よく聞こえてき  啼声が聞こえてき  耳へ聞こえてき  幽かに聞こえてき  空咳が聞こえてき  狼狽したらしく聞こえてき  階下から聞こえてき  悲鳴などが、いよいよ烈しく聞こえてはき  話し声が聞こえてき  悲痛に聞こえてき  音が、けたたましく聞こえてき  駒をかえしてき  石が降ってき  ごろごろ落ちてき  疾風のように馳せてき  首をもらってき  時代は移ってき  鬨をあげてき  秘命をうけてき  安定より駈けつけてき  否や、いいつけられてき  使いと称してき  若い一将が、ばらばらと駈け出してき  虚に乗ってき  奇襲してき  軍を引っ返してき  地ひびきして降ってき  箭が飛んでき  軍門へ降ってき  急に引っ返してき  襤褸になって引き揚げてき  これまで逃げてき  意見を求めてき  しろに続いてき  から、いちどに奮い起ってき  西部方面から帰ってき  お伝えにき  書斎へ入ってき  密告してき  送付してき  耳へ入れてき  急襲してき  猛然、迫ってき  多年ながめてき  程になってき  魏勢が押し寄せてき  五十里先から援けにき  列柳城を取りにき  図面として添えてき  行動には出てき  さきに従えてき  露のごとくこぼれてき  城に入ってき  兵力で追いついてき  ふいに、跳びかかってき  漢中へ移ってき  奏達してき  建威将軍賈逵が訪ねてき  彼方に見えだしてき  偵察の見てき  ほうから積極的作戦に出てき  報せにき  表を上せてき  孔明はまた襲ってき  急報してき  大挙急いでき  生捕ってき  蜀勢が寄せ返してき  身近く感じられてき  山から降ってき  祁山に出てき  非難がごうごうと起ってき  自信まで失ってき  援助を求めてき  西から南から北からと、落ち集まってき  加勢に下ってき  転回してき  間諜は帰ってき  後から駈けてき  上から大岩石が落ちてき  襲せ返してき  境へ攻め入ってき  今もって帰ってき  挺身してき  姿で逃げ帰ってき  流れを下るごとく落ちてき  司馬懿が帰ってき  祁山へ出てき  一方から馳け降ってき  分配して、すぐ戻ってき  車を進めてき  雨を凌いでき  目を失ってき  ように傾いてき  呉からも持ち込んでき  流れも温んでき  麦もようやく実ってき  祁山を出てき  営を出てき  後ろから馬を飛ばしてき  四輪車を押し進めてき  城へ逃げ帰ってき  大軍は迫ってき  乱箭を浴びせてき  雪崩れ落ちてき  日限がき  猛攻してき  襲せてくるとも伝えてき  孔明に願い出てき  急に告げてき  われわれは教えられてき  私たちは教えられてき  遵奉してき  日頃は猛き  小皺が寄ってき  から直き  挫がれましてき  年まで生きてき  調子が又ひとしきり弱くなつてき  正視しがたくなつてき  言ふにき  答へてき  ことを思はずに過してき  鎖をき  彼は何かと話しかけてき  全訳的に書いてき  遺業として承け継いでき  巧みに使ってき  擡頭してき  おみやげを買ってき  おもちゃが、たんと出てき  複雑をき  それを言いにき  あたりがまたき  手配にも及ばないでき  禁裡を冷たく見てき  鯛がき  つて、勝つにき  角を折るにき  ことを感じてき  私は感じてき  正直であれと教えられてき  ように生きてき  正義を愛して生きてき  度をましてき  治安維持法時代から特高として働いてき  気持が弱くなってき  雰囲気からでてき  問題が起ってき  おれはどうもき  やりくりしてき  木戸から出てき  俺はもう出てき  様子をしてあたふた出てき  緊張してき  から外へ出てき  ぱしが出てき  娘が気がついたと知らしてき  方へ走っていったが、すぐ帰ってき  本署へ引き上げてき  疲れも出てき  速達郵便をもってき  宮川町からひっぱってき  自動車で迎えにき  島が下りてき  生唾が、だらだらと出てき  一人で、お詣りしてき  方へ向いてき  北京から帰国してき  人声がきこえてき  風が少し出てき  留さんが帰ってき  足袋はだしになり、すたすた歩いてき  そばにすべりこんでき  政代が出てき  陰が宿ってき  想念は次第にまとまりかけてき  縁側にでてき  足もとが崩れてき  道を飛んでき  和睦してき  援兵をつれてき  一生恩にき  ウンザリするほど見てき  仕置かと思ひつめてき  真夏がき  口上をき  ブラ下げて、戻つてき  撤退してき  笑声まで洩れてき  退治してき  厳命を達してき  小西行長が駈けつけてき  つて返答してき  頭から甜めてき  考へ、戻つてき  結びにき  いふ条件をだしてき  支持されてき  懇願をき  そうに近よってき  ところにも送ってき  静脈のいくぶん浮きだしてき  眼が悪くなってき  糸をひきながら落ちてき  家並みが見てき  出し抜けに聞えてき  いま分れてき  足を早めて帰ってき  奥から取り出してき  私にされてき  他から頼まれて持ってき  ところに持ってき  生活からひとりでに出来てき  自信がついてき  中までかなり冷え込んでき  小屋に残してき  とこへ行ってき  だんだん冷却してき  今日採ってき  トロイ谷で、き  身体にむちうって駆けつけてき  みなさんがどっとおしかけてき  コック部屋へ見にき  空気はたいへん、き  一ヶ所に集まってき  ものを背負って出てき  怪魚のごき  集録してき  星から飛んでき  たくさんとんでき  二つでとんでき  ぞろぞろ出てき  あなたが、一杯き  外の弱ってき  だんだんあかるくなつてき  お日様でてき  生活から別れて帰ってき  人が訪ねてき  階段を下りてき  涙が溢れてき  大蛇がでてき  所へもどってき  山鳴りがしてき  勢で寄ってき  猿が飛びだしてき  猿は、ようようでてき  ように逃げだしてき  私が行って取りもどしてき  中からでてき  その男は持つてき  眼もかすんでき  湯気がたってき  バスは通ってき  一つ拾ってき  新聞をかりてき  逃亡してき  何も見えないと、すぐに降りてき  あとからついてき  身体が震えてき  容赦もなく出てき  身に沁みてき  ノラがでてき  パトロンができてき  抒情詩になってき  親しみを感じてき  おし及ぼしてき  ようにさえなってき  変化してき  そこから鋏をもってき  深みから現われてき  神経はふたたび鋭くなってき  光が差し込んでき  心を訪れてき  ことを露き  喜びが訪れてき  背後から聴えてき  盛り上ってき  ことが考えられてき  存在ではないかとも考えられてき  意味を持ってき  聯想されてき  疑問が起ってき  報告がもたらされてき  げになってき  確証を掴んでき  声が洩れてき  血の気がさしてき  アないか、猛き  三十両とか貸せと云えば、直き  扇を振り廻したりして、き  半戸を開けますと、き  ようにいつくしみ育ててき  しろにき  西風に乗って、また帰ってき  所まで引いてき  葱を背負ってき  人物が入ってき  低音ながら聞えてき  誤算が入ってき  青谷技師とが入ってき  ドンドン出てき  イヤ今に見えてき  下が見えてき  トラックに乗って引返してき  君が引返してき  貴下が犯してき  自分でてき  天長節であるだけにき  葉子がこんなにき  口にあててき  女のき  結果が生まれて来はしないかと思ったりしてき  刑務所から出てき  剛健な直き  占むべき  事をき  訊問は直き  ぬきが出てき  舟がこわれてき  何となく親しみを感じてき  ようにも思えてき  ことを、はっきり感じてき  家に帰ってき  愛着を覚えてき  ままでなくなってき  俄に変ってき  警戒は次第にゆるんでき  念はまた高まってき  私に起ってき  間隔を保ってついてき  涙がはらはらと出てき  涙がしきりに出てき  情が起ってき  前に現われてき  勇気がむらむらと湧いてき  闇から帰ってき  憫れむべき  活動始めて全き  活用全き  子供たちが、新しく入ってき  眼が廻ってき  麻痺れてき  熱が上がってき  病人めがケロリとして起き上がってき  底から笑いが込み上げてき  ところへ行ってき  拔いてき  永年ものを書いて生きてき  従事してき  ドアから入ってき  概念でかためてしまってき  遊離してき  消耗されてき  任務であると知らしてき  面を軽く吹き渡ってき  視線を落していたが、き  自分からぬけだしてき  それまでにしてき  置きざりにしてぬけだしてき  身辺が落ちつきなごんでき  余裕もできてき  気持が突きあげてき  かしこからここへ戻ってき  愛撫してき  拍手がき  から遊離してき  担架を持って歩いてき  漁夫も尋ねてき  言葉を覚えてき  超人倶楽部から帰ってき  そこへ駆けこんでき  鼻息を鳴らせて歩いてき  上へ上がってき  お伴をしてき  雑誌を買ってき  のはやはり生まれてき  国から帰ってき  鉄管を抜けてき  だれも尋ねてき  土産に持ってき  マッグがわざわざ持ってき  加代さんが訪れてき  者にも卑しむべき  家庭が考えられてき  ふうに思われてき  確立してき  権力をふるってき  重荷になってき  取扱いを受けつづけてき  私たちが見てき  自覚をもってき  モラルに縛られてき  ことをいつも禁じられてき  初めから幸福を求めてき  食ふにき  間呑み続けてき  網にかかつてき  話は次第に面白くなつてき  酔色がまはつてき  馬を引きだしてき  方からやつてき  貰ひにき  五郎八茶碗数個を運んでき  から這ひ出してき  毎夜忍んで来て、き  時から嫁入る迄、被き  家路はるけき  九郎までき  前に迫ってき  方へ話しかけてき  眼を覚してき  君が育ててき  後ろから追っかけてき  変に生温くからみついてき  東京に戻ってき  彼に力一杯ぶつかってき  請求をしてき  再婚問題が起ってき  出産日が迫ってき  真暗に思われてき  夢に出てき  だんだん嵩じてき  皺が刻まれてき  四方から寄せてき  顔付が覗き出してき  何だか淋しく悲しくなってき  静子が聞き出してき  水玉が出てき  泌み通ってき  底からこみ上げてき  下からにきにき  どこから出てき  通りから吹いてき  刑事に連れられて入ってき  猫のように這い出してき  方に向って現われてき  眺めに出てき  Oが入ってき  胸に起ってき  女の子がでてき  紺絣をき  室にきこえてき  Oが訪ねてき  Oの持ってき  ところが浮んでき  殺到して浮んでき  室へ這入ってき  解釋してき  ものとのみ解してき  俺あ直き  回復してき  まっただなかへ落ちこんでき  何かが緩んでき  それが近頃緩んでき  減退してき  冷却してき  活動が減じてき  高慢な光りに代ってき  哀愁とが湧いてき  心に蘇ってき  矢島さんに還ってき  お婆さんじみてき  色調が濃くなってき  姿が浮んでき  多年白粉に塗られてき  年月を生きてき  恐怖が湧いてき  全国的に略き  つて赫土の露き  癖まで、まざまざと見えてき  波紋が描かれてき  通牒が廻ってき  私を追っかけてき  ものが、いっぱいたまってき  さよ子はすぐ戻ってき  地上に降りてき  近くまで迫ってき  音は立てず、ずずっと押し寄せてき  断片的にき  米をき  先々で、き  ところに即き  時もうそろそろ白みかかってき  煙草を吹かしながら戻ってき  蠅を叩き落してき  側を離れ、またすぐに戻ってき  幾匹もの蠅を叩き落してき  数は益々ふえてき  日が陰ってき  足を洗って上ってき  金指輪を買ってき  方のが戻ってき  室に戻ってき  書物までも買ってき  者さえ出てき  眼をなおじっと見入ってき  手紙を送ってき  学説をひっぱり出してき  無数にできてき  投書が続々舞いこんでき  度が加わってき  人たちがおかしくなってき  口から今きいてき  いただきにき  怒りがこみあげてき  ここまでしのんでかくしおおせてき  約束をしてき  演劇をためこんでき  仕事をしてき  ヂヤンヂヤン宣傳してくれるにき  家五郎十郎劇を見てき  我々を訪ねてき  重要になってき  在職中に見慣れてき  何世紀ものあいだ十分理解されてき  全力を尽してき  まま、すぐ帰ってき  叫び声とが聞えてき  窓ぎわから戻ってき  彼と別れてき  かわりを置いてき  権力にしたがわせてき  なかへ入れてき  脳裏にこびりついてき  急に暮れてき  なかに浮んでき  身についてき  二人連れてき  朝早く買ってき  風が吹きあげてき  水面を渡ってき  なかからさり気なく取り出してき  何だか波が高くなってき  何だか工合がわるくなってき  標本室も見てき  ちゃんちゃんと送ってき  先生らしくなくなってき  結果が出てき  薄赤く吹き返してき  いちめんに広がってき  戸をあけてはいってき  職人がおおぜい出てき  そっちから言ってき  何か送ってき  愉快になってき  方から次第に浮き上がってき  ときもらってき  番人が出てき  よし子さんに会ってき  尻が次第におちついてき  ことはないが、ついに持ってき  から見にき  光さんが出てき  美禰子も上がってき  式から帰ってき  籃も買ってき  車夫でも連れてき  所まで出てき  気がきざしてき  幾通りもできてき  空はまた変ってき  気が乗ってき  みやげに買ってき  まりごき  暑いものだから、とうとうこらえきれないで出てき  うまいぐあいによし子が帰ってき  国から送ってき  今夜出かけてき  近来だいぶふえてき  湯を入れて持ってき  三四郎を襲ってき  国から早く送ってき  とんとん上がってき  所へ連れてき  ひとのき  口を持ってき  ところが出てき  だんだん一つ所へかたまってき  めんどうになってき  質を受け出して返しにき  まま近寄ってき  六歩行ったが、また笑いながら帰ってき  奥からいろいろ持ってき  返事をしてき  心をおそってき  感じがなまぬるくき  要領を得てき  鹿臭くなってき  前へ乗り出してき  から買ってき  上にもたらしてき  はがきが出てき  部屋着をき  ょ、き  なかった、あの、き  転倒するにき  匂ひが流れてき  方へつき出してき  母の持つてき  落ちつきがなくなつてき  瞼にちらちら浮んでき  しまつたやうにはかなくなつてき  ふところへ飛びついてき  三年前にき  涼しい風が吹いてき  仕事が面白くなつてき  失言をとがむべき  どこから今時分でてき  ブーンと向うから飛んでき  ところから響いてき  闇に慣れてき  ことがハッキリ浮かんでき  気分をとりもどしてき  警官外山が上ってき  ゆかりが、こっそり帰ってき  此処まで帰ってき  質札を拾ってき  無事にかえってき  中国から帰還してき  くみうちして生きていかなければならなくなってき  誰にもわかってき  お湯をいれてき  涙が浮んでき  いつのまにか流れ渡ってき  ますますひどくなってき  蹂躙せらる可き  洗ふ可き  つて支配す可き  生活は遂に全き  違ふところへもつてき  今日手紙で知らせてき  記憶がふと蘇つてき  はつきり眼覚めてき  目に立つてき  つて言ふにき  気持がわかつてき  彼らは、き  中へはいってき  空から下へ降りてき  広場へ集まってき  ように、き  下界へ降りてき  中へ探しにき  気があるなら、つれてき  空から降りてき  直接に響いてき  梯子を下りてき  市に流れて出てき  商人が入ってき  危い足取りで帰ってき  村長さんに選ばれてき  雨が降り出してき  ようにあばれ込んでき  波がむくむくと起ち上ってき  さが刺し込んでき  ビュウ吹きつのってき  みかかってき  夜近くなってき  鼻先にもってき  監督が入ってき  ところへ入ってき  雑作もなく、乗り越してき  跳躍して上ってき  無電係が周章ててかけ込んでき  函館へ廻ってき  三人出てき  側から出てき  宮口が、出されてき  くして起き上ってき  角を曲ってき  どこか変ってき  ところへかけ込んでき  二隻近づいてき  川崎に移って、帰ってき  錨をなげてき  一働きをしてき  元気よく帰ってき  人達が沢山集ってき  身体を直し、そして帰ってき  五人入ってき  それから見てき  甲板に上ってき  性慾に悩まされ出してき  裸で起き上ってき  事が分ってき  雑夫に打ち当ってき  函館からもってき  ように剥げてき  微かになってき  今までしてき  話に出てき  皆はしてき  ッ臭い匂いが流れてき  ゴゾリ掘りかえってき  藁屑が出てき  自分のものになってき  北海道に入り込んでき  脛を這い上ってき  水際に出てき  工場に下りてき  群化てき  下まで聞えてき  平べったくなって、出てき  活動写真隊が乗り込んでき  先頭に上ってき  上甲板に上ってき  給仕が出てき  兵隊に行ってき  此処まで聞えてき  プーンとき  給仕がおりてき  川崎船が下がってき  臭気がき  監督はしつこく廻ってき  ぜいたくだ、と云ってき  漁から帰ってき  足並が揃ってき  ように、動きかけてき  漁夫にはムッとき  アリアリと見えてき  四人が出来てき  例をもってき  ビラを沢山持ってき  夜三回まわってき  段々を上ってき  三角波が立ってき  糞壺へ引きあげてき  ドカドカッと入り込んでき  水夫も加わってき  急に大きくなって、ハッキリ聞えてき  雪崩れ込んでき  タラップを上ってき  湯がき  上まで持つてき  作業服をき  のはき  尊が、き  気持ちがはっきりしてき  若い猫がはいりこんでき  生後二カ月ばかりして連れてき  ようすが分かってき  あなた様のごき  椎茸をき  帶封をき  戒むべき  厭ふ可き  一緒にもう直き  から、ぜひ、見にき  闘鶏をつれてき  点があまりにき  人間に即き  者があれば、き  考えが違うてき  気持がしめつけてき  ことが蘇ってき  頓服がき  顔色がくすんでき  無理がたたって、めっきり老けてき  電車から降りてき  胸がむかついてき  彼は徐々に上ってき  俺はじりじりしてき  主人、き  先々様にてかるかるやき  侵入してき  遠くから、見つけてかけてき  から、呼んでき  お姉さんは、帰ってき  湯屋から貰ってき  わが家へ帰ってき  姿で帰ってき  跛を引いて帰ってき  友人から手紙がき  嫁にき  かま猫、き  見境えもなくよろめいてゐたが、き  外から誰かが這入ってき  急にさめてき  眼がさめたんですぐに起きてき  心のき  会場に入ってき  却って重荷になってき  左側に寄りそってき  学校から戻ってき  赤紙がき  数冊持って帰ってき  調べもせず、持ってき  わが家へ戻ってき  だんだん慾がでてき  所有主から電話がき  一生に流してき  ために訪れてき  どこから見つけてき  疊を運んでき  そこを逃げ出してき  父はき  思いはもつれてき  生活が思い出されてき  顔は和らいでき  さのあまり涙ぐんでき  飛躍す可き  注目す可き  一貫す可き  漂泊す可き  到達す可き  處分す可き  嗤う可き  隔つ可き  話でも出てき  うつしとってき  ゲーム取が持ってき  四桁数字が出てき  帆村を迎えにき  ため書きうつしてき  枕もとへ持ってき  身体に廻ってき  ようにして入ってき  欺されとおしてき  見当がついてき  紅潮してき  サンドリヨンは、こうしてき  半分おとしてき  ぇッ、き  意地のき  思案がき  年にき  野郎をき  前がき  家にき  荷物をひろって追いついてき  構成してき  崩壊過程から、生みだされてき  桜井君が、まもなく帰ってき  ミステリーは解けたであったろうが、少しはばかばかしくもなってき  推移とともに変わってき  日本人だけでは、すくなくとも変わってき  ものと長く考えてき  後からできてき  下からあがってき  正妻だが、ついてき  妃が出てき  自分らが連れてき  部屋にとびこんでき  明かになってき  中までのぼってき  体が疲れてき  方を指して歩いてき  旅人が連れてき  だんだんしびれてき  ことができなくなったほど、眠くなってき  方に寄ってき  砂を持ってき  から走ってき  響きが起こってき  ここからも、かけ出してき  一枝折ってき  花を折ってき  蜻蛉草を摘んでき  新芽から出てき  笹舟を作ってもってき  母にしてもが、折角持ってき  一度降りてき  座敷に上ってき  ように捲かれてき  座敷へ上ってき  物心がついてき  妾を尋ねてき  ますます身体は悪くなってき  あんたの持ってき  急に起ってき  膚が剥きだしになってき  ところへのりこんでき  速水女史が入ってき  室に入ってき  室にき  泉が湧きだしてき  ように走ってき  外から帰ってき  待ち倦んで引返してき  離座敷に駈けつけてき  急に恐ろしく感ぜられてき  真一が頼ってき  死骸は上ってき  全身はカッと熱くなってき  疑惑が浮んでき  予告どおりに訪ねてき  ところと、まるで、違ってき  云つて僕についてき  向うにもき  三分ぐらいで降りて戻ってき  いま、うってき  一風呂あびてき  ボクが行ってき  電報を打って、き  伊東へき  艇夫長のごき  出来ごとがふえてき  そばへもってき  そこへかけてき  上からおちてき  いつまでも下へ落ちてき  三郎は、すっかりき  棒になって出てき  うえへもってき  ぷっぷっという雑音が出てき  ところへひきかえしてき  わしが戻ってき  しろからものすごいいきおいで追いかけてき  どんどんあつまってき  宇宙服をき  高度を下げてき  背中からも出てき  月世界にとんでき  日なたへ出てき  日なたへよじのぼってき  日本語で話しかけてき  計算から出てき  部屋へ入ってき  無電をうってき  ところに帰ってき  買物に行ってき  買い物に行ってき  主役になりだしてき  叫び方だけを覚えてき  敵前上陸してき  あやしいものになってき  侵略してき  ことを生れてき  方から流れてき  上流から流れてき  一枚出てき  おら荷物置いてき  月日を送ってき  タンカがき  熱海まで追ってき  ことを言ってき  一軒物的証拠を残してき  万人に愛されてき  了つた田舎もの、てき  声が騒がしく聞えてき  音をさして吹いてき  雨がばらばらと落ちてき  ようにして走りかかってき  光が射してき  奴がき  まりにき  前にたって追っかけてき  ずんずんと延びてき  ここまで連れてき  角を持ってき  嘴を持ってき  桶に入れてき  後から随いてき  口が見えてき  お前さんがき  聚ってき  一風呂浴びてき  中から胸を出して、近づいてき  畦を出てき  影が浮んでき  一時に見にき  人々が、泳いで集ってき  影がさしてき  浮上ってき  顫え出してき  布子をき  一人が、走って入ってき  跡をつけてき  ものが湧いてき  角を廻って出てき  寝息が聞えてき  足早に出てき  四方から集ってき  人々が、走ってき  役人が、走ってき  だんだん数が増してき  声を大きくしてき  詰所へ退ってき  先に見てき  位に出てき  役人がき  老人が、いってき  生薬屋から買ってき  そうだし、見に行ってき  右源太が、こう考えてき  詰所へ戻ってき  朋輩が入ってき  話声が聞えてき  隣町までき  立上ってき  門人達が出てき  一人が、走ってき  時から開けてき  四人脚を縺れさせて寄ってき  案内をしてき  両国へき  人々が、笑って、集ってき  さが上ってき  老人が走ってき  罪状板が見えてき  袷をき  さに群れてき  のが入ってき  人々が、走って出てき  急速に芽立ってき  後退が示されてき  内容でつかわれてき  一升ビンで買ってき  電気ブランを買ってき  筒袖をき  傍観してき  露出してき  留めにき  背広をキチンとき  文字通り、ひきずりこまれてき  からよそでも飲み、又戻ってき  カタにおいてき  引ッたててき  アロハをき  ッたててき  借金にき  話になってき  者をつれてき  二百円かりにき  のを拾われてき  順がまわってき  躾けられてき  出演しているから、ぜひき  ものをき  散歩にき  遠眼とがこんがらがってき  こだわりなく生きてき  女としてうまれてき  幾分か慣れてき  げて出てき  若い者をつれてき  ところへ泣きついてき  ようにのりこんでき  アどうしよう神さま、き  隣まで焼けてき  洗面道具を忘れてき  一式買ってき  女中にたのむと、すぐ戻ってき  エプロンをき  利用してき  半生さんざん歩いてき  家に入ってき  清君にあげましょうともってき  お母さんもとんで出てき  ものが落ちてき  一ついって見てき  大人があつまってき  近くにもりあがってき  毛皮をき  二人ばかり入ってき  一人がもってき  十四五人あつまってき  丁坊のまえにつかつかと出てき  人がつかつかと出てき  だんだん動かされてき  ように、攫われてき  お前をさらってき  方をむいて駈けてき  そばによってき  真先に入ってき  しろからとびだしてき  丁坊が出てき  耳にきこえてき  最期がき  気がしっかりしてき  だんだん形が大きく見えてき  船に見えてき  真先にとんでき  空魔艦から下りてき  氷上におりてき  ように入ってき  ょっきり上にあがってき  眼から涙がどっと湧いてき  空魔艦から降ってき  鷹丸を沈めにき  んだから、もうそろそろ聞えてき  話声がきこえてき  ように熱してき  箇所から出てき  爆音がひびいてき  皆さん、いってき  ぶん捕ってき  険悪になってき  ソ連機などがうるさく攻めてき  前に集ってき  ごろごろあつまってき  なかからとびだしてき  声をあげてとびこんでき  大挙して飛んでき  うちへとんでき  お客がき  ものに打ちこんでき  全盛時代がき  グルグル駈けまわってき  出発とあって、迎えにき  芸にうちこんでき  見物してき  前に現れてき  誤算が出てき  だんだんに粘ってき  毎年出品してき  肩を張らして見てき  それをき  タキシードをき  窓から入ってき  話を承ろうというので、集まってき  総監についてき  いっしょに連れ立ってき  女史の持ってき  依頼してき  送電をつづけてき  氷河期と闘ってき  寡婦を通してき  大雨がふってき  毎年コーチにき  泳法を習い覚えて帰ってき  私の見てき  半生を歩いてき  園丁がき  力が湧いてき  變つてき  速力を増してき  薄暮がき  ふらんねるをき  上をながれてき  物だつてき  水を入れかへたり、き  古風にき  証拠を残してき  家出してき  その男が連れてき  何を学んでき  ように生れついてき  留守宅へき  寺へき  船室に忘れてき  雨傘を忘れたんで取りにき  ニューヨークまでき  響きを強めながら近づいてき  笑い声が聞こえてき  一度もき  祝砲が聞こえてき  ほうに近づいてき  世間をいろいろ渡ってき  人びとはじりじりしてき  彼に流れてき  口を出してき  カルルに近づいてき  証人たちをつれてき  ほうへ近づいてき  場所から元気よくもどってき  品物をもってき  部屋に入ってき  アロハシャツをきてき  奥さんがき  手記を持ってき  今戦争がき  昨日米を買いにき  シルクハットがあったら持ってき  人がついてき  鳥語をき  うたかたのうたてき  何人もき  会見にき  突貫してき  昔から人のしてき  編輯部から持ってき  芸者をやめて戻ってき  中間も出てき  縁側にもどってき  太郎はつまらなくなってき  返事がしてき  どこからも、わっといってあらわれてき  餌をやりに出てき  胸は、わくわくしてき  ちゃんと仕事着をき  結局当日盗みだしてき  被害者宅へ運んでき  事実だけからは出てき  永年客席に侍ってき  裏からも見てき  内儀がでてき  近年になって、はいってき  意味をもってき  機械的集団的被担性を乗り越えてき  マトモに経てき  そうに思われてき  子供達相手に暮してき  肉が増してき  色艶があふれてき  人が訪れてき  のが感ぜられてき  湖岸まで下りてき  一座はすっかり乱れてき  皿は冷えてき  奥に引張ってき  真意に問いかけてき  年をとるにつれて美しくなってき  横面へ飛んでき  奉納してき  宇治橋へ戻ってき  朝鮮から渡ってき  女中で暮してき  松阪へつれてき  一山買ってき  面持で戻ってき  ストリップ目当てにき  ジンをたらして持ってき  巡察にき  良港だとは知らなかったので、き  塩竈へき  参拝してき  タダで貰ってき  鮎川へ行ってき  自動車がき  口からもれてき  四十何年遊んで生きてき  鮎川へき  ドンヅマリへき  中庭でもってき  旅行から戻ってき  ドテッ腹から清水をひいてき  ものから論理を探してき  関係なく現れてき  写真に撮してき  沙漠までき  救助にき  そこまで迫ってき  報知がき  三宅島へき  行商人がき  一家総出でとびだしてき  切身を買ってき  怪物を珍しがって集ってき  工合があやしくなつてき  花粉が溢れてき  通つて帰つてき  ひとりで闘ってき  場合がふえてき  鉈豆煙管をさげて出てき  釈明してき  赤線が引かれて戻ってき  婦人作家の生きてき  心持が同時にはげしく感じられてき  芸術境地を守りつづけてき  日常生活が失われてき  中へもひびきわたってき  東京へ帰ってき  表面に出てき  必要がはっきりしてき  訊問にき  オサイセンをあげてき  空の中から飛んでき  僧服をき  階段を走り降りて現れてき  水をいれて持ってき  ここへ通ってき  こん度もき  君は起ちにき  用うべき  文士川野水太郎君を訪ねてき  ユルミか、なんとなくたのもしくなってき  老婆が出てき  婦人をつれてき  東京へ連れてき  ハッピをき  水ゴリとりにき  日野クンは戻ってき  汐で満ちる、直き  道庁から役人がき  修学してき  今度出来てき  スワ湖へ逃げてき  地ごとに植えつけてき  敵軍が攻めてき  朽ち木で、つかまると折れたり抜けてき  ところへ飛んでき  四月に戻ってき  言葉はでてき  一度もでてき  だんだん図に当ってき  ケサ山千光寺へ登ってき  遠方から本を読みにき  土地にき  あたりへじかに落ちかかってき  雨まで落ちかかってき  俯向いてても分るくらいに降ってき  苦笑が上ってき  光がぎらぎらしてき  玩具なんか買ってき  玩具を買ってき  仕合せを持ってき  腹が少しばかり出来てき  美事調えてき  調子で尋ねかけてき  顔を寄せてき  子供達を寝かしつけてき  俺も面白くなってき  武者振りついてき  五円拵えてき  世界が薄暗くなってき  涙がぼろぼろ落ちてき  踊が激しくなってき  一人足をふみ外して落ちてき  後から落ちてき  歩いてるので、しまいには疲れてき  反抗心が湧いてき  彼はこう尋ねかけてき  言葉で愈々はっきりしてき  気持で帰ってき  二三歩踏み出してき  一度にはっきりしてき  頭を狙ってき  十町余り歩いてき  ぼんやりしてき  頭が痛んでき  俺はまた戻ってき  お金を持ってき  俺にも漸く分ってき  調子を合してき  額が汗ばんでき  のが、空恐ろしくなってき  中が熱くなってき  一杯涙が出てき  感情が激してき  頭にかかってき  ぽかりと浮出してき  相当期間育ってき  主人が時につれてき  リンカクだけは少しずつ分ってき  仔犬をくれると云っても貰ってき  新聞記者が訪ねてき  東京を立ってき  電話がき  犬がいくら向ってき  これによってつき従ってき  スイートポテトを持ってき  社務所へ行ってきいてき  神官をともなってき  コマから従えてき  縁組してき  仏教をもってき  ようにして沁みでてき  山中に流れき  二度だけ現れてき  高度が落ちてき  戸口が殖えてき  町に入ってき  町へ入りこんでき  お前さんばかりを頼ってき  帰郷してき  ところへ近づいてき  急に殖えてき  景色になってき  松吉がバラバラと駈けてき  小やみになってき  雲間がすこし明るく透いてき  その後について、送ってき  ところに訪ねてき  模糊としてき  町へ帰ってき  四郎が入ってき  ヌッと這入ってき  階段をのぼってき  一時に落ちてき  農民によって伝えられてき  野良から上ってき  農民によってまもられ伝えられてき  百姓ぐらしをしてき  農民が伝えてき  書を探し求めて戻ってき  上へ、戻ってき  夕立ちがき  どこからか現れてき  駅まで帰ってき  有せずなんて、怒ってき  雲を踏みはずして落ちてき  やつが出てき  文筆によって立ってき  幽霊にあらざるにき  家へいきなり入ってき  祖母は涙ぐんでき  からとってき  そこへいくと、き  彼女は、き  かぜがき  馬に積んで帰ってき  ものだから、買ってき  大雨が降ってき  誰も書かないにき  顔をするにき  みみずが出てき  から默って働いてき  物音がしてき  お願いにき  ヒューッと吹いてき  プンとしてき  とき工場へ入ってき  竹内さんからも出てき  とこへ戻ってき  外へ走りだしてき  封筒を持ってき  から、買ってき  木村さんが訪ねてき  汗をにじませて帰ってき  竹内はいっしょに帰ってき  前に持ってき  中から駆けだしてき  自動車を呼んでき  私の呼んでき  顔をして出てき  五六人集まってき  見張りをさせ、ひとまず帰ってき  出直してき  土瓶を取りだしてき  仕事をして、おそく帰ってき  生活と戦ってき  正しく生きようと心がけてき  力を授けられてき  一所懸命に走ってき  まり突飛になってき  変になりかけてき  のを待って、尋ねようと思ってき  明るみに跳び出してき  ことが多少わかってき  手にして出てき  報いをしてき  気分がやわらいでき  手紙を持って入ってき  噂が出てき  心がおちついてき  帽子を持ってき  プールが訪ねてき  禍いがおこってき  一二歩先に立って歩いてき  ように走り出てき  隙間風が吹き込んでき  蜘蛛の巣が落ちてき  書斎から持ってき  訳だし、こんなにまで書いてき  見方にとらわれてき  嘲笑してき  ここまで考えてき  顔と言い慣れてき  自分に近づいてき  一歩一歩せまってき  それが唸りながら出てき  物をもってき  苦痛がもどってき  日毎に少なくなってき  絶望的な諦めをもってき  それがだんだんと少なくなってき  能好き  息をき  写真がでてき  背広服をき  方によってき  退屈になってき  ここに持ってき  ぞろぞろと出てき  言葉がでてき  年増女が迫ってき  それとてもき  曲つてき  最近、次第にたかまってき  負傷して戻ってき  現場から戻ってき  他殺の見透しがでてき  一しょになって帰ってき  当家へき  十二時ごろ戻ってき  辻を訪ねてき  ボンヤリと戻ってき  荷物をまとめて逃げだしてき  家へ運んでき  教えにき  一しょに帰ってき  壁にそうてノロノロ歩いてき  取材にき  ちょっと行ってき  国にのんびり生きてき  手が伸びてき  陣地から立ち退けとうるさくいってき  音が流れだしてき  あいそうになってき  現地視察に行ってき  みな引っ越してき  ものがあるといってき  顔で帰ってき  希望が戻ってき  朝食に降りてき  むやみに降ってき  ためにき  十二時近くパパが帰ってき  形勢だと知らせてき  命だけは助かって帰ってき  Sさんから電話がき  放送をしにき  のがきこえてき  ところまで舞いおりてき  誰がなんといってき  後も見ずに帰ってき  やつらもいよいよ苦しくなってき  さっき兵隊さんがき  しろからついてき  廃品になってあまされてかえってき  君を呼んでき  ドッとばかりに吹きこんでき  下に見えだしてき  うちに、なんとなくようすがおかしくなってき  さがってき  英国くんだりまでき  勧誘にき  肉茶をいいにき  植木鉢でも倒れてき  女の子が出てき  先が飛んでき  電話をいいにき  ママが立って行ったが、間もなく帰ってき  苗を買ってき  二十分ほどして帰ってき  大勢乱入してき  スカートをこしらえてもってき  とんぼがえりをうちながら駆けてき  角ばった袱紗包を持ってもどってき  昨日パリへ帰ってき  はい、行ってき  三時ごろママが帰ってき  ところまでのぼってき  ハウスから出てき  狂いがき  ころ日本へ帰ってき  心配しているといってき  ゆっくり椅子から立ってき  急に殺気だってき  あたしに抱きついてき  夜食、持ってき  メロディが流れてき  サロンから大広間へ移ってき  アマチュアなので持ってき  十万機も飛んでき  タクシードを借りてそっと見にき  いま霊感がき  危機がき  九時近く東京へ帰ってき  飛行機がき  長崎から帰ってき  感ちがいして捻じこんでき  ことをいいにき  お誘いにき  広縁へあがってき  ようにころげてき  ロッキングへき  位置を保ってき  翼裾なんかひきずってき  甲板へあがってき  カウンターから出てき  若い水兵さんが駆けてき  大勢出てき  リズムに乗ってき  捉まりにき  部屋から椅子をもって出てき  飛行機が飛んでき  へんへ出てき  ように浮きあがってき  水兵さんの持ってき  眼にとびついてき  軍艦が美しく見えてき  水兵さんが駆けあがってき  山チイが聞きつけて飛んでき  中から浮きだしてき  だいこんがき  メフェストが出てき  あなたいつ日本へ舞いもどってき  注射器を持ってき  サイレンを鳴らしながらすっ飛んでき  ランチへ飛び移ってき  早足で出てき  島野を訪ねてき  ここへ移ってき  ママが出てき  スラックスを借りてき  ひとがおりき  ひとがつぎつぎに入ってき  箱を持ちだしてき  コッフェルを持ってき  満寿子さんをさがしにき  から、だまって連れてき  フレッドさんらしくなってき  友情を守りつづけてき  苦労をして、はるばる逢いにき  こんど進駐してき  モースーメがとびこんでき  詫間が出てき  六右衛門さんが出てき  ホールへ入ってき  絶対に入ってき  一機入ってき  鈴の音がきこえてき  ジャガイモが出てき  役買っていたらしく思われてき  ものがいろいろと出てき  鸛まで出しゃばってき  ズレがき  浮き浮きしてき  承知で乗りこんでき  ソングが出てき  主題が出てき  主題が割りこんでき  こいつ、また出てき  先任参謀が出てき  式場へ入ってき  空からき  ひとが悠然と降りてき  応接間から出てき  悪意をもって乗りこんでき  六右衛門が入ってき  腕時計を見ながら入ってき  下を通りかかると、き  鋼鉄がひとりでに集ってき  給仕がとびだしてき  衝立からとびだしてき  盆にのせて持ってき  酒が上ってき  散歩をしてき  中にとびこんでき  今入ってき  匐いよってき  肚で、続々集つてき  清河に反き  人間が生きてき  百年にできてき  表現せんとしてき  祭文がき  一所に行って見てき  所へ這入ってき  茄子をもいでき  私飛んでき  から遊びにき  室へき  母は起きてき  民さん、もうき  あれッと叫んで駆け戻ってき  今日採りにき  馬が見えてき  野郎がき  五六本見つけて帰ってき  火を焚きにき  奥から起きてき  私心が長じてき  休みには帰ってき  一日一日とやつれてき  菜がほき  しょっちゅう家へき  増がき  隔てをせないでき  様に思ってき  母から手紙がき  夜帰ってき  観念ばかり高まってき  寝所へき  兄夫婦が出てき  処へき  家へ送られてき  声をくもらしてき  墓に参りにき  朝飛んでき  おっかさんがき  人達が、どうしましたと云って尋ねにき  入口まで送ってき  薄ぼんやりと見えてき  部屋へ帰ってき  日学校で習ってき  声などが聞こえてき  外へ出て遊んでき  雪が落ちてき  長吉は心細くなってき  一羽飛んでき  枝にき  教場に入ってき  すずめはなんにも、き  大ぜいとき  一浴びしてき  首っ玉にぶらさがってき  差を跨き  大衆文芸の歩んでき  領域に全き  異ってき  大分やかましくなってき  趣味性を養われてき  置場に困ってき  のを見つけてき  此処彼処からあつめき  屋台店ばかりでなくなってき  大分昔に盛りかえしてき  神経も昂ってき  一鉢も冷かしてき  黒子に集ってき  ものが被さってき  心が苦しくなってき  眼で見てき  のが、突然はっきりしてき  さで浮んでき  憂苦がにじみ出してき  念が湧いてき  国を逃げ出してき  川村さんはほほえんでき  りりんととびこんでき  茶をくんでき  方へおそってき  いいかげんに酔ってき  眼付で見つめながら寄ってき  ように、急いで立ってき  妙に生きあがってき  茂樹がとびこんでき  そこまで送ってき  中にさしてき  憂欝になってき  今まで守り通してき  通りしてき  釘をとってき  写真器を買いこんでき  僕へかぶってき  料理屋からかえってき  沙汰になってき  者がでてき  朝鮮からもってき  いちどに発してき  表から勢こんでとびこんでき  川村先生をよんでき  から暫くして、のっそりはいりこんでき  のが、とびついてき  のがとびついてき  ゆっくり吹いてき  猫を抱いてき  烏がとんでき  あちらから走ってき  いっしょにかけてき  近くまでせまってき  椋鳥もついてき  三毛猫が出てき  ひらひらとまい落ちてき  群れはまだ戻ってき  ひよつくり浮んでき  簑をき  意のゆで、き  殺風景をき  ものの尋ねてき  水田へき  小路から出てき  物を買ってき  なかったように思われてき  杉山さんがはいってき  方へ戻ってき  疑惑が湧き上ってき  胸に蘇ってき  身辺も少し華やいでき  ここに呼んでき  見当が違ってき  農家が浮んでき  初産を報じてき  句が殖えてき  鳥が飛んでき  花見から戻ってき  花を見てき  港から出てき  唇をき  とき岸少尉は、き  乞ウといってき  前へとびだしてき  そこへ集ってき  そばへとびこんでき  竹見にとびかかってき  ときばたばたとかけてき  顔をして、もどってき  金貨にかえてき  ノックして、入ってき  部下のしらべてき  自称フランス氏から電話がかかってき  応接室へ出てき  声がはいってき  岸少尉が出てき  画面に出てき  返事がおくられてき  すねにき  平靖号にのりこんでき  船長室へとびこんでき  会いたいといってやってき  まわりになってき  人のさわぐこえが、きこえてき  そこへ飛びこんでき  死ぬときゃ、き  だれが、き  どこから持ってき  中に入れて持ってき  医者をさがして、呼んでき  上へのぼってき  人間であるように思われてき  ここへ引張ってき  火薬船ノーマ号へもどってき  万事すじがき  中へ叩きこんでき  ように駈けつけてき  気がかりになってき  本を読んでいたが、とつぜん帰ってき  総員といっても、集まってき  片野さんがとびこんでき  家も随分き  座敷に戻ってき  丹前をもってき  まま、益々寄りそってき  ばたばたはたき  伯母を頼ってき  二階から足音がおりてき  刻が、き  おしげは帰ってき  二十両、持ってき  肩をならべて出てき  母子で通ってき  とこへ、き  方へ下りてき  まわりをとりかこんでき  言葉が落ちてき  心にひろがってき  ひき抜いてき  それだけではすまなくなってき  段階に立至ってき  確保しなければならなくなってき  頻繁に蘇ってき  今、はっきりしてき  酔いも加わってき  御馳走になってき  たくさん焚物を貰ってき  まま、持ってき  想念がはいりこんでき  想念が浮んでき  ひきがえるをつかまえてき  みんながしてき  ところまでひいいてき  馬車をひいてき  あちらへ残してき  叔父を訪ねてき  折を見て少しずつ持ち出してき  これはどうも、そろそろいけなくなってき  調子が出てき  うえに射しかけてき  話がだいぶ喰い違ってき  頂戴してき  汽車から降りてき  ちょっと遊びにき  とき忘れてき  風の音が強くなってき  伊作なんか、帰ってき  代りに出てき  帰りばかり待って、暮してき  それを仕入れてき  座敷にしみとおってき  女中がいいにき  懐石膳を運んでき  お母さま、ごき  いつ飛んでき  からみつばちが飛んでき  みつばちがき  香りを送ってき  男の子にき  楽しみとしてき  袖子たちを大きくしてき  袖子に見えてき  方から帰ってき  弾力性ができてき  画を返してくれと云ってき  必要ができてき  葉を動かしにき  考も起ってき  山から泣いて登ってき  わたくしにき  苦労しながら伸び上がってき  楽な、き  喧嘩は避けられないにき  工合に迫ってき  敵王がき  外洋から乗っ込んでき  外から荒波と闘ってき  外洋からき  方向によってフケがき  もんどり打って返ってき  湾内へ乗っ込んでき  山のき  一形式にき  お前さん、直き  冷けき  熟視む、き  薔薇、摘まれにき  何時としもなく凋みにき  真珠全き  若人忍ぶそぞろき  厭ひそめにき  鳴海三郎がぬっと入ってき  隅から灰皿を見付けてき  ように押掛けてき  艶々してき  鳴海が入ってき  苦を経てき  思案に沈むは実に悪むべき  飯を食わしてやれ、き  流石に猛き  根に蹶き  以つてき  人々がき  感情がこみあげてき  見物にあきがき  下宿に訪ねてき  下宿を訪ねてき  出来事以来、活気づいてき  顕はれてき  塩を掴んでき  笑さがこみあげてき  のものを持ってき  知恵を借りにき  俊夫君に読んでもらおうと思ってき  俊夫君は戻ってき  許可を得てき  頃こちらへ雇われてき  鈴の音が聞こえてき  手にして、あわただしく入ってき  アルコールをしませてき  以前と少し変わってき  複雑になってき  婦人がしおおせてき  婦人が忍んでき  どんどん入ってき  心持がわいてき  東京見物に出てき  自分もき  何しろエレヴェーターがき  深谷はすぐに帰ってき  ドアを開けて帰ってき  二階から下りてき  ように帰ってき  念が動いてき  哲學者といふき  聲波に即き  見えにき  ことを見てき  嵐はようやく静まってき  騒ぎが聞えてき  右ポケットから出てき  言葉が絶えず聞えてき  考えが浮んでき  めがあらわれてき  私はむしゃくしゃしてき  大臣に知らせてき  水兵を借りてき  影が見えてき  私は、残してき  眼に浮んでき  私の送ってき  有名になってき  霰が降ってき  戸口から片手を伸してき  国に残してき  希望が湧いてき  二三度繰り返されてき  人間ばかり見つけてき  数が次第にふえてき  真正面に見えてき  食事が運ばれてき  ものであるか、わかってき  議員を選んでき  ストラルドブラグに生れてき  欠点がふえてき  世界中を見てき  身体が弱ってき  一つ見えてき  これくらい、よく読まれてき  奥がぎくりと揺らいでき  きょう君にき  ひとつ君にくわしく調べてき  正体を調べてき  徹底的にあばいてき  夫人とが入ってき  方へ逃げてき  捜索隊がはいってき  頭痛がいよいよはげしくなってき  雲がでてき  通信室へいって頼んでき  顔をこわばらして入ってき  信号が入ってき  一たい、き  これまで通ってき  風がながれこんでき  室内に入ってき  麻綱をもってき  一しょに早くき  艇内にかえってき  日本語がはいってき  日が暮れてき  はじめますます陽気になってき  おまえのつれてき  ちゃんと持ってき  闇になれてき  急に赤みがかってき  間からきこえてき  ここへ運んでき  シュッと伸びてき  ケレンコがとびこんでき  水兵がはいりこんでき  中から一等水兵がでてき  のか、まだ帰ってき  水兵服をき  底が見えてき  水兵が入ってき  水兵は、またそっとひきかえしてき  彼のき  ためか、すこぶるごき  潜水兜をき  リーロフ大佐きたると知って、き  隊員たちが、ふわふわと逃げもどってき  吸血鬼がき  ケレンコが乗ってき  運転士が下りてき  酒びんをさげてき  潜水服をき  口中にながれこんでき  十分もってき  ことが、できてき  どんどんはいってき  潜水着をき  こっちへ逃げてき  方へ、すりよってき  わしのつれてき  僕たちをつれてき  前へのりだしてき  足音がきこえたが、いきなりとびこんでき  衛兵たちは、ぞくぞくあつまってき  神様こと三浦須美吉を引きたててき  ここへつれてき  中から、とびだしてき  それは、ごき  報告がはいってき  そのまますりよってき  匍いあがってき  活溌になってき  快走してき  生々と輝いてき  船橋に上ってき  生命の泉を飲んでき  見込みがつかなくなってき  必要となってき  役割りをもってき  繰り返し出てき  ますます重大となってき  気持がいくらかわかってき  夏服をき  註文を引受けてき  妻から今朝送ってき  国から取寄せて持ってき  敏子が訪ねてき  自分が持ってき  式で出てき  眼も少しかがやいてき  十二三からようやく現われてき  心が起ってき  男ぶりが上ってき  引締まって黒ずんでき  大抵は焦れてき  ように動き出してき  涙まじりになってき  反抗してき  不審にも思われてき  呪ふ可き  ふちまでき  音次郎君は、き  果肉があらわれてき  百匁がき  音次郎君がき  水あびによくき  水はひたひたとはいあがってき  ょう、き  上からパンツをひろってき  フットボールが飛んでき  だれか走ってき  元気よく近づいてき  ほかのものはもう、たいていき  うち、つい忘れてき  ひとりで帰ってき  電車道もこえてき  いやで、帰ってき  兵太郎君は帰ってき  乳房を抱えたなり少し静まってき  愛吉か、き  所謂、き  ぼんやり青白くなってき  おれの子でもないが、き  年を取ってき  ところばかり見てき  ななめにさしこんでき  いっしょにくらしてき  村が見えてき  戦いをしかけてき  空腹はいよいよやりきれなくなってき  おなかをさすって、おこって、き  偉力を現してき  ところが見えてき  目近にせまってき  物がはっきりしてき  雪はいよいよはげしく降ってき  人家が現れてき  火にあたっているので、たまらなくねむくなってき  心持ちがわかってき  だんだん弱くなってき  代わりにき  これもき  なに、き  籠めてき  却って詩形をき  娘は直き  中から流れてき  汗が滲んでき  色が現われてき  眼もなんとなしに潤うてき  ことが、著しくこたえてき  からずっと住み通してき  有様も出てき  夕汐があげてき  つて作り話化してき  沈黙を守りすぎてき  前のとは少しちがってき  ようにたたかってき  霜枯れをたずねてき  東京あたりから人がき  舟がき  ぼんやりとしてき  娘はふたたびあがってき  家が見えてき  すそまでおりてき  霧がふかくなってき  鵜島がめえてき  濃霧は次第にはれてき  いま万引をしてき  うちに、益々薄暗くなってき  彼女に最も醜く見苦しく思はれてき  声が飛んでき  自然らしく、浮んでき  中へ時々はいりこんでき  それから寒気がき  気持となって返ってき  小皿物を運んでき  ちょっと奥へはいって、暫くしてまた出てき  銚子が運ばれてき  それこそ、まづいにき  にわかに蒸してき  ここへ飛んでき  記憶がすっかり甦えってき  思いがこみ上げてき  街がさびれてき  ぎごちなく運んでき  これまで見てき  道具を見つけてき  目に見えて迫ってき  勢いでこみ上げてき  中には、考えてき  方ばかり、き  性急になってき  あまり立ってき  計代がでてき  一年ぶりで帰ってき  客にでもき  呼吸も聞えるだろう程せきこんで帰ってき  ところを切りぬけてき  お前が帰ってき  話が激してき  自分が見てき  ものばかり見てき  部屋を出てき  こちらに向って歩いてき  勉強したくなってき  時は全き  自分達の経てき  泉さんがいよいよき  発見をしてき  のだろう、なぜ訪ねてき  仲間に入ってき  無聊を感じずに過してき  彼女に迫ってき  下を潜って出てき  時雨てき  伸子は面白くなってき  二十八日に愈々立つと云ってき  ようにき  俺がかけてき  形となって滑りこんでき  まり文句として交わってき  目に再び映ってき  顔に吹きつけてき  瞬間がき  うちに輝いてき  食事をしてき  感情を貫いて現われてき  つぎにまた戻ってき  後にくっついてき  ほうへ駆けてき  間におりてき  記憶が浮かんでき  きが背すじにのぼってき  耳鳴りが起こってしだいに高まってき  ことが見えてき  中庭にはいってき  一人一人出てき  三十人ばかり出てき  光が落ちてき  かなとこを持ってき  光がまたさしてき  綱が進んでき  光がまた射してき  狂人たちとを見にき  なかにはいってき  私を訪れてき  典獄が訪れてき  老人がはいってき  はじめ連れてき  手が役立ってき  それから知合いもできてき  刑期をつとめあげてき  鎖を打ち切ってき  段も通ってき  一歩私に近寄ってき  弁護士をさがしてき  先刻彼が戻ってき  いつ戻ってき  魂からじかに出てき  ところへ連れてき  一人はいってき  深淵とが見えてき  家へはいりこんでき  順次についてき  私たちはじれだしてき  あなたの子供を連れてき  娘を連れてき  後ろから猫のように近寄ってき  十字架像を持って近寄ってき  ところへまではいりこんでき  ほうに駆けだしてき  ここに連れてき  とき裁判官に近寄ってき  なかから取ってき  生涯かじってき  健康が衰えてき  ときがひとたびき  法事でよばれてき  日がかげってき  それからこうき  むちゅうになって、歩いてき  日も、とっぷりくれかけてき  一ぴきついてき  犬がまだついてき  だんだんに、暗くなってき  犬が、のそのそついてき  ほこりをふきふき、もってき  犬が、のこのこついてき  犬めがき  きつねがつけてき  いつのまにか女にばけていて、今にも、きゃっといって、とびついてき  ものが、のこのこつけてき  鐘楼からおりてき  どこからついてき  わしについてき  ちゃんと、くわえてき  側に、直き  濁りがないので、直き  ウヰスキイを呑むと、直き  迷路をうまく選り通ってき  解答が出来たら、また訪ねてき  監視部から電話がかかってき  だんだん大降りになってき  記事を読んでき  のに飽きてき  燻製をもってき  君、よくき  山奥から急いで出てき  異臭を運んでき  異臭が重たくよどんでき  風呂敷包みを忘れてき  だんだん少年にはのみこめてき  お守りでも受けてき  のは、き  書類棚からおろしてき  少年には段々わかつてき  絵が出てき  笑ひを浴びせてき  心をき  まぐれこんでき  花園へともなはれてき  容赦なく降りこんでき  なつて戻つてき  なつて流れこんでき  身体を積んでき  奴等の乗り越えてき  なぞ入ってき  あたりはいよいよ暗くなってき  風をきって飛んでき  どこかで拾ってき  大変興奮してき  さが判ってき  ワナワナと震えてき  ミチ子が持ってき  女が近づいてき  そこへ持ってき  うるささと、軽い憤りとが起ってき  嫌になってき  身体中に、溢れてき  のを出してき  耐らなくなってき  内山が、入ってき  知らせにき  親しみさえ感じてき  上へき  町小田町へかかってき  士が、走り出してき  間から、走ってき  為に、出てき  悲憤して、滲み上ってき  怒りが生じてき  機を握んで、打込んでき  しか見えなくなってき  耳も聞えなくなってき  さが加わってき  目にき  満足を感じてき  パリがわかりかけてき  考えがほぼできてき  自分が送ってき  空気が黒ずんでき  いちいちがき  ものにめげない、いつもき  物音はいよいよ高く、いよいよものすごくなってき  二百十フランまでき  わたしはこわくなってき  イギリス語を話したので、すこしき  青みをもってはき  カピもいっこうき  戦争に疲れてき  限度も分つてき  つてでてき  先についてき  キッパリ答へてき  九州から出ばつてき  邸へ逃げこんでき  つて逃げこんでき  死ぬかも知れない怖れもまじつてき  是からもき  使いぶりとき  方へもってき  二つ三つ見え出してき  変になってき  門が見えてき  さっき馬車を残してき  ほと笑い出したが、とたんにき  ものが出来てき  窓を打つてき  谿からでてき  谿から出てき  読書法についても古来いろいろ書かれてき  教訓が絶えず繰り返されてき  試煉を経て生き残ってき  中にかえってき  急にハッキリ滲んでき  家から出てき  電車が近づいてき  魂が崩れおちてき  静かに流れてき  叫喚とが、ひっきりなしに聞えてき  煙がスーッと出てき  フーッと流れてき  急に追ってき  あとから一生懸命でついてき  熱さえ出てき  前後からだんだんと押しつめられてき  後から避難民が入ってき  調べに入ってき  宿に置き忘れてき  頭がボーッとしてき  力まかせにぶら下ってき  バタバタと追いついてき  針金が出てき  芋を貰ってき  途中で貰ってき  一時に出てき  彼の帰ってき  戸籍係へ行って調べてき  胸がはり裂けんばかりになってき  図浮んでき  そこに帰ってき  幕を押し開いて、集まってき  あたしムカムカしてき  前に飛びついてき  犠牲を払ってき  スーっと垂れ下ってき  たか、また引返してき  それを見たくなってき  井戸から上ってき  方に駆けだしてき  アメリカ旅行から帰ってき  空気がふっと漂ってき  彼に見えてき  汗がにじんでき  症状が起ってき  鼻についてき  受話器に伝わってき  茶の間に下りてき  方までまわってき  旅から役者がき  菓子屋から使いがき  ものを描いてき  看板屋へいって、呼んでき  苦労をなめてき  自宅へかえってき  下から吸いあがってき  ものを抱えあつめてき  ブンゼン燈などをあつめてき  彼は、あつめてき  光をおびてき  だんだん乾いてき  街で見つけてき  スープをさがしてき  前に帰ってき  ぴゅーっと飛んでき  八日目にかえってき  男がたずねてき  宿までき  面白いものではなくなってき  だんだん年もとってき  ようにたってき  だんだん高まってき  赤みがさしてき  広場に集ってき  趣を伝えてき  様子が呑み込めてき  そこここから湧き起ってき  度を増してき  物が触ってき  間胸に抱いてき  涙を持ってき  さが増してき  急に思い出されてき  うちだんだん川にもなれてき  あしあとなどが出てき  除草鎌を持ってき  まっ白に照ってき  上に載せてき  一度に出てき  一枚おいてき  枕をさがしてき  名で降つて来るにき  あれがき  私はまた直き  ぢや直き  幸福をうちやぶられてくらしてき  紋付をき  文句を、き  叔父達がき  キャタストロフがき  方へ近づけてき  不安心になってき  あとについてき  ように美しく澄んでき  こずえにき  賄ふ可き  私の見たでき  二人ころげこんでき  蠅もき  竹村書房から金も送られてき  んざすてき  奥から走り出てき  ドンブリを持ってき  ドヤ/″\とはいってき  女は戻ってき  米を買いだしてき  パンパンをつれてき  二人パンパンをつれて引返してき  パンパンがき  天變によつてき  もんだ、持つてき  引千切りしてき  さを感じてき  原因が、やっと解ってき  夕立なんかき  夕立を持ってき  平和に暮らしてき  検べてき  三日前手紙がき  見物は、ようやく沸き立ってき  空模様が怪しくなってき  雨を落してき  空を流れてきこえてき  家には、けっして帰ってき  真っ青に変わってき  それを抱えて喜びながら出てき  昔から肉体労働を続けてき  ぼくは買ってき  征服してき  落下してき  雨に煙るむこうに見えてき  飛行機で飛びまわって過ごしてき  連絡してき  自動車にむかってまっすぐに歩いてき  グレンを聞きにき  ゆっくり走ってき  車内に入ってき  気分も変えてき  ひとつ書いてき  東京が出てき  どこが出てき  具体的になってき  から一年間、愛しあってき  疑問になってき  内部に射しこんでき  電話してき  テーブルに持ってき  ふうにして生まれてき  飛行機で帰ってき  居間に入ってき  中央まで入ってき  新大陸に渡ってき  クライスラーがついてき  外に出てき  午後にふらっと帰ってき  近くまで持ってき  角度で射してき  西陽が明るく強く、射してき  西陽が入ってき  東から移ってき  ことばがきこえてき  遁げ戻ってき  遁げてき  一目さんに帰ってき  ように飛んで帰ってき  それをくわえて戻ってき  はんのき  東から移つてき  遁げ戻つてき  つて遁げてき  くわいて戻つてき  立場から批評してそのき  不平など起こさないで、き  から速達がき  時間がせまってき  輸入されてき  右往左往せしめてき  男が走ってき  公文書がき  水にぬれて駈けこんでき  小舟を漕いでき  危険に脅かされてき  本意として、ムッとしてき  力瘤が弛んでき  急にニコニコしてき  道庵が危なく転げ出してき  歌をき  舞台へ上ってき  何事とも知らぬながら、少しずつざわめいてき  上手から花車が押し出してき  花魁道中が練り出してき  姉さまはき  縁先から飛びこんでき  会堂へ持ち込んでき  潤太郎さんはき  先もき  俗世のき  草花にも洽ねき  アリーは喜んでき  人から電話がき  寐着にき  膝まずき  下から彼に縋りついてき  彼にもたれかかってき  様子が、やがて見えてき  眼眸は輝いてき  涙にぬれてき  多年守り通してき  胸うちにこみあげてき  実験にき  お礼を申し上げに行ってき  そこまで考えてき  絹が少しく動き出してき  愛好してき  東京へ舞戻つてき  ところまで出てき  ヴェランダに降りてき  みんなそこから出てき  人が出てき  本国から送られてき  ことが分つてき  その間にはまた、ちしや、き  膜ほど透けてき  俄かに転き  詮索ずき  十一ほほき  世までも、ほほき  鶯も、ほほき  権勢でつき通してき  大西洋からインド洋を経てき  米使節を迎えにき  君にわかってき  彼女自身が思ひ切つてき  姿に生まれてき  からすが降りてき  ふくろうが帰ってき  上に降りてき  報知を持ってき  ひばりが帰ってき  天国にき  有り様を一目見てき  下界を目がけて飛んでき  ものをもらって帰ってき  ようすを、つくづくと見てき  不安に感じてき  ほとりに帰ってき  妻が甦きかえってき  悩み通してき  ために死にもならず、生き存えてき  欲が出てき  興奮してき  急に寒く、がたがたと震えてき  実行してき  機会をもたないでき  このごろ大分大人びてき  腹がへってき  立ちのき  私もどうやら酔ってき  方へ吹きよせてき  家に戻ってき  チシャを少し取ってき  僕ぁ、き  處まで見き  俺らとき  増しに増してき  面が少しく釈けかかってき  ワナワナ震えてき  眼がキラキラと光ってき  増長してき  場合になってき  どこからともなく聞えてき  方から静かに吹いてき  何となく恐ろしくなってき  室から出てき  客間から出てき  シュザンヌもやっと駆けつけてき  警部が駆けつけてき  時ジェーブル伯爵が出てき  判事たちを乗せてき  巡査が帰ってき  帽子屋に逢ってき  今朝我々を乗せてき  だって僕が入ってき  馬車を雇ってき  邸へ集ってき  伯爵も出てき  自動車で帰ってき  ガニマール探偵が入り込んでき  ところへ尋ねてき  形勢は悪くなってき  そこへ駆けてき  下男が持ってき  道を帰ってき  危険が迫ってき  書記が入ってき  少年に差し向けながら進んでき  警官を連れてき  手紙を持って戻ってき  ことを調べてき  シャートールー村へ入ってき  手紙が廻されてき  自動車で連れられてき  医者を呼んでき  鍵を持ってき  ショルムスをまた送り返してき  時乳母が駆け込んでき  近くで聞えてき  荷物を持って出てき  段から逃げてき  仕度が出来たといってき  にのぼってき  ルパンは駆けてき  人影が飛び出してき  傍へ寄ってき  天地乾坤を睨めまわしてとりあえずつかまえてき  外から拾ってき  配合物を見出してき  ふうに言ってき  にわかに近よってき  朔風が落ちてき  三句抜き出してき  弓を取り出してき  植物をもってき  ところに飛んでき  ぐづぐづになつた帶を解いてき  つて行くにき  芳はき  方でもつまらないにき  一つになってき  内容になってき  ままにき  形をとってき  名も変わってき  形に変わってき  前までつづいてき  語をもってき  注意は深くなってき  反撥せしめるにき  せいは帰ってき  子を造るまいと思ってき  のだが、すぐまた逃げだしてき  上野駅まで送ってき  下宿に帰ってき  血相を変えて、突かかってき  それもできてき  自分にはしてき  鎌倉から出てき  気持にさえなってき  自分として持ってき  鶯の鳴くや小き  友人が訪ねてき  作家にき  大体そうなつてき  縁に近寄り、き  方向してき  中に割込んでき  近頃ますます、ひどくなつてき  段になると、き  結論との全き  鵜殿が素早く連れてき  のが飛び込んでき  ひとり舞ひ込んでき  ブルースをき  定むべき  のはよかったが、き  勉強してき  拍ちて、き  餅を貰ってき  いふ人達は、き  ものがましてき  ことでなくなってき  非常に誤ってき  仕事と段々に分れてき  昔と違ってき  今日ではなってき  非常に違ってき  閉鎖的になってき  喜びにき  貨物車に乗せられてき  目が開けられないほどなので、又、引っ返してき  クリスマスに来たいと言ってき  一人で帰ってき  空気銃でも持ってき  懇切に書いてき  豆も、き  米や、き  場所を見てき  太陽の下に苦しんで過ぎてき  出立してき  こと騎つてき  のが、き  ものが降りてき  アタフタ駈けてき  梯子を持ってき  蠅が生れてき  ズカズカと入ってき  陽がさしてき  気力が浮んでき  蠅が飛びこんでき  窓から飛びこんでき  窓から逃げこんでき  ように恐ろしくなってき  躙りよってき  あたりから聞えてき  歇むべき  不安に感ぜられてき  眠気がさしてき  人が新しくはいってき  呼びだしがき  平あやまりにあやまって連れてき  娘がひょっこり戻ってき  身体のき  重にめぐってき  腿にき  日本に舞い戻ってき  慎重に、尋ねかけてき  匂いがしてき  のを思い出して、帰ってき  遊びに行って、戻ってき  軍服をき  杉本を訪れてき  ことも、いろいろ出てき  お世話になってき  ところへ飛込んでき  首に飛びついてき  英子が帰ってき  それから、分ってき  夜気が流れこんでき  女として育ってき  現場に落してき  色はいきいきとしてき  十月頃奥山から出てき  期がき  海からさかのぼってき  上流から下ってき  源氏物語にも出てき  重要性を帯びてき  列がゆきき  迂回して行われてき  それを焦き  保護者であるように思われてき  一時に心弱くなってき  さまが見えてき  醒むべき  攻むべき  平氏に反き  偉観をき  田舎合子の、き  軍属が集まってき  血が流れだしてき  滑稽にさえ思えてき  仕事机から戻ってき  菓子を持ってき  から、釣ってき  魚を釣ってき  釣りに出かけてき  魚も寄ってき  骨肉にしみこんでき  あとからあとへと起きてき  奥から飛んで出てき  下駄をはいて上ってき  自動車にのって駈けつけてき  一人が帰ってき  下に落ちてき  中から落ちてき  そのまま上から摺り落ちてき  お前ちょっと水を汲んでき  室内へ入ってき  傍によってき  一つ打ってき  室内に飛びこんでき  室内へ滑りおちてき  紅茶をはこんでき  なかから出てき  看護婦がとびこんでき  村松検事は帰ってき  若い男女が訪ねてき  ドクトルは帰ってき  上申するといってき  大広間へ忘れてき  ちょっとみてき  急ぎ足で入ってき  村松検事が帰ってき  ものがスーッと飛んでき  二階から転げ落ちてき  お松が駈けつけてき  心は本当に落つきを取り戻してき  二階から降ってき  猿が入ってき  入口から這入ってき  望郷病が起ってき  近よってき  電話が懸ってき  帆村もすこし焦れてき  風がスーッと入ってき  往来へでてき  ように冷えてき  車体が見えてき  次第次第に上ってき  さっき二人が乗り捨ててき  風を切って落ちてき  勢いで落ちてき  呻りを生じて落ちてき  音響が聞えてき  奇人館にひょっくり帰ってき  奇人館に帰ってき  眼から入ってき  方角からどうして飛んでき  響きが伝わってき  宝塚に帰ってき  憔悴して帰ってき  さっき帳場で渡されてき  誰が持ってき  ホテル外から懸ってき  許しをえて、持ってき  なかに流れこんでき  雑音が聞えてき  そこへ上ってき  トントンと飛びこんでき  部長の連れてき  函が見えてき  こっちへ近づけてき  横合いから出てき  たんねんに見てき  位置へ帰ってき  法曹クラブに訪ねてき  心配が湧き上ってき  手洗所から出てき  脂汗が滲みだしてき  どこから掛ってき  室を出てき  まま飛び出してき  穴からヌッと出てき  父親ドクトルに連れ立って会いにき  伝言をもってき  帆村に迫ってき  辛辣になってき  坊主枕を送ってき  方に駆けよってき  警官が帰ってき  今夜入ってき  ドンドン湧いてき  搦みついてき  そうに疲れてき  ザブンと飛びこんでき  ように猛き  寒い寒い何だかいやに寒くなってき  纒をき  処から華表木を取りにき  禍が及んでき  それは買ってき  つたやうすをしてゐましたが、き  四方から杯が集ってき  それに次第に馴れてき  冷淡になってき  頭にからみついてき  中から、ぼーっと浮び出してき  中に飛びこんでき  おなかがへってき  ものに生れてき  悄気てき  気候になってき  手紙を届けてき  眼が、ようやく冴えてき  道庵も少しは慣れてき  心を押えてき  ところへ少しばかりき  雨で、しだいに解けてき  呻吟が聞えてき  下に呼んでき  論争を続けられてき  属性のごとく取扱われてき  内容に変ってき  顔も変ってき  日露戦争以後において初めて徐々に起ってき  今日まで見てき  間鬱積してき  勢いをもって増してき  説話に傾いてき  だんだん暗くなってき  二つ持ってき  玉が出てき  つづらにしようといってもらってき  方ももらってき  門をあけて出てき  二つ出してき  ショッパイ味覚がさっぱり忘れられてき  あれこれほとほと上菓子には飽きてき  江戸時代から轉化してき  魂がぬけだしてき  胸が痛んでき  腑に落ちてき  朝暾が当ってくると、堪らなく眠くなってき  物語が、よく出てき  何にも知らずに育ってき  事業を助けてき  混乱してき  薄らと、翳ろってき  皮膚へも、息苦しく伝わってき  かな眸が、にっこりとのぞきこんでき  展開されてき  水勢も、いよいよ増してき  代り今度襲うてき  声が、響いてき  自制心ばかりが湧いてき  父からの手紙を齎してき  視界に入ってき  手足が汗ばんでき  姿が、ありありとうかんでき  事情が異なってき  甲斐もなく、暑くなりかけてき  寂寥を伝えてき  眼に入ってき  気が起ってき  俤が映ってき  大分傾いてき  差し支えそうになってき  寂寥が襲ってき  胸に忍び寄ってき  胸に迫ってき  しか持つてき  お家から姉さんが、呼びにき  姉さんと探しにき  化が出てき  近くまで刈ってき  人形が出てき  ひじょうな勢で走ってき  たしかに向うから汽車が走ってき  うちに近よってき  車輪のひびきまで聞えてき  一人おりてき  汽車からおりてき  足どりで歩いてき  何をき  バキチ、き  興の生じてき  つた機がき  ことが多くなつてき  非常に多く集つてき  ように飛び出してき  私が入ってき  帝都へ入ってき  ここへずかずかと入ってき  編集員が出てき  函から出てき  返事してき  気がゆるんでき  思いが湧いてき  所が、越してき  何となく気にかかってき  気がしきりにしてき  一方に萌してき  一度家に帰ってき  からまた戻ってき  隣家へ飛び込んで、そしてまた飛び出してき  羽織を貰ってき  頭に上ってき  頭痛を感じてき  心地がしてき  ぼんやりと見えてき  方からだんだん目近に見えてき  足音を聞いて出迎えてき  何処からか吹き送ってき  妙につまらなく馬鹿馬鹿しくなってき  ところに、このうんき  一緒にこみ上げてき  柚太が探してき  教授が戻ってき  時代を続けてき  明日、持ってき  彼女が持ってき  写真に撮ってき  ローリーを借りてき  音がいろいろ聞こえてき  仕事だけをしてき  かたがいらしたら、まず喋るか書いておきたいと思ってき  どんどん興奮してき  ありったけ買ってき  どこから手に入れてき  ぜんぶ戻ってき  自分で作ってき  出題されてき  部屋を見てき  涼しい風が出てき  活動として認められてはき  部屋として使ってき  ときに越してき  両親と引っ越してき  仕事にしてき  リズムが入ってき  三枚とももらってき  ひとりで住んでき  これまで住んでき  方向が少しずつ見えてき  舞子はずっと住んでき  歳になって、少しだけわかってき  ことを書いてき  台所で飲んでき  ロールを買ってき  体ひとつで生きてき  それまで続けてき  それまで考えてき  相手がき  手許へき  ところもなく、ゆるゆると歩いてき  社務所へき  硯箱を持ってき  八蔵爺さんを呼んでき  酒を少々買ってき  摘み物を買ってき  褌を忘れてき  ちょっと二筋ばかり買ってき  絵馬堂を捜してき  森山繁之助などが、ぽつりぽつりと集まってき  森五六郎の携えてき  これを持ってき  絵馬堂へ戻ってき  印半纏をき  肉さかな、き  私の全き  肚がたってき  塊となってくりこんでき  暗闇が押しよせてき  後部車掌が報せてき  如く析出してき  大学院を出てき  喜見田が入ってき  証拠が上ってき  曲線図を抱えてき  姿で、生まれてき  薬をさがしてき  清水を持ってき  辺にき  我が家へ帰ってき  後も通ってき  お稽古にき  女房をつれて戻ってき  垣根から侵入してき  如くに逃げこんでき  我家へ戻ってき  いつごろどこから這入ってき  外を歩きまわって這入ってき  勇気が湧いてき  家へなぜ逃げこんでき  防空頭巾が落ちてき  真上へ落ちてき  頭上めがけて落ちてき  十字路へき  一面にふりかかってき  老幼男女が駆け集ってき  巡査がき  外套もき  ジャケツもき  夜が白んでき  名にこそき  得へき  こちらへ歩いてき  魚を捕らえてき  中から走りだしてき  飄然として帰ってき  中から急ぎ足で出てき  から持ってき  巡査は頷いて出てゆきましたが、しばらくすると帰ってき  家へ忘れてき  留吉がひょっこり帰ってき  実験室を訪ねてき  人が集まってき  しりと歩いてき  それを取りにき  年を聞きますと、き  勢猛き  衆生は、き  これにき  階級的と思われてき  時代は、まだき  長年ブルジョア女性解放論者によっていわれてき  必要としてき  痛感してき  田舎から出てき  先に帰ってき  光子さんがき  鉛筆を買ってき  鉛筆を持ってき  自分についてき  空が低く下りてき  お母さんが、降りてき  返事をしなければ、また、下りてき  木の下に集まってき  旅して、そして帰ってき  女性も交えて、集ってき  釣竿を借りてき  客が上ってき  僕を尋ねてき  足音をぬすんで駆け寄ってき  ものが、伝わってき  角はいよいよ気味が悪くなってき  面が曇ってき  いどころが悪くなってき  幾つも現われてき  心配にもなってき  私はぞくぞくと凄くなってき  面が凄くなってき  終点から直き  本邦へき  呼吸が苦しくなつてき  女たちにもててき  午前中に忍び込んでき  念が高まってき  山岸がふらりと帰ってき  出先から戻ってき  軽井沢に立ってき  家まで携えてき  合唱が洩れてき  中から聞えてき  教会に集まってき  教会から出てき  不思議に思えてき  じゃがいも畑まで、流れてき  仲間をどっさりつれてき  言葉は、こんなふうにき  処まで来ると、き  襟をき  さに気づいてき  忿怒を通り越して生きてき  権利はもうないにき  自由さがあるにき  伊達締めをき  評判が高くなってき  人が入ってき  参観に入ってき  見物人は入ってき  三十九号室へ入ってき  一番前にのりだしてき  どきどきしてき  顔を赤くして、とんでき  ところへ引返してき  回転椅子を持ってき  へとへとになり、もう暗くなってき  幾つか浮び上がってき  こっちにき  私を迎えにき  波打ちぎわにこいでき  自分を迎えにき  遠くから持ってき  方に傾いてき  漂つてき  野郎また捕つてき  ユカタをき  オゴリにき  年齢からき  中に映ってき  光線がもれてき  着物を造ってき  じきに持ってき  小母さんがもどってき  ここまでもどってき  私が探してき  家にもどってき  腕も出来てき  むら気に近づいてき  ホテルまで帰ってき  モスクワへき  艦隊がき  底光りがしてき  疑いがかかってき  盛大を極むべき  君に反き  刑事は反って絡みついてき  左右から肉迫してき  身体を擦りよせてき  貨幣が出てき  金貨が出てき  金貨はまだまだ出てき  私はイライラしてき  階下から響いてき  東京から連れてき  陶然と酔ってき  爺さんが入ってき  ところへ押し寄せてき  横浜へ流れてき  縄張へ切りこんでき  方から響いてき  やつぱり法被をき  治むべき  情尤も惡むべき  ホテルへき  退屈でやりきれなくなってき  しろへき  下着をき  ゴルファーがき  ブラウスをき  社交室へはいってき  やつがはいってき  無理に誘ってき  可哀想になってき  父さまからいただいてき  新聞をとりに入ってき  胸がいっぱいになってき  槇子は、き  キャラコさんが入ってき  叫び声がきこえてき  鼻から漁船が漕ぎ出してき  遽かにざわついてき  誰が見ても変ってき  當然務むべき  誰にき  なんども持ってき  眼にたまってき  調子に乗ってき  大胆になってき  座が興に入ってき  邸へ帰ってき  抱え蒼くなって帰ってき  森川夫人から電話がかかってき  新聞記者がつめかけてき  クッションを持ち出してき  紅茶を持ってき  真っ赤にして帰ってき  気持が沈んでき  ように思われ出してき  山本氏がうらめしくなってき  キャラコさんは、すこし悲しくなってき  不愉快になってき  外套を持ってき  嫌気がさしてき  演壇あがってき  悪意ばかり眺めてき  ことがいかにも果敢なく思われてき  遊びをしても直き  しろに迫ってき  だんだん縮まってき  苦労をつづけてき  おもしい足音が近づいてき  なかへもどってき  四人がしょってき  ドキドキしてき  小屋へ帰ってき  やっこらしょと下げてき  あたし、行ってき  鉱石をひろってき  山下氏が、立ってき  全部かぶってき  彼もふらりと立ってき  不安が湧いてき  さきに入ってき  ように飛び込んでき  上甲板でお待ちかねです、といいにき  射撃台から降りてき  闘志が湧き起こってき  ようにしてはいってき  まらなくなってき  舷側へ出てき  しろを振りかえって見ると、いつの間にはいってき  ところへでしゃばってき  枕をかかえてき  熱が出てき  友情が甦ってき  玄関へ走り出してき  ボンヤリしてき  ところへもってき  窓から飛び込んでき  ようにして浮いてき  義務になってき  扉を開けにき  のですから、帰ってき  ヴァイオリンを持ち出してき  足音がきこえ出してき  穴から飛び込んでき  寝息がきこえてき  世界から帰ってき  穴からはね出してき  こんど磁石をもってき  こんにちは、ごき  ぼんやりとわかりかけてき  怖気がついてき  小雨がおちてき  輓いてき  ベンチへ帰ってき  馬車が見えだしてき  ものが突っかけてき  空席をき  お針を呼んでき  胸和ぐる心地すに、暫しき  狗かくれき  頤瘠せてもつとむべき  足音低く歩みき  靈魂くだりき  照斑あをき  目の敵になってき  人が殖えてき  てっこう、き  ものが、どっとわいてき  お客のごき  から駈けてき  房枝の入ってき  客もでてき  電文をうけとりにとびこんでき  席をたって集ってき  のか、また戻ってき  船員がおりてき  船長が入ってき  爆弾がふってき  船長さんがもってき  とこへかかってき  ところへ、かかってき  看護婦がもどってき  あいつを引っぱってき  室内にとびこんでき  しろからはいだしてき  ここへ上ってき  何なりといってき  ところまで、もどってき  ところへあつまってき  だんだん疲を感じてき  眠気をもよおしてき  うえから腹にまきつけてき  のが、わかってき  無事に持ってき  向こうからころげこんでき  苦心をして、とってき  運命に、ひきずられてき  こっちへ向けてはしってき  お客が押しよせてき  金が集まってき  届物屋さんが持ってき  女の子が、かけこんでき  スミ枝がかけこんでき  枕もとへき  枕もとにき  改札口から駅前へとびだしてき  男が、とびだしてき  のだぞ、さあ、持ってき  なんだ、き  婦人が入ってき  ボーイが、とんででてき  中からとびだしてき  相手が出てき  自分のもってき  広間へ下りてき  空気が入ってき  苦心して持ってき  ちょっと曲馬団へかえってき  ニーナが追ってき  附近までき  運転してき  様子を見に戻ってき  ため、ばらばらとかけつけてき  ここへかえってき  脅迫状がき  上から師父ターネフが、いそいで下りてき  こんど内地へかえってき  ように持ってき  たくさん落ちてき  自分のものを選って持ってき  ものも持ってき  つもりで、持ってき  方が持ってき  横町からとびだしてき  隊員がふえてき  煙草店から出てき  鼻紙一帖とをもってき  線香をもって集まってき  スミ枝が取りかえしてき  ここへ運ばれてき  ターネフ首領邸へ、こっそり帰ってき  中へとびこんでき  ほうびをもらってき  気がわいてき  方にぶつかってき  疑問がわいてき  カラカラときこえてき  胸にぴたりとき  方からまた聞こえてき  節を帯びて聞こえてき  手綱を引っぱって戻ってき  茶店で聞いてき  馬を駆けさしてき  生活気分が次第に乱されてき  気持ちが少し変ってき  書物が送ってき  文学雑誌など買ってき  馬を借りてき  人は直き  無数に集ってき  日に著けき  ごとに、太く絶え、細く続き、長く幽けき  留むべき  何処からか洩ってき  香魚は大きい、とってき  伊勢から訪ねてき  車屋がすぐ引返してき  紐でしばって着てき  女が這い出してき  俥に乗せてき  炭がき  日秋山先生が訪ねてき  皮へ包んでき  みんなが持ってき  女中が持ってき  弁当を持ってき  火事と間違えて駈けつけてき  顫えながら出てき  秋山先生がそっと送ってついてき  根がけにかけてき  油をつけてき  試むべき  熱心に聴きにき  ものを担ぎ込んでき  競売に立会って、せりおとしてき  から帰ってき  巻紙へ書き出してき  ガクガクして飛んでき  からあつまってき  忠実に雇われてき  謹しやかに通ってき  弟子が出来てき  番がき  棺から出てき  ぼんやりとうつってき  姉娘も帰ってき  ことを言って、もってき  小判で重いのに、包んでき  祖父が帰ってき  戸板をもってき  燃てき  蝶をつかんでき  家を訪れてき  何艘となくはいってき  ように、帰ってき  部屋も段々明いてき  肩衣をもってき  唐人髷に結ってき  何処からか聞きだしてき  女隠居が出てき  他から帰ってき  汐潮があげてき  かく着物をき  祝いにき  消毒薬のかざは流れてき  背中がはげてき  幾個かがき  羽織を着てき  訴訟を頼んでき  山高帽子をかぶって出てき  一人となって吐きだされてき  屋上庭園に上ってき  プロマイドを買ってき  字から訛ってき  屋上に上ってき  モーニングをとりだしてき  秘密を残してき  唇を漏れてき  彼を襲ってき  彼女と別れてき  情景にかぶさってダブってき  だんだんいらだってき  咽喉につまってき  彼にかかってき  ボックスを漏れてき  匂いが漂ってき  出獄してき  自分が残してき  入口から出てき  爽かに流れこんでき  春が巡ってき  方から出てき  用心して入れてき  ものも続々はいってき  お湯にいってき  身体がふるえてき  気さえしてき  脚立をかついで駈てき  ものをはこんでき  ときこえがいいが、覗いてき  背広を着てき  大森に移ってき  文学から起ってき  無産派文学が興ってき  争論を繰返してき  解説に這入ってき  一貫してき  傾向してき  優勢になってき  叙述してき  倦かれてき  特色を考えてき  退屈してき  皆道に迷って帰ってき  道を失って帰ってき  これを忍んでき  礼服をき  一攫千金を夢みてき  太平洋に移ってき  連中から贈ってき  男の子を生んでき  家中を見てき  祖母がすっかりすましてき  焦燥ってき  派出されてき  江戸まで出てき  一文獅子を引っぱってき  早朝電報がき  数日後少女から手紙がき  それを受取りに訪ねてき  玄関から駈け込んでき  賤しめられてき  ももだちをとって連れてき  姪をつれてき  中にばかり育ってき  絵双紙屋から頼みにき  人がよく傭われてき  男が飛び出してき  女郎が尋ねてき  お供をしてき  贈りものをもってき  内密で読んで、直き  道楽息子が直き  時機がき  娘だといってき  ことも、そのよってき  鯰の子を捕えてき  花を取ってき  巻葉が出だしてき  はじめ家に帰ってき  蕾が伸び出してき  女中がもってき  燗してき  挨拶をしてき  中でくりかえして帰ってき  なかから貯金をしてき  ふいに訪れてき  都合してき  金に困ってき  上にかぶさってき  方々にかさんでき  お金をこさえてき  腹が空いてき  不意に訪れてき  眼付で、いきなり尋ねかけてき  追及してき  胸に伝わってき  家から電話がかかってき  ように、かかってき  想像がついてき  証書を貰ってき  ききにだしぬけに訪れてき  こちらに帰ってき  侵略をこうむりつづけてき  非常に異ってき  島人に聞けばき  しめの、大体き  かおにとかにき  看護服をき  叫びによつて駈けつけてき  遇はせてき  突立ってき  あとから追いかけてき  心が悶えてき  だんだん増長してき  色が変ってき  ように紅く見え出してき  静かになってき  声がうるんでき  神尾主膳はなんとなく焦れ出してき  いらいらとしてき  調子に変ってき  夏がめぐってき  難関に立たしむべき  気にして暮らしてき  頭を悩ましてき  自分の考え惑うてき  殆ど無視されてき  圃へき  ところもわるいでき  のをよって持ってき  精彩を加えてき  二人で歩いて居たらばき  神だけはき  唱へてき  本を持ってき  心がやわらいでき  中年男が近づいてき  一銭持つてき  晩飯にき  話題はいつもき  享楽もき  紅足馬さんから貰つてき  霽れてき  かまきりついてき  五六里歩いてき  街にき  バクチにまけてき  めばおちてき  めあてにき  一本を提げてき  もの提げてき  間へき  二三歩ついてき  雨にぬれてき  足跡つけてき  こんど熊本に戻つてき  具体化してき  身に即き  年賀状がき  金峰山も晴れてき  誘惑からのがれてき  買はされてき  ぬかるみをき  悪夢にき  酒壺洞文庫から借りてき  ふつてき  ボテフリがき  燠を持つてき  道がしぐれてき  危険を持つてき  晴着をき  婦人が寄つてき  ふるさとにき  ばたり落ちてき  りかへしてき  ためにも覚えてをき  水に活けてをき  東京から歩いてき  まことにき  君がいつてき  虫が走つてき  たまが澄んで冴えてき  頭がいたんでき  山ふかくき  づれ筍うりにき  石ころとを拾うてき  水のみにき  天候もき  ぼくはえてき  ふるさとちかうき  旅から戻つてき  空からころげてき  八月廿四日晴れてき  散歩で摘んでき  風にうつりき  二把買つてき  川棚から小郡へき  木の実うれてき  乳母車押してき  中を歩く、持つてき  やうやく晴れてき  樹明君が持つてき  せつかく売りにき  井生君から貰つてき  好意を持つて、持つてき  蜊貝をどつさり持つてき  神保さんが借りてき  つぶらに色づいてき  唐辛を持つてき  飯の煮えてき  キヤルメラふいてき  筍をひきぬいてき  十個ばかり盗んでき  のだから、むしろ拾うてき  人間がき  新聞を持つてき  かなぶんがき  花を見つけてき  禅海坊がひよつこりと訪ねてき  庵にき  ほげばぶらさがつてき  一株ひきぬいてき  キユウリとを送つてき  心はうごいてき  七月九日晴、晴れるにき  月かげながうひいて戻つてき  朝月暈をき  いつしよに、だいぶ酔うて戻つてき  いちにち歩いてき  トマトも色づいてき  御馳走を持つてき  腹が立つてき  悲痛のおもひがこみあげてき  逢つた屑屋さんを引張つてき  青葉ふみわけてき  けふまでは生きてき  たくさん雀がき  酒買うてき  餌をもつてき  雀もき  いぬころ草もほうけてき  木炭を持つてき  奥からもらつてき  此地方へ出かけてき  帰つてまたき  大根を拾うてき  早天、酔うて倒れこんでき  洋服姿が出てき  坑口から出てき  今日は歩いてき  万年筆を忘れてき  昨日忘れてき  つた、忘れてき  おばあさんまで出てき  おばあさんも出てき  山蟹のき  うちに晴れてき  一杯持つてき  独壺さんがき  蛙とびだしてき  いやにき  女にき  趣を加えてき  回想してき  ホトホト米友を憎らしく思いだしてき  村について悩んでき  つばめは飛んでき  行つたにき  仕業にき  マッソンにき  断頭台で殺してき  これまで、罰してき  人みたいに見えてき  執権殿そッくりに見えてき  内裏から御供してき  眼にも見てき  さっき別れてき  天子に、つねづね侍き  面白う見えてき  道誉のごき  上杉家から嫁いでき  役目をおびてき  並び栄えてき  慎みに服してき  宙を飛んでき  機に入ってき  恩にき  誰が運んでき  朝も待たずに訪れてき  日帰ってき  怺えてき  足利弱小化を、計ってき  高氏に告げてき  高氏は突如、不き  疲労をたたえ初めてき  手を打って、き  犬神のごき  奇声で、き  君公のごき  妹を娶ってほしいと申し入れてき  眼はつり上がってき  注意してき  から、ひときわ熟れてき  中で揉まれてき  ちゃーんと見極めて帰ってき  支へてき  奥義をき  ところから何も出てき  そこから生れて育つてき  代物ではないにき  手紙をよこして、来いと言ってき  少年が出てき  趨ってき  僮子が入ってき  老人が入ってき  教科書として出してき  琵琶を持ってき  侍女が入ってき  看病にき  父もき  中へもりあがってき  すっきりしてき  母はひどく悦んで出てき  嬌娜がまたき  人々を呼んでき  横ざまに降ってき  松娘が出てき  息を切らして走ってき  のにき  昔のつつをき  公園に残して、き  鉄砲を持ってき  想念が湧いてき  悪魔的になってき  平坦になってき  馬車へ寄ってき  おまえを捕まえてき  急に勇気づいてき  鼓動が激しくなってき  集中してき  山時雨が襲ってき  底はふたたび明るくなってき  動悸を打ってき  正勝がのっそりと歩み寄ってき  厩舎を目指して帰ってき  平吾が駆け寄ってき  松吉が走ってき  そこへ寄ってき  から心配して出てき  松吉は戻ってき  赤酒を持ってき  耳朶を襲ってき  父さまを呼んでき  身内へ飛び込んでき  お袋は、き  から邪魔になってき  内地から移住してき  心臓は酷く痛んでき  目が熱くなってき  一端を結びつけておいて、下りてき  上に揚がってき  中へ進んでき  ベッドへ寄ってき  蔦代が入ってき  死骸を抱えて入ってき  死体を抱えて、ふたたび戻ってき  正勝はそう言いながら戻ってき  紀久ちゃんを追いかけてき  書置きを見て、連れ戻してき  着物を持ってき  婆やが出てき  沈黙が割り込んでき  外套を持って戻ってき  土間へ下りてき  近くに寄ってき  ほうへ飛びかかってき  部屋まで逃げてき  おれが入ってき  用意をしてき  口が利けなくなって帰ってき  悪魔になってき  自転車で寄ってき  気持ちさえ加わってき  心臓に食いついてき  急ぎ足に寄ってき  風にして育ってき  塩辛を運んでき  酒を運んでき  酔いが回ってき  敬二郎が入ってき  生意気になってき  勢いを得てき  紅茶を運んでき  紀久ちゃんが帰ってき  ほうへ出てき  前に駆け戻ってき  殺気を帯びてき  奴が駆け込んでき  路上へ出てき  怨情をさえ含んでき  耳へでも入ったら、き  ように丸くなって飛んでき  歩度を緩めながら追いついてき  中へ深く入り込んでき  きり持ってき  胸はしだいに激しく疼いてき  目は、いつの間にか熱く潤んでき  まま帰ってき  皮を持ってき  三郎爺がよろよろと立ってき  自分で持ってき  テーブルへ寄ってき  静かに入ってき  大金を持って駆けつけてき  憂鬱とがなおひとしお激しくなってき  紀久子が出てき  真っ赤に焼けてき  間へ割り込んでき  紀久ちゃんが出てき  腰を屈めながら入ってき  何を言ってき  声はしだいに啜り泣きになってき  彼女は間もなく戻ってき  ばたばたと駆けつけてき  切つて飛んでき  襲撃してき  心臓にき  部屋着を抱いて戻ってき  風景がよろめいてき  道から管理人が出てき  石倉が戻ってき  男が、ゆっくりと出てき  ロッジに入ってき  広間へ入ってき  いま広間へ入ってき  広間に戻ってき  広間に入ってき  そばに寄ってき  泳ぎ帰ってき  中から拾ってき  伜が持ってき  フラリと出てき  まともに落ちかかってき  前庭に走りこんでき  ジープがついてき  そばへ飛んでき  それだけにうちこんでき  広間に辷りこんでき  いま湖水からあがってき  井戸水を汲んでき  畑中刑事が入ってき  自殺するというので、おどろいて飛んでき  ブラリと入ってき  一時間ほどして帰ってき  ブロムワレリル尿素が出てき  ケースを持って入ってき  波を挙げてき  身内に淀んでき  頭脳がひどく鈍ってき  精気づいてき  頬に上ってき  横顔が、次第にまざまざと浮出してき  真実になってき  覗き込んでき  口を尖らせて見返してき  底で湧き立ってき  坊やを連れてき  関心を覚えてき  タクシーで帰ってき  薄黒く冴えてき  へん立派に目立ってき  眺むれば幽けき  高石老人が集めてき  友人から借りてき  飄然と帰ってき  窮屈になってき  から、はっきりしてき  ように透いてき  方へよせかけてき  帯をしめてき  中にばかり生きてき  女中は運んでき  支那から帰還してき  席へ戻ってき  帰国してき  ことに気付いて、それとなく闘ってき  一人連れてき  山をのがれてき  駒井の携えてき  一時にざわめいてき  何かをき  陽気になってき  眼が利き出してき  熱を帯びてき  眼にものいわせて、き  片手が伸びてき  高氏は、いっこう違ってき  智恵に磨かれてき  高氏、き  高時が強いてき  あいさつ致さんと挑んでき  道誉が分りかけてき  だって、き  一ト太刀をまず浴びせる、き  姿において、ほむべき  勢力がもりかえしてき  ドンドン持ってき  色がだんだんと濃くなってき  だんだん濃くなってき  口笛が響いてき  少年が駈けこんでき  バタバタと近づいてき  ドヤドヤと入ってき  内地へ帰ってき  刑事が入ってき  奥からでてき  砕片がバラバラと墜ちてき  二つ三つ入ってき  前にとんでき  口笛が聞えてき  中から飛びだしてき  紹介状もってき  ギリシアから紹介状をもってき  赤星ジュリアが近よってき  傍までき  青竜王は起き出してき  覚悟をしてき  宝石が出てき  日記帳から破ってき  頁を破ってき  それは出てき  前を繕ってき  給仕が入ってき  紙片がでてき  ワッと上ってき  視界を遮られてしまったのでやむなく下りてき  許に懸ってき  ヌッと出てき  遠征してき  大江山捜査課長とが入ってき  君を庇ってき  苦労を重ねてき  辛棒してき  みんな用意してき  気味わるくなってき  人を殺してき  孫四郎を迎えにき  死期がき  自然に上ずってき  晩屋形から早く戻ってき  ちょっといてき  山から帰ってき  明麗になってき  通りに出てき  宿に戻ってき  流行してき  往てき  一緒に持って出てき  水を汲みに出てき  京都から携えてき  こっちへ集まってき  熱気があがってき  中から海図を出してき  少年がとび出してき  所を訪ねてき  その男が訪ねてき  貴島、どうした、き  タミ子は、き  氣持はハッキリき  買いものもふえてき  感じを与えながら迫ってき  外へ向けてき  設置しかなくてき  ことがはじまってき  らに出てき  樹明兄を訪ねてき  字がまた見えてき  一しよに包んでき  山風が、さつとふきおろしてき  遙けき  昨日はありにき  髪は散りにき  ばらばらにほごれてき  紳士を引張ってき  それを聞くと飛出してき  掴えてき  元気が湧き上ってき  海から飛んでき  波をき  頬までぼっと温まってき  殿上に仕えてき  曲者を、き  憎悪に変ってき  同情をよせてき  キラとしかけてき  暮れ沈んでき  げッそりと削げてき  地位を、築いてき  爺もき  そちが、き  今日出てき  検察がき  鎌倉から派遣されてき  縁者だというので、き  訴してき  六波羅から廻ってき  段を上ってき  日野殿に仕えてき  集めにき  ウキウキしてき  行列、近付いてき  上へかかってき  のち私がすこうしはどうにかなってき  心が、ぽってりと肥えて太ってき  理屈はすぐにわかってき  答案がでてき  花はひらいてき  ここに生じてき  ことなしにき  噺が明るくなってき  前後が水際立って光ってき  華やかになってき  のがまざまざと感じられてき  師匠からもらってき  後から汗だくで追い駆けてくっついてき  引越しそばをあつらえてき  私の忘れてき  煙草入れと履きちがえてき  下駄を取り替えにき  のは忘れてき  身分を定めてき  順で駈け降りてき  出迎えにでてき  ワラジばき  ためにつれてき  彼女は怒って戻ってき  何を見てき  少年がき  意識が戻ってき  先祖代々履き古してき  早朝からき  ミソ汁を持ってき  地下タビを探しだしてき  一着もってき  人心地が戻ってき  腹が減ってき  初音サンが戻ってき  ノコノコはいってき  長い散歩から戻ってき  座敷に飛び込んでき  真顔で向き直ってき  底にからみついてき  電球を買ってき  名刺を持ってき  噂がまた立ってき  却って気乗りがしてき  顔付で伸びあがってき  点が生じてき  帰ぐ各宜き  ア、あの、き  帰ッたら、き  泳ぎよってき  だんだん疲れてき  腹はへってき  金貨だが、持ってき  るいをうんと集めてき  実をかかえてき  輪廓がありありと見えてき  船をめがけて、追いかけてき  顔にき  暁がき  尻がむずむずしてき  へんでもとき  急にちがってき  そばへとんでき  下から報告してき  海が見えてき  ロープに下って下りてき  ケンが追いついてき  ロープで下りてき  咆哮がひびいてき  一同は、き  水位をあげてき  だんだん水位をあげてき  パンくずをとりにき  ケンも近づいてき  胸から首へひたひたとせまってき  綱はずるずるずるずるとのびてき  返事がかえってき  車輪のひびきがのってき  返報がき  死期が近づいてき  僕らの乗ってき  方にころがってき  ラウダも起きてき  顔のき  ものすご味を加えてき  しるしだ取ってき  眼つきからして違ってき  調子が少し変ってき  恐怖に襲われてき  ほんとうに怖れを感じだしてき  臆面もなく訪ねてき  景気がまた盛り返してき  ざわざわと立ってき  唄が少々疲れてき  一時頃帰ってき  くすりがきいてき  土佐国から連れてき  恋愛、帰ってき  様子をみにき  プロバカートル事件が起り、逃げてき  神戸がついてき  彼、許してくれてき  洋服屋がき  ラジオを聞いてき  四枚も送ってき  ものに思えてき  猫の子を持ってき  だんだんはっきり見えてき  教育を受けてき  わたしを見に出てき  だんだん見えてき  帽子を取ってき  陰気に響いてき  急にじゃれついてき  庭へ出てき  後ろから鈍く響いてき  立派になって、すらりとしてき  席へ出てき  墓穴が出てき  気詰りになってき  冷気が下りてき  香りが漂ってき  だんだん覚悟ができてき  わたしは心細くなってき  わたしに近づいてき  苦しみもがき  身になって、そら恐ろしくなってき  早や、故き  死ぬ時がき  厄をまぬがれてき  北東風がうす寒く、すぐにも降ってき  事の余儀なきにしぶしぶ出てき  獣所から雇うてき  牧夫ふたりがようやく引き出してき  静かに過ぎてき  寒い冬がちかづいてき  紙に書いて持ってき  芝罘から商品を積んでき  悲むべき  だんだん贅沢になってき  怒りが湧いてき  不愉快さとが重なってき  身にしみてき  叫びがきこえてき  冴えかえって、はっきりときこえてき  だんだん激しくなってき  岩城文子は直き  窓に垂れ下ってき  警視庁へ帰ってき  一郎がき  言ひ出したら、もうき  目にかけてもよろしうございませうかと、き  一本とつてき  子供なら、き  ことがき  事情が読めてき  幾人かは出来てき  急に痩せてき  陰が深まってき  重圧は次第に増してき  ことで、次第に分ってき  それから小豆を買ってき  ように引っかかってき  密かに知らせてき  害をなしてき  いま具行が告げてき  とき彩雲が降りてき  水分へ頼ってき  自然ふるえをおびてき  膳を運ばせてき  参集してき  燃えぬけてき  隠者毛利時親に会ってき  達見を、き  あらまし手にとるごとく映ってき  猛攻を加えてき  そウれ炊けてき  転々として養われてき  友だちなしに育ってき  うえに降りてき  兼好を乗せてき  時勢も尖り立ってき  調達してき  道誉も、不き  犬を噛み殺してき  村から連れてき  者を選んでつれてき  房吉に迫ってき  一斉に迫ってき  清河が割り込んでき  髣髴としてき  シベリアから持ってき  鎌をもってき  景気づいてき  もの屋敷がいとど色めいてき  たしかに江戸城内を抜け出してき  公方様は決して悪むべき  このごろわかってき  陰気になってき  色まで変りかけてき  弁護をしてき  原稿を持つてき  いすを引きずってき  腰掛けを持ってき  お湯を持ってき  花のき  足駄ばき  ハルバル下ってき  大概何をしにき  夜空がボーッと焼けてき  揺さぶり歩きながら、うるんでき  とこへ持ってき  長五がやっとたずねてき  避難してき  なに進んでき  捕手を斬り抜けてでもき  父を、き  引戻してき  仙太郎さんを斬りにき  すね当て草鞋ばき  女どもは少し戻ってき  一屯所にき  藩兵が多少出てき  筈だが持ってき  復命にき  ノコノコついてき  者達十一人も、もしかすると、き、き  毎夜露き  寐間着にき  草履をならして出てき  一色村を出てき  御前にき  夜道までかけてき  あたりも冷たく濡れてき  痺れにもたえかねてき  遥けき  眼に見てき  東門を出てき  公綱も疲れてき  茶を入れて運んでき  から思い止まれといったのに、き  勅に答えてき  出頭してき  置手紙を残してき  五人までわりこんでき  方にもたれてき  肉体のよろこびだの、き  奥さんなんか、き  敏活にき  急にづかづかと進んでき  身体がづかづか進んでき  全身を押してき  帯をき  本郷根津から移つてき  今まで書いてき  静かに連れてき  子供は泣きやんでき  川獺の猛き  衾被き  袖をかたしき  寂けき  盗みもしてき  通り蟇口をぬきとってき  どっかへ落としてき  妾についてき  からついてき  とこまでもってき  中に生きてき  意志を知らしてき  墓穴から抜け出してき  情熱を感じてき  五時頃花屋から届けてき  今まで生きてき  のだが、直き  中にとってき  眼をあけてき  遊戯につかれてき  夜はときどきうめてき  線香とをもってき  人々もき  意識をとりかえしてき  逗子から駈けつけてき  淹れて持ってき  私のまえに立ち現れてき  国もとから連れてき  役所から飛んでき  浜之助のき  泥酔してかえってき  それを拝んで帰ってき  明日もき  きれいな着物をき  私はだいぶ酔ってき  夕日がさしてき  神をうちき  ために集つてき  鳩が飛んでき  だんだんはつきりしてき  道は出来て直き  悪口をき  手水ですか、直き  きりぎりすが、き  足は、き  心にき  子をつれてき  のが心細くなってき  急にいたくなってき  指までいたくなってき  曇つてき  はじめて海水着をき  寝間着をき  目に見えて折れてき  紫色を帯びてき  やうに疲れてき  やうにして生きてき  念を押して、上がり込んでき  二枚取り出してき  特高が入ってき  おかみさんが入ってき  蒲団を運んでき  マントを持ってき  手袋を持ってき  刑事に連れられて、入ってき  家へ持ってき  のだと云ってきかせても、一向にき  事は云わなくなってき  そっちから派遣されてき  中を覗きこんでき  大人も出てき  そこに集ってき  地面からわき出してき  玩具を買いこんでき  先生も飛んでき  着物をきてき  霧はしみこんでき  一度に聞えてき  取引と金勘定で明け暮れしてき  ポンポン打ってき  タカラヅカ時代がき  砂をはこんでき  おそろいをき  魚屋がき  先生がつきそってつれてき  働きにき  ヒロシが近づいてき  ころから母がき  何も知らずに戻つてき  玩弄物に育つてき  邪魔にしてゐるが、焼けだされてき  つて働きかけてき  陰にこもつて差向けられてき  墓から出てき  洟水がぶらりぶらりと垂れてき  意慾がうごいてき  田舎から汽車にゆられてき  本をもってき  角砂糖を買ってき  前お父さんが持ってき  水筒を忘れてき  スケッチ帳も忘れてき  りんごをひろってき  ふしが聞えてき  目より変りやすいごき  へたに起せば、ごき  彼はき  根を張ってき  顔つきにもなってき  正月がき  猖獗をみせてき  一世紀余も住み古してき  自由にまかせてき  警固役に加わってき  雨中を濡れてき  松明にみちびかれてき  から吹いてき  役を負わせてき  公卿家庭に育てられてき  気もちに変ってき  ものが生れてき  者なしに、探ってき  兵が渡ってき  眼は、どうして掠めてき  別府へ帰されてき  ガクついてき  影も見えてき  磯からここまで落ちのびてき  自然訛ってき  床へ通ってき  領家として富んでき  体じゅうから密書が出てき  探題をつとめあげてき  出征してき  山荘に仕えてき  色がくもってき  海上が少しずつ物騒がしくなってき  みょうらいきうす、き  ぶっくは、きくらい、きくらいき  眼がかがやいてき  のなら、卑しむべき  ザワついてき  風に襲われてき  本をもつてき  前お父さんが持つてき  氣持ちがしてき  迎ひにき  スケツチ帳も忘れてき  ぼくはき  りんごをひろつてき  鱒がき  場合は多くなってき  手毬のあそびが変ってき  おもしろさがまた一段と加わってき  ゥばき  田舎へも入ってき  改作してき  桝を数多くあつめてき  のちにいろいろと変ってき  ことも、だんだんと少なくなってき  一本ずつ持ってき  村人が集まってき  家から米をすこしずつもらってき  女たちがよってき  外庭まで引いてき  きゅうに大きくなってき  ほうへ進んでき  神道にもはじまってき  増しいちじるしくなってき  だんだんと変ってき  家へ、引いてき  住民が集まってき  だんだんに少なくなってき  注意をするので、かえってき  意味のわかってき  問題を出してき  支那からはいってき  外国からはいってき  二匹ひいてき  蛇を持ってき  ものを、借りてき  外国から持ってき  後へもってき  ものが多くなってき  聴く者がふえてき  ちがいからき  成熟につれてだんだんと伸びてき  家にあつまってき  好みがもう変ってき  通知がき  者がだんだんと多くなってき  我邦にき  だんだんに変ってき  おいおいにとぼしくなってき  ますます増加してき  粘土を持ってき  角度が、すこしずつ変ってき  萱がだんだんと足りなくなってき  蘆を苅ってき  土とともに切ってき  大工がき  すき間からごみが落ちてき  これを採ってき  中味のちがってき  ことがよく判ってき  大阪から出てき  増加してき  念慮が、日増しに強くなってき  みな家から食事を持ってき  人ができてき  頭にのせてはこんでき  縁家さきなどがいい合わせて、たがいにき  ものに移ってき  辻にはかえってき  人々が、おぼえてき  意味が少しちがってき  ご馳走になってき  日本にはいってき  食べ物に加わってき  客などのき  方面から加わってき  一仕事してき  昔から今まで、だんだんと進んでき  あいだに進みかつひろまってき  骨折が多くなってき  運搬法が、だんだんとひろく行われてき  馬の背に積んでき  釣りから戻ってき  お腹が、すいてき  お母さんは、もうき  坂路を下りてき  あなたもわかってき  それを知ってき  のは、たいへんき  だんだん顔いろがかがやいてき  ふしが聞こえてき  たくさん見えてき  だんだん数を増してき  だんだんこころもちが明るくなってき  買い入れにき  僕、急いで持ってき  紙箱を抱えてもどってき  学者にあってき  さが流れてき  胸にひびいてき  トランプがでてき  おかあさんをたずねてき  お父さん、行ってき  一番悲しく浮んでき  元気も出てき  望も出てき  今自分が出てき  少年はすぐにき  父はかえってき  心はしんとおちついてき  方へかけよってき  人たちが急いで出てき  窓からひゅっとはいってき  あやしい男が出てき  あかりを持って出てき  水をくんでき  土ほこりがたってき  たかになってき  小さい人家が見えてき  コルドバへき  四五人あつまってき  女たちが出てき  胸にわいてき  空がしらじらとあけてき  顔をしてはいってき  奥さんもはいってき  宣伝にき  ここへ、あつまつてき  みんな、あつまつてき  それを、き  ところへ、もつてき  夕飯は済してき  何か持って出てき  鮮かに見えてき  活気を帯びてき  云々とあったに動かされてき  手水を持ってき  先生は直き  糸を垂れて下りてき  皿が漸く運ばれてき  金魚屋から出てき  やうに蘇つてき  気になりかけてき  不意に殖え出してき  のだ、とうからき  いたずらをされて、き  気になり出してき  念さえ加わってき  反抗的昂奮を催してき  昂奮を催してき  性質を異にしてき  小説家を訪ねてき  一冊ぬきだしてき  生態を見き  店まで持つてき  支度をして出てき  身支度して出てき  天から降ってき  まちがはれるてあひなどは、き  がらがらと落ちかかってき  だんだんにはっきりしてき  叫び声が起ってき  時間にもひろげてき  鼻孔をおそってき  ことはき  眼を光らせてき  珊瑚が出てき  活気を呈してき  つもりで剥がしてき  身柄を見せて威張ってき  年の暮れがき  近くになったりして聞こえてき  こっちに歩いてき  書置きが出てき  店へはいってき  連中が帰ってき  ものが、本当に映ってき  心に、先ず猛然と起ってき  自ら治むることを知ってき  物さわがしくなってき  このごろイヤにませてき  携へてき  夜が更けてき  警笛が聞こえてき  そこをき  白が浮かんでき  一昨夜発ってき  変化について語り合ってき  物音をききつけて走り込んでき  療養にき  うえに見てき  一抱え買い込んでき  人々が乗り込んでき  白衣姿がちらついてき  歩るき  縞が直き  無頓着で、き  国民的政治は全き  春衣で、き  ゃっ、き  音が響いてき  通りうまい水が湧き出してき  窓側にき  こんちは、ごき  白兎を撃ちにき  便所から戻ってき  輸入してき  ことからき  自分に戻ってき  鬱積が高まってき  ぼんやり映ってき  衝撃にせき立てられて直き  エゴイストは直き  豐川稲荷までお詣りにき  ほとりで育つてき  そんなら、いってき  方を指して飛んでき  うぐいすの帰ってき  人間から受けてき  めにあわされてき  店にはいってき  病棟を見舞って出てき  草が萌えてき  正成は不き  曙光が見えてき  声すらかけにき  厳冬にも耐えてき  あとでは分ってき  隠者に説かれて、き  これが、き  猜疑し、また嗅ぎつけてき  登山してき  ように下りてき  叱咤してき  千早城下へこみ入ってき  滝水が落ちてき  援けが入ってき  偏窟者だぞと、あらかじめ脅されてき  老人のごき  肩に降りてき  うちに逃げ退いてき  夢をよろこばせてき  親にも反き  自己嫌厭を催してき  大将が迎えにき  何事も、き  兵学あるのみだと、き  ことは、き  息にあらわしてき  一色村から都へ出てき  右馬介を訪ねてき  根をおろしてき  哺育されてき  なかで、育てられてき  草心尼さまからおあずかりしてき  蓄備してき  のだ、き  弄してき  底もつきかけてき  退出してき  廊へ出てき  扶持を与えてき  直義から念をおしてき  後ろへ連れてき  嫡子として奉じてき  日蔭に耐えてき  とき、おどり込んでき  ム、き  珠と守り育ててき  身は、き  科はき  師泰の連れてき  質として残してき  高氏は、よほどき  血を舐めてき  物見組がひっ返してき  前へせまってき  自分を変ってき  耳へとどいてき  早馬で知らせてき  不知哉丸を連れてき  目でみてき  彼も信じ込んでき  愚直そのものにおもわれてき  心をあわれませてき  顔も出てき  お世話申してき  いやおうなく達してき  パルチザンが逃げのびてき  チャンチャンコを着て出てき  百姓服を持ってき  袋を持ってき  栗本に聞えてき  据ってき  一時になだれこんでき  さっき百姓小屋で取ってき  こっちまで聞えてき  村から丘へのぼってき  敵愾心はつのってき  山から掘ってき  欲求に迫られてき  村へ這入ってき  一隊が現れてき  村に這入ってき  屋内へ押し入ってき  ゼーヤから拾ってき  鼻にぷんとき  銃声がひびいてき  乱射するひびきは、一層はげしくなってき  息せき現れてき  煙が流れてき  どこまでも流れ拡がってついてき  ところから聞えてき  だんだん愉快になってき  山峡をでてき  たしかにせいしんてき  往つたりき  冬にき  小学校にき  そりおりてき  それからさきがあんまり青黒くなつてき  下を向いてあるいてき  ぶんで出てき  明日は消える切りとってき  広告などにき  あなたがひとり走ってき  火を噴いてき  長嶺を越えてき  ぎ二疋わたってき  鳥がごくぎこちなく飛んでき  線路がでてき  幾束かが転がり出してき  ざわざわとしてき  頼りに歩いてき  ますます降ってき  諸国を歩きまわってき  徳利に入れて下げてき  家を出てのっそり戻ってき  ッ母さん、追い出されてき  お前まあよく話して聞かせろま、どうやって出てき  今日どういって出てき  物言いでもしてき  子供が飛びこんでき  二人で買ってき  省作は戻ってき  のだから、再び出てき  下等になってき  青みも繁りかけてき  音で打ちなだめられてき  大手を振って帰ってき  外までき  自慢にしてき  なんだな、き  次の間から飛んでき  事なく帰ってき  佐介、き  疳がつのってき  麦畑はようやく黄ばみかけてき  さっきからここへき  皆面白くなってき  おとよさんと違ってき  蛇王様へ詣ってき  茶具を持って上がってき  劫が沸いてき  顔は見る見る変ってき  風呂敷包みを持って送ってき  居間にはいってき  永田小十郎がき  もとに訪れてき  ウヰスキーを持つてき  ものなら好かれてき  油壺から出てき  却つて狭く見えてき  うちに戻つてき  迷路にき  迷路から出てき  行つたが、すぐ戻つてき  女をつれてき  娘をつれてき  肚がき  ラツ腕もふるつてき  兵隊生活をして戻つてき  四五杯のんで引き上げてき  碁会所から最上にき  毎日カストリ五升づゝ仕入れてき  僕が仕入れてき  みんなよそで飲んでき  富子だけ置いてき  みんなに裏切られ、置いてき  千鳥足で戻つてき  倉田がき  ヂャムパーをき  商用にき  女、き  宿六が追ひかけてき  小便から戻つてき  これをき  ヒントがき  貧乏にき  覚悟もりりしく乗りこんでき  洗はせて連れてき  眺めにき  友達をつれてき  一人にき  軽蔑するにき  お湯につかつてき  味をき  タンカをき  否応なく追ひつめられてき  お客をつれて飲みにき  酔はせに連れてき  裏口からき  押切り通してき  それはさうにき  似合はず、き  誰でも動いてゐるにき  ヒフをき  利巧にき  はいつたから六百連ほど持つてき  五人とび降りてき  山とつまれてゐるにき  五六人乗りこんでき  真空状態がき  イライラしてき  言ひかけてき  方が戻つてき  耳へ甦ってき  きり衰へてき  上に重なってき  寒い風が吹いてき  のどかにひびいてき  床にき  二軒にき  物だけ詰めこんでき  人に訊いてき  菓子を運んでき  からレコオドが聞えてき  冷え冷えしてき  とき漸っと起きてき  自分も本を持って出てき  ホテルから飛び出してき  駄目そうだとおもって、帰ろうとしかけると、漸っと出てき  きんは、き  彼女のものであるにき  最近次第に増してき  どこで飲んでき  蛸になって帰ってき  若い小野牧師がき  声が伝わってき  様に飛んでき  もんで起き出してき  中からお松を追い駈けてき  ものが突き上ってき  ことが解ってき  私を騙してき  恋てき  法則によって出てき  方へよってき  お巡りさんにき  検事は、連れてき  主人が出てき  とき田口巡査が入ってき  ゅう、なんだか向うから飛んでき  おしげが持ってき  室内へはいってき  主人公である針目博士か入ってき  きょうここへき  先頭には、かなりき  人物に見えてき  わたしを叱りつけ、悪くいい、からみついてき  役所へたずねてき  目が、あやしく光ってき  気なしに買ってき  演説を聞きにき  上へもどってき  成功してもどってき  まん中までき  中に、き  老人たちにもすぐぴーんとき  ところをたずねてき  ひとつだけぼくが拾ってき  いま持ってき  風呂敷包を持って引き返してき  小杉二郎少年が拾ってき  みずから電話をかけてき  とき小杉少年がとびこんでき  地上においてき  カラーで、き  針目博士は、ごき  ことに、ずばりとふれてき  色がもどってき  へんからとび出してき  正面から腰掛がとんでき  まん中へ出てき  ですよ。長戸検事たちがき  忠告を守って、ひきつれてき  博士は、まるで見てき  だんだんとまれになってき  ものから手を引くべきだ、帰ってき  故郷へき  表現でくやみを述べてき  見通しをこまごまと述べてき  ほうに歩み寄ってき  医者をつれてき  うちを訪ねてき  男のき  感じが襲ってき  長年だましてき  川向うから帰ってき  奇襲をかけてき  陣から同道してき  功をき  何事かまた、戻ってき  出方がわかってき  かたちを厚く作ってき  留守に残してき  足なみを押しもどしてき  風聞さえ、こう伝わってき  圧縮してき  俗名が洩れなく書き遺されてき  ここへも聞えてき  用を持ってき  手で送り返されてき  急を訴えに駈けこんでき  高圧的に言ってき  楠木正成を、こうまで持てあましてき  今日までを耐えてき  孤塁をささえてき  千早へ落ちてき  返り忠してき  石川河原へと出てき  百七十日ぶりで降りてき  各地から呼応してき  とりでへ帰ってき  籠城を共にしてき  名代のごとく仕えてき  義助が持ってき  扶けたりしてき  下拵えをしてき  から耕してき  物税を課してき  課税がき  仆れてき  南下してき  こっちへ向けて駈け降りてき  間に匿われてき  物見隊から響いてき  不足してき  献上物をたずさえて、媚びを呈しに寄ってき  投降してき  真相がわかってき  ここへも知れてき  全面にひろまってき  一族して投じてき  花も黒ずんでき  安居していたが、不き  何の生きてき  内へにじり入ってき  歴任してき  今日までたびたび、くりかえしてき  庭上へ降りてき  雨にさえ濡れてき  ひたぶる急下してき  連敗は喫してき  敵は逆巻いてき  不平にたえてき  そとにもそう信じさせてき  肉薄してき  父におくれて駈けつけてき  郭内へ斬り込んでき  砂を、刻々にあらわしてき  傍証を加えてき  海をも染めてき  世に詫びてき  人いちばい苦労をしてき  陣所を移してき  仕事に生き効いを持ちえてき  能としていた、き  白兵戦となってき  それへ運んでき  義貞のき  楽器を持ってき  波に乗ってき  これへ迎えてき  そこのごき  發掘してき  情熱がぬけてき  から力が抜けてき  そつくり抜けてき  一時にこみあげてき  やうに零れてき  平和が流れてき  ところへ戻つてき  ものかし雑誌を掴んで戻つてき  盛りがき  魚を捕らえて持ってき  ほとりにき  三人は、ふなを捕らえてき  みなそこに集まってき  暮れかかっても帰ってき  目がまわってき  金持ちが帰ってき  いつまでたってもき  網にもかかってき  逆説が増してき  はいまわってき  一人になると、き  室に戻つてき  手下がかけつけてき  繩をもつてき  息がきれてき  匐ひ戻つてき  立上つて、駈けつけてき  猫をだいて飛び戻つてき  いつのまにかあつまってき  小鳥があつまってき  近くにあつまってき  小鳥たちもとんでき  獣がでてき  のもでてき  ききにでてき  そうにすりよってき  獣はでてき  夕方までまってもでてき  鹿はやはりでてき  森からかけだしてき  一生けんめいに歩きましたが、やがてつかれてき  どれくらいき  野原にもどってき  元気がでてき  エキモスははらがすいてき  らがすいてき  男たちをつれて、もどってき  靴をかってき  人たちがき  なかにふってき  みんながとびだしてき  眼はいきいきとかがやいてき  元気があふれてき  まわりにおりてき  まっ黒い服をき  しずかに近よってき  あちらまでき  かい服をき  かんむりをかぶってむらさきの服をき  どこからぬすんでき  みんなのき  だれかたすけにき  だれもたすけにき  笛をもってき  だんだんちかよってき  馬でかけつけてき  王さまもはいってき  人民たちがとびこんでき  野原にでてき  上に、き  枝を折ってき  こたつから出てき  そこに放りだして、上がってき  にわかに春めいてき  子供は突っ込んでき  チロはすぐに駆けてき  二つ、ぽつりと出てき  のぞきこんでき  おじいさんを呼んでき  チロも出てき  光が差してき  上に飛んでき  太郎を見ると、つかつかと立ってき  それをとってき  男はいきりたってき  顔はしだいにゆるんでき  どこから取ってき  匪賊が襲ってき  中がむずむずしてき  病気にも、き  元気が満ち満ちてき  船は少し揺れてき  おじさんに連れられてき  彼はもう出てき  汗が出てき  いくつも飛んでき  男がのっそり出てき  キシさんは、つかつかと歩み寄ってき  もの悲しくなってき  鳥を持ってき  にゅっと出てき  池もおもしろく思われてき  ものが浮かび出てき  一郎がおくってき  おじさんが出てき  馬車を見にき  ところに戻ってき  馬を引いてき  夜になっても、戻ってき  太郎は笑いながら飛び出してき  馬車から出てき  だんだんなくなってき  馬を引っぱってき  ように襲ってき  捕虜がき  心を引かれたらしく、立ち上がってき  玄王のき  見物に出てき  ようにきこえてき  輪をまわしながら、走ってき  村へこしてき  輪をまわして、走ってき  輪をまわしながら走ってき  村へ越してき  急ぎ足で引返してき  防禦が出てき  不幸だらけじゃ、しかし、よく帰ってき  母親が出てき  表門を入ってき  彼はまた悲しくなってき  あなたが連れてき  のじゃありませんか、連れてき  許へ忍んでき  から、こうしてき  容子を見てき  取次が出てき  興哥さんか、よく帰ってき  厭であったろう、だが、よく帰ってき  防禦はそう言い言い出てき  心配しておった、よく帰ってき  いっしょに帰ってき  往ったが、間もなく出てき  証に贈ってき  興娘が出てき  曲り角で、向うから駈けてき  気持へぴたりとき  頭にまざまざと浮んでき  頭に響いてき  身内に戦いてき  金で暮してき  狼狽してき  上につみ重なってき  保子が送ってき  方からむくむくと起ってき  気懸りになってき  同情がしみじみと感じられてき  くらくらしてき  光を運んでき  一歩ついてき  保子は尋ねかけてき  頭から押被せてき  真剣になってき  点が感じられてき  自ら気分が苛立ってき  うちにも伝わってき  気分が濃く澱んでき  それが苦しくなってき  問題に触れてき  ことがはっきり浮んでき  方でじりじりしてき  勇気が出てき  ふいに尋ねかけてき  面白そうに考えられてき  疑惑も生じてき  眼が疲れてき  心持ち身体を押し進めてき  許へ送ってき  こだわりが出来てき  一冊取ってき  何だか幻をばかり見続けてき  ことを借りてき  ふいに朝日の光りがさしてき  傘を持ってき  一度訪ねてき  眼が出来てき  眉が見えてき  口角の深い凹みとが、現われてき  反撥心が起ってき  所まで陥ってき  何処ともなく流れてき  二階に連れてき  妄想が相次いで起ってき  氷を買ってき  至急に帰ってき  いつのまにか家へ帰ってき  あなたも少し行ってき  頭に絡みついてき  前に寄せられてき  胸が騒いでき  何もかもが空しく思われてき  情が次第に湧き上ってき  中に蘇ってき  存在だと思えてき  反感が起ってき  ふいに階下へ下りてき  正面から尋ねかけてき  保子は直にたたみかけてき  何だか可哀そうに思われてき  身を押し進めてき  言葉が落ちかかってき  姿が、まざまざと見えてき  室にまた上ってき  室を見廻してき  隆吉がかけ出してき  気持がじりじりしてき  女中が、慌てて駈けてき  銭湯に行ってき  空が曇ってき  ように浮き上ってき  耳に響いてき  二三日前下宿に帰ってき  方から尋ねかけてき  水谷から度々云ってき  彼には分らなくなってき  ように尋ねかけてき  涼しい空気が流れ込んでき  心をしめつけてき  それが乱れかけてき  避暑地から覚えてき  方まで漂ってき  先刻まであんなに苦しんでき  反射してき  保子はまた尋ねてき  書斎から呼んでき  眼付に縋りついてき  感染してき  お待ちなさいよ、聞いてき  親しみを覚えてき  砂糖湯を一杯貰ってき  風に尋ねかけてき  頃なってき  方から変に絡んでき  懐へ飛び込んでき  三十円送ってき  清が下りてき  彼女はそっと歩み寄ってき  興奮が起ってき  気分も動いてき  料理を運んでき  何処からともなく流れ寄ってき  村田がはいってき  頭へばかり上ってき  足先からぞくぞく冷えてき  処へ誘われてき  窓から流れ込んでき  酸っぱい匂いが洩れてき  清は寄ってき  清は歩み寄ってき  後から駈け寄ってき  頭がはっきり冴えてき  上から階段を下りてき  三階から下りてき  彼は更にじりじりしてき  頭がかっとしてき  こちらへ呼んでき  中から現われてき  すれすれになるくらいに寄ってき  ものが感ぜられてき  肩を並べてついてき  裾寒い空気が寄せてき  腕につかまってき  もやもやしてき  後から追っかけてき  後からふいに呼びかけてき  二三歩寄ってき  二本探って、そっと握ってき  着物が、如何にもみすぼらしく思えてき  道具を運んでき  疊みかけてき  気が挫けてき  上に持ってき  底から湧き上ってき  電灯の光りが余りに明るく感ぜられてき  返辞をして、それでもじっと見返してき  野村から借りてき  東京へ逃げてき  方を覗き込んでき  彼女も黙ってついてき  憤懣を覚えてき  涙がにじみ出てき  まぐれ犬が出てき  うそうそ嗅ぎながらつけてき  朝野村から借りてき  身を託してき  面影が浮び上ってき  眼付で見返してき  清は割り込んでき  叔母さん、行ってき  方から飛んでき  団栗を拾って駈けてき  背中につかまってき  背中に強くしがみついてき  肩をすぼめて寄り添ってき  胸へ響いてき  さが伝わってき  中にわり込んでき  歩いてると堪らなくなって、飛び込んでき  揶揄してき  胸へたまってき  後から村田が追っかけてき  間から吹き込んでき  気持にこびりついてき  方へ転じてき  弁護をし続けてき  それを抑えれば抑えるほど、呪わしい憤りが湧き上ってき  釘を打ち込んでき  四方から迫ってき  ことがぽつりぽつりと分ってき  一歩進んでき  彼女は歩み寄ってき  頭が、また強く働きだしてき  足を早めて寄り添ってき  袖を捉えてき  清はまた尋ねてき  中を覗き込んでき  身を寄せてき  鑵とを持ってき  紙袋を取ってき  眼を見据えてき  夜具を引張り出してき  肩先へ屈み込んでき  響が聞えてき  ものに感ぜられてき  擾音が伝わってき  顔を輝かしてき  心を悩ましてき  胸をしめつけてき  中へ飛び込んでき  村田が尋ねてき  日本酒を運んでき  心に返ってき  杯をさしつけてき  状況を見き  本統を見き  ぢさんも直き  御用か存じませんが、もし直き  下を見てき  参向してき  実戦も経てき  清忠は、き  剋ちとってき  自身陣頭にも立ってき  軒先から泳ぎ出してき  一つにうごいてき  旗が出てき  彼は不き  和氏宛てに、送られてき  消息がつたえられてき  都から知れてき  上京をあえてすすめてき  沙汰申してき  菌みたいに咲き出してき  秋は、駆け出してき  都見物に出てき  艱苦に克ちとおしてき  都へ帰ってき  正成が、めずらしくも出てき  画策をささげてき  そこが申し進めてき  硫黄島から帰されてき  殿ノ法印が、き  給与を支払い、それで、き  庁へ達してき  上人が出てき  同類が出てき  嫌厭をおぼえてき  楮幣人気が沸いてき  みなここへき  極端にまでなってき  嘆美時代を呼んでき  みな、き  あきらかにされ出してき  からなくなり出してき  宿所へさがってき  息に凝らして斬りつけてき  敵のき  体躯をやがてもてあましてき  一切夢中になってき  我武者を振いおこしてき  出世してき  うちにもってき  近ごろ歴々とわかってき  朝廷に仕えてき  衣冠を伝えてき  公知が知らせてき  ッついてき  武力のき  宮御所へ移されてき  それを持って出てき  使者は返ってき  奥口から駈けてき  中ほどまで歩まれてき  とっさ、組みついてき  諸国に高まってき  もっとも悩まされてき  相をおびてき  栄をきわめてき  代々幕府とともにしてき  一勢力をなしてき  ものとわかってき  急達してき  怨みをすてず、つらく報いてき  ように躄り進んでき  例を往々にしてみてき  思惟づけられてき  においがふとしてき  いま手にかけてき  判明してき  体が整うてき  分明してき  朝日にかがやいて、いよいよ光り出してき  中にも熟してき  画像が、ありありと見え出してき  陰気が嵩じてき  北原が、案外に気色ばんでき  眠りを催してき  急に春めいてき  不足を感じてき  涙を催してき  ことを見出してき  倶楽部になってき  念を感じてき  心が募ってき  果報に感じ出してき  炉辺閑話が賑わい出してき  わたしにわかってき  圧迫を覚えてき  今度は直き  白骨にあきがき  さがわかってき  加勢がまた殖えてき  気色が、ありありと見えてき  お腹も空いてき  前後になってはいってき  女がひとり飛びこんでき  娘がはいってき  ちょっと起してき  はじめて東京へ出てき  ひとから電話がかかってき  あたしにぜひき  ここまでつれてき  んなら起してき  階段を駆けおりてき  足どりで近づいてき  那須がき  あいつ、またなにか掴んでき  微笑をうかべながら、急いで近づいてき  それを連れてき  十時にようやく出てき  身元だけは調ってき  ぐでんぐでんになってあがってき  モダン・ガールがふらっとはいってき  人間をだまして連れだしてき  朝風がはいってき  眠気が襲ってき  葵がそろそろと出てき  涙が流れだしてき  涼しい風がふきこんでき  乾が出てき  西貝が出てき  足どりで戻ってき  遠くから、やあ、やあ、いいながら近づいてき  さっき取調室から出てき  店を仕舞ってき  附属してき  一議に及ばず駆けつけてき  アパートまで送ってき  手袋をはめてき  乾老が、泳ぎだしてき  葵君、といいながら立ちあがってき  乾が、息せききって駆けつけてき  乾が帰ってき  風にしてはいってき  から雨がふきこんでき  まま、のっそりと近づいてき  ところまで引きずってき  喉元へき  口をひっ撲きにき  東京へき  翳がさしかけてき  手紙をもってき  浴場から出てき  椅子をひいてき  名刺を持ってはいってき  ひかりがさしこんでき  なかから若い娘がひとり出てき  とこまで流れてき  疑惑がわき起ってき  照りかえしがき  久我が立ってき  久我さんを訪ねてき  あとから久我がはいってき  十年ぶりで帰ってき  ほうから巡査がき  額がうす黒く翳ってき  ぬいぐるみがあがってき  ものがあがってき  食傷新道から出てき  けんもほろろに断わられてき  冒険心が起きてき  金でも持って出てき  タキシが寄ってき  霧がおりてき  ほうへ近よってき  水を汲んで戻ってき  青二才がはいってき  鶴がはいってき  危くなってき  葵が現れてき  人間をだましてつれてき  二階からおりてき  絲満があがってき  から角ばった包を持っておりてき  間からそっと窺っていると、やがてはいってき  不意に降りてき  旅籠屋へき  のは直き  男を打ったり叩いたりしてき  溜まったり油が切れたりして直き  疣なんぞは直き  輪郭が、最もハッキリしてき  廊下を渡って出てき  ツマされてき  の混乱になってき  歴史を引いて論じてき  念も少し薄らいでき  徳が帰ってき  取り出しにゆくと、やがてき  銀紙へ包むと見えて直き  私どもは直き  雉子は直き  人には直き  玄関へ入ってき  夕立雲が出てき  スポンジボールが飛んでき  足音が聞えてき  彼方からひびいてき  中国まで行って、よく調べてき  部屋へ飛びこんでき  中国大陸からいくら飛行機を送ってき  伝令兵が飛んでき  靴音も高く飛んでき  爆音が入ったとしらせてき  裾をはだけて向うから駈けてき  瓦斯マスクをかけて飛び出してき  一度も帰ってき  綿衣をき  品川から連れてき  二心なしといってき  下向と聞えてき  詔を奉じてき  こと、き  そこがき  犠牲としてき  いつかは、き  帝をも浸してき  国々から届け出てき  都へたどりついてき  年ごとおつよくなってき  意味がわかってき  ここへ忍んでき  ここへ戻ってき  死をも見てき  攻撃に出てき  陣地変えさえおぼつかなく見えてき  中書軍とを追いくだしてき  対峙してき  威風堂々をなしてき  ここまで勝ってき  月日にかけて作ってき  逆襲せをかけてき  むりな戦をあえてしてき  ここまで共に落ちてき  堂から大江山ぐちまでは追ってき  秘報がき  から急下してき  ものとみえてき  列をなして見えてき  土壇場へき  戦ばかりしつづけてき  よみがえッてき  事のはこびがついてき  局から迎えにき  後悔されだしてき  准后のごき  不安にさせてき  火宅をのがれ出てき  疲労を誘ってき  門へひっ返してき  父を訪ねてき  家から用意してき  家へもたずねてき  なめにき  日本に攻めてき  座敷へはいってき  ところへ集ってき  警官を呼んでき  警官が息せき切って駈けつけてき  スパイの持ってき  者もでてき  声がとびこんでき  露子の抱いてき  ソッと寝かしつけて、立ってき  重爆撃機をもって攻めてき  ポロポロ出てき  それも持ってき  警報電話が入ってき  怪音がひびいてき  ものがスーッと落ちてき  煙がふきこんでき  上に崩れおちてき  どこをどう逃げてき  後にしてき  街道へ出てき  どこから持ちだしてき  将棋盤を出してき  元気が浮かびあがってき  将棋の駒がバラバラと降ってき  宿直室から集めてき  車掌が入ってき  ゴロリと転げこんでき  ソヨソヨと入ってき  知らせが集ってき  書類をもって入ってき  海を越えてき  金鵄勲章をもらってき  自転車で駈けつけてき  そばを通ってき  ますますふえてき  活発になってき  爆が攻めてき  あかりを出さなきゃでき  方に打ちかかってき  報告ばかりが集ってき  握飯が運ばれてき  板をもってき  どこで教わってき  握飯をもって入ってき  配給されてき  ゴウゴウと大きくなってき  ままゾロゾロと駈けだしてき  小脇にかかえてき  町まで出てき  声を聞きつけとんでき  ムクムクと起き上ってき  自転車に乗って駈けくだってき  女がとびだしてき  天幕からとびだしてき  なかを縫ってき  粂が持ってき  買い手がき  殆ど空身同様で乗り込んでき  一緒に附き添ってき  だんだんに起きてき  焦躁ってき  ものを掴んだので、かれは思わずき  ひと通り調べてき  薄ら眠くなってき  営へもどってき  女が運んでき  飯をたべてき  一しょに咲いてき  目が濡れてき  供養されてき  土砂と共に流されてき  蔦王に持たせてき  三名がとび出してき  てめえ知らずに入りこんでき  国にありうべくもなしと奉じてき  みも共にしてき  発足とともにせっかく用いられてき  国難にあたってき  教書に誓いをなしき  尊氏は引き揚げてき  彼が持ってき  四囲に見てき  群れに投じてき  威勢をもりかえしてき  早打ちしてき  自然、大きく分ってき  尊氏がついやしてき  要害から敗走しつづけてき  勝利をえてき  白旗城から出てき  好天にめぐまれてき  意見が出てき  内を出てき  操作してき  日が廻ってき  黄一郎が入ってき  三人一緒に、早く出てき  跫音が聞こえてき  弦三が、のっそり這入ってき  バナナを買ってき  工場で拵えてき  爆撃機が飛んでき  爆撃機がとんでき  演習に行くと云ってき  電気がき  出征列車が繰りこんでき  僕働いてき  なるたけ早く帰ってき  分を作ってき  瓦斯がき  著明になってき  頭上に降ってき  毒瓦斯がき  吾勝ちに、引っ帰してき  血の池から匍い出してき  眩暈がしてき  押出してき  前面から襲ってき  ものが集ってき  進撃してき  部下は、イライラしてき  者が殖えてき  伝令が、パタパタと駈けてき  卓子へ帰ってき  暗合報告を持ってき  空が、だんだんと白みがかってき  興奮から醒めてき  ウェイトレスがパタパタと駈けてき  機が熟してき  電文を握ってき  天井が、低くなってき  スーと入ってき  号令を、送ってき  照空灯が、飛び上ってき  男の子が駈けこんでき  ものを拾ってき  フウフウ云いながら、帰ってき  さっきよく見てき  ここまで喋ってき  顔をして上ってき  目懸けて、いよいよ低く舞い下ってき  アラスカを通ってき  引金を引かないのに、向ってき  言葉が聞えてき  ところが嵩じてき  筆を走らせてき  人、と思い出してき  細道を歩いてき  暖簾をくぐってはいってき  手足になってき  東京へ戻つてき  もとに残してき  今までも生きてき  仕事先から帰つてき  息子が誘ひにき  つた土左衛門が流れてき  漁師がき  残つた屍体をひきあげかねて逃げだしてき  方から近づいてき  ハガキがき  欠乏が分つてき  男でも次第にさうなつてき  所へあづけてき  箱根から帰つてき  終戦の詔勅をき  ぼろ付いてき  世界であれば、生れてき  今になっては想い出されてき  間に帰ってき  勃然として湧いてき  中に舞い込んでき  危険になってき  午前中にわかってき  娘を引っ張ってき  光が薄らいでき  判然してき  支配人から電話がかかってき  労働者を搾れるだけ搾ってき  元来わがままに育てられてき  羽根でも生えてき  前に浮んでき  一人が飛びこんでき  驀進してき  面会にき  こっちへ響いてき  催促をしてき  外からのぼってき  努力をつづけてき  前へもってき  搦むように近よってき  名刺を載せて入ってき  東京に帰ってき  無沙汰ほどき  遠くから移住してき  年まであるいてき  そこをさがってき  今日まで歩いてき  喰べ、よくぞ生きてき  ほか、ごき  管領権までを賜わってき  あらまし集まってき  義貞へ呈しにき  燭を運んでき  義貞は激してき  近距離に見えてき  駒ヶ林から浜づたいに駈け慕ってき  賊軍と呼び慣わしてき  敵がよせてき  殿軍三十騎も追いついてき  戦いをしてき  庫裡から請い求めてき  あいだに、はや残り少なくなってき  尊氏もき  兵がすでに潜り込んでき  世界が、儚く、哀しくなってき  ときからつかえてき  枯渇してき  陣となってき  直義をたずねてき  瀬田方面から逢坂をこえてき  奥から流れつたわってき  尊氏とよく戦ってき  後醍醐にささげき  死者をも出してき  そちもまた、ようき  ところは、き  不利となってき  しかしだな、き  心も和まれてき  山野から戻ってき  御所を訪ねてき  所領地から出てき  変を聞いて集まってき  宿舍は、き  衝と寄ってき  唄声が聞えてき  今までき  久てき  亭主文右衛門を呼んでき  善八は帰ってき  障りだ、き  家へふりかかってき  かすかに聞こえてき  世の中が騒がしくなってき  露は故き  嵐を冒してまでわざわざ出張ってき  眼にはいってき  死を忘れて、き  風といっしょに久住希十郎がはいってき  四隅から、絞ってき  解決を与えてき  かんかんのう、きうのれす、き  引き競ってき  門前へ出てき  年始にき  ように感じられてき  交代で帰ってき  知らないと云うので、とうとう思い切って引き揚げてき  それと同時に、き  底にかえってき  詩集を取ってき  あいだ書いてき  幾つも書き続けてき  大事に護り育ててき  實をき  しんみりしてき  ゾックリとふくらんでき  やつらとき  時だと思い出してき  者が出来てき  雪駄ばき  興がようやく乗ってき  濛々とこみ上げてき  身にき  うちがわき立ってき  眠気を催してき  腰ものびてき  恐怖を感じてき  雷同してき  意外に混み合ってき  景気が溢れてき  景気が溢れ出してき  唇頭に上せてき  このごろはおごってき  音が、またひとしきり聞え出してき  おぼろながら、つかめてき  世路に耐えてき  自分を抑えころしてき  これまでにき  苦を共にしてき  敵としてき  地に降りてき  一ト町さえできてき  評価してき  上京してき  実力も欠いてき  公卿武士のごき  陣頭に出てき  足利勢のき  かくはよそながらごき  きわだって痩せの見えてき  人物と疑ってき  頽勢をもりかえしてき  閑を愉しむべき  弊をあえて深めてき  提示してき  沈黙にも疲れてき  これまでに尽してき  翳がさしてき  見物しに生れてき  後世に長く読みつたえられてき  跳梁し出してき  のが分り出してき  経験もしてき  鉗鎚にたたかれてき  全権をになって乗り込んでき  北畠親房などへ、ごき  中で、じっさいに知らされてき  都へ攻めのぼってき  威を加えてき  ように、奪ったり奪い返したりをくり返してき  斑鳩から急進してき  力を持ってき  全力をつくしてき  身に舐めてき  間を置いて、更に一層き  一枚もらってき  はい、貰ってき  一筆がき  言葉とはほとんど同時にき  ようだが、本当はき  愛想に出てき  描がき  嫁に入って帰ってき  近頃はだいぶ出来てき  一目上りに変えてき  慰めにき  馬を買ってき  立版子を買ってき  親父が出てき  昼飯時には、帰ってき  何も買わずに戻ってき  鉄瓶を買ってき  箪笥を買ってき  大阪へき  上等でないとわかってき  宗一、又、き  春葉が入ってき  母が出てき  合にき  大学を出てき  そのまま出てき  出奔してき  づめに働いてき  川にいて戻ってき  知らん顔をして帰ってき  ものを聞いてき  大阪へ帰ってき  分量を計って、帰ってき  清らけき  貧乏人的に育ってき  徳子さんがもってき  処方箋をもってき  古着で買ってき  一人で出てき  布団を、じゃ、借りてき  者に届けさせてき  氏が入ってき  むかむかと、憎くなってき  事を、聞きにき  催促にき  挨拶しにき  腹をかかえて、飛んで上ってき  三助が出てき  一つ仕事をもってき  保高がき  時出てき  金を少し送ってき  早稲田まで歩いて帰ってき  婆さんが見にき  胸に跳ね返ってき  指輪を抜いてき  言はれてき  人を呼出してき  昨日図書館で見てき  ちよつと、調べてき  彼は出てき  男女が訪ねてき  子孫は続々と現れてき  オランダ船をつれてき  告白をき  なかに生まれてき  疑惑に悩まされつづけてき  イデオロギイからき  私は考えてき  あなたにみちびかれて歩いてき  自分をみちびいてき  から生まれてき  疎開してき  つや子はん、ちょいとき  つや子が上ってき  のだ、といって、持ってき  効能などが分ってき  ものが現われてき  水底からもくもくと吹き出てき  光をとってき  男が薄気味悪くなってき  沈黙がやがて薄気味悪くなってき  仄見えてき  輝きを帯びてき  ものが起ってき  さにも、つくづく呆れがき  頃変ってき  男に持ちつづけてき  唇が、いきなり濡れてき  ものが輝きだしてき  のではないかと信じられてき  明け初めてき  どこで覚えてき  物価が上ってき  プロレタリア階級に迫ってき  傾向をたどってき  属領争奪戦が次第に鋭くなってき  みつ子に手渡してき  自分に対して反き  こと、その反き  変化してくると、いささか釣合いは取れてき  雲助をかの卑しむべき  音が轟々と高くなってき  辺がじめじめしてき  頭が働き出してき  主人が入ってき  家へ黙って入ってき  背後から出てき  そこへ、おずおず入ってき  庭から茶の間に入ってき  上まで寄ってき  一人出てき  話を向けてき  変でござりましたげな、き  最近にまで亘ってき  間に、ぽつぽつきいてき  方々から仕事をあつめてき  さが募ってき  扉を引いてはいってき  おじさまにも云えば買ってき  話でのみ込めてき  痛みも増してき  今度訪ねてき  直ぐ表へ出て買ってき  あたふたと戻ってき  彼が憎くなってき  目にうかんでき  救済事業が、なんとなく冴えてき  凡下とはおなじでなく、おがまれ通してき  華族名鑑をもってき  転換期がき  晩年の、目覚めてき  冗談を言い出し、き  井田が住む可き  わたしはき  番所を出てき  齢まで通してき  思いがき  後ろ背に支えてき  清貧を守り通してき  特徴としてき  これまで言われてき  銀三のはこんでき  そこから衝いてき  バケツを下げてき  さがき  掩れてき  買い物にき  自分から足をはこんでき  糸箱から糸を取ってき  割烹着なんかき  揺れかえしがき  釣り銭を忘れてき  賃仕事を探してき  全部を取り立ててき  判をもらってき  中尾は訪ねてき  茶をはこんでき  女中部屋へ入ってき  吩咐けにき  茶の間に戻ってき  中尾から電話がかかってき  心を衝いてき  きまりは持ってき  話もはずんでき  用達にき  案内されて入ってき  コップに運んでき  いままで暮らしてき  不良性を帯びてき  内緒に訪ねてき  いままで述べてき  考えが浮かんでき  心をもって訪ねてき  ひそかに携えてき  あとへ忍んでき  傭つてき  人を連れてき  鎌をもってやってき  男はすっかりき  だれも出てき  はるかにき  こいしがばらばらばらばら降ってき  中へでてき  野郎、き  気候はぐんぐん暖かくなってき  胸に思ひ定めてき  無情にも、き  添えものになど、聞くもうたてき  事を得てき  そこここ頼みありき  我はき  春が近づいてき  船が入ってき  傷を受けてき  ここまで飛んでき  丸薬を持ってき  波は押し寄せてき  船のき  煙を上げて、いったりき  太郎に持ってき  どこからともなく流れてき  足許へ飛んでき  襟元がゾクゾクしてき  婦人が駈けてき  ヤキモキしてき  謎がとけてき  何処から入ってき  さっき電話をかけてき  ツカツカと進み出てき  紫色に腫れ上ってき  ゾーッとしてき  匍いよってき  大分落着いてき  警官が、息せき切って馳せ帰ってき  自動車が滑りこんでき  紳士が降りてき  赤味を帯びてき  ギュウと締まってき  気がボーッとしてき  バタバタと駈け出してき  面白いことになってき  耳に入ってき  場所までひっかえしてき  谷村博士邸へ帰ってき  ように浮かび上ってき  混乱をき  福音は全き  必要を感じてき  和らかになってき  問題が大きくなってき  物語が面白くなってき  武芸が優れてき  昂上してき  癇癪玉が焦れてき  真中のが、にちゃにちゃと汗ばんでき  物狂わしくなってき  日記帳を持ってき  婆さんが持ってき  午ごろ無事モミヂへ戻ってき  力がこもってき  九段からきてき  のを持ってき  空気に露き  もの祖先以来、たいへんに親しまれてき  提唱してき  地上から聞こえてき  外よりき  口へ滴りおちてき  心懸けで暮らしてき  裸で生まれてき  枝から風にゆられて、落ちてき  口先きへ落ちてき  光沢が出てき  裸にて生まれてき  ままによみ伝えてき  住いへかえってき  前後して下ってき  狂太郎は、黙ってはいってき  心配してついてき  特派記者が訪ねてき  着物をもってき  指紋をとりにき  封書を持って戻ってき  ただちに花井を連れてき  強引につれてき  目にしみてき  花井が追ってき  奥まで歩いて行って、起きてき  ことが呑みこめてき  平戸先生が喚ばれてき  雑誌をとってき  ちょッと連れてき  泥棒にき  捜査本部へ怒鳴りこんでき  表面に出されてき  雰囲気をかきたててき  手口がそろそろ見えてき  二人はいつもき  わきから見ると少しき  古巣へ戻つてき  名刺を差上げるにき  お客と別れてき  お金ぐらゐは払つてき  かたで養われてき  倫敦へ移ってき  扉をあけて入ってき  書斎へ戻ってき  洋館が見えてき  微笑ながら立ってき  寝室を出てき  度今晩中には帰ってき  布を持ってき  旅館から出てき  私も行ってき  危険であると感じてき  余波がき  脳裡に拡がってき  思出してき  頭上に墜ちてき  資格に生まれてき  イソイソとして帰ってき  日が近づいてき  家から持ってき  デ・マアラルまでき  席へ置き忘れてき  七時頃ようやく戻ってき  夜遅く帰ってき  周囲をき  泌みてき  呼吸を運んでき  心を惹かれてき  ために喘ぎとほしてき  必要がでてき  育成されてき  進歩してき  夜で、もう直き  気持まで悪くなってき  疾風のように向かってき  遠方から旅してき  一匁六百円で買いたいといってき  一変してき  お雪ちゃんは案ぜられてき  高潮してき  にわかに変ってき  のではないかと疑われ出してき  めまいがしてき  我々三ぴんがこうまで心を合わせ、き  浮身をやつすのに、き  ちょっと小便を催してき  前へのこのこでてき  自分を目がけてとびかかってき  速度がゆるんでき  胸におしよせてき  頭にうかんでき  月がさしこんでき  手柄をき  爐をき  から抜出してき  静に歩いてき  幕合がき  露路から飛出してき  謂集ってき  露路を飛出してき  指先にからまって出てき  投函してき  鐘が聞えてき  署名をしてき  婦人が出てき  胸に覆いかかってき  顔が熱ってき  男のもってき  まぐれ込んでき  酒場を出てき  跫音がまた聞えてき  寝室へ運んでき  酒場から出てき  柏から手紙がき  から其儘抜出してき  絵を観てき  運転手が入ってき  裏通りから駆けてき  展覧会から出てき  様子を見せてき  ぐれはまになってき  先刻見てき  足下から拾ってき  一通り見てき  仏蘭西人を訪ねてき  柏君を訪ねてき  幸運が向いてき  煙草を買ってき  無事に戻ってき  それが嵩じてき  東京にき  ふるさとへ帰ってき  ハイカラさんになってき  彼女は、せっかく買ってき  山風が襲ってき  たくさん谷から出てき  ひよつこりとでてき  のに生まれてき  蜻蛉がき  晝日中もき  木の葉をひろひにき  夜辻川博士を訪ねてき  研究室をみにき  このごろ蜘蛛がおそろしくなってき  五六匹捕えてき  指導してき  高揚してき  駕を打たせて、乗りこんでき  蔵六は、き  雲霧は、息づまってき  勤務に出てき  屋根から飛んでき  泳ぎ抜けてき  瓦が飛んでき  舌が這ってき  探り歩きに、追いかけてき  雪を送ってき  積ってき  胸へ飛びついてき  どこからか、飛んでき  きれいなちょうがき  はえがよくき  毎日ここへはやってき  きれいなちょうが飛んでき  上に帰ってき  上にのぼってき  身の上を気遣ってき  擾乱者が目立ってき  同宿をかわるがわる連れてき  講釈などをもよく聞きにき  鳥目千疋とを送ってき  風に送られてき  たかが飛んでき  方から駆けてき  ふもとを翔けてき  跳ねのき  ところへ現れてき  自信をいだいて出向いてき  つたにき  金策にき  夜更けに訪ねてき  八本足でにょろにょろ出てき  だんだん乗り出してき  木から下りてき  島へ置いてき  生き肝を置いてき  人はいま鈍くもき  鹹からき  讃頌の幽けき  手を洗ってき  どこからか聞いてき  白毛も目立ってき  ですよ。影が薄くなってき  乗り気になってき  桂介が帰ってき  お札を受けてき  大川を見てき  大川に投げ込んでき  じわじわ縮まってき  夕食に降りてき  民家は、き  栄耀栄華を極むべき  ためかき  今度は憎くさえなってき  こころも、ぴんと張ってき  お上さんが出てき  小僧、き  大男が追っついてき  斧をもってき  音を立てて、落ちてき  櫓声が聞えてき  温泉場に逃れてき  胸に抱かれてき  ままに開かせてき  女中がはいってき  若い時分から櫛巻ばかりでつづけてき  全身にふるえがき  論議を求めてき  皆上機嫌で、互にき  胸幅を露き  お爺さんが持ってき  二郎さんにももってき  人形だの、持ってき  お爺さんが、持ってき  高どのをおりき  姫をき  それからまた戻ってき  歌がひびいてき  努力となってき  苦しみとなってき  目覚めとなってき  内部から湧き上がってき  歌が響いてき  友だちにき  ものはたのみそめてき  私はいささかき  茲に又き  手先をき  蝶がき  花を目ざして飛んでき  僕いま網を持ってき  捕虫網を持ってき  おじいちゃん、あそびにき  祖母さんが出てき  釦をかけてき  アルバムが出てき  壁が落ちてき  援助が出来なくなったといってき  椅子から立ってき  住人を引っぱってき  頬杖をついてき  毎日、話しにき  窓頭に降りてき  空を吹いてき  もっと押し寄せてき  もっともっと押し寄せてき  ますます増してき  町へ入ってき  大波が押し寄せてき  雨がしとしとと降りだしてき  一つひっかかってき  浜辺にき  港にき  港に入ってき  どこから拾ってき  偽物でもなければ、拾ってき  香いなどがもれてき  品物を盗んでき  沖にき  船からもらってき  六日めにも帰ってき  しづしづと出てき  一つの頂きをき  頂をき  保護してき  上に乗ってき  先刻出てき  生活が懐かしくなってき  街に入ってき  雨がぽつりぽつりと落ちてき  進行につれて次第に募ってき  座敷に入ってき  徴醺気分でだいぶ焦れ焦れしてき  態度で入ってき  あとから不安が襲ってき  苺がおしたら、後で持ってき  花やかに聞えてき  先ほど持ってき  女中が入ってき  私着物を着てき  ところに越してき  京都へ移ってき  だんだんわかってき  ところを通ってき  宇治を煎れてき  傍にき  むきになってき  晝間見てき  熱心に見てき  気がふさいでき  奥底から湧き上がってき  うちに流れ込んでき  寂寞たる中に高く響いてき  うちに甦ってき  思い付が出てき  膝頭をき  空虚が開けてき  声は、調子づいてき  顔は輝いてき  距離に迫ってき  次から次へとつづいて現われてき  住居に帰ってき  年とともにつのってき  彼にも浮かんでき  注意を向けてき  にわかに現われてき  圧倒してき  言葉つき、などまではっきり浮かんでき  心がもどってき  いっしょにどうしても踊るといってき  父がもどってき  メルキオルが突然はいってき  心に目覚めてき  夢想に働きかけてき  力が弱ってき  ものが抱きついてき  はてしもなく大きくなって浮かび上がってき  怪物がまた現われてき  彼に働きかけてき  ちょっと沈黙が落ちてき  首まで上ってき  喉にはいってき  今彼に浮かんでき  倦いてき  階段をころび降りてき  色が見えてき  闇を被き  そこに奏されてるかと思うほどはっきり聞えてき  不幸がわいてき  消息をもたらしてき  方へ進んでき  土産物をもってき  念がこみ上げてき  歌がおりてき  眼が曇ってき  歯をき  ますます落着いてき  ところまで聞えてき  舌はほどけてき  室に忍び込んでき  中までつきまとってき  中がいっぱいになってき  嬶がゆききをしていたというので、ひどいやき  のか、いよいよ浮き立ってき  何か少しおびえてき  レヴェルが変ってき  皮肉さえ交えて見え出してき  油が乗ってき  緩和されてき  一座がわいてき  席がしいんとしてき  勢いを失ってき  問題に触れ出してき  米友かぶれがしてき  ものをさえ思い浮べてき  昂ぶってき  生命を埋むべき  ア直き  恃むべき  口調を帯びてき  クルクル振り廻しながら、ぼつぼつと歩み寄つてき  夜気を運んでき  きり耳についてき  風韻がわいてき  話声も洩れてき  都会生活を経てき  胸にこたへてき  はつきり背筋に触れてき  一緒に寝てき  泌みついてき  いま登つてき  奥から提灯を持ち出してき  ように飛びついてき  眼をさましてき  困難はつのってき  記憶が蘇ってき  彼がいなくなるとすぐにさし迫ってき  家にはいってき  念は高まってき  彼女はついにいらだってき  効果が現われてき  方へ近寄ってき  顔に上ってき  心がまた生き返ってき  感情をき  みを帯びてき  訊問を受けるにき  知者があらわれてき  病気はつのってき  理性が戻ってき  なかへ戻ってき  家へ連れてき  一緒に降りてき  あとへついて降りてき  後がへりをしてき  頭を擡げてき  指先に触れてき  疲労れてき  油汗が染み出てき  大分変ってき  話でもして居給え、直き  刑事から聞いてき  悲劇が生じてき  地位が保たれてき  野望をとげようとして乗り出してき  百年前黒船がき  外に代う可き  領域ともいう可き  弟にき  僕にき  言つても、べつだん、驚かぬにき  嫁ずき  女は、き  世間も、き  不幸にするにき  君をき  手紙は、き  気が和らいでき  舌は少し解けてき  日が迫ってき  中にまで追っかけてき  反感が募ってき  中にもしばしば出てき  確実さが突然分ってき  アマリアがもどってき  仕事までもってき  同情が増してき  書物を、手当り次第に引出してき  ますます頻繁に現われてき  心に吹き込んでき  虚無ばかりを見てき  おろしてき  向うをき  手先を組み合していたが、しまいにしびれてき  静寂が落ちてき  花の匂いがしてき  音もなくもどってき  あいになってき  膝に上ってき  身をかがめてき  ローザとがもどってき  それから飽きてき  彼女に帰ってき  不機嫌さはなお募ってき  空は曇ってき  クリストフが帰ってき  胸が迫ってき  了解されてき  思い出が浮かんでき  ローザがはいってき  香りをようやく得てき  うちに沁み込んでき  うちに湧き上ってき  彼はもどってき  人声は近づいてき  うちにも燃えてき  響きが聞えてき  のをながめてき  曲が漂ってき  悲しみを見てき  我慢してき  曲調が聞こえてき  ところに申込んでき  我を忘れてき  嘘をとがむべき  様子でついてき  彼にもどってき  瞬間に、よく現われてき  ように、相次いで飛び出してき  たけしま、き  煙草屋でせしめてき  さになってき  耳もとへき  運がめぐってき  たくさんに入り込んでき  手に握ってき  中に浮かんでき  弟がき  私の引いてき  一貫目近いほど釣ってき  糸をひいて垂れ下がってき  虫を捕ってき  アパアトへ引越してき  折から疾走してき  乍ら先生は近づいてき  やうに感じられてき  さが押し込んでき  身体全体が冷えてき  ものが漸く少し弛んでき  若芽が、芽ぐんでき  銘々蘇ってき  熱度を加えてき  うちにひしひしと感ぜられ始めてき  胸に湧いてき  それと同時に唸りながら飛んでき  煉獄を通ってき  靴はき  博士に、はるけき  ことを知らせてき  屏風岩に帰ってき  国籍を論ずるなんて、き  少年が下りてき  石臼を見つけてき  度胸が据わってき  前に飛んでき  話題的材料を持ってき  ところへ知らせてき  鼠を捕えてき  午後になってやってき  隠し女アンナから胡魔化して借りてき  中にとびだしてき  内側から押しあげて飛びだしてき  靴音が聞えてき  上までもつてき  進歩してはき  潮のごとく流れこんでき  地方から上京してき  外國からき  隆盛をき  頭上におちてき  輪廓がわかつてき  壓されてき  若い人が訪ねてき  君から手紙がき  逢はうと書いてき  づしながら近寄つてき  衝立のき  君ア知らずにき  永年つついてき  廊下まで出てき  五反田驛までき  一束づつ抱へてき  抱へてき  五六册かかへてき  雜誌を持つてき  日本ぢゆうのあちこちから集つてき  長崎におくられてき  年齡順にき  不法侵入してき  一緒にしてき  餘曲折をき  荒波をかきわけてき  乘つてき  浦賀へき  北からき  多島海へき  活字やをもたらしてき  送還されてき  下向してき  入港してき  上陸してき  覗つてき  つて敢て生きんとしてき  長崎にき  兩方から這ひ寄つてき  知識をき  前年七月浦賀にき  上海にき  進入してき  文明をき  下田から長崎へ戻つてき  長崎から同道してき  一般にき  はいままでみてき  複雜をき  詳細をき  隨從してき  発見に努めてき  習慣と闘ってき  現実へからみついてき  地道につつましく育てつづけてき  闘つてき  散歩から帰つてき  漢子首巾をき  それ以上を見ていられなくなってき  考えがやたらに浮いてき  刻一刻熱狂してき  ろしくなってき  競馬ファンもふえてき  時代がき  廣くて直き  感心す可き  斎藤さんが出てき  兄を起こして連れてき  長年忠実に仕えてき  俊夫君が削り取ってき  それから、携えてき  青年を連れて入ってき  紙に書いてき  俊夫君が出てき  動機を聞きにき  小田刑事がはあはあ言いながら入ってき  雪を取ってき  下へ運んでき  軸木にわられて出てき  いちばん身分たかく生まれてき  オランダぜりをみつけてき  晩をすごすてき  ここ迄き  禰宜が出てき  奉幣殿に下りてき  釣りにき  観戦記事が歩いてき  明日もってき  娘がついてき  宿へ脱いでき  セーターに着かえてき  急所へき  まわりを歩いてき  セーターを返してもらいにき  医者へ連れてき  セーターをき  母親がでてき  ウチへき  感じに見えてき  のを運んでき  形までき  ギリギリのどたん場までき  けが違つてき  必らずしやがみにき  貴様がもってき  ケーニヒスベルクへかえってき  自分の教えてき  伯爵夫人の爾き  稍見えてき  もとへき  ぢれてき  そばへ持つてき  虫が飛びこんでき  書斎に飛びこんでき  仕事も段々かわってき  お昼頃出てき  二三度くらい出てき  フランスから帰ってき  画位、全き  ものは少なからうし、また、観てもそんなに面白いとは思はぬにき  うちに返ってき  それが次第に昂じてき  陰欝に光ってき  朝からつみ重なってき  寒風が遠慮なく吹き込んでき  全身に上ってき  停車場へ帰ってき  失望してき  二人も乗ってき  急にかけてき  背景にして蘇ってき  幻が浮んでき  見物のごき  青年が出てき  ポケットにつめこんでき  幾匹かを貰ってき  ちょっと、貰ってき  階下へおりてゆき、またすぐあがってき  心気が衰えてき  西浦夫妻がつつましくはいってき  二階に戻ってき  ために奪われてき  鬼神に奪われてき  晩になって帰ってき  寿命がき  若様が憎くさえなってき  いまにも、降ってき  たくさんお金をもらってき  これんばかり働いてき  家にはき  前までもどってき  だんだん日が暮れてき  小太郎は、よほどき  さで、歩いてき  おまえはかえってき  だれか連れてき  胸にこみ上げてき  消息が度々き  彼女はいくらか肥ってき  わたくし、なんだか肥ってき  それはそうですけれど、もしも、ぶくぶく肥ってき  お腹がぶくぶくふくらんでき  尻がでっぱってき  方が追っかけてき  逼い出してき  誰といつて、き  からかつて、き  股立が、き  物中で、直き  必要をみたしてき  記録にでてき  記録にはでてき  中ツ国へ降りてき  朝鮮から連れてき  入海がき  九州四国中国方面から攻めてき  カガミガ原までき  他国からき  ままで通ってき  お姉さんが見ていらっしゃると、すぐに立ってき  ヨシ子さんが、かけてき  針を持ってき  ヨシ子さんの持ってき  糸をとおしてもらって、もどってき  たくさん子供たちが、わいわいと集まってき  その後から、き  一しよにき  あひるさんが、まいにちき  こいしをひろってき  木のはを、ひろってき  木のきれをもってき  あひるさんをおっかけてき  かい、よくき  あひるさんがこないと、さびしくなってき  現象がかさなりあってあらわれてき  からまりにつつ、いんよくき  若い部員がき  から、はいってき  どこから、きいてき  吉報もってき  お金なんか、持ってき  気持がこみあげてき  ズッと見てき  顔で戻ってき  近くへ戻ってき  煙山は出てき  チョコチョコ出てき  忠告にき  玄関へき  ドンブリ持ってき  改札口から出てき  煙山を追っかけてき  煙山が連れられてき  大鹿が乗りこんでき  引ッ立ててき  吉報がき  構内を歩いてき  往復してき  緑色がふいてき  砂丘を降りてき  樽ごと持ってき  山盛り運んでき  價値は共に全き  美はしく貴むべき  道徳は卑しむべき  雲が、むくむくとふくれ上がってき  だんだん空に広がってき  酒樽まで買ってき  だんだん大胆になってき  涼しい風が吹き込んでき  それから夜遅く戻ってき  者は駆け出してき  床下からはい出してき  笹がき  時にき  雪さへ落ちてき  顔色をかえてき  小説を書いてき  側に寄り添ってき  彼女が寄り添ってき  境涯も、次第にはっきりしてき  にこやかに話しかけてき  日の買入れにき  ものが少しわかってき  村にかえってき  一つ浮いてき  興が乗ってき  外には直き  人を照らしたりき  身の毛がゾッとしてき  方が白んでき  説教がわかってき  徳大寺様とき  ものが殖えてき  ように舞い出してき  心持がしてき  昂奮が少しずつ醒めてき  こっちを侮っている、最も卑しむべき  目的に出かけてき  不快を萌してき  気負いが萌してき  動揺めいてき  正体がわかってき  増長し出してき  拍子抜けになってき  ところまで歩いてき  バカだよ、き  畑から案山子がとびだしてき  表通りへ出てき  少佐はたいへんき  なりも、ずっとよくなってき  方がいらして、き  甚しく減じてき  働きが鈍ってき  兎に角半日を過してき  木鋏を取ってき  久保田さんは、やがて歩み寄ってき  食慾はだいぶ進んでき  それが次第にはっきりとしてき  底がむしゃくしゃしてき  もやもやっとしてき  それが堪えられなくなってき  ぐっぐっとこみ上げてき  眼付でつめ寄ってき  御鉢入れを持ってき  眼を輝かしてき  六歳の子が飛びついてき  仔犬は買ってき  膝迄き  膝までき  岩氏某がき  女十二一重をき  だんだん上ってき  お湯から飛びだしてき  現場から帰ってき  青森に残してき  口から流れてき  それに、き  川向うで、き  寓話詩からき  喧嘩をしにき  戦を挑んでき  彼らは喜んでき  ラエーフスキイは、もう直き  僕のき  御礼参りに行ってき  特攻基地へ廻されてき  妙にゾクゾク嬉しく勇ましくなつてき  基地へき  波がひいて現れてき  払つてやつてき  お茶を飲んでき  辻へき  木ぎれのやうにタワイなく持ちあげられてき  やうにふれてき  四人が荒々しく戻つてき  話をきめてき  怪をき  時はき  区別が薄らいでき  貴族品を尊んでき  時から聞いてき  無視されてき  等閑にしてき  再認されてき  岸まで戻ってき  さでついてき  急に明るくなってき  姉は起き上ってき  喇叭が響いてき  顔とが、ふわりと飛んでき  雨戸にぶつかってき  かすかに伝わってき  夜遅く漁から帰ってき  それきりあたりがしいんとしてき  夜が忍び込んでき  皮がむけてき  遠くに聞えだしてき  大事に持ってき  鼻にき  俄に高く聞えてき  涙とがこみ上げてき  後から彼女が追っかけてき  松影から駆けてき  時折耳にはっきり蘇ってき  月が見えてき  殊にはっきりしてき  釣手を引き切られて落ちてき  布団をずるずる引張ってき  方へ縋りついてき  一寸散歩にいってき  口に出てき  のを聞いてると、少し分りかけてき  もやもやとしてき  前がはっきりしてき  胸に返ってき  中がはっきりしてき  ように繁く聞えてき  ーんと響いてき  僕にも分つてき  底をき  兵士として経てき  ゆるやかに下りてき  狂気沙汰になってき  光沢は褪せてき  それに慣れてき  彼を訪れては立ち去り、またもどってき  ままで現われてき  連絡もなく現われてき  音楽的観念がいかに猛然と襲いかかってき  山が見えてき  匂いを帯びてき  呆気にとられてき  汝、尚き  所から落ちてき  幾世紀もくり返し噛みしめてき  ため空虚はさらにむなしく感ぜられてき  前にもち出してき  数世紀来孤立してき  民族から堕落してき  眼がまた輝いてき  彼女はすぐに飽いてき  順番もまわってき  ことが、次第にわかってき  のを、許してもらいたいと申し込んでき  態度を示してき  ドイツへもってき  若い女声が、聞こえてき  たくさんもってき  笑いがうつってき  もとへ返してき  二度もどってき  発表すべきかと尋ねてき  敵が突然現われてき  復讐してき  ため攻撃してき  気分はなお募ってき  うちにあふれてき  方へ響いてき  一隅から響いてき  眼が、現われてき  迸り出てき  印象が浮かび上がってき  悪むべき  困難になるとともに馬鹿げてき  動悸してき  壁を通して聞こえてき  彼ははいってき  盆をもってき  ますまごついてき  前よりはっきりしてき  唇は動いてき  停車場へもどってき  中にもすぐに浮かんでき  友が、時々訪ねてき  言葉を借りてき  ザロメが駆けつけてき  幻が浮かんでき  庭に降りてき  顔つきでもどってき  心でまた降りてき  家とを訪れてき  一回りしてき  入口に飛び出してき  乗客らをつきのけながら駆け寄ってき  顔は曇ってき  曙がき  念が増してき  思い出がしきりに浮かんでき  人たちが帰ってき  畑から帰ってき  それからだんだんよくなってき  暮らしつづけてき  厭気がさしてき  容易にできないのでいらだってき  微笑みながら近づいてき  ために、ちょうど現われてき  非常に苦しんでき  ためにいらだってき  魅力が発してき  いっしょに暮らしてき  健康状態を、脹れてき  眼に上ってき  愛情を示してき  念が交ってき  ときが現われてき  彼女らはほとんどき  沈黙がおちてき  兵士が、どやどやはいり込んでき  あとから従頓についてき  下士は追っかけてき  飲食店へ帰ってき  激烈になってき  音が近づいてき  焦慮を感じてき  列車に沿って駆けてき  闇から出てき  数歩寄ってき  村に帰ってき  お母さんからもらってき  最後にもたらしてき  方より迷いき  人帰りき  當てると、直き  笑ふにき  どの方へ向かってき  疲れがき  だんだん寒くなつてき  それはそうとね、き  買つて、き  ことは別にき  心が惹かれ、き  つて、そうおつしやるにき  風邪をひくにき  ふり方も、大体き  時は、き  最後にき  風ぼうがき  ことは、こうしていてはわからないにき  むだ口をき  それじや、すこしき  手がら顔に、き  家に、き  ぶりになってき  両替をしてき  動揺してき  燃え出してき  ように見え出してき  ことがよくわかってき  駒井はつくづくと考えさせられてき  男である、こうまで言ってき  いっしょに過ごしてき  太陽が傾いてき  その男は駆け寄ってき  のを見て、いろいろ申し込んでき  ますます立て込んでき  霧はさらに濃くなってき  輻輳してき  破裂してき  ありったけ示して、駆け寄ってき  舌がほどけてき  顔が赤くなってき  勢いで駆け込んでき  中に新しくはいってき  すべてを奪い取ってき  男が聞きに忍び込んでき  音楽界に移ってき  陶酔から次第に覚めてき  自分から訪ねてき  大道にもどってき  知ってる名手まで出てき  俗謡などが、多少吹き込んでき  旅行からもどってき  四辺から集めてき  燈火が輝いてき  家へ連れ込んでき  のぞき出してき  ものをもたらしてき  執拗になり、息苦しいほどになってき  劇場から嫌になって出てき  話をもちかけてき  ベートーヴェンが広く知られてき  うちにしみ込んでき  抜粋してき  接近が生じてき  舞台に現われてき  カトリック教徒から奪ってき  上に広がってき  うちにまた現われてき  夕闇が落ちてき  新たに起こってき  ただちに現われてき  中にもどってき  中に返ってき  囁きが、うち捨ててき  中に満ちてき  方から彼を捜しにき  収穫が増してき  四方から湧き上がってき  空気が流れ込んでき  二十フラン送ってき  彼に知らしてき  菓子パンとを送ってき  面影が怪しくも浮き出してき  流れができてき  着物を脱ぎながら、またいらだってき  眼に映じてき  影がこめてき  形が生き生きとしてき  心に上ってき  深淵から浮かび上がってき  楽句が次々に聞こえてき  音楽も響いてき  それから彼はまた浮かび上がってき  音が、突然響いてき  快活さが起こってき  一言も言わずに送ってき  金をもってると言い寄ってき  たくさん見てき  泉がほとばしり出てき  心に満ちてき  炎が立ちのぼってき  念が起こってき  招待状を送ってき  決心が鈍ってき  うちに暮らしてき  方へもどってき  独身者でも見ると、直き  笑を含めて、き  時にネ、き  慈愛に負き  旨を忘れてき  掛声が聞こえてき  刹那背後から聞こえてき  所から聞こえてき  歌声は聞こえてき  のが聞こえてき  時聞こえてき  音などが聞こえてき  ビリとして聞こえてき  隣部屋から聞こえてき  幽かながらも聞こえてき  西進してき  語からき  づれもうたてと訓むべき  昨今急激に増してき  表面に浮かび上がってき  生活がかえってき  数へき  久しぶりに帰ってき  顔に吹き寄ってき  胸をとどろかせながら従ってき  涙さえもこぼれてき  目をじっとつけていると次第によくわかってき  香が流れてき  不審が起こってき  好色癖が出てき  材料を得てき  明け方近くなってき  しののめが始まってき  居所を突きとめてき  さっきより強くなってき  夜がぼつぼつ明けてき  悲しみが湧き上がってき  訪問をしてくれなどと言ってき  死が浮かんでき  月が出てき  生活に馴れてき  間たよりにしてき  陰鬱になってき  苦味ばかりを味わってき  ことに接してき  表われてき  重荷となってき  死ぬときがき  死が迫ってき  望みが湧いてき  病院から帰ってき  彼女はなおってき  烏が飛んでき  風に運ばれてき  ことばっかりしてき  ますます必要になってき  国から持ってき  部屋に戻ってき  顔が赤く、熱くなってき  数代つづいて受けてき  誉むべき  眼が回ってき  懇親を求めてき  アントアネットへしきりに媚びてき  婦人たちへもってき  不都合をき  様子が違ってき  返還を求めてき  のが、間もなく聞こえてき  町へ落ちてき  没落がつみ重なってき  非難を寄せてき  中から、進むにつれて現われてき  かばんをもってき  彼らは飛び込んでき  自分たちにすがりついてき  だれかが訪れてき  下男が知らしてき  彼らを追っかけてき  途方にくれてもどってき  彼らは尋ねかけてき  一人ついてき  態度を装いながらもどってき  最後通牒を送ってき  揚々と近寄ってき  ときから見てき  眼鏡で見てき  結婚を求めてき  胸に沁み通ってき  光がさし込んでき  想像はいろいろ働いてき  クリストフが苦しんでき  すべてふたたび光り輝いてき  健康と言われてき  ときでも始終つきまとってき  それが湧き上がってき  口を開いてき  奥まではいってき  室へもどってき  胸がつまってき  ほうへ上がってき  自然はしおれてき  色彩は褪せてき  生活をうち込んでき  自由に伸び出してき  彼女を襲ってき  うちに降りてき  状態が襲ってき  幸福を味わってき  どこで啼くとなしに多く聞こえてき  懐に入れてき  外へ持ってき  三月であるから女房たちも気がついてき  男性の近づいてき  どんどん明けてき  大事がられてき  所へころがしてき  ますます大降りになってき  あれだって赤くて、重々しいでき  戸口から日がはいってき  頸を、とてもきつく、き  からだをき  運命に現われてき  侍たちにも知れてき  相手になってき  好奇心も起こってき  皇女から生まれてき  月が上ってき  一つかかってき  しんまでおしかぶさってき  母親に似てき  勉強をしてき  だんだんはっきりしてき  喉が渇いてき  処から借りてき  正作が訪ねてき  二階を下りてき  涙が逆上げてき  ポイントマンを連れてき  世間から伝わってき  様子が見えてき  否定してき  方と分き  信頼してき  心に現われてき  色ごろもき  ように浮かんでき  アメリカから帰ってき  会見を求めてき  ホテルまで訪ねてき  履行を求めにき  久しぶりで行ってき  切符を買ってき  ように湧き起こってき  彼女がこの上なくあわれっぽくなってき  考えがすぐおこってき  確定的になってき  先回りをしてき  時はいってき  娘をひきとってき  僕がうってき  それからどこをどう歩いてき  あたしお正月がき  ものであるが、現われてき  痛みが起こってき  歌を詠んでき  趣がおもしろくなってき  歌を送ってき  待遇が変わってき  急にはげしく起こってき  着物にまといついてき  色に現われてき  ちょっと拾い上げてみたが、直き  ものを食ってき  月がさしてき  涙が流れてき  夜はことに高く響いてき  女王を考えていたが、馴れてき  空が暗くなってき  にわか雨が降ってき  雷鳴と電光が襲うてき  上被き  光も見えてき  力がついてき  意を表してき  のとは違って、そうなれば誓ってき  追憶がこもごも起こってき  手も出てき  いくつも現われてき  夢と分き  から訪ねてき  長崎へき  間親しんでき  そこから毎年初秋になると送ってき  奨励してき  鶴岡へき  鶴岡へ帰ってき  ことができてき  春がまわってき  家にどうして暮らしてき  悲しみが少し静まってき  星が映ってき  老人じみてき  口からさしてき  にぎやかに見えてき  頭が痛くなってき  やうに痛くなつてき  のがもくてき  けさをき  願ほどき  ここへ押し寄せてき  とまどいましたが、しまいには、この連れてき  自分のつれてき  中には、持ってき  しろに引かれてき  門口にき  脊にまたがって、つれてき  土産に買ってき  と腹がたってき  だんだん心がしずまってき  おおかみがき  ≪おおかみがき  かけ声が遠くつたわってき  ことまで、とてもはっきりと、浮かんでき  のみことおもひてき  苦痛が現われてき  巻が出てき  少女になってき  心はまた暗くなってき  自信ができてき  合奏をしかけてき  生活をしいてさせられてき  今はもうよく馴れてき  はなやかに上ってき  人も出てき  考えが起こってき  田舎に馴れてき  口をついて出てき  みずから思われてき  考えはまた違ってき  志を申し続けてき  ことは許されていいかと信じてき  一身に集めてき  少女時代から養ってき  信頼して暮らしてき  音が聞こえだしてき  しんみりとしてき  源氏に現われてき  経験を積んでき  後悔が起こってき  恋を続けてき  涙も流れてき  強情者に思われてき  鬼にき  手もとで育てられてき  ものに思われてき  世より思ひ初めてき  求婚をしてき  手紙を書いて送ってき  関係してき  弁信さんとき  癇に立ってき  彼等は、き  昂進してき  臨時誅戮せしむべき  心が湧き立ってき  遊び出してき  地面立ちのき  目頭が熱くなってき  心魂に徹して思い出してき  ものにくらべて、き  面中がき  個人性が、それだけ崩れてき  母親が詠んでき  自然起こってき  請求していると言ってき  試験用紙を脱き  辞退してき  ものが湧き上がってき  気分が悪くなってき  価値を認めてき  間愛し合ってき  間二人だけが愛し合ってき  気の折れてき  態度をとり続けてき  春をすぐしき  町へ送られてき  狩猟してき  善果を持って生まれてき  來る直き  ために、書いてき  うちながむべき  ヘヒトから前借りしてき  悪魔が、突然躍り出してき  抑制を長く苦しんでき  臆病さを、さらに多く苦しんでき  危機を通り越してき  交互にいつも襲ってき  創造しつづけてき  歌が起こってき  それは猛き  間から現われてき  専横が、残り惜しくなってき  空気に慣れてき  過ちをしつくしてき  数世紀来働いてき  花園に咲きつづけてき  数世紀間暮らしてき  心地になってもどってき  菓子をもらったりしたので、やがて馴れてき  幼年時代から見てき  各地に暮らしてき  顔に初めて現われてき  気が鬱いでき  上にも及んでき  今わかってき  試みがなされてき  吸収してき  前からたびたび言われてき  困難をきりぬけてき  中から汲み取ってき  死滅をながめてき  望みがなくて、色褪せてき  消費してき  表面に浮かび出てき  調子を帯びてき  とおり帰ってき  のが、聞こえてき  愛してるかを感じてき  一時に落ちかかってき  音をたててき  滔々と流れ出してき  毎日朝から晩まで聞こえてき  太陽の光がさし込んでき  眼覚めてき  神がよみがえってき  図にのってき  そこから浮かび上がってき  一生のしかかってき  それはとがむべき  クリストフだけを訪れてき  近年一度ならず見てき  クリストフを送り出してき  ほうから彼に尋ねてき  奥までも追っかけてき  窓越しに響いてき  新たにほとばしってき  うちに現われてき  彼にすがりついてき  娘は少しずつ落ち着いてき  学校で教わってき  脱走してき  幸いにも、襲ってき  オリヴィエにもたらしてき  愉快さも加わってき  彼へ言ってき  びっくりして駆けてき  オリヴィエが得てき  遠くに輝き出してき  クリストフから送ってき  姿が浮かんでき  停車場から帰ってき  面影が現われてき  晴れ晴れと現われてき  心は和らいでき  なかに、すっかり生きてき  ことを考えながら、過ごされてき  間から、すべり込んでき  帷が落ちてき  僕にだつてき  たよりにして育ってき  今まで念じ続けてき  ものも添ってき  拝借してき  年を数えてき  さばかりが湧いてき  ことが湧いてき  道は早く絶えにき  眼前に現われてき  うららかに聞こえてき  方の生まれてき  ように見たりしてき  大難を経てき  姫君が生まれてき  自分の生まれてき  今日のでき  あとからき  表情を浮べ、這入ってき  兵営から病院へ持ってき  病室へ這入ってき  戦友は、這入ってき  収縮してき  そこへつけこんでき  人に迫ってき  線路に添うて走せてき  耳にき  浦潮へ積みこんでき  すかくらって辷ってき  嵐にもつれて響いてき  丘を登ってき  院庭へ近づいてき  者が這入ってき  あとから担架で運ばれてき  傷をのぞきこみにき  ことを忘れてき  急に怖く光ってき  哀れげな呻きが出てき  速力が加わってき  目前に現れてき  負傷してき  希望に輝いてき  靴を引きずって出てき  意識しながら登ってき  看護長がついてき  悶着がおこってき  錆のき  週番上等兵につれられておりてき  げに這入ったき  峻厳になってき  浸潤してき  一あれ、き  頭が、ふらふらとしてき  月が下がってき  だんだん下におりてき  だんだん下に下りてき  氷から出てき  上から下にさがってき  声もき  鉛筆をなめながらき  度毎に次第にはっきりしてき  身体との軽い即き  ことがはっきりしてき  生き方をしてき  今迄為しかけてき  十分に生きてき  静かに眺めて暮してき  雀が飛んでき  朝霧をき  地平をき  心によくはいってき  平生と違ったでき  あざやかになってき  ことは起こってき  呼吸は通ってき  夫人に帰ってき  待遇してき  念頭に浮かんでき  侍してき  尊敬をしてき  女性を見てき  興味を覚えてもどってき  支障があって延びてき  癒ってき  返しを書いてき  以前よりもまた荒れてき  心へ浮かんでき  月が上がってき  軒にまで迫ってき  しかたがない、せめて長く秘めてき  煩悶を重ねてき  脚からのぼせ上がってき  今日さえも暮れてき  霧がとても深くおりてき  ものから人はのがれられずに起こってき  わけをしてき  周囲に打ち勝って育ててき  不安が生じてき  終焉の迫ってき  たくさんに作ってき  知らぬ顔にしてき  数か月を暮らしてき  自分にできてき  時から夫人に仕えてき  涙のこぼれてき  少女時代から自分が育て上げてき  風に付いておりおりはいってき  雲が湧き出してき  岬が見えてき  奥州へき  みちのくへき  求婚者が続々現われてき  睦び合ってき  求婚者が次ぎ次ぎ現われてき  ように伝わってき  横ッ飛びに駆けてき  江戸へ出てき  中が蒸れてき  六人ともつれて出てき  空気に満ちてき  記憶がよみがえってき  ものと思ひ知りにき  ことの現われてき  恩返し、き  現出してき  燃え縮まってき  精神がわかってき  かすかにすごく聞こえてき  霧をき  教育もしてき  家も明るくなってき  心に浮かんでき  かすかに響いてき  看護してき  態度を取り続けてき  挨拶が伝えられてき  悲しみになってき  姫君がたを訪ねてき  話の転じてき  正面からさしてき  所へは聞こえてき  僕達はき  うちに、ひとりでに分ってき  訓練を経てき  倦きしてき  石垣をのぼってき  ところへ帰ってき  なかからポイととびだしてき  ッと湧いてき  ッとのぼってき  下から匍いあがってき  心に起こってき  間持ち続けてき  月日を重ねてき  妨げをしてき  山から聞こえてき  気分の晴れてき  山の上からほのめいてき  注意をしてき  岩がき  夢にさえも現われてき  人声が多く聞こえてき  涙の落ちてき  涙さえこぼれてき  さが寄ってき  君へ取り次がせてき  尼姿さえうらやまれてき  胸につのってき  体験から生じてき  身動きもせず、まじろぎもせず、はいってき  意識されてき  局面が違ってき  闇取引を行ってき  耳にもはいってき  細雨が、はらはらと降ってき  膝に正してき  方よりおとずれき  微笑を含みてき  一月余を過してき  様子で帰ってき  予想どおりに起こってき  オリヴィエがもどってき  病状となってき  から求めてき  ひそかに起こってき  呑気に見過ごしてき  眼が聞けてき  冬、もてはやされてき  夢想に交えてき  そばに暮らしてき  心にかぶれてき  響きが聞こえてき  パンばかり食べてき  間待ち望んでき  率直に訴えてき  革命が起こってき  芸術は生まれてき  愛がすでに弱ってき  理解しなくなってき  興味を失ってき  姿を見せてき  上に落ちかぶさってき  室にもどってき  憂愁が立ちのぼってき  ときいっそうはっきりしてき  帷がはさまってき  ために変わってき  ようにたまってき  方向を定めてき  奮闘してき  壺にはまってき  目に会ってき  彼女自身クリストフを訪れてき  彼女は見てき  それからまたもどってき  身体に沁み込んでき  趣きを帯びてき  原文どおりに取ってき  ために生まれてき  夜中にまで追っかけてき  不安が襲ってき  選み取ってき  二週間後にもち出してき  全身を任せてき  出版しようと申し込んでき  願望となってき  星が輝いてき  彼は苦しめられてき  日々がよみがえってき  心が鎮まってき  官能が鈍ってき  きらう全き  子供にたいして、起こってき  うちに起こってき  魂がふたたび現われてき  狂暴になってき  ジャンナン家を訪れてき  昼食をしに帰ってき  それはしだいに大きくなってき  彼女にすがりついてき  経験から、そうなったのでして、打ち勝ってき  必死としがみついてき  発作が現われてき  試練に鍛えられてき  死を悲しんでき  落ち着きに立ちもどってき  さがまた感ぜられてき  給仕が追っかけてき  彼に落ちかかってき  扉口まで送ってき  生活はふたたび輝いてき  知らない若い鴉が出てき  減つてき  疲れが出てき  ラランも少しばかり寂しくなつてき  ピユーツと墜ちてき  生命は無いにき  中に墜ちてき  村に入ってき  手に下げて出てき  ろぼうだといってしかられたと泣いてき  たしかに置いてき  日の光りがさしてき  色がほんのりしみてき  どこまでき  郵便局から戻つてき  やうに飛んでき  感情もありながら、断わり続けてき  君へ聞こえてき  愛も生じてき  においを運んでき  赤みを帯びてき  万事皆頼んでき  日が高く上ってき  煩悶は多くしてき  外へは出して見せまいとおさえきってき  物思いも薄らいでき  自身で紛らわしておさえてき  中に重なってき  夫婦生活に慣らされてき  大事に育てられてき  ことの添ってき  哀れに思われてき  心が違ってき  恋愛に鍛え上げてき  さがわいてき  買へないでとうとう戻つてき  背負つて戻つてき  一杯買つてき  強制執行が、時々き  万事気をもんでき  胸へせき上がってき  ここに現われてき  気の毒でも申し上げてき  所へ聞こえてき  華麗さが浮かんでき  ょにかんばしいかおりが通ってき  ほうから菓子などが運ばれてき  生活にまぎれこんでき  生活にたちまじってき  生活能力のあたえられずに生きてき  退屈を感じ出してき  ウスノロぶりがだいぶ引きしまってき  信用に反き  釜が沸いてき  無事で帰ってき  鍛錬を経てき  ちゃんとフトン持ってき  本気に怒ってき  だんだん歪んでき  日に増しぬるんでき  昨日見てき  ものがようやくわかってき  寵愛が図抜けてき  少年時代から仲よくつきあってき  風もはげしく出てき  浮舟が書いてき  右近が書いてき  苦労をし続けてき  夜もずっとふけてき  篩をかけてき  胸はどきどきとおどってき  アパートへ帰ってき  戦慄とともに甦ってき  母胎から生れてき  出席しても、直き  水桶をおろしてき  目で見てき  何万にまで増えてき  夫人の送ってき  落ち重なってき  心が静まってき  胸へ集まってき  自分をおさえてき  今まで見てき  戯曲が出てくると思ひますか、また出てき  鮮明に浮かんでき  いふ戯曲が出てき  いままでは避けてき  相手がついてき  複雑さからき  芝居が出てき  限界がき  あすこまでき  一時に注ぎこんでき  山地から平地へ移ってき  払つてき  三枚運ばれてき  降りになってき  介抱を受けてき  ものもときどきは食べてき  顔の痩せが見えてき  興味のわいてき  人生がわかりかけてき  いつか現われてき  光明とながめてき  ことが伝わってき  声にまじって聞こえてき  のだと聞かされてき  ハイボールにしてき  足がかりが出来てき  自然と浮き出してき  雪を蹴立てて駆けつけてき  ことがひどくばかばかしくなってき  沽券も崩れかけてき  芽を出しかけてき  女中を連れて戻ってき  虔十にき  仲宜き  岸田のき  あいつはき  蘇生してき  仄かに浮き出してき  真個憫むべき  心注かぬとは、さてもそそくさき  狼が殊更しつこく、こういってつめかけてき  産気が次第についてき  垣根を飛び越えてき  経歴を泳ぎぬけてき  彼女と別れて帰ってき  組立が生じてき  そこから自然に生れてき  心理的探求から生れてき  文芸界に起ってき  心理的探求に変ってき  から骨組を取ってき  ように、いどみかかってき  順々に入り込んでき  加減で、流れてき  私はわりにくわしく説いてき  稀薄になってき  ザコどころか、き、き  前からすゝめてき  今度もきつと勝つにき  議論をも立ててき  敬愛されてき  現実的に怪しくなってき  かかわりなくつき合ってき  いつがき  どこからともなしに聞えてき  廟門を入ってき  二列になって見えてき  往って入ってき  一糸も乱れずに入ってき  判官が帰ってき  上申してき  司に知らしてき  国統が漸く衰えてき  康らかになってき  書面を持ってき  崩壊を一度くぐりぬけてき  視野をき  やうに考へられてき  間が痛くなつてき  紙が破けて出てき  何を覚えてき  便所から出てき  方に戻ってき  全部下駄ばき  身についてもき  風景を取ってき  存在となってき  人物は探せばき  羽織とをき  上塗りははげ落ち、き  だらけで随分き  ひろ子は、荒れてき  ひろ子のき  影が浮き上がってき  思い出がよみがえってき  今、ふたたび浮かび出してき  声が立ちのぼってき  それが聞こえてき  中に吹き込まれ、生き上がってき  間にはいり込んでき  成功は減じてき  協力してき  脱出してき  ロシアから逃亡してき  貧困を通り過ぎてき  削減されてき  クリストフへすがりついてき  消磨されてき  多くの尚き  不意にさっと起こってき  下にこっそり忍び込んでき  女房に苦しんでき  それに交じってき  近ごろもどってき  彼は言い進むに従って熱してき  衰微してき  水面に浮かび上がってき  心境を経てき  五月一日が近まってき  韻律を並べてき  のが現われてき  ように現われてき  オリヴィエが追っついてき  群集は立て込んでき  逆まいてき  兇暴になってき  クリストフに近寄ってき  ために進んでき  前進してき  みずから駆けつけてき  あとにつづいて駆けてき  者らも駆けてき  光景が浮かんでき  ことを考えてき  飲み物をもってもどってき  ブラウンがはいってき  クリストフを襲ってき  食事をもってき  口も利かずに歩いてき  こんどはじれてき  中にしだいにはいり込んでき  神経はゆるんでき  クリストフは疲れはてて降りてき  身振りから輝き出てき  一時ごろ帰ってき  ふいに帰ってき  復活してき  パリーで知らず知らず得てき  オリヴィエにささげてき  全速力で逃げてき  間に湧いてき  故郷へもどってき  心酔しながら帰ってき  まれになってき  肉が落ちてき  心中に積もってき  女に見えてき  朝通ってき  ゆるやかに渦巻いて起こってき  ブラウンが帰ってき  それが刻々に募ってき  音は近寄ってき  姿が現われて、そっと進んでき  ような、卑しむべき  容赦なく唾棄してき  心痛が増してき  身体は痩せ細ってき  ことに向けられてき  まま逃げ出してき  世界はしだいに狭まってき  ことは、卑しむべき  のは、多少ほむべき  引用してき  町まで伝わってき  非常に変わってはき  クリストフがもどってき  来訪はいっそう繁くなってき  室から取ってき  言葉が伝わってき  気が、むらむらと起こってき  ベービはやって行き、もどってき  空気がどっと流れ込んでき  朝もどってき  衰弱を示してき  眼に燃えてき  二人で黙々として帰ってき  確実性を帯びてき  ますます痛烈になってき  充実が欠けてき  間歇的となってき  さし老い衰えてもどってき  冬がまたもどってき  から鐘の音が聞こえてき  音を送ってき  反響を伴ってき  颶風となって吹いてき  神が飛び込んでき  汝はついにもどってき  汝はもどってき  生命がもどってき  一目でわかってき  観念がつぎつぎに浮かんでき  困難が生じてき  矛盾が落ちかかってき  それが発してき  うちに飛び込んでき  人生を全き  はつきり判つてき  どこかしら、き  君もき  なかで、突然にき  肩幅を割りこんでき  倫敦から帰ってき  顏が浮んでき  づつ浸透してき  顏も浮んでき  ふうに生まれ合わしてき  買いものにき  くぎをもってき  うたがいがわいてき  手さきがき  ばりを買ってき  ほうへはいってき  諭吉は、すぐにでてき  しきにおくってき  しきにおくりこまれてき  中津へかえってき  うごいてき  ぼうえきをやろうといってき  ことがはやってき  ことがつたわってき  長崎にでてきたもくてき  ようにおもわれてき  けがよみがえってき  勉強にき  中津をよけてき  諭吉がき  人々があつまってき  けんこうをとりもどしてき  長崎からかえってき  ペリーがき  番がまわってき  九十人もあつまってき  力もついてき  お礼をもってき  かいぼうをしてみせてもらいたいと、たのんでき  くまのき  たくさんもらってき  かめを買ってき  液がながれてき  いぬさえもほえついてき  江戸にき  ちゃんとわかってき  がたもすくなくて、き  江戸へかえってき  いま江戸にき  きゃくがき  ばんにき  アメリカからむかえにき  測量にき  あら波とたたかってき  さとうを買ってき  横浜にき  たくさん買ってかえってき  女中があわててはいってき  大阪から江戸にき  たくさんあつまってき  からかえってき  きゅうにざわめいてき  たまはとんでき  アメリカからかえってき  役所へでてき  東京へかえってき  大阪にき  ぞろぞろでてき  慶応義塾にはいってき  手紙でといあわせてき  ノートをもってき  ぜんぶほんやくでき  からでてき  ものもでてき  仕事をやってもらいたいと、しきりにたのんでき  諭吉をたずねてき  きみにぜひき  かいたりしてき  ぎろんが、ひじょうにたかまってき  おじぎをしたり、かえってき  商人がき  あいさつにき  こと、だいぶ遠ざかってき  反問してき  好きになってき  喜久ちゃんまで起きてき  私をじっと見つめてき  横手からずり寄ってき  問題が起きてき  研究機関が備わってき  研究となってき  問題にされてき  通俗化されてき  関心を持たれてき  動員されてき  尖鋭化してき  関心をもたれてき  肉迫してき  このわたをもってき  外国生活をしてき  あはれ昔にありき  言ふもうたてき  そこに流れてき  村にはいってき  庭にはいってき  ところに縁づいてき  世に忘れてき  掘っ立て小屋に帰ってき  誰が送ってき  女中としてやとわれてき  家にやとわれてき  一つ一つ浮き上がってき  十年前送ってき  君子に分かってき  他所に泊まってき  君子に近づいてき  用便から部屋に帰ってき  だんだんよく分ってき  藤本のならば宜き  足駄を突かけばき  島にき  耳に親しんでき  殉教徒が出てき  石井氏が帰ってき  客に持ってき  ルルと述べてき  モーニングをきこんでき  人間が生れてき  彼に斬りつけてき  物音をき  サルマタを買ってき  跡始末にき  の買ってき  一山つみこんでき  坊介は戻ってき  酒をつめてもらってき  一足先にき  実力をみがいてき  主任をつれて戻ってき  皿をはこんでき  才蔵をむかえにき  戦争に行ってき  天草商事へ行ってき  捜査にき  一包みでも、持ってき  話だから持ってき  ヨリドコロがなくて持ってき  秘密をき  催眠薬を買ってき  ジン、よしき  一グラムも出てき  箱根へ行って、見てき  美形をつれてき  ホンモノに包みかえてき  半平が追っかけてき  手筈をととのえてき  方向から忍びこんでき  みんな白衣をき  五百万円もってき  如くに駈けこんでき  天啓が浮んでき  如く駈けこんでき  鈴をふって駈けこんでき  術にかかってき  声がして、とんでき  人物が、ニヤニヤしながら、近づいてき  道具をもって入り込んでき  顔中がカッと逆上せてき  喧嘩してき  北海道に渡ってき  耳に戻ってき  ワザワザ小樽から出てき  ことが、思い当ってき  ガヤガヤが返ってき  矢張りついてき  心持ちもってき  何食ってき  村道から市街地に入ってき  まま上ってき  音をさせて上ってき  さで上ってき  此頃はそう思ってき  ボツボツ集ってき  それを、うるさい、うるさいと思ってき  跳ね跳ね田から出てき  母親が起きてき  泥だらけにして帰ってき  毎日毎日地主に苦しめられてき  若い人達ばかりと思ってき  香奠を持ってき  越後から移転してき  地主を無理矢理ひっぱってき  ことが、ハッキリしてき  挽き肉になって出てき  村から出てき  田ば見てき  みんな帰ってき  岸野農場にも入ってき  津軽海峡を渡ってき  のものが集ってき  様子をきいてき  行商もき  お互いにふざけながら帰ってき  キヌが帰ってき  キヌちゃ戻ってき  こっちへ廻ってき  伴が帰ってき  眼鏡を出してき  二三人ずつ集ってき  畑から抜いてき  自動車に乗って、酔って帰ってき  ゾロゾロついてき  小作人もちがってき  巡査が時々廻ってき  唐黍を盗んでき  ところへ代る代る集ってき  グイとこみ上ってき  節が出てき  阿部達も行き詰りを感じてき  ことを云ってき  出陣してき  事を云い出してき  そっちから馬鈴薯五俵送ってき  動員がきいてき  ものでない、と云ってき  女にひきつけられてき  小樽に出てき  それと出てき  事態が変ってき  様子がありありと見えてき  急に変ってき  つり黙りこんでき  妹が見送ってき  カミシモをき  一年を生きてき  発見しようとしてき  戦争ばかりしつづけてき  糊塗してき  破壊にまで追われてき  苦悩してき  毒されてき  自分に知ろうとしてき  精神をいためつづけてき  一時にさしこんでき  希望から築きあげてき  花咲かせてき  観にき  一滴ずつおりてき  言葉をもたらしてき  奥からようやくにして取り出してき  魂はしだいに弛んでき  外皮は裂けてき  影から脱してき  面影が浮かんでき  哲学者じみてき  涙が浮かんでき  私には見えてき  しろ多く恥辱を集めてき  奥から飛び出してき  通りぬけてき  駆使とを、得てき  保存してき  眼は燃えたってき  疳高になってき  若い婦人が訪れてき  環境に苦しんでき  嫉視から出てき  ほうから進んでき  近来ますますはっきりしてき  クラフト氏を尋ねてき  それがわかりかけてき  ジャンナンが訪れてき  私に話してき  熱狂は弱ってき  多年休息してき  交流的律動に従ってき  覆面を貫いて射してき  春をもたらしてき  中に見つけて、盗んでき  書斎にもどってき  お菓子とをもってき  中に運んでき  性格が、ときおり現われてき  夫を愛してき  みずから抑圧してき  しかもまた愛してき  急ぎ足に歩いてき  確かになってき  反響をもたらしてき  私は見てき  色を失ってき  苦しみ年老いてき  生を営んでき  直覚力を得てき  音楽作品が生まれてき  ところからもどってき  ほうへもどってき  湿気が沁み通ってき  握手を求めてき  男子が現われてき  苦悶が鈍ってき  愛とともに鈍ってき  パリーへもどってき  そばへもどってき  自分が生きてき  生涯を費やしてき  恐怖も感ぜずに、なしてき  征服から帰ってき  念を覚えてき  益を受けてき  われわれから利益を受けてき  方舟を導いてき  沙漠を横切ってき  忘恩とを受けてき  仮病に悩まされてき  静穏が落ちてき  それから後いかほど歩いてき  一直線に飛んでき  身を護ってき  神はほむべき  さをもってふたたび現われてき  クリストフを見てき  眼を覚ましてき  今はひとりでにもどってき  努力をしてき  皆で苦しんでき  エマニュエルが拾ってき  勝利を得させようとしてき  迫害されてき  中でかなり暮らしてき  一年一年と延ばしてき  面影がよみがえってき  香が立ちのぼってき  ドイツからもどってき  二人はたがいに戦ってはき  かぎりよく演じてき  一つ頼んでき  彼はいらだってき  彼は凍えきってもどってき  一人きりで暮らしてき  対語をしてき  間こもってき  クリストフは面白くなってき  のがむずかしくなってき  胴体につかみかかってき  息がつまってき  沈黙がもどってき  音楽が聞こえてき  人声が起こってき  奉仕してき  聖クリストフは引き抜いてき  河流が出てき  教育から得てき  モデルとして浮かんでき  三部になると、ゆるんでき  上におりてき  下に育ってき  赤土が露き  澱みが漂うてき  風が送られてき  さが込み上げてき  方から蠢いてき  ものに聴きとれてき  やうに鎮まつてき  玉がチラチラしながら落ちてき  頭が迫り出してき  厭に馴れ馴れしく押付けがましく切り込んでき  江が戻つてき  更激しくぶり返してき  何の気なしに登つてき  フラフラフラッと降りてき  やうに込み上げてき  疲れの込上げてき  きれぎれに聴きとれてき  家へ戻つてき  やうに被ぶさつてき  聯絡もなく忽然と浮かび出てき  何処かで覚えてき  悪いことをして逃げてき  夜逃げをしてき  配達されてき  ガヤガヤ聴きとれてき  部屋へ戻つてき  お菓子を運んでき  トントンと躍り込んでき  玄也が駈け登つてき  やうにしながら降りてき  玄也さんはき  一時にき  沓脱へまで通じてき  うそ寒い夜気を運んでき  戸を締めて戻つてき  忍び泣きが洩れてき  便所へ下りてき  二階へ戻つてき  洗面して戻つてき  奥へと這入つてき  購めてき  僕を頼つてき  職もきいてき  何んとかなるにき  方がき  中へもぐり込んでき  ブッキラ棒に現れてき  心持よく感ぜられてき  戸外へ置き残してき  乍らやつてき  乍ら歩いてき  女房を連れてき  数がふへてき  二階へ昇つてき  夜が戻つてき  一人で戻つてき  空気がだしぬけに流れ込んでき  見送りに下りてき  頭を持ちあげてき  金を与えてき  フグを食いにき  滓がたまってき  それをとりにき  たまをもたげてき  近くまでき  土地へき  わたくしについてき  樽からでてき  今でてき  われにかえってふりかえると、いつの間にはいってき  自分のとおってき  さっきここへき  からマッチがとびだしてき  窓からさしこんでき  だんだん白っぽくなってき  声も又はっきりしてき  どこで聞いてき  だんだん重力がへってき  手がでてき  ウェイトレスがでてき  から早く終ってでてき  外へせりだしてき  ーッとでてき  外へでてき  君たち、き  一同をよびにき  会長がはいってき  上にもき  正面にでてき  蘭をひきぬいてき  何か降りてき  空からどすんと落ちてき  ものがはいってき  急にふくれあがってき  天井から頭部が下りてき  日をまちがえずにき  世界へき  方から太陽がでてき  だんだん大きく見えてき  海王星が見えてき  急にのびてき  下へおりてき  まん中に落ちてき  人間が降ってき  また下へ落ちてき  いかだにき  金あみなんかかぶせられて、き  鳩もき  ラーメンを持ってき  着物もき  インネンをつけてき  おろしにき  目をさまして起きてき  山口が起きてき  密航してき  前にはっきり浮んでき  方からそよついて流れてき  とき何処から流れてき  浮きよせてき  中へ浮んでき  だんだんふけてき  いつのまにか掃除人が戻ってき  匂いがぷーんと伝わってき  くしゃみが出てき  どんど追っかけてき  一緒になって追っかけてき  手をとりあって入ってき  乃公はすこし慌ててき  薄気味が悪くなってき  印象が、まざまざと思いだされてき  小きざみに震えてき  彼女を慰めてき  乃公を訪ねてき  たくさんになって見えてき  木の下にき  薬を取ってき  夜も昼も東を指してき  家来は携えてき  海辺へき  声音もなく膨れあがりとびかかってき  魚屋さんがき  ふみ次を、持つてき  魚を、売りのこしてき  藤かづらをき  天からふつてき  西洋人に、ばけてき  ちかよつてき  ものを、仕入れてき  通行の、き  まひに、もつてき  お土産を持ってき  返事を貰ってき  十二時頃に帰ってき  俊夫君は帰ってき  何となく物凄くひびいてき  こちらへ近よってき  ぶっかけて、き  やつにき  ものがなくなつてき  味ふ可き  云ふ怪むべき  なかに生れてき  唇だけをき  ぶつかけて、き  人を乗せて駆けてき  あたしは、拾ってき  底から響いてき  カーテンを通して入ってき  それから夕方までを、故き  先に伸びてき  忍び笑いが聞えてき  布切を解いてき  彼女も痩せてき  毎年繰りかえしてき  青筋がはってき  平野屋茂吉が、ずかずかはいってき  帰邸ってき  周囲から思わせられてき  辰馬は、焦立ってき  態わざ頼みにき  怒りが、こみ上げてき  大声が聞こえてき  用談を持ってき  顔いろが変りかけてき  ふりをして、素早く読んでき  辰馬が、引っかえしてき  吉良は、ふるえてき  自分で出してき  どこからか聞きだしてきては勤めてき  吉良は、面白くなってき  苦悶を重ねてき  夏までき  方が多くなってき  方にき  夕闇はき  半年は生きてき  夢中になって語ってき  変にばかばかしくなってき  気持が苛立ってき  ステッキが浮んでき  母が見つめてき  方を見守ってき  うちになお酔払ってき  顔をなおまじまじと見入ってき  苛らついてき  意見になってき  嵩にかかってつっ込んでき  癪に障ってき  方が突然はっきり浮き出してき  馬鹿に大きくなってつめ寄ってき  長年一緒に育ってき  ここに引出してき  余りしんみりしてき  入口まで立ってき  前に戻ってき  眼に見入ってき  お座敷着をき  露わな眼で見入ってき  おみやげを持ってき  彼女が送ってき  方から流れよってき  一枚持ってき  拘泥しちゃいけない、即き  春のき  枝づたひ病むうぐひすの戸にき  兎あらふを見にき  だんだん進んでき  づゝ、き  微笑をさえ含んでき  彼が見捨ててき  東京から直き  軟文学としてかろしめてき  経済政治面からしめ出されつづけてき  力も失ってき  婦人にむけられてき  翼をおられてき  マントをき  反撥をしめしつづけてき  あいだ前進させてき  批判がおこってき  広範囲になってき  間つみ重ねられてき  行つて引返してき  扱つてき  土台にして、き  顔、よく見て、覚えてき  音楽にき  意味の、き  汀に小き  絶してき  廻転してき  わたしたちみんなにわかってき  僕達はどうにか生きてき  風に考えてき  前にぶら下ってき  無断で飛び出してき  八百円に負けさしてき  敏子さんにもはっきり見えてき  気勢を示してき  爆発しかけてき  別々に出てき  細君に云い置いてき  心に向ってじかに呼びかけてき  来診してき  沈黙が苦しくなってき  顔を洗って戻ってき  急に聞えだしてき  看護婦が飛んでき  体臭がむんむん匂ってき  観念して、這いだしてき  倅にたのまれてき  行雲流水から戻ってき  骨壺を持ってき  スッ飛んでき  ツケ根からスッポリ抜けてき  大事にくるんで帰ってき  だって帰ってき  庭へき  陶が出てき  肴を出してき  種を持って帰ってき  舁がしてき  ますます萎れてき  ところまでは、かろうじて聞こえてき  ここへ下りてき  あちらから飛んでき  めに遇うてき  世の中で見てき  みつばちが飛んでき  自分を見つけてわざわざ下りてき  花壇にき  島からもき  人が持ってき  一年は、こうしてめぐってき  公園にき  風に送られて聞こえてき  展覧会にき  あれを持ってき  私の持ってき  まわりに集まってき  みつばちはかえってき  みつばちが帰ってき  あなたは飛んでき  方向に飛んでき  蛾が飛んでき  蛾が襲ってき  たくさんに飛んでき  みつばちはついにき  中にき  きれぎれに聞こえてき  蛾がき  毒蛾がき  植物学者がき  種子が飛んでき  鳥が、くわえてき  運命も、ついに終わりがき  心が湧きあがつてき  茶をこしらえて出てき  兄も出てき  一度海水浴に来てくれなどといってき  どれちょっとおれ見てき  光さんから東京からもき  からなぞというてき  甲谷が起きてき  あたし食べ物を貰ってき  上に見せてき  他地から移ってき  風に鍛えられてき  質が劣ってき  甚しくなってき  一つとして生まれてき  ところへついてき  肉体を運んでき  勢よくとびこんでき  方に移してき  目についてき  からどうなすったの、と尋ねてき  お話しなすったの、と尋ねてき  の、と尋ねてき  頭にはっきり映ってき  変に行き詰ってき  瀬川キミ子から電話がかかってき  首にとびついてき  話にみをいれてき  強硬策が現われてき  柴田研三が訪れてき  中江ははっきりしてき  粒がぱらぱらと落ちてき  視線を据え、次第に近寄ってき  顔が出てき  眼をつけ、次第に近寄ってき  うちに、涙ぐんでき  碁をうち続けてき  風格を増してき  整備してき  彫琢を加えてき  私が生れてき  趣味にまで進んでき  卵巣のふくれてき  味あわせてき  水が次第に冷えてき  川へも遡ってき  大群が遡ってき  上流さして遡ってき  戦つてき  曠野から帰つてき  意図してき  圭一郎はき  何匹もつれてき  形を取ってき  円熟してき  皿はいくら食い荒らされても、また次々に運ばれてき  憂鬱の曇りがかけてき  朱文が帰ってき  色が濃く漂ってき  服装をととのえて現われてき  方法をつけてき  垣間見に、起き出してき  面がほんのりと白んでき  幼明が駆けてき  ごと四方から戻ってき  八は落ちてき  眼が凹んで、痩せてき  一目見ると、すぐに飛び起きてき  王女が出てき  跡から直き  吹き出してき  気持が蘇ってき  眼が眩んでき  から鐘の音なぞが聞こえてき  稀になってき  以前ほどは入ってもき  奥さんを連れて帰ってき  錯覚が起ってき  伴奏が聞こえてき  さを伝えてき  思い出を書き綴ってき  行末がき  ぱアと明るく射しこんでき  間拔けさがめだつてき  電話をき  守一と暮すにはなかなかき  樣子をき  傾斜もよほど出てき  ひとりであるいてき  三俵もはこび込んでき  あいだにはさまってついてき  米を持ってき  長者ものこのこ出てき  ほんとうかどうか、たずねにき  所までき  お前はき  やうに映つてき  描写してき  ところへもつてき  健康をとりもどしてき  ねんねこを忘れてき  風が募ってき  畑にもどってき  かすかにきこえてき  足をき  揮つて虚空をき  朝となると、きまってき  党の直き  復むべき  心持に眠くなってき  それぞれ部属がき  ますます狸に似てき  こちらにやさしく抱きついてき  関係を持ってき  前橋まで集まってき  夜遊びにき  多年思ってき  椀が運ばれてき  二筋でてき  最近友人が訪ねてき  漫歩してき  山奥から送ってき  関係を持つてき  前橋まで集まつてき  お伽噺をき  多年思つてき  山奥から送つてき  ひらひらと落ちてき  物を取ってき  椋の木から落ちてき  家を訪ねてき  何だか硬張ってき  まわりがぼうっと霞んでき  こいつは悪くなってき  ポタリポタリと聞えてき  雨漏ってき  藤蔓とってき  蟇が、のそのそ這ってでてき  鴇、だから出てき  次から次と、出てきては消え、でてき  眼を見つめてゐたが、忽ちき  記憶に甦ってき  頭に絡んでき  ーんとしてき  為め再々規律に反き  一足買い求めてき  皆が、き  曖昧になってき  一緒に伺ってもよいかと言ってき  身近に現われてき  身近に蘇ってき  一廻りして戻ってき  露見してき  肉がしびれてき  足のき  こんども、そのき  人形は、こうやくをぬってもらうと、さっそくき  心掛けもわるいにき  惹起してき  方が速いにき  極端に起こってき  ものができてき  俳優もできてき  よにうまれてき  やつと芽ぶいてき  鳥とんでき  残雪をふんでき  機縁が熟してき  何となく開けてき  へとへとになって帰ってき  意志と直き  雨が漏つてき  岩が落ちてき  一本松晴れてき  障子を開けて入ってき  画がき  九時過ぎやのにまだ帰ってき  ものが次第に引離されてき  窓に浮かんでき  声がやかましく目立ってき  男工も寄ってき  賑やかに聞えてき  ギクシャクしながら、延びてき  名前をとってき  大人になってき  人になって出てき  うちに吹いてき  父が帰ってき  鉢を持ってき  声が落ちてき  音が入ってき  えりに、持ち上ってき  組合へ必ず出てき  廻わしになってき  河田も降りてき  スパイ政策も変ってき  まり重きを置かなくなってき  男が寄ってき  中央から派遣されてき  彼を見ると寄ってき  脱衣場から下りてき  負ぶってき  一項を取り出してき  意味が分らず、き  頃のようやく分りかけてき  一通りは云ってき  先を切ってき  静かに下りてき  うちに変ってき  魅力を持ってき  集会にき  半分になって入ってき  港通りへ出てき  役員を連れてき  イと追いついてき  自分に送ってき  高等係がき  差しこんでき  こっちへ歩いてき  ら廻ってき  事務所から帰ってき  自分でも分るほど変ってき  特別待遇をうけてき  専務が上ってき  咽喉にき  そこから洩れてき  胸に沁みてき  來ずに戻つてき  氣持がつきあげてき  職がき  近所から寄せあつめてき  方向がき  色は段々青く染まつてき  責むべき  中からひよつくり生れてき  主人のかかへてき  代り立ち代りせはしさうに這入つてき  冴えとしてき  今日買つてき  ポリツヂを運んでき  サイレンがはいってき  主人のかかえてき  そうに這入ってき  誰もまだ帰ってき  今日買ってき  ポリッジを運んでき  興味も持たれてき  小皺が目立ってき  へんにてらてらしてき  だんだん頼りなくなってき  のか分らなくなってき  胸元に突きあげてき  画面いっぱいに出てき  だんだん下ってき  様子をもってき  季節は移つてき  感じとは、即き、離れ、即き  岡村へおいてき  彼やを拾ってき  人からき  話をせずにき  どこぞよりき  ニューギニア会社へき  夜フインシャハに戻ってき  ひかりが漂ってき  蛮地へき  此処へき  慾求に打ち克てなくなってき  情がむらむらっと起ってき  南東貿易風が弱まってき  急に波だってき  風もないのに、こんなに荒れてき  刺戟してき  オジチャン、涼しくなってき  朦朧と見えてき  転住してき  勝手許へ提げ込んでき  相談に忍び込んでき  夕方がき  混食してき  選り好みせず大いに食って、大いに働いてき  浴してき  組合から買いにき  買い出しにき  おじさん、またき  近所から都合してき  名しばしき  すゝむべき  神にもとめにき  嗚呼憫むべき  みの浴衣をき  常套となってき  生涯を送ってき  本を再び持ってき  大分なくなってき  考えが起ってき  考えが出てき  一本校内に植えてき  ここに生まれてき  東京に出てき  故郷を出てき  私もわかって帰ってき  問題が出てき  国に生まれてき  方から掘ってき  年々米を取ってき  利息が加わってき  事業も起ってき  から新日本国は生まれてき  革命が起ってき  共和国が生まれてき  悪魔が出てき  ところへもだいぶ送ってき  厠へ持っていって置いてき  豆腐を買ってき  それから七夕様がき  これを読んでき  金をもらってき  油と取換えてき  卒業してき  知識を磨いてき  ぼつてりと太つてき  読者がふえてき  命脈をたもってき  ところでひろがってき  いふ時、き  ぼつてき  こんどは、き  経済にき  風当りがすっかり違ってき  物を運んでき  入用になってき  こいつ、き  けが、大きく浮き出してき  ところまで送ってき  天元から取ってき  仲に立てて、申し込んでき  私が調べてき  紹興酒からとってき  お鉢が廻ってき  お菓子をねだってき  お母さまにおねだりしてき  扉をしめきり、なにか考えながら戻ってき  茶菓を運んでき  山を見てき  浅間まで廻ってき  旅行から帰ってき  いい加減に片付けてき  写真を集めてき  菅原もだいぶ酔ってき  君にも戻ってき  終戦後しだいに出来かかってき  東天が白んでき  なかにふっと浮んでき  猿をつれてき  竜宮へ連れてき  中に投げ込んでき  復興してき  さをまして重苦しくなってき  戦地で得てき  先方からのしかかってき  気持ちが少しはっきりしてき  縁台に戻ってき  倚りかかってき  小泉がはいってき  小説を持ってき  難題をフッかけにき  蒼ざめて駈けこんでき  美男をひっぱりだしてき  雑誌を改めて買ってき  一服休憩にき  三十分ほどして戻ってき  ものだろうと思って出てき  一しょに出てき  顔がはっきり浮んでき  側に置いてき  わけもなく腹立たしくなってき  遺失してき  指紋を残してき  戸を開けにき  何だか頭がぼーっとしてき  心は静まってき  刑事が出てき  それから椅子をもってき  から俊夫君は帰ってき  ことを聞いてき  小野龍太郎を連れて入ってき  自分に反き  云ふ全き  彼等が全き  そこに全き  人を犯してき  ろしき物を見れば、いかなる猛き  のしのしと歩いてき  廊下をかえってき  自分の通ってき  それからぴしゃりと閉して帰ってき  二封度を持ってき  囚人をのせてき  俥に積んでき  のがひびいてき  乳鉢を掴みにき  引き出しから一円銀貨を掴んでき  枕頭へかえってき  前線から手足まといとなってついてき  贈物を持ってき  夜は暗くなってき  小山がおりてき  コシャック騎兵までが逃げてき  退却してき  ここをめがけてはいりこんでき  ように走り出してき  周村でつれてき  印を捺して拵えてき  一ぱい積込んでき  ちょかと馳せてき  賃銀をよこせと云ってき  一ツずつ持って帰ってき  夕暮れは白く迫ってき  仲買人の持ってき  叱られて育ってき  工場へ飛んでき  留置場から出てき  挙動がおとなしくなってき  靴音荒くとびこんでき  入城してき  誰何されながら帰ってき  膝によってき  のを掴まえてき  大砲を持ってき  通りからとび出してき  二人でついてき  領事館からついてき  ために持ってき  小路から引っかえしてき  毛布をもってき  手にして馳せ出してき  連中がどやどやと押しよせてき  緯五路までき  青い服が押しよせてき  苦力に化けてのがれてき  自分だけ、のがれてき  家へ押し入ってき  事件のき  人が這入ってき  これがき  角にき  それを忍んでき  宿舎へ這入ってき  木谷に詰めよってき  負傷者を運んでき  病庭へ唸りこんでき  声で、運んでき  屍室へ運んでき  仲間から離れて歩いてき  眼を怒らして吠えかかってき  後に生れてき  進歩をしてき  ちょっと見てき  王様、ごき  さよなら、ごき  夜露はもうしっとりと降りてき  芽を吹いてき  胸いっぱいに湧いてき  不安はいよいよ募ってき  ように沁みてき  泛かんでき  ように熱くなってき  興味が湧いてき  だんだん衰えてき  胸にみなぎってき  色がもうにじみ出してき  塚から抱えてき  熱がまた募ってき  喉がかわいてき  調子づいてき  頭が重くなってき  だんだんにふえてき  烏帽子を着ているに堪えないほどに重くなってき  疳癖の募ってき  しずくがはらはらとこぼれてき  ゆうべに引き替えて、き  胸は怪しくとどろいてき  苛いらしてき  雨がほろほろと降ってき  色も変わってき  胸によみがえってき  急にいまいましくなってき  驕奢に長じてき  性質に変わってき  胸はなんとなくほてってき  くらくらと眩んでき  だんだんに深くなってき  鼠色に濁ってき  ようにどっと降ってき  処置していいか判らなくなってき  立ち場が判らなくなってき  だんだん陰ってき  眼はおのずとうるんでき  区別が付かなくなってき  玉藻であるらしく思われてき  ように明るく澄み渡ってき  方がとうに尽きてき  格がき  存立を認められてき  猛火をくぐって逃げのびてき  人間へ戻ってき  坊様出てき  空を飛んでき  妹もき  雨は落ちてき  だんだん秋が近づいてき  死骸をかぎつけてき  とこまでき  涙がぼろぼろと出てき  文章が出てき  台所口からとび出してき  声で叫びながら、あわててとび降りてき  安田も下りてき  警官をよんでき  細君が出てき  物音をきいてかけつけてき  巡査もかけつけてき  場へ出てき  気がふらふらしてき  家へたずねてき  虐待がはじまってき  奥さんを慰めておいて帰ってき  ひき返してき  すべて明らかになってき  道へ進んでき  九州まで行ってき  会へばき  アドレスをき  道順をき  返事をき  歌はなりてき  木精かひそみき  母もき  ひろひし落つばき  音楽がきこえてき  アリシア区に還ってき  アロアア区から電話がかかってき  静かに上ってき  ドタドタと飛びこんでき  一大音響が聞えてき  アリシア区に帰ってき  人体らしくなってき  それを見ていると恐ろしくなってき  血が湧き上ってき  方に下がってき  ところへ引き返してき  ものかと、行って調べてき  伝声管を通じて入ってき  爆撃戦隊が乗りこんでき  だんだんと高まってき  メロディーが流れてき  立派なでき  夫子が強ちに爾き  其にて可き  何某をき  暮れにき  山水を見にき  それから老婆に別れて帰ってき  顔を持ってき  勝手口から入ってき  汗巾を出してき  繍鞋児を出してき  荷物を持って帰ってき  上にあがってき  譴責が浮んでき  楼上へあがってき  春嬌、き  類を持ってき  意識がかえってき  声に似ていると言っていたが、とうとう起きてき  旅費もなくなってひどく困ってき  酒壷を持ってき  それをたよってき  名が聞えてき  お前さま今夜ほうのき  鰻のぼりにのぼってき  配達してき  酒一本持ってき  是にき  酒肴を買ってき  のを喜んで、いそいそと出ていって買ってき  ほんとうに心を痛めてき  無法者まで、飛びこんでき  酒がき  納屋へかけこんでき  捨て犬をひろってき  人をかきわけて飛びこんでき  大小すべてを持ちこんでき  これはあまりき  一散にとばしてき  ここへとんでき  一生懸命にまもってき  どこからか持ってき  あんた、まあ、よく帰ってき  芥箱を引きずり出してき  ふちへ集まってき  うめき声ひとつあがってき  物置小屋でさんざん飲んでき  結城左京が、こっそり帰ってき  ここにもどってき  間ぶらさげてき  棒きれをひろってき  刀を取って引っかえしてき  中から水がわき出たと聞いて、き  ふちへとんでき  ムクムクわきあがってき  焼け跡から桶のたがを見つけてき  自らを練ってき  用人部屋へ引っぱってき  壺を持ってき  天井に、落ちてき  頭脳にき  闇をしょってはいってき  伊吹大作がついてき  使者となって持ってき  声が近づいてき  行方をさがし求めてき  上へと貼ってき  跡が見えてき  郷から持ってき  一本持ってき  張り重ねてき  之進の抜きとってき  茶店へはいってき  そうだが、出てき  東海道をくだってき  角ばってき  伊賀から婿入り道中にくっついてき  それで乗りこんでき  蔵からここまで持ってき  道場へはいってき  廊下を走ってき  蓮様一党に対してがんばってき  いであとについてき  やっとここまで運ばれてき  御前に出てき  ツカツカと寄ってき  バラバラッととびだしてき  御前をさがってき  折り目をむこうへむけて捧げてき  廊下を近づいてき  街道のむこうに見えてき  ここまでからみ合ってき  いく十人となく斬ってき  最後に蹴とばしてき  騒ぎが伝わってき  席へはいってき  楊枝でぶらりとはいってき  あいだ生きてき  世間からもてはやされながら、そうやって生きてき  観客はまた近づいてき  前線から帰ってき  石には随分悩まされてき  懐を捜すと入れてき  馬を連れてき  大陸へき  旅してき  一つ一つ浮んでき  稼業にしてき  自覚から生れてき  家をとびだしてき  季節が近づいてき  紙をつみ切ってき  の子は捕まえてき  活き餌でなければ育たないので、捕まえてき  蓑虫かなにか捜してき  銀子が出向いてき  のだが、き  縮図をしてき  濾過されてき  書斎から飛び降りてき  小脇に抱えて出てき  ぐらに飛んでき  縁からそっと忍び込んでき  土砂を運んでき  いつのまにかここまでき  桂庵をとおして雇われてき  耳から飛びこんでき  文案が出てき  金稼業のこつもなかなか呑みこんでき  字が読めてき  がたと急き込んでき  払いを逃げまわってき  参与させてき  ように、ひしゃげてき  自制を加えてき  上で、き  顔が、うっすらと見えてき  取り立てがまわってき  ひとりで守ってき  あいだ別居してき  うらおもてを見てき  声とが、もつれ合って聞こえてき  玩弄にまかせてき  高に見えてき  気の毒に思われてき  のが面白くなってき  後家を通してき  せい様に、遊びながらもうけさせてき  高はあきれて、すこしおかしくなってき  のを見ると、いっそうほしくなってき  胸へこみ上げてき  旦那様のごき  声も聞こえず、はいってき  ものすごく聞こえてき  稼業が立ちなおってき  利まわりを取ってき  いっさいをまかせてき  気もちが、いっそうはっきりわかってき  せい様からき  ご存じかもしらないが、知らなくても、き  手にき  婢が出てき  勝手に出かけてき  ほうへも吹いてき  扱いをまかせてき  気がこみ上げてき  くやしくなってき  異様に光らせてき  一日も早く帰ってき  上へうごいてき  芝居などは必ず誘いあわしてき  民がはいってき  急に立ちなおってき  山みちをあえぎあえぎ登ってき  影が、ながく伸びてき  松屋惣七が、まだ帰ってき  松屋惣七へき  高がかえってき  友だちがたずねてき  ことが、あたまにき  筑波颪がおどり越えてき  顔へかかってき  声を運んでき  動物的にゆがんでき  あし音が迫ってき  だれを直しながら、しきりに、逃げてき  ものが、き  うずまきが、いっそうこんがらかってき  何だかみじめに思われてき  可哀そうに思われてき  やみに漂って聞こえてき  膳を持ってき  高は、悲しくなってき  泣き声になってき  感情をのせて、ふるえてき  拙者は、き  微風にあおられて、流れこんでき  ものに考えられてき  あいだに放浪してき  ところで降ってき  いつ金をよこせといってき  ゆり動かして、きこえてき  めんどうをみてき  一筋めらめらと燃え上がってき  物音が、さわがしく聞こえてき  女房などが通ってき  邪魔になってき  そこへ出てき  京から届いてき  しとやかにはいってき  顔いろをかえて進み出てき  おいおい機嫌がよくなってき  頬ずりしてき  外出着にき  地平線がぽうっとあかるんでき  顔へ寄ってき  せい様にき  はい上がってき  声が、もれてき  溝から白く立ちのぼってき  年齢になるまで働いてき  家として続いてき  行李から出てき  やみから流れてき  返書を書いて片づけてき  枝を切ってき  独身を通してき  出府して参って、たずねると申してき  発達を遂げてき  苦労は知らずにき  瓦が舞い落ちてき  上を、伝わってき  真ん中へ落ちてき  眼が、光ってき  街道を吹いてき  蛇が出てき  前にたまらなく恥ずかしくなってき  眼前におりてき  二十年もたってき  のを待ってき  永年さがしてき  だんだん乗り気になってき  行方をたずねて、生きてき  年月捜してき  眼で、立ちどころに見破ってき  高へき  嗤われてき  崇高に見えてき  借用証文を納めてき  奥までしみこんでき  激墜してき  坊さまから手紙がき  ぶんが預かってき  出府してき  一空さまからふと聞いてき  松屋惣七が不き  磯五が割り込んでき  高にわかってき  気もちがこみ上げてき  男がくっついてき  財産がき  身分になってき  与兵衛がふとらせてき  店がつづいてき  一空さまからいってき  父御と思いこんで仕えてき  父と信じてき  ぼんやりはいってき  急に不き  気苦労と、進んでき  ひかりがき  用事ができてき  たん場までき  きちがいみたいに歩きまわってき  膝乗り出してき  見物衆のごき  壁から破れ三味線をおろしてき  灰ぬけしてき  美代は、き  ぶんでも気づかずにき  祭がき  衣裳が届いてき  芸人も駆り集められてき  一枚、ふわりとおりてき  ようにおりてき  煙がはってき  多くを聞いてき  何かがわかりかけてき  眼を凝らしてき  視してき  具申してき  管理してき  そよ風が吹いてき  声で聞こえてき  そばで黙ってきいてき  田舎にくすぶってき  留守宅へ帰ってき  勝手になってき  苦しみにまでなってき  光を持ち出してき  金がき  ように沸き起こってき  傚ふ可き  ものも出来てき  ききにき  座興に過き  いふに過き  のもき  自転車で追ってき  ッしょに、き  フルスピードで戻ってき  女中をよんで、き  八時半に、き  同封してき  とき、パッとき  歴史を見てき  ちゃんと見てき  私がちやんと見てき  抵抗してき  物陰からわしが出てき  ちょっとここまでもってき  客がでてき  多勢ひきつれてき  小石がとんでき  ふところへ帰ってき  ために生きてき  片っ端から敵としてたたかってき  ステッキをとってき  青木邸で盗んでき  ことにつとめてき  機運を示してき  危機が迫ってき  血汐をもって味わいつくしてき  本人はき  顕著になってき  二十年後れて起こってき  署長がき  予審判検事がき  新聞記者がき  んを読んでき  東京指して逃げのびてき  和服をき  満足してき  黒背広をき  会場一面が明るくき  単衣羽織をき  丹前をき  まぶたいっぱいになってき  銘仙絣をき  さがしずまってき  喪服をき  身を投げかけてき  中にいてき  なにもき  白服をき  ひとつソヴェトへ行ってき  大分話がわかってき  所へ舞い込んでき  会社から家へ帰ってき  他郷で暮してき  茶を運んでき  道をてくてく歩いてき  道をきききき歩いてき  平気で歩いて戻ってき  生活とが、はっきり映ってき  何だか話が理屈っぽく淋しくなってき  鉢植を買ってき  気持がだいぶはっきり分ってき  ふいに浮び上ってき  顔を見つめてき  者が帰ってき  病気危篤だと知らしてき  アントニイもき  私はことわってき  心が悲しくなってき  心持ち冷えてき  意識が茫としてき  妙に輝いてき  圧迫となってき  喉元にこみ上げてき  別に口惜しくもないだけに鍛えられてき  隙だったら呼んでき  力が出てき  奥が暗くなってき  心臓が次第に弱ってき  木下君を呼んでくれと云ってき  苛ら立ってき  闇が襲いかかってき  隙間から室内に流れ込んでき  お母さんを呼んでき  中に流れ込んでき  心に伝ってき  奥が熱くなってき  遠くが見えてき  眼を開いてき  胸に沸いてき  所が現われてき  ことだか分ってき  一身を托してき  ように湧き出してき  焦慮が湧き上ってき  念が湧き上ってき  後ろからのしかかってき  無理に頼んでき  中に見えてき  おいおいと増してき  遊びに行ってき  見合いにき  速達がき  廊下へでてき  イソイソとでてき  キヨ子はすり寄ってき  こと頼んでき  相手に、よく化けてき  勝手に上ってき  風向きが変ってき  手紙がでてき  叔母さんがき  ようにいってき  自分が提げてき  車掌が持ってき  今日帰ってき  自分の歩いてき  福岡まで出てき  うたまらなくなってき  三本一緒にき  いま見てき  頭へ浮かんでき  食いしてき  気が焦ってき  空腹を感じてき  気に変わってき  お茶うけに持ってき  晩飯はすんでき  半分もき  わしが買ってき  大勢集めてき  山ほど持ってき  ご飯が炊けてき  旅にき  気を着けて進ぜませぬと、直き  防空演習もいいが、き  墜すにき  ものがあればき  単調なほどにき  云ふことは一向き  今日絹をき  妹達もき  女もついてき  町さ持って行って売ってき  子供たちが寄ってき  背伸びして、よくとりにき  町から出てき  胸にこすりつけてき  夫婦者がき  覗きにき  捨吉から手紙がき  如何に猛き  面白い男がき  二時頃やつてき  西瓜を持つてき  それで思いだしてき  運命を生き抜いてき  女と生れてき  家へとどいてき  君が尋ねてき  心理が、芽ばえてき  現実性を帯びてき  ますます尖ってき  ますます変調を呈してき  茶の間へひき返してき  あっちのと取り替えてき  注射器を持ってかえってき  伯母はき  場所まで聞こえてき  特使シモンが駈けこんでき  わしの持ってき  博士の率いてき  わけか、むくむくと盛りあがってき  沈下してき  ワシントンに帰ってき  フロントへ入ってき  一人だけ立ってき  夜が明けかけてき  コースへ入ってき  上海から入ってき  野郎がまた出てき  フロントへ出てき  歌ごえが流れてき  秋も深まってき  泥をなめたりなすっては、き  感傷主義からは、なんにも生れてき  大事にかけて守ってき  私に泣きついてき  二十円でも高く売払ってき  ナリはき  今聞えてるはやしがやっぱし聞えてき  目にあってき  牢屋から出てき  から悪くって、逃げ廻ってき  心配をかけてき  あなたをたよってき  戦地から帰ってき  樣にき  なに、直き  娘をき  のであると、見てき  葱苗のいまだかぼそくうすあをき  わがき  はたてに低く細くたなびきて、かすけき  ごと靜けき  戸をさし固むべき  濱のはるけき  二度勘定にき  上げ汐となればき  綿入をき  湯をもらってき  芽が出てき  始むべき  惨苦が、ひしひしと迫ってき  骨身にこたえてき  苦痛になってき  悪夢のように帰ってき  ころ東京へでてき  社長となってき  力量のあるだけを尽くしてき  関係者が現われてき  釣り師がき  上げ潮がき  総理大臣にき  半分出せと言ってき  報知新聞社長になって入ってき  肉が附いてき  ゆゑ知らず流れてき  背廣をき  林にき  思案を費やしてき  室へ伝わってき  思案してき  庭へ走り出てき  仙公を、訪ねてき  厳重になってき  白州へ下りてき  報告にき  發揮してき  ところへ追い込んでき  ことを聞きにき  私の習ってき  引掴んで執り、すらりと脱き  ようにうねってき  作業を見てき  者が知らしてき  噂も伝わってき  方が少し静まってき  見覚えと絡みついて、はっきりしてき  自分をき  図に乗ってき  ますます大きくなってき  積荷がき  工夫してき  数が殖えてき  事実において入ってき  右に説いてき  奴隷制度から賃銀制度に移ってき  右に述べてき  我々が述べてき  原理へと、徐々に進んでき  研究をしてき  くせまでももってあらわれてき  零下何度のごき  おいおいごき  それがき  試乗したりして、はげまし合ってき  入口まで出てき  腰から冷えがあがってき  表情であらわれてき  気持にひっかかってき  設計施工してき  バスから降りてき  トラックが進んでき  日記帳が出てき  墓を見にき  息がはずんでき  こっちへ送られてき  相談にき  派遣所長になってき  から、ごき  工場へ訪ねてき  杖を突きながら、そろそろと出てき  霧が巻いてき  神戸から持ってき  温泉へき  心配してき  鷲羽から流れてき  炭焼きにき  草を取りにき  谷から吹いてき  スズ竹の子を取りにき  燕絶頂にも行ってき  トロ道ばかりをき  土崩までき  岳へき  六町くらいき  高山裏までき  極め引返してき  三角点までき  河原へき  北鎌尾根から帰ってき  今日赤牛岳へも行ってき  シュラフザックを持ってき  服を持ってき  連中もすぐ起きてき  連中が登ってき  別れ道にき  小屋へき  ことができ、ほんとにき  牧場までき  六時頃下りてき  尾が現われてき  時間に見廻ってき  附近まで下ってき  附近へき  山からおりてき  自動車が下りてき  サーと吹いてき  判然と示してき  風の強く吹いてき  ズッとあたたかくなってき  頂上を極めて下ってき  捜索にき  風さえ強くなってき  山にき  前に下りてき  マッチを忘れてき  富山平原からネーベル・メーアが押寄せてき  皆で登ってき  夜持ってき  ちよっと吹雪いてき  組になってき  だんだん傾斜が出てき  吹雪模様になってき  加減に下って行ったが、やはり登ってき  越中小川温泉山崎村羽入からき  身体が引き締ってき  コッヘルを持ってき  空気も湿っぽくなってき  霙が落ちてき  吹雪をついて登ってき  頃から張りシートがまたまくれてき  無理がき  谷を登ってき  睡眠不足がこたえてき  頃はまた物凄く吹雪いてき  斜面が出てき  雪原が出てき  肌着まで濡れてき  凍傷からき  色が黄色く見えてき  木地屋が登ってき  疲労してき  ぼんやり頭に浮んでき  次から次へと浮んでき  頭も疲れてき  汽車へ乗込んでき  一度にどっと崩れてき  一度夏にき  そのまま甲津原に置いて帰ってき  村から今日やっと上ってき  山から下ってき  一三四〇メートルにき  別離を惜しみながら、ぶらぶらと下ってき  のだから、たびたび帰ってき  ように思うといってき  人通りも少なくなってき  道を歩きつづけてき  峠を越してき  ここまで引返してき  雪が降り出してき  頃には薄暗くなってき  ますます勢いを増してき  上雪まで降り出してき  吉田君の持ってき  鱈腹たべたので、持ってき  風の音が物凄く唸り出してき  一緒に始終ザーザーと流れ込んでき  兆が見えてき  立山へ登ろうと思ってき  霧もだいぶ薄くなってき  今僕の登ってき  楽になってき  斜面に出てき  一行は追いついてき  立山へ登りたくなってき  のちここへ登ってき  夕闇はせまってき  足元も見えなくなってき  霧が晴れてき  だんだん南風に運ばれてき  天候は崩れてき  雲はすぐ下ってき  生まれかわってき  まわりにあつまってき  夜がふけてもなかなか帰ってき  声さえ、聞えてき  寺へひっぱってき  ーんき  スタートをき  方よ、き  二十一まで暮してき  あだ名がついたりしてき  信一は、き  窓外を眺めながら、き  じい有様にき  何かを呼んでき  電気アイロンにしてき  問題さえ起ってき  密使がき  ために働いてき  努力できずいてもってき  辛抱をしてき  きり廻してはき  特別扱いを受けてき  電撃のごとく閃いてき  衝動にかられてき  並うどんにき  つて横になると、き  頼みそめてき  頼み初めてき  工合が直き  日本にふえてき  赤ちゃけて、き  眼は馴れてき  胸にこみあげてき  陽気に浮き立ってき  空気が変ってき  一ぴきとび出してき  幸坊は又き  正面へ進んでき  落付が湧いてき  杜を洩れてき  かつ目をき  襖をかりて、あをかりしより思ひそめてき  昼過き  ちょうもたずねてき  辺へ飛んでき  ようこそき  偶然ここにき  日を送ってき  しょんぼりとたずねてき  やっとここまで逃げてき  ペンシルを買ってき  ぴかしたのを、買ってき  みみずをとって、帰ってき  外へ迎えにき  つぼみがふくらんでき  つぼみはふくらんでき  ちょうも訪ねてき  みつばちが訪ねてき  額のき  のが惜しくなってき  火砲を差し向けてき  中から漏れてき  魚族が浮かび上がってき  身をもたげてき  悪疫がはびこってき  調子を高めてき  感覚が起こってき  絵となって飛びついてき  恐怖がしくしくと舞いもどってき  空から聞こえてき  錯覚らしく思われてき  苦悩が、しんしんと舞いもどってき  軽蔑されき  昂ぶつてき  代へて出てき  つて這入つてきてき  乍らふらふら近づいてき  はつきり分つてき  顔へ鈍く流れてき  だんだん落付いてき  肉体を感じてき  家まで送つてき  部屋へ這入つてき  終へてき  用箋を持ち出してき  喉がつまつてき  麻油を訪ねてき  密封されてき  洋々と溢れてき  区切つてき  ほろめいて戻つてき  口を開けてき  役人たちもあせってき  まれにき  種類も多くなってき  看護婦をつれてき  録音をき  京都から戻ってき  女中に、き  長畑さんのつれてき  ゑん豆をもぎつてき  今出てき  むかし此所に住みにき  いつか、また、き  三浦もき  気勢がしてき  手足も全き  草花屋から、買ってき  死骸をさがしてき  安全にき  新宿へこしてき  小黒が、あわてて駈けだしてき  奥から召されてき  なかで空しく尋ねあぐねてき  大海人が戻つてき  だんだん生長してき  事が起ってき  後から美津子が駆けてき  頭までもたせかけてき  地球玉を持ってき  両手で捧げて持ってき  地球儀を買ってき  祖父は買ってき  お父さんが帰ってき  酒が廻ってき  行つて地球玉を持つてき  はい込んでき  首をつき込んで、き  だんだん元気になってき  名案が浮かんでき  うまいお茶を飲んでき  顔をしてじろじろ見るから、飛び出してき  胸が悪くなってき  先程訪ねてき  彼は尋ねかけてき  クッションまでしっとりと湿ってき  だんだん勇ましくなってき  闘魂をもってかかってき  髪にき  日本兵が、躍りかかってき  其外何にても新き  箱を持ってき  男が引き返してき  光が見えてき  肴を持ってき  声をしながら入ってき  何処からともなく出てき  上に出てきて、むくむくとふくれ広がってき  雨がぽつりぽつり落ちてき  部屋から飛び出してき  相貌がすこし変ってき  人目についてき  警笛が入り乱れて聞えてき  許へ訪ねてき  だんだん飽きてき  から取ってき  どこからともなく追駈けてき  中毒症状が出てき  訓練を受けてき  裹むべき  犬の猛き  かば、さしもに猛き  初めとして、猛き  話題が、とびこんでき  ますますすり寄ってき  見物人が寄ってき  急に恐くなってき  隙間から、すこし現れてき  中から響いてき  伸び上ってき  ところまで読んでき  部屋に引返してき  機嫌はだんだんと悪くなってき  ムクムクと膨れあがってき  だんだん膨れ上ってき  ムクムクと膨れてき  洗いに下りてき  プーはいよいよ低く下ってき  墜落してき  斜めになって舞い下ってき  匍い出してき  声とが入り交って聞えてき  色が浮かんでき  分明かになってき  大好物が出てき  ようであったが、だんだんと舞い下ってき  騒然としてき  低空を飛んでき  飛行機は引返してき  黒影が飛びだしてき  方に走りでてき  光をさし込んでき  折角苦心して入ってき  ポトンと落ちてき  前に落ちてき  ポーッとしてき  蔭からヌッと現れてき  器械を動かしてき  放電管が現れてき  ところから戻ってき  どこからともなく吹いてき  中から現れてき  刃が出てき  頭痛が直ってき  いやに低くなってき  気持に襲われてき  ために、再び引返してき  上に今にも落ちてき  急にあふれてき  空がだんだんと白んでき  声をあげて近づいてき  廊下へ飛び出してき  邸へ持ってき  船から持ってき  来航してき  眼が次第に慣れてき  馳けだしてき  無線電話がかかってき  そこから無線電話をかけてき  紳士が近づいてき  入口から外国人が出てき  博士邸へ帰ってき  ウンと下ってき  非常に多くなってき  あららけき  蒼白で、駈けてき  さつき雨戸を蹴倒して出てき  ときは、き  ものが生じてき  こととして暮してき  田舎へき  言つて持つてき  自然顔付もませてき  ミンチン先生が入ってき  紅がさしてき  居間に帰ってき  印度に訪ねてき  本を棄てて飛び出てき  鼠が出てき  ものを見付けてき  だんだん年をとってき  箱を持ってついてき  ミンチン女史にそういわれますと、ひょこひょこ出てき  伴れて入ってき  人形なんか持ってき  部屋にこっそりと入ってき  ロッティの入ってき  ロッティの持ってき  主人が、新しく越してき  お金は戻ってき  アアミンガアドがよろよろと入ってき  アケミさんだけ出てき  散歩から戻ってき  二度電話がかかってき  電話のかかってき  速力で登ってき  マキを運んでき  実地検証にき  広間へ戻ってき  ドアをしめて怒って戻ってき  時からちがってき  話が次に出てき  東京にまい戻ってき  幾に呼ばれて出てき  生活を続けてき  無理にも信じてき  耳にも伝わってき  私はつとめてき  ことまでも考えてき  銚子をもってき  雨でもき  まま近よってき  攻勢をとってき  いつのまに階段を上ってき  みよ子が上ってき  坪井なら、連れてき  運転手はあわてて飛びおりてき  岡部がおりてき  玄関までしてき  雨漏りがしかけてき  つてゐるにき  ヘルナー山頂に続々と集まってき  怪船らしく見えてき  さっきから述べてき  足許から匐いあがってき  前に飛び出してき  前へ飛び出してき  傍まで入ってき  出発点に引返してき  圧力と闘ってき  自家用車へ戻ってき  大西洋に置いてき  右隊から誰かが近寄ってき  こっちへ引返してき  上衣だけき  ように苦しくなってき  硝子窓に飛んでき  実験衣をき  今日までつくしてき  労役に服してき  災害予防施設は行わずにき  表通りへ練りこんでき  下にもってき  臭いが、すっかりちがってき  話ごえが聞えてき  明瞭になってき  笑いがこみ上げてき  案内もなしに入ってき  妥協的になってき  相手がうってき  恰好になってき  中に入れてき  六個、下りてき  壜をもってき  私の乗ってき  軍人がばらばらと下りてき  祖国へ戻ってき  心は、じりじりしてき  そさが、こみあげてき  震動音が聞えてき  流れがまるで違ってき  三角暗礁が見えてき  水中を伝わってき  波動してき  たしかに三角暗礁へ戻ってき  三角暗礁へ戻ってき  陣形がかわってき  それは、いけばいくほど激しくなってき  気分がおちついてき  私に呼びかけてき  ものが、もちあがってき  ものが、もち上ってき  話が出てき  氷倉から出てき  背中がひやりとしてき  出迎えにき  ーっと飛びついてき  手帖が出てき  方へとんでき  ラジオ受信機がふってき  ーんととんでき  ように楽々ととんでき  僕に迫ってき  サチ子がとびついてき  胸がひっこんでき  草をとってき  手足などがでてき  組織から要求されてき  無事に過してき  犬に似てき  玄関まで、ついてき  ものが、ついてき  ようにしてついてき  暴露してき  私にのこのこついてき  飼い主に、似てき  足音忍ばせて出てき  皮膚も、なんだか、しきりに痒くなってき  それまで堪えに堪えてき  ほうへ引返してき  練兵場へ帰ってき  途中で考えてき  官吏になって帰ってき  ようにひらりと入ってき  媼達が集まってき  衣服を出してき  竹青が出てき  神女が集まってき  境内にき  この間いねちゃんがき  きのう下げてき  放送が聞えてき  南枝子をつれてき  からもう育ってき  三つの候補を拾い上げてき  四個所みつけてき  ハチミが持ってき  ブックからみつけてき  突端から引き返してき  私も、信じてき  上に転がり出てき  そこに乗り続けてき  いまひょこっと出てき  どこからともなくすうっと出てき  これをはいてき  何ごとかを語り合いながら歩いてき  娘はいきせき  アちゃんと遠くから呼んでき  首を出してき  から聞こえてき  中心を失って倒れかかってき  外に立つてき  自ら警むべき  専門的任務となってき  顔で飛び出してき  何をして暮してき  東京へ脱ぎすててき  彼も招かれてき  魂胆が、分りかけてき  ことが、き  鼻唄に換えて流れてき  新潟へ流れてき  澄江はき  興行にき  毎晩僕を訪ねてき  ここへ駈けつけてき  落付いてきて、とりとめてき  忍耐のみに馴れてき  自然に活気づいてき  彼は屡々見慣れてき  土地へ流れてき  種がそろそろ尽きてき  卓一を訪ねてき  巳吉の訪れてき  二階へ、あばれこんでき  時期が、き  東京へ残してき  旅行から戻つてき  きり肚がき  里までき  ことを思ひつづけてき  忘れ物をしてき  汽車へ戻つてき  顔でたちまち戻つてき  方をしてき  帰つた喜楽から手紙がき  どこで仕入れてき  ことを押しつけてき  凝視を感じつづけて生きてき  人が這入つてき  西洋まで歩いてき  巳吉は戻つてき  新年がき  ことに慣れてき  なかへ這入つてき  踊つてき  絶望を追ひかけてき  茶菓を運んで這入つてき  人も撮してをき  これも撮したい、残してをき  はりに集つてき  喋つてき  辛苦を重ねてき  手もとにをき  保養にでかけてき  生涯それを怖れつづけて、生きてき  幽玄から流れてき  ものをほぼ許してき  苦しみを隠してき  人は持ちこたえてき  心はほぼき  茶碗をもつて引返してき  心は暗いにき  日本海を見てをき  中へ戻つてき  さうに近づいてき  机へ近づいてき  つて卓一に絡みかけてき  快楽は、き  羽をはやして飛んでき  笑ひを浮かべて歩いてき  好きにき  ことにしたと伝えてき  買ひととのへてき  訪ひなれてき  卓一から電話がき  男がもたらしてき  紙切りナイフが現れてき  私にわかりかけてき  結末がき  警察へ泣きこんでき  あらはれてき  古川澄江が訪ねてき  空から泣き狂つてき  這ひこんでき  ことは思ひつくしてき  方はどうにかつきかけてき  火鉢へ近づいてき  彼の経てき  眺めなれてき  つて新潟へ飛びだしてき  写生にき  耳に沁みこんでき  頭を休めてき  感情もないにき  やうにこみあげてき  部屋へ降りてき  大胆をき  雪を運んでき  私東京から逆に流れてき  新潟へ戻つてき  途中から引返してき  翌日がき  巳吉がき  一生をすりへらしてき  脂粉をこらして攻め寄せてき  部落へき  やうに戻つてき  眠る前にき  心もき  旦那さんに殴られつけてき  とき新聞記者が訪ねてき  道を辿つてき  サークル内に生れてき  一生を貫いてき  僕を送つてき  一団をすりぬけてき  男にふられてき  日本酒をぶらさげて戻つてき  横目で睨んでき  男を探しにき  七十何年生きつづけてき  告別式にき  話をもちこんでき  男達にき  芥川を訪ねてき  合はなくなつてき  主題が次第に移つてき  生活へ向いてき  意味をなしてき  新潟へ落ちのびてき  つて現れてき  周囲へ流れてき  心が戻つてき  五秒と立ち止まらずに戻つてき  ちやうど木村重吉が訪ねてき  木村重吉が近づいてき  深夜忍んでき  ひとつ謎がふえてゐるにき  膝下を離れて暮してき  通りに進んでき  道を進んでき  ことばかりしてき  底にしっかと得てき  道を歩み続けてき  だんだん可愛く大きくなってき  風呂から帰ってき  峰吉の帰ってき  峰吉が帰ってき  内容が現れてき  身につけてき  好みでとり上げて書いてき  瞳をき  おりそめてき  お茶を運んでき  秘密が分つてき  龍夫は漸く帰つてき  身をくすぼらせてき  一生読み捨ててき  参詣してき  泪が滲み溢れてき  耳もとへ響いてき  縁側へせりだしてき  進行が流れてき  愛嬌をふりまきながら這入つてき  心を忘れてき  冷え冷えと運ばれてき  小使室から響いてき  職員室へ戻つてき  表はれてき  静寂を強めてき  心を感じてき  光の中へ這ひ込んでき  髪をかきつけてき  ものがわかってき  SUでもジリジリしてき  あなたのために涼しい下ばき  豊富にされてき  身にそえて分ってき  明瞭にわかってき  自分たちの生きてき  今上ってき  申上げてき  夜具をき  たまたま訪ねてき  記者がき  人生に生まれてき  うちに飛び出してき  からやってもらいたいと早速切り出してき  人間に生きてき  円熟しかけてき  頭から生まれてき  研究にき  会見を申し込んでき  熱情を示してき  人さえ出てき  大杉君が現われてき  風雲児が現われてき  時渡辺君がき  気儘に生きてき  まこと君に遇いにき  復習にき  バルコニーから頭上に落ちてき  三人位はそろそろ出てき  いじめられずに育ってき  種を持ってき  泡を立てつつ浮かび上がってき  ふゆがき  眠りが催してき  下からはい出てき  上へ飛んでき  のを、引き返してき  きくだけでも、生まれてき  時代に生まれてき  時節に生まれてき  だんだん霜は鋭くなってき  わされてき  自然に、又伸びてき  此処とても直き  いくつもの動機が加わってき  目が曇ってき  周りを取り巻いてき  涙はポトポトポトポト溢れてき  高座暮らしをしてき  手許へ引き取ってき  慄わして伝わってき  誰かが運んでき  膳を持ってさっさと引き下がってき  上にあてはめて考えられてき  グワッと波打って高まってき  十七文字がゆくりなくもおもいだされてき  よう蘇ってき  鮮やかに見えてき  クサクサと考えられてき  疲れがでてき  ベットリ脂汗が滲みだしてき  連想を走らせてき  あとから耳許へ聞こえてき  鳴物も聞こえてき  マザマザとして見えてき  自分が情なくなってき  呼吸に喋ってき  握り拳固めて、荒々しく飛び込んでき  ほうからでてき  どこかがしきりにむず痒くなってき  二番太鼓が囃されてき  五体を揺ってき  果て果てまでを、切なく悩ましく揺り動かしてき  媚れてき  声ばかりが大きくなつかしく聞こえてき  胸許を嬉しく苦しく掻きみだし、また締めつけてき  声が追い駈けてき  手鉤を持ってき  心をグイグイ締め付けてき  話を聞いて駈けつけてき  のどかに聞こえてき  涙がこぼれようとしてき  萌え始めてき  習いとなってき  報せに駈けつけてき  手紙さえ届けられてき  天気が持ち直してき  さがしつこくジリジリしてき  漣打ってき  吐き気を感じてき  走り上がってき  兄弟子たちが駈けつけてき  いま桐庵先生がき  のと取り替えてき  枕許へ詰めかけてき  胸がしめつけられてき  紅が流れてき  下町からのてまで上ってき  胸のつかえが下りてき  手を尽して貰ってき  匂いが人恋しく流れてき  定かには見えないほどもう薄暗くなってき  葉越しに聞こえてき  チョチョンチョチョンと聞こえてき  噺をふんだんに仕込んでき  後からくっついてき  三味線が澄んでながれてき  中へき  音曲師は下りてき  揚々と下りてき  遊びつづけてかえってき  厠へ起きてき  心根になってき  味をおぼえてき  祝儀を貰ってかえってき  ように呼びかけてき  ほうからいきなりこういいだしてき  まんまいってしまってかえってき  中を行ったりき  念に駆り立てられてき  顔を向けてき  のが取り次いでき  剽軽者が飛び込んでき  一升提げて、き  フラフラと入ってき  駕籠がき  家までき  戸締まりをしにき  絶え絶えに聞こえてき  人におもわれてき  晩さんざつないで下りてき  あと声いろまでやって下りてき  何だか胸がワクワクしてき  楽屋まで引き摺り下ろされてき  ガラガラ下界へ落っこちてき  笠にかかってきめ付けてき  若いおんなが入ってき  トプトプ涙がこぼれだしてき  うちにも烈しい憤りはこみ上げてき  心にこう訊ねてき  住居まで訪ねてき  社会へ入ってき  ものをいいだしてき  柄行を異にして、めっきり辛く苦しくなってき  心持もちがうだろうし、息せき切ってき  いやになってき  右手の暖かく痺れてき  だんだん腫れ上がってき  かがやきそめてき  ところまで掃き寄せてき  池から這い上がってき  雫が落ちてき  耳もとで起ってき  うちから歩いてき  永年楽屋勤めをしてき  眼先に描かれてき  アリアリと蘇ってき  よう考えられてき  道場ちかくへすらき  上がありがたくなってき  意味もて考えられてき  差しつけてき  圓生はしてき  車を押してき  笠にかかってき  目になってき  紙切れを持ってき  目に見えてなくなってき  いま見えてき  露にあらわれてき  顔見せてき  ところまででてき  ことでも仕出かしてき  ように逃げ出してき  だんだん雨が強くなりだしてき  裏長屋までかえってき  ザブザブ青水泥が溢れてき  ピョコピョコ飛び出してき  土間まで迎えてき  ものがき  母親の持ってき  奴が入ってき  ふきだしたくなってき  言葉通りうちへき  弟子がき  二人もき  思いをしてかえってき  いっぺん家へ帰ってき  噺がおぼえられてき  数が増えてき  師匠がかえってき  楽屋へき  前後左右を追っ取り囲んでき  節々に蘇ってき  ところから使いがき  文楽師匠は、めっきり大人びてき  身体全体を揺ってき  福音が転がり込んでき  馥郁と滲み溢れてき  誰もがこういいだしてき  甲州からかえってき  自分としては少しでもでてき  明るい表通りへとでてき  裏から表へとでてき  ヒョッコリ旅からかえってき  艪声も聞こえてき  いまここにうれしく蘇ってき  胸を濡らしてき  アタフタ表から飛び込んでき  憂いを帯びてき  家へ引越してき  から越してき  声々は高まってき  立ちそめてき  耳許へ囁きかけてき  面白可笑しく聞こえてき  声音が聞こえてき  ところへスーッとでてき  最高潮に達してき  そこにおとずれてき  交渉にき  心が浮き立ってき  久し振りでのぼってき  初日がき  圓朝は泣きたくさえなってき  刻一刻と迫ってき  今夜持ってき  動悸がしずまってき  ン事かなりにき  刺ってき  楽屋へ下りてき  翌晩がき  そばから濁ってき  却って一杯にひろがってき  お客のき  まとめにき  バタバタ楽屋へ飛び込んでき  辱く映しだされてき  工夫をいろいろ凝らしてき  神さんがでてき  いっぺんは、でてき  沈丁花が匂ってき  高座へ上がってき  師匠圓生が上がってき  囃子が聞こえてき  きのうのごとくおもいだして、いよいよしんしんと寂しくなってき  いっしょに聞こえてき  圓朝に感じられてき  持ち味を見せてき  声が浴びせられてき  ことをいいだされてき  声を険しく高くしてき  紙と持ってき  鼻を寄せてき  圓太がいそいそかえってき  楽屋から笑い声がぶつけられてき  ボタボタ熱涙がふりかかってき  ものに締め付けられてき  ホロホロホロホロ圓朝もまたあふれてき  高笑いが、流れてき  水温むといいたげないろをめっきり川面へただよわせてき  渡し舟ン中から馬道師匠が上がってき  ように連れてき  あいつがさそいをかけてき  気軽に上がってき  いま入ってき  ときお茶を持ってき  分別がついてき  物心ついてき  弟子と離れてき  身体が大きくなってき  どっちからともなく歩み寄ってき  圓朝に分ってき  それから江戸へかえってき  いねえし、また多少なりとも売れてき  晴れ晴れと大きくなってき  かなありったけに見えだしてき  了見が大きく持てだしてき  圧倒的に盛り上がってき  評判が高まってき  磨きがかかってき  ものがついてき  目に見えて増えてき  前借りにき  年の瀬がき  年忘れにきておいでなさる、すぐ飛んでき  母が入ってき  ひとつちょいと借りてき  小さな羽子板かかえてかえってき  台所から取ってき  お見舞いにき  あとからあとからひっきりなしに詰めかけてき  耳へもつたわってき  振舞のできてき  中心となって渦巻いてき  収入がよくなってき  ように生じてき  そこにでてき  胸へ浮かび上がってき  芸人と生れき  周囲に増えてき  匂いを見せだしてき  沸騰してき  傘下へ集まってき  耳へも響いてき  全身に疼いてき  縮緬浴衣を見せびらかしにき  何枚持ってき  雨きそうに曇ってき  味を噛みしめてき  坐り具合の感じられてき  世間は騒々しくなってき  ほうへ廻ってき  朝売りにき  鼻を掠めてき  女中にいいつけてかえってき  円顔を見せてき  なりまさってき  ほうへそういってき  ことを聞きただしてき  行方を探しにき  ポロポロ涙がこぼれてき  涙はこぼれてき  いつか庭から上がってき  たくさん増えてき  若い奴がき  真打を頼んでき  椎の木あたり、ようやく迫ってき  空合になってき  女中の駈け上がってき  二階を片づけ、すぐまた下りてき  大降りになってき  ほうから轟きだしてき  風が忍び入ってき  ますます部屋一杯にひろがってき  小刻みに駈けてき  ょぼけて入ってき  世間話ひとつするでなくかえってき  音が弾けてき  屋根を叩いてき  蒲団を持ってき  灯を点して持ってき  乱れ打ちに聞こえてき  声々が、近まってき  大雨はいよいよ烈しくなりまさってき  嘘をいって上がってき  だんだん平静を取り戻してき  渇きを感じだしてき  落着きを取り戻してき  身に付けてき  中がき  飛躍的にさえなりまさってき  横街道へとよほど外れてき  未練はなくなってき  身体全体へ満ち満ちてき  景色にまで置き変えてき  あとからあとから流れだしてき  厳かに聞こえてき  ものを借りだしてき  状態で浮き出してき  心根が、しみじみと感ぜられてき  心にぴたりとき  一緒に乗ってき  私は少してれてき  来訪を知らしてき  全部読み尽し、そうしたら眠くなってき  裏から聞こえてき  ものをばかり書いてき  私達の書いてき  作品を跡づけてき  私達と書いてき  あとでむっくり起きてき  論が多少現われてき  立ち現われてき  単衣にき  ″\故郷を出てき  誰一人口をき  海峡から飛んでき  別れがき  足先を包んでき  不可解になってき  皺にもならないで出てき  時間でもき  母になぐりかかってき  書棚へ置き忘れてき  茶の間へ入ってき  子供を置いてき  様子がはずんでき  想像に慣らされ続けてき  吸物をはこんでき  別に気にもとめず過してき  ヒステリックにひきしまってき  何かしら可笑しくなってき  妙にそわそわしてき  心が動いてき  心もちを疑ってき  下でぶすぶすと燻りつづけてき  姿が哀しく迫ってき  へんに潤んでき  億劫になってき  気もちさえ起ってき  姿が迫ってき  紀久子へ話しかけてき  日いつものように買物から戻ってき  玉が、入ってき  胸へ湧き上ってき  飯尾さんがそわそわして入ってき  だんだんにのぼってき  居間から出てき  自分へみせにき  父がき  玉が初めて哀しく思い出されてき  だんだん座が乱れてき  ところまで、たびたびき  旅行でもしてき  外からもどってき  自転車を、さがしてき  心が弱うなってき  下流から遡ってき  だんだんに開けてき  中から鐘の音が響いてき  快方に向いてき  矩子は後れてき  目尻をき  大気は本当にちがってき  雀の囀りがきこえてき  去年四月にき  ゴム長靴はいて背負ってかえってき  よう通達してき  父のき  複雑に現れてき  鰻がき  お父さんだつてき  首をもたげてき  ほうへ流されてき  生気がいきいきと波うってき  僕の取ってき  尾を引いて出てき  逼迫してき  母が堪えてき  母がくぐりぬけてき  心に射しこんでき  から進んでき  注意を引きつけてき  期待につないでき  ように教えられてき  喜びをわかちあおうと努めてき  希望がもりあがってき  尖塔が見えてき  無用のものと考えている、と言ってき  哲学的な、即き  からしだいに眠くなってき  神秘と考えられてき  注意を払ってき  上に射しこんでき  願望してき  健康を奪ってき  それを願ってき  それまで堪えてき  木乃伊が生き返ってき  時計が見えてき  胸中に蘇ってき  アパートメントに残してき  朝食を持ってき  症状が甦ってき  頂上が、いよいよはっきりと見えてき  夜もひしひしと迫ってき  あらしが進んでき  大粒に降ってき  私に迫ってき  事情がいろいろわかってき  とき父が入ってき  前にひらけてき  感情が、たびたび起ってき  がまんはしてき  眠りが忍び寄ってき  頂上からゆっくりとずり落ちてき  用心して歩いてき  僕がつくったからと言ってき  感覚がはっきりしてき  観念がふえてき  光に慣れてき  ひとりで燃えてき  村ですてき  隙間から風が入ってき  手桶を担いで戻ってき  肩にかついで戻ってき  森で集めてき  薪を取ってき  若者か出てき  名まえがわかってき  妹に持ってき  井戸から水を汲んでき  納屋から薪を運んでき  ますます快適になってき  前に開けてき  またまた首をもたげてき  ためにわかってき  疑問がしじゅう起きてき  造物として出てき  心がむらむらと湧きあがってき  実験室から持ってき  日ごとに乱れてき  ことまでき  気が静まってき  怒りが戻ってき  ことがてき  百姓男が近づいてき  わたしの堪えてき  心がこみあげてき  美徳が生れてき  こと忘れてき  ロンドン塔などが見えてき  絶望が戻ってき  足を延ばしていただけませんか、と言ってき  目的物がつぎつぎと現われてき  不同が生じてき  そこに入りまじってき  飢えに堪えてき  うねりが出てき  不安に堪えてき  町から持ってき  体ではもはや、堪えてき  あたりに迫ってき  証拠が、きっと、たやすく出てき  父が入ってき  願いがむらむらと起ってき  酷使してき  穏かになり、おちついてき  今でさえ泣けてき  私が生きながらえて堪えてき  出が戻ってき  僕が悩んでき  恐れが起ってき  自分がどうして生きてき  隠れ家から出てき  念がまた戻ってき  足もとに聞えてき  ますます不気味に恐ろしくなってき  ほうへ動かしてき  実家に泊ってき  春私を訪ねてき  このごろだんだんはっきりと分ってき  俺もほんとに怖くなってき  行李を出してき  ご飯を運んでき  たびに出てき  ため買ってき  お婆さんが取次いで持ってき  室に帰ってき  何となく不安になってき  私はひどく悲しくなってき  父ははるばると訪ねてき  石段を帰ってき  身体一つになって出てき  急行で発ってき  なんにしても思いきって出てき  おやじには出てき  十一月郷里から持ってき  火葬場から持ってき  十一月父が出てき  十一月に出てき  部分旅で暮してき  いっしょに暮した憶えもなく過してき  八日に出てき  簡単に葬ってき  だんだん引緊ってき  傍で死んでき  六つ七つの時祖母につれられてき  祖母につれられてき  眠むるべく、はるばると送られてき  人たちもぼつぼつ集ってき  パラパラ落ちてき  事務いっさいを任されてき  袴はき  うつぶき  卿もなかなかき  桐油合羽をき  卑むべき  われわれ日本人を信じさせてき  巧みに取ってき  外から飛んでき  多田刑事が入ってき  面白いものを見付けてき  多田刑事の拾ってき  薬莢をひろってき  蒼になって、とびこんでき  ハンドバックから見付けてき  どこを通ってき  評判が出てき  動静報告がき  ホームへ滑りこんでき  真只中に入ってき  種をあげてき  花といわれてき  一方をたどってき  目でたどってき  から気がついてき  混迷一途をたどってき  お父さんの御き  僕たちは、御き  双方ともにき  防寒胴着をき  大砲を見てき  八斗なんかじゃき  大道からとってき  事件からとってき  のは勿論、おいてき  音もなく、すうっと下りてき  ザブザブと上ってき  月島から掘ってき  ノコノコおりてき  代価を払ってき  百万弗を奪ってき  日本に帰ってき  探偵してき  顔はひきしまってき  先へ行くにつれ大きく拡がってき  井戸から出てき  窓からスーッと吹いてき  顔をのぞき込んでき  織田夫人がき  サイソクがき  ヒョッコリ、生れてき  四人をみると駆けてき  から、見にき  由利が帰ってき  姉とも、お慕いしてき  らで寝てき  転ってき  女がすーっと下りてき  房子が覗きこんでき  階下に訪れてき  何だか気掛りになってき  肩に飛びついてき  昼間不意に帰ってき  手拭で、き  頭へ上ってき  二階に上ってき  気掛りになってき  顔を見入ってき  額から脂汗がにじみ出てき  首をき  っきりで降りてき  俄にはっきりしてき  ふいに泣き出して取縋ってき  意味をとってき  中が熱く涙ぐんでき  肩につかまってき  眼をぎらぎら光らしてき  色もなく、じいっと見入ってき  陰欝に曇ってき  昼間時々帰ってき  音ははっきり聞えてき  書物を持ってき  方に避けていたが、やがては黙ってはいり込んでき  欝積してき  アカギタニタニタニがき  だんだん降りてき  それがいつもき  進級期がき  和服を着て出てき  不快さがこみあげてき  強情を張りつづけてき  ところさへ出てき  夏が近づいてき  笑つたりするに、き  写真が出てき  さが、こみ上げてき  小走りに出てき  激烈をき  土小屋が見えてき  なかを、き  眼鏡を忘れてき  十錢で掘出してき  私達についてき  方に走つてき  ヴォローヂャが帰ってき  けがしてき  まま玄関へかけてき  おまえが帰ってき  うちへ帰ってき  空からふってでもき  録ちゃんは帰ってき  宿へ帰り、をき  ハネ後、をき  刻一刻とせまってき  向きになってき  邪魔ものがとびこんでき  ここまで持ってき  海水がぶくぶく湧いてき  こと出てき  外に置き忘れてき  どこから、持ってき  戦場ではたらいてき  船へ、おいてき  足許へ、ころげてき  足許へ転がってき  足許へ、ころころと転がってき  生色が、よみがえってき  座席から下りてき  どこからでてき  僕が持ってき  ーっと、のびてき  そばへ、そろそろと、よってき  お前も下りてき  次には、き  人は、きっとき  ピート一等兵とが、とびこんでき  そこから水がどっと入ってき  方から、聞えてき  わしに出来るなら、き  外からさしこんでき  ここまで、のりあげてき  缶詰をいれてき  コーヒーをもってき  コーヒーを、もってき  ごま化して、持ってき  そこへとびこんでき  衛兵がかけつけてき  ここまでうごかしてき  扉をあけて、とびだしてき  少将が、すっかりき  日本機は、すぐまた、引きかえしてき  そこへとつぜんとびだしてき  機長のこえが、ひびいてき  下へ下ってき  氷上に見えてき  基地へかえってき  横にき  これまでいじめてき  副官がとんでき  そこへ下りてき  光線が、はいってき  一人トーキーをき  丘を上ってき  ずんずんここへ上ってき  ちゃんとして出てき  小母さんがはいってき  にこにこして飛んでき  五合ばかり取ってき  狐を拵えてき  はじめそこへ移ってき  さっき玉子を持ってき  欺されて出てき  白馬を曳いて上ってき  一番に出てき  なりと帰ってき  物が出てき  吉岡社長ごき  音が、流れてき  太陽を泳いでき  それきり帰ってき  町を見てき  町から覚えてき  ことを知らしてやろうと思って帰ってき  町で覚えてき  つばめがき  いくつか聞こえてき  一声聞こえてき  一方から聞こえてき  ずんずんはっきりしてき  ここんちブルジョアだね、だからてき  自分も困ってき  ものが、まい下ってき  垂直に下ってき  上までき  ロープがゆれながら、まい下ってき  男がするすると下りてき  山風がさっと吹きこんでき  ヘリコプターから下りてき  男が駆けだしてき  頭目のき  彼は、すぐでてき  部下を、き  わしは、き  語調は、すこし乱れてき  前に、き  きれいにき  木戸がもどってき  しろから携帯用X線装置を持ちだしてき  下からはいってき  何奴だ、き  ヘリコプターがとんでき  ーンとにぶい唸が聞えてき  黄金メダルを奪いにき  滝の前へおりてき  気が、かわってき  牛丸君がき  匐いあがってき  秘密にしてき  春木少年は走りだしたがまたもや戻ってき  だんだん集ってき  怪漢がはいってき  もっと早くき  自動車ぐらいもってき  人物が、のっそりとでてき  下へ下りてき  角灯をつかんでき  焼け布片がでてき  黄金メダルがでてき  折から吹きこんでき  いびきが聞えてき  肌がでてき  帽子をだしてき  お稲荷さんへのぼってき  名がでてき  昼飯を持ってき  ーッと下りてき  牛丸はしゃくにさわってき  写真を持ってき  滝の前までき  ヘリコプターがまい下ってき  姉川が持ってき  飾窓へよってき  十八万を持ってき  客がき  こと血が流れてき  人たちがおどろいてとびだしてき  取返しにき  捜査はゆき詰ってき  迷宮入りらしく思われてき  立花先生がはいってき  ぼくはすぐいって、取返してき  何か見つけてき  黄金メダルを持ってき  私が盗んでき  小竹さんは引返してき  小竹さんがまわってき  食器をあつめにき  ところへ、よくき  ぺらを持ってき  気がつかないとは、き  足をはこんで、はいってき  少年たちがはいってき  近くへもどってき  腰につけてき  方まで逃げてき  ヘリコプターが追いかけてき  窓はいよいよ明るくなってき  地獄の一丁目までいってき  しろまで、忍びこんでき  いそぎ足でとびだしてき  撮影してき  船員服をき  メダルを買いにき  部屋からでてき  警官がおおぜい押し寄せてき  んとかけつけてき  急にいきいきしてき  店へき  買物にき  店をでていったが、すぐ、ひきかえしてき  北京で買ってき  父が買ってき  応接室へでてき  応接室へかえってき  うめき声がもれてき  救いだしにき  下から這いだしてき  ヘリコプターからバラリとおりてき  さきまでき  うえへあがってき  肉からでてき  冒険にささげてき  何かの役に立つだろうと思って、ひろってき  スペインよりわたってき  見学にき  雨さえポツポツ降ってき  聖壇のまえまでき  上空へちかづいてき  光が降ってき  ピョコンととびだしてき  ここらへころがってき  実を取りにき  僕、さがしにき  友だちをつれてき  の子がき  お母さんに買ってき  市が直き  力が漲つてき  呑込めてき  様にも思えてき  死ぬにき  小犬をもらってき  魚をくわえてき  頭からかけられたりしてき  猫がき  家から飛び出してき  物干しざおを持ってき  猫はき  こっちへ駆けてき  犬を拾ってき  夜具から脱き  書、埋むべき  猫ひそけき  金網近くをき  かけす、き  おんば日傘で育ってき  チャアリイが帰ってき  警察が割り込んでき  硫酸で焼いてしまうといってき  旬のき  だんだん夜が明けてき  一枝折つてき  まま戻ってき  惣菜屋から買ってき  海女が獲ってき  とき郷里から出てき  恰好で入ってき  土産コうんと持ってき  さっき雑誌が出来てき  つばが出てき  乗合に揺られてき  夕闇のき  ほうから聞えてき  ところまで寄ってき  巣からさらってき  残飯で育ててき  声が起つてき  澎湃として起つてき  後から駈付けてき  次郎、どうしてき  どこからはいってき  出入り口から下へ落ちてき  失望がき  米国少年グロースがのぼってき  意見にしたがってき  島へき  モコウはまっさきにとんでき  巨波がき  浜へき  貝を拾って帰ってき  木船から持ってき  烈風ひとたびおそいき  ふりついてき  矢のごとく走ってき  先をあらそうて走ってき  穴から出てき  トンネルから出てき  サクラ号からとってき  まちまちになってき  サクラ号から持ってき  きたぞき  柔順についてき  ひそかによんでき  ゴルドンらがとらえてき  油が浮いてき  げに帰ってき  うさぎをさげて帰ってき  だんだん昂奮してき  興味よりもずっと深くなってき  急をきいてかけつけてき  さがきびしくなってき  冬にたえてき  目だって変わってき  腕をくんでき  左門洞にのこしてき  イルコックがとんでき  がっかりしておりてき  山ねこをとってき  モコウがとんでき  銃をとってき  いまつめてき  声をあげてとんでき  ブランデーを持ってき  サンフランシスコへき  あるかないか、調べてき  のを見て、いろいろき  たこがうなって、ひとゆれがき  ところからにげてき  あかりもき  悪漢どもが攻めてき  ようにとびこんでき  川岸までき  左門洞にき  息をきらせて帰ってき  ロックはしだいに近よってき  けさから水一てき  ただちに出てき  入り口にき  私が常に暮してき  歌が浮んでき  胸に浮んでき  福運が見舞ってき  面を示してき  思念と変ってき  猫にも馴れてき  亀たちをからかっていたが、遂には互に馴れてき  決勝点に駆けつけてき  一本もってき  幸子を呼んでくれと云い張ってき  気息が細ってき  涸渇してき  足で飛び込んでき  ものを掬いあげてき  つても面白くないにき  手で守りたててき  歴史をおしすすめてき  何となくすぎてき  社会主義が分ってき  から近づいてき  空をき  やうやく起きてき  大成してき  火野葦平が越してき  伝はつてき  定刻がき  便所へ立つたりすると、き  お茶を捧げてき  午後一時がき  茶菓がき  ゼドリンを持つてき  便所から戻つてき  手拭ひを持つてき  控室へき  四四歩までき  今原田から教はつてき  ゼドリンをもらひにき  クスリをもらつてき  一人走つてき  そッと戻つてき  覚悟をかためてき  毛布などをき  らへひきさがってき  ドカドカとあつまってき  音が、パチパチひびいてき  正ちゃんをよびにき  太刀をひっつかんで出てき  千代さんが、もしかき  ダンダラ服をき  血がめぐりだしてき  服はき  クロを見にき  骨を埋むべき  工合になってき  奪取してき  憤怒が湧いてき  十分わかってき  十数年間圧えられてき  今日取られてき  ワラワラ寄ってき  何しろ伝さんが飛び込んでき  懐古的気分が起ってき  吾国に起ってき  とき原稿を持ってき  情景を持ってき  とき原稿を持つてき  情景を持つてき  家にも行き渡ってき  論評されてき  楽むべき  欧米あたりから持ってき  そこまでついてき  捌きがついてき  一秒さきまで営々と貯めこんでき  観念が変ってき  観念となってき  茲まで云ってき  やうやつと持ちこたへてき  村へ戻ってき  女中がでてき  歌手をつれてき  入場券五千枚を持ってき  契約書を入れてき  半分は持ってき  五助をつれてき  密約を結んでき  持ち合わせを忘れてき  息災とある可き  まま落ちてき  なかから外へ出てき  多大に現われてき  問題からき  振興してき  項目に分かって説いてき  黄衣をき  著述家があらわれてき  方によつてき  ほり、卑しむべき  大昔から伝はつてき  群れがはいってき  燥れてき  群集してき  キレイになってき  近年キレイになってき  上昇してき  アナウンサーが飛んでき  文化水準を高めてき  胡服をき  あたし、なんだか、こわくなってき  一騎討をいどんでき  杖にして、き  眼つきがかわってき  ようにあつくなってき  急に近づいてき  声が起ってき  涙がせき上げてき  一すじ二すじ、下りてき  オーッとうかんでき  閉息してき  頻々として現れてき  筆をとってき  だんだん緩和されてき  ますます冴えてき  コウラスが聞えてき  試合に出てき  眼が違ってき  叫びをあげてき  女性たちが、数多集まってき  人々から認識され始めてき  臨時病院から貰ってき  ここへ誘ってき  とき東京から持ってき  蕎麥切りを運ばせてき  小使に背負わせて運んでき  信州から連れてき  能率化してき  存在になってき  護謨靴ばき  仕事にかかわってき  中に感じつづけてき  創作詩専門といってよいくらいに変ってき  創作詩だけに限られてき  ものにまで変ってき  中へも流れ込んでき  ここにめぐってき  風のものになってき  一歩後から出てき  関係が保たれてき  から本体とあがむべき  はいがあらわれてき  主軸となってき  京近くへ帰ってき  自由感の生れてき  残りけむ捨てはててき  年とともに訪れてき  西行は、近頃のり出してき  時代へ乗りかけてき  文化圏を保ってき  二千万前後にはなってき  歌の生れてき  作品を生み出してき  はじめて廻ってき  定家についてき  歌も出来てき  錦繍振りが生れてき  初めは小さいが次第に膨らんでき  外から中国にはいってき  下にをき  種子を携えてき  ため控えを取ってき  ン、き  鼻がき  相田さま直き直き  原野には、き  蓮歩楚々として進み寄ってき  印度支那からようやく買ってき  何だか面白くなってき  眼が釣るし上ってき  地膚を露き  どこかへ落してき  二の腕まで露き  持してき  横丁から吹き寄せられてき  私の携えてき  薄明にいつしか慣れてき  下絵がおのずから現われてき  きり鉄砲ぶちにき  夕方凪ぎ晴れてき  入院してき  小谷さんに時々扱いにくく思わせてき  ら現はれてき  んや言うてき  作品に現れてき  前来説明してき  前来述べてき  横道へはいってき  肉入饅頭売りがき  ジャケツをき  下から登ってき  モスクワにき  それは、本当にき  衣服にき  番がまはつてき  んだろう、もってき  檜垣をたよってき  通りがかりにひょっこり入ってき  薬瓶をさげて入ってき  ためもあるがそう思って帰ってき  炉ばたに出てき  多くなってき  叮嚀に言って引き返してき  気がるに引きかえしてき  さんを訪ねてき  牛乳をわざわざ持ってき  土間へぬっと入ってき  蒲団なんかき  僕を見ると人なつこく寄ってき  手ぶらで帰ってき  手紙が来て、早く帰ってもらわないと困る、と言ってき  見本をき  若い学生がさすがにき  頭にくい込んでき  ことどもが浮き上ってき  調子が変ってき  存在がはっきりしてき  女中を呼んでき  いくらかしっかりしてき  者がおどろいて起きてき  餅を食ってき  五ツ六ツ餅をとって戻ってき  大八車につきそって戻ってき  看板屋がき  手塩にかけてき  スエータをき  こともわかってき  脚絆草鞋ばき  頬は弛んでき  端には大抵き  声さえ聞こえてき  依存してき  道場びらきに出てき  屋敷から、引き揚げてき  さかりのき  上を歩いてき  それから教はつてき  甘受してき  ブタバコ暮しを余儀なくされて出てき  十日目ぐらゐで兵営から放免されてき  だんだん組織化されてき  荘園に似てき  最後のものにき  モンペをきてき  碁会所へき  食券を渡して逃げてき  電車がき  行動をしてき  欲望が起ってき  親しみが出来てき  ところへ滑り込んでき  綱がぶら下がってき  腐れ縄がぶら下がってき  だんだん縄が弱ってき  定にはき  殊に目立ってき  底からこみあげてき  眼をまるくして、近寄ってき  雨がき  時また、ぴかりとき  ものを払い落してき  鈍重になってき  私を送ってき  野口が帰ってき  きいこ、き  何うだ、いや消えるにき  慨嘆も好いが、き  間愛好してき  腹は空いてき  風がどうと吹いてき  ひとがき  中に飛び込んでき  ふうとうなって戻ってき  ざわざわ分けてやってき  猟師のもってき  一隅にき  鈴の音をき  つて戻つてき  猟師のもつてき  月あかりからもらつてき  月あかりからもらってき  淺間はき  日本服をき  ッかきまわしてき  から見つけてき  書類を探しだしてき  役場へでてき  一にき  余に近づいてき  事のき  こまやけき  中あをき  みな精神にあつまりあをき  調子をちがえてき  文章にくぎりができてき  脱線してき  紛糾をき  うちに、やたらに小憎らしくなってき  彼女は云い進んでき  眼付で尋ねかけてき  悪戯を責め立ててき  陣痛が襲ってき  ように微笑みかけてき  上から押被さってき  頻繁にまた激しくなってき  何処からともなく伝わってき  底深く伝わってき  呼吸を合してき  調子で響いてき  眼へ飛び込んでき  背筋がぞっとして、啜り泣きがこみ上げてき  おっつけおっつけ激しくき  中まで沁み込んでき  不思議な世界が開けてき  心に映じてき  俄に響いてき  声が湧き上ってき  ようにして帰ってき  時を定めずに襲ってき  膨脹してき  前に浮出してき  頭に巣くってき  一晩泊ってき  上もなく淋しく思われてき  気分がはっきりしてき  あなたみてき  彼が立ち上りかけると、すぐに戻ってき  ものが、じりじりと迫ってき  彼女はどうしても起き上ると云ってき  喉から洩れてき  あたりへ、徐々に上ってき  二三個出てき  絶え間なく湧き上ってき  音がともすると響いてき  気分にこびりついてき  ように浮出してき  後から後から湧いてき  方も進んでき  方へ向き直ってき  それが次第に濃くなってき  何処からか響いてき  熱を持って浮び上ってき  方へにじり寄ってき  眼が馴れてき  中に甦ってき  底に浮び上ってき  考えがひょいひょいと浮んでき  腹がむくむくと脹れ上ってき  不安さが寄せてき  心に喰い込んでき  小鳥が群れてき  坂を上ってき  嫁入りしてき  けが胸にき  みよ子を引張ってき  後から逃げてき  能率を高めてき  能率が高められてき  科学政策に大きくふみこんでき  てゐない、露き  びは猛き  ことを伝へるには、き  顔を見ると、泣かされるにき  征服されてき  傾向が興ってき  悟りをき  母上様誰それがき  知恵からき  上流から下流へ、ふわりふわり流れてき  水際へ打ち寄せられてき  北洋から太平洋岸に沿って下ってき  急流から漁ってき  利根川を遡ってき  婆さんはき  つて、き  トラックが、あとずさりをしてき  かぎがおりてき  船へおよぎついてき  上にのびてき  音をたてておりてき  水がはいってき  水が入ってき  ものをわすれてき  敵が向ってき  鉄管から出てき  青木学士が、き  春夫は、心細くなってき  ことが、たのしみになってき  彼が出てき  理解をすすめてき  番地まで出てき  先のばししてき  三十歳から現在まで、ずっと忙しくしてき  業界では知られてき  博多で見てき  それも見てき  千鶴子に託してき  スケッチをしてき  美枝子が訪ねてき  ここに帰ってき  気持ぢやないにき  写真はき  つていふにき  ひとが出てき  殺戮されてき  融通してくれといってき  だんだん興味を覚えてき  光技は、またむらむらとしてき  頭をふりたてて出てき  核心にふれてき  組立て梯子を担ぎこんでき  空気が重々しく淀んでき  反響に高まってき  歴史を続けてき  美に対して、全き  つみにき  はっぴをき  お嬢さんたちも出てき  そうないきおいで、とびこんでき  あとからしずかについてき  ねずみがなきながら、ちょろちょろとはいだしてき  ねずみたちがき  ねずみさえ出てき  ものおきをかたづけにき  ひとがかえってき  子がかけてき  みんなかけてき  三方から寄ってき  頭を持ってき  ここに集ってき  紺ガスリをき  頭へき  町へつれてき  一番で立って、つれてき  手筈をたててき  筋があってき  町内の見てき  二投手がでてき  小作人関係などからき  変りのない、き  顔立ちはき  頃伊香保へき  灯が、見えてき  聲がきこえてき  贈物を持つてき  著物をき  のすら出てき  窓からぬけだしてき  名刺を置いてき  心にやにはに通じてき  翌日尾崎士郎から速達がき  なめるやうに擦り寄つてき  伊達でかけてき  偽造してき  問題を盗んでき  家から刀を盗んでき  行つて帰つてき  原因が分つてき  戸を蹴倒して這入つてき  何のき  住まいにも訪ねてき  住まいを訪ねてき  さくらんぼをもって訪ねてき  妻を訪ねてき  下を向いてとぼとぼと歩いてき  四つ街道にき  木賃宿へ帰ってき  日いくらもらってき  いくら今日もらってき  日もらってき  昨日どこでもらってき  宿にもどってき  みんなもどってき  底にわいてき  から、また、ありましたら持ってき  車がき  卵は直き  私に洩らしかけたが、直き  下車す可き  だんだん冷えかかってき  ガタガタふるえてき  頭をもちあげてき  下をもぐって出てき  ために買ってき  土下から匍いあがってき  ムクムクともちあがってき  目をさまして、とびだしてき  警官が駈けつけてき  物音に起きてき  いまそこまで追っかけてき  鼾が聞えてき  現像室からとびだしてき  写真をとってき  裏口に帰ってき  頭がぼーっとしてき  ものはすぐ集めてき  敬二に分ってき  上を動いてき  僕は生きてき  ことを彫つてき  這ひだしてき  道を歩いてき  横から飛びだしてき  巧者にき  私を認めて追つかけてき  つて落ちのびてき  夜更にむなしく戻つてき  誘惑に行き、すげなく追ひかへされて戻つてき  うちに、次第に分りかけてき  手録が出てき  次から次へと出来てき  混同してき  のものが現われてき  拡張してき  しずる容れられてき  天竺からでも入ってき  支那から入ってき  不明になってき  形になって入ってき  代りに入ってき  生活に入ってき  部分を取ってき  商品化してき  駐屯軍へ持ってき  女子供が多くなってき  動機となってぽつぽつと始まってき  新文化へ入ってき  から乗り込んでき  爰へき  修練を経てき  都市には著しくなってき  手に移ってき  者も多くなってき  心意気も変ってき  形になって、あらわれてき  上からとび下りてき  首がとんでき  ものがとんでき  気味がわるくなってき  だんだん心細くなってき  ところへできるでき  機械人間がとどけられてき  ここへ乗りこんでき  そこからはいってき  警官は、き  奥から氷室検事がとびだしてき  保護されながら、ついてき  心配して、とびこんでき  博士の出てき  いま博士の出てき  ことをしてしまったら、き  うえは、き  頭のき  小説家魂をもつてき  問屋から請けてき  一かたついたら一寸行ってき  墓に行ってき  茶の間から足音をきいて出てき  次へもってき  次第次第にたかまってき  精密になってき  鑑賞眼が高くなってき  維持されてき  蹂躙されてき  侵犯されつづけてき  んだと、分ってき  あたしにも分ってき  涙がいっぱい出てき  だんだんはっきりしてきましたし、しつっこくなってき  ことが、分ってき  あたしは心細くなってき  いやにつっかかってき  あたしにも伝わってき  何だか気になり、暫くして戻ってき  喜久本からかかってき  くに眼をさましてき  こともしてき  婦人風俗画を描いてき  中に引きこんでき  心持ちへ入ってき  女に通じて、き  王氏の出、き  考へ併せると、愈き  此は、き  他から轉室してき  顏に近づけてき  學期試驗が近づいてき  惜しげもなく脱いでき  夜、き  中にまで入ってき  他から転室してき  顔に近づけてき  学期試験が近づいてき  香りがしてき  ランプをもって入ってき  後から付いてき  村境まで送ってき  ばらばらと落ちてき  男を引っ張ってき  馬車がはいってき  あとからも続けてき  新聞社へき  若い女があわただしく飛び込んでき  潜行してき  話が伝わってき  身がき  峻嶮をき  落第にき  十五分おくれてき  ア、どうも心細くなつてき  勝負どころへき  色紙を頼んでき  モーローと戻つてき  村松さんがき  ぼんやり庭を見てき  名人便所へ立ち、戻つてき  何か呟いたが、き  彼がき  名人戻つてき  帯をしめながら現れてき  二階から倉島君が降りてき  勝負がき  木村名人手をふきながら戻つてき  呟やく、き  ショウブ、よくき  コーヒーを運んでき  つぶやく、き  すべて、き  伊沢君にき  石川君にき  傾向が見えてき  酒量は殖えてき  乱暴になってき  から、メキメキ売れ出してき  財産管理者から几帳面に送ってき  勤め口でもき  肚さへき  それでとおってき  一纏めにき  加重されてき  尊重されてき  原始時代から伝統的に培われてき  やうにおもへてき  ちゃんと正しくついてき  夜更けにもかかわらず、わっと集まってき  付きそってき  考えが確かめられてき  猩々をもらってき  数歩のぼってき  足どりでのぼってき  落ちつきを取りもどしてき  航海してき  窓へ近づいてき  這ひ寄つてき  生れ合はせてき  儘で冷えてき  光景に馴らされてき  眼にあふれてき  傳はつてき  みなぎつて落てき  氣分が浮いてき  本箱から出してき  膝前をき  世間を渡り歩いてき  高慢さがあくまで募つてき  義男はき  日に戻つてき  水つぽく褪めかけてき  頭上に落してき  みのるは直き  はつきりと開いてき  力によつてき  ようにおもえてき  沓がき  長官は突然き  色めづらけき  むとすと家を出でにき  責めにき  過ぎにき  飯を与へき  山に入りにき  舞ひにき  家にかよひ慣れにき  唱へき  ふじさんにき  喜びが湧いてき  姿も映ってき  四辺が一層暗くなってき  光がはっきり見えてき  小座敷もはっきり見えてき  虎が出てき  女が入ってき  男は急いでき  建物がき  席を離れてき  侍女に取り巻かれて出てき  者は集まってき  ばらばらと走ってき  すっきりして引返してき  傍へひたひたと寄ってき  ハリッチ市が見えてき  ヴォード少尉が駈けてき  王はひどく苛立ってき  土人等が出てき  人々に接してき  性質をき  いま聞いてき  数より多い程押し込んでき  いつか、もらってき  頭を持って、生まれてき  奴をひきだしてき  事は、直き  頷ずき  藻がき  なかにき  雪踏ばき  横合からとんでき  手に帰ってき  ホテルにのりこんでき  彼についてき  兎を煮てき  宗忠の持ってき  麓から巻き上げてき  見物もあきて来るにき  それが浮んでき  症状を呈してき  皮膚が美しく透いてき  植木屋から買ってき  草光保治が訪れてき  奥にひたと寄り添ってき  奥ににじんでき  額から汗が出てき  帰宅してき  だんだんうつくしくなってき  中にだんだんとはびこってき  ものが、すぐでてき  からとびだしてき  主人たちがかえってき  どこへかけつけてき  のかと思ってかけよってき  ランプを持ってき  きれいな品を持ってき  だんだん元気づいてき  胸によってき  小人がかえってき  だれがき  いちばんはじめにき  ハトがき  山の上にき  ふたをもちあげて、起きあがってき  赤にやけてき  中に持ってき  端がき  事で、決してとがむべき  保守できるとは、き  リンゴ酒よりいいにき  恩愛のき  大なるもあり小き  革むべき  常識的な、き  あれはき  病院にもき  新宅にもき  青年にき  親孝行をしたくなるにき  履はき  落にき  内容はいつもき  粉ひき唄をき  肌にしみじみと触れてき  笑いが浮んでき  露わににこにこ笑いかけてき  方をじっと見つめてき  銚子を持ってき  気乗りがしてき  ことを思い出して、可笑しくなってき  一寸沈黙が落ちてき  皆立ってき  だんだん薔薇色に染ってき  月からき  過去から引き摺ってき  佇立むべき  浅草で酔っ払うと、こう言いつづけてき  反対にき  前に述べてき  春着が出来てき  紋付が仕立て上ってき  愍むべき  何んとも言ってき  負けのき  彼女は直き  涙がながれてき  空、あをき  むようにといくども勧告をしてき  倉庫から上ってき  大ニコニコ顔で近づいてき  望みができてき  自分ひとりであったら思わずき  やよがき  はやてさちよ静けき  買ツてき  單衣物借りてき  片羽黄いろに染めてき  水を含んで飛んでき  渡來してき  戸籍がわかつてき  物とされて造られてき  決心が蘇ってき  涙がにじんでき  中から浮き出してき  眼眸と重なり合ってき  酔いもさめかけてき  頭がはっきりしてき  怪談が出てき  先方から憑いてき  夜は明けてき  家をまちがえてたずねてき  どこの子かしらないが、どうしてこんなにおそくたずねてき  月がいいので歩いてき  近くまでつれてき  あたりから川に沿ってき  物語にでも出てき  狐はすっかりき  汽車がき  のてき  好きかどうか、き  風さん月から吹いてき  私をよびにき  年月はぐくみ育ててき  随身してき  椀にもき  次の間からお母さんが立つてき  淵のき  其時四郎左衛門がき  ますます円熟してき  姿で訪れてき  彼はよりかかってき  顔して帰ってき  ヤマベ持つてき  身に浸みてき  擴げてき  本はあげてき  目が覚めると、き  絵葉がき  連鎖がくっきり浮き立ってき  聖マテオ市から着手す可き  暮らしが見えてき  いっしょに送られてき  考えが変わってき  成果を上げてき  可能になってき  本を書いてき  自信がなくなってき  ためのものと考えてき  推考してき  私を引き付けてき  仕組みについて考えてき  ドキドキして息苦しくなってき  武家に移ってき  仕事をすましてき  谷底からたしかに返事がきこえてき  ドッコイショと上ってき  損をしてき  上にも悲しく虐げられてき  牛に生れ変ってき  牛に生れてき  和尚はてれて、ひきさがってき  内にしてき  心が、しんと冴えてき  ドキドキして息苦しくなつてき  牛に生れ変つてき  原にき  兵隊が捕まへにき  酒場に押しよせてき  夏か、き  釣り場に棄ててき  主人が釣ってき  夢は戻ってき  頸首にも、その露き  とこへ連れてき  いなかからでてき  職工服をき  汽船でゆられてき  仕事のこつがわかってき  避暑にき  中へすててき  ものですから、いきなり、き  台所へき  ここまで運ばれてき  移転してき  帰還してき  中にはいりこんでき  奥に湧いてき  物資がはいってき  一廻りし、戻ってき  恥かしげに寄ってき  中心に、集まってき  クマはのっそり帰ってき  露命をつないでき  それに絡んでまた突っかかってき  石を拾ってき  酔いが出てき  肉体はくりくり盛りあがってき  彼がもう酔っ払ってき  感が起ってき  世界に出てき  から人をつれてき  から借りてき  国民を導いてき  盲目的に導かれて走ってき  指揮的態度をつづけてき  今までは導いてき  水門をぬけてき  ようすで帰ってき  胃袋から出てき  ポリモス錠をとりにき  砂がき  貞操を守ってき  あなたが帰ってき  私は持ってき  旦那を送ってき  私は帰ってき  ところにとびこんでき  洋書を、訪ねてき  社長に図々しくも売ってき  ばを持ってき  仲むつまじく連れそってき  アドルムを買ってき  若い男と帰ってき  ひとりだけで帰ってき  一時間後、帰ってき  午後、帰ってき  フラフラと出て、連れてき  ノコノコ上りこんでき  心気ますます朦朧としてき  形相で帰ってき  胸に泣き崩れてき  説明しながら、ふっと出てき  稿料を持ってき  お香、き  従兄がき  二三日うちにき  とき、持ってき  泡がたまってき  希望がわいてき  野良道具をぶらさげてき  オレが安く買ってき  電燈屋がき  終戦がき  製法を覚えてき  事実がしみじみよみがえってき  事があるにき  社があり、あはき  卓子はき  それから学校にき  結論を曇らしてき  変改を経てき  理会を加えてき  名も出てき  御調がわり込んでき  発想法を拗れさせてき  気分表現が、出てき  年ぱいはいろいろに考えられてき  信念もき  精神的にかへてき  つて、今にき  彼女にも移つてき  全体がもつと古ぼけてき  空魚籠を提げて帰ってき  たびにき  幾人も下りてき  眼先にまざまざと浮出してき  萠え出してき  空想にまとまってき  気持がふと蘇ってき  不審そうに見返してき  矢と降りき  変化は、き  ますます激しくなってき  体温が伝わってき  針を入れてき  署へ送ってき  ぼくはでてき  一度にとんでき  ゴーッとふいてき  ら渓にもとめき  ひもさとしなりき  柳あをき  人はき  ように追いかけてき  体に迫ってき  光をき  掻払いにき  体が弱ってき  自分のかけられてき  詫びにき  主張をしにき  包括してき  貝殻を持ってき  うちに、なんだか情けなくなってき  智恵を仕入れてき  こんど新たに持ってき  妹から追はれたと見えて、き  耳にまで伝わってき  臭いが騰ってき  騾を引いてき  跟いてき  色が濃くなってき  健康が気遣われてき  なかへ響いてき  爽けい匂いをつけて戻ってき  ように狂わしくなってき  パドミーニがき  からキナ臭い匂いが立ちのぼってき  ように送ってき  いつどこから出てき  そこへひょっこり飛び出してき  あとへ押寄せてき  拱ねき  ん/″\現れてき  蚊帳がき  どこからともなく出てき  つた、でも更けて冷えてき  仕度も直き  力をもって迫ってき  ように漲ってき  軍艦が突然出てき  脚気が襲ってき  ひとりが戻ってき  疼痛を感じてき  兵士を伴って入ってき  兵士を起こしてき  苦痛がまた押し寄せてき  らへつかへて、き  森へ下りてき  枝を拾いにき  なにかに追われて逃げてき  柔らかいもちを持ってき  みんな集まってき  真珠は出なかったかと聞きにき  払いのき  勝手に引き取ってき  遊佐銀二郎が立ってき  ら声が大きく響いてき  今いってき  夜ふけに帰ってき  んでもないが、き  坂を登ってき  車がいったり、き  中に降ってき  つえをついて歩いてき  からすがき  雪をけたって駆けてき  北の方から起こってき  雪がちらちらと降ってき  そばに持ってき  ちょうがき  花も終わりに近づいてき  工場から持ってき  おじいさんが出てき  一匹飛んでき  ぶんぶん、うるさくつきまとってき  ゆずってくれないかと、ずいぶんうるさく申し込んでき  話声が伝わってき  ものだから、ぶらぶら歩いて帰ってき  横行してき  表面にのさばりだしてき  みな木偶坊に見えてき  俄に駆け戻ってき  羽織をひっかけて飛びだしてき  三つ抱えてき  旅立ちをき  気候はだんだんと寒くなってき  先祖から伝えてき  夜がしだいにふけてき  乞食の子が入ってき  とき子供は駆けてき  行列がき  村へ飛んでき  国に飛んでき  つばめが入ってき  わらくずなどをくわえて運んでき  初めになると、飛んでき  つばめが帰ってき  お母さんがいわれたけれど、なかなか帰ってき  古巣にき  頃大分流行ってき  顔を洗ってき  これまで述べてき  因果に生まれてき  綿密をき  無知か悪むべき  ちゃんちゃんちゃき  こっちへかけ出してき  巻紙がき  倦怠くなってき  宅から持ってき  ちんちらでんき  裏口から這入ってき  資料をとりだしてき  裏口から這入つてき  二冊づゝ資料をとりだしてき  お前をためしにき  のかと思っていましたのに、き  山がまた向うにでてき  王子は少し心細くなってき  風が吹きつけてき  だんだん恐しくなってき  戦場から歩いてき  つえをついてき  あたりに住んでき  鮎を持ってき  一升がき  汗を握つてき  腹をき  さっきとってき  まきにき  空もひどく寒くなつてき  何ひとつ手出しをさせないにき  のがいつもき  長靴ばき  塗つた長靴ばき  一つのき  來て、き  大抵はいつもき  頃には、き  姉のき  今度縁談がき  話聲をき  事務服をき  長上衣をき  壺をほつつき  中から探し出してき  気でなくなってき  空がほんのりと白んでき  空が色づいてき  隧道をくぐってき  道筋を聞いてはき  水音が聞えてき  足早に追っついてき  気持が次第に強くなってき  冷くなってき  月光に煙ってぼーっと見え出してき  生活にもふと映ってき  二三日滞在して戻ってき  霧がかけてき  つてついてき  犯人もき  碌でなしにき  手前つちとき  愛情にき  地面へ転げ落ちてき  菅笠いただき草鞋はき  日六郎尋ねき  鞋はき  気もしてき  体験数十年もたった今ようやく分ってき  記念されてき  感動をわけもってき  三英がはいってき  於ても亦恥ず可き  ゆとりも出来てき  顔さへ見ればき  閾のき  どこぞから覗いてをりはせぬかと、よくよく見き  胴着をき  下著をき  巣窟から出てき  七人目を運んでき  おばさんが帰ってき  三時過ぎだから、もう帰ってき  少年にむしゃぶりついてき  お父さんを呼んでき  後姿が蘇ってき  脳にき  髪を結いにき  工場地帯が延びてき  女が流れ込んでき  女の歩いてき  のは絶えず聞えてき  焼跡から帰ってき  村道を帰ってき  方に近づいてき  二三枚静かに落ちてき  襤褸をき  子供が走り出してき  映像が次第に生きてき  囚えられながら輝いてき  それが大きな憤りと変ってき  ようで、めっきり老けてき  人たちが、急いで飛び出してき  若い人たちが集ってき  そばで戦ってき  輸送してき  注文は、ほとんどき  ことに、だいたい売れてき  まり戯曲を書いてき  そこからはまったく出てき  立ちかたに似てき  こちら側にしみ通ってき  参加してき  進歩させてき  位お腹が空いてき  ちょうが、たずねてき  温室に入ってき  今日ここへき  何だか胸騒ぎがしてき  所属品として、き  動物力からき  夕食後は、き  いく晩かは、き  戸外から這入ってき  他所から帰ってき  台所からおどおどしながら出てき  切り戸口から匂ってき  下りろ、き  さなかをわが行きてはろけき  しげみの光りゐてならび寒けき  山のながめ寒けき  テーブルへ滑ってき  乞食が近づいてき  たくさん自殺をしてき  自殺をしてき  京に引いてき  二人で暮してき  後から入ってき  まわりに寄ってき  広場にき  手を引いてき  ことは、聞いてき  馬車を持ってき  うちに帰ってき  姉は帰ってき  自分を思い出して帰ってき  屋敷からもどってき  島から船に積んで送られてき  そうに上がってき  ことだとも伝えてき  金も落さず暮してき  棟木の間から落ちてき  一しょに引越してき  年代記をかりてき  源兵衛が追ってき  実物を連れてき  餅をくわえて戻ってき  ベットからおりてき  張をき  度重ってき  からまた起き上ってき  水気がき  瞳が輝いてき  辛抱してついてき  影を帯びてき  登美子が戻ってき  二本一緒にもってき  真赤にさしてき  客もふえてき  あれからちょっと出てき  グラスが飛んでき  登美子がとんでき  戸締りをして戻ってき  着物羽織をき  今に出てき  後から後から出てき  南さんを寝かしてき  乘り越えてき  ぜんたいふだんにき  平生にき  どんどんあがってき  火を持ってき  車夫がき  質問に出かけてき  別品がき  玉子屋がき  ちょッくらちょいとおりてき  ぐでんぐでんによって帰ってき  一さんにかけてき  学校でならってき  もちいること少しき  近ごろ少し出来てき  今日は帰るなといってき  内からき  ア相沢さんをつれてき  このごろ大分直ってき  容子変りき  婆アさんにあきがき  奥へき  大坂から帰ってき  だれでもよんでき  屋根裏から藁ぶとんをもってき  ところへ押しかけてき  教師とともに出てき  ゆうべここにき  さすらいつづけてき  汗がどっとふき出てき  様子がわかってき  隅からき  青白い雪明りが射しこんでき  叫び返してき  そばに出てき  小さなそりが出てき  あとから男が出てき  ようにというので、出てき  そりをもってき  君たちがき  言葉をはさんでき  ところまで聞こえてき  近くまで押しよせてき  返事が聞こえてき  食事にき  ビールももってき  亭主を迎えにき  夜気がさっと流れこんでき  フリーダがすぐもどってき  異郷へき  いっしょにどやどやと入ってき  包みをもってもどってき  いっしょに入りこんでき  ため、わざわざ上がってき  何かをもってき  フリーダが運んでき  女中が上がってき  片隅にき  彼女にき  身体を押しつけてき  ちゃんと開けて生きてき  すべてひとりで背負ってき  頭を垂れてではあるがすぐ応じてき  あなたがき  紳士荘でいろいろ見たり聞いたりしてき  腕にすがって入ってき  連中がき  椅子をもってき  蝋燭をもってき  事情がごたごた入りこんでき  封筒を送り返してき  ところへ割り当てられてき  ソルディーニはたずねてき  のか、といってき  かたからき  照会がき  いつものように四方から殺到してき  心配にもなったので、急いで帰ってき  私にいってき  品をもってき  歌さえ、聞こえてき  おかみさんがき  ほうから訪問してき  村長さんに頼まれてき  依頼されてき  教師が伝えてき  顔をして上がってき  ままでもってき  教師をつれてき  先生をつれもどしてき  フリーダがもってき  助手がついてき  ところを抜け出てき  あとにき  暗がりから浮かび上がってき  どおりきいてき  紳士がゆっくりと出てき  それからもどってき  ビールをもってき  ペンとをもってき  弧を描きながらたえずいったりき  身体をくっつけてき  疲れがまたもどってき  前にもってき  あなたのために城からもってき  返事をもってき  これまで楽しんでき  それをもってき  生徒たちがもうき  身にしみるほど冷えてき  跳び箱とを押し出してき  テーブル・クロスだけはもってき  薪をもってき  教師がもうき  水を運んでき  きれいな水を運んでき  教室から抜け出してき  橋亭から中食をもってき  中食をもってき  生活に入りこんでき  回想によって入りこんでき  酒場に入ってき  のり移ってき  あなたは帰ってき  どこから帰ってき  その道を下りてき  小さなたらいをもってき  授業時間にはほとんど欠かさず出てき  束をもってき  バスはまだ帰ってき  これまで守ってき  証人としてちょうど入ってき  ところへふれてき  点までき  城から下りてき  ために宛てられてき  村へ下りてき  城からき  わたしたちを迎えにき  消防隊がき  ソルティーニからき  今やっとわかりかけてき  まちがいからき  これまでずっともってき  派遣団を送ってき  ラーゼマンも、入ってき  内庭から入ってき  紳士荘へもどってき  上にふりかかってき  家に越してき  三回で運んでき  前にもいってき  車から降りて、かかり合ってき  世界が開けてき  ことをあんなにも苦しめてき  態度でもってき  彼女はもどってき  自分を訪ねてき  助手の訪ねてき  バスが帰ってき  ほうでいったりき  ほうもたずねてき  上を叫んでき  聴取に押しかけてき  引渡しにき  男は帰ってき  食べ物をもってき  台所へいってき  校庭から冷えきって帰ってき  城からここへ吹き送られてき  世界から出てき  クラムから送られてき  ガーラターから送られてき  病院を抜け出してき  あなたはとっくにき  新しい女給仕がき  ふうにして走ってき  内庭へふたたびき  人びととかかり合ってき  幸いにも切り抜けてき  酒場へき  ものを取り出してき  菓子とを運んでき  砂糖入れをもってき  人がついに入ってき  使用人たちはかけよってき  しょっちゅう酒場にき  言葉をかけても、また近よってき  クラムが出てき  自分の見守りつづけてき  経験に骨折ってき  夏もき  ところへ跳んでき  ことを聞きこんでき  だんだんしてき  だんだん意識されてき  整列してき  運命を得てき  色をつけてき  田舎饅頭を買ってき  昨日帰ってきていたとて出てき  茶をさしにき  歌留多牌をとりにき  手帳に書きつけてき  路を歩いてき  この間を笑ったり戯れたり走ったりして帰ってき  そこここと流れ渡ってき  あっちこっちからはずしてき  真中にすえて、持ってき  初号ができて持ってき  だんだん話し声が高くなってき  小使部屋からこっそりはいってき  汗を拭き拭きついてき  ますます消極的に傾いてき  心地といちじるしく違ってき  感情もまったく違ってき  だんだん意識してき  胸をおそってき  あとからあとから胸をついてき  心もよほど折れてき  熱が少し出てき  病状が迫ってき  腫気がき  盂蘭盆がき  病人にもわかってき  眼に浮かんでき  それを借りてき  身辺についてまわってき  愛国心が生きて蘇ってき  さを送ってき  一尺先きに来てき  自ら携えてき  裏があたたかくぬれてき  目に浮んでき  のも割れてき  卵が割れてき  匐い出してき  きらきら射してき  それは固く固く凍ってき  中で凍えてき  膜がかぶさつてき  様にき  笑いにつりこまれて、き  はい今晩わあ、ごき  変転をしてき  ざわざわ吹いてき  何だかぞくぞくしてき  明り一つもれてき  のを知って、上がってき  山姥は、すぐにはなかなか上がってき  だんだんあつくなってきて、そのうちじりじり焦げてき  森から出てき  俄かにまたでてき  前にでてき  蓋が落ちてき  から返事がき  前からき  學問を學んでき  毛衣をき  沿海地方にまぎれてき  ゑこゑだれひとりき  ぼんやりと出かけてき  石炭がらを運んでき  それから丸薬をのめばき  ピシアスがひょいとかえってき  酒などをはこんでき  実例を見せられてき  若者が入ってき  頭になってみたいと思ってき  金出して買ってき  若者は、買ってき  俺、せっかく買ってき  油が溶けてき  油が流れこんでき  僕に解りかけてき  山から飛んでき  狂介ごとき、き  手紙が出てき  じきまた帰ってき  眉をひそめなければならなくなってき  先方から聞いてき  もっとはっきりかたづけてき  のが、たちまち軽くなって、するすると、抜けてき  文句がひょいひょいと出てき  顔もしなかったり、やっとはいってき  彼はすぐかけつけてき  絶対にき  あとは、き  つれにき  中にみえてき  わたしをひきとりにき  ときつとき  山を下りてき  小鳥の巣をそのまま持つてき  雀がとびこんでき  眼を移してき  コップがとんでき  こちらに出てき  紹介状を貰ってき  色合になってき  ことを何かと尋ねてき  名前が出てき  哄笑がとびだしてき  旭川からとってき  コーヒーを入れてき  こんど上京してき  マダムが帰ってき  のが、次第にはっきりとしてき  二三人ひっぱってき  戸口まで送ってき  顔を見てき  層が露き  生長が現われてき  張り膨らんでき  驚異を帯びてき  ものが溜ってき  最初滝人が背負ってき  節くれ立ってき  形容が具わってき  触手が伸べられてき  動きが失せてき  橙が思い出されてき  臆測がされてき  雲が割れてき  墨色が加わってき  均衡が失われてき  転換が現われてき  粗暴になってき  嗜血癖が現われてき  風に乗り、訪れてき  同棲を続けてき  線がなんだかビクビク引っつれだしてき  恥かしくなってき  間流し続けてき  ろしく思われてき  徐々と乱れてき  もしかして訪れてき  のではないかと思われてき  心理的に現われてき  ざわざわ波立ってき  市を抱き上げてき  近に感じられてき  芽が、はっきりと感じられてき  響が高まってき  幻をしっくりと嵌め込むのに、焦れだしてき  表まで紅くなってき  ためにむくむく膨れてき  先が垂れ下がってき  喜惣よ、こけえ早う持ってき  燃えすれてき  貴女に強いてき  ものを囁いてき  反動で、飛び出してき  快感がつのってき  連想されてき  意識が蘇ってき  眩暈を覚えてき  時機が訪れてき  ものが、いよいよ猛り立ってき  たかと思われたが、やがてぞくぞくと震えだしてき  鏡を取り出してき  不気味に揺り上げてき  感覚が起ってき  光が訪れてき  振幅を狭めてき  危懼が現われてき  匂いが触れてき  光線が差し込んでき  白ちゃけた色で現われてき  歓喜が舞い戻ってき  中から、パッと差し込んでき  中で絡み合ってき  形に見えだしてき  しわがれが加わってき  不意に胸苦しくなってき  病苦がしんしんと戻ってき  ように溢れてき  眼に浮いてき  チビがひょっこり出てき  頬がほてってき  稲光りがぱっとき  中まで押しこんでき  駒井さんはなかなか戻ってき  駒井さんがはいってき  抱きしめる工合に、よりかかってき  音がしとしとと聞えてき  しか戻ってき  手におえなくなってき  康平さんは帰ってき  自動車をひろって戻ってき  うちに片附けたくなって飛んでき  から堪え堪えてき  涙となって出てき  駒井さんはいきなり縋りついてき  すみっこにひっかかってき  力がわいてき  きらう気持がわいてき  頭に戻ってき  おじいさんが、ちょこちょこと出てき  コレラが入ってき  白い影が入ってき  ように思い当られてき  芋を持ってき  ところにいってき  長年仕えてき  事情がだいぶ変ってき  地中からはい出してき  今年はじめ大連から引きあげてき  ように冷たくなってき  原稿がまわされてき  形にはめて考えてき  一人が近寄つてき  足元に寄つてき  食べ物を持つてき  つて稼いでき  お前達が持つてき  皆眼を覚して、飛び出してき  八公も飛び起きてき  数がふえてき  間からするりと出てき  苦労がおっかぶさってき  色を浮べてとびこんでき  弁当持ってき  米を買ってき  席からとびだしてき  股倉めがけて殴りつけてき  顔が火照ってき  底が見透けてき  楽書はしだいにはっきりしてき  きゅうにぞくぞく粟立ってき  中途入学してき  間学校に虐めつづけられてき  親爺さんが泣きこんでき  我鳴りこんでき  ぞろぞろ集まってき  時屋上に駈けあがってき  屋上にあらわれてき  学校ににげこんでき  力が籠ってき  看護婦は立ちあがってき  人が逃げてき  自分から夢中になってき  校長先生がはいってき  いふ化粧品を新き  ものが出現れてき  当人から聞いてき  金で買ってき  から、また盛り返してき  蚯蚓が這いだしてき  薄ぼんやりしてき  先へ流れてき  ようすをき  コップから直き  話ばっかりをき  七尺ほど高くなって、もう直き  非常に御き  本も直き  奥さんは、相変らずよくなったり悪くなったり、ごき  げんになったりごき  くにちゃんが駈け出してき  妻に早く帰ってき  底に浮かんでき  気がつくまいと思ってき  職を捜してさまよってき  僧が出てき  蜜蜂が飛んでき  声を聞いて出てき  京から戻ってき  故郷から送ってき  旅から東京へ帰ってき  方まで飛んでき  東へ下ってき  老妓、おきよもき  ものと思ってき  命令に従い、き  犬が出てき  巡査が立ってき  巡査が追いかけてき  顔をして、出てき  あとから食堂を出てき  未生からすでに宿してき  合がき  坂道をおりてき  人々であふれてき  白浴衣地がまむかいにき  町にはいってき  子供をおっかけてき  ゆあがりをき  大阪からながれてき  三吉はくらくなってき  とき、てつだいにき  いつか立田山へき  頂上へき  表紙が流れこんでき  きわだって現われてき  感情が、き  古藤がとびだしてき  パチッと鳴らせながらでてき  単衣をきちんとき  椅子をひきずってき  停車場から伴ってき  演壇にでてき  眼鏡がでてき  坂をくだってき  公園へき  方でのぼってき  彼女がついてき  頭髪をよせてき  彼女と別れてすたすた戻ってき  深水がき  今夜送別会をやるといいにき  途中まで送ってき  ときゃあ、もどってき  ヒョコヒョコ東京へ出てき  ドサドサ入ってき  顔をしていたけど、それでもすぐ出てき  こんど東京へ出てき  事がき  今日虎がき  浪人らがたずねてき  白がねき  ことなれども、御き  うりや、き  陶家をひっぱってき  音もなく飛んでき  すうつと飛んでき  高原に逃げてき  臭ひがしてき  店を出てき  村から歸つてき  殘してき  ものを持ち出してき  からだを食おうとして出てき  住人はき  路傍から採ってき  どこかで見覚えてき  拝してき  工合に落ちてき  背なかが熱くなってき  いま自分の歩いてき  旅をつづけてき  心に乗ってき  勉強し直してき  像をしみじみと見てき  それが本当に見え出してき  空の下で、読んでみたくて携えてき  いま読んでき  一時間ばかりさまよっただけで、帰ってき  ホテルに帰ってき  模写などを見てき  こちらに近づいてき  千年も踏みつけられてき  壁画を見にき  そこに浮かび出てき  此処に移されてき  今昔物語などを捜して買ってき  あたりを歩いてき  渡来してき  若い貴族をひとり見つけてき  湖にき  二つ三つ歩いてき  荷物をとりにだけき  娘たちがき  まにまに歩いてき  精妙になってき  完全にぬけ出してき  ものが流行ってき  からボブが飛び出してき  きょうまた見にき  絵を見てき  一所懸命になって見てき  あとからくっついてき  風景が少しずつ変ってき  目に飛びこんでき  檻に入れられてき  のが分かってき  中からひとりでに生れてき  腹もへってき  村が近づいてき  のに変ってき  木曾路をまわってき  きのう東京を立ってき  山々がくっきりと見え出してき  宿を立ってき  旅に出てき  柿を食べにき  手にしながら、戻ってき  用をすましてき  浄瑠璃寺から奈良坂を越えて帰ってき  馭者が飛んでき  さに気がついてき  鮮かによみ返ってき  学説をとなえてき  風が向いてき  げに描いてき  仕事をしにき  だんだん旅慣れてはき  橿原宮に即き  麓までき  激してき  啄木鳥がき  湯へ行こうといってき  賽の河原にき  ぎたばかりだのにもうよほど暗くなってき  沢が出てき  谷にき  雪がちらちら降ってき  詩句がひとりでに浮んでき  爲をき  動作がき  山口部落まで押してき  列をつくって出てき  形跡に出あって逃げてかえってき  急に吹いてき  方から色づいてき  強烈に匂ってき  馬もき  頬に落ちてき  普通に背広をき  警察へ戻ってき  どこをうろついてき  二男ならとっくに戻ってき  安心してついてき  翌日戻ってき  音もなく現れてき  上から騎馬で駈け降りてき  者が駈けつけてき  生涯をかうして押通してき  轡を引つぱつて戻つてき  砲声をき  狩衣をき  戦乱を経てき  平服に着替へてき  なつて飛んでき  海図を持出してき  登つて行つて槍を引抜いて降りてき  容貌をき  長崎へ送られてき  扮してき  役人に嗅ぎつけられてき  絶頂をき  潜伏布教を志してき  纏ふて現はれてき  伝説を持ちだしてき  情勢をき  あたりが白みかけてき  答弁をき  誠実に生きぬいてき  欧洲事情をき  のちに坐につき、還つてき  鍛へてき  智慧とをもちいてき  もっと自然に、したがって人間らしく扱ってき  思いがしてき  足音などが入り乱れて聞こえてき  ことがひどく情けなくなってき  目を欠きにき  岡田初段が駈けつけてき  咽喉に寄せてき  関係をもってき  ぶんたちが、き  やうに、き  たらいをかついでき  百倍もの力が、ぐんぐんわいてき  走りいってき  いなかからき  おばさんは、き  松吉はき  松吉ははらがたってき  山家から出てき  おかあさんから教えられてき  あたりがこえてき  床屋にき  風呂敷につつんで出てき  おばさんは帰ってき  克巳も、帰ってき  からバリカンをとり出してき  しろから、そっとき  手さげかばんを持ってはいってき  克巳はさっぱりおりてき  外から店にはいってき  胸が塞がつてき  気がし出してき  云ひ出せないといふ時に、き  癇癪が起つてき  店へ出てき  ッきりと高く、き  西宮を見て淋しく笑い、き  ッとですよ、き  のだし、き  ごらんなさい、き  念いばかりでもき  戦争にかりたてられてき  侍が、置いてき  まま、どやどやと上がってき  品物が落ちてき  花を摘んでき  どこから捜してき  後から歩いてき  雪山から降りてき  平和に馴れてき  武蔵が出てき  寺の下まで駈けてき  駅伝を通ってき  おまえのしてき  絶望的になってき  眼を曝してき  鴫がき  から引いてき  教へられてき  中に逃げこんでき  健康になって、そして帰ってき  ものが乏しくなってき  ものが少くなってき  考えが強まってき  言葉も現れてき  経験によって積み重ねてき  仕事が衰えてき  仕事が細かくなり弱くなってき  粗末になってき  地域となってき  性質がなくなってき  仕事が少くなってき  ように甦ってき  手織物が栄えてき  薄手になり弱まってき  人が段々少くなってき  問題を投げかけてき  落着きを欠いてき  大切なものとなってき  藍が得難くなってき  旅で見届けてき  腕を磨いてき  戸外が騒々しくなってき  噂は次第に高くなってき  やつ、き  鯨をとってき  房州と下ってき  給仕が知らせてき  ご馳走はあるまい、と考えてき  一に運んでき  三日前東京へき  河豚はうまくねえ、と貶してき  小斎を選んでき  大抵東京湾内から集まってき  きれいな小鳥が飛んでき  蒔絵をしてき  だんだんわかつてき  無精髭さえ生えてき  性格が暗くなってき  四万温泉から帰ってき  対岸宮郷村から嫁にき  十七歳でよめにき  匂配を加えてき  どこからともなく忍んでき  送電線がき  から忍び寄ってき  上へさし込んでき  ことにしてき  嫁選びをしてき  いつか出したいと志してき  従来力を入れてき  小娘を貰ってき  空手で戻ってき  世の中へ出てき  名古屋までき  樹木を抜いてき  テンバがき  外から紛れてき  諸国から出てき  早々に帰ってき  人が懐かしくてとうとう出てき  湖水から南祖坊に逐われてき  のち一たび戻ってき  炭焼小屋からでも持ってき  警察署へ連れてき  男が遣ってき  契約をしてき  種だけは残してき  夜陰密かに通ってき  何ぴとにも怪まれずに、こんなに遠くまでき  軒下にき  から阿呆になってひょっこりと出てき  下へ連れてき  者が遣ってき  御馳走を食べてき  から還ってき  横合から出てき  山の口へき  岸へ戻ってき  新開畠にき  横須賀から東京駅までき  神隠しから戻ってき  むやみに詳しく見てき  少年が、見てき  時代には、見てき  十月ほどして還ってき  世界を見てき  京都へ出てき  巡国をしてき  若狭から遣ってき  常陸坊になりきって、いわゆる見てき  山から出てき  夜分縁先にき  使僧になってき  狐を招いてき  神隠しからのちに戻ってき  俵藤太が持ってき  山へき  特徴が出てき  酒を買いにき  逢いたかったから一寸き  寒戸の婆の還ってき  日、還ってき  のち、ひょっこりと還ってき  天狗はふらりとき  衣を着て出てき  天狗様が遣ってき  近くに戻ってき  男が飛んでき  後に引越してき  見舞に還ってき  夜深く訪ねてき  おいおいに荒んでき  銕滓を貰ってき  討伐にき  犬を迎えてき  一人這い出してき  赤児を拾ってき  孤児院へ連れてき  鹿を追うてき  山奥から流れてき  子供がき  外にき  勇気もなく還ってき  者がどやどやと出てき  山人が出向いてき  寺などに入ってき  時折りはき  時はおりおりき  弁当をつかっていると、やはり遣ってき  あたりまで、送ってき  里にも出てき  道具がぼつぼつと出てき  類を捕ってき  たくさんにき  天からき  城内へつれてき  異人が遣ってき  毎度出てき  路などを、降りてき  これを拾ってき  草履が流れてき  山登りだのと、毎々き  石の飛んでき  小田内通敏君が聴いてき  人たちを呼んでき  餅を食いにき  境までき  山男が出てき  仲間を連れてき  勝ち一番は負けて別れてき  今日までも続いてき  家に還ってき  京へ出てき  小屋に尋ねてき  川蟹を持ってき  力もちだから、きつと、持つてき  心配がはっきりわかってき  風がそよそよと吹いてき  あたりにひろがってき  だんだんがっかりしてき  赤ん坊がき  なかにかけていって、まもなく戻ってき  僕が見てき  正夫が戻ってき  から、だいてき  女が、いきなりかけだしてき  村人たちがあつまってき  頬白がとびこんでき  つぐみがとびこんでき  山鳩がとびこんでき  烏がとびこんでき  次から次にとびこんでき  あたりがしいんとしてき  だんだん近よってき  私を見てとると、きつくだきついてき  へんまでき  くだものをたべにき  小屋をさがしてかえってき  道筋を経て出来てき  研究されてき  前から論じてき  媒介を経て出てき  繰返し述べてき  歴史的見方に近づいてき  関係について述べてき  山登りをしたりして遊んでき  詩味を投げかけてき  傍らにき  丸善から求めてき  發達してき  體驗してき  哲學書も次第に殖えてき  問題を提げて現はれてき  水禽の鳴くをき  ところのものに近づいてき  護つて降りてき  瀰漫してき  念さへ湧きたつてき  鮮明に浮んでき  一室へ、ふらりとはいってき  マスクをつけて、はいってき  巨漢がはいってき  蒼に変わってき  給仕が出ていくと入れちがいにはいってき  東亜局を出てき  貨物車が走ってき  電報をもってき  カマがおりてき  レーニングラードからき  都会から派遣されてき  東京に運んでき  態度が和らいでき  うつしだされてき  だんだん近く光ってき  意志によって生れてき  サイコロで出てき  投げやりがのびてき  長生きしてき  ほかから受けてき  薬を飲んでき  町からき  のであったが、せっかく買ってき  アメリカへもってき  以来、しばしば聞かされてき  猥画をもって見せにき  柱からはずしてき  ちょうちょうが舞ってき  レンズを持ってき  祭にき  絵本買ってき  もの買ってき  建物が現われてき  頭が出てき  今まで従ってき  あちこちに起ってき  足も凍えてき  どよめきが、聞えてき  だんだん高くなってき  人が走り出してき  下から、運び出してき  婆が出てき  人々が、見る見る増えてき  神奈川までき  お前さん上野を討取ってき  周囲へ集ってき  江戸へ引返してき  中へ加えたくなってき  玄関へ、出てき  自分も、悲しくなってき  方丈が、入ってき  使がき  逆がき  大量に買われてき  日となってき  足で持ってき  門を出てき  微笑してき  笑ひがこみあげてき  若者が慌しく這入てき  貰いにき  跡へ引き返してき  窓は、き  返送してき  記事にしてき  芝生を踏みながら帰ってき  感じがはいってき  かぶり股引ばき  上にきて、くわえてき  鳥がくわえてき  のかと思って入ってき  猫でも迷いこんでき  上に這い上ってき  乗り上ってき  首にからまってき  血が滴り落ちてき  夜が訪れてき  夜具をもってき  中を、勢いよく売ありき  なかに生きてき  知人かが迎えにき  あいだ用いられてき  たびに、いよいよ強くなってき  反響そのままになってき  年をとるにつれて強くなってき  計略が熟してき  外套をひっかけてき  意気地なく屈してき  ようにさせてき  酢がき  大工を雇ってき  注文取りにき  前で、き  二本折り取ってき  平均してき  軽薄になってき  貧乏になってき  兆候が見えてき  彼方に美しい光りが見えてき  四つ、ぽつと光りが浮き出してき  時間がたって、戻ってき  同道してき  ことを打ってき  本船へかえってき  無電器械がでてき  赤にそめて、とびこんでき  一挺小銃を持ってき  甲板へとびあがってき  風浪がはげしくなってき  乗組員たちが、ぼつぼつ起きてき  うえへさしてき  波頭を見せて荒れてき  雨がどっと降ってき  古谷局長のつれてき  ところへ、駈けこんでき  ーッと、とびだしてき  暗がりからとびだしてき  仲間をよんでき  方に、漕ぎよせてき  獣がとびだしてき  ますます殖えてき  ものがとびこんでき  ことが、だんだんと分ってき  君がとびだしてき  どこからはいこんでき  一緒に、とびこんでき  空がいつしか曇ってき  毛並みはなおつやつやとしてき  だんだん大きくなってき  眼がくたぶれてき  悪魔の子が、ひょいと飛び出してき  世間も見てき  すずめがき  仏像をかかえて入ってき  みんないって見てき  仏像を見せてもらいにき  身の上にわいてき  村を指して帰ってき  仏像をおろして、買ってき  仏像を持ってき  死をき  氣がつき出してき  特に勉強してき  神はほむべきかな、ほむべき  暖かに明るくなってき  翼を輝かして、飛んでき  土手に上がってき  そばで見てき  通りすごしてき  筒袖袢纏をき  門をはいってき  どんどん水がはいってき  十年も続けてき  他へ行って、また戻ってき  後から後からと湧き上がってき  事ができてき  だんだん考えられなくなってき  小さな生活を保ってき  今日まで避けてき  ようにまで離れてき  形もはっきりと見えてき  だんだんに沈んでき  彼もき  枯野に浮き上がってき  景色もやや違ってき  今日訪ねてき  がけに歩いてき  懐から紙を出して、よほど乾いてき  だんだんに低く垂れてき  あした生活をしてき  ものが随分と沢山できてき  のがたいへん多くなってき  扉をおして入ってき  すれすれにくぐりぬけてき  享楽を求めてき  それでおりてき  中へかえってき  電気鳩は下りてき  せきしてき  ために、もってき  方へむかってき  いま、たずねてき  足をひきながらかえってき  ほら穴からぬけてき  ものが、さっととんでき  光まばゆい電気鳩がとんでき  ほえるこえがきこえてき  とき印度服をき  おみこしがかえってき  印度服をき  こっちへ近づいてき  柱つたいにするするとおりてき  鳩の羽ばたきがきこえてき  鳩がき  穴ぐらにとびこんでき  前に、くわえてき  スパイ団長がはいってき  手下のはこんでき  車をおってき  ここまでおいかけてき  あやしい船をみつけてき  砲声はいよいよ近づいてき  海水がはげしくながれこんでき  ボートにのってにげてき  島へあがってき  船からもってき  あとからあとからわいてき  ボートをたすけにき  りんごをたべると、き  うまいりんごを売りにき  一にむかってき  犬がわんわんほえながらもどってき  大敵がき  中の島へせめこんでき  殖してき  ことは金輪際、き  夕方たんぼから帰ってき  隙間からでもはいり込んでき  酒を、うんと買い込んでき  二人とも酔っぱらってき  自分から浮かれだしてき  方から匂ってき  町からつたわってき  だんだん馴れてくると、かえっておもしろくなってき  やけになってき  密談にき  あんたはき  ところぢや、き  玉もき  ひでえき  光が出てき  歌が湧いてき  のか、分らなくなってき  刃物を抜いて、跳びかかってき  家産は傾いてき  又八もき  真言坂から手繰ってき  つて窓から外を眺めてき  死後いよいよやさしくなってき  父はまだ帰ってき  芳は、おくれて起きてき  机のまえに帰ってき  身内に感じてき  一時に集ってき  方へ近寄せてき  細君へ云い置いてき  運転手とが降りてき  横合から飛び出してき  ことに思われてき  心を懐いて帰ってき  事件が起ってき  上腕がむずむずしてき  心が騒いでき  石が飛んでき  温みが伝わってき  変に胸苦しくなってき  乱れが起ってき  気配は一層高まってき  沼田英吉が飛び出してき  田畑と言わず駈廻って、き  そりと歩いてき  歌ふをき  弱きをにへとしていけるをき  夏夜靜けき  しづけき  めけむ猛き  くろがねの猛き  樂泣きてき  收むべき  げきとき聖者靜けき  鐘にき  雲に乗つてき  利用せられてき  肴は持ってき  機関部までたずねてき  誰か下から上ってき  士官が上ってき  川上が帰ってき  機関室へとんでき  杉田、帰ってき  一しょに遊んでき  遺書がでてき  胴にまきつけてき  杉田二等水兵がぬっと入ってき  人間を引張ってき  荷物もってき  腰にさげてき  預けにき  川上機関大尉をさがしにき  杉田にとびかかってき  大丈夫ひっかえしてき  飛行島を見にき  らするすると下りてき  真青になってひきかえしてき  のを捉えてき  手にとると、引返してき  南シナ海を泳ぎわたってき  室内へ戻ってき  待っていましたとばかりにすぐ出てき  ところを、よしき  遥か海面から聞えてき  人々は集ってき  本文が被さってき  手にして、急ぎ帰ってき  方から入ってき  ハバノフ氏をしたがえて入ってき  スミス中尉が入ってき  ジャックが寄ってき  眼から涙がぽたぽた湧いてき  波浪が高くなってき  風がつのってき  ところへよってき  近くへ集ってき  飛行島へ攻めてき  飛行隊がいよいよ攻めてき  ゅーっと唸を生じてとんでき  奥から駈けてき  方からどやどやとびだしてき  溜り場所へ帰ってき  まわりへよってき  元気にかえってき  一つところへ集ってき  数も、なんだかすくなくなってき  ぞろぞろ集ってき  ちょっと口ごもったが、次にとびだしてき  ように襲いかかってき  向かいあわせにもってき  扉があいて入ってき  修業してき  それから柳下のとってき  そこへ駈けこんでき  靴音が近づいてき  銃剣をきらめかしてとびこんでき  窓硝子を挟んでき  それを捕らえてき  カワカミを引張ってき  わしの引張ってき  どこから引張ってき  紙片をもってき  大勢おしかけてき  ように赤くして入ってき  縄尻をとって引立ててき  通路から、おどりこんでき  副官から電話がかかってき  機関部へき  四エンジン室にかえってき  ところへ伝わってき  何をいわれてき  一つ殿艦がついてき  奥から駈けだしてき  下からどやどやと上ってき  ーっととびだしてき  ズボンが攻めよせてき  巨漢が下りてき  巨漢は、むずと組みついてき  ここへ迎えにき  何用ではいってき  急を知って引返してき  間に残してき  機関銃隊が出てき  ようにあふれてき  殊にこういう最も卑しむべき  泳ぎもがき  鋒鋩が次第に見えてき  朱実は、提げてき  焼酎のごき  ちょっと、探してき  肺腑へ沁み透ってき  厳然とつけてき  ろしく不き  尾行てき  ゆり起されたので、き  顔へ飛んでき  分銅が飛んでき  鎌が飛んでき  何処かで、き  何時でも直き  中から、き  人声が騒がしく聞こえてき  ものでもなし、き  一番あとから行くと言ってき  つて云ふにき  馬がき  松の木は節くれだって、経てき  奥山から背負ってき  上にひろがってき  何撃ちにき  ゆうべ髪刈りにき  漬物もってき  硝子戸を鳴らして入ってき  一緒に下りてき  仲に入って、取り纏めてき  風が流れこんでき  県下から買ってき  仙太さんも変ってき  だんだん落ち付いてき  面倒になってき  髭剃ってき  近藤さんが抱いてき  ほどは、き  縁をき  インバネスをき  東人が誘ひにき  希ひによつて祈られてき  距離が生れてき  軍は攻めこんでき  和気清麻呂は戻つてき  機会はき  耳もとに吹きつけてき  ゆつ、き  こころもき  おしろいのあをき  つややかさ、き  セルをき  さきついと外せばき  天位に即き  浮雲はしがき  意見に負き  眼前に隠現き  盡され可き  身には定めし怪しむ可き  上で少しでも怪しむ可き  浦のき  家に然る可き  上等を呑む可き  譬う可き  彼の猛き  場合で実に惜しむ可き  名に負き  秀子を疎んず可き  球を露き  人殺しなど云う憎む可き  美觀をき  徹底的にき  侍の曳いてき  厭むべき  正面に見えてき  気持よくしていつもき  霧がまいてき  夕ぐれには、き  造つて架けた、そこで出てき  喰べるにき  今太郎君はき  目醒めてき  感じを生じてき  語がまたようやく飽かれてき  改善もできてき  限りなく殖えてき  推薦してき  充実が叫ばれてき  機運になってき  火事場から引揚げてき  ことで会いにき  キャラメル持ってき  霊魂は、なにかに化けてき  故郷に帰ってき  こうもりが飛んでき  こうもりになってき  こうもりを率いてき  修理請求をしてき  声をききつけて、とんでき  けさ、掘ってき  爆薬を仕かけてき  穴を掘ってき  ことが、しみじみと感じられてき  水が出てき  ものが、ちょろちょろと流れおちてき  ものが、流れてき  怪物が落ちてき  速力がにぶってき  爆布は、だんだんと近づいてき  新潟県から帰ってき  商売であつめてき  臭いがしてき  百姓さんは、き  一郎は、もってき  部屋へもどってき  部屋へも廻ってき  加瀬谷少佐から電話がかかってき  投書が廻ってき  問題ばかりがあまりにふえてき  問題がひょこひょことびだしてき  首が、出てき  濛々と出てき  赤土が送り出されてき  場所に戻ってき  差別がひどくなってき  そこに落ち込んでき  だんだん変ってき  秩序が立ってき  必要そのものもだんだんと減じてき  隔懸がひどくなってき  戦場から戻ってき  仲間たちにうすうす知られてき  おれはむかついてき  ことが、ふっと涙ぐんでき  大粒になってき  横丁にとびこんでき  後から出てき  堀から上ってき  横丁に入ってき  途中からいくつかに小さく折って持ってき  ニュースが入ってき  本国から随伴してき  一行に近づいてき  引率してき  彼等を連れてき  それを見るとつかつかと降りてき  兵士を連れてとびこんでき  本国から持ってき  膿をなめつくしてき  ちや負けるにき  真壁たい、き  影がうかびだしてき  流れが運んでき  ままで流れてき  切りほどき  ぼんやり山から降りてき  そばへ這い寄ってき  今日まで凌いでき  岩穴へ駆けこんでき  うちあがってき  蜘蛛の子が降りてき  模様がありありと浮出してき  不意に舞い込んでき  ようにさえ思えてき  所へもってき  胸があやしく震えてき  胸に溢れてき  種を買ってき  何だか惨めに思われだしてき  彼女は黙って歩み寄ってき  随ってついてき  上半身をもたれかかってき  胸がき  ゅーっとつまってき  から渡ってき  私は多少焦れったくなってき  からやっつけてき  面喰って飛び出してき  手を差伸べてき  私に分ってき  方々、ぴくぴく震えてき  ものがふわりと掛ってき  伯父から送ってき  日さまがさしてき  纖細をき  精密をき  乳母車を押してき  客を送ってき  枕もとまでき  賞むべき  勢いが欠けてき  今日まで蔑まれてき  美となってき  認識されずに過ぎてき  献げてき  工藝が栄えてき  私が集めてき  因襲に沈んでき  形式化されてき  前に開かれてき  法則が見出されてき  位置顛倒が起ってき  いつか飽きてき  作と考えられてき  根本的修正を迫ってき  価値が増してき  民藝品において全き  器は一層美しくなってき  味いを添えてき  矛盾が起ってき  技巧への係わりがなくなってき  念頭を離れてき  美を痛めてき  美が沈んでき  繊弱に流れてき  時審美的有に結ばれてき  美的価値に転じてき  堕落してき  組合とも呼んでき  誠実に活きてき  教えに育てられてき  固定化してき  あるかの如く考えられてき  今日まで尊ばれてき  今日まで見下されてき  讃美されてき  肩をき  ゲエムはき  僕たちをそんなにき  つた上唇をことさらにき  卷を伏せるにき  国運がいかに異なってき  した分も何かと加わってき  一度にたてこんでき  絵など描いてき  戯曲などもでてき  意識にからまってき  間疑ってき  面会人を取次いでき  彼女が淡く浮んでき  先方を飛びだしてき  レコードを持ってき  欝屈してき  私は苛立ってき  ように浮んでき  静葉につっかかってき  ちいと歩くと、直き  分りまんがな、直き  師とす可き  胴をひやすには、き  迷はし、き  蓑をき  睡眠を催してき  面差が、振り捨ててき  度いと云ってき  力がなくなってき  雨はもうぼろぼろ落ちてき  飛沫を立てて降ってき  詮方なしに帰ってき  失望して帰ってき  室へ入ってき  人柄からき  人がずかずかと入ってき  随ってき  婢のはこんでき  死骸を持ち込んでき  噂が伝わってき  輿を急がしてき  使いを帰してき  新人になってき  噂が聞えてき  普及してき  毎日釣ってき  医者でも診てもらってき  骨身を削ってき  腹にき  田端へき  苦心してき  病室からみんな集ってき  コレまで育ててき  これは大ぶ変ってき  樋口さんがき  湿布がき  これも走ってき  外からかえってき  渦巻の直き  なつて、き  同年兵が出てき  中から金が出てき  雪はまたとんでき  唾液が出てき  様子を見て、おりてき  曠野全体を蔽い迫ってき  麻痺してき  軍用列車の轟きまでが、のびのびとしてき  兵舎にまで、やかましく聞えてき  靴にしみ通ってき  明日ここへき  東京からわざわざ訪ねてき  積つてき  顔も分き  中が歩けてき  それなりになんとなく錆びて落ち着いてき  感じが帰ってき  雑記帳を買ってき  急に寒くなってき  僕は急いで帰ってき  太郎が飛び出してきて、まっさきになって歩いてき  学校へはいってき  休けい時間がき  はじめて学校へき  世界にはいってき  中でそだってき  めににがくなってき  石がき  ランプを持ち出してき  道具が出てき  見世物がき  沈黙がちになってき  はたらきがにぶってき  なき声を聞いているとなきたくなってき  岩滑まで帰ってき  小さな車がき  いらいらしておちつかなかったが、しだいにおちついてき  二人出てき  急に並んで帰ってき  家に泊ってき  常々から努めてき  聯隊から貰ってき  のどが乾いてき  関心になってき  蒲団までもってき  ゅうこって、やっとおさめてき  狼がき  改正全き  洗礼を受けてき  荷役をすませ、き  眼玉をき  眼にうかんでき  先生よりよっぽどき  それはもうき  それもき  魚籠をぶらさげて、ついてき  海水着をき  私の会ってき  洗いにき  姉はき  會つてき  洗ひにき  だんだんなにかがはっきりしてき  あいだは、ただひとまたぎで、いったりき  絵本をもってあそびにき  雪が、ひどくふってき  くつをはこんでき  だんだんげんきがでてき  おばあさんが出てき  ところまで流れてき  ほうへひっぱってき  上にあらわれてき  しげみから、すうっとあらわれてき  うちへかえってき  城にき  城へき  らいへでてき  ぶんで見てき  わたしがきたときけば、すぐに出てき  からすがかえってき  パンをもってき  だいどころからもってき  いるかしったなら、こうしてき  中へ、はいってき  そりをひいてき  三マイルさきまで、みおくりについてき  ぎたちはさけんで、いちどにとびだしてき  女の子がき  あてもなくでてき  手ぶくろもおいてき  からおしよせてき  上をまっすぐに走ってき  てんまでき  あっちこっちからはこんでき  大広間にはいってき  雪の女王がかえってき  国境までおくってき  そこらが春めいてき  町が見えてき  にわかにはっきりとわかってき  あたりまでき  複写をもってき  追分までつれてき  朝鮮から移ってき  ものをこっそり持ってき  そばに落してき  北条から出てき  寝殿へ忍んでき  棒を持って入ってき  始末しにき  蔭から花世を抱きあげて出て行ったが、すぐ戻ってき  紐をとって帰ってき  縄をもってき  後添いにき  細殿から出て行ったが、間もなく戻ってき  なぞえを這いあがってき  蛤は直き  眠りが襲ってき  纏りついてき  さが差し込んでき  一升瓶を提げてき  音が鳴り響いてき  悲しみが込み上げてき  感情が湧き起こってき  怺え忍んで、生き耐えてき  だんだん落着いてき  自家に戻ってき  感じがしてき  スマさんの話しでも定めてき  たて給ひにき  さっき買ってき  ポケットにねじこんで帰ってき  今迄に沢山出されてき  朝キャッといって駈け込んでき  同志が出てき  時間をようやくつぶして戻ってき  下から階段をきしませて上がってき  仲間で、折角移ってき  調らべて帰ってき  用事を足して帰ってき  草履一足買ってき  二に新しく移ってき  工場生活を繰りかえしてき  お礼を云って帰ってき  獲得してき  不良が持ってき  差入物を持って帰ってき  それから帰ってき  息子でも帰ってき  行動で示してき  レポを持ってき  レポが入ってき  最後まで頑張り通して出てき  眼にもハッキリしてき  紙片を持ってき  掲示を写してき  場所をき  四五日前に新しく入ってき  から特別に雇われて入ってき  中から自発的に出てき  ら聞いてき  何処で聞いてき  憲兵までにはき  私に当ってき  仕事で費し、帰ってき  つじつまを合せてき  身体にこたえてき  水呑百姓をして苦しみ抜いてき  誰か訪ねてき  根こそぎになったとか云ってき  ことにムキになってき  途中一足買って戻ってき  さにもってき  女工が入ってき  朝かえってき  なかで変ってき  疑いをかけてき  アッピールしてき  顔をしてき  ところへ向ってき  緊張がき  胸一杯にき  奴が出てき  家に寄ってき  限り叫んで割り込んでき  十五六人出張してき  望みが大きくなってき  夏とまったく変わってき  農夫にき  間に走ってき  煌いてき  とくに書いて送ってき  間をくねって出てき  昔堅気をいひほどき  もんですから、それで分つてき  庭下駄はき  ことは直き  力が見き  欠点がき  十位から上がってき  結果出てき  これまで当ってき  制限されてき  理由がき  プラットフォームに入ってき  方から順次に聞えてき  前まで戻ってき  態度で出てき  早足で歩いてき  それから出てき  龍介はイライラしてき  うちに入ってき  気持を感じだしてき  ことにきめて帰ってき  事以来自分に疲れてき  いっしょに聞えてき  カンバスを持ってき  足音を聞くとすぐ出てき  惨めさがき  チリ紙を持って入ってき  酒を持って入ってき  側にもってき  中から這いでてき  今虱が這いでてき  ことが分っていながら、ちっともき  実践してき  事情とをき  先生から説明がき  真意をき  事情が違ってき  先端がき  こいつア面白くなってき  ガスも少しずつ吹き散らされてき  ものが、なんだかわかりかけてき  お茶を持つてき  里ちかくなつてき  今ふいに蘇ってき  底がほてってき  声がはっきりしてき  真正面から覗きこんでき  真向になってき  次から次へ早く廻されてき  金を出してき  何だか身が縮こまってき  郷里から東京へでてき  京都から電報がき  女の子が産まれたと知らせてき  肉がまるまるとついてき  姉夫婦は、次第に老いてき  ところへ訴えてき  京都へ返してやれ、と言ってき  斡旋方を頼んでき  労り励ましてき  愛を護ってき  ように湧き上がってき  京都から盗みにき  たしかに当方にき  上に出さないでき  京都から東京へ嫁いでき  趣きを増してき  波が寄せてき  特製缶詰五個を届けてき  照子が追っついてき  けが反響してき  廓から送ってき  人にも、めっきりと老けてき  米沢から上ってき  命がけでも取ってき  女中が、取次いでき  濡れ衣をき  尊敬をもってき  山をうごかしてき  側へ駈けてき  遠い雷鳴がきこえてき  向う見ずに駈けてき  影がとれてき  貴様の生きて帰ってき  立集って、き  濟むべき  一人ぼっちではいってき  表へあらわれてき  ここまで運ばせてき  屈辱にたえて生きてき  どこかで買ってき  から集まってき  隠れ場所を探しにき  ことがすぐにわかってき  奴はきっと出かけてき  十銭で買ってき  ように、そっとついてき  方へかけ出してき  間に、そっとすりかえてき  物音がきこえてき  物音は刻々に大きくなってき  たしかに取り返してき  譲原さんから手紙がき  松本金太郎叔父てき  何だかもやもやとしてき  事実となって現われてき  うちに、少し分りかけてき  妙に面白く可笑しくなってき  ために出てき  何だか狡猾そうに、輝いてき  和服に着変えさしてき  一度に分ってき  暴風雨が襲ってき  雹が降ってき  眼から涙が流れてき  女中から餡パンを貰ってき  禁断す可き  候す可き  話にき  迷ひにき  ひつくり返るにき  のだ、きりきりき  いまでてき  ボートにのってき  ほうへ漕いでき  世間から隠れつづけてき  こんどついでがあったら持ってき  回廊にでてき  上からロークがおりてき  汽笛が響いてき  ラムスゲイトへ運んでき  ボートをおろしてひろってき  二つ出てき  船長がかえってき  衣をもってき  おかしいから見てき  毛がでてき  ランチが帰ってき  まさか雲からふってき  パイプが出てき  箱をもって上ってき  私たちをたずねてき  骨をひろってき  間迷うてき  日一日に減らされてき  自分の経てき  だんだん慣れてき  自分の脱けだしてき  流氷が集ってき  中から抱いてき  剃刀を持ってき  肩に懸ってき  サイレントになるにき  発音するにき  風邪を引くにき  性質のものとしてたち現れてき  ものと思われてき  近代を通ってき  柱としてき  認識を求められてき  熱心がうすれてき  期待をうしなってき  感得されてき  ことが漠然とながら迫ってき  闡明してき  その間を生きてき  能力さえ奪われてき  圧殺されてき  抑圧されてき  呼吸迫りき  おじさんとこから借りてき  石をひろってき  薬屋からうた時計を借りてき  時計を持ってき  一台、追っかけてき  家でまちがえて持ってき  うちへもどってき  あいだ悪いことばかりしてき  から、といってき  おじさん、そいでもね、まちがえて持ってき  茎が露き  豆自動車にき  びつくりしてき  大黒様にき  なかに飛び込んでき  ものが生き上ってき  水面にのぼってき  機体等が群がり迫ってき  中に出てき  遠くから飛んでき  四方から王子へ呼びかけてき  中から一際高く聞こえてき  前に飛び下りてき  天から地上へ舞い下りてき  うちに、ふと考え直してき  中に上ってき  懐に戻ってき  姿がはっきり見えてき  ようにして、き  笑ふ可き  ブランブルハースト駅から歩いてき  ドアをおしひらいてはいってき  商人だってめったにき  いちど客室にき  荷物をおいてき  そうにはいってき  ランプをとってき  へやからでてき  声がとんでき  体が、がたがたふるえてき  グリーソン屋敷のかどまでき  油を売ってき  ほうへのりだしてき  かばんをさげてき  いっしょにでてき  フィアレンサイドがつれてき  げにあつまってき  目で、集まってき  部屋から玄関にでてき  昼がき  食事をはこんでき  まりかねたおかみさんは、とうとう、だまってはいってき  部屋からひきとってき  客がはいってき  黒馬旅館にき  酔いのまわってき  らいがわるくなってき  たましい音がきこえてき  顔でついてき  ホールも、おくればせに近よってき  顔めがけてぶつかってき  スポンジがとんでき  おかみさんめがけて、すごいいきおいで飛んでき  ミリーがかけつけてき  へやへき  連中がどやどやとかけつけてき  ジャッファーズがき  化けものをつかまえにき  逮捕状をもってき  足をおさえにき  馬車屋がかけこんでき  げんこつがとんでき  へとへとにつかれてき  ほうにでてき  ふみ段までき  化けものがき  水がしみこんでき  肩をめがけてとんでき  頭がぐらぐらしてき  酒場にき  身をかがめて、落ちてき  とある街かどまでき  夕ぐれがせまってき  黒馬旅館でうばってき  灯がちらほらと見えてき  透明人間が帰ってき  つぶてが飛んでき  一度だってありはしねえよ、あにき  いやになるなあ、あにき  足であにき  ところへかけつけてき  がたがたとふるえてき  ときふいに空中から声がきこえてき  箱からとびだしてき  銭箱から舞いあがってき  トーマスがとびこんでき  ところへでもはいってき  だれもはいってき  後からとびこんでき  透明人間もいささかもてあましてき  頭をかすめて飛んでき  風にのってきこえてき  だれか訪ねてき  二時か、そろそろ眠くなってき  びんをさげて、ひっかえしてき  予感がしてき  頭があらわれてき  透明人間にぶつかってき  手にしてもどってき  りとうきあがってき  熱がでてき  ガウンがすーっと近づいてき  ひかりが流れこんでき  ふいに飛びこんでき  お手伝いがはこんでき  家にまいこんでき  けさはひどく、き  博士が、あわててかけつけてき  書斎にはいってき  ますます熱をおびてき  みじめにすごしてき  部屋にかえってき  ねこを探しにき  ドアをおしやぶってはいってき  これを見にき  放火してき  顔をするだろうかと思うと、まったく考えただけで、ふきだすほどうきうきしてき  のか、わんわんとほえたててとびかかってき  災難がふりかかってき  ぞろぞろと集まってき  たよりにわいわいと追っかけてき  のが乾いてき  足あとがはっきりつかなくなってき  追っかけてき  体はぽかぽかあたたまってき  家のむこうに見えてき  ここまでしゃべってき  おとぎ話にでもでてき  出勤してき  古着屋をでてき  港町へき  警官がき  場へのがれてき  天井へパッと舞いあがったかと思うと、落ちてき  手紙が舞いこんでき  こんどは、かならず、き  しんぱいしてやってき  警察犬をつれてき  中ほどにき  警官が、かけつけてき  ホールに飛びこんでき  透明人間がき  人が、わっと飛びだしてき  透明人間がま近にき  のが、見えてき  新鳥島付近にき  水平線からうきだしてき  寄贈を申しこんでき  舷側にひいてき  船で渡ってき  労働者をつれて渡ってき  みんなは、勇みたってき  うねりが高くなってき  危険は、まったくせまってき  それがはねかえってき  うねり波がおしてき  荒波をしのいでき  明けかけてき  だんだん波にこわされてき  波風をしのいでき  いくら雨合羽をき  ここへひいてき  一まわりしてき  あおむけにしてき  伝馬船で持ってき  流木をかついでき  伝馬船が、ぶじに帰ってき  急に眠くなってき  学問をしてき  それを、どうやらぶじに通りぬけてき  おもりにしようと持ってき  索を持ってき  天幕に飛びこんでき  暗礁から、流されてき  のが目立って、たいそう心細くなってき  経験をつんだ、き  返事が聞えてき  船が帰ってき  きのう宝島から持ってき  太平洋へき  宝島から運んでき  ゆとりができてき  国後がつかまえてき  通りがかりに持ってき  艱難辛苦をきりぬけてき  本部島へ持ってき  急にふとってき  便船ごとに運ばれてき  アザラシ半島に近づくと、ほえてむかえにき  胆汁のふそくからき  アホウドリは、いっせいに舞いあがってき  まわりに、いっせいに舞いおりてき  石油缶にいっぱいつめてき  帆布を持ってき  甲板によじのぼってき  なぎさに走ってき  海国日本の男らしく、生きてき  的矢丸がむかえにき  十六人をむかえにき  的矢丸までついてき  水夫部屋へとびこんでき  故国日本へ帰ってき  風に飛んでき  欲望が湧いてき  たましいが出てき  途中で拾ってき  目をして拾ってき  青二がもどってき  電流がき  ことがすこしずつわかってき  上に現われてき  方から現われてき  足が現われてき  脳髄がき  日本語が出来てき  アバタがき  言葉から変化してき  臨邑からき  鎮守を持って来なかったろうかと考えて見ますと、やはり持ってき  ぐあいに日本にき  一冊もき  シナに持ってき  教室にき  文化が押し寄せてき  時も一度き  今では分ってき  道教などでもき  昔とは違ってき  脳底に映じてき  変人ばかりでき  ごま化されてき  生長をおしてき  範囲にまで及んでき  そこから何かを得てき  みちびきがのびてき  線に乗り出してき  尾いてき  風あたりがずいぶん荒くなってき  各自が書いてき  ものもかけてき  叔母女の子を連れてき  ぬれ衣をき  用心ぶかくさわられても痛いのに、まして、そのき  ものがよみがえってき  自身にもはねかえってき  大河がおそろしくなってき  気をもよおしてき  角がずるずると長くのびてき  山へのぼってき  個所がつぎつぎに出てき  そこで持ってき  皆が集ってき  さまに落ちてき  それから今たどってき  土中から出てき  下へと落ちてき  自信からき  息切れがしてき  つきあいを求めてき  村道を下りてき  地球へ戻ってき  本文をうってき  事実を知らせてき  顔をしてもどってき  望月大尉も呼んでき  こっちへ走ってき  望月大尉と打合わせてき  地上からうちかえしてき  ようなうなり音がはいってき  たしかに暑苦しくなってき  一本がぐにゃぐにゃと下りてき  壜もき  十時間めに戻ってき  ものを探しあてて下りてき  生々と光ってき  偵察してき  山岸少年をつれてき  ちゃんと食事を持ってき  竜造寺兵曹長をつれてもどってき  だんだん熱をおびてき  間鍛えてき  だんだん落ちてき  報告にもどってき  帆村がもどってき  われら大和民族は、き  偵察隊の調べてき  飛行機ももどってき  上へ積んでき  回答してき  今、そっくり蘇ってき  音響が聞こえてき  室にとびこんでき  火がぐるぐる廻って追っかけてき  燃えあがってき  夜更けに戻ってき  処を見てき  人四五人集まりき  晩にはき  ところからき  者集まりき  坊主きょうもき  馬追鳥里にき  椀一つ流れてき  お前もき  トッチャお前もき  二十日鼠がき  町が直き  脱獄をしてき  据眼、き  グズ弁にも分ってき  奴がいつ襲ってき  ミヤ子は戻ってき  から酔っ払いがき  まさか中井がき  流れ弾がとんでき  声が追駈けてき  運転手が下りてき  記者たちが集ってき  鋸を借りてき  番が廻ってき  自ら変ってき  魚戸がはいってき  イレネが入ってき  自由を失ってき  近くへき  ベラン夫人ミミが飛び出してき  光がさっとさし込んでき  階段づたいにあたふたと記者倶楽部へ逃げもどってき  中へ転げこんでき  フランケが戻ってき  艇員がどやどやと踏み込んでき  中を潜ってき  僕たちの駈けあがってき  どこからか集めてき  方へすり寄ってき  真赤に染めて出てき  手が延びてき  傍に寄ってき  闇が落ちてき  身内が薄ら寒くなってき  それに馴れてき  姿に乗り移ってき  影が現われてき  身にぴったりとくっついてき  何処からともなく飛び出してき  方へ歩いてき  姿がはっきり浮び出してき  何処から取出してき  室まで帰ってき  気がし初めてき  死体が下ってき  次から次へと現われてき  ように浮き出してき  慈母に守られてき  今まで経てき  底からおかしさが込み上げてき  前を通ってき  浴客がたて込んでき  食慾が出てき  姿が、浮き出てき  郷里から出てき  今朝漁ってき  往来を低く飛んでき  舗道を踏んでき  いつのまにか生意気になってき  それきりに別れてき  無量に起ってき  本山から貰ってき  女に別れてき  縁も長くはつづかずに出戻ってき  昼間見てき  座敷にはいってき  間かれを知らずに過してき  声がまた聞えてき  目に映ってき  ものが加わってき  コンパルチマンから降りてき  横通りから出てき  宝船を売りにき  からちょっと遊びにき  所書き日本へ忘れてき  帰りばかりを待って暮してき  からそれを仕入れてき  そばへいざりよってき  膳を持って入ってき  ホテルからしらせてき  杜松さんを送ってき  子供がでてき  紳士がでてき  学生がでてき  男がでてき  店にかへつてき  指輪がでてき  マッチがでてき  いきをきらしてかけつけてき  網をもつてき  四手網をもつてもどつてき  男はおつかけてき  どこまでもおつかけてき  ほおひすがつてき  三四人走つてき  顔をして、かけだしてき  方におりてき  クロがおひせまつてき  ポン公がひろつてき  その男がでてき  からまたき  クロがとびだしてき  男はでてき  これを持つてき  胸にとびついてき  暗がりになれてき  ポン公はあきらめて、持つてき  見物だけにき  黒猫なんかひろつてき  ターマンさんにあひにき  男をつれてかへつてき  薬は、たいへんよくき  海賊たちはどつとのりこんでき  戦で、き  どこをどう走ってき  一夜にき  乘り出してき  近くに聞えてき  驅け上ってき  姿はすぐ見えてき  他方全き  人間以外の全き  中に叩きこんで、き  糸をひいてするすると下りてき  蜘蛛を払いのけ、き  機械化してき  非常梯子からあがってき  特選して連れてき  顔をあげてき  ッ腹でもどってき  ことがハッキリしてき  私は降りてき  のを狎れてき  シサイにき  報告に行ってき  事情をき  膝を乗り入れてき  通り玄関へき  お酒でも、買ってき  衣子を運んでき  想をねってき  恋もしてき  素下郎、卑しむべき  願いをき  切なる希いをき  思いをき  大浦博士も戻ってき  君にたのんでき  ヤス子がはいってき  ヤス子を訪ねてき  病院からサイソクがき  義務があると云ってき  入れ歯を持ってき  入れ歯を包んでき  うすい涙があふれてき  加う可き  教う可き  事に当りて論ず可き  注意す可き  慎しむ可き  恕す可き  心に銘ず可き  勘考す可き  異説と闘ってき  表章を示してき  改善されてき  影響を及ぼしてき  通用してき  どこからどうして出てき  保存されてき  教養は高くなってき  野蛮人から借りてき  生命が芽生えてき  注目してき  観察してき  敷衍してき  世界は著しく悪くなってき  増殖してき  事情は全くちがってき  ことが望ましくなってき  終りへもってき  注意して見てき  ころまでもなお折々行われてき  発育してき  空気が押し込んでき  そのままに受継がれてき  世界に行ってき  空間から迷い込んでき  物質が迷い込んでき  明らかに認められてき  章で述べてき  地球に授けてき  ものと考えられてき  不変に保たれてき  経過してき  問題を論じてき  時代に行われてき  作用しつづけてき  それから進化してき  間崩壊をつづけてき  そこに迷い込んでき  現状を続けてき  数百万年に亘って受け続けてき  保有してき  漸次に変ってき  そこから発生してき  さとを増してき  ニュートンが出てき  空間中から太陽系に迷い込んでき  考えは、迷い込んでき  歩を進めてき  実例を挙げてき  擁護に務めてき  くせ探険のもくてき  放送がはいってき  操縦席へもどってき  前におりてき  音がよわくなってき  つゆがとびだしてき  操縦席までのぼってき  掏摸も、なんとなくき  もう少しつけて行って、はたしてき  一つもでてき  氣持になってき  喉から胃袋から内臓へと、き  酒をき  椿の実いどっさり取ってき  口へ持って行き、き  土間に下りてき  つるが飛び出してき  姿がのっそり出てき  頭にはっきり浮んでき  先刻叩き割ってき  さで飛びついてき  四方から追ってき  さがぞっとき  独りでおかしくなってき  ぴいんと頭へき  モザンビイクへき  生物がはいってき  周期的にき  愛想になってき  大分落ちついてき  なにもせずにひっ張ってき  いまモザンビイクにはいってき  モザンビイクに帰ってき  きゅうに乱れてき  晩にき  カークが降りてき  念仏をいいにき  気にさそわれてき  ヤンがき  洞から出てき  人里へき  ように変ってき  ドドを連れてき  不幸が舞い落ちてき  これまで経てき  だんだん懆しくなってき  マコンデから宣教師がふらふらと迷い込んでき  ここへ逃げこんでき  さそうに思われてき  世界になってき  だんだん野獣のようになってき  手をのべてき  支根が露き  端までき  東端までき  それまでき  大枝をもってき  上空に飛んでき  背後からしのび寄ってき  原形を保ってき  墓場へき  大雷雨になってき  些細にみえてき  情にたまらなくなってき  微細にみえてき  着をき  体でもどってき  通信がき  奇案がうかんでき  しらせにき  隊がのり込んでき  白人女がふらふらと入ってき  九十九江源地から流れてき  ヨーロッパへき  ケティを連れてき  ケティが美しくみえてき  工合に違ってき  天井が垂れてき  外光がながれ入ってき  すえ焦らついてき  何も見ないで過ぎてき  何も与えられないで暮らしてき  注意に入らないで過ぎてき  高等学校生活を経てき  傾向も変ってき  地位を占めてき  原書を見つけてき  下宿に移ってき  所からハイデルベルクに移ってき  のを求めてき  偶然に買ってき  マールブルクに帰ってき  ものに対して憧れてき  偶然触れてき  だんだん強くなってき  カムポスに背負われてき  風に考えられてき  業が煮えてき  バタバタと駆けこんでき  青筋が張ってき  だんだんになってき  音が高まってき  カムポスを訪ねてき  きゅうに火照ってき  路を求めてき  三上を抱えてようやく戻ってき  山鳩が飛んでき  峠から一緒に下りてき  背後に残してき  渓流づたいにその山径を下りてき  ため、いましがた登ってき  其処から私たちの出てき  一番最後に降りてき  軽井沢から鎌倉に戻ってき  事が浮んでき  仲間がぽつぽつと出来てき  ウィンジャマーが入ってき  牙を露き  ように考えてき  エスキモー人があつめられてき  間が見えてき  ケプナラがあっと叫んで、白みかけてき  縁にき  街と似かよってき  目白押しに押しかけてき  ロイド眼鏡をひからせてまっ先に乗り出してき  緊ってき  首府カブールまで伸ばしてき  そばへ、歩み寄ってき  折竹も面白くなってき  顔を覆うてき  真実らしく思われてき  念を呼び起してき  横手からすうっと寄り添ってき  外れまでき  儂らも焼けてき  ほうが白みかけてき  実存性が濃くなってき  セルカークが入ってき  度を加えてき  見事露き  辺から携帯水が気遣われてき  前途がようやく気遣われてき  セルカークがそっと忍び寄ってき  日はき  ツバがたまってき  意見をき  使ふか理由をき  文部省にき  国語をき  顔がありありと浮かんでき  かってに出歩いたり、また泊まってき  お正月がき  ものは、泊まってき  真吉が帰ってき  中にはっきりと浮かんでき  一ばん後から台所を出てき  ことも、さんざん見あきるくらい見てき  どこさ行ってき  おさんどんが上ってき  胸のふくらみへ押しこんでき  ちょっと迎えに行ってき  墓場から出てき  落着きはらって下りてき  彼女が戻ってき  頃に、こっそり帰ってき  色を帯びてき  敬遠してき  念が薄らいでき  材料一式持ち込んでき  複雑にもつれてき  山から流れてき  孤独を求めてき  高師を出てき  人と会ってき  俺に迫ってき  吉野君が訪ねてき  一部送ってき  山野の知らしてき  安心してき  根底から揺いでき  俺にぐいぐいと迫ってき  「群衆」を買ってき  それを卑しむべき  俺が持ってき  人家が建ちつづいてき  ママ母がき  校長先生から頼みこんでき  届けにき  郵便箱からとってき  玄関から出ようとする、とたんにサッと飛びだしてき  鬼になって、戻ってき  帰り路中泣いてき  とし子は、いかにもき  苗をもってき  胸を突いてき  自然にわかりかけてき  視覚も戻ってき  ことを教えられてき  自然に生れてき  押っ被さってき  壜がはっきりと見えてき  屈辱までが加わってき  充満してき  全体も見えてき  外廓も見えてき  自宅に戻ってき  色合で蘇ってき  私が育くんでき  手内職でどうにか過してき  期限づきで言ってき  弓子が出てき  壜を取り出してき  何かへよ、き  近代味が這入つてき  荷をつけてき  兄は、帰ってき  村へまわってき  泡をくらつて跳び込んでき  塊が湧きあがつてき  明晩にき  京方へおりると、き  日どりが大体き  變化をき  仕方ばかり見てき  一年目に出てき  まんま聞えてき  控室に戻ってき  出がけに持ってき  胸をうってき  両側についてき  帳面を持ってき  さが襲ってき  罪人になって見えてき  お爺さんが這入ってき  正月出てき  用事をき  運動から帰ってき  袷が入ってき  感じになって帰ってき  二三丁買ってき  日中は熱いからと思ってこんなに早く出掛けてき  一丁買ってき  さきへ持ってき  其六丁を持ってき  山程刈って帰ってき  六丁買ってき  利助もき  損失をき  君が行くとかつてき  ますます陰性にしただけで、き  なかにそだってき  様になってき  方へと飛んでき  こともなく暮らしてき  ほんとうにいって見てき  近くまでいって見てき  戸口にき  先方から持ってき  マキをき  裏門から戻ってき  ききに行ったが、戻ってき  近隣をあつめて見てき  探偵長に迎えたいと頼んでき  上野寛永寺まで駈けこんでき  案内にき  五兵衛どんは戻ってき  手裏剣のとんでき  若い女中が、おそく戻ってき  たか、き  狂いを直してもらいにき  ころ挨拶にき  今しも戻ってき  シナから戻ってき  アツ子をつれてき  強情に追っかけてき  天国へ帰ってき  のものを見たり、また、聞いたりしてき  お嬢さんが出てき  子守唄を聞くと、歩いてき  少女が歩いてき  娘が追いかけてき  手をひかれて帰ってき  下界へき  少女を迎えにき  下界に苦しんでき  兇状もちが、かくまってくれといってき  お前が見てき  外へおいてき  離れへでてき  皿をおいてき  のは見ませんが、出てき  修作をつれてき  縁日をひやかして、帰ってき  二時に帰ってき  三行り半がでてき  女子供から調べあげてき  丁稚からききだしてき  加助がき  自宅から、引ったててき  師匠を洗ってき  土足であがってき  下駄を入れてき  まんなかにはさんで、引ったててき  ときに、落してき  お馬を持ってき  馬をひきしたがえて、戻ってき  智恵をかりにき  よそで殺して運ばれてき  洗わずとびだしてき  番犬用に買ってき  十郎は戻ってき  信徒をひきつれてはいってき  かすかにひびいてき  脂汗をしたたらせて、よろめいて、いざりでてき  ミヤ子が見てき  真相が分ってき  酒屋で買ってき  それから三四十分もたつと戻ってき  人物が多々浮んでき  月謝をおいてき  ボンヤリ一人で帰ってき  ちょッと見てき  一台ひろってき  ションボリ戻ってき  途方にくれて空しく戻ってき  彼女が伴ってき  荒巻さんが戻ってき  当りがついてき  連行されてき  女が這入ってき  女が訊きにき  興行主が打ち合せにき  三時ごろ小屋へ戻ってき  深夜宿舎へ戻ってき  名が揃って戻ってき  もう一度戻ってき  つんであるところへき  紳士服をき  巡査が慌ただしく駈けこんでき  腰にぶらさげてき  ことが解けてき  結論が生じてき  姿を探しあぐねてようやく戻ってき  話をすると、いつもき  味がまづいにき  いふにき  世ではき  時間にき  時計がなくてすんでき  家へ押しかけてき  町から買ってき  ちゃんと合わしてき  ちゃんと六時にき  品物を運んでき  手紙でそう知らせてき  外国から帰ってき  嫁してき  不出来であったが、どうやら、うまくなってき  日も近づいてき  一かたまりに落ちてき  フクサ包みが出てき  警察へのりこんでき  盆になると戻ってき  どこにいるともいってき  棺桶を運んで来ましたが、運んでき  一見して大いに煽られてき  事実となって現れてき  潜水夫たちは上ってき  フラフラととびだしてき  黒蝶貝を採ってき  指がつまみだしてき  充血してき  水火をくぐってき  十郎を訪ねてき  方からデッキを歩いてき  デッキから戻ってき  十時ごろ一度戻ってき  犯人をつかまえてき  真珠もでてき  今村君が降りてき  左平のき  県から役人がき  村へ割当てしてき  上から声をかけて下りてき  少年たちが持ってき  水かさがましてき  かちかち聞えてき  じいさんが歩いてき  雨が降りだしてき  にこにこ笑いながら、近寄ってき  笛をやろうと思って持ってき  粟餅、き  沓ばき  物どももてき  今日車ゐてき  黒石を攻めたててき  甚八にグッとき  江戸をさして攻めのぼってき  地へ移ってき  四十九日がき  江戸から回向にき  婚家へころがりこんでき  先祖代々タナグ山の神霊に仕えてき  病人をだましてき  まわりにき  一本ぐらいは持ってき  オレが見てき  から使いがき  イントク物資が現れてき  へんへき  一パイぐらい持ってき  東京から出張してき  代えにき  線香あげにき  仲間があわただしく飛びこんでき  鯉口をき  江戸に残してき  ここまで落ちてき  本性がハッキリしてき  フグを持ってき  如くによみがえってき  ところへ迷いこんでき  女を訪ねてき  先生にきいてき  駒子からきいてき  方角などきいてき  人に頼まれてき  あとをついてき  酒気をおびて乗りこんでき  イノチをかけて生きてき  鬼気を感じてき  座敷へ戻ってき  声が叫びつつ近づいてき  一声が、つづいて、きこえてき  挙動で戻ってき  八ヶ岳山麓から持ってき  稿本を借りてき  十郎邸へとびこんでき  書面をたずさえて戻ってき  それが生きてき  途端、き  男性そのもののき  必定読んでをるにき  泥鰌が押寄せてき  小さな家をたてて移ってき  指図通りに買ってき  チョッキりうけとってき  誰か起きてき  天井から降ってき  身辺へ捨ててき  ことと成ってき  発展し、乗り越えてき  創造してき  機械的になってき  波動をつたえてき  これだけ買ってき  十字架への全き  眼が熱くうるんでき  私に持ってき  故国へ帰ってき  うちに見えてき  渡し舟を操ってき  服装、だいぶ伸びてき  上空からも落ちてき  アタフタととびこんでき  雷雨が猛然とき  頭上にせまってき  由也が戻ってき  事実として迫ってき  井戸屋をつれてき  からポツポツき  話だとポツポツき  ように駈けこんでき  応接間へ戻ってき  オソノが走りでてき  書類が廻されてき  時田に連れられてき  家から何か持ってき  手をき  遠山が調べてき  口上をうけてき  古田巡査がつれてき  職人がひきあげてき  炭坑から連れ戻ってき  ほのぼのと白んでき  開墾してき  山の端からむくむくと脹れだしてき  驟雨が襲ってき  明るみがさしてき  ゆっくり歩いてき  稲田へ出かけてき  影が漂ってき  肌に染み込んでき  箱根がひらけてき  曾我までとんでき  ベンケイのでてき  陳情にき  ためにうまれてき  警察へき  駐在所へ持ちこんでき  上から肥オケが落ちてき  石が落ちてき  上からマッシグラに落ちてき  限界が分ってき  一円まきあげにき  三日にあげずき  オタツがせしめにき  誰か人がき  札を見にき  裏がえしにしてき  から谷へき  線路へすててき  スッカリ頭を涼しくそり清めてき  午前九時から退出してき  東京空襲が激しくなってき  沈黙を恨んでき  ことに戻ってき  意識にはっきり戻ってき  すべてに張り合いが出来てき  頬へ飛んでき  眼が、まざまざと浮き上ってき  手ブラで越してき  ただ一ツたずさえてき  声もはずんでき  標札だけは見てき  七宝寺へ戻ってき  バクチにき  ためしに行ってき  つけ着代えてき  脚半はき  それが出来てき  弘法も共に尊むべき  視察から戻ってき  病室から現れてき  この世へ這い戻ってき  胸に刺しこんでき  庁へひきだされてき  引ッ立てられてき  ことが現れてき  もので、流れてき  とき外出先から戻ってき  日本へよばれてき  節共にき  してきはき  水くみにき  精神にも通いき  ことが、何となしうれしく楽しくなってき  木陰から朝日がさし込んでき  ぜんができたというてき  繩ないがしたくてき  仕事をすればき  倉から出してき  鍋いっぱいに入れてき  胸が鳴ってき  本人が、突然はいってき  清さんがき  湯端へき  ほかほかしてき  雨が少し強くなってき  話し声がよく聞こえてき  二人がすごすご出てき  さんは再び出てき  さんはつと立ってき  女子に最も卑しむべき  さんはいやいや帰ってき  しろにつけて走ってき  沖から吹いてき  遠くからき  時の宜き  何事をき  言をき  とらへき  痛みをかろむべき  我等汝等にき  捉へき  たるをき  檣碎けて縺れ落つるごとく、かの猛き  これ全き  蛇チェラスタ髮に代りてその猛き  内に入りにき  われこれを見るをうべき  祕むべき  答かく全き  嫌ふ猛き  出でにき  事をなしたりき  物にまさりてわが猛き  美名をかたり且つき  あらはし猛き  答をき  ぐとてかの猛き  要むべき  ところに仰き  教へき  支へうべき  西にき  人にき  ことをうべき  いふをき  自ら水に溺れにき  怒りの猛き  耐へうべき  籠むべき  汝を固むべき  暴言をき  教をき  處にき  二助が買ってき  松茸を背負って帰ってき  山奥から出てき  秋田から連れてき  花廼屋にピンとき  コマ五郎がとびだしてき  これは怪しいとまずピンとき  情報が集ってき  焼け跡から戻ってき  はじめて問題になってき  清作を迎えにき  二郎を迎えにき  女中に訊いてき  ローソクなら持ってき  不正は続々と現れてき  二重生活が現れてき  チャンチャンコをき  ダビ所を降りてき  位置へ戻ってき  いま私たちがでてき  中から出してき  葉書が舞いこんでき  道で見てき  三造の買ってき  不快な寒けを感じてき  文字がそのまま生きてき  伯父から貰ってき  上流から大木が流れてき  馬も流れてき  耳へ伝えてき  群れが集まってき  一荷ずつ掛かってき  手に響いてき  近郷近在から釣り人が集まってき  値打ちが出てき  太平洋に別れて遡ってき  店頭へき  茶わんを求めてき  華陰へき  どこからきたともなしに入ってき  華山の神から頼んでき  函が落ちてき  闥を開けて入ってき  話を持ちかけてき  カラ車をひいて戻ってき  便所からでてき  酔いがまわってき  仙友が戻ってき  奴め、いまだに戻ってき  最後に戻ってき  一足おくれて戻ってき  チョウチンをぶらさげて戻ってき  息をきらして這い上ってき  ッて帰ってき  角平が戻ってき  志乃が戻ってき  十郎を呼び迎えにき  出先からおそく帰ってき  火の粉は降ってき  松之助がき  師匠が戻ってき  のを確かめてき  アンマ宿へ戻ってき  ふくよかになってき  時期もき  一時間ぐらい遊んでき  角平は再び戻ってき  なぞして、き  民もまたき  はじめて古代の全き  お祭りがき  葉がしだいに色づいてき  家につれてき  方へと歩いてき  幽霊になって出てき  生地からつれてき  川根が見こまれて連れられてき  父は酔って帰ってき  目的を果して帰ってき  物を好んで探しだして読み漁ってき  里から山へあがってき  邸から戻ってき  戸に突き刺して戻ってき  飮めばき  園さだつてき  時間が惜しまれてき  両方から彼へばかり話しかけてき  鶏を呼びながら連れてき  小枝が落ちてき  五十年来のみ続けてき  城跡に集まってき  まわりには寄ってき  手にもどってき  バイオリンを弾いてき  黄昏がき  何処かへ飛んでき  私も幾分馴れてき  人が出来てき  娘を可愛がって育ててき  そこまで話してき  体がしっとりしてき  判然と見えてき  江の島へき  これをやろうと思って拾ってき  めのうなどを持ってき  子供を迎えにき  二人も連れてき  のを、見てき  ぜんに浮んでき  一人を求めてき  意味合いが分ってき  肉が盛り上ってき  木箱がぐんぐん重くなってき  仕事から帰ってき  濁酒を入れてき  船出をして、帰ってき  船は、もどってき  家へもどってき  洋行までしてき  西洋で暮してき  西洋から招かれてき  全作にたのみにき  ナミ子をつれてき  伊助をつれてき  陳列室から出てき  伍が出てき  うちに戻ってき  八時ごろオトメさんが押しかけてき  から跫音を殺して出てき  ヒョイとはいってき  ッて起きてき  そッと戻ってき  あとからそッとついてき  オトメもついてき  ノッシノッシ一廻りしてき  仏象がでてき  使者がとりにき  伍が戻ってき  庭木戸から戻ってき  ビリッとひびいて、匂ってき  書斎からでてき  十郎がでてき  十郎は笑いながら出てき  ヒマをつぶしてき  ポケットへ忍ばせてき  夕方戻ってき  悪いことでもして出されてき  一人家へ帰ってき  龍雄さんが帰ってき  ところを帰ってき  から家へ帰ってき  から鉄道線路を歩いてき  停車場を指してやってき  心待ちにしましたが、つひ帰つてき  それらをながめてき  中で考えながら歩いてき  海ほおずきを買ってき  だんだん降ってき  海ほおずきを買いにいってき  人通りも少なく、暗くなってき  今晩買いにき  境内へき  たくさんほたるを捕らえてき  ほたるをもらってき  男が、たずねてき  川に添うて歩いてき  骨が折れてき  菜っ葉でも食べたいだけ取ってき  すが変わってき  ビラを配ってき  から何処で聞き覚えてき  ペコペコにして帰ってき  産額も増してき  否や這いこんでき  ものはそれ程くるしくないのでき  お預けにして、き  ガランスが出てき  生糸商人をつれてき  あなた今日もってき  先祖代々から伝わってき  素ッとんでき  茶の間へき  一しょについてき  剣幕でのりこんでき  数々も分ってき  名が現れてき  心をきめてき  婚家へついてき  ために乗りこんでき  トビをつれてき  捜査をふれにき  家探しにき  邸内から出てき  のが分ってき  童子に移りき  上よりき  連合よりき  さまに立つるは、掃き出すというよりき  死をつかさどるというとよりき  連想よりき  結果をき  これを信ずるよりき  ものを求めてき  疑いが起きてき  酒に酔うてき  手ガカリなぞ全く現れてき  ヤクザではないらしくなってき  寺へ捨ててき  人相が読めてき  奴が訪ねてき  心境までぐらついてき  オレを訪ねてき  タケノコを買いにき  目黒をでてき  一人裏口からき  家から取ってき  名画を借りてき  持参いたしてき  狐がより集まってき  身体へとのぼってき  これをもらってき  進行してき  誰もが寄ればき  択むべき  避暑客が押しかけてき  蜘蛛のいがき  説明がき  これにけとか、き  直ちにとつてき  意味が出てき  活用をもつてき  皆、き  臥を禁ず可き  ことも言ってき  から響いてき  うぐいすが描き継がれてき  もっとこっちへき  それが、いったん引つ込むと、代わって出てき  表から駆け込んでき  中へひとりでにころがり込んでき  家はき  肉をへらして、すごすごと帰ってき  あとから追っかけてき  いま奉行所から帰ってき  ご苦労だが、き  ことをあげてき  光明がさしてき  それがわかりゃ、き  中から近よってき  べらべらだなと思っていたが、き  親しみをもってき  若鮎が上ってき  お供米を捧げてき  越中から越してき  寺にき  門から姉がはいってき  あなたには会いにき  うちに会いにき  姉は出てき  外面如菩薩内心如夜叉であるとみえまして、しだいに高まってき  素袷に召し替えて、き  あいかわらず、き  ことで、卑しむべき  材料をつかんでき  くりをさげて出てき  伝六が聞いてき  ように駆け込んでき  南町奉行、き  ものだから、ぴんとき  ものよりも一層はっきりと蘇ってき  見本にき  びっくりして飛んでき  手にしてき  其処へ連れ立ってき  ぎだらけな着物をき  方に帰ってき  ところに連れてき  音をさせて落ちてき  菜っ葉服をき  方に向ってき  無我夢中になって歩いてき  二人の過ぎってき  兇手から逃れ出してき  一ぱいに押し寄せてき  縁先きまで押しよせてき  自然と生じてき  玉網を捜し出してき  自分で歩いてき  心とが湧いてき  お許しも待たずに、き  弁当箱をひろげて、き  一しょにくっついてき  横浜から父の買ってき  そのままに残してき  緒方の出してき  伝六が追ってき  今つけてき  路地口から飛び出してき  鼻先へぷんとにおってき  きのうつけてき  ところから、ぬうと現われてき  ことしかできねえとみえて、き  やっこめをひっくくっておいて、き  江戸から飛んでき  捕物に行ってき  ことをでもかぎ出してき  まゆげが焦げだしてき  事件みつけてき  当たりに当たってき  知恵借りに、おっぽ振ってき  久しぶりで大いにき  拝借に駆けつけてき  上のき  ょうぜんとしょげ返って、いかにもき  まりわるげに帰ってき  小道具だってことが、き  ことをいったので、き  ときに、き  伝六ッ、き  表から帰ってき  何本抜きつれあってき  人形町で見つけてき  知らない京吉は、寄ってき  電話が掛ってき  すすめにき  あとから駆けつけてき  一匹、き  ものは、うれしいじゃござんせんか、ついき  今から呼びに行ってき  やつをかぎ出してき  汗かきながらけえってき  こから渡ってき  しらに、き  蚊やりとを持って、き  ふくらはぎを見せながら上がってき  すり半とともに、どやどやと駆けつけてき  モオニングをき  日修法ほどき  小娘でもたずねてき  ようなつらしながら、赤くなってまた逃げてき  名ざしてたずねてき  いちもくさんに逃げてき  小娘を伴ってき  だんなをたずねてき  右門を目ざしてたずねてき  駕籠かなんかで勢いよく駆け帰ってき  お参りをすまして帰ってき  そうに思われましたが、しかし出てき  まま母を洗ってき  八人ばかり引き連れて、どやどやと駆けもどってき  いま討ってき  経過したりき  発達せしむべき  其歎美す可き  攻撃す可き  出現す可き  発揮せられむことを期したりき  利用したりき  揚したりき  出現したりき  出処進退にも譲らずといひたりき  着手したりき  両立す可き  成功したりき  伊藤内閣に代はらる可き  注視したりき  承認したりき  警戒す可き  提携したりき  気持が昂じてき  だんなだって、き  訴えをもってき  表まで出ていったと思われましたが、まもなく伴ってき  あでやかさをましてき  右門はいっこうに取り澄ましながら、でき上がってき  ちょっとひとっ走り行って、こういってき  披露してくださいまし、といってき  それらをいよいよ明るまってき  うちに醸されてき  記憶に浮んでき  結論に達してき  反映をし合って昂じてき  孝太郎は苦しくなってき  眼に映ってき  勢で昂じてき  眼に溢れてき  唇に引きつけられてき  しなやかに弛んでき  ありありと蘇ってき  寒気が増してき  ぼんやり彼に分ってき  生活内容が変ってき  片足ばき  一本出てき  客車から這入ってき  庭にき  方が違ってき  みんな慾が深くなってき  はずだから、じゃ、ひとっ走り行ってき  八丁堀へつれてき  息を切りながら駆けつけてき  横取りされました、といってすごすごけえってき  立て札をもってき  せいや、き  者を追い返して帰ってき  日本橋から引き抜いてき  いま使いがもってき  おら腹がへってき  天井裏から飛び出してき  なにをいうにも、くわえ出してき  伝六、き  女を狩りたててき  しょんぼりとしてたずねてき  槍を借り出してき  変化を示してき  鉢をさげてき  何だか胸が重くなってき  ポケットを探ってき  銚子を運んでき  ようにつかつかとはいってき  僕がむりやりに引張ってき  方にずらしてき  何となく刀をき  んだとりきんでき  鳥右さんになれてき  子供たちはき  木の下へかけつけると、ようやくさげてき  三丁目あたりまで行ってき  しっぽを振ってついてき  つけどおりに呼んでき  ところ正直者らしゅうはあるが、なかなかき  香箱を持ち出してき  ひょっとすると、き  土性骨を入れてついてき  男がぬうとはいってき  不意にとび込んでき  敵意を示してき  伝六にまでもいどんでき  即日引き移ってき  アリスが出てき  ブリストルへ帰ってき  ものが起つてき  発展進歩してき  考察せられてき  めえが連れてき  切り通しを上がってき  それがおかしいんで、ひっぱってき  めがねにかけなくちゃと思って、わざわざひっぱってき  短檠を持ってき  ことに、帰ってき  においがしてき  いま聞き出してき  いま伝六が帰ってき  般若湯でも用いてき  大急ぎに駆けてき  とつまさき立ちで押し迫ってき  相手がつけ入ってき  小屋からむしろを取りはずしてき  病床から這いだしてき  石黒が帰ってき  紹介状をとりにき  石黒から手紙がき  知世子が入ってき  チョコチョコと出てき  フェルナンデスに抱えられて帰ってき  流しがき  城から帰ってき  上に残してき  知世子が飛んでき  ちゃんとナポリまで行ってき  爆撃を受けてき  妙味ではないにき  曲り角に小き  へそくりをさらってき  年の瀬が迫ってき  ふところに飛び込んでき  ほうへ帰ろうとすると、あわただしく追いかけてき  ちゃんと箱に入れて持ってき  うまいこと目をちょろまかして、持ってき  ようじゃ、き  図をするから、き  あいにくさまにき  伝六が持ち運んでき  から、借りてき  足もとに飛んでき  經過したりき  發達せしむべき  發揮せられむことを期したりき  讓らずといひたりき  哲学的思索を促してき  喚起してき  哲学の起ってき  ように促してき  急激となってき  哲学も起ってき  それから時勢が次第に変ってき  面目があらたまってき  状態となってき  形勢が変ってき  主張者とたたかってき  側に立ってたたかってき  三段階を経て進んでき  ロゴスと名づけられてき  発生してき  迷信を伴ってき  社会現象として現われてき  貿易に用いられてき  交換されてき  さいそくをうけてき  袖にされつづけてき  何処へ去き  笑みがこみあげてき  んなが、またしつこく追っかけてき  駕籠を連れてき  ょっくら龕燈を持ってき  伝六の持ち運んでき  ょっくらその辺を捜してき  してきさまにも拝ませに連れてき  あいつを捜し出してしょっぴいてき  みんなしょっぴいてき  女しょっぴいてき  ょっくら地獄までいって涼んでき  耳に伝ってき  四人ひっぱってき  ちゃと中でもがき  道中をしてき  丸顔がよろこばれてき  手下が、ふうふういいながら駆けてき  床にこそはついていたが、はいってき  駕籠をうたせながら、ずっと帰ってき  さっき聞いたろうが、訴えてき  者こそき  ほうを洗ってき  駕籠を走りつけてき  しっぽを振りながらついてき  駕籠を呼んでき  気をきかして持ってき  晩景の迫ってき  大川を泳ぎ越えてき  家を捜してき  めどに捜してき  ぷちだけに見当をつけて上ってき  川瀬に流れ伝わってき  ため、き  面を上げながら、燃えさかってき  名声が高まってき  敬四郎どのをさらってき  奴がとび出してき  庭先へはいってき  やつめがげらげらと笑いながら駆け上がってき  ようになかなか降ってき  手裏剣が飛んでき  そこへ引きたててき  三杯持ってき  から、ついてき  しどけないところへ飛び込んでき  見せ物小屋へ駆けつけてき  巧みに潜ってき  ギーン・ディ・タッコの猛き  あらはれてまたき  汝血に渇きたりき  彼猛き  音細りてき  言行倶に全き  變りにき  美むべき  歩みにき  原因となるをうべき  先のき  しき歌をき  支へき  命をき  心猛き  神のき  笑ふをき  龕燈をとってき  さっきそこまで帰ってき  あとを追ってくるから、き  ようにしっかり見張ってき  ねこを見張りながらついてき  二階へ駆け上がってき  おめでたいことになってき  だんだんだんながおっかなくなってき  あとのに乗ってき  江戸へ置いてき  三千両を持ち出してき  胸がわくわくしてき  茶の間からでてき  雪子姉さんが早く帰ってき  道夫がいつもなぐさめにき  研究室へよくき  中へ駆け込んでき  傍へ飛んでき  ますますぼんやりしてき  人々がばらばらとかけつけてき  木蔭に戻ってき  外出先から帰ってき  だんだん戻ってき  木の下へき  さっきでてき  話は帰ってき  戸口から入ってき  洋間へ引返してき  洗濯にき  君が入ってき  総監室からこっちへき  えさを持ってき  小脇にかかえて入ってき  餌をもってき  さを増してき  原子力時代がき  部屋にでてき  窓からとびこんでき  大金庫が戻ってき  急にでてき  相談してき  物がぬすまれ、そしてあつまってき  いつ帰ってき  研究室へき  道を通ってき  上にもどってき  こっちへもどってき  だんだんひろがってき  上方から下ってき  ものだなんかと、見てき  道中いたってのごき  位牌を抱いてき  がらにしたけりゃ、行ってき  うちにすごすごと帰ってき  たか聞いてき  葉掘り聞いてき  ょっくらご番所を洗ってき  尾州から下ってき  楽屋ぶろから上がってき  あたりからゆらりゆらりと流してき  けんめい飛んでき  人だかりがするから、黙ってついてき  足跡拾ってき  二丁雇ってき  人足どもにそういってき  今はいってき  無事に連れてき  油が乗り出してき  ぇえのが恥ずかしかったら、せいぜい伸び上がってついてき  呼び出しがかかってき  とおり、おてがらあげてき  ものかっぱらってき  手に入れてくりゃ、かっぱらってき  から巻きあげてき  べっぴんをしょっぴいてき  はかまうちはき  その先へ、ピンとき  ようになりてき  ここにつれき  夢占い等をかぞえき  点より考えき  請じあげてき  姿とともに、ひょっくりと訪れてき  そこへ導いてき  ことばをかけるまえにまず、じいっとはいってき  一丁つれてき  たたらを踏んでいるまに、早くいってき  ように忍び近づいてき  野郎め、そわそわしながら出てき  物音をききつけて、どっと駆け集まってき  世間に知られちゃ、き  滅茶滅茶に打たれて、き  声で話していたが、すぐに引き返してき  障子が時雨れてき  胸に訴えられてき  俺が帰ってき  二重生活をしいるに至ってき  女の子を連れて上がってき  ところまでしゃべってき  方にまで聞こえてき  ボテッと運んでき  公卿さまを呼んでき  聞こえるから、むずむずしてき  館へ忍んでき  器用なでき  ところを浴びてき  小屋を捜してき  たそがれかけてき  ことばが飛んでき  洗いにいってき  駕籠で行ってき  両国までいってき  さっき見てき  はずだから、抜からずにかぎ出してき  表からけえってき  のどかにちょこちょこ帰ってき  方角から帰ってき  両国から袈裟切り太夫をつれてき  斜めないごき  急ぎ足でお近づきになってき  様子見にいってき  響きも高く駆け迫ってき  下から、果然出てき  いつのまにか敏捷に借り出してき  証拠にと、携え持ってき  伝六から先にといわぬばかりにいどみかかってき  中をさまよってき  山から小鳥が飛んでき  日が暮れると帰ってき  お酒を買ってき  眠るように見守っているが、たまらなくなって降りてき  ところへだけ参ってごき  身なりをしてき  番所へいってき  汗水たらしてかぎ出しにいってき  あっしがかぎ出してき  おしゃりこうべでも連れてき  ほとぼりもさめているだろうと思ってき  未練があったとみえて、にやりとしながらおとなしく近よってき  一つ出てき  よそから飛び込んでき  近所へいって聞いてき  もんだから、とち狂っていずと、はよういってき  どこで洗ってき  町名主から聞き出してき  事がややこしくなってき  ようを探ってき  様子でしたが、しかしまもなく帰ってき  表へかつぎ出してき  手もしびれたか、き  百人を居き  栄耀栄華をき  きく目玉に打ち直してもらってき  まちがいもなく飾りつづけてき  男雛をかわいがってき  名人のこわきにしてき  景気よく飛び込んでき  違いにはいってき  九軒をもう洗ってき  から、ひとっ走りいって洗ってき  新盆が迫ってき  いつのまに庭先までもはいってき  向こうから聞こえてき  汗流してき  お力借ろうと飛び込んでき  ひざもとへ迷ってき  肩にでもくっついてき  ように締めあげてき  ぱんぱんと啖呵をきってしょっぴいてき  あっちへつれてき  目色を変えて駆け帰ってき  はいを知って、おろおろしながら飛び出してき  裏に刺してき  ようになってついてき  用意ができたらついてき  ところへころがり込んでき  胸も切なくなってき  代から順くりにそう云われてき  骨が延びてき  アナマロがみちびいてき  木を伐りだしてき  ワケが分ってき  ッさと戻ってき  蛇は遠慮なくもぐりこんでき  食物を運んでき  笑顔に近づいてき  バケモノを拝みにき  門前へき  里をこえて渡ってき  ホコラを拝みにき  ホコラへ拝みにき  蛇をとってき  人々がでてき  んも、とってき  ジットリ浮んでき  噂を持ってき  職工が、集ってき  背筋が、ゾクゾクと寒くなってき  ものを、出してき  一つ抱え下ろしてき  まり、集ってき  わしは、間もなく出てき  門衛から借りてき  手が出てき  ように、落ちてき  言葉を渡してき  飢えに目覚めて、湧きあがってき  かたわらにき  決心をしてき  必死と駆けてき  閻魔さまのごき  鳴り鳴り追ってき  ことに持ち運んでき  おしゃべり虫ゃ油で殺して、黙ってついてき  ことに迫ってき  調べにいってき  様子探りにいってき  わら人形も見つけてき  押し入れからまくらを持ってき  手下からかぎ出してき  用意をしてついてき  手を入れてみると、ある、ある、出てき  話がちっとややこしくなってき  いつのまにか八丁堀へ引き揚げてき  先白旗金神で見てき  戸板に乗せて運び込んでき  野郎だとにらんで、いやおうなくしょっぴいてき  とっくり洗ってき  疾風のごとく飛び出してき  八丈島から抜けてき  ものをかっ払ってき  ふたりは、どうして置いてき  張り番させて置いてき  百ばかり買ってき  息を切って駆けもどってき  母よ、早く帰ってき  自身番小屋へ駆け込んでき  さっき目色を変えて飛び込んでき  顔にのっそり出てき  どんどん連れてき  朝とつぜんてまえをたずねてき  中をも調べてみたが、出てき  きり折り取ってき  墓から折り取ってき  からこれを持ってき  おまえなんぞ小さくなってついてき  ふたりが、き  自身番から小者を連れてき  駕籠が迷ってき  門までついてき  虫けらが降ってき  橙までも持ってき  どこから迷ってき  気を直してついてき  ところ行ってき  ほうへにおってき  用をすましながら駆けつけてき  たかて起きて呉れはらへんにき  歯を露き  了はるにき  先日東京から遊びにき  交換船で追ひ返されてき  偵察にき  供人を従えながら、しずしずとさしかかってき  ふりながら、ひょこひょこと駆けだしてき  かわいいやつだね、ついてき  あとにつき従ってき  屋敷へいってき  献上に行ってき  江戸紫ときいたんで、ぴんとき  ものが飛び込んでき  性根をすえてついてき  ちゃんと歩いてき  染め物師とある看板を見てはぴんとき  あいさつもなく飛び込んでき  三十六本染め上がってき  きり一品を買ってき  まさかにぽうっとき  ちゃんと用意してき  いねえで、ついてき  中も洗ってき  いま洗ってき  見えがくれにつけてき  ちょっとあの世へいってき  よう、計らってき  用を足してき  哀むべき  つて悲むべき  概言す可き  壜を持ってき  惶てて飛んでき  壜を持つてき  壜がき  金を送ってき  その男がはいってき  おれを訪ねてき  時もってき  貯金で暮してき  並木道にはいってき  今まで歩いてき  大道を歩いてき  男が歩いてき  棒をひろってき  駅からでてき  金をもってき  ところへとびこんでき  パートン夫人をさがしにき  大将がかえってき  ソープから帰ってき  ロンドンへき  ハンフォードが帰ってき  警察に知らせにき  何度もいったりき  連中にばかり接してき  後から集ってき  ナイフを持ってき  ナイフが出てき  大男をつれてかえってき  しろものが出てき  懇請してき  河岸に沿って曲がりばなをひょいと見ると、乗せてき  だれを乗せてき  女を洗ってき  伝六が、いかにもき  大急ぎで回ってき  夜がふけかかってき  夜食でも食べにいってき  大金が、がぜん出てき  ほんとうににおってき  一升ぶらさげて帰ってき  町医者からくすねてき  顔をしながら帰ってき  一つずつ出てき  寺から出てき  向こうから飛んでき  階段からせかせかとあがってき  だんだんフランス人に似てき  君が帰ってき  いま花束を置いてき  ことがつくづくとわかってき  たよりに帰ってき  河へ集まってき  一昨日明けさせて越してき  ここまで訪ねてき  若い亭主が訪ねてき  波止場まで迎えにき  気持ちになれないでき  私をそうさせてき  悪癖と闘ってき  変化が伝わってき  傍らへき  長年苦労を重ねてき  天然鮎を送ってき  家を見てき  玄関に置かれてひどくき  声から先に飛び込んでき  様子を見にでもいってき  男、ごき  ギーと急いでこいでもどってき  得々と引っ立ててき  あと追いかけて飛び出してき  外へ追いかけてき  金は直き  一生懸命逃げ出してき  たくさん飛んでき  無性に腹が立つてき  頼朝からもらつてき  風流が出てき  もののあわれが出てき  九月十九日あなたは、ごき  はがきは、もうき  たいまでき  こちらへ駆けつけてき  また上から流れてき  木陰へついてき  三宅平七が伴ってき  手形までももらいうけてき  私に向ってき  得意さで、帰ってき  雑誌まで見つけてき  これまでいろいろと考えてき  土井は間もなく引返してき  会費も持たずに引張られてき  佐々木を訪ねてき  彼に行って取極めてき  ここを指して集ってき  門まできはき  鐘撞堂へき  1ドンタクがき  乳母もでてき  あれやれやれやれき  そとにてき  キモノき  駕籠から出てき  使いを呼んでき  ままでおろおろしながら出てき  ばあやに伴われてき  あれを借りてき  いっしょに、黙々としてはいってき  ごとを覚えてき  とき、ひょっくりとはいってき  呼び出し状が舞い込んでき  つるが新しくはえてき  茶がまが降ってき  礼金が舞い込んでき  伝六、ついてき  凝りがき  雲に包まれてき  眼がついてき  めがあるか、よく聞いてき  ようにふらふらと出てき  手しおにかけてき  方から集まってき  方から次第に下ってき  家来がき  役人がすぐはいってき  おじさんを連れてき  筋道が通ってき  神田へまた舞いもどってき  不審がわいてき  前に舞い下がってき  江戸へ流れ出してき  ところをき  親切につくってき  しづかみにしながら飛んでき  小屋へ運んでき  どこから死体を運んでき  ひと回り、回ってき  北町南町両方洗ってき  意外にも駆けこんでき  柳川様をたずねてき  ゆえ、追っ払ってくれと駆けこんでき  北鳥越へ回ってき  まっしぐらに飛んでき  若い野郎がひとり出てき  雌ねこ一匹出てき  男は出てき  半匹だって出てき  紅糸二本から解けかかってき  手形でも持ってき  艫音をころしながら忍び寄ってき  最後に出てき  伝六が見つけてき  両国橋、やがてさしかかってき  宗旨だかきいてき  こっちへ隠れてき  渡殿を渡りながら出てき  いま出てき  舟まで背負ってき  ここへ駆けつけてき  気味がわりいが、見てき  ドスが出てき  いくらかにおってき  目にかけるから、ついてき  耳にはさんだとみえて、いそいそと出てき  床屋へいってき  親子をしょっぴいてき  ように、うまく引いてき  手もなく引いてき  野郎をしょっぴいてき  しわをのばしてき  羽をひろげて飛んでき  それだのに、持ってき  気をつけろいとき  においがしかけてき  目は光ってき  ぷつりと天から矢が降ってき  わたくしも騒ぎだしましたら、騒いではならぬ、出てき  ぷつりと矢が降ってき  ようが変わってき  若いやっこが飛び出してき  言うまも悲しみ喜び、いちどきにこみあげてき  これはあにき  一つあにき  ように近寄ってき  からたびたびそういってき  はじまり、ごき  いま上がってき  違いにあがってき  師匠はねえか、洗ってき  がちゃがちゃしねえで、こっそりきき出してき  あそこのかどまで呼んでき  ちょっと来てくれといって、おとなしく連れてき  伝六が連れてき  それ、き  おじゃまに出てき  とおりにょろにょろとはい出してき  一つ家に育ってき  未練が出てき  まごまごしねえで、ついてき  知らないように歩いてき  から、とっととついてき  小つぼに入れながら持ってき  めのありかを捜してき  さき求めてき  目がさめるから、飛んでき  証拠固めがくずれだしてき  狂いが出てき  んだ、ついてき  刃傷沙汰はねえと見てき  家人男がふてぶてしくからみついてき  うちへへえってき  んだから、鳴らずについてき  ようにからみついてき  裏口から駆け込んでき  月代が青くなったり、黒くなったりするなんてえき  口を狩り集めてき  伝六は駆けあがってき  下へおびき出してき  重信をつれてき  どこで借りてき  ように立ち去ってき  小夜子サンをき  きり夜明けちかくまで出てき  女房をさがしてき  から重々しく乗りこんでき  枯尾花が走ってき  八千代サンが戻ってき  ハイボールをつくってき  ナギナタ二段嬢が運んでき  注射器もってき  カラダをのりだしてき  小夜子サンが疲れきって戻ってき  必要がなくなって出てき  中から芽生えてき  途中から親友をおいてき  意気高らかに乗りこんでき  大晦日もせまってき  ごまかしてき  さかなをつって、帰ってき  かめはまた出てき  お迎えに出てき  山とはこんでき  うちだんだんぼうっとしてき  いちどりゅう宮へ帰ってき  かめがき  浦島さん、ごき  つえにすがってやってき  かめも出てき  のが、またきこえてき  だんだん黒くなってき  優越感を与えてき  分裂が起ってき  中から生まれてき  血が、き  び殻にそまって、き  いま分かれてき  から吹き上げてき  ちょんちょん、き  かんしゃくばかり起こってき  思いを持ってき  小物釣りにはいささか飽いてき  川へ遡り込んでき  浅場へ泳ぎだしてき  故郷から老父が訪ねてき  一本貰ってき  引放しにき  二匹の猛き  答へき  これをあがむべき  チェーザレこれを取りたりき  さきに逆き  クニッツァと呼ばれにき  ざるをうべき  そは大いなるも小き  カッチアグイーダとなりたりき  洗禮となりたりき  治下に滅びにき  顯に見るをうべき  隱れにき  以前に悉く絶えにき  變へき  すべてとらへき  クリストの全き  一三〇二年賤むべき  一一六六年王位に即き  中にていと正しくいと直き  前よりも強く全き  ア後楽園へ行ってき  田川君が買ってき  油断をすれば枯れるにき  下へ垂れてき  妻は起きてき  生を愉しむべき  宣伝を重ねてき  交替時間がき  眼の光りも濁ってき  信仰を、育ててき  心が次第に澄んでき  妙にはっきりしてき  これまで信じてき  うちに育んでき  気分が込み上げてき  穏やかに静まってき  乖離してき  から一寸出てき  私にひしひしと寄せてき  自分で驚くほどはっきりしてき  私に現われてき  ようにはっきりしてき  肯定してき  自分の見つめてき  私にしてき  顔つきと似てき  この街に親しんでき  会社をもうけさせてき  挑戦してき  境涯にはなはだしく似かよってき  計算に入ってき  貢献してき  育児院に連れられてき  育児院に帰ってき  病原を持ち込んでき  程度に生じてき  近年普及してき  一日中心に誓ってき  冴子はついて行くといってき  優秀なるでき  町はすすけてき  扉からもれてき  奥へ突っ込んでき  索莫さに閉ざされてき  返事が返ってき  えくぼも見えてき  中へはいだしてき  掛け声を出してとび上がってき  匂いが流れこんでき  煙が流れこんでき  空気がひやりと飛びこんでき  梅津君を救い出してき  裸形が群がってき  あたりはようやく騒然となってき  椿山君とが帰ってき  仲間が次々に帰ってき  上着を見つけてき  身支度を整えて集まってき  手運びで救い出してき  友清君が捜しに行って救い出してき  病棟から飛び出してき  そこらまで帰ってき  忘れ物を取ってき  下から母親を抱き上げてき  自然に落ち着いてき  筵を見つけてき  シーツを取り出してき  手についてき  声に満ちてき  婦長さんが走ってき  理化学研究所のを見てき  中性子が飛んでき  隅まで逃げてき  しゅうとうなって落ちてき  眼前に浮かんでき  現場から担がれてき  次から次と集まってき  廃墟から出てき  口内炎を起こしてき  あたふたと帰ってき  時限原子爆弾が落ちてき  汗がじっとりしてき  椿山君が帰ってき  ことなかれ、と戦いつづけてき  仲間が帰ってき  間に満ちてき  自ら進んで出てき  気が湧いてき  発表を止められてき  ところからもき  曲を持つてき  音楽を持つてき  人をつれてき  何人となく見てき  たん場へまで追ひつめられてき  支那服をき  良人を訪ねてき  雪中梅睦月七日寺島村によぎりき  うつ音の聞えき  野のき  みこのき  あらかをまだき  梅見にき  たみけふ見にき  法師ひとりゐてき  麥くふ、き  笑顔になりながら、き  生麩がき  栽培によって大きくなってき  窮乏、あらゆる悪むべき  作用してき  想像してき  検討してき  境涯まで上ってき  船隊を率いてき  実施されてき  管理されてき  沓はき  染汁に浸てき  串をもてき  蕎麥さく山を辿りき  希望を伝へてき  人にあふこといでき  聲遠ぞき  今年廿二歳になって、たいへん大人びてき  四本ばかり、グッと伸びてき  急に思い浮んでき  色がすこし変ってき  調子ぬけがしてき  フラネルをき  だんだん考えこんでき  お金に困ってき  それができあがってき  うわさが、ぱっとひろまってき  だんだんたまってき  うわさがつたわってき  山刀をぬいてとびかかってき  馬をいけどりにしてき  馬をつかまえてき  所から盗んでき  お金をき  一筋間違ってき  新訳が入ってき  間道を縫って入ってき  潜入してき  けが、生きて帰ってき  扮装して入ってき  暇乞いにき  かたがちがってき  二十日前に越えてき  チャンタン人が出てき  氷河がおしだしてき  後からうねってき  相談をもち出してき  連盟に加わってき  押上ってき  ことを報じてき  その後から下ってき  膝元へ乗りこんでき  義盟に加わってき  引締ってもき  深みへはまってき  宿へ戻ってき  使者まで請合ってき  細かに見てき  十分見届けてき  心得で遣ってき  爺さんが出てき  の持ってき  音も聞えてき  ように、しゃんとしてき  事をともにしてき  横川勘平がはいってき  兄としてき  旨を届けてき  江戸まで下ってき  ように思ってき  沮喪してき  定刻前から子息主税を連れて遣ってき  一走り行って見てき  むりに引張ってき  書状を持って出てき  者が減ってき  安兵衛が戻ってき  御足労だが、これからすぐに取りに行ってき  宰領してき  刻前にようよう戻ってき  一時をごまかしてき  よそから戻ってき  前へ覆い被さってき  手頼りに生きてき  通しに欺いてき  者へも頼んでき  ひとつお酒を購ってき  皿を提げて戻ってき  晩くなるとは言ってき  夢中で暮してき  宿へ帰ってき  毛利か、帰ってき  ために遣ってき  滑稽に見えてき  離別して、出かけてき  離別してき  何にも言わずに還ってき  太夫に逢わずに帰ってき  今日まで力めてき  苦しみを嘗めてき  全部を歩いてき  日々に嘗めてき  袂へ出てき  暇もなく、すごすご戻ってき  ほうは、どうやら、だいぶ鈍ってき  書斎へ持ってき  説教したりしてき  さきへき  日光へき  心にうかんでき  はるの日がき  今しも出てき  色が浮んでき  ハンカチーフが出てき  気がして、なんだか楽しくなってき  そこへ走ってき  石塊がふってき  列車憲兵が、廻ってき  煤煙が、そろそろ見えてき  疑惑が湧いてき  直しになって、買ってき  ホームへ入ってき  ものが降ってき  お蔭さまで、諦めがついてき  隙間から入ってき  心にまざまざと映ってき  今日までのびてき  交互に営んで生きつづけてき  破綻がき  革命を起すにき  一室へ転がりこんでき  ところへ落ちのびてき  つて自らとびこんでき  ために戦はれてき  瞼の熱くなってき  傾向を生じてき  物語に釣られてき  吸引されてき  魅かれてき  新三郎を訪ねてき  一夜良石和尚から借りてき  栗橋まで引き返してき  十七席を重ねてき  付けに乗り込んでき  賭場まで逐ってき  辺までき  ころひとたび江戸へかえってき  そこへ訪れてき  筋が引き締まってき  下駄音高くかよってき  妖気を感じてき  何だか冷たくなってき  十両のものを買ってき  処へ戻ってき  ようにかえってき  一匹牽いてき  江島屋へ連れ戻ってき  盛夏、訪れてき  そこまで持ってき  小料理屋へ連れてき  仕上げにかえってき  絵を描きにき  身体を売りにき  言葉が曇りだしてき  下へ置き忘れてき  どこかへでていったが、やがてかえってき  佐野槌から引かされてき  走りしてき  督促にき  宗悦よくき  うち稽古にき  習慣をもってき  問題となってき  女が働いてかえってき  学問を続けてき  郷里に帰ってき  写生してき  東京へ持ってき  脇目もふらず通ってき  敵中へ斬り入って、き  どこから捜し出してき  卵を捜してき  女がすうっと出てき  兄貴が入ってき  朝起きてき  浜へ下りてき  お客にき  根を出してき  確かむべき  名妓をき  旅宿へ訪ねてき  志村郷に伝わってき  状景を示してき  口から曳きだされてき  口から牽きだされてき  六つ持ってき  肉類に飢えてき  艶々しくみがき  二十数番見てき  二十村郷へき  腹の中に忘れてき  私自身探偵小説にあきてき  国府津で見つけてき  包みを持つてき  切りひらいてき  芝居は直き  江戸から携えてき  矛盾におかれてき  先頭に立ててき  連れしてき  嵐がおそってき  水から出てき  ようにもり上がってき  うねり波に乗ってき  いま通ってき  なかに起ってき  最初におそってき  縁へ近づいてき  希望の光が射してき  観察から、生れてき  側に流れてき  だんだん嶮しくなくなってき  刑を受けたる卑しむべき  いま呼びにき  上に載せて運んでき  のが洩れてき  窓際へ行けばき  あそこはき  窓をしめてき  子供たちが走つてき  栗鼠がき  ばらばらになってき  大変柄があらくなってき  実地に見てき  仲好くしてき  重荷がかかってき  ばら色に染ってき  人がおもらいにき  いっしょに暮してき  エミイが、いそいで入ってき  外出してき  大瓶にかえてき  ばらの花をとってき  一ばん上の子が寒くてひもじくて、とても苦しんでいるといいにき  薪を運んでき  ペデロがとびこんでき  一ばんすばらしいでき  ロデリゴがき  袋をもってき  ボンボンをもってき  しかにき  ねえさんたちが帰ってき  今夜中にき  ローリイと遊んで、き  いたずらしてき  メグがそっとはいってき  ばかもわかり、き  なかへいれ、き  おじいさんもすっかりき  わいは直き  養子にき、き  峻烈をき  停滞時代を経てき  これまでよんだ、き  その後にき  そばに駆けてき  鳥を探して捕まえてき  中に帰ってき  ふもとへ歩いてき  途を歩いてき  からだいぶ遠く歩いてき  涙がわいて出てき  あしたはき  お母さんがき  夢で見てき  現実に経てき  謝罪にき  天城さんが持ってき  私に買ってき  ここへ越してき  糸に小き  途中でやめてくれと云ってき  心がわかってき  人を訪ねてき  ところへ訪ねてき  みな晴着をき  村に出てき  神父さまが出てき  人たちがかけつけてき  帳場へおりてき  縞リスとでかせいでき  様子をみにいつてき  芸は、いつかう出てき  鳴き声がきこえてき  一匹かりてき  人がはやしたてながらついてき  後から人がおしかけてき  どこからやつてき  旅もつまらなくなつてき  悪魔は出てき  返事もなく、なんにも出てき  腹がたつてき  御馳走をはこんでき  人たちが持つてき  買ひこんでき  ものがいきなりとびだしてき  方へおしかけてき  鼬はいきなりかけつけてき  あとからぞろぞろついてき  食事をしにき  なかにはいつてき  さらひにき  死ぬ人が出てき  葡萄酒によつてき  みな驚いて、かけつけてき  一人助けにき  そこから現世へ戻ってき  さんを撮ってき  気をつけないと、いきなりグッと痛んでき  だんだん懐疑的になってき  習性になってき  もとへ置き残してき  自然生活をひきあげてき  所在をきいてき  自転車で追っかけてき  岐路まで戻ってき  だんだんタソガレがせまってき  尿意を催してき  精根が戻ってき  才覚も戻ってき  首席を通してき  急ぎ足に上ってき  物音は、うるさく続いてき  ことばかりを、考えてき  職責としてき  正当に考えてき  抽象的に考えてき  病気を案じて附き添ってき  ネリ薬を持ってき  影響がとれてき  作用がきれてき  未定稿を持って帰ってき  芸者だか連れてき  徹底的に始まつてき  刻あまりも泳いでき  だんだん意味が分つてき  ために始めて訪ねてき  勇気がわいてき  富を得てき  身を起してき  杜邑に移りき  山川草木にも、強く育てられてき  温容を眺めながら育ってき  こまやかになってき  上新田へ帰ってき  南へ歩き回ってき  特色を見のがすまいとしてき  時から眺めてき  立小屋を訪ねてき  那智から巡りき  静かにき  時世に生れき  世のき  かなたにき  林もひらけき  紙のしめりき  鳥のき  のものを見き  羽がき  いつか恐怖と変りき  葡萄のかげにき  近代小説にでも出てき  陰翳ができてき  向うから送ってき  妙に粘ってき  位に云われてき  頃つくづく考えてき  かすかに気がついてき  実感をもって生きてき  吉がとぼとぼ帰ってき  頭がイライラしてき  目前に持ってき  一昨夜までに残してき  方へ引ずってき  気軽に出てき  自分にまで返ってき  東京からはなれてき  処に運ばれてき  何となくざわめいてき  自分に対して忌々しくなってき  地響をさせて入ってき  いま自分達の乗ってき  卒業して帰ってき  気持ちで帰ってき  最中にき  塩鯖にき  厳重にき  而してき  一本、置いてき  一本置いてき  宣宗位に即き  胸はいよいよ詰まってき  一民族として育ってき  貧困が訪れてき  泊りに出てき  御機嫌さんで帰ってき  目近に見下してき  宝塚へ帰ってき  落語を愛してき  記事を取りにき  傘を借りにき  続出してき  生ましてき  そのまま抜け出してき  顔を突き出してき  他からもほめられてき  ノメノメもらってき  元来蕎麦を食べにき  微醺を帯びて入ってき  条件を持ち出してき  私に対して言いだしてはき  とき置いてき  だんだん実感が迫ってき  章へき  山口画伯から手紙がき  博奕に負けて帰ってき  積年教育されてき  自ら雑司ヶ谷まで曳いて帰ってき  教育のみを受けてき  請求にき  考えじゃいくらか借りにき  せんが出てき  スケにき  寺から一部を申し込んでき  部屋へも遠慮なく入ってき  風がどっと吹いてき  好奇心がむらむらと起こってき  独身でぶらぶら暮らしてき  水が溜まってき  患者が訪ねてき  肉がついてき  ことさえ恐ろしくなってき  お腹が少しく膨らんでき  考えさえ起こってき  わたしはなんだか息苦しくなってき  清明けき  へや幽けき  あっちにき  ところへ巻いてき  人がもってき  トキントキンとどうき  捕虜にもなってき  自分がでてき  同居したくて生れてき  満喫してき  筋道が目立って変ってき  感情が交ってき  眼を覗きこんでき  客がきてるとすぐに戻ってき  そばにわりこんでき  宮崎は戻ってき  肩へよりかかってき  銚子をもってわりこんでき  二三言話して、戻ってき  今晩帰らないと通じてき  元気よくとびこんでき  けいが出てき  始ってき  処へ初めてき  晩年期がき  似合ぬ宜き  部屋へ訪れてき  宿を訪れてき  太郎さんを訪れてき  暗誦してき  手伝ひにき  横へまで走つてき  限りなく見てき  身辺に落ちてき  夷ダンが落ちてき  ブタ箱から出てき  結構ダンビラふりかざしてあばれこんでき  威勢よく乗りこんでき  概念をもってき  涙のたまってき  叶ふ可き  瀬戸際へき  勢力が著しく伸びてき  民をつれてき  母屋へ行ったが、やがて引っ返してき  宿へたずねてき  前後して飛んでき  だんだんにゆるんでき  酔いが発してき  病気見舞にき  久助は駈けてき  鳥は次第に舞い下がってき  ここまで抱いてき  引取ってき  半分で貰ってき  私が与つてき  用ゐられてき  紙を漉き続けてき  反省さへあれば、漸く傾きかけてき  稽古をしてき  云つて知らしてき  俥に乗つかつて帰つてき  胸が込みあげてき  形であると考へられてき  病氣感から出てき  觀主義が出てき  意味を得てき  ことを述べてき  掲載されてき  一九一七年以来ソヴェトがたえず押し進めてき  関東から上洛してき  存続してき  舞台にせり出してき  ために、わざわざ訪ねてき  五六人もひきよせて、き  おとがきこえてき  意向をきいてき  はしやぎ出してき  ものもある程度までき  んなおき  夕食を運んでき  平けき  ねじを貰ってき  ときちゃんと調べてき  十分念を入れてき  ぼくのところまでもきびしく響いてき  家に雇われてき  颯然として帰ってき  侵蝕されてき  頸を持ってき  値打があるか分ってき  ビルディングを見てき  耳に這入ってき  げた鑿岩機が現れてき  女が現れてき  ケージでさげられてき  カンテラにき  坑口にまで上ってき  ものがきこえてき  能率を低めてき  少女たちが寄ってき  あとへ引越してき  町へ引越してき  コップに入って出てき  三つも出てき  子供にあわないので帰ってほしいといってき  物音がひびいてき  イワノフ博士邸から帰ってき  軍艦がすぐたすけにき  船具室までおりてき  マリ子をつれてはいってき  前へでてき  ふしぎにおもえてき  煙がでてき  船艙から電話がかかってき  耳にはいってき  ウラル丸をたすけにき  高角砲弾はとんでき  天候もわるくなってき  大木老人は、もどってき  切符をもってき  外国人が入ってき  大辻がつかつかとはいってき  大木老人にあってき  とき大木老人がき  ようにわいてき  ようにうすぐらくなってき  危いところへどうしてき  草をがさがさいわせて出てき  一体日本へき  椅子へかえってき  穴から跳ねあがってき  ところへとびだしてき  とき何者か、き  マリ子さんをさがしにき  目にあって苦しんでき  身をまもって、こらえてき  色がうかんでき  方からも、つたえられてき  ゴーリキイが出てき  だんだん老い込んでき  なかへ噴き出てき  諸王を釣ってき  エセックスがはいってき  彼は急ぎ寄り添ってき  暑い日がき  悪漢ラレイのごき  馬上試合とともに再び還ってき  執着してもくれるし、ごき  救いを求めてき  叱責してき  オランダ地方から進軍してき  日がついにき  教育してき  奴たちがわんさと押しかけてき  見込みはできてき  ウマが、どうやら馴らされてき  主人アントニイに書いてき  彼は痩せ衰え、青ざめてき  希望で釣ってき  とき持ってき  間を、いったりき  エセックス邸にはいってき  ハンカチに包んで届けてき  通信を、持ってき  ドオヴアをのこのこ渡ってき  書状が出てき  イギリスにき  頭にピンとき  後、やっと出てき  語調は変わってき  使としてき  関をあやうく越えてき  スペインから渡ってき  ことを申し送ってき  フランダースから進撃してき  王宮にまで、はっきり聞こえてき  海岸に駆けつけてき  拠海峡を渡ってき  いっぱいになってき  西インドから帰ってき  手に戻ってき  話スペインから持ち運んでき  イギリスが取ってき  拉致されてき  一般に伝えられてき  筋から聞こえてき  結着が、あまりにもはっきり見え透いてき  彼が舞い込んでき  はじめて感じが出てき  彼は働き続けてき  アゾレ群島にき  北風が吹きつけてき  様相を帯びてき  報告はき  母国に帰ってき  即位記念式はついにき  期待してき  宮廷に帰ってき  胸にまずき  特使を送ってき  ものははたして出てき  不幸がついにき  父に贈ってき  ウォンステッドに帰ってき  仲直りはき  関係は絶ってき  胸を打ってき  最後はまだき  諜報を送ってき  返事はき  アイルランドから帰ってき  目近までき  ちの気分が再び甦ってき  後ろからき  幼年時代から彼女になじんでき  前に進んでき  気は鎮まってき  警告はしだいに本当になってき  年がき  十年間与えてき  ものがいっぱいこみ上げてき  心をいかに貶しむべき  自分はすぐ戻ってき  市門までき  大砲まで持ってき  幕はき  胸に響き返ってき  彼に襲いかかってき  使者は、せっかくき  ことがあると申し込んでき  反動はすぐき  ために、き  統治してき  うちに、迫ってき  目にもわかってき  答えが聞こえてき  大司教がはいってき  放送が洩れてき  横合からサッと吹いてき  貴方に会いにき  俄かに急いで引返してき  から佩剣を鳴らして飛びだしてき  ドヤドヤと集ってき  お茶を持って上ってき  アタフタと上ってき  一部だけ見つけてき  やつを貰ってき  中央へ出てき  砂漠へ帰ってき  金博士から妖術を教わってき  ところへ、とびこんでき  移民してき  だんだん汗をかいてき  開始して向ってき  斜面を滑つてき  中へ飛びこんでき  写真を持つてき  小屋にき  二時間ばかり借りてき  人生の意味がわかつてき  形がついてき  興味が次第に薄れてき  一日一日と苦しくなつてき  相談を持ちかけてき  生活をつづけてき  技師が、とびだしてき  私は、焦ってき  指揮塔内に入ってき  だんだんスピードがあがってき  ハンスのこえが、大きく聞えてき  世の中となってき  労働服で出てき  位溜ってき  警官が、続々と入ってき  警察医が入ってき  プーンと漂ってき  筋が見えてき  ようにまるまると現れてき  脳がとびだしてき  プリプリと飛び出してき  だんだんがら空きになってき  フラついてき  繃帯をもってき  湯を貰ってき  重大となってき  彦根へき  感謝してき  神ほき  色がき  おみやげをもってき  ことであると段々わかってき  広島駅にかえってき  具体案も話してき  瑠璃、き  召物をき  何だか笑えてき  紙みつけてき  条件がかわってき  過程に起ってき  幼稚園へゆかぬらしい、御き  羽織縫紋にき  本もって、かえってき  一緒にとおりすぎてき  雪子夫人が入ってき  前にとび出してき  だるい気持に襲われてき  饅頭が出てき  鼻をついてき  両手が重く感ぜられてき  秦啓源を訪れてき  手で運ばれてき  自動車まで付き添ってき  静に立ってき  ことを忘れかけてき  向う側を歩いてき  意識がぼやけてき  ここまで付き添ってき  主人直き直き  風に舞って落ちてき  雪を持ってき  唄でも楽しんでき  幾十年生きてき  山からつれてき  庭園へはいってき  迎へにき  看護婦さんがき  スエコも疲れてき  自分でも充分わかってき  感じが少しずつわかってき  気持も相当わかってき  丸味がついてき  為らしくなってき  帰りに買ってき  ジャガイモ等をもってき  詩人めいてき  私たちの見てき  長年開業医としてだけ暮してき  自分で行ってはっきり調べてき  三軒も入ってき  お菓子を一寸持ってき  下ばき  眼球に入ってき  いくらかずつよくなってき  大変よくなってき  爪が伸びてき  真中まで押し出されてき  霊感的に思い出して持ち出してき  無責任だなどと書いてき  向上しようとしてき  本箱になってき  ところを訴えてき  手紙を書いたら、気に入らなかったらしくておこってき  のがそろそろ焦立たしくなってき  寿江子からもき  子もよく見てき  ぼくのき  大分充実してき  彼女が生きてき  追っかけたし、き  それより大きくせまってき  貸本屋から次々にかりてき  部員が襲いかかってき  鉱夫長屋に押しかけてき  警官が入ってき  大挙押しかけてき  後から応援にき  上げ襲いかかってき  三日前飛んでき  書記長をつとめてき  悲劇を演じてき  しわを寄せながら生きてき  奉公にき  はればれとしてき  当人を連れてき  横浜へき  横浜に出てき  一船がはいってき  納得して帰ってき  家も持てあましてき  男を拾ってき  冷飯をぎっしり詰めて帰ってき  残飯を買ってき  水原まで流れてき  豆本を買ってき  天地へき  旅順へ帰ってき  鉱山から帰ってき  客引きにき  こづかい銭にも困ってき  時期にき  私が薄気味悪くなってき  うち、出てき  若い男が出てき  浅草小島町までき  一本杉として生きてき  冥途から迎えにき  何十年か生きてき  覚悟をかためて、生きつづけてき  どこでしてき  だんだん分りかけてき  物語を送ってき  ように頼まれてき  ぶつぶつ独語を言って引きかえしてき  綴じ込みをもってき  前にひっこしてき  情勢をさぐりにき  ちょっと二階へ上がったが、すぐおりてき  行路病者をひろってき  林さんが遅れてき  証明に及んで帰ってき  決闘を申しこんでき  王位に即き  から、嫁ごがき  和太郎さんはなけてき  家へひっぱってき  手をふきながら、出てき  和太郎さんは、いつもき  のですが、き  年よりがあつまってき  みんながあつまってき  和太郎さんも、き  よそでとまってき  和太郎さんは帰ってき  腰につるしながら下りてき  ちゃんと帰ってき  ぼうきれを持ってよってき  鳴物を持ってき  お寺でかりてき  宝蔵倉からほら貝をとり出してき  ラッパを持ってき  中でも通ってき  かめの子が出てき  中を通ってき  活動を続けてき  目をかけてき  オシピツチユさんに直き  京へまゐるとて、へてき  其使のへてき  獨り怪むべき  一刹那がき  ちの方が正しいにき  手には到底負えないにき  普通おかしいからにき  たくさん積んで持ってき  そこに入ってき  木々に集まってき  ひらひらと飛んでき  娘が帰ってき  くつをはいてき  目にありありと浮かんでき  北川は、すぐに走ってき  直進せしむべき  おしきせをき  群衆でつまってき  三台トラックがき  デモがき  倫理に締めつけられてき  風が強く吹いてき  権威ができあがってき  演出者が黙って出てき  おのもさとれども伝へてき  理論が生れてき  浅草から移ってき  風立ってき  午後八時がき  粉を買わせてき  汗を拭き拭き戻ってき  奴が持ってき  羽織を脱ぎ、借りてき  高座を下りてき  夢中になってき  情人が出き  手取り千円も儲けてき  太郎、堂々と乗り込んでき  後に始めて知り得可き  山へかかってき  了見を持ち合わせてき  気分にさえ、なってき  勝次郎が下りてき  確かにつとめてき  余興に行ってき  長講熱演してき  ソソクサ次の間から走ってき  一緒に落ちてき  二枚持ってき  三つ四つ、急いで持って出てき  これだけ借りてき  手金を打ってもらってき  中が暗くなってき  圓太郎はジリジリしてき  大八車で運ばれてき  たくさん借りてき  チョコチョコ駆け出してき  とき、白いほど青くなって飛び込んでき  おぼろげなりに感じられてき  中へ落っこちてき  気持ちがされてき  胸に流れ入ってき  口もとへうかんでき  声々が流れてき  一緒に流れてき  響きはいっそう近づいてき  鈴鳴りにして走ってき  モクモク頭をもちあげてき  いま生憎こちらへき  駅まで送ってき  のを結んで出てき  小走りに走ってき  はがきがき  森山さんから手紙がき  家へ飛び込んでき  まんまいざり寄ってき  境地に達してき  落ち着きができてき  勘蔵が駆け出してき  四畳半へ置いてけぼりにしてき  眼先へちらついてき  脳へき  誰からともなく洩れてき  いまハッキリと蘇ってき  絲が寄り添ってき  からだ中がワクワクしてき  ものが、チラチラとしてき  胸を衝いてき  のだろうなぞといってき  ペンキ屋がき  戸は閉めてき  笊森に持って行って置いてき  粟はき  寿江子が伺ってき  必要がすんでみればはっきりわかってき  自分にわかってき  柔軟さが戻ってき  処が出来てき  お金を返してき  流れにのってかき  多賀子から知らせてき  ことが即ちとがむべき  紋付きをき  小説にかいてき  窓ぎわに引っ張ってき  朝飯ぐらいは取ってき  連中も近寄ってき  親爺を呼んでき  部屋から持ってき  ところまで、急いで追いかけてき  銀行員を引っ張ってき  牢獄から逃げてき  ところからこっちへ持ってき  残念に思えてき  そばまで寄ってき  布団を持ってき  女がはいってき  朝飯を取ってき  下級行員を連れてき  ほうへにじり寄ってき  いかがわしい絵が出てき  集会部屋にはいってき  主人も帰ってき  僕がはいってき  階段を登ってき  息もつかずにどなって、また走ってもどってき  何人かが近づいてき  椅子を持ってき  男もすぐ近寄ってき  騒音だけが聞えてき  一時に戻ってき  働きに耐えてき  朝飯を持ってき  ランツ大尉がはいってき  計画してき  誇りにしてき  いっしょに連れてき  叔父はもどってき  品位をもって近づいてき  雨がぱらぱら落ちてき  部分的にでも勝ってき  鼻にはいってき  利益をあげてき  高笑いをしながらはいってき  前からお待ちしています、と伝えてき  場所にもどってき  雪片もいくらか吹きこんでき  隣室から支店長代理が出てき  液体がこぼれてき  ひとつ持ってき  ときだけはいってき  婦人と帰ってき  喜捨に頼ってき  彼には次第にうっとうしくなってき  それを追っかけてき  上ににじみ出てき  空気がはいってき  扉からはいってき  ベッドまで飛んでもどってき  扉をあけ、おとなしくついてき  数限りなく考え抜いてき  五年間もころがしてき  考えがとかく浮んでき  毛布を持ってき  質問にさえ乗ってき  身体を曲げてき  痙攣させながら、爪立ちではいってき  頭痛をこらえて帰ってき  小使がはいってき  口から話がわき出てき  そばに押しかけてき  対話に割りこんでき  邪魔をしないではおらず、たびたびはいってき  いるかときいてき  ように思われ、もし降りてき  僧は降りてき  たくさん準備を整えてき  広場へと登ってき  警官がついてき  任務を受けてき  猶予してき  自分に来いとは全然言ってき  憂慮が、はっきりと現われてき  ものを、いつも呼び起そうとするよりはむしろしりぞけてき  ほうに向ってき  背後から投げかけてき  前からまばゆいばかりにさしてき  支店長代理はすぐはいってき  虫をき  専攻してき  多年苦難を凌いでき  山づとに折りとってき  夜桜を見てき  女が引返してき  ことができなかったが、しだいにくつろぎを感じてき  食膳を運んでき  国に迎えられてき  日が暮れたけれど帰ってき  厭がっているのに、き  ことめづらしき  街道を歩いてき  一点となって浮んでき  陰影がたたまれてき  辛抱づよく執政役をつとめてき  行はれてき  大海人に立ち返つてき  ところへ持つてき  つた額を拭き拭き出てき  ききめが現れてき  鉄棒をふるって、打ちかかってき  きりもりをずっとしてき  トーモロコシ折ってき  ことは、ほむべき  わたしもき  段々をき  標準服をき  丈盲爆がき  脛にき  きれいな浴衣をき  君について命令がき  いつになく早く帰ってき  刑務に服してき  水気ずいてき  形が白く浮出してき  模様が、次々に現われてき  借金に苦しんでき  期限がき  一升壜まで持ち出してき  室を覗き込んでき  砲兵工廠から運ばれてき  これまで勤めてき  お辞儀をして貰ってき  鉄屑を拾ってき  長年苦労をしてき  於て見てき  苦労を嘗めつくしてき  そこから不幸が起ってき  離室へ越してき  お上さんも上ってき  顔を覗きこんでき  眼をじっと見つめてき  紹介でだろうが越してき  女が越してき  間違いだと分ってき  カフェーから帰ってき  纒ってき  千代紙なんかを買ってき  こんど買ってき  顔をじっと見入ってき  新が降りてき  反抗心が湧き起ってき  気が弛んでき  動きが分ってき  釘を持ってき  物を持ってき  長年やり続けてき  言葉に反き  味もともにかみしめてき  しりありき  役にき  若い衆として、き  神ほき、ほき  結果、き  家が飛んでき  露はしてき  気持ちで、何もかも投げ出したくなってき  お新香が運ばれてき  門から出てき  瞼がふくらんでき  しゃっくりが出てき  晴れ晴れとしてき  涙がむしょうにあふれてき  間代が馬鹿らしくなってき  そのまま部屋へ帰ってき  凝視めて歩いていると、しみじみと侘しくなってき  ように横切ってき  呶鳴りたくなってき  何度もつづけると、ぷいと帰りたくなってき  旅が恋しくなってき  のがつまらなくなってき  厭になってき  女達がふっと羨ましくなってき  ひとがうらやましくなってき  主人のき  東京に疲れて帰ってき  私自身が浅ましくなってき  母がいとしくなってき  私はふっと悲しくなってき  港が恋しくなってき  事が、おそろしく思えてき  事が辛くなってき  歯がじんと浮いてき  波止場へ降りてき  思い出がふっと浮んでき  いた事が馬鹿らしくなってき  二階へ上ってき  新らしくき  二階へ帰ってき  涙が噴きこぼれてき  胸がさわがしくなってき  頬にかかってき  上に見えてき  ずくずくにふくらんでき  死ぬと云えば、すぐ哀しくなってき  鼻唄まじりにいいごき  夜が云いにき  うちに、何とも切なくなってき  私は煎りついて臭くなってき  遠吠えが聞えてき  登用され出してき  秘密が愛されてき  製皮も禁ぜられてき  ワンと噛みついてき  膝行袴ばき  方へ、降りかけてき  男たちに揉まれてき  身になってみれやあ、こう出てき  袖にも、今にき  金もなくなってき  どこかで脱ぎ、そして、わずかに買ってき  町役人をよんでき  歳暮へき  腸にまわってき  燕が戻されてき  年暮へき  樹下石上をつづけてき  東が、明るくなってき  平調にもどってき  伊勢山田から栄転してき  そばに暮してき  中に漂ってき  眸にき  厳戒してき  鎖がゆるんでき  巨男がとってき  おおかみにつれてき  村里を襲ってき  村を襲ってき  鼻唄をうたってき  だんだん彼に迫ってき  彼は振り向いて、迫ってき  ようについてき  前よりも募ってき  みんなが飛び出してき  ともをしてき  後を追いかけてき  真暗になってき  声が物凄く聞えてき  疲れが返ってき  痛みを覚えてき  から、つい、ふらふらと歩いてき  猟にき  下にすぐ見えてき  器を持ってき  獣を持って帰ってき  山へ入っていたので廻らずに帰ってき  俺は、やりかけてき  こちらに向かって歩いてき  たばこをふかしながら歩いてき  まっしぐらに、うなりながら駆けてき  魅惑をもつてきこえてき  花園をくぐったり、渡ったりしてき  いっしょに飛んでき  木にき  そうにして帰ってき  鳥がもどってき  空に沈みかけても帰ってき  おみやげに買ってき  おじいさんは帰ってき  鳥に乗って帰ってき  おじいさんが帰ってき  おじいさんの帰ってき  昨夜、帰ってき  太郎は、気味悪くなってき  おじいさんが、帰ってき  茶の間にき  星明かりで歩いてき  雪が消えてき  上に、高くのびてき  法衣をき  海辺にき  人世尤も憐むべき  ときはにあをき  ところへ送られてき  初歩的な、当然き  陳腐で、ありふれてゐて、き  構はないにき  新聞でも持ってき  のですが、這入ってき  アパートを訪れてき  コンサートが聞えてき  ように買ってき  大阪に訪うてき  のが無くなってき  不経済になってき  小雨が降ってき  胚芽を含んでき  一に、めきめき寒くなってき  だんだんすきになってき  だんだん薄くなってき  参考書を持ってき  人間が、入込んでき  東西南北から他国人が入込んでき  所へ逃げてき  から、逃げてき  のでなく、逃げてき  発見して戻ってき  実物がき  流行雑誌を買ってき  長襦袢をき  知らない所からき  私はかいてき  から、歩いてみたくなってき  今まで、書いてき  事も、調べて歩いてみたくなってき  山からとんでき  門へき  いつしよに歩いてき  弛みができてき  事情ができてき  家並が揃ってき  手紙で何とかいってき  恐れが生じてき  遅速ができてき  から突進してき  発展にあらわれてき  空が焦けき  先刻通ってき  ものが冴えてき  筆つきも殊更に調ってき  水ばき  男は直き  お正月も直き  綸をするするするする持ってき  相違はどうして起こってき  衣食してき  おし寄せてき  方が負けてき  刀を揮って斬りかかってき  者はすこし懈ってき  臀にあつまってき  兵士を率いてき  しかたなしに出てき  不意にき  新婦を送ってき  妹を送ってき  女に遇いにき  クエ彦がき  頓使聞こしき  一〇七おちにき  五九つきはき  五ななをき  眠りにき  大変うれしくなってき  スキーで迎えにき  六人ばかりき  いままで歩いてき  連れさんがき  戸田がき  菓子がき  汗をかいて登ってき  途中までき  西洋人がき  日本語が返ってき  下りがき  みごとに下りてき  お正月にもってき  一緒に滑ってき  花びらは、流れて遠のき、き  俄かにき  僕は思わずき  海のき  とこへ入れといて下さるにき  一しようけんめいにおねがひするにき  そこから口笛が聞こえてき  音の聞こえてき  方面から起こってき  空を仰げばどんよりと曇り、今にも降ってき  嵐が颯と吹いてき  近来変わってき  吉野桜が散ってき  人声が聞こえてき  一脈綿々と流れてき  終りに近づいてき  方から聞えてき  着ものをき  口をぬらしかね、残してき  京都からも多く連れてき  華やかにくらしてき  一つ買つてき  味がたまらなくなつてき  ところへはいってき  メートル尺を持ってき  のでは、生まれてき  ようでは、生まれてき  雪が降ってき  遠くから出かけてき  村へ入ってき  男は、持ってき  うわさを聞きましたが、もう帰ってき  ふうをして帰ってき  むかしからき  型をきめてき  お出でを願いたい、と云ってき  めちゃくちゃに飛び出してき  みんな窓から投げ散らしてき  前がぎらぎらしてき  海が光ってき  一匹どこからか飛んでき  様子がはっきりしてき  一人二人ずつ出てき  汽車で帰ってき  二人降りてき  心に伝わってき  光が、次第に強くなってき  中に浮出してき  ように、まざまざに見えてき  虫が飛んでき  あたりがふくらんでき  負けぎみになってき  遠足にき  えんび服をき  飢餓が迫ってき  蝗を捕ってき  僕に働きかけてき  意識にひっかかってき  何だか気持がふわふわしてき  席に戻ってき  孝二くんから手紙がき  様に喜びますけど、直き  肩にまで飛び附いてき  お爺さんがふらりと出てき  夜も闌けてき  差別が、き  程のき  巫女さんを呼んでき  自然に集まってき  精神を生かしてき  国外に押し出してき  なかにもりあがってき  浮浪人はかくして尊むべき  ためにやむを得ず生まれてき  必要から押し出されてき  漸次著しく現われてき  基礎となってき  ものでもなくなってき  もちものではなくなってき  沽かし、そうばかりして、食いつないでき  米を運んでき  長屋に入りこんでき  貧乏に鍛えられてき  おいおいに詰ってき  品物を送り届けて帰ってき  道幅いっぱいになって押しだしてき  村に流れてき  沼尻へ入ってき  話でも持ってき  浦浜へ流れき  北西風が強く吹き募ってき  押入から出してき  ところへ入れて置いて、帰ってき  方から疾風のように駆けてき  不安がまた蘇ってき  家に残してき  外はだんだんと騒々しくなってき  どこから電気を引張ってき  十銭貨幣とが出てき  懐中時計を探し出してき  殺人現場から拾ってき  から預ってき  ときに、よく起ってき  歌声が、聞えてき  前からフラフラ出てき  酒壜を放りだして、慌てて飛んでき  女が持ってき  男だと思って貰ってき  いま取ってき  ように言いつかってき  嫉妬されてき  ほど、なんだか恐ろしくなってき  上を吹いてき  胆が据わってき  前から響いてき  誤差が出てき  そこへ流してき  一つ妙案が浮んでき  急にねむたくなってき  何処から潜りこんでき  方に寄せてき  戸を開けて入ってき  グデングデンに酔っぱらって帰ってき  真逆ここまで入ってき  振舞いが見えてき  速水輪太郎から預ってき  お前が持ってき  裏口から出てき  上から吹き上ってき  匂いが流れてき  幸運が転がってき  だんだん軽蔑されてき  あたりにだんだんと掛ってき  下から聞えてき  僕はなんだか恐くなってき  僕に飛びついてき  我が身ながらいじらしくなってき  欝血が取れてき  しか役所ぢかくまで戻ってき  愕いて駈けよってき  逆行してき  僕の入ってき  前まで出てき  後には集ってき  ジクリジクリと、噴きだしてき  とき何となく外が騒々しくなってき  音などが一しきり喧しく響いてき  同情してき  耳を寄せてき  ソッと寄せてき  耳に持ってき  どこから集ってき  懐中から奪ってき  騒ぎになってき  マスミから掛ってき  付け髯とが出てき  後になってハッキリ分ってき  要求を致してき  どこからかかってき  戸をこじあけて入ってき  部屋へ行き、何やらしきりにやっておりましたが、やがて出てき  警視庁へき  中もすこぶる熱してき  罎をもってき  伊豆山からハガキが度々き  二十分ほど過ぎて帰ってき  壺から走りあがってき  空家へ持ってき  事件に加わってき  警察に見せにき  者には、き  世紀末がき  ますますはげしくなつてき  やうにわいてき  片足のき  六絃琴をもつたごき  十匹も出てき  いつのまにか歩いてき  夕暮れがせまつてき  垂直に堕ちてき  過去から可憐に飛んでき  時間にきてとまる、そしてき  遠くの空から飛んでき  土にき  燈が見えてき  意識がめぐってき  その後からき  薬を取りにき  考えがちらと浮んでき  番兵が引返してき  ここへ連れられてき  女を見つけてき  眼も覚むべき  はりにき  開顕されてき  親鸞にをき  信心にをき  釈意しつつき  今まで当然として受取ってき  ぼんやり目前に浮かび上がってき  水が赤黒く濁ってき  ものを探しに生まれてき  上に働いてき  方向へ追詰められてき  ものに変わろうとしてき  幸福を求めてき  意味を尋ねてき  悟浄に解りかけてき  昇華されてき  水の上から射し込んでき  陶然としてき  匂いが漂うてき  訴えにき  キリストは、き  自分も下りてき  上においてのみ栄えてき  車にのせてき  気がして出てき  お迎えがき  難行道を通ってき  少年がとりにき  ゲラゲラ笑えてき  ことに気がついてき  内に熟してき  眼に湧いてき  鐘はき  みんなでおまへのごき  依頼がき  大トランク二ツぶらさげてき  吉田八十松さんがわざわざ持ってき  宙から起ってき  方まで歩いてき  縄をといて出てき  アタフタかけこんでき  靴下ばき  電燈を消してき  寝室へ忍びこんでき  夕方にき  見幕で走ってき  真一文字にき  ところが多くなつてき  場所を踏んでき  夜着物をき  ところからわたしを訪ねてき  哲学を好んで学んでき  道を求めてき  日本へき  行を共にしてき  ぢやがの、連れてき  オフロへはいってき  目をハッキリさせて戻ってき  背にき  何を忘れてき  から、取ってき  篠笹を切ってき  薮から切ってき  行つて歸つてき  観照してき  清むべき  酷であるが、き  暴力が、如何にもき  の最も卑しむべき  三間をき  馳け付けてき  それで殴りにきた、立ちあがつてき  中に堕ちてき  叫びつづけてき  静かに醒めてき  向うから泳いでき  鮪が泳いでき  舞台に出てき  光栄が巡つてき  房雄は入りき  今はなれにき  これといふき  立聞されしもつゆしらず、はなれにき  訳、何やらき  ところは始めてなれば、何やらき  お座敷を見てき  姉さんがき  お前マどうしてき  仕様なければ、どうにかしてかへさんと、き  おれのき  家を出てき  今宮もおきてき  ものですから、つひぬけ出してき  さしはき  真ん中へ持つてき  猫の子一匹訪ねてき  畑から帰つてき  御殿にき  森までき  方へひびいてき  魚はき  水面にうかんでき  光つた服をき  しげみから出てき  小父さんにき  小鳥があそびにき  鏡をもつてき  竹きれをもつてき  日大風がふいてき  午後五時がき  づ先に飛んでき  愛馬をひきだしてき  ところまで、き  馬賊が押しかけてき  大将が押し入つてき  くつてき  窓際に立たしてをき  兵隊が押しよせてき  酔もだんだんとさめてき  驚ろいてき  そく乗つてき  無駄口をき  寺院から一里もき  騎士はどうしてもき  中に置き忘れてき  後を追ひかけてき  どこかに忘れてき  旅行してき  方に、走つてき  言へなくなつてき  油が乗つてき  旅行をしてき  塗つてをき  やうにふくれてき  漁から帰つてき  尾ついてき  衣装をき  それやつてき  一度にこみあげてき  鶏小舎へかへつてき  やうにおもくなつてき  横合からやつてき  注進にき  冒険を重ねてき  電報を受け取ってき  一さんに戻ってき  いまのぼってき  ぶんだけ帰ってき  いちめんに落ちてき  三人連れてき  あやしい声がきこえてき  泣声がちらっとまた聞えてき  一生けん命走ってき  一さんに戻つてき  泣声がちらつとまた聞えてき  一生けん命走つてき  近くへ飛んでき  少女が、出てき  彼女が出てき  集まつてき  どこから持つてき  面会を求めき  大楠公としてき  辺までを、どうやら書いてき  目につき出してき  種々に書かれてき  ほか持ってき  中で書いてき  刎ね返ってき  粗野になってき  若い人がよく出てき  うえで近づいてき  これまでに書いてき  鎌倉に残してき  名にかぶせられてき  郵送してき  胸につかえてき  蓮華寺が知られてき  人を書いてき  申をき  労をついやしてき  従来、ずいぶんひろく読まれてき  子供達はき  掩ひかぶさつてき  男湯に、はいり込んでき  蘭沢が飛込んでき  麗さんがき  白粉をぬつてき  考案をしてき  下等動物を入れて、き  群が泳いでき  群は戻つてき  見得をき  若い警官が現れてき  三十里歩るいてき  歩るいてき  横緒がぬけてき  首に落ちてき  中から、盗んでき  襟首にのびてき  力をいれてき  小便をしてき  新潟から女中がき  嘔吐気さへもよほしてき  枕元まで運んでき  いま夫人の運んでき  台所に連れてき  気持がをちついてき  親戚から貰つてき  場にをき  席は益々乱れてき  フランスからやつてき  外套を持つてき  俳優を連れてき  土地から流れこんでき  それを忘れてき  ものが、ムラムラとわいてき  つてをき  悔恨がひしひしとわいてき  自分のもつてき  語つてき  ばつた凍へがしだいにとけてき  八分をき  理論をひきだしてき  そこを踏み越えてき  廃墟からでも求めてき  鳥類をもつてき  中を生きぬいてき  つて築きあげてき  余地のないほどにも描かれてき  ひた押しに押し切つてき  変へてき  しみをしてき  押へてき  画を描いてき  両側から攻めてき  中に挟まつてき  幼少から所謂人間苦労をしてき  辺りから発揮されてき  頑張りをしつづけてき  看過されてき  黙殺をうけてき  墨で叩きあげてき  間悩んでき  ぶんされてき  方法としてもつてき  ボツボツと見えてき  取扱つてき  洗ひ落してき  作品をかきつづけてき  柿を描いてき  拝見してき  幾度となく繰り返されてき  加へられてき  画家によつて描かれてき  時期がき  人物が生れだしてき  日本画家放庵は、生きつづけてき  連続的にしてき  覇をき  手にかけてき  画題を引きずり出してき  事実が起きて、次いで起つてき  これまで辿つてき  断裁してき  写実主義者として歩んでき  点で叩きあげてき  作者はき  揃へてき  是非個展時代がき  究極点にき  宿命がき  開きができてき  絵にき  加はりかけてき  映画監督がき  絵を描いてゐるにき  外遊してき  絵を書いてき  夜通つてき  世の中が組織だつてき  精力主義からき  郷里を飛び出してき  路へ戻つてき  尺度を求めてき  行つて感心してき  コースをたどつてき  透徹してき  図式化されてき  牽制をうけてき  実が落ちてき  扱はれてき  直前まで、書いてき  人間が暮らしてき  帰着してき  方を、書いてき  摸索して書いてき  出動してき  賤しまれてき  一回から主要人物として書いてき  六十四歳までを送ってき  興味をもち出してき  常例としてき  歴史を繰返してき  人間に書かれてき  思いを積み重ねてき  腹巻を買ってき  これ以上は、なんだかき  局面にき  前へ出してき  それを書いてき  真実性をもできるだけつとめてき  国際的になってき  累代つづいてき  きのう体験してき  註をしてき  男どもに、虐げられ、抑えられ続けてき  権威が、決定づけてき  杉本氏には、せっかく出来てき  暮らし喘いでき  恩をうけてき  分家から持ってき  名が、勿体ぶってき  往時などが、ひとり思い出されてき  おなかがペコペコになってき  健吉さん、のっそり降りてき  駒ヶ林附近へ出てき  僕についてき  べんとうをもつてき  弁当をもつてき  足もふるへてき  枝まで降りてき  望遠鏡をもつてき  お腹が痛くなつてき  お腹がチクチク痛くなつてき  天井から大雨が降つてき  ところに出てき  んですよまたき  看護婦さんが走つてき  追手がき  地球が近づいてき  寝台から落つこちたりしてき  中にフッとでてき  わたし体が軽くなつてき  わたしなんだか寒くなつてき  殺伐にばかり歩いてき  宮本武蔵はしがき  変革をとげてき  研鑽してき  たか、どう歩いてき  生活は、次第に難しくなってき  気持ちははっきりしてき  瓦斯灯からぬけだしてき  黄色に熟れてき  苦患を少しでも経てき  急にいろめきだしてき  たまたま身につけて生まれてき  手紙を寄せてき  名声隆々としだしてき  ノコノコ高座へと上がってき  ことを考えるとまた新しい憤りさえ含み上げてき  右左に別れてはき  向ばき  脛ばき  どこからか聞こえてき  百余枚ほど書いてき  霧が這ってき  光がさしこんでき  涙がはふり落ちてき  瞼にちらついてき  手をいれてき  レコードがせわしなく聞こえてき  上手がでてき  引き伸ばしの出きてき  花屋から届けてき  茶を汲んでき  茶を捧げて持ってき  心は怪しくなってき  少女からもらってき  男は怒って帰ってき  しょんぼり入ってき  世話をしにき  うちにと送ってき  ノッソリとあがってき  仕度を運んでき  香港から引揚げてき  近所へ引越してき  あとで、追っかけてき  小説、できたら、持ってき  膝をのりだしてき  ブラ下げてき  三つとりだしてき  紙入れ、持ってき  紙をとりだしてき  碁盤をひきだしてき  カラにしてき  謎ときゲームとして愛してき  見物人がき  目にうつってき  君が釣ってき  川へいって釣ってき  木田は、喜んでたずねてき  みかん箱を持ってき  土びんと持ってき  ことを考えつつ歩いてき  中にわいてき  裏から持ってき  頭を刈りにき  風教を依持す可き  われ先にと集まってき  写真があったら借りてき  写真を持って帰ってき  こと帰ってき  お母さんに会ってき  模様を見せてくれとさえ言ってき  ものをつけたなり出てき  頭蓋骨を盗みにき  警視庁へ呼んでき  木箱を持ってき  小田さんが出てき  さっき警視庁へ連れてき  二人入ってき  小僧をつれて入ってき  安心して見にき  果たして頭蓋骨を盗みにき  雪がちらついてき  白米一俵とりにき  云ふてき  卒業試験が近づいてき  神西清がき  本だと分かると、き  手にころがり込んでき  から、食べにき  殊に爽涼が訪れてき  豊前国からすっぽんがき  豊前国から持ってき  漁師が捕ってき  砂地へ這い上がってき  網に掛かってき  とたんに突きあげてき  スッと倒れかかつてき  ことがわかつてき  方から明るんでき  ひびきのぼつてき  御膳をひっくり返して抱きついてき  越後上布をき  そこにいつもき  つながりがとれてき  着古しをき  いま飛んでき  私はまたき  文句をき  中形をき  粉本からでも借りてき  雜誌はどうもき  横濱から買つてき  非常に心強くなつてき  展覽會を見にき  春が早くき  ガウンでもき  どさくさと逃げ後れたり、どちをふんでき  時節のを採つてき  趣きを持つてき  ぎろつと出てき  踊場から聞えてき  部屋に這入ってき  サルーンにでてき  六年ぶりに帰ってき  男たちがき  奥にかけこんで、また出てき  金貨をもつてき  人がおしかけてき  たくさんもつてき  顔色をかへてとびこんでき  小僧をつれてき  いつまでも、もどつてき  いやきがさしてき  船にもつてき  矢がとんでき  蔭から次々にとんでき  しり出てき  船からおりてき  綱わたりをしてもどつてき  土人たちはいちどによつてき  ものまできこえてき  わたしたちがおちこんでき  それにつかまつてあがつてき  洞穴を見にき  ルバーシカをき  ブラウズをき  うかうか話をしてき  方へ行ってき  警察さあげられて、まだ帰ってき  このごろたくさん目についてき  発見させられてき  みなそこから出てき  こはき  貧乏神が地上におりてき  畑から逃げだしてき  からくりから借りてき  校舎から低くぶつぶつ聞えてき  甲虫がまごついて飛んでき  徘徊にさまよいでてき  ザールダムから持ってき  群が飛びだしてき  ひとり闖入してき  畑から聞えてき  ほうにまわってき  愛馬に乗ってき  広間から音楽のひびきがきこえてき  総出で集ってき  夜なかに出てき  橋までき  イカバッドがこそこそと出てき  鶏を盗みに行ってき  心をうばいに行ってき  げに越えてき  農家から聞えてき  もう少し近くにき  幽霊が出るといわれてき  木立が開けてき  からニューヨークに行ってき  本を抱えて戻ってき  相違がはっきりしてき  ふいに挙げて、じいっと見入ってき  何度も浮んでき  頬に浮んでき  海へでも行ってき  感じが浮出してき  茶の間に引返してき  眼頭が熱くなってき  嫁さんが出てき  顔をせずに、すぐにき  百姓が、はいってき  ボンは喜んですぐに走ってき  新たにき  戸口から尾を振りながら入ってき  ボンが帰ってき  ボンが、どうして生きてき  足もとにすりよってき  それがどうして生きてき  たしかにボンが帰ってき  みんなそばにき  戸口を入ってき  どこからも走ってき  二人の入ってき  人のき  あの世からたずねてき  おじいさんが迎えにき  シツケてき  翌朝は不き  ことを、き  心により、直き  おわびをして帰ってき  あたりにごたごたと集まってき  女郎をつれて出てき  自分で帰ってき  崑は入ってき  ことをやめて怒りながら帰ってき  十娘が帰ってき  ことが聞えてき  往って返してき  父様が走って送ってき  目にあわされるぞ、たとい死んでも、帰ってき  御願ほどき  やつて直き  うちに直き  盃を重ねて、直き  競争者があらわれてき  なにかを持ってき  九月末宇野浩二氏から電話がき  云つてやつたのに、たうとう訪ねてき  座蒲団をもつてき  話なんかしてき  お湯がぐらぐらにたぎってき  赤坊があきのき  手をのぞき込んだ、き  性質はよほど薄くなってき  今時分はき  枕許に坐つてき  息を切って帰ってき  ここへ襲ってき  法廷で困ってき  サイラスにぴんとき  気違いざただと考えてき  自分にき  靴にはきかえてき  彼にかすりき  台所から水をもってき  ほうから汽笛がひびいてき  いつ誰が訪ねてき  家にはいりこんでき  小枝を取ってき  時初めてき  家政婦が帰ってき  斜面からプラットフォームへあがってき  プラットフォームへあがってき  プラットフォームにでてき  いちばんあとからプラットフォームへあがってき  うそばへよってき  私たちは見てき  電報で知らせてき  右からき  いままで見てき  どこからか出てき  どこからか運んでき  駅長がかえってき  帽子はでてき  ひとつの輪が出てき  突込んでさぐっていたが、すぐまた帰ってき  帽子はもう出てき  いまちょっとここへき  顴骨が目立ってき  光景がはっきり浮んでき  静かに澱んでき  眼は熱くほてってき  眼がくらんでき  ものがじりじりと迫ってき  まり静かに入ってき  ところまで持ってき  皮が突っ張ってき  北上してき  浪立ってき  ように硬ばってき  コッソリ引き抜いてき  十一時がき  土耳古で買ってき  信長をたずねてき  信長が戻ってき  道服をき  ワリニャーニのつれてき  朝廷から綸旨がき  彼にたよってき  うまいことを言ってき  如くに忽然として現れてき  鷲津にせまってき  注進がき  釣から帰ってき  屏風をおしのけて、出てき  坊主がき  特に指定して逐一き  膝もとへ押しよせてき  前に進み寄ってき  発見して歩み寄ってき  同志から電報が舞い込んでき  亢奮して戻ってき  指紋を採りに入ってき  どこから聞いてき  事件をもってき  事実が現われてき  だんだん効力が失われてき  結城などき  ちゃんちゃんこをき  式場から帰ってき  出発前に見てき  式場から歸つてき  聲が聞えてき  發前に見てき  一人飛び出してき  千草姫は迎えにき  だんだん人がふえてき  だんだん昇ってき  みんなで出てき  あいだ軍隊からかえってき  うちにかえってき  ほんとうにかえってき  健ちゃんがき  ところへ歩いてき  屋根から降りてき  まごまごしていたら、近よってき  みかんを持ってき  きばなんか持ってき  顔がすこしやせてき  だんだん寒くなってき  方からこおってき  だいはこわくなってき  血がのぼってき  青青してき  花の匂いがとてもにおってき  のこぎりを買ってき  宇都宮から持ってき  気が弱くなって、黙って出てき  種をあつめてき  恥辱を受けるにき  結果は、たいていき  あたりをき  いまごろはき  おれをき  づたいてい迷惑がられ、き  寒いにき  声を出して、たいへんごき  舌をき  聲を出して、たいへんごき  時はよいけれど、少し汚れてき  井上さんが連れてき  発散してき  こちらへ徐々に近づいてき  キリストは近づいてき  ように、しのびこんでき  知覚がき  音とが、戻ってき  記憶に群がりながら浮んでき  私におそいかかってき  いまあらわれてき  食物を食いつけてき  群れをなして駆け集まってき  心に入ってき  ますます平たくなってき  手紙認むべき  何時か、知れるにき  楽隊がき  伴れて這入ってき  何か訊きにき  多くを見てき  女学生を雇ってき  店へ這入ってき  伴れ出してき  故国にのこしてき  いま帰ってき  綺麗にして持ってき  掃除して返しにき  顔で、提げてき  ように拡がってき  人となってき  切符を売りにき  不可思議を見てき  日本から伴れてき  婆さんは残してき  一挺トランクへ入れてき  自分の残してき  日本紳士が立ってき  日本人が出てき  から、出てき  宅へ帰ってき  それこそどしんと押し寄せてき  一台駈けぬけてき  以来頭上にいただいてき  闊歩してき  戸を押して這入ってき  下に盛れあぶってき  眼下に迫ってき  タキシを追ってき  案内者がついてき  一家眷族みな出てき  いい気に進めてき  ひとり絵を売りにき  日本人が舞いこんでき  手押車がき  巴里へ行ってき  私は現に見てき  順々に出てき  四つ、ひょこひょこ出てき  引率して見せにき  南方に行われてき  マルセイユから逃げてき  食卓へ移ってき  ら脱船してき  自室へはいってき  櫛を持ってき  お婆さんが出てき  饒舌家は間もなく引っ返してき  帰り支度をしながら、き  どんどん割り込んでき  あたしいま香料浴を済ましてき  貨物列車へ打ってき  以来理事長をしてき  隙間から流れ込んでき  トドメをさされて戻ってき  オナラが出かかってき  それで通してき  もらい泣きをしてき  顔色がすぐれなくなり、やせてき  食慾がなくなってき  ノドまでつまってき  鬼そのものに見えてき  だんだんつきてき  のがでてき  味を知らずに過ごしてき  お母さんがとんでき  床やさんがき  まきをき  うち空襲が激しくなつてき  縁談がかかつてき  都合はいつがいいかと切り込んでき  美耶川さんが持つてき  靈もき  一枚掴んでき  切符まで持つてき  だんだんに見えてき  使つて暮してき  爲何一つ持たせず出てき  混つてき  彼は訪ねてき  ぢき追ひかけてき  生きいきしてき  暗然としてき  羊羹羽織を出してき  脚元へ落ちてき  過ぎに帰ってき  筆跡にそっくりになってき  がんがんしてき  苦しみに堪えてき  顔をして起きてき  さがむらむらとこみ上げてき  僕を殺しにき  氷解してき  筆跡に似てき  のが恐ろしくなってき  胸に重りき  頃東から上ってき  世界へ逃れてき  影を投げてき  止めどなくこぼれてき  てつぱうをさげて、とんでき  ピユーピユー四方から走つてき  自分でもぽかぽかしてき  不要になってき  どこからともなく集まってき  方から渡ってき  唄などを聞いたり、見たりしてき  城の奥深く入ってき  おまえのき  世の中を見てき  側に寄ってき  諸国で見てき  島に帰ってき  城へ帰ってき  大変ごき  お姫さまが、ごき  扉をこずき  遺伝性黴毒からき  眼にまで拡がってき  胸にぴったりき  無理に縋りついてき  孤立してき  前にいつも浮んでき  私に飛びついてき  気がむしゃくしゃしてき  ように、しきりに通ってき  三四軒寄ってき  人影が浮出してき  顔も浮んでき  不注意から、残してき  つかしんで飛んでき  子供が勢いこんで飛びこんでき  駈歩で戻ってき  行つてとつてき  勢ひこんで飛びこんでき  駈歩で戻つてき  映画を作つてき  映画を育ててき  良心的に悩んでき  のもできてき  一頁を埋むべき  色をした卑しむべき  留守宅にあづけてき  関東地方へき  異常に躍ってき  酒匂へき  鮎が追いつ、追われつして、互いに絡まりながら泳ぎ出してき  吹出物がでてき  自分を今にき  私のものにき  自分から買ってき  ものを時々見受けてき  美術品を買い求めてき  これだけもろうてき  飮みにき  やすらけき  翌朝紋服にき  本をさがしにき  搜してき  願ひしてき  手にもつてき  息ぶきももう薄れてき  彼女を送つてき  通り拔けてき  前夜考へてき  ねつてき  くせツケがき  たいがいシルシ半纏をき  ミカン箱をおいてき  現実とはなれてき  現実が分かち難くなつてき  旦那がき  小田原へ逃げのびてき  注文をつけてき  女房について送つてき  ワッと泣きこんでき  如くに訪ねてき  縁側へき  縁側へ戻つてき  手をはなして、出てき  医者をよんでき  そこらへき  山吹をもらってき  おまえが、もらってき  家から、もらってき  これまでに払ってき  気持ちが、押さえても押さえても湧き上がってき  さも襲ってき  店から配ってき  私たちにわかってき  筋道がついてき  看護ができてき  結果として生まれてき  からこぞうがないてき  んとてないてきたさむいとてないてき  どこからか伝わってき  身体が疲れてき  落葉を拾ってき  にわかにはっきりしてき  翁があがってき  仔猿がおっかけてき  それから、のっそりとはい出してき  彼女に起ってき  結局つまらなくなって戻ってき  意志だけでもき  使はれてき  過去に持つてき  鬪つてき  例としてき  文化にふみかためられてき  混血してき  何か、き  愛にも育まれてき  夏柳は、茂り垂れてき  燒酎も出てき  女が殖えてき  そこでは、き  感想は、き  河鹿を捕へてき  詰てき  馳けおりてき  續いてき  高山右近をもつてき  なつたりしてき  つまり色氣がなくなつてき  經てき  うちに育まれてき  自分を作つてき  支度にき  滿たされてき  原色に染まつてき  柄をもつてき  つて、正しく克つてき  跡がグッとへこんでるから、直き  事じゃ直き  デレゲェション・バッジを落してき  合宿に忘れてき  けが、はっきりしてき  扉をあけ、飛びだしてき  ブレザァコオトをき  ことになりましたが、やはり出来てき  猛烈に、起ってき  人波をかきわけ登ってき  反対側から、廻ってき  から誘うてき  レザアコオトをき  女学生服をき  大声で、見てき  波止場も見えてき  今でも浮んでき  甲板に攀じのぼってき  燦然と、迫ってき  飛ばしてき  笑い声が、追い駆けてき  ぼんやり坐ったり歩いたりしただけで、帰ってき  更衣所にひき揚げてき  こちらは可笑しくなってき  速力ですべり落ちてき  風に流れきこえてき  床屋までき  大学生が入ってき  亜米利加三界まで流れてき  面も萎れて登ってき  ときから駆けてばかりき  脚が写ってき  腕を組んで出てき  無性に腹が立ってき  金沢が帰ってき  ごそごそしていたし、出てき  気恥かしくなってき  ぞうっとして、急いで、振りきって、帰ってき  日の丸の旗がちらちら見えるのに、負けてき  姿態が浮んでき  娘さんじゃき  活氣づいてき  私達はき  一行位書いてき  伊太利から持つてき  ロシアから亡命してき  ぱり出してき  帽子をかぶつて出てき  梗概を書いてき  照子はあたふたと降りてき  其処に現われてき  彼にも伝ってき  其処まで考えてき  興奮が伝わってき  統一されてき  のが、はっきり分ってき  注意が向いてき  眼瞼を溢れてき  パデレウスキーをつれてき  台所から引っ返してき  一枚も出てき  台所から出てき  必死になって飛びかかってき  苛責にとらわれながら、帰ってき  寺を志してき  中に銘ぜられてき  洞門から出てき  蟇のごとく這い出てき  極度にまで、張り詰めてき  助に徹してき  ありありとして映ってき  原稿は極めてき  のを喜んでき  傾向が嵩じてき  友が訪れてき  女占師が這入つてき  九巻を持ちだしてき  芥川龍之介を訪ねてき  孤独の思ひが流れてき  つて行つてますと、き  何処からか聞こえてき  飛石を渡ってき  徐かに甦えってき  慶太郎が渋りながら降りてき  先きにき  慶太郎へだけはひた秘しに秘してき  憚かってき  関りをつけてき  横尾から電話がかかってき  園子が入ってき  顔で入ってき  侮蔑感から身内が熱してき  園子の持ってき  離れへ入ってき  姿のみを眺めて暮してき  伊予子の見てき  つねさんが出てき  健康感がき  活気をとりもどしてき  慶太郎が降りてき  眼ざしが変ってき  おしもを興味深く眺めてき  ことが嬉しいらしく、き  生き甲斐を感じてき  手を振って、き  急に捗ってき  ように、と頼みこんでき  呉服屋が染めあげてき  唐沢氏が入ってき  雷雨雷鳴が襲ってき  別館に移ってき  西空から差し出てき  本館からこちらへ移ってき  皿を持ち出してき  ぱっぱっと差し込んでき  異変を持ち出してき  霧がはれかかってき  千代乃がまた上ってき  方からしばしば話しかけてき  陽が照ってき  製菓会社がいろいろ出来てき  話が向いてき  火葬にして、帰ってき  筆が乱れかけてき  喪服を持ち帰ってき  柿沼からなにか言ってき  客は僅かだったが、次第にこんでき  危い橋を渡ってき  眼差しはまた陰ってき  胸に立ちこめてき  ことが、ありありと蘇ってき  胸元にこみあげてき  気持ちが分りかけてき  懸念が生じてき  実行す可き  一考す可き  用を弁ず可き  儀式には行わる可き  波江さんにひっかかってき  評論家として少し知られてき  みんな酔ってき  聞えよがしのあてつけも出てき  中途でやめ、つかつかと寄ってき  気持が、次第に大きくなってき  もの、ばかくさくなってき  気持がわいてき  今村ものっそりついてき  料理が運ばれてき  無性に腹がたってき  ように湧き上ってき  女の持ってき  金を払わないで逃げてき  村へ売りにき  悪いことがあるというので、売りにき  明暗にかかわってき  率直さをほむべき  精が出てき  なかからでてき  明朝たずねてき  饒舌がきこえてき  記者がかけつけてき  約束のもの持ってき  上で越してき  家で、ぜひ住んでくれないかと云ってき  温度計を買ってき  自分がばからしくなってき  幸ちやんはどうして好いか判らないのでき  四十九日目にかえってき  せいではなく、どうやら訪ねてき  襟首にき  殆ど眩惑さえかんじてき  交る迫ってき  根本を切ってき  内に、直き  づますやうにしたが急にき  錆がき  障子を越し、すーっと迫ってき  天井からおりてき  刀を置いてき  刀を持ってき  予の堪へ得可き  自分はその卑しむべき  麻縄を持ってき  一歩一歩近づいてき  船から船唄が聞えてき  命日だけにき  ブウちゃんなどが集まってき  忘却されてき  過去から生成してき  ことを論じてき  心は落ちついてき  ぼくをたずねてき  無事にもどってき  身体がころがりこんでき  破片がとんでき  艇をぶちこわしはしないだろうかと、き  帆村はまえへ乗りだしてき  三根夫は、いまやすっかりき  ことを、知らせてき  なかにとびこんでき  現場へき  からだをまえに乗りだしてき  司令艇へ帰ってき  みんな起きてき  誰でも起こしてき  エコーがもどってき  無電がかかってき  ギンネコ号は、いぜんとはうってかわって、いやにき  おれの乗ってき  ちゃんと引っかえしてき  きみもついてき  ことをいって、き  スコール艇長のもってき  ちょっとこっちへき  こんど持ってき  外から電話がかかってき  ようすをよく見てき  事態になってき  なかへはいってき  ギンネコ号にもどってき  艇長室から逃げだしてき  ほうからこっちへ伸びてき  下からぐんぐん伸びあがってき  ものが伸びてき  いるか、ようやくわかってき  暗黒がき  下からのびてき  きのうここへはいってき  軍隊をひきいて乗りこんでき  姿なき声は、べつにき  下から上へ伸びあがってき  みなさん、よくはるばるき  声につづいて、き  ものかげからとびだしてき  胸のまえへき  びんろう樹などを切ってき  香がぷーんと匂ってき  かわりにいってき  あす持ってき  おかしさがこみあげてき  扉をひらいてはいってき  帆村がはいってき  ほうへ向かってき  地球から持ってき  だんだん手のこんでき  三根夫に借りてき  ハイロに会いにき  南京ねずみをいれて持ってき  一ぴきずつあげて、き  あとをよく頼んでき  温室村へき  弁当に持ってき  気がめいってき  横へき  三十メートル前方に見えてき  四方からのびてき  変装してやってき  あそこへおいてき  あやしい者ありと知って、かけつけてき  帆村荘六がとびだしてき  テッド隊長が迎えにき  ほうへ歩いてき  写真にうつしてき  秘密撮影してき  撮影録音してき  声が、すぐとびだしてき  先生がき  完全にととのったと知らせてき  入口をはいってき  隊員はあつまってき  勇士を送り届けにき  暗黒星雲あたりからでてき  これまで盛りあげてき  あなたがたがき  機会はかならずき  理解されてき  神話になろうと努めてき  のぼり候首尾の全き  商売をするには、てき  



前後の言葉をピックアップ
来なさら    気が付く  木津屋  気が付け          


動詞をランダムでピックアップ
来なさら富めおびく食お立て直すみがこいつくいれおり隔てよ輝かせ打ちよせまみえる列ねさしひびか悔やむ書き出す起こ煮よ取れれ
形容詞をランダムでピックアップ
難う物淋しい愚かしい憂き物珍しく油っこい恥ずかしゅうかしこかっ差し出がましい物寂し男々しく後暗い珍し恐ろしくっにぶかっけだかしよんどころ無し薄暗くづらうえらかっ