「かこん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かこん[動詞]
別荘をかこん  食卓をかこん  光一をかこん  焚火をかこん  吉をかこん  池をかこん  体を取りかこん  子供をかこん  中庭をかこん  集つて卓子をかこん  囲炉裡をかこん  火をかこん  テーブルをかこん  墓をかこん  卓をかこん  円卓をかこん  よう押しかこん  卓子をかこん  塔をかこん  丞を取りかこん  腰かけ焚火をかこん  火鉢をかこん  油田をかこん  千浪をかこん  齋藤を取りかこん  小船をかこん  葭が取りかこん  一つテーブルをかこん  禰衡をかこん  彼を取りかこん  鍋をかこん  課長を取りかこん  両方からかこん  これをかこん  屍体を取りかこん  魏延をかこん  僕を取りかこん  主人をかこん  家をかこん  檻をかこん  私をかこん  店先をかこん  私達を取りかこん  ストーヴをかこん  まわりを取りかこん  それをかこん  エリーザをかこん  周囲を取りかこん  仔犬をかこん  植込を取かこん  餉台をかこん  テーブルを取りかこん  周囲をかこん  大先生をかこん  それを取りかこん  野を取りかこん  陛下をかこん  席をかこん  中央にかこん  ようにかこん  圭太を取りかこん  ものはない、取りかこん  めぐり田をかこん  土塀を取りかこん  新劇を取りかこん  久保一人を取りかこん  同族がかこん  房吉をかこん  帝をかこん  輿をかこん  母をかこん  車座をかこん  能登をかこん  山をかこん  男は、どなっていたが、取りかこん  囲炉裏をかこん  白菜ばたけをかこん  高時をかこん  まんなかにかこん  エキモスをかこん  自分をかこん  白旗城をかこん  小村をかこん  瞳をかこん  まわりをかこん  八幡をかこん  上の丸い頂きをかこん  いくらげを取りかこん  フランシスを取かこん  盆をかこん  ともしびをかこん  船腹をかこん  八手をかこん  町をせめかこん  湯河原をかこん  からだを取りかこん  自分を取りかこん  雰囲気を以てかこん  押っ取りかこん  サモワールをかこん  花園をかこん  アアミンガアドをかこん  一つお鍋をかこん  三方から小さなちゃぶ台をかこん  ヘリコプターをかこん  ストーブをかこん  火野葦平氏をかこん  呉清源八段をかこん  対局者をかこん  湾をかこん  海をかこん  白壁でかこん  男が立ちかこん  燃え上り、かこん  囲りをかこん  一つ一つきちんとかこん  台をかこん  まん中に取りかこん  高島をかこん  小屋をかこん  炉をかこん  城壁をかこん  枕元をかこん  者も、わいわいと取りかこん  彼をかこん  ぐるりをかこん  母親とかこん  それをすぐ取りかこん  将棋盤をかこん  玄関をかこん  女房をかこん  これを取りかこん  三人でかこん  棺をかこん  それらを取りかこん  死体をかこん  穴をかこん  輪にかこん  おかあさんをかこん  火口をかこん  ワクでかこん  ものをかこん  人物をかこん  検査官をかこん  周囲をぐるりとかこん  青年を取りかこん  火がぐるりをかこん  炬燵をかこん  七厘をかこん  比企すげ子をかこん  麦束をかこん  グルリとかこん  ヴァン・タッセル老人をかこん  四方を取かこん  アルコホル焜炉をかこん  遊覧客がかこん  



前後の言葉をピックアップ
カコモコ  カコレ  囲わ  かこわ  囲ん  禍根    過誤  加護  


動詞をランダムでピックアップ
攻め落とそ散らばっはべら零し渋り辿後らせ食せさし迫る立ち直り消え残さしむける物語っ打勝てうらづけはきかえる考えついおどら立ち並ぶかりと
形容詞をランダムでピックアップ
あさ手がたい名高し重しここちよしむごたらしき勿体なきねたかん高いちかけれまずしき慌しかっ輝かしく根強い清々しきあかる大人しくっむつかしから忌々しい