「かき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かき[動詞]
火鉢をかき  一日二日だとかき  胡座をかき  神経をかき  髪をかき  汗をかき  双方歩み寄ってかぎ  頭をかき  ビッショリ汗をかき  金魚鉢をかき  鬼胎をかき  あぐらをかき  襟をかき  浦はかき  助平ごころをかき  かい、つきぬけ、かき  上から金髪をかき  胸へかき  一個をかき  冷汗をかき  袖をかき  爪をかき  一生けんめい水をかき  鼾を小さくかき  落葉をかき  ようにかき  とおり胡坐をかき  胡坐をかき  ものをかき  品物をかき  泥もかき  逆手にかき  外から垣をかき  名とをかき  臭みをかぎ  上へかき  安坐をかき  巧みにかき  べそをかき  趣をかき  水をかき  恥はかき  ものがかき  手紙をかき  作をかき  ためにのみかき  手紙がかき  三角印だとかをかき  前髪をかき  童話をかき  匂をかぎ  泥をかき  香りをかぎ  ところをかき  返事をかき  形にかき  十字をかき  僅かにかき  雪のかき  詩をかき  人生を見てかき  夜はかき  字をかき  膝をかき  空気をかき  養をかき  表紙画をかき  原稿をかき  午一月吉書などかき  それをかき  匂いをかぎ  つて胡坐をかき  ことをかき  頭をもしゃもしゃかき  中をかき  急用をかぎ  御主用をかぎ  畫もかき  騎馬武者をかき  沈灯火かきかき  娘をかき  左腹をかき  兎に角小説をかき  頭を掻きかき  孤をかき  抽斗をかき  ほつれ毛もかき  麻のごとく、かき  前でかき  空室があるかどうかき  赭土を食いかき  むかし山東庵京伝洒落本をかき  前にかき  灰をかき  袂をかき  私をかき  殿は又かき  ツと喰いかき  言葉を送るとかき  本にかき  本をかき  奥をかき  世界史がかき  手でかき  葉書にかき  押入をかき  彼女をもかき  秘密をかぎ  霊域をかぎ  ようにかぎ  眼をかき  時にかぎ  お玉をかき  自分がかき  テーマをかき  人形のかみをかき  続篇をかき  ベソをかき  短篇をかき  鼻をかぎ  ずみをかぎ  すみずみをかぎ  すすきの根をかき  時に直ぐかき  大急ぎにてかき  関心をかき  ガウンをかき  絵をかき  何というかき  逆にかき  角髪をかき  うつしかけを又かき  作品をかき  千葉先生のへかき  一寸反駁論をかき  鼾をかき  額がかき  随筆をかき  辞典類をかき  口臭をかぎ  しら髪をかき  春一つの檄文をかき  たくさん小説をかき  性格をかき  裏をかき  文をかき  小説をかき  頭をかきかき  ひまさえあればかき  事をかき  大尾をかき  いつか小説にかき  珍物をかき  小説にかき  盛つた樣にかき  大いびきをかき  蹴爪をかき  綺麗にかき  玩具箱をかき  金髪をかき  裡をかき  土をよくかき  海をかき  名をもかき  胸をかき  後れ毛をかき  鬢をやさしくかき  ほつれをかき  器用にかき  ほつれをしなをしながらかき  襟もとをかき  毛をかき  裾前をかき  動物臭をかぎ  雲をかき  領巾ふりけむと、かき  ネクタイなどをかき  返書をかき  裾をかき  あとで、かき  髪の毛をかき  ほつれ毛を美しくかき  妄念をかき  葉子をかき  静かにかき  襟をぐっとかき  胸にかき  地をかき  からだじゅうにかき  手を浸して、じゃぶじゃぶとかき  絵がかき  咽喉をかき  茶碗をかき  涙ながらにかき  のだから、かき  鋏を持ち出して、やたらにかき  目茶目茶にかき  日にかぎ  においをかぎ  秋をかぎ  庭がかき  続きをかき  着物がかき  頸をかき  頸部をかき  鍋をかき  鼠をかき  円をかき  四角をかき  模様をかき  イビキをかき  縁板をかき  屏風などをかき  寝汗をかき  ほつれ毛をかき  雪、かき  女をかき  臭いをかぎ  鼾でもかき  うそうそとかぎ  あたりをかぎ  それをかぎ  猫はかぎ  地をかぎ  十号をかき  十五号をかき  泣面をかき  かばを、やはらかき  自画像をかき  下図をすっかり消してかき  下図をかき  端書をかき  亡骸をかき  幔幕をかき  男がかき  上をかぎ  中にかき  姉をかき  咽喉笛をかき  一つ鼾をかき  水引をかき  気息のやはらかき  絵もかき  製革工場もかき  一節をかき  悲劇は、どうせ、このつづきにかき  文章をかき  富士正晴氏にかき  原稿のつづきをかき  忠実にかき  コン吉をかき  記念、かき  かつおぶしをかき  顔をかき  かちかちノートにかき  文字をかき  さをかき  名前をかき  羽織をかき  汗をかきかき  柱にかき  涙もかき  巣をかき  絵なぞをかき  雪をかき  人をかき  彼女をかき  ゆるやかにかき  人しれずこそかき  幹をかき  まぜこぜにして、ぶち込んで、かき  はなしだとかき  のをかき  恥をかき  製作慾をかき  ため挿絵をかき  びつしより汗をかき  竹、さかき  新たにかき  つもりでかき  一筆をかき  蓋を取ってかき  今夜にかぎ  心をかき  火をかき  クビをかき  野ばらをかぎ  旅日記をもかき  肩にかぎ  辺ですか、とかき  今日にかぎ  辞職届をかき  ものにかき  金魚入れをかき  ばらがかき  茂太郎がしきりにかき  ところがかき  知らん顔をして、こんなにかき  下にかき  トランクをかき  自由をかき  椅子をかき  それから匂いをかぎ  成否何れにかき  はりをかき  客をかき  小鬢をかき  腕一ぱいにかき  袖をしっかりとかき  雑文をかき  鷹をかき  毎日ベソのかき  面をかき  そうにかき  ゆっくり頭をかき  四十三枚をかき  四十枚をかき  鬢をかき  わたしもかき  壺もかき  おくれ毛をかき  壁土がかき  汽車にかき  ふところにかき  手にかき  部屋中をかき  恥もかき  後生大事にかき  あたりをかき  あやしい戯れにかき  雨はまたくらく、あかるく、やはらかき  暮れもなやめば、やはらかき  切れ端で、かき  大まかにかき  主題にしてかき  私がかき  画をかき  髮をかき  一つ輪をかき  枕をかき  爪でかき  髪を少しかき  情欲をかき  家に入り、やはらかき  慎しみぶかく小ざっぱりとかき  蒲団をかき  名をかき  いびきをかき  画室をかき  沖へかき  良清、かき  源氏が言うと、かき  源氏は、かき  ためにかき  あきずにかき  寝台がかき  調子をかき  横に、かき  明細にかき  夫万吉郎に、かき  水草をかき  明暗をかき  朝子のかき  経歴をこそかき  汝をかき  一冊の本をかき  中にすっかりかき  画のかき  ちりふり、ちりちり、たりたりなどとかき  デューイ氏当選確定とかき  なんでもかき  香をかぎ  無意識にかき  画がかき  あなでもあればはいりたいほど、ひやあせをかき  ことは、まえにかき  ことを、はっきりとかき  残り香をかぎ  からすみまでのこらずかき  危機をかぎ  背中をかき  民話をかき  批判をかき  のどをかき  前をかき  肩をしっかりとかき  酔がかき  琴のしらべもかき  京やはらかき  歌をかき  櫓にやはらかき  皺腹をかき  洗濯ものをかき  髪を一寸かき  汗をびっしょりかき  黒象をかき  良人をかき  自分の最もかき  一葉は何一つかき  科学物語などをかき  水にやはらかき  小説がかき  内輪にかき  香ひをかぎ  地面をかき  肖像画なんか、かき  げにかき  首筋をかきかき  わらをかき  友人をかき  断膓亭日記をかき  デタラメをかき  長篇をかき  ハガキをかき  なにかをかき  赤土をかき  むとて、かき  清らかさをかき  やうにかき  鳥にかぎ  時にかき  程度にかき  淨瑠璃をかき  今月も少しかき  それから小説をかき  バルザックについてかき  今これをかき  苦にならぬとかき  種類のかき  気がないので、又一寸かき  これをかき  月評をかき  二つ随筆をかき  等肖像をかき  文章を一寸かき  別のをかき  お祝いをかき  彼女もかき  匂ひをかぎ  現実的タイプをかき  一枚同時にかき  時評をかき  六信をかき  七信をかき  傍らものも沢山かき  様子をかき  見舞をかき  期間小説をかき  作家論をかき  一つ書き文芸時評をかき  沢山小説をかき  あなたに手紙をかき  野原からかえったらこのつづきをまたかき  ことについてかき  婦人観をかき  現代文学をかき  文学のつづきをかき  のでなくて、かき  文学的覚書をかき  三日にかき  レコードをかき  前に坐ってふと思い立ってかき  昔小説をかき  起床もかき  さっき手紙をかき  手紙にかき  旅行記をかき  のだけれども、かき  心持があるので早くかき  総ざらいをかき  両手優かにかき  おいでになったらとかき  髪をかき上げ、かき  波をかき  髪の解れは、かき  数字をかき  楫をかきかき  なかをかぎ  あれから何拾枚もかき  板垣直子がかき  獲物をかぎ  首をかき  輿にかき  ころから作品をかき  波紋をかき  輪をかき  善行をかき  書物をかき  押胡坐をかき  胡坐でもかき  手胡坐をかき  生活をかき  乱れ毛をかき  鰹節をかき  おまけにかぎ  気にしてかき  たまをかき  いふ場合にかぎ  ピストルはかき  殘をかぎ  いふものにかぎ  五輪の書をかき  のがあるやはらかき  物怨ずるそのやはらかき  むりをむさぼれる目にやはらかき  あとなるやはらかき  稿をかき  先でしきりにかき  抽出をかき  羽やはらかき  所をかき  悪臭をかぎ  いま地をかぎ  道をかぎ  アパート中をかき  南画をかき  筈であるが、かき  大袈裟にかき  彼をかき  手の甲にかき  なんでんかんでん、よかき  ためいきをして、かき  あて名をかき  ドロドロにかき  山の端をかき  耳をかき  紹介状をかき  ちりとりににてもかき  懐中をかき  上にかき  はつきりと、かき  昨夜はかき  /″\にかき  何でもかぎ  極彩色にかき  思想性をかき  横顔のやはらかき  兵をかき  畫をかき  むしやうにかき  人妻をかき  執念くかき  そこをかき  つてほつれ毛をかき  誌上にかき  二部をかき  三部をかき  平面をせわしくかき  腰をかき  筋肉をかき  きれいにかき  ものもかき  今日は、まだかき  先刻彼がかき  苧殻をもってよくかき  塩塚などとかき  馬の背にかき  足でかき  後ろにかき  かたをかき  大事にかき  絵のかき  君をかき  人のかき  朝にかぎ  思いをかき  色をかき  背中をボリボリかき  神経は、かき  御馳走は、あたたかきやはらかき  大小をかぎ  はいをかぎ  何によってかぎ  ひざ小僧をかき  身体をかぎ  七十人、しかしかぎ  おん密事をかぎ  ことをかぎ  腹をかき  文書がかき  ときにかぎ  喜びをみせて、かき  苦しみをかき  弥吉にでもかぎ  者がたれをかき  一書をかき  奴にかぎ  戯絵をかき  糸をかき  弓、やはらかき  人々をかき  雑作にかき  霜をかき  繪をかき  はしにかき  うちにかき  風にかき  樹にかき  いふ奴にかぎ  茨にかき  ばらをかぎ  写生帳をとり出してかき  ゆびで髪をかき  履まれてやはらかき  ばをやはらかき  土をかき  頭中をかき  衿をかき  底をかき  鼻をすりつけてかぎ  手紙もかき  私もかき  必然にしたがい、かき  もとは、一旦かき  伝記をつづけてかき  二十三信にもかき  土台に深く掘りさげてかき  島田へかき  あちこちにかき  いくつもかき  交友録をかき  ことを一寸かき  一日ずつかき  これにかき  こと、改めてかき  熱中してかき  こと、きっとかき  感想をかき  身辺小説はかき  ブックレビューをかき  からものをかき  ことはかき  上でかき  心持をかき  二十枚ほどかき  こと又かき  彫刻的にかき  ここをかき  題材は早くかき  書評をかき  人ならかき  それからゆっくり又かき  のだけれどもまち切れずかき  庭をかき  題材をかき  これは本当にかき  この間から随分かき  年のうちにかき  年のうちには又かき  手套とかき  卵をかけてかき  向い風とかき  神をかき  画にかき  美醜までかき  小説も段々かき  一つもかき  写楽をかき  宗達をかき  一生をかき  とき手紙をかき  しろ動物的にかき  一区切りとして先ずかき  中でかき  案外に早く悪くいたします、そしてかき  ソレントでかき  日記にかき  手紙でかき  蝋をかき  垢をかき  爪を立ててかみ合いかき  形でかき  二十日すぎ手紙をかき  文学論もかき  それからリア王をかき  伝をかき  此をかき  乍らこれをかき  流動をかき  水でもかき  とどのつまり戯曲をかき  小包が出るかどうかき  昨日もかき  腕にかき  内側をかぎ  のだとかき  世話物もかき  一〇あをかき  三いはかき  一〇こにかき  運動をかき  今すぐにもかき  文学政策についてかき  正吉はおいよをかき  それをおそれてかき  寝言をかき  山人頭をかき  夜着をかき  電信柱をかき  図式を、消したり、かき  自分流なかき  猫にかき  大にかき  君文章をかき  焚火をかき  禿頭をかき  恥をかきかき  粒々汗をかき  頭髪をかき  担架をかき  図をかき  生け垣をかき  粘着させてかき  牛鍋、かき  鼻を引つかき  口ひげをかき  斑のうつくしきやはらかき  懐をかき  ミカン箱をかき  女が慕わしくなるとかき  布をかき  肉体をかき  小説としてかき  感想評論をかき  



前後の言葉をピックアップ
賀川  加川  嘉川  屈ん  かがん  書き  下記  花き  掻き  花卉


動詞をランダムでピックアップ
罵り生きぬかいとお張付け驚かひっ被っ仰ぎうちつづく築け取外しさからえ干あがっ畏まる断われかせん炊かうやまい居坐っ飛びまわる捜し出せる
形容詞をランダムでピックアップ
大人しゅう凄まじく水臭い角いいやらしい拙くっ厚けれ頼もしいたかかっ狭き素早かっうとしおそけれ耐え難くねむたいめづら目覚ましくかぼそくやにっこい