「かかる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かかる[動詞]
時間のかかる  金がかかる  大抵三四時間もかかる  午前中きり時間が無いと思ってかかる  手間のかかる  悲しみつつかかる  本館は、かかる  籠に落ちかかる  気にかかる  六十円はかかる  金のかかる  金はかかる  頭上におちかかる  別に迷惑がかかる  こっちから食ってかかる  時間がかかる  云訳するが、かかる  医者にかかる  目にかかる  山の端に入りかかる  夕飯にかかる  何となく気にかかる  一級河川にかかる  自分から遠ざかり、消えかかる  充分にかかる  於て、再びかかる  病人なのだから手数がかかる  準備にかかる  世界はかかる  破壊力がおちかかる  山道にかかる  先にかかる  サルディニア海峡にかかる  費用がかかる  時はかかる  研究してかかる  協議にかかる  数年はかかる  のは嬉しいが、またかかる  手数がかかる  処へかかる  何かに引つかかる  横ぎって切支丹坂へかかる  身にかかる  顔にかかる  私生児中にかかる  製作にかかる  次第次第に落ちかかる  一時間はかかる  目のあきかかる  六年はかかる  疑いもかかる  手間がかかる  ゆふぐれにかかる  みわたつておほどかにかかる  電車にのって四十分もかかる  それはかかる  裸身にかかる  清逸はまたかかる  恐水病にかかる  鍵のかかる  眼にかかる  ものはかかる  末までかかる  舞にかかる  書類を書き写しにかかる  手間ひまのかかる  ように襲いかかる  手がかかる  んとするやかかる  日縊れたりかかる  全身に打ちかかる  到来といふかかる  それがかかる  のであって、かかる  から、少くともかかる  現在といえども、もちろん、かかる  思惟はかかる  観念をばかかる  私はかかる  ときに、かかる  観念がかかる  のではなく、かかる  運動、すなわちかかる  想起しないからして、さらに進んで、かかる  私自身は、もしかかる  確かにかかる  私は何らかかる  のかもしれない、否、決してかかる  神のかかる  今我々は、かかる  私、かかる  神の、かかる  本来は、かかる  否定的に、かかる  私がかかる  それゆえにかかる  何かかかる  ことは、かかる  それをかかる  能力からして、かかる  うちにはかかる  能動的な、かかる  予想しないし、またかかる  物体、すなわちもちろんかかる  神がかかる  こと、またかかる  反対にかかる  であるから、もしかかる  こと、及びかかる  うちに何らかかる  合成体、すなわちかかる  ここでかかる  本性はかかる  力を有するからして、なおさらかかる  梁木にかかる  一人は、飛びかかる  他方ではかかる  企業団体等にも、必ずかかる  人々にとっても、かかる  法規がかかる  訳であるが、かかる  科学的真理はかかる  迷妄であるのみならず、かかる  上にかかる  花園とはかかる  やうに降りかかる  方言はかかる  裾を目がけて跳びかかる  嫌疑がかかる  ちょっと嵩にかかる  氣にかかる  上に起りかかる  女になりかかる  原子病にかかる  二十分もかかる  柱の倒れかかる  前に来かかる  戸にあけくれかかる  人を虐げにかかる  和尚はかかる  細道にかかる  蕈にも颯とかかる  橋がかかる  帯が、ふとかかる  研究にかかる  くも余輩の如きはおそらくかかる  従来かつてかかる  経営にかかる  設計にかかる  もとはかかる  息がかかる  倍もかかる  方へわざと凭れかかる  重量がかかる  病気にかかる  あたりにかかる  オーヴァーハングになりかかる  もっと時間がかかる  配付にかかる  手にかかる  袖はかかる  帳が落ちかかる  そばにかかる  愛することがかかる  のはかかる  釈迦はかかる  本質はかかる  性格にはかかる  お金が高くかかる  お金がかかる  七月頃までかかる  京都から四時間もかかる  神経衰弱にかかる  裏は決してかかる  市役所にかかる  毒牙にかかる  全体的に見ればかかる  アシスト本部でかかる  どこまで練りあげられるかにかかる  当面時間がかかる  税金がかかる  無視してかかる  あてにかかる  つけにかかる  側面へかかる  店さきへかかる  大事にかかる  ザッとかかる  八方から喚いてかかる  難路へかかる  下りへかかる  うちに思わずあっとでかかる  河にかかる  メンテナンスにかかる  生れ乍らにしてかかる  手のかかる  暫らく我等をして、かかる  われは餓えまじきを、かかる  時、かかる  橋へかかる  われはかつてかかる  鍵がかかる  幽かにかかる  大菩薩峠にかかる  舞台へかかる  相手によっかかる  三日とかかかる  雨がかかる  お気にかかる  点にかかる  下へ流れかかる  ヒイヤリと流れかかる  もの珍しく見ゆるまで、かかる  五十分ほどかかる  何かに挑みかかる  門口まで来かかる  召集がかかる  一つが朽ちかかる  額にかかる  卓に迄舞いかかる  高麗橋口へかかる  前に落ちかかる  上へかかる  上におちかかる  中庭を来かかる  から、かかる  あたりに靡きつつ洩れかかる  戸口にかかる  呪いのかかる  催にかかる  蔦這いかかる  人乳を飲むのに、長くかかる  縁談からきめてかかる  雪散りかかる  八月に散りかかる  葉が散りかかる  雪が解けかかる  欲にかかる  息気のつまるほどふきかかる  別状はあるまいが、長くかかる  処着をして出かかる  梢に高くかかる  危く死にかかる  姿勢を立て直し、改めてかかる  掩いかかる  登りにかかる  旋毛を曲げてかかる  知らない読者は本当にして面白く読むが、かかる  から分からぬが、かかる  これを伝えるには、固よりかかる  公民としてかかる  問題のかかる  有無にかかる  一サラリーマンとして、かかる  等はかかる  珍らなるかかる  先へ落ちかかる  大分暇がかかる  時計を眺めては来かかる  見世物もかかる  別に手数のかかる  三十円はかかる  咎め立てをするとか、いきり立って斬りかかる  曲者を、こう呑んでかかる  品川へかかる  袖にかかる  二十一日もかかる  余にかかる  映画のかかる  飮みにかかる  肩に垂れかかる  一年以上もかかる  鼻にかかる  手数のかかる  飛沫のかかる  筆にかかる  大蔵経を写しにかかる  高原へかかる  木曾街道へかかる  縄目にかかる  静かに吸ってかかる  刃囲をくずして追いかかる  しぶきが振りかかる  茶碗にかかる  指にかかる  毛のすくすくと蔽われかかる  半ば起きて凭れかかる  お方が、かかる  斜めにかかる  樂しんでかかる  灯はまた消えかかる  我々がかかる  弟とのかかる  十字架にかかる  十分もかかる  船をかかる  彼が少なくともかかる  金を出しにかかる  熱病にかかる  口にかかる  実行にかかる  ロマン性にかかる  一群が、崩れかかる  すすめにかかる  階段へかかる  心にかかる  棒杭にでもよりかかる  介抱にかかる  露路を出かかる  国府台へかかる  身振りをして立ちかかる  ひとつ箱を壊しにかかる  枝ごとにかかる  枝に散りかかる  片手薙に突きかかる  終結は、かかる  国家主義は、かかる  而してかかる  個人は、かかる  疑いがかかる  繩のかかる  峠にかかる  ここにかかる  目貫がかかる  数百両もかかる  長屋わきから中門口へかかる  役宅門へかかる  水道橋へはかかる  一ツ橋にかかる  一ツ橋門内に入りかかる  木橋へかかる  ただちに吟味にかかる  往來交際するが、かかる  俺に斬ってかかる  幕がかかる  顧慮してかかる  奥から泳ぎだし、喰ってかかる  地方が見えかかる  たもとまで来かかる  事情はかかる  生活にかかる  私は落ちかかる  追手がかかる  正月までかかる  濡衣がかかる  たっぷり一刻はかかる  人を探しにかかる  縫いにかかる  石段へかかる  侍にかかる  先に呑んでかかる  根をつかみにかかる  太刀がかかる  按配によりかかる  階段下を来かかる  住職に知れかかる  三時間ちかくかかる  われわれは、かかる  社会党はかかる  あみめとなってよりあって、注ぎかかる  脊づたひにお晝頃までかかる  ぢやれかかる  一トンネルにかかる  細道に落ちかかる  玄関に出かかる  却って、かかる  学問性にとってかかる  違いないが、かかる  一にかかる  リッケルトはかかる  責めにかかる  山へかかる  剣山にかかる  木曾路へかかる  殺しにかかる  捨て身に斬ってかかる  身を跳ばしてかかる  短篇最もすぐれたるを見ればかかる  放擲してかかる  稽古にかかる  芸術家をかかる  稲にみずがかかる  今回もまたかかる  座敷を出かかる  十六七億円もかかる  中味通りに貼られていると決めてかかる  問題はかかる  我々はかかる  ものだと決めてかかる  要求とを持って聴きにかかる  ときにかかる  フォームにかかる  ごみがかかる  畷にかかる  黒門へかかる  門前にかかる  悪鬼のように斬ってかかる  盲目的に斬ってかかる  今はかかる  潮ふけるが見ゆるばかり、かかる  叫声とかかる  海中に落ちん、かかる  迷惑のかかる  ここから丘にかかる  一足はいると跳びかかる  一日二円ばかりかかる  電話のかかる  あなたから電話のかかる  仕度にかかる  カーヴにかかる  結局大勢かかればかかる  提供にかかる  倫理学はかかる  定義であるが、かかる  質を認めねばならず、かかる  人格とはかかる  意味をかかる  ハルトマンはかかる  面へかかる  眉にかかる  頸にかかる  之にかかる  概念的にきめてかかる  手前まで来かかる  処まで来かかる  社前にかかる  奮闘がいかにかかる  日蓮も実はかかる  ごとにかかる  大分除れかかる  末の子を負いかけては、取りつきかかる  お金のかかる  もっと心にかかる  教程をこしらえてかかる  まんま前に来かかる  熊害にかかる  端にかかる  しぶきのかかる  一面に降りかかる  夫人にかかる  否や、吠えかかる  医師にかかる  私どもをしてかかる  特に手がかかる  とめにかかる  全日本国内にかかる  身としてはかかる  世界広しといえどもいまだかかる  世にかかる  うちにかかる  一命にかかる  缶詰棚へ乱れかかる  十両はかかる  世界の歴史をかかる  神楽坂通りへかかる  彼は喰ってかかる  たかと泣いてかかる  常春藤を掴んで、倒れかかる  そこへ来かかる  つくりをなおしかかる  ただちに仕込みにかかる  そこまで来かかる  梯子段へかかる  結び目を解きにかかる  白頭巾へ斬ってかかる  繩にかかる  千浪がかかる  経費のかかる  気配は遠ざかるどころか益々近づくおもむきもあって、かかる  敵に攻めかかる  下へ離れて辷りかかる  ひだ染みに蔽いかかる  馬鹿にしてかかる  嘉平次が斬りかかる  から、斬りかかる  たっぷり二十分はかかる  本題に入りかかる  一円五拾銭はかかる  ジットリと流れかかる  中にも、かかる  夜までかかる  霧がかかる  虹の橋のかかる  縒りをかけてかかる  上に消えかかる  上に注ぎかかる  証明しようとかかる  金もどっさりかかる  虹となってかかる  相手に食ってかかる  幾らぐらいかかる  上に落ちかかる  挨拶して起ちかかる  田園へかかる  実行へかかる  嫌悪してかかる  迷惑がかかる  峡門から攻めかかる  タブローはあくまでもかかる  中途にかかる  上着を脱ぎかかる  背中でよりかかる  久内はかかる  大向うから声のかかる  噂にかかる  呉羽嬢が甘たれかかる  二三年ぐらいはかかる  背後から廻転椅子ごしに甘えかかる  縄がかかる  こととは知らずにかかる  努力、かかる  片付けにかかる  額から頬へ垂れかかる  ワナにかかる  謙虚にみえるかかる  表現とのかかる  数千円もかかる  拍車がかかる  行末にかかる  もう少し時間がかかる  マッキントッシュでもかかる  奥にはかかる  四階級者はかかる  二十年はかかる  どれだけかかる  から結局三十日ぐらいかかる  ただ心にかかる  五ヶ年もかかる  関門へかかる  集めにかかる  蹄から砂塵をあげて追いかけにかかる  りゅうりゅう斬ってかかる  追討ちにかかる  男が戯れかかる  改造してかかる  明かにきめてかかる  首にかかる  藤葛にかかる  連れだしにかかる  とりにかかる  陣に攻めかかる  ドクドクと流れかかる  税金なぞかかる  二日半もかかる  彼女はかかる  まま、飛びかかる  瞬間、挑みかかる  私に食ってかかる  手間ばかりかかる  冷静にかかる  三年以上もかかる  関所にかかる  山にかかる  百円はかかる  泣きながら皆にくってかかる  対象をかかる  年数がかかる  以前においては、かなりかかる  ディュフィ等もまたかかる  発明にかかる  一〇日もかかる  此れと同じくらいはかかる  ドンキホーテにかかる  ように降りかかる  雑役にも、かかる  十一時迄かかる  安二郎に喰ってかかる  恋病にかかる  清水さんにかかる  ぬれ菰にもかかる  時間がえらくかかる  声がかかる  大分時間がかかる  提唱にかかる  一人宛平均三十秒はかかる  疑いのかかる  水がかかる  述作中にかかる  汽車に乗るか、何分かかる  門へかかる  完全にかかる  それにかかる  真と認めてかかる  のは、また足りなければならないと思い定めてかかる  ちょっと暇がかかる  叙述以前にかかる  儀容を整えにかかる  芸術的制作によって、かかる  十年はかかる  わたしはおきかかる  小生とはかかる  労力がかかる  火事場泥棒の如きかかる  わくら葉散りかかる  御用窯にかかる  轆轤にかかる  夕月のかかる  それを大きく見て、かかる  下り坂へ来かかる  仕事にかかる  於て、かかる  何時までかかる  一週間もかかる  前に曲げながら、蔽いかかる  縁にかかる  洛陽へかかる  きょう峠へかかる  関羽に突きかかる  曹操へ討ってかかる  熊手にかかる  横から攻めかかる  主催にかかる  店で、どのくらいかかる  嵩にかかる  男に凭れかかる  顔にでもかかる  雲がかかる  眼をあけかかる  から、やっと醒めかかる  襟筋に垂れかかる  額に垂れかかる  廊下に来かかる  味ふ落ちかかる  霧のかかる  太刀をぬいて斬ってかかる  号令のかかる  臆面もなくかかる  朝から仕事にかかる  死ぬ気でかかる  二週間はかかる  額に落ちかかる  中天にかかる  製造にかかる  日がかかる  私たち人間にかかる  三週間はかかる  丞相にかかる  友に咬みかかる  殺気は落ちかかる  八カ月はかかる  力を入れて、凭れかかる  天皇とはかかる  存続し、かかる  中でかかる  タッといきかかる  身がまえにかかる  三時間余もかかる  見付けにかかる  光子を見、その挑みかかる  額に乱れかかる  どこから攻撃してかかる  奴隷制度も亦、かかる  現在のかかる  用意してかかる  想定してかかる  権威は、かかる  集合させればかかる  主人公にもかかる  大衆はかかる  一時はかかる  半日もかかる  ひよろりと来かかる  グループが、つかみかかる  何年もかかる  さらさらぶっかかる  花のかかる  特に問題解決のかかる  ものに吼えかかる  六日はかかる  火のかかる  道にかかる  再軍備にかかる  それ以上日数がかかる  日のかかる  細道までかかる  孔明軍師は、あらかじめかかる  成績をおっことしにかかる  メイワクがかかる  デコレーションにかかる  一面はかかる  小半時もかかる  糸を通すに縫うほどもかかる  一度にかかる  毎日霧がかかる  ひとりが跳びかかる  前へかかる  籠城にかかる  ちょっとひまがかかる  手続きにかかる  雲が覆いかかる  発見にかかる  そこに来かかる  息気のかかる  階子段にかかる  男におぶいかかる  間をなだめにかかる  宮門へかかる  彼の崩れかかる  真上にかかる  いずれもかかる  周泰は喰ってかかる  病にかかる  年数のかかる  人手がかかる  ギロチンにかかる  ヒマがかかる  さら手間がかかる  仕切りにかかる  創建にかかる  所、必ず、かかる  詩人と、かかる  十六時間もかかる  涙を流して喰ってかかる  内から錠がかかる  輩に至っては、かかる  寄贈にかかる  所謂学者とは正にかかる  美術館にはかかる  存在はかかる  急湍にかかる  岩屋観音にかかる  神楽坂へかかる  一人として、かかる  助はかかる  資格を段々奪いにかかる  上に当然落ちかかる  方法をまず知ってかかる  用意をもしてかかる  手間はかかる  歳月がかかる  年数とがかかる  後までかかる  九はかならずかかる  興廃を、かかる  城攻めには、初めてかかる  余はかかる  峡谷にかかる  謀略にかかる  虚実にかかる  支度にかかる  智略にかかる  城壁へかかる  二十年もかかる  箇所にかかる  帰りにもやはりそれだけかかる  われわれはかかる  日数が相当かかる  まり日数がかかる  出発準備をととのえにかかる  日数がかかる  三十万年もかかる  一週間はかかる  夜が明けかかる  霜の融けかかる  自分に甘えかかる  幌をはずしにかかる  人に対してもかかる  顔にたれかかる  おれをだましにかかる  倉地にいどみかかる  額に流れかかる  自分をだましにかかる  わたしを見くびってかかる  いちばん心にかかる  者よ、かかる  彼らにとってはかかる  本質はあり、そしてかかる  片手をかけてよりかかる  学校ならしめなば、必ずかかる  一行は落ちかかる  本人も語らず、またかかる  新造にまでかかる  なかったが、一旦かかる  私から、突然かかる  呪い、またかかる  ことが、かかる  坂下鶴吉のかかる  ように飛びかかる  僕に食ってかかる  氏をしてかかる  鉄道がかかる  やうに飛びかかる  世にはかかる  大正橋にかかる  写真を、しかしてかかる  官僚に食ってかかる  背後へ倒れかかる  別れにかかる  客觀性はかかる  自然科學がかかる  カントはかかる  歴史的制約を除いて考へるならば、かかる  言葉もかかる  しかと気にかかる  側面から説明してかかる  ものと決めてかかる  上にむらがりかかる  受話機のかかる  特質によってかかる  肯定してかかる  あと五円もかかる  雲が鈍く重なりかかる  発起にかかる  装置をすると、笑ったり、笑わせようともくろんでかかる  上に這いかかる  明らかにかかる  何心なく来かかる  下田圃へ落ちかかる  跳越え、倒れかかる  水にかかる  天窓から顔へかかる  そこへ、はらはらとかかる  月にかかる  落しにかかる  木立ちの根元から梢へとほの白く這い上って、溶けかかる  傍へ来かかる  上に来かかる  長刀を揮ってかかる  まり時間がかかる  唯気にかかる  二十分はかかる  秘密出版にかかる  二十分以上もかかる  折柄、突如としてかかる  横抱きにかかる  創設にかかる  上へ跨りかかる  坂道にかかる  ずんと抑へかかる  費用のかかる  ッて、常に破れかかる  間道にかかる  杖にかかる  頬にはらはらとかかる  黒雲がかかる  もののけがかかる  族人にかかる  ことから調べてかかる  博士のかかる  所にかかる  もっともっと気にかかる  十年もかかる  月日がかかる  彼は、まずかかる  ままに、かかる  ちゃんと鍵がかかる  掃除にかかる  壁へかかる  一回一日分何円とかかる  三日間はかかる  ハリツケにかかる  上に崩れかかる  私にかかる  巣がかかる  魔術にかかる  それをはずしにかかる  通俗人情にすぎないけれども、かかる  彼氏はついにかかる  夜道にかかる  考えが、かかる  条件があって、かかる  足がかかる  ムシャぶりつく、挑みかかる  ホルモン焼きに噛みかかる  から二人で探しにかかる  カーブにかかる  愛吉がかかる  者の、かかる  埃はかかる  飛石にかかる  夏さんにかかる  頬にかかる  戯にもかかる  最初から注意をしてかかる  支度のかかる  儀式的に植えてかかる  明らかにしてかかる  単純だから、そうきめてかかる  二百年もかかる  百年もかかる  谿合にかかる  捨人、よしよしかかる  武者修業が打ってかかる  一打ちにと打ってかかる  用意にかかる  先生にかかる  ところで、かかる  完膚なきに至らしめ、かかる  彼はかかる  静かにひたひたと打ちかかる  お辞儀にかかる  編輯にかかる  税がかかる  ように、挑みかかる  攻撃にかかる  だんだんに消えかかる  玄関にかかる  痙攣させて、倒れかかる  逆にかかる  自分はかかる  点を殺してかかる  様式はかかる  たか気にかかる  容赦なくコスト氏に喰ってかかる  頭へ落ちかかる  蒼ずませ、だしぬけに斬りかかる  僧侶にかかる  東洋人にもかかる  為にかかる  覚悟してかかる  のも有ろうが、かかる  卑怯で、かかる  棉もぎにかかる  空気がかかる  唯、かかる  本質的にかかる  外国ではかかる  人達は、かかる  前進せんと欲するならば、かかる  のであるが、かかる  その他にも次第にかかる  人間には常にかかる  身上は常にかかる  魚のかかる  閑をかかる  傍にはおらず、かかる  殊に口惜しきはかかる  ようなかかる  夏にかかる  一斑で、かかる  沿道はかかる  金三もかかる  涙のかかる  着物縫いにかかる  鼠のかかる  紐が落ちてかかる  建築にかかる  十年以上はかかる  胸によりかかる  女にかかる  二枚目にかかる  巧らんでかかる  五分もかかる  月落ちかかる  あと声がかかる  一寸二十円程かかる  ずい分ヒマのかかる  七千円はかかる  百五十法はかかる  あと三十分はかかる  ところへかかる  膝をのっかかる  はてに、落ちかかる  息絶え、落ちかかる  方から確かめてかかる  空にかかる  明暗を塗り分けてかかる  志賀氏はかかる  建立にかかる  直ぐに喰ってかかる  往復三日はかかる  関東平野にかかる  天にかかる  ナイフを振って斬ってかかる  売名をかかる  金目のかかる  ところまで来かかる  新坂から鶯谷へかかる  気合のかかる  土塀によりかかる  故郷八幡村から日下部へかかる  上へ落ちかかる  火縄にかかる  一重桜が散りかかる  ようにかかる  棒にもかかる  からげにかかる  掻巻がかかる  一しずく雨がかかる  ツールーズへ帰るにはどのくらいかかる  板敷きへかかる  気鬱症にかかる  ような澄みかかる  工面にかかる  血が颯とかかる  恥にかかる  待乳山にかかる  初期にかかる  西峠へかかる  一文字に斬りかかる  初瀬から八木へかかる  板敷へ来かかる  めど通すに縫うほどかかる  奥によりかかる  一本道にかかる  七週間はかかる  数か月はかかる  人がかかる  頭上にほとばしりかかる  わたくしが、いかにしてかかる  砲弾代などが、やたらにかかる  夜空に挑みかかる  帯を解きかかる  助は、よりかかる  者を捕えにかかる  末段にかかる  ぷり一時間はかかる  日暮れにかかる  髪にかかる  計にかかる  肩によりかかる  通りへ来かかる  仕事を仕上げるにどのくらいかかる  おまえ水をかい出すにどのくらいかかる  捜索にかかる  ひまのかかる  すゑ命をすててかかる  中から三味線を取り出しにかかる  音締にかかる  役人連中までが逃げかかる  人手にかかる  一時間もかかる  花道にかかる  花道へかかる  医者にもかかる  中で、かかる  ルカッチは、かかる  執筆にかかる  渡しにかかる  呼続浜から裁断橋にかかる  宇都谷峠へかかる  色がかかる  がんりきを取押えようとかかる  がんりきを探しにかかる  夕陽はようやく沈みかかる  夜明けまでかかる  松明が消えかかる  しらが、互によりかかる  十五分とはかかる  人物を決めてかかる  世の中はかかる  用意をしてかかる  問題を、かかる  肩にかかる  電気がかかる  五六年はかかる  垣にかかる  自製にかかる  電話がかかる  電話がかかるか、もうかかる  舟へかかる  縄目がかかる  仕組みにかかる  命にかかる  女房にかかる  親へかかる  新案にかかる  春までかかる  当時ではかかる  人間はつまり壁によりかかる  千円はかかる  おじさんから電話がかかる  口上がかかる  芸当にかかる  芸にかかる  鎖にかかる  五十年はかかる  音が消えかかる  気にかがる  電車がずいぶん長くかかる  高架線にかかる  縄にかかる  始末にかかる  どこへかかる  来月からあすこへかかる  興行にかかる  当時はかかる  嚇かしにかかる  あり得ないこと、従ってかかる  カントによればかかる  カントはまずかかる  それ故物理学のかかる  而もかかる  らばかかる  ことを述べたがかかる  のであるが思うにかかる  以上、かかる  あなたはかかる  須山家から電話がかかる  四五日はかかる  笹子峠へかかる  明日笹子峠へかかる  豊かに垂れかかる  三十年代へかかる  暇がかかる  京橋にかかる  管を巻いてかかる  引上げにかかる  校正にかかる  確かに斬ってかかる  打破してかかる  のではありませんが、かかる  場合にかかる  三つの敵意が挑みかかる  引上げようとかかる  槍先を並べてかかる  から、とりかかる  ボタン穴をかがる  そもそもいかにしてかかる  白糸は生まれてより、いまだかかる  これまでかかる  存在、かかる  街までどれほどかかる  肺へかかる  注意してかかる  学生はかかる  動機から説明してかかる  地に塗るかかる  木の葉が散りかかる  裏山になりかかる  面にかかる  面目にもかかる  面目にかかる  威厳にもかかる  松原へかかる  ここへかかる  発矢と打ち、つづいてかかる  峠へかかる  言葉をかけて打ってかかる  それから足をこしらえにかかる  朴念仁と決めてかかる  割引してかかる  思惟だと決めてかかる  思惟方法がかかる  趣味判断をかかる  客にむかって激しく吠えかかる  茶かしてかかる  部屋に通されると食ってかかる  帆村に喰ってかかる  秘蔵にかかる  真上に落ちかかる  梢にかかる  腹に置いてかかる  急ごしらえにかかる  出版にかかる  耐へかねて、かかる  身の上へ押しかかる  それから仕事にかかる  皮を剥きにかかる  犬殺しにかかる  ムク犬に打ってかかる  就てかかる  永遠にかかる  師と共にかかる  幾年もかかる  づれまで来かかる  それで切ってかかる  発令後の申出にかかる  夜具を片付けかかる  自動車代が、よほどかかる  爭でかかる  撮影にかかる  上、しっかりよりかかる  前まで来かかる  腰を下ろして、崩れかかる  推参者にかかる  針にかかる  封じにかかる  あとから追手がかかる  焚火が消えかかる  斜めにして、溢れかかる  洛中にかかる  烈日に裂けかかる  川にかかる  釜山沖へかかる  先に出かかる  堀端へ来かかる  詩人が住んでいて、かかる  廻廊を渡ってゆくと、かかる  追分にかかる  八日はかかる  差をもって押しかかる  以来、かかる  間にかかる  床にこぼれかかる  額がかかる  身代りになって沈めにかかる  外房にかかる  関所へかかる  蔵書をしらべにかかる  哲学はかかる  併し、かかる  組織が取りも直さずかかる  哲学的労作はかかる  編纂にかかる  有つのではなく、単にかかる  エーテル等々はかかる  譬喩的説明は多くかかる  之に反してかかる  自然科学のかかる  意義に基いて、かかる  大手術してかかる  滅茶打ちに打ってかかる  上げにかかる  中腹へかかる  網にかかる  餌を拾いにかかる  縁に倒れかかる  彩色にかかる  白石さんにかかる  鄭樵がかかる  後にはかかる  國情では、かかる  一度もかかる  輩はかかる  餘暇もなく、又かかる  政府も亦かかる  時代にはかかる  新聞にも、時々かかる  女子にはかかる  技倆があってこそかかる  徽宗、かかる  先づ反省して、かかる  しかのみならずかかる  事情を知りながら、かかる  流石にかかる  法律はかかる  章にかかる  缺くが、若しかかる  已むを得ずかかる  韓愈の如きは、早くかかる  當とは思ふが、同時にかかる  一部に、かかる  全快までには相当永くかかる  いじめにかかる  肩越しに、喰ってかかる  半年もかかる  みんなこちらへかかる  これもかかる  私によりかかる  増加は、かかる  王應麟がかかる  抽斗にかかる  曳手にかかる  食事も、そうながくかかる  おろしにかかる  三時間は充分かかる  横さにかかる  正目にかかる  常世べのかかる  米友をけし飛ばそうとかかる  無茶に打ってかかる  拙者に斬ってかかる  内状を発きにかかる  身を以て降りかかる  料理にかかる  日向にかかる  余衆、競ってかかる  意義はかかる  ことがある、かかる  至てはかかる  しかのみならず、たといかかる  生命を打棄ててかかる  割合にかかる  手習にばかりかかる  両国橋へかかる  竹薮へかかる  二時間もかかる  時代を忍びながらも、かかる  ものは、かかる  限りは、到底かかる  イデヤは、かかる  文壇でかかる  逆にまた、かかる  意味は、かかる  全般にかかる  吾人はかかる  しろ自由詩はかかる  詩人は、好んでかかる  質問のかかる  形体について見ないで、かかる  始めから全くかかる  発生が、何故にかかる  のは、もとよりかかる  句の如きも、単にかかる  しかもかかる  主観が、かかる  疑問なのは、かかる  吾人は、かかる  美ではなくして、むしろかかる  本質をかかる  吾人がかかる  叙事詩は、決してかかる  いくらもかかる  著作にかかる  教育せんとするに当っては、最早かかる  故にかかる  根本が腐れかかる  本文は、決してかかる  仏へかかる  勾配にかかる  祈祷鳥が、降りかかる  調子をしらべにかかる  ものと、いまいましがって外しにかかる  地均しにかかる  肩腰を揉ませにかかる  調子を合わせにかかる  五十丁峠から陣馬へかかる  切りにかかる  此方のかかる  バッタリと外れかかる  インチキにかかる  面に舞いかかる  家中を探しにかかる  無茶に取崩しにかかる  形勢を見てかかる  立札を立てにかかる  米友ならば食ってかかる  コクーシュキン橋にかかる  目にはかかる  仆れかかる  水門まで来かかる  旅費がかかる  竹藪にかかる  二十一日にかかる  死骸を抱いて、降りかかる  黄疸にかかる  隆は挑みかかる  ライトがかかる  樹にかかる  僕はかかる  涙が溢れかかる  着物までも脱ぎにかかる  武芸者だと睨んでかかる  大空にかかる  羅漢道にかかる  曲りにかかる  大宮原にかかる  ナンジャラホイ舞いかかる  木の葉が舞いかかる  頭からばかにしてかかる  身を投げ出してかかる  日などを選んでとりかかる  油断してかかる  仰天して、よろよろよろけかかる  後ろから締めにかかる  田舎道、さんざんかかる  篝屋にかかる  禍いが降りかかる  人目にかかる  夜半にかかる  若い世代にかかる  タブロウにかかる  着実さは、かかる  宣伝にかかる  當金がかかる  當金もかかる  高原地帯へかかる  三時間はかかる  腹が大きくふくれて、落ちかかる  たくさん散りかかる  鴨田にかかる  みがきにかかる  例はあっても、かかる  体にかかる  黄昏れかかる  語が切れかかる  切れ目までかかる  峰道へかかる  声のかかる  自分はまたかかる  まん中あたりをさがしにかかる  災難が落ちかかる  あみにかかる  モレロにかかる  洗いにかかる  塩尻峠にかかる  蔵いにかかる  雪はほつれかかる  選択にかかる  から茶化しにかかる  最初から負けようと思ってかかる  盗人に見てかかる  身に降りかかる  前後から白刃を抜きつれて斬ってかかる  太郎に斬ってかかる  者が斬ってかかる  仏頂寺をなだめてかかる  こなたへ立ちかかる  弁慶に打ってかかる  勉強にかかる  トリックにかかる  上に浴びせかかる  掛け声がかかる  自分に疑がかかる  月ぐらいかかる  四日はかかる  食ッてかかる  築城にかかる  自分にかかる  右京の痩せと、消えかかる  剣をとって打ってかかる  十一日くらいかかる  費用もかかる  ところにかかる  それを引き出しにかかる  同意を求めにかかる  両天秤にかかる  わたしに打ってかかる  から後に食いにかかる  なりふりを直しにかかる  仏頂寺をなぐりにかかる  渡し場にかかる  先に落ちかかる  初手はあらかた投げてかかる  二人に突いてかかる  涙声になりかかる  外から叩きにかかる  押戻しにかかる  妙に渡しにかかる  貴公等がかかる  押えにかかる  拙者がかかる  両手でよりかかる  北側へかかる  はたまで来かかる  彼に食ってかかる  初めから呑んでかかる  行旅へかかる  日数はずいぶんかかる  中国路へかかる  なさけのかかる  背を脱がせにかかる  平野街道へかかる  四塚にかかる  客席から声がかかる  長ドスをひらめかして斬ってかかる  から切ってかかる  坂へかかる  私をしてかかる  もの手にかかる  渡廊下へかかる  づ気にかかる  頭にかかる  肚をすえてかかる  カステラがかかる  現代はかかる  繊手にかかる  分別顔はなだめにかかる  抜打ちに跳びかかる  餌にかかる  夜食にかかる  一つ気にかかる  道具立てをしてかかる  真剣でかかればかかる  秘密調査にかかる  ずしにかかる  化粧にかかる  鑑定して置いて、吠えにかかる  格別手間のかかる  鐵道がかかる  ゆっくり後から食べにかかる  田にかかる  一月もかかる  おい二十日もかかる  お医者さんにかかる  橋上にかかる  わが身にかかる  上りにかかる  あれから湯島四丁目へかかる  事業としてかかる  権にかかる  浅草御門へかかる  年を追うて漸く消えかかる  澄ちゃんに喰ってかかる  検屍にかかる  作業にかかる  祭礼にでもとりかかる  鯨にかかる  追手のかかる  安心して拾いにかかる  非難を受けたるはまったくかかる  尊厳を犯すあるに至る、そのいまだかかる  仏国のかかる  目的をかかる  昔時にありてはかかる  しかれどもかかる  世界が、いつもかかる  木にかかる  ここまで来かかる  事私気にかかる  京子は解けかかる  赤坂攻めにかかる  時間はかかる  ひまはかかる  藤夜叉は、食ってかかる  胸をころしておられようが、かかる  討手がかかる  ぺてんにかかる  ように流れかかる  身の上にかかる  雲にかかる  ナカナカ時間がかかる  イタブリにかかる  傘雲がかかる  何となく出かかる  底意を諷してかかる  目安をきめてかかる  時間もかかる  登り坂へかかる  橋のかかる  夜中過ぎまでかかる  一円もかかる  三十円ぐらいかかる  東寺から九条口へかかる  魚がかかる  誰れでもに振りかかる  中にかかる  私達皆んなにかかる  皆、かかる  一寸気にかかる  敵意を以て挑みかかる  名前にかかる  忠顕が乗り出して、挑みかかる  外にかかる  わず床几へかかる  廊へかかる  自分へかかる  なに奴が、かかる  利用にかかる  悪戯小僧にかかる  張りにかかる  小石を掘りにかかる  教育にかかる  煙草にかかる  採掘してかかる  ブチまけてかかる  乳房にかかる  婦人をめがけて戯れかかる  カサにかかる  虫を殺して、なだめにかかる  十日はかかる  江戸からつけ覘い、とうとうかかる  商売にかかる  番台に凭れかかる  冗談だときめてかかる  方をふりかえると、溺れかかる  捕物にかかる  障子にかかる  日が落ちかかる  見送り人は徐々に帰りかかる  用ゆればかかる  お鷹をおどろかしたと云って、むずかしく食ってかかる  村はずれまで来かかる  腹の中にてかかる  人には往々かかる  人もまたかかる  手数も随分かかる  八日もかかる  非常に長くかかる  下りにかかる  肩がかかる  気を揃えてかかる  騒然として、掴みかかる  坂本から碓氷へかかる  方へ来かかる  ものは常にかかる  中まで来かかる  うえにかかる  分析はかかる  処がかかる  何もかかる  連続はかかる  ことであり、そしてかかる  判断はかかる  マイノングによればかかる  空間がかかる  意識のみは当然かかる  空間はかかる  存在がかかる  採否一つにかかる  大津越えにかかる  宮はかかる  彼にかかる  いつかはかかる  却って疑いのかかる  午飯を食いかかる  夜網にかかる  敵機にいどみかかる  おかんはそっと窺っていると、危うく消えかかる  清書にかかる  面倒のかかる  から仕事にかかる  胸算用をしてかかる  間がかかる  南河内へかかる  山中へかかる  畑地へ来かかる  こちらへと走りかかる  二十日はかかる  感得したからといって、一概に貪りかかる  ものと見て、走りかかる  蹄にかかる  わしても、吠えかかる  ものをかき集めにかかる  かさにかかる  雨戸に転げかかる  川端まで来かかる  人にかかる  はずれへ来かかる  縄手まで来かかる  浜川へかかる  屋根船は沈みかかる  前へ来かかる  親父橋まで来かかる  あたりへ来かかる  爪にかかる  相手を嚇しにかかる  あたりまで来かかる  若党はいよいよ慌てて逃げかかる  難儀のかかる  追っ手のかかる  罠にかかる  準備に長くかかる  磔刑にかかる  箱根へかかる  ここからたっぷり二時間はかかる  亭主に食ってかかる  沖あいにかかる  三日もかかる  仕舞いにかかる  本仕事にかかる  通りをぶらぶら来かかる  回向院前へ来かかる  足にかかる  富五郎法を忘れて切ってかかる  佃にかかる  ただちに竹を外しにかかる  前に挑みかかる  馬場へかかる  動物を以て、かかる  袂まで来かかる  角へ来かかる  方へ行きかかる  平気でかかる  頭から抹殺してかかる  かすかにかかる  獄門にかかる  頭に入れて置いてかかる  身のかかる  から三四週間はかかる  濛々と降りかかる  吟味にかかる  疑いがかかればかかる  お召がかかる  七曲りへかかる  音楽はかかる  靠りかかる  山桜が落ちかかる  女が倒れかかる  尋問にかかる  坂にかかる  裏へかかる  夜が白みかかる  ひろ子は、傾きかかる  その間にかかる  二人にかかる  あたりへかかる  心に決めてかかる  ためには、即ちかかる  三万両もかかる  ことはかかる  気がかかる  容易にかかる  災害にかかる  飲まっせえ、と注ぎにかかる  頬へかかる  上へ、襲いかかる  こと気にかかる  高峰へかかる  茅屋にかかる  重みがかかる  糸のごとく乱れかかる  襷にかかる  売色のかかる  女像全体にかかる  子にかかる  薪作りにかかる  頭までかかる  それから気にかかる  茂太郎をあやなしにかかる  両方からとりかかる  手間暇がかかる  憂鬱にかかる  通用門へかかる  五時間もかかる  内から声がかかる  感心してかかる  おくれ毛がはらはらとかかる  平吉がかかる  鳥渡心にかかる  認容してかかる  破壊してかかる  場へ来かかる  身を以てかかる  六十日はかかる  意志を有っているなどと決めてかかる  十二三億円もかかる  あらわれなどと見る、かかる  永代橋へかかる  明知から三州境へかかる  しかしてかかる  換言すればかかる  時効にかかる  ことができるので、かかる  のであるが、しからばかかる  述作にかかる  しろ稀にかかる  のも、あるいはかかる  人に限って、かかる  ところありてか、かかる  容易に飛びかかる  頭上をさして落ちかかる  暮れもかかる  レオにかかる  変質から発生した、とばかり決めてかかる  格子戸に倒れかかる  理解してかかる  認識論はかかる  立証してかかる  のだが、更に単にかかる  十巻は、実にかかる  課題にかかる  偕楽座にかかる  更らにかかる  退治にかかる  ライムにかかる  開きにかかる  なに金がかかる  おりのかかる  ためにするかかる  九時までかかる  物珍らしげな挑みかかる  もののかかる  彼は眠りかかる  戸を閉めると挑みかかる  身にのみ降りかかる  我先にと競いかかる  後から追手がかかる  あとから追手のかかる  実行にとっかかる  面調べにかかる  二月はかかる  舌鋒をそろえて斬ってかかる  お年を老られたかに思うていたが、さすがにかかる  一朝大事にかかる  備前にかかる  西端れまで来かかる  山腹にかかる  階段にかかる  実現されかかる  遁げにかかる  死を極めたものの、かえってかかる  人はかかる  杉はようよう振り放して逃げかかる  枝にかかる  相違があり、かかる  貨幣はかかる  価値のかかる  反対論がかかる  租税はかかる  ヅーフにかかる  沖合にかかる  間に、かかる  半年ちかくもかかる  意識してかかる  こと、かかる  本質構造がかかる  存在的空間構成もまた、かかる  感情移入はかかる  二次元性はかかる  仮象Scheinと呼びならわしているけれども、むしろかかる  近代性はかかる  あないやいやかかる  唾きをしようと思うばかりだとも言い、かかる  誰にはかかる  直線コースにかかる  眼だけは挑みかかる  遊興代はかかる  二十分ぐらいはかかる  認定してかかる  角から取壊しにかかる  洋服を脱ぎにかかる  端から取壊しにかかる  別に気にかかる  襲ひかかる  古人がかかる  ところでかかる  際会をかかる  方は逃げかかる  柱によりかかる  十分にのみこんでかかる  疑惑のかかる  父島まではどれほどかかる  ちょっと心にかかる  瀬戸にかかる  幹へよりかかる  山のかかる  潮が吹きかかる  兵隊にもかかる  全身麻酔にかかる  殊に手間のかかる  十四五日もかかる  ひと月以上はかかる  百年くらいかかる  実地取調べにかかる  茶碗を拭きにかかる  それを呑んでかかる  それから降りかかる  食留めにでもかかる  こいつを押えてかかる  力を以て押えてかかる  研究は決してかかる  びらにかかる  山川のゐくひにかかる  世に生れてかかる  遺風の如きは、かつてかかる  証明してかかる  スープにかかる  問題を解こうとかかる  戦術よりはむしろかかる  人眼にかかる  前にかかる  出がかかる  二にはどうしたらかかる  下手が釣っても、すぐにかかる  河豚がかかる  ときにはこんなにあっけなくかかる  几帳面な堅苦しい、かかる  どこよりもかかる  喉にかかる  遅参したとてかかる  財源を見出すまでには長くかかる  ものになり始めると、かかる  人々は、かかる  軍隊を知っていたらかかる  何物もかかる  服従的傾向よりすれば、かかる  常住卑屈のかかる  母親の、かかる  紀州沖へかかる  日数が、かかる  地理を調べてかかる  枕にかかる  伊東を取囲んで斬ってかかる  造像にかかる  方がかかる  大陸にもかかる  楽匠らにたいするかかる  応でもかかる  クリストフはかかる  若い娘が、どうしてかかる  幾日くらいかかる  花とも言うべきかかる  フランスを見ると、かかる  喧嘩、降りかかる  努力してかかる  言の葉にかかる  傍まで来かかる  人間も、またかかる  助が鎮めにかかる  こちらにいれば当然かかる  都市のかかる  万象のかかる  みずから死ぬことを見て取りながら、またかかる  気分が悪くなりかかる  良心の命ずるかかる  ほんとうに病気にかかる  彼がかかる  この世にかかる  東屋にうたてもかかる  運動者がかかる  から、いどみかかる  中に倒れかかる  さりともたれかかる  露にかかる  当代を詛ってかかる  露のかかる  今またかかる  二人におおいかかる  肩先にかかる  それが落ちかかる  まとめにかかる  宿もととつきとめにかかる  歩きにかかる  歩みにかかる  大井川にかかる  年額五百円はかかる  頃を見はからって掘出しにかかる  のだが、とりかかる  ところへ、よりかかる  雫の冷たくかかる  ように、戯れかかる  自然に咲きかかる  里人もかかる  庭は、かかる  皆仕事にかかる  民衆はかかる  行動をすると、きめてかかる  誘惑にかかる  落花が散りかかる  まさかにかかる  日はかかる  三日ほどかかる  心もちはかかる  いろいろが散りかかる  の露のかかる  外から鍵のかかる  ひとり袂にかかる  時代のかかる  上からのみかかる  今日においてはかかる  腹立まぎれ、かかる  篇中にはかかる  今日わざわざかかる  里春を殺ったと決めてかかる  ように思って、いどみかかる  風が立ち、ほろほろと散りかかる  隕ちかかる  時日がかかる  一番心にかかる  学校にてもかかる  五十年は充分かかる  海ぞかかる  独裁政治とは、おそらくかかる  思想的にかかる  大津へ来かかる  一度舞台にかかる  露の消えぬにかかる  夜具を奪りにかかる  ッそりと来かかる  日本にいてかかる  のは、かかる  謂であるが、かかる  過大に失せるがごとく見ゆるも、かかる  ところは、すなわちかかる  地方教育官庁をしてかかる  一台二万円はかかる  至極重みのかかる  玄関へかかる  決定してかかる  弾薬莢を取外しにかかる  身上と見てかかる  筏はかかる  爲めにかかる  眠つてゐるかかる  所有にかかる  者は恐らくかかる  考案にかかる  誰れでもかかる  めいわくが、かかる  叢雲が、揺れ動き崩れかかる  折から来かかる  倚りかかる  しか、ああかかる  五年はかかる  口からきっぱり決めてかかる  何がかかる  一日三円もかかる  保持者は、かかる  ために、何故かかる  関心そのものではなくてかかる  矛盾がかかる  のではなくて、寧ろかかる  大震災は、かかる  光が立ちかかる  老婆に甘えかかる  事情があって、突然にかかる  多代子はぐったりと倒れかかる  奥さんに食ってかかる  資本家兼地主たり、かつかかる  講談などのかかる  粛とはかかる  社会倫理に食ってかかる  から百円以上は、どうしてもかかる  それはなかなか永くかかる  時に撃ってかかる  鼠に跳びかかる  夜があけかかる  人に喰ってかかる  綾之助のかかる  女王のかかる  人手のかかる  伴さんにかかる  模範青年さんにかかる  一年もかかる  四五十分もかかる  組織し、かかる  美とのよりかかる  病気にはかかる  感冒にかかる  精神的復活は、実にかかる  諸民族を駆って、かかる  真面目にかかる  精神のかかる  莚にかかる  自力でかかる  年頃にかかる  胎内とはかかる  ぶん暮しがかかる  機会に、かかる  念頭にかかる  人間がいきなりかかる  とったりしてかかる  物質とは、かかる  限り、かかる  何とも決めてかかる  国家はかかる  イデオロギーとはかかる  処のもの、かかる  理論はかかる  成分であるか、とそう問うてかかる  出先から電話がかかる  中道へとかかる  四十年代にかかる  自動車に轢かれかかる  しめにかかる  春のきてかがる  忠直卿のかかる  頭脳がかかる  唇が開きかかる  突撃してかかる  彼によろめきかかる  壁へよろけかかる  発案にかかる  小林に喰ってかかる  日影の薄れかかる  場合はなかなか烈しく喰ってかかる  女帝のかかる  のであって、決してかかる  根底にはかかる  底には、かかる  もう少し深く考えられてかかる  うち二三時間だけかかる  山稜にかかる  なかにかかる  否定してかかる  青野氏は、かかる  交錯によって、ちょうどかかる  祭儀もかかる  死そのものもかかる  伝記をそのまま信じてかかる  連関しているであろうが、かかる  言行にかかる  子貢はかかる  語句そのものがかかる  学徒においてはかかる  事実は、幾分かかる  教師にもかかる  後にかかる  肩に落ちかかる  徳本峠にかかる  尾根へ近くかかる  費用にどれほどかかる  体にはひかかる  田圃にかかる  かまわず靴を穿きにかかる  靴を穿きにかかる  引分けにかかる  狐が、かかる  熟練によりてかかる  女子は決してかかる  とき駒橋村においては、さらにかかる  故意にかかる  土がかかる  三十分もかかる  三千子は倒れかかる  微風が、戯れかかる  肺にかかる  小林秀雄にかかる  小生は長々しく申し上げざれども、とにかくかかる  とき境涯に落ちたればこそ、ついにかかる  ふぶきが散りかかる  飼養料は高くかかる  本がかかる  話ながらかかる  その他にかかる  見え近頃一向かかる  女がかかる  これ一心顛倒するに因ってかかる  一汎に信ずるより、時に取ってかかる  巻累なればかかる  十二世紀まではかかる  合歓木をかかる  国にかかる  遠国より古くかかる  古今東西人毎にかかる  証明を要し、かかる  牡馬もまたかかる  前既にかかる  インド人もとよりかかる  攷え合せて、かかる  手近にかかる  時鴿来ってかかる  満腹しやめかかる  驢もかつてかかる  王の使いまた追い来って捕えかかる  ヒョロ子は落ちかかる  魔法にかかる  上に降りかかる  自分から笑ってかかる  ほとりへ来かかる  詮議はかかる  由来、かかる  道とはかかる  理論構造は全くかかる  科学に就いてのかかる  のではなくして、かかる  予がかかる  名所なるに添えてかかる  云ひかかる  魔物とするからかかる  古ギリシアローマともにかかる  門を出かかる  壁によりかかる  禍いがかかる  上に散りかかる  酒のみかかる  大金のかかる  旅費もかかる  ひたいに垂れかかる  歳の市にかかる  手記にかかる  五十分間もかかる  四日もかかる  今年一杯もかかる  お浚いにかかる  お座敷がかかる  訳にかかる  のとは違って、かかる  品よく凭れかかる  こともないと呑んでかかる  何かよりかかる  雪崩れかかる  津浪がくずれかかる  估券にかかる  から花見小路へ来かかる  構造は、むしろかかる  本郷台から下って来て、またすぐ登りかかる  中にくれかかる  勝手にきめてかかる  決心がかたまりかかる  炬燵によりかかる  牛乳がかかる  後半期に、かかる  頭上へ落ちかかる  引揚げにかかる  ぺたに散りかかる  途中にかかる  度胆を抜いてかかる  霧移るかかる  作者はかかる  それへ舞いかかる  明日までかかる  お金が随分かかる  イタぶりにかかる  高調にかかる  方から調べてかかる  峰が落ちかかる  今月一杯はかかる  矢先にかかる  わしがかかる  父がかかる  勇士をかかる  敵にかかる  アタリを附けてかかる  怪事続出、遂にかかる  愚弄して、かかる  利休はかかる  予想してかかる  ものを見なおしてかかる  空間意識はかかる  於てはかかる  ちょっと手間がかかる  茶がかかる  いにしえもかかる  訳ありてかかる  安心してかかる  上へ乗っかかる  赤毛布がかかる  小僧がかかる  始めから腰を据えてかかる  顎から頬へかかる  呼び出しにかかる  ブランキはかかる  例外無くかかる  樹に降りかかる  本道を通らばかかる  から大変時間がかかる  今振り返ってみるにかかる  八時間くらいかかる  時間が長くかかる  必要に終ったとしても、かかる  資本主に喰ってかかる  そこでかかる  あれはずいぶんかかる  何かどかんと落ちかかる  普請にかかる  利がつく、また伐りかかる  舞台がかかる  裏山へかかる  幹によりかかる  門口で喰ってかかる  麦にかかる  滴となってかかる  凍死しかかる  むるはむしろかかる  田圃道へかかる  檜笠にかかる  のをかかる  雪中山越にかかる  年月がかかる  野辺送りに、かかる  弄落にかかる  小田切さんに喰ってかかる  犬天が下はるばるかかる  窓に来かかる  金青年に喰ってかかる  仮りて、さてはかかる  方便られて、遂にかかる  徘徊して、かかる  文角ぬしにまで、かかる  受くべき覚なければ、何故かかる  帰途にかかる  フラリと落ちかかる  力がかかる  及腰になりかかる  天窓を閉めて捕えにかかる  セエラに喰ってかかる  修辞にかかる  ゼ号型船は、かかる  調べにかかる  数の、かかる  霞がかかる  私はなおかかる  楯にして食ってかかる  今日まで、かかる  私にじゃれかかる  登り坂にかかる  夜業にかかる  号令がかかる  手紙でこんなに永くかかる  踏切にかかる  否や、互いにかかる  一万円はかかる  何億年とかかる  とつてかかる  菓子もいいが、随分かかる  襟にかかる  あれユートピストはかかる  世界観としてかかる  日にか、かかる  口にでかかる  喉から出かかる  羂にかかる  羂にはかかる  自然にかかる  内、かかる  うち、かかる  ゲートルに絡みかかる  表情が忽ち醜く歪みかかる  啓蒙活動がかかる  主観的にもかかる  ものであり、そしてかかる  硝子窓を閉しかかる  窓を鎖しにかかる  凭りかかる  エイとばかりに切ってかかる  落語家がかかる  次郎、かかる  エレキのかかる  それはさて置きかかる  念頭に置けばかかる  天才にはかかる  高山右近も相当長くかかる  場合には、かかる  距りが少なければ少ないほど、かかる  批評家をかかる  彼が、かかる  その時の空にかかる  四百日はかかる  平均二週間はかかる  観測にかかる  二週間ぐらいはかかる  起しにかかる  わたくしに垂れかかる  叢、垂れかかる  十円位はかかる  五百円はすぐかかる  三人食事にかかる  半月ばかりかかる  からもかかる  夕暮が段々迫って来かかる  意味においては、かかる  陰口にかかる  水道橋にかかる  青年のかかる  先生は時々かかる  一番手数のかかる  額へかかる  菅沼というにかかる  赤痢にかかる  中にもかかる  如何でかかる  心もち鼻へかかる  水田へかかる  手巾の落ちかかる  しかし、かかる  音もなく散りかかる  紙帳へかかる  ガムシャラに斬ってなどかかる  網へかかる  敵大勢四方よりかかる  兆候だけですぐに極めてかかる  山路などにかかる  もぐりにかかる  層にかかる  板橋へかかる  大通りへかかる  田舎道にかかる  心臓をもっていたら、おそらくかかる  あれにかかる  一月はかかる  海ひょうどもは、かかる  ものがかかる  懐剣にかかる  子供等のかかる  鉤にかかる  問題は、かかる  兼さんが、かかる  人ときめてかかる  生活がかかる  浮世をかかる  遊び振りにかかる  上にひらめきかかる  劉に食ってかかる  夫に食ってかかる  夜も明けかかる  命令がいつかかる  こと其処に立っていた、沈みかかる  我から網にかかる  村まで来かかる  渡し場へ来かかる  子孫後裔をかかる  中ほどまで来かかる  歳久しゅうして死なず、遂にかかる  彼はそろそろ出かかる  わがままのかかる  ばらばらと降りかかる  自分を殺してかかる  火を起こしにかかる  山の端ごとにかかる  二日とはかかる  三年とはかかる  沖にかかる  扉を開けにかかる  腕にかかる  ちょっと気にかかる  あなたが舐めてかかる  方へ垂れかかる  反り身になり、まるで挑みかかる  両方にかかる  真名古は挑みかかる  端を皺めにかかる  警保局長に喰ってかかる  方から来かかる  テーブル掛がかかる  引き返しにかかる  横あいから次郎に切ってかかる  顔へかかる  ひざへかかる  苦悶をつづけながら、消えかかる  柔かに乱れかかる  衿あしにみだれかかる  始めから緊張してかかる  塩がかかる  モデルを探してかかる  設立にかかる  首を擡げかかる  時崩れかかる  髪の毛にかかる  母とはかかる  稲つけばかがる  もっと日数がかかる  五千六百円ばかりかかる  呼吸器病にかかる  磔にもかかる  日本がかかる  日本が、かかる  誠心にはかかる  存在をかかる  性質はかかる  国がかかる  民族藝術はかかる  人々すら、時としてかかる  マルテはかかる  召使どもが眠らうとしかかる  一人できかかる  下り坂にかかる  女性の倒れかかる  口から洩れかかる  ことを考えてかかる  日数のかかる  暈がかかる  買収にかかる  たきを繁くしながらよっかかる  間を走りまわって白けかかる  山路にかかる  抵抗しにかかる  二百年でもかかる  渚にたわむれかかる  当時においてかかる  命名にかかる  閑人があってかかる  生殖器にかかる  頸に落ちかかる  長椅子に投げかかる  のかと、喰ってかかる  個性もわすれてやたらにかかる  一つ一つ気にかかる  わたしはうとうと睡りかかる  無性に気にかかる  伊勢路へかかる  数はかかる  声が再びかかる  疑惑は晴れかかる  報酬にてかかる  耳に入るかかる  餌代がかかる  暇のかかる  何か出かかる  大衆性とはかかる  身体にかかる  日數がかかる  腮にかかる  とろとろと消えかかる  整理にかかる  ようにかがる  金子もかかる  食事にかかる  榾火が消えかかる  九〇〇億年もかかる  しぶきがかかる  飯にかかる  二十分近くもかかる  点もないので、喰ってかかる  費用が随分かかる  道子の来かかる  警視庁保安課のかかる  税務署のかかる  後はかかる  君をしてかかる  芸術は、かかる  凸凹があり、ひっかかる  ものでなければ食わぬと、決めてかかる  もみじの散りかかる  背に、つかみかかる  車を廻しにかかる  すゑものつくりにこねられてかかる  手数もかかる  役人にかかる  国家をしてかかる  かくのごときは、かかる  見境なく食ってかかる  けが気にかかる  前提としてかかる  磨きがかかる  米久通りへかかる  はじめへかかる  柄にて、乱れかかる  のはひかかる  貪慾にかかる  三十分ばかりかかる  飛沫がかかる  論者がかかる  日本人がかかる  患あるを恐れてかかる  勝氏は決してかかる  事を聞き、かかる  しぐれもわびしく降りかかる  声頻にかかる  民主とはかかる  たいがかかる  のにきめてかかる  そこから中庭を横切って、散りかかる  坊を寝かしにかかる  一人にいどみかかる  柄にかかる  門から玄関へかかる  ひた押しに押しかかる  見物にかかる  仕事に一旦かかる  朝子に食ってかかる  取引税がかかる  ように、きめてかかる  定義しようとかかる  手袋をして、舞いかかる  何かあった又あるにも拘らず、同時にかかる  決定論はかかる  処でかかる  ものは、わずかに、かかる  階級性を拒んでかかる  事物のかかる  人々はかかる  体系がかかる  問題はそしてかかる  選択はかかる  歴史的運動へのかかる  洗練してかかる  形式とかかる  真理はかかる  それ故かかる  信念内容も、かかる  展開性とは、今やかかる  物理学的概念ではなく、従ってかかる  運動概念に就いてのかかる  階級性は恰もかかる  人々のかかる  処の、かかる  問題と云えば取りも直さずかかる  難解はかかる  存じ候へども、爾来かかる  一行にてもかかる  文芸欄にもかかる  一大変お金がかかる  打手のかかる  身元から訊いてかかる  彼女は、抱き竦めにかかる  たもとへ来かかる  四谷見附に来かかる  たっぷり一時間あまりはかかる  夕風に翻しながら来かかる  改札口へ来かかる  上に乱れかかる  シブキがかかる  大酔のあまりかかる  横丁にかかる  ガード下へかかる  わきへ来かかる  薄氷嶺にかかる  交はかかる  自分なりに、こうと決めてかかる  生活を知ってかかる  捏粉をこねにかかる  欠伸の出かかる  肺病にかかる  彼等父娘はちらちらと崩れかかる  そこへ当然落ちかかる  橋ありてかかる  病はかかる  夜少しく深けかかる  洗濯にかかる  ままでよりかかる  これにかかる  何が長くかかる  反抗にはくってかかる  ボタンがかかる  世のかくてかかる  さらばとてかれもまたかかる  終にかくてかかる  係蹄にかかる  公立にかかる  虹がかかる  方でじらしにかかる  こっちからそれを崩しにかかる  峠道にかかる  硝子窓にかかる  弓鉄砲を打ち放して切ってかかる  時のかかる  水芸にかかる  興奮して、まるで喰ってかかる  四辺にうっすらとかかる  幾晩もかかる  創作にかかる  まま、なやみ、もがき、猛り泣いて、かかる  三吉にくってかかる  釣りだしにかかる  着付にかかる  それから自作にかかる  自己自身を知ると考える、かかる  明にせられるには、否、かかる  立場において始まり、かかる  デカルトのかかる  ことすら、かかる  ものとして、かかる  読経にかかる  夫子にしてなおかつかかる  冠が落ちかかる  術にかかる  口まで出かかる  乍ら、かかる  深夜冲天にかかる  東京から五時間ちかくかかる  吉里がまた注ぎにかかる  腹痛あいたあいたとうめかかる  掻廻しにかかる  あたりまでかかる  鳥さえかかる  ほうへ喰ってかかる  ようにそそぎかかる  作家のかかる  ために、次にかかる  始創にかかる  ため手間のかかる  生活にはかかる  誰がかかる  名を棄ててかかる  背後にかかる  日本にはかかる  人々がかかる  色糸でかがる  信州へかかる  常識にかかる  一生けんめい鋤へ寄っかかる  燕麦にかかる  牛馬などを取りにかかる  成功すると決めてかかる  車内にてかかる  私たちは、かかる  程に散りかかる  杉山が傾きかかる  糸婆さんが、やっとなだめにかかる  戸によりかかる  輿論は屡々かかる  靴をはきかかる  ここから上りにかかる  上におおいかかる  高岡まで何分かかる  具現してゆき、そしてかかる  揶揄してかかる  鍋がかかる  並木にかかる  木津川堤にかかる  般若坂にかかる  茅場町へ来かかる  気にしてむしりにかかる  喰べにかかる  向うから来かかる  圭さんに喰ってかかる  理由などは問わず、遮二無二、組み伏せにかかる  肩までかかる  さにかかる  者を押し分けて、戻りかかる  岩へかかる  冬にかかる  わしに喰ってかかる  気合がかかる  恭一は食ってかかる  次郎は、もう、食ってかかる  手先がかかる  下り口にかかる  端へかかる  舳を越えてどどっと崩れかかる  椅子にくずれかかる  精力はかかる  平和主義者はかかる  国にもしかかる  邸内へかかる  迷惑はかかる  禍いのかかる  次郎は、喰ってかかる  誰にでもくってかかる  なかにまでかかる  我々をしてかかる  正月へかかる  峠へかかるにはかかる  家にかかる  發揮してかかる  光が消えかかる  桜もちらちらとちりかかる  抑圧のかげにありて、つねにかかる  けしきにちりかかる  色とにほひがちりかかる  空とにちりかかる  涙しとしとちりかかる  こころにちりかかる  さきにちりかかる  パツとかなしくちりかかる  帽子にちりかかる  手つきにちりかかる  孔雀玉、ええなんとせう、消えかかる  とき、かかる  母親にまでだれかかる  周旋人にかかる  癖金のかかる  邊にかかる  船首に落ちかかる  前を離れようとし、思わずよろよろと倒れかかる  大事を取ってかかる  晩までかかる  土橋へかかる  意趣で打ってかかる  下山口へかかる  三日はかかる  直接降りかかる  何かわっと言って来かかる  雪が消えかかる  中空にかかる  一万円ちかくかかる  あと半年はかかる  坂路にかかる  興廃にかかる  中から鍵がかかる  私は微笑みにくずれかかる  気分に靠れかかる  俗語でかかる  躊躇もなく、かかる  世界、かかる  人々は呼んでかかる  私達はかかる  彼等はむしろかかる  中に、かかる  個性に立つかかる  窓によりかかる  腹に据えてかかる  苦心にかかる  部門でかかる  雪がかかる  むら雨のかかる  拍子にかかる  さし寄せられると、かかる  恋のと、少しばかり甘たれかかる  縁側へ這いかかる  東京地方協議会署名にかかる  其処へかかる  乱世に於けるかかる  生命にもかかる  生命にかかる  お前にじゃれかかる  新田堤にかかる  そこへかかる  バサッとかかる  人間を解してかかる  社会上毫もかかる  急にくってかかる  梅本は、すぐ、くってかかる  子供にかかる  一冬はどうしてもかかる  胸前にかかる  季節が少し寒くなりかかる  光景と共に、かかる  横町へ来かかる  いとう心にはかかる  さはかかる  自分がかかる  武蔵野にかかる  やうと少しく角張りかかる  熱心に説きかかる  からかひかかる  乗地になりかかる  首を傾げたれど、もとよりかかる  手剛きほど興がるがかかる  それを解きにかかる  口に出かかる  十五分くらゐかかる  月の落ちかかる  垣外へ来かかる  男にかかる  自分に戯れかかる  用ゐてかかる  伝奇においても、かかる  十時間ぐらいはかかる  斜面にかかる  ほうはどのくらいかかる  頃よりかかる  従来、斬ってかかる  櫛笄も、落ちないで、乱れかかる  由尋常に詠まば、つまらぬまでもかかる  めいわくがかかる  しぶきが、たえずかかる  而してまたかかる  のでありますが、かかる  日本でかかる  今も認めておりますが、かかる  ジャアナリズムのかかる  ます憐っぽくしおれかかる  頭から否定してかかる  あと始末にかかる  下向きにかかる  脱出準備にかかる  三十秒はかかる  相手にかかる  肚を据えてかかる  話を聞きかかる  驚き、いかにしてかかる  前後三たびまでかかる  ためにかかる  藁人形にはかかる  尻尾を巻いて吠えかかる  罠に狂いかかる  何ヶ年ぐらいかかる  十五年はかかる  多分二年はかかる  特に注意すべきはかかる  年月の夥しくかかる  いつまでも気にかかる  普通ならば、かかる  無知を責めてかかる  内容はかかる  具體的にいへば、かかる  文化的生はかかる  會ふことによつてかかる  假りにかかる  愛はかかる  法則はかかる  何ものをも含まず又かかる  共同こそかかる  啓示はかかる  文部省をしてかかる  君は決してかかる  蜘蛛の巣がかかる  進歩にかかる  称が廃せられて、もはやかかる  陽が落ちかかる  二か月以上もかかる  上まで来かかる  ラブラドルール沖にかかる  六十年もかかる  現象は、かかる  電報がかかる  彼らもまたかかる  目方がかかる  目方のかかる  すきから額へちらちらこぼれかかる  フィオーナに食ってかかる  千五百枚のものにかかる  通りを来かかる  人件費がかかる  札の辻へかかる  日がくれかかる  下り勾配にかかる  それによりかかる  根本から検討してかかる  注目してかかる  止めにかかる  朝露のかかる  説明にかかる  ほんとうに腰をすえてかかる  目あてもなく倒れかかる  横倒しに倒れかかる  君はかかる  擽りにかかる  上に倒れかかる  文部省中にかかる  相応日数はかかる  鳥網にかかる  壁にかかる  目標を置いてかかる  ことを知ってかかる  寄進にかかる  ッそく仕事にかかる  開墾にかかる  術がかかる  雪にかかる  時間はずいぶんかかる  夜はしらじらと明けかかる  六十五年もかかる  カンヌキがかかる  法案をかかる  三ヵ月もかかる  肩へ、よりかかる  現場から四十分以上はタップリかかる  白紙で、とりかかる  尾峠にかかる  浪打峠にかかる  翠露のかかる  時あらば大抵かかる  人間も、時にはかかる  凡人も亦かかる  何日ぐらいかかる  ものでないから、かかる  繩ないにかかる  殺戮とはかかる  時汝はかかる  馬力にかかる  アンマにかかる  心付け申さず、かかる  寄付にかかる  誓言にそむいて、かかる  所蔵にかかる  講釈師のかかる  われいかでかかる  半島もかかる  入費がかかる  五日はかかる  四日ごろまでは早くてもかかる  憐みもかかる  方から街道へおりかかる  中へかかる  七十銭はかかる  あんまりお心にかかる  塵毛のかかる  粘着してかかる  人食い犬あるいは吠えかかる  一つもかかる  実験にかかる  経験にかかる  来年病気にかかる  めぐり合わせには、かかる  連合し、ついにかかる  広小路へ散りかかる  諫めにかかる  舞台にかかる  それを思い見よ、必ずかかる  見聞にかかる  方へかかる  くつてかかる  熊沢蕃山をかかる  手入にかかる  熱次第にさめかかる  もとにかかる  のですが、しかし、いかにしてかかる  日没と共に蔽いかかる  隙を狙っては逃げ出しにかかる  雷は今にも落ちかかる  堀口に斬りかかる  坂下へ来かかる  毒殺が、かかる  上半身を、よりかかる  マア大きくみればかかる  クリスト教とか、かかる  得失にかかる  遺恨子細によってかかる  今日にかかる  賭てかかる  場合に属して、かかる  ずりと来かかる  大金がかかる  狐憑きにかかる  狸憑きにかかる  重患にかかる  大義にかかる  文明国と称しおるに、なおかかる  盗難にかかる  今日にありては、かかる  ものは、もはやかかる  今日なおかかる  港にかかる  しかれども、あまりかかる  なにものがかかる  故は、かかる  ことから喧嘩を挑みかかる  さら疑いがかかる  日光街道にかかる  辰九郎にいどみかかる  ほかに食ってかかる  かさに着て食ってもかかる  あいかわらず手数のかかる  事実江戸屋がかかる  ふた筋三筋散りかかる  いましめを解けば跳びかかる  急所に刻みかかる  お手数のかかる  磁石にかかる  エリス一人に吠えかかる  飛びあがつたやうな町は、かかる  崖をおりかかる  のがかかる  労作にかかる  嫌疑のかかる  口がかかる  だって手数がかかる  山地にかかる  棟にかかる  並木を来かかる  一杯にかかる  横なぐりにかかる  眉毛にも跳びかかる  三週間もかかる  それや、かかる  そうだが、かかる  直後から人工心臓を取りつけにかかる  将来におけるかかる  信念とをもってかかる  必要であり、かかる  人口に対するかかる  ものがあり得るとすれば、かかる  うちでかかる  ためには、かかる  士がかかる  国におけるかかる  不審を抱くよりは、むしろかかる  資源ですらかかる  絶対的欠陥ではなく、かかる  蒙昧状態においてかかる  知らない病気に絶えずかかる  圧迫に関するかかる  原因によって、かかる  疑いもなくかかる  時には、かかる  女はかかる  多くがかかる  者はかかる  今回に限ってかかる  健康国においては、かかる  地区司令官はかかる  多数のかかる  実例によれば、かかる  子供達はかかる  最近五十年間にかかる  下層社会がかかる  のは、極めて当然であり、従ってかかる  これはかかる  施設がかかる  死亡率がかかる  習慣におけるかかる  比較してのかかる  ことを忘れ、かつ、かかる  地位とかかる  子孫についてはかかる  家庭で育てられ、そしてかかる  芸術外と決めてかかる  検討してかかる  腕から落ちかかる  一度もよろけたり倒れかかる  東へ崩れかかる  十時までかかる  悲願を立ててかかる  二百年位はかかる  多くを望まないが、せめてかかる  形式主義であり、かかる  山地へかかる  信長がかかる  熱望がかかる  推理によってはかかる  保護によりかかる  彼らは、かかる  人類は、かかる  社会状態においては、かかる  のであるが、けだしかかる  非難が落ちかかる  理由によりかかる  ものであり、もしかかる  物体にかかる  肉体的性向がかかる  承服せしめられ得るであろうか、にかかる  肉体的願望を取り去るならば、かかる  見解によれば、かかる  悪へのかかる  人間がかかる  大海においてかかる  曰く、かかる  企てがなければかかる  ゴドウィン氏はかかる  時ですらかかる  政府がかかる  短期間に、果してかかる  有用なのはまさにかかる  穀物のかかる  私は、もしかかる  どこでもかかる  一切のかかる  地方銀行が、かかる  ものであるが、かかる  推奨されたけれども、かかる  ものであり、従ってかかる  食物節約法を講ずべきは、かかる  貧民法に伴うかかる  事態においてはかかる  農業に対するかかる  のだから、かかる  消滅せずに残っているので、かかる  部分的失敗は、必ずしも、かかる  提議、かかる  これは、かかる  それと共にかかる  増大するから、かかる  反対論は、かかる  私は何故にかかる  一般的境遇を、かかる  場合にも、かかる  余が、かかる  時代がきてもかかる  自ら任ずると云うより、かかる  金属ソジウムにかかる  日本新劇倶楽部は、かかる  二三時間はかかる  玄関へ出かかる  巻きにかかる  婆さんが、落ちかかる  仮定してかかる  廿日はかかる  十七年もかかる  病人にかかる  色を変えてかかる  締めにかかる  手当てにかかる  素振りはかかる  執筆のかかる  山の手へかかる  都度しらべてかかる  怪談にかかる  船長室から電話がかかる  一週間ぐらいかかる  相違なけれども、いまさらかかる  悪業ありてかかる  身としてかかる  場所も無く、かかる  山の端毎にかかる  巌が壊れて崩れかかる  作にかかる  合廃するに、かかる  将破壊か、かかる  書を読み、かかる  産土神をかかる  勝手次第なるも、かかる  邦にはかかる  外人がかかる  富人を嫉むは、多くかかる  政府が、かかる  小生はかかる  紀州のみかかる  費用はかかる  美を競いかかる  議論をすれば食ってかかる  家もかかる  それにかかわらずかかる  需めにかかる  雲と跳びかかる  不利益たるべきかかる  板行にかかる  発見者自身の語るが如く、かかる  抱へて来かかる  呪いがかかる  みんなも手伝ってくれるでしょうし、かかる  あなたもかかる  於てかかる  あと七十回もかかる  時には、まず、疑ってかかる  ものは、果してかかる  男が、かかる  文句なしに、とりかかる  一時間以上もかかる  西端にかかる  札がかかる  いずれが勝つか分らず、かかる  われはかかる  別に資本がかかる  階段を登りかかる  恋愛が破れかかる  成立しかかる  展覧会開催中はしばしばかかる  体面を備えかかる  人気を失いかかる  我流の書きなぐりで、かかる  町もかかる  御代をかかる  うちこわしにかかる  新訳にかかる  此病にかかる  表へ出かかる  雨もはげしく降りかかる  認識論的問題から吟味してかかる  抹殺してかかる  噂はかかる  何人がかかる  ものばかりかかる  帝国主義的歴史家たちも、いつも、かかる  騎士が、かかる  彼らはかかる  急追にかかる  条理だって嫌疑のかかる  顔面にまで垂れかかる  一味たちには、かかる  ベエコンこそ、かかる  ベエコン自身はたしてかかる  とき人形芝居がかかる  腹腔にかかる  神典にはかかる  間におのずからかかる  昼間はかかる  五月にかかる  時間はすこしかかる  出動命令がかかる  あとに生えて来かかる  維持にもなかなかかかる  風邪をひきかかる  呼び出しがかかる  ところへはきっと永くかかる  から時間がかかる  草にかかる  人間のかかる  ひろ子となりかかる  平静がこわれかかる  共産黨はかかる  常としてかかる  調査してかかる  ものが、かかる  ものが相当かかる  費用がなかなかかかる  一般国民もかかる  時がかかる  数ヵ月はかかる  十ヵ月はかかる  ボタンのかかる  胸にかかる  誤認してかかる  大分時間のかかる  人を呑んでかかる  左右にかかる  放射物であり得ず、かかる  わしに食ってかかる  重量でもかかる  盲目蛇物に怖じずとはいいながら、かかる  こはかかる  志士仁人もまたかかる  争でかかる  身にしてかかる  親切に、かかる  監獄にてもかかる  慈悲にて、聊かながらかかる  催しにかかる  承諾して、さて何故にかかる  ものなるに、図らずもかかる  しかど、かかる  妾をかかる  争でか長くかかる  我々は実際においては、ともすればかかる  演技にかかる  雰囲気から生れ、かかる  気づき、かかる  教化力はかかる  場合にもかかる  ものであり、かかる  伝統精神は、かかる  俳優によつて演ぜられ、かかる  枝雀老人をもかかる  お銭がかかる  神田へかかる  靄のかかる  国男がくってかかる  そこにかかる  さこそかかる  火の消えかかる  空にだけかかる  何百年もかかる  重みのかかる  方にかかる  クッションに倒れかかる  あるかのように、ほとんど挑みかかる  スープを持ってゆくだけならこんなに長くかかる  中組にかかる  ざぶざぶと水のかかる  ただ長くかかる  句もかかる  畳に、はらはらと早くもちりかかる  中有にかかる  ギルドのくずれかかる  そこもかかる  河口にかかる  涙がこぼれかかる  卑俗になりかかる  校閲にかかる  著にかかる  左辺にかかる  インキだって金がかかる  続きにかかる  者ときめてかかる  ツバしてかかる  喉まで出かかる  新大橋がかかる  はじめにかかる  新しい時代へかかる  時と金がかかる  今から予想してかかる  いつものように手数のかかる  問ひかかる  二三日後れると、散りかかる  直ちに登りにかかる  閂のかかる  駒にかかる  医者にかかろうとかかる  びっくりして、なぐりかかる  伝染病にかかる  日さんにかかる  日さんへかかる  若旦那の起ちかかる  弘仁期にかかる  差別があれ、捕えにかかる  号外売りは喰ってかかる  一生懸命に捜しにかかる  考えにかかる  大門を入りにかかる  夫をかかる  塵埃まぶれになってどうなされました、と払いにかかる  口端にかかる  意久地なく落ちかかる  頭巾を脱ぎにかかる  股引腹掛け着けにかかる  戸棚がたがた明けにかかる  瀬門に乗っかかる  接近、かかる  本願はかかる  教のかかる  信楽はかかる  もとよりかかる  行者はかかる  師父の救い出しにかかる  悟空はかかる  四百年はかかる  森林にかかる  森へかかる  ッちの坊やから誘いがかかる  のだが、かかる  向うへ行きかかる  槌を置いて立ちかかる  下弦の月がかかる  壁を抜いて、散りかかる  十分間もかかる  部屋にかかる  乱るるとはかかる  障子へ寄っかかる  菜の花もちりかかる  土を耕しにかかる  面前にあってどうしてかかる  朝比奈山にかかる  宿から不破あたりへかかる  屋島合戦へかかる  道もかかる  御難にかかる  作家になり、かかる  橋にかかる  買手のかかる  把ってかかる  武蔵の来かかる  雑色を斬り伏せ、なおかかる  ならずものにくってかかる  トリックには常にかかる  撰にかかる  砂利道にかかる  わけではないが、かかる  銭のかかる  ことにかかる  不意に抜き連れて斬ってかかる  なかを逃げ去ろうとすると、消えかかる  身をもがきながら、消えかかる  鈎にかかる  天はよくかかる  評価的判断は、かかる  胸にはかかる  のもかかる  のもやはりかかる  炭取にかかる  手拭へ浴せかかる  手傳にかかる  捜査にかかる  人民をしてかかる  商人たちもかかる  嫁のくちがかかる  李はおどろいて倒れかかる  手を放して、よろよろと倒れかかる  ように立ちかかる  胸を撃ちて倒れかかる  十倍もかかる  上の空で、ともすれば出かかる  琴にかかる  中にはかかる  況んや、かかる  明後日から田植にかかる  稲刈にかかる  人間が、どうしてかかる  幾度かかかる  桜の木自身にあっては、かかる  私にはかかる  執着しようとし、かかる  内部にはいうまでもなくかかる  私には、かかる  生活そのものにかかる  個性は必ずかかる  社会はまだかかる  プラトニック・ラヴともなり、又かかる  お座敷のかかる  線を消しにかかる  寄附にかかる  神が、かかる  むきになって喰ってかかる  後進生は決してかかる  二はかかる  正当にもかかる  自然が元来かかる  小舎にかかる  人数に切ってかかる  お前にかかる  暗示がかかる  勢いで食ってかかる  塀を越しかかる  間にてかかる  二郎もかかる  嬢に向かってかかる  嬢がかかる  発売にかかる  将来にかかる  くどきにかかる  動きにかかる  十日あまりもかかる  鍵までかかる  野人のかかる  だれならかかる  おれならかかる  樂だと出かかる  もう一度降りにかかる  木の葉にかかる  一度に崩れかかる  知らない友達に、食ってかかる  自撰にかかる  黒、かかる  手にひかれてかかる  靈の落ちかかる  披露しにかかる  手にはかかる  めんどうがかかる  朝から気にかかる  金杉橋までかかる  四十にかかる  合つてみても、かかる  八方からかかる  麦こきにかかる  それを開けにかかる  ほころびをつくろいにかかる  物入りもかかる  小枝を掻き集めにかかる  麦をこきにかかる  祖母に甘えかかる  から手数がかかる  信濃から木曾へかかる  寝覚めにはかかる  時には、落ちかかる  熱中して拭きにかかる  衣裳だけにかかる  心から黙殺してかかる  湯殿から蒸しかかる  周旋にかかる  陣を防ぎ止めて、崩れかかる  耳にもつれかかる  おくれ毛の、こぼれかかる  稲代はかかる  中から拾い集めてかかる  七月になりかかる  点検してかかる  永井先生によりてかかる  小一時間もかかる  位費用がかかる  額は、かかる  神輿にかかる  潜り戸に凭れかかる  WilhelmSchneider,KleinedeutscheStilkunde,DritteAuflage1929.)。まさにかかる  釜礁にかかる  ひまがかかる  一カ月半ぐらいかかる  三根夫をなだめにかかる  ところから階段をおりかかる  催のかかる  皮の、かかる  最後一時間半もかかる  時間は随分かかる  

連体詞

かかる[連体詞]
かかる自然  かかる人  かかること  かかる幾つ  かかる良書  かかる段階  かかるよう  かかるもの  かかる天然  かかる知覚  かかる延長  かかる完全性  かかる物体的本性  かかる一切  かかる合成体  かかる本性  かかる日  かかるやう  かかる頃  かかる態度  かかる願  かかるつもり  かかる人々  かかるん  かかる時  かかる熱誠  かかる不平  かかる終局  かかる下等  かかる菌  かかる種類  かかる強固  かかる趣味  かかる用語  かかる稱呼  かかるお伽噺的  かかる名  かかるやり方はいかに  かかる技術  かかる支配者  かかる窮極  かかる座標系  かかる問い  かかる真理性  かかる批判  かかる真理  かかる機関  かかる継起  かかる大変  かかる事  かかる冬  かかるいきさつ  かかる夜  かかる傾向  かかる優越的  かかる変化  かかる間  かかる役目  かかる夜舟  かかる緯度  かかる我君  かかる叫声  かかる大幅  かかる綜合統一  かかる弊害  かかる勢  かかる詞  かかる知見  かかる人間  かかる欠乏  かかる所  かかる道  かかる砌  かかる現象  かかる限定  かかる読書界  かかる教育  かかる対立感情  かかる夜はい  かかるの  かかる目的  かかる法的保障  かかる実  かかる賊民  かかる相違  かかる臆病神の手下ども  かかる有様  かかる夢中  かかる心志  かかる大任  かかる奇話  かかる人物  かかる文  かかる夕  かかる無人境  かかる着用  かかる喰料  かかる卑吝  かかる困苦  かかる毎夜  かかる山間  かかる落葉  かかる登場者  かかるたび毎  かかる憂き目  かかる他力  かかるところ  かかる片側  かかる千筋  かかる天気  かかる姿  かかる夜ふけ  かかる一枚  かかる中  かかる機運  かかる孤獨  かかる恐怖  かかる朝夕  かかる処  かかる感じのもの  かかるまま  かかる深夜  かかる目付  かかる狂信  かかる事件  かかる単独審議  かかる方向  かかる折から  かかる永住  かかる事實  かかる念慮  かかる好都合  かかる三君  かかる物質的基礎  かかる大衆  かかる念願  かかる時分  かかる一連  かかる緊切  かかる弊風  かかる際  かかる不吉  かかる者  かかる国土  かかる五分の魂  かかる大切  かかる賤  かかる類  かかる起原  かかる作品  かかる風潮  かかる行動  かかる真昼  かかる折  かかる目  かかる語  かかるため  かかる理  かかる雑器  かかる作  かかる國家  かかる剣腕  かかる例  かかる絵  かかる時期  かかる模寫説  かかる結論  かかる諸々  かかる芽出度  かかる一念  かかる命令  かかる亂  かかる在来  かかる次第  かかる雑芸雑職  かかる悲哀  かかる美点  かかる必要  かかる陰鬱  かかる論  かかる徒輩  かかるこのごろ  かかる上  かかる狭小  かかる辱  かかる弱体  かかる要求  かかる流寓艱苦  かかる大捷  かかる難儀  かかる有名  かかるうち  かかる出来事  かかる恥  かかる結末  かかる状態  かかる大計  かかるとき  かかる物  かかる不測  かかる電撃的  かかるうち味方  かかる失意  かかる人さ  かかる姦淫  かかる乱雑  かかる結果  かかる式楽  かかる営業  かかる行違  かかる事例  かかる短日月  かかる境遇  かかる都合  かかる読者  かかる情態  かかる重大  かかる綜合的  かかるスクーリン上  かかる写実  かかる人体  かかる姿態  かかる兇悪無残  かかる智識  かかる懷疑的學者  かかる現状  かかる研究  かかる業績  かかる土壌  かかる季節  かかる細君  かかる冷酷  かかる愉快  かかる午後四時ごろ  かかる風俗  かかる学校  かかる世紀  かかる発音  かかる苦界  かかる優美  かかる肌違  かかる馴染  かかる猛烈  かかる病魔  かかる弁明  かかる群集  かかる時節  かかる不運  かかる会合  かかる貯蔵  かかる注意  かかる異様  かかる折柄  かかる様子  かかる工作  かかる大敵  かかる出版  かかる不良  かかる心持  かかる親切  かかることし  かかる連中  かかる菊乃  かかる烏滸  かかる一場  かかる奇異  かかる神出鬼没  かかる子供  かかる哀調  かかる危急  かかる風情  かかる分秒時  かかる斬新  かかる場面  かかる成り行き  かかる虫  かかる無関心さ  かかる電光的旅行  かかる風波船動  かかる住居  かかる嵐  かかる軽率  かかる時浜  かかる考え方  かかる機会  かかる俊馬  かかる自由さ  かかる美  かかる標準  かかる無学  かかる旅程  かかる癖  かかる傳統的  かかる不安  かかる傑作  かかる人種  かかる布令  かかる真槍仕合  かかる残虐  かかる娯楽  かかるゆうべ  かかる落葉林  かかる官府  かかる術  かかる考  かかる窓  かかる旅  かかる客舎  かかる全体  かかる対立  かかる物質的生産  かかる制限  かかる靜寂  かかる風  かかる朝代  かかる飾氣  かかる文句  かかる記事  かかる代表  かかる悲慘  かかる所行  かかる嗜好  かかる事實存在  かかる風習  かかる様  かかる位  かかる笑  かかる制度  かかる學説  かかる國柄  かかる經驗  かかる氣質  かかる危險  かかる不面目  かかる禁條  かかる行爲  かかる不孝者  かかる點  かかる惡逆  かかる改正  かかる無責任  かかる兇行  かかる不徹底  かかる實例  かかる慰み  かかる從卒  かかる分ち方  かかる本  かかる分類法  かかる缺點  かかる外形  かかる息  かかる具体的  かかるイデヤ  かかる具体的イデヤ  かかる形式的韻律  かかる言語  かかる理智的  かかる見当ちがい  かかる形体上  かかるクラシズム  かかる低劣  かかる特色  かかる形式的  かかる邪説  かかる種属  かかる相対関係  かかる知識的  かかる冷静  かかる突発的  かかる問題  かかる形式  かかる条件  かかる消滅発生  かかる解明  かかる巧妙  かかるフシギ  かかる前  かかる生徒  かかる訳  かかる作者自身  かかる世  かかるかたち  かかる機構  かかる邪剣  かかる家風  かかる態  かかる心  かかる私行  かかる晩  かかる事態  かかる召使ども  かかる大役  かかる異変  かかる辞句  かかる場所  かかる不意  かかる山奥  かかる困難  かかる眺望  かかるところ他  かかる心配  かかる始末  かかる乱僧  かかる情け  かかる話  かかる不可  かかる判断  かかる妄説  かかる方  かかる室  かかる色  かかるさし  かかる身なり  かかる人間ども  かかる愚戦  かかる途上  かかる次第であるから大阪  かかる有様であるから  かかる荒くれ者  かかる一家  かかる厳重  かかる盛大  かかる万一  かかるみじめ  かかる破格  かかるお忙しい  かかる大乱  かかる四  かかる行き方  かかるすべて  かかる面  かかる感じ  かかる観察  かかる奇怪  かかる立派  かかる主張  かかる夕日  かかる遊離  かかる記録  かかる死  かかる現前  かかる愛  かかる悲運  かかる爭鬪  かかる不自然  かかる力  かかる人たち  かかる突飛  かかるなん  かかる音楽  かかる過剰  かかる期待  かかる崇高  かかる眸  かかる気質  かかるりっぱ  かかる手段  かかる渾沌  かかる口実  かかる感心  かかる実例  かかる公辺  かかる強情さ  かかる無限  かかる代価  かかる才能  かかる学者ら  かかる疲憊  かかる内的  かかる詩句  かかる恋愛  かかる浮薄  かかる善人ども  かかる花  かかるならい  かかる詩  かかる敗北者ら  かかる女  かかる無力さ  かかるおり  かかる死亡  かかる講座  かかる文業  かかる文筆  かかる様子ぶり  かかる船  かかる理由  かかる物語  かかる凶事  かかる通路  かかる信頼  かかる夜陰  かかる烟  かかる竜  かかる時電気  かかる蜈蚣多分日本  かかる畸形  かかる古俗  かかる異色  かかる誤解  かかる歌よみ  かかる想  かかる事西洋  かかる牝鶏  かかる商売  かかる曠世  かかる気散じ  かかる三月  かかる事柄  かかる多事紛雑  かかる先生  かかる苦心  かかる楽しみ  かかるかた  かかる勢い  かかる不自然さ  かかる憎しみ  かかる行為  かかる政治  かかる直接  かかる考え  かかる藝術  かかる経験  かかる結合  かかる顔  かかる評判  かかる紅葉  かかるお方  かかる賢女  かかる有力  かかる夢  かかる偶然  かかる晴れ  かかる問答  かかる暗黙  かかる境地  かかる毒殺  かかる書簡  かかる高度  かかる朝食であるから  かかる關係  かかる山  かかる映画  かかる嘆き  かかる上層  かかる考えかた  かかる長官  かかる席  かかる言  かかる労働  かかる変動  かかる救貧税  かかる実意  かかる居室  かかる色彩  かかる大板  かかる兇悪犯  かかる理解  かかる試み  かかる空間  かかる情趣  かかる光  かかる反省  かかる未開人  かかる言葉  かかる働き  かかる作者  かかる眼  かかる努力  かかる生き物  かかる可能性  かかる望み  かかる屑  かかる意味  かかる不幸  かかる国民的性質  かかる禁令  かかる平和  かかる孤島  かかる地位  かかる座像  かかるコソ泥  かかる天下柔弱軽佻  かかる會合  かかる表示  かかる儀式  かかる愚昧  かかる批難  かかる残虐行為  かかる時自我崇拝主義  かかる時不意  かかる翁  かかる用意  かかる旅舎  かかる気  かかる不調和  かかる溝川流  かかる揚合  かかる殆  かかる無味殺風景  かかる難境  かかる興味  かかるタノモシキ珍漢  かかる内在  かかる原因  かかる超越我  かかる不徹底的矛盾  かかる品  かかる不自由さ  かかる哲學  かかる用  かかる疑問  かかる点  かかる山懐ろ  かかる気魄  かかる現代  かかるロシヤ  かかる場  かかる決定  かかる愚衆  かかる翹望  かかる情勢  かかる素質  かかる巨大  かかる把  かかる折から卒然崛起  かかる無  かかる反応  かかる嚮導  かかるひま  かかる順序  かかる大八車  かかる秋  かかる解説  かかる物事  かかる僻事  かかる欠陥  かかる小娘  かかるもろもろ  かかる弊  かかる噂  かかる文字  かかる密儀  かかる祭儀  かかる聖餐  かかる説明  かかる簡単  かかる語録  かかる治法  かかる見物  かかる地方  かかる議論  かかる考慮  かかる細目  かかる知識  かかる習慣  かかる事情  かかる流行病  かかる戦法  かかる社  かかる貧民  かかる九月二十一日朝  かかる空席  かかる分割  かかる食事  かかる保護  かかる死亡者  かかる小児  かかる即刻  かかる災厄  かかる過激  かかる計算  かかる計画  かかる階級  かかる羊  かかる自由  かかる異常  かかる掠奪  かかる切迫  かかる不便  かかる短期間  かかる刺戟  かかる欲求  かかる臆説  かかる検討  かかる印象  かかる駁論  かかる謬  かかる増加  かかる有益  かかる低級  かかる不穏  かかる基金  かかる説  かかる途中から火事  かかる國民  かかる学  かかる遠望  かかる動物  かかる事ども  かかる無法  かかる弊事  かかる社十三  かかる多人数  かかる夫  かかる裁判所  かかる障碍  かかる雅馴  かかる折なほ独善  かかる店  かかる有料  かかる事二日三日  かかる連續  かかる觀察  かかる媒介者  かかる歸結  かかる共同  かかる生  かかる有限性  かかる罪惡  かかる奇蹟  かかる精密  かかる失敗  かかる音  かかる野末  かかる日なか  かかる社會  かかる種  かかる折から月  かかる良計  かかる殿  かかる馳走  かかる路  かかる任  かかる望  かかる衝撃  かかる苦策  かかる親しみ  かかる私欲  かかる誤認  かかる醜婦  かかる不徳不義  かかる強迫善意  かかる時刻  かかる法滅  かかる転換  かかる三つ  かかる同朋思想  かかる法悦  かかる複雑  かかる苦悩  かかる感情  かかる運動  かかる一寸前  かかる九月なかば  かかる人の子  かかる都  かかる二十戸三十戸  かかる全日本  かかる老人  かかるぐろてすくなるはまたとあるまじ  かかる騒ぎ  かかる男  かかる俗伝  かかる世の中  かかる事云  かかる問  かかる差別  かかる屈強  かかる漁夫  かかる分裂  かかる熱量  かかる大変化  かかる理由から  かかる閑人  かかる急速  かかる斷乎  かかる大  かかるボイコツト  かかる衣類  かかる織物  かかる正面  かかる在り方  



前後の言葉をピックアップ
かかり合わ  かかり湯  架る  掛かる  カカル  係る  懸る  罹る  かかる  繋る


動詞をランダムでピックアップ
くだれ思いまどっ申し送っ鋏むもげつめこむしなおまいあがっ粧わほほえめ漕ぎ触れこみみてとり衝い生めどやし現しはじき返し零す啄め
形容詞をランダムでピックアップ
穢い得難かろ勇ましいうすぐらくなまっちろく美々しくだるきひどき若しめずらしかっさくい美味しゅう黒っぽいあらっぽく惨き佳かっ擽ったくっ如才無くほろ苦く可笑しい