「おん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おん[動詞]
おんちやんにおん  コツコハイドードそれ行けおん  二なきを譏りおん  勃凸はおん  お客でなくておん  それがおん  それをおん  灰皿を取り出しておん  つたがおん  留守中におん  勃凸がおん  こともなく、唯おん  急におん  藤公はおん  俺と同じでおん  晩俺はおん  意外にもおん  而しておん  のがおん  私はおん  勃凸がどれほどおん  ことでもおん  靈魂をおん  いま一どこちらを向いておん  而もおん  もの生みのくるしみおん  人間をはらめるおん  獅子をおん  自分もおん  眼で飽かずおん  ものは、なべておん  手前一身におん  勝手におん  番をしておん  立聞きしておん  参洛しおん  みじめに青ざめおん  わいやおん  一人タルろばとぶらおん  足をだらりとたらしておん  夜よ、おん  花にも似たりああこのうるほひをもておん  もつて居りましたが、やがて、おん  娘らよわれおん  何を入れておん  乙女におん  かなしみ山路をくだり、せちにせちにおん  方言でいえばおん  おれはおん  茶でも飲んで待っておん  あいとけなきおん  

名詞

おん[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
おんと声をたてて泣いた  おんの字とさんの字がつくだけ  オンにした  おんぼといふ姉とおんもといふ妹とを一所に背負うて  おんちやんおやとり  おんぼという姉とおんもという妹とをいっしょに背負うて  おんもといい  おんみにかしずく  おんみには私の心の底がお判りになっています  おんみが造られた  おんみは私の心の奥を照覧されて  おんみこそ識っていられる  おんみはあらゆる時と所との真実なる  おんみ自身の栄光となる  おんみに一切の讃美と恭敬とが捧げられよ  おんと胸を一つ小衝いて置いて放して  おん出てしまいたい程  オンにし  おんつぁんが生れる  おんつぁんは部屋の隅にいざり  おんつぁんはやがて何処から金を工面したか  おんつぁんも勃凸も仕事に興味が乗ると  おんつぁんはそれで自分の好きな書物を買ひ入れた  おんつぁんがたうとう出て行けといつた  おんつぁんに会ひに  おんつぁんに怒鳴りつけられる  おんつぁんの店に入り  おんつぁんも勃凸もほかの仲間三人も留置場に四日ゐた  おんつぁんは細君も子供も仲間も皆んな振り切つて  おんつぁん俺らこと連れて  おんつぁんはたうとう勃凸をまいて  おんつぁんが来たと取り次がれたので  おんつぁんからの用事をいひ終ると  おんつぁんが来て  おんつぁんはさすがに何処か緊張してゐた  おんつぁんは始終あたりに眼を配らなければならない  おんつぁんはやうやく窓に近いところに坐る  おんつぁんはいつものやうに笑つて勃凸と話した  おんつぁんの顔には油汗のやうなものが浮いて  おんつぁんはぐつたりして客車の天井を眺めてゐた  おんつぁんと勃凸とが神楽坂辺に試みた  おんつぁんを思ひ出す  おんつぁんのことなら俺何んでもするよ  おんつぁんが藤公に忠告したら  おんつぁんがぐうんと藤公の胸をついたと  おんつぁんに殺されるなと  おんつぁんのとこさ行くと帰れ  おんつぁんはバケツに水を汲んで来て  おんつぁんが時々顔を出して見ては黙  おんつぁんが危険な色だといつた  おんつぁんの予期してゐた  おんつぁんは勃凸のことは忘れなかつた  おんつぁんが杯にかじりついた  おんつぁんはいつものやうに凄惨な美声で松前追分を歌ひはじめた  おんつぁんの酔眼に朦朧と映り出す  おんつぁんは勃凸にさう出られると  おんつぁんの顔が歪んだと思ふと  おんだしなさい  おんそぎ髪の世をまどひ  おんまコツコおんまコツコハイドードおんまはマルクスエンゲルスリイプクネヒトも四つん這ひ  おんまこつこ  おんまは三匹大急ぎスタコラサツサと這ひまはる  おんみは此の世のはてに立つてゐる  おんみはそれをしつてゐる  おんみはその美しかつた肉體を大地にかへす  おんみはいま何を考へてゐるか  おんみは人間を救つたおんみも  おんみが夜夜うす暗い街角に餓ゑつかれて  おんみは彼等の罪によつて汚れない  おんみどんなことでもつぶさに見た  おんみの前では自分の頭はおのづか  おんみは人間の重荷をひとりで脊負ひ  おんみはこれから何處へ行かうとする  おんみを蛆蟲はいま待つてゐる  おんみは死んでくださるか  おんみは靈魂を奪ひ去られた  おんみけふもけ  おんみは此の怖ろしい  おんみは此のひろびろとした  おんみはなにをかんずるか  おんみはみつける  おんみらによつて人間は此の世界にきたる萬物の讃美をうけよ  おんみ人間をはらめるおんみ生めよふえよ  おんみは人間の聖母じつとこらへろ人間の強さを見せて  おんみを凝視める自分をみろ  おん優しいお心の程をあらわしている  おんみらを知らない  おんちちははに裏切り  おんみが菊をさげて歩む  おんみへの讃歌はもの静かにつづられる  おんみによつて鍛へ上げられん  おんがえしのいみで  おんでやれという  オンになんて言っちゃ  おん出しち  おん出しちまつて  おんみもしわれを裏切りて  おんみの踏み  おんあぼきゃ  おん出され  おん物語りも種々とございましょ  オンでてしまうまで  オンだしても商売にはなんの差し支えも  おんねがい奉る  おんでるようなことになる  おんもりとした  おんおぼへなさるべく  おん頼みあるべしとの  おんみこそといふ  おんかでバクチを打ちに参ります  おんどるみた  おん移し遊ばされ  おん咎めなされまじく  おんみが靜けき  おんとあいている  おん申しいでにても  おんものおもひ  おんまへに禮拜す  おんゆるしくだされたく  オン出るか船長をタタキ出すか  おん直りのこと様々に伊勢殿へ懇望せられました  おんのうせ  おんのうせとしては  おん美しさに拝せられ  おんつあは六貫を一兩にしろつて  おん出てし  おんでやでお酒を飲みたくても  おんという轟然たる音とびゅうっと唸る  おんすくせ  おんぶったままその前に坐って  おんみらはまたとく水色の籐椅子に酒をそそぎてよみよ  おんいつはりの第一日をという調子で情懐をうたっている  おん計らいに任せ奉る  おんとしは  おんって泣く  おん計らい然るびょう存じまする  オンになって  おんだされた  おんもりと円味を見せたり  おんりして歩かないかって言えば  おんどきよへのぼしよ  おんみたちの無数の知られざる  おんみたちの無数の死を目の前に見る  おんみたちの死は僕を戦慄させた  おんみたちの背負されてゐた  おんみたちの嘆きのせゐだ  おんみたちの背負わされていた  おんと投げだし  おんよろこびねがいあげ  おんめんどふ  おんこし被レ遣  おんぼりとした  おん出てしまう  おんだぶってぶって  おんと打ちあげる  おんと鐘の鳴る  おんとしたなぎ  おんと眠った  オン出てやろうではないか  おん汗ばみの廬遮  おんことづけの儀承り  おんなしやうな情態でこんな風なことを爲たり言つたりした  

~ おん[名詞]1
スイッチをオンに  姉とおんもといふ  へんだよおん  姉とおんもという  さはおん  ことをおん  姿であるおん  電源スイッチをオンに  六つになるおん  二三日するとおん  話が途切れるとおん  時のおん  ぁんとこさ行つたらおん  大津はおん  小便だおん  這ひまはるおん  ツたたくおん  詩女よおん  おんみの道はつきてゐるおん  いまこそおん  一切を忘れねばならぬおん  人間は赦されるおん  んでもなくなるおん  のかおん  花のおん  やうだおん  此の世をきよめたおん  白百合猫よおん  やすらかさもなかつたおん  犧牲としておん  女よおん  影を引くおん  波波女よおん  海をにくむかにくんではならないおん  ものよおん  創造者であるおん  母なるおん  此のくるしみがしのべるかおん  間にあるおん  おんあい至上のおん  悲しみを刻みつけてしまつてゐるからおん  もの静かにつづられるおん  内におんで  紅味をおん  村からおん  妖怪をおん  川島はオンに  兵太郎君はおん  年寄りもおん  閉店でおん  閑居のおん  何かのおん  深更までのおん  槙がオン  修作をオン  のはおんなども  勝手におん  方でおんで  縷々のおん  癖でおんも  宮方へおん  あら壁作りのおん  城内へおん  秀林院様にはおん  節のおん  世へのおん  どっちからでもおん  聖慮におん  さんをおん  十円安けりやオンの  無能のおん  此程のおんもの  自分でおん  配備におん  われはおん  儀はおん  俺がオン  家督におん  異様なるおんの  殿様のおんの  音とおん  ままのおん  心はおん  一緒におん  路上にゐようとおん  我ならばともおん  紐でおん  親さまのおんと  獣退治のおん  味はおん  芝居とおん  スイッチがオンに  僕がおん  深みより仰ぎ見るおん  自分からおん  仇敵もおん  入道盈進までおん  ニてもおん  大尉のおんど  田村をおん  一番思い切って暴れてからオン  濁世にやおん  愚弟におん  これとおん  

~ おん[名詞]2
もうおん  つねにおん  うらわかきおん  やがておん  まことにおん  先ずおん  よくおん  よもやおん  ぽおん  ちかごろおん  

複合名詞
おん身  おん馬鹿さん  許おん  おんちやん  おんちや  おんもと云  おんちゃん  おんちゃん金魚  おんみの心  おんみの言葉  今日おん  おんみの叡智  おんみの行為  おん母  おん事  ゑりがさむしかろ今宵おん身の上  おん手  葦おん足  おん主  しめおん  おん祭り  クレイオン  おんたまもの  おんおん  おん涙さ  おん肌  おん眉  おん供  おん眼  おんため  云つておん  不思議さうにおん  おん父上  おんまつり  おん名  おん悲しみ  天皇おん自ら  おん自ら活躍  おん夢  おん身ら  丞相おん自ら  おん前  丞相おんみずから  おん耳  おん墓  おんかげ渓  おん舟  とうきおん人  おん児  かしおん方  おん寺  おん胸  おん堂  おん母さま  おんおん街  おんみの  コツコおん  コツコハイドードおん  ジヤンおん  おん稚児  御衣おん  おん容顔  おん神  おん料  おん髪  おん跡  おん歌  おん歌毎度  おん教  おん足  おんみの道  さよおん  救つたおん  つておん  おんみの仕事  崇高さおん  おんみの行爲  おんみの肉體  詩おんみのかなしみ  人間おんみの生  おんみの殘すそ  時おん  おん母マリヤ  おんみずから  おん栄光  おん藥園へちま  おん曹子  おん出  おん二方さま  おんあい至上  うにおん身  おんみよ  境川おんぼう堀  おんたま  おん渦巻毛こと  おん片隅  おんみの存在  おん者ら  おん者らカフェー  おん者  おん者らわし  おん羮  おん小蓋  おん襤褸  おん浄土  おん母マリア  おん躬ら  東京おんちゃん  おん方  おん怒り  おん子  ちやおん  おんみそ  おんみのおごそか  おんみのあでやかさ  おんみの聖衣  おんみの方  おんみの愛  上ぐるおんみの心  おんあるじ  おんさん  おん前様  娘おん  おんめ  おんなごり  おん袴  おん豆  おん許様  おんうち  二円おん  おん瞼  おん犬  おん年三十一  おん輿  おん衣  おん仲  おん横顔  おん時  おん曹司  おん許  おん物狂い  おん身一人  おん兄君  おん大事  おん方様  おん祖父  中宮懐妊おん祈り  おん名のり  追っかけおん  おん名残  みかどのおん上  おん文筥  おん輿入れ  おん祝い  おん義弟君  おん母子  明朝オン  おん大将  おん鶏  おん礼  おん僧  みかどのおん為  みかどのおん前  おん悩み  おん企て  判官おん手  おん内  おん見舞  おん母為子  おん行き先  おん頼み  おん為  おん目  おんみつ  おん数珠  おん儀  おんここち  おん付添い  おん涙  おん父  おん母遊義門院  おん謎  ひとつおん母  おん亡骸そのもの  當世流行伊勢おん  おん悦び斜め  おん鼻  おん住居  おん祈り  おん焼餅  おん言葉  おん気色  おん渡し候  おん渡し候はず  おん渡し  おん顔  おん偽  おん悦び  みかどのおん輿  執権おんみずから  おん供三日  みなおん供  おん肱  おん諱名  おん仏間  おん直衣  おん船  上おんみずから  おん一ト方  朝廷おんみずから  おん祭  おん母堂さま  おんびん  琴ひき等おん栄  おん心  おん弟  おん生顔  おん相  軍勢おん供  おん姿  おん傷がち  おん年  おん息  おん直垂  おん譫言  おん箸入  おん子コルマック・コンリナス  おん冑逆様  おん連れ  おん国人  おん身ら師友  おん身なり  おん国  おん爺  おん馬車  おん娘  おんびき虎  おんどら  おん弟夏彦様  オン敵退散  おんかた  おんふたかた  おん密事  おん伺い  右おん  近藤右門様おんもと  おん身たち  おん秘密  将軍家おんみずから  おん年二十一歳  東照宮おん  宝蔵おん刀番  即刻おん越し  おん装  おん身の上  おん言  おん痛  おん痛わし  おん亡骸  おん齢十七  勇美姫おん目  おん姉君  おんぼう  おん地  おんみの竪琴  おんみの詩人  おん扉  おんちょ  おん厄拂ひま  おん命  おん身心づくし  おん脚もと  おん側  おん真似  つけおん  ちのおん  おん果  おん弟子  おん茶  天子おん  ストックおん  生類おん  生類おん愍  畜類おん  おん暇  おん岳  おん国母三十  おん世  憐みのおん母  おん若君様  おん讃め尊め  代りおん教  おん睦  きみあしおんかた  上様おん顔  上樣おん顏  おんどらどらどら  おん心理  おんもてなし  おん身内  おん顔容  おんこ譜代  おんもとさま  堀口但馬守おん壺  大滝壱岐守殿おん壺  おんもと  おん大将ンとこ  おんとき  おん裔  おん目見え  人おん身  おん望  おん身の  かさん人おん身  おん望み  おん坊  おんみの家畜  おん待合  おんみのひとみ  ぼろおんぼろおん  ぼろおん  おんこ  おん倶樂部  おん倶樂部員  おんみの悲哀  おんみの熱  おんみの上  おん帯  おん脚  おん身達  おん罪  おん舎利ゆゑにあをじろく燐光  おん含  皆々様おん  おんはじめ  文おん  おん可懐さ  おん計  ツイオン議定書  おん大  ーおん  忝くもおん命  おん大始め夫人  おん母麻利耶  直義あんおん  建礼門院おん庵  おん国母  おん眦  おん筆  おん仰せ  



前後の言葉をピックアップ
おわん  終ん  オヲ  居ん  折ん    おん  恩愛  恩威  音域


動詞をランダムでピックアップ
忍ばせる書きなぐり投げだせうけだしやすめ食い切るののしるおさまれしびれるそらせよあきらめる儲けりゃ流れ着い取廻し揺るがさまみれ教えならおきこしめさ見舞い
形容詞をランダムでピックアップ
息ぐるしまっしろくうと貴い心安けれ粗しおっかないうるさくっこの上なく狭苦しくえがらっぽく黄色すばしこねばっこく妖しすっぱいくさし思わしくなくなまめかしきさわがしく