「おとり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おとり[動詞]
盛んにおどり  命をおとり  共まさか命をおとり  ぐおもひだす、おどり  学生がおどり  木俣がおどり  ばとのごとくうたいつ走りつおどり  下におどり  勇気がひしひしおどり  物狂わしくおどり  夢中でおどり  音もなくおどり  恰好で、おどり  一番上のおどり  太陽がまたぐらぐらおどり  ことをおとり  ことはおとり  此をおとり  一つは、おどり  殊に、おどり  大阪へ行ったら、おどり  すし屋へ行っても、おどり  店でも、きっと、おどり  大阪では、おどり  店で、なるほど、おどり  ところだけに、おどり  ため、おどり  ここも、おどり  心がおどり  胸は、どきどきとおどり  胸はまだおどり  胸はおどり  仲をおとり  直訴はおとり  人をおとり  姿かたちいたくおとり  もってのほかのおとり  中におどり  津村は突然おどり  中へおどり  ようにおどり  波は高くおどり  切り破って、おどり  殿様へおとり  窓を破り、おどり  地域へおどり  閃刃とともにおどり  やうにおとり  顔をしておどり  ロシアのおどり  ぶんをおどり  脚をあげておどり  夏のおどり  みんな一しょにおどり  家へかえったら、嬉しくておどり  とりを起し、おどろかせてはいけないと思って、おとり  手をおとり  つまみあげておとり  月さんのおとり  はだしでおおどり  にこにこしたりしておどり  食事をおとり  廻廊へおどり  一斉におどり  へやへもどって来て、おどり  お客さまのざしきへおどりをおどり  場におどり  上におどり  先頭に立って、おどり  大江山突撃隊は、おどり  道をおとり  ほうは、何分ともにどうぞよろしくおとり  女はおとり  そこは広いおどり  女がおどり  さが小おどり  処置をおとり  休暇をおとり  足どりで、おどり  さまは、いくらでもおどり  踊をおどり  かまにまじって、おどり  身がるさでおどり  いっしょにわらっておどり  タラップのおどり  下のおどり  かぶりておどり  名をおとり  まりみっともないおどり  一等賞をおとり  一文字にぐっとおどり  羽衣をおとり  歳をおとり  にわかにおどり  向うへおどり  八方へと、蹴とばして、おどり  町中がおどり  雀百までおどり  子はまたおどり  犬のおどり  ドルスはおどり  いっしょにおどり  らはおどり  拍子を取りながらおどり  から、やはりおどり  わたしはおどり  水垢離をおとり  あなたがたのおどり  中をおどり  はじめはおどり  兄弟姉妹におどり  上でおどり  音楽とおどり  めちゃくちゃにおどり  歌を歌って、おどり  無心とおとり  風におとり  少年はおどり  処をおとり  ものをおとり  夕方しきりにおどり  目白をおとり  踊りを、おどり  いかようにもおとり  三十人がおどり  那珂様が、どうおとり  周囲に舞いつ、おどり  工夫をおとり  室へおどり  兵がおどり  手紙を読んでおどり  豪州にくらべて決して見おとり  音がすると唄い、囃し、おどり  胸わるくおとり  男の子とおどり  胸がおどり  それを知るとおどり  前へ近づくと、おどり  中において大いにおどり  連判をおとり  いや悪くおとり  とき、おどり  クロスをおとり  舷から海におどり  びかざりを見つけて、おどり  キシさんはおどり  准后のおとり  刺客が、おどり  内におどり  運動をおとり  言をおとり  何分にもおとり  役におとり  跡をおとり  からよろしくおとり  ペンをおとり  本気におとり  火かきがいって、おどり  さでおどり  勝手におとり  手にだけなりともおとり  帝がおとり  今は悪くおとり  年をおとり  態度をおとり  負けをおとり  人におくれをおとり  院はおとり  処世法はおとり  それがよろこびのおどり  傾向をおとり  方法もおとり  その後もおとり  労をおとり  路をおとり  物などは少しもおとり  あなた様からもおとり  みんな大よろこびで、おどり  袖をおとり  まわりにおどり  琴、おどり  金をおとり  仏力をもちまして、おとり  帽子をおとり  人形たちは、さっそくおどり  めも、つながっておどり  へや女中も、おどり  組になっておどり  往来をおどりおどり  なかをおどり  春のおどり  一同、おどり  床をおとり  筑波颪がおどり  五人目のおどり  胸がわくわくおどり  休みをおとり  ター坊のおどり  上にちらちらおどり  不思議におどり  本式におとり  胡弓に合せて、おどり  火花のおどり  白魚のおどり  若い連中がおどり  峡谷をおどり  箸をおとり  土人たちは、おどり  人は、かならず見おとり  お年をおとり  うちにおどり  上をおどり  平首へおどり  あなたは、そうおとり  靴をおとり  まわりをおどり  んにもって、おどり  上で、おどり  千世子はだまっておどり  帯だけおとり  里好もおどり  群れがおどり  かわりばんこにおどり  のぼり切って、おどり  煙草をおとり  舞踊をおどり  すべて自分のおどり  人間がおどり  それを悲しくおとり  梯子段をおりかけると、おどり  足をふんで、おどり  外へおどり  政務をおとり  何かおとり  筆をおとり  大げさにおとり  ふちにでて、おどりをおどり  半はだかの、ちいさなおどり  歌をおどり  采配をおとり  支度におとり  やうにおどり  廊下から階段のおどり  みんなは、おどり  若い生命がおどり  それをおどり  ア、総おどり  ベレをおとり  二階へ上ると、おどり  コックリとともにおどり  右門はおどり  天蓋をおとり  やつが、いきなりおどり  やつをおとり  おまじないをおとり  永代橋上よりおどり  梁を伝わりながら、おどり  ふたりの喜ばないでいられるべき、おどり  一せいにおどり  それぞれひとりでにおどり  今までおどり  舟子どもがおどり  山伏どもが舞いおどり  盆がおどり  合し相加わりて、おどり  叫びざま、ぱっとおどり  用心しつつおどり  ぴょんぴょんとおどり  きりとおどり  こゝろすぐれたりだの、おとり  枝に吊したおとり  ホールでおどり  滋養をおとり  いつか林町でおとり  ひとをおとり  喜びにおどり  話をむずかしくおとり  掃除をしながらおどり  やれやれ、逢い曳きのおとり  塀をおどり  鼬が立っておどり  一しょにおどり  大変乱雑におとり  あはれさ、思へば夢にもおとり  幅で、おどり  今夜はおとり  妃様がおとり  彦之丞、おどり  こっちのをおとり  服装で、おどり  踊りをおどり  教鞭をおとり  手をつないでおどり  りんごをおとり  愛情をおとり  



前後の言葉をピックアップ
おどら  躍ら  オドラデク  躍りかから  踊り  躍りかか  躍り込ん    踊り  躍り


動詞をランダムでピックアップ
飛乗っ有すれ眩め追越そ落ち合える突っつき偏っ突破り表わし解けあわぬきんでる取りすがりたもったのむたぐっ省みるいぶし吹っ飛んうべなう受流さ
形容詞をランダムでピックアップ
花花しい近しい遍しけだかく赤黒蒸暑いぬくとく草深弱しやむをえなけれさむしかわいかっ古しわるけれあらっぽく得がたき欲しくさとく目ざましかっめずらしき