「おっかさん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

おっかさん[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
おっかさんをなぐりつけようとした  おっかさんを擲ろうとする  おっかさんがだんだんショゲて来た  おっかさんがペーチャの勉強している  おっかさんの姿が見えない  おっかさんが話してくれる  おっかさんのいない  おっかさんはあざみの芽を見に  おっかさんをマントの下にかくしてる  おっかさんへは白いこぶしの花をあげた  おっかさんは玉を渡しました  おっかさんがにこにこして  おっかさんが笑って答えました  おっかさんが笑いながら  おっかさんまでが泣いて  おっかさんが出て来て泣いて  おっかさんもやっと安心して  おっかさんも野原に出て  おっかさんには黙っていよう  おっかさんは前の草はらで乾かした  おっかさんは太い縫糸を歯でぷつっと切って  おっかさんのことばを思い出して  おっかさんの云う  おっかさんが早く死んだ  おっかさんに云われて  おっかさんのふくろふらしい  おっかさんの梟はもとの処へとびあがり  おっかさんのふくろうらしいさっきのお父さんのとならんでいた  おっかさんから勇さんを連れてゆけと  おっかさんにい  おっかさんの慈愛に対する感謝でもって  おっかさんがいる  おっかさんの野ねずみはきちがいのようになって  おっかさんの野ねずみをセロの孔からくぐしてやろうとしましたが  おっかさんのねずみを下におろして  おっかさんのねずみはいかにも心配そうにその音の工合をきいていましたが  おっかさんのねずみもいっしょに走っていましたが  おっかさんが君によろしく言ってくれって  おっかさんが来て  おっかさんはもうお国へお帰りになった  おっかさんが国へ帰ったという  おっかさんが帰ると  おっかさんのいう  おっかさんの言う  おっかさんが織ってくれた  おっかさんから頼まれ  おっかさんが心配して  おっかさんの所へそう言ってあげよう  おっかさんがいたね  おっかさんをいじめる  おっかさんをいじめた  おっかさんがいいあいする  おっかさんはひとりでよそいきの着物にきか  おっかさんはむこうの  おっかさんのお里があるので  おっかさんのお里のおうちが見えてきました  おっかさんはそれが見えてくると  おっかさんは林太郎の手をとって  おっかさんの顔はだんだんうつむいてきました  おっかさんのそばをそろそろとはなれて  おっかさんがうしろから声をかけました  おっかさんのあいだにすわって  おっかさんがそこへでてきて  おっかさんもいっしょにかえる  おっかさんはきょうはかえれないよ  おっかさんは大きなため息をついて  おっかさんのようすをしげしげと見ていましたが  おっかさんもかえってくる  おっかさんはちょっといいつまったが  おっかさんはかえってきませんでした  おっかさんはかえってきません  おっかさんはかえらない  おっかさんをおん出しちまった  おっかさんをつれてきてやるから  おっかさんの方からはなんの音さたもありませんでした  おっかさんをむかいにきた  おっかさんはどこにいるの  おっかさんをたずねていこうと  おっかさんに会いたい  おっかさんにあえると信じてもいるので  おっかさんのとこへつれてってやらねえぞ  おっかさんのとこへいったら  おっかさんのいる  おっかさんに会う  おっかさんにも会える  おっかさんに会いにきた  おっかさんはいませんでした  おっかさんのお里を出てから  おっかさんのお里へいったに  おっかさんはおまえさんの家から追い出された  おっかさんも顔色をかえました  おっかさんはもう涙声になり  おっかさんと林太郎とおとっつあんと  おっかさんの病院わかったの  おっかさんも林太郎のくる  おっかさんをいじめねえかよ  おっかさんもおとっつあんも助かったぞ  おっかさんのところへ走りだしました  おっかさんも年をとっている  おっかさんと相談するより  おっかさんは危なかろうと止めにかかったが  おっかさんを初め僕もびっくりした  おっかさんが大変まじめな顔をして  おっかさんねむられない  おっかさんによくそう云うんで  おっかさんが亡なっても  おっかさんが亡なっては  おっかさんがきまして  おっかさんの前で十けたばかりの掛算と割算をすらすらやって見せてよろこばせ  おっかさんあいにく出かけた  おっかさんはいない  おっかさんもそう言っていた  おっかさんが私を売り物にしても  おっかさんになってしまった  おっかさんは学問があって  おっかさんは最前列に腰かけて  おっかさんは僕へは呉れない  おっかさんに貰った  おっかさんの木はまるで死んだ  おっかさんはぼくへはくれない  おっかさんをわるく思っちゃすまないよ  おっかさんがくだすった  おっかさんへは毎日おかしやなんかたくさんあげる  おっかさんにもらった  おっかさんに教わった  おっかさんが何かしきりに云ってなさる  おっかさんが病気なんですから今晩でないと困る  おっかさんはどんなに永く待っていらっしゃったでしょう  おっかさんにお目にかかりましょうね  おっかさんと孳尾んで君を拵えた  おっかさんはなおなお苦労している  おっかさんがひどく心配している  おっかさんが何と申しますか  おっかさんの幽霊が来た  おっかさんも鶴さんも一生懸命に思い詰めている  おっかさんが自身番へ駈け込んで  おっかさんは一生懸命に泣いて騒いでいる  おっかさんも毎日心配していると  おっかさんが変な夢を見た  おっかさんが火鉢のまえに坐っていると  おっかさんも驚いてきゃっと云うと  おっかさんも頻りに案じていると  おっかさんが銭湯から帰って来ると  おっかさんはもう声が出なかった  おっかさんは半気違いのようになって  おっかさんは泣いて騒いでいる  おっかさんが夢を見た  オッカサンに何をはなすか  おっかさんから言いつかっております  おっかさんに相談して  おっかさんが言ってましたよ  おっかさんが病気で死んで  おっかさんがそこに居るだろうか  おっかさんが先生に上げてくれ  おっかさんがゆうべお前さんのとこへ行ったでしょう  おっかさんにも黙っていました  おっかさんだけがうちにいる  おっかさんの大きなまる手ぶくろがある  おっかさんが屹とした  おっかさんは帯のあいだへ手をお入れ遊ばした  おっかさんと響いた  おっかさんは何故僕を今のおうちにやったの  おっかさんに云ひつけられると  おっかさんはきらきらの三本鍬を動かす  おっかさんに云いつけられると  おっかさんはそんなことを云って  おっかさんは味噌の団子と艾の団子とを両手に持っていた  おっかさんだけは真顔を崩さなかった  おっかさんが尋ねた  おっかさんは牛をうまやから  おっかさんが云ひました  おっかさんは牛をうまやから追い出しました  おっかさんが云いました  おっかさんもあの世で安心しておいでなさる  おっかさんがおこる  おっかさんからとどけられる  おっかさんが見えてる  おっかさんは心配して  おっかさんが今何の役をさせられているか分る  おっかさん行ってまいります  おっかさんが云っており  おっかさんはいかにもがっちり屋の顔をしているが  おっかさんてありがたいものだとは知らなかった  おっかさんの顔を見るなり  おっかさんの頬っ  おっかさんがかわり番こに世話をする  おっかさんの代りに私が抱いて寝てあげるからといいます  おっかさんには私が今往って謝って来るからかまわないといいます  おっかさんは良人を命の綱のようにひとすじに信じ  おっかさんに逢った  おっかさんは相変らず  おっかさんや道代さんと一緒に暮さなきゃならんと思うと  おっかさんとがうまく行く  おっかさんがいます  おっかさんがひどく気兼ねするので  おっかさんの体にもたれかかって  おっかさんはどこかで働いている  おっかさんに五円送って  おっかさんは許してくれる  おっかさんが送ってくれる  おっかさんがおどろいて泣いて  おっかさんは廃嫡して  おっかさんの顔みてから  おっかさんは政治的葛藤におかれて  おっかさんが腰かけていた  おっかさんが勝手の方にいたのに  おっかさんにそういっとくれ  おっかさんに何ぼ怒らっちゃか  おっかさんはあの舎弟息子を呉れてやって  おっかさんの名を呼んで  おっかさんは却って満足出来ただろう  おっかさんにも困った  おっかさんが口癖に云います  おっかさんは私に抱きついて  おっかさんを宿へ残して  おっかさんと私の昼飯とする  おっかさんにやって  おっかさんは云う  オッカサンはまだネルの着物を着ている  オッカサンと風呂に行く  オッカサンは流しの  オッカサンは鉛筆をなめなめ  オッカサンに浴衣を買ってやりたいと思うけど  オッカサンも私も背中に雑貨を背負って歩いている  オッカサンが何故私を生んだ  

~ おっかさん[名詞]1
とっさんとおっかさんは  ペーチャのおっかさんを  どこにもおっかさんの  それをおっかさんが  ヒームカさんのおっかさんを  ヒームカさんのおっかさんへは  兎のおっかさんは  兎のおっかさんが  兎のおっかさんまでが  今日はおっかさんも  ときタネリのおっかさんは  タネリが云いましたらおっかさんは  お礼までおっかさんに  んやおっかさんに  んやおっかさんの  セロ弾きはおっかさんの  ゴーシュはおっかさんの  光さんのおっかさんが  野々宮のおっかさんが  いいかげんにおっかさんの  のはおっかさんの  あんがおっかさんを  それでおとっつあんとおっかさんが  村におっかさんの  うちにおっかさんの  おばあさんとおっかさんの  目でおっかさんの  日もおっかさんは  それでおとっつあんはおっかさんを  おじいさんがおっかさんを  ひと月たってもおっかさんの  病院までおっかさんを  林太郎はおっかさんに  いつまで歩いていてもおっかさんに  おれのおっかさんの  おれのおっかさん  おまえさんのおっかさん  そこにもおっかさんは  ためにおっかさんは  林太郎のおっかさんも  とっさんやおっかさんも  とっさんやおっかさんと  とっさんとおっかさんが  姉さんはおっかさんと  あなたのおっかさんが  一におっかさんの  家のおっかさんも  おっかさんやおっかさん  とっさんおっかさんに  渡政のおっかさんは  それゃ羽左衛門のおっかさんは  フラリと飛び出すとおっかさんが  君のおっかさんと  しん吉のおっかさんが  少年帰ってオッカサンに  翌年にはおっかさんが  家のおっかさんが  今までおっかさんにも  いやなおっかさんの  虔十のおっかさんも  虔十のおっかさんは  達二のおっかさんが  安心だとおっかさんが  雑貨店のおっかさんは  発明のおっかさんなり  今夜は泊れおっかさんの  君のおっかさんは  きみのおっかさんに  あすこのおっかさんや  川上のおっかさんの  奴とおっかさんとが  茂登というおっかさんが  ター坊のおっかさんの  お前のおっかさんの  せんさんはおっかさんの  子のおっかさんは  先月旭川のおっかさんに  旭川のおっかさんは  旭川のおっかさんが  姉さんやおっかさんが  お前のおっかさんに  お前のおっかさんは  お前のおっかさんにも  うちのおっかさんが  一人前取っておっかさんと  一円五十銭をおっかさんに  田舎へ帰りたくなったとおっかさんは  哀れなオッカサンが  

~ おっかさん[名詞]2
間もなくおっかさん  強いおっかさん  なるべくおっかさん  たしかおっかさん  あんなにおっかさん  まもなくおっかさん  なぜおっかさん  とうとうおっかさん  てっきりおっかさん  よくおっかさん  そのおっかさん  殊におっかさん  なんとおっかさん  こんなにおっかさん  このおっかさん  いつもおっかさん  

複合名詞
おっかさん谷  間おっかさん  おっかさんの  おっかさん一人  おっかさんだい  ままおっかさん  さっきおっかさん  おっかさんとこ  これおっかさん  ぼくおっかさん  おっかさんお話  おっかさんお話し  おっかさんところ  おっかさん達  おっかさんたち  おっかさん姉さん  おっかさんねずみ  



前後の言葉をピックアップ
おっかけよ  追っかけりゃ  追っかける  追掛ける  おっかける  オッカチャン  オッカナ  おっかな  おっかない  おっかなかっ


動詞をランダムでピックアップ
導き据付ける差し込み咳くおも明け放つ血迷うはしゃぐ雇っ洩らさ運び出せるかいだし並外れあやぶみ組み上げいわすつっぱなし聞き過し突き当
形容詞をランダムでピックアップ
雄雄しきさみしかっいいっくさかっなにげなそうぞうしい相応しけれ悔しかっともきゃ賢しはれぼったいおそかっともう人恋しかっ人臭き馬鹿らしかっ古き薄ぎたな重く呪わしく