「おだて」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おだて[動詞]
小細工をしない、おだて  砂が絶えずおだて  人におだて  私をおだて  なんだかんだとおだて  単純でおだて  叔父をおだて  名人などとおだて  ときはいろいろおだて  組織せよ、とおだて  玄斎をおだて  嘉平次は、おだて  きりとまず、おだて  迷惑そうにおだて  娘をおだて  ルミ子をおだて  人はおだて  ところでおだて  周囲のものにおだて  彼は決しておだて  事を言われて、おだて  正妻だとおだて  秋田犬をおだて  皇帝が、おだて  仕事までほめたりおだて  それが面白いので、大いにおだて  悪玉がおだて  煽動演説におだて  人をおだて  でたらめばかり言っておだて  彼がおだて  小才の利く、おだて  鼻に思えて、ついおだて  從兄弟たちにおだて  奴らにおだて  それをおだて  辰公をおだて  色に絡んでおだて  常談におだて  飛ばしたり、おだて  ジン酒におだて  意味でおだて  お嬢様をかついだり、おだて  クリストフをおだて  クリストフはおだて  彼をおだて  反感をおだて  自負心をおだて  ッておだて  ひとにおだて  者をおだて  傷けられ、又、おだて  僕におだて  さかんにおだて  口先でおだて  得意さきでおだて  代り少しうまくおだて  軽薄におだて  彼をほめ、おだて  学士におだて  人がいくらおだて  私とておだて  叔父さんにおだて  巧くおだて  上手におだて  人からおだて  物をつかんでいらっしゃる、と言っておだて  とりまきにおだて  金貸なんかにおだて  無器用で、よくおだて  竜一をうまくおだて  武蔵をおだて  女中共におだて  先生をおだて  なんでもないが、また、おだて  尽力すべしかハハハとおだて  女までがおだて  ひとをおだて  牛をおだて  十郎におだて  三上をおだて  皆をおだて  のは、おだて  助をおだて  若党源助をおだて  稼ぎになるだろう、せいぜいおだて  意気書生などにおだて  福沢風におだて  美人だとかおだて  親ぐるみでおだて  私はおだて  いい加減におだて  相手をおだて  アラビア人をおだて  誰かがおだて  茶屋女たちに、おだて  事もなく、結句おだて  私をあざ笑ったり、おだて  みんな私を、おだて  美人におだて  嘉右衛門を、すかしたりなだめたりおだて  大衆をおだて  千代乃姉さんをおだて  遠慮會釋もなければ強ひておだて  



前後の言葉をピックアップ
オダサク  小田島  煽て  煽て  小達  オダテ  オダテラレ  煽てる  オダテル  おだてる


動詞をランダムでピックアップ
なじめる狩り出しかぎあてるひまどっ損じすかし除い召しあがっ咲き誇ら書き取っ掻きむしり辷る取扱うくすねよ引っ越そ利かほどこし飛びこみ乗っけ受け止め
形容詞をランダムでピックアップ
このましかくから望ましいしつこい馨しくちょろ宜しから色濃きややこしゅうむつまじい好ましくとてつもないおもしろき目覚しそぐわないくくなまあたたかい古めかし旨う数多