「ぇ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
エどうしてすぐでなければいけない  エから撓わせろ  ェと乞うている  エお分りに成りましたか  エのように浮び  エ程のことぢやありや  エと裸かのことを言いました  エに黙らされちゃ  エなア何様せ  エ畏こまりました  エを指している  エどんな面をしてるんで  エからいって  エば米櫃の中にチヤンと入つてゐる  エ怪いじゃ有りませんか  エお出なネ  エもうええ  ェながかァけて  ェにかねつ  エのことは最上がしよつちう  エしか喋らないですか  エ赤いゆもじを買わせた  エ見てりや下民の首が回はらなくても  エを天より逐い堕す  エなアよくよくだろうが死んじまえば  ェ敲いて貰う  エの発音がさかさになる  エとヤ行のエとの別に当る  エとヤ行のエとを代表する  エにあたる  エの長音を生じ  ェもと再び同じ歌が進行して来る  エ小舍サ這入  ェで運転して  エとしばしばいはれて  エの発音がちがっていなく  エにあたる種々の仮名は二類に分れ  エの二類の別は後世の普通の仮名では書き分けない  エとヤ行のエとの別に相当する  エが二類に分れて  エの音がア行のエとヤ行のエと分れていた  

~ ぇ[名詞]1
あとからつっちェ  三銭でエ  パンをおくれェと  助さんてエの  見通しに来てエ  伝説のぬエの  苦労ツてエ程の  あんた五十銭罰金だっせエと  ダ死ニ切レナカッタト見エ  ッてエ  思案が付かねエが  人間見てエに  次のエを  山から落ちるってエ  ーれエ  ー安ウけエ  ツてエば  人間みてエ  二ィまいべェに  ツてエん  それぐれエの  三言ぐれエしか  自首せエ  島田に結わせエ  首せエ  帝瞋りてエを  自分から死ぬるてエ  イとエの  ア行のエと  #行のエとの  ヤ行のエにあたる  #行のエとを  #行のエと  現代標準語のエに  合体してエの  #普通のエよりも  誰れェもと  ッておいでなせエ  煩せエ  松原ゆゥけェば  エサのエは  一つのエにあたる  母音のエ  ア行のエの  ヤ行のエの  

~ ぇ[名詞]2
なぜエ  ましてエ  何でエ  一体エ  なんでェ  痛エ  いいエ  いいぇ  とまれぇ  汚エ  このエ  

複合名詞
手前エ  エ列  エ絹布  おしめエ  お前エ  お前エ達  シテ針金ノヤウナ冷血ガ冱エ薄レタ網硝子ニ  燃エ煌メク深淵ニ難破スル  罌栗ガ潰エ  宗右エ門町  ぇー  店エ  あれぇ  ぇッ  眼エ  手エ出し  ナオマザマザシク覚エ候エド  米さんエ  エもの  太エ奴  上エ  踰エ  手エ  馬右エ門  馬エ  立上つて馬右エ門  エ妾  携エ来ッテ忠烈  ケレバ臣栄エ  哉ニ聞エ且婦女子ニ於テハ驚キ  添エ了ッテ  エ者  エ瀬戸ぎわなんで  エところ  エ顔つき  エもん  めエ  エやつ  エ馬鹿  風邪エひきすえ  思エ  汝エよう  汝エ母親  汝エ  一ちょう浪花節掛けエ  踰エ法ヲ犯シテ鳳駕ニ  つてエ  煩エ  エ人  エ話  エ須磨  私ハカネテノ考エ通リニモハヤ仕方ガナイト思ッテ  エそり  エそれ  エ花  苗ェ黄瓜  右エ門  エ給仕上り  エ難有  五月蠅エ  エ癖  いっちぇ  うちぇ  いちぇ  べっちぇ  めエたち  貯エ  ー手エ  あれェ  権左エ門  まこと権左エ門  左エ門様  左エ門  あたりめエ  エ了見  エばよう  ぇイ主  ぇイ日ごろ  エ何  エ其品  エ君賽転  エ一本  エ何所  起エ  エお前様  エ彼奴  エ手掛  エ貴方何  エ支那人  中島重左エ門  肥狗ハ天ニ傲ツテ吼エ痩人ハ地ニ  ク相聞エ候様  仕業ニ相聞エ  佐兵エどん  吉兵エ  吉兵エさん  土佐エ門  すかエ  エ急  エ何ん  米エ  エの  エ奴  髪の毛エ搦  真似エ  あれエ  それエ  これエ爺様よう  ぇィッ  エおば  聞エ頻々タルアリ  照ェ  おばけェ  光ウ秀エ  手ェ眼  眼ェ  汗ェ  ダレ絶エ  シテレ覺エ應ズル一レ  宇部興左エ門  宇部五右エ門  エ非常  エ下素  エ多謝  エ御免  エ学問  エ失敬  仁左エ門さん  レ有ル段相聞エ候  エ針箱  エおかみさん  エ女  エ篠原君  酒ェ  あんめエ  間違エ  コレア人違エ  之エ  人違エ  尾エ氏  手職人エ申付爲造立度  屋舖エ呼寄  海路國許エ差遣シ  エ貴女  エ浦子さん丸部さん  エ甚蔵  エ医学士  エ秀子さん  エ丸部さん合点  エ茲  エ爾  エこれ  エ損害  エ他人  エ給エリ  アナタ考エ  エ思い  エ此  違エ  マンざら袖無エ  エ武士  エなつ  よせエ  加エ  拵エ様並ビニ衣服  エ今  エ天  エ事  手ェ  エ背  エだい働き  目エ  兄ぇ空  携エ砲  次郎左ェ門さん  だめェ  エ乞食  エ今夜  源三エ  エこと  ごぜエ  エ手  しめぇ  エ小面倒  イ段ウ段エ段オ段  エ段  エ段イ段  エ音オ音  エ音  エ段音  エ類似  嘘ォつけェ  奥様エ  眼エ埃  手エ切つて了  エ花見  安来せんげェ  エ方マ  おれぇ  ェ訳  エ僕  柿エ門  エあなた御存知  ヌエ段  愛荏得ア行エ  能面覚エ  旦那ぇ  



前後の言葉をピックアップ
ぇなぃどが  ぇなぃはんて  ぇるど  ぇわい  得し  絵日記    柄もの    得ん


動詞をランダムでピックアップ
過ごさ飛びこま飛かかっ割出そ張上げるいた叱れ打倒さ見廻ら閉じこめ儲かれ沸きあがっ歩き回れうちすえ習わししゃがみこん打沈みいいこめよ辞す焚きしめ
形容詞をランダムでピックアップ
毛深いたわいな思いがけなきいとわしい薄くエラ遠慮なくめばや乏しく白かっ汚らしくあさぐろいいちじるしく恐ろしくっあやうくちかくこい騒がし真っ黒いかぐわし