「うなだれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うなだれ[動詞]
啓吉は黙ってうなだれ  首をうなだれ  やうにうなだれ  手塚は涙ぐんでうなだれ  日向おもたくうなだれ  玄関にうなだれ  胸へ向ってうなだれ  日輪が、うなだれ  ト頭をうなだれ  心は暗くうなだれ  頭をうなだれ  空をながめて居たり、うなだれ  言つて、うなだれ  まつは始めておそるおそるうなだれ  黄蝋もありうなだれ  云ひ、うなだれ  内でうなだれ  ポケットに突っ込んで、うなだれ  通りにうなだれ  佐渡は、うなだれ  霊がうなだれ  ちょっと、うなだれ  源次もうなだれ  僧侶はうなだれ  精霊はうなだれ  足元にうなだれ  ちょぼんと立ってうなだれ  はじめて訊くと、案の定へえとうなだれ  一人、ただうなだれ  物思はしげにうなだれ  なかにうなだれ  晩でもうなだれ  しなやかにうなだれ  ところへうなだれ  者がうなだれ  ままグッタリとうなだれ  襟筋をガックリとうなだれ  生蕃小僧はうなだれ  如くにうなだれ  前にうなだれ  決然とそう云い放ち、やがて、うなだれ  少時しょんぼりとうなだれ  しろから禅僧がうなだれ  私はうなだれ  端を引っぱり、ひっぱりして、うなだれ  呂布は、黙然と、うなだれ  悄然とうなだれ  力が抜けてガックリとうなだれ  彼女を宥め賺してうなだれ  ためにうなだれ  一様にうなだれ  そうはずかしくなって、思わずうなだれ  こと、うなだれ  聞き耳をたてながらうなだれ  上にうなだれ  声をのんで、うなだれ  ことをたしかめると、うなだれ  路地をうなだれ  千枝子はうなだれ  足元に坐って、じっとうなだれ  恥かしく、寂しくうなだれ  しょんぼりとうなだれ  鈴子はじっとうなだれ  鈴子は再びうなだれ  君勇はふとうなだれ  ようにしてうなだれ  茫然自失、うなだれ  ふうで、振り向きもせずに一入うなだれ  地蔵頭をうなだれ  花でうなだれ  香を放ってうなだれ  ために、うなだれ  頭を低くうなだれ  静かにうなだれ  声もなく、うなだれ  ヒッソリとうなだれ  つぶやきながら、うなだれ  伏目勝ちにうなだれ  凝然とうなだれ  前に来て思い思いにうなだれ  力なくうなだれ  字になって、うなだれ  そうにうなだれ  それに対してうなだれ  姿でうなだれ  女はうなだれ  女は涙ぐんだらしくうなだれ  それっきり両手を支いてぐったりとうなだれ  ようにうなだれ  束髪をがっくりとうなだれ  ブローニングを取り落すと、がっくりとうなだれ  ままがっくりとうなだれ  片手に、うなだれ  静にうなだれ  外に出るとすぐにうなだれ  肩をゆすったりうなだれ  レスが青じろくうなだれ  独りぼっち首をうなだれ  芝山はしばしうなだれ  蓋を閉じながら、うなだれ  グッタリとうなだれ  花がうなだれ  向きもしないで、うなだれ  一平はうなだれ  荻原は黙っていたが、しだいにうなだれ  言葉が見出せなくて、じっと、うなだれ  面をうなだれ  ぢいつとうなだれ  頸をうなだれ  片手をそっと差しいれ、うなだれ  道芝もうなだれ  静子はうなだれ  わたしは、うなだれ  急に考え込んで、うなだれ  ペダルもきらずにうなだれ  母も、うなだれ  葉をうなだれ  能登はうなだれ  面をかくして、じっとうなだれ  中へうなだれ  首を埋めるばかりにうなだれ  憮然として、うなだれ  ものもいわず、うなだれ  羊達は、跪き、うなだれ  頭を深くうなだれ  エキモスはうなだれ  覚悟を決めたらしく、うなだれ  あっけにとられていましたが、やがて、うなだれ  ぎゃくらっきょうをうなだれ  何がなしにうなだれ  風で、うなだれ  ジット首をうなだれ  顔をあからめて、いよいよ深くうなだれ  漂ひ、うなだれ  歓喜にうなだれ  トボトボとうなだれ  かぶりを振って、うなだれ  吸集してうなだれ  とき、深くうなだれ  言葉を失って、うなだれ  ようにして、うなだれ  盲人どもが、うなだれ  待合室に、うなだれ  一輪の花がややうなだれ  背をかがめうなだれ  通りハダカになって、ただ、うなだれ  微笑を失って、黙然とうなだれ  これも、うなだれ  これをきくと、黙ってうなだれ  姉は、うなだれ  鳥はがっくりうなだれ  悄々とうなだれ  声がうなだれ  磯五も、しおらしくうなだれ  腕ぐみをして、うなだれ  草川巡査は、うなだれ  葉もうなだれ  武夫はうなだれ  俺はうなだれ  中に、うなだれ  娘さんがうなだれ  僕はうなだれ  うちにうなだれ  男がうなだれ  喉を通らぬとみえ、やがてうなだれ  らくして、うなだれ  顔をうなだれ  言葉と察して、謹んで、うなだれ  口早に答えましたが、そのうなだれ  繃帯をうなだれ  顎を引いてうなだれ  計画が、しおしおとうなだれ  椅子にうなだれ  力なく、うなだれ  げに、うなだれ  面もちでうなだれ  われにうなだれ  鶏は、うなだれ  お河童さんをうなだれ  彼はうなだれ  道ひとり私のうなだれ  中をうなだれ  ように、しおらしくうなだれ  私もうなだれ  私はたいていうなだれ  運びとともに、またうなだれ  口をつぐんで、うなだれ  おしげはうなだれ  娘はうなだれ  道子はふとうなだれ  もの、なべてうなだれ  萩はしおらしくうなだれ  まま、うなだれ  ように、うなだれ  腕を組み、うなだれ  首のうなだれ  ほとりに出て、うなだれ  闇に取り巻かれうなだれ  横に、うなだれ  端にうなだれ  芳はじっとうなだれ  時には、すっかりうなだれ  室崎は、ただうなだれ  芳はただうなだれ  今はうなだれ  素直に答えて、少しうなだれ  さし俯きながら、いよいようなだれ  彼はひとりでにうなだれ  顔をあからめてうなだれ  俊三もうなだれ  恭一はうなだれ  先生夫妻はうなだれ  夫人はうなだれ  だんだん気が遠くなって、ガックリとうなだれ  自然、うなだれ  男は、うなだれ  いつか浪人はうなだれ  いつか肩がうなだれ  三木雄はうなだれ  歩度が弛んで、うなだれ  両手を突いて、うなだれ  頭は知らず知らず、なお低くうなだれ  膝まずいて、うなだれ  赧らんでうなだれ  内々気をわるくしてうなだれ  由也はうなだれ  ジッとうなだれ  奴で、うなだれ  首をひねりながら、しばらく考えていましたが、やがてぷいと立ち上がると、ややうなだれ  うち沈んでうなだれ  ーんと黙って、うなだれ  ところにうなだれ  程で、うなだれ  霜の読まれるこうべを深々とうなだれ  一言もなくうなだれ  面を青ざめながらうなだれ  精根もなくぐったりとうなだれ  力なげにがっくりとうなだれ  嫣然と笑いながら、またゆっくりとうなだれ  人魚に生れ変って、などと、うなだれ  溜息をつき、うなだれ  数珠つなぎになってうなだれ  すべて忘れ、うなだれ  萩ショッキがうちきらしくうなだれ  様にうなだれ  首を動かしたりうなだれ  あて首をうなだれ  方を見ると、うなだれ  彼のうなだれ  シオシオとうなだれ  徳市はうなだれ  当てもなくうなだれ  徳市は小さくなってうなだれ  徳市は又うなだれ  急にだまり込んで、うなだれ  木は、うなだれ  あとにうなだれ  頭をガックリとうなだれ  圧迫感に打たれつつ、又もガックリとうなだれ  返事につまつて、うなだれ  そのまま、うなだれ  前へつつましく坐り、うなだれ  パンドラが、うなだれ  頸を長くのばしてうなだれ  一行がうなだれ  なにそめてうなだれ  おぼろげながら解って来て、うなだれ  まま一縮みになってうなだれ  



前後の言葉をピックアップ
うなずけ  うなずけよ  うなずける  肯こ  頷こ  項垂れ  うなだれる  項垂れる  うなっ  唸っ


動詞をランダムでピックアップ
編出し関し折畳ん便するせき止めとびかけり宛てがう積み出すひれ伏そわれつむぐ造り出すさしかかれ戦っまさもぎるとまっ落ち合え梳ら撮そ
形容詞をランダムでピックアップ
ほの暗く若々しかっひ弱い疑い深くっ古臭さやけくかびくさき物凄かろ人間らしからつよう黄色かっ我慢強くまばゆくつまんない委しきほしき危なっかしおそかれ怪しく美しゅう