「うなずか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うなずか[動詞]
ことがうなずか  のもうなずか  態度もうなずか  理由もうなずか  成る程とうなずか  成る程さもあろうかとうなずか  別としてうなずか  諸君もなるほどとうなずか  わけも、うなずか  ところでうなずか  読者諸君はうなずか  苦笑しながらも、うなずか  ように、うなずか  なかったことがうなずか  眉を開いてうなずか  帝はうなずか  絵巻がかけたとうなずか  それもうなずか  さこそとうなずか  曹操にも、大いにうなずか  こともあって、大いにうなずか  容易にうなずか  頭をうなずか  白髪頭をうなずか  一眼でうなずか  幾度もうなずか  莞爾とうなずか  流石はとうなずか  裡にうなずか  上下にうなずか  首をうなずか  予言がなるほどとうなずか  為であるとうなずか  直ぐにうなずか  道理よと、うなずか  天性だったとうなずか  正成は、うなずか  上から下へ大きくうなずか  所以も、ほぼうなずか  宮はうなずか  一報もうなずか  宮は、うなずか  事を深く深くうなずか  道理至極とうなずか  阿難にうなずか  南原杉子は黙ってうなずか  ところも、うなずか  塁に立ってみればすぐうなずか  ことにもうなずか  げに、うなずか  ものとは、うなずか  一議なく、うなずか  これでうなずか  涙の色を見てもうなずか  誰にもうなずか  成程とうなずか  違いないとうなずか  家庭だとうなずか  自分をうなずか  娘とだけはうなずか  心にうなずか  女房たちにだけはうなずか  貴女であるとうなずか  ひそかにうなずか  神妙に聞き惚れて、しきりにうなずか  福松をうなずか  夫人にはうなずか  明石にうなずか  私もうなずか  明らかになると次々にうなずか  富藩であったとはうなずか  事実をうなずか  遺憾ながらうなずか  風にうなずか  小倉はうなずか  意見はもっともであるとうなずか  アリアリとうなずか  訳がうなずか  ことをうなずか  玲子はうなずか  ことはうなずか  千世子にはうなずか  王子はうなずか  大将は、うなずか  くりとうなずか  西宮をうなずか  私にすらが充分うなずか  ひとりでうなずか  フンといってうなずか  額を押さえてうなずか  子供心にもなるほどとうなずか  福助頭をうなずか  殿さまは、黙ってうなずか  事実も、さもこそとうなずか  後家とうなずか  美丈夫ぶりに、それとうなずか  のも、なるほどとうなずか  私にもうなずか  私はふるえ上るほど、うなずか  事実にふれないで、かるく話し、やっとうなずか  脚がわるかったなとうなずか  顔を見ればうなずか  ものを見ると、やはりなるほどとうなずか  これをお聞きになって、うなずか  論争とうなずか  ことにもためらいなくうなずか  将軍などにはよくうなずか  こっちもうなずか  わけもうなずか  客にうなずか  充分にうなずか  こととうなずか  からでもうなずか  無理はないとうなずか  お姫さまは、軽くうなずか  のだったが、よく聞いていると、なるほどとうなずか  



前後の言葉をピックアップ
頷い  点頭い  うなずい  肯か  頷か  肯き  首肯き  頷き  点頭き  うなずき


動詞をランダムでピックアップ
ちらす見や飛びこむせりあげ流し込も荒む取出さ愛せるだぶり討ち果たそいさま取っつくかつげる興じる引き伸ばそ切り払え傭え振り起し行き詰立ち合い
形容詞をランダムでピックアップ
ほろ苦く卑しい手堅い得難くくちおしゅうねばりづよわかわかしき煙たまるやさしから猛だけしい普し香しからこの上なし情け深きねつかれ尊けれ小やかましい速き