「うと」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うと[動詞]
潮風に吹かれながらうと  晩おれがうと  一杯機嫌で、うと  ほろ酔機嫌で、うと  肉体的にはたうと  ちよつと寝る、うと  一把七銭、さうと  口をあけて、うと  臆病ものにしやうと  救はうと  議論を、うと  唄をうと  から、うと  來ると、やがてうと  から暫くうと  おとうさんはたうと  顔を、うと  顔をして、うと  一人でに、うと  うちに、ひとりでにうと  王はたうと  夜明にうと  搖られながらうと  蓙を敷いてうと  觀やうと  歌をうと  顏を埋めてうと  角も、待ちくたびれて、うと  子守唄をうと  それを聞きながら、うと  弾三郎はたうと  小唄をうと  さをおぼえて、うと  合はさうと  日向に眠れる見ればうと  君は、うと  帝位を投げうと  いつのまにか、うと  頃芬としたので、うと  ものかと、うと  時代はたうと  白川はたうと  坊やを褒めてゐましたが、いつの間にか、うと  陽気で、うと  云はうと  サルマンはたうと  電報をうと  うちに、うと  年はたうと  上で、うと  私はたうと  靈感を受けるであらうと  了はうと  をかしなとうと  眠気がさしたでもあるまいが、うと  俺はたうと  澄江はたうと  気違ひもたうと  彼はたうと  心持そうにうと  五時ごろ、うと  早寝、うと  ものはたうと  枕にして寝転んでゐると、うと  彼は、うと  提灯雪駄でうと  閉ぢると、忽ちうと  半分は眠りながらうと  ツて、うと  切符はたうと  迷つた末に、たうと  彼女はたうと  

形容詞

~ うと[形容詞]
かいうと  からうと  まくろうと  さうと  あいうと  しまうと  然うと  用うと  蓄うと  ちゃんとうと  味うと  おめでたうと  損うと  終うと  覘うと  おとそうと  あらたうと  相通うと  らうと  ういうと  ゆうゆうと  住うと  肯うと  それからうと  はいうと  こっこうと  念うと  応うと  氣うと  はたうと  おっとっとうと  

~ うと[形容詞]
酔はうと  学問なんてやらうと  当てがうと  楽もうと  呪はうと  買はうと  のにもうと  貰はうと  そのままつつうと  

うと[形容詞]
うところ  うと言  うとさ  うとそれ  うと決心  うと僕  うとやつ  うとりう  うと正雪  うと云  うと私  うと怒つて  うと思  うと不思議  うと地  うとなつ  うと手紙  うと風音  うとまで云  うと青葉  うと想像  うと後  うとやう  うと稱  うと一所懸命  うとっぷり  うとて此處  うとうち  うと蜀黍  うと面白  うと俄  うと鶏  うとまで思  うと前  うとブドウ酒  うと母  うと無口  うとのみ言  うとうつ  うとでもすること  うとオイ  うと今日  うと火  



前後の言葉をピックアップ
ウデヌキ  腕前  腕捲くり  腕輪  烏兎  討と    宇土野  宇都  宇土


動詞をランダムでピックアップ
被けしぶ書き添えよ回り息む諌む聞き糺せ体し拗り憩えとりはずし励ます治めよ乗切れ引返そ汲ん見比べれ切りとる誘い込ま感じ入っ
形容詞をランダムでピックアップ
ひもじい毒毒し心強いあかく人恋しく手ぬるく甚だし覚束無めばやおかしけれいやしく生なましくいらだたしいうれしから青白悪けりゃかびくさき堆い潔いさかしい