「うす」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ うす[形容詞]
もううす  野辺うす  太いうす  いまうす  しきりにうす  まだうす  つとうす  ヒヤシンスうす  かきつばたうす  かなしきうす  ややうす  いたきうす  暴風うす  べりうす  暫くうす  然うす  一層うす  いっぱいうす  まるでうす  その後うす  なんとなくうす  だんだんうす  何となくうす  かいうす  具うす  いよいようす  ぽうっとうす  ぼんやりうす  夜夜うす  たかうす  内心うす  樣うす  おそくうす  白いうす  歌うす  ひかりうす  表面うす  さうす  にやにやうす  斉うす  やはりうす  遠いうす  忽ちうす  ぼうっとうす  全くうす  やがてうす  らうす  にくにくしいうす  わが身うす  宿うす  白きうす  おもにうす  もちろんうす  つてうす  すべてうす  なくうす  いつの間にかうす  つたやうす  よほどうす  ちょっとうす  ためうす  夕うす  汽車うす  顔うす  気のりうす  手うす  できないようす  尚うす  少しうす  あやしいうす  わるいうす  寛うす  影うす  日うす  新編うす  それからうす  思わずうす  しだいにうす  殊にうす  又うす  いちばんうす  更にうす  いつもうす  望みうす  時うす  なんてうす  唯うす  只うす  ぼーっとうす  皆うす  一体うす  細くうす  辱うす  そくうす  次第にうす  細長いうす  はばかりうす  いいかげんうす  すでにうす  かぼそくうす  多くうす  暮うす  少々うす  ユラユラうす  もっとうす  柔かいうす  ないうす  完うす  とうとううす  限りうす  さびしうす  早くうす  気乗りうす  さながらうす  そのままうす  しろうす  のぞみうす  すくないうす  黒いうす  二うす  久しうす  ひとしうす  久うす  ぽつんとうす  みるみるうす  なきうす  びらうす  美しいうす  

~ うす[形容詞]
煙がうす  中でうす  逢魔ヶ時のうす  片側をうす  帝劇のうす  むらさきのうす  虹のうす  前がうす  わけかうす  空間のうす  空にうす  あたりをうす  ようにうす  牛乳びんがうす  桔梗のうす  彼方にうす  顔色がうす  光線はうす  室房はうす  生涯のうす  杉木立のうす  肌にうす  色のうす  家なみはうす  窗のうす  六四頁といううす  唇邊にうす  それをうす  なかはうす  中をうす  母たちナリトナリアナロ御堂のうす  窓そらのひかりはうす  影をうす  あたりはうす  関節がうす  ひまよりうす  時のうす  朝日ゆふ日にうす  床のうす  青とうす  丸山とはうす  田舎のうす  金花はうす  中のうす  中はうす  日がうす  詰めにうす  往き詰めにうす  四時位までずつうす  様にうす  若人のうす  久しぶりにうす  いやにうす  ところからだけうす  境はうす  紅とうす  姿でうす  まぶたがうす  光君はうす  上をうす  彼のうす  丞はうす  耳朶はうす  ほのかにうす  一方がうす  若い娘はうす  父親はうす  空がうす  多くのうす  夕方のうす  龍ともうす  電話室がうす  カオルはうす  垢がうす  嶺にうす  なでしこにうす  黒髪にうす  葦のうす  半身にうす  全体がうす  蹠がうす  辱のうす  書物はうす  内のうす  それはうす  そこらはうす  色はうす  僕はうす  八畳のうす  朝のうす  夕方みたいにうす  一つにうす  そこにはうす  雲はうす  ためにうす  クッキリとうす  私はうす  緋のうす  檜のうす  陸地はうす  妙にうす  洗い髪にうす  明け方のうす  夜明けまえのうす  内にはうす  造つた白とうす  あたりのうす  五燭位のうす  車塵とでうす  二三輪のうす  腹にうす  黎明のうす  楽屋のうす  中にはうす  悪人とかうす  ことがうす  五人のうす  さへうす  一旒のうす  代りにうす  底くれなゐのうす  幸はうす  両側がうす  光がうす  文学主義者かうす  水蒸気はうす  地肌にはうす  さがうす  ランニングシャツはうす  煤でうす  藁屋根をうす  色がうす  不思議にうす  さとうす  笠のうす  店のうす  羽のうす  位まっさおでうす  片側はうす  足もとのうす  なかにうす  鷺がうす  女はうす  後にうす  焚火にうす  十吉はうす  青銅のうす  蒼ざめた横顔をうす  滝はうす  室内をうす  吹雪のうす  湯気がうす  鼻下にうす  日にうす  腹のうす  空にはうす  体にはうす  外にはうす  夜明けのうす  野面をうす  炊煙がうす  大野順平がうす  焚火のうす  顔をうす  宵のうす  高低起伏はうす  そうにうす  家々がうす  どこかうす  一枚ずつうす  上にはうす  だいちようにうす  おんどりとうす  上にうす  壁にうす  顔がうす  校舍のうす  夕暮れでうす  櫟林がうす  二人はうす  二枚のうす  硝子をうす  寝床にうす  日はうす  雷鳴がうす  全体にうす  うちはうす  四方にはうす  傍のうす  瞼のうす  高氏のうす  急にうす  鉢植のうす  蝋銀色のうす  誰妻のうす  さでうす  襖側のうす  端にうす  三つのうす  兩唇はうす  廻廊やうす  頬がうす  蝎がうす  遠くのうす  紫いろのうす  ぼかしのうす  やうにうす  夜明け前ほどのうす  大通のうす  変にうす  下のうす  奥のうす  額がうす  駅のうす  さんはうす  そこにうす  辺にはうす  日和がうす  スイミツ桃のうす  さくらの花がうす  さくらの花のうす  灯はうす  裾がうす  切支丹でうす  七はうす  多吉はうす  先生のうす  七兵衛はうす  女郎屋のうす  人たちはうす  頬はうす  池のうす  夏のうす  伝兵衛はうす  店さきのうす  男がうす  彼はうす  下にうす  掛け行燈のうす  海はうす  湖がうす  子はうす  ガラス窓にうす  眼のうす  顔にうす  三軒さきのうす  曾てうす  自分のうす  シグナルにうす  海にはうす  空のうす  米がうす  母親のうす  かすかにうす  今更にうす  沖のうす  ところにうす  何かうす  さっきのうす  恭二にはうす  皮だけがうす  氣とうす  光芒をうす  周囲がうす  文庫のうす  瓦斯燈がうす  ーとうす  地とうす  機関士はうす  まわりにはうす  かくはうす  康子がうす  様子はうす  掃除夫のうす  眼がうす  山口はうす  膨脹力はうす  甲谷はうす  星のうす  俗にはうす  本流がうす  月のうす  中にうす  室のうす  風露草のうす  男はうす  謙蔵はうす  桜のうす  橘はうす  若者はうす  山桜がうす  水色のうす  女のうす  大島町のうす  橋のうす  ふもとにうす  心はうす  はにかみてうす  火はうす  瓶のうす  綾とかうす  今までうす  斷層面がうす  一帶にうす  山がうす  戸外がうす  櫻海老がうす  水がうす  柴草の根はうす  影がうす  女ようす  イルミネイションのうす  手がうす  あたりがうす  例のうす  情がうす  空をうす  しずかにうす  かぜはうす  当座はうす  かなたのうす  昼のうす  天女がうす  あまりのうす  すきやのうす  源太をうす  学者達がうす  置電燈のうす  茎のうす  批評家はうす  朝夕はうす  茗荷のうす  裏はうす  皮膚がうす  頸はうす  雪洞のうす  雪とのうす  夕暮のうす  立ち姿はうす  光のうす  高にうす  とものうす  日かげのうす  魚のうす  灯にうす  秋風がうす  唯ひとかたまりのうす  藤次郎はうす  ままのうす  一条のうす  縁がうす  満足のうす  紙はうす  ジッとうす  そこのうす  一番奥のがうす  黄とうす  白地にうす  水干とうす  外をうす  結び燈台のうす  障子がうす  ばのうす  芽生のうす  雪もうす  芝とうす  木の芽のうす  一枚のうす  上のうす  一隅にうす  足元にはうす  洋燈のうす  微光のうす  背廣はいちやうにうす  千世子はうす  体をうす  さにうす  ところだけうす  気持にうす  辺にうす  北のうす  木の下路のうす  始めはうす  ニッとうす  十三日はうす  花粉のうす  ニュアンスのうす  酒でうす  山はうす  袖がうす  陸のうす  方のうす  教室はうす  杉本はうす  空はうす  窓から乞食のうす  魅力がうす  群がうす  せいかうす  ところだけがうす  ただでさえうす  今度はうす  全体はうす  ギンネコ号をうす  艇全体がうす  本艇はうす  顔にはうす  斜陽のうす  電燈のうす  眼はうす  輕侮のうす  中がうす  目がうす  室内のうす  塔上のうす  へやがうす  旅館のうす  あっしはうす  ぼくはうす  梅はうす  小川はうす  平次はうす  前にうす  春のうす  のをうす  音波がうす  はなびらのうす  葉山街道にうす  縁先のうす  倉沢はうす  白とうす  体はうす  木立ちのあいだはうす  人がうす  それがうす  わきにうす  

うす[形容詞]
うす紅  うす絹  うすあかり  うすの  うすねずみ色  うす明かり  うす寒い  うすむらさき  うすにごる青磁  うすやみ  うすもの  うすダイヤ  うすみどりの風  うすゆきいろの薔薇  うすみどり  うすぼんやり  うす日  うす笑  うす靄  うす紫色  うす桃色  うす鼠色  うす赤い月  うす眼  うす着  うす灰色  うすわらっているの  うす紫  うす板  うすさ  うす情け  うす気味  うす笑い  うす黄  うすぺてろ  うす青み  うす味  うすに銀  うすでの感じ  うすあまい  うす暗がり  うすずみ  うす黝  うすべり  うす目  うす陽  うす氣味  うす明  うす墨  うす明り  うす青  うすびかりする  うす黄色  うす浅黄  うす闇  うす霞  うす者  うすくらいので蚊  うす雪  うす月  うす月夜  うすくれなゐ  うす赤  うす桃  うすあばた  うす菊石  うすッ  うす色  うす彫り  うすぺらな  うすわらい  うす気  うす化粧  うす痘痕  うす埃  うす汚れ  うすら  うすきみ  うすまゆずみ  うすぎぬかづきなれず  うす薔薇  うすくらい茶色  うす紅色  うす白い雪  うすよごれのし  うすらん  うす濁り  うす曇りの水  うす鬼  うす髯  うす絽  うす霧  うす膜  うす冷  うす物  うすバラ  うす曇りの明るみ  うすとぼけ  うす紅梅  うす櫻  うす白  うすくらい台所  うす煙  うす雲の上  うすべから  うす馬鹿  うす笑いながら私  うすの魔法  うすごろ  うすみどりの  うす刃  うす白い影  うす濁つた  うすもやを  うすくらい野原  うすくらい片隅  うす光  うすばか  うす雲  うすのもの  うす涙  うす睡たいよう  うす氷  うす眠い  うす塵埃  うすぐらくなつてゐる  うす肌  うすはな  うす紙  うすけぶりつらなる尾根  うすなのだ  うす紫いろ  うす赤い指  うす藍色  うす無味  うすびょう  うす痘瘡  うすくらい仕事場  うすみな  うすはい  うす青紫  うすくらい廊下  うす衣  うすひの関  うす青色  うすぐらくてひつそりしてゐます  うす鼠  うす毛  うす可  うす一  うす碧  うすもみじ  うす衾  うすなさけ  うすこと  



前後の言葉をピックアップ
ウジョウジョ  ウジリョウリ  うじ虫    有珠  碓氷川    碓井  笛吹峠  碓氷


動詞をランダムでピックアップ
知れりゃ混ぜれ抱きとめる書き添え辷り込んひきとめたまりつかれよ読み取れ見縊る立ち止るたちあがる燐み回りりきまかくれん排そそそぐまたがらこたえれ
形容詞をランダムでピックアップ
さもしき素早黒かっ酷し遠白しほほえましいたっとうつくしかっ虚しけれ気恥しく宜しかろ大きかろ愚かしくうれしゅうみずみずしくすべっこいずるく名高くなみだぐましきうら淋しく