「うき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うき[動詞]
我もうき  のだが、さうき  月にうき  娯楽などにうき  實にうき  さうなへうき  調子でへうき  兎もさうき  上半身の黒くうき  優婉さ、うき  ところにうき  虹がうき  監禁のうき  掠奪凌辱のうき  上にうき  うえにうき  そこらにうき  露のよすがのうき  土がうき  静脈をうき  艦体をうき  雨あしが白くうき  全体のうき  上へうき  飛行機があれば勝つ、さうき  千々に砕くる、うき  伸縮自在のうき  宮に召されしうき  さなかりけるうき  電気にうき  形にうき  島のうき  虐殺のうき  身じまいにうき  人の、あらぬうき  房をうき  公言し、または、無暗にさうき  不思議なほどうき  小船にもうき  木目をうき  暖気でうき  身のうき  奇妙にうき  空にうき  研究にうき  宇治のわたりぞいとど住みうき  世のうき  うちに、もうき  奴を諸うき  同様、うき  今のうき  こめかみにうき  ことは、うき  わびぬれば身をうき  私もうき  恋にうき  実感が濃くうき  抒情歌にうき  光にうき  流竄のうき  点がうき  いたずらにあってうき  知らないとさうき  かんしやく持ちで、へうき  いくらかへうき  ダンラをうき  自然にうき  前にうき  よのうき  気がうき  なかにうき  波間にうき  笑、たのしみ、うき  別のうき  半焼のうき  夢のうき  友達からさうき  牡牛のうき  汗がうき  花脈をうき  頭から考へてみると、さしみとか、うき  閉門のうき  物換えにうき  面にうき  宙へうき  場面から始まってうき  中にうき  波にうき  明石にてうき  栽培にうき  心そぞろにうき  力づよいものは、再びうき  閉店のうき  心もうき  泡がうき  

形容詞

~ うき[形容詞]
川うき  からうき  山うき  世の中うき  心うき  悲しいうき  時うき  なおうき  酔心地うき  ものうき  女うき  椽うき  置炬燵うき  さうき  物うき  年頃うき  全くうき  ほんにうき  彦うき  辛いうき  よにうき  つのうき  だにうき  またうき  過ぎうき  片うき  誠にうき  躑躅うき  うたうき  馬うき  人知れずうき  又うき  一人旅うき  声うき  間もなくうき  じっとうき  なくうき  

~ うき[形容詞]
言つてへうき  身はうき  浮世のうき  僕はもうき  身のうき  ただもうき  俵のうき  草のうき  鉄筋コンクリートのうき  涙のうき  そこにはうき  君がうき  世はうき  鴛鴦のうき  音もうき  世のうき  川のうき  ごろもうき  一人のうき  命かなうき  命はうき  れいぞうき  牡牛のうき  ごとぞうき  

うき[形容詞]
うき名  うきこと  うき世  うきん  うきわざ  うき目  うき我  うき舟  うきふし  うき除夜  うき身  うき日  うきやらむ  うき別れ  うきちり  うき砥石  うき事  うきまつ  うき葉  うき里  うきみょう  うき彼岸  うき草  うきしづ  うきを下駄  うきによって浮かんでいるの  うき島  うき足どり  うき胸  うき木綿  うき世の中  うきめ  うき涙  うき夜半  うき今朝  うきもの  うき波  うき身一つ  うき草の根  うき水鳥  うきけしき  うきから  うきふるさと  うき瀬  うき沈み  うきす  うき雲  うきみぞ  うき言の葉  うきのやう  うき蝋  うきの  うき藻  うきを見つめているうち  うき足  うき彫り  うき年月  うき旅  うき栖  うき山  



前後の言葉をピックアップ
宇木  雨季  浮き  浮きたち  浮きで  浮あが  うきあがっ  浮き上がっ  浮上がっ  うきあがら


動詞をランダムでピックアップ
服しよ寄り合わくされる蕾み引き伸ばそ捲れぶつけよ見つめよかじりつい引きたてるあたい引きしめよ尊ぶ布い狂わそ徹そはげまし咲かとろかせめかす
形容詞をランダムでピックアップ
俗っぽくろ痛ううやうやしき息苦し手厳しく心もとなけれ広ういぎたな長き涙脆いわりなけれ心地好い渋く雄々しけれ広く清く凄く薄気味悪い