「いろ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いろ[動詞]
水のいろ  遠く琥珀のいろ  あはれ土耳古玉のそらのいろ  琥珀のいろ  笹のいろ  血のいろ  街へ出かけた、いろ  貰つて、いろ  右手ばかりでいろ  友人や、いろ  電燈から子蜘蛛がさがりれいろ  音がいろ  道にもいろ  私にいろ  ことは、いろ  此場合、訪ねてゆきたくない、行くべきでないと思ふ、いろ  おみやげをいろ  行乞三時間、いろ  疳の虫が出てきてゐる、いろ  から、いろ  樹明君がいろ  なのはな、いろ  緋鯉のいろ  雲のいろ  しづかな山のいろ  仰天したかは、いろ  上、いろ  横付けになると、いろ  土地々々でいろ  小郡に着いた、いろ  たよりがいろ  クモ、いろ  たより、いろ  秋のいろ  はりのいろ  やつてきていろ  風のいろ  参拝して、いろ  周二居に誘はれて罷り出る、いろ  眼のいろ  立腹して、早く探させてはいけませんよ、いろ  病気もいろ  心配をいたして、どうか治してやりたいと心得、いろ  工夫はないかと、いろ  屹度待っていろ  そっちへ引込んでいろ  ア一寸診て上げて、後で又いろ  確かりしていろ  のも、いろ  所へ来て、いろ  帰りだ、いろ  駅までゆく、いろ  ラヂオを聴いた、いろ  余、いろ  みそらのいろ  蜻蛉、いろ  四十銭、いろ  鐘が鳴り出した、いろ  新聞、いろ  ことをいろ  庵、いろ  本をいろ  秋風が吹く、いろ  虫が、いろ  さんからいろ  山のいろ  窓へもいろ  厚意で、いろ  巡査来訪、いろ  呉郎さんについていろ  鉛のいろ  紅のいろ  言つて蛇にいろ  心配がいろ  気をつけていろ  ところから、いろ  帰しするから覚えていろ  教育部のいろ  つもりで待っていろ  団長などを務め、いろ  身はうごく、うつりゆくいろ  年齢あめいろ  鐘をこもらせるうすゆきいろ  田舎にいろ  遠慮していろ  静かに抱いていろ  ところに対してきつといろ  後生だから、しばらく踏み外さないでいろ  浜べへつれて出たりして、いろ  きのふは、いろ  一とう多くいろ  不安のいろ  葉は、いろ  杜絶して、いろ  人々も加わって来るので、いろ  人々から、いろ  記者としてのいろ  叫び、いろ  場合にも、いろ  内のいろ  ことを、遊んでいろ  一お月さまのいろ  学校でいろ  ままでいろ  驚きのいろ  ますます狼狽のいろ  がまんをしていろ  ことを見ていろ  体を動かしちゃいけねえ、じっとしていろ  お前らさきに出かけていろ  汝ら黙っていろ  天井のまるいあかるみやいろ  他のいろ  やつていろ  畸人で、いろ  貴様、よく覚えていろ  ようなので、寝ていろ  彼女には、いろ  やうになまぬるくべにいろ  胡麻か、いろ  りょうも、いろ  靄のいろ  空のいろ  扨ていろ  ところにゐて、いろ  何ですか、まだいろ  主婦さんは、まだいろ  盡せないから、いろ  八月十日限りといういろ  方々からいろ  これまでいろ  船といろ  止め度もなく、いろ  前でいろ  支那にいろ  支那人にいろ  花のいろ  あいつが何とかいうまで黙っていろ  こころのいろ  皮のいろ  辛抱していろ  今夜は起きていろ  馬鹿野郎、覚えていろ  から覚えていろ  太古から人間にいろ  運行にいろ  それについていろ  闇のいろ  少女はじっといろ  少女は道すがら、いろ  眼もいろ  しかしわしを見詰めていろ  桜花のいろ  邸にいろ  我慢していろ  それまで待っていろ  先を見ていろ  外国貿易商であるせゐか、いろ  通信課といふところで、いろ  静かにしていろ  つて、いろ  日のいろ  あっちへ行っていろ  農村をいろ  そこで待っていろ  勝手に泣いていろ  ようにしていろ  つた兵隊さんや、いろ  叔父さんにいろ  やうにいろ  金属によつていろ  紙にと、いろ  其処にはもつといろ  武器は、そのいろ  左に絶えずいろ  山の頂きにもいろ  さは、いろ  蒸気は、いろ  私がいろ  二人がいろ  世界のいろ  みんな輝いて居るが、見ようによつて、いろ  非常にいろ  海によつていろ  社会にもいろ  多く少く、いろ  やうな、いろ  そこにいろ  ここを見張っていろ  土地を別れて来るに就いてのいろ  金などいろ  ほうで待っていろ  から見ていろ  芋ばかり食って黄色くなっていろ  絵筆でも舐めていろ  荷車やいろ  留守ばかりしてゐるんで、いろ  夜半にかけても倦むいろ  双方傷だらけになるまで斬りあっていろ  石器のいろ  値下げについて黙っていろ  鋼のいろ  三里先へ行って待っていろ  羽根のいろ  手紙でいろ  逆に、いろ  滝本は、いろ  ことがいろ  陳列館もあり、いろ  來てゐて、いろ  地方を見ると、いろ  來て、いろ  少年でも呼び留めて、いろ  私もいろ  中で、いろ  杖にたのみていろ  衆からもいろ  これまでわすれようとしてゐた、いろ  樣といろ  者はないかと、いろ  奉公人達から、いろ  對する、いろ  靜にいろ  行つて、いろ  ことを、いろ  者源吉が、いろ  其を、いろ  脂肉のいろ  自分としてのいろ  計画が持ち込まれてゐるので、いろ  水が、いろ  わけを話すと、いろ  有頂天で、いろ  殘る、いろ  らはないといろ  ためには、いろ  必要により、いろ  ことにいろ  仕事をいろ  國には、いろ  國のいろ  のには、いろ  地方のいろ  から待っていろ  織物で、いろ  虹猫は、いろ  袋に、いろ  将来についていろ  枕もとへ行っておとなしく坐っていろ  きょうはおとなしく帰っていろ  真直に立っていろ  秀公、だまっていろ  様子を見ていろ  事は、いろ  弘法大師について、いろ  地理的にも、いろ  疲弊など、いろ  事を、いろ  今日までいろ  説もいろ  身になって、いろ  人間のもついろ  時に、いろ  時間にいろ  人は楽々といろ  今朝先生がいろ  手をこまねいていろ  淵のいろ  彼らにながらえていろ  雨傘がいろ  私は、いろ  いつまでも泊まっていろ  比較してみて、いろ  鐘や、いろ  中にももいろ  そこを退いていろ  応援部だつていろ  今、いろ  畜生ッ、覚えていろ  加減で、いろ  つて自分で読んで見るといろ  そこにじっとしていろ  後悔するから見ていろ  席がいろ  善悪がいろ  田舎へ来ていろ  菖蒲のいろ  から、待っていろ  安心のいろ  顔のいろ  当座、いろ  就て、いろ  政江にいってやるべきいろ  スッ込んでいろ  中の人物の気で見ていろ  それにつれて、いろ  時は大抵ふたいろ  時とまあふたいろ  束の間をいろ  音楽会や、いろ  不満のいろ  喜悦のいろ  ウジウジとしていろ  まりそこにいろ  附近へひそんでいろ  どっちかというと、いろ  通を並べたり、またいろ  ここいらはまだいろ  中にはすでにいろ  落付いて座って、いろ  今ではそのいろ  ちょっと入って見て、いろ  文学とか、いろ  神格については、いろ  以下、いろ  其章曲が、いろ  外にまだいろ  当分隠れていろ  そこへ行っていろ  先きへ行っていろ  中にいろ  就ていろ  時分にいろ  積りでいろ  あとからあとへいろ  ほか、いろ  発想法は、いろ  素質は、実にいろ  行手にいろ  楯井さんは、いろ  ことなのでいろ  おかみさんは、いろ  花をいろ  藤君を訪ねる、いろ  ものを与へる、いろ  つた、おそくまでいろ  瓦斯のいろ  浴衣のいろ  久に持っていろ  左様でげすか、いろ  ふちで、いろ  羽のいろ  墨のいろ  人間がいろ  用法がいろ  垢ぬけのした、いろ  若い、いろ  真珠ボンタン万人に可愛がられいろ  家にゐればいろ  軍艦や、いろ  事情を聞いて、いろ  人の知らぬいろ  家業上にいろ  酒をふるまつたり、いろ  納屋住みをするといろ  鋸ぎり場に行くといろ  云ふことは、いろ  以前は、いろ  時には、いろ  根のつき易い、いろ  それからそれへといろ  やつて来ていろ  世話人は猶いろ  ことなどいろ  ところでいろ  さにするいろ  學者がいろ  それにいろ  おれ達を見習ってちっと黙っていろ  安心して遊んでいろ  唄でも唄っていろ  気を強くもっていろ  お前もだまっていろ  ものは、いろ  解釈がいろ  なつて、いろ  他にいろ  わざ田遊びには、いろ  面白かつたと見えて、いろ  今は、いろ  女房を持たずにいろ  けしからん所へ往かずにいろ  顏のいろ  油断なく見張っていろ  聖人又をどろけるいろ  確保していろ  波のいろ  空にぱっとうすずみいろ  からと寄って来て、いろ  説明するのに、いろ  それには、いろ  音だの、そうしたいろ  まぐろのいろ  近所にいろ  道具屋だの、いろ  小料理がいろ  おなじ店のいろ  伊藤君、いろ  六地蔵だの、そうしたもののいろ  毛布のいろ  筋合いをいろ  地からいろ  精神上にいろ  ニヤついていろ  旅宿客は、いろ  遠慮がいろ  像がある、又いろ  商人にいろ  のだが、そんないろ  んだが、いろ  責任でも帯びるから、いろ  訳で、いろ  行事が、いろ  其他、いろ  中に、いろ  客人側からは、いろ  下にいってはたらいていろ  そこで見ていろ  辺で、休んでいろ  月のいろ  おかあさんから、いろ  人などが、いろ  工場のいろ  わしが、いろ  泡のいろ  香のいろ  牡丹花ひとつ血のいろ  酷熱のいろ  悪者をいろ  名は知れませんと云うので、いろ  若旦那がいろ  から、黙っていろ  上にいろ  んだ、黙っていろ  から又いろ  家にいろ  のだ、黙っていろ  彼は、いろ  雖も、そのいろ  手で、いろ  それから、いろ  宮廷にいろ  世界には、まだいろ  使節たちを、いろ  誓約書には、いろ  かしらと、いろ  私は泳ぎながらいろ  一日も早く行ってもらいたいのでいろ  面倒をみたり、いろ  彼女がいろ  ことなど、いろ  旅行について、いろ  私に向って、まだ、いろ  ふうにして、いろ  彼にいろ  グラムダルクリッチが、いろ  鍛冶屋は、いろ  学問などについていろ  その後、いろ  ことまで、いろ  ようになりましたが、いろ  言葉を、いろ  島のいろ  農夫が、いろ  機械についていろ  改良をいろ  貴族には、いろ  人たちと、いろ  事柄をいろ  主人にいろ  有様をいろ  性質をいろ  今にみていろ  瞳のいろ  白歯のいろ  蕭条たるいろ  裏へ行っていろ  今夜は覚えていろ  恩を知っているなら、だまっていろ  恐縮して、いろ  斜陽のいろ  うちにはきっと蒼くなって帰って来るから見ていろ  すゝめたりして、いろ  抵当に預つてあるいろ  想像出来るだけの、いろ  のだらうか、などといろ  ことをよく見ていろ  冷静でいろ  独りでいろ  から、好く聞いていろ  カナリヤで待っていろ  下にいろ  そのままにじっとしていろ  わたしはかれにだまっていろ  からうちにいろ  わたしたちに待っていろ  後ろに隠れていろ  音にいろ  何んでもないわ、いろ  事もいろ  一生ですからいろ  暖かにしていろ  前のいろ  戀煩ひをしてゐるからだの、いろ  跡でいろ  已むことを得ずに、いろ  のなど、いろ  像りましたり、いろ  恋煩ひをしてゐるからだの、いろ  それに就いては随分いろ  夜戸出が多い、其のいろ  鱗のいろ  捉めえていろ  黒が来てなんと言うか、よく聞いていろ  野郎ども、覚えていろ  乞食が来たのにいろ  奥へ行っていろ  あいだ奥へ行っていろ  覚悟をしていろ  彼女とがいろ  方へ向いて、いろ  光に華やぎ、いろ  兄がいろ  考へがなうてはすまんけえ、いろ  小説中のいろ  いま提灯をつけるから待っていろ  君はこうして待っていろ  二人だけここに残っていろ  勉強ばかりしていろ  蝶のいろ  知らないように、黙っていろ  今にいろ  滿などいろ  ものがいろ  世間から、いろ  生のいろ  うすい涙のいろ  信仰、いろ  もっと大きくなって威張っていろ  圧えていろ  感激のいろ  そつくりそのいろ  暖簾のいろ  やうないろ  池へは、じつにいろ  白一といろ  五色もいろ  實例をいろ  畜生、おぼえていろ  君もいろ  どれ程いろ  勝手に、笑っていろ  ひとところにじっとしていろ  度毎にいろ  間にいろ  焼き芋でも焼いていろ  団子でもこねていろ  苦にもならず、いろ  彼を、いろ  落付いていろ  以前のいろ  崖のいろ  三銭買ってやるけに、たのしみにして待っていろ  ここで待っていろ  昂奮のいろ  歌のひびきを興がるいろ  くちびるに、いろ  ここで踊って待っていろ  亡者どもが浮び出すほど、踊って待っていろ  ようにしているな、よし覚えていろ  坊主、覚えていろ  踏石だけ残して、いろ  あっちへいっていろ  おんあぼきゃ、べいろ  役でいろ  誇りを持っていろ  新聞を置いて、いろ  語は、いろ  説明が、いろ  童子以外にも、いろ  就ては、いろ  神経質になって、いろ  店を睨んで、覚えていろ  春となって、いろ  活動見物、あんまりいろ  町から村へといろ  やつてきて、いろ  好人物だつたので、いろ  陽のいろ  用心ぶかく、いろ  気がすまないので、いろ  馬酔木さんを訪ねる、いろ  うたふまで眠らなかつた、いろ  たかつた、同時にいろ  つた、いろ  話上手だ、いろ  事をいろ  六神丸は、いろ  夏密柑についていろ  安宿にもいろ  此宿もいろ  虫のいろ  挨拶、いろ  友からいろ  印象水のいろ  中央公論とを読んで、いろ  のである、いろ  雨のいろ  虫、いろ  名にもいろ  風が吹くまで眠れなかつた、いろ  人のいろ  椅子につくまで、いろ  石子刑事も、いろ  帳面でいろ  行動と、いろ  女中にいろ  やり取りなどして、いろ  口添えをしてくれたり、いろ  研究さしていろ  一人置かれるといろ  僕も随分いろ  夫に対していろ  支倉事件では随分いろ  検事を欺こうと謀っていろ  恩を返しに来るから、忘れねえでいろ  安心していろ  ほうへでも引っ込んでいろ  ほろほ、くゐくゐいろ  坊主ども覚えていろ  動揺のいろ  人は、ただ聞き流して置くか、又は引っこんでいろ  いまに見ていろ  注視していろ  ワイシャツに似合ういろ  物音にいろ  とこへ行くから待つていろ  激昂のいろ  そのまま寝ていろ  殊に文部省から北京留學を命ぜられ、いろ  中には、定めていろ  憤慨のいろ  いやにいろ  休息していろ  立腹のいろ  はいつて待つていろ  まわりと同じいろ  警戒のいろ  朱泥のいろ  はりと同じいろ  お茶がしめるといけないので、折々ほいろ  夜中に起きてほいろ  薄暮のいろ  有様を、いろ  そっちへ寄っていろ  世の中にいろ  両側には、いろ  監視っていろ  結集していろ  苦悶のいろ  だい、いろ  海のいろ  はやくも蜜のいろ  ちしゃのいろ  である紫紺のいろ  はり鉛のいろ  虹のいろ  ときこそは、見ていろ  果物がいろ  しずかにしていろ  それから生活にいろ  今までいろ  髪のいろ  覚悟していろ  のを待っていろ  たかにして寝ていろ  階下で待っていろ  風にふくれていろ  俯向いて読んでいろ  彼女の一生をいろ  毎日見張っていろ  から神妙にしていろ  差し当ってはじっとしていろ  神妙にしていろ  御沙汰を待っていろ  から、おとなしく待っていろ  家へはいって待っていろ  それまでおとなしく待っていろ  出這入りをよく見張っていろ  こいつら、おぼえていろ  十五日過ぎ頃まで待っていろ  尊氏も引くいろ  一驚のいろ  注意していろ  方へ行っていろ  から黙っていろ  家におとなしくしていろ  苦衷のいろ  気長に張り込んでいろ  家へ帰っておとなしくしていろ  野郎め、おぼえていろ  根よく見張っていろ  出入りを見張っていろ  気を長く見張っていろ  そのままにして置いて、出這入りを見張っていろ  近所を見張っていろ  家に勤めていろ  家に隠れていろ  袖のいろ  こん畜生、おぼえていろ  外に見張っていろ  下にはいっていろ  往来を見張っていろ  つもりでいろ  めえも黙っていろ  家へ行っていろ  立續けにいろ  催眠法をいろ  茎漬のいろ  風呂敷包みには、いろ  戦争には、いろ  プロレタリア階級のいろ  これは、いろ  いねえじゃねえが、このいろ  くちびるのいろ  今に見ていろ  おまえは黙っていろ  場合とによつて、いろ  日の赤きなやみに織りいでしにほひ、いろ  林檎のいろ  霊のいろ  もののいろ  笈のいろ  涙のいろ  叔父からいろ  往って待っていろ  婆さんにいろ  選手は黙っていろ  丈夫になっていろ  さまざまのいろ  覚悟はきまった、放せ、放せ、離れていろ  あいだ窮命していろ  困憊のいろ  船もいろ  から、覚えていろ  文化は、いろ  其れによって、いろ  眼先をいろ  枕詞と言うても、いろ  外にもいろ  二に、いろ  とつていろ  一つばかりしていろ  決意のいろ  店前に、いろ  一緒にいろ  軍事上のいろ  西洋ものでもいろ  歸つて、いろ  時にもいろ  ものは、どうして、そんなにいろ  ここにいろ  束髪のいろ  おれのいろ  かすみのいろ  名をいろ  うちにも、いろ  興味を持つて呉れ、そして、いろ  中には、いろ  得意で、いろ  小銃もいろ  つもりでゐたが、いろ  きょうは是非待っていろ  頭を低くしていろ  失望のいろ  竹を切り取つて、いろ  苦心して、いろ  静かに見ていろ  みんな、いろ  みんな家へかへりましたが、いろ  きれいな池に、いろ  池には、いろ  勉強をしながら、また、いろ  伊之助が、いろ  馬鹿にいろ  草のかずにせめてにほはむいろ  柳のいろ  利用して、いろ  ところを、いろ  ことで、いろ  於いて、いろ  性格などに、いろ  稽古から帰つて来て、いろ  集つて、いろ  材料にして、いろ  話やら、いろ  色女みたいにいきでいろ  者がいろ  営みは打ち絶つて、いろ  釣りかたにいろ  料亭へ持ち込んでいろ  知つた人知らない人、いろ  野にもいろ  莟はまだ堅い、いろ  衣更して、いろ  ポストまで出かけて、いろ  たよりを受取る、いろ  眼にあててももいろ  兼ていろ  生命のいろ  對するいろ  あなたから、いろ  盆踊りのいろ  適当であるかを、いろ  王さまは大そうよろこんで、いろ  ともにつれていろ  からは、いろ  彼等は、いろ  三号に、いろ  間の狭い、暗いろ  ことをせず、いろ  行動をいろ  逢はないとか、忍ぶ、待つ、怨む、いろ  ジッとしていろ  用意していろ  まんま寝ていろ  眼をつぶっていろ  作り方はまだいろ  それでいろ  んだなあ、いろ  憤怒のいろ  興味のいろ  皮膚のいろ  朱のいろ  恐怖のいろ  同情のいろ  皮肉のいろ  ちょっと失望のいろ  噂がいろ  確かりつかまっていろ  傍のいろ  昼飯も食わずに待っていろ  克明にいろ  なつてゐて、いろ  合はず、いろ  來るといろ  夕燒のいろ  急にいろ  いま町でいろ  花ももいろ  目のいろ  哀しみにくるめけるももいろ  黄のいろ  んのいろ  徽章のいろ  可憐なあでのいろ  悸えていろ  から今に見ていろ  案内がいろ  夕日のいろ  ものを集めて、いろ  際に詰りいろ  澤山出ると、いろ  間に、いろ  爲に、いろ  今日でもいろ  者は、いろ  者には、いろ  當時のいろ  支那でもいろ  時までには、いろ  ものやら、又いろ  行幸と申しますとか、いろ  唐宋以後手を入れて、いろ  顧野王がいろ  書法をいろ  次第で、いろ  黒板博士がいろ  絵巻の染めいろ  紺碧のいろ  翅のいろ  メリンスのいろ  漬菜のいろ  世間でいろ  ことはなく、いろ  話なんぞいろ  真紅のいろ  のだと思って、いろ  標本をつくるといって、いろ  中に住んでいろ  やつて見ようかと、いろ  医者が、ひやしていろ  房で話しするか見張っていろ  ここに待っていろ  俺のいろ  夢はいろ  いやしむいろ  面のいろ  霞の如きいろ  物好にもあらず、いろ  喜のいろ  蜀錦のいろ  地におなじいろ  物好きにもあらず、いろ  喜びのいろ  私は歩きながらいろ  釣瓶落としに暮れいろ  燈火のいろ  灯のいろ  耳のいろ  青葉若葉の光りのいろ  あきらめのいろ  三拝九拝していろ  下地があるらしくいいいろ  真剣のいろ  枝珊瑚珠のいろ  朝日のいろ  歓びのいろ  信頼のいろ  様子をいろ  方でもいろ  皆のいろ  青年時代になっていろ  傍に来て立っていろ  現代人にいろ  ことなぞ、いろ  それから尚ほ一しきりいろ  人々について、いろ  ものが、いろ  與へた官爵がいろ  一千三百年忌に、いろ  商売気があって、いろ  神經質になりいろ  姿が、いろ  そりやいろ  支へ行きいろ  楽、いろ  凡そ五十円以上、いろ  音楽効果に、いろ  顔をして、いろ  五円、又いろ  スター売出し方につきいろ  方などをいろ  量が多いのでいろ  向うをむいていろ  爆弾をおとしてみせるから、よく見ていろ  板前がいろ  合はぬやら、いろ  げんで、いろ  手紙を書いて来た、いろ  個所が出来、いろ  躊躇がいろ  背におしつけていろ  向うを向いていろ  本来文化運動文化部門のいろ  奨励すべきいろ  於ていろ  經驗から推測出來る、いろ  研究等、いろ  見物していろ  民間のいろ  から夕方まで待っていろ  渡し場に立っていろ  言つてもいろ  当分飲まず食わずにいろ  花を認めて、いろ  引ッ込んでいろ  喧ましい、黙っていろ  成行きを見ていろ  谷口君、見ていろ  眼を開けて見ていろ  何をするか、待っていろ  ことばかり、いろ  魂魄は、いろ  ものに就いて、いろ  母は、いろ  光で、いろ  一番苦しめるいろ  不自由や、いろ  為、いろ  邪魔してゐた、いろ  土でも食べていろ  みどりいまふゆ枯れはてていろ  びろうどいろ  もの一切合切、いろ  宇治拾遺やら、いろ  その他、いろ  他にもいろ  意味は、いろ  表現がいろ  工夫をして作りますと、いろ  私ほどのいろ  思つたり、同時にいろ  技倆も、またいろ  政治状態などに就いていろ  必要に迫られるといろ  宿にいろ  旅をして、いろ  葉をとりまぜ、いろ  ことでも、いろ  旅をし、いろ  洋傘などいろ  特色についていろ  夏がいろ  風情こそいろ  それがいろ  芭蕉が、いろ  世話になり、いろ  芭蕉がいろ  訪ひして、いろ  ものもいろ  心得で、いろ  緑のいろ  親いまさず、いろ  会つていろ  これでも、いろ  斯うしていろ  手をふって黙っていろ  アトリヱにいろ  たよりに、いろ  樣子やいろ  医者をよんで来て、いろ  静かに寝ていろ  天狗山伏が聴きに来たとか、いろ  成行を窺っていろ  朝日に映ずるいろ  金のいろ  のやいろ  等々、いろ  鑛質がいろ  軟陶では更にいろ  批評を許せばいろ  立杭からいろ  視野をいろ  代償で、いろ  コバルト、いろ  釉がいろ  人物もいろ  文樣、いろ  つてから染付もいろ  花三島とか、いろ  海鼠、いろ  からジッとしていろ  金朱のいろ  事情をいろ  星さまのいろ  作のいろ  家事についていろ  内容に、いろ  関係当事者の、いろ  ものであつたが、いろ  男はきっと睨みつけると、覚えていろ  今から行って来るから、帰るまで待っていろ  プロレタリア的仕事をするから見ていろ  これやといろ  自分とは更にいろ  どっちでも向いていろ  観賞して、いろ  七十銭でいろ  手に入れる、いろ  宵寝、いろ  和尚さんを襲うていろ  過去のいろ  俺が行くまで待っていろ  技手に待っていろ  風に凝と坐っていろ  事がいろ  自己満足のいろ  支へられて、そのうへにいろ  希望のいろ  頬のいろ  十五六から三十ぐらゐまで、いろ  起立していろ  おれはただ立っていろ  ゆつくり話したらいろ  崖から眞横にいろ  二人していろ  身をあたえて、せいろ  んへ、せいろ  信用状が、せいろ  発見されたせいろ  ところ、せいろ  不便不快は、せいろ  うえで、せいろ  もう一度、せいろ  コロンボ発行のせいろ  何年となく、せいろ  五月九日、せいろ  燃える谷のいろ  物をさがしだしていろ  玩具や、いろ  自分だけで寝ていろ  反抗のいろ  爪のいろ  うすい灯のいろ  石のいろ  肌のいろ  のか、ともかくもいろ  日本人の持つて来た、いろ  來た、いろ  手前たちここに待っていろ  時はどっさりいろ  昔からのいろ  誌上にいろ  頃二人になるといろ  一しょにいろ  四階まで上っていろ  此処へ来ていろ  氷を飲んだりいろ  今度帰ったらいろ  かんしゃくもちなんだらうってくやしがるし、いろ  人の子が持つであらう、いろ  銀のいろ  わきあがる力のいろ  腕だて、見ていろ  邪魔だから退いていろ  感情をいろ  恁うなるといろ  秘密にしていろ  畜生、覚えていろ  肴やいろ  気持を異にした、いろ  一時を、いろ  私に、いろ  そこに立っていろ  ホームスさんが来て、いろ  ホームスさんは、いろ  塹壕や、いろ  生前、いろ  それからまだいろ  もの等、いろ  必要であるとか、ないとか、いろ  銃を構えていろ  畜生、どうするか覚えていろ  三番目のいろ  見栄がいろ  あけのいろ  眺むればいろ  目にあっても生きていろ  いつまでもそうしていろ  黄、いろ  日本國中を大抵巡つたさうで、いろ  羽毛頸巻のいろ  盲人のいろ  たんぽぽのいろ  茴香のいろ  浮雲のいろ  待ッていろ  常磐なす常磐のいろ  海の底に住むいろ  んだいろ  喜びには、いろ  ことや、いろ  訪問していろ  新たに、いろ  狂気のいろ  好によりていろ  わけもなく、いろ  縁先には尚いろ  吉報を、待っていろ  美女のいろ  樹もいろ  のにいろ  夢のいろ  苦痛を感じさせるいろ  全体ができて、いろ  くら闇のいろ  桜のいろ  今に出るから見ていろ  お嬢さん達だったら、きっといろ  話がいろ  上だからいろ  唇のいろ  陸へ上がっていろ  方々にできるいろ  数へ来ればいろ  抱っこしていろ  紫のいろ  ことをいうない、よし覚えていろ  ひとへに聞けどいろ  挑戦し、いろ  君には、いろ  あなたには、いろ  御馳走さまです、始終いろ  気焔を逃れたく念じて、いろ  部屋へ坐っていろ  ためにいろ  とき紺のいろ  水にすべり落ち、いろ  話をいろ  さ、いろ  ツモリでいろ  一体反切をいろ  みんながいろ  肱掛椅子、いろ  ことばでいろ  右門がきわめていろ  ぬれ場やいろ  目を放さずにいろ  のと、いろ  いたずらにしても、ちっといろ  背後のいろ  手を引いていろ  私は、次々といろ  気でいろ  もっとおとなしくしていろ  ょにしゃべっちまいなよと、いろ  ことなどをいろ  戸をあけ、いろ  雪伯母が出て来て、いろ  不義に関するいろ  形の、いろ  言つて私にいろ  身辺にもいろ  言ふところによると、いろ  得意、いろ  紅白ふたいろ  とおりになっていろ  ゆっくり涼んでいろ  こん畜生め覚えていろ  鼻持ちがならねえ、いろ  べらぼうめ、どうするか覚えていろ  目、あのいろ  ジャンルを掲げていろ  Keepout!引っ込んでいろ  知術、即ちいろ  木のいろ  ことだが、いろ  演劇が、いろ  歩道時代からのいろ  漆器類、いろ  午前中から、いろ  人にもいろ  盛にいろ  生存上のいろ  生物のいろ  当時展覧会出品のいろ  今、覚えていろ  態度は、また、いろ  これじゃ、ふけずにいろ  くして待っていろ  此方面でいろ  習ひ放しで、いろ  つてゐるので、いろ  おかあさんから、だまっていろ  マツ子は、いろ  さい、いろ  ぢはひもいろ  めじないろ  めのいろ  星のいろ  のをいろ  眼玉がいろ  のだらう、いろ  事など考えては、いろ  青のいろ  知らないがいろ  馴染の深い、またいろ  丈夫でいろ  必死のいろ  下へ集っていろ  人を殺めて立退いたが、いろ  その間にいろ  愕いて、いろ  着物がいろ  なに、そんなにいろ  ふうにいろ  哲学者がいろ  笑い声にもいろ  ほかのいろ  ことをしていろ  今日、いろ  十四五人、いろ  途中へ棄てた、いろ  からもいろ  與していろ  其大臣がいろ  大神宮にいろ  ため、いろ  所のいろ  若葉のいろ  人では、いろ  それから段々いろ  作つて戴きましたが、このいろ  講演をいろ  學者もいろ  仕事で、いろ  二卷ありまして、いろ  一度にいろ  つても、いろ  違ふ、いろ  方によつていろ  言ふために、いろ  ものにもいろ  外に待っていろ  窮迫がはげしくなるといろ  事に対して、いろ  上には、いろ  会ふと、いろ  島袋君がいろ  姿で、いろ  身体を隠していろ  注意をしていろ  明日まで待っていろ  言つて、いろ  屋は、いろ  ことばかりでなく、いろ  事が、いろ  神道論にもいろ  予想外にいろ  中に含められ、いろ  婦人と向ひあつていろ  房雄さんといろ  私にはまたいろ  すべもやと、いろ  それをいろ  単語が、いろ  頃にも、既にいろ  亢奮しないで待っていろ  事を、よっく覚えていろ  彼女たちを、いろ  つて後、いろ  いわれさえなきいろ  桝踊りは、美しいいろ  げにいろ  庭とをもったいろ  歌にはまだいろ  わだつみのいろ  意味からでも、いろ  今迄いろ  白鶴と讀み、いろ  盛をいろ  土のいろ  から安心していろ  商売女のいろ  真のいろ  様に、いろ  案内するとか、いろ  うに朗らかで、いろ  毛については、いろ  君、いろ  四十四顏のいろ  Benjoのいろ  面白がるかと、いろ  大佛など、いろ  ほかにもまだいろ  盜癖性が、いろ  加へて、いろ  所で、ぶっ坐っていろ  畜生覚えていろ  おらが、いろ  青空のいろ  問題がいろ  なかにかなりいろ  ふんのいろ  



前後の言葉をピックアップ
入れろ  入れ忘れ  イレーヌ  イレーネ  色鉛筆  色めがね  イロ  射ろ  色内  色眼鏡


動詞をランダムでピックアップ
差しださ踏みしめよ増さっ持ちきっやら付合わころばしいぶし亙っあふり残りゃ曇らし取りあつかい遜りかぶれ撒く売り払うとだえる翻し吸いつけ
形容詞をランダムでピックアップ
面映ゆしおらしいゆるきむさくるしいきぐるしい華々しかっ厚く胸ぐるしい気軽く物凄まじい見よ上手い香ばしから色っぽいなしありがたくっとろわびしひだるきあかるい