「いる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いる[動詞]
セロを弾いている  間では、格別可愛がられている  誰でも知っている  看板にしている  面影を留めている  草の生えている  扉にくっ着いている  燈りが灯っている  外っぽを向いている  精神だけがふらふら飛んでいる  様子を指して言っている  ざるそば待っている  秋がこっそり隠れて、もはや来ている  注意をしている  虫が鳴いている  気をくばって見ている  夏になるとすぐ咲いている  ちゃんと実を結んでいる  身支度をととのえて、せせら笑ってしゃがんでいる  山へ行こうかなど、はしゃいで言っている  一緒に忍び込んで来ている  ように立っている  高音になっている  谷川がごうごうと鳴っている  いつまでもいつまでも待っている  様に立っている  わしている  のも知らずに、じいっと考えている  ぼんやり自分の住んでいる  子供の集まっている  髪をしている  空に聳えている  微かになって消えてしまうまで聞いている  色が輝いている  群れを離れてやはりじいっとして聞いている  自分の住んでいる  そこに住んでいる  完全に消えてしまっている  印象になって残っている  一つ確かに覚えている  事も覚えている  方が違っている  下絵を描いている  調節でもしている  捨鉢に歩いてでもいる  可能をひそませている  青年は呼びかけられている  激励されている  ところ大なりとされている  ことを求められている  大変大きくつよく響いている  現象があらわれてもいる  問題が潜められている  私どもが歩いている  空に響いてはいる  好みや属している  反映している  真髄にふれている  風に考えている  程度信じている  歴史からうけている  それを果している  規模になって来ている  心になっている  人々はどう考えている  人々はどう感じている  歴史を少しでも知っている  ことを書いている  歴史に負うている  流行している  作品をつくっている  日本文学一般がおくれている  印度洋を通っている  反覆しようとしている  一歩をふみ出している  登場している  ことを知っている  なかから湧き出して来ている  立ちあらわれて来ている  三ツを見ている  中に含まれている  熱心誠実にくり返している  三昧に入っている  一致している  後光を放っている  高潮している  所作と心得ている  人がいる  努力している  勝敗のみに限られている  ように出来ている  合致している  日々で経て来ている  非常によくわかっている  たくさん行われている  筆記をしている  討論会でもやっている  毎日毎日みている  実現されている  学生のもっている  全力を尽くしている  判決例を読ませている  上に出てきている  人間離れのしている  顔をしている  方面においてはすでに大きく現われている  人間味が欠けている  のかをいろいろと考えている  ように考えている  見物人もいっぱいいる  力をもっている  当事者本人がいる  事情なども知っている  学者たちがそういっている  信念において、正しくいっている  実社会に立って働いている  自然にこもっている  法律と思っている  自分のもっている  もっと複雑している  ところをみている  理屈だけでできている  現在アメリカでやっている  かた同居している  同居している  是認している  反対している  理知だけで動いている  朝から晩まで動いている  みずから信じている  修身教科書に出ている  ぞろぞろ歩いている  指摘している  乾枯らびたものではなく、ピチピチ生きている  ことになっている  八十パーセントも占めている  のもけがらわしいと思っている  横からすいてみえている  つっかけている  生きものを見ている  感情を語っている  所長をしている  様子はよく知っている  五つ六つ押しならんでいる  神経質がひそんでいる  名前を知っている  一つと並んでいる  服装をしている  三階にまで達している  脛を追い廻している  研究室に坐っている  前に立ち、並んでいる  秘密でも隠されている  ものを書いている  半開きになっている  ものでもしている  まり僕の立っている  横わっている  これはたいへん、倒れている  頸部にいたいたしく喰い入っている  人がそう言っている  遁している  一生懸命に考えている  神経過敏になっている  何をやっている  僕が行けばやめてしまうにきまっている  ソフトカラーをしている  秘密が隠されている  覘っている  僕を疑っている  娘なぞと親しくしている  犯人はもう解っている  室でやっている  皆ちがっている  実験報告が出ている  跫音が撮れている  茫然と突っ立っている  太股についている  勘ちがいしている  本を踏むと滑り落ちたのよ、なにもかも知っている  絞殺されている  ことは出来なくなっている  皆恐れている  陣屋にいる  殊に肩の落ちている  興奮している  朝日に輝いている  中にいる  土手を歩いている  四手網をあげている  小学教師をしている  人をたぶらかすか、たぶらかさないかをたしかめようと思っている  樹の茂っている  つもりだろう、と思っている  一生懸命にのぞいている  怪談に恵まれている  紹介されている  統轄している  凡そ十年も続いている  芝居をしている  嫁入っている  音楽を奏している  前をも構わず泣き叫び、ただ泣いてだけいる  姿を眺めている  材料となっている  庭の附いている  累を見せている  二の次にされている  怪談劇を書いてみたいと心がけている  判断に迷っている  のは判り切っている  ことを主としている  小説などに描かれている  理も示されている  宿屋をしている  毎日市場へ来ている  話になっている  国坂を通っている  娘が泣いている  顫えあがって逃げている  下を通っている  女が歩いている  訳読を教えている  顔だけ見覚えている  役をしている  机を照らしている  二つばかり作っている  楷書を並べている  痕を残している  微笑を浮かべている  英吉利語を教えている  事業と思っている  雑誌に載せられている  困難を伴っている  後ろに歩いている  妙ににやにや笑っている  町にはいっている  葬式を見ている  才能を生じている  舌をそよがせている  批評だけは書いて見たいと思っている  充満している  海を見下している  生徒に埋められている  親族席になっている  上座に坐っている  次に坐っている  校長が坐っている  科長が坐っている  読経をも愛している  堕落を示している  何かを読み上げている  ように擦り減らされている  一役を振られている  情をこもらせている  弔辞を読み上げている  本堂はもとよりひっそりしている  涙をすすり上げている  鼻をかみつづけている  免を請いたいと思っている  砂をしめらせている  香を放っている  批評している  感銘を与えている  余裕を持っている  赤銅色にはっきりかかっている  月を眺めている  小便をしている  声をしている  日の暮れている  漢文体なぞが行われてはいる  用意をしている  夢にまで辿りついている  切実をきわめている  専門家はいっている  時代を生み出している  日本民族は立至っている  任務を課している  苦しみを闘っている  装いを調えようとしている  未来を待っている  人々にいっている  タンデキ派と考えている  習慣になっている  私は思っている  文章を裏切っている  尾崎にまさっている  原則を心得ている  いつか復讐戦をやりたいと思っている  水盤が重なって出ている  水沫を騰らしている  経済的効果を極めている  磊落を装っている  若い夫人から絡みつかれている  床にいる  床から私のいる  巣付いている  散在している  限りを尽している  水で充ちている  海神が嘯いている  それに見惚れている  ようになって、見ている  ように疲れている  自分は信じている  現象に充ちている  未来に出ようとして待ち構えている  覗っている  時から二派に分れている  歴史を有している  意味している  芽を含んでいる  反撥し合っている  状態に陥いる  資格において、ほぼ似通っている  我で通している  生息している  性質を帯びている  気持で生きている  仕事をしている  インテリ作家が造っている  折角ほととぎすが鳴いている  対立している  御用をつとめている  変化している  金を持っている  建設しようとしている  目をつけている  中に割り込んでいる  今は次第に弱く与えている  存在している  利用しようとしている  ところなく学び取ろうとしている  ことは判り切っている  文学的行動にあらわれている  ようにして這いまわっている  まま対峙している  羽根を擦り合せている  空はまぶしいほど澄み透って、遠くまでよく晴れている  脂肪で何時もぎらぎらしている  ひとりごとを言っている  花を植えている  鶏を飼っている  木を植えている  若い母親と歩いている  大勢のいる  花のように薄紅く濡れている  何を煮ている  肉片がぶらさがっている  顔つきで、寝ている  ようにして並んでいる  豆レコードを売っている  唱歌が鳴っている  銅貨が汗ばんでいる  叔父さんが立っている  匂いがしている  同情してしまっている  貴方がなめられている  遊びに行っている  ようすすらないでいる  命細々長らえている  啓吉は益々固くなって、散らかっている  子供を呼んでいる  女達が通っている  玄関にいる  人が沢山いる  啓吉が黙っている  幾台も並んでいる  さがっている  陽に濡れて叩かれている  勘三の差しかけている  ザンザン叩かれている  パスしたと言っている  承知のすけで出て来ている  ほおほ笑っている  看板が出ている  動悸がしている  雑居している  そうに笑いあっている  去来を見ている  一つ一つ生きている  尺八でも吹いている  拍手を取っている  窓外を見ている  勘三が、つくねんとしている  容子を見ている  束をしまいつけている  容子をうかがっている  雲が写っている  莫迦にばかりしている  泥をこねかえしている  泥いじりしている  寛子と話しこんでいる  階下へ降りている  ピカピカしている  ことこと激しく鳴っている  姉をたしなめている  ばらばらにしている  莫迦にしている  芯はしっかりしている  枕に眠りこけている  話を聞いている  粗暴であっても、固くつながっている  年齢を重ねている  危険に感じて来ている  故郷を捨てて出て来ている  畳へ腹ばって、散らかっている  受粉を待っている  前歯が覗いている  ノックしている  風が静まっている  方へ向って、いっぱいふくらんではしっている  寛子によく似ている  艶々している  男が解っている  ポンポン昇っている  浮気者に考えている  空家ばかり探し歩いている  秋空が大きく拡がっている  学校友達が群れて遊んでいる  あたりがほんのり白くなっている  障子に凭れている  大群がつっ切って行っている  何かいっている  ぴしッと閉めると、泣いている  声をあげて泣いている  啓吉は呆れてつっ立っている  頭がぎらぎらしている  声を立てている  野球でもしている  空鳴りがしている  復習が積んでいる  血に飢えている  ガランガランと涼しく鳴り始めている  ちょん、ちちちっと気ぜわしく飛びはねている  手を組んでいる  そうになっている  空が高く澄んでいる  ように光っている  赧くなっている  一番前にいる  活字が並んでいる  音がすっすっと走っている  誰か歩いて来ている  ところへ行っている  しょんぼりしている  叫び声があがっている  縞になって流れ込んでいる  対話に聴きとれている  首をさげている  微笑している  子供達がはずんでいる  森としている  雨戸が閉ざされている  垂直に落ちている  一本一本ぴくぴくしている  水を飲んでいる  何か話している  遠くを眺めたりしている  レコードの鳴っている  ものばかりで、見ている  お喋りしている  叔父達のいる  非常に気取っている  原稿書いている  悄気ている  ことにこだわっている  げんとっている  そばへつっ立っている  後にひかえている  叔父の散らかしている  勝手をしている  朝寝をしている  色をして昇っている  誰かが呼んでいる  勢いをつけてくれている  下を見て話しあっている  頬杖で支えている  事を繰り返している  三重吉はにやにやしている  何度となく使っている  炭ばかり継いでいる  豊隆を従えている  一つずつ持っている  分に抱えている  紫色になっている  豊隆と云っている  豊隆はうん安いと云っている  判然と判らないが、まあ安いなあと云っている  奇麗でしょうと云っている  手数が掛るなと思っている  親切を極めている  日が射している  今にやろうと考えている  眼をぱちつかせている  筋が入っている  華奢にできている  留り木を甘く抱え込んでいる  外にいる  小説を書いている  静かに聴いている  様に敲いている  大事そうに、仰向いて呑み下している  何か考えている  八分通り這入っている  絶間なく行きつ戻りつしている  眼が覚めている  上に乗っている  こちらと飛び移っている  方から覗いている  満足している  七分がた尽きている  鉄瓶がほとんど冷めている  上にじっと留っている  中に片づいている  音を立てないで見つめている  事を書き連ねている  裾を捌いている  一度に振っている  行水を使っている  音を聞いている  上から落ちている  横に倒れている  引繰返っている  縁側に散らばっている  留り木は抜け出している  水もだいぶん減っている  眼を眠っている  殻ばかり溜っている  底の光るほど涸れている  橋を渡している  冷きっている  まま黙っている  下女はそれでも黙っている  んだと騒いでいる  ここいらが好いでしょうと云っている  一株と並んで立っている  おばあさんは、さしている  二人の立っている  きらきらときらめいている  昼寝でもしようと思っている  まゆをひそめている  社会生活におかれている  魚などを釣ったりしている  姿で描かれている  出版物は広く読まれている  民主化をそらそうとしている  方で読まれている  可能にしている  社会の持っている  たいせつにしている  上に載せて刻んでいる  顔を見て、笑っている  顔を見て笑っている  なにをそんなに、探している  すきまをもれてさしこんでいる  人形を抱いて眠っている  光がさしこんでいる  家庭にはいる  私のもっている  これはたいへん似ている  転載させてくれというので載っている  ふうにとくべつに考えている  思想をもっている  考えをしている  信仰をもっている  気がついている  ただすわっている  人間がたがいに照らし合っている  ここに生きている  意義を感じている  宇宙において生きている  ここにいる  ここに支えている  学問をしている  ことを許されている  宇宙にたっている  世の中に生きている  者が生きている  ことを感じている  カエルが生きている  そのものが生きている  さながらに生きている  大地から出ている  遍歴いたしまして、そうしてもっている  ものを奪っている  そのもののもっている  うえに浮かんでいる  私は話している  ことを考えている  こともかまわずにぶちまけて話してしまおうと思っている  芽をふいている  宗教生活にはいる  本心から出ている  ものを持っている  宗教にはいる  いじめられている  自分がやっている  二つのものからできている  二種のものからできている  二つのものから出ている  生活をしている  実現している  過去から続いている  原因によってできている  気持になっている  人の考えている  ふうに考えられている  片方は押している  両方押している  から片方が押されている  きわまで押されてきている  自分が押されている  ときに押されている  さまとはたいへん違っている  ことからできている  資をえている  なかに現われている  毛皮になっている  毛皮をかけている  世界は成りたっている  宇宙ができなくさしている  ようにさしている  二つの矛盾から成立している  それを受けている  世界が成りたっている  支配してつくっている  自分を支えている  ほんとうに踏みつぶされてしまいますが、生きている  それはあらゆる生きている  社会生活を送っている  ところから出ている  研究しようと思っている  研究しようとしている  日常茶飯事としている  期待している  わけにはゆかないから、いつも赤くしている  ふうにいろいろとまげられている  ことばかり考えている  潔癖性といわれている  なかに交じって生きている  ことばかりにかかっている  これでよいと思っている  努力をやっている  信仰にはいる  世界は広くなっている  今日になっている  現在にきている  幾つもの山を通ってきている  そこに横たわっている  視野をもっている  そこにいる  ものをいっている  一とおり話そうと思っている  自分が生きている  私は生きている  ところをえている  ことができないで生きている  勉強している  姿を見ている  今いっている  それで詳しく話している  方法論がいる  みな違っている  そこからきている  区別されている  一生懸命になっている  ようにできている  学生がいる  ようにして出ている  みなさきにきている  尊敬している  軽蔑している  いっしょにいる  さそうにしている  生き方をしている  そうにやっている  ほうを喜んでいる  それを見ている  そこで話している  生命を盛り上げている  話をしている  平気でやっている  雰囲気が出ている  結局そうしている  席にいる  人が仲良くしている  私の寝ている  病気で寝ている  労働運動をしている  検束されている  それで困っている  仕事にいる  作は死んでいる  作は生きている  生命は生きている  慈善だと思っている  ところでとどまっている  無難にやっている  はじめて宗教がいる  から、どうも困ったと思っている  ことを求めている  ここまでもってきている  さしたりしている  苦しみもがいて捜している  あとから私を生かしている  うえからでなく、押している  理屈をいっている  力で揚がっている  ことを迷っている  意志がしている  ものを生かしている  われわれをも生かしている  そのものによってできている  花がさいている  そのものによって生かされている  気持から出てきている  ものに捧げて生きている  理性でみている  天に則している  清浄心になっている  社会状勢によってかりに設けられている  権道にかなっている  キリストのしている  ものを使ってはいけないといっている  矛盾している  世の中にかなっている  一つ一つの聖霊を見ている  聖霊に導かれている  私たちとだいぶん近づいている  私は許されている  煩悩によって生きている  ことはわかりきっている  今日までずっと続けている  十銭で生きている  精進している  人も、怠けている  問題としている  こせこせしている  人が苦しんでいる  批判している  手をつけている  心境とは同時に起こっている  嘘になっている  ことをいうている  ことをいっている  主張している  見栄を考えている  隔てをおいている  本心をもっている  親鸞がいっている  体験をいっている  実相が出ている  実相感が出ている  非常に弱っている  白粉はつけている  ことは考えられないほど弱っている  なかにはいる  から群居生活をしている  自由自在に泳いでいる  ふうにされている  犠牲になっている  釣りにいっている  ことで暮らしているので、儲かっている  藤沢にいる  人が住んでいる  火をたいている  家にいる  カナリヤがいる  カナリヤを飼っている  ぜいたくにしている  鳥を飼っている  中に入れられている  束縛している  ハエがたかっている  頭にたかっている  ハエが食っている  絶対の、生きている  のが許されている  生命のもっている  意味の、そのもっている  もののもっている  そうさしている  力が集まって、そのもっている  周囲を回っている  太陽と引き合っている  質量が違っている  リードされている  形になっておりますが、実際は引き合っている  質量が違うだけでそうなっている  肯定している  ことがいる  問題をもっている  二つになっている  流れが流れている  中にはいる  中にはいっている  初めから乗っている  これで許されている  それに寄りすがっている  頼りにしている  阿弥陀仏に近づいている  かすが残っている  われわれ自由意志をもっている  ようになっている  宇宙にいる  つまり背中に背負っている  目を開いている  一目に見ている  往き来をしている  ところで生きている  そのままに見ている  ところを通っている  自分が離れている  席で観ている  ほうでやっている  そのままに生きている  それで許されている  自分の愛している  非常に喜んでいる  特質をもっていたといわれている  寝床にはいる  距離まで延びている  標石が立っている  破滅に陥っている  準備が出来ている  絆がひそんでいる  ものにして来ている  店がふえて来ている  ところで動いている  ものにひかれやすくなってもいる  金が流れている  物は悪くて高くなっている  ものがなくなっている  しか目を向けられないでいる  併呑されて消えて行っている  さまして来ている  のを求めている  ここに置いている  面に飾られ、置かれ眺められている  外部へ吸い出されている  心持がまして来ている  かしこも荒っぽく殺気だっている  補充も蓄えられている  一きわむき出されている  札の立っている  ものになっている  盆をつかって暮している  心がこめられている  味を湛えている  人々に知られている  室がつくられている  一室をなしている  ところを眺めている  一つ一つがもっている  美に通じている  強調されている  時が経っている  一つもので間に合わそうと考えられている  感情に添うている  ちゃんちゃんだのがすすめられている  さがこもっている  内にはらまれている  動揺している  そこにふくまれている  経験している  転機に面している  期待されている  現在既にそうなって来ている  衰弱を語っている  母さんを覚えている  ほうで思い思いに働いている  私から離れて行こうとしている  末子の見ている  ものが並んですわっている  姓を名乗っている  家庭に落ちついている  ことを覚えている  きょうまでぴんぴんしている  いつまでも三十台でいる  毎月三十円ずつ助けている  家で使っている  ほうから払っている  手にはいる  ふところにはいる  借家にくすぶっている  時代をよく知っている  二階が残っている  ことを書かれて、黙っている  私のように著作一方で立とうとしている  郎のいる  上までさして来ている  ようであったと言われている  時代を知っている  心配している  末子とがしたくをしている  ほうにいる  記憶に残っている  一緒に働いている  前髪をなぶらせている  そこへ投げ出している  道をたどって来ている  出版されている  療養所にいる  粗末に扱われていたんでいる  上にのこされている  姿で読んでいる  序文がついている  翻訳出版されている  吐露されている  憧憬やに充ちている  本をよんでいると書いている  憧憬ている  感情に溺れている  私の生きている  一緒にいると云っている  批判をもしている  力が生じている  前進させている  匂いがつまっている  大切にいけられている  心持ちに寝ている  日野原へ出て遊んでいる  中にころがっている  今日まで伝わっている  名で知られている  テーブルにいる  対手になっている  雑誌を出している  連載している  販売している  気みになっている  彼の立っている  家が起きている  一ぱいになっている  まり残っている  ほかに歩いている  ことを喋っている  気絶している  今に寝ている  ちよつと、はいる  膏薬を売っている  大勢人が集まっている  見物に取り巻かれている  大勢立っている  お爺さんのしゃべっている  方々に白く残っている  沢山になっている  空から下がっている  直ぐ側に立っている  それが、見ている  舞台で見ている  形成せられている  紐もついている  棒を握っている  形が作られている  脚に結びつけられている  形成している  柱にかかっている  具象化している  右手を持っている  人形が生きて動いている  進展している  言葉を語っている  動作している  指揮者が握っている  から言われている  選択によって成っている  把握している  地位を占めている  集中している  役をつとめている  失業者を出している  ように知っている  方々で行われている  羊を追っている  熟練労働者がいる  まま残されている  可能がひらかれている  ことを示している  万能に近かったと語られている  地球をとびまわっている  評価されている  製作している  証拠だてられてもいる  伝説はそう結ばれている  自由だったと思われている  心理的根拠となっている  反射している  秘密をときあかして見せている  物語をかいている  規模で語っている  形でかなえられている  発達している  欲している  イカルスとしてあらわれて来ている  実行となってきている  登場して来ている  社会的推移をのべている  ぬき足してすべりこんでいる  隠見させている  傑出している  フーシェにあきている  あいだに伝えられている  日なたぼっこしている  背をまるくしている  両側につけている  修業をつんでいる  一歩中にはいる  家に住んでいる  どこかへかせぎに出ている  まっ黒になっている  虫としてとりあつかっている  虫にしている  子どもばかり集まっている  ポケットに入れて持っている  前にいる  春吉君がひかえている  ものがいる  近くにいる  それぞれ名まえがついている  両方へのびていっている  故郷をきらっている  けしのさいている  まきをせおって歩いている  かいになっている  先にとまっている  さし入れている  中につっこんでいる  耳をすまして聞いている  あひる小屋にいる  あなを受け持っている  がまににている  傾聴している  信用している  左右にすこしずつゆすっている  下腹いったいにつまっている  臭気をともなっている  ぶんにそそがれている  方にむいている  らにかかっている  近くゆすっている  沈黙している  教科書の教えている  表現をこえている  ようにこころえている  石だといっている  顔をながめている  知らん顔している  のと、なにか、にかよっている  中に突きだしている  沖へ伸びている  グランドに飛びまわっている  キャッチボールをしている  まり滞在している  花が咲いている  隅から隅まで読み返している  町でも歩いている  あたしたちがこうしている  年をとりすぎている  十日ばかりいる  一生懸命さがしている  ホテルにとまっている  ホテルにいる  あたし知っている  二人で並んで歩いている  蜜柑を売っている  扉をあけて待っている  おかしいにきまっている  室にいる  ここへもってきている  うちに愛している  同棲生活を送ろうとしている  整理している  靴下をぬいでいる  輪郭が生き生きと動いている  戸外をとび散っている  目を通そうとしている  興味をもっている  全力を注いでいる  殺人者ではないと思っている  大分変えている  そこから鮮血が少しくこぼれている  前ではっきり云っている  きれいな顔をしている  森木が驚いている  即死をとげている  権利に属している  嘘を云っている  事を云っている  今云っている  真剣さが浮んでいる  商売にしてくらしている  有罪と信じている  無罪を信じている  前を歩きはじめている  制度がそうなっている  絶対的に与えられている  精神から来ている  んとしている  僕の知っている  僕が親しくしている  ピストルをいじっている  息を殺して眺めている  ものをもっている  いろいろ話をしている  明かに知っている  蹂躙されかかっている  蹂躙されている  中を動いている  サインしている  処にいる  人間が考えている  夜を送っている  妻を信じている  僕のよく知っている  理解していると信じている  森木国松あるを知っている  死についている  僕が最も信じ愛している  悲劇を知っている  辞任届が出ている  まちがいをしている  貴金属宝石商を営んでいる  附近に少しばかり、にじみ出ている  経過している  番頭をしている  出勤している  腹にいる  色彩を保っている  日光を浴びている  迂回している  いつか新芽を吹いている  わたしを見上げている  位置にいる  後ろへ投げている  事実は迫ってきている  世話になっている  監視がついている  ように見張っている  わたしたちのいる  柳ホテルに泊まっている  森林を駆け回っている  気にかけている  過去を持っている  それに騒いでいる  うちに迫っている  夕刊新聞を読んだりしている  うちに、待っている  符合している  眼前に横たわっている  名宛てになっている  品物を見詰めている  抗議がまき起っている  一日でも生きたいと、こうして働いてはいる  ことを云うている  蟹をながめている  松の木かげに立ちて窺いいる  今わたくしが踏んでいる  源氏を呪うている  この世に生きている  下に眠っている  外にして出あるいている  陣屋をかまえている  縁切っている  中を歩いている  世界が残っている  夢の世界を逍遥している  彷徨している  縮図ともなっている  利用されている  隆盛を極めている  ベンチに腰かけてうっとりしている  地図と較べている  ことをやっている  行当りしている  油滴を眺めている  往来を眺めている  鈴虫の鳴いている  穴を吹いている  何本も通っている  中に際立って残っている  記憶に焼きつけられて残っている  調和している  純化されている  装飾されている  抜殻になってしまっている  群れが渦巻いている  苫をかぶってあるいている  中毒にかかっている  水雷でもしかけている  風に暮している  東京にいる  町にでもいる  人になってしまってでもいる  ゆきを、まるで絶えている  組にいる  なかも見とおしている  裏にいる  自分のいる  けいちゃん何処にいる  今はどうしている  今日を生きている  なかのものとなってしまっている  ひとからとめられている  仕事をもって生きている  生活感情も流れあっている  なかに多くこもっていればいる  ところまで行っている  ニュアンスを加えている  以上まるで互に異っている  性質を含んでいる  要素が多くなって来ている  それを思えば随分ひろげられもし強くもされて来ている  友だちとなっている  なかにおかれている  孤独生活にはいる  心にとけいる  松王劇を演じている  のを待っている  いるかと訊くと、来ている  押問答をしている  内をのぞいている  方に小さく控えている  俳優として知られている  学生たちが加わっている  手習いをしている  机にむかっている  台本を用いている  重きを置いている  用心をしている  静にいっている  作りなども好く出来ている  英語で押通している  鳶色に光っている  欺してばかりいる  会社じゃそう思っている  活動写真なぞ見ている  太鼓鳴らしたりしている  説明している  草が生えている  鉄砲向けている  中から覗っている  運命を眺めている  世話をしている  姿をみせている  好奇心に富んでいる  洋服を着ている  外国商館に勤めている  すまはただ笑っている  身なりも小ざっぱりとしている  外国商館に雇われている  内々で慕っている  おまえを慕っている  寝泊りしている  三人もそうらしいとささやき合っている  商館に勤めている  手下になっている  姓名を変えている  病気にかかっている  傍に這っている  湯にはいる  風呂にはいる  田舎に住んでいる  眼をさましている  六十を越している  ヨボヨボ歩いている  苞を握っている  悪いことをしている  眼を光らしている  一杯涙を湛えている  見えない顔を見ている  お婆さんがいる  糸をひかないで、ざくざくとしている  豆がざくざくぽくぽくしている  充分にかもされている  納豆にはなっている  タラタラ鳴っている  一部をなしている  河原に茂っている  絶縁して暮している  燦めいている  月が浮かんでいる  一輪も散らさず、見守っている  自然を眺めている  椽近く座っている  成功している  立札が立っている  山歩きをしている  投票を募っている  ハガキを書いている  中心としている  表白している  印象を与えている  声にこめられている  意企している  ようにしている  日本に生きている  さらされている  枠内に止っていられなくなっている  明かにされている  知らないでも、既に飛び立たざるを得なくなって来ている  方向で羽ばたいている  字が語っている  今日響いている  社会がおかれている  中でいわれている  姿を示している  歴史とかかわりあっている  漫才を見て笑っている  声があまねく聞えている  当面している  性質をもっている  意味をもっている  含有して来ている  内包されている  成りゆきとして加わっている  ために求めている  精励は益々大きく深まっている  ものとしてあらわれている  状態におかれている  雰囲気を保っている  ふたりで住んでいる  ふたりが住んでいる  距離だけ離れている  駅前から続いている  練習試合がおこなわれている  なにをしている  使い方をしている  筋肉とを持っている  相手をしている  球を受けている  私が覚えている  いくらでもいる  奴はいっぱいいる  生活している  部屋にいる  完璧に着こなしている  ふたりでいる  はずれから駅へむかっている  感心している  小夜子がおこなっている  ままに、知っている  予定になっている  上に立って見ている  キャッチャーになって、受けている  気持ちが上ずっている  限度いっぱいにのばしている  考えごとをしている  回答を出しあぐねている  いま彼が使っている  ままにしている  どこにいる  ひとりでいる  息子がひとりいる  暮らしをしている  寝泊まりをしている  僕は狙われている  ひとりで住んでいる  僕が洗っている  陽に照らされている  容器に入っている  水彩を描いている  反射させている  いま彼女たちが好んで乗っている  外に出ている  ペダルをこいでいる  同調させている  三百メートルほど続いている  ほかには、歩いている  人がひとりいる  遠目に見てひどく洒落ている  合図をしている  ところから見ている  何人かいる  僕が持っている  ようにつながっている  それぞれ何人かずつついている  一周している  なかにいる  存分に楽しんでいる  かたちどおりに貼りついている  地下水を汲み上げている  あおむけに浮かんでいる  無意識に合わせている  手に持っている  信頼されている  表示されている  町に住んでいる  面倒を見てくれている  商売を手伝っている  姉がひとりいる  かたわらにいる  高校にいる  確かにいる  動きもぎくしゃくしている  陽ざしを受けとめている  おだやかに踊っている  上に立ちどまっている  ここに来ている  僕は知っている  縁にすわっている  自分だけはまだいる  僕がいる  海にむけて細く突き出ている  蚊に刺されている  体を横たえている  途中に立っている  亜紀子のいる  いま彼が見ている  祐一がかよっている  県立高校にいる  生徒たちが嫌っている  英語を教えている  姉のいる  完全になれている  目のまえにいる  宙吊りになっている  先生をしている  椅子にじっとすわっている  縦に泳いでいる  ほうが、残っている  いま哲也がいる  いつのまにか西野から自分だけが引き受けさせられている  方向にむけて流れている  交差している  そのまま残っている  形で残っている  年数をへている  正面に立っている  おまえのいる  映画館ぜんたいに言われている  増幅されている  いま自分は見ている  構成されている  短編に強く惹かれている  ひとりでただ歩いている  下り坂になっている  完全に組みこまれている  いくつも散らばっている  下に押さえつけられている  気持ちが横たわっている  汗をかきながら歩いている  営業している  なかに残っている  ここへ来ている  アイスキャンディーを売っている  なかを見ている  ように流れている  松原愛子によく似ている  対になっている  上映されている  ものとして使っている  文面の出来ている  予定でいる  母親を頼っている  心を満たしている  奥にいる  点滅している  十七歳でいる  自分に適している  服を着ている  顔を大人びてみせている  ように持ち上がっている  上に広がっている  凧を揚げようとしている  陽焼けがまだ残っている  自分が歩いている  知らない海岸を歩いている  いっしょに歩いている  まま浮かび続けている  自分にむけてそう言っている  頂上にいる  中心に起こっている  少年と、ぴったり重なっている  夢見心地でいる  近辺に住んでいる  学校にかよっている  近所に住んでいる  心にとどまっている  おなじ高等学校にかよっている  再現している  砂にもぐりこみ、荒れている  ものが入っている  スペースとして使っている  ちゃらでいる  町を歩いている  あぐらをかいている  つま先で、重なっている  奥へのびている  里里葉が使っている  耳をすましている  整頓されている  埃が忍び込んでいる  日として、いやがられている  迷信を抱いている  十九歳になっている  ニイチェをやっている  実行せられている  ヒットラアにつながっている  そうに残っている  原因している  僕を買いかぶっている  パスできるさ、と言っている  馬鹿にしている  さも少しずつ、わかりかけて来ている  ちゃんと書かれている  呶鳴られている  学識だって、あんまり、すぐれている  確信もなくべらべら言っている  事をくどくどと繰り返してばかりいる  急迫している  ぼんやり聞いている  ものだと思っている  たくさん暗記している  砂金が残っている  一生わすれないで覚えている  いまどうしている  事を書いている  蔭にかくれている  それから先月から家に来ている  今でも寝ている  のだけは、はっきり覚えている  一ばんお父さんに似ている  世話を受けている  綺麗に澄んでいる  結婚生活にはいる  幸福を、ひたすら祈っている  僕は、信じている  力を持っている  話かけている  意味が含まれている  体格をしている  気持でいる  信頼している  自己弁解をしている  せいにしようとしている  うつむいて、もじもじしている  だめになっている  黙殺している  教師のいる  どん底を這いまわっている  ぼんやり光が射して来ている  兄さんに見てもらおうと思っている  きれいに忘れている  いつまでも黙っている  妙に気取っている  中で、ぐっすり眠っている  試験がはじまっている  成績もよほど落ちている  国漢英数だけは、よくなっている  自分の思っている  自動車に乗っている  ものと思っている  能力を持っている  ものと思い込んでいる  事になっている  六尺ちかく、ひょろひょろしている  べろべろしている  だれでも垂れている  幹事をしている  恥だと言っている  銀座へ出て来ている  血が流れている  このごろは、くさっている  家を持っている  文科にかよっている  僕も堅く信じている  底から同情はしている  優柔不断を見抜いている  説教している  失敗を見ている  微笑は、実に深く澄んでいる  幸福そうに笑ったりなんかしている  事を話している  さを知っている  日記をつけている  お金を借りている  それを、くどくど書いている  ミルクホールにはいる  ほこりで白くなっている  ほこりでざらざらしている  冷汗が出ている  ぼんやり坐っている  巣を持っている  思いをしている  顔をして生きている  誤解している  兄さんがしっかりしている  安心している  幸福に暮している  無数にかたまって建っている  郊外に住んでいる  絶えまなく起きては崩れている  留守番をしている  利用している  近くなっている  上に落ちている  半分以上も残っている  兄さんから借りている  運が待っている  職業だとさえ考えている  お詫びをしている  授業科ばかり納めている  気がしている  勉強して行こうと思っている  僕たちについて歩いている  話合っている  事をして遊んでいる  光は、燃えている  別荘をかこんでいる  キラキラ輝いている  すれすれに飛んでいる  三本切られている  ぷるぷる震えている  熱心に書いている  ゆり動かしている  風は、すっかりやんでいる  顔をして、すやすや眠っている  自嘲なさっている  冷静に見つめている  中に立っている  みんながやがや騒いでいる  枕もとに立って、笑っている  僕を笑っている  口調で言っている  雲の上を歩いている  夢のつづきを見ている  かげも無く、さびれている  シンと静まりかえっている  狐にだまされている  いま、だまされている  一つともっている  がらんとしている  婆さんがひとり寝ている  たしかにきょうは、どうかしている  行動が全く離れている  変になっている  僕が少しのぼせている  夢を見ている  風がそよそよ吹いている  別荘の隣りに住んでいる  敵意でも抱いている  青年になっている  高等師範へ受けてみようと思っている  馬鹿がいる  人もいる  のんきに遊んでいる  遠慮をしている  辺に住んでいる  晩から来ている  兄さんも、互いにツンとしている  紹介してあげると言っている  道はむずかしいと言っている  話込んでいる  ように、チョロチョロしている  欠如している  赤沢がひとり来ている  まりないので、困っている  ものも少し持っている  姉さんを気にいっている  ところにいる  糸をひいている  当惑している  さかなを焼いている  独身者にしようと企てている  第三者がいる  強硬に頑張っている  傍に控えている  スパイしている  平和を願っている  手助けしようと思っている  いくつしている  現実生活のたのしみを言っている  時のよろこびを歌っている  一句に歌い込められている  畳にごろりと寝ころんでいる  勇往邁進している  気持でやっている  からだを悪くしている  記憶している  雨が降っている  噂している  私は知っている  事にしている  うつむいている  陰でこそこそしている  から一年も経っている  感心して聞いている  存在なんて、どだい、もう、忘れている  家を、とってもきらっている  噂をしている  お酒を飲み歩いている  共鳴している  掃除をしている  浮き浮きしている  事を、とっても思っている  関心を持っている  なんでもよくわかっている  みんなを苦しめている  ちゃんとわかっている  大事にしている  事業でもやっている  得意になっている  邁進している  敵意に燃えている  五にもなっている  興覚めさせている  自分の流している  拝聴している  さそうに、にやにやしている  それを、やあやあと言って野次っている  騒ぎを、離れて見ている  ために生きている  僕は思っている  勉強をはじめたいと思っている  真面目に考え込んでいる  祝福されている  作品を見てもらっている  事にきまっている  ちゃっかりしている  エレホンを教えている  津田さんも笑いながら言っている  ように思っている  小説家志願と来ている  内弟子にでもはいる  現実にこだわっている  成功させたいと思っている  観察している  目がついている  事ばかり言っている  鈴岡さんと飲んでいる  兄さんをあくまでも信じている  上にひろげている  胸が、わくわくしている  ようにやっている  掛け声をかけてやっている  何をしている  マンホールからガス管でも、ひっぱり出している  ざましになっている  いらいらしている  森閑としている  にこにこ笑っている  返事をして、やはり笑っている  好意を持っている  面会謝絶と極っている  絶望している  門前に待っている  小説を見てもらっている  斎藤氏は聞いている  反応もなく、黙っている  平然としている  スナップのあまくなっている  修繕している  募集している  鞄をやたらに、いじくりまわしている  文豪を以て任じている  たしかに好意を持たれている  働きをしている  プレイガイドに勤めている  直接につながっている  プライドを持ちこたえている  決意している  空想にふけっている  中で、うごめいている  てんてこ舞いをしている  文章が、いつもと違っている  十二時を過ぎている  大丈夫だときめてしまっている  問題だと思っている  楽天的に考えている  四十男もいる  ひそひそ話を交わしたりしている  二部屋にわかれている  稽古場になっている  ぼんやりしている  病院にいる  のを、待っている  こちら向きに並んで腰かけている  まんなかに坐っている  露呈している  横沢氏は、けろりとしている  柱が砕けている  掩われている  時を告げている  扉の開いている  面白がって見ている  空中にあげている  あたりに漲らせている  非難している  才能を認めている  僕に欠けている  反省している  何をそんなに、にやにや笑っている  けさ眼が覚めて、何もかも、まるでもう、変ってしまっている  興奮が、すっかり覚めている  首をかしげている  僕は、じっと立っている  幻滅している  ケチくさく生きている  ためにだけ生きている  ほうに行っている  まじめに考え直してしまっている  扉の、開いている  事を考えている  堕落している  みんな寝そべっている  相談でもしている  世話を焼いている  教えを説いている  生活を助けてやっている  相談し合っている  嘆息をもらしている  事ばかり考えている  気にしている  努力をしている  進歩的俳優とも言われている  競争意識を燃やしている  虚栄している  趣味家ばっかり集っている  十字架から、のがれようとしている  僕を、なめ切っている  墨でもついている  ひとりで、ぽつんと坐っている  無心そうに笑っている  存在は知っている  組織している  口癖になっている  二十人ほども立ちどまって見ている  出演している  芝公園を歩いている  匂いだろうと信じている  ちゃんと落ちついてやっている  チイムワアクがとれている  劇団にはいる  ものは、待っている  胸をおどらせている  タイプライターで打たれている  ところまで、ハッキリ書いている  緊張している  こちらは何もかも捨ててかかっている  日焼けして、けろりとして働いている  楽器をいじくりまわしている  スキャンダルは言いたくないが、なんだか、ごたごたしている  僕はいま、とても落ちついている  綺麗にすんでいる  ひとり合点している  兄さんは、まだ寝ている  おかっぱにしている  ボヘミアンネクタイをしている  着流している  きょろきょろしている  こっちを見ている  まごまごしている  背後でそう言っている  汗をびっしょりかいている  三十分くらい待っている  丼を持ち運んだりしている  書類が雑然とちらかっている  採用と、きまっている  勝手にそう思い込んでいる  先生だと、きめてしまっている  気をもんでいる  全部集っている  才能を持っている  休学しようと思っている  他は無かろうと言っている  空想で、うっとりしている  一本買ってあげようと思っている  避暑に行くと言っている  事を嘆いている  顔がひどくやつれている  学校は止めている  否定している  今に見ろ、と思っている  支持している  さに呆れている  家号を、つけられている  一家三人、やたらにげらげら笑っている  写真と並んで小さく出ている  名前が、ちがっている  はじめから絶対秘密になっている  ものに考えている  役者修業をしている  提灯を持ってしゃがんでいる  朦朧と動いている  朦朧としている  興奮して言っている  一等席に来ている  鶉で頑張っている  誰が来ている  発狂したい、と思っている  日光が出ている  名古屋にいる  事だけを知っている  おだやかに笑っている  世界に住んでいる  広場を歩いている  年始に行こうと思っている  誰でもしている  自ら慰めている  ものだったが、嘲けっている  千里万里を相隔てている  徒然としている  対っている  境を迷っている  もので、覚えている  がしょう、とばかり言っている  物蔭で泣いている  奴でございますと言って、ほくほくしている  引摺と来ている  耋けて忘れている  大切にせられている  児はこましゃくれている  今に覚えている  影に曇っている  理髪店になっている  内職に売っている  風に揺いでいる  附ている  幾星霜を経ている  ッこをしている  張物をしている  切りに慌しく話している  標榜している  姦通している  如何とかしている  聴入っている  酒宴を開いている  耳を澄ましている  益耳を澄ましている  乳房を探している  正体なく寝入っている  茫然としている  瞻上げている  ように列べて光らせている  乳房に縋っている  物を持っている  玄関先へ廻って待っている  口を開いて躍っている  何を喚いている  皆道草を喰っている  門前へ迎えに出ている  其様悪戯ばかりして喜んでいる  其面を視ている  馳走になっている  のを黙って見ている  譟然と喚いている  話声がしている  面をしている  饒舌っている  犬の寝ている  ッかり寝転んでいる  余念なく眺めている  狐色になっている  斯うして歩いている  後姿を見送っている  楽んでいる  懸命に行っている  一人として躊躇している  馬鹿気ている  大丈夫生ている  のは解っている  心持になっている  心を紛らしている  注目している  其を見ている  中に聳えている  方角を見ている  事は分っている  憧憬れている  処を勤めている  頼みにしている  澄している  奥様は聴いている  面を視ている  様子をジロジロ視ている  尾を曳いている  面を出している  荷物を解いている  閉口している  厚蒲団に坐っている  話を聴いている  塵芥が残っている  惹起して度々喧しく言われている  窓から外を見ている  大抵は見られている  真面目を作っている  片附いている  事なんぞ忘れている  編物をしている  何時迄もしている  琴を浚っている  斯うして聴いている  聴惚れている  突ている  からん事を内々思っている  練習をしている  自任している  後に隠れて見ている  空腹を感じている  下宿している  只管其機会を待っている  二つ三つ話をしている  焦心ている  臓を縮めている  風をしている  用を控えている  仕方がないから相手になっている  雪江さんを観ている  気を揉んでいる  持上っている  面ばかり見ている  棄を畳んでいる  同意を求めている  事を言っている  兄妹の如く暮らせと勧めている  其を観ている  日を送っている  それを観ている  偏している  思想に役せられている  別天地に遊んでいる  残喘を保っている  陋見に囚われている  為に生きている  一二年苦しんでいる  同然になっている  超然としている  叢まっている  能く分っている  文壇は始終触れている  可能を持っている  そうにしている  撞着りたがっている  神さん一人で繰廻している  狼狽している  風だ、と思っている  不断接している  なぞと思っている  昼を待っている  此様なに煩悶している  藻掻いている  塊まっている  庭を眺めている  さは、聴いている  のを聴いている  境を迷いつつ、歌っている  脱かしている  魂の入っている  ことも忘れている  精霊が宿っている  交渉している  チョイチョイ見ている  払塵を掛けている  下女同様に追使われている  独りで焦れている  手に掛けて知っている  其儘になっている  送金は見合せている  医者に掛っている  不覚其儘になっている  無沙汰になっている  跡仕舞をしている  膝を列べている  私に会いたがっている  なかった懐中が甚だ軽くなっている  中で凝と考えている  今は忘れている  化粧っている  羽織をはおっている  臥ている  落着いている  私の着ている  面を見て笑っている  眼を瞑っている  のだか、分っている  大勢車座になっている  何だか目を瞑っている  父は死んでいる  其処に死んでいる  関係している  準備にとりかかっている  朝日をうけてうきだしている  坊主がつっ立っている  あだ名でとおっている  一つ来年を待っている  あぜ道に立っている  中学校へ通っている  豊公を待っている  昼飯を食っている  手先に使われている  元気がみちみちている  自分ににている  自信している  同級生になぐられている  群童を見おろしている  ポケットにかくしたりしている  戦争している  こととしている  にこにこしている  ひとりでなにもかも知っている  影になっている  家業においつかわれている  和服でいる  湯気をたてている  安らかに眠っている  一心にのぼせつめている  気狂わしくなっている  豆をひいている  着物を縫うている  チビ公はだまっている  外になくなく立っている  お仙をおそれている  生蕃が待っている  懇意にしている  屈折している  ピアノをひいて楽しんでいる  結び玉をこさえている  犬がいる  ごとくさきみちている  わらじをはいている  気焔をはいてくらしている  用事をしている  秘蔵している  はかまをはいている  修身を受け持っている  制帽で押し通している  燦然と輝いている  たい焼きを食っている  平素勉強をしている  応援を待っている  保護を受けている  少尉がひかえている  生蕃はだまっている  平素憤慨している  ことだと知らずにいる  幹部として知られている  外をのぞいている  三重にもなっている  毛が生えている  手筈になっている  諸君もあるいは知っている  如くふるえている  私を愛してくれるかを知っている  心を知っている  門内へはいる  厄介になっている  境に立っている  人々におそれられている  客が話している  父はよほど酔っている  復讐せんとしている  油を注いでいる  波がおどっている  窒息している  外に倒れている  繃帯されている  胸にあてて眠っている  びんも焼けちぢれてところどころ黒ずんでいる  覚醒を叫んでいる  方にかたむいている  殺気をおびている  父はやはりだまっている  牛耳をとっている  計画している  計画もあると聞いている  全身におどっている  饅頭を食っている  涙をのんでいる  高波をおどらしている  一語につきている  生蕃がいる  やつがきている  阪井はだまっている  やつがいる  中でうずまいている  血潮がわき立っている  髪の毛はところどころ焼けちぢれている  悲憤にむせんでいる  阪井はやはりだまっている  耳なれている  ポインターがいる  家へはいる  慈愛が満ちている  まま載っている  大変ふさぎこんでいる  毎日毎日心配している  豆腐屋でいる  だれでも知っている  一本つきでている  バロメーターにしている  読書ばかりしている  臆している  末座にちぢまっている  中学校ではきわめてゆるがせにしている  地になっている  ゅうひゅう風がうなっている  灯をともしたりしている  薬局にいる  のを見ている  態度はいかにもおちつきはらっている  らいをしている  水をまいている  天井の下に小さく座っている  口にはいる  わらをかかえている  そうにぶらぶらしている  山路を歩いている  さかりにさきほこっている  大地にひざまずいている  鉢巻きをしている  大地につけてないている  母はだまっている  ご飯を食べている  そればかりを考えている  色になっている  のを支えている  力がみちている  それを聞いている  年が老いている  ぼくを待ちかねている  ようにまたがあいている  圧倒している  嘱目されている  歴史を持っている  生徒は小さくなっている  しょぼしょぼしている  爪先をそろえている  上に映している  見物人が陣どっている  役人も集まっている  大人連が陣取っている  くせをよく知っている  まま本塁に立っている  五大洲におとっている  のに勝たずにいる  ばかにしょげかえっている  青木をあなどっている  かごの鳥のごとく小さくなっている  果断をもっている  ちらして喜んでいる  増長させている  三味線を弾いている  公然ゆるしている  たかどうかもよく知らずにいる  春風にふかれている  下目に見おろしている  それを支えている  口を動かしている  はきだめのごとくみだれている  みんなさるに似ている  顔をかくしている  声をかけている  りんごをかじっている  事をくわしく知っている  きみが数えられている  けがされている  豆腐を売り歩いている  学問している  伯父さんをありがたいと思っている  寮歌をうたって楽しんでいる  ああ玉杯に花うけてとうたっている  不良共にふりまいている  豆腐を売っている  妹が待っている  日光と遊んでいる  リボンをつけている  監視させている  顔を知っている  自ら信じている  周囲に立っている  旗がひるがえっている  口をあいて待っている  ものが並び立っている  ご馳走になってすましている  ものを食べている  お金がいる  あいだ男の子と歩いている  面白からず思っている  誘惑している  大地に光っている  千三が立っている  ノートをくっている  英雄もきている  流行語を知っている  模範生と称せられている  舌を巻いておそれている  崇拝している  へただと思っている  海にいる  らはこういっている  喉をしめている  側にいる  評判を致している  手が冴えている  お喋りをしている  傍に坐っている  此方を見ている  両手に支えている  手を握り返している  気に成っている  勝手を知っている  逢いたいと思い続けている  斯うやっている  矢張り船頭がいる  ″\歩いている  風にあおられている  密通いている  奉公をいたそうと思っている  女計りいる  戸が開いている  枕を並べている  お礼に行きたいと思っている  そこなっている  妾がいる  ものが、聞いている  露と並んで坐っている  余ぽど惚れている  引籠っている  手前を思い詰め、煩っている  疵を受けている  独身者でいる  側は放れませんと、互いに話しをしている  所を見ている  人は生きている  二人で暮している  三崎村にいる  事ばかり寝ても覚めても考えている  云わずにいる  恋煩いをしている  デロレンなどを唄っている  貴様も知っている  奴がいる  木刀で打たれて殺されたろうと思っている  孝助の持っている  我慢をしている  穴が明いている  人だと思っている  人が寝ないで稼いでいる  齷齪と稼いでいる  女房のいる  筈はないがと思っている  終日畠耘いをしていたが、つい忘れている  アしめえと思っている  幽霊だと知っている  彼是している  積りでいる  襤褸を被って小さく成っている  ゃに構えて待っている  慄えながらいる  二間隔っている  ハテナ誰かまだ起きて居るかと思っている  孝助に誑されている  一つ部屋にいる  暇を出そうと思っている  位にしている  一緒にいる  ものまで検めている  欝いでいる  事ゆえ心配をいたしている  心配をしている  屋敷にいる  殿様から正直と云われている  残念でございますと云っている  気性も知っている  殿様に差上げている  物語をしている  首にかけている  身体を洗っている  首に掛けている  余り長く洗っている  伴藏一人酒を飲んで待っている  様子を窺っている  中で仕済ましたりと思っている  ことはないと知っている  今夜客間に寝ている  中二階に寝ている  涙も出ずにいる  頃藤村屋新兵衞方にて買わんと思い、見ている  此所にいる  惚ている  御用か、何だ泣いている  無勢、切立てられている  掛が入っている  是が生きている  勝手をよく知っている  幽霊がいる  何うなっている  疾うに眼が覚めている  前後も知らず眠ている  ピタリッと付け立っている  不義している  目が血走りている  不義姦通している  下へ下りたりしている  中へ潜り込むやら騒いでいる  用意のと云っている  狼藉者はいる  後影に付添っている  上に坐り込んでいる  わけにもいかず坐っている  べつに呼んでいる  言訳をしながら泣いている  上に坐っている  恩になっている  一盃やっている  亭主を見継いでいる  幸手まで急いでゆくだから、寄っている  ちゃんと種が上っている  亭主を過している  為にあゝやっている  から、惚れている  何時までも係り合っている  お前に惚れている  表店を張っている  旦那だと云って威張っている  所にいる  苦労をしている  夜延をしている  女の寝ている  江戸から来ている  思案にくれている  加減にやってはいる  ジッと見詰めている  名を知っている  ことが出来ないと思っている  婦人を喰っている  君独り寝ている  惚気など云っている  世帯を持っている  日を送りいる  贔屓になっている  姦通いてでもいる  らを遣っている  通り廿五両をやろうと思っている  お前を狙っている  お前を待っている  事を知っている  懐姙をしている  せんが宜しいと云っている  馬鹿を云っている  時は必ず待っている  詰懸けている  親爺がいる  事は知っている  ナニ疾うに盗賊にもう成っている  茶碗が転がっている  顕われている  これは逢っている  慥かに逢っている  いや逢っている  人相に出ている  屹度逢っている  フウム是は逢っている  から先刻から逢っている  姿になっている  皆こうなっている  宿屋に泊っている  昼寝でもしている  内にいる  供がいる  白翁堂は逢っている  何でも逢っている  白翁堂は同じく逢っている  度逢っている  國源次郎が隠れいる  土産物も取っている  心配がいる  外に聞いている  召使になっている  者に連添うている  支度をしている  斯うやらやっている  奉公している  誰がいる  身を隠している  念仏を唱えている  江戸表にいる  鉄砲を持って待っている  鉄砲を持っている  跡を追っかけて来たら殺そうと思って待っている  密通している  何だって動いている  時でも動いている  人が見ている  時だけに働いている  ことなら生きている  フランマリオンも信じている  国に住んでいる  学者の持っている  人間そのものが持っている  日向でぬくぬくとしている  大根を感じている  別居生活をしている  一生苦学している  道楽だといって片づけられている  自分でやっている  後にのこっている  前につくねんとしている  あくせくしている  三百六十五日洗濯ばかりしている  ものが出来るといいと始終考えている  カンゴク色だと云っている  みんな忘れてしまっている  背にくくりつけて働いている  生活は煩わしがっている  実現をもとめている  金が吸いこまれてしまっている  正業にしたがっている  案が示されている  政策で臨もうとしている  報告が示している  なかったのさ、と云っている  痛感している  ここに向けられている  結集している  もっともっと自分たちの置かれている  ために払わされている  づよいはずみというものが不足している  自分たちの求めている  無茶苦茶ぶりがわかりきっている  暴力で来ている  想像力に富んでいる  ことがわからないでいわれている  計量されている  抗議を感じている  実現しようとしている  ことを拒んでいる  今日行われている  うちに入れられている  理解しはじめている  ことがわかってきている  個性主義者がいる  自主性を守ろうとしはじめている  から成っている  喜びを語っている  心持ちに貫かれている  ものを認めている  滲透せられている  指摘せられている  根柢を欠いている  ことをさしている  解釈となっている  可能にせられている  姿をおのずからにして描き出している  水は、まるで生きている  意味で生きている  陸地をこわしている  まん中であばれている  水面に浮かんでいる  水に浮かんでいる  注意している  輪を描いている  底にできている  波長が短くなっている  そのまま立ち止まっている  ままに落ち着いている  ままでいる  類をもって集まっている  砂をかきまぜている  砂が絶えずおだてられている  空を映している  霞に棚引いている  一本道を辿っている  背中いっぱいに受けている  半分眠っている  筋肉が盛れ上っている  全体に架かっている  柱が立っている  足もとにかたまっている  右手にとまっている  人に馴れている  手にとまっている  鶯をつかんでいる  平馬が困ってもじもじしている  修業をしている  三年勝ち越されている  今年こそはと意気込んでいる  銷沈している  とおり敵に恐れられている  腰をかけて話している  大事にして飼っている  平馬がこう思っている  ものかといろいろ考えている  それを忘れている  仕合が近づくにつれて、殺気立っている  人の話し合っている  相談している  腕組みでもしている  ことを言っている  先に聞いている  気持でさわいでいる  鶯に戯れている  げに囁き合っている  紙をひろげようとしている  少女の持っている  月見橋の架かっている  集合している  さっきから相談がはずんでいる  朝夕つけ狙っている  拙者を狙っている  手をかけて探している  談合している  番人が立っている  平馬の愛している  一見貫徹している  一貫している  なつている  横はつている  無理をしてきている  家族はなんといっている  新聞に出ている  人が知っている  明日につくりたいと思っている  力が生きている  お父さんは生きている  嘲弄している  明言されている  声もきいている  墨つきで生きている  進行している  注射されている  注射を心づかないでいる  ドイツの迷っている  妨害によって歪められようとしている  基本的人権を失っている  歴史的本質をもっている  天皇がまっすぐに向っている  一番完成したといわれている  横這いをしている  ことを押し出している  ほんとうに満悦している  温存させようとしている  横這いと思わなくなっている  ところに、はっきりあらわれている  私どもに知らせている  ファシズムは生きている  問題があって、くれにさしかかっている  いまはいている  人に書こうとしている  条件ともたたかっている  文学が生まれようとしている  胸に鳴っている  希望によって書いている  平和擁護運動がおこっている  関心ではあり得なくなっている  愛好している  サークルにいる  小説を書きたいと思っている  いま小説を書きたいと思っている  ためにひらかれている  文学も生きている  前に坐っている  トップをきって売れている  生活環境を描いている  内容をよく知っている  からくりかえし云っている  権力をもっている  のだと思っている  文学を生み、またこれから生もうとしている  鼓動とともに高鳴っている  わたしたちが生きているとともに生きている  中にこめられている  必要としている  さかんにすすめられている  希望とをどっさりもっている  影響をもっている  目下小説を書いている  小品ばかりを書いている  ことははっきりしている  寄生している  文学的努力もこもっている  提起している  労働者生活とかいわれている  業績を重ねて来ている  頁をさいている  言葉が叫ばれている  不可能になって来ている  言葉をつたえている  事実をつたえている  提言している  禁止すべきではないとしている  温泉にはいる  整理されている  ことを持っている  戦争だとされている  ものだ、と信じている  作品にかかれている  中に植えこまれている  式にうけとられている  支配権力を養っている  奴隷的賃銀とされている  利潤をあげてきている  一つとして推している  ことだと思っている  考えをもっている  そのままもっている  瀕している  とき、まだとやかくいっている  心にひそんでいる  身にしみている  渦にまきこんでいる  下劣と認めている  一五〇〇万人とされている  安定している  戦争をけしかけている  半分より減っている  三三一億ルーブル増している  人自身によって云われている  ニュアンスを加えてきている  希望している  笑い悲しんでいる  何と云っている  拡大している  活動している  アメリカのもっている  一頭地をぬいている  学者が知っている  植民地的真似をしている  横行している  権力補強をはかっている  手のこんでいる  ことを、最もよく知っている  想像されている  ことを最ものぞんでいる  保証を得ようとしている  それにかかわっている  家庭が苦しんでいる  根を張っている  生活に困っている  権利をもっている  犯罪とされている  少年奴隷をもっている  注視をあびている  非難をあびている  思いを抱かせている  がっかりさせている  発言している  どこに向っている  太平洋同盟を云っている  のは、根づよくのこっている  多くさらされている  国際的に見られている  出席している  むるがごとくしてすべての谷は静まりかえっている  林のごとく立ち、いりえをみたしている  教えが起ころうとしている  融合している  光を受けてあかるくかがやいている  遠く旅にありと思っている  夕陽に紅く照りはえている  寒ざむとしている  電灯の連なっている  威圧している  倹約をもっぱらにしている  君は知っている  兵を強くさせている  庭と呼ばれている  街を歩いている  炎天に曝されている  納っている  眼から血が出ている  水道が出ている  全裸体でいる  あちこちしている  頁をまくれて落ちている  床を塞いでいる  建物が残っている  上に投出している  道路に出ている  泣喚いている  息が烈しく吹きまくっている  上に頑張っている  肢体を投出して蹲っている  顔は、見ている  電柱の残っている  自分が生きながらえている  己が生きている  火が燃えている  喚叫している  一様にやられている  玉葱を拾っている  シャツも引裂かれている  子供のことを案じている  ごとを持っている  女であるしるしを残している  負傷者が控えている  無言で結びつけている  立昇っている  お湯を呑んでいる  粒々で出来上っている  刈上げられている  髪が焼きとられている  水を呑み耽っている  ぎとられるほど痛いと訴えている  河原にとり残されている  方はまだ熾んに燃えている  合唱している  走り廻っている  それに絡んでいる  不思議にはっきりと残っている  耳底に残っている  兵隊は、余程ひどく傷ついている  壊れものを運んでいる  ままで焼け残っている  爪跡が印されている  水道がちょろちょろ出ている  保護されている  対面している  一時間位は待たされている  きれぎれに訴えている  ごろごろしている  上にひょこひょこ動いている  めちゃくちゃになっている  私達の寝転んでいる  水を求めては呻いている  うつ伏せになっている  今はこときれている  大分馴らされている  人はそわそわ歩いている  みんなほとほと弱っている  バンドを締めている  そこから液体が流れている  ものに置換えられている  リズムを含んでいる  転倒している  外郭だけ残っている  死臭に満ちている  郊外に出ても崩れている  ガラス窓がひどく壊れている  妻の勤めている  斃れている  伏せになっている  漬っている  河岸に懸っている  儘硬直している  全滅している  犬とがいる  ほかにもいる  ことを聞いている  舟がかりをしている  吻を開けたり閉じたりしてたすけを求めている  大風が吹いて乗っている  岸へ這いあがっている  故を知らして、そのうえ飢えている  辛抱している  庭にいる  索を持っている  それを精しく知っている  舟で通っている  方へ往こうとしている  前に満ちている  彼方に浮んでいる  艪を操っている  急務に追われている  玉を綴っている  微風にゆすぶっている  心持にはならずにいる  そうに輝っている  引掛っている  跡がついている  思案している  飜っている  一人でおとなしく黙っている  舟底枕がひっくり返っている  凉んでいる  ようにじっとしている  屋根を歩いている  凉しく動いている  帯を締めている  ように下っている  熊笹のしげっている  がさがさ動いている  あそこに動いている  子供がいる  根本ががさがさ動いている  仕事をもっている  いつまでもかかわりあっている  管轄になっている  行方不明になっている  大騒ぎをしている  家が並んでいる  熟睡している  世話をしてくれている  みんな気にしてああして起きてきている  カフェにいる  玄関にうなだれている  瓦斯で焼かれている  顔をよく憶えている  間に罹っている  横丁に歩いている  病的に削られている  影とが、縺れあっている  僕は、いいい生きている  熱心に尋ねている  呻っている  あたりについている  身体に繋っている  唇が動いている  地面にのびている  夢をみている  斜になげかけている  濠ちかくまで来ている  戸を締めている  カフェをやっている  戸が閉まっている  わけで、起きている  形勢を窺っている  私達の探している  登り坂となっている  ことができないで、徒にあえいでいる  間から窺っている  身姿をしている  髯を生やしている  そうに光っている  明りがついている  こっちを向いて坐っている  莫迦をいいなさい生きている  何事かを考えている  身体は、もう亡くなっている  ために使っている  魂が乗り移っている  場慣れている  室にかかっている  発生している  ことを教えられている  舫っている  ところで止っている  私に聴かせている  心に聞かせている  怪青年が隠れている  壁体だし、開いている  私はもう死んでいる  行く末をいろいろと思い煩っている  意識しないでいる  閉籠っている  杭州に建っている  人間が立っている  お前達がよく見えている  身体を撫でている  連っている  うっかりしている  気をつけている  附着している  痔疾は、かなりひどくなっている  清掃を命じている  眉を顰めている  両脚を抑えつけている  ガーゼを絞っている  脚を抑えている  煙草を噛んでいる  モールス符号をうっている  これが生きている  しかし、どうせ死んでいる  無聊に困っている  湖面がキラキラと光っている  部屋中いっぱいにさしこんでいる  いくつも点いている  喊声があがっている  ように溢れている  ように動いている  巨富を擁している  国籍をもっている  追懐に充ちている  ごとに涙ぐんでいる  今新しく読みかえしている  影を失いかかっている  印象を鈍らされている  徹しようとしている  感謝を現わすに適している  頭が乱れている  横面黒像を映している  そこに掛かっている  まりうまくできている  フラフラしている  高等学校で教えている  ものが隠されている  点については、最も憎んでいる  世間から認められている  とくに考えている  愛が渦巻いている  征服を目ざしている  通用している  イデエから出ている  同情とがのぞいている  経路を示している  平等に行きわたろうとしている  問題として取り扱われている  対決を迫られている  平等に憎んでいる  暗示している  前提をなしている  辛辣をきわめている  憐れみいたわっている  気分が現われている  胸を噛んでいる  悲劇が描かれている  悲劇を描いている  十分現われている  明らかに現われている  快事が生きている  消息を語っている  人格に引きつけられている  服属せしめられている  いのちに従って並べられている  中に現われている  多分に含まれている  印象に残っている  物置きなら明いている  定評になっている  葉掘りうるさく聞いている  窓から見ている  正座している  昼寝している  大学へはいる  ほうがえらいと思っている  挨拶を送っている  講演になって現われている  一つとして現われている  ねずみ色になっている  二寸もはみ出している  研究をしている  飛行している  リアルに描かれている  相対している  背景となって隠れている  親兄弟は黙って見ている  内室にいる  者はおそれまどうている  酒盛が終ったので帰ろうとしている  女のいる  一通ばかりいる  一人でぶらぶらしている  臂にはめている  女が来て寝ている  河を渡っている  半通だけが遺っている  ことになって、働いている  書籍をもっている  百余冊にのぼっている  学徒まで含まれている  一歩を進めようとしている  目的をもっている  二万近くになっている  十万枚を繰り込んでいる  発送している  月刊で出している  地図もふくまれている  国立国会図書館法は命じている  偉観となっている  しか自分はすぎない、と思っている  肩に荷なっている  日々を費やしている  願いにすがりついている  ハードルに向かって、まっすぐに走っている  追い込みに入れている  雛を見ている  手を乗せてしゃがんでいる  あとからはいってきて、ただしれしれと笑っている  死児をあたためようとしている  ことなしに、よろしく頼むといってはいる  花のごとく美しく寝ている  横顔に伏している  床に横たえている  寝顔につくづく見いっている  ように説いている  子どもたちはどうしている  そこらに遊んでいる  平行している  水ゆえ深いとも知らずに、はいる  藻が少しく乱れている  うつぶしている  私のいる  一分の暇もなしに働きつづけている  課題が待っている  調査業務が課せられている  二十五ヵ年計画で進められている  一つとなっている  事業をやっている  人々は動いている  意を強くしている  ことにしている  活動に入ってきている  巨大になりすぎている  仕事をも承わっている  威力だと思っている  中央でこんなに働きつづけている  ことができ、また読んでいる  みずからを慰めている  黄塵の如く拡がっている  フランス語でしゃべっている  群落をなしている  場所を占めている  保存されている  信者を持っている  名が残っている  遺跡として残っている  移動している  者は生きている  構成している  居住している  皆頭を剃りこくっている  理由だとされている  純粋もよく保たれている  カイロにもいる  制限されている  少数交っている  中心力となっている  ニル上流地方に多く住んでいる  定住している  興亡にも触れている  炬火競走が始まろうとしている  簇生している  今一つ残っている  目を閉じている  程度を甚だしく越えている  接近している  渋滞している  対峙している  国境を流れている  足どりで歩いている  下にかくしている  光沢を放っている  曲線を描いている  ように思いこんでいる  国内で作られている  化粧品をこしらえている  ものをかえりみている  余喘を保っている  欠乏している  顔をしかめている  ボンヤリしている  がんでいる  毛布を丸めている  身なりをしている  恐怖している  警戒兵たちがいまいましがっている  ただ一カ所密売買をやっている  ブルジョアが控えている  だって警戒兵はいる  兵タイのいる  村に住んでいる  歩きッぷりで歩いている  銭を持っている  何だってやっている  ために働いている  本をかかえて歩いている  虱のいる  倉庫に休んでいる  そうにもれ上がっている  ものを持ちこんでいる  どこにどうしてかくしている  気を許している  油断をしている  人々は、既に、知っている  何ものかを語らんとしている  真相を考えようとしている  市街に住まっている  家並びを見ている  保存したく思っている  ように、小さく青く円くなっている  きらびやかに匂っている  血が通っている  緑である、見つめている  食欲色欲ばかりで生きている  ウロツイている  血が染みている  形さえ異っている  ハイハイといっている  俟っている  心を浸され、ひざまずいている  方法に従っている  これは、きずついている  息のつまっている  変容させている  私みずからよく心得ている  抑圧されている  のを感じている  今も生き残っている  今生きている  人々から遠ざかっている  かげが宿っている  所有ではなくなっている  窒息して死にかかっている  中に戦われている  友を呼んでいる  同胞らが悩まされている  人々と共にいる  哀願している  上のよりもやや突き出ている  モーシェレスがいっている  人と話している  一八二五年にいっている  眼が示している  往来を歩いている  ピアノに向かっている  圧倒されている  酒に酔っぱらっている  病気に罹っている  証明している  魂に似ている  力をもって浸している  水を泳いでいる  根を浸している  身を差し出している  影絵が浮き出ている  判然と見えている  姿をかなり良く示している  野心的情熱に噛まれている  眼つきをしている  自覚している  力を信じている  ゲーリンクのいっている  困窮している  先でこういっている  不幸になっている  期待してはいる  惨めに生きている  ことを避けている  僕に残されている  作品にあらわれている  笑い声を立てている  痕跡を留めている  それらが無くなっている  追憶が沁み込んでいる  民謡から来ている  心地に充ちている  ヴェーゲラーはいっている  ベートーヴェンは赦さなかったといわれている  確言している  僕を愛している  人を愛している  僕は持っている  ために弱っている  それを告げている  表示が書かれている  今ほど強まっている  予感している  ものを知らずに暮らしている  宣叙調の付いている  幸福でありたいと望んでいる  快癒をのぞんでいる  愛を望んでいる  希望に溢れている  ザイフリートがいっている  シンドラーはいっている  反映に彩られている  それと気づかずして現われている  非常に似通っている  土地を見おろしている  心が高められている  ように感じている  路に咲いている  薫りをとらえて漂わせている  中で広く知られかつ好まれている  他人の気に入りたがっている  他人の気に入っている  意識している  恋愛に負うている  さを示している  あなたに伝え得ないほど満ち溢れている  私と共にいる  貴方を慕っている  あなたに逢わずに生きている  原因が、愛し合っている  性格を持っている  中に書いている  ために残されている  今彼に残っている  一八一二年七月十七日に書いている  手紙にこう書いている  はるかに先んじて歩いている  考えが誤っている  ベートーヴェン自身が物語っている  人間群から抜きん出ている  雑沓している  方に立っている  ボタンをはずしている  素地が現われている  実力に酔っている  描写しようとしたと書いている  力が現われている  気まぐれとに溶け合っている  姿を良く伝えている  支配している  音楽について知っている  フランス語訳している  力を入れている  それが現われている  彼らはいっている  指揮棒に従って進んでいる  座席から立ち上がっている  ピアノを弾いている  静かに弾いている  生気づけている  力をこめている  フォン・ブルンスヴィックはいっている  ニートがいっている  ベートーヴェンは書いている  乞食をしなければならないほどになっている  さらにいっている  シュポールのいっている  穴があいている  借金をしている  彼は書いている  人間から見捨てられている  わしらを結んでいる  人間になっている  目をごまかしている  あらわに示されている  確証している  彼はいっている  眼を見つめている  花が咲き出ようとして輝いている  あなたに向けられている  影法師にしか過ぎなくなっている  念に打たれている  あなたからこそ待ち望んでいる  翳に充ちている  ことを証拠立てている  ベートーヴェンは勝っている  悩み戦っている  心が悲しめられている  歌をひいて、泣いている  神を感じている  作をたびたび聴いている  一日に似ている  さわやかに澄んでいる  希望を保ちつづけている  膨脹している  ズボンとを着けている  ミュラー博士はいっている  上に築かれている  僕が幾らかでも持っている  一八〇一年頃リースに宛てて書いている  同盟している  われわれは知っている  どこかでいっている  からベートーヴェンがした書き抜きが集まっている  弁護している  聴覚を失っている  人々に示している  制御している  メンデルスゾーンは書いている  関係を取り扱っている  精妙に取り扱われている  事実を含んでいる  ロランが示している  すべてがいいつくされている  ものとなっている  不運だといっている  人々に立ち交じって歩いている  恋し合っている  自分に向かって呼びかけている  放逐されている  脇にいる  音を聴いている  歌を聴いている  覚悟はできている  以前から私は赦している  芸術に負うている  徳性に負うている  記入が忘れられている  歌声とささやきで編み上げられている  消滅している  本筋へはいる  横眼で眺めている  ものもなく死にかけている  壺をつくっている  そばを歩いている  つもりでいる  君がやっている  伊良よりもよく知っている  かけらにまじりこんでいる  死ぬのを待っている  ことだと考えている  それを知っている  つもりでかかっている  機を織っている  巧みに飛交うている  綺麗に咲いている  キット釣上っている  面に似ている  一直線に眺めている  障子を開けて坐っている  通越している  詩をうたっている  按摩笛が吹かれている  僕にははっきり判っている  不幸に暮らしている  方はほとんど良くなっている  望みをかけている  心配から免れている  僕は大いに慰められている  生きることを余儀なくさせられている  確信している  ため鼓動している  あれを書き直している  君を心から愛している  こころに生きている  僕はいっている  前よりは幾らかよくなっている  はずになっている  窮している  君も知っている  病気がまたしても昂じている  耳はやはりよくない、むしろ悪くなっている  煎じぐすりだけをくれている  場所をすっかり避けている  今ここに来ている  僕らは逢っている  御無沙汰をしている  一本も受け取らないでいる  楽譜ばかり書いて暮らしている  今僕がやっている  発泡膏を貼っている  たまに摂っている  医者は知っている  実験をやっている  僕は取り返している  ことも多くなっている  僕は感じている  増進している  日ごとに近寄っている  君が黙っている  好きになっている  彼の望んでいる  鉤を持っている  性質を承けている  ことを何より好んでいる  勉強をしている  所に住んでいる  地位とを持っている  部屋へはいる  ことを絶えず生き生きと思い出している  ヴィーンにいる  喜びを持っている  皆健康に暮らしている  友人間においては最も愛し合っている  返事を書いている  僕を知ってくれている  僕はすっかり憶えている  床についている  女神を眠らせている  心に期している  衰弱しすぎている  我慢して考えている  のだが、しかし弱り過ぎている  幾つも新しく現われている  意志に服している  ことだけを祈っている  かもが生きている  材料は生きている  これだけと、決っている  工夫がいる  貝を使っている  重宝がっている  味をこわしている  使用している  評判になってはいる  経験をもっている  ものだか分っている  私の考えている  寸分違わないと思っている  ものごとを扱っている  人々がひきずっている  中に持っている  口授している  君は思っている  望みまた感じている  中までも入り込んで遠く拡がっている  疾駆している  生涯を見ている  ものとして出て来ている  態度になっている  キリスト教を捨てている  中にまでにじみこんでいる  から区別している  一本になっている  実感を持っている  絵を生きている  彼は生きている  セッセと描いている  筆を従わせている  血脈を引いている  今日に至っている  現在も描いている  机に坐っている  絵具をいじっている  道などを歩いている  絵を貫いている  一部になってしまっている  絵を永く見ている  絵そのものが少し狂っている  変色している  少年時代からゴッホに動かされて来ている  原稿紙ののっている  所を書いている  チャンと書けている  人ではなかったろうかと思っている  親近感を懐いている  これほど忘れてしまっている  雑誌を見ている  懸賞募集している  まさかと思っている  絵がのっている  びっくりしている  ように覚えている  絵をじっと見ている  絵を見ている  実在している  なかに感じられている  従事している  不安をよびさましている  気持にもさせられている  解釈を下されて来ている  底では知っている  なかに描き出されている  なかで、変らずにいる  古典をよんで来ている  大切なことになって来ている  声がひそめられている  なかに与えている  先端を消している  余よりもよく知っている  攪乱させている  獣のように倒れている  めんとしている  原文が残っている  そこへすっかりはいり込んで来ている  渦の流れている  それを包んでいる  息をはずませている  展開させている  しるしを帯びている  上に建てられている  血族関係を持っている  帰結しようと望むに至っている  しるしづけている  凝視している  変形されている  発見によって示されている  言葉で書いている  性格について知っている  沸騰している  圧搾されている  芸術的傑作だと思っている  事実そこへ通じている  ことを感づいている  それをいっている  調子を持っている  日記が含まれている  提示されている  彼の戦っている  者がやっている  浄化されている  勝利を表わしている  芸術と呼ばれている  言葉だとして告げている  ベートーヴェンに負うている  獲得している  感情が描かれている  要求している  部屋に置いている  概念を超えている  欲望から解脱している  現在している  一切事物を保っている  知しがたくひろがっている  抜き書きが織り込まれている  表に挙げられている  多数複製せられている  中に挙げられている  中は、ざわめいている  夜が明けている  様を見ている  苦笑している  うちで遊んでいる  尊敬におびえている  誰か見ている  右を向いている  花は、わかっている  左を向いている  朝を、知っている  問ひとつに尽きている  中から湧いて出ている  条件に適っている  孤島に流されている  文才も愛している  独りでこっそり書いている  マルヴィーダは書いている  結合している  権威を認めている  精神で生きている  部分から成っている  後に残っている  題が付いている  徹底的に取り扱われている  本質的教示を含んでいる  日々へ編み込まれている  私は持っている  性質を示している  密着している  二つの階梯をつくっている  記録している  自足している  ロマン・ロランはいっている  作品を見ている  規定している  参与している  適合させつつ包んでいる  指示している  人間が常に生きている  心臓に眠っている  息を吸い込んでいる  調和を吸い込んでいる  芸術としている  草している  兎を愛している  影響を与えている  ほどおしろいをつけている  質的変化が行われている  見物してあるいている  質的にすぐれている  古典を読んでいる  自負している  香気たかくしみ出ている  生活を吸いとって、てかてか黒く光っている  息をしている  烙きついている  冠が誇らしくこびりついている  焔に焼かれている  ためにあえいでいる  石をささげている  いつのまにか核実にまで及んでいる  貫ぬかれてはいる  そうに働いている  風格を持っている  鯰によく似ている  大物がいる  奴が棲んでいる  室に引き籠っている  冠をかむっている  道化ている  狸公に似ている  二本髭を蓄えている  鯰がいる  下に長く生えている  風貌によく似ている  昔を偲んでいる  六百万粒ほど入っている  数を持っている  一杯になるといわれている  双璧であるといわれている  芸術と言っている  奥にしまっている  気品さえ出ている  畏敬している  名はなくもがなと思っている  新しい時代に属している  勇気とを持っている  背後を走っている  おしまいまで、見ている  言葉を吐き、吐きためている  独りでいる  のだと信じている  みんなが、わかってしまっている  挨拶を交している  二つ三つ掛けている  充分にたのしく救われている  私の持っている  足を踏みいれている  配慮を信じている  施療病室にいる  部署についている  労働者街にも溢れている  プロレタリアの均しく背負っている  上にかかっている  殊に父に負ぶさっている  鉛色をしている  近頃だんだんに分かりかけて来ている  疑問を起こしている  排泄してしまっている  何もしないで、じっとしている  人間を笑っている  放棄している  容子を伺おうと思っている  調子が悪いのでぽかんと立っている  情を起している  家が富んでいる  魅いられている  魂魄を納めている  非常に尽してくれている  日ましに厚くなっている  間になっている  傍にいる  皆が驚いている  唄などについて評している  死を望んでいる  永遠に仕事している  様子をしている  コネリイ・モルの治めている  鏡を眠っている  お前が言おうとしている  もとになっている  今こうやっている  必要があったらば、焼けている  後見している  隣接している  声も立てず苦しんでいる  しろに聴いている  下に黙している  気を失っている  人は知っている  血のかよっている  彼等が叫んでいる  二つの白くひかっている  かたちに浮き出している  コルマックの子を持っている  砦が立っている  から彼女を憎んでいる  私は待っている  コンリナスと呼ばれている  コンリナスがいる  しろ側にいる  琴手自身が弾いている  影が躍りはねている  如くであったと云われている  事を議している  趣味になっている  今日使われている  価をしている  三十円になりしている  相場がついている  的を目指してやっている  これを目指していっている  内容を持っている  仏画に表われている  出品している  特選になっている  紹介している  芸術家扱いしている  なにしている  芸術家だといっている  的を狙っている  芸術を知っている  これを狙っている  みな狙っている  これを知っている  みなずっと知っている  方にいる  初めから違っている  両方に跨いでいる  足をかけている  文芸の生まれている  ものが生まれている  青磁が生まれている  色を持っている  色をしている  方をいっている  認識している  のだと認めている  ことだと思われている  書が書けている  風采をしている  大分足をかけている  足がかかっている  芸術的にはわずかに触れている  私は見ている  あなたに感謝している  トントントントンとそう云っている  本所錦糸堀でひたひたと並んでいる  俯向いている  千切れている  初め集まっている  彼方を歩いている  武士は穿いている  そこに広々と立っている  地理には慣れている  往来も通っている  道場屋敷の建っている  箝まっている  風にたなびかしている  家内一同眠っている  染め物店にはなっている  展望が開けている  河床を通っている  埃をあびている  包蔵している  地域拡大が考えられている  主眼となっている  背を伸している  殿堂が聳えている  公園地帯をめぐらしている  堂宇が聳えている  勢威を保ち続けている  なかでなされている  楽しい散歩場所が開かれている  椅子とが並んでいる  鷺が群れている  周辺にそよいでいる  相貌を示している  豊富に並んでいる  世界一のものと云われている  静かな生活を送っている  信念が横たわっている  眼を輝かしている  珠山が聳えている  先にのっかっている  工場地帯を控えている  一律に守られている  民族資本のねている  民族資本がねている  野にひそんでいる  北京にひそんでいる  三四十人はいる  話をきいている  ペスが、歩いてきたか、知っている  中では、わかっている  言葉に、あらわしたらいいかと、惑っている  不人情をうらんでいる  自転車の走っている  ペスがいる  私自身がすでによく知りぬいている  無意識的に待ちかまえられている  毎日顔をつき合わしている  自分の持っている  からもきている  自分にもよく分っている  半ば隠れている  着物をきている  身を置いている  食卓をはさんで坐っている  彼女は考えこんでいる  つもりでもいる  唇を少し歪めている  指先でぐるりぐるり動かしている  丈単純にしている  中から失っている  先へ行ってしまっている  ように売れている  一年にかけている  娘さんがまじって、もまれている  あちこちにのこっている  種がひそんでいる  意味での、のぞんでいる  一番希望されている  子供達が住んでいる  町にのぞんでいる  父がいればよい、と思っている  協力して、住んでいる  被選挙権をもっている  動きもおこっても来ている  ために生れている  自由がめざしている  ことは、わかりきっている  私達の生きている  地域を示している  影を落している  事は出来まいと考えている  生活を美しく、人間らしくしたいと願っている  指導している  支援している  解放がねがわれている  前進している  手段となって来ている  ことだと思ったりしている  人生がおかれている  歳費を支払われている  道具だてばかりにこだわっている  さにわずらわされている  文句を云っている  体当りでやって行きたいと思っている  いま公判がひらかれている  流布されている  とおりに書いている  雰囲気をそのままとり戻している  安定がうばわれている  空気をかもしている  日々を営んでいる  われから隷属に屈している  冷静につきつめて、と答えている  危険をふくんでいる  ようにいっている  ために、書かれている  事実を語っている  立場をもっている  身に刻まれている  流れで語られている  臆測されている  ように語られている  クライマックスとなっている  あとはきりすてている  さまは描かれている  ことがさけられている  全身にみなぎらしている  みんなきってすてている  原因となっている  性格をそなえている  人々の抱いている  唾棄されている  ところにつとめている  人々が住んでいる  不安もなく暮している  妻にもたらしている  さをもって叫ばれている  あきらかにされている  日夜顔をあわせている  仕方がない、売るなら高く売ろうと思いましたと語っている  題でかいている  知識がいる  街などを歩いている  毎日探偵小説を読んでいる  ダイヤモンドの入っている  のが入っている  叔父さん一人知っている  研究を行っている  苦心している  あいている  からできている  五つ以下から成っている  それを気づかずにいる  記事のついている  ことを、よく知っている  こまどりがとまって鳴いている  熱心に歌っている  日輪の輝いている  雲が早く走っている  日輪のいる  岸辺に打ち寄せて眠っている  こまどりを探している  太陽の輝いている  つばめのいる  ヘヤーピンを差出している  人影が動いている  室が並んでいる  むきに、すやすや眠っている  洗面所となっている  娘はまだ眠っている  パイプがつまっている  ピースを吸っている  磨滅している  汽車から降りて困っている  ように困っている  のでもなく、黙っている  家に働いている  再婚して住んでいる  空家みたいになっている  痼疾になやんでいる  委員会に出かけている  一家が住んでいる  方はひっそりしている  中に動いている  身を固くしている  眼の光りで、じっと見ている  両手を握り合している  顔に返っている  ものだろうと思って、見るともなしに見ている  それがすこしずつ動いている  石の動いている  廻転している  野蛮性を見るべきであるかを予め知っている  優越点を持っている  ここに現れている  ここにかくされている  おしをもって語られている  心を深く傷ましめている  切望されている  叮嚀に調べている  下宿を続けている  自由に働き得ると考えている  伝聞している  勢よく跳ねている  鬣を乱している  僕の起きている  君の寝ている  四谷にいる  寒い顔をしている  伝染している  黒木軍についている  所へ行っている  大変詳しく調べている  刻になっている  再興している  君ブローアムは知っている  苦にしている  後悔している  者をすかしている  夜が更けている  充分死ぬ資格を具えている  のは、ことによると死にに立っている  往来へ差し出ている  坂を蔽うている  瓦斯灯ではないかと思って見ている  何だろうと見ている  言葉とは似ている  暫時睨み合っている  先方も少しは落ついている  僕もよく知っている  丸みを帯びている  沈痛ならしめている  耳を出している  吠を引き去ると動いている  今出るかと考えている  影が動いている  から動いている  あれが祟っている  から綿が出懸っている  二枚も重ねて掛けている  汗で湿っている  火を持って立っている  茫然と立っている  痞えている  門は開いている  細根大根を切っている  長火鉢を拭いている  何だか驚いている  自分の言っている  髭が生えている  奥に寝ている  ようにしたいと思っている  ものでもないにはきまっている  タウエルを畳みながら笑っている  答弁は少々漠然としている  廻転させている  煙に捲かれている  ニューと出している  源兵衛村をのそのそしている  奇術が現に伝っている  例として載っている  世話をやいている  何か言っている  事か分らない、見ている  ラテン化している  黒板へ書いている  術を心得ている  自分のものにしてしまっている  神経を痛めている  一緒に騒いでいる  教室全体に漂っている  見聞している  カイザーに呼ばれている  占有している  咽喉を扼している  中に交じっている  何でも実によく知っている  われわれでも知っている  敬意を表している  濃厚に色づけられている  上に遊んでいる  荷物に腰かけている  公園にはいる  殆ど没している  うそに決まっている  日本人から見ればやはり互いに似ている  コレーから来ている  頭部に似ている  オクルが似ている  serditiもやはりいくらか似ている  rabere=torageに似ている  pandocheionでいくらか似ている  orでも少しは似ている  snaatiと似ている  nahoに似ている  因果関係はわからなくても似ている  アキとは少し似ている  どこか似ている  moundに似ている  malaiに少し似ている  毎回断っている  諸語と似ている  川nadiに似ている  伊尾木川とが並んでいる  語から来ている  意に使われている  意にも使われている  雨戸がくられている  土産物やらしく並べたてられている  人が、へこたれている  長崎を描いている  射出している  軒燈がついている  眺望がひらけている  先発している  何人もかたまって遊んでいる  石段が見えている  小道にしげっている  隅にかたまっておひるをたべている  一心で、住んでいる  お百度をふんでいる  幾百段をのぼって来ている  計算に入れている  気運が、そこで開かれている  表現されている  琴平も面白いと思っている  栗ぜんざいに、いくらか興じてもいる  徹底している  自由平等と重ねてかかれている  評判に成っている  九年位提げている  巷に送っている  会社などに埋れている  ところに縛られている  思い疲れている  ように成っている  友達を見ると、実に、驚くほど変っている  若いつもりでいる  店頭には立て素見している  前に立って見渡している  品切に成っている  活気に溢れている  ものに代ろうとしている  郊外生活を夢みている  二人の腰掛けている  五分刈にしている  君、進んでいる  夢を貪っている  ように進んでいる  新しい時代が来ている  熾んに燃えている  新に興そうとも思っている  新聞をやって見ようとも思っている  ことも考えている  希望を抱いている  雪が残っている  音を繰りかえしている  そばに坐している  手紙を書いている  封に書いている  泥装束を脱いでいる  若手のいる  立ち淀んでいる  十七士のいる  ゆうべから見覚えている  金網のかかっている  讚美でもちきっている  層にほど強く浸みとおっている  取扱いをしている  蔭に立っている  佇立んでいる  気ぶりはなく、いつも濡れている  品よく見せてはいる  芝居町でもうろついている  ように案じている  優遇を尽してくれている  俺は生きている  火屋がはいっている  眼をしばたたいている  重恩をうけている  殊勲だと聞いている  性格そのものだと聞いている  剛気がかくれている  白眼で見ている  入用はきまっている  酒が出ている  ニコニコしている  尻が突き出ている  身を寄せている  鐙へ、ひしと、しがみついている  中にまで沁みこんでいる  肩から胸に垂れている  すずやかにならんでいる  眼に、そうして、平然といる  眼を向けている  そばに、駈けている  大うねりにのたくっている  名をひびかしている  建物がとりかこんでいる  歓びにあふれている  土はもうぽくぽくになっている  ぬかるみをこしらえている  力づよい群像で飾られている  夜空を燃している  河面へとけ込んでいる  色とりどりにチラつかせている  撮影している  イルミネーションのとけ込んでいる  辺だけ小さく漕いでいる  湯沸しが立っている  あたりは小ざっぱりしている  しずかに這いまわっている  金物屋から姿を消している  ヤカンをもっている  五十七ルーブリ貰っている  払底している  皺をひっぱっている  ベンチにいる  記念像がたっている  草花が植えこまれている  トマト売が出ている  葡萄売も出ている  ギター合奏を流している  なかでは、いる、いる  膝があいている  増殖している  完全に与えられている  壁にチラチラしている  葉っぱを引っぱっては食っている  二時間そうやって寝ている  バリトーンをやっている  吸収している  掃除している  うち克ちつつ学んでいる  六位を占めている  そうにかじっている  心をふかく、つよく掴んで揺っている  寝たきりでいる  三尺だけひらいている  生存そのものをさえおびやかしている  中に眠っている  全身をみたしている  母性を護っている  五ヵ月以上になっている  嬰児をもっている  労働婦人のいる  決定している  義務をもっている  夫に示している  防止に役立てられている  基礎に立っている  そこに眠っている  予定している  当を得ている  穴から釣糸を垂れている  スケートしている  仕事をやっている  今芸術座が上演している  いま赤色をはられている  生産に従っている  匂いかけている  楽に坐っている  ことを教えている  セラフィモヴィッチなんか読まれている  全然機械的に見ている  ものみたいに扱われている  現実をまるでゆがめている  ラジオ組立てで遊んでいる  本をあさっている  から落付いている  芽をふきかけている  配列されている  図書館にいる  通行人を浮きあがらしている  熱心にかためようと働いている  姿を現している  時代に移っている  住宅近く配置されている  特別関心をはらっている  分離されている  ことを望んでいる  紫外光線ガラスではられている  航行している  シェルブール港にはいる  大群がおよいでいる  遠方におよいでいる  海面をにらんでいる  水面からピョンピョンはねあがっている  メリー号がそなえている  色がかわっている  サケのむれがおよいでいる  用意している  サケがおよいでいる  競走している  進路をとっておよいでいる  歯を見せてほえている  海を見ている  秘密がかくされている  予想している  テーブルについている  浮標にはいっている  名までハッキリついている  心臓がたいへん弱っている  捜査にしたがっている  ものが浮いている  波浪にあらわれている  かっこうをしている  なにしろ洋上は荒れている  ブツブツゆらいでいる  三千夫少年の寝ている  名のついている  海上を引かれている  どっちがあたっている  グルグル渦を巻いている  血でいたいたしくそまっている  航海している  音はしている  上を走っている  海へはいりたいといっている  マルラの冷えきったブルブルふるえている  目が見えなくなっている  機関をかろうじてあやつっている  眼が見えないといってさわいでいる  ろうばいしている  臭気がただよっていて、じつにへいこうしている  海霧につつまれている  ふたりで、ちえをしぼっている  うちしている  いま船橋に立っている  意外に思っている  鳥がとんでいる  たしかにスクリューがまわっている  ジッととまっている  地点にいる  船橋にいる  一ぱいついている  そこらをうろうろしている  難所にとじこめられている  地点にきている  スクリューはまわっている  上にか浮かんでいる  メリー号がはまりこんでいる  さっきからウロウロしている  ものをあげている  エンジンの焼けている  やけどをしている  海にすんでいる  怪獣のすんでいる  首をしめている  なかにしている  メリー号に乗り組んでいる  全員が持っている  敵はどのけんとうにいる  やり場にこまっている  みんなくさっている  光景を見下ろしている  皆がニコニコしている  胸に秘めている  つり糸をたれている  者がいる  料理をしている  そばに立っている  さいている  乗組員はまだ生きている  それからのがれようとくわだてている  れつして動いている  中をしきりにのぞいている  船橋に立っている  二つ、ぐるぐるまわっている  生物がすんでいる  下にすんでいる  海底生物のいる  発射されている  崩壊がおこなわれている  下にうごめいている  間にとりかわされている  方を、そっとうかがっている  目玉がひかっている  派遣されている  全部死にたえたにきまっている  どこでどうしている  海賊船にとらえられている  ぐみをして考えこんでいる  感心し、かつ、あきれている  ルゾン号にいる  飛行機にのっている  変だと思っている  スミス警部がよんでいる  ぼくたちをしきりになだめている  海賊船にきまっている  炸裂をつづけている  甲板でひしめきあっている  海面下から出ている  武器をもっている  むらさきの光りが出ている  爆弾をさけている  なにをやっている  方にちらちらとおどかしをこころみている  はいやに落ち着いている  メリー号の沈んでいる  活躍などについて、くわしく知っている  超人族がすんでいる  海底超人族のすんでいる  いま噴火孔上に立っている  附近にいる  不自由をしている  災害にあっている  ボーイたちにさけばせている  静かにしている  今出あっている  そこに、つったっている  浮きドックにはいっている  ところへ来ている  かえるのを待っている  どっちでもなくて、やっぱり生きている  口ほどあわてている  場所へ来ている  ところにとじこめられている  しろ向きになっている  物をいっている  なにをいっている  そこらに落ちている  ちゃんと生きている  不安にとざされている  ゆらゆらとゆれている  クーパーたちの立てこもっている  怪物がのっている  手をとりあっている  クーパーのまもっている  ピストルをのぞきこんでいる  眼をねらっている  上にのっている  怪物がうようようごめいている  怪物群にかつぎあげられている  ように晴れている  海底にすんでいる  放送している  ちゃんとあたっている  スミス警部の属している  海賊潜水艦があばれている  海賊説をとっている  大人気者となって、はりきっている  しずかになぶっている  あたりへさしかかっている  海図をのぞきこんでいる  海面をしきりにさがしている  波をたてている  海賊艇とよんでにくんでいる  棒立ちになっている  及び腰になっている  信号している  ルゾン号を呼んでいる  エバン船長はしきりにとめている  ピントをあわせている  信号におどろいている  ことをいってきている  船長は、日ごろににあわず、あわてている  自分のいっている  ことにおどろいている  メリー号にいる  ルゾン号にのこっている  ちゃんと筋道が立っている  ともをしている  手まわり品がはいっている  ままになっている  宙をとんでいる  たしかに宙をふわふわと飛んでいる  展開されている  クーパーをとりまいている  方をじろじろ見つめている  なかで、かれほど、しっかりしている  ところにひかえている  がやがやといっている  何をいっている  怪物たちのいっている  耳にはいる  嘲笑されている  わたしが申している  悪口をいっている  悪たれ口をたたいている  それはしかっている  事務長をつとめている  監禁している  メリー号をあずかっている  尋問されている  いま見ている  空中を飛んでいる  あなたがたがこうして住んでいる  上に高くつきだしている  クーパーがしゃべっている  方がすっかりおさきにやっている  感歎申し上げている  旅行をほめている  方を見ている  動物が、うじゃうじゃかたまっている  洋上をただよっている  空気をすって生きている  かなたに立っている  者もいくらかいる  幾人か殺している  たくさん集まっている  説明したくないと思っている  形をしている  外装をととのえている  ところにのこっている  空軍が待っている  恩人長良川博士を助けださねば相すまぬと思っている  ものを恐れすぎている  疲労をやすめている  博士もそれほどまでにいわれては、とまっている  超人的思想とを知っている  うちにくりかえされている  クーパーのいる  胸につけている  ものが、ぐるぐる動いている  船底におしこめられている  顔をにらんでいる  海底においておこなわれている  鉄水母に乗っている  天井からぶらりとさがっている  船腹にあたっている  水びたしになっている  別に水にぬれている  ひとみをさだめて見ている  粘着材料で出来ている  水上にうかんでいる  普通海上に浮かんでいる  海上は波立っている  海上にぽっかり浮かんでいる  かげもないほどきたなくはげている  海底超人は気がつかないでいる  灯をつけている  室に長くのびている  左舷後方にいる  ていしながら、ごったがえしてもみあっている  ぐちにさけびあっている  船底無電室にいる  甲板にうようよしている  きいきい声をたてている  みな厳重にふさがっている  たまをさすっている  ようにながめている  海面にうかんでいる  今なにをしている  番をしている  鉄水母にのっている  手がらにしたいとおもっている  長良川博士が乗っている  目をまるくしている  爆撃しようとしているので、たいへん張りきっている  誤解から発している  ロロー殿下とがいだいている  人々は知っている  ところにしたがっている  ふたがあいている  だれかと思っている  ぶとをかぶっている  宝物が、おちている  入口をふさいでいる  撃沈命令がおりている  内部がみえている  胸にせまっている  しらにつかまっている  ここにきている  ジム水兵がいる  鉄水母にしがみついている  おれをだませるとおもっている  まっかにしてどなっている  多くははげたりよごれたり破れたりしていて、見ている  帽子をふっていたが、ひしめいている  船室をさがしまわっている  熱狂している  気をとられて、あれよあれよといっている  いま考えている  指をくわえて引っこんでいる  注意をうばっている  シムトン会長のいる  一堂に会している  おすすめしている  敬意をはらっている  折紙をつけられている  植民をおこなおうとしている  ものもいる  海底超人もいる  地球上に伝えられている  机上の空論に終始している  海水でつづいている  しょっちゅう汽船がとおっている  ところをついている  口をじっとみつめている  形体をもっている  肢体をもっている  身辺をまもっている  宇宙線粒子にさしつらぬかれている  顔色でもって知らせている  今日必要にせまられている  阻止しようとしている  昂奮しきっている  うらみをはらしたいと、いきりたっている  学者たちの立っている  ぎいぎいと怪音が聞こえると思っている  一ヵ所としてくぼんでいる  外壁をもっている  なみだにくれている  海底大陸へ行っている  誠意をもってなだめている  はしに書き記している  年から使われている  ように輝いている  潮に満ちふくらんでいる  半ば水に沈んでいる  入り江にはいっている  櫓をこいでいる  頂を出している  ここでぐずぐずしている  さっきから見ているのよ、なるほどよく似ている  顔を見ている  だれに似ている  弟に似ている  止め度なく飲んでいる  徳二郎はただ笑って見ている  きらきらとゆらいでいる  徳二郎はすでに酔っている  ほうを見て黙っている  父親になっている  生涯を送っている  巡視している  昨今隆盛を極めている  顔付をしている  何かしら考えている  仕組みになっている  男が眠っている  蛇がまきついている  帽子をかぶっている  それを充分心得ている  ここまで知っている  思考にうっかりこだわっている  月給をもらっている  真剣にきいている  必死にもがいている  学校へ来ている  辞書をめくっている  不規則を極めている  上でめくっている  五時間ものせている  英訳が置かれている  もの山口恵海先生に習っている  ちゃんとそれで読めている  結果になっている  ちゃんと原書を読んでいる  二十数ヶ国語に通じている  全部チベット語に訳されて伝わっている  踊りが行われている  から汗をかいている  断定を下している  ことを言って嘆いている  のをきいている  平然として考えている  息を殺して隠れている  前いっぱいに立ちふさがっている  八さんが年中喋っている  ふつかよいにかかっている  目されている  昼寝をしている  外に遊んでいる  とんぼが飛んでいる  上を飛んでいる  屋台にかかっている  ことだろうと思っている  中に入っている  どこを通っている  どこをどう歩いている  松林で鳴いている  目を隠されている  ここに立って待っている  人のすんでいる  そばにきている  検討がされている  照りかえしている  ところから出発している  制約されてしまっている  困難になって来ている  ペンクラブに求めている  明瞭にしている  問題をはらんでいる  ことを誇っている  輸入を禁ぜられている  批評のおかれている  連関している  身振りが現れて来ている  詩形によっている  歌となって出て来ている  論文を書いている  考察されている  筆者の行っている  身を托している  波に揉まれている  文学に生きようとしている  報告に対して感じている  密生している  防空天幕となっている  あおむけに寝そべっている  空襲を避けている  なかにひたっている  世界から解放されている  虫をあさっている  勉強を始めようとしている  朗らかに笑っている  ようにすすんでいる  解決をやっている  嵐が訪れている  なかにまでかよっている  子どもと向かい合っている  男の子がいる  子供を見ている  子供は、知っている  子供は、よくかけている  上手に書けている  判断も持っている  さを感じている  暗示をなげている  今日物わかりのよいとされている  関係をもっている  明暮をもっている  九時十五分を示している  窓あかりがさしている  上に書きかけになっている  指先に残っている  何か落ち込んでいる  口が濡れている  半分以上減っている  曲を弾いている  私の住んでいる  雑貨店をやっている  校長の住んでいる  研究している  ことを聞かされている  畳を押えつけようとでもしている  内へ倒れかかっている  垣に添うて立っている  督視している  台所に這いつくばって、起きようともがいている  往っている  子供たちの立っている  後に迫っている  地震に逃げ迷うている  避難している  砲兵工廠に勤めている  下宿にいる  二様に見えている  崖へかかっている  彼方此方していたが、見ている  火の這いかかっている  火のかかっている  こっちで、聞いている  見聞して来ている  物語をしてやっている  それを聴いている  毎日経験している  水準をもっている  社会に育っている  文学を求めている  作品を出している  大衆のもっている  結果してきている  国も消え失せてしまっている  期待できなくなっている  底を知っている  つきものとなっている  ノーベル賞を与えられている  時間を費している  女が置かれている  女に与えられている  まことにうがっている  そこから描かれている  一生懸命眺めている  試みが示されている  境遇にいる  正面から見とおしてゆこうとしている  外からもちこんでいる  複雑さが現れている  空にいる  民衆の生きている  循環している  ものを有っている  一来している  のを、黙って見ている  亭主を何と心得ている  日本を愛している  レニンに呆れられている  愛読されている  ことが記されている  ためにおくっている  専門にしている  子供たちをもっている  そうに思えている  本気で書いている  近く結びつけて見て来ている  文学にあらわれている  時期を通っている  姿に蒙らされている  傷痕が見えている  痛みもしている  今日小説を書いている  婦人作家が持っている  ちがいに立っている  漸次発表したいと思っている  おむつを取り換えている  音をさせている  氷を壊している  欠伸ばかりしている  Sさんの云っている  支度を急いでいる  異状も来ずにいる  さ話をしている  日和下駄をはいている  枕に、すやすや寝入っている  乳を飲んでいる  知つている  何かにいる  無視されている  親愛を傾けている  関心をひいている  注意にのぼせたく思っている  隅から隅まで語りつくされている  方へ、流れ込んで映っている  起直って見ている  合掌している  肯んじている  気持ちでいる  動向が働いている  顕著に現われている  指導者として仰いでいる  打破しようとしている  芸術にたずさわっている  新たに起こらねばならぬと考えている  ものになると思っている  立論している  人にまであてはめて言おうとしている  僕を繰り入れている  立場に立っている  堺氏について考えている  武器が潜んでいる  影響されている  ブルジョアジーに当たっている  親を倒そうとしている  のを語っている  点において中っている  ところで言っている  ブルジョアもいる  点からいうと、あるいは少し立ち勝っていはしないかと思っている  庶幾している  それをさせている  仕事をしますといっている  ものだとは思っている  書くことができなくなっている  連載せられている  間、面白く読んでいる  気をつけていたけれども、読んでいる  都会へ出て働いている  幾つか来ている  遊んだのでよく知っている  職場に働いている  新たにしている  文章は果してどうなっている  用意は整っている  制約を受けている  目隠しをして立っている  その後にいる  あいだかかって調べている  ことを確かめたといっている  一つにも出ている  身を曲げている  二本にきまっている  岐れている  生活に即している  子どもがしている  文句が残っている  名残りではないかと考えている  唱歌を添えて与えようとしている  混入っている  くるくる廻っている  亀とつーべったともいっている  のもあるが、動いている  真後にいる  子どもはもう知らずに歌っている  記憶せられている  ことができなくなっている  しろにいる  改良せられている  間拍子があっている  一種とよく似ている  文句をくりかえしくりかえし唱えている  想像している  文句になっている  そのまま守っている  名称だけを知っている  話なども残っている  それから出ている  のかと思っている  巫女が舞わせている  小枝の懸っている  カンカケといっている  ことは知っている  カギヒコノキと呼んでいる  松の内となっている  ネンボウとも呼んでいる  今でも思っている  共通している  言葉が行き渡っている  ことを覚らずにいる  各地から寄り集まっている  伊豆あたりまで行なわれている  遊びとなっている  ネンゴロといっている  ネンと呼んでいる  重要視している  のか考えてみたいと思っている  子どもはいっている  ネンガラと似ている  地面に打付けている  唐櫃神社に伝わっている  相続している  私の知っている  神事といっている  記録にしばしば見えている  祭から出ている  心理はもう衰えかけている  ものの伝わっている  それを味わっている  視つめている  境目に立っている  稀に残っている  地面を叩いて喜んでいる  ヨンドリボウと呼んでいる  土地ごとにというほども変っている  今も感じている  名で、集めている  ダシヤレ棒ともいっている  農村には残っている  首を垂れて聴いている  絵が出ている  問題にしている  オシラサマとよく似ている  残形を留めている  者ならまだ憶えている  今にいたるまで印象づけられている  例が数多く出ている  重きをおいている  間に残っている  のをなんとなく淋しく思っている  書き物に残っている  船着場には行なわれている  管轄に属している  ぎっちらこなどと唱えている  それを楽しんでいる  紀行に見えている  風儀が残っている  各地に伝えている  上にいる  気になっている  勝利をもって結ばれている  子どもに知られている  人たちがいる  今もまだ行なわれている  村も多いが、憎まれている  話も残っている  幽かに伝わっている  道祖神と思っている  ように心得ている  終りとしている  今住んでいる  子どもが寝ている  のといっている  節度に服している  原因が加わっている  努力がいる  感覚を持っている  残り伝わっている  火焚棒がまだ残っている  場所になっている  境目を、かなりはっきりと区切っている  阿連村などに行なわれている  例になっている  二組に立ち分れ、一方の築いている  ことを聴いている  のは少し大きくなり過ぎている  能力を具えている  保存している  気長に集めている  経験だけはもっている  ケシンといっている  カイコヤとも呼んでいる  今も残っている  保存せられている  遣い物を真似ている  語と言われている  オジャコトといっている  語が行なわれている  理由が忘れられている  名も次々に生まれている  オクサンゴッケンと呼んでいる  語を作っている  方が多くなっている  上流に限られている  オバゴトといっている  ことは忘れている  人もまだ知っている  対談している  うちは黙っている  力ではなかったかと思っている  各地にはやっている  種類を集めている  制定せられている  読者が困ってしまわれるだろうほども数多くできている  七章まで載っている  田舎に残っている  也と見えている  名前までが変ってきている  鬼事はもう忘れている  のだといっている  彼らだけは感じている  種が潜んでいる  田へおりてなどと歌ってきかせている  子守歌だけには残っている  分布している  負けとしている  ように唱えている  くらをしている  言葉を使っている  語を落している  ペスペスこれなんぼなどといっている  もっと奇妙に変っている  報告している  不意にかがんでいる  唯うつむいている  婦人はいっている  文章口調で問うている  ことだと解している  気をつけていたいと思っている  私は受取っている  ネンガラ・ネンガリなどがひろく行なわれている  中に伝わっている  人が多いので、少しばかり弱っている  把手にしている  ものが伝わっている  棒ではなく、よほど曲っている  弘く行渡っている  異同が入組んでいる  明らかになっている  土地ごとに少しずつちがっている  相応にやりきれなかったと言っている  トントントンこれなんぼと問うている  節をつけて唱えている  明らかに言っている  チケチケワンボとさえ謂っている  ことはもう忘れている  処々に残っている  変化が現われている  のは少し出来過ぎている  零本と解している  ところに潜んでいる  草を取っている  二百人も持っている  一つ座敷にいる  承知している  逢いたいと思っている  二人も付いている  前に控えている  蔭ながらよろこんでいる  親分と立てられている  筵に坐っている  しろ向きになって倒れている  帯はぐずぐずに解けかかっている  女の着ている  ようにべっとりと紅くにじんでいる  んだりしている  庭に鳴いている  六三郎はもう生きている  のか、死んでいる  命もいらないと思い込んでいる  舞台で坐っている  おもしろそうに飲んでいる  ように唯けろりとしている  ただ血走っている  約束になっている  逗留している  者はただ遊んでいる  半分は死んでいる  そうに涙ぐんでいる  垂簾にかくされている  面倒も見ている  お前がそれほどに思っている  ひそかにうかがっている  机に向っている  二つがいずついる  かげを見ている  先入主を以て対している  足をすくめている  一員となっている  姿を見せている  手をついて見ている  日を浴びている  嘴などを動かしている  此方に立たされている  左に移って覗いている  喉を鳴らしている  足を踏みかえている  友情で結ばれている  あいへしあいしている  下などを任せている  身を支えている  西日が止まっている  ように思って使っている  写真に撮られている  普通いわれている  音を立てている  ものとが混じっている  状態で降っている  無数に着いている  自分の知っている  風の音がしている  雪がまかれている  かなり建て付けがよくなっている  促進している  粉雪がいっぱい積もっている  集合から成っている  付着している  ものを指している  のに用いられている  地表に横たわっている  昇華作用と呼ばれている  零度以下に常に保たれている  簡単に通っている  かしく解釈している  現実に起こっている  不用意に使われている  湖南に生れている  開業している  生憎五六日前からマラリア熱に罹っている  っきりになっている  犬の歩いている  瓦屋根の光っている  鳶が鳴いている  艫に坐っている  それは覚えている  葉巻を銜えている  彼等の話している  北京官話に通じている  隣に坐っている  顔色を見比べている  埠頭まで行ったと言っている  尋いている  今ここにいる  玉蘭だのを抱えている  熱心に聞いている  何を話している  ことを話している  ものを見たがっている  無病息災になると思っている  職業上、ずいぶんやかましくも言っている  嚥んでいる  家名が失われている  景気をあおっている  それを怖れている  性情にすでに現われている  影は絶えている  すみをあるいている  事もあったが、そうしている  軒ばをさまよい歩いている  それを待ち遠しがっている  うちにいる  それはほとんど生きている  途方にくれている  なめころがしている  音がすると思っている  ようにもがいている  黒になっている  ように黒くなっている  呼吸が止まっている  報告を聞いている  病に弱っている  ためにひどく疲れている  ようになって残っている  同胞とともに眠っている  筋肉が細かくおののいている  胎児がまだ残っている  愛情にむせんででもいる  子猫をなめている  しっぽをもっている  子供に引っかかえられて逃げようとしてもがきながら鳴いている  デパートメントストアーへ出ている  四匹の寝ている  居眠りしている  残念がっている  店先に眠っている  そばをそろそろ歩いている  時局に占めている  貫禄があるとも見られている  のだとも云われている  仁義も心得ている  影響している  曖昧にしていなければならなくなっている  相貌を呈している  感受されている  回避されている  風にも云われている  伏在している  現象になっている  建前に立っている  生活を営んでいる  要求するだろうと云われている  三十二・三億円に上るだろうと見られている  何かを云っている  ものである現実も知っている  土壤から生えている  底深く常に湧き立っている  自然さもわかっている  動きもわかっている  課題を感じている  女主人公として描き出している  女とみられている  妻におされている  欲望となって来ている  十分評価している  生きかたをしている  ものをも持って生きている  ところを見つめている  尊重されている  ことが云われていると思われている  苦悩が横たわっている  昔ながらのものを持っている  ようにもなって来ている  ようになって来ている  遠くを見ている  表現している  熱中している  仕上げをしている  気力も欠いている  行く手を感じている  自分が深い深いよろこびを感じている  一部も述べている  まわりに高鳴っている  心奥に絶えず動いている  姿であらわされている  表現されてきている  ものとして捕えている  子供もいる  そこに同時に生かされている  ことと考えられている  信頼を示している  性格としてだけ扱っている  現実に生きている  生活の属している  うちにこめてもっている  可能を与えている  習俗におさえられている  から苦しみを感じさせられている  女の経ている  抄訳を出している  異っている  若い女と歩いている  口をはさんでいる  ものがどう扱われている  場面のひろがっている  綿の減っている  線で描きあてられている  角度を示している  一番痛切に感じている  毒虫に変ってしまっている  こんもりと盛り上がっている  部屋が、よく知っている  写真がかかっている  ブリキを打っている  自分のもぞもぞ動いている  旅に出ている  ものがかかっている  ことをひかえている  辞職してしまっている  ときている  カチカチ鳴っている  四十五分に近づいている  報告してしまっている  考えもそれほどまちがっている  ほんとうに眠気が残っている  空腹さえ感じている  ことをひどく急いで考えている  距てている  こともできないでいる  さっきよりもいっそうひどく争い合っている  なかにとどまっている  側さえ見えなくしている  鍵がかかっている  ところでしゃべっている  腹を立てている  町にいる  時間表を調べるとかしている  上にのうのうと寝ている  かたでおこたっている  社長とにかわって話している  私は驚いている  説明が当っている  ベッドに寝ている  いつでも思っている  私におっしゃっている  自分に会いたがっている  わけで、落ちついている  平気でいる  ばかにしている  さっきよりもはっきりとしている  ところに坐り、ひそひそ話している  聞き耳を立てている  緊張して見守っている  側には、向かい合って立っている  ドアも開いている  冷静さを保っている  板ばさみになっている  暮しをやっている、と考えられている  下すっている  ゴールがしゃべっている  自分を待ってくれている  確信を築き上げてしまっている  きりになっている  ことにかかっている  ドア板から離れ、開いている  両親をかまっている  ほうへ振り返っている  なかに埋めている  父親の思いこんでいる  ゴールを追い立てている  しろで聞こえている  床に押しつけられている  下にいる  両側に並んでいる  ぐそばにとまっていて、ためらっている  ようにしいられている  妹はまだいっぱい入っている  まわりにこぼれている  妹は知っている  下にとどまっている  女中とがまだ眠っている  十分苦しんでいる  悲しみだけであってもはぶいてやろうとしている  相談をやっている  二人が残っている  何を知っている  のか、またどのくらい知っている  父親が黙っている  つぎに探している  全然聞いている  ほうに向きなおっている  革をむしっている  以前窓からながめている  気持でも思い出している  自分が住んでいる  大地とが見わけられないくらいにつながっている  気をくばっている  ゴールがいる  窓を閉め切っている  窓から外をながめている  姿勢を取っている  妹にかみつこうとしている  下から出ている  自分を抑えている  しかけをどう思っている  完全にみとめている  ちょっと快方へ向いている  万事をよく心得ている  任務を引き受けている  上にじっとしている  天井にぶら下がっている  手を引っ張っている  身に引き受けている  ことを避けたいと思っている  ことをかまわずにほったらかしにしている  話しかけが自分に欠けている  気持よく置いている  今はすでにすっかり忘れようとしている  満足を見出そうと努めている  誘惑にかられている  ためにおろおろしている  ことが起っている  部屋を片づけている  道具類が入っている  床にしっかとめりこんでいる  机をぐらぐら動かしている  意図をためしている  二人がいる  机によりかかっている  今こうやってすっかり被い隠している  場にいる  今は待っている  あたりは静まり返っている  台所に閉じこめられている  すべてを物語っている  胸にあてている  意図をもっている  父親が今突っ立っている  身体を起こして立っている  制服を着ている  二重顎が拡がっている  元気そうに注意深く射し出ている  髪形になでつけている  のだと見なしている  追跡している  部屋が開き、叫んでいる  まわりに集っている  下着類をぬっている  こと裁縫をしている  衣裳かぎにぶら下がっている  うたた寝している  一晩じゅう、いつも磨かれている  金ボタンで光ってはいる  そばにいる  ひまをもっている  白髪をなびかせている  相談をしている  引越しを妨げている  移転を主として妨げている  不幸に打ちのめされている  人びとから要求している  犠牲にしている  あちこちかけ廻っている  限度まできている  頬とがふれんばかりに坐っている  テーブルをじっと見つめている  かたまりが横たわっている  汚れを見ている  われを忘れている  上に合わせてぽかんと立ちどまっている  ものと考えている  口を開けて立ちはだかっている  食事をさせなくしている  それをもっている  何時間も動かないでいる  ドアが開いている  権威をもっている  台所へ突っ返さなくてもよいかどうか、たしかめようとしている  栄養を取っている  それぞれ自分のいる  顧慮しなくなっている  ところに横たわっている  わき腹にくっつけてひきずって歩いている  掃除のゆきとどいている  儀礼から我慢しておとなしくしている  煙を高く吹き出している  行を追っている  道が示されている  彼がしたいと思っている  丸出しにしている  必要だと考えている  面白がらせている  住人がいる  頭が強くうなずいている  息をつけないでいる  上に置き放しになっている  制帽をもてあそんでいたが、ときどきじっとしている  視線を投げている  衰弱している  首がこわばっている  柔かいほこりにすっかり被われている  炎症を起こしている  静かに眠っている  身動きもしないで横たわって、ふてくされて見せている  分別をもっている  抵抗も示さずに寝ている  背中に廻して、たえずこすっている  結果に終わるにきまっている  争いをうれしがって待ちかまえている  今申している  不安に思っている  上にほとんどまっすぐに立っている  四方へゆれている  ためにすぐには話せないでいる  説明し始めようとしている  ことで、よく見ると変っている  註文している  のを食わせるので、流行っている  幅を利かしている  どんどん売れている  廻転と共に、ふっ飛んでしまっている  店が、ぐっと多くなっている  何倍かになっている  通り流行っている  かんじん、やしなってやっている  おとっつぁんにむかっていっている  なにをそんなに立ちどまって見ている  ぼくの見ている  白ねこがあがっていて、あばよしている  日があたっている  小ねこなんか見ている  あいだ、おとなしくまっている  ごとをしている  いつまでもおとなしくすわって待っている  ヘンゼルとグレーテルの立っている  こどもたちがきいている  なんだって立ちどまって、きょろきょろみている  ちゃんとみている  さよならしている  きらきらしている  野をとびまわっている  天国にでも来ている  姿で休んでいる  かすみ目している  火がはいっている  中へはいる  ヘンゼルのいる  一わおよいでいる  煌々と輝いている  自由が許されている  何人にも許されている  有頂天になっている  永久に眠っている  星空に光っている  巍然として輝いている  軍人がいる  綺麗になっている  一人として働いている  づめに働いている  ところ大なるを喜んでいる  盛況を呈している  水兵がならんでいる  リングを被っている  ように変っている  大広間になっている  お迎えしてならんでいる  警戒している  鍵を持っている  柱にからまれている  見学をしたと喜んでいる  竹中工務店に寝ている  同人を羨ませている  組織せられている  一日聞いている  日常使用している  ことも心得ている  ラジオを聴いている  ことを信じている  優越している  交渉を進めている  ものと信じている  意見にこだわっている  片隅にころがっている  見当がつかなかったが、聞いている  なにかをごそごそ擦っている  大根おろしを拵えている  菓子さえ禁じられている  のにきまっている  のか、考えている  境になっている  棟いっぱい細長く続いている  何かしている  手間がかかると思っている  今誰がいる  人に対して残っている  栓を捩っている  なかに溺れている  心に働いている  渇望している  かっこうで立っている  失心状態をつづけている  僕の立っている  ことを物語っている  九日午後七時不二見台に立っている  二見台に立っている  三粒のっている  行動が分っている  ちゃんと的中している  知らないで眠っている  君はふるえている  上から地下道へつづいている  器械がずらりと並んでいる  横についている  鏡になっている  壁にうつっている  集団体操をやっている  前に立っている  壁にかかっている  げをはやしている  世界へ来てしまっている  中からこっちをじろじろみている  何でも心得ている  あそこを通っている  僕たちは歩いてばかりいる  陳列されている  町では使わなくなっている  目がどうかしている  川が流れている  われわれの立っている  下を流れている  ベルトが動いている  道が動いている  上に立っている  もっと早く動いている  今僕が乗っている  となりに並んで、ずっと早く動いている  道路が並んでいる  方はなれている  平気で立っている  中に泳いでいる  深海魚ならいる  空に輝いている  天井についている  そこに立っている  とおりに記されている  頭がどうかしている  赤ちゃんでも知っている  缶詰になっている  起伏している  木に似ている  ように、はっきりと遠くまでが見えている  照明が行われている  形もかわっている  今立っている  海のぞき館が出来ている  観光客によろこばれている  敷地がいる  声は泣いている  のかもしれない、などと思っている  ようにえぐられている  棚をつきだしている  タクマ少年は、やすんでいる  棚と、われている  かわいい羽根をかくしている  原子力エンジンを使ってうちこんでいる  一本ものとして続いている  工事が行われている  足許を照らしている  上り下りしている  数字のついている  僕だって知っている  横に走っている  光景がひろがっている  ゆっくり泳いでいる  海溝をつくっている  赤味のついている  中へ向かって掘りすすめられている  穴を掘ってみている  それを調べている  土をしきりに調べている  生徒として住んでいる  いまやっている  器械が出来ている  建物を照らしている  頭上にひろがっている  照明法を用いている  幟のたっている  経営している  酒場がついている  二分間ばかり待たされている  タクマ少年と歩いている  どこまでもぐるぐる廻って長く続いている  測定が行われている  遠慮している  心臓が弱っている  から脳の疲れている  僕はそうだと思うから、またいつもそうしている  道理にかなっている  魚肉が持っている  君はどうかしている  人かと思っている  姿をしている  世界にもぐりこんでいる  影法師ははっきりと語っている  大人になっている  口をきいている  こっちをみて、にやにや笑っている  僕がこんなに困っている  取締っている  お金の入っている  金貨が入っている  不思議を追っている  カスミ女史が待っている  壁になって暮している  気を起こしている  十時間ぐらい経っている  約束を忘れている  大切に扱っている  工夫せられている  息がすうすう抜けている  十分心得ている  学生が待っている  足をしている  手招きしている  クリーム色に塗られている  外に現われている  べつにおどろいている  組合わされている  目をぐるぐる動かしておどろいている  大口をあいて呆れている  僕をのせている  僕の訴えている  縞になっている  縞がこまかくふるえている  僕の来ている  服を脱がそうとしてひっぱっている  一人角力をとっている  からだを持っている  講義を始めている  あくほど見つめている  赤裸を見られている  衰弱したからだを持っている  特徴になっている  僕を見つめている  うごめている  先についている  苦痛をこらえている  器械が出している  仕掛を使っている  あたりに並んでいる  二十年前に戻されている  楽しみにしている  いつでもびくびくしている  毛でうずもれている  雁首が並んでいる  目をのがれている  これまで知っている  舞台を見ている  とろとろんとしている  席で、なにか言い合っている  具備している  から八千万年を経ている  本能を残して持っている  全然失っている  痕跡程度残っている  人類学について論じ合っている  腰を下ろしている  定量性を欠いている  現在もちろん働いている  ちゃんと機能をもって役立っている  中で棲んでいる  からこっち何十万年はたっている  平衡器としてはもう役に立たなくなっている  んだろうと、いぶかしく思っている  場所に横たわっている  自分が横たわっている  上に寝かされている  すっ裸になっている  場所へ連れこまれている  僕が入っている  照明している  仕方がないから僕はもう立っている  水に浮いている  記録をもっている  監視している  ますます落着きはらっている  横にまげて泳いでいる  無理に曲げているので、痛いやら苦しいやらで生きている  国にいる  人がいい争っている  声高く笑っている  そうに泣いている  がやがやと喋っている  ところで喋っている  証拠に喋っている  水を吐いている  犬を追いまわしている  水を吐かせている  構造を持っている  保持している  口論をやっている  まねをさせようといっている  溺死をくりかえされている  へとへとになっている  精力をなくしている  今、裁かれようとしている  影が宿っている  下に入っている  非常によく似ている  構造をもっている  横腹についている  注意を払って調べている  今すんでいる  何者かによって狙われている  下についている  中をもぐって進んでいる  直線的に並んでいる  映画幕にうつくしく輝いている  操縦をしている  僕が抱いている  計器を読んでいる  ものが生えかかっている  外部から何者かによって狙われている  みな殺しにしようと思っている  あやしい人物がうろうろしている  彼奴らがひそんでいる  極端にきらっている  覆滅しようとしている  死滅させようと考えている  めぐみをうけてくらしている  同意しないにきまっている  非常に嫌っている  ことを嫌っている  われわれに迫っている  僕とこうして並んでいる  見物に来ている  今僕と並んでいる  ごま化されている  だんだん聞いている  彼のいっている  僕がいつもついている  それはよく分っている  僕がかぶっている  ところについている  何かがいる  ちゃんと楽しく棲み暮している  繁茂している  さっきからもう黙りつづけている  受話器に入って来ている  僕が歩いている  ダンスでもしている  さかんに喋り合っている  ことをやかましく喋り合っている  怪物どものさわぎを、見まもっている  からだにつけている  ところに住んでいる  君たちが住んでいる  われわれが住んでいる  文献が残っている  警告を発している  進歩している  われわれの現に蒙っている  われわれの蒙っている  彼等トロ族の住んでいる  もっとよく見たがって、たがいにひしめきあっている  住居をもっている  一哨戒線についている  向こうで行き停りになっている  行き停りになっている  血だらけになって救けをもとめている  ゅうと顔を出している  総力をあげている  僕が踏まえている  へんになっている  カビ博士の待っている  彼らのいっている  理由を持っている  手首をしっかり握っている  激昂している  海底都市襲撃を叫んでいる  さっきから耳に入っている  自分たちの進めている  惨害を与えている  愛する人たちの住んでいる  八つ裂きにしようと思っている  侵入しようとしている  劣等生物視している  文化においてもずっとすぐれている  警鈴が鳴っている  野郎はまだ生きている  前に集まっている  煽動者をつとめている  悪魔に呪われている  殺害しようとしている  こっちをのぞきこんでいる  世界で起こっている  人がいっている  方についている  やり方が間違っている  何が入っている  生活用具が入っている  影を持っている  前へひっぱり出されている  海底牢獄へぶちこまれるにきまっている  黙認されている  隙見している  さいそくをしている  今始めている  熱にうかされている  トロ族の棲んでいる  科学技術を持っている  赤にしている  意味をこめている  建設してやりたいと思っている  年齢をとっている  運命を持っている  別室で待っている  なに、もじもじしている  妻君と会わせたがっている  声に似ている  ことばをつらねている  故障になったといっている  ことを喋りつづけている  カビ博士は知っている  上ち昇っている  それに乗ればすいている  雪がまた少し強く降り出して来ている  十時を過ぎている  電燈がついている  防寒具は持っている  音がしている  一杯本がつまっている  本がすっかり揃っている  英書が並んでいる  畳があいている  奉職されている  お国の役に立っている  培養されている  前からよく知っている  虚脱状態とに陥っている  充実して盛られている  特徴において描こうとしている  そこから描き出して行こうとしている  それに向わせている  重点をおいている  響を区切ってしまっている  ところまで深くつかまれている  問題がひそんでいる  それぞれ力演でやっている  一杯にやっている  奥ゆきが、いかにも欠けている  それで潤わそうとしている  契機となっている  日頃から親しくしている  職業にしている  泥棒をしている  手をしている  物事のわかっている  刎ねられている  金持ちになっている  どこへ行っている  ところで待っている  のも知らずにいる  家に待っている  病気をしている  自分のやっている  んだし、食って行けなければ、持っている  ちゃんと見抜いている  背広を着ている  押し入れにでも這入っている  からやっている  ことをするより、持っている  上瞼の青黒く腫れあがっている  時そこにいる  往って、狭まっている  己のやっている  ことを見ている  背後にいる  腫れあがっている  昨夜死んでいる  火葬になっている  ぼそぼそ仕事をしている  夜学へかよっている  弟を、見つめている  顔は、まるく、ほの白く、笑っている  仰向けに寝ている  そのままになっている  はいている  袴をはいている  馬に乗っている  羽根を休めている  往来に出ている  物音を立てている  眼は言っている  ぬいさんを裏切っている  障子にとまっている  さの整いを持っている  学生を笑わせている  注意を投げている  東京に出たいと思っている  ものが潜んでいる  汚染がところどころにできている  ぬいさんに牽きつけられている  西山がそんなたくらみをしている  放題をいっている  自分一人だけが残っている  宙に浮かしている  裾を拡げている  科学者として立とうとしている  没頭しきっている  ままかかっている  丈けにはなっている  親しみを持っている  男もいる  職業としている  二人だけで暮している  向いに永く坐っている  処女が持ち合わしている  手紙からは消えている  食指に染みついている  園のいる  身の上を案じ合っている  指先についている  背ろに燃えている  しとやかに坐っている  劇変しようとしている  所に坐っている  ところに来ている  人に会っている  時間を潰そうとしている  ことを言い続けている  自分ながらどうかしている  十分に痛んでいる  丸寝している  建物は高々と聳えている  白粉に汚なくまみれている  柿江とのいる  愛嬌笑いをしている  真似をしている  座興にしようとしている  一似すぎるほど似ている  人見が送りたがっている  のを知っている  ものをしている  婦人と烈しくいい争っている  浴漕に浸っている  昨日以来面会を求めている  学問だって俺ゃ勘定ずくでしている  から俺はこうやっている  カアライルにでもかぶれている  酒ばかり飲んでうだっている  勘定ずくでやっている  我慢している  以来鎮まらずにいる  青年として見られている  軽侮を投げられている  停滞している  実行はしている  そこに転がっている  皮なぞの散らかっている  彼をそう見ている  釘にひっかけている  十月になっても被りつづけている  前から分っている  てれ隠しにいっている  真中にぶらさがっている  しこたま持って帰っている  思出話ばかりを繰り返している  我慢が薄くなっている  まま針を取り上げている  齢がいっている  養子にはいる  金でもありあまっている  免除されている  札幌に学んでいる  清逸はよく知っている  清逸がことに愛している  ものを奪われてはいる  顔をして聞いている  相違ないと信じきっている  のを気づいている  良心を刺している  清逸が知っている  態度は知れている  清逸はややともすると読みかけている  頸に巻きつけている  あたりに出ている  先を流れている  作業をやっている  函館にいる  水田をやっている  得意でいる  何か書いている  急行列車が長く横たわっている  後から隙をうかがっている  誰かに聞いてもらいたいと思っている  餞別物を渡そうとしている  そこらにいる  背面向きになってはいる  のだから、濡れている  から覚えている  のは覚えている  ぬいをまったく見忘れている  まわりにいる  お嬢さんですよといい張ってくれている  冗談にばかりしている  不断感じている  母を見ている  ことが隠れている  物を見やっている  母に言っている  神経は腐って死んでいる  涙を流している  行き来している  旗を持っている  胸まで埋まるくらい積もっている  ように痛み悲しんでいる  真赤にしている  習慣的になっている  自炊している  尋常四年を受持っている  いつでも疲れている  それを考えている  鏡に映ってでもいる  大声でわめいている  椅子卓を片づけている  十四五人もいる  のは知れている  自分にまつわりついている  垢光りがしている  一人ではしゃいでいる  夢でも見ている  愛嬌にされている  どこかで漏らしている  無頓着さを装っている  からちゃらっぽこばかりいっている  彼を待ち設けている  戸外にいる  一人でいる  何軒となく立ちならんでいる  かなたに催されている  いるかを知りぬいている  誰にでも与えている  彼に対して持っている  せせらぎを作って流れている  遊廓に沿うて流れている  家にはいる  土のこびりついている  奴今ごろは困っている  内輪にと暮している  相当に生れついている  眼を細くしている  ことをやって生きている  奴がうんといる  用心はしている  経済学史を講じている  組合をしている  俺を見くびっている  心がないとでも思っている  傷けられている  人擦れがしている  ところも持っている  若い男が近づくと、どんなにしゃんとしている  興味をそそられている  頑強さにつけ入ろうとしている  おもちゃにされている  相伴はやっている  言葉、しようとしている  味が変っている  だだっ子にしていっている  こをしている  帰宅が近づいている  未練を持っている  腰から下に垂れ下っている  一面に書きつづられている  説明を試みている  日本に来ている  成就を待っている  計算計算といって長びいている  耳を傾けている  数限りなくならんでいる  おのおのが持っている  説明を続けている  部分を得ている  高等学府に学んでいる  態度を示している  意地悪くさまよっている  尻についている  明日から俺を抛りだそうと考えている  眼腐れ金をくれている  ラボラトリーでやっている  ひとつ見ていただきたいと思っている  三調子で生きている  十分の誘惑になっている  夢中でいる  夢中になっている  辛抱して聞いている  ままでいっている  大事に取り扱われている  孔を明けている  ンもいっている  書物を読んでいる  そこに蓄えられている  書物に見入っている  傍から見ている  園に向っている  迷惑をかけている  星野でもいる  支払を滞らしている  それを見やってしばらく考えている  場合金がいる  そうに聞いている  ちゃんと諳記している  寒いからっ風が勢いこんで吹きすさんでいる  心を占めている  千歳にいる  人見を見ている  方を見すかしている  ようにおさまっている  呼吸をしている  百姓のしている  自慢話ばかりしている  種になっている  上に乗せている  亜米利加に行っている  頭が少し優れている  ところから来ている  死病に取りつかれている  姿を持っている  そのまま飲料に用いている  ことばかり思っている  人から軽蔑されている  眼を開いている  奥に積み重なっている  吹聴している  隠れ家だとされている  何事も知らぬげに眠っている  小樽にいる  芯だけが含んでいる  渦を巻いている  母のいる  考えをいおうとしている  衣紋がぬけかけている  ほか農学校にいる  無頓着でいる  ことを思っている  ところにこぼれている  几帳面に長く坐っている  人が溺れている  講義している  事実が語られている  頭を下げている  涙がたまっている  気持でしている  自然さを持っている  それを清く守っている  造作は立ち勝っている  むだになって滴り落ちている  彼を見ている  極っている  信頼しきっている  資格が取り上げられている  復習している  経験からも決めている  相談には決っている  のは知れきっている  のも知れきっている  純潔一つで操られている  純潔を踏みにじってきている  教師を頼みきっている  意中の人を持っている  恋に酔っている  ぬいさんを憎んでいる  一日おきに向い合っている  渡瀬が思っている  あなた今日は本当にどうかしている  ものばかりででき上っている  神様になっている  罪人が泣いてもらいたいといっている  倚りかかっている  ぬいさんに惚れている  向は信じきっている  前をつくろって信じているらしくみせている  ぐるになっている  依頼を受けている  ちょっと切れている  融通をつけるかどうかと思っている  五十頭からいる  信用をしてくれるとは思っている  のを聞いている  中に置いている  貧乏している  いつまでも書生生活をしている  婚期がおくれるくらいになっている  あたりを見まわしている  家を知りぬいている  支度がいる  妾を持っている  のは分りきっている  先がぶるぶる震えどおしている  ハンケチを丸めてぎゅっと握りつめている  どおりにしている  いつかは敗けてしまうに決っている  様子は見ている  横着をきめている  俺もこうやってはいる  それをじっとして聞いている  融通してもらっている  崇っている  別々になっている  ままで残っている  中でよっく察している  ように聞こえている  橇を操っている  せいが歩いている  気持で歩いている  苦労を持っている  分までも働いている  何かを読み耽っている  森村とが集っている  蔭になっている  ことが、驀地に近づいてきている  圧迫を感じ始めている  頑固に押し黙っている  くしている  先までも伝っている  動揺が起ろうとしている  十分に踏み固まっている  ぬいさんを愛している  気持が動いている  親しみとを持っている  前に行われようとしている  ことを繰り返しながら、淋しく暮している  充血している  ためばかりでなく冷えきっている  小母さんに通じている  力が美しく働いている  それが間違っている  両手に握っている  薪がゆるく燃えている  園を避けながら、いらだっている  それはいらだっている  落ち着きを失っている  忍び泣きをしている  筆蹟がならんでいる  葉を連ねている  方は間違っている  苦しみを喜ぼうとしている  口を探そうかと思って迷っている  死に面している  死を悲しんでいる  巷になりかけている  宅はあっても住んでいる  ちょっと睡っている  心が判っている  底にこびりついている  巾を巻いている  涙に濡れている  ときから輟めずに泣いている  文科に通っている  客に貸している  大学にいる  向うに立っている  人格者がいる  文科大学生と云ってはいる  所から来ている  人間だと考え、衒っている  一番進んでいる  中に寝転んでいる  眼を見張っている  牛乳とで過している  手がふさがっている  落付いている  眼にはいる  職業を営んで暮している  他人の持っている  秘密を知られている  非常に愛している  袖が握られている  盃が割れている  日のいる  のが分つている  語つている  展望を持っている  携っている  部面におかれている  合理的になって来ている  おしにおかれている  社会主義的民主社会に歩み入っている  諒解されている  特輯として扱われている  進出している  生真面目に並べている  十分あらわれている  調子をもっている  ここで扱われている  可能としている  方向が示されている  ために書かれている  一つとして、書かれている  地図として書かれている  時間さえもてないでいる  漁りをしている  最近悪化して来ている  空となって、遂にほうり出されている  循環で、細々生きている  歎かれている  緊急事となって来ている  ことについて学びたいと思っている  無能者ときめている  のしかかっている  破壊されている  構造を辛くも守りたてて来ている  事情を知りつくしている  提出されている  予約している  言葉と響いている  生れ故郷である日本を見離しがたく思っている  の、わかつている  しかフランスだと思ったがまちがっている  批難している  主人公になっている  これらを兼ねている  レベルから見て、そんなに優れている  ちょっと似ている  真相をほどいている  連載されている  ものは必ず読むにきめている  はるかにしのいでいる  段がついている  チリ纒りすぎる位いまとまっている  ことばかりを書いている  燐光を放っている  材料がうようよしている  人間はいくらでもいる  手本として学びたいと心がけている  骨が固まってしまっている  片手に持って立っている  それを繰ったりしている  くらしを立てている  方へひろがっている  パンを食べながら考えている  首をちぢめている  へんによく出来ている  運びになっている  車を引っ張っている  もの用具一式を売っている  十円ずつに売っている  あくびをしている  車を見ている  まま居睡りをしている  ぼんやり立っている  十円に売っている  五千何円になっている  五十円ずつとっている  千三十円とっている  フクジロを使って歩かせている  マッチを売っている  から見ている  ことは知っている、けれどもただ云いつかっている  お前は云いつけてはいる  悪いことがたまって来ている  三十人も続いている  料理屋にはいる  ものをやっている  ものを見おろしてすまし込んでいる  上に倒れている  位立派になっている  みんな美学にかなっている  裁判長から暗示を受けている  誰かがけたたましく叫んでいる  中をふらふらと通っている  単純化されて来ている  ところが出来ている  文章で描き出されている  躍如としている  一貫性で語られている  青春を生きている  死が扱われている  上に悩み、感じ、知りたいと思っている  歴史が響き轟いている  精力を愛している  時金陵から来ている  着物を着てひどく汚くなっている  照りわたっている  いたずら心もなくなって、きちんと居ずまいを直して坐っている  眼を醒して、たいへん啼いている  年を寄って困っている  からいきたいと思っている  濫用されている  誰ひとり記憶している  普通にとりかわされている  彼のいる  士とみなされている  ペンが書き表わしている  彼の着ている  くり返されている  歩道を歩いている  止め紐を綻ばしている  真中にいる  役人連中が貰っている  一息いれている  何者かに切り落とされたといってかつがれたと伝えられている  うち興じている  逸楽に耽っている  俸給をとっている  ためには良いと言われている  ように薄くなっている  ぼろぼろになっている  頭巾帽なんぞかぶってはいる  中でぶつぶつ言っている  ペトローヴィッチがぷりぷりしている  ペトローヴィッチが少々きこしめしている  ところが少しすれている  蓋についている  嗅ぎ煙草を振り出している  親友とでも話している  寝ぼけ面をしている  やっこさんずっとおとなしくなるにきまっている  慈悲をかけられている  外套のかかっている  課長を勤めている  交際している  混乱してしまっている  顔をのぞけている  感覚をそなえている  中へ入りこんで、考えている  住いを構えている  勝負をしている  十二時にはなっている  集会所になっている  灯影が洩れている  けりをつけようとしている  稀にちらほらついている  油がつきかかっている  雪が光っている  中断されている  誰に向かって言っている  全身をわなわなふるわせ始めると、もうどうしても立っている  眼で見ている  気づきかかってさえいる  注文している  下にかくれている  叱責を受けている  外套を捜している  こちらを脅かしている  眼をこすっている  情意を寄せている  調子さえ帯びている  炭酸瓦斯にまみれて浮き出ている  卒倒しかけている  男女がいる  賑やかできびきびしている  リズムに見惚れている  道を埋めてしまっている  道に溢れて流れている  呼止め、いろいろ話している  人間もいる  罪を犯して逃げまわっている  遍路のはいている  雨が既にあがっている  雲がしきりに動いている  牛のいる  のなども見えている  此処に休んでいる  霊場を巡っている  逡巡している  方へ越えようとしている  慾望をも満たそうともせずにいる  目前を流れている  箇人教授をしている  自分の坐っている  夜までいる  輝やかせている  女がいる  重荷を背負っている  帳面へ書いている  雪片が舞い下りている  泥に滲んで落ちている  白粉の残っている  雪がついている  人があずかっている  藍子のいる  近所へわざわざ越して来ている  アパアトメントにいる  漠然婦人運動者と呼ばれている  浮気を押えようとしている  浮気に出来ている  道徳に捕われている  雑誌をつぶしている  ところへ来ては、そんなに思われている  ただ黙っている  愛素つかさずやっている  そこを歩いている  横をたたきながらぐずぐずしている  小さんがかかっている  水を撒いている  藍子のかけている  完全に吸い込んでいる  水車が廻っている  座席に投げ出されている  葦が青々茂っている  数艘出ている  蜆がいる  容赦なく藍子のかがんでいる  帆に張りあげている  聖書に教えられている  ことが告げられている  適合している  繋いたしている  哲学に属している  信頼せられている  存しないと看做されている  論証と看做されている  彼等が知っている  駁撃せられている  十分に知っている  効用を有している  慣用せられている  そこでなされている  六省察において作られている  通り結論せられている  ことによって、確かめられている  説明に依繁している  点が残っている  解説せられている  結合せられている  ために残っている  そばに坐っている  手にしている  纒うている  頭を持っている  硝子から出来ている  彼等狂人が覚めている  中に横たわっている  紙片を視ている  私は現に夢見ている  我々は夢みている  私が覚めているにせよ、眠っている  意見が刻みつけられている  完全に知っていると思っている  間違いをしている  善であると言われている  愛着している  多く道理に適っている  専心従事している  すべてを有すると思っている  自分は眠っている  私がはっきり知っている  ことを、知っている  これなしには存し得ないほど、結いつけられている  存している  本性を知っている  骨を折っている  私が知っている  私に知られている  何であるか、と問うている  確かに知っている  私自身から分離せられている  部分をなしている  私は眠っている  認識せられている  理解せられると思われている  いくらかを保っている  蜜蝋に具わっている  私がこう言っている  存続している  蜜蝋を言っている  街道を通っている  自動機械が隠されている  外に横たわっている  私が真に知っている  要求せられるかをも知っている  類似している  形相を有している  ものを含んでいる  ことははなはだ異なっている  私の眠っている  私に与えられている  相互にはなはだ異なっている  うちに有している  理解している  客観的実在性を含んでいる  うちに含まれている  私に欠けている  現在保存している  欠陥からもまったく免れている  信仰によって信じている  観念を有している  神に向けている  上なく離れている  神から得ている  完全性の欠けている  ことを既に知っている  欠存している  呈示せられている  神から授かっている  ために授かっている  私に現われている  商量している  部分は免れている  作者として有している  ことがなお残っている  ものと称している  本性を有している  観を呈している  ことに慣れている  存在を欠いている  完全性を欠いている  谷を欠いている  ここにこそ潜んでいる  ように、懸っている  原理にいくらか通じている  ものとして作られている  神に懸っている  私はおそらく夢みている  ものは眠っている  私は夢みている  認識に懸っている  明かに知られている  明晰に示している  ものに懸っている  慣わしとしている  部分から構成せられている  私の醒めている  もので、眠っている  本性上作られている  私が気づいている  物から区別せられている  私から区別せられている  賦与せられている  一体を成している  対応している  繞っている  光によって知られている  中に隠されている  頽廃している  自然を授けられている  から出来ている  精神によってではなく、行われている  合成せられている  水腫病を患っている  自然からそれている  咽喉が乾いている  自然からはずれている  追求すべく残っている  身体とはまったく異なっている  隔っている  その間に横たわっている  足を通じて拡がっている  ときには、その延びている  自然によって定められている  ことを証している  脳髄へ拡がっている  ものは決して、醒めている  夢においてではなく、醒めている  ときに起っている  うちに描かれている  通りに現われている  賦与されている  自分に欠けている  から解放せられている  それらを有している  自己に欠けている  完全性を、もし欠けている  実在的に異なっている  感情をとってあらわれて来ている  心をもってさがし求めている  現出している  尻切とんぼに終って来ている  昨今感じられている  経験がたたみこまれている  沈潜して強く流れかかっている  うちにひそめられている  ものとして、求められ始めている  文学が求められて来ている  ようにして迎えられ送られている  眼差しを向けようとしている  成長させられている  題名にも現れている  心が求めている  於て加えられている  点をあげている  題で訳されている  味いを知っている  ポケットにまだ動いている  情景が描かれている  効果で描かれている  自身に向ってどう見ている  ところにこそかかっている  緊めている  そこまでは及んで来ている  疑問がひそんでいる  一般に考えられている  疑問が潜んでいる  統一されている  源に発している  方面から抗議を受けている  家庭を捨てている  家庭を営んでいる  プロレタリアに属している  方がすぐれている  建築よりもすぐれている  プロレタリア的イデオロギイに貫かれている  劣つている  分裂を生ぜしめている  中心としてまき起されている  現在もつている  名前で呼んでいる  參照している  意圖を抱いている  それをもつている  婉曲に言いあらわされ過ぎている  對立している  ように祭られている  屬している  から成立している  結合されている  關聯している  缺いている  のは全くあやまつている  姿が現われている  マルクス主義的批評をしている  文藝批評をしている  とつている  ものだと信じている  能率で捗っている  着手されている  本気で扱っている  貢献をしている  批判に当てられている  翻訳されている  大幅に流れている  エロティシズムに陥っている  運営されている  まともに受けてやっている  推薦原稿をそのままのせたりはしなくなっている  警告されている  分裂懐疑している  報告にあげられている  理解しようとしている  ことをよりよく知っている  ソヴェト同盟がまさっている  進展させている  忍耐のいる  ソヴェト市民が求めている  笑いを求めている  開拓している  モメントとしてはっきりつかんでいる  部分をしめている  ことにすれている  発展してきている  民主主義社会を築きあげている  価値をもっている  立ちおくれている  ちらしている  マンネリズムになっている  課題について語っている  責任をもっている  公表している  農業が行われている  小説にかかれている  日本によく知られている  組織に結ばれてきている  偶然にゆだねられている  全然自然発生にまかせられている  翻訳されようとしている  紹介に記されている  脈うっている  力説している  時代を画している  さに立っている  歌はうたっている  傷をうけている  存在価値をもっている  ソヴェトでよまれている  学者グリフツォフ博士によって行われている  どこかでつながっている  決定権にゆだねている  失敗している  性質も、わかっていると思われている  満開している  技術をもっている  段階に到っている  飛躍している  関心にたち現れている  作家が生きている  ためにつくしている  諷刺している  ことを認めている  別のものにしようとしている  一つとしてあらせようとしている  犠牲となってきている  癖がついてしまっている  社会生活をしている  実感性がかけられている  理解させようとしている  家出をしている  ことが伝えられている  ところまでのびてきている  ところまできている  現実にもっている  つじつまは合わせきれなくなってきている  思つている  怠慢からきている  任務としている  問題が横たわつている  直面している  病床にしばりつけられている  ことに驚いている  民主主義を唱えている  しまつている  強要しようとしている  ことを喜んでいる  表明せられている  投票している  政治をやらせようとしている  正比例している  主婦と見られている  社交夫人として華々しく打って出ている  頁を繰っている  のか、眺めている  血は多少流れている  本能慾が取り残されている  王座を占めている  ものだと言われている  宝になっている  連絡が欠けている  解説を勧めている  何を指している  ように居竦まっている  伝記者は附け加えている  宗教に求めている  見切りをつけ、生きている  松蔭寺に遺っている  白隠自身たびたび描いている  眼を持っている  唇はきっと結んでいる  顴骨が特に秀でている  出入りしている  ものに似ている  心を噛ましている  肉に取り付いて貪り食っている  適中している  上げ下げしている  血を沸かしている  澄し切っている  道があると空嘯いている  記録の残っている  噴火をしている  影響を及ぼしている  隣になっている  陽の当っている  蒐められている  感奮している  感覚に即して悩み、求め感じている  苦修している  難儀を重ねている  衷心求めている  さし入っている  我慢して見詰めている  幕がいつの間にか考えている  膝を組んでいる  遠く起居している  愬えている  一心凝っている  自分が求めている  一つになっている  勝手気儘をして見せている  凡人普通に交っている  血管に漲らしている  屑大根を洗っている  無心になっている  言葉をもって述べられてはいる  歴々として掴んでいる  右往左往している  伍している  取付かれている  幸福を望んでいる  中に籠っている  足を踏み交わしている  清水禅叢にいる  鬱積している  意識をとろりとさせている  方角へ続いている  塊が走り動いている  走り動いている  噂し合っている  活気を吐いている  渦巻き上っている  群に覆われている  顔には泣いてるとも笑っている  表情が上っている  大陸が生れて浮んでいる  乱痴気騒ぎをしている  鬱積せずにいる  ことを話し合っている  心を引締めている  私の求めている  それに酔って嬉しがっている  正受老人からきつく叱られさえしている  からであると言われている  就て言っている  白雪中に隠れている  声で終っている  気を求めている  自分の考えている  実行している  鞏固さを示している  ソヴェート自身も余儀なくされている  事件をいかに考えている  完全に行なわれている  歳月を経ている  山鳥を獲っている  風でも吹いている  入口に射している  千匹伴が、集まって来ている  薩摩藷でも執りに来ている  危難に陥入っている  綱を垂れている  顔がまた覗いている  ことをしてくれている  ことを知って、助けてくれようとしている  口にいる  数千匹もいる  ことがあったと云われている  阿媽港甚内と云っている  あなたの知っている  日本にいる  一しょにいる  舎利塔を献じている  行状を話している  一時渡っている  一二艘も出している  風も出ている  火影のさしている  話をしては、泣いている  真夜中女の泣いている  音でも聞いている  悪名ばかり負っている  話にきまっている  いつか一度は会っている  加護を乞うている  匂いがしみている  釜のたぎっている  話し声が聞えている  船がかりをしている  ものの寝ている  盗みにはいる  誰か二人掴み合っている  袈裟法衣を着ている  首を曝している  ように、震えている  微笑が残っている  微笑らしい明みが、漂っている  どこにも動いている  坊主が来ている  雪路を歩いている  勘当を受けている  仲間にはいっている  わたしを見ている  甚内を見ずにいる  第一線に立っている  知識を持っている  経験でよく知っている  ように聞いている  人が持っている  目的としている  学問を教えられている  ことをしている  興味を持っている  法学に志している  ことを志している  在職している  五年以上を経ている  ことだけを考えている  職を求めている  能率を害されている  私は考えている  弁護士になりたがっている  法治主義的に行われている  原理に従って行われている  学者によって説かれている  説明されている  前提条件をなしている  規律されている  面を持っている  理を心得ている  教訓的意味を持っている  形で行われている  全力を挙げている  阻害されている  特色をなしている  目的に役立っている  現在大学で行っている  一般理論を説いている  四種類に分れている  教育が多少行われている  訓練に役立っている  解説されている  解説に当てられている  ために使われている  予定して書かれている  嘆声を発したと伝えられている  組合せでできている  仕組で作られている  法規に含まれている  複雑多岐を極めている  複雑にできている  予定してできている  著者が与えている  一般に信ぜられている  必要から法を作っている  のだと説いている  現在行われている  ことがしばしば書かれている  裁判を与えている  主張をしている  現在法学といわれている  説明に当てられている  仕事になっている  法を作っている  法であるかが説かれている  法を見出すといわれている  解釈されている  人によってかなり違っている  形で現れている  非常に広く考えている  限度を広く考えている  前に置かれている  前提として作られている  正義観を持っている  大体三つの方法がとられている  解釈をしてみせている  駆使している  解釈となって現れている  知識を与えられている  指標として持っている  理論的に教えられている  現在我が国で行われている  法思想史が教えられている  抱懐している  通例としている  教科目に加えられている  主要部分をなしている  考え方が違っている  中心をなしている  伝統を追って行われている  原因になっている  ものでなければならないと考えている  大学で教えられている  のではないかと考えている  解釈している  創造が行われている  関係に似ている  裁判している  違いないと考えている  間に読まれつづけている  今も信じている  誤謬とを含んでいる  不足している  十五年を経ている  書に盛られている  二つの意味を持っている  志向となしている  心持ちでいる  自分が傷つけている  中に生きている  ことができたと思っている  過失を具えている  非常にすぐれている  程度まで含んでいる  稟性に裏付けられている  部分をことごとく含んでいる  自分が常に抱いている  役目を果たすであろうと思っている  文章を含んでいる  問題をことごとく含んでいる  考え方を示している  恃みをおいている  ムードについて、深く、遠く、かつ懐しく語り得ている  浮動している  私を呼んでいる  心を励ましている  文芸家はいる  彼は考えずしてただ味わおうとのみ努めている  眼前にぶら下げている  ライフに面している  ライフを見つめている  苦労を嘗めている  音も立てずに降っている  輪郭をぼかしている  今から信じている  展ばしている  色調を帯びている  快楽を追わんとしている  まことに荒んでいる  気に充ちている  回らんとしている  黒雲が待っている  破滅が控えている  底に萌している  味おうている  ぼんやり照らしている  行儀正しく並んでいる  上品に薫っている  繊細になっている  露出している  窓に鳴って惨じく荒れ狂うている  緒の絶えやすきを忘れている  次のごとく述べている  造蓄が含まれている  喜悦とが潜んでいる  完全に現われている  それに悩まされている  毎日泣いて待っている  われらは生きている  搦まれている  外に住んでいる  匂い出ている  発展している  溜息を漏らしつつ生きている  中に織り込んでいる  認識論をもって始まっている  純粋経験と名づけている  哲学史上背を合わしてきている  排斥している  明言している  体系をなしている  中に含んでいる  統一が潜んでいる  者が潜んでいる  思考されている  対位している  捕捉を逸している  知的真観が横たわっている  統一力が潜んでいる  一方面から石を覗いている  持している  束縛せられている  顔を見合わせている  一線が横たわっている  含蓄されている  可能性が含まれている  発達しきたっている  認識してきている  酷似している  会得している  体得されている  包摂されている  真理が含まれている  次のごとく論じている  充せられている  要素を含んでいる  意味を持っている  傾向がことに力強く現われている  接近せしめている  一致を説いている  美であるといっている  次のごとく言っている  必要を説いている  認識論をもって終始している  色彩を帯びている  楽天観をもって終わっている  ところに現われている  研究が欠けている  ところに残っている  感情が籠っている  脈搏が通うている  胸に守っている  上に深く張っている  肉が欠けている  能力が隠れている  力学的に纏めている  なかをあふれ流れている  全面を浸している  圧迫している  ひとたちに向って出している  文章でいっている  二〇%前後改善されている  一番よく知っている  指摘されている  窮地においこまれている  陳弁している  ことはよけて通ってしまっている  急所はこうしてはずされている  推測している  とおり誤っている  恐縮のいたりとして認めている  ガタ落ちだと、はっきりいっている  ナベがいる  ほうきがいる  公言している  一家を守っている  首をかしげて、にやにや笑っている  通勤している  ロイド眼鏡をかけている  勤務している  自分でも何やら、こっそり書いている  上に、きちんと載せられている  敬服している  傾倒している  客観的把握が、はっきりしている  死ぬほど好かれている  ひとりで、くすくす笑いながら読んでいる  読破している  変装してみたりなどしている  ところばかり読んでいる  感に打たれている  五年まえに死んでいる  子供に飲ませている  コップで飲んでいる  頬を支えている  縁側にじっとして坐っている  ブランドを読み返している  どんどん変っている  過渡期が、はじまっている  どんどん変化している  内心ほくほくしている  4,823と書いている  打破しようと、努めている  ポアンカレが言っている  このごろ解析概論をやっている  ちょっと覚えている  宗教心がはいりこんで来ている  袖で拭い拭いしている  気が弱っている  口笛をこころみたりなどして歩いている  一匹だいている  蛹でも食って生きている  妖怪じみている  あなたを、おしたい申している  すべてが、うまくいっている  充分に怒っている  心の住んでいる  着想が大人びている  玄関へはいる  語り落している  性格のあらわれている  私のえがいている  眠につづいている  洋館の空いている  ものはないと云っている  感化を与えている  下女、又は知っている  三人共家出をして苦しんでいる  事実を伝えている  ように云っている  茲に苦しんでいる  境遇に苦しんでいる  奮闘を余儀なくされている  名声をうたわれている  たしかに、書いている  何を書いている  ことに努めている  典拠となっている  高値を呼んでいる  話だとあきらめている  役に立てている  繁昌している  解釈をぶっている  悪魔のいる  頂戴している  世に出ている  一日中飛びまわっている  飛行機を見ている  おこらないしくみになっている  男がいる  私は聞いている  こちらにたいして使っている  自分でよんでいる  最後にあてられている  記念されている  アメリカ式と思われている  にのこされている  表紙に謳われている  絵になってのこっている  いまにつたえている  いつまでも記憶されている  発表されている  占拠している  左右にわけている  剥製となっている  工事を請負っている  闊歩場と化している  漫歩している  北方方面軍司令部にいる  午後にあたっている  木でできている  朝鮮牛もつけている  それはもっている  例外となっている  手で拓かれている  上書している  ちの明治二十三年三百六十五万町歩とふくれ上っている  数字をわけもっている  いまおかれている  撒布されている  あれだけ書きたてている  把握させている  何かしらもめている  結成している  思い出となって残っている  権力をとっている  下まわっている  歴史が伴っている  基調が通っている  地図上を走っている  から出発している  局限されている  印象をのこしている  ここに立っている  問題になっている  働きを演じている  両方から寄ってからみ合っている  難産で苦しんでいる  それを伝えている  記録されている  際に演じられている  それを示している  物語に示されている  各地に歌われている  物語も数多く伝えられている  物語に数多く接している  中に示されている  頭の少し狂っている  ようにぼうっとなっている  rap-us-nupur-kur羽の生えている  沼を考えている  神様が住んでいる  義経山と呼ばれている  意味に解されている  岩になって残っている  明らかにされている  伝説に語られている  名で呼ばれている  独りで来ている  病気になっている  棋を囲んでいる  夕方帰っている  お気にいる  お母様もいる  機がもう動いている  容子を探っている  家を出て歩いている  世間に伝わっている  私の授かっている  轢死している  事は、抱いている  包まっている  手で抱いている  自動車を待っている  就職口を探している  一間で淋しく待っている  まり混雑するので、乗ろうか乗るまいかと決し兼ねている  何しろ一杯に混んでいる  方に乗っている  奥さんが乗っている  所にウロウロしている  横丁に引込んでいる  後向きに立っている  父がいる  人目を忍んでいる  私を探している  前で待っている  父は帰っている  気の毒だが、きっと待っている  私達二人でさえ、もち扱っている  依頼している  方では随分探している  真から赤ン坊を可愛っている  苦に病んでいる  事をよく知っている  貯えの尽きようとしている  背負込んでいる  夫によく似ている  暮をなすっている  だって、余りよく似ている  大勢の子供を抱えている  バラックで病みついている  事情からそのまま預り育てている  お尋ね者になっている  晏如としている  身許を隠している  悲嘆に暮れている  人目を避けている  予期している  共通に知っている  自動車を見送っている  婦人が佇んでいる  面窶れはしている  人を探し求めている  部屋に這入ると、寝ている  三畳に寝ている  一週間続いている  今之を書いている  悪戯をしている  私を許している  みんなから可愛がられている  私に似ている  機微とを知っている  霊とを持っている  相手にしている  社会生活をして生きている  文筆夫人になっている  無理が含まれている  意志が織りこまれている  敏感になっている  恋愛をしている  創造力を持っている  没頭している  内容運命とを持っている  業ではないと感じている  風に戦いでいる  フト端然と坐している  待合わせている  方へのみ引かされて、甘えきっている  モウこれですんでいる  何だか夢の中ででも見ている  場所をさんざ捜しまわっている  それがどうしても見つからないですっかり困ってしまっている  窓硝子がところどころ破れている  脊伸びをして覗いて見ても、ひっそりと垂れている  そのままにされている  ことばかりしゃべり合っている  二階へ通じている  早熟ている  生返事をしている  呆気にとられている  何だか始終人に使われている  彼等を見上げている  日の当っている  耳の持っている  猫と遊んでいる  空想しはじめている  天才にも似ている  猫は生きている  白粉を塗っている  しかし、なおよく見ている  ように使っている  コスっている  外国で流行っている  私がこんなにしている  己を起している  和服を着ている  諏訪様と呼ばれている  方に流れている  辺に残っている  鼻糞の附いている  何でも知っている  浮根に乗っている  供が来ている  何人もいなくなっている  江戸にいる  対手に、飼っている  男あつかいに慣れている  燃えあがっている  手習師匠をやっている  何時も見なれている  準備をしている  真直に立っている  左脇に並んで坐っている  一心になってあやまっている  伴れて来ている  随いて来ている  其処にいる  輪になっている  蛇になっている  指をさしている  思召にかなっている  初めから係りあいになっている  敬愛している  観察したり書いたりしている  相手から読まれている  皮膚病くらいに思っている  思念に救われている  昔に通りすぎている  以上のものを持っている  人に語っている  着手せられている  ように曇っている  泛んでいる  眺望を遮っている  四方にひろがっている  橋のかかっている  垂れ下っている  橋がかけられている  堤に達している  空にさびしく聳えている  断礎の立っている  気味を帯びさせている  蘆とのひろがりを眺めている  中に没している  海になっている  一方に傾けている  侵入している  先を争っている  往来している  一方に傾き倒れている  聳かしている  離れ離れに立っている  乗合自動車とが互に行き交っている  石が残っている  旧道に合している  若木が植え付けられている  隅田川に通じている  名残りではないかと思っている  広告が立っている  堤防から外に出ている  南下している  前に横たわっている  裏書をしている  さもまたそれだけはっきりしている  社会で、使っている  ものであるにかかわらず、使っている  基礎になっている  治療しようとして骨折っている  潜伏している  利器を求めている  活力を持っている  逸話として伝えられている  口から伝わっている  工業技師をしている  それと知っている  頭に眠っている  南ロシアから来ている  家庭を作っている  レコードを破っている  手紙が来ている  満足を与えている  いかがわしい人も交じっている  要を得ている  滲透している  非難を述べている  聴衆が笑い出したと伝えられている  ように伝えている  中背で、肥っていて、がっしりしている  線条を印している  種類がちがっている  講演をしている  ちょっと変っている  世界を眺めている  側に挙げられている  ギラギラしている  煙霞癖をもっている  イタリア旅行から芽を出している  処をさまよい歩いている  脳裡に起っている  人も少ないと云われている  者を知っている  彼自身人に話している  彷徨したと云っている  寛容を示している  親切に答えている  問題を論じている  問題が残されている  前から手を付けている  ものであろうと云っている  岸に打ち寄せている  金属などを商っている  火の見やぐらの立っている  のを悲しんでいる  かわり、持っている  お礼なんかいる  たくさんに住んでいる  金持ちの住んでいる  まま落ちていて輝いている  停車場などで売っている  流行語になっている  漫画を見ている  レラチヴィティだなどと済ましている  事を認め信じている  面影を知りたがっている  理解を有っている  承認している  自分で云っている  日常行われている  言葉として出ている  熱心をもっている  事にある、と云っている  空費している  無理に聞いている  問題に転じている  不賛成だと答えている  事は面白くないと云っている  一つであると云っている  今日やっている  歓喜が籠っている  方がいいと云っている  著者が評している  如何について論じている  ためだと云っている  愛嬌が籠っている  著者は云っている  そうに教えている  疑いを抱いている  性的に自ずから定まっている  皮肉が出るなと思っている  実例について論じている  社会観をほのめかしている  人にすぐれている  約束している  山望村にいる  それは間違っている  昨夜一緒にいる  からそのままになっている  匿れている  下に寂しく閉じている  あなたはまた来ている  足音を聞いたりしている  人が来ている  波瑠子を捜している  陰になっている  悪意なんぞを持っている  感謝している  ダイヤモンドを狙っている  何を言っている  あなたを思いつづけている  顔を直している  懸賞はついている  本気で言っている  きみに懐いている  きみだっていつまで女給をしている  口を利いている  半年もこうして遊んでいる  傍に立っている  影を落としている  看板の出ている  四階に泊まっている  中は依然としてひっそりしている  耄碌している  羽織を着ている  現在名乗っている  顔をして黙り込んでいる  鼻を詰まらせている  黒鳥は生きている  横浜に住んでいる  東京へ帰りたくないと言っている  店は倒れかかっている  歌をうたっている  音などもしている  中につづいている  顔を見比べている  父親を慰めている  空にそびえている  父親のねている  ものばかりで飾られている  花が咲き乱れている  世界が包まれている  なかった酔を充たしている  客がいる  子供はひいひい泣いている  編輯している  ステッキを売っている  話題を多く持っている  世間に知られている  ほうへ走っている  一人で歩いている  幸福が待っている  下宿でもしている  間借をしている  眼は絡みあっている  なかった天井から垂れている  下の人に知らさずにそっと来ている  開放しになっている  何か支えてでもいる  ガヤガヤ騒いでいる  俯伏せに丸くなっている  それをまるで抱きしめてでもいる  胸に押し当てている  ニックネームで通っている  吉川を知っている  何している  江川百合子に似ている  血眼になって探し廻っている  話が進んでいる  手紙なんか出されたんで困っている  定りかけている  入院している  仰向けに倒れている  シートを赤く染めている  結果、死んでいる  二人とも死んでしまっている  何か知っている  川口さんに知れ、またごたごたしている  吉川も怒っている  ところに佇んでいる  茫然している  躊躇している  病室に詰めきっている  申立てている  運転台にいる  吉川も知っている  運転している  のですから、生きている  そこに植わっている  番人をなさっている  お話しながら歩いている  町までつづいている  景色に見とれている  寒い風が、つじに立っている  のを、もどかしがっている  お姉さんが眠っている  教室へはいる  彼女がおとなしく遊んでいる  大事にして持っている  かぜでもひいて休んでいる  から、空いている  きつねに似ている  お母さんと住んでいる  私の乗っている  胸にぶらさがっている  金魚のはいっている  私のかぶっている  彼女の住んでいる  たくさん建っている  別に返事のいる  われらの棲んでいる  ただいまから十分間後に迫っている  棲息している  生物の喋っている  言葉を聞いている  地球に住んでいる  発信者の棲んでいる  十分間にきりつめられている  私のすんでいる  気がふれてでもいる  疑問が横たわっている  遊星に生きている  ただいま私がやっている  のちに終ろうとしている  私の棲んでいる  最後を信じている  起因している  反対意見を持っている  十数日に迫っている  本論にはいる  敬虔さをつねに持っている  方によってだいたい信じられている  惨禍発生を充分はらんでいる  回転している  構造をしている  電気でできている  単独に動いている  われらをのせている  受話器のあたっている  片隅で行われている  影響を受けている  分布されている  事が残っている  印象を止めている  百本ながら違っている  限定されている  事を忘れている  ピアソンは云っている  日常身辺に行われている  事すら教えている  恐縮している  目をとじている  時から、なんとなく騙されている  母は考えている  恋でもしている  かんにんしておくれなどとさめざめと泣いたりしている  ことないこと喋りまくっている  根底に失われている  処女はまもっている  ウヌボレに憑かれている  ものだときめている  極点に痛めつけられている  んじゃないかと思っている  政府を呪っている  浮気なのだと思っている  ことかなんか考えていて、抱いている  別に怠けている  全面的に認めている  私のきいている  から解除になるだろうなどといっている  火の手があがっている  ごろごろ寝ている  テラを着ている  首だけだして寝ている  ポカンと見ている  頂戴してくればよかったといっている  空腹よりも、こうして坐っている  本を読んでいる  私だけで坐っている  ここにこうしている  風にしている  顔をだしてみようか、迷っている  山へ行こうと思っている  オソヨさんと抱きあって寝ている  時でも笑っている  天気でございます、お寒うございます、いわなくっても分りきっている  ものだと心得ている  タバコを欲しがっている  マッチを探している  正面に坐っている  身支度ととのえている  パノラマを見ている  人間などいる  若い目はなくなっている  しかなくなっている  物思いにふけっていたり、うとうとしている  激痛をすら薄めている  鑑賞している  媚態をささげきっている  息を殺している  何かを待っている  自由をもとめている  欠点を知っている  立向っている  アッサリしている  悲痛を見ている  勝負を見ている  コロコロ負かされている  畸形児をつくりあげている  気質を知っている  サチ子さんがいる  厭気ざしている  ように努めている  ショウバイをしている  オメカケがいる  巡業に出ている  気負いたっている  取組を待っている  熱心に口説いている  ようにして心細く生きている  そこまでは分っている  温泉につかっている  尊敬もしている  電燈が消えている  夕方になっている  たそがれ、暮れようとしている  海をしばらく見ている  ありがとう、というけれども、そしてニッコリしている  ノブ子さんのいる  久須美が痩せている  段々になっている  棒になっている  骨と凹みをつついたり撫でたり遊んでいる  景色にうつしだして見つめている  海を眺めている  ぼんやり見つめている  何を考えている  安堵、生きている  身近かに迫っている  友達にすらなっている  ように察している  そこから東京へ通っている  盲いている  現実をとらえている  から知っている  自分が見放されている  罰を受けている  地獄を愛している  我人ともに突放している  現実をほんとに愛している  ヒビがはいっている  外道だと思っている  ノブ子さんを口説きつづけている  ムッツリ沈黙している  精神的尊敬を得ている  ことで苦しんでいる  私たちがついている  風でやって行けるかと考えて苦しんでいる  陰にいる  ムシロにくるまって死にかけている  雑穀を細々たべている  下から彼を見上げて笑っている  心を充たしている  それをただ見ている  私のニッコリ笑っている  彼を見つめている  顔を見つめている  媚をふくめてニッコリ見つめている  フンドシを洗っている  山鳩がないている  花の実にいる  自分一人勤めている  ものではなく、行き交うている  自分を見舞いかけている  心持を、いい現している  控室に待ち合わしている  怒り、悲しんでいる  二つの瞳から、はみ出している  爛々として輝いている  人間的苦悩の現れている  幾度でもききあきている  憐憫を乞うている  憎悪を懐かれている  安心から出ている  いちばん造詣が深いといわれている  闇を湛えている  縁を辿っている  方へ急いでいる  実を結んでいる  役回りをしている  舌を巻いている  一面に立っている  ぼんやりと見つめている  頭から嘲っている  生活をかなり虐げられている  十分に認められている  生活を強いられている  ぼんやり机にもたれている  まま座っている  捺印されている  手文庫から紛失している  ことを続けている  心に動いている  冷静に抑えている  悪癖を持っている  辞書を見ている  悪癖を確かめている  心に責められている  体格を持っている  天分を持っている  理性が、脹れ返っている  片隅に小さく蹲っている  故郷に残している  遊び戯れている  耽溺している  ことを疑っている  強者として立っている  重任を帯びている  逼塞している  首を長くして待っている  主人は寝ている  二人が会って話している  呼び捨てにしている  上から踏みつけている  教室へ出ている  盲目にされている  感激が冷めている  背負わされている  最後にほとんど憤りに震えている  それをきいている  今なお苦しみ続けている  眼前に座っている  うちに残っている  目を落している  青木を見ている  青木の着ている  もう少し零落して、しなびきっている  あいつはまだ生きている  傲慢さを持ち続けている  話題に困っている  盛んに読んでいる  胸に彫りつけている  自分では思っている  紅茶を一杯すすっている  上手に出ている  顔を見合わしている  もの式になってしまっている  残存している  驚異が、しばらく見ている  やすやすとし遂げられている  延長していっている  静養している  思いのほか疎々しくなっている  大阪にいる  運命をもっている  ために、くっくと働いている  彼がもっている  雑誌などを読んでいる  満足しようとしている  若い女のもっている  感情は、いくらか虐げられている  から来ている  遅々としている  月を見ている  彼自身のもっている  間から月を見ている  自分の仕えている  火のちらちらしている  浜風に吹かれている  臭味がついている  話に耽っている  子供たちを見ている  すべてがだらけきっている  さとをもっている  魚を食っている  蔓らせている  矜りをもっている  傍らに立っている  声も笑っている  日頃心にこだわっている  今は考えている  ブラブラ遊んでいる  絶対的服従を命じ慣れている  断乎としている  温情があふれ漲っている  二目も置いている  物に映るであろうが、知っている  お前も知っている  価値を、知っている  品物を隠して持っている  店先などに、転がされている  名を知られている  爺と呼ばれている  世人に謳われている  後をつけられている  松倉屋勘右衛門が持っている  屋敷を見上げ見下ろしている  首を傾げて佇んでいる  運命とが似ている  運命とが、似ている  目をかけている  気になって使ってなどといる  グルグルと歩きながら、酔っている  ように、怒鳴ったり喚いたりしている  声をつづけている  上品に構えてはいる  この世にいる  旦那様に憎まれている  嫉妬ている  気も利いている  部屋に坐って話し合っている  崇拝をしている  方は古くからいる  束になって咲いている  鼻が盛り上っている  蜒っている  髷に取り上げている  胸へ抱いている  自ら任じている  直感力からすれば、どうやら持っている  あれに似ている  黒味へかかろうとしている  ものにしている  往来を走っている  往来であって、歩いている  京助の持っている  脂肪太りに太ってはいる  胸に抱いている  旦那が執念深く、奪い返そうとしている  物が、入っている  包物を取ろう取られまいと、捻じ合いひしめき合っている  グルリと取り巻いている  部屋で、話し合っている  日常茶飯事といたしている  専心たずさわっている  放浪的生活をしている  巧妙に出来ている  無数に使っている  中身のなくなっている  姿をさらしている  豪奢に立っている  ちゃんと解っている  推量がついている  物を探している  俺の探している  碩寿翁も探している  円鏡をかけている  蛾などが飛んでいる  袴をつけている  殺気の凝っている  顛倒している  露路を挟んで立ち並んでいる  露路口に立っている  足もとに転がっている  空を睨んでいる  気絶をしている  逆上してあせっている  桃源郷を断っている  お前さんを認めている  私がお仕えしている  背景としている  声で喚いている  こいつを探している  脅迫している  松林で啼いている  藪でさえずっている  まわりを廻りながら、啼いている  城下までつづいている  遠くに隠れている  そこから窺っている  高山へ通っている  城下へ通っている  説教でもしている  左右に繁り合っている  城下へ通じている  樹木が厚く繁っている  顔立ちを備えている  若者が担いでいる  一所に垂れている  形で、充たされている  茅野雄を見ている  叔父がいる  祈りでも上げている  敵として憎んでいる  逼って、引っ包んで討ち取ろうとしている  白河戸郷を守っている  守護されている  遮断されている  森然として立っている  伽藍をこんもりと取り巻いている  守護されながら歩いている  身長も高ければ肥えてもいる  たっぷりと張っている  歯を蔽うている  臙脂を塗っている  刺繍をしている  一本差している  守護している  距離がへだたっている  彼女達が信じている  地に敷こうとしている  両手でかかげている  蜜を漁っている  ユラユラと上っている  ように匂っている  いつか白河戸郷を巡っている  日頃から争いをつづけている  五里のへだたりを持っている  用事を持っている  人間を、探し廻っている  危険だと云われている  眼潰れている  憚っている  絨毯を織っている  影法師の落ちている  冠っている  長をしている  危険が待っている  結果は知れている  男女が争っている  誘拐そうとしている  二言三言罵り合っている  小脇に抱えている  大略知っている  弦四郎は知っている  郷にいる  誘拐なされようとしている  露が溜ってでもいる  鳥が啼いている  虹を敷いている  太刀に敵しかねて、退いたりしている  痛みに、もがき廻っている  斃すぞと、構えている  花が群れている  一斉に寄せて、打って取ろうとひしめいている  拍子取っている  茅野雄を睨んでいる  弦四郎を睨んでいる  射殺そうとしている  四人残っている  方へ、今や走っている  住居している  それに当っている  馬を飼ったりしている  大体定まっている  連らなっている  弓を持っている  棍棒を持っている  彼らの乗っている  縦横に入り乱れている  遥かに優れている  醍醐弦四郎とが、切り合っている  熟練を極めている  前方を走っている  何が残されている  音と、絶えず叫んでいる  ために走って行っている  遥かに勝れてはいる  慟哭をしている  空と、燃えている  微風が渡っている  里をへだてている  介抱している  剣技の勝れている  ことを云っている  刀を持っている  叡知とを湛えている  目八分に見ている  仆れている  連らなり聳えている  あそこに立っている  一通りには、達している  方を指さして、笑っている  あいつらは笑っている  戦いを演じている  膝を揃えて坐っている  中を覗いている  碩寿翁の乗っている  道中をしている  空へ投げている  部屋で、囁き合っている  燈火があったならば、囁き合っている  二人もいる  眼は細く開けられている  人間に狙われている  光が放たれている  森林に囲まれている  腰をかけながら、話している  住居をしている  浪江によって、招かれている  伯父様の奉じている  信者が、集まっている  白河戸郷を、憎んでいる  地に立っている  お話をしている  血潮が通っている  敬まわれ慕われている  闘争的感情をつのらせ、云い合っている  上を蔽うている  底に転がっている  首を下げている  腰をかけている  態度の、毒々しくあせっている  腕を組んでいる  森林に蔽われ、頂きだけを出している  森に蔽われている  神殿が設けられている  水垢離を取っている  病人達が唄っている  こいつは黙っている  周囲に集まっている  駕籠にいる  連絡している  駕籠に乗っている  父上からあなた様には、止められている  あなた様を、怒っている  日光の射している  話をし合っている  白布をかけている  脇の下へかっている  辺りをガリガリと掻いている  膝から両脚がもげている  ことが出来ずに這い廻っている  それが信じられている  ままで、立っている  業病人達が、歌っている  宙に上っている  曠野まで続いている  内陣へ入りたがっている  俺の狙っている  ように狙っている  ようにと、命じている  中に、隠れている  兇暴になっている  権利を、持っている  あけと云っている  内側では考えている  背後に佇んでいる  お前達みんなが取り合おうとしている  手に渡ろうとしている  目に逢おうとしている  放牧されている  野馬がいる  屯している  番人が守ってもいる  自ら一つに定まっている  白河戸郷を巡っている  中央に聳えている  別天地に起こっている  別天地をつないでいる  何者達が乗っている  駕籠には乗っている  愛と憎とのもつれ合っている  取り引きをしている  ことを、心得ている  前に佇んでいる  洞然と開いている  眼球が失われている  回教を知っている  アラ神を囲んでいる  黄金で作られている  メッカに建てられている  言葉もなく黙っている  圧迫されて、押し黙っている  父上は開いている  返辞をしようともせず、その輝いている  足、そうして構えている  血がしたたっている  光を放っている  隙があったら切り込もうと、ひしめき合っている  背高く見えている  郷民達の渦巻いている  密修している  方が、中っている  前へ差し出している  今は明いている  眼から燦然と輝いている  高手小手に縛られている  保存されたとも云われている  傍流にいる  通りピンピンしている  小姓になっている  夫婦になっている  品を、売っている  大都会に住んでいる  髪の毛がはいつている  云つている  広告をヒラヒラ撒いている  泊つている  ゆつくりしている  はいつている  電気がついている  やつている  油が沢山ついている  行つている  無理をしている  ひとがいる  洗つている  眼を見ている  ひき出しから抜いて来ると、泣き濡れている  一人であばれている  貴方を好いている  気持を、只少し明るくしている  真只中にいる  根をおいている  なかにはらまれている  青春を描いている  青春が語られている  心にのこっている  底流れている  ひとたちとでは、随分ちがって来ている  欲望に燃え立たせている  羽根をのばしている  さが湧いている  感覚に近づいて来ている  女に与えている  ことから生じている  水とたわむれ遊んでいる  脇腹の撓みにうけている  爽かさにみちている  頭に生えている  字を書いたと覚えている  何が云われている  声が響いている  髪を結っている  夢二に似ている  単調さに苦しんでいる  雑草が茂っている  親たちのいる  生活にかまけている  夕焼けを見ている  山並までもつらなっている  姿を浮かべている  妹がなくなっている  目さめている  姿を追っている  身で知っている  脚にいつの間にかついている  笑いたわむれている  砂丘をぬくめている  目を瞑って、坐っている  子は知っている  大木のかげと頼まれている  押し入れから引きずり出し、まだ残っている  死ぬより生きている  普通裸で出ている  優遇が与えられている  そのまま歌われている  あと三年は生きている  紫色に変わっている  動物が生きている  傷あとを見せている  教授会に出ている  治療に当たっている  病的血球を含んでいる  学生諸君に差し上げている  ところまで来ている  ところまで膨れている  途方もなく大きくなっている  ほうへかなりのさばり出ている  腹の中に入れている  パンクするに決まっている  こちらがうっかり眠っている  バリケードを築いている  血が冷たく流れている  ふりをしている  カヤノは落ち着いて、ほほをくっつけている  これを受けようと思っている  抜け殻を見て悲しんだり嘆いたり恐れたりしている  声高らかに歌っている  暮らしを続けている  独り遊んでいる  目をつむっている  子たちは絶えず思っている  いま住んでいる  所有を借りている  後は見てくれると申し出ている  約束してくれている  財産を失っている  いちばんよく知っている  収容されている  野獣として狩られている  病室までそろっている  これらすべてを兼ねている  収容所に残っている  ほうがよく知っている  悪人のいる  においを放っている  愛情をもっている  もっとも強く求めている  もっとも飢えている  愛に飢えている  子たちは思っている  からその求めている  愛とは異なっている  声だけを聞いている  遺伝している  きずなで結ばれている  振る舞いをじっと見つめている  横領しようと企んでいる  底から父と思って取りすがっている  中には、そう呼んでいる  面影が薄れずに笑っている  他人にみだりに使わせられて、むかついている  操をもっている  幸福を願ってやっている  孤児がいる  微笑をたたえている  常識としている  そこに来ている  ように見えている  街にさまよっている  いま街頭にさまよっている  不良になっている  任用している  失業苦をまぬかれようとしている  月を眺めさせられている  二匹も飼っている  ものと思いこんでいる  簡単に考えている  朗らかにやっている  工作をしている  香りがこもっている  奥歯をかみしめている  まわりに立っている  一人でもいる  孤児が求めている  共同生活を行なっている  生活を送っている  愛することができる、と思っている  神を愛するどころか、忘れてしまっている  事業を企てている  事業ができると思いこんでいる  愛をそそぐぞと、うぬぼれている  力だけでやれる、と思っている  事実はそうなっている  実行されている  神にささげさせている  愛をそそいでくれている  上にゆたかに注いでいる  気を配っている  私から見られている  神は知っている  数を覚えている  愛着を感じている  いちばん愛している  誠一を愛している  心にも思っている  愛情をつないでいる  子を抱いている  絶対に頼まれている  子を養い育てている  水におぼれようとしている  知らぬ顔をしている  背を向けている  お父さんが守っている  そばについている  くよくよしている  父はよく知っている  天国に行なわれている  演出している  頭が少し足らぬか、少しおかしくなっている  人類生体実験をやっている  神罰を加えてやろうとねらっている  お方にしてしまっている  おじいさんになっても抱かれている  ためにいる  人間になにもかも与えたくて、もじもじしている  ものはどしどしくださっている  神を愛している  生徒がいる  ところどころは抜けている  食卓を書いている  天真らんまんとやっている  ひそかに案じている  苦心をよく知っている  幸福を求めている  権力に結びついている  そうこうしている  ように祈っている  信仰生活を送っている  幸福を感じている  苦難にみちている  幸福にみちている  盛んにやっている  もっとうまい物を食べている  なごやかな家庭をもっている  うつろを感じている  さを案じている  母とつながっている  わが家にいる  傍らにいる  そこにまんじりともせず座っている  ことがわかっている  直結している  幸福を味わっている  ゆさゆさ揺れている  幾艘も泊まっている  修道女だけがいる  遊戯をしている  お話が始まっている  子供が聞いている  目を輝かして聞いている  幼稚園となっている  看病している  牛乳をしぼっている  者もいる  野菜畑でくわを使っている  おむつを洗っている  修道女もいる  労働している  洗濯ばかりしている  誓願を立てている  ここでこんなに激しく働いている  当たりまえだと思っている  使用人と考えている  不思議に思われている  忠実に守っている  従順をもって黙々と働いている  神となっている  イエズス・キリストに見えている  生命をねらっている  模倣をしようとしている  イエズスと見なして仕えている  幸福がはっきり浮かんでいる  能力をもっている  鼻にかけている  格好をしている  大成功だ、と思っている  ほうだ、と考えている  小人物をつくっている  遠くから気をつけて見守っている  離れ離れになっている  たくさん並んでいる  助け合い、支え合って、揺れてはいる  まわりがまっすぐに伸びている  胸におさめている  刑務所などに入れられている  朗らかにいつもいる  二割を占めている  孤児収容所に入っている  教育をうけている  家庭に隠されている  学校へ通っている  おやつを作って待っている  収容所にいる  家庭孤児は忘れられている  家庭孤児は恵まれている  原子野バラックに引き取られている  性分をもっている  完全に封じられている  岐路に立っている  世界におびただしくいる  現在幸福に暮らしている  それを恐れ、なんとかして避けさせたいと願っている  外で鳴いている  のっぺらぼうになっている  勇気をもっている  真似している  写真の出ている  香りをもっている  後に控えている  修業がいる  看護し合っている  えりについている  世から忘れられようとしている  坂になっている  窓ガラスが割れている  旅をさせている  切符を買っている  二人は乗っている  デッキでおしつけられている  きれいネ、などと話しながら眺めている  お父さんはこんなに、はらはらしている  写真まで載っている  誠一たちの乗っている  坂を下っている  修理工場へつとめている  そいつをどうにかこうにか間に合わせで使っている  実情を知っている  原稿を書きかけている  懐にいる  神にまかせている  取り越し苦労をしている  にこにことしている  手の甲がかくれている  身につけている  体臭が漂うている  何を祈っている  小さなあくびも出ている  湯気を立てている  尾をはね上げている  ゆうべから考えている  とおり寝ている  足を踏ん張って突っ立っている  兄は困りきって、しきりになだめすかしている  手を引かれている  ほうをのび上がって見ている  赤ちゃんを背負っている  けいこをしている  大声をはり上げている  情景を見ている  どん底に落ちている  子守している  何を描いている  夢がそのまま残っている  のはいつも決まっている  そこらに生えている  潮風が絶えず吹いている  沖に浮いている  そのまま教会装飾にわ表されている  顔から飛び出している  これをじいっと見ている  前に出ている  永遠を見ている  神を見ている  一心から歌っている  羽が生えている  冠をいただいて、あどけなく笑っている  ひだがついている  のが咲いている  横ざまに泳いでいる  面白い効果を見せている  にぎやかに遊んでいる  私のあずかっている  血がつながってはいる  調べ上げている  締切日も知らずにいる  汗が光っている  てっぺんに載っている  防空壕に、きょとんと座っている  誠一に移している  いちばんよく知られている  お祭りをされている  歴史家から悪口を言われている  評判されたいと、日ごろから望んでいる  年齢そろってわかっている  それで生きている  ごほうびはもらっている  イエズスが言っている  山羊を飼っている  昔から言われている  上に住んでいる  暴力で奪い合っている  社会だけでやっている  無理が起こっている  自由意志とが与えられている  パンを得よ、とも命じている  物をそのまま使っている  本能だけで生きている  居食いしている  しんかんとしずまっている  のと称えている  原子から成り立っている  汗して働け、と命じられている  汗を流して働いている  汗している  大衆は考えている  まくり上げていばっている  自由意志とを持っている  時がきている  探求している  ものを正しく見ようとしている  方向を指している  宗教を持っている  宣伝している  文明批評家たちが言っている  真理だと信じている  太陽がまわっている  運行を見せている  から便宜上それをつかっている  知恵を探っている  常識にされている  時代とともに変わっている  いまそれが流行っている  概念を変えなければなるまいと考えている  陰電子がとびまわっている  実験をしている  宇宙を保ち司っている  幸福にしている  作用を司っている  真理を探している  目隠しをしている  ほうから照らしてくださっている  直射光に照らされている  実験している  修道院で祈っている  前に悲しみ苦しんでいる  食物のいる  時に、はっきりこう言っている  今飢えている  ばたばたしている  大切に考えすぎている  ことばを伝えている  運動をしている  人力を使っている  節約されて浮いている  前に立たされている  音楽を聞いている  霊魂は生きている  ことはできないと、はっきり言われている  患者が死にかけて、はらはらしている  病気で苦しんでいる  原子学が取りあつかわれている  科学界は絶えず動いている  研究を続けている  原子学がどんなになっている  学問的魅力を保っている  中堅どころとされている  進歩に比べてみると、すっかり立ち遅れている  上手と言われている  あとを追っかけている  ことはとてもできないと思いこんでいる  平気で行なっている  口をあけている  文明を探し出している  ようにと念じている  便利に暮らしている  生産している  装いよりも優れている  話題になっている  科学者のいる  幾人もいる  香りがみちみちている  外まで香っている  夜通しがやがや騒いでいる  暮らしにも困っている  不幸不運と思われている  各人がいただいている  悪魔に仕えている  上席についている  重役と威張っている  教授とうぬぼれている  のも生きている  男がよくいる  そうに威張っている  大金を持っている  のではない、生きている  私たちは生きている  つまり時間に生きている  時間に生きている  生活もしている  世間で言われている  善と書き留められている  学生時代から覚えている  ものがわだかまっている  骨みずから痛みを生じている  骨の数えられるまでやせている  心臓をおしつけている  息をついている  ようにふくれ出している  力も弱く、さすってもらうには最も適している  わが子にさすってもらっている  ままにさすっている  花を咲かせている  一枝を見ている  生気があふれている  希望にみちている  どんどん仕事をしている  水をせっせと吸い上げている  馬力をかけている  手で折られている  前にしおれるに決まっている  壁が危なく突っ立っている  花壇を作っている  板壁が光っている  百人ばかり集まっている  原に浮かんでいる  祈りをささげている  死病にかかっている  ここから見ている  ままごとをしている  火をいじっている  からでおこっている  色を見ている  上に立てかけて使っている  ところで随分殖えて来ている  ように出されたりしている  盛んに喋っている  故障をおこして困っている  佗しく表れている  フォードが行きわたっている  なかったものがあらわされている  さが語られている  ハンドルにつかまっている  秘かに感じている  バスを動かしている  住っている  札のかかっている  棚にのって飾られている  竹を添えられ、強いてもためられている  あたり前に咲いている  レールが敷かれている  精米をやっている  方へつづいている  運搬されている  炭がなくて困っている  鼻面をのぞけている  それを運びこんでいる  宙に迷っている  大阪へ行ったら、おどりを、と、たのしみにしている  すし屋へ行っている  みたいだが、決して、威張り散らしている  世辞も含まっている  定っている  躍動している  うた子と遊んでいる  草原は黄色く枯れてしまっている  指図をしている  苦情をいっている  有様や、唄っている  取引を眺めている  突出ている  円みを帯びている  ほか含んでいる  一房垂れている  山百合が咲いている  裂けめから水が湧き出し、少したまっている  海岸からも引込んでいる  谷間に暮している  前に遺っている  衛生上にもよいと知っている  方便としている  昆虫が沢山いる  朝夕とも棲みしている  もので覆われている  ことかと見ている  頭だと観破している  巣もはらずにひっそりしている  土地を耕している  見当がつきかねている  それが目立つて多くなつている  結託している  捜査を続けている  重大役割を演じている  脅迫を重ねている  某方面から聞き込んでいる  からしもいるにはいる  背負つている  礼は心得ている  仲にはいる  悪事を働いている  ために費されている  絵筆を動かしている  絵具をしきりに混ぜ合せている  軍人はいる  興味をもつている  尊敬にはなつている  対坐している  行き倒れがいる  将棋盤を見つめてはいる  想い出そうと焦つている  たしかに打つている  ほかにいる  顔をみている  水面から顔をあげている  目前にもがいている  系統づけてされている  頭を掠めている  手記をかいている  日を、どうかして生きつなごうという、もがきで疲れ果てている  生活にはつきまとっている  たび応募されている  本質からちがっている  形が考えられている  ように舞っている  はなげすてられている  問題がふくまれている  中におかれている  抗議が語られている  生きることさえかたくなっている  事実が示されている  慄いている  活発に泳ぎ回っている  餌を待って群れている  餌をくわえている  写真がのっている  コート姿をはこんでいる  毎日を送っている  テレヴィジョンを映している  傭兵制を考えられる、とわめきたてている  はじにつらなっている  平和を守ろうとしている  支部にもとめて来ている  国外に行っている  日本服で歩いている  ことは、ことわっている  意義をもっている  良心につながっている  はいつの時期でも適している  袋に入れて売っている  てんぷら油として売っている  から順々に用いている  壁に向っている  行状によく似ている  隙から見ている  都へ上りたいと憧れている  返事も出来ないでいる  傍によけている  眼から光りを放っている  教えに越えている  法門に達している  から今考えている  相承している  義理に立ち越えている  外には持っている  通達している  みんな最早聴いている  諸宗を見破っている  他行している  人に越えている  矢張り五返読んでいる  ことによってもその達している  指南としている  仏が勝れている  称名が勝れている  透徹している  奥旨を述べている  あやしがっている  図になっている  ものに見えている  経を見ている  光が現われ、坐っている  一杯になっている  念仏している  念仏をしている  管絃遊戯している  形になっている  たしかにそう思っている  日本往生伝に記されている  地蔵様が隠れている  ことから始まっている  釈義も窺っている  聖達が坐しつらねている  利益もすぐれている  書物は少し偏っている  粥を入れてやっている  撰択集を少し偏っている  縁としている  万徳が備わっている  のが残っている  何を聴いている  南無阿弥陀仏と申している  心に染みている  心にしみている  心配して見ている  手紙が残っている  お年をとっている  処に知っている  教えをよく受けている  蓮華の咲き乱れている  前で祈っている  仏の如く尊むことになっている  みんな極楽に生れている  消息を遣わされている  返事を与えている  垣を作って防いでいる  奇瑞が伝えられている  法然に尋ねている  眼を澄まして眺めている  宗派を謗っている  要旨を教え越されている  廂に参っている  念仏を広めている  から誰れも知っている  極楽できっと待っている  立派に生きている  心にも背いている  五万遍を唱えている  念仏を唱えしめられている  略はやっている  署名している  栖んでいる  起請文を認めている  あやまり証文になっている  弁明とを以て尽している  間は生きている  お願いして見ようとしたけれど、こうしている  安心なさいというている  痛切に書いている  熊野山へまいっている  死期はもう近づいている  草庵を結んで住んでいる  ことなどがあって驚かれている  声絶えず、眠っている  感得している  寄宿している  忘るるに似ている  うちに摂している  仏意に違っている  日頃思っている  行方を尋ねている  義理明晰をもって聞えている  お通夜をしてまどろんでいる  何か騒いでいる  珠数をもっている  源空が生きている  ことを尋ねている  休息している  外で聞いている  返答を与えている  処に止まっている  伝持するに堪えている  心を決めて待ち構えている  教化消息が伝わっている  知恩院に残っている  奥に至っている  詩人だと考えられている  ポーについて言っている  可能性をもっている  彼はこう言っている  無視しようとしている  魅力をもっている  生まれつきもっている  それゆえに誤っている  中にもひそんでいる  中学生に向ってさえビクビクしている  君覚えている  高楼が並んでいる  立ち番している  留守番に傭われている  笑いをやっている  奥に蹲んでいる  そいつを傭っている  召集ときている  任務についている  石炭を掘っている  弧を描いている  墓地に眠っている  並木を作っている  県道になっている  菜の花の開いている  鰯を干している  網を繕っている  狂人を装っている  青物商を営んでいる  みんな本人の背負っている  鳥を追っかけて歩いている  玄関先で暴れ回っている  寄食している  小説本をひっくり返している  耳に当てている  ものを言っている  銅貨を取っている  梯子酒をやっている  縁に倒れている  コップを並べている  苦闘している  兜岩へ行っている  裏山を鳴らしている  岩に取り縋っている  部屋を歩き回っている  消息を知っている  受取人となっでいる  里にはいる  下町から避難して来ている  方面から避難して来ている  吾人の持っている  ビクともしないで残っている  夜警を勤めている  的になっている  仲裁に出ようかと思っている  ドス黒くなっている  恰好で、倒れている  ようにして調べている  探訪記者として、馴れ切っている  そこに写されている  私の覗いている  只一突にやられている  左肺を貫かれて死んでいる  板が上げられている  紙片が残されている  夜警をしている  そこに死んでいる  事務をとっている  岩見が控えている  男が倒れている  下宿に張り込んでいる  知らない岩見を操っている  打合せをしている  そこに倒れている  人から恨みを受けている  恨を受けている  調査をしている  中毒で倒れている  面喰っている  炭がついている  青木さんにかけようとしている  何処かに隠している  どこかに隠されている  時機を失している  モルヒネで寝ている  一コマであったにきまっている  印象している  現在刊行されている  実質をもっている  解題を書いている  うちに生かそうとしている  汲々としている  毒されている  民主化同盟とよばれている  感想を与えられている  正常さでうけとられている  上にうけとられている  なかに生きている  コムプレックスをふくんでいる  習慣ものこっている  三人従っている  従者がしたがっている  もののついている  随行している  使役せられている  物に見えている  諸書に少からず見えている  精通している  熟知している  ものだと解している  ところも変ってはいる  小屋住まいをしている  事が見えている  話題に上っている  造花を付けている  姿が示されている  継続している  抽斗になっている  だんだん薄くなって見えなくなっている  檀寺にやられずにいる  初めからわかっている  自ら許している  色彩を放っている  風光を思い浮かべている  兄さんと呼んでいる  将来を決している  自分は知っている  決心を秘している  ぼんやり見ている  域を脱している  うろつきまわっている  複雑して現われている  寝ぼけ眼をまたたいている  空にすかしている  点出している  佐伯にいる  擾している  奥に座して、ちょこなんとしている  身をまかしている  口笛を吹きながら描いている  眺めを深くもし大きくもしている  滴つている  きり少なくなつている  胴に動いている  鶏頭が幽に燃えている  のが建っている  店で売っている  いちまつと洒落れている  口を利くでもなし、ただにやにやと笑って見ている  のを、こう覗いている  銀杏返が乱れている  十五は知っている  一団になっている  藁草履を穿いている  一つ架っている  海月に似ている  託宣せられたと説いている  状態にとどまっている  再建論を繰り返している  平気で伝えている  以て信じている  これを書いている  背馳している  横行を許している  立派に裏切られている  記述をなしている  多く現存している  物百四十四点となっている  今もなお有している  ものとして信じている  事を信じている  埋没している  一部を止めている  正面が無いと言われている  左右均斉に分れている  正面が無かったと言われている  のだと伝えられている  庇が設けられている  神座が設けられている  報道せられている  正倉院文書造石山院所労劇帳にも見えている  状態となって来ている  発見が重ねられている  紹介せられている  例となっている  気脈を通じている  ように黙っている  持主と来ている  黙過している  失敬している  無断伐採している  進行をしている  十数名はいる  肚をもっている  彼自身がまた、乗り上げてしまっている  給料取っている  世話人をやっている  一時のがれやっている  いまもってこげついている  連中のやっている  出資している  差押処分を食っている  彼もうすうす聞いて知っている  打算している  考え方をしている  方だと聞いている  鉄瓶がかけられ、いい加減温っている  米穀肥料商を営んでいる  竹切がまだ残っている  石橋はどうなっている  ことをやらかしている  ことで通っている  収支を合せてはいる  重複している  ここでもダブっている  みんながひっかけている  反感をいだいている  如くに考えて頼っている  存在によって守ってもらっていると信じている  悪化していっている  給料はきちんきちんと取っている  嫌悪している  謄写刷をやっている  訂正している  何と思っている  書記は相変らずにやにや笑っている  うかうかしている  どこかを睨まえている  八九割もかけている  賦課率になっている  全部節約している  事務をやっている  組合へ出ている  種子まきを止めず、相変らずにやにややっている  首をひねりながら眺めている  地方十里踏出してもまだ知れている  みんなが言っている  心配そうに重ねていっている  口にしている  取調べをされている  方へ走らせている  なんでも出来かかっている  一部で云われている  力として役立っている  線を辿っている  自覚されている  良心の問題として挾みこまれて語られている  部分をどう考えている  事情に置かれている  雨降っている  すり合わせている  夜もおちおち寝ず、濡れている  ミルクで育てている  ゆえ継母のいる  工場で働かせている  前に来て語っている  料理仕出し屋丸亀に嫁いでいる  小さな籠をもっている  欺されている  余りを嘗めている  駄菓子を商っている  中身を嘗めている  中風で寝ている  茶断ちをしている  苦労人やと云いふらしている  位醜くたれ下っている  行水をしている  講義録をとっている  斜めに下っている  板場をやっている  妊娠している  卒業式をもう済ませている  料理衣をきている  高下駄をはいている  文吉が寝いる  葉っぱばかり食べている  看護婦をしている  貯金帳を作ってやっている  自分に似ている  風呂へ抱いて行ったりしている  便所に隠れてこっそり泣いている  しんみりしている  上で佇んでいる  絵看板を見上げている  看板が掛っている  中をうろうろしている  ようにして食べている  註文があって目出度い目出度いと立ち騒いでいる  戸を閉めている  部屋で、ぽつねんと待っている  いびきを聴いている  智慧を振りまいている  蒼になってふるえている  そればっかりはと拝んでいる  女になっている  暮しをしている  ことまで云っている  木下がいる  弁護士になっている  屋台店を出している  内心諦めている  女と遊んでいる  殺気が漲っている  居候している  ことを嫌がっている  腕をもっている  わさびを擦っている  雇人部屋で寝ころんでいる  牛肉を使っている  温泉宿でしんみりやっている  すべもなくぽかんとしている  肩入れしている  考えに耽っている  数千円に達している  楽であったが、煮ている  物価の上っている  町角に突っ立っている  外燈の消されている  流れを見ている  ことをしきりにいっている  見世物でも見ている  ようにしてぶら下げている  とおり惜しがっている  きれいに取れている  フィルムに焼きこまれている  完全に異なっている  ことのない、見ている  スクリーンに映っている  ヘルメットに取り付けられている  黄金色に輝いている  要求されている  さを超えている  解消すべく、持っている  内側に閉じこめられている  それを見つめている  ボードがくいこんでいる  スクリーンを見守っている  絶している  内側に抱きこんでいる  壁にくいこませて走っている  屋根になっている  肩までのばしている  フィルムであり、映っている  さまで占められている  海の底から飛び立とうとしている  すべて撮影されている  そのままそれを忘れてしまっている  こっちに向かっている  傍受している  発信されている  アリューシャンに吹き荒れている  っぱなしにしている  形状は似ている  大嵐が起こっている  ペイントで描きこまれている  小屋と呼んでいる  位置に建っている  左に曲がりこんでいる  ペイントはあらかたはげ落ちてしまっている  さらされ、塗られている  かば住みついている  ひとつにまとめている  生活を支えてくれている  投資している  彼は目ざしている  僕たちはおこなっている  ところまで進んでいる  一般公開されている  七本、出来あがっている  レンタル料をかせいでいる  アルバイトをしている  ジェニファーには混じっている  僕たちは思っている  エマニュエルは、やせている  語感が気に入っている  ビーチと呼んでいる  ホーたちがいる  大嵐が荒れている  ここまで届いたとされている  頑丈に作られている  空を覆いつくしている  何万年となく続いている  作業室になっている  自分の気に入っている  共同で使っている  南北にのびている  半分まで落ちている  空とを照らし続けている  様子を見ている  一部を覆っている  はるか遠くに浮かんでいる  空を見つめている  様相を異にしている  色に染まっている  乱反射させている  広がりをかたちづくっている  瞬間にはもう消えている  かたときも休まずに繰り返されている  海がたずさえている  海に入っている  かたちをしている  ように広がっている  根気のいる  自分のしている  キチンにいる  ことはもうわかっている  ほんとうに興味を持っている  習性を持っている  信頼しあっている  影へと落ちこんでいる  快適にしまっている  フィルムまで入っている  カメラから垂れ下がっている  霧が残っている  ブルーに変わっている  シルエットになっている  沖に出ている  中空を漂っている  ジェニファーが持って来てくれている  斜面を、滑り降りている  フィルムにとらえられている  世界にひたりきっている  持主に操られている  病名がつけられている  波が映っている  ヒンズーに凝っている  友だちにいる  前に降ろされている  仕事にしている  ように突き出ている  見物している  彼がいつも持ち続けている  それぞれ東西南北に向いている  所属している  いま運転している  ゴールドに輝いている  彼は引き受けている  前面に押し出されている  いま乗っている  波乗りをしている  いま身も心も捧げている  ラリーから押しつけられるにきまっている  オロワルに借りている  髪が、長くのび始めている  新聞で読んで知っている  運動に深くかかわっている  厳禁されている  条件が整いすぎている  集結している  フロアにすわっている  一面に散っている  海へ抜けている  島へ叩き返されている  鮫もいる  誰もが悲しんでいる  教習所によくいる  挑戦しようとしている  今年は少し遅れている  前からワイメア湾を叩いている  カメラを据えつけている  海に沿っている  挑戦している  海を少しでも知っている  サーファーがとりついている  嵐が吹き荒れている  お茶をにごしている  ワイメアを知りつくしている  北西を向いている  いつまでも漂っている  何段にも重なり合い、砕けている  灰色にかすんでいる  総合すれば、いつもいきなりやって来るので知られている  ヘリコプターに乗りこんでいる  やりとりをしている  命を賭けている  バムを気どっている  ワイメアについて知っている  サーファーがくらいついている  いっしょに、おいしく食べている  望遠レンズつきの撮影カメラをのぞいている  前に突き出ている  砂浜が待っている  カメラを立てている  沖にいる  望遠レンズ越しに見ている  内側にえぐれこんでいる  テイクオフをぎりぎりまでおくらせている  落としになっている  自分が乗っている  指示は、聞いている  向こうへ沈もうとしている  いちめんオレンジ色に燃えている  雲は放っている  せりあがっている  スクリーンを見ている  自分をとりまいている  快調に進んでいる  時間経過をはさんでいる  ハワイ島にいっている  全員が来ている  サーファーもいる  日が続いている  栽培している  燐光が燃えさかっている  無数に生まれては消えている  陸へ入りこんでいる  岬が突き出ている  遠浅が長く続いている  海底にいる  アーチは、深くえぐれている  生命力をおよぼしている  永遠にかかえている  いまも繰り返されている  海面に浮いている  波は浮かんでいる  僕を支えている  底にいる  林から高く飛び出ている  僕は知り抜いている  頭を出している  密かに結ばれている  こちらに向かっている  存在を支えている  サーフボードごとへばりついている  一直線にのびている  まま僕はいる  そこに支えてくれている  いちばんスピードがついている  空間に張り出している  体重を乗せてこうしている  轟音が巻きあがっている  内部にいる  左へ飛んでいる  波が抱きこんでいる  僕も抱かれている  僕は溶けこんでいる  僕はいる  凹凸を持っている  大きな月が浮かんでいる  不気味に笑っている  湾に面している  静かで堂々としている  海がたたえている  不思議な生き物になっている  僕につきあってくれている  何度も見ている  大口を開けている  しろに立ちはだかっている  星空が狂っている  哄笑している  まわり小さくなってはいる  キャベツが出来ている  高度はかなり増している  パニオロと呼んでいる  情熱を持っている  音楽を作っている  ラヴ・ソングだ、と言っている  家は建っている  知らん顔をしている  音楽を作り出している  スティール・ギターを弾いている  膝にかかえて弾いている  ギターを乗せている  人気を保ち続けている  椅子をならべている  土着している  遠慮がちに弾いている  一枚、作ろうとしている  成功させようとしている  気心を知りつくしている  宇宙を仰いでいる  リーダーになっている  全員に降り注いでいる  ダンがいる  カフナを名乗っている  中心になっている  超越している  かぎり控えられている  人どおりが早くもなくなっている  店はまだ開いている  私書箱がならんでいる  パニオロ宛てに届いている  ことは、いつもきまっている  バンドを作っている  日本人青年たちがいる  演奏している  さに惹かれている  ものを着ている  いくつも作っている  上にすわっている  全員揃っている  何人もいる  腹が少し出ている  オカマがひとりいる  テラスが四角く張り出ている  ようにそびえている  東西に広がっている  山から出ている  山からのびている  山裾を下っている  西に面している  攻撃目標になろうとしている  コントロールしている  所有している  完成している  不動産業者から、借りている  雲が浮かんでいる  南から北へふさいでいる  上空に積み重なっている  背後にそびえている  かたわらに立っている  角度から、とらえている  ラインハートが持っている  家に泊まっている  パニオロが好んで食べている  命令されている  抵抗運動を押し進めている  保養地計画を進めている  から住みついている  ヴァレーと呼んでいる  庭に集まっている  企業側は知っている  書記を務めている  ヒットを続けている  書類も揃っている  完全武装している  僕たちもよく知っている  屋根にいる  仕事を請負っている  写真を撮っている  自認している  正確に詳しく知っている  土台だけが残っている  レイモンドが勤めている  四つならんでいる  腹ばいになっている  上体を起こしている  僕たちふたりは浮かんでいる  君臨している  チューブ波を見ている  広がりが、見ている  あたりを見つめている  録音がおこなわれている  ように、浮かんでいる  夜の音に似ている  ふたりの浮かんでいる  方向から来ている  裏に黒く迫っている  ようにつらなっている  夜空に向かって突き出ている  垂直に切り立っている  スロープが広がっている  垂直に立ちあがっている  燃えたぎって赤く溶けている  燃えかすで覆われている  建物が揺れ続けている  溶岩に埋まっている  公園が広がっている  量を増しながら流れて来ている  輸送している  煙をあげて燃えている  そのままに残っている  まんなかにつらなっている  没しようとしている  火山は生きている  演奏が始まっている  なかをきらめいて飛んでいる  眼前に立ちふさがっている  海にすわりこんでいる  映画を撮っている  道が出来ている  中心となっている  突起が出来ている  公園になっている  呼び名で呼ばれている  ハイウエイが走っている  走行車線から分かれている  海底でつながっている  カーヴしている  砂浜からパドリングしている  蒸気機関車はよく出来ている  一部分、残っている  トラックが受け持っている  昼食をとっている  作業を進めている  役を引き受けている  医者に止められている  道ならよく知っている  血が混ざっている  ひとつに束ねている  屋根を覆っている  蒸気機関車に当たっている  きれいになっている  濃密にたたえている  波にとりついている  公園に残っている  パワーに満ちている  公園にいる  域に達している  記事を書いている  下で平たくひき締まっている  隆起が丸く張っている  海に捨てられている  口を開いている  作用し始めている  対応策を考えている  抵抗している  波乗りで知られている  男としても知られている  修復して走らせている  埃まみれで眠っている  私がいつも守っている  しかし、負けている  下で張っている  スクリーンによみがえっている  樹が生えている  脈動している  自分が作っている  いまおこなっている  音入れをおこなっている  映画を見ている  機関車庫に眠っている  担当している  いくつか乗っている  かたちで、浮かんでいる  並行して走っている  線路が敷きなおされている  帯状にのびている  なかをうねっている  作業をしている  具現を見ている  上に光っている  彼女がいる  ぜんたいに溶けこんでいる  ことが楽しくさえなっている  銀色に輝いてのびている  線路は消えている  向こうに消えている  三輛、引っぱって走っている  こめかみを押さえている  助けを呼んでいる  部屋につながっている  理解を超えている  達者に泳いでいる  いきさつをよく知っている  お寺にいる  手伝いに来てくれている  計画が持ちあがっている  つきっきりになっている  反応出来ずにいる  記憶を失っている  マーシアは強く思いこんでいる  神経はたかぶっている  大幅に覆いかくされている  七十歳を越えている  の憂鬱感に深く落ちている  応対している  大波を知り抜いている  きみたちが探している  アランを知っている  ふたりは言っている  アランを探している  人から聞いている  友人と住んでいる  スーパーマーケットまでいっている  計画は、もう出来あがっている  休暇で出払っている  海岸へせり出している  虹が立っている  根もとにいる  流麗に撮っている  技術を持っている  マウイ島にいる  静かに宿っている  なにをやろうとしている  16ミリで撮っている  アランが映っている  主眼としている  はずだと言っている  カラカウア通りに舞っている  北海岸へ帰ろうとしている  そこに映っている  彼を探している  充満させている  身悶えしている  落下している  見え隠れしている  もの狂いで探している  ように逆立っている  行き場を探している  二十フィートに立ちあがっている  不気味におこなわれている  上で動かしている  牽引されている  まっ白に泡立っている  ポーズで立っている  砂浜に向かって哮えている  サーフだけが映っている  蓄積している  軒をつらねている  はいないだろうと言っている  サーファーが住んでいる  ファーマー・ジョーと呼んでいる  二軒ならんでいる  草木が茂っている  かわりになっている  共同生活をしている  昔からつきあっている  畑に出ている  あそこにいる  かたわらにすわっている  ピアイラグが持っている  円形にとり囲んでいる  点々とつながっている  サーフに盛りあげている  太陽に照りつけられている  僕たちのいる  体をしている  体はたたえている  確実にかもし出している  顔には伝えられている  指が示している  僕たちがいる  アランが住んでいる  手を振っている  確認している  昔から冗談に言われている  ダフネが持っている  いま私が持っている  なにを考えている  いま空いている  静かに燃やしている  仕事に出ている  タヒチへいっている  何本もならんで立っている  から眺めている  それをかかえている  笑顔を浮かべている  貨物列車と呼んでいる  湾曲して立ちあがっている  疾走している  アーチはとっくに走り去っている  爆発をとげている  貨物列車に追い越されようとしている  疲労している  気をとられている  ハミルトンが乗っている  もの静かに落ち着いている  いま浮かんでいる  マストが立っている  さも、少しずつ違っている  ハサミをふりかざしている  誰もが呼んでいる  南太平洋から完全に消えている  成功させている  象徴になっている  幸運を祈っている  いま僕は、のぼっている  スクリーンに映し出されている  急激に落ちこんでいる  銀色に輝いている  外からいきなり落ちこんでいる  月光の当たっている  礁湖にいる  僕が置かれている  僕は、鳴っている  友人がいる  誰もが思っている  仕事で出向いている  いま僕は思い出している  そのまま通用している  主題がつらぬいている  目標としている  久江は覚えている  木が青々としている  姉はよく眠っている  久江はうとうとしている  何がいる  何を見ている  フクロウがいる  椎の木にとまっている  混乱を来している  想見している  ように追っている  雲かを吸ったり吐いたりしている  みちにたてたりしている  頂を通っている  山をうごいて落ちてけむりを立てている  間ちがっている  看板もかかっている  おしまいぽかぽか撲りあったりしている  木がいっぱい生えている  から谷を溯っている  日光が落ちている  あざみなどの生えている  小十郎を見送っている  谷をしげしげ見つめている  こっち側だけ白くなっている  胃もあんなに青くふるえている  月光をあびて立っている  ようにうすわらっている  ころはもううれしくてわくわくしている  何か申しあげている  挨拶をしている  猪口についだりしている  小十郎でも知っている  ときまっている  なかを円くしてよじ登っている  横になっている  雪はあんまりまばゆくて燃えている  何か笑っている  あれだけで尽きている  程度にとどまっている  汽車も通じている  どこがどう変っている  形をなしている  羽織袴でただうろうろしている  手ぐすねを引いている  老人で、その隣りに坐っている  新聞にも出ている  接待に出ている  糸屋をしている  それを信じている  上方勢を悩ましたと伝えられている  平地より窪んでいる  口碑に残っている  記録に残っている  床下に棲んでいる  探険に出かけている  問題となっている  ことをいって騒いでいる  建物になっている  所であるかは勿論知っている  様子がどんなに変っている  好奇心に駆られている  いくつも続いている  林は依然として茂っている  お互いにもう見忘れている  朝も会っている  大胆になっている  かなりに高く乱れている  葉が踏みにじられている  石が転がっている  ように埋まっている  先刻から見てあるいている  方に横たわっている  名が付いている  顔を洗っている  からだはもう冷たくなっている  彼によく似ている  夜のふけるまで起きている  支度に取りかかっている  密会している  蛇がまき付いている  眼を動かしている  頸を絞め付けている  狛犬の埋められている  縄張りが取れている  むむ、なかなかよく出来ている  精巧に出来ている  発音されている  ものであろうと考えられている  感覚を有している  音色に聞きとれている  のも知らずにいるとさえ言われている  とき自由性に、置かれている  賦与している  擦り合わせている  貯金帳こしらえてくれている  茶断ちしている  苦労人やと言いふらしている  行水している  斜めに下がっている  部屋でぽつねんと待っている  二百円ほどになっている  知慧を振りまいている  ことまで言っている  タンチー一杯注文している  物価の上がっている  外灯の消されている  傾斜になっている  町までは何とかして辿りついてやろうと思っている  うつつをぬかしている  一番捉えている  者達がさぞや待ちかねている  籠めている  たくさん待っている  夕風にざわめいている  身をやつしている  姿で脈打っている  あれすさんでいる  僕は心から信じている  向うに住んでいる  方を眺めている  自律をもってしめくくりえている  堅持している  忙殺されている  人生を考え、取り扱っている  手紙が示している  中にたたかいつつ生きている  悩みを生きている  青年たちを教え導いている  静かにおちついて暮らしている  バランスを保って暮らしている  ほうが深く達している  慰藉を感じている  ものが住んでいる  講義をしている  点を備えている  疑いをかけられている  不具者となっている  食事もせずに寝ている  恋を語っている  あれはそうも思われると申しただけで、そう決めている  尾道にいる  衆群にはいる  混乱している  広島を出ている  ゆっくりしている  考え方になっている  結婚させようとしている  集注している  覚悟はいたしている  平和でいる  インテレッシイレンしている  んじている  方はあるまいか、と考え悩んでいる  さになっている  こころもちがいつもひそんでいる  方へと深まっている  学生ばなれしている  先人を持っている  ものを持ちながら与えずにいる  今私の住んでいる  底に沈んでいる  周囲から迫害されている  部分を含んでいる  あなたを待っている  安心して、永くいる  相当している  から、こうして交わっている  日がつづいている  夏蚕を飼っている  今取りかかっている  間心配ばかりさせている  そばに見ている  暮らし方をいたしている  約束に立って暮らしている  自由を得ている  私の目ざしている  恋を求めている  心地で暮らしている  気でいる  最近のものだけに、最も潤うている  ことばかり繰り返して語っている  監禁せられている  心に描いている  パンにも苦しんでいる  あくがれている  焚火をしたりしている  菜を洗っている  あなたが愛せられている  仕事に親しくなっている  泣きくずれて訴えている  ものであるかを知っている  とくに暮らしている  行者を持っている  情にみちている  庄原にいる  看護になれている  まりいきいきとしている  機縁を持っている  重荷に感じている  問題にみちている  ことを恐れている  今はいる  時にいる  傲慢とたたかっている  野にいる  実行的精神の欠けている  部分を占めている  接触している  手紙を読んでいる  準備をさせている  病気が死に脅かされている  死期も近づいている  母はうろうろしている  看護に疲れている  自分を偽っている  晦渋してはかどりかねている  それを起こっている  問題など話している  aneignenされている  愛につきて語っている  一番愛の起こっている  方をしている  忍びなれてはいる  妹と暮らしている  妹の持っている  一燈園にいる  内から何か促されている  散歩とをしている  日を暮らしている  暮らし方をしている  原稿のいたんでいる  誇りにしている  経文などあげている  死に脅かされている  愛とを穫ている  問題が起こっている  事情になっている  私などの思っている  場所をつくらねばならぬと感じている  リズムが響いている  心に語りたいと心がけて書いている  根拠づけている  下に苦しんでいる  病気を耐え忍んでいる  家に残っている  悩みを持っている  労苦から得ている  のを控えている  艶子も困っている  力を示している  あれを読んでいる  地位にいる  私のなぐさめを待ちわびている  性質を持っている  たくさん両側に並んでいる  今持っている  気がひけている  私がありがたがっている  書くこととを禁じられている  安静を命じられている  絹さんが寝ている  春の動いている  気持ちで見ている  私たちのもとめている  墓を生きている  墓もりとなっている  心が貧しく潤うている  途は残っている  なかに最もよく現われている  得読まずにいる  一部にものっている  本能となっている  ものは省みている  徳の欠けている  累をなしている  僕がなお生きている  部分をも含んでいる  持ち味が出ている  スチィールを備えている  なかったドラマチストになろうとしている  尊重とを信じている  小説に最も欠けている  作者が最もきらっている  詩人に用いられている  体とにかけている  手紙でよく知っている  知恵が出ている  調和されている  私の常に志している  習熟している  ことをよく表わしている  何がはいっている  まり静かにしている  ものが落ちている  方でも眺めている  警戒に来ている  鋼鉄でできている  ように曲っている  編隊を作っていましたが、やがて傾いている  機上から空中写真をとっている  警戒をしている  上に建っている  坐礁している  三段になってついている  一彦とがうろうろしている  映画がうつっている  鏡がかかっている  まわりをうろうろしている  まねをしている  丘になっている  ようにはっきり見ている  テレビジョン機械をもっている  おじさんも実は困っている  鍵をもっている  形がはっきりわかっている  形がわかっている  二つは残っている  灯のついている  酒にでも酔っている  煙が出ている  二つ落ちている  鍵をにぎっている  彫りものがついている  箱から生えている  みな壊れている  真中についている  ようにまっすぐではなく、ぐるぐるとねじれている  怪塔王がいる  うえで眠っている  こっちをにらんでいる  まま眠っている  子供もついて来ている  おれの寝ている  種があがっている  上にのばしている  怪塔王はつづいてにやにや笑っている  宙ぶらりんになっている  向こうを向いている  魔法をつかっている  方法はないかと考えている  円形に並んでいる  げに笑っている  寝台にとりついている  二十センチメートルばかり浮いている  床に転がっている  邪魔をしている  なかにわずかにはいっている  むりにも下に下そうとしている  これをくだこうとしている  外へ長く出ている  体をかかえている  別荘に泊っている  お嬢さんがいる  酉年は知っている  どこに立っている  出入口をふさいでいる  中におりている  怪力機械をもっている  塔が埋まっている  防弾力がきいている  全身を、まっくろこげに焼いている  地上をうろうろさがしまわっている  怪塔王が起している  爆発している  五度とあがったりさがったりしている  足下に小さく見えている  空中をとんでいる  操縦している  怪塔王のつかっている  一彦少年はぶじでいる  ことをやろうと考えている  威力をもっている  ように曲ったり溶けたりしている  そばにたっている  怪塔から出している  たしかに軍艦淡路を呼んでいる  たしかに電文をうっている  こっちを呼んでいる  十度かたむいている  怪塔のかくれている  九十九里浜にいる  怪塔から出ている  信号を出している  怪電波のでている  怪塔王がかくれている  一生懸命にさがしている  帆村探偵が出している  地上にかくれている  塩田大尉ののっている  先にとんでいる  帆村荘六もいる  傘をきている  平面上にならんでいる  たしかに板ガラスが入っている  機関銃をうっている  ように、じつと停っている  壁ができている  風呂敷で包んでいる  銃丸とですっかり囲まれてしまっている  頭からかぶってさわいでいる  なにをそんなにあわてている  怪塔王一人が住んでいる  危険をしらせている  鎖でつながれている  三階にいる  蓋をがたがたしめようとしますが、あわてている  警報ベルがなっている  お前たちも知っている  のを知らせている  言争っている  王様が着ている  言葉つきがすこしちがっている  命令をしている  なにをさわいでいる  なにをぐずぐずしている  行手をさまたげている  鉄でできている  全速力をだしている  舵をこわしてやろうと考えている  こっちへとびしている  めちゃくちゃにとびまわっている  首をふっている  そして今はどんなになっている  気をうしなっている  演習をやっている  いま軍艦にのっている  なにをこしらえている  こっちでだしている  煙信号をつづけている  目をみはっている  何を伝えている  信号があがっている  一彦たちのいる  怪我している  塩田大尉のぶらさがっている  ひやひやしている  黒人が住んでいる  ふしぎに思っている  骨がはずれている  ミチ子さんもいる  邸にいる  しかたがないと言われている  博士はいる  なにを書いている  気をいらだたせている  のをじっとおさえつけている  考えはきっとあたっている  うえにのっている  仕掛になっている  博士がいる  みなおっぱらっている  研究室にたてこもっている  あたりを睨んでいる  中は、一体どうなっている  黒人が入っている  いまなにをしている  階段のかげにうずくまっている  こっちをうかがっている  階段から顔を出している  顔をつつんでいる  海の底にじっとしている  粉々にくだけてしまっていいとおもっている  見分がつかなくなっている  貴様の恐れている  水中にながくつかっている  ことが行われている  顔を見せている  生首が落ちている  ちゃんと生えている  ものだったが、では生きている  白髪とが交っている  巧妙にできている  怪塔王とむかいあっている  水中に永くいる  海中に永くつかっている  手をしばられている  しろにしばられている  覆面している  おしになっている  上にたおれている  マスクをつけている  誰もおもわないほどうまくできている  さまを見ている  ミチ子などが、がんばっている  大事だから、殺している  上についている  三人とも、生きている  おし鎮めましたけれど、いつまた、いや、そういっている  一秒もぐずぐずしている  さっきから見ている  みな頭がどうかしている  ことばかりをしている  わしがいる  ぼんやり考えこんでいる  霧がうごいている  日の丸がついている  最後までがんばっている  いま怪塔王が見ている  舵をとっている  弾幕をつくっている  心配してくれている  これだけがんばっている  電鍵をたたいている  青江機にのっている  本部へ知らせている  音をとめようとしている  手配している  愛機に積んでいる  軍艦も持っている  三十分間もくっついている  偵察席にいる  青江機のたらしている  半分ほど利かなくなっている  縦をやっている  機体からくりだしている  舌うちをしている  これでは、ちょうど歩いている  綱でむすびつけられている  上空にいる  窓から顔をだしている  なんだろうとおもっている  一番大事にしている  自分の乗っている  錨をねらっている  それでやっている  磁力砲をひねくりまわしている  手をこまぬいてみている  通信している  いま磁力砲をあやつっている  ことをみている  のを、じっと見ている  とろとろとけている  これはいけないとみまもっている  上をしばっている  おれも見ている  青江機をつないでいる  手をこまぬいて見ている  スピードでとんでいる  綱をわたっている  方に向けている  前にみえている  前にみている  炎々ともえている  服が燃えている  生命を託してぶらさがっている  ひねくりまわしていますが、あわてている  車輪をささえている  青江三空曹の下っている  服の燃えている  水は赤く燃えている  ぷすぷすとのこりの火種の光っている  綱がぶらさがっている  綱にさがっている  うえをしばっている  ゆっくり涙を出している  綱にぶらさがっている  ことがよくわかっている  こっちをのぞいて笑っている  きりもみになっておちている  邪魔になっている  どこを飛んでいる  波頭をふりたてて怒っている  中を飛んでいる  無電で送っている  ちゃんとはいっている  故障になっている  今どこを飛んでいる  怪塔ロケットを追うどころか、こうして飛んでいる  ものがよこたわっている  斜にかしいでとまっている  鳥がさえずっている  木が生えている  科学兵器を持っている  怪塔中におしこめられている  人の持っている  首をつっこんでいる  家さがしをしている  山とつまれている  備っている  中で売っている  キャラメルをしゃぶっている  うごいている  たしかにうごている  仕掛が、はやっている  機械戸棚がうごいている  どこへ通じている  人のいる  まねしている  黒ずんだ点々が、ぽたりぽたりとついている  床をよごしている  どこへつづいている  どこへいっている  今それを持っている  ポケットの中に入れている  顔になっている  いまどこへいっている  博士は本当にしらべている  仕掛をしている  熱帯地方に棲んでいる  鎌首をもちあげている  先が開いている  頸をだらんとのばしている  管でできている  横たおしになっている  機械によく似ている  怪塔王のもっている  あべこべ砲はひどく壊れている  怪塔王の持っている  部屋へつづいていたが、どうなっている  部屋にはいる  兵器をもっている  軍港にうかんでいる  考をもっている  大事にしてもっている  自分の信じている  めになっている  水筒から水をのんでいる  風景を見ている  口ほど困っている  から人間の住んでいる  まさか夢を見ている  地上に生え並んでいる  浪が噛んでいる  七八機集っている  官のいる  白骨になっている  無人島になっている  肩をならべて聳え立っている  格闘がはじまっている  ロシヤ人がよく着ている  上衣をきている  ルパシカをきている  碇泊している  中に仕掛けている  変装している  大利根博士が化けている  無人島上につくられている  不時着している  勢ぞろいしている  あべこべ砲は壊れている  七八台もいる  上で考えている  そうに、ずきんずきんと痛んでいる  今小浜兵曹長のいる  兵曹長の横たわっている  ところと思っている  ゆっくり見物している  魚がおよいでいる  小浜兵曹長がとじこめられている  みな腹をへらしている  魚に食べさせようと考えている  そこから下へおろされている  一生懸命に引張っている  ことを、たいへんおそれている  帆村のいる  お話ししている  ことをものがたっている  冒険小説をよんでいる  気持をもっている  前を走っている  目にあっている  上からおりて、いつもやりなれている  んかくりかえしている  一人ぶらぶら歩いている  地上をさがしている  なにを探している  怪塔王を追いかけている  ペンキのぬりかえられている  兵曹長にしっかり握られている  生捕になっている  怪塔王を捕えている  つもりで、よろこんでいる  貴様の捕えている  面をかぶっている  地図を見ている  のをしらせている  北東にむかっている  北東にむかって飛んでいる  数は、どのくらいいる  ところ百五十機ぐらいはいる  自分たちがいる  全速力でもって走っている  線上を走っている  北にむけて飛んでいる  目あてにしている  怪塔王ののっている  一角を睨んでいる  へんに隠れている  へんにいる  戦況をきいている  さかんにうっている  海軍機と戦っている  中につながれている  いまどこにかくれている  顔とを見合わせている  黒人の立っている  怪塔王に向けている  悪いことをかずかずやっている  なにかを待っている  いま顔につけている  いまつけている  僕たちのよく知っている  下に、知っている  怪塔王に化けている  怪塔王と戦っている  みなあべこべ砲をつけている  ことはわかっている  博士はまだ生きている  監禁されている  谷になっている  魔物でも棲んでいる  漁夫などがよく持っている  岩をだいている  帆村の知っている  飛びたつばかりのわれとわが心を、できるだけこらえている  渦をまいて行ったり来たりしている  死をかたく信じている  渦をまいている  わしはひどくつかれている  ことをよく知りぬいている  こっちを睨んでいる  博士の立っている  辺に生きている  煙がもうもうと立っている  落着きはらって、転げまわっている  ように漂っている  腹匐いになっている  何所かに生きている  たしかに知っている  うえにながながと寝そべっている  ところに出ている  荒潮にもまれ流れている  怪塔王が、よく使っている  国宝的科学者ともいわれている  一しょに秘められている  機密を知りぬいている  怪塔王は、まだ生きている  から怪塔王は、ただ生きている  空中にのこっている  手をやいている  あいかわらず生きてあばれている  ところを直している  隊長ののっている  隊長としてのりこんでいる  ちょっと待っている  みなさんは、すでにおわかりになっている  島にいる  それはわかっている  空中戦がひきつづきおこなわれている  あざやかにえがかれている  こっちのいる  筒を、しきりに引抜こうとしている  小屋にかくされている  上へ行っている  滑走している  操縦席についている  導火線の埋っている  今世界をひっくりかえそうと企んでいる  絵が少し多過ぎやしまいかと思っている  ことはいい尽されてもいる  旅費までも含まれている  何か歌っている  役目を勤めている  気合いにかけられるべく並んでいる  商売として成り立っている  こればかりやっている  味なく潰れてしまっている  ものでも少し眺めている  フランスにいる  十数点程出されている  声色を聞いている  それに似させてくれている  大変興味を持っている  本能的に感じている  悪縁が絡んでいる  ブラ下がっている  画室になっている  熱を出して寝ている  絵を見せている  気分をあくまで吸っている  ベストコダックでも提げて歩いている  商売はしている  美術店と向き合っている  一番たくさん遺っている  窮屈に流れている  橋を渡っている  土蔵がずらりと並んでいる  景色を引き立てている  付近をぶらぶら歩いている  確かに残っている  奇跡的に残っている  一番古風そのままで遺っている  時計屋になっている  大変好いている  不便でうるさく出来上がっている  ことに出来上がっている  神経がゆがんでしまっている  汽車に乗ります、走っている  気の鬱している  鈍感から気づかずにいる  看板としている  混入されている  使用されている  氷水でやっている  よそを眺めている  方面へ働いている  現存している  散歩している  床に届きかねている  緑が交っている  私がいわなくとも知れている  ものであるとさえされている  売買をさえ禁じている  顔が各違っている  演説でもしている  ダンスしたりしている  老人が適している  これに適している  供が適している  女が適している  本心でやっている  調査している  人達が使っている  西洋画家に類して来、また類しようとつとめている  必要が起こっている  ゆっくり味わっている  憐れに萎びてしまっている  先代から現代へ持ち越している  かなり調べている  さを持っている  たい味を作っている  絵を作っている  現在でも残っている  応用されている  ものが、ついている  現在持っている  面白い効果を作っている  今なお作っている  周囲に貼られている  消滅しかかっている  目下使用している  金剛石がついている  乾が交じっている  まり度々裏返して見てばかりいる  粉絵具が適している  癖になっている  髭を抜いている  計算している  人間はだから醒めている  工夫でもしなければならないと思っている  芝居がかかっている  古物がぶら下がっている  嘔吐となって現れている  嘔吐を遠慮なく吐き散らされている  もの、買って連れて歩いている  直接行動で満ちている  亀井戸などとなっている  説明しなくとも、大抵わかっている  ちゃんと存在している  蓄めている  人間を取り扱っている  人間の生きている  脂を拭いている  ことにもなる、また生きている  一番元気に生きている  大変適っている  ものとして残っている  芸当でうずまっている  油絵となっている  理想としている  約束してきめている  心を持って悩んでいる  嫌味で成り立っている  生殖不能だなどいっている  者に限るとなっている  中心となって働いている  発見しかかっている  ことになって来てはいる  大阪から来ている  巴里にいる  パリジャンになり切ったと思っている  尻尾を長く引いている  形体を具えている  空気と住んでいる  何となく神経と呼んでいる  神経を持っている  ちゃんと択んでいる  工夫されている  四十年も遅れている  地球上に拡がっている  帽子は拡がっている  都市にまでも行き渡っている  形式を作っている  種類が出来てしまっている  縁をつくっている  カーブにまで現れている  額縁でうずまっている  種類で埋まっている  ビッシエールなどの使っている  山高帽子を買っている  辛抱をしている  必要に迫られている  ものを探している  研究されている  ものが出来上がっている  嫌味でとても見ている  愛用している  一定している  角度深く巻き上っている  滞在している  障子が少し開いている  座敷へ上がり込んで寝ている  骨がめぐらされている  何も食えずにいる  腸を、眺めて暮している  居眠りをしている  サボタージュを起している  ように心がけている  胃のふくれている  ピクリピクリと動いている、ああ動いている  苦労をつづけている  封筒へ収めて書き送っている  ピカピカさせている  顔を出している  心で叫んでいる  田舎にのみ残っている  心に始まっている  チャンチキチンなど考えている  一隅に控えている  静かに眺めている  鼻紙を沢山持って行くにきまっている  私は常に思っている  袋が最早行き渡っている  まぐろを知っている  人間だけが威張っている  万物はいる  生物がうようよしている  人類ほどもいる  恋愛をやったり、噛み合ったり殺し合っている  合理的に行われている  事を覚えている  事で通っている  画工となっている  一定されている  最低額を収めている  絵に似ている  芸者ははちはちをしてみたりやっている  屋根でも見ている  波は何ともいえず素晴らしく輝いている  汽車に乗り込んでいる  のだから馬鹿げている  のを覚えている  下火となったので助かったと思っている  下火にならないので弱っている  ものを預かりながら眺めている  今から頻に勧められている  足の動いている  足が遠慮なく出ている  如く波に戯れている  水が溜っている  私が支えている  表情をしている  ものであると常に思っている  水面に突き出ている  形相を恥じている  裏となってしまっている  殊に閉口している  だらしなく流している  人魂の如くフワリフワリと飛んでいる  夏を楽しんでいる  陽気で満ちている  地に落ちている  事が既に間違っている  シャツがはみ出している  人やといっている  私は常に思うている  心だけを多少持っている  五等席から覗いている  暫時休憩している  人間に悩まされている  白粉がかたまっている  それから生じている  一つ乗っている  酷に手古摺っている  婆さん自身はどうしている  唯一つのカンテラが点っている  照している  八畳一杯に拡がっている  昂奮している  さわりを語っている  事だけは知っている  神様が作ったと云われている  構成はよく出来ている  地面がだだ広く空いている  釣合を保っている  両者を結びつけている  口を以て締めている  靴とが下っている  大変怠っている  一つ開いている  狂気の如く走っている  皆が走っている  自分だけが歩いている  たんに驚いている  黒煙に包まれている  溶解している  共存している  中心として組み立てられている  初めから判っている  おやじなどいわれている  さきは叱られに来ている  どこに落ちている  芝居でもしている  辟易している  何かやっている  世界中が黙っている  錆をとどめている  一区画を示している  保守的生活を続けている  安心しきっている  引力が働いている  ために、たとえばひどく疲れている  狼に追われている  たしかにいいけれども、寝ている  山になっている  ひとりで空うそぶいたりしている  何かどなっている  両手に載せて睡っている  肩をならべている  冠ぐらいをかぶって、きちんとすましている  平らにしようとしている  野火をみつめている  力が残っている  やつもよく睡っている  お前は忘れてしまっている  夕方歩いている  ために歩いている  一年も歩いている  から踊っている  足あとが深く喰い込んでならんでいる  ためにかくれている  まま化石している  泥に吸われている  包囲している  水を呑んでいる  チュウチュウ水を呑んでいる  びちょびちょ水を呑んでいる  雷竜がいる  手もとを見つめている  固唾をのんでいる  小野子山が聳えている  霞を着ている  上流へのぼっている  紳士で知られている  うまい料理は食って知っている  みずから思い込んでいる  得々としている  符節を合わしている  喜びとしている  偽物料理に走っている  みな苦心している  料理をやっている  悟りをしてしまっている  軌を一にしている  これを買っている  取り組みになっている  インチキになっている  方はわんさと押しかけている  愛好者が見に行っている  刀を見ている  顔も疲れている  一日中立っている  目を開けている  女達三人枕を並べている  前に寝ている  女給をしている  ガラス窓を、眺めている  不景気だってこぼしている  食堂を片づけている  湯につかっている  皆疲れている  湯から上ってしまうまで、聞きとれている  皺を見ている  お前覚えている  ちゃんと分っている  金魚がピチピチはねている  朝のすがすがしい光りをあびている  目を伏せている  声を聞いている  母親に甘えている  歯を病んで寝ている  地を這っている  鏡を見ている  人はどうしている  盛塩を見ている  処に働いている  かいで、じっとしている  櫛を入れている  電車を見ている  処で働いている  私を嘲笑っている  私をグイグイ掴んでいる  酒に酔いつぶれている  嘲笑している  事はだまっている  乳房をおさえている  上をつっぱしっている  銀杏返しに結っている  片隅でへこたれている  事は、あゝやっぱり生きている  雪をじっと見ている  寒いから難儀している  夜炬燵にあたっている  間を借りている  雪が降っている  二三日前から泊りこんでいる  鰯を焼いている  車井戸のつるべを上げたりさげたりしている  時間表を見ている  星が高く流れている  ニャーゴニャーゴ鳴いている  身も心も困憊しきっている  いくつもねむっている  頭をどやしつけている  河筋にゆれている  ように暗くて、働いている  灯がついている  お産をしに行っている  天井を見ている  湯をつかっている  天陽様ばかり見ている  事務を取っている  もうけ話ばかりしている  心が堅くなっている  天窓を見ている  孝行している  飾窓に出ている  キビッキビッ夜鳥が鳴いている  洋傘を見ている  脊を向けて寝ている  鍵を掛けている  我々プロレタリアと言っている  空に弾けている  凝視めて歩いている  せりふを聞いている  一人稽古をしている  影を見ている  台本をくっている  足を投げ出している  夜空を見ている  一人でしゃべっている  泥を噛んでいる  トントン叩いている  ものをねだっている  蒲団を干している  大工をしている  世界に生きている  得意らしくしゃべっている  あいつの相手女優を見ている  のはわかっている  灯を見ている  ようにはっきり写っている  様にもつれあっている  胸に残っている  首を抱えている  雲があんなに、むくむくもれ上っている  沈黙っている  パンフレットが出来ている  コーヒーを呑んでいる  先頭をかざっている  葉っぱに当っている  詩を読んでいる  私に甘えてこようとしている  吉田さんを見ている  男でもうこりごりしている  ドクドク震えている  愛情に飢えている  ぐったくジンジン鳴っている  私を嬲っている  私も愛している  匂いを持っている  廻転椅子にすがっている  巧い言葉を知っている  大分衰えている  二ツぼんやりうつっている  ぼんやり空を見ている  梟の鳴いている  背にしている  台所からはいる  空にもうつっている  モーターが唸っている  涙をふりほどいている  口をつぐんでいる  程小さくしゃがんでいる  肌をもっている  不良じみている  新聞に載っている  手助けしている  女中を叱っている  物語りを書いている  間はかなり進んでいる  狂人じみている  通りを歩いている  一切を休めて眠っている  窓ガラスを見ている  ヘラヘラ風に膨らんでいる  私はつっ立っている  ウヨウヨしている  私が働いている  お母さんを養っている  お婆さんを見ている  汗をふくんでいる  頭をおさえている  軒をひらって歩いている  言葉でしゃべっている  土佐節を聞いている  船員達が呼びあっている  帰っておいでと呼んでいる  サヽヽヽと当っている  頭をしている  歯をそめている  雪にさからっている  ように歩いている  二三枚散らばっている  此頃は少しなまけている  洗いものをしている  男に抱かれている  通おっている  一生懸命あいつを愛している  スヤスヤいびきをかいている  散乱している  ざんざん降っている  髪をときつけている  都寿司にはいる  襖があくと、寝ている  私もニヤニヤ笑っている  此人は酔っぱらっている  お前は本当に愛している  駄目だと思ったらケロリとしている  信玄袋に凭れている  洋傘をまわして歩いている  行動をしている  箱をいっぱい積んでいる  しっとりしている  ようにわくわくしている  ボートのいっぱい並んでいる  上に腰かけている  風を切って走っている  月もまだ寝わすれている  涼風を呼んでいる  ポーズをつくっている  お茶を呑んでいる  ように眺めて笑っている  知らないでいる  海を急いでいる  しぶきが飛んでいる  呶鳴っている  煙草を吸っている  事を考えて暮らしている  胸くるしくって、立っている  皆ゴロゴロ眠っている  地図ばかり見ている  神経がトゲトゲしている  六七枚もたまっている  頭をふせている  私をいたわっている  暮れ初めている  思いにむせている  雑談している  十一月にはいる  空にむけている  逃避している  一人立っている  女が来ている  金杉から来ている  ベタベタ蝶々に塗っている  道を歩いている  埃がつもっている  搾取されている  プロフィルを見ている  私達のつくっている  どこを吹いている  うまい言葉を沢山知っている  空想している  レウマチで困っている  楽しみに待っている  程でないと聞くと、生きている  間借りをしている  気もなく持っている  叔父さんが縫っている  風があんなに動いている  文句を言っている  着物を見ている  一人うじうじ生きている  ムシャリ頬ばると生きている  当にしている  目を流している  鼾声をあげて眠っている  かえる事を歌っている  葱を刻ませようとしている  門札を書いている  計算記を売っている  重ね鉢にはいっている  脊をむけて食べている  唄をうたっている  九州へ行っている  娘さん達がしている  のが写っている  意地悪がそろっている  本がプンプン匂っている  ベタベタにじんでいる  頬紅が沢山ついている  日向ぼっこしている  モヤモヤ湯気がたっている  かぶりを振っている  たよりを書いている  此街を見ている  ものがぶらさがっている  薬屋をしている  工場に、通っている  四月もためている  ジンタまで流している  灯がキラキラしている  空に突きさしている  学校へ行っている  逆もどりしている  息している  五時をさしている  木枕を借りて、つっぷしている  上を満たしている  ロープをほぐしている  造船所で働いている  ワンワン喚声があがっている  倶楽部へ集っている  ワンワン唸っている  肌を見ている  ッ朽ちてはいる  荒神山の上で呼んでいる  びして空高く呼んでいる  双手を振っている  腹を見ている  呆然としている  息を吸っている  洗い髪をなびかせながら歩いている  下駄屋をしている  海が青く光っている  路のつづいている  ようにからまって、しおしおとしている  ガラス窓を拭きながら、話している  シラシラ降っている  脊負っている  便所にはいっている  小説を読んでいる  ゴモク寿司をこしらえている  赤ん坊にハラハラしている  風呂敷包みをさげて歩いている  ずんでいる  私を見ている  こねこねしている  ドタドタ出はいりしている  枕元に立っている  壱円六拾五銭残っている  正直に立っている  天真にたべている  入口から念を押している  白粉を塗りたくっている  濠ばたを歩いている  近松氏から郵便来ている  女中がいる  シグナルがチカチカゆれている  七拾円位いはいる  ハタハタでも焼いている  電線が鳴っている  群をなして這っている  壁に乱れている  雀が鳴いている  ウラウラ光っている  ように薫じている  お上さんが呼んでいる  肌を抜いでいる  キラキラ写っている  八王子街道を走っている  頭が少し禿げかけている  所在なく消している  自動車を持っている  キラキラ灯がついている  車室にはいる  顔で眠っている  しゅうしゅう流れている  自動車に寝ている  雲が流れている  甞めながら眠りこけている  利殖している  パリパリ噛んでいる  銀座へ乗り出そうかと思っている  記を読んでいる  アヘンでも吸っている  髪をなでつけている  ようにふっている  基礎を読んでいる  腰を掛けている  ピカピカ光っている  事務服を着ている  下ばかりむいている  勇カンに戦かっている  ペタルを押している  ミシンでどうやら稼いでいる  風邪を引いている  油汗を流している  靴を鳴らしている  ときかけている  人をなめている  くせに、ませている  狂体を演じようとしている  夜汽車に乗って退屈している  憔悴している  朝鮮牛がキリキリぶらさがっている  鰯雲がむくむくしている  中で唸っている  密集している  部屋に横たえている  匂いが流れている  スケート遊びを見ている  上をすべっている  本を見ている  寿司、盗んで、すいている  両手をかざしている  私を笑っている  頬ばっている  二枚持っている  詩を聞いている  ラッパを吹いている  さを愛している  原稿を書いている  裾にさしあって寝ている  蒲団にはいっている  茶をわかしている  五百里位は離れている  肩に凭れて歩いている  空想を抱いている  壁にかけている  米も、煮えている  誰です笑っている  中から乗り出している  煙を見ている  窓から見降ろしている  ゴロゴロしている  涙を見ている  涙姿を見ている  ものを見ている  ジタジタ油でいためている  誰を呪っている  代表している  ことには怒鳴っている  東京は余程新しくなっている  ややかにあしらっている  ものがすっかり取り集められている  基調としている  市政は整然と行われている  都市と思っている  堕落し切っている  シッカリしている  言葉に取りかえて云っている  片目をつぶしている  新聞もヤレヤレと云っている  バカシックラをしている  遠くから見ている  真相が横たわっている  事実が動き流れている  ように持ちあつかわれている  市でやっている  処に行われている  ドシドシ行われている  塗り埋められている  処だけやっている  一つ二つ新しく架けられている  東京八景が出来ている  ベタ一面にあいている  行列している  只果物なぞを売っている  十五六軒並んでいる  からざる汚名を受けている  彼等醜業婦が持っている  ぜいたくをしている  言葉を裏切って続々と殖えている  八釜しく云っている  バリバリ喰っている  殊に永年東京に住んでいる  際会している  うま味を知っている  何かもかなり知っている  税金を払っている  山積している  利害関係なしに見ている  言葉に含まれている  街頭に満ち満ちている  無残に曝し出されている  多量に持っている  労れさしている  意味を含んでいる  代表していると云われている  原因がかくれている  誰でも感じている  十人自覚している  発揮している  乱打している  ウジャウジャあるいている  一路を辿っている  うちにこう思っている  ドキドキさせている  手を合わせている  底で笑っている  民族的自覚が流れている  当局はビクビクしている  カフェーで威張っている  のだけは生きている  郊外へ引越している  約束して待っている  垢抜けがしている  パリパリを着ている  オーバー、持っている  気位を持っている  態度をしている  中でツンとしている  もの、ドッシリと落ち付いている  さり気なく澄ましている  冷笑している  彼等が這入っている  冷固まらしている  面白い記事はないかと探している  只一人一人に生きている  彼等自身を葬ってしまっている  姿になってしまっている  文明的生活だと思っている  東京市中をさまようている  魘えさしている  のが控えている  方を知っている  平凡化している  気が利いている  気分が流れている  寿司を握っている  人間を使っている  位安っぽくなっている  辺一帯に並んでいる  魚河岸ではしゃいでいる  芽を吹いている  商売をやっている  名を呼ばれている  資格を持っている  東京に帰って来ている  江戸ッ子が含まれている  江戸ッ子に限っている  シミッタレている  一番よけいに逃げ込んでいる  網羅している  芸者を落籍して納まっている  茶の湯を立てている  鼻であしらっている  押合っている  乞食長屋に入りまじったりしている  バラックに納まっている  イヤになって引っ込んでいる  横溢させている  しか響かなくなっている  ように考えられている  二階から見ている  ところともなっている  パスを持っている  パスを見せている  故郷を持っている  途中と見ている  非常な立ち後れになっている  うちにあらわしている  無力になりかけている  多数を占めている  最近に見せている  明らかに見せている  家で塞いでいる  紙を貼ったりしている  サモシイ心根を認め合っている  彼等を離れている  眼で見られている  ことはよく知っている  意気地もなく取り残されてちぢこまっている  根性を、これ程までに罵られてだまっている  方がむろんいいにきまっている  膨張も勿論加わっている  金で使われている  資格をすっかり備えている  昔挙がっている  見得にしている  昔に上がってしまっている  親類を持っている  統計にも載っている  生活を続けている  上付いている  みんな備えている  当初から、こうして呪われ続けている  金離れがいいと来ている  シミッタレと考えている  江戸を呪っている  一半を引き受けたと認められている  方法を執ったと伝えられている  さし引いている  不断に引き受けている  了ったと認められている  裏書している  意味のものを染めたり、描いたりしている  物の本にも出ている  事が書き添えられている  使命を持っている  後も呪っている  ように生き残っている  程見ている  言葉までも忘れている  苦にならなくなっている  バラック式になっている  移りかわらせている  ように消え込んでいる  殆ど立ち塞がっている  波打ち続いている  哀愁をも漂わしている  習慣と来ている  チャンと残っている  警告を与えている  一匹控えている  バラックが建て込んでいる  安物で養われている  腕まくりをして並んでいる  チョイチョイ出ている  建築が並んでいる  神田あたりまで続いている  バラックがチラホラとまじっている  ソレがどことなく気取って、勿体ぶっている  気分を見せている  家が、ゴチャゴチャしている  煽り立てている  チラリホラリとしている  においを残している  鼻に死ぬまで付いている  焼けになっていたので、腐りかねている  気分を作っている  意味に使われている  内外一面に拡がっている  度をゆるめている  気分は多少に拘らず流れている  ものなぞが光っている  変化を与えている  燭している  張りまわしている  屋根を乗っけている  利用して、持っている  涵っている  神経をゆすぶっている  交通遮断している  非常に混んでいる  山は見えている  一倍半位にはなっている  復興さるべく飢えている  電車に乗るにきまっている  腐心している  声ばかりかけている  朝夕訓練されている  貼付けている  今残っている  盛にブーブーやっている  相当に乗っている  八重七合に流れている  運転手仲間でこう名付けている  身ぶりを見ている  から真似している  なぞとやっている  真似し合って笑っている  ノートに残っている  つけ方が違っている  多数に上っている  標示している  商品を並べている  顔が並んでいる  手を動かしている  品物を並べたり動かしたりしている  正札が付いている  下に隠れてしまっている  洋数字を書いてくっつけている  人だかりがしている  ふだん北海道に出かけている  事をやっている  稼ぎ溜をねらっている  縁日でやっている  両極端を見せている  まわりに集まっている  事と、そのねらっている  巧妙に利いている  夢となっている  眼目となっている  もっと余計に持っている  明らかにこの狙っている  埃及模様と来ている  評判になっている  対抗している  ダンスをやっている  ドシドシ売り出している  腰弁がいる  特徴としている  役目は、いつものがさずに受け持っている  直接復興事業に携わっている  最大多数を占めている  気違いにきまっている  平生貧乏している  二十円よりも小さいにきまっている  議論で押し合っている  不景気でもがいている  一ヶ月ばかり通っている  暖簾を振りまわしている  ビリしている  避難民小舎にかがんでいる  ギューギューいわせている  刺戟している  僭称している  衷心から憤慨している  習慣上腰弁と云っている  満を引いたりしている  隅ッ子に小さくなっている  庭を睨めて納まっている  平気で嘗めたり吸ったりしている  万人がそう認めている  人任せにしている  こちらに注ごうと試みている  一番当っている  四つ持っている  気前を見せている  頃まで出ている  からなくなっている  縁日に出ている  藁苞に這入っている  意義をいよいよ怪しんでいる  意義を含んでいる  レコードを売っている  集団を作っている  模型だけを並べている  本箱が光っている  流行を当込んでいる  ものを可愛がっている  から研究している  付きものになっている  あこがれている  フラ付いている  中で色めいている  四円宛送っている  専門学校に通っている  語学をやっている  元締をして奢を極めている  これ位面白い生活をやっている  上流に属している  落第するにきまっている  嗜眠性脳炎がまた流行っている  冠って行くにきまっている  校庭一パイに散らばっている  ハイカラと心得ている  下に這入っている  香に沁みている  街頭に示している  ウロ付いている  冠ろうと心掛けている  事を示している  意義を持っている  代表されている  象徴している  色付けている  反映さしている  学生に限るとまで云われている  下に芽生え育まれている  養成されている  奮闘している  時機と見られている  田舎者にきまっている  供給過剰となっている  相場で居据わっている  人事相談所に持ち込まれている  ザワザワしている  理性の備わっている  気持ちになっている  欠点を最もよく知っている  実例が挙がっている  袴まで穿いている  みんな殖えている  減少している  統計が示している  割合に当っている  多量に含まれている  増加している  人気を物語っている  非常に殖えている  旺盛を極めている  金が賭けられている  犯罪人が住んでいる  名所として知られている  一掃したと誇っている  反証が挙がっている  期待が現れている  逆上がよく現れている  独占している  人間くさい要素と絡み合っている  人間がすっぽり抜け落ちている  健全さを示している  処女作にすでに示されている  原稿を読み直している  御託を並べている  雑誌掲載時とはかなり変わっている  ことわりなしに使っている  富士通が出している  ソフトウエアは防いでくれてはいる  いつ吸っていつ吐いている  オレも知っている  相場は決まっている  内に秘めている  のは知っている  指向している  てんこ盛りになっている  機能が付け加えられている  点数を稼いでいる  特技を持っている  改良を進めている  仲良しクラブにとどまっている  好意的に書いている  強調している  断言している  ものをつかんでいる  落語を持っている  独占を図っている  普及している  エルゴソフトが加わっている  机におかれている  用意されている  売り上げ高ランキング五十傑をまとめている  顔を出し続けている  ターゲットを広げている  から見えてしまっている  どこにうっちゃってしまっている  現在デスクトップと称している  力を与えている  事実を知っている  メカニズムになっている  鼻が効いている  集約している  けなげに働いている  キューブが転がっている  満喫している  文献だけを選りすぐって訳している  筆名を使ってはいる  一から日本で編まれている  人物像を生き生きと浮かび上がらせている  文言を記している  答えが載っている  普段使用している  連中が弾いている  これ努めている  プログラミング環境が組み込まれている  アイデアに従っている  コンピューターの持っている  デザインになっている  イメージしている  採用している  監修者としてかかわっている  ことを書こうと思っている  六〇年代が駆け巡っている  殺虫剤をかけている  構図になっている  ダイヤモンド型構造を持っている  大成功している  作家として描かれている  七〇年代以降を生き延びている  念がいっている  ゴタクを並べている  パームトップに立ち向かっている  オレを取り巻いている  実感にこだわっている  方向こそを目指している  常としている  広告に使っている  ラディカリズムが現われている  本を著している  重心がかかっている  無理矢理タイプライターでこなそうとしている  お世話になっている  訓練も積んできている  ことも述べている  ここでも述べている  中で書いている  ペンがついている  名前で出張っている  スカリー自身が語っている  記者も書いている  提携関係を深めている  手元においている  平安を取り戻している  味方に付けている  ゃなく変わっている  説明がいる  上にふんぞりかえっている  マイクロコンピューターを使っている  従順に引き継いでいる  雄弁に物語っている  四国あたりにぶら下がっている  コンピューターを扱っている  半導体もやっている  回りを流れている  舌を出している  輩がいる  真実を証している  計算機は、いつも混んでいる  仕事はあふれ返っている  満足かも知れないが、使っている  占有して使っている  パーソナルコンピューターで広く使われている  しがらみがやたらと多くなっている  作業が同時に動いている  闘いを続けている  ソニーで使っている  パンクしている  提唱している  採用されている  仕掛けになっている  一月には売りだしたいと考えている  指をくわえて眺めている  進出を狙っている  デザインするかとなるに決まっている  ゴロゴロ転がっている  品定めに付き合っている  激闘に疲れ果てている  自殺したいほど生きている  コードから成り立っている  共有している  自力でどうやら使いこなしている  日々直視させられている  マークの転がっている  横一列になっている  書き手にまかされている  無縁に組み立てられている  変身が待ち構えている  オレがそう考えている  半日くらいは伸びやしないかと思っている  トッテン師匠と呼ばさせていただいている  から率直に語っている  九十五パーセントを占めている  ここでもまた繰り返されようとしている  無視している  商品を生みだし始めている  開発されている  本気で怒ってしまっている  反応が返っている  のは聞いている  ゃれでおさまるのは、しゃべっている  腹積もりでいる  何だと考えている  物を売り付けている  パフォーマーときている  アメリカ人が言っている  日本が悪くなりかかっている  機会を伺っている  悪口を並べようと考えている  墓石がぶら下がっている  側からはじめて家電に切り込もうとしている  挨拶が続いている  均質化されてきている  背景にしている  ウインドウを用いている  流れを汲んでいる  周辺をうろついている  毒されてしまっている  直面させられている  アントニオ猪木が吼えている  宣言が持っている  腰が座っている  硬直化させている  九十パーセントを負っている  定着を目指している  性格を表している  サンは握り続けている  物真似が受けに受けている  ハードにおさまっている  勢いが増してきている  機能版として取り組んでいる  NTでやろうとしている  増殖を続けている  資産が積み重ねられている  布が折り込まれている  一目でおさまっている  舞台となっている  あっちこっちを駆け回っている  枕元に転がっている  私の作ろうとしている  開発にあたっている  二十四時間机にへばりついている  移行している  ハイパーカードを使っている  乱立に苦しめられている  井戸となっている  条件は、すでに整っている  液晶ディスプレイを握っている  念頭に置かざるを得なくなっている  機器を作りたいと思っている  方に生きている  コンピューターに向き合っている  回りにいる  今に伝わっている  中からに決まっている  混在している  タマゴも混じっている  現在搭載されている  模索が始まっている  提出している  婆さんになっている  道具に取り囲まれて暮らしている  事を告げている  あるかのように受け取っている  おっちょこちょいもいる  末席でもかかわっている  泥まみれになっている  だめで溺れかかっている  筆者も言っている  出口を固めようとしている  なにしろオレの暮らしている  記憶を蘇るに任せている  健闘している  ルールをよく守っている  コンピューター物など出している  メリットを知りすぎている  伝統的ルールから目を反らせている  消化器が欠けている  ワードプロセッサーを持っている  配置しようとしている  ソフトバンク方面で使われている  枠が設けられている  知らないが、巻き散らしている  底から痛感している  支援を求めている  痛切に求めている  DTPに関してくっちゃべっている  言わずもがなですませている  率直に認めている  提供している  知識が詰まっている  拡張本に使われている  リンクされて組み込まれている  カバーされている  すきを与えている  アメリカで売っている  あちらで売られている  それからしばらくはおとなしくしている  名を連ねている  マシンをいじっている  日々吸っている  ごろごろ転がっている  プラットフォームにのっている  Vは告げている  日本にも及ぼうとしている  何を浮かれている  観点を欠いている  どんどん乗り越えられていくに決まっている  時代がくると教えてもらっている  世界中に売りまくっている  標準化されている  キーボードに叩き着けている  混乱に悩まされている  ことは、気づいている  勝負を続けている  だらしなく流れている  件に限れば、狂っている  ちょっと目を離している  項で触れている  一騒動起こしている  これで足りている  事実成果を上げ始めている  アプローチが進んでいる  時をまっている  売り物を作っている  記事を好んでいる  社はこういっている  在庫として持っている  ランキングされている  マイクロソフトが売っている  使い勝手を真似ている  ぱくりに決まっている  ワイシャツが燃えている  火の手が上がっている  ポジションを占めている  反撃が待っている  アーキテクチャがいる  受け手を待っている  問いに答えよと迫られている  直接汲んでいる  ふうに考えている  記事を載せている  親分を気取っている  今に語り継がれている  はなからこっち専門で来ている  方がずいぶん練れている  音を立てて揺れている  アメリカでやっている  会場を満たしている  今考えている  法廷で争っている  ことが問われている  オレは考えている  オレの住んでいる  権利が認められている  存在意義を持っている  権利を与えられている  使用許可を得ている  勢いを増している  侵害している  レポートを眺めている  可能性を持っている  発言をこう引いている  衝撃力をもっている  ゾンビ化すると考えている  日常的にもっとも長く使っている  住所録が収まっている  アプリケーションなどごそごそ動かしている  依拠しきれないでいる  やつがついている  仕事で使っている  机をさらに狭くしている  間抜けをやらかしている  日々を送っている  電話を買い替えさせようと企んでいる  電話回線にぶら下げている  拍車がかかろうとしている  キーボードがついている  商品としてでている  ROMにおさめて組み込まれている  ここで触れている  躍起になっている  多機能化も進められている  プロトタイプが出来上がっている  ことへの諦めはついている  核を恐れている  世の中に出張ってはいる  話を聞かされている  あちらは、お高くとまっている  確保している  OEMにとどまっている  弾みがついてしまっている  周辺機器がそろっている  資格をもっている  形成されている  依存欲求のどつぼにはまりこんでいる  確実に近づいている  何か隠れている  貧乏人がいる  エリートにでも収まっている  マルチタスクもいる  要素が含まれている  さを覚えている  関係になっている  延長上に生まれようとしている  けがないと考えている  ままに残されている  遺伝子が乗ろうとしている  マイクロコンピューター上に築こうとしている  毛嫌いしている  大騒ぎしている  連中とは違っている  血相を変えている  お蔵入りとなりかかっている  タモリのやっている  結構楽しみながらやっている  目玉になっている  敵愾心を燃やしている  味を添えている  本家を超えている  側面を持っている  点を忘れている  結構まかり通ってしまっている  コンピューターを使おうと思っている  やらかしている  世界でやっている  コラムを書いている  時代が始まろうとしている  ゲートボール場になっている  実をついばんでいる  窓辺で眺めている  穴から目を反らし続けている  バアサンが立っている  おしゃべりしている  心配でもしている  パーソナルコンピューターは淀んでいる  ふき出ている  文句を写している  足が覗いている  機会だったと今更口惜しがっている  うずくまっている  転寝している  びとに取りかこまれて、わあわあ泣いている  かすかに引いている  君の住んでいる  水を浴びてすくっと立っている  恰好で坐っている  収っている  白眼をむいている  豹一のはいる  馬鹿にされている  答案用紙にしがみついている  商売をしている  家庭的に恵まれている  針仕事をしている  からかわれている  日頃諦めている  獅噛みついている  芯をけずっている  公然に占っている  名を書いている  何を訊こうとしている  上を向いている  的だと騒がれている  間に考えている  法学部にいる  のに馴れている  私を愛している  眉をひそめている  花火を揚げている  豹一を好いている  一筋静脈が蒼白く浮き出している  ことで思い悩んでいる  ようにこき使われている  事をされている  金を借りたりしている  匂いをプンプンさせている  紀代子と歩いている  ぎこちなく黙々としている  頬紅をつけている  豹一よりも、おずすおずと黙っている  電燈がごたごたとついている  紀代子と会っている  店に飾っている  年金で暮している  ことなどが目立っている  月掛けしている  利子に追われている  のを持て余している  気持でぽかんとしている  豹一が考えている  学資を出してやっている  風呂敷包みをもっている  椅子にどっかりと乗せている  候補者はいる  秀英塾に寝起している  顔色ばかりうかがっている  立居振舞いもこそこそしている  賄夫婦がいる  飲食を禁じられている  支給されている  食器をくわえて歩いている  俺は施しを受けている  偽善者と言われている  光で輝いている  自分を呼んでいる  隅に建っている  グラウンドに佇んでいる  寄宿舎にいる  欠伸を噛み殺している  注意を配っている  町へ行こうかどうしようかと考えている  レインコートを着ている  いまも着ている  看板をかついで歩いている  僕も知っている  当分着ている  君持っている  背後で見ている  親父が来ている  東北弁で、喋っている  方法で愛している  肚でいる  父親に愛されている  赤井と、憎まれている  スリッパにはきかえてはいる  理乙にはいっている  対象となっている  奴もいる  はじめて吸うので、むせている  便箋を買っている  あっけに取られている  旅情が漲っている  兄のいる  出し入れしている  脳へ来ている  青春はもう汚れている  行為のかげにこそこそ隠れている  弁解している  弁解ばかりしている  冷笑的に黙々としている  自己表現にやっきとなっている  豹一は黙っている  客待ちしている  箸でつついている  頭を傾けて、騒いでいる  その男は騒いでいる  貰いに行っている  中で呟いている  人々が蠢いている  塀に凭れてしゃがんでいる  向い側に坐っている  四十を過ぎている  ぐにゃぐにゃと酔っぱらっている  一人が飛び出している  日頃無能だと言われている  誰かが鳴らしている  題で、はいる  デコが間に合わなかったんで、立っている  外を見ている  その間待っている  ひとり教室に坐っている  わけだと喜んでいる  学生言葉を使っている  言葉を聴いている  しょっちゅうなにかに苛立っている  中に根強くはびこっている  覚えはないと思い込んでいる  一緒に歩いている  通学している  三高生にじろじろ見られている  かんかんと照っている  女と歩いている  二月も会わないでいる  女に通い続けている  月末になって困っている  むきになって喋っている  赤井に済まなく思っている  宮川町へ行かなければならぬと思い込んでいる  坐りどころを探して、苛立っている  超過している  訪問している  教授に睨まれている  名前がはいっている  玄関で待っている  辺をぶらぶらしている  顔を突っ込んで吹いている  無気力に待っている  試験中でなにか殺気立っている  興奮しながら言い合っている  気をくさらしている  突立っている  女の子に参っている  カウンターにいる  時間を潰している  規定になっている  着物を着て坐っている  ために貯めている  客を待っている  手代みたいになっている  広告文案係を求めている  返事している  返事をしている  野崎に似ている  膝をふるわせている  ためにこんなに喋っている  成績は悪いに決っている  真赤になっている  発売している  就職を焦っている  募集が出ている  上に掛っている  そこについている  口髭を生やしている  仕事を続けている  ように啜っている  購読料が切れている  支出簿を繰っている  ここで働いている  背中に感じている  切抜記事を探している  家庭欄などを見るともなく見ている  紙で拭っている  猫を見たりしている  結局誰も見ている  帯封を書いている  料理屋で働いている  六十過ぎている  頭をひねっている  律義に働いている  泡食っている  歌を唄っている  大声を出している  宙を飛んでいる  糊をつけている  だらしなく笑っている  発送日に当っている  骨惜しみせずに、こつこつ働いている  ことでも考えている  野心で、ふくれあがっている  侮辱されている  しょっちゅう考えている  掲載されている  しょんぼり考えている  貧相に掛っている  電車を待っている  千日前から法善寺境内にはいる  軒を並べている  信号を待っている  皆突っ立っている  喫茶店でぽかんとしている  例外なしに振っている  自分に注がれている  女の立っている  飯屋へはいる  眼を据えている  ボタンがとれている  失業者じみている  ことに決めている  女は立っている  こちらを睨んでいる  豹一がおそれている  好意を示している  東京弁と来ている  勘定に入れている  ことが未だ少し残っている  チャールストンを踊っている  無気力にあげている  名をよんでいる  プラトニックラブを捧げている  窓にくっつけている  吠をきいている  炭火をいれている  算盤をはじいている  ものはすっかり取ってしまったどころか、取り過ぎている  勘定になっている  返済されている  痔をわずらっている  電気座蒲団を使っている  紙幣を焼いている  着物を畳んでいる  虚ろに吐き出している  安二郎のいる  習慣が出来てしまっている  一人一人履歴書を調べられている  問題を出されるに決っている  心当りあちこち探しにやっている  食事に行っている  眼をしょぼつかせている  答案を書いている  不採用に決っている  十人だけと、あらかじめ決っている  エスプリが出ている  虎視眈眈とねらっている  珈琲を啜っている  普通ドモンとよばれている  莫迦にされている  高利貸をしている  背景になっている  威を借りている  濫用している  美少年と想っている  どっちかが言っている  言葉の乱れている  ちゃんぽんになっている  精神が欠けている  言葉が乱れている  自分で思っている  火をつけている  火を吸い移している  千切っている  眼を配っている  空を仰いでいる  三人、ぽかんと突っ立っている  そうに赤くしている  五十歳だといいふらしている  金を借りている  二十年間東洋新報に勤めている  自嘲している  映画論をやっている  十日間も打っ続けに見ている  足にまじっている  僅かに救っている  弥生座へ掛けている  海賊船ほどいる  抗議している  雪を見ている  二人が笑っている  科白をつけている  感じに赤黒く輝いている  なかを歩きまわっている  努力をはらっている  デカデカと書き立てている  電話を掛けている  新聞のとじこみを見ている  姿勢で突っ立っている  何ものかに向って身構えている  毎日出社している  眼を光らせながら突っ立っている  泛べている  見出しに使われている  あたりにつけている  先にぶら下げている  横車を通している  祭りあげている  ことを強いられている  常識になってしまっている  声を出している  多鶴子のいる  広告を出してやっている  女給たちが並んでいる  入口からはいる  風にはためいている  喧噪に赤く青く揺れている  眼ばかりぎょろぎょろ光らせている  コップが載っている  上へこっそり吐き出している  傍についている  酒を吐き出している  催促している  余り豹一が黙ってばかしいる  客席から客席へ飛びまわっている  体がかくれている  何か言おうと力んでいる  口も利けずにいる  仕事が未だ残っている  女給帰りを待ち受けている  男たちにまじっている  方に並んでいる  眼をあげて走っている  意を察している  門燈の出ている  身をすくめている  時いわれるにきまっている  玄関にはいる  血がにじんでいる  日本間にいる  炬燵なんかひきあいに出している  長話をしている  心配されている  顔色をうかがっている  自由にしてしまっている  しかし、待たされている  間に、すっかり冷たくなっている  装飾に輝いている  新聞記者がいる  油が注がれている  ようにのみこんでいる  腹の中ではしゃぎまわっている  小出ししている  皺がよっている  同情している  ために、わざわざ会うている  ことばかし考えている  固着観念になっている  熱心にきいてくれている  感情がたかまっている  さを一層深めている  悪口を書いている  醜行をあばかれている  いまどこにいる  誰といる  待遇をされている  肩を並べて歩いている  風に喜んでいる  考えを抱いている  のか、すっかり悦に入ってしまっている  問に答えている  往復している  努力は、かえって黙っている  豹一は余り黙っている  いつまでもついて歩いている  金を貰っている  会いたいと思っている  ためではない好いている  心を寄せている  弱点を掴まれている  弱点を握られている  豹一が忘れている  状態になっている  好き合っている  精神状態はいかに逆上している  ひそかに抱いている  わけではなく、載せている  ちゃんと出ている  毎週掲載している  宣伝をしている  名前が出ている  誰かが待っている  家へ帰らずにいる  恋を強められている  多鶴子を愛している  豹一とばかしいる  跡かたづけしている  誰と会うている  多鶴子と離れている  客と踊っている  傍に並んで歩いている  話はついている  女優もいる  豹一はからかわれている  思い諦めている  取引されている  湯を掛けしている  五銭白銅を入れて、待っている  暖簾の出ている  貼紙されている  食事を出してやっている  茶漬を食べている  裏あわせになっている  相手が怒っている  振りに接している  敵愾心に苛立っている  主演している  セカンドで掛っている  入口に立っている  醜悪に固くなっている  交叉点を横切っている  声をきいている  縞目を描いている  寂然と構えている  姿を消している  正直を買っている  夏なら涼んでいる  ドジを踏み過ぎている  たしかに見込みはついている  サッサと下っている  空腹を満たして、話している  声をからしている  人を防いでいる  身元がいる  後生大事にかかえている  二本はみだしている  紙屑が舞っている  現場をしきりに考え合せている  奴も変っている  前から泊っている  鰻なりに寝そべっている  駄目になっている  多度津まで延している  鼠走りに駈け抜けている  腕が違っている  河岸すじを夜な夜な脅かしている  功名心に燃えている  刻あまりも押したり探ったりしている  階下を隔てている  明りのさしている  手なぐさみをしている  疲れた瞳を吸われている  肱を食っている  金網から猫目を光らしている  抜きかけている  万吉じっとこらえている  自在に馴らしている  下屋敷へ住み込んでいる  頻々と交わしている  笑いに紛れている  いかがいたした、たいそう沈んでいる  手を翳して見ている  大事をのぞんでいる  将軍家でも怖れている  十手をとっている  覚悟はしている  手紙の入っている  顎を煽いでいる  印籠から取り出しなどしている  肥しになっている  香を競わせている  舌打ちしている  身をぶらぶらしている  用を帯びている  夢中にまでいっている  人が違っている  縁を舐めている  一心に吹いている  酒に酔わされている  昏睡している  ことも知らずにいる  推量している  奴が隠れている  みんな立ち上がっている  一分が立たぬと、少し怒っている  静かに寛いでいる  気兼ねをして、すぐには応じかねている  それを制している  者に当り散らしている  思案に落ちている  銀五郎、さすがに練れている  鬼となろうとしている  たしかに一流をこなしている  五間先へ斬りまくしている  剛の者といわれている  姿に、吸いつけられている  米はすこしどうかしている  一通りは舐めながら、押し伏せている  魂を操られている  店から何まで切り廻している  臙脂をさしている  腋の下から冷汗をおぼえている  そこへ行こうと思い燃えている  砕けた啓之助は、すくんでいる  ようにけむっている  魅惑されている  初めと決まっている  思案がいる  しろにうつむいている  怪我をしている  ウウム、いる  時雨堂なら、よく知っている  夜気冷やかに瞬いている  声もかけられずにいる  唇がふるえている  乳母に上がっている  魔ものが、つきまとっている  身をかくしている  人がとりまいている  斎もいる  者もきている  ポッカリ星を見つめている  美女がのっている  昔から男のものに限っている  中に納まっている  とおり井水が吹きこぼれている  雰囲気につつまれている  どこにでも転がっている  チビチビと飲んでいる  ッている  お菓子をかけている  そうにつぶやいている  ジイと見送っている  旅をしている  親切に教えてやっている  露がたれている  深窓にたれこめている  うわべにまとっている  グーッと寝ついている  灯にまたたかれている  枕を通っている  つばを抑えている  模様のついている  連れも待っている  別に悪意を持っている  時折吹いている  寝息をうかがっている  二階から見下ろしている  月を浴びて、ひそひそと話している  手欄から見つめている  道を見廻している  女が泣いている  檜にもたれて泣いている  サメザメと泣いている  根くずれさせてうっ伏している  疑惑につつまれている  二人が坐っている  細音にからんでいる  三角形に射している  孫兵衛おぼえている  自分は、そら寝入りでいる  鏡台が散らかっている  怒りが、蒼白く漲っている  かぶりなおしている  気配りをしている  草の寝ている  竹林がつづいている  たまが浮いている  綱がいる  吾をも忘れている  それに聞きとれている  まぼろしへ凭れている  肩から足へと、流れている  腕に絡まれている  眼をつぶっている  縄を抜けようとあせっている  鳩を見張っている  うつうつと居眠っている  嘆じてやまずにいる  言葉を、もう忘れている  お待ちなされている  中でも、ことに遠放しもきくし馴れぬいている  方のいる  拳を出していると、馴れきっている  口をとじている  相手を探りあっている  敵意は持っている  侍が立ち廻っている  空をまた見上げている  行方を聞き澄ましている  山に包まれている  誰かいる  土筆屋などで、再三見覚えている  側にいて世話をやいている  あたりを眺め廻している  世話をみてやっている  わらじを解いている  尺八を携えている  闇をさまよっている  不断に燃えている  漂泊している  心に秘めている  幽寂につつまれている  箸をとっている  集合をしている  競詠を試みている  眼ばかり光らしている  句を案じている  ムクムク動いている  足拵らえにかかっている  刃こぼれをあらためている  それを読んでいる  神経を尖らせている  敵が欠けている  何気なく縁側から空を仰いでいる  頃めいっている  雨に向ってつぶやいている  独りごとを洩らしている  竹林に住んでいる  どこかで降りこめられている  んだが、知っている  雨の降りそそいでいる  灯は、消えんばかりに揺らめいている  そのまま開いている  声をだしている  響きにまぎれている  今、少し落ちついている  聞き耳たてている  奴らが立ち廻っている  雨を避けつつ見張っている  鯉口をつかんでいる  一語一句にひらめいている  眼を吸われている  ペッタリとついている  独り言を洩らしている  尺八を持っている  雨宿りをしている  まり夜が更けすぎている  宿をとろうと考えている  所にぽつねんとしている  黙然としている  物騒ぎを押さえている  赧めている  市が、さだめし案じている  丞も見知っている  見舞に行ってみろといわれましたんで、まだ少し降っている  つけ澄ましている  銀五郎が押し込まれている  声をあげている  そこからみつめている  水蒸気をあげている  それをかついでいる  血汐が滴りだしている  半ば疲労に挫けている  ように弾けている  誰が持っている  縛めをうけて、押し込まれている  啓之助が立っている  ことは分っている  あたりにいる  たばこをくゆらしている  襞になっている  杖をもっている  道ばたにいる  滴々と落ちている  木の葉に埋もれている  どこかに休んででもいる  岐路になっている  まわりを取り巻いている  迅さを持っている  住吉村にいる  二人が切り結んでいる  鵯が啼いている  体も疲れている  あいそをつかしている  腕は優れている  燃焼している  のも当然だとは知っている  急に、抱えている  榛の木にかこまれている  文鎮になっている  奴が立ち廻っている  屋敷に潜っている  こちらに住まわれている  所在を探している  方から訊ねている  姿をチラつかせている  病家をとっている  辻褄を失っている  米にそれほど思われている  気の毒に存じている  ふうも溢れている  悪魔を飼っている  薬は上げている  気苦労ばかりしている  はい、添い遂げている  稼業にしている  毎日お詣りしている  私たちを見ている  私を嫌っている  人通りも絶えている  間静かにしている  考えがついている  背中は大きく波打っている  耳朶をしている  拙者が抑えている  こっちへ向っている  間から高く聳えている  番が見張っている  棟を望ませている  物が落ちている  半分に称している  今度は脅しにかかっている  とぐろをまいている  森啓之助も心得ている  まま肩口柘榴なりに割れている  局に対している  指に挟んでいる  手を考えている  居候をしている  京浪人と称している  やつが住み込んでいる  邸内にいる  何者かに乱されている  襖際に居並んでいる  最前から待ちかねている  襖ぎわに居流れている  縄尻をとられて控えている  廻し者が潜んでいる  タラリと解けて下がっている  密事を嗅ぎつけている  ヌッとうしろへ立っている  ジッと聞いている  怨恨をふくんでいる  公卿堂上へ多く嫁いでいる  中に送っている  薙刀を引き抱えている  常から残りなく固めている  人影の立っている  ドカドカ騒いでいる  啓之助がしきりに聞いている  繋綱を解きかけている  江戸雁木坂にいる  無住心剣夕雲流といっている  数日床についている  静かに抜かんとしている  真一文字に走っている  前から手廻しされている  目を廻している  づなを解いている  ぐらに立っている  阿波守の乗っている  燈明台がそびえている  秘密につつまれている  笊を探しあぐねている  父親の立っている  母親が切りかえしている  中を逃げまどっている  庭へひろげて乾している  問合せにやって来ている  電話している  だみ声がしている  みんなのいる  方では言っている  廻送している  蒟蒻だとか言っている  田を植えている  方針でやっている  一体、持っている  俺が持っている  金つん出して待っている  方へ伸びている  別居している  半ば過ぎている  めえ、痛がって騒いでいる  傍につくねんと立っている  疫痢で亡くしている  顔を尖らしたが、叱りつけている  処置をしている  身上切り盛りしている  愚図ついている  シャツなど着ている  出費を借り出している  苗を取っている  代掻き器械を扱いかねている  三倍にも売っている  ばらばらと撒きつづけている  田圃にいる  白をきっている  半年ばかり見ないでいる  これで出来べえと思っている  ヨシ子はきょとんとしている  兄を見忘れている  ンちゃんではなかったと思っている  若者になって帰っている  ヨシ子は相変らず黙っている  一家を張っている  数量以上を持っている  野良支度をしている  願いはなお、生きている  書き手もいる  インターネットで広く使われている  考える人もいる  作業を進めていこうと考えている  入力に取りかかっている  困難を感じている  限つて酒がいる  婦人作家として持っている  定評をなしている  円熟している  精一杯に生きて来ている  こととなっている  かたを見出している  かたで行こうと思っている  事情に対して、はっきり知ってもいる  世界に息づいている  精力がいる  名前を覚えている  生活をおくっている  カフェにはたらいている  一画をなしている  犯罪むきにできている  下水にむかってへどをはいている  のをまっている  ドアによりかかっている  どこにでもころがっている  エキゾティシズムにはあきあきしている  淫売婦がたっている  ニヒリスティックではあったが、くいいる  路地から路地へさしこんでいる  右左にわかれている  前方にのびている  あっけにとられている  密接している  日々をおくっている  頭からひっかぶっている  ふたつ、むかいあってならんでいる  四五分の隙間があいている  相手がのぞかれている  ぴょんぴょんとびはねている  おれののぞいている  さまをじいっとみつめている  なにごとがおこっている  殺人がおこなわれている  バンドをまき、ぐいぐいしめつけている  生え際がつづいている  パジャマをまとうている  かまされている  じいとみつめている  なにがおこなわれている  ようにつったっている  息をこらしている  からたかがしれている  夜道はなれている  鋪道にはわさせている  こっちをねめつけてつったっている  おれだって場数はふんでいる  犯行をしられている  ようにふくれたりちぢんだりしている  たまるたんぼうがおちている  暗々裡にかずをかさねている  記事さしとめをめいじている  みをもっている  暗躍している  逆がおこなわれている  おれのおそれている  めしをくっている  逃げ口をふさいでいる  紫のけむりをはきながら、にやにやわらっている  いらいらしながらまっている  小半時もまっている  放題あばれくるっている  たかっておさえつけている  結社であるとつげている  烈々として、もりあがっている  づゝ見舞つている  富田倫生は記している  浸透させている  研究者もいる  二〇〇六年一月一日をじっと待っている  書き手がいる  刊行している  ソフト会社にいる  業務外に何やらやっている  公開している  なかった野口でさえ知っている  著作権の保護期間が過ぎている  プロジェクト・グーテンベルクが始まっている  公開しはじめている  九七年七月七日としている  ストップしている  活動を行なっている  効率化を図ろうとしている  トップページに置かれている  日々増えつづけている  ポイントを書き込んでいる  捻出している  顔となっている  受付担当となっている  作業を行なっている  運営している  まま現在に至っている  呼びかけ人はいる  法人とはなっている  活用している  名も挙げられている  目標を据えている  著作権意識をも問うている  刊行されている  発生しないと考えられている  棚に並んでいる  チェックしている  配置されている  一般化している  工作員がいる  寄与している  作成している  無料提供している  作業を引き継いでいる  リンクを張っている  有料にしている  シリーズ化されている  収蔵されている  著作権の切れている  継続中で、収められている  オープンしている  画像データベース化をすすめている  構築計画だけに留まっている  青空が広がっている  葉がゆれている  稲田のひろがりには、見ている  労力がうちこめられている  葉なみをそろえて立っている  散財している  農家がつまっている  全国的基地となって来ている  用事で出て来ている  家をもっている  ことを告げている  いま働いている  木の間にちらつかせて涼んでいる  何と感じている  稲田に注がれている  国鉄にはっきり現れている  病院にはいる  変化がもたらされている  鼻を押さえて、仰向きになっている  鉄管工場へ行っている  意識を失っている  男を知っている  工場に働いている  別に罪を犯している  きみの知っている  半ば夢を見ている  自分でもそう思っている  ことを思い詰めている  ことなんか忘れている  ときには、そう話している  冗談をしている  顔を見詰めている  ですよ。ただこうして話している  ころから彼女を愛しだしている  ほうをより多く愛している  友情だけは続いている  見当はついている  母はいろいろ言っている  丘に張り出されている  みんなわたしから起こっている  ことをどう思っている  気の毒がっている  ことをしたと心から思っている  きみを責めている  きみの持っている  世の中を映しとっている  立場が誤っている  ことだけは知っている  世の中を映している  鏡に取り憑かれている  話ばかりしている  のを見詰めている  ことができずにいる  うえに残っている  血の通っている  中で廃りかけている  彼女の属している  尾をいまだに引いている  心臓を腐らしている  吉本をただに恨み憎んでいる  自分のものとして生き残っている  蛆の湧きかけている  発作に襲われている  全然意識を失っている  わけなのだが、覚めている  自分に発している  ことだって、ほとんどなくなっている  なんでも歪めて映している  ぼくを愛している  気の毒に思っている  何萬圓つて權利金がいる  誘惑は感じている  事を聞かないでいる  しろ空気自身が白っぽく光り輝いている  展開している  名札がずらりと並んでいる  賞が出ている  葭切が鳴いている  ただ一輪真赤に咲いている  戦法をとっている  ドライブしている  さたおやかさをもっている  頭を並べている  褐色に染まっている  かな顔をしている  見事に染めあげられている  だんだん見ている  素質がどうして備わっている  連鎖でこっそりつながれている  円タクに揺られている  ゴルフを買いかぶっている  許可を得ている  のがつながって歩いている  新雪に、おおいつくされている  魚屋などにもよく出ている  醤油をたらし込みながら、煮ている  燐酸塩も、少しはいっている  これは煮ている  教授をしている  研究をしてみたいと思っている  彼女の坐っている  友達と暮している  ように感じられている  変化を起すにきまっている  会社へ勤めてはいる  考えかたがいる  仲間とともに働いている  日常に感じられている  なかにはっきりと映っている  結婚しようとしている  期待されもしている  心持が動いている  幸福をねがっている  そこに失われている  一般にどう考えられている  感情を立てて来ている  対手を待ち求めている  自活して暮している  結婚に対している  希望をもっている  態度を認めている  気分が貫いている  感じで裏づけられてもいる  雲につつまれて描かれている  時代として過ぎている  土台に立っている  結婚している  動揺されて来ている  奨励されている  ようにとすすめられている  生活を考えている  結婚について考えている  決心をしている  ことが求められて来ている  愛が満たされている  行動が、求められている  ようとなっている  ポーランドに向けられている  痛感しはじめている  転機がひそめられている  傍を並んで歩いて行っている  何を望ませている  震撼しはじめている  二十五年昔よりは高められている  数にのぼっていると報ぜられている  気分からだけされている  そこでも考えられている  力は持っている  裡に入っている  関係を持っている  内から感じている  創造的威力に捧げている  蔵している  傾向を持っている  中に待っている  胸を貫いて流れている  変更されようとしている  残滓が遺っている  遺物が潜んでいる  力に引っ張られている  実力を欠いている  何処かに遺っている  衷心に遺っている  さが欠けている  選択が行われている  遺物として持っている  柔く脈打っている  田園美をなしている  幾区画か示している  作業している  底潮を持っている  河ばかり視ている  都会生活復帰説が持ち上っている  部屋を持っている  独立心を持っている  外気を防いでいる  天井を眺めている  大望を抱いている  手によってされている  一つが使われている  仄見えている  筆者も持たれている  社会問題をとりあげている  評言が与えられている  母は求めている  路面をはげしく照りつけている  埃りが舞いあがっている  苦悶に喘いでいる  調子で響いている  唸りをたてて飛び廻っている  お腹が減っている  魂胆は言わずと知れている  トラホームを患っている  瞞しこんでいる  猫脊に微笑んでいる  量見を抱いている  太陽がカッと照らしつけている  野望をもっている  五年この方流浪している  笑い崩れている  破れ靴で流れ歩いている  小娘はそう云っている  昨日と変っている  憫笑している  黒眼鏡は、一体どうして食っている  密輸入をやっている  犬の飼われている  人はいる  犬は持っている  門になげている  知らないのか忘れるかしている  主人が住んでいる  空瀬戸茶碗がころがっている  奥に坐している  此方向きになっている  声にききとれている  みんな内容を知っている  長すぎはしないかと思っている  名裁判と申し上げている  何かに載っている  地上にとどめて迷っている  年齢になられている  意識せずに過している  話だの、語られている  愛読している  一時間一時間を抱きしめている  肉体に即している  中に閉じこめられている  手腕を持っている  自覚的に生きている  何となく迎え入れて送りだしている  燃焼を常に多少ずつ支えてくれている  しまえ、と諭している  聴えてもいる  僕がこうして生きている  人に腰かけて貰っている  礼儀を知っている  生活として育っている  秩序とは違っている  空中サーカスと云っている  召集でも受けている  老練家がついている  長老が乗っている  クサっている  安心しきって飛んでいる  我慢しながら飲み下している  断定している  金を賭けている  区別をつけている  生活しつつ、そう考えている  彼等は実際そう考えているし、考えている  現実が生れてきている  清潔に見える、と言っている  小さな幸福を希っている  ものが死んでいる  気がしなくなっている  毎日繃帯を取換えている  不味ばかり書いている  違いになっている  降参してしまって、ガッカリしている  穴をみて泣いたりしている  俳論をやっている  子規の言っている  俳句をひねっている  信条としている  永遠の恋人だと言っている  男を殺したりしている  恋人を持っている  自信を強めさせてくれている  自称している  引用されている  休みなく流れている  ものがかなり伝わって流れてはいる  熊本につづいている  ことを説いている  一だと思い込んでいる  極意なのだと述べている  於いてまさっている  極意でございますと、言っている  用意を忘れている  個性を表わしている  吉岡憲法に勝っている  木刀をぶらさげている  不用意に呆れながら見ている  姿を見かけるともう身構えている  不可能で、離れている  方が斬りこんでいる  逆になっている  道も同じだと言っている  芸術品だと思っている  極意だと言っている  剣法を論じている  方法をあみだしている  活をもとめている  奇蹟を賭けている  賭博をしている  奇蹟を追うている  血路をひらこうとしている  放れ業を演じている  暴露している  賭博している  盛名を伝えている  暗夜をさまよっている  ものがなくて生きている  小説に書こうと努めている  闘病生活をしている  散歩に出歩いたりしている  生活をしていながら、それでいて生きている  風に用いている  仕事だと考えている  力量以上を賭けている  僕は考えている  魂胆をもっている  革はところどころはげたり、すりむけたりしている  縁も煤けている  血統を承けている  聖書を買っている  方をじっと見ている  価値を見出してくれている  妙に鋭くなっている  今日此中に生きている  玄関に立っている  感情的になっている  青年は、歩いている  土地にいる  おれと云っている  姿が立っている  ことでもあって、走っている  家で寝ている  あっけにとられて見ている  客を呼んでいる  拘留せられている  夜も昼も泣いている  事を思っている  裏から見て知っている  雨は降るし、遅くもなっている  発起点になっている  職人に払ってしまっている  町へ帰っている  あれをしている  誰も知っている  谷底に向って走っている  靄に鎖されている  小刀を貫いている  ものは燃えている  一つに住んでいる  顔附をしている  真面目にしている  指が附いている  外に立っている  ことをひどく恥ずかしく思っている  万事知れている  永遠に烹られて、痛がって、吠えている  口では笑っている  香が満ちている  音もおどろに寂しく響いている  真中に立っている  端を攀じっている  野倒れている  附着いて見ている  ように、浮いている  長靴を磨いている  三つ四つも越している  顔でいる  花咲いている  目に立つほど溜っている  花をしみじみと見上げている  いまぽっかりと咲かせている  幾つもの朴の木の立っている  思いをさまよわせている  かすかに啼いている  写生に行っている  方々が傷んでいる  家、傷んでいる  影を与えている  様子が違っている  管理している  一まわりしている  俤をとどめている  一目置いている  いま売りに出している  何んで食っている  植木を引っこ抜かせている  いま植木屋を呼んで売り払おうとしている  心もち窶れをお見せになっている  畑仕事にも精出している  甥とかのいる  何かを干している  圭子も困っている  お粥ばかり食べている  お酒なんぞ飲んでいる  こちらにいる  爺やが何かと働いている  爺やはどうしている  頃うちを明けてばかりいる  一人でこそこそやっている  ところへ入浸しになっている  世話になりきっている  木の間から見え隠れしている  厭にひっそりしている  ように、ひっそりと暮らしている  村なんぞに流れ込んで来ている  から床にはいる  目をつぶっている  夜鷹が啼き出している  濃霧がたちこめている  石炭が燃えている  骨董品が並んでいる  顔つきをして座っている  何か語りあっている  そばにすわっている  ように語っている  邪魔者になっている  孤立している  経験によりて信じている  散点している  これに似ている  彼はこういっている  探偵の実際に行っている  遵奉している  方法が用いられている  まりしばしば見ている  雨粒が浮かんでいる  芸当をしている  とかげに似ている  火がちらちら燃えている  焔をあげて、せわしくせわしく燃えている  ように見えますが、実はやはり冷たく美しく澄んでいる  まま一生満足に持っている  あちこちさしずをして歩いている  火がもくもく湧いている  かおを洗っている  千二百年たっている  もっともっと速く燃えている  毎日何をしている  お父さんが来ている  一面風にゆらいだりしている  脚で立っている  顔色が変わっている  今までよりよけい燃えている  網を張っている  親子までがはいっている  記録が沢山集っている  人々の採っている  理論的説明に用いられている  学問も入っている  説明に用いられている  自然科学に用いられている  中に用いられている  今問題にしている  水準を抜いている  雑誌などに時々書かれている  確証されている  今もなお残っている  幅をきかせている  盛に論じている  図に乗り過ぎている  多寡がしれている  隆興を期している  機械力を得ている  ために挙げている  断行している  噂もきかないで済んでいる  ことがいわれている  学問であるとはよく言われている  科学などを起そうと企てている  遭遇している  必要だと思っている  反対になっている  論理に陥っている  馬車までももっている  ゆくえが分からなくなっている  道具のはいっている  窓がしまっている  血がついている  おれはよく知っている  やくそくになっている  ほこりが立っている  ですよ。草が青く光っている  いから、分っている  いつまでそうしている  小児心にも覚えている  すべて承知をしている  こと思いいる  ことは普通言われている  テンカン患者がかなりいる  文献を読んでいる  ゴッホ研究をやりだしている  手記を残している  言葉が用いられている  テンカンじゃないかと疑りだしている  分裂病とよんで済ましている  理由となっている  時日のすぎている  附随している  不安にも襲われている  ことを信じており、必ず闘い勝つ、勝たねばならぬ、とも信じている  不安定となっている  悪化させてもいる  時最も欲している  人間がどうなるか、分りきっている  それだけにきまっている  文士稼業をしている  現在分裂病と云われている  患者たちが悩んでいる  自分の悩んでいる  ものを知っている  慎しんでいる  からざるように見られている  精神病者が最も多く闘っている  近似している  幻視を見ている  世間に目せられている  廊下をうろついている  手段が失われている  部屋で寝ている  静かで、慎んでいる  取り調べをうけている  ことを忘れている  安住している  空家と来ている  腰さ掛けて眠っている  縡切れている  書かっている  暗記している  小浜信造のいる  留守なのは分り切っている  宅が出ている  宅になんかいる  信造のいる  見物が群がっている  盤に見入っている  二三十並んでいる  二言三言いっている  颯爽と歩いている  袖垣一つを隔てている  所を通っている  縊死しようとしている  家に暫くいる  許にいる  霞に似ている  途を歩いている  伴をしている  さい時から夫婦になっている  景の着ている  景が寝ようとしている  官にいる  道にかなっている  向うから人を棄てようとしている  寝台で寝ている  踈らに生えている  隠遁させようとしている  貌が異っている  成道士のいる  成道士から聞いている  上清宮にいる  人間にいる  成とまちがえている  僕も遇っている  一僮子の坐っている  夢にしている  一つ入っている  だれも知っている  黄金となっている  居城として知られている  父のいる  詰合って飲んでいる  陰々としている  胴中を、くり抜きに、うろついている  棒をついている  呆気に取られている  しんは青くなっている  煙草話に聞いている  踊子が涼んでいる  私が背負っている  日が、とっぷり暮れている  餒えている  ごろんごろん寝ている  若い人が、ずかずか入って、寝ている  お座敷へ行っている  煙を吐いている  彼女を見上げている  青年のいる  ように揺いでいる  ぱい生えている  メロディを持っている  事ばかり云っている  熱に浮かされている  一人で坐っている  煙突から煙が出ている  一ぱい溜っている  彼女の待っている  文句を読んでいる  煙突から煙の出ている  容子を聞いてみようと思っている  平生を知っている  時を刻んでいる  間に閃いている  燦らかに晴れている  母がいる  妻を愛している  何だか見当が違っている  沢山一ところに散らかっている  合図している  巓が映っている  裾までひろがっている  風呂敷包みを下げている  傍で笑って見ている  二つの笑顔を眺めている  不安を感じている  浜へ辷り出している  引上げられ、干されている  父となっている  こっちを見て立っている  存在を続けている  凸出している  彼の掛けている  筋肉を引きしめたり弛めたりしている  瞑想している  彼は持っている  眼が語っている  眼を向けようとしている  今私をそそのかしている  後ろから私をぐんぐん押している  それから壁に懸っている  一杯つまっている  彼から受けている  ように操られている  媚を呈している  ものを愛している  ーっとこめている  何かに傾けられている  其処に涙ぐんでいる  何処かへ続いている  中一杯に大きく拡がってゆこうとしている  彼の引いている  音もなくそっと動いている  隙間をじっと狙っている  中に忍び込んで来ようとしている  魂を狙っている  私はよく知っている  卓子についている  沈黙が湛えている  罩めている  珈琲を飲んでいる  私をじっと窺っている  私を捕えようとしている  隙を窺っている  何かを飲んでいる  きりじっとしている  私を脅かしている  頬に盗んで楽しんでいる  首垂れている  裸で震えている  静に腰掛けている  跡を追っている  空中に持ち上げようとしている  所へ落そうとしている  ものに縛られている  無数にさし通している  私を捉えている  時茶の間に立っている  中にこもっている  ままじっとしている  塞っている  息をつけないで悶えている  事実をじっと見つめている  ものが硬くなっている  方へ向っている  私を見つめている  私をじろじろ見ている  私を引きつけようとしている  男が腰掛けている  凡てが生きて動いている  抱擁を待っている  私をじっと見ている  魂を見透そうとしている  うち震えて泣いている  室にじっとしている  彼はすやすやと眠っている  作用している  手捜りしている  咳をしている  咳がまじっている  スティムで蒸されている  眼を大きく見ひらいている  まんま、じっと睨みつけている  咳をしつづけている  一人きりで暮している  背革が傷んでいる  顫えている  足に似ている  日光浴をしている  臭いのただよっている  呆けている  便所へ行っている  何処かへ消えて無くなってしまっている  燿いている  其処にただよっている  おれを待っている  髣髴させている  番号がつけられている  違いを生じている  状態を続けている  廊下をうろうろと歩いている  内部から血のにじみ出ている  加っている  露台に向いている  運動している  虹に見入っている  幻燈を映してくれようとしている  中をじっと見つめている  上にさまよっている  胸を躍らせている  支那兵が倒れている  おれを落し入れようとしている  瞞されている  微粒子がちらちらしている  四五寸埋めている  露台に通じている  蝶番ごとそっくり剥ぎとられてしまっている  いま生きている  彼が眠っている  時刻にはいつもまだ眠れないでいる  それまでうとうと眠っている  三時になって、まだ眠れずにいる  様子をうかがっている  再発している  誰かがうな垂れている  枕もとにうな垂れている  男に変っている  彼の知っている  熱がひどく出ている  驚愕している  若葉を出している  軽井沢に行っている  足ばかり出している  義足でもしている  ステッキを持っている  歓迎している  凭りかかっている  お茶かなんか飲み合っている  宣教師をしている  間にちょこんとしている  三十以上になっている  のだろうか、それとももしかしたらもう死んでしまっている  色がひどく剥げちょろになっている  手がとれかかっている  探偵小説ばかりを読んでいる  観察をしている  向側にいる  我慢して起きている  耳を傾けて聞いている  ぼんやり凭りかかっている  時いつまでも彼が黙っている  それからもう歩き疲れている  血が滲み出ている  西洋人がそう叫んでいる  宙に持ち上げられている  介抱してくれている  遊戯かなんぞをしている  ところに集めている  頭の痺れている  何かが特に強く匂っている  一面に茂っている  匂いに似ている  においを嗅いでいる  木の葉をさわさわ揺すぶっている  いつまでもぐずぐずしている  叔母が叫んでいる  噴煙をむくむくと持ち上げている  中にでもいる  一本のくすぶっている  抗して書いている  彼によって使い古されている  火をふき出している  身を以て示している  断片をうつしている  粉砕してしまったかを語っている  一人熱を出してねている  知覚を失っている  労働者を欺いている  阿諛者達であるとしている  声を振りしぼって叫んでいる  討論している  食人鬼のように描かれている  さ等をあけひろげてみせている  どこから生じている  ためであると云っている  ジイドが云っている  利用しようと努めている  それがなされている  ジイド自身が描き出している  ジイドによって描かれている  成長を楽しんでいる  頭上に羽ばたかせている  上に、徐々に推しすすめられて来ている  交錯しあっている  裡によびさましている  床の間にポツンと載っている  まま固っている  明瞭に知っている  私一人によって保たれている  憧憬を持っている  寝床に入っている  夜更けまでも暴れている  応答があるだろうと聴いている  僕の出している  地球を既に飛び出してしまっている  そこに棲んでいる  救助信号とを打っている  只今何事が起っている  山中に立て籠っている  僕の待たせられている  音量を増している  ハヤオから聴いている  打電している  責任を負っている  覚悟している  団体に加わっている  役目を持っている  普段大事にしている  うず高く積み重ねられている  前日憲兵隊に引留められている  作働している  妄想に駆られている  あちらこちらにあいている  肺結核に襲われている  超越してしまっている  幸だと思っている  全部統一されている  呼吸だけはしている  ガヤガヤ騒いだり、キャーキャー云ったりしている  反抗に生きている  事も聞いている  俳優は無いと信じている  問答やらをしている  言葉をよく憶えている  ものは離れて見ている  真相を知っている  歌舞伎後継として控えている  境に入っている  何でもない、離れて見ている  筆を進めている  事は離れている  根津にいる  人気を博している  態度を知っている  提案であったと覚えている  演ったと思っている  臭味とが多少つき纏っている  あたり特色も看て取っている  立場にいる  所持している  群っている  勢力をもっている  から済ましている  ヤケとで暴れ廻っている  委細心得ている  距りとなっている  三月十一日になっている  早稲田鶴巻町にいる  筆記をして貰っている  意志も動いている  さび切っている  声明している  菊池君を担ぎ廻っている  出版界にいる  歴史的になっている  卓絶している  光彩を有している  電話までかけたがつい果さずいる  用心が働いている  悪評で充ちている  当を失している  岩崎弥太郎が死んでいる  我輩によく似ている  今は無くなっている  一人で並べて楽しんでいる  晩散歩をしている  一変している  説であったと覚えている  感化も蒙っている  自分は認めている  傑出すると思っている  目に止まっている  前に死んでいる  名を与えている  先方では取り合われなかったと思っている  校正刷に使っている  ルビ付になっている  ようにしたと思っている  東京市中へ出ている  ものが沢山出ている  和製日本紙本を出している  二十五日発行となっている  ことを云ったと覚えている  原型になっている  普通四六版組よりはずっと小さくなっている  ものと覚えている  新聞に掲げている  今日に残されている  遠因を孕んでいる  のである、そうしている  内心嫌がっている  代議士となっている  出入している  ものであろうと思っている  成立している  汐合を見てと思っている  重きをなしている  風に吹かせている  くりをきっている  ジャガいもを作っている  大瓶を眺めている  梢を眺めている  房を一杯つけている  テラスに坐り通している  一せいに見ている  大詩人プーシュキンをやっている  白粉の濃くついている  造花をつけて笑っている  ブラッシをかけている  飾紐をつけている  がりをやっている  二三人水はけをやっている  六本生えている  若い女が立っている  外套を着ている  彼らの住んでいる  伯母と話している  お仕事ばかりしている  笑いをうかべて黙っている  友達でおたのみしたいって云っている  頭からゆっくり服をかぶって着かけている  小一時間ぐずぐずしている  兄さんが生きている  買い出しに出かけている  店が張られている  滴をきりながら立っている  よう知っている  爽やかにチラチラしている  手首から下っている  ゾーシチェンコを知っている  裁物をしている  しらえをしている  箱からぶら下っている  車にのっている  帳簿つけをしている  つり下っている  樽にかけている  窓にかけている  腕に下げている  リヴォーヴナの待っている  ハムが入っている  ナースチャ自身がかけている  カーテンが下っている  砂糖もいる  力がいる  ナースチャはきびしく云いつけられている  人間がいる  ナースチャがまごついている  例の、もう散らかりかけている  二寸ちぢめている  椅子にいる  オルロフのいる  上をいじっている  糸屑が引っかかっている  歩道にいる  四十分も待っている  前に来ている  なかに働いている  二十カペイキでみている  親切にしようと思っている  数冊パンフレットがおかれている  上にたらしている  お前さんどこで働いている  スキーで遊んでいる  子守のいる  パイプをふかしている  肱をついている  差し出している  外に見とれている  頑固に黙っている  組合へ入っている  本心はもうかわっている  セミョンノヴナは黙っている  窓からリボンをつき出している  外についている  露台にいる  戸から燈火が洩れている  踊場についている  泥棒が入ったって聞いている  繩からつる下っている  真中に立って、しゃくり上げて泣いている  ナースチャは立っている  電話をかけている  茶を飲んでいる  いしている  わたしを試している  一人ならんでいる  輪廓だけ刻まれている  不断信心している  小聖像を眺めている  腕に押しつけている  台所じゅうを照らしている  三分ほどともりのこっている  なにかがついている  夜業している  ときは憶えている  一定方向に吹いている  普段見ている  研究をすすめている  軍用機その他でも既にやっている  客と話している  襟から出ている  遊びをしている  笑い声を聞いている  牛車がどんなに長くつづいている  茎が枯れてかさなりあっている  水が、どんよりと深くよどんでいる  水鳥がむれて泳いでいる  あめんぼが勢いよく走っている  ぼんやりして暮している  絵のかかっている  隅でぴかぴか光っている  糸目をつけている  ところで呼んでいる  こをして暮している  夜なべ仕事などをしている  絵を張っている  葉の枯れている  花の咲いている  雪のつもっている  ひいきになっている  母もいる  ルーティヌに従ってなされている  ためのものとなっている  事情は多少異なっている  喪失している  問の生きている  模倣があらわれている  ブック・メイカアがこしらえている  学生主事をしている  明記して著している  心にのこされている  立て前で設けられている  流行を示している  先生らしさと云われて来ている  ようをしている  肌理はこうなって来ている  題は、じっとみている  これまでうけとって来ている  肯定として扱っている  字を見ている  字をじっと見ている  匂いをふりまいている  そこら辺にいる  漠然直感されている  暖かい血をもって生きている  責任もおのずから含まれている  欲望ももっている  一変して来ている  外部にあらわれているよりもよりつよく動かされて来ている  骨頂でもたれている  ようにかえしている  ことを、思っている  傾向を一方に生じている  中で語られている  基礎をおいている  上に現れている  考察をのべている  くつが並んでいる  赤いくつを見つめている  上にうかんでいる  カレンは、にがよもぎが生えている  こどもらが住んでいる  カレンはよく見おぼえている  のろいをうけている  ひとつ立っている  首切役人が住んでいる  おのは、あんなに鳴っている  ように美しくなりたいなどといいあっている  目に、鳴っている  カレンのすわっている  遠くからながめている  子供らが遊んでいる  金魚がいる  金魚なんかがいる  川中にいる  魚がいる  母親が、いまごろ悲しんでいる  わたしの治めている  ようになって、寝ている  日そこで働いている  精米所へ搗きに出している  米は持っている  常食としている  十分にやっている  麦を持っている  平麦を買って、持っている  ものを食いなれている  一存在で、その住んでいる  従来儲けさしている  稲荷ずしでも売っている  うまいものを食いなれている  県にいる  田舎へ云ってやったりして、送ってもらっている  城壁が築かれてはいる  戸があいている  餌に呉れてやっている  主食としている  焼明を持っている  艪を持っている  呼吸つこうとでもしている  舟をだしている  舟を出している  舟乗りとなっている  舟で笑っている  火を見るともなしに見ている  喉のかわいている  眼をぎろぎろとさしている  押し合い啀み合うている  手は掴もう掴もうとしている  水を飲んでいたが度々飲み続けている  色読している  儘生きている  甘味を解している  自分が最も美しいと信じきっている  瞬たいている  海が波打っている  吐息を洩らしている  家に帰りたいと思っている  手袋が落ちている  ように熟し切っている  戦慄を続けている  持場持場についている  向うに消え残っている  歯噛みをし合っている  命令一下を待つべく、飽くまでも静まりかえっている  胴腹に黒ずんで残っている  太陽に濡れ輝いている  事にきめている  突破している  大の字型に投げ出されている  事がわかり切っている  正面している  私が坐っている  一尺ばかり高くなっている  ジット私を見下している  反響を聞いている  行く手に待っている  背景にして迫り近付いている  海底に繋がっている  ものに睨まれている  背の低い、すこし離れている  貴方がお探しになっている  硝子で出来ている  ように透きとおっている  水平線まで貫いている  アリアリと見えている  歯噛みをして口惜しがっている  隅から隅まで探したけれど、どうしても見つからないで弱っている  大臣はよく知っている  平素冷静そのものといわれている  平素女丈夫と言われている  双肩にかかっている  輸入されている  夫人の知っている  頭脳を常に恐れている  総監を見舞おうと思っている  目にかかりたがっている  病室にはいる  見当がついている  手を束ねて見ている  一つ手ぬかりをしている  新開に住んでいる  継物をしている  搦んでいる  筒袖になっている  米にかねがね聞いている  肌に着いている  正面にあいている  喜劇を知っている  藁草履で立っている  ように生えている  ように巻いている  鳥が寝ている  手でおさえて見ている  前に整然と心得ている  前足で掘出している  命日にしている  跟けつ廻しつしている  重量がついている  串戯にも、つけまわしている  信心をしている  私がよう知っている  上口に倒れている  無事を祈っている  晩兼子は長く眠れないでいる  それをじっと見ている  眼を覚して、なお眠らないでいる  仕事そのものを愛している  兼子自身で望んでいる  遠慮がいる  彼が黙っていればいる  俺をたしなめている  それを眺めている  奥に想っている  ぼんやり視線を注いでいる  中をまた歩いている  顔を伏せている  入口を塞いでつっ立っている  今どうしている  庭を歩いている  何を慌てている  三田へ行っている  うちから貯金もだいぶしている  所まで落ち込んでいる  僕にもよく分っている  人に媚びている  誰か立っている  ぼんやりと考えている  あいがっていただいている  あたりが、まだ濡れている  市街地とそのむこうに大きく横たわっている  夜からはじまっている  窓辺に立っている  造りになっている  なかに入っている  いまぼくが眺めている  朝食だ、と言っている  活躍している  中和させている  テーブルでひとり飲んでいる  機能している  アパートメントに住んでいる  六時三十分とかには、開いている  ぼくは呼んでいる  ぼくは考えている  いっしょに住んでいる  友人から借りている  追求している  私は覚えている  確認されている  依存している  彼らがおこなおうとしている  シートにすわっている  いまでも続いている  趣味でおこなっている  マウイに住んでいる  ぼくは知っている  島へ来ている  指導がおこなわれている  貢献している  ひとつにつながっている  棚に面して立っている  体の、ひきしまってほっそりとしている  裾から見えている  色となっている  場所にいる  ぼくをじっと見ている  いま目のまえにいる  ぼくは見送っている  手を握っている  到達している  うしろ姿を見ている  ぼくが追っている  間取りがゆったりと広がっている  外側ぜんたいを取り巻いている  それに面して横たわっている  銀行に勤めている  女優さんが着ている  ぼくはいまでも覚えている  留学したがっている  ダンス教室となっている  なにを目ざしている  なにをやってみたいと思っている  気持ちを抱いている  独身でいる  いまテーブルのむこうにいる  なにかを気づかっている  男性が来ている  客がひとりいる  あい混じりあっている  ホステスを務めている  ふたりならんで立っている  彼が持っている  いま持っている  茶色になっている  ぼくが知っている  丁寧に、そして優しく接してくれてはいる  スニーカーをさがしている  安物ばかりを売っている  カリフォルニアにいる  一年じゅう商売の成り立っている  三人になっている  普通に英語で喋っている  あなたと呼んでいる  いま気づいている  キチンでなにかやっている  単位を取ろうとしている  いまボストンへいっている  姉に会っている  彼女が着ている  基本がとっくにできあがっている  ぼくが乗っている  縁にただ立っている  ロビーへむかっている  透明感がゆきわたっている  世界になってしまっている  空にむけてのびている  のを、きっと聴いている  興味を示してくれている  たくさん入っている  誰かによって試みられている  収集している  コレクターもいる  専門家もいる  それを持っている  箱入りで出てもいる  コレクターたちはしつこく追いかけている  調査が、すでにおこなわれている  ストーリーを書こうとしている  判明している  手ほどきをしている  現物はいくつも残っている  シャツを着ている  どこで売っている  ぼくが考えている  波に乗っている  レイベルのついている  店も、とっくになくなっている  なかで試みようとしている  デモンストレーションをしている  営業日誌も残っている  アイテムになっている  レイベルを縫いつけている  そこを走っている  化粧箱に入れている  完全に失われている  上を歩いている  肩にかついでいる  土台となっている  軒が大きく突き出している  ぜんたいが、深く張り出している  陽影になっている  熱を受けとめて熱く焼けている  フードが放っている  しかも気にいっている  宣言している  窓のまえにいる  彼らが指さしている  体勢にすでに入っている  垂直尾翼ぜんたいへと広がっている  乗客を見送っている  コクピットにいる  素足にはいている  はじめて体験している  長方形に張り出している  これに乗っている  血も、入っている  買い物に使っている  十年近く使っている  陽の当たっている  放置されている  番号のついている  様子は薄く淡くなり、ほとんど消えかけている  所によってはまだ残っている  空き地で遊んでいる  ことは運んでいる  島に来ている  佳子が来ている  ローンをおこなっている  いま泊まっている  完全に溶けこんでいる  これを貸してくれている  のだと言っている  ものが、届いている  周辺に住んでいる  自分が喋っている  さをいつも感じている  進化している  ここでは、欲しいと言っている  三百ドルも払うなんて、馬鹿げている  ぼくに貸してくれている  ここに住んでいる  ふたりの子供たちと立っている  息子を育てている  忘れものをしている  彼女はすこしでも知っている  地下室にいる  彼女になついている  遊び場になっている  上に開いている  ボストンに住んでいる  雪の降っている  モーツアルトを聴いている  結婚を申しこもうと思っている  両親のいる  両親が住んでいる  ぼくはむかっている  記事を読んでいる  雨に濡れている  運転席からガラスごしに見えている  ラジオがかかっている  ラジオから聞こえている  窓から見えている  建物から機体にむけてのびてきている  いくつもの血が混じりあっている  ことをはっきりと見せてくれている  敷地に沿ってまっすぐにのびている  正面に見えている  昨年よりさらに白くなっている  ボストンにいる  故人となっている  いま言っている  メニューが出ている  ボードはかかっている  そこに生えている  頭ぜんたいに薄いけれどもまんべんなく生えている  しわがかさなりあっている  げにたたえている  外に出している  眼鏡が入っている  靴をはいている  静かに、乗っている  彼は置いている  両手を、かさねあわせている  オートマティックが、乗っている  広告をかねている  スロットにはめこまれている  老人が面している  変色してしまっている  右手に持っている  入れ歯になってしまっている  サーヴィスとして載っている  スペースを大きく占めている  煙草がならんでいる  ポーズしている  外側にならんでいる  壁になっている  朝食をとっている  対称となってかかっている  そのままそこにとどまっている  ながら見つめている  容器などがならんでいる  商品陳列ケースによって占められている  内部に入っている  ほこりをかぶっている  外にとり残されている  ブルーが強く残ったりしている  天井からさがっている  彼は住んでいる  五十歳をこえている  ヒロに住んでいる  ヒロに来ている  はるかに老いている  のだが、目覚めて起きている  ことに使っている  一日を過ごしている  状態がつづいている  朝食を食べている  会いたいと言っている  この世に長くいる  帰還している  夜、眠ろうとしている  泣きながらうとうとしている  ソファにすわっている  内部に、くっきりとよみがえっている  なかで思い出している  ひとり夢遊している  なかに見えている  目をむけている  再演している  姉妹がいる  まま過ごしている  前に長々と横たわっている  ハイラムは知っている  小屋の建っている  道路よりすこしだけ低くなっている  聞き役にまわっている  働きに出ている  朝食を食べ終わろうとしている  いまでも泣きつづけている  ワラスがもどっている  蝶ネクタイをしめている  いますこしだけ残っている  車に乗っている  妹も住んでいる  わきに立っている  母によく似ている  ヘレンだけを見ている  母に似ている  しかも洒落ている  以前から言っている  なにが入っている  パフド・ライスが入っている  中心に広がっている  丈はすこし短いが、どっしりと白く立っている  海面から顔を出している  場所に住んでいる  のを見たり聞いたりしている  上に出ている  上品に洒落ている  ひとつずつを包んでいる  ため、隣りに住んでいる  うちから並んでいる  木をかかえて歩いている  交互に傾きつつ歩いている  会計士をやっている  程度が低くなっている  十フィートを越えている  ロビーにいる  出動している  採択している  ハワイにいる  体験が、そうさせている  ものがすんなりと出ている  小説が持っている  かたちで出ている  ぼくは知りませんけれど、描かれている  一人歩いている  通路には歩いている  葛西家に使われている  倦いて来たので引っかえしている  眼前に残っている  いずれ東京から来ている  門下同様にしている  こっちにいる  邸から来ている  去年から探している  黒に見込まれている  ように引っ張っている  いまでも、いっている  指導員をしている  美しい人がいる  美しい人のいる  蓄音機に入っている  幾つも並んでいる  楽器は黙っている  音色をたてて、震えている  ようにも、飛んでいる  ひらひらひるがえっている  波があわだっている  人々が楽しく打ち群れている  遠方にいる  ところにいて、まだ知らずにいる  上まで止まって、まったく、はいる  ために、くつがえっている  問題でなく感じられている  考察せざるを得なくなっている  権利を認めている  環境からうけている  恋愛を認めている  行動している  誰にも知られている  錯綜に絡まれている  紛糾させている  さが生じている  結果となっている  質を低めている  粗忽にしている  包蔵されている  火に負うている  今日に伝えている  勇気がいる  伸展性がいる  世紀を閲している  地域が生じている  空想したり、考えたりしている  かがやきながら流れている  顔は、いつも笑っている  話をしたりしている  日がぽかぽかとあたっている  人が、歩いている  間に浮き出ている  下をてくてくと歩いている  小さな魔物でもすんでいる  笛にあいている  穴をつついている  空にかがやいている  足もとに咲いている  風になよなよと吹かれている  うわさしている  服装している  毎日大きくなっている  波の砕けている  藻掻き苦しんでいる  渋谷へばかし行っている  占いごとをしている  ことだけは解っている  慄えている  了っている  存在を助けている  ものだと云っている  光輝を放っている  蚊に喰われている  蚊が落ちている  酔の残っている  家捜しに出かけようとしている  邸宅ばかし並んでいる  目下家を追い立てられている  斯う並んでいる  今夜一晩だけでもと云って頼んでいる  枝さきについている  実がつきさされている  中に生えている  親木は、もう、枯れている  じょうぶでいる  まわりをきょろきょろとうろついている  静かに燃えている  見事だと申している  脈絡通ずるとまで持て囃されている  童子といえども知っている  北斎の見ている  歯形が着いている  何をいったい描いている  追憶によって、描いている  絵絹が巻かれてはいっている  老人がいる  怨みに燃えている  間知っている  真似をして歩いている  ちょっとそこらにころがっている  高調されている  実力を持っている  その頃幅をきかせている  妙にひっこんでいる  今もまだ思っている  手を束ねている  手をこまねいている  子供を抱えている  中に満ちている  心持が進んでいる  愛に苦しめられている  事情もよく知っている  ことが出来ずに暮らしている  各自持っている  海にばかり棲んでいる  波がうねうねと動いている  中に棲んでいる  人間の住んでいる  人情があってやさしいと聞いている  中に住んでいる  ものだと聞いている  ことはないと聞いている  それを捨てないとも聞いている  人間に似ている  小さな蝋燭を商っている  私達がこうして、暮らしている  話に聞いている  姿が変っている  絵を描いている  海を恋しがって涙ぐんで眺めている  月の光りが、はてしなく照らしている  あたりに垂れている  横顔に似ている  一角を眺めている  真面目でいるので、見ている  房がずらりと並んでいる  雑役をしている  診療に当っている  処を得ている  会員を有すると云われている  人々で成っている  写真版が売られている  経営に属している  安価でなされている  工作も行われている  水の都とされている  供給している  枕を並べて休らっている  完備している  昼夜間断なく湧き上っている  から伝えられている  相当にあげている  蘆荻が生い茂っている  魅力を持っている  数が選ばれている  茶をすすっている  人々が楽しんでいる  そのまま使用されている  波が、うねうねと動いている  ろうそくをあきなっている  火影が、ちらちらと揺らめいている  私たちが、こうして暮らしている  姿が変わっている  海を恋しがって、涙ぐんでながめている  光が、はてしなく、照らしている  網のかかっている  麦をといでいる  幹事もしている  小姑のいる  筑前琵琶をならっている  釣り合っている  定枝が掴み合っている  自分がいる  邪魔するかと小さくなっている  女学校にいれている  跡地裏長屋に住んでいる  ぼんやりときいている  外交員をしている  海老がはいっている  路地を通っている  待合室で待っている  写真をうつしに来ている  部類にはいる  道徳的に勝れている  さかっている  大学にいっている  ん鐘といっている  たんぽぽをやっている  糸で結ばれている  生活につながっている  んごろ鐘を拝んでいる  谷に住んでいる  心もこもっている  音もまじっている  緑青がいっぱいついている  手にもっている  経を知っている  車につけている  落第している  白椿が咲いている  美にめぐまれている  二十回常会を開こうとしている  から、よく知っている  狸がいる  戸口に来ている  どこかが悪くなっていて、押している  名の残っている  休暇で帰って来ている  景色を見飽きている  バンドをいつも緩めている  常住に見せている  常識となっている  スモーキングルームへ集まって話しをしている  腰を落ちつける迄立っている  かいされている  妻としている  それから数番踊っている  圧迫されている  壁土色をなしている  さを備えている  絵画に似ている  子を育てるとさへ云われている  人口二百万と称されている  断髪している  ように断ち切っている  モシャモシャに縮らせている  艶々と光らせている  ハツラツと歩き廻っている  上着を着ている  纏足をしている  今日残っている  ブルジョア有閑婦人によって作られている  十方に分かれて通じている  土耳古風呂の出来ている  寝室になっている  それから男の寝ている  其処で演じている  蝟集して来ている  そこに集っている  タオルを持っている  下等に属している  私達に投げつけている  推薦をしている  内部に物凄く潜んでいる  上も無く怖がっている  ダンサーをしている  市中を見廻っている  ぴらに賭博をしている  一体警察権はどうなっている  ヤマトホテルに陣取っている  疲労れている  次から次と通っている  内地化されている  おおらかで、悠々としている  セカセカキョロキョロして立ち働いている  中央公園に咲き盛っている  調和がとれている  仄かに暈されている  マネージャーを以て任じている  習慣づけられている  命があぶないという迄になっている  許可している  一寸ほど低く窪んでいる  阿片を喫している  もの、眠ろうとしかけている  そこで引いている  壺に這入っている  連らねて並んでいる  収容している  此処にいる  往来からまる見えに見えている  阿片喫煙台となっている  そこにそっくり出来ている  白系ロシヤ人によって行われている  各自傲語している  オスカーワイルドに似ている  馬に挽かせている  馬車に乗っている  嘱託をしている  ビルディングが出来ている  試験でも受けている  岸を見ている  なかに浸っている  街に棲んでいる  昔ながらの面影を湛えている  手紙を書きかけている  うちに送っている  文字に見とれている  二人佇んでいる  ひとり朝寝をしている  いつまで寝ている  近所に棲んでいる  留守をあずかっている  光に射られて紅く燃えている  荷造を始めている  調停者がいる  妹が喋っている  清二がやって来て黙って聴いている  間、離れている  危機に晒されて、まだまだ変ろうとしている  艦載機来襲を刻々と告げている  心を現している  その後どうなっている  浪費している  鉈を振るっている  ものまで運んでいる  披いている  調子を狂わしている  疎開している  終戦の日を祈っている  順一の加わっている  融通をし合っている  一人きりになっている  本能をさずかっている  揉みくちゃにされて墜ちている  近くで叫んでいる  朝寝なんかしている  予習に来ている  みんな蛮声の出し合いをしている  陶酔している  気持を持てあましている  ように咲乱れている  天井から吊されている  プランが出来ている  そのまま蓋の開いている  蓋から喰みだしている  大声で歌っている  放りっぱなしになっている  疎開にかまけている  修繕をしている  憂鬱な目ざしを落している  二階では、せっせと立働いている  憮然と歩いている  葉が重苦しく茂っている  土地を歩いている  広島に来ている  心組に気負っている  下に晒されている  呉娑娑宇山がうずくまっている  三をおどろかしている  眼には、いつも見馴れている  広島湾上を舞っている  山峡にそって流れている  拡っている  二つ、大きく白く光っている  空地が出来上っている  げに動きまわっている  街中を動いている  汽車がのろのろ走っている  三人が蹲っている  正三はぴんと立ってうまく歩いている  犇いている  鉄兜を被っている  跛をひいている  ように賑わっている  玄関さきに来ている  枠に嵌めこまれている  石段を昇っている  了えている  路に投げている  荷を抱えている  先頭にいる  ひとりで逃げている  立罩めている  探照灯が揺れ動いている  話をきかされている  帰宅を急いでいる  浮上っている  散歩して見憶えている  三の蹲っている  ラジオをきいている  鼾で睡っている  鼾をかいている  二枚重ねて着ている  ビッショリしている  姿を湛えている  事務室にいる  会社に勤めている  敵もよく知っている  兵隊がいる  糸を垂れている  清二は嘯いたが、ぐずぐずしている  ままにされている  現在ではどうなっている  ことも聞いている  歌舞を見ている  原作とは違っている  心理と似ている  著述をしている  ことをしらべている  弁舌一つにかかわっている  予言している  全部読んでいる  効果をあげている  可成り似ている  小説に書いている  具体化されている  国が附いている  その後詰め戦術に引っかかっている  後詰めしている  ようにいわれている  世界征服を心掛けている  運命を背負っている  講和談判をやっている  そこに並んでいる  ゆらゆらと揺れている  面白がっている  研究をやっている  懇願している  上海に頑張っている  嘘をいっている  私を睨みつけている  肩を摺り合わせている  重慶にいる  爆をうけている  爆弾を使っている  空が晴れている  ことを興がっている  それは、いつもと違っている  今日アメリカ軍が使っている  二つに分れている  先に滲みこんでいる  今ずんずん地底へ向けて滲みこんでいる  報告が来ている  のは分っている  あたりまで滲みこんでいる  冥福を祈っている  現在われわれの棲んでいる  わが国攻略を狙っている  壁にへばりついている  愚痴をのべている  私が持っている  地底戦車隊がいる  だらりの帯に染め出している  排撃につとめている  グランド・ホテルとなっている  近代色を欠いている  それに伴ってはいる  門戸を開いている  自然淘汰が行われている  外来臭を脱している  安堵している  のも間違っている  広告が出ている  広告をしている  欄が設けられている  ものは余っている  民族的義務とに欠けている  殆どすべて翻訳され尽している  頭にのっている  小説で云われている  応用して、深く探ったとも云われている  神経が通っている  一基燈っている  流儀に反している  茶を立てている  襖は閉ざされている  カンカン当たっている  脳天を割られている  地面に転がされている  少年の着ている  占領されている  何時までも立ち縮んでいる  水夫達に依って、繰られている  一緒に乗っている  抜身を持っている  私の立っている  ために憂えている  理解しないでいる  五分話している  意味を解さないで話している  引照している  文明史を教えている  力に富んでいる  中学などで使っている  一になっている  学校にいる  半分分っている  天下になっている  己れはこうやっている  議論に流れ去っている  先にただ論じている  言ている  手段となっている  素を含んでいる  意を用いている  特に弱められている  苦しみを免れている  位相が著しくくずれている  ものがほとんど全くおおい隠されている  干渉している  ようにへばりついている  郷里へ帰っている  幾百千となくチラチラ飛びちがっている  そこに坐っている  蝶々が来ている  いま二人が坐っている  醗酵しかけている  どっかで、唸っている  尻を向けて這っている  竹胴をつけている  前で、這っている  喧騒の渦巻いている  肱をついて、呆然と見下ろしている  忝まっている  鎧をもっている  人々が迎えにきている  敵を斬っている  篝火の燃えている  隙をねらっている  途端鈴田の凭れている  煙を、上げている  威嚇かそうとしている  刀をさしている  所が潜んでいる  片手をやられて倒れている  生活をよく知っている  存在しつづけている  戦争はおこなわれている  侵略戦争はまちがっている  家政をみている  はじめからインフレーション政策をとっている  代用食を作っている  私達の使っている  十分自分の知っている  精神がつかまれている  註されている  浄瑠璃に歌われている  作者だけは知っている  陽気にひらかれている  白糸が下っている  差さっている  咽喉に立っている  大阪市中を流れている  首尾はいいに定まっている  パクパク吹かしている  他愛なく寝ている  肝腎ですよ。そうこう云っている  安らかに聞こえている  一所影を宿している  夜鷹、どうやら急いでいる  菊がいる  四辺を眺めている  籠もっている  縁に立って招いている  忠蔵は黙っている  嬲り殺しにしている  のも解っている  森々と更けている  しめやかに話している  立聞きでもしている  唄をうとうている  上にのた打っている  裏掻くまでに突き刺している  呼吸は絶えている  のをただ黙って見ている  捕方が集まっている  娘がどうして生きている  遠征めにしようとしている  闇夜を赤く染めている  ものは、燃えている  城が燃えている  傍につつましく控えている  余燼を上げている  以前から決めている  天王寺にとどまっている  正成に仕えている  正成の焚かせている  子ども時分から聞きこんでいる  ものができている  移住してきている  滋味を有している  なり終っている  たいを食いに行ってみたいと思っている  子をかわいがっている  病気でよわっている  三ぼん立っている  そこらじゅうきれいに咲いている  こと、あるいている  きれいな花がいっぱい咲いている  おばあさんのねている  あいたままになっている  いびきで寝ている  おばあさんをそのままのんでいる  なかで、たすかっている  はさみをだして、ねむっている  憧憬に溶けいる  これだけはいる  いくらいくら手にはいる  赤とんぼの休んでいる  それは、いつも開いている  皆しまっている  日焦けしている  鞣性を含んでいる  締っている  さを見せてはいる  闘志とを潜ましている  洲はところどころ弱々しく戦いている  海へ融かしている  蔓延している  爛れ込んでいる  額に翳している  髄にまで怯えを持ったが、しかししばらく見詰めている  夏から互に許し合っている  自分に絡まっている  助手になり済ましている  両端を扼している  帆を上げている  眼を細めている  幻に溶かしている  良心過敏性にかかっている  水を掻いている  中に残っている  静水をじっと湛えている  水を受け止めている  ごそごそしている  ぴっかり眼を見開いている  憶い出している  数珠子釣りをやっている  根方に住んでいる  輪郭を重ねている  初は眺めている  貝原に待たれている  葦簾張りから覗いている  鉄線を組み立てている  箸を上げている  大事そうに飲んでいる  面倒を見ている  なすのは判っている  豆を噛んでいる  あなたの持っている  恥かしいとか云っている  薫は黒くなっている  機械の止まっている  下町で見受けている  眼を開けている  素質を持っている  心で愛している  しどろもどろに倒れている  混って流れている  一人進んでいる  のか退いている  手足を動かしている  白描を売っている  写生帖を持って美しく着飾って歩いている  心を描いている  考えを持っている  数がぐっとふえている  購買力に従っている  注意をひいて来ている  一面として横たわっている  関心に暮している  ことにまで拡がって来ている  読者をもっている  読者を持っている  因子をなしている  時代になっている  大変読まれている  存在として感じられている  空想が加えられている  真実にふれ得ている  身振りして語っている  理由としてあげている  現象を並べている  洞察を欠いている  社会に対している  ことが語られている  断片が盛られている  実情を知りたいと思っている  知らない状態におかれている  売れ行にも示されている  動因をときあかしている  割合を占めて来ている  例外に置かれている  評論家にしても大してより多く分っている  命がこもっている  上に置かれている  読者として置かれている  猿がつながれている  揚げものにしている  道に溢れて並んでいる  四辺を圧して建てられている  前に立てられている  立札に記されている  表札に記されている  どんをこねている  ひらひらしている  立ち話をしたりしている  ものになりかかっている  立話している  平らにして爪立っている  となりに語られている  激動している  意図が示されている  急速に変って来ている  どころは喪っている  実業学校へ通っている  底に求められている  情感が忘れている  命を息づいている  核がひそめられている  どころを持っている  少年たちが猶喜々としている  胸底にあつく蠢いている  夜の学校に行っている  月給をとっている  仕送りをうけている  昼間つとめている  昼間勤めている  自分だけで使ってしまっている  数を示している  転載している  有職者が増して来ている  戸主がいる  生活に向っている  現実を観ている  のがついている  こととして来ている  条件にこもっている  負担を負うて行っている  税も納めている  場面に働いている  困惑している  有様に満ちている  特色を語っている  女にのみ負わされている  目前に積まれている  女が放たれている  注意を持っている  現在歩いている  発表している  時代を造り上げている  道を形作っている  これでこそ生きている  個人によって違っている  人間が生きている  解放されている  中に閉じ込められている  種を実に沢山持ってはいる  掛け声を送ったりしている  だれかの持っている  背になびかせて走っている  二人が別れようとしている  離合している  提携している  答えをしたかと覚えている  冤罪を着ている  それが隣り合ったり、向かいあったりしている  ものを考えている  我知らず籠めている  希望が語られている  作用を持っている  愚劣さでも案外恐れられずにいる  特権をもって暮らしている  自動車をとばしている  代表としている  窓べりで待っている  中にもっている  面白可笑しく喋っている  生活をしているなどと云っている  通暁している  時代的ゴシップを喋っている  醜聞とともに書いている  関心を持たざるを得なくなって来ている  状態に置かれている  春陽堂文庫に訳されている  清書している  光景を書いている  ものを示している  工夫している  白粉を知っている  マックカラーズが描き出している  惨澹たる生を負っている  箱一つにも絡まれている  学者は云っている  関係で充たされて来ている  困難に面している  方法を有っている  ことになって来ている  今行われている  稽古をしている  あらわれをもっている  朗吟法が持っている  合理化されている  そこで働いている  肉体とに求めている  そもそもからちがっている  前に下げて歩いている  必要が示されている  影響を深くもっている  嗜みと考えられている  健全と思われている  動きを見ている  間を終始動いている  制約されている  かたをしている  美とされている  緊張を求められている  思いを語らずにいられないほど生きている  肉体に強いている  そこに現れている  危険としてもっている  はなし鈍らされて来ている  荒廃に向けている  慧さをそなえている  ことに馴れかかっている  無しでいる  のだと知らされている  様子はただそうやってたべている  方へ運ばれている  お茶がいる  百燭光が輝いている  寒暖計などがのっている  光を浴びている  姉を見ている  表情を与えている  何か云っている  茶碗をかきまわしている  客間で喋っている  礼儀をみださず交わしている  何かがかくされてでもいる  父親と話している  三人で喋っている  敬ちゃんが泣いている  豆電燈がともっている  横になってついている  ーと照らし出されている  我知らず固唾をのんでいる  こっちへとゆすられている  陽に透けている  裁縫包を抱えている  何いそいでいる  こちら向きに立っている  二百円とかいる  後にまわしている  宏子は、堂々と怒っている  歩調で歩いている  事実をもっていると云っている  片手で執っている  お前を信じている  樹にまじって立てられている  笹を照らしている  上に並んでいる  ものが漲っている  部屋部屋を歩いている  調子で云っている  秋田訛を響かせてねばっている  ことをすすめている  分裂をひき起している  複雑にのこされている  力を欠いている  半分開けっぱなしになっている  何か喋っている  洋服で暮している  そうに、ざわめいている  ふだん畳んでしまわれてばかりいる  水をのんでいる  ダンスをしている  中に囲われている  店番をしている  短篇集の今読みかけている  ーんとしている  予期に充ち満ちている  席から三田がしめている  バックルをつけている  確信をもっている  何かをはらんでいる  ときこそいる  教師をしている  学士を持っている  不愉快に思われている  色が漂っている  宗教問題が絡んでいる  民公がたきつけている  お祈りしちゃ啀み合っている  ムジンしている  気を使っている  あなたのわかっている  伯父が出している  何台ものタイプライタアが鳴っている  順序のきまっている  目を瞑っている  前に並べかけている  三つ四つ入り乱れている  そこで止っている  運転手が、ハアそうですと答えている  眠りに入っている  皆寝かさないでいる  真中からキッチリとわけている  さにかわっている  色を浮べている  男に向けられている  威嚇がはっきり響いている  中にもえている  ことから知っている  蒼ずんで来ている  換えをしている  ぐめて置いている  推薦されている  銀行を動かしている  移動を語っている  経験で勘づいている  風に観てあき足りないでいる  泰造にもやっぱり流れている  不可抗的に流れこんでいる  一点に据えている  それを望んでいる  紅をつけている  知識を求めている  先生が考えている  判断力をもっている  柿内が出ている  杉と並んでかけている  中央に眺めている  表現を求めている  気持を避けている  宏子も、むしゃくしゃしている  初めから終りまでひっくるめてそう云っている  むっつりしている  友達が持っている  窓をすこしあけすぎている  気分が湛えられている  話相手としている  高山がいる  台所をしている  階級へ入りこんでいる  満足しなければならないって云っている  田沢さんと話している  中に佇んでいる  カンカン帽をかぶっている  躯つき全体に溢れている  順二郎は黙っている  宏子が知りつくしている  光彩を放っている  弟がいる  心をきめて見ている  父様に食わして貰っている  力だとでも思っている  地盤の移っている  灯のかげになっている  ふき出している  北へと飛んでいる  アンテナを張っている  異常に目立っている  順二郎が仰向いて眺めている  風にさからい、流されつつ舞っている  雲ばかり走っている  兵児帯を巻きつけている  力に押されて、互に響き合い、ひきよせ合っている  ことでもしている  こと僕として考えて聞いている  編輯されている  髭男を踏まえようとしている  意味から順二郎が云っている  素朴にあつかわれている  ことをもって来ようとしている  執拗さをもっている  宏子がそう云っている  風の音をきいている  腰につけている  加賀山のいる  上にとどまっている  両端にのって、上ったり下ったりしている  諍ったりしている  社会が苦しんでいる  南風に吹きあおられている  理窟を立てている  順二郎が通っている  二階でやっている  壁際に置かれている  学校をやめると云い出している  憤激している  髣髴としている  少年時代から重吉にかけられている  門としている  こととして思いやられている  籍をおいている  参加している  決意がこめられている  自覚して暮している  日よけのかかっている  窓に向っている  何年もの風雨で曝され、もはやはげかかっている  趣を見せている  難航している  叱咤している  味を刻みつけられている  今でさえ心苦しく思っている  研究会へ出たりしている  同棲している  一軒もって暮している  割合出たりしている  状態にいる  東京へ来ている  はる子にもっている  表に出ている  今日生存しつづけている  自由をもっている  ことをも示している  別れ話が出ている  四枚入口に立っている  室内を眺めている  目的で拵えられている  ように成ってもいる  ところ、睦まじく互いにそっくり似合っている  花が小さくはっきり映っている  ふき子が立っている  岡本が引込んでいる  熱心にしている  横顔を眺めている  表面自由に暮している  無心に咲いている  緑色椅子にいる  横がけしている  裏にくっついている  それを動かそうとしている  上に持っている  合点している  真向いでそうやっている  彼等のいる  頬に浮かんでいる  浜辺が短くゆれている  腹這いになっている  ようさしては退き、退いてはさし、轟いている  ことがおこっている  拡まっている  一通り揃っている  性格を示している  むき出しに出ている  中で立ち止っている  上に居直っている  感覚さえ失われている  風も生じている  本は読んでいる  もとよりずっとどっさり買って、そして読んではいる  層も極めて多くなっている  ぼんやりさせられてしまっている  ぼんやりさせられて来ている  通念に従っている  時代の空気にまといつかれている  今日文学からさまよい出て行ってしまっている  専攻している  渡仏しようとしている  皆よんでいる  研究すると云っている  今日現実のものとしている  感覚を喪っている  激変している  かげをうつしている  変化にそなえている  のだろうかと思っている  旋回させている  どこまで掴んでいる  局面に付せられている  直感されている  人出となって動いている  飾窓をも見ている  神経となっている  眼くばりに漂い流している  今日もっている  把握されている  さを失っている  現実に追いまくられている  生活が生きている  今日到達している  一典型をなしている  しかし、生きている  肯定に立っている  欲求として求めている  誰しも知っている  いきさつをどう見ている  追随している  閃めいている  間にとおっている  門衛がいる  窓口が並んでいる  札が出ている  みなさんも知っている  専門部に分れている  千何百人かいる  内に揃っている  患者を扱っている  のを選んでいる  ものに現われている  体操をやっている  かけ声をかけ、笑いながらやっている  運動具置場になっている  そこにおかれている  作業練習をしている  一杯さしている  音だけが響いている  作業をつづけている  算入している  実行されようとしている  職場で働いている  勉強をやっている  工場を見ている  下にくぐっている  神経に伝わっている  予覚している  はじめから死んでいる  ほんとうに死んでいる  海などは、生きている  俺は、じっとしている  なんでそんなに震えている  国でまちがっている  木がしげっている  鉄などが光っている  穀物が茂っている  人間が住んでいる  興味を失っている  毎日うなだれて沈んでいる  風の吹いている  大波の渦巻いている  魔物のすんでいる  なんでも知っている  こちらに向かってこいでいる  ように生きている  窈窕として眺めている  心地さえほのめいている  影に隠れている  呼吸ははずんでいる  盾を眺めている  盾を眺め暮している  模様が描かれている  町通りを通っている  がっかりしている  堯が眠っている  下剤が混じている  公務を帯びている  眼が寄っている  大変寄っている  非常に衰えている  苦しみもしないで寝ている  研究せられている  廊下を歩き廻っている  粥を一杯許されて喜んでいる  二週間もすぎている  のが、見ている  釘に懸っている  小さな草履を見ている  荷っている  鴨居に懸っている  一番心配している  額を冷している  夕食を食べている  堯は眠っている  枕頭に坐っている  言葉をかけている  私達が楽しく話している  私は深く大きく落ち附いて静まり返っている  力で押し進んでいる  眼を少し見開いて微笑んでいる  キーキーいびきをかいている  五銭より多く持っている  まっ青にすきとおって泣いている  そいつを考えている  目をあいている  ことも立っている  シュッポンと聞いている  晩床にはいる  上に打立てられている  露骨にとり扱われている  方を窺っている  風習と結びついている  記述している  魔力があると信ぜられている  陰部を蔽うている  ホパラタと呼ばれている  意に解している  力をもつと信ぜられている  除魔力を有すると考えられている  光が、あかあかとさしている  何事か打案じている  故実を弁えている  悪臭ぷんぷんとしている  ように咲いている  性格とされている  愛情を抱いている  部屋へ帰っている  ボタンをはずしたりかけたりしている  手真似で語り合っている  外出している  性格に向けて動いている  噛りついている  一言も訊かずにいる  どこを歩いている  どこを歩き廻っている  物案じに陥いる  助けにはいる  ねこの子がいる  おなかが空いている  一ぴきねこがいる  かぶとむしがいる  子ねこの入っている  大人たちは、生きている  都合で、飼ったり、また捨てたりしている  のか死んでいる  髪をいじっている  半分ガラスになっている  戸ばかりをあつかい慣れている  世話人もしている  野獣が潜んでいる  よそから貰ってでもいる  地面にばかり吹いている  前から住み馴れている  平手で撫でまわしている  総代になっている  女を待ちうけている  長居している  駅亭から追い立てられている  しこたま残っている  一緒に飲んでいる  決心している  居食いをしている  軽蔑し切っている  前借をしている  敵にまわしている  愚図愚図している  逡みしている  手が広がっている  寝起きから妙に思い入っている  方を見て立っている  自慢している  小柄なばかりでなく痩せている  眼にも怖がっている  立話をしている  返事をしてなお考えている  中学校へ通わせてもらっている  下に寝ている  今では立っている  あっ気にとられている  いつまでこうしている  病人はわるくなるにきまっている  今働いている  背中を見られている  ゆっくり相談している  輪廓を見せている  海に浮かんでいる  一番外側になっている  ところを白く流れている  往来でも眺めている  いつまでも見下している  あたりに働いている  危いところに立っている  監督のいる  気味わるく静まりかえっている  熱心に見つめている  危く斜に支えられて、ふらりふらりとさがっている  まま、ぐったりとうつぶしている  彼が跨がっている  支柱からぐいと外れている  斜にぶら下っている  職人の跨がっている  首を振っている  彼の乗っている  それからあのふらふらしている  彼は下っている  人が倒れている  支柱に組み込まれている  支柱だけでやっと支えられている  鎖から危くぶらさがっている  骨が砕けている  中心に群がっている  山田を抱いている  頬を伝って、抱いている  急に抱いている  奥庭を覆うている  一緒に坐っている  服んでいる  しろに、どっしりと聳えている  どんどん流れている  水が流れている  上にしている  私のように地方にいる  室にもいる  たださえ慌てている  いまここにいる  鎧でも着て坐っている  詩が出ている  白い街上に照りかえしている  上に置いたり読んだりしている  詩をかいている  内にひそませている  女学校に通うている  向うだって知っているに決っている  お母さんがついている  時分から人に可愛がられている  私だちがひそひそ話している  鼓動をかんじながら見ている  内気な、それでいて怖れに充ちている  気がしたりして、もう坐っている  目とをもっている  眼だけを見ている  一しょに坐っている  真中から分けている  幾十年来点しつけている  子供の迷うている  町が判るといわれている  人もあり、まだ生きている  温かにふうわりと残っている  航海に出ている  手近に落ちている  額をこすりつけている  方に落ちている  気を奪られている  根性が巣くっている  ために坐っている  道路を見ている  蝉時雨が起っている  手は夥しく震えている  今彼女のしている  此方で黙っている  帳面を見ながら言っている  私が盗んでいる  この間から貰っている  小遣を貰っている  盗みが行われている  ちがいないし、出れば読むに決っている  みんな知れている  蚊をはらいながら待っている  彼女は怨んでいる  下りたりしている  裏になっている  留守組町に住んでいる  台所にいる  ものを洗っている  ように浮んでいる  たしかに家にいる  束髪が動いている  通りに立っている  そとに立っている  あした仕事を知っている  ものが湛えられている  声らしい話しごえがしている  花をつけている  空気が漂うている  女性に通じている  閉っている  乎と見詰めている  雪駄を持っている  うちはじっと落ちついて坐っている  彼女が捜している  つれを待っている  運命になっている  くじに現われている  読書している  そのまま味い沁みて匂うている  捕虜がいる  なかにひどく惚れこんでいる  露西亜人はのんびりしている  表を愛している  一挙一動ごとにはらはらしている  間坐っている  からだをわるくしている  お玉さんは知っている  合図になっている  それには答えないで黙っている  私も考えている  予言に苦しめられている  過敏になっている  君を愛している  君がねている  僕だって愛されている  それらを見ている  病気を嘲っている  しょんぼり坐っている  餌にしている  ようにつとめている  いつまでも慕うている  青みを帯びている  脣の結ぼれている  胸にくい入っている  いじめ苦しめている  彼女も考えている  室で焚かれている  赤襟といわれている  あなたはいつも黙っている  女と話している  近くどっしりと坐っている  父が知っている  ことわりしている  うちをよく存じ上げている  祈願に燃えている  声をあげて祈っている  性慾的であるのに、会っている  非常によく釣り合っている  前で見ている  ひとり机に向っている  妄念にふけっている  それを生きている  そこら中に張りつめられている  投影している  横臥えられている  上に働きかけている  チョークがいる  闇のたれこめている  葉もみなうなだれ眠っている  それに似ている  誰かがじっとしがみついている  静かに佇んでいる  誰かが歩いている  ままに起きたり寝たり、ぶらぶらしている  寝床に転がっている  私はたいてい食べている  軽視が含まれている  彼女は感づいている  口紅をつけている  うちに、たいていはうっとりと微笑んでいる  一人で住んでいる  こちらが黙っている  渦が巻いている  穴となって吸いこんでいる  底へと巻きこんでいる  眼底に残っている  一翼に住んでいる  二家族がいる  監理している  男もずいぶんいる  ことにきめている  盛り上っている  気持ちに沈んでいる  中をいつもうろついている  竹垣で仕切られている  用もなくぶらついている  者にはいくらか役に立っている  花が群がり咲いている  毎朝きれいにとかしている  喜び方をしている  批判が為されている  彼女に秘している  ざわざわ木がゆれている  兄さんのいる  蛙がいる  そばにつくばっている  汽車を走らせている  大変疲れている  花をとって遊んでいる  雨蛙がいる  蛙は疲れている  まばたきしている  いつものようにすきなまりなげをして、あそんでいる  あたしのきている  どきどきさせている  おまえをさらって行こうとでもしている  あたしが泣いている  さまがもじもじしている  絶対権力をもっている  建国記念日とされている  討論されている  理由としている  限界はすでにすぎている  悪用している  眼からかくされている  組織されている  便宜に使われている  危機に向っている  明記されている  数箇条がふくまれている  掌握されている  社会主義的建設をかかげている  五〇倍弱に騰っている  段階を経てとびあがりつづけている  生活難を語っている  増額されている  男女差別待遇としてあらわれている  女子人口過剰を来している  増大されている  待遇におかれている  理由とさせている  警官にきびしく調べられている  地方にいる  連累関係をもっている  不安におとしいれている  申訳的に行われている  余地が残されている  実在を知っている  心痛している  役目につかわれている  出血に役立てられている  不安定をもたらしている  前年から開かれている  盃をあげている  安倍源基のいる  虐を行ったかを知っている  血にみたされている  犠牲者を出している  公判している  中世的流血をもって彩られている  閲歴としている  負担に苦しんでいる  それをうけ入れかねている  盛に行われている  方法もとっている  理解しあっている  尽力している  開拓者になったりしている  発行している  経済的政治的関係を保っている  八〇パーセントを与えられている  代表的に示している  編集されている  発行されている  報道に遅れている  国際現実をゆがめている  習慣をもっている  権威をもって扱われている  発刊されている  会員をもっている  大体八七三紙に及んでいる  役割をもっている  四十倍になっている  十七円五〇銭と上っている  努力しつづけてきている  過程にもあらわれている  論点としている  ラジオ放送事業をのぞんでいる  現状維持に努めている  放送されている  注目されている  伝統をもっている  正確さを欠いている  模倣している  好評をうけている  洋楽愛好家にとって愛されている  低下に苦しんでいる  解体している  非常に遅れている  研究がつづけられている  包括している  八十数社を加えている  中心勢力となっている  メムバーをもっている  条件としている  割当申請を出している  観点から注目されている  ますます多くなっている  特徴をもっている  群立している  利潤を追っている  〇〇〇種となっている  八〇〇種に抑えられている  配給されている  不足を補っている  たいここでおさまっている  国際問題のとりあつかいをせばめられてきている  一位を占めている  進歩的編集をしている  モードをのせている  文化的搾取とみている  雑誌をだしている  雑誌を出しつづけている  欺瞞性を表している  流布させている  典型を示している  多くリーダーズ・ダイジェストから学ぼうとしている  編集をしている  抜萃をのせている  中でかち合っている  漫画といりまじっている  レークなどにいる  現在保守的編集方向をもっている  雑誌が多く選ばれている  一億三千万ポンドにのぼっている  淘汰とが起っている  現在日本がおかれている  関心をひかれている  重版されている  ものに限られている  待望している  課題をもっている  一は根強くはびこっている  明示されている  低下している  からきている  さから困難に面している  可能性と全く異っている  男女共学制を行っている  富豪として現れている  満足させられている  教育刷新委員会のもくろんでいる  事実が語っている  民主化を試みている  努力しつづけている  発展をはばんでいる  ものとされている  明示している  骨子としている  抑制されている  全面的自由は失われている  面にあらわれている  当選している  最高点を得ている  見通しを明るくしている  一ヵ年間森戸文相の面している  一学級五〇名を超えている  四〇パーセント以上を占めている  二部教授で苦しんでいる  教室をかりている  今日五〇〇万人ほどいる  教室で苦しんでいる  働きを余儀なくされている  寄附をさせている  民主化が一層おくれさせられている  疑問を持っている  女教師から不安をもってみられている  危険におかれている  弟子を連れて働いている  ブリキを叩いている  圧倒的多数を占めている  講習会などを行っている  形で与えられている  予算問題に苦しんでいる  千八百円ベースでしぼられている  やりくりしている  教師のそろっている  報道されている  殆ど伝統的になっている  いきさつが生じている  成績順が決まるといわれている  有資産階級の子供たちを集めている  条件となっている  官僚統制でしめつけられてきている  確立している  保存しようとしている  力になっている  結論している  なめらかに扱われている  歴史が書かれている  教科書作製者によって取りちがえられている  事実と違っている  項目で扱っている  皮相的に扱われている  ふうに書かれている  発酵力を全く欠いている  家庭から出身している  経済的困難に面している  肉体労働へ追いたてている  職業を求めている  肉体労働をもいとわぬとしている  工業に働いたりしている  労働をみつけている  ことについて悲しんでいる  批判をもっている  悪戦苦闘している  訴えをもっている  復活している  発明されている  ことを願っている  努力してきている  努力もされてきている  任務をもっている  本質をもっている  発源地となっている  人間的再起がみすてられている  心情に残っている  公開研究会を開いている  表明している  別々で、書かれている  試用され始めている  解放しようとしている  急速にひろまっている  興味をひきつけている  封建制を残している  使い方に現われている  理解されている  軍隊口調が残っている  標準語が乱されている  日本人英語が出来かかっている  保守しようとしている  最大限にひっぱっている  公職追放リストにのっている  慢性になってきている  傾向が強くあらわれている  店をとらえている  事情をあらわしている  遊戯とされている  一人になっている  とりこになっている  字がついている  統一している  カンパニヤを起している  合致しようとしている  利益を保っている  平和運動が起されている  機会をうかがっている  喜びを感じている  これをよくあらわしている  自覚されてきている  ことを考え始めている  多分にそそぎ込もうとしている  選出されている  現象があらわれている  監視を受けている  選挙母体から選出されている  民主主義科学者協会から選出されている  位地を占めている  方向からそらされようとしている  資金難に悩んでいる  欠乏にも悩んでいる  予想されている  ことがのぞまれている  彼等のもっている  歴史をもっている  今日苦境に陥しいれている  技術を示している  着手している  附属している  討議されている  危機に面している  設立されている  科学技術のおかれている  窮状を語っている  見解をもっている  民主的要素をもっている  文学的刊行物を出している  会員としている  研究会をもっている  文学巡回講演も行っている  グループもどっさり出来ている  養成している  指導を受けている  傾向がつよくあらわれている  反抗ともなっている  しろだてとしている  フィクションに終っている  目撃してきている  肯定においている  生活を描いている  現実として描き出している  多く需要されてきている  煽情的插画が載っている  非常に濃く残っている  共鳴者をもっている  日本の当面している  進行しなくなっている  知力を欠いている  歴然としている  区別を失いかけている  根跡が強く残されている  彼等のおかれている  頭飾りとしたりしている  動機としている  嘲笑を向けている  文相とされている  出版している  引用している  否定を信じている  課題があらわれている  文学実践が行われている  発展させるといっている  彼独特に扱われている  外におかれている  動機をひそめている  批判を抱いている  出発している  間には生かされている  開始している  踏襲している  難解にされている  日本人が生きている  表現しようとしている  題材を歌っている  指導をしている  協力している  共同製作を行っている  グループができている  出版されようとしている  戦争にかりたてられている  基準とされている  恨みを抱いている  精神をもっている  思想的設備をもっている  傷があらわれている  固執している  猜疑を抱いている  目的を達している  作家である人々についてばかり多く語りはじめている  不足に悩んでいる  熱望している  座つき作者をもっている  困難にしている  中にもりきれずにいる  構成力をもっている  上演している  保守的趣味さえ示している  新鮮さをもっている  批評されている  情感をうつし出し始めている  マテリアルも失っている  いま印刷されている  詩形としている  新しい風が吹きはじめている  克明に描いている  小説を書き出している  昨今流行している  雑誌をもっている  創作している  不便を来している  傾向を生み出している  混乱させている  把握しにくくさせている  独占されている  中でふれている  阻害を受けている  使用しようとしている  一部で試みている  芸術映画製作をはばんでいる  不可能にしている  自覚させまいとしている  問題に面している  組合員をもっている  輸入公開されている  免許制で行われている  裏づけとしている  困難している  物資的困難と闘っている  税に苦しんでいる  歌舞伎が持っている  完成されている  調和をもっておりこまれている  封建的要素をのこしている  ことをよろこんでいる  困難になってきている  社会的原因をもっている  企画を試みている  巡回上演している  憂慮している  卑俗性がつきまとっている  制約している  それぞれに問題を残している  仕事とされている  笑いとが欠けている  切符を買わなくなってきている  こととされている  製作しようとしている  自立劇団が生れている  指導されている  新劇がゆきづまっている  可能性を示している  大衆課税に苦しんでいる  書籍に課せられている  スポーツ用具に課せられている  めにも要求されている  劇団にしようとしている  音楽がよみがえろうとしている  音楽愛好心を悲しませている  不便を与えている  場所をうずめている  音楽紹介を行ったりしている  教養をもっている  音楽を忘れている  経済困難にさらされている  ホールで働いている  課題としている  定期演奏会を行っている  性格をもっている  小軽音楽団体が出来ている  誇張している  面を表している  絃にあてはめている  ハープのやさしいひびきを出そうとしている  人々によって試みられている  オーケストラが試みられている  ハーモニーを見出そうとしている  感情をつぎこんでいる  外国によく知られている  生活から全くかけはなれている  危くしている  多くきかれている  仏教思想によっている  世界を多く取り扱っている  中に残されている  影をもっている  今日まで残っている  物質的困難から停滞している  リサイタルをひらいている  発展を試みている  バレーに見出している  中へも入ってきている  舞踊団をもっている  世界にしられている  官僚統制におかれている  実力をもっている  配給制になっている  喜びをもって迎えられている  スター・システムでかためられている  一種として買い込まれている  封建的習慣がしみついている  問題が含まれている  問題ではなくなりかけている  立場に立たされている  傾向があらわれている  浮世絵展覧会が開かれている  すべて美術的見地にたっている  包括されている  所蔵している  子供から大人までを嘆かせている  補充をよぎなくさせている  七七〇円にのぼっている  方面から疑問をもってみられている  基本的精神から遠くそれている  除名している  組織員としている  代表的作品をかいている  注目を向けている  民主的傾向をもっている  拒絶している  心配を与えている  種子がまかれてしまっている  苦痛を感じている  虫の喰っている  極端に嫌っている  統一しようとしている  文化統制を行おうとしている  経済的困窮を示している  破綻させている  一パーセントとされている  官僚統制をもくろんでいる  具体化しようとしている  創設しようとしている  停滞させられている  批判がおこっている  判断をもっている  任命するとされている  集中されている  スキャンダルにつつまれている  予測している  維持しようとしている  官僚統制案とみている  未来のためにもっている  ようにつとめなければならないとされている  要求を感じさせている  関心からとりおとされている  制限を加えている  放送事業法案をめぐって加えられている  教育委員会法案などをすすめている  立場におかれている  規定されている  必要にせまられている  抗議をいだいている  根拠をもっている  利率で儲けようとこころみている  関心を示している  学問をつづけている  経験されている  実感されている  表明されている  批判されている  委員制をもっている  発明している  ます巧妙悪質になってきている  悪用されている  目を覚ましはじめている  権威をみとめられている  一番どっさりもっている  三つ四つ記憶している  一九一七年から始められている  存在をつづけている  さが現れている  程に殖えている  今日に到っている  複雑となって来ている  波及している  生産物としてもっている  関連している  動機になっている  時代に面している  面にさしつけている  小説を書きとばしている  さましている  見えがくれしている  道を進もうとしている  質的低下を示していると云われている  こちら側を覗いている  彼の棲んでいる  顔を沈めている  砂地に晒されている  心を翳らせている  力によって、刻々に壊されている  それは、ひっそりとしている  ベッド脇に据えつけられている  これまで寝ている  眼さきにちらついている  解答を求めあっている  凭掛っている  身を委ねている  糸によってあやつられている  体を調べている  落着かなくしている  揺れかえしている  かすかに火照っている  魂を誘っている  まま座席に蹲っている  彼にとってはもう久しく見馴れている  足を運んでいる  辺を歩いている  永遠によって貫かれている  喰み出している  部屋で暮している  目盛を測っている  書込んでいる  恢復している  手帳に書きとめている  底にずしんと坐っている  お祈りをしている  窪地になっている  ところに投げ出されている  草を刈り取っている  授業している  葉がヒラヒラしている  祈りを含んでいる  祈りを捧げている  予感がしきりにしていたが、そうして待たされている  置きざりにされている  レコードを持っている  黄金色に色づいている  ミハイロウナが歩いている  二人は黙って歩いている  音になって、高く低く聞こえている  玉が光っている  名残を追うている  曲は終っている  非常に云われて来ている  多勢によまれているであろうが、描かれている  勤労生活をしている  大衆化が云われている  趣を異にして来ている  領域から響き出して来ている  こまかいものにまで及ぼしている  複雑になっている  日常におかれている  事情でとりあげられている  こんぐらがってもち出されて来ている  研究とが、とかくいちどきに語られている  通俗化をひき起したりしている  標本を示している  文化をもっている  支配されている  ものを感じている  性質としてもっている  抹殺されている  働きで支えている  理解されて来ている  生活と闘っている  労働者となっている  心持を語っている  賃銀を払われて暮している  特徴をなしている  要素をもっている  自然に求めている  類でさえ書かれている  読者大衆から要求されている  十分知られている  生き方を考え、求めている  一致して来ている  情熱で動かざるを得なくなっている  要求を示している  毎夜徹夜している  夜明けを知っている  十三貫、すなわち痩せている  夢に結んでいる  肌に感じている  碓氷峠にさしかかっている  裸電球がかかっている  音をききながら、歩いている  ゴム靴ばかり見ている  はだしでぞろりとならんでいる  工合も実によく似ている  中へおっこっている  生み月になっている  身重になっている  後宮にいる  砂をまいている  隅がのこっている  下に坐っている  語さえ忘れかけている  欺罔に生きている  何と云ってもこうしている  議論をしている  夜霧が下りている  大勢裸ですわったり、立ったり、ねころんだりしている  腕環なんぞはめている  お前はまだふるえている  己は待っている  生活もろとも轟き流れている  十二月が来ている  蕩させている  猛烈に動いている  動きを示している  動きをもこめて、とにかく動いている  文章を書いている  心持が語られている  ことを語っている  あれこれも読んでいる  特色の現れている  傾きを示している  転換期と称されている  将来に横たわっている  多くが畳みこまれている  ことが云われている  うちにもって生きている  作家として持っている  コムプレックスに対してもっている  十分知っている  諸相も示されている  ところをはっきり出している  経路もきまっている  味として活かそうとしている  宇野氏が評している  生態描写風に傾いている  低下に立っている  ことについては、黙している  小説について語られている  現代文学がもっている  萎靡してしまっている  小説をかかしめている  字面で書かれている  意味を云っている  ことについて語られている  価値において見られている  題材にしている  ことをあげている  心理がひそめられている  傾きがつよめられて来ている  要求も動いている  立体的にくい下っている  狂いを生じてさえいる  ちょっとふれられている  現実がもっている  汽車では通れなくなっている  動きにかかわり来っている  異をなしている  かかわりなくたたみこまれている  作者自身云っている  ように現われている  それを蒙っている  状況に対して見開かれている  水火に在っても動かされている  人間が動かしている  七千万といわれている  数を占めている  困難を持っている  社会的課題を持っている  明日に向って明るく開かれている  今日に齎している  生活を思いやっている  以って際立っている  生産力が全く立ち遅れている  人間にだけ与えられている  ことを学んで来ている  頭数だけを揃えている  ところに満ちている  口に言われている  こと、書かれている  宣伝されている  生還している  惨苦をしのいでいる  選挙が迫っている  選挙権を持っている  ものではなくなっている  中に刻みつけている  最低四百五十円といわれている  柱となっている  三倍になっている  細部に沁みこんでいる  一つにさえ充分現われている  生をいとおしんでいる  一生を送ろうとしている  困難においている  運動が起っている  解決しようとしている  管理に任せなければならないでいる  能力を欠いてしまっている  ことがまざまざと現われて来ている  摘発が行われている  動力となって働いている  動きに現われて来ている  貯水池によりかかろうとしている  演芸会をやっている  演芸会が振りまき始めている  中に、隠されている  講談本は読んでいる  キッチリ結ばれている  ところに言われている  困難を分け持っている  長男だけが持っている  支配者に向って立っている  選挙が迫って来ている  方向をとって来ている  心に残っている  ものを映し出している  事であるが、又考えてみるとよくも出来ている  ように考えられて来ている  内容づけている  一半を占めている  小説は読んでいる  日本歴史の研究その他で知られている  噂にのぼっている  今日尚住んでいる  四五十年以前失っている  本質を持っている  性質を異にしている  傾向をも引き起して来ている  関係に置かれている  文学的関心を失っている  小説は読まなくなって来ている  意見が出されている  それを繰り返すべきであると言っている  大衆の持っている  作家が持っている  懸隔している  ものが求められると言っている  王朝文学を読むと言っている  民衆は何と描かれている  姿が写されている  立場に置いて見ている  ものとして考えている  中で見られている  まま自覚されている  それぞれに違っている  前面に置かれている  見通しを持っている  通俗文学に入って行っている  大衆を取上げている  ことは既に知られている  現実そのものが含んでいる  写実主義に陥って来ている  風俗小説を生むに至っている  作家達によって言われている  対置している  関係を方向づけている  危険を感ぜしめている  萌芽を表している  貧困化している  貧困は響いて来ている  芸術化している  我々に示して来ている  形で残されている  批判性となって甦っている  活動から閉め出されている  眺め渡している  プラスとなっている  関係を断っている  参加から切り離されている  誠意を持っている  充分に現われている  妨げとなっている  ことが言われている  位必要としている  刺戟して来ている  何処にか持っている  感情を引き起している  新人を招いている  人を知っている  全幅的に捧げている  私たちとを変えている  質を変えている  存在を続けて来ている  今日に及んでいる  危くしかけている  心に潜んでいる  価値づけられて来ている  風に言われている  提唱されている  作品が求められている  金を取つている  不幸に蝕まれている  厭気がさしている  微風にゆらめいている  矢張り勝れている  蔵されている  風景を現している  人夫がいる  笹が生えている  水を湛えている  黒木立が透間もなく生え茂っている  後から頂上だけを覗かせている  峰頭を擡げている  南走している  臥蚕に似ている  青黛を浮べている  乱立させている  額から上を露している  崛している  流石に高く抜け出ている  筋骨をむき出してはいる  照されてはいる  さに堪えぬが如く押し黙っている  間に迫っている  葉を縮めている  ガレが這い上って来ている  何処までも続いている  先々と立っている  足元近く寄り添って来ている  櫓の残っている  午後二時を少し過ぎている  派出している  木の根に支えられている  ら地から山腹へ、すくすくと立ち並んでいる  半ば雲に包まれている  倒木の横たわっている  南に出ている  掩れている  異様に光っている  縦横に逆立てている  空と睨み合っている  匂を漂わしている  木立に取り巻かれている  僵れている  バサバサしている  岩屑と変っている  黒木が茂っている  形を備えている  雲が余程低く垂れている  ようにのろのろしている  点綴している  谷を埋めんとしている  仄に明るく光っている  床らしく踏むとじめじめしている  碁布している  風に靡いている  水は深くはないが澄んでいる  南に当っている  群集している  ものが漂うている  瞬もせずに見詰めている  原を覗いている  さに止っている  そっちに開けている  生気の溢れている  笹原をうねっている  程水が溜っている  稍躊躇している  腹の空いている  中から奔下している  急峻ではあるが生えている  右岸から小沢が合している  脚下にたぎり落ちている  其処らに引かかっている  殆ど連続している  相を呈している  横なぐりに深く刳っている  掩うている  連続している  ようにぶら下っている  立ち昇っている  香が漂うている  蛇行している  右折している  ように残っている  ベットリ塗りつぶしている  搦み付いてはいる  横に峙ったりしている  上に通じている  そこらに落ち散っている  岩魚が泳いでいる  廊下が続いている  部屋もがらんと空いている  湯気に包まれている  浴槽に湛えている  質は各違っている  川中にも湧いている  間から湯気が立ち昇っている  障子に赤く映っている  距っている  気分に濃く塗られている  げにすいすいと伸びている  魚類はふんだんに食っている  誰でも食っている  味を持っている  村内にいる  肉に似ている  貉と呼んでいる  蟠踞している  咽を彩っている  美味ときいている  一室を飾っている  肉に沁み込んでいる  だれをたらしている  熊がいる  展げている  沢蟹を掘っては食い、掘っては食いしている  私が這いつくばっている  蟹を掘っている  ように凹んでいる  前に通り過ぎている  終日食っている  数知れぬほど棲んでいる  私らをにらんでいる  それまで知っている  水源を持っている  藁仕事をしている  三十人集まっている  神の国があるとしている  贈物としている  のだと信じきっている  化身と思っている  恐れをなしている  白粉を厚くつけている  八珍と称している  苦み味を持っていると、説いている  ところの話されている  特徴をどうつかんでいる  顔とわかっている  同感が溢れている  手法が出来上っている  説明に色々と迷っている  外国語では、知っている  欲望を持って、持っている  含有せられている  物質となっている  ラジオ放送に使っている  間に明いている  スースー外へ抜けている  盛んに通っている  根こそぎ切り落とされ、残っている  マゴマゴしている  ところから電気を取っている  特許局から出ている  間に行われている  飛散している  着している  頭脳を持っている  博士がつけている  霧がかかっている  ほうが間違っている  はじめからだめにきまっている  一生懸命につづけている  糸口を取り上げている  なんでもわかっている  忘却している  恥辱であるように考えている  獲物をねらっている  管弦楽にたとえている  表現を試みている  ものであろうと信じている  包含されている  理論を立てている  事が多いと言われている  脚色している  演繹している  忘我的研究をつづけている  商人が売っている  商略から来ている  真っ暗になっている  悲観している  実験が出来ないで弱っている  方をジロジロと見廻している  これは生きている  密度を持っている  気圧とに限られている  錫鍍鉄板で出来ている  満足されている  電気的歪力がかかっている  寿命試験をやっている  君の持っている  計算尺の揃っている  化学をやっている  苦心のいる  名称を有っている  発達をしている  見物させられている  どこまでが分っている  鳥瞰図を持っている  一つが誤っている  探究している  興味を有っている  種類が違っている  事を述べている  脈絡を通じている  因をなしている  徴発されている  冬にはいる  うどん屋などにはいる  気にもいる  年齢に達している  神様がいる  今でも相変わらず読みふけっている  性質が似ている  新聞記者をしている  探偵小説に出ている  応用している  いるかによって、起きている  面白いだろうと述べている  普遍性を持っている  倫敦にいる  研究をしたと語っている  包括的思索が欠けている  しるしともしている  専門として考えている  堆積中にうずもれている  科学者によって行われている  墓場に近づいている  用語で考えている  御託を述べている  国難を救わんとしている  満足せんとしている  反射鏡たらんとしている  提灯を持っている  職域奉公と心得ている  のものとしている  家鴨も啼いている  水は澄んでいる  法用で取込んでいる  あたりにあったといい伝えられている  靄が這っている  風呂場は頗る賑わっている  烟がほの白くあがっている  芒が生えている  雑木が茂っている  方を見おろして立っている  鴉が啼いている  墓は更に甚だしく荒れまさっている  二ヵ所ばかり裂けている  日に乾かしている  肱枕を極めている  灯のかげは白くながれている  袂を吹いている  口々にいっている  大の字に寝ころんでいる  黒雲が這い出している  引用、によって占められている  公式として役立っている  一歩進んでいる  逆行している  做している  権威を生じている  考察を企てようとしている  意義をも持っている  ば云い表わしている  支配力を有っている  遺産に過ぎないと考えられている  重大性をもっている  引用によって占められている  読者は知っている  先から云っている  否定されたりしなければならなくなって来ている  実証的精神によって貫かれている  機能を持っている  もので動いている  政治的に動いている  歩武を進めて来ている  流行し又親しまれている  云いまわしさえ現われている  立場を尋ねている  見当をつけている  科学者がいる、と考えられている  専門科学者に聴けばよい、と考えられている  現状を知っている  人間によって出来ている  全体についても行なわれている  特別にいる  形で必ず持っている  常識のものとされている  云々、している  今日提出されている  観念となる、またなっている  性質をも持っている  科学として持ち出されている  文化問題として持ち出されている  決定権をさえ有っている  常識というものの果している  科学的だと考えている  規定も、誤ってばかりいる  留め釘が欠けている  釘が欠けている  経済生活とを持っている  観念を懐いている  口に度々上っている  側から進められている  人が出て来ている  ようになってしまっている  花でもつけている  意味を解しかねている  方が間違っている  本を書いている  教訓を垂れている  不思議となって残っている  頭に映じている  活動方向をとっている  道に進めている  ほうが、びくびくしている  ナイフを持っている  ほかに、知っている  おまえのいっている  厄介で生きている  皆其一隊を養っている  役員をつとめている  近く迫っている  顔がくっついている  屋号で呼ばれている  身装をし、食べ歩いて生きている  癖に、高く止っている  咲黄菊を眺めている  地虫が鳴いている  婆と坐っている  婆のいる  のは解り切っている  退潮とを余儀なくされている  原因をおいている  困難が押しかかって来ている  ものももっている  良心は苦しんでいる  大衆の負うている  響を立てている  描破している  言葉を云っている  正当化している  抜きすて去っている  インテリゲンツィアを押しつつんでいる  色どりとしている  方向を失っている  自ら示している  作者荷風の抱いている  近頃面倒くさくなったと云っている  末技的に云われている  評価を抱いている  抽象化している  立場を保っている  日本的変貌をとげて来ている  中にふくまれている  独立を期している  貴重性をのこしている  無差別につらなっている  行動主義文学によって唱えられている  自覚にもとづいて立ち上っている  姿におかれている  今日急速に生じている  表白し且つ役立てている  階級に属している  差別は、既に述べられている  抽出してしまっている  ままにのこされている  抹殺している  さにもまれている  成長して来ている  観を呈せしめている  偶然を持っている  所にひしめき合っている  ものとしている  追究はまぬかれている  資質としている  危険をつよめている  内容をうけついで立っている  純粋小説論にふくまれている  貧困になっている  完成を示している  ことが出来ないでいる  自己撞着が現れている  観察しつつ、そのおくれている  肯定されている  要因を語っている  核となしている  そこでぶつかっている  行当っている  手がかりとしている  没入して行こうとしている  感性的に行っている  好みにしたがってだけやっている  訴えとをつよめている  作家に扱われて来ている  生活に入りこんでいる  根にもっている  形をもって論ぜられている  具現している  要素を求めている  粘着力をもっている  びれている  ソリダリティを語っている  時から端を発している  解釈を異にしている  成育して来ている  瀰漫している  生活を引ずっている  重要性を加え来ている  作用をしている  意味されている  従順を強いられている  問題のおかれている  めぐり会えずにいる  時間売っている  発展させられて行ってしまっている  社会的所属によって生じている  脱出が望まれている  抽象論になっている  遠足を試みている  描写にすりかえている  進歩性が陥っている  姿として描こうとしている  それを行っている  除外されている  戯作者風を漂わしている  努力がされて来ている  主唱している  場処をもち得ている  対立に置かれている  対立させている  結果している  本質について知っている  原則を知らされている  味を知らされている  たださえかがみかかって現れて来ている  朗かに笑っている  警告しつづけて来ている  知識人となっている  素直さとして扱われている  将に暮れようとしている  講談本を読んでいる  堕落におかれている  文学青年的層によって繋がれて来ている  結果をひき起している  交渉をも生じている  混迷しつづけて来ている  制約を負うている  切りはなしてしまっている  者として扱っている  内蔵している  時代を語っている  かげを負うて来ている  倫理的熱情を全く欠いている  追究しようとしている  著者が撒いている  それ自身矛盾を包んでいる  作家のおかれている  こと等を報じている  一九三七年は暮れようとしている  ように在り得ている  さを求めている  中でつくられまとめ上げられている  示唆を含んでいる  世界とかげにいる  姿を描こうとしている  固守している  立ち現れている  躾をもって現れている  一典型としてあらわれている  眼目としている  主張し得ている  意義がこもっている  全体的経験としてあらわれている  どこで生きている  次第であると思っている  ことにふれている  農業を営んでいる  職工として働いている  ものを生み出している  会社につとめている  形式となり得ている  歌でさけられて来ている  増大している  憐んで詠んでいる  傾向としてあげられている  児を持っている  困惑とに浸されている  藩がもっている  助手がひっぱっている  頭上を抑えている  死刑に処せられている  血潮であかくなっている  参照している  判決をまつばかりとなっている  腰をおとしてしゃがんでいる  仕事に働いている  こまやかな肌のきめに匂っている  帳場に坐っている  おかみさんにしまわせている  負けじ魂をもっている  天稟とともに備えている  珠玉に輝いている  技法について語っている  秘密を、すっかり打ち開いている  師匠についてのみ語っている  それだけが語られている  ものだ、と云っている  端倪すべからざる沈黙におかれている  思い出が語られている  訓話めいている  今日あらしめている  名をもっている  内容でいっている  文化をもつにいたっている  農村の持っている  漁村の持っている  争奪戦を行っている  今日日本人として栄えている  ヨーロッパ人に売って暮している  文化を持っている  精華であるといわれている  中に現れている  雑誌を売っている  周囲を取りまいている  特徴を持っている  萌芽などがふくまれている  内的矛盾を持っている  分裂している  本質的に持っている  反映して来ている  文化ではあり得なくなって来ている  投書している  山田わか女史であったと覚えている  青年がいる  日常を送っている  農民から新聞さえ奪ってしまっている  生産品を買わされている  ままで残されている  影響力を持っている  中に閉じこもっている  自分たちのしょっている  発達を示している  農民をおとしいれている  藁草履をはいている  子供たちがしている  一面のみにふれている  ここにも現れている  計算に入れられている  傾向は、近頃一層いちじるしくなって来ている  問題を考えている  進歩したといえましょうといっている  女が働いている  術を知っている  面に現れている  ことをよく示している  過程をたどっている  社会的空気がかもされている  見解を示している  現在われわれが住んでいる  動員されている  ことをも教えている  歴史に残されている  われわれに語っている  ものも生きている  つながりをもって動いている  気風がおこって来ている  何ものかを持っている  わかりやすさの求められて来ている  認識されて来ている  主張をもっている  必要を示している  口調をもっている  ジェスチュアとして持っている  傾きをもっている  説得力を欠いている  ゴシップに現れている  今日通用されている  ところに、寧ろ示されてさえいる  条件をつくろうとしている  努力を示している  関心を求められている  聳立っている  平野を限っている  頂にやっている  靉いている  中から伸びている  ように肥っている  話を読んでいる  みんなが見ている  みんなの見ている  独楽などをまわして遊んでいる  玄関へつづいている  勝手口へつづいている  犬がねている  桶をになっている  方へむかって叫んでいる  千切れたりしている  花をながめている  そっぽむいている  女の子もいる  頭をなでている  しろにたってみている  整列させている  却って尊敬している  役人なども沢山いる  汽船が沢山ならんでいる  紳士のたっている  籠をもってしゃがんでいる  他のものに代られている  話柄にしている  一軒知っている  店口を示している  品物は大抵知っている  そのまま崩さずに残している  何か読んでいる  七八時ときまっている  殆どきまっている  のがあったら欲しいと思っている  塩梅を見ている  様子を見詰めている  燈火にかざして見たりしている  自信を持っている  委員に挙げられている  カフエーに働いている  部屋借をしている  雨に譬えられている  感情とを考えつづけている  大略通じている  群をなして遊んでいる  交錯している  ごとに曲っている  竹の低くしなっている  土手際に達している  趣をなしている  夕月が懸っている  郵便箱の立っている  銀糸をかけている  二十四五にはなっている  白粉焼がしている  伝染病を恐れている  そのまま差伸している  文を挾んでいる  事が書添えられている  七八百人と数えられている  丸髷に結っている  適当している  声ばかりになっている  おくびを押えつけている  待合している  シャツ一枚で涼んでいる  往き来もまだ途絶えずにいる  今夜すみ子の泊っている  両側を眺めている  灯がつづいている  足袋の下っている  向の突当りが明いている  響が放たれている  孤坐している  時にくらべると、歩いている  素姓が知れている  のを着ている  うから勝手に取りきめている  挿絵で見覚えている  二階へ上っている  幟の立っている  さを歌っている  横を向いている  土地馴れている  主人も、暫く坐っている  引手を捻ったが破れている  葭簀に遮られている  窓口に坐っている  薄赤く染められている  夜を一層蒸暑くしている  靨を寄せている  お金のいる  物の挾まっている  事を忘れずにいる  四十歳位に見ている  糞が落ちている  身分はかくしている  能く肖ている  檀那に似ている  板橋のかかっている  店を並べている  押合いながら歩いている  公衆電話とが立っている  貧乏稲荷と呼んでいる  夜店を見歩いている  摺りへっている  其町に住んでいる  文集に載っている  突掛けている  花壇をつくっている  行先を没している  輝している  ポストも立っている  不安がまだ消え去らずにいる  芸者をしていたと言っている  却て当っている  娘と見ている  方をつけようと考えている  長年働いている  屋台店が並んでいる  ポストの立っている  無花果の茂っている  葡萄のからんでいる  今日に至るまでまだ書き上げずにいる  ところで終っている  世を忍んでいる  彼も買ってしまおうと思っている  金貸をさせている  娯しみとしている  いつか驚くばかり短くなっている  時代の違っている  何ボヤボヤしている  此方からもからかったりしている  節をつけて呼んでいる  店先に坐っている  皮相に止っている  糸の繋がれている  相反目している  窓に坐っている  別に隠している  底に持っている  心を起している  悍婦かになろうとしている  経験にのみ富んでいる  歳月を持っている  たび心から礼を言いたいと思っている  事情を悲しんでいる  ここに持っている  かぶり馴れている  そうに閃き翻っている  冴渡っている  顔が動いている  年もとっている  気兼している  目に残って消去らずにいる  人を待っている  松屋前で待っている  停留場に立っている  火の手の上っている  朱で塗られている  乱射している  バアに働いている  現代文士を忌み恐れている  ものと相似ている  時迄じっとしている  主人になっている  同じ業をつづけている  明にしている  思込んでいる  排けている  堵をなしている  浴衣をきている  露出されている  往来を見ている  乞食が寝ている  大勢集っている  小料理屋が並んでいる  一軒わたくしの知っている  灯を消さずにいる  方が優れている  自分でもそう信じたいと思っている  優越を感じたいと思っている  吹鳴している  能く馴らされている  墓をも埋めつくしている  論理に従って動いている  断片的に知っている  根気よく振っている  周囲に起こっている  推移をとっている  彼女の運命を導いている  叙述している  罪人を取り逃がしている  巧みにそうらしく見せている  秘密の暴露されている  輪が欠けている  偶然的に織り込まれている  再現性にかかっている  問題を取り扱っている  申し出している  形式が控えている  一大系統を成している  方法が示されている  典型が控えている  それを見のがしている  多分に含んでいる  ストーリーをもっている  脚色をもって描かれている  歩みを続けている  危険性を含んでいる  それがすぐれている  知識として知っている  危険を包んでいる  妨害している  晦渋をきわめている  包有している  一時代が変っている  指導原理になっている  お蔭を蒙っている  綺麗に忘れている  境地に入り切っている  反響を残している  底に留まっている  実を割っている  掌っている  碁を打っている  南側に坐っている  御馳走している  御馳走になっている  帳面にのっている  中だの、待っている  のに読んでいる  二冊で出ている  十数年来活動して来ている  我々が住んでいる  豊富にされている  その後にひっぱっている  動機となっている  自由になっている  市民生活にとり入れている  ことを禁じられている  切望している  たくさん執筆している  一つとして書かれている  それを語っている  人間万歳を唱えている  意欲は現れている  コフマンはいっている  肯定がこめられている  結論を引き出している  無知から出発している  ためとして書いている  本としてとりあげられている  局面も限って触れられている  関心をもっている  皆知っている  もっと知っている  進歩に役立ってゆきたいと思っている  ように思われて来ている  要素の欠けている  弱点として認めている  標準は変って来ている  空気などについて語っている  岩波文庫に出ている  本には述べられている  成果に立って示している  ものとなって来ている  推移を描いている  岩波新書で出ている  岩波文庫に訳されている  糧を見出している  すえどころから語られている  印象にのこっている  執筆されている  含蓄している  岩波書店から出ている  根を握っている  鉱物を語っている  人を動かしている  意味が生きている  鮮明に語られている  まま物語っている  ことは語っている  信用を喪わせられている  改造文庫で出ている  絵巻をひろげている  百科全書で出されている  鏡をなしている  あとを辿っている  出現している  明らかにしている  膾炙している  歴史がつみ重ねられて来ている  足跡を伝えている  原理を語っている  三冊訳されている  表現が砕けている  近く扱われている  数言を述べている  言葉を書いている  事実をつげている  地球は動いている  ジグザグなりに動いている  昨今たかめられて来ている  明らかにされて来ている  中に持たれている  知識は常に新しくとりいれている  技量もそなえている  範囲内で持っている  非難が屡々云われている  科学知識を与えられている  ことは心得ている  一人そこにいる  トマトを欲しく思っている  ヴィタミンがいる  一番欲しがっている  一番必要としている  可能を示している  私たちに与えている  点にふれている  風に泣いている  住まいになっている  辺ばかり歩いている  名が変っている  誰か棲んでいる  上に浮いている  女も住んでいる  目をつけて、つきまとっている  者でもうすうす知っている  知らぬ顔をよそおっている  細目にあいている  森閑とはしている  五寸ほど開いている  按配になっている  障子になっている  神楽舞をやっている  両手で抑えつけている  締木にかけられている  経文をそらんじている  声ばかりでなく、ひしとつかまれている  化け物屋敷に住んでいる  思案に余っている  微笑を含んでいる  姿はまるで変っている  被布姿でいる  肘枕をして読んでいる  望みを賭けている  私の思い余っている  私も見込んでいる  ここに押し込められている  現在俺の弱っている  幾ら周馬に押し込められている  人間なれば、怒っている  雪踏をはいている  おれの差している  腹で見ている  水調子を洩らしている  穿物に至るまで、どうしてなかなかこっている  精根を費やしている  やり場に困っている  ことだけに懸っている  居催促をしている  のか、いる  ご免をこうむられている  襟がみをつかんでいる  孫兵衛、わざと力も出さずにいる  襟を取られている  抜打ちを気構えている  総髪で納まっている  遊び暮らしている  屋敷内で待っている  それを取りに来ている  中に待ちうけている  外に待ちぼけている  どこにもいる  そこへ行っている  笑くぼがういている  寝顔を見下ろしている  上気している  なんで来ずにいる  チャラついている  辻斬り稼ぎをしている  胸に誓っている  勝手まで覗いている  肩へ流れている  五体を硬ばらしている  嘘でござろう、分っている  中でいっている  足許を見透している  翻弄されぬいている  殺気をふくんでいる  ッぽど甘くみている  指をかけている  告白している  一念で待っている  お前が嫌われている  綱に嫌われている  拙者がつきとめている  画策をやりぬいている  孫兵衛がつけ廻している  気絶ぐらいはしている  段がおちこんでいる  ここから出入りしている  日かげにつつましく匂っている  匂いをたてている  隙間から洩れている  向うにいる  肌をぬらしている  綱のいる  ように濡らしている  香炉から夢のように立っている  姿を見上げている  女は、泣いている  床に向っている  柔らかに照らしてはいる  息を殺して覗いている  息をひそめて覗いている  襟をみせている  しろへ垂れている  父と諦めている  二道をかけている  企らみをしている  ことも知っている  待ちに待っている  土になっている  みじんも知らずにいる  渦紋を離れずにいる  お十夜がひきずられている  間にいる  切れ刀はみている  茫然として聞いている  向うでは、残っている  気ばかりは急いている  数珠梯子が垂れている  都合よくできている  焔となっている  穴を塞いでいる  ツとふるえている  飯を貰おうと思っている  所へ住んでいる  おっ母さんはいる  永患いをしている  父ッちゃんは、ピンピンしている  十手を呑んでいる  角兵衛獅子に出ている  今おじさんが考えている  拍子抜けしている  役を承っている  煙が吹き出している  ガタガタと鳴らしている  提灯の駈けみだれている  どこからともなくもうもうと立ち迷っている  出入りをしている  ソヨソヨと洩れだしている  答えやあると待っている  長廊下から杉戸があって、ピンと固く閉まっている  だれがいる  夕陽が射している  眼は吊り上がってしまっている  女性が、喘ぎ呻いている  外から防いでいる  防火壁となっている  風をなめている  燃えあがり、凍りきっている  光ばかりに埋まっている  気は醒ましている  棒立ちとなっている  女気なしにくつろいでいる  分の勝っている  墨屋敷などは、かけ離れてもいる  燃えきれずにいる  いつか風が変っている  森深と更けている  喪心している  屏風にしている  昏迷している  明りが流れている  ッても分っている  いつまでグズグズしている  ゲタゲタ笑っている  片手に引っ抱えている  破れかぶれになっている  たいがい凍え死んでしまうにきまっている  体を抱いている  提灯は灯っている  語勢ははなはだしく乱れている  いくら悪党づきあいで狡く立ち廻っている  ゴマ化している  紐を結んでいる  まり落ちつきはらっている  いつのまにか姿を隠してしまっている  喉を締めている  顔へ映っている  空を、じっとみつめている  何を思い耽っている  余燼がまだ残っている  空をおおっている  手筈をしている  思いあくがれている  後から身を狙っている  思案をしている  丞めは感づいている  難を避けている  自分の立っている  かたちで、立ちすくんでいる  貴様、たずねている  だじゃれをまる呑みにしている  路頭に凍えている  ことを吐かしている  今日もいる  人へ出ている  手拭を探している  たむろをしている  湯気をさまして遊んでいる  細見などが散らかっている  フテ寝をしている  こんにゃく色に明るくなっている  江戸表へ来ている  何かを探しに来ている  俺をつけている  中なら、きっと知れるにきまっている  消息も知れずに、ただ、いらいらと暮らしている  由兵衛のかぶっている  顔を撫でている  自来也がさしている  侍でもさしている  袴といい、そして何より差している  朱鞘を差している  景気に浮かれている  から、ぶらついている  たいそうりゅうとしている  ふところ手をしている  連中はどうしている  只今お国詰めで相かわらずにやっている  自来也鞘をさしている  仇討にでも出ている  垢抜けをしかけている  影絵のごとく動いている  因縁をもっている  熱を上げて説きつけている  江戸へ着いて迷っている  銚子をかえている  陽があたっている  おれにゃあおよそ分っている  めえも知っている  真から思っている  真味に迫っている  渡世をしている  気になってきている  オイオイ泣き声をあげている  姉弟をさいなんでいる  酒気をおびている  三人までも揃っている  おれもうすうす知っている  姿を探し廻っている  のが凛としている  人を食ってもいる  以前から見抜いている  自分をつけ狙っている  話は聞いている  敬服いたしている  お十夜をおさえている  姿をひそめている  気の勝っている  一月寺ときまっている  あなたをつけ狙っている  角兵衛獅子の子をいじめている  しろに隠れている  げに立っている  掏摸を働いている  奉公に出ている  屋敷に出ている  一緒に暮らしている  廓を取りまいている  ように濁っている  屋敷奉公をしている  軒とが挟み合っている  ことに気がついている  廓にいる  ことは知れている  のしている  人通りが乱れている  輪廻をまざまざ見ている  おはぐろ溝に埋められている  綱がうっ伏している  肉親のいる  足がつくにきまっている  上に、うっ伏している  鼠とみられている  裸体になっている  前を通っている  湯に、のびのびとして温まっている  ように混んでいる  混浴禁止になっている  おやじに吹っかけている  一人一人見張っている  下駄を取っている  気持そうにしている  訪れを待っている  小風呂敷をかかえている  服装が違っている  指にとり巻かれている  ものを、しきりにあせっている  数とを読み合している  眉深にかぶっている  野袴をはいている  旅袴をはいている  ここかしこにまたたいている  頬杖をついている  介輝高となれなれしく話している  松平家にいる  噂を聞いている  居所を存じている  拙者を知っている  二度ほど見かけている  駕を休めている  内に守られている  何かを知っている  兵法講堂を開いている  虚をうかがっている  一つ困っている  あらぬことのみ口走っている  万吉のいる  案内してくれれば、いる  宿院にいる  丞のいる  火へつぎ足している  独りごとを洩らすまでに、案じぬいている  本則をうけている  部屋にこもっている  待ち伏せしている  拙者も察している  幾つもさまよっている  鼻緒をすげなおしている  店を持っている  きりとしゃべっている  前へ寄せて歩いている  ザアーッと低く響いている  うちからまいっている  喜撰風呂にごろついている  提灯の落ちている  者でないにはきまっている  急所をはずれている  奴が揃っている  奥にでも隠れている  もくろみにかかって働いている  千絵がのせられている  婦人と引き合わせると申している  迷惑と存じている  一念思いこんでいる  覚悟をしている  罪の償いだと信じている  心を買いすぎている  自分でもはっきり気づいている  丞へ恋している  おくびにも出さずにいる  悔悟している  生れ代ろうとしている  悩みも分っている  真剣味でいる  万吉にも、あまりに分りすぎている  いつか板挟みになっている  密かに弱りぬいている  蝶々が舞っている  日と決まっている  凪のごとく治まっている  密謀が着々として進んでいる  食客となっている  筆をおこしている  一月寺にいる  暖簾をならべている  げに呻いている  血がこんこんと吹き流れている  傷口を押さえている  戸まどいをしている  そうにふるえている  茶漬を食べさせてやっている  たくらを吹いている  相場がきまっている  メソメソと泣いている  悪者で通っている  たくさん残っている  小判をこう持っている  虎さんが持っている  目と目を見あわせている  一生知らずにいる  痩せる思いで待っている  人に嫌われている  元気づいている  やつと、認めてくれている  心支度をしている  ジッとこらえてはいる  礼をいっている  間者牢にいる  段取になっている  いつか調子を張っている  女房まで捨てて歩いている  ッく呑み込んでいる  ろしいと思っている  突ッ立っている  孔雀長屋にいる  枕元にいる  声でささやいている  眸が吊り上がっている  首をうなだれている  此家を覗いている  目が光っている  そこにいすくんでしまっている  一同が聞いている  道をと選っている  廻廊を照らしている  旅支度までしている  先をあせっている  くるまッている  アないかと思っている  扉から流れている  桜が、チラチラと、散りぬいている  手にひかれている  生唾をのんでいる  言葉を忘れている  血をうけている  ウーム、こう見ている  眸をこらしている  男が立っている  反身に立っている  ッたが、もう拾っている  首に吊り下げている  多分にうけている  カケかまっている  心は急いでいる  金まで恵まれている  待ち伏せでもしている  上に、寝ている  丞殿をつけ狙っている  顔をして眠り落ちている  罪もなく、寝入っている  顔を集めている  人となっている  露見を恐れ、絶えずびくびくとして逃げ回っている  男を愛している  幾時間でも黙っている  方で黙っている  夢に見て楽しんでいる  波に漂うている  波にもまれている  相手をくさらしている  才能に恵まれている  歩道をぶらついている  視力はすぐれている  眼鏡説でわずかに慰めている  ことは避けている  実物にふれている  音楽に酔うている  ためがあると思っている  僕はなぜか印象深く覚えている  古典復興を唱えている  書物にあるいは潜んでいる  本を持っている  ぐなぐなに酔っている  掃溜へ落ちている  オランダによってつけられている  撤廃されている  配慮されている  締結されている  突込んでいる  うるか競争している  叙述されている  積込を待っている  ちゃんと覚えている  帽子のありかを探している  知らん顔をしてぶら下がっている  帽子が威張りくさってかかっている  ものが挟まっている  雨戸が締まっている  道具を売っている  小僧のいる  そっぽを向いている  僕ここにいる  いたずらをしている  僕のいる  帽子に化けている  空中にぶら下がっている  日常生活に堅く結びつけている  趣味性に富んでいる  味ばかり知っただけですましている  人が言っている  昆布を食いつけている  賞味している  小便をたれている  牛込にいる  首っ引きしている  時期によってだいぶ変わっている  期に属している  のがいる  講師をやっている  今もだいぶはいっている  面白味をさえ解している  渾然と出来上がっている  中から薄れかけようとしている  おとこうんがわるうて、くろうしている  働きに行っている  植っている  思いきり立腹している  三日も飢えている  唾きを吐き、罵りわめいている  寝言を云っている  君は泣いている  恋しくて泣いている  荷造りをしている  新聞紙に包まれてひそんでいる  馬穴をさげて行こうかと思っている  事を聞いている  今までに送ってもらっている  ためにねだっている  せいか、寝ている  のか起きている  一本植っている  ように並んでいる  外は暗くなりかけている  灌木が続いている  煙があがっている  尿をしている  柔いせいか、濡れている  壁に張りついている  全部廊下を食っている  中で思っている  言葉を知っている  拾円以上にもなっている  橋が架っている  人間は生きている  大の字にでも寝ている  畳をころがっている  はいがしている  それが似合っている  私を叱っている  米を洗っている  絶望を感じている  ものはいつも坐っている  花が、ぬるく揺れている  不思議そうに見ている  子守女へでも渡っている  妙に熱っぽく荒れている  蝉は鳴いている  石油コンロを鳴らしている  下降している  汁を捨てている  石油コンロが唸っている  薪で煮焚きしている  毎日見ている  なにも書かないでいる  ものをつけている  いるかって笑って云っている  着物を着ている  確証を得ている  新聞配達等が覗いている  月給貰っている  威勢よく鳴っている  糶売りしている  両親から送金を受けている  発車を知らせている  元気でいる  ホームを歩いている  頬をふくらましている  新聞包みを高く差し上げている  首を見ている  ように楽しんでいる  風に食べている  舶大工がいる  ものに溺れている  弱味を見せまいとしている  ものは食っている  文字で埋っている  寒い海にすんでいる  お母さんに抱かれている  鶏の遊んでいる  希望を有している  先生顔して書いている  蒼穹を仰いでいる  漱石を志している  曲解せられている  せいであろうと思っている  長生きしたいと思っている  執着している  燈台みずからが誇っている  志を持っている  軽蔑されている  小説ばかり書いている  ゲエテをさえ志している  病を養っている  ボクはもう治っている  野球を見ている  初めに言っている  南方アジアを指している  各地に残っている  論証している  戦略的才能とを持っている  言語を使っている  礼拝とを行っている  制度とを持っている  階級とが控えている  補助者となっている  緊張しきっている  噂に聞いている  連中は、くぬぎを用いている  中に点じられている  糸作りとか言っている  賞味されている  あたりにうずくまっている  しょんぼり佇んでいる  客引きが出迎えている  客引きのいる  蜘蛛がいる  のを情けなくきいている  ことそうやっている  眼をつむっている  こちらを見ている  私は見られている  化粧している  皮膚がたるんでいる  ロイド眼鏡を掛けている  一枚抜けている  苦界に沈められている  から口論している  下手糞なので、あきれている  夕飯をぽつねんと食べている  上に蠢いている  のかと、あきれている  しかと考えている  風に育てられている  ようだと、見ている  尾行している  なかでふわりふわりからだを浮かせている  お互い熱心に愛し合っている  のではないか、などと考えている  迷惑している  方へそれている  泪を拭ったりしている  毒なぞはいっている  子供のことを言っている  自ら進んで勤めている  乱読している  言葉を繰返している  何遍となく唱えている  物知り顔をしている  種類はよほど変っている  自白されている  喝破している  実感をもって生きて働いている  道破している  明白に現われている  描写が出ている  推賞している  活動させている  数字が出ている  処に現われている  怪奇をも説いてはいる  嘘八百を笑っている  ものが織り込まれている  縮図を書き上げようとしている  微笑さえ浮べている  平素云っている  答案を見ている  学校にわざわざぐずついている  生気を帯びている  喫驚している  飲み屋にいる  独身主義だと云っている  息子を励ましている  至急入用があって、困っている  五年間もいる  卒業してやろうかと思っている  一人は寝転んでいる  さいかち淵で泳いでいる  一あし水にはいる  ぼくらの魚を、ぐちゃぐちゃ掻きまわしている  何か云おうとしている  ように鳴いている  方へ動いている  頭をあつめて聞いている  みんなは、ひそひそはなしている  女給のいる  ぶっ違いになっている  点を嫌がっている  それを覚えている  箱を選んでいる  僕が度々書いている  短冊をくわえて飛んでいる  どこかズレている  冬亭が飼っている  らん顔をしている  ものだと思って、ようすをうかがっている  立場になっている  腕を組んで考えている  真似をしなければならなくなっている  冬木も入っている  何時間でも坐っている  帯をしめている  文女が向き合って坐っている  三時間でも坐っている  花を見ている  文女が来ている  ところへ通いつめている  語草にしている  文子のしたいようにさせている  落葉がいいほどにたまっている  湖でも見ている  系統をひいている  鶴がいる  尾羽を垂れて立っている  鶴なんかいる  鶴のいる  実を投げている  庭へ飛んでまいりまして、飼っている  鶴鍋にでもしてしまおうと思っている  ここに居着いている  風呂場になっている  その後も、心細く暮している  若い女性がいる  眼を伏せてしずまっている  故人になっている  間にしゃがんでいる  鱗波をたてている  文女が立っている  盛んになっている  十篇に達している  まり自分勝手になっていはしないかを恐れている  すべて世界的になっている  特質を最も好く活かしている  私はそう信じている  二代続いている  本づいている  隅に片寄っている  鉤形に残っている  家を建てて住んでいる  台所が附いている  半している  過半空地になっている  書斎にしている  牢記している  湊屋にいる  書肆を開いている  吉原に通っている  胸倉を取っている  差し駒下駄を穿いている  蛇の目傘を持って附いている  んでいる  屈辱を受けんとしている  四月に死んでいる  寄宿舎と対している  東側から北裏へ掛けて並び立っている  石塀に向って通じている  西に面して立っている  隅に並んでいる  店になっている  翁媼が蹲っている  墓を知っている  芝にいる  発動している  店の鎖されている  これを記している  挿画数十枚が入っている  名を烈している  自ら草している  此に尽きている  ものであったと思っている  時日が経っている  本務と信じている  明瞭になっている  骨牌で敗けている  居室になっている  無惨に打ち砕かれている  咲き埋まっている  弾丸がこぼれている  観察を云っている  こっちを向いて立っている  君が生きている  狙いに狙っている  呪い狙っている  現世に踏み止まっている  滝壺が物凄く鳴り響いている  危険が取りのこされている  こっちを見下している  僕が生きている  念に燃えている  粛然と黙している  唇は固く結ばれている  ように垂れ下っている  積っている  灯火が輝いている  上に映っている  ベーカー街に行っている  安息している  監視されている  たしかに監視している  尾けられている  風を避けている  前方の明るく光っている  窓に映っている  一回ずつ変っている  向うからやっている  息づかいを秘めている  私を握んでいる  動揺させられている  自分達が隠れ忍んでいる  胸が、開いている  嵩ばったものを取り出して、いかにも慌てている  上に垂れかかっている  睥みつけている  君を待ち受けている  理由を、持っている  賦まれている  表二階の開いている  寛服を着けさせている  貫通している  死を知っている  のを、知っている  双方で、解っている  君にはもう出来ている  明かになっている  者に、その親しく知っている  計算し直している  自分が書きつけている  筋道が立っている  対象になっている  夙くから注目されている  現象を呈している  科学論議をめぐって現われている  上を歩いて来ている  発展をして来ている  歴史には、浮き上っている  連関を持っている  ものを試みている  立脚している  由している  名を以て、呼ばれている  マルクス主義をめぐって行なわれている  埒を守っている  普通考えられている  風にされている  自然科学専門家をも揺り動かし始めている  大胆にそう云っている  常識として経て来ている  社会的任務を課せられている  検討とをも欠いている  性格をなしている  分極している  枢軸としている  時局的重大性とを与えている  現実問題をも同時に課せられている  做されている  ことに終始している  何か忘れられている  響きを持っている  組織になっている  厳重にやって貰いたいと思っている  紙屑を拵えている  近いうちに読んで見たいと思っている  中に委しく書かれている  美を持っている  彼はおきている  彼方まで貫いている  作に漲っている  左様ならを云われている  知識階級に悦ばれている  天地にしている  筆致を持っている  気分を持っている  心を持っている  なにしろすっきりしている  今解っている  のだと云っている  生れついている  目睫に迫っている  頭を持ちあげている  眼をもって眺められている  称んでいる  可決されている  望みを洩らしている  夢を遺している  帰来を悦んでいる  身を持ち崩している  螺旋を描きながら舞いあがっている  生気を失っている  翅音をたてて舞っている  猪鼻村を目指している  中で立働いている  用にし馴れている  流言されている  何件ともなく云い伝えられている  厳重に守られている  上もなく忌み嫌われている  挿話が伝っている  自分ではしっかりしている  空一杯に伸べ拡げてうらうらとまどろんでいる  眼ばかりを据えている  旅人を待ち構えている  脚どりにつれてぶらんぶらんと揺れている  何か囁き合っている  音と思っている  御幣をかついでいる  なかったが、なおも頻りに鳴りつづけている  木馬になっている  ぼんやりこっちを振り返ったりしている  傍まで進んで、また振り返っている  肩からぶら下がっている  濛々と訴えている  八方から寄り集ろうとしている  ホースを伸ばそうとしている  人がたかっている  身を窶している  鐘を叩いている  暗号法に依っている  頃大変寂しく暮している  切腹を迫っている  書を寄せている  視張ってはいる  肖像画の懸っている  随時提供されている  原稿をかきはじめている  テーマとなっている  普通とされている  それで生きて行こうとしている  智にされている  それをうけ入れている  社会のもっている  頂点を示している  モメントがふくまれている  若い女性たちがくりかえしている  怪談を書いている  傑作集が出ている  事は、知っている  社会には存外もう知られている  境に近づいている  響を交している  思をしている  日を暮している  身動きも出来ないほどこんでいる  皆売切れている  妙に沈んでいる  何だかこうして坐っている  行儀よく並んでいる  カップ・ボオド、動きながら燃えている  声を出して、ひしめいてでもいる  杯を嘗めている  髯を貯えている  中で知っている  大分酔がまわっている  銀鎖を、物々しくぶらさげている  貧乏でそうしている  上へ硬ばらしている  特に研究しようとしている  口頭試験でもうけている  旅客の佇んでいる  そこに浮んでいる  微笑を送っている  史料が認めている  略正体が分っている  事はわかっている  今日まで生きている  私も知っている  微笑を浮べている  始めから否定している  実証を持っている  一等室に乗り合せている  君は生きている  二列に並んでいる  影をふるわせている  腰を下している  突ついてでもいる  一ぱいになって拡がっている  その間に居睡りをしている  時から見慣れている  正確だと認められている  史料を信じたがっている  君の信じたがっている  方で知っている  衣を着ている  咽を鳴らし鳴らし、笑っている  西郷隆盛に似ている  君と話している  匂を漂わせている  生活をとり扱うている  外生活に触れている  便宜が与えられている  現在亡びかけている  姿を、今に多く伝えている  再現してくれている  ことを見せている  子孫として祀っている  意義に使われている  宮廷から否定せられている  夫を持っている  今もいる  神人がいる  痕跡が残っている  ように考えられてきている  ものと解している  事実はしばしば見えている  ことが見えている  語原としている  母だけが知っている  他人で知っている  神話化せられている  ふうに扱うている  関聯している  母の死んで行っている  結婚法がやはりだんだんと見えている  内地にも残っている  職名外間祝女と言われている  暗示を含んでいる  常陸風土記にも見えている  人の来ている  役をとり行うている  家に執り着いている  平気で話している  何かに祟られている  どこに住んでいる  理智に富んでいる  誰にでも貸そうと考えている  わたしの知っている  おまえも覚えている  ドイツにいる  仕事をかかえている  実生活に触れている  月は出ている  窓はしまっている  声をして唸ったりしている  罎がころがっている  塀にかこまれている  敷石はひどくしめっている  椅子を見つめている  魔術師どもがいる  二つの窓を持っている  居間になっている  ベッドの付いている  そこに生きている  物はなんにも見えないばかりか、生きている  物の隠れている  そこらを見まわしている  裏庭にむかっている  立てになっている  形もなくて、ただふわふわしている  部屋へつづいている  跡からはいる  ために設けられている  そばに摺り付いてふるえている  上に置いて、まだ熾んに輝いている  上に眠っている  場に通じている  ドアがあいている  検査している  犬の滑り込んでいる  壁に押しつけている  恐怖に襲われている  恐水病にでも罹っている  燈火から離れて立っている  それをじっと睨んでいる  物を睨みつづけている  ところから私を見おろしている  力におしすくめられている  わたし自身が怖れている  明かるく懸かっている  影をとどめている  色をなしている  ものではあったが、生きている  方を見つめている  壁に残っている  姿を窺っている  ドアはしまっている  それを着ている  あいだに突っ立っている  影につかまれている  火の玉がまたあらわれて、走ったり転がったりしている  物がたがいに追いまわし、たがいに喰い合っている  用心に突き出している  ように横たわっている  犬はもう死んでいる  骨が実際に砕かれている  針は止まっている  メルボルンにいる  航海をつづけている  しろに付きまとっている  ウォルウォースにいる  手紙にあらわれている  秘密をかくしている  底深くまで進んで行ったら、生きている  人間の働いている  者にもまだ残っている  中からは、生きている  スペクトルが残っている  霊魂と信じている  霊魂が宿っている  化学的に出来ている  抵抗力を持っている  子供部屋にいる  ときから沁みこんでいる  直角になっている  上に作られている  抽斗に戻っている  上に死んでいる  半ば腐朽している  幾分を含んでいる  力をかくしている  とくに青く輝いている  燃料がいる  顧客にしている  謡曲に似ている  気兼もいる  負けがつづいている  霊泉がコンコンとわいている  お婆さんがつかっている  写生している  四五日前から逗留している  万病にきくと云われている  絵をかいている  保久呂湯へ来ている  張り番している  ベールにとざされている  みんなそれぞれ離れている  彼らが知っている  あたりに発している  戦歴から来ている  メートル法にも敗れている  一番湯から離れている  人に知られている  理窟ぬきに割りきれている  前から伝わっている  湯渋と云っている  表現が適している  物をまぜている  猫背をまるめている  防空濠を造っている  山にかこまれている  山を造っている  人相も変っている  山林へ埋めている  仕事にもさしつかえている  歴々としている  ことが分っている  誰よりも考えている  オレが知っている  ことぐらいは分っている  金がいる  工夫に富んでいる  そこまで考えている  モウ盗難から四十日もすぎている  仕掛けがほどこされている  久作がこしらえている  中にぬりこめられている  久作とは限らないと云っている  穴にもぐっている  穴に閉じこもっている  うわさばかりしている  交通を絶って暮らしている  平野町に住んでいる  様と言っている  桂屋にいる  ため息をついている  泊まりがけに来ている  ように泣いている  業を営んでいる  七を使っている  初五郎と、とくとが寝ている  長太郎が寝ている  いちが寝ている  願書を書いている  じいさんが教えている  懐中から書付を出して、まっ先にいる  物になっている  光景を呈している  よそながら見に来ている  警固している  反響している  憑いている  言葉を用いている  彼が生きている  一枚著ている  尊敬を受けている  もっと偉くなっている  彼もまたそう言っている  彼は思っている  彼をあしらっている  地面にしゃがんでいる  なりすましている  町なかを歩いている  虱を取っている  度外に置いている  高慢稚気になっている  聳かして待っている  側に遊んでいる  和尚が待っている  一人上にいる  私通している  一人買おうと思っている  独り突立っている  米を搗き始め、しばらく搗いている  御飯を食べないでいる  阿Qは坐っている  一枚残っている  阿Qもまた空いている  ため痩せ衰えている  褌子は残っている  黒点が挟まれている  弧線をなしている  袷を持っている  荘だけでそう言っている  折柄頸を延して聴き惚れている  絹袴を持っている  ただ無い無いとばかし言っている  たくさん持っている  乃公も欲しいと思っている  隣にいる  下を塞いでいる  ここらにいる  地上に横たわっている  今まで知らずにいる  革命党に投じている  擾乱を計っている  偽毛唐一人を知っている  お話を伺っている  引立に預かろうと思っている  聴耳立てている  耳を澄まして聴いている  何だかざわざわしている  阿Qは立っている  往ったり来たりしている  内々恐れている  親爺もいる  承知はしているが、どうしても立っている  みんな知っている  愧かしく思っている  彼は考えている  皆に見せしめられている  時全く生きている  霊魂に咬みついている  言い方をしている  卑屈にしてもてあそんでいる  両者信濃川をはさんでいる  風土的に逞しく行き渡っている  自ら称している  味覚を知っている  会話を繰り返している  から仕えている  豊のいる  そこに書かれている  計画は立っている  今頃どうしている  果たして無事でいる  眼かくしされている  僕がついている  粉とがまじっている  鉄道が通っている  何を謡っている  お銭を頂いている  胡弓を持っている  戸惑いして、もぞもぞしている  進退に困っている  どっちとも決めずにいる  中にたまっている  拳でたたいている  看板のさがっている  牛飼の知っている  曲を知っている  一生懸命に物語っている  わたしから頼んでいる  鼓を叩いている  年々門附けはすたれて来ている  合奏を愛している  ものかを知っている  そこに乗っている  向に寝ている  腰をのばし、あおっている  着物を縫っている  まりながら、鳴らしている  何度も繰り返している  苦労をかけている  助は話している  二羽おりている  誰か来たよといっている  何か囁きあっている  わたしがいる  煙草入れなどが見えている  看板から自分の持っている  から俺につれそっている  算盤の乗っている  財布を持っている  相違している  中に詰らなく遺っている  風俗をしている  下でピンピン跳ねている  何しろこのピンピンしている  なんでも心得ている  分りになっている  ハズムと思っている  突張っている  浜風に少しは焼けている  一番酔っている  方をこうして振向いている  梶座にいる  弄している  ただ二人だけ起きている  両親は揃っている  運送船も多く繋っている  誰も見ている  心得方が違っている  どこかへ交している  土手で騒いでいる  艪を漕いでいる  ここに入れて来ている  モヤモヤしている  別に頂いて来ている  魂胆を知っている  どっちからも惚れ合っている  筋さえ立っている  噛って待っている  子が語り伝えている  争闘がひそんでいる  かげに隠れている  さを見ている  何かを聴こうとしている  私を知っている  王と言われている  歓びを感じている  衣につつまれている  ために織っている  神秘と名づけられている  手は隣りに坐している  優しい歌をうたっている  墓と名づけられている  運が悪いと諦めている  なにしろやっている  冷静にしている  のだが、それでいて、しじゅう負けている  勝負を眺めている  ちゃんと分かっている  五十万フランにも達している  自分が怒っている  ことを聞いて知っている  憂いに沈んでいる  方法を知っている  おばあさんが生きている  なにをおっしゃっている  ベルを鳴らしている  わたしが待っている  彼女を知ってはいる  青年たちが追い廻している  燦爛として輝いている  後で、これからちょうど始まろうとしている  窓をじっと見上げている  心に沁み込まされている  心配しながら見ている  身を寄せて立っている  どぎまぎしている  正気でいる  ちゃんと廻っている  みんな一つ部屋に集まっている  夜に迷っている  石段を昇って照り輝いている  いっぱいになっている  果たして彼女の部屋へ達している  隙間から覗いている  脾れている  体を揺すぶっている  意志で動かしている  言葉を考えている  沈黙を守っている  手に握られている  ヘルマンが来ている  贔屓にしている  万事を知っている  僕の信じている  不平をいだいている  ことをすると言っている  君がねむっている  トムスキイと踊っている  才能があらわれている  のを恐れている  三つの罪悪を持っている  彼女を見つめている  なかに朽ち果ててしまっている  誰も泣いている  途端に、死んでいる  別に気にもとめずにいる  上をそっと歩いている  のであろうと驚いている  窓から覗いている  元締をしている  連中が取り巻いている  こいつ、どうかしている  前に立って、相変わらず微笑んではいる  スペードの女王になっている  眼配せしている  収入を得ている  ことに甘んじている  おまえもよく知っている  ものとして語られている  どこやらにつたえられてもいる  予定されている  市民一般にあらわしている  一年を迎えようとしている  思いもこもっている  拒けられている  見当違いをしている  首に吊っている  泊りを重ねている  たいがいに追いついている  言明している  打算一方でかかっている  葉煙草を悠々とつめている  強みを加えている  血管がふくれている  気持はよく分っている  強敵をひかえている  胸算をもっている  細粉でも舞っている  どっちにしても、なんと似ている  目がつぶれている  手探りで歩いている  ヒーッと泣いている  夜は明けている  燃え残っている  夢だけに繋がれている  狩矢が突っ立っている  ムダ矢を放ちにきている  眺め廻している  それをみつめている  寸影が立っている  飛沫を散らしている  離れ島をなしている  山番がいる  外を眺めている  阿波の国元へ帰っている  護送してきている  世阿弥のいる  下山をすすめようと思っている  たしかに誰か殺されている  柵を破っている  血刀を持っている  藤蔓がかかっている  自暴自棄になっている  洞窟に封じ込まれている  存生でいる  陰森としている  身をかがめている  先が浮いている  門戸を構えている  そこに鬱している  同志がいる  消息に通じている  パラパラパラパラ崖から小石が降っている  山牢に封じこまれている  つるぎ山にいる  某も心得ている  安治川屋敷に押しこまれている  目明しをしている  千絵を存じている  石子牢にいる  密雲につつまれている  鍵を握っている  阿波一国にみなぎっている  ふすまに使っている  ジッとみつめている  若鮎がチラチラ光っている  美人がいる  剣山がそびえている  いつまで大阪表にいる  蝶が舞っている  乗物はないと、まっすぐに申しあげている  境遇に落ちている  態になっている  大層よくなっている  米の囲われている  松風に恵まれている  道をよけている  汗を拭いている  面構えにあきれている  ことは分り過ぎている  原士たちのいる  柵に囲まれている  原士の詰めている  巨影をみせている  何かしゃべっている  出張になっている  わへ行って控えている  内緒にしている  竹屋三位がいる  外でひそひそと話している  こっちから五百両と負けて出ている  無言でいる  楽に食えている  口を開いて待っている  思い違いをしている  目をかすめている  啓之助をゆすっている  中に蒸れている  屋根裏を見ている  鬱滞している  啓之助を睨みつけている  妙に荒んできて、食いちがっている  早打がきている  家から手紙が来ている  知らせが来ている  横に寝ている  隙さえあれば逃げたがっている  二人のいる  石牢にいる  ように信じている  顔に出している  女を持っている  寮へも寄っている  足をいたわっている  精をしぼっている  家がならんでいる  ッついている  足を拭いている  善七が考えている  善七が言いぬけている  たかをくくっている  にきびをつぶしている  二階と向い合っている  たしかに落ちついている  男女を見届けている  錯覚をおこしている  燈がつき放しになっている  シーンと沈んでいる  習慣というよりは努めている  疑惑されている  湯けむりをあげている  長屋なりにつづいている  細目に開いている  ッぱいな湯けむりで中はもうとしている  湯浴みをしている  入ろうとしている  正体もなく眠っている  なにを騒いでいる  会田屋に泊っている  ジッと見つめている  先に来ている  虚無僧がいる  日を待ちあわせている  辺にいる  念頭にえがいている  こんにゃく問答をしている  美濃路に入っている  かぶりかけている  西口から急落している  何かに見とれている  獣産物を売っている  連れとみえて慰めている  戻りを待っている  脇差をさしている  こっちを睨みやがった、気がついている  相談ができている  着物をはたいては考えている  七本松がそびえている  別に立っている  用意を固めている  足をとめている  内幕を探られている  高札場に立っている  夕闇をすかしている  光景を眺めている  まん中に待ちかまえている  弁をふるっている  言葉が続いている  一同のいる  それへ惹きよせられている  それ、ぐずぐずしている  撰って待ちかまえている  草原にもがいている  喉をからしている  空をめぐっている  骨を埋めている  胸底にひそんでいる  裡から黙読している  こととうなずいてもいる  空気をみなぎらしている  味得している  底から生まれている  睥睨している  気構えをととのえている  匍匐している  奴のよじ登っている  シーッと静まり返っている  しびれをきらしている  上手へ踊り進んでいる  疲労をおぼえている  九名はのた打っている  血の池へ溺れこんでいる  二人は縛められている  万吉の縛り付けられている  引金を引こうとしている  自由を奪われている  致命をつかみかけている  余煙のからんでいる  四人までも斬っている  体を退いている  二ツに割られている  盛んになろうとしている  光熱を浴びている  核をもっている  空中に浮かんでいる  試験をしている  いろいろに云い現されている  から燃えにくくなって永く保っている  流通している  彼は死んでいる  書物にむかっている  声を出して読んでいる  何事かを待っている  こともなしに眠っている  鳥とはまったく違っている  ここに集まっている  蝋燭に照らされている  人であると言っている  のか、あるいは強いて粧っている  いま読んでいる  事件を取り調べている  小屋で開かれている  上に落として、しばらく黙っている  あなたの見ている  そこを窺いいる  俯伏しに倒れている  咽喉がどうなっている  あなたが持っている  陳述している  罰を恐れている  三枚剥ぎ取られている  記事は失われている  証拠を握っている  通りに残っている  気違いになっている  群れがいっぱいに止まっている  木に止まっている  みな声を張りあげて歌っている  指揮者の棲んでいる  例を知っている  なかに広く分かれている  側にまで分かれている  表面に浮かんだり沈んだりしている  数マイルを隔てている  デッキにいる  一部に限られている  気が違っている  街頭に立っている  分野にとり入れられて並べられている  ぬれ光らせている  んだね、ああやっている  動きを感じている  善戦をつたえている  女に求められている  力が呼び出されている  形式をこしらえている  上で流されている  飛躍をしている  模様が染められている  百円をこしている  警報にひかれている  各国とも禁じている  関心をひきおこしている  婦人に求められている  活躍をしている  一途に救けようとしている  水でも走って運んでいる  切実に迫って行っている  気分に煽られている  裂けめを出している  歌のかげに、生きて、食っている  歴史から負わされている  雲散霧消している  よみがえり闊歩している  形容詞とともに、かえって強まっている  洋装をしている  残業で働いている  場面においてさえ、負わされている  活動をしている  負担している  外とにのこされている  マイナス、おくれている  私たち一人一人の置かれている  ところから惻々と発している  女らしさと考えられている  味っている  羽でも生えている  わたしはその輝いている  いっさいが変わっている  絶え間なく続いている  あなた自身を包もうとしている  目のあたり見ている  乳母車をのぞき込んでいる  石をながめている  火に焚こうとしている  首を絞められている  重みを支えている  振りむいている  身を慎んでいる  任命を待っている  襟まで垂れている  対照をなしている  しずくの残っている  十日も飢えている  発作的に苦しみ悶えている  わたしを見つめている  身の上に起こっている  ように怒り狂っている  手鞄などを乗せている  珍らしがっている  三マイル以上も離れている  照りかがやいている  ことが行なわれている  飾りのついている  控え壁をもっている  そこらに散らばっている  習慣になれている  僧侶に逢いたがっている  口をあいている  建物に戸惑いしている  燭台に輝いている  葉を残している  香りが柔らかくただよっている  代りをなしている  ような光りを投げている  溜め息をついている  総を垂れている  形をちっとも隠さずに見せている  彼女の寝ている  隈なくおおわれながら睡っている  半ばしぼんでいる  死んだふりをしている  苦しみをしている  ただ睡っている  紗をさがしている  姿を見守っていればいる  全身に燃えている  外に垂れている  呼吸もせず、生きている  話を知っている  人びとの着ている  悲惨な終わりを遂げている  吸血鬼だとか言っている  足をのせて立っている  女がまっすぐに立っている  だんだんに暗くほの白く見えている  床に横たわっている  ふうをしている  身にまとっている  色に包まれている  輪郭はよくあらわれて、生きている  浴みしている  薔薇色をしている  魅力をそなえている  掩いかぶさっている  任ぜられている  大変に悲しんでいる  腕を押し付けている  紳士になっている  僧侶になっている  放蕩生活をしている  クラリモンドを持っている  十分に持っている  苦行をしている  皮をむいている  酒を味わっている  身をも失おうとしている  恐ろしいことになっている  姿が映っている  粉を入れている  わたしが寝ている  例よりも更に悩んでいる  クラリモンドが埋められている  場所を知っている  寄生植物の生えている  ままに眺めている  行為を働いている  上に重く渦巻いている  返事もせずにただ見上げている  二度とは聞きもせずに見おろしている  信号旗を再び巻いている  わたしの立っている  人間であると思っている  私を恐れている  ところに行っている  時間を送っている  指針盤の付いている  私と話している  私は困っている  何を困っている  代りに、持っている  わたしが困っている  わたしに似ている  動作を見つめている  感情を苛立たせている  前にあてている  壁をぬらしている  声で話している  乱暴に鳴らしている  耳をかたむけている  顔に当てている  何かしきりに、振っている  あなたと私とが向かい合っている  想像は間違っている  私がどんなに困っている  彼が信じている  仕事を受け持っている  手真似をしている  仕事をよく知っている  男もよく気がついている  男を轢き倒している  暗合している  汐の干ている  顔を上げている  素人離れがしている  風説も聞いている  おもしろそうに遊んでいる  今も覚えている  先生が寝ている  肩から深く包んでいる  出来事が伴っている  メイドストーン治安判事を勤めている  ロンドンにいる  三軒さきに住んでいる  存在を認めている  私たちが生きている  現在生きている  から誹謗されている  一笑にふしてしまおうと努めている  誘をこうむっている  虐待されている  ような、始終なにかぶつぶつ言っている  証人に立っている  談話をしている  打ち消している  前から覚悟をしている  私たちを守っている  ドレリンコートも言っている  掛け下すっている  全然かけ離れている  亡霊が語っている  発作におそわれている  ほうを眺めて、もう帰ろうとしている  押し問答をしている  尊敬されている  ロンドンから自分に逢いに来ている  ヴィール夫人は答えている  数時間むかい合って坐っている  実在性を疑っている  誰かと話している  非常に疲れている  ふうに言い触らしている  評判が立っている  嘘を言っている  中にあったと言っている  隠蔽しようとしている  ものであったと信じている  他人が認めている  いま私と話している  ひそかに考えてきたと言っている  満足を感じている  論争しあっている  燭の見えている  房にいる  跫音を聞いている  己がこうしている  家へ帰って寝ている  南村に住んでいる  巌石の聳えている  何か云おうと思っている  路を挟んで聳えている  巌石が聳えている  寡婦のいる  のぞみがなく、どうしても書けないときっぱり言い切っている  四枚あて書いている  底からまいっている  いまもなおいる  かんを持っている  感じをよく出している  何枚も書きなおしている  芥川自身が、言っている  労力を払っている  利益を得ている  一見させてもいいと思っている  はじめて芥川と親しくしたと思っている  一番欠けている  マインレンデルを読んでいる  中には入っている  物が足りないと言って弱っている  盛んに使っている  理想的形態を取っている  剣を抜いている  発表をしている  兵法を知らぬなどと言っている  世の中は変っている  批難されている  スイスから北海までのびている  防禦をしている  統一運用されている  鉄砲十何挺を持っている  国民の持っている  ピストルを持っている  機関銃を持っている  選挙を争っている  泰平にしている  欧州大戦で使っている  総力戦だなどと騒いでいる  私どもは言っている  新大陸に威張っている  それが隣り合わせている  決勝戦に向っている  目標にしている  ちゃんと予定している  多く信ぜられている  体系を持っている  予言は終っている  お釈迦様は亡くなっている  曖昧にして過ごしている  常識的に信じられている  世界的決勝戦になろうとしている  七十年を残されている  ちゃんと判っている  算盤を弾いている  太鼓をたたいている  予言を堅く信じている  将に終ろうとしている  切迫している  時代が来ると考えている  戦争を、かれこれ言っている  私たちが考えている  武器を執って当らねばならぬと説いている  対立しようとしている  炎熱に苦しめられている  浄土があると考えている  雄飛している  如く述べている  特色をもっている  異を来たしている  血に流れている  ものらしいと言われている  能力を備えている  働きをなしている  大体一致している  天皇を戴いている  種々面白い空想を述べている  地殻が熱くなっている  何時までも生きている  下にひれ伏している  特質が現われている  国家を営んでいる  匹敵している  予断している  示唆を与えている  百億トンと言われている  資源を持っている  密集生活している  分散している  熱望をもっている  予言を述べている  一部分をうけている  拝している  直感している  感激している  記念だけは残っている  二人ともなお立ち止まりいる  恰好をしている  亭主を持っている  ように溢れて出ている  あなたには知れている  松篁が行っている  歌の秀でている  孝養ぶりをうなずいていてくれている  水溜を作っている  蛙の子がうごめいている  先に集っている  待機している  四五百人も集っている  目を向けている  女が寝ている  たしかに三つ並んでいる  凭って立っている  人形がぶら下っている  原稿を持って行っては、教えて頂いている  興行で働いている  下で見張っている  ときにはたいていはおとなしくしている  生活をやっている  練習をやっている  だれかに見守られている  横になって夢見ている  上に刻まれ始めている  一時季を表わしている  花を生けている  島田を結っている  弾じている  軸物を見ている  学校へやっている  親類すじから世話になっている  手許に残っている  出となっている  落しなく触れている  幼児について云われている  女学校へ上っている  同村に棲んでいる  のを見て、生きているやら死んでいる  なかった女が死んでいる  一ぱいにつらなって咲いている  知らない顔をしている  ことが、恥しくまた恐れている  肩に乱れている  静かにふるえている  閉込っている  涙に光っている  汗のにじんでいる  垣根に咲いている  少女は、青く高く輝くばかりに晴れ渡っている  胸をおどらしている  病院に入っている  一斗ばかりはいる  物にしている  緑雨の来ている  一生懸命研究している  竹馬の友としている  医学士となっている  今なお残惜しく思っている  一角に触れている  紋章が表われている  名前がひびいている  庭に生えている  花を集めている  原形をとどめぬほどになっている  気をとめずに絶えず歌っている  植物が生い繁っている  灌木にやや劣っている  科学者にはよく知られている  側に立っている  うちで働いている  うちにひそんでいる  香気を異にしている  発見しようとしている  うちを歩いている  自ら培養している  色を垂れている  病気をもっている  圧縮せられ、なおかつ強く引きしめられている  庭を見おろしている  手も触れている  私は弱っている  愛情を示しあっている  太陽が没している  事として見せている  彼をよく知っている  心にかけているといわれている  毒薬を作ったとさえいわれている  みな大騒ぎをしている  それだけを聞いている  彼女のものにしようと決めている  列をなしている  人は光り輝いている  ジョヴァンニが見ている  意識を持っている  虫をながめている  一心に見詰めている  下に見えなくなろうとしている  凋れかかっている  庭園に面している  影響をうけている  危険を感じている  殊に彼女を避けている  ましゅうしている  花に似ている  特質を持っている  素が沁み込んでいる  二つの性質をそなえている  競争でもしている  私が急いでいる  彼がこう言っている  思索的興味を感じている  君を知っている  深味をもっている  捉われている  庭にはいる  彼をまき込もうとしている  葉がくれにちらちらと輝いている  上を蔽っている  蔭にとどこおっている  謎になっている  中をさまよっている  考察にふけっている  ここにはいる  植物学に通じている  眼をもって見ている  驚異を感じている  者と、相並んで歩いている  目撃している  理想化している  庭に眠っている  室内にいる  何をぐずぐずしている  態度をとっている  顔を眺めている  彼が知っている  ものを読んでいる  馥郁たる香気を帯びている  匂いに長くひたっている  指にしみ込んでいる  見方をしている  彼を笑っている  心から敬服している  君よりも、ずっとよく知っている  狂熱によって失われている  由来している  遠方から眺めている  朝露のかがやいている  花がもう萎れかかっている  部屋じゅうにみなぎっている  毒気が含まれている  からだに起こっている  時間が過ぎている  周囲に立ちこめている  溝が横たわっている  心を信じている  おまえは祈っている  方へ惹きつけられている  要素から出来ている  処女とを眺めている  幸福を祈っている  ように驚いている  商売にしている  用なぞは、聞かなくてもわかっている  あすこにいる  独り笑っている  懲り懲りしている  ぼんやり浮き上らせている  中に、飛びまわってでもいる  はいくら我慢しても、睡らずにいる  鍵穴から、覗いている  お前を見捨てようと思っている  罰を下してやろうと思っている  何だと思っている  声色を使っている  妙子が実際睡っている  火がめらめら燃えている  毫光でもかかっている  だってお婆さんがいる  下へ仰向きに倒れている  放任している  ぶれるにきまっている  集団させている  程度のが起こっている  合理的に行なわれている  見当をちがえている  かすかについている  一原因はわからないのでいろいろ調べている  ネジが抜けている  目こぼしになっている  だれにも知られている  底に埋められるにきまっている  検査に来ると現に掘っている  運命におかれている  点では相当恵まれている  延長している  仕掛けにできている  海溝を控えている  ちゃんと世の中ができている  南北に走っている  現象に富んでいる  種に恵まれている  享有している  もとにおかれている  満載されている  成分になっている  防備のできている  不幸を抱いている  珈琲を煮ている  扣鈕を嵌めている  興奮を隠そうとしている  人と違っている  内に宿ってでもいる  英雄だと感じている  自覚を持っている  からざる自覚を持っている  健康をでも害している  ものを捜している  黎明らしくなっている  看板なんぞは湿っている  人道を馳せ違っている  寐ている  半ば死している  職工共を見ている  前にすわっている  内に宿っている  娘を見ている  輪廓をしている  ちゃんと知っている  立ち籠めている  落着を見せている  穹窿になっている  広間はもうすっかり明るくなっている  これを見詰めている  上衣を着ている  白いシャツを着ている  好奇心で縛り附けられている  心持がしている  それを待っている  支配せられている  自分達を見ている  時熱を煩っている  形が見えずにいる  丸で変ってしまっている  あちこちを見廻している  今椅子に掛けている  寂寞としている  姿を載せている  顫え、ぴくぴくと引き附けている  緊しく張っている  目前に行われている  万事済んでしまっている  器械的に動いている  却している  周囲に行われている  本のもっている  新聞に報じられている  闇買いはちっともしないでやっている  民主化と云われている  上に、幾重にも折りたたまっている  懲役になっている  中でふれられている  重大さを示して来ている  姿をあらわしはじめている  部面は日に日に多くなって来ている  ジャーナリズムでいわれている  恥もひそめられている  事情がちがっている  歓迎せずにいられなくなっている  支持をうけている  ようにといっている  維持している  発見されている  急所をついている  努力をつづけている  本体を見きわめている  けなげに闘っている  奮闘をつづけている  囮に使っている  処にぬたくっている  一版を買って読んでいる  話が残っている  最初から狙っている  チャントきまっている  内容を読んでいる  最初から疑っている  そこを狙っている  生徒さん達よりも水際立っている  いるかしている  方と思い出している  挿絵まで這入っている  小耳に挟んでいる  消え消えに残っている  ブチ込まれている  三日ウズウズしている  ばっかりで固まっている  リードしている  棚の隅に残っている  イツモ大抵きまっている  お出でになっている  毒薬を使っている  ずるはないとしている  力が備わっている  それを、生きている  ところを生きている  針の生えた生きている  塩をふって生きている  高唱している  腕前を持っている  手先を見ている  誘惑するには生きている  巣にいる  なかを翔けめぐっている  単身で働いている  縞蜂とも言っている  枯芒で満ちている  肉にとまらせている  ままで見くらべている  玉がついている  錯綜している  芒野が続いている  真綿をくわえている  中深く吹き込めば、いる  のもいる  中を走っている  沿線にひろがっている  林には相当いる  からすみにも似ている  北方に拡がっている  氷錨をおろしている  展がっている  不足を来たしている  色がみなぎっている  帰国したいと、しきりに望んでいる  苦情を申し立てようとしている  敏感をもっている  何か少し言ってみようと思っている  船員に対していきどおっている  交叉している  檣頭から汐を噴いている  鎖についている  恋れんとしている  あっちこっちと歩きまわっている  輝きを放っている  奇妙にまじっている  優勢を占めている  瞑想にふけっている  船室から少し離れている  胡麻塩となっている  幾つも出ている  燃え倒れようとしている  色が残っている  声価を有している  非常に拡がっている  叫びと金切り声をあげている  彼自身は見たと言っている  何かに取り憑かれている  のだが、と言っている  ほんとうに怖気がついている  氷原を横切って動いている  船にとどまってはいる  神経を多少悩ましている  船にとどめられている  騒ぎに加わっている  愉快に見えている  うみうしなどが集まって来ている  汐を噴いている  生い立ちを知っている  名声とによっている  ミルン氏はまたこう考えている  死を求めている  例を挙げている  露土戦争の始まっている  吹きまわしてはいる  責任を感じている  不足を告げている  見張り所に暮らしている  みずから避けている  あちらこちらと歩いている  周囲にひろがっている  今しも沈もうとしている  感歎して眺めている  感情とが相争っている  発作を今にも起こそうとしている  気が狂っている  裏戸棚にしまっている  苦労させたりしている  ことを論じている  理性が冒されている  良心の呵責を受けている  南にむかって吹き廻っている  位してはいる  怪物を知っている  場所をじっと見入っている  儀式が用いられている  吹きまわしている  うちにとじこめられている  皿にして見ている  機会を狙っている  それを苦にがしく思っている  みな機嫌をよくしている  用意が整っている  旺溢している  実行させている  高度を測っている  上にそそがれている  気の向いている  それらを論じている  北から吹いている  全体にわたって拡がっている  潮流がまじっている  ものばかりを取り扱っている  話をほのめかしている  あちらこちらと歩き廻っている  上を見入っている  彼は絶えずつぶやいている  一刺戟に過ぎぬとしている  幽霊におびえている  氷は依然として速かにひらいている  作り話をしている  海に充ち満ちている  人の集まっている  上に押しせまっている  ひとり倚りかかっている  耳にひびいている  ように惑っている  間もじっとしている  水中に泳いでいる  力があるといわれている  確実であると思っている  悲観的にのみ見ている  大丈夫だと思っている  何を思っている  ことについて考えている  のを、聞いている  自殺を考えている  甲板にとどまっている  楽観している  苛いらしている  影がただよっている  私がまだついて来ている  おぼろに輝いている  懐中時計をながめている  物を考えている  姿で立っている  すみやかに飛んでいる  夢魔にでもおそわれている  ように固くなっている  船を進めようと、しきりにあせっている  地平線上に見えている  クレーグ船長はきっと死んでいる  ここにぐずぐずしている  間、およそ生きている  突出している  われわれが捜している  小片が、倒れている  両手を突き出している  彼の生きている  航海日誌に書かれている  曖昧糢糊としている  人をよく知っている  船長がやや少し若く描かれている  コーニッシ海岸に住んでいる  一番印象に残っている  小学校へはいる  文字がはいっている  経をきいている  群り集っている  熊手を振りかぶっている  推定されている  仕事が纏められている  努力をつくしている  頑強に拒んでいる  生命を保っている  本にも残っている  一般には思われている  学問に負っている  木簡とかに残されている  発掘にとりかかっている  変遷を論じている  比較をしている  不一致を来している  虚空を翔けまわっている  情趣を異にしている  真赤に照り映えている  ほとりを通っている  水底深くにも達している  姿をして立っている  名で残っている  知識をもっている  面をいつも見せている  有史以来しばしば襲っている  崩壊をつづけている  痕であるかないかを論じている  母親に叱られている  本が沢山出ている  ふり向きもしないで読んでいる  息をのんでいる  覗き込んでいる  一は、分り切ってると思い込んでいる  ひともいる  段違いにすぐれている  中国に勝っている  贅沢品を売りつけようとあせっている  焦点になっている  何も失っている  まんなかに立っている  透視眼を誇っている  前に立って、じっと考え込んでいる  カーテンのおりている  窓を見あげている  窓をみあげている  見物人がいっぱいに突っ立っている  うまい建物を持っている  工場にしている  人の寝しずまっている  拵えにかかっている  塀から出ている  んだと言っている  顔色をしている  彼は痩せている  足もとに寝ころんでいる  茫然と見送っている  呪縛にかかっている  竈を作っている  うちから哀願している  輪を作って湧き出している  呪縛している  犬めを飼っている  奴隷となっている  腕にはめている  廃宅を窺っている  往来なかに突っ立っている  下を見おろしている  わたしはよく描けている  画を見ている  姿も、ありありと映っている  なかを見つめている  私を眺めている  鏡をながめている  わたしに問いかけている  それが曇っている  わたしに笑いかけている  自分から魔法にかかっている  それと戦おうとしている  歌を唄ったりしている  隙間から光りが洩れている  空気のただよっている  胸をとどろかせている  まばゆいばかりに照り輝いている  大広間に立っている  私に見入っている  顔がひそんでいる  ちょっかいを出している  鞭を振り廻している  足もとに唸っている  世の中からまったく隠されている  前に突っ立っている  顔をじいっと眺めている  苦悩がひそんでいる  となりにいる  なかでぶくぶくいっている  廃宅に住んでいる  なかで泳いでいる  羽をつけている  狂気じみている  ピザにいる  安否を案じわびて、どうしても眠られないでいる  騒動がおこるに決まっている  新生涯にはいる  クライマックスにはいる  人でも食ってだけはいる  弾丸で打ち落としている  通行人に施しを乞うている  私についてきている  若者が出て来ている  写真機をもっている  そうに互に見会わして動いている  様子を眺めている  屋上を眺めている  坂を登っている  自分の歩いている  陸続として進んでいる  爪先を運んでいる  鋪道を歩いている  理解し愛している  物売りなどがいる  相手にきまっている  ものに馴れ合ってさしている  今もって考えている  作品を書いている  まわり鋭くなるにきまっている  腰をおろしている  墓所に働いている  噂を知っている  三人もいる  婆さんは知れ渡っている  庭にむかっている  賃仕事をしている  手が握りあっている  婆さんが歩いている  路にころがっている  うちにいっぱいになっている  そこに集まっている  羽根毛のついている  佩剣をつけている  黄金で出来ている  杖をついている  櫛で留めている  手を差しのべている  白粉のついている  眼張りをしている  席につきましたが、その動いている  靴下をはいている  レースのついている  もの席についている  注目を受けている  四十五年前にもう死んでいる  影をうつしている  神様から追放されている  人たちから離されている  天界にいる  私が見知っている  みな自分の愛している  見張りをしている  金などを掘っている  国は、隣り合っている  辺をうろついている  たか知っている  毒が入っている  泉が湧き出ている  ちぎれちぎれになって残っている  音をさせて流れている  足に穿いている  余り粒が揃っている  温泉宿には来ている  銜んでいる  背後に立っている  十四五になっている  リボンで結んでいる  目が覗いている  自然を覗いている  じいじいと鳴いている  空を見ている  重みで垂れている  わたし達の生きている  二つが互に入れ替ってしまっている  面におこっている  私的生活がまぎれ込んで来ている  さまになっている  経験をしている  復員兵から告げられている  リストされている  何人私たちに知られている  耳にしている  経済破局に面している  自覚をもっている  形として現われている  私的になっている  三井財閥を坐らせている  償還しようとしている  才覚によって、やりくっている  可能性に向ってもっている  根底から異っている  実体をもっている  ことをやってくれている  中庸を得ている  独身生活をしている  うつらうつらしている  インクスタンドが並んでいる  とりまいている  二つ忘れられている  仮面とが並んでいる  雑音を立てている  グラスがはいっている  文字とが並んでいる  三十七万に達している  小さな飲み屋にはいる  からよく知っている  肝に銘じている  もち堪えている  人中にいる  ところにじっとしている  人形を見ている  涙が流れている  俺は、ただじっと見ている  髪こそ乱している  無意識に歩いている  台所姿を見ている  何か唄っている  彼女を愛している  魅力となって来ている  兵児帯を探し出して締めている  涙を楽しんでいる  羊が鳴いている  窓にぶらさがっている  街へ出掛けている  上に坐って話している  後からゆっくり歩いて来ている  雲雀が啼いている  戸締りをしている  事している  背中ばかり見ている  奴をはいている  二人が知っている  雲雀が高く上っている  くるくる舞っている  ものまで這入っている  空に舞いあがっている  人達はしている  煙を眺めている  毎日こつこつ縫っている  まし気味でいる  職もなく弱っている  芽を出している  風が沁みて行ったが、生きている  ように飛んでいる  収入を得て来ている  眼をしている  タンザしている  水の止まっている  呆んやりみひらいている  みみずを掘っている  みみずが、青く伸びたり紅く縮まったりしている  ザワザワ鳴っている  庭ときたら手入れは行きとどいている  兵児帯を締めている  ことを当然と心得ている  遠慮がちになってきてはいる  箱を送っている  難破せんとしている  許可されている  三つにきまっている  権利を持っている  一笑に付している  彼は言っている  悪夢におそわれている  必要があると言っている  物語を知っている  病いに冒されている  馬鹿呼ばわりしている  感情を持っている  希望だけで生きている  彼女を大いに責めてもいいと思っている  ふうを続けている  回想している  人力車を引き返さしている  内でうなだれている  あいだ馬を走らせて、さんざん楽しんでいる  三ヵ月間をおくっている  自ら公言している  私のようにキッティを愛している  店員がにやにや笑っている  おしゃべりをしたりしている  洗礼名を呼んでいる  名を呼んでいる  用は済んでいる  思い違いしている  わたしを呼んでいる  義務をはなはだ怠っている  健全だと思っている  石ころにも満ちている  応援している  事件が待ち構えている  約束をしたが、ぐずぐずしている  馬上で急いでいる  病的趣味だと言っている  行く手をふさいでいる  私がよく知り過ぎている  前から幾たびか聞いている  喋べっている  私がひどく酔っている  尾鰭をつけて話している  出来事を繰り返している  あなたの指さしている  諸君に書き残している  幽霊のいる  上に差し出ている  泥酔して苦しんでいる  十二マイルも歩いている  機嫌で囁き、歌い、生きている  ウェッシントン夫人の乗っている  人力車が立ちふさがっている  顔を伏せて倒れている  涙を流しながらひざまずいている  幽霊の立っている  ように弱って横たわっている  彼女の言っている  迷路をつまずき歩いている  腰をかけながら知りたがっている  蜿うち廻っている  シムラにいる  眠るように眠ったが、あまりに疲れ切っていたので、かえって起きている  ほうに考えている  もとにいる  その他わたしが知っている  私を苦しめている  輾転反側している  雨だれを落としている  雨に満ちている  シムラに来ている  曲がり角まで、まるで生きている  肩をならべて歩いている  幽霊界をさまよっている  園遊会を催している  彼らがまじっている  そこにもいる  鉄で出来ている  あいだ逢えないでいる  喋喋喃喃と語らっている  生活から放れてしまっている  ために、こんなにも騒いでいる  感じが横たわっている  死を待っている  煩悶している  路を歩いている  なんなんとしている  あなたのいる  人がどうなっている  ことをおぼえている  役目をお互にもっている  夜半をあかしている  今もつながれている  絶え間なく用いている  私が飲みに行っている  却って美点をもっている  生霊に憑かれている  露子が死んでいる  場合、殺されている  傍にすやすやと眠っている  何処に住んでいる  女中相手に暮している  露子が生きている  殆ど失っている  程度に失っている  内容を知っている  薬局からもたれている  量を増している  このごろ用いている  十倍にも当っている  このごろ夜眠られなくて困っている  現在自分の呑んでいる  自分が呑んでいる  亢奮している  店にいる  ことは云うにきまっている  死体をのせている  まりをしている  何かでつつまれている  顔を合せている  私は、驚いている  家を取りまいている  死体となっている  女が死んでいる  間から半分出ている  検事局にいる  ホームまではいる  湯にでもはいる  藪影に潜んで待っている  端を歩いている  労力が籠っている  具体的に示している  自然を奪われている  こちらからはいる  私が求めている  気で待っている  傍に寝乱れている  続きを夢みている  煎餅布団につっ伏して泣いている  ため裏通りを歩いている  立留まっている  ぐんなりと頭を垂れている  声に脅かされている  間に横たわっている  地上らしくなっている  準備されている  截り出されている  夕暮に似ている  あたりを珍しがりながら、見廻している  匍っている  全面に陰っている  巴里に行っている  自身を切り詰めている  仲間入りをしている  憑れている  気持がこうしている  活気を帯びている  子と離れている  露っぽくふるえている  魅力に憑かれている  ふだん無頓着をよそおっている  痴呆状態で散らばっている  自活している  葉巻でもくゆらしている  気兼ねしている  方途が間違っている  意力が残っている  血の繋がっている  子のいる  窓硝子の曇りを拭っている  揮発性を与えている  ものと信じ切っている  髪の毛をつやつやと撫でつけている  灰汁が脱けている  他人から聞かされつけている  気持を押えている  母親を失っている  女がやや怯えている  正直に云っている  目を感じている  力点を置いている  ようと願っている  東京に帰っている  処々に建ちかかっている  位置を定めて暮している  のかと悦んでいる  層に分っている  框で区切られている  中にぎっしり詰っている  斡旋したりしている  占領している  拍手している  パン屑をはたき落している  几帳面に並べられている  蔵ってでもいる  眼をやっている  近くシャンデリヤに照らされている  気持を堪えている  躙っている  癖がついている  こっちに長くいる  ほのかに匂っている  喰べている  眼を働かしている  ように持っている  ロザリと並んでいる  子に案外嘗められている  憂鬱に陥っている  何だか女の気持を見抜いている  外れに垂れている  本能的に知っている  子にひそんでいる  一年生にとまっている  気狂い染みている  傍に重々しく坐っている  恋人に逃げられてばかりいる  両面持っている  会話に落ちこんでいる  取付いている  ものを隠している  力を失っている  単純に投げ抛ったりしている  毬唄を唄っている  青春を持て剰している  明滅させている  子を見入っている  感覚に誑されている  電気器具の並んでいる  軒電灯の集まっている  導線をくねらせて並んで出ている  人だかりのしている  子供子供している  怜悧さを表わしている  性質を知っている  ますます自己嫌悪におちいっている  襟元を引締めて着ている  日本着物を着ている  女性解放運動に携わっている  交際を始めている  家庭に働いている  休学している  肺尖などとうに治っている  そうとも思っている  たい妥当に出来上っている  なかで出来上っている  組織に入れている  組織され込んでいる  他と違っている  共通に持ち合っている  順序が立っている  あなたを見ている  喰ものでも変っている  余所へ行かないといっている  居している  名所と云われている  表面の違っている  あとに、残っている  規矩男は本当に恥じている  彼に潜んでいる  それは当っている  効果を挙げている  損だかって、いつも云っている  女にとって当然としている  女が黙って考えている  あれを隠している  一列で小さく仕切られている  蒐めている  規矩男に押しつけてでもいる  俯向いて歩いている  混っている  女から預っている  ノートしている  インスピレーション採っている  嬉んでいる  ように並んで歩いている  たんねんに這い繁ってしまっている  階段を見せている  規律よく並んでいる  心懸けている  現代にはしている  伏せ気味にしている  鮮かさが伝っている  影響を見ている  ことにばかりくどくかかずらっている  生燃えになっている  俊敏に秀でている  顎近くまで太く捻っている  意志を蓄えている  言訳している  飽き足らず思っている  女に云っている  待望がかけられている  間では決めてはいる  日光を吸っている  ペッタリと掛っている  否定に片付いている  著書に引っぱられている  若い男に近づいている  性慾も含まれている  とき湛えられている  金冠が嵌っている  胸元についている  谷を拵えるほどむっちり盛り上っている  何ものかを尋ね迫りつつ尋ねあぐんでいる  一ぱい咲いている  画業は着々進んでいる  眼を向けられている  風聞にもはや動かされなくなっている  鷹揚に見ている  実現さしている  さを味わっている  穴を穿ちかけている  ように噛み入っている  一族に流れている  堡塁として、支えている  烽火を揚げている  幸福感に置いている  女はいつも思っている  むるよう心懸けている  弱点を持っている  力を培わしている  態度を持っている  害を与えている  ものを許して眺めている  子としてのつとめだと思っている  今読んで打たれている  完全に消している  変形している  くよくよと迷っている  生命を持っている  思想を解している  処が残っている  男だと書いている  子に親しくして呉れている  交際っている  子に与えられている  脳裡に与えている  何だか急所を掴まえられている  主張傾向は違っている  表情で笑っている  生き方が出来ている  ものをも潜めている  あだ名をつけられている  人形蒐集熱にかかっている  携帯している  顔付きになっている  決心でいる  頭を軽く振っている  振り戻している  自分がすでに感じている  鋸屑を厚く撒いている  イエナ橋が可愛らしく架っている  いつまでもいつまでもぼんやりしている  のを待ち受けている  ネクタイを結び直しながら聴いている  成長に向っている  影響を持っている  頁と並んで載っている  考えになっている  微動している  何かしきりに話している  室内を歩き廻っている  発散している  胸を躍らしている  瘤を作っている  張札だけが曲っている  呼している  孔をあけている  説教でも聞いている  的となっている  馬鹿に広く出来ている  ブリスバーンを知っている  あいだ船に乗っている  汽船を待っている  事実上監督している  船にはなかなか優れている  保証している  給仕は少し酔っている  楽しいものであるかを知っている  同船している  廻りをしている  一服をくゆらしている  別に何をしている  こともなしにぶらぶらしている  別に見物するでもなしにぶらぶらしている  三人はいる  貫木をさぐっているなと思っている  一生懸命に走りつづけてでもいる  空気がしめっている  海水で湿ている  臭いを知っている  寝返りを打っている  僕が眠っている  鉤がはずれてあいている  男はまだ眠っている  寝床へはいる  物思いに沈んでいる  窓はあいている  百五号船室でお寝みになっている  僕をからかっている  食事をしている  男はまだ寝ている  僕をさがしている  ことまでは分かっている  僕が何もかも知っている  頭に残っている  うねりに揺られている  僕の寝ている  僕の見ている  頑丈に出来ている  下で泡立っている  何物か動いている  火のともっている  廊下に動いている  明かり窓の手欄に支えられている  用意に持っている  びしょ濡れになっている  ところに垂れている  船をおりようかと思っている  違いないと思っている  シガーをくゆらしている  船客がぶらついている  眼をはなさずに見つめている  間に立っている  突入している  かも浸水している  ほかには知っている  私に言っている  部屋が湿気ている  何かいる  寝台に横たわっている  僕につかまれながら動いている  全力をそそいでつかんでいる  僕を睨んでいる  怪物をつかんでいる  骨が折れている  約束済になっている  航行をつづけている  何か見ている  いろいろにはぎ合せている  孔があいて落ちている  きれぎれのものがたりを聴いている  たくさん落ちている  ちょっと燃えている  どんどん燃えている  下男がなくて困っている  渚をかけまわっている  喜び食っている  実を売っている  これを見つめている  かいすと呼んでいる  蔓になっている  開肉から来たと唱えている  名だといっている  あくびと呼んでいる  理窟にも叶っている  あけびといっている  区別している  左巻きをしている  市中に売っている  あけびで作ると思っている  地面を這って延びている  無駄だと知っていたので、黙っている  ひと、また来ている  感じまでよく似ている  涼しい顔をしている  犠牲にしてまでもやりとげようとしている  退屈している  ひとが生きている  プロまで出来ている  贔屓にあずかっている  耳を立てている  手に、わなわなと烈しく震えている  草をむしっている  途方に暮れてもじもじしている  通り持っている  隅にでも隠れている  魂を奪われている  楽屋に居残っている  間にすくんでいる  幕溜りから覗き見している  舞台で踊っている  楽屋にいる  襦袢になって踊っている  百合子が踊っている  鷺娘を踊っている  囈言を云いつづけている  あとで気がついて薄気味悪るく思っている  それを聞いて益々怖気づいている  事まで知っている  脅迫でもしているらしく烈しく云い争っている  お仕事をしている  犯人を知っている  嫌疑がかかっている  気がして、いよいよ悲しく、生きている  門であると言われている  それにきまっている  一たいどこを見ている  幻花を追っている  緊張にわくわくしている  かたが、なかなか気取っている  ひとがぼっとしている  不満そうにふくれて立っている  貝類が光っている  冷やかになっている  一同は、待ち構えている  奥底にじーっと動かずに横たわっている  ラザルスが見ている  大空は青々と晴れ渡っている  注視している  互い違いに見詰めている  食卓に着いている  沈滞している  らを見ている  あの世が輝いている  聖都を取り囲んでいる  掩いかかっている  ひらひらと鳴っている  自分たちの歩いている  鈴を付けている  螫したがっている  髯の生えている  太陽に達しようとでもしている  日光を浴びて坐っている  馬鹿ばかり揃っている  ら付かせている  地球を抱き締めている  宇宙を取り巻いている  うちに絶えず動いている  終りが接している  建設はなお行なわれている  掩い包まれている  顫えおののいている  うちに死んでいる  アウレリウスは近頃どことなく疲れ切っている  警告をなしている  荒野に沈みかかっている  ように照り輝かしている  お前さんをそんなに恐れている  暗やみを食べて生きている  お前さんも知っている  太陽が高く昇っている  様子が変わっている  力なくもがいている  微塵に砕いてしまって、生きている  太陽のかがやいている  傲然とそり返っている  絶望にむせび泣いている  鋪道を蹴立てて走っている  根をおろしている  みな知っている  空間にただよっている  ほとりに残っている  穏かさが隠れている  あの世とを見詰めている  風采を具えている  四方八方に撒き散らしている  わしも聞き及んでいる  享楽している  沈黙を続けている  だれを垂らしている  自分を見ている  却ってそこに現われている  恐怖を吐き出している  向う見ずに戦っている  宣告されている  如くに輝いている  毎月おそわれている  宿営している  近所をぶらついている  私も驚いている  抽斗にはいっている  通りぼんやりしている  おれが持っている  老人夫婦が住んでいる  臭いにむせながら、しばらく立ち停まっている  乱雑になっている  蝶つがいが錆びている  ように教えられている  眼を働かせている  些細なことにいちいちびくびくして振り向いている  私と向かい合っている  内心はまだ怖れている  わたしは実に苦しんでいる  のです、絶えず苦しんでいる  髪が損じている  床に触れるほどに長く垂れている  半分あいている  髪の毛がいっぱいにからみついている  心も乱れている  からだもあまりに疲れている  周囲にゆらいでいる  纏綿している  ここにも絡みついている  二服持っている  城内に生きている  華族名鑑にもまだ載っている  名で通っている  用意でもしている  城内にかくれている  伯爵が生きている  鋤を担いでいる  葉巻とが載っている  わしは思っている  中に転がっている  ようにごうごうと吠えている  下男に化けている  所に横たわっている  七項と控えてはいる  中世時代から伝わっている  影はまだ立迷っている  嗅煙草の散らばっている  手をくっている  魔法が潜みいる  手斧をつかんでいる  路は曲りくねってはいる  横様になびいている  渺茫としている  咆哮でもしている  元より欠けている  ざわめきに、ただ聞きいる  無言に働いている  ジッと見守っている  ゴー自身を怪しいと想っている  馬鈴薯でも埋まっている  聾に見せかけている  筋が通っている  つけをして貰っている  女たちにまかせている  一首に示している  私にへんねしを持っている  自分でも気に入っている  母のよいかたみになっている  凝視めている  目を通そうとなさっている  束縛を加えられている  限界を示している  中で煮えている  自分のうけている  不器用さにみちている  さに溢れている  中に描かれている  輝やいている  現実にふれてゆこうとしている  基調が響いている  暗示されている  背景となってちらり、ちらりと現れて来ている  変化させている  そこに芽立とうとしている  流動を描き出してみたいと思っている  齎らされている  作家がいる  感服している  展開させようとしている  関係を生きている  実感によりたっている  作品を生きている  消極的に扱われて来ている  話として語られている  ままで語っている  これ迄と違って来ている  気持、つまり生きている  感情で感じられている  のしみながら辿っている  主婦ぶりに向けられている  小説が立っている  作品の溶け合っている  身ごなしすべてをもっている  林立してでもいる  人物に選ばれている  みんな年とっている  周囲から際立たせている  年寄が描かれている  老境を描いている  問題はひそんでいる  多分に働いている  こととして含んでいる  モメントが捉えられている  中心においている  叙している  可能のかくされている  面にも通じている  自然連関している  心理になっている  工合になっている  調子で語りはじめられている  胚種は護られている  教師を勤めている  教師となって暮している  不貞をされている  計と闘っている  凍死するにきまっている  小説を終っている  跡を示している  そこで待っている  中に語られている  反撥している  明瞭に、出されている  みんな勤労している  幸福になっている  反抗が燃えている  様式をもっている  方法すべてを貫いて温く流れている  感動的に描かれている  主人公となっている  過程に描かれている  心に湧いている  生きることのよろこびとともに鳴って描かれている  力をつくしている  可能を持って生れている  二つの段階が示されている  ここにこそかくされている  芸術品のふくんでいる  人間の救われている  直立している  風に見られている  姿をとらえようと願っている  ところにひっかかっている  美が喪われている  うちに吹き込まれて漂っている  主観が現われている  作は救われている  それ自身で立っている  ように、ぶらんとぶらさがっている  分になっている  末すぼまりにでもなっている  下へゆくほどいよいよぽってりとしている  座禅を組んでいる  ところに坐っている  ところにへたりこんでいる  夕靄がおりている  沢が斬られて倒れている  一字だけが残っている  二十一日だけ残っている  何事か企てようとしている  渦を巻いて流れている  斜めにさしかけている  綱で吊りさげられてブラブラと揺れている  がんじがらめになっている  一言、言いさえすれば、助けてやると言っている  腕組みをして突っ立っている  大事を知っている  相談をしあっている  命を捨ててかかっている  百といる  いくらだっている  ところどころに残っている  水面を睨んでいる  眼を閉じている  草鞋を穿いている  焚火を焚き、いろいろやっている  土左衛門になりかかっている  突つかれている  悪事を知っている  女もいる  腰にさげている  三人立っている  呼出しを待っている  床几にいる  ぼんやり眺めている  半蔵門で捕るにきまっている  手続きを踏んでいる  訴状が入っている  探索に行っている  ふうになっている  小さな小山が向きあっている  沼に注ぎこんでいる  あやに咲き乱れている  呆気に取られて眺めている  古松が聳えている  やつがやってきたと思って眺めている  八重はもう死んだと思っている  いつまでもじっとしている  腰をかけ、ニヤニヤ笑っている  風呂へ行っている  あんたが知っている  後棒につかまっている  それから、ずっとくっついて来ている  村垣が持っている  八重が知っている  土竜のごとく働いている  全然欠乏している  うから定めている  教師に似ている  これを破っている  立派にできている  失望するにきまっている  連鎖を設けている  比例を失している  女性を描いて躍然たらしめている  のだか、まだ残っている  右から見ている  左から眺めている  数においてきまっている  思想から出ている  上に置いている  上に散らかっている  形になって懸かっている  ことをも考えている  感情をもって満たされている  それを考えつづけている  大通りをあるいている  使い方に馴れている  時、輝いている  ために傷んでいる  清らかに整っている  鏡に映っている  ものでありながら、しかもだいぶ違っている  現在住まっている  すべてありのままとは違っている  境地に変わっている  寂然として立っている  侵略している  鏡にうつっている  物をまとっている  鏡にむかっている  うちに現われている  彼女をながめている  表情を残している  出来事にひどく驚かされている  彼女が横たわっている  彼女の深い睡りを見つめている  宝をかくし持っている  金をかくしている  みなそれぞれに持っている  うつる鏡を持っている  何か思い悩んでいる  だんだんに鎮まって、思い悩んでいる  影に恋している  彼女を求めている  生命を捧ぐるまでに恋いこがれている  今はこうして離れている  宝である彼女を見つめている  ダイヤモンドの輝いている  宝石の光りを妨げている  心を落ちつけている  魔力が結びつけられている  自分が知っている  なかにうつしている  彼の求めている  姿を見つめている  それが燃えている  空気をおしつけている  哀願をこめている  顔に見入っている  彼女はうつっている  雨のふっている  あなたを恋している  ために苦しんでいる  私は感じている  剣の立っている  倶にしている  ことについてよく知っている  静かに話している  ご用を仰せつかっている  体が弱っている  みんなが怖れている  鏡を持っている  コスモが望んでいる  気をつけて見ている  一室に、生きている  声がまだ生き残っている  ような呆れている  それをよく見ると、抑えている  手をあはせて、絶えいる  桜の樹の下には屍体が埋まっている  爛漫と咲き乱れている  一つ一つ屍体が埋まっている  液をたらたらとたらしている  液体を吸っている  蕊を作っている  おまえも知っている  水溜を残している  一面に浮いている  面を被っている  光彩を流している  青に煙らせている  憂鬱に渇いている  腋の下を拭いている  酒宴をひらいている  ほうへつづいている  植木棚を眺めている  事務にあたっている  邸をかまえて住んでいる  ように載っけている  ように扱っている  ほうだいに甘やかしている  格付されている  毎朝起きぬけから縁先に突っ立っている  内側からちゃんとかかっている  通りになっている  忍返しがついている  二服入っている  客などをしょっぴいて迷いぬいている  悪態をついている  それこそ、のめのめと生きながらえている  虱つぶしにあたらせている  体を装っている  居間から一歩も出ずに閉じ籠っている  前に跼んでいる  空頼みにして、ぶつぶつと呟いている  懐手をしてのっそりと突っ立っている  どこをのたくっている  床柱などに凭れている  花活でもひっかかっている  顎がぶらりとぶらさがっている  人づてに聞いている  腹を立てたりしている  ものを読み耽っている  いるかちゃんと知っている  力を貸さぬでもないと思っている  痩我慢を張っている  強情にも似ず、すっかり弱り切っている  舞台でうたっている  私にも隠している  輪にふいている  えことになっている  蓋物に入っている  ちゃんとあいている  棒立になっている  上に据えて待っている  底に入っている  ものにしなければならないと考えている  マデラインと呼んでいる  独りぎめなどをしている  ジョン・ヒンクマン氏を大いに恐れている  ことを切り廻している  しらとも頼んでいる  夜は絶えず思い明かしている  眠りもやらずにいる  椅子に沿うて立っている  廊下に久しく出ている  二年半も住んでいる  人を恐れている  かえる力もなく、さりとて生きている  一日じゅう逃げ廻っている  老人に祟られている  ここに控えている  のを、喜んでいる  あなたの寝ている  独り言をいっている  わたしが話しかけている  現在大いに願っている  お力を貸してくださるだろうと思っている  果てしもなく待たされている  恋愛事件を知っている  内心に浮かんでいる  大抵は察している  解決してしまいたいと望んでいる  内ない待ち受けている  諒解している  重大事件についてはなはだ思い悩んでいる  マデライン嬢と向かいあっている  前に現われている  あれかしと待ちかまえている  その後はいよいよ落ち着いている  僕の最も恐れている  ここに待っている  何を待っている  一生ひとりで苦しんでいる  一日働いている  それをたしかめようとしている  気色のあらわれている  うろつき歩いている  図書室にいる  弁解すこぶるつとめている  子供部屋と呼ばれている  みなしまっている  短靴なんかはいている  長靴をはいている  情もこもっている  独りごとを言っている  鍵束をさげている  蜜蜂に似ている  コーヒーを煮ている  鳥がないている  ペーチャが来ている  ズボンをはいている  玉突きをしている  下に住んでいる  人びとを見送っている  穴をあけてそっと覗いている  西に住んでいる  廊下をさまよっている  怪談が伝えられている  一と称せられている  妖気が満ちている  外に少しくあらわれている  わたしを買いかぶっている  命を待っている  草庵が残っている  仏像を見て歩いたりしている  ものを、ことごとしく取扱っている  尊敬を以て読まれている  たかが知れている  冗談を言っている  写真が出ている  まり身近かにいる  空を見あげている  陽炎がたっている  日をくらしている  へんは、なかなかふるっている  苔を生している  辞世とは振るっている  おかしがっている  都鳥がいる  図柄などを知っている  二階で寝ころがっている  往来に突っ立っている  ようだと思っている  ちゃんとそれを見抜いている  言いなりと、てんからなめてかかっている  一本載っかっている  顔をしてニヤニヤ笑ってばかりいる  綴を着ている  ちゃんと人数がわかっている  しろに引きそっている  都鳥などついている  日本で織っている  呉絽を織らされている  自分たちが押しこめられている  鱗がついている  筬胼胝ができている  なにを言っている  野馬役をしている  呉絽を織らせている  にとりひろげ、ぬうとかけている  顎十郎と向きあっている  顔もしないでのんびりときいている  葬いを出そうとしている  家でごろついている  懐手をしながら、まだいぶりかえっている  灰吹きをたたきつけている  娘が、すんなりと坐っている  懐紙をひきつけている  俳諧でもひねっている  市中を騒がしている  人士を竦みあがらせている  刎ねあげられている  虫を噛んでいる  かまいたちなんぞ、ほんとにいる  あたりをうろついている  竿をかついでぬうと立っている  ふうにして立っている  アごうせいにめかしている  魚も泳いでいる  杖をついて釣っている  横曳釣をしている  めえがむくれている  からかっている  あそこで泳いでいる  竿をのべている  身なりがきっぱりとしている  構えになっている  息をつめている  古帳面を繰っている  小半刻ここにいる  かいさぐっている  きらきら光っている  渚をうろうろして眺めている  魚を釣っている  落はついている  無駄ッ話をしている  字にまげてムッと坐っている  一人で背負って立っている  凄味にひきつらしている  引ッかぶって寝ている  そこらで寝ころんでいる  ごろ寝をしている  申をすぎている  流連荒亡している  間ごろッちゃらしている  ところがあってやっている  なにをしてくれと頼むでもない、のほほんと寝ころがっている  それを聞き流している  勢力になっている  ことにきまっている  ちゃんと心得ている  ほうを眺めている  帳面へしがみついている  面は馬鹿げている  眼を見合せている  中間部屋にしけこんでいる  しきたりになっている  ちゃんと道連れにつけてやっている  手前がやりましたとふれて歩いている  このごろ虎列剌が流行っている  一座している  出鱈目を言ってすっ恍けている  反証を探している  横目で眺めてすましている  息はまだ通っている  中間部屋で寝っころがっている  ひとつ水盥からはね出している  菜根譚を読んでいる  独酌かなんかやっている  そのまま居据っている  顔で死んでいる  声で呼んでいる  部屋でよく聞いて知っている  しの左ききを知っている  これやで、たいへんにあッしを恨んでいる  長火鉢にもたれて居眠っている  芝を出ている  脛をくっつけている  無精髯を抜いたりしている  鼻ッ先にいる  独酌をやっている  そこに突っ立っている  こちらに判っている  膚色をしている  どんどん起してちぢかんでいる  日向に乾びている  鵜呑にしている  附絡っている  竹はすっくと立っている  人の住んでいる  波形に靡いている  傍目も触らず、黙っている  窈窕としている  板縁が続いている  自若としている  生血を吸ったと言っても、微笑んでばかりいる  枕をしている  扉がついている  環に飛び廻っている  これも唸っている  靄ながら射込んでいる  欠伸をしている  背中を拭いている  文ばかり通わしている  看病疲れにすやすやと寝ている  抱合っている  呪詛っている  猶予っている  ゴウゴウ風が鳴っている  風に似ている  何か、似ている  人達のいる  彼が満たされている  サムライがいる  私をよんでいる  風がはりつめている  風だけがはりつめている  夢と違っている  絶え絶えになっている  蛙がしがみついている  口があいている  ゴッちゃに隠されている  白首のいる  犬が歩いている  毎晩人を殺している  首がポロリと落ちている  直線に飛びつづけている  無限に飛びつづけている  うたたねしている  孔があいている  姿が飛び去り、掻き消えている  私がいる  手が冷めたくなっている  背中にしがみついている  花びらが散りつづけている  いつまでもそこに坐っている  虚空がはりつめている  穂波をあげて揺れている  石みたいに黙りこんでいる  進級が遅れている  名称をつけている  支給している  クラブで働いている  日常を見ている  報告がきている  花売りをしている  想像がつきませんが、やっている  破壊を試みている  草むらにころがっている  保護室といっている  感じとよく似ている  西にむいてあいている  ほうに隠れている  泥をふいて食べている  ニチャニチャ噛んでいる  緊張して待っている  美しいひとがいる  ものにしようとしている  サイパンにいる  書類を書いている  洞窟にいる  バアをやっている  仕事に使われている  バアがあまりさびれている  まりになっている  太郎がだまっている  ことを繰返している  正直にさえいえばゆるすといっている  宝物を持っている  街道を歩いてゆきますので、遊んでいる  四本からになっている  顔でさえ忘れている  眼に見えている  日が予めわかっている  用意して待っている  自問自答を繰りかえしている  ことであると思っている  瓶が並んでいる  それを見ては、どうしても落ちついている  江戸に帰って来ている  あとがついている  ことを言いあっている  いま手がふさがっている  遠州灘あたりでだいぶん揉まれたと見えて、よく、こなれている  ギッシリとつまっている  虱つぶしに調べあげている  まま鼾をかいて眠っている  凧があがっている  ように浮いている  人相を見ている  気がただよっている  小判をつくっている  痴だと思っている  包装したりしている  煙をあげている  捏たり延したりしている  ように細長く引きのばして遊んでいる  住居になっている  烏凧をあげて遊んでいる  なにが変っている  ひとつ二文で売っている  凧をあげている  場になっている  凧が浮かんでいる  夢中になって遊んでいる  身をゆすっている  凧あげをしている  ニヤついている  凧あげなんかしている  口書をとろうとしている  凧にきまっている  子供はなんと言っている  のだ、と言っている  御用聞はおっとりしている  厩わきで待っている  横羽目を見せている  いくつも寝ころんでいる  なんだ、と訊いている  役割部屋で養われている  証拠をにぎっている  稲荷河岸あたりで待っている  五人もいる  一本立っている  コツがいる  ひとり名人がいる  ぜんぶ作ってやっている  ふうにも申している  風に揺れている  チャンと動き出している  ものですが、そうしている  空に浮かびあがっている  光をうけてゆるゆると舞っている  糸を持っている  地内からあがっている  屋棟ちかくを這いまわっている  ようにしては、下廻っている  補充がいる  凧をつくってやっている  なかったものと睨んでいる  しょっちゅう金蔵に出たり入ったりしている  世の中からまるで見すてられてしまっている  くらになっている  夜空を仰いでいる  われを忘れて仰いでいる  学生が居眠っている  子供をかわいがっている  子供を抱いてはかわいがっている  神に愛されて変わりなしにいる  目を覚まして、どんなにさびしがっている  下などにいる  天国へいって遊んでいる  世の中があまりに汚れすぎている  草となってふるえている  河が流れている  なにも知らずに遊んでいる  子供のことばかり思っている  煙を吐き出している  女工が働いている  労働者が働いている  かわいい子供がいる  工場町に住んでいる  女に、抱かれている  彼女が探している  神さまに願っている  いま自分の子供を探している  顔つきに似ている  なんでも持っている  前にすわって、ちょうど生きている  力蔵が持っている  オルゴールを鳴らしている  良吉の持っている  良吉の住んでいる  青空に輝いている  上を照らしている  世界へいっている  喫っている  ことを、どうして知っている  睨みも当っている  明日己一人でやろうと思っている  乳母に抱かれている  己の持っている  消滅したいと思っている  物思いに耽っている  売卜者は歩いている  己を慕うている  考え考えして歩いていると、微白く流れている  中を探している  白紙明神と云っている  頭髪の縮れている  験があると云われている  ものにきまっている  銚子を並べて騒いでいる  芸者遊びなどしている  お酒のはいっている  場面になっている  事には、呆れはてている  なりっ放しになっている  お酒が残っている  下着を着ている  着附けをしている  事と思っている  作法さえ時たま行われている  ウイスキイがまだ少し残っている  あとで残っている  みな、こうして待っている  前から待っている  ほうまで続いている  四列つなぎになって並んでいる  上へおおいかぶさっている  土気色に沈んでいる  提灯もありゃしねえ、騒いでいる  通り静かにしている  明けがたから来て、待っている  列についている  そうに見おくっている  四列につづいている  場に長くなっている  源太節を唄っている  かかり湯をつかっている  何千何百歩と、きっちりときまっている  間尺がきまっている  人間ひとりが乗っている  宙に浮いている  十人もくっついている  ことにきまりかけている  話あっていると、眠っている  頭にのせている  精だしている  囈言をいっている  申立てをしている  羽目になっている  まわりを取りまいている  割長屋にすんでいる  やつまでいる  話だでの、なんとかして助けてやりたいと思っている  顎十郎を待っている  三人が待っている  ながら見おくっている  ちゃんと橋詰へとどいている  雪隠がついている  源右衛門とむかいあって坐っている  顔のこしらえがなんとなくのんびりと出来ている  屋敷も建てこんでいる  空家になっている  さっき伺っている  熱をだして苦しんでいる  騒ぎになっている  あたりがついている  氷をほしがっている  おれは知っている  鎖骨が折れている  みごとに折れている  ためにできている  設計されている  からしかたなくじっとしている  骨がくだけて痛がっている  空想を起こしている  残つている  女になりきつている  人間ならしめている  ほかに見ている  自ら苦労を求めている  方へ向って歩いている  海に遠ざかっている  そこらを歩いている  沖が荒れている  列をつくってぎっしり並んでいる  鉾で泳いでいる  道中警備の打ちあわせをしている  派手派手しく立働いている  上聞に達している  むッつりと坐っている  手をつくしている  釣などしている  鮒をせせっている  身を痩せさせている  冗談でやっている  釣糸をたれている  浮木を眺めている  ッぱに喰いついている  鮒を釣っている  くり言をのべている  釣糸をたれようとしている  船に乗っている  あっけにとられて眺めている  川上にいる  入り口に控えている  首をふって歩きまわっている  引附けている  顔付で、当っている  背後にしている  羽で飛んでいる  チョロ虫と呼んでいる  諏訪に住んでいる  いくらも棲んでいる  ザザ虫と呼んでいる  佃煮になっている  ザザ虫はいる  重箱に入っている  親を、活きている  大分まいっている  需めている  疝気を起こしている  間にもだもだしている  ぴしゃぴしゃと湿っている  のを、面白くなく思っている  慰撫を心掛けている  非常にいたわられている  綿のはみ出ている  辺に脱ぎ捨てられている  三爺の寝ている  仕事に追い立てられている  位置をしめしている  手紙をかいている  片方がころがっている  ものが見えている  とげをとろうとしている  とげをしらべている  それが生きている  心をもっている  濁流をなしている  封建といわれている  露出させて扱っている  みじめさがつよくのこっている  余韻をもって扱っている  全体を蔽い、引き締めている  萌芽をあらわしている  跳ねかえっている  膏血を滴らし続けている  必然に置かれている  実感している  子供を生み、育て、かつ教えている  ようにされている  召命されている  それに適している  誤謬が含まれている  万事が含まれている  協せている  特命されている  異にしている  人に由って異っている  決定せられている  性格を異にしている  焦点を集めている  囲繞している  熱中しがたくて食べている  統率している  愛を以て抱かれている  状態としている  中心として生きている  丁度人が現に見守っている  群を成している  起伏し変転している  口に含ませている  差等を設けている  永遠に対立している  資格を備えている  必要からそれを避けている  生活を避けている  母性から遠ざけられている  不幸と感じている  不幸に陥っている  看過している  そればかりを望んでいる  満足を示している  子供を生みかつ育てている  切実に感じている  重大に考えて取扱っている  境遇を備えている  絶対的母性中心から遠ざかっている  勇気とを欠いている  人口を増している  時に臨んでいる  手挾んでいる  顔を沈ませている  合槌をうっている  茫々乎としてひかえている  兜をぬぐにきまっている  念としている  ふだんを知っている  肩をふるわせながら咽び泣いている  行方をさがさせている  ぼけ足でとぼとぼと探しまわっている  指図している  あなたのなさっている  目つきで睨めつけている  右手から二番目にいる  ぼやぼや言っている  見当ちがいをしている  手練は、じゅうぶん知っている  ほうへ、浅く斬れている  味方をしている  お家騒動にからまっている  エッサエッサとひきあっている  頭をさげている  帯をむすんでいる  藤波に見やぶられるにきまっている  大掛りに探されている  形勢だから、黙っている  網をひいている  沢山群立している  立派に出来ている  縄を綯うている  ニレ等混生している  瓢形をなしている  水面に浮べている  ように崩れかかっている  独笑顔を擡げている  尾を走らしている  最高峰とを連ねている  聖座している  西穂高岳が、うんと突っ張っている  それぞれ派せられている  臣礼を取っている  ところ、よく似ている  二峰派している  咆哮している  覚束ない、ぐずぐずしている  のも馬鹿げている  彩色している  斑状に茂っている  山容を言い顕している  残雪を控えている  蝶ヶ岳を擁している  如鬼如鬼並んでいる  屹立っている  幕の内にいる  屹立している  吾らのいる  定刻を過ぎている  巉岩が数多競い立っている  生長している  五百米突も下ると、かなり繁っている  手足を出している  水も流れている  雛とともに戯れている  突き出している  殊に樹木は、よく繁っている  遊びに来ている  方に住んでいる  狐に似ている  味を知っている  印を結んでいる  大変おもしろがっている  味のわかっている  何をこしらえている  安坐している  考えでいる  下谷町にいる  柱が建っている  仕事は運んでいる  安坐をしている  三角になっている  途方に暮れている  先でいじっている  前から人々は驚いている  頭がぬうと聳えている  空中へ浮いている  月給とつたりしている  睨み合つて立ちはだかつている  サダに近づいている  ばさま、いる  森山と、だまりこくつている  お構いなしに着ている  グルグルと振りまわされている  蔑視されている  資格を欠いている  等はやがて小気味よくもほろびんとしている  断絶されている  資格を有している  著述について少しく語ろうとしている  宇宙は歪んでいる  微分流動している  今これを書いている  交流している  これを持っている  運命づけられている  自我を持っている  パアロットになっている  降伏してしまっている  それを生かしている  ために書いている  希望して書いている  蟋蟀が鳴いている  事態がさしせまっている  明後日にせまっている  啖呵を切っている  北におさえられてばかりいる  音に聴きいる  職にとどまっている  そっぽをむいている  びのした顔をしている  ようにすっとぼけている  霜柱が立っている  三つ、さんざんに打ちこわされてころがっている  こなごなになっている  そばへしゃがみこんでいる  今ごろは、さんざんに口説かれて困っている  スッパ抜いている  手練を知っている  虫をころしている  身体を泳がしている  酒をついでいる  観念して突っ立っている  眼をとじている  十挺だけ多く入っている  手もとへ届いている  局に隠れている  最期を見ている  肩をそびやかして控えている  木戸うちにいる  どこかにいるにきまっている  前でウロウロしている  俺も知っている  磨きがかかっている  ダイアルになっている  大半は間違っている  ものなどが入り交じってしまっている  ねじ回している  みんなそれから来ている  偏光を見ている  店に出ている  顔をしてからみ合っている  前にころがっている  減退している  陳列棚をひやかしている  供されている  本屋に並んでいる  書物ができている  出陳されている  今どこを通っている  ぼんやり窓外をながめている  アメリカに行っている  尊崇している  玩具を売っている  問題を包んでいる  跳躍している  渦を使っている  円筒形スクリーンに変わっている  モダンボーイに変わっている  世の中に適している  観測している  白粉がいつもはげている  ように眺めている  塵一本見のがさず、坐っている  内心ひそかになめている  ものがはいっている  者のいる  強請が流行っている  ものを用いている  行方をむなしく探している  声を聴いている  身体を焦がしつづけている  火にじっと見入っている  おでこの飛びでている  伊助に似ている  千代の寝ている  勢揃いしている  路銀に困っている  もちをしている  うえにのっかっている  ことがはじまっている  ようにひっそりと静まりかえっている  あくびばかりしている  口をあいて眺めている  わき目もふらずこつこつやっている  文机のまえに坐っている  気だてを持っている  さっきからあがっている  さっきからちゃんと見ぬいている  ものがついている  とぐろを巻いている  人数を張りこませ、目ざましいまでに色めきわたっている  ようにじれ切っている  大わらわになっている  ア、ちと変っている  さきを出している  雪駄をつくろっている  右ひだりを眺めると、なるほど、いる、いる  飴屋もいる  善男子に化けこんでいる  堂をとりつめている  鳴りをひそめている  お前も、多少は聞いている  夕方まで売切れになっている  ブラブラ歩いている  ろ、とやっている  発足しようとしている  谺している  洋服がだらりとかかっている  鈴木教員の受け持っている  ことを知らせている  木の葉が散らかっている  窓にかかっている  何か探している  胸がどきどきと騒ぎだしている  地肌を覆い隠している  畑にいる  先生に届けようと思っていて、まだ届けずにいる  ことが囁き交わされている  表情で噛み締められている  鈴木先生を慕っている  わたしはもう死んでいる  いちばん尊敬している  わたしが知っている  蟇口を持っている  方だと思っている  自分でとっている  読書をしている  のであったが、言っている  しかし、読んでいる  ちょっと思い違いをしている  蟇口に絡んでいる  原因を発している  行為から出発している  教鞭を執っている  ものを取っている  卑劣を覆い隠そうとしている  事件を忘れている  切り返しをしている  魚が引っかかっている  咥えて振り回して歩いている  咥えて振り回している  肉が落ちている  印象を得ている  そこにのこされている  作品に鋭くふくまれて出ている  環内に止っている  彼になっている  借家人から又借りしている  一杯あけ放しになっている  夜明け頃から互に向き合って坐っている  自分たちが際立っている  膝をつき合わして坐っている  世間から尊敬も受けている  わたしの伝えようと思っている  叙述が進められている  どこかに見開かれている  要望されている  側に立って見守っている  物語が始まっている  外国にいる  吐息をしている  きまりになっている  背にうけて、ゆったりとたゆたっている  上はすっかり明るくなっている  つけっぱなしになっている  まにまに漂っている  ところに立っている  ことは、よく知っている  さっきからつくづく見ていたが、だいぶようすが変っている  ぐあいにぼんやりと漂っている  まま人ッ子ひとり姿が見えず、しんとしずまりかえっている  つくりになっている  釜場になっている  油灯がついている  証拠が、はっきりと残っている  位置におかれている  船蔵が建ちならんでいる  ポッテリと長くのびている  ようにひょろりと痩せている  そこへきて待っている  廃止になっている  塀ずりあわせになっている  騒ぎをしている  百万遍を唱えている  息をひきながら啜り泣いている  涙びたしになっている  ようすをしている  落着きはらっている  顔はしている  大数珠をくっている  どこに隠れている  アちゃんとわかっている  弥之助から無事に生きている  ごまかしおえたと思っている  みな生きている  人足寄場にいる  恋女房が住んでいる  あなたに惚れぬいている  上を漂っている  ちゃんと御船手役人が来ている  永代橋で待っている  善玉悪玉をつくり出している  石垣がくずれようとしている  拡大が行われている  踏襲されている  懐疑に陥れている  生涯に照りかえしている  作品を貫いて苦しく打っている  モメントをなしている  妥協している  追究をとりあげ得ないでいる  於てちがっている  自分たちに与えている  ものをどう見ている  枠を溢れている  そこで馴れ合っている  自分にも云いきかせている  句を知っている  困難におかれている  混乱に陥ったと云われている  どころを失っている  沈滞が云われている  論が生じている  仕事でもしている  文学のいる  時代が来ている  尾を引いている  念願している  部分があらわれている  従来対置されている  頭にはっきり残っている  浸透している  たくさん書いている  大衆作家が、また、そう思っている  こと貸家になっている  左右から枝をさし交している  十五年近く住みついている  世話されている  者、している  下町にいる  ところで垂れ下っている  それは分っている  原宿に住んでいる  多勢かかって締めている  現在新橋に住んでいる  一服している  挙動を知っている  和服でなどいる  眼が血走っている  のと、幾分せかついている  腰にかって、働いている  洋館がポツリと建っている  親しく願っている  のを眺めている  腕を捉えている  片腕にぶら下っている  爺やがいる  幸雄を待っている  日が当っている  石川の着ている  男が佇んでいる  座布団もなしで坐り込んでいる  私達そりゃあ淋しく暮している  心をこめて訴えている  目からかばおうとしている  懇願されている  人形が入っている  壁にもついている  幸雄は聞いている  一生を云い当てている  あいうのをきいている  威厳に満ちて生きている  石川に分っている  辺にころがっている  我を忘れている  露を帯びて匂っている  不健康にくろずみ澱んでいる  心を奪われている  庭土でよごれきっている  花に見とれている  四辺に放っている  歓喜が揺れている  咲き拡がっている  それは、論ぜられている  二月号に書いている  批評家として活かしている  前半に語られている  評論を書いている  感じやすさがつよく現れている  意識を絶えず感じさせられている  術に長けて来ている  骨格になじみにくくされている  主題を歩きぬけて来ている  ものから生じている  文芸評論が収められていて、とりあげられている  屋台骨ごと揉まれている  著者が云っている  愛着が見られている  文学的要因から闡明している  つながりをもっている  明らかにしようとしている  解明されている  批評家に求めている  ものとしてみている  性質もひき出されて来ている  労作をなしとげている  あとがきに書かれている  ここに示されている  視線も上ずっている  文学は生きている  ものとして、つかんでいる  歩み出しもしている  今日云われている  読者としてあらわれている  因子からつきつめて行っている  ものから云っている  はじから読んでいる  関係におかれている  思想体系について云おうとしている  いるかを指している  観察されている  今日流布している  興味ふかく語られている  成立すると云われている  今日十分身につけつくされている  粘りづよさを作家に求めている  ことがわからせられている  著者の示している  どこかへおいて来てしまっている  連関をもっている  それに対してこう云っている  モチーフを見ている  説明とはなっていないとしている  ように即している  不幸から生じている  必要として感じている  文学的内容を低めている  もっと人間がよくなっている  今日小説を書き並べている  私一人ではなかろうと思っている  宵からこうしてぶらぶらしている  湖西に住んでいる  一人ぼっちになっている  話でもしている  骸骨と抱き合っている  魅いられて、殺されようとしている  袞繍橋に住んでいる  話をしながら飲んでいる  脚下を包まれている  喬生はまだ生きている  処へ籠っている  難儀している  ずぶ濡れになって、さぞ、弱っている  杯をあげている  ように嵌めている  帯にからませている  布色をチラチラとのぞかせている  正座についている  手前にかけている  右どなりにいる  下座にいる  ことばかりしている  襟に巻いている  ギョロギョロさせている  目玉をむいて突っ立っている  ここに突っ立っている  口々に騒いでいる  そこで唸っている  俯伏せになって倒れている  筋をひいている  お互いがはっきり知っている  肚ではそう思っている  佐原屋が絞め殺されている  腕を組んで凝然としている  目標になっている  結束を固くしている  消息を物語っている  われわれが驚くと思っている  お互いがよく知っている  空が白みかけている  有明月が残っている  のだろうと思っている  艫から差しだしている  フト、ぐったりしている  つんだして空嘯いている  鰹木でも載っている  上を走りまわっている  そいつをこうして探している  檐下をのぞいている  首をひねっている  ことだと訊いている  蠣殻町に集っている  土蔵になっている  中にしゃがんでいる  声でボソボソとささやきあっている  下手人がいる  ところがあって、殺されるまではわかっている  のか、もう、お見こみがついている  当りはついている  怨みを持っている  虚空をつかんであおのけに倒れている  顫わせている  そば立てて眺めている  気長に待っている  欲求がつよくおこっている  機会を得ずにきている  なりゆきに置かれている  一時期をもっている  掌握している  潜在している  近代市民社会になっている  天皇制は本質的になくなっている  社会機構に根づよくのこっている  克服してきている  それはまちがっている  教訓を示している  目にはっきり見えてきている  時によって出たり引っこんだりしている  時に来ている  中に立ちあらわれてきている  係争点にしている  文学にも生きてきている  かたを求めている  組合をもっている  組合をもとうとしている  ものとなってきている  会得されようとしている  眼がゆきとどいている  意味ふかく扱ってきている  かたにかかわっている  しっくりとうけいれられずにいる  能力は備えている  本質をひらめかせている  往来いっぱいにころがっている  現在ソヴェト同盟に行われている  作家から質問を出されている  歪曲作用を与えている  知らない無邪気さで育っている  対立がのこされている  機械的に結び合わされている  マルクスもいっている  前脚をかけている  脚たつがいる  踏台がいる  過程がいる  かたが当然いる  とき、生きている  隣に住んでいる  髑髏と並んで坐っている  路を帰っている  寺にいる  涙袖に余っている  精霊祭をやっている  第一人者と云われている  中を見ている  女の住んでいる  何人かと話しでもしている  骸骨と抱きあっている  魅られて、殺されようとしている  喬生は未だ生きている  難題が横たわっている  窮極をめざして作っている  努力を払えば良いと思っている  習慣をとっている  のをふと見ている  大切にしたいと思っている  人をよく見ている  ものを知っていないとやられている  過去を知っている  都会へ出て来ても依然として動かしつづけている  身辺小説といわれている  身辺小説だとは思えないので、こつこつやっている  幾らかはなろうと思っている  希としては持っている  ものはありはしないと思っている  そこにひそんでいる  自分が負かされてしまっている  完璧になっている  失敗をしている  一身に考えふけっている  独立はしている  用意だけはしている  度を違えて周章ている  作家生活をしている  躍起となってしている  見方をとらねばならぬと思っている  爆けていき、はみ出して行きたいと望んでいる  つもりで、ひっ掻いている  隣に立っている  理窟をつけて呑んでいる  道を歩こうと努めている  赤面している  言動している  感慨を述べている  沈吟している  路が無くなっている  草を染めている  袂にはいる  いま生き死にの正念場で喘いでいる  小夜の寝ている  ほうを見おろしている  呪文を唱えている  落がついている  腹立では恐れいる  チト恍けている  べつに、恍けている  茶々をいれている  音読みでやっている  ひとに教えてすましている  ところを考えている  念が入っている  三度も見ている  ところでぐずぐず言っている  寝床についている  前へ飛びだしている  ここに這いつくばっている  鯱こばっている  光が射しこんでいる  のだろうと見おくっている  ように暗くなっている  汗みずくになってやっている  采配をふるっている  だみ声をあげている  隅にいる  ア、もう始まるべえ、と、ざわめき立っている  枕屏風を引きまわして寝ている  欄間に照りかえしている  文字で書きしたためられている  みんなつつましく生きている  あざやかに覚えている  毎年、見ている  瀬をたのしもうとしている  織女が、少からずはにかんでいる  ちゃんと礼節を心得ている  約束をしている  お飾りが立てられている  構想をしている  女ぎらいだから、知っている  お飾りが立っている  祈願をしている  意味を有って来ている  家から借りて来ている  熊を眺めている  悪童たちが忍び寄って来て、わいわい騒いでいる  馬を見ている  事もなく歩いている  大声で言っている  ビイルを飲んでいる  友と思っている  ベンチに腰かけたりしている  二つ持ち合せている  一ぱい入っている  お礼を言われるにきまっている  恐縮とか痛みいる  子供に慕われている  仕合せを思って唄っている  洗濯をたのしんでいる  不平を言い出している  いかがわしい生活を送っている  本を読んで貰っている  そこにつたわって来ている  切りひらいて行っている  特徴づけている  脈絡が書いている  時があるとかこっている  科学者によって考えられている  問題がかくされている  所謂科学的に高められて来ている  ことをおこっている  流用されている  敬愛をあつめている  内部的矛盾が示されている  特色を多くもっている  科学が選ばれている  立ち現われて来ている  ディレッタンティズムが漂っている  統一され切っている  愛着を抱かせている  文学的感情と云われている  美を示している  ために未だのこされている  今日我々がうけついでいる  蒙昧をもっている  部分がのこされている  分裂とをおこさせている  今日に及んで来ている  形としてあらわれて来ている  意志を示している  今日あきらかに現れている  立場において書かれている  本質が語られている  機構がしからしめている  作用としてあらわれて来ている  危険をもっている  ことが挙げられている  約束に立っている  専攻されている  中にあらわれている  薄明にさ迷っている  精神活動に馴らされている  大変ひねって扱っている  考え方に慣らされている  好感をもったと書かれている  対立において示そうとしている  自分に分っている  逆に見ている  工合に扱っている  傾向と結びついている  反動とを示している  時を等しくしている  真実に向って働いている  歪曲されている  辞句を示している  沼田博士に云わしめている  移民として働いている  ものが何より恐れている  ことがはっきり書かれている  東北弁をまねられている  記述が加わっている  農村でひろくよまれている  挑発にあっている  内閣打倒を思っている  文学創作に歩み出ている  背後にひきつづいている  内にふくめられている  誕生しようとしている  正鵠を得ている  寒村がとりあげられている  汽車にのっている  小寒村にさえも、生きている  おふくろなどをとらえている  喜愁せしめている  それにふれている  まま通りすぎている  二派にわかれている  組合せになっている  日常性をとりあげようと試みている  上におかれている  ものとして、とらえようとしている  忽卒に過ぎている  ために割いている  可能性は少なからず含まれている  どこまで云い遂せている  中心問題となっている  である、といわれている  精神をも正しくつたえている  営利に立っている  問いが出ている  自主性を欠いている  課題となって来ている  作家のおくれている  先入観に絡みとられている  無力さに現われている  出発を阻んでいる  一つカテゴリーに入れている  区分に入れている  出版屋が吸いとっている  自ら知っている  立場におかれて来ている  科学教育全般に行きわたっている  返事を待っている  はいないが、おもむきはよくわかっている  余裕をしめしている  陽ざしを見あげている  茶室が建っている  なにからなにまで揃っている  ふうにしている  こちらをうかがっている  ところにぽつねんとしている  仕組になっている  夜鳴きしている  お金蔵を狙っている  テッパイに怒鳴り散らしている  端坐している  首を垂れている  法に通じている  ようでもあり、また、恍けている  茶をまぜたいと念じている  物思いにふけっている  棒鼻にもたれてようやく立っている  いつまでも部屋にばかりころがっている  途をあけようと思っている  やりとりしている  綿がはみだしている  ケチがついている  駕籠宿もやっている  ごろっちゃらしている  煽りつけている  のかと見ている  道に外れている  それがないと言っている  風にゆらいでいる  なんざ、なかなか振っている  二本指を出している  下で待っている  駕籠をおいて待っている  ようにして、しんなりと立っている  高鼾で寝くたばっている  背中と、さんざんに斬られて死んでいる  念仏なんか唱えている  ここに斬られている  夢中になってやっている  贋金を作っている  ステテンとやっている  鋳造している  一人ねそべっている  犬をひっぱっている  勝手に苦しんでいる  一羽歩いている  画架を立てようかと思っている  捨場所を捜してうろついて歩いている  危篤にでも迫っている  力をつけて慰めてでもいる  いくつも立っている  建物がぽつぽつ並んでいる  点在している  窮屈そうに押しあっている  上に聳えている  二人連れが話している  のを、聞くともなく聞いている  注意して見ている  客席になっている  一段高くなっている  服装があまりにちがっている  心持で聴いている  庭でも眺めている  中で歌っている  舞人の着けている  ものは、永く見ている  顔がのぞいている  ものを固く握っている  ものが出ている  夜いつものように仕事をしている  面前に立っている  世間を離れている  ぼんやり雲を眺めている  整理に骨折っている  唱道されている  天賦を具えている  豊富に有っている  平気で笑っている  期望している  停車している  鋏穴がちがっている  ステッキをさげている  感じしか傍観している  何かしら手に持っている  指先をふるわしている  ちゃんと残っている  立ち汚れている  陳述を聞いている  特に厳重にしている  事に馴れ切っている  截然として角立っている  脂汗に汚れている  跡形だけは止めている  想い出にしようかと思っている  日新聞を見ている  例を挙げると、年中怠けてばかりいる  事ばかりしている  真面目に働いている  儀式が残っている  価値を保っている  泛っている  振動している  数々掲載されている  バスを待っている  男の子を背負っている  一つ聞いてみてやろうと思っている  チャームがすっかり打消されてしまっている  花を見に来ている  かげろうている  薄黒く汚れている  跡を印している  字を汚している  痕をつけている  真黒にしている  疵だらけにしている  母となっている  前に腰かけている  ほつれをかわるがわるとりあげて繕ってやっている  数段に重なっている  集散している  現在眼前に栄えている  二人はいる  風に呑み込んでいる  興味を感じている  花火が上がっている  花火を上げている  打ち上げ場になっている  鬚をさえ生やしている  横木に凭れて立っている  手に持って立っている  いつまでも見物している  現象などはとうにもう知っている  ぼんやり呑気に見ている  玉を込めている  周囲で見ている  事を云い合っている  どこかに住んでいる  どこかに潜んでいる  家がなくて、困っている  変化の起っている  茶褐色を帯びている  外容に表われている  病気でもしている  代から住みこんでいる  まわりでうろうろしている  張場だけで持っている  ところも残っている  奥山にいる  俺ににぎられている  ように痩せている  手を入れている  草むしりばかりしている  立番をしている  俯伏せになっている  昨晩からこうなっている  下になっている  わに聳え立っている  張出しになっている  血を吐いて死んでいる  粉々に握りつぶしている  ものだろうと、そう訊ねている  印籠が落ちている  人が死んでいる  口争いをしている  役儀のおもてで訊いている  チョクチョク吉兵衛と話しこんでいる  扉前でウロウロしている  ところで倒れている  いくつも残っている  下げ緒についている  半分染まっている  ことばかりやっている  もっと以前にやっている  ことなんだが、ピンピンしている  そればっかり考えている  留守にするとわかっている  月を待っている  昼から騒いでいる  錦帯橋まで行っている  駕籠につかまっている  関いきっている  帳面繰りをしている  手配りをしている  張り番をしている  機嫌になっている  船を浮べている  法にかなっている  底が沈んでいる  捕物をやっている  鯨が泳いでいる  潮を噴いている  上にごろんとねっころがっている  平ったくなって立っている  思いで待っている  ごろんと転がっている  胆をつぶし、ただもうぐったりしている  ぼんやり仄明るくなっている  しょんぼりと寝ころんでいる  もう一度見なおしたが、酔っている  冗談なんか言っている  たしかに鯨はいなくなっている  ことを言いながらワイワイ騒いでいる  上に突っ立っている  ほうだけははっきりとわかっている  鯨は失くなっている  物がいる  梁丸太にからみついている  鯨がいる  先刻からそれを考えている  もんだと思っている  ようにかこまれている  網にひっかかるにきまっている  浪人者がやっている  最少限の役に立っている  新聞記事に仄めかされている  差をあげている  我々に負わされている  一日中執務している  十分と覚えている  窓をしめている  有利に変って来ている  関係を語っている  情熱を抱いている  規定を設けている  花柳病にかかっている  私達は知っている  意見をのせている  処置を考えている  リアリスティックに動いている  日夜植えつけている  通俗小説がよって立っている  日本だけだと笑っている  デカダンスとがあると思っている  賑やかに楽しんでいる  映画で見ている  案外に重くしめつけている  結婚年齢がおくれている  遊戯をしようと考えている  心理を捕えている  問題で苦しめている  写真をのせている  奉仕されている  大衆的抑圧を蒙っている  中にのこっている  事務所にいる  事実に気がついている  女がああ並んでかけている  ところを見てはいる  盛んに吹かしている  評判をよんでいる  点を思い出している  始末をつけている  タイプを認めている  世の中にいる  僕も望んでいる  悪漢らには恐れられている  三ヶ月暮している  自らシャーロック・ホームズを気取つている  事務所に出ている  運びが乱れてはいる  酒宴でもしている  いつまでも立っている  声で泣いている  女が話している  ぼんやり雨脚を眺めている  ほうがよく知れている  苧殻を焚いている  ぶんのいる  しょんぼり立っている  ことさえ心苦しく思っている  影もなく痩せほそって寝ている  みなが驚いている  ようにキョトンとしている  ことが始まりかけている  枕もとにいる  いま姉といっている  米さんが入っている  応待している  道具をおろしている  ズブズブになっている  万屋からかつぎ出されている  そうに出たり入ったりしている  まんなかに建っている  毒を盛っている  絶気するかわかっている  そばに残っている  りかんがえが固まっている  帝釈堂の前で待っている  しょんぼりと立っている  となりに坐っている  底が入っている  景気をつけに来ている  祝儀をつけてもらっている  景気をつけている  肩を入れている  ぼんやり見あげている  休憩場になっている  ように駈けずりまわっている  大騒ぎをやらかしている  多寡をくくっている  二人までに見られている  屋敷に押しこめられている  埃で白くなっている  三進も行かなくなっている  お話くださいと申している  堂に入っている  息が通っている  六平が生きている  相手などいたさせている  冷くなっている  起訴状が読み上げられている  四階に住んでいる  両親の住んでいる  手なずけている、といっている  一人が、しきりに燃えている  時代からよく知っている  嘘をついている  表情をして、あわてている  そこにもっている  皮肉を云っている  服役している  のだといわれている  今でもそう信じている  事ばかり並べている  電熱で温められている  屍体が溶けこんでいる  うちに握られている  液体を掻きまわしている  傍にへばりついている  あんたは生きていると思っている  昔死んでしまっている  背負込まされている  京子に対して抱いている  自分をよく知っている  ものであるかどうかを疑い始めている  専門としている  女を見知っている  攻撃を待っている  人たちを知っている  字が拙いのねと思ってみている  京子を操っている  彼も操っている  女についても知っている  顔をして突っ立っている  小径を眺めている  岩がうかんでいる  今となっては、生きている  辺に漂っている  みな閉じられている  ほうへ流れている  ユラユラとゆれている  物思いに沈み込んでいる  竜太郎が立っている  そうにそよいでいる  ひとつ落ち散っている  のだともうしあげている  顔で突っ立っている  陰謀をたくらんでいる  声を忍ばせながら啜り泣いている  ように響いている  上にひいている  竜太郎が眠っている  ホテルに泊っている  竜太郎はうすうす知っている  陽だまりをつくっている  日本から遠く離れている  水がはるばるとひろがっている  お尋ねになっている  婦人が乗っている  なんだと思って見ている  蹤けたと思っている  愛人がいる  中に溶け込んでいる  背くらべをしている  限りはるばるとひろがっている  ようにうっすらと滲み出している  三色旗がヒラヒラと翻っている  ほうはいつも笑っている  一人だけ残っている  世界に散らばっている  そばに垂れ下っている  森閑としずまりかえっている  写真を眺めている  夏服を着て立っている  先生がいる  一人来ている  それを、眠っている  血が流れ出している  君にも起こっている  寝不足をしている  瞶めている  統治している  現在に及んでいる  位にのぼろうとしている  介在している  恋人が住んでいる  水でも眺めている  それをじっと眺めている  何も見ている  激論を闘わしている  身を寄せ合っている  もの佗びた面もちで乗っている  社交界を泳ぎまわっている  休止している  なにが起ろうとしている  ことが起りかけている  喪に服している  交叉したり、離れたりしている  面もちで立っている  ためいきをついている  二三羽とまっている  鮮かに浮び上っている  影をおとしている  首府に起こりかかっている  写真だけが盗まれている  視されている  風にゆれている  ぶんの隣りに掛けている  宿泊している  管制区域になっている  窓を見上げている  撫然としている  壁にそって歩きまわっている  腕を組合せて立っている  全然用をなさなくなっている  ことができると思っている  背をもたせて喘いでいる  何かじめじめしている  血で濡れている  どこかにいる  少女がいる  人と隣り合せている  憂慮っている  通訳してやっている  足ぶみをしている  気迷いしている  一人乗っている  侍僕が立ち並んでいる  写真を持っている  後に、酬いられようとしている  咫尺を隔てて坐っている  大星章が煌めいている  そこに落ち散っている  顔を見返している  おれを、忘れている  披露している  はじめから、わかりきっている  二寸ほど開いている  微妙に動きまわっている  抽斗に跼み込んでいる  文字もよく似ている  一時間も、走りつづけている  切れぎれに叫んでいる  方に、突き出されている  絶えだえに叫んでいる  馬を御している  シッカリと掴んでいる  人形として動いている  片隅に残っている  自制力も持たなくなっている  ヘトヘトになっている  君に聞いている  オククウと云っている  崇拝者になっている  度がっている  ところにかけている  顎を持っている  客待ちをしている  寮へ来ている  家から抜け出している  時刻がだいたい似かよっている  売子をかかえている  証人になっている  なかったのかと訊ねている  分もはいっている  いま伺っている  からんでいる  繩がズラリとかかっている  妻楊枝に巻きついている  売子を出している  どこに押し匿われている  飯を喰いながら待っている  約束の場所で待っている  内証になっている  迷惑をしている  噂が立っている  髪を結いに来ている  町をふれ売りして歩いている  今もって行きがた知れずになっている  呼売りをして歩いたと言われている  無実を言いといている  鮨売になっている  身体をくねらせている  ヤニさがっている  三津五郎に似ている  差向いでいる  男だとか云っている  まじめで論じている  犯人自身が知っている  自ら名告りをあげている  光栄を有している  君を疑っている  思惟している  説を立てている  星田代二であると信じている  最後についている  実権を握っている  揶揄されている  飲友達だってことを知っている  君もすでに知っている  君、死んでいる  吻っとしている  自分の勤めている  今、やっと売り出しかかっている  承知せられている  真弓さん、知っている  事を見守っている  僕達二人こうしている  刑務所に入れられている  真犯人を知っている  誰かに威かされている  偽名している  今刑務所にいる  山川牧太郎がいる  何だか揶揄われている  星田の履いている  無実の罪に落されようとしている  茫然と考え込んでいる  自信に充ちている  指紋がついている  検事局に残っている  智慧を貸して貰われると思っている  膝小僧をだいて揺られている  駕籠をさがしている  松板に直に坐っている  物産廻送をやっている  つまみになっている  ところで見張っている  ひとかたまりになっている  誰か死んでいる  ひとが倒れている  俯伏せに倒れている  ふうにして殺されている  行列についている  お伴している  薄明るくなっている  ムンズリと坐っている  穿れている  混同している  方にはいる  台がいる  一万粒はいる  大洋にはいる  いま聴いてゾッとしている  桜湯を飲んでいる  合掌にぶっちがっている  釘づけになっている  チョロチョロチョロチョロと動きまわっている  梁ぜんたいが揺れている  赤痣が出来ている  血が滲みだしている  油蔵が建ちならんでいる  ヒクヒクと動いている  嚥みこんでいる  四カ月たっている  胴中を突っ通している  上にうっすらたまっている  ひとつ残っている  寝起きしている  悪旗本にからまれて困っている  約束でズルズルいすわっている  新月が光っている  ようにして眺めている  血をしたたらしている  クッキリと残っている  離家へ運び入れようとしている  そばにでもいる  つの口ひとつにかかっている  ほうを見あげている  阿波に棲んでいる  ひとつとなっている  ヘーゲル主義に再び近づいている  理由づけられている  必然的にされている  予示されている  彼に課せられている  内在している  語から出ている  ことが多く含まれている  制限をなしている  変化すべく余儀なくされている  一つだと申している  墓をあずかっている  街に面している  その男が眠っている  滅茶滅茶にされている  位置を占めている  主任を勤めている  特に愛用している  贋造している  給仕している  地方を受け持っている  うち一人を知っている  気分に包まれている  言葉を発しないでいる  家族を顧みないで生きている  犯人を探している  顔が載っている  頬骨の出っぱっている  否かが分かるとさえ言っている  撮影されている  震災で死んだと思うか、あるいはまだ生きている  犯罪者型を備えている  否かで行っている  輪廓がよく似ている  顔はかなり違っている  側面から見ると、余程よく似ている  髭の生えている  石川五郎に決まっている  熱病で寝ている  身元だけははっきりしている  身元調査が残っている  犯罪者型をしている  ことまで知っている  思い迷っている  事件に出会いたいと祈っている  そこに住まっている  知恵が働いている  東泉寺にいる  自動車を待ってでもいる  零落して暮らしている  形が似ている  ものとなってしまっている  華やかさがついてまわっている  あすこに住まっている  気質となって現われている  北海道にいる  奥地にいる  熊のいる  柵がまわされている  船を呼んでいる  人達を見ている  俯瞰している  工事にもかかっている  盟主となっている  さまをみている  笑みに隠されている  否かのやまを張っている  気概でいる  阿波へ入り込もうとしている  恬然として控えている  そちも聞き及んでいる  国をうかがっている  思想にとらわれている  誰も信じて疑わぬまでになっている  啓蒙と信じている  後に生き残っている  三人の坐っている  こんど新たに築きかけている  建築しかけている  ジッと見おろしている  みじめに歪みくずれている  転落している  城とともに揺さぶられている  助力を得ている  報らせがまいる  ようにこらえている  庭土には、まざまざと濡れている  いつまで持ち扱っている  阿波守がつぶやいている  気ままに躍っている  一字一字怒っている  夢中で書いている  お次部屋へ入って、しきりにうなされている  ジッとしている  死がこびりついている  積荷しらべをうけている  岸に仰いでいる  変りなく賑わっている  容も変っている  ままに任せている  自分ひとりに注がれている  煙管で納まっている  櫓を持っている  女あしらいに馴れきっている  考えをめぐらしている  所へなど帰るまいとしている  苦思している  目から鼻へ抜けている  浄玻璃の鏡にかけて睨んでいる  辛抱がいる  ッ付いている  乗人が迷っている  櫓を取っている  艀を見なおそうとしている  供につれて歩いている  たしかに聞いている  沙汰なしに暮れようとしている  性に合っている  今じゃすっかりおとなしくなっている  米は、さげすみぬいている  腰に寄り付いている  唇を舐めあげている  ジッと固くなっている  のを探している  私を疑っている  かたがた軒を並べている  連れでも待っている  側に寝転んでいる  川縁に立っている  土左衛門でも待っている  連れが待っている  毎日血眼で歩き廻っている  お前もうすうすは知っている  阿州屋敷に住んでいる  長屋にいる  粒をとめている  品に訊いている  楯にしている  問い糺している  酒となっている  たかどうかを聞いたりしている  音がしばらく聞こえている  半ばをふさいでいる  身の上でいる  小布を探している  端にいる  何者かしらと疑っている  只今どこにいる  大阪へ帰っている  愚にしている  女ひとりと見くびっている  いじめつけている  目をくれている  前に見つめている  本心をすえている  お嬢さんを探しだそうとしている  一途になっている  駄々をこねている  当分は空いている  女をつけ狙っている  匿まっている  場もなく散らかっている  物が散らばっている  万吉さんはどうしている  居所を探し廻っている  無事でいる  何をもくろんでいる  のかぐらいは、うすうす知っている  大阪へ来ている  廻し者だと、疑っている  程に扱っている  涙がいっぱいに溜っている  馳走になってきている  胸を痛めている  自分をみつめている  口紅をつけてパッと強く生きている  丈夫になりかけている  のが、開け放しになっている  捨鉢になっている  腹の中に残っている  渋茶をすすっている  宅助は、空いている  女を尋ねている  判断を下しかねている  店を張っている  土地をうろうろしている  袷を着ている  風が変っている  ジッと考えている  顔を見知っている  目をやっている  お願いをしてみたいと向うにいる  待ちすましている  奥に、言いだせずに秘められている  居所を探している  血縁につながれている  ひとつに暮らしていればいる  奥に燃えさかっている  恋を語りださずにいる  不愍と思いやっている  たびごとに考えている  二人でいる  中に流している  月を見つめている  手持ちぶさたに、もじもじしている  ウロついている  川波に揺れ振られている  胸に食い入って、しゃくりあげている  浪にももまれている  力で、燃えている  側にいればいる  女になりたいともがいている  麻のごとく、かき乱れている  千絵が残っている  それは、わかっている  脈を打っている  綱を好もしくさえ思っている  女を抱えている  ように怖れ入っている  自分でも分っている  舟をあらためている  仮面をかぶって待っている  声をひそませている  中二階でしている  ふたりが待っている  身を屈している  ピクリ、とふるわせている  丞が隠れている  半ばむしり取られている  舟にいる  身を伏せている  東西南北に向けあっている  足を投げだしている  お国元にいる  物乞いじみている  向うで眺めている  ただ目ばかりをしばたたいている  腹が空きぬいている  苦吟している  笑している  平賀源内がいる  句に作られている  飄々乎としている  下の句を考えている  ものときまっている  近くに住んでいる  油障子が灯っている  細目に見ている  句を練っている  のにはきまっている  めちゃめちゃにやられている  わけを糺している  ほのかに照らしている  そうにすかしている  わしの知っている  腰ですか、斬られている  さには見ている  どこかを斬られている  九条村の家へ着いている  男に馴れてきている  はにかみを眺めようとしている  言葉でも分っている  たいがい提げられている  汗を押し拭っている  拙者もそう考えている  数を殖やしている  誰がおろしてやったと心得ている  グビグビさせて怨んでいる  興に入っている  住居に泊っている  お先に使われている  天堂一角はまた飲みはじめている  奴、休んでいる  見晴らしに、悠々と落ちつきこんでいる  顔を集めて興がっている  独りで見ている  者をよろこばしている  酔ッぱらいが舞い込んできたわいと眺めている  あなたこなた、見ている  一大事が降って湧いている  一心に捕まえたがっている  眼色を変えている  血眼で、追い廻している  ほうへうねっている  女情におぼれている  花がこぼれている  万吉がいる  ことはしまいと考えている  嘘ばかりついている  善人ぶっている  妖婦になっている  男を探し廻っている  手をついている  野鼠でもいる  ように研げて争っている  遺恨が燃えている  胸にこたえている  一緒に手がけている  ものを心得ている  後を探し廻っている  目をいからせている  こやつ、少し血迷っている  襟元をつくろいなおしている  そればかりを思っている  ことはよく分っている  うつむけている  袖についている  通りつけ廻している  路頭に迷っている  衝動をうけている  歩をすすませている  血がよろこび躍っている  対象に燃えている  疑いなら、見ている  目的までも感づいている  大事を気どっている  間者牢を訪れようと計っている  私たちがいる  者がうすうす感づいている  声を低めて、話し話し歩いている  縊ろうとしている  梯子口から見あげている  家に寝かされている  大阪を離れている  海風を聞いている  から無人になっている  蜘蛛の巣ばかり取って歩いている  ねぐらとなっている  居中悠々としている  鳴りをしずめている  姿さえ見ている  門番も叱られている  目量を計ってみて、残っている  腹になっている  女がついている  渡舟へ出るにきまっている  水茶屋に休んでいる  夕陽が照っている  遺恨に思っている  白眼を赤く濁している  啓之助様が来ている  密議をしている  徳島城へ集まろうとしている  釜中にあえいでいる  油断なく見張っている  身をひそめている  中に乗りこんでいる  酒がいる  正体もなく寝そべっている  目から放たれている  酒ばかり食らっている  ことが持ち上がっている  便乗しようとしている  向うで探している  心配しぬいている  吐息をもらしている  心にまじっている  頭痛にやんでいる  間があるのに、もうすぐに迫っている  それを持ちこたえている  ように坐っている  手入れをしている  夢に見入っている  影を宿している  話などしている  ほうでしている  目を白くしている  ッすらと沈んでいる  上からくるんでいる  手ばさんでいる  時刻が迫っている  ようにと祈っている  合図も心得ている  後ろ髪をひかれている  何かわめいている  窓を仰いでいる  艀舟がこみ合っている  荷が吐かれている  築地へ繋っている  色を浮かしている  艶の流れている  まりご無沙汰しすぎている  きいが高いとおっしゃってばかりいる  気を張っている  鈍重になっている  ふたりの坐している  体を浮かしかけている  注視を分けている  啓之助が驚いて見ている  事実を告げている  空席に散らばっている  新吉は踏んでいる  探りが入っている  奥に張り込んでいる  息をためている  先を急いて猛っている  理由に偽ってきている  枝にまといつかれている  水にひびいている  草原をぶらぶら歩き廻っている  一服吸っている  闇を見廻している  床几に居眠っている  可愛い子だな、疲れている  荷物のかぶせになっている  気の立っている  静かにまたたいている  中と話している  ピクついている  まわりをしきりに見廻している  近くにうようよとうごいている  空を吹き廻っている  グルグル廻っている  姉様冠りをしなおしている  夜鷹みてえにしゃがみこんでいる  小屋にいる  誰か探している  後先を見廻している  星にふりあげている  さを感じてどよめいている  提灯をうけて立っている  ふうを粧っている  三位卿のいる  時刻も来ている  首にからみついている  物が突き抜けている  立ちにふるえている  口に噛まれている  肝を縮めている  口にくわえている  ワナワナとふるえている  うちでひたすら祈っている  冷汗をかいている  様子で、ははあ、とうなずいている  なにも恐れいる  何をまごついている  船へ運ばれている  手ぐすね引いて待ち構えている  提灯をかざして呼んでいる  かなりきびしく行われている  郷土としている  気に病んでいる  松兵衛や、心得てはいる  ミッシリ入っている  ズンと深く沈んでいる  手繰り上げられている  岸を歩いている  シクシクと泣いている  所に泣いている  打合せに急いで来たので、連れている  うちに張り込んでいる  安否を待っている  療治をしている  四刻時ごろに残っている  貴重品が入っている  指に持っている  乗合の混んでいる  目算をたてている  背なかにかぶっている  背筋をすくめながら、よりかかっている  声を嗄らしている  旅川周馬、指さして立っている  闇を切っている  磐石のごとく構えている  アアして呼び止めている  ほうが預かっている  丘へ着いている  襟がみをつかまれてすくんでいる  手出しがならぬと心得ている  者がひそんでいる  時から読めている  腰をのせている  中に足掻きもがいている  三位卿は、腰かけている  気を奪われている  ギラが浮いている  船床のかしいでいる  始末をいいつけている  感想を描いている  静かに働いている  うごいている、うなずいている  液体がこんこんと浸している  手から忘れられている  音が通っている  ためらいなく、被われている  死骸がかぶっている  紐を解こうとしたが、持ちこらえている  森啓之助を見ている  笏を持っている  亡骸が重なっている  死に顔を照らしている  狂瀾天をうとうとしている  苫をかぶっている  迅くなっている  帆まかせに走っている  白浪を蹴っている  船暈に悩んでいる  色が洩れている  誰か起きている  空気を察している  痴話狂っている  宅助を操っている  錠をかっている  頭をなやめている  顔を睨んでいる  ほかの乗っている  船を追っている  間を追い廻している  何者にか組み敷かれている  ムクムク波を打っている  闇にうろたえている  帆布がかぶさっている  突ンのめっている  船夫を捕えて、いちいち改めている  徳を持っている  平和を求めている  たわしは、くわえている  そこまで来かけている  火を焚いている  いま思い出している  のを聞いたりしている  それとこんなにも異ってしまっている  さそうに暮している  一面に咲いている  だってたくさん咲いている  編み物をしている  心待ちにしている  ほうで暮している  うちで寝ている  足袋をはいている  ままで寝ている  突込んで寝ている  風呂敷づつみをとりひろげた中に坐りこんでいる  下着類の散らかされている  鋭さのあらわれている  柔かい髪をさっぱりと苅りあげている  流行からはずれている  束髪に結っている  顔立ちを引立てている  機嫌よくしている  姿でいる  青空が見えている  場所ときめている  スウェータアに包まれている  勉強で、よくやっている  刻らせている  一緒に映っている  混りあってのこっている  さは主としてのこっている  受けこたえしている  深刻そうにしている  ひとが来ている  自然に結びついている  宏子がいる  不便に満ちている  赤銅色に燃え立っている  植木屋と喋っている  声がしている  はなし地になっている  交友が気に入っている  から云っている  ままただ笑っている  瑛子が佇んでいる  内ポケットから紙入れを出しかけている  ことを手間どってしている  家庭的にやって来ている  馳けている  手をひいてそろそろ歩いている  混雑している  白襟をきつく合わせている  舶来おもちゃが並べられている  日向ぼっこをしている  目で見かえっている  笑いがかくされている  青年が、やはり並べられている  仔猫を眺めている  感情をもっている  率直に並んで歩いている  内部に湛えられている  はる子は、歩いている  文芸部に入っている  停留場に急いでいる  コップが並んでいる  一冊持っている  手から手へうつっている  コーヒーをかきまわしている  カーネーションが活かっている  腕がはみ出ている  そこから小型黒板が下っている  下を行ったり来たりしている  ことを、必ず果さなければならないと思っている  場所をゆきつ戻りつしている  心持を起させている  座布団を敷いて坐っている  物を命じたりしている  そっちはどうしている  四畳を使っている  デスクが置かれている  顔を浮き出さしている  血行とともに湛えられている  扱いをされている  それをどう考えている  順ちゃんがいる  順ちゃんが正しく暮したいと思っている  者だっている  姉ちゃんは、よく考えている  半信半疑に覚えている  ぬくもりが残っている  ところによせて置かれている  十五六人でこしらえている  何処かでひどく違っている  意気でおやり、とよく云っている  羽織をきている  場所に、黙って腰かけている  涙をこぼして泣いている  あたりに現れている  考えにとりこめられている  娘が営んでいる  竹竿にほしている  西日がさし込んでいる  忍び声をして押しあっている  訳読を受持っている  両手でもっている  家から通学している  繰返し云っている  内側についている  憂鬱がっている  グループに入っている  形で坐っている  ざわめきに満ちている  飼犬がねている  出張している  雨戸がしめきりで、積み上げられている  朦朧と見えている  上に散りかさなっている  ところまで茂っている  白ずんでいる  流儀がちがっている  庭をちぢめてしまっている  中におさまって磨き立てている  家をつかんで持っている  宏子が祝おうと思っている  留守にしている  肌理をもっている  田沢の来ている  物を書いている  うろ覚えに知っている  面に映っている  嫉妬している  もので異っている  しらえしている  軽蔑を感じている  瑛子が、惹かれている  誕生日に来ている  若い人達に流行っている  わけでありましょうけれども、近頃流行っている  何かを持っている  芸術に触れている  便利になっている  舒べている  暖かい陽炎が立っている  皆学校へ行っている  浅草紙が落ちている  それを取り上げて見ている  上に現われている  片が漉き込まれている  文字も現われている  事に似通っている  混入している  他人から補助を受けている  途上に落ちている  御蔭を蒙っている  結論に終るに極っている  皮肉も交じってはいる  船室にはいる  仲店を歩いている  少年のいる  飾り窓などを眺めている  猿を眺めている  仰向けにかぶっている  ぼんやり一人佇んでいる  ように佇んでいる  頬笑んでいる  中に開いている  手を当てている  下に垂れている  一枚懸っている  右に佇んでいる  一人銃を持って佇んでいる  何本もそよいでいる  後ろに立っている  博多人形を並べている  束に変っている  チョオクに現している  名を並べている  幾つともなしに映っている  幾つも動いている  子供を抱いている  シャベルを動かしている  手を挙げたりしている  きりなしに動いている  人だかりに呼びかけている  二三尺現している  一人行火に当っている  前足を嘗めている  裾に坐っている  トルコ帽をかぶっている  愛情はこもっている  三台後ろ向きに止まっている  年をとっている  紳士に似ている  マンの配っている  いつか駝鳥に変っている  角に立っている  札も下っている  何人も動いている  頭を刈っている  ものを眺めている  あたりを窺っている  覆面をかけている  金庫をこじあけている  一枚風に吹かれてまわっている  生憎引き裂かれている  向うに見えている  懐から焼き芋を出し、がつがつしている  焼き芋を食っている  一つ残っている  斜めになっている  検べている  それぞれ額縁にはいって懸っている  扉はしまっている  礼拝している  火かげもちらちら映っている  今日まで続いている  何人か生まれている  浅草式で押し通している  天ぷらの載っている  決まつている  含有している  の昔に気づいている  強要されている  大衆文芸に仰いでいる  女房に持つている  幅だけ離れている  日本が持つている  報酬を受けている  切紙細工をして遊んでいる  役割は果したかとうぬぼれている  岩に限られている  熱意に欠けている  一番もうけるにきまつている  難物が控えている  何をいつている  映画などもできている  役割を受け持つている  使つている  トーキーに適している  夢をむさぼるになれている  部署に着いて収まつている  録音しさえすればいいと心得ている  二晩で入れている  といつている  満足してうれしがつている  モウロウとしている  紅茶にしている  三日泊っている  水に浮かして飲んでいる  座をしめている  中に震え立っている  悪口をきいて黙っている  胸に当てられている  女が洗っている  彼を愛している  上に舞っている  声を出して引かれている  校正にはいる  一面に実って、もう刈入れるばかりになっている  何かが間違っている  緑色をしている  豊富に示している  伝説の英雄のごとく立ちはだかっている  変化を味わっている  ように群れている  綺麗で堂々としている  雲に映っている  かいに流れている  ように吹き付けている  子守が遊んでいる  地点になっている  電車通りを歩いている  競売をしている  黄熟している  睡蓮が咲いている  北向きに坐っている  形を見せている  道路があるが通っている  畑に働いている  反りかえっている  巴を描いて飛び交わしている  防禦演習をしている  壮観を呈している  講演をやっている  今から興奮している  指定せられている  花が美しいので、見るともなしに見ている  住持に話そうと思っている  船は走っている  信濃川を下っている  岸に並び立っている  燈台が立っている  ところだと聞いている  から行ってみたいと思っている  ゆっくり関西を廻ってみたいと思っている  事を繰り返してばかりいる  振りして通り過ぎようとしている  盲断している  口真似して笑い合っている  旅客は、ひっそりしている  甲板で、うろうろしている  間抜けている  雨が少し降っている  ちゃんと身仕度をして出て来ている  紳士に尋ねている  ここを走っている  紐で細く結んでいる  番頭の持っている  雨も降っているし心細くなっている  さっきから窮屈がっている  端座している  雨は、ほとんどやんでいる  漁村を歩いている  浪費は無いと思っている  どちらかにきめている  いま寝ている  肩に波打たせて笑っている  樹木は小さく、ひねくれている  鐘マントを着て歩いている  ちゃっかり生活を営んでいる  道が白っぽく乾いている  鞄をかかえて、うろうろしている  のがわかっている  はじめから、わかっている  それも、わかっている  振りをしている  生活をさっさとしている  私は、のそのそ歩いている  要望にこたえ得ず、その立っている  政策貧困から来ている  輸入している  能力を失っている  二つの異なっている  資格を失っている  核兵器でかためられようとしている  本土から分離されている  従属している  アジアにのぞんでいる  原因を作っている  怒りを感じている  企図されている  成果をもっている  決議にもられている  責任と思っている  中心課題としてたたかっている  念願としてたたかっている  転換をせまっている  推進しなければならないと考えている  輸入調達にもとづいている  経済的基礎となっている  参議院選挙が待っている  かいをすすめてまいりたいと考えている  わかれ目に立っている  一路邁進している  闘争をやっている  長城につらなっている  税金として吸い上げられている  勢力が入り込んでいる  反対投票を行なっている  国になりたいといっている  おいでになっている  根本が曲がっている  ものも、高まろうとしている  理学博士増田翼はかく信じている  職員になっている  惜んでいる  皺を寄せて、ちびりちびり飲んでいる  下に光っている  皺を寄せて笑っている  席に居残っている  楽み待っている  目金を掛けている  百姓がいる  満足でいる  己が立って見ている  線香の燃えている  性分に合っている  積りで遣っている  ことになったと出ている  戦争未亡人になっている  耳目をゆるがしている  社会問題にからんでいる  人気が出たと書いている  今日生きることさえむずかしく苦しんでいる  中へ掃き込んだり、焼いたりしている  才能でも持っている  自分が預っている  四十円近くたまっている  息ついている  保管している  ことをきめている  勤続している  主人に重く使われている  児を抱いて寝ている  前から考えている  子供が拡げて持っている  失望している  小麦俵を積み換えている  模様ものを着て暮している  ここが通れなくなっている  草原は広々と遠くまでひろがっている  声々はきこえている  上に輝いている  単調でなくて、暫く佇んでみている  彼方に聳えている  アクセントをなしている  開けっ放しになったりしている  均衡が破れている  歩道から仕切っている  張人のいる  ところ迄退いている  土地から消えている  そこにたっている  ようだと語られている  そこにまじっている  賑やかに立っている  泥濘っている  外へあふれている  買物をどっさりよっている  距離を認めている  あっち側から見ている  まりをあけている  バックしたりしている  戦争のはじまっている  花も咲いている  かさかさと乾いている  距離でもちこたえている  病人とが動いている  雪が載っている  布が動いている  それをいじっている  対手をしている  腰をのしている  何をたべている  日中働いている  色をぶちまけて並んでいる  空へ消えこんでいる  下で芽立っている  余念なく吸っている  いくつも積まれている  方角に行っている  方へ歩いて来ている  サヨの住んでいる  そこまでおしすすめられて来ている  体をかたくしている  思いも目ざめて加わっている  気分で暮している  店頭に与えている  木戸に照っている  不便もみとめている  執着してうろうろとあるきまわっている  枝をのばしている  何年も棲んでいる  膝にとりあげている  ここで探している  二人でやって行っている  サヨも知っている  家さがしに歩きまわっている  下をくたびれて歩いている  意味がこめられている  一緒になりたいと云っている  ひとにとっても生きている  軟くひきのばされて揺れている  中から、徐々に建てられている  道一筋をへだてている  名が記されている  塀に開いている  横にとまっている  光景にも語られている  母親が早くなくなっている  煙草をつけている  柱時計と合わせている  ねじをまいている  たびに握っている  寝息がみちている  方から出ている  そこに描かれている  ところをやっと堪えている  画家が描いている  ことも知らず描かれている  そこに語られている  わそうとしている  そこにそうやっている  盛にないている  露を含んでいる  メロディを聴いている  一つ靴みがきをさせようそう思っている  刃を買わなければならないと思っている  ことに思いすぎて来ている  っぱなしている  考えをまとめている  うちにいつもしている  ものがあらわれている  傾向もおのずからあらわれている  踊りふけっている  私たちが生きているからには考えずにいる  ことはないという、考えて黙っている  本をよんでいる  輸出されている  色に濁っている  絶え間なしに噴き出している  ほとほと困っている  監督をしている  破損している  南洋生活をしている  ボーイ代りに働いている  顔ばかり見ている  島に住んでいる  原住民たちはもう生きている  当分は踏みとどまっている  丸山もよほど困っている  枕をならべて寝ている  転寝をしている  さっきからお話を聞いている  椅子によりかかっている  余ほどよく似ている  そばに寝ている  力で、まず寝ている  のし掛かっている  知らない野蛮人が棲んでいる  小屋に残っている  そうに刈っている  仕事をつづけている  藪になっている  みんな開けているので、なんにも棲んでいる  秘密を包んでいる  堰が出来ている  堤を築いている  昔から自然にこうなっている  あと片付けをしている  風雨に馴れている  なかをうろうろしている  いつまでもここに残っている  みんな不思議がっている  船に乗組んでいる  たぐいが繁っている  知らない魔物でもひそんでいる  解釈を加えている  対象の含んでいる  かっこうが鳴いている  饒舌している  滾々とあふれている  実をつけている  裾をひいている  ものを使うとはいっている  手廻りかねている  懐古園と呼ばれている  動物園になっている  首を伸ばしている  下をうねうねと流れている  層積している  ここまで来ている  山をあるいている  ものが実っている  舞踊を踊っている  吹き流しが立っている  頂上へ向って延びている  振動させている  地上に下りている  静止させている  家鴨は群れている  根には生きている  現在生えている  黒土層を追うて拡がっている  ほんとうに飲んでいる  洗練されている  廓者の住んでいる  火の見梯子の立っている  名残を留めている  堂を留めている  柱の立っている  篇中に委しく描き出されている  風に狂いながら流れている  方面に走っている  叙述せられている  風俗画をなしている  煤払いに終っている  寮に住んでいる  暮しを立てている  生活が描かれている  風趣を添えている  手段だと思っている  彷彿としている  形式を異にしている  外へ出している  床番を呼んでいる  角についている  居住人全般に課せられている  南京虫がいる  夫婦者がいる  手酷しくやっつけている  新聞を読みながら待っている  大切に持っている  名を以て呼ばれている  痛切に感じている  形式的に整っている  整備を有っている  場合を取り違えている  可能性を有っている  名前を与えられている  説明されると云われている  今語ろうとしている  何を企てている  概念によって企てている  茲に働いている  構造を異にしている  運動は禁じられている  命名されている  説明しようとしている  現象と呼んでいる  分類している  性格を有っている  区別を挙げている  動機づけられている  事実上提供されている  問題を異にしている  約束されている  同一視されている  説明を含んでいる  根柢に働いている  範囲に限っている  常々迫られている  使命としている  ように述べている  保証されている  それから距たっている  言葉は語ろうとしている  完成を欠いている  普遍妥当性と呼んでいる  んじて使っている  普遍妥当性と呼ばれている  事態を指している  形式主義に陥っている  歴史的概念を持っている  動機に従って語っている  のを見破っている  体系と名づけている  問題に係わっている  体系に在ると考えられている  奥に横たわっている  学問性に求めている  事実上知っている  それは有っている  批判と呼んでいる  於て具えている  規定から由来している  学問性を具えている  性質を有っている  於て知っている  であることになければならないと考えられている  社会的自己批判と考えられている  規定を有っている  獲得しようとしている  真理性を考えている  根柢を持っている  幾つか持っている  言葉自身が物語っている  事実と呼んでいる  直接に有っている  事実上存在している  準備している  非常に似ている  方向を異にしている  学問を遠ざかっている  進行を続けている  上に立つと考えられている  事実上有っている  科学から区別している  内に植えられている  事実上考えられている  出発点としている  厳存している  事実区別され又され得ると考えられている  今有っている  特色としている  概念を成り立たせている  真理を語っている  於て逸している  代表すると思われている  区画を与えている  分類を脱している  攻撃されている  教職的段階を述べている  一般に知られている  標準として選んでいる  Rosminiはそう考えている  クルノーを有っている  標準としている  科学論に含まれている  却けている  於て云っている  前に知っている  必然性を有っている  静止している  名を有っている  特徴を有っている  日常活用している  日常用いている  距たっている  生活にとって最も活きて働いている  変遷とを有っている  之を承けている  判明であるかを証拠立てている  実在には欠けている  nomothetischと名づけている  自然法則に従っている  評価している  評価を下している  評価されて現われている  代表者として有っている  使命を有っている  事実それを試みている  ケーラーが加えている  関心している  関係づけて語っている  概念を用いている  独立に与えられている  自然科学的概念構成から独立に与えられている  困難が実際かくされている  関数性として、示している  リッケルトが与えている  事実上暴露されている  信仍と書いている  意地が重っている  撃退している  陪席している  後援を得ている  人質に差し出している  情景から始まっている  我々が知っている  賞めている  手柄を表している  真田邸で酔いつぶれている  武士ども騒いでいる  大阪城其物を頼み切っている  真田丸と云っている  からずと言っている  意地が重なっている  大阪方に殉じている  謀議したりしている  両者が互いにいがみあっている  ちゃんと立っている  味方を通そうとしている  朱敗を重ねてぐずぐずしている  桜井駅に比している  述懐している  星がまたたいている  幾層にも流れている  薄闇がたゆたっている  朝焼けを眺めている  識っている  温気を漂わせている  頸部にとけこんでいる  地肌へひきつられて融けこんでいる  一つ持っている  二家族住んでいる  屋上から平地へおりて暮したがっている  若い男にしゃぶらせている  カーテンと、わりによく出来ている  風を装っている  それを見抜いている  遠慮などはいる  みを帯びている  黄色みを湛えている  太陽の光線も立ち昇っている  十字架にかけている  ムルタックの寝ている  林檎の樹の下で平和に笑っている  門が深く根ざしている  浴している  ためにいつも悔いている  私を抑えている  ひとり世に生れている  アングウスが黒く浮いている  私はひとりいる  砂浜がとり巻いている  外套についている  郵便物を積んでいる  匍いまわっている  輪をかいている  こちらを見ながら、うっそりとしている  出血斑で蔽われている  腫脹がはじまっている  横着をしている  頑固におし黙っている  報告書に見えている  ようとしている  立膝をしている  ステップでも踏んでいる  沈思している  のぞきだしている  ものが蹲っている  膃肭獣がいる  ようになついている  前後左右に揺れている  躁暴狂になりかけている  二人きりでいる  大地を凍りつかしている  十分と立っている  音をたてて荒れ狂っている  耳をおしつけている  つもりでおびき出そうとしている  企らんでいる  中間状態にいる  ひとつ落ちている  水がうごめいている  点々と散らばっている  洞になっている  腹に喰いついている  林立している  猛烈に吹きとおっている  酒樽の入っている  仁義をまもっている  構造になっている  岩盤になっている  結氷している  生存している  けじめをなくしかけている  かたちをとどめている  不気味にひきつれている  かな背を見せて丸くなって眠っている  名を呼びながらあわただしく走りまわっている  狭山のいる  背をさすっている  劇痛がくるらしく、そうしている  みなが寝くたばっている  わしから逃げだしたいとかんがえている  のでありますが、そうしている  はたはたと揺めいている  何かを招いている  段にいる  言葉だの、もがいている  対抗には狎れきっている  経世家だと聞えている  野良に出ている  格段にかけ違っている  沿海を窺われている  灯りの洩れている  もんぺをはいている  村にいる  目企んでいる  制度がさせている  下落っている  評をし合うている  旦那もいる  羽織袴でいかめしく座っている  小唄を興そうとして、ひどく凝り固まっている  辰巳へもうひろまっている  ばくばく口をあいている  帳場から往来ばかりじっと見ている  心配はしている  どんどん出ている  反対を示している  内談はできている  時を織っている  土台も腐りかけている  かすかに残っている  ここまで墜ちて来ている  工事ができている  修築が少し残っている  火を出している  日にやけている  乗り廻している  ニッコとさえしている  端にかけている  しろにかがんでいる  あれにいる  周馬とくすぐったがりながら、空いている  吉運にめぐまれている  色で、考えこんでいる  底から心配している  吉運に酔っている  四百石いただいている  陸地へ上がっている  彼はまだ生きている  城下あたりを澄まして歩いている  浜で動いている  微細にわたっている  曲者に騙られて匿っている  重喜に話せば、無論許されないにきまっている  獰猛性を和げている  手をふれると熱いほど焼けている  甲賀世阿弥のいる  魂を打ちこんでいる  二人がかりに生きている  記録を持っている  手拭でふくれている  アアなっている  のだろうと恐がられている  町奉行を兼ねている  案内を知っている  書類をめくっている  諸方から来ている  目を通している  目利をして貰っている  目玉をもって納まっている  ほとぼりをさましている  富札をふり廻している  丞をかくまっている  日和佐川に映っている  中を通っている  内状も調べてきてはいる  弄戯に耽っている  ものが助かっている  ム、分っている  灯を入れている  風態をしている  足を洗っている  半纏をきている  鑿を持っている  気をゆるめている  飲屋で話しあっている  足場ばかり見廻している  弧をえがいている  荒海から天へ洗い上げられている  なしやに見えている  所を知っている  頼み刀をうけ取っている  臍をかんでいる  眼八といわれている  下になってよじれ合っている  捕縄がつながれている  体を起こしながら、縛られている  ままうつむいている  月に光っている  釘抜きだといい聞かせている  届け主は読めている  調べが上がっている  冷然と眺めている  ゴロついている  肉親もいる  どこに匿われている  義理合いをうけている  お家様には可愛がられている  今大阪にいる  日数を繰っている  船が入っている  口止めを破っている  誰だか、覚えている  海辺漂泊者となっている  あっしがいる  寸刻を争っている  助に来てやっている  仲間割れをいいあっている  滅している  ようにゆれている  顔は暗く隠されている  道中差を落している  鈴が鳴っている  影が落ちている  肩をもたせている  ほうであせっている  何か言い争っている  何をグズグズいっている  おのおのの尋ねている  耳を疑っている  検索している  同心の集まっている  丞は知っている  大事と、駆け廻っている  縄尻をつかんでいる  中をころげている  脇差をさげている  捕手が、また押し返してくるにきまっている  山が阻めている  城下を出ている  巨山を仰いでいる  裏にかかっている  甲賀世阿弥を殺しに向っている  行願に向っている  汗をしぼっている  肩を張りだしている  まもる山を見つめている  岩脈に阻まれている  道について考えている  のびやかに洩れている  眠りを拒んでいる  綱の眠りつけないでいる  万吉はどうしている  消息を案じている  宿命をもっている  二ツをもって待っている  そこにはたなびいている  眠りを粧っている  雨露をしのいでいる  寂としている  人は、寝ている  のか、起きている  声について合せている  死骸のつかんでいる  世の中が変っている  膝に落ちている  花を眺めている  地域を囲っている  一緒になっている  稚気さえ持っている  剣山を踏んでいる  のにあきれている  感激を与えている  血をもっている  あきらかに知れている  後ろにいる  そちらにいる  一息ついている  剣山へ来ている  原士衆の詰めている  深みへ入り込んでいる  下手を踏んでいる  心地がして、踏みしめている  横穴へでもへばりついている  眼を馴らしている  右側へ少し窪みこんでいる  孫兵衛を睨みつけている  日蔭干しになっている  所に棲みなれている  氏素姓を知っている  何を話されている  秘密を知っている  切り嵌めになっている  事情を眺めている  大刀をつかんでいる  何をいたしている  世阿弥が話しかけている  一ヵ所彫り落ちている  一角がまたどなっている  ためにあらためている  そこらをかき分けている  曰くを知っている  知らないと思っている  隠密、しかも棲み込んでいる  臨終にのぞんでいる  俵一八郎が殺られている  観念はしている  てめえを殺そうとしている  さんらんとしている  謎が残っている  ろしいにきまっている  から治まっているといわれている  監視をうけている  者も、見ている  下に隠されている  一太刀浴びせつけられている  傷を負っている  天堂などを顧みている  対手に斬りむすんでいる  声をあげあっている  助けを呼びつづけている  前から駈け下りている  雑木の茂っている  父がまだ生きている  虹色を立てている  白雲が通っている  朱をにじませている  前へ投げられている  減殺されている  先をかじっている  目に残っている  案内としてついている  一人斬られている  立派に斬られている  方寸がたたみこまれている  鼠、片づくにゃ決まっている  死骸を抱きあげている  痴話に更けている  襟骨を尖らせて垂れている  府にまで続いている  草のそよぎを聞きわけている  杖をつかんでいる  何者と思っている  狂している  心のさし迫っている  落命している  惑悩している  足をのせている  煙草をくゆらしている  性格にまでなっている  ようなけむりを曳いて持たれている  微光が這っている  びを握っている  手もとを握り止めている  ツ伏せて、泣いている  数件に及んでいる  回答が出来ずにいる  順次に答えて行きたいと考えている  今日普通考えられている  枝に数えられている  方が与えられている  状態にあったかを示している  権威だと信じられている  標尺となっている  説明が与えられている  ことは、広く知られている  必要でもあると考えられている  努力そのものから動機している  物を云っている  推薦している  ことだと云っている  ことだと考えられている  科学性そのものを最もよく見抜いている  内に有っている  理由を有っている  内に現われている  主要任務に数えている  立場に終始している  立場に止まっている  拡大を企てている  自己撞着に陥っている  哲学となって現われている  考え方が相当広く行なわれている  足踏みしている  露骨に含んでいる  連関を有っている  対哲学関係を持っている  直接連絡している  ことは、相当広く認められている  内に数えられている  端を発している  連絡を持っている  原理を論じて云っている  認容されている  特質を有っている  想定している  矛盾が横たわっている  根拠を有っている  鍵が横たわっている  メカニズムである範疇組織が有っている  範疇組織と云っている  自由を有ってはいる  原因が潜んでいる  存在理由を有っている  普通に感覚と呼ばれている  特色を有っている  機構を有っている  三つの古典的源泉に基いている  到着している  権利を有っている  内に横たわっている  鼻祖とされている  出発点をなしている  形で現われている  自然観察とに結び付いている  役割を果している  関係に立っている  実験哲学とも呼んでいる  コペルニクス的転回と云って誇っている  のは好く知られている  言及している  成果を示している  カントは云っている  カントがこう云っている  二つ並べている  回答を与えている  基づけている  権利根拠を有っている  認識されている  想定を有っている  模写理論を有っている  反映しているなどと信じている  自然にぞくしている  アプリオリが、違っている  名を持っている  問題と考えている  時間を以て流れている  世界が有っている  二つ並んでいる  実在的には離れている  直接している  鏡から物理的に離れている  物理的に離れている  知識になると考えている  能動性に基いている  能動性を有っている  知覚の有っている  形をもっている  社会的に生きている  表につき添っている  平面的に結び付いて出来上っている  階層づけとを持っている  部分からなっている  内に求めている  方法がひそんでいる  今ここで述べている  作用を有っている  階級性が巣食っている  内に、すでに潜んでいる  百出している  色彩を有っている  典型的見解を示している  区別を云い表わしてもいる  言葉は云い表わしている  之に触れている  資格を具えている  内で云っている  照応している  枢軸となっている  テーマになっている  課題とされている  科学方法論に置いている  言葉になっている  不可能になっている  一部分にしか過ぎなくなっている  位置を与えられている  分析批判が与えられている  イデーが潜んでいる  問題にされている  相応している  議論している  ディドロは云っている  問題を投げかけている  権威を持っている  科学意識に動かされている  名に結びついている  科学分類から出発している  分類されている  混入したりつけ加えたりしている  根本性質を持っている  科学的性質を有っている  実在だと考えられている  紛れもなく横たわっている  カントも云っている  個性を持っている  於て当っている  言語学と訳されている  認識目的としている  表現物のもっている  ディルタイは云っている  合理的根拠となっている  他人として提出されている  適切に云い表わしている  自然界が持っている  メカニズムを持っている  自然史から始めている  推定している  歴史によって貫かれている  系統を引いている  科学がおくれている  動機をなしている  矛盾に陥っている  并立している  方法に基いている  下に立っている  信用を支えている  之と違っている  直接結びついている  背後に控えている  之に数えている  説明を与えている  之とは異っている  発達して来ている  社会科学となり得るし、又現にそうなっている  大衆的に知られている  世界観と結びついている  尊重している  具体的に語っている  ブハーリンが与えている  つながりを持っている  ことは広く認められている  認識目的とさえしている  宿命を持っている  モメントが潜んでいる  顕著に示している  影を背負っている  内容を有っている  ものが残っている  ことは、よく知られている  方向に向っている  想定し合っている  帰納もそうだと考えられている  ものだと考えられて来ている  科学にとって実際に役立っている  却って総合と呼ばれている  分析にまで押し進められている  内容に終っている  省察が集められている  銭塘にいる  路の曲っている  女を捜している  何人も知っている  喫わずに寝ている  路をすこし歩いている  帷の垂れている  網を曳いている  人がきている  水晶館にいる  病気は、もう好くなっている  家がなくなっている  女はすこし離れている  枕頭にいる  眼にかかっている  学校へはいる  人物画が多くなっている  時から損ばかりしている  手に付いている  古川の持っている  懲役に行かないで生きている  十年来召し使っている  のだと聞いている  年中持て余している  蕎麦粉を仕入れておいて、いつの間にか寝ている  向うでも何とか云い出すに極っている  家がもらえると信じている  中に湧いて来ると思っている  一杯たまっている  赤ふんどしをしめている  宿直がいる  たくさん空いている  笹ぐるみ、むしゃむしゃ食っている  そうに食っている  雨戸を明けている  眼を廻すに極っている  見当は分っている  のはよく知っている  みんな腰をかけている  十五返繰り返している  襯衣を着ている  男は蒼くふくれている  床の間がついている  座敷に寝ている  一人で呑み込んでいる  ウィッチに似ている  胆力が欠けている  小作りに出来ている  履行している  道にはいる  手付をして飲んでいる  砂でざらざらしている  生徒も出ている  事に極めている  汽車に乗ってもあるいても、常にぶら下げている  探偵している  昔から知っている  うちへ籠っている  一人ぽかんとしている  まま蚊帳へつらまっている  落ち付いている  ぶんぶん唸っている  そつしている  静粛に寝ている  真中で考え込んでいる  月のさしている  夜はとうにあけている  瞼をはらしている  何不足なく暮している  ゆっくりゆっくり漕いでいる  浜が小さく見えるくらいもう出ている  青嶋が浮いている  おれには到底出来ないと見ている  驚ろいて見ている  有そうに読んでいる  野だに話している  野だが答えている  肥料を釣っている  方がよっぽど洒落ている  内所話しをしている  ところは控えている  青空を見ている  生徒も大いに喜んでいる  大変歓迎している  これでいいと堅く信じている  奨励している  清から三円借りている  他人から恵を受けて、だまっている  一本竪に寝ている  控所へはいる  汗をかいている  赤シャツを着ている  恬然としている  山嵐もいつの間にか来ている  真面目でいる  余まされている  顔によく似ている  なかに膨れている  会議室へはいる  者を読んでいる  何だか私語き合っている  尻に着いている  顔をにらめている  勝手にしろと見ている  職を奉じている  失策をあばいている  荷物をまとめている  所をあるいている  町内に住んでいる  屋敷を控えている  事情には通じている  君に似ている  老人夫婦ぎりで暮らしている  輿入も延びている  ただ交際をしている  手紙をひらつかせながら、考え込んでいる  栄耀をさせている  敷島を吹かしている  ように、小さく構えている  狸もいる  ように大人しくしている  顔はふくれている  顔はよく似ている  挨拶している  話し相手が居なくなったので待ち遠しく思っている  通り金鎖りをぶらつかしている  誰も知るまいと思って、見せびらかしている  前に話している  正面ばかり眺めている  中へ落している  幹を照らしている  中にかがやいている  後からさしている  歩を移している  散歩なんかしている  ほこりだらけになって乗っている  交際をつづけている  玄関を構えている  人を得たと喜んでいる  君にもよく通じている  ちゃんと見ている  雑談をしている  四年も勤めている  代りは出来ている  厭になっている  一筋かかっている  おれより詳しく知っている  厭がっている  塊が出来ている  下手だと思っている  日本服で控えている  ちゃんとかしこまっている  修行が積んでいる  辞を述べ立てている  気風を帯びている  お礼を云っている  謹聴している  星明りにすかして眺めている  肴の乗っている  圧し付けられている  酒だと言い直している  芸者に聞いている  隠し芸を演じている  袴も脱がず控えている  我慢してみている  癪が起っている  事をならべている  ものから成立している  堕落しに来ている  所で、行き詰ったぎり、押し返したり、押し返されたりして揉み合っている  蜜柑の生っている  穴をあけて、見ている  多人数乗り込んで来ている  たくさん見ている  感心して眺めている  驚ろいたぐらいうじゃうじゃしている  携げている  袴だけはつけている  太鼓を懸けている  傍で見ている  制服をつけている  日本服に着換えている  中学生と組み合っている  癖に出ている  無茶苦茶に張り飛ばしたり、張り飛ばされたりしている  鼻を拭いている  大分血が出ている  中で考えている  喧嘩の出ている  傷がついている  内所話をして笑っている  顔よりよっぽど手ひどく遣られている  二つ塊まっている  言葉を並べている  フロック張っている  はたで見ている  息を凝らしている  隙から睨めている  玉子をたたきつけている  はいろうが、はいる  風俗描写を含んでいる  中傷にすぎぬと云っている  解決出来ると考えている  世間がよく知っている  存在理由をなしている  普通新官僚と呼ばれている  武官群に対して持っている  武断的命令系統をもっている  ボロボロに傷んでいる  眼は、相当にらみが利いている  内閣から独立している  実力を有っている  弱点も残している  今日決定している  から現われている  決定して来ている  根本条件がそうさせている  問題を含んでいる  憲法解釈ではなっている  名で呼んでいる  誤謬さえも含んでいる  根本要素として、有っている  ギャップを越して動かしている  重大さを持っている  ものだとさえ云われている  腹案によると云われている  建前になっている  ことしやかに伝えている  表面上担っている  宮内官吏も含んでいる  百万人を越えている  優遇されている  身分保証まで出来ている  処を有っている  由来を持っている  事実を物語っている  組織したりしている  必然性とを有っている  距離に横たわっている  主になっている  プリンシプルに基いている  プリテンションに基いている  力を致している  よう特に厳命されている  所謂現地にいる  直接目にしている  国防費を費している  協議している  折衝せしめている  干与している  諒解を求めている  報道している  磯谷少将は語っている  意見をもっている  他人が住んでいる  解決をおくらしている  戦略的展開を行なっている  こと八件もの多きに及んでいる  ものだ、と言っている  幅を利かせている  何かに魅入られている  条約無視をやっている  困難を忍んで来ている  天津を含んでいる  目的を持つと見られている  生活利益を受け取っている  中味通りに貼られている  完全に誤っている  いずれも同時に誤っている  資本進展主義を憎んでいる  価値を有っている  役割を持っている  当時者が考えている  斉しく認めている  役割を演じている  内容を含んでいる  社会から進歩的と睨まれている  支配者が最も恐れている  ことを指している  フラフラ動揺している  不安動揺と呼んでいる  約束を、見透しを、有っている  原因をなしている  権利があると思っている  処に落ち付いた、と云っている  気迷っている  糾明しようとも云っている  慨歎している  臭みがつきまとっている  直覚している  人間は勿論いる  明朗になっている  産業資本だと云われている  基礎を置いている  直接圧力だけで動いている  バックしている  季節はずれにさえなっている  問題にされずに終っている  注文通りになっている  方向にいる  可能性に止まっている  成立しかけている  紙面を欠いている  地点を指している  日本ファシズムが有っている  外で働いている  ように仕向けられている  作用を営んでいる  役割を帯びている  内務省からカットを受けている  今説いている  凡てに行き渡っている  みずから唱えている  本質を有っている  脳部自身がそう考えている  点に就いてハッキリしている  問題が横たわっている  思想としてはすでに成り立っている  独立を有っている  最近ヒューマニズムとも呼ばれている  進歩的であろうと心がけている  障害を有っている  駅頭で売っている  態をなしている  所謂日本人だけで出来ている  処となっている  意向をもらしている  関心を有っている  新聞は報じている  ものは、多少抜けていればいる  特殊事情に基いている  意味が異っている  日程に上ったり上ろうとしたりしている  注文を有っている  理由はない、と考えている  動きを醸し出している  却って要点をつかんでいる  形態を有っている  知恵として行なわれている  合言葉にさえなっている  意義を有っている  ように云われている  左右している  政治的役割を握っている  自主性を、有っている  条件にまだ立っている  民衆だと考えたりしている  支那が受けている  愛国心だって本物ではない、とさえ云われている  流言飛語とかと名づけられている  独創性を示している  語感が異っている  女出入りなどにかまけている  内にひそんでいる  思いを致している  制約となっている  今日根本問題になっている  意味をも持っている  国際的に用いられている  精神的社会現象をも指している  近親観念によって与えられている  条件づけている  用語として用いられている  リアリティーに恵まれている  強調に帰している  大衆的に持っている  ものと考えて来ている  医学などについて、そうだと信じて来ている  教訓に富んでいる  どこにでもいる  非常識と考えられている  点をおのずから心得ている  区別を置かれている  文化政策条件をなしている  現実味を有っている  文化破壊をやっている  蒙昧化そうとしている  文化危機になっている  主張をねらっている  今だに考えられている  出発を遂げている  形を取り得ないでいる  素地を持っている  それは全く間違っている  もっと密接に結びついている  独立している  内容をもっている  結合を示している  表面上技術から独立している  軽蔑されるに決っている  神聖味を持っている  保護している  直接ひかえている  生徒主事をしている  使徒として働いている  一例を知っている  知能分子を考えている  生活手段としている  知能分子をなしている  決定されている  無意味になっている  文学が行なわれている  生活を立てている  仕事を引き受けている  付きものになっているとさえ考えられている  ことから来ている  自信を強くしている  生活意識を有っている  相違をなしている  社会から優遇を受けている  生涯を捧げている  今日行なわれている  一等発達しているといわれている  技術家が、その実際に行なっている  手中に置かれている  手に収められている  反感を有っている  敬遠され又は最も憎まれている  洗礼を受けている  マルクス主義を奉じている  イデオローゲンが有っている  上に次第に及ぼそうとしている  生活を脅かし始めている  物議をかもしている  日本もの三〇%に及んでいる  漫画化されている  意味が違っている  相互作用は、広く知られている  方針として持ち出されている  レヴュー弾圧令を度々下している  今日特にダンスホールがねらわれている  点は、ねらわれている  検閲行為が含まれている  断髪令を下している  助成されている  切札になっている  留置場にいる  独創を誇っている  そのまま現われている  哲学者大臣はいっている  常識になっている  精神はよく出ている  世論を誤らせている  心外がっている  制定されている  まことにおめでたく出来ている  民族自身の持っている  二重になっている  二重性を持っている  夫々二重性を有っている  礼式を持っている  対立におかれている  矛盾となって現われている  これをよく知っている  下におかれている  モードとして産み出している  お膳立てをしている  ラッパ鼓隊行進となっている  ヴァニティーをさえ感じている  のだ、といっている  内務省でもやっている  軍部はこういっている  代表者と見立てていっている  課題になっている  観念を有っている  伝統に甘んじている  意義を知っている  哲学らしいと考えられている  陣営を切りまくっている  一般に当っている  相手を買い被りすぎている  大上段に振りかざしている  者達がいる  理論家だけを取り上げている  範疇として活きている  現代的通用性を有っている  理論性を有っている  欧州離れをしている  発達してはいる  本が出ている  責任を負わされている  技術を有っている  ギリシア語に通じている  任を帯びている  連想している  解釈が優れている  貴族主義から来ている  色で彩られている  発見している  マルクス主義に浮かされている  大勢をなしている  姿を産み出している  動機力をなしている  着色されている  役目をもっている  モードとして追い求めている  当時からドイツで広く行なわれている  明らかに見えてはいる  いまは広く認められている  反動論者を沢山見せつけられている  博士は云っている  もとに宿っている  外へ出ている  普通呼ばれている  カテゴリーと考えられている  チャンと帯びさせられている  時間的空間的だと考えられている  愛用語とされている  東洋的フィロロギーから導かれている  意図から出ている  ことは、相当ひろく知られている  モンスーン地帯にぞくしている  経験に基いている  注文をつけている  方が当っている  先輩に当っている  今日感じている  男さえもいる  ヒューマニストとなろうとしている  唯物論者となろうとしている  ギャップを感じている  術に長けている  通り相場を持っている  ことは或いは当っている  そこに現われている  常識性とを備えている  体系を有っている  制限を取り除こうと思っている  私淑している  点をそれとなく感じている  多少が常にただよっている  物を云って来ている  程証明している  非常に整っている  概念を使っている  レトリックに堕している  力を有っている  要点にはなっている  本質としている  気が抜けている  文体にも現われている  野性がひそんでいる  内にまき込まれている  極度に嫌っている  説明を聞いている  ヒューマニズムに決めてかかっている  三木は説いている  思想を持っている  非常にひろがっている  ひそかに思っている  ものかも知れないと思っている  尊重しなければならぬとは、かねがね考えている  逆もどりしようとしている  市民たらしめている  漱石の有っている  側面観に止まっている  内によく出ている  秀才かなどを論じている  淵源している  教養と考えられている  シンセリティーを欠いている  ひそかに考えている  価値を持っている  ここで見ている  如実に物語っている  岩波出版物のねらっている  間へ来ている  なり一致している  スタンダードになっている  不満を持たれている  地盤を有っている  勢力を占めている  風靡している  歴史的形態を取って現われている  ものがないとも云われている  自然だとされている  本質と考えられている  浸潤している  問題になるべき、又なっている  常識になったと考えている  社会的抵抗力を与えている  客観的には持っている  ものとして取り上げられている  自分自身にハッキリしている  限定だと考えられている  動きに止まっている  様々に論じている  ことは、決して誤っている  文化主義を衝いている  想定にさえなっている  要求に迫られている  今云われている  ヒューマニズムと呼ばれている  暴露しようとしている  時代に当っている  一部で行なわれている  妥当ではないかと考えている  資本主義社会で行なわれている  効果を有っている  三体関係が横たわっている  時間を与えている  限定をおのずから持っている  直接関係している  之は裏づけられている  ディクテートされている  於て持っている  模索している  危機に臨んでいる  翻訳ではあっても、相当読まれている  通説になっている  目当にしている  役目を負っている  於て示している  今日支配している  予想が含まれている  消極性となって現われている  筆で食っている  貧弱を極めている  風に云っている  事情を持っている  富豪が有っている  資格を有っている  手許にあると思っている  遠まわしににおわしている  富豪青年学者とごく親しくしている  保管されている  点に横たわっている  友人達の持っている  他人の有っている  処に示している  社会身分上沢山有っている  書物を買って有っている  労働用具から切り離されてしまっている  無意味にさえなってしまっている  文化的占有をあえてしている  見識とを有っている  文化的進歩をさまたげている  社会的に許されている  納本になっている  水準以下のものにしている  形を取っている  ために、押しかけている  読書室に化している  性質を与えている  研究用具として役立っている  役目を有っている  心がけを有っている  本を読んだと云っている  ことを当然としている  ここにも現われている  強制されている  出版は著しく衰えて来たと称されている  最高潮に達している  一般に云われている  続騰して来ている  二倍になっている  読者を引きつけている  理論的に深めている  明らかに示している  出版現象が行なわれている  激増している  激減している  ことになったと見られている  パンフレットに始まっている  頃駅頭で沢山売られている  公表によって広く知れ渡っている  眼が行き届いている  思想的背景を持っている  田中事務官は語っている  厳重になっている  脂をしぼられたとも聞いている  使命を果している  報道ばかりを心掛けている  意味を有っている  方針を護ろうとしている  五九八種を占めている  文芸物であると云われている  裏書きしている  一生を賭している  指導下に立っている  手許に来ている  程重なっている  耳に這入っている  強力外交を以て鳴っている  進捗している  明朗性を欠いている  いや程判っている  官僚常識が有っている  特色によって貫かれている  民衆自身から出来ている  自己統制が行なわれている  娯楽用具と見ている  初めから指導的教化的に出来ている  利害を介して行なわれている  点極めてよく心得ている  言論自粛に最もいそしんでいる  掲載禁止している  マニアにさえなっている  処を云っている  制限している  禁止している  点に現われている  際意義を持っている  誰しも認めている  以て貫かれている  読者をなしている  勢力を持っている  役目を果している  弾力を持っている  大胆に振舞っている  退潮を物語るとも伝えられている  官僚的統制は極めて著しくなったとも伝えられている  非難されている  画一化されている  読者でも知っている  ものであるかを教えている  要望している  今日一等興味を持たれている  退社せしめている  意識に上っている  素人なりに考えている  記者を擁している  大衆性を有っている  ズット調子が変って来ている  見当が違っている  読者が歯がゆがっている  ラウドスピーカーたるに止まっている  ようにも聞いている  独占ばかりを誇っている  記者だったとか聞いている  支配者から思い切り抑えられている  迎合している  新聞紙的自由主義を利している  人々を持っている  命令に基いている  指令を受けている  統制を加えられている  観念を引きずっている  並立している  悪いことになっている  下に行なわれようとしている  露骨に物語っている  説明を尽している  主張を有っている  政治的本質を有っている  やり方を心得ている  下に置かれている  支度されている  一等大衆的普及性を持っている  宿命に置かれている  かぶることを強いられている  禁止されている  初めから陥って生まれついている  政治放送は行なわれている  強化されている  条件を備えている  初年にぞくするというだけが違っている  原則であり得なくなったと考えられようとしている  安部氏は語っている  日本は伸びないと思っている  無垢だなどと思っている  ことなしに生きている  生彩を欠いている  再生するに欠けている  ラジオ講演の持っている  講義には全く欠けている  プリントで間に合わせている  学生が沢山いる  影響を有っている  教授方法はないので、書いている  直観的方法を欠いている  矜りとさえしている  調子を下している  講義に立ち会っている  卓越性が演じている  意味するかを知っている  施設なりが遊んでいる  形としては間違っている  本質的条件としている  意見を述べている  充分に備えている  から発達している  センセーションは全く断たれている  傷けてさえいる  普遍性を有っている  特色を最も多く備えている  絶大だと考えられている  部分的に償っている  特権を有っている  対立せざるを得なくなって来ている  中心とすると云われている  娯楽を求めている  中心としようと志している  マスターしようとしている  ラジオに慣れている  事実感じられている  以て聴いたり見たりしている  多数存在している  広告を載せている  大精神から出発している  今日許されている  一任されている  問題からも判っている  一部分にぞくしている  匹敵すると見積られている  目標に向かって歩いている  戦いに勝っている  オフィザスカイヤ通りに面している  薔薇が咲いている  氷塊の流れている  若いひとたちがこめられている  惨禍は生きている  場としている  説明して書いている  記事をのせている  禁止は出さなかったが、果して生きている  意味してつかわれている  ようにうけとられている  世界じゅうにいる  前面にあらわれて来ている  作品とはいくらか知っている  文字どおり嘔吐したと伝えられている  何を打ち立てようと希っている  数珠をつまぐっている  実証をもっている  愛についてどう考えている  横浜で行われている  女性を悲しませている  発言しようとしている  真情に痛みあふれている  生きようとしている  まり大勢あふれている  未亡人型に押しはめておききれなくなっている  展望をもとうとしている  婦人をおいている  心魂に徹している  改正されようとしている  ものとなろうとしている  権限がひろくなろうとしている  極端にゆるがされている  今日濫費している  うちに使っている  偏在とを招いている  集注してあらわれている  一部分として扱われている  社会的基盤さえも失われている  辛酸にやつれている  裁縫板をひかえて坐っている  夏期講習をうけている  前におかれている  瀧子がひとり暮している  夾竹桃の咲いている  真実を認めて頂けると信じている  波を打っている  ところで涼んでいる  月がうつっている  自分の生きている  遠景をなしている  森を凝っと見ている  話きいている  アラ、もう聞いている  私、実は困っちゃっている  女でも入れてみろ、きっと出してみせるって言っている  二人を見ている  ことは知りぬいている  声が流れている  びられている  ハンケチをもっている  のはないにきまっている  のにつけ入っている  こちらに傾けばとだけつめよせて来ている  気分で働いている  畑へぬけている  そっちを見ている  校長なんかを動かしにかかっている  そこにつとめている  みんな何と思っている  完結している  考えに入れている  瀧子の気に入らなかったかと思いかえしている  駅夫と喋っている  人指し指ではたき落しながら立っている  げに出されている  出征させている  日までと、出している  六人子がいる  明け暮旗を出している  ように生きようとしている  シュッシュと洗っている  椅子を動かしたり動きまわっている  手拭いでつつんでいる  カラーをはずしかけている  逆さにのっている  本庁がやっている  昼休みをしている  焚火にかざしている  焔をすき透らせている  霜柱もとけきらずに凍っている  骨までしみとおっている  目を凝している  サエの立っている  パタパタやったりしている  窓にむいている  サエは、下げている  中でたたまっている  風にざわめいている  炭をついでいる  皆して喋っている  活動をもしている  合点をしている  編みものをとり出している  刻々を感じ、うけとっている  検挙されている  生計をたてている  豊多摩刑務所におかれている  サエは思い起している  髪をかきつけている  今夜はざわめいている  声で云っている  二階をかりている  心持をくんでいてくれている  ことから感じている  像が立っている  みんなが一どきに笑っている  イヤがっている  露国風に起こっている  必要だと言われている  本能を押えつけている  内部に熟している  注意を払っている  今異常に苦しんでいる  おもしろそうにながめている  幸福であるがごとく感じている  転向点に立っている  婦人運動に加わっている  教養よりも劣っている  製作期として持っている  傍観している  ことなしと考えている  役目をしている  人間が出来ている  人間の出来ている  ように扱われている  発展させようとしている  未亡人にしてみせますよといわれている  良心の自由をもっている  とき朝鮮で演じられている  三位になっている  自覚して来ている  戦争行為が行われている  何を叫んでいる  努力しようとしている  挑発している  ことを禁じている  時になっている  後ろ姿を見守っている  タイプライタアをうっている  前にくいついている  肩越しにのぞき込んだりしている  熱心に打っている  人事課から念を押されている  気風がしみ込んでいる  何か叫んでいる  綽名がついている  細工町に住んでいる  ガタガタやっている  母親にもたらして笑ってばかりいる  返事に困って黙っている  会社からとっている  返事しないでいる  ミサ子が知っている  製造工場をやっている  ものはきまっている  ことをきいている  儲妄想にかかっている  がら空きで、やって来ている  執務姿にはなっている  新聞をひろげている  みんなによろこばれている  商事につとめている  舗道に沿って並んでいる  キラキラ日に照っている  廊下がつづいている  執務時間中に来ている  ミサ子が振向くと、立っている  ミサ子を見下している  二人が話している  飯をかっこんでいる  建物で働いている  ガヤガヤ喋っている  ものが与えられている  ために雇われている  一まわりしかけている  ミサ子を見ている  柳のゆれている  四つ五つ並んでいる  出しっぱなしになっている  板をしわらせながらかけている  少年までをこめている  どこに働いている  金属工場に働いている  菓子工場に働いている  下にかたまっている  坂田がいる  始まりから来ている  内務省に勤めている  三つ四つ掌へ握りとって食べている  ビラの下っている  歩道にあふれている  気持を感じ始めている  ミサ子のいる  みどりの話をきいている  事務員たちがもっている  働きをさせられている  会社へ勤めている  アパートをかりて住んでいる  三人づれの学生がじっと見ている  結局納まっている  七八年勤めている  引込思案にさせている  膝へ支えている  水を何とかしてのまそうとしている  ところを拭いている  色をなくして倒れている  応急室につかわれている  一枚だけ巻き上っている  往来をへだてて見えている  はる子を知っている  そこに来て止っている  ミサ子が帰ろうとしている  エスペラント講習会へ通っている  材料ばっかりつかっている  二十銭から毎日何百カロリーかずつ儲けさせている  どっかでは絡んでいる  これに対しては黙りこんでいる  列が見えている  さそうにして歩いている  ように働かされている  スナップをかけている  ほか二三人がかたまって凝っとしている  紙を埋めている  字のかげに溢れている  文句を繰返し読んでいる  長卓子にかたまっている  事件をよく知っている  あっちこっち働いている  ことはやかましく禁じている  廻状が入っている  きっかけとなっている  響にのまれて暮している  繩でくくられている  胸にもっている  竹竿にかけている  顔を並べて立っている  説明してやっている  布団を出している  引導をわたされている  芝居ずきはいる  サラリーマンばかり見ている  ものを焼いている  目を据えている  口元を抑えている  ところまでひろがっている  ニュースが出ている  それは示されている  不幸にしている  力はもり上っている  注意とでやっている  ことしている  人たちには知れている  友達がいる  近所に勤めている  後片づけをしている  ドアがしまっている  床を掃いている  みどりは立っている  痰をはいている  前に立って待っている  ミサ子たちの働いている  いくつも持っている  どんどんされている  どこだって出させている  煙草専売局へ勤めている  薩摩琵琶を聞いている  あなた今夜ずっといる  気持で待っている  私、勤めている  しんが疲れている  ことをはっきりおぼえている  父が立っている  オーバーシューズをはいている  ぼくたちふたりが立っている  しろ横へそりかえっている  人影がちらちらしている  一つをじっと見つめている  輪廓をくっきり浮きたたせている  何か話しかけようとしている  みんな、早く食べたがっている  からだをふるわせて、ちぢこまっている  からをかぶっている  あごをもぐもぐ動かしている  目にはいる  ぼくはおぼえている  ぼくがおぼえている  両手をふりまわしている  だれかすわっている  気を附けている  修養を心掛けている  源にいる  哀がられている  評議会を持っている  名誉としている  旆騎兵に属している  気力を持っている  金を掛けている  文士のいる  一番好く知っている  交換をしている  酒が廻っている  翌日まだ書いている  劇しい怒を以て、書いている  黒ビイルを一杯引っ掛けて帰って、また書いている  命令をしつけている  跡に残っている  長老になっている  令嬢は好く知っている  女達に追い廻されている  何にも熟錬している  毛櫛が知っているより好く知っている  真似手のない程精しく心得ている  元気を持っている  居合腰をしている  から金のいる  金貸業をしている  厳禁せられている  女に追い掛けられている  生来解している  見せ物に甘んじている  ドリスは強く感じている  女はすらりとして、内々少し太り掛けている  女程分からずにいる  ように考えないでいる  行を隠している  判断している  経営に長じている  おじさんのいる  上役から証明せられている  受用をしている  のを喜んでいる  のが惜しいと思っている  伯爵夫人になりたがっている  報告が気に入っている  目に逢っている  気楽に住んでいる  品位を保っている  二人きりで寂しくばかり暮している  ヒュッテルドルフまで出迎えている  停車場に来ている  歓楽を極めている  霧を見ている  物を見て歩いている  夏住まいに出来ている  ポルジイにも分かっている  秋がおとずれている  ここで落ちあっている  緑青をのぞませている  口もきかずに、じっと、そうしている  ひねもす河原に啼いている  水を見ている  どこへ向っている  注意をうけている  体を預かっている  さざ波を立てている  別室に来ている  窓によっている  ウーム、似ている  アアしている  血をひいている  使いだな、と察している  返辞のいる  大事を着々とすすめている  反問している  先刻からヒラヒラしている  萩に吹きよせられている  思慕が燃えている  もいちど会いたいと念じている  外へうごきかけている  手招きをしている  気がうごいている  硬めている  僧院にいる  そこへ来ている  糸にひかれている  何を嘲られている  恋を賭けている  俺が頼まれている  人間が知っている  先輩と敬っている  処置を知っている  人につながっている  機微をみている  町へ降っている  今日とつづいている  鼓でも鳴らしている  気持が潜んでいる  夢中になって踊っている  冷視している  何をひがんでいる  蔭で笑っている  ジブクッている  勘ちがいをしている  わけをしている  杯をかさねている  兄と慕っている  秘密にしている  杯を含んでいる  隠語ができている  そこに持っている  兄と思っている  うめえことをいっている  酒癖を知っている  波紋がゆれている  結び目が解けている  ハミ出している  胴巻や、めくり返されている  襟元などを掻きあわせている  踊り狂っている  一枚はずれている  一緒に、その、はずれている  家探ししている  さにうたれている  虚無僧は開け放しになっている  細字で綴られている  肌身を離さずにいる  屋敷とが待っている  手紙を読みかけている  処置をとっている  丞を逃がしている  気が急いている  敬意を払われている  あたりをうかがっている  屋根にかぶさっている  触覚を楽しんでいる  ふところへ転げこんで納まっている  卵をだいて孵している  網も、もうだいぶゆるんでいる  丞が生きている  生唾をのんですくまっている  腰をなでている  手をのばして叫んでいる  崖をなしてつづいている  値うちになって、かれに抱きしめられている  行く手をさえぎっている  櫓をつかんでいる  絶叫している  そこへ潜っている  ふりあおいでいる  努力をさえぎっている  奔走している  秘帖が奪いとられている  梢をしなわせている  ように叫んでいる  照りついている  メソメソ泣いてばかりいる  酒をのんでいる  大小を落してはいる  頬は青くこけている  安心して生きている  姿を知っている  威嚇している  まわりをウロウロしている  何事か訴えている  布わらじを穿いている  何か持っている  多忙に疲れている  中二階にいる  身を匿ってもらっている  まわりを見張っている  別離を惜しんでいる  声が呼んでいる  首をさし伸ばしている  酒菰をかぶっている  孫兵衛はどうしている  時間を費やしている  啓之助が話している  塀に貼りついている  ように寝ている  晩から寝ている  ちょっと目を放している  礼をのべている  行く先を要すべく待ちかまえている  人が呼んでいる  百舌鳥が高く啼いている  葉が降りしきっている  陽ざしに温まっている  そこへ、迎え入れられるばかりになっている  かんで待ちくたびれている  得心している  物をつけている  ことをいい聞かせている  ふりをして休んでいる  千絵様がいる  夢心地でいる  人形箱が蹴とばされている  苦闘に迫っている  様子も察している  上にうすれかけている  斑になびいている  手傷をしばらせている  追っかけ廻している  身に代えて防いでいる  それさえハラハラさせられている  剣をつかんでいる  息を吐いている  ジッと立っている  眸を吸われている  そこに立ち並んでいる  さに結っている  象徴として忌みおそれられている  ために救われている  のを見送っている  眉を曇らしている  千絵の秘している  千々にみだれている  衰微をなげいている  心もちをきいている  綱を、分りきっている  言質をとられている  そこへ、迎えが来ている  支度をしてのぞんでいる  心に映っている  手をひかれている  人間のごとく、じっと立ちつくしている  露をたたえている  地で終っている  生涯をおえている  南画と称している  油絵など描いている  唯顔を並べている  形を見ている  墨絵を描いている  道楽者に生れついている  ことも少し考えている  あらわれといわれている  自分でも少し驚いている  独りで喜んでいる  顔が沢山並んで小さく写っている  小豆粒大に写っている  巧く行ったら、黒く出ている  光の当っている  謎にかかわっている  上表情まで出している  具有されている  初めからもっている  大分こつが分っている  ことを繰り返している  印象が残っている  巧く見えるだろうがと思っている  基調をなしている  一日と思っている  修理をしている  花屋で売っている  色彩とでなっている  図は、よく見ている  ぼんやり考えている  本に沢山出ている  根気よく見ている  甲羅から二本ぬっと出ている  形のものが、生きている  生存を続けて来ている  附与している  水面上に浮いている  それに濡れている  生存をつづけている  それが効いている  胡魔化している  後廻しにしている  一叢咲き乱れている  いつまでも馳け廻っている  彼女の突っ立っている  シーツの乱れている  ラジウムで灼いている  用を足している  ペンを動かしている  医局にいる  千恵蔵氏のついている  時間を楽しんでいる  私のやっている  手を束ねて遊んでいる  紙風船を貼っている  風船を貼っている  糸つなぎをやっている  五十嵐庄吉とのやっている  鼓を打っている  ところに欠けている  大騒ぎをして取調べられている  山と積まれている  紙風船が重なっている  気をとられて歩いている  目にハッキリと映っている  注意を集めている  身体がハッキリ喋っている  そのまま持っている  日本を去ろうとしている  惨めに綻びている  彼の奉じている  同盟本部につめ切っている  為事をしている  何方を愛している  度合の優っている  粉がついている  のですが、どうせひどく酔っている  居間に掛っている  現場不在証明を申し立てている  ネクタイ代りに結んでいる  嘘を吐いている  両手を揉み合している  気質ならよく心得ている  小野に絡みつかれている  発見して、投げ出されている  犯人であると考えている  身も心も衰え出している  殿なんぞにももう忘れられている  十二三ぐらいになっている  皆の出かけようとしている  私が相変らず笑っている  目つきをしている  側で見ている  冷やかにほほ笑んでいる  何処をうらぶれている  冷やかに笑っている  中門を押し開けなどしている  盛りと咲いている  方塞りになっている  暮れようとしている  寐つかせないでいる  相手などしている  注意をして見ている  人々がざわめいている  耳に入れている  姿で来ている  何んとも言わずに黙っている  何んとなく懐しく思い初めている  誰が言っている  一人でもどかしく思っている  何も言わずに見ている  心に過ぎていろいろ思っている  いつまでも物を言わずにいる  気味よげにほほ笑みだしている  それを附けずにいる  だんだん無くなりかかっている  日記がこうして終るともなく終ろうとしている  筆をとっている  時鳥が啼いている  寐てばかりいる  あちらこちらを啼き渡っている  私は知らずにいる  心が切ないほど揺らいでいる  放題に荒れてきて、もう住み難いばかりになっている  果てしもなく拡がっている  そのまま馬に飼ってやっている  鷹を舞い上がらせたりしている  ように思い返されたりしている  手許に養っている  さも具え出して来てはいる  暮らしている  草花のように生い立っている  目をかけられようとしている  撫子はどうしている  事が出来ないでいる  姫のいる  事だろうと思っている  青年を見ようとしている  ここへはいる  小声で取交わしている  私どものいる  間に立たされている  心を惹かれている  お答えしている  がちに降っている  それぎり物も言わずにいる  灯のお消えになっている  自分自身のこうしている  裡に消えずにいる  そのままそっくりと漂っている  心が揺らぎ出している  日を空しく待たれている  楔になっている  強情にしている  ところへ来かかっている  心待ちにされている  事を言い続けている  匂の立ちこめている  手跡を見ている  殆ど困っている  のをそれとなく避けている  派手にもてなしてやっている  殿からはこんなにも離れてしまっている  自身でも入らしったりなすっている  ようにして暮らしている  長雨のつづいている  いつまでも空虚にひびいている  微かに差している  半分ほど更に引きもがれている  支度をぐずぐずしている  何んだかこだわっている  御文を読み返している  裡に、苦しんでいる  味い出している  私だけが気がついている  静かになっている  関心に聞き流している  口碑に伝えられている  波濤にもまれている  今なお残っている  肩とを並べて見ている  んですよ、ちょうど生きている  外に生している  海苔の生じている  朦朧となっている  世界を眺めいる  怒濤を浴びつつ走りいる  縛して死しいる  患部は固まっている  私がもう忘れかけている  ビジネスとして考えている  いくらもいる  小遣がいる  恰好がたいへん美しく整っている  架空の人物は常に使っている  噂が飛んでいる  私自身がよく知っている  不正が行われている  於て、ずいぶん行われている  謝礼もしている  ウイスキーを飲んでいる  私が黙っている  蒼ざめて澄んでいる  笑顔をしている  心に呟いている  同室している  斜面に建っている  ところに刻まれている  掌中に握られている  それまではいつも外されている  厳禁になっている  腹をこわしている  別に腹をこわしている  二つに折れている  裸になっている  狂いが来ている  監守詰所にいる  かなりアルコールが廻っている  威厳を保とうとしている  上衣とをつけている  射殺しろとまで薦めている  力でもってグッと締めつけている  尼さんが棲んでいる  クッキリ浮かんでいる  体臭をもっている  妖夢を追っている  そこまで出かかっている  いま泊っている  ように美しかったので覚えている  尼僧が知っている  僕が黙っている  恋人がいる  秘策が練られている  それから気をつけている  身体をもっている  チラとのぞいている  それから鬘までも持っている  影がうつっている  賑いを呈している  空を飛んでいる  のを待ちつづけている  悪事を犯している  預りしている  命令によって働いている  尼僧に化けている  カキツバタはだれもよく知っている  放出し、枯れた実は依然として立っている  界している  低徊しつついる  カキツと呼んでいる  誤りをあえてしている  素養がまったく欠けている  勇敢でありたいと思っている  カキツバタとなっている  洞察が優れている  まことによく言い尽している  燕子花だと信じている  偏形を呈している  茎に生じている  三花が含まれてはいる  捕捉せられている  二カ月もいる  教員をしている  文章家として立とうと思っている  一時過ぎまでも起きている  労働を続けている  色が変わっている  歌を持っている  それが埋れかけている  研究をしておられるので、色々の話しを聞いている  作曲してみようと思っている  記憶から消えようとしている  クドクドと述べたてている  夙くに気付いている  雑品が入っている  駅の明いている  若い婦人が凭れている  神秘を知っている  記憶力をもっている  報告をしている  噂さし合っている  楽に暮している  ものが散らばっている  何事か云いだしかねている  うちに、どうやら生きている  コンパクトなどを持っている  粉砕してはいる  提灯をふっている  屍体が無くなっている  こっちを向いている  会計方面も見ている  目下研究している  紫外線とよんでいる  赤外線と呼んでいる  軍事を助けている  風景から出ている  人達がいる  色盲と呼んでいる  眼に感じないとされている  重宝されている  殺人法が述べられている  ように止めている  通行している  円形に寄りあっている  視力をもっている  感覚がかたよっている  今視ている  嘘を視ている  彼女の勤めている  大変寂しがっている  当人達でなければ読んでいる  どこから見ている  ものが棲んでいる  ものだが、変っている  充分に知っている  傍に、動いている  人間が棲んでいる  椅子にかけている  瞠っている  滅茶滅茶に壊されている  一枚のこらず引裂かれている  狼藉が行われている  毎晩研究所を見廻わっている  上に転がっている  全然記憶が欠けている  ところに載っている  物を投げつけている  辺にウロウロしている  地球の重力をうけて歩いている  泥がついている  住居にしている  繃帯をしている  頭脳も疲れ切っている  妖気が漂っている  ピントが外れている  人間が通っている  観察者が入れ代っている  世界を覗いている  判事さんが呟きながら視ている  突きにやられている  日頃知っている  模範警官といわれている  性別が違っている  女装している  視力の弱っている  何か忘れている  仕業だろうと云っている  充血がひどくなっている  深山氏が喋っている  赤外線男がウロウロしている  上と下とで喚きあっている  道傍に立っている  一枚着ている  日数が経っている  人の借りている  一人で借りている  二人もついている  電灯がついている  潮十吉は隣りに遊んでいる  映画が写し出されようとしている  いまスクリーンに写っている  人物が出ている  うちで演じられている  於て行われている  映画の写っている  底にのこっている  便器が並んでいる  白っぱくれている  香の残っている  女が隠れている  水素瓦斯を使って睡っている  何物かがひそんでいる  猛犬が吠えたてている  シェパードが吠え立てている  それに答えている  突ッこんでいる  ウーウー唸りつづけている  待伏せている  ボストンバッグをぶらさげている  戦災で大方やられている  庭に放されている  一足はいる  構えで睨んでいる  指をかけて見張っている  ミス南京とよばれている  安らかに死んでいる  肉が堅くなっている  香港から届いている  顔に甚だ似ている  ピイピイしている  一億以上にのぼるだろうと見られている  何もなく、着ている  形もなくなっている  裏が隠されている  一隅にいる  日本に戻っている  稼ぎに来ている  一番急所に近づいている  袖がまくれている  時計屋は語っている  左腕に巻かれている  言葉を覚えている  オレだけが見ている  作戦をねりあげている  ことを案じている  楠公が納まっている  女性が残っている  顔を染めている  記事を漁っている  道を説いている  絵を描いて納めようと思っている  めぐり合わさないでいる  出だそうと考えている  ように凍っている  今は知っている  人間が押しだまっている  パイプをくわえている  トカゲからひきがえるまで取って食っている  さまになって来ている  きりで待っている  お前だって見ている  務めとしてしている  ダラリとさがっている  大事そうに握って黙々としてかけている  ケロリとして坐っている  ことを言われている  三人を見まわしている  肩にかかっている  閉鎖して生き残っている  俺たちまで取り殺そうとしている  ホタホタと喜んでいる  母あが笑っている  絵を持っている  室内を見まわしている  ブツブツと祈っている  みんなは、どうしている  事務所に頼んでいる  ギクンとして立ちあがっている  空虚になっている  自分でも可笑しいと思っている  ように漠然としている  深刻痛切を極めている  焦点は実にハッキリしている  それに囚われている  生命としている  趣味を流行らせている  のである、歩きつづけている  ときいている  往来に溢れている  ゆたかにしている  制作されている  味を与えている  切りぬきを習っている  笑いを湛えて観ている  圧縮されて出ている  ことに心づかないでいる  ものが、まざまざと出ている  母親に知らせるべきだったとだけ云っている  ようにと教えている  限りでされている  鋏を使っている  ころまで行っている  父さんがいる  母さんも働いている  腰を据えている  さとにかかっている  燐光を帯びている  新聞をこうして読んでいる  二匹もいる  ラシイヌ様、知っている  思い出事に耽ってでもいる  光に輝いている  居間を覗き込んでいる  喋舌っている  身動き一つせず、じっと聞き澄ましている  心臓病にかかられている  人を見守っている  君には解っている  富を有している  何んだと思っている  血を吐いて死んでしまうと云われている  内部を窺っている  洋館が立っている  園長の住んでいる  何事か祈ってでもいる  ようにカッと凄まじく輝いている  歴史上では滅びているが、しかしあの通りいる  市民は眠っている  数人乗っている  迷信がからまっている  回鶻辺に拡がっている  辺にわずかに残っている  捉らわれている  案内を知り抜いている  人種的に憎んでいる  女中に使っている  夢でも結んでいる  皆ひそやかに静まっている  空に懸かってはいる  纒っている  二人きりで寂しく暮らしている  権勢は飛んでいる  鶯が寝とぼけて啼いている  方で吠えている  縁に腰かけている  朧ろに照らしている  深みもあり聴いている  四方八方から取り巻いている  周囲にいる  私じゃなどと云っている  卿らの守っている  夕映えが赤く染めている  新聞を見てはいる  実新聞を見ている  土耳古美人が立っている  新聞を見ている  駛っている  座席に腰かけて話している  淑女達で話している  声高に話している  方でじっと黙って聞いている  黒金剛石の話しを話している  菓子を食べている  慇懃に眺めている  間違いでも起こったと見えて、口やかましく論じている  体全体を隠してはいる  幾筋かかかっている  鳶色を呈している  椒房にいる  陽に焼けている  コクリコクリ居眠りをしている  担任している  体に着けている  時連結されている  地図を持っている  何かを見ている  理窟にかなっている  僕らの持っている  毎晩持ち主を代えている  拳銃を握り空いている  波状をなしてつづいている  塩分を含んでいる  咳をしながら歩いている  砂丘で啼いている  私達を恐れている  塩を含んでいる  沙漠に立っている  迷信とに養われている  土耳古宮廷にいる  土耳古美人の住んでいる  魚が泳いでいる  小鳥が啼いている  二匹向かい合って立っている  要職にいる  地下に尚生きて働いている  伝説通りロブノール湖に浮いている  波穏かに澄んでいる  中で祈っている  中へ射している  地面を見つめている  常磐木が青々と茂っている  地面から湧き出ている  二匹並んでいる  平らかに凍りもせずに澄んでいる  水に軽々と浮かんでいる  歴史上既に亡びている  歓迎を受けている  球にからまっている  沙漠にいる  くせ空は曇っている  者ばかり住んでいる  砂上に出来ている  情があふれるほどに漲っている  秘密を蔽い隠している  紅に咲いている  巍然と聳えている  前から逗留している  相談事でもしている  正面に懸かっている  俺を呼んでいる  何か囁いてはいる  規則正しく響いている  酒に酔っている  穢ならしく着いている  姿を見詰めている  疑惑に輝いている  本名を知っている  本名だって知っている  螢火の飛んでいる  のならともかくも、生きている  ほのかに咲いている  五間余りを隔てている  全力を挙げて走っている  連呼をつづけている  クッションに腰かけている  何者か腰かけている  僕はこうして坐っている  ように照っている  幌は光っている  口をひらいている  口から下りている  ように灯っている  一杯に充ちている  ぼんやり地上に立っている  室を明るく照らしている  像を見ている  蜘蛛手に延びている  何かに酔ってでもいる  今日もやっぱり酔っている  そうに歩いている  朦朧と照らしている  阿片を飲んでいる  阿片に酔っている  麻痺している  詩が流行っている  一人もないと云っている  地下に出来ている  私達のいる  銅像を知っている  ほんとは生きている  隘いでいる  支那人が立っている  金雀子街を歩いている  暗示状態に落ち入っている  後身だと云っている  葉巻を吹かしながら話している  充分知っている  看病をしている  微笑が漂ってはいる  ギラギラ輝いている  街路整斉と立っている  姿が見えている  煙草ばかり吹かしている  血眼になって歩いている  所に並んでいる  どこへ行ってもうよついている  扶壁が作られている  扶壁に残ってはいる  砲身が錆びている  草花が咲いている  いずれも通じている  日没も近づいている  溝をなしている  巷に群れている  合唱を作っている  小唄を唄いながらぶらついている  唄を唄って歩いている  ラシイヌの聞きたがっている  黄色に濁ってはいる  揚子江に向かって流れている  空に響いている  孤立して立っている  ラシイヌが歩いている  ボンヤリとうごめいている  まり隔たっている  英租界に向いている  厳めしく立っている  彳んでいる  河上に浮かんでいる  まま倒れている  居然と坐っている  姿をして倒れている  搏っている  支那船が浮かんでいる  何物かを待っている  燈光がさも物凄く点っている  合図し合っている  繋纜りしている  舷頭に点されている  時刻を報じている  下流を眺めている  木蔭に隠れている  巡邏している  一団から狙いをつけられている  事実上海へ来ている  僕らが抱いている  南洋へ行って埋もれている  南洋に埋もれている  筒口が光っている  僕らの乗っている  声で唄っている  中に寝ている  病人達を慰めている  レザールのいる  先祖が住んでいる  文句に含まれている  朝陽がキラキラと輝いている  葉隠れに啼いている  席に着いている  花束を持ちながら並んでいる  群集を制している  顔とが入り乱れている  レザールが待ち受けている  ウヨウヨ集まっている  小手をかざして見ている  混雑とに充たされている  尻尾を振っている  弓を引いている  銅笛を吹いている  競走をしている  火勢を見ている  酋長が云っている  頭は乱れている  音が聞こえている  並木に当たっている  姿こそ変っている  ように倒れている  魚の住んでいる  船底を濡らしている  血に穢れて散らばっている  小径が出来ている  葉の茂っている  通り人間の住んでいる  所にかかっている  塵埃が積もっている  五人前ちゃんと揃っている  地に垂れ下がっている  彼の住んでいる  藪で唸っている  一生懸命で掻いている  爪を磨いでいる  林に住んでいる  三日でも見守っている  葉蔭へ隠れるけれど少し経つとやっぱり覗いている  私と戯れている  蘆の茂っている  空に向かって靡いている  喋舌りを交せている  森然と静まり返っている  林に向いている  尻尾を持っている  尾を持っている  私が住んでいる  ように薄く引き締まっている  欧州人に似ている  白人がいる  支那人がいる  引率いられている  向こうに廻して戦っている  生死も知らずこうやって暮らしている  建て連らなっている  焚火をしている  上り蒼白い煙りが立ち上っている  人間が縛られている  そこから生血が流れている  露骨に現われている  凱旋踊を踊っている  敵として戦っている  向こうまで来ている  恩を受けている  生命をさえ助けられている  生命を取られようとしている  目前に見ている  土人部落にいる  生命は失われるに決まっている  彼らの持っている  篝に照らされて拡がっている  相手に戯れてでもいる  両手を軽く打ち合わせている  纒って立っている  私も黙っている  原始人が守っている  火事を起こしている  岩蔭で唸っている  そればかり焦せっている  汗が流れている  火が廻っている  光は射してはいる  火事場からは既に遠退いている  面に漂っている  湖が拡がっている  宝庫を秘している  囲繞いている  心にも起こっている  先に突き出ている  気絶しかかっている  人猿が住んでいる  指揮している  動物どもが沢山群れ住んでいる  水藻の浮いている  蜥蜴が飛んでいる  鼠を追っかけている  私達を守っている  陽が射している  ままヨチヨチ歩いている  そうに鳴いている  鴨嘴の群れている  洪水を漲らせている  仕方などを知っている  上に腰かけて互いに話し合っている  平らに輝いている  みんな水中に映っている  富が、はたして埋もれている  畔に集まっている  朝夕日を送っている  岸に集まっている  ように蒼くどろりと透き通っている  水に映って見えている  銀色をなして光っている  屯ろしている  空に向けて撃っている  湖水は湧き立っている  ように狂っている  中心にして廻っている  踊りを躍っている  そこへはいる  一瞬間とどまっている  色をして聳えている  水が湛えている  森林を背負って立っている  湖心に出来ている  平和に澄んでいる  水はいかにも減じてはいる  森然と静まり湛えている  情ばかりが浮かんでいる  さで廻っている  虹を懸けている  虹がキラキラと輝いている  刎ねている  岩石にからまっている  砂礫が溜まってはいる  あちらこちらに転がっている  粛然と立っている  大水が見ている  有尾人達の住んでいる  無尽蔵にいる  焼き肉を拾おうとして互いに争っている  競争している  沙漠を見ようとしている  水を抜け出て輝いている  湖水が漲っている  大水が隔てている  湖上に出ている  梯子がかかっている  蝋燭を持って立っている  無数に輝いている  匂いさえ漂っている  尊げに光っている  澪している  そこに詰まっている  大変年老いている  天上に輝いている  月が照っている  夜鳥が鳴いている  夜が更けるまで蠢いている  支配下に眠っている  鳶がゆったりと舞っている  体験している  灌木があしらわれている  人に取上げられている  木蔭にでも潜んでいる  着物をきて現われている  ガラス板で仕切られている  初めから曇っている  ちりによごれて曇っている  一つ明いている  出入しないでいる  それは、あまりからだが肥り過ぎている  彼はそう信じている  人が、時々、なくなっている  香をかいでいる  通例巻雲と訳されている  九人養っている  つけ所のないほどに破れ損じている  屠蘇が出て、しばらく話している  時から眼をもっている  ことが言い伝えられている  今日でもまだ行なわれている  自分がいて、これから登ろうとして見上げている  上にいて、これから降りようとしている  さまに実によく似ている  そばで笑っている  数学はないと思っている  帽子を買ってうれしがっている  帽子をかぶってうれしがっている  何かしきりにしゃべっている  顧客を控えてでもいる  そうに描かれている  何軒となくつづいている  まんじゅうをふかして売っている  渦を巻いて立ちのぼっている  ことができなくなって困っている  こずえを見上げては鳴いている  問題が隠れている  中に生き残っている  何かしら片言で話している  葉を出している  鈴なりに咲かせている  鰻のいる  このごろ石油ランプを探し歩いている  木が立っている  たくさん群がっている  羽蟻もいる  恰好になっている  まわりに群がっている  饗宴を見ている  半ば泥に埋もれて、脱れ出ようともがいている  そのままにとどめている  濁流に押し流されまいと戦っている  店飾りをしている  葭簀張りも出ている  注目して見ている  連発している  ように思われている  指先でつまんでいる  からだから離して、さもだいじそうにつまんでいる  葉陰に隠れて咲いている  地べたにはっている  手品をやっている  影を拡げている  雑草をむしりながら、よくよく見ている  美女に打ち込んでいる  所を捜している  いつまでもちゃんと消えずに残っている  いつまでも少し曲がっている  子猫がふざけている  本質的につかんでいる  それが実際できている  はじまるのを待っている  角度を保っている  線とある角度をしている  角度をしている  毎日セロばかりやっている  前からいる  様子で住んでいる  無感覚になっている  私に物語っている  挿話として点ぜられている  おばあさんが陣取っている  元気よく言い放って、ちょこなんと澄ましている  顔とがよく似ている  軒にうずくまっている  二重唱をうたっている  民謡を聞いている  濃厚に出ている  中に落として、じっと見つめている  たづねている  数回やっている  実などを売っている  電話室のくっついている  琵琶が鳴っている  略儀になっている  見知りになっている  物を包み隠している  一筋うねっている  今ここに持っている  役人は、かねて見知っている  甚五郎が隠れている  身に着けている  武芸にも長けている  宴が催されている  芸をさせている  身を放さずに持っている  下にはうずたかく盛り上がっている  座敷はいちめんに青みがかった光りを浴びている  仰向けになっている  身方に招き寄せている  次で聞いている  使を承っている  事かと思っている  非常に多く貯えている  討死している  異説を知っている  なかで考えている  藁が凹んでいる  中から顔をだしている  そこへ戻っている  とこらしくあたらしく掘り起こされている  まんなかへ飛びだして来ている  道をおぼえている  かげろうにぎらぎらゆれている  夜野原へ出ている  草をとっている  とこに雇われている  姉さんがいる  五時半には帰っている  ようにあるいている  馬をうごかしている  野菜だの納めている  わたしだって度々来ている  方へ落ちている  半分のぞいている  音が鳴っている  さっきからぶんぶんふるえている  野原いっぱい蜂がいる  ずっと前から知っている  お前らのたずねている  いつでも酔っている  石英ランプでできている  西になっている  ぼんやり明るくなっている  山猫博士も来ている  酒を呑んでいる  ものですから立っている  ように威張り返っている  しろで見ている  刃をしらべている  役人をしている  実などを売つている  学位を取ろうとしている  及第通過している  通過しないと決まっている  みんな少しずつちがっている  正に求めている  要点に触れている  疎通を欠いでいる  どこかにはあるにきまっている  これも必ずあるにきまっている  何んでも知っている  今日までつづいている  軸となっている  先覚者をもって任じている  殊に三味線を弾いている  脂肪を交えている  揉み上げを残している  紙工場に通っている  跼蹐している  プレイしている  囲りが明るくされている  繞って飾られている  茫然と浮出している  芝居している  実証している  これを用いている  関辺へ行くと遺っている  転換をしている  生垣などに多く植えられている  垣を作っている  垣をめぐらしている  柾木やからたちをめぐらしている  生垣のつづいている  ぼんやりと開いている  ように白っぽくなっている  生垣で包まれている  トゲを持っている  ものはよく見ている  形もきまっている  橙いろをしている  いつでも動いている  いつでも騰ろう騰ろうとしている  ものはいつでも照らそう照らそうとしている  いつでも乾かそう乾かそうとしている  水をよく知っている  小鳥を知っている  みそさざいならばからだをうごかすたびにもうきっと啼いている  たくさん啼いている  みんな言わないでいる  梢を鳴らしている  四人まっすぐに立っている  はなしを知っている  人がひどく飢えている  木の葉がぱちぱち鳴っている  目をしている  持続している  中に、こもっている  本因坊が考えている  ウツラしている  左右にゆさぶっている  リンゴを探している  ように、かがみこんで考えている  中で残っている  一番記憶に残っている  石浜に住んでいる  朝鮮では行われている  記事を信じている  所置を信じている  己れを信じている  当初から持っている  注意を惹かれまいとしている  髯をつけている  一つをかくしている  確実にわかっている  遁走している  誰に向って話している  雲も寄り合って、睨めている  それゆえ洒落になっている  人間は常に見落している  理性を正しく知っている  道にいる  徳利に入っている  のがきまり切っている  しみをつくっている  店の売り出している  カーステヤース通りに這入って行っている  往還をながめている  私にもはっきりしている  十四志となっている  坊さんときたらすましている  背景から出来ている  入口にいる  金色に照って明るく晴れ渡っている  すじ道は既にはっきりしている  傾斜地になっている  景色を見下ろしている  ままで話している  哲学話をきかされている  しろであざ笑っている  僧侶がだまっている  ポケットに持っている  腕輪をしている  ウェストミンスターに住んでいる  わたくしの知っている  店をひろげている  手間をかけている  ホースをつけて、かがんでいる  声が似ている  一字違っている  時刻を隔ててやって来ている  ちゃんと朱が入っている  領域にいる  本質が横たわっている  胸を悩まし、圧しつけ、迷わしめている  俎上にあげられている  そのままうち捨てられている  討究されている  豊富となって来ている  前期のものにまさっている  それは活きてはいる  発表さえもしている  被覆されている  それぞれこれを持っている  因子が含まれている  ものが混じている  目が覆われている  実質的存在を持っている  ハルトマンがあげている  衝動を持っている  すべてにわたってせまっている  霜焼けている  方にはたらいている  福利においている  下に動いて来ている  下に行なわれている  ひとつに融け合っている  徹頭徹尾共同生活態に依属している  自己にもとづいている  功績としている  意識をあげている  謎として残されている  液汁が流れている  従している  中にとどまっている  記念に残っている  それを引っ繰り返して見ている  草を列べて売っている  花がなくなっている  鉢が相変らず青々としている  口を顧みている  サフランに就いて知っている  頭にのこっている  八九段もついている  まっ白に散りしいたりしている  ぼんが並べられている  ゆたかに実り垂れている  城か、と思って見ている  天下に彩っている  めている  南新地から出ている  天火に曝されている  紙袋を提げている  あんころ餅を売っている  花簪を載せている  場所へ坐直している  面を見入っている  黛さえほんのりと描いている  私が附いている  家から斉眉いて来ている  血が落ちている  召使として仕えている  汗でびっしょり濡れている  仕事と極められている  海に出ている  鱶の泳いでいる  鱶のいる  人間だって俺は知っている  悪神として聞こえている  ことが分かっている  彼の坐っている  家長のいる  美味佳肴が堆く載っている  手の生えている  幸福に輝いている  伝説が残っている  漂浪を続けている  ラクエデムと云っている  靴屋だと云っている  年代記に出ている  記事が見えている  祈祷をしている  足跡を止めている  趣を異にしている  解釈が与えられている  叙説している  いた事を語っている  本文へはいる  光を照り返している  熱心に話し合っている  ペックはこう云っている  ボタンがかかっている  自ら容子がちがっている  衣がかかっている  冠がのっている  花のように赤く残っている  表情を湛えている  兵卒たちの持っている  兄に似ている  爪を剥がしている  戸口を離れている  罪を知っている  疑問に答えている  道にいそしんでいる  優美に造られている  自分たちより脆くできてはいる  目は呪われている  青年たちにひそんでいる  下に押しかくされ、眠らされている  とき、ぐずぐずしている  戦線におもむくといわれている  凡俗に堕ちて行っている  憂鬱にそうしている  忍耐とがいる  非常に限られている  チャンスはみちみちている  立言をしている  芝居をやっている  底に働いている  天気が晴れている  のか暴れている  泥を拭うている  そうに飲んでいる  どこかにくっつけて歩いている  香味の混じている  袂に当っている  関門となっている  ギラ・コシサンの住んでいる  小鳥が囀っている  リメイは解って呉れている  踊をしている  誰かがいる  向うむきに寝ている  リメイがついている  出来上りを待っている  腹が出ている  村全体が集まっている  狂態を見上げている  村人達は語り伝えている  盛んに行われている  さと戦いつづけている  法則を知っている  隅に当っている  一月ばかりになっている  のに弱っている  約定済みになっている  間を歩いている  自転車を止めている  あすこに泣いている  向う側にいる  もののたまっている  殊に血から立ち昇っている  中に宿っている  線路へ伝わっている  刻薄に伝わっている  一つ落している  彼を呼びとめている  卵の残っている  背腹に粘りついている  抱卵している  青虫を見つめている  保護色を持っている  虫が這っている  蔓から豆をもぎとっている  青虫が這っている  青虫がいる  人間が殖え過ぎて甚だ困っている  マゴついている  ジャアジャア降っている  見送りに来ている  立騒いでいる  惰眠を貪っている  先で笑っている  色に曇っている  ブツブツいっている  精神にありとさえいわれている  誇りとしている  墜落している  事が出来ず残っている  いつまでも口を尖らしている  一行は疲れ切っている  盆踊りをやっている  我等を見送っている  鼻毛を読まれている  事ばかりいっている  遠くへ行っている  橋が落ちている  嘘ばかりいっている  腹が減っている  鳥居が立っている  雑草で蔽われている  一面に転ばっている  谷間に流れ落ちている  先頭に立っている  声を出すなと嘲けっている  ハンデキャップが付いている  頭を揃えている  口碑が伝わっている  毒蛇が沢山いる  辺を撫でている  マゴ付いている  上燃料が湿っている  雨に濡れてベトベトになっている  ムシャムシャ頬張っている  梅干をしゃぶっている  風上にいる  風下にいる  鼻ばかり鳴らしている  ように落ちている  叢から途中に出ている  床は朽ちて陥込んでいる  ダダを捏ねている  いつまでもグズグズいっている  着に極っている  とくに走っている  気に立っている  事は聞いている  坊主でもいる  これでは歩いている  ツクネンと立っている  何か飲んでいる  凹垂れている  眼を円くしている  泥棒を追掛けている  ここから真先に逃げている  水泳などをやっている  町はずれを通っている  花月旅店に着いて待っている  景色を眺めている  頭を撫でている  凭せて頑張っている  身体を弱くしようしようと掛かっている  唐茄子の萎びている  真髄と心得ている  突貫旅行を続けている  間に集まっている  感奮が描き込まれている  縮図などしている  遠慮しいしい小さくなって写している  紹介が行われている  交渉をもっている  一息入れている  老衰している  下垂している  殆ど目をあけている  一通り知っている  巧く出来ている  儘左手は出し続けている  警務課にいる  賞金を貰っている  懐中時計が見えなくなっている  眼に蔽いかぶさっている  パラオ病院に通っている  オギワル村に住んでいる  薬を与えている  本気で信じている  研究致している  没頭致している  歴史を続けている  事の見えている  碑が埋まっている  国として認めてもらいたいと云っている  勇将として伝えられている  発見せられている  何を語っている  蝦夷人が住んでいる  名によって遺っている  普通に歴史の説いている  最後になっている  学説が行われている  話を伝えている  名前までが一々わかっている  肩身広く暮らしている  それに気がつかないでいる  日本民族を為している  誇りと致している  日本民族になってしまっている  多量に交えている  頬鬚の生えている  血を交えている  官軍に属している  諸国に散らばっている  生活を為している  血の流れている  光栄に存じている  特に己れの生きている  思想にこくあらわれている  しゅん刻限に当っている  予言されている  城主工藤吉隆に書いている  霊文となって現われている  消息している  名文を書いている  表示をもって終わっている  余韻嫋々としている  彼を待っている  気魄がみなぎりあふれている  伝統している  もっと切実になっている  行跡が示している  意識が横たわっている  誰某はかくいっている  書物依頼主義が横たわっている  勤勉性を少しく買いかぶっている  遙かにまさっている  活字を追っている  ものをハッキリと覚えている  読書しないでいる  問題がおかれている  文化指導者たちによってとなえられている  関心となっている  程重大視している  から指定されている  享楽的になっている  歪曲を齎している  今日誰でも云っている  信頼を置いている  都合がいいと考えている  真面目に考えている  ものが含まれている  凡てから出ている  貧窮している  形式的に残っている  障害を受けている  社会的特性を与えられている  知能的技能者を求めている  情にのみ生きている  劣等感からヤケ糞になっている  僅かに残っている  憧憬されている  愛読者をもっている  英雄として読まれ慕われている  奴隷に売ろうとしている  沢山、生きている  恐怖なぞ忘れようとしている  死顔も忘れている  思い出ばかり残っている  纒わっている  主将をしている  癖に、生きている  卑屈に詫びている  眼をつぶり、ブルブル震えている  雰囲気になじめず、見ている  雑嚢をなくしている  快楽だけに支えられ、やっと生きている  最後尾をよろめき、辛うじて歩いている  ヒョロヒョロと歩いている  専門学校を出ている  寝泊まりしている  好きだったし、常に濡れている  情熱が溢れている  ぼくに撫ぜて貰いたがっている  本能を合せて持っている  のに決まっている  信仰を持っている  手を差出している  身についている  思いに駆られている  身体を汚している  愛情を合せて持っている  信頼を兼ねている  自己愛が潜んでいる  転々放浪している  ように、生きながら死んでいる  ぼくはいつの間にか死んでいる  中でいつの間にか、なにか崩れ毀れている  観念が失われている  片隅に眠っている  量的に多く持っている  不治とされている  彼らを堪らぬと嫌いながらも、既に死んでいる  憧がれてもいる  拒否している  オオルを動かしている  にんげんは、こうしなければならぬ、などとおっしゃっている  空気も漂っている  泥水をどろりと淀ませている  愛惜を感じている  一人位は死んでいる  神楽を見ている  はいまだにありありと覚えている  どこへも片付かずにいる  明治時代そのものを感じている  僕の覚えている  火事にも焼かれずに立っている  何かにでも来ている  鉄橋を造ろうとしている  川蒸汽を待っている  前に乗っている  上、立っている  言葉をはさんでいる  商人の売っている  船宿を知っている  おしめを洗っている  一面に流れている  二匹今だに住んでいる  押し合いへし合いしている  食堂に変っている  庭なども残っている  今僕等の歩いている  景色を覚えている  十二階の聳えている  悪趣味そのものを見出している  人口過剰に苦しんでいる  人間のいる  教育している  界隈に住んでいる  もの寂びている  移転している  僕に見られている  句碑の立っている  匂いを残している  亀の子は売っている  一しょにとうに滅びてしまっている  鉄筋コンクリートに変っている  土の痩せている  そこへ通っている  こともはいっている  孤独に暮している  仙人の住んでいる  敬意を感じている  一しょに遊んでいる  水の上に出ている  上下を着ている  彼と話している  狐だったと信じている  安田銀行に変っている  建物に変っている  友だちを覚えている  肴屋を覚えている  医者を覚えている  見世物にしている  ことも覚えている  建札も示している  痕は残っている  若葉を開いている  一人座っている  近所はどうなっている  誰か書き尽している  さよなきどりのうたっている  筆でしるしている  鳥のいる  庭うちにすんでいる  鳥がいる  ものだとしている  世界じゅうそれをしっている  御殿にいる  びょうきでねている  さよなきどりのいる  あれはめうしが、うなっている  あすこに、とまっている  枝にとまっている  人びとのこころのおくそこに、じいんとしみいる  皇帝は、いきている  ふしもにている  往来をあるいている  けが、すっかりすりへっている  のがしかれている  上にのってでもいる  かおつきをしている  みんなきて、ながめている  草が、いきのこっている  なみだでしめっている  おまえをおぼえている  ことをも、くろうしている  かざりでおもくなっている  反省を求めている  協力がいる  手に握っている  饑饉に苦しんでいる  味方だと言っている  大胆と、その考えている  中にも絶えず繰り返されている  大胆を欠いている  それを夢みている  彼等をゆわいつけている  力を作っている  下に押えている  彼等が思い切って考えている  コミューンを夢みている  中にできかかっている  過去を投げ捨てている  過去に求めている  観察がいる  人心に芽ぐんでいる  今日芽ぐんでいる  みな独裁を夢みている  革命を夢みている  獄吏とを夢みている  政権獲得を夢みている  代議政治を夢みている  絶対的服従を教えている  夢ばかり見ている  ことを夢みている  どれだけいる  ホテルで寝ている  復讐を教えられている  手で強いられている  賛同している  金を払っている  なかったものは黙っている  顔をして威張っている  労働で食っている  歴史から何にも学ばずにいる  一語をも聞えなくし、生きている  それを恐れている  もっと以上のものがいる  革命的思想がいる  思想がいる  芽ざしている  食卓に出ている  後をひいている  ロンドンだといわれている  栽培には適している  味がまるで違っている  目下している  それを入れている  灰白色をしている  代りに使っている  サラダをつくってくれている  訳語を与えている  着物を引っ張ったり畳んだりしている  川へ出ている  まったり出したりしている  馬車の通っている  鼻汁をたらしている  行儀をよくしている  東京を知っている  影を受けている  お辞儀を続けている  何もしずに、ぶらぶら遊んでいる  鋸屑の散っている  女房連の集まっている  門口にいる  都合のよく出来ている  貧っている  方へ入り込んでいる  方へ出ている  方へ勤めている  ことも忘れてしまっている  家に落ち着いている  ところへ入り浸っている  衆が立ち働いている  足蹴にされたりしている  火の点いている  ことを想い出している  ところへ通っている  箸を動かしている  内儀さん連の寄っている  愚痴を零している  飯を食っている  毎日そうぶらぶら歩いてばかりいる  町で知っている  化粧品屋を出している  ものについている  尻をもぞもぞさせている  父親に肖ている  母親に肖ている  庄には、黙っている  いつまでもぼんやりしている  袂から甘納豆を撮んではそっと食べている  寝坊をしている  庄は寝かされている  水弄りをしている  こっちへ脱けしている  あいだ居着いている  部屋へ入り込んでいる  周りに寄っている  内儀さんたちの着ている  手もかさかさしている  脹んでいる  薬屋を出している  手招ぎしている  春から開業している  脂下っている  田舎にいる  大勢の子供の群れている  ところをのろのろ歩いている  馬車の動いている  ゃまたどこかそこいらを彷徨いている  兜町へ出ている  番している  方を切り廻している  涙がにじんでいる  給仕をしている  湯に入っている  台所ばかりを働いている  口を聞いている  物置になっている  冬物を縫っている  窓際に差し出ている  芥を捻りながら、深く思い入っている  横向きに腰かけている  背を流しなどしている  傍にいつけて、理窟っぽくなっている  露店の出ている  旗の出ている  そうに坐っている  から外に立っている  酒を飲んでいる  何とも言わないが、長くいる  外に待っている  あっちを向いている  鳥越にいる  妾をしている  雑巾がけをしている  道理で似ている  後を引いている  茶屋奉公などしている  姉を怒っている  玄関を張っている  誰か来ている  お前のいる  飯も食わずにそわそわしている  方にかかっている  胸につかえている  方々まごついている  一番解っている  砂埃に吹き曝されている  そこらを彷徨いている  身の上判断は思っている  ほか心配している  お婆さんの怒っている  板前をしている  碁を打ちに行っている  お辞儀をしている  銀座を見て驚いている  耳を引き立てている  夜まで引っかかっている  手を突いて覗いている  裁物板に坐っている  糸道が明いている  叔母の知っている  茶をかけて、やっと流し込んでいる  賭場を開いている  人の動いている  叔父の知っている  正体なく寝込んでいる  体を何と思っている  母子ともまごついている  祖母さんところへ入り浸っている  私も気味が悪くて、帰っている  ところへ浸っている  ことを怒っている  無理算段をしては入れ揚げている  日光で遊んでいる  そこらを取り片着けている  借りの溜っている  小崎さんがお預かりになっている  側に聞いている  計画んでいる  お辞儀している  方へ引き牽けられている  腹を擦っている  らで、そう育っている  自分の年取っている  胎児の死んでいる  子供の死んでいる  ことに決まっている  根底から壊されている  血の汚れている  軒に干したりしている  蓮の咲いている  助手をしている  世話をしたりしている  冠って、うとうとしている  うちに着いている  三日側についている  スープだけで活きている  うえに疲れて居睡りをしている  先の見えすいている  診察をしている  昨日から家中引っ掻き廻している  縁に立っている  花でも引いている  娘の子とが起きている  叔父のたおれている  正体なく眠っている  温か味の通っている  貸し車をしている  病室を取り片着けている  耳についている  通弁をしている  手伝いに来ている  田舎から姑も来ている  経を読んでいる  ものを拵えている  蟄居んでいる  火の消えている  泡をためている  根を掘り返している  新たに成り立とうとしている  石川島へ出ている  周旋屋をしている  蒲団に包まって、まだ寝ている  会社の崩れかかっている  叔父が遊んでいる  倉庫で働いている  荷積みをしている  水を張っている  押し問答している  払い戻し請求を受けている  台所を働いている  談じつけている  晩飯を食べている  乾鮭を商っている  焦心っている  細君を持っている  学校へ入っている  帰省している  手助けに行っている  足を止めている  町に落ち着いている  田舎へ行っている  石持っている  そっちこっち当って見ている  肺病にでもなっている  朝飯を食べている  商業学校へ通っている  家をやっている  今通っている  息がむれている  なかを歩いている  中江に乗り換えようとしている  女を知っている  なかから写真を出して見ている  庄の見ている  三人顔を突き合わしている  ずぶ働かないでいる  障子張りをやっている  渇えている  ぶりと降り出している  差配をしている  四下を見廻している  渇きついている  先へ来ている  ことを言い合っている  図書館通いをしている  火を吹いている  脚気で悩んでいる  安火に当っている  叔父のと決まっている  庄がつんけんしている  それから一同遊びに出かけようとしている  引っ張り込んでいる  外套を着かけている  二人一緒に歩いている  私の聞いている  母子がしている  築地にいる  潜伏んでいる  羽子板を突いている  瀬戸物屋などしている  家賃を取り立てて歩いている  質に入っている  支度でごたごたしている  四ツ谷に縁づいている  大蔵省へ出ている  外国支店長をしている  手もとが苦しく、持っている  空地に集うている  方で、何やらごたごたしている  衣紋を繕ったりしている  伏目がちに坐っている  べろべろに酔っている  ようで、見まいとしている  父親の生きている  不快に思っている  土間を掃いている  縁端に坐っている  家も随分ごたごたしている  手絡などをかけている  帳場に頑張っている  返事をして笑っている  物置へしまい込んでいる  憶い出されている  売り物にしようとしている  顔出しをしずにいる  座敷を片着けている  田圃で啼き立てている  何をして暮している  色も澱んでいる  帰朝している  娘が始終寝たり起きたりしている  私が寝てばかりいる  晩酌をやっている  始終家が揉み合っている  庄は思っている  芳太郎を嫌っている  稼ぎに行っている  家の荒れている  それから田舎へ行きたいと言っている  衆に思われている  衆のまごついている  気骨を折っている  宵から奥で寝ている  あすこを逃げてしまおうかとも思っている  そこに出張っている  三つにも迷っている  場所と動こうとしている  庄らの控えている  母子厄介になっている  団扇遣いをしている  金鎖などを光らせている  影のさしている  方へ引きつけようとしている  毎日頭脳のふらふらしている  上衣を脱いで寛いでいる  今少しごたごたしている  芳太郎と何やら話している  磯野のもじもじしている  一緒にしている  様子をよく知っている  顔を揃えている  行李などが、もう運び込まれている  お針にでも行っている  湯に行っている  抵当に入っている  お袋からも、少しは借りている  顔を突き合わしている  啣ませている  お爺さんのいる  中村の知っている  黒幕にいる  茨城にいる  毎日ぶらぶら遊んでばかりいる  時自分の知っている  餉台に就いている  人に貸したりなどしている  手伝いに行っている  絡っている  母親のいる  傍にぽつねんと坐り込んでいる  事ばかりやっている  環境に置かれている  飛翔している  考え方ばかりしている  ようにとおずおず働いている  菊のしまつしている  ほうからはらはらして見ている  かたまりといじりまわしている  克明に書きこまれている  茶色に変っている  一冊にされている  今度ごたごたを片づけている  それを開いて眺めている  絵の描かれている  筆記されている  それを書いている  私も憶えている  ものが語られている  插画になっている  ところ迄下げている  意志によっている  夕陽がさしている  斜光に照らされて凝っとしている  何かが立っている  ものがたぐまっている  今なおまざまざとのこっている  胸によりすがっている  二点在している  退職している  奥へを続いている  娘は、黙している  裂け目から走っている  稗をといでいる  真剣に騒いでいる  食糧配給を受けている  三つ並んでいる  派生伝説位に考えている  塋域を囲んで並んでいる  ものであったと聴いている  関係を有している  梟したと載せている  勧請したと伝えられている  葬法を用いている  被害がなくなったと伝えている  供御となるからだと云われている  のだと称している  名があると云うている  事を禁じている  これを行うている  転訛であろうとまで云われている  ことを載せている  沢山に残っている  資料は残っている  左の如く記している  ものが多く残っている  辺土に残っている  のであると聞いている  作法を伝えている  面影を残している  今も行われている  帷子被りと云うている  のであると信じている  二升泣と云うている  七尾地方に行われている  多分に残っている  私たちの求めている  苦しみ愛情に飢えている  婦人が求めている  今日いわれている  官邸におさまっている  線を引こうとしている  お方と聞いている  事が書かれている  発表しようと思っている  悪口を書こうと思っている  読物にしようと思っている  謙遜なんかしている  形式になっている  面白い読物にまとめている  そこに出ている  画像とまるで違って書かれている  年になっている  それで構わないと思っている  大道に通じている  空襲警報が鳴って、おどろかされている  事実そのままに語っている  相談などしている  近くを流れている  頃からついている  明治維新後にも流れ伝っている  中心から遠く離れている  厳然と残っている  墓と言われている  修行をしている  田舎訛りに悩んでいる  上に散っている  驚歎している  顔を黙って見ている  欠席している  意外なほど、軽くすらすらと思っている  周さんと話している  苦労している  弟によく似ている  Blutが流れている  アイテルカイトで生きている  日から知っている  国土を愛し過ぎている  むしろ舟山列島に似ている  点数がからくなっている  国風を慕っている  勧学篇に依ってあらわされている  清潔感を持っている  風が吹き抜けている  徘徊している  談笑している  制帽をかぶっている  辮髪を切り落している  大同団結を遂げている  本拠になっている  何も投げ棄ててしまっている  吹聴して歩いている  乱闘でも行われている  騒動が演じられている  共感している  目先にちらついている  蟋蟀やらをうろうろ捜し廻っている  結びつきを持っている  鈴の音に湧き立っている  基因であると考えている  戦争してもらっている  血を流している  稽古にふけっている  鬱積されている  都会風に気取っている  こだわり、つんと澄ましている  気取りを捨て切れないでいる  特に敵意を抱いている  気取りで生きている  一羽枯枝にとまっている  自分はかえってまごついている  烏を、買いかぶっている  自分は持っている  自慢にしている  差入屋を兼ねている  めしを食っている  自分をからかっている  反映されている  聴講している  先生に狎れ、くみし易しとしている  激励してくれている  決意とが秘められている  弟さんに似ている  国籍を異にしている  示威運動を試みている  苦労させられている  看破されている  裏と来ている  滓沈されている  幹事を兼ねている  何千人といる  態度をとってくれている  いま、ぐらつきはじめている  留日学生だと来ている  中心勢力になっている  気勢を挙げている  給与している  形でいる  援助を与えている  家にかくまわれている  風貌をしている  遠慮なんかしている  義気は持っている  酒をがぶがぶ飲んでいる  君は、いったい、いくら持っている  打倒をもくろんでいる  僕は睨んでいる  面倒を見てあげている  努力もしている  顔色をかえている  不良少年がいる  様に、思っている  耳について、離れないと言っている  病人を救ってやりたいと言っている  理想を持っている  役者をしている  尊敬し合っている  から続いている  家だと思っている  根柢を置いている  対支国是となっている  私たちの考えている  ちゃんと考えている  日本とちがっている  からよろしくないと言っている  どこかで生きている  私たち東洋人全部がつながっている  さっきから鳴っている  きょう学校に出ている  事件が演ぜられている  周さんが立っている  それで怒っている  それも考えている  支那通と言われている  所謂支那料理を食べている  料理だと思って食べている  さかんに騒いでいる  日だったと覚えている  綺麗に埋められている  訂正せられている  それが続いている  不言実行せられている  提燈をさげて歩いている  津田氏は既にいくらか酔っている  全滅をたくらんでいる  秩序をもっている  朝日の射している  はたきをかけている  文明を慕っている  素手で攻め落している  者たちと打解けずにいる  下宿人を置いている  中に貫かれている  役目で添えられている  でんでん太鼓を振りまわしている  ものを少しわけてやっている  大穴を掘っている  世辞を言っている  眼がさめている  祖先から伝えられている  国と思っている  勘だけで言っている  伝統が流れている  伝統が残っている  自負心を持っている  周さんと違っている  ものに努めている  erwachenしている  直言山人、となっている  一万ちかくに及んでいる  清国留学生が控えている  差出人を知っている  何を隠そう、知っている  周さんもいる  膺懲してやろうと思っている  敬遠されている  支那人に似ている  附合っている  田中卓と呼んでいる  言辞を弄し騒ぎ立てている  夢想して、こうして騒いでいる  一味だときめてしまっている  お互い怠けている  こちらの知っている  非常に畏れ敬っている  事をたいへんよろこんでいる  雪のひどく降っている  いつでも遊んでいる  たくさん散在している  信仰している  藤野先生に直していただいている  いろいろ話合っている  罪を犯してばかりいる  葱がぐつぐつ煮えている  希望を持っている  焦慮している  支那人である事を見抜いている  奴隷になりかけている  優越感を抱いている  事を言いふらしている  拍手なんかしている  拍手して浮かれている  ことではないかしら、黙っている  顰蹙している  信奉している  破壊している  運命をたどりかけている  微笑があらわれかけている  ため命がけで叫んでいる  釘づけにされてしまっている  一すじに信じている  人たちは、まだ起きている  何をあんなにしゃべくっている  会話を聞いている  夜であったと覚えている  このごろ皆の言っている  説は、少し違っている  鬼女になっている  女学生たちは、読んでいる  顔つきで、泳ぎまわっている  何を求めている  一つ確実に知っている  おなかをこわして寝ている  机辺に散らばっている  文芸が出ている  力をあらわしている  同胞に読ませてやりたいと思っている  あなたにちょっと似ている  飜訳をしてみたいと思っている  文章を書いてみている  人がかねて言っている  指差している  於いて行われている  宝玉が光っている  表彰せられている  指導して下さっている  おこごとをおっしゃっている  内心いやがっている  自分から希望している  一さいを察している  あいつ、どうかしている  忠告を試みても、ただ黙ってにやにや笑っている  責任を感じて、かたくなっている  熱意を失いかけている  時間が余っている  しんとしている  向に寝そべっている  幽かに笑っている  有様でいる  勇敢に闘っている  以上で終っている  師と仰いでいる  場合にいる  中に含まっている  家主から迫られている  女を愛している  思考している  喰込んでいる  意を払って建てられている  独りニヤニヤと眺めている  何んにも知らずに舞っている  いま入浴している  地踏まずのハッキリしている  指の揃っている  人、開いている  遺棄されている  指紋が残っている  飛沫をあげている  猿ヶ京と云われている  帳面を調べている  髪をのこしている  一軒だけ立っている  艶を出している  炉を囲んでいる  さっきから話している  父親さん一人きりになっている  一枚不足している  心にかかっている  湯に浸かっている  行水でも使っている  入浴っている  素直に延びている  湯から出ている  たままではいる  体している  お前さんを可愛がっている  遙かに離れている  丁字形になっている  脇腹から血が流れ出ている  作りになっている  別館とをつないでいる  屋根を持っている  一間に寝ている  耳を病んでいる  介抱をしている  松乃を愛している  灰神楽をあげている  兇悪で通っている  月光を射し込ませている  づくりになっている  殆ど垂直にそそり立っている  いま私の歩いている  坦々とつづいている  黝く濡れている  いずれも枯れている  みんな耳が光っている  私たちへ吠えかけている  手むかっている  朝日を浴びている  乳を飲ませている  なにかしら歌っている  なかでつるんでいる  春から枯れている  三つきも経っている  みんな木をなつかしがっている  みんなおれたちを狙っている  舞台にいる  素面でいる  弁明ばかりしている  鼻筋づたいに虱が這って歩いている  ベンチに腰かけている  竜巻が現われている  島を眺めまわしている  朝風にぱさぱさ踊っている  頬をしている  札が立てられている  赤ちゃけた木目だけを見せている  傍でじっとうずくまっている  彼が歌っている  真実に似ている  鈴なりになっている  ように装っている  皮肉を並べている  横這いに歩いている  学校に託している  どこかに起こっている  世の中に起こっている  毎日われわれの行なっている  保険にはいる  子分を遊ばせて食わせている  制限してしまっている  形は少しも残らなくなっている  成分をなしている  城の奥深く住んでいる  乞食をしている  感心して見ている  評議している  中を遊びまわっている  ぼんやりと見とれている  一心に見ている  洗濯している  代り今持っている  砂糖を探している  まり沢山あって運び切れないので困っている  子供達が隠れている  事を喜んでいる  川は流れている  知識を備えている  自分のおかれている  平明に語ろうとしている  好奇心をもたれている  たしかに成功している  なにかを食っている  先祖から御坊を信じている  斎糧にありついて生きていると言われている  程をあらわしている  間ここにいる  一緒に思うている  間からだを鍛えている  静かに暮している  一緒にくらしている  乎と眺めている  榾火がちらついている  童子のいる  村人もそれとなく気がついている  闍利さまを信じている  腫物ができている  さがこめられている  闍利はもうとくに亡くなっている  一つのしゃりこうべを持ちながら、生きている  何を悲しんでいる  闍利よ、迷うている  蔓が這うている  精魂がまだからだに残っている  闍利は亡くなっている  源になっている  食事として堪え忍んでいる  生活になっている  無頓着に過ごしている  じまいに過ごしている  叫び続けている  風習をつづけている  大体偏食をつづけている  近来流行している  ひとりひとり違っている  誤認している  惹起している  根本をつくっている  安閑としている  美菜を産している  美菜美魚に恵まれすぎている  顰蹙せしめている  起点となっている  町では公然と許されている  台を囲んでぎっしり坐っている  人のかたまっている  自主的に行われている  作家を余りすいている  自分たちのいる  二人だけあっちへのせろ、と云っている  諍っている  戸をおろしている  六世紀頃から存在している  泉鉱飲料店を出している  レストランなども見えている  繩につられてはためいている  料理ストーブが立っている  玉とがぶら下っている  野天映画をやっている  上に登っている  列をなしてのり込んで行っている  自分の登っている  間から何処とも知れず聞えている  案内している  自動汲出しをしている  汲出櫓を持っている  牛乳支給が行われている  ガソリンは買いはじめている  ように走っている  ように延びている  突き刺っている  中へ進んで行っている  中へこけかかっている  帝政時代から建っている  ように湧き立っている  バラック建でつくられている  試掘の行われている  湧出している  価値を知っている  点でも、優れている  本通りに待っている  規則正しく動いている  四五十軒並んでいる  鉢などが出ている  町をかたちづくっている  油田へ出切っている  メラメラ火を吐いている  突立ち工事が起されている  顔につり合っている  なる子を養っている  内部が焦げて塞がっている  三角点に当っている  爪先を長く伸ばしている  寶兒を抱いて待っている  一本持っている  ままぽかんと坐っている  地上に立っている  あたりを見廻している  彼女は泣いている  綿糸を紡いでいる  茴香豆を食べている  ガランとしている  村に来ている  傍で聞いている  顔を見合せてニヤニヤ笑っている  底力をもっている  信頼し過ぎている  石油ランプを売っている  体裁だけはしている  製造している  外にはないだろうと思っている  台所用ランプはよく出来ている  急所がしっかりしている  製造されている  注意さえ忘れている  共通して欠けている  避暑している  ランプを売っている  私の思っている  山脈が峙っている  ここを呼んでいる  晦くれている  天柱をそそり立ている  翅を延している  白馬岳が聳えている  蓮華山といっている  上流になっている  カミグチとも呼んでいる  土地に伝わっている  河内路と唱えている  硫黄岳が聳えている  八右衛門岳が立っている  山性を有っている  いつか釈けている  ことすら知らずにいる  水に洗わせている  夢を描いては消し、消しては描いている  穂高山が削り立っている  肩を聳やかしている  外気に曝されている  氷に包まれている  粉になっている  微風にうら反えしている  赤紫色に咲いている  のか、光っている  燐が燃えている  栄華をきわめている  森を作っている  衣を被いでいる  中に浸っている  蝋で塗っている  竹がふさがっている  平ったく晒されている  森を揺すっている  横さに走っている  執念が残っている  梢にこびりついている  一枚だけが、ブルブル震えている  梢に並んでいる  皆沈黙している  復活は、行われている  路が出来ている  爬っている  猟士嘉門次がいる  吸収して、咲いている  傍を流れている  飯粒が沈んでいる  北向きに出来ている  男が住んでいる  山路に行き暮れて、悩んでいる  中から覗いている  名を負うている  明珠をつないでいる  ように平たく澄んでいる  唇を結んでいる  上下に向け合っている  嚮導兼荷担ぎの若い男を伴っている  我らは詛われている  石英が沈んでいる  水面に点じている  雫を吸っている  いつまでもここにいてと言わぬばかりに取り縋っている  寒流が走っている  真紅に咲いている  一筋道が通じている  川を跨いでいる  藍を流している  雨光りがしている  水底に動かないでいる  山鳥冑などが咲いている  苔も粘いている  彷徨っている  泡が、白く立っている  玉を宿している  呼吸も吐かず静まりかえっている  全速力で走っている  蠢めいている  経験をとり入れている  前面におし出されて来ている  文学的性格を具えている  立ちあらわれている  犠牲をもっている  赤面しないですんでいる  ことから導いている  ヒューマニズムに立っている  各自のおかれている  任務を持っている  上に溢れている  現れを示している  幾つかよまされている  凌駕している  態度が映っている  味わせている  目的によって貫かれている  目標をもってがんばっている  からざる任務に服している  心理はあらわれている  さを描いている  異常に張りつめられている  顔にあらわれている  兵士達云々と云っている  スナップをつたえようとしている  市街戦の行われている  生活と、何とかけはなれている  ものをめぐって扱われている  調子をつたえている  通有性となっている  事件について書いている  山本氏が持っている  錯綜にふれ得ている  一条件としてもっている  数歩をすすめて来ている  ものとしてあげている  雑誌に時々のせられている  うつものをもっている  力がひそめられている  誰しも云っている  建設性がこもっている  過程も甚だいりくんでいる  役についている  なかにふくんでいる  評価が語られたりしている  そこにあるとされている  整頓している  世界史が書きかえられている  脈をうって伝わっている  可能力如何にかかっている  描写されている  推移している  明日につづいている  飛躍発展を示してきている  日本にもよく知られている  翻訳でひろくよまれている  四十四歳になっている  経歴が役立ったといわれている  好評をえている  事情にふれている  録されている  のであるといっている  大群をひかえている  土をふんでいる  姿はどううつっている  道と書かれている  真剣にとりあげはじめている  日本にもしたしまれている  本性をもっている  日本にあふれている  故国にとりのこされている  うごきを眺めている  誰にゆだねている  身のしまつはしている  覬覦している  息を詰めて聞き澄ましている  木立が繁っている  領している  行手にあたって繁っている  鏡を捧げている  眼前にいる  くせ刀を差している  蔽て、軽く結ばれている  京へ急いでいる  水が膨らんでいる  元気よく泳いでいる  日光が射している  用向きを知っている  俺を嚇そうとしている  たくさん舟が通っている  商船も通っている  巨然と聳えている  鐘が鳴っている  合唱が聞こえている  二人の住んでいる  腰かけ、さも仲よく話している  漂よっている  健康美に充たされている  行儀作法を備えている  万事二人はよく似ている  衣裳を着ている  字を付けている  言葉が砕けている  弁才坊さんと云っている  梵鐘が鳴っている  声も聞こえている  風船を持っている  横手に付いている  挿んで話し込んでいる  穴から覗いている  風船が漂っている  それが寝ている  暈かされている  事を呟いている  隣部屋に寝ている  ことも呟いている  人が狙っている  眼などまるっきり活きている  月光に照らされ、寝ている  硬直している  一杯に開いている  法衣を纏っている  何物か輝いている  白髪が渦巻いている  白髯が戦いでいる  頬髯を逆立てている  頬肘を突いて寝ころんでいる  広袖を纏っている  猿が眠っている  燈っている  玄女の率いている  坊主が話している  獣がいる  男女は話している  方が中っている  密命を持っている  妍を競っている  それにしてもこの屋敷は、何と荒れている  衣裳は着ている  桜が散っている  茂みで啼いている  頸垂れている  右近丸が立っている  京を歩いている  ノサノサ歩いている  陽が射し込んでいる  室が明るく輝いている  壁に、穿いている  印けている  子供だとは存じますが、覗いている  攻撃めている  ことを、悲しんでいる  道化てさえもいる  悲しみもし、又嘆いてもいる  性質なので、努めて抑え付けている  ように、振舞っている  まま考えている  これも佇んで考えている  九輪草が咲いている  夕陽を纏っている  頂が光っている  ものにさえ事欠いている  心を傷めている  人形を、じっと睨んでいる  一枚のっけている  廃屋にいる  夕陽が明るく射している  屋内にいる  秘密が籠っている  謎を持っている  人形は黙っている  玄女はニヤニヤ笑っている  顔など活きている  手をかけている  謎が、籠っている  謎を孕んでいる  荒くれ男を、使いこなしている  二人迄切っている  疲労ている  女が覗いている  鏡を照らしている  鏡から射している  独り言を云っている  衣裳を纏っている  枝葉がこんもりと繁っている  あちこちに転がっている  女の坐っている  燈火がともっている  燈されている  左右に付いている  家根が下っている  床が高く上っている  階段がついている  それらを照らしている  紗布に包まれている  女は坐っている  質素なみなりはしている  研究材料を持っている  鏡は光っている  感覚が、備わっている  行手にあたって聳えている  足を巻かれている  鎖で巻かれている  大森林が聳えている  八方へ延びている  右近丸を探している  今彷徨っている  華やかに射している  家々も明るく、歩いている  ように見ている  杖を突いている  巧らんでいる  お腹の減っている  水に溺れている  ことばかり云っている  詈っている  者、取っ組み合っている  若者もいる  二三人雑っている  ガヤガヤみんな喋舌っている  女は泣いている  雨戸を閉ざしている  影法師が映っている  皿小鉢が光っている  背中をもたせかけ、考え込んでいる  考えに沈んでいる  女、捕らえられるは知れている  あちこちに茂っている  案内は知っている  男が乗り込んでいる  川水を照らしている  四つは、仕込んでいる  荒くれてもいる  家に、捕らえられている  競争をしている  雨戸がビッシリと閉ざされている  厳重に閉ざされている  上両手は縛られている  藪が立っている  名などを知っている  一つ解っている  民弥は心から、有難く思ってはいる  昔に縛られている  意でいる  疲労てはいる  扮装はしている  姿にやつしている  手練を示している  人買とが切り合っている  縦横に揮っている  上から照らしている  焔を上げて照らしている  下帯をしめている  両刀を差している  荒縄で巻いている  武者草鞋をしっかりと穿いている  龕燈を持っている  鉄棒をひっさげている  胴を鎧っている  威令行なわれている  我等が固めている  民弥が捕らえられている  作も随分変わっている  費用がかかっている  賊どもは互いに呟いている  方面でも巡っている  ものが、貯えられている  顔を見合わせて黙っている  構造がまるで異っている  一同黙っている  ことは、捉えている  ように話している  上に据えられている  事情を話している  うつ向いている  痙攣を起こしている  感動をしている  陰影をつけている  南蛮寺はとざされている  糸にあやつられている  神経衰弱症にかかっている  趣味を持っている  沈澱している  興味を覚えている  内容以外に、隠されている  スペクトルに富んでいる  漾っている  三重にもひそんでいる  それを本当に知っている  妻になっている  諾否を伝えようと思っている  綴り合わせている  無遠慮に吹きかけては喜んでいる  故郷に持っている  上に載っている  先生あすこに眠っている  蒲の生えている  三軒ばかり並んでいる  ギュウギュウ言っている  用事を勤めている  敬遠している  勝見が言い合っている  気を落している  何かに憑かれている  言語のはっきりしている  神経衰弱にかかっている  立籠っている  瞑想に耽っている  兄を探している  怺えている  習慣を知っている  他殺であると疑っていいと思っている  一室に死んでいる  一方に死んでいる  青酸中毒から来ている  手紙から判っている  のも判っている  聴問している  ように、はっきりと出ている  顔がうつっている  ことさえ忘れている  赤ランプが点いている  印をつけている  変化を表わしている  気温はぐんぐん昇っている  上昇ぶりを示している  大分趣きを異にしている  下り始めている  何を物語っている  急降している  完全に一致している  表面になっている  遠方から恐る恐る窺っている  比較研究をしている  発生装置がゴチャゴチャ並んでいる  目盛盤を廻している  背丈をもっている  床を離れている  精神異常だと言いふらされている  のではないと思っている  享けついでいる  話を考え直してみたいと思っている  ひとり木剣を振うている  何を食うて生きている  蝮蛇を食うている  大方混乱している  女は諦めている  常人とは異っている  趣向がたくらまれている  三好はからかわれている  はなから極めこんでいる  顔を伏せながら、くっくっ笑っている  腹の足しになるまいと、考えている  数名に及んでいる  薬鑵頭から湯気が出ている  それで威張りかえっている  楓のいる  術は封じられている  牢屋にいる  中であげている  一としている  行方を探しもとめている  膝をかかえている  念仏でも唱えている  前で知っている  ガヤガヤ入りみだれている  牢を出ると、眠っている  牢にいる  匂いを漂わしている  のを避けている  抜討ちと待ち構えている  人々が集って笑っている  遠出をしている  一法だなどと、言っている  夢中で走っている  左様に急いでいる  何をうろたえている  玉が飛び散っている  何を急いでいる  雲の上でそわそわとされている  顔に似ている  普通に行われている  こっちをのぞいている  手をうようよしている  のを見ようとしている  手を延ばしている  防空壕になっている  ブランディを飲んでいる  ゴーゼンと坐りこんでいる  文章を読みあげている  内に流れている  朗読している  朗読を聞いている  朗読はつづいている  事としている  ふうにみられている  なにしようとしている  メスにかかっている  不自由している  一時よこしてくれている  大野がニヤニヤしている  ヘドモドしている  ツヤ子が立ってだまって見ている  中央に坐っている  毎日なにをしている  チーズをにらんでいる  ホントに愛している  なん倍かになっている  まりなにしている  ことで、駆けまわっている  推して知るべしで、たとえば、借りている  憲兵もいる  中央に坐りこんでいる  教育しようと思っている  肉体も持っている  長袖連中などを見ている  片隅から冷然と眺めている  琉球もあぶなくなっている  ポカンとして見ている  上に坐って、ふるえあがっている  マゴマゴ這いずっている  事をみすましている  かかとに附けてしゃがみこんでいる  焼けこげができている  ウィスキィを飲んでいる  熱心に話している  ウィスキィばかり飲んでいる  スッパダカになって、言っている  津村はだまっている  ふうに言っている  笠に着て押しまわっている  なりをしている  トンコを抱いている  口をあけて見守っている  津村君が急いでいる  私の言っている  所に立っている  久子の抱いている  頭が少し狂っている  子を引受けてるの、ことわってしまいなさいと、しじゅう言っている  年になってウロウロしている  急を告げている  袋をさげている  フィルムを持っている  チャンとのっている  処分を急いでいる  方へは廻したくないというので困っている  口をきいてあげている  足をはこんでいる  使い走りをしている  ニューフェイスで騒いでいる  こっちは急いでいる  袋にしたってだな、そんなふうに寝てもさめても、ぶらさげている  ように言っている  カメラをさげている  映画会社に属している  上気させている  記者たちを見くらべつつ立っている  カメラを向けている  現在流行している  角度からカメラを向けている  ファインダアをのぞいている  言葉を切っている  河岸倉へ運びこんでいる  ぼんやり河岸縁に蹲んでいる  屈托している  間を出たり入ったりしている  屋台店が出ている  切鮨を売っている  土を踏んでいる  いつまでも一所にいる  空腹を凌いでいる  相場が立っている  悄り靠れている  彷徨歩いている  方へ辿っている  空俥を挽いている  ままぼんやり点っている  十人近くも寝ている  ぼんやり上り口につっ立っている  頭とが出ている  間から素肌が見えている  疲れに寝汚く睡りこんでいる  懐に残っている  火を消している  裹まっている  垂下っている  自分の着ている  櫛巻にしている  上さんに盛ってもらっている  呼合っている  一番稼人だと言われている  世間を渡り歩いている  型へ入れて巻いている  為事を手伝ってやっている  銀行へ預けている  まさか食わずにいる  たしかに持ちかけている  おもしろそうに唄ったり囃したりしている  夕飯を食っている  皆黙ってにやにや笑っている  宿を取っている  縁が赤くなっている  三州屋にいる  小説やらを読みすぎたと思って悔いている  彼、と呼んでいる  我をうしなっている  あとかたもなく消えうせている  蔭口をきかれている  作家を捜している  ひとつの名詞を忘れている  主人公が困っている  住いしている  ていさいをとりつくろっている  ほんとうに学校へ出ている  不貞を働いている  財産家なので、ぶらぶら遊んでいる  技倆を持っている  幸福の予感にぬくぬくと温まっている  すべて暗記している  心がいっぱいあふれている  街をあるいている  銅像になりたく思っている  倦怠を感じはじめている  言葉にみちみちている  めんもなく並べたてている  文章は、たけりたけって書かれている  詩人であるとも言われ、老けている  友人になりきれずにいる  述懐をもらしている  頭脳を認められている  無慙にも剥ぎとられている  エンサイクロペジアと全く似ている  エッセンスを持っている  了解している  描写している  なかに巣くっている  毒を流している  よう祈っている  大将は、だまっている  喪にいる  君よりもよく進んでいる  仙郷へはいる  柱にもたれている  茶褐色を呈している  姿見張りになっている  軽食を食っている  酸味をもっている  スケッチ画を見ている  顔附きをしている  背に来ている  のだろうと考えている  如くに備えてはいる  半ば口髭でおおわれている  実をあげたがっている  彼をピリピリと怖がっている  今どこにいる  世界にかくれている  身にもっている  意味がこもっている  顔をして立っている  偶然似ている  顔が控えている  夕日に照りはえている  耳飾りをつけている  箱を捧げている  ガンガン鳴っている  頑固さをまざまざと物語っている  遊びに出払っている  救を求めている  川波を見つめている  絶縁されている  死体をしらべている  部屋支度がととのっている  ところにしゃがんでいる  一人として天下泰平に暮らしている  ポウルと名乗っている  足元にうなだれている  面だちが似ている  胡麻塩髯をつけておって、幾分似通っている  奥にはいる  奥へはいる  家族を養っている  営みを、ふと覗かせている  埃も溜っている  底から面白がっている  訳でもなく、聴いている  四日を経ている  毎日レヴュ小屋通いをしている  九行が書かれている  屍体が横たわっている  雲隠れしている  褄を取っている  芸者ガールをしている  灯が眩しく輝いている  裸電燈が点っている  道頓堀筋を歩いている  裏通りらしくうらぶれている  酔い痴れている  旦那に似ている  手袋をはめている  色眼鏡を掛けている  身装をしている  カンカン当っている  灯が映っている  チャックがついている  自分が、つくづく情けなくなっている  洗い物をしている  マダムをねらっている  話ばっかし書いている  話ばかし書いている  腹をへらしている  胡坐をかいている  批評だけしている  海老原の抱いている  海老原がいる  ゅうすることに生甲斐を感じている  ままで死んでいる  アリバイになっている  寒肌立って、かえって見ている  洟をかんでいる  女学校へ行っている  今書いている  それ以上にズレている  今まで続いている  三人まで挙げている  経験が与っている  筆致で描かれている  流布している  跡形もなく焼けてしまっている  火が揺れたりしている  袖を引いている  お座敷になっている  びそと小さくて、使っている  はじめてうろたえている  食物商売をやっている  玄人女に迷って悩んでいる  板場人が居れば、それほど惚れている  本宅にいる  客を拾って歩いている  客を取らせている  解決している  数日を述べている  所へ行きたいと言っている  なかったリアリズムに徹している  振舞いに出ようとしている  説教されている  電話を聴いている  男だと思っている  遊びを続けている  回想に耽っている  隙間からはいる  足袋を脱いでいる  戸を敲いている  タオルを巻いている  職人をしている  保証人がいる  ルンペンになっている  保証金がいる  身辺に漂うている  仲居をしている  名前なら大抵知っている  百円がなくなっている  胸が温まったが、じっと見つめている  モデルにしようとしている  理髪店は恐らく焼けてしまっている  金を出さずにいる  カレーライスを売っている  みな藷ばかり食べている  飯を売っている  相手になっている  ポソポソ呟いている  隣にしゃがんでいる  巻寿司を売っている  針を見ている  手に持ち、拡げて立っている  ように眠っている  一つ空いている  夜明しをしている  大阪一点張りに張っている  蝨をつぶしている  風景に満ちている  調子に乗っている  スタイルで書いている  蘇苔が生えている  思案に暮れている  針は見ている  マダムも案外清く暮している  五分間も見つめている  時間も掛って洗っている  埃を払っている  つけに応じている  俺を知っている  世話になろうと思うている  姿を浮かばせている  天井に沿っている  勘次を恐れている  立腹している  咽喉が渇いている  庭に落ちている  後を見ている  叩頭している  ひとりぼんやりしている  安次を拒んでいる  家に属している  安次の着ている  妹にそう云っている  世界にいる  勝手に狼狽えている  却って秋三を恐れている  紫色に変っている  煽動に乗せられている  秋三を叩いている  棺を造っている  人々の生きている  朝夕をつつましく送っている  歴史につながっている  上でまわっている  一部分として生きている  日夜行っている  変化を生じさせている  日本に生まれて生きている  内容をはらんでいる  中にひそめられている  歴史によってつくられている  刻々も燃えている  感情としようとしている  大地に譬えられて来ている  身におかれている  転回を示している  主張されている  それ自身完結完成している  無意識ではあり得なくなっている  中によろこびを感じようとされて来ている  動きを起している  場合も殖えて来ている  自覚に支えられている  生をどんなにいとおしんでいる  精神をよく映している  評価されて描かれている  ものがはからず示している  ものにも明るい問いかけを投げている  疑問としている  文化的精神を織りこんでいる  特徴を語っている  文化史を結んでいる  なかで云っている  輻輳している  なかった暴力を与えている  満足させている  程度までふれている  大変ちがって来ている  自家製に語られて来ている  歴史的現象は次々へ繰りひろげられている  文化までを考えている  承認されている  生成過程を語っている  巻末にあげられている  伝記をも集めている  文献がこまかくあげられている  考察もふくめられている  亢奮を示している  著作者自身には知られている  文化的に書かれている  危険にさらされている  広汎に読まれている  客観的に書かれている  農民にまで及んでいる  解明を与えている  文化の当面している  こととが云われている  気風を感じながら暮している  過去によってつくられている  色感から学んでいる  女性は知っている  それを不甲斐ないとしている  簡素さが現われている  習慣づけている  紹介のいる  直接触れている  私たちの負うている  自分たちの持っている  つながりとして現われている  科学的に高まっている  欲望をもっている  多く完成されている  世代の営んでいる  豊にしようと希ってつとめている  大部のろくなっている  風をいれている  もんでもしている  影をひそめている  灰を篩うている  面倒をみている  六畳ふた間のつづきになっている  流し場にでもいる  間からしいしいと云いながら擦っている  いつまでも裸でいる  仕出し屋から取りつけている  内証話をきかせている  団扇を使っている  泳ぎをくりかえしている  牡丹刷毛をつかっている  爺さんをのぞきこんでいる  癖が出てきている  のが慣しになっている  大正琴にきき惚れている  風に呼び慣れている  店つづきになっている  眼をつむって掻いている  かぶる合図ともなっている  むっつりと黙りこんでいる  あたりに目立っている  あなた、遊んでばかりいる  お針を動かしている  御膳を頂いている  頃から頭に残っている  何を縫うている  持家に入っている  賃仕事をひきうけている  ここんところが大いに気にいっている  断えになっている  まま灰になっている  火の付いている  腹で揉み消している  唐物店を出している  髪を梳している  血のつながっている  爺さんを口説いている  加減に聞き流しにしている  生憎遊んでいる  爺さん同様うとましく思っている  心にこたえている  そのまま頂戴している  嗇くなっている  さが手伝っている  意に叶っている  滅多にいる  最初からものにならぬ、と決めてかかっている  転っている  のを慣しとしている  女中のいる  主人夫婦にすまないと思うている  爺さんには呑みこめている  手へそっくり渡している  母親とでも思いこんでいる  頼りに生き永らえている  間柄になっている  針を動かしている  内儀さんが思い悩んでいる  これにかかっている  口を信じこんでいる  気もちでいる  顔でやすんでいる  顔で頷いている  石ころになっている  袋町へ出かけている  陽の残っている  かん袋を貼っている  何かに視入っている  それに吸い寄せられている  体をうねうねさせて、みている  眸を凝らして視ている  毛虫を離れないでいる  ものは話しあっている  寿命を縮めている  今から怖気ている  そうに話している  様子をみている  それなり俯向いて黙りこんでいる  親類のものたちの話し合うている  出稼ぎに行っている  もの、と北叟笑んでいる  から決めてかかっている  胸算用は忘れないでいる  鉢を眺めている  窮屈そうに泳いでいる  ものが話している  顔で考えこんでいる  内儀さんへ奪われている  猪口をうけている  誰れかが呼んでいる  七日が過ぎている  お守りをしている  種と並んでやすんでいる  爺さんのやすんでいる  内儀さんがつつましやかに立っていて何やら話しかけている  内で慰めている  無沙汰がちになっている  これにこだわっている  覚悟でいる  筆を動かしながら聞いている  内儀さんに似ている  ように思うている  お針を仕こまれている  精を出している  爺さんの気にいっている  三日遠のいている  こんどは見えすいている  留守をしている  気もちに駆られている  きっかけを待っている  梯子段を見あげている  仕合せなぞどうでもいい、と思うている  ように捨てている  袖口をあてて泣いている  小刻みにせかせかと歩いている  間手を合せている  爺さんが拝んでいる  方をみている  てっぺんに停って、きょとんとしている  精進が忘れられている  前日から雇われている  地獄かせぎをしている  ことならと思って来ている  おれは何もかも知っている  袖は困っている  姿をかくしている  女が走って来たが、よほどあわてている  此方にいる  自害しようとするので、驚いている  岩の寝ている  紫色に脹れあがっている  不義をしている  眼をやり、落ちている  金のいる  全部持ち出している  蚊がいる  それを取られまいとして争っている  俯向きになっている  血だらけにしている  鰻掻になっている  所在をさがしている  母親からもらっている  線香を売っている  夕陽のふるえている  洗濯物を頼んで来ている  夫婦にならずにいる  助が考えこんでいる  小鳥を追っている  辺を斬りはらっている  祈祷してもらっている  口をやっている  己を捕えに来ている  伊右衛門の揮っている  所領と定められている  熱病でやられている  事実だと云われている  反芻している  諸君も知っている  庭がついている  丈夫に出来ている  階下にいる  二階にいる  陽差しを眺めている  秘蔵されている  自分たちがついている  状況で、見ている  渦を眺めている  別格となっている  のかな、と思っている  方でも黙っている  用件を持っている  現在まだ生きている  紛乱を極めて来ている  予感を感じさせている  歴史を辿って来ている  作用して来ている  人々が著しく殖えて来ている  事実となって現れている  愛を傾けて書かれている  さまそうとしている  ありのままにつたわっている  情熱を示している  達成にふれて云っている  著者によって描かれている  常識が受けている  東とにわけて語られている  技術的にうまく書かれている  図案が鋳出されている  著者は語っている  さます熱量をはらんでいる  戦争をしている  鋭敏になっている  改善しようとしている  国にも優っている  風を成している  ように見せている、或いは見ている  了している  内容を成している  地から足を離している  絶望があるとしている  上にうつっている  複雑さの語られている  体力もしっかりしている  家は、こじんまりしている  編輯をしている  母は老いてもなおふっくらとしている  笑みを浮べている  夢をまだ見つづけている  小説なんか読み耽っている  独りでやっている  物思いをしている  吉川はゆうゆうと寝ている  新築して住んでいる  どこにも勤めず、ぶらぶら遊んでいる  産科病院にはいる  私が控えている  観念とよく似寄っている  心から愛している  源をなしている  そこに弾んでいる  血道が繋がっている  杉江を、いっかな離すまいと念じている  緩和している  筆が住んでいる  回廊で連なっている  二階に、好んで起き臥している  辺りに落ちている  張りを見せている  生気がとどまっている  一本残らず抜け落ちている  日毎見慣れている  ように染まっている  一枚絵などを見馴れている  緋毛氈に隠れている  そこに宿っている  朦朧とさせている  頭飾りになっている  ように取り囲んでいる  紋になっている  二種に分れている  幾筋となく盛り上がっている  背中合わせになっている  仁王立ちになって立ちはだかっている  事か、からりと開け放っている  上にちんまり坐っている  襠掛を羽織っている  衣紋を繕っている  筆が馳せている  真中辺まで上って来ている  気味にしている  異様に輝いている  そこから放たれている  二股かけて踏んまえている  まり眼をむいている  凝視を放っている  筆を眺めている  超絶している  斯うでもないと、とつおいつ捻り回している  軸から輻射状に発している  幾つとなくぶる下っている  鏡面でも眺めている  筆を見ている  予知している  兆が現れている  時期に達している  一重に耐え保っている  心中に渦巻いている  ように飾っている  中空を塞いでいる  屍体を動かしている  中に燃えさかっている  筆がいる  絶命している  中を覗き込んでいる  ニョキリと突っ立っている  中でかすれ消えてはいる  側に映っている  硝子板に映っている  ものが映っている  幾つとなく走っている  ビルを書いている  鉛筆を動かしている  指環が嵌っている  夜風が流れている  金時計を眺めている  指環がはいっている  向うに煙っている  道具を片づけている  神経が疲れている  微風に戦いでいる  鳥打帽をかぶっている  頃一人でいる  後に立っている  方をじっと見つめている  風を落している  海が鳴っている  誰かが見守っている  どこかに、潜んでいる  視線を焼きつけている  おしゃべりをしている  何もいる  容子を窺っている  戸はしまっている  星空に聳えている  音に聞き入っている  室内を覗かせている  空に漂わせている  錠の下りている  極度に達している  タイプライタアに向っている  それから頸に残っている  眼にいる  上に小さく蹲っている  自分がうなされはすまいかと恐れている  主裁している  乳牛のいる  手綱を持っている  彼らの借りている  小鳥を飼っている  傾斜を作っている  おまえを愛している  文学をやっている  こちらはいかにも疲れている  ピッチが出ている  顔がまだむくんでいる  赤土から切口を覗かせている  庭へ植えている  小時歩いている  夢がまだ生なましている  土をつけて下がっている  開墾家で知られている  どこでやっている  憤慨している  それに携わっている  気持が弾まないと来ている  子を持とうとしている  火を点している  何かを背負っている  躊っている  薄なども生い茂っている  径へ通っている  魅惑がこもっている  水音を聴いている  ところどころに生えている  その間に横たえている  不思議な惑わしを持っている  錯覚だと快く信じている  私に課せられている  絶望と重なっている  一端を語っている  ふだんから特に目をかけている  傷も痛まなければ、活きている  正直者だと思っている  やつだと思っている  影さえ仄めいている  云うまいかとためらっている  三右衛門は何とも答えずにいる  顔に注がれている  かすかに光っている  心底はわかっている  赫きも宿っている  中で寂しく鳴いている  石の立っている  何しろくたびれきっている  二つ三つ光っている  人民が困っている  とおり石になってもなお苦しんでいる  奇才だといわれている  茄子図を描いたともいわれている  筋金でもはいっている  まま、背負っている  もう一度こう言って、まだ赤くなっている  菊枝の立っている  何かにつけては怒鳴られてばかりいる  パラソルさえ持っている  蝙蝠傘を持っている  小作百姓をしている  涙に潤んでいる  發揮せられている  塊に圧しつけられている  ように、透き徹っている  ように、白くなっている  叫喚とにも、勝っている  どこまでも拡がっている  ように、黒くなって、縮れている  影もなく褪せている  濃紫に咲いている  執念くも亡ぼさずにいる  ように這っている  虚空を見ている  手帖に記している  中へ、するすると登っている  栞となっている  疎ら生えしている  手を突いている  側面まで生えている  明けッ放しになっている  三把ほど転がっている  胸壁に落ちている  秘に静まり返っている  流動している  来襲に備えられている  ようになって流れている  紫になっている  厚氷が張り詰めている  シャチ張っている  防風牆となっている  放射している  ぐられたように凹んでいる  皺が寄っている  ように垂れている  雲に没している  落ち窪んで小さく光っている  便所がどうして建っている  画架に向っている  時計を持っている  主婦はそう言っておどおどしている  それはよくぞんじている  わたくし存じあげている  明りの漂うている  ようにぱりぱりしている  一生懸命にうつ向いている  謝まっている  橋を渡るとぶらぶら歩いている  部屋は明いている  昂ぶっている  そとに佇っている  内側を圧している  部屋を見廻ってあるいている  足音がしている  踵に這い込んでいる  階段裏からくびれている  方をして喜んでいる  しょっちゅう勉強している  三角形をついうっかり忘れている  頃から南京豆の入っている  気分でいる  ブラブラしている  三角形をなしている  草でもむしっている  一本道になっている  窓越しにでも見覚えている  酒瓶が並んでいる  くよくよ心配している  今日に迫っている  呪いが被っている  気にもなってはいる  ことを思い出している  三角形で脅かしている  から世話を受けている  美しい人だと思っている  さは、わかっている  顔色を変えて見せている  神を信じている  一人でこっそり考えている  欣喜雀躍している  さだけは信じている  純粋に愛している  飢渇から救ってあげている  私には、もう施しが出来なくなっている  ひとだけは知っている  二月おそく生れている  私は堪えている  不思議がっている  ように仕向けている  茶番狂言を見ている  一ばん愛している  有様を見ている  売り物に出ている  境内にいる  気がふれている  不審に思って見ている  いま、つけねらわれている  底から、きらわれている  師と称えている  お祈りを捧げている  小鳥が騒ぎまわっている  何を騒いでいる  角を褒めている  画板の寝ている  東京市外に住んでいる  あぐらをかいて坐っている  姿だけを書きつづけている  感慨として書かれている  一人物が大いに、こぼしている  作家も、いる  誇りにして生きている  生活に就いては、わずかに知っている  感情だけは、少し知っている  現在閉籠っている  二間に限られている  望みがないらしいと思っている  書棚を彩っている  師匠に可愛がられている  太刀持を勤めている  毎朝入口を掃いている  牡丹餅とを売っている  方へ引越したとか聞いている  茶碗に遣っている  番茶を啜っている  茶碗を眺めている  今お前が羨んでいる  ように張られている  朝にはまたもや大きく張られている  庭に遊んでいる  幾筋も引いている  晃らしている  雨に歌っている  鮮かに残っている  毛布を被って転がっている  あたりを歩いている  記憶を止めている  ように高く嘶いている  避難者を乗せている  道が通じている  車を牽いている  雫を滴らしている  着物も持っている  奉公をつづけている  一生懸命に働いている  お前の住んでいる  立交っている  宵から眠っている  小坊主を連れている  四谷街道に接している  鳶が悠然と止まっている  堤下を歩いている  軒に貼っている  眼に残っている