「いで」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いで[動詞]
まりをとりいで  熟柿もいで  子蜘蛛がおほぜいで  奴に限りて、いで  東にいで  かげ七月七日獄をいで  三首獄をいで  獄をいで  家をいで  道徳的心情よりいで  いつかおおぜいで  野辺にいで  面にくし、いで  すみかともなりなむなど、思ひいで  田んぼにいで  甲板にいで  外にいで  四方板べいで  大ぜいで  城をいで  やつても宜いで  邸を立ちいで  色にいで  前にいで  ひかりは噴きいで  トップといういで  必死のいで  夜遊にでもいつといで  岬はつきいで  つり橋はおおぜいで  ちより、いで  我、いで  金でも溜めでいで  行つといで  森先生なれ、いで  スカートといういで  思つてをいで  登山家のいで  鞴をあをいで  私にいて  ものも、めづらしいで  変装同様のいで  結びあへでいそぎ都を立ちいで  寄つても宜いで  羽織袴といふいで  私から申上げても宜いで  身にしみてあそばして御いで  どちらへか御いで  前から知って御いで  のなら御いで  そうでいて  股引といういで  程もあるべければ、いで  足駄といういで  長ズボンといういで  曠のいで  一つもいで  国にいで  長靴といういで  虫けらども、いで  縦横し、いで  人を、おおぜいで  中をこそいで  明夜をいで  起床して、いで  事に、いで  歯ブラシすら持たないといういで  放蕩若旦那といういで  紋切型をいで  人間だからまア宜いで  杉叢をこそいで  不格好な、いで  胸をこそいで  道にいで  敵打にいで  三四郎はこのいで  子供たちは、おおぜいで  まっ黒にいで  婚礼というので、いで  野にいで  足にはいて  大の字で宜いで  勘違いをして御いで  民さんをかわいがって御いで  ゑあまた脳をいで  原べいで  作べいで  先月出たべいで  所べいで  可恐しいで  三浦はとくいで  斯界に躍りいで  旦那然としたいで  舟津へいで  黒上着鳥打帽子といういで  市街にいで  根から生いで  守月姫宮をいで  シルクのいで  私のいで  手にしたいで  林をいで  饅頭笠といういで  若い軍人たちがおおぜいで  謙信が、いで  ころ、いで  趣に深く深く案じ入って、いで  薩摩下駄といふいで  懐手といういで  関東節にいで  人に語りいで  色籠めて、いで  土よりいで  あなたといい、来やれといえば御いで  煩悩し、いで  血は少しもいで  洞窟をいで  乱が平いで  力及ばず、いで  三十分をいで  まことに行き届きませいで  機嫌も伺いませいで  了簡が、そのいで  素人にしては、あのいで  寸分すきのないいで  南原杉子のいで  黒のいで  君のいで  續きにこそいで  脚絆草鞋にそよそよと、いで  いがへいぜいで  者とわかるいで  芽にいで  税金だけは食わんねいで  來たと申して宜いで  海にいで  違い、しかつめらしいいで  期待ほどにはまいりませいで  伊勢参りのいで  者ではないが、いで  出立しましたが、そのいで  別に恐しいで  巻ゲートルといういで  中ではおおぜいで  覊絆も絶えたれば、いで  詮なし、いで  ものを、いで  例のいで  武者修業めいたいで  振りもいで  山をいで  欷歔泣きもいで  浮きもいで  戸口より浮びいで  火にいで  恋ふとしならば、いで  息に、いで  城内までいで  靴といういで  心がなんとなくはずんで、いで  品格が可いで  屏風岩、いで  域をいで  志筑家をいで  長崎沖にいで  不服ならば来ぬでも宜いで  矢張一番宜いで  意表にいで  上り出すそのいで  さいぜんから音もなく、真黒いいで  旅慣れたいで  京にいで  声高らかに歌いいで  何物よりもそのいで  江戸へいで  妄執、いで  宿直におおぜいで  明を失って御いで  苦心して御いで  二人のいで  赤合羽といういで  あわらのいで  莢ごともいで  あら垣や守れどもいで  穂にいで  数もおおぜいで  その後のいで  手甲脚絆のかいがいしいいで  敵陣手薄なりとや、いで  頬げた、いで  天命遁れ難し、いで  妨なす妖怪、いで  女郎でも宜いで  置土産にいで  東京へいて  梅さとちりぬいで  名を付けたら宜いで  ようにひしゃいで  インヂアン・ジヤケツトといふいで  人待つふぜいで  役者がおおぜいで  先程戸針さんがたずねて御いで  姿にいで  左右ひろかるべし、いで  喘えいで  君は、いで  自分がいて  先生は御いで  腹巻といういで  旅にいで  小谷にいで  ときのかれのいで  やう、いで  下駄といふいで  踊りにをいで  謦咳して語りいで  しらのごとくいで  鼎を連ねて遇わんとするに非ず、いで  座員大ぜいで  喘へいで  これは、いざいざ、いで  森をいで  たくさんだ、おおぜいで  腰におとしたといういで  武士のいで  黒ずくめのいで  お花畑よりいで  一日もの言はず野にいで  言にいで  神我大君の、いで  心上つた淫奔女、いで  今一度旅にいで  段ちがいで  草履といふいで  一生家にいで  家にいで  め、いで  ところへ話しにいつたり、おほぜいで  望をもって御いで  貴方も御いで  來しやどをいで  東京にいで  信濃川にいで  レインコートといふいで  ものハふろよりいで  草鞋脚半といういで  黒長靴と云ういで  楓ちゃん、まだか、まだかってないて  おとうさんがなくなって、悲しくってないて  車房をいで  寢といで  黒上衣といういで  泊つといで  瀟洒たるいで  草よりいで  からんや、いで  寄りといったら寄っても宜いで  袴といういで  鎌倉へいで  ことも思いいで  ことも思ひいで  独逸語にて語りいで  歌は詠みいで  弱みもいで  沢山は見えませいで  これへ出ませいで  土をいで  私なんぞはお羨しいくらいで  氷がありませいで  家にいて  ものが行なわれ、おおぜいで  山にいで  まま、うごきもえせず飲み耽り、ひるいい終わりてたちいで  浅虫にいで  雨しとしとふりいで  答えければ、いで  政かしこよりいで  處をいで  我等池をいで  狩にいで  民よりいで  小舟岸をいで  カープロナをいで  此處をいで  上にいで  岸の上にいで  中よりいで  胼胝のいで  孔をいで  七九行にいで  自然よりいで  チロルよりいで  一部よりいで  斷崖よりいで  雛母體よりいで  巨人よりいで  五つもいで  都にいで  文献にいで  所望どおりに貸してやろうといわんばかりなたのもしいいで  後家とうなずかれるいで  とこにいて  やつをややおとしめにたばさみながら、りゅうとしたいで  おしゃべり屋伝六がいよいよいで  舟板べいで  八丁堀を立ちいで  少年がきょとんとしていましたが、いよいよいで  これが見返さいで  詩をまた起きいで  一づつ二づつまたは三づつ圈をいで  處よりいで  ファルテロナよりいで  襲ぐものその後かしこよりいで  ファーエンツァよりいで  雲をいで  惡臭これよりいで  ルイージ我よりいで  族彼よりいで  ひとりかしこをいで  焔よりいで  ところにいで  羽生えいで  胸をいで  聲天よりいで  若葉のいで  僧侶と共にいで  話説よりいで  天使よりいで  黒烟をいで  畑をいで  天よりいで  泉よりいで  默示録よりいで  から、いよいよいで  から、さらにいで  歩を運ばせていましたが、いよいよいで  今晩行つといで  上で、いで  事、いで  たもとなきいで  それよりいで  裔我よりいで  しき笛よりいで  光よりいで  歌のいで  魂天よりいで  山々よりいで  口よりいで  國をみさすといで  芒穗にいで  ろくほにいで  水蝋樹もえいで  さきつくしけるにこそとさへ思ひいで  旅宿をいで  柵をいで  奥はんもさぞ気まずう思うといで  母さんが怖ろしいで  ずきんといういで  気イでいて  庵からたちいで  ぐひすのねにいで  戸をいで  春草にいで  若草香にいで  月のいで  黄泉国にいで  経済で美しいいで  傍らにいで  通有、いで  のこくにいで  徳をもつてゐると認めても宜いで  街にいで  ブラウスといういで  先刻出で行かれたり、いで  家庭を造り得たるを喜びつつ、いで  隅田川へ漕ぎいで  女猿飛佐助のいで  心変わりに極まつたり、いで  範囲をいで  漢土にもきかず、いで  馬鳴、世にいで  竜樹、世にいで  門をいで  邪道をいで  里をいで  急にいで  げにいで  草鞋脚半のいで  父のいで  スポーツシャツといういで  乳母の語れるに、いで  騎士らしいいで  了へるから宜いで  闥を排して駆けいで  声とは知れど思いいで  論題外なり、いで  運動帽子といういで  双眼鏡といういで  彼女は、このいで  城を立ちいで  ぐるものよりいで  心にも掛けませいで  



前後の言葉をピックアップ
イテヰル  イテヰルト  イテヰルノカ  移転  イテーン  井手  井出  イデア  イデアル  イデアール


動詞をランダムでピックアップ
近寄り連だっ戒めるはい出す焼かす威し握り締めつきまとわ抜け出るはじいかじる悶えよ晴らせ論ぜいぶる棄てれききおとし祈っくさらす定める
形容詞をランダムでピックアップ
こいしい福々しい由無し芳ばしき勇ましかっ正しい佳しこげくさい逞しく黄色かっつらけれ危なから男々しいかしこいやましくひくくっ余儀なけれおぼつかなき並びなししつこから