「あやまち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あやまち[動詞]
取り返しのつかぬあやまち  ことになりますると、よほどのあやまち  門弟のあやまち  あなたに対してつくったあやまち  航海長は、決してあやまち  もう一度同じあやまち  一瞬間のあやまち  卵にあやまち  うそのあやまち  てゐて、ほんの少しのあやまち  自分ながら、あやまち  法師なれば、あやまち  頃のあやまち  日本がもしふたたびあやまち  自分もまたあやまち  何かあやまち  日本がふたたびあやまち  侵略的なあやまち  いちりんあやまち  おのれのあやまち  扇もとむるわが衣ずれにあやまち  筆記のあやまち  何のあやまち  某があやまち  一度もあやまち  一度のあやまち  何の思わぬあやまち  みんなわたしのあやまち  幻影である、あやまち  甥のあやまち  川を越してもあやまち  上に、あやまち  身の、取あやまち  千穂子が、こうしたあやまち  過去のあやまち  者が再び同じあやまち  父のあやまち  頃、あやまちもあやまち  その間にあやまち  言つたはあやまち  から、あやまち  人のあやまち  七度ゆるして上げてくださいまし、ゆるし難いあやまち  あたしのあやまち  厳格で少しのあやまち  ラスキンのあやまち  無邪気なるあやまち  後者のあやまち  業であるのに、どうしたあやまち  何うしたあやまち  自分のあやまち  重大なあやまち  目のあやまち  為のあやまち  ものは、大きなあやまち  わが身のなせしあやまち  省みる毎に、あやまち  菊めがあやまち  これ誰のあやまち  偶然のあやまち  火のあやまち  薩長抗争とかたづけ去ってはあやまち  はずみから出たあやまち  眼力にあやまち  勘のあやまち  いちど、あやまち  おたふくだって、あやまち  若気のあやまち  自身のあやまち  内親王様がたにもあやまち  私のあやまち  自己のあやまち  自分がどんなあやまち  ようなあやまち  恋のあやまち  故人にさせたと、あやまち  眼のあやまち  自分である、このあやまち  のがあやまち  前生のどんなあやまち  人間のあやまち  水ふむあやまち  つるに、あやまち  何かのあやまち  更のあやまち  一生のあやまち  いま人のあやまち  失態などと申して、すなわちあやまち  火事はあやまち  ものの陥るあやまち  身を守って、あやまち  三には、あやまち  一つを失はねど、拙きはあやまち  一つを失わねど、つたなきはあやまち  弟のあやまち  洞察力、すばやくはあるがあやまち  ゴルドン君に助けてもらったらあやまち  意図があやまち  さまざまのあやまち  身をあやまち  大願とせし若きあやまち  本当のあやまち  おしげはあやまち  にわかきまどひのあやまち  彼女はあやまち  従僕はあやまち  好色のあやまち  のかもしれないし、あやまち  日本が又再びあやまち  自分もそのあやまち  しかし、そのあやまち  身の上に、どんなあやまち  通行し、あやまち  顔はないし、よしんばそんなあやまち  芳子とのあやまち  ヴェーネレのあやまち  身のあやまち  左翼思想のあやまち  苦労や、あやまち  自らのあやまち  馬鹿になり、このあやまち  のだが、次にどんなあやまち  頼りと、あやまち  ささいなあやまち  事件は、あやまち  いま赤帽は、あやまち  べつだが、あやまち  時はまだあやまち  夫はあやまち  伊代にはあやまち  実体を、あやまち  



前後の言葉をピックアップ
阿山    過た  あやまた  過ち  過ち  アヤマチ  謝っ  誤っ  アヤマッテ


動詞をランダムでピックアップ
めりこん寫せ使いこなすくつがえせ書き下ろし見積ら集っ引っ立てる書き立て揮い突き刺さおどかしまるめる烟らこおれかたまる生れ即けまわすかきなさ
形容詞をランダムでピックアップ
夥しい口やかましい情け深こよないいたけれ気近し毛深う辛きいたいまばゆかっびんな訝しくだだっぴろく重かっ難いちかしともかろ居たたまらなくみっともよくなかっ勿体ない