「あて」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あて[動詞]
物差しをあて  顔をあて  手をあて  それをあて  鼻にあて  ソーセージがうますぎて少々あて  言ひあて  妻にあて  照明をあて  しろへあて  銃口をあて  僕にあて  中目もあて  云ひあて  鼻をつきあて  顔にあて  目にあて  胸にあて  頭にあて  足をあて  文子にあて  ガーゼをあて  先生にあて  眼に押しあて  香にあて  上にあて  脣にあて  剃刀もあて  眼にあて  牛乳にあて  顔へあて  耳にあて  宿舎にあて  放屁にあて  線で描きあて  指をあて  炭をあて  聴診器があて  主人カスミ女史に言いあて  部屋にあて  頬に押しあて  糸目を探りあて  ところにあて  星野にあて  そのまま胸に押しあて  先かあて  資金にあて  私はあて  最後にあて  歴研支部講演会場にあて  生活費にあて  目もあて  物をあて  唇にあて  心臟にあて  顏をあて  ぴつたり顏をあて  頬にあて  食糧にあて  病室にあて  旅費にあて  肩にあて  怪塔王かを言いあて  口をあて  鍵穴にあて  ふりたずねあて  政府高官にあて  ゲッパート下院議員にあて  光をあて  マッキントッシュにあて  美人英語教師にあて  眼もあて  槍備えにあて  天狗講釈にあて  腰にあて  口にあて  顏にあて  ジョルジュ・サンドへあて  唇に押しあて  脣に押しあて  搜しあて  僕が掘りあて  唇へあて  頬を押しあて  時間にあて  顏へあて  籤を引きあて  唇をおしあて  湿布があて  氷嚢があて  枕に押しあて  唇を押しあて  食堂にあて  それにあて  定規をあて  鞍にあて  所に押しあて  購入費にあて  会場にあて  ものに尋ねあて  眼をあて  腕をあて  むねにてをあて  額にあて  手を押しあて  割引と共に、あて  毒ッ気にあて  唇をあて  口へあて  前にあて  面にひたとあて  鋸へあて  費用とあて  友人にあて  雑巾をよくあて  きのこにあて  寝室にあて  顔を押しあて  石船に衝きあて  継をあて  頭へあて  駕籠に押しあて  両側にあて  ものをおしあて  捜りあて  袖をあて  それもあて  太陽にあて  氷をあて  胸に押しあて  費用にあて  烙印が押しあて  はたきをあて  下にあて  何かあて  掌をあて  直観形式にあて  定義にもあて  法則をあて  意識があて  認識にあて  コテをあて  同僚一同へあて  そこを尋ねあて  刃をあて  患部にあて  耳へあて  土へ押しあて  たなごころをあて  事にも引きあて  方に引きあて  片手をあて  焼金をあて  嫂へあて  鏝をあて  用にあて  母さん月給いくら貰つてんの、あて  袖口をあて  油紙をあて  蓑をあて  手帛をあて  から、アテ  氷嚢をあて  君にあて  露をふみながら、またあて  額に押しあて  一部にあて  殿をあて  どなたのかあて  番地をたずねあて  大学へ振りあて  諸君があて  さにあて  風はいっそう強く吹きあて  ところを掘りあて  背中をあて  朝方箒目をあて  シュバリエにあて  作文にあて  紙にあて  文字組にあて  ローマ法王にあて  祝勝日にあて  日数があて  瞼を押しあて  檢温器をあて  サト子はあて  家にあて  とこへあて  はさみをあて  典型にあて  某氏にあて  兵糧にあて  生活につきまとううらぶれとあて  もっと軽くあて  抑圧しようとする、あて  文字をあて  コンニヤクをあて  丁字帯をあて  風にもあて  ドイツ皇帝ウィルヘルム一世にあて  誰かにあて  輸出であて  寒風にもあて  役を振りあて  急所へあて  丹田にあて  額を押しあて  日などに、しばしばあて  俳優某にあて  まきにあて  道筋に探りあて  めをあて  めにあて  補片をあて  脣にふらふらとあて  頭をあて  鞭をあて  養蚕室にあて  ところを尋ねあて  小野田が探りあて  どこをあて  指を押しあて  窓明りにあて  王さまへあて  目をあて  新田先生に言いあて  正体を言いあて  指先をあて  耳をあて  ものにあて  口にあてようとしても、あて  丸木にはあて  役にあて  腰部にあて  半巾をあて  高僧知識にあて  ハンケチをあて  運動に引きあて  両親へあて  争議団にあて  支配人始め重役にあて  日光にあて  真ん中をぴったり射あて  謎を解きあて  孔明にあて  伏皇后にあて  わず、あて  人達にあて  大使館にあて  何があるかあて  顔に押しあて  所に絶えず押しあて  木村にあて  葉子にあて  自分とにあて  しらに押しあて  生涯を云いあて  毒にあて  親類二名へあて  語にあて  時まであて  体あたりをあて  長崎英領事から長崎家老にあて  どうもこうもない、すっかりあて  濡れ場を見せられて、あて  のをあて  光にあて  くちびるをあて  所かにあて  大理石像を掘りあて  倉地氏にあて  直接葉子にあて  乳母にあて  愛子にあて  額をあて  さつき剃刀をあて  本音を言いあて  いろいろにあて  心さえあて  ところへあて  折つたのをあて  瞼に押しあて  ポケットに押しあて  手巾をあて  休息所にあて  ブラツシをあて  銭に引きあて  箒をあて  日にあて  紫外線をあて  字があて  産室にあて  審理所にあて  剃刀のあて  太陽の光にあて  一室に尋ねあて  自分自身から自分自身へあて  雨滴をあて  頤にあて  姉にあて  彼女にあて  顔に推しあて  膝頭にあて  山を掘りあて  臍にあて  盤をあて  喉にあて  地震を言いあて  名をあて  肥料にあて  向田大尉から支店長にあて  氷もあて  秋にあて  何かを思いあて  両手をあて  たき出しにあて  山をほりあて  焼鏝をあて  電気アイロンをあて  花とりあて  珠子から私へあて  剃刀をあて  自習室にあて  皇帝にあて  人工鼓膜にあて  戦隊司令パパーニン中佐にあて  監禁室にあて  司祭にあて  目はあて  寝泊りにあて  はたにあて  ところを思いあて  背にあて  聴診器をあて  待合室があて  三階があて  男にあて  うちへあて  耳朶に押しあて  手拭をあて  腸にあて  糸さんにあて  肩をあて  事を言いあてられると、言いあて  見事にあて  これなんだかあて  職員室にあて  目を押しあて  肌にあて  湯気をあて  同志数輩へあて  学資にあて  広間があて  上に、あて  首すじにあて  被害者から被告人にあて  私にあて  山たずね尋ねて、尋ねあて  山たづね尋ねて、尋ねあて  人差指を押しあて  つね尋ねて、尋ねあて  文字がよくあて  一つ探りあて  充分にあて  現在にもあて  ものにだけ振りあて  そのまま自然科学者に就いてもあて  落伍者が、あて  仮監獄にあて  ありのままにあて  解明にあて  丁目まで云いあて  足にあて  火にあて  仕事部屋にあて  ものを探りあて  母にあて  一杯ずつあて  もっともあて  ちゃんとアイロンがあて  視線をあて  顏をさしあて  甥にあて  顔をおしあて  板片をあて  鼻に押しあて  頬に磨りあて  口唇とを押しあて  脛当をあて  手拭を畳んであて  金持ちでもあて  上手に光りがあて  妹にあて  イレーヌにあて  教室にあて  午後はあて  偶然教へられて尋ねあて  楽屋にあて  眉にあて  大池氏から家族にあて  拳をあて  若い世代にあて  毒気にあて  女にあて  姿がなかなかうまく云いあて  灯を探りあて  旅行にあて  傷口にあて  布をあて  男へあて  大院君から一行へあて  剃刀を軽くあて  行在所にあて  行宮にあて  恩智左近を振りあて  弁信にあて  頬をあて  上へあて  お座所にあて  脣をあて  かわりにあて  女子供までつかって、やっと探りあて  根元かあて  煙をじかにあて  手をおしあて  仕事場にあて  鏡をあて  ことをあて  画室にあて  金剛山をあて  胸をあて  収容にあて  本陣にあて  扇子をあて  なかにあて  小刀をあて  ガスにあて  あたりをあて  半面をあて  腰蒲団をあて  ほおにあて  ものが掘りあて  さっききみが掘りあて  天井にあて  闇へあて  別当屋敷をあて  秘術によってあて  直義へあて  鼻梁にあて  身体へもあて  碌々身体にもあて  自分にあて  塩をあて  先へあて  姉から妹にあて  これはよい奉公人を置きあて  前室にあて  疵口にあて  其蝶にあて  頼尚へあて  在処を云いあて  双眼鏡をあて  川原をあて  紙をあて  漢字をあて  家を出、あて  ばらへあて  吉水院をあて  地域をあて  腹巻をあて  継布をあて  胸算用に引きあて  私から女にあて  支配頭にあて  雑巾のあて  顏に押しあて  受話器をあて  家を探りあて  手のひらをあて  私の訪ねあて  肩へあて  老眼にあて  電気をあて  いるか、あて  蒲団をおあて  子供につきあて  斧をあて  窓ぎわに立って遠く、あて  前を去って、あて  輔から大隈民部兼大蔵大輔にあて  北海道開拓長官にあて  王へのあて  からのどにあて  杖をあて  地位をひろいあて  後ろにあて  雨にあて  石に押しあて  錠前に押しあて  襟へあて  背をあて  此隠れ家にあて  人からすず子にあて  仙集にもあて  腹にあて  穴をあて  くちびるにあて  局部には白いきれがあて  かなづちをあて  口火をあて  ゴム管をあて  光線をあて  技師から高田にあて  太陽の光りにあて  陽にあて  彼は、あて  掌にあて  ガラスに押しあて  ゆきちゃんにあて  字をあて  クリストフにあて  百々子で、あて  市ノ瀬へあて  井出康子にあて  めもあて  裏山をあて  店を尋ねあて  ドッとあて  板壁へあて  耳に押しあて  口に押しあて  タン夫人へあて  口もとにあて  湯たんぽをあて  筑後國生葉郡にあて  剃刀があて  心につきあて  こころよくあて  ものを打ちあて  一女性にあて  曹司にあて  くじを引きあて  それにはあて  歩きついでに尋ねあて  思惑であて  袂をあて  耳を押しあて  彼にあて  歯鏡をあて  帝のあて  一時めもあて  太陽の光をあて  選挙公にあて  いつでも尋ねあて  短刀をさしあて  冗談で言いあて  表現を思いあて  それはむしろ探りあて  用途にあて  其身体にもあて  扉を探りあて  銃先をあて  人にあて  朝吹英二をあて  物質にあて  綴布をあて  壁にあて  手にあて  物をつかみあて  墓場に探ねあて  壁に押しあて  どこにあて  太宰をあて  歯をあて  肩先にあて  靴をあて  立花出雲守が振りあて  嘘をあて  白布をあて  針もあて  まっ青なそらをあて  上から唇を押しあて  旅して、あて  戸へあて  小林へあて  今にあて  夜風にあて  張氏へあて  一つ、あて  それをそっくりあて  倉庫にあて  本部宿舎にあて  窓をあて  板壁にあて  ひよつくり讀みあて  一節を讀みあて  詩をひよつくり讀みあて  一節を読みあて  詩をひょっくり読みあて  錬成場にあて  気候にあて  気苦労なこった、とあて  讚美を、あて  くみ子から會社へあて  饅頭を押しあて  宿所にあて  特によくあて  階級性にもあて  未亡人から夫にあて  礎にあて  水脈を掘りあて  格子にあて  砥石をあて  眼をぴったりあて  わたくしにあて  松屋惣七にあて  きんらい酒にあて  高へあて  二階をかりてあて  拍車をあて  今家へあて  齢を云いあて  監督へあて  当人を尋ねあて  友達にあて  筆にあて  齒をあて  局部にあて  神妙にあて  真中あたりにあて  硬度計をあて  二人は、しばらくあて  お前たちにあて  体をあて  何処とあて  ソヴェト作家にあて  ライトを強くあて  宴会場にあて  瞬間を探りあて  人指し指をあて  双眼鏡があて  ケノフスキーへあて  毒瓦斯に幾分あて  鬼塚元帥から君へあて  金山にあて  モチアミをあて  焚火にあて  ブラツシユをあて  彼はあて  自分があて  鶴嘴をあて  思つて郷里にあて  物さしをあて  水にあて  口押しあて  瞼へ押しあて  拳固をあて  頬をすりあて  家族へあて  乾雑巾をあて  前掛けをあて  居間にあて  女を見あて  尺をあて  ひとにあて  エリザベートにあて  千々岩にあて  龍子から笹木にあて  画に光りもあて  一つ鞭をピチッとあて  眼のあて  穴にあて  タオルがあて  赤外線をあて  毎日ラジウムをあて  毎日ラヂウムをあて  気持をある程度まで、ぴったりあて  顏をおしあて  異様にあて  ちょっと歯をあて  物置きにあて  金鉱を掘りあて  対局場にあて  拡大鏡をあて  敗北を言いあて  湯げにあて  日光をあて  皮をあて  火箸をあて  谷川徹三氏とにあて  母葭江にあて  娘百合子にあて  場所にあて  ササユリにあて  藤長苗にあて  襟にあて  木挽場にあて  上体を動かし、あて  繩をあて  原野を見あて  大臣にあて  裏をじかにあて  鼻をあて  光線にあて  砥にあて  タオルをあて  俳優にあて  腹をあて  一様にあて  ダイナマイトをあて  機械人間にあて  競馬であて  臭を嗅いで歩いて、とうとう嗅ぎあて  教場であて  頬にあて、あて  老番頭にあて  みんな、同時に、あて  工場街をあて  兜に射あて  会費にあて  傷口に押しあて  一件をあて  温気にあて  夜露にあて  寒気にあて  脇腹にあて  豹吉へあて  上下にあて  論理的価値標準をあて  家を探ねあて  庸介へあて  しかクニッペルにあて  面にあて  名にあて  洋食にあて  念入りにこてをあて  郁治にあて  一当あて  客にあて  女から男にあて  行きちがい、尋ねあて  肌に押しあて  だれをあて  手ェ眼にあて  婦人へあて  住居としてあて  眼窩へあて  笛をあて  胸も押しあて  泣き顔を、押しあて  ものをあて  法則にあて  インガからドミトリーへあて  ブラシをあて  耳を傾けて、あて  雪にあて  笞をあて  ステッキを強くつきあて  用地にあて  名前までもあて  ほんとうに自分のとしをあて  これはなかなかむずかしいが、あて  浜へあて  両手にあて  背中に押しあて  次郎にあて  受験出来なかった友達にあて  俊亮にあて  杉田にあて  気持に追いたてられ、あて  ようにあて  ツギをあて  恭一から次郎にあて  恭一にあて  顔におしあて  ちょっと胸に押しあて  本数をあて  発行所にあて  のを買いあて  一番貧乏籤を引きあて  機密を何とかして探りあて  雲にあて  前髪へあて  一度掌にあて  あれは言いあて  弾丸をあて  刃にあて  メスをあて  校長さんだけにあて  本田もあて  かたっぱしから撞木杖をあて  頬もあて  額へあて  濡手拭をあて  少年院を尋ねあて  酒にあて  臼へあて  船にあて  僕はあて  父へあて  講義にあて  朝倉先生にあて  ものになって、あて  背景にあて  腰骨へあて  片耳を押しあて  風にあて  お母さんにあて  界隈をあて  口に軽くあて  掌を押しあて  問題にあて  岩内にあて  艪を拾いあて  真犯人をあて  お前にあて  花廼屋もあて  客間にあて  金兵衛にあて  松雲和尚から金兵衛にあて  耕地にあて  隠居所にあて  奉行所にあて  小休み所にあて  泊まりにあて  住居にもあて  半蔵にあて  司法官から警察署長にあて  議場にあて  教場にあて  衆にあて  出張所にあて  稲葉家へあて  講習所にあて  左衛門町へあて  ツモリで掘りあて  うえにあて  さやであり、あて  耳でほしを聞きあて  こと日にあて  八重垣姫を振りあて  箱を探りあて  蒲団に押しあて  樹幹にあて  岸にあて  半金をあて  全部をあて  腹掛をあて  地上にあて  寄席にあて  場所もあろうに、あて  ナイフをあて  たもとをあて  両手をすねにあて  炬燵にあて  寒にあて  池ノ端で探りあて  一発は、わざとあて  指先を押しあて  咽喉部にあて  これも振りあて  中から掘りあて  葉をあて  村に掘りあて  部屋があて  検温器をあて  金網にあて  箒もあて  片をあて  凌駕しているからあて  型にあて  兄さんがあて  自分にもまだはっきりつかめないという、あて  役目を振りあて  猫にあて  それを、あて  灸をあて  棒にあて  舌をあて  確と押しあて  咽喉へあて  不足にあて  髪にあて  黒子歯にあて  歯にあて  黒子齒にあて  齒にあて  体をうごかしてあて  ミシンをあて  詰所にあて  書信代にあて  友人のたれかれにあて  実験室にあて  ためにあて  お菊さんは云いあて  ドレイクへあて  母親にあて  ベエコンにあて  フランダースにあて  スペイン総督からフェライラにあて  ベエコンからアントンにあて  伯爵にあて  女王からエセックス将軍にあて  バアリイにあて  兄アントニイからエセックスにあて  セシルにあて  構造そのものを言いあて  ちょっと杖をあて  消毒ガーゼをあて  音にあて  急変を云いあて  外国人にあて  つぎをあて  ウワバミ元気にあて  得意先四軒にあて  役場へあて  そこへあて  サラのあて  咽喉にあて  あいだ押しあて  手をおあて  おしめをあて  掌をぴたりとあて  どこからナイフをあて  きょうもあて  義平太も、嗅ぎあて  眼へあて  泣き顔を押しあて  柄をあて  胸へあて  四一まひにはあて  者を探りあて  楊子さんにあて  四角なきれをあて  もの寒にあて  火をあて  木下杢太郎にあて  木下杢太郎へあて  誰だかあて  身にあて  形にあて  刃物さへあて  授与式にあて  余にあて  手の甲をあて  つて口にあて  それを尋ねあて  艱難を凌いでようように尋ねあて  人があて  これにあて  阿修羅にあて  宿屋へあて  座敷にあて  ピストルを探りあて  休憩にあて  前から言いあて  奈良さまをあて  手もあて  歯に食いあて  梅さんにあて  ところから光をあて  醜聞にあて  どなたかあて  式場にあて  云ふので、あて  

名詞

あて[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あてがはずれた  あてにしていませんけれども  あてもなくあちこちあるきまはる  あてもなくあるけば  あてにならぬ  あてもなく彷徨しているかもしれない  あてにならず  あてのない事だとおっしゃるかも知れません  あてもなくあこがれて行く  あてにしきってゐる  あてもなく山から野を歩き  あてもなく歩く  アテにはしてゐない  アテがはづれたとき腹が立つ  アテにしないで  あてもなく歩いた  あてにしながら  あてにならなくなって来た  あてにならない  あてにしていない  あてとプロテクターをつけた  あてがひ  あてがつてるのみ  あてがつて見た  あてにしないで待つてゐて下さい  あてにはならない  あてになる  あてになろう  あてもの遊びの一つであることを知っていた  あてもなく騒ぎ廻る  あてがつてゐた  あてにして  あてが外れるよ  あてもなく移動するという  あてどない旅の途上にある  あてにならぬは  あてもなくなり  あてが外れたといふ  あてもなしに雨あがりの  あてにならないにしても  あてがある  あてどもなくさまよひ歩いた  あてもなく歩き廻つてゐたが  あてもなく歩き廻っていたが  あてがつてもら  アテにならない  あてにしねえで  あてのある  あてどもなくそこらを見廻していたが  あてもなく唾を吐き散らしながら  あてもなく自堕落な生活をおくっている  あてがはれた  あてにする  あてもなく好奇心を満足し  あてかて大阪で生れた  あてもなく快晴の日の道路を走った  あてのない多数の人を犠牲にするという  あてのない誰が被害を受けるか解らないという  アテにならぬ  あてが外れて  あてを狙っていた  あてがつて大便をさせはじめた  あてはある  アテのない道かと思うと  アテがないと申されるか  あてにしてやしませんやネ  あてもなくその一人を拾ひあげて  あてになりませんわね  あてがつて下すつた  あてがひに  あてもなく歩いて行った  あての子どっせ  あてが怖おっせと  あてにはならぬと  あてどもなく前の方ばかりを見つめて歩いてゐる  あてにしてはいない  あてもなく振り廻したりして  あてがあるべさ  あてにならないよ  あてもない金の工面をとうとう受け合ってしまった  あてもない草の道の散歩を続けていた  あてにして来たので  あてにできます  あてどもなくさまよって居るかと思うと  あてにはならないし  あてに戦うか  あてどもなくさまようている  あてにできない  あてにかかる  あてどなく往来を走った  あてもないが一枚を五十銭で買った  あてもなく異性を戀して  あてもないことを願った  あてがつて睡  あてもなく彷徨い歩く  あてもなく落ちて  あてにならん  あてがつきませんでした  あてがはずれて  あてもなしに廊下を往復している  あてもなくさ迷っていた  あてもなくなった  あてにして居りません  あてにはしていなかった  あてになりません  あてもなくブラブラ歩いていると  あてがつきません  あてもない波のようにわたしの父はあざらし人間の身を変えた  あてに地方から流れこんで来る  あてもなく幾日か暮さなければならぬと思うと  アテにして  あてのない足どりで歩きまわった  アテになる  あてもなき金などを待つ思ひかな  あてもなく急いで  あてにするという  あてすつぽふに  あてにはならないが  あてどもなく芝生の庭をながめている  あてどもなくブラブラ降りて行ったが  あてもなく歩きまわる  あてもなくブラブラしている  あてどもなく風の中を歩きまわる  アテがつくまで  あてにこの家へいらつしやる  あてにしてゐ  あてながらされる  あてのない散歩はどうしても出来ないし  あてがつたことになり  あてもなくゆく  あてがはずれます  アテになりませんし  あてがうめえ  あてなしにおさがしなされては  あてになった  あてになるも  あてにしないでゐて  あてにするな  あてにすればい  あてにするななんて  あてにしてゐた  あてにせずに  あてもなくさまよふ  あてもなく果もなくさまよひあるいてゐたが  あてもない旅の袂草こんなにたまりたたずめば  あてどもなく凝視めている  あてにもしませんでした  あてにはなりませんが  あてもなく捜していると  あてにならなくなりました  あてのないことが分かって来ると  あてがはずれてしまいましたので  あてのない人をそうして幾年も待っていても  あてもなく停車場を出ると  あてもなく歩きまわっていましたが  あてもなくふらついていた  あてがはれ  あてになりませんのでございますよ  あてがあります  あてがなくて暮している  あてになりませんからね  あてにした  あてもなく揺ぎ始めた  あてもなく動かされていた  あてにしていた  あてがつてくれつて  あてにならないわ  あてもなく彷徨よっている  あてがはれました  あてになったわ  あての夜興行の小芝居もどりに  あてにはしないぞ  あてとぼとぼと歩いて行った  アテもなく待つ  アテも無く待つので  あてが言うて来ます  あてはどないなっても  あてで悪おしたな  あてに恥かかして  あてをさし置いて  あてが黙ってられますか  あては汚れた  あてが持ってまっさかい  あてのこんな姿を見たら  あてが払いました  あてにならないと  あてにはなりませんなあ  あてにならないといふの  あてもなしにそわそわと街へ出掛けて行く  あてにならないという  あてがつてゐる  あてもなかった葉子はうつむいて  あてもなく燃えさかる  あてがわるべき  あてもなく刑務所から出てきて  あてがあるか  あてがふが  あてもありませんから  あてもなくそれらの景色をながめ  あてにしてしか行なわれない  あてといっても  あては外れた  あてはまたはずれる  あてもなくほんのりと自分を失くしてしまふ  あてのない祝言をした  あてもなくたずねて歩きました  あてに出来る  あてはありません  あてにせぬと  あてにはならぬ  あてなしに旅行をしていた  あてもなく飛び廻っているばかり  あてもなしにのんびりと歩きつづけていた  あてなる姿を君や戀ふる  あてにならぬと  あてにして待っていた  あてもなく迷ったが  あてにはならないぞ  あてになって  あてにはならないけれど  あてはまつてゐる  あてにしていなかった  あてにわたしを見つけたら  あてに避難所のほうへ泳ぎ帰った  あてに二十三本抛り込まれた  あてに痩せたるかの  あてもなく顔見世台の方へ歩いて行った  あてがなくなり  あてになるか  あてもなく踏段の方へ歩いて行く  あてもなくさまよう  あてがつて濡れた  あてもなしに歩き  あてもない空からころげてきた  あてもなく辿り行く  あてもない暗い夜の海を見はっている  あてにして待っている  あてもなくさまよいました  あては立つて居る  あてどもなくさまようていると  あてもなく待ち続けて行きましょう  あてどなく町を行く  あてもなく見廻したが  あてなしに庭を歩いて行く  あてもなしに歩きまわっていた  あてになりませんね  あてもなくうろついた  あてのない彷徨をつづけている  あてにならないとは  あてもなく短刀をふり回していると  あてが外れた  あてにならないなと  あてにはなるまい  あてがひ置く  あてもありません  あてもなく歩いてゆきますと  あてともなくこう言い出すと  あてもないところを咎め立てしてみる  あてのない人を空頼みにして  あてのない大池の帰りを待っていられない  あてどもなく動きまわっている  アテ外れ円本出版屋が予想裏切の一として一時当惑した  アテなしに買ったからである  あてには出  あてにしない  あてもなくじっと傾ける  あてなしみたいに観て  アテにしなくなってしまっていました  あてのないものを見詰める  あてはしない  あてなしにブラブラ歩き出した  アテにはならぬ  あてもなく歩いたが  アテもなく歩き始めた  あてもなく歩いて行きました  あてもなくこの形式論理の一部分を棄てねばならない  あてがちがう  あてもなくそろそろと歩きはじめた  あても見出せない  あてに駈けだした  あてにはなりませぬ  あてができてゐたさうである  あての買物を兼ねて  あてにしている  あてには成らないが  あてもなく町から村へ出て  あてもなく逃げていってしまった  あてにならないので  あてめざましく雨を飛んでゐる  あてのない幸福を待ちながら  あてになされぬほどの  あてにはするな  あてなき落人の漂泊とは違い  あてどのない尋ね人を探して来るまで  あてどもなく歩き續けて行く  あてにしていると  あてがあるなんて  あてにしてはいないか  あてをつけて  あてに空腹にゆるんだ  あてもなく努力したとて  あてにならんよ  あてもなく漂っている  あてやみがたき情愁の海にひたりつく  あてながら震えた  あてもなしに駈けあつまる  あてはあるの  あてとする  アテが外れた  あても無しに其処らをうろ付いている  アテにならんよ  あてが代っても  あても無しに浅草観音の方角へ探しに出た  あても無しに我が家を飛び出して  あてもないぼんやりした  あてもなく私は病室を出かけて行く  あてのしようもありません  あても無しに其処らを一巡して  あてどもなく繰りかえされる  あてのない列をつくって待っている  あてがはづれて泣きながら  あてもなく海上をさまよひ歩き  あてもなく闇市場を歩いていると  あてに他の畦を突切るに  あてにして来たらしい  あてのない極東の旅を思い立ったが  アテが外れて  あてどもなく足元の花をむしった  あてもなく畑の方に歩き出した  あてもなく出かけていって  あてもきめないで  あてもなく歩き続けていた  あてもなくさまよっていた  あてもなく散歩をしていた  あてになりませんわよ  あてのないものとなれば  アテが外れますぞ  あてどもなくあるきながら  あてになりゃ  あてもなく東の方へ飛んで行きました  あてがはずれたが  あてもなく揺いでる  あてに近づいて  あてもある  あてにしてやって来た  あてなき旅をつづけた  あてにならないと云う  あてにならないからだ  あてにして来た  あてでもある  あてのはずれてしまった  あてにそのお駕籠先で割腹自刃を遂げた  あてがないとしたら  あてのはずれた  あてが違うぞ  あてに死んでやる  あての計画的な毒薬自殺と判明した  あてで死んだか知らねえが  あてがひませんでした  あてもなく駈け出して  あてずつぽうにそれらしい山を探して見るより  あてという感情が非常に強く支配した  あてどもなく走り出し  あてもなくあっちこっちと家中を歩き廻って居た  あてのない旅路をふみ出す  あてまた一部に馬も住ませ  あてもなく見渡しながら  あてもなく歩き出した  あてもない病人にかかる  あてもなくでてきた  あてにはなりませんがね  あてにするには及ばんから  あてにならないけれど  あてもなく歩いていたが  あてなどある  あてが外れ  あてどもなく飛び歩いている  あてもなく旅をしてゐました  あてもなくやんまのかがいの中に放り上げる  あてどのない憎しみで燃え立って  あてどもなくつぶやき通した  あてもつきかけて来た  あてに生きている  あてにして暮してる  あてなしに歩いて行く  あてながら挨拶の顰め  あてもなく華やかな外国をまねした  あてをしているわ  あてなどにはすでに体言的の意はある  あてはであるといふことによつて稍たしかめられる  あてなどが睡いなど  あてにするから  あてにもしてゐなかつた  あてにして喜んだ  アテにならん  あてにしては居りません  あてがつきはじめたと思った  あてもない胎動がつづいてゐるにすぎなかつた  あてがありますが  あてもなくだまつて空まはりをして  あてに来るといへば  あてにされると  あてにはしなくってよ  あてにならないですね  あてになどして散らかったが  あてやがったな  アテにならず  あてどのない愛のもだえを扱った  あてにならぬが  あてがつかなかった  あてに送った  あてにはなりませんがな  あてにしていらっしゃらないし  あてじとても矢はつがへ金の桂に額まける  あてにして書かずに居られない  あてがはずれたので  アテもなくうろたえてしまった  あてもなく焦立っていた  あてどない生命力の燃焼のかげは  あてはすっかり外れたので  あてにし  あてでもあれば  あてもなく探しあるいたが  あてもなしに世の中へ出て行こうという  あてもなく世間へでていく  あてになりました  あてもなくぶら  あてがつかないよ  あてもなく歩るき廻りました  アテもなくスタスタと歩いて行きました  あてが外れたが  あてもなく踏む  あてにしていただけに  あてどもなく見ながら  あてともなしに待ち  あてにならないね  あてにしないでね  あてにならないと思います  あてもなく一人寂しく両国のほうへかれはあるいた  あてのねえものを貸す  あてのない音階からだんだん伸子が思い出して  あてにして見に入った  あてどなさのまじった  あての手無理こ無体に引っぱって  あてもいく  あてがはずれてしまった  あてにならないかを示した  あてにはなりませんでした  あてともなしにさまよい歩いている  あてどもなくここまで落ちて来た  あてどもなく歩いて  あてもなく旋回しながら飛び  あてさせたくならせるかと云えば  あてがはずれる  あてどもなく一所を睨みながら  あてもなく飛んでいる  あてなりし人今はなしはやといふ歌を書いておくられた  あてなりし人今はなしはやという歌を書いておくられた  あてにせずとも  あてが外れたという  あてもなく電車を追おうとする  あてどもなく読み散らしております  あてにせず  あてにするなよ  あてにして待っていても  あてどもなく二人は歩き廻って  あてどもなく田舎から出て来て  あてにしてゐて  あてがひながら  アテがはずれた  あてにならんね  あてにすると  あてもなく夜の道に彷徨い出た  あてもなくあこがれていると  あてもなく日本橋の附近をぶらぶら歩いている  あてもなくうろうろ歩いていますと  あてもない原稿の乱作をしました  あてのない現実の生活から真珠を分泌させた  あてたまふ  あてがつて二時間ほど遊んでくる  あてがついて  あてもなくこの成層圏を飛びつづける  あてをつけて居たので  あてもなく運だめしに出かけました  あてもなくあたりを見廻していると  あてにしないで  あてでも会うたら  あてになりませんわ  あてもない享楽を求めて  あてがつてはそれを無理に着せて  あてない混乱に落込みます  あてのない隣人愛だけを唯一の支えにして生きなければならない  あてもなくただよっていた  アテにし切っている  あてもありはしない  あてもない情熱の戀でもさがしに行かう  あてにされていちゃ  あてがあるとも  あてもなく歩いている  あてにしちゃいけないって  あてにしてる  あてもない漂浪者になって  あてのない私のかなしみを沈ます  あてにてはならない  あてとてなかった  あてにしてさ  あてになりませんよ  あてずつくつてゐる  あてがつてある  あてどもなくさまよいつづけた  あてもなくその通りを歩いて行った  あてもなき群集のながれゆく  あてにならんさ  あてのない魚肉を探す  あてもないらしい絶望の色があった  あてもない海の人魚を捜すよりは  あてもなくトボトボと歩いていたが  あてもなく歩いてゐました  あてもなく敦賀の町をさまよって  あてもなく追いながら  あてもない冬の旅がしたくなった  あてどもなく彷徨ひぬ  あてをしてやって  あてではどうにもならぬ  あてにはならんが  あてに始めた  あても無しに往来へ迷って出て  あてがつた物から得た  あてかて持つて  

~ あて[名詞]1
次郎はあてが  ものはあてに  之はあてに  友情なんてあてに  頂戴いたしませんではあての  鞭をあげてあても  私は待つてはゐたけれどアテには  アテにしてゐるとアテがは  の図などをあてに  どこというあても  着物を暖めてはあてが  三四ヶ所胸にあてが  何のあても  のはあてには  児童のあてもの  最初これがあてもの  往来をあても  板にあてが  力をあてに  金持ちをあてに  私設鐵道のあてに  此の先生活のあても  弟はあてが  全部はあてに  壽司をあてが  うちをあても  どこからも出るあては  雑用をあてが  男ほどアテに  丞様はあてに  もとよりあての  仁右衛門はあても  なんのあても  二人にあてが  行先のあてでも  妙子をあてに  地図をあてに  #のはあてに  書物を引っぱり出してはあても  言葉があてに  もののアテに  ことのあてが  密かにあてを  一室をあてが  尻をあてが  あなたたちの出て行くあては  旅にアテが  ものなんかあてに  牝牛をあてが  私は行くあても  子はあての  白状するがあて  不仕合せにおしやしたらあてが  誰れからも愛されるあても  佐助たずねてのあて  不思議であてには  心をあてに  何をしようと云うあても  懐中をあてに  どこへ行くというあても  人間ほどあてに  ジヤック・ナイフをあても  何処に行くあてが  食物をあてが  丞はあても  販売網をあてに  進歩をあてに  原稿を書くあても  それもあてには  何をあてに  智やあての  天祐はあてに  他人はあてに  曲名をあてに  誰に贈るあても  日頃はあても  乳をあてが  姿のあてや  あとにあても  ジャッキイにはあてが  完全にあてに  通りをあても  開墾地をあてに  家を見つけるあては  西洋人だからあてに  記憶のあてに  卒業するかあての  音をアテに  腕なんかがアテに  何処もあてに  彼だとかあて  枕をあてが  あんたばかりをあてに  褌をあてに  顔に押しあてながら  ものをあてが  当人があてに  色合いなんかアテに  食い物もあてが  ことはあてに  谷をあてに  つて別にあてが  事なんかあてに  俺をあてに  誰をあてに  そればかりをあてに  事だかあてには  ひとをあてに  四国九州をあても  私はあても  何というあても  本を買うあてが  家のあても  海岸をあても  役をあてが  行つても働くあては  腰にあてが  顔はあてに  収入のあてが  屋賃などあてに  情をあてに  人力なんぞをあてに  ためにあても  ようにあても  上にもあてに  のをあてが  殿方はあてに  浮標をあてに  御馳走があてが  収入のあてと  どこへいくというあても  助はあても  十夜をあての  誰もあてには  それに踏みあてと  胸にあてが  毎夜なんのあても  どこに行こうというあても  いらいらとあても  まわりにあてが  何があてに  記事であってみればあてには  口をあてが  いつ着くかあても  下にあてが  他にあても  思想をあてに  行く先のあてと  中野君のあては  名前なんてあてに  温泉場であての  どこへ行くというあてども  それをあてが  どこというきまったあてが  報酬などあてに  百世紀かかってもぬけだすあての  衆だからあてには  下をあても  何もあてに  衣を透きて見ゆるあて  一度位ではあてに  きょろきょろとあても  今度もあてには  正道もあてに  せわのひまいらぬさあても  博士にあては  どこへねるあても  わたしがあてに  手紙をあてに  声をあてに  なにをしようというあても  何処へ行くあても  試験があてに  段位などはあてに  布をあてが  事をいふほどアテに  記事のあてに  薄ら明かりにあては  彼女をあても  方面をあても  闇をあても  房一はあてが  聴診器をあてが  噂はあてに  神だのみがあてでは  箱をあてが  少年はあても  夜路をあても  誰をあてとも  批評文などはアテに  予約金取込みのアテ  古本屋共がアテ  はじめからあてには  女学校を出てからあての  島後のあても  漂流者のあて  善人とはいうがアテには  首があてでは  先々のあても  誰をあてにとも  片のつくあてが  塩市をあての  心はあてに  日などはあてに  僥倖をあてに  のだからあてには  空をあても  風をあて  歳費をあてに  言葉はあて  工合いじゃあてに  彼らをあてに  お金がはいるあてが  小手すねあてを  光をあてに  そことめあては  行く先のあては  作戦のあてが  指にくちをあて  どこへ行こうというあても  胸に押しあてながら  評判をあてに  火消しはあても  金のはいるあてが  心のあてと  空頼みをアテに  越中褌のアテが  何処へ出るというあても  完成し得るあても  人気とはあてに  出し物のあてが  ことをあてに  長三郎はあても  人をあてに  だらしなく動くあての  うしてあても  出版社をあてに  手に入れるあても  土藏をあてに  船便を求めてあての  見事にアテが  何のあてども  どこと云うあても  言い分を信じるかあてに  資金をあてに  近くをあても  二合瓶をあてが  どことてあても  不幸をあてに  私のあても  らをあても  責任とかをあてに  ひょっとするとアテが  中をあても  んばかりあてども  道楽時代もあてに  一千五百里もあてに  私はあてが  瞳があても  何をしようというあても  ものだけをあてに  雨戸をあてに  どこへ行くあても  一杯をあてに  礼をするというあても  人間はあてに  我々自身のあてに  幾分でもあてに  仕事のあてでも  押井村であてに  手首をあてが  子供が出来るあてが  すつかりわすれてあてが  墓もあてには  櫂を握るにもあては  伝六太鼓はあてに  鷹狩りをあてに  何処へと云うあても  倉庫にあて  はつきりしたアテが  海面をあても  辛抱し切れなくなってあても  行手にあての  いつなおると云うあても  涼をあての  燈明台なんぞあてに  林間をあても  幾分かあてが  恩恵などをあてに  生活のあても  ポリモスはあてがは  金のできるあても  ハンカチをあてが  自活のあても  日をあてに  月給だけをあてに  あてにならないあて  その他には探すあてが  顔を押しあてながら  財力をあてに  脚にはすねあてを  名詞法があては  ことかあてには  手当をあてに  おみやげをあてに  年なんかアテに  始めからあてに  自活できるあてが  オゥ・ソーテルヌならあてが  夢はあても  屑屋があてに  あなた一人をあてに  縁者をあてになど  懐中のあても  気が変るあてに  物を掘りあてや  嫉妬やあて  多くはあてに  助けもあてに  先方もあてに  ようにアテも  ひとりで苦しみながらあても  ようなあても  積りのあては  納采をあてに  救小屋をあてに  上演してくれるあてでも  どこをあてとも  気持であても  これだけであても  七割まではあてに  私にあてが  言ふあても  小道をアテも  一軒位ゐはあるであらうとあてに  心からあてに  報酬をあてに  時計はあてに  不死身があてに  お金のあても  工面はあてが  さとあてど  水道をあてに  のですからあてには  行先をあてに  彼はあても  頬を押しあて  たまにはあてが  しまを織りてあて  事はあてに  収入をあてに  彼はあてが  メダル探すあてが  どこに泊まるあても  夢なんぞはあてに  助けをあてに  智的生活にあて  信用してしまってあてに  上演のあても  部屋をあてに  夢があてに  返事をあてに  天丼をあてが  上品もあてに  讃辞をあてに  野路をあても  讚辭をあてに  貪欲をあてに  さへあてに  スプリングをあてに  旅人のあてに  日本へ帰れるあては  唇をさしあて  酒をあてが  十本ばかりゆずってもらえるあてが  違いないとあてを  氣づいてあても  親父さんはあてに  のかはあてに  草履をあてが  毎日ちいとあてでも  貴方のはまるであてに  身近くのあても  それぞれ衣裳をあてが  やうに思ふがあてには  ストライキをあてに  発表のあてが  空間をあても  自分をアテに  娘たちとあても  身体をあてに  どこにあてが  さをあてに  他をあてに  救いをあてに  私をあてにては  生活費のあてと  金ばかしあてに  ハモニカをあてが  陸地にめぐりあうあても  風にもあてずつ  ところにあてが  丸太があてが  米代としてあてに  ママをあてに  報酬はあてに  街道をあても  工面するあても  正太はあても  金をあてに  幻影をあても  何処というあても  旅であてに  水夫たちにてあてを  のはあてに  わしをあてに  どこへ行こうと云うあても  何処と云って行くあては  何処へ行くと云うあても  図書館通いをあてに  來てあてが  字をあては  

~ あて[名詞]2
全然あて  どうぞあて  何であて  まるであて  全くあて  そのままあて  いかにあて  何ともあて  そのあて  どうにもあて  どうもあて  うつくしいあて  たいしてあて  つらあて  すっかりあて  いわばあて  案外アテ  全くアテ  そうあて  やがてあて  同時にアテ  まったくあて  こんなあて  なんだかあて  あのあて  そんなあて  どれほどあて  すっかりアテ  さしたるあて  とてもあて  すこしもあて  頗るあて  こっそりあて  必ずしもあて  なんにもあて  漫然とあて  なにかあて  ぶらりとあて  深いあて  もうあて  確たるあて  案外あて  てんであて  別にあて  ちっともあて  そんなにあて  あんまりあて  どんなにあて  再びあて  せっかくあて  何だかアテ  あんなアテ  やっとあて  さあて  極めてあて  

複合名詞
君あて  太郎あて  私あて  あて顔  あて悲しみ  只あて  一番あて  あて潜  めあて  指あて  おしあてたま  いふあて  あまりあて  あなたあて  褒美めあて  あてもの  あてあて  本部あて  本隊あて  怪塔王あて  あて身  あてども  耳あて  僕あて  ゴリアテ  ただあて  一あて推  アテナイ  尻あて紙  尻あて  さあて  財産めあて  古代アテナイ  一寸あて  あて様  一人あて  おしあて  襟あて  待つめあて  眼あて  とりあて  口あて  独りあて  あて俯向  四枚あて  胸あて  佐々刑事あて  予算割あて  あて推量  名あて  あて篏  あてちがい  心あて  内々心あて  あて勘定  百万円あて  ゴム製尻あて  何あて  此奴あてつけ  あてつけ  窪尼あて  父あて  店あて  博物館長あて  二つあて  余りあて  どおり一箇二銭五厘あて  面あて  戦争あて込み  モロ警部さんあて  お前あて  八十人あて  船長あて  アテツケ  割あて  アテナイ人諸君  外務省あて  あて込み  あて人  罹災者あて  眺むらむあて  あてみたい  あてら  あて坊ン坊ン好き  あてびと  あて推量なぞ  あて事  木部あて  あてばん  探りあて  ひとあて  一月二十五日付シュタルケンブルクあて書翰  エンゲルスあて  母あて  アテ気  アテら  四斥候隊あて  姐あて  巨人ゴリアテ  名あて札  自宅あて  あてはずれ  島あて  指あて故里  晩やわあて  ろあて  私ゃ面あて  市民一人あて  自分あて  右馬介あて  あてたま  あて度  本庁あて  言葉あて  何かしらあて  芥川文子あて  炊あて握りまま  耳あて小半日  アテ外れ  さやあて  丞あて  隊あて  所あて  こころあて  三ヵ寺はめあて  あて通し  アテナイ貴族  程アデ  毎日一人あて米一升  坪一両あて  あて誇張  アテナイ市民  アテナイ保護者  あて電線  あて荷縄  大あて違  ひょっとあて  肩あて  あて首  結局あて  誰あて  香奠めあて  川上機関大尉あて  あてとも無し  あてども無し  割りあて  毎日あて  びアテナイ  書心あて  あて大声  ツクヅクあて  文部大臣あて  陸相あて金壱百円也  折角あて  僚友選手あて  いまあて  木曾礼二郎あて  石井みち子あて私信  木曾礼二郎あて私信  様石井みち子あて  石井みち子あて  村尾健治あて私信電報  石井みち子あて私信電報  あて人ら  あて違い  あて鼻  彼あて  あて方  四字あて  おれたちあて  あて付け  あてぶり  あて毒死  じいアテナイ  旦那様あて  とつらあて  年金三百両あてお下げ  わたくしあて  クリストフあて  他人あての  大阪府知事五代才助あて  二十分あて日あたり  時局あて込み  息子あて  わりあて  あてこと  大抵あて  つてあて  アテナイ人  どこといつてあて  あて大ころ  あて途  孝之進あて  らくあて  毎日二本あて  袖あて  女王あて  マウントジョイあて  本陣あて  庄屋あて  蜂谷香蔵あて  役所あて  奉行所あて  二人あて  中将あての  夜夜中あてこと  あてごと  筑摩県庁あて  筑摩県庁あて嘆願書  戸長青山半蔵あて  仲人あて  稲葉氏あて  留守宅あて  飛騨有志あて  女房あて  突きあて  山川君あて  局長あて意見  一木枢相金森長官あて  全国連合会長あて  首相あて発送  手アテ  あて編笠  一人あて百座敷  一人あて千五百円  あてぢ  すあて  何處つてあて  柳沢金吾あてつう  数時間あて  なんぼあて  あてづつぽうに検温器  あてら顔滅茶苦茶  あて着物  あてらうち  局あて電送  凡てアテ  アテ名  あてがい  アテシコ  アテチョコ  触りあて  月子あて  兄あて  掛川氏あて  自然哲学者あて  あて乍ら  栄さん夫妻あて  壺井栄あて  あて背中  やつ一人二銭五リあて  子供達あて  ひと日ただあて  一夜あて  あて黒猫  加減あて  つぎあてだらけ  云つてあて  アガアテ  浜あて  俊亮あて  書あて  あて氣  つくりあて  このごろわしあて  わしあて  朝倉先生あて  あて候  あてニ  事あて  父さんあて  異性あての  異性あて  恭一あて  道江あて  恭一あての  道江あての  塾長あて  二度あて  市ヶ谷刑務所あて  うちあて  アテナイ王アイゲウス  アテナイ西南  アテナイ王ケクロップス  旅舎あて  郷里アテナイ  割合あてズッポー  一鞭あて  豫定位あて  額押しあて  予定位アテ  あて猿  部屋あて  



前後の言葉をピックアップ
当てよ  宛て  あて  当て  充て    宛て  当て  当てもの  当て


動詞をランダムでピックアップ
去りゃ除くだきあげる損じる割れん起きよすくんいたさ縮れ弱っ沸き返照らしよじ登ら荒立てよ誘き出さ散らから受け持つさせん擧げれ踏みにじれ
形容詞をランダムでピックアップ
軽くっ狭かろ喜ばしき聞きづらがたしいぎたな目ざとい心地好く態とらしから楽しかっ厚くっめずらしさかし人間らしくあたらしかっ待ち遠し仰々しき勿体ないじらし夥しく